株式会社コメリ 有価証券報告書 第59期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第59期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 株式会社コメリ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年6月25日
      【事業年度】                    第59期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    株式会社コメリ
      【英訳名】                    KOMERI    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  捧 雄一郎
      【本店の所在の場所】                    新潟県新潟市南区清水4501番地1
      【電話番号】                    025(371)4111(代表)
                          取締役 執行役員
      【事務連絡者氏名】
                          経営企画室ゼネラルマネジャー 早川 博
      【最寄りの連絡場所】                    新潟県新潟市南区清水4501番地1
      【電話番号】                    025(371)4111(代表)
                          取締役 執行役員
      【事務連絡者氏名】
                          経営企画室ゼネラルマネジャー 早川 博
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/91












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第55期       第56期       第57期       第58期       第59期

             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                   (百万円)        324,343       329,588       341,956       346,863       348,573
     売上高及び営業収入
                   (百万円)         17,409       16,811       17,087       18,237       18,625
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                   (百万円)         9,585       11,017       10,907       10,935       11,941
     利益
                   (百万円)         8,258       11,495       11,618       11,011       12,359
     包括利益
                   (百万円)        145,599       155,241       164,958       173,968       181,990
     純資産額
                   (百万円)        305,496       306,562       319,681       326,435       331,140
     総資産額
                    (円)       2,873.00       3,062.98       3,254.23       3,431.62       3,659.43
     1株当たり純資産額
                    (円)        189.33       217.54       215.35       215.90       236.58
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)        189.11       217.32       215.12       215.64       236.36
     期純利益
                    (%)         47.6       50.6       51.6       53.2       55.0
     自己資本比率
                    (%)         6.7       7.3       6.8       6.5       6.7
     自己資本利益率
                    (倍)        12.15       12.66       13.16       12.56        8.18
     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                   (百万円)         21,834       26,719       22,400       23,336       24,475
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   (百万円)        △ 12,875      △ 13,923      △ 16,914      △ 20,280       △ 9,816
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   (百万円)        △ 8,311      △ 14,854       △ 6,229      △ 6,170      △ 9,039
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                   (百万円)         9,628       7,568       6,819       3,710       9,330
     高
                            4,560       4,633       4,588       4,646       4,253
     従業員数
                    (人)
     [外、平均準社員数]                       [ 4,930   ]    [ 4,710   ]    [ 4,842   ]    [ 4,777   ]    [ 5,106   ]
      (注)1.売上高及び営業収入の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第58期の期
           首から適用しており、第57期             に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
           標等となっております。
         3.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上、「役員株式給付信託(BB
           T)」の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式を、期中平均
           株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
         4.第59期より、従業員数は嘱託社員375名を除いて算出しております。
                                  2/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第55期       第56期       第57期       第58期       第59期

             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                   (百万円)        310,667       316,444       328,491       332,972       335,277
     売上高及び営業収入
                   (百万円)         13,036       12,418       12,254       13,704       16,684
     経常利益
                   (百万円)         6,974       8,339       7,964       8,227       10,906
     当期純利益
                   (百万円)         18,802       18,802       18,802       18,802       18,802
     資本金
                    (千株)        54,409       54,409       54,409       54,409       54,409
     発行済株式総数
                   (百万円)        126,860       133,444       139,573       145,751       152,316
     純資産額
                   (百万円)        284,334       284,316       292,907       299,942       302,188
     総資産額
                    (円)       2,502.98       2,632.58       2,753.06       2,874.55       3,062.75
     1株当たり純資産額
                            36.00       38.00       39.00       40.00       42.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)                       ( 18.00   )    ( 19.00   )    ( 19.00   )    ( 20.00   )    ( 21.00   )
                    (円)        137.76       164.68       157.24       162.44       216.09
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)        137.60       164.51       157.08       162.24       215.88
     期純利益
                    (%)         44.6       46.9       47.6       48.5       50.4
     自己資本比率
                    (%)         5.6       6.4       5.8       5.8       7.3
     自己資本利益率
                    (倍)        16.70       16.72       18.02       16.69        8.96
     株価収益率
                    (%)         26.1       23.1       24.8       24.6       19.4
     配当性向
                            4,134       4,179       4,189       4,204       3,845
     従業員数
                    (人)
     [外、平均準社員数]                       [ 4,250   ]    [ 4,046   ]    [ 4,186   ]    [ 4,113   ]    [ 4,465   ]
                    (%)         82.5       99.9       104.1       101.2        75.3
     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                    (%)        ( 89.2  )    ( 102.3   )    ( 118.5   )    ( 112.5   )    ( 101.8   )
     TOPIX)
                    (円)        3,155       2,915       3,435       3,115       2,795
     最高株価
     最低株価               (円)        2,082       2,113       2,620       2,193       1,611
      (注)1.売上高及び営業収入の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         3.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上、「役員株式給付信託(BB
           T)」の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式を、期中平均
           株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
         4.第59期より、従業員数は嘱託社員265名を除いて算出しております。
                                  3/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       1952年4月       新潟県から小売主食販売店の登録を受け、初代社長捧寅七が米穀商米利商店を創業。
       1962年7月       個人商店を株式会社米利商店に組織変更、設立。(会社設立日、1962年7月2日)
       1963年12月       昭和石油瓦斯㈱とLPガス特約店契約を締結。LPガス、石油販売を開始。
       1967年11月       新社屋を新潟県三条市東裏館に竣工。ガソリンスタンド、LPガススタンドを同地内に開設。
       1973年1月       商号を株式会社米利に変更。
       1974年3月       北星産業㈱(現連結子会社)を設立。
       1977年4月       ホームセンター事業に進出、新潟県三条市須頃地区にホームセンター三条店(第1号店)を開店。
       1983年9月       専門店性を重視した150坪スタイルの店舗「ハードアンドグリーン」第1号店を新潟県新発田市に
              開店。
       1985年2月       ㈱ライフコメリ(現連結子会社)を設立。
       1985年7月       商号を株式会社コメリに変更。
       1986年12月       本店を、新潟県三条市興野二丁目19番38号から新潟県新潟市米山四丁目1番28号に移転。
       1987年4月       ㈱ブリージーグリーン(元連結子会社)を設立。
              (2006年10月吸収合併)
       1987年10月       新潟証券取引所に株式上場。
       1988年4月       ㈱ムービータイム(現連結子会社)を設立。
       1990年5月       ㈱ビット・エイ(現連結子会社)を設立。
       1994年9月       東京証券取引所市場第二部に株式上場。
       1996年1月       中国大連市に合弁会社大連米利海辰商場有限公司設立。
       1996年7月       財団法人緑育成財団設立。
       1996年11月       事業本部を新潟県白根市(現新潟市南区)に移転。
              コメリ緑資金設立。
       1997年9月       東京証券取引所市場第一部に指定。
       1998年4月       ㈱アテーナ(元連結子会社)の株式を取得。
              (2009年10月吸収合併)
       1999年7月       台湾に米利商品開發股份有限公司設立。
       2001年4月       ミスタージョン㈱(元連結子会社)と資本業務提携。
              (2004年2月株式交換により完全子会社化、2006年4月吸収合併)
       2002年4月       ㈱アクア(現連結子会社)を設立。
              (2007年4月1日付で商号を㈱コメリキャピタルに変更)
       2002年5月       ㈱キッコリー(元連結子会社)の株式を取得。
              (2006年4月吸収合併)
              中国上海市に上海米利貿易有限公司設立。
       2002年10月       ㈱ヤマキ(元連結子会社)と資本業務提携。
              (2004年2月株式交換により完全子会社化、2009年4月吸収合併)
       2003年3月       新潟県新津市(現新潟市秋葉区)にパワー業態1号店としてパワー新津店を開店。
       2005年3月       本店を新潟県新潟市清水(現南区清水)4501番地1に移転。
       2005年9月       NPO法人コメリ災害対策センター設立。
       2010年6月       ㈱コメリキャピタルがコメリカード自社運営開始。
       2012年6月       コメリ緑資金と財団法人緑育成財団を統合し公益財団法人コメリ緑育成財団を設立。
       2013年11月       ㈱コメリクリエイト設立。
       2016年4月       ㈱コメリサポート設立。
       2017年7月       三重県津市にPRO業態1号店としてPRO白塚店を開店
       2017年7月       MEKONG       FRONTIER         CO.,LTD設立。
       2018年2月       KOMERI(THAILAND)                CO.,LTD設立。
       2019年1月       KOMERI       VIETNAM        CO.,LTD設立。
       2020年3月       上伊那農業協同組合との本格的な協業を開始し、長野県上伊那地区8店舗でJA商品の取扱いを開
              始。
       2020年3月末現在で、パワー              66店舗、ハード&グリーン             1,120店舗、PRO         3店舗、アテーナ         8店舗、合計1,197

       店舗展開しております。
                                  4/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社(株式会社コメリ)及び子会社15社で構成されております。その事業は、                                             「ホームセンター
       事業」と「その他事業」に区別されています。「ホームセンター事業」では、金物・工具、資材・建材、園芸・農業
       用品の販売、物流サービス、情報処理システムの開発・運営、クレジットカード関連サービス等を、「その他事業」
       では、LPガス・ガソリン等の燃料や書籍等の販売を行っております。
        なお、次の部門は「第5            経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの
       区分と同一であります。
       (1)ホームセンター
         ㈱コメリ     …………………………          ホームセンター事業を行っており               ます。毎日保証された低価格と圧倒的な品揃
                        えを提供する「パワー」、近さと買いやすさ等の利便性を追求する「ハード&
                        グリーン」、金物・工具、資材・建材の専門店「PRO」、インテリア用品の
                        専門店「アテーナ」の4つの店舗ブランドを展開しており、地域特性やお客様
                        のニーズに合わせた店舗展開を行って                  おります。
         北星産業㈱      ………………………         当社の海外からの買付商品の保管及び当社が販売する商品の店舗別仕分け、各
                        店舗への配送業務を行っております。また当社取引先より、各店舗への配送業
                        務を請け負っております。
         ㈱ビット・エイ        …………………       当社及びグループ各社の業務上必要な各種情報処理及びそれに必要なコン
                        ピュータソフトウェアの開発や、当社取引先の情報処理等を行っております。
         ㈱コメリキャピタル          ……………     クレジットカード業務及びその付帯業務並びに保険代理店業務を行っておりま
                        す。
         米利商品開発股份有限公司             ……  台湾で当社及びグループ会社の商品の買付けを行っております。
         上海米利貿易有限公司           …………    中国で当社及びグループ会社の商品の買付けを行っております。

         ㈱コメリクリエイト          ……………     大規模なリフォーム工事等の請負を行っております。

         ㈱コメリサポート         ………………      清掃、補修メンテナンス業務を行っております。

       (2)その他

         ㈱ライフコメリ        …………………       当社及びグループ会社への燃料納入と、LPガス、ガソリン、灯油及び関連機
                        器の販売を行っております。
         ㈱ムービータイム         ………………      書籍等の販売を行っております。
         大連米利海辰商場有限公司             ……  中国で不動産賃貸業を行っております。

                                  5/91










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       [事業系統図]
        事業の系統図は次のとおりであります。
                                  6/91




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の
                        資本金
         名称         住所            主要な事業の内容          所有割合           関係内容
                       (百万円)
                                         (%)
     連結子会社

                                              当社の販売する商品の店舗別

                                             仕分け業務及び各店舗への配送
                新潟県新潟市             ホームセンター
     北星産業㈱                     336                100   業務を同社が行っております。
                南区             商品配送管理業務
                                              資金の貸付をしております。
                                              役員の兼任があります。
                                              当社の各種情報処理業務の委
                             ホームセンター                託及びコンピュータソフトウェ
                新潟県新潟市             各種情報処理及びコ                アの供給を受けております。
     ㈱ビット・エイ                      50               100
                南区             ンピュータソフト                 資金の借入を受けておりま
                             ウェアの開発                す。
                                              役員の兼任があります。
                             ホームセンター
                                              当社グループカードの運営を
                             クレジットカード業
                新潟県新潟市                             委託しております。
     ㈱コメリキャピタル                     450   務及びその付帯業務             100
                南区                              資金の貸付をしております。
                             並びに保険代理店業
                                              役員の兼任があります。
                             務
                                              同社より燃料を購入しており
                             その他
                                             ます。
                             LPガス、ガソリ
     ㈱ライフコメリ           新潟県三条市           30               100    資金の借入を受けておりま
                             ン、灯油及びそれら
                                             す。
                             の関連機器の販売
                                              役員の兼任があります。
                                              当社が不動産の一部を賃貸し
                新潟県新潟市             その他                ております。
     ㈱ムービータイム                     248                100
                南区             書籍等の販売                 資金の貸付をしております。
                                              役員の兼任があります。
      (注)「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
                                  7/91










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2020年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                 4,196   (5,039)

      ホームセンター
      その他                                             57   (67)
                                                 4,253   ( 5,106   )

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、準社員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。なお、上記に
           嘱託社員375名は含まれておりません。
         2.当連結会計年度より、従業員数は嘱託社員を除いて算出しております。前連結会計年度の嘱託社員は381名
           であります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2020年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
          3,845    ( 4,465   )          36.3             10.50            4,472,538

                                          従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                 3,845   (4,465)

      ホームセンター
                                                 3,845   ( 4,465   )

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、準社員数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。なお、上記
           に嘱託社員265名は含まれておりません。
         2.平均年齢、平均勤続年数は、受入出向者を除いて算出しております。
         3.平均年間給与は、基準賃金のほか時間外勤務手当等の基準外賃金及び賞与を含んでおります。
         4.当事業年度より、従業員数は嘱託社員を除いて算出しております。前事業年度の嘱託社員は378名でありま
           す。
       (3)労働組合の状況

         当社には、上部団体であるUAゼンセン同盟に加盟しているコメリユニオンがあり、2020年3月31日現在の組合
        員数は8,370人であります。
         また、一部の連結子会社には企業別に労働組合が組織されております。
         なお、労使関係は良好に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                  8/91








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
         以下、第2       事業の状況に掲げる金額については、消費税等は含まれておりません。
         なお、PWはパワー、H&Gはハードアンドグリーン、PROはプロ、ATはアテーナの略称であります。
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)  会社の経営の基本方針
         当社グループの経営理念は、「企業とは人々の幸せのために存在すべきものであり、それでこそ社会から支持
        され、存続することができる」という考えに根ざしており、これは創業以来不変のものであります。
         上記経営理念に基づき、当社グループは、                    「遅れた分野の流通近代化」の実現のために、金物・工具、資材・
        建材、(ハード)と園芸、家庭菜園、農業資材(グリーン)を核カテゴリーとしてとらえ、流通改革                                               に取り組ん
        でまいります。
       (2)  中長期的な会社の経営戦略等

         ①  経営環境
          ⅰ  外部環境
          ・ 消費税増税による消費マインドの低下や新型コロナウイルス感染症拡大の影響による外出自粛要請等によ
           り、中長期的に個人消費の下振れが避けられない状況となっております。
          ・ 新型コロナウイルス感染症の影響は、移動制限による各種需要の喪失や雇用不安、所得の減少、サプライ
           チェーンの分断等、事業活動や生活等のすべての面において影響が出ており、今後もその影響は、継続す
           るものと予想されます。
          ・新しい生活様式が求められ、お客様の住まいへのニーズは、これまで以上に急速に変化することが予想さ
           れ、住まいや生活に関する新たな需要が生まれると考えられます。
          ・天候不順や自然災害等の気候変動の影響による消費行動の変化や、農作物の生産状況の変化の影響があり
           ます。
          ・人口減少や少子高齢化の影響による世帯年齢構成の変化、これから始まる世帯数の減少による社会・地域
           経済に与える影響は、常に大きなものとなると考えられます。
          ・5G、AI、IoT、ブロックチェーン等のデジタル技術の深化への対応が必要であると考えられます。
          ⅱ  小売業界
          ・  業種・業態の垣根を越えた販売競争の激化による店舗の営業環境の変化により、商圏内の販売シェアの低
           下が発生することが考えられます。
          ・  店舗建設費の高騰や人件費や運送費等の各種費用の上昇傾向は、今後も続くと考えられます。
         ②  経営戦略等
           2020年3月期から2022年3月期の中期経営計画につきましては、2019年4月25日に公表し、2022年3月期
          の目標は、営業収益3,820億円、営業利益250億円、ROA7.1%、ROE7.5%であります。
           商品企画、原材料調達、製造生産、流通、販売に至る国内外の流通のトータルプロデュースを行い、より
          良い商品をより安く、お客様には無駄なコストは1円たりとも負担させないという考えのもと、ローコスト
          オペレーションを維持する取り組みを行い、損益分岐点を下げる仕組みづくりを行ってまいります。これに
          より、業種・業態の垣根を越えた大競争時代において、持続可能な成長を目指してまいります。
         ③  目標とする経営指標
           当社グループは、「労働分配率33.3%、ROA10%、ROE10%」を目指し、“人”及び“資本”の生産
          性の向上に努めてまいります。
           なお、当連結会計年度におけるROAは5.7%、ROEは6.7%であります。
       (3)  優先的に対処すべき         事業上及び財務上の         課題

         当社グループは、「ハード」と「グリーン」の分野における社会のインフラとして、お客様の豊かな暮らしの
        実現と、お客様に必要とされる企業を目指し、次の取り組みを行ってまいります。
         ①  出店戦略
           業種業態の垣根を超えた販売競争の激化や                    人口減少による市場規模の縮小の中、出店地域の与件に合致し
          た品揃え・サービスを提供できるPW、H&G、PRO、AT等の各種フォーマットによる船団方式の出店
          により、密度の高いドミナントエリアを形成し、販売効率を高めてまいります。
         ②  商品・営業戦略
           商品調達のグローバル化と物流網及び情報システムの進化により、商品調達の効率化とリスクヘッジを図
          るとともに、EDLP(エブリデイ・ロープライス)の更なる推進と商品開発力の強化を行い、核カテゴリー
          である金物・工具、資材・建材(ハード)と園芸、家庭菜園、農業資材(グリーン)の関連商品の自社開発
          商品比率を高めてまいります。
                                  9/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           また、新しい生活様式が求められ、お客様の住まいへのニーズが急激に変化することが予想されます。お
          客様のニーズが「モノ」から「コト」へと移り変わる中、お客様目線での商品提案を進めるとともに、住ま
          いに関する「お困りごと」を解決すべく、リフォーム等の住まいへのニーズの変化に伴う新たな需要の獲得
          に も努めてまいります。
         ③  情報化・デジタル化
           Eコマースでの注文商品の店頭引き渡しや店舗ごとのリアル在庫の確認等、店舗とインターネットの融合
          を強化することで全国に展開している当社グループの強みを活かしてまいります。
           また、店舗における新たな接客のあり方にも取り組み、デジタルツールを活かした店舗従業員の接客能力
          を引き出す仕組みの構築も目指してまいります。さらに、連結子会社の(株)コメリキャピタルとともに、店
          舗におけるキャッシュレス化に伴う決済手段の多様化への対応も進めてまいります。加えて、カード会員の
          更なる獲得を推進し、顧客基盤をより強固なものにすることで、お客様の利便性の向上にも努めてまいりま
          す。
         ④  農業分野の取り組み
           「ローコストな生産資材の供給」「農業アドバイザーによる営農指導」「農産物の流通支援」「金融支
          援」「IT支援」を通じ、農業振興及び地域振興に寄与し、日本の農業の産業化を支援してまいります。こ
          れらを実施することにより、農産物の生産から販売までをトータルコーディネートできる体制の構築を行っ
          てまいります。       JAとの取り組みにつきましては、JA上伊那での実績を踏まえ、持続可能な新たな農業支
          援モデルの構築を進めてまいります。
         ⑤  働き方改革と生産性向上への取り組み
           当社グループは、店舗作業の「楽・良・早・安」化を実施することにより、多様な人材がより能力を発揮
          し活躍できる環境を整備するとともに、コンパクトなストアサポートセンター(本社)を構築し、生産性の
          向上を行ってまいります。
           また、効率的に従業員教育を行い、各種ノウハウの蓄積や成功事例の水平展開等を行い、多様性・専門性
          のある人材育成を行ってまいります。さらに、人口減少や少子高齢化が進む中、家庭を持つ女性やシニア
          層、地元で働きたい人等の多様化するライフスタイルに対応できる体制を整備してまいります。これらの取
          り組みを行うことにより、人材の定着化を図り、離職の防止に努めてまいります。
         ⑥  コーポレートガバナンスへの取り組み
           当社は、独立社外取締役5名を選任しており、                      その割合は取締役会出席者12              名の3分の1以上を占めてお
          ります。また、当社は、「執行役員制度」「取締役(監査等委員であるものを除く)の任期1年」「取締役
          及び執行役員の担当制」を採用しており、その結果、取締役会は経営の意思決定・監督機能と執行機能が分
          離され、戦略的意思決定とコンプライアンスの強化が図れる体制となっております。
           また、監査等委員会設置会社に移行することを決定し、これまで以上に取締役会の監査・監督機能を強化
          するとともに、業務執行については取締役会の監督のもと更なる意思決定の迅速化を図ってまいります。さ
          らに、監査等委員会設置会社への移行に伴い、独立社外取締役を委員の過半数とする指名・報酬委員会を設
          置することといたしました。
           今後も、迅速な経営判断ができる体制を継続し、より実効性の高いガバナンス機能を発揮できる体制を構
          築してまいります。
         ⑦  環境及び社会への取り組み
           当社グループは、ホームセンター事業自体が地球温暖化対策等の環境対策につながるものであると考え、
          商品や店舗運営、物流等、商品の調達から販売に至るすべての過程において、省力化、効率化を行い環境及
          び社会課題の解決に取り組んでおります。当社グループ役員・従業員全員がその目的や内容を理解し、その
          役割と責任を果たすことで、持続可能な成長の実現を目指してまいります。
                                 10/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、                                   経営者が連結会社の財政状態、経営成
       績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
       であります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。
       (1)  出店について
         当社グループの出店政策は、PW、H&G                    、PRO及びAT        を商圏規模に応じて「船団方式」で出店し、更な
        る店舗網の拡大及びドミナントを進めるものですが、「都市計画法」「大規模小売店舗立地法」等の法令又は条
        例等の規制により、住民や自治体との調整のため、出店に要する時間の長期化や出店コストの増加等により当初
        の計画通りに出店ができない場合、業績や財務状況に影響を受ける可能性があります。
       (2)  気象条件について
         当社グループの販売商品は園芸・農業用品をはじめとして、きわめて季節性の高い商品が多く、四季の特徴が
        早い時期より顕著に現れるほど販売が好調となる傾向がありますが、反面、暖冬、冷夏などにより商品の動きが
        鈍くなると、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  流通ネットワーク障害について
         当社グループは、商品開発のグローバル化を推進するとともに、物流網及び情報システムを整備し、全国をカ
        バーできる流通ネットワークの整備を行い、ローコストオペレーション体制を構築してまいりました。
         しかしながら、自然災害、停電・火災、戦争・テロ、コンピュータウィルス                                   及び  人為的な誤り等による継続的
        な情報システムの障害、           又は新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染症拡大に起因する政府等の移動自粛
        等の要請又は指示による物流遮断や停滞                   による流通ネットワークの障害が発生する可能性があります。このよう
        な事態が発生した場合、当社グループの事業運営に支障が生じ、                              商品等の供給が滞り、          売上高の減少、レジシス
        テムの停止、データの消失、復旧に関する費用の発生等、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (4)  感染症拡大について
         新型コロナウイルス、インフルエンザ等の感染症が拡大した場合、一時的に店舗閉鎖や営業時間短縮等、当社
        グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループでは、当該リスクに対応するため、感染予防及び感染拡大予防策を実施いたしました。今般の緊
        急事態宣言発令に伴い、従業員やお客様、お取引先様等の安全を最優先に考え、「密閉」「密集」「密接」を避
        ける感染防止策をとり、店舗におきましては、営業時間の短縮や折り込みチラシの中止、レジへのエチケット
        シート(飛沫防止シート)の取り付け等を行いました。
       (5)  競合について
         ホームセンター企業各社は、プロ需要やリフォーム・ホームファッションなどに対応するため店舗の大型化を
        進めて競争が激化する中、更に業種・業態の垣根を越えた競争が激しくなるなど、小売業全体において企業間競
        争が熾烈化しております。
         当社は多店舗展開によるドミナントエリア化を進めておりますが、競合商品分野において有力な競合他社店舗
        によるエリア内への大型店舗の出店等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  情報の流出について
         当社グループでは、社内体制を整備し、お客様及びお取引先様等のデータ並びに売上・仕入等の営業上のデー
        タを保有し、管理しております。
         しかしながら、犯罪行為やコンピューターシステムの障害等により情報の漏洩・流出の起こる可能性は否定で
        きず、そのような事態が発生した場合には、当社グループの社会的信用に影響を及ぼし、情報流出に起因する被
        害に対する損害賠償義務を負う可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  為替変動等について
         当社グループは、海外から商品の輸入を行っており、為替予約等により為替リスクの低減を行っております。
         しかしながら、想定以上の為替変動が生じた場合又は原油市場の価格が変動した場合等には輸入商品の調達に
        支障をきたし、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」とい
        う。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

          当連結会計年度におけるわが国経済は、消費税増税による消費マインドの影響に加え、                                        新型コロナウイルスの
         感染拡大による外出自粛要請等により、個人消費の下振れが避けられない状況となっております。また、これに
         派生した東京五輪の延期決定による経済への影響など先行きの不透明感は急激に強まっております。
          小売業界におきましては、            業種業態の垣根を超えた販売競争の激化、天候不順及び自然災害の影響、人件費や
         物流費の高騰、消費税増税の影響などに加え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による店舗の休業や時短営
         業等、店舗運営への影響が発生しており、過去に例を見ないほどの厳しい経営環境となりました。
          このような状況のもと、当社グループの当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりまし
         た。
         (イ)財政状態
             当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ47億5百万円増加して、3,311億40百万円と
            なりました。
             当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ33億16百万円減少して、1,491億49百万円と
            なりました。
             当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ80億22百万円増加して、1,819億90百万円
            となりました。
         (ロ)経営成績

             当連結会計年度の経営成績は、売上高及び営業収入3,485億73百万円(前年同期比100.5%)、営業利益
            184億69百万円(同101.9%)、経常利益186億25百万円(同102.1%)、親会社株主に帰属する当期純利益
            119億41百万円(同109.2%)となりました                    。
             セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

            a.  ホームセンター
             ⅰ   工具・金物・作業用品
               電動工具や関連パーツが好調に推移いたしました。また、夏の作業も快適な空調服等の自社開発商
              品の販売が好調でした。これにより売上高は、604億68百万円(前連結会計年度比101.6%)となりまし
              た。
             ⅱ   リフォーム資材・エクステリア用品
               工務店様向けの内装材等の資材が好調に推移いたしました。また、ビルトインコンロや洗面台と
              いった取り付け施工が必要な商品の販売が好調でした。これにより売上高は、489億43百万円(同
              102.4%)となりました。
             ⅲ 園芸・農業用品
               春先の気温低下により、花苗や家庭用の小袋肥料などは低調に推移いたしましたが、農家様向けの
              農業資材等の販売は好調でした。また、夏場に雨量が多かったこともあり除草剤の販売も好調でし
              た。これにより売上高は、770億7百万円(同100.2%)となりました。
             ⅳ   日用品・ペット用品
               自社開発商品のキャットケージ等のペット用品が好調に推移しました。また、マスクやハンドソー
              プ等の衛生用品の販売が上がりました。これにより売上高は、598億97百万円(同103.3%)となりまし
              た。
             ⅴ   家電・レジャー用品
               暖冬少雪の影響により暖房用品の販売が低調でしたが、電動アシスト車の拡販等により自転車の販
              売が好調に推移いたしました。また、自宅でも楽しめるバーベキューコンロや木炭等のキャンプ用品
              が好調に推移いたしました。これにより売上高は、404億17百万円(同98.1%)となりました。
             ⅵ   インテリア・家庭用品
               自社開発商品のフライパンや鍋等の調理用品が好調に推移いたしましたが、7月の低温などにより
              夏物のカーペットや敷パッド等の季節商品は低調でした。これにより売上高は、316億64百万円(同
              98.0%)となりました。
                                 12/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
             ⅶ 灯油他
               灯油は、暖冬少雪の影響により販売が低調に推移いたしました。これにより売上高は、258億54百
              万円(同96.4%)となりました。
               その結果、ホームセンター全体としての売上高は、3,442億52百万円(同100.5%)となりました。
            b.  その他

              LPガス・ガソリン等の燃料や書籍等の販売等により、当連結会計年度のその他事業の営業収益は43
             億20百万円     (同97.6%)      となりました。
        ②キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」)は、93                                  億30百万円     となりました。各キャッ
         シュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果、獲得した資金は、244億75百万円(前年同期比4.9%増)となりました。主な獲得要因は、
          税金等調整前当期純利益180億6百万円、減価償却費113億50百万円であります。主な使用要因は、法人税等の
          支払額61億12百万円であります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果、使用した資金は、98億16百万円(同51.6%減)となりました。主な使用要因は、有形固定
          資産の取得であります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果、使用した資金は、90億39百万円(同46.5%増)となりました。主な獲得要因は、長期借入
          による収入105億円であります。主な使用要因は、長期借入金の返済による支出122億39百万円、自己株式の取
          得による支出21億12百万円、配当金の支払額20億75百万円であります。
        ③生産、受注及び販売の実績

         (イ)仕入実績
            当連結会計年度の仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2019年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2020年3月31日)
      ホームセンター(百万円)                              225,601                    99.6

       報告セグメント計(百万円)                             225,601                    99.6

      その他(百万円)                               2,883                   93.9

          合計(百万円)                          228,485                    99.5

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         (ロ)   販売実績

            当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2019年4月1日                    前年同期比(%)
                            至 2020年3月31日)
      ホームセンター(百万円)                              344,252                    100.5

       報告セグメント計(百万円)                             344,252                    100.5

      その他(百万円)                               4,320                   97.6

          合計(百万円)                          348,573                    100.5

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 13/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①財政状態及び経営成績           の状況に関する認識及び分析・検討内容

         (イ)経営成績等
            a.財政状態
              当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末より47億5百万円増加し、3,311億40百万円とな
             りました。主に有形固定資産が21億88百万円減少いたしましたが、現金及び預金が56億20百万円、受取
             手形及び売掛金が21億22百万円それぞれ増加したことによるものであります。
              当連結会計年度末の負債合計は、                前連結会計年度末より33億16百万円減少し、1,491億49百万円とな
             りました。主に長期借入金が63億30百万円、支払手形及び買掛金が22億50百万円増加いたしましたが、
             1年内返済予定の長期借入金が80億円、退職一時金制度の一部を確定拠出年金制度へ移行したことに伴
             い、退職給付に係る負債が60億88百万円減少したことによるものであります。
              当連結会計年度末の純資産合計は、                 前連結会計年度末より80億22百万円増加して、1,819億90百万円
             となりました。主に利益剰余金が増加したことによるものであります。
            b.経営成績

              春先の気温低下や記録的な暖冬少雪等の影響で季節商品が低調に推移いたしました。一方で天候に左
             右されにくい農家様向けの農業資材や工務店様向けのリフォーム資材等の仕事で使う必需品は、好調に
             推移いたしました。また、ネットで商品を注文して店舗で受け取りができる「取り置きサービス」が好
             調に推移し     、営業収益は3,485億73百万円(前連結会計年度比100.5%)となりました。
              利益面では、海外輸入のPB商品の荒利益率が下期より改善したことに加え、作業の効率化による人
             時数の削減や販促媒体の多様化の推進等により販管費が削減され、                                営業利益は、184億69百万円(同
             101.9%)、経常利益は186億25百万円(同102.1%)となり                           ました。
         (ロ)   経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

             当社グループは、        環境の変化に対応し社会的インフラとしての役割を果たすべく、お客様の生活必需品
            のみならず、農家様への農業資材や工務店様への建築資材等の供給に努めてまいりました。
             新たな取り組みである上伊那農業協同組合(以下、JA上伊那)との協業につきましては、2020年3月
            1日に、長野県の上伊那地域で展開する当社8店舗において、農業用品売場のリニューアルオープンを行
            いました。従来、JA上伊那で取り扱っていた肥料・農薬などの専売品と、自社開発商品を併売すること
            で、幅広く商品を選ぶことができるようになり、地元農家様からご好評をいただいております。
             また、連結子会社である(株)コメリキャピタルが独自に発行しているコメリカード(クレジット機
            能)、アクアカード(プリペイド機能)等のカード会員数は当連結会計年度末で360万人を突破し順調に
            推移しており、ビッグデータを活用してお客様のニーズをタイムリーに把握することが可能となっており
            ます。また、使えば使うほどポイントの還元率が上がるフリークエント・ショッパーズ・プログラム(F
            SP)により固定客化も進んでおります。
             なお、当社は、2019年10月1日に退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行したことによ
            り、確定拠出年金制度への移行部分について退職給付制度の終了の処理を行い、第3四半期連結会計期間
            において、11億57百万円の特別利益を計上いたしました。
             出店につきましては、建築コストが高止まりしている影響から、ローコストで出店するための店舗仕様
            の見直し及び出店時期の調整等を行い、例年に比べて出店数を抑制した結果、PWを2店舗、H&Gを8
            店舗、PROを1店舗開店いたしました。一方、既存店の改装を積極的に行い、例年に比べ4割多い11万
            坪の改装を実施いたしました。
             閉店につきましては、契約期間満了等により、H&Gを6店舗閉店いたしました。
             この結果、当連結会計年度末の店舗数は、PW66店舗、H&G1,120店舗、PRO3店舗、AT8店
            舗、合計で1,197店舗となりました。
                                 14/91




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報
         (イ)   キャッシュ・フローの状況
             当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「                               (1)経営成績等の状況の概要                ②
            キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
         (ロ)   資本の財源及び資金の流動性

             当社グループは、運転資金及び設備資金につきましては、自己資金または借入により資金調達すること
            としております。このうち、借入による資金調達に関しましては、短期運転資金は銀行からの短期借入を
            基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、銀行からの長期借入及びリースを基本
            としております。
             なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は552億99百万円と
            なっております。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は93億30百万円となってお
            ります。
        ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
         おります。重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(連結財務諸表作
         成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。連結財務諸表の作成にあたっては、資産、負債、収
         益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値
         は実際の結果と異なる可能性があります。
          連結財務諸表作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。
          なお、新型コロナウィルス感染症の影響等不確実性が大きく将来事業計画等の見込数値に反映させることが難
         しい要素もありますが、期末時点で入手可能な情報を基に検証等を行っております。
         (イ)繰延税金資産の回収可能性
             当社グループは、繰延税金資産について定期的に回収可能性を検討し、当該資産の回収が不確実と考え
            られる部分に対して評価性引当額を計上しています。回収可能性の判断においては、将来の課税所得見込
            額と実行可能なタックス・プランニングを考慮して、将来の税金負担額を軽減する効果を有すると考えら
            れる範囲で繰延税金資産を計上しています。
             将来の課税所得見込額はその時の業績等により変動するため、課税所得の見積に影響を与える要因が発
            生した場合は、回収懸念額の見直しを行い繰延税金資産の修正を行うため、当期純損益額が変動する可能
            性があります。
         (ロ)固定資産の減損処理

             当社グループが有する固定資産のうち、「固定資産の減損に係る会計基準」において対象とされるもの
            については、損益報告や経営計画などの企業内部の情報、経営環境や資産の市場価格などの企業外部の要
            因に関する情報に基づき、資産又は資産グループ別に減損の兆候の有無を確認し、企業環境の変化や経済
            事象の発生によりその帳簿価額の回収が懸念されているかなども考慮し、減損損失の認識を判定しており
            ます。
             この判定により減損兆候を認識すべきと判断した場合には、その帳簿価額を回収可能価額まで減損処理
            を行っております。事業計画や経営・市場環境の変化により、回収可能価額が変更された場合には、減損
            損失の金額の増加又は新たな減損損失の認識の可能性があります。
         (ハ)資産除去債務

             当社グループは、営業店舗等の開設にあたり、不動産所有者との間で不動産賃貸借契約を締結してお
            り、退去時における原状回復義務に関し、「資産除去債務に関する会計基準」に基づき                                        過去の実績等から
            合理的な見積りを行い資産除去債務を計上しております。しかしながら、新たな事実の発生等に伴い、資
            産除去債務の計上額が変動する可能性があります。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        特記事項はありません。
                                 15/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
         以下、第3       設備の状況に掲げる金額については、消費税等は含まれておりません。
         なお、PWはパワー、H&Gはハードアンドグリーン、PROはプロ、ATはアテーナの略称であります。
      1【設備投資等の概要】
       当社グループが当連結会計年度において実施いたしました主な設備投資は、                                     PW2店舗、H&G8店舗、PRO1店
      舗 の新規出店及び既存店の改装等であります。その結果、当連結会計年度の設備投資額は                                        9,247   百万円   となりました。
       なお、設備投資に必要な資金は、自己資金、銀行からの借入金及びリースでまかないました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                   (2020年3月31日現在)
                                       帳簿価額
                セグメント      設備の内                                   従業員数
        事業所名                  建物及び     機械装置及       土地
                の名称      容
                                         リース資産      その他     合計    (人)
                          構築物     び運搬具
                                    (百万円)
                                         (百万円)     (百万円)     (百万円)
                          (百万円)     (百万円)      (面積㎡)
     PW河渡店他          ホームセン      建物及び                 8,944                    797
                           42,677       214           -    879    52,716
     65店舗          ター      販売設備
                                     (227,836)                    (2,019)
     H&G小針店他                                 9,982                   2,651
               同上      同上      56,682       197          206     324    67,394
     1,119店舗
                                     (201,748)                    (3,116)
     PRO白塚店他                                  200                   12
               同上      同上       162      0          -     5    369
     2店舗                                (4,532)                    (20)
     AT新津店他                                  750                   17
               同上      同上
                             88      0          -     0    839
     7店舗                                (12,343)                     (34)
                     統括業務                 2,432                    577
     事業本部          同上             837      1        3,309     1,043     7,624
                     施設
                                     (221,283)                     (158)
     (注)1.2019年4月1日よりHCをH&Gに統合しております。
       2.従業員数は就業人員であり、準社員数は( )内に2020年3月31日現在の人員を外数で記載しております。
       (2)国内子会社

                                                   (2020年3月31日現在)
                                       帳簿価額
                                                        従業員数
                 セグメント     設備の内         機械装置
      会社名      事業所名
                           建物及び           土地
                 の名称     容         及び運搬          リース資産      その他     合計    (人)
                           構築物          (百万円)
                                具
                                          (百万円)     (百万円)     (百万円)
                           (百万円)          (面積㎡)
                                (百万円)
           新潟流通管理
           センター(新      ホームセン     建物及び                5,547                   257
     北星産業㈱                       11,300     1,223           -     58   18,129
           潟県新潟市)      ター     仕分設備               (451,641)                    (502)
           他9箇所
     (注)従業員数は就業人員であり、準社員数は( )内に2020年3月31日現在の人員を外数で記載しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        2020年3月31日現在において実施及び計画している設備の新設の主なものは次のとおりであります。
                                  投資予定金額                着工及び完成予定年月
     会社名                セグメントの      設備の内
                所在地                         資金調達方法
     事業所名(仮名)                名称      容
                                 総額    既支出額
                                                  着工      完成
                                (百万円)     (百万円)
     当社                ホームセン       新築店舗              自己資金及び

               茨城県他                   8,175    2,296          2019年5月      2021年2月
     PWつくば西店他                ター       (所有)              借入金
     当社

               神奈川県他        同上      同上     2,394     189    同上     2019年8月      2020年12月
     H&G中井店他
                                 16/91




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          131,000,000

                  計                               131,000,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数             提出日現在発行数
                                      上場金融商品取引所名又は
                  (株)            (株)
        種類                              登録認可金融商品取引業協                 内容
               (2020年3月31日)            (2020年6月25日)           会名
                                                     単元株式数
                  54,409,168            54,409,168
     普通株式                                 東京証券取引所市場第一部
                                                     100株
                  54,409,168            54,409,168              -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      2006年4月1日
                    -   54,409,168            -      18,802         947      29,855
        (注)
      (注)当社の連結子会社であった株式会社キッコリーを吸収合併したことによるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                     2020年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計    (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -     53     22     180     184       3    9,772     10,214       -
     所有株式数
                -   133,081      4,664    173,402      86,378        8   146,153     543,686      40,568
     (単元)
     所有株式数の
                -    24.5      0.8     31.9     15.9      0.0     26.9     100.0       -
     割合(%)
      (注)1.自己株式4,557,174               株は「個人その他」に45,571単元及び「単元未満株式の状況」に74株を含めて記載して
           おります。
         2.上記「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、63単元及び
           52株含まれております。
                                 17/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2020年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     株式会社米利                   新潟県三条市興野2丁目19番38号                      13,942         27.9

     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                                               3,160         6.3
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号
     式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                               2,055         4.1
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                                               1,587         3.1
                         東京都中央区晴海1丁目8番11号
     式会社(信託口9)
     みずほ信託銀行株式会社 退職給付信
                                               1,500         3.0
     託 みずほ銀行口 再信託受託者 資                   東京都中央区晴海1丁目8番12号
     産管理サービス信託銀行株式会社
                                               1,366         2.7

     捧 雄一郎                   新潟県三条市
     株式会社第四銀行                   新潟県新潟市中央区東堀前通七番町

     (常任代理人       日本マスタートラスト信             1071番地1
                                               1,325         2.6
     託銀行㈱)                   (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
                         新潟県新潟市中央区鐙西1丁目7番5
                                               1,300         2.6
     有限会社ささげ
                         号
                                               1,213         2.4
     公益財団法人雪梁舎美術館                   新潟県三条市興野2丁目19番38号
                         BANKPLASSEN      2,  0107   OSLO   1 OSLO
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                         0107   NO                    1,119         2.2
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・
     エイ東京支店)
                         (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
                                 -             28,572         57.3
              計
      (注)1.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信
           託口)、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)、みずほ信託銀行株式会社退職給付信託
           みずほ銀行口再信託受託者資産管理サービス信託銀行株式会社のうち、信託業務に係る株式数は、それぞれ
           3,160千株、2,055千株、1,587千株、1,500千株であります。
                                 18/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
                        株式数(株)           議決権の数(個)
            区分                                        内容
                                -           -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -           -             -
     議決権制限株式(その他)                           -           -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                       4,557,100              -             -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                       49,811,500            498,115               -
                      普通株式
                              40,568             -             -
     単元未満株式                普通株式
                            54,409,168               -             -
     発行済株式総数
                                -        498,115               -
     総株主の議決権
      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が6,300株(議決権の数63
           個)及び「役員株式給付信託(BBT)」の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E
           口)が所有する株式120,000株(議決権の数1,200個)が含まれております。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が52株、当社保有の自己株式が74株含ま
           れております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                    (%)
                  新潟市南区清水
                               4,557,100           -    4,557,100            8.4
     株式会社コメリ
                  4501番地1
                       -         4,557,100           -    4,557,100            8.4
           計
      (注)「役員株式給付信託(BBT)」の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する
         株式120,000株については、上記の自己株式等に含まれておりません。
                                 19/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
          当社は、    2019年6月21日開催の第58回定時株主総会決議に基づき、2019年8月20日より、                                     当社の取締役(社外
         取締役を除きます。以下、同じとします。)を対象に                         新たな業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT(=
         Board   Benefit    Trust))」(以下「本制度」といいます。)                     を導入しております。
        ①  本制度の概要
           本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を「本
          信託」といいます。)を通じて取得され、取締役に対して、当社が定める役員株式給付規程に従って、当社株
          式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下「当社株式等」といいます。)が本信託を通じて給付
          される業績連動型株式報酬制度です。なお、取締役が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として取締役の
          退任時となります。
          <本制度の仕組み>

           (イ)当社は、本株主総会において、本制度について役員報酬の決議を得て、本株主総会で承認を受けた枠






              組みの範囲内において、役員株式給付規程を制定します。
           (ロ)当社は、(イ)の本株主総会決議で承認を受けた範囲内で金銭を信託します。
           (ハ)   本信託は、(ロ)で信託された金銭を原資として当社株式を、取引所市場を通じて又は当社の自己株式
              処分を引き受ける方法により取得します。
           (ニ)当社は、役員株式給付規程に基づき取締役にポイントを付与します。
           (ホ)本信託は、当社から独立した信託管理人の指図に従い、本信託勘定内の当社株式に係る議決権を行使
              しないこととします。
           (ヘ)本信託は、取締役を退任した者のうち、役員株式給付規程に定める受益者要件を満たした者(以下
              「受益者」といいます。)に対して、当該受益者に付与されたポイント数に応じた当社株式を給付し
              ます。ただし、取締役が役員株式給付規程に定める要件を満たす場合には、ポイントの一定割合につ
              いて、当社株式の時価相当の金銭を給付します。
        ②  役員に給付する予定の株式の総数

           役員に給付する予定の株式の総数は未定でありますが、有価証券報告書提出日現在で、資産管理サービス信
          託銀行株式会社が当社株式             120,000株を取得しております。
        ③  本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

           取締役を退任した者のうち役員株式給付規程に定める受益者要件を満たす者
                                 20/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】  会社法第155条第3号及び第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      取締役会(2020年1月29日)での決議状況
                                         800,000          2,000,000,000
      (取得期間       2020年1月30日~2020年2月28日)
      当事業年度前における取得自己株式                                      -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   800,000          1,855,931,700
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -         144,068,300
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -             7.2
      当期間における取得自己株式                                      -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                      -             7.2
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     417           909,672
      当期間における取得自己株式                                      69           144,693

     (注)1.当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          による株式は含まれておりません。
        2.取得自己株式数には、「役員株式給付信託(BBT)」の信託財産として資産管理サービス信託銀行株式会社
          (信託E口)が保有する株式120,000株は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                               株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
                                   -        -       -        -
      得自己株式
      その他
                                    5      12,147         -        -
      (注)1
      保有自己株式数                          4,557,174            -   4,557,174            -
     (注)1.当事業年度の内訳は、単元未満株式の売渡請求による売渡であります。
        2.当事業年度及び当期間における保有自己株式数には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有
          する株式120,000株は含まれておりません。
        3.  当期間における処理自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
          渡による株式は含まれておりません。
        4.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          増し請求による売渡株式は含まれておりません。
                                 21/91




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、企業価値の向上による株主利益の増大を最重要課題として位置付けております。利益配分につきまして
       は、経営基盤や財務体質の強化を図りつつ、安定的な配当の継続的実施を目指しております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、取締役会であります。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり42円(うち、中間配当                                             21円)の配当を実
       施することを決定いたしました。
        内部留保資金は、新規出店、既存店舗の改装、システム開発等、経営基盤のさらなる強化のため成長投資に活用
       し、企業価値の向上を図ってまいります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                          配当金の総額          1株当たり配当額
              決議年月日
                           (百万円)            (円)
             2019年10月29日
                              1,063            21
             取締役会決議
             2020年5月19日
                              1,046            21
             取締役会決議
                                 22/91















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、「企業は公器である」との基本理念に基づき、当社とご縁のある全てのステークホルダーに対して
          責任ある経営を実現し、長期的な企業価値の拡大を図るために努力しております。そして、上場企業としての
          立場からは、株主の権利と利益を守るための健全な経営と、それを裏付ける経営監視機能及び適時適切な情報
          開示が最重要課題の一つであると認識しております。
        ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         (イ)企業統治の体制の概要
             当社は、2020年6月25日開催の第59回定時株主総会における監査等委員会設置会社への移行を内容とす
            る定款の変更に基づき、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いたしまし
            た。
             委員の過半数が社外取締役で構成される監査等委員会を設置し、監査等委員である取締役に取締役会の
            議決権を付与することで取締役会の監査・監督機能を強化されるとともに、業務執行については、取締役
            会の監督のもと更なる意思決定の迅速化を図ることを目的としております。
             移行後のコーポレート・ガバナンス体制の概要は次のとおりであります。
           a.取締役会
            ・ 取締役会は取締役        (監査等委員であるものを除く)9名(うち社外取締役3名)、監査等委員である取
             締役3名(うち社外取締役2名)の合計12名の取締役(うち社外取締役5名)                                     で構成され、経営上の
             最高意思決定機関として、法令及び定款に定められた事項、並びに重要な政策に関する事項を決議し、
             業務執行状況を監督しております。原則として月1回、定期的に開催されます。
            ・ 経営の意思決定と業務執行を分離し、業務遂行責任の明確化と組織の活性化を図るため、執行役員制度
             を2003年6月から採用しております。
            ・ 取締役の経営責任を明確化し、経営環境の急激な変化に、より迅速に対応できる経営体制を構築するた
             め、2013年6月21日の定時株主総会において、取締役(監査等委員であるものを除く)の任期1年化を
             決議しております。
            ・ 2014年3月より更なる組織運営の効率化を図ることを目的として、取締役及び執行役員の受け持つ職能
             について担当制を採用するとともに、2014年6月より代表取締役を2名から1名とし、より機動的な経
             営判断の実施及び経営体制並びにコーポレート・ガバナンスの強化を目指しております。
            ・ 2015年6月25日開催の定時株主総会において、社外取締役1名増員し、社外取締役2名体制といたしま
             した。
            ・2020年6月25日開催の定時株主総会において、社外取締役(監査等委員であるものを除く)を1名増員
             し、取締役会の多様性を確保する取り組みを行っております。
            ・ 2020年6月25日開催の取締役会で、取締役の役付制度の変更を行い、会長および社長を除く取締役の専
             務および常務の役付については、執行役員制度に基づく役付で行うこととしました。これまで以上に、
             業務執行の機動性を高めてまいります。
           b.常勤役員会
             常勤の取締役       (監査等委員であるものを除く)               ・ 常勤監査等委員である取締役             及び執行役員をもって構
            成し、   業務の執行に関する重要事項について協議・検討・報告                          を行っております。原則として月1回、定
            期的に開催されます。
           c.監査等委員会
             当社は、     監査等委員会設置会社であります。
             監査等委員会は3名の取締役で構成され、そのうち2名は社外取締役であります。また、常勤監査等委
            員は取締役      住吉正二郎が務めております。監査等委員会は、監査等委員会の監査方針に基づき、                                        監査室
            と連携し、取締役の業務執行の監視を行い、経営の監督機能の強化に努めることとしております。
           d.指名・報酬委員会
             取締役および執行役員の指名および報酬の手続きの公平性・透明性・客観性を確保するため、取締役会
            の任意の諮問機関として、独立社外取締役を過半数とする「指名・報酬委員会」を設置し、コーポレー
            ト・ガバナンス体制をより一層充実させることを目的としております。
           e.内部統制委員会
             内部統制委員会は、当社の主要各部及び連結子会社より選任された各委員が中核となり、金融商品取引
            法に定められた「内部統制報告制度」に対する社内体制の整備・運用と有効性の判断を行い、経営者に報
            告を行っております。
                                 23/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           f.コンプライアンス委員会
             当社は、誠実かつ公正な企業活動を実践するために、コンプライアンス委員会を設置し、原則として月
            1回、定例会を実施しております。その活動内容は、社内の重要な会議で、年2回、定期的に報告等して
            おります。
             当社のコーポレート・ガバナンス体制(2020年6月25日現在)の模式図は以下のとおりであります。

         (ロ)企業統治体制を採用する理由










             当社は、    監査等委員会設置会社であるとともに、                   「執行役員制度」「取締役(監査等委員であるものを
            除く)の任期1年」「業務執行取締役及び執行役員の担当制」を採用し、独立性が高い社外取締役                                              5名
            (うち監査等委員である取締役2名)                  を株主総会で選任しております。その結果、業務執行機能が分離さ
            れた取締役会は、少数の取締役での運営となり、戦略的意思決定とコンプライアンスの強化が図れるとと
            もに、経営環境の急激な変化に対応できる体制が構築されていると判断するため、現在の体制を採用して
            おります。
         ③  企業統治に関するその他の事項

         (イ)内部統制システムの整備の状況
             当社は、取締役会において以下のとおり「内部統制システム構築の基本方針」を決議(                                          2020年6月25日
            取締役会決議      )しております。
           a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
             「コメリグループ行動指針」に基づく公正かつ適法な事業活動を行うため、コンプライアンス担当役員
            は、「コンプライアンス規程」に基づき、定期的にコンプライアンス委員会を開催し、全社的なコンプラ
            イアンスの徹底を図る。コンプライアンスに関する問題の早期発見、是正等を目的として、当社グループ
            従業員が利用できる「ヘルプライン」(内部通報制度)を設置する。内部監査機能としては、「監査室」
            が各部門の業務遂行状況の監査を定期的に実施し、業務改善の助言を行う。
                                 24/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             法令及び「文書管理規程」「情報管理規程」等の社内規程に基づき、適切かつ検索性の高い状態で管
            理・保存する。企業情報の開示については、開示を担当する部署が社内情報を網羅的に収集し、適時に正
            確な情報を開示する。
           c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             事業上のリスクに関する情報を収集し適正に分析・評価した上で、中長期的な企業価値を向上させ、収
            益性及び効率性の最大化を目指すために、全社的なリスク管理体制の整備・構築・運用を行う。また、事
            業の継続に影響を与えるような重大な障害、事件・事故、災害等が発生した場合は、損害を最小限に抑え
            るため施策を講じる。
           d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             「職制及び業務分掌規程」「職務権限規程」等により、取締役及び執行役員等の決裁権限及び責任の範
            囲を定め、業務執行の効率化と意思決定の迅速化を図る。
           e.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
             「コメリグループ行動指針」に基づき、子会社が公正かつ適法な事業活動を行うため、コンプライアン
            ス担当役員は、当社グループ全体のコンプライアンスを統括し、当社グループ全体のコンプライアンスの
            徹底を図る。また、子会社の業務全般について管理を行うため、「関係会社管理規程」に基づき、子会社
            担当の責任者を置き、子会社のリスク管理を含めた業務全般について、必要な管理・指導体制を整備す
            る。
           f.  反社会的勢力排除に向けた考え方
             当社グループは、社会の秩序や市民生活の安全に脅威を与える反社会的勢力、組織または団体とは関わ
            りを持たず、これらの圧力に対しては断固として対決し、これを排除する。
           g.  財務報告の信頼性を確保するための体制
             財務報告の信頼性を確保するため、関係法令等に従い、財務報告に係る内部統制の整備及び運用を行
            う。
           h.  監査等委員会      がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制
             監査等委員会      の職務を補助するため、使用人を置くことを                     監査等委員会      が求めたときは社内にて必要な
            体制を整備する。
           i.前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
             上記h.の使用人の取締役からの独立性を確保するため、同使用人の任命及び評価等は、監査等委員会
            と協議して行う。
           j.  監査等委員会      の職務を補助すべき使用人に対する指示の実効性の確保に関する事                               項
             監査等委員会      の職務遂行上必要な場合、上記h.の使用人が、取締役から独立して業務を行い、当社グ
            ループの取締役及び使用人がそれに協力する体制を整備する。
           k.  取締役及び使用人が         監査等委員会      に報告するための体制
             監査等委員会      が当社グループの取締役及び使用人に対し報告することを求めたときは、速やかに適切な
            報告を行うための体制を整備する。また、                    監査等委員会      に報告を行った者が、当該報告をしたことを理由
            として不利益な取り扱いを受けない体制を整備する。
           l.  監査等委員会      の職務の執行について生ずる費用等の処理に係る方針に関する事項
             監査等委員     がその職務の執行について、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をしたときは、
            担当部署において審議のうえ、当該請求に係る費用又は債務が当該                               監査等委員     の職務の執行に必要でない
            と認められた場合を除き、当該費用又は債務の処理を行う。
           m.  その他   監査等委員会      の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             監査等委員     は、取締役会をはじめとする重要会議への出席、取締役及び使用人からの職務の執行状況の
            聴取、重要な決裁書類等の閲覧等を通じ、取締役会の意思決定の過程、並びに取締役及び使用人の職務の
            執行について監査の実効性の確保を図る。
             代表取締役は、        監査等委員会      と定期的に会合を開催し、            監査等委員会      が意見又は情報交換等を行うこと
            ができる体制をとる。
         (ロ)リスク管理体制の整備の状況
             当社は、コンプライアンスの実践が経営の最重要課題の一つであることから、以下の取り組みにより、
            法令及び関連諸規程の遵守徹底を図っております。
           a.2004年11月、「戦略法務室」を設置し、コンプライアンスに対する監視機能を強化いたしました。
           b.2004年12月、法令及び企業倫理遵守の社内体制充実を目的に、コンプライアンス担当役員を任命いたし
             ました。
           c.2005年4月、当社役員及び従業員が遵守すべき行動指針を制定いたしました。
           d.2005年6月、組織横断型のコンプライアンス委員会を設置いたしました。
                                 25/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           e.2005年10月、グループ会社役員及び従業員を対象とした、法律や行動指針に関する相談窓口「ヘルプラ
             イン」を設置し、コンプライアンス体制の強化を図っております。
           f.2006年4月、「戦略法務室」を発展的に解消し、同5月「法務室」を設置しコンプライアンスの推進、
             新会社法の対応等にいっそう注力しております。
           g.2007年1月、内部統制報告書作成へ向けて、内部統制構築委員会を設置いたしました。
           h.2008年8月、内部統制構築委員会を内部統制委員会と改め、「内部統制報告制度」に対する社内体制の
             整備と有効性の判断を行い、経営者に対し報告を行っております。
           i.2016年2月、情報セキュリティ担当役員を任命いたしました。
         (ハ)   子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
             子会社の管理につきましては、子会社を統括する担当取締役を置き、また、関係会社管理規程に基づ
            き、各子会社から報告を受ける体制を整えております。監査室は、当社及び子会社の業務遂行状況の業務
            監査を定期的に実施し、業務改善の助言を行っております。
         (ニ)取締役の定数
             当社の取締役       (監査等委員であるものを除く)               は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする
            旨を定款に定めております。
         (ホ)取締役の選任の決議要件
             当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
            主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議は累積投票によらない旨を定
            款に定めております。
         (ヘ)   剰余金の配当等の決定機関
             当社は、株主への機動的な資本政策及び配当政策の遂行を可能とするため、剰余金の配当等会社法第
            459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、株主総会の決議によら
            ず取締役会の決議によって定めることができる旨を定款で定めております。
         (ト)   株主総会の特別決議要件
             当社は、株主総会の円滑な運営を行うため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使する
            ことができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行
            う旨を定款で定めております。
         (チ)   取締役の責任免除等
             当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関す
            る取締役(取締役であった者を含む)の当会社に対する損害賠償責任を、法令が定める範囲で免除すること
            ができる旨を定款に定めております。これは、取締役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮
            して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
             また、当社は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く)との間で、会社法第427条第1項の規定
            に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損
            害賠償責任の限度額は、法令に定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認められる
            のは、当該社外取締役(業務執行取締役等であるものを除く)が責任の原因となった職務の遂行について
            善意かつ重大な過失がない等法令に定める要件に該当するときに限られます。
                                 26/91








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    12 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率                -%)
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                 1988年4月     当社入社
                                 1992年6月     当社取締役就任
                                 1996年3月     当社常務取締役就任
                                 1997年6月     当社専務取締役就任
                                 2002年6月     当社取締役副社長就任
                                 2003年5月     北星産業㈱代表取締役社長就任
                                      (現任)
                                 2003年5月     ㈱ビット・エイ代表取締役社長就
                                      任(現任)
                                 2003年6月     当社代表取締役社長・COO就任
        代表取締役社長
                                      (現任)
                   捧 雄一郎      1956年5月20日      生                    (注)3      1,366
                                 2007年5月     ㈱ムービータイム代表取締役社長
        最高経営責任者
                                      就任
                                 2007年5月     ㈱コメリキャピタル代表取締役社
                                      長就任(現任)
                                 2014年3月     ㈱ムービータイム代表取締役会長
                                      就任(現任)
                                 2014年5月     ㈱ライフコメリ代表取締役副会長
                                      就任
                                 2014年6月     当社CEO就任(現任)
                                 2015年5月     ㈱ライフコメリ代表取締役会長就
                                      任(現任)
                                 1981年3月     当社入社
                                 2002年3月     当社建設リフォーム部長
                                 2003年12月     当社商品部ゼネラルマネジャー
                                 2005年5月     当社SCM部ゼネラルマネジャー
                                 2005年9月     当社新潟地区本部ゾーンマネ
                                      ジャー
                                 2005年11月     当社国際室ゼネラルマネジャー
                                 2009年4月     当社インテリア商品部ゼネラルマ
                                      ネジャー
                                 2009年6月     当社執行役員
          取締役
                                 2010年1月     当社商品本部長兼国際室ゼネラル
         常務執行役員
                                      マネジャー
       オペレーション担当
                                 2012年6月     当社取締役就任
                   田邊  正      1958年9月1日      生                    (注)3        6
                                 2014年3月     当社商品担当兼パワー事業部ゼネ
        兼海外事業統括
                                      ラルマネジャー兼アテーナ担当
     兼品質管理室ゼネラルマネジャー
                                 2017年4月     当社オペレーション担当兼アテー
       兼コンプライアンス担当
                                      ナフォーマット商品担当ゼネラル
                                      マネジャー兼コンプライアンス担
                                      当
                                 2018年5月     当社常務取締役常務執行役員就任
                                      (現任)
                                 2018年9月     当社オペレーション担当兼海外事
                                      業統括兼コンプライアンス担当
                                      (現任)
                                 2019年11月     当社品質管理室ゼネラルマネ
                                      ジャー(現任)
                                 1980年3月     当社入社
                                 2001年5月     当社業務改革推進室室長
                                 2003年6月     当社執行役員・業務改革推進室ゼ
                                      ネラルマネジャー
          取締役
                                 2007年6月     当社取締役就任
         常務執行役員          石澤  登      1958年1月5日      生                    (注)3        10
                                 2008年7月     当社人事部ゼネラルマネジャー
     リフォーム部ゼネラルマネジャー
                                 2015年6月     当社常務取締役常務執行役員就任
                                      (現任)
                                 2018年1月     当社リフォーム部ゼネラルマネ
                                      ジャー(現任)
                                 27/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                 1986年4月     早稲田大学システム科学研究所
                                      助教授
                                 1991年4月     早稲田大学システム科学研究所
                                      教授
                                 1997年4月     早稲田大学大学院アジア太平洋研
          取締役         松田 修一      1943年10月1日      生
                                                   (注)3        5
                                      究科MBA担当教授
                                 2000年6月     当社社外取締役就任(現任)
                                 2007年4月     早稲田大学大学院商学研究科MO
                                      T担当教授
                                 2012年4月     早稲田大学名誉教授(現任)
                                 1968年4月     ㈱西友ストア(現合同会社西友)
                                      入社
                                 1993年3月     ㈱良品計画代表取締役社長就任
                                 1997年8月     同社取締役会長就任
                                      ㈱西友(現合同会社西友)代表取
                                      締役副社長就任
                                 2001年2月     同社代表取締役社長就任
          取締役         木内 政雄      1944年7月25日      生                    (注)3        -
                                 2003年5月     同社取締役兼代表執行役CEO就
                                      任
                                 2007年7月     ㈱U.P.n.P.代表取締役就任
                                      (現任)
                                 2011年6月     当社社外監査役就任
                                 2015年6月     当社社外取締役就任(現任)
                                 1993年12月     いすゞ自動車株式会社退職
                                 1994年4月     長岡造形大学造形学部助教授
                                 1998年4月     長岡造形大学造形学部教授
                                 2009年4月     長岡造形大学理事
          取締役         和田  裕      1951年2月10日      生
                                                   (注)3        -
                                 2012年4月     長岡造形大学学長・副理事長
                                 2014年4月     公立大学法人長岡造形大学学長・
                                      副理事長(2020年3月31日退任)
                                 2020年6月     当社社外取締役就任(現任)
                                 1985年8月     当社入社
                                 2006年4月     当社秘書室ゼネラルマネジャー
                                 2011年1月     当社執行役員(現任)
                                 2012年6月     当社取締役就任(現任)
          取締役
                                 2013年6月     当社関係会社統括室ゼネラルマネ
          執行役員
                                      ジャー
     経営企画室ゼネラルマネジャー              早川  博      1963年8月22日      生                    (注)3        8
                                 2014年3月     当社経営企画室ゼネラルマネ
     兼関係会社統括室ゼネラルマネ
                                      ジャー兼会長付広報担当
        ジャー兼広報担当
                                 2015年6月     当社名誉会長付広報担当
                                 2018年5月     当社経営企画室ゼネラルマネ
                                      ジャー兼関係会社統括室ゼネラル
                                      マネジャー兼広報担当(現任)
                                 1988年3月     当社入社
                                 2002年4月     当社ドットコム事業部ゼネラルマ
          取締役
                                      ネジャー
          執行役員
                                 2012年6月     当社執行役員(現任)
        新事業推進担当           鈴木 勝志      1964年6月23日      生  2014年6月     当社取締役就任(現任)             (注)3        2
                                 2016年2月     当社情報セキュリティ担当(現
     兼イノベーションセンター担当
                                      任)
       兼情報セキュリティ担当
                                 2020年3月     当社新事業推進担当兼イノベー
                                      ションセンター担当(現任)
                                 1994年3月     当社入社
          取締役
                                 2009年4月     当社店舗企画部ゼネラルマネ
          執行役員
                                      ジャー(現任)
                   保坂 直志      1969年2月28日      生                    (注)3        3
                                 2012年6月     当社執行役員(現任)
         開発建設担当
                                 2014年6月     当社取締役就任(現任)
     兼店舗企画部ゼネラルマネジャー
                                 2020年6月     当社開発建設担当(現任)
                                 28/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                 1976年8月     ㈱ケーヨー入社
                                 1992年5月     同社取締役就任
                                 1996年5月     同社常務取締役就任
                                 2002年2月     同社退社
                                 2002年6月     当社入社
                                      当社取締役就任店舗企画部ゼネラ
                                      ルマネジャー
                                 2003年6月     当社取締役退任
          取締役
                   住吉  正二郎
                         1947年12月4日      生                    (注)4        9
                                      当社執行役員・福島地区本部ゾー
       (常勤監査等委員)
                                      ンマネジャー
                                 2009年6月     当社取締役就任・商品本部長
                                 2010年1月     新潟地区本部ゾーンマネジャー兼
                                      品質管理室ゼネラルマネジャー兼
                                      お客様相談室ゼネラルマネジャー
                                 2012年6月     当社常勤監査役就任
                                 2020年6月     当社取締役(常勤監査等委員)就
                                      任(現任)
                                 1980年4月     弁護士登録
                                 1985年6月     藤田善六法律事務所開設
                                 1990年4月     新潟県弁護士会副会長
                                 2000年6月     当社監査役就任
          取締役
                                 2003年4月     新潟県弁護士会副会長
                   藤田 善六      1948年4月12日      生                    (注)4        ▶
                                 2007年4月     新潟県弁護士会会長
        (監査等委員)
                                 2011年4月     日本弁護士連合会副会長
                                 2015年4月     関東弁護士会連合会理事長
                                 2020年6月     当社社外取締役(監査等委員)就
                                      任(現任)
                                 1984年8月     公認会計士登録
                                 1984年8月     田久保公認会計士事務所開設
          取締役
                   田久保   武志
                         1957年3月14日      生  2010年6月     当社監査役就任
                                                   (注)4        -
        (監査等委員)
                                 2020年6月     当社社外取締役(監査等委員)就
                                      任(現任)
                             計                            1,415
      (注)1.取締役松田修一、木内政雄及び和田 裕は、社外取締役であります。
         2.監査等委員である取締役藤田善六及び田久保武志は、社外取締役であります。
         3.2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         4.2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のもの
           に関する定時株主総会の終結の時までであります。
         5.当社では、経営の意思決定と業務執行を分離し、業務遂行責任の明確化と組織の活性化を図るため、「執行
           役員制」を導入しております。取締役を兼務していない執行役員は、以下の6名であります。
                     役 職 名                     氏 名
             アグリ事業部ゼネラルマネジャー                            佐藤 智和
             パワーフォーマット商品担当ゼネラルマネジャー                            諏佐 幸夫
             人事部ゼネラルマネジャー                            森  茂行
             商品担当兼ハードアンドグリーンフォーマット商
                                         大石 一範
             品担当ゼネラルマネジャー
             関東開発部ゼネラルマネジャー付ゼネラルマネ
                                         長谷部 邦俊
             ジャー
             開発第一部ゼネラルマネジャー                            佐藤  泰
                                 29/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外取締役の状況
          当社では、株式公開以前より社外取締役の経営参加                        を 図り、公正・透明な経営を推進しております。
          現在は、社外取締役5名(うち、監査等委員である社外取締役2名)が、独立的な立場で、弁護士・企業経営
         者・公認会計士等の専門知識と共に、幅広い視野と豊かな経験に基づいて、経営上の監督機能を果たしておりま
         す。
          また、社外取締役による当社株式の保有は、「①役員の状況」の「所有株式数」欄に記載の通りです。
          ・社外取締役 松田修一氏は、長きにわたる大学教授としての専門知識と、幅広い視野及び他社における社外
           役員としての豊かな経験を活かして、当社の経営上の監督等に十分な役割を果たしていただけるとの判断か
           ら選任しております。
          ・社外取締役 木内政雄氏は、現在、株式会社U.P.n.P代表取締役を務めており、企業経営者としての
           幅広い視野と豊かな経験を当社の経営に活かしていただけるとの判断から選任しております。当社は、株式
           会社U.P.n.Pとは特別の関係はありません。
          ・社外取締役 和田裕氏は、インダストリアルデザイナーとしての専門性ならびに長岡造形大学において長く
           教育・研究に携わり、また同大学の学長を務めるなど、高度の専門知識と大学経営における豊富な経験を有
           しています。同氏の幅広い視野と豊富な経験を活かして、当社の経営上の監督等に十分な役割を果たしてい
           ただけるものと判断から選任しております。
          ・監査等委員である社外取締役 藤田善六氏は、弁護士としての法的な専門知識と経験を当社の監査に反映し
           ていただけるとの判断から選任しております。
          ・監査等委員である社外取締役 田久保武志氏は、公認会計士としての豊富な実務経験に基づく財務及び会計
           に関する幅広い見識を当社の監査に反映していただけるとの判断から選任しております。
         (社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針の内容)
            当社は、社外取締役については、直近3年間において、連結売上高の2%を超えない取引先の出身者、ま
           たは個人においては取引額が1,000万円を超えない方であって、財務・会計・法律・経営等の専門的な知見
           や企業経営等の経験を有している、一般株主と利益相反が生じる恐れのない方を選任することとしておりま
           す。
        ③  社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

         制部門との関係
          当社は、現時点で監査等委員である社外取締役を含む社外取締役の専従のスタッフは置いておりませんが、内
         部統制担当の社員及び経理部・監査室・法務室所属の社員が社外取締役の業務を補佐し、業務監査及び会計監査
         と連携できる体制を確立しております。
       (3)【監査の状況】

        ①  当社の内部監査及び監査等委員会監査の状況
           監査等委員会      は、会計監査人と定期的に会合を開催し、監査の実効性を高めるよう努めて                                   まいり   ます。また
          内部監査機能として5名の従業員で構成される「監査室」が、各部門の業務遂行状況の監査を定期的に実施
          し、業務改善の助言を行っております。                   監査等委員会      は「監査室」と必要に応じて会合を開催し、「監査室」
          は必要に応じ      監査等委員会      に対し報告を行って         まいり   ます。
           なお、監査等委員である取締役田久保武志氏は、公認会計士の資格を有しております。
           また、当事業年度における個々の監査役の活動状況は、以下の通りです。
                氏名                       活動状況
                        当事業年度開催の監査役会14回のすべてに出席しました。主に、当社の
                        店舗運営業務全般の豊富な知識と経験から、意見を述べております。ま
            住吉 正二郎            た、常勤監査役として、代表取締役、社内取締役、執行役員及び所属長
                        等と面談及び意見交換を適宜行っております。また、会計監査人とも面
                        談及び意見交換を適宜行っております。
                        当事業年度開催の監査役会14回のすべてに出席しました。弁護士として
            藤田 善六            培った法務に関する高い見識に基づき、主に企業法務について、社外監
                        査役として中立的かつ客観的な観点から発言を行っております。
                        当事業年度開催の監査役会14回のすべてに出席ました。公認会計士とし
            田久保 武志            て培った会計等の高い見識に基づき、主に財務・会計分野について、社
                        外監査役として中立的かつ客観的な観点から発言を行っております。
           監査等委員会      は、会計監査人から決算監査を実施した後、会計監査についての監査報告を受け                                     ることとして

          おり  ます。
                                 30/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           監査等委員会監査につきまして              は、取締役会をはじめとする重要会議への出席、取締役からの業務執行状況
          の聴取、重要な決裁書類等の閲覧を通じ、取締役会の意思決定の過程、及び取締役の業務執行について監督
          し、監査して      まいり   ます。また、常勤        監査等委員     が内部統制委員会に出席することにより、                    監査等委員会      、財
          務 報告に係る内部統制の内部監査及び会計監査と                      監査等委員会監査        との緊密な連携を図って           まいり   ます。
        ②  会計監査の状況

         (イ)監査法人の名称
            有限責任監査法人トーマツ
         (ロ)業務を執行した公認会計士
            指定有限責任社員 業務執行社員  安藤  武
            指定有限責任社員 業務執行社員                    齋藤 康宏
         (ハ)監査業務に係る補助者の構成
            公認会計士      8名
            会計士試験合格者等  4名
            その他        5名
         (ニ)監査法人の選定方針と理由
            当社は、会計監査人の選定に際しては、公益財団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び
           選定基準策定に関する監査役等の実務指針」に基づき、独立性や過去の業務実績等について慎重に検討する
           とともに、監査計画や監査体制、監査報酬水準等について会計監査人候補者と打合せを行うことにより総合
           的に判断いたします。
            当社の監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合
           は、株主総会に提出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。
            また、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合は、監査等委員全
           員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、会計
           監査人を解任した旨及びその理由を解任後最初に招集される株主総会において報告いたします。
         (ホ)   監査等委員会      による監査法人の評価
            当事業年度の      当社の監査役及び監査役会は、会計監査人に対して評価を行っております。この評価につい
           ては、会計監査人が独立の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するととも
           に、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めました。また、会計
           監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げ
           る事項)を「監査に関する品質管理基準」(2005年10月28日企業会計審議会)等に従って整備している旨の
           通知を受け、必要に応じて説明を求めました。その結果、会計監査人の職務執行に問題はないと評価いたし
           ました。
            今後は、監査等委員会として会計監査人の監査結果と監査等委員会の監査認識と差異がないことも含め総
           合的に確認・評価し、適正な監査を実施していることを判断してまいります。
        ③  監査報酬の内容等

         (イ)監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                        42            -            42            -

      提出会社
                        -            -            -            1

      連結子会社
                        42            -            42            1

         計
            当社における非監査業務はありません。
            また、    当連結会計年度における           連結子会社における非監査業務の内容は、合意された手続(AUP)業務で
           あります。
         (ロ)   監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(                          (イ)   を除く)
            該当事項はありません。
         (ハ)その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
            該当事項はありません。
                                 31/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (ニ)監査報酬の決定方針
            当社の事業規模の観点から、合理的監査日程を勘案した上定めております。
         (ホ)   監査役会が会計監査人の報酬等の額について同意した理由
            監査役会は、会計監査人の前事業年度の監査実績の分析・評価を行い、監査計画及び報酬等の見積りの算
           出根拠等が適切であるか審議した結果、相当であると判断したため、会計監査人の報酬等につき、会社法第
           399条第1項の同意を行っております。
       (4)【役員の報酬等】

        ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社は、2020年6月25日付で、取締役および執行役員(以下「取締役等」といいます)の指名および報酬の
          手続きの公平性・透明性・客観性を確保するため、取締役会の任意の諮問機関として、指名・報酬委員会を設
          置いたしました。取締役会からの諮問に応じて、取締役等の指名・報酬に関する事項について審議し、取締役
          会に答申することとしております。
           当社の    取締役(監査等委員であるものを除く)                   の報酬等は、業績や担当職務の職責、業務執行状況等を総合
          的に勘案し、株主総会で決議された報酬枠の範囲内で、取締役会決議に基づき一任を受けた代表取締役が決定
          しております。
           なお、退職慰労金制度につきましては、2010年6月29日開催の第49回定時株主総会の終結の時をもって廃止
          しております。また、株式報酬型ストック・オプション制度につきましては、2019年6月21日開催の第58回定
          時株主総会決議に基づき業績連動型株式報酬制度(BBT(Board                               Benefit    Trust))(以下「本制度」)を
          導入することにより廃止しました。
           a.  取締役   (監査等委員であるものを除く)               の報酬
            ⅰ 報酬体系
             ・取締役(社外取締役を除く)の報酬
              月額報酬と業績連動報酬(賞与及び業績連動型株式報酬)を基本とし、使用人兼務取締役の使用人分
             としての給与は含まないものとします。
             ・社外取締役
              業務執行からの独立性が求められる社                  ため  、月額報酬     (固定報酬)      のみとします。
            ⅱ 報酬枠
             ・ 金銭(固定報酬及び賞与)
              年額4億円以内       (うち社外取締役分は5,000万円)
               ※使用人兼務取締役の使用人分としての給与は含まない
              (2020年6月25日開催の第59回定時株主総会決議)
             ・ 株式(業績連動型株式報酬)
              3事業年度/2億円を上限(当初3事業年度/4億円を上限)
              (2020年6月25日開催の第59回定時株主総会決議)
            ⅲ   報酬構成
              取締役(社外取締役を除く)             の固定報酬と業績連動報酬の構成割合は、基準報酬額であるときを前提
             として、固定報酬部分70%、業績連動部分30%を基本とし、業績等の達成度合いに応じて業績連動部分
             を変動させることとします。
            ⅳ 業績連動報酬に係る指標
              本業による稼ぐ力を表す数値を基準とするため、連結営業利益、親会社株主に帰属する当期純利益、
             連結ROA等の指標を組み合わせて使用することとしております。
            ⅴ 報酬の決定方法
             ・固定報酬
               担当職務の      内容や   業務執行状況等に基づく職責に応じて決定します。
             ・賞与
               各取締役(社外取締役を除く)の「課題の達成度」や「業績貢献度」等を勘案し、当社が定めた一
              定の評価基準に基づき決定します。
             ・業績連動型株式報酬
               本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信
              託を「本信託」といいます)を通じて取得され、取締役に対して、当社が定める役員株式給付規程に
              従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下「当社株式等」といいます)
              が本信託を通じて給付される業績連動型株式報酬制度です。なお、当社株式の給付を受ける時期は、
              原則として、取締役の退任時となります。
                                 32/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
               また、役員給付規程に基づき、取締役に対し、信託期間中の毎年所定の時期に、役位及び業績達成
              度に応じてポイントを付与します。取締役に給付される当社株式の数は、当該取締役に付与されたポ
              イントに1を乗じた数とします。
           b.監査等委員である取締役の報酬
            ⅰ 報酬体系
              経営に対する独立性を確保するため、月額報酬                      (固定報酬)      のみとしております。
            ⅱ 報酬枠
              年額6,000万円以内
              (2020年6月25日開催の第59回定時株主総会決議)
            ⅲ 報酬の決定方法
              監査等委員である取締役の協議により決定します。
        ②  当事業年度における役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動内容

           当事業年度につきましては、取締役及び監査役の報酬について、2019年6月21日開催の取締役会及び監査役
          の協議により決定しております。
           各取締役(社外取締役を除く)の                固定報酬及び賞与につきましては、自己評価を踏まえ、                          担当職務の内容や
          業務執行状況等に基づく職責や「課題の達成度」や「業績貢献度」等を勘案して、                                      当社が定めた一定の基準に
          基づき、株主総会で決議された報酬枠の範囲内で、取締役会決議に基づき代表取締役に一任し、決定しまし
          た。
           2019年6月21日開催の第58回定時株主総会決議に基づき、株式報酬型ストック・オプション制度を廃止し、
          新たに導入しました業績連動型株式報酬制度(BBT(Board                             Benefit    Trust)、以下「本制度」)に基づく
          当事業年度分の本制度に基づく報酬額につきましては、あらかじめ取締役会で定めた株式給付規程に基づき、
          2020年6月25日開催の取締役会におきまして決定しました。
           なお、当社は、2019年8月20日付で、取締役に付与済みのストック・オプションとしての新株予約権で未行
          使のものにつきましては、本制度に基づく応分のポイント(総数62,500株相当)を付与しております。
          なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の目標及び実績は以下のとおりであります。
                 指標               目標              実績
           連結営業利益                       20,000百万円              18,469百万円

           親会社株主に帰属する当期純利益                       11,700百万円              11,941百万円

           連結ROA                            6.0              5.7
        ③  指名・報酬委員会の活動状況

           2020年6月25日開催の取締役会において、独立社外取締役を委員の過半数とする3名以上の委員を選定し、
          「指名・報酬委員会」を設置いたしました。取締役会からの諮問に応じて、取締役等の指名・報酬に関する事
          項について審議し、取締役会に答申することとしております。
        ④  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                                      対象となる
                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                  報酬等の総額
                                                      役員の員数
         役員区分
                                              ストック・
                   (百万円)
                             固定報酬        業績連動報酬
                                                       (人)
                                              オプション
     取締役
                       123         101          15          6       6
     (社外取締役を除く)
     監査役
                        15         15         -         -       1
     (社外監査役を除く)
                        26         26         -         -       ▶
     社外役員
        ⑤  役員ごとの連結       報酬等の総額等

           連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ⑥  使用人兼務役員の使用人分の給与のうち重要なもの

          総額(百万円)               対象となる役員の員数(人)                        内容
                     23                  3   給与及び賞与
                                 33/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ①  投資株式の区分の基準及び考え方
           当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを
          目的とする投資株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。
        ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

           a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検
            証の内容
             当社は、株式の保有の適否について、保有の必要性や事業戦略上の必要性等を総合的に勘案して検証す
            ることとしております。当該検証に基づき、保有の合理性が認められないと判断した場合は、株式の保有
            企業の状況や市場の状況等を勘案して売却することとしております。
           b.銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      8             30
     非上場株式
                      20             371
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -             -
     非上場株式
                      -             -             -
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -
     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
                                 34/91











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの                        株式数、貸借対照表計上額に関する情報
             特定投資株式
                     当事業年度         前事業年度
                     株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果               当社の株式の
           銘柄
                                       及び株式数が増加した理由               保有の有無
                    貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                     (百万円)         (百万円)
                        173,486         173,486
                                                        有
                                      当社が属する業界及び同業他社
     DCMホールディングス㈱
                                                      (間接保有)
                                      の情報収集
                          172         179
                         30,888         30,888
                                                        有
     ㈱第四北越フィナンシャルグ                                 新潟県に所在する企業の情報収
                                                      (間接保有)
     ループ                                 集
                           72         96
                         53,634         53,634
                                      当社が属する業界及び同業他社
     ㈱ケーヨー                                                   有
                                      の情報収集
                           26         26
                        151,229         151,229
                                                        有
     ㈱みずほフィナンシャルグ
                                      取引に関連する企業の情報収集
                                                      (間接保有)
     ループ
                           18         25
                         22,990         22,990
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     ㈱コロナ                                                   有
                                      集
                           22         24
                         4,567         4,567
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     アクシアル      リテイリング㈱
                                                        無
                                      集
                           18         15
                         4,948         4,948
                                      当社が属する業界及び同業他社
     アークランドサカモト㈱
                                                        無
                                      の情報収集
                           ▶         7
                         13,657         13,657
                                      当社が属する業界及び同業他社
     ㈱ジュンテンドー                                                   有
                                      の情報収集
                           5         6
                          600         600
     大正製薬ホールディングス㈱
                                      取引に関連する企業の情報収集                  無
                           3         6
                         1,100         1,100
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     岩塚製菓㈱
                                                        無
                                      集
                           3         ▶
                         3,864         3,864
                                      当社が属する業界及び同業他社
     ㈱オークワ                                                   無
                                      の情報収集
                           6         ▶
                          968         968
     ㈱セブン&アイ・ホールディ                                 当社が属する業界及び同業他社
                                                        無
     ングス                                 の情報収集
                           3         ▶
                         2,178         2,178
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     日本精機㈱
                                                        無
                                      集
                           2         3
                         3,000         3,000
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     ㈱新潟放送                                                   無
                                      集
                           3         3
                         1,200         1,200
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     新潟交通㈱
                                                        無
                                      集
                           2         2
                         2,246         2,246
                                      新潟県に所在する企業の情報収
     ダイニチ工業㈱
                                                        有
                                      集
                           1         1
                          800         800
                                                        有
     第一生命ホールディングス㈱
                                      取引に関連する企業の情報収集
                                                      (間接保有)
                           1         1
                         5,000         5,000
     日本アジア投資㈱
                                      取引に関連する企業の情報収集                  無
                           0         0
                          463         463
                                                        有
     ㈱三菱UFJフィナンシャ
                                      取引に関連する企業の情報収集
     ル・グループ                                                (間接保有)
                           0         0
                         1,905         1,905
     フィデアホールディングス㈱
                                      取引に関連する企業の情報収集                  無
                           0         0
      (注)   当社は、情報収集を主として株式を保有しており、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難である
         ため、記載しておりません。特定投資株式の保有の合理性の検証につきましては、取締役会にて保有目的と照ら
         し合わせて行うこととしております。なお、当社は政策保有株式としての株式の保有は行っておりません。
             みなし保有株式

              該当事項はありません。
        ③  保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
        ④  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

           該当事項はありません。
        ⑤  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

           該当事項はありません。
                                 35/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
       人財務会計基準機構へ加入しております。
        また、会計基準に対する理解を深めるため、外部の団体等が行う研修に積極的に参加し、社内のマニュアル策定に
       努めております。
                                 36/91













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,004              9,625
         現金及び預金
                                        ※4 17,698
                                                       19,821
         受取手形及び売掛金
                                        109,805              109,119
         商品及び製品
                                           275              512
         原材料及び貯蔵品
                                         1,948              1,624
         前払費用
                                         4,431              5,481
         その他
                                         △ 357             △ 534
         貸倒引当金
                                        137,806              145,651
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        233,682              236,612
          建物及び構築物
                                       △ 117,851             △ 124,258
            減価償却累計額
                                       ※2 115,830             ※2 112,353
            建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                               14,626              14,773
                                        △ 11,303             △ 11,923
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              3,323              2,850
                                        ※2 32,976             ※2 34,355
          土地
                                         9,602              8,391
          リース資産
                                        △ 5,479             △ 4,876
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              4,122              3,515
                                         2,571              3,141
          建設仮勘定
                                         14,446              13,251
          その他
                                        △ 12,575             △ 10,960
            減価償却累計額
            その他(純額)                              1,870              2,290
                                        160,694              158,505
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         5,336              5,349
          借地権
                                         2,464              2,694
          その他
                                         7,801              8,043
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 1,820             ※1 1,322
          投資有価証券
                                         1,143              1,016
          長期前払費用
                                         8,290              7,820
          繰延税金資産
                                         8,379              8,218
          敷金及び保証金
                                         ※1 499             ※1 563
          その他
                                           △ 0             △ 2
          貸倒引当金
                                         20,133              18,939
          投資その他の資産合計
                                        188,629              185,489
         固定資産合計
       資産合計                                 326,435              331,140
                                 37/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※4 25,762
                                                       28,012
         支払手形及び買掛金
                                        ※4 25,863
                                                       26,454
         電子記録債務
                                         10,000               8,500
         短期借入金
                                         12,169               4,169
         1年内返済予定の長期借入金
                                         8,033              7,728
         未払金
                                           299              268
         未払費用
                                         1,579              1,370
         リース債務
                                         3,736              3,438
         未払法人税等
                                         1,741              2,722
         未払消費税等
                                         1,681              1,818
         賞与引当金
                                           19              19
         役員賞与引当金
                                           44              44
         店舗閉鎖損失引当金
                                           682              739
         ポイント引当金
                                            0              ▶
         災害損失引当金
                                        ※4 1,011
                                                        1,652
         設備関係支払手形
                                         3,836              4,100
         その他
                                         96,462              91,044
         流動負債合計
       固定負債
                                         32,309              38,640
         長期借入金
                                         3,116              2,618
         リース債務
                                           56              -
         繰延税金負債
                                           124              124
         役員退職慰労引当金
                                           -              152
         役員株式給付引当金
                                         11,503               5,414
         退職給付に係る負債
                                         1,597              1,558
         長期預り保証金
                                         6,862              7,071
         資産除去債務
                                           433             2,524
         その他
                                         56,004              58,105
         固定負債合計
                                        152,466              149,149
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         18,802              18,802
         資本金
                                         25,260              25,260
         資本剰余金
                                        138,811              148,676
         利益剰余金
                                        △ 9,126             △ 11,239
         自己株式
                                        173,747              181,499
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           401               72
         その他有価証券評価差額金
                                           -              27
         繰延ヘッジ損益
                                         △ 328              390
         退職給付に係る調整累計額
                                           72              491
         その他の包括利益累計額合計
                                           148               -
       新株予約権
                                        173,968              181,990
       純資産合計
                                        326,435              331,140
      負債純資産合計
                                 38/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        335,107              337,326
      売上高
                                       ※1 227,753             ※1 229,170
      売上原価
                                        107,353              108,155
      売上総利益
      営業収入
                                         11,755              11,247
       不動産賃貸収入
                                        119,109              119,402
      営業総利益
      販売費及び一般管理費
                                         4,174              3,766
       広告宣伝費
                                           744              600
       販売用品費
                                           682              739
       ポイント引当金繰入額
                                         34,221              34,397
       給料及び手当
                                         1,639              1,753
       賞与
                                         6,450              6,461
       福利厚生費
                                         1,681              1,818
       賞与引当金繰入額
                                           19              19
       役員賞与引当金繰入額
                                         1,339              1,029
       退職給付費用
       消耗品費                                  1,029              1,248
                                         4,305              3,932
       水道光熱費
                                         2,831              2,857
       租税公課
                                           982             1,006
       事業税
                                         12,300              12,559
       賃借料
                                         11,400              11,350
       減価償却費
                                         1,849              1,876
       店舗管理費
                                         15,333              15,516
       その他
                                        100,986              100,933
       販売費及び一般管理費合計
                                         18,123              18,469
      営業利益
      営業外収益
                                           16              14
       受取利息
                                           244               95
       受取配当金
                                           -              82
       為替差益
                                           288              297
       その他
                                           549              490
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           217              170
       支払利息
                                           89              -
       為替差損
                                           14              69
       埋蔵文化財発掘調査費
                                           -              44
       整理済商品券回収損
                                           114               49
       その他
                                           436              334
       営業外費用合計
                                         18,237              18,625
      経常利益
                                 39/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      特別利益
                                         ※2 691             ※2 400
       受取保険金
                                           -              154
       新株予約権戻入益
                                           -             1,157
       退職給付制度移行益
       特別利益合計                                   691             1,712
      特別損失
                                         ※3 152             ※3 163
       固定資産処分損
                                        ※4 1,464             ※4 1,607
       減損損失
                                         ※5 773             ※5 427
       災害による損失
                                           -              133
       役員株式給付引当金繰入額
                                         2,390              2,331
       特別損失合計
                                         16,537              18,006
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    6,254              5,810
                                         △ 652              254
      法人税等調整額
                                         5,602              6,064
      法人税等合計
                                         10,935              11,941
      当期純利益
                                         10,935              11,941
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 40/91













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         10,935              11,941
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 185             △ 328
       その他有価証券評価差額金
                                            9              27
       繰延ヘッジ損益
                                           252              719
       退職給付に係る調整額
                                        ※1 , ※2 75           ※1 , ※2 418
       その他の包括利益合計
                                         11,011              12,359
      包括利益
      (内訳)
                                         11,011              12,359
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 41/91
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       18,802         25,260        129,901         △ 9,126        164,838
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 2,026                △ 2,026
      親会社株主に帰属する当期
                                        10,935                 10,935
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      自己株式の処分                           0                 0         0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         0       8,909         △ 0       8,909
     当期末残高                  18,802         25,260        138,811         △ 9,126        173,747
                           その他の包括利益累計額

                                               新株予約権       純資産合計
                  その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益
                  評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 586       △ 9     △ 580       △ 3      123     164,958
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 2,026
      親会社株主に帰属する当期
                                                         10,935
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 0
      自己株式の処分                                                     0
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 185        9      252        75       25       101
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 185        9      252        75       25      9,010
     当期末残高                 401        -      △ 328        72       148     173,968
                                 42/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  18,802         25,260        138,811         △ 9,126        173,747
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 2,076                △ 2,076
      親会社株主に帰属する当期
                                        11,941                 11,941
      純利益
      自己株式の取得
                                                △ 2,112        △ 2,112
      自己株式の処分                           △ 0                 0         0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -        △ 0       9,864        △ 2,112         7,752
     当期末残高
                       18,802         25,260        148,676        △ 11,239        181,499
                           その他の包括利益累計額

                                               新株予約権       純資産合計
                  その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                         繰延ヘッジ損益
                  評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高
                       401        -      △ 328        72       148     173,968
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 2,076
      親会社株主に帰属する当期
                                                         11,941
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 2,112
      自己株式の処分                                                     0
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 328        27       719       418      △ 148       270
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 328        27       719       418      △ 148      8,022
     当期末残高                  72       27       390       491        -     181,990
                                 43/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         16,537              18,006
       税金等調整前当期純利益
                                         11,400              11,350
       減価償却費
                                         1,464              1,607
       減損損失
       デリバティブ評価損益(△は益)                                   △ 17             △ 29
                                           773              427
       災害損失
                                         △ 691             △ 400
       受取保険金
                                          △ 25             △ 68
       受取補償金
                                           -             △ 154
       新株予約権戻入益
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   107              136
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    0              0
       役員株式給付引当金の増減額(△は減少)                                    -              152
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   915            △ 5,054
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                    26              56
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   115              178
       受取利息及び受取配当金                                  △ 261             △ 110
                                           217              170
       支払利息
       有形固定資産処分損益(△は益)                                   152              163
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,620             △ 2,122
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,222               281
       未収入金の増減額(△は増加)                                   260             △ 674
       預け金の増減額(△は増加)                                  △ 376              396
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,195              2,841
       未払金の増減額(△は減少)                                   267              241
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   743              980
                                           33             1,940
       その他
                                         28,996              30,314
       小計
                                           275              109
       利息及び配当金の受取額
                                         △ 216             △ 169
       利息の支払額
                                        △ 6,109             △ 6,112
       法人税等の支払額
                                           25              68
       補償金の受取額
                                           55              45
       補助金の受取額
                                           691              400
       保険金の受取額
                                         △ 380             △ 181
       災害損失の支払額
                                         23,336              24,475
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 44/91








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の純増減額(△は増加)                                    9             △ 0
                                        △ 19,056              △ 8,691
       有形固定資産の取得による支出
                                           37              30
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,016             △ 1,062
       無形固定資産の取得による支出
       敷金及び保証金の純増減額(△は増加)                                   125              160
                                         △ 379             △ 253
       その他
                                        △ 20,280              △ 9,816
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  9,800             △ 1,430
                                         5,000              10,500
       長期借入れによる収入
                                        △ 17,169             △ 12,239
       長期借入金の返済による支出
       リース債務の返済による支出                                 △ 1,776             △ 1,682
                                           △ 0           △ 2,112
       自己株式の取得による支出
                                            0              0
       自己株式の処分による収入
                                        △ 2,024             △ 2,075
       配当金の支払額
                                        △ 6,170             △ 9,039
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            5             △ 0
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 3,109              5,620
                                         6,819              3,710
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 3,710              ※ 9,330
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 45/91












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数           5 社
             連結子会社の名称
              ㈱ライフコメリ
              北星産業㈱
              ㈱ビット・エイ
              ㈱コメリキャピタル
              ㈱ムービータイム
           (2)主要な非連結子会社の名称等
             大連米利海辰商場有限公司他9社
             (連結の範囲から除いた理由)
               非連結子会社はいずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純利益(持分に見合う額)
              及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないた
              めであります。
          2.持分法の適用に関する事項
           (1)持分法適用の非連結子会社
              該当ありません。
           (2)持分法を適用していない非連結子会社(大連米利海辰商場有限公司他9社)は当期純利益(持分に見合
            う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等から見て、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす
            影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項
            連結子会社の事業年度の末日は連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項
           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             ①有価証券
              (イ)満期保有目的の債券
                 償却原価法(定額法)
              (ロ)その他有価証券
                時価のあるもの
                 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は
                移動平均法により算定)
                時価のないもの
                 移動平均法による原価法
             ②デリバティブ
              時価法(ヘッジ会計を適用するものを除く)
             ③たな卸資産
              評価基準は原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によって
              おります。
               商品については主として売価還元法を採用しております。
               貯蔵品については、最終仕入原価法を採用しております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
             ①有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法
               ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降取
              得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
                建物及び構築物    3~60年
                機械装置及び運搬具  4~8年
             ②無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法
               ただし、ソフトウェア(自社利用)については、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく
              定額法を採用しております。
                                 46/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
             ③リース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
             ④長期前払費用
              定額法
           (3)重要な引当金の計上基準
             ①貸倒引当金
               債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
              定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
             ②賞与引当金
               従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
             ③役員賞与引当金
               当社及び一部の連結子会社は役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づ
              き計上しております。
             ④店舗閉鎖損失引当金
               店舗閉鎖に伴い発生する損失に備えるため、閉店及び転貸を決定した店舗について、今後発生する
              と見込まれる額を計上しております。
             ⑤ポイント引当金
               ポイントカードにより顧客に付与されたポイントの利用に備えるため、当連結会計年度末において
              将来利用されると見込まれる額を計上しております。
             ⑥災害損失引当金
               災害により被災した資産の復旧等に要する支出に備えるため、当連結会計年度末における見積額を
              計上しております。
             ⑦役員退職慰労引当金
               役員の退職慰労金の支給に備えるため、2010年6月29日開催の第49回定時株主総会で決議された役
              員退職慰労金の打ち切り支給額のうち、将来の支給見込額を計上しております。
             ⑧ 役員株式給付引当金
               当社の取締役に対する当社株式の交付及び給付に備えるため、役員株式給付規程に基づき、当連結
              会計年度末において役員に割り当てられたポイントに応じた株式の交付及び給付見込額を計上してお
              ります。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法
             ①退職給付見込額の期間帰属方法
               退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法に
              ついては、給付算定式基準によっております。
             ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
               数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
              数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することと
              しております。
               過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
              年)による定額法により費用処理しております。
             ③未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
               未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部にお
              けるその他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
           (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
             連結決算日の直物相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
           (6)重要なヘッジ会計の方法
             ①ヘッジ会計の方法
               繰延ヘッジ処理を採用しております。また、為替変動のリスクのヘッジについて振当処理の要件を
              満たすものについては振当処理を採用しております。
             ②ヘッジ手段とヘッジ対象
               ヘッジ手段・・・為替予約、通貨スワップ、通貨オプション
               ヘッジ対象・・・買掛金(予定取引を含む)
             ③ヘッジ方針
               商品の輸入取引に係る為替相場の変動リスクの低減のため、社内規程に基づき為替予約取引・通貨
              スワップ取引及び通貨オプション取引を行っております。
                                 47/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
             ④ヘッジ有効性評価の方法
               ヘッジ手段とヘッジ対象の相場変動の累計額を比較すること等によってヘッジの有効性の評価を
              行っております。ただし、振当処理の要件を満たしている為替予約・通貨スワップ取引において、
              ヘッジ対象とヘッジ手段の重要な条件が同一であり、高い相関関係があると認められるものについて
              は、連結決算日における有効性の評価を省略しております。
           (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
             消費税等の処理方法
              税抜方式を採用しております。
         (未適用の会計基準等)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員
       会)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委
       員会)
       (1)概要
         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
        計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおい
        てはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12
        月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
        る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
        性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
        出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
        る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
       (2)適用予定日
         2022年3月期の期首から適用します。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
         「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
        ります。
                                 48/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員
       会)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委
       員会)
       (1)概要
         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内容の
        詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準において
        はAccounting       Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏まえ、企業会計基
        準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を国際的な会計基準と
        の整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたものです。
         企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方
        法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定
        めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間
        の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
       (2)適用予定日
         2022年3月期の期首から適用します。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
         「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未定であ
        ります。
      ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)

       (1)概要
         国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以下「IAS
        第1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、財務諸表利用者
        にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めることを検討するよう要望が寄
        せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基準(以下「本会計基準」)が開発
        され、公表されたものです。
         企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するのではな
        く、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断することとされ、開
        発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
       (2)適用予定日
         2021年3月期の年度末から適用します。
      ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日 企

       業会計基準委員会)
       (1)概要
         「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の充実
        について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行い、会計方針の
        開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
         なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報
        の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影響を及ぼさな
        いために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
       (2)適用予定日
         2021年3月期の年度末から適用します。
                                 49/91




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書)
           前連結会計年度まで営業外費用の「その他」に含めて表示しておりました「埋蔵文化財発掘調査費」は、
          金額的重要性が増したため、当連結会計年度より、区分掲記しております。                                    この表示方法の変更を反映させ
          るため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示していた129百
          万円は、「     埋蔵文化財発掘調査費          」14百万円、「その他」114百万円として組み替えております。
         (追加情報)

          (取締役に対する業績連動型株式報酬制度)
            当社は、2019年6月21日開催の第58回定時株主総会決議に基づき、2019年8月20日より、当社の取締役
           に対する株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入しております。
           (1)取引の概要
              本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託
             を「本信託」という。)を通じて取得され、取締役に対して、当社が定める役員株式給付規程に従っ
             て、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下「当社株式等」という。)が本信託
             を通じて給付される業績連動型株式報酬制度です。なお、取締役が当社株式等の給付を受ける時期は、
             原則として取締役の退任時となります。
           (2)信託に残存する当社の株式
              本信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の
             部に自己株式として計上しております。当連結会計年度末の当該自己株式の帳簿価額は                                         255百万円、株
             式数は120千株であります。
              なお、取締役に付与済みのストック・オプションとしての新株予約権で未行使のものにつきまして
             は、本制度に基づく応分のポイントを付与することを条件として、当該ストック・オプションを有する
             各取締役において権利放棄しております。
              これに伴い、当連結会計年度において権利放棄された新株予約権については「新株予約権戻入益」と
             して特別利益に154百万円、本制度に基づく応分のポイント付与については「役員株式給付引当金繰入
             額」として特別損失に133百万円を計上しております。
          (退職給付制度の変更)

            当社は、2019年10月1日に退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行したことにより、
           「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号                                      平成28年12月16日)及び
           「退職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第2号                                          平成19年2月7
           日)を適用し、確定拠出年金制度への移行部分について退職給付制度の終了の処理を行いました。
            これに伴い、当連結会計年度において認識された損益については「退職給付制度移行益」として特別利
           益に1,157百万円を計上しております。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 93百万円                 93百万円
     投資その他の資産のその他(出資金)                                 267百万円                 267百万円
      ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     建物及び構築物                                 10百万円                  9百万円
     土地                                 139                 139
               計                       149                 148
         担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     短期借入金                                 -百万円                 -百万円
                                 50/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      3 保証債務
         次の関係会社の金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     MEKONG      FRONTIER       CO  ., LTD
                                       7百万円                 6百万円
      ※4 連結会計年度末日満期手形等

         連結会計年度末日満期手形、ファクタリング対象の買掛金及び電子記録債務の会計処理については、当連結会計
        年度の末日が金融機関の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。連結会計年度末日
        満期手形等の金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     受取手形及び売掛金                                  0百万円                 -百万円
     支払手形及び買掛金                                1,454                   -
     電子記録債務                               10,763                    -
     設備関係支払手形                                 859                  -
         (連結損益計算書関係)

      ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれており
        ます。
               前連結会計年度                             当連結会計年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                              至 2020年3月31日)
                           536  百万円                          621  百万円
      ※2 受取保険金

         前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          台風等の災害に伴う当社店舗の固定資産やたな卸資産等に対する損害保険金の受取額であります。
         当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

          台風等の災害に伴う当社店舗の固定資産やたな卸資産等に対する損害保険金の受取額であります。
      ※3 固定資産処分損の内訳は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                            至 2020年3月31日)
     建物及び構築物                      103百万円                            54百万円
     機械装置及び運搬具                       0                            0
     有形固定資産・その他                       5                           47
     解体撤去費用                       42                            55
     その他                       0                            5
             計               152                            163
                                 51/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      ※4 減損損失
        当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
             場所           用途         種類
                     店舗、賃貸用資産

         千葉県他27県 46件                     土地及び建物等
                     及び遊休資産
         当社グループは原則として各店舗を基本単位としてグルーピングをしております。営業活動による損益が継続し
        てマイナスとなる店舗、賃貸用資産及び遊休資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損
        損失(1,464百万円)として特別損失に計上いたしました。その内訳は建物及び構築物1,397百万円、機械装置9百
        万円、土地2百万円、リース資産9百万円、借地権30百万円、長期前払費用10百万円及びその他3百万円でありま
        す。なお、当該資産グループの回収可能価額は、遊休土地については正味売却価額により測定し、相続税評価額等
        を基準に算定した時価により評価し、それ以外の資産については使用価値又は正味売却価額により測定しており、
        使用価値については、将来キャッシュ・フローを2.5%で割引いて算出しております。
        当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

             場所           用途         種類
                     店舗、賃貸用資産

         三重県他35県 76件                     土地及び建物等
                     及び遊休資産
         当社グループは原則として各店舗を基本単位としてグルーピングをしております。営業活動による損益が継続し
        てマイナスとなる店舗、賃貸用資産及び遊休資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損
        損失(1,607百万円)として特別損失に計上いたしました。その内訳は建物及び構築物1,271百万円、機械装置1百
        万円、土地247百万円、リース資産2百万円、借地権78百万円、長期前払費用3百万円及びその他1百万円であり
        ます。なお、当該資産グループの回収可能価額は、使用価値または正味売却価額により測定しており、使用価値に
        ついては、将来キャッシュ・フローを2.9%で割り引いて算出しております。
      ※5 災害による損失

         前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          台風等の災害に伴う当社店舗の固定資産等に対する原状回復費用等であります。
         当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          台風等の災害に伴う当社店舗の固定資産等に対する原状回復費用等であります。
                                 52/91










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
      ※1    その他の包括利益に係る組替調整額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △277百万円               △495百万円
      組替調整額                                  -               △1
      計
                                       △277               △496
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                  12               39
      組替調整額                                   0               -
      計
                                        13               39
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                  58              1,042
      組替調整額                                  303               △7
      計
                                        362              1,034
      税効果調整前合計                                  98               577
      税効果額                                 △22               △158
     その他の包括利益合計
                                        75               418
      ※2    その他の包括利益に係る税効果額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      税効果調整前                                △277百万円               △496百万円
      税効果額                                  91               168
      税効果調整後
                                       △185               △328
     繰延ヘッジ損益:
      税効果調整前                                  13               39
      税効果額                                  △4               △12
      税効果調整後
                                         9               27
     退職給付に係る調整額:
      税効果調整前                                  362              1,034
      税効果額                                △110               △314
      税効果調整後
                                        252               719
     その他の包括利益合計
      税効果調整前                                  98               577
      税効果額                                 △22               △158
      税効果調整後
                                        75               418
                                 53/91







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   54,409,168              -          -      54,409,168

            合計             54,409,168              -          -      54,409,168

     自己株式

      普通株式 (注)                   3,756,596             196          30      3,756,762

                          3,756,596                             3,756,762

            合計                          196          30
     (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加196株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少30株は、単元未満株式の買増し請求によるものであります。
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                             -      -      -      -      -       148
            の新株予約権
     (親会社)
               合計               -      -      -      -      -       148
          3.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
          決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)       額(円)
     2018年5月15日
                   普通株式           1,013          20   2018年3月31日         2018年6月25日
     取締役会
     2018年10月30日
                   普通株式           1,013          20   2018年9月30日         2018年12月3日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)             当額(円)
     2019年5月14日
                普通株式         1,013    利益剰余金            20   2019年3月31日         2019年6月24日
     取締役会
                                 54/91







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   54,409,168              -          -      54,409,168

            合計             54,409,168              -          -      54,409,168

     自己株式

      普通株式 (注)                   3,756,762           920,417             5      4,677,174

                          3,756,762                             4,677,174

            合計                        920,417             5
     (注)1.当連結会計年度末の自己株式(普通株式)には、業績連動型株式報酬制度「役員株式給付信託(BBT)」導
         入に伴い、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する当社株式120,000株が含まれておりま
         す。
        2.普通株式の自己株式の株式数の増加920,417株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加800,000株、
         「役員株式給付信託(BBT)」による自己株式の取得による増加120,000株、単元未満株式の買取りによる増
         加417株であります。
        3.普通株式の自己株式の株式数の減少5株は、単元未満株式の買増し請求によるものであります。
          2.配当に関する事項

           (1)配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり配当
          決議        株式の種類                           基準日        効力発生日
                          (百万円)       額(円)
     2019年5月14日
                   普通株式           1,013          20   2019年3月31日         2019年6月24日
     取締役会
     2019年10月29日
                   普通株式           1,063          21   2019年9月30日         2019年12月2日
     取締役会
           (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                      (百万円)             当額(円)
     2020年5月19日
                普通株式         1,046    利益剰余金            21   2020年3月31日         2020年6月26日
     取締役会
     (注)2020年5月19日取締役会決議による配当金の総額には、「役員株式給付信託(BBT)」が保有する当社株式に対
        する配当金2百万円が含まれております。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
      現金及び預金勘定                               4,004   百万円              9,625   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                               △294                 △294
      現金及び現金同等物                               3,710                 9,330
                                 55/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ①   リース資産の内容
             有形固定資産
              主として、ホームセンター事業における、什器及び通信設備、その他事業における物流仕分設備
              (「機械装置及び運搬具」、「その他(器具備品)」)であります。
             無形固定資産
              主として、ソフトウエアであります。
            ② リース資産の減価償却の方法
              連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却
             資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引
            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
     1年内                                760                   684
     1年超                               1,737                   1,438
             合計                       2,497                   2,123
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)  金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用についてはリスクの低い金融資産に限定し、また、資金調達については主に
            銀行借入によっております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な
            取引は行わない方針であります。
           (2)  金融商品の内容及びそのリスク
             営業債権である受取手形及び売掛金は、取引先の信用リスクに晒されております。
             投資有価証券は、主に株式、債券、投資信託であり、                         市場価格の変動リスク及び発行体の信用リスクに
            晒されております。
             営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、ほとんどが1年以内の支払期日であります。借
            入金、ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたも
            のであり、償還日は最長で決算日後16年後であります。
             デリバティブ取引は、金利変動リスクのヘッジを目的とした金利スワップ取引                                    及び外貨建の営業債務に
            係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした為替予約                            であります。なお、ヘッジ会計に関するヘッ
            ジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の連結財務諸表作成の
            ための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                            (6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下さ
            い。
           (3)  金融商品に係るリスク管理体制
             ①  信用リスクの管理
              受取手形及び売掛金に係る取引先の信用リスクは、当社では、売掛金管理規程に従い、店別・取引先
             別に期日管理及び残高管理を行うとともに、連結子会社についても、取引先別に売掛金の期日及び残高
             を管理することにより、信用リスク低減に努めております。
              有価証券の発行体の信用リスクに関しましては、経理部において、信用情報や時価の把握を定期的に
             行うことで管理しております。
              デリバティブ取引の利用にあたっては、カウンターパーティーリスクを軽減するために、格付けの高
             い金融機関とのみ取引を行っております。
                                 56/91




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
             ②  市場リスクの管理
              外貨建ての営業債務について、通貨別月別に把握された為替の変動リスクに対して、為替予約取引・
             通貨スワップ取引及び通貨オプション取引を利用しております。
              投資有価証券につきましては、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握し、取引先企業との関係を
             勘案して保有状況を継続的に見直しております。
              デリバティブ取引につきましては、取引権限や限度額等を定めた管理規程に基づき、取締役会におい
             て基本方針を承認し、関係部署長による各管理委員会において取引方針が決定され、これに従い経理部
             が取引を行い、経理部において記帳及び契約先と残高照合等を行っております。取引の状況につきまし
             ては、各管理委員会により取締役会に対して四半期毎に報告を行っております。連結子会社について
             も、当社の管理規程に準じて管理を行っております。
             ③  資金調達に係る流動性リスクの管理
              当社は、各部署からの報告に基づき経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、金融機関
             からの借入枠を拡大・更新することなどにより、流動性リスクを管理しております。
           (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提
             条件等によった場合、当該価額が異なることもあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」に
             おけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リ
             スクを示すものではありません。
           2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)をご参照ください。)。
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)            差額(百万円)
                             (百万円)
     (1)  現金及び預金
                                  4,004            4,004             -
     (2)  受取手形及び売掛金
                                 17,698
                                  △357
        貸倒引当金
                                 17,341            17,341              -
     (3)  投資有価証券
      ①満期保有目的の債券                            100            100            -
      ②その他有価証券                           1,596            1,596             -
                                 23,042
       資産計                                     23,042              -
     (1)  支払手形及び買掛金
                                 25,762            25,762              -
     (2)  電子記録債務
                                 25,863            25,863              -
     (3)  短期借入金
                                 10,000            10,000              -
     (4)  未払法人税等
                                  3,736            3,736             -
     (5)  設備関係支払手形
                                  1,011            1,011             -
     (6)  長期借入金
                                 44,479            44,548              69
     (7)  リース債務
                                  4,696            4,696             -
       負債計                         115,548            115,618              69
     デリバティブ取引
      ヘッジ会計が適用されていないもの                            (94)            (94)            -
       デリバティブ取引計                           (94)            (94)            -
      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
        ては、( )で示しております。
                                 57/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(2020年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)            差額(百万円)
                             (百万円)
     (1)  現金及び預金                          9,625            9,625             -
     (2)  受取手形及び売掛金
                                 19,821
                                  △534
        貸倒引当金
                                 19,287            19,287              -
     (3)  投資有価証券
      ①満期保有目的の債券                            100            100            -
      ②その他有価証券                           1,099            1,099             -
                                 30,111
       資産計                                     30,111              -
     (1)  支払手形及び買掛金
                                 28,012            28,012              -
     (2)  電子記録債務
                                 26,454            26,454              -
     (3)  短期借入金
                                  8,500            8,500             -
     (4)  未払法人税等
                                  3,438            3,438             -
     (5)  設備関係支払手形
                                  1,652            1,652             -
     (6)  長期借入金
                                 42,809            42,787             △21
     (7)  リース債務
                                  3,989            3,989             -
       負債計                         114,857            114,835             △21
     デリバティブ取引
      ヘッジ会計が適用されていないもの                            (65)            (65)            -
       デリバティブ取引計                           (65)            (65)            -
      (※)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい
        ては、( )で示しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資産
           (1)  現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
           (3)  投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格、債券は取引金融機関等から提示された価格、投資信託に
            ついては、公表されている基準価格によっております。
             また、保有目的ごとの有価証券に関する事項につきましては、注記事項「有価証券関係」をご参照くだ
            さい。
          負債
           (1)  支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)短期借入金、(4)未払法人税等及び(5)設備関係支払手形
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
           (6)  長期借入金
             長期借入金の時価は、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
            現在価値により算定しております。なお、長期借入金のうち、無利息の長期借入金については、リスクフ
            リー・レートで割り引いて現在価値を算出しております。
           (7)  リース債務
             リース債務の時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
          デリバティブ取引
             注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品は次のとおりであり、金融商品の時価情報の「資産

           (3)  投資有価証券」には含まれておりません。
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
               区分
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
      非上場株式(※)                                   123                 123
      (※)非上場株式については、市場性がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の対象
        とはしておりません。
                                 58/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                            (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                         △1,275           -         -         -
     受取手形及び売掛金                          17,698           -         -         -
     投資有価証券
       満期保有目的の債券                           -        100         -         -
       その他有価証券のうち満期があるもの                           -         -         17         -
              合計                 16,423          100         17         -
          当連結会計年度(2020年3月31日)

                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                            (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                          5,784          -         -         -
     受取手形及び売掛金                          19,821           -         -         -
     投資有価証券
       満期保有目的の債券                           -        100         -         -
       その他有価証券のうち満期があるもの                           -         14         -         -
              合計                 25,606          114         -         -
         4.長期借入金、リース債務の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2019年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     短期借入金               10,000         -       -       -       -       -

     長期借入金               12,169        4,169       12,169       13,533         875      1,562
     リース債務                1,579       1,173        857       556       223       305
          合計           23,749        5,342       13,026       14,089        1,098       1,868

           当連結会計年度(2020年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     短期借入金                8,500         -       -       -       -       -

     長期借入金                4,169       12,169       13,533        6,375       5,687        875

     リース債務                1,370       1,051        751       418       141       254
          合計           14,040       13,221       14,285        6,793       5,829       1,129

                                 59/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.満期保有目的の債券
            前連結会計年度(2019年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)国債・地方債等                    -           -           -
                  (2)社債                    -           -           -
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えるもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                -           -           -
                  (1)国債・地方債等                    -           -           -
                  (2)社債                   100           100           -
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えないもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計               100           100           -
               合計                     100           100           -
            当連結会計年度(2020年3月31日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)国債・地方債等                    -           -           -
                  (2)社債                    -           -           -
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えるもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計                -           -           -
                  (1)国債・地方債等                    -           -           -
                  (2)社債                   100           100           -
     時価が連結貸借対照表
     計上額を超えないもの
                  (3)その他                    -           -           -
                      小計               100           100           -
               合計                     100           100           -
          2.その他有価証券

            前連結会計年度(2019年3月31日)
                             連結貸借対照表計上                         差額
                      種類                  取得原価(百万円)
                             額(百万円)                        (百万円)
                  (1)株式                 1,481            877           604
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                   -           -           -
     が取得原価を超えるも
                  (3)その他                   17           12           5
     の
                      小計              1,499            889           609
                  (1)株式                   97          126          △28
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                   -           -           -
     が取得原価を超えない
                  (3)その他                   -           -           -
     もの
                      小計               97          126          △28
               合計                    1,596           1,015            580
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 123百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 60/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(2020年3月31日)
                             連結貸借対照表計上                         差額
                      種類                  取得原価(百万円)
                             額(百万円)                        (百万円)
                  (1)株式                  296           152           143
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                   -           -           -
     が取得原価を超えるも
                  (3)その他                   14           12           2
     の
                      小計               310           165           145
                  (1)株式                  788           850          △62
     連結貸借対照表計上額
                  (2)債券                   -           -           -
     が取得原価を超えない
                  (3)その他                   -           -           -
     もの
                      小計               788           850          △62
               合計                    1,099           1,015            83
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 123百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         (デリバティブ取引関係)

          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           (1)通貨関連
            前連結会計年度(2019年3月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(2020年3月31日)

             該当事項はありません。
           (2)金利関連

            前連結会計年度(2019年3月31日)
                                    契約額等のうち
                              契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分          取引の種類
                             (百万円)                 (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                金利スワップ取引

                                7,000        7,000         (94)        (94)
     市場取引以外の取引
                 受取変動・支払固定
      (注)   時価の算定方法は取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
            当連結会計年度(2020年3月31日)

                                    契約額等のうち
                              契約額等                  時価       評価損益
                                    1年超
         区分          取引の種類
                             (百万円)                 (百万円)        (百万円)
                                     (百万円)
                金利スワップ取引

                                7,000        7,000         (65)        (65)
     市場取引以外の取引
                 受取変動・支払固定
      (注)   時価の算定方法は取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           通貨関連
            前連結会計年度(2019年3月31日)
             該当事項はありません。
            当連結会計年度(2020年3月31日)

                                            契約額等のうち
                                     契約額等                  時価
                                            1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                             (百万円)
                為替予約取引
                                         608         -        39
     原則的処理方法             買建          買掛金
                   米ドル
                                 61/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
             当社及び連結子会社が採用している主な退職給付制度は、退職一時金制度であります。
             なお、当社は、2019年10月1日に退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行いたしまし
            た。
          2.確定給付制度

            (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                    至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
              退職給付債務の期首残高                           10,950百万円             11,503百万円
                                          1,015              719
               勤務費用
                                           20             15
               利息費用
                                          △58             △394
               数理計算上の差異の発生額
                                          △424             △371
               退職給付の支払額
                                           -            △647
               過去勤務費用の発生額
                                           -          △5,409
               確定拠出年金制度への移行に伴う減少
                                         11,503              5,414
              退職給付債務の期末残高
            (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給

              付に係る資産の調整表
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
              非積立型制度の退職給付債務                           11,503百万円              5,414百万円
              連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                         11,503              5,414
              純額
                                         11,503              5,414

              退職給付に係る負債
              連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                         11,503              5,414
              純額
            (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                    至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
              勤務費用                            1,015百万円              718百万円
                                           20             15
              利息費用
                                           -            △74
              過去勤務費用の費用処理額
                                           303             207
              数理計算上の費用処理額
                                          1,339              867
              確定給付制度に係る退職給付費用
            (4)退職給付に係る調整額

              退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                    至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
              過去勤務費用                             -百万円             259百万円
                                           362             775
              数理計算上の差異
                                           362            1,034
                合 計
                                 62/91




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
            (5)退職給付に係る調整累計額
              退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
              未認識過去勤務費用                             -百万円            △259百万円
                                          △472             △302
              未認識数理計算上の差異
                                          △472             △562
                合 計
            (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

              主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
              割引率                             0.2%             0.2%
              予想昇給率                             2.3%             2.1%
          3.確定拠出制度

             当社の確定拠出制度への要拠出額は、当連結会計年度161百万円であります。
          4.その他の事項

             当連結会計年度における退職一時金制度から確定拠出年金制度への一部移行に伴う影響額は次のとおり
            であります。
             なお、当該影響額は「退職給付制度移行益」として特別利益に表示しております。
              退職給付債務の減少                  1,015百万円
              未認識数理計算上の差異                  △172
              未認識過去勤務費用                   313
                計                1,157
            また、当連結会計年度末時点の未移換額3,246百万円は、未払金、長期未払金(固定負債の「その他」)
            に計上しております。
                                 63/91











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 2018年4月1日                    (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     一般管理費の株式報酬費                                25                    6
      (注)追加情報に記載のとおり、当社は2019年8月20日付で株式報酬型ストック・オプション制度を廃止し、業績連動
        型株式報酬制度を導入しております。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                 2011年ストック・オ           2012年ストック・オ           2013年ストック・オ           2014年ストック・オ
                 プション           プション           プション           プション
     付与対象者の区分及び            取締役(社外取締役           取締役(社外取締役           取締役(社外取締役           取締役(社外取締役
     人数            を除く)7名           を除く)8名           を除く)7名           を除く)9名
     株式の種類別のストッ
     ク・オプションの数            普通株式 43,300株           普通株式 24,800株           普通株式 19,200株           普通株式 18,100株
     (注)
     付与日            2011年8月12日           2012年7月11日           2013年7月10日           2014年7月15日
                 権利確定条件は定め           権利確定条件は定め           権利確定条件は定め           権利確定条件は定め
     権利確定条件
                 ておりません。           ておりません。           ておりません。           ておりません。
                 対象勤務期間は定め           対象勤務期間は定め           対象勤務期間は定め           対象勤務期間は定め
     対象勤務期間
                 ておりません。           ておりません。           ておりません。           ておりません。
                 自2011年8月13日           自2012年7月12日           自2013年7月11日           自2014年7月16日
     権利行使期間
                 至2041年8月12日           至2042年7月11日           至2043年7月10日           至2044年7月15日
                 2015年ストック・オ           2016年ストック・オ           2017年ストック・オ           2018年ストック・オ

                 プション           プション           プション           プション
     付与対象者の区分及び            取締役(社外取締役           取締役(社外取締役           取締役(社外取締役           取締役(社外取締役
     人数            を除く)7名           を除く)7名           を除く)6名           を除く)6名
     株式の種類別のストッ
     ク・オプションの数            普通株式 8,000株           普通株式 8,900株           普通株式 9,200株           普通株式 9,300株
     (注)
     付与日            2015年7月14日           2016年7月12日           2017年7月11日           2018年7月10日
                 権利確定条件は定め           権利確定条件は定め           権利確定条件は定め           権利確定条件は定め
     権利確定条件
                 ておりません。           ておりません。           ておりません。           ておりません。
                 対象勤務期間は定め           対象勤務期間は定め           対象勤務期間は定め           対象勤務期間は定め
     対象勤務期間
                 ておりません。           ておりません。           ておりません。           ておりません。
                 自2015年7月15日           自2016年7月13日           自2017年7月12日           自2018年7月11日
     権利行使期間
                 至2045年7月14日           至2046年7月12日           至2047年7月11日           至2048年7月10日
      (注)1.株式数に換算して記載しております。
        2.追加情報に記載のとおり、当社は2019年8月20日付で株式報酬型ストック・オプション制度を廃止し、業績
          連動型株式報酬制度を導入したことに伴い、2019年度から新たな新株予約権は付与しておりません。
                                 64/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2020年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ①ストック・オプションの数

                 2011年ストック・オ           2012年ストック・オ           2013年ストック・オ           2014年ストック・オ
                 プション           プション           プション           プション
     権利確定前            (株)
      前連結会計年度末                  -           -           -           -
      付与                  -           -           -           -
      失効                  -           -           -           -
      権利確定                  -           -           -           -
      未確定残                  -           -           -           -
     権利確定後            (株)
      前連結会計年度末                10,300           7,200           5,900           6,400
      権利確定                  -           -           -           -
      権利行使                  -           -           -           -
      失効                10,300           7,200           5,900           6,400
      未行使残                  -           -           -           -
                 2015年ストック・オ           2016年ストック・オ           2017年ストック・オ           2018年ストック・オ

                 プション           プション           プション           プション
     権利確定前            (株)
      前連結会計年度末                  -           -           -           -
      付与                  -           -           -           -
      失効                  -           -           -           -
      権利確定                  -           -           -           -
      未確定残                  -           -           -           -
     権利確定後            (株)
      前連結会計年度末                6,700           7,500           9,200           9,300
      権利確定                  -           -           -           -
      権利行使                  -           -           -           -
      失効                6,700           7,500           9,200           9,300
      未行使残                  -           -           -           -
      (注)「権利確定後」の「失効」は株式報酬型ストック・オプション制度を廃止し、業績連動型株式報酬制度を導入した
        ことに伴い、付与済みの新株予約権のうち未行使のものについて、業績連動型株式報酬制度に基づく応分のポイ
        ントを付与することを条件として権利放棄されたものであります。
            ②単価情報

                 2011年ストック・オ           2012年ストック・オ           2013年ストック・オ           2014年ストック・オ
                 プション           プション           プション           プション
     権利行使価格          (円)
                         1           1           1           1
     行使時平均株価        (円)

                        -           -           -           -
     付与日における公正な
                       2,155           1,998           2,422           2,507
     評価単価              (円)
                 2015年ストック・オ           2016年ストック・オ           2017年ストック・オ           2018年ストック・オ

                 プション           プション           プション           プション
     権利行使価格          (円)
                         1           1           1           1
     行使時平均株価        (円)

                        -           -           -           -
     付与日における公正な
                       2,656           2,563           2,807           2,691
     評価単価              (円)
                                 65/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度            当連結会計年度
                               (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       繰延税金資産
        減損損失                            3,381百万円            3,570百万円
        リース債務                             195            171
        未払事業税                             281            255
        賞与引当金                             514            555
        退職給付に係る負債                            3,508            1,654
        確定拠出年金未払金                             -           996
        役員退職慰労引当金                             37            37
        ポイント引当金                             207            225
        資産除去債務                            2,110            2,180
        その他                             680            650
         繰延税金資産小計
                                   10,918            10,299
       評価性引当額                             △694            △743
       繰延税金資産合計
                                   10,224            9,555
       繰延税金負債
        固定資産圧縮積立金                            △259            △246
        特別償却準備金                            △252            △135
        資産除去債務に対応する除去費用                           △1,169            △1,168
        その他有価証券評価差額金                            △179            △15
        その他                            △128            △169
       繰延税金負債合計
                                   △1,990            △1,734
       繰延税金資産の純額
                                    8,233            7,820
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前連結会計年度            当連結会計年度
                               (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       法定実効税率                             30.5%            30.5%
       (調整)
        住民税均等割                             3.0            2.7
        評価性引当額                             0.1            0.3
        その他                             0.3            0.2
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    33.9            33.7
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
        1.当該資産除去債務の概要
          ホームセンターにおける店舗の土地・建物及び流通センターの土地の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等
         であります。
        2.当該資産除去債務の金額の算定方法
          使用見込期間を取得から8年~34年と見積り、割引率は0.04%~2.41%を使用して資産除去債務の金額を計算
         しております。
        3.当連結会計年度における当該資産除去債務の総額の増減
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                   至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
          期首残高                              6,305百万円              6,931百万円
          有形固定資産の取得に伴う増加額                               624              216
          時の経過による調整額                               110              114
          資産除去債務の履行による減少額                              △108              △102
          期末残高                              6,931              7,160
                                 66/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
             当社グループの報告セグメントは、ホームセンターのみであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自2018年4月1日                   至2019年3月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、
             記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報
             (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報
              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%を占める相手先がないため、記載を省略
             しております。
           当連結会計年度(自2019年4月1日                   至2020年3月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、
             記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報
             (1)売上高
              本邦以外の外部顧客への売上高がないため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産
              本邦以外に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報
              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%を占める相手先がないため、記載を省略
             しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自2018年4月1日                   至2019年3月31日)
            当社グループの報告セグメントは、ホームセンターのみであり、かつ、報告セグメントに配分されていな
           い減損損失はないため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(自2019年4月1日                   至2020年3月31日)
            当社グループの報告セグメントは、ホームセンターのみであり、かつ、報告セグメントに配分されていな
           い減損損失はないため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自2018年4月1日                   至2019年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自2019年4月1日                   至2020年3月31日)
            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自2018年4月1日                   至2019年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自2019年4月1日                   至2020年3月31日)
            該当事項はありません。
                                 67/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      1.連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
        前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                   資本金又は           議決権等の所
         会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額         期末残高
      種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容           科目
         称又は氏名                又は職業            との関係           (百万円)         (百万円)
                   (百万円)           割合(%)
         NPO法人
                                    災害救援物
         コメリ災害                災害救援活
     役員         新潟市南区       -             -  資供給      商品の供給        96  売掛金       50
         対策セン                動
                                    役員の兼任
         ター
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)1.営業上の取引につきましては、一般取引条件を参考に協議の上決定しております。
         2.取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

                   資本金又は           議決権等の所
         会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額         期末残高
      種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容           科目
         称又は氏名                又は職業            との関係
                                               (百万円)         (百万円)
                   (百万円)           割合(%)
         NPO法人
                                    災害救援物
         コメリ災害                災害救援活
     役員         新潟市南区                      資供給      商品の供給          売掛金
                     -             -                145          1
         対策セン                動
                                    役員の兼任
         ター
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)1.営業上の取引につきましては、一般取引条件を参考に協議の上決定しております。
         2.取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
      2.連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
        前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                   資本金又は           議決権等の所
                                               取引金額         期末残高
         会社等の名                事業の内容            関連当事者
      種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容           科目
         称又は氏名                又は職業            との関係           (百万円)         (百万円)
                   (百万円)           割合(%)
                                                            2
                                                    前払費用
                              (被所有)
     役員及                                     事務所及び
                                                  30         10
                                    不動産の賃                敷金及び
                              直接    0.9%
     びその   捧 ミヨエ       -     -    会社役員                 駐車場の賃
                                    借                保証金
     近親者                                     借
                              間接 27.1%
                                                    未払金
                                                            0
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)1.不動産の賃借料については、近隣の取引事例を参考に決定しております。
         2.取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

                   資本金又は           議決権等の所
                                               取引金額         期末残高
         会社等の名                事業の内容            関連当事者
      種類         所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容           科目
         称又は氏名                又は職業            との関係           (百万円)         (百万円)
                   (百万円)           割合(%)
                              (被所有)                              3
     役員及                                     事務所及び          前払費用
                                                  36
                                    不動産の賃
                                                           10
                              直接    0.9%
     びその   捧 ミヨエ       -     -    会社役員                 駐車場の賃          敷金及び
                                    借
     近親者                                     借          保証金
                              間接 27.9%
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注)1.不動産の賃借料については、近隣の取引事例を参考に決定しております。
         2.取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
                                 68/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                項目               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
      1株当たり純資産額                            3,431円62銭                3,659円43銭

      1株当たり当期純利益                             215円90銭                236円58銭

      潜在株式調整後1株当たり当期純利益                             215円64銭                236円36銭

      (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度末                当連結会計年度末
                                (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
      純資産の部の合計額(百万円)                                173,968                181,990

      純資産の部の合計額から控除する金額
                                         148                 -
      (百万円)
       (うち新株予約権(百万円))                                 (148)                 (-)

      普通株式に係る期末の純資産額

                                       173,820                181,990
      (百万円)
      1株当たり純資産額の算定に用いられた期末
                                       50,652                49,731
      の普通株式の数(千株)
      (注)2.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
          す。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益
                                       10,935                11,941
      (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                       10,935                11,941
      利益(百万円)
      期中平均株式数(千株)                                 50,652                50,474
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                         -                -
      (百万円)
      普通株式増加数(千株)                                   60                48
      (うち新株予約権(千株))                                  (60)                (48)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在                                    -                -
     株式の概要
                                 69/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
         (資本準備金の額の減少について)
          当社は、2020年4月28日開催の取締役会において、「資本準備金の額の減少の件」を2020年6月25日開催の
         第59回定時株主総会に付議することを決議し、同株主総会において承認可決されました。
         1.  資本準備金の額の減少の目的
           今後の資本政策の機動性、柔軟性を確保するため、会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の額
          を減少するものです。
         2.  資本準備金の額の減少の要領
          (1)  減少すべき資本準備金の額
            資本準備金の額29,855,451,067円を24,855,451,067円減少して、5,000,000,000円といたします。
          (2)  資本準備金の額の減少の方法
            資本準備金の額を減少し、その他資本剰余金に振り替えるものです。
         3.  資本準備金の額の減少の日程
          (1)  取締役会決議日      2020年4月28日
          (2)  株主総会決議日      2020年6月25日
          (3)  債権者異議申述公告日   2020年6月26日(予定)
          (4)  債権者異議申述最終期日  2020年7月27日(予定)
          (5)  効力発生日        2020年7月31日(予定)
                                 70/91















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高        当期末残高       平均利率
                 区分                                      返済期限
                                (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                             10,000        8,500       0.13      -

     1年内返済予定長期借入金                             12,169        4,169       0.20      -

     1年内返済予定リース債務                             1,579        1,370       1.64      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             32,309        38,640       0.20    2020年~26年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             3,116        2,618       1.64    2020年~35年

     その他有利子負債                               -        -      -     -

                 合計                  59,175        55,299        -     -

      (注)1.平均利率は、期中平均によっております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
           のとおりであります。
                         1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
           長期借入金                  12,169         13,533          6,375         5,687

           リース債務                   1,051          751         418         141

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報                 等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高及び営業収入
                          96,524          186,047          273,081          348,573
     (百万円)
     税金等調整前四半期(当期)
                          7,134          12,837          17,599          18,006
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          4,836          8,683          11,855          11,941
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          95.48          171.51          234.31          236.58
     利益(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益
                          95.48          76.02          62.77           1.72
     (円)
                                 71/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         2,439              8,002
         現金及び預金
                                        ※1 10,350             ※1 11,936
         売掛金
                                        108,457              107,838
         商品及び製品
                                           149              149
         原材料及び貯蔵品
                                        ※1 1,780             ※1 1,494
         前払費用
                                         2,235              1,190
         関係会社短期貸付金
                                        ※1 2,641             ※1 3,281
         未収入金
                                         ※1 321             ※1 534
         その他
                                          △ 37             △ 38
         貸倒引当金
         流動資産合計                                128,336              134,387
       固定資産
         有形固定資産
                                         92,027              89,215
          建物
                                         12,238              11,762
          構築物
                                         1,834              1,579
          機械及び装置
                                         1,180               946
          工具、器具及び備品
                                         27,228              28,607
          土地
                                         4,122              3,515
          リース資産
                                         2,514              3,136
          建設仮勘定
                                        141,145              138,764
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         5,146              5,158
          借地権
                                           190              172
          その他
                                         5,336              5,331
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           462              416
          投資有価証券
                                         1,265              1,265
          関係会社株式
                                           267              267
          関係会社出資金
                                           67              54
          長期貸付金
                                         5,846              5,045
          関係会社長期貸付金
          長期前払費用                               1,078               964
                                         7,848              7,592
          繰延税金資産
                                         1,913              1,795
          差入保証金
                                         6,222              6,177
          敷金
                                         ※1 160             ※1 134
          その他
                                           △ 8             △ 9
          貸倒引当金
                                         25,123              23,705
          投資その他の資産合計
                                        171,606              167,801
         固定資産合計
                                        299,942              302,188
       資産合計
                                 72/91





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 1,160
                                                        1,190
         支払手形
                                        ※3 25,863
                                                       26,454
         電子記録債務
                                      ※1 , ※3 21,773             ※1 23,796
         買掛金
                                                      ※1 8,500
                                         11,700
         短期借入金
                                         12,169               4,169
         1年内返済予定の長期借入金
                                         1,579              1,370
         リース債務
                                        ※1 8,542             ※1 8,524
         未払金
                                         2,781              3,105
         未払法人税等
                                         1,394              2,589
         未払消費税等
                                        ※1 1,516             ※1 1,482
         前受金
                                        ※1 2,568             ※1 1,576
         預り金
                                         1,463              1,608
         賞与引当金
                                           19              19
         役員賞与引当金
         店舗閉鎖損失引当金                                  44              44
                                           682              739
         ポイント引当金
                                            0              ▶
         災害損失引当金
                                         ※3 914
                                                        1,590
         設備関係支払手形
                                           68              88
         資産除去債務
                                          ※1 29             ※1 46
         その他
                                         94,274              86,903
         流動負債合計
       固定負債
                                         37,609              43,840
         長期借入金
                                         3,116              2,618
         リース債務
                                         10,540               5,451
         退職給付引当金
                                           124              124
         役員退職慰労引当金
                                           -              152
         役員株式給付引当金
                                         6,567              6,769
         資産除去債務
                                        ※1 1,523             ※1 1,484
         長期預り保証金
                                           433             2,527
         その他
                                         59,916              62,968
         固定負債合計
                                        154,191              149,871
       負債合計
                                 73/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                         18,802              18,802
         資本金
         資本剰余金
                                         29,855              29,855
          資本準備金
                                            0              0
          その他資本剰余金
                                         29,855              29,855
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         1,024              1,024
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                           394              368
            固定資産圧縮積立金
                                           458              260
            特別償却準備金
                                         95,000              101,500
            別途積立金
                                         9,083              11,637
            繰越利益剰余金
                                        105,960              114,790
          利益剰余金合計
                                        △ 9,126             △ 11,239
         自己株式
                                        145,491              152,209
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           111               79
         その他有価証券評価差額金
                                           -              27
         繰延ヘッジ損益
                                           111              107
         評価・換算差額等合計
                                           148               -
       新株予約権
                                        145,751              152,316
       純資産合計
                                        299,942              302,188
      負債純資産合計
                                 74/91












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                       ※1 330,019             ※1 332,325
      売上高
                                       ※1 232,945             ※1 234,011
      売上原価
                                         97,074              98,314
      売上総利益
                                        ※1 2,952             ※1 2,951
      営業収入
                                        100,026              101,266
      営業総利益
                                      ※1 , ※2 87,373           ※1 , ※2 85,543
      販売費及び一般管理費
                                         12,653              15,723
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1 1,266             ※1 1,004
       受取利息及び配当金
                                         ※1 241             ※1 309
       雑収入
                                         1,507              1,314
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         ※1 239             ※1 194
       支払利息
                                         ※1 216             ※1 158
       雑損失
                                           456              352
       営業外費用合計
                                         13,704              16,684
      経常利益
      特別利益
                                           683              400
       受取保険金
                                           -              154
       新株予約権戻入益
                                           -             1,157
       退職給付制度移行益
                                           683             1,712
       特別利益合計
      特別損失
                                       ※1 , ※3 146           ※1 , ※3 153
       固定資産処分損
                                         1,464              1,607
       減損損失
                                         ※1 741             ※1 429
       災害による損失
                                           -              133
       役員株式給付引当金繰入額
                                         2,352              2,323
       特別損失合計
                                         12,035              16,072
      税引前当期純利益
                                         4,434              4,909
      法人税、住民税及び事業税
                                         △ 627              256
      法人税等調整額
                                         3,807              5,166
      法人税等合計
                                         8,227              10,906
      当期純利益
                                 75/91








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                 利益剰余金
                                            その他利益剰余金
                  資本金
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備
                                       固定資産
                                            特別償却    別途積立    繰越利益
                      金    本剰余金    金合計    金
                                       圧縮積立
                                            準備金    金    剰余金
                                       金
     当期首残高             18,802    29,855      -   29,855     1,024     421    657   89,000     8,654
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の取崩
                                         △ 27             27
      特別償却準備金の取崩                                       △ 199         199
      別途積立金の積立                                           6,000   △ 6,000
      剰余金の配当                                              △ 2,026
      当期純利益
                                                     8,227
      自己株式の取得
      自己株式の処分                       0    0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計               -    -     0    0    -   △ 27   △ 199   6,000     428
     当期末残高
                   18,802    29,855      0  29,855     1,024     394    458   95,000     9,083
                      株主資本           評価・換算差額等

                  利益剰余
                   金                         新株予約    純資産合
                               その他有         評価・換
                          株主資本         繰延ヘッ
                                            権    計
                      自己株式         価証券評         算差額等
                          合計         ジ損益
                  利益剰余
                               価差額金         合計
                  金合計
     当期首残高             99,759    △ 9,126   139,290      168    △ 9   159    123   139,573
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の取崩
                    -         -                     -
      特別償却準備金の取崩              -         -                     -
      別途積立金の積立              -         -                     -
      剰余金の配当            △ 2,026        △ 2,026                     △ 2,026
      当期純利益
                   8,227         8,227                     8,227
      自己株式の取得                  △ 0   △ 0                     △ 0
      自己株式の処分                   0    0                     0
      株主資本以外の項目の当期
                                △ 57     9   △ 48    25   △ 22
      変動額(純額)
     当期変動額合計              6,201     △ 0   6,201     △ 57     9   △ 48    25   6,178
     当期末残高
                  105,960    △ 9,126   145,491      111     -    111    148   145,751
                                 76/91






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
                                                  (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金                 利益剰余金
                                            その他利益剰余金
                  資本金
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備
                                       固定資産
                                            特別償却    別途積立    繰越利益
                      金    本剰余金    金合計    金
                                       圧縮積立
                                            準備金    金    剰余金
                                       金
     当期首残高             18,802    29,855      0  29,855     1,024     394    458   95,000     9,083
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の取崩                                   △ 25             25
      特別償却準備金の取崩                                       △ 197         197
      別途積立金の積立                                           6,500   △ 6,500
      剰余金の配当
                                                     △ 2,076
      当期純利益                                               10,906
      自己株式の取得
      自己株式の処分                      △ 0   △ 0
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    -    -    △ 0   △ 0    -   △ 25   △ 197   6,500    2,553
     当期末残高             18,802    29,855      0  29,855     1,024     368    260   101,500     11,637
                      株主資本           評価・換算差額等

                  利益剰余
                   金                         新株予約    純資産合
                               その他有         評価・換
                          株主資本         繰延ヘッ
                                            権    計
                      自己株式         価証券評         算差額等
                          合計         ジ損益
                  利益剰余
                               価差額金         合計
                  金合計
     当期首残高             105,960    △ 9,126   145,491      111     -    111    148   145,751
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の取崩              -         -                     -
      特別償却準備金の取崩              -         -                     -
      別途積立金の積立              -         -                     -
      剰余金の配当
                  △ 2,076        △ 2,076                     △ 2,076
      当期純利益             10,906         10,906                     10,906
      自己株式の取得                △ 2,112   △ 2,112                     △ 2,112
      自己株式の処分                   0    0                     0
      株主資本以外の項目の当期
                                △ 31    27    △ ▶   △ 148   △ 152
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                   8,830   △ 2,112    6,717     △ 31    27    △ ▶   △ 148   6,565
     当期末残高             114,790    △ 11,239    152,209      79    27    107     -  152,316
                                 77/91







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)有価証券の評価基準及び評価方法
             子会社株式
              移動平均法による原価法
             その他有価証券
              時価のあるもの
                決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
               動平均法により算定)
              時価のないもの
                移動平均法による原価法
           (2)デリバティブ等の評価基準及び評価方法
             デリバティブ
              時価法(ヘッジ会計を適用するものを除く)
           (3)たな卸資産の評価基準及び評価方法
              評価基準は原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
               商品及び製品
                売価還元法、ただし、流通センター在庫は、移動平均法
               原材料及び貯蔵品
                最終仕入原価法
          2.固定資産の減価償却の方法
           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法、ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日
             以降取得した建物附属設備及び構築物については、定額法
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物      8~38年
               構築物     10~20年
               機械及び装置  8年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法、ただし、ソフトウェア(自社利用)については、社内における見込利用可能期間(5年)に
             基づく定額法
           (3)リース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
           (4)長期前払費用
              定額法
          3.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
             外貨建金銭債権債務は、決算日の直物相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
            す。
          4.引当金の計上基準
           (1)貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
             の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金
              従業員賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
           (3)役員賞与引当金
              役員賞与の支出に備えるため、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
           (4)店舗閉鎖損失引当金
              店舗閉鎖に伴い発生する損失に備えるため、閉店及び転貸を決定した店舗について、今後発生すると
             見込まれる損失額を計上しております。
           (5)ポイント引当金
              ポイントカードにより顧客に付与されたポイントの利用に備えるため、当事業年度末において将来利
             用されると見込まれる額を計上しております。
                                 78/91



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
           (6)災害損失引当金
              災害により被災した資産の復旧等に要する支出に備えるため、当事業年度末における見積額を計上し
             ております。
           (7)退職給付引当金
              従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当事業年度
             末において発生していると認められる額を計上しております。
              数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(5年)による定額法
             により、翌事業年度から費用処理することとしております。
              過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)
             による定額法により費用処理しております。
           (8)役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支給に備えるため、2010年6月29日開催の第49回定時株主総会で決議された役員
             退職慰労金の打ち切り支給額のうち、将来の支給見込額を計上しております。
           (9)役員株式給付引当金
              当社の取締役に対する当社株式の交付及び給付に備えるため、役員株式給付規程に基づき、当事業年
             度末において役員に割り当てられたポイントに応じた株式の交付及び給付見込額を計上しております。
          5.ヘッジ会計の方法
           (1)ヘッジ会計の方法
              繰延ヘッジ処理を採用しております。また、為替変動リスクのヘッジについて振当処理の要件を満た
             すものについては振当処理を採用しております。
           (2)ヘッジ手段とヘッジ対象
              ヘッジ手段・・・為替予約、通貨スワップ、通貨オプション
              ヘッジ対象・・・買掛金(予定取引を含む)
           (3)ヘッジ方針
              商品の輸入取引に係る為替相場の変動リスクの低減のため、社内規程に基づき為替予約取引・通貨ス
             ワップ取引・通貨オプション取引を行っております。
           (4)ヘッジの有効性評価の方法
              ヘッジ手段とヘッジ対象の相場変動の累計額を比較すること等によってヘッジの有効性の評価を行っ
             ております。ただし、振当処理の要件を満たしている為替予約・通貨スワップ取引において、ヘッジ対
             象とヘッジ手段の重要な条件が同一であり、高い相関関係があると認められるものについては、決算日
             における有効性の評価を省略しております。
          6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           (1)消費税等の会計処理
              税抜方式を採用しております。
           (2)退職給付に係る会計処理
              退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表
             におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
         (追加情報)

          (取締役に対する業績連動型株式報酬制度)
            当社は、2019年6月21日開催の第58回定時株主総会決議に基づき、2019年8月20日より、当社の取締役
           に対する株式報酬制度(以下「本制度」という。)を導入しております。
           (1)取引の概要
             本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託
            を「本信託」という。)を通じて取得され、取締役に対して、当社が定める役員株式給付規程に従っ
            て、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下「当社株式等」という。)が本信託
            を通じて給付される業績連動型株式報酬制度です。なお、取締役が当社株式等の給付を受ける時期は、
            原則として取締役の退任時となります。
           (2)信託に残存する当社の株式
             本信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の
            部に自己株式として計上しております。当事業年度末の当該自己株式の帳簿価額は                                       255百万円、株式数
            は120千株であります。
             なお、取締役に付与済みのストック・オプションとしての新株予約権で未行使のものにつきまして
            は、本制度に基づく応分のポイントを付与することを条件として、当該ストック・オプションを有する
            各取締役において権利放棄しております。
             これに伴い、当事業年度において権利放棄された新株予約権については「新株予約権戻入益」として
            特別利益に154百万円、本制度に基づく応分のポイント付与については「役員株式給付引当金繰入額」と
            して特別損失に133百万円を計上しております。
                                 79/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
          (退職給付制度の変更)

            当社は、2019年10月1日に退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度へ移行したことにより、
           「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号                                      平成28年12月16日)及び
           「退職給付制度間の移行等の会計処理に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第2号                                          平成19年2月7
           日)を適用し、確定拠出年金制度への移行部分について退職給付制度の終了の処理を行いました。
            これに伴い、当事業年度において認識された損益については「退職給付制度移行益」として特別利益に
           1,157百万円を計上しております。
         (貸借対照表関係)

      ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     短期金銭債権                                8,303百万円                 9,411百万円
     長期金銭債権                                 37                 33
     短期金銭債務                                5,991                 3,277
     長期金銭債務                                5,314                 5,214
      2 保証債務

         次の関係会社の金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     MEKONG      FRONTIER       CO  ., LTD
                                       7百万円                 6百万円
     ※3 事業年度末日満期手形等

         事業年度末日満期手形、ファクタリング対象の買掛金及び電子記録債務の会計処理については、前事業年度の末
        日が金融機関の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。事業年度末日満期手形等の
        金額は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     支払手形                                 397百万円                  -百万円
     電子記録債務                               10,763                    -
     買掛金                                1,056                   -
     設備関係支払手形                                 838                  -
                                 80/91









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
      ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                                 273百万円                 171百万円
      不動産賃貸収入等                                 503                 499
      仕入高                                9,347                 8,805
      その他の営業取引                               98,169                 106,520
     営業取引以外の取引による取引高                                1,096                   93
      ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度45%、当事業年度43%、一般管理費に属する費用のおおよそ

        の割合は前事業年度55%、当事業年度57%であります。
         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     給料及び手当                               30,032   百万円              29,995   百万円
                                     1,463                  1,608
     賞与引当金繰入額
                                      19                  19
     役員賞与引当金繰入額
                                      682                  739
     ポイント引当金繰入額
                                    11,335                  11,559
     不動産賃借料
                                     9,351                  9,228
     減価償却費
      ※3 固定資産処分損の内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     建物                                 92百万円                 43百万円
     構築物                                 10                 10
     機械及び装置                                  0                 0
     工具、器具及び備品                                  1                 45
     解体撤去費用                                 41                 48
     その他                                  0                 5
               計                       146                 153
         (有価証券関係)

           関係会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額1,265百万円、前事業年度の貸借対照表計上額1,265百万円)
          は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 81/91







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       繰延税金資産
        減損損失                           3,381百万円            3,570百万円
        未払事業税                            215            231
        賞与引当金                            445            489
        退職給付引当金                           3,209            1,660
        未払確定拠出年金移管金                            -           996
        役員退職慰労引当金                            37            37
        ポイント引当金                            207            225
        資産除去債務                           2,020            2,088
        貸倒引当金                            14            14
        その他                            632            529
         小計
                                  10,165            9,843
       評価性引当額                            △660            △693
       繰延税金資産合計
                                   9,504            9,150
       繰延税金負債
        固定資産圧縮積立金                           △172            △161
        特別償却準備金                           △200            △113
        資産除去債務に対応する除去費用                          △1,126            △1,125
        その他有価証券評価差額金                           △28            △15
        その他                           △128            △141
       繰延税金負債合計
                                  △1,656            △1,558
       繰延税金資産の純額
                                   7,848            7,592
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       法定実効税率                            30.5%            30.5%
       (調整)
        住民税均等割                            4.0            2.9
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                           △3.0            △1.8
        交際費等の損金不算入                            -           0.1
        外国子会社からの配当等の源泉税等                            0.1            -
        その他                            0.0            0.4
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   31.6            32.1
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

         (資本準備金の額の減少について)
          当社は、2020年4月28日開催の取締役会において、「資本準備金の額の減少の件」を2020年6月25日開催の
         第59回定時株主総会に付議することを決議し、同株主総会において承認可決されました。
         1.  資本準備金の額の減少の目的
           今後の資本政策の機動性、柔軟性を確保するため、会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金の額
          を減少するものです。
         2.  資本準備金の額の減少の要領
          (1)  減少すべき資本準備金の額
            資本準備金の額29,855,451,067円を24,855,451,067円減少して、5,000,000,000円といたします。
          (2)  資本準備金の額の減少の方法
            資本準備金の額を減少し、その他資本剰余金に振り替えるものです。
         3.  資本準備金の額の減少の日程
          (1)  取締役会決議日      2020年4月28日
          (2)  株主総会決議日      2020年6月25日
          (3)  債権者異議申述公告日   2020年6月26日(予定)
          (4)  債権者異議申述最終期日  2020年7月27日(予定)
          (5)  効力発生日        2020年7月31日(予定)
                                 82/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                      (単位:百万円)
                                                       減価償却累計
       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       額
                                       1,311
            建物             92,027       3,722             5,222      89,215      81,189
     有形固定資産
                                      (1,162)
                                       122
            構築物             12,238       1,067             1,420      11,762      31,725
                                       (109)
                                        1
            機械及び装置
                          1,834        71            325     1,579      7,136
                                        (1)
                                        45
            工具、器具及び備品              1,180       244             432      946     7,453
                                        (0)
                                       269
            土地
                          27,228       1,648              -     28,607        -
                                       (243)
                                        2
            リース資産              4,122       975            1,579      3,515      5,563
                                        (2)
            建設仮勘定
                          2,514      7,744      7,122        -     3,136        -
                                       8,875
                 計         141,145       15,474             8,981     138,764      133,068
                                      (1,520)
                                       102
            借地権              5,146       115             -     5,158        -
     無形固定資産
                                       (78)
                                        1
            その他               190       3            19      172       -
                                        (1)
                                       104
                 計
                          5,336       118             19     5,331        -
                                       (80)
     (注)1.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
          建物       パワー              新規出店      3店舗               1,951百万円
                               資産除去債務に対応する除去費用                     136百万円
                 ハードアンドグリーン              新規出店      4店舗                876百万円
                               移転増床      3店舗                284百万円
                               資産除去債務に対応する除去費用                      65百万円
        2.建設仮勘定の当期増加額は、主に新規出店の新築工事によるものであり、当期減少額はその本勘定への振替に
          よるものであります。
        3.「当期減少額」欄の(  )内はうち書きで、減損損失の計上額であります。
         【引当金明細表】

                                                    (単位:百万円)
           区分           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
      貸倒引当金                     46           2          1          47
      賞与引当金                    1,463          1,608          1,463          1,608
      役員賞与引当金                     19          19          19          19
      店舗閉鎖損失引当金                     44          -          -          44
      ポイント引当金                     682          739          682          739
      災害損失引当金                      0          53          49           ▶
      役員退職慰労引当金                     124           -          -          124
      役員株式給付引当金                     -          152           -          152
       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 83/91


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社コメリ(E03120)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                   4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                   6月中

      基準日                   3月31日

      剰余金の配当の基準日                   9月30日  3月31日

      1単元の株式数                   100株

      単元未満株式の買取り・買増し

                         (特別口座)
       取扱場所                  東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 証券代
                         行部
                         (特別口座)
       株主名簿管理人
                         東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社
       取次所                                ──────
       買取り・買増し手数料                  株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                         電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他
      公告掲載方法                   のやむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                         当社の公告掲載URLは次のとおり。http://www.komeri.bit.or.jp
      株主に対する特典                   (注)2
     (注)1.当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、株主の有する株式数に応
         じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利並びに単元未満株式の買増し請求をする権利
         以外の権利を有しておりません。
        2.株主優待制度を実施しております。
          株主優待の方法
          毎年3月31日現在の株主名簿に記載された1単元(100株)以上の株式を保有される株主の方を対象として、
         当社商品券を以下の基準により贈呈いたします。併せて、長期保有株主には継続保有株式数に応じて追加贈呈
         いたします。
         (1)  贈呈基準
          ①通常優待
                  保有株式数                         優待内容
           100株以上300株未満                    当社商品券1,000円(1,000円券1枚)
           300株以上500株未満                    当社商品券3,000円(1,000円券3枚)
           500株以上1,000株未満                    当社商品券4,000円(1,000円券4枚)
           1,000株以上3,000株未満