大和ハウスリート投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第27期(平成31年3月1日-令和1年8月31日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資証券)-第27期(平成31年3月1日-令和1年8月31日)
提出日
提出者 大和ハウスリート投資法人
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資証券)

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年11月26日
      【計算期間】                    第27期(自 2019年3月1日 至 2019年8月31日)
      【発行者名】                    大和ハウスリート投資法人
      【代表者の役職氏名】                    執行役員  川西 次郎
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区永田町二丁目4番8号
                         ニッセイ永田町ビル7階
      【事務連絡者氏名】                    大和ハウス・アセットマネジメント株式会社
                         取締役財務企画部長  塚本 晴人
      【連絡場所】                    東京都千代田区永田町二丁目4番8号
                         ニッセイ永田町ビル7階
      【電話番号】                    03-3595-1265
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/317













                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     第一部【ファンド情報】
     第1【ファンドの状況】
      1【投資法人の概況】
       (1)【主要な経営指標等の推移】
        ① 主要な経営指標等の推移
             期               第18期       第19期       第20期       第21期       第22期
           決算年月               2015年2月       2015年8月       2016年2月       2016年8月       2017年2月
     営業収益(注1)                         8,693       9,356       9,662       9,691       17,531
                      百万円
     (うち不動産賃貸事業収益)                        (8,693)       (9,356)       (9,662)       (9,691)       (17,531)
     営業費用                         4,811       5,430       5,715       5,731       11,963
                      百万円
     (うち不動産賃貸事業費用)                        (3,875)       (4,438)       (4,688)       (4,746)       (7,493)
     営業利益                 百万円
                              3,881       3,925       3,947       3,959       5,567
     経常利益                 百万円        3,081       3,146       3,177       3,214       4,474
     当期純利益                 百万円        3,080       3,145       3,177       3,213       4,393
     総資産額                 百万円
                             238,730       258,400       258,590       258,266       604,142
     (対前期比)                  %       (0.3)       (8.2)       (0.1)      (△0.1)       (133.9)
     純資産額                 百万円
                             111,455       111,352       111,194       111,042       330,304
     (対前期比)                  %      (△0.1)       (△0.1)       (△0.1)       (△0.1)       (197.5)
     出資総額                 百万円       61,703       61,703       61,703       61,703       61,703
     発行済投資口     の 総 口 数          口      373,870       747,740       747,740       747,740      1,519,280
     1口当たり純資産額(注2)                  円      149,056       148,918       148,707       148,504       217,408
     1口当たり当期純利益(注2)(注3)                  円       4,119       4,207       4,248       4,297       2,891
     分配総額                 百万円        3,249       3,334       3,365       3,392       7,292
     1口当たり分配金額                         8,691       4,460       4,501       4,537       4,800
     (うち1口当たり利益分配金)                  円      (8,691)       (4,460)       (4,501)       (4,537)       (4,800)
     (うち1口当たり利益超過分配金)                         (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
     総資産経常利益率
                              1.3       1.3       1.2       1.2       1.0
                       %
                              (2.6)       (2.5)       (2.5)       (2.5)       (2.1)
     (年換算値)(注4)
     自己資本利益率
                              2.8       2.8       2.9       2.9       2.0
                       %
                              (5.6)       (5.6)       (5.7)       (5.7)       (4.0)
     (年換算値)(注5)
     自己資本比率
                              46.7       43.1       43.0       43.0       54.7
                       %
                             (△0.2)       (△3.6)       (△0.1)       (△0.0)        (11.7)
     (対前期増減)
     配当性向                  %       105.5       106.0       106.0       105.6       166.0
     [ その他参考情報      ]
     賃貸NOI(注6)                 百万円        6,507       6,814       6,986       6,977       13,398
     1口当たりFFO(注7)                  円       12,770        6,752       6,948       7,024       6,469
     FFO倍率(注8)(注9)                  倍       20.9       16.9       16.9       20.9       22.4
     デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                       倍        8.4       9.3       9.6       10.2       12.2
     (注10)
     有利子負債額                 百万円       122,463       141,663       141,663       141,663       253,163
     総資産有利子負債比率(注11)                  %       51.3       54.8       54.8       54.9       41.9
                                   2/317






                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             期               第23期       第24期       第25期       第26期       第27期
           決算年月               2017年8月       2018年2月       2018年8月       2019年2月       2019年8月
     営業収益(注1)                        21,015       19,700       22,211       23,127       24,877
                      百万円
     (うち不動産賃貸事業収益)                       (19,479)       (19,700)       (22,211)       (23,013)       (24,722   )
     営業費用                        11,623       11,687       12,942       13,166       14,175
                      百万円
     (うち不動産賃貸事業費用)                       (7,906)       (7,947)       (8,944)       (9,184)       (10,062   )
     営業利益                 百万円        9,392       8,012       9,269       9,960       10,702
     経常利益                 百万円
                             7,974       7,146       7,770       8,597       9,166
     当期純利益                 百万円        7,968       7,142       7,765       8,597       9,166
     総資産額                 百万円
                            682,359       681,192       771,281       777,727       841,236
     (対前期比)                  %      (12.9)      (△0.2)       (13.2)       (0.8)       (8.2)
     純資産額                 百万円       377,321       376,300       430,596       429,223       463,170
     (対前期比)                  %      (14.2)      (△0.3)       (14.4)      (△0.3)        (7.9)
     出資総額                 百万円       108,136       108,136       163,230       163,230       198,492
     発行済投資口の総口数                  口     1,690,000       1,690,000       1,927,000       1,927,000       2,075,000
                       円
     1口当たり純資産額(注2)                       223,267       222,663       223,454       222,741       223,214
     1口当たり当期純利益(注2)(注3)                  円       4,772       4,226       4,083       4,461       4,420
     分配総額                 百万円        8,389       8,777       9,723      10,457       11,978
     1口当たり分配金額                        4,964       5,194       5,046       5,427       5,773
                       円
     (うち1口当たり利益分配金)                       (4,964)       (5,194)       (5,046)       (5,427)       (5,773)
     (うち1口当たり利益超過分配金)                         (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
     総資産経常利益率                         1.2       1.0       1.1       1.1       1.1
                       %
     (年換算値)(注4)                        (2.5)       (2.1)       (2.1)       (2.2)       (2.2)
     自己資本利益率                         2.3       1.9       1.9       2.0       2.1
                       %
     (年換算値)(注5)
                             (4.5)       (3.8)       (3.8)       (4.0)       (4.1)
     自己資本比率
                              55.3       55.2       55.8       55.2       55.1
                       %
     (対前期増減)                        (0.6)      (△0.1)        (0.6)      (△0.6)       (△0.1)
     配当性向
                       %       104.0       122.9       123.6       121.7       130.6
     [ その他参考情報      ]
     賃貸NOI(注6)                 百万円       15,286       15,503       17,563       18,283       19,424
                       円
     1口当たりFFO(注7)                        7,184       7,625       7,346       7,747       7,598
     FFO倍率(注8)(注9)                  倍       18.9       16.7       17.7       15.9       18.6
     デット・サービス・カバレッジ・レシオ
                       倍       15.4       14.4       14.2       14.8       14.6
     (注10)
     有利子負債額                 百万円       282,268       282,268       314,268       321,268       348,768
     総資産有利子負債比率(注11)                  %       41.4       41.4       40.7       41.3       41.5
     (注1)営業収益等には、消費税等は含まれていません。
     (注2)   2015年3月1日を効力発生日として、投資口1口につき2口の割合による投資口の分割をしました。そこで、1口当たり純資産額及び
         1口当たり当期純利益は、第18期期首に当該投資口の分割が行われたと仮定して算定しています。
     (注3)1口当たり当期純利益は、当期純利益を期間の日数による加重平均投資口数で除することにより算定しています。なお、潜在投資口調
         整後1口当たり当期純利益については、潜在投資口が存在しないため記載していません。
     (注4)総資産経常利益率=経常利益/((期首総資産額+期末総資産額)÷2)×100
     (注5)自己資本利益率=当期純利益/((期首純資産額+期末純資産額)÷2)×100
     (注6)賃貸NOI=不動産賃貸事業収益-不動産賃貸事業費用+当期減価償却費
     (注7)   1口当たりFFO=(当期純利益+減価償却費                 +のれん償却額+投資法人債発行費償却+商標権償却+ソフトウェア償却費                             ±不動産等売
         却損益±特別損益)/発行済投資口の総口数
     (注8)FFO倍率=期末投資口価格/年換算後1口当たりFFO
     (注9)   2015年3月1日      を効力発生日として、投資口1口につき2口の割合による投資口の分割をしました。第18期のFFO倍率は、権利落後の
         期末  投資口価格を2015年3月1日に効力が発生した投資口分割前の投資口価格に換算して算定しています。
     (注10)デット・サービス・カバレッジ・レシオ=金利償却前当期純利益/支払利息
     (注11)総資産有利子負債比率=期末有利子負債額/期末総資産額×100
     (注12)本書において記載する数値は、別途注記する場合を除き、単位未満を切り捨てて記載し、比率については、別途注記する場合を除き、
         小数第2位を四捨五入した数値を記載しています。したがって、各項目別の数値又は比率の合計が一致しない場合があります。
                                   3/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 事業の概要
        (イ)   大和ハウスリート        投資法人の主な推移
          本投資法人は、大和ハウス工業株式会社(以下「大和ハウス」といいます。)の100%子会社である                                              大和ハウ
         ス・アセットマネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいます。)                                    をその資産運用会社とし、大和ハ
         ウスをスポンサーとする不動産投資信託(J-REIT)です。
          本投資法人は、2006年3月22日、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)不動産投
         資信託証券市場に上場し、2010年4月1日にニューシティ・レジデンス投資法人(以下「NCR」といいます。)
         と合併(以下「NCRとの合併」といいます。)し、その後、2011年12月1日に大和ハウス・レジデンシャル投資
         法人(「大和ハウスリート投資法人」に商号変更をする前の同法人を、以下「旧DHI」といいます。)に商号変
         更し、投資対象を居住施設とする変更を行いました。
          旧大和ハウスリート投資法人(2016年9月1日付で本投資法人と合併して解散した大和ハウスリート投資法人
         をいいます。以下「旧DHR」といいます。)は、大和ハウスの100%子会社である大和ハウス・リート・マネジメ
         ント株式会社をその資産運用会社として、2007年9月14日に設立され、物流施設と商業施設を投資対象とする
         REITとして、2012年11月28日に東京証券取引所不動産投資信託証券市場に上場しました。
          旧DHI及び旧DHR(以下併せて「両投資法人」と総称します。)は2016年9月1日付で、旧DHIを吸収合併存続
         法人、旧DHRを吸収合併消滅法人とする吸収合併(以下「本合併」といいます。)を行い、これまでの両投資法
         人の投資対象に加え、ホテル、オフィス等の新たな資産を投資対象とする総合型REITへと転換し、商号を「大和
         ハウス・レジデンシャル投資法人」から「大和ハウスリート投資法人」へ変更しました。
        (ロ)当期の運用実績

           本投資法人は、本合併後3度目となる公募増資により352億円の資金調達を行い、公募増資による資金調達
          及び借入金等により2019年3月、4月に大和ハウスグループ(注1)のパイプライン等から13物件・取得価格
          (注2)合計670億円を取得しました。また、2019年8月には、物流施設1物件を売却価格57億円で売却しま
          した。この結果、本投資法人の当期末現在のポートフォリオは、物件数228物件、資産規模7,448億円(注3)
          となりました。
          (注1)「大和ハウスグループ」は、親会社である大和ハウス、連結子会社342社、非連結子会社2社、持分法適用関連会社40社及
             び持分法非適用関連会社2社(2019年6月30日現在)により構成されます。なお、本資産運用会社も、その一員です。以
             下同じです。
          (注2)   「取得価格」とは、別途注記する場合を除き、本投資法人の保有資産に係る各売買契約に記載された売買金額(取得に係
             る諸費用、公租公課等の精算金、消費税等及び借地差入保証金等を含んでいません。)をいいます。ただし、NCRが保有し
             ていた物件については、NCRとの合併時の受入価格である2010年2月期末現在の鑑定評価額、旧DHRが保有していた物件に
             ついては、旧DHRとの合併時の受入価格である2016年8月期末現在の鑑定評価額によります。なお、「取得価格合計」につ
             いては、単位未満を切り捨てて記載しています。以下同じです。
          (注3)「資産規模」とは、別途注記する場合を除き、各時点の本投資法人の保有に係る各資産の取得価格の合計額をいいます。
             以下同じです。
        (ハ)   資金調達の状況

           本投資法人は、2019年3月27日及び3月29日に返済期限が到来した借入金11,600百万円について、同額のリ
          ファイナンスを実施しました。また、2019年4月5日及び4月10日に、大和ハウスグループのパイプライン等
          からの物件取得に伴う取得資金及び関連費用の一部に充当するため、総額27,500百万円の借入れを実施しまし
          た。
           この結果、本投資法人の当期末現在の有利子負債残高は前期より27,500百万円増加した348,768百万円(借
          入金残高329,768百万円、投資法人債残高19,000百万円)となり、当期末のLTV(のれんを含む)(注1)は
          41.5%、LTV(のれんを除く)(注2)は45.1%となりました。
          (注1)「LTV(のれんを含む)」は、以下の計算式により求めて記載しています。以下同じです。
             LTV(のれんを含む)=有利子負債(借入金+投資法人債)の総額÷総資産(のれんを含む)×100
          (注2)「LTV(のれんを除く)」は、以下の計算式により求めて記載しています。以下同じです。
             LTV(のれんを除く)=有利子負債(借入金+投資法人債)の総額÷総資産(のれんを除く)×100
                                   4/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           また、   本書の日付現在       における本投資法人の格付の状況は以下の                    とおり   です。
                 信用格付業者                格付対象          格付
           株式会社格付投資情報センター(R&I)                      発行体格付        AA- 安定的
            株式会社日本格付研究所(JCR)                    長期発行体格付          AA 安定的
        (ニ)不動産評価額と帳簿価額との差額について

           当期末   時点での保有資産の不動産評価額合計は822,248百万円であり、帳簿価格との差額である含み益
          (注)の金額は103,676百万円となりました。
          (注)「含み益」とは、各期末現在における不動産鑑定評価額から帳簿価額(建設仮勘定及び信託建設仮勘定を除きます。)を控
            除した差額がプラスであることをいいます(差額がマイナスの場合には含み損)。以下同じです。なお、含み益は、物件の
            売却により必ず実現することが保証されているわけではありません。
        (ホ  )業績の概要

           上記運用の結果、本投資法人の当期実績は、営業収益24,877百万円、営業利益10,702百万円、経常利益
          9,166百万円、当期純利益9,166百万円(投資口1口当たり4,417円)の計上となりました。
           なお、分配方針に基づき、のれん償却額及び物件売却等に係る税会不一致額相当額として2,920百万円(投
          資口1口当たり1,407円)を一時差異等調整積立金より取り崩し当期純利益に上乗せし、分配金総額は11,978
          百万円(投資口1口当たり5,773円)となりました。
        ③ 次期の見通し

        (イ)投資環境
           当期の日本経済は、輸出において弱さが見られるものの、緩やかに回復しています。先行きについては、雇
          用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待されます。ただ
          し、通商問題を巡る緊張の増大が世界経済に与える影響に注意するとともに、中国経済の先行き、海外経済の
          動向と政策に関する不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。
           このような中、J-REIT市場は、安定した配当利回りが改めて評価され、年初来、外国人投資家の旺盛な投資
          需要を取り込みました。4月以降に外国人投資家が売り越しに転じた後も、投資信託、生損保が新たな買い手
          となり、東証REIT指数は7月に11年7か月ぶりに2,000ポイントの大台を回復し、その後も堅調に推移してい
          ます。
           投資環境は、不動産鑑定評価に用いる還元利回りの低下、地価の上昇や建設コストの高騰等により、当面厳
          しい状況が続くことが見込まれますが、本投資法人はこれまでと同様に大和ハウスグループの総合力と不動産
          開発ノウハウを活用して引き続き良質な物件の取得に努めていきます。
        (ロ  )今後の運用方針及び対処すべき課題について

          (a)成長戦略について
           本投資法人は、本合併に伴う総合型REITへの転換により、幅広いアセットタイプの物件取得の機会が拡大し
          たことを契機として、資産規模の着実な成長を図るとともに、長期的な安定収益を確保することにより投資主
          価値の最大化を目指しています。
           本投資法人のポートフォリオは、総合型REITへの転換により、リスク・リターンの特徴が異なる多様な資産
          が含まれるようになり、本書の日付現在、保有資産はいずれのアセットタイプについても高い稼働率を維持し
          ています。多様な資産への投資により、ポートフォリオの分散が進展するとともにテナント集中リスクが低減
          し、ポートフォリオの収益性及びキャッシュ・フローの安定性の更なる向上を図ることができると本投資法人
          は考えています。
           本投資法人は、主に大和ハウスグループのパイプラインから、投資主価値向上に資する資産を厳選して取得
          しており、今後も厳選投資の方針を維持する予定です。
           また、継続的な物件入替を通じて、ポートフォリオの質の向上を図り、投資主価値向上の実現を目指しま
          す。
          (b)分配方針について

           本投資法人は、当期末現在、6,823                百万円(当期の取崩し前の金額であり、取崩し後は、3,903百万円)の一
          時差異等調整積立金及び2,106百万円(当期の積立て前の金額であり、積立て後は、2,214百万円)の分配準備
          積立金を有しています。
           本投資法人は、2017年2月期より分配方針の一部を変更し、のれん償却額相当額を一時差異等調整積立金か
          ら取り崩し、当期純利益に上乗せして使用する方針としています。
           また、不動産等売却損等の特別な損失が発生した場合や、公募増資時の分配金の希薄化、公募増資に伴って
          期中に取得した物件の運用期間が短いことにより十分な収益を確保できなかった場合又は物件売却に伴い所得
                                   5/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          超過税会不一致が発生し、導管性要件を満たす必要がある場合には、一時差異等調整積立金等を取り崩す予定
          です(注1)。
           なお、本合併により発生したのれんは20年間にわたって定額法により償却されます。上記のとおり、本投資
          法人は、のれん償却額相当額について、一時差異等調整積立金から取り崩して分配する予定ですが、一時差異
          等調整   積立金等    の取崩しが完了した後は、当該償却額相当額の利益超過分配(一時差異等調整引当額の分配)
          を行う予定です。
           本投資法人は、内部留保の機動的な活用並びにその後の利益超過分配(一時差異等調整引当額の分配)の実
          施により、分配金水準が本合併に伴うのれん償却の影響を受けないようにするとともに、中長期的な分配金の
          安定化(注2)を目指す方針です。
          (注1)本投資法人が実施する一時差異等調整積立金の取崩しは、利益超過分配金(出資の払戻し)には該当しません。
          (注2)本投資法人は、上記分配方針に基づき分配金の安定化を目指す方針ですが、分配金の分配及びその額を保証又は約束する
             ものではありません。
        (ハ)財務戦略

           本投資法人は、中長期にわたる安定的な収益の確保と運用資産の着実な成長並びに効率的な運用及び運用の
          安定性に資するため、計画的かつ機動的な財務戦略を立案し、実行することを基本方針とします。
           本投資法人は強固なレンダーフォーメーションを維持・拡大するとともに、投資法人債の発行による資金調
          達手段の多様化に取り組み、有利子負債の金利の長期固定化及び返済期限の分散化を推進し、財務基盤の安定
          性の向上に努めます。
                                   6/317














                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ④ 決算期後に生じた重要な事実
         A.資産の譲渡
         本投資法人は、以下の物件を譲渡しました。
          資産の名称            Dプロジェクト岐阜
          譲渡資産の種類            不動産を信託財産とする信託の受益権
          用途            物流施設
          譲渡価格(注1)            1,171,000千円
          譲渡先(注2)            合同会社Heptagon
          譲渡年月日            2019年9月2日
          資産の名称            Dプロジェクト札幌南
          譲渡資産の種類            不動産を信託財産とする信託の受益権
          用途            物流施設
          譲渡価格(注1)            863,000千円
          譲渡先(注2)            合同会社Heptagon
          譲渡年月日            2019年9月2日
          資産の名称            Dプロジェクト仙台南
          譲渡資産の種類            不動産を信託財産とする信託の受益権
          用途            物流施設
          譲渡価格(注1)            1,581,000千円
          譲渡先(注2)            合同会社Heptagon
          譲渡年月日            2019年9月2日
          資産の名称            Dプロジェクト御殿場
          譲渡資産の種類            不動産を信託財産とする信託の受益権
          用途            物流施設
          譲渡価格(注1)            1,141,000千円
          譲渡先(注2)            合同会社Heptagon
          譲渡年月日            2019年9月2日
          資産の名称            Dプロジェクト西広島
          譲渡資産の種類            不動産を信託財産とする信託の受益権
          用途            物流施設
          譲渡価格(注1)            1,211,000千円
          譲渡先(注2)            合同会社Heptagon
          譲渡年月日            2019年9月2日
         (注1)譲渡に係る諸費用、公租公課等の精算金及び消費税等を除きます。
         (注2)譲渡先は、本資産運用会社の親会社である大和ハウスが重要な影響を及ぼし得る特別目的会社であり、本資産運用会社の利
             害関係者取引規程に定める利害関係者に該当しますが、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後
             の改正を含みます。以下「投信法」といいます。)に定める利害関係人等には該当しません。
              本資産運用会社は、本資産運用会社の利害関係者取引規程に基づき、それぞれに必要な審議及び決議を経ています。
         B.投資法人債(グリーンボンド)の発行

          本投資法人は、本投資法人によるESG活動を一層推進するとともに、更なる投資家層の拡大及び安定的な資金
         調達手段の確保を目的として、2019年10月17日開催の役員会における投資法人債の発行に係る包括決議に基づ
         き、  2019年11月15日に以下のとおり投資法人債(グリーンボンド)の発行を決定し、同年11月25日に払込が完了
         しました。本投資法人債(グリーンボンド)発行により調達した資金は、Dプロジェクト町田、Dプロジェクト八
         王子及びDプロジェクト浦安Ⅱ等の取得資金として調達した長期借入金10,000百万円のリファイナンス資金の一
         部に充当します。
                 投資法人債の名称                   発行金額         利率      償還期日      担保
          大和ハウスリート投資法人第9回無担保投資法人債
                                             0.53%       2029年     無担保
         (特定投資法人債間限定同順位特約付)(グリーン
                                   6,000百万円
                                           (固定金利)        11月22日      無保証
                   ボンド)
         (注1)払込金額及び償還金額は各投資法人債の金額100円につき金100円としています。
         (注2)上記投資法人債は償還期日に総額を償還します。また、上記投資法人債の買入消却は、払込期日の翌日以降振替機関が別途定
            める場合を除き、いつでもこれを行うことができます。
                                   7/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         C.本投資法人の規約の一部変更及び役員選任にかかる投資主総会の開催
          本投資法人は、2019年10月17日に開催した本投資法人役員会において、2019年11月27日開催予定の投資主総
         会(以下「本投資主総会」といいます。)に、規約の一部変更及び役員選任議案を付議することを決議していま
         す。
         (1)規約の一部変更

          和暦を西暦表記に変更するほか、資産運用会社に対する譲渡報酬について、保有資産の譲渡損益にかかわら
         ず、本資産運用会社に対して、適正なポートフォリオ構築に向けた物件の入れ替え等の取組みを促し、投資主価
         値の向上を図るとともに、将来的な不動産マーケットの変化に対応するため、以下のとおり変更することを予定
         しています(下線は変更部分を示します。)。
                 変 更 前                          変 更 後

            資産運用会社に対する資産運用報酬                          資産運用会社に対する資産運用報酬

          項目       計算方法         支払時期          項目       計算方法        支払時期

        運用報酬1                          運用報酬1
        (資産連動報            (省略)              (資産連動報           (現行どおり)
        酬)                          酬)
        運用報酬2                          運用報酬2
        (利益連動報            (省略)              (利益連動報           (現行どおり)
        酬)                          酬)
        取得・譲渡報        1.から2.          (省略)         取得・譲渡報        1.から2.        (現行どおり)
        酬         (省略)                酬        (現行どおり)
                3.前1.及び2.に                            (削除)

                かかわらず、当
                該不動産等又は
                不動産対応証券
                の譲渡につき、
                譲渡益(注4)が
                生じない場合、
                譲渡報酬は発生
                しない。
        合併報酬              (省略)
                                  合併報酬            (現行どおり)
        (注1)から(注3)(省略)

                                  (注1)から(注3)(現行どおり)
        (注4)譲渡益とは、当該不動産等又は不動産対応
                                             (削除)
        証券の譲渡価格が、(i)当該譲渡に要した費用及び
        (ii)当該不動産等又は不動産対応証券の譲渡時にお
        ける帳簿価額の合計額を超える場合における、当該
        譲渡価格と当該合計額との差額をいう。
                                   8/317






                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (2)執行役員及び監督役員の選任

          執行役員川西次郎、監督役員岩﨑哲也及び石川浩司は、2019年11月30日をもって任期満了となるため、本投
         資主総会において、執行役員として浅田利春、監督役員として岩﨑哲也及び石川浩司を選任する予定です。
          執行役員候補者は次のとおりです。
            氏   名
                                 主要略歴(会社名等 当時)
           (生   年  月  日)
                     1982年4月        三井信託銀行株式会社 入社
                     2004年4月        株式会社アセットビジネスコンサルティング(出向)
                     2004年12月
                             モリモト・アセットマネジメント株式会社
                             (現 大和ハウス・アセットマネジメント株式会社)(出向)
                             取締役財務部長
                     2005年11月
                             同社 専務取締役
                     2006年1月
                             同社 代表取締役社長(転籍)
                     2008年5月
            浅田   利春
                             株式会社オー・エムサービス 顧問                 兼  経営管理部長
          (1958年8月29日)
                     2008年9月
                             同社 常務取締役経営管理部長
                     2011年10月
                             中央三井信託銀行株式会社 入社
                             大和ハウス・リート・マネジメント株式会社
                             (現 大和ハウス・アセットマネジメント株式会社)(出向)
                             コンプライアンス・オフィサー
                     2013年4月
                             同社(転籍)
                     2016年9月
                             大和ハウス・アセットマネジメント株式会社
                             コンプライアンス部長
                     2019年3月
                             同社 コンプライアンス部長 退任
          ・上記執行役員候補者は、本投資法人との間に特別の利害関係はありません。
          ・上記執行役員候補者は、本投資法人の投資口を保有しておりません。
         (3)補欠執行役員及び補欠監督役員の選任

          執行役員及び監督役員が法令に定める員数を欠くことになる場合に備え、本投資主総会において、改めて、
         補欠執行役員として土田耕一、補欠監督役員として柿島房枝を選任する予定です。
                                   9/317










                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
        ① 投資法人の目的及び基本的性格
          本投資法人は、中長期にわたる安定した収益の確保と資産の着実な成長を図ることを目標として、主として
         後記「2 投資方針 (2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類」に記載する不動産等資産(特定資産
         (投信法第2条第1項に定めるものをいいます。以下同じです。)のうち、投資信託及び投資法人に関する法
         律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。)第105条第1号ヘに定めるものをいいま
         す。)に対する投資として運用を行います(規約第29条)。
        (イ)   本投資法人は、       三大都市圏を中心に、全国に立地する主たる用途を物流施設、居住施設、商業施設及びホ
          テルとする不動産等、並びに主たる用途を物流施設、居住施設、商業施設及びホテルとする不動産等を裏付
          けとする不動産対応証券を主な投資対象とします。なお、本投資法人は、その他の不動産等及び不動産対応
          証券にも投資することができます。                 (規約第30条第1項         )。
        (ロ)個々の投資対象の選別に際しては、a.                     一般経済情勢、金融情勢、消費者動向、不動産市況等の「マクロ要
          因」、b.     立地エリアの周辺環境、都市計画の状況等将来性及び安定性等の「地域的要因」、及び                                         c.  詳細な
          物件調査(経済的調査、物理的調査及び法的調査を含みます。)の結果を総合的に検討するものとします
          (規約第30条第2項)。
        ② 投資法人の特色

          本投資法人は、投信法に基づき、資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的としま
         す。本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です(規約第8
         条)。本投資法人の資産運用は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。以下「金
         商法」といいます。)上の金融商品取引業者である本資産運用会社にすべて委託してこれを行います。
         (注1)投資法人に関する法的枠組みは、大要以下のとおりです。
             投資法人は、金融商品取引業者等の一定の資格を有する設立企画人により設立されます。投資法人を設立するには、設立企
             画人が規約を作成しなければなりません。規約とは、株式会社における定款に相当するものであり、投資法人の商号、発行
             可能投資口総口数、資産運用の対象及び方針、金銭の分配の方針等を規定する投資法人の根本規則です。投資法人は、かか
             る規約に沿って運営されます。なお、規約は、投資法人の成立後には、投資主総会の特別決議により変更することができま
             す。
             投資法人は、投資口を発行して、投資家より出資を受けます。投資口を有する者を投資主といい、投資主は、投資主総会を
             通じて、一定の重要事項について投資法人の意思決定に参画できる他、投資法人に対して一定の権利を行使することができ
             ますが、かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ずしも同一ではありません。
             投資法人にはその機関として投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人が設置されます。執行役員は、投資
             法人の業務を執行し、投資法人を代表します。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督します。すべての執行役員と監督
             役員は、役員会を構成し、かかる役員会は、執行役員の一定の重要な職務の執行に対する承認、計算書類等(金銭の分配に
             係る計算書を含みます。)の承認等、投資法人の一定の業務の執行に係る重要な意思決定を行います。更に、会計監査人
             は、投資法人の会計監査を行います。これらの執行役員、監督役員及び会計監査人はいずれも投資主総会の決議によって選
             任されます。投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人については、後記「(4)投資法人の機構 ① 投
             資法人の統治に関する事項」をご参照下さい。
             投資法人は、規約に定める額を限度として、借入れを行うことができる他、投資主の請求により投資口の払戻しをしない旨
             を規約に定めたクローズド・エンド型の投資法人の場合には、規約に定める額を限度として、投資法人債を引き受ける者の
             募集をすることもできます。
             投資法人は、投資口及び投資法人債の発行による手取金並びに借入金を、規約に定める資産運用の対象及び方針に従い運用
             します。なお、投資法人がこのような資産の運用を行うためには、内閣総理大臣の登録を受ける必要があります(以下、こ
             の登録を受けた投資法人を「登録投資法人」といいます。)。本投資法人の資産運用の対象及び方針については、後記
             「2 投資方針 (1)投資方針」及び同「(2)投資対象」をご参照下さい。
             投資法人は、投資主に対して、規約で定めた金銭の分配の方針に従って、金銭の分配を行います。本投資法人の投資主に対
             する分配方針については、後記「2 投資方針 (3)分配方針」をご参照下さい。
             登録投資法人は、投信法上の資産運用会社(内閣総理大臣の登録を受けた金融商品取引業を行う金融商品取引業者)にその
             資産の運用に係る業務の委託をしなければなりません。また、登録投資法人は、信託銀行等の一定の資格を有する資産保管
             会社にその資産の保管に係る業務を委託しなければなりません。更に、投資法人は、一般事務受託者に投資口及び投資法人
             債を引き受ける者の募集に関する事務、投資主名簿に関する事務その他の事務を委託しなければなりません。本投資法人の
             資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者については、後記「(3)投資法人の仕組み」をご参照下さい。
         (注2)株式等の取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律(平成16                                             年法律第   88
             号。)の施行日である         2009  年1月5日以降、本投資法人の発行する投資口は、電子化が行われ、振替投資口(社債、株式等
             の振替に関する法律(平成          13 年法律第   75 号。  その後の改正を含みます。          以下「振替法」といいます。)第             226 条第1項に定
             める意味を有します。以下同じです。また、振替投資口である本投資法人の投資口を、以下「本振替投資口」といいま
             す。)となりました。本振替投資口については、本投資法人は投資証券を発行することができず、権利の帰属は振替口座簿
             の記載又は記録により定まります(振替法第                 226 条、第   227 条)。なお、以下では、別途明記する場合を除き、本投資法人が
             発行する投資証券(以下「本投資証券」といいます。)についての記載は、本振替投資口を含むものとします。
             また、本投資法人が発行する投資法人債(本合併により承継した旧DHRの第1回無担保投資法人債(以下「旧DHR第1回債」
             といいます。)を含みます。以下同じです。)は、振替投資法人債(振替法第116条に定める意味を有します。以下同じで
             す。また、振替投資法人債である本投資法人の投資法人債を、以下「本振替投資法人債」といいます。)です。なお、以下
             では、別途明記する場合を除き、本投資法人が発行する投資法人債券(以下「本投資法人債券」といいます。)についての
             記載には、本振替投資法人債を含むものとします。
         (注3)本投資法人は、不動産等を運用財産とする匿名組合出資持分その他の投資ビークルに投資することがあります。
                                  10/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (3)【投資法人の仕組み】
        ① 本投資法人の仕組図
          本書の日付現在における本投資法人の関係法人、その他の関係者の名称及び関係業務の概要は以下のとおり
         です。
         本投資法人の仕組図

             イ.資産運用委託契約











             ロ.資産保管業務委託契約、一般事務委託契約、投資主名簿等管理人委託契約及び特別口座の管理に関する契約
             ハ.新パイプライン・サポート等に関する基本協定書
             ニ.パイプライン・サポート等に関する基本協定書
             ホ.財務及び発行・支払代理契約
            (注)大和ハウス工業株式会社は、本資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年

               大蔵省令第59号。その後の改正を含みます。)第8条第3項に規定する親会社をいいます。以下同じです。)であ
               り、特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の改正を含みます。)第12条
               第3項に定める本資産運用会社の特定関係法人(以下「特定関係法人」といいます。)に該当します。
                                  11/317





                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 本投資法人及び本投資法人の資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者の名称、運営上の役割及び関
         係業務の内容
       運営上の役割           名  称                     関係業務の内容

     本投資法人           大和ハウスリート          規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主として不動産等及び
                投資法人         不動産対応証券等に投資することにより運用を行います。
     本資産運用会社           大和ハウス・ア          2005年6月7日付で本投資法人との間で資産運用委託契約(その後の変更
                セットマネジメン         を含みます。)を締結しています。
                ト株式会社          投信法上の資産運用会社として、同契約に基づき、本投資法人の規約並び
                         に同規約に定める資産運用の対象及び方針に従い、資産の運用に係る業務を
                         行います(投信法第198条第1項)。
                          本資産運用会社に委託された業務の内容は、イ.本投資法人の資産の運用
                         に係る業務、ロ.本投資法人の資金調達に係る業務、ハ.本投資法人への報
                         告業務及びニ.その他本投資法人が随時委託する前記イ.からハ.に関連し
                         又は付随する業務です。
     資産保管会社           三井住友信託銀行          2005年6月7日付で本投資法人との間で資産保管業務委託契約(その後の
     一般事務受託者           株式会社         変更を含みます。)を締結しています。投信法上の資産保管会社として、資
     投資主名簿等管理人                    産保管業務委託契約に基づき、本投資法人の保有する資産の保管に係る業務
     特別口座管理機関                    を行います(投信法第208条第1項)。
     投資法人債に関する                     また、2005年6月7日付で本投資法人との間で一般事務委託契約(その後
     一般事務受託者                    の変更を含みます。)を締結しています。投信法上の一般事務受託者とし
                         て、一般事務委託契約に基づき、イ.本投資法人の機関の運営に関する事務
                         及びロ.本投資法人の経理に関する事務(投資主名簿の管理に関する事務等
                         を受託する一般事務受託者が行う事務を除きます。)を行います(投信法第
                         117条)。
                          更に、2009年1月5日付で本投資法人との間で投資主名簿等管理人委託契
                         約(その後の変更を含みます。)(注1)及び特別口座の管理に関する契約
                         (その後の変更を含みます。)(注2)を締結しています。投信法上の一般
                         事務受託者として、投資主名簿等管理人委託契約及び特別口座の管理に関す
                         る契約に基づき、イ.投資主名簿及び新投資口予約権原簿の作成並びに備置
                         きその他の投資主名簿及び新投資口予約権原簿に関する事務、ロ.投資証券
                         及び新投資口予約権証券の発行に関する事務、ハ.投資主に対して分配をす
                         る金銭の支払に関する事務及びニ.行政手続における特定の個人を識別する
                         ための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。その後の改正を含
                         みます。)に係る個人番号関係事務等を行います(投信法第117条)。
                          加えて、本投資法人との間で、2015年1月16日付で本投資法人第2回無担
                         保投資法人債(以下「本投資法人第2回債」といいます。)及び本投資法人
                         第3回無担保投資法人債(以下「本投資法人第3回債」といいます。)に係
                         る財務代理契約証書を、2016年12月14日付で本投資法人第5回無担保投資法
                         人債(以下「本投資法人第5回債」といいます。)及び本投資法人第6回無
                         担保投資法人債(以下「本投資法人第6回債」といいます。)に係る財務代
                         理契約証書を、2018年7月20日付で本投資法人第7回無担保投資法人債(以
                         下「本投資法人第7回債」といいます。)及び本投資法人第8回無担保投資
                         法人債(以下「本投資法人第8回債」といいます。)に係る財務代理契約証
                         書を、2019年11月15日付で本投資法人第9回無担保投資法人債(以下「本投
                         資法人第9回債」といいます。)に係る財務代理契約証書を、それぞれ締結
                         しています。投信法上の一般事務受託者(投信法第117条)として、上記財
                         務代理契約証書に基づき、本投資法人第2回債、本投資法人第3回債、本投
                         資法人第5回債、本投資法人第6回債、本投資法人第7回債、本投資法人第
                         8回債及び本投資法人第9回債に関する発行代理人事務、支払代理人事務及
                         び財務代理人事務を行います。
                                  12/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       運営上の役割           名  称                     関係業務の内容
     投資法人債に関する           株式会社三菱UF          旧DHRとの間で、2014年12月12日付で旧DHR第1回債に係る財務代理契約証
     一般事務受託者           J銀行         書を締結しています。本合併に伴い、本投資法人は上記財務代理契約証書を
                         承継しています。投信法上の一般事務受託者(投信法第117条)として、上
                         記財務代理契約証書に基づき、旧DHR第1回債に関する発行代理人事務、支
                         払代理人事務及び財務代理人事務を行います。
     (注1)投資主名簿等管理人委託契約との関係で三井住友信託銀行株式会社を以下「投資主名簿等管理人」といいます。
     (注2)特別口座の管理に関する契約との関係で三井住友信託銀行株式会社を以下「特別口座管理機関」といいます。
        ③ 上記以外の本投資法人の関係法人及び主な関係者

         役割         名  称                      業務内容
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年4月15日付で大和ハウスとの間
     本資産運用会社の           大和ハウス工業
                         で新パイプライン・サポート等に関する基本協定書を締結しています。協定
     親会社           株式会社
                         書の詳細については、後記「2               投資方針 (1)投資方針 ②              成長戦略 
     スポンサー
                         (ハ)スポンサー及びサポート会社との協働」をご参照下さい。
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で株式会社コスモス
     サポート会社           株式会社
                         イニシア(以下「コスモスイニシア」といいます。)との間でパイプライ
                コスモスイニシア
                         ン・サポート等に関する基本協定書を締結しています。                          協定書の詳細につい
                         ては、後記「2        投資方針 (1)投資方針 ②              成長戦略 (ハ)スポン
                         サー及びサポート会社との協働」をご参照下さい。
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で大和リース株式会
                大和リース
                         社(以下「大和リース」といいます。)                   との間でパイプライン・サポート等
                株式会社
                         に関する基本協定書を締結しています。協定書の詳細については、後記「2
                         投資方針 (1)投資方針 ②              成長戦略 (ハ)スポンサー及びサポート会
                         社との協働」をご参照下さい。
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で大和情報サービス
                大和情報サービス
                         株式会社(以下「大和情報サービス」といいます。)                         との間でパイプライ
                株式会社
                         ン・サポート等に関する基本協定書を締結しています。協定書の詳細につい
                         ては、後記「2        投資方針 (1)投資方針 ②              成長戦略 (ハ)スポン
                         サー及びサポート会社との協働」をご参照下さい。
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付でダイワロイヤル株
                ダイワロイヤル
                         式会社(以下「ダイワロイヤル」といいます。)                       との間でパイプライン・サ
                株式会社
                         ポート等に関する基本協定書を締結しています。協定書の詳細については、
                         後記「2     投資方針 (1)投資方針 ②              成長戦略 (ハ)スポンサー及び
                         サポート会社との協働」をご参照下さい。
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で株式会社フジタ
                株式会社フジタ
                         (以下「フジタ」といいます。)               との間でパイプライン・サポート等に関す
                         る基本協定書を締結しています。協定書の詳細については、後記「2                                投資
                         方針 (1)投資方針 ②            成長戦略 (ハ)スポンサー及びサポート会社と
                         の協働」をご参照下さい。
                          本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で大和物流株式会社
                大和物流株式会社
                         (以下「大和物流」といいます。)                 との間でパイプライン・サポート等に関
                         する基本協定書を締結しています。協定書の詳細については、後記「2                                  投
                         資方針 (1)投資方針 ②             成長戦略 (ハ)スポンサー及びサポート会社
                         との協働」をご参照下さい。
        ④   匿名組合出資等の仕組み

          本投資法人は、本書の日付現在において、匿名組合出資持分等に投資は行っていません。
                                  13/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (4)【投資法人の機構】
        ① 投資法人の統治に関する事項
        (イ)機関の内容
           本投資法人の執行役員は1名以上、監督役員は2名以上(ただし、執行役員の員数に1を加えた数以上と
          します。)とされています(規約第18条)。
           本書の日付現在、本投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1名、監
          督役員2名、すべての執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人により構成されていま
          す。
         a. 投資主総会
           投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資主総会
          の決議によって決定されます。本投資法人の投資主総会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を
          除き、出席した投資主の議決権の過半数をもって行います(規約第11条)が、規約の変更(投信法第140条)
          等、投信法第93条の2第2項に定める決議(特別決議)は、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主
          が出席し、出席した当該投資主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行われます。ただし、投資主
          が投資主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該投資主は、その投資主総会に提出された
          議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相反する趣旨の議案があるときは、当該議案
          のいずれをも除きます。)について賛成するものとみなされます(投信法第93条第1項、規約第15条第1
          項)。
           本投資法人の資産運用の対象及び方針は、本投資法人の規約に定められています(規約第6章「資産運用
          の対象及び方針」)。かかる規約中に定められた資産運用の対象及び方針を変更する場合には、上記のとお
          り投資主総会の特別決議による規約の変更が必要となります。
           本投資法人の投資主総会は、原則として2年に1回以上開催されます(規約第9条第1項)。
           また、本投資法人は、本資産運用会社との間で資産運用委託契約を締結し、本投資法人の資産の運用に係
          る業務を委託しています。本資産運用会社が資産運用委託契約を解約するためには本投資法人の同意を得な
          ければならず、執行役員はかかる同意を与えるために原則として投資主総会の承認を得る必要があります
          (投信法第205条)。また、本投資法人が資産運用委託契約を解約する場合にも原則として投資主総会の決議
          が必要です(投信法第206条第1項)。
         b. 執行役員、監督役員及び役員会
           執行役員は、本投資法人の業務を執行するとともに、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一
          切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有しています(投信法第109条第1項、第5項、会社法(平成17年
          法律第86号。その後の改正を含みます。以下「会社法」といいます。)第349条第4項)。ただし、本資産運
          用会社からの資産運用委託契約の解約への同意、投資主総会の招集、一般事務受託者への事務の委託、資産
          運用委託契約又は資産保管委託契約の締結又は契約内容の変更その他投信法に定められた一定の職務の執行
          については、役員会の承認を受けなければなりません(投信法第109条第2項)。監督役員は、執行役員の職
          務の執行を監督する権限を有しています(投信法第111条第1項)。
           また、役員会は、一定の職務の執行に関する上記の承認権限を有する(投信法第109条第2項)他、投信法
          及び規約に定める権限並びに執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています(投信法第114条第1
          項)。役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる構成員の
          過半数が出席し、その過半数をもって行われます(投信法第115条第1項、会社法第369条第1項、規約第23
          条)。
           投信法の規定(投信法第115条第1項、会社法第369条第2項)及び本投資法人の役員会規則において、決
          議について特別の利害関係を有する執行役員又は監督役員は議決に加わることができないこと及びその場合
          には当該執行役員又は監督役員の数は出席した執行役員及び監督役員の数に算入しないことが定められてい
          ます。
           執行役員又は監督役員は、その任務を怠り本投資法人に損害を与えた場合はこれを賠償する責任を負いま
          すが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6第7項)により、規
          約をもって、執行役員又は監督役員の投信法第115条の6第1項に定める責任について、当該執行役員又は監
          督役員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当
          該執行役員又は監督役員の職務の執行の状況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、法令に定め
          る限度において、役員会の決議によって免除することができるものとしています(規約第21条)。
         c. 会計監査人
           本投資法人は、EY新日本有限責任監査法人を会計監査人に選任しています。会計監査人は、本投資法人の
          計算書類等の監査を行う(投信法第115条の2第1項)とともに、執行役員の職務の執行に関して不正の行為
          又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合における監督役員への報告その他法
          令で定める業務を行います(投信法第115条の3第1項等)。
        (ロ)内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続
                                  14/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           本投資法人の役員会は、すべての執行役員と監督役員により構成され(投信法第112条)、少なくとも3か
          月に1回以上開催されるものと定められていますが(投信法第109条第3項)、実際の運営においては、原則
          として1か月に1回以上役員会が開催されています。役員会においては、法令で定められた事項の承認に加
          え、  執行役員による自己の業務の執行状況の報告や、本資産運用会社の役職員から業務執行状況の詳細につ
          いての報告等が行われています。
        (ハ)内部管理、監督役員による監督及び会計監査との相互連携
           各監督役員は、専門家としての豊富な実務経験と専門的見地から、資産運用状況や執行役員の業務執行状
          況等の監督を行っています。
           一方で、会計監査人は、決算期ごとに本投資法人の計算書類等の監査を行い、これらの承認を付議する役
          員会に先立ち監査報告会を開催し、監査内容を監督役員に報告します。
        (ニ)投資法人による資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者に対する管理体制の整備の状況
         a. 本資産運用会社に対する管理体制
           執行役員又は監督役員は、必要と認めるときは、本資産運用会社の役職員を役員会に同席させ、業務執行
          状況等について説明をさせることができます。
         b. 一般事務受託者及び資産保管会社に対する管理体制
           執行役員又は監督役員は、必要と認めるときは、一般事務受託者及び資産保管会社の役職員を役員会に同
          席させ、業務執行状況等について説明をさせることができます。
        ② 投資法人の運用体制

          本資産運用会社の組織及びそれぞれの業務の概略は、以下のとおりです。
          本資産運用会社は、上記組織の下、本投資法人より委託を受けた資産運用業務を行います。本資産運用会社







         の各種業務は、コンプライアンス・オフィサー、コンプライアンス部、アクイジション部、アセットマネジメ
         ント部、ファンドマネジメント部、経営管理部及び財務企画部の各部署に分掌され、コンプライアンス部につ
         いてはコンプライアンス・オフィサーが、アクイジション部、アセットマネジメント部、ファンドマネジメン
         ト部、経営管理部及び財務企画部については、それぞれ担当の取締役が統括します(以下では、アクイジショ
         ン部、アセットマネジメント部及びファンドマネジメント部を不動産投資運用部門、経営管理部を人事・総
         務・経理部門、財務企画部を財務・IR・企画部門ということがあります。)。
          また、本資産運用会社は、コンプライアンスに関する審議を行う機関としてコンプライアンス委員会を、本
         投資法人の資産の取得・譲渡及び運用等に関する審議を行う機関として投資運用委員会を、本投資法人の経営
         計画や資金調達、本資産運用会社の経営計画に関する重要事項等についての審議を行う機関として経営財務委
         員会を設置しています。
                                  15/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (イ)本資産運用会社の各組織の業務の概要
           各組織の主な業務は以下のとおりです。
                部署名                        分掌業務
           コンプライアンス・               ・コンプライアンス全般の企画・立案・推進
           オフィサー               ・業務全般についての法令等の遵守状況並びにリスク管理状況の検証
                          ・苦情等処理の適正性の検証
                          ・情報の管理状況の適正性の検証
                          ・内部監査の統括
                          ・コンプライアンス部の業務執行の統括
                          ・ その他前各号      に 付随又は関連する事項
                          ・法令等及び社内諸規程等の遵守状況の検証及び監督指導
           コンプライアンス部
                          ・内部監査の方針及び計画案策定並びに内部監査の実施
                          ・コンプライアンスの方針に関する事項
                          ・コンプライアンス・マニュアルの制定及び改正に関する業務
                          ・コンプライアンスに関する社内研修等の実施に関する業務
                          ・反社会的勢力の排除体制の策定及びその実行に関する業務
                          ・訴訟行為及び執行保全行為に関する業務
                          ・リスク管理状況の検証等に関する業務
                          ・ その他前各号に付随又は関連する事項
           アクイジション部               ・投資運用業に係る資産の取得及び譲渡に関する業務
                          ・不動産取引市場の調査分析
                          ・投資情報の収集及び分析
                          ・ その他前各号に付随又は関連する事項
           アセットマネジメント部               ・本投資法人の資産運用に関する業務
                          ・保有資産の管理全般に関する業務
                          ・保有資産に対する追加投資に関する業務
                          ・その他前各号に付随又は関連する事項
           ファンドマネジメント部               ・ポートフォリオの戦略立案及び企画に関する業務
                          ・ポートフォリオの管理全般に関する業務
                          ・不動産市場その他各種業界動向の調査分析
                          ・ その他前各号に付随又は関連する事項
           経営管理部               ・経営計画に関する業務
                          ・総務、人事、広報及び経理に関する業務
                          ・本投資法人の経理に関する業務
                          ・ 情報セキュリティに関する業務
                          ・内部者取引防止のための法人関係情報の管理
                          ・情報システムに関する業務
                          ・個人情報に関する業務
                          ・苦情等処理の受付
                          ・官公庁等への諸届出に関する業務
                          ・投資主対応及び投資主総会に関する業務
                          ・株主総会及び取締役会の運営に関する業務
                          ・資産運用委託契約の締結、解約及び変更に関する業務
                          ・業界団体等に対する窓口対応
                          ・ その他前各号に付随又は関連する事項
           財務企画部               ・本投資法人の経営計画及び企画に関する業務
                          ・本投資法人の資本政策、財務戦略及び資金調達に関する業務
                          ・本投資法人の広告、宣伝及び広報活動に関する業務
                          ・本投資法人の配当政策及び金銭の分配に関する業務
                          ・ESGに関する業務
                          ・適時開示に関する業務
                          ・金融資本市場の調査分析
                          ・不動産投資信託市場の調査分析
                          ・ その  他前各号に付      随又は関連する事項
                                  16/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)本資産運用会社の委員会
           各委員会の概要は以下のとおりです。
         a. コンプライアンス委員会
           委  員            コンプライアンス・オフィサー(委員長)、常勤取締役、委員長の了承を得て
                      代表取締役社長が指名する役職員(コンプライアンス部長を含みます。)、及び
                      社外の専門家(社外専門委員)              (注)
           業務内容           ・投資運用業のうち利害関係者(「利害関係者取引規程」における定義によりま
                        す。以下同じです。)との取引に関する審議及び決議
                      ・上記以外の取締役会付議事項についてのコンプライアンスに関する審議又は決
                        議
                      ・その他コンプライアンス・オフィサーが同委員会での審議又は決議を求める事
                        項のコンプライアンスに関する審議又は決議
                      ・投資運用業に係る資産運用に関するリスク及びリスク管理状況の検証
                      ・ その他上記に付随又は関連する事項に関する審議又は決議
           審議・決議方法等            原則として委員全員(事情により出席できない委員がいる場合、当該欠席委員
                      を除いた委員全員(ただし、各議案について全委員の過半数とします。))の出
                      席をもって委員会を開催し、議案ごとに、当該付議議案を所管しない出席委員全
                      員の意見の一致で決議を行います。欠席委員の意見及び各議案に対する賛成又は
                      反対の表明は、委員長が聴取の上、出席委員に説明することにより、委員会の審
                      議に反映させるものとします。
                        欠席委員の意見を委員長が聴取できない場合及び各議案に対する賛成又は反対
                      の表明を聴取できない場合は、当該議案の審議は行いません。ただし、期限の切
                      迫等やむを得ない事情により必要があると委員長が判断した場合                              (欠席委員がコ
                      ンプライアンス・オフィサー又は社外専門委員の場合において聴取した各議案に
                      対する表明が反対である場合は除きます。)                     は、審議を行うことができるものと
                      します。
           (注)本書の日付現在、社外専門委員には、弁護士1名が就任しています。
         b. 投資運用委員会

           委  員              不動産投資運用部門統括取締役(委員長)、常勤取締役、アクイジション部
                        長、アセットマネジメント部長、ファンドマネジメント部長、財務企画部長、
                        及び委員長の了承を得て代表取締役社長が指名する役職員
           業務内容             ・投資運用業に係る運用方針に関する審議及び決議
                        ・投資運用業に係る資産の取得、譲渡及び運用管理に関する審議及び決議
                        ・ その他上記に付随又は関連する事項に関する審議又は決議                           (注1)
           審議・決議方法等              原則として委員全員(事情により出席できない委員がいる場合、委員の過半
                        数(ただし、兼務している職位分は除いて算出します。))及びコンプライア
                        ンス・オフィサー        (注2)   の出席をもって委員会を開催し、出席委員全員の意
                        見の一致で決議を行います。欠席委員の意見は、委員長が聴取の上、出席委員
                        に説明することにより、委員会の審議に反映させるものとします。
                         欠席委員の意見を委員長が聴取できない場合には、原則として委員会を開催
                        しないものとします。ただし、期限の切迫等やむを得ない事情により必要があ
                        ると社長が認めた場合は、委員長は委員会を開催することができるものとしま
                        す。
                         コンプライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重要な問題がある
                        と判断した場合、委員会の審議中であってもこれを中断し、議案を起案部署に
                        差し戻すことができるものとします。
           (注1)投資運用委員会は、毎月少なくとも1回、物件情報の概要を確認し、投資案件としての価値や課題に関して協議するた
               めの会議(以下「案件会議」といいます。)として開催されます。
           (注2)投資運用委員会において発言又は質問その他の方法により議事に参加することができますが、議決権は有しません。
                                  17/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c. 経営財務委員会
           委  員             人事・総務・経理部門所管取締役(委員長)                     (注1)   、常勤取締役、経営管理
                       部長、財務企画部長、及び委員長の了承を得て代表取締役社長が指名する役職
                       員
           業務内容            ・本投資法人の基本的事項についての審議及び決議
                       ・経営計画・人事・総務に関する重要事項についての審議及び決議等
                       ・本投資法人の経営計画・財務・経理・IRに関する重要事項についての審議及
                        び決議等
                       ・ その他上記に付随又は関連する事項に関する審議又は決議
           審議・決議方法等             原則として委員全員(事情により出席できない委員がいる場合、委員の過半
                       数(ただし、兼務している職位分は除いて算出します。))及びコンプライア
                       ンス・オフィサー        (注2)   の出席をもって委員会を開催し、出席委員全員の意見
                       の一致で決議を行います。欠席委員の意見は、委員長が聴取の上、出席委員に
                       説明することにより、委員会の審議に反映させるものとします。
                        欠席委員の意見を委員長が聴取できない場合には、原則として委員会を開催
                       しないものとします。ただし、期限の切迫等やむを得ない事情により必要があ
                       ると社長が認めた場合は、委員長は委員会を開催することができるものとしま
                       す。
                        コンプライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重要な問題がある
                       と判断した場合、委員会の審議中であってもこれを中断し、議案を起案部署に
                       差し戻すことができるものとします。
           (注1)本書の日付現在、人事・総務・経理部門所管取締役は、経営管理部長を兼務しています。
           (注2)経営財務委員会において発言又は質問その他の方法により議事に参加することができますが、議決権は有しません。
        ③ 投資運用の意思決定機構

          本投資法人の資産運用は、本資産運用会社に委託していますが、本資産運用会社の資産運用に関する重要な
         意思決定プロセスは、以下のとおりです。
        (イ)本投資法人の資産の運用に係る運用ガイドラインの意思決定プロセス
           本投資法人との資産運用委託契約に基づき定められる資産の運用に係る運用ガイドラインの制定及びその
          変更は、(ⅰ)       経営管理部が立案します。(ⅱ)               立案された運用ガイドライン案(その変更案を含みます。以
          下同じです。)は、経営財務委員会及び投資運用委員会へ上程され、経営財務委員会及び投資運用委員会に
          おいて審議されます。なお、経営財務委員会及び投資運用委員会において、コンプライアンス・オフィサー
          は、コンプライアンス上の重要な問題があると判断した場合には、その審議中であってもこれを中断し、起
          案部署に差し戻すことができます。(ⅲ)                   経営財務委員会及び投資運用委員会で承認された場合には、当該運
          用ガイドライン案は、コンプライアンス委員会へ上程されます。(ⅳ)                                運用ガイドライン案がコンプライアン
          ス委員会の審議及び決議を経た後、取締役会の加重決議(特別の利害関係を有する取締役を除く全取締役の
          4分の3以上の賛成をもって決議されるものとします。)及び本投資法人の役員会の承認決議(議決に加わ
          ることができる構成員の過半数の出席及びその過半数の賛成をもって決議されるものとします。)がなされ
          た場合、運用ガイドラインは制定又は変更されます。経営財務委員会、投資運用委員会又はコンプライアン
          ス委員会において全会一致(コンプライアンス委員会の場合は、当該議案を所管しない出席委員全員の意見
          の一致。以下同じです。)の賛成が得られない場合、運用ガイドライン案は起案部署に差し戻されます。ま
          た、取締役会又は投資法人役員会で否決された場合、運用ガイドライン案は廃案となります。運用ガイドラ
          インは、必要に応じ随時、見直しを行います。
        (ロ)本投資法人の資産の運用に係る資産管理計画書の意思決定プロセス
           <資産管理計画書の制定>
           本資産運用会社は、運用ガイドライン及び一般社団法人投資信託協会(以下「投信協会」といいます。)
          規則に基づき、以下の各手続を順に経て、資産管理計画書(10年)(以下「資産管理計画書」と総称しま
          す。)を作成します。
           資産管理計画書は、(ⅰ)            不動産投資運用部門が、財務・IR・企画部門と共同して起案します。(ⅱ)                                   起案
          された資産管理計画書案は、投資運用委員会へ上程され、投資運用委員会において審議されます。なお、投
          資運用委員会において、コンプライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重要な問題があると判断
          した場合には、その審議中であってもこれを中断し、起案部署に差し戻すことができます。(ⅲ)                                             投資運用委
          員会で承認された場合には、当該資産管理計画書案は、コンプライアンス委員会へ上程されます。(ⅳ)                                                資産
          管理計画書案がコンプライアンス委員会の審議及び決議を経た後、取締役会の加重決議(特別の利害関係を
          有する取締役を除く全取締役の4分の3以上の賛成をもって決議されるものとします。)がなされた場合、
          資産管理計画書は制定されます。投資運用委員会又はコンプライアンス委員会において全会一致の賛成が得
                                  18/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          られない場合、資産管理計画書案は起案部署に差し戻されます。また、取締役会で否決された場合、資産管
          理計画書案は廃案となります。
           資産管理計画書は1年に1回以上見直しをするものとし、期間中に変更が生じた場合は、不動産投資運用
          部門及び財務・IR・企画部門が資産管理計画書を起案し、資産管理計画書と同様な手続で変更されます。
           不動産投資運用部門は、資産管理計画書に従って、資産の取得及び譲渡並びに資産の運用管理を行いま
          す。
        (ハ)資産の取得及び譲渡等に関する意思決定プロセス
           <利害関係者以外の者からの取得>
           資産の取得は、(ⅰ)運用ガイドラインに則り、アクイジション部が、立地、物件規模、設備施設等投資対
          象物件選別基準に従い調査・分析を実施し、総合的な検討を行った上で、投資対象物件を選定します。ま
          た、アクイジション部は、関係他部との協議を経て、当該物件のポートフォリオ組み入れによるポートフォ
          リオ全体に与える影響や価値向上への期待寄与度等について検討を行ったうえで、総合的に投資価値判断を
          行います。(ⅱ)このように投資対象物件として選定された物件については、アクイジション部は、外部専門
          家(建物調査会社及び不動産鑑定評価機関等を指します。)に対してデュー・ディリジェンスを委託し、報
          告書の提出を求めます。外部専門家の報告を受けた後、当該物件が投資適格であると判断された場合には、
          投資運用委員会に上程され、投資運用委員会において審議されます。なお、投資運用委員会において、コン
          プライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重要な問題があると判断した場合には、その審議中で
          あってもこれを中断し、直ちに起案部署に差し戻すことができます。(ⅲ)投資運用委員会において当該物件
          が投資適格であると全会一致で判断された場合には、外部専門家の選定の経緯、成果物の作成過程及びその
          内容を含めて、コンプライアンス委員会に上程されます。なお、委員会における審議とは別に、売主との交
          渉経緯等について適宜コンプライアンス部門にてモニタリングを行い、その検証結果を所定の確認票に記録
          し、事後的にも検証できるようにしています。(ⅳ)コンプライアンス委員会の審議及び決議を経た後は、取
          締役会の決議により取得の可否が決定されます。投資運用委員会又はコンプライアンス委員会において全会
          一致の賛成が得られない場合、議案は起案部署に差し戻されます。また、取締役会で否決された場合、当該
          資産の取得は廃案となります。
           <利害関係者からの資産の取得>

           利害関係者から資産を取得する場合においては、前記の利害関係者以外の者からの取得に関する手続きに







          加え、コンプライアンス委員会における意見の全会一致の後、取締役会の加重決議(特別な利害関係を有す
          る取締役を除く全取締役の4分の3以上の賛成をもって決議されるものとします。)及び本投資法人の役員
          会における承認(特別な利害関係を有する役員を除く出席役員の過半数の賛成をもって決議されるものとし
          ます。)をもって行います。
          (注)投信法第201条の2に定める利害関係人等との取引に該当する場合には、あらかじめ本投資法人の役員会による承認及び本
             投資法人の同意を必要とします。
           <資産の譲渡に関する事項>
                                  19/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           資産の譲渡を行う場合には、不動産取引市場及び賃貸マーケットの動向並びに周辺地域における開発予測
          等を踏まえ、当該物件の状況や収益性の見通しとポートフォリオが受ける影響を考慮し、総合的に判断して
          行うものとします。資産の譲渡は、アクイジション部が投資運用委員会へ上程し、その後、資産の取得の場
          合 と同様の手続(デュー・ディリジェンスに係る過程を除きます。)で行われます。利害関係者に譲渡する
          場合に取締役会の加重決議及び投資法人役員会の承認が必要とされ、投信法第201条の2に定める取引に該当
          する場合には同条に定める手続が必要とされることも同様です。
           <運用管理に関する事項>
           PM会社の選定等の運用管理に関する事項は、委託先としての適確性を確認するとともに、委託料について
          は、市場水準、提供役務の内容等を勘案のうえ決定するものとし、別段の定めがある取引を行う場合を除き
          ファンドマネジメント部が投資運用委員会へ上程し、出席委員全員の意見の一致による決議を受けて行われ
          ます。ただし、委託先が利害関係者に該当する場合は、別段の定めがある取引を行う場合を除き、投資運用
          委員会における決議を受けた後、コンプライアンス委員会における審議及び決議、更に、取締役会の特別決
          議(特別な利害関係を有する取締役を除く全取締役の3分の2以上の賛成をもって決議されるものとしま
          す。)及び本投資法人の役員会における報告をもって行います。
        ④ 投資運用に関するリスク管理態勢の整備状況

           本資産運用会社においては、投資法人の資産運用に際して生ずる様々なリスクに関して「リスク管理規
          程」「リスク管理実施要領」を定め、リスクの網羅的かつ正確な把握、認識したリスクについて質的かつ量
          的な側面からの業務に及ぼす影響の測定、適切な評価、未然防止のための対策立案、管理状況の継続的なモ
          ニタリング並びにリスク顕在化における対応手続策定を行うことを基本方針とし、リスク管理を行うことに
          努めています。また、上記リスク管理態勢の適切性及び有効性並びにリスク対策の実施状況等について、年
          1回の内部監査により検証を行い、その結果を代表取締役社長に報告するとともに、適宜コンプライアンス
          委員会及び取締役会に報告するなど業務の適切な運営と経営の健全性を確保することに注力しています。
           また、これらのリスク管理・改善状況等については、「コンプライアンス・プログラム」の年度計画に盛
          り込み、取締役会及び役員会に報告しています。
           なお、後記「3 投資リスク (2)投資リスクに対する管理態勢」もご参照下さい。
                                  20/317












                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (5)【投資法人の出資総額】
          本書の日付現在の本投資法人の出資総額、発行可能投資口総口数及び発行済投資口の総口数は以下のとおり
         です。
             出資総額                        198,492百万円
             発行可能投資口総口数                         8,000,000口
             発行済投資口の総口数                         2,075,000口
           最近5年間における発行済投資口の総口数及び出資総額の増減は以下のとおりです。

                           発行済投資口の総口数(口)                出資総額(百万円)
         年月日           摘要                                    備考
                            増減数       残 高       増減額       残 高
                             373,870       747,740          -     61,703     (注1)
       2015年3月1日          投資口の分割
                             771,540      1,519,280           -     61,703     (注2)
       2016年9月1日          合併による割当交付
                             156,720      1,676,000         42,625      104,328     (注3)
       2017年3月21日          公募増資
                              14,000     1,690,000         3,807      108,136     (注4)
       2017年4月14日          第三者割当増資
                             222,000      1,912,000         51,607      159,743     (注5)
       2018年3月19日          公募増資
                              15,000     1,927,000         3,486      163,230     (注6)
       2018年4月13日          第三者割当増資
                             138,000      2,065,000         32,879      196,110     (注7)
       2019年3月1日          公募増資
                              10,000     2,075,000         2,382      198,492     (注8)
       2019年3月26日          第三者割当増資
     (注1)2015年3月1日を効力発生日として投資口1口につき2口の割合による投資口の分割を行いました。
     (注2)本合併の効力発生により、2016年9月1日をもって、旧DHRの投資口1口に対し本投資法人の投資口2.2口を割当交付し、発行済投資口
        の総口数が771,540口増加しました。
     (注3)1口当たり発行価格280,868円(発行価額271,983円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として公募により投資口を発行しまし
        た。
     (注4)1口当たり発行価額271,983円にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として投資口を追加発行しました。
     (注5)1口当たり発行価格239,806円(発行価額232,465円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として公募により投資口を発行しまし
        た。
     (注6)1口当たり発行価額232,465円にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として投資口を追加発行しました。
     (注7)1口当たり発行価格245,784円(発行価額238,260円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として公募により投資口を発行しまし
        た。
     (注8)1口当たり発行価額238,260円にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として投資口を追加発行しました。
     (注9)投信法第94条において準用する会社法第308条第2項の規定により議決権を有しない投資口(自己保有投資口)又は投資信託及び投資法
        人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。以下「投信法施行規則」といいます。)第160条の規
        定により議決権を有しない投資口(相互保有投資口)はありません。
                                  21/317









                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (6)【主要な投資主の状況】
          2019年8月31日現在の本投資法人の主要な投資主は、以下のとおりです。
                                                      比率  (注)
                                              所有投資口数
            氏名又は名称                      住 所
                                                (口)
                                                       (%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会
                          東京都中央区晴海一丁目8番11号
     社(信託口)                                           402,554         19.4
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                          東京都港区浜松町二丁目11番3号
     (信託口)                                           282,319         13.6
     大和ハウス工業株式会社                     大阪府大阪市北区梅田三丁目3番5号
                                                187,200          9.0
     野村信託銀行株式会社(投信口)
                          東京都千代田区大手町二丁目2番2号
                                                74,486
                                                         3.6
                          1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,
     ステート ストリート バンク ウェス
     ト クライアント トリーティー 505234
                          MA  02171,    U.S.A.
                                                69,360         3.3
     資産管理サービス信託銀行株式会社                     東京都中央区晴海一丁目8番12号
     (証券投資信託口)                     晴海アイランドトリトンスクエア オ
                          フィスタワーZ棟                       50,553         2.4
                          東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
     JPモルガン証券株式会社
                          東京ビルディング                       40,603         2.0
     三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式
                          東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
     会社                                           36,337         1.8
                          P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     ステート ストリート バンク アンド 
     トラスト カンパニー 505103
                          02101   U.S.A.
                                                25,767         1.2
     全国信用協同組合連合会                     東京都中央区京橋一丁目9番1号
                                                18,856         0.9
                       合  計
                                               1,188,035          57.3
      (注)比率とは、発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合をいいます。
     (参考)所有者区分別の投資主数及び投資口数並びにそれらの比率は、以下のとおりです。

                  投資主数(人)                      投資口数(口)
        所有者区分
                              投資主比率                      投資口比率
                               (%)                      (%)
     個人・その他
                      16,650            94.0          100,765             4.9
     金融機関    (注)
                        230           1.3        1,279,203              61.6
     その他の国内法人
                        344           1.9         222,948             10.7
     外国法人・個人
                        493           2.8         472,084             22.8
         合計
                      17,717            100.0         2,075,000             100.0
      (注)第一種金融商品取引業者を含みます。
                                  22/317








                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (7)【資産運用会社従業員等投資口所有制度の内容】
       ① 役員・従業員持投資口会制度の概要
        本資産運用会社は、本資産運用会社及び本資産運用会社の親会社である大和ハウスの役員及び従業員に本投資法人
       の投資口を取得する機会を提供し、これにより本投資法人の業績向上及び継続的な成長への意識を高め、ひいては中
       長期的な投資主価値の向上を図ることを目的として、持投資口会制度を導入しています。当該持投資口会制度では、
       持投資口会が、役員または従業員からの拠出金を原資として、一定の計画に従い、個別の投資判断に基づかず、継続
       的に本投資法人の投資口を買い付けます。当該持投資口会制度の概要は、以下のとおりです。
     持投資口会の名称           大和ハウス工業従業員持投資口会                      ダイワ持投資口会
                ・本資産運用会社及び本資産運用会社の親会
                                      ・本資産運用会社及び本資産運用会社の親会
                社の従業員による取得対象投資口の取得、保
                                      社の役員又は役員に準ずるものによる取得対
                有の促進
     設立の目的                                 象投資口の取得を容易ならしめるため
                ・従業員の財産形成の一助
                                      ・投資主との利害の一致による中長期的な投
                ・投資主との利害の一致による中長期的な投
                                      資主価値の向上
                資主価値の向上
       ② 役員・従業員持投資口会に取得させ、または売り付ける予定の投資口の総数又は総額

        特段の定めは設けていません。
       ③ 役員・従業員投資口所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

     持投資口会の名称           大和ハウス工業従業員持投資口会                      ダイワ持投資口会
                                       本資産運用会社及び大和ハウスの役員又は役
     入会資格           本資産運用会社及び大和ハウスの従業員
                                       員に準ずるもの
                                  23/317













                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      2【投資方針】
       (1)【投資方針】
        ① 基本方針
          本投資法人は、中長期にわたる安定した収益の確保と資産の着実な成長を目指して、主として不動産等資産
         に対する投資として運用を行います(規約第29条)。
        (イ)基本的投資方針
           本投資法人は、       三大都市圏を中心に、全国に立地する主たる用途を物流施設、居住施設、商業施設及びホ
          テルとする不動産等、並びに主たる用途を物流施設、居住施設、商業施設及びホテルとする不動産等を裏付
          けとする不動産対応証券を主な投資対象とし                     、中長期にわたる安定的な収益と運用資産の着実な成長を目指
          しています。
           本投資法人は、資産運用を委託する本資産運用会社の独自の物件取得に加えて、不動産開発及び施設運営
          に関して経験と実績を有するスポンサー及びサポート会社(後記「②                                成長戦略 (ハ)スポンサー及びサ
          ポート会社との協働」に定義します。以下同じです。)の経験とノウハウをバランスよく活用することで
          (後記「②      成長戦略 (ハ)スポンサー及びサポート会社との協働」をご参照下さい。)、スポンサー及び
          サポート会社が保有・開発する物件に関して安定的かつ継続的な物件の取得機会を確保することを目指しま
          す。本投資法人は、このような基本方針を有する不動産投資信託であり、スポンサー及びサポート会社と基
          本コンセプトを共有した上で、適切かつ実効的な協働により、基本方針を着実に実践していきます。
        (ロ)その他の基本方針

         a. 本投資法人は、特定不動産(本投資法人が取得する特定資産のうち、不動産(宅地建物取引業法(昭和27
           年法律第176号。その後の改正を含みます。以下「宅建業法」といいます。)に定める宅地又は建物をいい
           ます。以下本a.において同じです。)、不動産の賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土地の賃借権
           若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の合計額の本投資法人の保有する特定資産の
           価額の合計額に占める割合を100分の75以上となるように運用します(規約第30条第3項)。
         b. 本投資法人は、運用資産に関連して取得する金銭(運用資産の売却代金、有価証券に係る配当金、償還金
           及び利子等、金銭債権に関する利息及び遅延損害金、匿名組合出資持分に係る分配金、不動産の賃貸収入そ
           の他収入金を含みますがこれらに限られません。)を再投資することができます(規約第30条第4項)。
        ② 成長戦略

        (イ)外部成長戦略
         a. 大和ハウスグループによるサポート
           本投資法人は、大和ハウスグループとのコラボレーションによる成長戦略を追求し、本投資法人の発展・
          成長と大和ハウスグループの事業の発展が同時に達成される運用を実践することにより、長期安定的な投資
          主利益の確保を目指します。
           具体的には、      本投資法人は、大和ハウスグループとのコラボレーションによる成長戦略を実現するため、
          サポート会社各社との間で個別に新規基本協定書を締結し、安定的な外部成長を目指します。本投資法人
          は、全国網羅的に張り巡らされた土地情報ネットワークにより、各地域経済の強みを活かした地域密着型の
          物件を供給できる、スポンサーである大和ハウスの開発力を最大限に活用し、外部成長戦略の実現を図りま
          す。
           大和ハウスグループが本投資法人の投資基準を理解し共有する体制を構築することで、開発段階から、本
          投資法人のニーズに対応した物件の供給と、継続的サポートの提供を本投資法人は受けることができます。
         b. 独自の外部成長戦略
           本投資法人は、大和ハウスグループからの物件情報の獲得に加え、本資産運用会社の役職員が持つ多様な
          経験と高い専門性を活用し、本資産運用会社独自の情報収集ルートからも積極的に情報収集を行い、優良資
          産の取得に努めます。なお、本投資法人は、サポート契約に基づいて、本資産運用会社が独自に収集した情
          報に基づく外部物件の取得に際して、本投資法人による取得のタイミングまで大和ハウスによるウェアハウ
          ジング機能の提供を受けることができます。
        (ロ)内部成長戦略

           本投資法人は、中長期にわたる安定した収益の確保の                         ため、運営の効率化による費用の抑制を図ることに
          より内部成長を推進することが重要であると考えています。
           大和ハウスは、「建築の工業化」の理念のもとで、設計及び施工における標準化、効率化等を実現し、そ
          の確かな施工技術力と全国各地で積み重ねてきた豊富な実績やノウハウを活かし、経済的かつ計画的な維持
          管理の行いやすい建物を建築してきていると、本投資法人は考えています。
           そして、本投資法人は、建物・設備のメンテナンスから、短期修繕、長期修繕、リニューアル工事及び再
          開発まで、長期にわたる一貫した大和ハウスグループのサポートを受けることによって、大和ハウスグルー
          プのノウハウを活用でき、計画的、定期的に点検を行い建物の状況を把握し、適切な時期に適切な予防保全
                                  24/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          的な修繕や、性能向上を図る改善を実施することが可能となり、ライフサイクルコスト(注)の最適化につ
          ながると考えています。
           本投資法人は、大和ハウスグループによるライフサイクルコストに関するサポート業務やPM業務を通し
          て大和ハウスグループのノウハウを活かした運営管理に努めるとともに、競争力と資産価値の維持及び向上
          のための施策を講じることで、賃料及び稼働率の維持及び向上並びにコスト削減を目指します。
          (注)「ライフサイクルコスト」とは、建物の設計から施工、運用、解体処分までの建物の生涯を通じて生じる様々な費用を総称
             していいます。ライフサイクルコストは、初期建設費であるイニシャルコストと、光熱費や保全・修繕費等のランニングコ
             ストで構成され、本投資法人は、主としてかかるライフサイクルコストのうち、ランニングコストに注目した運用戦略を採
             用しています。以下同じです。
        (ハ)スポンサー及びサポート会社との協働

           本投資法人は、スポンサー及びサポート会社とのバランスのとれた広範な協働体制を構築することによ
          り、安定収益の確保及び運用資産の着実な成長を目指します。スポンサー及びサポート会社とは、前記「1
          投資法人の概況 (3)投資法人の仕組み ③                      上記以外の本投資法人の関係法人及び主な関係者」のとお
          り、スポンサーである大和ハウス並びにサポート会社であるコスモスイニシア、大和リース、大和情報サー
          ビス、ダイワロイヤル、フジタ及び大和物流の7社をそれぞれいいます。
           本投資法人は、スポンサー及びサポート会社が保有する情報や開発する物件に関して、安定的かつ継続的
          な物件の取得機会の確保を目指していきます。
           本資産運用会社の投資運用委員会は、毎月少なくとも1回、物件情報の概要を確認し、投資案件としての
          価値や課題に関して協議するための案件会議を開催します。案件会議では、スポンサー及びサポート会社よ
          り売却・開発物件に関する情報を受領した場合、必要に応じ出席するスポンサー及びサポート会社の担当者
          に対し、投資案件に関する要望や提案等も行います。このようにして本資産運用会社は、効率性とチェッ
          ク・アンド・バランスの効いた投資判断プロセスを確保するように努めています。スポンサー及びサポート
          会社より情報を受領した場合の案件会議の概略は下図のとおりです。なお、本資産運用会社は、案件会議に
          おいて、最終的な投資判断をすることはありません。
           本投資法人及び本資産運用会社は、大和ハウスとの間で新パイプライン・サポート等に関する基本協定書





          を、コスモスイニシア、大和リース、大和情報サービス、ダイワロイヤル、フジタ及び大和物流との間でパ
          イプライン・サポート等に関する基本協定書を締結しています。
           なお、スポンサー及びサポート会社から不動産等及び不動産対応証券等を取得する場合には、自主ルール
          として策定した利害関係者取引規程を遵守します。
         a. 大和ハウスによるサポート-新パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年4月15日付で大和ハウスとの間で新パイプライン・サポート等
          に関する基本協定書(本a.において以下「本協定」といいます。)を締結し、2016年9月1日付でその効力
          が生じています。本投資法人は、かかる基本協定書の締結により、大和ハウスからのサポートの一環とし
          て、大和ハウスが開発若しくは保有し、又は開発若しくは取得を予定する物件のうち、本投資法人の投資基
          準に適合する物件(当該物件を信託財産とする信託の受益権を含むものとし、本                                     a. において以下「投資対象不
          動産」といいます。)の売却が予定される場合、当該投資対象不動産に関する情報を第三者に優先して提供を
          受け、また、優先的に売買交渉を行う権利(本                      a. において以下「優先的売買交渉権」といいます。)の提供
          を受けること等が可能になりました。なお、大和ハウスが行うサポートの概要は、以下の                                         とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)   本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する情報提供及び優先的売買交渉権の
             付与
                                  25/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           (ⅱ)   大和ハウスによる本投資法人が保有する不動産又は不動産を信託財産とする信託の受益権(本                                           a. にお
             いて以下総称して「投資不動産」といいます。)の取得の検討、並びに、本投資法人及び本資産運用会
             社に対する、投資不動産の購入希望者に関する情報の提供
           (ⅲ)   本投資法人及び本資産運用会社に対する、リーシングサポート業務の提供
           (ⅳ)   本資産運用会社に対する、投資不動産の資産価値の向上及び収益の向上を図る上で必要な投資不動産
             の運営管理業務、その他本投資法人の資産の運用に係る業務(本                              a. において以下「本運用業務」といい
             ます。)に関するノウハウ及び助言の提供
           (ⅴ)   本資産運用会社に対する、本運用業務の遂行に必要な人材の派遣
           (ⅵ)   本投資法人及び本資産運用会社に対する、ウェアハウジング機能の提供
           (ⅶ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資不動産の再開発に関する支援
           (ⅷ)本資産運用会社に対する、施設運営に関するアドバイザリー業務の提供
           (ⅸ)本資産運用会社に対するその他の支援
           ・対価
           (ⅰ)   大和ハウスからのサポートの提供の対価は無償とします。
           (ⅱ)   (ⅰ)にかかわらず、          大和ハウスによる媒介に基づき本投資法人が投資対象不動産を取得する場合に
             おける手数料等並びに上記「・サポートの内容                        (ⅳ)」(ただし、(ⅳ)のうち所定の業務に限りま
             す。)   に基づく大和ハウスからのサポートの提供に対する対価については、通常の商慣習に基づき、本
             投資法人、本資産運用会社及び大和ハウスが協議の上、これを定めるものとします。
           ・有効期間
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から10年間とします。ただし、有効期間満了の6か月
           前までに各当事者から特段の意思表示がない限り、同一条件により、更に1年間自動更新するものとし、以
           降も同様とします。
           ・解約
            本協定は、本協定に定められた一定の事由に該当する場合を除き、本投資法人、本資産運用会社及び大和
           ハウスの書面による合意によらない限り有効期間中の解約を行うことはできません。ただし、本投資法人と
           本資産運用会社との間の資産運用委託契約が解約された場合には、本資産運用会社は、本投資法人及び大和
           ハウスに書面による通知をすることにより、本協定を解約することができます。
         b. コスモスイニシアによるサポート-パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付でコスモスイニシアとの間でパイプライン・サポー
          ト等に関する基本協定書(本b.において以下「本協定」といいます。)を締結しました。本投資法人は、か
          かる基本協定書の締結により、コスモスイニシアからのサポートの一環として、コスモスイニシア又はコス
          モスイニシアが実質的に支配関係を有する法人が保有し又は開発し若しくは取得を予定する物件(分譲を予
          定して保有、開発又は取得をした物件を除き、計画変更等により一括売却を予定することとなった物件を含
          みます。)のうち、本投資法人の投資基準に適合する物件(当該物件を信託財産とする信託の受益権を含むも
          のとし、本     b. において以下「投資対象不動産」といいます。)の売却が予定される場合、当該投資対象不動産
          に関する情報を第三者に優先して提供を受け、また、優先的に売買交渉を行う権利(本                                        b. において以下「優
          先的売買交渉権」といいます。)の提供を受けること等が可能になりました。なお、コスモスイニシアが行
          うサポートの概要は、以下の             とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)   本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する優先的情報提供及び優先的売買交
             渉権の付与
           (ⅱ)本投資法人に対する、売却               物件に関する      情報の提供
           (ⅲ)本資産運用会社に対する、本投資法人が保有する不動産又は不動産を信託財産とする信託の受益権
             (本  b. において以下総称して「投資不動産」といいます。)の資産価値の向上及び収益の向上を図る上で
             必要な投資不動産の運営管理業務、その他本投資法人のための投資法人の資産の運用に係る業務に関す
             るノウハウ及び助言の提供
           (ⅳ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資不動産の再開発に関する支援
           ・対価
           (ⅰ)   コスモスイニシアからの上記「・サポートの内容 (ⅰ)、(ⅲ)及び(ⅳ)」(ただし、(ⅲ)に
             ついては所定の業務に限ります。)に基づくサポートの提供の対価は無償とします。
           (ⅱ)   コスモスイニシアによる媒介に基づき本投資法人が投資対象不動産を取得する場合における手数料等
             並びに上記「・サポートの内容 (ⅲ)」(ただし、(ⅲ)のうち所定の業務に限ります。)に基づく
             コスモスイニシアからのサポートの提供に対する対価については、通常の商慣習に基づき、本投資法
             人、本資産運用会社及びコスモスイニシアが協議の上、これを定めるものとします。
           ・有効期間
                                  26/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から2026年8月31日までとします。ただし、有効期間
           満了の6か月前までに各当事者から特段の意思表示がない限り、同一条件により、更に5年間自動更新する
           ものとし、以降も同様とします。
           ・解約
            本協定は、本投資法人、本資産運用会社及びコスモスイニシアの書面による合意によらない限り有効期間
           中の解約を行うことはできません。ただし、本投資法人と本資産運用会社との間の資産運用委託契約が解約
           された場合には、本資産運用会社は、本投資法人及びコスモスイニシアに書面による通知をすることによ
           り、本協定を解約することができます。
         c. 大和リースによるサポート-パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で大和リースとの間でパイプライン・サポート等に
          関する基本協定書        (本c.において以下「本協定」といいます。)                      を締結しました。本投資法人は、かかる基
          本協定書の締結により、大和リースからのサポートの一環として、大和リース又は大和リースが実質的に支
          配関係を有する法人が保有し又は今後開発して保有することになる国内の物件のうち、本投資法人の投資基
          準に適合する物件(当該物件を信託財産とする信託の受益権を含むものとし、本                                     c. において以下「投資対象不
          動産」といいます。)の売却が予定される場合、当該投資対象不動産に関する情報を第三者に優先して提供を
          受け、また、優先的に売買交渉を行う権利(本                      c. において以下「優先的売買交渉権」といいます。)の提供
          を受けること等が可能になりました。なお、大和リースが行うサポートの概要は、以下の                                         とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する情報提供及び優先的売買交渉権の
             付与
           (ⅱ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、売却物件に関する情報の提供
           (ⅲ)本投資法人に対する、リーシングサポート業務の提供
           (ⅳ)本資産運用会社に対するその他の支援
           ・対価
            大和リースからのサポートの提供の対価は無償とします。
           ・有効期間
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から10年間とします。ただし、有効期間満了の6か月
           前までに各当事者から書面による申し出がなされなかったときは、期間満了の日の翌日から5年間延長する
           ものとし、その後も同様とします。
         d. 大和情報サービスによるサポート-パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で大和情報サービスとの間でパイプライン・サポー
          ト等に関する基本協定書(本d.において以下「本協定」といいます。)を締結しました。本投資法人は、か
          かる基本協定書の締結により、大和情報サービスからのサポートの一環として、大和情報サービス又は大和
          情報サービスが実質的に支配関係を有する法人が保有し又は今後開発して保有することになる国内の物件の
          うち、本投資法人の投資基準に適合する物件(本                      d. において以下「投資対象不動産」といいます。)の売却が
          予定される場合、当該投資対象不動産に関する情報を第三者に優先して提供を受け、また、優先的に売買交
          渉を行う権利(本        d. において以下「優先的売買交渉権」といいます。)の提供を受けること等が可能になり
          ました。なお、大和情報サービスが行うサポートの概要は、以下の                               とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する情報提供及び優先的売買交渉権の
             付与
           (ⅱ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、売却物件に関する情報の提供
           (ⅲ)本投資法人に対する、リーシングサポート業務の提供
           (ⅳ)本資産運用会社に対するその他の支援
           ・対価
            大和情報サービスからのサポートの提供の対価は無償とします。
                                  27/317





                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           ・有効期間
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から10年間とします。ただし、有効期間満了の6か月
           前までに各当事者から書面による申し出がなされなかったときは、期間満了の日の翌日から5年間延長する
           ものとし、その後も同様とします。
         e. ダイワロイヤルによるサポート-パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付でダイワロイヤルとの間でパイプライン・サポート
          等に関する基本協定書(本e.において以下「本協定」といいます。)を締結しました。本投資法人は、かか
          る基本協定書の締結により、ダイワロイヤルからのサポートの一環として、ダイワロイヤル又はダイワロイ
          ヤルが実質的に支配関係を有する法人が保有し又は今後開発して保有することになる国内の物件のうち、本
          投資法人の投資基準に適合する物件(当該物件を信託財産とする信託の受益権を含むものとし、本                                             e. において
          以下「投資対象不動産」といいます。)の売却が予定される場合、当該投資対象不動産に関する情報を第三者
          に優先して提供を受け、また、優先的に売買交渉を行う権利(本                              e. において以下「優先的売買交渉権」とい
          います。)の提供を受けること等が可能になりました。なお、ダイワロイヤルが行うサポートの概要は、以
          下の  とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する情報提供及び優先的売買交渉権の
             付与
           (ⅱ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、売却物件に関する情報の提供
           (ⅲ)本投資法人に対する、リーシングサポート業務の提供
           (ⅳ)本資産運用会社に対するその他の支援
           ・対価
            ダイワロイヤルからのサポートの提供の対価は無償とします。
           ・有効期間
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から10年間とします。ただし、有効期間満了の6か月
           前までに各当事者から書面による申し出がなされなかったときは、期間満了の日の翌日から5年間延長する
           ものとし、その後も同様とします。
         f. フジタによるサポート-パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付でフジタとの間でパイプライン・サポート等に関す
          る基本協定書(本f.において以下「本協定」といいます。)を締結しました。本投資法人は、かかる基本協
          定書の締結により、フジタからのサポートの一環として、フジタ又はフジタが実質的に支配関係を有する法
          人が開発若しくは保有する物件のうち、本投資法人の投資基準に適合する物件(当該物件を信託財産とする信
          託の受益権を含むものとし、本              f. において以下「投資対象不動産」といいます。)の売却が予定される場合、
          当該投資対象不動産に関する情報を第三者に優先して提供を受け、また、優先的に売買交渉を行う権利(本
          f. において以下「優先的売買交渉権」といいます。)の提供を受けること等が可能になりました。なお、フ
          ジタが行うサポートの概要は、以下の                  とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する情報提供及び優先的売買交渉権の
             付与
           (ⅱ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、売却物件に関する情報の提供
           (ⅲ)本資産運用会社に対する、本投資法人が保有する不動産又は不動産を信託財産とする信託の受益権の
             資産価値の向上及び収益の向上を図る上で必要な投資不動産の運営管理業務、その他本投資法人のため
             の投資法人の資産の運用に係る業務(本                  f. において以下「本運用業務」といいます。)に関するノウハウ
             及び助言の提供
           (ⅳ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産の取得の支援
           (ⅴ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資不動産の再開発に関する支援
           (ⅵ)本資産運用会社に対するその他の支援
           ・対価
           (ⅰ)   フジタからの上記「・サポートの内容 (ⅰ)、(ⅱ)、(ⅲ)及び(ⅵ)」(ただし、(ⅲ)につ
             いては所定の業務に限ります。)に基づくサポートの提供の対価は無償とします。
           (ⅱ)   フジタによる媒介に基づき本投資法人が投資対象不動産を取得する場合における手数料等並びに上記
             「・サポートの内容 (ⅲ)及び(ⅴ)」(ただし、(ⅲ)については所定の業務に限ります。)に基
             づくフジタからのサポートの提供に対する対価については、通常の商慣習に基づき、本投資法人、本資
             産運用会社及びフジタが協議の上、これを定めるものとします。
           ・有効期間
                                  28/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から2026年8月31日までとします。ただし、有効期間
           満了の6か月前までに各当事者から特段の意思表示がない限り、同一条件により、更に5年間自動更新する
           ものとし、以降も同様とします。
           ・解約
            本協定は、本投資法人、本資産運用会社及びフジタの書面による合意によらない限り有効期間中の解約を
           行うことはできません。ただし、本投資法人と本資産運用会社との間の資産運用委託契約が解約された場合
           には、本資産運用会社は、本投資法人及びフジタに書面による通知をすることにより、本協定を解約するこ
           とができます。
         g. 大和物流によるサポート-パイプライン・サポート等に関する基本協定書の概要

           本投資法人及び本資産運用会社は、2016年9月1日付で大和物流との間でパイプライン・サポート等に関
          する基本協定書(本g.において以下「本協定」といいます。)を締結しました。本投資法人は、かかる基本
          協定書の締結により、大和物流からのサポートの一環として、大和物流又は大和物流が実質的に支配関係を
          有する法人が保有し又は今後開発して保有することになる国内の物件のうち、本投資法人の投資基準に適合
          する物件(当該物件を信託財産とする信託の受益権を含むものとし、本                                g. において以下「投資対象不動産」と
          いいます。)の売却が予定される場合、当該投資対象不動産に関する情報を第三者に優先して提供を受け、ま
          た、優先的に売買交渉を行う権利(本                  g. において以下「優先的売買交渉権」といいます。)の提供を受ける
          こと等が可能になりました。なお、大和物流が行うサポートの概要は、以下の                                    とおり   です。
           ・サポートの内容
           (ⅰ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、投資対象不動産に関する情報提供及び優先的売買交渉権の
             付与
           (ⅱ)本投資法人及び本資産運用会社に対する、売却物件に関する情報の提供
           (ⅲ)本投資法人に対する、リーシングサポート業務の提供
           (ⅳ)本資産運用会社に対するその他の支援
           ・対価
            大和物流からのサポートの提供の対価は無償とします。
           ・有効期間
            本協定に基づく合意の有効期間は、2016年9月1日から10年間とします。ただし、有効期間満了の6か月
           前までに各当事者から書面による申し出がなされなかったときは、期間満了の日の翌日から5年間延長する
           ものとし、その後も同様とします。
        ③ ポートフォリオ構築方針

        (イ)ポートフォリオ・マネジメント方針
         本投資法人は、規約及び運用ガイドラインに基づき、以下の方針でポートフォリオを構築します。
         a. 投資対象と投資地域
           本投資法人は、       三大都市圏を中心に、全国に立地する主たる用途を物流施設、居住施設、商業施設及びホ
          テルとする不動産等、並びに主たる用途を物流施設、居住施設、商業施設及びホテルとする不動産等を裏付
          けとする不動産対応証券を主な投資対象とします。なお、本投資法人は、その他の不動産等及び不動産対応
          証券にも投資することができ、              中長期にわたる安定的な収益と運用資産の着実な成長を目指しています。
         b. 地域別投資比率

           地域別投資比率は、原則として、以下のとおりです。                         ただし、中長期にわたる安定した収益の確保に資す
          る運用資産を取得する場合や、当該収益の確保に支障を及ぼし得る運用資産を処分する場合等においては、
          一時的に又は一定期間、三大都市圏の投資比率が下記の比率を下回る場合があるものとします。
                 地域               所在地                投資比率
                三大都市圏             首都圏、中部圏、近畿圏                     70%以上

                                  29/317





                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         c. 物件用途に関する投資比率
           物件用途に関する投資比率は、以下のとおりです。ただし、中長期にわたる安定した収益の確保に資する
          運用資産を取得する場合や、当該収益の確保に支障を及ぼしうる運用資産を処分する場合等においては、一
          時的に又は一定期間、中核資産の投資比率が下記の比率を下回る場合があるものとします。
                           中核資産                    その他資産
              用途      物流施設、居住施設、商業施設、ホテル                       オフィス、ヘルスケア施設等

             投資比率              80%以上                    20%以下

           (注)2つ以上の異なる用途に供されている複合用途不動産の場合には、それぞれの用途における賃貸可能面積割合に応じ、そ
              の割合の最も高い用途を当該不動産における該当用途とします。かかる割合の計算方法は、投資対象の形態に応じて以下
              のとおりとします。
              (i)   投資対象が一棟の建物の場合には当該一棟の建物全体に対する割合を計算します。
              (ii)    投資対象が団地その他の複数棟の不動産で構成され、かつ、当該複数棟の不動産が社会経済的に見て、いわゆる複
                合不動産施設として一体利用され、又は利用されることが予定されている場合には、当該複数棟の不動産全体に対
                する割合を計算します。
              (iii)   投資対象が区分所有権の場合には当該区分所有権に係る専有部分に対する割合を計算します。ただし、同一の建物
                における複数の区分所有権を取得した場合には、当該複数の区分所有権に係る専有部分全体に対する割合を計算し
                ます。
        (ロ)アクイジション方針

           スポンサー及びサポート会社並びにその取引先等といったネットワークの活用に加え、本資産運用会社独
          自のネットワークも活用し、適正な取得条件を長期的かつ安定的に確保することを目指します。
         a. 投資対象物件の選別に際しては、以下に記載のとおり、全物件用途に共通の投資対象物件選別基準に加え
          て用途別投資対象基準を設け、これらの基準に従い、十分な調査・分析を実施し、総合的な検討を行いま
          す。
           <投資対象物件選別基準>
                   主として、三大都市圏を投資対象エリアとします。個別の物件においては用途毎の特性
             立地     を踏まえ、その地域特性及びその将来性を検討し、中長期的に安定した賃料収入が獲得で
                  きる蓋然性を確認した上で、個別に判断します。
                   物件ごとに個別の立地特性による現状の地域性及びその将来性を検討した上で、適正規
            物件規模
                  模について判断します。
                   設備・仕様については、各用途別投資対象物件の特性を踏まえ、用途及び地域別の標準
            設備施設
                  的水準以上と判断される物件又は標準的水準以上に変更可能な物件とします。
                  1投資案件       個別投資対象物件ごとの最小投資額は、原則10億円以上とします。但し、
                  当たりの      ポートフォリオ組入れ後の運用管理面での負担等、投資効率について総合的
                  最小投資額      に検討したうえで10億円未満の物件に投資することができます。
                  1投資案件       個別投資対象物件ごとの最大投資額としては、以下の計算式による個別投
                  当たりの      資案件ごとの投資比率が30%を超えないことを原則とし、計算式は以下の                                  と
                  最大投資額      おり  とします。なお、投資額には公租公課・取得費用等は含みません。
                         「個別投資案件ごとの投資比率」=「当該個別投資額」/(「前期末にお
             投資額            ける投資不動産等の評価額合計」+「当該個別投資以前又は同時に当期に投
                        資した投資不動産等の取得価格合計」+「当該個別投資額」)
                  取得価格の       投資対象物件の取得価格については、当該投資不動産自体の投資価値と当
                  制限      該投資不動産を組み入れた場合にポートフォリオが受ける影響を調査・分析
                        した上で、鑑定評価を参考とし、総合的に判断します。
                         したがって、鑑定評価額を上回る価格で取得することもあり得るが、利益
                        相反取引防止の観点から、利害関係者からの取得価格については利害関係者
                        取引規程に定める条件に従います。
                   新耐震基準適合、耐震補強工事実施済、又は、地震予想損失率(PML(注):Probable
             耐震性     Maximum    Loss)15%未満の建物であることを原則とします。ポートフォリオの地震予想損失
                  率については10%未満を維持することを目標とします。
                                  30/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                   物件の権利関係については、個別投資対象物件ごとに総合的に判断することを原則とし
                  ます。ただし、共有物件の場合、持分割合は50%以上を原則とし、他の所有者の信用力等
                  を検討した上で、個別投資対象物件ごとに総合的に判断します。また、持分割合50%未満
            権利関係      であっても、他の所有者の信用力等によっては、投資対象とすることができます。借地物
                  件については、原則として、建物所有を目的とする借地権付の建物のみを投資対象とし、
                  借地権設定者の属性を慎重に検討し、地代の改定、借地契約更新時の更新料負担の有無そ
                  の他の借地契約の内容等を総合的に検討して判断します。
                   原則として、竣工前の未稼働物件への投資は行わず、安定的賃貸事業収入又はこれに類
                  する収入が現に生じている又は生じる見込みがある物件への投資を基本とするが、下記に
                  ついては例外とします。
                  <竣工前の物件の取得>
                  竣工前の物件については、竣工後のテナントの確保が十分可能と判断され、完工と引渡し
                  のリスクが十分に抑制されていると判断される場合、建物が竣工前であっても当該案件へ
                  の投資を決定することができます。その場合、当該案件の個別リスク及びポートフォリオ
                  が被る影響を検討した上で、その可否を総合的に判断します。
                  <未稼働物件の取得>
           開発案件投資
                  未稼働物件については、テナントの確保が十分可能と判断される場合、当該案件への投資
                  を決定することができます。その場合、当該案件の個別リスク及びポートフォリオが被る
                  影響を検討した上で、その可否を総合的に判断します。
                  <ポートフォリオに組み入れている物件の大規模修繕>
                  大規模修繕後のテナントの確保が十分可能であり、既存物件の価値向上に資すると判断さ
                  れる場合、完工と引渡しのリスクが十分に抑制されていると判断されることを確認の上、
                  工事期間中及び竣工後にポートフォリオが被る影響を検討した上で、その可否を総合的に
                  判断します。
                   フォワード・コミットメント等(先日付での売買契約であって、契約締結から1月以上経
                  過した後に決済・物件引渡しを行うこととしているものその他これに類する契約をいいま
                  す。以下同じです。)を行う場合には、以下の点に留意し、十分に検討し投資の可否を判
                  断します。
           フォワード・
                  <解約違約金の設定>
           コミットメン
                  契約不履行に関する解約違約金の水準、ポートフォリオ全体の収支及び配当水準等に与え
             ト等
                  る影響等(株式会社東京証券取引所の定める上場廃止基準を含みます。)
                  <期間の上限、資産価値変動、決済資金の調達方法等>
                  売買契約締結から物件引渡しまでの期間、当該期間中における金融環境及び不動産市場等
                  の変動リスクの可能性並びに決済資金の調達方法等
          (注)「地震予想損失率」とは、年超過確率0.21%(再現期間475年)で生じる損害の予想損失額を再調達価格に対する比率(%)
             で示したものをいいます。また、ポートフォリオに関する地震予想損失率は、複数の建築物群を対象とし、被害の相関性を
             考慮して、建築物群中の1乃至複数の建築物に影響を与える年超過確率0.21%(再現期間475年)で生じる損害の予想損失額
             を再調達価格に対する比率(%)で示したものをいいます。以下同じです。
                                  31/317








                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          < 用途別投資対象物件選別基準             >
          (1)物流施設
           1.分類
             本投資法人は投資対象とする物流施設を、以下の2つのタイプに分類します。
                BTS型                      マルチテナント型
           タイプ
                (ビルド・トゥ・スーツ型)
                将来的にテナントの入替えにも対応できるよ                      様々な業種にマッチする物流適地に立地して
                うに、建物の一定の汎用性を確保しながら、                      おり、同地に最も適した規模・グレード・設
            概要
                テナントの要望を取り入れたタイプの物流施                      備を有する物流施設
                設
           2.評価項目・選別基準

             本投資法人が投資対象とする物流施設の評価項目及び選別基準は以下の                                 とおり   です。調達、生産から販
           売、消費に至るサプライチェーンの中で、市場動向への迅速な対応、物流の効率化に寄与する立地特性、
           施設仕様を有すると判断でき、中長期にわたる競争優位性及び収益の安定性を確保できる物件に投資を行
           います。なお、本投資法人は、物流施設の中でも、高機能型物流施設(本投資法人が物流適地と考える立
           地に所在し、本投資法人が十分な競争力を有すると考える水準を満たす設備・仕様を備えた物流施設をい
           います。)を主な投資対象とします。
                BTS型
                                      マルチテナント型
           タイプ
                (ビルド・トゥ・スーツ型)
                ・消費地、生産地への近接性
                ・空港、港湾、高速道路等へのアクセス性
            立地
                ・労働力確保の容易性と通勤利便性
                ・自然環境等の周辺環境
                ・延床面積6,000㎡以上

            規模
                ・賃料水準
                ・賃貸借契約期間、残存賃貸借契約期間
           契約内容
                ・敷金金額
                ・中途解約条項
                ・業種
                ・テナント構成
                ・要求賃貸面積
           テナント
                ・賃料収入の安定性
                ・信用状況
                ・競争力
                ・接車バース
                ・床荷重(1.5t/㎡以上)
                ・床高
                ・天井高(5.0m以上)
                ・柱間隔(8.0m以上)
          設備・仕様      ・空調照明設備
                ・エレベーター、垂直搬送機
                ・事務所、休憩室
                ・作業環境
                ・駐車場
                ・施設としての汎用性
                                  32/317






                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (2)居住施設
           1.分類
             本投資法人が投資対象とする居住施設を、以下の2つのタイプに分類します。
                コンパクト(C)                      ファミリー(F)
           タイプ
                単身生活者及び夫婦のみの世帯を主な対象に                      ファミリー世帯を主な対象にその生活スタイ
            概要    その生活スタイルを想定して企画された住宅                      ルを想定して企画された住宅等
                等
           2.評価項目・選別基準

             本投資法人が投資対象とする居住施設の評価項目及び選別基準は、以下のとおりです。当該エリアの賃
           貸需要の厚み、施設全体の競争力及び将来的な競争力の維持可能性、地域内での競争力、契約賃料の妥当
           性、近隣の競合物件の状況等を総合的に判断した上で、収益の安定性及び成長性の期待できる物件に投資
           を行います。
                コンパクト(C)                      ファミリー(F)
           タイプ
                ・最寄駅との近接性                      ・閑静な住宅街に立地している
                ・多様な生活スタイルの選択可能性(ビジネ                      ・近隣の文教施設が充実している
            立地
                 ス街、公園、文化施設、広域商業施設、繁                     ・生活利便性(近隣商業施設、文化施設、ス
                 華街等との近接性)が高い                      ポーツ施設等との近接性)が高い
                ・60㎡以下                      ・60㎡超
           専有面積
                ・延床面積660㎡以上
            規模
                ・賃料水準、市場賃料、稼働率
           契約内容     ・賃貸借契約期間
                ・敷金金額
                ・テナントの信用力、賃料支払状況
                ・(個人)連帯保証人・保証会社
           テナント
                ・テナントの利用目的
                ・反社会的勢力の入居の有無の確認
                ・間取り、タイプ別構成比
                ・天井高
                ・内部仕様(天井・壁・床等)
                ・外部仕様(外壁、屋上、階段、廊下等)
                ・衛生設備
                ・空調設備
          設備・仕様
                ・電気設備
                ・防犯設備
                ・共用施設(エレベーター、廊下、駐車場、駐輪場、ごみ収集場等)
                ・放送受信設備
                ・管理室
                                  33/317








                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (3)商業施設
           1.分類
             本投資法人が投資対象とする商業施設を、以下の3つのタイプに分類します。
            タイプ     モール型(注)               ロードサイド型               アーバン型
                 幹線道路、生活道路沿いに立               幹線道路、生活道路沿いに立               ターミナル駅近郊、都市繁華
                 地したエンクローズドモー               地し独立した店舗による単体               街に立地する商業施設
            概要
                 ル、オープンモールからなる               及び複合商業施設
                 商業施設
          (注)モール型のうち、エンクローズドモールとは、建物内にすべての店舗を収容し、空調の整ったモールを中央に配置するタイ
             プのショッピングモールをいいます。また、オープンモールとは、店舗間を結ぶモールを建物の外側に配置し、屋根を設け
             ない(庇程度の屋根を設ける場合を含みます。)タイプのショッピングモールをいいます。
           2.評価項目・選別基準

             本投資法人が投資対象とする商業施設の評価項目及び選別基準は、以下のとおりです。施設全体の競争
           力及び将来的な競争力の維持可能性、商圏の安定性・成長性や、商圏内での競争力、テナントの信用力、
           契約賃料の妥当性、競合施設の近隣への出店可能性の有無等を総合的に判断した上で、収益の安定性及び
           成長性の期待できる物件に投資を行います。本投資法人は、商業施設の中でも、専門店集積型商業施設
           (本投資法人が商業適地と考える立地に所在し、商品やサービスがその地域の消費者に広く認知されてい
           る専門店を核として構成され、その地域の顧客層や購買力等に合致したテナント業態及び規模を有する商
           業施設、又は周辺の複数の商業施設と一体となっている商業施設群のうち当該専門店が入居している商業
           施設をいいます。)を主な投資対象とします。
            タイプ     モール型               ロードサイド型               アーバン型
                 ・幹線道路、生活道路からの               ・幹線道路、生活道路からの               ・最寄り駅の乗降客数
                  アクセス性               アクセス性              ・周辺繁華街の繁華度とその
            立地
                 ・施設全体の視認性               ・施設全体の視認性                継続性
                 ・商圏内の規模の優位性
                 延床面積8,000㎡以上               延床面積3,000㎡以上               延床面積500㎡以上
            規模
                 ・賃料水準
                 ・賃貸借契約期間、残存賃貸借契約期間
           契約内容
                 ・敷金金額
                 ・中途解約条項
                 ・業種
                 ・テナント構成
                 ・要求賃貸面積
                 ・賃料収入の安定性
           テナント
                 ・信用状況
                 ・競争力
                 ・ブランド力
                 ・集客力
                 ・フロア形状、導線
                 ・電気、水道、ガス容量
                 ・空調照明設備
           設備・仕様      ・内外装
                 ・エレベーター、エスカレーター
                 ・駐車場
                 ・施設としての汎用性
                                  34/317






                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (4)ホテル
           1.分類
             本投資法人が投資対象とするホテルには分類を設けません。
           2.評価項目・選別基準

             本投資法人が投資対象とするホテルの評価項目及び選別基準は、以下のとおりです。施設全体の競争力
           及び将来的な競争力の維持可能性、立地エリアの安定性・成長性、テナントの信用力、契約賃料の妥当性
           等を総合的に判断した上で、収益の安定性及び成長性の期待できる物件に投資を行います。
                ・空港、鉄道等のターミナル等へのアクセス性
            立地    ・ビジネス街、繁華街、観光施設、レジャー施設等の配置及び近接性
                ・施設の視認性
                延床面積3,000㎡以上
            規模
                ・賃料水準
                ・賃貸借契約期間、残存賃貸借契約期間
           契約内容
                ・敷金金額
                ・中途解約条項
                ・運営主要指標の調査(ADR(注)売上、稼働率等)
                ・賃料収入の安定性
                ・信用状況
           テナント
                ・競争力
                ・ブランド力
                ・集客力
                ・客室数、客室面積
                ・客室タイプ、タイプ別構成比
                ・フロア形状、導線
                ・電気、水道、ガス容量
          設備・仕様      ・空調照明設備
                ・内外装
                ・エレベーター、エスカレーター
                ・駐車場
                ・施設としての汎用性
          (注)「ADR」とは、平均客室単価であり、客室販売収入を販売客室数で除した値をいいます。
          (5)その他資産(オフィス、ヘルスケア施設等)

             その他の投資対象不動産については様々な用途があり、用途によって投資基準が多様であることに鑑
           み、具体的な用途別の評価項目は設けませんが、投資対象不動産毎に、個別の立地特性による地域性、代
           替テナント確保の容易性、設備の汎用性等を総合的に勘案した上で、投資を行います。
                                  35/317









                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         b. ポートフォリオへの組入れに際しては、以下に記載の各項目について、詳細な調査(デュー・ディリジェ
          ンス)を実施するものとします。当該調査においては、調査に関して十分な能力と経験を有する第三者によ
          る公正な不動産鑑定評価を参考として、ポートフォリオ全体に与える影響や価値向上への期待寄与度等につ
          いても検討を行った上で、総合的に当該物件の投資価値判断を行います。
           <詳細調査項目>
             項目                        調査内容
                   ・テナント
                   a.テナントとの契約内容(賃借目的、契約形態、契約期間、賃料等)
                   b.テナントの運営能力(事業内容及び業績等)
                   c.テナントの信用力及び反社会勢力の調査
                   ・マーケット調査
            経済的調査       a.テナント需要、商圏、産業構造等の分析
                   b.競合物件動向(売上、賃料、稼働率等)
                   c.周辺の開発計画
                   ・収益性評価
                   a.不動産鑑定評価
                   b.物件の過去収支分析
                   ・立地評価
                   a.地積、境界の確認
                   b.周辺環境、地域特性、交通アクセス性
                   ・建物評価
                   a.建物及び設備仕様、建物瑕疵、耐震性・地震リスク等
            物理的調査
                   b.建物状況調査報告書(エンジニアリング・レポート)
                   c.修繕履歴、修繕計画(CAPEX)、管理契約、管理状況
                   ・環境調査
                   a.地質地盤・埋蔵物、土壌汚染等
                   b.有害物質(アスベスト、PCB等)の状況
                   ・権利関係
                   a.所有権、賃借権、担保権・用益物権等の権利関係
                   b.共有、区分所有等の所有形態
                   c.土地の境界の確定状況、越境状況等
                   d.訴訟の有無とその状況、紛争可能性
            法律的調査       ・法令上の制限
                   a.法令(条例や協定を含む)等による制限
                   b.遵法性、既存不適格の有無
                   ・契約関係
                   a.売主状況調査(売買否認リスク等)
                   b.売買契約、信託契約、賃貸借契約等各種契約書の内容
        (ハ)アセットマネジメント方針

         a. 本資産運用会社         が行う本投資法人の資産の運用は、その用途にかかわらず、原則として物件を賃貸する方
          法により行います。
         b. 中長期的な運用を行い、安定的な収益の確保を図ることを目指します。テナントニーズを把握することで
          競争力を維持向上させ、収入の拡大及び費用の低減を行い、個別物件のキャッシュ・フローの極大化を目指
          します。また、計画的な改修工事によって資産価値の向上を図ります。
         c. 構築された物件ポートフォリオについては、用途ごとに適切かつ効率的に運用管理(プロパティ・マネジ
          メント。以下「PM」といいます。)を行うものとし、適切かつ効率的なPMが実現できるよう、個別物件ごと
          に、その所在地、売主等の状況を踏まえ、最適なプロパティ・マネジメント会社(以下「PM会社」といいま
          す。)を選択し、自ら又は信託受託者をして一任委託することを基本とします。
         d. PM会社の選定に際しては、組入物件が大和ハウスグループの開発物件である場合には、原則として大和ハ
          ウスグループからPM会社を選定し、一貫した業務体制を有する大和ハウスグループの総合力を最大限に活用
          することで、個別物件のキャッシュ・フローの極大化を図ります。
         e. PM会社にPM業務を委託した後は、原則として年1回、テナント営業管理、施設維持管理及び資産保全管理
          の各側面からPM会社の運営管理実績を評価し、必要に応じてPM会社に対する改善指示等を行うものとしま
          す。かかる指示等を行ったにも関わらず、運営管理面の改善が認められない場合には、PM会社の変更も含
          め、更なる改善策について検討します。
                                  36/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         f. PM会社の管理に関しては、PM会社から各運用資産の収支状況、建物維持管理状況及びテナント状況等に関
          して毎月報告を受け、当該報告により各運用資産の事業計画の検証を行うとともに、PM会社に対し、各運用
          資産の事業計画に沿った運営管理を実行させるための協議、指導又は監督を行うものとします。
         g. ホテルその他のオペレーショナル・アセット(施設の運営に特別なノウハウや専門性が必要とされる資産
          をいいます。以下同じです。)のオペレーターは、運営実績、ブランドその他の社会的信用力、経済的信用
          力、運営ノウハウ、当該物件の運営に関する当該オペレーターの予想収支及び賃料負担力、競争力、財務状
          況等をふまえ、当該物件を運営するノウハウや専門性を十分に有すると判断される者を選定します。また、
          当該物件におけるオペレーター代替可能性等をふまえ、既存のオペレーターとの契約が終了した場合のオペ
          レーター不在期間の長期化による損失の拡大を回避するために必要な場合は、バックアップオペレーターの
          選任も検討します。また、必要に応じて、オペレーターから定期的に事業運営実績の報告を受け、当該報告
          により当該物件の事業計画の検証を行うとともに、オペレーターの運営実績を評価し、事業計画に従った事
          業運営を実行させるよう、協議、指導又は監督を行います。
        (ニ)リーシング方針

         a. マーケット動向及びテナント動向を把握し、適正な賃貸条件の検討を行うとともに、PM会社を活用した優
           良テナントの確保に努めるものとします。
         b. 賃貸借契約の形態、賃料、期間については、各物件の用途及び個別物件の特性に応じて決定することとし
           ます。なお、ホテルその他のオペレーショナル・アセットについては、不動産運用収入のバランス、契約期
           間等を考慮し、一定額の固定賃料に加えて、当該物件を利用した事業運営から生じる収益等に連動する変動
           賃料を定めることも検討し、中長期的な観点から運用資産の着実な成長と安定した収益の確保を実現するた
           めに最適な賃料設定を行います。
        (ホ)修繕計画及び資本的支出に関する基本方針

         a. 本投資法人の保有する不動産に関する修繕計画については、通常必要とされる経費的支出の他、中長期に
           わたり不動産の市場競争力及びテナント満足度の維持向上を図るための資本的支出等を考慮した営業戦略的
           な修繕計画を不動産ごとに策定し、必要な修理・修繕・更新・改修を行います。
         b.   上記修繕計画については、中長期的なポートフォリオ運営を踏まえ、資産管理計画書により年一回、各修
           繕項目(経費的修繕項目及び資本的修繕項目)についてそれぞれ策定又は見直しを行います。
         c. 修繕積立金は、中長期的なポートフォリオ運営を踏まえ、減価償却費と修繕計画を考慮した上で必要な額
           を積み立てます。資本的支出については、ポートフォリオ全体の修繕積立金の範囲内で実施します。
        (ヘ)付保方針

         a. 損害保険の付保に関しては、火災等の災害や事故等により生じる建物の損害又は対人対物事故を原因とす
          る第三者からの損害賠償請求による損害等に対応するため、本投資法人の保有する不動産ごとの特性に応
          じ、適正と判断される内容の火災保険及び包括賠償責任保険等の損害保険を付保するものとします。
         b.   地震保険の付保については、大規模地震等による建物への影響が特に大きいと予想される物件に関して、
          地震等の発生時に予想される当該物件及びポートフォリオ全体に対する影響と保険の実効性等とを勘案し
          て、総合的に判断します。
           ただし、個別物件の地震予想損失率が15%を超えた場合には、災害による影響と保険料負担を総合的に比
          較の上、地震保険の付保を検討します。
         c. 引受保険会社の選定に際しては、原則として大和ハウスグループの保険代理店業を業とする会社を保険代
          理店とし、複数の保険会社の条件等を検討します。
        (ト)売却方針

           中長期にわたって運用資産を保有し、安定収益を確保することを基本方針としているため、運用資産の短
          期的な売却は原則として行わないものとします。
           ただし、    売却する場合には、不動産取引市場及び賃貸マーケットの動向並びに周辺地域における開発予測
          等を踏まえ、不動産鑑定評価などの第三者意見を参考にしつつ、当該物件の状況や将来にわたる収益性の見
          通しとポートフォリオが受ける影響を考慮し、総合的に判断するものとします。
                                  37/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (チ)財務方針
         a. 資金調達の基本方針
           本投資法人は、中長期にわたる安定的な収益の確保と運用資産の着実な成長並びに効率的な運用及び運用
          の安定性に資するため、計画的かつ機動的な財務戦略を立案し、実行することを基本方針とします。
         b. エクイティ・ファイナンス
           新投資口の発行は、運用資産の長期的かつ安定的な成長を目的として、金融資本市場の動向、経済環境、
          新たな運用資産の取得時期、本投資法人の資本構成及び既存投資主への影響等を総合的に考慮し、投資口の
          希薄化(新投資口の発行による投資口1口当たりの議決権割合の低下及び投資口1口当たりの純資産額又は
          分配金の減少)に配慮した上で、機動的に行います。
         c. デット・ファイナンス
           金融機関との良好な関係に基づく安定したバンクフォーメーションを構築することを目指します。また、
          借入れの長期化と返済期限の分散を図るとともに、必要に応じてコミットメントラインを設定する等、安定
          性に配慮します。
         d. LTV基準
           本投資法人は、       金利リスクを抑制的に管理し、財務健全性の確保を基本とし                            、 LTVは60%を上限とします
          (注)。ただし、資産の取得状況や投資口の追加発行のタイミング等により、一時的に60%を超えることが
          できるものとします。
          (注)本書の日付現在、本投資法人は当面のLTVを40%から50%程度の保守的な範囲内でコントロールしていく方針です。
         e. 借入の極度額及び借入先
           原則として、無担保及び無保証で調達します。借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円と
          し、かつ、その合計額が1兆円を超えないものとします。資金の借入先は、信用力、実績及び資金量を総合
          的に判断し、継続的に安定的な取引が可能な金融機関(金商法第2条第3項第1号に規定する適格機関投資
          家(租税特別措置法(昭和32年法律第26号。その後の改正を含みます。以下「租税特別措置法」といいま
          す。)第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)を選定するものとします。
         f. 担保設定方針
           資金調達に際しては、本投資法人の運用資産を担保として提供することができるものとします。
         g. コミットメントライン等の設定
           将来の運用資産の追加取得又は債務の返済に係る必要資金の機動的な調達を目的として、コミットメント
          ライン契約等の事前の借入枠設定又は随時の借入れの予約契約を締結することがあります。
         h. 投資法人債
           金利の動向、資金調達コスト、支払金利の形態、調達先、調達期間及び債務の返済・償還期日を総合的に
          勘案した上で、投資法人債の発行を行うことがあります。
         i. 金融デリバティブ取引
           本投資法人は、金利変動リスク等をヘッジする目的で金融デリバティブ取引を行うことができるものとし
          ます。
         j. キャッシュ・マネジメント
           本投資法人は、種々の資金需要(修繕及び資本的支出、分配金の支払、小口債務の返済、投資法人運営に
          関わる運転資金、テナント預り金等の返還並びに投資対象不動産の取得等)に対応するため、融資極度等の
          設定状況も勘案した上で、妥当と考えられる金額の現預金を常時保有するものとします。かかる余資の運用
          を目的として、有価証券又は金銭債権に投資することもできるものとしますが、投資対象の選別に際して
          は、安全性と換金性とを重視するものとします。また、テナントから預かった敷金・保証金を活用すること
          もできるものとします。
                                  38/317







                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (2)【投資対象】
         ① 投資対象とする資産の種類
          本投資法人は、主として不動産等及び不動産対応証券に投資します(規約第31条)。
        (イ)不動産等とは、次に掲げるものをいいます。
          a. 不動産
          b. 不動産の賃借権
          c. 地上権
          d. 上記a.からc.に掲げる資産を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と併せて信託する包括信託を
           含みます。)
          e. 上記a.からc.に掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益権
          f. 当事者の一方が相手方の行う上記a.からe.までに掲げる資産の運用のために出資を行い、相手方がその出
           資された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生じる利益の分配を行うことを
           約する契約に係る出資の持分(以下「不動産に関する匿名組合出資持分」といいます。)
          g. 信託財産を主として不動産に関する匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金銭
           の信託の受益権
        (ロ)不動産対応証券とは、資産の2分の1を超える額を不動産等に投資することを目的とする次に掲げるもの
          (下記a.からd.の証券に表示されるべき権利を含みます。)をいいます。
          a. 資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。以下「資産流動化法」と
           いいます。)第2条第9項に規定する優先出資証券
          b. 資産流動化法第2条第13項及び第15項に規定する特定目的信託の受益証券
          c. 投信法第2条第7項に規定する投資信託の受益証券
          d. 投信法第2条第15項に規定する投資証券
        (ハ)本投資法人は、上記(イ)及び(ロ)に掲げる不動産等及び不動産対応証券の他、次に掲げる特定資産に
          投資することができます。
          a. 預金
          b. 有価証券(金商法第2条第1項各号及び第2項各号に規定するものをいい、上記(イ)、(ロ)及び本
           (ハ)に掲げる特定資産を除きます。)
          c. デリバティブ取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その
           後の改正を含みます。以下「投信法施行令」といいます。)第3条第2号に定めるものをいいます。)
          d. 金銭債権(投信法施行令第3条第7号に定めるもの(ただし、預金を除きます。)をいいます。)
          e. 信託財産を上記a.からd.までに掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の
           受益権
          f. 再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令第3条第11号に定めるものをいいます。)
          g. 公共施設等運営権(投信法施行令第3条第12号に定めるものをいいます。)
        (ニ)本投資法人は、不動産等への投資に付随する次に掲げる特定資産以外の資産に投資することができます。
          a. 商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。)に規定する商標権又はその専用使用権若し
           くは通常使用権
          b. 動産(民法(明治29年法律第89号。その後の改正を含みます。)に規定されるもののうち、設備、備品そ
           の他の構造上又は利用上不動産に附加された物をいいます。)
          c. 慣習法上認められる温泉権(源泉権)
          d. 地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。その後の改正を含みます。)に基づく算定
           割当量その他これに類似するもの、又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
          e. 不動産等及び不動産対応証券への投資に付随して取得が必要となるその他の権利及び資産
        (ホ)金商法第2条第2項に定める有価証券表示権利について当該権利を表示する有価証券が発行されていない
          場合においては、当該権利を当該有価証券とみなして、上記(イ)から(ニ)までを適用します。
         ② 投資基準及び種類別、地域別、用途別等による投資割合

        (イ)投資基準については、前記「(1)投資方針 ③                          ポートフォリオ構築方針 (ロ)アクイジション方針」
          をご参照下さい。
        (ロ)地域別、用途別等による投資割合については、前記「(1)投資方針 ③                                     ポートフォリオ構築方針 
          (イ)ポートフォリオ・マネジメント方針」をご参照下さい。
         ③ 海外不動産保有法人の株式等

           該当事項はありません。
       (3)【分配方針】
          本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとします(規約第37条)。
                                  39/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ① 利益の分配
        (イ)投資主に分配する金銭の総額のうち利益の金額(以下「分配可能金額」といいます。)は、わが国におい
          て一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従い計算される利益(投信法第136条第1項に定める利益を
          いいます。)とします。
        (ロ)分配金額は、原則として租税特別措置法第67条の15第1項に規定される本投資法人の配当可能利益の額の
          100分の90に相当する金額を超えて本投資法人が決定する金額とします。ただし、税務上の欠損金が発生した
          場合、又は欠損金の繰越控除により税務上の所得が発生しない場合はこの限りではなく、本投資法人が合理
          的に決定する金額とします。なお、本投資法人は、運用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修
          繕積立金、支払準備金、分配準備積立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等のほか必要な金額を分配
          可能金額から積み立て、又は留保その他の処理を行うことができます。
        ② 利益を超えた金銭の分配

          本投資法人は、本投資法人における法人税等の課税の発生を抑えるため又はその他の理由により本投資法人
         が適切と判断した場合、投信協会の規則に定められる金額を限度として本投資法人が決定した金額を、利益を
         超えた金銭として分配することができます。
        ③ 分配金の分配方法

          分配は、金銭により行うものとし、原則として決算期から3か月以内に、決算期現在の最終の投資主名簿に
         記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者を対象に投資口の所有口数又は登録投資口質権の対象たる投
         資口の口数に応じて分配します。
        ④ 分配金請求権の除斥期間

          本投資法人は、投資主に対する金銭の分配が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、
         その分配金の支払義務を免れるものとします。なお、未払分配金には利息は付さないものとします。
        ⑤ 投信協会規則

          本投資法人は、上記①から④の他、金銭の分配にあたっては、投信協会の定める規則等に従うものとしま
         す。
       (4)【投資制限】

        ① 規約に基づく投資制限
          本投資法人の規約に基づく投資制限は以下のとおりです。
        (イ)有価証券及び金銭債権に係る制限
           本投資法人は、前記「(2)投資対象 ①                    投資対象とする資産の種類 (ハ)b.」に掲げる有価証券及び
          「同d.」に掲げる金銭債権への投資を、安全性及び換金性を重視して行うものとし、積極的な運用益の取得
          のみを目指した投資を行わないものとします(規約第32条第1項)。
        (ロ)デリバティブ取引に係る制限
           本投資法人は、前記「(2)投資対象 ①                    投資対象とする資産の種類 (ハ)c.」に掲げるデリバティブ
          取引に係る権利への投資を、本投資法人に係る負債から生じる為替リスク、金利リスクその他のリスクを
          ヘッジすることを目的としてのみ行うものとします(規約第32条第2項)。
        (ハ)国外不動産等に係る制限
           本投資法人は、国外に所在する不動産、国外に所在する不動産を対象とする前記「(2)投資対象 ①                                               投
          資対象とする資産の種類 (イ)b.」から同「g.」に掲げる資産及び国外に所在する不動産を対象とする不
          動産対応証券への投資は行わないものとします(規約第32条第3項)。また、本投資法人は、外貨建資産又
          は外国証券市場で主として取引されている有価証券への投資は行わないものとします(規約第32条第4
          項)。
        (ニ)組入資産の貸付け
          a. 本投資法人は、中長期的な安定収益の確保を目的として、運用資産に属する不動産(本投資法人が取得す
           る不動産対応証券の裏付けとなる不動産を含みます。以下、本(ニ)において同じです。)を、原則として
           賃貸(駐車場、看板等の設置等を含みます。)するものとします。なお、特定資産である信託受益権に係る
           信託財産である不動産については、原則として当該信託の受託者に、第三者との間で賃貸借契約を締結させ
           貸付けるものとします(規約第33条第1項)。
          b. 本投資法人は、不動産の賃貸に際し、敷金又は保証金等これらに類する金銭を自ら又は信託の受託者を通
           じて、収受することがあり、かかる収受した金銭を本投資法人の資産運用の基本方針及び投資方針に従い運
           用します(規約第33条第2項)。
                                  40/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          c. 本投資法人は、運用資産に属する不動産以外の運用資産の貸付けを行うことがあります(規約第33条第3
           項)。
        (ホ)借入れ及び投資法人債発行に係る制限
          a. 借入れの目的
            本投資法人は、安定した収益の確保及び運用資産を着実に成長させることを目的として、資金の借入れ又
           は投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下、本(ホ)において同じです。)の発行を行うことがあり
           ます(規約第35条第1項)。
          b. 借入金の使途
            借入れ及び投資法人債により収受した金銭の使途は、資産の取得、修繕、分配金の支払、本投資法人の運
           営に要する資金又は債務の返済(敷金及び保証金の返還並びに借入金及び投資法人債の債務の返済を含みま
           す。)等とします(規約第35条第2項本文)。ただし、短期投資法人債の発行により調達した資金の使途又
           は目的については、法令に定める範囲に限られるものとします(同項ただし書)。
          c. 借入金の限度額
            借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないもの
           とします(規約第35条第4項)。
          d. 借入先
            資金を借入れる場合、金商法第2条第3項第1号に規定する適格機関投資家(租税特別措置法第67条の15
           に規定する機関投資家に限ります。)からの借入れに限るものとします(規約第35条第1項)。
          e. 担保の提供
            上記a.の規定に基づき借入れを行う場合又は投資法人債を発行する場合、本投資法人は、運用資産を担保
           として提供することができるものとします(規約第35条第3項)。
        ② 金商法及び投信法による投資制限

          本投資法人は、金商法及び投信法による投資制限に従います。かかる投資制限のうち、主なものは以下のと
         おりです。
          なお、利害関係人等との取引制限については、後記「第二部                            投資法人の詳細情報 第3             管理及び運営       2
         利害関係人との取引制限」をご参照下さい。
        (イ)資産運用会社による運用に対する制限
           登録投資法人は、資産運用会社にその資産の運用に係る業務の委託をしなければなりませんが、資産運用
          会社は、本投資法人の資産の運用に係る業務に関して一定の行為を行うことが禁止されており、結果的に、
          投資法人が一定の投資制限に服することになります。かかる禁止行為のうち、主なものは以下のとおりで
          す。
          a. 自己取引等
           資産運用会社が自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行
          うこと(金商法第42条の2第1号)。ただし、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商
          品取引業の信用を失墜させるおそれのないものとして金融商品取引業等に関する内閣府令(平成19年内閣府
          令第52号。その後の改正を含みます。以下「業府令」といいます。)第128条で定めるものを除きます。
          b. 運用財産の相互間取引
           資産運用会社が運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金商法第42条の2
          第2号)。ただし、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜さ
          せるおそれがないものとして業府令第129条で定めるものを除きます。
          c. 第三者の利益を図る取引
           資産運用会社が特定の金融商品、金融指標又はオプションに関し、取引に基づく価格、指標、数値又は対
          価の額の変動を利用して自己又は登録投資法人以外の第三者の利益を図る目的をもって、正当な根拠を有し
          ない取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金商法第42条の2第3号)。
          d. 投資法人の利益を害する取引
           資産運用会社が通常の取引の条件と異なる条件で、かつ、当該条件での取引が登録投資法人の利益を害す
          ることとなる条件での取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金商法第42条の2第4号)。
          e. 分別管理が確保されていない場合の売買等の禁止
           資産運用会社が、以下の権利又は有価証券について、これに関して出資され、又は拠出された金銭(これ
          に類するものとして金融商品取引法施行令(昭和40年政令第321号。その後の改正を含みます。以下「金商法
          施行令」といいます。)で定めるものを含みます。)が、当該金銭を充てて行われる事業を行う者の固定財
          産その他当該者の行う他の事業に係る財産と分別して管理することが当該権利又は有価証券に係る契約その
          他の法律行為において確保されているものとして業府令第125条で定めるものでない場合に、当該権利又は有
          価証券についての取引(金商法第2条第8項第1号、第2号又は第7号から第9号に掲げる行為をいいま
          す。)を行うこと(金商法第40条の3)。
           (ⅰ)金商法第2条第2項第5号又は第6号に掲げる権利
                                  41/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           (ⅱ)金商法第2条第1項第21号に掲げる有価証券(金商法施行令で定めるものに限ります。)
           (ⅲ)金商法第2条第2項第7号に掲げる権利(金商法施行令で定めるものに限ります。)
          f. その他業府令で定める取引
           上記のほか、資産運用会社が行う行為のうち、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金
          融商品取引業の信用を失墜させるものとして業府令で定める以下の行為(金商法第42条の2第7号、業府令
          第130条)。
           (ⅰ)資産運用会社が自己の監査役、役員に類する役職にある者又は使用人との間における取引を行うこ
             とを内容とした運用を行うこと(業府令第128条各号に掲げる行為を除きます。)(業府令第130条第
             1項第1号)。
           (ⅱ)資産運用会社が自己又は第三者の利益を図るため、登録投資法人の利益を害することとなる取引を
             行うことを内容とした運用を行うこと(同項第2号)。
           (ⅲ)第三者(資産運用会社の親法人等及び子法人等を含みます。)の利益を図るため、その行う投資運
             用業に関して運用の方針、運用財産の額又は市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容と
             した運用を行うこと(同項第3号)。
           (ⅳ)他人から不当な取引の制限その他の拘束を受けて運用財産の運用を行うこと(同項第4号)。
           (ⅴ)有価証券の売買その他の取引等について、不当に取引高を増加させ、又は作為的な値付けをするこ
             とを目的とした取引を行うことを内容とした運用を行うこと(同項第5号)。
           (ⅵ)第三者の代理人となって当該第三者との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと
             (ただし、資産運用会社があらかじめ個別の取引ごとにすべての権利者に当該取引の内容及び当該取
             引を行おうとする理由を説明し、当該権利者の同意を得て行うものを除きます。)(同項第6号)。
           (ⅶ)その他業府令で定める内容の運用を行うこと。
        (ロ)同一株式の取得制限
           登録投資法人は、同一の法人の発行する株式につき、登録投資法人の保有する当該株式に係る議決権の総
          数が、当該株式に係る議決権の総数の100分の50を超えることとなる場合には、当該株式を取得することがで
          きません(投信法第194条第1項、                投信法   施行規則第221条)。
           ただし、国外の特定資産について、当該特定資産が所在する国の法令その他の制限により、投信法第193条
          第1項第3号乃至第5号に掲げる取引を行うことができない場合において、専らこれらの取引を行うことを
          目的とする法人の発行する株式を取得するときは、適用されません。(投信法第194条第2項、投信法施行令
          第116条の2、投信法施行規則第221条の2)。
        (ハ)自己の投資口の取得及び質受けの制限
           投資法人は、自らが発行した投資口を取得し、又は質権の目的として受けることができません。ただし、
          以下に掲げる場合において自らが発行した投資口を取得するときは、この限りではありません(投信法第80
          条第1項、規約第8条第2項)。
          a. 投資主との合意により当該投資口を有償で取得する場合
          b. 合併後消滅する投資法人から当該投資口を承継する場合
          c. 投信法の規定により当該投資口の買取りをする場合
          d. その他投信法施行規則で定める場合
        (ニ)子法人による親法人投資口の取得制限
           他の投資法人(子法人)の発行済投資口の総口数の過半数に当たる投資口を有する投資法人(親法人)の
          投資口については、以下に掲げる場合を除くほか、当該子法人は、取得することができません(投信法第81
          条第1項)。なお、他の投資法人の発行済投資口の過半数の投資口を、親法人及び子法人又は子法人が有す
          るときは、当該他の投資法人はその親法人の子法人とみなされます(投信法第81条第4項)。
          a. 合併後消滅する投資法人から親法人投資口を承継する場合
          b. その他投信法施行規則で定める場合
        ③ その他の投資制限

          本投資法人は、有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
                                  42/317





                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      3【投資リスク】
      (1)リスク要因
         以下には、本書の日付現在の法制度等を踏まえ、本投資証券又は本投資法人債券への投資に関してリスク要因と
        なる可能性があると考えられる主な事項を記載しています。ただし、以下は本投資証券又は本投資法人債券への投
        資に関するすべてのリスクを網羅したものではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。また、本投資
        法人が保有している個別の不動産信託受益権に係る不動産又は不動産に係る不動産に固有のリスクについては、後
        記「5 運用状況 (2)投資資産 ③ その他投資資産の主要なもの (ロ)個別資産の概要」を併せてご参照
        下さい。
         本投資法人は、可能な限りこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努めますが、回避及び対応が
        結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが現実化した場合、本投資証券又は本投資法人債券
        の市場価格は下落し、発行価格を下回ることも予想され、その結果、投資主又は投資法人債権者が損失を被る可能
        性があります。また、本投資法人の純資産額の低下その他財務状況の悪化により、分配率の低下が生じる可能性が
        あります。
         各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で本投資証券又は
        本投資法人債券に関する投資判断を行う必要があります。
         なお、本書に記載の事項には、将来に関する事項が含まれますが、別段の記載のない限り、これらの事項は本書
        の日付現在における本投資法人及び本資産運用会社の判断又は仮定に基づく予測等によるものであり、実際の結果
        と異なる可能性があります。
         本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。
         ① 投資証券又は投資法人債券の商品性に関するリスク
          (イ)投資証券又は投資法人債券の市場価格の変動及び流動性に関するリスク
          (ロ)金銭の分配に関するリスク
          (ハ)収入及び支出の変動に関するリスク
          (ニ)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク
          (ホ)投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
          (ヘ)本投資証券の市場での取引に関するリスク
          (ト)投資法人債券の償還・利払に関するリスク
         ② 本投資法人の運用方針等に関するリスク
          (イ)スポンサー又はサポート会社から想定どおりの物件取得が行えないリスク
          (ロ)不動産の地域的な偏在に関するリスク
          (ハ)シングル・テナント物件等に関するリスク
          (ニ)テナント集中に関するリスク
          (ホ)PM会社に関するリスク
          (ヘ)不動産を取得又は譲渡できないリスク
          (ト)投資口の追加発行、借入れ及び投資法人債による資金調達に関するリスク
          (チ)投資主優待制度に関するリスク
         ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク
          (イ)スポンサー及びサポート会社への依存、利益相反に関するリスク
          (ロ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
          (ハ)本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
          (ニ)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク
          (ホ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
          (ヘ)敷金及び保証金に関するリスク
         ④ 不動産及び信託の受益権に関する法的リスク
          (イ)不動産の欠陥・瑕疵に関するリスク
          (ロ)賃貸借契約に関するリスク
          (ハ)災害等による不動産の毀損、滅失及び劣化のリスク
          (ニ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
          (ホ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク
          (ヘ)法令等の制定・変更に関するリスク
          (ト)売主の倒産等の影響を受けるリスク
          (チ)マスターリースに関するリスク
          (リ)転貸に関するリスク
          (ヌ)テナント等の属性や不動産の利用状況に関するリスク
          (ル)共有物件に関するリスク
          (ヲ)区分所有建物に関するリスク
          (ワ)借地物件に関するリスク
                                  43/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (カ)借家物件に関するリスク
          (ヨ)開発物件に関するリスク
          (タ)有害物質等に関するリスク
          (レ)埋立地に関するリスク
          (ソ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
          (ツ)信託の受益権の準共有等に関するリスク
          (ネ)資産の組入れ・譲渡等に関するリスク
          (ナ)フォワード・コミットメント等に関するリスク
          (ラ)物流施設に関するリスク
          (ム)居住施設に関するリスク
          (ウ)商業施設に関するリスク
          (ヰ)ホテルに関するリスク
          (ノ)ヘルスケア施設及び保育園に関するリスク
          (オ)オフィスに関するリスク
          (ク)底地物件に関するリスク
         ⑤ 税制に関するリスク
          (イ)導管性要件に関するリスク
          (ロ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
          (ハ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
          (ニ)一般的な税制の変更に関するリスク
         ⑥ その他のリスク
          (イ)予定した取引を実行することができないリスク
          (ロ)不動産の譲渡に伴う責任に関するリスク
          (ハ)専門家報告書等に関するリスク
          (ニ)過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク
          (ホ)本投資法人等の評判に関するリスク
          (ヘ)減損会計の適用に関するリスク
          (ト)匿名組合出資持分への投資に関するリスク
          (チ)優先出資証券への投資に関するリ                   スク
          (リ)のれん発生に関するリスク
        ① 投資証券又は投資法人債券の商品性に関するリスク

        (イ)   投資証券又は投資法人債券の市場価格の変動及び流動性に関するリスク
           本投資法人は、投資主からの請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投資主が本投
          資証券を換価する手段は、原則として、第三者に対する売却に限定されます(ただし、本投資法人は、投資主
          との合意により投資口を有償で取得できるものとしています(規約第8条第2項)。)。
           本投資証券又は本投資法人債券の市場価格及び流動性は、本投資証券については金融商品取引所における投
          資家の需給バランスにより影響を受け、一定の期間内に大量の売買が行われた場合には、価格が大きく変動す
          る可能性があります。また、市場価格は、本投資法人の経営成績及び財政状況、上場不動産投資信託に関する
          一般的な状況、金利情勢、経済情勢、不動産市況その他の市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて変動しま
          す。
           また、本投資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督官庁
          による行政処分の勧告や行政処分が行われ、本投資証券又は本投資法人債券についての需給のバランスが変動
          した場合にも、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下落することがあります。
           本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下落した場合、投資主又は本投資法人債権者は、本投資証券又
          は本投資法人債券を希望する価格水準や数量で売買できない可能性があり、その結果、投資主又は本投資法人
          債権者は期待した利益を確保できず、損失を被る可能性があります。
           また、以下に記載の各リスクが顕在化した場合等において、本投資法人及びその保有資産、並びに本資産運
          用会社をはじめとする関係者の評判が損なわれる可能性があり、かかる評判の悪化は、本投資法人の信用に大
          きな打撃を与えることもあります。その結果、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の下落や、本投資証
          券又は本投資法人債券の取引機会の縮小等様々な事態の発生により、投資主又は本投資法人債権者に損害を与
          える可能性があります。
                                  44/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)金銭の分配に関するリスク
           本投資法人は前記「2           投資方針 (3)分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分
          配を行うこととしていますが、分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではあり
          ません。本投資法人が取得する不動産及び不動産を裏付けとする資産の当該裏付け不動産(以下、本「(1)
          リスク要因」において総称して「不動産」といいます。)の賃貸状況、売買や管理運営に伴う収益及び費用の
          状況、減損損失の発生や建替えに伴う除却損等により、期間損益が変動し、投資主への分配金が増減し、又は
          一切分配されないことがあります。
           本投資法人は、「投資法人の計算に関する規則」及び一般社団法人投資信託協会の「不動産投資信託及び不
          動産投資法人に関する規則」の一部改正により、2017年2月期末時点の分配準備積立金のうち負ののれん発生
          益に細分される14,748百万円を2017年2月期の金銭の分配に係る計算書において一時差異等調整積立金に積み
          立てましたが、2017年8月期以降、当該積立金の範囲内で毎期50年均等額以上の金額を取崩して分配する予定
          です。更に、不動産等売却損等の特別な損失が発生した場合や、増資時の分配金の希薄化、増資に伴って期中
          に取得した物件の運用期間が短いことにより十分な収益を確保できなかった場合又は発行費用等の特別な費用
          等が生じた場合等により当期純利益が当初予想していた金額を下回る場合には、内部留保等を取崩すことで分
          配金の安定化を目指すこととしています。また、本合併により本投資法人に発生したのれんは20年間にわたっ
          て定額法により償却しています。本投資法人は、のれん償却額相当額について、内部留保等から取崩して分配
          する予定ですが、        内部留保    等 の取崩しが完了した後は、当該償却額相当額の利益超過分配(一時差異等調整引
          当額の分配)を行う予定です。しかし、これらの内部留保等の取崩しはキャッシュの裏付けのない会計上の利
          益の計上であるため、金銭の分配を行う場合、当該分配は分配可能なキャッシュの額による制約を受けます
          し、利益超過分配に際しても同様です。本投資法人が金銭の分配を行う時点において金銭の分配を行うに足り
          るキャッシュが存在するという保証はなく、予想分配金の額の分配を受けられるという保証もありません。
        (ハ)収入及び支出の変動に関するリスク
           本投資法人の収入は、主として、本投資法人が取得する不動産の賃料収入に依存しています。不動産に係る
          賃料収入は、不動産の稼働率の低下、売上歩合賃料が採用されている場合のテナントの売上減等により、大き
          く減少する可能性がある他、テナントとの協議やテナントからの請求等により賃料が減額されたり、契約どお
          りの増額改定を行えなかったりする可能性もあります(なお、これら不動産に係る賃料収入に関するリスクに
          ついては、後記「④          不動産及び信託の受益権に関する法的リスク (ロ)                        賃貸借契約に関するリスク」をご参
          照下さい。)。本書において開示されている保有資産の過去の収支の状況や賃料総額も、当該資産の今後の収
          支の状況や賃料総額を必ずしも予測させ又は保証するものではありません(なお、後記「⑥                                           その他のリス
          ク (ニ)     過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク」も併せてご参照下さい。)。
          また、当該不動産に関して締結される賃貸借契約に基づく賃料が、一般的な賃料水準に比して適正な水準にあ
          るとは限りません。
           一方、収入の減少だけでなく、退去するテナントへの預り敷金及び保証金の返還、大規模修繕等に要する費
          用支出、多額の資本的支出、不動産の取得や管理等に要する費用、その他不動産に関する支出及び支出金利が
          状況により増大し、キャッシュ・フローを減ずる要因となる可能性があります。
           このように、不動産からの収入が減少する可能性があるとともに、不動産に関する支出は増大する可能性が
          あり、これら双方又はいずれか一方の事由が生じた場合、投資主への分配金額が減少したり、本投資証券又は
          本投資法人債券の市場価格が下落したりすることがあります。
        (ニ)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク
           本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、一定の重要事項につき本投資法人の意思決定に参画できる
          他、本投資法人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の権利
          とは必ずしも同一ではありません。例えば、金銭の分配に係る計算書を含む本投資法人の計算書類等は、役員
          会の承認のみで確定し(投信法第131条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投資主総会
          は必ずしも決算期毎に招集されるわけではありません。また、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、議決権
          を行使しないときは、当該投資主は、その投資主総会に提出された議案(複数の議案が提出された場合におい
          て、これらのうちに相反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きます。)について賛成する
          ものとみなされます(投信法第93条第1項、規約第15条第1項)。更に、本投資法人は、資産の運用に係る業
          務その他の業務を本資産運用会社その他の第三者に委託しています。これらの要因により、投資主による資産
          の運用に係る業務その他の業務に対する統制が効果的に行えない可能性もあります。
        (ホ)投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
           本投資法人は、資産の取得等のために新投資口を随時追加発行することがありますが、かかる追加発行によ
          り既存の投資主の保有する投資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の営業期間中に追加発行された
          投資口に対して、当該営業期間の期首から存在する投資口と同額の金銭の分配が行われると、既存の投資主
          は、追加発行がなかった場合に比して、悪影響を受ける可能性があります。
           更に、追加発行の結果、本投資法人の投資口1口当たりの価値や、市場における需給バランスが影響を受
          け、本投資証券の市場価格が下落する可能性があります。
                                  45/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ヘ)本投資証券の市場での取引に関するリスク
           本投資証券は、東京証券取引所に上場していますが、本投資法人の資産総額の減少、投資口の売買高の減少
          その他の東京証券取引所の有価証券上場規程に定める上場廃止基準に抵触する場合には、本投資証券の上場が
          廃止されます。本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡する他に換
          金の手段がないため、本投資法人の純資産額に比して相当に廉価で譲渡せざるを得ない場合や本投資証券の譲
          渡自体が事実上不可能となる場合があり、損失を被る可能性があります。
        (ト)投資法人債券の償還・利払に関するリスク
           本投資法人の信用状況の悪化その他の事由により、本投資法人債について元本や利子の支払が滞ったり、支
          払不能が生じるリスクがあります。
        ② 本投資法人の運用方針等に関するリスク

        (イ)   スポンサー又はサポート会社から想定どおりの物件取得が行えないリスク
           本投資法人及び本資産運用会社は、スポンサーとの間で新パイプライン・サポート等に関する基本協定書
          を、サポート会社各社との間で、パイプライン・サポート等に関する基本協定書を締結しています。
           しかし、かかる協定書は、一定の物件につき、本投資法人及び本資産運用会社に情報の提供を受ける権利や
          取得に関する優先交渉権等を与えるものにすぎず、スポンサー又はサポート会社は、本投資法人に対して、本
          投資法人の希望する物件をその希望する価格で売却する義務を負っているわけではありません。すなわち、本
          投資法人は、かかる協定書により、本投資法人が適切であると判断する物件を適切と判断する価格で取得でき
          ることまで確保されているわけではありません。
           したがって、本投資法人は、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポー
          トフォリオを構築できない可能性があります。
        (ロ)不動産の地域的な偏在に関するリスク
           本投資法人は、前記「2            投資方針 (1)投資方針 ③              ポートフォリオ構築方針」に記載するとおり、三
          大都市圏に所在する物件に70%以上を投資する方針です。したがって、これらの地域における人口、人口動
          態、単身者、世帯数、平均所得等の変化、地震その他の災害、地域経済の悪化、稼働率の低下、賃料水準の下
          落等により、本投資法人の収益が著しい悪影響を受ける可能性があります。
           また、テナント獲得に際し、三大都市圏等、特定の地域の不動産賃貸市場における競争が激化し、結果とし
          て、空室率の上昇や賃料水準の低下により賃料収入が減少し、本投資法人の収益が悪影響を受ける可能性があ
          ります。
        (ハ)シングル・テナント物件等に関するリスク
           本投資法人の運用資産には、単一のテナントへ物件全体を賃貸するいわゆるシングル・テナント物件も含ま
          れています。
           一般的に、中心的な大規模テナントを有する物件やシングル・テナント物件においては、かかる中心的な大
          規模テナントやシングル・テナントの使途や用法にあわせて仕様等が決められていることがあります。そのた
          め、既存テナントが退去した場合、かかる仕様等の特殊性や空室部分の規模等が原因となり、後継テナントと
          なりうる者が限定され、後継テナントが入居するまでの空室期間が長期化する可能性があります。その結果、
          物件の稼働率が大きく減少し、後継テナント確保のために賃料水準を引き下げざるを得なくなり、賃料収入が
          大きな影響を受ける可能性があります。
           更に、このような中心的な大規模テナントを有する物件やシングル・テナント物件においては、当該テナン
          トとの間で、優先購入権や処分禁止に関する合意(その内容は様々です。)がなされることがあり、物件の所
          有権又はこれらを信託財産とする信託の受益権を第三者に売却しようとする場合に、当該テナントに優先購入
          権が与えられている等により、物件の自由な売却その他の処分が制限される場合があります。かかる合意がな
          されている場合、取得及び売却により多くの時間や費用を要したり、価格の減価要因となる可能性がありま
          す。
        (ニ)テナント集中に関するリスク
           運用資産である投資対象不動産のテナント数が少なくなればなるほど、本投資法人は特定のテナントの支払
          能力、退去その他の事情による影響を受けやすくなります。特に、単一のテナントしか存在しない投資対象不
          動産においては、本投資法人の当該投資対象不動産からの収益等は、当該テナントの支払能力、当該投資対象
          不動産からの転出・退去その他の事情により大きく左右されます。また、賃貸面積の大きなテナントが退去し
          たときに、大きな空室が生じ、他のテナントを探しその空室を回復させるのに時間を要することがあり、その
          期間が長期になればなるほど、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。また、本投資法人の
          運用資産における特定の少数のテナントの賃借比率が増大したときは、当該テナントの財務状況や営業状況が
          悪化した場合、本投資法人の収益も悪影響を受ける可能性があります。
        (ホ)PM会社に関するリスク
           一般に、テナントの管理、建物の保守管理等不動産の管理業務全般の成否は、PM会社の能力、経験、ノウハ
          ウによるところが大きく、本投資法人が保有する不動産の管理についても、管理を委託するPM会社の業務遂行
          能力に相当程度依拠することになります。管理委託先を選定するに当たっては、PM会社の能力・経験・ノウハ
                                  46/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          ウを十分考慮することが前提となりますが、当該PM会社における人的・財産的基盤が維持される保証はありま
          せん。また、PM会社は複数の不動産に関して、他の顧客(他の不動産投資法人を含みます。)から不動産の管
          理 及び運営業務を受託し、本投資法人の投資対象不動産に係るPM業務と類似又は同種の業務を行う可能性があ
          ります。これらの場合、当該PM会社は、本投資法人以外の者の利益を優先することにより、本投資法人の利益
          を害する可能性があります。
           本投資法人は、PM会社につき、業務懈怠又は倒産事由が認められた場合、管理委託契約を解除することはで
          きますが、後継のPM会社が任命されるまではPM会社不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に当該投
          資対象不動産の管理状況が悪化する可能性があります。
        (ヘ)不動産を取得又は譲渡できないリスク
           不動産は、一般的にそれぞれの物件の個別性が強く代替性及び流動性が低いため、希望する時期に希望する
          物件を取得又は譲渡できない可能性があります。また、不動産投資信託、その他のファンド及び投資家等によ
          る不動産に対する投資が活発化した場合、必ずしも、本投資法人が取得を希望した不動産等及び不動産対応証
          券等を取得することができるとは限りません。取得が可能であったとしても、物件の精査(デュー・ディリ
          ジェンス)に相当程度の時間と費用を要し、また、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で取
          引を行えない可能性等もあります。更に、本投資法人が不動産等及び不動産対応証券等を取得した後にこれら
          を譲渡する場合にも、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で取引を行えない可能性等もあり
          ます。
           以上の結果、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポートフォリオを構
          築できない可能性があり、またポートフォリオの組替えが適時に行えない可能性があります。
        (ト)投資口の追加発行、借入れ及び投資法人債による資金調達に関するリスク
           投資口の追加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用力、
          金利情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で投資口の追加発
          行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取得でき
          なかったり、予定しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りに支障をきたす可能性があります。
           また、本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借入れ又は投資法
          人債の発行の条件として、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持する、本投資法人の信用状態
          に関する評価を一定の水準に維持する、投資主への金銭の分配を制約する等の財務制限条項が設けられたり、
          運用資産に担保を設定することとなったり、規約の変更が制限される等の可能性があります。このような制約
          が本投資法人の運営に支障をもたらし、又は投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性がありま
          す。加えて、これらの制限に違反した場合には、追加の担保設定や費用負担等を求められ、又は当該借入契約
          に係る借入金若しくは投資法人債の元利金について期限の利益を喪失し、本投資法人の運営に重大な悪影響が
          生じる可能性があります。なお、本投資法人は、本投資法人の借入れに係る全貸付人との間で「基本合意書」
          を締結しており、当該合意書には、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持する財務制限条項が
          設けられています。
           借入れ又は投資法人債の発行において運用資産に担保を設定した場合、本投資法人が担保の設定された運用
          資産の売却を希望したとしても、担保の解除手続その他の事情により、希望どおりの時期に売却できない可能
          性又は希望する価格で売却できない可能性があります。また、収益性の悪化等により運用資産の評価額が引き
          下げられた場合又は他の借入れを行う場合等、一定の条件のもとに他の運用資産に対して追加して担保を設定
          することを要求される可能性もあります。また、担保不動産からのキャッシュ・フローが減少したり、その評
          価額が引き下げられたりした場合には、本投資法人の希望しない条件で借換資金を調達せざるを得なくなった
          り、本投資法人の希望しない時期及び条件で運用資産を処分せざるを得なくなる状況も想定され、その結果、
          本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
           更に、借入れ及び投資法人債の金利は、借入時及び投資法人債発行時の市場動向に左右され、変動金利の場
          合には、その後の市場動向にも左右されます。借入れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は、本投資法人の借
          入額及び投資法人債発行額が増加した場合には、本投資法人の利払額は増加します。このような利払額の増加
          により、投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
           加えて、本投資法人は、LTVの上限を60%としますが、資産の取得状況や投資口の追加発行のタイミング等に
          より、一時的に60%を超えることがあります。LTVが高まった場合、一般的に、分配可能金額が金利変動の影響
          を受け易くなり、その結果、投資主への分配金額が減少するおそれがあります。
                                  47/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (チ)投資主優待制度に関するリスク
           本投資法人は、現在の法令、税務の取扱い、優待の内容及び利用状況の推定等に基づく大和リゾート株式会
          社(本投資法人のスポンサーである大和ハウスの100%子会社)との合意を前提に、投資主優待制度を導入し
          ています。したがって、これらの前提条件に変更がある場合、投資主優待制度の内容等が変更し、又は実施が
          停止される場合があります。
        ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

        (イ)スポンサー及びサポート会社への依存、利益相反に関するリスク
           本投資法人及び本資産運用会社は、旧DHRとの合併に伴い、2016年4月15日付でスポンサーである大和ハウ
          スとの間で「新パイプライン・サポート等に関する基本協定書」を、2016年9月1日付でサポート会社である
          コスモスイニシア、大和リース、大和情報サービス、ダイワロイヤル、フジタ及び大和物流との間で、それぞ
          れ、「パイプライン・サポート等に関する基本協定書」を締結しており、各協定書に基づく情報提供や業務支
          援等を受けています。また、本投資法人がスポンサー又はサポート会社の子会社又は関連会社を取得資産のPM
          会社として選定することもあり、スポンサーである大和ハウスから「Dプロジェクト」、「DPL」、「フォレ
          オ」、「ロイヤルパークス」、「ロイヤルコート」等の商標の使用許諾を、サポート会社のうち大和情報サー
          ビスから「アクロスモール」、「アクロスプラザ」等の商標の使用許諾を、それぞれ受けています。特に、ス
          ポンサーである大和ハウスは、本書の日付現在、本資産運用会社の株式の100%を保有する株主であるととも
          に、本資産運用会社の従業員の出向元です。なお、各協定書の概要については、前記「2 投資方針 (1)
          投資方針 ② 成長戦略 (ハ)スポンサー及びサポート会社との協働」をご参照下さい。
           これらの点に鑑みると、本投資法人及び本資産運用会社は、スポンサー及びサポート会社と密接な関連性を
          有しており、本投資法人による安定した収益の確保と成長性に対するスポンサー及びサポート会社の影響は相
          当程度高いということができます。
           したがって、本投資法人がスポンサー及びサポート会社との間で、本書の日付現在と同様の関係を維持でき
          なくなった場合には、本投資法人に重大な悪影響が及ぶ可能性があります。一方、本投資法人は、資産運用活
          動の様々な局面において、スポンサー及びサポート会社並びにこれらの子会社等との間で取引を行うことが想
          定されますが、スポンサー及びサポート会社が自己又はその顧客等の利益を図るため、本投資法人の投資主又
          は投資法人債権者の利益に反する取引等が行われる可能性があります。なお、かかる利益相反に関するリスク
          への対策については後記「(2)投資リスクに対する管理態勢」をご参照下さい。これらの対策にもかかわら
          ず、大和ハウスグループが本投資法人の利益に反する取引を行った場合には、投資主又は投資法人債権者に損
          害が発生する可能性があります。
           加えて、本投資法人及び本資産運用会社が大和ハウスグループとの間で締結している契約は、大和ハウスグ
          ループが、本投資法人と競合する事業を行うことを禁止するものではなく、また、物件を本投資法人に拠出す
          ることを義務づけるものでもありません。大和ハウスグループは、不動産開発投資業務を自ら行い、又はファ
          ンド(上場投資法人を含みます。)を組成しそのファンドから運用を受託する等、様々な形で不動産に関連す
          る業務を行っています。したがって、本投資法人又は本資産運用会社と大和ハウスグループとが、特定の資産
          の取得、賃貸借、管理運営、処分等に関して競合する可能性やその他利益相反が問題となる状況が生じる可能
          性は否定できません。
           上記のような利益相反が問題となりうる場合としては、例えば、大和ハウスグループからの物件取得に際し
          ての取得価格その他の購入条件、マスターリース会社である大和ハウスグループに対する賃貸条件、大和ハウ
          スグループに対する瑕疵担保責任の追及その他の権利行使、サポート契約の更新の有無、テナントの誘致その
          他のPM業務の遂行等があげられます。
           これらの利益相反により、本投資法人の利益が不当に害され、本投資法人の投資主又は投資法人債権者に損
          害が発生する可能性があります。
        (ロ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
           本投資法人は、投信法及び規約に基づき、執行役員及び監督役員(以下「役員」といいます。)から構成さ
          れる役員会において重要な意思決定を行い、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、
          一般事務を一般事務受託者に、それぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれ
          らの者の能力、経験及びノウハウに依存するところが大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要
          な人的・財政的基盤等を必ずしも維持できる保証はありません。投信法及び金商法は、本投資法人の役員及び
          本投資法人の関係者に関する義務及び責任を定めていますが、これらの本投資法人の関係者が投信法及び金商
          法その他の法令に反し、又は、法定の措置をとらないときは、投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可
          能性があります。
           また、本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者が、法令上又は契約上負っている善良な管理者と
          しての注意義務、投資法人のために忠実に職務を遂行する義務、利益相反状況にある場合に投資法人の利益を
          害してはならない義務          、 その他の義務に違反した場合には、本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、
          投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。
                                  48/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           この他に、本投資法人又は本資産運用会社若しくは運用資産である不動産信託受益権に関する信託受託者か
          ら委託を受ける業者として、PM会社、建物の管理会社等があります。本投資法人の収益性の向上のためにはこ
          れらの者の能力、経験及びノウハウに依存するところも大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必
          要 な人的・財政的基盤等を必ずしも維持できる保証はありません。これらの者について業務の懈怠その他の義
          務違反、投資法人と利益相反状況にある場合において投資法人の利益を害する行為があった場合や業務遂行能
          力の低下又は喪失があった場合には本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ハ)本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
           本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に大きく依存しており、これらの人
          材が失われた場合、本投資法人の運営に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ニ)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク
           本投資法人の規約に記載されている資産運用の対象及び方針等の基本的な事項の変更には、投資主総会の承
          認が必要ですが、本投資法人の役員会の承認を得て本資産運用会社の取締役会が定めたより詳細な投資方針、
          ポートフォリオ構築方針、運用ガイドライン等については、投資主総会の承認を経ることなく、変更すること
          が可能です。そのため、本投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性がありま
          す。また、本投資法人の発行する投資証券について支配権獲得その他を意図した取得が行われた場合、投資主
          総会での決議等の結果として、本投資法人の運用方針、運営形態等が他の投資主の想定しなかった方針、形態
          等に変更される可能性があります。
        (ホ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
           本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。以下「破産法」といいます。)上
          の破産手続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。以下「民事再生法」といいま
          す。)上の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性があります。
           また、本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場
          合に投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合、本投資証券の
          上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
           上記のように本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含み
          ます。)後の残余財産による分配からしか投資金額を回収することができません。本投資法人の保有資産の価
          値が下落し又は出資金に欠損が生じている場合には、借入れ及び投資法人債を弁済した後の残余財産が全く残
          らないか、又は出資総額を下回ることとなり、投資主は、投資金額の全部又は一部について回収を得ることが
          できない可能性があります。
        (ヘ)敷金及び保証金に関するリスク
           本投資法人は、投資対象不動産のテナントが賃貸人に対し無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を投資
          資金として利用する場合があります。しかし、そのような場合で賃貸借契約の中途解約により想定外の時期に
          敷金又は保証金の返還義務が生じた場合には、本投資法人は、敷金又は保証金の返還資金を調達コストの高い
          借入れ等により調達せざるを得なくなる可能性があります。その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可
          能性があります。
        ④ 不動産及び信託の受益権に関する法的リスク

          本投資法人の主たる運用資産は、前記「2 投資方針 (2)投資対象 ① 投資対象とする資産の種類」に
        記載のとおり、不動産等及び不動産対応証券です。不動産を信託財産とする信託の受益権その他不動産を裏付け
        とする資産の所有者は、その信託財産である不動産又は裏付けとなる不動産を直接所有する場合と、経済的に
        は、ほぼ同様の利益状況に置かれます。したがって、以下に記載する不動産に関する法的リスクは、不動産を信
        託財産とする信託の受益権その他不動産を裏付けとする資産についても、ほぼ同様にあてはまります。
          なお、信託の受益権固有のリスクについては、後記「(ソ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固
        有のリスク」をご参照下さい。
        (イ)不動産の欠陥・瑕疵に関するリスク
           不動産には権利、地盤、地質、構造等に関して欠陥、瑕疵等(工事における施工等の不具合及び施工報告書
          の施工データの転用・加筆及び性能検査記録データの書き換えを含みますが、これに限りません。)が存在し
          ている可能性があります。本資産運用会社が不動産の選定・取得の判断を行うに当たっては、当該不動産につ
          いて定評のある専門業者からエンジニアリング・レポートを取得する等の物件精査を行いますが、エンジニア
          リング・レポートで指摘されなかった事項等について、取得後に欠陥、瑕疵等が判明する可能性もあります。
          また、合併による資産の承継の場合においても同様に、承継後に本投資法人が把握していない欠陥、瑕疵等が
          判明する可能性もあります。更に、建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みます。以下「建
          築基準法」といいます。)等の行政法規が求める所定の手続を経由した不動産についても、建築基準関係規定
          の求める安全性や構造耐力等を有するとの保証はなく、例えばエレベーターや給湯器等の附属設備の不具合も
          含め、想定し得ない隠れた欠陥・瑕疵等が取得後に判明するおそれもあります。本投資法人は、状況に応じて
          は、前所有者又は前信託受益者に対し一定の事項につき表明及び保証をさせ、又は瑕疵担保責任を負担させる
          場合もありますが、必ずしも常にそうであるとは限りません。また、表明及び保証をさせ、又は瑕疵担保責任
                                  49/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          を負担させることにより、かかる表明及び保証が真実でなかったことを理由とする損害賠償責任や瑕疵担保責
          任を追及できたとしても、これらの責任の期間及び責任額は一定範囲に限定されるのが通例であり、また、前
          所 有者又は前信託受益者が解散したり無資力になっているために実効性に欠ける場合もあります。
           これらの場合には、当該欠陥、瑕疵等の程度によっては当該不動産の資産価値が低下することを防ぐために
          買主である本投資法人が当該欠陥、瑕疵等の補修その他に係る予定外の費用を負担せざるを得なくなることが
          あり、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           なお、本投資法人が保有する1物件について免震材料偽装及び性能検査記録データの書き換え等が判明して
          います。対象物件の安全性について一定の確認はなされていますが、対象物件の稼働率や賃料の状況、本投資
          法人の損益への影響は未確定です。
           また、本投資法人が不動産を譲渡する場合、本投資法人は宅建業法上、宅地建物取引業者とみなされるた
          め、同法に基づき、譲渡の相手方が宅地建物取引業者である場合を除いて、不動産の売買契約において、瑕疵
          担保責任に関し、買主に不利となる特約をすることが制限されています。したがって、本投資法人が不動産を
          譲渡する場合は、譲渡した不動産の欠陥、瑕疵等の修補その他に係る予定外の費用を負担せざるを得なくなる
          ことがあり、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があり
          ます。
           また、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等によ
          り制限を受け、又は第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があります。その結果、本
          投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           加えて、我が国の法制度上、不動産登記にはいわゆる公信力はありません。したがって、不動産登記簿の記
          載を信じて取引した場合にも、買主は不動産に係る権利を取得できないことがあります。更に、権利に関する
          事項のみならず、不動産登記簿中の不動産の表示に関する事項が現況と一致していない場合もあり、あるい
          は、現況について隣地所有者等と有効な確認が行われていないことが事後的に判明することもあります。この
          ような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約上許容される限度で責任を追及する
          こととなりますが、その実効性があるとの保証はありません。
        (ロ)賃貸借契約に関するリスク
         a. 賃貸借契約の解約及び更新に関するリスク
           賃貸借契約においてテナントが契約期間中の解約権を留保している場合等には、契約期間中であっても、テ
          ナントからの一方的な意思表示により賃貸借契約を終了することが可能であるため、テナントから賃料が得ら
          れることが将来にわたって確定されているものではありません。また、賃貸借契約の期間満了時に契約が更新
          されない場合もあるため、稼働率が低下し、不動産に係る賃料収入が減少する可能性があります。また、賃貸
          借契約の中に解約禁止条項、解約違約金条項等を置いて期間中の解約権を制限している場合や更新料を定めて
          いる場合でも、裁判所の判断によって所定の金額から減額されたり、かかる条項の効力が否定されたりする可
          能性があります。更に、賃貸借契約が終了し、新たな賃貸借契約を締結する場合に、新たな賃貸借契約の賃料
          等が従前の賃貸借契約よりも低額となり、不動産に係る賃料収入が減少する可能性があります。
           以上のような事由により、賃料収入等が減少した場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は
          投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
         b. 賃料不払に関するリスク
           テナントの財務状況が悪化した場合又はテナントが破産法上の破産手続、民事再生法上の再生手続若しくは
          会社更生法(平成14年法律第154号。その後の改正を含みます。)上の更生手続その他の倒産手続(以下総称
          して「倒産等手続」といいます。)の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料支払が滞る可能性があり、
          この延滞賃料等の債務の合計額が敷金及び保証金で担保される範囲を超える状況になった場合には、本投資法
          人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           また、マスターリースを行っている不動産の他、一部の不動産については、一棟全体を一括して賃貸してい
          るため、当該不動産のテナントの財務状況が悪化した場合には、本投資法人の収益に影響を及ぼし、投資主又
          は投資法人債権者に損害を与える場合があります。
         c. 賃料改定に係るリスク
           賃貸借契約の更新の際又は賃料等の見直しの際には、その時々における賃料相場も参考にして、賃料がテナ
          ントとの協議に基づき改定されることがあり、本投資法人が保有する不動産等について、本書の日付現在の賃
          料が今後も維持される保証はありません。賃料改定により賃料が減額された場合、又は賃貸借契約の内容の変
          更に伴い賃料等が減額された場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害
          を与える可能性があります。
           また、定期的に賃料等を増額する旨の規定が賃貸借契約にある場合でも、テナントとの交渉如何によって
          は、必ずしも、規定どおりに賃料を増額することができるとは限りません。
         d. テナントによる賃料減額請求権行使のリスク
           建物のテナントは、定期建物賃貸借契約において借地借家法(平成3年法律第90号。その後の改正を含みま
          す。以下「借地借家法」といいます。)第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特約を設けた場合を除い
          て、同条に基づく賃料減額請求をすることができます。請求が認められた場合、当該不動産から得られる賃料
                                  50/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          収入が減少し、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があ
          ります。
           また、借地借家法第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特約は、定期建物賃貸借契約においてのみ設け
          られることとされており、本投資法人は、運用資産の賃貸にあたり、定期建物賃貸借契約を利用することもあ
          ります。しかしながら、定期建物賃貸借契約の効力が認められるには、借地借家法第38条所定の要件を充足す
          る必要があるため、かかる要件が充足されなかった場合(かかる要件の充足を証明できない場合を含みま
          す。)には、定期建物賃貸借契約としての効力が認められず、当該賃貸借契約は、いわゆる普通建物賃貸借契
          約として取り扱われる可能性があります。その結果、賃料減額請求権を排除する特約の効力が認められず、又
          は建物賃貸借契約が所定の時期に終了しないこと等により、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又
          は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        (ハ)災害等による不動産の毀損、滅失及び劣化のリスク
           火災、地震、液状化、津波、暴風雨、洪水、落雷、竜巻、火山の噴火、高潮、戦争、暴動、騒乱、テロ等
          (以下「災害等」といいます。)による不動産の毀損、滅失又は劣化や、これらに伴う直接的又は間接的なテ
          ナント側の被害により、不動産の価値が影響を受ける可能性があります。このような場合には、毀損、滅失又
          は劣化した箇所を修復するため一定期間不動産の不稼働を余儀なくされることにより、賃料収入が減少し、又
          は当該不動産の価値が下落する結果、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損
          害を与える可能性があります。不動産の個別事情により保険契約(地震保険に関する契約を含みます。)が締
          結されない場合、保険契約で支払われる上限額を上回る損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等
          が発生した場合又は保険契約に基づく保険会社による支払が他の何らかの理由により行われず、減額され若し
          くは遅れる場合には、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能
          性があります。
           また、今後、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震と同規模又はそれ以上の地震その他の天災、
          事故等が発生する可能性を否定できません。その場合には、本投資法人が保有又は取得する物件が毀損、滅失
          又は劣化するおそれがある他、賃料水準の低下、稼働率の低下又はテナントの支払能力の低下が生じる可能性
          があり、また、周辺地域及び日本の経済全体が悪影響を受ける可能性があり、それらの結果、本投資法人の収
          益や本投資法人の保有に係る資産価値等に悪影響を及ぼすおそれがあります。なお、本投資法人は、本書の日
          付現在保有する物件について地震保険を付保していません。地震保険の付保については、大規模地震等による
          建物への影響が特に大きいと予想される物件に関して、地震等の発生時に予想される当該物件及びポートフォ
          リオ全体に対する影響と保険の実効性等とを勘案して、総合的に判断するものとし、個別物件の地震予想損失
          率が15%を超えた場合には、災害による影響と保険料負担を総合的に比較の上、地震保険の付保を検討しま
          す。ただし、かかる地震保険を付保した場合でも、上記の悪影響を回避できる保証はありません。
        (ニ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
           運用資産である不動産を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠償義務が発
          生し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有者は、民法
          (明治29年法律第89号。その後の改正を含みます。以下「民法」といいます。)上無過失責任を負うことがあ
          ります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、保険契約で支払われる上限額を上回る損害が
          発生した場合、保険契約で填補されない事故が発生した場合又は保険契約に基づく保険会社による支払が他の
          何らかの理由により行われず、減額され若しくは遅れる場合には、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投
          資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
           また、不動産につき滅失、毀損又は劣化等が生じたり、競争力の維持・向上、修繕が必要となったりする場
          合には、かかる修繕に関連して多額の費用が必要となる可能性があります。また、かかる修繕が困難若しくは
          不可能な場合、又は一定期間テナントの退去が必要となる場合には、不動産から得られる賃料収入が減少し、
          不動産の価値が低下する可能性があります。
        (ホ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク
           建築基準法又はこれに基づく命令若しくは条例、都市計画法(昭和43年法律第100号。その後の改正を含み
          ます。以下「都市計画法」といいます。)の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等の行政行為の規定
          の施行又は適用の際、原則としてこれらの規定に適合しない現に存する建物(現に建築中のものを含みま
          す。)又はその敷地については、当該規定が適用されない扱い(いわゆる既存不適格)とされています。しか
          し、かかる既存不適格の建物の建替え等を行う場合には、現行の規定が適用されるため、当該規定に合致する
          よう手直しをする必要があり、追加的な費用負担が必要となる可能性があり、また、現状と同規模の建築物を
          建築できない可能性があります。
           また、不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が運用資産である不動産に適用される可能性が
          あります。例えば、都市計画法、土地区画整理法(昭和29年法律第119号。その後の改正を含みます。)に基
          づく土地区画整理事業施行区域内の土地における土地の形質の変更及び建築物建築等の制限、地方公共団体の
          条例による風致地区内における建築等の規制、河川法(昭和39年法律第167号。その後の改正を含みます。)
          による河川保全区域における工作物の新築等の制限、文化財保護法(昭和25年法律第214号。その後の改正を
          含みます。)に基づく試掘調査義務、一定割合において住宅を付置する義務や、駐車場設置義務、福祉配慮設
                                  51/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          備設置義務、緑化推進義務及び雨水流出抑制施設設置義務等が挙げられます。このような義務が課せられてい
          る場合、当該不動産の処分及び建替え等に際して、事実上の困難が生じたり、これらの義務を遵守するための
          追 加的な費用負担が生じたりする可能性があります。更に、運用資産である不動産を含む地域が道路設置等の
          都市計画の対象となる場合には、当該都市計画対象部分に建築制限が付されたり、建物の敷地とされる面積が
          減少し収益が減少したりする可能性があります。また、当該不動産に関して建替え等を行う際に、現状と同規
          模の建築物を建築できない可能性があります。
           以上の結果、本投資法人の運用資産の価値が低下し、投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性が
          あります。
        (ヘ)法令等の制定・変更に関するリスク
           土壌汚染対策法(平成14年法律第53号。その後の改正を含みます。以下「土壌汚染対策法」といいます。)
          の他、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無を問わず不動産につき大気、土
          壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性があります。
           また、消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を含みます。)その他不動産の管理に影響する関係法
          令の改正により、不動産の管理費用等が増加する可能性がある他、エネルギーや温室効果ガス削減を目的とし
          た法令、条例等の制定、適用、改正等によっても、追加的な費用負担等が発生する可能性があります。更に、
          建築基準法、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等の行政行為等により不動産に関する
          権利が制限される可能性があります。このような法令の制定若しくは改正又は行政行為等が本投資法人の収益
          等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        (ト)売主の倒産等の影響を受けるリスク
           本投資法人は、債務超過の状況にある等財務状態が実質的危機時期にあると認められる又はその疑義がある
          者を売主として不動産を取得する場合には、当該不動産の売買が売主の債権者により取り消される(詐害行為
          取消)可能性があります。また、投資法人が不動産を取得した後、売主について倒産等手続が開始した場合に
          は、不動産の売買が破産管財人、監督委員又は管財人により否認される可能性が生じます。
           また、本投資法人が、ある売主から不動産を取得した別の者(以下、本「(ト)売主の倒産等の影響を受け
          るリスク」において「買主」といいます。)から、更に不動産を取得した場合において、本投資法人が、当該
          不動産の取得時において、売主と買主間の当該不動産の売買が詐害行為として取り消され又は否認される根拠
          となりうる事実関係を知っている場合には、本投資法人に対しても、売主・買主間の売買が否認され、その効
          果を主張される可能性があります。
           本投資法人は、管財人等により不動産の売買が否認又は取り消されるリスクについて諸般の事情を慎重に検
          討し、実務的に可能な限り管財人等により当該売買が否認又は取り消されるリスクを回避するよう努めます
          が、このリスクを完全に排除することは困難です。
           更に、取引の態様如何によっては売主と本投資法人との間の不動産の売買が、担保取引であると判断され、
          当該不動産は破産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再生債務者である売主の財
          産に属するとみなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もあります。
        (チ)マスターリースに関するリスク
           特定の不動産において、サブリース会社が当該不動産の所有者である信託受託者との間で転貸を目的として
          当該不動産を一括して賃借するマスターリース契約を締結し、その上でエンドテナントに対して転貸する、い
          わゆるマスターリースの形態をとっており、また、今後も同様の形態をとる場合があります。この場合、サブ
          リース会社の財務状態が悪化したときは、サブリース会社の債権者がサブリース会社のエンドテナントに対す
          る賃料債権を差し押さえる等により、サブリース会社から賃貸人である信託受託者への賃料の支払いが滞る可
          能性があります。
        (リ)転貸に関するリスク
           テナント(サブリース会社を含みます。)に、不動産の一部又は全部を転貸させる権限を与えた場合、本投
          資法人は、不動産に入居するテナントを必ずしも自己の意思に即して選択できなくなったり、退去させられな
          くなったりする可能性がある他、テナントの賃料が、転借人からテナントに対する賃料に連動する場合、転借
          人の財務状態の悪化が、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
           また、賃貸借契約が合意解約された場合、又は債務不履行を理由に解除された場合であっても、賃貸借契約
          上、賃貸借契約終了の場合に転貸人の転借人に対する敷金等の返還義務が賃貸人に承継される旨規定されてい
          る場合等には、かかる敷金等の返還義務が、賃貸人に承継される可能性があります。このような場合、敷金等
          の返還原資は賃貸人の負担となり、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ヌ)テナント等の属性や不動産の利用状況に関するリスク
           テナント(転借人を含みます。)の属性等について、入居審査時等には判明しなかった問題が、入居後に発
          生する可能性があります。本投資法人は、テナントの属性等に留意しつつ賃貸借契約を締結し、その利用状況
          等を管理していますが、個々のテナントの利用状況をつぶさに監督できるとの保証はなく、テナントによる不
          動産の利用状況等によっては、他のテナントとの間でトラブル等が発生し、当該物件の評判や稼働率を低下さ
          せ、資産価値や本投資法人の収益等に悪影響が及ぶ可能性があります。
                                  52/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           例えば、建物そのものが法令や条例等の基準を満たす場合であっても、テナントによる建物への変更工事、
          内装の変更、その他利用状況等により、建築基準法、消防法その他の法令や条例等に違反する状態となり、本
          投資法人が、その改善のための費用を負担する必要が生じ、又は法令上不利益を被る可能性があります。ま
          た、  賃貸借契約における規定の如何にかかわらず、入居者による転貸や賃借権の譲渡が本投資法人の承諾なし
          に行われる可能性があります。その他、転借人や賃借権の譲受人の属性によっては、運用資産である不動産の
          テナント属性が悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能性があります。
           また、近隣の住民からクレームが出され、本投資法人の運営に悪影響が及ぶ可能性があります。
        (ル)共有物件に関するリスク
           運用資産である不動産が第三者との間で共有されている場合には、その保存・利用・処分等について単独で
          所有する場合には存在しない種々のリスクがあります。
           まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の過半数で行うものとされ
          ているため、持分の過半数を有していない場合には、当該不動産の管理及び運営について本投資法人の意向を
          反映させることができない可能性があります。また、共有者はその持分の割合に応じて共有物の全体を利用す
          ることができるため、他の共有者によるこれらの権利行使によって、本投資法人の当該不動産の保有又は利用
          が妨げられるおそれがあります。
           更に、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性、及び裁判所によ
          り共有物全体の競売を命じられる可能性があり、ある共有者の意図に反して他の共有者からの分割請求権行使
          によって共有物全体が処分されるリスクがあります。
           この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約は5年を超えては効力を有しま
          せん。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産等手続の対象となった場合に
          は、管財人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。ただし、共有者は、倒産
          等手続の対象となった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することができます。
           他の共有者の共有持分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、共有されていた物件全体に
          ついて当該共有者(抵当権設定者)の持分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶことになると考えられてい
          ます。したがって、運用資産である共有持分には抵当権が設定されていなくても、他の共有者の共有持分に抵
          当権が設定された場合には、共有物が分割されると、分割後の運用資産についても、他の共有者の持分割合に
          応じて、当該抵当権の効力が及ぶこととなるリスクがあります。
           共有持分の処分は単独所有と同様に自由に行えると解されていますが、共有不動産については、共有者間で
          共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、共有者がその共有持分を第三者に売却する場合に他の共有
          者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。
           不動産の共有者が賃貸人となる場合には、賃料債権は不可分債権となり敷金返還債務は不可分債務になると
          一般に解されており、共有者は他の賃貸人である共有者の信用リスクの影響を受ける可能性があります。
           共有不動産については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、既に述べた流動性
          のリスクや、それらのリスクを反映した価格の減価要因が増す可能性があります。
        (ヲ)区分所有建物に関するリスク
           区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みます。以下
          「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物は、単独所有の対象となる専有部分(居室等)と共有とな
          る共用部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されます。区分所有建物の場合には、区分所
          有法上、法定の管理方法及び管理規約(管理規約の定めがある場合)によって管理方法が定められます。建替
          えをする場合には集会において区分所有者及び議決権(管理規約に別段の定めのない限り、その有する専有部
          分の床面積の割合)の各5分の4以上の多数での建替え決議が必要とされる等、区分所有法の適用を受けない
          単独所有物件と異なり管理方法に制限があります。
           区分所有建物の専有部分の処分は自由に行うことができますが、他の区分所有者が優先的に購入できる機会
          を与えるようにする義務を負う場合があります。
           区分所有建物と敷地の関係については以下のようなリスクがあります。
           区分所有建物の専有部分を所有するために区分所有者が敷地に関して有する権利を敷地利用権といいます
          が、区分所有建物では、専有部分と敷地利用権の一体性を保持するために、法律で、専有部分とそれに係る敷
          地利用権を分離して処分することが原則として禁止されています。ただし、敷地権の登記がなされていない場
          合には、分離処分の無効を善意の第三者に対抗することができません。また、区分所有建物の敷地が数筆に分
          かれ、区分所有者が、それぞれ、その敷地のうちの一筆又は数筆の土地について、単独で、所有権、賃借権等
          を敷地利用権(いわゆる分有形式の敷地利用権)として有している場合には、分離して処分することが可能と
          されています。このように専有部分とそれに係る敷地利用権が分離して処分された場合、敷地利用権を有しな
          い区分所有者が出現する可能性があります。
           また、敷地利用権が使用貸借権及びそれに類似した権利である場合には、当該敷地が売却、競売等により第
          三者に移転された場合に、区分所有者が当該第三者に対して従前の敷地利用権を対抗できなくなる可能性があ
          ります。
                                  53/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           このような区分所有建物と敷地の関係を反映して、区分所有建物の場合には、既に述べた不動産を処分でき
          ないリスクや、それらのリスクを反映した価格の減価要因が増す可能性があります。
        (ワ)借地物件に関するリスク
           借地権(転借地権を含みます。以下、本「(ワ)                      借地物件に関するリスク」において同じです。)とその借
          地上に存在する建物については、自己が所有権を有する土地上に存在する建物と比べて特有のリスクがありま
          す。借地権は、所有権と異なり永久に存続するものではなく、期限の到来により当然に消滅し(定期借地権の
          場合)又は期限到来時に借地権設定者が更新を拒絶しかつ更新を拒絶する正当事由がある場合に消滅します
          (普通借地権の場合)。また、借地権が地代の不払その他により解除その他の理由により消滅してしまう可能
          性もあります。借地権が消滅すれば、時価での建物買取りを請求できる場合を除き、借地上に存在する建物を
          取り壊した上で、土地を返還しなければなりません。普通借地権の場合、借地権の期限到来時の更新拒絶につ
          き上記正当事由が認められるか否かを本投資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、仮に建
          物の買取請求権を有する場合でも、買取価格が本投資法人が希望する価格以上である保証はありません。加え
          て、本投資法人又は信託受託者が有する権利が転借地権である場合、借地権(転借地権を除きます。)が解除
          その他の理由により消滅してしまうと、原則として、本投資法人又は信託受託者が有する転借地権も消滅しま
          す。
           また、本投資法人又は信託受託者が借地権を有している土地の所有権が、他に転売されたり、借地権設定時
          に既に存在する土地上の抵当権等の実行により第三者に移転する可能性があります。この場合、借地権につい
          て適用のある法令に従い第三者対抗要件が具備されていないときは、本投資法人又は信託受託者は、借地権を
          当該土地の新所有者に対して対抗できず、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。
           更に、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡するには、原則として、借地権設定者の承諾が必要となり
          ます。借地上の建物の所有権を譲渡する場合には、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになるので、
          原則として、借地権設定者の承諾が必要となります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権設定者へ
          の承諾料の支払があらかじめ約束されていたり、約束されていなくても慣行を理由として借地権設定者が承諾
          の条件として承諾料を請求されたりする場合があります(なお、法律上借地権設定者に当然に承諾料請求権が
          認められているものではありません。)。
           加えて、借地権設定者の財政状態の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全
          額又は一部が返還されない可能性があります。借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権について
          担保設定や保証はなされないのが通例です。
           借地権と借地上に建てられている建物については、敷地と建物を一括して所有している場合と比べて、上記
          のような制限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要したり、既に述べた不動産の流
          動性、取引コスト等に関するリスクや、それらのリスクを反映した価格の減価要因が増す可能性があります。
        (カ)借家物件に関するリスク
           本投資法人は、建物(共有持分、区分所有権等を含みます。)を第三者から賃借の上又は信託受託者に賃借
          させた上、当該賃借部分を直接若しくは信託受託者を通じて保有する建物と一体的に又は当該賃借部分を単独
          で、テナントへ転貸することがあります。
           この場合、建物の賃貸人の資力の悪化や倒産等により、建物の賃貸人に差し入れた敷金及び保証金等の全額
          又は一部が返還されない可能性があることは、前記の借地物件の場合と同じです。
           加えて、民法上、本投資法人が第三者との間で直接又は信託受託者を通じて締結した賃貸借契約が何らかの
          理由により終了した場合、原則として、本投資法人又は当該受託者とテナントの間の転貸借契約も終了すると
          されていますので、テナントから、転貸借契約の終了に基づく損害賠償請求等がなされるおそれがあります。
        (ヨ)開発物件に関するリスク
           本投資法人は、竣工前の未稼働不動産の取得は原則として行わない方針です。しかし、規約に定める投資方
          針に従って、竣工後の物件を取得するためにあらかじめ開発段階で売買契約又はこれに準ずる覚書等(以下、
          本「(ヨ)開発物件に関するリスク」において「売買契約等」といいます。)を締結することがあります。か
          かる場合、既に完成した物件につき売買契約等を締結して取得する場合とは異なり、様々な事由により、開発
          が遅延し、変更され、又は中止されることにより、売買契約等どおりの引渡しを受けられない可能性がありま
          す。この結果、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を大きく下回る可能性がある他、予定された時期に
          収益等が得られなかったり、収益等が全く得られなかったり、又は予定されていない費用、損害若しくは損失
          を本投資法人が負担し若しくは被る可能性があり、その結果本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があ
          ります。
        (タ)有害物質等に関するリスク
           本投資法人が土地又は土地の賃借権若しくは地上権又はこれらを信託する信託の受益権を取得する場合にお
          いて、当該土地について産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵され
          ている場合には当該土地の価格の下落により、本投資法人が損害を受ける可能性があります。また、かかる有
          害物質を除去するために土壌の入替えや洗浄が必要となる場合にはこれに係る予想外の費用や時間が必要とな
          り、本投資法人が損害を受ける可能性があります。また、かかる有害物質によって第三者が損害を受けた場合
          には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人がかかる損害を賠償する義務を負う可能性があり、
                                  54/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          かかる義務を負う場合には本投資法人が損害を受ける可能性があります。なお、土壌汚染対策法によれば、土
          地の所有者、管理者又は占有者は、鉛、砒素、トリクロロエチレンその他の特定有害物質による土地の土壌の
          汚 染の状況について、都道府県知事により調査・報告を命ぜられることがあり、また、土壌の特定有害物質に
          よる汚染により、人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがあるときは、都道府県知事によりその被害
          を防止するため必要な汚染の除去等の措置を命ぜられることがあります。
           この場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人は、支出を余儀なくされた費
          用について、その原因となった者やその他の者から常に償還を受けられるとは限りません。
           また、本投資法人が建物又は建物を信託する信託の受益権を取得する場合において、当該建物の建材等にア
          スベストその他の有害物質を含む建材が使用されているか若しくは使用されている可能性がある場合やポリ塩
          化ビフェニル(PCB)廃棄物が保管されている場合等には、当該建物の価格の下落により、本投資法人が損害
          を受ける可能性があります。かかる有害物質を除去するために建材の全面的又は部分的交換が必要となる場合
          又は有害物質の処分若しくは保管が必要となる場合にはこれに係る予想外の費用や時間が必要となり、本投資
          法人が損害を受ける可能性があります。また、かかる有害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接
          又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人がかかる損害を賠償する義務が発生する可能性があり、かかる
          義務が生じた場合には本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。
           更に、原子力発電所の事故等により、本投資法人の運用資産又はその周辺地域において、放射能汚染又は風
          評被害が発生した場合には、当該地域における社会的又は経済的活動が阻害され、その結果、当該運用資産の
          収益性やその価値が減少する可能性があります。
           加えて、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動産につき大
          気、土壌、地下水、放射能等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課されたり、また有害物質
          等に関連する会計基準の変更等により本投資法人の損益が悪影響を受ける可能性もあります。
           以上のような事由により、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与え
          る可能性があります。
        (レ)埋立地に関するリスク
           本投資法人の運用資産には、埋立地に立地するものが含まれていますが、埋立地に所在する不動産には、埋
          立に使用した土壌に有害物質が含まれている等の理由により、土地に有害物質が含まれている可能性がありま
          す(当該土地に有害物質が含まれる場合のリスクの詳細は、上記「(タ)有害物質等に関するリスク」をご参
          照下さい。)。また、埋立地は沿岸部に所在することも多く、津波、高潮その他の災害、海面上昇等による被
          害を受ける可能性もあります(かかる災害が生じた場合のリスクの詳細は、上記「(ハ)災害等による不動産
          の毀損、滅失及び劣化のリスク」をご参照下さい。)。更に、埋立地の地盤は、軟弱である可能性があること
          から、当該土地上の建物について、不等沈下その他の沈下を生じる可能性がある他、地震の際には液状化によ
          る沈下や毀損等の被害を生じる可能性もあります。これらの理由により当該不動産が被害を受けた場合、予定
          されていない費用、損害若しくは損失を本投資法人が負担し若しくは被る可能性がある他、当該不動産の価値
          が下落する可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主又は投資法人債権者が損失
          を被る可能性があります。
        (ソ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
           本投資法人は、不動産を信託の受益権の形態で取得することが多く、本書の日付現在の保有物件も大部分が
          信託不動産です。
           信託受託者が信託財産としての不動産、不動産の賃借権又は地上権を所有し管理するのは受益者のためであ
          り、その経済的利益と損失は、最終的にはすべて受益者に帰属することになります。したがって、本投資法人
          は、信託の受益権の保有に伴い、信託受託者を介して、運用資産が不動産である場合と実質的にほぼ同じリス
          クを負担することになります。
           信託契約上信託の受益権を譲渡しようとする場合には、信託受託者の承諾を要求されるのが通常です。更
          に、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権については受益証券発行信託の受益証券でな
          い限り私法上の有価証券としての性格を有していませんので、債権譲渡と同様の譲渡方法によって譲渡するこ
          とになり、有価証券のような流動性がありません。
           信託法(大正11年法律第62号。その後の改正を含みますが、信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関する
          法律(平成18年法律第109号)による改正前のもの。)及び信託法(平成18年法律第108号。その後の改正を含
          みます。)上、信託受託者が倒産等手続の対象となった場合に、信託の受益権の目的となっている不動産が信
          託財産であることを破産管財人等の第三者に対抗するためには、信託された不動産に信託設定登記をする必要
          があり、仮にかかる登記が具備されていない場合には、本投資法人は、当該不動産が信託の受益権の目的と
          なっていることを第三者に対抗できない可能性があります。
           また、信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、又は信託財産である
          不動産を引当てとして、何らかの債務を負うことにより、不動産を信託する信託の受益権を保有する本投資法
          人が不測の損害を被る可能性があります。
           更に、信託契約上、信託開始時において既に存在していた信託不動産の欠陥、瑕疵等につき、当初委託者が
          信託財産の受託者に対し一定の瑕疵担保責任を負担する場合に、信託財産の受託者が、かかる瑕疵担保責任を
                                  55/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          適切に追及しない、又はできない結果、本投資法人が不測の損害を被り、投資主又は投資法人債権者に損害を
          与える可能性があります。
        (ツ)信託の受益権の準共有等に関するリスク
           運用資産である不動産信託受益権が第三者との間で準共有されている場合には、その保存・利用・処分等に
          ついて単独で所有する場合には存在しない種々のリスクがあります。
           まず、準共有されている権利の管理は、準共有者間で別段の定めをした場合を除き、準共有者の持分の価格
          に従い、その過半数で行うものとされているため、本投資法人が準共有持分の過半数を有していない場合に
          は、当該不動産の管理及び運営についての信託受益者の指図に本投資法人の意向を反映させることができない
          可能性があります。
           また、準共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、準共有されている信託受
          益権については、準共有者間で準共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、準共有者がその準共有持
          分を第三者に売却する場合に他の準共有者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があ
          ります。
           不動産信託受益権の準共有者が不動産信託受託者に対して有する信託交付金の請求権は不可分債権となり不
          動産信託受託者に対して負担する信託費用等の支払義務は不可分債務になると一般的には解されており、準共
          有者は他の準共有者の信用リスクの影響を受ける可能性があります。
           更に、前記のとおり、準共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されているため、準共有者
          は、他の準共有者が予期せず変動し、その結果、不利益を受ける可能性もあります。
           準共有されている信託受益権については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、
          取得及び売却により多くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
        (ネ)資産の組入れ・譲渡等に関するリスク
           本投資法人は、今後、本書に記載された資産以外の新たな資産の取得を決定し、又は物件の売却や交換の
          他、新たな資産取得若しくは譲渡に向けたその他の手法を利用する可能性があります。資産取得又は譲渡の決
          定は、本書提出から間もない時点で適時開示により公表される場合もあり得ます。かかる資産取得又は譲渡の
          結果、本投資法人の収益や財務状況に変動が生じる可能性があります。
        (ナ)フォワード・コミットメント等に関するリスク
           本投資法人は、不動産等を取得するにあたり、いわゆるフォワード・コミットメント等を行うことがありま
          す。不動産売買契約が買主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行による損害賠償義務を負担す
          ることとなります。また、損害額等の立証にかかわらず、不動産等の売買価格に対して一定の割合の違約金が
          発生する旨の合意がなされることも少なくありません。フォワード・コミットメント等の場合には、契約締結
          後、決済・物件引渡しまでに一定の期間があるため、その期間における市場環境の変化等により本投資法人が
          不動産取得資金を調達できない場合等、売買契約を解約せざるを得なくなった場合には、違約金等の支払いに
          より、本投資法人の収益等に悪影響が及ぶ可能性があります。
        (ラ)物流施設に関するリスク
           本投資法人の主たる投資対象のうちの一つである物流施設について、運用資産の周辺の市街地化により、共
          同住宅・戸建住宅や学校・病院等の公益施設の建設が近隣で行われ、周辺環境が変動し、テナントの操業に支
          障が発生することがあります。その結果、テナント需要が後退し、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性
          があります。
           更に、現状の船舶、鉄道、航空機、自動車による物流輸送の役割が、技術革新や、インフラの利便性の変
          化、環境関連法規の制定による規制等により大きく変化した場合、それぞれを主要な輸送手段とする物流施設
          の役割が衰退することとなり、当該物流施設のテナント需要が低下する可能性があります。場合によっては、
          これらによりテナントが、賃料を約定どおり支払うことができなくなったり、賃貸借契約を解約して又は更新
          せずに退去したり、賃料の減額請求を行ったりする可能性があります。
           上記の他にも、本投資法人が物流施設を投資対象としていることから、その建物の特性、適用規制、テナン
          ト特性等に起因して特有のリスクが生じ、これらが本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ム)居住施設に関するリスク
           本投資法人の主たる投資対象のうちの一つである居住施設について、入居者の多数を占めると想定される若
          年層都会生活者の生活パターン・特性等に鑑みれば、比較的短期間のうちに入居者が転居し、稼働率の低下を
          もたらすおそれがあります。
           更に、本投資法人の投資対象居住施設の中には、主として富裕層ファミリーを対象にその生活スタイルを想
          定して企画された住宅が含まれていますが、このような高級賃貸用住宅は、相対的に需要(入居者)が限定さ
          れていて市場が小さく、このような住居が他から新規供給された場合、市場への影響が小さくないことがあり
          ます。加えて、既存テナントが退去した場合、代替テナントが入居するまでの空室期間が長期化し、不動産の
          稼働率が大きく低下する場合もあり、時として代替テナント確保のために賃料水準を下げることもあります。
          また、そのような賃貸用住居が主な入居者として想定しているものの中には、欧米系企業・多国籍企業におい
          て海外から派遣される赴任者等が含まれているため、経済状況、国際状況の変化等により需要が大きく減少
                                  56/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          し、そのために不動産の稼働率が大きく低下したり、代替テナント確保のために賃料水準引下げを余儀なくさ
          れる可能性があり、そのような場合、賃料収入が大きな影響を受ける可能性もあります。
        (ウ)商業施設に関するリスク
           本投資法人の主たる投資対象のうちの一つである商業施設について、本投資法人の業績は、消費者の全体的
          な消費傾向、小売産業の全体的動向、本投資法人が保有する商業施設の商圏内の競争状況、人口動向等に大き
          く依存しています。場合によっては、これらによりテナントが、賃料を約定どおり支払うことができなくなっ
          たり、賃貸借契約を解約して又は更新せずに退店したり、賃料の減額請求を行ったりする可能性があります。
           上記の他にも、本投資法人が商業施設を投資対象としていることから、その不動産の特性、適用規制、テナ
          ント特性等に起因して特有のリスクが生じ、これらが本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ヰ)ホテルに関するリスク
         a. ホテルの収益が景気の悪化、災害等のホテル業界を取り巻く様々な外部要因や環境等の影響を受ける傾向に
           あるリスク
            本投資法人の主たる投資対象のうちの一つであるホテルについて、本投資法人の業績は、ホテル業界の全
           体的な傾向の影響を受けることがあります。ホテルの業績は、ホテル業界の全体的な傾向に大きく依存して
           います。場合によっては、テナントが、賃料を約定どおり支払うことができなくなったり、賃貸借契約を解
           約して又は更新せずに退去したり、賃料の減額請求をすることがあります。これらの要因により、本投資法
           人の収益は悪影響を受けることがあります。また、本投資法人が、テナントとの間で賃貸借契約を締結する
           際に、固定賃料部分と変動賃料部分を組み合わせた賃料構成とした場合、テナントの売上減少又は利益の減
           少等が、賃料収入に直接的な悪影響を与えることになります。
            更に、変動賃料部分の計算根拠となっている売上高の数値について、その正確性を十分に検証できず、本
           来支払われるべき変動賃料全額の支払いがなされず、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性がありま
           す。
            ホテルは、物件の特性上、オペレーターが利用者に一定のサービスを提供することが必要とされます。そ
           のため、オペレーターによる運営管理が適切に行われなかった場合に、ホテルのレピュテーションの低下に
           よりホテル利用者が減少し、その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
           また、ホテルの業績や収益は、以下のものを含む様々な要素により悪影響を受ける可能性があります。
           ・国内の景気及び経済状況の悪化並びに災害、悪天候、伝染病の流行等による消費者行動の変化の影響
            を受けた旅行者数の減少
           ・政治及び外交上の出来事及び動向や為替要因等による、インバウンドの旅行者数の減少
           ・保有する設備や周辺環境の陳腐化又は交通環境の変化による集客力の低下
           ・周辺の特定の施設に集客力が依存している場合の当該施設の閉鎖等による集客力の低下
           ・当該施設や周辺において提供されている特定のサービスに集客力が依存している場合の当該サービス提供
            の終了、当該サービスに対する旅行者の選好の変化等による集客力の低下
           ・特殊なコンセプトに基づいて運営されている施設の場合における、当該コンセプトの陳腐化、当該コンセ
            プトに対する旅行者の選好の変化等による集客力の低下、類似するコンセプトのホテルとの競合による集
            客力の低下
           ・従業員等の故意又は過失による顧客情報の漏洩
           ・旅館業法(昭和23年法律第138号。その後の改正を含みます。)に基づく営業許可その他許認可の取消し
            また、ホテルの業績や収益は、季節的要因により変動します。一般的には、年末年始や大型連休等には収

           益が大きくなりますが、物件ごとに個別事情もあります。したがって、本投資法人の収益は、2月末日で終
           了する営業期間と8月末日で終了する営業期間で異なることがあります。
         b. 既存テナントが退去した場合に関するリスク

           ホテルは、装置産業としての性格が強く、内装や温泉権のように、施設運営に不可欠の資産、権利等をオペ
          レーターが有している場合もあり、また、運営に当たり高度な知識が要求されることから、賃貸借契約が解除
          され又は更新されずに既存オペレーターが退去した場合、代替するオペレーターとなりうる者が少ないため
          に、代替テナントが入居するまでの空室期間が長期化し、不動産の稼働率が大きく低下すること、代替するオ
          ペレーター確保のために賃料水準を下げざるを得なくなること、運営の移行期間において十分な収益が実現で
          きないこと、又は賃貸借契約の条件が不利になることがあり、その結果、本投資法人の収益等に悪影響をもた
          らす可能性があります。
         c. FF&Eの定期更新に関するリスク

           ホテルは、競争力維持のためのいわゆるFF&E(注)の定期的な更新投資及び単なる更新に留まらない競争力
          強化のための大規模投資が必要となります。特に、本投資法人が投資することがあるシェア型複合ホテルは、
          客室のみならず、様々なコンセプトを有するシェアスペース等の施設を有するため、FF&Eが通常の宿泊特化型
          ホテルに比して高額になる傾向にあります。FF&Eはその資産アイテム毎に、本投資法人とテナントとの間の資
                                  57/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          産区分及び初期投資、修繕、更新等の負担区分が賃貸借契約において規定されることが想定されます。かかる
          取決めにより、本投資法人がその多くを所有し、その負担能力を超えて初期投資、修繕、更新等を行うことと
          なっ  た場合、本投資法人の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。また、これらの理由で工事が行われる場
          合、施設が相当期間閉鎖される場合もあり、この間オペレーターは収益をあげることができません。そのため
          に、賃料等の減少の形で本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性もあります。また、かかるFF&Eの初期投
          資、修繕、更新等がホテルの売上又は利益増につながらず、期待どおりの効果が得られない場合、本投資法人
          の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
          (注)FF&Eは、Furniture、Fixture                 & Equipmentの略であり、家具、什器、備品、装飾品並びに厨房機器等、
             ホテル運営に必要な資産をいいます。原則的にFF&Eは償却資産です。
        (ノ)ヘルスケア施設及び保育園に関するリスク

           本投資法人は、ポートフォリオの限定的な範囲に限ってヘルスケア施設及び保育園等に投資できるものとさ
          れていますが、ヘルスケア施設及び保育園の運用においては、必要となるサービスの提供等には固有の運営等
          に関するノウハウが必要となることから、その運営は、PM会社のみならず、オペレーターの業務遂行能力にも
          強く依拠することになります。したがって、オペレーターに関して、前記「② 本投資法人の運用方針等に関
          するリスク (ホ)PM会社に関するリスク」に記載のリスクと同様のリスクが存在することになります。ま
          た、かかる固有のノウハウが必要であることから、オペレーターやPM会社の代替性が限定されているため、そ
          のリスクの程度は、他の類型の物件よりも大きくなる可能性があります。
           また、ヘルスケア施設及び保育園には間取りや付帯設備、その立地、建築基準法による用途制限等の点で他
          の一般的な賃貸住宅とは異なる特性を有する場合があります。そのため、将来テナントが退去した際に一般的
          な賃貸住宅やその他の用途への転用ができなかったり、売却をしようとした際に用途が限定されていることに
          より購入先が限られ処分ができないか又は想定した価格で処分することができなかったりする等の可能性があ
          ります。
           更に、ヘルスケア施設においては、高齢の入居者が多いことから、入居契約締結時における入居者の意思能
          力等に関するリスクは、他の類型の物件よりも大きくなる可能性があります。
           加えて、ヘルスケア施設においては、敷金及び保証金に相当する入居一時金の額が他の住居タイプの物件よ
          りも大きくなる傾向があります。したがって、このような物件の組入比率の上昇に伴い、敷金及び保証金(又
          は入居一時金)に関するリスクがより大きくなる可能性があります。なお、その前提として、入居契約及び入
          居一時金の法的性質が必ずしも明らかではないことから、本投資法人がヘルスケア施設を取得する際に、入居
          契約及び(これに随伴して)入居一時金の返還債務を本投資法人が承継したものとみなされるリスクもありま
          す。
           その他、ヘルスケア施設には間取りや付帯設備、その立地、建築基準法による用途制限等の点で他の一般的
          な賃貸住宅とは異なる特性を有する場合があります。そのため、将来テナントが退去した際に一般的な賃貸住
          宅への転用ができなかったり、売却をしようとした際に用途が限定されていることにより購入先が限られ処分
          ができないか又は想定した価格で処分することができなかったりする等の可能性があります。
                                  58/317









                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (オ)オフィスに関するリスク
           本投資法人は、ポートフォリオの限定的な範囲に限ってオフィスに投資できるものとされていますが、オ
          フィスの需要は景気の動向その他の企業を取り巻く全般的な状況に左右されるため、今後の景気の状況等に
          よっては、その需要が大きく低下し、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ク)底地物件に関するリスク
           本投資法人は、第三者が賃借してその上に建物を所有している土地、いわゆる底地を取得することがありま
          す。底地物件には特有のリスクがあります。借地権は、定期借地権の場合は借地契約に定める期限の到来によ
          り当然に消滅し(ただし、定期借地権設定契約の効力が認められるには、借地借家法所定の要件を充足する必
          要があるため、かかる要件が充足されなかった場合(かかる要件の充足を証明できない場合を含みます。)に
          は、定期借地権設定契約としての効力が認められない可能性があります。)、普通借地権の場合には期限到来
          時に本投資法人が更新を拒絶しかつ本投資法人に更新を拒絶する正当事由がある場合に消滅します。借地権が
          消滅する場合、本投資法人は借地権者より時価での建物買取りを請求される場合があります(借地借家法第13
          条、借地法(大正10年法律第49号。その後の改正を含みます。)第4条)。借地権者より時価での建物買取り
          を請求される場合、買取価格が本投資法人が希望する価格以下である保証はありません。
           また、借地権が賃借権である場合、借地権者による借地権の譲渡には、原則として、本投資法人の承諾が必
          要となりますが、裁判所が承諾に代わる許可をした場合(借地借家法第19条)や、借地契約上事前に一定範囲
          での借地権の譲渡を承諾している場合には、本投資法人の承諾なく借地権が譲渡される結果、財務状態に問題
          がある等の本投資法人が望まない者に借地権が譲渡される可能性があり、その結果、投資主又は投資法人債権
          者に損害を与える可能性があります。
           更に、借地契約に基づく土地の賃料の支払が滞り、延滞賃料の合計額が敷金及び保証金等で担保される範囲
          を超える場合は投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。加えて、土地の賃料の改定、又
          は、借地権者による借地借家法第11条に基づく土地の借賃の減額請求により、当該底地から得られる賃料収入
          が減少し、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        ⑤ 税制に関するリスク

        (イ)導管性要件に関するリスク
           税法上、投資法人に係る課税の特例規定により、一定の要件(導管性要件)を満たした投資法人に対して
          は、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を投資法人の損金に算入することが認
          められています。
                           投資法人の主な導管性要件
                       配当等の額が配当可能利益の額の90%超であること(利益を超えた金銭の
             支払配当要件          分配を行った場合には、金銭の分配の額が配当可能額の90%超であるこ
                       と)
                       投資法人規約において、投資口の発行価額の総額のうちに国内において募
           国内50%超募集要件           集される投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨の記載又は記録
                       があること
                       機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定する
             借入先要件         ものをいう。次の所有先要件において同じ。)以外の者から借入れを行っ
                       ていないこと
                       事業年度の終了の時において、発行済投資口が50人以上の者によって所有
             所有先要件
                       されていること又は機関投資家のみによって所有されていること
                       事業年度の終了の時において、投資主の1人及びその特殊関係者により発
            非同族会社要件          行済投資口の総口数あるいは議決権総数の50%超を保有されている同族会
                       社に該当していないこと
                       他の法人の株式又は出資の50%以上を有していないこと                          (匿名組合出資を
            会社支配禁止要件
                       含み、一定の海外子会社を除く。)
           本投資法人は、導管性要件を満たすよう努めていますが、今後、                              更正処分等による多額の過年度法人税等の
          発生、   本投資法人の投資主の異動、分配金支払原資の制限・不足、資金の調達先、借入金等の定義の不明確
          性、税務当局と本投資法人との見解の相違、法律の改正、その他の要因により導管性要件を満たすことができ
          ない可能性があります。これらの要因の中には、本投資法人又は本資産運用会社において回避・統制すること
          が不可能なものもあります。本投資法人が導管性要件を満たすことができない場合、利益の配当等を損金算入
          することができなくなり、本投資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配金等に悪影響を及ぼす可能性
          があります。
                                  59/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
           本投資法人に対して税務調査が行われ、導管性要件に関する取扱いに関して、税務当局との見解の相違によ
          り更正処分を受け、過年度における導管性要件が事後的に満たされなくなる可能性があります。このような場
          合には、本投資法人が過年度において行った利益の配当等の損金算入が否認される結果、本投資法人の税負担
          が増大し、投資主への分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (ハ)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
           本投資法人は、規約における投資方針において、その有する特定資産の価額の合計額に占める特定不動産
          (不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託
          の受益権をいいます。)の価額の合計額の割合を75%以上とすることとしています。本投資法人は、上記内容
          の投資方針を規約に定めること、及びその他の税法上の要件を充足することを前提として、直接に不動産を取
          得する場合の不動産流通税(登録免許税及び不動産取得税)の軽減措置の適用を受けることができると考えて
          います。しかし、本投資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことができない場合、又は軽減措置の要件が変
          更された場合には、軽減措置の適用を受けることができない可能性があります。
        (ニ)一般的な税制の変更に関するリスク
           不動産、不動産信託受益権その他本投資法人の資産に関する税制若しくは本投資法人に関する税制又はかか
          る税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果本投資法人の収益
          に悪影響を及ぼす可能性があります。また、投資証券に係る利益の配当、資本の払戻し、譲渡等に関する税制
          又はかかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、本投資口の保有又は売却による投資主の手取
          金の額が減少し、又は税務申告等の税務上の手続面での負担が投資主に生じる可能性があります。
        ⑥ その他のリスク

        (イ)予定した取引を実行することができないリスク
           本投資法人は、資産の取得・譲渡や、新投資口の追加発行や借入れによる資金調達といった重要な取引を行
          うことを決定した場合、適時開示を実施するとともに、万全を期して準備をしますが、予期せぬ事態の発生に
          よって、当該取引を実行できなくなる可能性があります。この場合、収益機会を失うばかりでなく、状況に
          よっては取引の関係者等に対する損害賠償等を余儀なくされること等により、投資主又は投資法人債権者に損
          害を与える可能性があります。
        (ロ)不動産の譲渡に伴う責任に関するリスク
           本投資法人が不動産を譲渡した場合に、当該不動産に物的又は法的な瑕疵があるために、法令又は売買契約
          に従い、瑕疵担保責任や表明保証責任を負担する可能性があります。特に、本投資法人は、宅建業法上のみな
          し宅地建物取引業者に該当しますので、買主が宅地建物取引業者でない場合には、本投資法人の瑕疵担保責任
          に関するリスクを排除することができない場合があります。
           更に、賃貸不動産の譲渡においては、新所有者がテナントに対する敷金返還債務等を承継するものと解され
          ており、実務もこれにならうのが通常ですが、旧所有者が当該債務を免れることについてテナントの承諾を得
          ていない場合には、旧所有者は新所有者とともに当該債務を負い続けると解される可能性があり、予想外の債
          務又は義務等を負う場合があり得ます。
        (ハ)専門家報告書等に関するリスク
           本投資法人又は本資産運用会社は、原則として、不動産を取得するに際して又は取得後、当該不動産の鑑定
          評価又は不動産価格調査を不動産鑑定士等に依頼しますが、不動産の鑑定評価額及び不動産価格調査の調査価
          格は、個々の不動産鑑定士等の分析に基づく、分析の時点における評価に関する意見を示したものにとどま
          り、客観的に適正な不動産価格と一致するとは限りません。同じ物件について鑑定、調査等を行った場合で
          も、不動産鑑定士等、評価方法又は調査の方法若しくは時期によって鑑定評価額、調査価格の内容が異なる可
          能性があります。また、かかる鑑定等の結果は、現在及び将来において当該鑑定評価額や調査価格による売買
          の可能性を保証又は約束するものではありません。
           また、本投資法人又は本資産運用会社は、不動産を取得するに際して又は取得後、当該不動産のエンジニア
          リング・レポート、建築物環境調査報告書、土壌汚染のリスクに関する評価報告書、地震リスク診断報告書及
          び構造計算書の妥当性に関する第三者の報告書等を取得することがありますが、これらの報告書も、個々の調
          査会社が行った分析に基づく意見であり、調査会社、評価方法、調査の方法等によって調査結果及びリスク評
          価の内容が異なる可能性があります。また、これらの報告書は、専門家が調査した結果を記載したものにすぎ
          ず、不動産に欠陥、瑕疵が存在しないことを保証又は約束するものではありません。
           更に、本投資法人又は本資産運用会社は、不動産を取得するに際して又は取得後、マーケットレポート等の
          マーケットに関する第三者機関による分析又は統計情報を取得することがありますが、マーケットレポート等
          により提示されるマーケットに関する第三者機関による分析又は統計情報は、個々の調査会社の分析に基づ
          く、分析の時点における評価に関する意見を示したものにとどまり、客観的に適正なエリア特性、需要と供
          給、マーケットにおける位置付け、市場の動向等と一致するとは限りません。同じ物件について調査分析を
          行った場合でも、調査分析会社、分析方法又は調査方法若しくは時期によってマーケット分析の内容が異なる
          可能性があります。 加えて、本投資法人又は本資産運用会社は、不動産を取得するに際して又は取得後、当
          該不動産の地震予想損失率の算定を専門家等に依頼することがありますが、当該不動産に関して算出される地
          震予想損失率も個々の専門家の分析に基づく予想値にすぎません。地震予想損失率は、損害の予想復旧費用の
                                  60/317

                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合、予想以上の多額の復旧費用が必要とな
          る可能性があります。
        (ニ)過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク
           本投資法人が取得する個別投資資産の過去の収支状況を開示する場合、不動産信託受益権に係る不動産の現
          信託受託者若しくは前信託受託者、不動産の前所有者若しくは前々所有者、又は前信託受益者等から提供を受
          けた賃貸事業収支をあくまで参考として記載したものです。これらは不動産信託受益権に係る信託不動産及び
          不動産の前所有者及び前々所有者から提供を受けた未監査の情報を基礎としているため、すべてが正確であ
          り、かつ完全な情報であるとの保証はありません。また、これらの情報は本投資法人に適用される会計原則と
          同じ基準に基づいて作成されたとの保証もありません。したがって、今後の本投資法人の収支はこれと大幅に
          異なるおそれがあります。
        (ホ)本投資法人等の評判に関するリスク
           本項に記載の各リスクが現実化した場合等において、本投資法人及びその保有資産、並びに本資産運用会社
          をはじめとする関係者の評判が損なわれる可能性があります。かかる評判の悪化は、その原因や外部環境等に
          よっては深刻なものになることがあり、また、事実に反するものであっても、報道やインターネット等を通じ
          た流布により増幅され、本投資法人の信用に大きな打撃を与えることもあります。
           その結果、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の下落や、本投資法人の取引機会の縮小など様々な事
          態の発生により、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        (ヘ)減損会計の適用に関するリスク
           固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議
          会 平成14年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」)(企業会計基準適用指針第6
          号 平成15年10月31日)が、本投資法人において適用されています。減損会計とは、主として土地・建物等の
          事業用不動産について、収益性の低下により投資額を回収する見込みが立たなくなった場合に、一定の条件の
          もとで回収可能額を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理のことをいいます。減損会計の適用に伴
          い、地価の動向及び運用資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生し、本投資法人の損益に悪影響
          を及ぼす可能性があります。
        (ト)匿名組合出資持分への投資に関するリスク
           本投資法人は、不動産に関する匿名組合出資持分への投資を行うことがあります。この場合、本投資法人が
          出資する匿名組合の営業者は、本投資法人の出資金を不動産等に投資しますが、当該不動産等に係る収益が悪
          化した場合や当該不動産等の価値が下落した場合、意図されない課税が生じた場合等には、本投資法人が匿名
          組合員として得られる分配金や元本の償還金額等が減少し、その結果、本投資法人が営業者に出資した金額を
          回収できない等の損害を被る可能性があります。また、匿名組合出資持分については契約上譲渡が禁止若しく
          は制限されていることがあり、また、確立された流通市場も存在しないため、その流動性は低く、本投資法人
          が譲渡を意図しても、適切な時期及び価格で譲渡することが困難となる可能性があり、又は、予定より低い価
          額での売買を余儀なくされる可能性があります。
        (チ)優先出資証券への投資に関するリスク
           本投資法人は、資産流動化法に基づく特定目的会社が発行する優先出資証券への投資を行うことがありま
          す。本投資法人が出資する特定目的会社は、本投資法人からの出資金を不動産等に投資しますが、当該不動産
          等に係る収益が悪化した場合や当該不動産等の価値が下落した場合、更には特定目的会社において意図されな
          い課税が生じた場合等には、本投資法人が当該優先出資証券より得られる配当金や分配される残余財産が減少
          し、その結果、本投資法人が特定目的会社に出資した金額を回収できない等の損害を被る可能性があります。
          また、優先出資証券については、特定目的会社への出資者、貸付人又は特定社債権者との間で契約上譲渡を禁
          止若しくは制限されていることがあり、また、確立された流通市場も存在しないため、その流動性が低く、本
          投資法人が譲渡を意図しても、適切な時期及び価格で譲渡することが困難となる可能性があり、又は、予定よ
          り低い価額での売買を余儀なくされる可能性があります。
        (リ)のれん発生に関するリスク
           本合併により本投資法人にはのれんが発生しており、かつのれんは20年間にわたって定額法により規則的に
          償却しています。本投資法人は、のれん償却額相当額について、内部留保等から取崩して分配することによ
          り、また、内部留保等の取崩しが完了した後は、利益超過分配を行うことにより、法人税等の発生を軽減する
          予定です。
           しかしながら、のれんの取扱い及び課税軽減を目的とする利益超過分配に関する法令諸規則の解釈・運用は
          定着しておらず、今後の取扱い及び解釈・運用によっては、本投資法人の活動に予期せぬ制約が生じ、又は本
          投資法人の税負担が増大し、本投資法人の収益及び投資主への分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  61/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)投資リスクに対する管理態勢
         本投資法人及び本資産運用会社は、以上のようなリスクが存在することを認識しており、その上でこのようなリ
        スクに最大限対応できるよう本書の日付現在、以下のリスク管理態勢を整備しています。
         しかしながら、当該リスク管理態勢については、十分に効果があることが保証されているものではなく、リスク
        管理態勢が適切に機能しない場合、投資主又は投資法人債権者に損害が及ぶおそれがあります。
        ① リスク管理態勢
          本資産運用会社は、「リスク管理規程」を定め、リスクの網羅的かつ正確な把握、認識したリスクについて
         質的かつ量的な側面からの業務に及ぼす影響の測定、適切な評価、未然防止のための対策立案及び管理状況の継
         続的なモニタリングを行うことを基本方針とし、リスク管理を行うことに努めています。
          本資産運用会社のリスク管理に関する責任者はコンプライアンス・オフィサーであり、コンプライアンス・
         オフィサーは、リスクの種類に応じた測定、モニタリング及び管理等の手法(以下、本①において「リスク管理
         手法」といいます。)を構築し、その実効性を確保するための社内規程の整備を行うものとされています。
          また、コンプライアンス・オフィサーは、リスク管理の実施状況やリスク情報につき、定期的に、又は都度
         必要に応じて、代表取締役社長及び取締役会に報告するものとされています。なお、代表取締役社長及び取締役
         会は、必要に応じて、リスク管理手法等の改善についてコンプライアンス・オフィサーに指示を行うことができ
         るものとされています。
          かかるリスク管理態勢全般の適切性及び有効性並びにリスク対策の実施状況等については、内部監査による
         検証を行うものとされています。
        ② 適時適切な情報開示

          本投資法人が投資家の自己責任原則に則った投資判断に必要な、適時適切な情報開示を行えるよう、本資産運
         用会社は、資産運用委託契約及び本資産運用会社の組織規程等の社内規程に基づき、本資産運用会社の財務企画
         部を担当部署として、投信法や東京証券取引所の規則の定めるところに従って投資家に対して適時適切な情報開
         示を行うことを可能とするための態勢の整備に努めています。
        ③ コンプライアンスの徹底

          上記の適時適切な情報開示は、本投資法人及び本資産運用会社の業務がコンプライアンスに則った(すなわ
         ち、法令、諸規則、社内規程及び市場ルールを厳格に遵守することはもとより、社会的規範を十分にわきまえた
         誠実かつ公正な企業活動を全うした)結果でなくてはなりません。本投資法人及び本資産運用会社は、投信法及
         び金商法に則して適法に業務を営む法人として、コンプライアンス面で概略次のような態勢を整備しています。
          本投資法人の役員会は、1名の執行役員及び2名の監督役員(本資産運用会社と利害関係がないことを含め、
         投信法に定められた適格性を備えた人材を選任しています。)により構成され、執行役員の業務執行及び本資産
         運用会社の委託業務遂行状況を監督しています。具体的には、役員会に対し3か月に1回以上(当期においては
         毎月)、本投資法人及び本資産運用会社の業務執行状況や資産の運用リスクの状況等が報告されます。更に、本
         投資法人は、資産運用委託契約に基づき、本資産運用会社の帳簿等閲覧調査、監査、及びその結果に基づき必要
         に応じ本資産運用会社に対する是正指示等を行う権限を有しています。
          本資産運用会社においては、コンプライアンスに則った業務運営を徹底するために、取締役会が定めた「コン
         プライアンス規程」等において、取締役会、代表取締役社長、コンプライアンス委員会、コンプライアンス・オ
         フィサー、コンプライアンス部の役割等を規定し、実践しています。この他、各種の規定においてコンプライア
         ンスを徹底するための役職員の行為準則等について体系的に定めています。特に、利益相反が発生しやすいとさ
         れている本資産運用会社の利害関係者との不動産等の取得・譲渡・一部の賃貸等の取引については、「利害関係
         者取引規程」において、取締役会及び本投資法人の役員会が承認したものでなければ取引できないようにする
         等、厳格な手順を定めています。また、法人関係情報(未公表の重要な情報及び重要な事実)を利用したインサ
         イダー取引行為等については、本投資法人及び本資産運用会社のそれぞれにおいて、これを規制する社内規程を
         制定しています。
          本資産運用会社におけるこれら社内規程の実効性を確保するため、取締役会は「内部監査規程」を定め、他の
         内部機関から独立した立場にあるコンプライアンス・オフィサーの統括の下にコンプライアンス部門が行う内部
         監査において、法令・規定等の遵守状況の検証、問題点の把握とその是正を図るプロセスを整備しています。ま
         た、コンプライアンス違反行為が発生し又はその発生のおそれがある場合等には、役職員は他の内部機関から独
         立した位置付けにあるコンプライアンス・オフィサー等に報告しなければならない旨を、コンプライアンス規程
         等に定めています。
                                  62/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      4【手数料等及び税金】
       (1)【申込手数料】
          該当事項はありません。
       (2)【買戻し手数料】

          本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しを行わないため(規約第8条第1項)、該当事項はあり
         ません。
          ただし、本投資法人は、投資主との合意により投資口を有償で取得できるものとしています(規約第8条第
         2項)。この場合、所定の手数料が課されることがあります。
       (3)【管理報酬等】

        ① 役員報酬(規約第20条)
          本投資法人の役員の報酬の支払基準及び支払時期は、以下のとおりです。
        (イ)各執行役員の報酬は、一人当たり月額80万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と
          判断される金額として役員会で決定した金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
        (ロ)各監督役員の報酬は、一人当たり月額35万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と
          判断される金額として役員会で決定した金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
          (注)本投資法人は、執行役員又は監督役員の投信法第115条の6第1項に定める責任について、当該執行役員又は監督役員が職
             務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の
             職務の執行の状況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、法令の定める限度において、役員会の決議によって免
             除することができるものとします(規約第21条)。
        ② 本資産運用会社への資産運用報酬(規約第38条及び同別紙)

          本資産運用会社に支払う報酬の計算方法及び支払時期はそれぞれ以下のとおりです。
          なお、各報酬の支払に際しては、本資産運用会社の指定する銀行口座へ振込(振込手数料は本投資法人の負
         担とします。)の方法により支払います。
        (イ)運用報酬1(資産連動報酬)
           各計算期間(注1)における総資産額(注2)に年率0.4%を乗じた額(1年を365日として当該計算期間
          の実日数による日割計算によるものとします。)を上限として(注3)、各計算期間の終了後1か月以内に
          支払います。
        (ロ)運用報酬2(利益連動報酬)
           本投資法人の当該営業期間の不動産賃貸事業収入合計から不動産賃貸事業費用(減価償却費及び固定資産
          除却損を除きます。)合計を控除した金額に5.0%を乗じた額を上限として(注3)、計算書類等を承認した
          日の翌月末までに支払います             。
        (ハ)取得・譲渡報酬
          (a)本投資法人が不動産等又は不動産対応証券を取得又は譲渡した場合(下記(b)に該当する場合を除きま
            す。)
           不動産等又は不動産対応証券の取得価格又は譲渡価格に                          0.5%を乗じた額を上限として(注3)、                   不動産等
          又は不動産対応証券を取得又は譲渡した日の翌月末までに                           支払います。
          (b)本投資法人が利害関係者から不動産等又は不動産対応証券を取得又は譲渡した場合
           取得価格又は譲渡価格に           0.25%を乗じた額を上限として(注3)、                    不動産等又は不動産対応証券を取得又
          は譲渡した日の翌月末までに             支払います。
          (c)上記(a)及び(b)にかかわらず、当該不動産等又は不動産対応証券の譲渡につき、譲渡益(注4)が生じな
          い場合、譲渡報酬は発生しません(注5)。
        (ニ)合併報酬
           本投資法人が行う合併において、本投資法人の合併の相手方の保有資産等の調査及び評価その他の合併に
          係る業務を実施した場合には、本投資法人の合併の相手方となる投資法人から合併により承継する不動産等
          又は不動産対応証券の合併時における取得価格に0.8%を乗じた額を上限として(注3)、合併の効力発生日
          の翌月末までに支払います。
          (注1)各計算期間とは、直前の決算期の翌日から3か月目の末日までの期間(以下「計算期間Ⅰ」といいます。)及び計算期間
              Ⅰの末日の翌日から当決算期までの期間(以下「計算期間Ⅱ」といいます。)をいいます。
          (注2)総資産額とは、各計算期間について、以下の①又は②に定めるところに従い算出される額をいいます。
              ① 計算期間Ⅰにおける総資産額
               計算期間Ⅰの直前の決算期における貸借対照表(投信法第131条第2項の承認を受けたものに限ります。)に記載され
              た総資産額(ただし、未償却の正ののれんに相当する金額を控除します。)
              ② 計算期間Ⅱにおける総資産額
               直前の計算期間Ⅰにおける総資産額に、計算期間Ⅰの期間中に本投資法人が不動産等又は不動産対応証券を取得(合
              併による承継を含みます。)又は譲渡した場合には、取得した不動産等又は不動産対応証券の取得価格(合併による承継
              の場合は、承継した不動産等又は不動産対応証券の合併時における取得価格。)の合計額を加算し、譲渡した不動産等又
                                  63/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              は不動産対応証券の直前の決算期における貸借対照表上の帳簿価額(ただし、直前の決算期における貸借対照表上に計上
              されていない不動産等又は不動産対応証券についてはその取得価格とします。)を減額した額
          (注3)1円未満の端数は、切捨てるものとします。
          (注4)譲渡益とは、当該不動産等又は不動産対応証券の譲渡価格が、(ⅰ)当該譲渡に要した費用及び(ⅱ)当該不動産等又は
              不動産対応証券の譲渡時における帳簿価額の合計額を超える場合における、当該譲渡価格と当該合計額との差額をいいま
              す。
          (注5)2019年11月27日開催予定の本投資主総会において、規約の一部変更に係る議案が承認可決された場合には、本                                              (c)  及び上
              記(注4)は削除となります。
          ③   資産保管会社、投資主名簿等管理人、特別口座管理機関、一般事務受託者並びに投資法人債に関する一

          般事務受託者への支払手数料
        資産保管会社、投資主名簿等管理人、特別口座管理機関、一般事務受託者並びに投資法人債に関する一般事務受
         託者がそれぞれの業務を遂行することの対価である事務受託手数料は、以下のとおりです。                                          (イ)資産保管業務
         に係る報酬
           本投資法人は、資産保管業務に係る報酬として、営業                          期間毎に、下表に基づき計算された業務手数料並び
          に当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を、資産保管会社から請求を受けた月の翌月末日
          (銀行休業日の場合は前営業日)までに資産保管会社                         の指定する銀行口座へ振込み又は口座振替の方法によ
          り 支払うものとします。
          <業務手数料の計算方法>
           以下の計算式により計算した月額の業務手数料の合計金額を上限として、その資産構成に応じて本投資法
          人及び資産保管会社が協議のうえ算出した金額とします。
                      各計算対象月の前月末時点における合計残高試算表上の総資産額×0.03%÷12
            月額の業務手数料
        (ロ)投資主名簿等の管理に係る報酬
           本投資法人は、投資主名簿等の管理に係る報酬として、以下の委託事務手数料表により計算した金額を、
          請求のあった月の末日までに支払います。ただし、以下の委託事務手数料表に定めのない投資主名簿等の管
          理に係る報酬は、その都度、本投資法人と投資主名簿等管理人との間で協議のうえ定めます。また、投資主
          名簿等の管理に係る報酬が、経済情勢の変動、又は当事者の一方若しくは双方の事情の変化等により、著し
          く不適正となった場合は、本投資法人と投資主名簿等管理人との間で協議のうえ、随時これを変更し得るも
          のとします。
                                  64/317












                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          <委託事務手数料表>
            ■経常事務手数料
          項目               手数料率                     対象事務の内容
                (1)  月末現在の投資主名簿上の投資主1名に                    ・投資主名簿等の管理
                                       ・経常業務に伴う月報等諸報告
                  つき、下記段階に応じ区分計算した合計額
                                       ・期末、中間一定日及び四半期一定日現在
                  (月額)。但し、上記に関わらず、最低料
                                        (臨時確定除く)における投資主の確定と諸
                  金を月額200,000円とします。
                                        統計表、大投資主一覧表、全投資主一覧
                     1  ~   5,000名
                                    80円
                                        表、役員一覧表の作成
                   5,001   ~  10,000名
                                    70円
         基本手数料
                   10,001    ~  30,000名
                                    60円
                   30,001    ~  50,000名
                                    50円
                   50,001    ~100,000名
                                    43円
                   100,001名以上                37.5円
                                       ・除籍投資主データの整理
                (2)  除籍投資主
                   1名につき                                       70円
                (1)  分配金計算料
                                       ・分配金額、源泉徴収税額の計算及び分配金
                   分配金受領権者数に対し、下記段階に応                      明細表の作成
                   じ区分計算した合計額とする。但し、最
                                       ・分配金領収証の作成
                   低料金を1回につき350,000円とします。                    ・印紙税の納付手続
                     1  ~   5,000名               ・分配金支払調書の作成
                                   120円
                                       ・分配金の未払確定及び未払分配金明細表の
                   5,001   ~  10,000名
                                   110円
                                        作成
                   10,001    ~  30,000名           100円
                   30,001    ~  50,000名
                                    80円
         分配金事務
                   50,001    ~100,000名
         手 数 料                           60円
                   100,001名以上                 50円
                                       ・分配金振込通知及び分配金振込テープ又は
                (2)  指定振込払いの取扱          1件につき         150円
                                        分配金振込票の作成
                                       ・分配金計算書の作成
                (3)  分配金計算書作成            1件につき          15円
                                       ・配当割納付申告書の作成
                (4)  道府県民税配当課税関係
                                       ・配当割納付データの作成及び納付資金の受
                   納付申告書作成 1回につき                15,000円
                                        入、付け替え
                   配当割納付代行 1回につき                22,000円
                (1 ) 分配金領収証             1枚につき         450円    ・取扱期間経過後の分配金の支払
         未払分配金
                                       ・未払分配金の管理
                (2)  月末現在の未払分配金領収証
         支払手数料
                            1枚につき            3円
                (1)  諸  届                    ・投資主情報変更通知データの受理及び投資
                            1件につき       300円
                                        主名簿の更新
                                       ・口座管理機関経由の分配金振込指定の受理
                                       ・税務調査等についての調査、回答
                (2)  調  査
                            1件につき      1,200円
                                       ・諸証明書の発行
                (3)  証  明          1件につき       600円
        諸届・調査・
                                       ・投資口異動証明書の発行
                (4)  投資口異動証明
                            1件につき      1,200円
         証明手数料
                                       ・個別投資主通知の受理及び報告
                (5)  個別投資主通知
                            1件につき       300円
                                       ・情報提供請求及び振替口座簿記載事項通知
                (6)  情報提供請求
                            1件につき       300円
                                        の受領、報告
                                       ・株式等振替制度の対象とならない投資主等
                (7)  個人番号    等登録
                            1件につき       300円
                                        及び新投資口予約権者等の個人番号等の収
                                        集・登録
                                  65/317





                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          項目               手数料率                     対象事務の内容
                (1)  封入発送料                    ・招集通知、決議通知等の封入、発送、選別
                                        及び書留受領証の作成
                   封入物2種まで         1通につき        25円
                           1種増すごとに5円加算
                (2)  封入発送料(手封入の場合)
                   封入物2種まで         1通につき        40円
         諸通知発送
                          1種増すごとに10円加算
         手 数 料
                                       ・葉書、シール葉書の発送
                (3)  葉書発送料
                           1通につき         8円
                (4)  シール葉書発送料
                           1通につき        20円
                                       ・諸通知等発送のための宛名印字
                (5)  宛名印字料
                           1通につき        15円
                                       ・2種以上の封入物についての照合
                (6)  照 合 料
                           1件につき        10円
                                       ・宛名ラベルの送付物への貼付
                (7)  ラベル貼付料
                           1通につき        10円
                1通につき             200円                       ・投資主総会関係書類、分配金、その他還付
         還付郵便物
                                        郵便物の整理、保管、再送
         整理手数料
                (1)  議決権行使書作成料                    ・議決権行使書用紙の作成
                          1枚につき                  15円
                (2)  議決権行使集計料
                   a.投資主名簿等管理人が集計登録を行う
                    場合
                                       ・議決権行使書の集計
                    議決権行使書(委任状)1枚につき                70円
                                       ・電子行使の集計
                    電子行使1回につき                      35円
                    但し、最低料金を投資主総会1回につ
                    き70,000円とします。
                                       ・議決権不統一行使の集計
                    議決権不統一行使集計料
                          1件につき          70円加算
         投資主総会
                                       ・投資主提案等の競合議案の集計
                    投資主提案等の競合議案集計料
         関係手数料
                          1件につき          70円加算
                   b.本投資法人が集計登録を行う場合
                    議決権行使書(委任状)1枚につき                35円
                    電子行使1回につき                      35円
                    但し、最低料金を投資主総会1回につ
                    き30,000円とします。
                                       ・投資主総会受付事務補助等
                (3)  投資主総会受付補助等
                   1名につき                                 10,000円
                                       ・議決権電子行使投資主の管理
                (4)  議決権行使電子化基本料
                                       ・議決権行使サイトに関する運営、管理、各
                   1回につき         200,000円
                                        種照会対応
                                  66/317








                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          項目               手数料率                     対象事務の内容
                 (5)  議決権行使コード付与料                    ・議決権行使コード、パスワードの付与、管
                                        理
                   (パソコン端末での行使)
                                       ・電子行使による議決権行使集計に関する報
                  基準日現在における議決権を有する投資主
                                        告書類の作成
                  数を基準として、投資主1名につき下記段
                  階に応じ区分計算した合計額。但し、最低
                  料金は100,000円とします。
                     1  ~   5,000名
                                    35円
                   5,001   ~  10,000名
                                    33円
                   10,001    ~  30,000名
                                    29円
                   30,001    ~  50,000名
                                    25円
                   50,001    ~100,000名
                                    20円
                     100,001名以上              13円
                                       ・携帯電話端末等を利用可能とする場合の議
                (6)  議決権行使コード付与料
                                       決権行使コード、パスワードの付与、管理
                   (携帯電話端末での行使を追加する場合)
                  基準日現在における議決権を有する投資主
                  数を基準として、投資主1名につき下記段
                  階に応じ区分計算した合計額。但し、最低
         投資主総会
                  料金は100,000円とします。
         関係手数料
                     1  ~   5,000名
                                    15円
                   5,001   ~  10,000名
                                    13円
                   10,001    ~  30,000名
                                    12円
                   30,001    ~  50,000名
                                    10円
                   50,001    ~100,000名
                                    8円
                   100,001名以上                  6円
                                       ・招集通知電子化投資主の管理
                (7)  招集通知電子化基本料
                   月  額               16,000円
                                       ・メールアドレス届出受理(変更含む)
                (8)  メールアドレス登録・変更料
                   1件につき                 150円
                (9)  招集メール等送信料
                   対象投資主1名につき                 40円
                                       ・電子行使した議決権行使ログに関するCD-
                (10)議決権行使ログデータ保存料
                                        ROMの作成
                   1回につき               30,000円
                                       ・議決権行使書の表裏イメージデータ及び投
                (11)議決権行使書イメージデータ保存料
                                        資主情報に関するCD-ROMの作成
                   1回につき               70,000円
        投資主一覧表        該当投資主1名につき                           20円   ・各種投資主一覧表の作成
         作成手数料
                (1)  投資主情報分析機能付CD-ROM作成料                    ・投資主情報分析機能付CD-ROMの作成
                   全投資主1名につき                 15円
                   該当投資主1名につき                 20円
                   但し、最低料金を1回につき50,000円とし
                   ます。
          CD-ROM
                                       ・投資主総会集計機能付CD-ROMの作成
                (2)  投資主総会集計機能付CD-ROM作成料
         作成手数料
                   該当投資主1名につき                         5円
                   但し、最低料金を1回につき30,000円とし
                   ます。
                (3)  CD-ROM複写料
                   1枚につき                          27,500円
                ( 1)  投資主番号指定での設定                    ・所有者詳細区分の設定(役員を除く)
         投資主管理
                   1件につき           100円
         コード設定
                (2)  投資主番号指定なしでの設定
         手 数 料
                   1件につき           200円
                                  67/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          項目               手数料率                     対象事務の内容
         未払分配金        対象投資主1名につき        200円                       ・除斥期間満了前の未払分配金受領促進のた
         受領促進                               めの送金依頼書の作成、発送
         手 数 料
            ■振替制度関連事務手数料

          項目               手数料率                     対象事務の内容
         新規住所       対象投資主1名につき        100円                      ・新規投資主に係る住所・氏名データの作
        氏名データ                               成、投資主名簿への更新
        処理手数料
                対象1件につき           150円                      ・総投資主通知データの受領、検証、投資主
        総投資主通知
                                        名簿への更新
        データ処理
        手 数 料
                個人番号等データ処理1件につき   300円                      ・個人番号等の振替機関への請求
        個人番号等
                                       ・個人番号等の振替機関からの受領
        データ処理
                                       ・個人番号等の保管及び廃棄、削除
        手 数 料
                                       ・行政機関等に対する個人番号等の提供
            ■新投資口予約権関連事務手数料

          項目               手数料率                     対象事務の内容
                発行された新投資口予約権毎の月末現在の新                      ・新投資口予約権原簿の管理
        新投資口予約権
                投資口予約権者数1名につき     100円
        原簿管理手数料
                調査・証明1件につき        600円                      ・新投資口予約権原簿の記載事項に関する各

        新投資口予約権
                                        種調査、各種証明書の発行
        原 簿 調 査
         証明手数料
                (1)  新投資口予約権行使受付料                    ・行使請求書類の受付、審査
                                       ・新規記録通知データの作成、通知
                  新投資口予約権行使請求の払込金額に
                  1,000分の1を乗じた金額。但し、ストッ
        新投資口予約権
                  クオプションに関しては、その行使請求
        行使受付手数料
                  払込額に1,000分の2を乗じた金額。
                                       ・行使状況の報告
                (2)  行使事務料
                  行使請求1件につき       800円
        (ハ)   特別口座管理機関        への支払    手数料
           本投資法人は、口座管理事務手数料として、以下の委託事務手数料表により計算した金額を、請求のあっ
          た月の末日までに支払います。ただし、以下の委託事務手数料表に定めのない事務に係る手数料は、本投資
          法人と特別口座管理機関との間で協議のうえ定めます。また、口座管理事務手数料が、経済情勢の変動、口
          座管理事務の内容の変化等により、著しく不適正となった場合は、本投資法人と特別口座管理機関との間で
          協議のうえ、随時口座管理事務手数料を変更し得るものとします。
            <委託事務手数料表>
          項目               手数料率                     対象事務の内容
                月末現在の加入者1名につき、下記段階に応                      ・特別口座の管理等
                じ区分計算した合計額(月額)。但し、上記                      ・振替・取次の取扱の報告
                に関わらず、最低料金を月額20,000円としま                      ・機構との投資口数残高照合
         特別口座
                す。                      ・取引残高報告書の作成
         管理手数料
                    1  ~   5,000名
                                   150円
                   5,001   ~  10,000名
                                   130円
                   10,001名以上                110円
                振替請求1件につき         800円                      ・振替申請書の受付・確認
         振替手数料
                                       ・振替先口座への振替処理
                諸届1件につき           300円                      ・住所変更届、分配金振込指定書等の受付、
         諸届取次
                                        審査
         手 数 料
                                       ・変更通知データの作成及び機構あて通知
                                  68/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          項目               手数料率                     対象事務の内容
                調査・証明1件につき        600円                      ・各種調査及び各種証明書の発行
         調査・証明
                但し、上記に関わらず、投資主名簿等管理事
         手 数 料
                務委託契約を締結の場合は当該手数料は、適
                用しません。
                個人番号等の登録1件につき     300円                      ・個人番号等の収集、登録
         個人番号等
                                       ・個人番号等の保管及び廃棄、削除
         登録手数料
                                       ・振替機関に対する個人番号等の通知
        (ニ)一般事務に係る報酬
           本投資法人は、一般事務に係る報酬として、営業期間ごとに、                             下表に基づき計算された業務手数料並びに
          当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を、                            一般事務受託者       から請求を受けた月の翌月末日
          (銀行休業日の場合は前営業日)までに                   一般事務受託者の指定する銀行口座へ振込み又は口座振替の方法に
          より  支払うものとします。
          <業務手数料の計算方法>
           以下の計算式により計算した月額の業務手数料の合計金額を上限として、その資産構成に応じて本投資法
          人及び   一般事務受託者       が協議のうえ算出した金額とします。
                      各計算対象月の前月末時点における合計残高試算表上の総資産額×0.09%÷12
            月額の業務手数料
        (ホ)   投資法人債に関する一般事務受託者(三井住友信託銀行株式会社)への支払手数料
           本投資法人は、本投資法人第2回債、本投資法人第3回債                           、 本投資法人     第5回債、     本投資法人     第6回債、
          本投資法人     第7回債、     本投資法人     第8回債及び本投資法人第9回債               に関する    一般事務受託者である三井住友
          信託銀行株式会社に対して、発行代理人事務、支払代理人事務その他の事務委託の手数料として、本投資法
          人第2回債、本投資法人第3回債               、 本投資法人     第5回債、     本投資法人     第6回債、     本投資法人     第7回債及び本
          投資法人第9回債は         金4,000,000円を、本投資法人              第8回債は金6,000,000円を、投資法人債発行時に                       支払済
          みです。
           本投資法人は、買入消却をする場合、                  事務の委託に関する手数料として、消却金額の10,000分の0.075を支
          払います。
           また、元利金支払事務に関する元利金支払手数料は以下のとおりとし、支払代理人たる                                        各投資法人債に係
          る 一般事務受託者を経由して、             各投資法人債の       投資法人債権者に元利金支払を行った口座管理機関又は支払
          代理人たる     各投資法人債に係る         一般事務受託者に、業務規程等に定められる方法に従い交付す                             るものとしま
          す。
             元金支払の場合 支払元金の10,000分の0.075
             利金支払の場合 残存元金の10,000分の0.075(各利払いごと)
           なお、上記手数料に賦課される消費税及び地方消費税相当額は、本投資法人が負担します。
        (へ)   投資法人債に関する一般事務受託者(                  株式会社三菱UFJ銀行           )への支払手数料
           本投資法人は      、本合併に伴い旧DHRから承継した旧DHR第1回債に関する                           財務代理手数料として、一般事務
          受託者である株式会社三菱UFJ銀行に対して、以下の表に掲げる金額を上限として当事者間の合意に従っ
          て算出した金額を2014年12月24日に支払っています。
          名称                          上限金額
                <基準額>
                 16百万円とします。
                <変動要因(基準額比)>
                 上記基準額の変動要因は以下のとおりとします。
        財務代理手数料
                (ⅰ)投資法人債の発行金額
                   発行金額100円あたり7銭を基準額に加算します。
                (ⅱ)償還期限
                   払込期日から償還期日までの期間につき、1年間あたり20万円を基準額に加算します。
           また、元    金支払手数料・利金支払手数料として、一般事務受託者に対して以下の金額を元利金の支払期日
          の前銀行営     業日までに支払います。
             元金支払    手数料 支払元金金額の10,000分の0.075
             利金支払手     数料    支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
                                  69/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ④ 会計    監査人報酬
          会計監査人の報酬は、監査の対象となる決算期ごとに2,500万円を上限とし、役員会で決定する金額を、当該
         決算期後3か月以内に支払います(規約第28条)。
        ⑤ 手数料等の金額又は料率についての投資者による照会方法

          上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせ下さい。
          (照会先)
           大和ハウス・アセットマネジメント株式会社 財務企画部
           東京都千代田区永田町二丁目4番8号 ニッセイ永田町ビル7階
           電話番号 03-3595-1265
       (4)【その他の手数料等】

          本投資法人は、以下の費用についても負担するものとします。
          a. 運用資産に関する租税、一般事務受託者、資産保管会社及び本資産運用会社との間の各委託契約におい
           て本投資法人が負担することと定められた委託業務乃至事務を処理するために要した諸費用又は一般事務
           受託者、資産保管会社及び本資産運用会社が立て替えた立替金の遅延利息又は損害金の請求があった場合
           のかかる遅延利息又は損害金
          b. 投資主の氏名・住所データ作成費用、投資主宛て書類送付に係る郵送料及び使用済書類等返還(廃棄)
           に要する運搬費
          c. 分配金支払に関する費用(振替支払通知書用紙、銀行取扱手数料等を含みます。)
          d. 有価証券届出書、有価証券報告書及び臨時報告書の作成及び提出に係る費用
          e. 目論見書及び(仮)目論見書の作成、印刷及び交付に係る費用
          f. 財務諸表、資産運用報告等の作成、印刷及び交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費
           用を含みます。)
          g. 本投資法人の公告に要する費用及び広告宣伝等に要する費用
          h. 本投資法人の法律顧問及び税務顧問等に対する報酬及び費用
          i. 投資主総会及び役員会開催に係る費用及び公告に係る費用並びに投資主に対して送付する書面の作成、
           印刷及び交付に係る費用
          j. 執行役員、監督役員に係る実費及び立替金等
          k. 運用資産の取得、管理、譲渡等に係る費用(媒介手数料、管理委託費用、損害保険料、維持・修繕費
           用、水道光熱費等を含みます。)
          l. 借入金及び投資法人債に係る利息
          m. 本投資法人の運営に要する費用
          n. 本投資証券が東京証券取引所への上場及び上場を維持するのに要する費用
          o. その他前各号に類する費用で役員会が認めるもの
                                  70/317









                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (5)【課税上の取扱い】
          日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは以下のとおりで
         す。なお、税法等の改正、税務当局等による解釈・運用の変更により、以下の内容は変更されることがありま
         す。また、個々の投資主の固有の事情によっては異なる取扱いがなされることがあります。
        ① 投資主の税務
        (イ)個人投資主の税務
         a. 利益の分配に係る税務
            個人投資主が上場投資法人である本投資法人から受け取る利益の分配の取扱いは、原則として上場株式の
           配当の取扱いと同じです。ただし、配当控除の適用はありません。
           (ⅰ)   源泉徴収税率
                   分配金支払開始日
                                            源泉徴収税率
             2014年1月1日~2037年12月31日                      20.315%     (所得税15.315%         住民税5%)
             2038年1月1日~                      20%     (所得税15%         住民税5%)
            (注1   )2014年1月1日~2037年12月31日の所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
            (注2)配当基準日において発行済投資口の総口数の3%以上を保有                           する個人(以下「大口個人投資主」といいます。)                    に
                対しては、上記税率ではなく、所得税20%(2014年1月1日                       ~2037年12月31日は20.42%)の源泉徴収税率が適用
                されます。
           (ⅱ)   確定申告
             大口個人投資主を除き、金額にかかわらず、分配時の源泉徴収だけで納税を完結させることが可能です
            (確定申告不要制度)。
             ただし、次のケースでは、上場株式等の配当等について確定申告を行う方が有利になることがありま
            す。
             ・ 総合課税による累進税率が上記(ⅰ)の税率より低くなる場合
             ・ 上場株式等を金融商品取引業者等(証券会社等)を通じて譲渡したこと等により生じた損失(以下
               「上場株式等に係る譲渡損失」といいます。)がある場合(下記d.(ⅱ)をご参照ください。)
                                確定申告をする
                                                 確定申告をしない
                            (下記のいずれか一方を選択)
                                                (確定申告不要制度)
                                                   (注1)
                            総合課税          申告分離課税
               借入金利子の控除               あり           あり
                  税率           累進税率         上記  ( ⅰ ) と同じ
                                                    -
                           なし(注2)
                 配当控除                       なし
             上場株式等に係る譲渡損
                             なし           あり
               失との損益通算
                                     合計所得金額に
                           合計所得金額に                       合計所得金額に
               扶養控除等の判定
                                     含まれる(注3)
                            含まれる                      含まれない
            (注1)大口個人投資主が1回に受け取る配当金額が5万円超(6か月決算換算)の場合には、必ず総合課税による確定申
                告を行う必要があります。
            (注2)投資法人から受け取る利益の分配については、配当控除の適用はありません。
            (注3)上場株式等に係る譲渡損失との損益通算を行う場合にはその通算後の金額に、上場株式等に係る譲渡損失の繰越控
                除を行う場合にはその控除前の金額になります。
           (ⅲ)   源泉徴収選択口座への受入れ
             源泉徴収ありを選択した特定口座(以下「源泉徴収選択口座」といいます。)が開設されている金融
            商品取引業者等(証券会社等)に対して                   「 源泉徴収選択口座内配当等受入開               始届出書    」 を提出すること
            により、上場株式等の配当等を源泉徴収選択口座に受け入れることができます。                                     この場合、配当金の受
            取方法については        「 株式数比例配分方式         」 を選択する必要があります。
           (ⅳ)   少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)
              金融  商品取引業者等(証券会社等)に開設した非課税口座                         (以下「NISA口座」といいます。)に設け
            られた   非課税管理勘定で取得した上場株式等に係る配当等で、その非課税管理勘定の開設年の1月1日
            から5年内に支払を受けるべきものについては、所得税及び住民税が課されません。                                       ただし   、上場株式
            等の配当等について非課税の適用を受けるためには、配当金の受取方法について                                     「 株式数比例配分方
            式 」 を選択する必要があります。             なお、2018年にNISAとの選択制で非課税累積投資契約に係る少額投資
            非課税制度(つみたてNISA)が導入されましたが、その対象商品は金融庁が定めた要件を満たす公募株
            式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されているため、つみたてNISAでは上場株式等の個別銘柄
            の取得はできません。
                               NISA  (成年者)           ジュニア    NISA  (未成年者)
                年間投資上限額
                                                 -
                2014  年~  2015  年          100  万円
                2016  年~  2023  年          120  万円              80 万円
                                  71/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         b. 一時差異等調整引当額の分配に係る税務
            投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、税会不一致等に起因する課税の解消を目的として
           行われる一時差異等調整引当額の増加額に相当する分配(以下「一時差異等調整引当額の分配」といいま
           す。)は、所得税法上本則配当として扱われ、上記a.における利益の分配と同様の課税関係が適用されます
           (投資口の譲渡損益は発生しません)。
         ▲ .   その他の利益超過分配          に係る税務
            投資法人     から受け取る      利益を超えた金銭の分配           のうち、一時差異等調整引当額の分配以外のもの                       は、投資
           法人の資本の払戻しに該当し、投資主においては、みなし配当及びみなし譲渡収入から成るものとして取り
           扱われます。
           (ⅰ)   みなし配当
             この金額は、本投資法人から通知します。みなし配当には、上記a.における利益の分配と同様の課税
            関係が適用されます。
           (ⅱ)   みなし譲渡収入
             資本の払戻し額のうちみなし配当以外の部分の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とみなされま
            す。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価を算定し、投資口の譲渡損益を計算します。この譲渡
            損益の取扱いは、下記d.における投資口の譲渡と原則同様になります。また、投資口の取得価額の調整
            (減額)を行います。
            (注1)譲渡原価の額         = 従前の取得価額      × 純資産減少割合
                ※ 純資産減少割合は、本投資法人から通知します。
            (注2)譲渡損益の額         = みなし譲渡収入金額        - 譲渡原価の額
            (注3)調整後の取得価額           = 従前の取得価額      - 譲渡原価の額
         ▼ . 投資口の譲渡に係る税務
            個人投資主が上場投資法人である本投資法人の投資口を譲渡した際の譲渡益は、上場株式等に係る譲渡所
           得等として、一般株式等に係る譲渡所得等とは別の区分による申告分離課税の対象となります。譲渡損が生
           じた場合は、他の上場株式等に係る譲渡所得等との相殺を除き、他の所得との損益通算はできません。
           (ⅰ)   税率
                      譲渡日
                                         申告分離課税による税率
             2014年1月1日~2037年12月31日                      20.315%     (所得税15.315%         住民税5%)
             2038年1月1日~                      20%     (所得税15%         住民税5%)
            (注)2014年1月1日~2037年12月31日の所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
           (ⅱ)   上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除
             上場株式等に係る譲渡損失の金額がある場合は、確定申告により、その年に申告分離課税を選択した
            上場株式等に係る配当所得の金額と損益通算することができます。また、損益通算してもなお控除しき
            れない金額については、翌年以後3年間にわたり、上場株式等に係る譲渡所得等の金額及び申告分離課
            税を選択した上場株式等に係る配当所得の金額から繰越控除することができます。なお、譲渡損失の繰
            越控除の適用を受けるためには、損失が生じた年に確定申告書を提出するとともに、その後の年におい
            て連続して確定申告書を提出する必要があります。
           (ⅲ)   源泉徴収選択口座内の譲渡
             源泉徴収選択口座内における上場株式等の譲渡による所得は、上記(ⅰ)と同じ税率による源泉徴収だ
            けで納税が完結し、確定申告は不要となります。また、上場株式等の配当等を上記a.(ⅲ)により源泉徴
            収選択口座に受け入れた場合において、その年にその源泉徴収選択口座内における上場株式等に係る譲
            渡損失の金額があるときは、年末に口座内で損益通算が行われ、配当等に係る源泉徴収税額の過納分が
            翌年の初めに還付されます。
           (ⅳ)   少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)
             NISA口座に設けられた非課税管理勘定で取得した上場株式等を、その非課税管理勘定の開設年の1月
            1日から5年内に譲渡した場合には、その譲渡所得等については所得税及び住民税が課されません。な
            お、NISA口座内で生じた譲渡損失はないものとみなされるため、上記(ⅱ)及び(ⅲ)の損益通算や繰越控
            除は適用できません。
             (注)NISAの年間投資上限額については上記a.(ⅳ)をご参照下さい。
                                  72/317




                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ロ)法人投資主の税務
         a. 利益の分配に係る税務
            法人投資主が投資法人から受け取る利益の分配については、受取配当等の益金不算入の適用はありませ
           ん。
            上場投資法人である本投資法人から受け取る利益の分配については、下記の税率による源泉徴収が行われ
           ますが、源泉徴収された所得税              及び復興特別所得税         は法人税の前払いとして所得税額控除の対象となりま
           す。
                 分配金支払開始日                         源泉徴収税率
                                 15.315%     (復興特別所得税0.315%を含む)
           2014年1月1日~2037年12月31日
           2038年1月1日~                      15%
         b.   一時差異等調整引当額の分配に係る税務
            投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調整引当額の分配は、法人税法上本則
           配当として扱われ、上記a.における利益の分配と同様の課税関係が適用されます(投資口の譲渡損益は発生
           しません)。また、所得税額控除においては、利益の分配と同様に所有期間の按分が必要となります。
         c.   その他の利益超過分配          に係る税務
            投資法人     から受け取る      利益を超えた金銭の分配           のうち、    一時差異等調整引当額の分配             以外のもの     は、投資
           法人の資本の払戻しに該当し、投資主においては、みなし配当及びみなし譲渡収入から成るものとして取り
           扱われます。
           (ⅰ)   みなし配当
             この金額は、本投資法人から通知します。みなし配当には、上記a.における利益の分配と同様の課税
            関係が適用されます。          なお、所得税額控除においては、所有期間の按分を行いません。
           (ⅱ)   みなし譲渡収入
             資本の払戻し額のうちみなし配当以外の部分の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とみなされま
            す。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価を算定し、投資口の譲渡損益を計算します。また、投
            資口の取得価額の調整(減額)を行います。
            (注)譲渡原価、譲渡損益、取得価額の調整(減額)の計算方法は個人投資主の場合と同様です。
         d. 投資口の譲渡に係る税務
            法人投資主が投資口を譲渡した際の譲渡損益は、原則として約定日の属する事業年度に計上します。
                                  73/317











                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 投資法人の税務
        (イ)利益配当等の損金算入
            税法上、投資法人に係る課税の特例規定により、一定の要件(導管性要件)を満たした投資法人に対して
           は、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を投資法人の損金に算入することが
           認められています。
                             投資法人の主な導管性要件
                       配当等の額が配当可能利益の額の90%超であること
              支払配当要件          (利益を超えた金銭の分配を行った場合には、金銭の分配の額が配当可能額
                        の90%超であること)
                       投資法人規約において、投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集
            国内50%超募集要件           される投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨の記載又は記録があ
                       ること
                       機関投資家(租税特別措置法第67条の15第1項第1号ロ(2)に規定するもの
              借入先要件         をいいます。次の所有先要件において同じです。)以外の者から借入れを
                       行っていないこと
                       事業年度の終了の時において、発行済投資口が50人以上の者によって所有さ
              所有先要件
                       れていること又は機関投資家のみによって所有されていること
                       事業年度の終了の時において、投資主の1人及びその特殊関係者により発行
             非同族会社要件          済投資口の総口数あるいは議決権総数の50%超を保有されている同族会社に
                       該当していないこと
                       他の法人の株式又は出資の50%以上を有していないこと                          (匿名組合出資を含
             会社支配禁止要件
                       み、一定の海外子会社を除きます。)
        (ロ)不動産流通税の軽減措置

         a. 登録免許税
            本投資法人が2021年3月31日までに取得する不動産に対しては、所有権の移転登記に係る登録免許税の税
           率が1.3%に軽減されます。
                                  2012年4月1日
               不動産の所有権の取得日                                  2021年4月1日~
                                 ~2021年3月31日
                 土地(一般)                  1.5%
                                                  2.0%(原則)
                 建物(一般)                  2.0%(原則)
              本投資法人が取得する不動産                      1.3%
         b. 不動産取得税
            本投資法人が2021年3月31日までに取得する一定の不動産に対しては、不動産取得税の課税標準額が5分
           の2に軽減されます。
           (注1)共同住宅とその敷地は、全て               の居住用区画     が50㎡以上(サービス付き高齢者向け住宅にあっては30㎡以上)のものに限
             り適用されます。
           (注2)倉庫とその敷地は、建物の              床面積が3,000㎡以上で流通加工用空間が設けられているものに限り適用され                              ます。
           (注3)介護施設等とその敷地は、地域における医療及び介護の総合的な確保の促進に関する法律第2条に規定する公的介護施
             設等と特定民間施設に限り適用されます。
                                  74/317







                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      5【運用状況】
       (1)【投資状況】
           本投資法人の2019年8月31日現在における投資状況の概要は以下のとおりです。
                                    保有総額(百万円)
                           地域                   対総資産比率(%)
         資産の種類        用途
                          (注1)            (注2)          (注3)
                                                      2.8
                              首都圏            23,746
                                           902          0.1
                      三大都市圏        中部圏
                居住施設
                                          13,236            1.6
         不動産                     近畿圏
                           その他                5,290           0.6
                                          43,175            5.1
                       小 計
                                         239,691            28.5
                              首都圏
                                          16,828            2.0
                      三大都市圏        中部圏
                物流施設
                                          22,925            2.7
                              近畿圏
                                          93,849           11.2
                           その他
                                         167,228            19.9
                              首都圏
                                          5,984           0.7
                      三大都市圏        中部圏
                居住施設
                                          6,061           0.7
                              近畿圏
         不動産を
                                          5,003           0.6
                           その他
         信託財産
                                          32,544            3.9
                              首都圏
         とする
                                          2,390           0.3
                      三大都市圏        中部圏
         信託の
                商業施設
                                          20,422            2.4
                              近畿圏
         受益権
                                          39,462            4.7
                           その他
                                          4,780           0.6
                              首都圏
                ホテル      三大都市圏        中部圏            4,536           0.5
                                          1,467           0.2
                              近畿圏
                                          3,281           0.4
                      三大都市圏        首都圏
                その他
                                          9,159           1.1
                           その他
                                         675,621            80.3
                       小 計
                                         122,439            14.6
                 預金・その他の資産
                                         841,236
                  資産総額 計                                   100.0
                                              対総資産比率(%)

                                    金額(百万円)
                                                 (注3)
                                         378,065
                   負債総額                                  44.9
                                         463,170            55.1
                   純資産総額
        (注1)「地域」に記載されている「三大都市圏」とは、首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県及び千葉県をいいます。)、中部圏(愛
            知県、岐阜県及び三重県をいいます。)及び近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県及び滋賀県をいいます。)をいいま
            す。以下同じです。
        (注2)「保有総額」は、2019年8月31日現在の貸借対照表計上額(不動産及び不動産を信託財産とする信託の受益権については、取
            得価格(取得に伴う付帯費用を含みます。)から、減価償却累計額を控除した金額)を百万円未満を切り捨てて記載していま
            す。
        (注3)「対総資産比率」は、小数第2位を四捨五入して記載しています。
                                  75/317






                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (2)【投資資産】
        ①【投資有価証券の主要銘柄】
          本投資法人が2019年8月31日現在における保有する投資有価証券は、以下のとおりです。
                                                      (単位:千円)
                  券面    帳簿        償還    未収   前払経過         評価    投資
      種類      銘柄              利率               評価額              備考
                  総額    価額        期限    利息    利子        損益    比率
          30年分離元本国債                    2037年                       営業保証金として
     国債証券             10,000    9,377     -        -    -   9,931     553   0.0%
          (第27回)                    9月20日                        供託しています。
          合計        10,000    9,377     -   -     -    -   9,931     553   0.0%
        ②【投資不動産物件】

          参照の便宜上、本投資法人が保有する不動産は、後記「③                           その他投資資産の主要なもの」に記載していま
         す。なお、後記「③          その他投資資産の主要なもの」記載の不動産以外に本投資法人によるその他投資不動産物
         件の組入れはありません。
                                  76/317
















                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③【その他投資資産の主要なもの】
          本投資法人は、2019年8月31日現在において、下表に掲げる不動産又は不動産を信託財産とする信託の受益権
         (以下、本「③        その他投資資産の主要なもの」において「信託不動産」といいます。)を保有しています。
        (イ)保有資産の概要

         (a)本投資法人が2019年8月31日現在保有する不動産又は信託不動産の概要は以下のとおりです。
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)
                                                    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
         LB-001    Dプロジェクト町田              東京都町田市       2016年9月1日          9,200      1.2    9,209     9,830
         LB-002    Dプロジェクト八王子              東京都八王子市       2016年9月1日         15,400      2.1   15,173     16,900
         LB-003    Dプロジェクト愛川町              神奈川県愛甲郡       2016年9月1日          3,390      0.5    3,768     4,400
                           千葉県浦安市       2016年9月1日
         LB-005    Dプロジェクト浦安Ⅰ                               9,280      1.2    9,123     9,960
         LB-006    Dプロジェクト浦安Ⅱ              千葉県浦安市       2016年9月1日         26,000      3.5   25,522     28,200
         LB-007    Dプロジェクト茜浜              千葉県習志野市       2016年9月1日          2,950      0.4    2,875     3,080
         LB-008    Dプロジェクト野田              千葉県野田市       2016年9月1日          6,210      0.8    6,042     6,550
                           愛知県犬山市       2016年9月1日
         LB-009    Dプロジェクト犬山(注7)                               10,790      1.4   10,455     11,790
         LB-010    Dプロジェクト岐阜(注8)              岐阜県安八郡       2016年9月1日          1,100      0.1    1,067     1,160
         LB-011    Dプロジェクト寝屋川              大阪府寝屋川市       2016年9月1日          5,980      0.8    5,834     6,320
         LB-012    Dプロジェクト札幌南(注8)              北海道北広島市       2016年9月1日           818     0.1     782     861
             Dプロジェクト盛岡              岩手県滝沢市       2016年9月1日
         LB-013                                   1,200      0.2    1,165     1,210
         LB-014    Dプロジェクト仙台南(注8)              宮城県岩沼市       2016年9月1日          1,530      0.2    1,512     1,580
         LB-015    Dプロジェクト土浦              茨城県土浦市       2016年9月1日          3,390      0.5    3,241     3,540
                           静岡県御殿場市       2016年9月1日
         LB-016    Dプロジェクト御殿場(注8)                               1,140      0.2    1,108     1,110
         LB-017    Dプロジェクト西広島(注8)              広島県広島市       2016年9月1日          1,210      0.2    1,174     1,210
         LB-018    Dプロジェクト福岡宇美              福岡県糟屋郡       2016年9月1日          4,240      0.6    4,133     4,570
      物流
         LB-019    Dプロジェクト鳥栖              佐賀県鳥栖市       2016年9月1日          5,740      0.8    5,469     6,160
      施設
                           埼玉県久喜市       2016年9月1日
         LB-020    Dプロジェクト久喜Ⅰ                               3,900      0.5    3,785     4,150
         LB-021    Dプロジェクト久喜Ⅱ              埼玉県久喜市       2016年9月1日          8,120      1.1    7,782     8,660
         LB-022    Dプロジェクト川越Ⅰ              埼玉県川越市       2016年9月1日          3,530      0.5    3,434     3,860
         LB-023    Dプロジェクト川越Ⅱ              埼玉県川越市       2016年9月1日          4,850      0.7    4,734     5,390
         LB-024    DPL犬山              愛知県犬山市       2016年9月1日          3,940      0.5    3,808     4,220
         LB-025    Dプロジェクト福岡箱崎              福岡県福岡市       2016年9月1日          4,340      0.6    4,198     4,630
         LB-026    Dプロジェクト久喜Ⅲ              埼玉県久喜市       2016年9月1日          7,630      1.0    7,360     8,260
         LB-027    Dプロジェクト久喜Ⅳ              埼玉県久喜市       2016年9月1日          5,520      0.7    5,337     5,980
         LB-028    Dプロジェクト久喜Ⅴ              埼玉県久喜市       2016年9月1日          8,280      1.1    8,037     8,900
         LB-029    Dプロジェクト久喜Ⅵ              埼玉県久喜市       2016年9月1日          5,140      0.7    4,966     5,520
         LB-030    Dプロジェクト八潮              埼玉県八潮市       2016年9月1日          6,400      0.9    6,223     6,790
             Dプロジェクト西淀川              大阪府大阪市       2016年9月1日
         LB-031                                   10,300      1.4    9,935    10,900
         LB-032    Dプロジェクト松戸              千葉県松戸市       2016年9月1日          7,370      1.0    7,187     7,760
         LB-033    Dプロジェクトひびき灘              福岡県北九州市       2016年9月28日          2,080      0.3    1,985     2,170
         LB-034    Dプロジェクト盛岡Ⅱ              岩手県滝沢市       2016年9月28日          1,280      0.2    1,240     1,330
                           埼玉県川越市       2017年4月11日
         LB-035    Dプロジェクト川越Ⅲ                               7,200      1.0    7,043     7,850
         LB-036    Dプロジェクト加須              埼玉県加須市       2017年4月11日          3,300      0.4    3,227     3,460
                                  77/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
                           千葉県浦安市       2017年4月11日
         LB-037    Dプロジェクト浦安Ⅲ                               8,500      1.1    8,470     9,750
         LB-038    Dプロジェクト富里              千葉県富里市       2017年4月11日          5,000      0.7    4,862     5,280
         LB-039    Dプロジェクト京田辺              京都府京田辺市       2017年4月11日          3,520      0.5    3,472     3,710
             Dプロジェクト仙台泉              宮城県仙台市       2017年4月11日
         LB-040                                   1,510      0.2    1,473     1,600
         LB-041    Dプロジェクト小山              栃木県小山市       2017年4月11日          2,000      0.3    1,951     2,050
         LB-042    Dプロジェクト佐野              栃木県佐野市       2017年4月11日          1,780      0.2    1,729     1,810
         LB-043    Dプロジェクト館林              群馬県館林市       2017年4月11日          3,100      0.4    3,018     3,220
             Dプロジェクト掛川              静岡県掛川市       2017年4月11日
         LB-044                                   6,000      0.8    5,894     6,140
         LB-045    Dプロジェクト広島西風              広島県広島市       2017年4月11日          3,820      0.5    3,738     4,050
         LB-046    Dプロジェクト鳥栖Ⅱ              佐賀県鳥栖市       2017年4月11日          1,700      0.2    1,652     1,900
         LB-047    Dプロジェクト川越Ⅳ              埼玉県川越市       2018年4月10日          5,600      0.8    5,562     5,920
                           埼玉県久喜市       2018年4月10日
         LB-048    Dプロジェクト久喜Ⅶ                               1,040      0.1    1,037     1,120
         LB-049    Dプロジェクト千葉北              千葉県千葉市       2018年4月10日          7,640      1.0    7,586     8,060
         LB-050    Dプロジェクト松戸Ⅱ              千葉県松戸市       2018年4月10日          8,200      1.1    8,139     8,350
         LB-051    Dプロジェクト富里Ⅱ              千葉県富里市       2018年4月10日          6,900      0.9    6,818     7,080
      物流
             Dプロジェクト大阪平林              大阪府大阪市       2018年4月10日
         LB-052                                   3,600      0.5    3,683     4,300
      施設
         LB-053    Dプロジェクト仙台泉Ⅱ              宮城県仙台市       2018年4月10日          7,300      1.0    7,190     7,540
         LB-054    Dプロジェクト上三川              栃木県河内郡       2018年4月10日          7,900      1.1    7,806     8,000
             Dプロジェクト富士              静岡県富士市       2018年4月10日
         LB-055                                   3,600      0.5    3,554     3,630
         LB-056    Dプロジェクト鳥栖Ⅲ              佐賀県鳥栖市       2018年4月10日          9,200      1.2    9,074     9,440
         LB-057    Dプロジェクト北八王子Ⅰ              東京都八王子市       2019年4月5日          4,300      0.6    4,315     4,460
         LB-058    Dプロジェクト北八王子Ⅱ              東京都八王子市       2019年4月5日          5,700      0.8    5,725     5,890
                           東京都八王子市       2019年4月5日
         LB-059    Dプロジェクト北八王子Ⅲ                               7,300      1.0    7,331     7,610
         LB-060    Dプロジェクト板橋新河岸              東京都板橋区       2019年4月10日         12,300      1.7   12,350     12,400
                           神奈川県相模原
         LB-061    Dプロジェクト相模原                      2019年4月10日          3,900      0.5    3,916     3,980
                           市
                           埼玉県久喜市       2019年4月10日
         LB-062    Dプロジェクト久喜Ⅷ                               6,100      0.8    6,114     6,120
         LB-063    Dプロジェクト四日市              三重県四日市市       2019年4月10日          1,490      0.2    1,497     1,500
         LB-064    Dプロジェクト茨城石岡              茨城県石岡市       2019年4月10日          4,050      0.5    4,064     4,100
         LM-001    DPL三郷              埼玉県三郷市       2017年4月11日         16,831      2.3   16,617     17,900
             DPL福岡糟屋              福岡県糟屋郡       2018年4月10日
         LM-002                                   13,300      1.8   13,177     13,200
         LM-003    DPL北九州              福岡県北九州市       2018年9月27日          3,510      0.5    3,476     3,580
                   物流施設 66物件 計                        379,439      50.9   373,250     401,951
             クイズ恵比寿              東京都渋谷区       2006年3月22日
         RE-001                                   7,650      1.0    7,143     9,150
         RE-002    カスタリア麻布十番七面坂              東京都港区       2006年3月22日          4,500      0.6    4,153     4,510
         RE-003    カスタリア芝公園              東京都港区       2006年3月22日          2,630      0.4    2,409     2,390
         RE-004    カスタリア銀座              東京都中央区       2006年3月22日          2,520      0.3    2,310     2,330
      居住
      施設
             カスタリア広尾              東京都港区       2006年3月22日
         RE-005                                   2,220      0.3    2,051     2,000
         RE-006    カスタリア日本橋              東京都中央区       2006年3月22日          1,200      0.2    1,047     1,210
         RE-007    カスタリア八丁堀              東京都中央区       2007年3月7日          2,300      0.3    2,060     2,360
         RE-008    カスタリア麻布十番              東京都港区       2007年6月21日          2,910      0.4    2,750     2,790
                                  78/317


                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
                           東京都港区       2007年6月21日
         RE-009    カスタリア麻布十番Ⅱ                               2,690      0.4    2,516     2,630
         RE-010    カスタリア新宿夏目坂              東京都新宿区       2007年6月21日          1,865      0.3    1,746     1,650
         RE-011    カスタリア銀座Ⅱ              東京都中央区       2007年6月21日          1,800      0.2    1,647     1,790
             カスタリア渋谷櫻丘              東京都渋谷区       2007年6月21日
         RE-012                                   1,400      0.2    1,323     1,200
         RE-013    カスタリア西麻布霞町              東京都港区       2010年4月1日          2,143      0.3    2,337     2,530
         RE-014    カスタリアお茶の水              東京都千代田区       2010年4月1日          1,770      0.2    1,681     2,310
         RE-015    カスタリア参宮橋              東京都渋谷区       2010年4月1日          1,393      0.2    1,476     1,590
             カスタリア水天宮              東京都中央区       2010年4月1日
         RE-016                                   1,279      0.2    1,209     1,580
         RE-017    カスタリア水天宮Ⅱ              東京都中央区       2010年4月1日          1,138      0.2    1,081     1,410
         RE-018    カスタリア新富町              東京都中央区       2010年4月1日           932     0.1     897    1,150
         RE-019    カスタリア新富町Ⅱ              東京都中央区       2010年4月1日           825     0.1     805    1,010
             カスタリア原宿              東京都渋谷区       2010年4月1日
         RE-020                                    887     0.1     851     993
         RE-021    カスタリア代々木上原              東京都渋谷区       2010年4月1日           608     0.1     650     753
         RE-022    カスタリア千駄ヶ谷              東京都渋谷区       2010年4月1日           555     0.1     550     669
         RE-023    カスタリア新宿7丁目              東京都新宿区       2010年4月1日           464     0.1     435     551
             カスタリア人形町              東京都中央区       2010年4月1日
         RE-024                                    947     0.1     885    1,340
         RE-025    カスタリア人形町Ⅱ              東京都中央区       2010年4月1日          1,070      0.1     981    1,470
         RE-026    カスタリア新御茶ノ水              東京都千代田区       2010年4月1日           914     0.1     844    1,120
                           東京都中央区       2010年4月1日
         RE-027    カスタリア東日本橋Ⅱ                               1,370      0.2    1,238     1,770
      居住
         RE-028    カスタリア神保町              東京都千代田区       2010年4月1日          1,160      0.2    1,069     1,520
      施設
         RE-029    カスタリア新富町Ⅲ              東京都中央区       2010年4月1日           675     0.1     604     791
         RE-030    カスタリア新宿御苑              東京都新宿区       2010年4月1日          2,720      0.4    2,578     3,400
             カスタリア高輪台              東京都港区       2010年4月1日
         RE-031                                    860     0.1     809    1,070
         RE-032    カスタリア東日本橋Ⅲ              東京都中央区       2010年4月1日           666     0.1     600     849
         RE-033    カスタリア新宿御苑Ⅱ              東京都新宿区       2010年4月1日           486     0.1     466     564
         RE-034    カスタリア新富町Ⅳ              東京都中央区       2010年4月1日           400     0.1     390     521
                           東京都港区       2010年4月1日
         RE-035    カスタリア高輪台Ⅱ                               1,190      0.2    1,145     1,420
         RE-036    カスタリア南麻布              東京都港区       2010年4月1日           642     0.1     610     759
         RE-037    カスタリア銀座Ⅲ              東京都中央区       2010年4月1日          2,880      0.4    2,706     3,150
         RE-038    カスタリア茅場町              東京都中央区       2010年4月1日          2,707      0.4    2,497     3,370
             カスタリア高輪              東京都港区       2010年4月1日
         RE-039                                   7,430      1.0    7,125     8,540
         RE-040    カスタリア東日本橋              東京都中央区       2010年4月1日          3,520      0.5    3,199     4,180
         RE-041    カスタリア新宿              東京都新宿区       2010年4月1日          2,950      0.4    2,814     3,540
         RE-042    カスタリア市ヶ谷              東京都新宿区       2010年6月29日           940     0.1     878    1,400
             芝浦アイランドブルームタワー              東京都港区       2011年10月18日
         RE-043                                   7,580      1.0    6,573     9,200
         RE-044    カスタリア初台              東京都渋谷区       2011年12月19日          2,030      0.3    1,940     2,460
         RE-045    カスタリア初台Ⅱ              東京都渋谷区       2013年9月27日          1,900      0.3    1,852     2,230
             カスタリア恵比寿              東京都渋谷区       2013年9月27日
         RE-046                                   1,420      0.2    1,395     1,680
         RE-047    カスタリア目黒かむろ坂              東京都品川区       2005年12月20日          4,500      0.6    3,996     4,670
                                  79/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
             カスタリア都立大学              東京都目黒区       2006年3月22日
         RE-048                                    648     0.1     578     538
         RE-049    カスタリア雪谷              東京都大田区       2007年3月7日          1,110      0.1     976    1,180
         RE-050    カスタリア祐天寺              東京都目黒区       2007年6月21日          1,450      0.2    1,319     1,350
             カスタリア大塚              東京都豊島区       2007年6月21日
         RE-051                                   1,480      0.2    1,291     1,690
         RE-052    カスタリア菊川              東京都墨田区       2007年6月21日           817     0.1     708     823
         RE-053    カスタリア目黒              東京都目黒区       2010年4月1日           844     0.1     869    1,120
         RE-054    カスタリア大塚Ⅱ              東京都豊島区       2010年4月1日          1,040      0.1     969    1,330
             カスタリア自由が丘              東京都目黒区       2010年4月1日
         RE-055                                   1,200      0.2    1,153     1,440
         RE-056    カスタリア目白              東京都豊島区       2010年4月1日           988     0.1     919    1,130
         RE-057    カスタリア池袋              東京都豊島区       2010年4月1日          2,570      0.3    2,414     3,020
         RE-058    カスタリア要町              東京都豊島区       2010年4月1日          1,140      0.2    1,044     1,300
             カスタリアタワー品川シーサイド              東京都品川区       2010年4月1日
         RE-059                                   7,380      1.0    6,696     9,190
         RE-060    カスタリア八雲              東京都目黒区       2010年4月1日           857     0.1     821     842
         RE-061    カスタリア戸越駅前              東京都品川区       2010年4月1日          1,560      0.2    1,448     2,060
         RE-062    カスタリア本所吾妻橋              東京都墨田区       2010年4月1日           996     0.1     978    1,250
             カスタリア北沢              東京都世田谷区       2010年4月1日
         RE-063                                    742     0.1     752     869
         RE-064    カスタリア門前仲町              東京都江東区       2010年4月1日           503     0.1     470     616
         RE-065    カスタリア上池台              東京都大田区       2010年4月1日           198     0.0     178     226
             カスタリア森下              東京都江東区       2010年4月1日
         RE-066                                    832     0.1     787    1,070
      居住
         RE-067    カスタリア若林公園              東京都世田谷区       2010年4月1日           776     0.1     742     884
      施設
         RE-068    カスタリア浅草橋              東京都台東区       2010年4月1日           792     0.1     724     999
         RE-069    カスタリア入谷              東京都台東区       2010年4月1日           546     0.1     514     682
             カスタリア北上野              東京都台東区       2010年4月1日
         RE-070                                   2,641      0.4    2,366     2,950
         RE-071    カスタリア森下Ⅱ              東京都江東区       2010年4月1日           686     0.1     607     857
         RE-072    カスタリア三ノ輪              東京都台東区       2010年4月1日          1,430      0.2    1,280     1,630
         RE-073    カスタリア尾山台              東京都世田谷区       2010年4月1日           533     0.1     513     610
             カスタリア中野              東京都中野区       2010年4月1日
         RE-074                                   1,060      0.1     960    1,260
         RE-075    カスタリア用賀              東京都世田谷区       2010年4月1日           923     0.1     860    1,170
         RE-076    カスタリア住吉              東京都江東区       2010年4月1日           948     0.1     834    1,050
         RE-077    カスタリア門前仲町Ⅱ              東京都江東区       2010年4月1日          2,160      0.3    1,963     2,820
             カスタリア押上              東京都墨田区       2010年4月1日
         RE-078                                   1,100      0.1     973    1,190
         RE-079    カスタリア蔵前              東京都台東区       2010年4月1日          1,260      0.2    1,125     1,540
         RE-080    カスタリア中延              東京都品川区       2010年6月29日          1,790      0.2    1,638     2,450
         RE-081    ロイヤルパークス豊洲              東京都江東区       2010年11月1日          7,360      1.0    6,037     9,950
             カスタリア戸越              東京都品川区       2010年11月1日
         RE-082                                   1,770      0.2    1,570     2,480
         RE-083    カスタリア大井町              東京都品川区       2011年6月30日          1,181      0.2    1,139     1,570
         RE-084    カスタリア大森              東京都大田区       2011年8月2日          1,500      0.2    1,400     1,830
             カスタリア三宿              東京都世田谷区       2011年10月7日
         RE-085                                   1,900      0.3    1,818     2,370
         RE-086    カスタリア荒川              東京都荒川区       2012年3月28日          1,660      0.2    1,566     2,210
                                  80/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
                           東京都大田区       2012年3月29日
         RE-087    カスタリア大森Ⅱ                               2,370      0.3    2,243     3,010
         RE-088    カスタリア中目黒              東京都目黒区       2012年11月29日          3,800      0.5    3,772     4,690
         RE-089    カスタリア目黒長者丸              東京都品川区       2013年9月27日          2,030      0.3    1,988     2,450
             カスタリア目黒鷹番              東京都目黒区       2013年9月27日
         RE-090                                   1,750      0.2    1,738     1,950
         RE-091    カスタリア大森Ⅲ              東京都品川区       2013年9月27日          1,520      0.2    1,459     1,790
         RE-093    カスタリア目黒平町              東京都目黒区       2014年9月26日          1,165      0.2    1,196     1,360
         RE-094    ロイヤルパークスシーサー              東京都足立区       2015年5月1日          4,350      0.6    4,009     4,980
             カスタリア本駒込              東京都文京区       2015年5月1日
         RE-095                                   1,520      0.2    1,506     1,830
         RE-096    コスモハイム武蔵小杉              神奈川県川崎市       2006年3月22日          1,674      0.2    1,657     2,060
         RE-097    カスタリア鶴見              神奈川県横浜市       2007年6月21日           666     0.1     582     771
         RE-098    カスタリア船橋              千葉県船橋市       2010年4月1日           704     0.1     688     810
             カスタリア西船橋              千葉県船橋市       2010年4月1日
         RE-099                                    783     0.1     737     972
         RE-105    カスタリア野毛山              神奈川県横浜市       2010年4月1日           325     0.0     294     329
         RE-106    カスタリア市川              千葉県市川市       2010年4月1日           461     0.1     400     560
         RE-107    ロイヤルパークス花小金井              東京都小平市       2011年10月7日          5,300      0.7    4,819     6,350
             カスタリア武蔵小杉              神奈川県川崎市       2013年9月27日
         RE-108                                   1,680      0.2    1,630     1,930
         RE-109    ロイヤルパークス若葉台              東京都稲城市       2014年3月28日          4,360      0.6    3,835     4,770
             パシフィックロイヤルコート
         RE-110                  神奈川県横浜市       2015年5月1日          9,100      1.2    8,273    11,100
             みなとみらい アーバンタワー
         RE-111    エルプレイス新子安              神奈川県横浜市       2015年5月1日          1,720      0.2    1,681     2,100
      居住
         RE-112    ロイヤルパークス武蔵小杉              神奈川県川崎市       2015年5月1日          1,060      0.1     973    1,320
      施設
         RE-116    カスタリア堺筋本町              大阪府大阪市       2010年4月1日          1,490      0.2    1,297     1,850
             カスタリア新梅田              大阪府大阪市       2010年4月1日
         RE-117                                   1,376      0.2    1,200     1,630
         RE-118    カスタリア阿倍野              大阪府大阪市       2010年4月1日          4,368      0.6    3,980     5,410
         RE-119    カスタリア栄              愛知県名古屋市       2010年4月1日          1,010      0.1     902    1,240
         RE-121    カスタリア円山裏参道              北海道札幌市       2010年4月1日           411     0.1     358     510
             カスタリア円山表参道              北海道札幌市       2010年4月1日
         RE-122                                   1,740      0.2    1,523     1,990
         RE-123    カスタリア東比恵              福岡県福岡市       2010年4月1日           960     0.1     832    1,070
         RE-124    カスタリアタワー長堀橋              大阪府大阪市       2010年4月1日          3,400      0.5    2,911     4,700
         RE-125    カスタリア三宮              兵庫県神戸市       2010年4月1日          1,230      0.2    1,056     1,520
             カスタリア勾当台公園              宮城県仙台市       2010年4月1日
         RE-126                                    481     0.1     409     573
         RE-127    カスタリア一番町              宮城県仙台市       2010年4月1日           783     0.1     687     951
         RE-128    カスタリア大町              宮城県仙台市       2010年4月1日           656     0.1     596     832
             カスタリア上町台              大阪府大阪市       2010年4月1日
         RE-129                                   2,190      0.3    1,937     2,800
         RE-130    カスタリアタワー肥後橋              大阪府大阪市       2010年4月1日          2,670      0.4    2,351     3,580
         RE-131    ビッグタワー南3条              北海道札幌市       2010年11月1日          1,740      0.2    1,284     2,700
         RE-132    カスタリア伏見              愛知県名古屋市       2011年1月14日          2,260      0.3    1,935     3,180
             カスタリア名駅南              愛知県名古屋市       2011年8月1日
         RE-133                                    720     0.1     651     984
         RE-134    カスタリア薬院              福岡県福岡市       2011年9月26日           930     0.1     880    1,210
         RE-135    カスタリア壬生              京都府京都市       2011年12月22日          1,193      0.2    1,090     1,520
                                  81/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
             カスタリア榴ヶ岡              宮城県仙台市       2012年9月3日
         RE-136                                   1,208      0.2    1,165     1,780
         RE-137    カスタリア大濠ベイタワー              福岡県福岡市       2013年3月25日          2,910      0.4    2,552     3,670
         RE-138    ロイヤルパークスなんば              大阪府大阪市       2013年3月29日          2,830      0.4    2,473     3,000
             カスタリア志賀本通              愛知県名古屋市       2013年6月26日
         RE-139                                   1,730      0.2    1,569     2,120
      居住
      施設
         RE-140    カスタリア京都西大路              京都府京都市       2015年11月2日           973     0.1     998    1,090
         RE-141    カスタリア人形町Ⅲ              東京都中央区       2016年9月28日          2,000      0.3    1,986     2,550
         RE-142    ロイヤルパークス梅島              東京都足立区       2016年9月28日          2,020      0.3    1,955     2,220
                           愛知県名古屋市       2017年4月11日
         RE-143    カスタリア新栄Ⅱ                               1,800      0.2    1,827     2,000
                   居住施設 133物件 計                        246,424      33.1   227,274     292,928
         RM-001    アクロスモール新鎌ヶ谷              千葉県鎌ヶ谷市       2016年9月1日          7,770      1.0    7,538     8,530
         RM-002    フォレオひらかた              大阪府枚方市       2016年9月1日          4,580      0.6    4,467     4,670
         RM-003    クイズゲート浦和              埼玉県さいたま市       2016年9月1日          4,270      0.6    4,211     4,370
             ウニクス高崎              群馬県高崎市       2016年9月1日
         RM-004                                   3,000      0.4    2,941     3,170
         RM-005    アクロスプラザ三芳(底地)              埼玉県入間郡       2016年9月1日          3,740      0.5    3,740     3,970
         RM-006    ドリームタウンALi              青森県青森市       2016年9月1日          8,100      1.1    7,898     8,690
         RM-007    ASOBOX(底地)              福岡県北九州市       2017年8月29日          1,600      0.2    1,617     1,910
             フォレオ青梅今井              東京都青梅市       2017年8月29日
         RM-008                                   3,800      0.5    3,752     3,950
         RM-009    フォレオ大津一里山              滋賀県大津市       2018年4月3日          8,100      1.1    8,031     8,590
         RM-010    フォレオ博多              福岡県福岡市       2018年4月3日          3,200      0.4    3,182     3,680
             アクロスモール泉北(底地)
      商業
         RM-011                  大阪府堺市       2018年12月7日          3,250      0.4    3,383     3,880
             (注9)
      施設
         RM-012    イーアスつくば              茨城県つくば市       2019年4月5日         10,320      1.4   10,368     10,350
         RR-001    ライフ相模原若松店              神奈川県相模原市       2016年9月1日          1,670      0.2    1,652     1,810
             フォレオせんだい宮の杜              宮城県仙台市       2016年9月1日
         RR-002                                   6,960      0.9    6,837     7,380
         RR-003    アクロスプラザ稲沢(底地)              愛知県稲沢市       2016年9月1日          2,390      0.3    2,390     2,560
             スポーツデポ・ゴルフ5
         RR-004                  福岡県北九州市       2016年9月28日          2,230      0.3    2,169     2,400
             小倉東インター店
         RR-005    平塚商業施設(底地)              神奈川県平塚市       2017年1月31日          5,620      0.8    5,857     6,650
             ロイヤルホームセンター森ノ宮
         RR-006                  大阪府大阪市       2018年3月27日          4,500      0.6    4,541     5,260
             (底地)
         RR-007    洋服の青山文京千石駅前店              東京都文京区       2019年4月5日           750     0.1     770     779
         RR-008    フォレオ菖蒲              埼玉県久喜市       2019年4月5日          5,000      0.7    5,021     5,050
         RU-001    COMBOX310              茨城県水戸市       2018年12月7日          4,480      0.6    4,448     4,650
                   商業施設 21物件 計                         95,330      12.8    94,820    102,299
         HO-001   ダイワロイネットホテル横浜関内               神奈川県横浜市       2018年4月3日          4,800      0.6    4,780     5,050

             スーパーホテルJR奈良駅前・三条通
                           奈良県奈良市       2018年12月6日
     ホテル    HO-002                                   1,470      0.2    1,467     1,500
             り
             ダイワロイネットホテル名古屋新幹
         HO-003                  愛知県名古屋市       2019年4月5日          4,500      0.6    4,536     4,540
             線口
                   ホテル 3物件 計                        10,770      1.4   10,785     11,090
             アーバンリビング稲毛              千葉県千葉市       2013年6月24日
         OT-001                                    930     0.1     835    1,280
     その他
      資産
         OT-002    油壺マリーナヒルズ              神奈川県三浦市       2014年9月1日          1,100      0.1    1,054     1,260
                                  82/317



                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           取得価格(注3)
                                                        期末算定
                                                    帳簿価格
         物件
                                    取得日                     価格
      用途    番号        物件名称           所在地                  投資比率    (百万円)
                                           価格
                                    (注2)                    (百万円)
         (注1)                                       (%)    (注5)
                                          (百万円)               (注6)
                                               (注4)
             那覇新都心センタービル(ダイワロ
         OT-003                  沖縄県那覇市       2016年9月28日          7,600      1.0    7,329     8,110
             イネットホテル那覇おもろまち)
     その他
         OT-004    シャープ広島ビル              広島県広島市       2017年4月11日          1,850      0.2    1,830     1,960
      資産
             ナーサリールームベリーベアー大森
         OT-005                  東京都大田区       2019年3月12日          1,380      0.2    1,390     1,370
             西・ウエルシア大田大森西店
                  その他資産 5物件 計                         12,860      1.7   12,441     13,980
                 ポートフォリオ 228物件 合計                          744,823      100.0    718,571     822,248

     (注1)「物件番号」は、各用途のタイプに応じて、物件毎に番号を付したものであり、Lは物流施設を、REは居住施設を、Rは商業施設を、HO
        はホテルを、OTはその他資産をそれぞれ表し、そのうちLBはBTS型(ビルド・トゥ・スーツ型)を、LMはマルチテナント型を、RRはロー
        ドサイド型を、RMはモール型を、RUはアーバン型を、それぞれ表します。以下同じです。
     (注2)「取得日」は、過去の合併に伴い取得した物件については、合併効力の発生日を記載しています。
     (注3)   「取得価格」は、本投資法人の保有資産に係る各売買契約に記載された売買金額(取得に係る諸費用、公租公課等の精算金、消費税等
        及び借地差入保証金等を含んでいません。)をいいます。ただし、NCRが保有していた物件については、NCRとの合併時の受入価格であ
        る2010年2月期末時点の鑑定評価額、旧DHRが保有していた物件については、旧DHRとの合併時の受入価格である2016年8月期末時点の
        鑑定評価額によります。なお、「取得価格合計」については、百万円未満を切り捨てて記載しています。
     (注4)「投資比率」は、保有資産の取得価格の総額に対する、各物件の取得価格の比率を                                   小数第2位を四捨五入して          記載しています。
     (注5)   「帳簿価格」は、2019年8月31日現在の貸借対照表計上額を百万円未満を切り捨てて記載しています。なお、建設仮勘定及び信託建設
        仮勘定を除きます。
     (注6)   「期末算定価格」は、本投資法人の規約及び投資法人の計算に関する規則(平成18年内閣府令第47号。その後の改正を含みます。)に
        基づき、決算日である2019年8月31日を価格時点とする大和不動産鑑定株式会社、株式会社中央不動産鑑定所、株式会社谷澤総合鑑定
        所、一般財団法人日本不動産研究所及びJLL森井鑑定株式会社による不動産鑑定評価額を百万円未満を切り捨てて記載しています。
     (注7)「Dプロジェクト犬山」については、2018年4月10日付で追加取得(取得価格2,100百万円)をしています。「取得価格」については、
        既存棟と追加取得棟の合計額、「取得年月日」については、既存棟の取得日を記載しています。
     (注8)2019年9月2日に譲渡済です。以下同じです。
     (注9)「アクロスモール泉北(底地)」は2019年4月1日付で「クロスモール(底地)」から名称変更しています。以下同じです。
                                  83/317












                                                           EDINET提出書類
                                                    大和ハウスリート投資法人(E14140)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          (b)  本投資法人が      2019年8月31日現在保有する不動産又は信託不動産の賃貸可能面積、賃貸面積、稼働率、テ
            ナント数、及び年間賃料は以下のとおりです。
                                                        年間賃料
                                  賃貸      賃貸
                                             稼働率
      物件                            可能面積       面積         テナント数     (消費税別)
              物件名称            所在地                   (%)
      番号                            (㎡)      (㎡)
                                                  (注4)     (百万円)
                                             (注3)
                                 (注1)      (注2)                (注5)
     LB-001   Dプロジェクト町田               東京都町田市          50,490.39      50,490.39       100.0       1   (注6)
     LB-002   Dプロジェクト八王子               東京都八王子市          62,394.17      62,394.17       100.0       2   (注6)
     LB-003   Dプロジェクト愛川町               神奈川県愛甲郡          14,240.84      14,240.84       100.0       1   (注6)
     LB-005   Dプロジェクト浦安Ⅰ               千葉県浦安市          36,515.81      36,515.81       100.0       1   (注6)
     LB-006   Dプロジェクト浦安Ⅱ               千葉県浦安市          72,320.01      72,320.01       100.0       1   (注6)
     LB-007   Dプロジェクト茜浜               千葉県習志野市          11,663.39      11,663.39       100.0       1   (注6)
        Dプロジェクト野田               千葉県野田市
     LB-008                             29,232.53      29,232.53       100.0       1   (注6)
     LB-009   Dプロジェクト犬山               愛知県犬山市          54,197.80      54,197.80       100.0       1   (注6)
     LB-010   Dプロジェクト岐阜               岐阜県安八郡          7,669.91      7,669.91      100.0       1   (注6)
     LB-011   Dプロジェクト寝屋川               大阪府寝屋川市          11,151.51      11,151.51       100.0       1   (注6)
        Dプロジェクト札幌南               北海道北広島市
     LB-012                             6,749.10      6,749.10      100.0       1   (注6)
     LB-013   Dプロジェクト盛岡               岩手県滝沢市          9,558.32      9,558.32      100.0       1   (注6)
     LB-014   Dプロジェクト仙台南               宮城県岩沼市          11,052.27      11,052.27       100.0       1   (注6)
     LB-015   Dプロジェクト土浦               茨城県土浦市          17,448.86      17,448.86       100.0       1   (注6)
        Dプロジェクト御殿場               静岡県御殿場市
     LB-016                             6,737.53      6,737.53      100.0       1   (注6)
     LB-017   Dプロジェクト西広島               広島県広島市          5,093.51      5,093.51      100.0       2   (注6)
     LB-018   Dプロジェクト福岡宇美               福岡県糟屋郡          24,729.56      24,729.56       100.0       ▶     257
        Dプロジェクト鳥栖               佐賀県鳥栖市
     LB-019                             17,858.01      17,858.01       100.0       1   (注6)
     LB-020   Dプロジェクト久喜Ⅰ               埼玉県久喜市          22,708.72      22,708.72       100.0       1   (注6)
     LB-021   Dプロジェクト久喜Ⅱ               埼玉県久喜市          50,490.00      50,490.00       100.0       1   (注6)
     LB-022   Dプロジェクト川越Ⅰ               埼玉県川越市          16,150.88      16,150.88       100.0       1     205
                        埼玉県川越市
     LB-023   Dプロジェクト川越Ⅱ                          19,872.00      19,872.00       100.0       1     285
     LB-024   DPL犬山               愛知県犬山市          21,628.50      21,628.50    &n