株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス 有価証券報告書 第39期(平成30年9月1日-令和1年8月31日)

提出書類 有価証券報告書-第39期(平成30年9月1日-令和1年8月31日)
提出日
提出者 株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                        有価証券報告書

     【根拠条文】                        金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                        東海財務局長

     【提出日】                        2019年11月26日

     【事業年度】                        第39期(自       2018年9月1日         至   2019年8月31日)

     【会社名】                        株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス

     【英訳名】                        AFC-HD       AMS    Life   Science    Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                        代表取締役社長   淺             山   雄   彦

     【本店の所在の場所】                        静岡県静岡市駿河区豊田三丁目6番36号

     【電話番号】                        054-281-0585(代表)

     【事務連絡者氏名】                        常務取締役管理本部管掌 田 村 茂 樹

     【最寄りの連絡場所】                        静岡県静岡市駿河区豊田三丁目6番36号

     【電話番号】                        054-281-5238(直通)

     【事務連絡者氏名】                        常務取締役管理本部管掌 田 村 茂 樹

     【縦覧に供する場所】                        株式会社東京証券取引所

                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第一部     【企業情報】

     第1   【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

      (1)  連結経営指標等
            回次           第35期       第36期       第37期       第38期       第39期

           決算年月           2015年8月       2016年8月       2017年8月       2018年8月       2019年8月

                       14,415,229       14,631,256       15,141,754       15,795,643       16,252,889

     売上高            (千円)
                        892,109       812,417      1,040,408         982,012      1,014,876

     経常利益            (千円)
     親会社株主に帰属する
                        605,503       489,600       465,893       736,680       783,292
                 (千円)
     当期純利益
                        590,943       465,522       472,794       718,194       738,136
     包括利益            (千円)
                       7,088,580       7,372,633       7,663,740       9,652,986       10,109,847

     純資産額            (千円)
                       17,266,094       16,343,714       16,761,744       18,007,721       18,327,080

     総資産額            (千円)
                         584.58       608.86       632.91       686.37       718.86

     1株当たり純資産額             (円)
                         50.64       40.47       38.48       58.28       55.70

     1株当たり当期純利益             (円)
     潜在株式調整後
                         50.00       40.34
                  (円)                         ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
                          40.8       45.1       45.7       53.6       55.2
     自己資本比率             (%)
                          9.0       6.8       6.2       8.5       7.9

     自己資本利益率             (%)
                          15.6       20.0       21.4       12.3       11.7

     株価収益率             (倍)
     営業活動による
                        856,809       854,432       525,584      1,221,626       1,131,930
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        △ 86,276      △ 220,039      △ 846,806      △ 850,065      △ 202,217
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                       △ 906,984      △ 986,675       △ 45,582       280,168      △ 546,880
                 (千円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                       3,591,864       3,239,581       2,872,777       3,524,507       3,902,201
                 (千円)
     の期末残高
     従業員数
                          547       555       538       559       589
     (ほか、平均臨時             (名)
                        (   206  )    (   205  )    (   202  )     ( 204  )     (  193  )
     雇用者数)
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第37期から第39期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
        3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第39期の期首
          から適用しており、第38期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
          等となっております。
                                  2/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第35期       第36期       第37期       第38期       第39期

           決算年月            2015年8月       2016年8月       2017年8月       2018年8月       2019年8月

                       11,220,255       11,380,998       11,930,947       12,669,510       13,377,164

     売上高             (千円)
                         723,038       677,957       810,311       852,834       839,502

     経常利益             (千円)
                         488,191       183,054       218,155       624,527       579,477

     当期純利益             (千円)
                        1,405,498       1,405,498       1,405,498       2,131,839       2,131,839

     資本金             (千円)
                       12,189,720       12,189,720       12,189,720       14,144,720       14,144,720

     発行済株式総数             (株)
                        6,892,893       6,874,028       6,920,343       8,799,493       9,063,446

     純資産額             (千円)
                       14,654,223       13,552,610       13,289,891       14,671,077       15,334,022

     総資産額             (千円)
                         568.65       567.69       571.52       625.69       644.45

     1株当たり純資産額             (円)
                          15.00       15.00       10.00       20.00       25.00
     1株当たり配当額
                  (円)
     (1株当たり中間配当額)
                         ( 5.00  )     ( 5.00  )     ( 5.00  )    ( 10.00   )    ( 10.00   )
                          40.83       15.13       18.02       49.41       41.20
     1株当たり当期純利益             (円)
     潜在株式調整後
                          40.31       15.08
                  (円)                        ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
                          46.7       50.7       52.1       60.0       59.1
     自己資本比率             (%)
                           7.4       2.7       3.2       7.9       6.5

     自己資本利益率             (%)
                          19.4       53.5       45.7       14.5       15.8

     株価収益率             (倍)
                          36.7       99.1       55.5       40.5       60.7

     配当性向             (%)
     従業員数
                           278       287       298       318       339
     (ほか、平均臨時             (名)
                                 (   75 )    (    78 )
                         (   79 )                     ( 81 )      ( 80 )
     雇用者数)
     株主総利回り                    114.8       119.5       123.1       110.7       105.0
                  (%)
     (比較指標:配当込み
                  (%)      ( 122.5   )    ( 108.2   )    ( 134.6   )    ( 147.4   )    ( 131.5   )
     TOPIX)
     最高株価                     889       951       858       996       740
                  (円)
     最低株価                     688       730       800       706       534

                  (円)
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第37期から第39期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
        3.  第35期及び第36期の1株当たり配当額15円、第39期の1株当たり配当額25円には、記念配当5円を含んでお
          ります。
        4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
        5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第39期の期首
          から適用しており、第38期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
          等となっております。
                                  3/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2  【沿革】
        提出会社は、1969年静岡県静岡市において健康食品、化粧品の製造及び販売を目的として、あさやま商事(個人
       事業)を創業いたしました。
        あさやま商事創業以後の企業集団に係る経緯は、次のとおりであります。
         年月                          概要
              静岡市西島にあさやま商事(個人事業)を改組し、あさやま商事株式会社(現当社 資本金
        1975年9月
              10,200千円)を設立。
        1980年12月       静岡市敷地に味王食品株式会社(現当社 資本金20,000千円)を設立。
        1982年2月       健康食品の通信販売を目的として静岡市に、あさやまファミリークラブ(個人事業)を創業。
        1982年12月       あさやま商事株式会社、静岡市登呂に本社工場を新設し移転。
              静岡市登呂にエモリエ化粧品株式会社(現連結子会社 株式会社日本予防医学研究所)を設
        1983年9月
              立。
              あさやまファミリークラブを株式会社に組織変更し、社名を株式会社エーエフシー(現連結子
        1993年8月
              会社)とする。
              業務拡張につき静岡市中原に新たに味王食品株式会社本社工場を新設。これを機に味王食品株
        1994年12月
              式会社はOEM専門の受託メーカーとなる。
        1997年1月       あさやま商事株式会社を株式会社あさやま総合企画と社名変更。
              味王食品株式会社が、株式会社エーエフシー及び株式会社日本予防医学研究所と株式交換し完
        2000年7月
              全子会社とする。
        2000年9月       味王食品株式会社が株式会社あさやま総合企画を吸収合併する。
              味王食品株式会社が静岡市豊田に本社工場を新設し移転。社名・商号を株式会社アムスライフ
        2001年1月
              サイエンスとする。
        2001年7月       化粧品事業を立ち上げる。
              卸問屋を使った大手量販店、スーパー、ドラッグストアー、コンビニエンスストアー向けの卸
        2002年4月
              事業を株式会社エーエフシーにて本格的に開始する。
              静岡市曲金に、株式会社日本予防医学研究所の100%出資により株式会社けんこうTV(現連
        2004年9月
              結子会社)を設立。
        2005年3月       ジャスダック証券取引所に株式を上場。
              静岡市駿河区豊田に第二工場を新設。
        2005年7月
              本社工場が財団法人日本健康・栄養食品協会より健康補助食品GMP製造所として日健栄協G
              MPを認定取得。
              名古屋市天白区に、本草製薬株式会社からの医薬品及びヘルスケア商品の製造・販売事業譲受
        2007年2月
              のための受皿会社として、AMS本草製薬株式会社(現連結子会社)を設立。
              本草製薬株式会社からの事業譲受により、AMS本草製薬株式会社にて医薬品及びヘルスケア
        2007年6月
              商品の製造・販売事業を開始。なお、社名をAMS本草製薬株式会社から本草製薬株式会社と
              する。
              埼玉県北本市西高尾の株式会社正直村の株式を取得し、自然食品を小売・卸売する同社を連結
              子会社とする。(2011年9月1日に株式会社エーエフシーへ吸収合併)
              千葉県長生郡長南町の株式会社華舞の株式を取得し、健康食品(コラーゲン・乳酸菌等)の製
        2007年12月
              造・販売する同社を連結子会社とする。(2008年12月1日に株式会社エーエフシーへ吸収合併)
              東京都新宿区高田馬場の株式会社モリヤ(株式会社AFCもりや)の株式を取得し、健康食品
        2008年12月
              を小売・卸売する同社を連結子会社とする。(2011年9月1日に株式会社エーエフシーへ吸収
              合併)
              株式会社アムスライフサイエンスを株式会社AFC-HDアムスライフサイエンスと社名変
        2010年3月
              更。
              ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市
        2010年4月
              場)(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場。
        2011年8月
              静岡市駿河区国吉田に国吉田工場を新設。
              株式会社正直村及び株式会社AFCもりやを株式会社エーエフシーに吸収合併し、販売会社を
        2011年9月
              統合。
              東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダー
        2013年7月
              ド)に株式を上場。
        2019年5月       中国浙江省杭州市に杭州永遠愛生物科技有限公司(現連結子会社)を設立。
                                  4/88




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     3  【事業の内容】
      当社の企業集団は、当社(㈱AFC-HDアムスライフサイエンス)及び連結子会社7社により構成されており、主
     な事業として当社及び連結子会社5社により、下記の事業を営んでおります。
      ①健康食品及び化粧品の研究開発・製品設計及び製造販売
      ②漢方医療用医薬品・一般用医薬品・ジェネリツク医薬品・ヘルスケア商品の製造販売
      ③自然食品等の販売
      ④健康情報番組の企画・制作、健康情報誌の発刊を中心とした広告代理店業
      なお、当社グループのセグメントは、健康食品を中心とするヘルスケア事業と漢方医療用医薬品を中心とする医薬品
     事業に分類しております。
      以上、述べた事業を、当社グループを構成する会社別に要約いたしますと、次のとおりであります。
     セグメントの名称               会社名                    主な事業内容

              ㈱AFC-HDアムスライフ               健康食品・化粧品の製造販売
              サイエンス
              ㈱エーエフシー               健康食品・化粧品・自然食品等の販売

              ㈱日本予防医学研究所               健康食品及び化粧品の研究開発・製品設計
      ヘルスケア事業
              本草製薬㈱               ヘルスケア商品の製造販売
                              健康情報番組の企画・制作、健康情報誌の発刊を中心と
              ㈱けんこうTV
                              した広告代理店業
              杭州永遠愛生物科技有限公司               健康食品・化粧品の販売
                              漢方医療用医薬品・一般用医薬品・ジェネリック医薬品
              本草製薬㈱
                              等の製造販売
       医薬品事業
              ㈱エーエフシー               医薬品の販売
      [事業系統図]

       事業の系統図は次のとおりであります。
                                  5/88











                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     4  【関係会社の状況】
                                         議決権の所有

                            資本金又は
                                         (被所有)割合
                                   主要な事業
          名称           住所        出資金                      関係内容
                                           (%)
                                    の内容
                                            被所有
                             (千円)
                                         所有割
                                            割合
                                         合(%)
                                            (%)
     (連結子会社)
                                               当社製・商品の販売
                                               当社より借入
     株式会社エーエフシー                             ヘルスケア事業
                  静岡県静岡市駿河区            200,000           100.0     ― 当社より不動産を賃借
     (注)2,3                             医薬品事業
                                               当社へ不動産を賃貸
                                               役員の兼任3名
                                               当社製・商品の販売
                                               当社より借入
                                  ヘルスケア事業
     本草製薬株式会社              愛知県名古屋市天白区            100,000           100.0     ―
                                               金融機関からの借入に対し
                                  医薬品事業
                                               当社が債務保証
                                               役員の兼任2名
                                               当社製品の研究開発
     株式会社日本予防医学研究所             静岡県静岡市駿河区            100,000    ヘルスケア事業       100.0     ― 当社より不動産を賃借
                                               役員の兼任2名
                                               当社テレビコマーシャル・
                                               販促物等の制作委託
     株式会社けんこうTV                                     100.0
                                               当社より不動産を賃借
                  静岡県静岡市駿河区            330,000    ヘルスケア事業            ―
     (注)2                                    (66.6)
                                               当社へ不動産を賃貸
                                               役員の兼任2名
                  中国            千人民元
     杭州永遠愛生物科技有限公司                             ヘルスケア事業       100.0     ― 役員の兼任4名
                  浙江省杭州市             6,381
     その他2社                      ―      ―       ―   ―   ―

                                                     ―
      (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

        2.株式会社エーエフシー及び株式会社けんこうTVは特定子会社に該当します。
        3.株式会社エーエフシーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上を除く)の連結売上高に占める割合が
          10%を超えております。
           株式会社エーエフシー
           主要な損益情報等          ①売上高          4,123,935千円
           (2019年8月期)          ②経常利益           77,952千円
                     ③当期純利益           51,769千円
                     ④純資産額          1,369,214千円
                     ⑤総資産額          3,101,494千円
        4.議決権所有割合の(内書)は、間接所有割合であります。
                                  6/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                2019年8月31日現在
              セグメントの名称                             従業員数
                                             514
                                              名
     ヘルスケア事業
                                            ( 178  )
                                             57
                                              名
     医薬品事業
                                             ( 15 )
                                             18
                                              名
     全社(共通)
                                             ( ―)
                                             589
                                              名
                 合計
                                            ( 193  )
      (注)   1.従業員数は就業人員であります。
        2.従業員欄の(外書)は臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        3.臨時従業員にはパートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いています。
        4.全社(共通)は、親会社の総務及び経理等管理部門の従業員であります。
      (2)  提出会社の状況

                                                2019年8月31日現在
         従業員数             平均年齢            平均勤続年数              平均年間給与
               339
                 名
                                                     4,156,894
                          37 歳 9 ヶ月           7 年 11 ヶ月               円
               ( 80 )
              セグメントの名称                             従業員数

                                             321
                                              名
     ヘルスケア事業
                                             ( 80 )
                                             18
                                              名
     全社(共通)
                                             ( ―)
                                             339
                                              名
                 合計
                                             ( 80 )
      (注)   1.従業員数は就業人員であります。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.従業員欄の(外書)は臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        4.臨時従業員にはパートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いています。
      (3)  労働組合の状況

        当社グループのいずれの企業にも、労働組合はありませんが、労使関係は円滑な関係にあります。
                                  7/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第2   【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (1)会社の経営の基本方針

        当社グループは、誰もが願うであろう“健康で長生きしたい”“美しくありたい”との想いを、予防医学と自然
       主義の観点から研究開発に取り組み、健康食品と自然派化粧品を介して、明るく健やかな健康長寿社会の実現のた
       めに貢献します。
        消費者の目線から安心・安全を追求するとともに、確かな製品作りでより信頼性の高いメーカーに成長するため
       に全社員の意識高揚を図り、正しい健康情報の発信を通じて、お客様の多種多様な需要に応えることを目指してま
       いります。
       (2)目標とする経営指標

        当社グループは、毎期継続的な成長を確保したうえで、収益性の向上を目標とし、収益性の指標として売上高経
       常利益率を用いております。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

        健康食品の研究開発、製造・品質保証、販売及び健康情報の発信機能をグループ各社に内包し、戦略的に統合す
       ることで、健康食品業界でのリーディングカンパニーを目指します。
        健康食品業界では、“研究開発は研究開発だけ、製造は製造だけ、販売は販売だけ”というような分業化が進ん
       でいる中で、コア・テクロノジーや顧客ニーズの把握等のノウハウを蓄積でき、かつ迅速な意思決定が可能となる
       ことから競争上の強みとなると考えております。
        具体的には次のとおりであります。
         ①  業界トップ水準の高度な製造管理体制の確立
         ②  企画設計・製造・品質保証・販売戦略支援までのトータルプロデュースの構築
         ③  小ロットから大ロットまで、更なる低コスト・短納期体制の構築
         ④  通信販売における有効顧客の大幅獲得
         ⑤  受注翌日配達体制を生かした最高水準の物流システムの構築
         ⑥  産学官連携などによる製商品のエビデンスの追求
         ⑦  「抗加齢」をテーマに、予防のための健康サプリメントの開発
         ⑧  TVショッピング番組及び健康・美容専門番組の自主制作
                                  8/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (4)経営環境及び会社の対処すべき課題
        当社グループは、人々が願う“健康と美の実現”に貢献する企業集団として、健康食品・化粧品に関連する事業
       を展開しております。近年、消費者の健康維持・増進、美容・アンチエイジングに対する意識の高さにより市場が
       拡大しておりますが、異業種からの新規参入や商品の低価格化、顧客の固定化などによる競争の激化が進んでお
       り、厳しい経営環境が続いております。このような中、当社グループは対処すべき課題として以下の事項に取り組
       んでまいります。
       (差別化の推進)

        仕入先である原料メーカーが同業他社と同一であることから、低価格や短納期での競争が常態化しております。
       当社を選んでいただくためには、強みとなる独自性の確立が重要であり、研究開発体制を一層強化し、独自技術な
       らびに独自原料の開発に注力してまいります。
       (海外事業の強化)

        将来、国内人口は減少すると推定がされており、消費者人口の減少・働き手の不足が懸念されます。当社グルー
       プが持続的に発展するためには国際化が必須であることから、現在取引のあるアジア地域を中心に販路の拡大を図
       るとともに、各国のニーズや規制に対応した商品開発などに取り組んでまいります。
       (人材・組織の形成)

        当社グループは、受託製造業、研究開発事業、販売業、医薬品製造業、広告代理店業など、各分野において専門
       知識を有する人材が必要であることから、OJTを中心とした育成に加え、即戦力となる人材の確保も積極的に
       行ってまいります。また、ダイバーシティを推進することで、国内外の消費者の価値観・ニーズの多様化に対応す
       るとともに、チーム・組織としてのパフォーマンス向上や結束力の強化につなげてまいります。
                                  9/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2  【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの事業展開その他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を
       記載しております。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても投資家の投資判断上、重要
       であると考えられる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。文中
       における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。                                                    な
       お、当社グループは、これらリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方
       針です。また、以下の記載は本株式への投資に関連するリスクを全て網羅するものではありませんので、この点に
       ご留意下さい。
       ① 市場競争力に関するリスク

        健康食品市場は、新素材の開発などによって市場拡大の気配が見込まれます。これらは近年、消費者の予防医学
       の観点からの健康意識の高まりによるものであり、今後も更にその市場は安定的に推移することが予測されます。
        市場の拡大が予測される中で、新規参入の事業者は多く、企業間の競争は益々激化の一途をたどっております。
        また、製品については、簡便で食べやすい形状、美味しさの追求など、消費者の嗜好を満たす企業努力が要求さ
       れています。当社グループはこうした市場環境にあって、独自の市場ニーズの収集と分析により継続して魅力ある
       製品を提供できると考えておりますが、これを全て保証するものではありません。市場の変化を充分に予測でき
       ず、魅力ある製品を提供できない場合は、将来売上高の低下を招き、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性
       があります。
       ② 原材料、商品の調達に関するリスク

        昨今の健康志向の高まりを反映する一方で、有害物質に汚染された食品等が社会問題に発展しており、安全性の
       高い健康食品の需要が急拡大する傾向にあります。また、中国など新興国の旺盛な需要や食料素材がエネルギー素
       材へ転用されていることを背景に、当該原材料の調達が困難となる場合や調達コストの上昇により、経営成績と財
       政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ③ 安全性に関するリスク

        製品の品質及び安全性を経営の最重要課題のひとつと捉えており、そのための様々な取り組みを行っておりま
       す。具体的には新素材及び原材料の選定に際しては、その調達先及びメーカーより事前にサンプル、規格書や成
       分、分量の分析情報を入手する他、併せて残留農薬適合状況の評価など、安全性の確認を行っております。また、
       生産部門においてはオリジナル製品やOEM受託製品を含めてトレーサビリティーを確保する品質保証体制を確立
       しており、製造、品質試験、出荷判定の過程において、全て医薬品GMPの基準に適応可能な管理手法を導入し、
       人為的ミス、交叉汚染の防止などの安全確保に努めております。これらの作業操作は手順化され、その記録によっ
       て工程異常を速やかに発見、製品クレームの発生を最小限に抑える予防措置を展開しております。また、製品表示
       内容についても関係法規制を遵守しております。このように製品の安全性確保には細心の注意を払っております
       が、予期せぬ製造過程や調達過程での異物混入や健康被害を与える可能性のある欠陥製品の製造・調達、現行の法
       的規制における法令の解釈・適用によって表示違反等が生じる可能性があり、これらは企業イメージを損ね、回収
       費用などにより経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があります。また、上記の様に行っております製品の
       品質や安全性を確保するためのトレーサビリティーの強化などは、そのシステム構築に多大な費用がかかる可能性
       があり、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があります。
                                 10/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ④ 薬事法等、事業運営に関わる法的規制に関するリスク
        健康食品そのものを単独に規定する法律は存在せず、また、健康食品の明確な定義もありません。しかしながら
       販売者が、健康食品等を特定疾病や身体機能への効果を標ぼうし販売すると、医薬品等を規定する「薬事法」にお
       ける無許可無認可医薬品の販売としてみなされることになります。その他の法的規制としては、飲食に起因する衛
       生上の危害の発生防止及び公衆衛生の向上・増進を図る見地から、食品の規格・添加物・衛生管理・営業許可を定
       めた「食品衛生法」、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、私
       的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の特例を定めることにより公正な競争を確保し、もって一般消費者
       の利益を確保することを目的とした「不当景品及び不当表示防止法」、健康増進の総合的な推進に関した基本的な
       事項を定めるとともに国民の健康の増進を図るための措置を講ずることを定めた「健康増進法」、食品の安全性の
       確保に関し、基本理念及び施策の策定に係わる基本方針を定め、関係者の責任及び役割を明らかにすることによ
       り、食品の安全性の確保を総合的に推進することを目的とした「食品安全基本法」があります。当社グループとし
       ては、法律を遵守するよう最善の注意と努力を行うとともに、監督諸官庁に対する報告及び照会・指導の要請並び
       に立会いの受け入れを行い、指導内容に対しては迅速に改善をすることで対応しております。しかしながら予期し
       ない法律または規制の変更及び現行の法的規制における法令の解釈・適用によって新たな対策が必要になった場合
       には、当社グループの事業運営に支障をきたす可能性があり、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があり
       ます。
       ⑤ 技術革新に関するリスク

        近年、新製造機器の開発、実用化が進む中で、これらに対応可能な新たな技術導入は事業遂行に必要不可欠なも
       のと考えております。当社グループでは医薬品や原料、機械設備等のメーカー主催の勉強会へ参加するなど、高レ
       ベルな技術を習得するため、機械メーカーと積極的に技術交流を行い対応しておりますが、想定外の新技術や新製
       造機械の設備投資等、リスクを担う恐れがあり、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があります。他方、
       通信販売事業においても、技術の進歩が著しく、特にインターネットの分野での新技術・新サービスが常に生み出
       されております。提携企業及び子会社との情報交換を頻繁に行い、勉強会の開催及び参加を積極的に行うことに
       よって、新技術・新サービスの模索を行っております。しかしながら、今後、当社グループが想定できない新技
       術・新サービスの普及等により事業環境が変化した場合には、必ずしも迅速に対応できない恐れがあり、また、新
       技術・新サービスに対応するための仕組みの変更による費用がかかる可能性があり、経営成績と財政状態に悪影響
       を与える可能性があります。
       ⑥ 知的財産権保護に関するリスク

        当社グループでは他社製品と差別化できる技術やノウハウを蓄積しており、一部の技術については特許を取得し
       ております。しかしながら、知的財産権の侵害のリスクを完全に排除することは困難な状況にあることから、これ
       ら知的財産権の侵害により、当社グループ製品の販売が阻害された場合には、売上高の低下を招き、経営成績と財
       政状態に悪影響を与える可能性があります。一方、当社グループでは他社の知的財産権の侵害防止に努めておりま
       すが、万が一当社グループが開発した製品や技術が第三者の知的財産権を侵害していると判断され、多額の損害賠
       償請求が発生した場合や、製品の回収及び販売中止を余儀なくされた場合には、経営成績と財政状態に悪影響を与
       える可能性があります。
       ⑦ 漢方業界のリスク

        漢方薬は西洋医学主流の中で一般の医薬品製剤とは違い、臨床試験が行われず、伝統的医療の成果により、その
       有効性が立証され、導入された経緯があります。ただし、すべての医師が漢方医学に関する正しい知識を共有して
       いるとは言い難いものの、漢方に理解を示した医師のなかには、漢方製剤を臨床の場に用い、治療法の拡大を図り
       画期的な成果を上げている医師もおります。漢方は決して西洋医学による医療を補うものではありませんが、最近
       の治療例では、漢方薬と西洋薬との併用なども報告されており、代替医療に取上げられた契機とも考えられます。
        穏やかな作用機序を有する漢方薬についての薬理作用は、なお、解明されていないものが多く、現況、有効性、
       安全性等の見直しが進められています。副作用の疾患が少ないと言われてきましたが、これまでに数件の薬害事例
       が発表されています。よって万が一、薬害等により多額の損害賠償請求が発生した場合や、製品の回収及び販売中
       止を余儀なくされた場合には、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があります。
                                 11/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ⑧ 薬価改定に関するリスク
        子会社である本草製薬㈱では、医療用医薬品の製造販売を行っております。医療用医薬品の販売価格は、わが国
       の医療保険制度における薬価基準に基づいて設定されておりますが、薬価基準は通常改定時に段階的に概ね引き下
       げられております。この引き下げ幅の大きさによっては、売上高の低下を招き、経営成績と財政状態に悪影響を与
       える可能性があります。
       ⑨ 顧客情報に関するリスク

        当社グループでは、顧客情報を適切に取り扱うことが重要であり、関係法令の遵守が必要と認識しております。
       当社においては、健康食品等のOEM事業における法人・個人顧客の情報及び受託製造製品(新製品等の開発を含
       む)の情報、子会社である㈱エーエフシーにおいては通信販売事業における法人・個人顧客情報を取り扱っており
       ます。
        OEM事業における情報については、顧客台帳及び製品規格仕様書の管理部署の限定、閲覧記録の確認、複写の
       禁止等により厳重に管理しております。通信販売事業において取り扱っている、個人(法人を含む。)を識別し得
       る情報(以下、「個人情報」という。)については、個人情報保護のための個人情報管理体制の見直し、従業員の
       教育など、個人情報を適切に取り扱うための取り組みを行っております。個人情報保管場所への入室制限及び閲覧
       記録の管理及びシステム管理においてデータアクセス権限に制限を設けるとともに、データアクセス記録のチェッ
       クを行っております。しかしながら、これら顧客情報の漏洩、流出に対する絶対的な対策は存在しませんし、外部
       からの高度な技術による不正アクセス等により漏洩、流出が発生することを完全に防止することは難しい状態で
       す。よって万が一、上記のことを原因として個人情報の漏洩、流出が発生した場合には、当社グループへの社会的
       信頼の低下を招き、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ⑩ 人材の確保について

        健康食品市場においては、製品の品質・安全性が極めて重要であり、かつ特定保健用食品(健康増進法第26条に
       より、厚生労働大臣の許可を受けた食品で、効能・効果が表示できる食品。)のような科学的裏付けを持った製品
       のニーズが高まっております。このような状況において、医学、薬学、農学、化学系の博士、大学院卒業者及びバ
       イオテクノロジー等に精通した者の獲得が極めて重要になってきておりますが、このような人材は相対的に少数で
       あるためタイムリーに確保できにくいことが考えられます。当社グループでは人材採用の門戸を幅広く開くととも
       に、当該分野で実績のある人材を獲得すべく採用活動を行っております。しかしながら、今後の事業計画等に沿っ
       てタイムリーに人材が確保できない場合、当社グループの事業拡大に重要な影響を及ぼす可能性があります。
       ⑪ M&Aについて

        当社グループでは、事業の拡大を図る手段としてM&Aを実施しております。M&Aの実施にあたっては、対象
       企業の財務内容や契約関係などについて事前調査を行い、リスクや当社グループへの相乗効果を検討したうえで、
       慎重に進めております。しかしながら、買収後に想定外のリスクが顕著化した場合や、事業展開が計画通り進まな
       い場合は、投資の回収が困難になることなどにより、経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性があります。
        また、M&Aにかかる費用などが、一時的に当社グループの経営成績と財政状態に悪影響を与える可能性もあり
       ます。
                                 12/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
       下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①  財政状態及び経営成績の状況
        a.経営成績
         当連結会計年度におけるわが国の経済は、米中の貿易摩擦や英国のEU離脱問題など海外情勢に不透明感が
        漂っているものの、堅調な企業収益と雇用・所得環境の改善により緩やかな回復基調が続きました。
         当社グループが属する健康食品市場は、高品質として日本製の健康食品は人気が高く、海外需要の好調によ
        り、緩やかな拡大基調を維持しております。一方、国内需要は近年、市場の牽引役であった通販市場が軟調に推
        移するなど一服感が見られました。
         このような状況の下当社グループでは、基幹事業となるOEM部門のほか、美容商材の受注が好調に推移した
        海外部門が牽引し、当期の連結売上高は16,252百万円(前期比2.9%増)となりました。損益面については、当社
        において会計上の見積りを変更し退職給付費用を積み増した影響などにより、営業利益は981百万円(前期比
        4.1%減)となった一方、経常利益は投資有価証券の運用益の計上に加え、支払利息が軽減されたことなどによ
        り、1,014百万円(前期比3.3%増)となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は、連結子会社にお
        いて固定資産売却益を計上した影響も加わり、783百万円(前期比6.3%増)となりました。
         セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

        (ヘルスケア事業)

        ・OEM部門
         当社グループの基幹事業である当部門は、ドラッグストア向けの定番商材が好調に推移したほか、機能性表示
        食品の受注が伸長いたしました。その結果、当部門の売上高は前期を上回りました。
         当社が届出のサポートも行う機能性表示食品においては、当期末現在で累計43社、82品目の届出が受理されて
        おります。
         生産面については、ハードカプセル製品の生産量増加を受けて、本年6月にハードカプセル充填機を1台増設
        しました。さらに、本年9月(2020年8月期)にも同充填機を1台増設し、増産による納期短縮を図っておりま
        す。
        ・海外部門

         アジア地域を主な取引先とする当部門は、インドネシアのAFC代理店ならびにベトナムのOEM顧客におい
        て、美容商材の受注が好調に推移いたしました。加えて、中国人の営業担当を起用し開拓を進めてきた中国のO
        EM顧客において、アンチエイジング商材の受注が加わりました。その結果、当部門の売上高は前期比2桁増と
        なりました。
        ・通信販売部門

         本年5月に機能性表示食品『イヌリン』を新発売するとともに、機能性表示食品のラインアップ拡充に向け、
        新商品の開発に取り組みました。また同月、既存商品『アミノグルコ®GOLD』に話題性のある成分「プロテオ
        グリカン」を配合するなどリニューアル発売したことが奏功し、受注が伸長いたしました。しかしながら、通販
        市場の競争激化により、当部門の売上高は前期を下回りました。
        ・卸販売部門

         積極的に展示会への出展を継続したことが奏功し、新規顧客獲得による美容商材の受注が増加しました。加え
        て、海外販売を行う国内事業者から『ナットウキナーゼ』が伸長したほか、ネット販売事業者からダイエット系
        のサプリメントの受注が好調を維持しました。その結果、当部門の売上高は前期を上回りました。
                                 13/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        ・店舗販売部門
         人気商品『ラ・ヴィ・プラセンタ』及び機能性表示食品『RICHルテイン25』が好調を維持したほか、本年7月
        に『ユーグレナ380』を新発売し、拡販を強化しております。また、前期に引き続き、百貨店主催の催事に積極的
        に出展したほか、セミナーや相談会を実施いたしました。その結果、既存店ベースでは前期の売上高を上回った
        ものの、店舗数の減少による影響を補い切れず、当部門の全体の売上高は前期を下回りました。
         以上の結果、ヘルスケア事業の業績は、売上高14,974百万円(前期比2.5%増)となったものの、当社において

        会計上の見積りを変更し退職給付費用を積み増したことなどにより、営業利益1,517百万円(前期比6.4%減)
        (全社費用調整前)となりました。
        (医薬品事業)

         医薬品市場は、大別して医師の処方箋に基づき病院・診療所、調剤薬局で購入する医療用医薬品市場と、医師
        の処方箋が要らず、ドラッグストアで購入する一般用医薬品市場に分けられます。
         医療用医薬品につきましては、医療用ジェネリック医薬品である『ピムロ顆粒』が順調に売上を伸ばしており
        ます。また、『シルデナフィル錠』(勃起改善薬)、『フィナステリド錠』(AGA治療薬)につきましても、重点
        販売商品として営業を強化したことが奏功し、売上拡大に繋がっております。
         一般用医薬品につきましては、かぜ関連市場においてドリンク剤市場が伸びている影響を受け、本草製薬の
        『葛根湯シロップ』及び『かぜ内服液』が、売上を伸ばしました。
         以上の結果、医薬品事業の業績は、売上高が1,278百万円(前期比7.8%増)となったものの、ジェネリック医
        薬品製造設備の減価償却費が増加したことなどにより、営業損失43百万円(前期は62百万円の営業損失)となり
        ました。
        b.財政状態

        (流動資産)
         当連結会計年度末における流動資産合計は、前連結会計年度末に比べ507百万円増加し、9,629百万円となりま
        した。この増加要因は主として、現金及び預金が357百万円、受取手形及び売掛金105百万円増加したことによる
        ものであります。
        (固定資産)

         当連結会計年度末における固定資産合計は、前連結会計年度末に比べ188百万円減少し、8,697百万円となりま
        した。この減少要因は主として、無形固定資産のその他が54百万円増加した反面、連結子会社において物流セン
        ターを売却したことなどにより、有形固定資産全体で208百万円減少したことによるものであります。
        (流動負債)

         当連結会計年度末における流動負債合計は、前連結会計年度末に比べ655百万円増加し、6,896百万円となりま
        した。この増加要因は主として、支払手形及び買掛金が191百万円減少した反面、返済期限が1年以内に到来する
        長期借入金が流動負債へ振替られたことなどにより、1年内返済予定の長期借入金が509百万円増加したことに加
        え、短期借入金が210百万円増加したことによるものであります。
        (固定負債)

         当連結会計年度末における固定負債合計は、前連結会計年度末に比べ792百万円減少し、1,321百万円となりま
        した。この減少要因は主として、当社において会計上の見積りの変更により退職給付に係る負債が126百万円増加
        した反面、返済期限が1年以内に到来する長期借入金が流動負債に振替られたことなどにより、長期借入金が830
        百万円減少したことに加え、長期未払金が98百万円減少したことによるものであります。
        (純資産)

         当連結会計年度末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ456百万円増加し10,109百万円となりまし
        た。この増加要因は主として、親会社株主に帰属する当期純利益の計上により利益剰余金が502百万円増加したこ
        とによるものであります。
                                 14/88


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ②  キャッシュ・フローの状況
         当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末
        に比べ377百万円増加し、当連結会計年度末は3,902百万円となりました。
         その内容は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は1,131百万円(前期比89百万円の収入減)となりました。
         これは主として、法人税等の支払額263百万円、仕入債務の減少額191百万円、売上債権の増加額105百万円など
        により資金が減少した反面、税金等調整前当期純利益1,091百万円、減価償却費472百万円、退職給付に係る負債
        の増加額126百万円などにより資金が増加したことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は202百万円(前期比647百万円の支出減)となりました。
         これは主として、投資有価証券の売却による収入709百万円、有形及び無形固定資産の売却による収入291百万
        円などにより資金が増加した反面、投資有価証券の取得による支出684百万円、有形及び無形固定資産の取得によ
        る支出546百万円などにより資金が減少したことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は546百万円(前期は280百万円の収入)となりました。
         これは主として、短期借入金の純増加額210百万円により資金が増加した反面、長期借入金の返済による支出
        321百万円、配当金の支払額280百万円などにより資金が減少したことによるものであります。
                                 15/88













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ③  生産、受注及び販売の状況
        a.生産実績
         当社グループ(当社及び当社の連結子会社)の生産・販売品目は広範囲かつ多種多様であり、同種の製品であっ
        ても、その容量、構造、形式等は必ずしも一様ではないため、セグメントごとに生産規模を金額あるいは数量で
        示すことはしておりません。
        b.受注実績

         当連結会計年度における受注状況は、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自    2018年9月1日
                                    至   2019年8月31日)
         セグメントの名称            事業部門
                                            前連結会計年度比
                              項目       金額(千円)
                                                (%)
                           受注高           9,417,676             99.5
       ヘルスケア事業             OEM部門
                           受注残高            691,397            79.8
        (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          2.ヘルスケア事業のOEM部門において受注生産の形態をとっておりますが、他の事業・部門では受注生
            産は行っておりません。
        c.販売実績

         当連結会計年度におけるセグメントごとの販売実績は、次のとおりであります。
                                     当連結会計年度
                                   (自    2018年9月1日
                                    至   2019年8月31日)
             セグメントの名称
                                             前連結会計年度比
                                 金額(千円)
                                                (%)
       ヘルスケア事業                               14,974,546            102.5
       医薬品事業                                1,278,342           107.8
                合計                       16,252,889            102.9
        (注)     上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 16/88










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。
       ①  重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。この連結財務諸表の作成には、資産及び負債、収益及び費用に影響を与える見積りを必要とする箇
        所がございます。これら見積りについて、過去の実績や当該取引の状況に照らして、合理的に行っております
        が、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
         なお、この連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針につきましては「第5 経理の状況 1連結
        財務諸表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおりであります。
       ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        a.経営成績の分析
        (売上高)
         当連結会計年度の売上高は、16,252百万円(前連結会計年度比2.9%増)となりました。これはインドネシア及
        びベトナムでの美容商材の受注が伸長し、海外部門の売上高が前期対比2桁増となったことや、青汁の定番化に
        加え、期の前半は乳酸菌や酵母関連商品が堅調に推移し、OEM販売部門の売上高が増収となったことが寄与し
        たものであります。
        (売上総利益)

         当連結会計年度の売上総利益は、4,520百万円(前連結会計年度比1.6%減)となりました。これは当社におい
        て会計上の見積りを変更し退職給付費用を製造経費に積み増したことや、競合激化、百貨店の閉店などにより、
        通信販売部門や店舗販売部門の売上高が前期割れとなったことが影響し、売上総利益率が29.1%から27.8%と1.3
        ポイント減となったことによるものであります。
        (販売費及び一般管理費、営業利益)

         当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、3,539百万円(前連結会計年度比0.8%減)となりました。これは
        研究開発費、減価償却費、貸倒引当金が増加した反面、通信販売部門の広告宣伝費、支払手数料ほか、通信費な
        どの減少が影響したものであります。 
         以上の結果、連結会計年度の営業利益は、981百万円(前連結会計年度比4.1%減)となりました。
        (営業外損益、経常利益)

         当連結会計年度の営業外収益は、80百万円(前連結会計年度比61.4%増)となりました。これは受取配当金及
        び投資有価証券売却益の計上が影響したものであります。 
         当連結会計年度の営業外費用は、47百万円(前連結会計年度比48.5%減)となりました。これは前連結会計年
        度に計上した新株発行費が無くなったことに加え、有利子負債の返済により支払利息が減少したことが影響した
        ものであります。
         以上の結果、連結会計年度の経常利益は、1,014百万円(前連結会計年度比3.3%増)となりました。
        (特別損益、親会社株主に帰属する当期純利益)

         当連結会計年度の特別利益は、98百万円(前連結会計年度比1,199.3%増)となりました。これは連結子会社に
        おいて物流センターを売却し、固定資産売却益を計上したことが影響したものであります。
         当連結会計年度の特別損失は、22百万円(前連結会計年度比468.4%増)となりました。これは固定資産除却損
        が増加したことや、投資有価証券評価損を計上したことが影響したものであります。
         以上の結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、783百万円(前連結会計年度比6.3%増)
        となりました。
                                 17/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        b.経営成績に重要な影響を与える要因について
         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリス
        ク」に記載のとおりであります。
        c.資本の財源及び資金の流動性について

         当社グループの運転資金需要のうち主なものは、商品・原材料の仕入のほか、製造費、販売費及び一般管理費
        等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要は、設備投資によるものであります。
         当社グループは、事業運営上必要な資金の流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており
        ます。
         これらの資金需要につきましては、営業活動によるキュッシュ・フロー及び自己資金のほか、金融機関からの
        借入等による資金調達にて対応していくこととしております。
         なお、当連結会計年度末における借入金及び割賦未払金を含む有利子負債の残高は4,378,968千円となっており
        ます。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は3,902,201千円となっております。
        d.経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等について

         当社グループは、売上高経常利益率を収益性の指標としており、同指標を測定することで、収益性の向上のた
        めの経営判断を行うことが重要であると考えております。当連結会計年度における売上高経常利益率は前連結会
        計年度と同じ6.2%に留まっており、引き続き、収益の拡大や業務の効率化等に取り組み、収益性の向上に努めて
        まいります。
     4  【経営上の重要な契約等】

        当連結会計年度において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
                                 18/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     5  【研究開発活動】
        当連結会計年度の当社グループの研究開発活動は、当社及び連結子会社である㈱日本予防医学研究所が行ってお
       ります。㈱日本予防医学研究所におきましては、当社の製品企画に基づく研究開発業務を同社が有償で受託してお
       ります。
        当連結会計年度における研究開発費の総額は                     156,620    千円であり、その全額がヘルスケア事業に係るものでありま
       す。
        当社グループにおける研究開発活動は、次のとおりであります。
       当社グループの取組状況

       (1)研究開発の指針
         当研究開発グループは本草製薬㈱を傘下に広く技術刷新を図るべく、相互の製剤技術や、情報の共有化に努め
        てきました。また、特定保健用食品はエビデンスの結晶体であって、開発研究者としての求める指標と考えま
        す。私たちは、一般の開発商品についても、これらの思想を背景に科学的根拠に基づいた信頼性、安全性の高い
        商品作りをモットーにしております。新製品開発や改良商品の研究ポイントをどのように絞り込むのか、最大の
        課題は市場の動向を的確に把握し、マーケティングによって得られた情報の信頼性や有効素材の学術情報などを
        分析して商品開発の指標としております。また、開発商品については、社内モニター試験の解析結果から総合的
        に判定するほか、商品設計の妥当性を評価しております。情報収集によって得られた情報は医療機関向け、一般
        用の販売促進用に転用し、営業活動の活性化にも努めております。
       (2)健康食品の開発状況

         当連結会計年度においては、独自原料の開発に向けて、前期に続き、「柑橘果皮に含まれる成分の生理機能に
        関する研究」をテーマに、静岡県立大学薬学部と共同研究を行いました。ノビレチン皮下投与時における抗糖尿
        病作用の検証を実施したほか、ノビレチン高含量の柑橘類のスクリーニングを開始すべく、2019年6月に新しく分
        析機器(LC-MS)を導入しました。また、独自原料の開発に必要となる分析手法の確立は適宜進めており、水溶性
                       㯿
        ビタミンにおいては一斉分析法                、イチョウ葉由来フラボノイドのうちの1成分ケルセチンについてはHPLC分析
         ※2
        法   を確立いたしました。
         グループ会社の商品開発においては、エーエフシーの機能性表示食品『イヌリン~ふたつのおいしいレシピ~
        中性脂肪     食後血糖値』(届出番号:D255)および『ノンシューエチケットgreen』『RICH                                      ユーグレナ380』等を
        開発、上市しました。『イヌリン~ふたつのおいしいレシピ~中性脂肪                                  食後血糖値』は、酵素法で製造されたイ
        ヌリンを配合し、他の食物繊維素材とは異なる作用機序で血中中性脂肪と食後血糖値に働くことを特徴とし、他
        社類似商品群との差別化を図りました。『ノンシューエチケットgreen』は、従来のエチケット素材に植物由来酵
        素を組合せ、酵素のチカラでより効率的ににおいに作用する配合としました。『RICH                                        ユーグレナ380』は、黄金
        色のユーグレナと小豆島産オリーブ葉を配合し、ユーグレナに特徴的な成分パラミロンとオリーブ葉由来ポリ
        フェノールにより、腸内環境と生活習慣に伴う健康維持に役立ちます。なお、この黄金色のユーグレナは一般的
        な緑色のユーグレナと比べ、約3.2倍量のパラミロンをはじめ、59種類の栄養素を含む優れた未来食材となりま
        す。
        㯿ᇿᩎe襒٧遬픰栰漰Ŏ^꘰湑ذ枉ݥ瀰湨ҙ੽⃿ࡲ榌र鉒٧逰夰譥륬픰ɐ୒┰歫퐰礰Ɖݥ瀰湲榌鈰縰栰

        て分析することができるため、大幅な時間の短縮が可能となります。
        
        れる成分を、成分ごとに分けて、定性、定量を行う分析方法。
       (3)化粧品の開発状況

         当連結会計年度においては、エーエフシーの『アミノ酸浸透美容水爽快柑』『発酵ハトムギパール化粧水』
        『発酵ハトムギパール美容液』を新発売、『UVカットクリーム                              リヴァーチェ』をリニューアル発売いたしまし
        た。『アミノ酸浸透美容水爽快柑』は、天然保湿因子の15種類のアミノ酸、PCA、ヒアルロン酸Naに加え、バリア
        機能をもつ3種のセラミドを配合しました。『発酵ハトムギパール化粧水・美容液』は、うるおいの巡りを整え
        る作用があるハトムギ種子発酵液を主成分に、約20種類のアミノ酸が含まれる真珠エキス(パールプロテインエ
        キス)を配合しました。『UVカットクリーム                     リヴァーチェ』は、近赤外線対策成分、ブルーライト対策成分&う
        るおい成分をさらに追加配合したほか、伸びを良くしより使いやすく改良いたしました。
                                 19/88


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第3   【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

        当連結会計年度の設備投資総額は                 520,229    千円であり、ヘルスケア事業関連に                 462,753    千円、医薬品事業関連に
       43,297   千円、全社共通資産に          14,178   千円の投資を実施しました。その主なものは、ヘルスケア事業を営む当社工場
       への機械装置の導入、医薬品事業を営む子会社における物流倉庫の移設などによるものであります。これらに要し
       た資金は前連結会計年度に実施した増資資金により賄っております。
     2  【主要な設備の状況】

      (1)  提出会社
                                                2019年8月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
       事業所名             設備の                                   従業員数
             セグメント
              の名称
       (所在地)              内容                                    (名)
                          建物    機械装置       土地    リース
                                              その他      合計
                        及び構築物      及び運搬具      (面積㎡)      資産
     本社・工場
             ヘルスケア                       672,884                     185
                   生産設備      439,786      222,925             ―   20,333    1,355,929
     (静岡県静岡市
             事業                        (3,976)                    (30)
     駿河区)
     第二工場
             ヘルスケア
                                     421,864                     33
                   生産設備      389,279      58,570            ―   17,320     887,033
     (静岡県静岡市
                                     (3,911)                    (18)
             事業
     駿河区)
     国吉田工場
             ヘルスケア
                                    1,004,965                      97
                   生産設備      859,042      273,422             ―   32,523    2,169,953
     (静岡県静岡市
                                     (13,420)                     (14)
             事業
     駿河区)
     AFC国際学院
             ヘルスケア
                                     186,380
                   教育施設      286,618         ―          ―   8,721    481,720       2
     (静岡県静岡市
                                      (957)
             事業
     駿河区)
      (注)   1.  上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.  帳簿価額のうち、その他は工具、器具及び備品、ソフトウェアであります。
        3.  従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(外書)は年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
                                 20/88











                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (2)  国内子会社
                                                2019年8月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
                    設備の                                   従業員数
              セグメント
       会社名
               の名称
                     内容                                   (名)
                          建物    機械装置      土地    リース
                                              その他      合計
                         及び構築物     及び運搬具      (面積㎡)      資産
                    ㈱AFC-HD
     ㈱エーエフシー
                    アムスラ
              ヘルスケア
                                     178,900                     22
                    イフサイ       40,264        0         ―    204   219,368
                                     (11,597)                    (18)
     (千葉県長生郡
              事業
                    エンス千
     長南町)
                    葉工場
     ㈱エーエフシー
              ヘルスケア
     東京支店                               234,857
                    販売業務      117,400       289          ―   1,277    353,824      20
                                      (210)
     (東京都港区赤
              事業
     坂)
     ㈱けんこうTV
              ヘルスケア
     本社・スタジオ               制作スタ                 201,927
                            28      0         ―   2,349    204,305      13
                    ジオ                 (1,377)
     (静岡県静岡市
              事業
     駿河区)
     本草製薬㈱
                    健康食品
              ヘルスケア
     天白本社・工場               製造設備                 124,845                     25
              事業
                            80    4,890           ―    418   130,234
                                      (955)                   (6)
                    医薬品製
     (愛知県名古屋
              医薬品事業
                    造設備
     市天白区)
                    健康食品
     本草製薬㈱
              ヘルスケア      製造設備
                                     93,843                    15
              事業
     犬山工場                     212,789     298,339            ―  22,337     627,310
                    医薬品製
                                     (4,181)                    (7)
              医薬品事業      造設備出
     (愛知県犬山市)
                    荷設備
      (注)   1.  上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.  帳簿価額のうち、その他は工具、器具及び備品、建設仮勘定、ソフトウェアであります。
        3.  従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(外書)は年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
                                 21/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     3  【設備の新設、除却等の計画】
      (1)  重要な設備の新設等
                               投資予定額
           事業所名     セグメント                       資金調達          完了予定     完成後の
      会社名                 設備の内容                      着手年月
                              総額    既支払額
           (所在地)      の名称                       方法          年月    増加能力
                             (千円)     (千円)
           国吉田工場           健康食品製造機
                 ヘルスケア                            2018年     2020年
                                       自己資金及び
      提出会社     (静岡県静岡市           械及び品質保証       257,000     128,109                    (注)2
                                       増資資金
                  事業                           5月     5月
            駿河区)            機器等
            本社
                                             2017年     2020年
                      管理システム更                 自己資金及び
      提出会社     (静岡県静岡市        全社           70,000     38,320                    (注)4
                        新等                増資資金
                                             9月     2月
            駿河区)
            本社                          当社からの投
                 ヘルスケア                            2018年     2019年
     (株)エーエフ                 通販システム更
          (静岡県静岡市                   111,000      86,947     融資資金               (注)4
      シー                 新等
                  事業                           2月     10月
            駿河区)                            (注)5
                                       自己資金、借
          健康食品・化粧
                                       入金及び当社
                 ヘルスケア                            2018年     2020年
     ㈱日本予防医      品原料開発棟           工場建設・製造
                             309,000      18,194    からの投融資                (注)3
      学研究所     (静岡県静岡市             設備等
                  事業                           2月     12月
                                        資金
            駿河区)
                                        (注)5
            本社    ヘルスケア事                      当社からの投
                                             2018年     2019年
                      生産管理システ
     本草製薬㈱     (愛知県名古屋      業・医薬品事             125,000      1,326    融資資金               (注)4
                       ム更新等
                                             4月     9月
           市天白区)       業                     (注)5
      (注)   1.  上記金額には消費税等は含まれておりません。
        2.  主として顆粒の製造機械である造粒機械及び錠剤の製造機械である打錠機械の増設に投資するものであり、
          この投資により、造粒工程の生産能力が約30%、打錠工程の生産能力が約10%増加します。なお、顆粒の製
          造機械である造粒機械については、2018年9月に設置を完了し、同月より生産を開始しております。
        3.  オリジナル原料開発のための施設であります。
        4.  現時点では完成後の増加能力については、合理的に算定できませんので記載しておりません。なお、㈱エー
          エフシーの通販システム更新等については2019年10月に、本草製薬㈱の生産管理システム更新等については
          2019年9月に完了しております。
        5.  「当社からの投融資資金」は、当社が増資資金を子会社へ投融資するものであります。
      (2)  重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 22/88











                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第4   【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     30,576,000

                  計                                   30,576,000

       ②  【発行済株式】

               事業年度末現在            提出日現在

                                    上場金融商品取引所名
        種類        発行数(株)           発行数(株)         又は登録認可金融商品               内容
                                      取引業協会名
              (2019年8月31日)           (2019年11月26日)
                                      東京証券取引所
                                               単元株式数は100株で
                  14,144,720           14,144,720        JASDAQ
       普通株式
                                               あります。
                                      (スタンダード)
                  14,144,720           14,144,720
        計                                 ―           ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2018年5月22日
                  1,700,000      13,889,720         631,601      2,037,099        631,601      2,114,285
     (注)1
     2018年6月13日
                   255,000     14,144,720         94,740     2,131,839         94,740     2,209,025
     (注)2
      (注)   1.有償一般募集
          発行価格               788円
          発行価額           743.06円
          資本組入額         371.53円
        2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格           743.06円
          資本組入額         371.53円
          割当先        野村證券㈱
                                 23/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                2019年8月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                     単元未満株
            政府及び
                                  外国法人等
                                                     式の状況
       区分
                      金融商品     その他の                 個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                      取引業者      法人               その他
                                個人以外      個人
             団体
     株主数
                    5     14     78     23     10   10,867     10,997
               ―                                          ―
     (人)
     所有株式数
                  2,102     1,454     2,902     1,155       49   133,771     141,433       1,420
               ―
     (単元)
     所有株式数
                   1.49     1.03     2.05     0.82     0.03     94.58
               ―                                  100.0        ―
     の割合(%)
      (注)    自己株式は、「個人その他」に809単元、「単元未満株式の状況」に69株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                                2019年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)      総数に対する
                                                   所有株式数の
                                                    割合(%)
                                             2,150,070          15.29
     淺 山 忠 彦                静岡県静岡市駿河区
                                             1,111,930          7.91
     淺 山 雄 彦                静岡県静岡市駿河区
                                              334,000         2.37
     浅 山 麻衣子                静岡県静岡市駿河区
                                              330,000         2.35
     浅 山 麻里奈                静岡県静岡市駿河区
     アムスライフサイエンス取引先
                                              260,900         1.86
                     静岡県静岡市駿河区豊田三丁目6番36号
     持株会
     株式会社静岡銀行
                     静岡県静岡市葵区呉服町一丁目10番地
                                              124,900         0.89
     (常任代理人日本マスタートラス
                     (東京都港区浜松町二丁目11番3号)
     ト信託銀行株式会社)
                                              114,420         0.81
     福 地 千 佳                静岡県静岡市駿河区
                                               76,500         0.54
     JPモルガン証券株式会社
                     東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
                                               70,200         0.50
     木内建設株式会社                静岡県静岡市駿河区国吉田一丁目7番37号
                                               69,000         0.49
     アムス従業員持株会                静岡県静岡市駿河区豊田三丁目6番36号
                                             4,641,920          33.01
            計                   -
      (注) 上記のほか当社所有の自己株式が80,969株あります。
                                 24/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
       ①  【発行済株式】
                                                2019年8月31日現在
            区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                     ―           ―             ―

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                ―             ―
                            80,900
                     普通株式
                          14,062,400
                     普通株式
                                      140,624
     完全議決権株式(その他)                                             ―
                             1,420

                     普通株式
     単元未満株式                                ―             ―
                          14,144,720

     発行済株式総数                                ―             ―
                                      140,624

     総株主の議決権                     ―                        ―
       ②  【自己株式等】

                                                2019年8月31日現在
                                                    発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
          所有者の氏名                                          総数に対する
                       所有者の住所         所有株式数       所有株式数        の合計
           又は名称                                         所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                      静岡県静岡市駿河区
     株式会社AFC-HD                             80,900              80,900        0.57
                                           ―
                      豊田三丁目6番36号
     アムスライフサイエンス
                                  80,900              80,900        0.57
            計              ―                 ―
                                 25/88











                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2  【自己株式の取得等の状況】
         【株式の種類等】          普通株式
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】
         該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                          当事業年度                     当期間
           区分
                    株式数(株)        処分価額の総額(千円)            株式数(株)        処分価額の総額(千円)
     引き受ける者の募集を行っ
                          ―
                                      ―        ―            ―
     た取得自己株式
     消去の処分を行った取得自
                          ―            ―        ―            ―
     己株式
     合併、株式交換、会社分割
     に係る移転を行った取得自                    ―            ―        ―            ―
     己株式
     その他
                          ―            ―        ―            ―
     (―)
     保有自己株式数                  80,969              ―     80,969               ―
      (注)         当期間における保有自己株式には、2019年11月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取りによる株式数は含めておりません。
                                 26/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     3  【配当政策】
        当社は、株主への安定的な利益還元を経営上の重要課題と認識しており、将来の事業展開や経営環境の変化に必
       要な内部留保を確保しつつ、業績の向上に応じて増配などを行う方針であります。
        当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中
       間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
        当事業年度の期末の配当につきましては、安定的な利益還元を重視し、1株につき普通配当10円とし、当社が本
       年6月をもって創業50周年を迎えたことから、1株につき5円の記念配当を加え15円としております。なお、中間配
       当金10円と合わせた年間配当は1株につき25円となります。
        内部留保金の使途につきましては、財務体質の強化及び長期的な視点に立った製造設備投資、情報投資等の資金
       需要に備えるとともに、将来のさらなる発展のための研究開発活動に資金を投入していく所存であります。
        当社は、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
       (注)基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                     配当金の総額          1株当たり配当額
           決議年月日
                      (千円)            (円)
        2019年4月9日
                          140,637            10.00
        取締役会決議
        2019年11月26日
                          210,956            15.00
        定時株主総会決議
                                 27/88














                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、透明性、公正性、効率性を高い次元で確保し、
        企業価値の最大化を図れるように企業統治を行うことであります。すなわち、株主を始めとする利害関係者の皆
        様に対して、投資判断に有用な情報を積極的に提供すること等により、会社経営に参加しやすい環境を整えるこ
        とが最も重要と考えております。
       ② 企業統治の体制の概要及びその体制を採用する理由

         当社は監査役制度を採用しております。なお、当社の取締役会は、業務執行に関する意思決定機関として、有
        価証券報告書提出日現在、取締役6名(全て社内取締役)で構成されております。また、取締役会の職務執行を
        監視する機関として、監査役会が監査役3名(全て社外監査役)で構成されており、うち1名が常勤でありま
        す。
        (取締役会の構成員)
        議 長:代表取締役社長淺山雄彦
        構成員:専務取締役福地重範、専務取締役松永康裕、常務取締役田村茂樹、取締役吉田勝彦、取締役海野直也
        (監査役会の構成員)
        議 長:監査役(常勤)海野浩
        構成員:監査役(非常勤)齋藤安彦、(非常勤)高橋正樹
         当社のコーポレート・ガバナンス体制の状況は次のとおりであります。
                                    (2019年11月26日現在)
         当社の取締役会は、月1回の定例取締役会の開催に加え、重要案件が生じたときは、臨時取締役会をその都度






        開催しております。また、全グループ会社取締役出席の定例経営連絡会議(グループ総会)を、月1回開催して
        おり、連結経営重視の意思決定を迅速にできる体制を構築しております。その他の事項についても、担当取締役
        出席の定例会議を行い、タイムリーな情報収集に努めております。
         当社では上記の体制により、経営の意思決定・業務執行が適正に行われ、経営に対する監視が十分に機能して
        いると考えており、当該体制を採用しております。
                                 28/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ③ 企業統治に関するその他の事項
        a.内部統制システムの整備の状況
         当社は内部統制システムの基本方針を次のとおり決定し、内部統制システムの整備を図っております。
          (イ)   当社及び子会社の取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
           社長は、当社グループの基本理念・行動指針に基づき、法令遵守は当然のこととして、社会の構成員とし
          ての企業人・社会人として求められる倫理観・価値観の浸透を当社及び子会社の役員・従業員に率先垂範し
          て行い、必要な教育を実施させる。
           企業の社会的責任を十分認識し、反社会的勢力に対して一切の関係を遮断し、不当な要求には断固として
          拒否する。
           内部監査室は、当社グループ全体のコンプライアンスの状況を監査し、定期的に取締役会及び監査役会に
          報告する。
           法令上疑義のある行為等について、従業員が直接情報提供を行う手段としてホットラインを整備する。
           財務報告の信頼性・適正性を確保するため、財務報告に係る内部統制が有効に行われる体制の構築・維
          持・向上を図る。
          (ロ)   当社及び子会社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           社長は、当社及び子会社の取締役の職務遂行に係る文書その他の情報について、文書管理規程を整備さ
          せ、当該規程に従って適切に保存及び管理させ、法務担当者が社長を補佐し、保管などについて指導を行
          う。当社及び子会社の取締役及び監査役は、文書管理規程に基づき、それぞれの担当職務に従い適切に保存
          しかつ管理または、閲覧できるものとする。
          (ハ)   損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           社長は、リスク管理を徹底するために、当社グループの各部に必要な諸規程、教育・訓練制度、通報制度
          等の検討・整備を行わせ、必要に応じて所要の損害保険を付保すること等によりリスクを極小化させる。
          (ニ)   当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           社長は、職務分掌規程に関連する規程に基づき、各取締役の職務の執行が効率的に行われる体制を整備
          し、必要に応じてこれらを見直す。また、定例のグループ会社合同の取締役会の他、全グループ会社取締役
          出席の定例経営連絡会議(グループ総会)においても月次業績のレビューと業務執行に関する基本的事項及
          び重要事項に関して、議論し具体策を機動的に立案、実行する。
          (ホ)   当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
           社長は、当社にグループ各社全体の内部統制に関し、当社及びグループ各社間での内部統制に関する協
          議、情報の共有化、指示・養成の伝達等が効率的に行われるシステムを含む体制を構築する。
           当社の内部監査室は、当社及びグループ各社の内部監査を実施し、その結果を取締役会に報告する。
          (ヘ)   当社及び子会社の監査役が、その職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人
          に関する事項、ならびにその使用人の当社及び子会社の取締役からの独立性に関する事項
           当社及び子会社の監査役は、監査業務に必要な事項を命令することができるものとし、当社及び子会社の
          監査役より監査業務に必要な命令を受けた従業員はその命令に関して、取締役、監査室の長等の指揮命令を
          受けないものとする。
          (ト)   当社及び子会社の取締役または使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役会への報告に関
          する体制
           当社及び子会社の取締役または従業員は、監査役に対して、法定の事項に加え、当社及びグループに重大
          な影響を及ぼす事項、内部監査の実施状況、ホットラインによる通報状況及びその内容をすみやかに報告す
          る体制を整備する。また、監査役に報告を行った者が、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱いを
          行うことを禁止し、その旨を当社及び子会社の取締役及び従業員に周知徹底する。
          (チ)   その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           取締役は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見した時は、法令に従い、直ちに
          当社及び子会社の監査役に報告する。また、当社及び子会社の監査役は、取締役会のほか、重要な意思決定
          の過程及び業務の執行状況を把握するため、重要な会議に出席するとともに、稟議書その他業務執行に関す
          る重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役、従業員にその説明を求めることとする。
           当社は、監査役がその職務の執行について、独自の外部専門家(弁護士、会計士等)を活用するための費
          用の支出を求めた場合は、当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、その費用を負担
          する。
                                 29/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        b.リスク管理体制の整備の状況
         当社のリスク管理体制は、法的な面では管理本部及び社長室が主体となり、必要に応じ顧問弁護士に指導を受
        けております。
       ④ 取締役の定数

         当社の取締役は15名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑤ 取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及びその選任決議は、累積投票によらない旨を定款に定めてお
        ります。
       ⑥ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

        a.取締役、監査役、会計監査人の責任免除
           当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役、監査役、会計監査人(取締
          役、監査役、会計監査人であった者を含む)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議に
          よって免除することができる旨を定款に定めております。
           これは、取締役、監査役、会計監査人が期待される役割を十分に発揮できることを目的とするものであり
          ます。
        b.自己株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会決議によって市場取引等により自己株式を取得する
          ことができる旨を定款に定めております。
           これは、機動的な資本政策を遂行することができることを目的とするものであります。
        c.中間配当
           これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的としたものであります。
       ⑦ 株主総会の特別決議要件

         当社は会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決
        権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。こ
        れは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とす
        るものであります。
                                 30/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【役員の状況】
       ① 役員一覧
     男性  9 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               1999年8月      ㈱ディーバプレゼンテーション
                                     ズ 入社
                               2001年4月      当社 入社
                               2001年7月      当社 取締役営業企画部長就任
                               2002年3月      当社 専務取締役営業本部長就任
                               2003年9月      当社 代表取締役社長就任(現)
                               2005年11月      ㈱けんこうTV 代表取締役社長
                                     就任
        取締役社長
                                                   (注)2   1,111,930
               淺 山 雄 彦       1968年12月7日      生
       (代表取締役)
                               2006年11月      ㈱日本予防医学研究所 代表取締
                                     役社長就任
                               2009年6月      ㈱エーエフシー 代表取締役社長
                                     就任(現)
                               2016年3月      本草製薬㈱ 代表取締役社長就任
                                     (現)
                               2019年5月      杭州永遠愛生物科技有限公司 董
                                     事長就任(現)
                               1987年4月      鈴木自動車工業㈱ 入社
                               1992年3月      ㈱宮沢工務店 入社
                               2000年9月      当社 入社
                               2001年3月      当社 製造部長
        専務取締役
                                                   (注)2    36,000
               福 地 重 範       1968年7月31日      生
        製造統括
                               2003年9月      当社 取締役製造部長就任
                               2005年11月      当社 常務取締役製造統括就任
                               2017年11月      当社 専務取締役製造統括就任
                                     (現)
                               1997年5月      ㈲山本製作所 入社
                               2000年6月      当社 入社
        専務取締役
                               2008年9月      当社 営業本部第一営業部長就任
                                                   (注)2     8,200
         営業      松 永 康 裕       1968年5月22日      生
                               2017年11月      当社 取締役営業本部長就任
         本部長
                               2018年11月      当社 専務取締役営業本部長就任
                                     (現)
                               1997年8月      日本電極㈱ 入社
                               2002年12月      当社 入社
        常務取締役
                               2004年6月      当社 管理本部長
                                                   (注)2    14,900
        管理本部       田 村 茂 樹       1968年2月21日      生
                               2005年11月      当社 取締役管理本部管掌就任
         管掌
                               2017年11月      当社 常務取締役管理本部長管掌
                                     (現)
                               1981年4月      住友ベークライト㈱ 入社
                               1988年9月      アール・ピー・シーラー㈱ 入社
                               2000年3月      当社 入社
                               2002年9月      当社 製造本部長
         取締役
               吉 田 勝 彦       1957年11月6日      生  2003年9月      当社 取締役製造本部長就任              (注)2    33,000
        製造本部長
                               2005年11月      当社 取締役第一製造本部長就任
                               2006年11月      当社 取締役製造本部長就任(現)
                               2019年5月      杭州永遠愛生物科技有限公司 総
                                     経理就任(現)
                               1994年4月      ㈱ホクビー 入社
                               1997年3月      ㈱フジ環境サービス 入社
         取締役
                               1998年5月      当社 入社
                                                   (注)2    31,500
        技術開発       海 野 直 也       1969年9月11日      生
                               2002年9月      当社 品質保証室長
         本部長
                               2003年9月      当社 取締役技術開発本部長就任
                                     (現)
                                 31/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
                                                      所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (株)
                               1997年6月      ㈱新静岡センター取締役総務部長
         監査役
                                                   (注)3     1,100
               海 野   浩       1943年3月14日      生  1999年4月      ㈱静鉄ストア取締役
         (常勤)
                               2003年11月      当社 監査役就任(現)
                               1978年4月      弁護士登録(現)
                               2004年6月      ㈱村上開明堂 社外監査役(現)
         監査役
                                                   (注)3
               齋 藤 安 彦       1949年12月24日      生  2006年4月      当社 仮監査役就任                     ―
        (非常勤)
                               2006年11月      当社 監査役就任(現)
                               2016年6月      静岡鉄道㈱ 社外監査役(現)
                               1975年5月      高橋正税理士事務所(現 稲葉・
         監査役
                                                   (注)3
               高 橋 正 樹       1950年8月29日      生        高橋税理士法人) 入所                     ―
        (非常勤)
                               2018年11月      当社 監査役就任(現)
                                                      1,236,630
                             計
      (注)   1.  監査役の海野浩及び齋藤安彦並びに高橋正樹は、社外監査役であります。
        2.  取締役の任期は、2019年8月期に係る定時株主総会終結の時から2021年8月期に係る定時株主総会終結の時
          までであります。
        3.  監査役の任期は、海野浩が2019年8月期に係る定時株主総会終結の時から2023年8月期に係る定時株主総会
          終結の時まで、齋藤安彦及び高橋正樹が2018年8月期に係る定時株主総会終結の時から2022年8月期に係る
          定時株主総会終結の時までであります。
        4.  専務取締役福地重範は、代表取締役社長淺山雄彦の実妹の夫であります。
       ② 社外役員の状況

         当社の社外監査役は3名であります。
         社外監査役海野浩氏は、当社株式1,100株を所有しております。同氏は長年、事業法人の経営管理に従事し、
        財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。また、同氏は東京証券取引所に独立役員として届出を
        しております。
         社外監査役齋藤安彦氏は、弁護士資格を保持しており、法務に関する相当程度の知見を有しております。な
        お、同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。
         社外監査役高橋正樹氏は、長年税理士事務所に在籍し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しておりま
        す。なお、同氏と当社との間に特別な利害関係はありません。
         当社は監査役3名全員を社外監査役にすることで、外部からの経営監視体制が十分に機能していると判断して
        おりますので、社外取締役は選任しておりません。
         社外取締役及び社外監査役を選任するための当社からの独立性に関する基準及び方針は定めておりませんが、
        選任にあたっては東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
       ③ 社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関

        係
         当社は、現時点で社外監査役の専従のスタッフは置いておりませんが、内部統制の社員及び管理本部・社長室
        の社員が社外監査役の業務を補佐し、業務監査及び会計監査と連携をとる体制を確立しております。
                                 32/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (3)  【監査の状況】
       ① 内部監査及び監査役監査の状況
         内部監査は、業務執行部門から独立した組織である内部監査室を設置しており、監査役及び会計監査人と協力
        し、1名体制で独立した立場から各部門の業務遂行状況について内部監査を行っております。
         当社は監査役制度を採用しております。
         監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名(3名とも社外監査役)で構成されております。社外監査役
        1名が弁護士、2名が財務及び会計に関する相当程度の知見を有する者であり、専門的見地から監査を行ってお
        ります。各監査役は、監査役会が定めた監査の方針、職務の分担等に従い、取締役会をはじめ重要な会議に出席
        するほか、取締役等からのその職務の執行状況の報告や、重要な決裁書類の閲覧等により、取締役の業務執行に
        ついて監視しております。また、会社法及び金融商品取引法に定める内部統制システムの整備・運用の状況を監
        視及び検証しております。
         なお、監査役、内部監査室及び会計監査人は、情報交換、意見交換を通じ連携を図り、監査機能の向上に努め
        ております。
       ② 会計監査の状況

        a.  監査法人の名称
         有限責任監査法人トーマツ
        b.  業務を執行した公認会計士

         指定有限責任社員 業務執行社員 水野雅史
         指定有限責任社員 業務執行社員 嶋田聖
        c.  監査業務に係る補助者の構成

         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他5名であります。
        d.  監査法人の選定方針と理由

         当社は、監査法人としての独立性、専門性及び品質管理体制並びに当社グループの多様な事業活動への理解度
        等を総合的に勘案し、選定を行っております。有限責任監査法人トーマツは、これらの観点において、十分に評
        価できるものと考え、監査法人に選定いたしました。
         監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その他必要があると判断した場合は、会計監査人
        の解任又は不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会が監査役会の決定に基づき当該議案を株主総会に提出
        いたします。
         また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査
        役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に
        招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨およびその理由を報告いたします。
        e.  監査役及び監査役会による監査法人の評価

         監査役会は、会計監査人について、その独立性及び専門性、監査品質、監査活動の状況、監査報酬水準、監査
        報告の相当性等を評価し、有限責任監査法人トーマツが会計監査人として適切、妥当であると判断しておりま
        す。
                                 33/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ③ 監査報酬の内容等
        a.  監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                      当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
                      27,000           2,500          27,000
        提出会社                                                 ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

                      27,000           2,500          27,000

          計                                                ―
         提出会社における非監査業務の内容は、新株発行に係る引受幹事会社へのコンフォートレターの作成業務であ
        ります。
        b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(Deloitte)に対する報酬(a.を除く)

                       前連結会計年度                      当連結会計年度

        区 分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社                 ―         2,600             ―         2,600
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

          計                ―         2,600             ―         2,600

         提出会社における非監査業務の内容は、税務申告書作成業務及び税務コンサルティング業務であります。
        c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.  監査報酬の決定方針

         当社は監査公認会計士等に対する報酬の額の決定に関する方針は特に定めておりませんが、会社の規模・業務
        の特性等の要素を勘案して見積もられた監査予定日数から算出された金額について、妥当な監査報酬の額となっ
        ていることを検討し、決定しております。
        e.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした
        理由は、会計監査人の監査計画、職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根拠等を確認し、検討した結果、報酬等
        の内容が適切であると判断したためであります。
                                 34/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (4)  【役員の報酬等】
       ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、基本報酬については臨
        時株主総会で決議された上限額の範囲内で決定しております。
         また、役員退職慰労金については、内規に基づき引当金を計上し、退任時の支払額、支払の時期及び支払方法
        については株主総会に付議しております。
         2002年7月12日開催の臨時株主総会において、取締役の報酬限度額は年額2億円以内(定款に定める取締役の
        員数は15名以内)、監査役の報酬限度額は年額3千万円以内(定款に定める取締役の員数は3名以内)と決議さ
        れております。なお、当事業年度における当該定めに係る役員の員数は、取締役6名、監査役4名(当事業年度
        において退任した監査役1名含む)であります。
         各取締役の報酬等の額については、取締役会により一任された代表取締役社長が、業績、各取締役の会社への
        貢献度などを総合的に勘案して決定しております。なお、当事年度における当社の役員報酬等の額の決定の過程
        におきましては、2018年11月27日開催の取締役会において、代表取締役社長である淺山雄彦氏に決定を一任する
        旨の決議を行っております。
         各監査役の報酬等の額については、監査役の協議により決定しております。
         なお、当社の役員の報酬は、上記の固定報酬のみとなっており業績連動報酬は採用しておりません。
       ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                            報酬等の種類別の総額(千円)
                                             対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                     役員の員数
                  (千円)
                                       役員退職
                                               (名)
                         固定報酬      業績連動報酬
                                        慰労金
     取締役
                    73,187       64,517               8,670        6
                                     ―
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      ―       ―       ―       ―      ―
     (社外監査役を除く。)
                    4,897       4,662               235       ▶
     社外役員                                ―
       ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。 
       ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

         該当事項はありません。 
                                 35/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (5)  【株式の保有状況】
       ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式
        の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有する株式を純投資目的である投
        資株式とし、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式としております。
       ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
          当社は、中長期的な企業価値の向上を実現する観点から、取引先との良好な関係を構築し、事業の円滑な推
         進を図るために必要と判断する企業の株式を保有しております。
          なお、保有する投資株式については、その保有目的が適切か、保有に伴うリスク・リターンが資本コストに
         見合っているか等を精査し、取締役会で保有の適否を検証しております。検証の結果、保有の合理性が認めら
         れなくなった銘柄については売却し縮減を図ります。
        b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の

                       銘柄数
                       (銘柄)
                               合計額(千円)
         非上場株式               2             30,000
                        1             21,540
         非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

          該当事項はありません。
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

          該当事項はありません。
        c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

     特定投資株式

               当事業年度         前事業年度

                                                      当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                      の有無
                (千円)         (千円)
                                取引金融機関との取引関係等の円滑化のため
                   30,000         30,000
                                保有しており、取締役会において、保有目的
     ㈱静岡銀行                                                  有
                                のほか、配当利回り等の経済合理性の観点を
                   21,540         29,460
                                踏まえて、保有の適否を検証しています。
      (注)上記の銘柄について、定量的な保有効果については記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法を記
         載しております。
     みなし保有株式

      該当事項はありません。
                                 36/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ③ 保有目的が純投資目的である投資株式
                        当事業年度                   前事業年度

                           貸借対照表計                   貸借対照表計
          区分
                   銘柄数                   銘柄数
                           上額の合計額                   上額の合計額
                   (銘柄)                   (銘柄)
                             (千円)                   (千円)
     非上場株式                   ―           ―        ―           ―
                        7        187,697           9        295,801
     非上場株式以外の株式
                                 当事業年度

                                              評価損益の
          区分
                    受取配当金の             売却損益の
                                             合計額(千円)
                    合計額(千円)             合計額(千円)
                                           含み損益      減損処理額
     非上場株式                       ―             ―      ―      ―
                          14,123             16,423     △ 57,682       △ 19
     非上場株式以外の株式
       ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
       ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                 37/88













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
        なお、当連結会計年度(2018年9月1日から2019年8月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
       「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(2018年3月23日内閣府令第
       7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に係
       るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

       「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
       ます。
     2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年9月1日から2019年8月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年9月1日から2019年8月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツにより監査を受けております。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
       内容を適切に把握できる体制を整備するため、監査法人等が主催する研修会への参加や、会計専門誌の定期購読を
       行っております。
                                 38/88











                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     1  【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年8月31日)              (2019年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        4,079,507              4,437,201
         現金及び預金
                                                     ※3  2,163,999
                                        2,058,065
         受取手形及び売掛金
                                        1,066,864              1,088,030
         商品及び製品
                                         870,670              819,215
         仕掛品
                                         873,082              916,063
         原材料及び貯蔵品
                                         185,862              236,960
         その他
                                         △ 12,233             △ 31,920
         貸倒引当金
                                        9,121,818              9,629,550
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※1  5,315,294            ※1  5,373,690
           建物及び構築物
                                       △ 2,374,996             △ 2,519,783
             減価償却累計額
                                        2,940,298              2,853,907
             建物及び構築物(純額)
                                        3,039,726              3,199,697
           機械装置及び運搬具
                                       △ 2,135,959             △ 2,295,208
             減価償却累計額
                                         903,767              904,489
             機械装置及び運搬具(純額)
                                      ※1  4,088,766            ※1  3,895,432
           土地
                                          35,106              83,442
           建設仮勘定
                                         483,681              530,737
           その他
                                        △ 387,211             △ 411,617
             減価償却累計額
                                          96,470              119,120
             その他(純額)
                                        8,064,408              7,856,393
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          2,040              1,020
           のれん
                                          93,236              147,596
           その他
                                          95,277              148,617
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         624,219              559,707
           投資有価証券
                                          38,284              84,391
           繰延税金資産
                                         126,336               69,985
           その他
                                         △ 62,623             △ 21,563
           貸倒引当金
                                         726,216              692,520
           投資その他の資産合計
                                        8,885,902              8,697,530
         固定資産合計
                                        18,007,721              18,327,080
       資産合計
                                 39/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年8月31日)              (2019年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                    ※3  1,814,273
                                        2,005,461
         支払手形及び買掛金
                                      ※1  2,552,533            ※1  2,762,533
         短期借入金
                                     ※1 , ※4  321,048            ※1  830,926
         1年内返済予定の長期借入金
                                         60,000
         1年内償還予定の社債                                                 -
                                         202,668              245,855
         未払法人税等
                                         149,900              171,000
         賞与引当金
                                         18,139              19,137
         ポイント引当金
                                                    ※3  1,052,474
                                         931,089
         その他
                                        6,240,839              6,896,200
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※1  1,316,728             ※1  485,802
         長期借入金
                                         299,707              201,060
         長期未払金
         繰延税金負債                                21,058              18,212
         役員退職慰労引当金                                164,995              180,858
                                         299,297              425,693
         退職給付に係る負債
                                          1,689              1,126
         負ののれん
                                         10,419               8,280
         その他
                                        2,113,895              1,321,033
         固定負債合計
                                        8,354,734              8,217,233
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        2,131,839              2,131,839
         資本金
                                        2,195,880              2,195,880
         資本剰余金
                                        5,411,873              5,913,891
         利益剰余金
                                        △ 59,284             △ 59,284
         自己株式
                                        9,680,309              10,182,327
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 27,322             △ 67,431
         その他有価証券評価差額金
                                                       △ 5,048
                                           -
         為替換算調整勘定
                                        △ 27,322             △ 72,479
         その他の包括利益累計額合計
                                        9,652,986              10,109,847
       純資産合計
                                       18,007,721              18,327,080
      負債純資産合計
                                 40/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
                                       15,795,643              16,252,889
      売上高
                                     ※1  11,203,039            ※1  11,732,032
      売上原価
                                        4,592,603              4,520,856
      売上総利益
                                    ※2 , ※3  3,569,120           ※2 , ※3  3,539,585
      販売費及び一般管理費
                                        1,023,483               981,271
      営業利益
      営業外収益
                                           68             2,166
       受取利息
                                          5,015              18,574
       受取配当金
                                         13,489              21,576
       投資有価証券売却益
                                         20,972              20,412
       受取賃貸料
                                           563              563
       負ののれん償却額
                                          9,922              17,471
       その他
                                         50,030              80,765
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         57,841              36,516
       支払利息
                                         15,402
       新株発行費                                                  -
                                         18,256              10,643
       その他
                                         91,500              47,159
       営業外費用合計
                                         982,012             1,014,876
      経常利益
      特別利益
                                        ※4  5,407            ※4  95,846
       固定資産売却益
                                          2,180              2,737
       補助金収入
                                          7,587              98,584
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※5  652
       固定資産売却損                                                  -
                                        ※6  2,184            ※6  15,204
       固定資産除却損
                                                        6,202
       投資有価証券評価損                                    -
                                        ※7  1,109            ※7  1,029
       減損損失
                                          3,947              22,436
       特別損失合計
                                         985,653             1,091,024
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   205,856              342,224
                                         43,116             △ 34,492
      法人税等調整額
                                         248,972              307,732
      法人税等合計
                                         736,680              783,292
      当期純利益
                                         736,680              783,292
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 41/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
                                         736,680              783,292
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 18,485             △ 40,108
       その他有価証券評価差額金
                                           -            △ 5,048
       為替換算調整勘定
                                      ※  △  18,485            ※  △  45,156
       その他の包括利益合計
                                         718,194              738,136
      包括利益
      (内訳)
                                         718,194              738,136
       親会社株主に係る包括利益
       非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 42/88
















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         2017年9月1日        至  2018年8月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                   1,405,498         1,469,539         4,856,824         △ 59,284       7,672,578
     当期首残高
     当期変動額
                    726,341         726,341                         1,452,682
      新株の発行
                                     △ 181,631                △ 181,631
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                     736,680                 736,680
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                    726,341         726,341         555,049                2,007,731
     当期変動額合計                                           ―
                   2,131,839         2,195,880         5,411,873         △ 59,284       9,680,309
     当期末残高
                   その他の包括利益累計額

                                  純資産合計
                その他有価証券        その他の包括利益
                 評価差額金         累計額合計
                    △ 8,837        △ 8,837       7,663,740
     当期首残高
     当期変動額
                                     1,452,682
      新株の発行
                                     △ 181,631
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                     736,680
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
                    △ 18,485        △ 18,485        △ 18,485
      の当期変動額(純
      額)
                    △ 18,485        △ 18,485       1,989,245
     当期変動額合計
                    △ 27,322        △ 27,322       9,652,986
     当期末残高
                                 43/88










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         2018年9月1日        至  2019年8月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                   2,131,839         2,195,880         5,411,873         △ 59,284       9,680,309
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 281,275                △ 281,275
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                     783,292                 783,292
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                     502,017                 502,017
     当期変動額合計                 ―         ―                 ―
                   2,131,839         2,195,880         5,913,891         △ 59,284       10,182,327
     当期末残高
                       その他の包括利益累計額

                                           純資産合計
                その他有価証券                 その他の包括利益
                         為替換算調整勘定
                 評価差額金                 累計額合計
                    △ 27,322                △ 27,322       9,652,986
     当期首残高                          ―
     当期変動額
                                             △ 281,275
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属す
                                              783,292
      る当期純利益
      株主資本以外の項目
                    △ 40,108        △ 5,048       △ 45,156        △ 45,156
      の当期変動額(純
      額)
                    △ 40,108        △ 5,048       △ 45,156        456,861
     当期変動額合計
                    △ 67,431        △ 5,048       △ 72,479       10,109,847
     当期末残高
                                 44/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         985,653             1,091,024
       税金等調整前当期純利益
                                         436,101              472,765
       減価償却費
                                           457              457
       のれん償却額
                                           934            △ 21,372
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         13,400              21,100
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          3,336               998
       ポイント引当金の増減額(△は減少)
                                         29,914              126,395
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         △ 6,017              15,863
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 5,083             △ 20,741
       受取利息及び受取配当金
                                         57,841              36,516
       支払利息
                                         △ 4,754             △ 95,846
       固定資産売却損益(△は益)
                                          2,184              15,204
       固定資産除却損
                                        △ 13,489             △ 21,576
       投資有価証券売却損益(△は益)
                                                        6,202
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -
                                         △ 2,180             △ 2,737
       補助金収入
                                          1,109              1,029
       減損損失
                                         △ 3,918            △ 105,933
       売上債権の増減額(△は増加)
                                        △ 253,396              △ 12,692
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                         121,254             △ 191,187
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          9,351              52,788
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                         79,143              38,028
       その他
                                        1,451,840              1,406,286
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  5,081              20,147
                                        △ 56,674             △ 34,130
       利息の支払額
                                          2,180              2,737
       補助金の受取額
                                        △ 180,800             △ 263,110
       法人税等の支払額
                                        1,221,626              1,131,930
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 45/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 696,000             △ 676,000
       定期預金の預入による支出
                                         660,000              696,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 549,327             △ 546,787
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                         26,301              291,191
       有形及び無形固定資産の売却による収入
                                        △ 603,259             △ 684,249
       投資有価証券の取得による支出
                                         273,240              709,566
       投資有価証券の売却による収入
                                         38,979               8,061
       その他
                                        △ 850,065             △ 202,217
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 352,853              210,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                        1,622,000
       長期借入れによる収入                                                  -
                                      △ 2,020,818              △ 321,048
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 96,000             △ 60,000
       社債の償還による支出
       株式の発行による収入                                1,437,279                  -
       配当金の支払額                                △ 180,991             △ 280,130
                                        △ 128,448              △ 95,701
       その他
                                         280,168             △ 546,880
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                       △ 5,137
       現金及び現金同等物に係る換算差額                                    -
                                         651,729              377,694
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        2,872,777              3,524,507
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  3,524,507             ※  3,902,201
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 46/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1 連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社の数             7 社
       連結子会社の名称
        ㈱エーエフシー
        ㈱日本予防医学研究所
        ㈱けんこうTV
        本草製薬㈱
        杭州永遠愛生物科技有限公司
        ㈱ベストワーク
        ㈱ターゲット
         なお、杭州永遠愛生物科技有限公司(2019年5月14日設立)を当連結会計年度より連結の範囲に含めておりま
        す。
      (2)  非連結子会社の名称等
        該当事項はありません。
     2 持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
     3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち杭州永遠愛生物科技有限公司の決算日は12月末日、㈱ベストワークの決算日は2月末日、㈱
       ターゲットの決算日は9月末日であります。連結財務諸表の作成にあたっては、各社が連結決算日現在で仮決算を
       行いその財務諸表を使用しております。
        なお、その他の連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
     4 会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ① 有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの
           決算末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
          により算定)
          時価のないもの
           移動平均法による原価法
       ② たな卸資産
         商品・製品・原材料・仕掛品
          主として総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
         貯蔵品
          最終仕入原価法
                                 47/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
       ① 有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法
          但し、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附
         属設備及び構築物については、定額法によっております。
         主な耐用年数
         建物及び構築物            2~50年
         機械装置及び運搬具            2~10年
         その他
                      2~20年
         (工具、器具及び備品)
       ② 無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
         ます。
       ③ 長期前払費用
         均等償却によっております。
      (3)  重要な引当金の計上基準
       ① 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
        ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       ② 賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度負担額を計上しておりま
        す。
       ③ ポイント引当金
         販売促進を目的とするポイントサービス制度に基づき、顧客に付与したポイントの利用に備えるため、当連結
        会計年度末において、未使用残高のうち将来利用されると見込まれる額を計上しております。
       ④ 役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法
       ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
        給付算定式基準によっております。
       ② 数理計算上の差異の費用処理方法
         数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
        による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
       ③ 小規模企業等における簡便法の採用
         一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
        を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)  重要なヘッジ会計の方法
       ① ヘッジ会計の方法
         金利スワップについては、特例処理の要件を満たしている場合には特例処理を採用しております。
       ② ヘッジ手段とヘッジ対象
         (ヘッジ手段)
           金利スワップ
         (ヘッジ対象)
           借入金利息
       ③ ヘッジ方針
         借入金利の変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。
                                 48/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ④ ヘッジの有効性評価の方法
         金利スワップについては、特例処理を採用しているため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
      (6)  のれん及び負ののれんの償却方法及び償却期間
         効果の発現する見積期間(20年)を償却年数とし、定額法により償却しております。なお、重要性が乏しいも
        のは発生時に一括償却しております。
      (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、
        かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
      (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          税抜方式によっております。
       (未適用の会計基準等)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2018年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2018年3月30日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        2022年8月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
       (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計基準一
      部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税
      金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しました。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」85,158千円及び「固定負
      債」の「繰延税金負債」のうちの52,475千円を「投資その他の資産」の「繰延税金資産」38,284千円に含めて表示
      し、「固定負債」の「繰延税金負債」は21,058千円として表示しております。
       また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計
      基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。
      ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取
      扱いに従って記載しておりません。
        (会計上の見積りの変更)

      (退職給付債務の計算方法に係る見積りの変更) 
       当社は、当連結会計年度より、退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更しております。この変更は、従
      業員数が増加したことに伴い、退職給付債務の金額の算定の精度を高め、退職給付費用の期間損益計算をより適正化
      するために行ったものであります。 
       この変更に伴い、当連結会計年度末における退職給付に係る負債が107,588千円増加し、同額を退職給付費用として
      売上原価(77,657千円)、販売費及び一般管理費(29,930千円)に計上しております。
                                 49/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
     ※1 担保に供している資産とこれに対応する債務は次のとおりであります。
      (1)  担保に供している資産
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         建物及び構築物                      2,174,227千円                 1,717,810千円
         土地                      2,616,781千円                 2,194,917千円
         計                      4,791,009千円                 3,912,727千円
      (2)  上記に対応する債務

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         短期借入金                       800,000千円                1,200,000千円
         1年内返済予定の長期借入金                       257,580千円                 770,750千円
         長期借入金                       850,750千円                 80,000千円
         計                      1,908,330千円                 2,050,750千円
      2 手形割引高

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
                                 47,158                 6,227
         受取手形割引高                           千円                 千円
     ※3    期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

        なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれておりま
       す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         受取手形                            ―            25,032千円
         支払手形                            ―            69,202千円
         その他(設備関係支払手形)                            ―            18,872千円
     ※4 財務制限条項

       前連結会計年度(2018年8月31日)
         1年内返済予定の長期借入金(183,300千円)については、以下の通り財務制限条項が付されており、これに抵
        触した場合、借入先の要求に基づき当該借入金を一括返済することがあります。
        ①2010年8月に終了する決算期及びそれ以降の各決算期の末日の連結貸借対照表における純資産の部の金額が、
         2009年8月期の末日の連結貸借対照表における純資産の部の金額の75%以上であること。
        ②2010年8月に終了する決算期及びそれ以降の各決算期に係る連結損益計算書上の経常損益に関して、2期連続
         して経常損失を計上しないこと。
       当連結会計年度(2019年8月31日)

         該当事項はありません。
                                 50/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
     ※1  通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
                                 92,378                 62,749
         売上原価                           千円                 千円
     ※2    販売費及び一般管理費の主なもの

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
                                586,143                 505,782
         広告宣伝費                           千円                 千円
                               1,152,361                 1,143,017
         給料手当                           千円                 千円
                                 59,799                 65,812
         賞与引当金繰入額                           千円                 千円
                                 20,637                 55,111
         退職給付費用                           千円                 千円
                                 12,744                 13,700
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                 千円
                                 4,902                19,908
         貸倒引当金繰入額                           千円                 千円
                                 1,020                 1,020
         のれん償却額                           千円                 千円
     ※3    一般管理費に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
                                139,187                 156,620
                                    千円                 千円
     ※4    固定資産売却益の内訳

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
         建物及び構築物                            ―             2,620千円
         機械装置及び運搬具                        5,407千円                   7千円
         土地                            ―            93,218千円
         計                        5,407千円                95,846千円
     ※5    固定資産売却損の内訳

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
         建物及び構築物                         652千円                    ―
     ※6    固定資産除却損の内訳

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
         建物及び構築物                            ―              681千円
         機械装置及び運搬具                         282千円                3,569千円
         その他(工具、器具及び備品)                        1,230千円                  494千円
         その他(ソフトウェア)                         193千円                    ―
         撤去工事等                         478千円               10,458千円
         計                        2,184千円                15,204千円
                                 51/88




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     ※7    減損損失の主なもの
       前連結会計年度(自            2017年9月1日         至   2018年8月31日)
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       当連結会計年度(自            2018年9月1日         至   2019年8月31日)

         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       (連結包括利益計算書関係)

      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額                      △12,013千円                 △39,195千円
                               △13,489千円                 △15,373千円
          組替調整額
           税効果調整前
                               △25,502千円                 △54,569千円
                                 7,017千円                14,460千円
           税効果額
           その他有価証券評価差額金                     △18,485千円                 △40,108千円
         為替換算勘定
                                     ―            △5,048千円
          当期発生額
            その他の包括利益合計                    △18,485千円                 △45,156千円
                                 52/88













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           2017年9月1日         至   2018年8月31日)
     1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
                   (株)           (株)           (株)           (株)
     発行済株式
      普通株式               12,189,720           1,955,000               ―      14,144,720
     自己株式
                                    ―
      普通株式                 80,969                        ―        80,969
      (注)    普通株式の発行済株式総数の増加1,955,000株は、一般募集による新株発行1,700,000株、第三者割当による新
         株発行255,000株であります。
     2 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                        配当金の総額         1株当たり
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     2017年11月28日
                普通株式           60,543           5  2017年8月31日         2017年11月29日
     定時株主総会
     2018年4月6日
                普通株式           121,087           10   2018年2月28日         2018年5月25日
     取締役会
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
        決議       株式の種類               配当の源資               基準日      効力発生日
                       (千円)              配当額(円)
                                              2018年       2018年
     2018年11月27日
                普通株式         140,637     利益剰余金            10
     定時株主総会
                                             8月31日       11月28日
      当連結会計年度(自           2018年9月1日         至   2019年8月31日)

     1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                   株式数          増加株式数           減少株式数            株式数
                   (株)           (株)           (株)           (株)
     発行済株式
      普通株式               14,144,720               ―           ―      14,144,720
     自己株式
      普通株式                 80,969             ―           ―        80,969
                                 53/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2 配当に関する事項
     (1)配当金支払額
                        配当金の総額         1株当たり
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
     2018年11月27日
                普通株式           140,637           10   2018年8月31日         2018年11月28日
     定時株主総会
     2019年4月9日
                普通株式           140,637           10   2019年2月28日         2019年5月30日
     取締役会
     (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額               1株当たり
        決議       株式の種類               配当の源資               基準日      効力発生日
                       (千円)              配当額(円)
                                              2019年       2019年
     2019年11月26日
                普通株式         210,956     利益剰余金            15
     定時株主総会
                                             8月31日       11月27日
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※   現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
         現金及び預金勘定                      4,079,507千円                 4,437,201千円
         預入期間が3ヶ月を超える
                               △555,000千円                 △535,000千円
         定期預金等
         現金及び現金同等物                      3,524,507千円                 3,902,201千円
                                 54/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1   金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、主に健康食品の製造販売事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借
       入や社債発行)を調達しております。
        一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。
        なお、デリバティブ取引は金利変動リスクを回避する目的で利用しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク
        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        有価証券及び投資有価証券は株式及び投資信託であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日のものであり、主として国内取引に係るものであり
       ます。
        短期借入金は、運転資金に係るものであります。
        社債、長期借入金及び長期未払金は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制
       ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、債権管理規定に従い、営業債権について営業管理部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリング
        し、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財政状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を
        図っております。連結子会社についても、当社の債権管理規定に準じて、同様の管理を行っております。また、
        デリバティブ取引については、金利スワップ取引の契約先は信用度の高い国内の金融機関であるため、相手先の
        契約不履行によるいわゆる信用リスクはほとんどないと判断しております。
       ②  市場リスク(金利等の変動リスク)の管理
         長期借入金及び社債については金利の変動リスクを抑えるため、主に固定金利での調達を行っております。ま
        た、変動金利で調達した一部の長期借入金については、借入金利の変動リスクを回避する目的で金利スワップ取
        引を行っております。なお、ヘッジの有効性の評価については、金利スワップの特例処理の要件を満たしている
        ため、評価を省略しております。
       ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、各部署からの報告に基づき経理部が毎月資金繰計画を作成、日々更新することにより、流動性のリス
        クを管理しております。連結子会社についても、当社に準じて、同様の管理を行っております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
                                 55/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2   金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
      極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません(注2を参照ください。)。
       前連結会計年度(2018年8月31日)
                         連結貸借対照表
                                     時価(千円)            差額(千円)
                         計上額(千円)
     (1)  現金及び預金
                             4,079,507            4,079,507                ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             2,058,065
                                △44
        貸倒引当金(※)
                             2,058,021            2,058,021                ―
     (3)  有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券
                              574,272            574,272               ―
            資産計                 6,711,800            6,711,800                ―
     (1)  支払手形及び買掛金
                             2,005,461            2,005,461                ―
     (2)  短期借入金
                             2,552,533            2,552,533                ―
     (3)  社債(1年内含む)
                               60,000            59,912             △87
     (4)  長期借入金(1年内含む)
                             1,637,776            1,631,682             △6,093
     (5)  長期未払金(1年内含む)
                              403,054            392,939            △10,115
            負債計                 6,658,824            6,642,528             △16,296
     (※)受取手形及び売掛金に個別計上している貸倒引当金を控除しております。
       当連結会計年度(2019年8月31日)

                         連結貸借対照表
                                     時価(千円)            差額(千円)
                         計上額(千円)
     (1)  現金及び預金
                             4,437,201            4,437,201                ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             2,163,999
                              △38,636
        貸倒引当金(※)
                             2,125,362            2,125,362                ―
     (3)  有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                      509,759            509,759               ―
            資産計                 7,072,324            7,072,324                ―

     (1)  支払手形及び買掛金
                             1,814,273            1,814,273                ―
     (2)  短期借入金
                             2,762,533            2,762,533                ―
     (3)  社債(1年内含む)                          ―            ―            ―
     (4)  長期借入金(1年内含む)
                             1,316,728            1,319,178              2,450
     (5)  長期未払金(1年内含む)
                              299,707            294,438            △5,268
            負債計                 6,193,241            6,190,424             △2,817
     (※)受取手形及び売掛金に個別計上している貸倒引当金を控除しております。
                                 56/88




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     (注)1     金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項
      資   産
      (1)  現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)  有価証券及び投資有価証券
        時価については、株式は取引所の価格によっており、投資信託の受益証券は基準価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      負   債
      (1)  支払手形及び買掛金、(2)短期借入金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)  社債
        時価については、元利金の合計額を、当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値
       により算定しております。
      (4)  長期借入金、(5)長期未払金
        時価については、元利金の合計額を、新規に同様の取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値に
       より算定しております。
      デリバティブ取引
        「デリバティブ取引関係」注記をご参照ください。
       2  時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                              (単位:千円)
           区分             2018年8月31日                2019年8月31日
         非上場株式(※)                        49,947                49,947

     (※)上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)有価証券及び投資有
       価証券」には含めておりません。
       3  満期のある金銭債権及び有価証券の連結決算日後の償還予定額

       前連結会計年度(2018年8月31日)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金
      定期預金等                            555,000          ―       ―       ―

     受取手形及び売掛金                           2,058,065           ―       ―       ―

                 合計                2,613,065           ―       ―       ―

                                 57/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(2019年8月31日)
                                        1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金
      定期預金等                            535,000          ―       ―       ―

     受取手形及び売掛金                           2,163,999           ―       ―       ―

     投資有価証券

      その他有価証券のうち満期があるもの

       債券(社債)                               ―    98,304         ―       ―

                 合計                2,698,999        98,304         ―       ―

       4  社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

       前連結会計年度(2018年8月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                 5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金               2,552,533           ―       ―       ―       ―       ―
     社債(1年内含む)                 60,000         ―       ―       ―       ―       ―

     長期借入金(1年内含む)                 321,048       830,926       103,476       63,476       43,476      275,374

     その他の有利子負債(1年内
                      93,645       91,687       57,568       46,383       47,680       38,809
     含む)
           合計          3,027,226        922,613       161,044       109,859       91,156      314,183
       当連結会計年度(2019年8月31日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                 5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     短期借入金               2,762,533           ―       ―       ―       ―       ―
     長期借入金(1年内含む)                 830,926       103,476       63,476       43,476       43,476      231,898

     その他の有利子負債(1年内
                      91,687       57,568       46,383       47,680       37,684       1,125
     含む)
           合計          3,685,146        161,044       109,859       91,156       81,160      233,023
                                 58/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
     1 その他有価証券
       前連結会計年度(2018年8月31日)
                              連結貸借対照表
             区分            種類               取得原価(千円)           差額(千円)
                               計上額(千円)
                         株式          68,125          59,415          8,710
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
                        その他             ―          ―          ―
     超えるもの
                         小計          68,125          59,415          8,710
                         株式          377,049          403,746         △26,697

     連結貸借対照表計上額が取得原価を
                        その他          129,097          151,284         △22,187
     超えないもの
                         小計          506,146          555,031         △48,884
                合計                   574,272          614,446         △40,174

      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額49,947千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       当連結会計年度(2019年8月31日)

                              連結貸借対照表
             区分            種類               取得原価(千円)           差額(千円)
                               計上額(千円)
                         株式           8,361          6,214          2,146
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
                        その他             ―          ―          ―
     超えるもの
                         小計           8,361          6,214          2,146
                         株式          286,245          359,507         △73,261

                         債券          98,304          99,695         △1,390

     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えないもの
                        その他          116,848          139,086         △22,237
                         小計          501,398          598,288         △96,890

                合計                   509,759          604,503         △94,743

      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額49,947千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 59/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2 連結会計年度中に売却したその他有価証券
       前連結会計年度(自         2017年9月1日        至  2018年8月31日)
           区分           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
     株式                       274,059              13,489               ―

     その他                          ―             ―             ―

           合計                 274,059              13,489               ―

       当連結会計年度(自         2018年9月1日        至  2019年8月31日)

           区分           売却額(千円)           売却益の合計額(千円)             売却損の合計額(千円)
     株式                       710,088              21,576               ―

     その他                          ―             ―             ―

           合計                 710,088              21,576               ―

     3 減損処理を行った有価証券

        当連結会計年度において、株式について6,202千円の減損処理を行っております。
        なお、時価が取得原価に比し50%以上下落した場合は、時価の回復可能性がないものとして一律に減損処理を実
       施し、下落率が30%以上50%未満の場合には、時価の回復可能性の判定を行い減損処理の要否を決定しておりま
       す。
       (デリバティブ取引関係)

     1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         該当事項はありません。
     2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       金利関連
       前連結会計年度(2018年8月31日)
      ヘッジ会計        デリバティブ                            契約額のうち
                                 契約額等   
                        主なヘッジ対象                           時価(千円)
                                  (千円)
       の方法       取引の種類等                           1年超(千円)
             金利スワップ取引
     金利スワップ
     の特例処理
               支払固定・
                       長期借入金            2,600,000             ―    (注)
               受取変動
      (注)  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
       当連結会計年度(2019年8月31日)

         該当事項はありません。
                                 60/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (退職給付関係)
     1 採用している退職給付制度の概要
      前連結会計年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
       当社及び一部の連結子会社は、退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しております。
       なお、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      当連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

       当社及び一部の連結子会社は、退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しております。なお、当社は、当連結会
      計年度より、退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更しております。この変更は、従業員数が増加したこ
      とに伴い、退職給付債務の金額の算定の精度を高め、退職給付費用の期間損益計算をより適正化するために行ったも
      のであります。
       一部の連結子会社は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
     2 確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((2)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自    2017年9月1日            (自    2018年9月1日
                                 至   2018年8月31日)             至   2019年8月31日)
       退職給付債務の期首残高                                  ―               ―
        簡便法から原則法への変更に伴う振替額                                 ―         183,865千円
        簡便法から原則法への変更に伴う費用処理額                                 ―         107,588千円
       退職給付債務の期末残高                                  ―         291,453千円
      (2)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自    2017年9月1日            (自    2018年9月1日
                                 至   2018年8月31日)             至   2019年8月31日)
       退職給付に係る負債の期首残高                             269,383千円               299,297千円
        退職給付費用                            44,803千円               48,484千円
        退職給付の支払額                           △14,888千円               △29,676千円
        簡便法から原則法への変更に伴う振替額                                 ―        △183,865千円
       退職給付に係る負債の期末残高                             299,297千円               134,239千円
      (3)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年8月31日)               (2019年8月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                             299,297千円               425,693千円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             299,297千円               425,693千円
       退職給付に係る負債                             299,297千円               425,693千円

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             299,297千円               425,693千円
       (注)簡便法を採用した制度を含みます。
      (4)  退職給付費用の内訳

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自    2017年9月1日            (自    2018年9月1日
                                 至   2018年8月31日)             至   2019年8月31日)
       簡便法で計算した退職給付費用                             44,803千円               48,484千円
       簡便法から原則法への変更に伴う費用処理額                                  ―         107,588千円
       合計                             44,803千円              156,072千円
      (5)  数理計算上の基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自    2017年9月1日            (自    2018年9月1日
                                 至   2018年8月31日)             至   2019年8月31日)
       割引率                                  ―             0.2%
       予想昇給率                                  ―             1.4%
                                 61/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2018年8月31日)             (2019年8月31日)
         繰延税金資産
          税務上の繰越欠損金(注)2                            154,186千円             201,021千円
          退職給付に係る負債                            90,167千円            127,590千円
          役員退職慰労引当金                            49,823千円             54,443千円
          賞与引当金                           45,211千円             51,401千円
          その他有価証券評価差額金                           13,726千円             27,312千円
          未払事業税                           17,252千円             19,308千円
          たな卸資産評価損                           27,704千円             18,943千円
          貸倒引当金                           22,229千円             15,746千円
          減損損失                           46,191千円             10,075千円
                                     45,634千円             46,510千円
          その他
         繰延税金資産小計
                                    512,127千円             572,352千円
          税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)
                                         ―       △201,021千円
         2 
                                         ―       △155,392千円
          将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
         評価性引当額小計(注)1                           △343,052千円             △356,414千円
         繰延税金資産合計
                                    169,074千円             215,938千円
         繰延税金負債

          補助金
                                    △88,170千円             △87,788千円
          土地評価益                          △35,177千円             △35,025千円
          固定資産圧縮積立金                          △27,020千円             △25,472千円
                                    △1,479千円             △1,473千円
          その他
         繰延税金負債合計                           △151,848千円             △149,759千円
         繰延税金資産の純額
                                     17,225千円             66,178千円
      (注)   1.評価性引当額が13,361千円増加しております。この増加の主な内容は、連結子会社の本草製薬㈱において減
          損損失に係る評価性引当額が36,009千円減少した一方で、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額を50,938
          千円追加的に認識したものです。
        2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
         当連結会計年度(2019年8月31日)
                           1年超     2年超
                                      3年超     4年超
                      1年以内                           5年超      合計
                           2年以内     3年以内
                                     4年以内     5年以内
                      (千円)                          (千円)     (千円)
                                     (千円)     (千円)
                           (千円)     (千円)
         税務上の繰越欠損金(a)              1,376     11,525     10,331      1,331     11,358     165,098     201,021
                                                        △
         評価性引当額             △1,376     △11,525     △10,331      △1,331     △11,358     △165,098
                                                     201,021 
         繰延税金資産                ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
        (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                 62/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (2018年8月31日)             (2019年8月31日)
         法定実効税率                              30.2%             30.0%
         (調整)
         交際費等永久に損金算入されない項目                               0.1%             0.1%
         住民税均等割等                               0.7%             0.6%
         試験研究費等税額控除                              △3.7%             △3.8%
         評価性引当額の増減                              △0.1%              1.4%
         繰越欠損金の期限切れ                               3.6%             0.1%
         法人税等還付税額                              △6.0%             △0.1%
         連結調整項目                               0.6%             0.2%
                                      △0.1%             △0.3%
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                       25.3%             28.2%
       (賃貸等不動産関係)

     1 賃貸等不動産の状況に関する事項
       当社及び当社の一部の子会社では、静岡県その他の地域において、将来の使用が見込まれていない遊休不動産及び
      賃貸用のアパートを有しております。
       2018年8月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は3,993千円(賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は
      営業外費用に計上)であります。
       2019年8月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は4,006千円(賃貸収益は営業外収益に、主な賃貸費用は
      営業外費用に計上)であります。
     2 賃貸等不動産の時価に関する事項

                                                   (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自    2017年9月1日               (自    2018年9月1日
                           至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
                 期首残高                   422,240                  399,250
     連結貸借対照表計上額            期中増減額                   △22,989                 △275,044

                 期末残高                   399,250                  124,205

     期末時価                               385,424                  98,217

      (注)   1.    連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
        2.    期中増減額のうち、前連結会計年度の主なものは、子会社所有の遊休地を売却したことによる減少20,864
          千円であります。当連結会計年度の主なものは、当社所有の一部遊休不動産について倉庫として整備し事業
          供用を開始しており、賃貸等不動産に該当しなくなったことによる減少271,654千円であります。
        3.    期末の時価は、一定の評価額や適切に市場価格を反映していると考えられる指標に基づく価額でありま
          す。
                                 63/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1   報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
       の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは健康食品及び医薬品の製造販売を主とした多岐にわたる事業を営んでおります。当社及び当社の
       連結子会社には、単一製品の製造に従事する会社だけでなく複数製品の製造販売を営んでいる会社もあり、当社グ
       ループとしては取り扱う製品ごとに包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
        したがって、当社グループは取り扱い製品を基礎として製品別セグメントから構成されており、「ヘルスケア事
       業」及び「医薬品事業」の2つを報告セグメントとしております。
        「ヘルスケア事業」は、健康食品・化粧品の製造販売及びOEM供給を行っております。「医薬品事業」は、漢
       方医療用医薬品・一般用医薬品の製造販売及びジェネリック医薬品の販売を行っております。
     2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
       ける記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
       前連結会計年度(自           2017年9月1日         至   2018年8月31日)
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                   連結財務諸表 
                                            調整額   
                                                   計上額   
                                             (注1)
                                                    (注2)
                    ヘルスケア事業         医薬品事業          計
     売上高

                     14,609,640        1,186,002       15,795,643                15,795,643

       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
                     14,609,640        1,186,002       15,795,643                15,795,643
           計                                      ―
                      1,622,069        △ 62,475      1,559,594        △ 536,110       1,023,483

     セグメント利益又は損失(△)
                     15,592,683        1,678,472       17,271,156         736,565      18,007,721

     セグメント資産
     その他の項目

      減価償却費                  363,910        66,975       430,886         5,214       436,101

      有形固定資産及び
                       388,390        158,511        546,902         5,494       552,396
      無形固定資産の増加額
      (注)   1.  セグメント利益の調整額△536,110千円は管理部門に係る全社費用の内、各報告セグメントに配賦していな
          い費用等であります。セグメント資産の調整額736,565千円は全社資産に係るものであります。また、その
          他の項目の減価償却費の調整額5,214千円、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額5,494千円はそ
          れぞれ全社に係るものであります。
        2.  セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 64/88






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自           2018年9月1日         至   2019年8月31日)
                                                   (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                   連結財務諸表 
                                            調整額   
                                                   計上額   
                                             (注1)
                                                    (注2)
                    ヘルスケア事業         医薬品事業          計
     売上高

                     14,974,546        1,278,342       16,252,889                16,252,889

       外部顧客への売上高                                            ―
       セグメント間の内部
                          ―        ―        ―        ―        ―
       売上高又は振替高
                     14,974,546        1,278,342       16,252,889                16,252,889
           計                                      ―
                      1,517,897        △ 43,907      1,473,990        △ 492,718        981,271

     セグメント利益又は損失(△)
                     16,031,698        1,558,841       17,590,539         736,541      18,327,080

     セグメント資産
     その他の項目

      減価償却費                  397,439        69,299       466,739         6,025       472,765

      有形固定資産及び
                       462,753        43,297       506,051        14,178       520,229
      無形固定資産の増加額
      (注)   1.  セグメント利益の調整額△492,718千円は管理部門に係る全社費用の内、各報告セグメントに配賦していな
          い費用等であります。セグメント資産の調整額736,541千円は全社資産に係るものであります。また、その
          他の項目の減価償却費の調整額6,025千円、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額14,178千円は
          それぞれ全社に係るものであります。
        2.  セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
      【関連情報】

       前連結会計年度(自           2017年9月1日 至 2018年8月31日)
     1   製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報
      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        連結貸借対照表の固定資産は、すべて本邦に所在しております。
     3   主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりませ
       ん。
                                 65/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2018年9月1日                   至   2019年8月31日)
     1   製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報
      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産
        連結貸借対照表の固定資産は、すべて本邦に所在しております。
     3   主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりませ
       ん。
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
                                           (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
            ヘルスケア事業         医薬品事業          計
                1,109                1,109                1,109

     減損損失                     ―                ―
       当連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

                                           (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
            ヘルスケア事業         医薬品事業          計
                1,029                1,029                1,029

     減損損失                     ―                ―
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2017年9月1日 至 2018年8月31日)
                                           (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
            ヘルスケア事業         医薬品事業          計
                1,020                1,020                1,020

     当期償却額                     ―                ―
                2,040                2,040                2,040

     当期末残高                     ―                ―
                                 66/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      なお、2010年9月1日前に行われた企業結合により発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりで
     あります。
                                           (単位:千円)

                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
            ヘルスケア事業         医薬品事業          計
                 563                563                563

     当期償却額                     ―                ―
                1,689                1,689                1,689

     当期末残高                     ―                ―
       当連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)

                                           (単位:千円)
                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
            ヘルスケア事業         医薬品事業          計
                1,020                1,020                1,020

     当期償却額                     ―                ―
                1,020                1,020                1,020

     当期末残高                     ―                ―
      なお、2010年9月1日前に行われた企業結合により発生した負ののれんの償却額及び未償却残高は、以下のとおりで

     あります。
                                           (単位:千円)

                    報告セグメント
                                    全社・消去         合計
            ヘルスケア事業         医薬品事業          計
                 563                563                563

     当期償却額                     ―                ―
                1,126                1,126                1,126

     当期末残高                     ―                ―
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

         該当事項はありません。
                                 67/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        【関連当事者情報】
          該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

              前連結会計年度                           当連結会計年度

             (自 2017年9月1日                           (自 2018年9月1日
             至 2018年8月31日)                           至 2019年8月31日)
     1株当たり純資産額                     686円37銭      1株当たり純資産額                     718円86銭
     1株当たり当期純利益                     58円28銭     1株当たり当期純利益                     55円70銭

      (注)   1. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2. 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は次のとおりであります。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2017年9月1日          (自    2018年9月1日
                   項   目
                                   至   2018年8月31日)           至   2019年8月31日)
         1株当たり当期純利益
          親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                               736,680             783,292
          普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ―             ―
          普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         736,680             783,292
          当期純利益(千円)
          普通株式の期中平均株式数(株)                             12,639,710             14,063,751
                                 68/88













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                              当期首残高       当期末残高       利率
        会社名          銘柄      発行年月日                        担保     償還期限
                               (千円)       (千円)      (%)
               株式会社AFC-
     ㈱AFC-HD
               HDアムスライフ         2015年12月                             2018年12月
                                60,000         ―   0.31    無担保社債
     アムスライフサイ
               サイエンス第3回           25日                             25日
     エンス
               無担保社債
        合計           ―        ―      60,000         ―   ―     ―      ―

         【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                    2,552,533         2,762,533           0.56        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     321,048         830,926          0.73        ―

     長期借入金(1年内に返済予定                                            2020年9月25日~
                         1,316,728          485,802          0.93
     のものを除く)                                            2029年12月25日
                                                 2020年9月14日~
     その他有利子負債
                          299,707         201,060          3.01
      長期未払金(割賦)
                                                 2024年9月12日
            合計             4,490,016         4,280,321             ―      ―
      (注)   1. 「平均利率」については、借入金等の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2. 長期借入金及びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1
           年ごとの返済予定額は次のとおりであります。
                   1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
         長期借入金               103,476           63,476          43,476          43,476

         その他有利子負債               62,232          49,664          49,664          38,367

         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
                                 69/88









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (2)  【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等

         (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

     売上高(千円)                   4,261,072          8,338,164         12,219,420          16,252,889

     税金等調整前四半期(当期)純
                         353,599          697,299          946,081         1,091,024
     利益(千円)
     親会社株主に帰属する
                         227,110          502,363          667,653          783,292
     四半期(当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                          16.15          35.72          47.47          55.70
     益(円)
         (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益(円)                     16.15          19.57          11.75          8.22

                                 70/88















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2  【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2018年8月31日)              (2019年8月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        2,535,764              2,531,694
         現金及び預金
                                                     ※4  116,743
                                          77,155
         受取手形
                                      ※1  2,303,698            ※1  2,349,477
         売掛金
                                         642,816              768,271
         商品及び製品
                                         752,481              681,909
         仕掛品
                                         770,248              804,525
         原材料及び貯蔵品
                                          14,820              13,231
         前払費用
                                       ※1  990,000            ※1  900,000
         短期貸付金
                                        ※1  59,484            ※1  162,114
         その他
                                        △ 294,011             △ 437,711
         貸倒引当金
                                        7,852,458              7,890,256
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※2  2,166,059            ※2  2,386,351
           建物
                                        ※2  23,943            ※2  25,601
           構築物
                                         549,881              592,855
           機械及び装置
                                          4,075              3,848
           車両運搬具
                                          35,565              56,014
           工具、器具及び備品
                                      ※2  2,530,152            ※2  2,716,304
           土地
                                          35,106              64,886
           建設仮勘定
                                        5,344,784              5,845,862
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          21,671              32,881
           ソフトウエア
                                          1,749              1,749
           その他
                                          23,421              34,631
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
           投資有価証券                              484,359              454,390
                                         908,484              908,484
           関係会社株式
                                                        100,000
           関係会社出資金                                 -
                                          12,053               6,904
           長期前払費用
                                          22,572              70,105
           繰延税金資産
                                          62,081              26,876
           その他
                                         △ 39,138              △ 3,489
           貸倒引当金
                                        1,450,412              1,563,272
           投資その他の資産合計
         固定資産合計                               6,818,618              7,443,766
                                        14,671,077              15,334,022
       資産合計
                                 71/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2018年8月31日)              (2019年8月31日)
      負債の部
       流動負債
                                                      ※4  269,785
                                         233,558
         支払手形
                                      ※1  1,639,750            ※1  1,400,755
         買掛金
                                      ※2  1,480,000            ※2  1,880,000
         短期借入金
                                      ※2 , ※5  243,300            ※2  760,000
         1年内返済予定の長期借入金
                                          60,000
         1年内償還予定の社債                                                 -
                                       ※1  395,806            ※1  737,763
         未払金
                                          17,381              17,985
         未払費用
                                         177,500              219,500
         未払法人税等
                                          75,102              138,074
         前受金
                                          9,369              40,488
         預り金
                                         102,000              118,000
         賞与引当金
                                                      ※4  70,889
                                         125,128
         その他
         流動負債合計                               4,558,898              5,653,241
       固定負債
                                       ※2  840,000             ※2  80,000
         長期借入金
                                         197,300              130,454
         長期未払金
                                         101,520              110,425
         役員退職慰労引当金
                                         168,865              291,453
         退職給付引当金
                                          5,000              5,000
         その他
                                        1,312,686               617,334
         固定負債合計
                                        5,871,584              6,270,576
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        2,131,839              2,131,839
         資本金
         資本剰余金
                                        2,209,025              2,209,025
           資本準備金
                                         △ 13,145             △ 13,145
           その他資本剰余金
                                        2,195,880              2,195,880
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          13,376              13,376
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                         253,371              251,122
             圧縮積立金
                                        1,900,000              1,900,000
             別途積立金
                                        2,389,534              2,689,986
             繰越利益剰余金
                                        4,556,282              4,854,485
           利益剰余金合計
                                         △ 59,284             △ 59,284
         自己株式
                                        8,824,718              9,122,921
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         △ 25,225             △ 59,474
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 25,225             △ 59,474
         評価・換算差額等合計
                                        8,799,493              9,063,446
       純資産合計
                                        14,671,077              15,334,022
      負債純資産合計
                                 72/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2017年9月1日              (自 2018年9月1日
                                 至 2018年8月31日)               至 2019年8月31日)
                                     ※1  12,669,510            ※1  13,377,164
      売上高
                                     ※1  10,525,493            ※1  11,155,914
      売上原価
                                        2,144,017              2,221,249
      売上総利益
                                    ※1 , ※2  1,270,676           ※1 , ※2  1,321,434
      販売費及び一般管理費
                                         873,340              899,815
      営業利益
      営業外収益
                                         10,387              25,401
       受取利息及び受取配当金
                                         70,540              72,304
       受取賃貸料
                                          2,740              16,423
       投資有価証券売却益
                                          8,377              7,561
       その他
                                         92,044              121,691
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         31,187              19,352
       支払利息
                                           353               58
       社債利息
                                         36,733              35,286
       賃貸費用
                                         15,402
       新株発行費                                                  -
                                         23,556              123,699
       貸倒引当金繰入額
                                          5,317              3,606
       その他
                                         112,551              182,005
       営業外費用合計
                                         852,834              839,502
      経常利益
      特別利益
                                           18
       固定資産売却益                                                  -
                                          2,180              2,737
       補助金収入
                                          2,198              2,737
       特別利益合計
      特別損失
                                           476             4,447
       固定資産除却損
                                           228              228
       減損損失
                                                         19
                                           -
       投資有価証券評価損
                                           704             4,695
       特別損失合計
                                         854,327              837,544
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   199,126              291,085
                                         30,673             △ 33,018
      法人税等調整額
                                         229,800              258,067
      法人税等合計
                                         624,527              579,477
      当期純利益
                                 73/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自       2017年9月1日 至          2018年8月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                                           その他利益剰余金
                資本金
                         その他資本     資本剰余金                        利益剰余金
                    資本準備金              利益準備金
                                                 繰越利益
                          剰余金     合計                        合計
                                       圧縮積立金     別途積立金
                                                  剰余金
               1,405,498     1,482,684     △ 13,145    1,469,539      13,376    256,959    1,900,000     1,943,050     4,113,387
     当期首残高
     当期変動額
                726,341     726,341          726,341
      新株の発行
                                                 △ 181,631    △ 181,631
      剰余金の配当
                                         1,525         △ 1,525
      圧縮積立金の積立                                                   ―
                                        △ 5,114          5,114
      圧縮積立金の取崩                                                   ―
                                                  624,527     624,527
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                726,341     726,341          726,341          △ 3,588         446,484     442,895
     当期変動額合計                       ―          ―          ―
               2,131,839     2,209,025     △ 13,145    2,195,880      13,376    253,371    1,900,000     2,389,534     4,556,282
     当期末残高
                  株主資本        評価・換算差額等

                          その他

                                  純資産合計
                    株主資本         評価・換算
                自己株式          有価証券
                     合計        差額等合計
                         評価差額金
                △ 59,284    6,929,140      △ 8,796    △ 8,796   6,920,343
     当期首残高
     当期変動額
                    1,452,682              1,452,682
      新株の発行
                    △ 181,631              △ 181,631
      剰余金の配当
      圧縮積立金の積立                  ―              ―
      圧縮積立金の取崩                  ―              ―
                     624,527              624,527
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                         △ 16,428    △ 16,428    △ 16,428
      の当期変動額(純
      額)
                    1,895,578     △ 16,428    △ 16,428    1,879,149
     当期変動額合計              ―
     当期末残高           △ 59,284    8,824,718     △ 25,225    △ 25,225    8,799,493
                                 74/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自       2018年9月1日 至          2019年8月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                         資本剰余金                   利益剰余金
                                           その他利益剰余金
                資本金
                         その他資本     資本剰余金                        利益剰余金
                    資本準備金              利益準備金
                                                 繰越利益
                          剰余金     合計                        合計
                                       圧縮積立金     別途積立金
                                                  剰余金
     当期首残高          2,131,839     2,209,025     △ 13,145    2,195,880      13,376    253,371    1,900,000     2,389,534     4,556,282
     当期変動額
                                                 △ 281,275    △ 281,275
      剰余金の配当
                                         1,916         △ 1,916
      圧縮積立金の積立                                                   ―
                                        △ 4,631          4,631
      圧縮積立金の取崩                                                   ―
      実効税率変更に伴う
                                          465         △ 465
                                                         ―
      積立金の増加
                                                  579,477     579,477
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純
      額)
                                        △ 2,249         300,451     298,202
     当期変動額合計              ―     ―     ―     ―     ―          ―
               2,131,839     2,209,025     △ 13,145    2,195,880      13,376    251,122    1,900,000     2,689,986     4,854,485
     当期末残高
                  株主資本        評価・換算差額等

                          その他

                                  純資産合計
                    株主資本         評価・換算
                自己株式          有価証券
                     合計        差額等合計
                         評価差額金
                △ 59,284    8,824,718     △ 25,225    △ 25,225    8,799,493
     当期首残高
     当期変動額
                    △ 281,275              △ 281,275
      剰余金の配当
      圧縮積立金の積立                  ―              ―
      圧縮積立金の取崩                  ―              ―
      実効税率変更に伴う
                        ―              ―
      積立金の増加
                     579,477              579,477
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                         △ 34,249    △ 34,249    △ 34,249
      の当期変動額(純
      額)
                     298,202    △ 34,249    △ 34,249    263,952
     当期変動額合計              ―
                △ 59,284    9,122,921     △ 59,474    △ 59,474    9,063,446
     当期末残高
                                 75/88








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     1   資産の評価基準及び評価方法
      (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
       ①  子会社株式
        移動平均法による原価法
       ②  その他有価証券
        時価のあるもの
         決算末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
        より算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
      (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法

       ①  商品・製品・原材料・仕掛品
        総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       ②  貯蔵品
        最終仕入原価法
     2   固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法
         但し、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属
        設備及び構築物については、定額法によっております。
        主な耐用年数
         建物           3~50年
         構築物           3~45年
         機械及び装置           2~10年
         車両運搬具           2~6年
         工具、器具及び備品           2~15年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
        す。
      (3)  長期前払費用

        均等償却によっております。
     3 引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
       いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金

        従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額のうち当事業年度負担額を計上しております。
                                 76/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
      (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による
       定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしております。
      (4)  役員退職慰労引当金

        役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく当事業年度末要支給額を計上しております。
     4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  重要なヘッジ会計の方法
       ①  ヘッジ会計の方法
        金利スワップについては、特例処理の要件を満たしている場合には特例処理を採用しております。
       ②  ヘッジ手段とヘッジ対象
        (ヘッジ手段)
          金利スワップ
        (ヘッジ対象)
          借入金利息
       ③  ヘッジ方針
        借入金利の変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。
       ④  ヘッジの有効性評価の方法
        金利スワップについては、特例処理を採用しているため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
      (2)  消費税等の会計処理

        税抜方式によっております。
       (表示方法の変更)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更) 
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)を当事業年度の期首
        から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示し
        ております。 
         この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」54,273千円及び「固定負債」
        の「繰延税金負債」31,701千円は「投資その他の資産」の「繰延税金資産」22,572千円に含めて表示しておりま
        す。
        (損益計算書関係) 

         前事業年度において、「営業外収益」の「その他」に含めておりました「投資有価証券売却益」は、金額的な
        重要性が増したため、当事業年度より独立掲記して表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、
        前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
         この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」の「その他」11,117千円は、「投資有価証券売
        却益」2,740千円、「その他」8,377千円として組み替えております。
        (会計上の見積りの変更)

        (退職給付債務の計算方法に係る見積りの変更) 
         当社は、当事業年度より、退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更しております。この変更は、従
        業員数が増加したことに伴い、退職給付債務の金額の算定の精度を高め、退職給付費用の期間損益計算をより適
        正化するために行ったものであります。 
         この変更に伴い、当事業年度末における退職給付引当金が107,588千円増加し、同額を退職給付費用として売上
        原価(77,657千円)、販売費及び一般管理費(29,930千円)に計上しております。
                                 77/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1    関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         短期金銭債権                      2,001,197千円                 1,890,665千円
         短期金銭債務                        35,507千円                362,685千円
     ※2    担保に供している資産と、これに対応する債務は次のとおりであります。

      (1)  担保に供している資産
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         建物                      2,153,077千円                 1,702,774千円
         構築物                        21,150千円                 14,696千円
         土地                      2,195,481千円                 1,773,616千円
         計                      4,369,709千円                 3,491,087千円
      (2)  上記に対応する債務

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         短期借入金                       800,000千円                1,200,000千円
         1年内返済予定の長期借入金                       243,300千円                 760,000千円
         長期借入金                       840,000千円                 80,000千円
         計                      1,883,300千円                 2,040,000千円
      3   偶発債務

        下記の関係会社の金融機関等からの借入に対し、債務保証を行っております。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         本草製薬㈱                       729,446千円                 665,978千円
     ※4    期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

        なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれております。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2018年8月31日)                 (2019年8月31日)
         受取手形                            ―            24,414千円
         支払手形                            ―            60,751千円
         その他(設備関係支払手形)                            ―            15,480千円
     ※5 財務制限条項

       前事業計年度(2018年8月31日)
         1年内返済予定の長期借入金(183,300千円)については、以下の通り財務制限条項が付されており、これに抵
        触した場合、借入先の要求に基づき当該借入金を一括返済することがあります。
        ①2010年8月に終了する決算期及びそれ以降の各決算期の末日の連結貸借対照表における純資産の部の金額が、
         2009年8月期の末日の連結貸借対照表における純資産の部の金額の75%以上であること。
        ②2010年8月に終了する決算期及びそれ以降の各決算期に係る連結損益計算書上の経常損益に関して、2期連続
         して経常損失を計上しないこと。
       当事業年度(2019年8月31日)

         該当事項はありません。
                                 78/88



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
     ※1 各科目に含まれている関係会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                             至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
         営業取引による取引高
          売上高                     2,454,590千円                 2,588,081千円
          売上原価                      109,555千円                 109,249千円
          販売費及び一般管理費                      472,018千円                 405,916千円
         営業取引以外の取引による取引高                        73,742千円                 76,483千円
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度
                           (自    2017年9月1日              (自    2018年9月1日
                            至   2018年8月31日)               至   2019年8月31日)
                                281,534                296,425
         給料手当                           千円                千円
                                 20,206                24,101
         賞与引当金繰入額                           千円                千円
                                 8,674                8,905
         役員退職慰労引当金繰入額                           千円                千円
                                 5,840               38,010
         退職給付費用                           千円                千円
                                139,187                156,620
         研究開発費                           千円                千円
                                 12,579                23,592
         減価償却費                           千円                千円
                                296,645                218,984
         販売促進費                           千円                千円
                                                 17,683
         貸倒引当金繰入額                           ― 千円                千円
         おおよその割合

         販売費                         30.3%                32.6%
         一般管理費                         69.7%                67.4%
                                 79/88











                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       (有価証券関係)
        子会社株式及び関連会社株式(前事業年度の貸借対照表計上額 子会社株式908,484千円、関連会社株式は無し、
       当事業年度の貸借対照表計上額 子会社株式908,484千円、関連会社株式は無し)は、市場価格がなく、時価を把握
       することが極めて困難と認められるため、記載しておりません。
       (税効果会計関係)

     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度             当事業年度
                                   (2018年8月31日)             (2019年8月31日)
         繰延税金資産
          貸倒引当金                            99,716千円            131,548千円
          関係会社株式評価損                            94,843千円             94,432千円
          退職給付引当金                            50,642千円             87,028千円
          賞与引当金                           30,589千円             35,234千円
          役員退職慰労引当金                            30,445千円             32,973千円
          その他有価証券評価差額金                           10,805千円             25,319千円
          未払事業税                           14,846千円             16,228千円
          たな卸資産評価損                           13,619千円             13,978千円
          未払社会保険料                            4,533千円             5,246千円
          減価償却超過額                            5,323千円             4,004千円
                                     3,078千円             3,211千円
          その他
         繰延税金資産小計
                                    358,445千円             449,206千円
                                   △225,857千円             △270,719千円
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                    132,588千円             178,486千円
         繰延税金負債

          補助金
                                    △88,170千円             △87,788千円
          固定資産圧縮積立金                          △20,365千円             △19,119千円
                                    △1,479千円             △1,473千円
          投資信託特別分配金
         繰延税金負債合計                           △110,015千円             △108,381千円
         繰延税金資産の純額
                                     22,572千円             70,105千円
                                 80/88










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     2   法定実効税率と税効果適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
                                    前事業年度             当事業年度
                                   (2018年8月31日)             (2019年8月31日)
         法定実効税率                              30.2%               ―
         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                               0.1%               ―
         住民税均等割等                               0.5%               ―
         試験研究費等税額控除                              △4.3%                ―
         評価性引当額の増減                               0.5%               ―
                                      △0.1%                ―
         その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                       26.9%               ―
      (注)    当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5
         以下であるため注記を省略しております。
                                 81/88
















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
       ④  【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                   (単位:千円)
     区分     資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高      減価償却累計額
        建物            2,166,059       342,076        681     121,102     2,386,351        2,091,875
        構築物             23,943       6,116       328      4,130      25,601       113,593
        機械及び装置             549,881      217,410       3,336      171,100      592,855       2,100,828
     有
     形
        車両運搬具              4,075      3,302        ―     3,529      3,848       42,064
     固
        工具、器具及び備品             35,565      42,351         0    21,902      56,014       123,016
     定
     資
                                   228
        土地            2,530,152       186,380                ―  2,716,304            ―
     産
                                  (228)
        建設仮勘定             35,106      64,886      35,106         ―    64,886          ―
                                  39,680
            計       5,344,784       862,522             321,764     5,845,862        4,471,378
                                  (228)
     無
        ソフトウエア             21,671      22,143         ―    10,933      32,881        28,647
     形
     固
        その他              1,749         ―      ―      ―    1,749          ―
     定
     資
            計         23,421      22,143         ―    10,933      34,631        28,647
     産
      (注) 1.当期減少額欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
          2.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
            建物        教育施設                   290,424千円
            土地        教育施設                   186,380千円
            機械及び装置        流動層造粒乾燥機(国吉田工場)                   101,178千円
         【引当金明細表】

                                                 (単位:千円)
          科目          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
     貸倒引当金                  333,150          437,711          329,660          441,201
     賞与引当金                  102,000          118,000          102,000          118,000
     役員退職慰労引当金                  101,520           8,905            ―       110,425
      (2)  【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)  【その他】

         該当事項はありません。
                                 82/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第6   【提出会社の株式事務の概要】

     事業年度             9月1日から8月31日まで

     定時株主総会             11月中

     基準日             8月31日

     剰余金の配当の基準日             8月31日、2月末日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
       取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                  三菱UFJ信託銀行株式会社  証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所             ―
       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  電子公告の方法により行う。当会社の公告は、電子公告による公告をすることができない
                  事故その他のやむをえない事由が生じた場合には、日本経済新聞に掲載して行う。
     公告掲載方法
                  公告掲載URL
                  https://www.ams-life.com
                  毎年2月末日及び8月31日現在の株主名簿及び実質株主名簿に記載又は記録された1単元
                  (100株)以上保有の株主を対象に、保有株式数に応じて、、当社グループにおいて製造・
                  販売する製品と交換できる商品引換券又は、割引券を進呈いたします。
                        保有株式数               優待内容

                      100株以上500株未満               2,000円分の割引券
     株主に対する特典
                                    5,000円分の商品引換券
                      500株以上1,000株未
                      満
                                     5,000円分の割引券
                                    15,000円分の商品引換券
                      1,000株以上
                                     10,000円分の割引券
      (注)    当会社の株主は、定款の定めによりその有する単元未満株式について、次に揚げる権利以外の権利を行使する

         ことができません。
         (1)  会社法189条第2項各号に揚げる権利
         (2)  会社法166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 83/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第7   【提出会社の参考情報】

     1  【提出会社の親会社等の情報】

       当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度      第38期(自       2017年9月1日         至   2018年8月31日)          2018年11月27日東海財務局長に提出。
     (2) 内部統制報告書及びその添付書類

       2018年11月27日東海財務局長に提出。
     (3) 四半期報告書及び確認書

       第39期第1四半期(自            2018年9月1日         至   2018年11月30日)          2019年1月11日東海財務局長に提出。
       第39期第2四半期(自            2018年12月1日         至   2019年2月28日)          2019年4月12日東海財務局長に提出。
       第39期第3四半期(自            2019年3月1日         至   2019年5月31日)          2019年7月12日東海財務局長に提出。
     (4)  臨時報告書

       2018年11月29日東海財務局長に提出。
       企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づ
       く臨時報告書であります。
                                 84/88












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】

       該当事項はありません。

                                 85/88



















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2019年11月26日

     株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス
          取 締 役 会 御中
                        有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                           水    野  雅      史
                                    公認会計士                   ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                           嶋    田          聖
                                    公認会計士                   ㊞
                          業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
     る株式会社AFC-HDアムスライフサイエンスの2018年9月1日から2019年8月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すな
     わち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー
     計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
     基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
     策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
     当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
     される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
     ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
     内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
     積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社AFC-HDアムスライフサイエンス及び連結子会社の2019年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結
     会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 86/88





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社AFC-HDアムスライフサ
     イエンスの2019年8月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
     基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
     な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
     することを求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
     ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
     要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
     価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社AFC-HDアムスライフサイエンスが2019年8月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効である
     と表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基
     準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認
     める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 87/88







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(E01064)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                     2019年11月26日

     株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス
          取 締 役 会 御中
                        有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                           水    野  雅      史
                                    公認会計士                   ㊞
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                           嶋    田          聖
                                    公認会計士                   ㊞
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい

     る株式会社AFC-HDアムスライフサイエンスの2018年9月1日から2019年8月31日までの第39期事業年度の財務諸表、すなわ
     ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
     行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
     者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
     これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
     査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
     財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
     討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
     含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
     社AFC-HDアムスライフサイエンスの2019年8月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべ
     ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 88/88



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。