株式会社ストライク 有価証券報告書 第23期(平成30年9月1日-令和1年8月31日)

提出書類 有価証券報告書-第23期(平成30年9月1日-令和1年8月31日)
提出日
提出者 株式会社ストライク
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年11月26日

    【事業年度】                      第23期(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

    【会社名】                      株式会社ストライク

    【英訳名】                      Strike    Company,Limited

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長 荒井 邦彦

    【本店の所在の場所】                      東京都千代田区大手町一丁目9番2号

    【電話番号】                      03-6865-7799(代表)

    【事務連絡者氏名】                      取締役兼執行役員管理部担当 中村 康一

    【最寄りの連絡場所】                      東京都千代田区大手町一丁目9番2号

    【電話番号】                      03-6865-7766

    【事務連絡者氏名】                      取締役兼執行役員管理部担当 中村 康一

                          株式会社東京証券取引所

    【縦覧に供する場所】
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注)第1四半期会計期間より、日付の表示方法を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/73








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

           回次           第19期       第20期       第21期       第22期       第23期

          決算年月           2015年8月       2016年8月       2017年8月       2018年8月       2019年8月

     売上高            (千円)      1,423,702       2,006,916       3,092,644       3,743,742       5,077,679

     経常利益            (千円)       547,278       790,197      1,144,641       1,355,297       1,889,643

     当期純利益            (千円)       329,113       510,783       803,733       919,733      1,342,336

     持分法を適用した
                 (千円)          -       -       -       -        ―
     場合の投資利益
     資本金            (千円)       114,630       431,268       823,741       823,741       823,741
     発行済株式総数             (株)        5,544     2,972,100       9,677,100       19,354,200       19,354,200

     純資産額            (千円)      1,177,145       2,258,184       3,744,594       4,513,844       5,162,181

     総資産額            (千円)      1,696,571       2,722,312       4,507,275       5,419,143       6,427,282

     1株当たり純資産額             (円)        70.78       126.63       193.48       233.01       270.00

     1株当たり配当額
                       11,000.00          35.00       16.00        9.00       14.50
                 (円)
     (1株当たり中間配当                     ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     額)
     1株当たり当期純利益             (円)        20.94       30.31       43.39       47.52       69.86
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -      28.34         -      47.39         -
     たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        69.4       83.0       83.1       83.2       80.3
     自己資本利益率             (%)        35.2       29.7       26.8       22.3       27.8

     株価収益率             (倍)         -      37.9       51.0       79.3       38.6

     配当性向             (%)        17.5       19.2       18.4       18.9       20.8

     営業活動による
                 (千円)       715,662       430,421      1,108,225       1,025,349       1,366,835
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)        15,999      △ 135,874       △ 7,484     △ 115,080      △ 197,707
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)       152,908       564,402       673,344      △ 150,237      △ 693,736
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)      1,525,121       2,384,070       4,158,156       4,918,188       5,393,580
     の期末残高
     従業員数
                          27       34       49       75       119
                 (人)
     〔外、平均臨時雇用者                     〔 6 〕     〔 10 〕     〔 14 〕     〔 21 〕     〔 25 〕
     数〕
     株主総利回り             (%)
                           ―       ―     193.4       329.8       237.8
     (比較指標:配当込み                     ( -)       ( -)     ( 124.3   )    ( 136.2   )    ( 121.5   )
                 (%)
     TOPIX)
                                       19,800        8,520
     最高株価             (円)          ―     10,130                       4,230
                                       ※7,170       ※4,770
                                        6,390       3,965
     最低株価             (円)          ―     5,250                      1,532
                                       ※3,955       ※3,235
                                  2/73



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (注)   1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
        4.第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在するものの、当社株式が非上場
          であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。第21期の潜在株式調整後1株当たり
          当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、当事業年度の潜在株式調整後1株当
          たり当期純利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.第19期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        6.従業員数は就業人員(社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、アルバイ
          ト、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は年間平均雇用人員を〔 〕外数で記載しております。
        7.当社は、2016年2月29日付で普通株式1株につき500株の株式分割、2016年12月1日付で普通株式1株につ
          き3株の株式分割、2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っておりますが、第19期の
          期首に株式分割が行われたものと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後
          1株当たり当期純利益を算定しております。
        8.当社は、2016年6月21日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、第20期の潜在株式調整後1株当た
          り当期純利益は、新規上場日から2016年8月末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定しておりま
          す。
        9.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当事業年度の
          期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した
          後の指標等となっております。
        10.第19期、第20期の株主総利回り及び比較指標は、2016年6月21日付で東京証券取引所マザーズ市場に上場し
          たため、記載しておりません。
        11.最高株価及び最低株価は、2017年6月23日から東京証券取引所(市場第一部)における株価であり、それ以
          前は、東京証券取引所(マザーズ市場)における株価を記載しております。なお、2016年6月21日付で東京
          証券取引所マザーズ市場に上場したため、それ以前の株価については記載しておりません。
        12.2016年12月1日付で普通株式1株を3株及び2018年6月1日付で普通株式1株を2株の割合で株式分割して
          おります。※印は株式分割による権利落ち後の株価であります。
                                  3/73












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    2 【沿革】
       年月                           概要

     1997年7月        東京都足立区において、M&A仲介業務を事業目的として設立(当時の商号は株式会社天会計社)
     1998年10月        社名を株式会社ストライクに変更
            国内初、インターネット上でのM&Aマッチングサイト「M&A市場SMART(Strike                                            M&A
     1999年1月
            Rapid   Trading    system)」を開設
     2001年5月        本社を東京都渋谷区に移転
     2002年8月        本社を東京都千代田区三番町に移転
     2009年6月        本社を東京都千代田区六番町に移転
     2012年1月        大阪オフィスを新設
     2012年3月        札幌オフィス、仙台オフィスを新設
     2012年5月        福岡オフィスを新設
     2012年7月        高松オフィスを新設
     2013年1月        名古屋オフィスを新設
     2013年11月        大阪オフィスを大阪府大阪市中央区本町に移転
     2014年2月        札幌オフィスを北海道札幌市中央区北一条に移転
            M&A専門の情報サイト「M&A                Online」を公開
     2015年7月
     2016年5月        高松オフィスを香川県高松市紺屋町に移転
     2016年6月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
     2016年8月        本社を東京都千代田区大手町に移転
     2017年6月        東京証券取引所市場第一部に市場変更
     2017年9月        福岡オフィスを福岡県福岡市博多区博多駅前に移転
     2018年1月        名古屋オフィスを愛知県名古屋市中村区名駅に移転
     2019年3月        大阪オフィスを大阪府大阪市中央区北久宝寺町に移転
                                  4/73










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社は公認会計士及び税理士が経営主体となり、創業よりM&A(企業合併、企業買収、企業間の資本提携等)の仲
     介を主たる事業としております。
      なお、当社はM&A仲介事業の単一セグメントであるため、セグメント情報は記載しておりません。
     (M&A仲介業務について)

      オーナー経営者の高齢化に伴う事業承継のため、本業とのシナジー効果の薄いノンコア事業の処分のため、投資先
     に対する投資資金の回収のため、事業再生過程における新たなスポンサー探索のため、ベンチャー企業による資金調
     達のため、といった様々な理由により、企業や事業の譲渡(資本提携を含む)ニーズが広く存在しております。
      また、スケールメリットを享受するため、シナジー効果を有効活用するため、単一事業の事業リスクを回避するた
     め、効率的な投資運用のため、といった様々な理由により、企業や事業の買収ニーズも広く存在しております。
      こうした社会的なニーズがあるものの、とりわけ中堅・中小企業において、譲渡希望者については買収候補先を自
     ら探索することが困難であることや、譲渡対象企業・事業の魅力を十分に理解してもらうことが困難であること等を
     要因として、希望条件に適う買収先が見つけられないことがあります。買収希望者については買収案件の探索に十分
     な経営資源を投入できないこと等を要因として、希望に適う事業を見つけられないことがあります。こういった相互
     のニーズをうまく適合させられず、譲渡が進展しないケースもあると認識しております。
      このような経済環境の下、当社は、「M&Aは、人の想いでできている。」を企業信条に、M&Aの当事者となる
     企業、従業員、その家族、取引先等多くの関係者の様々な想いを理解し配慮しながら、一つ一つの案件に誠意を持っ
     て取り組み、企業・事業の譲渡をサポートすることで、多くの魅力ある企業・事業を将来に継続、発展させていくこ
     とを目的として、M&A仲介事業を展開しております。
      当社は、本社(東京)以外に、営業所を6拠点(札幌、仙台、名古屋、大阪、高松、福岡)で開設し、全国の中堅・中

     小企業のM&Aを仲介事業の対象としておりますが、事業承継目的、事業整理目的、事業再生目的、スタートアップ
     企業のエグジット(投資資金の回収)目的等、様々なM&Aニーズに対応するとともに、特定業種に偏ることなく多様
     な業種・事業体のM&Aに携わっております。また、他社に先駆け、インターネット上でのマッチングサイト(当社に
     おけるマッチングサイトの名称「M&A市場SMART(Strike                              M&A  Rapid   Trading    system)」)を構築し、それを積
     極的に活用することで、不特定多数の中から相手先の探索を行い、より希望条件に適う相手先を効率的に探索してお
     ります。
      当社は、特定の資本グループの傘下には入らず、独立性及び公平性を維持した立場で業務を進めており、譲渡先と
     買収先の中立的な立場でM&Aの実行をサポートし、友好的なM&Aの創出を図ることで、双方から報酬を受領して
     おります。
     (付随業務について)

      一部の案件については、仲介業務としてではなく、買収側(又は譲渡側)の立場に立ち、買収先(又は譲渡先)の利益
     を優先としたアドバイザリー業務を実施し、反対側については当社以外のM&Aアドバイザリーファームがアドバイ
     ザーに入ることで、M&Aの実行をサポートする場合もあります。アドバイザリー業務と仲介業務では、その立場や
     役割が異なるものの、M&Aに関する業務として異質なものではないことから、アドバイザリー業務もM&A仲介業
     務に含めております。このほか、デューディリジェンス業務、企業評価業務、コンサルティング業務等を行っており
     ます。
                                  5/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (M&A仲介業務フロー)
      一般的な案件におけるM&A仲介業務フローは下記のとおりであります。
     (1)  案件探索












       セミナー開催、広報誌の発行、WEB・新聞・雑誌でのM&A記事の掲載により、M&Aに関する情報発信を行
      うことで、オーナー経営者に対する潜在的な譲渡希望ニーズの発掘に取り組んでおります。なお、2015年7月に
      M&A専門の情報サイト「M&A                Online」を開設し、M&A、またM&Aに関する身近な情報を広く一般の
      方々に提供しており、WEBでの情報発信の強化を図っております。
       また、当社のM&Aコンサルタントによる直接営業、ダイレクトメールや広告宣伝による顧客誘導により、顕在
      的な譲渡希望ニーズの直接的な開拓・探索を行うとともに、金融機関や会計事務所を中心とした業務提携により案
      件紹介を受けることで間接的な案件探索を行っております。なお、当社では案件を紹介いただける金融機関や会計
      事務所と業務提携契約を締結し、契約先を業務提携先と称しております。
       探索した結果、譲渡希望者若しくは譲渡検討者に対しては、当社のM&Aコンサルタントが譲渡希望ニーズや抱
      えている問題の相談を受け、それに対する解決策の提案や解決事例の紹介を行うこと等により、譲渡希望者が安心
      して当社に企業や事業の譲渡の仲介を依頼できるよう、案件の受託活動を進めております。
                                  6/73




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (2)  案件化
       譲渡希望先と秘密保持契約を締結し、譲渡対象企業の情報を入手し、事業の把握及び企業の分析を行い、希望条
      件による譲渡可能性を検討いたします。譲渡可能性があると認められた場合には、当社内での契約審査を実施した
      後、譲渡希望先と「M&A仲介依頼契約」を締結し、譲渡希望先より着手金を受領いたします。
       譲渡希望先との「M&A仲介依頼契約」締結後に、本格的な案件化に取り掛かります。譲渡希望先に対して、希
      望条件に沿った譲渡スキームを提案するとともに、買収候補先への提示条件を整理・検討いただきます。また、買
      収候補先への提案のため、譲渡対象企業の事業内容、事業特性、財務内容、譲渡条件等を取り纏め、「企業概要
      書」を作成いたします。
     (3)  マッチング

       譲渡希望先の希望条件、譲渡対象企業の事業特性を踏まえ、買収ニーズに関する社内データベースを活用するこ
      と等により買収候補先をリストアップし、譲渡希望先に希望に沿う買収候補先を選定いただきます。選定いただい
      た買収候補先に対して、まずは企業名を伏せた形で一次提案を行います。
       譲渡希望先の意向によって、インターネット上でのマッチングサイト「M&A市場SMART」に、企業名を伏
      せたまま案件を掲載し、買収に関心のある企業を募っております。「M&A市場SMART」は、譲渡や買収情報
      をインターネット上に掲載し、相手先企業を探索するサービスであります。「M&A市場SMART」では、地域
      や業種の枠を越えた買収候補先が現れる可能性があり、また一般的には買収ニーズが少ない事業についても買収候
      補先を探索できるメリット等もあり、スピーディーに多数の買収候補先を探索できるツールとなっております。な
      お、インターネット上に案件を掲載する場合であっても、当社のノウハウにより匿名性を確保することで、企業名
      を知られることなく安心して利用いただけるものとなっております。
       買収候補先が詳細な検討を希望される場合、当社は買収候補先と秘密保持契約を締結し、買収候補先に「企業概
      要書」を提出、二次提案を行います。更に、二次提案を受けて、買収意向の高まった候補先については、当社内で
      の契約審査を経て、当社と買収候補先で「M&A仲介依頼契約」を締結した後に、当社は買収候補先への買収サ
      ポートを開始します。その後、当社の支援・調整のもと、実際に譲渡対象企業の事業所や工場を視察いただくとと
      もに、譲渡対象企業のオーナー経営者と面談を実施し、譲渡にかかる基本条件等を検討いただきます。
       買収候補先が買収意向を決断した場合、買収条件等を記載した「買収意向表明書」を当社の支援のもと作成いた
      だき、買収候補先から譲渡希望先に提示いただきます。譲渡希望先は、買収候補先からの「買収意向表明書」を検
      討し、買収候補先を1社に絞り込みます。
     (4)  クロージング

       基本的な譲渡条件がまとまった時点で、通常、当社の支援のもと、譲渡希望先と買収候補先との間で「基本合意
      契約」を締結いただきます。基本合意が締結された段階で、当社は、買収候補先から「M&A仲介依頼契約」に従
      い、着手金を受領し、クロージングに向けての支援業務を本格的に開始することになります。
       その後、買収候補先が譲渡対象企業に対してデューディリジェンスを実施し、対象企業のビジネスリスク、法務
      リスク、財務リスク等を調査し、その調査結果を踏まえて、譲渡希望先と買収候補先で最終的な条件交渉を行いま
      すが、当社では買収候補先がスムーズなデューディリジェンスを実施できるよう環境を整備するとともに、最終的
      な条件交渉を支援いたします。
       最終的な譲渡条件が決定した段階で、当社が段取りを行い譲渡希望先と買収候補先で「譲渡契約」を締結し、譲
      渡対象物の引渡しと譲渡代金の決済が行われることでM&Aにかかる一連の取引が完了します。これらの業務の完
      了に伴い、譲渡先と買収先の双方より成約報酬を受領いたします。
                                  7/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     [事業系統図]
      以上の事項を事業系統図に示すと次のとおりであります。
                                  8/73




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。 
    5  【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                               2019年8月31日現在
        従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             119  〔 25 〕           34.8              2.3            13,439

              事業部門の名称                           従業員数(人)

     企業情報部、業務支援部、業務推進部                                             98 〔―〕
     全社(共通)                                             21 〔 25 〕
                合計                                119  〔 25 〕
     (注)   1.従業員数は就業人員(社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、アルバイ
          ト、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均雇用人員を〔 〕外数で記載しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.当社は単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません。
        4.従業員数が当事業年度において44人増加しておりますが、これは主として事業の拡大に伴う人員の増加によ
          るものであります。
     (2)  労働組合の状況

       当社では労働組合は結成されておりませんが、労使関係は安定しております。
                                  9/73












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中における将来に関する事項は、当事業年度末日現在において当社が判断したものであります。
     (1)経営方針、経営環境
       当社は、「人と企業の未来を創造する」ことを経営理念とし、役割を終えた事業や子会社を売却したい方、経営
      環境の変化に合わせるために事業や子会社を買収したい方、後継者不在で引き継ぎ先を探す必要に迫られている
      方、企業の更なる成長のために資金調達又は経営権の譲渡を望まれる方など、それぞれ企業の変化に合わせ、M&
      Aを通じてその経営体制を支援することが当社の役割と認識しております。そして、当社でのM&A仲介により、
      より多くの企業の未来を創造していくことで、事業拡大を図ることを経営方針としております。
       また、具体的な取り組みについては、下記のとおりとしております。

      ①当社は会社設立時から、公認会計士・税理士を中心とした会計分野の専門性を有するプロフェッショナル集団で

      あり、中堅・中小企業のM&A仲介事業を主たる事業として展開してまいりました。引き続き、専門性の高い業務
      提供を行うことで、顧客が安心して満足できるM&Aを創出していく方針であります。
      ②当社でのM&A仲介は、インターネットを積極的に活用しており、インターネット経由でのマッチングを強化す

      るため、「M&A市場SMART」のWEBサイトの更新を図り、利便性を高めていく方針であります。一方で、
      日々の業務活動を通じて、多くの買収希望先から得られる買収ニーズをデータベース化し、これを活用すること
      で、より多くの候補先に買収提案できるよう社内システムの改善を行っていく方針でもあります。
      ③M&Aの利便性やM&Aによる問題解決策を広く社会に認知していただけるよう「M&A                                            Online」等のW

      EBサイトを通じた情報発信を拡充していく方針であります。また、譲渡希望者より買収希望者の数がはるかに多
      く、買収ニーズがあるものの、現実的に買収できない企業が多く存在します。この状況を踏まえ、M&A                                                 Onli
      neを活用し、買収希望者に買収を検討する機会をより多く提供していく方針であります。
      ④現在の環境としては、オーナー社長の高齢化や後継者不在の企業数の増加を背景に、日本国内の中堅・中小企業

      のM&Aは拡大傾向にあります。一方で、M&Aは後継者不在の解決策に限定されるものではなく、中期的な事業
      の拡大を図るために、事業承継のM&A市場だけにとらわれず、グループ企業のM&A、スタートアップ企業の
      M&A、事業再生のためのM&A等、事業承継以外のM&A市場でも積極的に活動してまいります。
       これらの経営方針及び取り組みのもと、今後3年間において、下記のとおり成約組数を増加させていくことを当

      面の目標としております。また、案件の成約に先立ち、案件の新規受託が必須となることから、成約組数達成のた
      めの先行指標となる新規受託件数も下記のとおりの目標としております。これらの数値目標は、毎期、その期の活
      動状況を踏まえ、見直す方針としております。
                      2019年8月期          2020年8月期          2021年8月期          2022年8月期
                        (実績)          (目標)          (目標)          (目標)
     成約組数(組)                    104          143          200          250
     新規受託(件)                    289          358          448          555
       上記の目標達成には、M&Aコンサルタントの増員も必要不可欠となり、今後については、下記のとおりの増員

      を計画しております。
                      2019年8月期末          2020年8月期末          2021年8月期末          2022年8月期末
                       (実績)          (計画)          (計画)          (計画)
     M&Aコンサルタント数(人)                    98          121          144          168
       なお、採用したコンサルタントについては、入社後1年間は収益貢献がほぼなく、2年目で1~2組の案件成
      約、3年目で2~3組の案件成約というように経験とともに成約数が増加することが一般的であります。
                                 10/73



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (2)対処すべき課題
      ①  信用力の向上
        中堅・中小企業の譲渡希望先にとって、会社を譲渡することは非常に重い決断であるとともに、今まで企業を
       育ててきた努力を将来の新たな活力に繋げる生涯における一大事であります。譲渡希望先は様々な不安を抱えな
       が ら、決断を行い、理想の買収先を求め、交渉を進めていきます。一方、買収希望先にとっては、貴重な経営資
       源を新たな会社に投下することは新たなリスクを抱えるものであり、慎重に会社を選定し、交渉を進め、決断を
       行います。
        このような状況下、譲渡先と買収先がM&Aを進める上では、仲介会社である当社の信用力が必要不可欠であ
       り、顧客からの安心感を得られる体制を構築することが重要な課題であると認識しております。
        この課題を解決すべく、社会的信用力の向上を目指すとともに、更に信頼される企業となるべく、社内管理体
       制及びコンプライアンス体制の整備・充実を図ってまいります。また、業務・サービスの品質を高めるべく、従
       業員の専門性を高めるため社内教育を推進するとともに、徹底的に顧客と向き合い案件を進めていく企業文化を
       構築するため、案件会議を毎週開催し、社内コミュニケーションの促進、情報の共有を推進してまいります。
      ②  譲渡案件探索

        M&A仲介事業の拡大のために、譲渡案件の探索及び受託を重要な課題と考えております。
       当社では、セミナー開催、広報誌の発行、WEB・新聞・雑誌での記事掲載により、M&Aに関する情報発信に
       よる潜在的な譲渡希望ニーズの発掘に取り組んでおりますが、発信する情報の拡充を図るとともに、効果的・効
       率的に譲渡案件が受託できるよう努めてまいります。この一環として、M&A専門の情報サイト「M&A                                                 Onl
       ine」上のコンテンツを充実させることで情報発信を強化してまいります。また、経営者の悩みやニーズに適
       切に応えるべく、潜在的な顧客へのダイレクトマーケティングも持続的に強化してまいります。
        一方、金融機関や会計事務所を中心とした業務提携により間接的な案件受託を推進しておりますが、当該受託
       の増加を図るため、新たな提携先の探索や提携領域の拡大に取り組んでまいります。
      ③  M&A活動エリア、M&A対象分野の拡充

        当社は、東京に本社を置くとともに、札幌、仙台、名古屋、大阪、高松、福岡にオフィスを設置し、全国の企
       業をM&A仲介の対象としておりますが、社内の人的資源にも限りがあり、全国全てのエリアにおいてM&A
       ニーズへの十分な対応ができているとは判断しておりません。このため、顧客ニーズに十分な対応ができていな
       いエリア等を見極め、その時々で注力エリアを選別することで経営資源の有効的な活用を図るとともに、中長期
       的にはそのエリアの拡大に努めてまいります。その一環として、営業力強化と業務の効率化を図るため、当期に
       おいて地方オフィスのコンサルタント人員を16人増員するとともに、2019年3月に大阪オフィスを移転いたしま
       した。
        事業承継問題を背景に、中堅・中小企業のM&A市場は活性化している状況でありますが、事業承継だけに限
       定することなく、スタートアップ企業のエグジット、事業整理、事業再生目的等多様なM&Aニーズにも対応を
       図るとともに、M&Aを利用した新たな問題解決手法を創出することも視野に入れ、M&A市場全体が発展して
       いく中で安定的な経営が行えるよう努めてまいります。当事業年度に成約したスタートアップ企業のM&Aは9
       組となりましたが、今後ますます更なる推進を図ってまいります。
      ④人材の確保・       育成

        当社では、M&A仲介事業を持続的に成長させるために最重要となる経営資源は人的資源であると考えてお
       り、優秀なM&Aコンサルタントを継続的に獲得し、育成し、維持していくことが課題であると認識しておりま
       す。
        獲得に関しては、専門的な知識を有する人材、多様な分野に精通している人材、営業力・交渉力に長けた人材
       等の有能な人材を獲得することに注力していく方針としております。また、女性コンサルタントの採用も積極的
       に行っていく方針であります。
        従業員の育成のため、専門的知識や専門的スキルの向上のための社内研修の充実、M&A情報の共有等の施策
       を図ることとしております。特に当事業年度においては、多くのM&Aコンサルタントを採用したこともあり、
       当事業年度に入社したM&Aコンサルタントが早期に収益貢献できるよう育成に努めてまいります。さらに、優
       秀なM&Aコンサルタントの定着率を向上させるため、成果主義に基づく給与制度や人事考課制度を採用してお
       りますが、社会環境や組織構造の変化に対応して随時見直しを行うとともに、従業員が積極的に仕事に取り組め
       る環境を整備してまいります。
                                 11/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  マッチングサイト「M&A市場SMART」の更なる活用

        当社では、譲渡希望先の意向によって、インターネット上でのマッチングサイト「M&A市場SMART」に
       企業名を伏せたまま案件概要を掲載し、買収に関心のある企業を募っております。「M&A市場SMART」を
       活用し、不特定多数の企業から買収候補先を探索することは、譲渡希望先にとってはより良い条件での譲渡の可
       能性が高まるとともに、買収候補先にとっても譲渡案件を適時に把握でき、すぐに買収に参加できることとな
       り、双方にメリットがあります。このような「M&A市場SMART」の利点を生かし、顧客満足を一層高めら
       れるよう、継続的にWEBサイトの更新・強化を図ることで「M&A市場SMART」の利便性を高めるととも
       に、より多くの企業から「M&A市場SMART」を経由して買収希望を獲得できるよう、その普及に努めてま
       いります。
      ⑥買収ニーズ情報の有効活用及び買収企業希望への積極的な提案

        当社では日々多くの買収希望企業から問い合わせを受け、収集した買収ニーズ情報はデータベースに蓄積して
       おります。データベース化した買収ニーズ情報を有効活用することは、「M&A市場SMART」によるマッチ
       ングと合わせ、譲渡希望先により良い相手先とのマッチング機会を提供するとともに、買収希望企業にもより多
       くの買収を検討する機会を提供することとなります。今後はさらに買収ニーズ情報を多くデータベースに蓄積す
       るとともに、データベースをより利用しやすい環境に整備し、適時に提案できるよう努めてまいります。
      ⑦案件の進捗管理

        業績目標を達成する上では、個々案件の成約に向けた進捗管理が重要な課題になると認識しておりますが、案
       件の成約時期については、譲渡希望先と買収候補先のそれぞれの意向や意思決定手続等により左右され、当社で
       完全にコントロールできない面もあります。また最近では、譲渡希望先と買収候補先のいずれかが大企業となる
       ケースも増えており、以前に比べると成約までの期間が長期化する傾向にあります。
        当社では、コンサルタントが成約目標時期を譲渡希望先と買収候補先に示すとともに、当事者の意思決定プロ
       セスも考慮し、スケジュール化することで、成約までの期間がさらに長期化することのないよう努めておりま
       す。また全案件の進捗管理のため、毎週、案件の進捗状況を把握し、必要に応じた対策を図るようにしておりま
       す。さらに、会計・法律などの専門家で構成された業務支援部を2017年12月より設置し、コンサルタントをサ
       ポートするとともに、専門知識が必要となる高度ないし複雑な案件も成約できる支援体制を整備しております。
        これらの施策により、案件の進捗管理は徐々に改善されておりますが、成約が遅延している案件の原因把握及
       びその情報の共有、業務支援部の増員など、さらに改善の余地はあると考え、継続的に管理体制の見直しに努め
       てまいります。
                                 12/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】

      当社の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項を以
     下に記載しております。併せて、必ずしもそのようなリスクに該当しない事項についても、投資者の判断にとって重
     要であると当社が考える事項については、積極的な情報開示の観点から記載しております。なお、本項の記載内容は
     当社株式の投資に関する全てのリスクを網羅しているものではありません。
      当社は、これらのリスクの発生可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の迅速な対応に努める方針
     でありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本項以外の記載内容もあわせて慎重に検討した上で行われる
     必要があると考えております。
      本項記載の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
     (1)  事業環境に関連するリスクについて

      ① M&A市場の低迷
        中堅・中小企業のM&A市場は、1990年代以降、オーナー経営者の高齢化に伴う後継者問題等を背景に拡大傾
       向にあります。また、今後も、ベンチャー企業の出口戦略としてのM&Aの活用やノンコア事業からの撤退手段
       としてのM&Aの活用等により、市場は更に拡大する可能性があるものと予測しており、当社でも様々なM&A
       ニーズに対応できるよう体制を整備しております。しかしながら、将来的に後継者問題解決策としてのM&A譲
       渡ニーズが減少に転ずること、金融市場の動向等によりM&A買収ニーズが減少に転ずること等を要因として、
       市場が縮小した場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        なお、過去にも、リーマンショックや東日本大震災を契機として、M&A買収ニーズの減少によりM&A市場
       が一時的に縮小した経緯もあり、類似した経済情勢の変化や自然災害の影響を受けて市場が低迷する可能性もあ
       ります。
        当面のところ、当該リスクが顕在化する可能性は低いものと判断しておりますが、経済情勢の変化や自然災害
       はいつ発生してもおかしくないものとなります。また、日本国内における経済情勢悪化の度合いが大きいほど、
       発生した自然災害のエリアや災害規模が大きいほど、当社の経営成績及び財政状態に与える影響は大きくなりま
       す。
      ② M&Aに関する法的規制

        現状、M&A仲介業務を直接的に規制する法令等はなく、許認可制度や資格制限もありません。しかしなが
       ら、今後、法令等の制定・改定により、M&A仲介業務に対する何らかの規制を受けることに至った場合、当社
       の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        また、M&A取引又はM&A制度にかかる金融商品取引法、会社法、税法等の法改正が行われることで、社会
       におけるM&Aニーズも変化する可能性があり、その結果として、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
       可能性があります。
        現在のところ、リスクが顕在化するような具体的な法改正は行われておりませんが、リスクが顕在化する可能
       性が生じた場合には、早期に、検討及び分析を行い、必要な対応を図る予定としております。
      ③ 同業者との競合

        M&A仲介事業は許認可制度や資格制限もないことに加え、事業の開始にあたって大規模な設備投資も不要で
       あることから、相対的に参入障壁が低い事業であると判断しております。このため、大手事業者から個人事業者
       まで多数の事業者がM&A仲介事業を展開しており、今後も同業者間での競争が激しくなることが推測されま
       す。
        当社では、M&A仲介業務の差別化や顧客からの信頼を向上させるため、会議、研修、社内システムにより、
       これまでの経験により蓄積されたノウハウの社内共有、従業員に対する専門的知識の教育を行うとともに、公認
       会計士・税理士等の有資格者やM&A実務経験者の積極的な採用(当事業年度においてはこれらの者を6名採
       用)をするなどの施策を講じて対応を図っておりますが、競合他社との競争が激化した場合には、当社の経営成
       績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/73



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (2)  事業内容に関連するリスクについて
      ① 案件成約の遅延
        M&A仲介事業は、譲渡先と買収先の意向に従い、受託から成約までの一連の業務が進められております。当
       社は両者のマッチングが円滑に進み、早期に成約に至るよう取り組んでおり、案件の進捗管理を適時に実施して
       おりますが、両者での条件交渉が難航することや、買収先が手配して実施するデューディリジェンス作業が遅延
       すること等を要因として、予定通りに案件が進まない場合も想定されます。この結果、当社の事業年度別の経営
       成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        なお、当事業年度においては、当社の顧客である譲渡企業と買収企業のどちらかが大企業となる案件も増えて
       きていること等に伴い、当初予定に比べ成約までの期間がやや長期化する傾向となりましたが、今後について
       は、成約までの期間が更に長期化する可能性は低いものの、同様の傾向が続くものと判断しております。
      ② 業績の変動

        M&A仲介事業は、受託する案件の規模により、成約報酬も異なっております。当社では、受託案件数を増や
       すことにより、業績が大きく変動しないよう取り組んでおりますが、案件成約数の一時的な変動や成約案件規模
       の大小により、四半期又は事業年度毎の一定期間で区切ってみた場合に、期間毎の業績が大きく変動する可能性
       があり、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        当事業年度においては、104組の成約組数のうち、6組が大型案件(1組あたりの売上が1億円以上の案件)で
       ありましたが、大型案件の成約が少ない時期と多い時期とで四半期単位での業績変動は大きく、今後も暫くは同
       様の事態が生ずる可能性があります。
      ③ 人材の獲得、確保、育成

        当社が事業を拡大していくには、優秀なM&Aコンサルタントの獲得、育成、維持が重要な課題であると認識
       し、これに取り組んでおります。しかしながら、人材を適時に確保できない場合、人材が大量に社外流出してし
       まった場合、あるいは人材育成が計画通りに進展しない場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
       可能性があります。
        とくに、当社は当事業年度末現在の従業員数119名の小規模な組織形態であることから、従業員が欠けるような
       事態に至った場合の経営成績及び財政状態への影響は相対的に大きいものと考えられます。
      ④ 情報セキュリティの管理

        当社は、顧客から情報を入手するに際して、秘密保持契約等を締結し、顧客に対して守秘義務を負っておりま
       す。当社では、顧客から入手した情報が漏洩しないよう、社内規程を整備し、情報の保管管理を徹底するととも
       に、役職員に対しても守秘義務に関する教育を行う等の施策を講じております。しかしながら、不測の事態等に
       より、守秘義務の対象となる情報が漏洩した場合、損害賠償請求等の金銭補償や信用力の低下等により、当社の
       経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        なお、現在のところ、当該リスクが発生する可能性のある要因は認識しておりません。
      ⑤ 個人情報管理

        当社は、メールマガジンの登録及びセミナーの受講等において、個人情報を取得する場合があります。当社で
       は「個人情報の保護に関する法律」に従い、社内規程を整備し、個人情報の厳正な管理を行っております。この
       ような対策にも関わらず、個人情報の漏洩や不正使用等の事態が生じた場合、損害賠償請求等の金銭補償や信用
       力の低下等により、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        なお、現在のところ、当該リスクが発生する可能性のある要因は認識しておりません。
     (3)  その他のリスクについて

      ① 大株主及び当社代表取締役について
        当社代表取締役 荒井邦彦は、当社の創業者及び経営の最高責任者であり、荒井邦彦の資産管理会社である株
       式会社K&Companyとあわせて、当事業年度末現在、当社株式の49.7%を所有する大株主であるととも
       に、経営においても重要な役割を担っております。当社では、過度な依存を回避すべく、会議体での重要な意思
       決定の徹底、組織としての管理体制の強化、マネジメント層の採用・育成を図っておりますが、現時点において
       当該役員に対する依存度は高い状況にあるといえます。そのため、何らかの理由により同氏が当社の経営を行う
       ことが困難な状態となり、また、後任となる経営層の採用・育成が進展していなかった場合には、当社の経営成
                                 14/73

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
       績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        当事業年度末日後、執行役員を増員させる組織体制とし、マネジメント層を充実させ、中長期的な観点で当該
       リスクへの対応を図っております。
                                 15/73




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況
     の概要並びに経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
     す。
      なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。
     (1)  経営成績等の状況の概要

      ①  財政状態及び経営成績の状況
       1)財政状態
        (資産の部)
         当事業年度末の流動資産は、前事業年度末に比べ827百万円増加し、5,930百万円となりました。これは主と
        して現金及び預金が475百万円、売掛金が350百万円増加したことによるものであります。
         当事業年度末の固定資産は、前事業年度末に比べ180百万円増加し、497百万円となりました。これは主とし
        て、投資有価証券が128百万円増加したことによるものであります。
        (負債の部)

         当事業年度末の流動負債は、前事業年度末に比べ374百万円増加し、1,253百万円となりました。これは主と
        して未払金が144百万円、未払法人税等が99百万円増加したことによるものであります。
         当事業年度末の固定負債は、前事業年度末に比べ15百万円減少し、11百万円となりました。
        (純資産の部)

         当事業年度末の純資産は、前事業年度末に比べ648百万円増加し、5,162百万円となりました。これは、主と
        して、利益剰余金が配当により174百万円、自己株式取得により518百万円それぞれ減少したものの、当期純利
        益により1,342百万円増加したことによるものであります。
       2)経営成績

        当事業年度においては、104組の案件が成約(前期は88組の成約)し、売上高は5,077百万円(前期比35.6%
       増)と増収となりました。売上原価は、積極的なコンサルタントの人員増強による先行投資や売上増加に伴うイ
       ンセンティブの増加等により、1,910百万円(前期比34.0%増)、販売費及び一般管理費は、人員数の増加等によ
       る人件費の増加、採用費用の増加、本社以外のオフィス移転及び本社増床による地代家賃の増加等により1,280百
       万円(前期比32.6%増)となった結果、営業利益は1,886百万円(前期比39.5%増)となりました。経常利益は、
       自己株式取得費用が発生し、1,889百万円(前期比39.4%増)となり、当期純利益は1,342百万円(前期比45.9%
       増)と増益となりました。
        なお、当社はM&A仲介事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません
      ②  キャッシュ・フローの状況

        当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、5,393百万円と前事業年度末と比べ475
       百万円の増加となりました。主な増減要因は、下記のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は1,366百万円(前事業年度は1,025百万円の収入)となりました。これは主に、
        法人税等の支払額が457百万円あったものの、税引前当期純利益を1,889百万円計上したことによるものであり
        ます。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は197百万円(前事業年度は115百万円の支出)となりました。これは主に、投資
        有価証券の取得による支出が129百万円、敷金の差入による支出が39百万円あったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は693百万円(前事業年度は150百万円の支出)となりました。これは、自己株式
        の取得による支出が519百万円、配当金の支払額が174百万円あったことによるものであります。
                                 16/73

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ③  生産、受注及び販売の実績

      a.生産実績
       該当事項はありません。
      b.受注実績

       該当事項はありません。
      c.販売実績

       当事業年度における販売実績は、次のとおりであります。
             事業の名称                  販売高(千円)                前年同期比(%)
      M&A仲介事業                               5,077,679                   +35.6

               合計                       5,077,679                   +35.6

      (注)   1.当社は、M&A仲介事業の単一セグメントであるため、セグメントに関わる記載は省略しております。
         2.前事業年度及び当事業年度の主な相手先別の販売実績は、総販売実績に対する割合が100分の10以上の相
           手先がいないため、記載を省略しております。
         3.前事業年度及び当事業年度におけるM&A成約組数の実績は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
             分類の名称                (自 2017年9月1日                 (自 2018年9月1日
                              至 2018年8月31日)                  至 2019年8月31日)
            M&A成約組数                      88                 104
                                 17/73













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
      経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお文中
     の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであり、将来生じる実際の結果とは異なる可
     能性がありますので、ご留意ください。
      ①  重要な会計方針及び見積り

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成されておりま
       す。この財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財
       務諸表 注記事項 重要な会計方針」に記載のとおりであります。
        また、財務諸表の作成にあたっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告
       金額及び開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りについて、過去の実績等
       を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りと異なる
       場合があります。
      ②  当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.財政状態の分析
       (資産の部)
        当事業年度末の流動資産は、前事業年度末に比べ827百万円増加し、5,930百万円となりました。主な変動科目
       は下記のとおりであります。
        ・配当金の支出や自己株式の取得による支出があったものの、当初計画を超える経営成績を達成したことによ
         り現金及び預金が475百万円増加しました。
        ・事業年度末間近に案件成約が重なったことにより、売掛金が350百万円増加しました。
        当事業年度末の固定資産は、前事業年度末に比べ180百万円増加し、497百万円となりました。主な変動科目は

       下記のとおりであります。
        ・大阪オフィスの移転等による設備投資により、有形固定資産が12百万円増加しました。
        ・純投資目的とする新規投資等により、投資有価証券が128百万円増加しました。
       (負債の部)

        当事業年度末の流動負債は、前事業年度末に比べ374百万円増加し、1,253百万円となりました。主な変動科目
       は下記のとおりであります。
        ・人員増加等に伴う賞与の増加、業績連動役員報酬の増加等により未払金が144百万円増加しました。
        ・課税所得の増加に伴い、未払法人税等が99百万円増加しました。
        当事業年度末の固定負債は、前事業年度末に比べ15百万円減少し、11百万円となりました。

       (純資産の部)

        当事業年度末の純資産は、前事業年度末に比べ648百万円増加し、5,162百万円となりました。主な変動科目は
       下記のとおりであります。
        ・利益剰余金が配当により174百万円減少したものの、当期純利益により1,342百万円増加しました。
        ・自己株式の取得により、518百万円減少しました。
       b.経営成績の分析

       (活動状況・取り組み)
        当事業年度において、2018年10月と11月は全国5か所で、2019年2月と3月は全国5か所で、2019年6月と7
       月は全国17か所で大規模なセミナーを開催しました。その他小規模なセミナーも開催することにより、多くの
       方々にM&Aについて理解いただく機会を設けることができました。また広報活動も積極的に行い、外部向けに
       は信用力の向上および知名度の向上、内部向けには社員の帰属意識を高め、組織の一体化を図ることで、顧客が
       安心して相談できる環境を整備しました。
        業務提携については、1月に東北税理士協同組合、4月に滋賀県税理士協同組合と業務提携し、税理士事務所
       とのネットワークをさらに広げてまいりました。また、提携先金融機関より人材を受け入れることで、提携先金
                                 18/73

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
       融機関内においてM&Aを担当する人材の育成を担い、協業によるM&A支援体制の強化を行いました。
        人員面については、受託案件の増加に対応するとともに、今後更なる成長を目指すため、積極的な採用を行
       い、当事業年度においてM&Aコンサルタントを42名増員いたしました。人員増加とともに、関西エリアでの更
       なる営業力強化と業務の効率化を目指し、3月に大阪オフィスを移転いたしました。
        このような取り組みの結果、新規受託は当初計画(266件)を上回り、289件の実績を達成することができまし
       た。
        また、2015年7月に開設したM&Aの総合情報専門サイト「M&A                                Оnline」は、当事業年度においてデータ
       ベースを拡充すること等の効果もあり、2018年11月に月間100万ページビューを超え、以後継続的に毎月100万
       ページビューを超す安定した閲覧数を確保しております。このような背景のもと、「M&A                                           Online」上で3つ
       の新サービス(①当社だけではなく他社の譲渡案件を掲載した「M&A                                  Online    Market」の創設、②買収希望
       企業による買収ニーズを掲載した「求社広告」、③閲覧者向けの「一般広告」)を2019年7月より開始いたしま
       した。これらの新サービスは当事業年度では収益は発生していないものの、次期より徐々に収益化を進めてまい
       ります。
       (売上高)

        当事業年度の売上高は5,077百万円と、前事業年度に比べ1,333百万円の増収(前期比35.6%増)となり、過去最
       高となりました。この主な要因は、成約組数が目標(120組)に届かなかったものの、104組成約(前期比+16組)す
       るとともに、大型案件の成約が6組(前期比+3組)となり、全体的に成約単価が上昇したことによるものでありま
       す。
        成約組数について、当初目標が達成できなかったのは、当社の顧客である譲渡企業と買収企業のどちらかが大
       企業となる案件も増えてきていること等に伴い、当初予定に比べ成約までに期間がやや長期化していることが要
       因と判断しております。
        成約単価については、売上高を成約組数で除した金額ベースで、前事業年度は42百万円のところ当事業年度は
       48百万円と上昇しております。
        大型案件の成約数の増加及び成約単価の上昇については、上場並びに積み重ねてきた成約実績に対して、当社
       への信用力及び知名度が向上したことが要因と分析しております。
       (売上総利益)

        当事業年度の売上原価は1,910百万円となり、前事業年度に比べ485百万円の増加(前期比34.0%増)となりまし
       た。この主な要因は、提携先からの紹介案件の成約が増えたことにより案件紹介料が175百万円増加、M&Aコン
       サルタントの増加に伴い給与手当が157百万円及び賞与が86百万円がそれぞれ増加したことによるものでありま
       す。
        この結果、当事業年度の売上総利益は3,167百万円と、前事業年度に比べて848百万円の増益(前期比36.6%増)
       となりました。
       (営業利益)

        当事業年度の販売費及び一般管理費は1,280百万円となり、前事業年度に比べ314百万円の増加(前期比32.6%
       増)となりました。この主な要因は、人員増加に伴う給与手当の増加129百万円、業績連動役員報酬の増加に伴う
       役員報酬の増加79百万円、本社増床及び営業所移転に伴う地代家賃の増加37百万円等によるものであります。
        この結果、当事業年度の営業利益は1,886百万円と、前事業年度に比べて533百万円の増益(前期比39.5%増)と
       なりました。
       (経常利益)

        当事業年度の営業外収益は3百万円となり、前事業年度に比べ1百万円の増加(前期比59.8%増)となりまし
       た。この主な要因は、受取配当金が1百万円増加したことによるものであります。
        当事業年度の営業外費用は1百万円となり、前事業年度に比べて1百万円の増加となりました。
        この結果、当事業年度の経常利益は1,889百万円と、前事業年度に比べて534百万円の増益(前期比39.4%増)と
       なりました。
       (当期純利益)

        当事業年度の特別利益は0百万円となり、前事業年度に比べ0百万円の減少となりました。
                                 19/73

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
        当事業年度の特別損失は発生しませんでした。
        また、当事業年度の法人税等は547百万円となり、前事業年度に比べ111百万円の増加(前期比25.6%増)となり
       ました。
        この結果、当事業年度の当期純利益は1,342百万円と、前事業年度に比べて422百万円の増益(前期比45.9%増)
       となりました。
       c.経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社の経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載
        のとおりであります。
       d.資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         当事業年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)②キャッシュ・フローの状況」に記載のと
        おりであります。
         当社の運転資金需要の主なものは、人材の獲得、維持にかかる人件費、営業継続のための物件維持費及びシ
        ステム維持費、将来の顧客獲得のため又は顧客の利便性や当社サービス向上のため広告宣伝費及びシステム改
        良費等の営業費用であります。
         現時点で予定されている重要な資本的支出はありませんが、当社がM&Aにより企業買収することは常に視
        野に入れており、買収資金として活用する可能性はあります。
         当社としては、不測の事態や競合会社とのサービス競争も想定し、十分な資金を自己資金(内部留保により)
        として確保しながら、必要に応じて銀行借入で調達する方針としております。なお、当事業年度末での銀行借
        入はありません。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 20/73











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

       当事業年度における設備投資の総額は                  28 百万円であり、その主な内訳は、大阪オフィス移転に伴う有形固定資産
      の取得等でありました。このほか、これらの移転及び本社の増床に伴い、敷金を新たに39百万円差し入れておりま
      す。
       また、当事業年度において、重要な設備の除却、売却はありません。
       なお、当社はM&A仲介事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの設備投資等の概要は記載を省略し
      ております。
    2 【主要な設備の状況】

      当社における主要な設備は、以下のとおりであります。
                                               2019年8月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
       事業所名                                              従業員数
                設備の内容
       (所在地)                                               (人)
                               工具、器具
                         建物             ソフトウエア         合計
                                及び備品
     本社                                                     95
                 業務施設          29,832       16,853         884      47,571
     (東京都千代田区)                                                   〔25〕
     大阪オフィス                                                     10

                 業務施設          18,850        5,573         -     24,424
     (大阪府大阪市中央区)                                                   〔-〕
     (注)   1.  当社はM&A仲介事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けた記載を行っておりま
          せん。
        2.現在休止中の主要な設備はありません。
        3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        4.  従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時
          雇用者数(パートタイマー、アルバイト、人材派遣会社からの派遣社員を含む。)は、最近1年間の年間
          の平均雇用人員を〔 〕外数で記載しております。
        5.上記の他、他の者から賃借している設備の内容は、下記のとおりであります。なお、下記金額に消費税
          等は含まれておりません。
              事業所名                   年間賃借料
                        設備の内容
              (所在地)                    (千円)
          本社
                        業務施設            115,535
          (東京都千代田区)
          大阪オフィス
                        業務施設            13,005
          (大阪府大阪市中央区)
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1) 重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2) 重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 21/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     60,000,000

                 計                                   60,000,000

      ② 【発行済株式】

                                 上場金融商品取引所

               事業年度末現在           提出日現在
        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              (2019年8月31日)          (2019年11月26日)
                                  商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利
                                           内容に何ら限定のない当社に
                                  東京証券取引所
       普通株式           19,354,200          19,354,200                おける標準株式であります。
                                   (市場第一部)
                                           また、1単元の株式数は100
                                           株であります。
        計         19,354,200          19,354,200           ―            ―
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                                     2017年11月30日

                                         当社取締役 2名
     付与対象者の区分及び人数
                                         当社従業員 32名
                                           1,140     (注)1
     新株予約権の数(個)※1
     新株予約権の目的となる株式の種類                  ※1
                                           普通株式
                                         228,000    (注)1
     新株予約権の目的となる株式の数(株)※1
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                  ※1※2                     2,458   (注)2
     新株予約権の行使期間           ※1
                                     2019年12月1日~2022年11月30日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の                                発行価格           2,458
     発行価格及び資本組入額(円)              ※1※2                 資本組入額        1,229   (注)3
     新株予約権の行使の条件            ※1
                                            (注)4
                                 新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の決議によ
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※1
                                る承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                            (注)5
     ※1
       ※ 1.当事業年度の末日(2019年8月31日)における内容を記載しております。なお、当事業年度の末日から提出
          日の前月末現在(2019年10月31日)にかけて変更された事項はありません。
        2.2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割しております。これに伴い、新株予約権行使
          時の払込金額及び新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額を算定して
          おります。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株とする。ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分
          割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整され
          るものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目
          的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるも
          のとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの
          場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるもの
          とする。
                                 22/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
          整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                             分割(または併合)の比率
          また、新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の
          処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
          の移転の場合を除く。)、             次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                      新規発行株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                        新株発行前の1株当たりの時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                    既発行株式数+新規発行株式数
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
          かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
          発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。さらに、上記のほか、本新株予約権の割
          当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これらの場合に準じて行使価額の調整を
          必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行うことができるものとする。
        3.  増加する資本金及び資本準備金に関する事項
         ①   新株予約権の行使により           株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
           項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じた
           ときは、その端数を切り上げるものとする。
         ②   新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、(注)3①記載の資本
           金等増加限度額から、(注)3①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        4.新株予約権の行使の条件
         ① 新株予約権者は、2018年8月期における当社の損益計算書(当社が連結財務諸表を作成することとなっ
           た場合には、連結営業利益を参照する。)に記載された営業利益(本新株予約権の発行に伴い計上され
           る費用を除くものとする。以下同様。)が13億円を超過しており、かつ、2019年8月期乃至2020年8月
           期のいずれかの期における営業利益が20億円を超過した場合にのみ、新株予約権を行使することができ
           る。
           なお、参照すべき営業利益の概念に重要な変更があった場合や決算期を変更する場合等これらの場合に
           準じて指標の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に別途参照すべき指標を取締役
           会にて定めるものとする。
         ② 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監査役また
           は従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取
           締役会が認めた場合は、この限りではない。
         ③ 新株予約権者の相続人による新株予約権の行使は認めない。
         ④ 新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過するこ
           ととなるときは、新株予約権の行使を行うことはできない。
         ⑤ 各新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
        5.組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
         (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
         株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第                         236  条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
         (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。た
         だし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収
         分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件を勘案のうえ、(注)1に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付する再編対象会社の各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等
                                 23/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
           を勘案のうえ、(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、(注)5③に従って
           定められる当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から行使期間の末日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           (注)3に準じて決定する。
         ⑦ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧ その他交付する再編対象会社の新株予約権の行使の条件
           (注)4に準じて決定する。
         ⑨ その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
                                 24/73













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2015年3月9日
                     268      5,378      52,260       82,260       52,260       60,010
     (注)1
     2015年8月31日
                     166      5,544      32,370      114,630       32,370       92,380
     (注)2
     2016年2月29日
                  2,766,456       2,772,000           -    114,630          -     92,380
     (注)3
     2016年6月20日
                   166,000      2,938,000        262,678       377,308       262,678       355,058
     (注)4
     2016年7月21日
                   34,100     2,972,100         53,959      431,268       53,959      409,018
     (注)5
     2016年9月1日~
                   27,500     2,999,600         3,272      434,540        3,272      412,290
     11月30日(注)6
     2016年12月1日
                  5,999,200       8,998,800           -    434,540          -    412,290
     (注)7
     2016年12月1日~
     2017年5月31日
                   522,000      9,520,800         20,880      455,420       20,880      433,170
     (注)6
     2017年6月22日
                   156,300      9,677,100        368,320       823,741       368,320       801,491
     (注)8
     2018年6月1日
                  9,677,100
                        19,354,200            -    823,741          -    801,491
     (注)9
     (注)   1.  有償第三者割当
          発行価格  390,000円
          資本組入額 195,000円
          割当先   三井住友信託銀行株式会社
        2.  有償第三者割当
          発行価格  390,000円
          資本組入額 195,000円
          割当先   大同生命保険株式会社
        3.2016年2月29日付で普通株式1株につき500株の株式分割を行っております。
        4.  有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格  1株につき                  3,440円
          引受価額  1株につき              3,164.80円
          資本組入額 1株につき              1,582.40円
        5.  有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格  1株につき              3,164.80円
          資本組入額 1株につき              1,582.40円
          割当先   SMBC日興証券株式会社
        6.新株予約権の権利行使
        7.2016年12月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。
        8.  有償一般募集
          発行価格  1株につき                  4,972円
          発行価額  1株につき                  4,713円
          資本組入額 1株につき               2,356.5円
        9.2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。
                                 25/73





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2019年8月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                     単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     24     24     58     99      6   3,800     4,011       -
     (人)
     所有株式数
               ―   34,627      1,978     57,163     18,569       11   81,159     193,507       3,500
     (単元)
     所有株式数
               ―   17.89      1.02     29.54      9.60     0.01     41.94     100.00        -
     の割合(%)
     (注)自己株式250,036株は、「個人その他」に2,500単元、「単元未満株式の状況」に36株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】
                                               2019年8月31日現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
                     東京都新宿区西新宿6丁目10番1号日土地西
     株式会社K&Company                                        5,400,000          28.27
                     新宿ビル8階
     荒井 邦彦                東京都練馬区                        4,097,000          21.45
     日本トラスティ・サービス信託
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号                         628,000         3.29
     銀行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号                         591,800         3.10
     株式会社(信託口)
     石塚 辰八                東京都清瀬市                         577,800         3.02
     三井住友信託銀行株式会社(常任
                     東京都千代田区丸の内1丁目4番1号
     代理人    日本トラスティ・サービ
                                              554,000         2.90
                      (東京都中央区晴海1丁目8番11号)
     ス信託銀行株式会社)
     鈴木 伸雄                東京都渋谷区                         540,000         2.83
     大同生命保険株式会社(常任代理
                     大阪府大阪市西区江戸堀1丁目2番1号
     人 日本トラスティ・サービス                                         498,000         2.61
                      (東京都中央区晴海1丁目8番11号)
     信託銀行株式会社)
     金田 和也                東京都目黒区                         352,900         1.85
     BBH/SUMITOMO       MITSUI    TRUST(UK)
     LIMITED    FOR  SMT  TRUSTEES
                     BLOCK5,HARCOURT        CENTRE    HARCOURT     ROAD,
     (IRELAND)LIMITED         FOR  JAPAN
                     DUBLIN2                         276,900         1.45
     SMALL   CAP  FUND   CLT  AC
                      (東京都千代田区丸の内1丁目3番2号)
      (常任代理人 株式会社三井住
     友銀行)
            計                    ―             13,516,400          70.75
     (注)1.     2019年4月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、アセットマネジメン
          トOne株式会社が2019年3月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として
          2019年8月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
          せん。なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数         株券等保有割合
            氏名又は名称                   住所
                                             (株)         (%)
         アセットマネジメント
                      東京都千代田区丸の内1丁目8番2号                         706,100          3.65
         One株式会社
       2. 2019年7月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友信託銀行株
          式会社並びにその共同保有者である三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社及び日興アセットマ
          ネジメント株式会社が2019年7月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、三井住
          友信託銀行株式会社を除き、当社として2019年8月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんの
          で、上記大株主の状況には含めておりません。なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりで
          あります。
                                          保有株券等の数         株券等保有割合
            氏名又は名称                   住所
                                             (株)         (%)
                                 26/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
         三井住友信託銀行株式会
                      東京都千代田区丸の内1丁目4番1号                         554,000          2.86
         社
         三井住友トラスト・ア
         セットマネジメント株式             東京都港区芝公園1丁目1番1号                         679,500          3.51
         会社
         日興アセットマネジメン
                      東京都港区赤坂9丁目7番1号                         69,800          0.36
         ト株式会社
                                 27/73



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2019年8月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                     (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                      普通株式       250,000
                                        完全議決権株式であり、権利内容に何
                                        ら限定のない当社における標準となる
                         普通株式
                                        株式であります。
     完全議決権株式(その他)                               191,007
                                        また、1単元の株式数は100株であり
                        19,100,700
                                        ます。
                         普通株式
     単元未満株式                              ―              ―
                           3,500
     発行済株式総数                    19,354,200           ―              ―
     総株主の議決権                     ―          191,007             ―

     (注)単元未満株式には、当社保有の自己株式36株が含まれております。
      ② 【自己株式等】
                                                2019年8月31日現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義       所有株式数
       所有者の氏名                                            総数に対する
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)            東京都千代田区大手町一丁
                                250,000        ―      250,000         1.29
                目9番2号
     株式会社ストライク
         計             ―          250,000        ―      250,000         1.29
                                 28/73











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
                会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得
       【株式の種類等】
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】
                区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

     取締役会(2019年1月28日)での決議状況
                                         250,000            600,000,000
     (取得期間2019年1月29日~2019年3月8日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       ―               ―
     当事業年度における取得自己株式                                    250,000            518,541,200
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       ―          81,458,800
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       ―             13.6
     当期間における取得自己株式                                       ―               ―
     提出日現在の未行使割合(%)                                       ―             13.6
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                   株式数(株)             価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                       36            76,860

     当期間における取得自己株式                                       40            143,400

     (注) 当期間における取得自己株式には、2019年11月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ
        る株式数は含めておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                             当事業年度                    当期間

            区分
                                処分価額の総額                   処分価額の総額
                        株式数(株)                   株式数(株)
                                   (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他(  ―  )                         ―         ―         ―         ―
     保有自己株式数                      250,036            ―      250,076            ―

     (注) 当期間における保有自己株式数には、2019年11月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式数は含めておりません。
                                 29/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、将来の事業展開等を総合的に勘案しつつ、株主各位に対する利益還元である配当と事業機会に即応できる
     体質強化のための内部留保、そして経営活性化のための役職員へのインセンティブにも留意し、適正な利益配分を実
     施することを基本方針としており、当面は当期純利益の概ね20%を目標として配当していく方針であります。
      当社は、年1回の期末配当を行うことを基本としており、決定機関は株主総会であります。また、当社は中間配当
     を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。なお、内部留保資金につきましては、今後
     予想される経営環境の変化に対応できる経営組織体制強化の財源及び新サービスや新規事業(M&Aを含む)の財源と
     して利用していく予定であります。
      第23期事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき普通株式1株当たり14.50円の期末配当を実施することを
     決定いたしました。この結果、第23期事業年度の配当性向は20.8%となりました。
       なお、第23期事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
              決議年月日            配当金の総額(千円)               1株当たり配当額(円)
             2019年11月26日
                             277,010                14.50
             定時株主総会決議
                                 30/73















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
        当社は、「人を創り、人に尽くす」の企業理念の下、当社を取り巻くステークホルダーの利益を守り、ステー
       クホルダーの期待に応えていくため、経営の健全性、効率性、透明性の視点からコーポレート・ガバナンスの強
       化に努め、更なる改善を図り、持続的な企業成長を目指すことを基本方針としております。
      ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        当社では、会社法上の機関として、取締役会、監査役会、会計監査人を設置し、業務執行機能を強化するため
       執行役員制度を導入するとともに、日常的に生ずる課題に迅速に対応し、情報を共有するために経営会議・営業
       会議を設置しております。また、有効な内部統制を構築するために内部監査室を設置し、コンプライアンス体制
       を強化するためにコンプライアンス推進委員会を設置しております。更に、必要に応じて、弁護士等の外部専門
       家に助言をいただくことで、コーポレート・ガバナンス体制を補強しております。
       a 取締役会
         当社の取締役会は、女性1名を含む取締役6名(うち社外取締役2名)で構成され、そのうち2名が独立社外
        取締役となります。毎月1回の定例取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しており、法
        令・定款に定められた事項、取締役会規程に従い、当社の業務執行を決定し、取締役の職務遂行を監督してお
        ります。当社独立社外取締役2名の内訳は、企業経営者1名、公認会計士1名で、それぞれの分野で高い見識
        を認められており、当社の経営に多面的な視点で、取締役会への助言及び監視を行っております。2019年8月
        期の取締役会は、18回開催しております。全取締役が全ての取締役会に出席しております。提出日現在の取締
        役は以下のとおりです。
         荒井邦彦(議長、代表取締役社長)
         鈴木伸雄(取締役副社長)
         金田和也(取締役)
         中村康一(取締役)
         田代正明(社外取締役)
         小駒望(社外取締役)
       b 監査役会・監査役

         監査役会は監査役3名(うち社外監査役3名)で構成され、コーポレート・ガバナンスのあり方とその運営状
        況を監督し、取締役の職務執行を含む日常の業務活動を監査しております。社外監査役は、経営経験者、公認
        会計士・税理士、弁護士であり、それぞれの経験を生かした視点で監査しております。
         監査役会は毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時監査役会を開催し、監査計画の策定、監査実施状況、
        監査結果等の検討、監査役相互の情報共有等を行っております。2019年8月期の監査役会は、14回開催してお
        ります。全監査役が全ての監査役会に出席しております。提出日現在の監査役は以下のとおりです。
         荒木二郎(議長、常勤社外監査役)
         寿藤聡(社外監査役)
         黒松百亜(社外監査役)
       c 執行役員

         当社は、業務執行機能を強化し、機動的な業務執行を図るため、執行役員制度を導入しております。執行役
        員は、取締役会によって選任され、取締役会の決議によって定められた分担に従い、業務執行を行っておりま
        す。執行役員は、11名(うち取締役との兼務は2名)で、任期は選任後1年以内に終了する事業年度の末日とし
        ております。
       d 経営会議

         適宜、常勤取締役、常勤監査役から構成される経営会議を開催し、業務執行の状況報告、重要な問題事項の
        討議、経営課題や将来展開等の検討を行っております。2019年8期は、12回開催しております。
         荒井邦彦(代表取締役社長)
         鈴木伸雄(取締役副社長)
         金田和也(取締役)
                                 31/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
         中村康一(取締役)
         荒木二郎(常勤社外監査役)
       e 営業会議

         毎週1回、営業に関連する部門の担当取締役、執行役員、部長から構成される営業会議を開催し、案件の進
        捗状況や受託状況についての検討、日常的に発生する問題事項の討議を行い、意思決定の迅速化と業務遂行の
        効率化を図っております。
         鈴木伸雄(取締役副社長)
         金田和也(取締役兼執行役員)
         中村康一(取締役兼執行役員)
         石塚辰八(執行役員兼マーケティング部長)
         水ノ上浩光(執行役員兼業務推進部長)
         髙野俊哉(執行役員)
         相良史郎(執行役員兼企業情報部長)
         和久田敏弘(執行役員兼企業情報部長)
         橋口和弘(執行役員兼企業情報部長)
         鈴木芳憲(企業情報部長)
         奥崎強司(執行役員兼情報システム部長)
       f コンプライアンス推進委員会

         当社は、社内のコンプライアンス意識を高め、全社的な視点でコンプライアンスを推進していくためにコン
        プライアンス推進委員会を設置しております。代表取締役社長の荒井邦彦が委員長となり、3名の委員(取締
        役  中村康一、相川未薫、森井聡)で構成されており、必要に応じて開催する方針としております。
       g 内部監査

         当社は、社長直轄組織である内部監査室(内部監査室長 吉田正幸)を設け、法令及び社内規程への遵守、
        不正防止、業務の効率化・社内管理の有効化等の視点で業務監査等を実施しており、重要な問題が検出された
        場合には社長及び監査役会に報告するとともに、その改善対応についても確認を行っております。
       h 会計監査人

         有限責任     あずさ監査法人と監査契約を締結し、監査を受けております。
       当社のコーポレート・ガバナンス体制は以下の図のとおりであります。

                                 32/73








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
                                 33/73





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ③企業統治に関するその他の事項
        当社では、取締役会において、内部統制システムに関する基本方針を決議し、当該方針に従い内部統制の整
       備・運用を図っております。基本方針については、環境の変化に応じて適宜見直すこととしております。この基
       本方針の概要は下記のとおりであります。
       a 取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ・法令及び定款を遵守し、かつ社会的な要請や期待に応えていくことを企業倫理として醸成していき、コン
         プライアンス推進委員会を中心に、社内でのコンプライアンスの周知徹底を図る。
         ・取締役は、重大な法令違反や社内規程違反を発見した場合には、直ちに監査役に報告するとともに、遅滞
         なく取締役会において報告し、必要に応じて外部専門家に協力いただきながら対応に努める。
         ・反社会的勢力との取引排除に向けて、反社会的勢力に対する基本方針を定め、社内に周知し、これらに該
         当する者に対して毅然とした態度で対応する。
       b 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         ・文書管理規程、営業秘密等管理規程を制定し、社内情報の保管・管理を行う。
         ・個人情報保護規程、情報システム管理運用規程等を制定し、安全に情報が管理される体制を構築する。
       c 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ・リスク管理規程を制定し、これに基づき、リスクの事前把握に努めるとともに、会社のリスク情報が社長
         に集約される仕組みを構築し、迅速かつ適切な組織対応を図る。
         ・法律事務所及びその他専門家から必要に応じて助言を受けるとともに、リスクに対して迅速な対応が図れ
         るようこれらの者と密接な関係を構築する。
       d 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ・社内規程において明確化された職務分掌及び権限に基づいて業務運営を行う体制とし、分業体制に基づく
         職務執行の効率化を図る。
       e 当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         ・当社に関係会社は存在しないものの、新たに関係会社が生じた場合には、遅滞なく関係会社の管理のため
         の規程を制定し、適切な管理体制を構築するものとする。
       f 監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制、その使用人の独立性に関する事項及びその使用人に対する
         指示の実効性の確保に関する事項
         ・監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合又は補助すべき使用人の増員を求めた場
         合、監査役と協議の上、適任と認められる使用人を配置する。
         ・監査役の職務を補助すべき使用人を置いた場合には、その使用人に対する指揮命令、監督、人事考課等の
         権限は監査役会に移譲されるものとする。
       g 取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制
         ・毎月定期的に取締役会を開催し、取締役から重要事項について報告を行うものとする。また、取締役及び
         使用人は、監査役の求めに応じて、随時その職務の執行状況等を報告するものとする。更に、監査役は、定
         期的に社長との意見交換会を開催するとともに、定期的に管理部担当役員から業績等についての詳細報告を
         受ける。
       h 監査役の職務執行で生ずる費用又は債務に関する事項
         ・監査役会は、毎年、監査役の職務に関する予算を会社に請求できるものとし、また、予算が不足する場合
         には追加での費用を請求できるものとし、当社は、明らかに職務に関係しないと認められるものが含まれる
         場合等拒否事由がある場合を除き、これに応じる。
       i その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         ・取締役は、監査役の監査環境の整備、向上に協力する。
         ・監査役は、管理部その他の各部門に対して、必要に応じて、監査への協力を求めることができる。
      ④リスク管理体制の整備の状況

        当社のリスク管理体制としては、リスク管理規程を定めるとともに、日常的に発生するリスクについては経営
       会議において報告・検討され、未然防止及び早期対応を図るよう努めております。例外的又は突発的なリスクに
       関しては、必要に応じてリスク管理委員会を設置して、対応を図る予定としております。
        また、リスクの未然防止のために、コンプライアンス推進委員会が中心となり、役職員のコンプライアンス意
       識の向上、コンプライアンス遵守を優先する組織風土の構築のための施策を検討するとともに、各部門への指導
       を行っております。
                                 34/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ⑤取締役の定数

        当社の取締役は7名以内とする旨を定款で定めております。
      ⑥取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3の1以上を有する株主が
       出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票によ
       らない旨を定款に定めております。
      ⑦株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議
       決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
       もって行う旨を定款で定めております。
      ⑧中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会決議によって毎年2月末日を基準日として中間配当がで
       きる旨を定款に定めております。
      ⑨自己株式の取得

        当社は、環境変化に対応して、機動的な資本政策の実行を可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づ
       き、取締役会決議によって、市場取引等により自己株式を取得できる旨を定款に定めております。
      ⑩役員の責任免除及び責任限定契約の内容の概要

        当社は、職務遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定に
       基づき、取締役(取締役であった者を含む)及び監査役(監査役であった者を含む)の会社法第423条第1項の責任を
       法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。
        また、当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)及び監査役と
       の間で、会社法第423条第1項に定める責任を法令が規定する額まで限定する契約を締結することができる旨を定
       款に定めております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等である者を除く。)
       及び監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がない場合に限られます。当社は、
       社外取締役及び監査役との間で当該責任限定契約を締結しております。
                                 35/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ①役員一覧
     男性  7 名 女性    2 名(役員のうち女性の比率            22.2  %)
                                                      所有株式数 
         役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               1993年4月      太田昭和監査法人(現         EY新日本
                                     有限責任監査法人)入所
                               1997年7月      当社設立、代表取締役社長就任
        代表取締役
                                                       9,497,000
                                     (現任)
                 荒井 邦彦      1970年11月19日      生                      (注)3
                                                        (注)5
         社長
                               1999年6月      ㈱テイン監査役
                               2005年6月      ㈱アミューズ監査役
                               2005年10月      ㈱セルバンク取締役
                               1972年4月      協和銀行(現     ㈱りそな銀行)入行
                               1989年8月      協和フィナンシャルフュー
                                     チャーズ(シンガポール)取締役
                                     社長
                               1992年12月      ㈱あさひ銀行(現        ㈱りそな銀
                                     行) 長岡支店長
                               1995年5月      ㈱あさひ銀行(現        ㈱りそな銀
         取締役
                                     行) シカゴ支店長
                 鈴木 伸雄      1948年11月28日      生                      (注)3     540,000
         副社長
                               2002年6月      あさひ銀事業投資㈱(現          りそな
                                     キャピタル㈱)取締役
                               2003年11月      当社入社
                               2008年4月      ㈱ISホールディングス取締役(現
                                     任)
                               2009年6月      当社取締役副社長就任(現任)
                               2009年8月      ㈱セルバンク取締役(現任)
                               2006年12月      あずさ監査法人(現        有限責任あ
                                     ずさ監査法人)入所
                               2009年7月      当社入社
         取締役
                               2013年12月      当社執行役員第二企業情報部長
         執行役員         金田 和也      1981年8月13日      生                      (注)3     352,900
                               2017年11月      当社取締役就任
       企業情報部担当
                                     執行役員第二企業情報部長、第
                                     三企業情報部長
                               2018年9月      当社取締役兼執行役員企業情報
                                     部担当(現任)
                               1999年10月      太田昭和監査法人(現         EY新日本
                                     有限責任監査法人)入所
                               2005年1月      公認会計士中村康一事務所開業
         取締役
                               2005年8月      中村康一税理士事務所開業
         執行役員         中村 康一      1974年6月24日      生                      (注)3     191,500
                               2014年2月      当社取締役就任
        管理部担当
                               2014年11月      当社取締役兼執行役員管理部長
                               2018年9月      当社取締役執行役員管理部担当
                                     (現任)
                               1965年4月      オリエント・リース㈱(現            オ
                                     リックス㈱)入社
                               2003年6月      同社常務執行役
                               2004年2月      同社専務執行役
                               2005年3月      ㈱大京取締役
         取締役        田代 正明      1941年12月10日      生                      (注)3
                                                        ―
                               2005年4月      同社代表取締役社長
                               2005年6月      同社取締役兼代表執行役社長
                               2010年6月      同社相談役
                               2015年11月      当社取締役就任(現任)
                               2006年12月      新日本有限責任監査法人(現            EY
                                     新日本有限責任監査法人)入所
                               2008年4月      パレスキャピタル㈱入社
                               2010年11月      小駒望公認会計士事務所開業
                  小駒 望
                               2012年8月      虎ノ門有限責任監査法人社員(現
         取締役         (戸籍名:      1980年7月31日      生                      (注)3
                                                        ―
                                     任)
                  今岡 望)
                               2016年6月      ユナイテッド㈱社外監査役(現
                                     任)
                               2018年6月      ㈱FIS社外監査役(現任)
                               2019年11月      当社取締役就任(現任)
                                 36/73




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数 

         役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               1972年4月      住友信託銀行㈱(現        三井住友信
                                     託銀行㈱)入社
                               1999年6月      同社執行役員 神戸支店長
                               2004年6月      同社代表取締役 専務執行役員
                               2006年6月      住信リース㈱(現       三井住友トラ
                                     スト・パナソニックファイナン
                                     ス㈱)代表取締役社長
        常勤監査役         荒木 二郎      1950年2月24日      生   2008年6月      住友信託銀行㈱(現        三井住友信     (注)4     39,800
                                     託銀行㈱)顧問、住友不動産㈱顧
                                     問
                               2009年8月      三協・立山ホールディングス㈱
                                     監査役
                               2012年6月      三協立山㈱監査役
                               2014年7月      当社監査役就任(現任)
                               2015年8月      三協立山㈱取締役(監査等委員)
                               1987年10月      太田昭和監査法人(現         EY新日本
                                     有限責任監査法人)入所
                               1992年7月      寿藤聡公認会計士事務所開業
                               1998年6月      当社監査役就任(現任)
                               2002年8月      税理士法人ブレイン綜合会計代
                                     表社員
                               2006年10月      ㈱パートナーズ・ホールディン
                                     グス取締役
         監査役         寿藤 聡     1964年5月7日      生                      (注)4     37,000
                                     ㈱パートナーズ・コンサルティ
                                     ング代表取締役
                                     ㈱パートナーズ・アセット・ア
                                     ドバイザリー代表取締役
                               2008年4月      ㈱グローバル・パートナーズ・
                                     コンサルティング取締役
                               2010年4月      寿藤会計事務所入所
                               2015年1月      税理士法人ブレイン綜合会計代
                                     表(現任)
                               2001年12月      弁護士登録、御正・市原法律事
                                     務所入所
                               2004年3月      田邨・大橋・横井法律事務所(現
         監査役        黒松 百亜      1974年8月22日      生                      (注)4
                                                        ―
                                     晴海協和法律事務所)入所(現任)
                               2015年11月      当社監査役就任(現任)
                            計                          10,658,200
     (注)   1.取締役田代正明、小駒望は、社外取締役であります。
        2.  監査役荒木二郎、寿藤聡及び黒松百亜は、社外監査役であります。
        3.  取締役の任期は、2019年11月26日開催の定時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度のう
          ち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        4.監査役の任期は、2019年11月26日開催の定時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度のう
          ち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        5.代表取締役社長荒井邦彦の所有株式数は、同氏の資産管理会社である株式会社K&Companyが所有す
          る株式数を含んでおります。
        6.  当社は、業務執行機能の強化を図るため、執行役員制度を導入しております。執行役員は、取締役との兼任
          者2名に加え、執行役員企業情報部長 相良史郎、執行役員企業情報部長 和久田敏弘、執行役員企業情報
          部長 橋口和弘、執行役員業務支援部長 渋谷大、執行役員広報部長 日高広太郎、執行役員マーケティン
          グ部長    石塚辰八、執行役員業務推進部長                水ノ上浩光、執行役員特命担当               髙野俊哉、執行役員情報システ
          ム部長 奥崎強司の計11名で構成されております。
        7.  当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役
          1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                  所有株式数
             氏名         生年月日                略歴
                                                   (株)
                             1976年4月      大同生命保険相互会社(現 大相
                                   生命保険㈱)入社
                             2000年7月      大同生命保険相互会社(現           大同
                                   生命保険㈱)取締役
            臼井 壮之介         1953年11月15日生                                ―
                             2015年4月      ㈱T&Dホールディングス取締役副
                                   社長執行役員
                             2018年6月
                                   岡三証券㈱社外監査役(現任)
      ②社外役員の状況

        当社の社外取締役は2名であり、社外取締役と当社の間には人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害
                                 37/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
       関係はありません。社外取締役である田代正明氏は、上場企業の経営者としての豊富な経験があり、小駒望氏
       は、公認会計士としての高い専門性と豊富な経験を有しており、いずれも社外取締役としての機能及び役割を適
       切 に遂行できるものと判断しております。
        当社の社外監査役は3名であり、社外監査役と当社の間には人的関係、重要な資本的関係又は取引関係その他
       の利害関係はありません。社外監査役のうち、荒木二郎氏は金融機関の経営者として豊富な経験と幅広い知識を
       有しており、寿藤聡氏は公認会計士及び税理士としての高い専門性と豊富な経験を有しており、それぞれ財務及
       び会計に関する相当程度の知見を有するものであります。また、社外監査役のうち、黒松百亜氏は弁護士として
       の高い専門性と豊富な経験を有しており、企業法務に関する相当程度の知見を有するものであります。いずれも
       社外監査役としての機能及び役割を適切に遂行できるものと判断しております。
        当社では、社外取締役及び社外監査役の選任にあたって、当社と利害関係がなく、独立性を保持しているこ
       と、高い専門性や豊富な経営経験を有していることを選任の基準としております。また、当社では優秀な人材を
       社外役員として確保するため、優秀な社外役員が萎縮せずに能力を発揮できる環境を整備する目的で、社外役員
       の責任限定制度を採用しております。
        社外取締役及び社外監査役については、会計監査人と適宜ディスカッションすることで情報共有や意見交換
       し、両者で連携を図っております。更に、社外取締役及び社外監査役は内部監査人とも定期的に面談を行うこと
       で、内部監査人とも連携しております。社外取締役及び社外監査役に対しては、管理部担当取締役が窓口となっ
       て、適宜必要な報告及び連絡を行うことで、情報が把握できる体制としております。
        なお、当社の社外役員に係る独立性判断基準は以下のいずれの基準にも該当しない者としております。
        <社外役員の独立性判断基準>
        a.当社の業務執行者または過去10年間において業務執行者であった者
        b.当社の主要な取引先(双方いずれにおいても直近事業年度売上高の2%超)とする者または業務執行者
        c.当社の大株主(直近事業年度における議決権保有比率が総議決権の10%を超える株式を保有する者)または
          その業務執行者である者
        d.当社から多額の寄付、融資、債務保証を受けている団体、法人の業務執行者
        e.当社の会計監査またはその社員等として当社の監査業務を担当している者
        f.当社から役員報酬以外に、年間1,000万円を超える金銭その他の財産を得ている弁護士、司法書士、弁理
          士、公認会計士、税理士、コンサルタント等(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体に属している場
          合は、当該団体との取引において双方の売上高または取引額の2%超えかつ1,000万円以上)
        g.当社の取締役、執行役員等、従業員の二親等以内の親族。
        h.過去3年間において、当社の取締役、執行役員等、従業員のいずれかに該当していた者の二親等以内の親族
        i.前各号のほか、当社の一般株主と利益相反関係が生じるなど、独立性を有する社外役員としての職務を果た
          すことができない特段の事由を有している者
                                 38/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①監査役監査の状況
        当社の監査役監査は、3名の社外監査役(常勤監査役1名、非常勤監査役2名)で構成されております。経営
       経験のあるものを常勤監査役として選任し、取締役会への出席のほか、経営会議への出席、取締役及び従業員か
       らの個別の意見聴取、社内資料の定期的な閲覧、事業所への視察等を通じて、社内情報を集積するとともに、取
       締役の経営判断や職務遂行の監査を行っております。また、定期的に監査役会を開催し、非常勤監査役との情報
       共有を行うとともに、非常勤監査役の持つ専門性を生かして、適切な監査判断ができる体制としております。監
       査役会は、2019年8月期に14回開催されました。
      ②内部監査の状況

        当社の内部監査は、社長直轄組織の内部監査室を設置し、専任の内部監査人を1名配置し、内部監査規程に従
       い、内部監査を実施しております。
        内部監査人、監査役及び会計監査人は、定期的に面談を行い、相互に情報共有を行うとともに、問題点が検出
       された場合には、相互の役割を生かして、改善状況を監督又は確認しております。
      ③会計監査の状況

       a.会計監査人の名称
        有限責任あずさ監査法人
       b.業務を執行した公認会計士の氏名

        指定有限責任社員 業務執行社員:椎名 弘
        指定有限責任社員 業務執行社員:和久 友子
       c.監査業務に係る補助者の構成

        公認会計士4名、公認会計士試験合格者等2名
       d.会計監査人の選定方針と理由

        当社は、監査法人の概要、監査日数、監査期間及び具体的な監査実施体制、監査報酬の見積額等に関する資料
       を入手し、質問・面談等を行ったうえで総合的に判断しております。
        また、当社は、会計監査人の解任又は不再任の方針を定めております。会計監査人の解任につきましては、会
       計監査人が会社法第340条第1項各号に定めるいずれかの事由に該当した場合、監査役会は監査役全員の同意によ
       り、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会
       におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。また、会計監査人の職務遂行の状況、
       監査の品質等を総合的に勘案して、監査役会は会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、取締
       役会は当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提案いたします。
       e.監査役及び監査役会による会計監査人の評価

        当社の監査役及び監査役会は、会計監査人の独立性、専門性、監査計画の内容、監査の実施内容及び品質に対
       して評価を行っており、適正に行われていることを確認しております。
     ④監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
               前事業年度                           当事業年度
       監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
       基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)
              14,000                ―           13,500                ―
       b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬

         該当事項はありません。
                                 39/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
       c.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
        (前事業年度)
         該当事項はありません。
        (当事業年度)

         該当事項はありません。
       d.監査報酬の決定方針

         監査報酬については、当社規模、特性及び監査日数等の諸要素を勘案し、当社と監査法人で協議の上、監査
        役会の同意を得て決定しております。 
       e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りなどが当
        社の事業規模や事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額
        について同意の判断を行っております。
                                 40/73















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ①役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針
        当社の取締役の報酬は、基本報酬のほか、業績に対する経営責任を明確にする観点から、業績連動報酬を支給
       することとしております。取締役の基本報酬額については、役位、職務内容、職務量等を踏まえて、取締役会の
       決議により決定する方針としております。
        2014年11月25日開催の定時株主総会において、取締役(定款上の員数は7名以内、本書提出日現在は6名)の報
       酬限度額は年額400百万円以内と決議されております。
        取締役の業績連動報酬については、各事業年度の利益計画の達成を図るとともに、事業の拡大・成長を推進す
       るため、各事業年度の営業利益の目標達成度に応じ、営業利益額に応じた報酬体系としております。営業利益額
       とは、業績連動報酬控除前の営業利益に基づくものとしております。下記業績連動報酬の上限額計算式に基づ
       き、各取締役の業績貢献度及び取締役の報酬限度額等を踏まえ、取締役会決議により、具体的な支給額を決定し
       ております。また、業績連動報酬と業績連動報酬以外の支給割合の決定方針は定めておりません。
       業績連動報酬の上限額=営業利益(業績連動報酬控除前)×業績達成係数※

       ※業績達成係数
        ①営業利益が期初計画を上回る場合:5%
        ②営業利益が期初計画の90%を下回る場合:0%
        ③営業利益が期初計画の90%以上100%以下の水準の場合:5%×(達成率-90%)/(100%-90%)
        当事業年度における業績連動報酬に係る指標の営業利益(業績連動報酬控除前)の目標額は1,677百万円、実績額

       は1,981百万円で期初計画を上回る結果となりました。
        なお、当事業年度における役員報酬等の決定過程における取締役会の活動状況としましては、2018年11月27
       日、2019年7月16日、2019年9月17日開催の取締役会において検討し決議しております。
        当社の監査役の報酬は、その職務の特性から、基本報酬のみを支給することとしております。2014年11月25日

       開催の定時株主総会において、監査役(定款上の員数は4名以内、本書提出日現在は3名)の報酬限度額は年額50
       百万円以内と決議されております。
      ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                  対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                          役員の員数
                               業績連動      ストック
                  (千円)
                         基本報酬                  退職慰労金
                                                    (人)
                                報酬     オプション
     取締役
                    205,400      110,400       95,000         ―      ―       ▶
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       ―      ―      ―      ―      ―       ―
     (社外監査役を除く。)
     社外取締役                10,800      10,800         ―      ―      ―       2
     社外監査役                16,800      16,800         ―      ―      ―       3
      ③役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        重要事項はありません。
                                 41/73





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ①投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、取引
       関係の維持・強化等事業上の必要性、経済合理性等を総合的に勘案し、中長期的な企業価値の向上に繋がるか否
       かを判断し、該当する株式を純投資目的以外の投資株式(政策保有株式)、それ以外を純投資目的株式に区分して
       おります。
      ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
       容
        該当する投資株式は保有しておりません。
      ③保有目的が純投資目的である投資株式

                       当事業年度                   前事業年度
                           貸借対照表計                   貸借対照表計
         区分
                   銘柄数                   銘柄数
                           上額の合計額                   上額の合計額
                   (銘柄)                   (銘柄)
                            (千円)                   (千円)
     非上場株式                   7        152,858           5        22,860
     非上場株式以外の株式                   2        10,270           2        11,859
                                当事業年度

         区分
                   受取配当金の             売却損益の             評価損益の
                   合計額(千円)             合計額(千円)             合計額(千円)
     非上場株式                     3,230               ―             ―
     非上場株式以外の株式                      295              ―          △ 1,589
     (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、評価損益
        の合計額は記載しておりません。
      ④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 42/73








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.財務諸表の作成方法について

      当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作
     成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2018年9月1日から2019年8月31日まで)の
     財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人により監査を受けております。
    3.連結財務諸表について

      子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
    4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
     適切に把握し、会計基準等の変更等へ的確に対応できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
     し、同機構及び監査法人等が主催するセミナーへ参加するほか、財務・会計の専門誌の定期購読を行っております。
                                 43/73














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    1  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年8月31日)              (2019年8月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               4,918,188              5,393,580
        売掛金                                152,188              502,862
        前払費用                                29,939              33,375
        その他                                 2,746              3,236
                                         △ 913            △ 3,016
        貸倒引当金
        流動資産合計                               5,102,150              5,930,037
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               60,997              79,118
                                        △ 7,778             △ 12,799
           減価償却累計額
           建物(純額)                             53,219              66,318
         工具、器具及び備品
                                        40,396              48,177
                                       △ 12,755             △ 21,581
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             27,641              26,596
         有形固定資産合計                               80,861              92,914
        無形固定資産
                                         1,454               884
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               1,454               884
        投資その他の資産
         投資有価証券                               34,719              163,128
         繰延税金資産                               39,109              46,173
                                        160,848              194,141
         その他
         投資その他の資産合計                              234,676              403,444
        固定資産合計                                316,992              497,244
      資産合計                                5,419,143              6,427,282
                                 44/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年8月31日)              (2019年8月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                75,502              105,482
        未払金                                442,127              586,712
        未払費用                                16,586              16,532
        未払法人税等                                269,248              368,594
        預り金                                 9,663              21,199
                                        65,789              155,272
        その他
        流動負債合計                                878,918             1,253,794
      固定負債
                                        26,380              11,305
        その他
        固定負債合計                                26,380              11,305
      負債合計                                 905,298             1,265,100
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                823,741              823,741
        資本剰余金
                                        801,491              801,491
         資本準備金
         資本剰余金合計                              801,491              801,491
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                       2,880,358              4,048,506
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             2,880,358              4,048,506
        自己株式                                   ―          △ 518,618
        株主資本合計                               4,505,591              5,155,122
      評価・換算差額等
                                         4,058              2,955
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                 4,058              2,955
      新株予約権                                  4,194              4,104
      純資産合計                                4,513,844              5,162,181
     負債純資産合計                                  5,419,143              6,427,282
                                 45/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
     売上高                                  3,743,742              5,077,679
                                       1,424,999              1,910,168
     売上原価
     売上総利益                                  2,318,743              3,167,510
                                      ※  965,759            ※  1,280,527
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  1,352,983              1,886,983
     営業外収益
      受取利息                                   145              171
      受取配当金                                  1,880              3,525
                                          287               ―
      その他
      営業外収益合計                                  2,313              3,696
     営業外費用
                                           ―            1,037
      自己株式取得費用
      営業外費用合計                                    ―            1,037
     経常利益                                  1,355,297              1,889,643
     特別利益
                                          144               90
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                   144               90
     税引前当期純利益                                  1,355,441              1,889,733
     法人税、住民税及び事業税
                                        424,248              553,975
                                        11,459              △ 6,578
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   435,708              547,396
     当期純利益                                   919,733             1,342,336
                                 46/73












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 2017年9月1日                  (自 2018年9月1日
                           至 2018年8月31日)                  至 2019年8月31日)
                    注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 人件費                ※1         921,909       64.7         1,196,707        62.6
                              503,090                  713,461

     Ⅱ 経費                ※2                 35.3                  37.4
       売上原価

                                     100.0                  100.0
                             1,424,999                  1,910,168
     (注) 主な内訳は次のとおりであります。

               前事業年度                           当事業年度
            (自 2017年9月1日                           (自 2018年9月1日
             至 2018年8月31日)                           至 2019年8月31日)
      ※1   人件費の主な内訳は次のとおりであります。                        ※1   人件費の主な内訳は次のとおりであります。
          給与手当              322,916    千円          給与手当              480,299    千円
          賞与              532,348    千円          賞与              618,395    千円
      ※2   経費の主な内訳は次のとおりであります。                        ※2   経費の主な内訳は次のとおりであります。
          案件紹介料              394,041    千円          案件紹介料              569,900    千円
          旅費交通費              87,586   千円          旅費交通費              125,137    千円
          外注作業費              11,560   千円          外注作業費               6,757   千円
                                 47/73













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
                                                     (単位:千円)
                          株主資本                 評価・換算差額等
                  資本剰余金         利益剰余金
                                           その他
                                                   新株予約
                                               評価・換
                        その他利益
                                                       純資産合計
                                       株主資本    有価証券
                                                    権
             資本金                     自己株式             算差額等
                         剰余金
                資本準備    資本剰余         利益剰余
                                       合計   評価差額
                                                合計
                  金   金合計         金合計
                         繰越利益
                                            金
                         剰余金
     当期首残高        823,741    801,491    801,491    2,115,459     2,115,459        ― 3,740,692      3,902    3,902      ― 3,744,594
     当期変動額
     剰余金の配当                   △ 154,833    △ 154,833        △ 154,833                △ 154,833
     当期純利益                    919,733     919,733         919,733                 919,733
     自己株式の取得                               ―     ―                 ―
     株主資本以外の
     項目の当期変動                                       156    156   4,194     4,350
     額(純額)
     当期変動額合計          ―    ―    ―  764,899     764,899       ―  764,899      156    156   4,194    769,249
     当期末残高        823,741    801,491    801,491    2,880,358     2,880,358        ― 4,505,591      4,058    4,058    4,194   4,513,844
     当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

                                                     (単位:千円)
                          株主資本                 評価・換算差額等
                  資本剰余金         利益剰余金
                                           その他
                                                   新株予約
                                               評価・換
                        その他利益
                                                       純資産合計
                                       株主資本    有価証券
                                                    権
             資本金                     自己株式             算差額等
                         剰余金
                資本準備    資本剰余         利益剰余
                                        合計   評価差額
                                                合計
                  金   金合計         金合計
                         繰越利益
                                            金
                         剰余金
     当期首残高        823,741    801,491    801,491    2,880,358     2,880,358        ― 4,505,591      4,058    4,058    4,194   4,513,844
     当期変動額
     剰余金の配当                   △ 174,187    △ 174,187        △ 174,187                △ 174,187
     当期純利益                   1,342,336     1,342,336         1,342,336                 1,342,336
     自己株式の取得                            △ 518,618    △ 518,618                △ 518,618
     株主資本以外の
     項目の当期変動                                      △ 1,102   △ 1,102    △ 90   △ 1,192
     額(純額)
     当期変動額合計           ―    ―    ― 1,168,148     1,168,148    △ 518,618     649,530    △ 1,102   △ 1,102    △ 90   648,337
     当期末残高        823,741    801,491    801,491    4,048,506     4,048,506    △ 518,618    5,155,122      2,955    2,955    4,104   5,162,181
                                 48/73








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                1,355,441              1,889,733
      減価償却費                                  12,308              16,669
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   351             2,103
      受取利息及び受取配当金                                 △ 2,025             △ 3,696
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 58,569             △ 350,674
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  53,372              29,980
      未払金の増減額(△は減少)                                  91,218              144,478
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 7,728              56,920
                                       △ 25,650              35,086
      その他
      小計                                1,418,717              1,820,600
      利息及び配当金の受取額
                                         2,025              3,696
                                       △ 395,393             △ 457,461
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                1,025,349              1,366,835
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 49,344             △ 28,153
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 10,500             △ 129,998
      敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 56,839             △ 39,768
      敷金及び保証金の回収による収入                                  3,705              2,493
                                        △ 2,101             △ 2,280
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 115,080             △ 197,707
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      新株予約権の発行による収入                                  4,338                ―
      自己株式の取得による支出                                    ―          △ 519,655
                                       △ 154,575             △ 174,081
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 150,237             △ 693,736
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   760,032              475,391
     現金及び現金同等物の期首残高                                  4,158,156              4,918,188
                                     ※  4,918,188             ※  5,393,580
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 49/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
         より算定)を採用しております。
         時価のないもの
         移動平均法による原価法を採用しております。
       2.固定資産の減価償却の方法

        (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法(ただし、建物(2016年3月31日以前に取得した建物附属設備を除く)については定額法)を採用しており
        ます。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物          3~22年
         工具、器具及び備品   4~15年
        (2)   無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       3.引当金の計上基準

        貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       4.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
        負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。 
       5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
      (未適用の会計基準等)

       収益認識に関する会計基準等
         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
         (1)  概要
           収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行業務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行業務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行業務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
         (2)  適用予定日
           2022年8月期の期首より適用予定であります。
         (3)  当該会計基準等の適用による影響
           影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 50/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (表示方法の変更)
      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)を当事業年度の期首か
      ら適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変
      更しております。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」28,395千円は、「投資その他の
      資産」の「繰延税金資産」39,109千円に含めて表示しております。
      (損益計算書関係)

       ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額、並びにおおよその割合は次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度
                            (自 2017年9月1日                 (自 2018年9月1日
                            至 2018年8月31日)                 至 2019年8月31日)
       役員報酬                        153,450    千円             233,000    千円
       給与手当                        148,505    千円             251,666    千円
       賞与                         20,640   千円              46,690   千円
       地代家賃                        119,938    千円             157,433    千円
       減価償却費                         12,308   千円              16,669   千円
       貸倒引当金繰入額                          351  千円              2,103   千円
       広告宣伝費                        159,655    千円             128,017    千円
       おおよその割合
        販売費                           24 %                28 %
        一般管理費                           76 %                72 %
                                 51/73













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
                   株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式      (注)
                      9,677,100          9,677,100              -      19,354,200
         合計            9,677,100          9,677,100              -      19,354,200
     自己株式
      普通株式                     ―          ―          ―          ―
         合計                ―          ―          ―          ―
     (注)変動事由の概要
        普通株式の増加の内訳は、次のとおりであります。   
         株式分割による増加    9,677,100株
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)
                                                       当事業
                       目的となる
            内訳                                          年度末残高
                       株式の種類
                              当事業                   当事業
                                                       (千円)
                                     増加      減少
                             年度期首                   年度末
    第2回ストック・オプションとしての
                         ―        ―      ―      ―      ―    4,194
          新株予約権
               合計                  ―      ―      ―      ―    4,194
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
       (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (千円)       配当額(円)
     2017年11月28日
                普通株式          154,833          16.00    2017年8月31日         2017年11月29日
     定時株主総会
      (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)            配当額(円)
     2018年11月27日
               普通株式        174,187     利益剰余金          9.00   2018年8月31日         2018年11月28日
     定時株主総会
                                 52/73








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
                   株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                 19,354,200               ―          ―      19,354,200
         合計            19,354,200               ―          ―      19,354,200
     自己株式
      普通株式                     ―       250,036             ―       250,036
         合計                ―       250,036             ―       250,036
     (注)変動事由の概要
        普通株式の自己株式の増加の内訳は、次のとおりであります。
         取締役会決議に基づく取得   250,000株
         単元未満株式の買取による取得                     36株
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)
                                                       当事業
                       目的となる
            内訳                                          年度末残高
                       株式の種類
                              当事業                   当事業
                                                       (千円)
                                     増加      減少
                             年度期首                   年度末
    第2回ストック・オプションとしての
                         ―        ―      ―      ―      ―    4,104
          新株予約権
               合計                  ―      ―      ―      ―    4,104
     3.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり
       (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                        (千円)       配当額(円)
     2018年11月27日
                普通株式          174,187          9.00    2018年8月31日         2018年11月28日
     定時株主総会
      (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                      (千円)            配当額(円)
     2019年11月26日
               普通株式        277,010     利益剰余金          14.50    2019年8月31日         2019年11月27日
     定時株主総会
      (キャッシュ・フロー計算書関係)

        ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前事業年度               当事業年度
                            (自 2017年9月1日               (自 2018年9月1日
                            至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
       現金及び預金勘定                        4,918,188千円               5,393,580千円
       預入期間が3ヵ月を超える定期預金                            ―               ―
       現金及び現金同等物                        4,918,188               5,393,580
                                 53/73





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針 
        当社は設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達する方針としております。一時的な余資は
       主に定期預金、投資有価証券で運用し、また短期的な運転資金が必要となる場合には銀行借入により調達する方
       針としております。
        また、デリバティブ取引については、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券は、主として国内の上場及び
       非上場企業の株式を投資対象とした投資有価証券であり、市場価格の変動リスク及び発行体の信用リスクに晒さ
       れております。買掛金及び未払金は、そのほとんどが2ヵ月以内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスクの管理(取引先の契約不履行等に係るリスク)
         営業債権については、取引に先立ち顧客の信用リスクを把握し、信用リスクの高い取引先とは取引を行わな
        い方針とするとともに、毎月取引先毎に回収状況及び債権残高を管理することによって、回収懸念の早期把握
        やリスクの軽減を図っております。
       ② 市場リスクの管理
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体(投資先企業)の財政状態等を把握し、保有状況を継続的に
        見直すとともに、必要に応じて当該業績の状況等を価額に反映させております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰を確認し、十分な手元流動性を維持すること等により流
        動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。
                                 54/73










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     2.金融商品の時価等に関する事項
       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
      めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
     前事業年度(2018年8月31日)

                       貸借対照表計上額               時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
      (1)   現金及び預金
                            4,918,188            4,918,188                ―
      (2)   売掛金
                             152,188            152,188               ―
      (3)   投資有価証券
                              11,859            11,859               ―
      資産計                      5,082,235            5,082,235                ―
      (1)   買掛金
                              75,502            75,502               ―
      (2)   未払金
                             442,127            442,127               ―
      (3)   未払法人税等
                             269,248            269,248               ―
      負債計                       786,878            786,878               ―
     当事業年度(2019年8月31日)

                       貸借対照表計上額               時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
      (1)   現金及び預金
                            5,393,580            5,393,580                ―
      (2)   売掛金
                             502,862            502,862               ―
      (3)   投資有価証券
                              10,270            10,270               ―
      資産計                      5,906,712            5,906,712                ―
      (1)   買掛金
                             105,482            105,482               ―
      (2)   未払金
                             586,712            586,712               ―
      (3)   未払法人税等
                             368,594            368,594               ―
      負債計                      1,060,790            1,060,790                ―
     (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項
        資 産
        (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
        (3)  投資有価証券
         これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        負 債

        (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)未払法人税等 
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。 
       2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                               (単位:千円)
                            前事業年度               当事業年度
               区分
                           (2018年8月31日)               (2019年8月31日)
         非上場株式                         22,860              152,858
         非上場株式については、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時価を把
        握することが極めて困難と認められるものであるため、「(3)                             投資有価証券」には含めておりません。
                                 55/73




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
       3.金銭債権の決算日後の償還予定額
         前事業年度(2018年8月31日)
                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
         現金及び預金                       4,918,188           ―       ―       ―
         売掛金                        152,188          ―       ―       ―
                   合計             5,070,376           ―       ―       ―
         当事業年度(2019年8月31日)

                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
         現金及び預金                       5,393,580           ―       ―       ―
         売掛金                        502,862          ―       ―       ―
                   合計             5,896,442           ―       ―       ―
                                 56/73
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
      その他有価証券
      前事業年度(2018年8月31日)
                               貸借対照表計上額           取得原価          差額
                       種類
                                 (千円)         (千円)         (千円)
                  (1)  株式
                                    11,859          6,009         5,849
                  (2)  債券                  ―         ―         ―
     貸借対照表計上額が取得原
     価を超えるもの
                  (3)  その他
                                      ―         ―         ―
                       小計             11,859          6,009         5,849
                  (1)  株式
                                      ―         ―         ―
                  (2)  債券
                                      ―         ―         ―
     貸借対照表計上額が取得原
     価を超えないもの
                  (3)  その他
                                      ―         ―         ―
                       小計               ―         ―         ―
                合計                    11,859          6,009         5,849
      当事業年度(2019年8月31日)

                               貸借対照表計上額           取得原価          差額
                       種類
                                 (千円)         (千円)         (千円)
                  (1)  株式
                                    10,270          6,009         4,260
                  (2)  債券
                                      ―         ―         ―
     貸借対照表計上額が取得原
     価を超えるもの
                  (3)  その他
                                      ―         ―         ―
                       小計             10,270          6,009         4,260
                  (1)  株式
                                      ―         ―         ―
                  (2)  債券
                                      ―         ―         ―
     貸借対照表計上額が取得原
     価を超えないもの
                  (3)  その他
                                      ―         ―         ―
                       小計               ―         ―         ―
                合計                    10,270          6,009         4,260
                                 57/73











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (ストック・オプション等関係)
       1.権利確定条件付き有償新株予約権の概要

       (1)権利確定条件付き有償新株予約権の内容
                                 第2回新株予約権
                             当社取締役  2名
          付与対象者の区分及び人数
                             当社従業員  32名
          株式の種類別のストック・オプション
                             普通株式   228,000株
          の数(注)1
          付与日                   2017年12月15日
          権利確定条件                   (注)2

          対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません。

          権利行使期間                   2019年12月1日~2022年11月30日

         (注)   1.株式数に換算して記載しております。なお、2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の割合
            で株式分割を行っており、株式分割後の株式数に換算して記載しております。
            2.新株予約権の行使の条件については、以下のとおりであります。
             ①新株予約権者は、2018年8月期における当社の損益計算書(当社が連結財務諸表を作成すること
             となった場合には、連結営業利益を参照する。)に記載された営業利益(本新株予約権の発行に伴い
             計上される費用を除くものとする。以下同様。)が13億円を超過しており、かつ、2019年8月期乃至
             2020年8月期のいずれかの期における営業利益が20億円を超過した場合にのみ、本新株予約権を行
             使することができる。
              なお、参照すべき営業利益の概念に重要な変更があった場合や決算期を変更する場合等これらの
             場合に準じて指標の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に別途参照すべき指
             標を取締役会にて定めるものとする。
             ②新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社の取締役、監
             査役または従業員であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理
             由があると取締役会が認めた場合は、この限りではない。
             ③新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
             ④本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超
             過することとなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
             ⑤各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       (2)  権利確定条件付き有償新株予約権の規模及びその変動状況

         当事業年度(2019年8月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
        については、株式数に換算して記載しております。
        ① ストック・オプションの数
                            第2回新株予約権
          権利確定前          (株)

           前事業年度末                          233,000

           付与                             ―

           失効                           5,000

           権利確定                             ―

           未確定残                          228,000

          権利確定後          (株)

           前事業年度末                             ―

           権利確定                             ―

           権利行使                             ―

                                 58/73


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
           失効                             ―
           未行使残                             ―

         (注) 2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っており、株式分割後に換算して
            記載しております。
        ② 単価情報

                            第2回新株予約権
          権利行使価格          (円)                   2,458

          行使時平均株価          (円)                     ―

         (注) 2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っており、権利行使価格は株式分割
            後の権利行使価格により記載しております。
       2.採用している会計処理の概要

       (権利確定日以前の会計処理)
        (1)     権利確定条件付き有償新株予約権の付与に伴う従業員等からの払込金額を、純資産の部に新株予約権とし
          て計上する。
         (2)   新株予約権として計上した払込金額は、権利不確定による失効に対応する部分を利益として計上する。
       (権利確定日後の会計処理)
        (3)     権利確定条件付き有償新株予約権が権利行使され、これに対して新株を発行した場合、新株予約権として
          計上した額のうち、当該権利行使に対応する部分を払込資本に振り替える。
         (4)   権利不行使による失効が生じた場合、新株予約権として計上した額のうち、当該失効に対応する部分を利
          益として計上する。この会計処理は、当該失効が確定した期に行う。
                                 59/73












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度            当事業年度

                                   (2018年8月31日)            (2019年8月31日)
       繰延税金資産
        未払事業税                                15,663千円            23,138千円
        未払賞与                                1,224               ―
        未払社会保険料                                3,913            5,669
        未払家賃                                12,693             8,077
        一括償却資産                                4,061            4,197
        投資有価証券評価損                                1,483            1,483
                                        1,860            4,911
        その他
       繰延税金資産計
                                        40,900            47,478
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                               △1,791            △1,304
       繰延税金負債計                                △1,791            △1,304
       繰延税金資産の純額                                 39,109            46,173
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

       なった主要な項目別の内訳
                                     前事業年度            当事業年度

                                   (2018年8月31日)            (2019年8月31日)
       法定実効税率
                                          30.9%            30.6%
        (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.8            1.7
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △0.0            △0.0
        住民税均等割                                  0.5            0.4
        法人税額の特別控除                                   ―          △3.6
                                          0.0           △0.2
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                   32.1            29.0
                                 60/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
        当社の事業は、M&A仲介事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

        当社の事業は、M&A仲介事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      【関連情報】

       前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
       1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略し
        ております。
       2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産はありませんので、該当事項はありません。
       3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
       当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

       1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービス区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略し
        ております。
       2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
         本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産

         本邦以外に所在している有形固定資産はありませんので、該当事項はありません。
       3.主要な顧客ごとの情報

         該当事項はありません。
                                 61/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

        該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

        該当事項はありません。
      【関連当事者情報】

       前事業年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
        該当事項はありません。
       当事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

        該当事項はありません。
                                 62/73











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                             前事業年度                 当事業年度
                           (自 2017年9月1日                 (自 2018年9月1日
                           至 2018年8月31日)                  至 2019年8月31日)
     1株当たり純資産額                               233.01円                 270.00円
     1株当たり当期純利益                               47.52円                 69.86円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                               47.39円                  -円

     (注)   1.2018年6月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該
          株式分割が行われたと仮定して1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定して
          おります。
        2.当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しない
          ため記載しておりません。
        3.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
          す。
                             前事業年度                 当事業年度
                           (自 2017年9月1日                 (自 2018年9月1日
                           至 2018年8月31日)                  至 2019年8月31日)
     1株当たり当期純利益
     当期純利益金額(千円)                               919,733                1,342,336

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                   ―                 ―

     普通株式に係る当期純利益(千円)                               919,733                1,342,336

     普通株式の期中平均株式数(株)                              19,354,200                 19,214,745

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      当期純利益調整額(千円)

                                       ―                 ―
       普通株式増加数(株)                                52,007                   ―

                                                      (   ―)

       (うち新株予約権)(株)                               (52,007)
                                        新株予約権1種類(新株予約権の数
     希薄化効果を有しないため、潜在株式
                                         1,140個(普通株式228,000株))
     調整後1株当たり当期純利益の算定に
                                        なお、概要は「第4          提出会社の状
     含めなかった潜在株式の概要
                                ―
                                         況  1  株式等の状況(2)新株予約
                                         権等の状況」に記載のとおりであ
                                              ります。
                                 63/73







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      (重要な後発事象)
       (投資有価証券の売却)
       当社が保有する資産の効率化をはかるため、保有する投資有価証券(非上場株式)の一部を売却することを決議
      し、2019年9月30日に売却いたしました。これにより、2020年8月期第1四半期会計期間において投資有価証券売
      却益225,000千円を特別利益として計上する見込みであります。
                                 64/73



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                        当期末減価
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                        計額(千円)
     有形固定資産
       建物              60,997      20,001      1,880     79,118      12,799      6,902     66,318

       工具、器具及び備品              40,396      8,152       371    48,177      21,581      9,197     26,596

       有形固定資産計            101,394      28,153      2,252     127,296      34,381      16,099      92,914

     無形固定資産

      ソフトウエア

                     ―      ―      ―    3,066      2,181       569      884
       無形固定資産計               ―      ―      ―    3,066      2,181       569      884

     (注)   無形固定資産の金額が、資産の総額の1%以下であるため、「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少
        額」の記載を省略しております。
       【社債明細表】

        該当事項はありません。 
       【借入金等明細表】

        該当事項はありません。
       【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額
                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                    (千円)        (千円)
     貸倒引当金                  913       3,016          ―       913       3,016
     (注)   貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
       【資産除去債務明細表】

        該当事項はありません。
                                 65/73








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (2) 【主な資産及び負債の内容】
      ①   現金及び預金
                区分                         金額(千円)
     現金                                                   59

     預金

       普通預金                                                4,740,805

      当座預金                                                  2,344

       定期預金                                                 650,371

                 計                                    5,393,520

                合計                                    5,393,580

      ②   売掛金

        相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)
     国際自動車㈱                                                 51,840

     MWHD㈱                                                 51,040

     塩谷建設㈱                                                 40,190

     ㈱LCメディコム                                                 39,528

     ㈱ラッキータウンテレビ                                                 32,400

     SOEIホールディングス㈱                                                 32,400

     その他                                                 255,463

                合計                                     502,862

        売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                  滞留期間(日)
                                          回収率(%)
                                                   (A)+(D)
    当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                                     2
                                          (C)
                                              ×100
                                                    (B)
       (A)         (B)         (C)         (D)
                                        (A)+(B)
                                                    365
         152,188        5,483,639         5,132,964          502,862          91.1         21.8
     (注)  消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                 66/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
      ③   買掛金

                相手先                          金額(千円)
     野村證券㈱                                                 47,014

     ㈱エスエムオー                                                  8,640

     ㈱荘内銀行                                                  5,940

     ㈱常陽銀行                                                  5,940

     SMBC日興証券㈱                                                  5,702

     その他                                                 32,246

                合計                                     105,482

      ④ 未払金

                区分                         金額(千円)
     従業員賞与                                                 413,221

     役員賞与                                                 95,000

     社会保険料                                                 36,450

     従業員立替経費                                                 16,047

     事業所税                                                  4,119

     その他                                                 21,874

                合計                                     586,712

      ⑤ 未払法人税等

                区分                         金額(千円)
     法人税                                                 229,925

     地方法人税                                                 10,134

     住民税                                                 52,968

     事業税                                                 75,567

                合計                                     368,594

                                 67/73






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
     (3) 【その他】
       当事業年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         当事業年度

     売上高            (千円)         827,320        2,192,894         3,413,589         5,077,679

     税引前四半期(当期)
                 (千円)         230,014         756,243        1,200,497         1,889,733
     純利益金額
     四半期(当期)純利益
                 (千円)         151,868         503,917         801,252        1,342,336
     金額
     1株当たり四半期
                 (円)          7.85         26.07         41.62         69.86
     (当期)純利益金額
          (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり
                                             15.56
                 (円)          7.85         18.24                   28.32
     四半期純利益金額
                                 68/73















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             毎年9月1日より翌年8月31日まで

     定時株主総会             毎事業年度終了後より3ヵ月以内

     基準日             毎年8月31日

     剰余金の配当の基準日             毎年8月31日、毎年2月末日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
         取扱場所
                  三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
         株主名簿管理人
                  三井住友信託銀行株式会社
         取次所              ―
         買取手数料             無料

                  当社の公告は電子公告により行います。
                  ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告によることができない場合
     公告掲載方法
                  は、日本経済新聞に掲載する方法により行います。
                  電子公告掲載URL https://www.strike.co.jp/
                  毎年8月31日現在の当社株主名簿に記載または記録された、1単元(100株)以上を
     株主に対する特典
                  保有する株主様を対象に、クオカード1,000円分を贈呈いたします。
     (注) 当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、
        定款に定めております。
        (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 69/73











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        第22期(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日) 2018年11月28日関東財務局長に提出。
      (2)  内部統制報告書及びその添付書類

        2018年11月28日関東財務局長に提出
      (3)  四半期報告書、四半期報告書の確認書

        第23期第1四半期(自 2018年9月1日 至 2018年11月30日) 2019年1月15日関東財務局長に提出。
        第23期第2四半期(自 2018年12月1日 至 2019年2月28日) 2019年4月12日関東財務局長に提出。
        第23期第3四半期(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日) 2019年7月12日関東財務局長に提出。
      (4)  臨時報告書

        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基
        づく臨時報告書
         2018年11月28日関東財務局長に提出。
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に
        著しい影響を与える事象の発生)の規定に基づく臨時報告書
         2019年10月1日関東財務局長に提出。
      (5)自己株券買付状況報告書

        報告期間(自 2019年1月1日 至 2019年1月31日) 2019年2月7日関東財務局長に提出。
        報告期間(自 2019年2月1日 至 2019年2月28日) 2019年3月1日関東財務局長に提出。
        報告期間(自 2019年3月1日 至 2019年3月31日) 2019年4月1日関東財務局長に提出。
                                 70/73









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 71/73



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2019年11月26日

    株式会社ストライク
     取締役会 御中
                         有限責任     あずさ監査法人

                          指定有限責任社員

                                            椎  名            弘
                                    公認会計士                    ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士        和  久  友  子            ㊞
                          業務執行社員
     <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社ストライクの2018年9月1日から2019年8月31日までの第23期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表
    について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社ストライクの2019年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フ
    ローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 72/73





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社ストライク(E32380)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ストライクの2019年
    8月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社ストライクが2019年8月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
    内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財
    務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 73/73








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。