株式会社FUJIジャパン 四半期報告書 第15期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第15期第3四半期(令和1年7月1日-令和1年9月30日)
提出日
提出者 株式会社FUJIジャパン
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    北海道財務局長
      【提出日】                    2019年11月13日
      【四半期会計期間】                    第15期第3四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)
      【会社名】                    株式会社FUJIジャパン
      【英訳名】                    FUJI JAPAN CO.LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役 佐々木 忠幸
      【本店の所在の場所】                    札幌市中央区大通東四丁目4番地18
      【電話番号】                    011-209-2005 (代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部部長  樋口 俊一
      【最寄りの連絡場所】                    札幌市中央区大通東四丁目4番地18
      【電話番号】                    011-299-5361
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部部長  樋口 俊一
      【縦覧に供する場所】                    証券会員制法人札幌証券取引所
                         (札幌市中央区南一条西5丁目14番地の1)
                                  1/15













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次                                       第14期
                           第3四半期累計期間           第3四半期累計期間
                            自2018年1月1日           自2019年1月1日           自2018年1月1日

              会計期間
                            至2018年9月30日           至2019年9月30日           至2018年12月31日
                      (千円)            963,655          1,119,106           1,322,591
     売上高
                      (千円)            43,654           73,383           54,095
     経常利益
                      (千円)            34,643           47,829           50,563
     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            45,000           65,424           65,424
     資本金
                      (株)            6,500         2,130,000            710,000
     発行済株式総数
                      (千円)            175,700           280,297           232,467
     純資産額
                      (千円)            461,712           564,093           487,955
     総資産額
                      (円)            17.77           22.46           23.74
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (円)              -           -           -
     1株当たり配当額
                      (%)             38.1           49.7           47.6
     自己資本比率
                               第14期           第15期

               回次
                            第3四半期会計期間           第3四半期会計期間
                            自2018年7月1日           自2019年7月1日

              会計期間
                            至2018年9月30日           至2019年9月30日
                      (円)             3.75           10.42
     1株当たり四半期純利益
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         4.2018年10月17日付で普通株式1株につき100株の割合で、2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割
           合で株式分割を行っております。第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当
           期)純利益を算定しております。
         5.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         6.1株当たり配当額については、配当実績がありませんので、記載しておりません。
         7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           会計期間の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

         当第3四半期累計期間において、当社において営まれている事業の内容について、重要な変更はありません。
                                  2/15




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、又は、前事業年度の有価証券報告書に記載した
        事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第3四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。なお、「『税
        効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計期間の期
        首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前事業年度末の数値で比較を行っております。
       (1)経営成績の状況

         当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、堅調な企業収益を背景とした設備投資の増加や雇用・所得環境の
        改善が続く中で、政府の各種政策の効果もあって、緩やかな回復傾向を示したものの、米中貿易摩擦に起因する海
        外経済の動向と輸出への影響や、相次ぐ自然災害の経済に与える影響など、景気の先行きは不透明な状況となって
        おります。
         リフォーム業界におきましては、リフォーム工事の事業者数は年々増加しており、専門会社以外のハウスメー
        カーや住宅設備メーカー、ホームセンターなど多岐にわたっております。
         このような経済環境の中、当社では、北海道・東北・関東の三つのエリアの営業展開を引き続き図り、営業活動
        を行ってまいりました。また、先々を見据えたエリア拡大のための基礎を固めるべく積極的に採用活動を行い、人
        材育成及び営業力強化に注力した体制作りを継続してまいりました。
         これらにより当第3四半期累計期間における売上高は1,119,106千円(前年同期比16.1%増)、営業利益は
        69,599千円(前年同期比63.7%増)、経常利益は73,383千円(前年同期比68.1%増)、四半期純利益は47,829千円
        (前年同期比38.1%増)となりました。
         セグメント別の経営成績は、以下のとおりであります。

        (外壁リフォーム工事)

         外壁リフォーム工事については、営業部の人員増加及び人材育成により、受注数は増加し、売上高は992,631千
        円(前年同期比16.4%増)、セグメント利益は145,430千円(前年同期比32.1%増)となりました。
         なお、地域ごとの売上高の内訳としては、北海道地区(1支店)500,600千円(前年同期比38.1%増)、東北地
        区(1支店)179,782千円(前年同期比28.8%減)、関東地区(2支店)312,247千円(前年同期比31.4%増)とな
        りました。
        (その他リフォーム工事)

         その他リフォーム工事については、法人向け工事の受注数が減少したため、売上高は44,807千円(前年同期比
        17.0%減)、セグメント利益は704千円(前年同期比78.8%減)となりました。
        (材料販売)

         材料販売については、受注数が増加し、売上高は81,667千円(前年同期比43.0%増)、セグメント利益は10,642
        千円(前年同期比22.4%増)となりました。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
         当第3四半期会計期間末における流動資産は379,436千円となり、前事業年度末と比べ59,753千円増加いたしま
        した。これは主に完成工事未収入金が80,575千円増加した一方で、現金及び預金が16,360千円減少したことによる
        ものであります。固定資産は184,657千円となり、前事業年度末と比べ16,384千円増加いたしました。これは主に
        リース資産が10,523千円、工具、器具及び備品が6,911千円増加したことによるものであります。
         この結果、総資産は564,093千円となり、前事業年度末と比べ76,137千円増加いたしました。
                                  3/15




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
        (負債)
         当第3四半期会計期間末における流動負債は218,108千円となり、前事業年度末と比べ28,443千円増加いたしま
        した。これは主に工事未払金が40,307千円増加した一方で、1年内返済予定の長期借入金が4,509千円、前受金が
        7,660千円減少したことによるものであります。固定負債は65,687千円となり、前事業年度末と比べ134千円減少い
        たしました。これは主にリース債務が9,290千円増加した一方で、長期借入金が10,888千円減少したことによるも
        のであります。
         この結果、負債合計は283,796千円となり、前事業年度末と比べ28,308千円増加いたしました。
        (純資産)

         当第3四半期会計期間末における純資産合計は280,297千円となり、前事業年度末と比べ47,829千円増加いたし
        ました。これは四半期純利益47,829千円を計上したことにより、利益剰余金が同額増加したためであります。
         この結果、自己資本比率は49.7%(前事業年度末は47.6%)となりました。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

         当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/15












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                           2,600,000

                  計                                2,600,000

        ②【発行済株式】

            第3四半期会計期間末現                         上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                         又は登録認可金融商品                内容
                          (2019年11月13日)
             (2019年9月30日)                        取引業協会名
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                     札幌証券取引所            い当社における標準とな
     普通株式             2,130,000            2,130,000
                                     (アンビシャス市場)            る株式であり、単元株式
                                                 数は100株であります。
        計           2,130,000            2,130,000           -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2019年7月1日(注)              1,420,000       2,130,000           -     65,424         -     20,424

     (注)2019年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。
                                  5/15








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2019年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年9月30日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                     -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -

     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                     -             -             -

                                                権利内容に何ら限定のない
                            普通株式                   当社における標準となる株
     完全議決権株式(その他)                                      21,300
                            2,130,000                    式であり、単元株式数は
                                                100株であります。
     単元未満株式                     -             -             -
     発行済株式総数                       2,130,000            -             -

     総株主の議決権                     -                21,300          -

        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

         前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                  6/15









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2019年7月1日から2019年9
       月30日まで)及び第3四半期累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期財務諸表について、
       太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                  7/15
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        136,748              120,387
         現金及び預金
                                        123,954              204,530
         完成工事未収入金
                                         7,273              5,273
         売掛金
                                         31,339              32,045
         原材料及び貯蔵品
                                         12,817              12,041
         未成工事支出金
                                         4,529              4,573
         前払費用
                                         3,019               585
         その他
                                        319,682              379,436
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         41,489              42,582
          建物
                                        △ 15,055             △ 16,123
            減価償却累計額
            建物(純額)                             26,434              26,459
          車両運搬具                                550             1,550
                                         △ 549             △ 799
            減価償却累計額
            車両運搬具(純額)                                0             750
          工具、器具及び備品                               25,703              32,225
                                        △ 17,994             △ 17,605
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              7,708              14,619
          土地                               57,821              57,821
                                           -            10,814
          リース資産
                                           -             △ 290
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               -            10,523
                                         91,964              110,173
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         5,001              3,145
          ソフトウエア
                                         5,001              3,145
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         58,467              58,802
          敷金及び保証金
                                         7,000              6,803
          保険積立金
          長期前払費用                                330              221
                                         4,259              4,259
          繰延税金資産
                                         1,250              1,250
          その他
                                         71,307              71,337
          投資その他の資産合計
                                        168,272              184,657
         固定資産合計
                                        487,955              564,093
       資産合計
                                  8/15







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                   前事業年度            当第3四半期会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         6,637              8,012
         買掛金
                                         62,317              102,624
         工事未払金
                                         20,000              20,000
         短期借入金
                                         19,635              15,126
         1年内返済予定の長期借入金
                                         13,437              12,277
         未払金
                                         30,548              27,196
         未払費用
                                         14,646              13,709
         未払法人税等
                                         1,336                -
         未成工事受入金
                                         7,660                -
         前受金
                                         1,380              3,102
         預り金
                                         3,100              3,240
         完成工事補償引当金
                                           -             1,553
         損害賠償引当金
         前受収益                                  308              314
                                           -             1,136
         リース債務
                                         8,657              9,815
         その他
                                        189,665              218,108
         流動負債合計
       固定負債
                                         30,268              19,380
         長期借入金
                                         35,554              37,017
         預り敷金保証金
                                           -             9,290
         リース債務
                                         65,822              65,687
         固定負債合計
                                        255,487              283,796
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         65,424              65,424
         資本金
         資本剰余金
                                         20,424              20,424
          資本準備金
                                         20,424              20,424
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        146,619              194,449
            繰越利益剰余金
                                        146,619              194,449
          利益剰余金合計
                                        232,467              280,297
         株主資本合計
                                        232,467              280,297
       純資産合計
                                        487,955              564,093
      負債純資産合計
                                  9/15








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
      売上高
       完成工事高                                 906,562             1,037,438
                                         57,093              81,667
       材料売上高
                                       ※1 963,655            ※1 1,119,106
       売上高合計
      売上原価
                                        523,522              587,343
       完成工事原価
                                         46,436              68,096
       材料売上原価
                                        569,958              655,440
       売上原価合計
                                        393,697              463,665
      売上総利益
                                        351,186              394,065
      販売費及び一般管理費
                                         42,510              69,599
      営業利益
      営業外収益
                                           443              443
       受取利息
                                         2,709              2,569
       賃貸収入
                                           640             1,312
       受取保険金
                                           388               -
       報奨金収入
                                           580              476
       その他
                                         4,762              4,801
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           798              511
       支払利息
                                           424              351
       賃貸収入原価
                                         2,229                -
       上場関連費用
                                           165              154
       その他
                                         3,618              1,017
       営業外費用合計
                                         43,654              73,383
      経常利益
      特別利益
                                         8,304              1,179
       保険解約益
                                         8,304              1,179
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              298
       固定資産除却損
                                                      ※2 1,553
                                           -
       損害賠償引当金繰入額
                                           -             1,852
       特別損失合計
                                         51,959              72,711
      税引前四半期純利益
                                         17,315              24,881
      法人税等
      四半期純利益                                   34,643              47,829
                                 10/15







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の
         実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計
        期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期損益計算書関係)

         ※1 売上高の季節変動
            当社の主要事業である外壁リフォーム工事においては、受注件数が季節によって変動し、冬場と夏場が落
           ち込み、春先及び秋口に増加する傾向があり、そのため当社の第1四半期会計期間及び第3四半期会計期間
           の売上高は、他の四半期会計期間に比較して減少する傾向があります。
         ※2 損害賠償引当金繰入額の内容は次のとおりであります。

            自然災害を起因とした工事に対する損害賠償の支払に備えるため、当第3四半期会計期間末において合理
           的に算定した損失見込額を計上しております。
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計期
        間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                  当第3四半期累計期間
                             (自    2018年1月1日              (自    2019年1月1日
                              至   2018年9月30日)               至   2019年9月30日)
     減価償却費                                5,145千円                  7,152千円
                                 11/15











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        Ⅰ 前第3四半期累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年9月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                      四半期損益計
                                                調整額
                                                      算書計上額
                                                (注)1
                  外壁リフォー       その他リ
                                                      (注)2
                                 材料販売         計
                  ム工事       フォーム工事
     売上高

                    852,557        54,005       57,093       963,655          -     963,655
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                     5,088         -       -      5,088      △ 5,088         -
      上高又は振替高
                    857,645        54,005       57,093       968,744       △ 5,088      963,655
          計
                    110,092        3,323       8,696      122,112       △ 79,601       42,510
     セグメント利益
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用△79,601千円であります。全社費
           用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第3四半期累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                            報告セグメント
                                                      四半期損益計
                                                調整額
                                                      算書計上額
                                                (注)1
                  外壁リフォー       その他リ
                                                      (注)2
                                 材料販売         計
                  ム工事       フォーム工事
     売上高

                    992,631        44,807       81,667      1,119,106           -    1,119,106
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売
                     4,595         -       -      4,595      △ 4,595         -
      上高又は振替高
                    997,226        44,807       81,667      1,123,701        △ 4,595     1,119,106
          計
                    145,430         704      10,642       156,777       △ 87,177       69,599
     セグメント利益
      (注)1.調整額は以下のとおりであります。
           セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用△87,177千円であります。全社費
           用は主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           該当事項はありません。
                                 12/15





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                                (自 2018年1月1日               (自 2019年1月1日
                                 至 2018年9月30日)               至 2019年9月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 17円77銭               22円46銭

       (算定上の基礎)
        四半期純利益(千円)                                  34,643               47,829

        普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -               -

        普通株式に係る四半期純利益(千円)                                  34,643               47,829

        普通株式の期中平均株式数(株)                                1,950,000               2,130,000

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
         2.当社は、2018年10月17日付で普通株式1株につき100株の割合で、2019年7月1日付で普通株式1株につき
           3株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当
           たり四半期純利益及び期中平均株式数を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

         該当事項はありません。
                                 13/15













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 14/15




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社FUJIジャパン(E34471)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年11月11日

     株式会社FUJIジャパン
      取締役会 御中
                              太陽有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                前田 裕次  印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                         公認会計士
                                                宮崎     哲    印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社FUJ

     Iジャパンの2019年1月1日から2019年12月31日までの第15期事業年度の第3四半期会計期間(2019年7月1日から2019
     年9月30日まで)及び第3四半期累計期間(2019年1月1日から2019年9月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
     ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社FUJIジャパンの2019年9月30日現在の財政状態及び同日をもって
     終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められ
     なかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 15/15




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク