川本産業株式会社 四半期報告書 第90期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第90期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 川本産業株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 【表紙】

  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項
  【提出先】       近畿財務局長
  【提出日】       2020年2月12日
  【四半期会計期間】       第90期第3四半期(自     2019年10月1日    至  2019年12月31日)
  【会社名】       川本産業株式会社
  【英訳名】       KAWAMOTO CORPORATION
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長執行役員        水上 博司
  【本店の所在の場所】       大阪市中央区谷町二丁目6番4号
  【電話番号】       06(6943)8951(代表)
  【事務連絡者氏名】       執行役員経営企画室室長        吉田 康晃
  【最寄りの連絡場所】       大阪市中央区谷町二丁目6番4号
  【電話番号】       06(6943)8951(代表)
  【事務連絡者氏名】       執行役員経営企画室室長       吉田 康晃
  【縦覧に供する場所】       川本産業株式会社東京支社
         (東京都中央区新川一丁目24番1号ユニゾ新川永代通りビル8階)
         川本産業株式会社名古屋営業所
         (名古屋市中区千代田五丁目5番15号)
         株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/17











                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 第一部【企業情報】
 第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
           第89期    第90期

     回次      第3四半期    第3四半期    第89期
           連結累計期間    連結累計期間
          自  2018年4月1日   自  2019年4月1日   自  2018年4月1日
     会計期間
          至  2018年12月31日   至  2019年12月31日   至  2019年3月31日
  売上高       (千円)   18,091,664    18,313,119    23,595,236
  経常利益       (千円)    8,890   118,185    80,551

  親会社株主に帰属する四半期(当期)

  純利益又は親会社株主に帰属する       (千円)   △28,589    68,982    70,529
  四半期純損失(△)
  四半期包括利益又は包括利益       (千円)   △114,927    △31,120   △98,365

  純資産額       (千円)   3,717,859    3,575,464    3,734,421

  総資産額       (千円)   14,464,332    14,649,735    13,087,171

  1株当たり四半期(当期)純利益
         (円)    △4.93    11.90    12.17
  又は1株当たり四半期純損失(△)
  潜在株式調整後1株当たり
         (円)    ―    ―    ―
  四半期(当期)純利益
  自己資本比率       (%)    25.2    24.4    28.0
           第89期    第90期

     回次      第3四半期    第3四半期
           連結会計期間    連結会計期間
          自  2018年10月1日   自  2019年10月1日
     会計期間
          至  2018年12月31日   至  2019年12月31日
  1株当たり四半期純利益       (円)    3.19    1.00
  (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
    しておりません。
   2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
   3.第89期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期
    純損失であり、また潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第89期、第90期第3四半期連
    結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記
    載しておりません。
  2【事業の内容】

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)において営まれている事業
  の内容について、重要な変更はありません。
   また、主要な関係会社についても異動はありません。
             2/17





                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】

  当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
  ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
  業等のリスク」についての重要な変更はありません。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
  す。
  (1)財政状態及び経営成績の状況

   当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益の改善に伴う設備投資の増加や雇用・所得環境の
   改善を背景とした緩やかな個人消費の回復、海外経済の成長を背景とした輸出の増加等の要因により、緩やかな
   回復基調が続きました。一方で、消費増税の影響による個人消費低迷への不安や、中東情勢不安による原油高な
   どの影響を受けた原材料価格の高騰、米国を中心とした貿易摩擦の激化・長期化や通商問題に対する警戒感等、
   先行きへの不透明感も高まっています。
   当社グループ(当社及び連結子会社)が属する医療用品・介護用品の業界におきましては、社会保障費の増大
   に対する改革の必要性を背景にコスト削減圧力が高まっており、価格競争が激化しております。また、医療の機
   能分化や地域包括ケアの推進など医療・介護のあり方も変革の最中にあり、事業環境変化への対応が求められて
   います。育児用品の業界におきましては、2018年の国内出生数が過去最低を更新するなどマーケット縮小に直面
   しており、厳しい事業環境が継続しております。
   このような状況下で、当社グループは原価低減やコスト管理強化により筋肉質な収益体質の構築に取り組むと
   ともに、単なる値下げ競争による売上拡大とは一線を画した付加価値・独自性に軸を置いた事業活動への転換を
   図っております。この結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は18,313,119千円(前年同四半期比
   1.2%増加)、営業利益は64,057千円(前年同四半期は29,962千円の営業損失)、経常利益は118,185千円(前年
   同四半期比1,229.3%増加)、親会社株主に帰属する四半期純利益は68,982千円(前年同四半期は28,589千円の親
   会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。セグメント別の経営成績は次のとおりであります。
   (医療用品等製造事業)

   従来より取り組んでいる感染予防関連製品、口腔ケア製品、手術関連製品その他高付加価値品の販売拡充に加
   え、大阪工場への設備投資による生産効率化、医療機器の製造受託及び安全衛生保護具等の販売拡大に努めた結
   果、売上高は6,171,111千円(前年同四半期比2.3%増加)、経常利益は68,757千円(前年同四半期は129,332千円
   の経常損失)となりました。
   (医療・育児用品等卸売事業)

   医療用品・介護用品・ベビー用品等を、医療機関・大手量販店・ドラッグストアや通信販売事業者など幅広い
   顧客に対し積極的に販売いたしました。重点顧客への販売が好調に推移した結果、売上高は12,142,008千円(前
   年同四半期比0.7%増加)となりました。しかしながら、運賃などの物流関連費用の増加等により経常利益は
   378,757千円(同12.6%減少)となりました。
             3/17






                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
   当第3四半期連結会計期間末の総資産は14,649,735千円、自己資本は3,575,464千円で、自己資本比率は

   24.4%(前連結会計年度末は28.0%)となりました。
   (資産)

   当第3四半期連結会計期間末の総資産は14,649,735千円となり、前連結会計年度末に対して1,562,564千円増
   加いたしました。
   流動資産は11,515,075千円で、前連結会計年度末に対して1,384,819千円増加いたしました。「受取手形及び
   売掛金」に「電子記録債権」を加えた売上債権が1,205,096千円増加したことが主な要因です。
   固定資産は3,134,660千円で、前連結会計年度末に対して177,744千円増加いたしました。「その他」のうち、
   長期貸付金が290,000千円増加する一方で、投資有価証券が59,345千円の減少したことによるものです。
   (負債)

   当第3四半期連結会計期間末の負債は11,074,271千円となり、前連結会計年度末に対して1,721,521千円増加
   いたしました。
   流動負債は7,611,703千円で、前連結会計年度末に対して1,757,470千円増加いたしました。「支払手形及び買
   掛金」が376,483千円増加、「短期借入金」が700,000千円増加、「関係会社短期借入金」が900,000千円増加し
   たことが主な要因です。
   固定負債は3,462,567千円で、前連結会計年度末に対して35,948千円減少いたしました。「長期借入金」が
   62,600千円減少したことが主な要因です。
   (純資産)

   当第3四半期連結会計期間末の純資産は3,575,464千円となり、前連結会計年度末に対して158,957千円減少い
   たしました。子会社株式の追加取得により「資本剰余金」が44,189千円減少、「非支配株主持分」が67,606千円
   減少したことが主な要因です。
  (2)経営方針・経営戦略等

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
   ありません。
  (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更
   はありません。
  (4)研究開発活動

   当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は51,549千円であります。
   なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
  3【経営上の重要な契約等】

   当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             4/17






                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】

  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
     普通株式             16,000,000

      計             16,000,000

   ②【発行済株式】

    第3四半期会計期間末
             上場金融商品取引所
         提出日現在発行数(株)
  種類  現在発行数(株)         名又は登録認可金融     内容
         (2020年2月12日)
              商品取引業協会名
    (2019年12月31日)
              東京証券取引所
                 単元株式数は100株
  普通株式     6,000,000     6,000,000
                 であります。
              (市場第二部)
  計    6,000,000     6,000,000    -    -
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【その他の新株予約権等の状況】
    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金
           資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
           (千円)   (千円)
      (株)   (株)       (千円)   (千円)
  2019年10月1日~
        ― 6,000,000    ―  883,000   ― 1,192,597
  2019年12月31日
  (5)【大株主の状況】

   当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/17








                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
  (6)【議決権の状況】

   ①【発行済株式】
                  2019年12月31日現在
    区分     株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式          ―     ―   ―

  議決権制限株式(自己株式等)          ―     ―   ―
  議決権制限株式(その他)          ―     ―   ―
        (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)              ―   ―
        普通株式   204,300
        普通株式   5,794,400
  完全議決権株式(その他)              57,944   ―
        普通株式   1,300
  単元未満株式              ―   ―
  発行済株式総数        6,000,000      ―   ―
  総株主の議決権          ―    57,944   ―
 (注)当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
  ることができないことから、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
   ②【自己株式等】

                  2019年12月31日現在
                  発行済株式
          自己名義   他人名義   所有株式数
  所有者の氏名                総数に対する
       所有者の住所   所有株式数   所有株式数   の合計
   又は名称                所有株式数
           (株)   (株)   (株)
                  の割合(%)
      大阪市中央区谷町
  (自己保有株式)
           204,300    -  204,300    3.41
  川本産業株式会社
      2-6-4
   計    ―   204,300    -  204,300    3.41
  2【役員の状況】

  前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
             6/17









                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 第4【経理の状況】
  1.四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
  府令第64号)に基づいて作成しております。
  2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019
  年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務
  諸表について、有限責任    あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
  なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
  第89期連結会計年度  太陽有限責任監査法人
  第90期第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間  有限責任             あずさ監査法人
             7/17
















                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 1【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金            778,649     750,574
             ※3 3,940,536    ※3 4,453,189
   受取手形及び売掛金
             ※3 2,869,750    ※3 3,562,193
   電子記録債権
   商品及び製品           1,450,675     1,636,111
   仕掛品            294,937     290,698
   原材料及び貯蔵品            120,382     116,730
   その他            686,369     718,471
              △11,044     △12,893
   貸倒引当金
   流動資産合計           10,130,256     11,515,075
  固定資産
   有形固定資産           1,330,603     1,296,940
   無形固定資産
   のれん           237,300     211,595
              251,539     241,382
   その他
   無形固定資産合計           488,840     452,978
   投資その他の資産
   その他           1,198,460     1,411,932
              △60,989     △27,190
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           1,137,471     1,384,741
   固定資産合計           2,956,915     3,134,660
  資産合計            13,087,171     14,649,735
             8/17











                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年3月31日)     (2019年12月31日)
  負債の部
  流動負債
             ※3 3,223,356    ※3 3,599,840
   支払手形及び買掛金
   短期借入金            500,000     1,200,000
   関係会社短期借入金            600,000     1,500,000
   1年内返済予定の長期借入金            684,800     586,400
   未払法人税等            40,696      -
   賞与引当金            112,798     47,536
   売上割戻引当金            179,159     191,879
   災害損失引当金            51,516     2,641
              461,906     483,405
   その他
   流動負債合計           5,854,233     7,611,703
  固定負債
   長期借入金           2,757,430     2,694,830
   退職給付に係る負債            619,905     631,432
   資産除去債務            28,705     28,036
              92,475     108,268
   その他
   固定負債合計           3,498,516     3,462,567
  負債合計            9,352,749     11,074,271
  純資産の部
  株主資本
   資本金            883,000     883,000
   資本剰余金           1,192,597     1,148,407
   利益剰余金           1,351,529     1,397,329
              △74,302     △74,302
   自己株式
   株主資本合計           3,352,824     3,354,435
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            360,754     316,772
   為替換算調整勘定           △38,225     △97,866
              △8,538     2,123
   退職給付に係る調整累計額
   その他の包括利益累計額合計            313,990     221,029
  非支配株主持分            67,606      -
  純資産合計            3,734,421     3,575,464
  負債純資産合計            13,087,171     14,649,735
             9/17








                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  売上高            18,091,664     18,313,119
              15,243,659     15,323,787
  売上原価
  売上総利益            2,848,004     2,989,331
  販売費及び一般管理費            2,877,967     2,925,274
  営業利益又は営業損失(△)            △29,962     64,057
  営業外収益
  受取利息             537     635
  受取配当金            16,072     17,104
  仕入割引            57,749     54,032
               6,365     12,091
  その他
  営業外収益合計            80,725     83,864
  営業外費用
  支払利息            17,917     13,285
  為替差損            4,139     6,623
  売上割引            8,749     8,349
              11,064     1,477
  その他
  営業外費用合計            41,871     29,735
  経常利益             8,890     118,185
  特別利益
              28,299      -
  固定資産売却益
  特別利益合計            28,299      -
  特別損失
  固定資産除売却損            31,299     2,883
               855     -
  投資有価証券評価損
  特別損失合計            32,155     2,883
  税金等調整前四半期純利益             5,034     115,302
  法人税、住民税及び事業税
               9,040     9,126
              33,838     39,319
  法人税等調整額
  法人税等合計             42,879     48,446
  四半期純利益又は四半期純損失(△)            △37,844     66,856
  非支配株主に帰属する四半期純損失(△)             △9,255     △2,126
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
              △28,589     68,982
  に帰属する四半期純損失(△)
            10/17







                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2018年12月31日)      至 2019年12月31日)
  四半期純利益又は四半期純損失(△)            △37,844     66,856
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            △39,336     △43,982
  為替換算調整勘定            △51,628     △64,656
              13,881     10,662
  退職給付に係る調整額
  その他の包括利益合計            △77,083     △97,976
  四半期包括利益            △114,927     △31,120
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            △101,735     △23,978
  非支配株主に係る四半期包括利益            △13,191     △7,141
            11/17















                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
  【注記事項】
   (四半期連結貸借対照表関係)
  1.受取手形割引高
           前連結会計年度      当第3四半期連結会計期間
          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   受取手形割引高        175,766 千円      -千円
  2.輸出手形割引高

          前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間
          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   輸出手形割引高         1,770千円      8,020千円
  ※3.四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

   なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
  等が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
          前連結会計年度     当第3四半期連結会計期間
          (2019年3月31日)      (2019年12月31日)
   受取手形         34,788千円      21,539千円
   電子記録債権         20,949      6,099
   支払手形        101,339      96,079
   電子記録債務        109,385      95,476
   (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

   当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3
   四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のと
   おりであります。
          前第3四半期連結累計期間      当第3四半期連結累計期間
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2018年12月31日)     至  2019年12月31日)
   減価償却費         109,731千円      100,410千円
   のれんの償却額         11,789千円      11,202千円
            12/17










                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
   (株主資本等関係)
   前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
  1.配当金支払額
           1株当たり
        配当金の総額
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
           配当額
        (千円)
           (円)
  2018年5月10日
      普通株式   11,591   2.00 2018年3月31日   2018年6月27日   利益剰余金
  取締役会
  2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

  日後となるもの
   該当事項はありません。
   当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

  1.配当金支払額
           1株当たり
        配当金の総額
   決議  株式の種類        基準日   効力発生日   配当の原資
           配当額
        (千円)
           (円)
  2019年5月9日
      普通株式    23,182   4.00 2019年3月31日   2019年6月26日   利益剰余金
  取締役会
  2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

  日後となるもの
   該当事項はありません。
            13/17













                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
  Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
  1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                  (単位:千円)
          報告セグメント
                   四半期連結
                 調整額(注)1   損益計算書
        医療用品等
          医療・育児用品等
                   計上額(注)2
               計
           卸売事業
        製造事業
  売上高
  外部顧客への売上高      6,032,243   12,059,421   18,091,664    ― 18,091,664

  セグメント間の内部売上高
          ―   ―   ―   ―   ―
  又は振替高
    計    6,032,243   12,059,421   18,091,664    ― 18,091,664
  セグメント利益又は損失(△)       △129,332   433,232   303,900  △295,010   8,890

  (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△295,010千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用
   であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   2.セグメント利益又は損失(△)の金額の合計額は、四半期連結損益計算書の経常利益の額であります。
  2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

    該当事項はありません。
  Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

  1.報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                  (単位:千円)
          報告セグメント
                   四半期連結
                 調整額(注)1   損益計算書
        医療用品等
          医療・育児用品等
                   計上額(注)2
               計
           卸売事業
        製造事業
  売上高
  外部顧客への売上高      6,171,111   12,142,008   18,313,119    - 18,313,119

  セグメント間の内部売上高
          -   -   -   -   -
  又は振替高
    計    6,171,111   12,142,008   18,313,119    - 18,313,119
  セグメント利益       68,757   378,757   447,514  △329,329   118,185

  (注)1.セグメント利益の調整額△329,329千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全
   社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   2.セグメント利益の金額の合計額は、四半期連結損益計算書の経常利益の額であります。
  2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

    該当事項はありません。
            14/17






                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
   (1株当たり情報)
   1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
       項目
            至  2018年12月31日)    至  2019年12月31日)
   1株当たり四半期純利益又は
               △4.93
                    11.90
   1株当たり四半期純損失(△)
   (算定上の基礎)
   親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
               △28,589
                    68,982
   に帰属する四半期純損失(△)(千円)
                ―
   普通株主に帰属しない金額(千円)                  ―
   普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益

               △28,589
   又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                  68,982
   (千円)
   普通株式の期中平均株式数(株)            5,795,669     5,795,634

  (注)前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純
   損失であり、また潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、当第3四半期連結累計期間の
   潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
  2【その他】

  該当事項はありません。
            15/17













                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
 第二部【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            16/17



















                     EDINET提出書類
                    川本産業株式会社(E00614)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年2月12日

 川本産業株式会社
  取締役会   御中
         有限責任  あずさ監査法人

         指定有限責任社員
             公認会計士
                松山 和弘   印
         業務執行社員
         指定有限責任社員
             公認会計士
                城戸 達哉   印
         業務執行社員
         指定有限責任社員
             公認会計士
                藤本 裕人   印
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている川本産業株式会

 社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年10月1日から2019年12月
 31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
 ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
 行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、川本産業株式会社及び連結子会社の2019年12月31日現在の財政状
 態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
 重要な点において認められなかった。
 その他の事項

  会社の2019年3月31日をもって終了した前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間に係
 る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び監
 査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2019年2月7日付けで無限定の結論を表明して
 おり、また、当該連結財務諸表に対して2019年6月26日付けで無限定適正意見を表明している。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            17/17



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク