株式会社SIG 四半期報告書 第29期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

四半期報告書-第29期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社SIG

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  【表紙】
  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年2月13日
  【四半期会計期間】       第29期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
  【会社名】       株式会社SIG
  【英訳名】       SIG Co., Ltd.
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長  石川 純生
  【本店の所在の場所】       東京都千代田区九段北四丁目2番1号
  【電話番号】       03-5213-4580
  【事務連絡者氏名】       専務取締役  八田 英伸
  【最寄りの連絡場所】       東京都千代田区九段北四丁目2番1号
  【電話番号】       03-5213-4580
  【事務連絡者氏名】       専務取締役  八田 英伸
  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/13













                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
           第28期    第29期

     回次              第28期
          第3四半期累計期間    第3四半期累計期間
          自 2018年4月1日    自 2019年4月1日    自 2018年4月1日

     会計期間
          至 2018年12月31日    至 2019年12月31日    至 2019年3月31日
        (千円)    2,967,100    3,148,600    4,226,577
  売上高
        (千円)    227,090    246,871    348,015
  経常利益
        (千円)    154,883    167,969    254,939
  四半期(当期)純利益
        (千円)     -    -    -
  持分法を適用した場合の投資利益
        (千円)    488,249    499,862    492,724
  資本金
        (株)    1,838,900    5,769,780    5,623,260
  発行済株式総数
        (千円)    1,245,402    1,266,111    1,354,408
  純資産額
        (千円)    1,975,044    2,033,182    2,190,810
  総資産額
        (円)    29.10    29.68    46.96
  1株当たり四半期(当期)純利益
  潜在株式調整後1株当たり四半期
        (円)    26.96    28.42    43.73
  (当期)純利益
        (円)     -    11.00    17.00
  1株当たり配当額
        (%)     63.1    62.3    61.8
  自己資本比率
           第28期    第29期

     回次
          第3四半期会計期間    第3四半期会計期間
          自 2018年10月1日    自 2019年10月1日

     会計期間
          至 2018年12月31日    至 2019年12月31日
        (円)    12.29    14.08
  1株当たり四半期純利益
  (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につ
    いては記載しておりません。
   2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
   3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   4. 当社は、2019年1月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っておりますが、第28期の期首に当該
    分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)
    純利益を算定しております。
   5. 当社は、2018年6月21日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場したため、第28期第3四半
    期累計期間の潜在株式数調整後1株当たり四半期純利益は、新規上場日から第28期第3四半期会計期間末ま
    での平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。また、第28期の潜在株式調整後1株当たり当期
    純利益は、新規上場日から第28期末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
   6.第28期の1株当たり配当額には、上場記念配当5円を含んでおります。また、第29期第3四半期累計期間の
    1株当たり配当額には、東京証券取引所市場第二部への市場変更記念配当5円を含んでおります。
  2【事業の内容】

   当第3四半期累計期間において、事業の内容についての重要な変更はありません。
             2/13



                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】
   当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等
  のリスクについての重要な変更はありません。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

   文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
  (1)経営成績の状況

    当第3四半期累計期間における国内の経済状況は、企業収益も堅調であり雇用情勢・所得環境の改善が続く
   等、緩やかな回復基調が続く一方で、米中貿易摩擦の長期化や欧州の不確実な政治情勢等による世界経済への減
   速懸念などもあり依然として先行き不透明な状況で推移いたしました。
    このような状況のなか、人手不足を背景とした合理化・省力化への投資などを中心に企業の設備投資が増加基
   調にあり、当社が事業を展開する情報サービス産業においては、クラウド・AI・IoTといった新しい分野での需
   要拡大が進んでいます。
    このような環境下、当社のシステム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業は主力とする事業領域にお
   いて堅調な推移を見せた結果、当第3四半期累計期間の業績において、売上高は3,148,600千円(前年同期比
   6.1%増)となり、営業利益は250,519千円(同1.4%増)となりました。なお、東京証券取引所市場第二部への
   市場変更に伴い発生した営業外費用11,000千円により、経常利益は246,871千円(同8.7%増)、四半期純利益は
   167,969千円(同8.4%増)となりました。
    当社は、システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別
   の記載を省略しております。
  (2)財政状態の状況

   ① 資産の部
    当第3四半期会計期間末の流動資産は1,803,327千円であり、前事業年度末に比べ152,989千円減少しました。
   主な要因は、仕掛品が123,538千円増加した一方、現金及び預金が170,250千円、売掛金が110,941千円減少した
   ことによるものであります。
    当第3四半期会計期間末の固定資産は229,854千円であり、前事業年度末に比べ4,638千円減少しました。主な
   要因は、有形固定資産が13,765千円増加した一方、投資その他の資産が14,722千円減少したことによるものであ
   ります。
   ② 負債の部
    当第3四半期会計期間末の流動負債は665,460千円であり、前事業年度末に比べ48,569千円減少しました。主
   な要因は、未払金が30,687千円増加した一方、未払法人税等が43,373千円、賞与引当金が73,604千円減少したこ
   とによるものであります。
    当第3四半期会計期間末の固定負債は101,610千円であり、前事業年度末に比べ20,761千円減少しました。主
   な要因は、長期借入金が23,335千円減少したことによるものであります。
   ③ 純資産の部
    当第3四半期会計期間末の純資産は1,266,111千円であり、前事業年度末に比べ88,297千円減少しました。主
   な要因は、資本金及び資本剰余金がそれぞれ7,137千円、利益剰余金が9,054千円、自己株式が111,627千円増加
   したことによるものであります。
    なお、自己資本比率は62.3%(前事業年度末は61.8%)となっております。
  (3)経営方針・経営戦略等

    当第3四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
  (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

    当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
  (5)研究開発活動

    該当事項はありません。
             3/13



                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  3【経営上の重要な契約等】
   当社は、2019年11月29日付で、ナスクインターナショナル株式会社と「高度なセキュリティ製品の新サービス創
  出」を目的とした資本・業務提携について契約締結いたしました。
             4/13




















                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
               発行可能株式総数(株)
      種類
                  19,500,000
   普通株式
                  19,500,000
       計
   ②【発行済株式】

     第3四半期会計期間末
              上場金融商品取引所名
          提出日現在発行数(株)
      現在発行数(株)
   種類           又は登録認可金融商品     内容
          (2020年2月13日)
      (2019年12月31日)         取引業協会名
                  完全議決株式であ
                  り、権利内容に何ら
                  限定のない当社にお
               東京証券取引所
       5,769,780     5,775,660
  普通株式                ける標準となる株式
               市場第二部
                  であります。
                  単元株式数は100株
                  であります。
       5,769,780     5,775,660    -    -
   計
  (注)「提出日現在発行数」欄には、2020年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
   された株式数は含まれておりません。
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式  資本金増減額   資本金残高   資本準備金   資本準備金
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
       (株)   (株)  (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
  2019年10月1日~
        - 5,769,780    -  499,862    -  360,816
  2019年12月31日
  (注)2020年1月1日から2020年1月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が5,880株、資本金
   及び資本準備金がそれぞれ309千円増加しております。
  (5)【大株主の状況】

    当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/13





                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  (6)【議決権の状況】
    当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
   載することができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
   す。
   ①【発行済株式】

                   2019年12月31日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分               内容
            -    -   -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)          -    -   -
  議決権制限株式(その他)          -    -   -

         (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)               -   -
            5,200
         普通株式
                  完全議決株式であり、
                  権利内容に何ら限定の
                  ない当社における標準
  完全議決権株式(その他)         5,761,800     57,618
         普通株式         となる株式でありま
                  す。
                  単元株式数は100株であ
                  ります。
            2,780     -   -
  単元未満株式       普通株式
           5,769,780      -   -
  発行済株式総数
            -    57,618    -
  総株主の議決権
   ②【自己株式等】

                   2019年12月31日現在
                   発行済株式総数
           自己名義所有   他人名義所有   所有株式数の
                   に対する所有株
  所有者の氏名又は名称     所有者の住所
           株式数(株)   株式数(株)   合計(株)
                   式数の割合(%)
      東京都千代田区九段北
  株式会社SIG           5,200   -  5,200   0.09
      四丁目2番1号
        -    5,200   -  5,200   0.09
    計
  (注)当第3四半期会計期間において自己株式の取得を行ったため、2019年12月31日現在の自己株式総数は187,380株
   であります。
  2【役員の状況】

   該当事項はありません。
             6/13







                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  第4【経理の状況】
  1.四半期財務諸表の作成方法について
   当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
  号)に基づいて作成しております。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年10月1日から2019年12
  月31日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
  有限責任  あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
  3.四半期連結財務諸表について

   当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
             7/13
















                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  1【四半期財務諸表】
  (1)【四半期貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度    当第3四半期会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
              1,238,992     1,068,741
   現金及び預金
               668,432     557,490
   売掛金
               19,776     17,351
   電子記録債権
               3,433     3,173
   商品
               1,101     124,640
   仕掛品
               24,996     32,012
   その他
               △415     △82
   貸倒引当金
              1,956,317     1,803,327
   流動資産合計
  固定資産
               35,380     49,146
   有形固定資産
               35,510     31,828
   無形固定資産
   投資その他の資産
               173,936     158,879
    その他
              △10,334     △10,000
    貸倒引当金
               163,602     148,879
    投資その他の資産合計
               234,492     229,854
   固定資産合計
              2,190,810     2,033,182
  資産合計
  負債の部
  流動負債
               250,778     256,411
   買掛金
               32,084     31,668
   1年内返済予定の長期借入金
               80,370     111,058
   未払金
               53,614     10,240
   未払法人税等
               110,631     37,027
   賞与引当金
               186,549     219,055
   その他
               714,029     665,460
   流動負債合計
  固定負債
               45,002     21,667
   長期借入金
               67,873     74,547
   退職給付引当金
               9,496     5,396
   その他
               122,371     101,610
   固定負債合計
               836,401     767,070
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               492,724     499,862
   資本金
               353,678     360,816
   資本剰余金
               508,043     517,098
   利益剰余金
               △38    △111,665
   自己株式
              1,354,408     1,266,111
   株主資本合計
              1,354,408     1,266,111
  純資産合計
              2,190,810     2,033,182
  負債純資産合計
             8/13





                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  (2)【四半期損益計算書】
   【第3四半期累計期間】
                   (単位:千円)
            前第3四半期累計期間      当第3四半期累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
              2,967,100     3,148,600
  売上高
              2,260,888     2,387,220
  売上原価
               706,212     761,379
  売上総利益
               459,066     510,860
  販売費及び一般管理費
               247,146     250,519
  営業利益
  営業外収益
                8     9
  受取利息
               340     8,360
  助成金収入
                -     67
  その他
               348     8,438
  営業外収益合計
  営業外費用
               1,149      572
  支払利息
               16,863     11,000
  上場関連費用
               2,390      513
  その他
               20,404     12,086
  営業外費用合計
               227,090     246,871
  経常利益
               227,090     246,871
  税引前四半期純利益
  法人税、住民税及び事業税             43,667     49,715
               28,538     29,185
  法人税等調整額
               72,206     78,901
  法人税等合計
               154,883     167,969
  四半期純利益
             9/13












                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  【注記事項】
   (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
   当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
   間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
            前第3四半期累計期間     当第3四半期累計期間
            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
  減価償却費             12,087千円     16,664千円
   (株主資本等関係)

   Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
    1.配当金支払額
    該当事項はありません。
    2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後

    となるもの
    該当事項はありません。
    3.株主資本の金額の著しい変動

    当社は、2018年6月21日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場し、2018年6月20日を払
    込期日とする公募増資による新株式150,000株発行により、資本金及び資本準備金がそれぞれ138,000千円増
    加しております。
    また、2018年7月17日を払込期日とする第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出し)による
    新株式44,700株発行により、資本金及び資本準備金がそれぞれ41,124千円増加しております。
    この結果、他の新株予約権の行使による増加を含め、当第3四半期会計期間末において資本金が488,249
    千円、資本準備金が349,202千円となっております。
   Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

    1.配当金支払額
        配当金の総額   1株当たり
  (決 議)   株式の種類         基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)   配当額(円)
  2019年6月27日
     普通株式    95,505    17 2019年3月31日   2019年6月28日   利益剰余金
  定時株主総会
  (注)2019年6月27日定時株主総会決議による1株当たり配当額には、記念配当5円を含んでおります。
        配当金の総額   1株当たり

  (決 議)   株式の種類         基準日   効力発生日   配当の原資
        (千円)   配当額(円)
  2019年11月12日
     普通株式    63,409    11 2019年9月30日   2019年11月29日   利益剰余金
  取締役会
  (注)2019年11月12日取締役会決議による1株当たり配当額には、記念配当5円を含んでおります。
    2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後

    となるもの
    該当事項はありません。
    3.株主資本の金額の著しい変動

    当社は、2019年11月18日開催の取締役会決議に基づき、自己株式182,100株の取得を行いました。この結
    果、当第3四半期累計期間において自己株式が111,627千円増加し、当第3四半期会計期間末において自己
    株式が111,665千円となっております。
            10/13




                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
   (セグメント情報等)
   【セグメント情報】
   Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
    当社は、システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略
    しております。
   Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

    当社は、システム開発及びインフラ・セキュリティサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略
    しております。
   (1株当たり情報)

   1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
   のとおりであります。
            前第3四半期累計期間     当第3四半期累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)     至 2019年12月31日)
  (1)1株当たり四半期純利益            29円10銭     29円68銭
  (算定上の基礎)
   四半期純利益(千円)           154,883     167,969
   普通株主に帰属しない金額(千円)            -     -
   普通株式に係る四半期純利益(千円)           154,883     167,969
   普通株式の期中平均株式数(株)           5,322,300     5,659,234
  (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益            26円96銭     28円42銭
  (算定上の基礎)
   四半期純利益調整額(千円)            -     -
   普通株式増加数(株)           421,673     250,134
   (うち新株予約権(株))           (421,673)     (250,134)
  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
               -     -
  り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前
  事業年度末から重要な変動があったものの概要
  (注)1.当社は、2019年1月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っておりますが、前事業年度の期首に
    当該分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益を算定
    しております。
   2.当社は、2018年6月21日に東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場したため、前第3四半期累
    計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、新規上場日から前第3四半期会計期間末まで
    の平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
   (重要な後発事象)

   該当事項はありません。
  2【その他】

  (1)当期中間配当
    2019年11月12日の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
   ① 配当金の総額               63,409千円
   ② 1株当たりの金額             11円00銭
   ③ 支払請求の効力発生日及び支払開始日    2019年11月29日
  (注)2019年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
            11/13




                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
   該当事項はありません。
            12/13




















                     EDINET提出書類
                    株式会社SIG(E34031)
                      四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月13日

  株式会社SIG
  取締役会 御中
           有限責任  あずさ監査法人

           指定有限責任社員

               公認会計士
                 越智 一成
           業務執行社員
           指定有限責任社員

               公認会計士
                 戸塚 俊一郎
           業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社SIG

  の2019年4月1日から2020年3月31日までの第29期事業年度の第3四半期会計期間(2019年10月1日から2019年12月31日
  まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸
  借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
  四半期財務諸表   に対する経営者の責任

  経営者の  責任は 、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
  作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
  表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の  責任 は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
  を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
  半期レビューを行った。
  四半期レビュー   においては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
  問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
  められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
  監査人の  結論

  当監査法人が実施した    四半期レビュー   において、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
  る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社SIGの2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第
  3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
  利害関係

  会社と 当監査法人  又は 業務執行社員との   間には 、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上


  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

    告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            13/13



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。