ゼビオホールディングス株式会社 有価証券報告書 第48期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第48期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 ゼビオホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年6月26日
      【事業年度】                    第48期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    ゼビオホールディングス株式会社
      【英訳名】                    XEBIO   HOLDINGS     CO.,   LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  諸 橋 友 良
      【本店の所在の場所】                    福島県郡山市朝日三丁目7番35号
      【電話番号】                    024(938)1111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    グループ財務担当執行役員  中 村 和 彦
      【最寄りの連絡場所】                    福島県郡山市朝日三丁目7番35号
      【電話番号】                    024(938)1111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    グループ財務担当執行役員  中 村 和 彦
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/130













                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第44期       第45期       第46期       第47期       第48期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                    (百万円)        221,391       223,353       234,595       231,629       225,312
     売上高
                    (百万円)         6,396       7,499       11,389        6,725       5,842
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (百万円)         2,120       2,991       4,249       1,884        408
     利益
                    (百万円)         1,334       3,344       4,376       1,108        380
     包括利益
                    (百万円)        115,657       116,779       119,682       118,481       117,251
     純資産額
                    (百万円)        180,875       188,744       188,131       184,054       182,921
     総資産額
                     (円)      2,556.27       2,603.52       2,665.51       2,667.14       2,640.13
     1株当たり純資産額
                     (円)        46.95       66.89       95.08       42.41        9.23
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                     (円)        46.84       66.78       94.79       42.32        9.20
     期純利益
                     (%)        63.8       61.6       63.3       64.1       63.8
     自己資本比率
                     (%)         1.8       2.6       3.6       1.6       0.3
     自己資本利益率
                     (倍)        38.3       25.8       22.2       28.7       96.6
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (百万円)         5,138       10,444       △ 3,887       7,572      △ 1,305
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        △ 3,913      △ 4,090      △ 2,363      △ 3,010      △ 4,299
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        △ 2,574      △ 2,882      △ 2,427      △ 2,658       △ 418
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (百万円)        21,519       25,176       16,563       18,317       12,483
     高
                            2,231       2,510       2,460       2,718       2,689
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 6,733   )    ( 6,706   )    ( 6,485   )    ( 6,596   )    ( 6,274   )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数は就業人員数を表示しております。
         3.第45期     より、たな卸資産の評価方法の変更を行っており、第44期については、当該会計方針の変更を反映し
           た遡及修正後の数値を記載しております。
                                   2/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第44期       第45期       第46期       第47期       第48期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                    (百万円)        75,976       11,143        8,208       10,668       10,951
     売上高及び営業収益
                    (百万円)         5,868       6,134       3,550       6,212       6,174
     経常利益
                    (百万円)         3,451       1,840       1,838       2,275       3,546
     当期純利益
                    (百万円)        15,935       15,935       15,935       15,935       15,935
     資本金
                     (株)     47,911,023       47,911,023       47,911,023       47,911,023       47,911,023
     発行済株式総数
                    (百万円)        104,883       104,552       104,958       104,848       106,562
     純資産額
                    (百万円)        109,422       106,353       112,281       112,257       108,831
     総資産額
                     (円)      2,317.65       2,329.94       2,336.69       2,359.69       2,399.18
     1株当たり純資産額
                            35.00       35.00       35.00       35.00       32.50
     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( 17.50   )    ( 17.50   )    ( 17.50   )    ( 17.50   )    ( 17.50   )
     額)
                     (円)        76.43       41.15       41.12       51.19       80.21
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                     (円)        76.25       41.08       41.00       51.08       80.01
     期純利益
                     (%)        95.5       97.9       93.1       92.9       97.5
     自己資本比率
                     (%)         3.3       1.8       1.8       2.2       3.3
     自己資本利益率
                     (倍)        23.5       41.9       51.3       23.8       11.1
     株価収益率
                     (%)        45.7       85.0       85.1       68.4       40.5
     配当性向
                              11        6       6       8       8
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 23 )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
                     (%)        87.8       86.1       106.1        65.2       51.1
     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                     (%)        ( 89.2  )    ( 102.3   )    ( 118.5   )    ( 112.5   )    ( 101.8   )
     TOPIX)
                     (円)        2,702       1,905       2,448       2,183       1,376
     最高株価
                     (円)        1,676       1,368       1,664       1,135        775
     最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数は就業人員数を表示しております。
         3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                   3/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      1973年7月       株式会社サンキョウ(福島県いわき市所在、1986年8月25日当社へ合併、以下「いわき」と称す。)
              の経営する6店舗の全ての営業権、権利義務一切、主たる資産及び負債を譲り受け株式会社サンスー
              ツとして当社設立。
      1974年12月       福島県郡山市中町に“サンキョウ郡山店”を設置すると同時に営業本部を同地に移転。
      1979年8月       本店を福島県郡山市中町11番1号へ移転すると同時に、商号を株式会社サンキョウに変更。
      1979年11月       福島市の旧長崎屋ビル(地下1階、地上7階、床面積5,098㎡)にファッション&スポーツをテーマ
              とした当社初の大型店を開店。
      1980年3月       株式会社岩手サンキョウ、第一繊維株式会社(福島県郡山市所在)、第一繊維株式会社(新潟県新潟
              市所在)を吸収合併。
      1983年11月       郊外型スポーツ店の“トップスポーツ並木店”を郡山市に設置。
      1985年11月       株式会社ファイブスタジオ(現社名 有限会社サンビック)より、同社の経営する3店舗の営業権、
              主たる資産及び負債を譲り受け、婦人服の販売及び飲食業を開始。
      1986年8月       経営効率化のため、株式会社サンキョウ(いわき)を合併。
      1987年11月       ゼビオ株式会社へ商号変更。同時に店名を従来のサンキョウ(メンズ店)はゼビオ(複合大型店)と
              ゼビオメンズ、トップスポーツはゼビオスポーツ、エブリディはゼビーへ、それぞれ変更。定款の事
              業目的及び公告の方法を変更。
      1988年4月       社団法人日本証券業協会東京地区協会に店頭登録。
      1988年7月       福島県郡山市朝日三丁目7番35号に新本社屋を竣工し、同所に本店を移転。
      1990年5月       東京証券取引所市場第二部に上場。
      1990年7月       当社初の郊外型ゴルフ専門店“ゼビオスポーツ勝田店(現ひたちなか店)”を茨城県勝田市(現ひた
              ちなか市)に設置。
      1991年4月       株式会社磐梯リゾートホテル(清稜山株式会社へ商号変更)の株式を100%取得。
      1991年10月       長野県上田市に“ゼビオスポーツ上田店”を設置。店舗設置を15道県に拡大。
      1992年10月       本宮流通センター(延床面積6,400坪)竣工。本格的稼働開始。
      1992年12月       仙台市に郊外型大型複合店“スーパースポーツゼビオ仙台泉中央店(1フロアー1,000坪)”を設
              置。併せて大型店6店舗を新規開設。
      1993年12月       新設店7店舗と複合型大型店“仙台泉中央店”など大型店10店舗を業態変更し、「スーパースポーツ
              ゼビオ」を17店舗に拡大。
      1995年3月       中国地方(鳥取県、山口県)、東海地方(静岡県)に初進出。また、「スーパースポーツゼビオ」の
              拡充を図り、同業態を24店舗と拡充。
      1995年4月       本宮流通センターを増床し、総延床面積を約13,500坪に拡大。九州地方(福岡県)、近畿地方(京都
              府)に初進出。
      1995年9月       東京証券取引所市場第一部に指定替。
      1996年6月       英国の製造小売チェーン「ネクスト社」と業務提携契約を締結。
      1997年9月       東京証券取引所から5年連続増配で積極利益配分企業として表彰。
      1998年1月       東京証券取引所から情報開示(ディスクロージャー)に積極的に取り組んでいる企業として表彰。
      1999年11月       国内最大級の売場面積(約2,400坪)で自然をテーマにした“スーパースポーツゼビオドーム札幌月
              寒店”を開設。
      2002年3月       ゼビー業態を廃止。
      2002年11月       本宮流通センター内にゼビオ東日本ロジスティクスセンターを設置し、一括物流システム稼動開始。
      2004年7月       ゼビオビジネスサービス株式会社(連結子会社、現在社名                           ゼビオコーポレート株式会社)を設立。
      2005年4月       株式会社ヴィクトリア(連結子会社)の株式を100%取得。
      2005年8月       ゼビオインシュアランスサービス株式会社(連結子会社)を設立。
      2005年9月       メンズ事業及びメディア事業を営業譲渡。
      2006年6月       ゼビオカード株式会社(連結子会社)を設立。
      2008年7月       ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社(連結子会社)を設立。
      2008年10月       株式会社ゴルフパートナーの株式を公開買付けにより取得し、連結子会社とする。
                                   4/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        年月                            概要
      2009年4月       株式会社ゴルフパートナーを簡易株式交換により完全子会社化。
      2010年6月       日本最大級の体験型スポーツモール“スーパースポーツゼビオドームつくば学園東大通り店”を開
             設。
      2011年5月       クロススポーツマーケティング株式会社(連結子会社)を設立。
      2012年2月       中華人民共和国上海市に賽標(中国)体育用品有限公司を設立し、連結子会社とする。
      2012年4月       大韓民国ソウル市に株式会社ゼビオコリアを設立。
      2012年7月       国土観光株式会社(連結子会社)の株式を100%取得。
      2013年11月       株式会社ネクサス(連結子会社)を設立(2013年12月株式会社タケダスポーツよりスポーツ小売店
             「タケダスポーツ」23店舗を事業譲受)。
      2014年4月       中華人民共和国成都市に賽標(成都)体育用品有限公司(連結子会社)を設立。
      2015年10月
             純粋持株会社体制へ移行。ゼビオホールディングス株式会社へ商号変更。
      2017年4月       清稜山株式会社の研修・宿泊事業を国土観光株式会社へ事業譲渡。
             株式会社ネクサスのスポーツ小売事業部門を株式会社ヴィクトリアへ事業譲渡。
      2017年5月       清稜山株式会社及び株式会社ネクサスをゼビオホールディングス株式会社へ吸収合併。
      2018年4月       株式会社ゼビオコリアを株式会社ゴルフパートナーコリアに商号変更。同年5月、ゴルフパートナー
             韓国1号店を出店。
      2019年12月       静岡県および神奈川県内でスポーツ用品店などを展開する「シラトリグループ」と業務提携に係る基
             本合意書を締結。
                                   5/130














                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び子会社39社で構成されており、スポーツ用品・用具及び衣料を中心とした一般小売事業
       を主たる事業としております。また、スポーツマーケティング事業、商品開発事業、クレジットカード事業及びWEB
       サイト運営事業等を展開しております。
        事業部門別の主な内容は、以下のとおりでありますが、当社グループは一般小売事業の単一セグメントとみなして

       おります。
       (1)一般小売事業
        ① スポーツ事業部門
          スポーツ大型専門店及びゴルフ専門店事業を展開。また、カジュアル衣料も展開。
          ゼビオ株式会社(連結子会社)                         店名   スーパースポーツゼビオドーム

                                      スーパースポーツゼビオ
                                      ゼビオスポーツ
                                      ゼビオスポーツエクスプレス
                                      PGA  TOUR   SUPERSTORE(ゴルフ専門店)
          株式会社ヴィクトリア(連結子会社)                         店名   ヴィクトリア
                                      ヴィクトリアゴルフ(ゴルフ専門店)
                                      エルブレス(アウトドア専門店)
                                      タケダスポーツ
                                      ネクサス
          株式会社ゴルフパートナー(連結子会社)                         店名   ゴルフパートナー
                                      フェスティバルゴルフ
                                      B.B.パートナー
        ② ファッション衣料部門

          イギリスの製造小売チェーンのネクスト社(next                        PLC)と提携し、同社の企画した商品を日本国内におい
         て独占販売するネクスト事業、当社独自のファッション展開を行っているX'tyle事業、及びルーキーUSA事業。
          ゼビオ株式会社(連結子会社)                         店名   next(ネクスト)

                                      X'tyle(エクスタイル)
                                      ルーキーUSA
        ③ その他

          ゼビオ株式会社(連結子会社)                              店名          X'tyle    Vision
                                      (エクスタイル ヴィジョン)
                                      スポーツメガネ・サングラス専門店
                                      Xiasis(ジアシス)
                                      スポーツドラッグ専門店
          株式会社パステル(連結子会社)                              店名          パステル
                                      ファンシー文具・雑貨専門店
       (2)その他事業

          クロススポーツマーケティング株式会社(連結子会社)
           マーケティングエージェント事業等
          ゼビオコミュニケーションネットワークス株式会社(連結子会社)
           EC事業等
          クロステックスポーツ株式会社(連結子会社)
           海外窓口業務、R&D業務事業等
                                   6/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        各社の位置付け及び事業系統図は次のとおりです。
         なお、当社は特定上場会社等であります。特定上場会社等に該当することにより、インサイダー取引規制の重要













        事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することになります。
                                   7/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の
                            資本金     主要な事業
           名称           住所                  所有割合           関係内容
                           (百万円)       の内容
                                        (%)
     (連結子会社)
                                             1 当社所有の建物等を賃借している。
                                スポーツ用品小
     ゼビオ㈱      (注)2、3              福島県郡山市          100            100.0   2 当社より資金援助を受けている。
                                売事業
                                             3 役員の兼任……2名
                                             1 当社所有の建物等を賃借している。
                                スポーツ用品小
     ㈱ヴィクトリア   (注)4              東京都千代田区          100            100.0   2 当社より資金援助を受けている。
                                売事業
                                             3 役員の兼任……2名
                                スポーツ用品小             1 当社所有の建物等を賃借している。
     ㈱ゴルフパートナー (注)5              東京都千代田区          100            100.0
                                売事業             2   当社より資金援助を受けている。
                                マーケティング             1 当社所有の建物等を賃借している。
                    東京都千代田区
     クロススポーツマーケティング㈱                         29           100.0
                                エージェント             2   当社より資金援助を受けている。
     ゼビオコミュニケーションネット                           ゼビオグループ             1 当社所有の建物等を賃借している。
                    東京都千代田区          10           100.0
                                戦略構築             2   当社より資金援助を受けている。
     ワークス㈱
                                             1 当社所有の建物等を賃借している。
                                海外窓口業務及
     クロステックスポーツ㈱              福島県郡山市          10           100.0   2   当社より資金援助を受けている。
                                びR&D業務
                                             3 役員の兼任……1
                                             1 当社所有の建物等を賃借している。
                                グループコーポ             2   当社の管理業務の受託等を行ってい
                    福島県郡山市            レート業務受託              る。
     ゼビオコーポレート㈱                         30           100.0
                                事業             3 当社より資金援助を受けている。
                                             4   役員の兼任……1名
     ゼビオナビゲーターズネットワーク
                    福島県郡山市          300  販売業務の請負          100.0          -
     ㈱
                                クレジットカー             1 当社所有の建物等を賃借している。
     ゼビオカード㈱   (注)2              福島県郡山市         2,415             100.0
                                ド事業             2   当社より資金援助を受けている。
                          SGD10,120万
     Leonian   Singapore    Pte.Ltd.
                    シンガポール
                           (シンガポール
                                海外事業統括          100.0     当社より資金援助を受けている。
                    共和国
              (注)2
                             ドル)
                           4,000万元
                    中華人民共和国            スポーツ用品小          100.0
     賽標(成都)体育用品有限公司                                         役員の兼任……1名
                           (中国人民元)
                    成都市            売事業
                                         (100.0)
     その他28社
      (注)1.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合を内数で記載しております。
         2.特定子会社であります。
         3.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等         ① 売上高               129,176百万円
                    ② 経常利益                4,313百万円
                    ③ 当期純利益                1,953百万円
                    ④ 純資産額               44,737百万円
                    ⑤ 総資産額               79,234百万円
         4.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等         ① 売上高               45,589百万円
                    ② 経常利益                 269百万円
                    ③ 当期純損失                △326百万円
                    ④ 純資産額                9,170百万円
                    ⑤ 総資産額               33,636百万円
         5.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等         ① 売上高               34,887百万円
                    ② 経常利益                1,399百万円
                    ③ 当期純利益                 830百万円
                    ④ 純資産額                6,738百万円
                    ⑤ 総資産額               17,925百万円
                                   8/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                 (2020年3月31日現在)
                                           従業員数(人)
               事業部門の名称
                                                1,927    (5,786)
     一般小売事業
                                                 463   (  393)
     サービス事業
                                                 299    (  95)
     その他共通
                                                2,689    ( 6,274   )
                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、平均臨時雇用者数は、パートタイマー及びアルバイトの1日実働8時間換算人員
           の年間平均を( )内に外数で記載しております。
         2.当社グループは単一セグメントとみなしているため、事業部門別の従業員数を記載しております。
         3.サービス事業は、研修宿泊事業及びクレジットカード事業等からなっております。
       (2)提出会社の状況

                                                 (2020年3月31日現在)
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            8   ( - )            52.8              10.4             8,313

      (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、平均
           臨時雇用者数は、パートタイマー及びアルバイトの1日実働8時間換算人員を( )内に外数で記載してお
           ります。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
          なお、当社の事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
       (3)労働組合の状況

         特記事項はありません。
                                   9/130











                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  経営方針

         当社は、公正な競争原理のもとで、良質な人材、資金と組織をつくることで、「お客様第一主義」に基づいた事
        業活動によりお客様、株主様、お取引先様、従業員とともに成長し社会に貢献することを経営理念としておりま
        す。
         スポーツ、ファッション商品を通して、お客様の求める最高の商品価値を創造、提供できる商品開発とショッピ
        ングそのものの楽しさやサービスを提供できる店舗づくりを継続的に実現し、「オンリーワン」企業になることを
        経営の基本方針として、日々努力を重ねてまいります。
       (2)  経営戦略等

         当社グループは、中長期的に予測される経営環境と、日々変化する市場に対応しながら、お客様とのさまざまな
        接点を通じて「スポーツの新しい価値」を提案し、新しいスポーツビジネスの創造に取組んでいくことで、中長期
        的に企業価値を高めつつ、社会貢献を果たしていくという企業理念を実現するために、以下の取り組みを実施して
        まいります。
         そのためには、グループ内での企業理念の共有と浸透を進めつつ、グループ企業間での自発的な協業を促すこと
        でシナジーを創造できるグループ運営を目指し、グループ内での機能集約による専門性向上とコスト競争力の発揮
        を進めていきます。また、さらなる成長のために、国内外の有力企業との協業や提携、相乗効果が期待できる事業
        や企業の買収などに取組み、新たな人材の確保やノウハウのグループ化を進めてまいります。
         中核事業であるスポーツ小売事業においては、「スーパースポーツゼビオ」、「ヴィクトリア」、「ヴィクトリ
        アゴルフ」、「エルブレス」、「ゴルフパートナー」、「ネクサス」、「タケダスポーツ」それぞれの業態が持つ
        「強み」と「特色」を活かした新規出店や再配置、EC運営の併設を進めることにより、収益性と生産性を備えた
        店舗網の整備を進めてまいります。商品面では、お客様との接点である店頭での販売情報や社会情勢の変化や
        ファッショントレンドをベースとした、店舗ごとの適正な商品構成の精度向上と、グループとしてのお取引先様と
        の連携や取組みの拡大による商品面での差別化を継続的に実施します。また、小売事業の成長を促進するためのグ
        ループ内での機能集約による専門性の向上とコスト削減、及び物流と情報システム整備のための投資を進めて行き
        ます。
         なお、当社の経営戦略において、具体的な店舗業態や商品開発、M&Aや提携の内容などは、営業戦略上の機密
        情報に該当するため、開示事由に該当するものを除いて、記載は省略しております。
       (3)  経営環境

         スポーツ、レジャー用品市場は、少子高齢化や地球温暖化などの社会情勢の変化を受けつつも、健康志向の高ま
        りやファミリーレジャーの拡大、国内での各種競技スポーツのプロリーグ増加や国際的なスポーツイベントの開催
        などの影響もあり、安定的な成長を遂げています。しかし、競技種目やカテゴリーといった事業の内訳は、少子化
        の進行による部活動生の減少やライフスタイルのトレンドを反映して変化するため、それに既存事業を対応させて
        いくことが重要になっています。また、衣料品におけるスポーツと周辺領域との垣根がなくなりつつあることや、
        メーカー直販ECサイトが拡大するなどにより、競合環境は厳しくなっています。
         また、ECの拡大による店舗のショールーミング化や、働き方の変化による店舗で働く人材の確保や単価上昇と
        いった既存事業におけるコスト上昇圧力は大きく、経営環境は厳しさを増しております。また、当社が展開するア
        ジア地区におけるスポーツ事情はその国や地域によって大きく違うことから、それぞれの現地事情に適合した事業
        を展開する必要があります。
       (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の対処すべき課題

         スポーツ業界においても本格的なECの拡大や店舗運営コスト上昇が進むことに加えて、近年では、冷夏や猛
        暑、暖冬や集中豪雨といった異常気象とも言える天候要因での販売不振が連続しており、店舗における収益性の低
        下を招いています。既存の事業と店舗資産などの収益性と投資効率を確保するために、既存事業に対する持続的な
        改革を続けることで、固定資産の減損損失の発生や投資回収期間の長期化を回避する必要があります。
         近年、スポーツやレジャーにおいても、競技種目の多様化や同一ブランドにおけるマルチカテゴリー展開や新し
        いブランドの立上げが増加する傾向にある一方で、斯界の商慣行上、商品の発注は販売期間の開始時の約10か月前
        に発注が求められています。したがって、想定外の環境変化が起きた場合にも対応できる、商品調達の仕組みや商
        品管理精度の向上による運転資本のコントロールが重要となっています。
                                  10/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         成長市場としての国内スポーツ市場に対しては、多くの周辺業界のメーカーや小売企業が新規参入するなど、ス
        ポーツとライフスタイルの融合が進行しています。その結果、機能性素材を切り口とした低価格衣料品においての
        競争が激化する一方で、カジュアル衣料としてのスポーツアパレルの需要が増加しております。この傾向が持続す
        ることを前提とした、商品面での差別化と客層の拡大による坪あたり売上高の維持、拡大が必要となっています。
         海外事業では、中国と韓国における総合型スポーツ小売事業に関しては、一旦、不採算店舗の閉鎖などにより縮
        小しましたが、中長期的には東アジア市場でのスポーツ需要の拡大は期待できると思われます。また、東南アジア
        では、ゴルフ事業において優位性の高い業界ポジションを維持しています。海外事業に関しては、既存の事業に対
        する生産性の向上とガバナンス体制の整備に注力しながら、中期的な成長戦略に位置づけるための具体的な取組み
        を議論、検討してまいります。
         新型コロナウイルス感染症拡大は、世界各国の我々のライフスタイルを抜本的に変えるものであり、長期化を前
        提とした備えが必要であると考えています。ウィズコロナの新生活様式によりスポーツやレジャー需要がどの様に
        変化していくかについての仮説、検証を継続しつつ、新たな市場に対応したマーチャンダイジング、店舗運営、及
        び店舗網の見直しなどを、短期的な課題として取り組んでまいります。
         これらの短期、中期的な課題を認識しながら、グループシナジー創出とガバナンス強化による企業価値向上のた
        めに、以下の経営指標に注目しながら、当社グループステートメントである「こころを動かすスポーツ」「スポー
        ツの国を作ろう」「スポーツで叶える」の実現を目指して参ります。なお、EBITDAと期首末平均運転資本、
        坪あたり売上高は、中核事業の収益性と生産性の観点、ROEは資本コストとの対比で注目しております。
                        2018年3月期             2019年3月期             2020年3月期
     EBITDA(百万円)                         15,827              9,978             9,383

     期首末平均運転資本(百万円)                         43,924             49,552             52,001

     坪あたり売上高(千円/坪)
                               1,218             1,195             1,147
     ROE(%)
                                3.6             1.6             0.3
        各指標の計算方式は、連結貸借対照表と連結損益計算書における以下の数値で算出しています。
        ・EBITDA=営業利益+減価償却費+のれん償却費
        ・期首末平均運転資本=売掛債権+商品-買入債務の、前期末と当期末の単純平均
        ・坪あたり売上高=売上高÷期首末売り場面積の単純平均坪数
        ・ROE=親会社株主に帰属する当期純利益÷自己資本
       (5)   今後の見通し

         世界規模で拡大する新型コロナウイルス感染症の影響により、各国経済への打撃が深刻なものとなり、経済状況
        や事業運営環境の合理的な先読みが非常に難しい状況となっています。当社グループにおきましては、新型コロナ
        ウイルス感染症の感染拡大を防止して、お客様とお取引先様、及び従業員、スタッフの安心・安全を確保し、第2
        波の発生にも対応できる運営体制を整えるために、不測の事態に備えた資金調達(                                      第5   経理の状況      1連結財務諸
        表等   (1)連結財務諸表        注記事項     重要な後発事象       に記載)を行うとともに、次期につきましては以下の項目に重点
        を置いて対応して参ります。
        ① ウィズコロナでの新生活様式に対応したマーチャンダイジングの構築
        ② 店舗網のスクラップアンドビルドの継続実行
        ③ ガバナンス強化によるグループシナジーの創出
         新型コロナウイルスの影響の終息時期や景気回復同行が不透明であるなど、不確定要素が多く、合理的な予測を
        することが困難であるため、現時点では業績と配当予想は未定とし、開示が可能になった時点で速やかに公表する
        こととさせていただきます。
                                  11/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        経営環境の変化が著しいなか、当社は事業活動にかかわるリスクを的確且つタイムリーに把握するために、各事業
       会社における毎月の取締役会とコンプライアンス委員会による定期的なモニタリングによる短期的なリスクの把握の
       ほか、当社代表取締役と独立社外役員によるガバナンス委員会と各種委員会による中長期的な事業価値向上とリスク
       把握を行っています。
        事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、以下
       のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2020年6月26日)現在において当社グループが
       判断したものであります。
       (1)事業リスク

        ①国内の経済環境、社会情勢に伴うリスク
         当社グループは主に日本国内において事業展開を行っており、国内景気や個人消費の動向など経済環境により、
        当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。スポーツやレジャーは、既にお客様のライフスタイルのな
        かで重要なポジションを占めていますが、いわゆる生活必需品という位置づけにならないため、景気動向や雇用環
        境が悪化した場合には、当社グループ内での小売事業における販売の不振や、クレジットカード事業における消費
        者向け売上債権の回収における貸倒れリスク増加という形で、グループの業績に影響を与える可能性があります。
         少子化に伴う人口減少の進行は、就学時の部活動の規模が縮小されるだけでなく、将来に亘って、スポーツ市場
        が縮小することが懸念されることから、中長期的に当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ②天候不順や異常気象に関するリスク
         近年の異常な気温上昇や降雪の減少、ゲリラ豪雨や冷夏などの想定外の異常気象といった天候要因は、アスレ
        チックスポーツや、ゴルフ、キャンプ、スキーやスノーボードなどのレジャー用品の使用機会減少や、衣料品の消
        費動向に反映されるため、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
        ③人材の確保に関するリスク
         当社グループの事業と成長には、販売現場に勤務する社員やスタッフ(当社グループではSports                                              Navigatorと呼
        びます)の安定的な確保が重要な要素となっています。スポーツに携わることに喜びを感じながら接客販売や用品
        の加工業務に携わる人材の確保が想定通り進まない場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④取扱商品の瑕疵に関するリスク
         当社グループは、取引先を含めた一貫した商品管理の徹底、チェック体制の確立など、お客様に安全な商品と正
        確な情報をお伝えするよう努めております。しかしながら、異物混入や健康被害を与える可能性のある商品、表示
        不良品の流通など、予想を越える重大な品質問題が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
        ⑤ 情報システムに関するリスク
         当社グループは店舗POSシステムをはじめとして、商品の発注、営業の管理等の業務において、内部及び外部
        の情報並びに技術的システム、ネットワークを活用しております。当社グループが使用しております技術的システ
        ム及びネットワークに、自然災害、人為的過誤、停電、コンピューターウイルス、ハッカー等により障害等が発生
        した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑥フランチャイズ展開についてのリスク
         当社グループは、「ゴルフパートナー」業態をフランチャイズ方式で展開しています。当社グループでは加盟店
        に対する商材や販売ノウハウのほか、下取り価格の査定システムなどを提供することで、加盟店との信頼関係の上
        で相互メリットを享受しています。したがって、加盟店企業の業績や出退店動向によって、当社グループの業績に
        影響を及ぼす可能性があります。
        ⑦海外での事業展開に関するリスク
         当社グループは、海外において小売と卸売事業を展開しております。海外市場における文化的・宗教的な違い、
        政情不安や経済動向の不確実性、現地取引先との関係構築や売掛金回収などの商慣習の違い、特有の法制度や投資
        規制、税制変更、労使問題、テロ、戦争、伝染病の発生、その他の政治情勢を要因とする社会的混乱といった障害
        に直面する可能性があり、こうした様々な海外におけるリスクは、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
        ります。
                                  12/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (2)事業継続に関するリスク
         当社グループは、日本全国での商品販売を主たる事業として展開していますが、それを支える本社機能はゼビオ
        株式会社の本社がある福島県郡山市と、株式会社ヴィクトリアと株式会社ゴルフパートナーの本社がある東京都内
        に集中しています。大規模な地震や台風などの自然災害、或いは火災や停電、通信ネットワーク障害、原子力発電
        事故等が発生し、本社の施設等に損害が生じて本社機能が停止した場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
         当社グループで販売する商品は、多数のお取引先様からのナショナルブランド商品と自社が工場に生産を発注す
        る開発商品で構成されていますが、多くの商品はアジアを中心とした海外の工場で生産され、各社の物流ルートを
        経由して、店舗や倉庫に納品されています。したがいまして、生産国での政治情勢やテロ、及び大規模な自然災害
        の発生などにより商品調達やサプライチェーンの寸断が発生する場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可
        能性があります。
         新型コロナウイルス感染症の拡大の推移によっては、休校・外出自粛やソーシャルディスタンスの確保といった
        新生活様式が、部活動やスポーツ観戦のあり方に大きな変化を与えることでスポーツ用品需要の変化や減少、或い
        は出店する大型ショッピングセンターの長期にわたる休館などによる店舗の休業や営業時間短縮に起因した客数の
        減少を発生させることが考えられます。この場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)財務リスク

        ① 敷金・保証金の貸倒れリスク
         当社グループは出店に際して、店舗賃借先に対して相当額の敷金ならびに保証金を預託する形式が主体となって
        います。契約に際しては、相手先の信用状態を十分判断したうえで出店の意思決定をいたしますが、その後の経済
        環境の変化や契約先の信用状態の悪化により差し入れた敷金・保証金の貸倒れリスクがあります。
        ②為替リスク
         当社グループは、スポーツ用品・用具や衣料の一部を海外から直接輸入しており、間接的な輸入を含め、輸入商
        品が多く含まれるため、一般的には円高になれば仕入価格は逓減傾向になり、円安になれば仕入価格は逓増傾向に
        あります。これにより、売上総利益率は変動を受けるリスクがあり、為替相場等の変動による一般的な市場リスク
        を当社グループは有しております。
        ③店舗をはじめとする営業施設等の減損リスク
         実質的価値が下落した当社グループの保有資産(投資有価証券を含む)や、収益性の低い店舗等について減損処
        理が必要となった場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)  コンプライアンスリスク

        ①個人情報の取扱に関するリスク
         当社グループでは、「ゼビオカード」におけるクレジットカード事業のほか、小売各社におけるポイントカード
        会員、及びデジタルポイント会員関連での個人情報を保有しております。個人情報保護については、経済産業省の
        ガイドラインに沿い、方針・規程の整備、従業員の教育、個人情報の漏洩防止対策等の安全対策をとっております
        が、外部からの不正アクセスや人為的なミスや委託先の管理不備などにより、万一、個人情報が流出した場合に
        は、その対応に当社グループの信用が低下し、損害賠償の請求を受けるなど、業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
        ②下請法に関するリスク
         当社グループでは、一部の商品調達において、当社グループ会社が発注者(親事業者)となり、当社オリジナル
        の商品の生産を委託などで、下請法規制対象の業務を委託する場合があります。商品発注に関しては、システム上
        で下請法区分を設けた登録を行なってチェックを行ない、社員に対して下請法に関する教育を行っていますが、双
        方が合意した取引条件でも下請法に禁止されている行為となっている場合には、重要性の如何では公正取引委員会
        から勧告を受け、企業名の開示などが行われることで、社会的信用を失墜し、業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
        ③労務管理リスク
         当社グループは法令に基づく適正な労務管理などにより、労務関連のリスクの低減に取り組んでいますが、労務
        関連の各種コンプライアンス違反(雇用問題、ハラスメント、人権侵害等)が発生した場合、当社グループの企業
        イメージ低下や争訟の発生等、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④係争・訴訟に関するリスク
         当連結会計年度において、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす係争・訴訟は提起されておりません。しか
        しながら業績に影響を及ぼす訴訟や社会的影響の大きな訴訟等が発生し、当社グループに不利な判断がなされた場
        合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  13/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
       況の概要は次のとおりであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

                                                    (単位 百万円)
                                                親会社株主に帰属する
           連結             売上高             経常利益
                                                   当期純利益
         2020年3月期                    225,312               5,842               408
         2019年3月期                    231,629               6,725              1,884
                            △2.7%             △13.1%              △78.3%
          前期比
           個別             営業収益              経常利益             当期純利益

         2020年3月期                    10,951              6,174              3,546

         2019年3月期                    10,668              6,212              2,275
                             2.7%             △0.6%              55.9%

          前期比
        当連結会計年度におけるわが国経済は、非製造業における雇用者数の増加や賃金上昇トレンドなど、所得環境の改

       善は続きましたが、2019年10月の消費増税による消費マインドの低下と度重なる自然災害、及び米中の景気減速など
       の影響を受けて、穏やかな景気回復ながら方向感が定まらない状態で推移しました。そして、2020年に入り日本国内
       で新型コロナウイルス感染症の拡大が発生したことで、国内外経済に深刻な影響が長期間に及ぶとの懸念が高まって
       おり、先行きに大きな不透明感が広がっております。
        スポーツ用品販売業界におきましては、健康志向や国際的なスポーツイベントの開催などでスポーツへの関心が高
       まる一方で、少子化の進行とライフスタイルの変化による一般競技スポーツ人口の減少、他業態からの参入による競
       争の激化、及びスポーツメーカーの自社ECサイトでのダイレクト販売の拡大など、事業環境は厳しさを増しており
       ます。
        このような状況下、当社グループは、接客販売強化と客層拡大に向けての商品構成の拡充や新規出店・グループ内
       の既存店業態変更を行いました。しかし、記録的暖冬の影響や消費増税の反動、及び新型コロナウイルス感染症等に
       よる大幅な客数減少の影響も加わり、売上高では前連結会計年度比で2.7%の減収となりました。利益適正化に向けた
       取組みとしては、マーケット動向に対するきめの細かい対応の継続的な実施により、適正売価を維持したことで、前
       連結会計年度比で売上総利益率が1.4ポイント改善し、売上総利益は前連結会計年度比8億30百万円増加しました。
       販管費では、賃金単価の上昇を労働時間のコントロールで対処するなどの経費削減を実行しましたが、新規出店やシ
       ステム対応等により、前連結会計年度比13億49百万円増加しました。
        国内小売事業以外では、ノンコア事業からの撤退や海外不採算店舗の閉鎖、政策保有株の売却といった総資産圧縮
       と利益率改善に取組みました。また、新型コロナウイルス感染症の翌期への業績影響を反映した固定資産の減損処理
       などを行った結果、特別損失が拡大しました。
        出退店につきましては、既存店への業態追加・削減を中心に、国内外で102店舗を出店し109店舗を閉店しました。

       これらにより、当連結会計年度末におけるグループの総店舗数は、860店舗となり、グループ合計の売場面積は前連
       結会計年度末に比べて1,246坪増加して196,919坪となりました。
        以上の結果、当連結会計年度における連結業績は、売上高2,253億12百万円(前連結会計年度比2.7%減)、営業利
       益52億47百万円(前連結会計年度比9.0%減)、経常利益58億42百万円(前連結会計年度比13.1%減)、親会社株主
       に帰属する当期純利益4億8百万円(前連結会計年度比78.3%減)、ROE0.3%となりました。
                                  14/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         <ウィンタースポーツ部門>
          ウィンタースポーツ部門は、記録的な暖冬による雪不足、及び降雪時期の遅れにより、全国的に営業状況や滑
         走状況に支障のあったスキー場が多く、ウィンタースポーツ参加の機会が減少したことで低調に推移いたしまし
         た。
          以上の結果、ウィンタースポーツ部門の売上高は、前連結会計年度比25.6%の減少となりました。
         <ゴルフ部門>

          ゴルフ部門は、暖冬により防寒衣料小物やアパレルの販売は低調に推移しましたが、温暖な天候というプレー
         環境での追い風のもと、人気ブランドの新商品ローンチもあったことからグッズの販売は好調に推移いたしまし
         た。
          以上の結果、ゴルフ部門の売上高は、前連結会計年度比3.7%の増加となりました。
         <一般競技スポーツ部門>

          一般競技スポーツ部門は、前年のワールドカップの反動や、ウェルネス用品におけるブームの一巡などの影響
         を受けたことに加え、学生需要を中心とした春先の本格的な需要時期にコロナウイルスの影響を受けたことで、
         主力商品が伸び悩み低調に推移いたしました。
          以上の結果、一般競技スポーツ部門の売上高は、前連結会計年度比7.0%の減少となりました。
         <スポーツアパレル部門>

          スポーツアパレル部門は、長雨や冷夏、暖冬など大きな気候の変化に対応が遅れたことに加え、春の立ち上げ
         時期においてコロナウイルスの影響を受けたことで低調に推移いたしました。
          以上の結果、スポーツアパレル部門の売上高は、前連結会計年度比5.5%の減少となりました。
         <アウトドア・その他部門>

          アウトドア・その他部門は、市場ニーズが高いアウトドアカジュアル用品が堅調だったことに加え、スポーツ
         カジュアル用品では新規ブランドの品揃えを拡充したことにより、好調に推移いたしました。また、成長市場で
         あるキャンプ用品は強化カテゴリーとして注力したことで好調に推移いたしました。
          以上の結果、アウトドア・その他部門の売上高は、前連結会計年度比0.5%の増加となりました。
       (2)キャッシュ・フローの状況

                                                     (単位    百万円)
                  項目                  前連結会計年度              当連結会計年度

          営業活動によるキャッシュ・フロー                                 7,572             △1,305
          投資活動によるキャッシュ・フロー                                △3,010              △4,299

          財務活動によるキャッシュ・フロー                                △2,658               △418

          現金及び現金同等物に係る換算差額                                 △149               189

                                           1,753
         現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                               △ 5,833
           現金及び現金同等物の期首残高                               16,563              18,317

           現金及び現金同等物の期末残高                               18,317              12,483

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は、124億83百万円となり、前連結会計年度末に比べて

       58億33百万円減少いたしました。
        営業活動によるキャッシュ・フローは、△13億5百万円となりました。主な要因は、税金等調整前当期純利益を31
       億86百万円計上したこと、たな卸資産の増加による資金の減少額が77億36百万円、仕入債務の減少による資金の減少
       額が27億12百万円、法人税等の支払額が19億13百万円であります。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、△42億99百万円となりました。主な要因は、有形固定資産の取得による支
       出が45億24百万円、無形固定資産の取得による支出が6億7百万円であります。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、△4億18百万円となりました。主な要因は、配当金の支払額が15億46百万
       円、長期借入れによる収入が17億円であります。なお、この長期借入金は連結子会社によるノンリコースローンであ
       り、当該ローンの返済は、該当子会社の保有資産の範囲内に限定されます。
                                  15/130


                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (3)生産、受注及び販売の実績
        ①生産、受注実績
         該当事項はありません。
        ②商品部門別仕入実績

         当社グループは、一般小売事業の単一セグメントとみなしておりますが、商品部門別に示すと次のとおりであり
        ます。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 2018年4月1日                   (自 2019年4月1日
             部門               至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
                        金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)

     ウィンタースポーツ                        7,918          5.6        8,150          5.5

     ゴルフ                        32,687          23.3        45,336          30.5

     アスレチック                        54,370          38.7        46,618          31.4

     トレーニングウェア                        19,347          13.8        20,370          13.7

     アウトドア・その他                        20,643          14.7        22,544          15.1
     スポーツ用品・用具計                       134,968           96.1        143,020           96.2

     ファッション衣料 計                         412         0.3         360         0.2

     その他                        5,158          3.6        5,385          3.6

             合計               140,539          100.0        148,765          100.0

      (注)1.「その他」は、食品等の仕入を含んでおります。
         2.記載金額に消費税等は含まれておりません。
        ③商品部門別販売実績

         当社グループは、一般小売事業の単一セグメントとみなしておりますが、商品部門別に示すと次のとおりであり
        ます。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (自 2018年4月1日                   (自 2019年4月1日
             部門               至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
                        金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)

     ウィンタースポーツ                        12,322           5.3        9,172          4.1

     ゴルフ                        61,142          26.4        63,390          28.1

     アスレチック                        81,579          35.2        75,883          33.7

     トレーニングウェア                        31,885          13.8        30,117          13.4

     アウトドア・その他                        34,564          14.9        34,744          15.4
     スポーツ用品・用具計                       221,494           95.6        213,308           94.7

     ファッション衣料 計                         947         0.4         641         0.3

     その他                        9,187          4.0        11,362           5.0

             合計               231,629          100.0        225,312          100.0

      (注)1.「その他」は、食品等の販売、宿泊事業等を含んでおります。
         2.記載金額に消費税等は含まれておりません。
                                  16/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       ④地域別売上高
          地域別           売上金額(百万円)               構成比(%)              期末事業所数
     北海道                      13,453               6.0              20
     青森県                       5,644               2.5              15
     岩手県                       4,799               2.1              17
     宮城県                       5,766               2.6               8
     秋田県                       3,263               1.4              15
     山形県                       3,430               1.5              10
     福島県                      11,642               5.2              29
     茨城県                       8,045               3.6              23
     栃木県                       4,649               2.1               6
     群馬県                       1,711               0.8               9
     埼玉県                       9,257               4.1              25
     千葉県                       7,351               3.3              34
     東京都                      48,720               21.6               87
     神奈川県                      12,656               5.6              37
     新潟県                       4,498               2.0              13
                            4,754
     長野県                                      2.1               6
     富山県                       1,197               0.5               3
     石川県                       1,554               0.7               ▶
     福井県                        553              0.2               1
     山梨県                        59             0.0               2
     岐阜県                        637              0.3               2
     静岡県                       3,336               1.5               8
     愛知県                       7,750               3.4              20
     三重県                       2,050               0.9               8
     滋賀県                        838              0.4               2
     京都府                       1,663               0.7               2
     大阪府                      11,245               5.0              31
     兵庫県                       3,171               1.4               8
     奈良県                       1,347               0.6               5
     和歌山県                        924              0.4               2
     島根県                       1,184               0.5               2
     岡山県                       1,072               0.5               3
     広島県                       3,107               1.4               8
     山口県                       1,058               0.5               5
     徳島県                        805              0.4               2
     香川県                        935              0.4               2
     愛媛県                       1,890               0.8               3
     高知県                        828              0.4               1
     福岡県                       9,918               4.4              20
     佐賀県                       1,295               0.6               2
     長崎県                        624              0.3               2
     熊本県                       3,411               1.5               7
     大分県                       1,965               0.9               2
     宮崎県                       1,685               0.7               ▶
     鹿児島県                       1,462               0.6               3
     沖縄県                       2,081               0.9               5
           小計                219,308               97.3              523
     海外                       6,004               2.7              51
           合計                225,312               100.0               574
      (注) 記載金額に消費税等は含まれておりません。
                                  17/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     (4)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。この連結財務諸表の作成にあたりまして、将来事象の結果に依存するため確定できない金額について
        は、仮定の適切性、情報の適切性及び金額の妥当性に留意した上で会計上の見積りを行っておりますが、実際の結
        果は、特有の不確実性があるため、見積りと異なる場合があります。
         なお、新型コロナウイルス感染症の影響に関する見積りの前提は、「第5                                    経理の状況      1連結財務諸表等         (1)連
        結財務諸表      注記事項     (連結損益計算書関係)           ※4  減損損失」に記載しています。
         連結財務諸表に与える影響が大きいと考えられる項目・事象は以下のとおりです。
        (繰延税金資産)
         当社グループは、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得を見積もった上で、将来の税金負
        担額を軽減する効果を有する範囲内で繰延税金資産を計上しております。課税所得の見積りに使用される前提は、
        グループ各社の過去の実績、現在及び見込まれるマーケットの状況、タックスプランニング等を踏まえて決定して
        いますが、前提条件の変化があった場合には、評価性引当額の計上に伴い、経営成績及び財政状態に影響を与える
        可能性があります。
        (退職給付に係る資産及び負債並びに退職給付費用)
         退職給付に係る資産及び負債並びに退職給付費用は、将来の退職給付債務算出に用いる割引率や年金資産の長期
        期待運用収益率等、数理計算上の前提条件に基づいて算出しております。当社グループにおいては、割引率は期末
        の国債利回りをベースに毎期見直すとともに、長期期待運用収益率は年金資産の過去5年平均の運用利回り実績に
        基づき設定しており、使用した数理計算上の前提条件は妥当なものと判断しておりますが、これらの前提条件自体
        の変更が行われた場合、退職給付に係る資産及び負債並びに退職給付費用に影響を与える可能性があります。
        (固定資産の減損)
         当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として各店舗設備を基本単位とし、のれん及び事業用
        資産については管理会計上の区分に基づいて資産のグルーピングを行い減損会計を適用しております。収益性が著
        しく低下した資産グループについて、固定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減損し、当該減少額を減損損失とし
        て計上しています。
         固定資産の回収可能価額について、将来キャッシュ・フロー、割引率、正味売却価額等の前提条件に基づき算
        出しているため、当初見込んでいた収益が得られなかった場合や、将来キャッシュ・フロー等の前提条件に変更
        があった場合、固定資産の減損を実施し、当社グループの業績を悪化させる可能性があります。
       ②当連結会計年度の財政状態の分析

         当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ11億33百万円減少し、1,829億21百万円となりました。
        流動資産は、下半期における暖冬と新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上が計画を下回ったことから、
        現金及び預金が58億34百万円減少する一方で商品が69億23百万円増加したことにより、前連結会計年度末に比べ2
        億93百万円増加の1,183億97百万円となりました。固定資産は、ノンコア事業関連の不動産や政策保有株式の売却
        に加えて、新型コロナウイルス感染症の影響を反映した減損損失の拡大などの減少要因が、新規出店と既存店への
        改装、及びアリーナ設備の取得による増加要因を上回ったことで、前連結会計年度末に比べ14億26百万円減少し、
        645億24百万円となりました。
         当連結会計年度末の負債は、前連結会計年度末に比べ96百万円増加し、656億70百万円となりました。流動負債
        は、主に年度末に向けての仕入コントロールによる仕入債務の減少により、支払手形及び買掛金、並びに電子記録
        債務が27億8百万円減少したことなどにより前連結会計年度末に比べ20億1百万円減少の549億80百万円となりま
        した。固定負債は、有形固定資産の取得資金を金融機関からの17億円のノンリコースローン(長期借入金)で調達
        したことなどにより20億98百万円増加し、106億89百万円となりました。
         当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ12億30百万円減少し、1,172億51百万円となりました。
                                  18/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       ③当連結会計年度の経営成績の分析
         当社グループの当連結会計年度の経営成績は、以下のとおりであります。
        ⅰ 売上高の状況
          当連結会計年度の連結売上高は、下期における暖冬による季節性商品の低調な推移と、新型コロナウイルス感
         染症拡大による販売機会の減少による既存店の買上客数が減少したことなどから、前連結会計年度比63億17百万
         円(2.7%減少)減少の2,253億12百万円となりました。
        ⅱ 販売費及び一般管理費
          当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、主にスポーツ小売事業における人件費単価の上昇を労働時間コン
         トロールでカバーするなどの経費削減努力を行いましたが、新規出店や広告宣伝費の強化などの要因から、前連
         結会計年度に比べ13億49百万円増加し834億79百万円となりました。
        ⅲ 営業利益
          当連結会計年度は、上記のとおり売上高の減少はありましたが、経年在庫販売における適正販売価格のコント
         ロールなどによる売上総利益率が1.4ポイント改善し前連結会計年度比8億30百万円増加しました。しかし、販
         売費及び一般管理費の増加がそれを上回ったことから、営業利益は前連結会計年度比5億18百万円減少し、52億
         47百万円となりました。
        ⅳ 営業外損益、特別損益
          営業外収益は、不動産賃貸料9億41百万円、業務受託料3億44百万円、受取利息46百万円の計上などにより20
         億5百万円となりました。
          また、営業外費用は、不動産賃貸費用7億97百万円、業務受託費用3億41百万円などにより14億9百万円とな
         りました。これらにより、経常利益は58億42百万円(前連結会計年度比8億82百万円減少)となりました。
          特別利益は固定資産売却益1億2百万円、政策保有株式の売却に伴う投資有価証券売却益1億93百万円、補助
         金収入2億1百万円の計上などにより6億32百万円となりました。
          特別損失は固定資産除却損2億4百万円に加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けた減損損失の拡
         大により27億10百万円の計上となり、32億89百万円となりました。
        ⅴ 親会社株主に帰属する当期純利益
          上記の結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は4億8百万円(前期比78.3%減、14億76百
         万円減少)となりました。
       ④当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析

         キャッシュ・フローの状況につきましては、第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況の分析                (2)キャッシュ・フローの状況               に記載のとおりであります。
         なお、キャッシュ・フロー関連指標の推移は、下記のとおりであります。
                          2018年3月期            2019年3月期            2020年3月期
     自己資本比率(%)                            63.3            64.1            63.8
     時価ベースの自己資本比率(%)                            50.1            29.3            21.6

      (注)1.自己資本比率:自己資本/総資産
         2.時価ベースの自己資本比率:株式時価総額(自己株式は除く)/総資産
         3.キャッシュ・フロー対有利子負債比率及びインタレスト・カバレッジ・レシオは有利子負債、利払いが僅少
           またはないため表示を省略しております。
                                  19/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       ⑤資本の財源及び資金の流動性
        (資金需要)
         当社グループの運転資金需要は、主に商品の仕入と販売に関する立替資金と、販売費一般管理費等の費用であり
        ます。投資を目的とした資金需要は、新規出店や既存店舗の改装、及びソフトウェア投資といったスポーツ小売事
        業に関するものに加えて、周辺領域に関する固定資産投資やM&A等によるものであります。
        (財政政策)
         当社グループは、キャッシュ・フロー経営による手元資金での小売事業運営を基本方針としつつ、事業活動の維
        持拡大に一時的に必要となる資金を、国内外で安定的に確保するために、資金の性格に応じて金融機関からの借入
        等で資金調達を行っております。
         経常的な運転資金は、主なお取引金融機関各行で設定している当座貸越枠内で調達を中心としていますが、長期
        資金需要がある場合には、対象事業の事業計画に基づく資金需要や、金利動向、返済見込み等を考慮しつつ、長期
        借入金での調達を適宜判断して実施しております。また、グループ内での資金調達に関しては、特別な事情がある
        場合を除いて、当社からのグループファイナンスで対応しております。
         投資判断における財務方針としては、企業価値の向上に資するために、投資のリスク分類に応じて資本コストの
        リスクプレミアムを加算したリターンを確保するキャッシュ・フロー創出が必要であるという考え方を採用してお
        ります。
         なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は、52億1百万円となっており
        ます。
                                  20/130















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  21/130



















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、他社との差別化及びより一層の経営の効率化を推進し、業容の拡大を図るため、当連結会計年
       度において店舗の新設(102店舗)を中心に敷金、保証金を含め                             7,291   百万円の設備投資を実施いたしました。
        なお、当社グループの事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                 (2020年3月31日現在)
                                   帳簿価額(百万円)
         事業所名                                                従業員数
                 設備の内容           車両運搬
                                  土地
        (所在地)               建物及び               リース     ソフト              (人)
                            具及び器                   その他     合計
                        構築物         (面積㎡)      資産    ウェア
                            具備品等
     賃貸店舗・事務所等
                                  8,735                         -
                  賃貸設備       5,859      15                  941   15,628
                                             77
                                        -
     (福島県会津若松市        他)
                                 (366,905)
                                                          [- ]
     本社                                                      8
                                   628
                  事務所       194     27              598         1,449
                                                 -
                                        -
     (福島県郡山市      他)
                                  (3,213)
                                                          [- ]
     ゼビオアリーナ仙台
                                                           -
                                   -
                 イベント施設
                         1,210      28              -     57   1,295
                                        -
     (宮城県仙台市太白区)
                                   (―)
                                                          [- ]
      (注)1.記載金額に消費税等は含まれておりません。
         2.帳簿価額の内「その他」は敷金、保証金であり、建設仮勘定は含まれておりません。
         3.「土地」は、自己所有土地についてのみ記載しております。
         4.賃貸店舗・事務所等はすべて子会社に賃貸しているものであります。
         5 .従業員数の[ ]は、臨時雇用者数を外書きしております。
                                  22/130












                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社
                                                 (2020年3月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
                事業所名                                         従業員数
        会社名              設備の内容          車両運搬
                           建物及び          土地    リース    ソフト
                (所在地)                                          (人)
                                具及び器                 その他    合計
                            構築物              資産    ウェア
                                    (面積㎡)
                                具備品等
              スーパースポーツ
               ゼビオ仙台泉
                                                           745
                                       -
               中央店   他
     ゼビオ㈱                 店舗設備      2,917     927        1,395      ▶  11,023    16,268
                                                         [ 3,577]
                                      (- )
              (宮城県仙台市泉区
                 他)
              ヴィクトリア本店
                 他                     7,313                     521
     ㈱ヴィクトリア                 店舗設備      1,184     236         48    8  3,569    12,360
              (東京都千代田区
                                     (1,405)                    [1,274]
                 他)
              宝町昭和通り店      他
                                       340                    377
     ㈱ゴルフパートナー                 店舗設備      1,961     365         10    113   1,041    3,833
              (東京都中央区      他)
                                     (29,064)                     [963]
              FLAT  HACHINOHE
                      イベント施                 -                     1
     XSM  FLAT  八戸㈱
                             2,224     363         -    -    -   2,587
                        設              (-)                     [-]
              (青森県八戸市)
      (注)1.記載金額に消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の[ ]は、平均臨時雇用者数を外書きしております。
         3.帳簿価額の内「その他」は敷金、保証金であり、建設仮勘定は含まれておりません。
       (3)在外子会社

                                                 (2020年3月31日現在)
                                      帳簿価額(百万円)
                                                         従業員数
                       設備の
        会社名        所在地                車両運搬
                                     土地
                       内容    建物及び              リース    ソフト            (人)
                                具及び器                 その他    合計
                            構築物         (面積㎡)     資産    ウェア
                                具備品等
     Leonian   Singapore                                                  102
               シンガポール                         -
                      店舗設備
                              34     28                12    75
                                           -    -
                共和国                                           [ 1]
     Pte.Ltd.
                                      ( -  )
                                                           25
     賽標(成都)体育用品         中華人民共和国                         -
                      店舗設備        -     3                1    5
                                           -    -
                                                           [ -]
     有限公司           成都市
                                      ( -  )
      (注)1.記載金額に消費税等は含まれておりません。
         2.従業員数の[ ]は、平均臨時雇用者数を外書きしております。
         3 .帳簿価額の内「その他」は敷金、保証金であり、建設仮勘定は含まれておりません。
                                  23/130









                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
       (1)重要な設備の新設
                                                        完成後の
                              投資予定金額               着手及び完了予定年月
              事業所名         設備の               資金調達方                 増加能力
      会社名
                             総額     既支払額
              (所在地)          内容               法                 (売場面積)
                                              着手      完了
                             (百万円)      (百万円)
                                                        (㎡)
          スーパースポーツゼビオ
          PGAツアースーパースト
     ゼビオ㈱
                                        自己資金     2019年7月      2020年6月
                       店舗設備        332      74                    4,365.9
          アーイーアス沖縄豊崎店
          (沖縄県豊見城市)
          ヴィクトリアゴルフ
     ㈱ヴィクト                                  自己資金
          プレミアム日本橋三越店
                       店舗設備         21      -       2020年6月      2020年7月        198.0
     リア                                  及び借入金
          (東京都中央区)
          ゴルフパートナー
                                       自己資金
          環七北綾瀬店
                       店舗設備         23      ▶       2020年4月      2020年6月        124.9
                                       及び借入金
          (東京都足立区)
          ゴルフパートナー
                                        自己資金
           大手町ビル店            店舗設備         16      6       2020年4月      2020年5月        56.1
                                       及び借入金
           (東京都千代田区)
          ゴルフパートナー
                                       自己資金
           PGA沖縄豊崎店            店舗設備         1             2020年4月      2020年6月        54.3
                                     -
                                       及び借入金
      ㈱ゴルフ
           (沖縄県豊見城市)
      パートナー
           ゴルフパートナー
           B.B.パートナー宇都宮                             自己資金
                       店舗設備                      2020年4月      2020年7月
                                50      ▶                     49.5
           駒生ドーム店
                                       及び借入金
           (栃木県宇都宮市)
          ゴルフパートナー
           B.B.パートナー多田ハ
           イグリーンバッティング                             自己資金
                       店舗設備         35      2       2020年4月      2020年5月        66.1
           ドーム店                            及び借入金
           (兵庫県川西市)
      (注)1.投資予定金額は、敷金・保証金を含んでおります。なお記載金額に消費税等は含まれておりません。

       (2)重要な増設

         該当事項はありません。
       (3)重要な除却等

              事業所名         設備の     帳簿価額           売場面積
      会社名                           完了予定年月
                        内容
              (所在地)               (百万円)           (㎡)
          スーパースポーツゼビオ
          ザ・モール安城店
                       店舗設備         10  2020年5月        313.5
          (愛知県安城市)
     ゼビオ㈱
          スーパースポーツゼビオ
          蕨錦町店
                       店舗設備           2020年5月
                                -           135
          (埼玉県蕨市)
                                  24/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      135,000,000
                  計                                    135,000,000

        ②【発行済株式】

                事業年度末現在
                                       上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
                発行数(株)
        種類                               名又は登録認可金融               内容
                           (2020年6月26日)
               (2020年3月31日)                         商品取引業協会名
                                        東京証券取引所
                                                  単元株式数は100株で
                    47,911,023            47,911,023
       普通株式
                                        (市場第一部)
                                                  あります。
                    47,911,023            47,911,023           -           -
        計
                                  25/130















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
      決議年月日                    2010年6月29日                    2010年6月29日

      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            3            当社取締役            3
      (名)
                             124                    115
      新株予約権の数(個)※
                             [124]                    [115]
      新株予約権の目的となる株                      普通株式                    普通株式
      式の種類、内容及び数                      12,400                    11,500
      (株)※                      [12,400]                    [11,500]
      新株予約権の行使時の払込
                              1                    1
      金額(円)※
                          自   2010年9月23日                  自   2011年9月22日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2040年9月22日                  至   2041年9月21日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1             発行価格            1
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1             資本組入額          1
      (円)※
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失
                     した日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                     ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会
       ※
                     決議に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定め
                     るところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
                                  26/130









                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2012年6月28日

                                         当社取締役            3
                                         当社従業員        178
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            3
      (名)                                   子会社取締役         3
                                         子会社従業員 49
                             121                   1,745
      新株予約権の数(個)※
                             [121]                   [1,740]
                            普通株式                    普通株式
      新株予約権の目的となる株
                             12,100                    174,500
      式の種類、内容及び数
                            [12,100]                    [174,000]
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込
                              1                 2,246(注)
      金額(円)※
                          自   2012年9月20日                  自   2015年6月1日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2042年9月19日                  至   2020年5月31日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            2,246
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額          1,123
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  27/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2013年6月27日

                                         当社取締役            2
                                         当社従業員        188
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2
      (名)                                   子会社取締役         3
                                         子会社従業員 66
                              94                   1,825
      新株予約権の数(個)※
                             [94]                   [1,820]
                            普通株式                    普通株式
      新株予約権の目的となる株
                             9,400                   182,500
      式の種類、内容及び数
                            [9,400]                   [182,000]
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込
                              1                 1,998(注)
      金額(円)※
                          自   2013年9月19日                  自   2016年3月29日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2043年9月18日                  至   2021年3月28日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            1,998
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額             999
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  28/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2014年6月27日

                                         当社取締役            2
                                         当社従業員        122
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2
      (名)                                   子会社取締役         3
                                         子会社従業員 69
                             121                   1,905
      新株予約権の数(個)※
                             [121]                   [1,900]
                            普通株式                    普通株式
      新株予約権の目的となる株
                             12,100                    190,500
      式の種類、内容及び数
                            [12,100]                    [190,000]
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込
                              1                 2,424(注)
      金額(円)※
                          自   2014年9月19日                  自   2017年6月18日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2044年9月18日                  至   2022年6月17日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            2,424
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額          1,212
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  29/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2015年6月26日

                                         当社取締役            2
                                         当社従業員           6
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2
      (名)                                   子会社取締役         3
                                         子会社従業員 25
                              88                   1,480
      新株予約権の数(個)※
                             [88]                   [1,480]
                            普通株式                    普通株式
      新株予約権の目的となる株
                             8,800                   148,000
      式の種類、内容及び数
                            [8,800]                   [148,000]
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込
                              1                 1,918(注)
      金額(円)※
                          自   2015年9月17日                  自   2018年3月29日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2045年9月16日                  至   2023年3月28日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            1,918
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額             959
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  30/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2016年6月29日

                                         当社取締役            2
                                         当社従業員           6
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2
      (名)                                   子会社取締役         7
                                         子会社従業員 15
                             141                   1,380
      新株予約権の数(個)※
                             [141]                   [1,380]
      新株予約権の目的となる株                      普通株式                    普通株式
      式の種類、内容及び数                      14,100                    138,000
      (株)※                      [14,100]                    [138,000]
      新株予約権の行使時の払込
                              1
                                               1,796(注)
      金額(円)※
                          自   2016年9月22日                  自   2019年5月27日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2046年9月21日                  至   2024年5月26日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            1,796
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額             898
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  31/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2017年6月29日

                                         当社取締役           2
                                         当社従業員           7
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2
      (名)                                   子会社取締役          5
                                         子会社従業員         15
                             107                   1,120
      新株予約権の数(個)※
                             [107]                   [1,120]
                            普通株式                    普通株式
      新株予約権の目的となる株
                             10,700                    112,000
      式の種類、内容及び数
                            [10,700]                    [112,000]
      (株)※
      新株予約権の行使時の払込
                              1                 1,993(注)
      金額(円)※
                          自   2017年9月21日                  自   2020年6月27日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2047年9月20日                  至   2025年6月26日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            1,993
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額             997
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  32/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      決議年月日                    2010年6月29日                    2018年6月28日

                                         当社取締役           2
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2            当社従業員           8
      (名)
                                         子会社取締役・従業員             1 6
                             129                   1,520
      新株予約権の数(個)※
                             [129]                   [1,520]
                                                普通株式
      新株予約権の目的となる株                      普通株式
                                                152,000
      式の種類、内容及び数                      12,900
      (株)※                      [ 12,900   ]                [152,000]
      新株予約権の行使時の払込
                              1                 1,259(注)
      金額(円)※
                          自   2018年9月20日                  自   2021年6月8日
      新株予約権の行使期間           ※
                          至   2048年9月19日                  至   2026年6月     7 日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1            発行価格            1,259
      式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1            資本組入額             630
      (円)※
                                         ① 新株予約権者は、権利行使時にお
                                         いて当社の取締役、執行役員、従業員
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                                         若しくは連結子会社の取締役、執行役
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                                         員若しくは従業員の地位にあることを
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                                         要する。
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                         ② 新株予約権の相続はこれを認めな
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
                                         い。
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                                         ③ その他の行使の条件は、当定時株
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                                         主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                                         役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     約に定めるところによる。
                                         者の間で締結する「新株予約権割当契
                                         約書」に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
       (注)新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合、次の算式により払込金額を調整し、調整によ

         り生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
         また、時価を下回る価額で新株式の発行(新株予約権の行使により新株式を発行する場合を除く。)を行う
         場合、次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                              時   価
            調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
                                  33/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                                                  ―

      決議年月日                    2010年6月29日
      付与対象者の区分及び人数
                     当社取締役            2                     ―
      (名)
                             180
                                                  ―
      新株予約権の数(個)※
                             [180]
      新株予約権の目的となる株                      普通株式
                                                  ―
      式の種類、内容及び数                      18,000
      (株)※                      [ 18,000   ]
      新株予約権の行使時の払込
                              1                    ―
      金額(円)※
                          自   2019年9月19日
      新株予約権の行使期間           ※                                ―
                          至   2049年9月18日
      新株予約権の行使により株
                          発行価格            1
      式を発行する場合の株式の
                                                  ―
      発行価格及び資本組入額                    資本組入額          1
      (円)※
                     ① 新株予約権者は、当社の取締役、
                     監査役、執行役員のいずれの地位をも
                     喪失した日の翌日から10日以内に限り
                     新株予約権を行使することができる。
      新株予約権の行使の条件
                                                  ―
                     ② その他の行使の条件は、当定時株
       ※
                     主総会決議及び新株予約権発行の取締
                     役会決議に基づき、当社と新株予約権
                     者との間で締結する新株予約権割当契
                     約に定めるところによる。
      新株予約権の譲渡に関する
                      新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。
      事項   ※
      組織再編成行為に伴う新株
      予約権の交付に関する事項               ―
       ※
         ※   当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
                                  34/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
                                  35/130



















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2006年4月1日~
                   15,970,341       47,911,023           -     15,935         -     15,907
     2007年3月31日(注)
      (注) 2006年4月1日に、2006年3月31日最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載されまたは記録された株主に対
          し、所有株式数を1株につき1.5株の割合をもって分割いたしました。
       (5)【所有者別状況】

                                                   2020年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                        単元未満
                                                        株式の状
        区分      政府及び                       外国法人等
                         金融商品     その他の                 個人
                                                        況(株)
               地方公共     金融機関                                計
                         取引業者      法人               その他
                団体                   個人以外      個人
     株主数(人)            -     32     24     228     157      17   21,055     21,513       -
     所有株式数
                  -   92,806      4,261    174,923      81,266       36   125,316     478,608      50,223
     (単元)
     所有株式数の割合
                  -    19.39      0.89     36.55     16.98      0.01     26.18     100.0       -
     (%)
      (注) 1.自己株式          3,699,427     株は「個人その他」の欄に36,994単元、「単元未満株式の状況」の欄に27株含まれて
           おります。
            なお、期末日現在の実質的な所有株式数は3,699,427株であります。
          2.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ1単
           元及び50株含まれております。
                                  36/130











                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                        福島県郡山市朝日3丁目6-20                        8,252         18.67

     有限会社サンビック
                        福島県郡山市朝日3丁目6-20                        4,500         10.18
     公益財団法人諸橋近代美術館
                        福島県郡山市朝日3丁目6-20                        4,121          9.32
     有限会社ティー・ティー・シー
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                        2,404          5.44
     式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                        東京都港区浜松町2丁目11-3                        2,154          4.87
     社(信託口)
                                                1,392          3.15
     諸 橋 輝 子                   福島県郡山市
                                                1,173          2.65
     諸 橋 友 良                   福島県郡山市
                                                 900         2.04
     諸 橋 寛 子                   福島県郡山市
                        ONE LINCOLN STREET,           BOSTON MA 
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT                                 884         2.00
                        USA 02111
                        RUE  MONTOYERSTRAAT        46,  1000
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   133972                                 875         1.98
                        BRUSSELS     , BELGIUM
                                -               26,659          60.30
              計
      (注)1.2020年3月31日現在における上記信託銀行の信託業務に係る株式数については、当社として把握することが
           できないため記載しておりません。
         2.上記のほか当社所有の自己株式3,699千株があります。
         3.2020年4月21日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、SOMPOアセットマネジメント株式
           会社が2020年4月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2020年3月
           31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
            なお、その変更報告書の内容は次のとおりであります。
             大量保有者                     SOMPOアセットマネジメント株式会社
             住所         東京都中央区日本橋二丁目2番16号
             保有株券等の数    株式 2,854,000株
             株券等保有割合    5.96%
                                  37/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
                         株式数(株)             議決権の数(個)
           区分                                          内容
                                  -            -       -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -
     議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                         -       -
                               3,699,400
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)
                              44,161,400              441,614          -
                     普通株式
     (注)1
     単元未満株式
                                                 1単元(100株)未満の
                                50,223              -
                     普通株式
     (注)2
                                                 株式
                              47,911,023                 -       -
     発行済株式総数
                                  -          441,614          -
     総株主の議決権
      (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が100株(議決権1個)含まれてお
           ります。
         2.「単元未満株式」の株式数の欄には、当社保有の自己株式27株および証券保管振替機構名義の株式50株が含
           まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式総数に
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                    対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                  福島県郡山市朝日
                                3,699,400        -      3,699,400            7.72
     ゼビオホールディングス
                  三丁目7番35号
     株式会社
                       -         3,699,400        -      3,699,400            7.72
          計
                                  38/130










                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】会社法第155条第7号による普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             区分                 株式数(株)                  価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                  434                 525,314
     当期間における取得自己株式                                  230                 198,680

      (注) 当期間における取得自己株式には2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
          による株式数は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                    当期間
             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                    (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                                ―         ―         ―         ―
     株式
     消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る移転
                                ―         ―         ―         ―
     を行った取得自己株式
     その他
     (単元未満株式の売渡請求による売                          50       87,827            ―         ―
     渡)
     保有自己株式数                      3,699,427             ―     3,699,657             ―
      (注)1.当期間における処理自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
           渡による株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取り及び売渡による株式数は含まれておりません。
                                  39/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、長期に亘る安定的な経営基盤の確保を目指し、業績に応じた適正な利益配分を継続的に実施することを基
       本方針としており、内部留保につきましては、安定成長に向けた財務体質の強化と今後とも予想される競争の激化に
       対処するため、①店舗の新設及び改装や増床への投資、②新規事業への投資、③                                     経営の効率化に向けた情報システム
       への投資などに活用し、経営基盤の安定と拡大に努めてまいります                               。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としておりますが、このほか、基準日
       を定めて剰余金の配当をすることができることとしております。
        これらの剰余金の配当等の決定機関は取締役会であります。
        基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は次のとおりであります。
                     配当金総額(百万円)            1株当たり配当額(円)
           決議年月日
          2019年11月8日
                               773           17.50
           取締役会決議
          2020年5月19日
                               663           15.00
           取締役会決議
                                  40/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
          (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
           当社は、企業の経営環境が大きく変化し、従来型の経営手法ではグローバル化した環境変化には対応できな
          い中で継続的に企業価値を高めていくためには、コーポレート・ガバナンスが重要な経営課題であり、また、
          企業活動を牽制する仕組みであると認識しております。
           このような中で、当社は社長、取締役、監査役を中心とする相互監視並びに社外取締役、社外監査役の選任
          によって、経営の透明性、法令順守、説明責任を確保しております。
           また、経営の中立性・客観性の確保及び一般株主の保護の強化を目的とし、社外役員の中より一名を独立役
          員として選任しております。これらにより当社は経営組織の改革に対して継続的に取り組み、コーポレート・
          ガバナンスの強化を進めて参ります。
          (コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況)

           (1)会社の機関の内容及び内部統制システムの整備状況等
             当社は2015年10月1日より純粋持株会社体制に移行しました。持株会社の傘下には、6社の中核子会社
            (グループ内子会社群を機能別にグルーピングしたチームのヘッドクォーターとしてチーム内のその他子
            会社に関する管理責任と権限を有する)を配置し、グループシナジーの醸成とグループガバナンスの強化
            を果たす体制を採用しております。
            ①取締役会と執行役員制度
             2020年6月26日現在、取締役会は取締役5名(うち社外取締役3名)で構成されており、経営の管理・
            監督と業務執行の明確な分離及び迅速な意思決定と責任の明確化を推し進めるべく、執行役員制度を導入
            しております。なお執行役員には、グループガバナンス強化の観点より、中核子会社の執行権限と、責任
            を担う中核子会社社長を中心に選任しております。経営の基本方針に関する重要事項を検討する機関とい
            たしましては、取締役及び執行役員が構成メンバーになっている「グループ経営会議」を定期的に開催し
            ております。なお、取締役の任期につきましては1年とし、経営責任をより明確にしております。
             構成員の氏名は以下の表のとおりです。
                                   (2020年6月26日現在)
                   ⅰ.取締役会
                        役職名              氏名
                   代表取締役社長(議長)                 諸橋 友良

                   常勤取締役                  北澤 猛

                   社外取締役                 谷代 正毅

                   社外取締役                  石綿 学

                   社外取締役                 太田 道彦

                   ⅱ.執行役員

                        役職名              氏名
                   副社長執行役員                 加藤 智治

                   副社長執行役員                 中村 孝昭

                   副社長執行役員                 島貫 慶太

                   執行役員                  藤澤 剛

                   執行役員                 石田 純哉

                   執行役員                 村井 宏行

                   執行役員                 中村 和彦

                                  41/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
            ②監査役会
             当社は、監査役会設置会社であります。監査役会は、社外監査役2名(財務、税務の専門家)と1名の
            常勤監査役が、それぞれの立場から取締役を監視・監査しております。また、内部監査室と毎月報告会を
            開催し、相互連携を図っております。会計監査は、有限責任監査法人トーマツが会計監査業務を担ってお
            ります。内部監査室、監査役及び会計監査人は、それぞれの間で定期的な連絡会を開催して報告を受ける
            など連携を密にし、監査の有効性と効率性の向上に努めております。
             構成員の氏名は以下の表のとおりです。
                                   (2020年6月26日現在)
                        役職名              氏名
                   常勤監査役(議長)                 干川 勇一

                   社外監査役                 小谷野 幹雄

                   社外監査役                 髙久 敏雄

            ③ガバナンス委員会

             グループの持続的な成長と中長期的な企業価値向上に重要な事項について、実効性のある議論を行う場
            として、代表取締役と独立社外取締役及び独立社外監査役で構成される諮問機関として設置しておりま
            す。
            ④コンプライアンス委員会
             各会社に設置しているコンプライアンス推進機関を総括的に管理し、各社状況の確認と指導、並びに各
            会社で発生する事例を共有することで、グループ全体として更なるコンプライアンスの推進を担うことを
            目的として設置しております。
            ⑤アドバイザリーボード
             当社グループの中期ビジョン達成に向けての経営課題、コーポレート・ガバナンス、当社グループが解
            決していきたい社会的課題への取り組みやその方向性について、幅広い見識を持つ社外の有識者から意見
            を得ることを目的として設置しております。
            ⑥その他機関
             さらに、取締役会に付議する重要事項を精査・検討する機関として各種検討会(資産管理検討会、投資
            検討会、人事・報酬検討会、グループシナジー検討会)、グループ内関係会社の業務・内部統制監査を担
            う「内部監査室」を設置し、コーポレート・ガバナンスの強化に取り組んでおります。
           (2)リスク管理体制の整備状況

             リスク管理体制は、財務面については会計監査人や社外監査役等において定期的に監査が行なわれ、法
            務面については社外弁護士から適宜助言・指導をいただいております。
             また、コンプライアンスについても、役員・全従業員による法令・社内ルール・倫理規範の遵守徹底を
            図るための社内体制整備に注力しております。
                                  42/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
           (3)当社のコーポレート・ガバナンス体制
           (4)現状のコーポレート・ガバナンス体制を選択している理由







            当社は、企業の経営環境が大きく変化し、従来型の経営手法ではグローバル化した環境変化には対応でき
           ない中で継続的に企業価値を高めていくためには、コーポレート・ガバナンスが重要な経営課題であり、ま
           た、企業活動を牽制する仕組みであると認識しております。
            このような中、当社の取締役会は従前から、5名の取締役中3名が社外取締役、また監査役会は3名の監
           査役中2名が社外監査役で構成されており、又社外取締役を含めた構成で「資産管理」「投資」「人事・報
           酬」に関する3つの検討会を開催し、取締役会に適宜報告する体制をとっておりました。
            これらとは別に、「ガバナンス委員会」「アドバイザリーボード」を設置することにより、社外取締役や
           社外監査役、社外有識者から、中長期的な経営課題やコーポレート・ガバナンス、社会的課題に対する複眼
           的な意見を得ることができます。また「コンプライアンス委員会」を設置することで、これまで以上にコン
           プライアンスの推進を図ることができ、「グループシナジー検討会」を設置することで、グループシナジー
           の更なる醸成を促すことができる体制となりました。
            以上の体制により、コーポレート・ガバナンスの充実が図られ、公正且つ透明性が高い企業経営を実践で
           きるものと考えております。
                                  43/130









                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
           (5)責任限定契約の内容の概要

             当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役との間では、会社法第427条第1項
            の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基
            づく損害賠償責任の限度額は、法令の定める最低責任限度額としております。
           (6)取締役の定数

             当社の取締役は、8名以内とする旨を定款で定めております。
           (7)株式会社の支配に関する基本方針について

             当社は、現在のところ、会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針は定
            めておりません。
             しかしながら、当社の株券等に関し、当社の企業価値または株主共同の利益を毀損するような濫用的な
            買付等が行われる場合は、株主・投資家の皆様から経営を負託された者の責務として、企業価値及び株主
            共同の利益を確保し、向上させるという観点から最も適切と考えられる措置を取ることを検討いたしま
            す。
           (8)取締役の選任の決議要件

             当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
            主が出席した株主総会において、その議決権の過半数の決議によって選任する旨及びその選任決議は累積
            投票によらないものとする旨を定款に定めております。
           (9)株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

            ① 取締役及び監査役の責任免除
              当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できることを目的として、取締役会の決議
             をもって、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監
             査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除する
             ことができる旨定款に定めております。
            ② 剰余金の配当等の決定機関
              当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある
             場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、
             剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とす
             るものであります。
           (10)株主総会の特別決議要件

             当社は、株主総会を円滑に運営するために、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行
            使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
            もって行う旨を定款に定めております。
                                  44/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    8 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              1994年12月      当社入社
                              1997年12月      当社スポーツ事業本部商品三部長
                              2000年5月      当社執行役員営業本部スポーツ事業部副
                                    部長兼商品二部長
                              2000年6月      当社取締役・執行役員営業本部スポーツ
        代表取締役
                                    事業部副部長兼商品二部長
                諸橋 友良      1964年8月28日      生
                                                    (注)6      1,173
         社長
                              2001年10月      当社取締役スポーツ事業部長兼商品部長
                              2002年7月      当社常務取締役営業本部長
                              2003年2月      当社代表取締役社長(現任)
                                    [主要な兼職]
                                    株式会社ヴィクトリア取締役
                              1974年4月      株式会社トーメン入社
                              2000年4月      上海トーメン社社長
                              2004年4月      株式会社トーメン繊維素材部長
                              2005年1月      同社繊維原料部長
                              2006年10月      豊田通商株式会社生活産業・資材企画部
         取締役        北澤 猛      1950年11月4日      生                        (注)6       -
                              2007年6月      当社出向執行役員人事改革プロジェクト
                                    担当
                              2008年4月      当社執行役員人材開発部門長兼人事担当
                                    役員補佐
                              2008年6月      当社取締役(現任)
                              1967年4月      株式会社日本興業銀行入行
                              1993年6月      同行ロサンゼルス支店長
                              1996年6月      同行常任監査役
                              1999年6月      同行常務執行役員
         取締役       谷代 正毅      1943年12月11日      生
                                                    (注)6       -
                              2002年4月      ユーシーカード株式会社代表取締役副社
                                    長
                              2004年6月      富士重工業株式会社常勤監査役
                              2006年6月
                                    当社取締役(現任)
                              1997年4月
                                    弁護士登録(第二東京弁護士会)
                              1997年4月      森綜合法律事務所(現         森・濱田松本法
                                    律事務所)入所
         取締役        石綿 学      1970年11月16日      生                        (注)6       -
                              2008年6月
                                    当社取締役(現任)
                              2019年4月      東京大学大学院法学政治学研究科客員教
                                    授(現任)
                              1975年4月      丸紅株式会社入社
                              2008年4月      同社常務執行役員ライフスタイル部門長
                              2009年6月      同社代表取締役常務執行役員社長補佐兼
                                    総務部人事部担当役員兼生活産業グルー
                                    プ管掌役員兼ライフスタイル部門長
                              2010年4月      同社代表取締役専務執行役員社長補佐兼
                                    総務部人事部担当役員兼生活産業グルー
                                    プ管掌役員兼流通担当役員
                              2012年4月      同社代表取締役副社長執行役員社長補佐
         取締役       太田 道彦      1952年12月8日      生                        (注)6       -
                                    兼ライフスタイル部門紙パルプ部門管掌
                                    役員
                              2013年4月      同社副社長執行役員アセアン支配人
                                    東アジア総代表、南西アジア支配人
                                    丸紅アセアン会社社長
                              2014年6月      同社代表取締役副社長執行役員
                                    総務部人事部担当役員
                              2015年4月      同社副会長
                              2016年6月
                                    当社取締役(現任)
                                  45/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              1979年4月      当社入社
                              1989年   4 月  当社スポーツ商品二部長
                              2002年   4 月  当社店舗運営部西日本ブロック長
         監査役                      2003年   4 月  当社人事部長
                干川 勇一      1960年10月1日      生                        (注)7       1
         常勤                     2009年6月      当社総務部長
                              2015年10月      ゼビオコーポレート株式会社グループ総
                                    務部長
                               2020年6月
                                    当社監査役(現任)
                              1985年4月      大和証券株式会社入社
                              1988年8月      公認会計士登録
                              1996年8月      大和証券株式会社退社
         監査役
               小谷野 幹雄      1961年6月20日      生                        (注)5       -
                              1996年9月
         非常勤                           小谷野公認会計士事務所所長(現任)
                              2000年6月
                                    当社監査役(現任)
                              2017年1月      小谷野税理士法人代表社員(現任)
                              1967年4月      仙台国税局入局
                              2001年7月      築館税務署署長
                              2002年7月      大田原税務署署長
                              2003年7月      仙台国税局総務部会計課長
                              2005年7月      仙台国税局総務部次長
         監査役
                髙久 敏雄      1949年4月1日      生   2007年7月      仙台北税務署署長
                                                    (注)4       -
         非常勤
                              2008年7月      同署退官
                              2008年8月      税理士登録
                                    髙久敏雄税理士事務所所長(現任)
                              2015年9月      ゼビオ株式会社監査役
                              2017年6月      当社監査役(現任)
                              計
                                                          1,174
      (注)1.取締役谷代正毅、石綿学、太田道彦の各氏は、社外取締役であります。
         2.監査役小谷野幹雄          、髙久敏雄     の両氏は、社外監査役であります。
         3.当社では、意思決定・監督と業務執行の分離による取締役会の一層の活性化のため、また、担当業務の数値
           責任をより明確にするために執行役員制度を導入しております。
           執行役員は7名で、加藤智治、中村考昭、島貫慶太、藤澤剛、石田純哉、村井宏行、中村和彦で構成されて
           おります。
         4.2017年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         5.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         6.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         7.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
                                  46/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         8.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                所有株式数
             氏名      生年月日
                                    略歴
                                                 (千株)
                          1970年4月      仙台国税局入局
                          2001年7月      仙台国税局広報室長
                          2003年7月      仙台国税局事務管理課長
                          2005年7月      水沢税務署署長
                          2006年7月      仙台国税局法人税課長
                          2008年7月      仙台国税局課税総括課長
                          2009年7月      仙台国税局課税第一部次長
                          2011年7月      仙台北税務署署長
            菅野 仁      1951年9月23日
                                                    -
                          2012年7月      同署退官
                          2012年8月      税理士登録
                                菅野仁税理士事務所所長(現任)
                          2015年9月
                                ゼビオコーポレート株式会社監査役(現
                                任)
                          2017年6月
                                ゼビオ株式会社監査役         (現任)
                                [主要な兼職]
                                福島信用金庫員外監事
        ② 社外役員の状況

             社外取締役の谷代正毅氏は銀行での職務経験、海外勤務経験が豊富で、幅広い識見を持っているため、
            社外取締役として独立性を保ちながら、当社の重要事項の決定及び職務執行の監督等に充分な役割を果た
            すものと考えております。なお、谷代正毅氏はBerkeley                          Research     Groupの顧問でありますが、当社と同
            社との間には特別な関係はありません。
             社外取締役の石綿学氏は弁護士の資格を有しており、企業法務に関する幅広い識見を持っているため、
            社外取締役として独立性を保ちながら、当社の重要事項の決定及び職務執行の監督等に充分な役割を果た
            すものと考えております。なお、石綿学氏は森・濱田松本法律事務所のパートナー弁護士、株式会社ユナ
            イテッドアローズ、株式会社デジタルハーツホールディングスの社外取締役及び東京大学大学院法学政治
            学研究科の客員教授を兼務しておりますが、当社と兼職先との間には特別な関係はありません。
             社外取締役の太田道彦氏は総合商社で培ってきた国内外での幅広い知識、経験等から、社外取締役とし
            て独立性を保ちながら、当社の重要事項の決定及び職務執行の監督等に充分な役割を果たすものと考えて
            おります。なお、太田道彦氏はセゾン自動車火災保険株式会社の監査役及び応用地質株式会社、ユニチカ
            株式会社の社外取締役でありますが、当社と兼職先との間に特別な関係はありません。
             社外監査役の小谷野幹雄氏は公認会計士として財務、会計などの企業実務に関する十分な識見があり、
            監査の一層の充実、独立性を高めるには適任者であると考えております。なお、小谷野幹雄氏は小谷野公
            認会計士事務所所長、小谷野税理士法人代表社員、子会社ゼビオ株式会社の監査役及び日本システムウェ
            ア株式会社の社外取締役監査等委員を兼務しておりますが、当社と兼職先との間には特別な関係はありま
            せん。
             社外監査役の髙久敏雄氏は税理士として財務、会計などの企業実務に関する十分な識見があり、監査の
            一層の充実、独立性を高めるには適任者であると考えております。なお、髙久敏雄氏は髙久敏雄税理士事
            務所所長、子会社株式会社ヴィクトリアの監査役でありますが、当社と兼職先との間には特別な関係はあ
            りません。
        ③ 会社と会社の社外取締役及び社外監査役の人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係の概要

             社外取締役3名、社外監査役2名はいずれも、人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係
            はなく、独立した社外役員であると判断しております。
                                  47/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        ④ 社外取締役または社外監査役が果たす機能・役割、独立性の基準・方針の内容、選任状況に関する考え方                                                   並び
          に社外取締役または社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに
          内部統制部門との関係
             社外取締役については、取締役会において内部の事情に捉われない活発な議論が行われることを保証す
            るとともに、経営の監督機能を強化する体制を構築しております。社外取締役の企業経営等に関する豊富
            な経験、知見を今後とも当社グループの経営に活かしていきたいと考えております。
             また、社外監査役については、独立した立場から、それぞれの豊富な経験、知見を生かした立場で、取
            締役会において積極的に発言し、経営の監視機能を果たしており、他の監査役、内部監査部門、会計監査
            人等と連携し、経営監視機能の充実に努めております。
             社外監査役は、内部監査部門及び会計監査人と連携して、定期的に監査役会の場で意見交換をしている
            ほか、随時意見交換を行う等、経営監視機能の充実に努めております。
             当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準については、東京証券取引所
            が示す独立性判断基準を遵守し、「社外役員の独立性に関する基準」を定めております。
             専門的な知見に基づく客観的かつ適切な監督又は監査といった機能及び役割が期待され、一般株主と利
            益相反が生じるおそれがないことを基本的な考え方として、選任しております。
                                  48/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
         当社における監査役監査は、社外監査役2名(財務、税務の専門家)と1名の常勤監査役が、それぞれの立場か
        ら取締役を監視・監査しております。また、内部監査室と毎月報告会を開催し、相互連携を図っております。会計
        監査は、有限責任監査法人トーマツが会計監査業務を担っております。内部監査室、監査役及び会計監査人は、そ
        れぞれの間で定期的な連絡会を開催して報告を受けるなど連携を密にし、監査の有効性と効率性の向上に努めてお
        ります。
         なお、社外監査役の小谷野幹雄氏は公認会計士として財務及び会計に関する相当程度の知見を有しています。社
        外監査役の髙久敏雄氏は税理士として財務および会計に関する相当程度の知見を有しております。
         当事業年度において当社は監査役会を毎月回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであ
        ります。
              区分           氏名           開催回数           出席回数
          常勤監査役           加藤 則宏                    16回           16回

          社外監査役           小谷野 幹雄                    16回           16回
          社外監査役           髙久 敏雄                    16回           15回
         監査役会における主な検討事項は、監査の方針および監査実施計画、内部統制システムの整備・運用状況、会計
        監査人の監査の方法および結果の相当性等です。
         また、常勤監査役の活動としては、監査役会で定めた監査の方針・計画等に基づき、取締役会等の重要な会議へ
        の出席、取締役等からの職務執行状況の聴取、重要な決裁書類等の閲覧、業務執行全般に対する監査を行っており
        ます。会計監査人からは期初に監査計画の説明を受け、期中に適宜監査状況を聴取・立会し、期末に監査結果の報
        告を受けるなど密接な連携を図っております。
        ②内部監査の状況

         当社における内部監査は、内部監査室が内部監査規定に基づき、グループ会社を含む各部門の業務活動に関し
        て、運営状況、業務実施の有効性及び正確性、コンプライアンスの遵守状況等についての監査を定期的に行い、代
        表取締役社長に報告しております。
         また、内部監査結果及び是正状況については、監査役に報告し、意見交換をおこなっております。
        ③会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           有限責任監査法人トーマツ
         b .継続監査期間

           32年
           1987年度以前の調査が著しく困難なため、継続監査期間は上記を超えている可能性があります。
         c.業務を執行した公認会計士

           鈴木 努
           外賀 友明
         d.監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士      5名
           会計士試験合格者等  2名
           その他                   14名
                                  49/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         e.監査法人の選定方針と理由
           当社は、会計監査人の選定に際しては、当社の広範な業務内容に対応して効率的な監査業務を実施すること
          ができる一定の規模と世界的なネットワークを持つこと、審査体制が整備されていること、監査日数、監査期
          間及び具体的な監査実施要領並びに監査費用が合理的かつ妥当であること、さらに監査実績などにより総合的
          に判断しております。
           また、当社は、以下のとおり、会計監査人の解任又は不再任の方針を定めております。
           監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められた場合、会計監査人が
          会社法、公認会計士法等の法令に違反する懲戒処分や監督官庁からの処分を受けた場合、その他監査品質、品
          質管理が適格性、独立性を欠く等、適正・適切な監査を遂行することが困難と認められる場合には、会計監査
          人の解任又は不再任に関する議案を決定します。取締役会は、監査役会の決定に基づき、会計監査人の解任又
          は不再任に関する議案を株主総会に提出します。
         f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っており、同法人による会計監査は、従前から適
          正に行われていることを確認しております。
        ④監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                         34           -           40            ▶

        提出会社
                         31           -           31           -
       連結子会社
                         65           -           72            ▶
         計
       当連結会計年度の当社における非監査業務の内容は、「収益認識に関する会計基準」の適用準備に関する助言・指導
      業務であります。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Deloitte                         Touche    Tohmatsu)に属する組織に対する報酬(a.を除く)

                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                         -           -           -           -

        提出会社
                         3           -            ▶           -
       連結子会社
                         3           -            ▶           -
         計
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           前連結会計年度(自2018年4月1日                 至2019年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自2019年4月1日                 至2020年3月31日)

            該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬について、監査日数、監査内容等を総合的に勘案し、監査公認
          会計士等と協議の上、監査役会の同意を得て決定しております。
         e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りなどが当
          社の事業規模や事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額
          について同意の判断を行っております。
                                  50/130


                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
       ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         取締役(但し、社外取締役を除く。)の報酬については、月例定額報酬、賞与及び株式報酬型ストックオプショ
        ンで構成されております。
         取締役の報酬限度額は、2015年6月26日開催の定時株主総会において年額300百万円以内(ただし、使用人分給
        与は含まない。)と決議されております。
         月例定額報酬及び賞与の総額は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内とし、そのうち月例定額報酬につい
        ては、各取締役の役位、従業員に対する処遇との整合性等を考慮し、取締役会の決議により決定するとともに、賞
        与については、業績の状況及び各取締役の業績への貢献度等に応じて、取締役会の決議により決定しております。
         株式報酬型ストックオプションの総額は、株主総会で決議された株式報酬型ストックオプション限度額の範囲内
        とし、各取締役への割当個数は、当該取締役の役位等を勘案して、取締役会の決議により決定しております。
         一方、社外取締役については、月例定額報酬のみで構成されております。
         監査役の報酬については、月例定額報酬のみで構成されており、2005年6月29日開催の定時株主総会において年
        額30百万円以内と決議されており、報酬限度額の範囲内で、監査役の協議において決定しております。
         なお、当社における役員・経営陣に対する報酬は、中期経営計画の達成や経営理念やグループステイトメント
        (ミッション)の実現に向けた動機付け、及び優秀な人材の確保に配慮した体系とすることを目的として、固定報
        酬(基本報酬)と変動報酬(賞与)に加えストックオプションによって構成することを基本としています。
         取締役会は、業績連動報酬の割合や、現金報酬とストックオプションとの割合については、職責や社内社外の別
        に応じて、より健全かつ効果的なインセンティブの設定とするために、外部専門機関の調査データなどを活用しな
        がら、人事・報酬検討会に諮問し、その答申を参考に運営しています。なお、社外取締役を除く個別の取締役の報
        酬の決定につきましても、代表取締役が人事・報酬検討会へ諮問し、同検討会での検討結果の答申を受けた上で、
        取締役会で決定しています。なお当事業年度においては経営指標等を基礎として算定される報酬等(業績連動報
        酬)は発生しておりません。
         なお、当事業年度においては人事・報酬検討会を5回開催し、取締役会からの諮問を受け役員報酬の支給額並び
        に算定基準、役員報酬水準の検証等について審議いたしました。これらの人事・報酬検討会の審議を踏まえて、取
        締役会で決議しております。
         退職慰労金制度については、取締役及び監査役ともに2010年6月29日開催の第38回定時株主総会において廃止し
        ております。
       ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                   報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                       対象となる
                          報酬等の総額
                                                       役員の員数
                役員区分
                          (百万円)
                                         ストック
                                                        (人)
                                  基本報酬               賞与
                                         オプション
                 取締役

                               95       60       19       15        2
             (社外取締役を除く)
                 監査役
                               7       7      -       -        1
             (社外監査役を除く)
                               24       24       -       -        5
                社外役員
       ③役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                  51/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、     保有目的が取引先との取引関係強化、地域貢献等を目的とした株式を純投資目的以外の投資株式、保
         有目的が株式値上がりの利益等による利益確保を目的とした株式を純投資目的の投資株式に区分しております。
          なお、当社が所有する株式は全て、純投資目的以外の投資株式であります。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役等における検証の内容
          当社は、保有先企業との取引状況並びに保有先企業の財政状態、経営成績及び株価、配当等の状況を確認し、
         政策保有の継続の可否について定期的に検討を行っております。また取締役会においては、年に1回、政策保有
         の継続可否について検討し決定しています。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      5             69

     非上場株式
                      11             332
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             1

     非上場株式
                                            企業間取引の強化
                      -             -             -
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -

     非上場株式
                      3            221
     非上場株式以外の株式
        c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

      特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    116,000         116,000

     美津濃㈱
                                  企業間取引の強化                      有
                      217         297
                     52,932         52,932

     ㈱AOKIホール
                                  株式の安定化                      無
     ディングス
                       38         61
                    171,650         171,650

     ㈱福島銀行                             企業間取引の強化                      有
                       27         64
                    148,990         148,990

                                                        無 
     ㈱みずほフィナン
                                  企業間取引の強化
                                                       (注)3
     シャルグループ
                       18         25
                                  52/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                     2,904         1,452

     ㈱ゴールドウイン 
                                  企業間取引の強化                      有
     (注)2
                       17         23
                     4,000         4,000

     ㈱デサント                             企業間取引の強化                      有
                       5         11
                     15,000         15,000

     ㈱東邦銀行                             企業間取引の強化                      有
                       ▶         ▶
                     1,200         1,200

     第一生命ホールディ                                                  無 
                                  企業間取引の強化
     ングス㈱                                                 (注)4
                       1         1
                     1,086        100,386

     ㈱幸楽苑ホールディ
                                  株式の安定化                      無
     ングス
                       1        265
                     1,003         5,703

     青山商事㈱
                                  株式の安定化                      無
                       0         14
                     1,000         19,200

     ㈱大東銀行                             企業間取引の強化                      有
                       0         12
       (注)1 特定投資株式における定量的な保有効果につきましては、記載が困難であるため、記載しておりません。
            なお、保有の合理性につきましては、個別銘柄毎に、配当利回りや当社との関係性(事業上の取引関係、
            地域貢献等)等を総合的に勘案し、検証しており、全ての銘柄において保有の合理性があると判断してお
            ります。
       (注)2 ㈱ゴールドウインは、2019年10月1日付で1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
       (注)3 ㈱みずほフィナンシャルグループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である㈱みずほ銀行は
            当社株式を保有しています。
       (注)4 第一生命ホールディングス㈱は当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である第一生命保険㈱は当
            社株式を保有しています。
            ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

              該当事項はありません。
            ④ 保有目的を変更した投資株式

              該当事項はありません。
                                  53/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツによる監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機
       構へ加入し、監査法人や各種団体の開催する研修に参加しております。
                                  54/130















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                      ※2 , ※3 18,328           ※2 , ※3 12,493
         現金及び預金
                                         21,775              19,654
         受取手形及び売掛金
                                         1,604              1,508
         営業貸付金
                                         68,419              75,343
         商品
                                         1,080               470
         未収還付法人税等
                                         7,324              9,340
         その他
                                         △ 428             △ 413
         貸倒引当金
                                        118,104              118,397
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※4 47,850             ※4 48,694
          建物及び構築物
                                        △ 34,049             △ 33,970
            減価償却累計額
                                      ※2 , ※3 13,800           ※2 , ※3 14,723
            建物及び構築物(純額)
                                         15,740              15,426
          土地
                                         2,794              2,345
          リース資産
                                        △ 1,149              △ 887
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              1,645              1,457
          建設仮勘定                                403               93
                                        ※4 18,675             ※4 19,849
          その他
                                        △ 16,408             △ 17,235
            減価償却累計額
                                      ※2 , ※3 2,266           ※2 , ※3 2,614
            その他(純額)
                                         33,857              34,316
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         3,732              2,703
          のれん
                                         1,175              1,036
          ソフトウエア
                                         1,273              1,295
          その他
                                         6,181              5,035
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 1,085              ※1 784
          投資有価証券
                                           67              51
          長期貸付金
                                         4,891              4,925
          繰延税金資産
                                         2,953              2,499
          差入保証金
                                         14,248              14,278
          敷金
                                         2,973              2,969
          投資不動産
                                        △ 1,216             △ 1,239
            減価償却累計額
            投資不動産(純額)                              1,756              1,730
          退職給付に係る資産                                 28              11
                                         1,224              1,212
          その他
                                         △ 343             △ 320
          貸倒引当金
                                         25,912              25,172
          投資その他の資産合計
                                         65,950              64,524
         固定資産合計
                                        184,054              182,921
       資産合計
                                  55/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         16,471              14,865
         支払手形及び買掛金
                                         25,477              24,375
         電子記録債務
                                            8             414
         短期借入金
                                           474             1,216
         未払法人税等
                                         1,171               801
         賞与引当金
                                           15              15
         役員賞与引当金
                                         1,561              1,448
         ポイント引当金
                                         11,802              11,843
         その他
                                         56,982              54,980
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※2 , ※3 504          ※2 , ※3 1,844
         長期借入金
         リース債務                                 2,260              2,483
                                           91              -
         繰延税金負債
                                           850              856
         退職給付に係る負債
                                           59              59
         役員退職慰労引当金
                                         4,289              4,468
         資産除去債務
                                           535              976
         その他
                                         8,591              10,689
         固定負債合計
                                         65,573              65,670
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         15,935              15,935
         資本金
                                         16,136              16,120
         資本剰余金
                                         92,365              91,226
         利益剰余金
                                        △ 6,497             △ 6,498
         自己株式
                                        117,940              116,784
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           244              △ 8
         その他有価証券評価差額金
                                           477              662
         為替換算調整勘定
                                         △ 742             △ 713
         退職給付に係る調整累計額
                                          △ 20             △ 60
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   521              491
                                           40              35
       非支配株主持分
                                        118,481              117,251
       純資産合計
      負債純資産合計                                   184,054              182,921
                                  56/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        231,629              225,312
      売上高
                                        143,732              136,585
      売上原価
                                         87,896              88,727
      売上総利益
                                        ※1 82,130             ※1 83,479
      販売費及び一般管理費
                                         5,766              5,247
      営業利益
      営業外収益
                                           66              46
       受取利息
                                           11              15
       受取配当金
                                           44              -
       為替差益
                                           902              941
       不動産賃貸料
                                           343              344
       業務受託料
                                           696              658
       その他
                                         2,065              2,005
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           12              26
       支払利息
                                           -              27
       為替差損
                                           678              797
       不動産賃貸費用
                                           355              341
       業務受託費用
                                           21              15
       貸倒引当金繰入額
                                           38              200
       その他
                                         1,106              1,409
       営業外費用合計
                                         6,725              5,842
      経常利益
      特別利益
                                          ※2 5            ※2 102
       固定資産売却益
                                           -              193
       投資有価証券売却益
                                           126               63
       受取保険金
                                           -              70
       新株予約権戻入益
                                           -              201
       補助金収入
                                           131              632
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※3 153             ※3 204
       固定資産除却損
       固定資産売却損                                    -               1
                                        ※4 2,095             ※4 2,710
       減損損失
                                           141               59
       災害による損失
       投資有価証券評価損                                    78              61
                                           20              49
       店舗閉鎖損失
                                           -              201
       固定資産圧縮損
                                           16              -
       その他
                                         2,505              3,289
       特別損失合計
                                         4,351              3,186
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,687              2,795
                                         △ 228              △ 29
      法人税等調整額
                                         2,458              2,766
      法人税等合計
                                         1,892               420
      当期純利益
                                            7              11
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         1,884               408
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  57/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         1,892               420
      当期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 64             △ 253
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 224              184
       為替換算調整勘定
                                         △ 494               29
       退職給付に係る調整額
                                        ※1 △ 783            ※1 △ 39
       その他の包括利益合計
                                         1,108               380
      包括利益
      (内訳)
                                         1,101               368
       親会社株主に係る包括利益
                                            7              11
       非支配株主に係る包括利益
                                  58/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       15,935         16,136         92,038        △ 5,693        118,417
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 1,558                △ 1,558
      親会社株主に帰属する当期純
                                         1,884                 1,884
      利益
      自己株式の取得                                           △ 804        △ 804
      自己株式の処分                           △ 0                 0         0
      非支配株主との取引に係る親
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計
                         -        △ 0        326        △ 804        △ 477
     当期末残高                  15,935         16,136         92,365        △ 6,497        117,940
                       その他の包括利益累計額

                                            非支配株主
                  その他有価          退職給付に     その他の包     新株予約権           純資産合計
                       為替換算調                     持分
                  証券評価差          係る調整累     括利益累計
                        整勘定
                  額金            計額    額合計
     当期首残高                309     701    △ 248     762      480      21    119,682
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                    △ 1,558
      親会社株主に帰属する当期純
                                                     1,884
      利益
      自己株式の取得                                               △ 804
      自己株式の処分                                                0
      非支配株主との取引に係る親
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
                    △ 64    △ 224    △ 494    △ 783      41      18    △ 723
      動額(純額)
     当期変動額合計               △ 64    △ 224    △ 494    △ 783      41      18    △ 1,201
     当期末残高                244     477    △ 742     △ 20     521      40    118,481
                                  59/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  15,935         16,136         92,365        △ 6,497        117,940
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 1,547                △ 1,547
      親会社株主に帰属する当期純
                                          408                 408
      利益
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      自己株式の処分                           △ 0                 0         0
      非支配株主との取引に係る親
                                 △ 15                         △ 15
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                    -        △ 15      △ 1,139         △ 0      △ 1,155
     当期末残高                  15,935         16,120         91,226        △ 6,498        116,784
                       その他の包括利益累計額

                                            非支配株主
                  その他有価          退職給付に     その他の包     新株予約権           純資産合計
                       為替換算調                     持分
                  証券評価差          係る調整累     括利益累計
                        整勘定
                  額金            計額    額合計
     当期首残高
                     244     477    △ 742     △ 20     521      40    118,481
     当期変動額
      剰余金の配当                                              △ 1,547
      親会社株主に帰属する当期純
                                                      408
      利益
      自己株式の取得                                               △ 0
      自己株式の処分                                                0
      非支配株主との取引に係る親
                                                     △ 15
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期変
                    △ 253     184      29    △ 39     △ 30     △ ▶    △ 74
      動額(純額)
     当期変動額合計
                    △ 253     184      29    △ 39     △ 30     △ ▶   △ 1,230
     当期末残高                △ 8    662    △ 713     △ 60     491      35    117,251
                                  60/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,351              3,186
       税金等調整前当期純利益
                                         3,965              3,727
       減価償却費
                                         2,095              2,710
       減損損失
                                           568              724
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 138              △ 37
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 140             △ 369
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                   △ 20             △ 113
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    42               6
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   608               16
                                          △ 78             △ 61
       受取利息及び受取配当金
                                           12              26
       支払利息
       受取保険金                                  △ 126              △ 63
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    78              61
                                           △ 5            △ 102
       固定資産売却益
       新株予約権戻入益                                    -             △ 70
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -             △ 193
                                           153              204
       固定資産除却損
                                           -               1
       固定資産売却損
                                           141               59
       災害による損失
                                           20              49
       店舗閉鎖損失
                                           -             △ 201
       補助金収入
                                           -              201
       固定資産圧縮損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 672             2,118
       営業貸付金の増減額(△は増加)                                   111               95
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  6,412             △ 7,736
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,448             △ 2,712
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   427            △ 1,546
                                        △ 1,837               △ 87
       その他
                                         13,520               △ 105
       小計
                                           33              40
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 12             △ 26
       利息の支払額
                                        △ 6,380             △ 1,913
       法人税等の支払額
                                           306              412
       法人税等の還付額
                                           104               85
       保険金の受取額
                                           -              201
       補助金の受取額
                                         7,572             △ 1,305
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  61/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,031             △ 4,524
       有形固定資産の取得による支出
                                           10              316
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 230              △ 77
       有形固定資産の除却による支出
                                         △ 285             △ 607
       無形固定資産の取得による支出
                                           △ 3             △ 0
       投資不動産の取得による支出
                                          △ 10             △ 10
       定期預金の預入による支出
                                           -              11
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 150             △ 151
       投資有価証券の取得による支出
                                           -              221
       投資有価証券の売却による収入
                                         △ 419             △ 345
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         1,160               470
       敷金及び保証金の回収による収入
       預り保証金の返還による支出                                   △ 20             △ 11
                                           151              454
       預り保証金の受入による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                         △ 211               -
       支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           47              20
       収入
                                          △ 19             △ 65
       その他
                                        △ 3,010             △ 4,299
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -              406
                                          △ 10             △ 359
       長期借入金の返済による支出
                                           -             1,700
       長期借入れによる収入
                                         △ 286             △ 535
       リース債務の返済による支出
                                         △ 804              △ 0
       自己株式の取得による支出
                                            0              0
       自己株式の売却による収入
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -             △ 83
       よる支出
                                        △ 1,557             △ 1,546
       配当金の支払額
                                        △ 2,658              △ 418
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 149              189
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,753             △ 5,833
                                         16,563              18,317
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 18,317             ※1 12,483
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  62/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1 連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数           39 社
            連結子会社名
             ゼビオ株式会社
             株式会社ヴィクトリア
             株式会社ゴルフパートナー
             クロススポーツマーケティング株式会社
             クロステックスポーツ株式会社
             ゼビオコーポレート株式会社
             ゼビオナビゲーターズネットワーク株式会社
             ゼビオカード株式会社
             ゼビオコミュニケーションネットワークス株式会社
             Leonian      Singapore       Pte.Ltd.
             賽標(成都)体育用品有限公司 その他28社
             なお、クロススポーツマーケティング株式会社他2社については、当連結会計年度において新設
            分割等により設立したため、連結子会社に含めております。
             ゼビオインシュアランスサービス株式会社他3社については当連結会計年度において合併に伴い
            消滅したため、連結の範囲から除外しております。ただし、合併効力発生日の前日までの損益は、
            連結損益計算書に含まれております。
          (2)  主要な非連結子会社の名称等

            該当事項はありません。
         2 持分法の適用に関する事項

          (1)  持分法を適用した関連会社
            該当事項はありません。
          (2)  持分法を適用しない主要な関連会社の名称等

            関連会社の名称   ゼビオアリーナ仙台有限責任事業組合
            持分法を適用しない理由
             持分法を適用していない関連会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
            額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体として
            も重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
         3 連結子会社の事業年度等に関する事項

           連結子会社のうち、Leonian              Singapore     Pte.Ltd.及び、賽標(成都)体育用品有限公司他22社の決算日は、12
          月31日であります。連結財務諸表の作成にあたっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただ
          し、1月1日から連結決算日3月31日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っ
          ております。
                                  63/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         4 会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             ① 有価証券
             その他有価証券
             時価のあるもの……………決算日の市場価格等に基づく時価法
             (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として移動平均法により算定しておりま
              す。)
             時価のないもの……………移動平均法による原価法
             ② デリバティブ    ……………時価法
             ③ たな卸資産
             商品
              …主として移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産及び投資不動産(リース資産を除く)
              …主として定率法
               なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
               建物及び構築物          2年~50年
               その他(工具、器具及び備品)   2年~20年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
              …定額法
               なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を
              採用しております。
           ③ リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
              …売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
              債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
              …従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額基準により計上しております。
           ③ 役員賞与引当金
              …役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、当連結会計年度における支給見込額を計上しており
              ます。
           ④ ポイント引当金
              …会員カードによるポイントサービス制度に基づき、顧客に付与したポイントの利用に備えるため、利
              用実績率に基づき将来利用されると見込まれる額を計上しております。
           ⑤ 役員退職慰労引当金
              …役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しておりまし
              たが、当社は2010年5月18日開催の当社取締役会において、2010年6月29日開催の当社第38回定時株
              主総会の終結の時をもって役員退職慰労金制度を廃止することを決議したため、2010年7月以降の引
              当金は計上しておりません。
              なお、当連結会計年度末における役員退職慰労引当金残高は、廃止に伴う打ち切り日(2010年6月29
              日)までの在任期間に対応する退職慰労金として、内規に基づき、退職慰労金の廃止時かつ当連結会
              計年度末に在任する役員に対する支給見込額を計上しております。
                                  64/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          (4)退職給付に係る会計処理の方法

           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異の費用処理方法
              数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
             (10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理することとして
             おります。
           ③ 小規模企業等における簡便法の採用
              一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
             要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結会計年度末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処
           理しております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、
           収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非
           支配株主持分に含めて計上しております。
          (6)重要なヘッジ会計の方法
           ① ヘッジ会計の方法
             原則として繰延ヘッジ処理によっております。
             なお、振当処理の要件を満たしている為替予約等については、振当処理によっております。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
             ヘッジ手段 為替予約、通貨オプション
             ヘッジ対象 外貨建予定取引
           ③ ヘッジ方針
             外貨建取引の為替相場の為替変動のリスクを回避する目的で為替予約等を行っております。
             なお、為替予約等は予定する輸入仕入の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバティブ取引は
            行わない方針であります。
           ④ ヘッジ有効性評価の方法
             当初決めた有効性の評価方法を用いて、高い有効性が保たれていることを確かめております。
            ただし、ヘッジ手段とヘッジ対象の予定取引に関する重要な条件が同一であり、ヘッジ期間を通じて
            キャッシュ・フローの変動を完全に相殺すると想定することができる場合には、ヘッジ有効性の評価は省
            略しております。
          (7)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんは15年以内の一定の年数で均等償却しております。ただし、金額が僅少な場合には、全額、発生時
           の損益に計上しております。
          (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、要求払預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない
           取得日から3ヵ月以内に満期日の到来する流動性の高い短期投資からなっております。
          (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             …税抜方式によっております。
                                  65/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
          当社グループのIFRS適用連結子会社は、当連結会計年度の期首よりIFRS第16号「リース」を適用しておりま
         す。これに伴い、借手としてのリース取引については、原則としてすべてのリースについて資産および負債を認
         識しております。
          本基準の適用にあたっては、経過措置として認められている当該会計基準の適用による累積的影響額を適用開
         始日に認識する方法を採用しております。
          この結果、当連結会計年度末の有形固定資産の「その他」が474百万円、流動負債の「その他」が274百万円及
         び固定負債の「リース債務」が406百万円増加しております。
         なお、当連結会計年度末の損益に与える影響は軽微であります。
                                  66/130


















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基
            準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会
            計基準委員会)
          (1)概要

              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
             括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第
             15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度
             から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基
             準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたも
             のです。
              企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
             号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を
             取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまでわが国で行われてきた実
             務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加するこ
             ととされております。
          (2)適用予定日

              2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

              「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評
              価中であります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計
            基準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会
            計基準委員会)
          (1)概要

              国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同
             じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国
             会計基準においてはAccounting               Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている
             状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関し
             て、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」
             等が公表されたものです。
              企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的
             な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点か
             ら、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまでわが国で行われてきた
             実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取
             扱いを定めることとされております。
          (2)適用予定日

              2022年3月期の期首から適用します。
                                  67/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          (3)当該会計基準等の適用による影響
             「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未
              定であります。
          ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                                2020年3月31日        企業会計基準委員会)

          (1)概要

              国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以
             下「IAS    第1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、
             財務諸表利用者にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めること
             を検討するよう要望が寄せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基
             準(以下「本会計基準」)が開発され、公表されたものです。
              企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するの
             ではなく、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断する
             こととされ、開発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
          (2)適用予定日

               2021年3月期の年度末から適用します。
          ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                                            2020年3月31

             日 企業会計基準委員会)
          (1)概要

              「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情
             報の充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を
             行い、会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
              なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る
             注記情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務
             に影響を及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
          (2)適用予定日

              2021年3月期の年度末から適用します。
                                  68/130










                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結キャッシュ・フロー計算書)
           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めて表示していた「固
          定資産売却益」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示
          方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「その他」に表示していた△5百万円は、「固定資産売却益」△5百万円、「その他」△1,837百万
          円として組み替えております。
                                  69/130


















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 29百万円                 28百万円
          ※2 担保資産及び担保付債務

             担保に供している資産は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     現金及び預金                                 -百万円                 451百万円
     建物及び構築物                                 -                2,224
     その他(有形固定資産)                                 -                 193
               計                        -                2,868
             担保付債務は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     長期借入金                                 -百万円                1,700百万円
          ※3 ノンリコース債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     ノンリコース長期借入金                                 -百万円                1,700百万円
             ノンリコース債務に対応する資産は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     現金及び預金                                 -百万円                 451百万円
     建物及び構築物                                 -                2,224
     その他(有形固定資産)                                 -                 193
               計                        -                2,868
          ※4 圧縮記帳

             有形固定資産の取得価額から控除している圧縮記帳額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     建物及び構築物                                 -百万円                  8百万円
     その他(有形固定資産)                                 -                 193
               計                        -                 201
                                  70/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     広告宣伝費                               5,380   百万円               5,663   百万円
                                    26,653                  26,988
     給料手当等
                                      71                 121
     貸倒引当金繰入額
                                     1,045                   665
     賞与引当金繰入額
                                      15                  15
     役員賞与引当金繰入額
                                      182                  307
     退職給付費用
                                     3,643                  3,411
     減価償却費
                                    19,249                  19,159
     賃借料
          ※2 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                            至 2020年3月31日)
                            -百万円                            44百万円
     建物及び構築物
                            -                            38
     土地
     その他                       5                           20
             計                5                           102
                                  71/130













                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          ※3 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                            至 2020年3月31日)
     建物及び構築物                       15百万円                            64百万円
     その他                       9                           30
     投資不動産                       19                            49
     解体撤去費用                      108                            59
             計               153                            204
          ※4 減損損失

             当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
             前連結会計年度(自2018年4月1日                   至2019年3月31日)
                場所        用途        種類
               営業店舗
                       店舗設備         建物等
              及び賃貸店舗
               連結子会社
                       事業用資産        ソフトウエア
                の本社
              当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として各店舗設備を基本単位とし、のれん
             及び事業用資産については管理会計上の区分に基づいて資産のグルーピングを行い減損会計を適用して
             おります。減損は業績不振等を要因としており、各資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失(2,095百万円)として特別損失に計上いたしました。
              その内訳は、建物及び構築物1,354百万円、リース資産268百万円、ソフトウエア9百万円、投資不動
             産0百万円、その他463百万円であります。
              なお、資産グループの回収可能価額は使用価値等により測定しており、将来キャッシュ・フローを主
             として7.2%で割り引いて算定しております。
             当連結会計年度(自2019年4月1日                   至2020年3月31日)

                場所        用途        種類
               営業店舗
                       店舗設備         建物等
              及び賃貸店舗
               連結子会社          -       のれん
               連結子会社
                       事業用資産        ソフトウエア
                の本社
              当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として各店舗設備を基本単位とし、のれん
             及び事業用資産については管理会計上の区分に基づいて資産のグルーピングを行い減損会計を適用して
             おります。減損は業績不振等を要因としており、各資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額
             し、当該減少額を減損損失(2,710百万円)として特別損失に計上いたしました。
              その内訳は、建物及び構築物1,133百万円、土地482百万円、リース資産25百万円、のれん353百万
             円、その他715百万円であります。
              なお、資産グループの回収可能価額は使用価値等により測定しており、将来キャッシュ・フローを主
             として6.6%で割り引いて算定しております。
              また、当社グループは新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、2020年4月7日の緊急事態
             宣言発出以降、単日で最大252店舗を臨時休業し、開業している店舗のうち約9割の店舗の営業時間を短
             縮しております。そのため、2020年4月及び5月の業績が例年に比べ著しく悪化しております。
              当該状況について、内閣官房から公表されている緊急事態宣言や政府・自治体の取り組みなどを参考
             にした上で、緊急事態宣言が2020年5月を目処に解除されるものと想定しております。このため、6月以
             降緩やかに当社グループの業績は改善することが見込まれるものの、新型コロナウイルス感染症の収束
             により、売上高等が感染拡大前の水準まで回復するには翌連結会計年度末までの期間を要するものと仮
             定し、会計処理を行っております。
                                  72/130




                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
           ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 △91百万円               △229百万円
      組替調整額                                  -              △132
       税効果調整前
                                       △91               △361
       税効果額                                 27               107
       その他有価証券評価差額金
                                       △64               △253
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                   2               -
      組替調整額                                  △2                -
       税効果調整前
                                        -               -
       税効果額                                 -               -
       繰延ヘッジ損益
                                        -               -
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △224                 184
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △730                △78
      組替調整額                                  26               120
       税効果調整前
                                       △704                 42
       税効果額                                209               △12
       退職給付に係る調整額
                                       △494                 29
      その他の包括利益合計
                                       △783                △39
                                  73/130












                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                        株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                        (千株)          (千株)          (千株)          (千株)
      発行済株式
       普通株式

                           47,911            -          -        47,911
         合計

                           47,911            -          -        47,911
      自己株式

       普通株式      (注)1、2

                           3,199           500           0        3,699
         合計

                           3,199           500           0        3,699
      (注1)普通株式の自己株式の株式数の増加500千株は、自己株式の市場買付けによる500千株、単元未満株式の買取り

        による0千株であります。
      (注2)普通株式の自己株式の株式数の減少0千株は、単元未満株式の売渡しによる減少であります。
          2.新株予約権等に関する事項

            ストック・オプションとしての新株予約権
                        新株予約権         新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                        の目的とな
       区分      新株予約権の内訳                                         年度末残高
                        る株式の      当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (百万円)
                         種類     年度期首      年度増加      年度減少       年度末
             2010年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      15
             約権
             2011年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      77
             約権
             2012年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      76
             約権
             2013年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      66
             約権
             2014年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      15
      提出会社
             約権
             2015年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      115
             約権
             2016年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      60
             約権
             2017年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      60
             約権
             2018年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      34
             約権
                合計                  -      -      -      -      521
                                  74/130


                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          3.配当に関する事項
           (1)配当金支払額
                         配当金の総額
        決議        株式の種類                 1株当たり配当額            基準日        効力発生日
                         (百万円)
      2018年4月17日
                 普通株式              782       17.50円     2018年3月31日         2018年6月8日
       取締役会
      2018年11月9日
                 普通株式              775       17.50円     2018年9月30日         2018年12月10日
       取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                            配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)        配当額
      2019年4月23日
               普通株式      利益剰余金           773     17.50円     2019年3月31日         2019年6月7日
       取締役会
          当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                        株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
                        (千株)          (千株)          (千株)          (千株)
      発行済株式
       普通株式

                           47,911            -          -        47,911
         合計

                           47,911            -          -        47,911
      自己株式

       普通株式      (注)1、2

                           3,699            0          0        3,699
         合計

                           3,699            0          0        3,699
      (注1)普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。

      (注2)普通株式の自己株式の株式数の減少0千株は、単元未満株式の売渡しによる減少であります。
                                  75/130










                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          2.新株予約権等に関する事項
            ストック・オプションとしての新株予約権
                        新株予約権         新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                       当連結会計
                        の目的とな
       区分      新株予約権の内訳                                         年度末残高
                        る株式の      当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                       (百万円)
                         種類     年度期首      年度増加      年度減少       年度末
             2010年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      15
             約権
             2011年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      16
             約権
             2012年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      74
             約権
             2013年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      64
             約権
             2014年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      15
             約権
      提出会社
             2015年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      111
             約権
             2016年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      59
             約権
             2017年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      61
             約権
             2018年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      42
             約権
             2019年ストック・オプ
             ションとしての新株予             -        -      -      -      -      30
             約権
                合計                  -      -      -      -      491
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                         配当金の総額
        決議        株式の種類                 1株当たり配当額            基準日        効力発生日
                         (百万円)
      2019年4月23日
                 普通株式              773       17.50円     2019年3月31日         2019年6月7日
       取締役会
      2019年11月8日
                 普通株式              773       17.50円     2019年9月30日         2019年12月10日
       取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                            配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (百万円)        配当額
      2020年5月19日
               普通株式      利益剰余金           663     15.00円     2020年3月31日         2020年6月12日
       取締役会
                                  76/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
     現金及び預金勘定                                  18,328百万円              12,493百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                   △11              △10
     現金及び現金同等物                                  18,317              12,483
         (リース取引関係)

          1 ファイナンス・リース取引
           (借主側)
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
             ・有形固定資産
              主として、スポーツ用品等小売事業における店舗設備であります。
            ② リース資産の減価償却の方法

              リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法を採用しております。
          2 オペレーティング・リース取引

           (借主側)
            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
     1年内                                 3,693                   3,005

     1年超                                 17,901                   12,558

             合計                         21,595                   15,563

                                  77/130










                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1 金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については短期的な預金等に限定し、資金調達については、自己資金により
            行っております。デリバティブは、輸入取引に係る外貨建取引額の範囲内でのみ利用し、投機的なデリバ
            ティブ取引は一切行わない方針です。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されており、売掛金管理基準に沿ってリ
            スク低減を図っております。差入保証金及び敷金は主として出店店舗に係るもので、信用リスクは、敷・
            保証金管理規程に沿ってリスク低減を図っております。
             営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務の一部には商品等の輸入に伴う外貨建のものがあ
            り、為替の変動リスクに晒されていますが、デリバティブ取引(為替予約取引及び通貨オプション取引)
            を利用してヘッジしております。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジの有効性の
            評価方法等については、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する
            事項 (6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照ください。
           (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                  78/130














                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          2 金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前連結会計年度(2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額

                                       時価(※2)              差額
                           (※2)
     (1)現金及び預金                          18,328            18,328              -

     (2)受取手形及び売掛金                          21,775

        貸倒引当金  (※1)                           △292

                                21,483            21,990              507

     (3)差入保証金                           2,953            2,948             △5

     (4)敷金                          14,248            14,148             △99

     (5)支払手形及び買掛金                         (16,471)            (16,471)               -

     (6)電子記録債務                         (25,477)            (25,477)               -
      (※1)受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
      (※2)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びにデリバティブ取引に関する事項

           (1)現金及び預金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
             ます。
           (2)受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
             ます。   なお、クレジットカード事業を営む連結子会社の売掛金の時価は、期間に基づく区分毎に信用リ
             スク等を考慮した元利金の合計額をリスクフリーレート等適切な利率で割り引いた現在価値を時価とし
             ております。
           (3)差入保証金、及び(4)敷金
             これらの時価はリスクフリーレートで割り引いた現在価値によっております。
           (5)支払手形及び買掛金、並びに(6)電子記録債務
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
             ます。
                                  79/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(2020年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                        連結貸借対照表計上額

                                       時価(※2)              差額
                           (※2)
     (1)現金及び預金                          12,493            12,493              -
     (2)受取手形及び売掛金                          19,654

        貸倒引当金  (※1)                           △268

                                19,386            19,895              509

     (3)差入保証金                           2,499            2,490             △8

     (4)敷金                          14,278            14,190             △87

     (5)支払手形及び買掛金                         (14,865)            (14,865)               -

     (6)電子記録債務                         (24,375)            (24,375)               -
      (※1)受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
      (※2)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びにデリバティブ取引に関する事項

           (1)現金及び預金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
             ます。
           (2)受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
             ます。   なお、クレジットカード事業を営む連結子会社の売掛金の時価は、期間に基づく区分毎に信用リ
             スク等を考慮した元利金の合計額をリスクフリーレート等適切な利率で割り引いた現在価値を時価とし
             ております。
           (3)差入保証金、及び(4)敷金
             これらの時価はリスクフリーレートで割り引いた現在価値によっております。
           (5)支払手形及び買掛金、並びに(6)電子記録債務
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
             ます。
         2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2019年3月31日)
                      1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
     現金及び預金                     18,328            -          -          -

     受取手形及び売掛金                     21,775            -          -          -

                          40,104
           合計                           -          -          -
      差入保証金及び敷金は、返還期日を明確に把握できないため、償還予定額に含めておりません。
           当連結会計年度(2020年3月31日)

                      1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
     現金及び預金                     12,493            -          -          -

     受取手形及び売掛金                     19,654            -          -          -
                          32,148
           合計                           -          -          -
      差入保証金及び敷金は、返還期日を明確に把握できないため、償還予定額に含めておりません。
                                  80/130


                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1 その他有価証券
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
             区分
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えるもの
      株式                           705            334            371
             小計                     705            334            371

     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの
      株式                            77            99           △22
             小計                     77            99           △22

             合計                     783            434            348

      (注)1.非上場株式(連結貸借対照表計上額273百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
           て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         2.時価のある銘柄は連結決算日における時価が帳簿価額を30%以上下回っている銘柄について一律減損処理し
           ております。また、時価を把握することが極めて困難と認められる銘柄は、帳簿価額に対して実質価額が
           50%以上下落した銘柄を減損処理することとしております。
          当連結会計年度(2020年3月31日)

                        連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
             区分
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えるもの
      株式                            87            29            58
             小計                     87            29            58

     連結貸借対照表計上額が取得原価を超
     えないもの
      株式                           244            315            △70
             小計                     244            315            △70

             合計                     332            344            △12

      (注)1.非上場株式(連結貸借対照表計上額424百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
           て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         2.時価のある銘柄は連結決算日における時価が帳簿価額を30%以上下回っている銘柄について一律減損処理し
           ております。また、時価を把握することが極めて困難と認められる銘柄は、帳簿価額に対して実質価額が
           50%以上下落した銘柄を減損処理することとしております。当連結会計年度における減損処理額は61百万円
           (前連結会計年度は          - 百万円)であります。
                                  81/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          2 売却したその他有価証券
          前連結会計年度
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                   売却損の合計額
                            売却額          売却益の合計額
             種類
                                                    (百万円)
                           (百万円)            (百万円)
     (1)株式                            221            193             -

     (2)債券                             -            -            -

     (3)その他                             -            -            -

             合計                     221            193             -

                                  82/130
















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及びゼビオ株式会社は確定給付型の制度として企業年金基金制度を設けております。また、連結子会社4社
       は、退職給付債務の確定にあたり簡便法を採用しております。また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠
       した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増退職金を支払う場合があります。
      2.確定給付制度
       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                               3,633百万円              4,405百万円
          勤務費用                               201              254
          利息費用                                14              17
          数理計算上の差異の発生額                               662              △9
          退職給付の支払額                              △105              △189
         退職給付債務の期末残高                               4,405              4,477
        (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しております。
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         年金資産の期首残高                               3,461百万円              3,583百万円
          期待運用収益                               121              124
          数理計算上の差異の発生額                               △68              △87
          事業主からの拠出額                               137              129
          退職給付の支払額                               △68              △116
         年金資産の期末残高                               3,583              3,632
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               3,555百万円              3,621百万円
         年金資産                              △3,583              △3,632
                                         △28              △11
         非積立型制度の退職給付債務                                850              856
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                822              844
         退職給付に係る負債                                850              856

         退職給付に係る資産                                △28              △11
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                822              844
        (注)簡便法を採用した制度を含んでおります。
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         勤務費用                                201百万円              254百万円
         利息費用                                 14              17
         期待運用収益                               △121              △124
         数理計算上の差異の費用処理額                                 26              120
         確定給付制度に係る退職給付費用                                121              267
        (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、勤務費用に計上しております。
                                  83/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
       (5)退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
                                        △704百万円
         数理計算上の差異                                               42百万円
           合 計                             △704                42
       (6)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                               1,057百万円              1,015百万円
           合 計                             1,057              1,015
       (7)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
           債券                              18.5%              49.8%
           株式                              39.0              10.6
           一般勘定                              11.0              13.0
           その他                              31.5              26.6
             合 計                           100.0              100.0
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項
         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
          割引率                               0.4%              0.4%
          長期期待運用収益率                               3.5%              3.5%
                                  84/130











                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度

                         (自 2018年4月1日                    (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     販売費及び一般管理費                                  41                    39
          2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 2018年4月1日                    (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     新株予約権戻入益                                  -                    70

          3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
          会社名                    提出会社(2010年ストックオプション②)

         決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         3名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   13,700株

          付与日         2010年9月22日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した日
                     の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところに
                     よる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2010年9月23日 至2040年9月22日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
          会社名                    提出会社(2011年ストックオプション①)

         決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         3名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   12,700株

          付与日         2011年9月21日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した日
                     の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところに
                     よる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2011年9月22日 至2041年9月21日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  85/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2011年ストックオプション②)
         決議年月日                           2011年6月29日
                    当社取締役         3名

                    当社従業員  137名

      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         3名
                    子会社従業員         53名
       株式の種類及び付与数             普通株式   206,000株

          付与日         2012年6月19日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2012年6月20日 至2014年6月19日
         権利行使期間           自2014年6月20日 至2019年6月19日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2012年ストックオプション①)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         3名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   13,300株

           付与日         2012年9月19日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2012年9月20日 至2042年9月19日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  86/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2013年ストックオプション①)
         決議年月日                           2012年6月28日
                    当社取締役         3名

                    当社従業員  178名

      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         3名
                    子会社従業員         49名
       株式の種類及び付与数             普通株式   213,000株

          付与日         2013年5月31日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2013年6月1日 至2015年5月31日
         権利行使期間           自2015年6月1日 至2020年5月31日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2013年ストックオプション②)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名

      付与対象者の区分及び人数
                    普通株式           9,400株
       株式の種類及び付与数
           付与日         2013年9月18日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2013年9月19日 至2043年9月18日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  87/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2013年ストックオプション③)
         決議年月日                           2013年6月27日
                    当社取締役         2名

                    当社従業員  188名

      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         3名
                    子会社従業員         66名
       株式の種類及び付与数             普通株式   228,000株

          付与日         2014年3月28日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2014年3月29日 至2016年3月28日
         権利行使期間           自2016年3月29日 至2021年3月28日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2014年ストックオプション①)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名
      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   12,100株

           付与日         2014年9月18日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2014年9月19日 至2044年9月18日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  88/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2015年ストックオプション①)
         決議年月日                           2014年6月27日
                    当社取締役         2名

                    当社従業員  122名

      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         3名
                    子会社従業員         69名
       株式の種類及び付与数             普通株式   221,500株

          付与日         2015年6月17日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2015年6月17日 至2017年6月17日
         権利行使期間           自2017年6月18日 至2022年6月17日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2015年ストックオプション②)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名

      付与対象者の区分及び人数
                    普通株式           8,800株
       株式の種類及び付与数
           付与日         2015年9月16日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2015年9月17日 至2045年9月16日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  89/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2015年ストックオプション③)
         決議年月日                           2015年6月26日
                    当社取締役         2名

                    当社従業員         6名
      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         3名
                    子会社従業員         25名
       株式の種類及び付与数             普通株式   172,000株

          付与日         2016年3月28日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2016年3月28日 至2018年3月28日
         権利行使期間           自2018年3月29日 至2023年3月28日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2016年ストックオプション①)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   14,100株

           付与日         2016年9月21日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2016年9月22日 至2046年9月21日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  90/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2017年ストックオプション①)

         決議年月日                           2016年6月29日
                    当社取締役         2名

                    当社従業員         6名
      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         7名
                    子会社従業員         15名
       株式の種類及び付与数             普通株式   161,000株

          付与日         2017年5月26日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2017年5月26日 至2019年5月26日
         権利行使期間           自2019年5月27日 至2024年5月26日

     (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2017年ストックオプション②)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   10,700株

           付与日         2017年9月21日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2017年9月21日 至2047年9月20日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  91/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2018年ストックオプション①)

         決議年月日                           2017年6月29日
                    当社取締役         2名

                    当社従業員         7名
      付与対象者の区分及び人数
                    子会社取締役         5名
                    子会社従業員         15名
       株式の種類及び付与数             普通株式   179,000株

          付与日         2018年6月26日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2018年6月26日 至2020年6月26日
         権利行使期間           自2020年6月27日 至2025年6月26日

     (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2018年ストックオプション②)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   12,900株

           付与日         2018年9月19日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2018年9月20日 至2048年9月19日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
                                  92/130







                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
          会社名                    提出会社(2019年ストックオプション①)

         決議年月日                           2018年6月28日
                    当社取締役      2名

      付与対象者の区分及び人数              当社従業員      8名
                    子会社取締役・従業員             16名
       株式の種類及び付与数             普通株式   152,000株

          付与日         2019年6月7日

                    ① 新株予約権者は、権利行使時において当社の取締役、執行役員、従業員若しくは連
                     結子会社の取締役、執行役員若しくは従業員の地位にあることを要する。
                    ② 新株予約権の相続はこれを認めない。
         権利確定条件
                    ③ その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議に
                     基づき、当社と新株予約権者の間で締結する「新株予約権割当契約書」に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           自2019年6月7日 至2020年6月7日
         権利行使期間           自2021年6月8日 至2026年6月7日

      (注) 株式の付与数は付与時の数を記載しております。
           会社名                    提出会社(2019年ストックオプション②)

          決議年月日                           2010年6月29日
                    当社取締役         2名

      付与対象者の区分及び人数
       株式の種類及び付与数             普通株式   18,000株

           付与日         2019年9月18日

                    ① 新株予約権者は、当社の取締役、監査役、執行役員のいずれの地位をも喪失した
                     日の翌日から10日以内に限り新株予約権を行使することができる。
         権利確定条件           ② その他の行使の条件は、当定時株主総会決議及び新株予約権発行の取締役会決議
                     に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるとこ
                     ろによる。
         対象勤務期間           -
         権利行使期間           自2019年9月19日 至2049年9月18日

                                  93/130








                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2020年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
                           提出会社            提出会社            提出会社
                           (2010年            (2011年            (2011年    )
     会社名
                        ストックオプション②)            ストックオプション①)             ストックオプション②
     決議年月日                     2010年6月29日            2010年6月29日            2011年6月29日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                            ―            ―            ―

      付与                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      権利確定                            ―            ―            ―

      未確定残                            ―            ―            ―
     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                          12,400            11,500            161,500

      権利確定                            ―            ―            ―

      権利行使                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―         161,500

      未行使残                          12,400            11,500               ―

                           提出会社            提出会社            提出会社


                           (2012年            (2013年            (2013年
     会社名
                        ストックオプション①)            ストックオプション①)            ストックオプション②)
     決議年月日                     2010年6月29日            2012年6月28日            2010年6月29日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                            ―            ―            ―

      付与                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      権利確定                            ―            ―            ―

      未確定残                            ―            ―            ―

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                          12,100            177,000             9,400

      権利確定                            ―            ―            ―

      権利行使                            ―            ―            ―

      失効                            ―          2,500              ―

      未行使残                          12,100            174,500             9,400

                                  94/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                           提出会社            提出会社            提出会社
                           (2013年            (2014年            (2015年
     会社名
                        ストックオプション③)            ストックオプション①)            ストックオプション①)
     決議年月日                     2013年6月27日            2010年6月29日            2014年6月27日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                            ―            ―            ―

      付与                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      権利確定                            ―            ―            ―

      未確定残                            ―            ―            ―

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                         186,500             12,100            192,500

      権利確定                            ―            ―            ―

      権利行使                            ―            ―            ―

      失効                          4,000              ―          2,000

      未行使残                         182,500             12,100            190,500

                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2015年            (2015年            (2016年
     会社名
                        ストックオプション②)            ストックオプション③)            ストックオプション①)
     決議年月日                     2010年6月29日            2015年6月26日            2010年6月29日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                            ―            ―            ―

      付与                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      権利確定                            ―            ―            ―

      未確定残                            ―            ―            ―

     権利確定後(株)

      前連結会計年度末                          8,800           148,000             14,100

      権利確定                            ―            ―            ―

      権利行使                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      未行使残                          8,800           148,000             14,100
                                  95/130





                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2017年            (2017年            (2018年
     会社名
                        ストックオプション①)            ストックオプション②)            ストックオプション①)
     決議年月日                     2016年6月29日            2010年6月29日            2017年6月29日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                         139,000               ―         113,000

      付与                            ―            ―            ―

      失効                          1,000              ―          1,000

      権利確定                         138,000               ―            ―

      未確定残                            ―            ―         112,000

     権利確定後(株)

      権利確定                         138,000             10,700               ―

      権利行使                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      未行使残                         138,000             10,700               ―

                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2018年            (2019年            (2019年
     会社名
                        ストックオプション②)            ストックオプション①)            ストックオプション②)
     決議年月日                     2010年6月29日            2018年6月28日            2010年6月29日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                            ―            ―            ―

      付与                            ―         152,000             18,000

      失効                            ―            ―            ―

      権利確定                            ―            ―          18,000
      未確定残                            ―         152,000               ―

     権利確定後(株)

      権利確定                          12,900               ―          18,000

      権利行使                            ―            ―            ―

      失効                            ―            ―            ―

      未行使残                          12,900               ―          18,000

                                  96/130






                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
           ② 単価情報
                           提出会社            提出会社            提出会社
                           (2010年            (2011年            (2011年
     会社名
                       ストックオプション②)             ストックオプション①)            ストックオプション②)
     決議年月日                     2010年6月29日            2010年6月29日            2011年6月29日
     権利行使価格(円)                             1            1          2,049
     行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―

     付与日における公正な評価単価(円)                           1,216            1,432             369

                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2012年            (2013年            (2013年
     会社名
                        ストックオプション①)            ストックオプション①)            ストックオプション②)
     決議年月日                     2010年6月29日            2012年6月28日            2010年6月29日
     権利行使価格(円)                             1          2,246              1
     行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―

     付与日における公正な評価単価(円)                           1,155             344           1,775

                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2013年            (2014年            (2015年
     会社名
                        ストックオプション③)            ストックオプション①)            ストックオプション①)
     決議年月日                     2013年6月27日            2010年6月29日            2014年6月27日

     権利行使価格(円)                           1,998              1          2,424
     行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―

     付与日における公正な評価単価(円)                            269           1,276             499

                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2015年            (2015年            (2016年
     会社名
                        ストックオプション②)            ストックオプション③)            ストックオプション①)
     決議年月日                     2010年6月29日            2015年6月26日            2010年6月29日

     権利行使価格(円)                             1          1,918              1
     行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―

     付与日における公正な評価単価(円)                           1,878             289           1,187

                           提出会社            提出会社            提出会社

                           (2017年            (2017年            (2018年
     会社名
                        ストックオプション①)            ストックオプション②)            ストックオプション①)
     決議年月日                     2016年6月29日            2010年6月29日            2017年6月29日

     権利行使価格(円)                           1,796              1          1,993
     行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―

     付与日における公正な評価単価(円)                            310           1,714             248

                                  97/130



                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
                           提出会社            提出会社            提出会社
     会社名                      (2018年            (2019年            (2019年
                        ストックオプション②)            ストックオプション①)            ストックオプション②)
     決議年月日                     2010年6月29日            2018年6月28日            2010年6月29日

     権利行使価格(円)
                                   1          1,259              1
     行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―

     付与日における公正な評価単価(円)                           1,322             206            902

                                  98/130

















                                                           EDINET提出書類
                                                 ゼビオホールディングス株式会社(E03129)
                                                            有価証券報告書
            4.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

              当連結会計年度において付与された2019年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方
             法は以下のとおりであります。
             イ.提出会社(2019年ストックオプション①)

              (イ)使用した算定技法     ブラック・ショールズ式
              (ロ)使用した主な基礎数値及びその見積方法
               会社名                   (a)提出会社
               決議年月日                        2018年6月28日
                                              28.208%

               株価変動性(注)1
               予想残存期間(注)2                                 4.5年

               予想配当(注)3                               35円/株

                                              △0.238%
               無リスク利子率(注)4
               (注)1 4.5年(2014年12月7日から2019年6月7日まで)の株価実績に基づき算定しておりま

                    す。
                  2 十分なデータの蓄積が無く、合理的な見積が困難であるため、権利行使期間の中間点に
                    おいて行使されるものとして見積っております。
                  3 2019年3月期の配当実績によっております。
                  4 予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
             ロ.提出会社(2019年ストックオプション②)

              (イ)使用した算定技法     ブラック・ショールズ式
              (ロ)使用した主な基礎数値及びその見積方法
               会社名                   (a)提出会社
               決議年月日                        2010年6月29日
                                              27.954%

               株価変動性(注)1
               予想残存期間(注)2                               &nbs