株式会社ダイショー 四半期報告書 第54期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第54期第3四半期(令和1年10月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ダイショー
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2020年2月10日

    【四半期会計期間】                 第54期第3四半期(自            2019年10月1日         至   2019年12月31日)

    【会社名】                 株式会社ダイショー

    【英訳名】                 DAISHO    CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役会長  松 本 洋 助

    【本店の所在の場所】                 東京都墨田区亀沢一丁目17番3号

    【電話番号】                 03(3626)9321(代表)

    【事務連絡者氏名】                 取締役管理本部長兼総務人事部長  松 本 俊 一

    【最寄りの連絡場所】                 (福岡本社)福岡市東区松田一丁目11番17号

    【電話番号】                 092(611)9321(代表)

    【事務連絡者氏名】                 取締役管理本部長兼総務人事部長  松 本 俊 一

    【縦覧に供する場所】                 株式会社ダイショー 福岡本社

                      (福岡市東区松田一丁目11番17号)

                     株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/15







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第53期           第54期

              回次                                      第53期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                           自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日

             会計期間
                           至 2018年12月31日           至 2019年12月31日           至 2019年3月31日
     売上高                 (百万円)            16,279           16,545           20,572

     経常利益                 (百万円)             827           819           523

     四半期(当期)純利益                 (百万円)             556           552           326

     持分法を適用した場合の投資利益                 (百万円)              ―           ―           ―

     資本金                 (百万円)             870           870           870

     発行済株式総数                  (株)         9,868,800           9,868,800           9,868,800

     純資産額                 (百万円)            8,168           8,335           7,936

     総資産額                 (百万円)            14,837           15,691           13,669

     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)           57.65           57.28           33.82

     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             ―           ―           ―
     (当期)純利益
     1株当たり配当額                  (円)            9.00           9.00           18.00
     自己資本比率                  (%)            55.1           53.1           58.1

                              第53期           第54期

              回次
                           第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                           自   2018年10月1日         自   2019年10月1日
             会計期間
                           至   2018年12月31日         至   2019年12月31日
     1株当たり四半期純利益                  (円)           44.60           46.74

     (注)   1   売上高には消費税等は含まれておりません。
        2 持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
    2  【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
     者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリス
     ク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善が続くなど、緩やかな回復基調で推移し
     ているものの、海外経済情勢の不確実性の高まりに加え、相次ぐ自然災害や消費税増税による消費マインドへの影響
     など、依然として先行き不透明な状況で推移いたしました。
      食品業界におきましては、人口減少と個人消費の停滞が長期化する状況下で販売競争が激化するなか、消費者の差
     別化ニーズへの対応も依然として求められております。また、人手不足による人件費や物流費の上昇など、厳しい経
     営環境が続きました。
      このような状況のもと、当社は、前3ヶ年計画の反省と成果を踏まえ、2022年3月期までの中期経営計画を新たに
     策定し、収益構造の改革と持続的成長の実現に取り組んでおります。具体的には、「主力製品の集中販売」「業務用
     製品のさらなる飛躍」「新製品の開発」「次世代の組織作り」の4つの基本施策を通じ、実力ある収益力の高い主力
     製品を核とした事業活動にあらためて注力するなど、当社の強みをさらに伸ばしてまいります。
      製品群別の概況は、以下のとおりであります。
      液体調味料群においては、小売用の主力製品の「焼肉のたれ」類において、積極的な広告・販促活動を展開する一
     方、新フレーバー『焼肉通り              香味野菜しょうゆ味』、健康志向の『糖質オフ                       焼肉のたれ』の投入でラインアップの
     充実を図り、堅調に推移いたしました。また、話題の人気メニューがご家庭で簡単に楽しめる『チーズタッカルビの
     素』などの新製品も売上を牽引いたしました。鍋スープ市場に対しては、『博多もつ鍋スープ』が順調に売上を伸ば
     すなか、あらたに「贅沢風味」「辛」「少人数」「野菜をおいしく」をキーワードとした、多くの製品を投入いたし
     ました。このなかでも、特徴の異なる4種類のチーズをバランスよく合わせた、チーズ感たっぷりの『クアトロチー
     ズ鍋スープ』や、「ウニ」と「肉」という意外な組み合わせを鍋料理にした『うにくしゃぶ鍋用スープ』といった、
     創意に富んだ「贅沢風味」の鍋スープが好調に推移いたしました。業務用製品では、販売チャネルごとの専任部署の
     増設・人員拡充やメニュー開発・提案の強化など、新規開拓への継続的取り組みが奏功し、精肉向けのソース、惣菜
     向けのたれの伸長が売上に寄与しました。この結果、売上高は116億85百万円(前年同期比101.5%)となりました。
      粉体調味料群においては、主力製品の販売強化の取り組みのもと、『味・塩こしょう』シリーズは堅調に推移いた
     しました。業務用製品では、各販売チャネル向けにラインアップを充実させ、精肉向けや惣菜向けの売上が大きく伸
     長いたしました。この結果、売上高は30億76百万円(前年同期比103.3%)となりました。
      その他調味料群においては、即食製品にあらたに『朝に食べたい                                5つの味のスープはるさめ』を投入し、売上を牽
     引いたしました。この結果、売上高は17億83百万円(前年同期比100.0%)となりました。
      以上の結果、当第3四半期累計期間における売上高は、165億45百万円(前年同期比101.6%)となりました。利益
     につきましては、原材料価格は想定の範囲内で推移したものの、広告・販促企画活動といった後方支援への積極投資
     や、物流コストの上昇の影響は大きく、営業利益は7億54百万円(前年同期比92.8%)、経常利益は8億19百万円
     (前年同期比99.1%)、四半期純利益は5億52百万円(前年同期比99.4%)となりました。
                                  3/15





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
      当第3四半期会計期間末の総資産は、前事業年度末に比べ20億21百万円増加し、156億91百万円となりました。固定

     資産が総資産の52.1%を占め、流動資産は総資産の47.9%を占めております。主な資産の変動は、「受取手形及び売
     掛金」が17億32百万円、「リース資産」が1億87百万円それぞれ増加し、「現金及び預金」が2億56百万円減少したこ
     とによるものです。
      負債は、前事業年度末に比べ16億21百万円増加し、73億55百万円となりました。流動負債が負債合計の71.4%を占
     め、固定負債は負債合計の28.6%を占めております。主な負債の変動は、「未払金」が6億61百万円、「買掛金」が
     5億63百万円、「長期借入金」が2億50百万円それぞれ増加し、「賞与引当金」が1億88百万円、「役員退職慰労引
     当金」が1億76百万円それぞれ減少したことによるものです。
      純資産は、前事業年度末に比べ3億99百万円増加し、83億35百万円となりました。主な純資産の変動は、剰余金の
     配当1億73百万円の支出と四半期純利益5億52百万円の計上により「利益剰余金」が3億79百万円増加したことによ
     るものです。自己資本比率は53.1%となり、前事業年度末に比べ5.0ポイント下降しました。
     (2)  経営方針・経営戦略等

      当第3四半期累計期間において、当社の経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

      当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (4)  研究開発活動

      当第3四半期累計期間における当社の研究開発活動の金額は2億99百万円であります。
      なお、当第3四半期累計期間において、当社の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     (5)  経営成績に重要な影響を与える要因

       「第2    事業の状況      1  事業等のリスク」に記載のとおり、当第3四半期累計期間において、重要な変更は
       ありません。
     (6)  資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       当社の主な資金需要は、製品製造のための原材料費、労務費、経費、販売費及び一般管理費等の営業費用並びに
      当社の生産設備の更新、改修等に係る投資であります。
       これらの資金需要につきましては、営業活動によるキャッシュ・フロー及び自己資金のほか、金融機関からの借
      入等による資金調達にて対応していくこととしております。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/15







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                          24,000,000

                 計                         24,000,000

      ② 【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年12月31日)          (2020年2月10日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
       普通株式         9,868,800          9,868,800                   1単元の株式数 100株
                                  市場第二部
        計        9,868,800          9,868,800            ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2019年12月31日              ―     9,868,800         ―      870        ―      379
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/15






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載するこ
      とができませんので、直前の基準日(2019年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ① 【発行済株式】
                                              2019年9月30日現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)              内容
     無議決権株式                       ―            ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                       ―            ―            ―

     議決権制限株式(その他)                       ―            ―            ―

                        (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   ―            ―
                     普通株式      216,000
                     普通株式     9,644,600
     完全議決権株式(その他)                                 96,446             ―
                     普通株式        8,200

     単元未満株式                                   ―            ―
     発行済株式総数                      9,868,800             ―            ―

     総株主の議決権                       ―           96,446             ―

     (注)「単元未満株式」欄には、当社所有の自己保有株式88株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              2019年9月30日現在
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                            総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                  東京都墨田区亀沢
     (自己保有株式)
                                216,000         ―     216,000        2.18
     株式会社ダイショー
                  一丁目17番3号
          計              ―        216,000         ―     216,000        2.18
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
     (1)  退任役員
            役職名                   氏名                 退任年月日

            取締役
                             堀脇 裕之                 2019年9月30日
           管理本部長
     (2)  役職の異動

         新役職名              旧役職名               氏名            異動年月日

         取締役
                       取締役
                                    松本 俊一             2019年10月1日
                     生産本部 部長
     管理本部長兼総務人事部長
     (3)  異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

      男性  10 名 女性    0 名  (役員のうち女性の比率           0 %)

                                  6/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 四半期財務諸表の作成方法について

      当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
     号)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年10月1日から2019年12月
     31日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責
     任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
    3 四半期連結財務諸表について

      当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    1  【四半期財務諸表】
     (1)  【四半期貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 1,720              1,464
                                       ※  3,043             ※  4,776
        受取手形及び売掛金
        商品及び製品                                  749              873
        原材料                                  326              305
        その他                                  114              124
                                         △ 17             △ 27
        貸倒引当金
        流動資産合計                                 5,938              7,516
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               2,250              2,370
         土地                               2,677              2,677
         リース資産(純額)                                732              920
                                          864              871
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               6,524              6,840
        無形固定資産
                                          27              136
        投資その他の資産
         投資その他の資産                               1,179              1,199
                                          △ 0             △ 1
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               1,178              1,197
        固定資産合計                                 7,731              8,174
      資産合計                                  13,669              15,691
                                  8/15











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (2019年3月31日)              (2019年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                 1,509              2,072
        短期借入金                                  200              200
        1年内返済予定の長期借入金                                  -              166
        未払金                                 1,152              1,814
        未払法人税等                                  96              191
        賞与引当金                                  396              208
                                          605              599
        その他
        流動負債合計                                 3,959              5,252
      固定負債
        長期借入金                                  -              250
        退職給付引当金                                  425              439
        役員退職慰労引当金                                  778              601
        その他                                  570              810
        固定負債合計                                 1,773              2,102
      負債合計                                  5,733              7,355
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                  870              870
        資本剰余金                                  379              379
        利益剰余金                                 6,763              7,142
                                         △ 114             △ 114
        自己株式
        株主資本合計                                 7,899              8,278
      評価・換算差額等
                                          36              57
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  36              57
      純資産合計                                  7,936              8,335
     負債純資産合計                                   13,669              15,691
                                  9/15










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期損益計算書】
       【第3四半期累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期累計期間              当第3四半期累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2018年12月31日)               至 2019年12月31日)
     売上高                                   16,279              16,545
                                         9,340              9,537
     売上原価
     売上総利益                                    6,939              7,008
     販売費及び一般管理費                                    6,125              6,253
     営業利益                                     813              754
     営業外収益
      受取利息及び受取配当金                                    2              2
      不動産賃貸料                                    5              5
      保険解約返戻金                                    9              16
      受取補償金                                    -              40
                                           8              14
      その他
      営業外収益合計                                    26              79
     営業外費用
      支払利息                                    11              10
      固定資産圧縮損                                    -               3
                                           0              0
      その他
      営業外費用合計                                    12              14
     経常利益                                     827              819
     特別損失
      固定資産除売却損                                    9              7
      特別損失合計                                    9              7
     税引前四半期純利益                                     817              812
     法人税、住民税及び事業税                                     261              259
     法人税等合計                                     261              259
     四半期純利益                                     556              552
                                 10/15










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                                 当第3四半期累計期間
                           (自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
     1.原価差異の繰延処理
                    操業度等の季節的な変動に起因して発生した原価差異につきましては、原価計
                   算期末までにほぼ解消が見込まれるため、当該原価差異を流動資産または流動負
                   債として繰り延べる方法を採用しております。
     2.税金費用の計算               当第3四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計

                   適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を
                   乗じて計算する方法を採用しております。
      (四半期貸借対照表関係)

     ※    四半期会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。 
       なお、当第3四半期会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期会計期間末日満期手形が四半期会
      計期間末残高に含まれております。
                              前事業年度              当第3四半期会計期間
                            (2019年3月31日)                 (2019年12月31日)
       受取手形                          0百万円                 1百万円
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

     当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期間に
    係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は次のとおりであります。
                           前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間
                            (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                            至 2018年12月31日)                  至 2019年12月31日)
       減価償却費                         511百万円                 518百万円
                                 11/15











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
     1 配当金支払額

                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年6月28日
              普通株式         86     9.00      2018年3月31日         2018年6月29日        利益剰余金
      定時株主総会
     2018年11月2日
              普通株式         86     9.00      2018年9月30日         2018年12月3日        利益剰余金
       取締役会
     2 基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
     当第3四半期累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

     1 配当金支払額

                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日       配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2019年6月27日
              普通株式         86     9.00      2019年3月31日         2019年6月28日        利益剰余金
      定時株主総会
     2019年11月5日
              普通株式         86     9.00      2019年9月30日         2019年12月2日        利益剰余金
       取締役会
     2 基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
       該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

     【セグメント情報】
       当社は、食品事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                            前第3四半期累計期間                 当第3四半期累計期間
             項目               (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                             至 2018年12月31日)                  至 2019年12月31日)
    1株当たり四半期純利益                                 57円65銭                 57円28銭
    (算定上の基礎)
      四半期純利益(百万円)                                  556                 552
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   ―                 ―

      普通株式に係る四半期純利益
                                        556                 552
      (百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               9,652,730                 9,652,712
     (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 12/15




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
        第54期(2019年4月1日から2020年3月31日まで)中間配当については、2019年11月5日開催の取締役会にお
       いて、2019年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決
       議し、実施いたしました。 
         ① 配当金の総額                                               86百万円
         ② 1株当たりの金額                                               9円00銭
         ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日    2019年12月2日
                                 13/15


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 14/15



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ダイショー(E00501)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年2月7日

    株式会社ダイショー
     取締役会      御中
                       有限責任監査法人トーマツ

                        指定有限責任社員

                                          西      元      浩      文
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       吉  田  秀  敏            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ダイ

    ショーの2019年4月1日から2020年3月31日までの第54期事業年度の第3四半期会計期間(2019年10月1日から2019年12月31
    日まで)及び第3四半期累計期間(2019年4月1日から2019年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借
    対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
    正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結
    論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
    れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ダイショーの2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終
    了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められな
    かった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。