株式会社コーセー 有価証券報告書 第78期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

有価証券報告書-第78期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社コーセー

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年6月26日
      【事業年度】                    第78期(自      2019年4月1日 至          2020年3月31日)
      【会社名】                    株式会社コーセー
      【英訳名】                    KOSE   Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  小林 一俊
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋三丁目6番2号
      【電話番号】                    03(3273)1511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    上席執行役員経理部長  望月 愼一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋三丁目6番2号
      【電話番号】                    03(3273)1511(代表)
      【事務連絡者氏名】                    上席執行役員経理部長  望月 愼一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第74期       第75期       第76期       第77期       第78期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                            243,390       266,762       303,399       332,995       327,724
     売上高                百万円
                             34,566       39,564       48,508       53,976       40,932
     経常利益                百万円
     親会社株主に帰属する当期純利
                             18,655       21,657       30,611       37,004       26,682
                      百万円
     益
                             13,197       24,643       36,908       36,427       26,703
     包括利益                百万円
                            158,543       177,130       198,607       224,841       240,202
     純資産額                百万円
                            233,275       247,191       270,370       300,162       308,606
     総資産額                百万円
                            2,583.76       2,871.60       3,227.07       3,660.77       3,920.41
     1株当たり純資産額                 円
                             327.04       379.66       536.63       648.71       467.76
     1株当たり当期純利益金額                 円
     潜在株式調整後
                       円        -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
                       %       63.2       66.3       68.1       69.6       72.5
     自己資本比率
                       %       13.0       13.9       17.6       18.8       12.3
     自己資本利益率
                             33.48       26.52       41.50       31.34       28.50
     株価収益率                 倍
     営業活動による
                             26,410       17,327       34,918       32,989       37,090
                      百万円
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                            △ 19,948       △ 8,158      △ 10,369      △ 20,669      △ 19,006
                      百万円
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                            △ 4,057      △ 6,250      △ 16,400      △ 10,426      △ 11,448
                      百万円
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                             52,997       55,622       63,883       64,264       70,284
                      百万円
     期末残高
                             6,758       7,410       7,758       8,117       8,246
     従業員数
                       人
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 6,078   ]    [ 5,971   ]    [ 5,744   ]    [ 5,949   ]    [ 5,814   ]
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第77期の期
           首から適用しており、第76期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標
           等となっております。
                                  2/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第74期       第75期       第76期       第77期       第78期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                            115,125       120,516       135,893       155,244       146,482
     売上高                百万円
                             13,016       15,017       20,021       29,728       19,177
     経常利益                百万円
                             9,599       10,070       14,893       25,445       17,180
     当期純利益                百万円
                             4,848       4,848       4,848       4,848       4,848
     資本金                百万円
                             60,592       60,592       60,592       60,592       60,592
     発行済株式総数                 千株
                             88,750       93,676       103,522       119,441       126,475
     純資産額                百万円
                            137,232       132,775       148,351       166,430       163,666
     総資産額                百万円
                            1,555.81       1,642.17       1,814.80       2,093.87       2,217.18
     1株当たり純資産額                 円
                             94.00       110.00       148.00       180.00       190.00

     1株当たり配当額
                       円
     (内1株当たり中間配当額)                       ( 37.00   )    ( 47.00   )    ( 63.00   )    ( 85.00   )    ( 95.00   )
                             168.29       176.54       261.09       446.08       301.18

     1株当たり当期純利益金額                 円
     潜在株式調整後
                               -       -       -       -       -
                       円
     1株当たり当期純利益金額
                       %       64.7       70.6       69.8       71.8       77.3
     自己資本比率
                       %       11.1       11.0       15.1       22.8       14.0
     自己資本利益率
                             65.07       57.04       85.30       45.58       44.26
     株価収益率                 倍
                       %       55.9       62.3       48.3       40.4       63.1
     配当性向
                             3,878       4,305       4,379       4,465       1,284

     従業員数
                       人
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 1,281   ]     [ 862  ]     [ 658  ]     [ 862  ]     [ 319  ]
                       %       166.6       155.0       341.2       314.7       211.9

     株主総利回り
     (比較指標:配当込みTOPIX)                 %       ( 89.2  )    ( 102.3   )    ( 118.5   )    ( 112.5   )    ( 101.8   )
                             13,670       11,200       22,280       26,340       22,010

     最高株価                 円
                             6,510       7,780       9,730       13,820       10,870
     最低株価                 円
      (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第77期の期
           首から適用しており、第76期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標
           等となっております。
         5.  従業員数が前事業年度と比べて減少した主な理由は、組織再編に伴いグループ会社へ転籍したことによるも
           のであります。
                                  3/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
       1948年6月       化粧品の製造・販売を目的として東京都北区豊島七丁目8番地に株式会社小林コーセーを設立
        51年11月      販売部門を分離しコーセー商事株式会社を設立
        56年3月      高級化粧品の製造会社、株式会社アルビオンを設立
        61年10月      ダンボール等紙器製造会社、株式会社トパック(後にインターコスメ株式会社と合併)を設立
        63年5月      フランス・ロレアル社と技術提携(2001年8月に合弁契約を解消)
        64年6月      埼玉県に狭山工場を設置
          8月    東京都北区に研究所(現 コーセー製品開発研究所)を開設
        65年3月      東京都中央区日本橋に本社移転
        68年9月      香港に進出
        71年8月      シンガポールに       新加坡   高絲私人有限公司(現 KOSE              SINGAPORE     PTE.LTD.)を設立
        79年6月      群馬県に群馬工場を設置
        80年11月      生産本部がデミング賞事業所表彰受賞
        84年9月      台湾に台湾高絲股份有限公司を設立
        85年4月      化粧品製造会社、株式会社コスメ                ラボを設立
          10月    サロンルート化粧品販売の株式会社クリエ(現 コーセープロフェッショナル株式会社)を設立
        88年1月      中国に春絲麗有限公司(後            の 高絲化粧品有限公司         )を設立(     2018年5月に持分を譲渡           )
          4月    東京都板橋区に板橋研究所を開設
          4月    当社製品の販売会社、コーセー化粧品販売株式会社を設立
          7月    一般品ルートの化粧品販売会社、コーセーコスメポート株式会社を設立
        91年  8月    株式会社コーセーに商号変更
        92年9月      障がい者雇用の特例子会社、株式会社アドバンスを設立
        93年10月      コスメタリー製品の販売会社、コーセーコスメニエンス株式会社を設立
        98年10月      群馬工場がISO9002の認証を取得(現在はISO9001)
        99年12月      日本証券業協会に株式を店頭登録
       2000年9月       群馬工場がISO14001の認証を取得
          11月    中国に高絲香港有限公司を設立
          12月    東京証券取引所市場第一部に株式を上場
        01年7月      韓国にKOSE      KOREA   CO.,LTD.を設立
        02年4月      ドクターコスメを扱う株式会社フィルインターナショナル(現 株式会社ドクターフィル コス
              メティクス)の全株式を取得
          4月    OEM製品・業務用製品の販売会社、コーセーコスメピア株式会社を設立
        04年8月      秋田県に広域受注機能を持つ受注センター(現 オペレーションセンター)を開設
          11月    コーセー研究所(現 コーセー製品開発研究所)を新築し、新研究体制を整備
          12月    台湾高絲股份有限公司の新竹工場を設置
        05年6月      中国に高絲化粧品銷售(中国)有限公司を設立
          8月    ライセンス事業として、ジルスチュアートブランドを日本の化粧品市場に導入
        08年4月      東京都北区にコーセー王子研修センターを開設
        09年10月      ジルスチュアートブランドの化粧品に関する世界における商標権を取得
        11年8月      化粧品通信販売業の株式会社プロビジョン(現 コーセープロビジョン株式会社)を設立
        13年10月      インドにKOSE       Corporation      INDIA   Pvt.Ltd.を設立
        14年2月      インドネシアにPT.INDONESIA              KOSEを設立
          4月    米国・Tarte,Inc.の株式を取得して子会社化
        15年10月      米国にKOSE      America,Inc.を設立
        16年3月      コーセーインダストリーズ株式会社を設立
        16年3月      ブラジルに     KOSE   BRASIL    COMERCIO     DE  COSMETICOS      LTDA.   を設立
        17年3月      群馬工場の新生産棟が稼動
        17年7月      サロンルートの化粧品製造・販売を行う、コーセー                        ミルボン     コスメティクス株式会社を設立
        17年10月      フランス・リヨンに、コーセー研究所                  フランス分室を設置
        18年11月      フランス・パリに、欧州初のコンセプトショップ                       Maison    KOS  É をオープン
        19年3月      東京都北区にコーセー先端技術研究所を竣工
        19年12月      銀座にデジタルプラットフォームと融合させた新コンセプトストア「Maison                                    KOSÉ」をオープン
                                  4/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び子会社(40社)により構成しており、主な事業内容、関係会社等の当該事業に係る位置
       付け及びセグメント等の関連は、次のとおりであります。
       (1)生産関係
                                               主な事業内容
                     会社名
     (国内)
     親会社                ㈱コーセー                    化粧品製造
     連結子会社                ㈱アドバンス                    化粧品製造
                                         化粧品製造、プラスチック容器・ダン
                     コーセーインダストリーズ㈱
     連結子会社
                                         ボール紙器製造
     連結子会社                ㈱アルビオン                    化粧品製造、化粧品卸売
     (海外)
     連結子会社                台湾高絲股份有限公司                    化粧品製造、化粧品卸売
       (2)販売・サービス関係

                     会社名                          主な事業内容
     (国内)
     連結子会社                コーセー化粧品販売㈱                    化粧品卸売
     連結子会社                コーセーコスメニエンス㈱                    化粧品卸売
     連結子会社                コーセーコスメポート㈱                    化粧品卸売
                     コーセープロフェッショナル㈱
     連結子会社                                    化粧品卸売
     連結子会社                ㈱ドクターフィル コスメティクス                    化粧品卸売
     連結子会社                コーセープロビジョン㈱                    化粧品通信販売
     連結子会社                コーセーコスメピア㈱                    アメニティ製品の販売受託
     連結子会社                コーセー保険サービス㈱                    保険代理店業
     連結子会社                ㈱コスメ ラボ                    化粧品製造販売元
     (海外)
     連結子会社                高絲香港有限公司                    化粧品卸売
     連結子会社                高絲化粧品銷售(中国)有限公司                    化粧品卸売
                     KOSE   SINGAPORE     PTE.LTD.
     連結子会社                                    化粧品卸売
                     KOSE   KOREA   CO.,LTD.
     連結子会社                                    化粧品卸売
     連結子会社                KOSE(THAILAND)CO.,LTD.                    化粧品卸売
     連結子会社                KOSE(MALAYSIA)SDN.BHD.                    化粧品卸売
                     KOSE   Corporation      INDIA   Pvt.Ltd.
     連結子会社                                    化粧品卸売
                     PT.INDONESIA       KOSE
     連結子会社                                    化粧品卸売
                     KOSE   America,Inc.
     連結子会社                                    化粧品卸売
     連結子会社                Tarte,Inc.                    化粧品卸売
                     ALBION    Cosmetics     (America),Inc.
     連結子会社                                    化粧品卸売
                     ALBION    Cosmetics     (HK)   Limited.
     連結子会社                                    化粧品卸売
                     ALBION    Cosmetics     (Shanghai)Co.,Ltd.
     連結子会社                                    化粧品卸売
                     ALBION    Cosmetics     (Taiwan)Co.,Ltd.
     連結子会社                                    化粧品卸売
                                  5/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (3)セグメントとの関連
         区分               主要製品                      主要な会社
     化粧品事業          コーセー、雪肌精、エスプリーク、                     当社が製造し、コーセー化粧品販売㈱が販売して
               ルシェリ、     ONE  BY  KOSÉ、             おります。
               コスメデコルテ、プレディア、
               インフィニティ
               アウェイク、ジルスチュアート、                     当社が製造販売しております。
               アディクション
               製・商品輸出                     当社が製造輸出し、海外子会社(高絲化粧品銷售
                                    (中国)有限公司、台湾高絲股份有限公司、KOSE
                                    KOREA   CO.,LTD.、高絲香港有限公司等)が輸入
                                    し、販売しております。
               海外生産品                     台湾高絲股份有限公司で製造販売しております。
               クリエ                     当社が製造し、コーセープロフェッショナル㈱が

                                    販売しております。
               米肌(マイハダ)                     当社が製造し、コーセープロビジョン㈱が販売し
                                    ております。
               フイルナチュラント                     当社が製造し、㈱ドクターフィル コスメティク
                                    スが販売しております。
               タルト                     Tarte,Inc.が仕入れ、販売しております。
               アルビオン、エレガンス、イグニス、                     ㈱アルビオンが製造販売しております。

               アナスイ、ポール&ジョー、
               レ・メルヴェイユーズ ラデュレ
     コスメタリー事業          ヴィセ、ファシオ、エルシア                     当社が製造し、コーセーコスメニエンス㈱を通じ
                                    てコーセー化粧品販売㈱が販売しております。
               スティーブンノル         ニューヨーク             当社が製造し、コーセー化粧品販売㈱が販売して
                                    おります。
               ソフティモ、ジュレーム、                     当社が製造し、コーセーコスメポート㈱が販売し
               サロンスタイル、クリアターン、                     ております。
               サンカット
     その他          アメニティ製品                     当社が製造し、コーセーコスメピア㈱へ販売業務
                                    委託を行い販売しております。
               不動産賃貸                     当社が不動産管理、賃貸を行っております。
               輸出原材料                     当社が製造し、輸出しております。

               OEM製品                     当社が製造しております。

                                  6/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (4)事業の関連図
       (注)1.連結子会社の㈱テクノラボ、カルテ ラボラトリーズ㈱、㈱エイ・エルディベロップメント、㈱SENS














            E、Tarte,Inc.Hong          Kong   Ltd.、   Awake   Beauty,Inc.、       高絲貿易    (杭州)有限公司及びTarte            Cosmetics
            France    SAS、   非連結子会社の㈱イグニス、KOSE                BRASIL    COMERCIO     DE  COSMETICOS      LTDA.、㈱アルビオン白
            神研究所、コーセーミルボンコスメティクス㈱及びコーセーマルホファーマ㈱は、重要性が低いため事業
            の関連図への記載を省略しております。
          2.2020年4月1日付でコーセーコスメピア㈱はコーセートラベルリテール㈱に社名変更しております。
                                  7/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                          資本金又は                 議決権の所有割合
          名称          住所      出資金       主要な事業の内容          又は被所有割合           関係内容
                          (百万円)                   (%)
     (連結子会社)
                                 化粧品事業
     コーセー化粧品販売㈱
                 東京都中央区            300   コスメタリー事業               100.0    化粧品の販売先
     注2、4
                                 その他
     コーセーコスメニエン
                 東京都中央区             30   コスメタリー事業               100.0    化粧品の販売先
     ス㈱
     コーセーコスメポート
                 東京都中央区             30   コスメタリー事業               100.0    化粧品の販売先
     ㈱   注2、4
     カルテ    ラボラトリー
                                                    化粧品の販売業
                 東京都中央区             10   化粧品事業               100.0
                                                    務委託先
     ズ㈱
     コーセープロフェッ
                 東京都中央区             10   化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
     ショナル㈱
     ㈱ドクターフィル コ
                 東京都中央区             40   化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
     スメティクス
     コーセープロビジョン
                 東京都中央区             30   化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
     ㈱
     コーセーコスメピア
                                                    化粧品の販売業
                 東京都中央区             10   その他               100.0
     ㈱   注7
                                                    務委託先
     コーセーインダスト
                                                    化粧品の生産請
                 群馬県伊勢崎市            100   その他               100.0
     リーズ㈱      注4
                                                    負元
                                 化粧品事業
                                                    化粧品の製造販
     ㈱コスメ     ラボ
                 東京都中央区             10   コスメタリー事業               100.0
                                                    売元
                                 その他
     ㈱アドバンス            埼玉県狭山市             90   その他               100.0    化粧品の加工先
     コーセー保険サービス
                 東京都中央区             10   その他               100.0    損害保険契約先
     ㈱
     ㈱アルビオン                                               研究開発業務受
                 東京都中央区            760   化粧品事業                79.5
     注2、3、4
                                                    託先
     ㈱テクノラボ                                           79.5
                 東京都中央区             10   化粧品事業                   なし
     注3、6
                                               (79.5)
                                                79.5
     ㈱SENSE
                 東京都中央区             30   化粧品事業                   なし
     注3、6
                                                (79.5)
     ㈱エイ・エル
                                                79.5
     ディベロップメント            東京都中央区            109   その他                   なし
                                                (79.5)
     注3、6
                             千HK$
     高絲香港有限公司            中国香港                化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
                            15,900
     KOSE   SINGAPORE                     千SP$
                 シンガポール                化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
     PTE.LTD.                       1,700
     台湾高絲股份有限公司
                             千NT$
                 台湾省台北市                化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
     注4
                            180,000
     高絲化粧品銷售
                             千RMB
     (中国)有限公司            中国上海市                化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
                            235,114
     注4
                                  8/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
                          資本金又は                 議決権の所有割合

          名称          住所      出資金       主要な事業の内容          又は被所有割合           関係内容
                          (百万円)                   (%)
     高絲貿易(杭州)有限公                       千RMB
                 中国杭州市                その他               100.0    薬事届出委託先
     司                        100
     KOSE   KOREA   CO.,LTD.                 百万WON
                 韓国ソウル市                化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
     注4
                            25,000
     KOSE   (THAILAND)
                            千BAHT
                 タイ国バンコク                化粧品事業                49.0    化粧品の販売先
     CO.,LTD.     注5                   5,000
     KOSE   (MALAYSIA)
                 マレーシア国            千RM
                                 化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
                 セランゴール州           1,000
     SDN.BHD.
     KOSE   Corporation
                 インド           千INR                   100.0
                                 化粧品事業                   化粧品の販売先
     INDIA   Pvt.Ltd.    注4、6
                 ムンバイ          700,000                    (0.0)
                 インドネシア          百万IDR
     PT.INDONESIA       KOSE
                                 化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
                 ジャカルタ           10,000
                             千US$
                 米国
     KOSE   America,Inc.                         化粧品事業               100.0    化粧品の販売先
                             2,000
                 ニューヨーク州
     Tarte,Inc.            米国            US$
                                 化粧品事業                98.0    なし
     注2
                 ニューヨーク州            159
     Tarte,Inc.Hong        Kong
                              HK$                   98.0
                 中国香港                化粧品事業                   なし
     Ltd.    注6                    10,000                   (98.0)
     Tarte   Cosmetics
                 仏国            EUR                   98.0
                                 化粧品事業                   なし
     France    SAS   注6
                 パリ市            100                 (98.0)
     Awake   Beauty,Inc.
                 米国            US$                   98.0
                                 化粧品事業                   なし
     注6
                 ニューヨーク州           10,000                   (98.0)
     ALBION    Cosmetics
                 米国           千US$                    79.5
                                 化粧品事業                   なし
     (America),Inc.       注3、6     デラウェア州           2,000                   (79.5)
     ALBION    Cosmetics
                             千HK$                    79.5
     (HK)   Limited.         中国香港                化粧品事業                   なし
                            71,800                   (79.5)
     注3、4、6
     ALBION    Cosmetics
                             千RMB                    79.5
                 中国上海市                化粧品事業                   なし
     (Shanghai)Co.,Ltd.
                            37,500                   (79.5)
     注3、6
     ALBION    Cosmetics
                             千NT$                    79.5
     (Taiwan)Co.,Ltd.            台湾省台北市                化粧品事業                   なし
                            60,000                   (79.5)
     注3、6
     (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.コーセー化粧品販売㈱、コーセーコスメポート㈱、㈱アルビオン及びTarte,Inc.については、売上高(連結会
          社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等         コーセー化粧品販売㈱           コーセーコスメポート㈱             ㈱アルビオン          Tarte,Inc.
           ① 売上高           101,330百万円            44,959百万円           64,393百万円         40,715百万円
           ② 経常利益            4,727           1,568           8,331         7,208
           ③ 当期純利益            3,265            999          5,806         5,605
           ④ 純資産額            7,921           4,720          77,740         42,996
           ⑤ 総資産額            15,843           21,322           92,577         25,731
                                  9/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        3.㈱アルビオン及び同社の子会社7社は、連結決算を行っており、その主要な損益情報等は以下のとおりであり
          ます。
          主要な損益情報等
           ① 売上高            66,243百万円
           ② 経常利益            7,936
           ③ 当期純利益            5,321
           ④ 包括利益            5,239
           ⑤ 純資産額            79,106
           ⑥ 総資産額            94,421
        4.特定子会社に該当しております。
        5.持分は100分の50以下ですが、実質的に支配しているため子会社としたものであります。
        6.議決権の所有割合の(  )内は、間接所有割合で内数であります。
        7.     2020年4月1日付でコーセーコスメピア㈱はコーセートラベルリテール㈱に社名変更しております。
                                 10/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2020年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                            5,672        [ 4,024   ]
      化粧品事業
                                             198        [ 894  ]
      コスメタリー事業
                                             525        [ 279  ]
      その他
      全社(共通)                                      1,851         [ 617  ]
                                            8,246        [ 5,814   ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は[ ]内に年間の平均人数を外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属してい
           るものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2020年3月31日現在
                     従業員数(人)           平均年齢(才)         平均勤続年数(年)          平均年間給与(円)
                       751   [ 255  ]      42.3          17.5         8,672,137

      社員
                                          従業員数(人)

               セグメントの名称
                                             28         [ 1 ]
      化粧品事業
                                             11         [ ▶ ]
      コスメタリー事業
                                             -        [ - ]
      その他
      全社(共通)                                       712        [ 250  ]
                                            751        [ 255  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除いております。)であり、臨時雇用者数は[ ]内に年
           間の平均人数を外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属してい
           るものであります。
         4.  上記社員には、美容スタッフ533人(臨時雇用者64人)は含まれておりません。美容スタッフを含む従業員
           数は1,284人(臨時雇用者319人)であります。なお、美容スタッフの平均年齢は27.8才、平均勤続年数は
           5.0年、平均年間給与は3,078,809円であり、美容スタッフを含めた従業員の平均年齢は36.3才、平均勤続年
           数は12.3年、平均年間給与は6,350,296円であります。
         5.  従業員数が前事業年度と比べて減少した主な理由は、組織再編に伴いグループ会社へ転籍したことによるも
           のであります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は、1959年12月1日にコーセー労働組合として発足し、その後、1965年8月1日より関
        係会社である株式会社アルビオンの従業員を含むコーセー総合労働組合に再編されました。2020年3月31日現在に
        おける組合員数は1,891人であり、日本化学エネルギー産業労働組合連合会に加盟しております。
         労使関係は極めて安定しており、特に争議を生じたことはなく、全て円満に解決されております。
                                 11/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針

         当社グループは、お客様に心から満足していただける優れた品質の化粧品とサービスを提供したい、という信念
        のもとに経営に取り組んでまいりました。この想いは、画期的なファンデーションや業界初の美容液などの創造的
        な化粧品を生み出す研究開発力や生産技術力、生活者ニーズに合ったブランドを様々な販売チャネルを通じてお客
        様に提供する「独自のブランドマーケティング」の展開などに具現化され、発展の原動力にもなっております。
         当社グループは、今後もこれら3つの強みを最大限に発揮し、「世界で存在感のある企業への進化」を目指し、
        事業運営を行ってまいります。
        コーセーグループの将来像「世界で存在感のある企業への進化」
         目指す姿「究極の高ロイヤルティ企業」~魅力に溢れるブランドで埋め尽くされたポートフォリオ~
         (1)憧れの存在 ・・・ 誰もが知っていて、誰もが憧れ、誰からも一目置かれる存在
         (2)唯一無二の存在 ・・・ オリジナリティが高く、他社のどことも似ていない“孤高”の存在
         (3)かけがえのない存在 ・・・ リピート率や顧客固定化率が高く、顧客にとって「なくてはならない」存在
        また同時に、法令等遵守の徹底やサステナビリティへの取り組みに一層注力することで、社会的責任を果たしてま
       いる所存です。
       (2)目標とする経営指標

         当社グループは、売上高営業利益率及び総資産事業利益率(ROA)、自己資本当期純利益率(ROE)の向上
        を重要な経営指標としております。
          注)総資産事業利益率=(営業利益+受取利息・配当金)/総資産(期首期末平均)×100
            自己資本当期純利益率=親会社株主に帰属する当期純利益/自己資本(期首期末平均)×100
       (3)中長期的な会社の経営戦略と対処すべき課題

         当社グループは、創業80周年に向けて更なる成長ステージを目指した中長期ビジョン「VISION                                             2026」を推進し
        ております。
         「  VISION    2026  」では、売上高500,000百万円、               売上高営業利益率        16%以上を経営目標とし、その実現に向けた
        ロードマップとして、「グローバルブランド拡充と顧客接点の強化(PhaseⅠ)」、「世界での存在感拡大と更な
        る顧客体験の追求(PhaseⅡ)」、「世界のひとりひとりに存在感のある顧客感動企業への進化(PhaseⅢ)」の3
        つのフェーズを経て、世界で存在感のある企業への進化を目指してまいります。
         201   8年4月に掲げた以下基本戦略のもと、引き続き「グローバルブランド拡充と顧客接点の強化(PhaseⅠ)」に
        取り組んでまいります。
        「VISION     2026」 3つのフェーズ

          ・PhaseⅠ:「グローバルブランド拡充と顧客接点の強化」(2018年4月~2021年3月)
          ・PhaseⅡ:「世界での存在感拡大と更なる顧客体験の追求」(2021年4月~2024年3月)
          ・PhaseⅢ:「世界のひとりひとりに存在感のある顧客感動企業への進化」(2024年4月~2027年3月)
        「VISION     2026」 基本戦略

          ① 3つの成長戦略
             1)ブランドのグローバル展開加速
             2)独自性のある商品の積極的開発
             3)新たな成長領域へのチャレンジ
          ② 2つの価値追求

             1)     デジタルを活用した         パーソナルな顧客体験の追及
             2)外部リソースや技術と連携した独自の価値追求
          ③ 3つの基盤

             1)企業の成長を支える経営基盤の構築
             2)     ダイバーシティ&インクルージョン経営の実践
             3)     バリューチェーン全体にわたるサステナビリティ戦略の推進
                                 12/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (4)新型コロナウイルス感染症への対応
         新型コロナウイルス感染症への対応については、「第2 事業の状況2.事業等のリスク」に記載しておりま
        す。
                                 13/98




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、当社グループの経営成績及び財政状態
       に重要な影響が及ぶ可能性のあるリスク並びに投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある主な事項には、以下
       のようなものがあると考えております。
        なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が主要なリスクと判断したもの
       でありますが、ここに掲げられているものに限定されるものではありません。
        当社では、将来にわたる事業の継続性と安定的発展の確保のため、全社横断的な組織として、「リスクマネジメン

       ト推進委員会」を設置し、リスクを網羅的に洗い出し、定性的な分析・評価を行うとともに、甚大な影響を及ぼす可
       能性のあるリスクに対し、必要な対策を講じております。具体的には、毎年、関係会社及び各部門の責任者へのアン
       ケートを通じて、リスク項目を抽出するとともに、「リスクが顕在化した場合の経営成績等の状況に与える影響」
       「リスクが顕在化する可能性の程度」の2つの評価軸で優先付けを行っております。
        リスクアセスメントで抽出したリスクは、リスクカテゴリーごとに集約し、「戦略リスク」「事業・財務リスク」

       「政治・経済リスク」「事故・災害リスク」「人事・労務リスク」「法令違反・賠償リスク」に分類し、
       定期的にそれぞれのリスク対応の現状と進捗状況をモニタリングする仕組みを構築・運用しております。
        なお、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の影響により、日本をはじめ世界全体で、厳しい経済状態が続く

       と想定されます。各国でのロックダウン、外出自粛要請、渡航規制などのウイルス封じ込め策により、消費者の行動
       範囲・機会が縮小し、事業活動が制約されることで、需要、供給両面での経済活動が大きく抑制されております。そ
       の結果、消費マインドや、雇用・所得環境の悪化により、経済低迷の長期化も懸念され、今後の経過によっては、当
       社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        また、新型コロナウイルス感染症対策本部を設置のうえ、テレワークのさらなる拡大のための業務の見直しや、

       Webによる会議環境の増強のための追加IT投資など、あらゆる手段を講じて対策を強化しており、今後も、感染拡大
       の防止と、お客様、取引先様、従業員の安全確保を最優先に対応してまいります。
         リスクカテゴリー               主要リスクの内容                     主な取り組み

       戦略リスク             価格競争                マーケットニーズ・顧客志向の変化を考慮した商
                     ブランド価値の毀損                品開発・マーケティング・販売活動を行うととも
                     市場シェアの低下                に、機能的・情緒的な付加価値での差別化によ
                                     り、競合優位性を維持・向上させるべく取り組ん
                                     でおります。
                     競合の新規参入                お取引先や営業・販売現場からの情報を随時把握
                     異業種からの参入や競合他社の新                するとともに、定期的な消費者調査により、市場
                     たなチャネル進出による市場シェ                の情報をタイムリーに把握することに取り組んで
                     アの低下                おります。また、積極的に異業種と協業し、外部
                                     リソースや技術と連携することで、独自の価値追
                                     求にも戦略的に取り組んでおります。
                     研究開発の遅れ                先端技術研究所においては、データサイエンスを
                     ブランドの市場競争力の低下                用いた基礎的・応用的な研究を行うとともに、フ
                     イノベーションの減退                ランスのリヨンに分室も開設し、最先端の皮膚科
                                     学研究に取り組んでおります。また、外部リソー
                                     スを活用したオープンイノベーションにも積極的
                                     に取り組んでおります。
                     消費者嗜好の変化                消費者の情報を適切に入手するための市場調査の
                     消費者ニーズとの乖離によるブラ                定期的な実施と、日本国内の消費者調査に加え、
                     ンド価値の低下                海外進出国における調査も強化しております。ま
                                     たデジタルの積極的な活用による新たな顧客体験
                                     を追求しております。
                                 14/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         リスクカテゴリー               主要リスクの内容                     主な取り組み

       事業・財務リスク             原材料の価格高騰                市場リスクを最小限にするために、海外を含めた
                     原料高騰による利益率の低下                グローバル調達を推進しております。また、サプ
                                     ライヤー様と良好な関係を保ちながら、必要な原
                                     材料や外注生産品を適切な価格でタイムリーに調
                                     達できるよう努めております。さらに、「原価在
                     原材料の供給途絶
                                     庫低減推進委員会」の設置により、適切な原価の
                     製品の安定的な供給への支障
                                     維持や在庫を確保するための取り組みも行ってお
                     売上高・利益率への影響
                                     ります。
                     当社の信用の低下
       政治・経済リスク             法的規制の改変・対応                事業に関連する法規制の情報を日々収集するとと

                     需要変動のリスク                もに、製品開発においては、法規制変更に伴う原
                     商品の輸出への影響                料規格内容の見直し、代替原料の確保に向け、国
                                     内外の情報ネットワ-クを有効活用し、対応を進
                                     めております。
                     海外進出国エリアの政治情勢の急                海外現地法人・取引先様との連携を高め、各国、
                     変                各エリアの経済・政治・社会的状況についてタイ
                     需要変動による売上への影響                ムリーな情報収集を通じて、必要な対策を講じて
                     従業員の安全リスク                おります。
       事故・災害リスク             自然災害(地震・噴火・津波な                災害発生や感染症が蔓延した場合、速やかに対策
                     ど)                本部を設置し、対応策を協議の上、実行いたしま
                                     す。また、災害時に備え、危機管理マニュアルを
                     生産・物流機能の停止による事業
                                     作成し、職場安全性の確認及び不具合箇所の是
                     活動の停滞や中断
                                     正、代替手段の確保にも努めております。
                     強毒性の感染症の蔓延
                     生産・供給・販売など事業活動の
                     停滞や中断
       人事・労務リスク             優秀な人材の確保                多様な人材が活躍できる環境づくりの取り組みを
                     企業競争力の低下                進めるとともに、採用活動においては、職種別採
                                     用の実施による専門人材の獲得や、ビューティー
                                     コンサルタント職の処遇制度の改定による優秀な
                                     人材の獲得を進めております。
       法令違反・賠償リスク             製品事故に関わる問題                お客様に安全・安心な商品をお届けすることを第
                     重篤な製品事故発生による、お客                一に考え、商品づくりに取り組んでおります。当
                     様からの信用損失と企業                社グループの品質に対する考えを「品質方針」と
                     ブランド価値の低下                して表現し、それを象徴する品質方針メッセージ
                                     と5つの活動宣言を定め、日々活動しておりま
                                     す。
                     機密漏洩・個人情報の漏洩                「コンプライアンス推進委員会」によるコンプラ
                     情報の漏洩による信用損失・損害                イアンスの啓蒙に加え、個人情報については法律
                     賠償                や経済産業省のガイドラインに基づき「個人情報
                                     管理委員会」を設置するとともに、情報セキュリ
                                     ティの強化により、万全な管理体制の構築に取り
                                     組んでおります。また、社内研修を定期的に実施
                                     し、リスクの共有、防止を徹底しております。
                                 15/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
        ①財政状態及び経営成績の状況
          当連結会計年度における日本経済は、相次ぐ自然災害の影響などで弱さがみられる中、雇用・所得環境の改善
         等を背景に緩やかな回復基調で推移いたしましたが、足元では新型コロナウイルス感染症の影響により、大変厳
         しい状況にあります。化粧品業界におきましては、2019年度の経済産業省化粧品出荷統計(暦年)によります
         と、販売個数・販売金額ともに前年と比べ増加いたしました。また、海外において当社グループが主に事業展開
         しているアジア・米国経済につきましては、アジアでは一部で景気減速もみられましたが、米国では景気回復の
         動きが続きました。このような市場環境の中、当社グループは、創業80周年に向けて更なる成長ステージを目指
         した中長期ビジョン「VISION              2026」を掲げ、企業の成長を支える強い経営基盤をベースとしながら、そのリ
         ソースを最大限に活用し、独自の価値創造を絶えず行っていくことにより、グローバルかつボーダレスな成長を
         目指してまいりました。
          この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
         a.  財政状態

           当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ8,443百万円増加し、308,606百万円となりまし
          た。
           当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ6,917百万円減少し、68,403百万円となりまし
          た。
           当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ15,361百万円増加し、240,202百万円となりま
          した。
         b.  経営成績

           当連結会計年度における当社グループの業績につきましては、アジアの販売は引き続き好調に推移いたしま
          したが、日本においてインバウンド売上の減少や消費増税に伴う駆け込み需要の反動減に加え、新型コロナウ
          イルス感染症拡大の影響などにより、                  売上高は前年同期比          1.6%減    の 327,724百万円       (為替の影響を除くと
          0.5%減)となりました。なお、連結売上高に占める海外売上高の割合は32.1%となりました。利益につきま
          しては、売上高の減少と販売費及び一般管理費は増加いたしましたが、厳しい環境下でも利益を確保できるよ
          う努めた結果、       営業利益は40,231百万円           (前年同期比      23.2%減    ) となりました。また、為替差損が発生した一
          方で、受取利息、還付消費税等の発生により、                      経常利益は40,932百万円           (同  24.2%減    ) )、親会社株主に帰属
          する当期純利益は26,682百万円(同27.9%減)となりました。
          1)化粧品事業

            化粧品事業につきましては、ハイプレステージ領域において、「コスメデコルテ」「インフィニティ」
           「雪肌精みやび」等はプラス成長となりましたが、㈱アルビオン及び米国タルト社がマイナス成長となりま
           した。また、プレステージ領域におきましては、メイクブランドの「エスプリーク」はプラス成長となりま
           したが、「雪肌精」等がマイナス成長となりました。これらの結果、当事業の                                     売上高は    251,894百万円       (前
           年同期比    1.2%減    )、  営業利益は44,663百万円           (同  13.1%減    )となりました。
          2)コスメタリー事業

            コスメタリー事業につきましては、「スティーブンノル                            ニューヨーク」及びコーセーコスメポート㈱が
           展開するヘアケアブランド「ビオリス」やエイジングケアブランド「グレイスワン」等は好調に推移いたし
           ましたが、「クリアターン」のインバウンド売上が減少、「リンメル」の販売ライセンス終了による影響
           や、「ヴィセ」等のメイクブランドがマイナス成長となった結果、                                売上高は    71,912百万円      (前年同期比
           3.6%減    )、営業利益は売上原価及び販売費が増加したことにより                           211百万円     (同  95.8%減    )なりました。
          3)その他

            その他の事業につきましては、アメニティ製品の販売やOEM生産の受注が増加した結果、                                             売上高は
           3,916百万円      (前年同期比      15.3%増    )、  営業利益は1,283百万円           (同  16.5%減    )となりました。
                                 16/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ②キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物は、前連結会計年度末より                                         6,019百万円増加        し
         70,284百万円      (前年同期比      9.4%増    )となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動によるキャッシュ・フローは、                    37,090百万円      の収入(同     12.4%   増)となりました。主な要因は税金
          等調整前当期純利益         40,365百万円      、非資金費用である減価償却費              8,838百万円      、たな卸資産の増加         822百万円     、
          売上債権の減少       6,252百万円      、その他の資産の減少          1,389百万円      、仕入債務の減少        6,121百万円      、その他負債の
          増加  3,037百万円      及び法人税等の支払い          17,150百万円      等であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動によるキャッシュ・フローは、                   19,006百万円      の支出(同     8.0%   減 )となりました。主な要因は、有
          形固定資産の取得による支出             17,980百万円      、定期預金の減少による純収入2,805百万円、無形固定資産の取得
          による支出     1,894百万円      等であります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動によるキャッシュ・フローは、                   11,448百万円      の支出(同     9.8%   増)となりました。主な要因は配当
          金の支払い11,322百万円等であります。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

         a.  生産実績
          当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                       当連結会計年度
                                     (自   2019年4月1日
          セグメントの名称                            至  2020年3月31日)
                                金額(百万円)                  前年同期比(%)

       化粧品事業                             228,998                  90.1

       コスメタリー事業                             50,518                  82.7

       その他                              3,173                151.4

             合計                       282,690                  89.0

         (注)1.金額は製造会社販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。
            2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         b.  受注実績

          重要な受注生産を行っておりませんので記載を省略しております。
         c.  販売実績

          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                       当連結会計年度
                                     (自   2019年4月1日
                                      至  2020年3月31日)
          セグメントの名称
                                金額(百万円)                  前年同期比(%)
       化粧品事業                             251,894                  98.8

       コスメタリー事業                             71,912                  96.4

       その他                              3,916                115.3

             合計                       327,724                  98.4

         (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
            2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 17/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は下記のとおりでありま
        す。
         なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準拠して作成し
         ております。なお、本表作成に際しては経営者の判断に基づく会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費
         用の報告に影響を与える見積りが必要ですが、この判断及び見積りには過去の実績を勘案するなど、可能な限り
         合理的な根拠を有した基準を設定した上で実施しております。しかしながら、事前に予測不能な事象の発生等に
         より実際の結果が現時点の見積りと異なる場合も考えられます。
          当社グループの連結財務諸表で採用した重要な会計方針は、第5[経理の状況]1[連結財務諸表等](1)[連
         結財務諸表]の[注記事項](連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)に記載しておりますが、以下に
         掲げる会計方針は連結財務諸表作成における重要な見積りの判断に影響を及ぼすと考えますので、特に記述いた
         します。
          なお、新型コロナウイルス感染症の影響に関する一定の仮定及び連結財務諸表への影響については、「第5
         [経理の状況]1[連結財務諸表等](1)[連結財務諸表]の[注記事項] (追加情報)」に記載しております。
         a.  収益の認識基準

           当社グループでは、化粧品等は製商品の出荷時点、役務の提供については当該役務を提供した時点で収益を
          認識しております。
         b.  返品調整引当金の計上基準

           返品調整引当金は、取引先との間の商慣習により生じる返品について翌期以降に発生する損失見込額を引当
          計上しております。
         c.  たな卸資産の評価基準等及び廃棄判断の基準

           たな卸資産の評価基準及び評価方法は主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基
          づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。また、たな卸資産は滞留期間・将来の出荷可能性等
          を勘案し、一定の基準に基づき廃棄判断をしております。
         d.  退職給付費用の計上基準

           親会社及び国内連結子会社は、2003年4月1日よりキャッシュ・バランス型の企業年金制度に移行いたしま
          した。2001年3月期の退職給付会計適用以後は、退職給付債務の現在価値を毎期見積り、将来給付予想額を支
          払可能とする勤務費用・利息費用から年金資産の期待運用収益を減じた金額を費用計上しております。また、
          年金資産の運用利差損益及び給付債務予測額の差異等により発生した未認識数理計算上の差異等は、税効果を
          調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
        ②経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.  経営成績等
          1)財政状態
            当連結会計年度末の流動比率は342.6%、当座比率は227.8%であり、前連結会計年度末に比べそれぞれ
           32.1ポイントの増加、17.3ポイントの増加となりました。主な理由は下記のとおりであります。
            資産は、前連結会計年度末に比べ               8,443百万円の増加         となりました。現金及び預金の              増加3,171百万円        、受
           取手形及び売掛金の         減少6,401百万円        等により当座資産は3,230百万円減少し、流動資産は802百万円減少い
           たしました。有形固定資産の             増加9,125百万円        、無形固定資産の        減少895百万円       、投資その他の資産の          増加
           1,015百万円      により固定資産が        9,246百万円増加        いたしました。
            負債は、前連結会計年度末に比べ               6,917百万円の減少         となりました。支払手形及び買掛金の減少3,567百万
           円、電子記録債務の         減少3,572百万円        、未払費用の      増加1,580百万円        、未払法人税等の減少3,429百万円等に
           より流動負債が       6,430百万円減少        いたしました。固定負債は、リース債務の                    減少124百万円       等により    486百万
           円の減少    となりました。
            なお、有利子負債残高は1,654百万円、デット・エクイティ・レシオは0.01倍となりました。
                                 18/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          2)経営成績
           (売上高)
             当連結会計年度の売上高は、              327,724百万円       (前年同期比      1.6%減    、 5,271百万円減       )となりました。
             これをセグメントごとに分析すると、当社グループの主力事業である化粧品事業及びコスメタリー事業
            の売上高がそれぞれ         251,894百万円       (同  1.2%減    、 3,071百万円減       )、  71,912百万円      (同  3.6%減    、 2,719百
            万円減   )となりました。その他の事業の売上高は                    3,916百万円      (同  15.3%増    、 518百万円増      )となりまし
            た。
           (営業費用)
             当連結会計年度の売上原価は、               88,703百万円      (前年同期比      0.1%増    、 95百万円増     )となりました。
             販売費及び一般管理費は、             198,789百万円       (同  3.5%増    、 6,810百万円増       )となりました。厳しい環境下
            でも利益を確保できるように努めた結果、販売費及び一般管理費の売上高比率は3.0ポイント増加いたし
            ました。
           (営業外損益)
             当連結会計年度の営業外損益は、700百万円の利益(前年同期比55.3%減、867百万円減)となりまし
            た。前連結会計年度は為替差益を計上いたしましたが、当連結会計年度は為替差損を計上しております。
           (特別損益)
             当連結会計年度の特別損益は、566百万円の損失(前期973百万円の利益)となりました。固定資産処分
            損419百万円、投資有価証券評価損147百万円を特別損失に計上しております。
          3)キャッシュ・フローの状況

            当連結会計年度末の現金及び現金同等物は、前連結会計年度末より                                6,019百万円増加し70,284百万円               (前
           年同期比    9.4%増    )となりました。当連結会計年度の各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因につきま
           しては第    2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]
           (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況                            に記載のとおりであります。
            当社グループは「VISION             2026」実現に向け、生産設備の新設及び更新、新規市場進出のための投資、デ
           ジタルトランスフォーメーション推進への投資などを実施してまいります。それぞれの投資のタイミング
           につきましては、資金残高及び資金調達のバランスを検証し、優先順位をつけて実施してまいります。
            実質的な無借金経営を実現しており、自己資金による事業運営、設備投資、株式投資、配当などを行っ
           ておりますが、金融機関とは7,000百万円のコミットメントラインを締結しており、事業運営上必要な投資
           などへの資金につきましては、外部調達も可能となっております。
            当社グループの財務状況、安定した業績については、金融機関及び金融市場からの評価は高く、自己資
           金が不足した場合においても外部調達は可能と判断しております。また、今般の新型コロナウイルス感染
           症の世界的大流行の影響による資金需要に備え、金融機関とはコミットメントラインの増額を検討してお
           ります。
            利益配分につきましては安定配当を基本としておりますが、今後の事業拡大のための内部資金の確保に
           配慮しつつ、財政状態、業績、配当性向などを勘案し、配当金額を決定しております。
         b.  経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

           化粧品市場においては、国内外におけるEコマース売上規模の拡大、交通インフラの発展や、経済成長に伴
          う所得水準の上昇による、国境を跨いだ活発な人の移動により、各国でのトラベルリテール事業の売上も増加
          しました。
           今後につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により、消費マインドや、雇用・所得環境の悪化に
          より、経済低迷の長期化も懸念されているため、市場変化に対するタイムリーな対応の成否が、当社グループ
          の経営成績に重要な影響を及ぼすことが想定されます。
         c.  資本の財源及び資金の流動性

           当社グループの資金調達の状況につきましては、事業継続に必要と考える資金は確保していると認識してお
          ります。
           今後の資金使途につきましては、内部留保により財務体質の強化を図る一方、設備投資やM&Aに取り組む
          ことで将来のキャッシュ・フローの創出につなげ、資本効率の向上を図ってまいります。また、一時的な余剰
          資金の運用につきましても、安全性を第一に考慮し運用商品の選定を行ってまいります。
                                 19/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         d.  経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
           当社グループは、売上高営業利益率、総資産事業利益率(ROA)及び自己資本当期純利益率(ROE)の
          向上を重要な経営指標としております。総資産事業利益率(ROA)及び自己資本当期純利益率(ROE)の
          前連結会計年度、当連結会計年度推移と「VISION                       2026」でのそれぞれの目標に対する進捗については、以下
          のとおりです。
                              前連結会計年度          当連結会計年度          「VISION     2026」

            総資産事業利益率(ROA)                    18.6%          13.4%          18%以上

            自己資本当期純利益率(ROE)                    18.8%          12.3%          15%以上

            売上高営業利益率                    15.7%          12.3%          16%以上

           当連結会計年度の数値は、全て前連結会計年度を下回りました。その要因は、経営成績が前連結会計年度を

          下回ったことによります。            当連結会計年度における各重要な経営指標につきましては、第2[事業の状況]3
          [経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]                                   ( 1)経営成績等の状況          の概要 
          ①財政状態及び経営成績の状況              で述べたとおりであります。
           (注) 総資産事業利益率=(営業利益+受取利息・配当金)/総資産(期首期末平均)×100
               自己資本当期純利益率=親会社株主に帰属する当期純利益/自己資本(期首期末平均)×100
         e.  セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

          1)財政状態
           (化粧品事業)
            セグメント資産は、現金及び預金の増加1,179百万円、売掛金及び受取手形の減少4,264百万円、たな卸資
           産の増加765百万円、有形固定資産の増加9,463百万円、無形固定資産の減少1,111百万円等により、前連結
           会計年度末に比べ5,830百万円増加の204,326百万円となりました。
           (コスメタリー事業)
            セグメント資産は、現金及び預金の減少822百万円、売掛金及び受取手形の減少1,658百万円、有形固定資
           産の減少691百万円等により、前連結会計年度末に比べ2,933百万円減少の48,703百万円となりました。
           (その他)
            セグメント資産は、現金及び預金の増加1,243百万円等により、前連結会計年度末に比べ668百万円増加の
           5,335百万円となりました。
          2)経営成績

            当連結会計年度におけるセグメントごとの経営成績につきましては、第2[事業の状況]3[経営者によ
           る財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析]                             ( 1)経営成績等の状況          の概要 ①財政状態
           及び経営成績の状況           b.  経営成績    で述べたとおりであります。
      4【経営上の重要な契約等】

         該当事項はありません。
                                 20/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループは、お客様のニーズに合った化粧品を市場に提供するために、主に、以下の国内二拠点を中心として
       研究開発活動に取り組んでおります。
          コーセー製品開発研究所‥‥‥‥‥‥‥製品開発研究、海外市場研究、製品管理、研究管理、薬事戦略
          コーセー先端技術研究所‥‥‥‥‥‥‥先端技術研究、基盤技術研究、品質保証研究                                       、研究戦略
        当連結会計年度におきましては、さらなる顧客価値創出のための技術開発力と品質保証体制の強化、グローバル化
       への対応を進め、研究開発活動のより一層の向上に努めました。
        当連結会計年度における研究成果及び研究開発費は次のとおりであります。
        製品研究分野の研究成果として、当連結会計年度において開発いたしました主な製品は以下のとおりであります。
        スキンケア製品

          製品名称等                         特徴                 セグメントの名称
                    医薬部外品の新規効能「皮脂分泌の抑制」効果が認められた唯一
     ONE  BY  KOSÉ
                    の有効成分ライスパワー®No.6を配合した薬用皮脂分泌抑制化粧                               化粧品事業
     バランシング       チューナー
                    水。
     雪肌精
                    メレンゲのような滑らかなタッチで、浸透性に優れた処方を採
                                                   化粧品事業
     エッセンシャル        スフレ
                    用。うるおいながらべたつかず、さらりとしたスフレ状乳液。
     コスメデコルテ
                    生体類似成分リン脂質とオレイン酸からなるカプセル「高純度ハ
     AQ  ミリオリティ
                    イオレインディレイソーム」を採用。まろやかな使用感で、肌と                               化粧品事業
     インテンシブ       クリーム         の親和性が高く潤いが持続する高機能クリーム。
     ルシェリ
                    有効成分「リンクルナイアシン」配合で、シワのケアをしながらも
     リンクルペア       ローション      &エ
                                                   化粧品事業
                    ハリ・ツヤあふれる肌へ導く、業界初のシワ改善薬用化粧水と乳
     マルジョン
                    液。
                    スーパーブロック膜技術で花粉ブロックに加え、あらたにウイル
     アレルテクト       スプレー
                                                   コスメタリー事業
                    スもブロックするエアゾール型のスプレー製剤。
        メイクアップ製品         ・ヘアケア製品

          製品名称等                         特徴                 セグメントの名称
     Tarte               コンセプトストア「Maison             KOSÉ」での日本初導入に際し、国内の
                                                   化粧品事業
     メイクアップシリーズ               法規制や品質保証基準に準じた技術検討を実施。
                    自社の独自性の高い製剤技術を応用し、メイクキープミスト市場の
     メイク    キープ    ミスト
                    シェアを伸長させた化粧くずれがしにくくなる、ミストタイプの仕                               化粧品事業
                    上げ用ローション。
                    新クリエイティブディレクターKANAKOの目指す品質達成のために、
     アディクション
                    色鮮やかなメイクアップ製品等に、色沈みを防ぐ表面処理粉体を採                               化粧品事業
     新メイクアップシリーズ
                    用。
     コスメデコルテ               負担感のない軽くなめらかなつけ心地で肌にフィットし、透明感
                                                   化粧品事業
     フェイスパウダー               あふれる肌に仕上げるおしろい。
                    使用量の調整によりナチュラルからウェットまで幅広い質感に仕上
     スティーブンノル
                    げるヘアスタイリング剤。スキンケア成分配合でハンドクリームと                               コスメタリー事業
     ディファイニング         バーム
                    しても使える。
        基礎研究分野では、化粧品の有効性と安全性をより一層高めるため、iPS細胞を用いた抗老化研究、シミ・しわな

       どの発生メカニズム解明、といった皮膚生理機能研究、高度な分析機器を用いた生体成分分析、デジタルトランス
       フォーメーションと連動した化粧品開発における新たな価値創出研究、データサイエンス技術を応用した新しいカウ
       ンセリングデジタルコンテンツの開発など、先端的な研究を進めております。今後、これらの基礎研究から得られる
       成果を新製品の開発に随時応用していく予定です。
        以上の結果、当連結会計年度に支出した研究開発費の総額は                             6,299   百万円であり、セグメントごとの内訳は、化粧
       品事業   4,670   百万円、コスメタリー事業            984  百万円、その他の事業225百万円であります。また、各事業部門に配分で
       きない基礎研究費用は418百万円であります。
                                 21/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、技術革新と販売競争に対処するため基盤技術の拡大と製品の信頼性向上に重点を置き、あわせ
       て環境に配慮した設備投資を行っております。
        当連結会計年度におきましては、経営効率の向上と収益力の強化を図ることを基本方針とする中期経営計画に基づ
       き、経常的な設備の更新を実施いたしました。
        設備投資額のセグメントごとの内訳は次のとおりであります。
                           (百万円)
            化粧品事業
                            15,021
            コスメタリー事業
                            2,981
            その他                  347
            計                18,351
            調整額(注)                  935
            合計
                            19,286
            (注)調整額は、全社資産の設備投資額であります。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
        なお、セグメントについては、当社を含め複数事業を行う会社があり、同一設備を使用して複数セグメントの製品
       を製造し又は販売しているため、設備をセグメント別に区分するのは困難でありますので、設備の分類は機能別分類
       によっております。
       (1)提出会社

                                  帳簿価額(百万円)
        事業所名        機能の     設備の                                 従業員数     セグ
        (所在地)        名称     内容                                 (人)    メント
                         建物及び     機械装置及び       土地
                                           その他      合計
                          構築物      運搬具     (面積千㎡)
     狭山工場              化粧品                  3,147                  8
              化粧品製造                                            全社
                           1,739      1,532            224     6,644
     (埼玉県狭山市他)              生産設備                   (106)                 [-]
     群馬工場
                    化粧品                  1,345                 -
              化粧品製造             6,835      2,694            434    11,309         全社
     (群馬県伊勢崎市)              生産設備
                                       (99)                [- ]
     コーセー研究所         基礎・応用     研究開発                  1,106                 188
                           3,906       55           526     5,595        全社
              研究     設備
     (東京都北区)                                  (7)                [15]
     本社         全社的管理     その他                    -                536
                            581      32           926     1,541        全社
     (東京都中央区)         企画業務     設備                   (-)                [188]
     情報統括部              その他                    -                -
              情報処理              95      -           40     136       全社
     (埼玉県狭山市)              設備
                                       (-)                [- ]
     コーセー
                    その他                   303                 -
     王子研修センター         研修施設                                            全社
                            962       0           9    1,275
                    設備                    (2)                [- ]
     (東京都北区)
                    その他                  5,614                 552
     その他                      2,597       2          1,682      9,896        全社
                    設備                   (206)                [116]
                                 22/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                    帳簿価額(百万円)
              事業所名                                        従業員数
                   機能の    設備の                                   セグ
       会社名
             (所在地)      名称    内容              土地                  (人)   メント
                           建物及び     機械装置
                                         リース資産     その他     合計
                           構築物    及び運搬具     (面積千㎡)
             本社他      化粧品    化粧品               4,313                 2,534

     ㈱アルビオン                       5,678      850         637    2,022    13,501       化粧品
             東京都中央区      製造販売    製造卸売               (126)                [1,045]
     コーセー化粧品        本社他      化粧品    化粧品               283                3,665

                             137     -          6    981   1,408       全社
     販売㈱        東京都中央区      販売    卸売                (0)               [1,637]
       (3)在外子会社

                                    帳簿価額(百万円)
              事業所名      機能の    設備の                             従業員数    セグ
        会社名
              (所在地)      名称    内容               土地               (人)   メント
                            建物及び     機械装置
                                            その他      合計
                             構築物    及び運搬具     (面積千㎡)
     台湾高絲股份              化粧品    化粧品                 347               2

             台湾省台北市                  181      32          431     992      化粧品
     有限公司              製造販売    製造卸売
                                         (7)             [508]
      (注)1.金額は帳簿価額であり、建設仮勘定は含まれておりません。
           帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であります。
         2.提出会社には貸与資産23,828百万円が含まれております。
           なお、連結子会社以外への主な貸与資産は、資材仕入先への金型の貸与407百万円であります。
         3.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は[ ]内に外数で記載しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資につきましては、今後の需要予測、新製品計画をもとに各社で策定しております。
        設備計画は原則的に連結各社が策定しておりますが、全体の調整は、提出会社が行っております。
        なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修、売却計画は、次のとおりであります。
       (1)重要な設備の新設

                             投資予定金額             着手及び完了予定年月
                  セグメ
       会社名                設備の               資金調達                 完成後の
             所在地    ントの
       事業所名                 内容     総額    既支払額      方法                増加能力
                  名称                         着手    完了予定
                           (百万円)     (百万円)
     ㈱アルビオン                 化粧品                               化粧水20%増加

             熊谷市    化粧品          11,364      9,979   自己資金      2017.7     2020.7
     熊谷工場                 生産設備                                乳液増加
       (2)重要な改修

         該当事項はありません。
       (3)重要な設備の売却

         該当事項はありません。
                                 23/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                               200,000,000

                  計                             200,000,000

        ②【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所
           事業年度末現在発行数(株)                提出日現在発行数(株)
       種類                                  名又は登録認可金融              内容
              (2020年3月31日)               (2020年6月26日)
                                         商品取引業協会名
                                          東京証券取引所          単元株式数は100

                 60,592,541               60,592,541
      普通株式
                                           市場第一部         株であります。
                 60,592,541               60,592,541             -          -

       計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)        (百万円)
     2006年4月1日
                  5,508       60,592          -      4,848         -      6,390
     (注)
      (注)1株を1.1株に株式分割いたしました。
       (5)【所有者別状況】

                                                   2020年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
                                                       株式の状況
       区分                             外国法人等
             政府及び地            金融商品     その他の
                   金融機関                         個人その他       計
                                                        (株)
             方公共団体            取引業者      法人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)         -       48     34     146     528     22   12,696     13,474      -
     所有株式数
               -     98,771      2,064     32,770    150,696       237   320,462     605,000       92,541
     (単元)
     所有株式数の
               -      16.32      0.34     5.42    24.91     0.04     52.97     100.00      -
     割合(%)
      (注)1.自己株式3,549,075               株は、「個人その他」に35,490単元、「単元未満株式の状況」に75株含めて記載してお
           ります。
         2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が、そ
           れぞれ38単元及び10株含まれております。
                                 24/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                                6,511         11.42

     小林 一俊                  東京都港区
                                                6,457         11.32

     小林 孝雄                  東京都港区
                                                6,332         11.10

     小林 正典                  東京都千代田区
                       25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385632                                5,148          9.03
                       LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                       東京都港区浜松町2-11-3                         2,332          4.09
     会社(信託口)
                                                1,926          3.38
     小林 和夫                  東京都中野区
     日本トラスティ・サービス信託銀行
                       東京都中央区晴海1-8-11                         1,537          2.69
     株式会社(信託口)
                                                1,503          2.63
     小林 保清                  東京都品川区
     公益財団法人コスメトロジー研究振
                       東京都中央区八丁堀3-11-8                         1,279          2.24
     興財団
     みずほ信託銀行株式会社退職給付信                  東京都中央区晴海1丁目8-12 晴海
                                                 841         1.48
     託 みずほ銀行口 再信託受託者                   アイランド トリトンスクエア オフィ
     資産管理サービス信託銀行株式会社                  スタワーZ棟
                                -                33,870          59.38
             計
      (注)1.上記のほか、当社は自己株式3,549千株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合:5.86%)を所有してお
          ります。
        2.  2020年3月27日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、キャピタル・リサーチ・アンド・マネー
          ジメント・カンパニー及びその共同保有者であるキャピタル・インターナショナル株式会社、キャピタル・イ
          ンターナショナル・エス・エイ・アール・エル、キャピタル・インターナショナル・インクが、2020年3月20
          日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として議決権行使基準日現在における実
          質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、その変更報告書の内容は次のとおりであります。
                氏名又は名称                保有株券等の数(千株)                株券等保有割合(%)

         キャピタル・リサーチ・アンド・
                                          6,293                10.39
         マネージメント・カンパニー
         キャピタル・インターナショナル株式会社                                  567               0.94
         キャピタル・インターナショナル・エス・
                                           86               0.14
         エイ・アール・エル
         キャピタル・インターナショナル・インク                                  63               0.10
                   計                       7,010                11.57
                                 25/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
                         株式数(株)           議決権の数(個)
            区分                                       内容
                              -         -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                         -         -             -
     議決権制限株式(その他)                         -         -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                        3,549,000          -             -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                       56,951,000            569,510            -
                      普通株式
                               92,541        -
     単元未満株式                 普通株式                        一単元(100株)未満の株式
                             60,592,541           -             -
     発行済株式総数
                              -          569,510            -
     総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が3,800株含まれております。また、「議
         決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数38個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                                                    に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    式数の割合(%)
                  東京都中央区日本橋
                               3,549,000         -      3,549,000          5.86
     株式会社コーセー
                  三丁目6番2号
                       -        3,549,000         -      3,549,000          5.86
           計
                                 26/98











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号の規定に基づく単元未満株式の買取請求による普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                       51           885,950

      当期間における取得自己株式                                       10           127,100

      (注)当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他(単元未満株式の売渡請求による売
                                  -        -        -        -
      渡し)
      保有自己株式数                        3,549,075            -     3,549,085            -
      (注)1.当期間における処理自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
          渡しによる株式は含まれておりません。
        2.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
          買取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。
                                 27/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        利益配分に関しましては、安定配当を基本としておりますが、今後の事業拡大のための内部資金の確保に配慮しつ
       つ、財政状態、業績の進展状況、配当性向等を勘案し、株主への利益還元に取り組んでいく方針であります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
       決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        当期の期末配当につきましては、1株につき普通配当95円といたしました。2019年12月10日付で、1株につき95円
       の中間配当を実施しておりますので、年間配当は190円になります。
        当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる。」旨を定款に定
       めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                            配当金の総額          1株当たり配当額
              決議年月日
                             (百万円)            (円)
             2019年10月31日
                                 5,419             95
              取締役会決議
             2020年6月26日
                                 5,419             95
             定時株主総会決議
                                 28/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、経営方針の中核に「コーセーグループとしての企業価値を高める経営を継続して行ってい
         く」ことを掲げ、事業の拡大と効率を追求した経営に取組んでおります。この企業価値を高める経営の継続に当
         たりましては、コーポレート・ガバナンスが機能することが不可欠であり、当社グループではコーポレート・ガ
         バナンスを経営上の重要な課題のひとつと位置付け、健全な経営を遂行する組織体制や仕組みを整備し、継続的
         に社会的信用を保持するための体制づくりを進めております。
        ②コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

         イ 企業統治の体制の概要
           当社は監査役会設置会社であります。また、取締役会の議長は取締役社長が務めております。業務執行にあ
          たっては取締役社長が議長を務める経営会議の他、経営政策検討会議や役員会議等を機動的に運営し、迅速で
          効率的な経営を行っております。
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の概念図は、次のとおりであります。

                                 29/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          (取締役会)
           取締役会は、会社の重要な業務執行の決定並びに取締役の職務の執行の監督を行います。
                     氏名              役職          備考

                                             議長
                  小林 一俊              代表取締役社長
                  小林 孝雄              専務取締役
                  熊田 篤男              専務取締役
                  小林 正典              常務取締役
                  澁澤 宏一              常務取締役
                  小林 勇介              取締役
                  栁井 陸仁              取締役
                  菊間 千乃              取締役(社外)
                  湯浅 紀佳              取締役(社外)
                  前田 裕子              取締役(社外)
                  松本 昇              常勤監査役
                  田部 信二              常勤監査役
                  深山 徹              監査役(社外)
                  小林 久美              監査役(社外)
          (監査役会)

           監査役会は、監査役監査の実効性確保を目的に、監査に関する重要な事項について報告を受け、協議を行
          い、又は決議を行います。
                     氏名              役職          備考

                                             議長
                  松本 昇              常勤監査役
                  田部 信二              常勤監査役
                  深山 徹              監査役(社外)
                  小林 久美              監査役(社外)
          (指名・報酬委員会)

           指名・報酬委員会は、取締役、監査役及び執行役員の指名、報酬等に係る取締役会の機能の独立性・客観
          性と説明責任の強化を目的とし、社長による取締役会への「指名・報酬等に関する提案」を審議します。
                     氏名              役職          備考

                  小林 一俊              代表取締役社長
                  澁澤 宏一              常務取締役
                  菊間 千乃              取締役(社外)
                  湯浅 紀佳              取締役(社外)
                  前田 裕子              取締役(社外)
                  深山 徹              監査役(社外)
                  小林 久美              監査役(社外)
         ロ 当該企業統治の体制を採用する理由

           当社の業務執行は、取締役の管掌範囲を明確にし、少人数による迅速な意思決定ができる体制としておりま
          す。取締役会の運営につきましては、各取締役及び各監査役が忌憚のない意見を述べて議論するなど相互牽制
          機能を有効に働かせ、ガバナンス機能を十分に果たすよう実践しております。また、執行役員制度を導入し、
          業務執行の効率化へ向けた取り組みを積極的に進めております。提出日現在、取締役は10名、執行役員は13名
          であります。
                                 30/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         ハ 内部統制システムについての基本的な考え方及びその整備状況
           当社は、業務の適正を確保することを目的に定めた内部統制に係る基本方針に基づき、グループの全役職員
          により遂行される内部統制の仕組みの充実とその有効性の確保に努めております。
           法令、定款及び「取締役会規程」その他「稟議規程」等に従い、定期的又は、必要に応じて取締役会を開催

          し、取締役の職務執行を相互に監督しております。取締役は取締役会の決議及び社内規程に従い、担当業務を
          執行しております。監査役は、「監査役会規程」及び「監査役監査基準」に則り、取締役の職務執行の適正性
          を監査しております。監査室は「内部監査規程」に基づき、業務全般に関し、法令、定款及び社内規程の遵守
          状況、業務執行の手続き及び内容の妥当性につき、定期的に内部監査を実施し、内部監査結果に関して、監査
          役へ報告しております。当社における「コンプライアンス」とは、法令遵守のみならず、「正しきことに従う
          心」をもって社会的倫理に則った行動をとることをいいます。コンプライアンス推進体制及び活動は、「リス
          クマネジメント・コンプライアンス規程」に基づくものとし、その活動内容は、「リスクマネジメント・コン
          プライアンス委員会」によって、定期的に取締役会に報告されております。「コンプライアンス推進委員会」
          は取締役及び使用人に対する研修などの啓蒙活動を行っております。内部通報窓口として社内窓口に加え社外
          窓口を設置し、取締役及び使用人からの報告・相談に対応する体制を整備しております。
           株主総会議事録、取締役会議事録及び稟議書等の業務執行の意思決定に係る重要な情報を、法令及び社内規

          程に定めるところにより、適切に保存・管理し、取締役及び監査役はいつでもこれを閲覧できることとしてお
          ります。会社の重要な情報の適時開示その他の開示を所管する部署を設置するとともに、取締役は開示すべき
          情報を迅速かつ網羅的に収集した上で、法令等に従い、適時かつ適切に開示しております。
           当社の持続的発展を脅かすあらゆるリスク、特にコンプライアンス問題、品質問題、情報セキュリティ問

          題、市場問題、災害発生、その他の様々なリスクに対処すべく、リスクを適切に認識し、管理するための規程
          として「リスクマネジメント・コンプライアンス規程」を定めております。この規程に則り、個々のリスクに
          対する管理責任者を任命し、リスク管理体制の整備を推進しております。リスク管理を統括する「リスクマネ
          ジメント・コンプライアンス委員会」を設置し、その審議・活動の内容を定期的に取締役会に報告させるとと
          もに、リスク管理方針の策定、リスク対応状況の点検・フォロー、リスクが顕在化した時の対応協議など、リ
          スク管理体制の充実に努めております。危機管理に関する規程「危機管理規程」を定め、重大なリスクが顕在
          化した場合に被害を最小限に抑制するために迅速かつ適切に対処できる体制を構築しております。
           各取締役の管掌範囲・権限・責任の明確化を図るとともに、独立性のある社外役員による監視・監督により

          取締役による適正かつ効率的なグループ経営を実現することとしております。取締役会は「取締役会規程」に
          付議事項・報告すべき重要事項を規定し、取締役会の効率的な運営を図っております。また、業務執行の意思
          決定の効率化のための経営会議を設置しております。執行役員制度を採用し、迅速な職務の執行を図っており
          ます。
           関係会社を統括主管する責任者を定めるとともに、関係会社に対して原則として当社から取締役及び監査役

          を派遣し、グループ全体のガバナンス強化を図り、経営のモニタリングを行っております。関係会社を統括主
          管する責任者は、「関係会社管理規程」に基づき、各子会社に経営状況、財務状況、その他経営上の重要事項
          を報告させております。関係会社の業務活動全般も監査室による内部監査の対象とし、監査室は「内部監査規
          程」に基づき、法令、定款及び社内規程の遵守状況、職務執行の手続き及び内容の妥当性などにつき、定期的
          に内部監査を実施しております。
           財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法等の趣旨に則り、財務報告に係る内部統制の整備・運用

          を行い、その有効性を継続的に評価、報告しております。また、是正、改善の必要があるときには、速やかに
          その対策を講ずることとしております。
           その整備状況並びに運用状況については、監査室及び監査役によりモニタリング・検証されております。

                                 31/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         ニ 監査役への報告に関する基本的な考え方及びその整備状況
           取締役及び執行役員は、定期的に職務執行状況を監査役に報告しております。また、役職者は、当社及びグ
          ループ内の各関係会社における重大な法令違反、その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場合
          には、直ちに監査役に報告することとなっております。使用人は、監査役に対して、当社に著しい損害を及ぼ
          す恐れがある事実などを直接報告することができる体制を整備しております。
           当社が制定するコンプライアンスに関する運用マニュアルに基づき、当社グループの取締役及び使用人が上

          述の報告を行ったときは、当該報告者に対し、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを行わないこ
          ととしております。また、当該報告者に関する情報及び報告内容は、厳重な管理を行うこととしております。
           監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制として、監査室は監査役と各事業年度の内部監

          査計画の策定、内部監査結果等について、定期的な情報交換及び連携を図っております。
         ホ   反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

           当社は、反社会的勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の不当な要求には応じないことを「コーセー
          グループ行動規範」で明確に宣言し、全社的に取り組むとともに、本社総務部が統括部門となり、警察及び弁
          護士等の外部専門機関と連携を取りながら、組織的に対応することとしております。また、当社及び関係会社
          においては、必要に応じて取引先の事前の審査を行い、取引契約書の中に反社会的勢力排除条項を設けること
          としております。
         ヘ 社外取締役及び社外監査役との責任限定契約の締結

           当社は社外取締役及び社外監査役との間で会社法第427条第1項の規定に基づき、法令の定める額を損害賠
          償責任の限度額として責任限定契約を締結しております。
        ③取締役の定数

          当社の取締役は20名以内とする旨定款に定めております。
        ④取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
          また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑤株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         イ 自己の株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得
          することができる旨定款に定めております。
           これは、自己株式の取得を取締役会の権限とすることにより、機動的な資本政策の遂行を可能とするためで
          あります。
         ロ 中間配当

           当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間
          配当を行うことができる旨定款に定めております。
           これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
         ハ 取締役及び監査役の責任免除

           当社は取締役及び監査役が期待された役割を十分に発揮することができるようにするため、会社法第426条
          第1項の規定に基づき、取締役会の決議によって法令の定める範囲内で責任を免除することができる旨を定款
          で定めております。
        ⑥株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。
          これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
         とするものであります。
                                 32/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ①役員一覧
        男性  10 名 女性    ▶ 名 (役員のうち女性の比率             28.6  %)
                                                        所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1986年4月 当社入社
                                1991年3月 取締役
        取締役社長
                 小林 一俊      1962年8月8日      生  1995年3月 常務取締役                    (注)9      6,511
        (代表取締役)
                                2004年6月 代表取締役副社長
                                2007年6月 代表取締役社長(現任)
                                1993年4月 当社入社
                                1998年6月 取締役
                                2005年3月 国際副本部長
                                2006年6月 コーセーコスメポート株式会社代表
        専務取締役         小林 孝雄      1965年4月6日      生                      (注)9      6,457
                                     取締役社長(現任)
                                2013年6月 当社常務取締役
                                2014年6月 専務取締役(現任)
                                1980年4月 当社入社
                                2011年3月 執行役員、コーセー化粧品販売株式
                                     会社常務取締役
                                2013年3月 コーセー化粧品販売株式会社専務取
                                     締役
        専務取締役         熊田 篤男      1956年4月29日      生                      (注)7        ▶
                                2013年6月 当社取締役
                                2016年6月 常務取締役
                                2019年4月 コーセー化粧品販売株式会社代表取
                                     締役社長(現任)
                                2019年6月 当社専務取締役(現任)
                                2004年3月 当社入社
                                2011年3月 執行役員
        常務取締役         小林 正典      1973年4月19日      生                      (注)7      6,332
                                2013年6月 取締役
                                2017年6月 常務取締役(現任)
                                1984年4月 当社入社
                                2010年6月 コーセー化粧品販売株式会社監査役
                                     (現任)
                                2011年3月 当社執行役員
        常務取締役         澁澤 宏一      1960年10月31日      生                      (注)7        1
                                2011年6月 コーセーコスメポート株式会社監査
                                     役(現任)
                                2013年6月 当社取締役
                                2018年6月 常務取締役(現任)
                                2000年4月 株式会社アルビオン入社
                                2005年9月 株式会社アルビオン執行役員
                                2006年9月 同社取締役
         取締役        小林 勇介      1970年12月24日      生                      (注)9       413
                                2014年6月 当社取締役(現任)
                                2017年4月 株式会社アルビオン常務取締役(現
                                     任)
                                1984年4月 当社入社
         取締役        栁井 陸仁      1960年12月10日      生  2015年3月 執行役員                    (注)7        1
                                2017年6月 取締役(現任)
                                1995年4月 株式会社フジテレビジョン入社
                                2011年12月 弁護士登録
                                2011年12月 弁護士法人松尾綜合法律事務所入所
                                     (現任)
         取締役        菊間 千乃      1972年3月5日      生  2018年6月 当社取締役(現任)                    (注)9        -
                                (重要な兼職の状況)
                                弁護士法人松尾綜合法律事務所 弁護士
                                タキヒヨー株式会社取締役監査等委員
                                アルコニックス株式会社社外取締役
                                 33/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                2003年9月 弁護士登録
                                2011年8月 ニューヨーク州弁護士登録
                                2017年9月 早稲田大学ロースクール講師(現
                                     任)
         取締役        湯浅 紀佳      1974年8月18日      生                      (注)7        -
                                2019年1月 三浦法律事務所パートナー(現任)
                                2019年6月 当社取締役(現任)
                                (重要な兼職の状況)
                                三浦法律事務所パートナー
                                1984年4月 株式会社ブリヂストン入社
                                2003年9月 国立大学法人東京医科歯科大学知的
                                     財産本部技術移転センター長・知財
                                     マネージャー
                                2009年10月 (兼)東京医科歯科大学客員教授
                                2011年10月 (兼)京都府立医科大学特任教授
                                2013年5月 株式会社ブリヂストン執行役員
                                2014年4月 (兼)国立研究開発法人海洋研究開発
                                     機構監事(現任)
         取締役        前田 裕子      1960年7月26日      生                      (注)9        -
                                2017年1月 株式会社セルバンク取締役(現任)
                                2019年3月 (兼)中外製薬株式会社社外監査役
                                     (現任)
                                2020年6月 当社取締役(現任)
                                (重要な兼職の状況)
                                中外製薬株式会社社外監査役
                                国立研究開発法人海洋研究開発機構監事
                                株式会社セルバンク取締役
                                1984年4月 当社入社
                                2006年3月 需給コントロール部長
                                2007年3月 コスメタリー企画部長
                                2008年3月 コーセー化粧品販売株式会社営業企
                                     画部長
        常勤監査役         松本 昇      1960年12月20日      生                      (注)8        0
                                2011年3月 台湾高絲股份有限公司董事長兼総経
                                     理
                                2013年3月 当社総務部長
                                2018年3月 執行役員
                                2019年6月 常勤監査役(現任)
                                1984年4月 当社入社
                                2015年3月 当社研究所技術情報管理室長
        常勤監査役         田部 信二      1961年11月24日      生                      (注)10        -
                                2017年3月 当社品質保証部長
                                2020年6月 常勤監査役(現任)
                                1998年4月 弁護士登録
         監査役         深山 徹      1964年2月26日      生  2006年10月 深山法律事務所設立(現任)                    (注)8        -
                                2019年6月 当社監査役(現任)
                                2006年3月 公認会計士登録
                                2006年9月 GCA株式会社入社
                                2016年3月 櫻井・小林公認会計士事務所パート
                                     ナー(現任)
                                2017年4月 Tokyo        Athletes    Office株式会社代表
                                     取締役(現任)
         監査役        小林 久美      1979年11月2日      生                      (注)10        -
                                2019年6月 株式会社スポカチ取締役(現任)
                                2020年6月 当社監査役(現任)
                                (重要な兼職の状況)
                                櫻井・小林公認会計士事務所パートナー
                                Tokyo   Athletes    Office株式会社代表取締役
                                株式会社スポカチ取締役
                                         計                 19,722
                                 34/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     (注)    1.取締役菊間千乃、湯浅紀佳、前田裕子は社外取締役であります。
         2.監査役         深山徹、小林久美        は社外監査役であります。
         3.専務取締役小林孝雄、常務取締役小林正典は取締役社長小林一俊の弟であります。
         4.取締役菊間千乃の戸籍上の氏名は吉田千乃であります。
         5.取締役湯浅紀佳の戸籍上の氏名は國井紀佳であります。
         6.監査役小林久美の戸籍上の氏名は野尻久美であります。
         7.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間。
         8.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         9.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間。
         10.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         11.当社は、執行役員制度を導入しております。各執行役員の氏名及び主な担当は次のとおりであります。
                      生産部長、コーセーインダストリーズ株式会社代表取締役

         上席執行役員      新 本 浩 一
                      生産部・SCM統括部・購買部担当
         上席執行役員      牛  村   稔   人事部長
         上席執行役員      望 月 愼 一  経理部長
         執  行  役  員  林   忠   信  SCM統括部長
         執  行  役  員  長谷川 匠      商品デザイン部長、品質保証部担当
         執  行  役  員  林   昭   伸  研究所長
         執  行  役  員  藤  原   功   コーセー化粧品販売株式会社常務取締役
         執  行  役  員  新 井 則 之  コーセー化粧品販売株式会社取締役              事業  開発部長
         執  行  役  員  原 谷 美 典  経営企画部長
                      マーケティング本部副本部長
         執  行  役  員  堀 田 昌 宏
                      商品開発部長及び美容開発部担当
         執  行  役  員  小 椋 敦 子  情報統括部長
         執  行  役  員  松  原   徹   デジタルマーケティング戦略部長、マーケティング政策室担当
         執  行  役  員  宮 田 康 弘  アジア事業部長、アジアエリア関係会社担当
        ②社外役員の状況

          当社は、一部の株主や利害関係者の利益に偏ることのない社外取締役3名及び社外監査役2名を選任しており
         ます。社外取締役は取締役の業務執行に対する助言及び各取締役の監視・監督機能を果たしており、また社外監
         査役は弁護士及び公認会計士としての専門的な見地から取締役の業務執行の監視・監査機能を果たしておりま
         す。  なお、当社は独立性に関する方針は定めておりませんが、社外取締役、社外監査役ともに一般株主との利益
         相反が生じる恐れがないと判断し、株式会社東京証券取引所の定める独立役員として届出をしております。
          また、当社との間で人的、資本的その他の特別な利害関係を有しておらず、当社からの独立性は充分保持され
         ていると判断しております。
          社外取締役菊間千乃氏は、重要な兼職先として弁護士法人松尾綜合法律事務所、タキヒヨー株式会社の取締役
         監査等委員及びアルコニックス株式会社の社外取締役の業務執行に携わっておりますが、当社との間には人的、
         資本的その他の特別な利害関係はありません。
          社外取締役湯浅紀佳氏は、重要な兼職先として早稲田大学ロースクール講師及び三浦法律事務所パートナーの
         業務執行に携わっておりますが、当社との間には人的、資本的その他の特別な利害関係はありません。
          社外取締役前田裕子氏は、重要な兼職先として                       中外製薬株式会社の社外監査役、株式会社セルバンクの取締役
         及び国立研究開発法人海洋機構の監事の業務執行に携わっておりますが、                                  当社との間には人的、資本的その他の
         特別な利害関係はありません。
          社外監査役深山徹氏は、重要な兼職先として深山法律事務所の業務執行に携わっておりますが、当社との間に
         は人的、資本的その他の特別な利害関係はありません。
          社外監査役小林久美氏は、重要な兼職先として櫻井・小林公認会計士事務所パートナー                                          、Tokyo    Athletes
         Office代表取締役及び株式会社スポカチ取締役の業務執行に携わっておりますが、                                      当社との間には人的、資本的
         その他の特別な利害関係はありません。
                                 35/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

         制部門との関係
          社外監査役の会計監査人との連携については、一年間の会計監査計画に関する報告、決算後の会計監査実施報
         告、四半期決算ごとのレビュー結果の報告及び内部統制の監査実施報告を実施しており、適宜情報交換及び意見
         交換を行っております。
          また、監査室との連携については、監査室より常勤監査役に対して行う年度内部監査計画の提出と内容説明、
         監査室が社長に提出・報告する内部監査結果報告書及び内部統制報告書の写しの常勤監査役への提出・報告があ
         り、社外監査役は監査役会にて常勤監査役よりこれらの内容の報告、説明を受け適切な意見を述べております。
                                 36/98


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
          当社は監査役制度を採用しており、提出日現在、常勤監査役2名と非常勤監査役2名で監査役会を構成してお
         ります。非常勤監査役2名は株式会社東京証券取引所の定める独立役員として届出をしている社外監査役であり
         ます。なお、      社外監査役である小林久美氏は、公認会計士として財務及び会計に関する相当程度の知見を有して
         おります。
          監査役は、取締役会に出席し、議事運営及び決議内容等を監査し、必要に応じて意見表明を行っております。
         当事業年度における取締役会への監査役の出席率は100%でありました。その他、主に常勤監査役が、経営会
         議、リスクマネジメント推進委員会及びコンプライアンス推進委員会等の社内の重要会議または委員会に出席し
         ております。
          当事業年度において当社は監査役会を合計11回開催し、1回当たりの所要時間は約1時間でありました。ま
         た、監査役の出席率は100%でありました。年間を通じ、次のような決議・審議、報告がなされました。
         決議・審議 31件 監査役会監査方針・監査計画、監査役選任議案の株主総会への提出の請求、会計監査人の評
                  価及び再任・不再任、監査報告書案、特定監査役の選定等
         協議           2件    第78期監査役報酬の件、退任監査役に対する退職慰労金の件              
         報告            83件 監査役月次活動状況、社内決裁内容確認、関係会社取締役会報告等
          監査役会は、当事業年度は主として1)企業集団における業務の適正を確保するための体制の充実、2)企業

         集団におけるヘルプラインの明確化と充実を重点監査項目として取組みました。この重点監査目標の取組みとし
         て、監査役会を補完し、各監査役間の監査活動その他の情報共有を図るため関係会社監査役連絡会を四半期に1
         回開催しております。(当事業年度は3回の開催)
          なお、監査役と会計監査人との連携については、1年間の監査計画に関する相互報告、決算後の会計監査実施

         報告、四半期決算後の重要な会計方針の報告及び内部統制監査実施報告を実施しており、適宜情報交換及び意見
         交換を行っております。
        ②内部監査の状況

          業務執行部門から独立した組織である監査室(本報告書提出日現在13名体制)は、中期及び年次監査計画に基
         づき、業務活動全般にわたる監査を実施しております。内部監査結果は社長及び監査役に報告されるとともに、
         被監査部門長にも通知され、監査室による改善状況の確認も行われております。会計監査人とは、内部統制及び
         監査の重点項目について、            適宜情報交換及び意見交換を行っております。
        ③会計監査の状況

         イ   監査法人の名称、継続監査期間、業務を執行した公認会計士の氏名及び補助者の構成
           会計監査人につきましては、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し会計監査を受けております。会
          計監査人は、経営者との間で定期的なディスカッションを開催するほか、監査役に監査結果の報告を行う際に
          も適宜情報交換及び意見交換を行っております。また、内部監査結果の概要についても情報の共有を図るな
          ど、相互に連携をとり、効果的な監査の実施に努めております。
           継続監査期間は、26年であります。
           業務を執行した公認会計士の氏名等は次のとおりであり、監査業務に係る補助者の構成は公認会計士15名、
          公認会計士試験合格者等11名及びその他10名であります。
                 公認会計士の氏名等                  所属する監査法人名称
                         原科 博文

           指定有限責任社員
                                 EY新日本有限責任監査法人
           業務執行社員
                         田中 計士
                                 37/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         ロ   監査公認会計士等を選定した理由
           当社監査役会は会計監査人の選任の手続を設定しており、以下に掲げる事項その他必要と認められる情報及
          び「会計監査人の評価基準及び選任基準」による評価に基づき監査公認会計士等を選定しております。
           ・監査法人の概要
           ・欠格事由の有無
           ・会計監査人の独立性に関する事項その他職務の遂行に関する事項
           ・監査法人における社員ローテーションや交代時の引継ぎ等の体制
           ・監査法人の内部管理体制
           ・監査報酬の水準及び非監査報酬がある場合はその内容、水準
           上記事項等について監査公認会計士等から説明を受け、社内関係部門との意見交換を行い、EY新日本有限責
          任監査法人が適正であると判断しております。
           なお、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定めるいずれかの項目に該当すると認められ
          る場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、解任後最初に招集される株
          主総会において、監査役会が選定した監査役は、会計監査人を解任した旨と解任理由を報告いたします。
          また、監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障があると認められるときは、当該会計監査人の解任又は不
          再任の検討を行い、その必要があると判断した場合には、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に
          関する議案の内容を決定いたします。
         ハ 監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社監査役会は「会計監査人の評価基準及び選任基準」を設定しており、各連結会計年度における会計監査
          人の業務について基準に沿って評価しております。評価の結果各項目において監査公認会計士等は、当社が設
          定した基準を満たしております。
                                 38/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ④監査報酬の内容等
         イ 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度

         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
               報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)
                        87            1           83            2
      提出会社
                        13            -            14            -

      連結子会社
                       101             1           98            2

         計
           当社における非監査業務の内容は、EY新日本有限責任監査法人に対して、収益認識基準サポートについての
          対価を支払ったものであります。
         ロ 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(イを除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度

         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
               報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)            報酬(百万円)
                        -            5           -            6

      提出会社
                        58            26            58            26

      連結子会社
                        58            32            58            32

         計
           当社における非監査業務の内容は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているアーンス
          ト・アンド・ヤングに対して、税務コンサルタント業務等に基づく対価を支払ったものであります。
           また、連結子会社における非監査業務の内容は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属してい
          るアーンスト・アンド・ヤングに対して、税務コンサルタント業務等に基づく対価を支払ったものでありま
          す。
         ハ その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
           該当事項はありません。
         ニ 監査報酬の決定方針

           監査公認会計士等に対する監査報酬は、有効性と効率性を前提に監査計画の監査日数と内容を監査公認会計
          士等と協議し、監査公認会計士等が必要な監査を十分に行うことができる報酬となっているか検証し、監査役
          の同意を得て決定しております。
         ホ 監査役が監査報酬に同意した理由

           監査公認会計士等への監査報酬は、監査日数の計画が有効性と効率性を前提に妥当な内容となっているか、
          必要な監査を十分に行うことができるか、監査公認会計士等の業務に対する評価等を総合的に検討した結果、
          適正なものであると判断し同意しております。
                                 39/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当事業年度における役員の報酬等の決定方針は以下のとおりであります。
           イ 報酬内容の決定に関する方針

             当社役員の報酬等の内容の決定に関する方針は、各事業年度における業績向上を続けていくことで、ひ
            いては中長期的な企業価値の増大につなげることを主眼においた報酬体系としており、その決定は社外役
            員を中心とした指名・報酬委員会で審議の上、取締役会で代表取締役社長に一任する旨決議しておりま
            す。
             社外取締役を除いた取締役の報酬は、上記方針のもと職位に応じて職責を負うことを考慮して設定した
            報酬基準額に対し、業績と連動させる形で算定しており、その概要は以下のとおりであります。
             業績連動報酬の水準は職位に応じて定めております。また、業績評価により各取締役のポイントを算定
            しております。
             業績評価による算定ポイントは、当社中長期計画において重要経営指標として掲げている連結の売上高
            及び営業利益額の目標達成率に応じて、ポイントに換算したものに、各取締役の個別管掌部門の売上高及
            び営業利益額の目標達成率に応じて同様に換算したポイントに当該部門の連結に対する売上構成比率を乗
            じた値を加算して算定いたします。当該算定ポイントを報酬基準額に乗じたものを業績連動報酬額とし、
            報酬基準額に加算して報酬総額を算定しております。
             取締役の報酬等には使用人兼務取締役の使用人分給与及び賞与は含まれておりません。取締役の報酬等
            の額は、2007年6月28日開催の第65回定時株主総会において、年額1,800百万円以内、監査役の報酬等の
            額は同総会において120百万円以内と決議いただいております。対象となる役員の員数は有価証券報告書
            提出日現在、取締役は10人、監査役は4人であります。
             なお、当事業年度における当該業績連動報酬に係る連結売上目標額は352,000百万円で実績は327,724百
            万円、目標達成率は93.1%で連結営業利益の目標額は54,000百万円で実績は40,231百万円となり、目標達
            成率は74.5%であります。
             社外取締役及び監査役の報酬については、国内外の同業又は同規模の他企業との比較及び当社の財務状
            況及び経営成績を踏まえて設定した固定月額報酬を支給しております。
           ロ 役員報酬等の決定方法

             役員の報酬は、株主総会において取締役及び監査役に区分して定められた、各々の総額の範囲内におい
            て各役員に配分するものとしております。
             その配分は、客観性・透明性を確保する為に2019年5月21日開催の社外役員を中心とした指名・報酬委
            員会でその妥当性について審議の上、2019年6月27日開催の取締役会でその決定を代表取締役社長に再一
            任する旨を決議しております。また、監査役の報酬については監査役の協議により決定しております。
             なお、当社では役員退職慰労金制度を設けております。当該支給額は役員企業年金に関する内規に基づ
            き、在任中の各年度に毎期積立額を引当計上しております。
         また、当社は、2020年6月26日開催の定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く。)に、企業価値の

         持続的な向上を図るインセンティブとして、譲渡制限付株式報酬制度を導入することを決議し、役員報酬制度の
         全般的な見直しを行っております。よって、2021年3月期以降の役員の報酬等の決定方針は以下のとおりであり
         ます。
           イ 役員報酬の基本方針

             当社の取締役、監査役の報酬(以下、「役員報酬」という。)は、中長期的な企業価値の向上を実現す
            るべく、その基本方針を以下の観点から具体化し、設計・運用しております。
              ・当社グループの、グローバルかつボーダレスな成長の実現を可能とする報酬制度であること
              ・優秀な人材を登用・確保できる、適正な競争力を有する報酬水準であること
              ・独立性・客観性・透明性の高い報酬制度とし、お取引先、お客様、株主、従業員等のステークホル
               ダーに対する説明責任を果たし得る内容であること
           ロ 報酬水準
             役員報酬の水準は、当社の経営環境を考慮し、かつ、同業他社や同規模の主要企業の報酬水準を外部
            データベース等も用いて調査・分析した上で、適正な水準となるよう決定しております。
                                 40/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
           ハ 報酬構成
             a.取締役(社外取締役を除く。)
              当社の取締役(社外取締役を除く。)の報酬は、短期・中期・長期に経営目標を達成し、企業価値の
             持続的な向上に対する動機付けを図るため、役割に応じた「基本報酬」と、会社業績や株価等に応じた
             「業績連動報酬」により構成されております。
              さらに、「業績連動報酬」は「賞与」と「株式報酬」により構成されております。
              なお、「株式報酬」は、2020年度より新たに特定譲渡制限付株式の仕組みを利用して、各対象者に当
             社普通株式を交付する制度としております。具体的には、対象者に対して譲渡制限期間等の定めに服す
             る当社普通株式を毎年交付し、退任時に譲渡制限を解除するものであります。
              また、取締役の報酬等には使用人兼務取締役の使用人分給与及び賞与は含まれておりません。
               1)報酬項目の概要
                <基本報酬>
                 職責の大きさや役割に応じて役位ごとに金額を決定し、月額固定報酬として支給いたします。
                <賞与>
                 単年度の会社業績向上に対するインセンティブとして支給いたします。
                 評価指標は連結売上高、連結営業利益の他、事業領域別の売上高及び営業利益等とし、当該指
                標を選択した理由は、当社中長期計画において重要経営指標として掲げているためであります。
                各指標の単年度の目標額に対する達成度に応じて、基準額の0%~200%の範囲で変動いたしま
                す。
                 売上高にかかる指標と営業利益にかかる指標の評価割合は、概ね以下の通りであります。
                        指   標               評価割合

                                        50%
                  売上高にかかる指標
                                        50%
                  営業利益にかかる指標
                 各取締役の個別に管掌する事業領域については、当該事業領域の評価のウエイトを高く設定す

                ることで、管掌する事業領域における責任を果たせるような報酬体系としております。
                <株式報酬>
                 株式数固定の譲渡制限期間等の定めに服する当社普通株式を毎年交付し、退任時に譲渡制限を
                解除いたします。
                 評価指標は当社の株価とし、当該指標を選択した理由は、中長期的な企業価値向上への貢献意
                欲を一層高めること、及び株主の皆様との一層の利害共有を進めるためであります。
                 なお、指標が株価であることから、目標は設定しておりません。
               2)報酬構成比率
                 代表取締役社長における、報酬構成比率は以下のとおりであります。
                        報酬の種類               構成比率

                                        65%
                  基本報酬
                                        25%
                  賞与
                                        10%
                  株式報酬
                 社長以外の役位においては、役位が上がるごとに基本報酬の割合を減らし、賞与と株式報酬の

                割合を増やす方針としております。
                 今後、中長期かつ持続的な成長のために、株式報酬を中心に、報酬構成比率を定期的に見直す
                予定であります。
                                 41/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
             b.社外取締役
              独立した立場から経営の監督機能を担うことから、社外取締役の報酬は固定報酬である「基本報酬」
             のみで構成され、業績により変動する賞与及び株式報酬は支給されません。
             c.監査役
              監査役に対する報酬については、その職務等に鑑み固定報酬である「基本報酬」のみとし、賞与及び
             株式報酬は支給されません。各監査役の基本報酬の額は、職務の内容・量・難易度や責任の程度等を総
             合的に勘案し、監査役の協議により決定いたします。
          ニ 決定プロセス

            役員報酬は、株主総会において取締役及び監査役に区分して定められた、各々の総額の範囲内において各
           役員に配分するものとしております。
            その配分は、役員報酬制度の客観性・透明性を確保するために、社外役員を中心とした指名・報酬委員会
           でその妥当性について審議の上、取締役会でその決定を代表取締役社長に再一任する旨を決議しておりま
           す。
            また、監査役の報酬については監査役の協議により決定しております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                      報酬等の総額
                                                      役員の員数
            役員区分
                                              役員退職慰労
                      (百万円)
                               固定報酬       業績連動報酬
                                                       (人)
                                              引当金繰入額
        取締役
                          808        310         80        416         6
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                           50        47        -         3       3
        (社外監査役を除く。)
                           51        51        -        -        6
        社外役員
        ③ 報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

                                  報酬等の種類別の額(百万円)
                                                       報酬等
          氏名      役員区分       会社区分                                の総額
                                              役員退職慰労
                               固定報酬       業績連動報酬
                                                      (百万円)
                                              引当金繰入額
                                                          625
        小林 一俊       取締役       提出会社            214         47        364
                                 42/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外である投資株式の区分について、購入株式の
         配当を受けることを目的とするものを純投資株式とし、そうでないものをそれ以外の目的の投資株式としており
         ます。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
           内容
           保有方針については、投資目的以外に発行会社との企業連携や事業シナジーを見込める場合に保有すること
          を原則とし、それ以外については縮減することとしております。経済合理性を検証する方法については、当社
          の資本コストをベースに実際のリターンや取引状況を踏まえ、保有の可否を判断しております。
           上記の基準をもとに2019年10月31日の取締役会において売却の検討を行い、1銘柄を売却、13銘柄を保有継
          続することといたしました。
         ロ 銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      5            163

     非上場株式
                      13            9,786
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -             -

     非上場株式
                                     当社グループの商品販売等の業務をより円滑に
                                     推進するため保有しており、各社の取引先持株
                      3             ▶  会の買付により増加
     非上場株式以外の株式
                                     (イオン㈱・ウエルシアホールディングス㈱・
                                     三越伊勢丹ホールディングス㈱)
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -

     非上場株式
                      1             0
     非上場株式以外の株式
                                 43/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         ハ   特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    468,600         468,600

                                  当社グループの商品販売における取組関
     ゼリア新薬工業㈱
                                                        有
                                  係強化のため
                      978         896
                    215,600         215,600

     ㈱マツモトキヨシ                             当社グループの商品販売等の業務をより
                                                        無
     ホールディングス                             円滑に推進するため
                      847         794
                   2,000,000         2,000,000

     ㈱みずほフィナン                             当社グループの金融取引等の業務をより
                                                        無
     シャルグループ                             円滑な推進のため
                      247         342
                     50,000         500,000
     ㈱三菱UFJフィナン                             当社グループの金融取引等の業務をより
                                                        無
     シャル・グループ                             円滑な推進のため
                      201         275
                     9,800         9,800

     ㈱ツルハホールディ                             当社グループの商品販売等の業務をより
                                                        無
     ングス                             円滑に推進するため
                      139          88
                                  当社グループの商品販売等の業務をより
                     37,074         34,728
     ㈱三越伊勢丹ホール
                                  円滑に推進するため                      無
     ディングス
                       23         38
                                  取引先持株会の買付により増加
                                  当社グループの商品販売等の業務をより
                     4,857         4,608
     ウエルシアホール
                                  円滑に推進するため                      無
     ディングス㈱
                       36         17
                                  取引先持株会の買付により増加
     MS&ADインシュアラ
                     5,494         5,494
                                  当社グループの金融取引等の業務をより
     ンス   グループ     ホー
                                                        有
                                  円滑な推進のため
                       16         18
     ルディングス㈱
                                  当社グループの商品販売等の業務をより
                     10,383          9,959
     イオン㈱
                                  円滑に推進するため                      無
                       24         23
                                  取引先持株会の買付により増加
                     3,115         3,115
                                  当社グループの商品販売等の業務をより
     ㈱あらた                                                   無
                                  円滑に推進するため
                       14         11
                      500         500

                                  当社グループの商品販売等の業務をより
     ㈱コスモス薬品                                                   無
                                  円滑に推進するため
                       12          9
                     14,641         14,641

                                  当社グループの原材料仕入の業務をより
     イワキ㈱                                                   無
                                  円滑に推進するため
                       6         5
                       -         290

                                  当社グループの商品販売等の業務をより
     ㈱さいか屋                                                   無
                                  円滑に推進するため
                       -          0
     (注)定量的な保有効果については記載が困難であります。保有の合理性は、当社の資本コストをベースに取引状況を確
     認しながら、取締役会において検証しております。
                                 44/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          みなし保有株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                   1,328,000         1,328,000

                                  議決権行使は当社が指図する権限を有す
     ㈱ミルボン                                                   有
                                  る
                     7,237         6,839
     (注)定量的な保有効果については記載が困難であります。保有の合理性は、当社の資本コストをベースに取引状況を確
     認しながら、取締役会において検証しております。
        ③保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                           8           9           8           9

     非上場株式
                           7          24           7          26
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                          -           -         (注)

     非上場株式
                           0          -           17
     非上場株式以外の株式
     (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益の
     合計額」は記載しておりません。
                                 45/98











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3
       月31日)の連結財務諸表及び事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)の財務諸表について、EY新日本
       有限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入し、企業会計基準・企業会計基準適用指針・実務対応報告等を入手しております。
        また、公益財団法人財務会計基準機構等の行う企業会計基準、ディスクロージャー制度に関するセミナー等に参加
       しております。
                                 46/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         94,385              97,556
         現金及び預金
                                        ※3 44,773
                                                       38,371
         受取手形及び売掛金
                                         34,121              35,775
         商品及び製品
                                         3,005              3,472
         仕掛品
                                         23,655              22,192
         原材料及び貯蔵品
                                         5,383              7,146
         その他
                                          △ 83             △ 77
         貸倒引当金
                                        205,241              204,438
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         40,960              45,590
          建物及び構築物
                                        △ 21,303             △ 22,671
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             19,657              22,919
          機械装置及び運搬具                               17,012              18,543
                                        △ 12,299             △ 13,290
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              4,713              5,252
          工具、器具及び備品                               39,199              43,151
                                        △ 32,097             △ 34,581
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              7,101              8,570
          土地                               17,566              17,569
                                         1,954              2,000
          リース資産
                                        △ 1,117             △ 1,356
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               837              643
                                         7,020              11,068
          建設仮勘定
                                         56,896              66,022
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,296              3,245
          ソフトウエア
                                         6,675              5,794
          のれん
                                         6,697              5,733
          その他
                                         15,669              14,774
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 11,664             ※1 13,433
          投資有価証券
                                         7,574              6,272
          繰延税金資産
          その他                               3,361              3,900
                                         △ 245             △ 236
          貸倒引当金
                                         22,355              23,370
          投資その他の資産合計
                                         94,921              104,167
         固定資産合計
       資産合計                                 300,162              308,606
                                 47/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 9,764
                                                        6,196
         支払手形及び買掛金
                                        ※3 19,086
                                                       15,513
         電子記録債務
                                           600              727
         短期借入金
                                           228              214
         リース債務
                                         14,371              13,086
         未払金
                                         10,716              12,296
         未払費用
                                         7,661              4,232
         未払法人税等
                                           632             1,537
         未払消費税等
                                         2,132              1,967
         返品調整引当金
                                           913             3,903
         その他
                                         66,107              59,676
         流動負債合計
       固定負債
         リース債務                                  837              712
                                         2,846              3,334
         役員退職慰労引当金
                                         4,435              4,346
         退職給付に係る負債
                                         1,094               332
         その他
         固定負債合計                                 9,213              8,727
                                         75,321              68,403
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         4,848              4,848
         資本金
                                           -              15
         資本剰余金
                                        207,821              223,665
         利益剰余金
                                        △ 9,102             △ 9,103
         自己株式
                                        203,566              219,425
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,750              4,434
         その他有価証券評価差額金
                                         1,781              1,063
         為替換算調整勘定
                                         △ 275            △ 1,289
         退職給付に係る調整累計額
                                         5,256              4,208
         その他の包括利益累計額合計
                                         16,018              16,569
       非支配株主持分
                                        224,841              240,202
       純資産合計
      負債純資産合計                                   300,162              308,606
                                 48/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        332,995              327,724
      売上高
                                        ※1 88,608             ※1 88,703
      売上原価
                                        244,387              239,020
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         23,473              21,468
       広告宣伝費
                                         61,439              65,447
       販売促進費
                                         14,030              15,236
       運賃及び荷造費
                                         48,383              50,820
       給料及び手当
                                         1,288               786
       退職給付費用
                                         7,393              7,627
       法定福利費
                                         3,757              4,047
       減価償却費
                                         32,211              33,355
       その他
                                       ※1 191,979             ※1 198,789
       販売費及び一般管理費合計
                                         52,408              40,231
      営業利益
      営業外収益
                                           513              551
       受取利息
                                           137              111
       受取配当金
                                           -              54
       受取手数料
                                           -              185
       還付消費税等
                                           38              16
       特許実施許諾料
                                           574               -
       為替差益
                                           -              85
       補助金収入
                                           455              390
       雑収入
                                         1,720              1,394
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            2              7
       支払利息
                                           10              -
       有価証券償還損
                                            ▶              ▶
       不動産賃貸費用
                                           13              13
       支払手数料
                                           87              62
       投資事業組合運用損
                                           -              517
       為替差損
                                           33              87
       雑損失
                                           151              693
       営業外費用合計
      経常利益                                   53,976              40,932
      特別利益
                                          ※2 3             ※2 9
       固定資産売却益
                                            2              1
       投資有価証券売却益
                                           925               -
       関係会社株式売却益
                                         ※3 796
                                                         115
       事業整理益
                                         1,727               127
       特別利益合計
      特別損失
                                           463              419
       固定資産処分損
       投資有価証券評価損                                    9             147
                                           173               51
       関係会社株式評価損
                                           108               76
       減損損失
                                           754              693
       特別損失合計
                                         54,949              40,365
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   17,310              11,104
                                        △ 1,363              1,427
      法人税等調整額
                                         15,946              12,532
      法人税等合計
                                         39,002              27,833
      当期純利益
                                         1,997              1,151
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         37,004              26,682
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 49/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         39,002              27,833
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           97              679
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 2,362              △ 734
       為替換算調整勘定
                                         △ 309            △ 1,074
       退職給付に係る調整額
                                        ※ △ 2,575             ※ △ 1,129
       その他の包括利益合計
                                         36,427              26,703
      包括利益
      (内訳)
                                         34,440              25,634
       親会社株主に係る包括利益
                                         1,986              1,069
       非支配株主に係る包括利益
                                 50/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                                 株主資本
                    資本金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       4,848        180,514         △ 9,098        176,263
     当期変動額
      剰余金の配当                         △ 9,697                △ 9,697
      親会社株主に帰属する当期
                               37,004                 37,004
      純利益
      自己株式の取得                                   △ ▶        △ ▶
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -       27,307          △ ▶       27,303
     当期末残高                  4,848        207,821         △ 9,102        203,566
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         為替換算調整勘定
                   評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高
                      3,651       4,098         70      7,820       14,523       198,607
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 9,697
      親会社株主に帰属する当期
                                                         37,004
      純利益
      自己株式の取得                                                     △ ▶
      株主資本以外の項目の当期
                       99     △ 2,317       △ 346     △ 2,564       1,495      △ 1,068
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       99     △ 2,317       △ 346     △ 2,564       1,495       26,234
     当期末残高                 3,750       1,781       △ 275      5,256       16,018       224,841
                                 51/98










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  4,848          -      207,821         △ 9,102        203,566
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 10,838                △ 10,838
      親会社株主に帰属する当期
                                        26,682                 26,682
      純利益
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      非支配株主との取引に係る
                                 15                          15
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         15       15,844          △ 0      15,858
     当期末残高                  4,848          15      223,665         △ 9,103        219,425
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                  その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         為替換算調整勘定
                   評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高
                      3,750       1,781       △ 275      5,256       16,018       224,841
     当期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 10,838
      親会社株主に帰属する当期
                                                         26,682
      純利益
      自己株式の取得                                                     △ 0
      非支配株主との取引に係る
                                                           15
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
                       683      △ 717     △ 1,014      △ 1,047        550      △ 497
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 683      △ 717     △ 1,014      △ 1,047        550      15,360
     当期末残高                 4,434       1,063      △ 1,289       4,208       16,569       240,202
                                 52/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         54,949              40,365
       税金等調整前当期純利益
                                         8,018              8,838
       減価償却費
                                           108               76
       減損損失
                                           805              795
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    37             △ 12
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   333              487
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,147             △ 1,104
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                   199              120
       固定資産処分損益(△は益)                                   459              409
                                         △ 651             △ 662
       受取利息及び受取配当金
                                            2              7
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  △ 180              345
       有価証券償還損益(△は益)                                    10              -
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 2             △ 1
       関係会社株式売却損益(△は益)                                  △ 925               -
                                           173               51
       関係会社株式評価損
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    9             146
       投資事業組合運用損益(△は益)                                    87              62
                                         △ 796             △ 115
       事業整理益
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 3,795              6,252
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 10,377               △ 822
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,668             △ 6,121
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,388              1,389
       その他の負債の増減額(△は減少)                                   440             3,037
                                           -               0
       その他
                                         49,041              53,547
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   622              706
                                           △ 2             △ 13
       利息の支払額
                                           796               -
       事業整理に伴う補償金の受取
                                        △ 17,469             △ 17,150
       法人税等の支払額
                                         32,989              37,090
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 32,232             △ 30,237
       定期預金の預入による支出
                                         29,573              33,042
       定期預金の払戻による収入
                                           520               -
       有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 15,191             △ 17,980
       有形固定資産の取得による支出
                                           95              12
       有形固定資産の売却による収入
                                           -             △ 79
       有形固定資産の除却による支出
                                        △ 1,910             △ 1,894
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,099              △ 950
       投資有価証券の取得による支出
                                            2              2
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                         △ 395             △ 283
       子会社株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による
                                           678               -
       収入
                                           -             △ 153
       貸付けによる支出
                                         △ 709             △ 485
       投資その他の資産の増減額(△は増加)
                                        △ 20,669             △ 19,006
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 53/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -              123
       自己株式の純増減額(△は増加)                                   △ ▶             △ 0
                                        △ 9,697             △ 10,838
       配当金の支払額
                                         △ 492             △ 483
       非支配株主への配当金の支払額
                                           -             △ 19
       子会社の自己株式の取得による支出
                                         △ 232             △ 229
       その他
                                        △ 10,426             △ 11,448
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,512              △ 615
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     380             6,019
                                         63,883              64,264
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 64,264              ※ 70,284
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 54/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
       1.連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数           35 社
          連結子会社名は、「第1 企業の概況4.関係会社の状況」に記載のとおりであります。
        (2)非連結子会社の名称等

          主要な非連結子会社は、㈱イグニス、KOSE                     BRASIL    COMERCIO     DE  COSMETICOS      LTDA.、㈱アルビオン白神研究
         所、コーセーミルボンコスメティクス㈱及びコーセーマルホファーマ㈱であります。
        (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益
         剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
       2.持分法の適用に関する事項

        (1)持分法適用の関連会社数
          該当する会社はありません。
        (2)持分法適用外の非連結子会社(㈱イグニス、KOSE                         BRASIL    COMERCIO     DE  COSMETICOS      LTDA.、㈱アルビオン白
         神研究所、コーセーミルボンコスメティクス㈱及びコーセーマルホファーマ㈱)については、当期純損益(持
         分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及
         ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
       3.連結子会社の事業年度等に関する事項

         在外連結子会社の決算日は、12月31日であります。
         連結財務諸表の作成にあたっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日との間
        に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
       4.会計方針に関する事項

        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①   有価証券
           満期保有目的債券
            償却原価法(定額法)
           子会社株式及び関連会社株式
            移動平均法による原価法
           その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主とし
            て移動平均法により算定しております。)
            時価のないもの
             移動平均法による原価法
             なお、    投資事業有限責任組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされるも
            の)については、決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で投資有
            価証券として計上し、組合等の営業により獲得した損益の持分相当額を損益として計上しております。
         ②   デリバティブ
           時価法
         ③ たな卸資産
           主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 55/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ①   有形固定資産(リース資産を除く)
           親会社及び国内連結子会社
            定率法
            ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得
           した建物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物           8年~65年
           機械装置及び運搬具           4年~8年
           工具、器具及び備品           2年~9年
           在外連結子会社
           所在地国の会計基準の規定に基づく定額法
         ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法、それ以
           外の無形固定資産については、定額法を採用しております。
         ③ リース資産
           所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         ④ 長期前払費用
           定額法
        (3)繰延資産の処理方法
          支出時に全額費用として処理しております。
        (4)重要な引当金の計上基準
         ①   貸倒引当金
           売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、親会社及び国内連結子会社は、一般債権については貸倒実績
          率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しており
          ます。また、在外連結子会社は、主として特定の債権について回収不能見込額を計上しております。
         ②   返品調整引当金
           親会社及びコーセー化粧品販売㈱、コーセーコスメポート㈱、コーセープロフェッショナル㈱、㈱ドクター
          フィル コスメティクス、㈱アルビオンは、たな卸資産の返品による損失に備えるため、過去の実績等を基礎
          とした損失見込額を計上しております。
         ③   役員退職慰労引当金
           親会社及び㈱アルビオンについては役員の退職慰労金の支給に充てるため、退職慰労金支給に関する内規に
          基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。
        (5)退職給付に係る会計処理の方法
         ①   退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定に当たり、退職給付見込額を当連結会計年度までの期間に帰属させる方法については、
          給付算定式基準によっております。
         ②   数理計算上の差異の費用処理方法
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
          年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
         ③   未認識数理計算上の差異の会計処理方法
           未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退
          職給付に係る調整累計額に計上しております。
        (6)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
         ます。
          なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均
         相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めておりま
         す。
        (7)のれんの償却方法及び償却期間
          のれんの償却は、その個別案件ごとに判断し、20年以内の合理的な年数で定額法により償却しております。た
         だし、金額が僅少な場合には発生した連結会計年度の損益として処理しております。
                                 56/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
         わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
         (未適用の会計基準等)

         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準
          委員会)
         ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
         基準委員会)
         (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
          な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
          FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
          Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
          おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
          ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
          べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
          す。
         (2)適用予定日

           2022年3月期の期首から適用いたします。
         (3)当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」               等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          であります。
                                 57/98










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
         ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基
         準委員会)
         ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
         基準委員会)
         (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内
          容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準
          においてはAccounting           Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏ま
          え、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を
          国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたもの
          です。
           企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算
          定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第
          13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮
          し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めること
          とされております。
         (2)適用予定日

           2022年3月期の期首から適用いたします。
         (3)当該会計基準等の適用による影響

           「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未定
          であります。
         ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員

         会)
         (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以下
          「IAS   第1号」)第125高において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、財務
          諸表利用者にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めることを検討す
          るよう要望が寄せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基準(以下「本
          会計基準」)が開発され、公表されたものです。
           企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するのでは
          なく、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断することとさ
          れ、開発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
         (2)適用予定日

           2021年3月期の年度末から適用いたします。
                                 58/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31
         日 企業会計基準委員会)
         (1)概要

           「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の
          充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行い、会
          計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
           なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記
          情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影響を
          及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
           (2)適用予定日

           2021年3月期の年度末から適用いたします。
         (表示方法の変更)

          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において、「特別損失」の「その他」に含めておりました「投資有価証券評価損」は、特
          別損失の総額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方
          法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別損失」の「その他」に表示していた9百万
          円は、「投資有価証券評価損」9百万円として組み替えております。
          (連結キャッシュ・フロー計算書)

           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めておりました「投
          資有価証券評価損益(△は益)」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することと
          しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行ってお
          ります。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「その他」に表示していた9百万円は、「投資有価証券評価損益(△は益)」9百万円として組み
          替えております。
                                 59/98











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         【追加情報】
          当社グループでは、固定資産の減損会計や繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、連結財
         務諸表作成時において入手可能な情報に基づき実施しております。新型コロナウイルス感染症による当社グ
         ループ事業への影響は、事業や地域によってその影響や程度が異なるものの、営業収益等への影響について
         は、2020年秋まで続き、その後概ね回復する仮定に基づき会計上の見積りを行っております。
          しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、翌連結会計年度の当社グ
         ループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 534百万円                 593百万円
       2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行と貸出コミットメント契約を締結しております。この契

       約に基づく連結会計年度の末日の借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     貸出コミットメントの総額                               14,000百万円                  7,000百万円
     借入実行残高                                 -                 -
     差引額                               14,000                  7,000
       ※3 連結会計年度末日満期手形等

         連結会計年度末日満期手形等の会計処理については、前連結会計年度の末日は金融機関の休日でしたが、満期
        日に決済が行われたものとして処理をしております。期末日満期手形等の金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     受取手形                                  0百万円                 - 百万円
     支払手形                                 743                  -
     電子記録債務                                1,181                   -
         (連結損益計算書関係)

      ※1 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額
                前連結会計年度                             当連結会計年度
              (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
               至 2019年3月31日)                              至 2020年3月31日)
                          5,395   百万円                         6,299   百万円
                                 60/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     機械装置                                 -百万円                 7百万円
     その他                                  3                 2
               計                        3                 9
      ※3 事業整理益

         前連結会計年度(自 2018年4月1日                  至 2019年3月31日)
          当社のリンメルブランドのライセンス事業につきましては、2018年10月31日をもってCoty                                           Inc.とのライセン
         ス契約を終了し、これに伴い、リンメルブランドの販売活動を行っておりました連結子会社である株式会社コス
         メディックの清算を決議いたしました。契約終了に伴う受取補償金から子会社清算損を差し引いた金額を事業整
         理益として計上しております。
         (連結包括利益計算書関係)

      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                  137百万円               979百万円
      組替調整額                                   2               0
       税効果調整前                                139               978
       税効果額                                △42               △299
       その他有価証券評価差額金                                 97               679
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                               △2,038                 △734
      組替調整額                                △323                  -
      為替換算調整勘定                               △2,362                 △734
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △607              △1,093
      組替調整額                                  110              △455
       税効果調整前                               △497              △1,549
       税効果額                                187               474
       退職給付に係る調整額                               △309              △1,074
        その他の包括利益合計                             △2,575               △1,129
                                 61/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      株式数(千株)         増加株式数(千株)          減少株式数(千株)           株式数(千株)
      発行済株式

        普通株式                     60,592            -          -        60,592

            合計               60,592            -          -        60,592

      自己株式

        普通株式(注)                      3,548            0          -         3,549

            合計               3,548            0          -         3,549

      (注)普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
       2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
           決議          株式の種類                          基準日         効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
       2018年6月28日
                   普通株式          4,848         85   2018年3月31日          2018年6月29日
         定時株主総会
       2018年10月31日
                   普通株式          4,848         85   2018年9月30日          2018年12月10日
         取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
               株式の
                    配当金の総額
                                    配当額
         決議                    配当の原資               基準日         効力発生日
                     (百万円)
                種類
                                    (円)
      2019年6月27日
               普通株式         5,419     利益剰余金          95    2019年3月31日          2019年6月28日
       定時株主総会
                                 62/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                      株式数(千株)         増加株式数(千株)          減少株式数(千株)           株式数(千株)
      発行済株式

        普通株式                     60,592            -          -        60,592

            合計               60,592            -          -        60,592

      自己株式

        普通株式(注)                      3,549            0          -         3,549

            合計               3,549            0          -         3,549

      (注)普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
       2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
           決議          株式の種類                          基準日         効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
       2019年6月27日
                   普通株式          5,419         95   2019年3月31日          2019年6月28日
         定時株主総会
       2019年10月31日
                   普通株式          5,419         95   2019年9月30日          2019年12月10日
         取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                   1株当たり
               株式の
                    配当金の総額
                                    配当額
         決議                    配当の原資               基準日         効力発生日
                     (百万円)
                種類
                                    (円)
      2020年6月26日
               普通株式         5,419     利益剰余金          95    2020年3月31日          2020年6月29日
       定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
      現金及び預金勘定                              94,385   百万円              97,556   百万円
      有価証券勘定                                -                 -
       計                              94,385                 97,556
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金等                             △30,120                 △27,272
      株式及び償還期間が3ヶ月を超える債券等                                -                 -
       計                             △30,120                 △27,272
      現金及び現金同等物                              64,264                 70,284
                                 63/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
        1.金融商品の状況に関する事項
         (1)金融商品に対する取組方針
           当社グループの資金運用については、安全性の高い金融資産を中心に運用しております。
         (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクにつきまして
          は、取引先ごとに期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を年度ごとに把握しており
          ます。
           有価証券及び投資有価証券は、安全性の高い金融資産ですが、市場価格の変動リスクに晒されておりま
          す。当該リスクにつきましては、四半期ごとに時価等を把握する管理体制をとっております。
           営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務、未払金は、そのほとんどが短期間の支払期日であり
          ます。
           また、営業債務は流動性リスクに晒されておりますが、各社が月次資金繰計画を作成する等の方法により
          管理しております。
                                 64/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        2.金融商品の時価等に関する事項
          連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
         前連結会計年度(2019年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
      (1)  現金及び預金
                               94,385            94,385
                                                         -
      (2)  受取手形及び売掛金
                               44,773            44,773              -
      (3)  有価証券及び投資有価証券
                               9,810            9,810              -
       資産計                        148,969            148,969               -
      (1)  支払手形及び買掛金
                               9,764            9,764              -
      (2)  電子記録債務
                               19,086            19,086              -
      (3)  未払金                      14,371            14,371              -
       負債計                        43,222            43,222              -
         当連結会計年度(2020年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
      (1)  現金及び預金                      97,556            97,556
                                                         -
      (2)  受取手形及び売掛金                      38,371            38,371
                                                         -
      (3)  有価証券及び投資有価証券                      10,306            10,306
                                                         -
                              146,235            146,235
       資産計                                                   -
      (1)  支払手形及び買掛金                       6,196            6,196
                                                         -
      (2)  電子記録債務                      15,513            15,513
                                                         -
      (3)  未払金                      13,086            13,086
                                                         -
                               34,797            34,797
       負債計                                                   -
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
           資産
              (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
                これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳
               簿価額によっております。
              (3)有価証券及び投資有価証券
                これらの時価については、取引所の価格又は取引金融機関等から提示された価格によっておりま
               す。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」に記載し
               ております。
           負債
              (1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)                        未払金
                これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳
               簿価額によっております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                 (単位:百万円)
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
             区分
                           (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
                                                      872
       非上場株式                              814
                                                     2,254
       投資事業有限責任組合                             1,040
           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
           「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                 65/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                                 1年超         5年超
                        1年以内                           10年超
                                 5年以内         10年以内
                         (百万円)                           (百万円)
                                 (百万円)          (百万円)
       現金及び預金                    94,178           -         -         -
       受取手形及び売掛金                    44,773           -         -         -
       有価証券及び投資有価証券
        満期保有目的の債券
        (1)   国債・地方債等
                            -         -         -         -
        (2)   社債・金融債等
                            -         -         -         -
        (3)   その他
                            -         -         -         -
        その他有価証券のうち満期
        があるもの
        (1)  債券
          国債・地方債等                     -         -         -         -

          社債・金融債等                     -         -         -         -
          その他                     -         -         -         -
        (2)  その他
                            -         -         -         -
             合計             138,952           -         -         -
          当連結会計年度(2020年3月31日)

                                 1年超         5年超
                        1年以内                           10年超
                                 5年以内         10年以内
                         (百万円)                           (百万円)
                                 (百万円)          (百万円)
       現金及び預金                    97,170           -         -         -
       受取手形及び売掛金                    38,371           -         -         -
       有価証券及び投資有価証券
        満期保有目的の債券
        (1)   国債・地方債等
                            -         -         -         -
        (2)   社債・金融債等
                            -         -         -         -
        (3)   その他
                            -         -         -         -
        その他有価証券のうち満期
        があるもの
        (1)  債券
          国債・地方債等                     -         -         -         -

          社債・金融債等                     -         -         -         -
          その他                     -         -         -         -
        (2)  その他
                            -         -         -         -
             合計             135,542           -         -         -

                                 66/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.満期保有目的の債券
        前連結会計年度(2019年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(2020年3月31日)

         該当事項はありません。
      2.その他有価証券

        前連結会計年度(2019年3月31日)
                              連結貸借対照表
                種類                        取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             計上額(百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
                                    9,454
      (1)株式                                        4,059           5,394
      (2)債券
                                     -           -           -
         国債・地方債等
         社債・金融債等                            -           -           -
                                     -           -           -
         その他
                                     -           -           -
      (3)その他
               小計                    9,454           4,059           5,394
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないも

     の
      (1)株式                              356           381          △25

      (2)債券
                                     -           -           -
         国債・地方債等
         社債・金融債等                            -           -           -
                                     -           -           -
         その他
      (3)その他                               -           -           -
               小計                     356           381          △25
               合計                    9,810           4,441           5,369
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額279百万円)及び投資事業有限責任組合(連結貸借対照表計上額1,040百万
         円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有
         価証券」には含めておりません。
                                 67/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(2020年3月31日)
                              連結貸借対照表
                種類                        取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             計上額(百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
                                    9,624
      (1)株式                                        3,684           5,940
      (2)債券
         国債・地方債等                            -           -           -
         社債・金融債等                            -           -           -
         その他                            -           -           -
      (3)その他                               -           -           -
                                    9,624
               小計                               3,684           5,940
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないも

     の
      (1)株式                              681           736          △54

      (2)債券
         国債・地方債等                            -           -           -
         社債・金融債等                            -           -           -
         その他                            -           -           -
      (3)その他                               -           -           -
               小計                     681           736          △54
               合計                    10,306           4,420           5,886
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額279百万円)及び投資事業有限責任組合(連結貸借対照表計上額2,254百万
         円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有
         価証券」には含めておりません。
      3.売却したその他有価証券

        前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                          2              2              -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                     2              2              -

                                 68/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                          2              1              -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                     2              1              -

      4.減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度においては、重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         当連結会計年度において、有価証券について                      1 47百万円(その他有価証券147百万円)減損処理を行っておりま
        す。
         なお、減損処理にあたっては、個々の銘柄の時価が取得原価に比較して50%を超えて下落したものについてはす
        べて、30%を超えて下落したものについては時価の推移及び財政状態等の検討により回復可能性を総合的に判断
        し、減損処理を行っております。
                                 69/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
           当社及び連結子会社(一部を除く)は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度
          を採用しております。
           確定給付型の制度として、確定給付型企業年金制度(キャッシュ・バランス型)及び退職一時金制度を導入
          しております。
          2.確定給付制度

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
            退職給付債務の期首残高                             53,715百万円             53,435百万円
             勤務費用                            1,910             1,932
             利息費用                             231             230
             数理計算上の差異の発生額                             277            △364
             退職給付の支払額                           △2,698             △2,483
             その他                             △0            △26
                                         53,435             52,724
            退職給付債務の期末残高
          (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しております。
          (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
            年金資産の期首残高                             48,763百万円             49,000百万円
             期待運用収益                             710             733
             数理計算上の差異の発生額                            △446            △1,457
             事業主からの拠出額                            2,647             2,557
             退職給付の支払額                           △2,675             △2,455
            年金資産の期末残高                             49,000             48,377
          (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に

          係る資産の調整表
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
            積立型制度の退職給付債務                             52,690百万円             51,884百万円
            年金資産                            △49,000             △48,377
                                         3,689             3,506
            非積立型制度の退職給付債務                              745             840
            連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             4,435             4,346
            退職給付に係る負債                             4,435             4,346

            連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             4,435             4,346
                                 70/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
            勤務費用                             1,910百万円             1,932百万円
            利息費用                              231             230
            期待運用収益                             △710             △733
            数理計算上の差異の費用処理額                              110            △455
            確定給付制度に係る退職給付費用                             1,541              973
          (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しております。
          (5)退職給付に係る調整額

           退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
            数理計算上の差異                             △497百万円            △1,549百万円
            合 計                             △497            △1,549
          (6)退職給付に係る調整累計額

           退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
            未認識数理計算上の差異                             △317百万円            △1,866百万円
            合 計                             △317            △1,866
          (7)年金資産に関する事項

           ①年金資産の主な内訳
            年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
                                          47.2%             46.6%
            債券
            株式                              31.0             27.4
            一般勘定                              18.0             21.6
            現金及び預金                              3.8             4.4
            合 計                             100.0             100.0
           ②長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
           する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
          (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

           主要な数理計算上の計算基礎
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
                                          0.4%             0.4%
            割引率
            長期期待運用収益率                              1.5             1.5
            予想昇給率                            4.5~7.7             4.5~7.7
                                 71/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          該当事項はありません。
         (税効果会計関係)

       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         繰延税金資産
          退職給付に係る負債損金算入限度超過額                               2,078百万円              2,204百万円
          税法上の繰延資産の償却限度超過額                               2,494              2,583
          たな卸資産未実現利益                                716              899
          たな卸資産評価損                               1,703              1,740
          減損損失                                896              896
          投資有価証券評価損                                123              166
          未払賞与                               1,784              2,012
          未払事業税                                435               84
          その他                               3,065              2,338
         繰延税金資産小計
                                        13,297              12,925
         評価性引当額                               △1,665              △1,816
         繰延税金資産合計
                                        11,631              11,109
         繰延税金負債
          買換資産圧縮積立金                               △128              △127
          その他有価証券評価差額金                              △1,656              △1,956
          子会社評価差額                              △1,078               △935
          留保利益に係る税効果                              △1,060              △1,635
          その他                               △132              △181
         繰延税金負債合計
                                        △4,056              △4,836
         繰延税金資産の純額
                                         7,574              6,272
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

       なった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         法定実効税率                                30.6%
                                                  法定実効税率と税効果
                                                 会計適用後の法人税等の
         (調整)
                                                 負担率との間の差異が法
          海外子会社との税率差異による差額
                                         △1.6
                                                 定実効税率の100分の5以
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                          0.5
                                                 下であるため注記を省略
          法人税額の特別控除
                                         △0.9
                                                 しております。
          のれんの償却額
                                          0.5
          在外子会社留保利益に係る税効果
                                          0.2
          評価性引当額の増減額
                                          0.3
          その他
                                         △0.6
         税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         29.0
         (資産除去債務関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 72/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最高経営意思決定機関
       が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は、お客様の多様なニーズに適合した製品を市場に提供するため、当社グループで企画・開発した製品を各
       種ブランドにより展開しており、各ブランドごとに国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を行っており
       ます。
        したがって、当社は各ブランドを基礎とした事業別セグメントから構成されており、「化粧品事業」及び「コス
       メタリー事業」の2つを報告セグメントとしております。
        「化粧品事業」に属する主要製品には、コーセー・雪肌精・エスプリーク・コスメデコルテ・プレディア・イン
       フィニティ・ジルスチュアート・アディクション・クリエ・アルビオン・タルト等が、「コスメタリー事業」に属
       する主要製品には、ヴィセ・ファシオ・エルシア・ソフティモ・サンカット®・クリアターン・スティーブンノル
       ニューヨーク等があります。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
        セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自 2018年4月1日                  至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       連結財務諸表
                                       その他            調整額
                                             合計           計上額
                                       (注1)            (注2)
                           コスメタ
                                                        (注4)
                     化粧品事業             計
                           リー事業
     売上高
      (1)外部顧客に対する売上高                254,965      74,632     329,597       3,398     332,995        -    332,995
      (2)セグメント間の内部売上高
                         -     753      753      721     1,474     △ 1,474       -
        又は振替高
         計              254,965      75,385     330,351       4,119     334,470      △ 1,474     332,995
        セグメント利益               51,401      5,043     56,444      1,537     57,982     △ 5,574     52,408

        セグメント資産

                       198,495      51,637     250,133       4,666     254,799      45,362     300,162
     その他の項目
        減価償却費(注3)                5,659      1,693      7,352       214     7,567       450     8,018
        減損損失                108      -     108      -     108      -     108

        のれん償却額
                        805      -     805      -     805      -     805
        有形固定資産及び
                       13,091      3,887     16,979       469    17,448      1,051     18,500
        無形固定資産の増加額
                                 73/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2019年4月1日                  至 2020年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                       連結財務諸表
                                       その他            調整額
                                                        計上額
                                             合計
                                       (注1)            (注2)
                           コスメタ
                                                        (注4)
                     化粧品事業             計
                           リー事業
     売上高
      (1)外部顧客に対する売上高
                       251,894      71,912     323,807       3,916     327,724        -    327,724
      (2)セグメント間の内部売上高
                         -      -      -     594      594     △ 594      -
        又は振替高
         計              251,894      71,912     323,807       4,511     328,319       △ 594    327,724
        セグメント利益               44,663       211    44,875      1,283     46,158     △ 5,926     40,231

        セグメント資産               204,326      48,703     253,029       5,335     258,365      50,240     308,606

     その他の項目
        減価償却費(注3)                6,197      1,852      8,049       214     8,264       574     8,838
        減損損失                 76      -      76      -      76      -      76

        のれん償却額                795      -     795      -     795      -     795
        有形固定資産及び
                       15,021      2,981     18,003       347    18,351       935    19,286
        無形固定資産の増加額
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、アメニティ製品事業・不動産賃貸
          事業を含んでおります。
        2.調整額は以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
       セグメント間取引消去                                      78             28
       各報告セグメントに配分していない全社費用                                   △5,652             △5,955
        合計                                   △5,574             △5,926
       全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない当社の管理部門に係る費用及び基礎研究費用であります。
         (2)セグメント資産
                                                   (単位:百万円)
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
       セグメント間取引消去                                     △909            △1,117
                                           46,272             51,358
       各報告セグメントに配分していない全社資産
        合計                                    45,362             50,240
       全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない当社の金融資産(現金及び預金、有価証券、投資有価証券等)、繰延
       税金資産及び管理部門に係る資産であります。
         (3)減価償却費の調整額は、全社資産に係る減価償却費であります。
         (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社資産の増加額であります。
        3.減価償却費には、長期前払費用の償却額が含まれております。
        4.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 74/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
         Ⅰ 前連結会計年度(自             2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             報告セグメントと同一区分のため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                    (単位:百万円)
         日本           アジア            北米           その他            計
            240,202            51,474           37,546            3,772          332,995

            (注)1.売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
               2.日本国以外の区分に属する主な国又は地域
                 (1)アジア………………台湾・中国・韓国・香港・シンガポール等
                 (2)その他………………欧州・豪州等
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えている
             ため、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占
            めるものがないため、記載を省略しております。
         Ⅱ 当連結会計年度(自             2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             報告セグメントと同一区分のため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

            (1)売上高
                                                    (単位:百万円)
         日本           アジア            北米           その他            計
            222,550            64,353           35,897            4,923          327,724

            (注)1.売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
               2.日本国以外の区分に属する主な国又は地域
                 (1)アジア………………台湾・中国・韓国・香港・シンガポール等
                 (2)その他………………欧州・豪州等
            (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えている
             ため、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、連結損益計算書の売上高の10%以上を占
            めるものがないため、記載を省略しております。
                                 75/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
            セグメント情報「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関
           する情報」に記載しております。
           当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

            セグメント情報「3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関
           する情報」に記載しております。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                化粧品事業        コスメタリー事業            その他          全社         合計
                     805          -         -         -         805
     当期償却額
                    6,675           -         -         -        6,675
     当期末残高
           当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                化粧品事業        コスメタリー事業            その他          全社         合計
     当期償却額                795          -         -         -         795

                    5,794           -         -         -        5,794

     当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

            該当事項はありません。
                                 76/98











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
         (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
         前連結会計年度(自          2018年4月1日 至          2019年3月31日)

                                                  取引金額
                    資本金又           議決権等の所
                         事業の内容
                                                         期末残高
           会社等の名                          関連当事者との
       種類          所在地    は出資金           有(被所有)              取引の内容     (百万円)     科目
           称又は氏名                            関係                 (百万円)
                          又は職業
                    (百万円)            割合(%)                   (注1)
                                             名誉会長
                               (被所有)
      役員に
           小林 保清              当社名誉会長             当社名誉会長       報酬の支払
                 -    -                               38  -     -
                                直接    2.6
      準ずる者
                                              (注2)
         当連結会計年度(自          2019年4月1日 至          2020年3月31日)

                                                  取引金額
                    資本金又           議決権等の所
                         事業の内容
           会社等の名                          関連当事者との                   期末残高
       種類          所在地    は出資金           有(被所有)              取引の内容     (百万円)     科目
           称又は氏名                            関係                 (百万円)
                          又は職業
                    (百万円)            割合(%)
                                                   (注1)
                                             名誉会長
                               (被所有)
      役員に
           小林 保清              当社名誉会長             当社名誉会長       報酬の支払
                 -    -                               30  -     -
                                直接    2.6
      準ずる者
                                              (注2)
         (注)取引条件及び取引条件の決定方針等
            1.取引金額には、消費税等は含まれておりません。
            2.小林保清氏は、当社の代表取締役を経験しており、長年にわたる経営の経験及び業界全体への深い
              造詣をもって現経営陣に様々な助言を行う目的から、名誉会長を委嘱しております。報酬額につき
              ましては、委嘱する業務の内容等を勘案し、協議の上決定しております。
         (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

           連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主                    (個人の場合に限る。)等
         前連結会計年度(自          2018年4月1日 至          2019年3月31日)

          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自          2019年4月1日 至          2020年3月31日)

                                                  取引金額

                    資本金又           議決権等の所
                         事業の内容
           会社等の名                          関連当事者との                   期末残高
       種類          所在地    は出資金           有(被所有)              取引の内容     (百万円)     科目
           称又は氏名                            関係                 (百万円)
                          又は職業
                    (百万円)            割合(%)
                                                   (注1)
                        株式会社アルビ
                               (被所有)
     重要な子会社                                       関係株式の売
           小林 章一       -    -   オン代表取締役                -             19  -     -
      の役員                         直接    0.1            却
                           社長
          (注)当社の関係会社である㈱SENSEが同社の株式を取得したものであり、取引                                     価格は、第三者機関による株
            価算定の結果を踏まえ、決定しております。
                                 77/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    2018年4月1日             (自    2019年4月1日
                               至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                               3,660.77円                3,920.41円

     1株当たり当期純利益金額                                 648.71円                467.76円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
      親会社株主に帰属する当期純利益
                        百万円               37,004                26,682
      金額
      普通株主に帰属しない金額                  百万円                  -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属
                        百万円               37,004                26,682
      する当期純利益金額
      普通株式の期中平均株式数                  千株               57,043                57,043
                                 78/98














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
        (子会社株式の追加取得)
         当社は連結子会社である           Tarte,Inc.     の普通株式を追加取得いたしました。
         1.取引の概要

         (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
             結合当事企業の名称:          Tarte,Inc.
             事業の内容    :化粧品事業
         (2)企業結合日
             2020年6月15日
         (3)企業結合の法的形式
             非支配株主からの株式取得
         (4)結合後企業の名称
             変更はありません。
         (5)その他取引の概要に関する事項
             追加取得した株式の議決権比             率は1.96%で      あり、議決権比率の合計は100%となる予定であります。当該
             追加取得は、当社グループの安定収益基盤の更なる拡充を図ることを目的としております。
         2.実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業
          分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき共通支配下の
          取引等のうち、非支配株主との取引として処理する予定であります。
         3.子会社株式の追加取得に関する事項

           取得原価及び対価の種類ごとの内訳
             取得の対価            現金                4,930百万円
             取得原価                            4,930   百万円

         4.非支配株主との取引に係る当社の持分変動に関する事項

         (1)資本剰余金の主な変動要因
             子会社株式の追加取得
         (2)非支配株主との取引によって減少した資本剰余金の金額
             現時点では確定しておりません。
                                 79/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高        平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (百万円)       (百万円)        (%)
      短期借入金                              600       727       0.6      -

      1年以内に返済予定の長期借入金                               -       -       -     -

      1年以内に返済予定のリース債務                              228       214        -     -

      長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                               -       -       -     -

      リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              837       712        -  2021年~2026年
                                    -       -
      その他有利子負債                                             -      -
                                   1,666       1,654

                 合計                                  -     -
      (注)1.平均利率については、期末現在の各利率を加重平均して算出しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に
           配分しているため、記載しておりません。
         3.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
            リース債務                185         109          89         70

         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
       (2)【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)
                          第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度
         売上高(百万円)                   81,721         170,773         249,034         327,724
         税金等調整前四半期(当期)
         純利益金額                   12,886         27,981         38,197         40,365
         (百万円)
         親会社株主に帰属する四半期
         (当期)純利益金額                    8,420         18,192         24,873         26,682
         (百万円)
         1株当たり四半期(当期)
                             147.62         318.92         436.04         467.76
         純利益金額(円)
         (会計期間)

                          第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期
         1株当たり四半期
                             147.62         171.30         117.12          31.72
         純利益金額(円)
                                 80/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         21,383              22,954
         現金及び預金
                                      ※1 , ※2 28,001             ※1 24,156
         受取手形及び売掛金
                                         13,465              14,044
         商品及び製品
                                         1,131              1,627
         仕掛品
                                         14,575              12,357
         原材料及び貯蔵品
                                        ※1 5,692              ※1 649
         短期貸付金
                                           -             2,771
         未収還付法人税等
                                        ※1 3,277             ※1 3,068
         その他
                                          △ 64             △ 64
         貸倒引当金
                                         87,463              81,566
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         12,756              16,166
          建物
                                           538              552
          構築物
          機械装置及び運搬具                               3,987              4,318
                                         2,993              3,844
          工具、器具及び備品
                                         11,517              11,517
          土地
                                         3,098                28
          建設仮勘定
                                         34,892              36,427
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           894             1,246
          ソフトウエア
                                           554              583
          その他
                                         1,449              1,829
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         10,600              12,238
          投資有価証券
                                         26,564              27,101
          関係会社株式
                                        ※1 1,210              ※1 153
          長期貸付金
                                         ※1 602
                                                         15
          長期未収入金
                                         1,452              1,634
          差入保証金
                                         3,768              2,598
          繰延税金資産
                                           222              200
          その他
                                        △ 1,796               △ 99
          貸倒引当金
                                         42,625              43,842
          投資その他の資産合計
         固定資産合計                                78,967              82,100
                                        166,430              163,666
       資産合計
                                 81/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※2 1,394
                                                         617
         支払手形
                                        ※1 4,684             ※1 3,695
         買掛金
                                         13,856              10,361
         電子記録債務
                                        ※1 7,526             ※1 6,763
         未払金
                                         3,952              4,008
         未払費用
                                         3,082                -
         未払法人税等
                                        ※1 5,399             ※1 5,392
         預り金
                                         1,007               907
         返品調整引当金
                                           407              343
         その他
                                         41,311              32,090
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,109              3,202
         退職給付引当金
                                           975             1,392
         役員退職慰労引当金
                                         ※1 592             ※1 505
         その他
                                         5,677              5,100
         固定負債合計
                                         46,989              37,191
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         4,848              4,848
         資本金
         資本剰余金
                                         6,390              6,390
          資本準備金
                                            0              0
          その他資本剰余金
                                         6,390              6,390
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           774              774
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                           290              289
            買換資産圧縮積立金
                                         62,907              62,907
            別途積立金
                                         49,698              56,041
            繰越利益剰余金
                                        113,671              120,013
          利益剰余金合計
                                        △ 9,102             △ 9,103
         自己株式
                                        115,807              122,148
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         3,633              4,326
         その他有価証券評価差額金
                                         3,633              4,326
         評価・換算差額等合計
                                        119,441              126,475
       純資産合計
                                        166,430              163,666
      負債純資産合計
                                 82/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                       ※1 155,244             ※1 146,482
      売上高
                                        ※1 63,695             ※1 62,857
      売上原価
                                         91,549              83,625
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 76,149           ※1 , ※2 79,391
      販売費及び一般管理費
                                         15,399               4,234
      営業利益
      営業外収益
                                         ※1 499             ※1 413
       受取利息
                                           15              -
       有価証券利息
                                        ※1 12,980             ※1 14,671
       受取配当金
                                           708               -
       為替差益
                                           106               9
       貸倒引当金戻入額
                                         ※1 140             ※1 160
       その他
                                         14,451              15,254
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          ※1 2             ※1 1
       支払利息
                                           -              224
       為替差損
                                           10              -
       有価証券償還損
                                           87              62
       投資事業組合運用損
                                           21              22
       その他
                                           122              311
       営業外費用合計
                                         29,728              19,177
      経常利益
      特別利益
                                            1              7
       固定資産売却益
                                            1              0
       投資有価証券売却益
                                           235               -
       関係会社株式売却益
                                         ※3 879
                                                         94
       事業整理益
                                         1,118               102
       特別利益合計
      特別損失
                                           86              142
       固定資産処分損
                                            0             132
       投資有価証券評価損
                                           173               51
       関係会社株式評価損
                                           259              326
       特別損失合計
      税引前当期純利益                                   30,587              18,953
      法人税、住民税及び事業税                                    5,556               909
                                         △ 414              864
      法人税等調整額
                                         5,141              1,773
      法人税等合計
      当期純利益                                   25,445              17,180
                                 83/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                       資本剰余金               利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                        株主資本
                 資本金                                   自己株式
                          その他資本                               合計
                     資本準備金          利益準備金
                           剰余金         買換資産圧          繰越利益
                                         別途積立金
                                    縮積立金          剰余金
     当期首残高            4,848     6,390       0    774     292    62,907     33,948     △ 9,098    100,063

     当期変動額
      買換資産圧縮積立金の
                                       △ 1          1          -
      取崩
      剰余金の配当
                                               △ 9,697         △ 9,697
      当期純利益                                         25,445          25,445
      自己株式の取得                                                △ ▶    △ ▶
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   -     -     -     -     △ 1     -   15,749      △ ▶   15,744
     当期末残高            4,848     6,390       0    774     290    62,907     49,698     △ 9,102    115,807
                 評価・換算差額等

                その他有価          純資産合計
                     評価・換算
                証券評価差
                     差額等合計
                 額金
     当期首残高            3,459     3,459    103,522
     当期変動額
      買換資産圧縮積立金の
                             -
      取崩
      剰余金の配当                     △ 9,697
      当期純利益                     25,445
      自己株式の取得
                             △ ▶
      株主資本以外の項目の
                   174     174     174
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             174     174    15,918
     当期末残高            3,633     3,633    119,441
                                 84/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                       資本剰余金               利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                        株主資本
                 資本金                                   自己株式
                          その他資本                               合計
                     資本準備金          利益準備金
                           剰余金         買換資産圧          繰越利益
                                         別途積立金
                                    縮積立金          剰余金
     当期首残高            4,848     6,390       0    774     290    62,907     49,698     △ 9,102    115,807

     当期変動額
      買換資産圧縮積立金の
                                       △ 1          1          -
      取崩
      剰余金の配当                                        △ 10,838         △ 10,838
      当期純利益                                         17,180          17,180
      自己株式の取得
                                                      △ 0    △ 0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -     -     -     -     △ 1     -    6,343      △ 0   6,341
     当期末残高            4,848     6,390       0    774     289    62,907     56,041     △ 9,103    122,148
                 評価・換算差額等

                その他有価          純資産合計
                     評価・換算
                証券評価差
                     差額等合計
                 額金
     当期首残高
                  3,633     3,633    119,441
     当期変動額
      買換資産圧縮積立金の
                             -
      取崩
      剰余金の配当
                          △ 10,838
      当期純利益                     17,180
      自己株式の取得                      △ 0
      株主資本以外の項目の
                   692     692     692
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             692     692    7,033
     当期末残高            4,326     4,326    126,475
                                 85/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
          満期保有目的の債券            償却原価法(定額法)
          子会社株式及び関連会社株式        移動平均法による原価法
          その他有価証券     時価のあるもの  決算日の市場価格等に基づく時価法
                                (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
                                動平均法により算定)
                      時価のないもの  移動平均法による原価法
                                 なお、投資事業有限責任組合への出資(金融商品取引法第
                                2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、
                                決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持
                                分相当額を純額で投資有価証券として計上し、組合等の営業
                                により獲得した損益の持分相当額を損益として計上しており
                                ます。
       (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法      主として総平均法による原価法
                                (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法
                                により算定)
      2.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
                      定率法
                      ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに
                      2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用
                      しております。
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
                      自社利用ソフトウエアは社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額
                      法、それ以外の無形固定資産については定額法を採用しております。
       (3)  リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                      リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (4)  長期前払費用       定額法
      3.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金        売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に
                      より、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不
                      能見込額を計上しております。
       (2)  返品調整引当金      たな卸資産の返品による損失に備えるため、過去の実績等を基礎とした損失見込
                      額を計上しております。
       (3)  退職給付引当金      従業員(執行役員を含む)の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職
                      給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。数理計算上の差異
                      は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)に
                      よる定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理すること
                      としております。
       (4)  役員退職慰労引当金    役員の退職慰労金の支給に充てるため、退職慰労金支給に関する内規に基づく当
                      事業年度末要支給額を計上しております。
      4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  退職給付に係る会計処理  退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財
                      務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
       (2)  外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
                      外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し換算差額は損
                      益として処理しております。
       (3)  消費税等の会計処理    税抜方式を採用しております。
                                 86/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (損益計算書)
           前事業年度において、「特別損失」の「その他」に含めておりました「投資有価証券評価損」は、金額的
          重要性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させる
          ため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の損益計算書において、「特別損失」の「その他」に表示していた0百万円は、
          「投資有価証券評価損」0百万円として組み替えております。
         【追加情報】

          当社では、固定資産の減損会計や繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、財務諸表作成時
         において入手可能な情報に基づき実施しております。新型コロナウイルス感染症による当社事業の営業収益等
         への影響については、2020年秋まで続き、その後概ね回復する仮定に基づき会計上の見積りを行っておりま
         す。
          しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、翌事業年度の当社の財政状
         態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 87/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
       ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
      短期金銭債権                              31,081百万円                 23,167百万円
      長期金銭債権                              1,797                   153
      短期金銭債務                              5,628                 6,287
      長期金銭債務                                256                 262
       ※2 事業年度末日満期手形

          事業年度末日満期手形の会計処理については、前事業年度の末日は金融機関の休日でしたが、満期日に決済が
         行われたものとして処理をしております。事業年度末日満期手形の金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     受取手形                                  0百万円                 -百万円
     支払手形                                 743                  -
         (損益計算書関係)

       ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
      営業取引による取引高
       売上高                            132,726百万円                 123,3   90 百万円
       仕入高                             9,796                 10,159
       その他の営業取引高                             5,187                 5,153
      営業取引以外の取引による取引高                              13,070                 14,722
       ※2 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
      販売促進費                              25,368   百万円              26,319   百万円
                                    12,671                  11,639
      広告宣伝費
                                    18,423                  19,417
      給料及び手当
      減価償却費                              1,021                  1,132
                                      275                  420
      役員退職慰労引当金繰入額
      販売費に属する費用のおおよその割合                                57%                 55%

      一般管理費に属する費用のおおよその割合                                43                 45
       ※3 事業整理益

          前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           当社のリンメルブランドのライセンス事業につきましては、2018年10月31日をもってCoty                                           Inc.とのライセ
          ンス契約を終了し、         契約終了に伴う受取補償金を事業整理益として計上しております。
                                 88/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
        子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額 子会社株式27,101百万円、前事業年度の貸借対照表計上額 子会社
       株式26,564百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりま
       せん。
         (税効果会計関係)

       1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         繰延税金資産
          貸倒引当金損金算入限度超過額                                541百万円              24百万円
          退職給付引当金損金算入限度超過額                               1,258               980
          税法上の繰延資産の償却限度超過額                               1,851              1,964
          子会社株式評価損                               1,758              1,774
          たな卸資産評価損                                216              255
          減損損失                                632              632
          投資有価証券評価損                                116              154
          未払賞与                                850              854
          未払事業税                                231             △43
          その他                                759              898
         繰延税金資産小計
                                         8,216              7,495
         評価性引当額                               △2,715              △2,859
         繰延税金資産合計
                                         5,500              4,636
         繰延税金負債
          買換資産圧縮積立金                               △128              △127
          その他有価証券評価差額金                              △1,603              △1,909
         繰延税金負債合計
                                        △1,732              △2,037
         繰延税金資産の純額
                                         3,768              2,598
       2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

         なった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                    (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         法定実効税率                                30.6%              30.6%
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                          0.4              0.4
          受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                        △12.7              △23.2
          住民税均等割
                                          0.1              0.1
          法人税額の特別控除
                                         △0.7              △1.3
          控除対象外外国税額
                                          0.5              1.4
          評価性引当額の増減額
                                         △1.4               0.8
          その他
                                          0.0              0.6
         税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         16.8              9.4
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 89/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
       区分      資産の種類        当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額

           建物

                       12,756       4,265        11      844     16,166       14,826
           構築物

                        538       74       1      58      552      1,628
           機械装置及び運搬具

                       3,987       1,570         7     1,232       4,318      10,382
     有形固定資産
           工具、器具及び備品
                       2,993       3,074        44     2,179       3,844      21,948
           土地

                       11,517                           11,517
                                -       -       -              -
           建設仮勘定
                       3,098       1,762       4,832               28
                                             -              -
               計
                       34,892       10,747       4,897       4,315      36,427       48,785
           ソフトウエア
                        894       706       26      327      1,246       9,195
     無形固定資産      その他

                        554       639       472       138       583      2,024
               計

                       1,449       1,345        498       466      1,829      11,220
      (注)       「当期増加額」の主なものは次のとおりであります。
           建物         先端技術研究所      2,601百万円
                      狭山工場生産棟等     597百万円
           機械装置及び運搬具  群馬工場生産設備増強   781百万円
           工具、器具及び備品  製商品用金型       1,074百万円
                      化粧品販売コーナー什器  1,085百万円
           建設仮勘定      コンセプトストア     841百万円
           「当期減少額」の主なものは次のとおりであります。

           建設仮勘定      先端技術研究所      2,835百万円
                      コンセプトストア     723                          百万円
         【引当金明細表】

                                                    (単位:百万円)
          科目          当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

      貸倒引当金                   1,860             0         1,697            163

      返品調整引当金                   1,007            907          1,007            907

      役員退職慰労引当金                    975           420            2         1,392

       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 90/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

      剰余金の配当の基準日                  9月30日、3月31日

      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り・売渡し

                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                               ──────

       買取・売渡手数料                 無料

                        電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告
                        による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                        (公告掲載URL)
                        https://www.kose.co.jp/company/ja/ir/hk/
      株主に対する特典                  毎年3月31日現在の単元株主に対し当社基準により自社製品を贈呈
       (注)    当社定款の定めにより、単元未満株式を有する株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第
         166条第1項の規定による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権
         の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の売渡請求をする権利以外の権利を有しておりません。
                                 91/98











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第77期)(自             2018年4月1日 至          2019年3月31日) 2019年6月27日関東財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類

         2019年6月27日関東財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書

         (第78期第1四半期)(自              2019年4月1日 至          2019年6月30日)2019年8月8日関東財務局長に提出
         (第78期第2四半期)(自              2019年7月1日 至          2019年9月30日)2019年11月11日関東財務局長に提出
         (第78期第3四半期)(自              2019年10月1日 至          2019年12月31日)2020年2月12日関東財務局長に提出
       (4)臨時報告書

         2019年7月2日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
                                 92/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 93/98




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                 2020年6月26日

     株式会社 コーセー

      取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           東京事務所

                            指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                              原科 博文        ㊞
                            業  務  執  行  社  員
                            指定有限責任社員

                                       公認会計士        田中     計 士   ㊞
                            業  務  執  行  社  員
     <財務諸表監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社コーセーの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
     照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
     表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社コーセー及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
     業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
     たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
     うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
     必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     連結財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査証拠を入手する。
                                 94/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社コーセー(E01049)
                                                            有価証券報告書
     ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
      付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
      注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
      ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとと