日本フェンオール株式会社 四半期報告書 第60期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

四半期報告書-第60期第1四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

提出日:

提出者:日本フェンオール株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年5月11日
      【四半期会計期間】                    第60期第1四半期(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    日本フェンオール株式会社
      【英訳名】                    Fenwal    Controls     of  Japan,    Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  田原 仁志
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区飯田橋一丁目5番10号
      【電話番号】                    (03)3237―3561(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理統括部長  田原 康治
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区飯田橋一丁目5番10号
      【電話番号】                    (03)3237―3561(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理統括部長  田原 康治
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/16













                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第59期           第60期
               回次               第1四半期           第1四半期            第59期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自2019年1月1日           自2020年1月1日           自2019年1月1日

              会計期間
                            至2019年3月31日           至2020年3月31日           至2019年12月31日
                      (千円)           2,508,724           2,390,934           10,385,590
     売上高
                      (千円)            218,553           324,898           828,563
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                      (千円)            192,059           251,121           526,533
     (当期)純利益
                      (千円)            334,720            69,172           399,784
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)          11,813,602           11,257,353           11,515,706
     純資産額
                      (千円)          16,517,780           15,472,398           15,463,834
     総資産額
                      (円)            32.59           44.47           89.72
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             71.5           72.8           74.5
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、FENWAL        CONTROLS     OF  JAPAN(H.K.),LIMITED(日本芬翁(香港)有限公司)は、前連結会計年度において「PWBA部
       門」の受注活動を停止し、当第1四半期連結会計期間より、海外販売体制構築のための市場調査を行っております。
        このため在外連結子会社の費用を当第1四半期連結会計期間より、調整額として全社費用に含めております。
                                  2/16









                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)   財政状態及び経営成績の状況

       ①  経営成績の状況
         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、内需を中心とした緩やかな回復傾向が続いていたものの、
        新型コロナウィルスの世界的感染拡大の影響により、内外需ともに大きく下振れ、大幅なマイナス成長に転じま
        した。今後、企業収益の悪化に伴う設備投資の抑制や個人所得の減少が見込まれるなど、先の見通せない状況が
        続いております。
         このような事業環境の下、当社グループにおきましては、2020年度からの新中期経営計画の初年度にあたり、
        中長期的な企業価値向上に重点をおき、経営基盤への投資を積極的に取り組むことにより企業体質を強化するこ
        とを基本方針とし、開発人材の採用強化、SSP部門の陣容拡大、新規事業の創出活動強化等を積極的に推進してお
        ります。また、製造部門におきましては、客先の需要増加に対応すべく生産ラインの増強等を実施しておりま
        す。
         以上の結果、受注高及び売上高につきましては、SSP、サーマル部門が、前年同四半期比で大幅に増加したもの
        の、2019年9月における海外子会社受注活動停止の影響により、PWBA部門が大幅に減少したため、受注高は2,811
        百万円(前年同四半期比0.6%増)、売上高は2,390百万円(前年同四半期比4.7%減)となりました。
         一方、利益面につきましては、高付加価値製品の多いSSP、サーマル部門の売上高増加に伴い、売上総利益率が
        30.5%(前年同四半期比4.0ポイント増)と上昇したこと及び海外子会社の販売費及び一般管理費が減少したこと
        等により、営業利益は297百万円(前年同四半期比39.9%増)、経常利益は324百万円(前年同四半期比48.7%増)、親
        会社株主に帰属する四半期純利益は251百万円(前年同四半期比30.8%増)となりました。
         なお、新型コロナウィルス感染拡大による業績への影響につきましては、当第1四半期連結累計期間は、一部
        の部品に入手難が発生したものの、業績に与える影響は軽微であります。
       セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

       SSP(Safety      Security     Protection)部門

         前連結会計年度に引き続き防災意識が高い顧客への販売が順調に推移しております。特に特定顧客向け工場設備
        への特殊消火設備や電力基幹産業向けの警報・消火設備については好調を維持しております。また半導体市場も一
        部に明るい見通しが出ており、産業用の小型検知器の受注が増加しております。
         以上の結果、受注高は1,696百万円(前期比39.4%増)、売上高は1,447百万円(前期比38.3%増)となりました。
         第2四半期連結会計期間以降につきましては、新型コロナウィルス感染拡大の影響による企業の設備投資抑制や
        海外販売体制構築の進捗状況に遅れが生じてくることも予想されます。更なる拡販を目的として新設した原子力部
        を中心に販売体制の強化を推進してまいります。また既設の機器等につき更新や改修工事を提案する営業活動を積
        極的に推進してまいります。
         開発の状況につきましては、耐環境性能を向上させたアナログ式煙感知器の開発、ラインナップの増強及び海外
        向け火災感知器の規格取得等を継続しております。
       サーマル部門

         当該部門におきましては、半導体市場における活発な設備投資に加え、一時的な調整局面にあったメモリの需給
        バランスにも改善が見られるなど、主力製品である熱板及びセンサーの受注高及び売上高が大幅に増加いたしまし
        た。
         以上の結果、受注高は437百万円(前年同四半期比58.5%増)、売上高は310百万円(前年同四半期比27.8%増)となり
        ました。
         第2四半期連結会計期間以降につきましては、次世代通信規格やIoT、AI(人工知能)等、拡大基調にある半導体
        市場において需要増加が見込める一方、新型コロナウィルス感染拡大による経済の鈍化やサプライチェーンへの影
        響等も懸念されることから、製品の安定供給を図るための生産体制強化に注力してまいります。
         開発の状況につきましては、温度調節器ユニットについて、多チャンネル対応製品及び小型化などの改良開発を
        継続しております。
                                  3/16


                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
        メディカル部門
         当該部門におきましては、主力製品である海外向け人工腎臓透析装置の出荷は回復しつつあるものの、人工腎臓
        透析装置向け要素部品の出荷は、客先における在庫調整等の影響により需要が伸び悩んでおります。
         以上の結果、受注高は337百万円(前年同四半期比15.4%減)、売上高は327百万円(前年同四半期比9.7%増)となり
        ました。
         第2四半期連結会計期間以降につきましては、海外向け人工腎臓透析装置の市場価格低下が進んでおり、今後も
        ますます厳しい状況になると見込んでおります。より一層の客先販売力強化のため、更なる原価低減活動を推進す
        るほか、人工腎臓透析装置以外の新製品の開発・販売等に注力してまいります。
         開発の状況につきましては、熱制御技術を生かした新たな医療機器の開発、次期透析装置に搭載される機能ユ
        ニット及び制御ソフトウェアの開発を継続しております。
       PWBA(Printed       Wiring    Board   Assembly)部門

         当該部門におきましては、事務機器市場向け製品では需要回復の兆しが見えない状況であり、かつ新型コロナ
        ウィルスの感染拡大の影響により一部の輸出製品出荷量が減少したものの、国内大型機用製品の需要増加等によ
        り、前年同四半期と同水準の出荷量となりました。しかしながら、前連結会計年度における海外子会社の受注活動
        停止に伴い、連結受注高、売上高は大幅に減少いたしました。
         以上の結果、受注高は341百万円(前年同四半期比62.2%減)、売上高は305百万円(前年同四半期比66.8%減)となり
        ました。
         第2四半期連結会計期間以降、客先における後継機種への切り替えがはじまる中、製造部門、協力工場との連携
        により価格競争力を高める事により受注獲得に注力してまいります。また、産業機器市場への積極的な営業展開に
        より新規市場開拓にも注力してまいります。
       ②  財政状態の分析

         当第1四半期連結会計期間末の資産合計は、15,472百万円となり、前連結会計年度末15,463百万円に比べ8百万
        円(0.1%)増加しておりま           す。主な増加要因は大型工事物件の完成による「完成工事未収入金」421百万円(41.3%)、
        債権回収等による「現金及び預金」305百万円(5.7%)であり、主な減少要因は海外子会社の債権回収等による「受
        取手形及び売掛金」303百万円(22.8%)、時価下落による「投資有価証券」249百万円(11.0%)であります。
         負債合計は、4,215百万円となり、前連結会計年度末3,948百万円に比べ266百万円(6.8%)増加しております                                                 。主
        な増加要因は国内における仕入額増加等による「支払手形及び買掛金」190百万円(16.4%)であります。
         純資産合計は、11,257百万円となり、前連結会計年度末11,515百万円に比べ258百万円(2.2%)減少しておりま
        す。  主な減少要因は時価下落による「その他有価証券評価差額金」172百万円(25.7%)によるものであります。
       (2)   経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (3)   事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
        ありません。
       (4)   研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発活動の金額は、59百万円であります。
         なお、当第1四半期連結累計期間における主な研究開発活動の状況の変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/16





                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 20,713,000

                  計                                20,713,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末
                                        上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年5月11日)
              (2020年3月31日)                           取引業協会名
                                         東京証券取引所

                   5,893,000             5,893,000
       普通株式                                             単元株式数100株
                                          市場第二部
                   5,893,000             5,893,000             ―           ―

        計
       (2)  【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)        (千円)
      2020年1月1日~
                     -    5,893,000           -     996,600          -    1,460,517
      2020年3月31日
       (5)  【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません                                   。
                                  5/16







                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
       (6)  【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2019年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                   2020年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                        内容
                                   -            -            -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                              -            -            -
     議決権制限株式(その他)                              -            -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                           245,900              -            -

                          普通株式
                                                 権利内容に何ら限定の
     完全議決権株式(その他)                          5,645,400             56,454
                          普通株式                        ない当社における標準
                                                 となる株式
                                  1,700             -            -
     単元未満株式                    普通株式
                                5,893,000               -            -
     発行済株式総数
                                   -         56,454              -
     総株主の議決権
     (注)   「単元未満株式」の「株式数(株)」の欄には当社所有の自己株式99株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                               自己名義       他人名義      所有株式数       発行済株式総数に

                               所有株式数       所有株式数        の合計      対する所有株式数
       所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                (株)       (株)       (株)       の割合(%)
                   東京都千代田区飯田橋

                                 245,900       -       245,900           4.17
     日本フェンオール株式会社
                   一丁目5番10号
                        -         245,900       -       245,900           4.17
           合計
     (注)   当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数は245,999株であります。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/16








                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から2020
       年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、      監査法人A&Aパートナーズ             による四半期レビューを受けております。
                                  7/16

















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年12月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       5,341,457              5,646,656
         現金及び預金
                                      ※1 1,330,868
                                                      1,027,645
         受取手形及び売掛金
                                      ※1 1,328,076
                                                      1,116,285
         電子記録債権
                                       1,021,578              1,443,389
         完成工事未収入金
                                        500,000              500,000
         有価証券
                                        109,558               90,759
         製品
                                        161,533              258,485
         仕掛品
                                       1,007,676              1,081,760
         原材料
                                        872,081              801,250
         未成工事支出金
                                         71,792              61,737
         その他
                                        △ 3,899             △ 3,899
         貸倒引当金
                                       11,740,722              12,024,071
         流動資産合計
       固定資産
                                       1,188,048              1,166,397
         有形固定資産
                                        133,293              130,176
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                       2,262,332              2,012,502
          投資有価証券
                                        475,507              475,321
          その他
                                       △ 336,069             △ 336,069
          貸倒引当金
                                       2,401,769              2,151,753
          投資その他の資産合計
                                       3,723,112              3,448,327
         固定資産合計
                                       15,463,834              15,472,398
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                      ※1 1,159,995
                                                      1,350,753
         支払手形及び買掛金
                                        482,619              594,309
         工事未払金
                                        150,000              300,000
         短期借入金
                                        332,000              332,000
         1年内償還予定の社債
                                        100,000                 -
         1年内返済予定の長期借入金
                                        237,143              128,003
         未払法人税等
                                           -            62,769
         賞与引当金
                                           -             3,438
         役員賞与引当金
                                        814,742              920,849
         その他
                                       3,276,500              3,692,124
         流動負債合計
       固定負債
                                         68,000              52,000
         社債
                                         50,000              50,000
         長期借入金
                                         26,285                -
         役員退職慰労引当金
                                        324,662              311,845
         退職給付に係る負債
                                         25,435              25,399
         資産除去債務
                                        177,243               83,676
         その他
                                        671,627              522,921
         固定負債合計
                                       3,948,128              4,215,045
       負債合計
                                  8/16





                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年12月31日)              (2020年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        996,600              996,600
         資本金
                                       1,460,517              1,460,517
         資本剰余金
                                       8,639,777              8,563,373
         利益剰余金
                                       △ 363,251             △ 363,251
         自己株式
                                       10,733,643              10,657,239
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        670,921              498,307
         その他有価証券評価差額金
                                        164,833              150,282
         為替換算調整勘定
                                        △ 53,692             △ 48,475
         退職給付に係る調整累計額
                                        782,063              600,114
         その他の包括利益累計額合計
                                       11,515,706              11,257,353
       純資産合計
                                       15,463,834              15,472,398
      負債純資産合計
                                  9/16















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
       (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                       2,508,724              2,390,934
      売上高
                                       1,843,961              1,662,504
      売上原価
                                        664,762              728,430
      売上総利益
                                        452,215              431,153
      販売費及び一般管理費
                                        212,547              297,277
      営業利益
      営業外収益
                                         5,154              3,452
       受取利息
                                           477               42
       受取配当金
                                         1,965              19,200
       受取保険金
                                           -             1,215
       為替差益
                                         1,115              5,051
       その他
                                         8,712              28,962
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                  1,914               967
                                           449               -
       為替差損
                                           342              373
       その他
                                         2,706              1,340
       営業外費用合計
                                        218,553              324,898
      経常利益
                                        218,553              324,898
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   49,628              113,945
                                        △ 23,133             △ 40,169
      法人税等調整額
                                         26,494              73,776
      法人税等合計
                                        192,059              251,121
      四半期純利益
                                        192,059              251,121
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/16











                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        192,059              251,121
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        131,589             △ 172,614
       その他有価証券評価差額金
                                         2,106             △ 14,551
       為替換算調整勘定
                                         8,965              5,216
       退職給付に係る調整額
                                        142,661             △ 181,949
       その他の包括利益合計
                                        334,720               69,172
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        334,720               69,172
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 11/16
















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        ( 役員退職慰労金制度の廃止            )
          当社は、2020年2月10日開催の取締役会において、役員退職慰労金制度を廃止することを決議し、2020年3月
         27日開催の第59回定時株主総会において、退職慰労金の打ち切り支給を決議いたしました。
          これにより、「役員退職慰労引当金」を全額取り崩し、「役員退職慰労引当金」に計上しておりました打ち切
         り支給に伴う未払額20,923千円は、「長期未払金」として固定負債の「その他」に含めて表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※1  四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権
           四半期連結会計期間末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日又は決済日をもっ
          て決済処理をしております。なお、前連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の前連結会計年
          度末日満期手形及び電子記録債権が前連結会計年度末残高に含まれております。
                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                              (2019年12月31日)                  (2020年3月31日)
     受取手形                                27,232千円                    -千円
     電子記録債権                                3,316千円                   -千円
     支払手形                                59,700千円                    -千円
        (四半期連結損益計算書関係)

         該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
          なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであ
         ります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2019年1月1日              (自    2020年1月1日
                              至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
     減価償却費                                43,902千円                  47,910千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前   第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
          配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)       配当額(円)
        2019年3月28日

                 普通株式       341,774          58   2018年12月31日         2019年3月29日         利益剰余金
        定時株主総会
         Ⅱ 当   第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)

          配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり

         (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)       配当額(円)
        2020年3月27日

                 普通株式       327,526          58   2019年12月31日         2020年3月30日         利益剰余金
        定時株主総会
                                 12/16





                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前   第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                       四半期連結損
                                                  調整額
                                                       益計算書計上
                                      PWBA            (注)1
                           サーマル     メディカル
                                                        額(注)2
                    SSP部門                         計
                            部門      部門
                                       部門
          売上高
           外部顧客への売上
                     1,046,935       243,102      298,159      920,525     2,508,724         -  2,508,724
           高
           セグメント間の内
                        -      -      -      -      -      -      -
           部売上高又は振替
           高
                     1,046,935       243,102      298,159      920,525     2,508,724         -  2,508,724
              計
                      215,346      32,828      31,494      58,252     337,921     △ 125,374      212,547
          セグメント利益
         (注)1 セグメント利益の調整額△125,374千円は、全社費用であり、報告セグメントに帰属しない管理部門
              に係る費用であります。
            2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当   第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)

            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                       四半期連結損
                                                  調整額
                                                       益計算書計上
                                      PWBA            (注)1
                           サーマル     メディカル
                                                        額(注)2
                    SSP部門                         計
                            部門      部門
                                       部門
          売上高
           外部顧客への売上
                     1,447,658       310,701      327,023      305,551     2,390,934         -  2,390,934
           高
           セグメント間の内
                        -      -      -      -      -      -      -
           部売上高又は振替
           高
                     1,447,658       310,701      327,023      305,551     2,390,934         -  2,390,934
              計
                      306,557      59,737      6,249     63,597     436,142     △ 138,864      297,277
          セグメント利益
         (注)1 セグメント利益の調整額△138,864千円は、全社費用であり、報告セグメントに帰属しない管理部門
              に係る費用であります。
            2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 13/16








                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     1株当たり四半期純利益                                 32円59銭               44円47銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                192,059               251,121

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                       192,059               251,121
       四半期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 5,892               5,647
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

         当社は、連結子会社であるFENWAL                 CONTROLS     OF  JAPAN(H.K.),LIMITED(日本芬翁(香港)有限公司)の受注活動停
        止により生じた操業停止等対応費用として特定顧客から141百万円相当の請求を受けております。
         原因の特定や請求根拠について顧客と協議を継続しておりますが、現時点で、当社が負担すべき根拠が明確に
        なっておらず、四半期連結財務諸表に与える影響額を合理的に見積もることが困難であるため、当該事象に係る
        費用は計上しておりません。
                                 14/16












                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 15/16




















                                                           EDINET提出書類
                                                    日本フェンオール株式会社(E02020)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年5月8日

     日本フェンオール株式会社

      取締役会 御中

                            監査法人A&Aパートナーズ

                             指定社員

                                      公認会計士
                                              佐 藤  禎         印
                             業務執行社員
                             指定社員

                                      公認会計士
                                              宮之原 大輔         印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日本フェンオー

     ル株式会社の2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から
     2020年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、日本フェンオール株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財
     政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
     の重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1 上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 16/16




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。