ネットワンシステムズ株式会社 訂正有価証券報告書 第29期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

訂正有価証券報告書-第29期(平成27年4月1日-平成28年3月31日)

提出日:

提出者:ネットワンシステムズ株式会社

カテゴリ:訂正有価証券報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  【表紙】
  【提出書類】       有価証券報告書の訂正報告書
  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の2第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       令和2年3月13日
  【事業年度】       第29期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
  【会社名】       ネットワンシステムズ株式会社
  【英訳名】       Net One Systems  Co.,Ltd.
  【代表者の役職氏名】       代表取締役 社長執行役員  荒井 透
  【本店の所在の場所】       東京都千代田区丸の内二丁目7番2号JPタワー
  【電話番号】       03(6256)0600
  【事務連絡者氏名】       経理部長  勝村 忠雄
  【最寄りの連絡場所】       東京都品川区東品川二丁目2番4号天王洲ファーストタワー
  【電話番号】       03(5462)0900
  【事務連絡者氏名】       経理部長  勝村 忠雄
  【縦覧に供する場所】       ネットワンシステムズ株式会社関西支社
         (大阪市淀川区宮原三丁目5番36号)
         株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/98












                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
  当社は、東京国税局による税務調査の過程で、当社の一部取引について納品の事実が確認できない疑義があるとの指
  摘を受けたため、2019年12月13日、当該指摘に係る事実関係の解明、並びに事実と認められた場合の原因の究明、類似
  事象の有無の確認、連結財務諸表等への影響額の算定、及び再発防止策の提言を目的として、当社とは利害関係を有し
  ない外部の弁護士及び公認会計士で構成される特別調査委員会を設置いたしました。
  当社は、特別調査委員会の2020年3月12日付け最終調査報告書を受領し、同報告書に記載された調査結果から、2014
  年12月以降、納品実体のない取引が繰り返し行われていたことを認識するに至りました。この結果、第29期(自 平成
  27年4月1日 至 平成28年3月31日)においては、売上高4,232百万円、売上原価3,325百万円をそれぞれ取消処理
  し、不正行為に関連した取引を取消処理したことで生じた差額757百万円は「流動資産のその他」に含めて表示してお
  ります。
  これらの決算訂正により、当社が平成28年6月17日に提出しました第29期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3
  月31日)に係る有価証券報告書の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基
  づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出するものであります。
  なお、訂正後の連結財務諸表及び財務諸表については、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けており、その監
  査報告書を添付しております。
  2【訂正事項】

  第一部 企業情報
   第1 企業の概況
   1. 主要な経営指標等の推移
   第2 事業の状況
   1. 業績等の概要
   2. 生産、受注及び販売の状況
   7. 財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
   第4 提出会社の状況
   3. 配当政策
   第5 経理の状況
   1. 連結財務諸表等
   2. 財務諸表等
  独立監査人の監査報告書
  3【訂正箇所】

   訂正箇所は___を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、
  訂正後のみを記載しております。
             2/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
  (1)連結経営指標等
     回次     第25期   第26期   第27期   第28期   第29期
    決算年月     平成24年3月   平成25年3月   平成26年3月   平成27年3月   平成28年3月

       (百万円)   157,633   154,869   142,427   141,529   140,170
  売上高
       (百万円)   15,470   8,658   3,537   4,115   2,068
  経常利益
  親会社株主に帰属する当期
       (百万円)    8,520   4,324   983  1,816   1,015
  純利益
       (百万円)    8,430   4,403   1,079   1,880   431
  包括利益
       (百万円)   63,508   61,387   57,263   56,472   54,398
  純資産額
       (百万円)   100,002   92,924   90,624  103,013   99,417
  総資産額
       (円)   703.25   699.63   676.65   666.90   642.01
  1株当たり純資産額
       (円)   94.56   48.89   11.40   21.48   12.01
  1株当たり当期純利益金額
  潜在株式調整後1株当たり
       (円)    -  48.89   11.39   21.45   11.99
  当期純利益金額
       (%)   63.4   65.8   63.1   54.7   54.6
  自己資本比率
       (%)   14.3   6.9   1.7   3.2   1.8
  自己資本利益率
       (倍)   10.67   16.81   61.49   38.18   50.62
  株価収益率
  営業活動によるキャッ
       (百万円)   19,313   3,932   1,016   5,291   5,877
  シュ・フロー
  投資活動によるキャッ
       (百万円)   △1,572   △3,416   △3,823   △1,610   △2,235
  シュ・フロー
  財務活動によるキャッ
       (百万円)   △1,765   △7,167   △5,589   △3,490   △3,329
  シュ・フロー
  現金及び現金同等物の期末
       (百万円)   36,231   29,580   21,183   21,374   21,668
  残高
          2,023   2,210   2,422   2,374   2,252
  従業員数
       (人)
  [外、平均臨時雇用者数]         [-]   [-]   [-]   [-]   [-]
   (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.平成24年4月1日付で1株につき200株の株式分割を行いましたが、第25期の期首に当該株式分割が行われ
    たと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金
    額を算定しております。
   3.第25期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
    せん。
   4. 「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度よ
    り、「当期純利益」を「親会社株主に帰属する当期純利益」としております。
             3/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (2)提出会社の経営指標等
     回次     第25期   第26期   第27期   第28期   第29期
    決算年月    平成24年3月   平成25年3月   平成26年3月   平成27年3月   平成28年3月

       (百万円)   145,427   141,421   126,387   122,198   122,644
  売上高
       (百万円)   14,214   7,179   2,363   3,145   1,771
  経常利益
       (百万円)   10,440   3,458   403  1,221   943
  当期純利益
       (百万円)   12,279   12,279   12,279   12,279   12,279
  資本金
       (株)   551,900  89,000,000   89,000,000   86,000,000   86,000,000
  発行済株式総数
       (百万円)   62,448   59,433   54,893   53,495   51,548
  純資産額
       (百万円)   95,664   88,044   84,955   95,933   92,574
  総資産額
       (円)   693.03   679.13   648.62   631.69   608.29
  1株当たり純資産額
          6,200   34.00   34.00   30.00   30.00
  1株当たり配当額
       (円)
  (うち1株当たり中間配当
          (1,600)   (17.00)   (17.00)   (15.00)   (15.00)
  額)
       (円)   115.87   39.09   4.68  14.45   11.16
  1株当たり当期純利益金額
  潜在株式調整後1株当たり
       (円)    -  39.09   4.68  14.42   11.14
  当期純利益金額
       (%)   65.3   67.5   64.5   55.7   55.6
  自己資本比率
       (%)   18.0   5.7   0.7   2.3   1.8
  自己資本利益率
       (倍)   8.71  21.03  149.79   56.75   54.48
  株価収益率
       (%)   26.8   87.0  726.5   207.6   268.8
  配当性向
          1,840   1,992   2,163   2,112   1,979

  従業員数
       (人)
  [外、平均臨時雇用者数]         [-]   [-]   [-]   [-]   [-]
  (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
   2.平成24年4月1日付で1株につき200株の株式分割を行いましたが、第25期の期首に当該株式分割が行われ
    たと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金
    額を算定しております。
   3.第25期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
    せん。
             4/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  2【沿革】
   年月          事項
  昭和63年2月   コンピュータのLAN(ローカルエリアネットワークシステム)の販売を目的として東京都港区に
     ネットワンシステムズ株式会社を設立。
  昭和64年1月   大阪府大阪市東区に西日本事業所(現関西支社)を開設。
  平成2年10月   東京都北区に浮間物流センター(現品質管理センター)を開設。
  平成3年2月   通商産業省(現経済産業省)よりシステムサービス企業として登録・認定される。
  平成4年10月   愛知県名古屋市中村区に名古屋営業所(現中部支社)を開設。
  平成4年10月   東京都より特定建設業(電気通信工事業)として認可される。
  平成6年7月   東京都品川区に本社を移転。
  平成7年3月   米国カリフォルニア州パロアルトに、米国のネットワーク市場の動向調査や最先端技術及び商品の
     開拓を中心事業とする米国現地法人Tennoz       Initiative  Inc.(現Net  One Systems  USA, Inc. 現
     非連結子会社・持分法非適用会社)を設立。
  平成7年4月   茨城県つくば市につくば営業所(現つくばオフィス)を開設。
  平成8年3月   北海道札幌市中央区に札幌営業所(現北海道支店)を開設。
  平成8年4月   福岡県福岡市博多区に福岡営業所(現九州支店)を開設。
  平成8年5月   大阪府大阪市淀川区に西日本事業所(現関西支社)を移転。
  平成8年10月   日本証券業協会に株式を店頭登録。
  平成11年9月   シスコシステムズ社認定ゴールドパートナー資格取得。
  平成12年5月   広島県広島市中区に広島事業所(現広島オフィス)を開設。
  平成12年7月   宮城県仙台市宮城野区に東北事業所(現東北支店)を開設。
  平成13年12月   品質管理センターがISO9001認証を取得。
  平成13年12月   東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
  平成14年5月   香川県高松市に高松事業所(現高松オフィス)を開設。
  平成16年4月   ISO14001認証を全社で取得。
  平成17年12月   愛知県豊田市に豊田事業所(現豊田オフィス)を開設。
  平成18年4月   IT環境の構築、運用及び保守業務の技術者常駐サービスを中心事業とするJBSテクノロジー株
     式会社に出資。
  平成20年9月   情報システム基盤の企画・設計・構築サービス及びサーバサービスの提供を中心事業とする株式会
     社エクシード(現連結子会社)に出資。
  平成20年11月   パートナー企業との協業によりネットワーク機器の販売・設置・導入及び保守業務を行うネットワ
     ンパートナーズ株式会社(現連結子会社)を設立。
  平成21年2月   ISO27001認証を全社で取得。
  平成22年2月   株式会社エクシード(現連結子会社)の株式を追加取得して、同社を連結子会社化。
  平成22年11月   個人情報保護に関してのPマーク(プライバシーマーク)を全社で取得。
  平成24年8月   シンガポールに現地ビジネス環境の調査及び最適な支援体制の整備を目的としたシンガポール駐在
     員事務所(現Net   One Systems  Singapore  Pte. Ltd.)を開設。
  平成25年1月   東京都大田区に品質管理センター・サービス品質センターを統合拡充。
  平成25年6月   東京都千代田区に本社を移転。東京都品川区に天王洲オフィスを開設。
  平成25年10月   ASEANを中心とした海外におけるICTに関するサービスを提供するシンガポール現地法人
     Net One Systems  Singapore  Pte. Ltd.(現非連結子会社・持分法非適用会社)を設立。
  平成26年10月   沖縄県那覇市に沖縄支店(現沖縄オフィス)を開設。
  平成27年7月   持分法適用会社であったJBSテクノロジー株式会社の株式を全株売却し、資本関係を解消。
             5/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  3【事業の内容】
   当社グループは、当社及び子会社4社から構成されており、最先端技術及び商品を利用したICTシステムの構
  築から高付加価値サービスの提供までを事業領域としています。
   営業活動は、最適なソリューションを提供するため、対象市場を4つのセグメントに区分して行っております。
  営業支援体制としては、    市場開発部は各市場に適合したソリューション開発の展開、ビジネス推進本部はビジネス
  ソリューションの開発と提供、保守運用サービス本部は保守・運用などを行っています。
   また、連結子会社は、ネットワンパートナーズ株式会社、株式会社エクシードの2社です。非連結子会社(持分
  法非適用会社)としては、Net     One Systems  USA, Inc.及びNet  One Systems  Singapore  Pte. Ltd.の2社がありま
  す。
   当社グループ各社の役割及び事業系統図は下記のとおりです。
  [事業系統図]

             6/98

















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   セグメントについては、下記の4つの報告セグメント及びその他の区分で記載しています。
    セグメントの名称          概要
   ENT事業      一般民間企業を主なマーケットとする事業
   SP事業      通信事業会社を主なマーケットとする事業
         中央省庁・自治体、文教及び社会インフラを提供している企業を主な
   PUB事業
         マーケットとする事業
   パートナー事業      パートナーを経由して市場に提供する事業
   その他      サーバサービス事業等
   また、ICTシステムの構成機器及び提供するサービスの形態により、ネットワーク商品群、プラットフォーム商

  品群、サービス商品群の3つの商品群に分類して記載しています。
    商品群      概要       主要商品

   ネットワーク商品群     ネットワークインフラ商品       ルータ、スイッチ
       ファシリティ商品       光伝送、無線
   プラットフォーム商品群     プラットフォーム商品       サーバ、ストレージ、仮想化ソフトウェア
       セキュリティ商品       ファイアウォール、認証・検疫
       ユニファイドコラボレーション商品       ビデオ会議システム
       ネットワークアプリケーション商品       負荷分散装置
   サービス商品群     サービス企画開発
       コンサルティング       コンサルティング
       システム設計・構築       システム設計、インストール、施工
       保守・運用       保守・運用管理、オペレーションセンター
       技術教育       ネットワークアカデミー
  (注)   ネットワーク商品群

     通信事業者向け大規模システムの構築からクラウド基盤最適化までICTシステムに必要なルータ・スイッ
    チ等データ転送を制御する中継装置や光伝送、無線制御装置等多様な通信機器を提供しています。
    プラットフォーム商品群

     クラウドビジネス構築に必要な、サーバ・ストレージ、仮想化技術やセキュリティ技術により統合した高効
    率で安心かつ安全なICTシステムを提供しています。また、ビデオ会議等仮想空間での対話を促進するユニ
    ファイドコラボレーションにより、お客様の生産性向上に貢献します。
    サービス商品群

    ICTシステムを導入する際のコンサルティングから計画、設計、構築、保守、運用、そして最適化まで一
    貫してサポートしています。マルチベンダー環境で構築するICTシステムのライフサイクル全体にわたる総
    合的なサービスを提供しています。
             7/98







                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  4【関係会社の状況】
        資本金      議決権の所
    名称   住所    主要な事業の内容        関係内容
        (百万円)      有割合(%)
  (連結子会社)
          パートナー企業との
                当社にバックオフィス業務の一
  ネットワンパートナーズ
          協業によるネット
      東京都          部を委託しております。
  株式会社       400 ワーク機器の販売・    100.0
      千代田区          役員の兼任1名。
          設置・導入及び保守
  (注)
                資金の貸付あり。
          業務
          情報システム基盤の
                当社のクラウドコンピューティ
      東京都
          企画・設計・構築
  株式会社エクシード        74     100.0  ング事業の一部を受託しており
          サービス及びサーバ
      品川区
                ます。
          サービスの提供
  (注)ネットワンパートナーズ株式会社については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に
   占める割合が10%を超えております。
   主要な損益情報等  (1)売上高        19,579百万円
             (2)経常利益   341百万円
             (3)当期純利益  216百万円
             (4)純資産額  3,607百万円
             (5)総資産額       12,795百万円
  5【従業員の状況】

  (1)連結会社の状況
                  平成28年3月31日現在
     セグメント等の名称           従業員数(人)

  ENT事業                 315

  SP事業                 123
  PUB事業                 326
  ENT/SP/PUB事業共通                 523
  パートナー事業                 212
   報告セグメント計                 1,499
  その他                 61
  保守・運用サービス支援                 338
  全社(共通)                 354
      合計             2,252
   (注)1.従業員数は、当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含
    む就業人員であります。
   2.保守・運用サービス支援の従業員数は、特定のセグメントに関連付けることができないため、区分表示して
    おります。
   3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理・間接部門に所属しているものであります。
             8/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (2)提出会社の状況
                  平成28年3月31日現在
   従業員数(人)      平均年齢     平均勤続年数     平均年間給与(円)

     1,979    38才8カ月     7年7カ月     7,613,383
     セグメント等の名称           従業員数(人)

  ENT事業                 315

  SP事業                 123
  PUB事業                 326
  ENT/SP/PUB事業共通                 523
  パートナー事業                 ―
   報告セグメント計                 1,287
  その他                 ―
  保守・運用サービス支援                 338
  全社(共通)                 354
      合計             1,979
   (注)1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であります。
   2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
   3.保守・運用サービス支援の従業員数は、特定のセグメントに関連付けることができないため、区分表示して
    おります。
   4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理・間接部門に所属しているものであります。
  (3)労働組合の状況

    労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
             9/98











                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第2【事業の状況】
  1【業績等の概要】
  (1)業績
   エンタープライズ(ENT)事業では、金融業はワークスタイル変革が、ISPはクラウドサービス基盤が堅調
  で、製造業は下期から徐々に投資が回復しました。その結果、受注高・売上高ともほぼ計画通りとなり、前年度比で
  はともに伸長しました。通信事業者(SP)事業では、主要顧客のネットワーク投資の抑制が続く中、既存設備の更
  新案件で追加投資が発生し、また、第4四半期にクラウド需要が活性化して売上高が伸長しました。その結果、受注
  高・売上高は計画を越えたものの、前年度比ではともに減少しました。パブリック(PUB)事業では、ソリュー
  ション開発が予定よりも遅れ、価格競争に陥りました。前年度比では            受注高・売上高ともに減少しました。      パート
  ナー事業(ネットワンパートナーズ株式会社-NOP)では、一部主要パートナーの顧客で投資抑制が発生し、受注
  高・売上高ともに計画未達となりました。前年度比では受注高は微減し、売上高は減少しました。
  ①事業別の受注高・売上高・受注残高

   当連結会計年度における受注高は、      1,381億3百万円   (前期比  4.5% 減)となりました。事業別内訳は、ENT事業
  で444億16百万円  (前期比  4.6% 増)、SP事業で382億18百万円(前期比6.8%減)、PUB事業で           329億78百万円
  (前期比  17.0% 減)、パートナー事業で201億81百万円(前期比3.1%減)、及びその他で23億7百万円となりまし
  た。
   当連結会計年度における売上高は、      1,401億70百万円   (前期比  1.0%減 )となりました。事業別内訳は、ENT事業
  で461億2百万円  (前期比  18.8% 増)、SP事業で402億87百万円(前期比8.7%減)、PUB事業で           337億20百万円
  (前期比  8.1% 減)、パートナー事業で195億6百万円(前期比7.9%減)、及びその他で5億53百万円となりまし
  た。
   当連結会計年度における受注残高は、561億92百万円(前期比           3.5% 減)となりました。事業別内訳は、ENT事業
  で186億32百万円(前期比8.3%減)、SP事業で108億33百万円(前期比16.0%減)、PUB事業で186億41百万円
  (前期比  3.8% 減)、パートナー事業で63億円(前期比12.0%増)、及びその他で17億83百万円となりました。
  ②商品群別の受注高・売上高・受注残高

   商品群別の受注高は、ネットワーク商品群が        605億14百万円  (前期比  8.0% 減)、プラットフォーム商品群が      212億
  97百万円  (前期比  1.4% 増)、サービス商品群が    562億91百万円  (前期比  2.8% 減)となりました。
   商品群別の売上高は、ネットワーク商品群が        630億12百万円  (前期比  4.5% 減)、プラットフォーム商品群が      210億
  18百万円  (前期比  0.0% 増)、サービス商品群が    561億39百万円  (前期比  2.9% 増)となりました。
   商品群別の受注残高は、ネットワーク商品群が85億22百万円(前期比22.7%減)、プラットフォーム商品群が52億
  52百万円(前期比   5.6%増 )、サービス商品群が424億16百万円(前期比        0.4% 増)となりました。
  ③損益の状況

   第3四半期連結会計期間および第4四半期連結会計期間において価格競争の影響もあり売上総利益率が改善せず、
  第1四半期連結会計期間および第2四半期連結会計期間における一部案件の利益率が為替の影響で大幅に低下した影
  響を補うことができなかったため、売上総利益は        293億18百万円  (前期比  9.2% 減、 29億60百万円  減) に留まりまし
  た。販売費及び一般管理費は費用の抑制に努め、273億91百万円           (前期比2.7%減、7億66百万円減)      となりました
  が、営業利益は   19億27百万円  (前期比  53.2% 減、 21億94百万円  減) 、経常利益は  20億68百万円  (前期比  49.7% 減、 20
  億47百万円  減) 、親会社株主に帰属する当期純利益は      10億15百万円  (前期比  44.1% 減、 8億円 減) となりました。
   なお、当連結会計年度より、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用

  し、「当期純利益」を「    親会社株主に帰属する当期純利益      」としております。
            10/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (2)キャッシュ・フロー
    当連結会計年度においては、税金等調整前当期純利益の計上や           売上債権の減少   等により、営業活動による
   キャッシュ・フローは58億77百万円の収入となりました。
    また、投資活動によるキャッシュ・フローについては、固定資産の取得等により22億35百万円の支出となり、
   財務活動によるキャッシュ・フローについては、リース債務や配当金の支払い等により33億29百万円の支出とな
   りました。差引合計で現金及び現金同等物は2億94百万円増加し、期末残高は216億68百万円(前期末比1.4%
   増)となりました。
    なお、前連結会計年度との比較は次のとおりです。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)

    営業活動による収入は58億77百万円となり、前連結会計年度に比べ5億85百万円の収入増となりました。これ
   は主に、  売上債権の減少による収入が50億33百万円、        たな卸資産の減少による支出減が      55億96百万円  、一方で、
   税金等調整前当期純利益の減少による収入減が        13億90百万円  、仕入債務の減少による支出増が      55億73百万円  、法
   人税等の支払額が11億53百万円増加したことによるものです。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)

    投資活動による支出は22億35百万円となり、前連結会計年度に比べ6億25百万円の支出増となりました。これ
   は主に、固定資産の取得による支出が合計で9億20百万円増加したことによるものです。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)

    財務活動による支出は33億29百万円となり、前連結会計年度に比べ1億61百万円の支出減となりました。これ
   は主に、配当金の支払いが1億67百万円減少したことによるものです。
            11/98













                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  2【生産、受注及び販売の状況】
   (1)受注状況
    当連結会計年度における受注状況をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
   セグメントの名称     受注高(百万円)   前年同期比(%)   受注残高(百万円)   前年同期比(%)
          44,416    104.6

  ENT事業               18,632    91.7
  SP事業        38,218    93.2   10,833    84.0
          32,978    83.0       96.2
  PUB事業               18,641
  パートナー事業        20,181    96.9   6,300   112.0
          135,795    94.3       93.4
   報告セグメント計              54,408
  その他        2,307   346.5   1,783    -
          138,103    95.5       96.5
    合計            56,192
   (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  (2)販売実績

    当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
   セグメントの名称       金額(百万円)       前年同期比(%)
             46,102       118.8

  ENT事業
  SP事業           40,287       91.3
             33,720       91.9
  PUB事業
  パートナー事業           19,506       92.1
             139,616       99.1
   報告セグメント計
  その他            553       78.2
             140,170       99.0
    合計
   (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
   2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            12/98










                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  3【対処すべき課題】
  (1)経営ビジョン
   当社グループは、「すべてのステークホルダーから信頼され支持される企業(アドマイヤード・カンパニー)にな
  ること」を目指しています。お客様、パートナー、株主様、社員への責任を果たし、ICT市場、市民社会、地球環
  境への貢献を怠らないことによってアドマイヤード・カンパニーになることが実現できると考えています。また、自
  己の判断ではなく第三者が認めてこそ真のアドマイヤード・カンパニーであると考え、ステークホルダーの皆様から
  アドマイヤード・カンパニーとして最高の評価を頂けるよう、不断の努力と研鑽を続けてまいります。
  (2)経営方針

   当社グループでは、経営ビジョンのもと、『継続した成長』を最大の目標としています。その目標達成に向けて自
  律した変革を推し進めます。自社での利用経験や改善効果を付加価値に変換し、堅牢なセキュリティの下でICT利
  活用を加速させるクラウドシステムを提案することで顧客満足度の向上に努めます。その実現のため、「継続した成
  長」と「顧客満足度の向上」を2つの柱として、グループ全ての経営資源を最適に活用してまいります。
  (3)目標とする経営指標

   上 記の経営方針による付加価値の提供が継続的な成長を可能にするものと判断して、その経営成果の指標としては
  「営業利益率の改善」(10~12%)及び「売上高成長率の向上」(5~10%)を掲げております。そして、中期的な
  目標として、3年後に以下の業績を目指します        。
  ・平成31年3月期   業績目標  (平成28年3月期比)

    売上高 1,700億円
    営業利益 110億円
    営業利益率 6.5%
  (4)事業戦略

   平成29年3月期は引き続きクラウド基盤構築ビジネスに注力し、堅牢なセキュリティ要素を付加することで差別化
  を拡大します。また、既存顧客の護持と同時に、将来的な成長の土台として新しい市場の開拓に挑戦します。さら
  に、利益管理の徹底と人財育成によって利益面でも成長を目指します。
  ① 既存顧客の護持と新市場への挑戦

   既存顧客との関係をより一層強め、受注高・売上高の護持を図ります。加えて、継続的・安定的な成長に向けて新
  たな市場を獲得するため、効率良くクラウドサービス商材が提供可能なコーポレート市場、海外市場、そして、Io
  T(Internet  of Things)市場の開拓に挑戦します。
  ② 利益管理の徹底

   利益向上を目的として、社内新基盤システムに新機能を導入することで、案件別・顧客別収支のリアルタイム管理
  を実現するとともに、継続した外注管理の徹底を図ります。
  ③ 人財育成

   注力ビジネスであるクラウド技術向上の取り組みを加速することで、戦略に合致した営業力、技術力、そして組織
  力を強化します。
            13/98







                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (5)対処すべき課題
   当連結会計年度は、主要顧客である通信事業者のネットワーク投資は引き続き抑制傾向にありました。それをカ

  バーする新たな成長分野として、ここ数年継続してネットワーク技術を活用したクラウド基盤構築ビジネスに注力
  し、着実に伸長しています。これによって売上高は前連結会計年度と同程度を維持しました。しかし、一部案件にお
  ける利益管理に課題があり、営業利益率は低下しました。
  ① 利益管理

   特定案件において為替変動の影響による利益低下が発生しました。また、複数の案件の予実管理において対応
   の遅れがあったと考えています。
  ② 人財育成

   戦略に合致した人財の育成は進捗していますが、そのスピードが想定よりも不足しています。注力ビジネスを
   中心とした継続的な成長のために、より一層の加速が必要です。
    当社のブランドスローガン「つなぐ、むすぶ、かわる」は、ネットワークで社会をつなぐ会社から、人と人を

   むすび、ネットワークで社会を変える会社を目指すことを示しています。ICTを特別な「技術」ではなく「道
   具」として自在に使いこなすために必要なことを追求し続け、お客様に満足いただける解決策の提供に全役職員
   が一丸となって取り組んでまいります。
  (6)利益配分に関する基本方針

   当社は、「企業価値の向上による株主利益の向上を目指すとともに、経営基盤の拡充と成長力の源泉である株主資
  本の充実を図り、長期にわたり安定的かつ業績を適正に反映した利益還元を行っていく」ことを基本方針としていま
  す。これらの観点から当面の配当性向につきましては、『連結配当性向30%以上』を目標といたしております。
            14/98













                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  4【事業等のリスク】
     当社グループの事業に関するリスクについて、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある主な事項には、以
  下のような項目があります。当社はこれらのリスク発生の可能性を認識した上で、可能な限り発生の回避に努め、ま
  た、発生した場合の的確な対応に努めます。
   なお、これらの項目のうち、将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
   (1) 競争について

    情報コミュニケーション技術(ICT)市場の拡大に伴い、競合他社との競争がより激しくなる可能性があ
   ります。そのような場合、商品及びサービスに関する価格競争が生じるため、当社の競争力及び市場の状況い
   かんによっては、当社の業績に影響を与える可能性があります。また、最先端かつ高度なICTシステムの提
   供のためには、高い技術及び能力を有するシステム系技術者を含む優秀な人財の確保が重要となります。当社
   は、価格競争に勝ち抜くために高い能力の人財を獲得・育成し全社の技術力を高め、競合他社との差別化を
   図っています。
   (2) 為替変動による影響について

    当社の取扱商品は、海外系ベンダーの製品が占める割合が多く、仕入の大半が米ドル建決済となっているた
   め、仕入債務について為替リスクを有しています。そのため、当社は為替相場の変動によるリスクをヘッジす
   る目的で、外貨建て仕入れに関する確定債務残高と予定債務残高を適宜管理し、適切な先物為替予約を行って
   おりますが、為替予約によりすべてのリスクを排除することは不可能です。具体的には、日本円と米ドル間の
   為替相場が円安傾向となった場合、円換算した仕入価格が増加することになりますが、その時点の市場競争状
   況いかんでは、かかる増加分を適正に当社の販売価格に反映できず、当社の業績における利益率の低下を招く
   可能性があります。一方、円高傾向となった場合は、在庫販売取引においては、競争状況のいかんによって円
   高還元の販売価格引下げを余儀なくされ、先行して仕入れた商品原価との値差が縮小し、利益率の低下を招く
   リスクがあります。
   (3) 上位の顧客との間の取引について

    当社の顧客別納入実績において、日本電信電話株式会社(NTT)のグループ企業に対する販売割合が相当
   程度占めています。但し、これらの顧客との取引は、各顧客が抱える多数のプロジェクトに関連するスポット
   取引から成り立っておりますので、いずれの顧客との間の取引関係も一度に失われるという事態は容易には想
   定しがたいものと認識しておりますが、設備投資循環等の影響で顧客からの受注が減少した場合には、当社の
   業績に影響を与える可能性があります。
   (4) 商品の不具合が生じた場合の責任について

    当社はネットワーク・ソリューション・プロバイダーとして、顧客の依頼によりICTシステム全体の構築
   を請け負うことを主な業務としておりますが、かかるシステム構築において使用するルータ等の商品は、機器
   ベンダーから仕入れています。当社は、商品単体ごとに受入検査、出荷検査を実施する等の品質チェック等に
   より、これらの仕入商品に不具合が生じないようにするための体制を構築しておりますが、それにもかかわら
   ず何らかの不具合がシステム納入後に生じた場合、顧客の信頼を喪失する可能性があります。なお、当社と顧
   客、機器ベンダーとの間でそれぞれ結ばれている契約の下では、システムに不具合が生じた場合の責任は、当
   該不具合の内容、原因等により、(ⅰ)顧客が負う場合(不適切な使用等)、(ⅱ)当該商品の機器ベンダー
   がメーカーとして負う場合、(ⅲ)当社がネットワーク・ソリューション・プロバイダーとして負う場合、の
   いずれかとなります。
   (5) シスコシステムズ合同会社との取引について

    ICT産業においては、技術が短期間のうちに進化し、市場環境が絶えず流動的に変化しておりますので、
   当社は、多岐にわたるユーザのニーズに応えるべく市場調査や技術研究開発を重視し、特定のメーカー系列に
   属さず、いわゆるマルチベンダー環境を提供する方針をとっています。また、当社取扱商品について他の仕入
   先から制約を受けるような契約は結んでおりません。現在、当社取扱商品に占めるシスコシステムズ社製品の
   売上比率が比較的高い割合を占めておりますが、今後も、マルチベンダー環境の下で競争力ある商品を常に取
   り扱える体制を維持するように努めます。
            15/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (6) 災害等による影響
    当社は、災害防止のため定期的な設備等の点検や防災訓練を行い、大規模地震及び新型インフルエンザの発
   生を想定した事業継続計画(BCP)を策定しておりますが、すべての災害等を完全に防止又は被害を軽減で
   きる保証はありません。当社の本社機能、品質管理センター、テクニカルセンターは、東京都にあり、大地震
   等による災害が発生した場合、本社機能、技術検証機能、物流機能等が著しく低下し、当社の業績に影響を与
   える可能性があります。また、お客様及び仕入先で被害が発生した場合、経営環境や市場に変化を及ぼし、当
   社の業績に影響を与える可能性があります。
   (7) 商品の陳腐化、適正在庫の確保等について

    ICT市場における技術革新の速さは、一方で当社の商品及びサービスのライフサイクルを比較的短いもの
   にしています。そのため、当社は、保有する在庫品の陳腐化により業績が影響を受けるリスクを負っていま
   す。当社は、経験則と実勢をもとに四半期毎に所定の評価減又は廃棄処分を行うことによりこれに備えていま
   す。また、当社が取り扱う商品の中には、市場の動向を反映して急激にその需要が増加するものがあるほか、
   短納期での仕入を要求されるケースも増加しています。当社は、いわゆる売れ筋商品について需要の変化に対
   応しうる適正在庫水準の維持に努めておりますが、当社の対応を超える変動により商品の供給不足が生じた場
   合、顧客との間のビジネスチャンスを逸失し、当社の業績に影響を与える可能性があります。
   (8) コンプライアンスについて

    当社は、業務に従事する者(派遣社員及び業務委託先の従業員を含む)が法令や社内規程を遵守するよう、
   教育・研修などを通じた啓発活動を行うことにより従業員等のコンプライアンス意識を高めるとともに、社内
   外通報相談窓口の設置によりコンプライアンス違反の把握と未然防止に努めております。しかし、万が一重大
   なコンプライアンス違反が発生した場合、顧客等からの信頼を著しく損ね、当社の事業及び業績に影響を与え
   る可能性があります。
   (9) 情報漏洩について

    ICTシステムの構築から高付加価値サービスの提供までを事業としている当社では、事業遂行上、顧客の
   機密情報(個人情報を含む)を受領して作業を進めることがあります。当該情報を含む当社情報資産の管理及
   び保護は、当社の重要な経営課題であると共に社会的な責務と認識しています。しかしながら、当社情報資産
   が漏洩した場合は、損害賠償請求や信用失墜等により業績に影響を与える恐れがあります。そのため当社で
   は、平成21年2月にISO27001の認証を全社に拡大し、平成22年11月にはプライバシーマークの付与認定を受
   け、当社グループ内及びパートナー企業を含め、情報管理に対する啓発活動を行うとともに情報資産管理体制
   の維持、強化等を推進しております。
   (10) 委託先管理について

    当社はパートナー企業に業務委託を行うことにより、当社のソリューションをお客様に提供する場合があり
   ます。この場合、法的問題が無いように契約の確認等は厳密に行っておりますが、万が一委託先などに問題が
   生じた場合、法的制裁を受けるだけでなく顧客からの信頼が著しく低下し、当社の業績に影響を与える可能性
   があります。
            16/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  5【経営上の重要な契約等】
   該当事項はありません。
  6【研究開発活動】

   当社グループは、ソリューション・プロバイダーとして、マルチベンダーベースのコンピュータ・プラットフォー
  ム機器とソフトウエアの最適な組合せによるシステム構築を通じて、ICTソリューションを提供しています。な
  お、当社グループの研究開発活動につきましては、セグメント情報に関連付けて記載することが困難であるため、セ
  グメント別の記載は行っておりません。ICTシステムは、システムを構成する各種機器や各種ソフトウエアの組合
  せによりその機能や利便性が左右され、システム運営に大きな影響を与えます。
   今後も技術革新は進歩し続けますが、最適なシステム構築には、最新技術の取得と将来の拡張性に対する予測、コ
  ンピュータネットワーク関連の各種機器や各種ソフトウエアの機能把握と、それらを最大限に活用する仕組みづくり
  が、大きな要素となります。
   マルチベンダー環境下で、各種コンピュータネットワーク機器やソフトウエアをシステムとして機能させる為に
  は、それぞれの仕様の「標準規格」が前提となります。しかしながら、通信を行なうために必須となる様々な「標準
  規格」は、厳密に規定されているわけではなく、規格を採用するメーカーの裁量に委ねられている部分があります。
  また、ネットワークシステムとコンピュータ・プラットフォームの連動が進んでおり、これらが融合した高度なシス
  テム構築能力が求められています。
   このような状況下で当社グループは、メーカー毎に各種機器や各種ソフトウエアに関する、利便性、規格、他の機
  器及びソフトウエアとの相互接続性、詳細動作について、調査、研究、検証、評価を行うと同時に、複数の大学、
  ネットワーク団体、米国企業等との共同研究を行い、規格標準、最新技術、規格外技術の動向を常に把握することに
  努めています。
   当社グループは、ネットワーク並びにプラットフォームシステム構築における様々な技術的要素を考慮し、蓄積し
  てきたインテグレーション力、システム管理・運用力を通じて、利便性、信頼性のより高いシステム、ソリューショ
  ンを提供しています。
   当連結会計年度における研究開発活動の実績としては、光伝送技術、無線技術、IPv6技術、デバイスネット
  ワーク技術、モバイルネットワーク技術、超高速IPルーティング技術、仮想化技術、メッセージスイッチング技
  術、負荷分散技術、帯域管理技術、ネットワーク運用管理技術、オープンフロー技術、セキュリティ管理技術、ネッ
  トワークセキュリティ技術、アプリケーションセキュリティ技術、通信事業者間連携技術、ブロードバンド技術、イ
  ンターネット放送技術等の先端技術をベースにネットワークの今後の主流技術等の検証、評価を行いました。クラウ
  ドコンピューティング分野では仮想化、自動化技術を応用した先進的なデータセンターシステムの提供を行っていま
  す。更にインターネットによるマルチメディア情報の通信技術分野においては、音声や画像とデータの統合を踏まえ
  て、マルチキャスト通信、IP電話、TV会議やテレプレゼンスシステム等のユニファイドコラボレーション技術、
  マルチメディア技術、大容量の情報格納とその情報の随時検索及び配信を可能とするネットワークストレージ関連技
  術に関する各種研究・実験を行い、導入実績を上げています。なお、当連結会計年度の研究開発費の総額は28億45百
  万円となっており、一般管理費に含めて処理しています。
            17/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
  (1) 財政状態の分析
   (資産)
    当連結会計年度末の資産合計は      994億17百万円  となり、前連結会計年度末に比べ      35億95百万円  の減少(  3.5%
   減)となりました。
    個別に見ますと、流動資産は     883億24百万円  となり、前連結会計年度末に比べ      35億64百万円  の減少(  3.9% 減)
   となりました。これは主に、たな卸資産が合計で        3億88百万円  、受取手形及び売掛金が    48億25百万円  減少し、一
   方で、現金及び預金が12億94百万円増加したことによるものです。また、固定資産は110億93百万円となり、前連
   結会計年度末に比べて31百万円の減少(0.3%減)となりました。
   (負債)

    当連結会計年度末の負債合計は      450億18百万円  となり、前連結会計年度末に比べ      15億22百万円  の減少 (3.3%
   減)となりました。これは主に、リース債務が11億41百万円増加し、一方で、買掛金が              11億46百万円  、前受金が
   10億72百万円  、賞与引当金が2億44百万円減少したことによるものです。
   (純資産)

    当連結会計年度末の純資産合計は      543億98百万円  となり、前連結会計年度末に比べ      20億73百万円  の減少 (3.7%
   減)となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益           10億15百万円  を計上したことと、配当金25億
   36百万円の支払いにより利益剰余金が減少したことによるものです。
  (2) 経営成績の分析

    主な内容は、「第2 事業の状況 1.業績等の概要 (1)          業績」に記載のとおりであります。
  (3) キャッシュ・フローの分析

   主な内容は、「第2 事業の状況 1.業績等の概要 (2)          キャッシュ・フロー」に記載のとおりであります。
            18/98












                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第3【設備の状況】
  1【設備投資等の概要】
   当社グループでは、主に、新製品の開拓、評価体制及び顧客サポート体制の強化を図るために機器類の充実を図
  り、総額として35億68百万円の設備投資を実施いたしました。所要資金についてはいずれの投資も自己資金を充当い
  たしました。なお、当該設備投資につきましては、セグメント情報に関連付けて記載することが困難であるため、セ
  グメント別の記載は行っておりません。また、当連結会計年度において重要な影響を及ぼす設備の売却、除却等はあ
  りません。
  2【主要な設備の状況】

   当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
  (1)提出会社
                  平成28年3月31日現在
               帳簿価額(百万円)
                     従業
   事業所名
      セグメント等の
                     員数
          設備の内容
               工具、器具
                 ソフト
   (所在地)   名称
             建物      合計
                     (人)
               及び備品
                 ウエア
      ENT事業、SP事
         管理業務施設、社内
  本社
      業、PUB事業、保
         ネットワーク設備、基
              527  310  -  838  987
      守・運用サービス支
  (東京都千代田区)
         幹システム等
      援、全社
      ENT事業、SP事
  関西支社
         管理業務施設及び社内
      業、PUB事業、保
              62  14  -  77  162
      守・運用サービス支
         ネットワーク設備等
  (大阪市淀川区)
      援、全社
  天王洲オフィス
         管理業務施設及び社内
      保守・運用サービス
              285  107  2,227  2,621  494
      支援、全社
         ネットワーク設備等
  (東京都品川区)
  北海道支店
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              12  4  -  16  40
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (札幌市中央区)
  東北支店
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              7  0  -  8  30
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (仙台市青葉区)
  つくばオフィス
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              2  0  -  3  10
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (茨城県つくば市)
      ENT事業、PUB事
  中部支社
         管理業務施設及び社内
      業、保守・運用サービ
              47  6  -  54  77
         ネットワーク設備等
  (名古屋市中区)
      ス支援、全社
  豊田オフィス
         管理業務施設及び社内
      ENT事業、保守・運
              18  2  -  20  26
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (愛知県豊田市)
  広島オフィス
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              4  0  -  5  23
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (広島市中区)
  高松オフィス
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              2  1  -  3  10
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (香川県高松市)
  九州支店
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              12  2  -  14  33
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (福岡市博多区)
  沖縄オフィス
         管理業務施設及び社内
      PUB事業、保守・運
              3  0  -  3  4
      用サービス支援
         ネットワーク設備等
  (沖縄県那覇市)
  テクニカルセンター
         技術研究用ネットワー
      全社
              140  1,062  - 1,202   3
         ク機器等
  (東京都品川区)
  品質管理センター
      保守・運用サービス
         物流設備等
              356  2,395  - 2,752  75
      支援
  (東京都大田区)
  西日本品質管理センター
      保守・運用サービス
         物流設備等
              3  4  -  7  5
      支援
  (大阪市城東区)
       -    -   1,486  3,915  2,227  7,630  1,979
   合計
   (注)1.本社及び各事業所は賃借しており、年間賃借料は1,962百万円であります。
   2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
            19/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (2)国内子会社
                  平成28年3月31日現在
               帳簿価額(百万円)

                     従業
      事業所名
       セグメント
                     員数
   会社名        設備の内容
               工具、器具
      (所在地)           ソフト
       等の名称
                     (人)
              建物     合計
               及び備品
                 ウエア
      本社
  ネットワンパートナーズ        管理業務施設及び社内
      (東京都  パートナー事業
              -  56  -  56 212
  株式会社        ネットワーク設備等
       千代田区)
      本社
          管理業務施設及び社内
      (東京都
  株式会社エクシード      その他
              42  47  25  115  61
          ネットワーク設備等
       品川区)
   合計   -  -   -
              42  103  25  172  273
   (注)1.上記国内子会社の本社は賃借しており、年間賃借料は以下のとおりであります。
    ネットワンパートナーズ株式会社               141百万円
    株式会社エクシード                         43百万円
   2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
  3【設備の新設、除却等の計画】

   当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して当社が策定しておりま
  す。
  (1)重要な設備の新設

    経常的な設備の更新を除き、重要な設備の新設の計画はありません。
  (2)重要な改修

    経常的な設備の改修を除き、重要な改修の計画はありません。
  (3)重要な設備の除却等

    経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
            20/98











                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第4【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式               200,000,000

      計           200,000,000

   ②【発行済株式】

              上場金融商品取引所
     事業年度末現在発行数(株)     提出日現在発行数(株)
   種類           名又は登録認可金融      内容
     (平成28年3月31日)    (平成28年6月17日)
              商品取引業協会名
                 権利内容に何ら限定のな
              東京証券取引所
                 い当社における標準とな
  普通株式    86,000,000     86,000,000
                 る株式であり、単元株式
              市場第一部
                 数は100株であります。
   計   86,000,000     86,000,000    -    -

  (注)「提出日現在発行数」欄には、平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使によ
   り発行された株式数は含まれておりません。
  (2)【新株予約権等の状況】

     会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
     ①平成24年6月14日取締役会決議
            事業年度末現在      提出日の前月末現在
           (平成28年3月31日)      (平成28年5月31日)
  新株予約権の数(個)             336     314
  新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)             -     -

  新株予約権の目的となる株式の種類         普通株式      同左

  新株予約権の目的となる株式の数(株)           33,600 (注)1     31,400 (注)1

  新株予約権の行使時の払込金額(円)           1 (注)2    同左

           自  平成24年7月3日
  新株予約権の行使期間               同左
           至  平成54年7月2日
           発行価格  901
  新株予約権の行使により株式を発行する場合
                 同左
           資本組入額 451      (注)3
  の株式の発行価格及び資本組入額(円)
  新株予約権の行使の条件         (注)4      同左
           譲渡による新株予約権の取得に
  新株予約権の譲渡に関する事項         ついては、当社の取締役会の承      同左
           認を要するものとする。
  代用払込みに関する事項               -            -
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
           (注)5      同左
  する事項
            21/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
     ②平成25年6月13日取締役会決議
            事業年度末現在      提出日の前月末現在
           (平成28年3月31日)      (平成28年5月31日)
  新株予約権の数(個)             427     399
  新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)             -     -

  新株予約権の目的となる株式の種類         普通株式      同左

  新株予約権の目的となる株式の数(株)           42,700 (注)1     39,900 (注)1

  新株予約権の行使時の払込金額(円)           1 (注)2    同左

           自  平成25年7月2日
  新株予約権の行使期間               同左
           至  平成55年7月1日
           発行価格  628
  新株予約権の行使により株式を発行する場合
                 同左
           資本組入額 314      (注)3
  の株式の発行価格及び資本組入額(円)
  新株予約権の行使の条件         (注)4      同左
           譲渡による新株予約権の取得に
  新株予約権の譲渡に関する事項         ついては、当社の取締役会の承      同左
           認を要するものとする。
  代用払込みに関する事項               -            -
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
           (注)5      同左
  する事項
     ③平成26年6月17日取締役会決議

            事業年度末現在      提出日の前月末現在
           (平成28年3月31日)      (平成28年5月31日)
  新株予約権の数(個)             544     512
  新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)             -     -

  新株予約権の目的となる株式の種類         普通株式      同左

  新株予約権の目的となる株式の数(株)           54,400 (注)1     51,200 (注)1

  新株予約権の行使時の払込金額(円)           1 (注)2    同左

           自  平成26年7月4日
  新株予約権の行使期間               同左
           至  平成56年7月3日
           発行価格  565
  新株予約権の行使により株式を発行する場合
                 同左
           資本組入額 283      (注)3
  の株式の発行価格及び資本組入額(円)
  新株予約権の行使の条件         (注)4      同左
           譲渡による新株予約権の取得に
  新株予約権の譲渡に関する事項         ついては、当社の取締役会の承      同左
           認を要するものとする。
  代用払込みに関する事項               -            -
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
           (注)5      同左
  する事項
            22/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
     ④平成27年  6月16日取締役会決議
            事業年度末現在      提出日の前月末現在
           (平成28年3月31日)      (平成28年5月31日)
  新株予約権の数(個)             440     415
  新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)             -     -

  新株予約権の目的となる株式の種類         普通株式      同左

  新株予約権の目的となる株式の数(株)           44,000 (注)1     41,500 (注)1

  新株予約権の行使時の払込金額(円)           1 (注)2    同左

           自  平成27年7月3日
  新株予約権の行使期間               同左
           至  平成57年7月2日
           発行価格  718
  新株予約権の行使により株式を発行する場合
                 同左
           資本組入額 359      (注)3
  の株式の発行価格及び資本組入額(円)
  新株予約権の行使の条件         (注)4      同左
           譲渡による新株予約権の取得に
  新株予約権の譲渡に関する事項         ついては、当社の取締役会の承      同左
           認を要するものとする。
  代用払込みに関する事項               -            -
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
           (注)5      同左
  する事項
  (注)1.新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。なお、新株

    予約権を割り当てる日後、当社が普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。)又は株
    式併合を行う場合、新株予約権のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約権につ
    いて、付与株式数を次の算式により調整する。
     調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割又は併合の比率
    調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日以降、株式併合の場合は、その効力発
    生日以降、これを適用する。また、上記の他、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたとき
    は、当社は、当社の取締役会において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。なお、上記の
    調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
   2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる株式

    1株当たりの金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
   3.資本組入額

   (1)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
    の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる
    場合は、これを切り上げるものとする。
   (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)に記載の資本
    金等増加限度額から上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
   4.新株予約権の行使の条件

   (1)新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、新株予約権の行使期間内にお
    いて、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のいずれの地位
    をも喪失した日の翌日から10日(10日目が休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限
    り、新株予約権を一括してのみ行使できるものとする。
   (2)新株予約権者が、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のい
    ずれかに在任中若しくは在職中に死亡した場合又はこれらの地位を喪失した日の翌日から10日を経過す
    る日までの間に死亡した場合、その者の相続人は、その者が死亡した日の翌日から6ヵ月を経過する日
    までの間に限り、新株予約権を一括してのみ行使することができるものとする。
            23/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
    当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
   割会社となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
   (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
   合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につき吸収
   分割の効力発生日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を生ずる
   日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前において残存する新株
   予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
   法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
   それぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を
   新たに発行するものとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合
   併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に
   限る。
   (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
    新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
   (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
    再編対象会社の普通株式とする。
   (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
    組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
   (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
    交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記(3)
    に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
    再編後行使価額は、交付される新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
    の株式1株当たり1円とする。
   (5)新株予約権を行使することができる期間
    新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新株
    予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
   (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
    (注)3.に準じて決定する。
   (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
    譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
    る。
   (8)新株予約権の行使条件
    (注)4.に準じて決定する。
   (9)新株予約権の取得条項
    以下に準じて決定する。
    ① 新株予約権者が、権利を行使する前に、新株予約権の行使条件に該当しなくなった場合、当社は、当社
     の取締役会が別途定める日をもって当該新株予約権を無償で取得することができる。
    ② 当社は、以下イ、ロ又はハの議案が当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は当
     社の取締役会で承認された場合)は、当社の取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得する
     ことができる。
     イ.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
     ロ.当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
     ハ.当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
  (4)【ライツプランの内容】

    該当事項はありません。
            24/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (5)【発行済株式総数、資本金等の推移】
     発行済株式   発行済株式   資本金増減額   資本金残高   資本準備金   資本準備金
   年月日
     総数増減数(株)   総数残高(株)   (百万円)   (百万円)  増減額(百万円)   残高(百万円)
  平成24年4月1日
     109,828,100   110,380,000     -  12,279   -  19,453
  (注)1
  平成24年4月27日
     △18,380,000   92,000,000    -  12,279   -  19,453
  (注)2
  平成24年9月28日
     △3,000,000   89,000,000    -  12,279   -  19,453
  (注)2
  平成26年6月20日
     △3,000,000   86,000,000    -  12,279   -  19,453
  (注)2
  (注)1.株式分割(1:200)によるものであります。
     2.自己株式の消却による減少であります。
  (6)【所有者別状況】

                  平成28年3月31日現在
          株式の状況(1単元の株式数100株)

                    単元未満
                    株式の状
   区分          外国法人等
        金融商品  その他の
      金融機関          個人その他   計
                    況(株)
        取引業者  法人
            個人以外  個人
  株主数(人)     31  45  154  156  42 24,247  24,675   -
  所有株式数(単元)    253,172  17,148  8,185  245,254   544 335,614  859,917  8,300

  所有株式数の割合
       29.44  1.99  0.95  28.52  0.06  39.03  100  -
  (%)
   (注)1.自己株式1,453,525株は「個人その他」に14,535単元及び「単元未満株式の状況」に25株を含めて記載して
    おります。なお、平成28年3月31日現在における自己株式の実保有株式数は、株主名簿上の自己株式数と
    同じく1,453,525株であります。
   2.上記「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が44単元含まれております。
            25/98










                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (7)【大株主の状況】
                  平成28年3月31日現在
                    発行済株式
                    総数に対す
                 所有株式数
                    る所有株式
     氏名又は名称        住所
                  (株)
                    数の割合
                     (%)
  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                  5,902,000   6.86
          東京都中央区晴海1丁目8番11号
  (信託口)
  日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信
                  4,586,200   5.33
          東京都港区浜松町2丁目11番3号
  託口)
  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                  2,260,300   2.63
          東京都中央区晴海1丁目8番11号
  (信託口4)
          50 BANK STREET CANARY WHARF LONDON
  NORTHERN  TRUST CO. (AVFC) RE NVI01
          E14 5NT, UK      2,136,600   2.48
  (常任代理人 香港上海銀行東京支店 カス
  トディ業務部)
          (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
  日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                  1,610,100   1.87
          東京都中央区晴海1丁目8番11号
  (信託口9)
          ONE LINCOLN  STREET,  BOSTON MA USA
  STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY
          02111        1,591,310   1.85
  (常任代理人 香港上海銀行東京支店 カス
  トディ業務部)
          (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
                  1,498,473   1.74
  ネットワンシステムズ従業員持株会        東京都千代田区丸の内2丁目7番2号
          RUE MONTOYERSTRAAT   46, 1000 BRUSSELS,
  THE BANK OF NEW YORK 133522
          BELGIUM
                  1,486,340   1.73
  (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業
          (東京都港区港南2丁目15番1号品川イン
  部)
          ターシティA棟)
                  1,440,000   1.67
  明治安田生命保険相互会社        東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
                  1,324,800   1.54
  株式会社三菱東京UFJ銀行        東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
             -    23,836,123   27.70

      計
  (注)1.上記のほか、自己株式が1,453,525株あります。
   2.平成28年4月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、ブラックロック・ジャパン株式

    会社及びその共同保有者から平成28年3月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
    の、当社として当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況                 には含
    めておりません。
                 保有株券等
                    株券等保有
    氏名又は名称        住所
                    割合(%)
                 の数(株)
                  930,100  1.08

  ブラックロック・ジャパン株式会社        東京都千代田区丸の内一丁目8番3号
  ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ        米国 カリフォルニア州 サンフランシ
                  501,900  0.58
  (BlackRock  Fund Advisors)     スコ市 ハワード・ストリート 400
  ブラックロック・インスティテューショナ
  ル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.
          米国 カリフォルニア州 サンフランシ
                  467,600  0.54
  (BlackRock  Institutional   Trust Company,
          スコ市 ハワード・ストリート 400
  N.A.)
             -     1,899,600   2.21
     計
            26/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   3.平成28年4月5日付    で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、         大和住銀投信投資顧問株式会社

    が平成28年3月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当事業年度末
    時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりません。
                 保有株券等
                    株券等保有
    氏名又は名称        住所
                    割合(%)
                 の数(株)
                 3,732,100   4.34

  大和住銀投信投資顧問株式会社        東京都千代田区霞が関三丁目2番1号
             -     3,732,100   4.34

     計
   4.平成27年12月21日付で     公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、         三井住友信託銀行株式会社及び

    その共同保有者から平成27年12月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
    して当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況には含めておりま
    せん。
                 保有株券等
                    株券等保有
    氏名又は名称        住所
                    割合(%)
                 の数(株)
                 2,590,500   3.01

  三井住友信託銀行株式会社        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
  三井住友トラスト・アセットマネジメント
                  86,800  0.10
          東京都港区芝三丁目33番1号
  株式会社
                 2,142,500   2.49
  日興アセットマネジメント株式会社        東京都港区赤坂九丁目7番1号
             -     4,819,800   5.60

     計
  (8)【議決権の状況】

   ①【発行済株式】
                  平成28年3月31日現在
    区分     株式数(株)    議決権の数(個)     内容

  無議決権株式        -     -    -
  議決権制限株式(自己株式等)        -     -    -
  議決権制限株式(その他)        -     -    -
                 権利内容に何ら限定のな
         普通株式   1,453,500
  完全議決権株式(自己株式等)             -   い当社における標準とな
                 る株式であります。
  完全議決権株式(その他)       普通株式 84,538,200      845,382    同上
         普通株式     8,300
  単元未満株式             -    -
  発行済株式総数         86,000,000    -    -
  総株主の議決権        -     845,382    -
   (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が4,400株含まれております。また、
   「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数44個が含まれております。
            27/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ②【自己株式等】
                  平成28年3月31日現在
                   発行済株式総数に
          自己名義所有   他人名義所有   所有株式数の
  所有者の氏名又は名称     所有者の住所            対する所有株式数
          株式数(株)   株式数(株)   合計(株)
                   の割合(%)
      東京都千代田区丸の
  ネットワンシステムズ
      内二丁目7番2号J    1,453,500    - 1,453,500    1.69
  株式会社
      Pタワー
    計    -   1,453,500    - 1,453,500    1.69
            28/98


















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (9)【ストックオプション制度の内容】
   当社は、ストックオプション制度を採用しております。当該制度は、会社法に基づき新株予約権を発行する方法に
  よるものであります。
   当該制度の内容は、以下のとおりであります。
  <平成24年6月14日開催の第25回定時株主総会に基づくストックオプション>

  (平成24年6月14日開催の取締役会決議)

   会社法に基づき、当社の取締役(社外取締役を除く)及び執行役員並びに当社子会社の取締役に対して株式報酬型
  ストックオプションとしての新株予約権を発行することを、平成24年6月14日開催の取締役会において決議したもの
  であります。
  決議年月日        平成24年6月14日
          当社取締役(社外取締役を除く)      5名

  付与対象者の区分及び人数(名)
          当社執行役員      8名
          当社子会社取締役      2名
  新株予約権の目的となる株式の種類        「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  株式の数(株)        同上

  新株予約権の行使時の払込金額(円)        同上

  新株予約権の行使期間        同上

  新株予約権の行使の条件        同上

  新株予約権の譲渡に関する事項        同上

  代用払込みに関する事項              -

  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
          「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  関する事項
  (平成25年6月13日開催の取締役会決議)

   会社法に基づき、当社の取締役(社外取締役を除く)及び執行役員並びに当社子会社の取締役に対して株式報酬型
  ストックオプションとしての新株予約権を発行することを、平成25年6月13日開催の取締役会において決議したもの
  であります。
  決議年月日        平成25年6月13日
          当社取締役(社外取締役を除く)      5名

  付与対象者の区分及び人数(名)
          当社執行役員      8名
          当社子会社取締役      2名
  新株予約権の目的となる株式の種類        「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  株式の数(株)        同上

  新株予約権の行使時の払込金額(円)        同上

  新株予約権の行使期間        同上

  新株予約権の行使の条件        同上

  新株予約権の譲渡に関する事項        同上

  代用払込みに関する事項              -

  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
          「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  関する事項
            29/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (平成26年6月17日開催の取締役会決議)
   会社法に基づき、当社の取締役(社外取締役を除く)及び執行役員並びに当社子会社の取締役に対して株式報酬型
  ストックオプションとしての新株予約権を発行することを、平成26年6月17日開催の取締役会において決議したもの
  であります。
  決議年月日        平成26年6月17日
          当社取締役(社外取締役を除く)      7名

  付与対象者の区分及び人数(名)
          当社執行役員      5名
          当社子会社取締役      3名
  新株予約権の目的となる株式の種類        「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  株式の数(株)        同上

  新株予約権の行使時の払込金額(円)        同上

  新株予約権の行使期間        同上

  新株予約権の行使の条件        同上

  新株予約権の譲渡に関する事項        同上

  代用払込みに関する事項              -

  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
          「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  関する事項
  (平成27年6月16日開催の取締役会決議)

   会社法に基づき、当社の取締役(社外取締役を除く)及び執行役員並びに当社子会社の取締役に対して株式報酬型
  ストックオプションとしての新株予約権を発行することを、平成27年6月16日開催の取締役会において決議したもの
  であります。
  決議年月日        平成27年6月16日
          当社取締役(社外取締役を除く)      7名

  付与対象者の区分及び人数(名)
          当社執行役員      6名
          当社子会社取締役      2名
  新株予約権の目的となる株式の種類        「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  株式の数(株)         同上

  新株予約権の行使時の払込金額(円)        同上

  新株予約権の行使期間        同上

  新株予約権の行使の条件        同上

  新株予約権の譲渡に関する事項        同上

  代用払込みに関する事項              -

  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
          「(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
  関する事項
            30/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (平成28年6月16日開催の取締役会決議)
   会社法に基づき、当社の取締役(社外取締役を除く)及び執行役員並びに当社子会社の取締役に対して株式報酬型
  ストックオプションとしての新株予約権を発行することを、平成28年6月16日開催の取締役会において決議したもの
  であります。
  決議年月日        平成28年6月16日
          当社取締役(社外取締役を除く)      6名

  付与対象者の区分及び人数(名)
          当社執行役員      6名
          当社子会社取締役      1名
  新株予約権の目的となる株式の種類        普通株式
            57,300    (注)1

  株式の数(株)
             1  (注)2

  新株予約権の行使時の払込金額(円)
          自  平成28年7月5日
  新株予約権の行使期間
          至  平成58年7月4日
  新株予約権の行使の条件            (注)3
          譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認を要
  新株予約権の譲渡に関する事項
          するものとする。
  代用払込みに関する事項              -
  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に
              (注)4
  関する事項
  (注)1.新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は100株とする。なお、新
    株予約権を割り当てる日後、当社が普通株式につき、株式分割(当社普通株式の株式無償割当を含む。)又
    は株式併合を行う場合、新株予約権のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約
    権について、付与株式数を次の算式により調整する。
     調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割又は併合の比率
    調整後付与株式数は、株式分割の場合は、当該株式分割の基準日の翌日以降、株式併合の場合は、その効力
    発生日以降、これを適用する。また、上記の他、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じた
    ときは、当社は、当社の取締役会において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。なお、
    上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
   2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができる株

    式1株当たりの金額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
   3.新株予約権の行使の条件

   (1)新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、新株予約権の行使期間内におい
    て、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のいずれの地位をも
    喪失した日の翌日から10日(10日目が休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限り、新
    株予約権を一括してのみ行使できるものとする。
   (2)新株予約権者が、当社及び当社子会社の取締役、監査役、執行役員及び使用人(嘱託社員を除く)のいず
    れかに在任中若しくは在職中に死亡した場合又はこれらの地位を喪失した日の翌日から10日を経過する日
    までの間に死亡した場合、その者の相続人は、その者が死亡した日の翌日から6ヵ月を経過する日までの
    間に限り、新株予約権を一括してのみ行使することができるものとする。
            31/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
    当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当社が分
   割会社となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
   (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収
   合併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につき吸収
   分割の効力発生日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を生ずる
   日及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前において残存する新株
   予約権(以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社
   法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を
   それぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を
   新たに発行するものとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合
   併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に
   限る。
   (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数

    新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
   (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
    再編対象会社の普通株式とする。
   (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
    組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)1.に準じて決定する。
   (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
    交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記(3)
    に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
    再編後行使価額は、交付される新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
    の株式1株当たり1円とする。
   (5)新株予約権を行使することができる期間
    新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のいずれか遅い日から、新株
    予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
   (6)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
    以下に準じて決定する。
    ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
     項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じる場
     合は、これを切り上げるものとする。
    ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
     等増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
   (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
    譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
    る。
   (8)新株予約権の行使条件
    (注)3.に準じて決定する。
   (9)新株予約権の取得条項
    以下に準じて決定する。
    ① 新株予約権者が、権利を行使する前に、新株予約権の行使条件に該当しなくなった場合、当社は、当社
     の取締役会が別途定める日をもって当該新株予約権を無償で取得することができる。
    ② 当社は、以下イ、ロ又はハの議案が当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は当
     社の取締役会で承認された場合)は、当社の取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得する
     ことができる。
     イ.当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
     ロ.当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
     ハ.当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
            32/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  2【自己株式の取得等の状況】
   【株式の種類等】該当事項はありません。
  (1)【株主総会決議による取得の状況】

      該当事項はありません。
  (2)【取締役会決議による取得の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

    該当事項はありません。
  (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

            当事業年度       当期間
     区分
             処分価額の総額      処分価額の総額
          株式数(株)      株式数(株)
             (円)      (円)
  引き受ける者の募集を行った取得自己株式          -   -   -   -

  消却の処分を行った取得自己株式          -   -   -   -

  合併、株式交換、会社分割に係る移転を
            -   -   -   -
  行った取得自己株式
  その他
  (新株予約権(ストック・オプション)の         11,400   8,971,445   10,700   8,420,567
  権利行使)
  保有自己株式数        1,453,525     - 1,442,825     -
   (注) 当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの                新株予約権
    (ストック・オプション)の権利行使及び       単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。
            33/98











                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  3【配当政策】
   当社は、「企業価値の向上による株主利益の向上を目指すとともに、経営基盤の拡充と成長力の源泉である株主資
  本の充実を図り、長期にわたり安定的かつ業績を適正に反映した利益還元を行っていく」ことを基本方針としていま
  す。これらの観点から当面の配当性向の水準につきましては、『連結配当性向30%以上』を目標といたしておりま
  す。
   当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
  決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。
   当事業年度の配当につきましては、1株当たり30円の配当(うち中間配当15円)を実施することを決定し、その結
  果、連結配当性向は   249.8% となりました。
   内部留保資金につきましては、自己資本の充実を図る一方で、経営基盤の拡充と成長力の維持及び強化のために有
  効な投資を行いたいと考えています。
   当社は、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨定款に定めていま
  す。
   なお、当事業年度の剰余金の配当は以下のとおりであります。
    決議年月日      配当金の総額(百万円)       1株当たり配当額(円)
  平成27年10月29日   取締役会決議

             1,268       15.00
  平成28年6月16日   定時株主総会決議

             1,268       15.00
  4【株価の推移】

  (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
   回次   第25期    第26期    第27期    第28期    第29期
  決算年月   平成24年3月    平成25年3月    平成26年3月    平成27年3月    平成28年3月

      226,200
  最高(円)        1,264    943    866    955
      □1,014
      122,400
  最低(円)        756    603    580    557
      □ 941
   (注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
   2.□印は、株式分割(平成24年4月1日、1株→200株)による権利落後の最高・最低株価を示しております。
  (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
   月別  平成27年10月    11月   12月  平成28年1月    2月   3月
  最高(円)    757   749   793   787   701   658

  最低(円)    663   701   731   631   557   593

   (注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
            34/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  5【役員の状況】
   男性 12名 女性 1名 (役員のうち女性の比率7.7%)
                     所有株
  役名  職名  氏名  生年月日      略歴    任期 式数
                     (株)
            昭和44年4月  日本電気エンジニアリング株式会社
              (現NECフィールディング株式会
              社)入社
            昭和48年8月  東京エレクトロン株式会社入社
            平成8年5月  米国フォアシステムズ入社
            平成10年4月  日本シスコシステムズ株式会社(現シ
  代表取締役
    社長執行役員   吉野 孝行  昭和26年2月14日生           (注)3 27,846
              スコシステムズ合同会社)入社
  社長
            平成15年7月  同社取締役  常務執行役員
            平成19年10月  当社顧問
            平成20年6月  当社代表取締役社長
            平成23年4月  当社代表取締役社長   社長執行役員
              (現任)
            昭和56年4月  菱電エレベータ施設株式会社入社

            昭和58年10月  文部省高エネルギー物理学研究所(現
              大学共同利用機関法人高エネルギー加
              速器研究機構)データ処理センタ入所
            平成元年6月  アンガマン・バス株式会社入社
            平成2年4月  当社入社
    常務執行役員
            平成18年4月  当社ネットワークテクノロジー本部長
    経営企画本部長
  取締役     荒井 透  昭和33年10月6日生           (注)3 14,978
            平成18年6月  当社取締役
    ビジネス推進本
            平成20年8月
              Net One Systems USA, Inc.
    部担当
              President  &CEO(現任)
            平成23年4月  当社取締役  執行役員
            平成26年4月  当社取締役  常務執行役員
            平成27年4月
              当社取締役  常務執行役員  経営企画本
              部長、ビジネス推進本部担当(現任)
            昭和59年4月  株式会社朋栄入社
            昭和60年10月  日本ユニバック株式会社(現日本ユニ
              シス株式会社)入社
            平成3年2月  アンガマン・バス株式会社入社
            平成10年5月  当社入社
            平成18年4月  当社サービスプロバイダー技術本部長
    常務執行役員
            平成18年6月  当社取締役
    エンジニアリン
    グ本部長
            平成23年4月  当社取締役  執行役員
  取締役     末光 俊一  昭和36年2月22日生
                   (注)3 27,727
    市場開発本部、
            平成24年6月  当社常務執行役員
    カスタマーサー
            平成26年4月  当社常務執行役員   東日本事業本部長
    ビス本部各担当
            平成26年6月  当社取締役  常務執行役員
            平成26年10月
              当社取締役  常務執行役員  東日本事業
              本部長
            平成28年4月
              当社取締役  常務執行役員  エンジニア
              リング本部長  市場開発本部、カスタ
              マーサービス本部各担当(現任)
            昭和58年6月  株式会社ヒューモラボラトリー入社
            平成2年1月  アンガマン・バス株式会社入社
            平成7年7月  当社入社
            平成18年4月  当社西日本事業本部長
    常務執行役員
            平成18年6月  当社取締役
    東日本第1事業
            平成23年4月  当社取締役  執行役員
    本部 、東日本第
            平成24年6月  当社常務執行役員
  取締役     鈴木 剛  昭和33年5月16日生           (注)3 33,600
    2事業本部、中
            平成26年4月  当社常務執行役員   西日本事業本部長
    部事業本部、西
    日本事業本部各
            平成26年6月  当社取締役  常務執行役員  西日本事業
    担当
              本部長
            平成28年4月
              当社取締役  常務執行役員  東日本第1
              事業本部 、東日本第2事業本部、中部
              事業本部、西日本事業本部各担当(現
              任)
            35/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
                     所有株

                     式数
  役名  職名  氏名  生年月日      略歴    任期
                     (株)
            昭和51年4月  東京エレクトロン株式会社入社
            平成8年10月  兼松株式会社入社
            平成11年10月  兼松エアロスペース株式会社取締役営
              業部長
            平成14年4月  同社代表取締役社長
            平成16年4月  シスコシステムズ株式会社(現     シス
              コシステムズ合同会社)入社
            平成16年8月  同社執行役員
            平成20年11月  当社顧問
            平成21年1月  ネットワンパートナーズ株式会社     常
              務執行役員
    執行役員
            平成21年6月  同社取締役 常務執行役員
  取締役  経営企画本部グ   川口 貴久  昭和28年10月28日生           (注)3 16,587
            平成25年10月  Net One Systems Singapore
    ループ事業担当
              Pte.Ltd.President&CEO(現任)
            平成26年2月
              株式会社エクシード代表取締役社長
            平成26年4月
              当社執行役員
            平成26年10月
              ネットワンパートナーズ株式会社代表
              取締役社長 社長執行役員(現任)
              株式会社エクシード代表取締役会長
            平成27年3月
              当社執行役員
            平成27年4月
              当社取締役  執行役員 経営企画本部グ
            平成27年6月
              ループ会社担当
              当社取締役  執行役員 経営企画本部グ
            平成28年4月
              ループ事業担当(現任)
            昭和55年4月  小松フォークリフト株式会社(現株式
              会社小松製作所)入社
            昭和59年7月  アンガマン・バス株式会社入社
            平成元年5月  当社入社
    執行役員
            平成15年4月  当社CEOオフィス室長
  取締役     片山 典久  昭和30年6月30日生
                   (注)3 106,085
    管理本部長
            平成18年6月  当社取締役
            平成23年4月  当社取締役  執行役員
            平成26年4月  当社取締役  執行役員 管理本部長(現
              任)
            昭和42年4月  関東電気工事株式会社(現株式会社関
              電工)入社
            平成11年7月  同社取締役営業本部副本部長兼エンジ
              ニアリング部長
            平成15年7月  同社常務取締役ネットワークソリュー
              ション本部長
  取締役     河上 邦雄  昭和18年9月24日生           (注)3 23,185
            平成20年6月  株式会社テプコシステムズ取締役
            平成20年7月  株式会社関電工特別顧問
            平成21年6月
              当社取締役(現任)
            平成22年6月  株式会社関電工顧問
            平成24年12月
              株式会社ゼコー取締役副社長(現任)
            昭和49年4月  日立電線株式会社(現日立金属株式会

              社)入社
            平成17年4月  同社執行役兼経営企画室長兼環境防災
              推進本部長兼CIO
            平成18年9月  同社執行役兼情報システム事業本部長
              兼IT業革推進本部長兼CIO
  取締役     今井 光雄  昭和26年5月15日生           (注)3  6,870
            平成19年4月  同社執行役常務兼情報システム事業本
              部長兼IT業革推進本部長兼CIO
            平成21年4月  同社代表執行役  執行役社長
            平成21年6月  同社代表執行役  執行役社長兼取締役
            平成23年6月  同社特別顧問
            平成24年6月  当社取締役(現任)
            36/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
                     所有

                     株式数
  役名  職名  氏名  生年月日      略歴    任期
                     (株)
            昭和60年4月  慶応義塾大学法学部専任講師
            平成元年9月  ハーバード大学ロースクール訪問研究
              員
            平成3年9月  フォーダム大学ロースクール訪問教授
            平成4年4月  慶応義塾大学法学部助教授
  取締役     西川 理恵子  昭和30年2月3日生           (注)3  1,595
            平成11年10月  ジョージワシントン大学ロースクール
              訪問研究員
            平成12年4月
              慶應義塾大学法学部教授(現任)
            平成15年8月  米州開発銀行外部コンサルタント
            平成27年6月  当社取締役(現任)
            昭和52年4月  オリムピック釣具株式会社(現     マミ
              ヤ・オーピー株式会社)入社
            昭和54年5月  ゼネラルエアコン株式会社(現     株式
              会社デンソーエアシステムズ)入社
            昭和58年2月  株式会社ニコフランス(現    日本ロレ
              アル株式会社)入社
            昭和62年2月  高田クーパービジョン株式会社(現
              日本アルコン株式会社)入社
            平成3年4月  当社入社
  監査役
      松田 徹  昭和30年3月29日生           (注)4  -
  (常勤)
            平成12年4月  当社品質管理センター部長
            平成14年9月  プロストレージ株式会社業務部長(出
              向)
            平成18年4月  当社ISMS推進室長
            平成21年4月  当社CSR推進部長
            平成24年4月
              当社総務部長
            平成25年4月
              当社内部監査室長
            平成27年4月
              当社経営企画本部シニアエキスパート
            平成27年6月
              当社監査役(現任)
            昭和45年4月  株式会社大丸(現株式会社大丸松坂屋
              百貨店)入社
            昭和56年3月  公認会計士登録、夏目達郎事務所勤務
  監査役     菊池 正道  昭和22年7月8日生
                   (注)5  -
            昭和56年11月  監査法人夏目事務所社員
            昭和62年4月  同事務所代表社員(現任)
            平成20年6月
              当社監査役(現任)
            昭和54年4月  弁護士登録(第一東京弁護士会)

              平沼高明法律事務所勤務
            平成7年1月  原田・内田・椙山法律事務所(現虎ノ
              門南法律事務所)パートナー(現任)
  監査役     堀井 敬一  昭和26年9月4日生           (注)5  -
            平成7年4月  第一東京弁護士会仲裁センター運営委
              員会委員(現任)
            平成20年3月  マブチモーター株式会社監査役
            平成23年6月  三和倉庫株式会社監査役(現任)
            平成28年6月
              当社監査役(現任)
            37/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
                     所有

                     株式数
  役名  職名  氏名  生年月日      略歴    任期
                     (株)
            昭和41年4月  藤倉電線株式会社(現株式会社フジク
              ラ)入社
            昭和62年7月  同社人事部次長
            平成2年5月  同社佐倉工場次長
            平成6年7月  同社理事 総務部長
            平成10年7月  同社理事 地域開発部長
            平成12年6月  フジクラ開発株式会社(現株式会社フ
  監査役     須田 秀樹  昭和18年5月4日生           (注)5  1,000
              ジクラ)取締役社長
            平成17年6月  株式会社フジクラ常勤監査役
            平成19年6月  同社顧問
            平成19年12月  株式会社藤給食センター顧問
            平成24年6月  朝日ビル管戝株式会社(現朝日ビル管
              財株式会社)顧問(現任)
            平成28年6月
              当社監査役(現任)
               計     259,473
   (注)1.   取締役 河上邦雄氏、今井光雄氏及び西川理恵子氏は、社外取締役であります。なお、当社は取締役                河上邦
    雄氏、今井光雄氏及び西川理恵子氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届
    け出ております。
   2.  監査役 菊池正道氏、堀井敬一氏及び須田秀樹氏は、社外監査役であります。なお、当社は監査役               菊池正道
    氏、堀井敬一氏及び須田秀樹氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出
    ております。
   3.  平成28年6月16日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
   4.  平成27年6月16日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
   5.  平成28年6月16日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
   6.  所有株式数には、役員持株会における各自の持分を含めた実質所有株式数を記載しております。
    なお、提出日(平成28年6月17日)現在における役員持株会の取得株式数を確認することができないため、
    平成28年5月31日現在の実質所有株式数を記載しております。
   7.  当社では、取締役会の機能を経営管理・監督機能に重点化することにより、当社のコーポレート・ガバナン
    スの強化を図るとともに、経営管理・監督機能から分離された業務執行機能の迅速かつ効率的な遂行体制を
    構築するため、執行役員制度を導入しております。なお、提出日現在の執行役員は次の12名であります。
    氏 名  役職及び担当
    吉野 孝行
       代表取締役社長 社長執行役員
    荒井 透  取締役 常務執行役員    経営企画本部長、ビジネス推進本部担当
       取締役 常務執行役員    エンジニアリング本部長    市場開発本部、カスタマーサービス本部
    末光 俊一
       各担当
       取締役 常務執行役員    東日本第1事業本部、東日本第2事業本部、中部事業本部、西日本
    鈴木 剛
       事業本部各担当
    川口 貴久  取締役 執行役員   経営企画本部  グループ事業担当
    片山 典久  取締役 執行役員   管理本部長
    平川 慎二  執行役員  東日本第1事業本部長
    竹下 隆史  執行役員  東日本第2事業本部長
    島田 紀夫  執行役員  西日本事業本部長
    中村 淳一  執行役員  中部事業本部長
    丸山 秋二  執行役員  カスタマーサービス本部長
    篠浦 文彦  執行役員  ビジネス推進本部長
            38/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
   ①企業統治に関する基本的事項(      提出日現在  )
    当社の経営ビジョンは「すべてのステークホルダーから信頼され支持される企業(アドマイヤード・カンパ
   ニー)になること」です。
    お客様、パートナー、株主、社員への責任を果たし、ICT市場、市民社会、地球環境への貢献を怠らないこ
   とによってアドマイヤード・カンパニーになることが実現できると考えています。また、自己の判断ではなく第
   三者が認めてこそ真のアドマイヤード・カンパニーであると考え、ステークホルダーの皆様からアドマイヤー
   ド・カンパニーとして最高の評価をいただけるよう、不断の努力と研鑽を続けてまいります。
    当社は、上記の経営ビジョンのもと、継続した成長を最大の目標としております。当社は、当該目標を達成
   し、中長期的な企業価値の向上を図るため、透明・公正かつ迅速果断な意思決定を実現するコーポレートガバナ
   ンスの充実・強化に継続的に取り組みます。
    また、当社は、監査役会設置会社であり、取締役会の30%以上を構成する独立社外取締役による経営・職務執
   行の監督に加え、監査役会の半数以上を構成する独立社外監査役による取締役の職務執行の監査、執行役員制度
   の導入による取締役会の経営管理・監督機能強化及び業務執行の効率化・迅速化並びに諮問委員会による取締役
   及び執行役員の選任、解任及び報酬等の公正性・客観性の確保を通して、実効性の高いコーポレート・ガバナン
   ス体制の構築を図っております。
   1)取締役及び取締役会









     当社の取締役会は、独立社外取締役3名(3名全員を東京証券取引所へ独立役員として届出)を含む9名
    (男性8名、女性1名)で構成され、原則として月1回の開催とし、法令及び定款に定める事項のほか、経営
    ビジョンや経営方針、中期事業計画その他経営・業務執行に関する重要事項を決定するとともに、取締役の職
    務執行状況の報告等を通して、経営全般についての監督を行っております。
     また、経営の透明性・公正性を高め、コーポレート・ガバナンスを強化するため、取締役会の諮問機関とし
    て、代表取締役、社外取締役、常勤監査役及び社外監査役で構成され、社外取締役が議長を務める諮問委員会
    を設置し、取締役及び執行役員の選任、解任及び報酬等に関する事項を審議しております。
            39/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   2)業務執行体制
     当社は、社内規程により取締役会の決議を要さない事項の決裁権限を代表取締役社長のもとに設置した経営
    委員会(月2回程度開催)又は執行役員等に委任することにより、取締役会の機能に関し、経営管理・監督機
    能の重点化を図り、経営の透明性及び公正性を確保するとともに、迅速かつ効率的な業務遂行体制を構築して
    おります。
   3)監査役及び監査役会

     当社の監査役会は、独立社外監査役3名(3名全員を東京証券取引所へ独立役員として届出)を含む4名
    (男性4名、女性0名)で構成され、原則として月1回の開催とし、取締役の職務執行の監査、会計監査人の
    選解任や監査報酬に係る権限の行使等を行っております。
     また、監査役は、取締役会、経営委員会及び諮問委員会に出席し、経営・業務執行に関する重要事項等の審
    議に際しては適宜意見を述べるとともに、経営・業務執行状況の報告を聴取しております。
   4)会計監査人

     当社の会計監査人は、有限責任監査法人トーマツであり、当社の平成27年度会計監査業務を執行した公認会
    計士及び補助者の状況は以下のとおりです。
       指定有限責任社員     業務執行社員 津田 良洋(2年継続監査)
       指定有限責任社員     業務執行社員 菊地  徹(1年継続監査)
       補助者         公認会計士5名、その他7名
   ②内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

    取締役会において、「内部統制システムの基本方針」を定め、これに基づいて運用を行っております。
    それらの概要は、以下のとおりであります。
   [内部統制システムの基本方針]

   1)取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
    イ.法令及び定款の規定により取締役会の決議を要する事項並びに経営・業務執行に関する重要事項は取締役
    会において審議・決定します。
    ロ.取締役会の監督機能を強化するため、社外取締役を選任し、また、取締役の選任、解任及び報酬等に関す
    る事項を審議するため、諮問委員会を設置しております。
    ハ.監査役は、法令及び定款との適合性の観点から取締役の職務の執行を監査し、また、監査役会は、監査に
    関する重要事項について、取締役からの報告を受け、監査役間で協議を行い、又は決議します。
   2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

     当社における文書の保存及び管理については、「文書管理規程」に定めるところにより行います。
   3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

    イ.経済環境の変化、市場や顧客ニーズの変化等のビジネスリスクについては、事業・投資に係る主管部門が
    関係部門の支援・協力を得て、自ら把握・評価し、適時適切に対応します。また、新たな事業・投資につ
    いては、各主管部門が関係部門の支援・協力を得て、事前にビジネスリスクについて調査・検討を行った
    後、投融資委員会の審議を経て、取締役会又は経営委員会の決定により、実行します。
    ロ.大規模地震、風水害、感染症等の自然災害や疾病により事業継続が困難となるリスク、取締役及び従業員
    の不正行為や機密情報の漏えいにより会社の信用を失墜し事業が停滞するリスク等、オペレーショナルリ
    スクについては、リスク・コンプライアンス委員会の審議を経て、経営委員会にて各事業年度の重要な管
    理対象リスクを決定し、リスク・コンプライアンス委員会を定期的に開催しながら、全社的なリスク管理
    活動を展開します。併せて、当社のリスク管理の基本方針・体制等を定めたリスク管理規程及び関連諸規
    程の整備・運用改善を図ります。
            40/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
    イ.執行役員制度を導入し、取締役会の機能を経営管理・監督機能に重点化することにより、コーポレート・
    ガバナンスの強化を図るとともに、経営管理・監督機能から分離された業務執行機能の迅速かつ効率的な
    遂行体制を構築します。
    ロ.取締役会決議事項を除く経営・業務執行に関する重要事項については、経営委員会において審議・決定し
    ます。
    ハ.主要な事項の執行決定とプロセスは職務権限基準表に定めるところによります。
    ニ.業務効率向上の観点から、業務システムの継続的な見直しと改善を図るとともに、これを支える情報シス
    テム基盤の整備・拡充を図ります。
   5)従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

    イ.リスク・コンプライアンス委員会は、コンプライアンス体制に関する重要事項の審議・決定及び運用状況
    の確認を行うとともに、重大なコンプライアンス違反が発生した場合には、調査結果に基づく事実認定を
    行い、再発防止策を審議・決定します。コンプライアンス違反が認められた場合には、違反した従業員を
    就業規則により処分します。
    ロ.「誠実と信頼」(Integrity     &Trust)を共通の価値観と定め、取締役及び従業員が遵守すべき具体的な行
    動基準を示したグループ・コンプライアンス・マニュアル並びに取締役及び従業員の倫理基準を示した倫
    理規程を制定し、コンプライアンスが当社の継続的成長及び企業価値向上の基礎となるという考えのも
    と、コンプライアンス研修を計画的かつ継続的に実施します。
    ハ.コンプライアンス違反に関する通報及び相談窓口を社内外に少なくとも1箇所ずつ設置しており、社外の
    通報・相談窓口は匿名方式による報告・相談も受け付けております。また、内部通報制度に関する周知を
    徹底し、通報・相談者が安心して通報・相談窓口を利用できる環境を整備します。
   6)当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

    イ.当社グループ各社の管理の主管部門を設置し、投融資等管理規程に基づき定期的に報告を受けるととも
    に、重要事項の決定に際しては事前に協議します。また、定期的にグループ事業連絡会を開催し、当社グ
    ループ各社の諸課題等を共有します。
    ロ.当社グループ全体のリスク管理について定めるリスク管理規程を策定し、当社グループ全体のリスク管理
    活動を推進するとともに、リスク・コンプライアンス委員会には、子会社からも委員を選任し、当社グ
    ループとして運営しております。また、当社グループに重大な影響を与える事象が発生した場合には、緊
    急事態対策規程に基づき、迅速かつ円滑な対応を実施します。
    ハ.中期事業計画を子会社も参画しながら策定し、子会社の経営状況等を定期的に報告させるとともに、その
    進捗状況等を管理します。
    ニ.グループ・コンプライアンス・マニュアルを通じて、当社グループとしての価値観、行動基準を共有する
    とともに、リスク・コンプライアンス委員会においては当社グループのコンプライアンスに関する重要事
    項を審議・決定しております。また、当社の通報・相談窓口は、当社グループの役員及び従業員からの通
    報及び相談にも対応します。
    ホ.当社の取締役又は従業員を子会社の取締役及び監査役として任命・派遣し、子会社の業務執行状況の監
    督・監査を行います。
    ヘ.金融商品取引法に基づく財務報告の信頼性確保に関しては、子会社との連携により、当社グループの内部
    統制の整備・運用状況を定期的に把握・評価するとともに、その維持・改善を図ります。
   7)監査役がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項

     監査役の職務を補助すべき従業員を内部監査室に配置するものとします。
   8)監査役の職務を補助すべき従業員の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当該従業員に対する指示

    の実行性の確保に関する事項
    イ.監査役の職務を補助すべき従業員の人事異動及び人事評価等に関しては、監査役の同意を得ることとし、
    取締役からの独立性を確保します。
    ロ.監査役の職務を補助すべき従業員が監査役からその職務に関して必要な指示を受けた場合、当該指示に従
    うよう必要な体制を整備します。
            41/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   9)監査役への報告に関する体制及び監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを
    受けないことを確保するための体制
    イ.取締役が取締役の不正行為、法令・定款に違反する行為及び当社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実
    を発見した場合は、直ちに監査役に報告するものとします。
    ロ.内部監査室は、内部監査の計画及び実施状況の結果を監査役へ報告します。
    ハ.当社グループの役員及び従業員が監査役からその職務執行に関する報告を求められた場合、速やかに当該
    事項について報告するものとします。
    ニ.グループ会社監査役連絡会を定期的に開催し、子会社の監査役から子会社における監査の実施状況等につ
    いて報告を受けるものとします。
    ホ.当社グループの役員及び従業員は、当社グループに著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見した場
    合、直ちに当社の監査役に報告するものとします。
    ヘ.監査役への報告を行った当社グループの役員及び従業員に対し、当該報告を行ったことを理由として不利
    な取扱いを行うことを禁止するとともに、通報・相談窓口の果たす役割と通報・相談の秘密厳守を積極的
    に周知し、当社グループの役員及び従業員が安心して通報・相談できる環境を整備します。
   10)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の職務の執行について生ずる費用又は

    債務の処理に係る方針に関する事項その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
    イ.監査役は、取締役会及び経営委員会への出席を通じ、取締役と情報を共有し、意見交換を行います。
    ロ.監査役は、半期に1回以上、会計監査人と意見交換を行うとともに、必要に応じて当社関係部門及び顧問
    弁護士との間で意見交換を行うこととしております。
    ハ.監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の請求をしたときは、当該請求に係る費用又
    は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処
    理します。
   11)反社会的勢力排除に向けた基本的考え方及び体制

    イ.グループ・コンプライアンス・マニュアルにおいて「反社会的勢力との交際禁止」を行動基準として明記
    し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは取引関係その他一切の関係を持たないことを
    基本方針としております。
    ロ.当社が会員となっている公益社団法人警視庁管内特殊暴力防止対策連合会・地区協議会、所轄警察署、顧
    問弁護士等外部専門機関との密接な連携のもと、反社会的勢力に関する情報収集と適切な助言・協力を確
    保できる体制を整備・強化するとともに、当社グループ内のコンプライアンス研修等を通じて、反社会的
    勢力排除の周知徹底を図ります。
   [内部統制システムの運用状況の概要]

   1)リスク・コンプライアンス体制
    イ.リスク・コンプライアンス委員会の設置
      平成27年7月、内部統制の両輪であるリスクマネジメントとコンプライアンスのより効果的な活動推進を
    図るため、従来のリスクマネジメント委員会とコンプライアンス委員会とを統合し、経営委員会の諮問機
    関としてリスク・コンプライアンス委員会を設置しました。管理本部担当の取締役を委員長とし、委員に
    は当社及び子会社の取締役及び部長を任命し、当事業年度中は毎月開催しました。
    ロ.コンプライアンスに関する取組
      グループ・コンプライアンス・マニュアルの整備、通報・相談窓口の運用、従業員及び協力会社社員を対
    象としたアンケート調査、教育啓蒙活動(eラーニング、確認テスト、新入社員・中途入社社員を対象と
    した研修等)を実施しました。
      また、リスク・コンプライアンス委員会においては、グループ・コンプライアンス・マニュアルの改訂承
    認、通報・相談窓口の利用状況やアンケート調査結果の確認等を実施しております。
      なお、当事業年度において、重大な法令違反等に関わる通報・相談案件はありませんでした。
            42/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
    ハ.リスク管理に関する取組
      リスク・コンプライアンス委員会において、当事業年度における当社グループの重要な管理対象リスクを
    決定するとともに、各リスクの主管部門によるリスク管理活動について、モニタリングと分析・評価を実
    施しながら、四半期毎に経営委員会へ報告するとともに、適宜その指示を受けることによりリスク管理活
    動の改善・強化を図りました。
      また、当社グループに重大な影響を与える事象が発生した場合、経営幹部へのより迅速・的確な報告と適
    切な対応・手順の明確化を図るため、従来の危機管理規程を廃止し、緊急事態対策規程を新たに制定しま
    した。
      なお、当事業年度において、当社グループの経営に重大な影響を与えるリスクの発生はありませんでし
    た。
   2)効率的業務執行体制

     社内規程に定めた取締役会及び経営委員会での決議事項等の意思決定ルールに基づき、取締役会(当事業年
    度中に計12回(その他、取締役会決議があったものとみなす書面決議が計4回)開催)及び経営委員会(当事
    業年度中に計22回開催)において、各付議事項を審議し、効率的な意思決定を行っています。
   3)子会社管理体制

     子会社の代表取締役社長及び監査役には当社の取締役又は従業員を任命しております。
     当社グループ各社の管理の主管部門は、社内規程の定めにより、子会社の事業計画等を経営委員会に付議し
    その承認を得るとともに、その経営状況について取締役会、経営委員会及び投融資委員会へ報告しておりま
    す。
     また、当期において、グループ事業連絡会は12回開催しました。
   4)監査役監査体制

     監査役は、取締役会、経営委員会、リスク・コンプライアンス委員会、投融資委員会等の重要会議へ出席す
    るとともに、当社代表取締役社長との意見交換会(当事業年度中に1回開催)、当社グループの役員及び従業
    員からのヒアリング、グループ会社監査役連絡会(当事業年度中に2回開催)等を実施しました。
     また、会計監査人から、法令に基づく事業年度の監査結果についての定期報告を受け、内部統制システムの
    整備状況などについて情報交換、意見交換を実施しました。
   ③取締役(業務執行取締役等であるものを除く)及び監査役との間で締結している責任限定契約の内容の概要

    当社は、社外取締役及び監査役との間で、会社法第423条第1項の責任について、法令が規定する額を責任の限
   度額とする旨の責任限定契約を締結しております。
   ④内部監査及び監査役監査の状況

    内部監査については、代表取締役社長直属の組織として内部監査室(8名)を設置しており、内部監査室が、
   会社における事業活動が事業計画、経営方針、社内規程等に沿い、また、法令や社会倫理等に抵触することなく
   適正かつ効率的に行われているかを調査し、必要な改善事項を指摘するとともに、改善状況をフォローしており
   ます。
    監査役監査については、「①企業統治に関する基本的事項」に記載のとおり、常勤監査役1名及び独立社外監
   査役3名で構成する監査役会が定めた監査の方針、業務の分担等に従い、各監査役が、取締役会、経営委員会及
   び諮問委員会等の重要な会議に出席し、経営・業務執行に関する重要事項等の審議に際しては適宜意見を述べ、
   経営・業務執行状況の報告の聴取を行うとともに、当社及び子会社の業務並びに財産の状況の調査等により、法
   令及び定款への適合性の観点から取締役の職務の執行を監査しております。
    監査役菊池正道氏は、公認会計士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しておりま
   す。
    内部監査室、監査役及び会計監査人は、それぞれ定期的又は必要に応じて会合を開催し、監査計画、監査実施
   状況等の報告を行い、相互の連携強化を図っております。
    さらに、内部監査室、監査役及び会計監査人は、当社内部統制部門である管理本部から内部統制の整備・運用
   状況に係る報告を聴取するなど内部統制部門との密接な連携を図っております。
            43/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ⑤社外取締役及び社外監査役
   1)当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
     当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。
     社外取締役河上邦雄氏は、株式会社関電工の出身者(平成23年6月まで在籍)であり、同社との間には電気
    通信工事等に関する取引がありますが、当事業年度の売上高は22百万円(当社の当事業年度の売上高の0.1%
    未満)、当事業年度の仕入高は40百万円(同社の平成28年3月期の売上高の0.1%未満)に留まり一般株主と
    利益相反が生じるおそれはないものと判断しております。また、同氏は、株式会社テプコシステムズの出身者
    (平成21年6月まで在籍)であり、同社との間には設計サービスの受託等に関する取引がありますが、当事業
    年度の売上高は32百万円(当社の当事業年度の売上高の0.1%未満)に留まり一般株主と利益相反が生じるお
    それはないものと判断しております。
     社外取締役今井光雄氏は、日立金属株式会社の出身者(平成25年6月まで在籍)であり、同社との間には
    ネットワーク製品の購入等に関する取引がありますが、当事業年度の仕入高は1,219百万円(同社の平成28年
    3月期の売上高の0.2%)に留まり一般株主と利益相反が生じるおそれはないものと判断しております。
     社外取締役西川理恵子氏は、現在、慶應義塾大学法学部教授であり、同大学との間にはネットワーク商品の
    販売及び電気通信工事の受託等に関する取引がありますが、当事業年度の売上高は21百万円(当社の当事業年
    度の売上高の0.1%未満)に留まり一般株主と利益相反が生じるおそれはないものと判断しております。
     なお、社外取締役河上邦雄氏、同今井光雄氏、同西川理恵子氏及び社外監査役須田秀樹氏は、「5 役員の
    状況」に記載のとおり、当社株式を保有しております。
     その他の社外取締役、社外監査役と当社との間には人的関係、資本的関係、取引関係その他の利害関係はあ
    りません。
     当社は、全社外取締役3名及び全社外監査役3名の合計6名を東京証券取引所へ独立役員として届け出てお
    ります。
   2)当社の企業統治において果たす機能及び役割並びに当社からの独立性に関する基準又は方針の内容及び選任

    状況に関する考え方
     当社は、諮問委員会の審議を経たうえで社外取締役及び社外監査役の選任基準を以下のとおり定めておりま
    す。
    <社外取締役候補者の選任基準>
    イ.企業経営、法令遵守、財務会計等の分野に関して豊富な経験をもち、社会情勢・経済動向に関する高い見
    識に基づく客観的かつ専門的な視点をもつ者
    ロ.社外取締役選任の本来の目的に適うよう、当社の定める「独立性基準」を満たす者
    <社外監査役候補者の選任基準>
    イ.様々な分野に関する知識、経験をもち、かつ専門的な視点をもつ者
    ロ.社外監査役選任の本来の目的に適うよう、当社の定める「独立性基準」を満たす者
     社外取締役は、上記の選任基準に照らして選任しており、独立した立場からの客観的かつ中立的な視点に基

    づき経営に対する助言・監督の職務を遂行しております。また、社外取締役は、情報通信システム分野や法学
    に関する豊富な知見・経験及び他社における取締役としての経験を有しており、これらを当社の経営の監督に
    十分に活かして頂いております。
     社外監査役についても、上記の選任基準に照らして選任しており、独立した立場からの客観的かつ中立的な
    視点に基づき監査を遂行しております。また、社外監査役がそれぞれの専門分野に関する豊富な知識、経験を
    持ち寄ることで、多様な視点に基づいた客観的な監査を実施しており、経営の健全性と透明性が十分に確保さ
    れております。
            44/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
     当社の定める「独立性基準」は以下のとおりです。
    <独立性基準>
    当社は、以下の通り社外取締役及び社外監査役の独立性基準を定め、社外取締役及び社外監査役のうち、以下
    のいずれにも該当しない者を一般株主と利益相反が生じるおそれのない独立性を有する社外役員と判断しま
    す。
    1 現在又は過去において、当社及び当社の子会社の業務執行者※1であり又はあった者

    2 当社を取引先とする者で、直近事業年度における当社の仕入額が、その者の当該事業年度における売上高
    の2%を超える取引先又はその業務執行者
    3 当社の取引先で、直近事業年度における当社の売上高が、当社の当該事業年度における売上高の2%を超
    える取引先又はその業務執行者
    4 当社の総議決権の10%以上を保有する大株主又はその業務執行者
    5 公認会計士、弁護士、コンサルタント等で、当社から役員報酬以外に年間1,000万円を超える金銭その他
    の財産を得ている者(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合には、当社から得ている財
    産が年間収入の2%を超える団体に所属する者)
    6 当社から直近事業年度において年間1,000万円を超える寄付を受けている者(当該寄付を受けている者が
    法人、組合等の団体である場合には、当社から得ている財産が年間収入の2%を超える団体に所属する
    者)
    7 過去3年間において、上記2から6までのいずれかに該当していた者
    8 下記のいずれかに該当する者の配偶者又は2親等以内の親族
      (1)現在又は過去3年間において、当社及び当社子会社の重要な業務執行者※2であった者
      (2)上記2から4に該当する者
         ただし、「業務執行者」とは重要な業務執行者をいう。
      (3)上記5又は6に該当する者
         ただし、「団体に所属する者」とは、当該団体の重要な業務執行者(又は重要な業務執行者と同等
     の重要性を有していると判断される者)又は当該団体が、監査法人又は法律事務所等の専門家であ
     る場合、公認会計士、弁護士等の専門的な資格を保有する者をいう。
      ※1  業務執行者とは、会社法施行規則第2条第3項第6号に規定する者をいう。
      ※2  重要な業務執行者とは、業務執行者のうち、取締役(社外取締役を除く)、執行役、執行役員及び部
     門長等の重要な業務執行を行う者をいう。
   3)内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

     社外取締役は、取締役会及び経営委員会への出席を通じて、また、社外監査役は、「④内部監査及び監査役
    監査の状況」に記載のとおり、取締役会及び監査役会への出席を通じて、内部監査、監査役監査、会計監査及
    び内部統制に係る報告を受け、必要な意見を述べております。
            45/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ⑥役員報酬等
   1)役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
           報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                   株式報酬型
       報酬等の総額
           基本報酬     賞与
     役員区分
                  ストックオプション
       (百万円)
          対象員数  総額  対象員数  総額  対象員数  総額
          (人)  (百万円)  (人)  (百万円)  (人)  (百万円)
   取締役
        271  8  211  6  42  7  17
   (社外取締役を除く)
   監査役
         23  2  23  -  -  -  -
   (社外監査役を除く)
   社外役員     70  7  70  -  -  -  -
   (注)1.取締役の報酬限度額は、平成27年6月16日開催の第28回定時株主総会において、年額470百万円以内
     (うち社外取締役を除く取締役の報酬等の額を年額400百万円以内、社外取締役の報酬等の額を年額70
     百万円以内)と決議いただいております。また、監査役の報酬限度額は、平成16年6月25日開催の第
     17回定時株主総会において、年額100百万円以内と決議いただいております。
    2.当事業年度末現在の人員は、取締役11名、監査役4名でありますが、上記の取締役及び監査役の支給
     人員及び支給額には、平成27年6月16日開催の第28回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役
     1名及び監査役1名をそれぞれ含んでおります。
    3.取締役(社外取締役を除く)の株式報酬型ストックオプションとしての新株予約権に関する報酬等
     は、平成24年6月14日開催の第25回定時株主総会において、年額50百万円以内と決議いただいており
     ます。なお、株式報酬型ストックオプションには、当事業年度における費用計上額を記載しておりま
     す。
   2)役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

     当社の役員報酬制度は、業績との連動を強化し継続した成長と企業価値の継続的向上を図るものであるこ
    と、及び報酬等の決定プロセスが公正性・客観性の高いものであることを基本方針としております。
    イ.取締役(社外取締役を除く)の報酬等
     当社の取締役(社外取締役を除く)の報酬等は、固定報酬である基本報酬、業績等に応じて毎年支給さ
    れる短期的な業績連動報酬である賞与及び中長期的な業績連動報酬である株式報酬型ストックオプション
    の3種類から構成されております。
     基本報酬は、各取締役の役位に基づき、その基本となる額を設定しております。
     賞与は、全社連結業績(連結売上高及び連結営業利益に関する従業員1人当たりの生産性)及び担当事
    業部門の業績(売上高及び受注高に関する従業員1人当たりの生産性)の目標達成度等に基づき個人別支
    給額を決定しております。
     株式報酬型ストックオプションは、取締役の報酬と株式価値とを連動させることにより、株価変動によ
    るメリットやリスクを株主と共有し、中長期的な企業価値の向上、株価上昇への意欲や士気をより一層高
    めることを目的として、会社業績及び各取締役の業務執行の状況・貢献度等を勘案し支給額を決定してお
    ります。
     なお、取締役(社外取締役を除く)の報酬等の決定に際しては、報酬等の公平性・客観性を確保するた
    め、諮問委員会の審議を経たうえで、株主総会で決議された取締役報酬限度額の範囲内で、基本報酬及び
    株式報酬型ストックオプションは取締役会の決議により、賞与は株主総会の決議により決定しておりま
    す。
    ロ.社外取締役及び監査役の報酬等
     社外取締役及び監査役の報酬等の構成は、独立性を担保する等の観点から基本報酬のみとし、社外取締
    役については他の取締役とともに株主総会で決議された取締役報酬限度額の範囲内で取締役会の決議によ
    り、監査役については株主総会で決議された監査役報酬限度額の範囲内で監査役の協議により決定してお
    ります。
            46/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ⑦株式の保有状況
   1)投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
     4銘柄 37百万円
   2)保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

     保有目的が純投資目的以外の目的の上場投資株式は保有しておりません。
   ⑧取締役の選任の決議要件

    当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
   主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
   ⑨株主総会の特別決議要件

    当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
   の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
   す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
   的とするものであります。
   ⑩株主総会決議事項を取締役会で決議することができるとした事項及びその理由

   1)自己株式の取得
     当社は、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって、市場取引等により自己の株式を
    取得することができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策等の遂
    行を可能にするためであります。
   2)中間配当金

     当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって、毎年9月30日の株主名簿に記録
    された株主又は登録株式質権者に対し、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主
    への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
   3)取締役及び監査役の責任免除

     当社は、会社法第426条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
    取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の責任を法令の定める範囲内で免
    除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務の遂行にあたり、期待される
    役割を十分に発揮できるようにすることを目的とするものであります。
            47/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  (2)【監査報酬の内容等】
   ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
         前連結会計年度        当連結会計年度
    区分
       監査証明業務に基づ    非監査業務に基づく    監査証明業務に基づ    非監査業務に基づく
       く報酬(百万円)    報酬(百万円)    く報酬(百万円)    報酬(百万円)
   提出会社      51    -    48    5

   連結子会社      -    -    -    -

    計     51    -    48    5

   ②【その他重要な報酬の内容】

   前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
    該当事項はありません。
   当連結会計年度(自     平成27年4月1日    至  平成28年3月31日)

    該当事項はありません。
   ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

   前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
    該当事項はありません。
   当連結会計年度(自     平成27年4月1日    至  平成28年3月31日)

    当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、基幹システムに                係る 助言 及び 指
   導であります。
   ④【監査報酬の決定方針】

     該当事項はありませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。
            48/98











                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第5【経理の状況】
  1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
   (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
   号。)に基づいて作成しております。
   (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

   「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
     また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成してお
   ります。
  2.監査証明について

    当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成27年4月1日から平成28年3
   月31日まで)の   訂正後の  連結財務諸表及び事業年度(平成27年4月1日から平成28年3月31日まで)の             訂正後の  財
   務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
  3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

    当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
   内容を適切に把握し、また、会計基準の改正及び新設等に的確に対応することができる体制を整備するため、公益
   財団法人財務会計基準機構へ加入するとともに、有限責任監査法人トーマツが定期的に開催する主に財務諸表作成
   者を対象としたセミナーに適宜参加しております。
    なお、当社は指定国際会計基準を任意適用しておりませんが、将来の同会計基準の適用に備えて、公益財団法人
   財務会計基準機構と有限責任監査法人トーマツが定期的に開催するセミナーに適宜参加し、同会計基準の内容把握
   に努めております。
            49/98












                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  1【連結財務諸表等】
  (1)【連結財務諸表】
   ①【連結貸借対照表】
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (平成27年3月31日)     (平成28年3月31日)
  資産の部
  流動資産
               19,374     20,668
   現金及び預金
               41,996     37,171
   受取手形及び売掛金
               1,999     1,498
   有価証券
               2,131     3,286
   商品
               322     645
   未着商品
               14,470     12,608
   未成工事支出金
                20     17
   貯蔵品
               5,981     6,733
   前払費用
               1,284     1,366
   繰延税金資産
               4,308     4,328
   その他
               △1     △1
   貸倒引当金
               91,888     88,324
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
               2,740     2,816
    建物
               △1,043     △1,287
    減価償却累計額
    建物(純額)           1,697     1,528
    工具、器具及び備品           24,113     26,249
              △20,424     △22,241
    減価償却累計額
    工具、器具及び備品(純額)           3,689     4,007
               5,386     5,536
    有形固定資産合計
   無形固定資産
                82     61
    のれん
               1,545     2,248
    その他
               1,627     2,309
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               ※1 891     ※1 162
    投資有価証券
                24     17
    長期貸付金
               1,189     1,103
    繰延税金資産
               2,005     1,962
    その他
               △0     -
    貸倒引当金
               4,110     3,247
    投資その他の資産合計
               11,124     11,093
   固定資産合計
               103,013     99,417
  資産合計
            50/98







                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:百万円)

            前連結会計年度     当連結会計年度
            (平成27年3月31日)     (平成28年3月31日)
  負債の部
  流動負債
               20,491     19,344
   買掛金
               1,403     1,672
   リース債務
               1,201     1,178
   未払金
               1,476      413
   未払法人税等
               13,395     12,322
   前受金
               2,930     2,686
   賞与引当金
                92     55
   役員賞与引当金
               1,679     2,711
   その他
               42,671     40,383
   流動負債合計
  固定負債
               3,257     4,130
   リース債務
               335     367
   資産除去債務
               276     136
   その他
               3,869     4,635
   固定負債合計
               46,541     45,018
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               12,279     12,279
   資本金
               19,453     19,453
   資本剰余金
               25,676     24,154
   利益剰余金
               △1,152     △1,143
   自己株式
               56,256     54,743
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               △4     △7
   その他有価証券評価差額金
               124     △456
   繰延ヘッジ損益
               120     △463
   その他の包括利益累計額合計
                95     119
  新株予約権
               56,472     54,398
  純資産合計
               103,013     99,417
  負債純資産合計
            51/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自 平成26年4月1日     (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
               141,529     140,170
  売上高
               109,250     110,851
  売上原価
               32,279     29,318
  売上総利益
              ※1,※2 28,157    ※1,※2 27,391
  販売費及び一般管理費
               4,121     1,927
  営業利益
  営業外収益
                10     9
  受取利息
                -     5
  受取配当金
                16     14
  持分法による投資利益
                11     89
  販売報奨金
                74     82
  団体保険配当金
                81     88
  その他
               195     289
  営業外収益合計
  営業外費用
                58     76
  支払利息
                51     68
  為替差損
                66     -
  契約精算金
                24     3
  その他
               201     148
  営業外費用合計
               4,115     2,068
  経常利益
  特別利益
                -     120
  投資有価証券売却益
                -     0
  関係会社株式売却益
                -     120
  特別利益合計
  特別損失
               ※3 41     ※3 18
  固定資産除却損
                8     3
  投資有価証券評価損
               507     -
  不正取引関連損失
               557     22
  特別損失合計
               3,557     2,167
  税金等調整前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             1,894      881
               △153      270
  法人税等調整額
               1,741     1,151
  法人税等合計
               1,816     1,015
  当期純利益
               1,816     1,015
  親会社株主に帰属する当期純利益
            52/98







                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自 平成26年4月1日     (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
               1,816     1,015
  当期純利益
  その他の包括利益
                1     △3
  その他有価証券評価差額金
                63     △580
  繰延ヘッジ損益
               ※64    ※△583
  その他の包括利益合計
               1,880      431
  包括利益
  (内訳)
               1,880      431
  親会社株主に係る包括利益
            53/98
















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ③【連結株主資本等変動計算書】
    前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                    (単位:百万円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高      12,279   19,453   28,926   △3,518   57,141
  当期変動額
  剰余金の配当
              △2,704      △2,704
  親会社株主に帰属する当期
               1,816      1,816
  純利益
  自己株式の消却            △2,360   2,360    -
  自己株式の処分
               △0   4   4
  株主資本以外の項目の当期
  変動額(純額)
  当期変動額合計       -   -  △3,249   2,365   △884
  当期末残高
        12,279   19,453   25,676   △1,152   56,256
        その他の包括利益累計額

              新株予約権   純資産合計
      その他有価証券     その他の包括利
         繰延ヘッジ損益
      評価差額金     益累計額合計
  当期首残高
        △5   61   55   66  57,263
  当期変動額
  剰余金の配当               △2,704
  親会社株主に帰属する当期
                  1,816
  純利益
  自己株式の消却
                  -
  自己株式の処分                4
  株主資本以外の項目の当期
        1  63   64   28   93
  変動額(純額)
  当期変動額合計
        1  63   64   28  △791
  当期末残高      △4   124   120   95  56,472
            54/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
    当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                    (単位:百万円)
             株主資本
       資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高      12,279   19,453   25,676   △1,152   56,256
  当期変動額
  剰余金の配当            △2,536      △2,536
  親会社株主に帰属する当期
               1,015      1,015
  純利益
  自己株式の処分             △1   8   7
  株主資本以外の項目の当期
  変動額(純額)
  当期変動額合計
         -   -  △1,522    8  △1,513
  当期末残高      12,279   19,453   24,154   △1,143   54,743
        その他の包括利益累計額

              新株予約権   純資産合計
      その他有価証券     その他の包括利
         繰延ヘッジ損益
      評価差額金     益累計額合計
  当期首残高      △4   124   120   95  56,472
  当期変動額
  剰余金の配当               △2,536
  親会社株主に帰属する当期
                  1,015
  純利益
  自己株式の処分                7
  株主資本以外の項目の当期
        △3  △580   △583   23  △560
  変動額(純額)
  当期変動額合計
        △3  △580   △583   23  △2,073
  当期末残高      △7  △456   △463   119  54,398
            55/98










                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自 平成26年4月1日     (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
               3,557     2,167
  税金等調整前当期純利益
               2,793     2,791
  減価償却費
               124     20
  のれん償却額
                33     31
  株式報酬費用
  賞与引当金の増減額(△は減少)            1,162     △244
  役員賞与引当金の増減額(△は減少)             84     △37
  貸倒引当金の増減額(△は減少)             △13     △1
               △10     △14
  受取利息及び受取配当金
  持分法による投資損益(△は益)             △16     △14
                58     76
  支払利息
  投資有価証券売却損益(△は益)             -     △120
  投資有価証券評価損益(△は益)             8     3
               507     -
  不正取引関連損失
  関係会社株式売却損益(△は益)             -     △0
                41     18
  固定資産除却損
  売上債権の増減額(△は増加)            △1,280      3,753
  たな卸資産の増減額(△は増加)            △5,208      388
  その他の流動資産の増減額(△は増加)            △274      341
  仕入債務の増減額(△は減少)            4,426     △1,146
               970      3
  未払又は未収消費税等の増減額
  その他の流動負債の増減額(△は減少)             △0     83
               △247     △218
  その他
               6,716     7,880
  小計
  利息及び配当金の受取額             11     15
               △58     △76
  利息の支払額
               △507      -
  不正取引による支出
  法人税等の支払額又は還付額(△は支払)            △1,000     △2,153
               130     212
  その他
               5,291     5,877
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  投資活動によるキャッシュ・フロー
               △1,012     △1,504
  有形固定資産の取得による支出
               △694     △1,123
  無形固定資産の取得による支出
                -     131
  投資有価証券の売却による収入
                -     232
  関係会社株式の売却による収入
               △35     △14
  貸付けによる支出
                19     27
  貸付金の回収による収入
               112     15
  その他
               △1,610     △2,235
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  財務活動によるキャッシュ・フロー
               △747     △785
  リース債務の返済による支出
               △2,701     △2,533
  配当金の支払額
               △42     △9
  その他
               △3,490     △3,329
  財務活動によるキャッシュ・フロー
                -     △17
  現金及び現金同等物に係る換算差額
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             190     294
               21,183     21,374
  現金及び現金同等物の期首残高
              ※21,374     ※21,668
  現金及び現金同等物の期末残高
            56/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   【注記事項】
   (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
  1.連結の範囲に関する事項
   (1)連結子会社の数     2社
    連結子会社の名称
    ネットワンパートナーズ株式会社
    株式会社エクシード
   (2)非連結子会社の名称等
    非連結子会社
    Net One Systems  USA, Inc.
    Net One Systems  Singapore  Pte. Ltd.
   (連結の範囲から除いた理由)
    非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益
   剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
  2.持分法の適用に関する事項
   (1)持分法適用の関連会社数 該当事項はありません。
    従来持分法適用会社でありましたJBSテクノロジー株式会社は、平成27年7年30日付で保有株式をすべ
    て売却したため、持分法の適用範囲から除外しております。
   (2)持分法を適用していない非連結子会社(Net        One Systems  USA, Inc.、Net  One Systems  Singapore  Pte.
   Ltd.)は、それぞれ当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の
   対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の
   適用範囲から除外しております。
  3.連結子会社の事業年度等に関する事項
    連結子会社のうち株式会社エクシードの決算日は12月末日であります。連結財務諸表の作成に当たっては、
   同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、1月1日から連結決算日3月31日までの期間に発生し
   た重要な取引については、連結上必要な調整を行うこととしております。
  4.会計方針に関する事項
   (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
   イ.有価証券
    その他有価証券
    時価のあるもの
    決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
    法により算定)を採用しております。
    時価のないもの
    移動平均法による原価法又は償却原価法(定額法)を採用しております。
   ロ.デリバティブ
    時価法を採用しております。
   ハ.たな卸資産
    商品
    当社及び連結子会社は主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価
    切下げの方法により算定)を採用しております。
    未成工事支出金
     当社及び連結子会社は主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
    げの方法により算定)を採用しております。
            57/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
   イ.有形固定資産(リース資産を除く)
     当社及び連結子会社は定率法を採用しております。
     なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
    建物     3~23年
    工具、器具及び備品     2~20年
   ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
     当社及び連結子会社は定額法を採用しております。
    なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
    自社利用ソフトウエア      5年
    販売用ソフトウエア      3年
   ハ.リース資産
    所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
     自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
    所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
     リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
   (3)重要な引当金の計上基準
   イ.貸倒引当金
    売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、当社及び連結子会社は一般債権については貸倒実績率によ
    り、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
   ロ.賞与引当金
    当社及び連結子会社は従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計年度負
    担額を計上しております。
   ハ.役員賞与引当金
    当社及び連結子会社は役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しており
    ます。
   (4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
    外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
    おります。
   (5)重要なヘッジ会計の方法
   イ.ヘッジ会計の方法
     繰延ヘッジ処理を採用しております。ただし、為替予約のうち、振当処理の要件を充たしている場合には
    振当処理を採用しております。
   ロ.ヘッジ手段とヘッジ対象
     ヘッジ手段:為替予約
     ヘッジ対象:外貨建予定取引
   ハ.ヘッジ方針
    取引限度額及び取引権限を定めた社内管理規程に従って、将来購入する業務用資産に係わる外貨建債務の
    為替変動リスクをヘッジしております。
   ニ.ヘッジ有効性評価の方法
    為替予約については、ヘッジに高い有効性があるとみなされるため、有効性の評価については省略してお
    ります。
   (6)のれんの償却方法及び償却期間
    のれんの償却については、発生原因に応じ5年以内で定額法により償却を行っております。
   (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
    手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
    しか負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
            58/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
    消費税等の会計処理
    消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連結会
    計年度の費用として処理しております。
   (会計方針の変更)

  (企業結合に関する会計基準等の適用)
   「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい
  う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」とい
  う。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基
  準」という。)等を当連結会計年度から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分変動による差
  額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上する方法に変更し
  ております。また、当連結会計年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得
  原価の配分額の見直しを企業結合日の属する連結会計年度の連結財務諸表に反映させる方法に変更しております。加
  えて、当期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持分への表示の変更を行っております。当該表示
  の変更を反映させるため、前連結会計年度については、連結財務諸表の組替えを行っております。
   企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)、連結会計基準第44-5項(4)及び事
  業分離等会計基準第57-4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当連結会計年度の期首時点から将来にわ
  たって適用しております。
   これによる連結財務諸表に与える影響はありません。
   (未適用の会計基準等)

  ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号              平成28年3月28日)
  (1)概要

    「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」は、日本公認会計士協会における税効果会計に関する会計上の
   実務指針及び監査上の実務指針(会計処理に関する部分)を企業会計基準委員会に移管するに際して、企業会計基
   準委員会が、当該実務指針のうち主に日本公認会計士協会監査委員会報告第66号「繰延税金資産の回収可能性の判
   断に関する監査上の取扱い」において定められている繰延税金資産の回収可能性に関する指針について、企業を5
   つに分類し、当該分類に応じて繰延税金資産の計上額を見積るという取扱いの枠組みを基本的に踏襲した上で、分
   類の要件及び繰延税金資産の計上額の取扱いの一部について必要な見直しを行ったもので、繰延税金資産の回収可
   能性について、「税効果会計に係る会計基準」(企業会計審議会)を適用する際の指針を定めたものであります。
  (2)適用予定日
    平成28年4月1日以後開始する連結会計年度の期首から適用します。
  (3)当該会計基準等の適用による影響
    「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の適用による連結財務諸表に与える影響については、現時点で
   評価中であります。
   (表示方法の変更)

  (連結損益計算書)
   前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業外収益」の「法人税等還付加算金」は金額的重要性が乏
  しくなったため、当連結会計年度においては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させ
  るため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
   この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「法人税等還付加算金」に表示していた2百万円は、「そ
  の他」として組み替えております。
  (連結キャッシュ・フロー計算書)

   前連結会計年度において、独立掲記しておりました「投資活動によるキャッシュ・フロー」の「敷金及び保証金の
  差入による支出」及び「敷金及び保証金の回収による収入」は金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度に
  おいては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務
  諸表の組替えを行っております。
   この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「投資活動によるキャッシュ・フロー」の
  「敷金及び保証金の差入による支出」に表示していた△43百万円及び「敷金及び保証金の回収による収入」に表示し
  ていた95百万円は、「その他」として組み替えております。
            59/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (追加情報)
  不正取引に関する事項
   納品実体のない取引を取消処理したことで生じた差額757百万円は「流動資産のその他」に含めて表示しておりま
  す。なお、今後の状況によっては、当社の財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
   (連結貸借対照表関係)

  ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (平成27年3月31日)      (平成28年3月31日)
  投資有価証券(株式)            342百万円      124百万円
   2 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約

   に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は、次のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (平成27年3月31日)      (平成28年3月31日)
  当座貸越極度額の総額           21,200百万円      21,200百万円
  借入実行残高            -      -
   差引額          21,200      21,200
   (連結損益計算書関係)

  ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)        至 平成28年3月31日)
  給与手当           10,714百万円      10,581百万円
             1,774      1,482
  賞与
             2,347      1,803
  賞与引当金繰入額
              92      55
  役員賞与引当金繰入額
              879      680
  退職給付費用
             2,274      2,448
  賃借料
             1,055      1,030
  減価償却費
              124       20
  のれん償却額
  ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

     前連結会計年度          当連結会計年度
     (自 平成26年4月1日          (自 平成27年4月1日
      至 平成27年3月31日)            至 平成28年3月31日)
        2,573百万円          2,845百万円
  ※3 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
          至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
  工具、器具及び備品            31百万円      15百万円
  ソフトウェア            9      3
   計           41      18
            60/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (連結包括利益計算書関係)
  ※  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
  その他有価証券評価差額金:
  当期発生額             2百万円     116百万円
  組替調整額            -     △120
   税効果調整前
               2     △4
   税効果額            △1      1
   その他有価証券評価差額金
               1     △3
  繰延ヘッジ損益:
  当期発生額            90     △846
  組替調整額            -      -
   税効果調整前
               90     △846
   税効果額            △27      265
   繰延ヘッジ損益
               63     △580
  その他の包括利益合計
               64     △583
            61/98














                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (連結株主資本等変動計算書関係)
   前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
   1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
            当連結会計年度    当連結会計年度
        当連結会計年度           当連結会計年度末
        期首株式数(株)           株式数(株)
            増加株式数(株)    減少株式数(株)
  発行済株式
         89,000,000     -  3,000,000   86,000,000

  普通株式 (注)1
         89,000,000       3,000,000

    合計          -      86,000,000
  自己株式

         4,470,825     -  3,005,900    1,464,925

  普通株式 (注)2
         4,470,825

    合計          -  3,005,900    1,464,925
   (注)1.普通株式の発行済株式総数の減少3,000,000株は、取締役会決議による自己株式の消却によるものでありま

    す。
   2.普通株式の自己株式の株式数の減少3,005,900株は、取締役会決議による自己株式の消却3,000,000株、新株予
    約権行使による減少5,900株であります。
   2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            新株予約権の目的となる株式の数(株)
         新株予約権の           当連結会計
  区分  新株予約権の内訳    目的となる           年度末残高
           当連結会計  当連結会計  当連結会計  当連結会計
         株式の種類           (百万円)
            年度期首  年度増加  年度減少  年度末
   提出会社
     株式報酬型ストック・オプ
           -  -  -  -  -   95
    ションとしての新株予約権
  (親会社)
      合計      -  -  -  -  -   95
   3.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
            1株当たり
         配当金の総額
      株式の種類          基準日   効力発生日
  (決議)       (百万円)
            配当額(円)
  平成26年6月17日
       普通株式    1,436   17.00  平成26年3月31日    平成26年6月18日
  定時株主総会
  平成26年10月31日
       普通株式    1,267   15.00  平成26年9月30日    平成26年11月25日
  取締役会
    (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

             1株当たり
        配当金の総額
      株式の種類     配当の原資      基準日   効力発生日
  (決議)      (百万円)
             配当額(円)
  平成27年6月16日
       普通株式    1,268   利益剰余金    15.00 平成27年3月31日   平成27年6月17日
  定時株主総会
            62/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
   1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
            当連結会計年度    当連結会計年度
        当連結会計年度           当連結会計年度末
        期首株式数(株)           株式数(株)
            増加株式数(株)    減少株式数(株)
  発行済株式

         86,000,000     -    -  86,000,000

  普通株式
    合計     86,000,000     -    -  86,000,000

  自己株式

         1,464,925     -   11,400   1,453,525

  普通株式 (注)
    合計     1,464,925     -   11,400   1,453,525

   (注) 普通株式の自己株式の株式数の減少11,400株は、新株予約権行使による減少11,400株であります。

   2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            新株予約権の目的となる株式の数(株)
         新株予約権の           当連結会計
  区分  新株予約権の内訳    目的となる           年度末残高
           当連結会計  当連結会計  当連結会計  当連結会計
         株式の種類           (百万円)
            年度期首  年度増加  年度減少  年度末
   提出会社
     株式報酬型ストック・オプ
           -  -  -  -  -  119
    ションとしての新株予約権
  (親会社)
      合計      -  -  -  -  -  119
   3.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
            1株当たり
         配当金の総額
      株式の種類          基準日   効力発生日
  (決議)       (百万円)
            配当額(円)
  平成27年6月16日
       普通株式    1,268   15.00  平成27年3月31日    平成27年6月17日
  定時株主総会
  平成27年10月29日
       普通株式    1,268   15.00  平成27年9月30日    平成27年11月24日
  取締役会
    (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

             1株当たり
        配当金の総額
      株式の種類     配当の原資      基準日   効力発生日
  (決議)      (百万円)
             配当額(円)
  平成28年6月16日
       普通株式    1,268   利益剰余金    15.00 平成28年3月31日   平成28年6月17日
  定時株主総会
   (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
          前連結会計年度       当連結会計年度
         (自  平成26年4月1日      (自  平成27年4月1日
         至  平成27年3月31日)      至  平成28年3月31日)
  現金及び預金勘定         19,374 百万円      20,668 百万円
  取得日から3カ月以内に償還期限
           1,999       999
  の到来する短期投資(有価証券)
  現金及び現金同等物         21,374       21,668
            63/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (リース取引関係)
  1.ファイナンス・リース取引
   (1)所有権移転ファイナンス・リース取引
   ①  リース資産の内容
   有形固定資産
    保守部材(工具、器具及び備品)であります。
   ②  リース資産の減価償却の方法
    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項               (2)重要な減価償却資産の
   減価償却の方法」に記載のとおりであります。
   (2)所有権移転外ファイナンス・リース取引
   ①  リース資産の内容
   有形固定資産
    事務用機器(工具、器具及び備品)であります。
   ②  リース資産の減価償却の方法
    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項               (2)重要な減価償却資産の
   減価償却の方法」に記載のとおりであります。
  2.オペレーティング・リース取引

   オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                   (単位:百万円)
          前連結会計年度       当連結会計年度
          (平成27年3月31日)       (平成28年3月31日)
  1年内            41       12
  1年超            26       13
   合計            67       26
            64/98












                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
    (1) 金融商品に対する取組方針
     当社グループは、資金運用については一時的な余資を安全性の高い金融資産で運用しております。デリ
    バティブは、外貨建の営業債務に係る為替変動リスクを回避するために利用し、投機的な取引は行わない
    方針であります。なお、一部において、効率的な資金運用を図ることを目的として、デリバティブを組み
    込んだ複合金融商品での運用を行っております。
    (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

     営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクにさらされております。当該リスクに関して
    は、社内管理規程に従い、取引先からの回収状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残
    高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
     有価証券は、コマーシャル・ペーパーとデリバティブを組み込んだ複合金融商品であります。コマー

    シャル・ペーパーは、有価証券の発行体の信用リスクにさらされておりますが、社内管理規程に従い、格
    付の高い発行体が発行する有価証券のみを運用対象としているため、信用リスクは僅少であります。デリ
    バティブを組み込んだ複合金融商品は、信用リスクにさらされておりますが、社内管理規程に従い、格付
    の高い発行体が発行する有価証券のみを運用対象としているため、信用リスクは僅少であります。
     投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業が発行する株式で、発行体の財務状況の変動リスクに
    さらされておりますが、定期的に発行体の財務状況等を把握し、発行体との関係を勘案して、保有状況を
    継続的に見直しております。なお、外国株式に関しては、前述のリスクのほか、為替の変動リスクにもさ
    らされております。
     営業債務である買掛金の支払期日は、1年以内であり、適時に資金管理を行うことにより、支払期日に

    支払いを実行できなくなるリスクを管理しております。なお、買掛金には外貨建のものがあり、為替の変
    動リスクにさらされておりますが、為替予約を利用して当該リスクをヘッジしております。
     デリバティブ取引は、外貨建の営業債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした為替

    予約取引であります。また、デリバティブ取引についての基本方針は取締役会で決定され、取引限度額及
    び取引権限を定めた社内管理規程に従って、財務経理部が取引の実行及び管理を行っております。なお、
    ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前
    述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 「4.           会計方針に関する事項 (5)重要なヘッ
    ジ会計の方法」」をご参照下さい。
    (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

     「2.金融商品の時価等に関する事項」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、その
    金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
            65/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
    2.金融商品の時価等に関する事項
     連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
    ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
    前連結会計年度(平成27年3月31日)

          連結貸借対照表計上額
              時価(百万円)    差額(百万円)
           (百万円)
            19,374    19,374
    (1)現金及び預金                 -
            41,996    41,996
    (2)受取手形及び売掛金                 -
    (3)有価証券及び投資有価証券
            2,492    2,492
    その他有価証券                -
     資産計        63,863    63,863     -
            20,491    20,491
    (1)買掛金                 -
            20,491    20,491
     負債計                 -
     デリバティブ取引   ※     187    187
                     -
    ※ デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
    当連結会計年度(平成28年3月31日)

          連結貸借対照表計上額
              時価(百万円)    差額(百万円)
           (百万円)
            20,668    20,668
    (1)現金及び預金                 -
            37,171    37,171
    (2)受取手形及び売掛金                 -
    (3)有価証券
            1,498    1,498
    その他有価証券                -
            59,338    59,338
     資産計                 -
            19,344    19,344
    (1)買掛金                 -
            19,344    19,344
     負債計                 -
     デリバティブ取引   ※
            △660    △660    -
    ※ デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
    (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資 産
     (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
      よっております。
     (3)有価証券
       取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来するコマーシャル・ペーパーは、時価は帳簿価額に
      ほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。また、デリバティブを組み込んだ複合
      金融商品は、デリバティブ部分を合理的に区分して測定することができないため、複合金融商
      品全体を取引先の金融機関から提示された価格によって評価しております。
     負 債
     (1)買掛金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
      ります。
     デリバティブ取引
      注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
            66/98




                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
     2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
       区分
           (平成27年3月31日)     (平成28年3月31日)
     非上場株式         398     162
     ※ 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められる
      ことから、時価開示の対象とはしておりません。
     3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

     前連結会計年度(平成27年3月31日)
                  1年超5年以内
           1年以内(百万円)
                  (百万円)
             19,374      -
     現金及び預金
             41,996      -
     受取手形及び売掛金
              2,000      493
     有価証券及び投資有価証券
             63,370      493
       合計
     当連結会計年度(平成28年3月31日)

                  1年超5年以内
           1年以内(百万円)
                  (百万円)
             20,668      -
     現金及び預金
             37,171      -
     受取手形及び売掛金
              1,500      -
     有価証券
             59,339      -
       合計
            67/98











                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (有価証券関係)
  1.その他有価証券
   前連結会計年度(平成27年3月31日)
          連結貸借対照表計上
        種類       取得原価(百万円)    差額(百万円)
          額(百万円)
      (1)株式       -    -    -
      (2)債券
      ① 国債・地方債等       -    -    -
  連結貸借対照表計上額
  が取得原価を超えるも     ② 社債       -    -    -
  の
      ③ その他       -    -    -
      (3)その他       1,999    1,999    -
        小計     1,999    1,999    -
      (1)株式       -    -    -
      (2)債券
      ① 国債・地方債等       -    -    -
  連結貸借対照表計上額
  が取得原価を超えない     ② 社債       -    -    -
  もの
      ③ その他       493    500    △7
      (3)その他       -    -    -
        小計      493    500    △7
      合計       2,492    2,499    △7
  (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 398百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
   難と認められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
   当連結会計年度(平成28年3月31日)

          連結貸借対照表計上
        種類       取得原価(百万円)    差額(百万円)
          額(百万円)
      (1)株式       -    -    -
      (2)債券
      ① 国債・地方債等       -    -    -
  連結貸借対照表計上額
  が取得原価を超えるも     ② 社債       -    -    -
  の
      ③ その他       -    -    -
      (3)その他       999    999    -
        小計      999    999    -
      (1)株式       -    -    -
      (2)債券
      ① 国債・地方債等       -    -    -
  連結貸借対照表計上額
  が取得原価を超えない     ② 社債       -    -    -
  もの
                     △1
      ③ その他       498    500
      (3)その他       -    -    -
        小計      498    500    △1
      合計       1,498    1,499    △1
  (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 37百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
   と認められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
            68/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  2.売却したその他有価証券
   前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
   該当事項はありません。
   当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

             売却益の合計額     売却損の合計額
    種類    売却額(百万円)
             (百万円)     (百万円)
  (1)株式         132     120     -

  (2)債券

  ①  国債・地方債等

           -     -     -
  ②  社債

           -     -     -
  ③  その他

           -     -     -
  (3)その他         -     -     -

    合計       132     120     -

  3.減損処理を行った有価証券

   前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
   当連結会計年度において、有価証券について8百万円(その他有価証券の株式)減損処理を行っております。
   なお、当該株式の減損にあたっては、直近の財務諸表における1株当たり純資産が1株当たり取得原価に比べ30%
  以上下落した場合には、出資後の経過年数等を勘案し、また当該会社の財政状態の回復可能性等を考慮の上、減損処
  理を行っております。
   当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

   当連結会計年度において、有価証券について3百万円(その他有価証券の株式)減損処理を行っております。
   なお、当該株式の減損にあたっては、直近の財務諸表における1株当たり純資産が1株当たり取得原価に比べ30%
  以上下落した場合には、出資後の経過年数等を勘案し、また当該会社の財政状態の回復可能性等を考慮の上、減損処
  理を行っております。
            69/98










                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (デリバティブ取引関係)
   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
    通貨関連
     前連結会計年度(平成27年3月31日)
             契約額等  契約額等のうち    時価
   ヘッジ会計の方法    取引の種類   主なヘッジ対象
             (百万円)  1年超(百万円)    (百万円)
       為替予約取引
   原則的処理方法
        買建
              17,005    -   187
        米ドル    買掛金
       為替予約取引
   為替予約の振当処理     買建
               4,803    - (注)1
        米ドル    買掛金
              21,809    -   187
       合計
   (注)1.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため、
     その時価は、当該買掛金の時価に含めて記載しております。
    2.時価につきましては、取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
     当連結会計年度(平成28年3月31日)

             契約額等  契約額等のうち    時価
   ヘッジ会計の方法    取引の種類   主なヘッジ対象
             (百万円)  1年超(百万円)    (百万円)
       為替予約取引
   原則的処理方法
        買建
              21,827    -   △660
        米ドル    買掛金
       為替予約取引
   為替予約の振当処理     買建
               7,369    - (注)1
        米ドル    買掛金
              29,197    -   △660
       合計
   (注)1.為替予約の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため、
     その時価は、当該買掛金の時価に含めて記載しております。
    2.時価につきましては、取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
            70/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (退職給付関係)
  1.採用している退職給付制度の概要
    当社及び一部の連結子会社は、確定拠出年金制度及び退職金前払制度を採用しております。また、当社はこの他
   に複数事業主制度による総合設立型の厚生年金基金に加盟しております。
    なお、要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
  (1)制度全体の積立状況に関する事項

           前連結会計年度     当連結会計年度
           (平成26年3月31日)     (平成27年3月31日)
   年金資産の額
            636,261百万円     744,963百万円
   年金財政計算上の数理債務の額と
            648,005     737,816
   最低責任準備金の額との合計額
   差引額         △11,744      7,147
  (2)制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合

    前連結会計年度      2.26%(自 平成25年4月1日       至 平成26年3月31日)
    当連結会計年度      2.34%(自 平成26年4月1日       至 平成27年3月31日)
  (3)補足説明

   上記(1)の差引額の主な要因は、不足金(前連結会計年度11,630百万円)、剰余金(当連結会計年度7,236百
   万円)及び年金財政計算上の過去勤務債務残高(前連結会計年度113百万円、当連結会計年度88百万円)でありま
   す。本制度における過去勤務債務については、第2加算年金加入かつ過去期間持ち込み事業者に係るもので当社グ
   ループに影響するものではありません。
   なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
  2.退職給付費用に関する事項

            前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  平成26年4月1日     (自  平成27年4月1日
            至  平成27年3月31日)     至  平成28年3月31日)
  退職給付費用(百万円)             1,318      875
  (1)確定拠出年金掛金及び前払退職金(百万円)             642      629
  (2)総合設立型厚生年金基金掛金(百万円)             675      245
            71/98










                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (ストック・オプション等関係)
   1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                   (単位:百万円)
          前連結会計年度       当連結会計年度
         (自 平成26年4月1日       (自 平成27年4月1日
         至 平成27年3月31日)       至 平成28年3月31日)
  一般管理費の株式報酬費            33       31
   2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

   (1) ストック・オプションの内容
         ネットワンシステムズ株式会社       ネットワンシステムズ株式会社
          2012年度新株予約権       2013年度新株予約権
               当社取締役(社外取締役を除く)      5名
        当社取締役(社外取締役を除く)5名
        当社執行役員                     8名
               当社執行役員                       8名
   付与対象者の区分及び人数
        当社子会社取締役                 2名
               当社子会社取締役                   2名
   株式の種類別のストック・
        普通株式   39,200株     普通株式   49,900株
  オプションの数(注)
   付与日      平成24年7月2日       平成25年7月1日
   権利確定条件      特に定めはありません。       特に定めはありません。
   対象勤務期間      特に定めはありません。       特に定めはありません。
         自 平成24年7月3日        自 平成25年7月2日
   権利行使期間
         至 平成54年7月2日        至 平成55年7月1日
         ネットワンシステムズ株式会社       ネットワンシステムズ株式会社

          2014年度新株予約権       2015年度新株予約権
        当社取締役(社外取締役を除く)7名       当社取締役(社外取締役を除く)7名
        当社執行役員                     5名  当社執行役員                     6名
   付与対象者の区分及び人数
        当社子会社取締役                 3名  当社子会社取締役                 2名
   株式の種類別のストック・
        普通株式   58,900株     普通株式   44,000株
  オプションの数(注)
   付与日      平成26年7月3日       平成27年7月2日
   権利確定条件      特に定めはありません。       特に定めはありません。
   対象勤務期間      特に定めはありません。       特に定めはありません。
         自平成26年7月4日        自平成27年7月3日
   権利行使期間
         至平成56年7月3日        至平成57年7月2日
   (注)株式数に換算して記載しております。
            72/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
   当連結会計年度(平成28年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
   ンの数については、株式数に換算して記載しております。
   ①ストック・オプションの数
      ネットワンシステムズ    ネットワンシステムズ    ネットワンシステムズ    ネットワンシステムズ
       株式会社    株式会社    株式会社    株式会社
      2012年度新株予約権    2013年度新株予約権    2014年度新株予約権    2015年度新株予約権
   権利確定前     (株)
  前連結会計年度末
        -    -    -    -
  付与
        -    -    -   44,000
  失効
        -    -    -    -
  権利確定
        -    -    -   44,000
  未確定残
        -    -    -    -
   権利確定後     (株)
  前連結会計年度末
        36,600    46,600    58,900     -
  権利確定
        -    -    -   44,000
  権利行使
        3,000    3,900    4,500     -
  失効
        -    -    -    -
  未行使残
        33,600    42,700    54,400    44,000
   ②単価情報

      ネットワンシステムズ    ネットワンシステムズ    ネットワンシステムズ    ネットワンシステムズ
       株式会社    株式会社    株式会社    株式会社
      2012年度新株予約権    2013年度新株予約権    2014年度新株予約権    2015年度新株予約権
   権利行使価格     (円)
         1    1    1    1
   行使時平均株価   (円)
        877    877    877    -
   付与日における公正な
        900    627    564    717
  評価単価     (円)
  3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

   当連結会計年度において付与された      2015年度新株予約権   についての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであ
  ります。
  ①  使用した評価技法              ブラック・ショールズ式
  ②  主な基礎数値及び見積方法
          ネットワンシステムズ株式会社
           2015年度新株予約権
              32.906%
    株価変動性(注)1
              4.5年
    予想残存期間(注)2
              30円/株
    予想配当(注)3
              0.098%
    無リスク利子率(注)4
   (注)1.予想残存期間に対応する期間4.5年(平成23年1月から平成27年6月まで)の週次株価実績に基づき算
     定しております。
    2.当社における過去10年間の取締役の退任状況から、各新株予約権者の予想在任期間を見積もり、これ
     を各新株予約権者に付与されたストック・オプションの個数で加重平均することにより見積もってお
     ります。
    3.平成27年3月期の配当実績によっております。
    4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
   4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

   基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
  ます。
            73/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前連結会計年度    当連結会計年度
          (平成27年3月31日)    (平成28年3月31日)
  繰延税金資産(流動)
  未払事業税          111百万円    10百万円
  賞与引当金          978    843
                 6
  たな卸資産評価損          20
  繰延ヘッジ損益          -    203
             164    155
  不正取引関連損失
             279    472
  その他
  繰延税金資産(流動)小計
            1,553    1,691
  評価性引当額          △207    △325
  繰延税金資産(流動)合計
                1,366
            1,345
  繰延税金負債(流動)

            △61     -
  繰延ヘッジ損益
  繰延税金負債(流動)合計          △61     -
                1,366
  繰延税金資産(流動)の純額          1,284
  繰延税金資産(固定)

  工具、器具及び備品減価償却費          924    923
  ソフトウエア費          244    205
  投資有価証券評価損          51    14
  その他有価証券評価差額金          1    3
  未収入金          245    214
  資産除去債務          108    112
             144    103
  その他
  繰延税金資産(固定)小計
            1,721    1,576
            △446    △388
   評価性引当額
  繰延税金資産(固定)合計
            1,275    1,188
  繰延税金負債(固定)

            △85    △84
  資産除去費用
  繰延税金負債(固定)合計          △85    △84
  繰延税金資産(固定)の純額          1,189    1,103
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

  主要な項目別の内訳
           前連結会計年度    当連結会計年度
          (平成27年3月31日)    (平成28年3月31日)
  法定実効税率
            35.64%    33.10%
  (調整)
  交際費等永久に損金に算入されない項目          2.06    3.19
  住民税均等割等          0.80    1.34
  税率変更による期末繰延税金資産の減額修正          6.26    5.23
  評価性引当額の増減          5.38    4.76
  のれん償却額          1.25    0.31
  関係株式売却益の連結修正           -    1.23
  清算に伴う子会社繰越欠損金の引継ぎ          △2.16
                 -
  その他          △0.27     3.99
  税効果会計適用後の法人税等の負担率
            48.96    53.15
  3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

   「所得税法の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成
  28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する連結会計年度から法人税率
  等の引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効
  税率は従来の32.34%から平成28年4月1日に開始する連結会計年度及び平成29年4月1日に開始する連結会計年度に
  解消が見込まれる一時差異については30.86%に、平成30年4月1日に開始する連結会計年度以降に解消が見込まれる
  一時差異については、30.62%となります。
            74/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   この税率変更により、繰延税金資産(繰延税金負債の金額を控除した金額)は              123百万円  減少し、法人税等調整額が
  113百万円  、繰延ヘッジ損益が9百万円、その他有価証券評価差額金が0百万円、それぞれ増加しております。
            75/98




















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (資産除去債務関係)
  資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
   イ.当該資産除去債務の概要
   本社及び各事業所の建物の賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
   ロ.当該資産除去債務の金額の算定方法
   使用見込期間を当該契約の期間及び建物の耐用年数等を勘案して22年から50年と見積り、その期間に応じた割
   引率(0.71%から2.29%)を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
   ハ.当該資産除去債務の総額の増減
            前連結会計年度     当連結会計年度

           (自 平成26年4月1日     (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)     至 平成28年3月31日)
   期首残高           331百万円     335百万円
   有形固定資産の取得に伴う増加額           8     -
   時の経過による調整額           5     6
   見積りの変更による増加額           -     26
   資産除去債務の履行による減少額           △10      -
   期末残高           335     367
   ニ.当該資産除去債務の見積りの変更

    当連結会計年度において、天王洲オフィスの不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務として計上していた資産
   除去債務について、新たな情報の入手に伴い、原状回復費用に関して見積りの変更を行いました。
    見積りの変更による増加額26百万円を変更前の資産除去債務残高に加算しております。
   (セグメント情報等)

   【セグメント情報】
   1.報告セグメントの概要
    当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、最
   高経営意思決定機関である取締役会及び経営委員会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的
   に検討を行う対象となっているものであります。
    当社グループは、市場・顧客別の営業体制を敷いており、本社及び各地方拠点の営業組織は、当社グループが
   取り扱う商品・サービス等の販売計画及び販売戦略をそれぞれ立案し、事業活動を展開しております。
    これらにより、当社グループは、市場・顧客別の営業体制を基礎としたマーケット別のセグメントから構成さ
   れており、一般民間企業を主なマーケットとする「ENT事業」、通信事業会社、ISPを主なマーケットとす
   る「SP事業」、中央省庁・自治体、文教及び社会インフラを提供している企業を主なマーケットとする「PU
   B事業」、パートナーを経由して市場に提供する「パートナー事業」の4つを報告セグメントとしております。
   2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

    報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に
   おける記載と概ね同一であります。なお、資産及び負債については、事業セグメントに配分していないため、報
   告セグメントごとの開示は行っておりません。
    報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であり、また、セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢
   価格に基づいております。
            76/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
   前連結会計年度(自     平成26年4月1日    至  平成27年3月31日)
                   (単位:百万円)
        報告セグメント
              その他    調整額
                    連結損益計
                合計
     ENT  SP  PUB     (注)1    (注)2
           パートナ         算書計上額
             計
           ー事業
      事業  事業  事業
  売上高
  外部顧客への売
      38,820  44,126  36,688  21,185  140,821   708 141,529   - 141,529
  上高
  セグメント間の
      14  -  -  4  18  955  973 △973   -
  内部売上高又は
  振替高
      38,834  44,126  36,688  21,190  140,839  1,663 142,503  △973  141,529
   計
  セグメント利益又
      2,096  3,087 △1,962  1,386  4,607  140 4,748  △627  4,121
  は損失(△)
  その他の項目
      983  632  839  268 2,723  52 2,776  -  2,776
  減価償却費
  (注) 1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、サーバサービス事業等を含んで
    おります。
   2. セグメント利益(営業利益)の調整額△627百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△627
    百万円が含まれております。全社費用は、主にセグメントに帰属しない一般管理費であります。
   当連結会計年度(自     平成27年4月1日    至  平成28年3月31日)

                   (単位:百万円)
        報告セグメント
              その他    調整額
                    連結損益計
                合計
              (注)1    (注)2
     ENT  SP  PUB
           パートナ         算書計上額
             計
           ー事業
      事業  事業  事業
  売上高
  外部顧客への売
      46,102  40,287  33,720  19,506  139,616   553 140,170   - 140,170
  上高
  セグメント間の
      3  -  -  9  12 1,026  1,038 △1,038   -
  内部売上高又は
  振替高
      46,105  40,287  33,720  19,515  139,629  1,579 141,208  △1,038  140,170
   計
  セグメント利益又
      2,836  1,569 △2,024   266 2,648  △108  2,539  △612  1,927
  は損失(△)
  その他の項目
      1,103  500  822  314 2,741  60 2,802  △10  2,791
  減価償却費
  (注) 1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、サーバサービス事業等を含んで
    おります。
   2. セグメント利益(営業利益)の調整額△612百万円には、各報告セグメントに配分していない全社費用等△
    612百万円が含まれております。全社費用は、主にセグメントに帰属しない一般管理費であります。
            77/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   【関連情報】
    前連結会計年度(自     平成26年4月1日    至  平成27年3月31日)
    1.製品及びサービスごとの情報
                   (単位:百万円)
                サービス
         ネットワーク   プラットフォーム
                    合計
             商品群   商品群
         商品群
          65,967   21,016   54,545   141,529
   外部顧客への売上高
    2.地域ごとの情報

    (1)売上高
     本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
    (2)有形固定資産

     当社グループの有形固定資産はすべて本邦に所在しているため、記載を省略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

     外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
    りません。
    当連結会計年度(自     平成27年4月1日    至  平成28年3月31日)
    1.製品及びサービスごとの情報
                   (単位:百万円)
                サービス
         ネットワーク   プラットフォーム
                    合計
             商品群   商品群
         商品群
          63,012   21,018   56,139   140,170
   外部顧客への売上高
    2.地域ごとの情報

    (1)売上高
     本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
    (2)有形固定資産

     当社グループの有形固定資産はすべて本邦に所在しているため、記載を省略しております。
    3.主要な顧客ごとの情報

     外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はあ
    りません。
   【セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

    前連結会計年度(自     平成26年4月1日    至  平成27年3月31日)
    該当事項はありません。
    当連結会計年度(自     平成27年4月1日    至  平成28年3月31日)

    該当事項はありません。
            78/98







                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】
    前連結会計年度(自     平成26年4月1日    至  平成27年3月31日)
                   (単位:百万円)
                  全社
             パートナー
      ENT事業  SP事業  PUB事業     その他     合計
                  (注)
             事業
        -  -  -  -  -  125  125
   当期償却額
        -  -  -  -  -  82  82
   当期末残高
   (注)「全社」の金額は、子会社である株式会社エクシードの普通株式を追加取得した際に発生したものでありま
    す。
    当連結会計年度(自     平成27年4月1日    至  平成28年3月31日)

                   (単位:百万円)
                  全社
             パートナー
      ENT事業  SP事業  PUB事業     その他     合計
                  (注)
             事業
        -  -  -  -  -  20  20
   当期償却額
        -  -  -  -  -  61  61
   当期末残高
   (注)「全社」の金額は、子会社である株式会社エクシードの普通株式を追加取得した際に発生したものでありま
    す。
   【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

    該当事項はありません。
   【関連当事者情報】

   関連当事者との取引
    該当事項はありません。
            79/98











                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (1株当たり情報)
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  平成26年4月1日     (自  平成27年4月1日
           至  平成27年3月31日)     至  平成28年3月31日)
             666.90円      642.01円
  1株当たり純資産額
  1株当たり当期純利益金額            21.48円      12.01円
  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額            21.45円      11.99円
  (注)1.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度
           (平成27年3月31日)      (平成28年3月31日)
             56,472      54,398
   純資産の部の合計額(百万円)
  純資産の部の合計額から控除する金額
              95      119
  (百万円)
  (うち新株予約権(百万円))           (95)      (119)
             56,376      54,279
  普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
   1株当たり純資産額の算定に用いられた期末
            84,535,075      84,546,475
  の普通株式の数(株)
     2.  1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりで

    あります。
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
           至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
  1株当たり当期純利益金額
  親会社株主に帰属する当期純利益金額(百
             1,816      1,015
  万円)
  普通株主に帰属しない金額(百万円)            -      -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
             1,816      1,015
  純利益金額(百万円)
  普通株式の期中平均株式数(株)          84,531,114      84,544,045
  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

  親会社株主に帰属する当期純利益調整額
              -      -
  (百万円)
  普通株式増加数(株)           130,706      165,846
  (うち新株予約権(株))          (130,706)      (165,846)
  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整          -      -
  後1株当たり当期純利益金額の算定に含め
  なかった潜在株式の概要
   (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
            80/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ⑤【連結附属明細表】
   【社債明細表】
    該当事項はありません。
   【借入金等明細表】

           当期首残高   当期末残高   平均利率
      区分              返済期限
           (百万円)   (百万円)   (%)
  短期借入金           -   -  -  -

  1年以内に返済予定の長期借入金            9   9 0.85   -

  1年以内に返済予定のリース債務           1,403   1,672  3.28   -

  長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)           29   19 0.85  平成30年

  リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)           3,257   4,130  1.82 平成29年~32年

  その他有利子負債           -   -  -  -

      合計       4,700   5,832  -  -

   (注)1.平均利率については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
   2.リース債務の平均利率については、リース物件のうち、支払利息を利息法により計上している物件に係る
    リース債務の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。また、当該リース物件に係る平均利率
    は、リース物件の維持管理費用相当額を含めて算定しております。
   3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
    のとおりであります。
         1年超2年以内   2年超3年以内   3年超4年以内   4年超5年以内
         (百万円)   (百万円)   (百万円)   (百万円)
     長期借入金       9   9   -   -
     リース債務       1,462   1,092    840   251
   【資産除去債務明細表】

    本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
   産除去債務明細表の記載を省略しております。
  (2)【その他】

    当連結会計年度における四半期情報等
  (累計期間)       第1四半期   第2四半期   第3四半期   当連結会計年度
          29,199   62,333   91,219   140,170
  売上高(百万円)
  税金等調整前四半期(当期)純利益金
              △70   △272   2,167
  額又は税金等調整前四半期純損失金額         △363
  (△)(百万円)
  親会社株主に帰属する当期純利益金額
              △174   △316   1,015
  又は親会社株主に帰属する四半期純損         △289
  失金額(△)(百万円)
  1株当たり当期純利益金額又は1株当
              △2.07   △3.74    12.01
          △3.42
  たり四半期純損失金額(△)(円)
  (会計期間)       第1四半期   第2四半期   第3四半期   第4四半期

  1株当たり四半期純利益金額又は1株
              1.35   △1.67    15.75
          △3.42
  当たり四半期純損失金額(△)(円)
            81/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  2【財務諸表等】
  (1)【財務諸表】
   ①【貸借対照表】
                   (単位:百万円)
            前事業年度     当事業年度
            (平成27年3月31日)     (平成28年3月31日)
  資産の部
  流動資産
               18,690     20,205
   現金及び預金
               466     119
   受取手形
              ※1 34,592     ※1 31,214
   売掛金
               1,999     1,498
   有価証券
               771     2,016
   商品
               310     398
   未着商品
               13,051     10,694
   未成工事支出金
                16     12
   貯蔵品
               5,858     6,387
   前払費用
               1,151     1,187
   繰延税金資産
              ※1 2,007     ※1 2,006
   短期貸付金
              ※1 4,936     ※1 4,661
   その他
               △1     △1
   貸倒引当金
               83,852     80,402
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
               1,678     1,486
    建物
               3,573     3,915
    工具、器具及び備品
               5,251     5,402
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               1,528     2,227
    ソフトウエア
                16     14
    その他
               1,545     2,242
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               545     37
    投資有価証券
               1,617     1,466
    関係会社株式
                2     0
    出資金
                24     17
    従業員に対する長期貸付金
                0     -
    破産更生債権等
                9     8
    長期前払費用
               1,166     1,080
    繰延税金資産
               1,780     1,779
    敷金及び保証金
               136     136
    その他
               △0     -
    貸倒引当金
               5,283     4,527
    投資その他の資産合計
               12,080     12,172
   固定資産合計
               95,933     92,574
  資産合計
            82/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
                   (単位:百万円)

            前事業年度     当事業年度
            (平成27年3月31日)     (平成28年3月31日)
  負債の部
  流動負債
              ※1 19,115     ※1 17,767
   買掛金
               1,403     1,672
   リース債務
              ※1 1,596     ※1 1,883
   未払金
               314     709
   未払費用
               1,200      399
   未払法人税等
               583     788
   未払消費税等
              ※1 11,116     ※1 9,835
   前受金
               129     140
   預り金
               2,700     2,435
   賞与引当金
                56     42
   役員賞与引当金
               380     735
   その他
               38,597     36,410
   流動負債合計
  固定負債
               3,257     4,130
   リース債務
               335     367
   資産除去債務
               246     117
   その他
               3,840     4,615
   固定負債合計
               42,437     41,026
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               12,279     12,279
   資本金
   資本剰余金
               19,453     19,453
    資本準備金
               19,453     19,453
    資本剰余金合計
   利益剰余金
                86     86
    利益準備金
    その他利益剰余金
               20,160     19,490
    別途積立金
               2,488     1,564
    繰越利益剰余金
               22,735     21,141
    利益剰余金合計
               △1,152     △1,143
   自己株式
               53,315     51,730
   株主資本合計
  評価・換算差額等
               △4     △7
   その他有価証券評価差額金
                87     △294
   繰延ヘッジ損益
                83     △301
   評価・換算差額等合計
                95     119
  新株予約権
               53,495     51,548
  純資産合計
               95,933     92,574
  負債純資産合計
            83/98






                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ②【損益計算書】
                   (単位:百万円)
            前事業年度     当事業年度
           (自 平成26年4月1日     (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
              ※1 122,198     ※1 122,644
  売上高
              ※1 95,019     ※1 97,319
  売上原価
               27,178     25,324
  売上総利益
              ※1,※2 25,919    ※1,※2 25,346
  販売費及び一般管理費
  営業利益又は営業損失(△)             1,259     △21
  営業外収益
                18     13
  受取利息
                -     5
  受取配当金
               1,795     1,603
  関係会社業務受託収入
                25     -
  為替差益
               156     283
  その他
               1,995     1,905
  営業外収益合計
  営業外費用
                57     76
  支払利息
                -     31
  為替差損
               △20      -
  貸倒引当金繰入額
                71     3
  その他
               109     111
  営業外費用合計
               3,145     1,771
  経常利益
  特別利益
                -     120
  投資有価証券売却益
                -     80
  関係会社株式売却益
                -     201
  特別利益合計
  特別損失
               ※3 41     ※3 18
  固定資産除却損
                8     0
  投資有価証券評価損
                2     -
  子会社整理損
               507     -
  不正取引関連損失
               560     19
  特別損失合計
               2,584     1,953
  税引前当期純利益
  法人税、住民税及び事業税             1,452      784
               △89     225
  法人税等調整額
               1,363     1,010
  法人税等合計
               1,221      943
  当期純利益
            84/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   ③【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)
                    (単位:百万円)
              株主資本
          資本剰余金      利益剰余金
               その他利益剰余金
       資本金             自己株式
           資本剰余金        利益剰余金
         資本準備金    利益準備金
           合計      繰越利益剰  合計
               別途積立金
                余金
  当期首残高      12,279  19,453  19,453   86 24,610  1,883  26,580  △3,518
  当期変動額
  別途積立金の取崩             △4,450  4,450
  剰余金の配当
                 △2,704  △2,704
  当期純利益               1,221  1,221
  自己株式の消却               △2,360  △2,360  2,360
  自己株式の処分
                 △0  △0  4
  株主資本以外の項目の当期変動
  額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  - △4,450   605 △3,844  2,365
  当期末残高      12,279  19,453  19,453   86 20,160  2,488  22,735  △1,152
       株主資本   評価・換算差額等

         その他有価      新株予約権  純資産合計
       株主資本合    繰延ヘッジ  評価・換算
         証券評価差
       計    損益  差額等合計
         額金
  当期首残高      54,795  △5  37  31  66 54,893
  当期変動額
  別途積立金の取崩
  剰余金の配当     △2,704         △2,704
  当期純利益
        1,221         1,221
  自己株式の消却      -         -
  自己株式の処分      4         4
  株主資本以外の項目の当期変動
          1  50  52  28  80
  額(純額)
  当期変動額合計
       △1,479   1  50  52  28 △1,398
  当期末残高      53,315  △4  87  83  95 53,495
            85/98







                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
    当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                    (単位:百万円)
              株主資本
          資本剰余金      利益剰余金
               その他利益剰余金
       資本金             自己株式
           資本剰余金        利益剰余金
         資本準備金    利益準備金
           合計      繰越利益剰  合計
               別途積立金
                余金
  当期首残高
        12,279  19,453  19,453   86 20,160  2,488  22,735  △1,152
  当期変動額
  別途積立金の取崩             △670  670
  剰余金の配当               △2,536  △2,536
  当期純利益
                 943  943
  自己株式の処分               △1  △1  8
  株主資本以外の項目の当期変動
  額(純額)
  当期変動額合計
        -  -  -  - △670  △923  △1,593   8
  当期末残高      12,279  19,453  19,453   86 19,490  1,564  21,141  △1,143
       株主資本   評価・換算差額等

         その他有価      新株予約権  純資産合計
       株主資本合    繰延ヘッジ  評価・換算
         証券評価差
       計    損益  差額等合計
         額金
  当期首残高      53,315  △4  87  83  95 53,495
  当期変動額
  別途積立金の取崩
  剰余金の配当
       △2,536         △2,536
  当期純利益      943         943
  自己株式の処分      7         7
  株主資本以外の項目の当期変動
          △3  △382  △385  23 △362
  額(純額)
  当期変動額合計      △1,584   △3  △382  △385  23 △1,946
  当期末残高      51,730  △7  △294  △301  119 51,548
            86/98








                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   【注記事項】
   (重要な会計方針)
  1.資産の評価基準及び評価方法
  (1) 有価証券
   ①子会社株式     移動平均法による原価法
   ②その他有価証券
   時価のあるもの    決算日の市場価格等に基づく時価法
       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
   時価のないもの    移動平均法による原価法又は償却原価法(定額法)
  (2) デリバティブ         時価法
  (3) たな卸資産
   ①商品          移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法
       により算定)
   ②未成工事支出金     個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
       り算定)
  2.固定資産の減価償却の方法
  (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            3~23年
       建物
            2~20年
       工具、器具及び備品
  (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            5年
       自社利用ソフトウエア
            3年
       販売用ソフトウエア
  (3) リース資産
   ①所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
   自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
   ②所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
   リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
  3.引当金の計上基準

  (1) 貸倒引当金
   債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特定の
   債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
  (2) 賞与引当金
   従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  (3) 役員賞与引当金
   役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

  (1) 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
   外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
   す。
  (2) ヘッジ会計
   ①ヘッジ会計の方法    繰延ヘッジ処理を採用しております。ただし、為替予約のうち、振当処理の要件を満
       たしている場合は振当処理を採用しております。
   ②ヘッジ手段とヘッジ対象      ヘッジ手段:為替予約
        ヘッジ対象:外貨建予定取引
   ③ヘッジ方針       取引限度額及び取引権限を定めた社内管理規程に従って、将来購入する業務用資産に
        係わる外貨建債務の為替変動リスクをヘッジしております。
   ④ヘッジ有効性評価の方法 為替予約については、ヘッジに高い有効性があるとみなされるため、有効性の評価に
       ついては省略しております。
  (3) 消費税等の会計処理     消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地
       方消費税は、当事業年度の費用として処理しております。
            87/98



                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (会計方針の変更)
  (企業結合に関する会計基準等の適用)
   「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」という。)
  及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基準」とい
  う。)等を当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業年度の費用として計上する方法に変更しておりま
  す。また、当事業年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額
  の見直しを企業結合日の属する事業年度の財務諸表に反映させる方法に変更しております。
   企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58-2項(4)及び事業分離等会計基準第57-4項
  (4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業年度の期首時点から将来にわたって適用しております。
   これによる財務諸表に与える影響はありません。
   (追加情報)

  不正取引に関する事項
   納品実体のない取引を取消処理したことで生じた差額757百万円は「流動資産のその他」に含めて表示しておりま
  す。なお、今後の状況によっては、当社の財政状態や経営成績に影響を与える可能性があります。
   (貸借対照表関係)

  ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
           前事業年度      当事業年度
          (平成27年3月31日)      (平成28年3月31日)
  短期金銭債権            3,454百万円      3,106百万円
  短期金銭債務            1,458      1,724
   2 次の関係会社の特定仕入先からの債務に対し、保証を行っております。

           前事業年度      当事業年度
          (平成27年3月31日)      (平成28年3月31日)
  ネットワンパートナーズ株式会社            1,102百万円      1,853百万円
   3 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行4行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約

    に基づく事業年度末の借入未実行残高は、次のとおりであります。
           前事業年度      当事業年度
          (平成27年3月31日)      (平成28年3月31日)
  当座貸越極度額の総額           21,200百万円      21,200百万円
  借入実行残高            -      -
     差引額        21,200      21,200
            88/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (損益計算書関係)
  ※1 関係会社との取引高
           前事業年度      当事業年度
          (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
          至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
  営業取引による取引高
  売上高           2,521百万円      2,502百万円
  仕入高           4,082      3,450
  販売費および一般管理費           1,781      1,978
  営業取引以外の取引による取引高            1,933      1,692
  ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度69%、当事業年度65%、一般管理費に属する費用のおおよその

  割合は前事業年度31%、当事業年度35%であります。
    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
           前事業年度      当事業年度
          (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
            至 平成27年3月31日)        至 平成28年3月31日)
  給与手当           9,259百万円      9,003百万円
             2,128      1,557
  賞与引当金繰入額
              56      42
  役員賞与引当金繰入額
             2,196      2,359
  賃借料
             1,024       982
  減価償却費
  ※3 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。

           前事業年度      当事業年度
          (自 平成26年4月1日      (自 平成27年4月1日
          至 平成27年3月31日)      至 平成28年3月31日)
  工具、器具及び備品            31百万円      14百万円
  ソフトウェア            9      3
     計         41      18
   (有価証券関係)

   子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式1,466百万円、前事業年度の貸借対照表
  計上額は子会社株式1,466百万円、関連会社株式151百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
  と認められることから、記載しておりません。
            89/98









                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (税効果会計関係)
  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前事業年度    当事業年度
          (平成27年3月31日)    (平成28年3月31日)
  繰延税金資産(流動)
  未払事業税          90百万円    16百万円
  賞与引当金          893    751
  繰延ヘッジ損益          -    131
             19    6
  たな卸資産評価損
             164    155
  不正取引関連損失
             235    450
  その他
  繰延税金資産(流動)小計
            1,402    1,512
  評価性引当額          △207    △325
  繰延税金資産(流動)合計
                1,187
            1,195
  繰延税金負債(流動)

            △43     -
  繰延ヘッジ損益
  繰延税金負債(流動)合計          △43     -
                1,187
  繰延税金資産(流動)の純額          1,151
  繰延税金資産(固定)

  工具、器具及び備品減価償却費          920    919
  ソフトウエア費          243    204
  投資有価証券評価損          51    14
  その他有価証券評価差額金          1    3
  未収入金          245    214
  資産除去債務          108    112
             126    85
  その他
  繰延税金資産(固定)小計
            1,698    1,553
            △446    △388
   評価性引当額
  繰延税金資産(固定)合計
            1,251    1,165
  繰延税金負債(固定)

            △85    △84
  資産除去費用
  繰延税金負債(固定)合計          △85    △84
  繰延税金資産(固定)の純額          1,166    1,080
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

  主要な項目別の内訳
           前事業年度    当事業年度
          (平成27年3月31日)    (平成28年3月31日)
  法定実効税率
            35.64%    33.10%
  (調整)
  交際費等永久に損金に算入されない項目          3.19    3.01
  住民税均等割等          1.04    1.40
  税率変更による期末繰延税金資産の減額修正          7.99    5.54
  評価性引当額の増減          7.41    5.23
  のれん償却額          1.27
                 -
  清算に伴う子会社繰越欠損金の引継ぎ          △3.18
                 -
  その他          △0.59     3.43
  税効果会計適用後の法人税等の負担率
            52.76    51.70
  3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

   「所得税法の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成
  28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の
  引下げ等が行われることとなりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率
  は従来の32.34%から平成28年4月1日に開始する事業年度及び平成29年4月1日に開始する事業年度に解消が見込ま
  れる一時差異については30.86%に、平成30年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異について
  は、30.62%となります。
   この税率変更により、繰延税金資産(繰延税金負債の金額を控除した金額)は              114百万円  減少し、法人税等調整額が
  108百万円  、繰延ヘッジ損益が6百万円、その他有価証券評価差額金が0百万円、それぞれ増加しております。
            90/98


                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
            91/98





















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
   (重要な後発事象)
   該当事項はありません。
   ④【附属明細表】

   【有形固定資産等明細表】
                   (単位:百万円)
                    減価償却

  区分  資産の種類   当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期償却額  当期末残高
                    累計額
         2,708   59  -  251  2,768  1,281

    建物
  有形
         23,781   2,709   608  1,876  25,881  21,966
    工具、器具及び備品
  固定資産
         26,489   2,768   608  2,128  28,649  23,247
     計
         5,715  1,282   493  579  6,504  4,276
    ソフトウエア
  無形
         21  -  -   2  21   6
    その他
  固定資産
         5,736  1,282   493  581  6,525  4,282
     計
   (注)1.当期首残高及び当期末残高は、取得価額により記載しております。
   2.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
    建物        拠点レイアウト変更工事等                  32百万円
    工具、器具及び備品 試験及び開発器材購入等                  481百万円
              保守部材購入                      2,227百万円
    ソフトウエア    新基幹システム導入費用                               1,025百万円
   3.当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。

    工具、器具及び備品   検査機器等の廃棄                   131百万円
                保守部材の廃棄                                     2百万円
   【引当金明細表】

                (単位:百万円)
    科目    当期首残高   当期増加額   当期減少額   当期末残高

          1

  貸倒引当金          -   0   1
  賞与引当金       2,700   2,435   2,700   2,435

  役員賞与引当金        56   42   56   42

  (2)【主な資産及び負債の内容】

   連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3)【その他】

   該当事項はありません。
            92/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第6【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度      4月1日から3月31日まで
  定時株主総会      6月中

  基準日      3月31日

        9月30日
  剰余金の配当の基準日
        3月31日
  1単元の株式数      100株
  単元未満株式の買取り

        (特別口座)
  取扱場所
        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号       三井住友信託銀行株式会社     証券代行部
        (特別口座)
  株主名簿管理人
        東京都千代田区丸の内一丁目4番1号       三井住友信託銀行株式会社
  取次所      ―
  買取手数料      無料

        本会社の公告方法は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由
        によって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲
        載して行う。
  公告掲載方法
        なお、電子公告は当社ウェブサイトに掲載しており、URLは次のとおりであ
        ります。
        http://www.netone.co.jp/
  株主に対する特典      該当事項はありません。
            93/98












                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第7【提出会社の参考情報】
  1【提出会社の親会社等の情報】
  当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
  2【その他の参考情報】

   当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
  (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
   事業年度(第28期)(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)平成27年6月17日関東財務局長に提出
  (2)内部統制報告書及びその添付書類

    平成27年6月17日関東財務局長に提出
  (3)四半期報告書及び確認書

   (第29期第1四半期)(自 平成27年4月1日 至 平成27年6月30日)平成27年8月7日関東財務局長に提出
   (第29期第2四半期)(自 平成27年7月1日 至 平成27年9月30日)平成27年11月12日関東財務局長に提出
   (第29期第3四半期)(自 平成27年10月1日 至 平成27年12月31日)平成28年2月12日関東財務局長に提出
  (4) 臨時報告書

    平成27年6月17日関東財務局長に提出
     企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
   時報告書であります。
            94/98













                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            95/98




















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   令和2年3月12日

  ネットワンシステムズ株式会社

   取 締 役 会    御中

          有限責任監査法人トーマツ

          指定有限責任社員

             公認会計士
                菊地  徹     印
          業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

  いるネットワンシステムズ株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸
  表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・
  フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
  た。
  連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
  表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
  経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
  とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
  は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
  し、これに基づき監査を実施することを求めている。
  監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
  監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
  る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
  の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
  を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
  も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
  当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

  当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ネッ
  トワンシステムズ株式会社及び連結子会社の平成28年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度
  の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
            96/98





                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
  その他の事項
   有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、当監
  査法人は、訂正前の連結財務諸表に対して平成28年6月16日に監査報告書を提出した。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上

  (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(訂正報告書提出会
    社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            97/98

















                     EDINET提出書類
                  ネットワンシステムズ株式会社(E04966)
                     訂正有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   令和2年3月12日

  ネットワンシステムズ株式会社

   取 締 役 会    御中

          有限責任監査法人トーマツ

          指定有限責任社員

             公認会計士
                菊地  徹     印
          業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

  いるネットワンシステムズ株式会社の平成27年4月1日から平成28年3月31日までの第29期事業年度の訂正後の財務諸
  表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につい
  て監査を行った。
  財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
  することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
  必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
  ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
  当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
  基づき監査を実施することを求めている。
  監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
  法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
  諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
  際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
  また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
  しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
  当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  監査意見

  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ネットワ
  ンシステムズ株式会社の平成28年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要
  な点において適正に表示しているものと認める。
  その他の事項

   有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、財務諸表を訂正している。なお、当監査法
  人は、訂正前の財務諸表に対して平成28年6月16日に監査報告書を提出した。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上

  (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(訂正報告書提出会
    社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            98/98



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。