株式会社OSGコーポレーション 四半期報告書 第50期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第50期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社OSGコーポレーション

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    令和元年9月12日
      【四半期会計期間】                    第50期第2四半期(自 令和元年5月1日 至 令和元年7月31日)
      【会社名】                    株式会社OSGコーポレーション
      【英訳名】                    OSG  CORPORATION      CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  溝端 雅敏
      【本店の所在の場所】                    大阪市北区天満一丁目26番3号
      【電話番号】                    06(6357)0101(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  奥村 正孝
      【最寄りの連絡場所】                    大阪市北区天満一丁目26番3号
      【電話番号】                    06(6357)0101(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長  奥村 正孝
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第49期           第50期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第49期
                              累計期間           累計期間
                           自 平成30年2月1日           自 平成31年2月1日           自 平成30年2月1日
              会計期間
                           至 平成30年7月31日           至 令和元年7月31日           至 平成31年1月31日
                      (千円)           3,382,524           3,827,283           6,466,199
     売上高
                      (千円)            373,916           365,421           425,466
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            216,038           122,103            90,362
     期)純利益
                      (千円)            219,201           199,305           100,965
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,286,009           2,182,317           2,092,345
     純資産額
                      (千円)           5,152,422           5,306,827           4,806,743
     総資産額
                      (円)            43.66           25.35           18.46
     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             41.9           35.7           39.9
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            407,531            9,262          832,785
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 155,118          △ 108,702          △ 276,877
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 201,127           113,983          △ 452,193
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            275,432           354,855           340,271
     (期末)残高
                               第49期           第50期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自 平成30年5月1日           自 令和元年5月1日
              会計期間
                           至 平成30年7月31日           至 令和元年7月31日
                                   21.20           27.46
     1株当たり四半期純利益                 (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
      2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/19




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事
       業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
       断したものであります。
        (1) 財政状態及び経営成績の状況

         当第2四半期連結累計期間(平成31年2月1日~令和元年7月31日)につきましてご説明いたします。
         当期は当社グループの中期経営計画「第9次4カ年計画」の最終年度にあたります。この中期経営計画では、
        これまでに1つの改革(営業本部の刷新)と3つの投資(国内外の生産設備拡大、アジアへの投資、大型販売促
        進企画「プレミアム50」の実施)に取り組んでまいりました。当期におきましては、来年の8月に迎える創立
        50周年に向けて、この改革と投資の効果を成果に繋げるべく活動をおこなってまいりました。また、当社はこ
        れまでに各事業における活動の中で、水質を守るための家庭排水の啓蒙活動や、環境省の進める「熱中症予防プ
        ロジェクト」への声かけ活動、また、ペットボトルごみ削減の為のマイボトル推奨など、社会の課題解決への活
        動を積極的におこなってまいりました。
         当社グループの主要事業は「水関連機器事業」「メンテナンス事業」「HOD(水宅配)事業」の3本柱で展
        開してまいりました。当期は上記に加え、これまでその他育成事業として拡充を図ってきた「フランチャイズ事
        業」が、当社グループの業績に寄与するまでに成長してまいりましたので、当期より第4の事業として新たに加
        えております。
         当第2四半期の各事業セグメントの経営成績は次のとおりであります。
        (水関連機器事業)

         「家庭用機器製品」につきましては、前々期より販売方法の見直し及び社員の育成に注力してまいりました。
        「飲料水への安心・安全」から「健康志向」へと消費者の意識は依然と高いままで推移しております。創立50
        周年を来年に控え、大規模販売促進企画「プレミアム50」の効果を高めるべく活動をおこなってまいりまし
        た。
         「業務用機器製品」につきましては、前期に「プレミアム50」の販売促進企画のひとつとしてリリースした
        給水機設置場所の案内サイト「OSG                  water   map(旧みずまっぷ)」が徐々に浸透度合いを深め、販売促進効果
        が出てまいりました。これは、2020年真夏に開催される東京五輪に向け、首都圏において五輪施設をはじめとし
        たスポーツ施設や公共施設・交通機関など、当社製品の設置場所を検索できるサイトで、英語・中国語などの言
        語にも対応しており、海外から来られる方にもご利用いただけるものです。これにより熱中症に対しての予防促
        進や、予測されるペットボトルのゴミ問題にも貢献できると考えており、今後は首都圏にとどまらず全国を網羅
        する計画です。水自動販売機では前期に引き続き、大手ドラッグストア系列店への導入及び買い替えが順調に拡
        大いたしました。ウォータークーラーでは東京五輪施設のほか都営地下鉄などの駅や主要空港、公共施設への導
        入実績と熱中症対策の高まりを背景として公立の小中学校への導入が順調に増加いたしました。来年に迫った東
        京五輪はもとより、その後に控える大阪・関西万博に向けてもさらに拡大するものと予測しております。また、
        衛生管理機器におきましては、新設の国立の最先端医療施設への導入など、弊社が掲げている「医・食・獣(動
        物関連)」各分野への導入が増加いたしました。しかし、前期に引き続き中国現地法人での収益回復の遅れが影
        響し、売上高       1,321,783千円(前年同四半期比9.3%減)、営業利益84,817千円、(同43.5%減)となりました。
        (メンテナンス事業)

         49年の実績のあるメンテナンス事業は、製品販売後も末永くお客様にご愛用頂ける弊社独自の仕組みであり、
        継続的な収益を得られるリカーリング型のビジネスモデルであります。当期におきましては更なるサービス体制
        強化のための増員により、売上高936,822千円(同0.9%増)、営業利益156,253千円(同16.3%増)となりまし
        た。
        (HOD(水宅配)事業)

         HOD(水宅配)事業につきましては、営業社員の育成と既存加盟店のサポートに注力したことにより加盟店
        ユーザーが増加しましたが、ボトルウォーターの供給元プラントを一部移管した事と、Webプロモーションの
        積極的推進に伴う販売促進費増加により、売上高742,811千円(同1.2%減)、営業利益73,777千円(同8.2%減)
        となりました。
                                  3/19


                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
        ( フランチャイズ事業         )
         当期より、売上規模が当社グループの10%を超過するまでに成長したことにより、新たに第4の事業セグメント
        として開示をしております。前期におきましては新たな投資を行い、フランチャイズ事業として宅配・食品関連
        を中心に業績を伸ばしております。今後も業績に寄与するものと考えております。その結果、当該事業は売上高
        792,969千円(同1259.4%増)、営業利益152,754千円(同2814.6%増)となりました。
         以上のような状況で推移した結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は                                  3,827,283     千円(同13.1%増)、営業

        利益  366,865    千円(同41.2%増)、          前期におきましては113,945千円の受取保険金があったため、                            経常利益は
        365,421    千円(同2.3%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は                           122,103    千円(同43.5%減)となりました。
       (2) キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、354,855千円となり、
        前連結会計年度末と比較して14,584千円の増加となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動による資金の増加は9,262千円(前年同期は407,531千円の増加)となりました。主な要因は、売上債
        権の増加額363,368千円、法人税の支払額138,924千円がありましたが、税金等調整前四半期純利益365,421千円、
        仕入債務の増加額133,553千円、減価償却費69,217千円等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動による資金の減少は108,702千円(前年同期は155,118千円の減少)となりました。主な要因は、有形
        固定資産の取得による支出14,515千円、無形固定資産の取得による支出10,755千円、定期預金の増加額83,720千
        円等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動による資金の増加は113,983千円(前年同期は201,127千円の減少)となりました。主な要因は、配当
        金の支払額143,593千円、長期借入金の返済による支出49,998千円がありましたが、短期借入金の増加額285,000
        千円等によるものであります。
       (3) 経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更は
        ありません。
       (4) 事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
        に生じた課題はありません。
       (5) 研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費の総額は21,561千円であります。なお、当第2
        四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/19







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           17,600,000

                  計                                17,600,000

        ②【発行済株式】

            第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                          (令和元年9月12日)
             (令和元年7月31日)                          取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限
                                                   定のない当社にお
                                        東京証券取引所
                                                   ける標準となる株
     普通株式             5,500,000             5,500,000          JASDAQ
                                                   式であり、単元株
                                        (スタンダード)
                                                   式数は100株であ
                                                   ります。
        計          5,500,000             5,500,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総
                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高
                                (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (千株)        (千株)
     令和元年5月1日~
                    -      5,500         -     601,000          -     390,401
      令和元年7月31日
                                  5/19








                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                  令和元年7月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                             所有株式数
                                                    総数に対する所有
            氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                             2,000,000          41.53
     株式会社三愛コスモス                    大阪市北区天満橋一丁目8番10-2305号
                                              367,980          7.64
     湯川 剛                    大阪市天王寺区
                                              287,870          5.98

     OSG社員持株会                    大阪市北区天満一丁目26番3号
                                              111,000          2.30

     吉田 晴雄                    東京都北区
                                               99,000         2.06

     湯川 学                    名古屋市中区
                                               99,000         2.06

     湯川 大                    大阪市天王寺区
                                               71,500         1.48

     畑 勝                    奈良県桜井市
     BNYM SA/NV FOR BNY                    2 KING EDWARD STRE
     M FOR BNYM GCM CLI                    ET,LONDON EC1A 1H
     ENT ACCTS M ILM FE                    Q UNITED KINGDOM
                                               31,525         0.65
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀                    (東京都千代田区丸の内二丁目7番1
     行)                    号)
                                               28,300         0.59
     木佐貫 秀昭                    大阪市阿倍野区
                                               28,100         0.58
     杉江 武春                    堺市南区
                                  -           3,124,275          64.87

              計
     (注)上記のほか、自己株式が684,142株あります。

                                  6/19











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  令和元年7月31日現在
             区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

      無議決権株式                           -             -       -
      議決権制限株式(自己株式等)                           -             -       -
      議決権制限株式(その他)                           -             -       -
      完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式        684,100               -       -
      完全議決権株式(その他)                 普通株式       4,790,900              47,909         -
      単元未満株式                 普通株式         25,000               -       -
      発行済株式総数                        5,500,000                 -       -
      総株主の議決権                           -           47,909         -
       (注)     単元未満株式には当社所有の自己株式42株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  令和元年7月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名又は名                      自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                    所有者の住所                               対する所有株式数
      称                      株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
      株式会社OSGコーポ            大阪市北区天満一丁
                                684,100          -     684,100           12.44
      レーション            目26番3号
           計           -         684,100          -     684,100           12.44
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/19











                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(令和元年5月1日から
        令和元年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成31年2月1日から令和元年7月31日まで)に係る四半
        期連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成31年1月31日)              (令和元年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,462,637              1,554,221
         現金及び預金
                                        897,101             1,259,866
         受取手形及び売掛金
                                        192,515              234,153
         商品及び製品
                                        312,733              309,792
         原材料及び貯蔵品
                                         37,640              65,639
         その他
                                        △ 3,951             △ 4,085
         貸倒引当金
                                       2,898,677              3,419,587
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       1,236,511              1,243,079
          建物及び構築物
                                       △ 711,299             △ 737,136
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             525,211              505,942
          機械装置及び運搬具                              116,809              118,784
                                        △ 98,022             △ 100,551
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             18,786              18,232
          土地                              723,955              723,955
                                         4,388              1,783
          建設仮勘定
                                        493,995              504,475
          その他
                                       △ 399,169             △ 426,082
            減価償却累計額
            その他(純額)                             94,825              78,392
                                       1,367,167              1,328,305
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         37,307              63,661
          ソフトウエア
                                         32,886              21,088
          その他
                                         70,194              84,750
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         29,064              30,377
          投資有価証券
                                         11,283              11,127
          長期貸付金
                                        112,120               90,553
          繰延税金資産
                                        336,417              360,019
          その他
                                        △ 18,181             △ 17,895
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                              470,704              474,183
                                       1,908,066              1,887,239
         固定資産合計
                                       4,806,743              5,306,827
       資産合計
                                  9/19







                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (平成31年1月31日)              (令和元年7月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        173,640              304,058
         支払手形及び買掛金
                                       1,100,000              1,385,000
         短期借入金
                                         99,996              99,996
         1年内返済予定の長期借入金
                                         22,230              18,670
         リース債務
                                        132,907              135,221
         未払法人税等
                                         38,534              41,003
         賞与引当金
                                         2,642              2,601
         返品調整引当金
                                        417,090              475,964
         その他
                                       1,987,041              2,462,515
         流動負債合計
       固定負債
                                        266,462              216,224
         長期借入金
                                         32,937              27,547
         リース債務
                                        144,398              147,508
         役員退職慰労引当金
         退職給付に係る負債                                200,929              196,091
                                         43,338              43,406
         資産除去債務
                                         39,290              31,216
         その他
                                        727,356              661,994
         固定負債合計
                                       2,714,398              3,124,509
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        601,000              601,000
         資本金
                                        690,401              690,401
         資本剰余金
                                        909,999              887,625
         利益剰余金
                                       △ 306,920             △ 306,949
         自己株式
                                       1,894,480              1,872,078
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 582              496
         その他有価証券評価差額金
                                         23,787              23,259
         為替換算調整勘定
                                         23,204              23,755
         その他の包括利益累計額合計
                                        174,659              286,482
       非支配株主持分
                                       2,092,345              2,182,317
       純資産合計
                                       4,806,743              5,306,827
      負債純資産合計
                                 10/19









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成30年2月1日              (自 平成31年2月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
      売上高                                  3,382,524              3,827,283
                                       1,243,525              1,534,019
      売上原価
                                       2,138,998              2,293,263
      売上総利益
                                       ※ 1,879,212              ※ 1,926,398
      販売費及び一般管理費
                                        259,785              366,865
      営業利益
      営業外収益
                                         3,826              3,329
       受取利息
                                        113,945               3,136
       受取保険金
                                         12,884               6,854
       その他
                                        130,657               13,320
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,786              2,708
       支払利息
       支払手数料                                   225              225
                                         11,168               5,533
       為替差損
                                         1,593              1,332
       減価償却費
                                           -             1,996
       保険解約損
                                           753             2,969
       その他
                                         16,526              14,764
       営業外費用合計
                                        373,916              365,421
      経常利益
      特別損失
                                           620               -
       固定資産除却損
                                           620               -
       特別損失合計
                                        373,295              365,421
      税金等調整前四半期純利益
                                         93,059              145,333
      法人税、住民税及び事業税
                                         43,775              21,333
      法人税等調整額
                                        136,835              166,666
      法人税等合計
                                        236,460              198,754
      四半期純利益
                                         20,421              76,651
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        216,038              122,103
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/19









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成30年2月1日              (自 平成31年2月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
                                        236,460              198,754
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 804             1,079
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 16,453               △ 528
       為替換算調整勘定
                                        △ 17,258                550
       その他の包括利益合計
                                        219,201              199,305
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        198,780              122,482
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         20,421              76,823
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成30年2月1日              (自 平成31年2月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        373,295              365,421
       税金等調整前四半期純利益
                                         56,935              69,217
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 689             △ 152
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                  △ 114              △ 40
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 5,121             △ 4,838
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  3,060              3,110
                                        △ 3,927             △ 3,332
       受取利息及び受取配当金
                                         2,786              2,708
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  11,946               5,913
                                       △ 113,945                 -
       受取保険金
                                           620               -
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 319,177             △ 363,368
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  48,353             △ 40,343
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  33,123              133,553
                                        146,296              △ 20,233
       その他
       小計                                 233,440              147,613
       利息及び配当金の受取額                                  3,927              3,332
                                        △ 2,814             △ 2,759
       利息の支払額
                                        113,945                 -
       保険金の受取額
                                         59,032             △ 138,924
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        407,531               9,262
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の増減額(△は増加)                                △ 112,420              △ 83,720
                                        △ 42,937             △ 14,515
       有形固定資産の取得による支出
                                           -           △ 10,755
       無形固定資産の取得による支出
                                           239              287
       貸付金の回収による収入
                                       △ 155,118             △ 108,702
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                  20,000              285,000
                                        △ 56,498             △ 49,998
       長期借入金の返済による支出
                                          △ 65             △ 28
       自己株式の取得による支出
                                       △ 148,005             △ 143,593
       配当金の支払額
                                        △ 16,558             △ 12,396
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                           -            35,000
       非支配株主からの払込みによる収入
                                       △ 201,127              113,983
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 16,637                40
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   34,648              14,584
                                        240,784              340,271
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        275,432              354,855
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/19






                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        当第2四半期連結        累計  期間(自 平成31年2月1日 至 令和元年7月31日)
         該当事項はありません。
        (会計方針の変更等)

        当第2四半期連結        累計  期間(自 平成31年2月1日 至 令和元年7月31日)
         該当事項はありません。
        (会計上の見積りの変更)

        当第2四半期連結        累計  期間(自 平成31年2月1日 至 令和元年7月31日)
         該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        当第2四半期連結累計期間(自 平成31年2月1日 至 令和元年7月31日)
         該当事項はありません。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結
         会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                             (自 平成30年2月1日                  (自 平成31年2月1日
                             至 平成30年7月31日)                    至 令和元年7月31日)
     給料手当                               671,784    千円              683,148    千円
                                     34,666                  31,852
     賞与引当金繰入額
                                     11,075                  9,972
     退職給付費用
                                      3,060                  3,110
     役員退職慰労引当金繰入額
                                       156                  318
     貸倒引当金繰入額
                                 14/19










                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成30年2月1日              (自    平成31年2月1日
                             至   平成30年7月31日)               至   令和元年7月31日)
     現金及び預金勘定                              1,341,797千円                  1,554,221千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                             △1,066,364                  △1,199,366
     現金及び現金同等物                               275,432                  354,855
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 平成30年2月1日 至 平成30年7月31日)
          配当に関する事項
           (1)   配当金支払額
                               1株当たり
                        配当金の総額
         (決議)         株式の種類              配当額       基準日        効力発生日        配当の原資
                         (千円)
                                (円)
         平成30年4月26日
                  普通株式        148,448        30  平成30年1月31日         平成30年4月27日         利益剰余金
          定時株主総会
           (2)   基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力

            発生日が当四半期連結会計期間の末日後となるもの
            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 平成31年2月1日 至 令和元年7月31日)

          配当に関する事項
           (1)   配当金支払額
                               1株当たり
                        配当金の総額
         (決議)         株式の種類              配当額       基準日        効力発生日        配当の原資
                         (千円)
                                (円)
         平成31年4月25日
                  普通株式        144,476        30  平成31年1月31日         平成31年4月26日         利益剰余金
          定時株主総会
           (2)   基準日が当連結会計年度の開始の日から当四半期連結会計期間末までに属する配当のうち、配当の効力

            発生日が当四半期連結会計期間の末日後となるもの
            該当事項はありません。
                                 15/19









                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自平成30年2月1日                         至平成30年7月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                   調整額    損益計算書
                                  フラン
                              HOD
                                                  (注)1      計上額
                  水関連機     メンテナ
                             (水宅配)
                                  チャイズ     その他事業       計
                                                        (注)2
                  器事業     ンス事業
                              事業
                                  事業
     売上高
                  1,457,280      928,478     752,036      58,330     186,398    3,382,524         -  3,382,524

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売

                     -     -     -     -     -     -     -     -
      上高又は振替高
                  1,457,280      928,478     752,036      58,330     186,398    3,382,524         -  3,382,524
           計
     セグメント利益             150,237     134,409      80,337      5,241     1,916    372,141    △ 112,355     259,785
     (注)1 セグメント利益の調整額△112,355千円は、主に提出会社本社の管理部門に係る費用であります。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自平成31年2月1日                         至令和元年7月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                                       四半期連結
                                                   調整額    損益計算書
                                  フラン
                              HOD
                                                  (注)1      計上額
                  水関連機     メンテナ
                             (水宅配)
                                  チャイズ     その他事業       計
                                                        (注)2
                  器事業     ンス事業
                              事業
                                  事業
     売上高
                  1,321,783      936,822     742,811     792,969      32,896    3,827,283         -  3,827,283

      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売

                     -     -     -     -     -     -     -     -
      上高又は振替高
                  1,321,783      936,822     742,811     792,969      32,896    3,827,283         -  3,827,283
           計
                   84,817     156,253      73,777     152,754      1,178    468,782    △ 101,917     366,865
     セグメント利益
     (注)1 セグメント利益の調整額△101,917千円は、主に提出会社本社の管理部門に係る費用であります。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントの変更等に関する事項

            第1四半期連結会計期間から、「その他事業」に含まれていた「フランチャイズ事業」について重要性が
           増したため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
            なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第2四半期連結累計期間の報告セグメントの区
           分に基づき作成したものを開示しております。
          3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                 16/19




                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年2月1日               (自 平成31年2月1日
                                至 平成30年7月31日)               至 令和元年7月31日)
     1株当たり四半期純利益                                 43円66銭               25円35銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                216,038               122,103

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       216,038               122,103
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               4,948,253               4,815,870
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 17/19













                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                 株式会社OSGコーポレーション(E02065)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    令和元年9月11日

     株式会社OSGコーポレーション

      取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              中 田  明   印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              須 藤 英 哉  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社OSG

     コーポレーションの平成31年2月1日から令和2年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(令和元年5
     月1日から令和元年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成31年2月1日から令和元年7月31日まで)に係る
     四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連
     結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社OSGコーポレーション及び連結子会社の令和元年7月31日
     現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に
     表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。