明治海運株式会社 有価証券報告書 第166期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第166期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 明治海運株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                      有価証券報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                      近畿財務局長

     【提出日】                      2020年6月26日

     【事業年度】                      第166期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     【会社名】                      明治海運株式会社

     【英訳名】                      Meiji   Shipping     Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        CEO  内 田 和 也

     【本店の所在の場所】                      兵庫県神戸市中央区明石町32番地

     【電話番号】                      神戸078(331)3701

     【事務連絡者氏名】                      取締役常務執行役員  水 野 敏 郎

     【最寄りの連絡場所】                      東京都目黒区上目黒一丁目18番11号

                           明治海運株式会社 東京本部

     【電話番号】                      東京03(3792)0811

     【事務連絡者氏名】                      取締役常務執行役員  水 野 敏 郎

     【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次           第162期       第163期       第164期       第165期       第166期

           決算年月            2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

     売上高             (千円)     35,469,283       37,404,264       41,768,196       42,604,106       43,881,284

     経常利益             (千円)      4,237,916       4,551,747       4,491,557       4,378,399       4,700,744

     親会社株主に帰属する
                  (千円)      1,063,935       1,159,160       1,810,155       2,049,603       1,719,805
     当期純利益
     包括利益             (千円)      3,128,305       1,751,229       3,498,241       3,502,977       2,626,287
     純資産額             (千円)     32,084,520       32,985,919       36,203,140       39,089,096       41,304,040

     総資産額             (千円)     147,112,044       141,413,509       153,511,660       166,629,261       175,787,823

     1株当たり純資産額             (円)       393.55       425.04       466.32       514.87       539.33

     1株当たり当期純利益             (円)        32.16       35.35       55.29       62.61       52.53

     潜在株式調整後
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)         8.8       9.8       9.9       10.1       10.0
     自己資本利益率             (%)         8.3       8.6       12.4       12.8       10.0

     株価収益率             (倍)        11.2       13.2        7.7       5.5       6.5

     営業活動による
                  (千円)     12,533,179       12,098,229       14,441,220       13,975,276       14,476,993
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (千円)    △ 11,941,635       △ 2,000,136      △ 16,591,467      △ 25,894,421      △ 18,369,155
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                  (千円)      2,479,799      △ 8,904,186       6,677,306       9,653,768       7,195,459
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                  (千円)     13,297,566       14,452,937       18,743,596       16,223,675       19,500,477
     の期末残高
                           589       589       576       588       561
     従業員数
                  (人)
     [外、平均臨時雇用者数]
                          [ 390  ]     [ 386  ]     [ 381  ]     [ 390  ]     [ 418  ]
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれていません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載していません。
        3 従業員数は、就業人員数を表示しています。
                                  2/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次           第162期       第163期       第164期       第165期       第166期

           決算年月            2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

     売上高             (千円)      8,108,770       8,132,798       10,136,868       10,969,751       11,269,169

     経常利益             (千円)       602,594       775,703       639,418      1,014,442         855,566

     当期純利益             (千円)       409,559       522,340       437,845       689,332       579,893

     資本金             (千円)      1,800,000       1,800,000       1,800,000       1,800,000       1,800,000

     発行済株式総数             (千株)        36,000       36,000       36,000       36,000       36,000

     純資産額             (千円)      5,154,638       5,781,411       6,087,082       6,515,412       6,627,953

     総資産額             (千円)     23,884,674       23,188,395       22,763,730       22,285,193       21,831,095

     1株当たり純資産額             (円)       143.23       160.65       169.14       181.04       184.17

     1株当たり配当額
                          5.00       5.00       5.00       5.00       5.00
     (うち1株当たり             (円)
                           ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益             (円)        11.38       14.51       12.17       19.15       16.11
     潜在株式調整後
                  (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        21.6       24.9       26.7       29.2       30.4
     自己資本利益率             (%)         8.0       9.6       7.4       10.9        8.8

     株価収益率             (倍)        31.7       32.0       35.2       18.1       21.4

     配当性向             (%)        43.9       34.5       41.1       26.1       31.0

     従業員数                      49       55       61       70       73
                  (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                      [ 2 ]      [ 2 ]      [ 2 ]      [ 2 ]      [ 3 ]
     株主総利回り             (%)        97.6       126.7       118.1        97.6       98.4
     (比較情報:TOPIX)             (%)        [ 89.2  ]    [ 102.3   ]    [ 118.5   ]    [ 112.5   ]    [ 101.8   ]
     最高株価             (円)         685       519       517       454       428
     最低株価             (円)         300       273       373       299       242

     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれていません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載していません。
        3 最高株価および最低株価は東京証券取引所市場第一部におけるものです。
                                  3/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
    1911年5月        兵庫県神戸市において創業。資本金212,500円にて外航海運業を開始。
    1921年6月        兵庫県神戸市に明海ビルを建設、ビル業を併営。
    1924年5月        事業目的を海運業ならびに貸室業と改正。
    1949年5月        東京・大阪・神戸の3市場に株式を上場。
    1950年4月        船舶運営会より民営還元。
    1964年5月        大阪商船三井船舶㈱(現           ㈱商船三井)グループの専属会社として海運集約に参加。
    1967年8月        計画造船史上最大船型の15万トン型タンカー「明扇丸」竣工。
    1984年1月        東明汽船㈱設立(現・連結子会社)。
    1984年11月        ぎのわん観光開発㈱設立(現・連結子会社)。
    1985年7月        東京都中央区に明海京橋ビルを建設。
    1990年4月        ㈱ラグナガーデンホテル設立(現・連結子会社)。
    1992年7月        ラグナガーデンホテル開業。
    1998年1月        阪神大震災で被災した明海ビルを再建。
    2002年7月        ラグナガーデンホテル新館増築(99室)。
    2007年3月        ㈱ホテルアンヌプリ(旧           ㈱ホテル日航アンヌプリ)の株式を取得(現・連結子会社)。
    2010年1月        ㈱稚内観光開発設立(現・連結子会社)。
    2010年10月        MK  CENTENNIAL      MARITIME     B.V.(現・連結子会社)           オランダ事務所開設。
    2011年6月        事業目的を海運業、不動産の賃貸・管理およびホテル・飲食店・レジャー施設の経営と改正。
    2013年1月        サフィールリゾート㈱設立(現・連結子会社)。
    2013年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、大阪証券取引所市場第一部は、東京証券取引
            所市場第一部に統合。
    2014年6月        ㈱ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルの株式を取得(現・連結子会社)。
    2018年4月        フィリピンにおいて船員トレーニングセンターの運営を開始。
                                  4/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、当社(明治海運株式会社)、連結子会社19社および関連会社15社により構成され、外航海運業を中
     心に事業展開を図っています。なお、当社は特定上場会社等に該当し、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準
     のうち、上場会社の規模との対比で定められる数値基準については連結ベースの計数に基づいて判断することとなり
     ます。
      当社グループの事業内容および当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりです。
                  当社グループは、タンカー・自動車専用船およびバルカー等の不定期船を保有する船舶
      (1)  外航海運業
                  オーナー会社を海外に擁し、貸船料収入を収受する船舶貸渡業を柱として海運に係る事
                  業を行っています。当該事業には、船舶を保有せずに営業扱船の貸渡を行っている会
                  社、ならびに船舶運航管理業務を担う会社を含み、連結対象会社数は21社です。
                  現在国内各所にてホテルおよびゴルフ場を所有し、それぞれのサービスを提供していま
      (2)  ホテル関連事業
                  す。当該事業には、営業業務を担う会社を含み、連結対象会社数は8社です。
                  主に所有ビルを事務所用物件としてテナントに賃貸する不動産貸室業を中心とし、持分
      (3)  不動産賃貸業
                  法適用関連会社にて不動産斡旋・仲介業務や、ビルの総合運営管理を行っています。連
                  結対象会社数は5社です。
      上記の企業集団の状況について事業系統図を示すと次のとおりです。
      (事業系統図)                                      [セグメント]
     ※上記の事業内容は「セグメント情報」の区分と同一です。











     ※上記の☆は連結子会社、また無印は持分法適用関連会社です。
     ※明治土地建物株式会社は、持分法適用関連会社であると同時に当社の「その他の関係会社」です。
     ※㈱ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルは、2020年1月1日付けで早来カントリー倶楽部㈱を吸収合併しま
      した。また、SOLEIL          TRANSPORT     S.A.は2019年8月に設立し、現在営業準備中です。
                                  5/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
     (1)  連結子会社
                          資本金     主要な     議決権の
          名称          住所                            関係内容
                          (千円)     事業内容     所有割合(%)
                                         当社に対し船舶を賃貸しています。また、当
                             20             社より資金援助を受けており、当社が債務保
    BRIGHT   OCEAN   MARITIME    S.A.
                  PANAMA             外航海運業         100
                                         証しています。
                            千US$
                                         役員の兼任等…有
                                         当社より船舶を賃借しています。また、借入
                                       43.3   金の一部について当社が債務保証していま
    東明汽船㈱
                                         す。当社債務の一部について、担保提供を受
                  東京都中央区         90,000    外航海運業        (25.0)
             (注)2.6
                                         けています。
                                      [56.7]
                                         役員の兼任等…有
                                         借入金の一部について当社が債務保証してい
                                       50.0
                                         ます。
    エム・エム・エス㈱             東京都目黒区         40,000    外航海運業        (25.0)
                                      [50.0]
                                         役員の兼任等…有
    MK CENTENNIAL
                            7,500
                                       100  借入金の一部について当社が債務保証してい
                  SINGAPORE             外航海運業
     MARITIME     PTE.  LTD. (注)2                           (100)   ます。
                            千S$
                                         当社に対し船舶を賃貸しています。また、当
                                         社より資金援助を受けており、当社が債務保
                             30
    T.&M. MARITIME S.A.                                   100
                                         証しています。当社債務の一部について、担
                  PANAMA             外航海運業
              (注)2                        (100)
                            千US$
                                         保提供を受けています。
                                         役員の兼任等…有
    MELODIA   MARITIME    PTE  LTD.              27,649            52.0   借入金の一部について当社が債務保証してい
                  SINGAPORE             外航海運業
                                      (52.0)   ます。
             (注)2.6               千S$
                                         借入金の一部および社債について当社が債務
                                       54.9
                               ホテル
    ぎのわん観光開発㈱
                                         保証しています。
                  沖縄県宜野湾市        1,500,000            (21.1)
              (注)2
                               関連事業
                                      [43.0]
                                         役員の兼任等…有
                                       35.0
                               ホテル
    ㈱ラグナガーデンホテル             沖縄県宜野湾市         50,000           (15.0)   役員の兼任等…有
                               関連事業
                                      [45.0]
                                         当社に対し船舶を賃貸しています。借入金の
    PRIMATE   SHIPPING    S.A.                1,513
                                       70.0
                                         一部について当社が債務保証しています。
                  PANAMA             外航海運業
                                      (70.0)
              (注)2             千US$
                                         役員の兼任等…有
                                         当社に対し船舶を賃貸しています。また、当
    ESTEEM   MARITIME    S.A.                  30             社より資金援助を受けており、当社が債務保
                                       100
                  PANAMA             外航海運業
                                         証しています。
                                       (100)
             (注)2.4               千US$
                                         役員の兼任等…有
                                       80.0
                  北海道虻田郡             ホテル           社債等について当社が債務保証しています。
                                      (35.0)
    ㈱ホテルアンヌプリ                       50,000
                  ニセコ町             関連事業           役員の兼任等…有
                                      [20.0]
    MK CENTENNIAL     MARITIME    B.V.   オランダ国           180
                                       100  借入金の一部について当社が債務保証してい
                               外航海運業
                                       (100)   ます。
             (注)2.6     アムステルダム市          千US$
                               ホテル
                                       100
    ㈱稚内観光開発             北海道稚内市         50,000              役員の兼任等…有
                                       (100)
                               関連事業
                               ホテル
                                       40.0   当社より資金援助を受けています。
    サフィールホテルズ㈱             東京都目黒区          5,000
                                      [60.0]   役員の兼任等…有
                               関連事業
                                         当社より建物を賃借しています。当社債務の
                  兵庫県神戸市             ホテル
    サフィールリゾート㈱                       50,000            100  一部について債務保証を受けています。
                  垂水区             関連事業
                                         役員の兼任等…有
                                         当社より資金援助を受けています。また、当
                                        60
    M&I  HARMONY   S.A.                                社が債務保証しています。
                  PANAMA           500  外航海運業
                                       (60)
                                         役員の兼任等…有
                  北海道勇払郡             ホテル           借入金について当社が債務保証しています。
    早来カントリー倶楽部㈱
                           50,000            100
              (注)5
                  安平町             関連事業           役員の兼任等…有
                                         当社より建物・土地を賃借しています。ま
    ㈱ザ・ウィンザー・ホテルズイ
                  北海道虻田郡             ホテル           た、当社債務の一部について債務保証を受け
    ンターナショナル                       2,000            100
                                         ています。
                  洞爺湖町             関連事業
              (注)5
                                         役員の兼任等…有
                                         当社より資金援助を受けており、当社が債務
                             10          100
    SOLEIL   TRANSPORT    S.A.                              保証しています。
                  PANAMA             外航海運業
                            千US$           (100)
                                         役員の兼任等…有
     (注)   1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しています。
       2 特定子会社に該当しています。
       3 議決権の所有割合の(            )内は、間接所有割合で内数、[               ]内は、緊密な者の所有割合で外数となっています。
       4 債務超過会社であり、債務超過額の合計は2,976,603千円です。
       5 ㈱ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルは、2020年1月1日付けで早来カントリー倶楽部㈱を吸収
          合併しました。
                                  6/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
       6 売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えている各社の主要な損
         益情報等は以下のとおりです。
                        MELODIA   MARITIME        MK CENTENNIAL

               東明汽船㈱
                          PTE  LTD.        MARITIME    B.V.
      売上高        10,712,213     千円     8,102,250     千円     7,958,168     千円
      経常利益         501,174    千円      847,705    千円      590,714    千円
      当期純利益         339,099    千円      847,396    千円      930,977    千円
      純資産額        3,520,058     千円     9,118,657     千円     10,977,961     千円
      総資産額        8,643,930     千円     25,112,328     千円     43,809,226     千円
     (2)  持分法適用関連会社

                          資本金     主要な     議決権の
          名称          住所                            関係内容
                          (千円)     事業内容     所有割合(%)
                                         借入金の一部について当社が債務保証してい
                             2
    TRINITY   BULK,   S.A.                               ます。
                  PANAMA             外航海運業         50
                            千US$
                                         役員の兼任等…有
                  兵庫県神戸市             不動産
                                        0
                                         役員の兼任等…有       (注)1
    明治土地建物㈱                       36,500
                                       [50]
                  中央区             賃貸業
                                         当社より建物を賃借しています。当社に建物
                  兵庫県神戸市             不動産
                                       13.3
                                         を賃貸しています。
    明海興産㈱                       30,000
                                      [86.7]
                  中央区             賃貸業
                                         役員の兼任等…有
                                         借入金の一部について当社が債務保証してい
                                        50
                            4,800
    MIKOM   TRANSPORT    PTE  LTD                            ます。
                  SINGAPORE             外航海運業
                                       (50)
                            千US$
                                         役員の兼任等…有
                                         借入金の一部について当社が債務保証してい
                                        50
                            100
    M&M  SHIPHOLDING     S.A.                              ます。
                  PANAMA             外航海運業
                                       (50)
                            千US$
                                         役員の兼任等…有
                                        50
                  オランダ国
                            140             借入金の一部について当社が債務保証してい
    KMNL  LODESTAR    SHIPPING    B.V.
                               外航海運業
                            千US$            (50)  ます。
                  アムステルダム市
                                         借入金の一部について当社が債務保証してい
                                        50
    COMET   GYRO  GAS
                           66,000
                                         ます。
                  SINGAPORE             外航海運業
      TRANSPORT      PTE.  LTD.                           (50)
                            千US$
                                         役員の兼任等…有
    その他 8社
     (注)   1 明治土地建物株式会社は、持分法適用関連会社であると同時に当社の「その他の関係会社」です。
          なお、当社の議決権に対する所有割合は14.8%です。
        2 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しています。
        3 議決権の所有割合の(            )内は、間接所有割合で内数、[               ]内は、緊密な者の所有割合で外数となっています。
                                  7/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2020年3月31日       現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
     外航海運業                                       121  ( 20 )
     ホテル関連事業                                       440  ( 398  )
                 合計                           561  ( 418  )
     (注)    従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は(                        )内に年間の平均人員を外数で記載しています。
     (2)  提出会社の状況

                                               2020年3月31日       現在
        従業員数(人)              平均年齢(才)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          73 ( 3 )           38.9              8.0             7,046
              セグメントの名称                            従業員数(人)

     外航海運業                                           71  ( 2 )
     ホテル関連事業                                            2 ( 1 )
                 合計                               73  ( 3 )
     (注)   1 従業員数には、他社出向社員を含んでいます。また、臨時従業員数は(                                     )内に年間の平均人員を外数で記載
          しています。
        2 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでいます。
     (3)  労働組合の状況

       提出会社の船長を除く海上従業員は、全日本海員組合に所属しています。
       その他、一部のホテル関連事業子会社において労働組合が組織されています。
       現在、労使間は、相互の信頼と協調精神とにより概ね順調に推移しています。
       その他の従業員については、労働組合はありません。
                                  8/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
     (1)会社の経営の基本方針

       当社グループは、事業の根幹である外航海運業において、国際競争力の強化を念頭に、積極的な事業展開を図
      り、環境問題にも留意しつつ、安全運航体制を確保し、高い船舶管理能力を併せ持った信頼される船主として、時
      代のニーズに合った船隊の整備、高品質なサービスの提供を続けていきます。
       また、ホテル関連事業、不動産賃貸業等を併営し、効率的な経営多角化により、当社グループ全体としての業績
      の安定化を図っていきます。
     (2)中長期的な会社の経営戦略および目標とする経営指標

       当社グループは、厳しい国際競争に耐えて安定的な利益を確保できる営業規模を達成するため、海運市況動向を
      充分に見極めながら、将来の市場ニーズに即した船型を順次投入し、また老齢船を処分し船隊整備を推進していき
      ます。そのためにも、効率的な経営体制のもと、機動力を活かした迅速な経営判断によって、スピードが求められ
      る厳しい国際競争への対応力を強化していきます。
       また、ホテル関連事業、不動産賃貸業等の事業の多角化分野においては、費用の適正化を計画的に継続し、より
      一層の事業の安定収益化を図ります。
       なお、当社グループはさまざまな経営環境に対応すべく、経営指標にとらわれない柔軟な経営判断を行うことに
      しています。外航海運業、ホテル関連事業、不動産賃貸業の各セグメントのリスクを把握しつつ、柔軟かつ迅速な
      事業展開を図ります。
     (3)会社の対処すべき課題

       今後の世界経済は、新型コロナウイルスの全世界での感染拡大により事態は一変し、今後の見通しは不透明なも
      のとなっています。
       米国経済は、事態の急変を受けて米連邦準備理事会(FRB)が緊急利下げを実施しましたが、急激な経済の収縮は
      避けられない状況となっています。ユーロ圏経済は、欧州中銀(ECB)が政策金利は据え置く一方、量的緩和政策を
      強化しましたが、経済活動への影響は免れない状況となっています。中国経済は、中国政府が経済活動再開に向け
      て支援策を強めていますが、中国以外での感染拡大に伴う世界経済の減速が、内外需の下押しとなり回復の勢いを
      制約しています。
       我が国経済においても、新型コロナウイルス感染拡大による東京オリンピック・パラリンピックの延期をはじめ
      とし、景気後退入りは免れない見通しとなっています。
       このような経済状況のなか、当社グループの経営方針は従前と変わりなく、安全、安心、安定を根本に経営基盤
      の一層の充実を図っていきます。
       当社グループの事業の根幹である外航海運業部門については、新型コロナウイルスの感染拡大による原油需要
      減・自動車メーカーの生産休止などによる物流の落ち込みなどの影響が懸念されますが、変化する状況に的確に対
      応すべく船隊の整備・充実を進め、同時に安全運航体制の確保により、中長期の傭船契約を主体に、経営基盤の維
      持・向上に努力を重ねていきます。
       ホテル関連事業部門では、新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立たない中で引き続き大変厳しい状況が続
      く見通しですが、費用の適正化を図るなど、影響を最小限に留めながら収束後の回復を図るよう努めていきます。
      また更なる生産性の向上を図るべく、システム等の導入により業務効率化を進めていきます。
       不動産賃貸業部門では、保有不動産の品質の維持・向上を図りつつ、今後とも安定的な収益確保を目指していき
      ます。
       管理面においては、変化する環境に的確に対応できるよう、優秀な人材の確保、育成を強化し、加えて、当社グ
      ループ内の種々リスクの管理体制を一層整備・強化していきます。
       また、当社グループでは、内部統制およびコンプライアンス遵守についても重要課題として認識しており、その
      体制の維持・向上に引き続き取り組んでいきます。
                                  9/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
    (1)為替変動リスク

     当社グループの最重要部門である外航海運業においては、その傭船料収入が米国ドル建てとなっています。費用につ
    いても米国ドル建ての部分が大半を占めますが、一部円建てのコストも残っており、円高が進行しますと当社グループ
    の収支に悪影響を及ぼします。当社グループとしては費用のドル建て化を進めるとともに為替予約等のヘッジ取引によ
    り、為替変動の影響を軽減するように努めています。
     また、当社および海外子会社では、米国ドル建てならびに円建てにて資産・負債を保有していますが、その個々の会
    社の決算通貨(米国ドル建て或いは円建て)と決算通貨以外での資産(主に現預金)・負債(主に設備資金借入金)の
    バランスしない部分が為替変動によって、決算時評価損益として収支に影響します。
    (2)金利リスク

     当社グループの主たる業務は船舶保有で、新造船建造等多額の設備投資を継続して行っていますが、その必要資金の
    多くの部分を銀行借入等の外部負債によって賄っています。当社グループとしては、有利子負債の削減に努めると同時
    に、金利動向を見ながら金利スワップ取引により金利の固定化を進めていますが、一部固定化されていない変動金利で
    の借入金は、金利変動リスクにさらされており、将来金利が上昇するような場合には利益圧迫の影響が出て参ります。
    (3)船舶運航上の事故、海洋汚染リスク

     当社グループは、安全運航と海洋の環境汚染防止とを業務上の最重要課題の一つに掲げ、船員教育や訓練システムに
    最大限の注力をして、事故防止、海洋汚染防止に取り組んでいます。また、かかる事態に備えて十分な船舶保険等の付
    保もしています。しかしながら、万一の不慮の事故・海洋汚染等が発生し、特に油濁による大規模な海洋汚染が生じた
    場合には、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性もあります。
    (4)自然災害、感染症、海外情勢のリスク

     当社グループの建物およびレジャー施設では、地震、台風等の自然災害、感染症、また国際紛争、テロ等による海外
    情により、影響を受ける可能性があります。
     2020年の年明け以降に顕在化した新型コロナウイルスの感染拡大については、従業員の安全確保や衛生管理の徹底に
    努めながら事業継続の体制を整えていますが、長期間にわたり継続した場合には、旅行客、顧客等の施設利用者が減少
    し、当社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。
    (5)食品の安全性及び表示

     当社グループでは飲食の提供および食品の販売を行っています。食品の安全性、消費期限、賞味期限、産地、原材料
    等の表示については日頃より十分に注意を払っていますが、万一当社グループの衛生管理に起因する食中毒が発生した
    場合、あるいは表示に誤りがあった場合等は、社会的信用の失墜につながり当社グループの事業に影響を及ぼす可能性
    があります。
    (6)顧客情報の管理

     当社グループのホテル関連事業において、顧客に関する個人情報を保有しており、管理は厳重に行っていますが、そ
    れらの情報の漏洩が発生した場合は、社会的信用の失墜につながり当社グループの事業に影響を及ぼす可能性がありま
    す。
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経
      営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
                                 10/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (1)  経営成績

       <経済環境>
       当連結会計年度における世界経済は、米中貿易摩擦や英国のEU離脱をめぐる混乱などのもと低迷が続き、世界経
      済の成長率は2.9%となりました。また、2020年年明け以降は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により急減速
      しました。
       米国経済は、米中貿易摩擦により輸出・生産活動が低迷していたものの、米中貿易協議により貿易摩擦に一部緩
      和の兆しも見られました。ユーロ圏経済においては、製造業の低迷が長期化するなか、企業の投資意欲が低下し、
      成長ペースは鈍化しました。中国経済については、米中貿易摩擦で対米輸出が減少したものの、政策の下支えなど
      により底入れの兆しも見られました。
       一方、我が国経済は、海外経済の減速に伴い輸出・生産活動が低迷しました。個人消費は大型台風や消費増税の
      影響で下振れがあったものの、やや持ち直しの動きが見られました。
       当連結会計年度の為替は、111円台で始まり、夏場にかけては米中貿易摩擦の激化や米金融政策の緩和への転換か
      ら円高が進行しました。秋以降は米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げに転換した後も比較的堅調に推移し、新型
      コロナウイルス感染拡大による一時的な円高はあったものの、年度末には108円台にもどし、狭いレンジでの推移と
      なりました。
       <外航海運業>
       大型タンカー市況は、当初ペルシャ湾における地政的リスクの影響により弱含みで推移しましたが、9月後半か
      ら10月中旬にかけて一部中国船社に対する米国の経済制裁により、一時記録的な水準まで上昇し、比較的高い水準
      にて落ち着きました。その後、季節的要因を背景として安定的に推移するものとみられましたが、新型コロナウイ
      ルス感染拡大に端を発する世界的な経済活動における原油需要の落ち込みから、例年より低い水準にとどまりまし
      た。石油製品船は依然として船腹供給過多の状態にあるものの徐々に荷動きが活発化し、それが市況に徐々に反映
      される状況にありましたが、新型コロナウイルスの影響が冬場の季節的要因を相殺する結果となり、横這いの状態
      が継続しました。
       バルカー市況は、大型船は年初の10,000ドルを割り込む極めて低い水準から、夏場から11月にかけて一時30,000
      ドルを大きく上回る水準に達するなど動きが激しく、12月には再び10,000ドルを割り込む水準に急落、そのまま低
      位にて推移しました。一方、中小型船については、大型船ほどの市況の乱高下は見られませんでしたが、大型船同
      様に夏場以降一時的に盛り上がりの兆しが見えたものの、冬場にかけて下落傾向となり低調に推移しました。
       自動車船市況は、上期に米中貿易摩擦などの影響を背景に、中国向けの荷動きが減少したこと、また欧州域内の
      荷動きも減少したため、総じて低い水準で推移しました。
       コンテナ船市況は、12月まで北米航路の荷動きが低調であった一方、欧州航路の需給が改善するなど地域差があ
      りましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により歴史的に高水準の船腹係船数となるなど、低迷に拍車がか
      かった状態となりました。
       このような状況のもと、当連結会計年度の外航海運業部門は、前連結会計年度に竣工・取得した船舶の稼働増に
      加えて、当期はタンカー2隻が新規稼働したことなどから、売上高は31,451百万円(前年同期比5.1%増)となり、
      外航海運業利益は入渠費用の減少もあり3,872百万円(前年同期比15.9%増)となりました。また、当社の連結子会
      社が所有する船舶2隻の船舶売却益1,046百万円を特別利益に、船舶2隻の減損損失1,449百万円を特別損失に計上
      しています。
       <ホテル関連事業>
       ホテル関連事業部門では、宿泊部門については堅調に推移しましたが、宴会部門での苦戦がやや響き、ホテル関
      連事業部門の売上高は          11,918   百万円(前年同期比         1.9  %減)となり、ホテル関連事業利益は                  1,266   百万円(前年同期
      比 3.8  %減)となりました。なお、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、海外客のみならず国内客の旅行自粛
      の動きが拡がり集客が大幅に減少しています。
       <不動産賃貸業>

       不動産賃貸業部門では、売上高は511百万円(前年同期比3.1%減)となり、前連結会計年度では所有ビルの大規
      模修繕費用を計上していたことにより不動産賃貸業利益は305百万円(前年同期比13.1%増)となりました。
       以上の結果、当連結会計年度において売上高は43,881百万円(前年同期比3.0%増)、営業利益は5,444百万円
      (前年同期比10.5%増)、経常利益は4,700百万円(前年同期比7.4%増)となり、親会社株主に帰属する当期純利
      益は1,719百万円(前年同期比16.1%減)になりました。
       なお、新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、当社の連結子会社及び持分法適用関連会社の大半の決算期
                                 11/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      が12月であるため、当連結会計年度の経営成績への直接の影響はありませんでした。
     (2)  財政状態

       当連結会計年度における資産の部は、前連結会計年度末より9,158百万円増加し、175,787百万円となりました。
      これは主に建設仮勘定などの有形固定資産の増加によるものです。
       負債の部は、前連結会計年度末より6,943百万円増加し、134,483百万円になりました。これは主に借入金の増加
      によるものです。また、純資産の部は、前連結会計年度末より2,214百万円増加し、41,304百万円となりました。こ
      れは主に、利益剰余金および非支配株主持分の増加によるものです。
     (3)  キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べて3,276百万円増加し、19,500百万円
      となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度において営業活動によって得られた資金は、14,476百万円(前年同期比501百万円増)となりまし
      た。これは主に税金等調整前当期純利益4,205百万円に、減価償却費11,165百万円等を加減算した結果です。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度において投資活動に使用した資金は、18,369百万円(前年同期比7,525百万円減)となりました。
      これは主に新造船建造費等の支払い21,475百万円と有形固定資産の売却による収入3,206百万円との差額18,268百万
      円によるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       当連結会計年度において財務活動によって得られた資金は、7,195百万円(前年同期比2,458百万円減)となりま
      した。これは主に長期借入金による収入の30,794百万円と、長期借入金の返済および社債償還による支出の合計
      22,734百万円との差額8,059百万円によるものです。
       当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、以下のとおりです。

      (資金需要)
       当社グループの運転資金需要の主なものとして、外航海運業においては海運業費用で、船員費・船舶修繕費等の
      船費、船舶管理業務に係る労務費やシステム関連費用が含まれます。ホテル関連事業においては原材料仕入や労務
      費等のホテル運営費、不動産賃貸業においては保有不動産の維持管理費です。その他、各事業における人件費、物
      件費等の一般管理費があります。
       また設備資金需要の主なものとして、外航海運業においては船舶投資、ホテル関連事業や不動産賃貸業において
      は設備の拡充・更新投資があります。当連結会計年度中に総額20,932百万円の設備投資を実施しました。
      (財務政策)

       当社グループの事業維持拡大には、低コストで、安定的な資金確保が重要と認識しています。
       設備資金需要に対しては、金融機関からの長期借入を中心に調達し、一部の船舶についてはリースの活用も行っ
      ています。また運転資金需要に対しては、営業活動から得た資金や内部留保資金、金融機関からの借入および社債
      発行により賄っています。
       流動性確保の観点から、金融機関との当座貸越契約による借入枠を有しているほか、国内外の関係会社の余剰資
      金について、グループ内金融による資本効率の向上を図っています。
                                 12/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (4)   重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
      います。資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いていますが、これらの見積り及
      び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
       連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりです。
      (繰延税金資産の回収可能性)

       繰延税金資産の回収可能性の判断にあたっては、「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(企業会計基準
      適用指針第26号)」に基づいて企業の分類を行い、将来の課税所得見込額やタックス・プランニングを考慮して、
      将来の税金負担額を軽減する効果を有すると考えられる範囲で繰延税金資産を計上しています。将来の課税所得見
      込額については、過去の業績や将来の業績予測、市況等を勘案して見積もっています。                                         また、新型コロナウイルス
      感染症の影響については、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難ですが、当連結会計年度末で
      入手可能な情報等を踏まえ、2020年10月より緩やかに回復すると仮定して見積りを行っています。
       当該見積りや仮定について、その時の業績や将来の経済環境の変化等により課税所得の見積りの見直しが生じた
      場合、繰延税金資産や法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性があります。
       (固定資産の減損)

       固定資産の減損に係る回収可能性の評価にあたって、主に各セグメントの個別物件ごとに資産のグルーピングを
      行い、収益性が著しく低下している資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失とし
      て計上することとしています。なお、回収可能価額は、正味売却価額と使用価値のいずれか高い方としています。
      減損損失を認識するかどうかの判定及び使用価値の算定において用いられる将来キャッシュ・フローは、期末現在
      の使用状況や事業計画、市況等を勘案して見積もっています。                              また、新型コロナウイルス感染症の影響について
      は、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難ですが、当連結会計年度末で入手可能な情報等を踏
      まえ、2020年10月より緩やかに回復すると仮定して見積りを行っています。
       当該見積りや仮定について、事業計画の変更や市況の変化等により変更が生じた場合、減損損失が発生する可能
      性があります。
       なお、「第5       経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (連結損益計算書関係) ※2減
      損損失」に記載のとおり、当連結会計年度において減損損失1,449,012千円を計上しました。
                                 13/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    (生産、受注及び販売の状況)

     (1)  販売実績
       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。
              セグメントの名称                       金額(千円)            前年同期比(%)

      外航海運業                                      31,451,261             +5.1

      ホテル関連事業                                      11,918,970            △1.9

      不動産賃貸業                                       511,052           △3.1

                 合計                          43,881,284             +3.0

     (注)   1 主な相手先別の販売実績および総販売実績に対する割合は、次のとおりです。
                             前連結会計年度               当連結会計年度

                             ( 2018年4月1日               ( 2019年4月1日
                             2019年3月31日       )        2020年3月31日       )
             相手先
                           金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
     日本郵船株式会社                       7,395,259         17.4      8,440,080         19.2

     株式会社商船三井                       2,773,169         6.5      2,676,722         6.1

     MAERSK    LINE   A/S

                             2,613,360         6.1      2,593,725         5.9
        2 本表の金額には、消費税等は含まれていません。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 14/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度に実施した設備投資の総額は                     20,932   百万円となりその内訳は以下のとおりです。外航海運業セグメ
     ントにおいて、当社グループの船隊の充実と近代化を目的として、タンカー2隻、および新造船建造費等の投資を行
     い、当該投資額は        19,961   百万円です。また、タンカー、バルカー各1隻を売却しました。ホテル関連事業セグメント
     において、ホテル施設等の設備拡充、取替更新等のための設備投資を行い、当該投資額は                                         944  百万円です。不動産賃貸
     業セグメントにおいて、ビル施設等の設備拡充、取替更新等のための設備投資を行い、当該投資額は                                              26 百万円です。
    2  【主要な設備の状況】
      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりです。
     (1)  提出会社
                                      帳簿価額(千円)
                                                       従業員数
         事業所名
                 セグメント
                       設備の内容
                                                        (人)
                  の名称
         (所在地)
                              建物および
                                      土地
                                           器具備品       合計
                              構築物
                                     (面積㎡)
                       建物
                  不動産
                                     2,355,930
     明海ビル
                       土地
                              1,705,473                594    4,061,997        ―
                                      (1,884.75)
                  賃貸業
     (兵庫県神戸市中央区)                  設備機器
     シーサイドホテル
                  ホテル      建物
                                         ―
                              1,693,482               54,383     1,747,865       101
     舞子ビラ神戸
                                     [38,303.43]
                  関連事業      設備機器
     (兵庫県神戸市垂水区)
                       建物
     ザ・ウィンザーホテル
                  ホテル
                                      268,474
                       土地
                              1,696,537               82,996     2,048,009       175
     洞爺リゾート&スパ
                                    (9,167,544.61)
                  関連事業
     (北海道虻田郡洞爺湖町)
                       設備機器
     (注)1 明海ビルは、明海興産㈱に賃貸しています。
       2 シーサイドホテル舞子ビラ神戸は、当社がサフィールリゾート㈱に賃貸しています。土地は当社が神戸市よ
         り賃借しています(年間賃借料は137,904千円)。賃借している土地の面積は[                                    ]で外書きしています。
       3 ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパは、当社が㈱ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルに賃
         貸しています。
     (2)  国内子会社
                                        帳簿価額(千円)
                             設備の                          従業員数
                        セグメント
                事業所名
       会社名
                (所在地)         の名称
                              内容                           (人)
                                 建物および
                                        土地
                                             器具備品       合計
                                        (面積㎡)
                                  構築物
                             建物
                        ホテル
            ラグナガーデンホテル                           2,912,799
                             土地
                                 4,273,896            207,551     7,394,246       95
            (沖縄県宜野湾市)                           (30,426.21)
                        関連事業
                             設備機器
     ぎのわん
     観光開発㈱
                             建物
            ニセコノーザンリゾー
                        ホテル
                                        360,530
                             土地
            ト・アンヌプリ                     1,218,848             15,174    1,594,553       26
                        関連事業               (43,771.02)
            (北海道虻田郡ニセコ町)
                             設備機器
                             建物
                        ホテル
            サフィールホテル稚内                            140,184
                             土地
                                  254,805            51,416     446,407      20
            (北海道稚内市)            関連事業               (11,262.02)
                             設備機器
     ㈱ホテル
     アンヌプリ
            ニセコノーザンリゾー
                        ホテル     土地
                                         85,200
            ト・アンヌプリ                         ―         4,818     90,018      26
                        関連事業     設備機器           (31,553.00)
            (北海道虻田郡ニセコ町)
                             建物
                        不動産
            明海三宮ビル                             572,418
                             土地
                                   94,954              ―   667,373       ―
            (兵庫県神戸市中央区)            賃貸業                 (473.31)
                             設備機器
     東明汽船㈱
                             建物
                        不動産
            明海京橋ビル                            838,397
                             土地
                                  127,233             404    966,035       ―
            (東京都中央区)                            (272.26)
                        賃貸業
                             設備機器
                             建物
                        ホテル
     早来カント        早来カントリー倶楽部                            410,373
                             土地
                                   94,770           46,344     551,488       7
                                        (2,900,166.00)
            (北海道勇払郡安平町)
                        関連事業
     リー倶楽部㈱
                             設備機器
     (注)1    ラグナガーデンホテルは、ぎのわん観光開発㈱が㈱ラグナガーデンホテルに賃貸しています。
       2  ニセコノーザンリゾート・アンヌプリは、ぎのわん観光開発㈱が㈱ホテルアンヌプリに賃貸しています。
       3  明海三宮ビルおよび明海京橋ビルは、東明汽船㈱が明海興産㈱に賃貸しています。
       4  ㈱ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルは、2020年1月1日付けで早来カントリー倶楽部㈱を吸収合
         併しました。
                                 15/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (3)  在外子会社
                                        帳簿価額(千円)
                                                        従業員
                   セグメント
              事業所名
                                                         数
       会社名                 設備の内容
                   の名称
              (所在地)
                                                         (人)
                                船舶     建物     土地    器具備品      合計
                       タンカー2隻
              本社
     MK CENTENNIAL
                       バルカー1隻
              (SINGAPOR     外航海運業             13,921,101                  7,133   13,928,234       8
                                        ―     ―
      MARITIME    PTE.LTD.
                       コンテナ船2隻
              E)
                       タンカー1隻
              本社
     MELODIA   MARITIME
                       LPG船2隻
              (SINGAPOR     外航海運業             17,641,664                     17,641,664       1
                                        ―     ―     ―
      PTE  LTD.                 自動車専用船1隻
              E)
                       バルカー1隻
              本社
     MK CENTENNIAL
                       タンカー6隻
             (オランダ国アム
                   外航海運業             29,993,819      444,815      99,550      3,373   30,541,559       7
      MARITIME    B.V.              バルカー4隻
             ステルダム市)
     BRIGHT   OCEAN
              本社
                   外航海運業     自動車専用船2隻         516,500                     516,500
                                        ―     ―     ―        ―
      MARITIME    S.A.     (PANAMA)
     T.&M.

              本社          自動車専用船1隻
                   外航海運業             9,456,020                     9,456,020
                                        ―     ―     ―        ―
      MARITIME     S.A.    (PANAMA)          タンカー1隻
                       自動車専用船3隻
     ESTEEM
              本社
                   外航海運業     タンカー3隻        17,749,287                     17,749,287       ―
                                        ―     ―     ―
      MARITIME     S.A.
              (PANAMA)
                       チップ船1隻
     (注)1    上記の他、連結会社以外から賃借している設備の内容は以下のとおりです。

                                        年間リース料         リース契約残高
            会社名       セグメントの名称           設備の内容
                                         (千円)         (千円)
         MELODIA   MARITIME                 コンテナ船     2隻
                     外航海運業
                                          2,365,860         19,852,874
          PTE  LTD.                  自動車専用船      1隻
         MK CENTENNIAL
                              タンカー    1隻
                     外航海運業
                                           342,125        1,163,046
          MARITIME    B.V.
    3  【設備の新設、除却等の計画】

      当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修および除却等の計画は以下のとおりです。
      なお、決算日の異なる連結子会社については、各連結子会社の決算日現在にて記載しています。
     (1)  重要な設備の新設等

                     投資予定金額                   着手および完了予定

                                                    完成後の増加能力
       セグメント       設備の
                                資金調達方法
                                                    (載貨重量屯数)
       の名称       内容
                    総額      既支払額
                                        着手      完了予定
                   (千円)       (千円)
                                借入金およ

      外航海運業        船舶     58,666,753       13,274,113             2017年11月       2021年12月        962千トン
                                び自己資金
     (2)  重要な設備の改修

       該当事項はありません。
     (3)  重要な設備の除却等

                                                   売却による減少能力

         セグメント            設備の
                            期末帳簿価額(千円)            売却の予定年月日
                                                   (載貨重量屯数)
          の名称            内容
         外航海運業             船舶          919,774         2020年6月~7月            74千トン

                                 16/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     144,000,000

                  計                                   144,000,000

      ②  【発行済株式】

                事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               ( 2020年3月31日       )  (2020年6月26日)          商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
       普通株式           36,000,000          36,000,000                 単元株式数は100株です。
                                     市場第一部
         計          36,000,000          36,000,000           ―            ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
     1956年10月1日
                    18,000       36,000       900,000      1,800,000           ―       ―
            (注)1
     (注)   1 有償増資、株主割当1:1               発行価格50円
        2 最近の5事業年度は資本金の増減がないため、その直近のものについて記載しました。
                                 17/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2020年3月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                       金融商品     その他の                個人
                                                       (株)
            地方公共     金融機関                                計
                       取引業者      法人               その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
                ―     23     28     72     31      8   3,446     3,608        ―
     (人)
     所有株式数
                ―  115,643      1,948    192,122      3,934       44   46,266     359,957       4,300
     (単元)
     所有株式数
                ―   32.13      0.54     53.37      1.09     0.01     12.86     100.00        ―
     の割合(%)
     (注)   自己株式11,793株は「個人その他」に117単元および、「単元未満株式の状況」に93株含めて記載しています。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2020年3月31日       現在
                                                     発行済株式
                                                    (自己株式を
                                             所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     明治土地建物株式会社                 兵庫県神戸市中央区海岸通3番地                          5,347        14.8
     三井住友海上火災保険株式会社                 東京都千代田区神田駿河台三丁目9番地                          2,500         6.9

     東京海上日動火災保険株式会社                 東京都千代田区丸の内一丁目2番1号                          2,500         6.9

     明海興産株式会社                 兵庫県神戸市中央区京町76番2号                          2,400         6.6

     株式会社三井住友銀行                 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                          1,794         4.9

     タクティ株式会社                 東京都目黒区上目黒一丁目18番11号                          1,700         4.7

     パックトレーディング株式会社                 兵庫県神戸市中央区海岸通3番地                          1,128         3.1

     中央総合サービス株式会社                 兵庫県神戸市中央区明石町32番地                          1,128         3.1

     山崎金属産業株式会社                 東京都千代田区岩本町一丁目8番11号                          1,050         2.9

     株式会社シーアールケイ                 兵庫県神戸市中央区明石町32番地                           910        2.5

            計                                   20,457         56.8

     (注) 記載株数は、千株未満を切り捨てて表示しています。
                                 18/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2020年3月31日       現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式
                                    ―              ―
                 (注)1
                            11,700
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                                359,840             ―
                         35,984,000
                      普通株式
     単元未満株式                 (注)2
                                    ―              ―
                            4,300
     発行済株式総数                    36,000,000           ―              ―
     総株主の議決権                     ―           359,840             ―

     (注)   1 「完全議決権株式(自己株式等)」欄は、全て当社保有の自己株式です。
        2 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式会社証券保管振替機構名義の名義書換失念株式が    
          1,000株含まれています。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の名義書換失念株式に係る議決権の数
          が10個含まれています。
        3 「単元未満株式」には、当社保有の自己株式93株を含んでいます。
      ②  【自己株式等】

                                               2020年3月31日       現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
                  兵庫県神戸市中央区
     明治海運株式会社                              11,700          ―    11,700         0.0
                  明石町32番地
           計              ―          11,700          ―    11,700         0.0
                                 19/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)

     当事業年度における取得自己株式                                       ―               ―

     当期間における取得自己株式                                       30               9

     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                   当期間

             区分
                                 処分価額の総額                  処分価額の総額
                         株式数(株)                  株式数(株)
                                   (千円)                  (千円)
     引き受ける者の募集を行った
                               ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                               ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(―)                          ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                        11,793           ―      11,823           ―

     (注) 当期間における保有自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによ
       る株式数は含めていません。
                                 20/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    3  【配当政策】
     当社は、将来へ備え経営基盤を強化することにより安定的な配当水準を維持することを基本方針とし、業績、経営環
    境および今後の事業展開を総合的に勘案するとともに、株主の皆様への利益還元を図ります。
     当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本とし、また、会社法第459条第1項の規定に基づき、法令に別段の定
    めのある場合を除き、取締役会の決議により定めることとする旨を定款で定めています。
     2020年3月期の期末配当金につきましては、2020年5月15日開催の当社取締役会において、当期の経営成績等を勘案
    の上、1株当たり5円とする決議をしました。
    (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりです。

                      配当金の総額             1株当たり配当額
         決議年月日
                        (千円)               (円)
     2020年5月15日
                            179,941                 5
     取締役会
                                 21/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
     ①コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方
      当社は、効率的な企業活動を実現する上で、社会から信頼され、信用を得ることが継続的な事業運営と発展に繋がる
     と考えており、コーポレート・ガバナンスの強化を経営上の最重要課題としております。その上で、企業の社会的責任
     の遂行と適切な利益追求を同時に達成するため、公正且つ透明性の高い「経営の健全性」確保を念頭に、後述する取締
     役会をはじめとする各経営組織の体制を構築しております。
     ②企業統治の体制の概要およびその体制を採用する理由
      取締役会は、取締役11名、うち社外取締役は2名の体制であり、最大の経営課題である中長期的な企業価値の拡大を
     目指し、経営の基本方針およびその他経営に関する重要事項の決定を行うと共に、取締役の業務執行を監督する機関と
     位置付け、その業務執行活動を原則月1回報告しております。取締役の任期につきましては、経営責任を明確化し、事
     業環境の変化に迅速に対応できる経営体制を構築するため、その任期を1年としております。
      また、取締役会の経営機能と業務執行監督機能の強化・充実をはかると同時に、業務に精通した者を執行役員として
     任命し、業務執行の責任と権限を大幅に委譲することで会社の健全な運営および効率化を目的とした執行役員制度を導
     入しております。
      監査役会につきましては、社外監査役3名と常勤監査役1名で構成され、監査役機能を充実させ独立性を確保してお
     ります。定期的に監査役会が開催され、さらに必要があれば臨時監査役会が適時開催されております。また会計監査人
     である神明監査法人や内部監査室との連携の下、全体の内部統制強化に努めております。
      次に、経営会議委員会では、代表取締役社長CEO内田和也を議長として、各部門より内田貴也、丑嶋淳、土谷信雄、
     水野敏郎、笹原弘崇、藤川仁、丹生雅之、吉ケ江隆介を選出し合計9名の経営会議委員をもって構成し、取締役会の基
     本方針に基づき、取締役会に付議または報告される事項および業務執行に関する重要な事項の審議、経営に関する計
     画、意見・情報について広範に討議致します。
      当社は監査役会設置会社の形態を採用しておりますが、監査役会の機能と併せ、社外取締役の登用により取締役会の
     機能を強化し、経営に対する監督・監視機能のさらなる充実を図ることが合理的と判断し、現在の体制を採用するに
     至っております。
      提出日現在における経営上の意思決定、執行および監査に係る経営管理組織は、次のとおりです。

                                 22/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     ③企業統治に関するその他の事項
     (内部統制システムの整備の状況、リスク管理体制の整備の状況および当社の子会社の業務の適正を確保するための体
    制整備の状況)
      当社は、会社法および会社法施行規則に基づき、2006年5月19日開催の取締役会において決定した「内部統制基本方
     針」を、当社の更なるコーポレート・ガバナンスの充実と強化を目的として、2015年5月15日開催の取締役会にて、一
     部改定致しました。当社は、本方針に従い、内部統制システムを適切に構築・運用しています。
      また当社は、取締役会の業務監督機能、監査役の監視機能および内部監査室の内部監査機能を強化・充実させること
     により、全てのリスクについて迅速且つ適切に対応できる体制を構築しています。
      加えて、当社および当社グループにおける内部統制部門には、各社の責任者が配置され、その役割と責任を果たして
     おります。
     イ 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制
      ・取締役は職務執行および意思決定に係る重要な情報を文書で作成し、文書管理規程等の定めに従い、適切に保存
       および管理する。
      ・監査役会、コンプライアンス委員会、環境・安全委員会が求めたときは、いつでも当該文書を閲覧に供する。
     ロ 当社および当社子会社の損失の危険の管理に関する規程およびその他の体制
      ・当社グループの組織横断的リスク状況の監視は、グループ経営トップが出席する経営会議委員会がこれを行う。
       個々の損失危険の領域ごとに、当該損失の危険に関する事項を統括する担当取締役、担当執行役員がそれぞれの
       損失の危険に対する潜在性を経営会議委員会に提議する。
      ・損失の危険が顕在化した場合には、担当取締役、担当執行役員は、速やかに経営会議委員会へ報告する。担当取
       締役は、現実化した損失の危険に迅速に対応のうえ、その極小化に努め、経営会議委員会は、専門組織の設置を
       検討する。
      ・新たに生じたリスクへの対応のため、代表取締役社長は必要に応じて全社へ示達すると同時に、速やかに対応責
       任者となる取締役を定める。
     ハ 当社および当社子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
      ・当社グループの取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するために、取締役会を原則として月1回開催
       するほか、必要に応じて書面または電磁的記録による取締役会も開催可能とする。
      ・業務に精通した者を執行役員として任命し、業務執行の責任と権限を大幅に委譲することにより、業務執行の迅
       速化と会社の健全な運営および効率化を図る。
      ・取締役の職務の重点を意思決定ならびに業務執行監督の強化・充実に繋げ、且つITの適切な利用を通じて、職
       務の効率性を確保する。また、取締役会は子会社における業務執行状況および決算状況に関する報告を定期的に
       受ける。
     ニ 当社および当社子会社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体
       制
      ・当社グループの役職員および従業員が法令および社会通念等を遵守した行動をとるための「企業行動ルール」を
       定める。また法令等遵守の徹底を図るため、当社グループの「コンプライアンス委員会」を設置する。
      ・コンプライアンス委員会は、コンプライアンス体制確保のための教育および指導を行うとともに、「相談・通報
       制度」の窓口となる。
      ・市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体に対しては、毅然とした態度で臨み、必要に応じ
       弁護士および警察等と相談する。
      ・内部監査を担当する部門として「内部監査室」を組織する。
     ホ 当社および当社子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
      ・経営会議委員会での討議事項に、企業集団における事案を含めることで、企業集団として内包されるリスクを検
       討している。
      ・コンプライアンス委員会は、企業集団の共通組織として機能し、法令等遵守の徹底を一元的に図る。
     ヘ   当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
      ・必要に応じて総務担当部門のスタッフが、監査役業務を補助する。
     ト 前項の使用人の当社の取締役からの独立性に関する事項
      ・総務担当部門スタッフが監査を補助する場合は、監査役からの直接の業務指示・命令を受けて、これを実行す
       る。
     チ 当社の取締役および使用人が監査役に報告をするための体制、その他の監査役への報告に関する体制
      ・取締役は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実を発見したときは、直ちに監査役会へ報告する。
                                 23/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      ・監査役は、経営会議委員会、コンプライアンス委員会、環境・安全委員会に参加し、意見を述べることができ
       る。
     リ その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
      ・代表取締役と監査役は、相互の意思疎通を図るため、定期的な会合を持つ。
      ・監査役は、当社の会計監査人である神明監査法人から会計監査内容について説明を受けるとともに、情報の交換
       を行う等の連携を図る。
     ヌ 当社の監査役の使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
      ・監査役を補助すべき従業員は当社の従業員規則に従い、当該従業員の監査業務に関する指揮命令は監査役に属す
       るものとし、異動等人事事項については監査役と協議する。
     ル 子会社の取締役、使用人が監査役および従業員またはこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報告する
       ための体制
      ・当社の監査役は必要に応じて、子会社の取締役、監査役または従業員に重要業務についてその状況を聴取でき
       る。また子会社に著しい損害を及ぼす重要事項を発見した場合は直ちに監査役会に報告する。
     ヲ 子会社の取締役および監査役ならびに使用人等、報告をした者が当該報告をしたことを理由に不利な取り扱いを
       受けないための体制
      ・「コンプライアンス運営規程」にて通報・相談受付窓口で受け付けた情報の秘密は厳守することとしており、通
       報・相談者に対して不利益となる取扱いを禁止する。
     ワ 当社監査役の職務執行について生じる費用処理に関する事項
      ・当社は監査役がその職務遂行にかかわる費用請求をしたときは、必要でないと認められた場合を除き、速やかに
       支払処理をする。
     (反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方および整備状況)

      当社グループは、反社会的勢力による経営活動への関与の防止や当該勢力による被害を防止するために、反社会的勢
     力および団体に対して毅然とした態度を貫き、断固、一切の関係を排除することに努めることを基本方針とする。
      また、反社会的勢力への対応については、当社のコンプライアンスの重要項目の1つとして位置づけ、当社グループ
     役職員に周知徹底するとともに、反社会的勢力からの圧力があった場合、必要に応じて、警察への通報や弁護士への連
     絡を実施する等、外部の専門機関と連携の上、対処する。
     (責任限定契約の内容の概要)

      当社は会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役および社外監査役との間において、損害賠償責任を限定す
     る契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任限度額は、金500万円または法令が規定する額のいずれか高い
     額であります。
      また、当社は会社法第427条第1項の規定に基づき、会計監査人との間において、損害賠償責任を限定する契約を締
     結しております。当該契約に基づく賠償責任限度額は、金2,000万円または法令が規定する額のいずれか高い額であり
     ます。
     (株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項)

     イ 自己の株式の取得の決定機関
       当社は、自己の株式の取得について、機動的な資本政策の実行のため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取
      締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。
     ロ 剰余金の配当等の決定機関

       当社は将来へ備え経営基盤を強化することにより安定的な配当水準を維持することを基本方針とし、業績、経営環
      境および今後の事業展開を総合的に勘案するとともに株主の皆様への利益還元を図ります。剰余金の配当等会社法第
      459条第1項に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会の決議により定めることとす
      る旨を定款で定めております。
     ハ 取締役、監査役および会計監査人の責任免除の決定機関

       当社は、取締役、監査役および会計監査人が、職務を遂行するにあたり、期待される役割を十分に発揮できるよ
      う、会社法第426条第1項の規定により、取締役(取締役であった者を含む)、監査役(監査役であった者を含む)およ
      び会計監査人(会計監査人であった者を含む)の損害賠償責任を法令の限度において、取締役会の決議によって免除す
      ることができる旨を定款に定めております。
                                 24/92

                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (株主総会の特別決議要件)

      当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議
     決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款で定めております。これ
     は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするもので
     す。
                                 25/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
     ①役員一覧
    男性  15 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0 %)
                                                        所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                  略歴              任期
                                                         (千株)
                            1968年4月      三井造船㈱入社
                            1982年12月      同社退社
                            1983年1月      当社入社
                            1984年7月      当社企画部長
      代表取締役
                            1985年6月      当社取締役
             内 田 和   也
       社長            1945年11月5日      生                            (注)3     101
                            1986年6月      当社常務取締役
        CEO
                            1987年6月      当社代表取締役専務取締役
                            1991年6月      当社代表取締役副社長
                            1992年6月      当社代表取締役社長
                            2014年4月      当社代表取締役社長CEO(現任)
                            2008年10月      当社入社
                            2008年10月      当社経営企画グループ長
                            2009年6月      当社取締役
      代表取締役
                            2010年6月      当社取締役常務執行役員
             内 田 貴   也
       副社長             1975年10月22日      生                            (注)3     220
                            2011年4月      当社常務取締役
        COO
                            2013年6月      当社代表取締役専務取締役
                            2014年4月      当社代表取締役専務取締役COO
                            2020年6月      当社代表取締役副社長COO(現任)
                            1971年3月      当社入社
                            1987年7月      当社企画部副部長
                            1992年6月      明海興産㈱取締役
                            1993年6月      当社取締役
      代表取締役
                            1997年6月      明海興産㈱常務取締役
             丑   嶋     淳
      専務取締役             1947年9月5日      生                            (注)3     1
                            2001年6月      当社常務取締役
        COO
                            2005年6月      明海興産㈱代表取締役社長(現任)
                            2008年6月      当社代表取締役常務取締役
                            2013年6月      当社代表取締役専務取締役
                            2014年4月      当社代表取締役専務取締役COO(現任)
                            2007年6月      当社入社
                            2007年6月      当社理事
                            2007年6月      東明汽船㈱取締役
                            2008年6月      当社執行役員
                            2008年7月      東明汽船㈱常務取締役
             土 谷 信   雄
      常務取締役             1954年8月17日      生                            (注)3     2
                            2009年6月      当社取締役
                            2010年6月      当社取締役常務執行役員
                            2010年6月      東明汽船㈱代表取締役社長(現任)
                            2012年4月      当社常務取締役(現任)
                            2003年8月      当社入社
                            2003年8月      当社総務部副部長
                            2004年10月      当社経理グループ長
       取締役
                            2007年4月      当社理事
             水 野 敏   郎
      常務執行役員              1958年11月3日      生                            (注)3     1
                            2008年6月      当社執行役員経理グループ長
      経理グループ長
                            2011年6月      当社取締役執行役員
                            2015年4月      当社取締役常務執行役員
                                  当社取締役常務執行役員経理グループ長委嘱
                            2019年8月
                                  (現任)
                            1996年8月      当社入社
                            2008年7月      当社総務グループ長
       取締役
      常務執行役員              1969年10月2日      生                            (注)3     1
             笹 原 弘   崇
                            2011年4月      当社常務執行役員総務グループ長委嘱
     総務グループ長
                                  当社取締役常務執行役員総務グループ長委嘱
                            2015年6月
                                  (現任)
                            1997年2月      当社入社
                            2004年10月      当社総務グループ長
                            2006年4月      当社理事
       取締役
              藤 川 仁
                    1965年12月29日      生                            (注)3     1
      常務執行役員
                            2008年6月      当社執行役員
                            2018年6月      当社取締役常務執行役員(現任)
                            2018年6月
                                  エム・エム・エス㈱代表取締役社長(現任)
                                 26/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                  略歴              任期
                                                         (千株)
                                  ㈱ホテル日航アンヌプリ入社
                            1992年4月
                                  ㈱ホテルアンヌプリ総支配人
                            2009年4月
                            2010年3月      同社取締役総支配人
       取締役
             丹 生 雅 之
                    1956年1月27日      生                            (注)3     1
                            2011年3月      同社常務取締役(現任)
       執行役員
                            2011年4月      当社執行役員
                            2012年6月      当社取締役執行役員(現任)
                            1991年12月      当社入社
                            2011年3月      エム・エム・エス㈱取締役
       取締役
                            2011年4月      当社執行役員
             本 山 喜久彦
                    1968年2月3日      生                            (注)3     1
       執行役員
                            2013年6月      当社取締役執行役員(現任)
                            2014年3月      エム・エム・エス㈱代表取締役常務執行役員
                            1999年6月      三井造船㈱取締役
                            2003年6月      同社常務取締役
       取締役             1944年2月18日      生   2009年7月      同社顧問                   (注)3     5
             大 野 勝   久
                            2010年6月      当社監査役
                            2015年6月      当社取締役(現任)
                            2001年4月
                                  社団法人産業環境管理協会入所
                                  (現  一般社団法人産業環境管理協会)
                            2010年6月      同社団企画参与
       取締役             1952年2月2日      生                            (注)3     1
             長 谷 吉   博
                                  同社団執行理事      環境管理部門長
                            2013年6月
                            2015年6月      当社取締役(現任)
                                  サフィールリゾート㈱管理部 管理統括支配人
                            2014年12月
       監査役
                                  当社ホテル関連事業グループ副グループ長
                            2019年1月
                    1966年8月27日      生                            (注)4     1
             壷 井 圭   次
       (常勤)
                                  当社監査役(現任)
                            2020年6月
                            2007年6月      三井造船㈱理事監査部長
                            2012年6月      昭和飛行機㈱社外監査役
       監査役             1949年4月12日      生                            (注)4     2
             松 浦 明   人
                            2014年6月      当社監査役(現任)
                                  東京国税局入局
                            1978年4月
                                  国税庁税務大学校研究部教授
                            2003年7月
                                  東京国税局調査第一部主任国際税務専門官
                            2006年7月
                                  遠藤克博税理士事務所代表(現任)
                            2008年8月
                                  ローランドディー.ジー.㈱社外監査役
       監査役             1955年1月18日      生   2010年6月                         (注)4     1
             遠 藤 克   博
                                  千代田インテグレ㈱社外監査役(現任)
                            2011年11月
                                  青山学院大学大学院        客員教授
                            2015年4月
                                  当社監査役(現任)
                            2015年6月
                                  ローランドディー.ジー.㈱社外取締役
                            2016年3月
                            2008年10月      三井物産㈱代表取締役専務執行役員
                            2010年4月      同社代表取締役副社長執行役員
                            2014年6月      同社顧問
       監査役             1953年1月12日      生                            (注)4     1
             田 中 誠   一
                            2016年6月      川崎汽船㈱社外取締役(現任)
                            2020年6月      当社監査役(現任)
                                                          340
                             計
     (注)1 取締役 大野勝久および長谷吉博は、社外取締役です。

       2 監査役 松浦明人、遠藤克博および田中誠一は、社外監査役です。
       3 取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時
         までです。   
       4 監査役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時
         までです。
       5 代表取締役副社長COO 内田貴也は、代表取締役社長CEO 内田和也の子です。
                                 27/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     ②社外取締役および社外監査役の状況
      当社の社外取締役は2名、社外監査役は3名であります。
      当社における社外取締役は、取締役会および経営会議に出席し、取締役会の意思決定および業務執行の監督ならびに
     幅広い視野に立った有益な助言を得ることを企図し選任しております。大野勝久氏は、上場会社における取締役として
     の豊富な経営に対する知識を独立した立場から当社の経営判断、意思決定の過程で助言・提言いただくため、社外取締
     役として選任しております。長谷吉博氏は、一般社団法人における組織運営等の幅広い見識を独立した立場から当社の
     コーポレート・ガバナンスの一層の強化に助言・提言をいただくため、社外取締役に選任しております。
      当社における社外監査役は、取締役会、経営会議、監査役会およびその他重要な会議に出席するほか、業務執行状況
     の報告を受け、内部監査室および会計監査人と連携して、独立した視点から経営に関する監視機能の強化を図り選任し
     ております。松浦明人氏は、上場会社における社外監査役としての豊富な知識と経験を独立した立場から当社監査体制
     に活かしていただくため、社外監査役に選任しております。遠藤克博氏は、税理士としての専門的知見ならびに上場会
     社における社外監査役としての豊富な経験を独立した立場から当社監査体制に活かしていただくため、社外監査役に選
     任しております。田中誠一氏は上場会社における取締役としての豊富な経験と知識を有しており、その経験と知識を独
     立した立場から当社監査体制に活かしていただくため、社外監査役として選任しております。
      社外取締役および社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準または方針については、特定の基準等
     を設けてはいませんが、会社法上の要件に加え、(株)東京証券取引所等の定めに基づく独立役員制度の独立性に関す
     る判断基準等を参考にしております。なお、同制度の基準に照らして一般株主と利益相反が生じる恐れがないと判断
     し、社外取締役大野勝久氏、社外取締役長谷吉博氏、社外監査役松浦明人氏、社外監査役遠藤克博氏および社外監査役
     田中誠一氏を独立役員として指定し、届け出ております。
     (3)  【監査の状況】

     ①監査役監査の状況
      当社は監査役会を設置し、社外監査役3名と常勤監査役1名で構成されております。
      監査役監査は、監査役会において定めた監査計画に基づき監査を実施しております。当社グループの監査を適正に実
     施するため、会計監査人と意見交換会を設けており、グループ各社の監査の内容につき説明を受けるとともに、業務・
     会計上の課題について情報・ノウハウを共有するよう心掛けております。また、定期的に行われる社内のコンプライア
     ンス研修会に、役員・従業員と参加し、自ら研修を受けるとともに会社のコンプライアンス活動を把握しています。
      監査役会は定期的に開催され、さらに必要があれば臨時監査役会が適時開催されております。当事業年度においては
     監査役会を10回開催し、各監査役は10回全ての監査役会に出席しました。
     監査役会では、監査報告の作成、常勤監査役の選定、監査の方針・業務及び財産の状況の調査の方法等、監査役の職務
     の執行に関する事項の決定を主な検討事項としています。また、会計監査人の選解任又は不再任に関する事項や、会計
     監査人の報酬等に対する同意等、監査役会の決議による事項について検討を行っています。
      常勤監査役は、当社グループ経理部門において長年にわたり経理実務に携わり、財務および会計に関する相当程度の
     知見を有するものです。主な活動内容としては、取締役会、その他重要な会議に出席する他、重要な決済書類等を閲覧
     し、本社および主要な子会社において業務および財産の状況を調査し、取締役及び使用人等からその職務執行状況につ
     いて報告を受けるなど、常勤者としての特性を踏まえ、監査環境の整備等に努めています。また、内部統制システムの
     構築及び運用の状況を日常的に監視、検証し、さらに、会計監査人監査の立会等、監査の方法及び結果の相当性に関す
     る事項等についても逐次、各監査役に周知するとともに、監査役会にて報告、必要な協議をしています。
     ②内部監査の状況

      当社はコーポレート・ガバナンスおよび内部統制強化を目的として、2006年12月15日に内部監査室を設置し、提出日
     現在4名で構成されております。内部監査は、口頭もしくは書面による質問から諸資料の閲覧、現場視察に至るさまざ
     まな方法を用いて行っており、監査結果について随時経営会議委員会に報告する体制をとっております。
      また監査の実効性を高めるため監査役との情報交換を行うなど連携を十分図るよう努めております。内部監査、監査
     役監査、会計監査人が相互に連携を深めつつ、内部監査室による各内部統制部門の監査を実施し、それら運用状況の検
     討・評価を踏まえ、必要に応じて助言や改善を促す体制を整えております。
                                 28/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     ③会計監査の状況
     (監査法人の名称)
      神明監査法人
     (継続監査期間)

     20年
     (業務を執行した公認会計士)

      古村永子郎氏および角橋実氏
     (監査業務に係る補助者の構成)

      公認会計士6名、公認会計士試験合格者1名
     (監査法人の選定方針と理由)

      当社は、監査役会において策定した会計監査人の評価・選定基準に照らし、監査法人の独立性、専門性、品質管理体
     制等を総合的に勘案し、選定することとしています。神明監査法人については、前述の評価・選定基準に照らし、職務
     遂行状況、監査体制などを総合的に判断した結果、会計監査人として再任しています。
      なお、監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、会計監査人の
     解任または不再任を株主総会の会議の目的とすることとします。
      また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基
     づき、会計監査人を解任します。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におい
     て、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告します。
     (監査役および監査役会の会計監査人の評価)

      監査役会は、会計監査人の評価基準に基づき、監査法人の評価を毎年実施しています。この評価は監査法人の独立
     性、専門性、品質管理体制、職務遂行状況、監査体制等の観点から実施、問題点は検出されませんでした。
     ④監査報酬の内容等

     (監査公認会計士等に対する報酬の内容)
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               17,000             ―        17,000             ―
        連結子会社                2,500             ―         2,500             ―

          計             19,500             ―        19,500             ―

     (その他の重要な報酬の内容)

      該当事項はありません。
     (監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容)

      該当事項はありません。
     (監査報酬の決定方針)

      監査業務実態および監査日数等を勘案した上定めています。
     (監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由)

      監査役会は、取締役、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手しかつ報告を受け、会計監査人の監査計
     画の内容、従前の事業年度における職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等を検討して同意しました。
                                 29/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
     ①役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に係る事項
      当社の役員の報酬等の額は、2020年6月26日の株主総会の決議により承認された限度額(取締役                                             年総額    350百万円
     うち社外取締役分として25百万円、監査役                    年総額    55百万円、なお現在の取締役11名うち社外取締役2名、監査役4
     名)の範囲内で、役位・職務内容・貢献度等を総合的に勘案して、決定・支給するものとしております。各取締役の
     報酬等は、代表取締役3名に総務担当取締役が加わる協議により報酬案が作成され、取締役会にて代表取締役社長CEO
     に一任する形で決定されております。各監査役の報酬等は各監査役の協議により報酬案が作成され、監査役会にて決
     定されております。
     ②提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                     報酬等の総額
           役員区分                                         役員の員数
                      (千円)
                                                     (名)
                              固定報酬      業績連動報酬        退職慰労金
      取締役
                        211,410       211,410          ―       ―    10
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                         7,580       7,580         ―       ―     1
      (社外監査役を除く。)
      社外役員                  18,940       18,940          ―       ―     5
     ③提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

       連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
     ④使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

       該当事項はありません。
                                 30/92












                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、投資株式の保有が専ら株式の価値の変動または株式にかかわる配当によって利益を受けることを目的
       とするものを純投資目的である投資株式とし、それ以外の目的により保有する投資株式を純投資目的以外の目的
       である投資株式と区分しています。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は、保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式について、取引関係の維持・強化を図り、当社の
        安定経営および中長期的な企業価値向上に資すると認められる株式を保有しています。保有する株式の発行会
        社およびそのグループ会社との取引状況に加え、保有する株式の状況(時価、配当利回り等)についても定期
        的に検証し、当社の財務に及ぼす影響度合いも踏まえつつ、保有意義に照らして継続保有の是非を判断してい
        ます。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                      (銘柄)
                              合計額(千円)
         非上場株式               6            115,542
         非上場株式以外の株式               9           1,251,918
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         該当事項はありません。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         該当事項はありません。
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

    特定投資株式
                     当事業年度         前事業年度
                                                       当社の株
                     株式数(株)         株式数(株)       保有目的、定量的な保有効果(注2)
           銘柄                                            式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                    貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
                      (千円)         (千円)
                        100,000         100,000
     ANAホールディングス㈱                                 取引関係の維持・強化                  有
                        263,900         405,900
                       2,029,000         2,029,000
     ㈱みずほフィナンシャルグ
                                      取引関係の維持・強化                  無
     ループ
                        250,784         347,567
                         76,300         76,300
     ㈱三井住友フィナンシャルグ
                                      取引関係の維持・強化                  無
     ループ
                        200,134         295,738
                         52,500         52,500
     東京海上ホールディングス㈱                                 取引関係の維持・強化                  無
                        259,875         281,505
                         58,700         58,700
     ㈱商船三井                                 取引関係の維持・強化                  無
                        102,548         139,764
                         31,500         31,500
     MS&ADインシュアランスグルー
                                      取引関係の維持・強化                  無
     プホールディングス㈱
                         95,287        106,155
                         13,000         13,000
     北海道中央バス㈱                                 取引関係の維持・強化                  有
                         47,060         55,380
                         7,900         7,900
     三井住友トラスト・ホール
                                      取引関係の維持・強化                  無
     ディングス㈱
                         24,679         31,410
                         3,900         3,900
     ㈱百十四銀行                                 取引関係の維持・強化                  有
                         7,647         8,938
     (注)   1 ㈱百十四銀行は、貸借対照表価額が資本金額の100分の1以下でありますが、非上場株式を除く全9銘柄に
          ついて記載しています。
        2 定量的な保有効果については記載が困難であります。保有の合理性は、保有する株式の発行会社およびその
          グループ会社との取引状況に加え、保有する株式の状況(時価、配当利回り等)についても定期的に検証
          し、当社の財務に及ぼす影響度合いも踏まえつつ、継続保有の是非を判断しています。
                                 31/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    みなし保有株式

     該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 32/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

    (1) 当社の連結財務諸表は、「海運企業財務諸表準則(昭和29年運輸省告示 第431号)」及び「連結財務諸表の用語、様
      式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成し
      ています。
    (2)  当社の財務諸表は、「海運企業財務諸表準則(昭和29年運輸省告示                               第431号)」及び「財務諸表等の用語、様式及び

      作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成していま
      す。
    2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、神明監査法人に
      より監査を受けています。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、
      最新の情報を入手することを行っています。また、日本公認会計士協会・監査法人等の開催するセミナーへの参加
      をすることで、更にその内容を深く理解し、その知り得た情報をグループ各社へも周知することにより、連結財務
      諸表等の適正性の確保に努めています。
                                 33/92













                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
       ①【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     売上高                                 42,604,106              43,881,284
                                      33,523,392              34,214,206
     売上原価
     売上総利益                                  9,080,713              9,667,077
                                     ※1  4,153,069            ※1  4,222,225
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  4,927,644              5,444,852
     営業外収益
      受取利息                                  87,485              96,095
      受取配当金                                 104,236              112,363
      為替差益                                 416,964               49,178
      持分法による投資利益                                 690,368              789,915
                                        262,671              535,411
      その他
      営業外収益合計                                1,561,726              1,582,965
     営業外費用
      支払利息                                1,901,672              2,140,746
                                        209,299              186,326
      その他
      営業外費用合計                                2,110,971              2,327,073
     経常利益                                  4,378,399              4,700,744
     特別利益
      船舶売却益                                    ―          1,046,173
                                        55,670                 ―
      その他
      特別利益合計                                  55,670             1,046,173
     特別損失
                                                   ※2  1,449,012
      減損損失                                    ―
                                           ―            92,424
      その他
      特別損失合計                                    ―          1,541,436
     税金等調整前当期純利益                                  4,434,069              4,205,481
     法人税、住民税及び事業税
                                        609,846              661,975
                                       △ 92,972              22,210
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   516,874              684,185
     当期純利益                                  3,917,194              3,521,296
     非支配株主に帰属する当期純利益                                  1,867,591              1,801,490
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  2,049,603              1,719,805
                                 34/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     当期純利益                                  3,917,194              3,521,296
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 136,524             △ 277,484
      繰延ヘッジ損益                                 136,889               12,377
      為替換算調整勘定                                △ 266,792             △ 204,480
                                       △ 147,789             △ 425,421
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                     ※1  △  414,216           ※1  △  895,008
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  3,502,977              2,626,287
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                1,769,406               966,747
      非支配株主に係る包括利益                                1,733,570              1,659,540
                                 35/92















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
       ②【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度         (自  2018年4月1日         至   2019年3月31日)
                                        (単位:千円)
                              株主資本
                  資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             1,800,000       21,128    10,736,493       △ 675,520     11,882,102
     当期変動額
     剰余金の配当                         △ 179,941            △ 179,941
     持分法の適用範囲の変動                            ―            ―
     親会社株主に帰属する当
                              2,049,603            2,049,603
     期純利益
     株主資本以外の項目の当
     期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―      ―   1,869,662          ―   1,869,662
     当期末残高             1,800,000       21,128    12,606,156       △ 675,520     13,751,764
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分       純資産合計
                その他有価証券             土地再評価       為替換算     その他の包括
                      繰延ヘッジ損益
                 評価差額金             差額金      調整勘定     利益累計額合計
     当期首残高              625,473     △ 321,616     1,906,276      1,173,573      3,383,706      20,937,331      36,203,140
     当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 179,941
     持分法の適用範囲の変動                                                     ―
     親会社株主に帰属する当
                                                       2,049,603
     期純利益
     株主資本以外の項目の当
                  △ 112,333      △ 8,280        ―   △ 159,582     △ 280,196     1,296,490      1,016,294
     期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 112,333      △ 8,280        ―   △ 159,582     △ 280,196     1,296,490      2,885,956
     当期末残高              513,140     △ 329,896     1,906,276      1,013,991      3,103,510      22,233,821      39,089,096
                                 36/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度         (自  2019年4月1日         至   2020年3月31日)
                                        (単位:千円)
                              株主資本
                  資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
     当期首残高             1,800,000       21,128    12,606,156       △ 675,520     13,751,764
     当期変動額
     剰余金の配当                         △ 179,941            △ 179,941
     持分法の適用範囲の変動                          13,676            13,676
     親会社株主に帰属する当
                              1,719,805            1,719,805
     期純利益
     株主資本以外の項目の当
     期変動額(純額)
     当期変動額合計                 ―      ―   1,553,541          ―   1,553,541
     当期末残高             1,800,000       21,128    14,159,697       △ 675,520     15,305,305
                           その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分       純資産合計
                その他有価証券             土地再評価       為替換算     その他の包括
                      繰延ヘッジ損益
                 評価差額金             差額金      調整勘定     利益累計額合計
     当期首残高              513,140     △ 329,896     1,906,276      1,013,991      3,103,510      22,233,821      39,089,096
     当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 179,941
     持分法の適用範囲の変動                                                   13,676
     親会社株主に帰属する当
                                                       1,719,805
     期純利益
     株主資本以外の項目の当
                  △ 289,101     △ 283,752         ―   △ 180,204     △ 753,058     1,414,460       661,402
     期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 289,101     △ 283,752         ―   △ 180,204     △ 753,058     1,414,460      2,214,943
     当期末残高              224,038     △ 613,649     1,906,276       833,786     2,350,452      23,648,282      41,304,040
                                 37/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
       ③【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              16,471,715              19,592,201
        売掛金                                839,769              885,690
        商品及び製品                                27,405              26,298
        原材料及び貯蔵品                                720,042              664,346
                                       2,691,877              3,056,305
        その他
        流動資産合計                              20,750,810              24,224,842
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※4  102,070,321             ※4  99,449,928
         船舶(純額)
                                    ※4  12,346,029            ※4  11,934,661
         建物及び構築物(純額)
                                   ※2 , ※4  8,679,167           ※2 , ※4  8,677,822
         土地
         建設仮勘定                             5,378,500              13,915,713
                                        471,546              606,527
         その他(純額)
                                    ※1  128,945,564            ※1  134,584,654
         有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        85,744              86,936
         その他
         無形固定資産合計                               85,744              86,936
        投資その他の資産
                                    ※3  13,907,502            ※3  13,489,175
         投資有価証券
         長期貸付金                              895,165             1,133,673
         繰延税金資産                              992,167             1,238,838
                                       1,052,307              1,029,701
         その他
         投資その他の資産合計                             16,847,142              16,891,390
        固定資産合計                              145,878,451              151,562,980
      資産合計                               166,629,261              175,787,823
                                 38/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        海運業未払金                               1,544,406              1,725,759
        1年内償還予定の社債                               1,095,500               948,000
                                    ※4  26,400,206            ※4  25,258,347
        短期借入金
        リース債務                                178,498              176,185
        未払金                                943,583              852,150
        未払法人税等                                336,849              359,730
        賞与引当金                                50,799              55,443
                                     ※4  4,443,856            ※4  4,889,780
        その他
        流動負債合計                              34,993,699              34,265,395
      固定負債
        社債                               2,606,000              1,658,000
                                    ※4  80,929,529            ※4  90,574,425
        長期借入金
        リース債務                               2,347,065              2,138,430
        繰延税金負債                                191,952              315,437
                                     ※2  1,043,086            ※2  1,043,086
        再評価に係る繰延税金負債
        引当金
         役員退職慰労引当金                              235,494              235,494
                                       2,013,784              2,307,664
         特別修繕引当金
         引当金計                             2,249,278              2,543,158
        退職給付に係る負債
                                        352,701              352,105
        持分法適用に伴う負債                               1,035,790               828,159
                                     ※4  1,791,061
                                                      765,585
        その他
        固定負債合計                              92,546,465              100,218,387
      負債合計                               127,540,164              134,483,782
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,800,000              1,800,000
        資本剰余金                                21,128              21,128
        利益剰余金                              12,606,156              14,159,697
                                       △ 675,520             △ 675,520
        自己株式
        株主資本合計                              13,751,764              15,305,305
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                513,140              224,038
        繰延ヘッジ損益                               △ 329,896             △ 613,649
                                     ※2  1,906,276            ※2  1,906,276
        土地再評価差額金
                                       1,013,991               833,786
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               3,103,510              2,350,452
      非支配株主持分                                22,233,821              23,648,282
      純資産合計                                39,089,096              41,304,040
     負債純資産合計                                 166,629,261              175,787,823
                                 39/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
       ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                4,434,069              4,205,481
      減価償却費                                10,515,360              11,165,946
      減損損失                                    ―          1,449,012
      投資有価証券評価損益(△は益)                                    ―            92,424
      受取利息及び受取配当金                                △ 191,722             △ 208,459
      有形固定資産除売却損益(△は益)                                  18,135            △ 1,044,130
      支払利息                                1,901,672              2,140,746
      為替差損益(△は益)                                △ 390,637              △ 95,809
      匿名組合投資損益(△は益)                                 △ 40,212             △ 191,973
      デリバティブ評価損益(△は益)                                 △ 41,134             △ 20,314
      持分法による投資損益(△は益)                                △ 690,368             △ 789,915
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,277                ―
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  11,709               △ 596
      特別修繕引当金の増減額(△は減少)                                 487,456              293,880
      前受金の増減額(△は減少)                                 139,160               18,569
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  26,975              56,802
      未収消費税等の増減額(△は増加)                                 △ 4,459              1,624
      海運業未払金の増減額(△は減少)                                  92,729              181,352
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                △ 391,868             △ 631,155
                                        540,612              264,170
      その他
      小計                                16,414,199              16,887,656
      利息及び配当金の受取額
                                        167,583              453,891
      利息の支払額                               △ 1,964,928             △ 2,221,544
                                       △ 641,578             △ 643,009
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                13,975,276              14,476,993
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                               △ 22,802,255             △ 21,475,386
      有形固定資産の売却による収入                                  1,761            3,206,564
      定期預金の預入による支出                                △ 248,040              △ 91,724
      定期預金の払戻による収入                                  26,000              248,040
      投資有価証券の取得による支出                               △ 3,074,837              △ 132,854
      投資有価証券の売却及び償還による収入                                  19,992              15,721
      貸付けによる支出                                △ 120,000            △ 1,165,743
      貸付金の回収による収入                                 333,060             1,105,957
                                       △ 30,102             △ 79,731
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 25,894,421             △ 18,369,155
                                 40/92







                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                               △ 1,844,303              △ 236,195
      長期借入れによる収入                                31,340,389              30,794,188
      長期借入金の返済による支出                               △ 16,566,439             △ 21,639,355
      社債の発行による収入                                 488,960                 ―
      社債の償還による支出                               △ 1,207,000             △ 1,095,500
      配当金の支払額                                △ 179,304             △ 179,108
      非支配株主への配当金の支払額                                △ 437,080             △ 245,080
      リース債務の返済による支出                               △ 2,313,066              △ 210,948
                                        371,613               7,460
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                9,653,768              7,195,459
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 254,543              △ 26,496
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 2,519,920              3,276,801
     現金及び現金同等物の期首残高                                 18,743,596              16,223,675
                                    ※1  16,223,675            ※1  19,500,477
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 41/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
      当社の連結子会社は東明汽船株式会社他                   18 社です。(前連結会計年度             合計  18 社)
      連結子会社名は「第1企業の概況 4関係会社の状況」に記載しています。
      当連結会計年度より、新たに設立したSOLEIL                     TRANSPORT     S.A.を連結の範囲に含めています。
      特記すべき主要な非連結子会社はありません。
      なお、非連結子会社の総資産、売上高、当期純損益および利益剰余金等は何れも小規模であり、全体としても連結
      財務諸表に重要な影響を及ぼしませんので、連結の範囲から除外しています。
    2 持分法の適用に関する事項
     (1)  持分法を適用した非連結子会社はありません。
     (2)  持分法を適用した関連会社の数                15 社
       持分法を適用した主要な関連会社の名称 明治土地建物株式会社他
     (3)  持分法適用の範囲の変更
       当連結会計年度において、NT              MARITIMA     S.A.は清算手続きが完了したため、持分法適用の範囲から除外していま
       す。
     (4)  持分法を適用しない非連結子会社または関連会社の名称等
       特記すべき主要な非連結子会社および関連会社はありません。なお、持分法を適用していない非連結子会社および
       関連会社については、当期純損益および利益剰余金等のうち持分相当額は何れも小規模であり、全体としても連結
       財務諸表に重要な影響を及ぼしませんので、持分法の適用から除外しています。
       また、主要な持分法適用関連会社は「第1企業の概況 4関係会社の状況」に記載しています。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項
      連結子会社である東明汽船株式会社他18社の決算日は12月31日です。連結財務諸表の作成にあたっては、決算日現
      在の財務諸表を使用しています。
      なお、連結決算日との期間に発生した重要な取引については連結上必要な調整を行っています。
    4 会計方針に関する事項
     (1)  重要な資産の評価基準および評価方法
      (その他有価証券)
      ①時価のあるもの
       決算期末日の市場価格等に基づく時価法
       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しています。)
      ②時価のないもの
       移動平均法による原価法
      (デリバティブ)
      時価法
      (棚卸資産)
      通常の販売目的で保有する棚卸資産
       評価基準は原価法(貸借対照表価額については収益性の低下による簿価切下げの方法)によっています。
       商品     :最終仕入原価法
       貯蔵品     :潤滑油は先入先出法
              その他の貯蔵品は移動平均法
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      (有形固定資産-リース資産を除く)
      船舶         :主として定額法
      建物及び構築物         :主として定額法
      その他         :主として定率法
      主な耐用年数         :船舶 13~20年
      (無形固定資産-リース資産を除く)

      自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しています。
                                 42/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (リース資産)
      所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しています。
     (3)  重要な繰延資産の処理方法

       社債発行費は、支出時に全額費用として処理しています。
     (4)  重要な引当金の計上基準

      ①賞与引当金
       従業員に対する賞与支給に備えるため、支給見込額を計上しています。
      ②役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末要支給額を計上していま
       す。なお、2014年6月27日開催の定時株主総会終結の時をもって、役員退職慰労金制度を廃止し、同日までの役
       員の在任期間に対する退職慰労金を支給することとしています。これにより同日以降の役員退職慰労引当金の繰
       入は行っていません。
      ③特別修繕引当金
       船舶の特別修繕に要する費用の支出に備えるため、将来の修繕見積額に基づいて計上しています。
     (5)  退職給付に係る会計処理の方法
        従業員の退職金の支払いに備えるため、退職給付会計基準の簡便法により、当連結会計年度末要支給額を計上し
       ています。
     (6)  重要なヘッジ会計の方法
      ①ヘッジ会計の方法
       原則として、繰延ヘッジ処理によっています。
       なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっています。
      ②ヘッジ手段とヘッジ対象
       ヘッジ手段…金利スワップ、為替予約
       ヘッジ対象…借入金利息、外貨建予定取引
      ③ヘッジ方針
       デリバティブ取引に関する権限規程および取引限度額等を定めた内部規程に基づき、ヘッジ対象に係る金利およ
       び為替変動リスクを一定範囲内でヘッジしています。
      ④ヘッジ有効性の評価
       主としてヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間における、ヘッジ対象の相場変動またはキャッシュ・フ
       ロー変動の累計とヘッジ手段の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計とを比較し、両者の変動額等を基
       礎として有効性を判定しています。ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップ等については、ヘッジ
       有効性判定を省略しています。
     (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       資金(現金および現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、且つ価値の
       変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっていま
       す。
     (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       消費税等の会計処理
       税抜方式を採用しています。
                                 43/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
      1   収益認識に関する会計基準等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
      (1)   概要
        収益認識に関する包括的な会計基準です。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務に充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)   適用予定日
        2022年3月期の期首より適用予定です。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
      2   会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準

      ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                                             2020年3月31日)
      (1)   概要
        関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目
       的とするものです。
      (2)   適用予定日
        2021年3月期の年度末より適用予定です。
      3   会計上の見積りの開示に関する会計基準

      ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                                2020年3月31日)
      (1)   概要
        当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼ
       すリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示するこ
       とを目的とするものです。
      (2)   適用予定日
        2021年3月期の年度末より適用予定です。
      4  時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                      2020年3月31日)
      (1)   概要
        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
       定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
       ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
        ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
        また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
       事項が定められました。
      (2)   適用予定日
        2022年3月期の期首より適用予定です。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
                                 44/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (追加情報)
       新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、外航海運業部門では一部に新造船の竣工時期の遅れや定期修繕の工
      期の遅れ等が発生しておりますが、翌連結会計年度の業績への影響は限定的であると見込んでいます。ホテル関連
      事業部門では集客が大幅に減少しており、翌連結会計年度において売上高の減少など業績への影響が見込まれま
      す。
       固定資産の減損や繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りにあたっては、今後の広がり方や収束時期等を
      正確に予測することは困難ですが、当連結会計年度末で入手可能な情報等を踏まえ、2020年10月頃から緩やかに回
      復すると仮定して見積りを行っています。
      (連結損益計算書関係)

     ※1 販売費および一般管理費のうち、主要なものは次のとおりです。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
        役員報酬および従業員給与                      1,441,124     千円            1,449,591     千円
        退職給付費用                        39,281   千円              37,156   千円
        賃借料                       240,899    千円             227,896    千円
        支払手数料                       655,247    千円             678,038    千円
     ※2 減損損失の内容は次のとおりです。

     前連結会計年度 (自            2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
       該当事項はありません。
     当連結会計年度 (自            2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

       当連結会計年度において、当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しました。 
               用途            種類        場所           減損金額
         外航海運業用資産                 船舶       オランダ国                457,161千円
         外航海運業用資産                 船舶       パナマ国                991,850千円
               合計                                 1,449,012千円
        当社および連結子会社は、外航海運業用資産、ホテル関連事業用資産、不動産賃貸業用資産について、個別物

       件ごとにグルーピングをしています。
        外航海運業用資産(オランダ国)の船舶1隻について、収益性が低下していることから、帳簿価額を回収可能価

       額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しています。なお、当資産グループの回収可能価額
       は正味売却価額(鑑定評価額から見込み売買手数料を控除した金額)によっています。
        また、外航海運業用資産(パナマ国)の船舶1隻について、収益性が低下していることから、帳簿価額を回収可
       能価額まで減額し、減損損失として特別損失に計上しています。なお、当資産グループの回収可能価額は使用価
       値によっており、将来キャッシュ・フローを3%で割り引いて算定しています。
                                 45/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
      その他有価証券評価差額金
       当期発生額                        △200,154千円                 △491,154千円
                                 170〃               92,358〃
       組替調整額
        税効果調整前
                              △199,984千円                 △398,795千円
                               △63,459〃                △121,310〃
        税効果額
        その他有価証券評価差額金                        △136,524千円                 △277,484千円
      繰延ヘッジ損益
       当期発生額                         △29,180千円                △149,246千円
                               173,301〃                 149,626〃
       組替調整額
        税効果調整前
                               144,121千円                   379千円
                                7,232〃               △11,998〃
        税効果額
        繰延ヘッジ損益                         136,889千円                 12,377千円
      為替換算調整勘定
       当期発生額                        △266,792千円                 △204,480千円
                                  ― 〃                ― 〃
       組替調整額
        税効果調整前
                              △266,792千円                 △204,480千円
                                  ― 〃                ― 〃
        税効果額
        為替換算調整勘定                        △266,792千円                 △204,480千円
      持分法適用会社に対する持分相当額
       当期発生額                        △172,940千円                 △470,655千円
                                25,151〃                 45,234〃
       組替調整額
       持分法適用会社に対する持分相当額                        △147,789千円                 △425,421千円
              その他の包括利益合計                △414,216千円                 △895,008千円
                                 46/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
     1 発行済株式に関する事項
        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(千株)                 36,000             ―           ―        36,000
     2 自己株式に関する事項

        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(千株)                  3,263             ―           ―         3,263
     3 配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     2018年5月15日
                 普通株式          179,941          5.00    2018年3月31日         2018年6月29日
     取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     2019年5月9日
                普通株式      利益剰余金         179,941         5.00   2019年3月31日         2019年6月28日
     取締役会
     当連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

     1 発行済株式に関する事項
        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(千株)                 36,000             ―           ―        36,000
     2 自己株式に関する事項

        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(千株)                  3,263             ―           ―         3,263
     3 配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
     2019年5月9日
                 普通株式          179,941          5.00    2019年3月31日         2019年6月28日
     取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     2020年5月15日
                普通株式      利益剰余金         179,941         5.00   2020年3月31日         2020年6月29日
     取締役会
                                 47/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりです。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        有形固定資産の減価償却累計額                     106,018,380      千円           112,588,393      千円
     㯿  「土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)」第3条第1項の規定に基づき土地の再評価を行

       い、「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しています。
       (再評価を行った年月日;1999年3月31日

       再評価の方法;土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日政令第119号)第2条第4号に定める国税庁長
       官が定めて公表した方法により算定した価額に合理的な調整を行って算定する方法。)
       (再評価を行った年月日;2002年3月31日

       再評価の方法;主として土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日政令第119号)第2条第5号に定める
       不動産鑑定士による鑑定評価。)
     ※3 非連結子会社および関連会社に対するものは、次のとおりです。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        投資有価証券(株式)                      11,901,442千円                 11,855,150千円
     ※4 担保資産および担保付債務

       担保資産
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        船舶                      98,577,606千円                 97,470,886千円
        建物                      11,473,488〃                 11,081,559〃
        土地                      7,837,938〃                 8,029,372〃
        計                     117,889,033千円                 116,581,818千円
       担保付債務

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        設備資金借入金                      89,888,322千円                 89,239,378千円
        (うち、長期借入金)                      72,332,439〃                 72,502,235〃
        (うち、短期借入金)                      17,555,882〃                 16,737,142〃
        その他有利子負債                       895,202〃                 820,605〃
        (うち、固定負債)                       825,896〃                    ―〃
        (うち、流動負債)                        69,306〃                820,605〃
        銀行保証                       490,000〃                 330,000〃
                                 48/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     5 偶発債務
       連結会社以外の会社の金融機関等からの借入金および支払債務に対して、次のとおり債務保証を行っています。
       保証債務

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                             ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        1  TRINITY    BULK,   S.A.
                              2,945,493千円                 2,641,823千円
        2  M&M  SHIPHOLDING      S.A.             2,314,965〃                 1,260,638〃
        3  KMNL   LODESTAR     SHIPPING     B.V.
                              6,240,880〃                 5,885,174〃
        4  MIKOM   TRANSPORT     PTE  LTD
                              3,070,207〃                 4,698,348〃
        5  COMET   GYRO   GAS
                              8,929,241〃                 8,321,946〃
            TRANSPORT     PTE.   LTD.
        6  MK  REAL   ESTATE,    INC.
                              1,083,260〃                  991,016〃
        7  M&M  SHIPHOLDING      PTE.   LTD.
                              2,325,383〃                 4,809,604〃
            合計                      26,909,432千円                 28,608,553千円
        (うち、外貨建金額)                       175,400千米ドル                 206,940千米ドル
       上記は、各社の船舶建造資金(すべて本船担保付)および運転資金の借入金等に対する借入先等への保証です。
       外貨建保証債務の換算は、決算時の為替相場によっています。
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金および現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおりです。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
        現金および預金勘定                      16,471,715千円                 19,592,201千円
        預入期間が3ヵ月を超える
                              △248,040千円                 △91,724千円
        定期預金
                              16,223,675千円                 19,500,477千円
        現金および現金同等物
      (リース取引関係)

    1.ファイナンス・リース取引
    (借主側)
     所有権移転ファイナンス・リース取引
      ①  リース資産の内容
        有形固定資産         主として船舶です。
      ②  リース資産の減価償却の方法
        自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しています。
    2.オペレーティング・リース取引
    (借主側)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                        前連結会計年度                    当連結会計年度
                        ( 2019年3月31日       )            ( 2020年3月31日       )
     1年内                      2,764,874千円                    2,715,948千円
     1年超                      21,212,217〃                    18,299,972〃
     合計                      23,977,092千円                    21,015,921千円
                                 49/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1   金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、主として外航海運業を行うための新造船建造資金について主に銀行借入や社債発行により調達
      しています。一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、また短期的な運転資金は、銀行借入により調達して
      います。デリバティブは、金利の変動リスクおよび為替の変動リスクを回避するために利用しており、投機的な取
      引は行わない方針です。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク
       営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されているものの、期日および残高の管理を行い、リスクの低
      減を図っています。投資有価証券は、銀行および取引先企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されていま
      す。短期貸付金および長期貸付金は、関係会社等への貸付金です。
       短期借入金は、主に営業取引に係る運転資金としての調達であり、長期借入金および社債は、主に外航海運業に
      伴う新造船建造を目的とした資金調達です。長期借入金の一部については、金利の変動リスクに晒されています
      が、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしています。
       デリバティブ取引は、外貨建ての取引に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした為替先物予約、
      借入に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした金利スワップ取引です。なお、ヘッジ会計に関
      するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の「会計方針に関する
      事項」に記載されている「重要なヘッジ会計の方法」をご覧下さい。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制
      ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社グループは、営業債権については、債権管理規程に基づき、相手先別にその残高の発生から消滅に至る経
       緯および正確な残高の把握をすると共に、契約書等相手先との条件に定めるところに従い、遅延なく回収するこ
       とを、各担当部門ならびに管理責任部門において実施しています。回収が遅延した場合には、適切な保全措置を
       行うことになっています。
        デリバティブ取引の利用にあたっては、カウンターパーティーリスクを軽減するために、信用力の高い金融機
       関とのみ取引を行っています。
        当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒されている金融資産の貸借対照表価額に
       より表されています。
      ②   市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
        当社グループは、新造船建造資金支払等における外貨建て取引の為替の変動リスクに対して、先物為替予約を
       利用してヘッジしています。また、借入金の金利変動リスクに対して、金利スワップ取引を利用してヘッジして
       います。
        投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況を把握しています。
        デリバティブ取引については、権限規程および取引限度額等を定めた内部規程に基づき、管理を行っていま
       す。連結子会社についても、当社のデリバティブ内部規程に準じて、管理を行っています。
      ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
        当社グループは、各社財務部門において、各部署からの報告に基づき、資金繰計画を作成・更新すると共に、
       手許流動性を一定水準に維持することなどにより、流動性リスクを管理しています。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ています。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
      当該価額が変動することもあります。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契
      約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
     (5)  信用リスクの集中
       該当事項はありません。
                                 50/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    2   金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりです。なお、時価を把握することが極め
     て困難と認められるものは、次表には含めていません((注2)を参照ください)。
     前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                        連結貸借対照表
                                       時価            差額
                                      (千円)            (千円)
                        計上額(千円)
     (1)  現金及び預金
                            16,471,715            16,471,715                 ―
     (2)  短期貸付金                       630,102            630,102
                                                         ―
     (3)  売掛金                       839,769
                                         839,769               ―
     (4)  投資有価証券                      1,855,961
                                        1,855,961                ―
     (5)  長期貸付金                       941,260
                                         968,843            △27,582
                            20,738,809
           資産計                             20,766,392             △27,582
     (1)  短期借入金                      6,811,762
                                        6,811,762                ―
     (2)  その他流動負債                       600,800                           ―
                                         600,800
     (3)  社債                      3,701,500
                                        3,702,618             △1,118
     (4)  長期借入金                     100,517,972
                                       100,569,980              △52,007
     (5)  リース債務                      2,525,564
                                        2,529,759             △4,194
     (6)  その他固定負債                      1,029,278
                                        1,029,789              △510
                           115,186,878
           負債計                            115,244,709              △57,831
     デリバティブ取引(※)                        (393,634)            (393,634)                ―
     (※)    合計で正味の債務となる項目については、( )に示しています。
    (注1)金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
     資   産
     (1)  現金及び預金、(2)         短期貸付金ならびに(3)売掛金
       これらはすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっています。
     (4)投資有価証券
       投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっています。また、保有目的ごとの有価証券に関する注
      記事項については、「有価証券関係」注記を参照下さい。
     (5)  長期貸付金
       長期貸付金の時価については、直近の契約利率で割り引いた現在価値により算定する方法によっています。な
      お、1年以内回収予定の長期貸付金は、長期貸付金に含めて時価を算定しています。
     負   債
     (1)  短期借入金および         (2)  その他流動負債
       これらの時価については短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっていま
      す。
     (3)  社債
       社債の時価については、市場価格がないため、元利金の合計額を当該社債の残存期間および信用リスクを加味し
      た利率で割り引いた現在価値により算定する方法によっています。なお、1年内償還予定の社債は、社債に含めて
      時価を表示しています。
     (4)  長期借入金、(5)        リース債務および(6)          その他固定負債
       これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入等を行った場合に想定される利率で割り引いて算定
      する方法によっています。なお、1年以内返済予定の長期借入金、リース債務およびその他固定負債は、長期借入
      金、リース債務およびその他固定負債にそれぞれ含めて時価を表示しています。
     デリバティブ取引
       「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
                                 51/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(        2020年3月31日       )
                        連結貸借対照表
                                       時価            差額
                                      (千円)            (千円)
                        計上額(千円)
     (1)  現金及び預金
                            19,592,201            19,592,201                 ―
     (2)  短期貸付金
                             438,160            438,160               ―
     (3)  売掛金
                             885,690            885,690               ―
     (4)  投資有価証券
                            1,456,093            1,456,093                ―
     (5)  長期貸付金
                            1,184,544            1,208,708             △24,163
           資産計                 23,556,690            23,580,853             △24,163
     (1)  短期借入金
                            6,567,745            6,567,746                ―
     (2)  その他流動負債
                             579,100            579,100               ―
     (3)  社債
                            2,606,000            2,605,765               234
     (4)  長期借入金
                           109,265,026            109,349,800              △84,773
     (5)  リース債務
                            2,314,615            2,316,891             △2,275
     (6)  その他固定負債
                             888,319            888,395              △76
           負債計                122,220,808            122,307,698              △86,890
     デリバティブ取引(※)                        (477,543)            (477,543)                ―
     (※)    合計で正味の債務となる項目については、( )に示しています。
    (注1)金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項
     資   産
     (1)  現金及び預金、(2)         短期貸付金ならびに(3)売掛金
       これらはすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっています。
     (4)投資有価証券
       投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっています。また、保有目的ごとの有価証券に関する注
      記事項については、「有価証券関係」注記を参照下さい。
     (5)  長期貸付金
       長期貸付金の時価については、直近の契約利率で割り引いた現在価値により算定する方法によっています。な
      お、1年以内回収予定の長期貸付金は、長期貸付金に含めて時価を算定しています。
     負   債
     (1)  短期借入金および         (2)  その他流動負債
       これらの時価については短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっていま
      す。
     (3)  社債
       社債の時価については、市場価格がないため、元利金の合計額を当該社債の残存期間および信用リスクを加味し
      た利率で割り引いた現在価値により算定する方法によっています。なお、1年内償還予定の社債は、社債に含めて
      時価を表示しています。
     (4)  長期借入金、(5)        リース債務および(6)          その他固定負債
       これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入等を行った場合に想定される利率で割り引いて算定
      する方法によっています。なお、1年以内返済予定の長期借入金、リース債務およびその他固定負債は、長期借入
      金、リース債務およびその他固定負債にそれぞれ含めて時価を表示しています。
     デリバティブ取引
       「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
                                 52/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
     前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                              (単位:千円)
             区分          連結貸借対照表計上額
       非上場株式                       12,051,541

       上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5)投資有価証券」
      には含めていません。
     当連結会計年度(        2020年3月31日       )

                              (単位:千円)
             区分          連結貸借対照表計上額
       非上場株式                       12,033,082

       上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5)投資有価証券」
      には含めていません。
    (注3)金銭債権の連結決算日後の償還予定額

     前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                                     (単位:千円)
                        1年超       5年超
                 1年以内                     10年超
                        5年以内       10年以内
      現金及び預金           16,471,715           ―       ―       ―
      売掛金             839,769          ―        ―        ―

                            ―              ―

      短期貸付金             630,102                 ―
      長期貸付金             46,095      206,930       527,788       160,446

         合計       17,987,683        206,930       527,788       160,446

     当連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                     (単位:千円)
                        1年超       5年超
                 1年以内                     10年超
                        5年以内       10年以内
      現金及び預金           19,592,201           ―       ―       ―
      売掛金             885,690          ―       ―       ―

      短期貸付金             438,160          ―       ―       ―

      長期貸付金             50,870      203,481       674,351       255,840

         合計       20,966,922        203,481       674,351       255,840

                                 53/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    (注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
     前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                                                    (単位:千円)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                 5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
      短期借入金               6,811,762           ―        ―       ―       ―       ―
                      600,800          ―

      その他流動負債                                 ―       ―       ―       ―
                     1,095,500        948,000       758,000       482,000       240,000       178,000

      社債
                     19,588,443

      長期借入金                     14,521,312       13,676,404       7,836,893       8,278,914      36,616,003
                      178,498       178,538       178,579      1,987,969

      リース債務                                            1,979         ―
                      135,699       863,180       15,770       14,627

      その他固定負債                                              ―       ―
                     28,410,704

           合計                16,511,030       14,628,754       10,321,490       8,520,893      36,794,003
     当連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                    (単位:千円)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                 5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
      短期借入金               6,567,745           ―       ―       ―       ―       ―
      その他流動負債                579,100          ―       ―       ―       ―       ―

      社債                948,000       758,000       482,000       240,000       133,000       45,000

      長期借入金               18,690,601       18,305,910       10,218,870       10,731,043       9,583,894      41,734,707

      リース債務                176,185       176,225      1,961,495          708        ―       ―

      その他固定負債                857,921       15,770       14,627         ―       ―       ―

           合計         27,819,553       19,255,906       12,676,993       10,971,751       9,716,894      41,779,707

                                 54/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
       1  その他有価証券
       前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                                連結貸借対照表           取得原価          差額
                         種類
                                 計上額(千円)           (千円)         (千円)
                                   1,690,559          947,481         743,077
                     株式
                                       ―                  ―

                     債券                            ―
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                                       ―         ―         ―
                     その他
                                   1,690,559          947,481         743,077

                         小計
                                    165,402         189,269         △23,867

                     株式
                                       ―         ―         ―

                     債券
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                                                          ―
                     その他                   ―         ―
                         小計            165,402         189,269         △23,867

                                   1,855,961

                 合計                           1,136,750          719,210
       当連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                連結貸借対照表           取得原価          差額
                         種類
                                 計上額(千円)           (千円)         (千円)
                     株式              1,144,279          774,045         370,233
                     債券                   ―         ―         ―

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     その他                   ―         ―         ―
                         小計          1,144,279          774,045         370,233

                     株式               311,814         361,633         △49,819

                     債券                   ―         ―         ―

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     その他                   ―         ―         ―
                         小計            311,814         361,633         △49,819

                 合計                  1,456,093         1,135,679          320,414

       2  連結会計年度中に売却したその他有価証券

        前連結会計年度(自               2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自               2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

         重要性が乏しいため記載を省略しています。
       3  減損処理を行った有価証券
        前連結会計年度(自            2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
         重要性が乏しいため記載を省略しています。
        当連結会計年度(自            2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
         当連結会計年度において、有価証券について92,424千円(その他有価証券の株式92,424千円)減損処理して
        います。
                                 55/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
      ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
      前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                                  契約額等の
                          契約額等                  時価       評価損益
                  種類                うち1年超
                           (千円)                 (千円)        (千円)
                                   (千円)
              為替予約取引
     市場取引以外の          USドル売円買              9,608,736        2,412,935          14,592        14,592
     取引          円売USドル買              6,385,451        3,806,000         112,335        112,335
                                               (注)
             合計              15,994,188         6,218,935         126,927        126,927
     (注) 時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しています。
      当連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                  契約額等の
                          契約額等                  時価       評価損益
                  種類                うち1年超
                           (千円)                 (千円)        (千円)
                                   (千円)
              為替予約取引
     市場取引以外の          USドル売円買              7,487,082        2,547,644        △111,096        △111,096
     取引          円売USドル買              8,544,073            ―     150,219        150,219
                                               (注)
             合計              16,031,155         2,547,644          39,122        39,122
     (注) 時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しています。
      (2)  金利関連
       該当事項はありません。
      ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
      (1)  通貨関連
      前連結会計年度(        2019年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(        2020年3月31日       )
       該当事項はありません。
      (2)  金利関連

      前連結会計年度(        2019年3月31日       )
                                            契約額等の
                                    契約額等                 時価
     ヘッジ会計の方法             種類        主なヘッジ対象                  うち1年超
                                     (千円)                (千円)
                                             (千円)
              金利スワップ取引
                                                     △520,561
                                     16,671,526        14,865,573
     原則的処理方法                      借入金利息
                                                      (注1)
              受取変動・支払固定
     金利スワップの         金利スワップ取引
                                     14,399,994        11,087,655
                           借入金利息                           (注2)
     特例処理         受取変動・支払固定
                                     31,071,520                △520,561
                   合計                          25,953,228
     (注)   1 時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しています。
        2 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
      当連結会計年度(        2020年3月31日       )
                                            契約額等の
                                    契約額等                 時価
     ヘッジ会計の方法             種類        主なヘッジ対象                  うち1年超
                                     (千円)                (千円)
                                             (千円)
              金利スワップ取引
                                                     △516,666
     原則的処理方法                      借入金利息          16,879,238        14,994,244
                                                      (注1)
              受取変動・支払固定
     金利スワップの         金利スワップ取引
                           借入金利息          11,262,421        9,693,439         (注2)
     特例処理         受取変動・支払固定
                   合計                  28,141,659        24,687,684        △516,666
     (注)   1 時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しています。
        2 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
          め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しています。
                                 56/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1 採用している退職給付制度の概要
      当社および一部の連結子会社は退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しており、簡便法により退職給付に係る
      負債および退職給付費用を計上しています。
    2 確定給付制度
     (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                                   (単位:千円) 
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2018年4月1日          (自    2019年4月1日
                                  至   2019年3月31日       )    至   2020年3月31日       )
      退職給付に係る負債の期首残高                                   340,992             352,701
       退職給付費用                                  49,385             46,565
       退職給付の支払額                                 △37,676             △47,162
       制度への拠出額                                     ―             ―
      退職給付に係る負債の期末残高                                   352,701             352,105
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                                                   (単位:千円) 
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2019年3月31日       )     ( 2020年3月31日       )
                                            ―
      積立型制度の退職給付債務                                                   ―
                                            ―
      年金資産                                                   ―
                                            ―
                                                         ―
                                         352,701
      非積立型制度の退職給付債務                                               352,105
                                         352,701
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                               352,105
                                         352,701

      退職給付に係る負債                                               352,105
                                         352,701
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                               352,105
     (3)  退職給付費用

      簡便法で計算した退職給付費用                 前連結会計年度          49,385    千円     当連結会計年度          46,565    千円
      (ストック・オプション等関係)

       前連結会計年度(自           2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

        該当事項はありません。
                                 57/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前連結会計年度             当連結会計年度

                                   ( 2019年3月31日       )     ( 2020年3月31日       )
        繰延税金資産
         税務上の繰越欠損金(注)2                            227,767千円             222,199千円
         退職給付に係る負債                            109,445千円             109,360千円
         役員退職慰労引当金                             72,577千円             72,577千円
         賞与引当金                             19,038千円             20,738千円
         船舶特別修繕引当金                             55,317千円             72,286千円
         未払事業税                             20,334千円             25,237千円
         海外子会社留保金                           2,105,425千円             1,865,736千円
                                                    ― 千円
         貸付金評価差額                             22,451千円
         繰延ヘッジ損失                             31,343千円             36,734千円
                                     93,820千円             103,899千円
         その他
        繰延税金資産小計
                                   2,757,523千円             2,528,770千円
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                           △223,324千円             △210,321千円
                                   △646,243千円             △571,265千円
         将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
        評価性引当額小計                           △869,567千円             △781,586千円
        繰延税金資産合計                           1,887,955千円             1,747,183千円
        繰延税金負債

         固定資産圧縮積立金                            △61,073千円             △75,074千円
         その他有価証券評価差額金                           △253,852千円             △132,541千円
         貸付金評価差額                              ― 千円
                                                 △13,091千円
         借入金評価差額                            △63,855千円             △64,677千円
                                   △708,959千円             △538,397千円
         海外子会社船舶簿価差額
        繰延税金負債合計                          △1,087,741千円              △823,782千円
                                    800,214千円             923,401千円

        繰延税金資産(負債)の純額
     (注)   1 上記以外に再評価に係る繰延税金負債が計上されています。

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                   ( 2019年3月31日       )     ( 2020年3月31日       )
        再評価に係る繰延税金負債
                                  △1,043,086千円             △1,043,086千円
         土地再評価法による再評価差額金
        2 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

         (前連結会計年度)
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                           5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越欠損金(a)             33,934     79,371     28,693      8,975     10,702     66,090     227,767千円
        評価性引当額            △33,934     △79,371     △28,693      △8,975     △10,702     △61,646     △223,324千円
        繰延税金資産                ―     ―     ―     ―     ―   4,443      4,443千円
        (a)      税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた金額です。
                                 58/92




                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
         (当連結会計年度)
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                           5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越欠損金(a)             79,371     28,693      8,975     10,702      9,885     84,571     222,199千円
        評価性引当額            △79,371     △28,693      △8,975     △10,702      △9,885     △72,693     △210,321千円
        繰延税金資産                ―     ―     ―     ―     ―   11,877      11,877千円
        (a)      税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた金額です。
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                 ( 2019年3月31日       )       ( 2020年3月31日       )
                                     30.58
        法定実効税率                                %            30.58   %
        (調整)
                                     △4.76
        持分法投資損益                                〃           △5.74    〃
                                      0.57
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                〃            0.60   〃
                                     △0.11
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                〃           △0.12    〃
                                     △2.64
        評価性引当額の変動                                〃           △2.06    〃
        住民税均等割等                              0.12   〃            0.14   〃
                                     △1.44
        在外子会社トン数標準税制適用による影響額                                〃           △1.42    〃
                                     △6.57
        在外子会社等の使用税率差異                                〃           △6.43    〃
                                     △4.55
        在外子会社合算対象外損益調整                                〃           △0.21    〃
                                      0.46
        その他                                〃            0.93   〃
                                     11.66
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                %            16.27   %
                                 59/92












                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (企業結合等関係)
     企業結合に関する重要な後発事象等(共通支配下の取引等)
      1.連結子会社間の吸収合併
       当社は、2019年10月31日開催の取締役会において、2020年1月1日を効力発生日として、当社の連結子会社であ
      る株式会社ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルを存続会社、同じく連結子会社である早来カントリー倶
      楽部株式会社を消滅会社とする吸収合併を行うことを決議し、2020年1月1日付けで吸収合併しました。
      (1)  取引の概要

       ①結合当事企業の名称及びその事業の内容
        結合企業(存続会社)
         企業の名称:株式会社ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナル
         事業の内容:        ホテルの運営
        被結合企業(消滅会社)
         企業の名称:早来カントリー倶楽部株式会社
         事業の内容:        ゴルフ場の運営
       ②企業結合日
        2020年1月1日
       ③企業結合の法的形式
        株式会社ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナルを存続会社とし、早来カントリー倶楽部株式会社を消
       滅会社とする吸収合併
       ④結合後企業の名称
        株式会社ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナル
       ⑤その他取引の概要に関する事項
        本吸収合併は、管理の一体化・業務の効率化によるコスト削減等のシナジー効果を得ることを目的としていま
       す。
      (2)  実施する会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適要指針」に基づき、
      共通支配下の取引として処理する予定です。
                                 60/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      2.子会社株式の追加取得
       当社連結子会社の東明汽船株式会社は、2020年3月31日開催の取締役会において、当社連結子会社のPRIMATE
      SHIPPING     S.A.の株式を追加取得し、完全子会社化することを決議し、2020年4月10日に取得しました。
      (1)企業結合の概要

       ①被取得企業の名称及びその事業の内容
        株式取得先の名称 PRIMATE              SHIPPING     S.A.
        事業の内容    外航海運業
       ②企業結合日
        2020年4月10日(みなし取得日2020年4月1日)
       ③企業結合の法的形式
        非支配株主からの株式取得
       ④結合後企業の名称
        変更ありません。
       ⑤その他取引の概要に関する事項
        連結子会社のPRIMATE          SHIPPING     S.A.を完全子会社化することにより、より一層の意思決定の迅速化を図ること
       を目的としています。
      (2)実施した会計処理の概要

       「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、
      共通支配下の取引等のうち、非支配株主との取引として処理する予定です。
      (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

       取得の対価          現金        348,192千円
       取得原価                  348,192千円
      (4)非支配株主との取引に係る当社の持分の変動に関する事項

       ①資本剰余金の主な変動要因
        子会社株式の追加取得
       ②非支配株主との取引によって減少した資本剰余金の金額
        現時点では確定しておりません。
                                 61/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (賃貸等不動産関係)
       当社および一部の子会社では、東京都および兵庫県等において、主に賃貸用のオフィスビル(土地を含む。)を有
      しています。
       2019年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は303百万円(賃貸収益は売上高に、主な賃貸費用は売
      上原価に計上)です。
       2020年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は337百万円(賃貸収益は売上高に、主な賃貸費用は売
      上原価に計上)です。
       また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は以下のとおりです。
                                                  (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    2018年4月1日               (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日       )        至   2020年3月31日       )
                 期首残高                  6,473,659                  6,471,900
     連結貸借対照表計上額            期中増減額                   △1,759                 △65,943

                                   6,471,900

                 期末残高                                    6,405,957
                                   9,237,097

     期末時価                                                9,419,181
     (注)   1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額です。
        2.期中増減額のうち、前連結会計年度の主な増加は不動産の取得等(103,662千円)であり、主な減少は減価
          償却費(96,491千円)です。
          当連結会計年度の主な増加は設備の取替更新等(26,011千円)であり、主な減少は減価償却費(90,215千
          円)です。
        3.期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を
          行ったものを含む。)です。
                                 62/92












                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1   報告セグメントの概要
      当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源の
     配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
      当社は、外航海運業、ホテル関連事業、不動産賃貸業の3つの事業を報告セグメントとし、当社グループ各社が、
     それぞれの事業活動を展開しています。
      「外航海運業」は、船舶貸渡業を柱に、船舶管理業を加えた海運に係る事業を展開しています。「ホテル関連事
     業」は、現在各所にてホテルおよびゴルフ場を所有し、それぞれのサービスを提供しています。「不動産賃貸業」
     は、当社グループ所有のオフィスビルを中心とした不動産貸室業を行っています。
     2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と概ね同一です。
     3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自           2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                              調整額        合計
                        ホテル関連
                  外航海運業             不動産賃貸業         計
                          事業
     売上高
       外部顧客への売上高             29,932,337       12,144,277        527,490     42,604,106            ―   42,604,106

       セグメント間の内部
                       ―       ―       ―       ―       ―       ―
       売上高又は振替高
          計        29,932,337       12,144,277        527,490     42,604,106            ―   42,604,106
     セグメント利益              3,341,400       1,315,938        270,304      4,927,644           ―   4,927,644

     セグメント資産             140,375,271       19,196,876       7,057,113      166,629,261            ―  166,629,261

     セグメント負債             110,426,977       14,024,523       3,088,664      127,540,164            ―  127,540,164

     その他の項目

       減価償却費              9,618,281        797,008       100,069     10,515,360            ―   10,515,360

       有形固定資産及び
                  22,126,215        571,639       234,584     22,932,439            ―   22,932,439
       無形固定資産の増加額
     (注)     セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しています。
                                 63/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                              調整額        合計
                        ホテル関連
                  外航海運業             不動産賃貸業         計
                          事業
     売上高
       外部顧客への売上高             31,451,261       11,918,970        511,052     43,881,284            ―   43,881,284

       セグメント間の内部
                       ―       ―       ―       ―       ―       ―
       売上高又は振替高
          計        31,451,261       11,918,970        511,052     43,881,284            ―   43,881,284
     セグメント利益              3,872,476       1,266,543        305,832      5,444,852           ―   5,444,852

     セグメント資産             148,853,216       19,788,916       7,145,690      175,787,823            ―  175,787,823

     セグメント負債             117,502,108       14,216,391       2,765,282      134,483,782            ―  134,483,782

     その他の項目

       減価償却費             10,288,056        784,807       93,082     11,165,946            ―   11,165,946

       有形固定資産及び
                  19,961,357        944,510       26,448     20,932,315            ―   20,932,315
       無形固定資産の増加額
     (注)     セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しています。
     4   報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

       該当事項はありません。
    【関連情報】

      前連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
     セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
    2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
                                                    (単位:千円)
        日本          パナマ         シンガポール            オランダ            合計
         23,427,340            438,713         11,539,246           7,198,806          42,604,106
     (注)    売上高は、売上を計上した国別に分類しています。
     (2)  有形固定資産

                                                    (単位:千円)
        日本          パナマ         シンガポール            オランダ            合計
                    41,117,871                      29,536,389
         22,587,352                      35,703,950                     128,945,564
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
            顧客の名称                    売上高             関連するセグメント名
                                     7,395,259
     日本郵船株式会社                                           外航海運業
                                     2,773,169
     株式会社商船三井                                           外航海運業
     MAERSK    LINE   A/S                          2,613,360
                                                外航海運業
                                 64/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
    1.製品及びサービスごとの情報
     セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しています。
    2.地域ごとの情報

     (1) 売上高
                                                    (単位:千円)
        日本          パナマ         シンガポール            オランダ            合計
         23,547,851            466,330         11,908,933           7,958,168          43,881,284
     (注)    売上高は、売上を計上した国別に分類しています。
     (2)  有形固定資産

                                                    (単位:千円)
        日本          パナマ         シンガポール            オランダ            合計
         22,538,707           39,028,817           33,559,038           39,458,090          134,584,654
    3.主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
            顧客の名称                    売上高             関連するセグメント名
     日本郵船株式会社                                8,440,080           外航海運業
     株式会社商船三井                                2,676,722           外航海運業
     MAERSK    LINE   A/S
                                     2,593,725           外航海運業
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )

                                                    (単位:千円)
                      報告セグメント
                                        全社・消去            合計
              外航海運業        ホテル関連事業         不動産賃貸業
     減損損失           1,449,012            ―         ―         ―        1,449,012
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自           2018年4月1日        至   2019年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2019年4月1日        至   2020年3月31日       )
        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自         2018年4月1日        至  2019年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日       )

        該当事項はありません。
                                 65/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    1 関連当事者との取引

     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (ア)   連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
        該当事項はありません。
      (イ)   連結財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

     前連結会計年度(自           2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
                          議決権等
       会社等の
                資本金又
                    事業の内容      の所有       関連当事者              取引金額        期末残高
                は出資金
    種類   名称又は     所在地                             取引の内容            科目
                    又は職業     (被所有)割合         との関係              (千円)        (千円)
                (千円)
        氏名
                          (%)
                         直 接 13.3            ビル賃貸        373,748   差入敷金     73,489
                                        支払家賃         73,545
                         被所有直接
                              ・提出会社所有ビル
            神戸市        不動産所有
                                        業務委託手数料         6,000
                            6.6
       明海興産㈱         30,000                の賃貸等
            中央区        ・管理業
                         被所有間接
                              ・役員の兼任
                            13.7
    関連
       TRINITY
                   2            ・船舶建造の保証支援
    会社
       BULK,     PANAMA        海運業    直接 50.0               債務保証       2,945,493
                                                     ―    ―
                 千US$              ・役員の兼任
       S.A.
       M&M
                              ・船舶建造の保証支援
                  100
                                               2,314,965
       SHIPHOLDING     PANAMA        海運業    間接 50.0               債務保証
                                                         ―
                                                     ―
                 千US$
                              ・役員の兼任
       S.A.
       KMNL
                  140
            オラン
                                               6,240,880
       LODESTAR              海運業    間接 50.0     ・船舶建造の保証支援         債務保証
                                                         ―
                                                     ―
            ダ国
                 千US$
       B.V.
       COMET   GYRO
       GAS         66,000              ・船舶建造の保証支援
            シンガ
                                               8,929,241
                    海運業    間接 50.0               債務保証
                                                         ―
                                                     ―
       TRANPORT     ポール
                千US$              ・役員の兼任
       PTE.  LTD.
       MIKOM
                 4,800              ・船舶建造の保証支援
            シンガ
       TRANSPORT                                        3,070,207
                    海運業    間接 50.0               債務保証
                                                         ―
                                                     ―
            ポール
                千US$              ・役員の兼任
       PTE  LTD
       M&M
                  50            ・船舶建造の保証支援
            シンガ
       SHIPHOLDING                                        2,325,383
                    海運業    間接 50.0               債務保証
                                                         ―
                                                     ―
            ポール
                千US$              ・役員の兼任
       PTE.  LTD.
     取引条件および取引条件の決定方針等
     (注)1 明海興産㈱とのビル賃貸取引は、市場価格を勘案して、一般取引条件と同様に決定しています。
       2 債務保証は、船舶建造資金(すべて本船担保付)の借入金に対する借入先等への保証です。
       3 取引金額および期末残高には、消費税等を含めていません。
     当連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

                          議決権等
       会社等の
                資本金又
                    事業の内容      の所有       関連当事者              取引金額        期末残高
                は出資金
    種類   名称又は     所在地                             取引の内容            科目
                    又は職業     (被所有)割合         との関係              (千円)        (千円)
                (千円)
        氏名
                          (%)
                         直 接 13.3            ビル賃貸        360,371   差入敷金     88,063
                                        支払家賃         83,292
                         被所有直接     ・提出会社所有ビル
            神戸市        不動産所有
                                        業務委託手数料         6,000
                            6.6
       明海興産㈱         30,000                の賃貸等
            中央区        ・管理業
                         被所有間接     ・役員の兼任
                            13.7
    関連
       TRINITY
                   2            ・船舶建造の保証支援
    会社
       BULK,     PANAMA        海運業    直接 50.0               債務保証       2,641,823
                                                     ―    ―
                 千US$              ・役員の兼任
       S.A.
       M&M
                              ・船舶建造の保証支援
                  100
       SHIPHOLDING     PANAMA        海運業    間接 50.0               債務保証       1,260,638
                                                     ―    ―
                 千US$
                              ・役員の兼任
       S.A.
       KMNL
                  140
            オラン
       LODESTAR              海運業    間接 50.0     ・船舶建造の保証支援         債務保証       5,885,174
                                                     ―    ―
            ダ国
                 千US$
       B.V.
       COMET   GYRO
       GAS
                66,000              ・船舶建造の保証支援
            シンガ
                    海運業    間接 50.0               債務保証       8,321,946
                                                     ―    ―
       TRANPORT     ポール
                千US$              ・役員の兼任
       PTE.  LTD.
       MIKOM
                 4,800              ・船舶建造の保証支援
            シンガ
       TRANSPORT
                    海運業    間接 50.0               債務保証       4,698,348
                                                     ―    ―
            ポール
                千US$              ・役員の兼任
       PTE  LTD
       M&M
                  50            ・船舶建造の保証支援
            シンガ
       SHIPHOLDING
                    海運業    間接 50.0               債務保証       4,809,604
                                                     ―    ―
            ポール
                千US$              ・役員の兼任
       PTE.  LTD.
     取引条件および取引条件の決定方針等
     (注)1 明海興産㈱とのビル賃貸取引は、市場価格を勘案して、一般取引条件と同様に決定しています。
       2 債務保証は、船舶建造資金(すべて本船担保付)の借入金に対する借入先等への保証です。
       3 取引金額および期末残高には、消費税等を含めていません。
                                 66/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (ウ)   連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

       重要性が乏しいため、記載を省略しています。
     (エ)   連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

       該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       重要性が乏しいため、記載を省略しています。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
       該当事項はありません。
     (2)  重要な関連会社の要約財務情報

      前連結会計年度(自           2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

       該当事項はありません。
                                 67/92














                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                             至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
     1株当たり純資産額                                514円87銭                539円33銭
     1株当たり当期純利益                                 62円61銭                52円53銭
     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載していません。
        2 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2018年4月1日           (自    2019年4月1日
                                 至   2019年3月31日       )    至   2020年3月31日       )
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   2,049,603             1,719,805
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       2,049,603             1,719,805
      当期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                    32,736             32,736
        3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2019年3月31日       )      ( 2020年3月31日       )
     純資産の部の合計額(千円)                                  39,089,096             41,304,040
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                  22,233,821             23,648,282
                                      (22,233,821)             (23,648,282)
      (うち非支配株主持分(千円))
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                  16,855,275             17,656,122
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                         32,736             32,736
     の数(千株)
      (重要な後発事象)

       連結子会社(12月決算会社)1社において、同社の期末日後に所有船舶1隻の売却を決定し、これにより、翌連
      結会計年度に特別利益約4億円を計上、親会社株主に帰属する当期純利益約2億円の影響が見込まれます。
                                 68/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高        利率

        会社名          銘柄      発行年月日                          担保     償還期限
                               (千円)       (千円)       (%)
                         2012年                  ―            2019年
     当社           第11回無担保社債                  67,500             0.56    なし
                                      (        ― )
                         9月20日                              9月20日
                         2013年                              2023年
                                        300,000
     当社           第12回無担保社債                 400,000              0.60    なし
                                       (100,000)
                         3月26日                              3月24日
                         2013年                              2020年
                                        90,000
     当社           第13回無担保社債                 230,000              0.66    なし
                         7月31日              (90,000)               7月31日
                         2014年                              2021年
                                        207,000
     当社          第14回無担保社債                 333,000              0.49    なし
                                       (126,000)
                         9月30日                              9月30日
                         2015年                              2022年
                                        296,000
     当社          第15回無担保社債                 408,000              0.40    なし
                                       (112,000)
                         9月30日                              9月30日
                         2016年                              2023年
                                        408,000
     当社          第16回無担保社債                 520,000              0.10    なし
                                       (112,000)
                         7月29日                             7月31日
                         2017年                              2024年
                                        455,000
     当社          第17回無担保社債                 553,000              0.20    なし
                                       (98,000)
                         9月26日                             9月26日
                         2018年                              2025年
                                        395,000
     当社          第18回無担保社債                 465,000              0.30    なし
                                       (70,000)
                         9月28日                              9月30日
                         2011年                              2021年
                                        100,000
     ぎのわん観光開発㈱           第3回無担保社債                 150,000              0.83    なし
                                       (50,000)
                         9月29日                              9月29日
                         2015年                              2021年
                                        175,000
     ぎのわん観光開発㈱           第4回無担保社債                 275,000             0.275     なし
                                       (100,000)
                         7月31日                              7月30日
                         2016年              150,000               2022年
     ぎのわん観光開発㈱           第5回無担保社債                 210,000              0.11    なし
                                       (60,000)
                         3月18日                              3月31日
                         2010年                              2020年
                                        30,000
     ㈱ホテルアンヌプリ           第1回無担保社債                  90,000             1.17    なし
                                       (30,000)
                         3月31日                              3月31日
                                       2,606,000
        合計           ―       ―    3,701,500               ―     ―      ―
                                       (948,000)
    (注)  1 当期末残高欄の(内書)は、1年以内償還予定の金額です。
        2 連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額は以下のとおりです。
           1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

            (千円)          (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
              948,000          758,000          482,000          240,000          133,000
                                 69/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
        【借入金等明細表】
                        当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                         (千円)         (千円)         (%)
                         6,811,762
     短期借入金                             6,820,960            0.9       ―
     その他短期有利子負債
                          600,800
                                   579,100           1.0       ―
                  (注)2
                         20,706,563
     1年以内に返済予定の長期借入金                            19,182,358            2.4       ―
                          178,498

     1年以内に返済予定のリース債務                              176,185           3.4       ─
     1年以内に返済予定のその他長期
                          135,699
                                   857,921           2.3       ―
     有利子負債
                                                 2021年    1月~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                         91,533,157
                                  99,702,025            1.9
     のものを除く)                                           2033年    3月
                                                 2021年    1月~
     リース債務(1年以内に返済予定
                         2,347,065
                                  2,138,430            3.6
     のものを除く)                                           2023年    4月
                                                 2021年    1月~
     その他長期有利子負債(1年以内
                          893,578
                                    30,398          1.2
     に返済予定のものを除く)            (注)3
                                                 2022年    2月
                        123,207,126
            小計                     129,487,380              ―      ─
                        △11,721,748

     内部取引の消去                            △9,872,572              ―      ―
                        111,485,378

            合計                     119,614,808              ―      ―
     (注)   1 平均利率の算定にあたっては、当連結会計年度末の利率および残高を使用しました。
        2 その他短期有利子負債は短期未払金です。
        3 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)、リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)及びその他
          長期有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとお
          りです。
                      1年超2年以内
                              2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
               区分
                        (千円)
                                (千円)        (千円)        (千円)
          長期借入金              18,305,910        10,218,870        10,731,043         9,583,894
          リース債務               176,225       1,961,495           708         ―

          その他長期有利子負債                15,770        14,627           ―        ―

       【資産除去債務明細表】

        該当事項はありません。
                                 70/92








                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【その他】
     当連結会計年度における四半期情報等
         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高          (千円)        10,628,616          21,090,868          32,776,649          43,881,284

     税金等調整前四半期

               (千円)         983,446         1,592,476          3,506,996          4,205,481
     (当期)純利益金額
     親会社株主に帰属す

     る四半期(当期)純利          (千円)         451,004          668,474         1,517,027          1,719,805
     益金額
     1株当たり四半期

                (円)          13.78          20.42          46.34          52.53
     (当期)純利益金額
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純

                (円)          13.78          6.64         25.92          6.19
     利益金額
                                 71/92












                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
       ①【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     海運業収益
                                     ※3  9,379,304            ※3  9,680,736
      貸船料
                                      ※3  91,912            ※3  102,767
      その他海運業収益
      海運業収益合計                                9,471,217              9,783,503
     海運業費用
      船費
        船員費                                31,067              59,229
                                         1,272              3,504
        賞与引当金繰入額
        船費合計                                32,340              62,733
                                     ※3  8,584,933            ※3  8,842,167
      借船料
                                       ※3  6,000            ※3  6,000
      その他海運業費用
      海運業費用合計                                8,623,274              8,910,901
     海運業利益                                   847,942              872,602
     その他事業収益
                                     ※3  1,498,534            ※3  1,485,665
      不動産賃貸業収益
     その他事業費用
                                      ※1  812,259            ※1  845,227
      不動産賃貸業費用
     その他事業利益                                   686,274              640,437
     営業総利益                                  1,534,217              1,513,040
                                    ※2 , ※3  862,988           ※2 , ※3  895,417
     一般管理費
     営業利益                                   671,228              617,622
     営業外収益
                                      ※3  206,425            ※3  226,066
      受取利息
                                      ※3  63,401            ※3  66,219
      受取配当金
      為替差益                                 138,395                 ―
                                      ※3  124,111            ※3  163,035
      受取保証料
                                        79,991              81,577
      その他
      営業外収益合計                                 612,325              536,899
     営業外費用
      支払利息                                 155,115              154,071
      社債利息                                  12,887               9,392
      為替差損                                    ―            81,935
                                      ※3  101,108             ※3  53,555
      その他
      営業外費用合計                                 269,111              298,955
     経常利益                                  1,014,442               855,566
     税引前当期純利益                                  1,014,442               855,566
     法人税、住民税及び事業税
                                        306,238              273,467
                                        18,871               2,205
     法人税等調整額
     当期純利益                                   689,332              579,893
                                 72/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
       ②【株主資本等変動計算書】
     前事業年度       (自  2018年4月1日         至   2019年3月31日)
                                              (単位:千円)
                                株主資本
                                   利益剰余金
                 資本金                その他利益剰余金
                       利益準備金                        利益剰余金合計
                            圧縮記帳積立金       別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高             1,800,000       450,000      142,680       30,000     1,480,960      2,103,641
     当期変動額
     圧縮記帳積立金の取崩                         △ 4,035            4,035        ―
     剰余金の配当                                    △ 179,941     △ 179,941
     当期純利益                                     689,332      689,332
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―      ―    △ 4,035        ―    513,427      509,391
     当期末残高             1,800,000       450,000      138,644       30,000     1,994,387      2,613,032
                    株主資本                 評価・換算差額等

                                                     純資産合計

                            その他有価証券             土地再評価      評価・換算
                 自己株式     株主資本合計            繰延ヘッジ損益
                             評価差額金             差額金     差額等合計
     当期首残高             △ 3,848    3,899,792       596,561      △ 34,207     1,624,935      2,187,290      6,087,082

     当期変動額
     圧縮記帳積立金の取崩                     ―                               ―
     剰余金の配当                  △ 179,941                              △ 179,941
     当期純利益                   689,332                               689,332
     株主資本以外の項目の
                              △ 85,019       3,958        ―   △ 81,061     △ 81,061
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―    509,391      △ 85,019       3,958        ―   △ 81,061      428,329
     当期末残高             △ 3,848    4,409,183       511,541      △ 30,249     1,624,935      2,106,228      6,515,412
                                 73/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度       (自  2019年4月1日         至   2020年3月31日)
                                              (単位:千円)
                                株主資本
                                   利益剰余金
                 資本金                その他利益剰余金
                       利益準備金                        利益剰余金合計
                            圧縮記帳積立金       別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高             1,800,000       450,000      138,644       30,000     1,994,387      2,613,032
     当期変動額
     圧縮記帳積立金の取崩                         △ 4,035            4,035        ―
     剰余金の配当                                    △ 179,941     △ 179,941
     当期純利益                                     579,893      579,893
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―      ―    △ 4,035        ―    403,987      399,952
     当期末残高             1,800,000       450,000      134,608       30,000     2,398,375      3,012,984
                    株主資本                 評価・換算差額等

                                                     純資産合計

                            その他有価証券             土地再評価      評価・換算
                 自己株式     株主資本合計            繰延ヘッジ損益
                             評価差額金             差額金     差額等合計
     当期首残高             △ 3,848    4,409,183       511,541      △ 30,249     1,624,935      2,106,228      6,515,412

     当期変動額
     圧縮記帳積立金の取崩                     ―                               ―
     剰余金の配当                  △ 179,941                              △ 179,941
     当期純利益                   579,893                               579,893
     株主資本以外の項目の
                              △ 291,870       4,459        ―   △ 287,411     △ 287,411
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―    399,952     △ 291,870       4,459        ―   △ 287,411      112,540
     当期末残高             △ 3,848    4,809,135       219,670      △ 25,789     1,624,935      1,818,817      6,627,953
                                 74/92










                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
       ③【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               1,957,341              1,909,192
                                      ※2  601,000           ※2  2,601,029
        短期貸付金
        前払費用                                415,158              469,513
        未収入金                                96,803              100,708
                                        19,710               8,147
        その他
        流動資産合計                               3,090,013              5,088,591
      固定資産
        有形固定資産
                                     ※1  5,353,403            ※1  5,145,842
         建物(純額)
         車両運搬具(純額)                               8,891              5,927
         工具、器具及び備品(純額)                              184,626              162,454
                                     ※1  2,850,656            ※1  2,850,656
         土地
                                        17,670              377,348
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                             8,415,248              8,542,228
        無形固定資産
         借地権                               5,250              5,250
         ソフトウエア                               35,380              47,725
                                          748              748
         その他
         無形固定資産合計                               41,379              53,723
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,787,902              1,367,460
         関係会社株式                              988,659              988,659
         関係会社長期貸付金                             7,188,908              4,828,336
         繰延税金資産                               32,899              157,301
                                        740,182              804,793
         その他
         投資その他の資産合計                             10,738,551               8,146,551
        固定資産合計                              19,195,179              16,742,503
      資産合計                                22,285,193              21,831,095
                                 75/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  5,463,188            ※1  5,486,136
        短期借入金
        1年内償還予定の社債                                825,500              708,000
        未払金                                186,409              135,749
        未払法人税等                                180,355              125,951
        未払費用                                23,575              15,927
        前受金                                470,720              524,242
        賞与引当金                                18,186              21,875
                                        61,216              41,762
        その他
        流動負債合計                               7,229,151              7,059,645
      固定負債
        社債                               2,151,000              1,443,000
                                     ※1  5,145,078            ※1  5,479,742
        長期借入金
        再評価に係る繰延税金負債                                715,795              715,795
        退職給付引当金                                195,280              192,194
        役員退職慰労引当金                                216,708              216,708
        長期預り敷金                                  493              493
                                        116,273               95,563
        その他
        固定負債合計                               8,540,629              8,143,497
      負債合計                                15,769,781              15,203,142
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,800,000              1,800,000
        利益剰余金
         利益準備金                              450,000              450,000
         その他利益剰余金
           圧縮記帳積立金                             138,644              134,608
           別途積立金                             30,000              30,000
                                       1,994,387              2,398,375
           繰越利益剰余金
           その他利益剰余金合計                            2,163,032              2,562,984
         利益剰余金合計                             2,613,032              3,012,984
        自己株式                                △ 3,848             △ 3,848
        株主資本合計                               4,409,183              4,809,135
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                511,541              219,670
        繰延ヘッジ損益                               △ 30,249             △ 25,789
                                       1,624,935              1,624,935
        土地再評価差額金
        評価・換算差額等合計                               2,106,228              1,818,817
      純資産合計                                6,515,412              6,627,953
     負債純資産合計                                 22,285,193              21,831,095
                                 76/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
     (子会社株式及び関連会社株式)
       移動平均法による原価法
     (その他有価証券)
     (1)時価のあるもの
       決算期末日の市場価格等に基づく時価法
       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しています。)
     (2)時価のないもの
       移動平均法による原価法
    2 デリバティブの評価基準及び評価方法
     (デリバティブ)
       時価法
    3 固定資産の減価償却の方法
     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
       明海ビルおよび1998年9月以降取得した建物ならびに2016年4月以降に取得した建物附属設備及び構築物について
       は定額法、その他は定率法を採用しています。
       主な耐用年数:建物22~50年
     (2)無形固定資産(リース資産を除く)
       自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しています。 
    4 繰延資産の処理方法
      社債発行費は、支出時に全額費用として処理しています。
    5 引当金の計上基準
     (1)賞与引当金
       従業員に対する賞与支給に備えるため、支給見込額を計上しています。
     (2)退職給付引当金
       従業員の退職金の支払いに備えるため、退職給付会計基準の簡便法により、当期末決算日時点の要支給額を計上し
       ています。
     (3)役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当期末要支給額を計上しています。なお、
       2014年6月27日開催の定時株主総会終結の時をもって、役員退職慰労金制度を廃止し、同日までの役員の在任期間
       に対する退職慰労金を支給することとしています。これにより同日以降の役員退職慰労引当金の繰入は行っていま
       せん。
    6 ヘッジ会計の方法
     (1)ヘッジ会計の方法
       原則として、繰延ヘッジ処理によっています。
       なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理によっています。
     (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
       当事業年度にヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は次のとおりです。
       ヘッジ手段…金利スワップ
       ヘッジ対象…借入金利息
     (3)ヘッジ方針
       デリバティブ取引に関する権限規程および取引限度額等を定めた内部規程に基づき、ヘッジ対象に係る金利変動リ
       スクを一定範囲内でヘッジしています。
     (4)ヘッジ有効性の評価
       主としてヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間における、ヘッジ対象の相場変動またはキャッシュ・フロー
       変動の累計とヘッジ手段の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計とを比較し、両者の変動額等を基礎とし
       て有効性を判定しています。ただし、特例処理の要件を満たしている金利スワップ等については、ヘッジ有効性判
       定を省略しています。
    7 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理
       税抜方式を採用しています。
      (損益計算書関係)
     ※1 不動産賃貸業費用の主要な費目および金額は次のとおりです。
                                 77/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
        租税公課                       200,954千円                 202,110千円
        減価償却費                       359,477千円                 350,285千円
        土地賃借料                       146,749千円                 146,749千円
        その他                       105,078千円                 146,082千円
         計                       812,259千円                 845,227千円
     ※2 一般管理費の主要な費目および金額は次のとおりです。

                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
        役員報酬                       188,940    千円             196,830    千円
        従業員給与手当                       140,711    千円             155,989    千円
        退職給付引当金繰入額                        26,378   千円              24,640   千円
        賞与引当金繰入額                        16,913   千円              18,371   千円
        地代家賃                        73,545   千円              83,292   千円
        減価償却費                        21,432   千円              24,319   千円
     ※3 関係会社との取引額は次のとおりです。

                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )       至   2020年3月31日       )
        海運業収益                      9,471,217千円                 9,783,503千円
        海運業費用                      8,590,933千円                 8,848,167千円
        不動産賃貸業収益                      1,468,609千円                 1,455,611千円
        一般管理費                       111,079千円                 120,691千円
        受取利息                       201,641千円                 221,521千円
        受取配当金                        4,040千円                 4,040千円
        受取保証料                       124,111千円                 163,035千円
        支払手数料                        31,110千円                 34,180千円
                                 78/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
     ※1 担保資産および担保付債務
       担保に供している資産および担保付債務は次のとおりです。
       担保資産
                              前事業年度                 当事業年度
                            ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        建物                      5,297,386千円                 5,095,493千円
        土地                      2,624,404〃                 2,815,838〃
        計                      7,921,790千円                 7,911,331千円
       担保付債務

                              前事業年度                 当事業年度
                            ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        設備資金借入金                      4,980,690千円                5,185,766千円
        (うち、長期借入金)                      4,626,766〃                 4,826,342〃
        (うち、短期借入金)                       353,924〃                 359,424〃
     ※2 関係会社に対するものが次のとおり含まれています。

                              前事業年度                 当事業年度
                            ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
                               601,000    千円
        短期貸付金                                        2,601,029千円
     3 偶発債務

       下記の会社の金融機関等からの借入金および支払債務に対して、次のとおり債務保証を行っています。
       保証債務
                              前事業年度                 当事業年度
                             ( 2019年3月31日       )         ( 2020年3月31日       )
        1  MELODIA    MARITIME     PTE  LTD.
                              4,200,817千円                 5,195,645千円
        2  ぎのわん観光開発㈱
                              4,709,511千円                 4,281,040千円
        3  東明汽船㈱
                              3,993,430千円                 7,360,101千円
        4  TRINITY    BULK,   S.A.
                              2,945,493千円                 2,641,823千円
        5  MK  CENTENNIAL
                              11,298,824千円                 10,776,649千円
            MARITIME     PTE.   LTD.
        6  T&M  MARITIME     S.A.
                              8,977,000千円                 8,301,000千円
        7  BRIGHT    OCEAN   MARITIME     S.A.
                              1,156,149千円                  800,835千円
        8  ESTEEM    MARITIME     S.A.
                              19,991,032千円                 19,218,478千円
        9  M&M  SHIPHOLDING      S.A.
                              2,314,965千円                 1,260,638千円
        10  ㈱ホテルアンヌプリ                                         ― 千円
                                89,709千円
        11  MK  CENTENNIAL      MARITIME     B.V.
                              21,638,587千円                 40,428,526千円
        12  KMNL   LODESTAR     SHIPPING     B.V.         6,240,880千円                 5,885,174千円
        13  PRIMATE    SHIPPING     S.A.
                              2,821,089千円                 2,372,807千円
        14  M&I  HARMONY    S.A.
                              1,186,381千円                 1,064,646千円
        15  M&M  SHIPHOLDING      PTE.   LTD.
                              2,325,383千円                 4,809,604千円
        16  エム・エム・エス㈱
                              1,322,118千円                 1,215,862千円
        17  早来カントリー倶楽部㈱                                         ― 千円
                                103,504千円
        18  COMET   GYRO   GAS
                              8,929,241千円                 8,321,946千円
           TRANSPORT     PTE.   LTD.
        19  MIKOM   TRANSPORT     PTE  LTD
                              3,070,207千円                 4,698,348千円
        20  MK  REAL   ESTATE,    INC.
                              1,083,260千円                  991,016千円
        21  SOLEIL    TRANSPORT     S.A.                ― 千円
                                               3,316,528千円
        22  ㈱ザ・ウィンザー・ホテルズ
                                  ― 千円
                                                 80,780千円
           インターナショナル
               合計                     108,397,590千円                 133,021,455千円
                             410,834千米ドル                 671,266千米ドル
        (うち、外貨建金額)
                              1,500千ユーロ                 1,500千ユーロ
       上記は、各社の船舶建造・購入資金(一部を除き本船担保付)および運転資金の借入金等に対する借入先等への保
       証です。外貨建保証債務の換算は、決算時の為替相場によっています。
                                 79/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
      前事業年度(      2019年3月31日       )
      子会社株式および関連会社株式については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるもので
     す。
                                                 (単位:千円)
                 区分                        貸借対照表計上額
      (1)  子会社株式                                               975,324
      (2)  関連会社株式                                               13,335
                                                      988,659
                  計
      当事業年度(      2020年3月31日       )

      子会社株式および関連会社株式については市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるもので
     す。
                                                 (単位:千円)
                 区分                        貸借対照表計上額
      (1)  子会社株式
                                                      975,324
      (2)  関連会社株式
                                                       13,335
                  計                                     988,659
      (税効果会計関係)

    1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度

                                 ( 2019年3月31日       )       ( 2020年3月31日       )
        繰延税金資産
         退職給付引当金                            59,716千円               58,772千円
         役員退職慰労引当金                            66,269千円               66,269千円
         賞与引当金                            5,561千円               6,689千円
         海外子会社留保金                           135,304千円               152,603千円
                                    55,601千円               37,387千円
         その他
        繰延税金資産合計
                                   322,453千円               321,722千円
        繰延税金負債

         固定資産圧縮積立金                           △61,073千円               △59,296千円
         その他有価証券評価差額金                          △225,337千円               △96,766千円
                                   △3,142千円               △8,358千円
         その他
        繰延税金負債合計                          △289,553千円               △164,421千円
                                    32,899千円              157,301千円

        繰延税金資産(負債)の純額
        再評価に係る繰延税金負債

                                  △715,795千円               △715,795千円
         土地再評価法による再評価差額金
                                 80/92





                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度

                                  ( 2019年3月31日       )       ( 2020年3月31日       )
       法定実効税率                                  ― %
                                                      30.58%
       (調整)
                                         ― %
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                               1.85%
                                         ― %
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                              △0.52%
                                         ― %
       住民税均等割                                               0.31%
                                         ― %             ― %
       その他
                                         ― %
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                               32.22%
     (注) 前事業年度は法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以

        下であるため注記を省略しています。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 81/92















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
        【海運業収益及び費用明細表】
                            金額(千円)

     区分         要目            (自    2019年4月1日
                          至     2020年3月31日       )
           貸船料                       9,680,736
     海
        外
     運
        航
     業     その他                        102,767
     収
     益
            合  計                      9,783,503
           船費                         62,733

     海
        外
           借船料                       8,842,167
     運
        航
     業
     費
           その他                          6,000
     用
            合  計                      8,910,901
          海運業利益                         872,602

        【有価証券明細表】

        【株式】
                                                   貸借対照表

                       銘柄                     株式数(株)
                                                   計上額(千円)
               ANAホールディングス(株)                               100,000        263,900
               (株)みずほフィナンシャルグループ                              2,029,000         250,784

               (株)三井住友フィナンシャルグループ                               76,300       200,134

               東京海上ホールディングス(株)                               52,500       259,875

               (株)商船三井                               58,700       102,548

      投資     その他
               MS&ADインシュアランスグループホールディングス(株)                               31,500        95,287
     有価証券     有価証券
               JA三井リース(株)                               42,200       100,014
               北海道中央バス(株)                               13,000        47,060

               三井住友トラスト・ホールディングス(株)                                7,900       24,679

               (株)百十四銀行                                3,900        7,647

               その他5銘柄                               54,782        15,528

                       計                      2,469,782        1,367,460

                                 82/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
        【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価

                                                     差引当期末
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額
         資産の種類                                              残高
                   (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)
                                                      (千円)
                                         計額(千円)
     有形固定資産
                  8,784,093

      建物                    84,118         ―  8,868,212      3,722,369       291,679     5,145,842
                    19,941

      車両運搬具                       ―      ―   19,941      14,013      2,964      5,927
                   546,714

      工具、器具及び備品                    39,181        939    584,957      422,502      61,354     162,454
                            ―      ―
                  2,850,656                  2,850,656                  2,850,656
      土地                                        ―      ―
                        (   ―      )  (   ―       )
                  (2,340,731)                  (2,340,731)                  (2,340,731)
                    17,670
      建設仮勘定                    359,678         ―   377,348         ―      ―   377,348
                         482,979        939
                  12,219,074                  12,701,115                  8,542,228
        有形固定資産計                                  4,158,886       355,998
                        (    ―    )  (    ―    )
                  (2,340,731)                  (2,340,731)                  (2,340,731)
     無形固定資産
                                              ―      ―
       借地権                ―      ―      ―    5,250                  5,250
      ソフトウェア                 ―      ―      ―   116,085      68,360      18,606      47,725

      電話加入権                 ―      ―      ―     748       ―      ―     748

        無形固定資産計               ―      ―      ―   122,084      68,360      18,606      53,723

     (注) 1.無形固定資産の金額が資産総額の1%以下であるため、「当期首残高」「当期増加額」および「当期減少
          額」の記載を省略しています。
        2.土地および有形固定資産計の(内書)は、「土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34
          号)」により行った土地の再評価に係る土地再評価差額金です。
        【引当金明細表】

                                   当期減少額        当期減少額

                   当期首残高        当期増加額                         当期末残高
          区分                         (目的使用)         (その他)
                    (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
                      18,186
      賞与引当金                         21,875        18,186           ―      21,875
                     216,708

      役員退職慰労引当金                           ―        ―        ―     216,708
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。
     (3)  【その他】

       該当事項はありません。
                                 83/92






                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度             4月1日から3月31日まで

      定時株主総会             6月中

      基準日             3月31日

      剰余金の配当の基準日             3月31日

      1単元の株式数             100株

      単元未満株式の買取り

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

        取扱場所
                  三井住友信託銀行株式会社              証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号

        株主名簿管理人
                  三井住友信託銀行株式会社
        取次所              ―

        買取手数料             無料

                  当会社の公告は、電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由により

                  電子公告によることができない場合には、日本経済新聞に掲載する。
      公告掲載方法
                  当社の公告掲載URLは次のとおり。https://www.meiji-shipping.com/
      株主に対する特典             なし

    (注)   1 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。

        会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 84/92









                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1  【提出会社の親会社等の情報】

     当社には、親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しています。
    (1)  有価証券報告書およびその添付書類ならびに確認書

      事業年度     第165期    (自    2018年4月1日        至    2019年3月31日       )2019年6月27日近畿財務局長に提出。
    (2)  内部統制報告書

      2019年6月27日近畿財務局長に提出。
    (3)  四半期報告書および確認書

      第166期     第1四半期(自         2019年4月1日        至    2019年6月30日       ) 2019年8月9日近畿財務局長に提出。
      第166期     第2四半期(自         2019年7月1日        至    2019年9月30日       ) 2019年11月13日近畿財務局長に提出。
      第166期     第3四半期(自         2019年10月1日        至    2019年12月31日       ) 2020年2月13日近畿財務局長に提出。
    (4)  臨時報告書

      企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
      臨時報告書
      2019年6月28日近畿財務局長に提出。
      企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19号(特別損失(減損損失)の発生)の規定に基づく臨時報告書

      2020年4月28日近畿財務局長に提出。
                                 85/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 86/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2020年6月26日

    明治海運株式会社
     取締役会 御中
                          神明監査法人
                           兵庫県神戸市
                           代表社員

                                           古    村    永   子  郎  
                                   公認会計士                   ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                           角    橋   実
                                   公認会計士                   ㊞
                           業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる明治海運株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
    対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
    務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、明
    治海運株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績
    及びキャッシュフローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 87/92



                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記
     事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸
     表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証
     拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
     かどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎とな
     る取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を
     入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     意見に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制

    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
                                 88/92











                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、明治海運株式会社の2020年3
    月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、明治海運株式会社が2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
    部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
    報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当を認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
    制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる純
    分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
    いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
    ある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業
    的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
     適用される。
    ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内
     部統制報告書の表示を検討する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人は、
     内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任を
     負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、

    識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められるその他の事項につ
    いて報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上

                                 89/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
    (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別
        途保管している。
      2 XBRLデータは監査の対象には含まれていない。
                                 90/92




















                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2020年6月26日

    明治海運株式会社
     取締役会 御中
                          神明監査法人
                           兵庫県神戸市

                           代表社員

                                           古    村    永   子  郎
                                   公認会計士                   ㊞
                           業務執行社員
                           代表社員

                                           角    橋    実
                                   公認会計士                   ㊞
                           業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる明治海運株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第166期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、明治海
    運株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、すべての重要な点にお
    いて適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。 
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
                                 91/92


                                                           EDINET提出書類
                                                       明治海運株式会社(E04242)
                                                            有価証券報告書
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
    (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は有価証券報告書提出会社が別

        途保管している。
      2 XBRLデータは監査の対象に含まれていない。
                                 92/92












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク