サカタインクス株式会社 四半期報告書 第142期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

四半期報告書-第142期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出日:

提出者:サカタインクス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                  四半期報告書

    【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                  関東財務局長

    【提出日】                  2019年11月13日

    【四半期会計期間】                  第142期第3四半期(自           2019年7月1日         至  2019年9月30日)

    【会社名】                  サカタインクス株式会社

    【英訳名】                  SAKATA     INX    CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                  代表取締役      社長執行役員           森   田   耕太郎

    【本店の所在の場所】                  大阪市西区江戸堀一丁目23番37号

    【電話番号】                  06(6447)5823

    【事務連絡者氏名】                  経理部長                  菅   原   大   輔

    【最寄りの連絡場所】                  東京都文京区後楽一丁目4番25号                  日教販ビル内

                      サカタインクス株式会社 東京本社
    【電話番号】                  03(5689)6602
    【事務連絡者氏名】                  東京総務部長              粕   谷   理

    【縦覧に供する場所】                  サカタインクス株式会社 東京本社

                       (東京都文京区後楽一丁目4番25号                  日教販ビル内)

                      株式会社東京証券取引所

                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/24







                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第141期           第142期

              回次               第3四半期           第3四半期            第141期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自   2018年1月1日         自   2019年1月1日         自   2018年1月1日
             会計期間
                           至   2018年9月30日         至   2019年9月30日         至   2018年12月31日
     売上高                 (百万円)           119,366           124,612           162,056
     経常利益                 (百万円)            5,163           5,596           6,910

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            3,696           3,495           4,692
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                 (百万円)            2,512           2,447            756
     純資産                 (百万円)            79,153           78,573           77,397

     総資産                 (百万円)           147,873           143,162           145,495

     1株当たり四半期(当期)純利益                  (円)           63.30           59.85           80.36

     潜在株式調整後1株当たり
                       (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                  (%)            51.5           51.7           51.1
                              第141期           第142期

              回次               第3四半期           第3四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自   2018年7月1日         自   2019年7月1日
             会計期間
                           至   2018年9月30日         至   2019年9月30日
     1株当たり四半期純利益                  (円)           18.62           18.99
    (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しており
         ません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   平成30年(2018年)2月16日)等を第1
         四半期連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経
         営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありま
      せん。また、主要な関係会社に異動はありません。
       なお、第1四半期連結会計期間において、報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4[経理の状
      況]  1[四半期連結財務諸表]            [注記事項](セグメント情報等)[セグメント情報]」の「2.報告セグメントの変更
      等に関する事項」をご参照下さい。
                                  2/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)経営成績

        当第3四半期連結累計期間の世界経済は、米国は景気の回復が続き、欧州は一部に弱さがみられるものの、全
       体としては緩やかな景気の回復が続きました。アジアにおいては、通商問題の影響が広がりをみせたことによ
       り、中国の景気が緩やかに減速するなど弱い動きがみられました。日本経済は、雇用・所得環境の改善が続く中
       で、緩やかな回復が続いたものの、輸出の弱さが長引くなど海外景気の下振れが懸念される状況で推移しまし
       た。
        このような状況の中で、当社グループはコア事業である印刷インキ事業において、各拠点での拡販に注力する
       とともに、環境に配慮した安全・省エネ志向製品や顧客ニーズに応じた地域密着型製品の開発、TPM活動の深
       化による生産性向上などに取り組みました。また、印刷インキ全般の原材料価格が、中国における環境規制の強
       化に伴う供給不足などにより、高水準で推移していることから、更なるコスト削減を推し進めるとともに、販売
       価格の改定に取り組みました。一方、機能性材料事業では、インクジェットインキをはじめとして、トナー、カ
       ラーフィルター用顔料分散液などの開発・拡販に取り組みました。
        売上高は、円高による為替換算の影響を受けたものの、米州及びアジアを中心にパッケージ関連の印刷インキ
       の拡販が進み、機能性材料も堅調であったことに加え、新規連結や販売価格の改定による増収が寄与したことな
       どから、1,246億1千2百万円(前年同期比4.4%増加)となりました。
        利益面では、印刷インキ事業において、原材料高が影響したものの、販売数量の増加や販売価格の改定効果が
       寄与したことなどから、営業利益は48億7千6百万円(前年同期比26.5%増加)となりました。経常利益は持分
       法による投資利益が減少したことなどから、55億9千6百万円(前年同期比8.4%増加)となり、親会社株主に帰
       属する四半期純利益は、従業員向けの福利厚生施設に対する減損損失を計上したことなどから、34億9千5百万
       円(前年同期比5.5%減少)となりました。
      (参考)    USドルの期中平均為替レート

                  第1四半期         第2四半期         第3四半期         第3四半期
                  連結会計期間         連結会計期間         連結会計期間         連結累計期間
                   110.20    円     109.90    円     107.35    円     109.15    円
        2019年12月期
                   108.30    円     109.07    円     111.46    円     109.61    円
        2018年12月期
       (注)   第3四半期連結累計期間の期中平均為替レートは、1月~9月の単純平均レートを記載しております。
                                  3/24







                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
        セグメントの経営成績は、次の通りであります。
                                                    (単位:百万円)
                          売上高                営業利益又は営業損失(△)
                   前期     当期     増減額     増減率      前期     当期     増減額     増減率
        印刷インキ・
                   40,189     38,679     △1,510     △3.8%       480     545      65   13.6%
        機材(日本)
        印刷インキ
                   23,814     26,233      2,418     10.2%      1,103     1,751      648    58.7%
        (アジア)
        印刷インキ
                   33,549     36,356      2,806     8.4%      954    1,551      596    62.5%
        (米州)
        印刷インキ
                   6,984     7,398      414    5.9%     △420     △581     △161       -
        (欧州)
        機能性材料           8,732     9,260      527    6.0%      992     818    △173    △17.5%
        報告セグメント計          113,271     117,928      4,657     4.1%     3,109     4,085      975    31.4%

        その他           11,927     12,474       547    4.6%      260     273      12    4.9%

        調整額          △5,832     △5,790        41     -     485     518      33     -

           合計       119,366     124,612      5,245     4.4%     3,855     4,876     1,021     26.5%

       印刷インキ・機材(日本)

        パッケージ関連では、フレキソインキは天候不順などに伴う需要減の影響により低調であったものの、グラビ
       アインキは飲料・食品関係を中心に比較的堅調に推移しました。印刷情報関連では、第2四半期まで続いた印刷
       用紙の供給不足による影響は和らいだものの、デジタル化の進展に伴う需要減の影響などにより、新聞インキ、
       オフセットインキともに低調に推移しました。以上のことから、印刷インキ全体では前年同期を下回りました。
       機材につきましては、印刷製版用材料、印刷製版関連機器ともに低調であったことから、前年同期を下回りまし
       た。これらの結果、売上高は386億7千9百万円(前年同期比3.8%減少)となりました。
        利益面では、印刷情報関連の印刷インキが低調に推移したことに加え、原材料高が影響したものの、パッケー
       ジ関連を中心とした販売価格の改定及び全般的な経費削減が寄与したことなどから、営業利益は5億4千5百万
       円(前年同期比13.6%増加)となりました。
       印刷インキ(アジア)

        主力であるパッケージ関連のグラビアインキは、競争の激化や需要の弱含みに加え、中国における環境規制の
       強化に伴う一部原材料の供給不足などが影響したものの、全体としては拡販が進みました。印刷情報関連では、
       競争が激化する中、オフセットインキ及び新聞インキが堅調に推移しました。売上高は、円高による為替換算の
       影響を受けたものの、販売数量の増加や販売価格の改定効果が寄与したことに加え、タイの子会社を連結の範囲
       に含めたことなどから、262億3千3百万円(前年同期比10.2%増加)となりました。
        利益面では、貸倒費用が増加したものの、新規連結による増益に加え、販売価格の改定効果や原材料費の抑制
       が寄与したことなどから、営業利益は17億5千1百万円(前年同期比58.7%増加)となりました。
       印刷インキ(米州)

        主力のパッケージ関連では、需要増加を背景として、高機能インキの拡販に向けた取組みが奏功し、フレキソ
       インキ及びグラビアインキが好調を維持し、メタルインキも堅調に推移しました。印刷情報関連であるオフセッ
       トインキは、UVインキなどが堅調に推移したものの、市場縮小の影響を受けて、全体としては前年同期を下回
       りました。売上高は、販売数量が順調に増加したことに加え、ブラジルの子会社を連結の範囲に含めたことなど
       から、363億5千6百万円(前年同期比8.4%増加)となりました。
        利益面では、原材料高が影響したものの、販売数量の増加や販売価格の改定効果が寄与したことなどから、営
       業利益は15億5千1百万円(前年同期比62.5%増加)となりました。
                                  4/24




                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
       印刷インキ(欧州)
        販売体制の強化により、パッケージ関連の拡販が順調に進み、売上高は円高による為替換算の影響を大きく受
       けたものの、73億9千8百万円(前年同期比5.9%増加)となりました。
        利益面では、一部の原材料価格の高騰が続くなど原材料高が影響したことに加え、販売数量の増加に対する生
       産体制の強化に時間を要しており、人件費や外注費などが嵩んだことに加え、運賃などの販売コストも膨らんだ
       ことなどから、5億8千1百万円の営業損失(前年同期は4億2千万円の営業損失)となりました。
       機能性材料

        インクジェットインキ及びカラーフィルター用顔料分散液は販売が堅調に推移し、前年同期を上回りました。
       トナーは、販売が比較的好調に推移し、前年同期を上回りました。これらの結果、売上高は92億6千万円(前年
       同期比6.0%増加)となりました。
        利益面では、原材料高が影響したことや、競争激化により利益率が低下したことなどから、営業利益は8億1
       千8百万円(前年同期比17.5%減少)となりました。
     (2)財政状態

        当第3四半期連結会計期間末の総資産は、主に新規連結による影響により、現金及び預金、たな卸資産、有形
       固定資産及びのれんが増加し、投資有価証券、長期貸付金が減少したものの、売上債権が減少し、円高による為
       替換算の影響も受けたことなどから、前連結会計年度末比23億3千3百万円(1.6%)減少の1,431億6千2百万
       円となりました。
        負債は、主に新規連結による影響により長期未払金が増加したものの、仕入債務が減少し、円高による為替換
       算の影響も受けたことなどから、前連結会計年度末比35億8百万円(5.2%)減少の645億8千8百万円となりま
       した。
        純資産は、その他の包括利益累計額が減少したものの、利益剰余金の増加に加え、主に新規連結による影響に
       より非支配株主持分が増加したことなどから、前連結会計年度末比11億7千5百万円(1.5%)増加の785億7千
       3百万円となりました。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                    平成30年(2018年)2月16日)等を
       第1四半期連結会計期間の期首から適用しており、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会計年度
       との比較・分析を行っております。
     (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

      1)  当面の対処すべき課題の内容
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について、重要な変更はありません。
      2)  株式会社の支配に関する基本方針

         当社は、2014年6月27日開催の当社第136期定時株主総会において、当社株券等の大量買付行為への対応策
        (買収防衛策)(以下「本プラン」といいます。)を継続いたしておりましたが、2017年3月29日開催の当社
        第139期定時株主総会において、有効期間を3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する当社定時株
        主総会終結の時までとする本プランを継続いたしました。(本プランの詳細につきましては、2017年2月14日
        付プレスリリース「当社株券等の大量買付行為への対応策(買収防衛策)の継続に関するお知らせ」(当社
        ウェブサイト:http://www.inx.co.jp/wp-content/uploads/20170214-2.pdf)をご参照下さい。)
      (1)  当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下「基本方針」といいます。)

         当社は、安定的かつ持続的な企業価値の向上が当社の経営にとって最優先課題と考え、その実現に日々努め
        ております。従いまして、当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念、企業
        価値の様々な源泉及び当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひいては
        株主の皆様の共同の利益を中長期的に確保・向上させる者でなければならないと考えております。
         しかしながら、事前に取締役会の賛同を得ずに行われる株券等の大量買付けの中には、その目的等から見て
        企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、株主の皆様に株式の売却を事
        実上強制するおそれがあるもの、対象会社の取締役会が代替案を提案するための必要十分な時間や情報を提供
        しないもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との協議・交渉を必
        要とするものなど、対象会社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を毀損するおそれをもたらすものも
                                  5/24


                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
        想定されます。
         当社は、このような当社の企業価値や株主の皆様の共同の利益に資さない株券等の大量買付けを行う者が、
        当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による株券等の大量買付け
        に対しては、必要かつ相当な対抗措置を採ることにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を
        確保する必要があると考えております。
      (2)  当社の基本方針の実現に資する特別な取組み

         当社の基本方針の実現に資する特別な取組みは次の通りであります。
          ①  当社の企業価値の源泉についての把握
          ②  企業価値向上のための取組み
          ③  コーポレートガバナンスの強化に向けた取組み
          なお、上記②につきまして当社グループは、2018年1月から2020年12月までの3カ年を対象とする中期経営
         計画として「中期経営計画2020」を策定しております。
          本中期経営計画では、「企業体質・経営基盤の強化」を基本方針とし、「未来に向けた革新」を進め、「印
         刷インキ・機能性材料事業の拡大」、「新規事業の創出」に取り組み、グループ経営を推進することによりグ
         ローバル企業としての持続的成長を果たします。
          本中期経営計画の詳細につきましては、2017年11月17日付で公表いたしました「新中期経営計画策定に関す
         るお知らせ」をご参照下さい。
          当社は、上記の課題を着実に実行していくことが当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益の確保・
         向上につながるものと考えております。
      (3)  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

        取組み
         本プランは、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を確保・向上させることを目的として導入さ
        れたものですが、その概要は次の通りであります。
         当社株券等の特定株式保有者等の議決権割合を20%以上とする当社株券等の買付行為、結果として特定株式
        保有者等の議決権割合が20%以上となる当社株券等の買付行為、又は結果として特定株式保有者等の議決権割
        合が20%以上となる合意等(以下、かかる買付行為又は合意等を「大量買付行為」、大量買付行為を行う者を
        「大量買付者」といいます。)に応じるか否かを株主の皆様に適切に判断していただくために必要十分な情報
        及び時間を確保するために、大量買付者から意向表明書が当社代表取締役に対して提出された場合に、当社取
        締役会が、大量買付者に対して、事前に大量買付情報の提供を求め、当該大量買付行為についての評価、検
        討、大量買付者との買付条件等に関する交渉又は株主の皆様への代替案の提案等を行うとともに、大量買付者
        が本プランの手続きを遵守しない場合や、遵守したとしても当社に回復し難い損害をもたらすことが明らかで
        あると認められる行為であり、対抗措置を採ることが相当であると判断する場合は、当社の業務執行を行う経
        営陣からの独立性が高い社外取締役、社外監査役(その補欠者を含みます。)及び社外有識者等のみで構成す
        る独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、大量買付行為に対して、新株予約権の無償割当てその他当該時点
        において相当と認められる対抗措置を発動するものとします。
         また、本プランにおいては、当社取締役会が実務上適切と判断した場合には、対抗措置の発動にあたり、株
        主総会を開催し、対抗措置発動の是非の判断を株主の皆様の意思に委ねることとしております。
      (4)  上記の各取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由

       ①  基本方針の実現に資する特別な取組み(上記(2))について
         上記(2)「当社の基本方針の実現に資する特別な取組み」に記載した各取組みは、当社の企業価値ひいては株
        主の皆様の共同の利益を継続的かつ持続的に確保・向上させるための具体的取組みとして策定されたものであ
        り、基本方針の実現に資するものであります。
         従いまして、これらの取組みは、基本方針に沿い、当社の株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、
        当社の会社役員の地位の維持を目的とするものでもありません。
                                  6/24



                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
       ②  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための
        取組み(上記(3))について
       (ⅰ)   当該取組みが基本方針に沿うものであること
          本プランは、大量買付行為が行われる際に、当該大量買付行為に応じるべきか否かを株主の皆様が判断
         し、あるいは当社取締役会が代替案を提案するために必要十分な情報や時間を確保したり、株主の皆様のた
         めに大量買付者等と交渉を行うことなどを可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共
         同の利益を確保するための取組みであり、基本方針に沿うものであります。
       (ⅱ)   当該取組みが当社の株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を
         目的とするものではないこと
          当社は、以下の理由により、本プランは、当社の株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、当社の
         会社役員の地位の維持を目的とするものでもないと考えております。
         ア   買収防衛策に関する指針において定める三原則を完全に充足していること等

         イ   株主の皆様の意思の重視と情報開示
         ウ   当社取締役会の恣意的判断を排除するための仕組み
           a.  独立性の高い社外者(独立委員会)の判断の重視
           b.  合理的な客観的要件の設定
         エ   デッドハンド型やスローハンド型買収防衛策ではないこと
     (4)研究開発活動

        当第3四半期連結累計期間における研究開発費の総額は                          25億7千9百万円        であります。 
        なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     (5)主要な設備の計画

       ①  前連結会計年度末において計画中であった主要な設備の新設について、当第3四半期連結累計期間において著
       しい変更があったものは、次の通りであります。
                                                   2019年9月30日現在
                                      投資予定額
                                                   着手及び完了予定
              事業所名                               資金調達
        会社名              セグメントの名称         設備の内容
              (所在地)                                 方法
                                     総額    既支払額           着手     完了
      MAOMING                                       自己資金
                                     百万元
                                          百万元
              茂名第二工場
                                                   2018年     2021年
       SAKATA   INX                                     及び
                     印刷インキ(アジア)          製造設備
              (中国広東省)
                                                   9月      3月 
                                           60
       CO.,LTD.                                        借入金
                                      145 
     (注)1.    上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.  完成後の生産能力については合理的な算出が困難なため、記載を省略しております。
        3.  計画の見直しに伴い、完了予定年月を2019年9月から2021年3月に変更しております。
       ②  当第3四半期連結累計期間において、新たに確定した重要な設備の新設計画は、次の通りであります。

                                                   2019年9月30日現在
                                      投資予定額
                                                   着手及び完了予定
              事業所名                               資金調達
        会社名              セグメントの名称         設備の内容
              (所在地)                                 方法
                                     総額    既支払額           着手     完了
      SAKATA   INX
                                     百万Rs     百万Rs
       (BANGLADESH)                                             2019年     2020年
            バングラデシュ工場
                     印刷インキ(アジア)          製造設備               自己資金
            (Dhaka,BANGLADESH)
       PRIVATE                                              7月     12月
                                      435     53
       LIMITED
                                     百万円     百万円
              大阪工場      印刷インキ・機材                              2020年     2021年
      提出会社                         研究設備               自己資金
             (兵庫県伊丹市)        (日本)                               6月     5月
                                     1,411      1
     (注)1.    上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        2.  SAKATA   INX  (BANGLADESH)      PRIVATE   LIMITEDにおける完成後の生産能力については合理的な算出が困難なため、記載を省略してお
          ります。
        3.  SAKATA   INX  (BANGLADESH)      PRIVATE   LIMITEDにおける工場用地は長期リース契約により既に取得しており、上記の投資予定額に工
          場用地の取得金額は含めておりません。
        4.  大阪工場における計画は、研究設備のため生産能力の増加はありません。
                                  7/24


                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
                                  8/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)

                 普通株式                                    144,000,000

                  合計                                   144,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所名

         種類       現在発行数(株)            発行数(株)         又は登録認可金融商品                内容
               (2019年9月30日)           (2019年11月13日)            取引業協会名
                                               完全議決権株式であり、
                                               権利内容に何ら限定のな
                                      東京証券取引所
                                               い当社における標準とな
        普通株式           62,601,161           62,601,161
                                      (市場第一部)
                                               る株式
                                               (単元株式数:100株)
         合計          62,601,161           62,601,161           -            -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額        資本金残高
          年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                    (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
      2019年7月1日~
                       -   62,601,161           -      7,472         -      5,574
      2019年9月30日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/24





                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
       載することができないことから、直前の基準日(2019年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                  2019年6月30日現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                         -           -          -

     議決権制限株式(自己株式等)                         -           -           -

     議決権制限株式(その他)                         -           -          -

                    (自己保有株式)
                                           権利内容に何ら限定のない当社に
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                    普通株式
                          4,202,100
                                           おける標準となる株式
                    普通株式

     完全議決権株式(その他)                     58,369,300            583,693            同上
                    普通株式 
     単元未満株式                       29,761             -  1単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                     62,601,161               -          -

     総株主の議決権                         -        583,693            -

    (注)   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式37株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                  2019年6月30日現在
                             自己名義       他人名義       所有株式数        発行済株式総数
        所有者の氏名
                   所有者の住所         所有株式数       所有株式数        の合計       に対する所有
         又は名称
                              (株)       (株)       (株)      株式数の割合(%)
                  大阪市西区江戸堀
     (自己保有株式)
                              4,202,100           -    4,202,100             6.71
                  一丁目23番37号
     サカタインクス株式会社
          合計            -        4,202,100           -    4,202,100             6.71
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年(2007
      年)内閣府令第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019
      年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 11/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                 7,194              7,896
                                      ※2  46,506
        受取手形及び売掛金                                               44,198
        商品及び製品                                 9,759              11,414
        仕掛品                                 1,219              1,215
        原材料及び貯蔵品                                 9,180              9,326
        その他                                 2,378              2,026
                                         △ 453             △ 524
        貸倒引当金
        流動資産合計                                75,785              75,554
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               17,298              17,321
         機械装置及び運搬具(純額)                               10,778              10,654
         土地                               8,795              8,809
         リース資産(純額)                                703              448
         建設仮勘定                                912             1,150
                                          443             2,280
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               38,931              40,665
        無形固定資産
         のれん                                 -              729
                                          590              410
         その他
         無形固定資産合計                                590             1,139
        投資その他の資産
         投資有価証券                               26,504              23,947
         その他                               3,946              2,198
                                         △ 262             △ 343
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               30,187              25,802
        固定資産合計                                69,709              67,607
      資産合計                                 145,495              143,162
                                 12/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※2  17,989
        支払手形及び買掛金                                               16,946
                                      ※2  13,814
        電子記録債務                                               10,561
        短期借入金                                 9,059              6,835
        1年内返済予定の長期借入金                                 1,357              1,594
        未払費用                                 3,182              3,111
        未払法人税等                                  179              423
        賞与引当金                                  553             1,052
                                         3,095              2,860
        その他
        流動負債合計                                49,233              43,386
      固定負債
        長期借入金                                 7,332              9,018
        退職給付に係る負債                                 4,968              4,828
        資産除去債務                                  72              69
        その他                                 6,491              7,286
        固定負債合計                                18,864              21,202
      負債合計                                  68,097              64,588
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 7,472              7,472
        資本剰余金                                 5,672              5,672
        利益剰余金                                68,430              69,775
                                        △ 4,047             △ 4,047
        自己株式
        株主資本合計                                77,528              78,874
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 2,713              2,728
        繰延ヘッジ損益                                   ▶              1
        為替換算調整勘定                                △ 4,549             △ 6,261
                                        △ 1,389             △ 1,280
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                △ 3,220             △ 4,812
      非支配株主持分                                  3,090              4,511
      純資産合計                                  77,397              78,573
     負債純資産合計                                   145,495              143,162
                                 13/24








                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     売上高                                   119,366              124,612
                                        94,519              97,911
     売上原価
     売上総利益                                   24,847              26,700
                                      ※1  20,991            ※1  21,823
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                    3,855              4,876
     営業外収益
      受取利息                                    44              47
      受取配当金                                   259              280
      持分法による投資利益                                  1,221               660
                                          351              336
      その他
      営業外収益合計                                  1,876              1,324
     営業外費用
      支払利息                                   193              234
      為替差損                                   281              307
                                          93              63
      その他
      営業外費用合計                                   568              605
     経常利益                                    5,163              5,596
     特別利益
      投資有価証券売却益                                    -              208
                                          185               -
      受取保険金
      特別利益合計                                   185              208
     特別損失
                                                      ※2  190
      減損損失                                    -
      有形固定資産除却損                                    56              39
                                          -               2
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                    56              232
     税金等調整前四半期純利益                                    5,292              5,571
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,389              1,706
                                          28             △ 108
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    1,418              1,598
     四半期純利益                                    3,874              3,973
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     177              478
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    3,696              3,495
                                 14/24







                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     四半期純利益                                    3,874              3,973
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 562               45
      繰延ヘッジ損益                                    0              -
      為替換算調整勘定                                  △ 791            △ 1,210
      退職給付に係る調整額                                    92              103
                                         △ 100             △ 464
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 1,361             △ 1,526
     四半期包括利益                                    2,512              2,447
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  2,383              2,047
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   128              399
                                 15/24















                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
                         当第3四半期連結累計期間
                          (自  2019年1月1日
                           至  2019年9月30日)
        (1)  連結の範囲の重要な変更
          前連結会計年度末において非連結子会社であったCreative                            Industria     e Comercio     Ltda.及びそ
         の他2社は重要性が増したため、また、持分法適用会社であったETERNAL                                  SAKATA    INX  CO.,   LTD.は
         実質的な支配力が強まったため、第1四半期連結会計期間より、連結の範囲に含めております。
        (2)  持分法適用の範囲の重要な変更
          前連結会計年度末において持分法適用会社であったETERNAL                            SAKATA    INX  CO.,   LTD.は実質的な支
         配力が強まったため、第1四半期連結会計期間より、持分法適用の範囲から除外しております。
          また、第1四半期連結会計期間において、その他1社を清算したため、持分法適用の範囲から除
         外しております。
      (会計方針の変更等)

                         当第3四半期連結累計期間
                          (自  2019年1月1日
                           至  2019年9月30日)
        (IFRS第16号(リース)の適用)
          当社グループのIFRS適用子会社は、第1四半期連結会計期間よりIFRS第16号「リース」(2016年
         1月公表)(以下、IFRS第16号)を適用しております。IFRS第16号の適用にあたっては、経過措置
         として認められている、本基準の適用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用してお
         ります。
          過去にIAS第17号を適用してオペレーティング・リースに分類した借手としてのリースについて
         は、適用開始日に、使用権資産及びリース負債を認識しております。
          また、有形固定資産のリース資産及び投資その他の資産のその他に含めていた一部の資産につい
         ても使用権資産への振替を行っております。
          本基準の適用に伴い、連結貸借対照表は、有形固定資産のその他1,813百万円、流動負債のその
         他53百万円及び固定負債のその他198百万円が増加しており、有形固定資産のリース資産174百万円
         及び投資その他の資産のその他803百万円が減少しております。
          また、この変更による当第3四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
      (追加情報)

                         当第3四半期連結累計期間
                          (自  2019年1月1日
                           至  2019年9月30日)
        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」                      (企業会計基準第28号           平成30年(2018年)2月16
         日)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区
         分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示しております。
                                 16/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1  偶発債務
        連結子会社以外の会社の金融機関からの借入等に対する経営指導念書の差入れ及び連結子会社以外の会
       社のリース契約等に対する債務保証を行っております。
        (偶発債務)                                        (単位:百万円)
               前連結会計年度                      当第3四半期連結会計期間
               (2018年12月31日)                         (2019年9月30日)
       ETERNAL    SAKATA    INX  CO.,LTD.               TAIWAN    SAKATA    INX  CORP.
                           153                         142
       TAIWAN    SAKATA    INX  CORP.               その他     3社
                           147                         15
       その他     4社
                            34
       合計                    335    合計                    158
        なお、債務保証には他社が再保証している債務保証が含まれており、上記金額は再保証額を控除して記
       載しております。
        (再保証額)                                        (単位:百万円)
               前連結会計年度                      当第3四半期連結会計期間
               (2018年12月31日)                         (2019年9月30日)
                       7                         3
     ※2  四半期連結会計期間末日満期手形等       

                                                (単位:百万円)
                             前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                             (2018年12月31日)               (2019年9月30日)
       受取手形                            868                -
       支払手形                            57               -
       電子記録債務                           1,892                 -
        四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理しておりま
       す。
        なお、前連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、上記の連結会計年度末日満期手形等が期末
       残高に含まれております。
                                 17/24










                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
     ※1  販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額
                                                (単位:百万円)
                           前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                            (自  2018年1月1日             (自  2019年1月1日
                             至  2018年9月30日)              至  2019年9月30日)
       運賃及び荷造費                          3,777               3,929
       給与及び手当                          6,635               6,924
       貸倒引当金繰入額                           △ 10               179
       賞与引当金繰入額                           655               548
       退職給付費用                           378               417
       研究開発費                          2,444               2,579
     ※2  減損損失

       前第3四半期連結累計期間(自               2018年1月1日         至  2018年9月30日)
        該当事項はありません。
       当第3四半期連結累計期間(自               2019年1月1日         至  2019年9月30日)

        当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
             場所            用途            種類          金額(百万円)
                                    土地            139
            兵庫県          福利厚生施設
                                 建物及び構築物等                50
                         合計                        190
         当社グループは、原則として、事業用資産について管理会計上の区分に従い事業セグメント単位を基
        礎とし、一部の連結子会社の資産については会社単位を基礎としてグルーピングを行っております。ま
        た、福利厚生施設等については、独立したキャッシュ・フローを生み出さない共用資産としておりま
        す。
         上記の資産については、売却の意思決定を行ったため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
        少額を減損損失として認識いたしました。
         なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、その価額は売却見込価額により算定してお
        ります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、
       第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む)及びのれんの
       償却額は、次の通りであります。
                                                (単位:百万円)
                           前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                            (自  2018年1月1日             (自  2019年1月1日
                             至  2018年9月30日)             至  2019年9月30日)
       減価償却費                          2,961               3,236
       のれんの償却額                            -               82
                                 18/24






                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
      Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自              2018年1月1日         至  2018年9月30日)
      1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり

          決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)      配当額(円)
       2018年3月28日
                 普通株式          934       16  2017年12月31日         2018年3月29日        利益剰余金
       定時株主総会
       2018年8月10日
                 普通株式          875       15  2018年6月30日         2018年9月7日        利益剰余金
       取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
      Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自              2019年1月1日         至  2019年9月30日)

      1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり

          決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                        (百万円)      配当額(円)
       2019年3月26日
                 普通株式          875       15  2018年12月31日         2019年3月27日        利益剰余金
       定時株主総会
       2019年8月9日
                 普通株式          875       15  2019年6月30日         2019年9月6日        利益剰余金
       取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                 19/24











                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ  前第3四半期連結累計期間(自              2018年1月1日         至  2018年9月30日)
                                                     (単位:百万円)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                         報告セグメント
                                                        四半期
                                                       連結損益
                印刷
                                          その他         調整額
                    印刷    印刷    印刷
                                               合計         計算書
               インキ                  機能性
                                          (注)1         (注)2
                    インキ    インキ    インキ          計
                                                        計上額
               ・機材                  材料
                   (アジア)     (米州)    (欧州)
                                                        (注)3
               (日本)
     売上高
      外部顧客への売上高          40,174    23,720    32,336     6,927    8,667    111,826     7,540    119,366       -  119,366
      セグメント間の内部
                 15    94   1,212      56    65   1,444    4,387     5,832    △ 5,832      -
      売上高又は振替高
         計       40,189    23,814    33,549     6,984    8,732    113,271     11,927    125,198     △ 5,832    119,366
     セグメント利益又は
                 480    1,103     954    △ 420    992    3,109     260    3,370     485    3,855
     損失(△)
    (注)  1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、日本における化成品事業、ディスプレイサービス事業及び
        色彩関連機器事業等を含んでおります。
      2.セグメント利益又は損失(△)の調整額485百万円には、セグメント間取引消去640百万円、各報告セグメントに配分していない全社費用
        △155百万円が含まれております。全社費用は、主に関係会社に対する役務提供費用であります。
      3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        当第3四半期連結累計期間において、固定資産に係る重要な減損損失の認識、のれんの金額の重要な変動及び
       重要な負ののれん発生益の認識はありません。
                                 20/24












                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ  当第3四半期連結累計期間(自              2019年1月1日         至  2019年9月30日)
                                                     (単位:百万円)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                         報告セグメント
                                                        四半期
                                                       連結損益
                印刷
                                          その他         調整額
                    印刷    印刷    印刷
                                               合計         計算書
               インキ                  機能性
                                          (注)1         (注)2
                    インキ    インキ    インキ          計
                                                        計上額
               ・機材                  材料
                   (アジア)     (米州)    (欧州)
                                                        (注)3
               (日本)
     売上高
      外部顧客への売上高          38,665    26,189    35,481     7,188    9,190    116,716     7,896    124,612       -  124,612
      セグメント間の内部
                 13    43    874    209     70   1,212    4,578     5,790    △ 5,790      -
      売上高又は振替高
         計       38,679    26,233    36,356     7,398    9,260    117,928     12,474    130,403     △ 5,790    124,612
     セグメント利益又は
                 545    1,751    1,551    △ 581    818    4,085     273    4,358     518    4,876
     損失(△)
    (注)  1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、日本における化成品事業、ディスプレイサービス事業及び
        色彩関連機器事業等を含んでおります。
      2.セグメント利益又は損失(△)の調整額518百万円には、セグメント間取引消去672百万円、各報告セグメントに配分していない全社費用
        △153百万円が含まれております。全社費用は、主に関係会社に対する役務提供費用であります。
      3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

        前連結会計年度末において非連結子会社であったブラジル現地法人のCreative                                     Industria     e Comercio     Ltda.及
       びその他1社を第1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めたことから、報告セグメントを「印刷インキ(北
       米)」から「印刷インキ(米州)」に名称変更しております。
        なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報につきましても、変更後の名称で表示しております。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        各報告セグメントに配分していない全社資産において、有形固定資産の減損損失190百万円を特別損失として計
       上しております。
       (のれんの金額の重要な変動)

        「印刷インキ(米州)」セグメントにおいて、第1四半期連結会計期間より、Creative                                         Industria     e Comercio
       Ltda.及びその他1社を連結の範囲に含めたことから、のれんが発生しております。
        なお、当該事象によるのれんの増加額は、888百万円であります。
                                 21/24









                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                             (自  2018年1月1日              (自  2019年1月1日
                             至  2018年9月30日)               至  2019年9月30日)
       1株当たり四半期純利益                              63円30銭                59円85銭
       (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり四半期純利益の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自  2018年1月1日            (自  2019年1月1日
                                 至  2018年9月30日)            至  2019年9月30日)
            親会社株主に帰属する
                                         3,696              3,495
            四半期純利益(百万円)
            普通株主に帰属しない金額(百万円)                               -              -
            普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         3,696              3,495
            四半期純利益(百万円)
            普通株式の期中平均株式数(千株)                             58,399              58,399
    2  【その他】

      2019年8月9日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次の通り決議いたしました。
       (1)  中間配当による配当金の総額
                               875百万円
       (2)  1株当たりの金額
                               15円00銭
       (3)  支払請求の効力発生日及び支払開始日
                               2019年9月6日
       (注)   2019年6月30日現在の株主名簿に記録された株主又は登録株式質権者に対し、支払いを行っております。
                                 22/24












                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                     サカタインクス株式会社(E00905)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年11月12日

    サカタインクス株式会社
     取締役会      御中
                      有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                          松   井   理   晃
                                   公認会計士               印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          小   池   亮   介
                                   公認会計士               印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているサカタインクス

    株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年7月1日から2019
    年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
    を行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、サカタインクス株式会社及び連結子会社の2019年9月30日現在の
    財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
    べての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

      ※1    上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書

        提出会社)が別途保管しております。
      2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 24/24


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。