株式会社ソフトフロントホールディングス 四半期報告書 第23期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第23期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ソフトフロントホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年2月14日
      【四半期会計期間】                    第23期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
      【会社名】                    株式会社ソフトフロントホールディングス
      【英訳名】                    Softfront     Holdings
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 野田 亨
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区三番町6番地26
                         (2019年11月5日より、本店所在地 東京都千代田区永田町二丁目17番3号
                         が上記のように移転しております。)
      【電話番号】                    代表 03(6550)9270
      【事務連絡者氏名】                    グループ業務推進室 室長 鈴木 雅博
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区三番町6番地26
      【電話番号】                    代表 03(6550)9270
      【事務連絡者氏名】                    グループ業務推進室 室長 鈴木 雅博
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23












                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                             第22期第3四半期           第23期第3四半期
                 回次                                     第22期
                              連結累計期間           連結累計期間
                             自2018年4月1日           自2019年4月1日           自2018年4月1日
                会計期間
                             至2018年12月31日           至2019年12月31日           至2019年3月31日
                       (千円)           361,478           225,614           471,455
        売上高
                       (千円)          △ 275,172          △ 138,786          △ 302,180
        経常損益
        親会社株主に帰属する四半期
                       (千円)          △ 279,956          △ 169,403          △ 272,563
        (当期)純損益
                       (千円)          △ 292,685          △ 169,403          △ 285,291
        四半期包括利益又は包括利益
                       (千円)            47,275           92,096          161,469
        純資産額
                       (千円)           379,723           334,783           437,108
        総資産額
        1株当たり四半期(当期)純
                        (円)           △ 11.54          △ 6.47         △ 11.12
        損益金額
        潜在株式調整後1株当たり四
                        (円)             -           -           -
        半期(当期)純利益金額
                        (%)            10.4           25.2           35.2
        自己資本比率
                             第22期第3四半期           第23期第3四半期

                 回次
                              連結会計期間           連結会計期間
                             自2018年10月1日           自2019年10月1日
                会計期間
                             至2018年12月31日           至2019年12月31日
        1株当たり四半期純損益金額               (円)           △ 0.56          △ 1.91
       (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記

             載しておりません。
          2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          3.潜在株式調整後1株当たり四半期                  (当期)    純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当た
             り四半期    (当期)    純損失金額であるため記載しておりません。
          4.経常損益、       親会社株主に帰属する          四半期   (当期)    純損益及び1株当たり四半期(当期)純損益金額の△
             印は損失を示しております。
      2【事業の内容】

        第2四半期連結会計期間において、連結子会社である株式会社AWESOME                                  JAPANが営んでいたAWESOME             JAPAN関連事
       業の全部を休止いたしました。また、連結子会社であるデジタルポスト株式会社が営んでいたデジタルポスト関連
       事業の全部をソースネクスト株式会社に譲渡いたしました。
        なお、主要な関係会社の異動はありません。
        第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況
       1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記
       載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
        なお、    継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況につきましては、次のとおりであります。
        当社グループは、前連結会計年度において、営業損失269,705千円、経常損失302,180千円、親会社株主に帰属す
       る当期純損失272,563千円を計上した結果、8期連続の営業損失を計上しており、当第3四半期連結累計期間におい
       ても、営業損失       140,569    千円、経常損失       138,786    千円、   親会社株主に帰属する四半期純損失                 169,403    千円を計上     してお
       ります。
        当該状況により、当社グループには継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在してお
       ります。このため、         当社グループは、「2            経営者による      財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
       析」(5)重要事象等について」に記載のとおり、具体的な対応策を実施し当該状況の解消と改善に向けて努めて
       おります。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況
         ①経営成績の状況
          当第3四半期連結累計期間(2019年4月1日~2019年12月31日)                               の 当社グループ事業に関係するICT関連分野
         を取りまく環境につきましては、AIやIoT関連市場が世界各国において活性化する中、国内においても技術革新
         が進み市場が拡大しました。
          このような環境の下、当社グループは2019年5月17日に発表した「中期経営計画」に従い、既存事業の再構築
         と事業基盤の強化に力を入れており、ボイスコンピューティングを中心としたコミュニケーション領域での事業
         拡大を行う株式会社ソフトフロントジャパンに経営リソースを集中的に投下することにより、事業基盤確立と営
         業損失縮小を進めております。具体的には、同社の自然会話AIプラットフォーム「commubo(コミュボ)」及び
         クラウド電話サービス「telmee(テルミー)」の事業活動を積極的に進めており、当                                       第3四半期連結会計期間の
         活動により     次の成果が得られております。
         <commubo>
           ・岡田電機株式会社のオラクルソリューションに採用
           ・株式会社ジェクシードとの資本業務提携による事業の推進
         <telmee>


           ・複数の自治体による、緊急情報伝達システムでの「telmeeもしもし」の採用
           ・バージョンアップにより、SMS配信機能・匿名電話機能の付加価値を新たに追加
          また、第3四半期連結累計期間では、営業損失縮小のため、次のとおり不採算子会社の整理を積極的に進めて


         おります。
         <不採算子会社の整理>
           ・株式会社AWESOME         JAPANの解散(2019年9月30日付)
           ・株式会社コロコニの解散(2019年9月30日付)
           ・デジタルポスト株式会社の全部の事業のソースネクスト株式会社への譲渡(2019年9月30日付)
                                  3/23




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
          このような状況の中、当社グループの当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高                                         225,614    千円(前年同
         四半期比37.6%減)、営業損失              140,569    千円(前年同四半期は営業損失              254,822    千円)、経常損失        138,786    千円
         (前年同四半期は経常損失            275,172    千円)、親会社株主に帰属する四半期純損失                     169,403    千円(前年同四半期は親
         会社株主に帰属する四半期純損失               279,956    千円)となりました。
          売上高につきましては、前年同四半期では、現在、既に連結の範囲から外れている株式会社ソフトフロント
         Development      Service、SOFTFRONT          VIETNAM    CO.,   LTD.及び株式会社エコノミカルの売上高が含まれているため、
         前年同四半期との比較では減少しているものの、「commubo」及び「telmee」の受注拡大が大きく貢献し、当社
         が経営リソースを集中している株式会社ソフトフロントジャパンの売上高は順調に拡大しております。なお、両
         サービスは月額課金のストック型収入モデルであるため、新規のお客様の受注獲得が長期間に渡って月々の売上
         高の増加に貢献することとなり、今後も継続的な業績の伸びが期待されます。また、営業損失・経常損失・親会
         社株主に帰属する四半期純損失につきましては、前連結会計年度から継続的に行っている不採算事業の見直し、
         徹底した経費削減等への取組みなどの経営再建活動の効果により、いずれも前年同四半期と比較して、損失額が
         大幅に改善しております。なお、2019年10月18日付「本店移転及び特別損失の発生に関するお知らせ」で公表し
         たとおり、当社は2019年11月5日に本店を移転しておりますが、賃料及び共益費が年間約30百万円減少するた
         め、営業損益の改善に大きく貢献する見込みであります。今後も早期黒字化を目指して更なる経営再建活動を進
         めると同時に、攻めの経営に転換し、「commubo」及び「telmee」の拡販により一層力を入れてまいります。
          セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
          なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同四半期比較につい
         ては、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
         (ソフトフロントジャパン関連事業)
          売上高は147,199千円(前年同四半期比16.4%増)、セグメント利益は22,888千円(前年同四半期はセグメン
         ト損失8,275千円)となりました。                売上高が増加し、セグメント利益が黒字転換した主な理由は、電話業務の自
         動化需要が顕在化し、「telmee」及び「commubo」の受注が順調に拡大しているためであります。なお、
         「telmee」及び「commubo」はストック型ビジネスであり、受注案件の売上が毎月累積していくこととなるた
         め、今後の受注案件の増加により、業績が伸張していくことを見込んでおります。
         (ソフトフロントマーケティング関連事業)
          売上高は62,169千円(前年同四半期比42.5%減)、セグメント利益は5,075千円(前年同四半期はセグメント
         損失3,456千円)となりました。               売上高が減少した主な理由は、代理店販売に集中する形態に変更したことによ
         るものであります。一方、セグメント利益が黒字転換した主な理由は、販売形態の変更により、業務効率が向上
         し、費用を抑制できたためであります。
         (デジタルポスト関連事業)
          売上高は13,345千円(前年同四半期比69.2%減)、セグメント損失は12,338千円(前年同四半期はセグメント
         損失17,594千円)となりました。なお、デジタルポスト関連事業は、P1第一部.企業情報.第1.企業の概況.2.
         事業の内容に記載の         とおり、不採算子会社の整理として、2019年9月30日付でデジタルポスト株式会社の事業の
         全部をソースネクスト株式会社に譲渡しております。
         (AWESOME     JAPAN関連事業)
          売上高は3,093千円(前年同四半期比83.1%減)、セグメント損失は4,746千円(前年同四半期はセグメント損
         失12,879千円)となりました。              なお、   AWESOME    JAPAN関連事業は、         前述のとおり、不採算子会社の整理として、
         2019年9月30日付で株式会社AWESOME                  JAPANを解散しております。
         (その他)
          前年同四半期の業績から大きく変動している理由は、前年同四半期の業績においては、その後連結の範囲から
         外れた株式会社ソフトフロントDevelopment                     Service、SOFTFRONT          VIETNAM    CO.,   LTD.及び株式会社エコノミカル
         の業績が含まれているためであります。
                                  4/23






                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
         ②財政状態の分析
         (資産)
          当第3四半期連結会計期間末における流動資産は243,521千円となり、前連結会計年度末に比べ82,543千円減
         少いたしました。これは主に、現金及び預金が58,388千円、売掛金が4,265千円減少したことによるものであり
         ます。固定資産は91,261千円となり、前連結会計年度末に比べ19,782千円減少いたしました。これは主に、無形
         固定資産が12,490千円減少したことによるものであります。
         (負債)
          当第3四半期連結会計期間末における流動負債は86,445千円となり、前連結会計年度末に比べ18,447千円増加
         いたしました。これは主に、営業未払金が14,763千円減少した一方で、1年内償還予定の転換社債型新株予約権
         付社債が40,000千円増加したことによるものであります。固定負債は156,241千円となり、前連結会計年度末に
         比べ51,400千円減少いたしました。これは主に、転換社債型新株予約権付社債が50,000千円減少したことによる
         ものであります。
         (純資産)
          当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は                         92,096   千円となり、前連結会計年度末に比べ69,373千円減
         少いたしました。これは主に、第三者割当増資及び新株予約権の行使(                                 転換社債型新株予約権付社債の新株予約
         権の行使を含む)等により資本金が49,962千円、資本剰余金が49,959千円増加した一方で、                                          親会社株主に帰属す
         る四半期純損失       169,403    千円の   計上により利益剰余金が減少したこと                  によるものであります。
          この結果、自己資本比率は25.2%(前連結会計年度末は35.2%)となりました。
       (2)経営方針・経営戦略等

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
         ありません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
          なお、当社グループは、2019年5月17日付で発表した「中期経営計画」の下、「2 経営者による財政状態、
         経営成績及びキャッシュ・フローの状態の分析(5)重要事象等について」に示す課題への対処を的確に行って
         おります。
       (4)研究開発活動

          当第3四半期連結累計期間において、当社グループにおける研究開発活動の金額は、21,425千円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。更
         なる業績拡大を目指し、「commubo」を含めた様々な製品展開で共通的に利用し得る会話その他の技術分野の
         研究開発を行っております。
          具体的な研究開発項目は次のとおりであります。
         ① 話し言葉の意図理解が可能な会話AIの開発
          テキストチャットなどで利用される会話AIは、「はい」や「いいえ」などの単純な意図理解のみ実現されてい
         ます。これに対し、高度な音声会話を実現するロボットに向け、「それは大丈夫です」などの曖昧な表現や、回
         りくどい冗長な表現から、適切に人間の意図を理解するAIを研究しております                                    。
         ② リアルタイムWeb機能を実現した会話AIクラウドプラットフォームの開発
          本体ハードウェアを必要とせず、クラウドサービスとして実現する会話AIロボットは、その会話状況などをリ
         アルタイムに監視したり表示することが求められます。Webサービスでありながら、クラウド上の会話AIロボッ
         トが人間と会話している状況や内容をリアルタイムに通知/表示するクラウドプラットフォームを開発しており
         ます  。
         ③ 動的スケーラビリティのロボットクラウドプラットフォームの開発
          リアルタイムの音声会話を実現するロボットサービスは、高速処理を実現するために、役割の異なる複数台の
         サーバーによって構成されています。これらの容量やコストの異なるサーバー装置の適切な管理は、大規模なロ
         ボットサービスの運用において重要な技術となります。
          特定の時間帯だけロボットの台数を増やしたり、臨時に増強するなど、ユーザーの運用に柔軟に対応できるよ
         うに、動的スケーラビリティを備えたクラウドプラットフォームを開発しております                                       。
         ④外部連携による付加価値機能の開発
          企業  や自治体等における電話対応業務や情報伝達をスピーディに自動化するためには、各種有用な情報を提供
         しているAPIサービスやシステムとの連携が求められています。
          会話内容に特定のリアルタイム情報を反映したり、伝達手段をメール等の音声以外の手段で通知するなど、コ
         ミュニケーションの付加価値を生む研究開発を行っています。
                                  5/23


                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
       (5)重要事象等について
          当第3四半期連結累計期間において、「第2 事業の状況 1 事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業
         の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象等が存在しております。
          当社グループは、当該状況を解消して早期黒字化を図ることが優先課題であり、以下に示す3つの施策を積極
         的に推進し、当社グループにおける業績回復を進めてまいります。
         ①既存事業の再構築と事業基盤の強化
          既存事業のうち、当社のコア事業であるボイスコンピューティング事業とコミュニケーション・プラット
         フォーム事業に経営資源を投下し、事業を拡大してまいります。
          具体的には、様々なシステム環境に電話の機能を安価にかつスピーディに組み込んでサービス提供することを
         可能とするクラウドサービス「telmee」の需要が自治体や各種事業者で顕在化しており、サービスの拡販に力を
         入れてまいります。また、2018年10月より、急成長分野として期待するボイスコンピューティング分野にて展開
         する自然会話AIプラットフォーム「commubo(コミュボ)」の提供を開始しており、コールセンター業務への対
         応、電話による営業アポイントメントの獲得、企業の代表電話の受付、テレビショッピングの注文受付など様々
         な利用シーンへの展開が期待され、同様にサービスの拡販に力を入れてまいります。
         ②構造改革の推進
          不採算事業の見直し、徹底した経費削減等への取組みなど、一連の経営再建活動を行い、業績の回復を進めて
         おりますが、引き続き、構造改革を推進し、グループ全体の効率化や合理化を図ってまいります。
         ③資本業務提携の具現化
          当社は、株式会社大洋システムテクノロジー(現株式会社デジタルフォン)との資本業務提携などにより、手
         元資金の確保のため資金調達を行っておりましたが、さらに当第3四半期連結会計期間において、2019年11月25
         日付「株式会社ジェクシードとの資本業務提携に関するお知らせ」にて開示のとおり、第三者割当増資により
         77,700千円の資金調達を行っております。また、ジェクシード社との業務提携により、両社の有する製品、技術
         力及びノウ・ハウを共有し、両社の顧客資産等経営資源の相互補完により売上の拡大を図るとともに、人材交流
         により両社のシナジーを最大化するべく、その具現化に注力してまいります。
          上記の施策により、収益基盤を確保し経営の安定化を図り、当該状況が解消されると判断しておりますが、業
         績回復は経済環境等の影響を受け、計画通りに進捗しない可能性があること、また、予定している資金調達にお
         いては新株予約権の行使も含まれ、新株予約権の行使の有無は新株予約権者の判断に依存し、当社グループが予
         定している資金調達ができない可能性があることから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認
         められます。
          なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の
         影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/23









                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
     普通株式                                             89,000,000

                  計                                89,000,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末
                                         上場金融商品取引所
                            提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                                名又は登録認可金融              内容
                             (2020年2月14日)
                (2019年12月31日)                         商品取引業協会名
                                          東京証券取引所

                                          JASDAQ
                   26,926,075             26,926,075
       普通株式                                             単元株式数100株
                                          (グロース)
                   26,926,075             26,926,075             -          -

         計
      (注)1.「提出日現在発行数」欄には、2020年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の権利行使に
           より発行された株式数は含まれておりません。
         2.発行済株式のうち261,437株は、現物出資(株式66,666千円)によるものであります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
            年月日        総数増減数       総数残高       増減額       残高      増減額       残高
                      (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                            26,926,075                             49,962

        2019年12月11日       (注)       700,000              38,850       59,962       38,850
        (注)有償第三者割当による増加であります。

           発行価格   111円
           資本組入額        55.5円
           割当先 株式会社ジェクシード
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/23





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年12月31日現在
                          株式数(株)            議決権の数(個)
             区分                                         内容
                                  -             -       -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -             -       -
     議決権制限株式(その他)                             -             -       -

     完全議決権株式(自己株式等)                             -             -       -

     完全議決権株式(その他)                         26,224,400              262,244          -

                       普通株式
                                 1,675              -       -
     単元未満株式                  普通株式
                              26,226,075                 -       -
     発行済株式総数
                                  -          262,244          -
     総株主の議決権
        (注)1.当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容の確認ができない
             ため、記載することができないことから、直前の基準日である、2019年12月20日開催の臨時株主総会の
             基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
           2.2019年12月31日現在の発行済株式総数は、2019年12月11日付の第三者割当増資により700,000株増加
             し、26,926,075株となっております。
           3.当社所有の自己株式が「単元未満株式」欄の普通株式に97株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年12月31日現在
                              自己名義       他人名義              発行済株式総数に
                                            所有株式数の
                              所有株式数       所有株式数              対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                                             合計(株)
                               (株)       (株)              の割合(%)
           -            -           -       -       -          -
                       -           -       -       -          -
           計
                                  8/23










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)新任役員
                                                     所有株
       役職名       氏名       生年月日                 略歴             任期   式数   就任年月日
                                                     (株)
                           1990年10月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トー
                                マツ)入所
                           1994年7月 公認会計士登録
                           1999年12月 株式会社ガーラ取締役管理本部長
                           2001年9月 トライベック・ストラテジー株式会社設立、
                                同社取締役CFO
                           2004年6月 オートバイテル・ジャパン株式会社(現オー
                                トックワン株式会社)監査役
                           2011年9月 トライベック・ストラテジー株式会社代表取
                                締役社長
                           2014年11月 同社代表取締役会長
                           2017年5月 株式会社大洋システムテクノロジー(現株式
       取締役
                                                         2019年
             殿木 和彦      1968年1月22日生                               (注)     -
                                会社デジタルフォン、以下同じ)執行役員
                                                        12月20日
     (監査等委員)
                                CFO
                           2017年9月 株式会社サイト・パブリス取締役
                           2017年10月 株式会社大洋システムテクノロジー取締役常
                                務執行役員CFO
                           2018年6月 当社社外取締役
                           2018年7月 株式会社大洋グローバルビジネス取締役
                           2018年10月 株式会社大洋システムテクノロジー取締役専
                                務執行役員CFO
                           2019年9月 株式会社デジタルフォン取締役(現任)
                           2019年10月 株式会社大洋グローバルビジネス取締役財務
                                担当(現任)
                           2019年12月 当社取締役監査等委員(現任)
                           1991年4月 弁護士登録
                           1991年4月 成和共同法律事務所入所
                           1993年6月 成和共同法律事務所パートナー
                           2002年1月 京総合法律事務所(ドーシィ・アンド・
                                ウィットニー外国法事務弁護士事務所特定共
                                同事業事務所)パートナー
       取締役                                                  2019年
                           2004年2月 敬和綜合法律事務所パートナー(現任)
             樋口 收      1960年5月31日生                               (注)     -
                                                        12月20日
     (監査等委員)
                           2006年4月 株式会社キャピタルメディカ監査役
                           2008年6月 株式会社大泉製作所社外監査役
                           2013年6月 日本水産株式会社社外監査役
                           2017年5月 エルナー株式会社社外監査役
                           2018年5月 エルナー株式会社社外取締役(現任)
                           2019年6月 当社社外取締役
                           2019年12月 当社取締役監査等委員(現任)
                           2001年10月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トー
                                マツ)入所
                           2005年5月 公認会計士登録
                           2008年1月 川崎公認会計士事務所(現KMS経営会計事
                                務所)代表(現任)
                           2011年5月 株式会社エイゾン・パートナーズ取締役
       取締役                                                  2019年
             川崎 晴一郎      1978年12月6日生                               (注)     -
                           2011年7月 税理士登録
     (監査等委員)                                                   12月20日
                           2016年1月 株式会社エイゾン・パートナーズ代表取締役
                                (現任)
                           2016年9月 株式会社エース(現株式会社BuySell
                                Technologies)監査役(現任)
                           2017年6月 当社社外監査役
                           2019年12月 当社取締役監査等委員(現任)
       (注)取締役(監査等委員)の任期は、2021年3月期にかかる定時株主総会終結の時までであります。
                                  9/23





                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
       (2)退任役員

             役職名          氏名           退任年月日
           常勤監査役          五十嵐 敦           2019年12月20日

           社外監査役          阿部 貢           2019年12月20日

           社外監査役         川崎 晴一郎            2019年12月20日
        (注)当社は、2019年12月20日付で監査等委員会設置会社に移行いたしました。そのため、社外監査役川崎晴一
           郎は2019年12月20日で退任し、新たに取締役(監査等委員)として同日に就任しております。
        (3)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率
           男性5名 女性           -名(役員のうち女性の比率             -%)
                                 10/23

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、そうせい監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 11/23

















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        204,998              146,609
         現金及び預金
                                         66,086              61,821
         売掛金
                                         54,979              35,090
         その他
                                        326,064              243,521
         流動資産合計
       固定資産
                                            0            9,904
         有形固定資産
                                         22,457               9,966
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                         42,789              42,789
          投資有価証券
                                         76,821              55,850
          その他
                                        △ 31,024             △ 27,248
          貸倒引当金
                                         88,587              71,391
          投資その他の資産合計
                                        111,044               91,261
         固定資産合計
                                        437,108              334,783
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         17,527               2,763
         営業未払金
                                           -            40,000
         1年内償還予定の転換社債型新株予約権付社債
                                         2,600              2,200
         1年内返済予定の長期借入金
                                           970              602
         未払法人税等
                                           53              33
         その他の引当金
                                         46,847              40,846
         その他
                                         67,997              86,445
         流動負債合計
       固定負債
                                         50,000                -
         転換社債型新株予約権付社債
                                         1,400                -
         長期借入金
                                        156,241              156,241
         債務保証損失引当金
                                        207,641              156,241
         固定負債合計
                                        275,638              242,686
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         10,000              59,962
         資本金
                                        424,150              474,110
         資本剰余金
                                       △ 280,358             △ 449,761
         利益剰余金
                                          △ 64             △ 64
         自己株式
                                        153,728               84,247
         株主資本合計
                                         7,741              7,849
       新株予約権
                                        161,469               92,096
       純資産合計
                                        437,108              334,783
      負債純資産合計
                                 12/23







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
      売上高                                   361,478              225,614
                                        243,595              137,543
      売上原価
                                        117,882               88,070
      売上総利益
                                        372,705              228,639
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 254,822             △ 140,569
      営業外収益
                                           578              404
       受取利息
                                           -             2,875
       貸倒引当金戻入額
                                         2,945               233
       その他
                                         3,524              3,513
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,022               732
       支払利息
                                         17,916                770
       新株予約権発行費
                                         3,934               227
       その他
                                         23,874               1,730
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 275,172             △ 138,786
      特別利益
                                         2,933                -
       固定資産売却益
                                         29,928                -
       関係会社株式売却益
                                         8,672                -
       投資有価証券売却益
                                         41,535                -
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             7,000
       固定資産除却損
                                         37,688                -
       関係会社整理損
                                         13,979               3,688
       構造改革費用
                                           -            19,200
       移転関連費用
                                         51,668              29,889
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 285,305             △ 168,675
                                         1,673               727
      法人税、住民税及び事業税
                                         1,673               727
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 286,979             △ 169,403
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 7,022                -
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 279,956             △ 169,403
                                 13/23








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
      四半期純損失(△)                                  △ 286,979             △ 169,403
      その他の包括利益
                                        △ 6,893                -
       その他有価証券評価差額金
                                         1,187                -
       為替換算調整勘定
                                        △ 5,705                -
       その他の包括利益合計
                                       △ 292,685             △ 169,403
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 285,662             △ 169,403
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 7,022                -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
          当社グループは、前連結会計年度において、営業損失269,705千円、経常損失302,180千円、親会社株主に帰属
         する当期純損失272,563千円を計上した結果、8期連続の営業損失を計上しており、当第3四半期連結累計期間
         においても、営業損失          140,569    千円、経常損失       138,786    千円、   親会社株主に帰属する四半期純損失                 169,403    千円を
         計上  しております。このような損失計上が継続すれば今後の手元流動性の確保に支障が生じる可能性もあること
         から、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
          当社グループは、当該状況を解消して早期黒字化を図ることが優先課題であり、以下に示す3つの施策を積極
         的に推進し、当社グループにおける業績回復を進めてまいります。
         ①既存事業の再構築と事業基盤の強化
          既存事業のうち、当社のコア事業であるボイスコンピューティング事業とコミュニケーション・プラット
         フォーム事業に経営資源を投下し、事業を拡大してまいります。
          具体的には、様々なシステム環境に電話の機能を安価にかつスピーディに組み込んでサービス提供することを
         可能とするクラウドサービス「telmee」の需要が自治体や各種事業者で顕在化しており、サービスの拡販に力を
         入れてまいります。また、2018年10月より、急成長分野として期待するボイスコンピューティング分野にて展開
         する自然会話AIプラットフォーム「commubo(コミュボ)」の提供を開始しており、コールセンター業務への対
         応、電話による営業アポイントメントの獲得、企業の代表電話の受付、テレビショッピングの注文受付など様々
         な利用シーンへの展開が期待され、同様にサービスの拡販に力を入れてまいります。
         ②構造改革の推進
          不採算事業の見直し、徹底した経費削減等への取組みなど、一連の経営再建活動を行い、業績の回復を進めて
         おりますが、引き続き、構造改革を推進し、グループ全体の効率化や合理化を図ってまいります。
         ③資本業務提携の具現化
          当社は、株式会社大洋システムテクノロジー(現株式会社デジタルフォン)との資本業務提携等により、手元
         資金の確保のため資金調達を行っておりましたが、                        さらに当第3四半期連結会計期間において、2019年11月25日
         付「株式会社ジェクシードとの資本業務提携に関するお知らせ」にて開示のとおり、第三者割当増資により
         77,700千円の資金調達を行っております。また、ジェクシード社との業務提携により、両社の有する製品、技術
         力及びノウ・ハウを共有し、両社の顧客資産等経営資源の相互補完により売上の拡大を図るとともに、人材交流
         により両社のシナジーを最大化するべく、その具現化に注力してまいります。
          上記の施策により、収益基盤を確保し経営の安定化を図り、当該状況が解消されると判断しておりますが、業

         績回復は経済環境等の影響を受け、計画通りに進捗しない可能性があること、また、予定している資金調達にお
         いては新株予約権の行使も含まれ、新株予約権の行使の有無は新株予約権者の判断に依存し、当社グループが予
         定している資金調達ができない可能性があることから、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認
         められます。
          なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の
         影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                 15/23








                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
        (追加情報)
         連結子会社の解散
          当社は、2019年9月20日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社AWESOME                                         JAPANを2019年9月30
         日付で解散することを、2019年9月30日開催の取締役会において、連結子会社である株式会社コロコニを2019年
         9月30日付で解散することをそれぞれ決議いたしました。株式会社AWESOME                                   JAPAN及び株式会社コロコニは、清
         算手続中であります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                         前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                         (自   2018年4月1日           (自   2019年4月1日
                          至  2018年12月31日)            至  2019年12月31日)
          減価償却費                      2,066千円              7,873千円
          のれんの償却額                      1,202千円               -千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            当社は、2018年4月23日付で、株式会社大洋システムテクノロジーから第三者割当増資の払込みを受けま
           した。また、当第3四半期連結累計期間において、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の新株予約権
           及び第10回新株予約権の行使を受けました。この結果、当第3四半期連結累計期間において資本金が
           210,589千円、資本準備金が210,589千円増加し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が4,199,966
           千円、資本準備金が4,059,945千円となっております。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            当社は、2019年12月11日付で、株式会社ジェクシードから第三者割当増資の払込みを受けました。また、
           当第3四半期連結累計期間において、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債の新株予約権及び第13回新
           株予約権の行使を受けました。この結果、当第3四半期連結累計期間において資本金が49,962千円、資本準
           備金が49,962千円増加し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が59,962千円、資本準備金が49,962
           円となっております。
                                 16/23







                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                   報告セグメント
                          ソフトフロント
                                           AWESOME    JAPAN関連
                 ソフトフロント                 デジタルポスト関
                         マーケティング関                              計
                ジャパン関連事業                    連事業
                                              事業
                            連事業
     売上高
                     126,500         108,184         43,370         15,858        293,913
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                       -         -         -       2,500         2,500
      売上高又は振替高
                     126,500         108,184         43,370         18,358        296,413
          計
     セグメント損失
                     △ 8,275        △ 3,456       △ 17,594        △ 12,879        △ 42,205
     (△)
                                            四半期連結

                   その他                  調整額        損益計算書
                            合計
                  (注)1                  (注)2         計上額
                                             (注)3
     売上高
                     67,565        361,478            -      361,478
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                        2       2,502        △ 2,502          -
      売上高又は振替高
                     67,567        363,980         △ 2,502        361,478
          計
     セグメント損失
                    △ 34,535        △ 76,741       △ 178,081        △ 254,822
     (△)
           (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、ソフトフロント
                Development      Service関連事業、エコノミカル関連事業、コロコニ関連事業などを含んでおりま
                す。
              2.セグメント損失(△)の調整額△178,081千円には、セグメント間取引消去3,296千円、各報告セ
                グメントに配分していない全社費用△181,377千円が含まれております。全社費用は、主に報告
                セグメントに帰属しない一般管理費であります。
              3.セグメント          損失  (△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
           2.報告セグメントごとの資産に関する情報

             (子会社の売却による資産の著しい減少)
               当第3四半期連結会計期間において、株                    式会社エコノミカルの株式を売却し                、連結の範囲から除外
              したことにより、前連結会計年度の末日に比べ、「その他」のうち、「エコノミカル関連事業」の                                             セ
              グメント資産が49,450千円減少しております                     。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (のれんの金額の重要な変動)
               当第3四半期連結会計期間において、株                   式会社エコノミカルの株式を売却し、連結の範囲から除外
              したことにより、前連結会計年度の末日に比べ、「その他」                            のうち、「エコノミカル関連事業」                 にお
              いて、のれんの金額が21,651千円減少しております。
                                 17/23




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                   報告セグメント
                          ソフトフロント
                                           AWESOME    JAPAN関連
                 ソフトフロント                 デジタルポスト関
                         マーケティング関                              計
                ジャパン関連事業                    連事業
                                              事業
                            連事業
     売上高
                     147,199         62,169         13,152         3,093        225,614
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                       -         -        192         -        192
      売上高又は振替高
                     147,199         62,169         13,345         3,093        225,807
          計
     セグメント利益又は
                     22,888         5,075       △ 12,338        △ 4,746        10,879
     損失(△)
                                            四半期連結

                   その他                  調整額        損益計算書
                            合計
                  (注)1                  (注)2         計上額
                                             (注)3
     売上高
                       -      225,614            -      225,614
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                       -        192        △ 192         -
      売上高又は振替高
                       -      225,807          △ 192       225,614
          計
     セグメント利益又は
                      △ 260       10,618       △ 151,187        △ 140,569
     損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、コロコニ関連事業であ
                ります。
              2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△151,187千円は、各報告セグメントに配分していない
                全社費用であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
              3.セグメント利益又は              損失  (△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と一致しております。
           2.報告セグメントごとの資産に関する情報

              該当事項はありません。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

              該当事項はありません。
           4.報告セグメントの変更等に関する事項

              第1四半期連結会計期間において、                  当社グループ内の経営管理区分を見直したことに伴い、報告セグ
             メントを従来の「コミュニケーションソフトウェア関連事業」、「コミュニケーションインフラ関連事
             業」及び「AWESOME         JAPAN関連事業」から、「ソフトフロントジャパン関連事業」、「ソフトフロント
             マーケティング関連事業」、「デジタルポスト関連事業」及び「AWESOME                                  JAPAN関連事業」に変更して
             おります。
              なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成
             したものを開示しております。
                                 18/23




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                  至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
         1株当たり四半期純損失金額                               11円54銭               6円47銭
         (算定上の基礎)

          親会社株主に帰属する四半期純損失金額(千
                                        279,956               169,403
          円)
          普通株主に帰属しない金額(千円)
                                           -               -
          普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        279,956               169,403
          純損失金額(千円)
          普通株式の期中平均株式数(株)                             24,250,522               26,174,654
                                第10回新株予約権  507個               第10回新株予約権  445個
                                (普通株式 5,070,000株)               (普通株式 4,450,000株)
                                第11回新株予約権  572個               第11回新株予約権  572個
                                (普通株式 5,720,000株)               (普通株式 5,720,000株)
         希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
                                第12回新株予約権 9,340個               第12回新株予約権 9,340個
         株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
                                (普通株式 934,000株)               (普通株式 934,000株)
         た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
                                第1回無担保転換社債型               第13回新株予約権 4,500個
         動があったものの概要
                                新株予約権付社債             7個    (普通株式 450,000株)
                                               第1回無担保転換社債型
                                (普通株式 500,000株)
                                               新株予約権付社債             4個
                                              (普通株式 285,174株)
         (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純
            損失金額であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 19/23










                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 20/23




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    2020年2月10日

     株式会社ソフトフロントホールディングス
      取 締 役 会  御 中
                            そうせい監査法人

                               指  定  社  員
                                               大髙      宏和    印
                                       公認会計士
                               業務執行社員
                               指  定  社  員

                                               久保田    寛志    印
                                       公認会計士
                               業務執行社員
       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ソフ

      トフロントホールディングスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間
      (2019年10月1日から2019年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日ま
      で)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計
      算書及び注記について四半期レビューを行った。
      四半期連結財務諸表に対する経営者の責任
       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連
      結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財
      務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      監査人の責任
       当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対
      する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
      に準拠して四半期レビューを行った。
       四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
      質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
      当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      監査人の結論
       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と
      認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ソフトフロントホールディングス及び連結子会社の
      2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していな
      いと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
      強調事項
       継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度において、営業損失269,705千円、
      経常損失302,180千円、親会社株主に帰属する当期純損失272,563千円を計上した結果、8期連続の営業損失を計上し
      ている。当第3四半期連結累計期間においても、営業損失140,569千円、経常損失138,786千円、親会社株主に帰属す
      る四半期純損失169,403千円を計上しており、このような損失計上が継続すれば今後の手元流動性の確保に支障が生じ
      る可能性もあることから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しており、現時点で
      は継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認め
      られる理由については当該注記に記載されている。四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、こ
      のような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されていない。
       当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
      その他の事項
       会社の2019年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間に
      係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及
      び監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して、2019年2月13日付けで無限定の結論を
      表明しており、また、当該連結財務諸表に対して2019年6月27日付けで無限定適正意見を表明している。
                                 22/23




                                                           EDINET提出書類
                                             株式会社ソフトフロントホールディングス(E05297)
                                                             四半期報告書
      利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク