ビー・エヌ・ピー・パリバ 半期報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

半期報告書

提出日:

提出者:ビー・エヌ・ピー・パリバ

カテゴリ:半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     【表紙】

     【提出書類】                      半期報告書

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      令和元年9月12日

     【中間会計期間】                      自 平成31年1月1日 至 令和元年6月30日

     【会社名】                      ビー・エヌ・ピー・パリバ

                          (BNP   PARIBAS)
     【代表者の役職氏名】                      最高財務責任者

                          ラルス・マシュニル
                          (Lars   Machenil,      Chief   Financial      Officer)
     【本店の所在の場所】                      フランス国パリ市9区イタリア通り16番地

                          (16,   boulevard      des  Italiens,      75009   Paris,    France)
     【代理人の氏名又は名称】                      弁護士 柴 田 弘 典

     【代理人の住所又は所在地】                      東京都千代田区大手町一丁目1番1号

                          大手町パークビルディング
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                      03-6775-1039
     【事務連絡者氏名】                      弁護士 舩 越   輝

                           同  辻   勝 吾
                           同  室 谷 裕 樹
     【連絡場所】                      東京都千代田区大手町一丁目1番1号
                          大手町パークビルディング
                          アンダーソン・毛利・友常法律事務所
     【電話番号】                      03-6775-1116
                          03-6775-1434
                          03-6775-1531
     【縦覧に供する場所】                      ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行東京支店
                           東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                           グラントウキョウ ノースタワー
                                   1/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第一部      【企業情報】

      (注)   1 本書において、別段の記載がある場合を除き、下記の用語は下記の意味を有するものとする。

          「当社」、「当行」、「提出会社」または                        ビー・エヌ・ピー・パリバ
          「BNPパリバ」
          「BNP」                        (パリバと合併以前の)バンク・ナショナル・ド・
                                   パリ
          「当社グループ」または「BNPパリバ・グループ」                        BNPパリバ(または場合によりBNP)およびその連結
                                   子会社
          「当社株式」                        BNPパリバの1株の額面金額2ユーロの普通株式
          「フランス」                        フランス共和国
        2 別段の記載がある場合を除き、「ユーロ」はユーロ圏の法定通貨を指すものとする。本書において便宜上記載され
          ている日本円への換算は、1ユーロ=118.20円(令和元年8月23日現在の東京外国為替市場の対顧客電信直物売買
          相場の仲値)により計算されている。
        3 本書の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
                                   2/182















                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第1    【本国における法制等の概要】
     1  【会社制度等の概要】

       当該半期中において、重要な変更はなかった。
     2  【外国為替管理制度】

       当該半期中において、以下の事項を除き、重要な変更はなかった。訂正箇所には下線を付す(なお、令和元年
      6月28日付で提出した有価証券報告書において付されていた下線は、訂正した箇所を明示するため、以下におい
      ては表示していない。)。
      (1)  株式の所有

        現行の法律の下で、フランス通貨金融法典(                       Code   Mon  é taire   et  Financier     )第L151-1条に従い、フランス
       および外国との間の外国為替取引は原則として自由である。しかしながら、フランスの政府機関は、フランス
       通貨金融法典第L151-2条に従い、特に国益の防衛を確保するため、また、経済大臣の報告を受けて制定され
       た命令により、通知および事前の許可を与え、またはフランスにおける対内投資の設立および清算を管理す
       る。
        1996年2月14日付フランス法(2004年12月9日付法令2004-1343(2004年12月10日付官報)                                               および2019年5
       月22日付法令2019-486(2019年5月23日付官報)により修正                               され、フランス通貨金融法典第L151-3条におい
       て成文化された。)に従い、欧州連合(以下「EU」という。)の非居住者が、フランス企業の支配的持分を取
       得する際に事前の許可を得る必要はなくなった。ただし、2005年12月30日付指令2005-1739(2005年12月31日
       付官報)およびその修正(2006年1月4日付官報)(その随時の改正を含む。)に規定された慎重性を要する
       一部の業界および戦略分野については、この限りではない(下記参照。)。
        当社に対する対内投資が2005年12月30日付指令2005-1739(その随時の改正を含む。)の範囲内に該当しな
       いため、事前の許可を得る必要はなくなった。
        フランス通貨金融法典第L151-2条以降に規定される承認制度の実行ならびに慎重性を要する業界および戦
       略分野への対内投資を申請するために、「投資」という用語は、2012年5月7日付指令2012-691(2012年5月
       8日付官報)、2014年5月14日付指令2014-479(2014年5月15日付官報)および2018年11月29日付指令2018-
       1057(2018年12月1日付官報)により修正され、フランス通貨金融法典第R153-1条、第R153-3条および第
       R153-5-1条において成文化された2005年12月30日付指令2005-1739によれば、3つの種類の投資のことを指
       す。
       (a)  EU域内の法人またはEU域外の法人によるフランスに登記上の本店を有する企業における支配的持分の買収
       (b)  EU域内の法人、EU域外の法人またはフランスの法人によるフランスに登記上の本店を有する企業に係る
        「事業活動の拠店」の買収
       (c)  EU域外の法人がフランスに登記上の本店を有する企業の株式資本もしくは議決権の保有を33.33パーセン
        ト超に増加させること
                                   3/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        フランス通貨金融法典に基づき、フランスと「管理支援協定」を締結している欧州経済地域の加盟国に居住
       する投資家による投資は、下記のとおりEU域内の法人による投資と同一の制度に服することに留意すべきであ
       る。
        したがって、2012年5月7日付指令2012-691、2014年5月14日付指令2014-479および2018年11月29日付指令
       2018-1057により修正された、2005年12月30日付指令2005-1739およびその修正(2006年1月4日付官報)に従
       い、下記については経済大臣による事前の許可(フランス通貨金融法典第L151-3条)が必要である。
        (ⅰ)   フランス通貨金融法典第R153-2条に定める一覧表に記載の14ヶ所の特定地域におけるEU域外の法人
          (すなわちEU域外の居住者であるフランスの自然人を含むEU域外の居住者である自然人およびEU域外に
          設立された法人)による(上記(a)、(b)および(c)の意味における)投資
        (ⅱ)   EU域内の法人(すなわちEU域内の居住者であるフランスの自然人を含むEU域内の居住者である自然人
          およびEU域内の国に設立された法人)による投資
         (a)  フランス通貨金融法典第R153-4条:フランス通貨金融法典第R153-2条第8号から第14号に定める一
           覧表に記載の       7 ヶ所の特定地域における、フランス通貨金融法典第R153-3条第1号および第2号
           (上記(a)および(b))の意味における投資
         (b)  フランス通貨金融法典第R153-5条:フランス通貨金融法典第R153-5条に定める一覧表に記載の6ヶ
           所の特定地域における、フランス通貨金融法典第R153-3条第2号(上記(b))の意味における投資
        (ⅲ)   フランス通貨金融法典第R153-2条第8号から第1                         ▶ 号に定める一覧表に記載の7ヶ所の特定地域および
          フランス通貨金融法典第R153-5条に定める一覧表に記載の6ヶ所の特定地域におけるフランスの法人
          (すなわちフランスに登記上の本店を有していて、かつフランス国外の居住者であるフランスの自然人
          を含むフランス国外の居住者である自然人により支配されている事業体およびフランス国外に登記上の
          本店を有する法人)による(上記(b)の意味における)投資
        フランス通貨金融法典は、かかる制度の範囲に該当するか否かについて経済大臣からコンフォート・レター
       を要求する、外国投資家および投資対象の活動を行う事業体の能力を規定している。同大臣はかかる要求に
       2ヶ月以内に応じなければならないが、同大臣の対応がないことは、投資家による必要な承認要請書の提出を
       免除するものではないと解釈されている(フランス通貨金融法典第R153-7条)。
                                (後略)
                                   4/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     3  【課税上の取扱い】
       当該半期中において、以下の事項を除き、重要な変更はなかった。訂正箇所には下線を付す(なお、令和元年
      6月28日付で提出した有価証券報告書において付されていた下線は、訂正した箇所を明示するため、以下におい
      ては表示していない。)。
                                (前略)

      (B)  法人
                                (中略)
      (2)  譲渡所得税
        上記「(A)      (2)  譲渡所得税」を参照(注1)。
        当社株式がフランスに所在する恒久的施設の事業資産の一部である場合、かかる株式の譲渡から取得する収
       益は、フランス国内法に基づきフランスの租税を課せられる。
       ( 注1) 201     9 年1月1日以降、売主が法人である場合、適用される源泉徴収税の税率は33.33パーセントである。

                                (後略)
                                   5/182














                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第2    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                                               (単位:百万ユーロ)
                           2019年      2018年
                                        2018年      2017年      2017年
      活動
                           6月30日      12月31日
                                       6月30日      12月31日      6月30日
      資産合計                    2,372,620      2,040,836      2,234,485      1,960,252      2,142,961
      顧客預金                     833,265      796,548      783,854      766,890      793,384

      顧客貸出金および債権                     793,960      765,871      747,799      727,675      715,466

      株主資本合計(注1)                     104,135      101,467       98,711      101,983       99,318

      ティア1およびティア2資本比率段階的
                            15.2%      15.0%      14.5%      14.8%      14.7%
      導入ベース値
      ティア1資本比率段階的導入ベース値                      13.3%      13.1%      12.8%      13.2%      13.1%
      (注1)利益処分前。
                                               (単位:百万ユーロ)

                           2019年度
                                       2018年度             2017年度
      利益                           2018年             2017年
                           上半期
                                        上半期             上半期
      営業収益                      22,368      42,516      22,004      43,161      22,235
      営業総利益                      6,484      11,933       6,376      13,217       7,045

      営業利益                      5,094      9,169      5,194      10,310       5,791

      税引前当期純利益                      6,060      10,208       5,709      11,310       6,215

      純利益(当社グループ)                      4,386      7,526      3,960      7,759      4,290

                                   6/182










                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     2  【事業の内容】
       本書に記載される事項のほか、BNPパリバ・グループの事業内容に重要な変更はなかった。
     3  【関係会社の状況】

      (1)  親会社
        該当事項なし。
      (2)  子会社その他の関係会社

        連結中間財務書類の注7.c、注7.dおよび注7.fを参照のこと。
     4  【従業員の状況】

       BNPパリバ・グループ(全部連結会社および比例連結会社)の従業員数の内訳(未監査)は以下のとおりであ
      る。
                                           2019年6月30日

             フランス国内リテール・バンキング事業                                   26,533
             BNLバンカ・コメルシアーレ                                   12,519

             ルクセンブルクを含むその他の国内市場部門                                   16,819
             ベルギー国内リテール・バンキング                                   11,586
             国際金融サービス部門                                   79,290
             ホールセールバンキング部門                                   35,315
             運営およびその他                                   19,489
             当社グループ合計                                  201,551

                                   7/182










                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第3    【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      (A)  経営方針、経営戦略及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
       該当事項なし。
      (B)  対処すべき課題

       該当事項なし。
     2  【事業等のリスク】

       該当事項なし。
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (A ) 業績等の概要
       事業成長および上半期純利益の増益
        欧州経済は成長を維持したものの減速し、低金利環境のさらなる長期化の兆しを見せた。これを背景に、
       BNPパリバは当上半期に事業成長を果たした。
        当社グループの営業収益は、当上半期に22,368百万ユーロに上り、前年同期と比べて1.7%の増収であっ
       た。
        事業部門全体の営業収益は、前年同期と比べて3.5%の増収となった。これを部門別にみると、国内市場部
       門(注1)では、低金利環境のマイナス影響を、順調な事業開発(特に専門事業部門)による増収効果で補い
       きれず、前年同期比0.3%の若干の減収であった。国際金融サービス部門では、高い事業成長を受けて営業収
       益は前年同期比6.3%の増加を果たし、同様に、ホールセールバンキング部門では3.8%の増収であった。な
       お、コーポレート・センターの営業収益は、2018年度にファースト・ハワイアン・バンクを連結の範囲から除
       外(注2)した影響で、当上半期は減収となった。
        当社グループの営業費用は、当上半期に15,884百万ユーロで前年同期比1.6%の増加に留まったことから、
       正のジョーズ効果が生み出された。当上半期の営業費用には、一時項目として、事業改編費用(2017-2020年
       度事業開発計画)、買収に関わる事業再編費用(注3)に加え、BNLバンカ・コメルシアーレおよびアセッ
       ト・マネジメント部門における追加的な事業適応費用(早期退職制度)が合計で542百万ユーロ含まれていた
       (前年同期は486百万ユーロ)。
        事業部門全体の営業費用は、当上半期に前年同期比2.5%増加した。これを部門別にみると、国内市場部門
       (注1)では、リテール・バンキング支店網で微減(0.6%の減少)となった一方、専門事業部門では事業開
       発を受けて増加したことから、全体的に横ばいであった。国際金融サービス部門では、事業成長および連結範
       囲の変更の影響で前年同期比5.3%増加した(連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除くと1.9%
       の増加)。また、ホールセールバンキング部門の営業費用は前年同期比2.3%増加した。なお、コーポレー
       ト・センターの営業費用は、ファースト・ハワイアン・バンクを2018年度(注2)に連結の範囲から除外した
       影響で、前年同期と比べて減少した。
                                   8/182



                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        当上半期に事業部門で正のジョーズ効果が生み出されたが、これには2017-2020年度事業開発計画に沿って
       実施された費用節減策が奏功した(当上半期は368百万ユーロの費用節減を果たし、これに対し2017年初に同
       計画が始動して以来の累計額は1,523百万ユーロ)。
        これらを受けて、当社グループの当上半期の営業総利益は6,484百万ユーロに上り、前年同期と比べて1.7%
       増加した。事業部門だけをとると、営業総利益は前年同期比5.5%の増加を果たした。
        リスク費用は当上半期に1,390百万ユーロとなり、以下の要因から前年同期と比べて208百万ユーロ増加し
       た。当上半期に貸出金残高が前年同期から増加した一方、前年同期にはホールセールバンキング部門および
       パーソナル・ファイナンスで引当金戻入益が計上されていた。当上半期のリスク費用は、顧客向け貸出金残高
       の34ベーシス・ポイント相当となり低水準に留まった。これにはとりわけ、ローン・オリジネーション業務で
       リスク管理効果が発揮されたことに加え、低金利環境、およびイタリアで引き続き貸付ポートフォリオの質が
       改善されたことが反映されている。
        当社グループの営業利益は当上半期に5,094百万ユーロとなり(前年同期は5,194百万ユーロ)、前年同期と
       比べて1.9%減少した。なお、事業部門だけをとると2.3%の増益となる。
        営業外項目は、当上半期に966百万ユーロとなった(前年同期は515百万ユーロ)。当上半期は、一時項目と
       して、インドのSBIライフ(SBI                 Life)株の16.8%売却によるキャピタル・ゲインおよび残部の連結範囲から
       の除外による影響(1,450百万ユーロ)に加え、のれんの減損損失(マイナス818百万ユーロ)が特に影響し
       た。これに対し、前年同期の営業外項目には、建物の売却によるキャピタル・ゲインとして101百万ユーロが
       含まれていた。
        税引前当期純利益は当上半期に6,060百万ユーロとなり(前年同期は5,709百万ユーロ)、6.1%の増加で
       あった。
        当上半期の法人税率は平均で22.3%となったが、これにはとりわけSBIライフ株のキャピタル・ゲインに適
       用された軽減税率が影響した。
        以上から、当上半期の親会社株主帰属当期純利益は4,386百万ユーロとなり、前年同期と比べて10.8%の増
       益を果たした。
        これらを受けて、当上半期の株主資本利益率(ROE)は年率換算後で9.6%となり、有形自己資本利益率
       (ROTE)は年率換算後で11.0%であった。
        2019  年6月30日現在、普通株式等Tier1比率は11.9%であった。また、レバレッジ比率(注4)は当上半期
       に4.1%となった。さらに、当社グループの即時利用可能な余剰資金は330十億ユーロに上ったが、これは短期
       ホールセール資金調達との関係で1年超の余裕資金があることを意味する。
        1株当たり純資産額は2019年6月30日現在で75.7ユーロとなり(2018年度に関して、当上半期に実施された
       1株当たり3.02ユーロの現金配当を考慮後)、2008年12月31日からの年平均成長率(CAGR)は4.9%に相当す
       る。これは当社グループが、景気局面を通して継続的に企業価値を創造する能力を有していることを証明して
       いる。
                                   9/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        当社グループは2017-2020年度事業開発計画を積極的に実施すると共に、内部統制およびコンプライアンス
       体制の強化を継続している。また当社グループは、倫理的責任、社会・環境イノベーション、および低炭素経
       済を推進する重要な取り組みを通して、社会に好影響を及ぼす意欲的な方針を追求している。
       (注1) 国内ネットワークプライベート・バンキングの100%を含む(PEL/CELの影響を除く。)。

       (注2) 2018年8月1日をもってファースト・ハワイアン・バンクを連結子会社から除外。
       (注3) 特にライフファイゼン・バンク・ポルスカ(Raiffeisen                               Bank   Polska)およびオペル・バンク・エスエー(Opel
           Bank   SA)に関わる事業再編費用が影響。
       (注4) 2014年10月10日付の欧州委員会(EC)委任法令に基づき算定された比率。
       リテール・バンキング事業およびサービス事業

       国内市場部門
        国内市場部門は、当上半期も積極的な事業展開を推し進めた。貸出金残高は前年同期比4.1%増加したが、
       国内リテール・バンキング業務および専門事業部門(アルバル、リーシング・ソリューション)の両方で貸出
       が順調に伸びた。預金残高はすべての国において伸びを示し、前年同期比6.3%増加した。プライベート・バ
       ンキング業務では、旺盛な資金純流入があった(2.7十億ユーロ)。
        国内市場部門が提供するデジタル・サービスは高く評価され、2019年のディーレーティング(D-Rating)
       (注1)ランキングにおいて、国内市場部門はデジタル・サービスでフランスにおける最優秀ネット銀行の地
       位を獲得すると共に、ハロー・バンク!(Hello                          bank!)およびニケル(Nickel)は大きく事業を伸ばした。
       当部門は個人顧客によるモバイル利用を加速させた結果、国内リテール・バンキング支店網でアクティブユー
       ザー数が4百万人を超えた。さらに、当部門はリアルタイム取引を開発しており、フランス、ベルギーおよび
       イタリアで瞬時の決済機能を導入すると共に、法人顧客向けデジタル・サービスでは支店網全体にわたり新た
       なフィーチャーを追加してサービス内容を強化した。国内市場部門は、サービスを新たな銀行の業務形態に適
       応させるべく継続して取り組んでいるが、その意味で、ユニバーサルモバイル決済ソリューションであるライ
       フペイ(LyfPay)は、既にフランスで2百万を超えるダウンロード数を記録している。一方ニケルに関して
       は、2018年6月30日以来、368,000口座が開設され、現在までの口座開設は累計で1.3百万口を超えている。
        国内市場部門は、カスタマーサービスの向上と費用節減を目指して、国内支店網の合理化および最適化を実
       施中である(フランス、ベルギーおよびイタリアにおいて、2016年度以来333支店を閉鎖)。当部門はまた、
       主要なカスタマー・ジャーニーをエンドツーエンドで合理化しデジタル化すると共に、プロセスを自動化する
       ことによって、業務モデルの変革を継続した。
        営業収益(注2)は7,886百万ユーロとなり、前年同期比0.3%の減収であった。これには低金利環境が影響
       しており、営業活動の活発化および専門事業部門の順調な伸びがその影響を一部打ち消した。
        営業費用(注2)は当上半期に5,500百万ユーロとなり、前年同期から横ばいであったが、国内支店網で費
       用が減少(0.6%の減少(注3))した一方、事業開発を受けて専門事業部門では増加した(それでもすべて
       の業務部門で正のジョーズ効果を達成。)。
                                  10/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        これらを受けて、営業総利益(注2)は2,386百万ユーロで前年同期比0.9%減少した。
        リスク費用は低水準に留まったものの、極めて低い水準であった前年同期から47百万ユーロ増加した。また
       BNLバンカ・コメルシアーレでは、リスク費用は引き続き低下傾向をたどった。
        以上から、国内プライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメント業務(国際金
       融サービス部門)へ配分した後、国内市場部門の税引前当期純利益(注4)は当上半期に1,729百万ユーロと
       なり、前年同期比3.4%の減益であった。
       (注1) デジタル・パフォーマンスの分析に特化した格付会社。

       (注2) フランス(PEL/CELの影響を除く。)、イタリア、ベルギーおよびルクセンブルクの国内プライベート・バンキン
           グの100%を含む。
       (注3) フランス国内リテール・バンキング、BNLバンカ・コメルシアーレおよびベルギー国内リテール・バンキング。
       (注4) PEL/CELの影響を除く(2019年度上半期は30百万ユーロ、2018年度上半期は1百万ユーロ)。
        フランス国内リテール・バンキング(FRB)

        フランス国内リテール・バンキング(FRB)は、フランスの経済成長を背景に積極的な事業活動を継続し
       た。貸出金残高は、とりわけ法人向けの貸付が増えたことから、前年同期比4.8%増加した。預金残高は、当
       座預金の高い伸びに支えられて前年同期比9.1%増加した。プライベート・バンキング業務では、当上半期に
       1.5十億ユーロに上る高水準の資金純流入があった。
        フランス国内リテール・バンキングは引き続き法人顧客向けデジタル・サービスの開発で成果を上げた結
       果、現在、新規顧客の45%がオンボーディング専用(注1)のアプリであるウェルカム(Welcome)を利用し
       て手続きを完了するに至っている。BNPパリバ・カーディフとマットミュート(Matmut)の業務提携(カー
       ディフIARD(Cardif           IARD))の一環として、2018年5月に発売された新たな損害保険は順調に伸びており、
       2019年6月30日現在で成約件数は既に172,000件に達している。
        営業収益(注2)は3,191百万ユーロに上り、前年同期比0.2%の増収であった。純利息収入(注2)は、貸
       出金残高の伸びを受けて2.1%増加した。手数料収入(注2)は、経済的に困窮した家計に対する手数料引き
       下げが特に影響し、前年同期比2.2%減少した。
        営業費用(注2)は、事業改編計画が奏功して2,287百万ユーロとなり、前年同期比0.2%減少したことか
       ら、0.4ポイントの正のジョーズ効果が生み出された。
        これらを受けて、営業総利益(注2)は当上半期に904百万ユーロで前年同期比1.1%増加した。
        当上半期のリスク費用(注2)は155百万ユーロで、特に低水準であった前年同期から42百万ユーロ増加し
       たが、それでも顧客向け貸出金残高の16ベーシス・ポイント相当で依然低水準に留まった。
        以上から、フランス国内プライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメント業務
       (国際金融サービス部門)へ配分した後、フランス国内リテール・バンキングの税引前当期純利益(注3)は
       当上半期に678百万ユーロとなり、前年同期と比べて3.5%の減益であった。
       (注1) 適用範囲:フランス国内に本社を置く中小企業(SME)および大企業。

       (注2) フランス国内プライベート・バンキングの100%を含む(PEL/CELの影響を除く。)。
       (注3) PEL/CELの影響を除く(2019年度上半期は30百万ユーロ、2018年度上半期は1百万ユーロ)。
                                  11/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        BNL  バンカ・コメルシアーレ(BNL                bc)
        BNL  バンカ・コメルシアーレ(BNL                bc)は、景気が低迷する中にあって活発な営業活動を展開した。貸出金
       残高は、不良債権の証券化による影響を除くと、前年同期比1.4%増加した(注1)。また、BNLバンカ・コメ
       ルシアーレは法人顧客セグメントで当上半期も順調に市場シェアを伸ばした結果、過去3年間でシェアが0.8
       ポイント拡大して5.9%(注2)へと高まった。預金残高は、個人顧客の当座預金の伸びが牽引して、前年同
       期比1.6%増加した。オフバランス貯蓄商品は、ミューチュアル・ファンドの残高が減少(3.3%の減少)した
       ものの、生命保険の保有契約高の急増(8.0%の増加)を受けて、当上半期に2018年6月30日と比べて3.1%増
       加した。
        BNL  バンカ・コメルシアーレはまた、引き続き新たなカスタマー・ジャーニーの開発やデジタル変革を追求
       した結果、新たなアプリであるマイビズ(MyBiz)を成功裏に導入した。マイビズは、中小企業向けに幅広い
       通常の銀行サービスをモバイルで提供するものである(2019年6月30日現在、既に8,500の顧客がアクティブ
       ユーザーとなっている。)。
        BNL  バンカ・コメルシアーレは、低迷する経済・市場環境や低金利環境に費用構造をより良く適応させるた
       めに、早期退職制度を導入している。これは、年金受給年齢の引き下げ措置に関わる、「クオータ100」
       (Quota     100)と呼ばれる新たな年金改革を活用するものである。かかる制度の適用により、従業員数の純減
       は、2021年度までに常勤雇用で1,500人相当へと増加すると予想される。
        営業収益(注3)は前年同期比3.6%減少して1,360百万ユーロとなった。純利息収入(注3)は、長引く低
       金利環境の影響、およびより優良なリスク特性を伴う顧客へのシフトから、当上半期は4.1%減少した。手数
       料収入(注3)は前年同期比2.9%の減少であった。
        営業費用(注3)は、事業改編計画の効果で、当上半期に903百万ユーロとなり前年同期比1.7%減少した。
        これらを受けて、営業総利益(注3)は456百万ユーロとなり、前年同期比7.2%減少した。
        リスク費用(注3)は、前年同期から25百万ユーロ減少して当上半期は272百万ユーロに留まったことか
       ら、引き続き減少傾向が確認された。また、当上半期のリスク費用は顧客向け貸出金残高の70ベーシス・ポイ
       ント相当であった。
        以上から、イタリア国内プライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメント業務
       (国際金融サービス部門)へ配分した後、BNLバンカ・コメルシアーレの税引前当期純利益は当上半期に163百
       万ユーロとなった(前年同期は171百万ユーロ)。
       (注1) 不良債権の証券化による影響を含むと0.4%の減少。

       (注2) 出典:イタリア銀行協会。
       (注3) イタリア国内プライベート・バンキングの100%を含む。
        ベルギー国内リテール・バンキング(BRB)

        ベルギー国内リテール・バンキング(BRB)は、当上半期も積極的な営業活動を継続した。貸出金残高は、
       法人向け貸出の高い伸びに加え住宅ローンも増えたことから、前年同期比4.4%の増加となった。預金残高
       は、当座預金および普通預金の伸びに支えられたが、特に個人顧客セグメントが貢献し、前年同期比4.7%増
       加した。プライベート・バンキング業務では、1.1十億ユーロの高水準の資金純流入があった。
                                  12/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        ベルギー国内リテール・バンキングは、引き続きデジタル・サービスの開発および顧客経験価値の向上で成
       果を上げた。法人顧客向けアプリであるイージー・バンキング・ビジネス(Easy                                          Banking     Business)では、
       デジタル・ダイレクトセールス(即日融資・短期融資、銀行保証状等)が急激に伸びた結果、2019年6月30日
       現在、売上総額の44%を占めるに至った。
        ベルギー国内リテール・バンキングの営業収益(注1)は前年同期比3.1%減少して1,793百万ユーロとなっ
       た。純利息収入(注1)は、低金利環境のマイナス影響を、貸出金残高の増加による増収効果が一部補ったも
       のの、前年同期比3.6%減少した。手数料収入(注1)は、前年同期から1.9%減少した。
        営業費用(注1)は、当上半期に1,379百万ユーロで前年同期比0.6%減少した。なお、IFRIC第21号「賦課
       金」(IFRIC21)による影響(注2)を除くと、当上半期の営業費用は、事業改編計画が奏功し、前年同期比
       1.7%の減少となる。2018年6月30日以来、ベルギー国内リテール・バンキングは65の支店を閉鎖すると共
       に、常勤雇用で752人相当の人員削減を実施した。ベルギー国内リテール・バンキングは、2021年度までにさ
       らに229支店を閉鎖する予定である。
        これらを受けて、営業総利益(注1)は当上半期に414百万ユーロで前年同期比10.8%減少した(IFRIC21の
       影響を除くと5.2%の減少)。
        リスク費用(注1)は当上半期に31百万ユーロとなり、引当金戻入益の影響が大きかった前年同期と比べて
       27百万ユーロ増加した。それでも当上半期のリスク費用は、顧客向け貸出金残高の6ベーシス・ポイント相当
       で極めて低水準に留まった。
        以上から、ベルギー国内プライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメント業務
       (国際金融サービス部門)へ配分した後、ベルギー国内リテール・バンキングの税引前当期純利益は当上半期
       に346百万ユーロとなり、前年同期と比べて18.4%の減益であった(IFRIC21の影響を除くと9.7%の減益)。
       (注1) ベルギー国内リテール・バンキングの100%を含む。

       (注2) 2019年度に納付予定の税金および拠出金は、IFRIC21に基づき、全額を当上半期に計上済み(当上半期は、前年同
           期から10百万ユーロ増加して、296百万ユーロを計上。)。
        その他の国内市場部門(アルバル、リーシング・ソリューション、パーソナル・インベスターズ、ニケルお

        よびルクセンブルク国内リテール・バンキング)
        国内市場部門の専門事業部門は、以下のように力強い成長を維持した。アルバルでは、ファイナンス・フ
       リートの契約台数が当上半期に8.8%(注1)増加した。リーシング・ソリューションでは、ファイナンス・
       リース残高が前年同期比7.2%(注2)増加した。パーソナル・インベスターズでは、運用資産残高が2018年
       6月30日の水準から4.0%増加した。ニケルでは極めて高い成長を維持し、2018年6月30日以降に新たに
       368,000口の口座開設があった。ニケルは引き続き販売店網を拡大した結果、今日では販売店数でフランス国
       内第3位に上っている(2019年6月30日現在、5,400軒の町のタバコ屋(buralistes)が取り扱っており、こ
       れは2018年6月30日と比べて61%の増加。さらに2020年度までに販売店を10,000軒へ増やす目標)。
                                  13/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        ルクセンブルク国内リテール・バンキング(LRB)では、住宅ローンおよび法人向け貸出が順調に伸びたこ
       とから、貸出金残高は前年同期比7.9%増加した。預金残高は、法人顧客セグメントで要求払預金が特に伸び
       たことから、前年同期と比べて12.8%の大幅増を果たした。
        その他の国内市場部門は、引き続きデジタル・バンキング・サービスの開発を推し進めた結果、アルバルで
       は新たなセルフサービスツールを導入し、フリート管理者による報告書の管理やユーザーによる事故の報告
       等、日々の業務を容易にしている。
        これら5つの業務部門からの営業収益(注1)は、順調な事業成長を受けて1,542百万ユーロに上り、全体
       として前年同期比5.7%の増収となった。
        営業費用(注1)は、事業開発を反映して前年同期比3.3%増加し、930百万ユーロとなった。その結果、
       2.4ポイントの正のジョーズ効果が生み出された。
        リスク費用(注1)は、前年同期から3百万ユーロ増加して63百万ユーロとなった。
        以上から、ルクセンブルク国内プライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメン
       ト業務(国際金融サービス部門)へ配分した後、これら5つの業務部門の税引前当期純利益は当上半期に542
       百万ユーロに上り、前年同期比10.3%の大幅増益を果たした。これには積極的な営業活動の成果が反映されて
       いる。
       (注1) ルクセンブルク国内プライベート・バンキングの100%を含む。

       (注2) 連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除く。
       国際金融サービス部門

        国際金融サービス部門では、以下のように活発な営業活動を維持し、成長を持続させた。貸出金残高は、当
       上半期に前年同期比8.9%増加した(連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除くと6.0%の増
       加)。また、当上半期はすべての業務部門で高水準の資金流入があり、総額で7.3十億ユーロに上る資金純流
       入となった。貯蓄型商品および保険業務では、運用資産残高が2018年6月30日の水準から2.7%増加して、合
       計で1,089十億ユーロに上った。
        国際金融サービス部門はすべての業務部門にわたり、積極的にデジタル変革を推進すると共に、新たなテク
       ノロジーを取り入れた。国際金融サービス部門は電子署名機能を幅広い業務で普及させたが、その成果として
       例えば、パーソナル・ファイナンスでは取引の53%超が電子署名によって行われている。また保険部門では、
       フランス国内において、独立系の富裕層向け金融アドバイザーやブローカーからなる販売網で取り扱われてい
       る生命保険商品には、電子契約が利用されている。国際金融サービス部門は、モバイルサービスへのアクセス
       をより簡単にするために、新たなセルフサービスツールを開発中である。その成果を反映し、パーソナル・
       ファイナンスでは顧客が49百万件を超える取引をセルフサービスで行った。これは取引全体の79%超に相当す
       る。国際金融サービス部門はまた、新たなテクノロジーやAI(人工知能)の開発を進めており、既に268超の
       ロボットが稼働している(管理、報告、データ処理の自動化等)。
        国際金融サービス部門の営業収益は、順調な事業開発を反映して8,544百万ユーロに上り、前年同期比6.3%
       の増収であった(連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除くと4.4%の増収)。
                                  14/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        営業費用は、事業開発を受けて5,247百万ユーロとなり、前年同期比5.3%増加したが(連結範囲の変更およ
       び為替レート変動による影響を除くと1.9%の増加)、当上半期に正のジョーズ効果が生み出された。
        これらを受けて、営業総利益は3,297百万ユーロで前年同期比8.0%増加した(連結範囲の変更および為替
       レート変動による影響を除くと8.9%の増加)。
        当上半期のリスク費用は819百万ユーロとなり、引当金戻入益の影響で低水準であった前年同期と比べて139
       百万ユーロ増加した。
        以上から、国際金融サービス部門の税引前当期純利益は当上半期に2,720百万ユーロに上り、前年同期と比
       べて1.6%の増益であった。なお、連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除くと、積極的な営業
       活動を反映して、増益幅は5.9%へと拡大する。
        パーソナル・ファイナンス

        パーソナル・ファイナンスは、当上半期も高い事業成長を維持した。貸出金残高は、確かな融資案件および
       新たな提携関係に支えられて、前年同期比11.3%増加した。当部門はイタリアのカルフール(Carrefour)と
       業務提携を結び、またポーランドではオペル(Opel)との新たな提携関係の開始で成果を上げた。さらに当部
       門は、引き続きデジタル・サービスの領域拡大や新たなテクノロジーの採用を推進した。その結果、既に149
       のロボットが稼働しており(前年同期は75のロボット)、2019年度末までには200のロボットの稼働を目標と
       している。
        パーソナル・ファイナンスの営業収益は、前年同期比4.8%増加して2,866百万ユーロとなった。これには貸
       出金残高の増加、およびより優良なリスク特性を伴う商品へのシフトが反映されている。
        営業費用は、当上半期に前年同期比5.4%増加して1,472百万ユーロとなった。これには事業開発に加え、事
       業改編計画の効果が徐々に発現していることが反映されている。
        これらを受けて、当上半期の営業総利益は1,394百万ユーロに上り、前年同期と比べて4.2%増加した。
        リスク費用は、引当金戻入益の影響で特に低水準であった前年同期から77百万ユーロ増加して、619百万
       ユーロとなった。それでも、当上半期のリスク費用は貸出金残高の134ベーシス・ポイント相当で、依然とし
       て低い水準に留まった。
        以上から、パーソナル・ファイナンスの税引前当期純利益は当上半期に794百万ユーロとなり、前年同期と
       比べて3.4%の減益であった。
        欧州・地中海沿岸諸国部門

        欧州・地中海沿岸諸国部門は、当上半期において全体的に好業績を収めた。貸出金残高は前年同期比2.1%
       (注1)増加したが、とりわけポーランドおよびモロッコが貢献した。預金残高は、トルコおよびモロッコが
       牽引し前年同期比2.9%(注1)増加した。当部門は引き続きデジタル・サービスの開発を推し進めた結果、
       モバイル・バンキング・アプリであるゴーモバイル(Gomobile)は、ポーランドでユーザー数を増やし、2018
       年6月30日から89%増の255,000人に上っている。当部門はまた、作業の自動化を進めており、各地で54のロ
       ボットが既に稼働しているが、これらのロボットは90超の異なるプロセスをこなす能力を有している。
                                  15/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        BGZ  BNP  パリバはライフファイゼン・バンク・ポルスカ(注2)のコア銀行業務を買収したが、その統合作
       業は順調に進んでいる。かかる企業結合によって新たに生まれたBNPパリバ・バンク・ポルスカは、現在ポー
       ランドでBNPパリバブランドの下で営業している。新会社は、コストシナジーを積極的に追及しており、その
       一環として2019年初以来135の支店を閉鎖した。
        欧州・地中海沿岸諸国部門の営業収益(注3)は、貸出金残高の増加および利鞘の改善に加え、手数料収入
       も高水準となったことから、当上半期は1,340百万ユーロに上り、前年同期比7.9%(注1)の増収となった。
       また、営業収益はすべての地域で増収を果たした。
        営業費用(注3)は900百万ユーロで前年同期比0.7%(注1)減少した。これには、ポーランドでコストシ
       ナジーが実現していることに加え、すべての地域で事業改編計画の効果が現れていることが反映されている。
       その結果、当上半期に大幅な正のジョーズ効果が生み出された。
        リスク費用(注3)は、トルコでの増加を受けて、当上半期は低水準であった前年同期から39百万ユーロ増
       加した(注1)。それでも、リスク費用は顧客向け貸出金残高の86ベーシス・ポイント相当で、穏やかな水準
       に留まった。
        以上から、トルコのプライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメント業務(国
       際金融サービス部門)へ配分した後、欧州・地中海沿岸諸国部門の税引前当期純利益は382百万ユーロに上っ
       た。連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除くと34.1%の大幅増益を果たしたが、連結範囲の変
       更および為替レート変動による影響を含むと、トルコリラが前年同期から大幅下落したため、1.9%の減益と
       なる。
       (注1) 連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除く。

       (注2) ライフファイゼン・バンク・ポルスカのコア銀行業務の買収契約は2018年10月31日に調印(ただし、個人向け外
           貨建て住宅ローン・ポートフォリオおよびその他の一定の資産を除く。)。
       (注3) トルコのプライベート・バンキングの100%を含む。
        バンクウェスト

        バンクウェストは活発な営業活動を維持したが、低金利が長引く厳しい環境での活動であった。貸出金残高
       は、個人顧客および法人顧客向け貸付が穏やかに伸びたことから、前年同期比0.8%(注1)増加した。預金
       残高は、顧客預金が大幅な伸びを示し(3.7%の増加)(注2)、前年同期比1.9%(注1)増加した。プライ
       ベート・バンキング業務の運用資産残高は、2019年6月30日現在14.9十億米ドルに上り、2018年6月30日の水
       準と比べて11.0%(注1)増加した。
        バンクウェストは引き続きデジタル変革を推し進めた結果、当上半期にネット上で開設された口座数は
       30,000近くになった(前年同期比60%の増加)。また、39のロボットを稼働させ、130のプロセスを自動化し
       ている。
        営業収益(注3)は1,162百万ユーロとなり、前年同期比2.3%(注1)の減収であった。純利息収入の落ち
       込みを、手数料収入の増加で補いきれなかった。
        営業費用(注3)は、事業改編計画(人員削減およびサポート業務の低コスト地域への移転)の効果を受け
       て当上半期は873百万ユーロとなり、前年同期比0.5%(注1)減少した。
        これらを受けて、営業総利益(注3)は、289百万ユーロで前年同期比7.6%(注1)減少した。
                                  16/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        リスク費用      (注3)     は前年同期から9百万ユーロ増加して21百万ユーロとなったが、それでも顧客向け貸出
       金残高の8ベーシス・ポイント相当で依然として低水準であった。
        以上から、米国プライベート・バンキング業務の純利益の3分の1をウェルス・マネジメント業務(国際金
       融サービス部門)へ配分した後、バンクウェストの税引前当期純利益は当上半期に254百万ユーロとなった。
       前年同期との比較では、連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除くと11.0%の減益となったが、
       連結範囲の変更および為替レート変動による影響を含むと、有利な為替変動の影響を受けて減益幅は3.9%へ
       と縮小する。
       (注1) 連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除く。

       (注2) 財務活動に関わる預金を除く。
       (注3) 米国プライベート・バンキングの100%を含む。
        保険、ウェルス&アセット・マネジメント

        保険、ウェルス&アセット・マネジメント部門は、当上半期も事業成長を維持した。運用資産残高(注1)
       は、2019年6月30日現在で1,089十億ユーロに上った。2018年12月31日との比較で、運用資産残高は5.9%増加
       したが、これには主に以下の4つの要因が作用していた:(ⅰ)運用パフォーマンス効果、(ⅱ)資金流入、
       (ⅲ)為替変動の影響、(ⅳ)連結範囲変更の影響。(ⅰ)金融市場の回復を受けて、53.7十億ユーロ相当の
       極めて良好なパフォーマンス効果があった。(ⅱ)資金純流入は10.3十億ユーロに上った。とりわけ、ウェル
       ス・マネジメントのアジア、フランスおよびベルギーで旺盛な資金純流入があった。アセット・マネジメント
       も資金純流入となった。保険部門では特にユニット・リンク保険へ高い資金流入があった。(ⅲ)為替変動に
       よる影響は1.8十億ユーロであった。(ⅳ)連結範囲の変更による影響はマイナス3.6十億ユーロであったが、
       これはSBIライフを連結の範囲から除外したことに起因する。
        2019  年6月30日現在、運用資産残高(注1)の部門別内訳は、アセット・マネジメントは427十億ユーロ、
       ウェルス・マネジメントは380十億ユーロ、保険部門は252十億ユーロ、不動産サービス部門は29十億ユーロで
       あった。
        保険部門     は、当上半期も順調に事業開発で成果を上げたが、とりわけ、当上半期にスコシアバンク
       (Scotiabank)と締結した長期的なパートナーシップは重要である。かかる契約のもと、スコシアバンクは、
       中南米4ヶ国で擁する9百万人に上る顧客に保険商品を販売することになる。当部門はまた、デジタル変革の
       実施および新たなテクノロジーの採用を継続した結果、台湾では、保険契約の申し込み手続きをデジタル化
       し、イタリアでは、ハロー・バンク!を通して、マルチメディアデバイスやアイデンティティ盗難に対する保
       険商品の販売を開始した。保険部門はエネルギー転換にコミットしており、2020年末までに3.5十億ユーロを
       グリーン投資に割り振る予定である。
                                  17/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        保険部門の営業収益は1,653百万ユーロに上り、前年同期比18.3%の増収を果たした。これには金融市場が
       2018年末以降、急反発したことで時価評価の対象となる資産の価格が回復し、再評価によるプラス影響があっ
       たこと、取引が活発化し高水準で推移したことが要因となった。営業費用は、事業開発を受けて当上半期に
       750百万ユーロとなり、前年同期比5.6%増加したことから、大幅な正のジョーズ効果が生み出された。関連会
       社からの利益貢献は、高水準であった前年同期から減少した。以上から、当上半期の税引前当期純利益は980
       百万ユーロとなり、前年同期比21.1%の大幅増益を果たした。
        ウェルス&アセット・マネジメント部門では、ウェルス・マネジメント部門がグローバル・ファイナンス誌
       によって世界最優秀プライベート・バンク賞(Best                           Private     Bank   in  the  World)を授与され、グローバル市
       場における専門的能力が評価された。一方、アセット・マネジメント部門では、以下のように当上半期も業務
       の適応化が進んだ:新たに導入したアラディン(Aladdin)プラットフォームへすべてのポートフォリオを移
       管する作業は成功裏に完了し、2020年初までに50のアプリが廃棄される予定である。さらに当部門は、商品群
       および地域の組織や構造を合理化する計画を開始することにより、事業適応の範囲を拡大する予定である。不
       動産サービス部門は、当上半期に活発な営業活動を展開した。ただし、比較対象となる前年同期には、不動産
       開発およびアドバイザリー業務でとりわけ高水準の成果を上げたことから、当上半期は見劣りする。
        ウェルス&アセット・マネジメント部門の営業収益は、当上半期に1,561百万ユーロとなり、前年同期と比
       べて4.2%の減収であった。その背景には、不動産サービス部門で特に高水準であった前年同期との比較で不
       利になったことに加え、2018年度第4四半期の市場急落の影響が当年度第1四半期にも及んだことがあった
       (とりわけ、アセット・マネジメントおよびウェルス・マネジメントの顧客による投資活動が低迷)。営業費
       用は、特にドイツにおけるウェルス・マネジメント業務の開発費用が負担となり、当上半期に1,273百万ユー
       ロで前年同期比1.6%増加した(IFRIC21の影響を除くと1.2%の増加)。以上より、国内市場部門、トルコお
       よび米国からプライベート・バンキング業務の純利益の3分の1を配分された後、ウェルス&アセット・マネ
       ジメント部門の税引前当期純利益は当上半期に310百万ユーロとなり、前年同期比21.1%の減益であった。
       (注1) 分配金を含む。

       ホールセールバンキング事業(CIB)

        ホールセールバンキング事業は、事業改編計画を加速するために、公表済みの対策を以下のように実施し
       た。特に、オペラ・トレーディング・キャピタル(Opera                              Trading     Capital)を通した自己勘定取引から撤退
       すると共に、米国ではコモディティ・デリバティブ業務を停止し、コーポレート・バンキング部門とグローバ
       ル・マーケット部門の共有プラットフォームとして、企業の資金調達業務に携わるキャピタル・マーケット
       (Capital      Markets)を創設し、新たなコスト節減策を実施した。ホールセールバンキング部門は引き続き特
       定の顧客層に的を絞った成長を追求した。その一環として、顧客である運用会社に継続してサービスを提供す
       るために、ホールセールバンキング部門は、必要な技術移転および人事異動も含め、ブローカレッジ業務およ
       び電子取引による執行に関して、ドイツ銀行と仮契約(注1)を結んだことを発表した。
                                  18/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        ホールセールバンキング部門の営業収益は、3つの業務部門(注2)で増収となったことから、前年同期比
       3.8%増加して6,107百万ユーロに上った。
        グローバル・マーケット部門の営業収益は、2,932百万ユーロで前年同期比0.4%減少したが、新設された
       キャピタル・マーケット・プラットフォーム(注3)の影響を除くと、1.4%の増収となる。FICC(注4)業
       務の営業収益は、当上半期に1,828百万ユーロとなり、前年同期比19.2%の増収であった(新設されたキャピ
       タル・マーケット・プラットフォーム(注3)の影響を除くと22.6%の増収)。当上半期はすべてのセグメン
       トで好成績を上げたが、とりわけ為替業務が著しい回復を遂げた。株式およびプライム・サービス業務の営業
       収益は、当上半期に1,103百万ユーロとなり、極めて高水準で推移した前年同期と比べて21.8%の減収であっ
       た。なお、2018年度第4四半期には相場の極端な変動の影響を被ったが、その後、取引が持ち直したものの、
       2019年初は緩慢な回復に過ぎなかった。
        証券管理部門の営業収益は、当上半期に1,112百万ユーロで前年同期比6.0%の増収であった。これにはとり
       わけ、取引の増加、新規マンデートの効果および特定取引からの高収益が寄与した。カストディ業務の受託資
       産および管理資産残高は、2018年6月30日の水準と比べて11.7%の急増を果たした。これにはとりわけ、ジャ
       ナス・ヘンダーソン(Janus               Henderson)からの180十億米ドルに上る資産の移管が、3月末に成功裏に実施さ
       れたことが貢献した。
        コーポレート・バンキング部門の営業収益は、当上半期に2,063百万ユーロに上り、前年同期比9.1%の増収
       であった(新設されたキャピタル・マーケット・プラットフォーム(注3)の影響を除くと6.3%の増収)。
       当上半期の営業収益は、欧州の業務が目覚ましい成果を上げたことに支えられており、またトランザクショ
       ン・バンキング(キャッシュ・マネジメント、トレード・ファイナンス等)が引き続き伸びたことが貢献し
       た。貸出金残高は、当上半期に144十億ユーロに上り、前年同期から7.3%(注5)増加した。また当部門は、
       シンジケート・ローンおよびハイイールド債(注6)における強固な地位を維持した結果、EMEA地域(注7)
       で第1位に輝いた。一方、預金残高は、当上半期に138十億ユーロとなり、前年同期から9.7%(注5)増加し
       た。当部門は、デジタル・サービスの開発で成果を確認し、10,900件を超える法人顧客が当部門のセントリッ
       ク(Centric)プラットフォームを利用しており、1日当たりの接続回数は17,000回を超えている。
        ホールセールバンキング部門の営業費用は、当上半期に4,459百万ユーロとなり、前年同期比2.3%増加し
       た。取引の増加がコスト増要因となった一方で、事業改編計画の費用節減効果(当上半期は120百万ユー
       ロ)、とりわけ共有プラットフォームの強化、デジタル化された取引のエンドツーエンドプロセスの実施、お
       よびオペレーション業務の自動化が影響した。これらを受けて、当上半期に1.5ポイントの正のジョーズ効果
       が生み出された。
        ホールセールバンキング部門の営業総利益は、前年同期比8.0%増加して1,648百万ユーロに上った。
                                  19/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
        ホールセールバンキング部門のリスク費用は、56百万ユーロの低水準に留まったが、前年同期には純額で8
       百万ユーロの引当金戻入益が計上された。これを部門別にみると、コーポレート・バンキング部門のリスク費
       用は55百万ユーロとなり(前年同期は純額で13百万ユーロの引当金戻入益を計上)、グローバル・マーケット
       部門のリスク費用は2百万ユーロとなり(前年同期は9百万ユーロ)、証券管理部門のリスク費用は純額で1
       百万ユーロの引当金戻入益となった(前年同期は純額で4百万ユーロの引当金戻入益を計上)。
        以上から、ホールセールバンキング部門の税引前当期純利益は当上半期に1,572百万ユーロに上り、前年同
       期と比べて1.1%の増益であった。
       (注1) 諸条件を満たしかつ規制当局の承認を得ることを必要とする。

       (注2) キャピタル・マーケット・プラットフォーム設置の影響を除く。
       (注3) グローバル・マーケット部門のFICC業務からコーポレート・バンキング部門へ、53百万ユーロの営業収益を当上
           半期に振替え。
       (注4) フィクスト・インカム、為替およびコモディティ業務部門。
       (注5) 連結範囲の変更および為替レート変動による影響を除いた、期中平均残高。
       (注6) 出典:ディーロジック社、2019年6月(資金調達:金額ベースのブックランナー・ランキング、ハイイールド
           債:営業収益ベースのランキング)。
       (注7) 欧州、中東およびアフリカ。
       コーポレート・センター

        コーポレート・センターの営業収益は90百万ユーロとなった。これに対し、ファースト・ハワイアン・バン
       ク(注1)からの収益貢献(303百万ユーロ)があった前年同期には、営業収益470百万ユーロが計上されてい
       た。
        営業費用は当上半期に837百万ユーロとなり、これに対し前年同期は945百万ユーロであった。当上半期の営
       業費用には、一時項目として、事業改編計画に関わる費用が390百万ユーロ(前年同期は473百万ユーロ)、買
       収に関わる事業再編費用(注2)が                   101  百万  ユーロ(前年同期は13百万ユーロ)、追加的な事業適応策(注
       3)(早期退職制度)に関わる費用が51百万ユーロ(前年同期はゼロ)含まれていた。なお、前年同期の営業
       費用には、ファースト・ハワイアン・バンク(注1)の営業費用が含まれていた(162百万ユーロ)。
        当上半期のリスク費用は、純額で3百万ユーロの引当金戻入益が計上された(前年同期には純額で37百万
       ユーロの引当金繰入額が計上された。なお、前年同期はファースト・ハワイアン・バンクに関わる13百万ユー
       ロの引当金繰入額を含んでいた。)。
        営業外項目は、当上半期に704百万ユーロの利益となった(前年同期は156百万ユーロの利益)。当上半期の
       営業外項目には、一時項目として、インドのSBIライフ株16.8%を売却したことによるキャピタル・ゲインお
       よび残部の5.2%持分を連結の範囲から除外した1,450百万ユーロの影響、ならびにのれんの減損損失としてマ
       イナス818百万ユーロが含まれていた。なお、前年同期の営業外項目には、建物の売却により実現したキャピ
       タル・ゲイン101百万ユーロが含まれていた。
        以上から、コーポレート・センターの税引前当期純利益は当上半期に8百万ユーロとなり、これに対し前年
       同期はマイナス315百万ユーロであった。
                                  20/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
       (注1) ファースト・ハワイアン・バンクによる損益計算書への貢献は、2018年1月1日をスタート日とした遡及的修正
           により、コーポレート・センターへ振替えられている。
       (注2) 特にライフファイゼン・バンク・ポルスカおよびオペル・バンク・エスエーの統合に関わる事業再編費用が影
           響。
       (注3) BNLバンカ・コメルシアーレおよびアセット・マネジメント部門。
       財務構造

        当社グループの貸借対照表は極めて盤石である。
        2019  年1月1日から新たなIFRS第16号「リース」の適用が開始されたが、これによる影響は普通株式等ティ
       ア1比率に対して10ベーシス・ポイントの減少であった。その結果、普通株式等ティア1比率は2019年1月1
       日現在、暫定値で11.7%となった。
        普通株式等ティア1比率は、2019年6月30日現在11.9%となり、2019年1月1日の水準から20ベーシス・ポ
       イント上昇した。これには以下の要因が作用していた。
        - IFRIC21の影響および一時的な営業外項目を除き、かつ配当性向50%を前提とした現金配当を考慮後
          の、当上半期純利益:40ベーシス・ポイント
        - SBIライフ株16.8%の売却によるキャピタル・ゲイン、残る5.2%のSBIライフ株を連結の範囲から除外
          した影響およびのれんの減損処理による正味の影響:20ベーシス・ポイント
        - IFRIC21に基づく税金および拠出金の影響(配当性向50%を考慮後):マイナス10ベーシス・ポイント
        - リスク加重資産の増加(為替の影響を除く。):マイナス30ベーシス・ポイント
          なお、当上半期に予定されていた証券化スケジュールのほとんどは次の四半期以降に延期
        為替の影響を含め、その他の要因が普通株式等ティア1比率に及ぼした影響は限定的であった。
        レバレッジ比率(注1)は2019年6月30日現在で4.1%となった。
        当社グループの即時利用可能な流動性準備金は、330十億ユーロに上った。これは短期ホールセール資金調
       達との関係で、1年超の余裕資金があることを意味する。
       (注1) 2014年10月10日付の欧州委員会(EC)委任法令に基づき算定された比率。

      (B ) 生産、受注及び販売の状況

       上記「(A)      業績等の概要」を参照のこと。
      (C)  財政  状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

       上記「(A)      業績等の概要」、2019年度連結中間財務書類の注7.a「株式資本および1株当たり当期純利益にお
      ける変動」および有価証券報告書の「第3                      2  (6)  流動性リスク」を参照。
                                  21/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     4  【経営上の重要な契約等】
       有価証券報告書における同項目を参照のこと。
     5  【研究開発活動】

       上記「3     (A)  業績等の概要」を参照のこと。
                                  22/182


















                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第4    【設備の状況】

     1  【主要な設備の状況】

       当該半期中において、主要な設備の状況に重要な変更はなかった。
     2  【設備の新設、除却等の計画】

       該当事項なし。
                                  23/182

















                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第5    【提出会社の状況】

     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】(2019年6月30日現在)
       ①  【株式の総数】
          授権株数(株)                発行済株式総数(株)                   未発行株式数(株)

                           2019年6月30日現在
             (注)                                    (注)
                            1,249,798,561株
     (注)   フランス法上、未発行の授権株式という概念はない。しかしながら当社の株主は、一定の額および期間において新株また
       は持分証券を発行する権限を取締役会に与えることができる。
       ②  【発行済株式】

        記名・無記名の別及び                               上場金融商品取引所名又は

                       種類      発行数(株)                          内容
         額面・無額面の別                             登録認可金融商品取引業協会名
                                      上場:パリ
                                      登録:フランクフルト
                                                      議決権に
                             2019年6月30日
                                         SEAQインターナショナル
      記名式または無記名式額面株式
                      普通株式                  MTAインターナショナル             制限のない
                               現在
       (1株の額面金額2ユーロ)
                                         OTCQXインターナショナ
                            1,249,798,561株
                                                       株式
                                         ル・プレミア(米国預託
                                         証券)
      (2)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項なし。
      (3)  【発行済株式総数及び資本金の状況】

                  発行済株式総数(株)                 資本金(ユーロ)

        年月日                                            摘要
                 増減数        残高       増減額         残高
                                        2,499,597,122
     2018年12月31日現在                  1,249,798,561
                                       (295,452百万円)
                      -                -
                                        2,499,597,122
     2019年6月30日現在                  1,249,798,561
                                       (295,452百万円)
                                  24/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      (4)  【大株主の状況】
                                               (2019年6月30日現在)
                                                  発行済株式総数に
                                          所有株式数
            氏名又は名称                   住所                   対する所有株式数
                                        (単位:百万株)
                                                   の割合(%)
                         ベルギー国ブリュッセル市
                         ルイーズ通り32番地46A
                         (Av.   Louise-Louizalaan          32-
      SFPI(注1)                                     96.55(注2)             7.7%
                         46A  bus/bte    ▶ 1050   Brussel-
                         Bruxelles,      Belgium)
                         英国ロンドン市
                         スログモートン通り12番地
      ブラックロック・インク                                     63.22(注3)             5.1%
                         (12   Throgmorton       Avenue,
                         Londres,     EC2N   2DL,   UK)
                         ルクセンブルク国ルーズヴェル
                         ト通り33番地
      ルクセンブルク大公国                                        12.87          1.0%
                         (33,   boulevard     Roosevelt     L-
                         2450   Luxembourg)
      従業員                  該当なし                     51.54          4.1%
       -そのうち企業投資信託(FCPE)(当
        社グループの利益配分制度)(注                                      37.74          3.0%
        4)
       -そのうち直接保有                                        13.80          1.1%
      会社役員                  該当なし                      0.16          n.s.
      自己株式(注5)                  該当なし                      1.30         0.1%
      個人投資家                  該当なし                     45.30          3.6%
      機関投資家                  該当なし                     967.12          77.4%
       -欧州                                       578.01          46.3%
       -欧州以外                                       389.11          31.1%
      その他                  該当なし                     11.74          1.0%
      合計                                      1,249.80           100  %
      (注1) ソシエテ・ドゥ・パルティシパシオン・エ・ダンベスティスモンは、ベルギー国を代理する公益株式会社(                                                     société
          anonyme    )である。
      (注2) 2017年6月6日付AMF文書番号217C1156のSFPIの記載による。
      (注3) 2017年5月9日付AMF文書番号217C0939のブラックロックの記載による。
      (注4) 監事会による決定の後、企業投資信託(FCPE)における利益配分制度の議決権が会長により行使された。
      (注5) トレーディング・デスクが管理している持分を除く。
     2  【株価の推移】

      【当該中間会計期間における月別最高・最低株価】
       以下の表は、パリ市のユーロネクストにおける当社株式の価格幅を示したものである。
                                                  (単位:ユーロ)
         月別      2019年1月        2019年2月        2019年3月        2019年4月        2019年5月        2019年6月
                43.08        45.06        45.11        48.99        48.26        42.23
         最高
               (5,092円)        (5,326円)        (5,332円)        (5,791円)        (5,704円)        (4,992円)
                38.86        39.85        41.43        43.48        40.88        40.46
         最低
               (4,593円)        (4,710円)        (4,897円)        (5,139円)        (4,832円)        (4,782円)
                                  25/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     3  【役員の状況】
        2018年12月31日に終了した事業年度の有価証券報告書の提出日後、取締役、監査役および政策決定または業
       務執行に係る役員の男女別人数ならびに取締役、監査役および政策決定または業務執行に係る役員に占める女
       性の比率に変更はなかった。
      (1)  取締役

        直近の定時株主総会が行われた2019年5月23日以降、取締役の異動はなかった。
      (2)  業務執行委員会

        2019年2月5日に行われた業務執行委員会の構成員の変更以降、業務執行委員会の構成員の異動はなかっ
       た。
                                  26/182
















                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     第6    【経理の状況】

     ( イ)    本書記載のBNPパリバ・グループ(以下「当社グループ」という。)の中間連結財務書類は、欧州連合(以

       下「EU」という。)が採用する国際財務報告基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成されている。
        当社グループが本書記載の当社グループの中間連結財務書類の作成のために採用している会計基準、会計手
       続および表示方法と日本において一般に公正妥当と認められている企業会計の基準、会計手続および表示方法
       との間の主な相違点に関しては、「3.フランスと日本における会計原則及び会計慣行の相違」に記載されて
       いる。本書記載の当社グループの中間連結財務書類は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する
       規則」(昭和52年大蔵省令第38号。以下「中間財務諸表等規則」という。)第76条第1項の規定の適用を受け
       ている。
     ( ロ)    当社グループの中間連結財務書類については、フランスの独立監査人による監査は受けておらず、レビュー

       を受けている。
     ( ハ)    本書記載の当社グループの中間連結財務書類は、当社グループが作成した原文の中間連結財務書類を邦文に

       翻訳したものである。
     ( ニ)    原文の中間連結財務書類はユーロで表示されている。邦文の中間連結財務書類において「円」で表示されて

       いる金額は、「中間財務諸表等規則」第79条の規定に基づき、主要な計数について、2019年8月23日現在の東
       京外国為替市場における対顧客電信直物相場仲値、1ユーロ=118.20円の換算レートで換算したものであり、
       百万円単位(四捨五入)で表示されている。                       日本円に換算された金額は、四捨五入のため合計欄の数値が総数
       と一致しない場合がある。
     ( ホ)    円換算額および「3.フランスと日本における会計原則及び会計慣行の相違」は、当社グループの原文の中

       間連結財務書類には含まれていない。
                                  27/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     1  【中間財務書類】

     欧州連合が採用したIFRSに準拠して作成されている。
     BNP  パリバ・グループの連結財務諸表は、2019年度および2018年度上半期について表示されている。欧州委員会(以下「EC」と
     いう。)規則809/2004の付属書類Ⅰ第20.1条に従い、2017年度上半期の連結財務諸表は、2018年3月6日にフランス証券規制当
     局(Autorité      des  marchés    financiers)に提出された登録書類D.18-0104号に記載されている。
     損益計算書

                                  2019  年度上半期            2018  年度上半期
                                  ( 6月30日終了)             ( 6月30日終了)
                            注記
                                百万ユーロ        百万円      百万ユーロ        百万円
     受取利息                       3.a      19,167     2,265,539        17,948     2,121,454

     支払利息                       3.a      (8,669)     (1,024,676)         (7,495)      (885,909)
     受取手数料                       3.b      6,334      748,679        6,502      768,536
     支払手数料                       3.b      (1,865)      (220,443)        (1,842)      (217,724)
     純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に
                            3.c      3,690      436,158        3,545      419,019
     係る純利益
     資本を通じて公正価値で測定する金融商品に
                            3.d       218     25,768        170     20,094
     係る純利益
     償却原価で測定する金融資産の認識中止に係る
                                     2      236       14     1,655
     純利益
     保険業務収益(純額)                       3.e      2,318      273,988        2,133      252,121
     その他の業務収益                       3.f      6,675      788,985        6,612      781,538
     その他の業務費用                       3.f      (5,502)      (650,336)        (5,583)      (659,911)
     営業収益                             22,368     2,643,898        22,004     2,600,873
     給与および従業員給付費用                             (8,667)     (1,024,439)         (8,385)      (991,107)
     その他の営業費用                       3.g      (5,973)      (706,009)        (6,434)      (760,499)
     有形固定資産・無形資産に係る減価償却費、
                                  (1,244)      (147,041)         (809)     (95,624)
     償却費および減損
     営業総利益                             6,484      766,409        6,376      753,643
     リスク費用                       3.h      (1,390)      (164,298)        (1,182)      (139,712)
     営業利益                             5,094      602,111        5,194      613,931
     持分法適用会社投資損益                              314     37,115        294     34,751
     長期性資産に係る純利益                             1,471      173,872         206     24,349
     のれん                       5.l       (819)     (96,806)         15     1,773
     税引前当期純利益                             6,060      716,292        5,709      674,804
     法人税                       3 .i     (1,462)      (172,808)        (1,476)      (174,463)
     当期純利益                             4,598      543,484        4,233      500,341
     少数株主帰属当期純利益                              212     25,058        273     32,269
     親会社株主帰属当期純利益                             4,386      518,425        3,960      468,072
     基本的1株当たり当期純利益                       7.a    3.35ユーロ         396円    3.02ユーロ         357円

     希薄化後1株当たり当期純利益                       7.a    3.35ユーロ         396円    3.02ユーロ         357円
                                  28/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     当期純利益および資本に直接認識される資産および負債の変動計算書
                                  2019  年度上半期            2018  年度上半期
                                  ( 6月30日終了)             ( 6月30日終了)
                                百万ユーロ        百万円      百万ユーロ        百万円
     当期純利益                             4,598      543,484        4,233      500,341

     資本に直接認識される資産および負債の変動                             1,003      118,555        (753)     (89,005)
     純損益へ再分類されるか、される可能性のある
                                   1,110      131,202        (959)     (113,354)
     項目
      為替差額の変動                             142     16,784        (156)     (18,439)
      資本を通じて公正価値で測定する金融資産の
      公正価値の変動
       資本に認識される公正価値の変動                            231     27,304        (315)     (37,233)
       当期純利益に報告される公正価値の変動                            (132)     (15,602)         (99)     (11,702)
      保険業務に係る投資の公正価値の変動
       資本に認識される公正価値の変動                            753     89,005        (253)     (29,905)
       当期純利益に報告される公正価値の変動                            (50)     (5,910)        (60)     (7,092)
      ヘッジ手段の公正価値の変動
       資本に認識される公正価値の変動                            492     58,154        (413)     (48,817)
       当期純利益に報告される公正価値の変動                            (125)     (14,775)         (1)      (118)
      法人税                             (359)     (42,434)         296     34,987
      持分法投資の変動                             158     18,676         42     4,964
     純損益へ再分類されない項目                              (107)     (12,647)         206     24,349
      資本を通じて公正価値で測定するものとして
                                    146     17,257        (16)     (1,891)
      指定した資本性金融商品の公正価値の変動
      BNP  パリバ・グループの発行体リスクに起因
                                    28     3,310        141     16,666
      する負債再評価の影響
      退職後給付制度の再評価に関連する利益(損
                                   (303)     (35,815)         177     20,921
      失)
      法人税                              43     5,083        (97)     (11,465)
      持分法投資の変動                             (21)     (2,482)         1      118
     合計                             5,601      662,038        3,480      411,336
      親会社株主帰属                            5,386      636,625        3,192      377,294
      少数株主帰属                             215     25,413        288     34,042
                                  29/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     貸借対照表
                                 2019  年6月30日現在            2018  年12月31日現在
                            注記
                                百万ユーロ        百万円      百万ユーロ        百万円
     資産
      現金および中央銀行預け金                           178,729     21,125,768        185,119     21,881,066
      純損益を通じて公正価値で測定する金融商品
                            5.a
       有価証券                          197,965     23,399,463        121,954     14,414,963
                            5.a
       貸出金および売戻契約                          316,675     37,430,985        183,716     21,715,231
                            5.a
       デリバティブ金融商品                          256,250     30,288,750        232,895     27,528,189
      ヘッジ目的デリバティブ                            15,037     1,777,373         9,810     1,159,542
      資本を通じて公正価値で測定する金融資産
                            5.b
       負債証券                           53,202     6,288,476        53,838     6,363,652
                            5.b
       持分証券                           2,303      272,215        2,151      254,248
      償却原価で測定する金融資産
       金融機関貸出金および債権                     5.d      40,015     4,729,773        19,556     2,311,519
                            5.d
       顧客貸出金および債権                          793,960     93,846,072        765,871     90,525,952
                            5.d
       負債証券                           90,264     10,669,205         75,073     8,873,629
      金利リスクヘッジポートフォリオの再測定に
                                   4,919      581,426        2,787      329,423
      よる調整
                            5.g
      保険業務に係る金融投資                           250,595     29,620,329        232,308     27,458,806
                            5.i
      当期および繰延税金資産                            6,853      810,025        7,220      853,404
                            5.j
      未収収益およびその他の資産                           117,876     13,932,943        103,346     12,215,497
      持分法投資                            5,784      683,669        5,772      682,250
      有形固定資産および投資不動産                            30,811     3,641,860        26,652     3,150,266
      無形資産                            3,688      435,922        3,783      447,151
                            5.l
      のれん                            7,694      909,431        8,487     1,003,163
      売却目的で保有する長期性資産                                           498     58,864
     資産合計                           2,372,620      280,443,684        2,040,836      241,226,815
                                  30/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                                 2019  年6月30日現在            2018  年12月31日現在
                            注記
                                百万ユーロ        百万円      百万ユーロ        百万円
     負債
      中央銀行からの預り金                            9,090     1,074,438         1,354      160,043
      純損益を通じて公正価値で測定する金融商品
                            5.a
       有価証券                          100,405     11,867,871         75,189     8,887,340
                            5.a
       借入金および買戻契約                          348,039     41,138,210        204,039     24,117,410
                            5.a
       発行済負債証券                           61,783     7,302,751        54,908     6,490,126
                            5.a
       デリバティブ金融商品                          250,477     29,606,381        225,804     26,690,033
      ヘッジ目的デリバティブ                            16,120     1,905,384        11,677     1,380,221
      償却原価で測定する金融負債
                            5.e
       金融機関預金                          108,274     12,797,987         78,915     9,327,753
                            5.e
       顧客預金                          833,265     98,491,923        796,548     94,151,974
                            5.f
       負債証券                          168,303     19,893,415        151,451     17,901,508
       劣後債                     5.f      18,718     2,212,468        17,627     2,083,511
      金利リスクヘッジポートフォリオの再測定に
                                   5,190      613,458        2,470      291,954
      よる調整
                            5.i
      当期および繰延税金負債                            2,430      287,226        2,255      266,541
                            5.j
      未払費用およびその他の負債                           102,210     12,081,222         89,562     10,586,228
                            5.h
      責任準備金およびその他の保険負債                           229,800     27,162,360        213,691     25,258,276
                            5.m
      偶発債務等引当金                            10,034     1,186,019         9,620     1,137,084
     負債合計                           2,264,138      267,621,112        1,935,110      228,730,002
     連結資本

       資本金、払込剰余金、および利益剰余金                           98,232     11,611,022         93,431     11,043,544
                                   4,386      518,425        7,526      889,573
       親会社株主帰属当期純利益
      資本金、利益剰余金、および親会社株主帰属
                                  102,618     12,129,448        100,957     11,933,117
      当期純利益合計
                                   1,517      179,309         510     60,282
      資本に直接認識される資産および負債の変動
      親会社株主資本
                                  104,135     12,308,757        101,467     11,993,399
                            7.d
      少数株主持分                            4,347      513,815        4,259      503,414
     資本合計                            108,482     12,822,572        105,726     12,496,813
     負債および資本合計                           2,372,620      280,443,684        2,040,836      241,226,815
                                  31/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     キャッシュ・フロー計算書
                                   2019  年度上半期           2018  年度上半期
                                   ( 6月30日終了)             ( 6月30日終了)
                             注記
                                百万ユーロ        百万円      百万ユーロ        百万円
                                   6,060      716,292       5,709      674,804
     税引前当期純利益
     税引前当期純利益およびその他の調整に含まれる
                                   5,895      696,789       7,303      863,215
     非貨幣性項目
     有形固定資産・無形資産に係る減価償却費および
                                   3,021      357,082       2,554      301,883
     償却費(純額)
     のれんおよびその他の長期性資産の減損                               794      93,851        (25)     (2,955)
     引当金繰入額(純額)                              6,015      710,973       6,369      752,816
     持分法適用会社投資損益                              (314)      (37,115)        (294)     (34,751)
     投資活動からの純(利益)                             (1,487)      (175,763)        (475)     (56,145)
     財務活動からの純費用(利益)                              (915)     (108,153)         64     7,565
     その他の変動                             (1,219)      (144,086)        (890)     (105,198)
     営業活動から生じた資産および負債関連の現金
                                  (36,793)      (4,348,933)        11,775     1,391,805
     正味増加(減少)
     顧客および金融機関との取引関連の現金正味増加
                                  24,052      2,842,946        39,095     4,621,029
     その他の金融資産および負債を伴う取引関連の
                                  (56,383)      (6,664,471)        (24,164)     (2,856,185)
     現金正味減少
     非金融資産および負債を伴う取引関連の現金正味
                                  (3,776)      (446,323)       (2,435)      (287,817)
     減少
     法人税支払額                              (686)      (81,085)        (721)     (85,222)
     営業活動から生じた現金および現金同等物の正味
                                  (24,838)      (2,935,852)        24,787     2,929,823
     増加(減少)
     連結事業体の取得および売却関連の現金正味増加                              1,574      186,047        607     71,747
     有形固定資産・無形資産関連の正味減少                              (708)      (83,686)        (541)     (63,946)
     投資活動関連の現金および現金同等物の正味増加                               866     102,361         66     7,801
     株主との取引関連の現金および現金同等物の減少                             (2,853)      (337,225)       (4,044)      (478,001)
     その他の財務活動から生じた現金および現金
                                  12,784      1,511,069        7,553      892,765
     同等物の増加
     財務活動関連の現金および現金同等物の正味増加                              9,931     1,173,844        3,509      414,764
     現金および現金同等物に対する為替レートの変動
                                    601      71,038       1,395      164,889
     による影響額
     売却目的で保有する長期性資産からの非貨幣性の
                                     -       -     (724)     (85,577)
     影響
     現金および現金同等物の正味増加(減少)                             (13,440)      (1,588,608)        29,033     3,431,701
                                  182,523      21,574,219        175,061     20,692,210
     現金および現金同等物-期首
     現金および中央銀行預け金
                                  185,134      21,882,839        178,446     21,092,317
     中央銀行預金                             (1,354)      (160,043)       (1,471)      (173,872)
     金融機関への要求払預金                              8,813     1,041,697        8,063      953,047
     金融機関からの要求払預金                        5.e    (10,571)      (1,249,492)        (9,906)     (1,170,889)
     債権ならびに現金および現金同等物に係る未収
                                    501      59,218        (71)     (8,392)
     利息の減少
                                  169,083      19,985,611        204,094     24,123,911
     現金および現金同等物-期末
     現金および中央銀行預け金
                                  178,747      21,127,895        211,455     24,993,981
     中央銀行預金                             (9,090)     (1,074,438)        (5,948)      (703,054)
     金融機関への要求払預金                              9,131     1,079,284        9,451     1,117,108
     金融機関からの要求払預金                        5.e     (9,908)     (1,171,126)        (10,828)     (1,279,870)
     債権ならびに現金および現金同等物に係る未収
                                    203      23,995        (36)     (4,255)
     利息の減少
     現金および現金同等物の正味増加(減少)                             (13,440)      (1,588,608)        29,033     3,431,701
                                  32/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                                        資本に直接認識され、純損益へ再分類されない
                      資本金および利益剰余金
                                            資産および負債の変動
                                           純損益を通じて
                                           公正価値で測定
                                      資本を通じて
                                                退職後給付制
                                           するものとして
                 資本金
                                      公正価値で測
                       永久    未処分の                     度の再評価に
                                           指定した負債証
                                      定するものと
                 および                 合計                      合計
                                           券を対象に自己
                                                関連する利益
                      最劣後債      準備金
                                      して指定した
                払込剰余金
                                           の信用リスクを
                                                  (損失)
                                           反映するために
                                      金融資産
                                            実施する調整
                百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ      百万ユーロ      百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ      百万ユーロ
     2018  年1月1日現在の
                  27,051      8,172     62,416      97,639       561     (323)       68      306
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                      (3,772)      (3,772)                         -
      増資および株式発行              49                49                       -
      自己株式の変動             (36)      (5)     (126)      (167)                        -
      株式報酬制度                         2      2                      -
      優先株式および永久最劣後
                             (134)      (134)                        -
      債に係る配当
      少数株主持分に係る内部取
                               6      6                      -
      引の影響額(注7.d)
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                               -                      -
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                              127      127                 9      9
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                              (7)      (7)                       -
      対する債務額の変動
      その他の変動                         (1)      (1)                       -
      資本に直接認識される
                                    -     (33)      90     129      186
      資産および負債の変動
     2018  年度上半期純利益                       3,960      3,960                        -
      中間配当金支払額                               -                      -
     2018  年6月30日現在の
                  27,064      8,167     62,471      97,702       528     (233)      206      501
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                              -                      -
      増資および株式発行                   660      (2)     658                       -
      減資または資本償還                  (600)           (600)                        -
      自己株式の変動             (28)      3     (16)      (41)                       -
      株式報酬制度                               -                      -
      優先株式および永久
                             (222)      (222)                        -
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                        (37)      (37)                 37      37
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                              (56)      (56)                       -
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                               1      1                      -
      対する債務額の変動
      その他の変動                         (7)      (7)                       -
      資本に直接認識される
                                    -    (125)      44     (33)      (114)
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                              (7)      (7)           7            7
      される実現損益
     2018  年度下半期純利益                       3,566      3,566                        -
      中間配当金支払額                               -                      -
     2018  年12月31日現在の
                  27,036      8,230     65,691     100,957       403     (182)      210      431
     資本金および利益剰余金
     IFRS  第16号の初度適用の
                             (141)      (141)                        -
     影響(注2)
                                  33/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き)-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                  資本に直接認識され、純損益へ再分類される可能性のある
                         資産および負債の変動
                                                 少数株主
                                           株主資本            資本
                     資本を通じ
                                                  持分
                           保険業務に     ヘッジ目的
                                            合計           合計
                     て公正価値
                                                 (注7.d)
                            係る     デリバ
                 為替差額                      合計
                     で測定する
                           金融投資      ティブ
                      金融資産
                百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ      百万ユーロ      百万ユーロ      百万ユーロ
     2018  年1月1日現在の
                  (2,192)       589    1,947     1,137      1,481     99,426      5,126     104,552
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                                   -    (3,772)       (151)     (3,923)
      増資および株式発行                                    -     49      ▶     53
      自己株式の変動                                    -    (167)            (167)
      株式報酬制度                                    -      2      2      ▶
      優先株式および永久最劣
                                         -    (134)       (1)     (135)
      後債に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                                         -      6     (6)      -
      取引の影響額(注7.d)
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                                    -      -     19      19
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                   (29)      10                (19)      117      304      421
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                                         -     (7)     (27)      (34)
      対する債務額の変動
      その他の変動                                    -     (1)      1      -
      資本に直接認識される
                   (209)     (273)     (163)     (309)      (954)      (768)       15     (753)
      資産および負債の変動
     2018  年度上半期純利益                                   -    3,960       273     4,233
      中間配当金支払額                                    -      -     (25)      (25)
     2018  年6月30日現在の
                  (2,430)       326    1,784      828      508    98,711      5,534     104,245
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                                   -      -     (9)      (9)
      増資および株式発行                                    -     658            658
      減資または資本償還                                    -    (600)            (600)
      自己株式の変動                                    -     (41)            (41)
      株式報酬制度                                    -      -     (2)      (2)
      優先株式および永久
                                         -    (222)       (1)     (223)
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                                    -      -    (1,318)      (1,318)
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                                         -     (56)       3     (53)
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                                         -      1    (138)      (137)
      対する債務額の変動
      その他の変動                                    -     (7)      10      3
      資本に直接認識される
                   (43)     (125)     (255)      (6)     (429)      (543)      (19)     (562)
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                                         -      -            -
      される実現損益
     2018  年度下半期純利益                                   -    3,566       206     3,772
      中間配当金支払額                                    -      -     (7)      (7)
     2018  年12月31日現在の
                  (2,473)       201    1,529      822      79    101,467       4,259     105,726
     資本金および利益剰余金
     IFRS  第16号の初度適用の
                                         -    (141)       (5)     (146)
     影響(注2)
                                  34/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き)-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                                       資本に直接認識され、純損益へ再分類されない
                      資本金および利益剰余金
                                            資産および負債の変動
                                           純損益を通じて
                                      資本を通じ
                                           公正価値で測定
                                      て公正価値          退職後給付制
                                           するものとして
                 資本金
                       永久    未処分の           で測定する          度の再評価に
                                           指定した負債証
                 および                 合計                      合計
                                           券を対象に自己
                                      ものとして          関連する利益
                      最劣後債      準備金
                払込剰余金
                                           の信用リスクを
                                      指定した
                                                 (損失)
                                           反映するために
                                      金融資産
                                           実施する調整
                百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ      百万ユーロ      百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ      百万ユーロ
     2019  年1月1日現在の
                  27,036      8,230     65,550     100,816       403     (182)      210      431
     資本金および利益剰余金
     2018  年度利益処分                      (3,772)      (3,772)                        -
      増資および株式発行                  1,326       (1)    1,325                        -
      減資または資本償還                              -                      -
      自己株式の変動              19     (18)      51      52                       -
      株式報酬制度                              -                      -
      優先株式および永久
                             (163)      (163)                        -
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                              (1)      (1)                       -
      取引の影響額(注7.d)
      追加持分の取得または
                              2      2                      -
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                              (10)      (10)                       -
      対する債務額の変動
      その他の変動                        (10)      (10)                       -
      資本に直接認識される
                                    -     140      20     (263)      (103)
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                              (7)      (7)           7            7
      される実現損益
     2019  年度上半期純利益                      4,386      4,386                        -
     2019  年6月30日現在の
                  27,055      9,538     66,025     102,618       543     (155)      (53)      335
     資本金および利益剰余金
                                  35/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き)-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                  資本に直接認識され、純損益へ再分類される可能性のある
                         資産および負債の変動
                                                 少数株主
                                           株主資本            資本
                     資本を通じ
                                                  持分
                           保険業務に     ヘッジ目的
                                            合計           合計
                     て公正価値
                                                 (注7.d)
                            係る     デリバ
                 為替差額                      合計
                     で測定する
                           金融投資      ティブ
                      金融資産
                百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ     百万ユーロ      百万ユーロ      百万ユーロ      百万ユーロ
     2019  年1月1日現在の
                  (2,473)       201    1,529      822      79   101,326       4,254     105,580
     資本金および利益剰余金
     2018  年度利益処分                                   -   (3,772)       (216)     (3,988)
      増資および株式発行                                   -    1,325            1,325
      減資または資本償還                                   -      -            -
      自己株式の変動                                   -     52            52
      株式報酬制度                                   -      -            -
      優先株式および永久
                                         -    (163)       (1)     (164)
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                                         -     (1)      1      -
      取引の影響額(注7.d)
      追加持分の取得または
                                         -      2     (3)      (1)
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                                         -     (10)      96      86
      対する債務額の変動
      その他の変動                                   -     (10)       1     (9)
      資本に直接認識される
                   191      47     652     213     1,103      1,000       3    1,003
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                                         -      -            -
      される実現損益
     2019  年度上半期純利益                                   -    4,386       212     4,598
     2019  年6月30日現在の
                  (2,282)       248    2,181     1,035     1,182     104,135       4,347     108,482
     資本金および利益剰余金
                                  36/182












                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き)-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                                       資本に直接認識され、純損益へ再分類されない
                      資本金および利益剰余金
                                            資産および負債の変動
                                           純損益を通じて
                                      資本を通じ
                                           公正価値で測定
                                      て公正価値          退職後給付制
                                           するものとして
                 資本金
                       永久    未処分の           で測定する          度の再評価に
                                           指定した負債証
                 および                 合計                      合計
                                           券を対象に自己
                                      ものとして          関連する利益
                      最劣後債      準備金
                払込剰余金
                                           の信用リスクを
                                      指定した
                                                 (損失)
                                           反映するために
                                      金融資産
                                           実施する調整
                 百万円     百万円     百万円      百万円      百万円     百万円     百万円      百万円
     2018  年1月1日現在の
                3,197,428      965,930     7,377,571     11,540,930       66,310     (38,179)      8,038     36,169
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                     (445,850)      (445,850)                         -
      増資および株式発行            5,792                5,792                        -
      自己株式の変動            (4,255)      (591)    (14,893)      (19,739)                         -
      株式報酬制度                        236      236                       -
      優先株式および永久最劣
                            (15,839)      (15,839)                         -
      後債に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                              709      709                       -
      取引の影響額(注7.d)
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                              -                      -
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                            15,011      15,011                 1,064      1,064
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                             (827)      (827)                        -
      対する債務額の変動
      その他の変動                       (118)      (118)                        -
      資本に直接認識される
                                    -   (3,901)     10,638      15,248      21,985
      資産および負債の変動
     2018  年度上半期純利益                     468,072      468,072                         -
      中間配当金支払額                              -                      -
     2018  年6月30日現在の
                3,198,965      965,339     7,384,072     11,548,376       62,410     (27,541)      24,349      59,218
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                              -                      -
      増資および株式発行                 78,012      (236)     77,776                        -
      減資または資本償還                 (70,920)           (70,920)                         -
      自己株式の変動            (3,310)       355    (1,891)      (4,846)                        -
      株式報酬制度                              -                      -
      優先株式および永久
                            (26,240)      (26,240)                         -
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                       (4,373)      (4,373)                 4,373      4,373
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                            (6,619)      (6,619)                        -
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                              118      118                       -
      対する債務額の変動
      その他の変動                       (827)      (827)                        -
      資本に直接認識される
                                    -   (14,775)      5,201     (3,901)     (13,475)
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                             (827)      (827)           827            827
      される実現損益
     2018  年度下半期純利益                     421,501      421,501                         -
      中間配当金支払額                              -                      -
     2018  年12月31日現在の
                3,195,655      972,786     7,764,676     11,933,117       47,635     (21,512)      24,822      50,944
     資本金および利益剰余金
     IFRS  第16号の初度適用の
                            (16,666)      (16,666)                         -
     影響(注2)
                                  37/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き)-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                  資本に直接認識され、純損益へ再分類される可能性のある
                         資産および負債の変動
                                                 少数株主
                                           株主資本            資本
                     資本を通じ
                                                  持分
                           保険業務に     ヘッジ目的
                                            合計           合計
                     て公正価値
                                                 (注7.d)
                            係る     デリバ
                 為替差額                      合計
                     で測定する
                           金融投資      ティブ
                      金融資産
                 百万円     百万円     百万円     百万円     百万円      百万円      百万円      百万円
     2018  年1月1日現在の
                 (259,094)      69,620     230,135     134,393     175,054    11,752,153       605,893     12,358,046
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                                   -   (445,850)      (17,848)     (463,699)
      増資および株式発行                                   -    5,792       473     6,265
      自己株式の変動                                   -   (19,739)            (19,739)
      株式報酬制度                                   -     236      236      473
      優先株式および永久最劣
                                         -   (15,839)       (118)     (15,957)
      後債に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                                         -     709     (709)       -
      取引の影響額(注7.d)
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                                   -      -    2,246      2,246
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                  (3,428)      1,182                (2,246)      13,829      35,933      49,762
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                                         -    (827)     (3,191)      (4,019)
      対する債務額の変動
      その他の変動                                   -    (118)      118       -
      資本に直接認識される
                 (24,704)     (32,269)     (19,267)     (36,524)     (112,763)      (90,778)       1,773     (89,005)
      資産および負債の変動
     2018  年度上半期純利益                                   -   468,072      32,269     500,341
      中間配当金支払額                                   -      -    (2,955)      (2,955)
     2018  年6月30日現在の
                 (287,226)      38,533     210,869      97,870     60,046    11,667,640       654,119     12,321,759
     資本金および利益剰余金
     2017  年度利益処分                                   -      -    (1,064)      (1,064)
      増資および株式発行                                   -    77,776            77,776
      減資または資本償還                                   -   (70,920)            (70,920)
      自己株式の変動                                   -   (4,846)            (4,846)
      株式報酬制度                                   -      -    (236)      (236)
      優先株式および永久
                                         -   (26,240)       (118)     (26,359)
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に影響を
      及ぼす連結範囲の変更                                   -      -   (155,788)      (155,788)
      (注7.d)
      追加持分の取得または
                                         -   (6,619)       355     (6,265)
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                                         -     118    (16,312)      (16,193)
      対する債務額の変動
      その他の変動                                   -    (827)     1,182       355
      資本に直接認識される
                  (5,083)     (14,775)     (30,141)       (709)    (50,708)      (64,183)      (2,246)     (66,428)
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                                         -      -            -
      される実現損益
     2018  年度下半期純利益                                   -   421,501      24,349     445,850
      中間配当金支払額                                   -      -    (827)      (827)
     2018  年12月31日現在の
                 (292,309)      23,758     180,728      97,160      9,338   11,993,399       503,414     12,496,813
     資本金および利益剰余金
     IFRS  第16号の初度適用の
                                         -   (16,666)       (591)     (17,257)
     影響(注2)
                                  38/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                                       資本に直接認識され、純損益へ再分類されない
                      資本金および利益剰余金
                                            資産および負債の変動
                                           純損益を通じて
                                      資本を通じ
                                           公正価値で測定
                                      て公正価値          退職後給付制
                                           するものとして
                 資本金
                       永久    未処分の           で測定する          度の再評価に
                                           指定した負債証
                 および                 合計                      合計
                                           券を対象に自己
                                      ものとして          関連する利益
                      最劣後債      準備金
                払込剰余金
                                           の信用リスクを
                                      指定した
                                                 (損失)
                                           反映するために
                                      金融資産
                                           実施する調整
                 百万円     百万円     百万円      百万円      百万円     百万円     百万円      百万円
     2019  年1月1日現在の
                3,195,655      972,786     7,748,010     11,916,451       47,635     (21,512)      24,822      50,944
     資本金および利益剰余金
     2018  年度利益処分                     (445,850)      (445,850)                         -
      増資および株式発行                 156,733       (118)    156,615                         -
      減資または資本償還                              -                      -
      自己株式の変動            2,246     (2,128)      6,028      6,146                        -
      株式報酬制度                              -                      -
      優先株式および永久
                            (19,267)      (19,267)                         -
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                             (118)      (118)                        -
      取引の影響額(注7.d)
      追加持分の取得または
                              236      236                       -
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                            (1,182)      (1,182)                        -
      対する債務額の変動
      その他の変動                       (1,182)      (1,182)                        -
      資本に直接認識される
                                    -   16,548      2,364     (31,087)      (12,175)
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                             (827)      (827)           827            827
      される実現損益
     2019  年度上半期純利益                     518,425      518,425                         -
     2019  年6月30日現在の
                3,197,901     1,127,392     7,804,155     12,129,448       64,183     (18,321)      (6,265)      39,597
     資本金および利益剰余金
                                  39/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     株主資本変動計算書(続き-2018年1月1日から2019年6月30日まで
                  資本に直接認識され、純損益へ再分類される可能性のある
                         資産および負債の変動
                                                 少数株主
                                           株主資本            資本
                     資本を通じ
                                                  持分
                           保険業務に     ヘッジ目的
                                            合計           合計
                     て公正価値
                                                 (注7.d)
                            係る     デリバ
                 為替差額                      合計
                     で測定する
                           金融投資      ティブ
                      金融資産
                 百万円     百万円     百万円     百万円     百万円      百万円      百万円      百万円
     2019  年1月1日現在の
                 (292,309)      23,758     180,728      97,160      9,338    11,976,733       502,823     12,479,556
     資本金および利益剰余金
     2018  年度利益処分                                   -   (445,850)      (25,531)     (471,382)
      増資および株式発行                                    -   156,615            156,615
      減資または資本償還                                    -      -            -
      自己株式の変動                                    -    6,146            6,146
      株式報酬制度                                    -      -            -
      優先株式および永久
                                         -   (19,267)       (118)     (19,385)
      最劣後債   に係る配当
      少数株主持分に係る内部
                                         -    (118)      118       -
      取引の影響額(注7.d)
      追加持分の取得または
                                         -     236     (355)      (118)
      持分の一部売却(注7.d)
      少数株主持分の買戻に
                                         -    (1,182)      11,347      10,165
      対する債務額の変動
      その他の変動                                    -    (1,182)       118     (1,064)
      資本に直接認識される
                  22,576      5,555     77,066     25,177     130,375      118,200       355    118,555
      資産および負債の変動
      利益剰余金に再分類
                                         -      -            -
      される実現損益
     2019  年度上半期純利益                                   -   518,425      25,058     543,484
     2019  年6月30日現在の
                 (269,732)      29,314     257,794     122,337      139,712    12,308,757       513,815     12,822,572
     資本金および利益剰余金
     次へ

                                  40/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     欧州連合が採用した国際財務報告基準に準拠して作成された財務諸表に対する注記

     注1. 当社グループが適用している重要な会計方針の要約
     注1.a 会計基準
     注1.a.1 適用される会計基準
      BNPパリバ・グループの連結財務諸表は、欧州連合における適用を目的に採択された国際会計基準(国際財務報告
                    (1)
     基準、以下「IFRS」という。)                 に準拠して作成されている。従って、IAS第39号のヘッジ会計に関する一部規定
     は適用されておらず、最近公表されたいくつかの基準等は、承認プロセスが未了である。
      この要約中間連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に従って作成されている。
     (1)

      欧州連合で適用するにあたって採択されたすべての基準は、欧州委員会のウェブサイト
      https://ec.europa.eu/info/business-economy-euro/company-reporting-and-auditing/company-reporting_enで閲覧する
      ことができる。
      2019年1月1日以降、当社グループは、欧州連合が2017年10月31日に採択したIFRS第16号「リース」を適用して

     いる。
      IFRS第16号「リース」は、IAS第17号「リース」およびリース契約の会計処理に関する解釈指針に置き換わるも
     のである。新基準では、資産の識別という概念と、借手が識別された資産の使用権を支配するという概念の両方を
     基礎とする、借手側のリース契約に適用される新しい会計原則を定めている。
      このため新基準では、すべてのリース契約について、使用権(固定資産に表示されているリース資産に係る使用
     権)資産と、リース負債(リース期間中に支払うことになっているリース料およびその他金銭の総額)を借手の貸借
     対照表に認識するよう求めている。使用権資産は定額法で償却され、リース負債は数理計算によりリース期間にわ
     たって償却される。当該新基準によって生じる主な変更は、IAS第17号においてオペレーティング・リースの定義
     を満たし、そのため貸借対照表上のリース資産としての認識が不要とされていた契約に関するものである。
      損益計算書への主な影響には、適用前には営業費用として定額法で会計処理されていたリース費用がリース負債
     に関する支払利息として銀行業務収益(純額)に追加で認識されるという点や、使用権資産に関する償却費が追加で
     認識されるという点がある。
      当社グループが借手として適用する会計原則の詳細は、注1.h.2に表示されている。新基準の初度適用がもた
     らす影響の詳細は、注2に表示されている。
      貸手に関しては、IFRS第16号においても、IAS第17号に基づく処理と概ね同じ会計処理を求めているため、影響
     は限定的である。
      2018年1月1日以降、当社グループは、IFRS第9号の改訂である「負の補償を伴う期限前償還要素」を早期適用
     している。
      2019年1月1日付で義務付けられている他の基準、改訂および解釈指針の適用は、2019年6月30日現在の要約中
     間財務諸表に影響を及ぼさなかった。
      当社グループは、欧州連合が採択した新基準、改訂および解釈指針のうち、2019年度における適用が任意のもの
     については早期適用しなかった。
                                  41/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注1.a.2 公表済み未適用の主な新会計基準
      2017年5月に公表されたIFRS第17号「保険契約」は、IFRS第4号「保険契約」に置き換わる基準で、欧州での適
                                                       (2)
     用に向けた欧州連合による採択後、2021年1月1日以降に始まる年次報告期間より強制適用される                                                    。
      新基準の分析作業と、新基準がもたらす影響の特定作業は現在も続いている。
     (2)

       2019年6月26日に、IASBは、特に、IFRS第17号の強制初度適用を2022年1月1日まで延期することを含む、「IFRS第17号の
      改訂」に関する公開草案を公開した。
     注1.b 連結

     注 1.b.1      連結の範囲
      BNPパリバの連結財務諸表には、当社グループが単独でおよび共同で支配している企業や重要な影響力を行使し
     ている企業が含まれるが、連結に含めることが当社グループにとって重要でないと考えられる企業は除外される。
     連結子会社の株式を保有する企業も連結に含まれる。
      子会社は、当社グループが有効な支配権を獲得した日より連結される。一時的に支配下にあった企業は、売却日
     まで連結財務諸表に含まれる。
     注 1.b.2      連結の方法

     独占的支配
      支配下企業は全部連結されている。当社グループは、特定子会社への関与により得られる変動リターンにさらさ
     れているか、変動リターンに対する権利を持っており、当該子会社に対する法的権限の行使を通じて当該リターン
     に影響を及ぼすことができる場合、当該子会社を支配しているものとみなされる。
      議決権が支配の有無の決定要因となる企業については、当社グループが当該議決権の過半数を直接または間接的
     に保有している場合(であって、当該議決権に伴う法的権限が変化する根拠となる契約条項が存在しない場合)、ま
     たは該当企業の関連業務を指揮する法的権限が契約に基づき当社グループに付与されている場合、当社グループ
     は、概して、当該企業を支配していることとなる。
      ストラクチャード・エンティティとは、議決権が支配の有無の決定要因とならないような方法(議決権は管理業
     務に関する決議においてのみ行使できるようにするという方法や、関連業務は契約上の取決めに沿って指図される
     ようにするという方法など)で組成された企業をいい、一般的には、制限された活動、狭く十分に明確化された目
     的、劣後的な財務的支援なしに活動資金を賄うには不十分な資本といった特徴または属性を有している。
      ストラクチャード・エンティティの支配について分析する際には、当該企業の設立目的や構造、当該企業が負う
     こととなるであろうリスク、また当社グループが関連する変動性を吸収できる程度を検討する必要がある。支配の
     有無を評価する際には、当社グループが、実質的に、そのリターンに重大な影響を及ぼす可能性のある決定(不確
     実な将来の事象または状況に基づく決定であってもよい)を下せるかどうかについて判定できるような、あらゆる
     事実や状況を検討する必要がある。
      当社グループが支配権の有無を評価する際に検討すべき点は、当社グループまたは第三者のいずれが実質的な権
     利を保有しているのかという点のみである。被支配企業が実施すべき関連業務に関する決定の際に実質的に行使で
     きる権利を保有している者が実質的な権利の保有者としてみなされる。
                                  42/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      支配の有無を左右する1つ以上の要素が変化したことを示唆する事実や状況がある場合、支配権の有無を再評価
     する必要がある。
      当社グループが、契約に基づき、意思決定に関する法的権限を保有している場合(当社グループがファンド・マ
     ネージャーとして活動している場合など)には、当社グループが、他人勘定または自己勘定のいずれを用いて活動
     するかを判定する必要がある。実務では、変動リターンに一定程度さらされている場合、当該権限は、当社グルー
     プが自己の利益のために行動していることを示唆する要素となるため、当社グループは、該当企業を支配している
     ものとみなされる。
      少数株主持分は、連結企業内の連結損益計算書および貸借対照表に単独の勘定科目として計上される。少数株主
     持分の計算では、子会社が発行した資本性金融商品に分類される優先株式が当社グループ外で保有されている場
     合、当該優先株式の累積残高を考慮する。
      全部連結されているファンドについては、第三者投資家が有する持分は、当該投資家が償還を求めた場合には公
     正価格で償還されるため、純損益を通じて公正価値で測定する負債として認識される。
      支配権を喪失した取引については、当社グループが引き続き保有する資本持分が、純損益を通じて公正価値で再
     測定される。
     共同支配

      当社グループは、(被支配企業のリターンに重大な影響を及ぼす)関連業務について全会一致で合意することを求
     めている契約に基づき当該業務を1社以上の提携会社と共同で支配している場合、当該業務を共同支配しているも
     のとみなされる。前述の共同支配業務が別の事業体(この事業体の純資産について前述の提携会社が各種権利を有
     している事業体)を通じて行われる場合、この共同支配企業は、持分法を用いて会計処理される。前述の共同支配
     業務が別の事業体を通じて行われない場合、または前述の提携会社が、当該業務に伴う資産について何らかの権利
     を有しているか、当該業務に伴う負債について何らかの義務を負っている場合、当社グループは、当該業務に伴う
     資産、負債、収益および費用を、適用可能なIFRSに従って会計処理する。
     重要な影響力

      当社グループが重要な影響力を行使する企業または関連会社は、持分法で会計処理される。重要な影響力とは、
     支配権を行使することなく、対象企業の財務および業務上の方針に関する決定に参加する力である。当社グループ
     が当該企業の議決権の20%以上を直接的または間接的に保有する場合には、重要な影響力があるものとみなされ
     る。持分が20%未満の場合でも、当社グループが重要な影響力を行使している場合には連結範囲に含めることがで
     きる。具体例を挙げると、他の関連会社との提携で設立された会社であって、BNPパリバ・グループが、取締役会
     またはこれに相当する統治機関の代表を通して、当該企業の戦略決定に参加する場合、経営システムを提供するか
     シニア・マネージャーを派遣することにより会社の運営管理に影響力を行使する場合、または会社の発展を支援す
     る技術的支援を行う場合などはこれに該当する。
      関連会社(持分法適用会社)の純資産の変動は、貸借対照表の資産側の「持分法投資」および株主資本の関連する
     勘定で認識される。関連会社について計上されるのれんも、「持分法投資」に含まれる。
      減損の兆候がある場合には、持分法で連結されている投資(のれんを含む)の帳簿価額について、回収可能価額
     (使用価値と正味売却可能価額のいずれか高い方の価額)と帳簿価額を比較する方法で減損テストが実施される。該
     当する場合、連結損益計算書の「持分法適用会社投資損益」に減損が認識される。なおこの減損は、状況により、
     後日戻入される場合がある。
                                  43/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      持分法適用会社の損失に対する当社グループの持分が、当該持分法適用会社に対する投資の帳簿価額以上に達し
     た場合、当社グループは、それ以上の損失を含めることを停止し、そのような投資の価値はゼロとして計上され
     る。当社グループが契約に基づき法的債務か推定的債務を負う範囲内、または持分法適用会社に代わって支払いを
     行った範囲内でのみ、当社グループは持分法適用会社の損失を追加計上する。
      当社グループは、ベンチャー・キャピタル組織、ミューチュアル・ファンドもしくはオープンエンド型投資会社
     である事業体、または投資関連保険ファンドといった類似事業体を通じて直接または間接的に関連会社の持分を保
     有している場合、当該持分を、純損益を通じて公正価値で測定することを選択できる。
      連結対象企業に対する投資に係る実現損益は、損益計算書の「長期性資産に係る純利益」に認識される。
      連結財務諸表は、類似の環境において生じた同種の取引およびその他の事象に関して統一された会計方針を用い
     て作成される。
     注 1.b.3      連結手続

     ・ グループ会社間の残高と取引の相殺消去
      連結企業間の取引に起因するグループ会社間残高および取引そのもの(収益、費用および配当を含む)は相殺消去
     される。グループ会社間の資産の売買に起因する損益は相殺消去される。ただし、売買された資産の価値が減損し
     ている兆候がある場合は例外となる。資本を通じて公正価値で測定する金融商品および売却可能資産の価額に含ま
     れる未実現損益は、連結財務諸表に引き続き計上される。
     ・ 外貨で表示された計算書類の通貨換算

      BNPパリバの連結財務諸表はユーロ建てで作成されている。
      機能通貨がユーロでない企業の財務諸表は、決算日レート法により換算される。この方法によれば、すべての資
     産・負債は(貨幣性、非貨幣性を問わず)、決算日の直物為替レートによって換算される。収益・費用の項目は、会
     計期間の平均レートで換算される。
      同じ方法が、超インフレ経済下にある企業の財務諸表に対しても適用されるが、その際、一般物価指数を適用す
     ることでインフレの影響を調整する。
      貸借対照表項目および損益計算書項目の外貨換算差額は株主資本の「為替差額」に計上され、外部投資家帰属部
     分は「少数株主持分」に計上される。IFRS第1号によって認められている任意の会計処理に基づき、当社グループ
     は2004年1月1日現在の期首貸借対照表において親会社株主および少数株主持分に帰属するすべての累積為替換算
     差額を利益剰余金に振り替え、すべての換算差額をゼロとした。
     投資の種類が変化する(支配権もしくは重要な影響力を喪失するか、重要な影響力を維持することなく共同支配権
     を喪失する)こととなるような、ユーロ圏外に拠点を置いている外国企業に対する持分の一部または全部の清算ま
     たは売却の際には、当該清算または売却日現在で資本の累積為替差額勘定に計上されている額(段階法で算出され
     た額)が損益計算書に認識される。
                                  44/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      投資の種類変更にはつながらないものの、持分割合は変化する場合、投資先企業が全部連結されていれば、為替
     差額が親会社株主帰属部分と少数株主帰属部分の間で再配分され、投資先企業が持分法で連結されていれば、売却
     持分に関する部分の為替差額が損益計算書に計上される。
     注 1.b.4      企業結合とのれんの測定

     ・ 企業結合
      企業結合はパーチェス法を用いて会計処理される。
      パーチェス法では、被取得企業の識別可能な資産および引受けた負債は、買収日の公正価値で測定される。ただ
     し、売却目的で保有する資産に分類される長期性資産は、売却費用控除後の公正価値で計上される。
      被取得企業の偶発債務は、当該債務が取得日における現在の債務を表しており、当該債務の公正価値が信頼性を
     もって見積り可能な場合を除き、連結貸借対照表に認識されない。
      企業結合の取得原価とは、交換日現在の取得資産、引受債務、および被取得企業の支配を獲得するために発行さ
     れた資本性金融商品の公正価値である。企業結合に直接帰属する費用は個別取引に伴う費用として取り扱われ、損
     益計算書を通じて認識される。
      条件付対価は、支配権を得た時点で、支配権を取得した日の公正価値で取得原価に含まれる。金融負債として認
     識済みの条件付対価のその後の価額変動は、損益計算書を通じて認識される。
      当社グループは、暫定的な会計処理について取得日から12ヶ月以内に調整額を認識することがありうる。
      のれんとは、企業結合の取得原価と、被取得企業の識別可能な資産および負債の取得日現在の公正価値純額に対
     する取得会社の持分との差額である。正ののれんは取得会社の貸借対照表で認識され、負ののれんは取得日に即時
     に損益計算書で認識される。少数株主持分は、被取得企業の識別可能な資産および負債の公正価値に対する持分で
     測定される。ただし当社グループは、各企業結合に係る少数株主持分を公正価値で測定することを選択でき、その
     場合にはのれんの一定割合が少数株主持分へ配賦される。当社グループがこれまでに後者の選択を行ったことはな
     い。
      のれんは被取得企業の機能通貨で認識され、決算日レートで換算される。
      取得以前より保有していた被取得企業に対する株式持分は、当該取得日に、損益計算書を通じて公正価値で再測
     定される。このため段階取得の場合、のれんは、当該取得日現在の公正価値を参照して算定される。
      IFRS第3号(改訂)の適用は非遡及適用されているため、2010年1月1日以前に完了した企業結合については、
     IFRS第3号の変更による影響を反映するための修正再表示を行っていない。
      IFRS第1号により認められている通り、2004年1月1日より前に行われ、以前適用されていた会計基準(フラン
     スGAAP)に準拠して計上された企業結合については、IFRS第3号の原則に準拠した修正再表示は行われていない。
     ・ のれんの測定

      BNPパリバ・グループは、のれんの価値の減損について定期的にテストしている。
                                  45/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      - 資金生成単位
                                                 (3)
         BNPパリバ・グループは、すべての活動を主要な業務部門を表す資金生成単位                                           に分けている。この分類
        は、当社グループの組織構造および管理方法に合致するものであるとともに、業績および管理のアプローチ
        の観点から見た各単位の独立性を反映したものとなっている。分類は、企業買収、売却、大規模な組織変更
        など、資金生成単位の構成に影響を与える可能性の高い事象を考慮するため定期的に見直される。
     (3)

      IAS第36号による定義。
      - 資金生成単位の減損テスト

         資金生成単位に割り当てられたのれんに対し、年に一度、さらに減損の兆候があれば随時、当該単位の帳
        簿価額と回収可能価額との比較により減損テストが行われる。回収可能価額が帳簿価額を下回る場合、戻入
        不能な減損損失が認識され、当該単位の帳簿価額のうちの回収可能価額を上回る部分についてのれんの価額
        を切り下げる。
      - 資金生成単位の回収可能価額

         資金生成単位の回収可能価額は、資金生成単位の売却費用控除後の公正価値と当該資金生成単位の使用価
        値の内、いずれか高い方となる。
         公正価値とは、測定日現在の市場実勢で資金生成単位を売却した場合に得られるであろう価格をいう。こ
        の価格は主に、類似企業の最近の取引実勢価格を参照して、あるいは比較対象企業の株価倍率を基に算出さ
        れる。
         使用価値は、資金生成単位によって生み出される将来のキャッシュ・フローの見積りに基づいており、当
        該単位の管理職が作成し当社グループの経営上層部が承認した年間見通しおよび市場における資金生成単位
        の活動のポジショニングの変更に関する分析から算出される。これらのキャッシュ・フローは、資金生成単
        位が属する事業分野および関連地域への投資に対して投資家が求める期待収益率で割引かれる。
     注1.c 外貨取引の換算

      当社グループが行う外貨取引に関連する資産および負債の会計処理方法、ならびに当該取引により生じる為替リ
     スクの測定方法は、当該資産または負債が貨幣性項目または非貨幣性項目のいずれに該当するかにより異なる。
                       (4)

      - 外貨表示の貨幣性資産・負債
         外貨表示の貨幣性資産・負債は決算日レートで当社グループの関連事業体の機能通貨に換算する。外国為
        替換算差額は、キャッシュ・フロー・ヘッジまたは外貨純投資ヘッジ手段に指定される金融商品から生じる
        もの(これらは株主資本勘定で認識する)を除き、損益計算書で認識する。
     (4)

      貨幣性資産・負債とは、固定または決定可能な金額で受領または支払うことになる資産および負債である。
                                  46/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      - 外貨表示の非貨幣性資産・負債
         非貨幣性資産は、取得原価または公正価値のいずれかで測定する。外貨表示の非貨幣性資産は、取得原価
        で測定する場合には取引日(すなわち、非貨幣性資産の当初認識日)の為替レートを用いて、公正価値で測定
        する場合には決算日レートで換算する。
         公正価値で測定する外貨表示の非貨幣性資産(資本性金融商品)に関する外国為替換算差額は、当該資産が
        「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」に分類される場合には損益計算書に認識され、「資本を通
        じて公正価値で測定する金融資産」に分類される場合には資本に認識される。
     注1.d 正味受取利息、手数料およびその他の業務収益

     注1.d.1 正味受取利息
      償却原価で測定する負債性金融商品および株主資本を通じて公正価値で測定する負債性金融商品に関連する収益
     および費用は、実効金利法を用いて損益計算書に認識される。
      実効金利とは、当該金融商品の予想残存期間(それが適切な場合は、それより短い期間)における予想将来キャッ
     シュ・フローの割引後の価額が、貸借対照表上の資産または負債の帳簿価格総額と同等になるような利率をいう。
     実効金利測定の際には、実効金利の不可分な要素を構成する契約当事者間で授受されるすべての手数料、取引費
     用、ならびにプレミアムおよびディスカウントを考慮する。
      利息の追加分としてみなされる手数料は実効金利に含まれ、損益計算書の「正味受取利息」に認識される。ロー
     ン組成が、50%超の可能性で行われると考えられる場合、このカテゴリーには、特に、融資コミットメントに係る
     手数料が含まれる。融資コミットメントに関して受け取った手数料は、融資実行まで繰り延べられ、その後は、実
     効金利の計算に含まれ、貸出期間にわたって償却される。シンジケーション・コミッションも、他のシンジケート
     団参加者への報酬に相当する手数料部分については、このカテゴリーに含まれる。
     注1.d.2 手数料およびその他の業務収益

      銀行業務や提供した類似サービスに関して受け取った手数料(実効金利の不可分な要素を構成するものは除く)、
     不動産開発からの収益、またリース契約に関連して提供したサービスからの収益はIFRS第15号「顧客との契約から
     生じる収益」の適用対象に含まれる。
      本基準では、5ステップの原則に基づき収益を認識する単一のモデルを定めている。この5ステップに従うと、
     契約に含まれる別個の履行義務を識別し、取引価格をそれらに配分することができる。当該履行義務に関する収入
     は、履行義務が果たされた時(すなわち、契約した財またはサービスの支配が移転した時)に収益として認識され
     る。
      サービスの価格には、変動要素が含まれることがある。変動額は、その額を計上しても大幅な下方修正が必要と
     ならない可能性が非常に高い場合に限り、損益計算書に認識できる。
                                  47/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 手数料
      当社グループは、受取手数料および支払手数料を、下記のように損益計算書に計上する。
     -   顧客が継続的にサービスを受ける状況では、サービス期間にわたって計上する。具体例を挙げると、この手数
       料には、サービスが継続的に提供される顧客との取引に伴う一定の手数料、融資コミットメントに伴う手数料
       であって、融資実行を生じさせる可能性が低いため金利差益に含まれないもの、金融担保に係る手数料、金融
       商品の清算手数料、信託および類似業務に関する手数料、有価証券保管手数料などが含まれる。
       融資保証コミットメントに際して受け取った手数料は、当該コミットメントの当初の公正価値を表すものとみ
       なされる。その結果生じた負債は、その後、手数料収益において、当該コミットメントの期間にわたって償却
       される。
     -   他の状況では、サービス提供時点で計上する。具体例を挙げると、この手数料には、受け取った販売手数料、
       アレンジメント・サービス報酬であるローン・シンジケーション手数料、アドバイザリー手数料などが含まれ
       る。
     ・ その他の業務収益

      不動産開発業務収益やリース契約に関連して提供したサービスからの収益は、損益計算書の「その他の業務収
     益」に計上される。
      不動産開発業務収益に関しては、当社グループは下記のように損益計算書に計上する。
     -   履行義務によりある資産が創出または増価される状況であって、創出または増価されている当該資産について
       顧客が支配を獲得する状況(資産が所在する土地上で顧客が建設中の資産を支配するなど)、またはサービスを
       提供しても企業が他に転用できる資産が創出されず、現在までに完了した履行に対する支払いを強制できる権
       利が企業に付与される状況では、履行期間にわたって計上する。フランスのVEFA(将来の完成状態で販売)と
       いった契約はこれに該当する。
     -   他の状況では完了時に計上する。
      リース契約に関連して提供したサービスからの収益に関しては、当社グループはサービス提供中に(すなわち、
     メンテナンス契約のために生じた費用に応じて)損益計算書に計上する。
     注1.e      金融資産および金融負債

      保険業務に関するものを除く金融資産(注1.f参照)は、該当資産の事業モデルおよび契約上の特性に応じて、当
     初認識時に、償却原価で測定する金融資産、株主資本を通じて公正価値で測定する金融資産または純損益を通じて
     公正価値で測定する金融資産に分類される。
      金融負債は、当初認識時に、償却原価で測定する金融負債または純損益を通じて公正価値で測定する金融負債に
     分類される。
      金融資産および負債は、当社グループが当該金融商品に係る契約の当事者となった時に貸借対照表に認識され
     る。適用規則が定めている期間または関連市場では慣例となっている期間内における金融資産の購入および売却
     は、決済日に貸借対照表に認識される。
                                  48/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注1.e.1       償却原価で測定する金融資産
      金融資産は、事業モデルの目的が、契約上のキャッシュ・フローを回収するために当該資産を保有することにあ
     るという条件と、キャッシュ・フローが、元本と付帯利息に関する支払いのみで構成されているという条件の2つ
     を満たす場合、償却原価で測定する金融資産に分類される。
     ・ 事業モデル基準

      金融資産は、特定の事業モデル(資産の残存期間にわたり契約上の支払いを回収することを通じてキャッシュ・
     フローを回収するために当該資産を保有することを目的とするモデル)内で管理される。
      該当金融商品の満期に近い時点で、残りの契約上のキャッシュ・フローに近い金額で行われた売却、または取引
     相手の信用リスクが増大したために行われた売却は、その目的が契約上のキャッシュ・フローを回収することにあ
     る事業モデル(以下、「回収目的保有事業モデル」という。)に整合する。規制要件を満たすために、または(当該
     資産の信用リスク増大を招かないように)信用リスクの集中を管理するために行われる売却についても、売却の頻
     度が低いか、または金額が僅少である場合には、この事業モデルに整合する。
     ・ キャッシュ・フロー要件

      このキャッシュ・フロー要件は、負債性金融商品の契約条件が、元本の返済と、未払元本残高に付帯する利息の
     支払いのみに充てられるキャッシュ・フローを特定の日に生じさせることである場合に満たされる。
      契約上の特性により、保有者が、複雑でない契約や「一般的な貸付」契約と整合しない契約上のキャッシュ・フ
     ローに係るリスクまたはその変動にさらされることとなる場合、この基準は満たされない。また、契約上のキャッ
     シュ・フローの変動性を増大させるレバレッジが存在する場合にも、この基準は満たされない。
      利息は、貨幣の時間価値や信用リスクの対価、他のリスク(流動性リスクなど)や費用(管理費など)に対する対
     価、また一般的な貸付契約と整合する利益マージンで構成される。マイナス利息によって、キャッシュ・フロー要
     件の充足に疑義が生じることはない。
      貨幣の時間価値は、一般的には「金利」部分と呼ばれる利息の要素で、時間の経過のみに対する対価を提供す
     る。金利と時間の経過の関係は、キャッシュ・フロー要件の充足に疑義を生じさせる可能性のある固有の特徴によ
     り修正されるものであってはならない。
      このため、金融資産の変動金利が、金利の期間と一致しない頻度で定期的に改定されている場合、貨幣の時間価
     値は修正されたとみなされる可能性があり、修正の大きさによっては、キャッシュ・フロー要件が満たされなくな
     る可能性がある。当社グループが保有している金融資産の中には、金利改定の頻度と、指標金利またはベンチマー
     ク金利の平均に連動している金利の満期までの期間が一致していないものがある。当社グループは、この貨幣の時
     間価値の修正について分析するための一貫した手法を開発した。
      規制金利は、時間の経過に対する対価と概ね整合する対価を提供する場合であって、一般的な貸付契約(リブレA
     貯蓄口座保有者に供与される貸出など)と整合しない契約上のキャッシュ・フローに係るリスクまたはその変動に
     さらされない場合に、キャッシュ・フロー要件を満たす。
                                  49/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      一部の契約条項は、キャッシュ・フローの発生時期または金額を変化させることがある。繰上償還オプション
     は、当該支払額が、ほぼ未払元本と付帯利息の合計額に相当する場合、契約の早期終了に対する合理的な補償が含
     まれている可能性があり、キャッシュ・フロー要件の充足には問題がない。具体例を挙げると、リテール顧客に対
     する貸出金については、6ヶ月分の利息または発行済資本の3%を限度とする補償は合理的だとみなされる。残存
     する契約上の貸出金のキャッシュ・フローと、満期までの残存期間が近似した類似の取引先に対する貸出または銀
     行間市場への再投資額との差額の割引価値に相当する数理計算上の違約金も、補償が正または負のいずれとなる場
     合(すなわち、「対称的な」損失補償と呼ばれる場合)であっても合理的だとみなされる。金融商品の発行体または
     保有者が金利を変動金利から固定金利に変更できるオプションは、固定金利が、組成時に決められた金利である場
     合、またはオプション行使日における、当該商品の満期までの残存期間に対応する貨幣の時間価値に相当する場
     合、キャッシュ・フロー要件の充足を妨げない。
      原資産ポートフォリオが受け取る支払いと契約上リンクしている金融資産であって、各投資家への支払いに優先
     順位がついており(「トランシェ」)、その結果として信用リスクの集中を生むような特殊なケースの場合、固有の
     分析が実施される。トランシェの契約上の特性と、原金融商品ポートフォリオの契約上の特性は、キャッシュ・フ
     ロー要件を満たすものでなければならず、トランシェの信用リスクは、原金融商品プールの信用リスク・エクス
     ポージャー以下でなければならない。
      貸出金は、特別目的事業体に供与される場合、契約上または実質的に「ノンリコース」となる場合がある。ノン
     リコースとなるのは、特に、多くのプロジェクト・ファイナンスまたは資産担保ローンの場合である。これらの貸
     出金が、担保として機能する資産に対する直接的なエクスポージャーとならない限り、キャッシュ・フロー要件は
     満たされる。実務では、金融資産が明らかに元本および利息の支払額と一致するキャッシュ・フローを生み出すも
     のであるという事実のみをもって、当該金融商品がキャッシュ・フロー要件を満たしていると結論付けるのは十分
     な判断とはいえない。この場合には、リミテッドリコースである特定の原資産を、「ルックスルー」アプローチを
     用いて分析する必要がある。これらの資産自体がキャッシュ・フロー要件を満たしていない場合には、既存の信用
     補完の評価を実施する必要がある。この評価においては、取引の構造や規模、当該取引における自己資金の水準、
     想定している返済原資、原資産のボラティリティといった要素が検討される。この分析は、当社グループが供与し
     た「ノンリコース」ローンを対象に実施される。
      「償却原価で測定する金融資産」カテゴリーには、特に、当社グループが供与する貸出金や売戻(リバース・レ
     ポ)契約、また契約上のキャッシュ・フローを回収するために当社グループの資産負債管理(ALM)トレジャリー部門
     が保有している有価証券であってキャッシュ・フロー要件を満たすものが含まれる。
     ・ 認識

      金融資産は、当初認識時にその公正価値(取引に直接帰属する取引費用や、貸出金の組成に関する手数料を含む)
     で認識される。
     その後は償却原価(過去の期間における未収利息を含み、元本の償還および利息の支払額は除く)で測定される。ま
     た、これらの金融資産については、当初認識時から、予想信用損失引当金を測定する必要もある(注1.e.5)。
                                  50/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      利息は、契約開始時に決定された実効金利法を用いて計算される。
     注1.e.2 株主資本を通じて公正価値で測定する金融資産

     ・ 負債性金融商品
      負債性金融商品は、下記の2つの基準が満たされている場合、株主資本を通じて公正価値で測定する区分に分類
     される。
     -   事業モデル基準:金融資産が、契約上のキャッシュ・フローの回収と金融資産の売却の両方によりその目的が
       達成される事業モデル(以下、「回収売却両目的保有事業モデル」という。)のもとで保有される場合。当該回
       収と売却の両方は、該当事業モデルに付随する要素ではなく不可欠な要素でなければならない。
     -   キャッシュ・フロー要件:原則は、償却原価で測定する金融資産に適用されるものと同じである。
      特に、契約上のキャッシュ・フローを回収するか資産を売却するために当社グループのALMトレジャリー部門が
     保有している有価証券であって、キャッシュ・フロー要件を満たしているものは、このカテゴリーに分類される。
      金融資産は、当初認識時にその公正価値(取引に直接帰属する取引費用を含む)で認識される。その後は公正価値
     で測定され、公正価値の変動は、株主資本内の「資本に直接認識され、純損益へ再分類される資産および負債の変
     動」と題された固有の勘定に認識される。またこれらの金融資産については、償却原価で測定する負債性金融商品
     に対するものと同じアプローチで、予想信用損失引当金を測定する必要もある。関連するリスク費用の影響額は、
     株主資本内の同じ固有の勘定に認識される。売却時には、それまで株主資本に認識された公正価値の変動が純損益
     に再振替される。
      加えて利息は、契約開始時に決定された実効金利法を用いて損益計算書内に認識される。
     ・ 資本性金融商品

      株式に代表される資本性金融商品に対する投資は、選択や個々の状況によっては、株主資本(の固有の勘定)を通
     じて公正価値で測定する区分に分類される。株式の売却時に、それまで資本に認識された額が純損益に再振替され
     ることはない。配当金は、出資金の払戻しではなく投資家への報酬に相当するものに限り、純損益に認識される。
     これらの金融商品は減損対象とならない。
      発行体に償還を請求(プッタブル)できるミューチュアル・ファンドに対する投資は、資本性金融商品の定義を満
     たさない。またキャッシュ・フロー要件も満たさないため、純損益を通じて公正価値で認識される。
     注1.e.3 融資コミットメントおよび保証コミットメント

      融資コミットメントおよび融資保証コミットメントのうち、純損益を通じて公正価値で測定するデリバティブ商
     品として認識されないものは、融資コミットメントおよび保証コミットメントに関する注記に表示される。これら
     のコミットメントについては、予想信用損失引当金を測定する必要がある。この損失引当金は、「偶発債務等引当
     金」に表示される。
                                  51/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注1.e.4       規制貯蓄預金と貸付契約
      住宅財形貯蓄口座(Comptes                 Épargne-Logement、以下「CEL」という。)および住宅財形貯蓄制度(Plans
     d'Épargne      Logement、以下「PEL」という。)は、フランスで販売されている公的規制リテール商品である。これは
     預金・貸出金一体型商品であり、預金が貸付の条件になっている。
      これらの商品に関してBNPパリバは2種類の義務を負っている。つまり、契約時に政府が設定した金利で(PEL商
     品の場合)、または法が定める物価スライド方式に従い半年ごとに見直す金利で(CEL商品の場合)無期限に預金金利
     を支払う義務、および貯蓄期間に取得した権利に応じた金額を契約時に設定した金利で(PEL商品の場合)、または
     貯蓄期間に応じた金利で(CEL商品の場合)顧客に対して貸し付ける(顧客の選択による)義務である。
      各ジェネレーション(PEL商品の場合、一つのジェネレーションはすべて同じ当初金利の商品から成り、CEL商品
     の場合、全CEL商品が一つのジェネレーションを構成する)に関連する当社グループの将来債務は、当該ジェネレー
     ションのリスクにさらされている残高から将来生じる可能性のある利益を割引くことにより測定する。
      リスクにさらされている残高は顧客行動の実績分析を基に推定され、次の金額と等しくなる。
     - 貸付面では、統計的に蓋然性の高い貸付残高および実際の貸付残高。
     - 貯蓄面では、統計的に蓋然性の高い残高と最低予想残高との差。条件付きでない定期預金残高を最低予想残高
       とみなす。
      貯蓄面では、再投資金利と、再投資期間中のリスクにさらされている預金残高に対する固定預金金利との差が将
     来生じる利益とみなされ、貸付面では、再調達金利と、再調達期間中のリスクにさらされている貸出金残高に対す
     る固定貸出金利との差が将来生じる利益とみなされる。
      貯蓄面での再投資金利および貸付面での再調達金利は、スワップ取引のイールド・カーブ、ならびに種類および
     満期日が類似している金融商品の期待スプレッドから算出する。スプレッドは、貸付面の場合は固定金利住宅ロー
     ン、貯蓄面の場合はリテール商品の実勢スプレッドを基に算出する。将来の金利動向の不確実性、さらには当該金
     利動向が顧客行動モデルおよびリスクにさらされている残高へ及ぼす影響を反映させるため、債務の推定にはモン
     テカルロ法を用いている。
      契約のジェネレーションごとの貯蓄・貸付に関し、当社グループの将来の想定債務合計が当社グループにとって
     好ましくない可能性がある場合、引当金を貸借対照表の「偶発債務等引当金」勘定で(ジェネレーション間で相殺
     せず)認識する。この引当金の増減は、損益計算書の受取利息として認識する。
     注1.e.5 償却原価で測定する金融資産および株主資本を通じて公正価値で測定する負債性金融商品の減損

      信用リスクの減損モデルは、予想信用損失に基づく。
      このモデルは、償却原価で測定するか、資本を通じて公正価値で測定する貸出金および負債性金融商品、公正価
     値で認識されない融資コミットメントおよび融資保証契約、ならびにリース債権、売掛債権および契約資産に適用
     される。
                                  52/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 全般的なモデル
      当社グループは、資産の当初認識以降における取引相手の信用リスクの変動と関係のある特定の状況の各々に対
     応する3つの「ステージ」を設けている。
     - 12ヶ月分の予想信用損失(「ステージ1」):報告日の時点で、ある金融商品の信用リスクが、当初認識時と比
       べ著しく増大していない場合、この商品については、12ヶ月分の予想信用損失に相当する額(今後12ヶ月以内
       に生じ得る債務不履行リスクをもとに算出した額)で減損引当金が測定される。
     - 未減損資産について残存期間における予想信用損失(「ステージ2」):金融商品の信用リスクは当初認識時と
       比べ著しく増大しているものの、金融資産が信用減損資産でも不良資産でもないとみなされる場合、残存期間
       における予想信用損失に相当する額で減損引当金が測定される。
     - 信用減損または不良金融資産について残存期間における予想信用損失(「ステージ3」):この場合も、残存期
       間における予想信用損失に相当する額で減損引当金が測定される。
      この全般的なモデルは、IFRS第9号の減損モデルの適用対象であるすべての金融商品(ただし、購入または組成
     した信用減損金融資産、および後述の簡便法が用いられる金融商品は除く)に適用される。
      IFRS第9号の予想信用損失アプローチは対称的であるため、過去の報告期間において残存期間における予想信用
     損失が認識された状況で、当報告期間において、信用リスクの著しい増大が存在しなくなったと評価された場合、
     減損引当金は、12ヶ月分の予想信用損失区分に戻される。
      受取利息については、「ステージ1」および「ステージ2」の場合、帳簿価額総額で計算される。「ステージ
     3」の受取利息は償却原価(すなわち、帳簿価額総額から減損引当金控除後)で計算される。
     ・ 債務不履行の定義

      債務不履行の定義は、バーゼル規制における債務不履行の定義と同様で、延滞期間が90日を超えると債務不履行
     が生じたものとみなすという反証可能な推定を伴っている。
      この債務不履行の定義は、信用リスクの著しい増大の有無の評価と、予想信用損失の測定に一貫して使用され
     る。
     ・ 信用減損または不良金融資産

     定義
      金融資産は、その予想将来キャッシュ・フローに悪影響を及ぼす1つ以上の事象が発生している場合、信用減損
     または不良資産として、「ステージ3」に分類される。
      個々の資産レベルでは、金融資産が信用減損していることの客観的証拠には、所定の事象(すなわち、延滞期間
     が90日を超えている口座勘定の存在、借手の支払いが滞ったことがあるか否かにかかわらず、リスクが発生してい
     ると考えられる程深刻な資金難に借手が陥っているという認識または兆候、借手が資金難に陥っていなければ検討
     されなかった、貸手による借手の支払い条件に関する譲歩(詳しくは、「資金難を根拠とする金融資産のリストラ
     クチャリング」と題されたセクションを参照))に関する観察可能なデータが含まれる。
                                  53/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     購入または組成した信用減損金融資産に固有のケース
      状況によっては、当初認識の時点で、金融資産が信用減損していることがある。
      このような資産については、当初認識時の会計処理において減損引当金が認識されない。実効金利は、当初予想
     したキャッシュ・フローが生じる期間中の、残存期間における予想信用損失を考慮しながら計算される。当初認識
     以降の、残存期間における予想信用損失の上方または下方修正は、減損引当金調整として純損益に認識される。
     ・ 簡便法

      簡便法は、当初認識以降および各報告日現在の残存期間における予想信用損失に相当する減損引当金を認識する
     会計処理から成る。
      当社グループは、満期までの期間が12ヶ月未満の売掛債権に簡便法を適用している。
     ・ 信用リスクの著しい増大

      信用リスクの著しい増大の有無は、合理的かつ裏付け可能なあらゆる情報を考慮し、報告日における金融商品の
     債務不履行リスクを、当初認識時の債務不履行リスクと比較する方法で、個別に、または(共通の信用リスク特性
     を有する金融商品のグループ単位で)一括して評価できる。
      信用低下の有無は、当初認識日におけるデフォルト確率/格付を、報告日におけるデフォルト確率/格付と比較
     した結果に基づく。
      また本基準によれば、契約上の支払いの延滞期間が30日を超えている場合、該当金融商品に伴う信用リスクは当
     初認識時と比べ著しく増大しているものとみなされるという、反証可能な推定も存在する。
      消費者金融に特化した事業においては、過去12ヶ月の間に延滞が生じた場合、事後的に約定通りに返済されたも
     のの、延滞の発生事例が存在する場合、信用リスクの増大が著しいとみなされる。
      信用リスクの著しい増大の有無の評価に適用される原則は、注3.h「リスク費用」に詳しく記載されている。
     ・ 予想信用損失の測定

      予想信用損失は、金融商品の予想残存期間中に信用損失が生じる可能性で加重された信用損失(すなわち、当該
     期間中におけるあらゆるキャッシュ不足額の現在価値)として定義されている。予想信用損失は、すべてのエクス
     ポージャーを対象に個別に測定される。
      実務では、ステージ1およびステージ2に分類されるエクスポージャーについて、デフォルト確率(以下「PD」
     という。)      x デフォルト時損失率(以下「LGD」という。)                        x デフォルト時エクスポージャー(以下「EAD」とい
     う。)の結果をエクスポージャーの実効金利(EIR)で割り引いたものとして予想信用損失が測定される。予想信用損
     失は、今後12ヶ月以内に生じ得る債務不履行リスクに起因するもの(ステージ1)またはファシリティの満期までの
     残存期間中に生じ得る債務不履行リスクに起因するもの(ステージ2)のいずれかとなる。消費者金融に特化した事
     業においては、信用エクスポージャーの特異性により、使われる手法は、期限の利益の喪失に移行する可能性と、
     移行後の割引後損失率に基づくものとなる。これらのパラメーターの測定は、同種の母集団を対象に統計的手法で
     実施される。
                                  54/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      ステージ3に分類されるエクスポージャーについては、予想信用損失は、金融商品の残存期間中におけるあらゆ
     るキャッシュ不足額を、実効金利で割り引いた現在価値として測定される。キャッシュ不足額は、契約に従い生じ
     る予定のキャッシュ・フローと、受け取ることができる見込みのキャッシュ・フローの差額に相当する。
      開発した手法は、信用リスクに対する所要自己資本が内部格付手法(IRBA)により測定されるエクスポージャーに
     関する既存の概念や手法(特にバーゼル銀行監督委員会の枠組みに含まれるもの)に基づいている。この手法は、信
     用リスクに対する所要自己資本が標準的手法により測定されるポートフォリオにも適用される。加えて、バーゼル
     銀行監督委員会の枠組みも、IFRS第9号の要件(特に、将来予測的な情報の使用に関する要件)が満たされるように
     調整されている。
     満期までの期間

      金融商品の残存期間にわたり適用される、当該商品のあらゆる契約条項(繰上償還、延期および類似の選択肢に
     関する条項を含む)が考慮される。金融商品の予想残存期間を信頼性をもって見積れないという極めて稀なケース
     では、契約の残存期間を使用しなければならない。
      本基準は、予想信用損失測定時に検討すべき最大期間は最大契約期間であると定めている。しかしながら、クレ
     ジットカードのリボ払いや当座貸越については、IFRS第9号が定めている例外に従い、予想信用損失測定時に検討
     すべき満期までの期間は、事業体が信用リスクにさらされることとなる期間(この期間は、契約上の満期日(通知期
     間)以降まで延長されることがある)となる。非リテール取引相手に対するリボルビング・クレジットや当座貸越に
     ついては、次回の見直し日が契約上の満期日であるような場合、契約上の満期日は個別に管理されるものとしてみ
     なされる。
     デフォルト確率(PD)

      デフォルト確率は、所定の期間中に債務不履行が生じる可能性の見積りである。
      予想信用損失の測定には、下記の方法で1年以内のデフォルト確率と残存期間におけるデフォルト確率の両方を
     見積る必要がある。
     - 1年以内のPDは、現状(以下、「ポイント・イン・タイム」または「PIT」という。)を反映するため、長期平
       均ベースの規制目的「スルー・ザ・サイクル」アプローチによるPDから導き出される。
     - 残存期間におけるPDは、満期までの期間におけるエクスポージャーの予想格付変動と、関連するデフォルト確
       率が反映されている格付遷移マトリクスから算定される。
     デフォルト時損失率(LGD)

      デフォルト時損失率は、債務不履行日の実効金利(またはこれに近似する利率)を用いて割り引かれた、契約上の
     キャッシュ・フローと予想キャッシュ・フローの差である。LGDは、EADの一定割合として表示される。
      予想キャッシュ・フローの見積りにおいては、保有担保の売却または他の信用補完が契約条項の一部分であり、
     事業体がそれらを個別に会計処理していない場合(住宅ローンと関係のある抵当など)、当該売却から生じるキャッ
     シュ・フロー(当該担保の取得および売却にかかる費用控除後)を考慮する。
                                  55/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      IFRS第9号で使われるLGDは、バーゼル銀行監督委員会のLGDパラメーターに由来するものである。下振れマージ
     ンおよび保守的なマージン(特に、規制マージン)は、モデルの不確実性に係るマージンを除いて設けられない。
     デフォルト時エクスポージャー(EAD)

      金融商品のデフォルト時エクスポージャー(EAD)は、債務不履行発生時点における債務者の予想債務残高であ
     る。EADは、商品の種類に応じて異なる、契約に基づく償還のスケジュール、予想される繰上償還およびリボルビ
     ング・クレジット・ファシリティにおいて将来見込まれる借入実行を考慮して、償還特性の予想をもとに算定され
     る。
     将来予測的な情報

      予想信用損失の額は、過去の事象、現状および合理的かつ裏付け可能な経済予測を考慮し、発生確率で加重平均
     されたシナリオをもとに測定される。
      予想信用損失測定時の将来予測的な情報の考慮に適用される原則は、注3.h「リスク費用」に詳しく記載されて
     いる。
     ・ 償却

      償却は、金融資産のすべてもしくは一部分を回収することが合理的に見込めなくなった場合、または当該資産の
     すべてもしくは一部分が債権放棄された場合に、当該資産の帳簿価額総額を減額する処理から成る。償却は、当行
     による債権または保証を回収するためのすべての手段が機能しなくなった場合に、通常は各法域に固有の状況に応
     じて計上される。
      償却に伴う損失の額が損失引当金累計額を超えている場合、差額は、「リスク費用」に計上される追加の減損損
     失となる。金融資産(またはその一部分)がもはや貸借対照表に認識されない状況で回収が生じた場合、回収額は、
     「リスク費用」に減損利得として計上される。
     ・ 担保の担保権行使による回収

      貸出金が、保証となる金融または非金融資産で担保されている状況で債務者が不履行に陥った場合、当社グルー
     プは、当該保証に付帯する担保権の行使を決定し、該当法域での規定などに従い当該資産の所有者となることがで
     きる。この場合、債務者に対する貸出金は、担保として受け取った資産の額まで償却される。
      担保資産の所有権を取得した場合、当該資産は公正価値で会計処理され、その使用目的に応じて分類される。
     ・ 資金難を根拠とする金融資産のリストラクチャリング

      借手の資金難を根拠とするリストラクチャリングとは、当社グループが、借手の資金難に関する経済的または法
     的理由のみを根拠に検討している、当初の取引条件の変更をいう。
                                  56/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      金融資産の認識中止につながらないリストラクチャリングの場合、リストラクチャリング対象資産の帳簿価額総
     額が、当該資産の当初の実効金利で割り引かれた後の新しい予想将来キャッシュ・フローの額まで減額調整され
     る。該当資産の帳簿価額総額の変動は、損益計算書の「リスク費用」に計上される。
      その後は、リストラクチャリング後の(改変後の契約条項に基づく)債務不履行リスクと、当初認識日現在の(原
     契約条項の下での)債務不履行リスクを比較する方法で、金融商品に伴う信用リスクの著しい増大の有無が評価さ
     れる。残存期間における予想信用損失の認識基準が満たされなくなったことを証明するには、一定の期間にわたり
     返済実績が良好であることを確認できなければならない。
      リストラクチャリングが、実質的に異なる他の資産との部分的なまたは完全な交換(負債性金融商品と資本性金
     融商品の交換など)から成る場合、原資産は消却され、交換により取得した資産は、交換日の公正価値で測定され
     る。価額の差額は、損益計算書の「リスク費用」に計上される。
      借手の資金難を根拠としない金融資産取引の変更(すなわち、商業上の条件変更)は、通常、当該資産の早期繰上
     償還とみなされるため、当該資産の認識は中止され、新たな金融資産が市況に応じた価額で認識される。
     注1.e.6       リスク費用

      リスク費用には下記の損益項目が含まれる。
     - 償却原価で測定するか、株主資本を通じて公正価値で測定する負債性金融商品、公正価値で認識されない融資
       コミットメントおよび融資保証契約、ならびにリース債権、契約資産および売掛債権と関係のある12ヶ月分の
       予想信用損失および残存期間における予想信用損失(「ステージ1」および「ステージ2」)に係る損失引当金
       の会計処理に起因する減損利得および損失。
     - 減損の客観的証拠がある金融資産(「ステージ3」)、回収不能貸出金の償却および償却済貸出金について回収
       できた額に関する損失引当金の会計処理に起因する減損利得および損失。
     - 保険会社の固定利付証券のうち(IAS第39号に基づき)減損の有無が個別評価される証券に関する減損利得およ
       び損失。
      リスク費用には、金融業務に固有の不正や係争に関する費用も含まれる。
     注1.e.7 純損益を通じて公正価値で測定する金融商品

     ・ 純損益を通じて公正価値で測定するトレーディング・ポートフォリオおよび他の金融資産
      トレーディング・ポートフォリオには、トレーディング目的で保有する金融商品(デリバティブを含む)が含まれ
     る。
      純損益を通じて公正価値で測定する他の金融資産には、「回収目的保有事業モデル」基準または「回収売却両目
     的保有事業モデル」基準を満たしていないか、キャッシュ・フロー要件を満たしていない負債性金融商品や、株主
     資本を通じて公正価値で測定する選択肢を保有していない資本性金融商品が含まれる。
      これらの金融商品は、いずれも、当初認識時には、公正価値で測定され、その取引費用は純損益に直接計上され
     る。報告日には公正価値で測定され、その変動は「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に係る純利益/損
     失」に表示される。トレーディング勘定の取引に関連する収益、配当金および実現処分損益は、同じ損益計算書内
     で会計処理される。
                                  57/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定された金融負債
      金融負債は、下記の2つの状況では選択に基づきこのカテゴリーに認識される。
     - 他の状況では個別に会計処理されていた組込デリバティブを一つ以上含む複合金融商品の場合。組込デリバ
       ティブの経済特性およびリスクが、主契約の経済特性およびリスクと緊密に関連していない場合。
     - この選択により、別のカテゴリーに分類した場合に発生する資産および負債の測定や会計処理の不整合を解消
       または大幅に軽減できる場合。
     自己の信用リスクに起因する公正価値の変動は、株主資本の固有の勘定に認識される。

     注1.e.8 金融負債および資本性金融商品

      発行済金融商品またはその各要素は、その法的契約の経済的実態に従い、金融負債か資本性金融商品に分類され
     る。
      当社グループが発行した金融商品は、当該商品を発行した当社グループ内の事業体が商品の保有者に対して現金
     または他の金融資産を引き渡す契約上の義務を負う場合に、負債商品とみなされる。当社グループが、他の企業と
     の間で当社グループにとって潜在的に不利な条件で金融資産または金融負債を交換する、あるいは可変数量の当社
     グループの自己株式を引き渡す必要がある場合も同様である。
      資本性金融商品は、すべての負債を控除した後の事業体の資産に対する残余持分を証する契約から生じる。
     ・ 負債証券および劣後債

      負債証券および劣後債は、純損益を通じて公正価値で認識されるものでない限り、償却原価で測定される。
      負債証券は、最初に取引費用を含む発行価格で認識され、その後実効金利法を用いて償却原価で測定される。
      自己株式との引換により償還可能な債券、または自己株式に転換可能な債券は、取引の当初認識時に、負債と資
     本の両要素を持つ複合金融商品として会計処理される。
     ・ 資本性金融商品

      「自己株式」という言葉は、親会社(BNPパリバSA)およびその全部連結子会社が発行した株式を意味する。新株
     発行に直接帰属する外部費用は、すべての関連する税金控除後に資本から控除される。
     当社グループが保有する自己株式は、金庫株としても知られているが、保有の目的に関わらず、連結株主資本の部
     から控除される。また、そのような金融商品から発生する損益は、連結損益計算書から消去される。
                                  58/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      当社グループがBNPパリバの独占的支配を受ける子会社発行の資本性金融商品を取得する場合、取得価格と取得
     した持分に対応する純資産との差額をBNPパリバの親会社株主帰属利益剰余金に計上する。同様に、そのような子
     会社の少数株主に付与されたプット・オプションに対応する負債およびその価値の増減は少数株主持分で相殺し、
     余剰があればBNPパリバの親会社株主帰属利益剰余金で相殺する。これらのオプションが行使されない限り、少数
     株主帰属純利益の一部は損益計算書の少数株主損益に配賦される。全部連結子会社に対する当社グループの持分の
     減少は、株主資本の変動として当社グループの財務諸表に認識される。
      当社グループ発行の金融商品であって資本性金融商品に分類されるもの(永久最劣後債など)は、貸借対照表の
     「資本金および利益剰余金」に表示される。
      資本性金融商品に分類される金融商品からの配当は、資本からの控除として直接認識される。同様に、資本とし
     て分類される、金融商品の取引費用は、株主資本からの控除として認識される。
      自己株式デリバティブは、決済方法により次のように会計処理する。
     - 一定額の現金その他金融資産と交換に、自己株式の一定数を現物として引き渡すことにより決済される場合に
       は、資本性金融商品として会計処理する。この場合、そのような資本性金融商品の再評価は行わない。
     - 現金決済の場合、または株式現物の引渡しによる決済と現金決済の選択により決済される場合には、デリバ
       ティブとして会計処理する。そのようなデリバティブの価値の増減は損益計算書に計上する。
      契約により当行が自己株式を買い戻す義務(偶発債務であるか否かを問わない)を負う場合、当行は、当該債務を
     現在価値で認識し、株主資本にて相殺仕訳を行う。
     注1.e.9 ヘッジ会計

      当社グループは、IFRS第9号が定めている、将来においてマクロ・ヘッジに関する基準が施行されるまではIAS
     第39号のヘッジ会計要件に従うオプションを選択した。またIFRS第9号では、金融資産または負債のポートフォリ
     オに伴う金利リスクの公正価値ヘッジについて明示していない。このため当該ポートフォリオのヘッジについて
     は、欧州連合が採択しているIAS第39号が引き続き適用される。
      ヘッジ関係の一部として契約されるデリバティブは、ヘッジの目的に合わせて指定される。
      公正価値ヘッジは、特に、固定金利の資産および負債に伴う金利リスクをヘッジするため、特定された金融商品
     (有価証券、発行債券、貸出金および借入金)および金融商品のポートフォリオ(特に、要求払預金および固定金利
     貸出金)の両方に対して利用される。
      キャッシュ・フロー・ヘッジは、特に、変動金利の資産および負債に伴う金利リスクをヘッジするために利用さ
     れるが、その中には借換えや可能性が非常に高い予定外貨収入の為替リスクヘッジが含まれる。
      当社グループは、ヘッジの開始時に公式文書を作成している。その文書には、ヘッジ対象もしくはその一部分ま
     たはヘッジされるリスク部分が明らかにされているヘッジ関係、ヘッジ戦略およびヘッジされるリスクのタイプ、
     ヘッジ手段、およびヘッジ関係の有効性を評価する方法を詳述している。
                                  59/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      当社グループは、取引の開始時およびその後少なくとも四半期ごとに、当初の文書と整合性を取りながらヘッジ
     関係の実際(遡及的)の有効性と予想される(将来の)有効性を評価する。遡及的な有効性のテストは、ヘッジ対象の
     公正価値またはキャッシュ・フローに対する、ヘッジ手段の公正価値またはキャッシュ・フローの実際の変動率が
     80%から125%の範囲内にあるかどうかを評価するよう設定されている。将来の有効性のテストは、デリバティブ
     の公正価値またはキャッシュ・フローの予想される変動が、ヘッジの残存期間において、ヘッジ対象の公正価値ま
     たはキャッシュ・フローの変動を十分に相殺することが確認できるよう設定されている。可能性が非常に高い予定
     取引の場合、その有効性は概して類似取引の実績データに基づいて評価される。
      欧州連合が採択するIAS第39号(ポートフォリオ・ヘッジに関する特定の規定を除く)に基づき、資産または負債
     のポートフォリオに基づく金利リスクのヘッジ関係は、下記の通り公正価値ヘッジ会計適用対象として適格であ
     る。
     - ヘッジ対象として指定したリスクは、商業銀行取引(顧客への貸出金、貯蓄預金、要求払預金)に係る金利のう
       ち銀行間取引の金利部分に関連する金利リスクである。
     - ヘッジ対象として指定した金融商品は、各マチュリティ・バンド(満期帯)において、ヘッジ対象原資産に係る
       金利ギャップの一部に対応している。
     - 利用されるヘッジ手段は「プレーン・バニラ」スワップのみである。
     - 将来のヘッジの有効性は、すべてのデリバティブが開始時にヘッジ対象のポートフォリオに伴う金利リスクを
       軽減する効果を持つという事実に基づき確立されている。遡及的には、(貸出金の期限前償還または預金の引
       出しによって)その後、特に各マチュリティ・バンド(満期帯)においてヘッジ対象に不足が生じた場合、ヘッ
       ジはヘッジ会計上適格でなくなる。
      デリバティブとヘッジ対象の会計処理はヘッジ戦略により異なる。
      公正価値ヘッジ関係におけるデリバティブは、貸借対照表において公正価値で再測定され、公正価値の変動は損
     益計算書の「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に係る純利益/損失」に認識され、その対となる会計処
     理としてヘッジ対象がヘッジリスクを反映するよう再測定される。ヘッジされた構成要素の公正価値の再測定は貸
     借対照表において認識されるが、特定された資産と負債のヘッジの場合にはヘッジされた項目の分類に従って認識
     され、ポートフォリオのヘッジ関係の場合には「金利リスクヘッジポートフォリオの再測定による調整」として認
     識される。
      ヘッジ関係が終了する、あるいは有効性の基準をもはや満たさない場合は、ヘッジ手段はトレーディング勘定へ
     振り替えられ、そのカテゴリーに適用される会計処理に従って計上される。特定の固定利付証券の場合、貸借対照
     表で認識された再測定による調整額は当該証券の残存期間にわたって実効金利で償却される。金利リスクヘッジ対
     象固定利付証券ポートフォリオの場合、調整額はヘッジの当初期間の残存期間にわたって定額法で償却される。
     ヘッジ対象が、特に期限前償還などによって貸借対照表に表示されない場合、調整額は即時に損益計算書に計上さ
     れる。
      キャッシュ・フロー・ヘッジ関係の場合、デリバティブは貸借対照表にて公正価値で測定され、公正価値の変動
     額は、株主資本の「資本に直接認識される公正価値の変動」の独立勘定に計上される。ヘッジ期間を通じて株主資
     本に計上される金額は、ヘッジ対象からのキャッシュ・フローが損益に影響を与える時点で損益計算書の「正味受
     取利息」に振り替られる。ヘッジ対象は、その項目が属するカテゴリーにおいて個別の会計処理に基づき、引き続
     き計上される。
                                  60/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      ヘッジ関係が終了した場合、あるいは有効性の基準をもはや満たさなくなった場合、ヘッジ手段の再測定の結果
     として株主資本で認識された累積額は、ヘッジ取引そのものが損益に影響を与えるまで、あるいは、取引が今後発
     生しないことが明らかになるまで、資本に留保され、その後、損益計算書で処理される。
      ヘッジ対象が存在しなくなった場合、株主資本勘定で認識した累積額を即座に損益計算書へと振り替える。
      使用されるヘッジ戦略がどのようなものであっても、ヘッジの非有効部分は損益計算書の「純損益を通じて公正
     価値で測定する金融商品に係る純利益/損失」に認識される。
      子会社や支店に対する外貨建て純投資のヘッジは、キャッシュ・フロー・ヘッジと同じ方法で会計処理される。
     ヘッジ手段は、為替デリバティブまたはその他の非デリバティブ金融商品である。
     注1.e.10 公正価値の決定

      公正価値とは、測定日において、市場参加者間で、主要な市場または最も有利な市場における秩序ある取引が行
     われた場合に、資産の売却によって受け取るであろう価格または負債の移転のために支払うであろう価格をいう。
      当社グループでは、金融商品の公正価値を、外部の情報源から直接取得した価格情報または評価技法のいずれか
     を用いて算定している。前述の技法には、主に、一般に認められたモデル(割引キャッシュ・フロー・モデル、ブ
     ラック-ショールズ・モデル、補間法)を含むマーケット・アプローチとインカム・アプローチがある。前述の技
     法は、観察可能なインプットを最大限活用し、観察不能なインプットの活用を最低限に抑える技法である。前述の
     技法には、現在の市場の状況を反映するための調整が加えられる。また、各種評価モデルまたは当該モデルにて用
     いられるインプットを用いた評価では、モデル、流動性および信用リスクといったいくつかの要素が考慮されない
     にもかかわらず、市場参加者が、出口価格を定める際に当該要素を考慮している場合、評価調整が適宜実施され
     る。
      測定は、通常、各金融資産または金融負債単位で行うが、一定の条件を満たす場合には、ポートフォリオ・ベー
     スでの測定も選択できる。このため当社グループでは、公正価値の算定にあたり、金融資産および金融負債、なら
     びに金融商品に関する会計基準の対象に含まれ、実質的に市場リスクまたは信用リスクがこれらと類似し相殺し
     合っている他の契約から成るグループが、文書化されているリスク管理戦略に従いネット・エクスポージャー・
     ベースで管理されている場合には、前述の例外的なポートフォリオ・ベースでの評価を行っている。
      公正価値で測定または開示される資産および負債は、下記のような、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルのい
     ずれかに分類される。
     - レベル1:公正価値が、該当資産および負債の活発な市場における相場価格を用いて算定されるレベル。活発
       な市場の特徴には、十分な量の取引が十分な頻度で行われていることや、取引価格情報が容易に得られること
       などが含まれる。
     - レベル2:公正価値が、重要なインプットが直接または間接的に観察可能な市場データであるような評価技法
       を用いて算定されるレベル。前述の技法は定期的に調整され、インプットは、活発な市場から得られる情報を
       用いて裏付けられる。
                                  61/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     - レベル3:該当金融商品の流動性が不足しているといった理由や、重要なモデル・リスクが存在するといった
       理由により、重要なインプットが観察不能か市場ベースの観察によって裏付けることができない評価技法を用
       いて公正価値が算定されるレベル。観察不能なインプットは、入手できる市場データが存在しないため、他の
       市場参加者が公正価値を測定する際に検討する独自の仮定に由来するパラメーターである。商品の流動性が不
       足しているかどうか、または重要なモデル・リスクの影響を受けるかどうかに関する評価は、当事者の判断事
       項となる。
      該当資産または負債が公正価値ヒエラルキーのどのレベルに分類されるかについては、公正価値全体にとって重
     要なインプットが属する最低レベルをもとに決定される。
      公正価値ヒエラルキーのレベル3に分類される金融商品については、当初の認識の際に、取引価格と公正価値の
     間に差異が生じる場合がある。この「デイ・ワン・プロフィット」は繰り延べられ、評価のパラメーターが依然と
     して観察不能であると予想される期間にわたって損益計算書に計上される。当初観察不能であったパラメーターが
     観察可能になった場合、または評価が活発な市場での直近の類似取引との比較によって具体化された場合、デイ・
     ワン・プロフィットの未認識部分はその時点で損益計算書に計上される。
     注1.e.11       金融資産・金融負債の認識中止

     ・ 金融資産の認識中止
      当社グループは、当該資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合、または当社グルー
     プが当該金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利および当該金融資産の所有に係るリスクと経済
     価値のほとんどすべてを移転している場合、金融資産の全部または一部の認識を中止する。こうした条件が満たさ
     れない限り、当社グループは当該資産を貸借対照表上に残し、当該資産の移転により生じる債務について負債を認
     識する。
     ・ 金融負債の認識中止

      当社グループは、金融負債の全額または一部が消滅する場合、当該金融負債の全部または一部の認識を中止す
     る。
     ・ 有価証券売戻(リバース・レポ)/買戻(レポ)契約取引と有価証券貸付/借入取引

      買戻(レポ)契約の下で一時的に売却された有価証券は、当社グループの貸借対照表のそれまでと同じ有価証券の
     カテゴリーに計上される。それに対応する負債は、貸借対照表の適切な「償却原価で測定する金融負債」カテゴ
     リーで認識するが、トレーディング目的で契約したレポ契約の場合は例外であり、対応する負債は「純損益を通じ
     て公正価値で測定する金融負債」に認識される。
      売戻(リバース・レポ)契約の下で一時的に取得した有価証券は、当社グループの貸借対照表には計上されない。
     これに対応する債権は、貸借対照表の適切な「償却原価で測定する金融資産」カテゴリーで認識するが、トレー
     ディング目的で契約したレポ契約の場合は例外であり、対応する資産は「純損益を通じて公正価値で測定する金融
     資産」に認識される。
                                  62/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      有価証券貸付取引によって、貸し付けられた有価証券の計上が取り消されることはなく、有価証券借入取引に
     よって、借り入れられた有価証券が貸借対照表に計上されることもないが、当社グループが借入後に借入有価証券
     を売却した場合、借入有価証券を満期日に引き渡す債務は、貸借対照表の「純損益を通じて公正価値で測定する金
     融負債」に計上される。
     注1.e.12 金融資産および金融負債の相殺

      当社グループが認識された金額を相殺する法的に強制力のある権利を有しており、かつ、純額で決済するか、資
     産の実現と負債の決済を同時に実行する意図を有している場合にのみ、金融資産および金融負債は相殺され、純額
     で貸借対照表に表示される。
      買戻/売戻契約およびデリバティブのうち、会計基準に規定されている2つの要件を満たすものは貸借対照表上
     で相殺される。
     注1.f 保険事業に特有の会計基準

      全部連結子会社たる保険会社が締結した裁量権のある有配当性を有する保険契約および金融取引契約から発生す
     る資産および負債に関連する特定の会計方針が、連結財務諸表の目的で適用されている。これらの方針はIFRS第4
     号に準拠している。
      欧州連合が2017年11月3日に採択した、IFRS第4号「保険契約」の改訂である「IFRS第9号『金融商品』のIFRS
     第4号『保険契約』との適用」は、保険業務が主たる業務である企業においてはIFRS第9号の適用を2021年1月1
                     (5)
     日まで延期できると定めている                  。 当該延期の効果として、該当企業は、現行基準であるIAS第39号に基づく財務
     報告を継続できる。
      この一時的なIFRS第9号の適用免除は、IASBの改訂に従い主に保険業務を手掛けているグループ企業に限り利用
     できるものであったが、欧州連合が採択した指令(2002/87/EC)に定められている金融コングロマリットの保険部門
     も利用可能主体に追加された。この適用免除には、特に、純損益を通じて公正価値で測定する金融商品以外の金融
     商品につき、金融コングロマリットの中の保険会社と他の会社との間での内部移転が存在しないこと、という条件
     が求められている。
      BNPパリバ・グループは、欧州連合が採択した今回の改訂を保険業務と関係のあるファンドを含むグループ内の
     すべての保険会社に適用しており、2020年12月31日まではIAS第39号「金融商品:認識および測定」を適用する予
     定である。
      その他すべての保険会社の資産および負債は、当社グループの資産および負債に一般的に適用される方針に従っ
     て処理され、連結財務諸表において該当する貸借対照表の勘定および損益計算書の勘定に含まれる。
     (5)

       2019年6月26日に、IASBは、特に、IFRS第17号の強制初度適用を2022年1月1日まで延期することと、一時的なIFRS第9号
      の適用免除期限を2022年1月1日まで延期することを含む、「IFRS第17号の改訂」に関する公開草案を公開した。
                                  63/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注1.f.1 損益勘定
      当社グループが発行した保険契約に基づき認識される収益および費用は、損益計算書の「保険業務収益(純額)」
     に表示される。
      損益計算書のこの勘定には、既経過保険料、裁量権のある有配当性を有しない投資契約および他のサービスにお
     ける純利益、(投資不動産収益ならびに株式および他の資本性金融商品における減損を含む)金融投資から生じる収
     益(純額)、契約に関する保険費用(保険契約者剰余金含む)、出再保険費用(純額)、ならびに保険金給付費用(手数
     料を含む)が含まれる。
      保険業務に関する他の収益および費用(すなわち、保険会社が計上するもの)は、その性質に従い、他の損益計算
     書の勘定に表示される。
     注1.f.2 保険業務に係る金融投資

      保険業務に係る投資には、主に下記が含まれる。
     - 保険会社による金融商品への投資であって、IAS第39号の原則に従い認識されるもの。これには、保険業務(特
       にユニットリンク型契約)に係る責任準備金に相当する投資が含まれる。
     - 公正価値がプラスのデリバティブ商品。当社グループの保険会社は、ヘッジ目的で使われるデリバティブ商品
       を引き受ける。
     - 投資不動産
     - 持分法投資
     - 保険および投資契約に起因する負債について再保険会社が有する持分。
     ・ 金融商品に対する投資

      当社グループの保険会社が保有する金融投資は、IAS第39号に定められている4カテゴリー(純損益を通じて公正
     価値で測定する金融資産、満期保有目的金融資産、貸出金および債権ならびに売却可能金融資産)のいずれかに分
     類される。
     - 純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

      「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」のカテゴリーには、デリバティブおよび金融資産であって、当
     社グループが、IAS第39号が認めている選択に従い、当初契約時に、純損益を通じて公正価値で認識および測定す
     ることを選択したものが含まれる。
      金融資産は、下記の場合に、(IAS第39号に従い)純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定することが
     できる。
     - 他の状況では個別に会計処理されていた組込デリバティブを一つ以上含む複合金融商品の場合。組込デリバ
       ティブの経済特性およびリスクが、主契約の経済特性およびリスクと緊密に関連していない場合。
     - 公正価値オプションを使うことにより、別の会計処理カテゴリーに分類した場合に発生する資産および負債の
       測定や会計処理の不整合を解消または大幅に軽減できる場合。
     - 金融資産および/または金融負債のグループが公正価値ベースで管理および測定されており、リスク管理およ
       び投資戦略が適切に文書化されている場合。
                                  64/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      保険または投資契約に関して保有している投資であって、保険契約者が金融リスクを負担するもの(ユニットリ
     ンク型契約)は、純損益を通じて公正価値で認識される。
      当社グループが、重要な影響力を行使しているか共同支配している事業体における保険業務に関して実施した投
     資を、純損益を通じて公正価値で測定する場合、当該投資は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」勘
     定に表示される(注1.b.2参照)。
      このカテゴリーに分類される金融商品は、当初に公正価値で認識され、その取引費用は損益計算書に直接認識さ
     れる。
      決算日には、その公正価値で評価される。
      直近の評価額と比べた価額の増減、収益、配当金および実現損益は、「保険業務収益(純額)」と「純損益を通じ
     て公正価値で測定する金融商品に係る純利益」に表示される。
     - 貸出金および債権

      活発な市場で取引されていない固定利付または(利率が)決定可能な有価証券は、保有者が信用低下以外の理由で
     初期投資のほぼ全額を回収できない可能性のある有価証券を除き、「純損益を通じて公正価値で測定する金融資
     産」に分類するための条件を満たしていない場合、「貸出金および債権」に分類される。
      貸出金および債権は、当初はその公正価値または同等額(一般的には、当初支払われた純額に相当する額)で認識
     される。
      貸出金および債権は、その後、実効金利を用いて償却原価(元本の返済額および利息は除く)で測定される。
      利息は実効金利法を用いて計算され、利息、取引費用および貸出金の当初の価値に含まれる手数料を含めて、
     「保険業務収益(純額)」と、その内訳の「償却原価で測定する金融商品に係る純利益」に表示される。
      資産の取得後に生じた事象と関係のある減損の客観的証拠がある場合に認識される減損損失は、「リスク費用」
     に表示される。
     - 満期保有目的金融資産

      満期保有目的金融資産(負債証券を含む)とは、固定の満期を有する投資であり、当社グループが満期まで保有す
     る意思と能力を持っているものである。
      このカテゴリーに分類される有価証券は、実効金利法を用いて償却原価で認識される。
      これらの有価証券について受け取った利息は、「保険業務収益(純額)」と、その内訳の「償却原価で測定する金
     融商品に係る純利益」に表示される。資産の取得後に生じた事象と関係のある減損の客観的証拠がある場合に認識
     される減損損失は、「リスク費用」に表示される。
                                  65/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     - 売却可能金融資産
      「売却可能金融資産」カテゴリーには、前掲の3カテゴリーに属さない負債または持分証券が含まれる。
      売却可能のカテゴリーに含まれる資産は当初は公正価値で計上され、取引費用は金額的重要性のある場合に加算
     される。報告期間の末日には公正価値で評価され、(未収利息を除く)公正価値の変動は、資本の独立勘定に表示さ
     れる。有価証券の売却時には、それまで資本に認識されていた未実現損益が、損益計算書の「保険業務収益(純
     額)」に再振替される。
      負債証券について、実効金利法を用いて認識される収益、また持分証券の受取配当金および減損(有価証券評価
     額の著しいまたは持続的な低下が生じている場合)は、「保険業務収益(純額)」と、その内訳の「売却可能金融資
     産に係る純利益」に表示される。負債証券に係る減損損失は、「リスク費用」に表示される。
     ・ 投資不動産

      投資不動産は、支配下にある保険会社および不動産会社が直接保有している建物に相当する。
      投資不動産は、ユニットリンク型契約のために使われるものを除いて、取得原価で認識され、別段で説明してい
     る資産の会計処理方法に従って処理される。
      ユニットリンク型契約に関して保有している投資不動産は、公正価値または同等の価額で評価され、損益計算書
     内の変動とともに損益計算書に認識される。
     ・ 持分法投資

      当社グループが重要な影響力を行使しているか共同支配している事業体または不動産ファンドに対する投資で
     あって、持分法が適用されているものは、「持分法投資」勘定に認識される。
     注1.f.3 責任準備金およびその他の保険負債

      「責任準備金およびその他の保険負債」項目には下記が含まれる。
     - 保険契約者および契約の受益者に対する当社グループの契約債務。これには、重要な保険リスク(死亡リス
       ク、長寿リスク、障害リスク、就労不能リスクなど)のある保険契約のための責任準備金や、裁量権のある有
       配当性を有する投資契約の保険負債であって、IFRS第4号の対象となるものが含まれる。裁量権のある有配当
       性条項は、保証された給付金に加えて、実現した財務成績から分配を受ける権利を生命保険契約者に提供する
       ものである。
     - IAS第39号の適用対象であるユニットリンク型契約(すなわち、裁量権のある有配当性を有しない投資契約)に
       関するその他の保険負債。
     - 保険契約者剰余金。
     - 保険および再保険業務に起因する負債(保険契約者に対する負債を含む)。
     - 純損益を通じて公正価値で測定する保険業務のデリバティブ金融商品であって、公正価値がマイナスのもの。
       当社グループの保険会社は、ヘッジ目的で使われるデリバティブ商品を引き受ける。
      保険負債ではない金融負債(劣後債など)にはIAS第39号が適用される。これらは「償却原価で測定する金融負
     債」に表示される。
                                  66/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 裁量権のある有配当性を有する保険および再保険契約ならびに投資契約
      生命保険の保証対象には、主に死亡リスク(定期生命保険、年金保険、ローンやユニットリンク型契約の最低保
     証額の支払)が含まれ、借入人保険に関しては、障害、就労不能および失業リスクが含まれる。
      生命保険の責任準備金は、主に数理的準備金(少なくとも、保険契約の解約返戻金と保険契約者剰余金に相当す
     る準備金)から成る。
      保険契約者剰余金には、シャドウ・アカウンティングの適用によるものも含まれており、これは、主に在フラン
     ス生命保険子会社において、保険契約に基づく給付金が資産の利回りと連動している場合に、当該資産の未実現損
     益に対する保険契約者の持分を表すものである。この持分は、保険契約者に帰属する未実現損益の様々なシナリオ
     による確率論分析で算定された平均値である。
      資本組入準備金は、正味実現利益の一部を繰り延べる(すなわち、適格資産のポートフォリオの最終利回りを維
     持する)目的で償却可能証券の売却時点で在フランス生命保険会社の個別の法定勘定において設定される。連結財
     務諸表において、この準備金は、使用する(取り崩す)可能性が非常に高い範囲内で、「保険契約者剰余金」とし
     て、連結貸借対照表の負債側へと再分類されている。
      損害保険の責任準備金は、未経過保険料準備金(将来の期間に関連する約定保険料の一部分)および保険金請求諸
     手数料を含む未払保険金支払いのための準備金から成る。
      報告日には、負債十分性テストが実施され、責任準備金(新契約費残高控除後)の水準が、確率論に基づく計算に
     より導き出されたキャッシュ・フローの平均値と比較される。関連する責任準備金に対する調整があれば、当該期
     間の損益計算書に計上される。
      シャドウ・アカウンティングで処理される資産について未実現損失が生じた場合、将来の利益に対する保険契約
     者の持分から控除される可能性のある額と同額の、保険契約者損失引当金が、連結貸借対照表の資産の部に認識さ
     れる。保険契約者損失引当金の回復可能性は、別途認識されている保険契約者剰余金、会計処理方法の選択により
     シャドウ・アカウンティングで処理されない金融資産(取得原価で測定される満期保有目的金融資産および不動産
     投資)に伴うキャピタル・ゲイン、および未実現損失を含んでいる資産を会社が保有する能力および意図を考慮し
     て、将来に向かって評価される。保険契約者損失引当金は、貸借対照表の資産の部の「未収収益およびその他の資
     産」の対照勘定として計上される。
     ・ 裁量権のある有配当性を有しない投資契約

      裁量権のある有配当性を有しない投資契約は、主に、裁量権のある有配当性を有する保険および投資契約の定義
     を満たさないユニットリンク型契約に相当する。
      ユニットリンク型契約に起因する負債は、当該契約の裏付資産の決算日における公正価値を参照して測定され
     る。
     注1.g 有形固定資産および無形資産

      連結貸借対照表に計上される有形固定資産および無形資産は、事業用資産と投資不動産で構成される。リース資
     産に関する使用権資産(注1.h.2参照)は、固定資産の中に借手が保有する類似資産と同一カテゴリーで表示され
     る。
                                  67/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      事業用資産には、サービスの提供に用いられるもの、あるいは管理目的で使用するものがあり、その中には当社
     グループがオペレーティング・リースの貸手としてリースする非財産的資産も含まれる。
      投資不動産とは、賃貸料およびキャピタル・ゲインを目的として保有する不動産である。
      投資不動産は取得原価で測定されるが、保険契約者がリスクを負担する保険または投資契約(ユニットリンク型
     契約)に相当するものについては、例外的に、純損益を通じて公正価値で測定され、貸借対照表の「保険業務に係
     る金融投資」(注1.f.2)に表示される。
      有形固定資産および無形資産は、当初、購入価格に直接付随費用を加えた額で認識されるが、建設または改装に
     長い期間を要する場合には、資産が利用可能になるまでの間の借入金利息も取得原価に算入される。
      BNPパリバ・グループが内部で開発したソフトウェアのうち、資産計上の基準を満たすものについては、プロ
     ジェクトに直接起因する外部費用や従業員の人件費を含む直接的な開発費が資産計上される。
      当初の認識後、有形固定資産および無形資産は、取得原価から減価償却または償却累計額および減損額を差し引
     いた金額で測定される。
      有形固定資産および無形資産の価値のうち、償却可能額は資産の残存価額控除後の金額で計算される。当社グ
     ループが貸手としてリースするオペレーティング・リースの資産だけは、残存価額があるとの前提に基づく。これ
     は、事業で使用される有形固定資産および無形資産の耐用年数は通常、それらの経済的耐用年数と同じであるため
     である。
      有形固定資産および無形資産は、その耐用年数にわたって定額法で減価償却または償却される。減価償却費また
     は償却費は、損益計算書の「有形固定資産・無形資産に係る減価償却費、償却費および減損」に認識される。
      資産が、一定期間ごとの入れ替えを必要とする場合がある多くの構成要素で構成されている場合、またはその用
     途や生み出される経済的便益率が異なる多くの構成要素で構成されている場合、各構成要素はそれぞれに適切な方
     法により単独で認識され、減価償却される。BNPパリバ・グループは、事業で使用される不動産および投資不動産
     に対し、構成要素に基づくアプローチを採用してきた。
      オフィス不動産の減価償却期間は次の通りである。(主要な不動産およびその他の不動産それぞれにおける)外郭
     構造は80年または60年、建物の壁面は30年、一般的および技術的設置物は20年、備品および付属品は10年。
      ソフトウェアの償却期間は種類によって異なり、インフラ開発の場合は8年まで、顧客へのサービスの提供を主
     な目的として開発されたものでは3年または5年となっている。
      ソフトウェアの維持費用は、発生時に費用計上される。しかし、ソフトウェアの性能向上または耐用年数の延長
     のための費用は、取得/開発の初期コストに含まれる。
      償却可能な有形固定資産および無形資産については、決算日時点で潜在的な減損の兆候がないかどうかを確認す
     るため、減損テストを行う。非償却資産も、資金生成単位に対して割り当てられたのれんの場合と同じ方法によ
     り、少なくとも年に一度減損テストが行われる。
      減損の兆候がある場合には、該当資産の新たな回収可能価額と帳簿価額を比較する。資産の減損が発見された場
     合、減損損失が損益計算書で認識される。この損失は、見積回収可能価額に変更があった場合、あるいは減損の兆
     候がなくなった場合に戻し入れが行われる。減損損失は、損益計算書の「有形固定資産・無形資産に係る減価償却
     費、償却費および減損」に計上される。
                                  68/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      事業に使用される有形固定資産および無形資産の処分損益は損益計算書の「長期性資産に係る純利益」で認識さ
     れる。
      投資不動産の処分損益は、損益計算書の「その他の業務収益」または「その他の業務費用」で認識される。
     注1.h      リース

      当社グループの会社は、リース契約において借手または貸手になることがある。
     注1.h.1 当社グループの会社が貸手となる場合

      当社グループが貸手の立場で契約するリース取引は、ファイナンス・リースまたはオペレーティング・リースに
     分類される。
     ・ ファイナンス・リース

      ファイナンス・リースの場合、貸手は、資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にすべて借手に移転する。
     ファイナンス・リースは、借手が資産を購入するために行った貸出金として会計処理される。
      リース料の現在価値に残存価額を加えたものが、受取債権として認識される。リースによって貸手が稼得する純
     利益は貸出金の利息と同じであり、損益計算書の「受取利息」に計上される。リース料はリース期間にわたって分
     割して支払われるが、その純利益は正味リース投資未回収額に対して一定の収益率を反映したものとなるよう元本
     の減額部分と金利部分に配分される。使用される利率はリース上の計算利子率である。
      リース債権の減損は、償却原価で測定する金融資産に適用されるものと同じ原則に基づいて判断される。
     ・ オペレーティング・リース

      オペレーティング・リースとは、資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にすべて借手に移転しないリース
     である。
      リース資産は、貸手の貸借対照表の有形固定資産に計上され、耐用年数にわたって定額法で減価償却される。償
     却可能額は、リース資産の残存価額を控除している。リース料は、リース期間にわたって定額法に基づき全額損益
     計算書に計上される。リース料と減価償却費は、損益計算書の「その他の業務収益」および「その他の業務費用」
     に計上される。
     注1.h.2       当社グループの会社が借手となる場合

      当社グループが締結するリース契約については、期間が12ヶ月以下の契約と少額契約を除き、使用権(固定資産
     に表示されているリース資産に係る使用権)資産と、リース負債(リース期間にわたって支払うことになっている
     リース料および他の金銭の総額)が貸借対照表に認識される。使用権資産は定額法で償却され、リース負債は数理
     計算によりリース期間にわたって償却される。特定の備品および付属品に対応する撤去費用は、当初の使用権資産
     の見積りと、対応する負債の引当金に含まれる。
                                  69/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      当社グループが使用権資産およびリース負債の測定に用いている主な仮定は、以下の通りである。
     - リース期間は、契約の解約不能期間に、当社グループが期間延長オプションを行使することが合理的に確実な
       場合における当該行使後の期間を加えた期間とする。フランスでは、標準的な商業リース契約は「3-6-9」
       契約と呼ばれており、この契約は、最初の解約不能期間が3年で、期間を3年延長できるオプションが2つ付
       帯している、最大使用期間が9年の契約であるため、リース期間は、その内容の評価により、3年、6年また
       は9年となる場合がある。強制力のある期間が存在せず、黙示的に更新される契約については、終了までの期
       間が12ヶ月超の場合、関連する使用権資産およびリース負債は当該期間に基づき認識される。当初の強制力の
       ある期間が少なくとも1年間あり、終了通知が送達されない限りは当該期間または別の強制力のある期間が黙
       示的に更新されるような契約の場合、関連する使用権資産およびリース負債は、強制力のある期間の各更新日
       に認識される。
     - 使用権資産とリース負債の測定に用いる割引率は、リースの計算利子率を容易に算定できる場合には当該率を
       もとに契約ごとに算定し、より一般的には、契約締結日における借手の追加借入利子率をもとに算定する。追
       加借入利子率は、契約の平均期間を踏まえて算定される。
     注1.i 売却目的で保有する長期性資産と非継続事業

      当社グループが長期性資産または資産および負債のグループの売却を決定し、その売却が12ヶ月以内に行われる
     可能性が非常に高い場合、そのような資産は貸借対照表の「売却目的で保有する長期性資産」勘定に個別に表示さ
     れる。それらの資産に関連する負債もまた、貸借対照表の「売却目的で保有する長期性資産関連の負債」勘定にて
     個別に表示される。当社グループに、子会社の支配権喪失を伴う売却計画を実行する責任があり、その売却が12ヶ
     月以内に行われる可能性が非常に高い場合、当該子会社の資産および負債は売却目的で保有する資産に分類され
     る。
      一旦この勘定科目に分類された後は、長期性資産および資産と負債のグループは、帳簿価額または売却費用控除
     後の公正価値のいずれか低い金額で評価される。
      そのような資産については減価償却を行わない。長期性資産および資産と負債のグループに減損が生じた場合、
     減損損失が損益計算書に計上される。減損損失は戻し入れられる可能性がある。
      売却目的で保有する資産と負債のグループが資金生成単位の場合は、「非継続事業」に分類される。非継続事業
     には、売却対象業務、活動を停止した業務、転売の意図を持ってのみ取得した子会社が含まれる。
      この場合、非継続事業に関連する利益と損失は、損益計算書の「非継続事業および売却目的で保有する資産に対
     する税引後利益または損失」勘定に個別に表示される。この勘定には、非継続事業の税引後損益、売却費用控除後
     の公正価値で再測定することから生じた税引後利益または損失、および事業の売却による税引後利益または損失が
     含まれる。
                                  70/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注1.j 従業員給付
      従業員給付は、次の4つのカテゴリーのいずれか1つに分類される。
     - 給与、年次休暇、インセンティブ制度、利益配分と追加支払金といった短期給付
     - 有給休暇、永年勤続報奨金、その他の形態による現金ベースの繰延報酬を含むその他の長期給付
     - 解雇給付
     - フランスの追加型銀行業界年金および退職ボーナスならびに他国の各種年金制度(これらの一部は年金ファン
       ドが運用している)を含む退職後給付
     ・ 短期給付

      当社グループは、従業員給付の見返りとして従業員が役務を提供した時、その給付を費用として認識する。
     ・ 長期給付

      長期給付とは、短期給付、退職後給付および解雇給付以外の給付を意味する。これは特に、BNPパリバの株価と
     連動せず、報酬が稼得された期間の財務諸表に未払い計上される、12ヶ月を超える期間にわたって繰り延べられる
     報酬に関連するものである。
      ここで用いられる数理計算手法は、確定給付型退職後給付制度で用いられるものと類似のものであるが、再評価
     項目は、資本ではなく損益計算書に認識される。
     ・ 解雇給付

      解雇給付は、雇用契約の終了と引き換えに行われる従業員給付で、当社グループが法定退職年齢に達する前に雇
     用契約を終了させることを決定した場合、あるいは従業員が解雇給付を条件として自主退職を決意した場合に行わ
     れる従業員給付である。決算日から12ヶ月より後に支払期日が来る解雇給付は割引かれる。
     ・ 退職後給付

      BNPパリバ・グループは、IFRSに基づき、確定拠出型年金制度と確定給付型年金制度を区別している。
      確定拠出型年金制度は当社グループにとっての給付債務を生むものではないので、引当金を積み立てる必要はな
     い。会計期間ごとに支払われる雇用者拠出金は費用として認識される。
      確定給付型のスキームのみが当社グループにとっての給付債務を生み出す。この給付債務は引当金の形で負債と
     して測定され、認識される。
      この2つのカテゴリーへの制度の分類は制度の経済的実態に基づいて行われ、当社グループが合意した給付金を
     従業員に支払う法的または推定的債務を負っているかどうかを判断するための見直しが行われる。
      確定給付型年金制度の下での退職後給付債務は、人口統計学的および財務上の仮定を考慮した年金数理計算手法
     を用いて算定される。
      退職後給付制度について認識される負債純額は、確定給付債務の現在価値と制度資産の公正価値の差額である。
                                  71/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      確定給付債務の現在価値は、予測単位積増方式を用い、当社グループが採用する年金数理計算上の仮定に基づい
     て測定される。この方式では、各国または当社グループの各社に固有の、人口統計学的推計、従業員の定年前退職
     の確率、昇給率、割引率、全般的な物価上昇率といった様々なパラメーターを勘案している。
      制度資産の価値が給付債務額を超える場合、将来における拠出額の減少または制度に対する拠出額の将来におけ
     る一部払戻の形で当社グループに将来の経済的利益をもたらすものならば、資産として認識される。
      損益計算書の「給与および従業員給付」に認識されている確定給付制度に関する年間費用には、当期勤務費用
     (提供した役務と引き換えに当期中に確定した各従業員の権利)、確定給付負債(資産)の純額の割引による影響額と
     連動する正味利息、制度の変更または縮小に起因する過去勤務費用、および制度清算の影響額が含まれる。
      確定給付負債(資産)の純額の再測定結果は、株主資本に認識され、損益へ再分類されることはない。これらに
     は、年金数理計算上の差異、制度資産に係る収益および資産上限額の影響の変動(確定給付負債/資産に係る利息
     純額に含まれる額は除く)が含まれる。
     注1.k 株式報酬

      株式報酬取引とは、当社グループが発行した株式に基づく報酬であり、株式またはBNPパリバの株価に連動した
     現金支払いを受け取る形で決済される。
      IFRS第2号は、2002年11月7日より後に付与された株式報酬を費用として認識するよう求めている。認識された
     金額は、従業員へ付与される株式報酬の価額である。
      当社グループは、株式予約権方式による従業員ストック・オプション制度および繰延株式または株価連動型現金
     決済の報酬制度を提供している。また従業員は、株式を特定期間売却しないことを条件にBNPパリバが特別に発行
     する株式を割引価格で購入することもできる。
     ・ ストック・オプションおよび株式報酬制度

      ストック・オプションおよび株式報酬制度に関連する費用は、給付が被付与者の継続的雇用を条件とする場合に
     は権利確定期間にわたって認識される。
      ストック・オプションおよび株式報酬費用は、給与および従業員給付費用に計上され、対応する調整が株主資本
     に対して行われる。この費用は、付与日に取締役会が決定する、制度の全体的な価値に基づいて計算される。
      制度に係る金融商品の市場価格が入手できない場合には、BNPパリバの株価に関連する業績条件を考慮する財務
     評価モデルが使用される。制度に係る報酬費用総額は、付与するオプションまたは株式報酬の単価に、権利確定期
     間の最終時点で権利が確定したオプションまたは株式報酬の見積数量を掛けることで計算されるが、その際には、
     被付与者の継続的雇用という条件が考慮される。
      権利確定期間に前提条件が変更され、その結果、費用の再測定が必要となる場合があるが、これらの前提条件と
     は、従業員が当社グループを退職する可能性に関連するものと、BNPパリバの株価に連動しない業績条件に関連す
     るもののみに限られる。
                                  72/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 株価連動型現金決済繰延報酬制度
      この制度に関連する費用は、従業員が対応する役務を提供した年度において認識される。
      株式に基づく変動報酬の支払いが、権利確定日現在で対象従業員の雇用が続いていることを明示的な条件として
     いる場合、役務は、権利確定期間中に提供されたものとみなされ、対応する報酬費用は、当該期間にわたって比例
     配分で認識される。当該費用は給与および従業員給付費用に認識され、対応する負債が貸借対照表に認識される。
     この額は、雇用継続条件または業績条件の充足状況や、BNPパリバの株価の変動を考慮して見直される。
      雇用継続条件がない場合、費用は繰り延べられずに即時に認識され、対応する負債が貸借対照表に認識される。
     この額は、業績条件やBNPパリバの株価の変動を考慮して、決済までの各報告日において見直される。
     注1.l 負債として計上される引当金

      負債として計上される引当金(金融商品、従業員給付、保険契約に係るものを除く)は、主に事業再編、請求と訴
     訟、罰金や違約金に関連するものである。
      引当金は、過去の事象に起因する債務を決済するために経済的便益を持つ資源の流出が必要となる可能性が高
     く、当該債務の金額について信頼性のある見積りができる場合に認識される。そのような債務額は、割引の影響が
     重要な場合には、引当金の額の決定時に割引かれる。
      法人所得税務処理に関する不確実性の評価については、当社グループは以下のアプローチを採用している。
     - 当社グループは、税務当局が不確実な税務処理を認める可能性が高いかどうかを評価する。
     - 最も可能性の高い金額(より発生可能性の高い額)または期待額(確率加重された額の合計)のいずれかを考慮す
       る形で、課税所得(損失)を算定する際に不確実性の影響を反映させる。
     注1.m 当期および繰延税金

      当期法人税の課税額は、利益が生み出された会計期間に当社グループが業務を展開した各国において有効な税法
     と税率に基づいて決定される。
      繰延税金は、資産または負債の貸借対照表上の帳簿価額と税務基準額との間に一時差異が発生した場合に認識さ
     れる。
      繰延税金負債は、すべての将来加算一時差異について認識されるが、以下のものはその例外となる。
     - のれんの当初の認識額に関する一時差異
     - 当社グループが一時差異を解消する時期をコントロールでき、一時差異が予測可能な期間内には解消しない可
       能性が高い場合で、当社グループが単独でまたは第三者と共同で支配している企業に対する投資において発生
       した一時差異
      繰延税金資産は、対象会社が、将来、一時差異および税務上の欠損金と相殺可能な課税所得を生み出す可能性が
     高い場合にのみ、すべての将来減算一時差異と未使用の繰越欠損金について認識される。
      繰延税金資産と負債は、負債法を用い、繰延税金資産が実現するか繰延税金負債が解消される期間に適用される
     ことが予想される税率を用い、当該会計期間の決算日までに制定された(または制定される予定の)税率および税法
     に基づいて測定される。これらは割引かれない。
                                  73/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      繰延税金資産と負債は、同じ納税グループ内で発生する場合、単独の税務当局の管轄下の場合、および相殺でき
     る法的権利が存在する場合に互いに相殺される。
      当期および繰延税金は、損益計算書で税金収益または税金費用として認識されるが、株主資本に直接認識される
     取引または事象と関係のある当該税金は、株主資本に認識される。これは特に、当社グループが発行した、資本性
     金融商品として適格な金融商品(永久最劣後債など)について支払う利息の税効果に関する。
      債権および有価証券からの収益に係る税額控除が当期の未払法人税の決済に利用された場合、当該税額控除はそ
     れらが関連する収益と同じ項目で認識される。対応する税金費用は損益計算書の「法人税」に引き続き計上され
     る。
     注1.n キャッシュ・フロー計算書

      現金および現金同等物の残高は、現金および中央銀行預金正味残高、また銀行間コールローンおよび要求払預金
     の正味残高で構成される。
      営業活動に関連する現金および現金同等物の増減は、保険業務に係る金融投資および譲渡性預金に関連するもの
     を含む、当社グループの業務により生じたキャッシュ・フローを反映している。
      投資活動に関連する現金および現金同等物の増減は、連結グループに含まれている子会社、関連会社または共同
     支配企業の買収および処分、ならびに有形固定資産(投資不動産およびオペレーティング・リースとして保有され
     ている不動産を除く)の取得および売却により生じたキャッシュ・フローを反映している。
      財務活動に関連する現金および現金同等物の増減は、株主との取引、債券および劣後債に関連するキャッシュ・
     フロー、および負債証券(譲渡性預金を除く)により生じたキャッシュ・インフローおよびアウトフローを反映して
     いる。
     注1.o 財務諸表作成における見積りの利用

      財務諸表を作成する際に、中核事業や本社機能の管理者は、損益計算書の損益勘定および貸借対照表の資産・負
     債勘定の測定、ならびに財務諸表に対する注記で開示される情報に反映される仮定や見積りを行うことが要求され
     ている。担当管理者は、判断および見積りに当たり、財務諸表の作成日現在入手可能な情報を利用することを要求
     される。また、管理者が見積りを行った場合、将来の実績は、主に市況などにより、見積りと大幅に異なることが
     ある。これにより財務諸表に重要な影響が及ぶ可能性がある。
      これは、特に次の点について当てはまる。
     - 特定の金融資産のキャッシュ・フロー要件の分析
     - 予想信用損失の測定。これは、特に、信用リスクの著しい増大の有無の評価、予想信用損失の測定に用いるモ
       デルや仮定、様々な経済的シナリオやそれらへの重み付けに係る判断に適用される。
     - 条件変更貸付金を貸借対照表に認識し続けるべきか、認識を中止すべきかについて評価するための当該貸付金
       の分析
                                  74/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     - 活発な市場の評価、「資本を通じて公正価値で測定する金融商品」または「純損益を通じて公正価値で測定す
       る金融商品」に分類される公表価格のない金融商品(資産であるか負債であるかは問わない)の公正価値測定の
       内部開発モデルの使用、および(より一般的には)公正価値による開示要件の対象となる金融商品の公正価値の
       計算
     - 金融商品の市場価格に伴う各種市場リスクの感応度や、財務諸表の注記に開示されている主要な観察不能イン
       プットに対するこれらの評価の感応度を評価するために適用された仮定
     - 特定のデリバティブをキャッシュ・フロー・ヘッジ手段として指定したことの適切性およびヘッジの有効性の
       測定
     - 無形資産に対し行われる減損テスト
     - 繰延税金資産
     - 保険責任準備金および保険契約者剰余金の見積り
     - 法人所得税務処理に関する不確実性やその他の偶発債務等引当金の測定。特に、様々な調査や訴訟が進行して
       いる現状では、その結果や潜在的な影響を予測するのが難しい。引当金の見積りは、財務諸表作成日の時点で
       入手可能なあらゆる情報を考慮して策定しており、この情報には、特に、係争の性質、根底にある事実、進行
       中の法的手続、類似した事案に関するものを含む裁判所の判決が含まれている。当社グループは、専門家や独
       立顧問弁護士の意見も踏まえて判断を下している。
     次へ

                                  75/182












                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注2. IFRS第16号の初度適用の影響

      2019年1月1日から、BNPパリバ・グループは、新しい会計基準であるIFRS第16号「リース」を適用した。当社
     グループは、簡便な移行法である修正遡及アプローチを適用して新基準適用による累積的な影響額を資本に含める
     と決定した。これによる資本への影響額は、下記の差に相当する額である。
     - 契約の当初から新基準を適用していたと仮定して計算した、新基準初度適用日における使用権資産およびその
       償却額の割引後の(現在)価値
     - 新基準初度適用日におけるリース負債の割引後の(現在)価値
      使用権資産とリース負債の測定に適用された割引率は、適用日における満期までの残存期間に基づく、新基準初
     度適用日現在の追加借入利子率である。
      当社グループは、簡便な移行法である修正遡及アプローチを適用する際に、新基準が認めている主要な簡便的測
     定法(特に、移行日から12ヶ月以内に満了するリース契約の使用権資産については会計処理しないこと)を適用し
     た。
      認識されているリース契約は、基本的には不動産リースであるが、コンピューター機器および銀行業務用機器の
     リースや自動車リースも若干存在する。不動産リースは、リテール・バンキング事業に対する代理店のリースか、
     フランス国内外で(オフィスビル、本社などとして)使用される営業店のリースのいずれかである。
      当社グループは、IAS第12号「法人所得税」の第15項および第24項が認めている、繰延税金資産(DTA)および繰延
     税金負債(DTL)の当初認識免除を適用しないことを選択した。このため、個々の繰延税金資産および繰延税金負債
     は、借手の貸借対照表における使用権資産およびリース負債の額に関して計上される。
      貸借対照表に対しては、主に、資本が146百万ユーロ(税引後)減少したという影響、固定資産が3,357百万ユーロ
     増加したという影響、3,568百万ユーロのリース負債が認識されたという影響、また繰延税金資産が45百万ユーロ
     増加したという影響(注1.m「当期および繰延税金」に詳しく記載されている原則に基づくDTAとDTLの相殺後の影
     響)が及んだ。
                                  76/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      以下の表は、IFRS第16号初度適用により影響を受けた貸借対照表勘定を表している。
                                2018  年     IFRS  第16号適用の          2019  年

     ( 単位:百万ユーロ)
                               12月31日現在            影響        1月1日現在
     資産
      当期および繰延税金資産                             7,220           45        7,265
      未収収益およびその他の資産                            103,346             7       103,353
      有形固定資産および投資不動産                             26,652          3,357         30,009
      内、総額                             42,006          6,639         48,645
      内、減価償却累計額、償却費および減損                            (15,354)          (3,282)         (18,636)
     資産への影響額合計                                        3,409
     負債
      金融機関預金                             78,915           (11)        78,904
      当期および繰延税金負債                             2,255           (2)        2,253
      未払費用およびその他の負債                             89,562          3,568         93,130
     負債への影響額合計                                        3,555
     資本
      株主資本                            101,467           (141)        101,326
      少数株主持分                             4,259           (5)        4,254
     資本への影響額合計                                         (146)
     負債および資本への影響額合計                                        3,409
     前へ      次へ

                                  77/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注3. 2019年度上半期における損益計算書に対する注記

     注3.a 正味受取利息
      BNPパリバ・グループは、償却原価で測定する金融商品や、資本を通じて公正価値で測定する金融商品から生
     じ、実効金利法を用いて算定されるすべての収益および費用(利息、手数料および取引費用)を、「受取利息」およ
     び「支払利息」に含めている。
      これらの項目には、非トレーディング金融商品であって、その特徴により償却原価で認識することも、資本を通
     じて公正価値で認識することもできない商品に係る受取利息および支払利息や、当社グループが純損益を通じて公
     正価値で測定するものとして指定した金融商品に係る受取利息および支払利息も含まれる。純損益を通じて公正価
     値で測定する金融商品の公正価値の変動(未収/未払利息を除く)は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融商
     品に係る純利益」に認識されている。
      公正価値ヘッジとして会計処理されているデリバティブに係る受取利息および支払利息は、ヘッジ対象から生じ
     た収益に含まれている。同様に、純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した取引のヘッジに使用され
     るデリバティブから生じる受取利息および支払利息は、原取引に関連する受取利息および支払利息と同じ勘定に配
     賦される。
                               2019  年度上半期            2018  年度上半期

     ( 単位:百万ユーロ)
                             収益     費用     純額     収益     費用     純額
     償却原価で測定する金融商品                        15,378     (6,349)     9,029    14,216     (4,919)     9,297
       預金、貸出金および借入金                      14,071     (4,711)     9,360    13,170     (3,838)     9,332
       買戻/売戻契約                        90    (48)     42     82    (29)     53
       ファイナンス・リース                        672     (35)     637     635     (37)     598
       負債証券                        545         545     329          329
       発行済負債証券および劣後債                           (1,555)     (1,555)         (1,015)     (1,015)
     資本を通じて公正価値で測定する金融商品                          667      -    667     474      -    474
       負債証券                        667         667     474          474
     純損益を通じて公正価値で測定する金融商品
                               30    (140)     (110)      20    (249)     (229)
     (トレーディング目的有価証券は除く)
     キャッシュ・フロー・ヘッジ手段                         1,830    (1,019)      811    1,795    (1,043)      752
     金利ポートフォリオ・ヘッジ手段                         1,262    (1,126)      136    1,443    (1,284)      159
     リース負債                           -    (35)     (35)
     受取(支払)利息合計                        19,167     (8,669)     10,498     17,948     (7,495)     10,453
      個別に減損が認識された貸出金に係る受取利息は、2019年度上半期は235百万ユーロ、2018年度上半期は225百万

     ユーロであった。
                                  78/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注3.b 受取手数料および支払手数料
                               2019  年度上半期            2018  年度上半期

     ( 単位:百万ユーロ)
                             収益     費用     純額     収益     費用     純額
     顧客取引                         2,126     (593)    1,533     2,100     (514)    1,586
     有価証券およびデリバティブ取引                          883    (625)     258     924    (538)     386
     融資コミットメントおよび保証コミットメント                          586     (38)     548     560     (21)     539
     アセット・マネジメントおよびその他サービス                         2,228     (106)    2,122     2,361     (137)    2,224
     その他                          511    (503)      8    557    (632)     (75)
     受取/支払手数料                         6,334    (1,865)     4,469     6,502    (1,842)     4,660
      内、当社グループが、クライアント、信託、
      年金、および個人向けリスク保険ファンド
      またはその他の機関に代わり資産を保有                        1,346     (106)    1,240     1,461     (140)    1,321
      または投資する際の媒体となる、信託および
      類似活動に関連した正味受取手数料
      内、純損益を通じて公正価値で測定しない
                              1,461     (254)    1,207     1,492     (183)    1,309
      金融商品に係る受取手数料および支払手数料
     注3.c 純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に係る純利益

      純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に係る純利益には、トレーディング勘定において管理されている金
     融商品、当社グループが、資本を通じて公正価値で測定することを選択しなかった非トレーディング資本性金融商
     品、当社グループが純損益を通じて公正価値で測定する金融商品として指定した金融商品、ならびに負債証券で
     あって、そのキャッシュ・フローが元本の返済と付帯利息のみではないものや、その事業モデルの目的がキャッ
     シュ・フローの回収またはキャッシュ・フローの回収と資産の売却ではないものに関連するすべての損益項目が含
     まれている。
                                  79/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     これらの収益項目には、これらの金融商品に係る配当金は含まれているが、純損益を通じて公正価値で測定する金
     融商品、ならびに金融商品であって、そのキャッシュ・フローが元本の返済と付帯利息のみに充てられないもの
     や、その事業モデルの目的がキャッシュ・フローの回収またはキャッシュ・フローの回収と資産の売却ではないも
     の(これらは「正味受取利息」に表示されている、(注3.a)参照)からの受取利息および支払利息は含まれていな
     い。
     ( 単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     トレーディング勘定                                7,284          3,363
     金利および信用商品                                4,237          2,731
     資本性金融商品                                3,206           183
     外国為替金融商品                                  397          208
     貸出金および売戻契約                                 (813)          (309)
     その他の金融商品                                  257          550
     純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した
                                     (3,852)           (18)
     金融商品
     純損益を通じて公正価値で測定するその他の金融商品                                  301          238
     負債性金融商品                                  (5)         (25)
     資本性金融商品                                  306          263
     ヘッジ会計の影響                                 (43)          (38)
     公正価値ヘッジ手段たるデリバティブ                                  639          (21)
     公正価値ヘッジのヘッジ対象                                 (682)          (17)
     純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に係る
                                     3,690          3,545
     純利益
      純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した金融商品に係る損益は、主に、その価値の増減が、経済

     的なヘッジ手段の価値の増減により相殺されうるトレーディング勘定の金融商品に関連するものである。
      2019年度上半期および2018年度のトレーディング勘定に係る純利益には、キャッシュ・フロー・ヘッジの非有効
     部分に関連した重要性のない金額が含まれている。
      ヘッジの非有効性は、特にヘッジ対象とヘッジ手段の期間の不整合(金利改定の頻度や時期、支払いの頻度およ
     び割引係数などの不整合)、またはヘッジ関係開始日の時点でヘッジ手段であるデリバティブの公正価値がゼロ以
     外の場合により生じるヘッジ手段とヘッジ対象の間での差異が原因で生じる可能性がある。ヘッジ手段であるデリ
     バティブに適用される信用評価調整も、非有効性の原因となっている。
      これまでは資本に認識されており、2019年度上半期においては損益計算書に振り替えられた、キャッシュ・フ
     ロー・ヘッジ関係の中止に関係する公正価値変動の累計額には、ヘッジ対象が存在しなくなったかどうかにかかわ
     らず、重要性はなかった。
                                  80/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注3.d 資本を通じて公正価値で測定する金融商品に係る純利益
     ( 単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     資本を通じて公正価値で測定する負債性金融商品に
                                      134          111
     係る純利益
          (1)
                                      134          111
      負債証券
     資本を通じて公正価値で測定する資本性金融商品に
                                       84          59
     係る純利益
      受取配当金                                 84          59
     資本を通じて公正価値で測定する金融商品に係る
                                      218          170
     純利益
     (1)
      負債性金融商品からの受取利息は「正味受取利息」(注3.a)に含まれ、発行体の債務不履行の可能性に関連する減損損失は
      「リスク費用」(注3.h)に含まれている。
      過年度には「資本に直接認識され、純損益へ再分類される可能性のある資産および負債の変動」に計上され、税

     引前当期純利益に含まれていた、負債証券に係る未実現損益は、2019年度上半期は134百万ユーロ(2018年度上半期
     は98百万ユーロ)の利益であった。
     注3  .e  保険業務収益        ( 純額  )

     ( 単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     既経過保険料総額                                12,615          14,203
     裁量権のある有配当性を有する投資契約および
                                       14          23
     他のサービスからの純利益
     金融投資から生じる収益(純額)                                9,411          1,725
     契約に関する保険費用                               (18,583)          (12,678)
     出再保険費用(純額)                                  (61)          (99)
     保険金給付費用                                (1,078)          (1,041)
     保険業務収益(純額)                                2,318          2,133
      ( 単位:百万ユーロ)                          2019  年度上半期        2018  年度上半期

     売却可能金融資産に係る純利益                                1,716          1,997
      受取利息および配当金                               1,593          1,649
      減損引当金繰入額                                (145)           (7)
      処分益純額                                268          355
     純損益を通じて公正価値で測定する金融商品に係る
                                     7,523          (461)
     純利益
     償却原価で測定する金融商品に係る純利益                                  61         138
     投資不動産収益/費用                                  109          58
     持分法投資収益に対する持分                                   6         (1)
     その他の収益/費用                                  (4)          (6)
     金融投資から生じる収益(純額)                                9,411          1,725
                                  81/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注3.f その他の業務収益(純額)
                               2019  年度上半期            2018  年度上半期

     ( 単位:百万ユーロ)
                             収益     費用     純額     収益     費用     純額
     投資不動産収益(純額)                           56    (17)     39     47    (18)     29
     オペレーティング・リースの下で保有される
                              5,142    (4,388)      754    4,925    (4,233)      692
     リース資産収益(純額)
     不動産開発業務収益         ( 純額  )              602    (519)      83    436    (309)     127
     その他の収益(純額)                          875    (578)     297    1,204    (1,023)      181
     その他の業務収益(純額)合計                         6,675    (5,502)     1,173     6,612    (5,583)     1,029
     注3.g その他の営業費用

     (単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     外部サービスおよびその他の営業費用                                (4,504)          (4,957)
             (1)
                                     (1,469)          (1,477)
     税金および拠出額
     その他の営業費用合計                                (5,973)          (6,434)
     (1)

      欧州破綻処理基金への拠出額で、例外的な拠出額を含んでおり、2019年度上半期は645百万ユーロ、2018年度上半期は608百
      万ユーロであった。
     前へ      次へ

                                  82/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注3.h リスク費用

      当社グループが使用しており、注1.e.5に記載されている全般的な減損モデルは、下記のような2段階の作業
     に基づくものである。
     ・   信用リスクが当初認識時と比べ著しく増大していないかどうか評価する作業。
     ・   12 ヶ月の予想信用損失または残存期間における予想信用損失のいずれか(すなわち、満期時の予想損失)として
       減損引当金を測定する作業。
      両段階の作業は、将来予測的な情報をもとに実施しなければならない。
     ・   信用リスクの著しい増大

      信用リスクの増大の評価は、エクスポージャーの性質や取引相手の種類に応じて変化する指標や基準値をもとに
     金融商品レベルで実施される。
      当社グループが使用している内部信用格付手法は、登録書類第5章「第3の柱」(セクション5.4「信用リス
     ク」)に記載されている。
     - ホールセール(法人/金融機関/国家)および債券

      信用リスクの増大の評価に用いられる指標は、ファシリティの債務者に係る内部の取引相手格付である。
      組成時の取引先格付と報告日現在の当該格付の差が3ノッチまたはそれを超えている(4-から5-に悪化してい
     るなど)場合、信用の質の低下が著しいとみなされ、そのファシリティはステージ2に分類される。
      低リスク商品についてIFRS第9号が認めている実務的簡便法(すなわち、この方法では、報告日現在で投資適格
     格付の債券はステージ1に分類され、報告日現在で投資不適格格付の債券はステージ2に分類される)は、取得日
     の時点で格付が入手できない負債証券に限り使用される。
     - SMEコーポレート・ファシリティおよびリテール

      SMEコーポレート・エクスポージャーに関しても、信用リスクの増大の評価に用いられる指標は、ファシリティ
     の債務者に係る内部の取引先格付である。用いられる格付システムにおける変動がより大きいため、組成時の取引
     先格付と報告日現在の当該格付の差が6ノッチまたはそれを超えている場合、信用の質の低下が著しいとみなさ
     れ、そのファシリティはステージ2に分類される。
      リテール・エクスポージャーについては、信用リスクの増大の評価において、下記の2種類の代替指標が考慮さ
     れる。
     ・   デフォルト確率(PD):1年以内のデフォルト確率の変動は、残存期間におけるデフォルト確率の変動の合理的
       近似値とみなされる。報告日における1年以内のPDと組成時における1年以内のPDの比率が4倍を超えている
       場合、信用の質の低下が著しいとみなされ、そのファシリティはステージ2に分類される。
     ・   過去12ヶ月の間に発生した延滞の存在:消費者金融に特化した事業においては、過去12ヶ月の間に延滞の発生
       事例が存在する場合、事後的には約定通りに返済された場合であったとしても、信用リスクの増大が著しいと
       みなされ、そのファシリティはステージ2に分類される。
                                  83/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     - さらに、どのポートフォリオ(消費者金融に特化した事業は除く)についても、
     ・   報告日における格付が4-以上である(または1年以内のPDが0.25%以下である)場合、このゾーンにおける格
       下げと関係のあるPDの変動は僅少であり、「著しい」とはみなされないため、ファシリティはステージ1に分
       類される。
     ・   報告日における格付が9+以下である(または1年以内のPDが10%を超えている)場合、信用組成の観点から当
       社グループの実務を検討し信用リスクの増大が著しいとみなされれば、(ファシリティの信用が減損していな
       い限り)ステージ2に分類される。
      バックストップとして、資産の延滞期間が30日に達すると、当初認識後に信用リスクが著しく増大したとみなさ
     れるため、当該資産はステージ2に分類される。
     ・   将来予測的な情報

      当社グループは、信用リスクの著しい増大を評価する場合と、予想信用損失(ECL)を測定する場合の双方におい
     て、将来予測的な情報を検討する。
      信用リスクの著しい増大の評価については、当初認識時と報告日のリスク・パラメーターの比較結果をもとに判
     断するという原則(「信用リスクの著しい増大」セクションを参照)では判断できない場合、信用リスクが著しく増
     大しているかどうかの判断は、よりシステミックな将来予測的要因(マクロ経済要因、セクター要因または地域的
     リスク要因)の検討結果により補完され、一部のエクスポージャーに伴う信用リスクを増大させる可能性がある。
     これらの要因を検討すると、ステージ2への分類基準が厳格化されるため、これらのリスク要因の影響を受けやす
     いとみなされるエクスポージャーに係るECLの額が増加する。
      予想信用損失の測定に関しては、当社グループは、今後見込まれる経済情勢を幅広くカバーした、下記3種類の
     地域別マクロ経済シナリオの中から1つを選んで使用する。
     ・   ベースライン・シナリオ:予算編成に用いているシナリオと同じもの。
     ・   悪化シナリオ:当社グループが四半期ごとのストレス・テストで使用しているシナリオと同じもの。
     ・   好転シナリオ:経済情勢が予想より好転した場合の状況を捕捉できるシナリオ。
      マクロ経済シナリオとECL測定の関係は、主に、内部格付(またはリスク・パラメーター)遷移マトリクスを用い
     てモデル化されている。これらのシナリオに基づき算定されたデフォルト確率は、各状況における予想信用損失の
     測定に用いられている。
      各シナリオの下での予想信用損失に係る確率加重は、下記のように実施される。
     ・   ベースライン・シナリオについては50%。
     ・   悪化/好転シナリオに係る確率加重の係数は、クレジット・サイクルにおける位置との関係を用いて計算され
       る。このアプローチでは、経済が目覚ましい拡大を遂げている場合、経済が悪化する可能性に備え、悪化シナ
       リオには、経済成長がより低調な期間中の場合よりも高い確率加重係数が割り当てられる。
      加えて、適切な場合、ECL測定においては、資産が売却されるシナリオも考慮され得る。
                                  84/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     マクロ経済シナリオ:
      使用する3種類のマクロ経済シナリオは、
     ・   予測期間中における最も可能性の高い経済動向が織り込まれているベースライン・シナリオ。このシナリオ
       は、四半期ごとに更新される。このシナリオは、当社グループの経済調査部門(Economic                                               Research)が、当社
       グループ内のさまざまな専門家と協力して策定する。当社グループの主要市場について、信用ストレス・テス
       ト手続の下流で使われているリスク・パラメーター・モデル用のリスク要因である、主要なマクロ経済変数
       (GDPやその要素、失業率、消費者物価指数、金利、外国為替相場、原油価格、不動産価格など)を通じて予測
       が提示される。
     ・   ベースライン・シナリオの経済を悪化させるいくつかのリスクの顕在化がもたらす影響(経済動向をより悪化
       させる結果となる影響)が織り込まれている悪化シナリオ。経済悪化の起点となるのはGDPショックである。こ
       のショックはさまざまな大きさで適用されるが、経済危機が世界経済同時危機だと考えられる場合には、すべ
       ての経済に同時に適用される。これらの仮定は、概して、規制当局が提案しているものと同じである。他の変
       数(失業率、物価上昇率、金利)については、計量経済学との関係や専門家の判断をもとに適用される。
     ・   経済を上振れさせるいくつかのリスクの顕在化がもたらす影響(経済動向をより好転させる結果となる影響)が
       織り込まれている好転シナリオ。偏りのない引当金を見積るため、好転シナリオは、GDP成長(サイクル中の平
       均)に対するショックの蓋然性が、悪化シナリオにおける当該ショックの蓋然性と同じになるように策定され
       る。好転シナリオにおけるGDPショックの大きさは、通常、悪化シナリオにおけるGDPショックの大きさの
       80%~95%となる。他の変数(失業率、物価上昇率、金利)については、悪化シナリオと同じ方法で適用され
       る。
     ・当期信用リスク費用

     (単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     減損引当金計上額(純額)                                (1,202)          (1,122)
     償却債権取立益                                  215          254
     回収不能貸出金に係る損失                                 (403)          (314)
     当期リスク費用合計                                (1,390)          (1,182)
                                  85/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     会計処理カテゴリーおよび資産種類別当期リスク費用
     (単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     現金および中央銀行預け金                                  (4)          3
     純損益を通じて公正価値で測定する金融商品                                  (3)         (10)
     資本を通じて公正価値で測定する金融資産                                  (1)          (7)
     償却原価で測定する金融資産                                (1,280)          (1,190)
      貸出金および債権                               (1,283)          (1,165)
      負債証券                                  3         (25)
     その他の資産                                  (11)           ▶
     融資コミットメントおよび保証コミットメント
                                      (91)          18
     ならびにその他の項目
     当期リスク費用合計                                (1,390)          (1,182)
     未減損資産およびコミットメントに係るリスク費用                                  51         169
      内、ステージ1                                (82)          (51)
      内、ステージ2                                133          220
     減損資産およびコミットメントに係るリスク費用
                                     (1,441)          (1,351)
      -  ステージ3
                                  86/182













                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 信用リスクに係る減損
     会計処理カテゴリーおよび資産種類別の当期における減損の変動
                                             為替レートの

                                                     2019  年
                           2018  年
                                              変動および
                                 減損引当金       減損引当金
     (単位:百万ユーロ)
                                              その他の
                                計上額   ( 純額  )  充当  額
                          12 月31日現在
                                                    6月30日現在
                                               影響額
     資産の減損
     中央銀行預け金                          15       ▶            (1)       18
     純損益を通じて公正価値で測定する金融商品                         191       (1)            (12)       178
     資本を通じて公正価値で測定する資産の減損                         140        1                  141
     償却原価で測定する金融資産                        24,362       1,112      (1,912)        (124)     23,438
      貸出金および債権                       24,232       1,114      (1,912)        (122)     23,312
      負債証券                        130       (2)             (2)      126
     その他の資産                          80       10             (1)       89
     金融資産の減損合計                        24,788       1,126      (1,912)        (138)     23,864
      内、ステージ1                       1,581        60            (44)     1,597
      内、ステージ2                       3,325       (150)        (7)       19     3,187
      内、ステージ3                       19,882       1,216      (1,905)        (113)     19,080
     負債として認識される引当金
      コミットメントに対する引当金                        775       66             (3)      838
      その他の引当金                        417       10      (19)       (9)      399
     信用コミットメントに対する引当金合計                        1,192        76      (19)       (12)     1,237
      内、ステージ1                        237       13             (7)      243
      内、ステージ2                        220       19                   239
      内、ステージ3                        735       44      (19)       (5)      755
     減損および引当金合計                        25,980       1,202      (1,931)        (150)     25,101
                                  87/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     償却原価で測定する金融資産の当期中の減損の変動
                                   残存期間に

                            12 ヶ月の
                                  おける予想信用
                          予想信用損失を
                                            不良資産の
                                   損失を評価
                           評価すべき
     (単位:百万ユーロ)                                                 合計
                                             減損
                                   すべき資産の
                                           ( ステージ3)
                           資産の減損
                                     減損
                           (ステージ1)
                                   (ステージ2)
     2018  年12月31日現在                        1,549        3,302        19,511        24,362
     減損引当金計上額        ( 純額  )                 49       (149)        1,212        1,112
      当期中に購入または組成された金融資産                          292        187         3       482
                      (1)
                               (140)        (245)        (379)        (764)
      当期中に認識が中止された金融資産
      ステージ2への振替                          (75)       1,088        (241)         772
      ステージ3への振替                          (11)        (495)        1,247         741
      ステージ1への振替                           52       (450)         (56)        (454)
                      (2)
                                (69)        (234)         638        335
      他の引当金/ステージ振替なく戻入
     減損引当金充当額                            (1)        (7)      (1,904)        (1,912)
     為替レートの変動およびその他の事項の
                                (41)         17       (100)        (124)
     影響額
     2019  年6月30日現在                        1,556        3,163        18,719        23,438
     (1)

      売却を含む
     (2)
      償却を含む
     注3.i 法人税

     (単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     当期税金費用(純額)                                (1,162)           (996)
     繰延税金費用(純額)                                 (300)          (480)
     法人税費用                                (1,462)          (1,476)
     前へ      次へ

                                  88/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注4. セグメント情報

      当社グループは、2つの事業部門から構成されている。
     - リテール・バンキング事業およびサービス事業。この事業は、国内市場部門および国際金融サービス部門から
       成る。国内市場部門には、フランス(FRB)、イタリア(BNLバンカ・コメルシアーレ)、ベルギー(BRB)、および
       ルクセンブルク(LRB)の各国内でのリテール・バンキング業務、ならびにリテール・バンキング業務専業の特
       別部門(パーソナル・インベスターズ、リーシング・ソリューション、アルバルおよびニュー・デジタル・ビ
       ジネス)が含まれる。また国際金融サービス部門は、BNPパリバ・グループがユーロ圏以外の地域(欧州・地中
       海沿岸諸国および米国(バンクウェスト)に区分される)で展開しているすべてのリテール・バンキング事業
       と、パーソナル・ファイナンス、保険、ウェルス&アセット・マネジメント業務(ウェルス・マネジメント、
       アセット・マネジメントおよび不動産管理)から成る。
     - ホールセールバンキング事業(CIB)。この事業は、コーポレート・バンキング(欧州諸国、中東諸国、アフリカ
       諸国、アジア諸国、アメリカ諸国での法人業務およびコーポレート・ファイナンス業務)、グローバル・マー
       ケット(フィクスト・インカム業務、為替およびコモディティ業務ならびに株式およびプライム・サービス業
       務)、ならびに資産管理会社、金融機関および他の法人を顧客とする証券管理事業を含む。
      その他の主な業務としては、プリンシパル・インベストメンツ、当社グループの本部資金部門に関連する業務、
     クロスボーダービジネスプロジェクト関連費用、パーソナル・ファイナンスの住宅ローン業務(業務の大部分はラ
     ン・オフで管理されている)、およびいくつかの投資業務がある。
      これらは、企業結合に関する規則の適用により生じた非経常項目も含んでいる。各中核事業について一貫性があ
     り実用的な関連情報を提供するため、取得した各事業体の純資産に認識される公正価値調整額の償却による影響額
     と、各事業体の統合に関連して生じた事業再編費用が「その他の事業」セグメントへ配賦されている。当社グルー
     プのクロスボーダービジネス省力化プログラム関連の転換費用についても同様である。
      セグメント間取引は通常の取引条件で行われる。表示されているセグメント情報は、合意されたセグメント間の
     移転価格で構成されている。
      資本は、リスク・エクスポージャーを基に、主に資本要件に関連する様々な慣例を考慮に入れ配賦される。こう
     した仮定は、自己資本規制により求められるリスク加重資産の算出により導き出されるものである。セグメント別
     の正常化された持分利益は、配賦した持分の利益を各セグメントに帰属させて算定している。各セグメントへの資
     本配賦率は、リスク加重資産の11%である。中核事業別の貸借対照表の内訳は、中核事業別の損益計算書の内訳と
     同じ規則に従っている。
      2019年度の情報と比較できるようにするため、2018年度のセグメント情報は、下記の主要な影響が2018年1月1
     日に発生したものと仮定して修正再表示されている。
     1. 2018年における43.6%の株式売却を受けて、First                              Hawaiian     Bank(FHB)は、2018年8月1日からは全部連結
       の対象外となり、IFRS第5号に従い売却目的で保有する資産として会計処理された。2018年10月1日からは
       コーポレート・センターに計上されていた。留意すべき点として、2019年1月25日には残りの株式がすべて売
       却された。
                                  89/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
       当社グループ業績に対するFHBの貢献額は、当初はバンクウェストに配分された、FHB株式の売却に伴うキャピ
       タル・ゲインを含めて、2018年1月1日より、コーポレート・センターに遡及的に再配分されている。
     2. 組織変更を反映するため、CIB内部で、コーポレート・バンキング部門から証券管理部門への、コルレス銀行
       業務の内部振替が実施されている。
     これらの変更は、当社グループ全体の業績には影響を及ぼしていないものの、IFS(バンクウェスト)、CIB(コーポ
     レート・バンキング部門、証券管理部門)およびコーポレート・センターに対しては、下記の表にあるような影響
     を及ぼしている。
     ・   事業セグメント別業務収益

                                      2019  年度上半期

     (単位:百万ユーロ)
                                                     税引前
                         営業収益     営業費用     リスク費用      営業利益     営業外項目
                                                    当期純利益
     リテール・バンキング事業
     およびサービス事業
     国内市場部門
                      (1)
                          3,071    (2,212)       (152)      708       1     709
      フランス国内リテール・バンキング
                   (1)
                          1,317     (881)      (272)      163            163
      BNLバンカ・コメルシアーレ
                      (1)
                          1,703    (1,323)       (31)      350      (3)      346
      ベルギー国内リテール・バンキング
                (1)
                          1,535     (924)      (63)      548      (6)      542
      その他の国内市場部門
     国際金融サービス部門
      パーソナル・ファイナンス                     2,866    (1,472)       (619)      776      18      794
      海外リテール・バンキング部門
                  (1)
                          1,335     (898)      (174)      264      118      382
      欧州・地中海沿岸諸国部門
             (1)
                          1,129     (855)      (21)      253       1     254
      バンクウェスト
      保険部門                     1,653     (750)       (1)     902      78      980
      ウェルス&アセット・マネジメント                     1,561    (1,273)        (4)     283      26      310
     ホールセールバンキング事業
      コーポレート・バンキング部門                     2,063    (1,331)       (55)      677       6     683
      グローバル・マーケット部門                     2,932    (2,188)        (2)     742      (23)      719
      証券管理部門                     1,112     (941)       1     173      (2)      171
     その他の事業                       90    (837)       3    (744)      752       8
     グループ合計                     22,368    (15,884)      (1,390)      5,094       966     6,060
                                  90/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                                      2018  年度上半期
     (単位:百万ユーロ)
                                                     税引前
                         営業収益     営業費用     リスク費用      営業利益     営業外項目
                                                    当期純利益
     リテール・バンキング事業
     およびサービス事業
     国内市場部門
                      (1)
                          3,034    (2,218)       (112)      704       1     704
      フランス国内リテール・バンキング
                   (1)
                          1,366     (897)      (296)      173      (1)      171
      BNLバンカ・コメルシアーレ
                      (1)
                          1,760    (1,331)        (4)     424            424
      ベルギー国内リテール・バンキング
                (1)
                          1,452     (895)      (61)      497      (5)      491
      その他の国内市場部門
     国際金融サービス部門
      パーソナル・ファイナンス                     2,735    (1,397)       (541)      797      26      822
      海外リテール・バンキング部門
                   (1)
                          1,192     (816)      (125)      251      139      389
       欧州・地中海沿岸諸国部門
              (1)
                          1,386     (967)      (25)      394            394
       バンクウェスト
      保険部門                     1,397     (710)       1     688      121      810
      ウェルス&アセット・マネジメント                     1,630    (1,253)        (2)     374      18      392
     ホールセールバンキング事業
      コーポレート・バンキング部門                     1,919    (1,288)        14     645      16      661
      グローバル・マーケット部門                     2,945    (2,230)        (9)     706       ▶     709
      証券管理部門                     1,022     (842)       3     183            183
     その他の事業                       167    (784)      (25)     (641)      197      (444)
     グループ合計                     22,004    (15,628)      (1,182)      5,194       515     5,709
     (1)

      フランス、イタリア、ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、トルコおよび米国のウェルス・マネジメントの業務の3分の1
      をウェルス&アセット・マネジメントに再配分した後のフランス国内リテール・バンキング、BNLバンカ・コメルシアーレ、
      ベルギー国内リテール・バンキング、ルクセンブルク国内リテール・バンキング、欧州・地中海沿岸諸国部門およびバンク
      ウェスト。
                                  91/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・ 「保険業務収益(純額)」に計上される手数料を含む事業セグメント別正味受取手数料
     ( 単位:百万ユーロ)                           2019  年度上半期        2018  年度上半期

     リテール・バンキング事業およびサービス事業

     国内市場部門
                      (1)
                                     1,295          1,321
      フランス国内リテール・バンキング
                   (1)
                                      507          522
      BNLバンカ・コメルシアーレ
                      (1)
                                      404          408
      ベルギー国内リテール・バンキング
                (1)
                                      179          193
      その他の国内市場部門
     国際金融サービス部門
      パーソナル・ファイナンス                                375          373
      海外リテール・バンキング部門                                460          424
                   (1)
                                      284          256
       欧州・地中海沿岸諸国部門
              (1)
                                      176          168
       バンクウェスト
      保険部門                               (1,721)          (1,690)
      ウェルス&アセット・マネジメント                               1,006          1,077
     ホールセールバンキング事業
      コーポレート・バンキング部門                                671          698
      グローバル・マーケット部門                                (397)          (363)
      証券管理部門                                651          615
     その他の事業                                  (10)          114
     グループ合計                                3,421          3,693
     (1)

       フランス、イタリア、ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、トルコおよび米国のウェルス・マネジメントの業務の3分の1
      をウェルス&アセット・マネジメントに再配分した後のフランス国内リテール・バンキング、BNLバンカ・コメルシアー
      レ、ベルギー国内リテール・バンキング、ルクセンブルク国内リテール・バンキング、欧州・地中海沿岸諸国部門およびバ
      ンクウェスト。
     前へ      次へ

                                  92/182









                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注5. 2019年6月30日現在の貸借対照表に対する注記

     注5.a 純損益を通じて公正価値で測定する金融商品
     純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産および金融負債は、トレーディング目的で保有している取引(デリ
     バティブを含む)、発行時に当社グループが純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した特定の負債、
     および非トレーディング金融商品であって、その特徴により償却原価で認識することも資本を通じて公正価値で認
     識することもできない商品から成る。
                        2019  年6月30日現在                  2018  年12月31日現在

                        純損益を                    純損益を
                             純損益を                    純損益を
                        通じて                    通じて
                             通じて                    通じて
                        公正価値                    公正価値
                   トレー                    トレー
     ( 単位:百万ユーロ)
                             公正価値                    公正価値
                        で測定す                    で測定す
                   ディング                合計    ディング                合計
                             で測定                    で測定
                        るものと                    るものと
                    勘定                    勘定
                        して指定                    して指定
                             する他の                    する他の
                        した金融                    した金融
                             金融資産                    金融資産
                         商品                    商品
     有価証券              190,407           7,558    197,965     114,615           7,339    121,954
     貸出金および売戻契約              315,632           1,043    316,675     182,463           1,253    183,716
     純損益を通じて公正価値で
                   506,039        -   8,601    514,640     297,078        -   8,592    305,670
     測定する金融資産
     有価証券              100,405               100,405     75,189               75,189
     借入金および買戻契約              345,592      2,447         348,039     201,705      2,334         204,039
     発行済負債証券(注5.f)                   61,783          61,783          54,908          54,908
      内、劣後債                    789          789          787          787
      内、非劣後債                  55,103          55,103          48,964          48,964
      内、第三者が管理して
                         5,891          5,891          5,157          5,157
      いる連結ファンドの持分
      を表す債券
     純損益を通じて公正価値で
                   445,997     64,230         510,227     276,894     57,242         334,136
     測定する金融負債
      これらの資産および負債の詳細は注5.cに記載されている。

     ・   純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した金融負債

      純損益を通じて公正価値で測定する金融負債には主として、顧客に代わり発行・組成する負債証券があり、この
     場合、リスク・エクスポージャーをヘッジ戦略と組み合わせて管理する。この種類の負債証券には、その価値の増
     減が、経済的ヘッジ手段の価値の増減により相殺される可能性のある重要な組込デリバティブが含まれている。
      純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した発行済債券の償還価値は、2019年6月30日現在で56,343
     百万ユーロ(2018年12月31日現在は56,435百万ユーロ)であった。
                                  93/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・   純損益を通じて公正価値で測定するその他の金融資産
      純損益を通じて公正価値で測定するその他の金融資産は、トレーディング目的で保有していない以下の金融資産
     である。
     -   IFRS  第9号が定めている、「資本を通じて公正価値で測定する」金融商品、「償却原価で測定する」金融商
       品、いずれへの分類基準も満たしていない、以下の負債性金融商品。
       -   その事業モデルの目的が、「契約上のキャッシュ・フローの回収」または「契約上のキャッシュ・フロー
         の回収と資産の売却」ではないもの。
       -   そのキャッシュ・フローが、元本の返済および未払元本残高に付帯する利息の支払のみに充てられないも
         の。
     -   当社グループが、「資本を通じて公正価値で測定する」ものとして分類することを選択しなかった資本性金融
       商品。
     デリバティブ金融商品

      トレーディング目的で保有するデリバティブ金融商品の大部分はトレーディング目的で開始された取引に関連す
     るものである。それらは、マーケット・メイキングまたは裁定取引から生じうる。BNPパリバは積極的にデリバ
     ティブ取引を行っている。取引としては、顧客ニーズに応えるために行っている、クレジット・デフォルト・ス
     ワップのような「一般的な」商品の売買や、複合的なリスク構成にした仕組型取引などがある。ネットポジション
     はいずれにしても限度額内でなければならない。
      デリバティブ商品の中には、金融資産や金融負債のヘッジ目的で契約しているデリバティブもあるが、そうした
     デリバティブについては、当社グループはヘッジ関係を文書化しておらず、IFRSに基づくヘッジ会計にも適格では
     ない。
                         2019  年6月30日現在                 2018  年12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)
                       プラスの         マイナスの          プラスの         マイナスの
                       市場価格         市場価格         市場価格         市場価格
     金利デリバティブ                    154,411         142,695         116,438         103,452
     為替デリバティブ                     63,306         62,068         69,514         68,761
     クレジット・デリバティブ                     8,655         9,157         6,873         7,071
     株式デリバティブ                     25,180         32,174         33,424         39,419
     その他のデリバティブ                     4,698         4,383         6,646         7,101
     デリバティブ金融商品                    256,250         250,477         232,895         225,804
                                  94/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      下記の表は、トレーディング勘定のデリバティブの想定元本の合計を示している。デリバティブ商品の想定元本
     は、金融商品市場での当社グループの活動量を表しているに過ぎず、当該商品に関連する市場リスクを示すもので
     はない。
                                   2019  年6月30日現在

     (単位:百万ユーロ)
                              中央清算機関経由で
                       市場取引                   店頭取引          合計
                              清算される店頭取引
     金利デリバティブ                   1,684,602         12,653,031          5,512,437         19,850,070
     為替デリバティブ                     20,320         70,662        5,370,366         5,461,348
     クレジット・デリバティブ                             309,853         599,928         909,781
     株式デリバティブ                    913,272          1,828        568,622        1,483,722
     その他のデリバティブ                    208,441                   88,510         296,951
     デリバティブ金融商品                   2,826,635         13,035,374         12,139,863         28,001,872
                                   2018  年12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)
                              中央清算機関経由で
                       市場取引                   店頭取引          合計
                              清算される店頭取引
     金利デリバティブ                   1,553,933         9,189,930         5,193,522         15,937,385
     為替デリバティブ                     15,547         52,329        4,782,027         4,849,903
     クレジット・デリバティブ                             311,726         561,534         873,260
     株式デリバティブ                   1,132,800           1,789        577,816        1,712,405
     その他のデリバティブ                     99,510         58,004         94,202         251,716
     デリバティブ金融商品                   2,801,790         9,613,778         11,209,101         23,624,669
     注5.b 資本を通じて公正価値で測定する金融資産

                           2019  年6月30日現在               2018  年12月31日現在

                                 内、資本に直接                 内、資本に直接認
     (単位:百万ユーロ)
                                  認識される                  識される
                          公正価値                 公正価値
                                 評価額の変動                 評価額の変動
     負債証券                       53,202          169        53,838          77
     国債                       31,575          160        32,818          243
     その他の公債                       14,101          77       14,340          (74)
     金融機関関連項目                       4,603         (68)        4,149         (83)
     その他                       2,923                 2,531          (9)
     持分証券                       2,303         595        2,151         451
     資本を通じて公正価値で測定する
                            55,505          764        55,989          528
     金融資産合計
      資本を通じて公正価値で測定する負債証券には、2019年6月30日現在でステージ3に分類されている114百万

     ユーロ(2018年12月31日現在と同じ)が含まれている。これらの有価証券について損益計算書に認識される信用減損
     は、2019年6月30日現在では113百万ユーロ(2018年12月31日現在は112百万ユーロ)の、資本に認識される評価額の
     マイナス変動として計上されている。
                                  95/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      特に、戦略的提携を通じて保有している株式や、当社グループが特定の業務を営むために保有すべき株式などの
     資本性金融商品については、資本を通じて公正価値で測定する選択が維持された。
      2019年上半期中に、当社グループはこれらの投資のいずれも売却しておらず、一切の未実現損益は「利益剰余
     金」に振り替えられなかった。
     注5.c 金融商品の公正価値測定

     評価プロセス
      BNPパリバでは、日々のリスク管理や財務報告に用いられる、金融商品の公正価値を測定および統制するための
     独自かつ統合的なプロセスを設ける必要があるという基本原則を設けている。前述のプロセスは、いずれも、業務
     上の決定やリスク管理戦略の中核をなす要素である、一般的な経済的評価を基本とするプロセスである。
      経済価値は、仲値に評価調整を加えた値となる。
      仲値は、外部のデータ、または観察可能な市場ベースのデータを最大限活用する評価技法を用いて測定される。
     仲値は、i)取引の方向またはポートフォリオに内包されている既存のリスクへの影響、ii)取引相手の種類、およ
     びiii)市場参加者の、金融商品、当該商品が取引されている市場、またはリスク管理戦略に固有の特定のリスクに
     対する嫌悪感が考慮されていない、追加的な調整が必要な理論値である。
      評価調整では、公正価値測定に伴う不確実性や、主要な市場における取引解消に伴い生じる可能性のある費用を
     反映するための市場リスク・プレミアムおよび信用リスク・プレミアムを含めるかどうかを考慮する。公正価値測
     定に評価技法を用いる場合には、特に適切な割引率を用いて仲値を測定する作業において、予想将来キャッシュ・
     フローと関係のあるファンディングに関する仮定が不可欠な要素となる。これらの仮定には、当行が見込んでいる
     条件(市場参加者が検討するであろう、該当商品によるファンディングが効果的なものとなるような条件)が反映さ
     れる。この作業では、特に、担保契約の存在および条項が考慮される。特に、無担保または担保が不十分なデリバ
     ティブ商品については、銀行間取引金利を反映するための調整(資金調達評価調整                                          - FVA)が含まれる。
      公正価値は、通常、自己の信用リスクに係る評価調整に代表される、IFRSの各基準が明示的に求めている限られ
     た調整を実施した後の経済価値と同じになる。
      以下のセクションでは、主な評価調整について説明する。
     評価調整

      BNPパリバでは、公正価値測定の際に、以下のような評価調整を行っている。
      ビッド価格とアスク(オファー)価格が存在する場合に必要な調整                                 :ビッド/オファー・スプレッドの範囲内の価
     格は、価格受容者にとっては、付加的な取引解消価格を表す価格であるが、ディーラーにとっては、ポジションの
     保有に伴うリスクまたは価格受容者が他のディーラーの価格を受容することによりポジションを手仕舞うリスクを
     負担する見返りに求める対価を表す価格である。
      BNPパリバでは、ビッド/オファー・スプレッドの範囲内で取引解消価格(公正価値)を最もよく表している別の
     価格が存在しない限り、ビッド価格またはオファー価格を取引解消価格の最良の見積額とすることを前提としてい
     る。
                                  96/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      インプットに不確実性が伴う場合に必要な調整                        :評価技法に必要な価格情報もしくはインプットの観察が困難な
     場合、または当該観察の結果が一様でない場合、取引解消価格には不確実性が伴うこととなる。取引解消価格に伴
     う不確実性の程度を測定する方法には、入手可能な価格情報の分散度を測定するという方法、または評価技法に用
     いることができるインプットの範囲を見積るという方法に代表されるいくつかの方法がある。
      評価モデルが原因で不確実性が生じる場合に必要な調整                             :この調整は、用いる観察可能なインプットは入手でき
     るものの、用いる評価技法が原因で公正価値測定結果に不確実性が生じるといった状況で必要となる。この状況
     は、金融商品に固有のリスクが、観察可能なデータに固有のリスクと異なるため、評価技法による公正価値測定の
     際に、容易に裏付けの取れない仮定を用いる必要がある場合に生じる。
      信用評価調整(CVA)          :CVAは、公正価値測定結果または市場における相場価格に取引相手の信用力が反映されてい
     ない場合に、当該測定結果または価格に対して行う調整で、取引相手が債務を履行できず、BNPパリバが取引の公
     正価値に相当する全額を受け取れない可能性を考慮することを目的とする調整である。
      取引先リスクに対するエクスポージャーの終了または移転に伴う費用の算定時には、インター・ディーラー市場
     が適切であるものとみなされる。しかし、CVAの決定については、i)インター・ディーラー市場にて入手できる価
     格情報が存在しないか不足している可能性がある場合、ii)取引先リスクに関する規制の内容が、市場参加者の価
     格決定行動に影響を及ぼす場合、また、iii)取引先リスクを管理するための主要なビジネス・モデルが存在しない
     場合、当社グループは一定の判断を行う必要がある。
      CVAモデルでは、規制に従うために用いるのと同じエクスポージャーに基づき調整が行われる。CVAモデルでは、
     i)施行中の規制やその改訂に固有の黙示的な誘因や制約、ii)市場参加者によるデフォルト確率の認識度、および
     iii)規制に従うために用いるデフォルト・パラメータに基づく最適なリスク管理戦略にかかる費用を見積る。
      当社グループ自身の信用リスクを反映するために行う債務を対象とする調整(OCA)やデリバティブを対象とする
     当該調整(債務評価調整             - DVA)  :OCAやDVAは、BNPパリバの信用力(信用リスク)が、純損益を通じて公正価値で測
     定するものとして指定した負債証券や他のデリバティブの評価に及ぼす影響を反映するための調整である。OCAや
     DVAは、いずれも、前述の金融商品において、将来生じる見込みの債務の内容に基づき行われる。当社グループの
     信用力は、関連債券の発行水準を市場にて観察するという方法で推測される。DVAの調整は、資金調達評価調整
     (FVA)を踏まえて算定される。
      このため、純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した負債証券の帳簿価額は、2019年6月30日現在
     では207百万ユーロ(2018年12月31日現在では244百万ユーロ)増加した(すなわち、資本に直接認識され、純損益へ
     再分類されない-37百万ユーロの評価差額が認識された)。
                                  97/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     金融商品の分類ならびに公正価値で測定される資産および負債が分類される公正価値ヒエラルキー内のレベル
      重要な会計方針の要約(注1.e.10)にて説明した通り、公正価値で測定される金融商品は、公正価値ヒエラル
     キーの3つのレベルのいずれかに分類される。
      金融資産および負債を、下記のように、ヘッジするリスクの種類に応じて細分化すると、当該金融商品の本質を
     より正確に理解できる。
     - 証券化エクスポージャーは、担保の種類に応じて細分化される。
     - デリバティブについては、主要なリスク要因(すなわち、金利変動、為替相場変動、信用リスク要因および保
       有株式の価格変動)に応じて公正価値が細分化される。ヘッジ目的デリバティブは金利デリバティブが主であ
       る。
                                    2019  年6月30日現在

                                         トレーディング目的で保有していない純損益を
     (単位:百万ユーロ)                      トレーディング勘定
                                           通じて公正価値で測定する金融商品
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計    レベル1     レベル2     レベル3      合計
     有価証券                  160,301     29,775      331   190,407      636    1,806     5,116     7,558
     国債                  86,159     7,670         93,829           244          244
     資産担保証券                   3,058     6,365      7   9,430          312          312
         (1)
                             475          475                    -
      CDO /CLO
      その他の資産担保証券                  3,058     5,890      7   8,955          312          312
     その他の負債証券                   9,536    15,491      147   25,174           780     824    1,604
     株式およびその他持分証券                   61,548      249     177   61,974      636     470    4,292     5,398
     貸出金および売戻契約                     -  314,647      985   315,632       -    294     749    1,043
     貸出金                        3,086      8   3,094          294     749    1,043
     売戻契約                       311,561      977   312,538                      -
     公正価値で測定する金融資産                  160,301     344,422      1,316    506,039      636    2,100     5,865     8,601
     有価証券                  95,357     5,032      16   100,405       -     -     -     -

     国債                   71,255      293        71,548                     -
     その他の負債証券                   6,263     4,700      14   10,977                     -
     株式およびその他持分証券                   17,839      39     2   17,880                     -
     借入金および買戻契約                     -  344,192      1,400    345,592       -   2,238      209    2,447
     借入金                        5,043          5,043         2,238      209    2,447
     買戻契約                       339,149      1,400    340,549                      -
     発行済負債証券      (注5.f)               -     -     -     -   4,607    40,395     16,781     61,783
     劣後債   (注5.f)                                -        789          789
     非劣後債   (注5.f)                               -       38,322     16,781     55,103
     第三者が管理している連結ファンドの
                                        -   4,607     1,284          5,891
     持分を表す債券
     公正価値で測定する金融負債                   95,357    349,224      1,416    445,997      4,607    42,633     16,990     64,230
                                  98/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                           2019  年6月30日現在
     (単位:百万ユーロ)                  資本を通じて公正価値で測定する金融資産
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計
     有価証券                   39,595     14,679     1,231    55,505
     国債                  28,806     3,084         31,890
     資産担保証券                        955          955
         (1)
                                        -
      CDO /CLO
      その他の資産担保証券                       955          955
     その他の負債証券                   9,601    10,427      328   20,356
     株式およびその他持分証券                   1,188      213     903    2,304
     貸出金および売戻契約                     -     -     -     -
     貸出金
     売戻契約
     公正価値で測定する金融資産                   39,595     14,679     1,231    55,505
     有価証券

     国債
     その他の負債証券
     株式およびその他持分証券
     借入金および買戻契約
     借入金
     買戻契約
     発行済負債証券      (注5.f)
     劣後債   (注5.f)
     非劣後債   (注5.f)
     第三者が管理している連結ファンドの
     持分を表す債券
     公正価値で測定する金融負債
                                  99/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                                    2018  年12月31日現在
                                         トレーディング目的で保有していない純損益を
     (単位:百万ユーロ)                      トレーディング勘定
                                           通じて公正価値で測定する金融商品
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計    レベル1     レベル2     レベル3      合計
     有価証券                   89,253     25,121      241   114,615      625    1,969     4,745     7,339
     国債                   41,404     7,733         49,137       3    246          249
     資産担保証券                   1,584     7,639       6   9,229          389          389
         (1)
                              92     5    97                    -
      CDO /CLO
      その他の資産担保証券                  1,584     7,547       1   9,132          389          389
     その他の負債証券                   10,696     8,312      142   19,150           796     825    1,621
     株式およびその他持分証券                   35,569     1,437      93   37,099      622     538    3,920     5,080
     貸出金および売戻契約                     -  182,196      267   182,463       -    346     907    1,253
     貸出金                        2,861          2,861          145     907    1,052
     売戻契約                       179,335      267   179,602           201          201
     公正価値で測定する金融資産                   89,253    207,317      508   297,078      625    2,315     5,652     8,592
     有価証券                   71,828     3,346      15   75,189       -     -     -     -

     国債                   48,779      631        49,410                     -
     その他の負債証券                   8,394     2,655      11   11,060                     -
     株式およびその他持分証券                   14,655      60     ▶   14,719                     -
     借入金および買戻契約                     -  199,861      1,844    201,705       -   1,940      394    2,334
     借入金                        5,408          5,408         1,940      394    2,334
     買戻契約                       194,453      1,844    196,297                      -
     発行済負債証券      (注5.f)               -     -     -     -   4,049    36,323     14,536     54,908
     劣後債   (注5.f)                                -        787          787
     非劣後債   (注5.f)                               -       34,428     14,536     48,964
     第三者が管理している連結ファンドの
                                        -   4,049     1,108          5,157
     持分を表す債券
     公正価値で測定する金融負債                   71,828    203,207      1,859    276,894      4,049    38,263     14,930     57,242
                                100/182











                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                           2018  年12月31日現在
     (単位:百万ユーロ)                  資本を通じて公正価値で測定する金融資産
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計
     有価証券                   43,105     11,927      957   55,989
     国債                  29,905     2,913         32,818
     資産担保証券                        1,104          1,104
         (1)
                                        -
      CDO /CLO
      その他の資産担保証券                       1,104          1,104
     その他の負債証券                   12,083     7,678      155   19,916
     株式およびその他持分証券                   1,117      232     802    2,151
     貸出金および売戻契約                     -     -     -     -
     貸出金
     売戻契約
     公正価値で測定する金融資産                   43,105     11,927      957   55,989
     有価証券

     国債
     その他の負債証券
     株式およびその他持分証券
     借入金および買戻契約
     借入金
     買戻契約
     発行済負債証券      (注5.f)
     劣後債   (注5.f)
     非劣後債   (注5.f)
     第三者が管理している連結ファンドの
     持分を表す債券
     公正価値で測定する金融負債
     (1)

      債務担保証券/ローン担保証券
                                101/182










                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                                    2019  年6月30日現在
     (単位:百万ユーロ)                      プラスの市場価格                   マイナスの市場価格
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計    レベル1     レベル2     レベル3      合計
     金利デリバティブ                    201   152,966      1,244    154,411      155   140,937      1,603    142,695
     為替デリバティブ                     1  63,046      259   63,306         61,793      275    62,068
     クレジット・デリバティブ                        7,846      809    8,655         8,387      770    9,157
     株式デリバティブ                   7,081    16,807     1,292    25,180     5,944    19,922     6,308     32,174
     その他のデリバティブ                    562    3,915      221    4,698     547    3,678      158    4,383
     ヘッジ目的で使われていない
                        7,845    244,580      3,825    256,250      6,646    234,717      9,114    250,477
     デリバティブ金融商品
     ヘッジ目的で使われている
                         -  15,037       -   15,037       -  16,120       -   16,120
     デリバティブ金融商品
                                    2018  年12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)                      プラスの市場価格                   マイナスの市場価格
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計    レベル1     レベル2     レベル3      合計
     金利デリバティブ                    158   115,046      1,234    116,438      118   101,967      1,367    103,452
     為替デリバティブ                     1  69,182      331   69,514       1  68,520      240    68,761
     クレジット・デリバティブ                        6,527      346    6,873         6,616      455    7,071
     株式デリバティブ                   11,724     19,057     2,643    33,424     11,092     22,633     5,694     39,419
     その他のデリバティブ                    990    5,468      188    6,646     1,133     5,628      340    7,101
     ヘッジ目的で使われていない
                       12,873    215,280      4,742    232,895     12,344    205,364      8,096    225,804
     デリバティブ金融商品
     ヘッジ目的で使われている
                         -   9,810       -   9,810      -  11,677       -   11,677
     デリバティブ金融商品
      他のレベルへの振替は、該当商品が既定の基準(一般的には市場や商品により異なる基準)を満たした場合に行う

     ことができる。振替に影響を及ぼす主な要素には、観察可能性の変化、時間の経過および取引終了までの期間中に
     おける事象がある。振替の認識時期は、報告期間の期首に決定される。
      2019年度上半期中には、レベル1とレベル2の間での重要な振替は行われなかった。
     各レベルに分類される主な金融商品の説明

      以下のセクションでは、公正価値ヒエラルキーの各レベルに分類される金融商品について説明する。また、レベ
     ル3に分類される金融商品と関連評価技法については特に詳しく説明する。
      さらに、レベル3に分類される主なトレーディング勘定の金融商品およびデリバティブについては、公正価値測
     定に用いられるインプットに関する定量的な情報について説明する。
     レベル1

      このレベルには、証券取引所へ上場しているか、他の活発な市場における相場価格を継続的に入手できるような
     あらゆるデリバティブおよび有価証券が分類される。
      レベル1には、特に、株式や流動性のある債券、当該証券の空売り、確立された市場で取引されているデリバ
     ティブ(先物やオプションなど)が含まれる他、日次で純資産価値が計算されるファンドおよびUCITSの持分や、第
     三者が管理している連結ファンドの持分を表す債券も含まれる。
                                102/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     レベル2
      レベル2に分類される有価証券                は、レベル1へ分類される債券よりは流動性の低い有価証券である。分類される
     有価証券には、主に、国債、社債、モーゲージ担保証券、ファンド持分および譲渡性預金などの短期証券がある。
     特に、有価証券のうち、その外部価格情報は当該証券のマーケット・メイカーとして活動している合理的な数の業
     者から定期的に入手できるものの、当該価格情報が(マーケット・メイカーを介さない)直接取引の価格を表してい
     ないような有価証券は、レベル2に分類される。この価格情報には、特に、該当証券のマーケット・メイカーとし
     て活動しており、ブローカーおよび/またはディーラーとして活動している業者から得た気配値情報をもとに価格
     情報を提供している合理的な数の業者のコンセンサス価格情報提供サービスを利用することで得られる情報が含ま
     れる。また関連する場合には、一次/発行市場、担保評価および取引相手の担保評価との照合といった他の情報源
     も用いることができる。
      買戻/売戻契約        は、主にレベル2へ分類されるが、分類されるかどうかは、関連する担保やレポ/リバース・レ
     ポ取引の満期までの期間に応じ、主にレポ/リバース・レポ市場での観察可能性や流動性に基づき決定される。
      純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した                              発行済債券      は、個別に会計処理される組込デリバティブ
     が分類されるのと同じレベルに分類される。発行スプレッドは、観察可能なインプットである。
      レベル2に分類される主な               デリバティブ       には、下記のような商品がある。
      - 金利スワップ、金利キャップ、金利フロアおよびスワップション、クレジット・デフォルト・スワップ、株
        式/為替(FX)/商品の先渡取引やオプションといった、プレーン・バニラ商品。
      - エキゾチックFXオプション、原資産が1つおよび複数の株式/ファンド・デリバティブ、シングル・イール
        ド・カーブで評価されるエキゾチック金利デリバティブ、ならびに仕組金利をベースとするデリバティブと
        いった仕組デリバティブ。
      前述のデリバティブは、下記のいずれか1つに関する一連の証拠が文書化されている場合にレベル2へ分類され
     る。
      - 公正価値が、主に、標準的な評価技法である補間法またはストリッピング法(実際の取引を参照すること
        で、その評価結果の裏付けを定期的に得られるような技法)を用いて得た、他のレベル1およびレベル2商
        品の価格または相場価格に由来するものであること。
      - 公正価値が、観察可能な価格へ調整される、レプリケーションまたは割引キャッシュ・フロー・モデルと
        いった他の標準的な評価技法による測定値に由来するものであること、モデルに付帯するリスクが限定的で
        あること、また該当商品をレベル1またはレベル2商品として取引することで、該当商品に付帯するリスク
        を効果的に相殺できること。
      - 公正価値が、高度なまたは独自の評価技法による測定値だが外部の市場ベースのデータを用いて定期的に行
        うバックテストにより直接的な裏付けが得られるような測定値に由来するものであること。
                                103/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      店頭取引(OTC)のデリバティブをレベル2へ分類できるかどうかは当社グループの判断事項となる。この判断の
     際には、用いる外部データの情報源、透明性および信頼性、ならびに各評価モデルの使用に伴い生じる金額の不確
     実性について検討する。このためレベル2への分類基準には、軸となる複数の分析に必要なインプットを、i)既定
     の商品カテゴリー・リストの内容や、ii)原資産およびマチュリティ・バンド(満期帯)に基づきその範囲が決まる
     「インプットを観察できるゾーン」の範囲内で得られるかどうかという基準が含まれる。各レベルへの分類が、評
     価調整方針に沿って行われるようにするため、前述の基準は、該当する評価調整とともに定期的に見直され、更新
     される。
     レベル3

      レベル3に分類される           トレーディング勘定の           有価証券     には、主に、純損益または資本を通じて公正価値で測定さ
     れるファンド持分や非上場株式がある。
      非上場のプライベート・エクイティ(非上場株式)は、日次で純資産価値が計算され、公正価値ヒエラルキー上で
     レベル1へ分類されているUCITSを除き、機械的にレベル3に分類されている。
      レベル3に分類されている株式およびその他の非上場変動利付証券は、再評価後正味帳簿価額に対する持分、比
     較可能類似企業の評価倍率(マルチプル法)、将来キャッシュ・フロー、これら複数の基準に基づくアプローチのい
     ずれか1つを用いて評価している。
      買戻/売戻契約(主に社債やABSと関係のある長期または仕組買戻/売戻契約)                                        :これらの取引の価値は、カスタ

     ムメイドの取引であるという性質、取引が不活発である事実および長期レポ市場で価格情報が入手できる事実を前
     提とする独自の評価技法を用いて測定する必要がある。公正価値測定に用いるイールド・カーブは、関連ベンチ
     マークである債券プールのインプライド・レポレートのベーシス、長期レポ市場における最近の取引データおよび
     照会した価格データといった入手可能なデータを用いて裏付けられる。これらのエクスポージャー・ヘッジ手段に
     ついては、選択したモデルや得られるデータの量に固有の不確実性の程度に応じた評価調整を行う。
      純損益を通じて公正価値で測定するものとして指定した                              発行済債券      は、個別に会計処理される組込デリバティブ
     が分類されるのと同じレベルに分類される。発行スプレッドは、観察可能なインプットである。
     デリバティブ

      プレーン・バニラ・デリバティブ                   は、当該エクスポージャー・ヘッジ手段が、イールド・カーブもしくはボラ
     ティリティ・サーフェスを観察できるゾーンの範囲外からしかインプットを得られない場合、または旧シリーズの
     クレジット・インデックスに連動するトランシェの取引市場に代表される流動性の低い市場もしくは新興市場の金
     利市場に関連する商品の場合にレベル3へ分類される。以下は主な商品に関する説明である。
                                104/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      -   金利デリバティブ         :この区分に属する主なエクスポージャー・ヘッジ手段には、流動性の低い通貨を原資産
        とするスワップ商品がある。一部のマチュリティ・バンド(満期帯)においては流動性が低いものの、コンセ
        ンサス情報提供サービス業者を通じてインプットを入手できる場合には、レベル3へ分類される。評価技法
        は標準的なものであり、外部の市場から得られる情報や補外法を用いている。
      -   クレジット・デリバティブ(CDS)                 :この区分に属する主なエクスポージャー・ヘッジ手段には、インプット
        を観察できるマチュリティ・バンド(満期帯)の範囲外からしかインプットを得られないCDS、非流動ネーム
        またはディストレス・ネームに係るCDS、およびローン・インデックスに係るCDSがある。流動性は低いもの
        の、特にコンセンサス情報提供サービス業者を通じてインプットを入手できる場合には、レベル3へ分類さ
        れる。レベル3へ分類されるこの区分のエクスポージャー・ヘッジ手段には、証券化資産を原資産とする
        CDSやトータル・リターン・スワップ(TRS)のポジションもある。これらの商品の公正価値は、原資産である
        債券について用いるのと同じモデル化技法を用い、ファンディングに用いる債券の価格差や固有のリスク・
        プレミアムを考慮して測定される。
      -   株式デリバティブ         :この区分に属する主なエクスポージャー・ヘッジ手段には、長期の先渡取引もしくはボ
        ラティリティ・デリバティブ取引、または限られた市場でしか取引されていないオプションがある。補外法
        による測定の結果によっては、フォワード・カーブやボラティリティ・サーフェスが、インプットを観察で
        きるマチュリティ・バンド(満期帯)の範囲外となるため、モデルに用いるインプットを観察できる市場が存
        在しない場合、ボラティリティ・デリバティブ取引または先渡取引の公正価値測定に必要なインプットは、
        通常、代替分析または過去の情報の分析の結果をもとに決定される。
        同様に、長期の株式バスケット取引も、長期のマチュリティ・バンド(満期帯)における株式相関関係の観察
        可能性がないことから、レベル3へ分類される。
      これらのプレーン・バニラ・デリバティブについては、原資産の性質や流動性の制約によって特徴付けられた流
     動性の不確実性に関連する評価調整が行われる。
      レベル3へ分類される             仕組デリバティブ         には、主に、複合金融商品(FX/金利複合商品、エクイティ・ハイブ
     リッド)、信用リスク相関デリバティブ、償還行動の影響を受ける商品、いくつかの株式で構成されるバスケット
     を原資産とするオプション商品、およびいくつかの金利オプションから成る仕組デリバティブがある。主なエクス
     ポージャーについては、関連評価技法や関連する不確実性の発生源に関する洞察とともに、以下に記載されてい
     る。
      -   仕組金利オプション          は、当該オプションに、十分に観察可能でない通貨が含まれている場合、または、ペイ
        オフが原資産の通貨とは別の通貨の固定先物為替レートを用いて測定されるクオントの特徴が含まれている
        場合にレベル3へ分類される。長期の仕組デリバティブもレベル3に分類される。
      -   FX/金利複合商品         には、主に、パワー・リバース・デュアルカレンシー(PRDC)債と呼ばれる特殊な金融商品
        が含まれる。PRDCの公正価値は、FXと金利の両方の変動がモデル化されている高度なモデルを用いて測定す
        る必要がある他、観察不能なFX/金利の相関関係の影響を大きく受ける。PRDCの公正価値測定結果は、直近
        の取引データやコンセンサス価格データを用いて裏付けられる。
                                105/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      -   証券化関連スワップ          には、主に、その想定元本が、原資産ポートフォリオの一部分の償還行動に連動するよ
        うな、固定金利のスワップ、クロスカレンシー・スワップまたはベーシス・スワップが含まれる。証券化関
        連スワップの満期日構成の見積りは、外部の過去のデータを用いた統計的な見積りにより裏付けられる。
      -   フォワード・ボラティリティ・オプション                      は、一般的には、そのペイオフが、ボラティリティ・スワップに
        代表される金利インデックス債の将来におけるボラティリティに連動するような商品である。市場で取引さ
        れている金融商品からフォワード・ボラティリティ情報を推定することは難しいため、これらの商品には、
        重要なモデル・リスクが付帯する。評価調整の枠組みは、商品に固有の不確実性や、外部から入手する既存
        のコンセンサス価格情報に起因する不確実性の範囲に応じて調整される。
      - レベル3に分類される              インフレーション・デリバティブ                 には、主に、流動性インデックスに連動する債券市
        場、物価上昇関連の各インデックスに連動する(キャップやフロアといった)オプション商品、また物価上昇
        関連の各インデックスか物価上昇年率のいずれかを選択できるような物価上昇関連の各インデックスとは無
        関係な物価上昇関連の各インデックスに連動するスワップ商品が含まれる。インフレーション・デリバティ
        ブについて用いられる評価技法は、主に、標準的な市場参照モデルであるが、ごく少数の限られたエクス
        ポージャー・ヘッジ手段については代替技法が用いられる。これらの商品は、コンセンサス価格情報を参照
        することで、毎月、公正価値の裏付けが取れる商品ではあるが、流動性が不足しており、調整の際に固有の
        不確実性も生じるため、レベル3へ分類される。
      -   カスタムメイドCDO          の公正価値測定には、各デフォルト・イベントの相関関係情報が必要となる。この情報
        は、補外法や補間法を含む独自の予測技法を用いてインデックス・トランシェの活発な市場のデータから推
        定する。マルチ・ジオグラフィーCDOについても、相関関係に関する追加の仮定が必要となる。最後に、カ
        スタムメイドCDOの評価モデルでは、回収率の変動と関係のある独自の仮定やパラメーターも必要となる。
        CDOの評価モデルは、インデックス・トランシェ市場で観察可能なデータを用いて調整され、標準化された
        プールに関するコンセンサス価格データに照らして定期的にバックテストされる。不確実性は、予測や地域
        ミックスの手法に伴うモデル・リスク、関連パラメーターの不確実性、また回収率のモデル化が原因で生じ
        る。
      -   エヌ・トゥ・デフォルト型バスケットCDS                      は、コピュラと呼ばれる標準的な手法を用いてモデル化される、
        信用リスク相関商品の一種である。必要となる主なインプットには、コンセンサス価格情報や取引情報を参
        照することで観察できる、バスケット構成要素間でのペアワイズ相関分析結果がある。リニアバスケット
        CDSは、観察可能なインプットとしてみなされる。
                                106/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      -   株式デリバティブや、エクイティ・ハイブリッドと呼ばれる相関デリバティブ                                        は、そのペイオフが、複数の
        株式/インデックスから成るバスケットの変動に左右されるため、公正価値測定結果は、バスケット構成要
        素間での相関関係の影響を受ける。これらの金融商品のバスケットは、複合金融商品の場合、株式と、株式
        以外の原資産(商品インデックスなど)で構成される。定期的に取引されており観察できるのは、株式/イン
        デックスの相関マトリックスのみで、他の大部分の資産の相関関係情報は、活発な市場から入手できない。
        このため、レベル3へ分類されるかどうかは、バスケットの構成、満期および商品の複合性により変化す
        る。インプットの相関関係情報は、過去の情報をもとに見積りを行う手法と他の調整要素(直近の取引情報
        または外部データを参照することで裏付けられる)を組み合わせて用いる独自のモデルを用いて取得する。
        相関マトリックスは、原則としてコンセンサス情報提供サービス業者から入手するが、2種類の原資産の相
        関関係情報が入手できない場合、補外法か代替技法を用いることで、当該情報を入手できる場合がある。
      これらの仕組デリバティブについては、流動性、各パラメーターおよびモデル・リスクと関連する不確実性を反
     映するため、固有の評価調整を行う。
     評価調整(CVA、DVAおよびFVA)

      取引先の信用リスクを反映するための評価調整(CVA)、デリバティブに伴う自己の信用リスクを反映するための
     評価調整(DVA)および明示的なファンディング・コストを反映するための評価調整(FVA)に係る要素は、評価の枠組
     みの中でも観察不能な要素とみなされるため、レベル3に分類されている。この事実は、通常、評価調整に係る各
     取引の分類先となる公正価値ヒエラルキー内のレベルには影響を及ぼさないが、固有のプロセスにより、前述の評
     価調整にはほとんど寄与しない各取引や、関連する不確実性が重要な要素となる各取引を特定できるようになって
     いる。担保が不十分で、満期までの期間も極めて長いプレーン・バニラ金利商品については特に留意している。
      以下の表には、レベル3金融商品の評価に用いる主要な観察不能インプット値の変動範囲を記載している。記載
     してある範囲は、各種原資産に対応するものであるが、BNPパリバが導入している評価技法を用いる場合にのみ意
     味のある値である。関連する利用可能な場合に利用できる加重平均値は、公正価値、想定元本または感応度に基づ
     く値である。
                                107/182










                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      レベル3に分類される発行済債券の評価に用いる主な観察不能パラメーターは、その経済的ヘッジのためのデリ
     バティブに係る当該パラメーターと同等である。下記の表に表示されている当該デリバティブに関する情報は、当
     該債券にも当てはまる。
                                                    対象

             貸借対照表上での
                                                   レベル3
               評価額
                      このリスクヘッジ
                                            対象商品の        商品の
            (単位:百万ユーロ)
                      手段区分に属する            対象商品の
                                           公正価値測定に        公正価値
     リスクヘッジ
                                            用いる
                      レベル3金融商品に          公正価値測定に用いる                        加重平均
                                                   測定に
     手段の区分
                                           主な観測不能
                       含まれる主要な            評価技法                 用いる
             資産    負債
                                            インプット       観測不能
                       金融商品の種類
                                                  インプット
                                                  の変動範囲
                               特に、活発に取引されて
                                         私募債(ハイ・イー
                               おり、買戻/売戻契約の
                                         ルド債、ハイ・グ
                               原資産を表している、ベ
                                         レード債)およびABS
                                                          (a)
     買戻/売戻契約          977   1,400   長期買戻/売戻契約           ンチマークとなる債券                    0bp ~95bp
                                                        67bp
                                         に係る長期買戻/売
                               プールのファンディング
                                         戻契約のレポ・スプ
                               に用いる債券の価格差情
                                         レッド
                               報を用いる代替技法
                                         為替相場と金利の相
                                         関関係。主な通貨ペ
                               為替/金利複合金融商品
                                         アは、ユーロ/日本
                                                          (a)
                    為替/金利複合金融商品           (オプション)の価格決定                    8% ~54%
                                                        38%
                                         円、米ドル/日本
                               モデル
                                         円、豪ドル/日本円
                                         である。
                                         金利と物価上昇率の
                               物価上昇率/金利複合金
                    物価上昇率/金利複合金                     相関関係は、主に欧
                               融商品(オプション)の価                    2% ~37%     31%
                    融商品                     州におけるものであ
                               格決定モデル
                                         る。
                    物価上昇率または累積的
                                         累積的物価上昇のボ
                                                  0.7%  ~9.9%
                    物価上昇(特に欧州および
                                         ラティリティ
                    フランスでの物価上昇率)           物価上昇関連商品の価格
                                                         (b)
     金利デリバティブ         1,244    1,603
                    に係るフロアおよび           決定モデル
                                         物価上昇年率のボラ
                    キャップ(償還時元本保証
                                                  0.3%  ~2.0%
                                         ティリティ
                    など)
                    ボラティリティ・スワッ
                    プに代表される、主に           金利オプションの価格決           金利のフォワード・
                                                         (b)
                                                  0.3%  ~0.6%
                    ユーロ建てのフォワー           定モデル           ボラティリティ
                    ド・ボラティリティ商品
                    主に欧州担保プールに係
                    る、想定元本が案件の資
                               償還行動のモデル化
                    産/負債残高に従う固定
                                                          (a)
                               割引キャッシュ・フロー           期日前償還率         0.1%  ~18%
                                                        9.4%
                    金利スワップ、ベーシ
                               法
                    ス・スワップまたはクロ
                    スカレンシー・スワップ
                                         カスタムメイド・
                                                         (b)
                                         ポートフォリオに係         20% ~80%
                                         る基本的な相関曲線
                    債務担保証券および不活
                    発なインデックス・シ           基本的な相関関係予測技           地域間でのデフォル
                                                          (c)
                                                   80% ~90%
                                                        90%
                    リーズに係るインデック           法や回収率のモデル化           トの相互相関
                    ス・トランシェ
                                         シングル・ネーム
                                                         (b)
                                         CDSの原資産に係る          0~25%
                                         回収率の変動
                               クレジット・デフォル
                    エヌ・トゥ・デフォルト
                                                          (a)
     クレジット・
                               ト・スワップの評価モデ           デフォルトの相関         50% ~85%
                                                        60.8%
              809    770
                    型バスケットCDS
     デリバティブ
                               ル
                                         観測限度(10年)を超
                                                  148bp  ~186bp
                                         えているクレジッ
                                                          (c)
                                                    (1)
                                                        171bp
                                         ト・デフォルト・ス
                    シングル・ネーム・クレ
                                         プレッド
                    ジット・デフォルト・ス
                               ストリッピング法、補外
                    ワップ(ABSおよびロー
                                         (主要な期間の全般
                               法および補間法
                    ン・インデックスに係る
                                         において)非流動な
                                                  1bp ~1,204bp
                                                          (c)
                    CDS以外のもの)
                                         クレジット・デフォ
                                                        68bp
                                                    (2)
                                         ルト・スプレッド・
                                         カーブ
                                         観測不能なエクイ
                    複数の株式で構成される
                                                      (3)    (d)
                                         ティ・ボラティリ
                                                   0% ~85%     24%
                    バスケットを原資産とす           各種ボラティリティ・オ
     株式デリバティブ         1,292    6,308                        ティ
                    る単純なおよび複雑なデ           プションモデル
                                                          (c)
                    リバティブ
                                         観測不能な株式相関         13% ~97%
                                                        73%
                                108/182




                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     (1)
       変動範囲の上部は、貸借対照表へ重要な影響を及ぼさない欧州企業の社債に係るポジションに関連する値であり、その他の
      部分は、主にソブリン発行体に関連している。
     (2)
       変動範囲の上部は、原資産に流動性がないCDSに係る金融業界の発行体のうち、貸借対照表へ重要な影響を及ぼさない発行
      体に関連する値である。
     (3)
       変動範囲の上部は、株式を原資産とするオプションに係る3個の資本性金融商品のうち、貸借対照表へ重要な影響を及ぼさ
      ない資本性金融商品に関連する値である。これらのインプットを含めた場合、変動範囲の上部はおよそ428%となる。
     (a)

       加重平均は、ポートフォリオ・レベルでの関連リスク軸に基づくものである。
     (b)
       これらのインプットの変動に起因する明示的な感応度が存在しないため、加重平均は存在しない。
     (c)
       加重平均は、リスクではなく、レベル3商品と関係のある代替技法(現在価値または想定元本を用いる技法)に基づく値であ
      る。
     (d)
       単純平均。
     レベル3の金融商品の変動表

      レベル3の金融商品については、2019年上半期中に下記の変動が生じた。
                                        金融資産

                                   トレーディング目
                           トレーディング
                                            資本を通じて
                                    的で保有して
                           目的で保有して
     (単位:百万ユーロ)
                                            公正価値    で
                           おり純損益を       いない純損益を通
                                                     合計
                           通じて公正価値        じて公正価値で測
                                             測定する
                            で測定する         定する
                                             金融資産
                            金融商品
                                     金融商品
     2018  年12月31日現在                        5,250        5,652         957      11,859
     購入                           451        440        203       1,094
     発行                                                    -
     売却                           (430)        (279)         (2)       (711)
       (1)
                                (48)        (195)        (21)       (264)
     決済
     レベル3への振替                           247        102        20       369
     レベル3から振替                           (370)         (18)        (1)       (389)
     当期中に満期を迎えるか終了した取引について
                               1,177         160              1,337
     損益計算書に認識された利益(または損失)
     当期末現在で満期を迎えていない金融商品につ
                               (1,140)           2             (1,138)
     いて損益計算書に認識された利益(または損失)
     資本に直接認識される資産および負債の公正
     価値の変動
      為替レートの変動に関連する項目                           ▶        1        1        6
      資本に認識される資産および負債の公正価値
                                                 74        74
      の変動
     2019  年6月30日現在                        5,141        5,865        1,231       12,237
     (1)

       資産には、元本償還額、利払額、ならびにデリバティブと関連のあるキャッシュ・インフローおよびアウトフローが含まれ
      る。負債には、元本償還額、利払額、ならびにその公正価値が負のデリバティブと関係のあるキャッシュ・インフローおよ
      びアウトフローが含まれる。
                                109/182





                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
                                            金融負債
                                             純損益を
                                   トレーディング
                                             通じて
                                   目的で保有して
                                            公正価値で
     (単位:百万ユーロ)
                                    おり純損益を
                                             測定する         合計
                                   通じて公正価値
                                            ものとして
                                    で測定する
                                             指定した
                                     金融商品
                                             金融商品
     2018  年12月31日現在                                (9,955)       (14,930)        (24,885)
     購入                                                    -
     発行                                          (2,298)        (2,298)
     売却                                    32               32
       (1)
                                       (2,020)         552      (1,468)
     決済
     レベル3への振替                                   (176)        (564)        (740)
     レベル3から振替                                    833        646       1,479
     当期中に満期を迎えるか終了した取引について損益計算書に認識
                                        (67)        129        62
     された利益(または損失)
     当期末現在で満期を迎えていない金融商品について損益計算書に
                                        856       (525)        331
     認識された利益(または損失)
     資本に直接認識される資産および負債の公正価値の変動
      為替レートの変動に関連する項目                                   (33)               (33)
      資本に認識される資産および負債の公正価値の変動                                                   -
     2019  年6月30日現在                                (10,530)        (16,990)        (27,520)
     (1)

       資産には、元本償還額、利払額、ならびにデリバティブと関連のあるキャッシュ・インフローおよびアウトフローが含まれ
      る。負債には、元本償還額、利払額、ならびにその公正価値が負のデリバティブと関係のあるキャッシュ・インフローおよ
      びアウトフローが含まれる。
      公正価値で測定するデリバティブのレベル3からの振替には、主に、特定のイールド・カーブの観察可能期間、

     ならびに買戻/売戻契約および信用取引に関する市場パラメーターが更新されたものだけでなく、その残存期間が
     短くなったことにより、ただ単に、あるいは主として観察可能なインプットに対する感応度が高まったデリバティ
     ブも含まれている。
      公正価値で測定する金融商品のレベル3への振替には、インプットを観察できるゾーンの定期的な更新が反映さ
     れている。
      振替は、報告期間の期首に実施されたものと仮定して認識される。
      レベル3の金融商品は、レベル1およびレベル2の他の金融商品によりヘッジされている場合があるが、これら
     商品に係る損益はこの表に表示されていない。このため、この表に表示されている損益は、これらすべての金融商
     品に伴う正味リスクの管理による損益を表しているわけではない。
                                110/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     合理的可能性のあるレベル3に関する仮定の変更に対する公正価値の感応度
      以下の表には、レベル3に分類される金融資産および金融負債のうち、1つ以上の観察不能なインプットについ
     て別の仮定を用いた場合にその公正価値が大きく変化するような資産および負債が要約されている。
      開示額は、関連パラメーターを用いてレベル3商品公正価値を見積る際または評価技法を選択する際に行う判断
     に伴う可能性のある不確実性の範囲を示すためのものである。前述の開示額は、測定日の時点で存在する、価値測
     定に伴う不確実性を反映しており、たとえ当該不確実性が、測定日の時点で存在する、ポートフォリオの感応度に
     由来するものであったとしても、将来における公正価値変動の予想額もしくは当該変動を示唆する額となること、
     または市場がポートフォリオの評価額に及ぼす影響を示唆する額となることはない。
      BNPパリバでは、感応度を見積る際に、合理的可能性のあるインプットを用いて金融商品を再測定するか、評価
     調整方針に基づく仮定を適用するかのいずれかを行っている。
      分かりやすくするため、証券化商品とは関係のない現物商品の感応度は、価格が一様に1%動いた場合の感応度
     としたが、レベル3へ分類される証券化エクスポージャーについては、観察不能なインプットの範囲に応じて、よ
     り固有の価格変動に対する感応度へ調整される。
      エクスポージャー・ヘッジ手段であるデリバティブの感応度測定は、レベル3商品と関係のある信用評価調整
     (CVA)や明示的な資金調達評価調整(FVA)、またパラメーターおよびモデルに伴う不確実性を反映するための調整の
     結果に基づき行われる。
      信用評価調整(CVA)や明示的な資金調達評価調整(FVA)に係る不確実性は、欧州銀行監督機構公表のテクニカルス
     タンダードである「慎重な評価」に盛り込まれている慎重性に基づく評価に基づき調整されている。他の評価調整
     に関しては2つのシナリオが想定されており、それらは市場参加者が、評価調整のすべてまたは一部を考慮しない
     という好ましい状況と、市場参加者が、取引の締結条件としてBNPパリバが考える評価調整額の2倍の調整額を求
     めるという好ましくない状況である。
                           2019  年6月30日現在                2018  年12月31日現在

     ( 単位:百万ユーロ)
                         損益への         資本への         損益への         資本への
                        潜在的な影響         潜在的な影響         潜在的な影響         潜在的な影響
                            +/-  9       +/-  3       +/-  9       +/-  2
     負債証券
                            +/-  45       +/-  9      +/-  40       +/-  8
     株式およびその他持分証券
                            +/-  11                +/-  25
     貸出金および売戻契約
                           +/-  704                +/-  593
     デリバティブ金融商品
                           +/-  466                +/-  365
      金利および為替デリバティブ
                            +/-  54                +/-  59
      クレジット・デリバティブ
                           +/-  182                +/-  167
      株式デリバティブ
                            +/-  2                +/-  2
      その他のデリバティブ
                           +/-  769       +/-  12      +/-  667       +/-  10
     レベル3金融商品の感応度
                                111/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     内部開発評価技法を用いて一部が活発な市場で観察できないインプットに基づき測定される金融商品に伴う繰延
     マージン
      金融商品に伴う繰延マージン(以下「デイ・ワン・プロフィット」という。)と関係があるのは、レベル3適格金
     融商品の市場取引の範囲内で生じるマージンのみである。
      デイ・ワン・プロフィットは、既述の不確実性を反映するための評価調整の結果を控除して計算され、インプッ
     トが観察できないと予想される期間にわたって損益計算書に計上される。その未償却額は、関連する取引の公正価
     値の減少として、「純損益を通じて公正価値で測定する金融商品」に計上されている。
                        2018  年                          2019  年

                               当期の取引に係る
                                       当期の損益計算書に
     (単位:百万ユーロ)                12月31日現在の                            6月30日現在の
                                       計上されたマージン
                                繰延マージン
                      繰延マージン                            繰延マージン
     金利および為替デリバティブ                      302          68         (72)         298
     クレジット・デリバティブ                       92         50         (34)         108
     株式デリバティブ                      267         124         (96)         295
     その他のデリバティブ                       13          ▶         (5)         12
     デリバティブ金融商品                      674         246         (207)          713
     注5.d 償却原価で測定する金融資産

     ・   貸出金および債権の種類別詳細
                        2019  年6月30日現在                 2018  年12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)
                     総額    減損(注3.h)        帳簿価額        総額    減損(注3.h)        帳簿価額
     金融機関貸出金および債権                40,156        (141)     40,015       19,707        (151)     19,556
     要求払預金                 7,918        (15)     7,903       7,234        (17)     7,217
        (1)
                      15,238        (126)     15,112       11,628        (134)     11,494
     貸出金
     売戻契約                17,000             17,000        845             845
     顧客貸出金および債権                817,131      (23,171)       793,960       789,952      (24,081)       765,871
     要求払預金                43,257      (4,004)       39,253       41,482      (4,243)       37,239
     顧客貸出金                735,722      (18,035)       717,687       714,243      (18,681)       695,562
     ファイナンス・リース                34,313      (1,132)       33,181       33,291      (1,157)       32,134
     売戻契約                 3,839             3,839        936             936
     償却原価で測定する貸出金
                     857,287      (23,312)       833,975       809,659      (24,232)       785,427
     および債権合計
     (1)

       金融機関貸出金および債権には、中央銀行へ預けている定期預金が含まれている。
                                112/182







                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・   負債証券の詳細
                        2019  年6月30日現在                 2018  年12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)
                     総額    減損(注3.h)        帳簿価額        総額    減損(注3.h)        帳簿価額
     国債                43,636        (22)     43,614       33,254        (16)     33,238
     その他の公債                21,635         (3)    21,632       18,534         (3)    18,531
     金融機関関連                 5,147        (3)     5,144       5,082        (3)     5,079
     その他                19,972        (98)     19,874       18,333        (108)     18,225
     償却原価で測定する負債証券
                      90,390        (126)     90,264       75,203        (130)     75,073
     合計
     ・   貸出金および債権ならびに負債証券のステージ別詳細

                        2019  年6月30日現在                 2018  年12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)
                     総額    減損(注3.h)        帳簿価額        総額    減損(注3.h)        帳簿価額
     金融機関貸出金および債権                40,156        (141)     40,015       19,707        (151)     19,556
     ステージ1                39,668        (12)     39,656       19,128        (13)     19,115
     ステージ2                  365      (28)       337       419      (40)       379
     ステージ3                  123      (101)        22      160      (98)       62
     顧客貸出金および債権                817,131      (23,171)       793,960       789,952      (24,081)       765,871
     ステージ1                699,941       (1,522)      698,419       668,667       (1,515)      667,152
     ステージ2                84,328      (3,115)       81,213       87,328      (3,231)       84,097
     ステージ3                32,862      (18,534)       14,328       33,957      (19,335)       14,622
     負債証券                90,390        (126)     90,264       75,203        (130)     75,073
     ステージ1                89,363        (22)     89,341       74,240        (21)     74,219
     ステージ2                  810      (21)       789       769      (31)       738
     ステージ3                  217      (83)       134       194      (78)       116
                                113/182










                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注5  .e  償却原価で測定する金融機関および顧客に対する金融負債
     (単位:百万ユーロ)                          2019  年6月30日現在         2018  年12月31日現在

     金融機関預金                               108,274            78,915

     要求払預金                                9,908           10,571

           (1)(2)
                                     77,623           61,859
     銀行間借入金
     買戻契約                               20,743            6,485
     顧客預金                               833,265           796,548

     要求払預金                               508,800           473,968

     貯蓄預金                               151,374           146,362
     定期預金および短期債                               171,366           175,665

     買戻契約                                1,725            553
     (1)

       当期中の変動には、IFRS第16号の初度適用の影響(注2参照)が含まれている。
     (2)
       金融機関からの銀行間借入金には、中央銀行からのタームローンが含まれている。
                                114/182














                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注5.f 負債証券および劣後債
      本注記は、償却原価で測定するならびに純損益を通じて公正価値で測定する発行済負債証券および劣後債のすべ
     てを対象としている。
     ・純損益を通じて公正価値で測定する負債証券(注5.a)

                                        利払

                          繰上償還日
                    外貨建て                金利
     発行体/発行日                                         2019  年      2018  年
                                        停止
                    当初金額
                通貨           または      利率   引き上げ
     (単位:百万ユーロ)                                       6月30日現在        12 月31日現在
                                          (1)
                    (単位:百万)                  幅
                         金利引き上げ日
                                        条件
     負債証券                                           55,103        48,964
     劣後債                                            789        787
                            (2)
     償還可能劣後債                                            120        118
     永久劣後債                                            669        669
                                3ヶ月物
      BNP  Paribas   Fortis
                ユーロ      3,000    12 月14日     Euribor         A        669        669
          (3)
      2007  年 12 月
                                +200bp
     (1)
      利払停止条件:
       A.  利払いは、発行体の資本が十分でない場合、債券の引受業者が破綻した場合、またはAgeas株について宣言された配当
        が所定の基準値を下回った場合、停止される。
     (2)
      償還可能劣後債では、銀行監督当局からの許可を得た後、発行体主導で、公開買い付けによる株式市場での買戻し(私募債
      の場合、店頭取引での買戻し)により満期日前に償還する権限を当社グループに与える繰上償還規定が設けられている場合
      がある。BNPパリバまたは当社グループの外国子会社が外国市場を通じて発行した債券では、発行目論見書に規定する日以
      後に発行体の裁量権を行使する場合(繰上償還オプション)、または発行時の税法が改正され、債券保有者に対して税法改正
      に伴う損害を補償する義務をBNPパリバ・グループ内の発行体が負う場合、元本の繰上償還および満期日までの利息の繰上
      支払いを行う場合がある。償還の場合、15日間から60日間の予告期間を設ける場合がある。償還では、いかなる場合でも銀
      行監督当局の承認が条件となる。
     (3)
      2007年12月に、BNPパリバ・フォルティス(旧フォルティス・バンク)が発行した、株式連動型転換・劣後複合証券(以下
      「CASHES」という)。
       CASHESには満期がないが、保有者の自由裁量により1株当たり239.40ユーロの価格でAgeas(旧フォルティスSA/NV)の株式
      と交換できる。ただし、2014年12月19日をもって、CASHESは、その価格が連続する20取引日にわたって359.10ユーロ以上と
      なった場合、Ageasの株式と自動的に交換される。元本の償還が現金で行われることはない。CASHES保有の権利は、BNPパリ
      バ・フォルティスが保有し、かつ担保として供したAgeasの株式に限定されている。
       AgeasとBNPパリバ・フォルティスは、相対的パフォーマンス・ノート(以下「RPN」という。)契約を締結しており、その価
      額は、CASHESの価額変動とAgeasの株価変動の相対的な差異によりBNPパリバ・フォルティスが受ける影響が相殺されるよう
      に変動することが契約上規定されている。
       2019年6月30日現在の負債は、健全な自己資金へ組入可能な205百万ユーロとなった。
                                115/182








                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     ・償却原価で測定する負債証券
                                        利払

                          繰上償還日
                    外貨建て
                                     金利
     発行体/発行日                                         2019  年      2018  年
                                        停止
                    当初金額
                通貨           または      利率   引き上げ
     (単位:百万ユーロ)                                       6月30日現在        12 月31日現在
                                          (1)
                                     幅
                    (単位:百万)
                         金利引き上げ日
                                        条件
     負債証券                                          168,303       151,451
     当初の満期が1年未満の
                                                77,214       70,077
     発行済負債証券
      譲渡性負債証券                                          77,214       70,077
     当初の満期が1年超の
                                                91,089       81,374
     発行済負債証券
      譲渡性負債証券                                          48,368       50,809
      債券                                          42,721       30,565
     劣後債                                           18,718       17,627
                            (2)
     償還可能劣後債                                           16,948       15,876
     永久劣後債                                           1,518       1,515
      BNP パリバ                         TMO-
                ユーロ       305     -         -    B        254       254
      1985  年 10 月                       0.25  %
                                6ヶ月物
      BNP パリバ
                米ドル       500     -    Libor     -    C        241       239
      1986  年 9 月
                                +0.075   %
                                    3ヶ月物
      BNP パリバ   ・カーディフ
                ユーロ      1,000    11 月25日     4.032  %  Euribor     D       1,000        999
      2014  年 11 月
                                    +393bp
      その他                                            23       23
     資本参加型債券                                            222       222
      BNP パリバ
                                 (4)
                ユーロ       337     -         -            215       215
          (3)
      1984  年 7 月
      その他                                            7       7
     債券と関連する費用
                                                  30       14
     および手数料
     (1)

      利払停止条件:
       B.  利息は原則として必ず支払う必要があるが、利払日直前の12ヶ月の期間中に、取締役会が、株主総会にて配当原資が存
        在しない旨を正式発表した後に利払いの延期を決定した場合はこの限りではない。利息は累積的なものであり、配当再
        開後には、累積額を含む全額を支払う必要がある。
       C.  利息は原則として必ず支払う必要があるが、利払日直前の12ヶ月の期間中に、取締役会が、株主総会にて配当を行わな
        いという決定の正当性を確認した後に利払いの延期を決定した場合はこの限りではない。利息は累積的なものであり、
        配当再開後には、累積額を含む全額を支払う必要がある。当行は、配当を行っていない場合であっても未払利息の支払
        いを再開する選択権を有する。
       D.  利息は原則として必ず支払う必要があるが、規制資本が不十分となったため、規制当局との合意を経て利払いを延期す
        る場合はこの限りではない。利息は累積的なものであり、利払いを再開した場合、または該当債券を償還するか発行体
        が清算する前に、全額を支払う必要がある。
     (2)
      「純損益を通じて公正価値で測定する負債証券」に関する参照情報を参照。
     (3)
      BNPパリバが発行した資本参加型債券は、1983年1月3日施行の法の規定に基づき償還できる。市場で取引されている当該
      債券は1,434,092口となった。
     (4)
      当期純利益に応じ、TMOレートの85%(下限)から130%(上限)。
                                116/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
     注5.g 保険業務に係る金融投資
                        2019  年6月30日現在                 2018  年12月31日現在

                           ユニット                    ユニット
                           リンク型                    リンク型
                    ユニット                    ユニット
                           保険契約                    保険契約
                    リンク型                    リンク型
     (単位:百万ユーロ)
                          である資産                   である資産
                    保険契約              合計     保険契約              合計
                          ( 保険契約者                   ( 保険契約者
                    ではない                    ではない
                          が金融リスク                    が金融リスク
                     資産                    資産
                          を負担する                   を負担する
                            もの)                   もの)
     純損益を通じて公正価値で
                      44,276       67,590      111,866       41,154       61,793      102,947
     測定する    ものとして指定した
     金融商品
     デリバティブ金融商品                  974             974       907             907
     売却可能金融資産                122,864             122,864       112,041             112,041
     満期保有目的金融資産                 2,213             2,213       3,720             3,720
     貸出金および債権                 3,267             3,267       3,605             3,605
     持分法投資                  359             359       363             363
     投資不動産                 3,047       3,131       6,178       2,982      2,872       5,854
     合計                177,000       70,721      247,721       164,772       64,665      229,437
     再保険者の責任準備金の持分                 2,874             2,874       2,871             2,871
     保険業務に係る金融投資                179,874       70,721      250,595       167,643       64,665      232,308
      保険業務に係る金融商品に対する投資は、IAS第39号の原則に従い会計処理される。

     ・金融商品の公正価値測定

      公正価値ヒエラルキーの各レベルに対する金融商品の配賦基準、対応する評価技法およびヒエラルキーの各レベ
     ル間における保険投資の振替原則は、当社グループの他の金融商品に適用されるものと同じである(注5.c)。
                           2019  年 6月30日現在                 2018  年 12月31日現在

     (単位:百万ユーロ)
                      レベル1     レベル2     レベル3      合計    レベル1     レベル2     レベル3      合計
     売却可能金融商資産                   93,462     29,171      231   122,864     95,086     16,679      276   112,041
      資本性金融商品                  6,042     1,164      186    7,392     4,741     1,093      234    6,068
      負債証券                 87,420     28,007       45   115,472     90,345     15,586      42   105,973
     純損益を通じて公正価値で測定する
                       87,849     17,135     6,882    111,866     80,097     16,315     6,535    102,947
     ものとして指定した金融商品
      資本性金融商品                 85,815     11,429     6,814    104,058     77,989     11,131     6,458     95,578
      負債証券                  2,034     5,706      68   7,808     2,108     5,184      77    7,369
     デリバティブ金融商品                     -    713     261     974     -    622     285     907
     公正価値で測定する金融資産                  181,311     47,019     7,374    235,704     175,183     33,616     7,096    215,895
                                117/182






                                                           EDINET提出書類
                                                    ビー・エヌ・ピー・パリバ(E05861)
                                                              半期報告書
      レベル1:このレベルは、株式や流動性のある債券、確立された市場で取引されているデリバティブ商品(先物
     やオプションなど)、日次で純資産価値が計算されるファンドおよびUCITSの持分から成る。
      レベル2:このレベルは、株式、特定の国債または社債、他のファンドおよびUCITSの持分、ならびに店頭取引
     デリバティブから成る。
      レベル3:このレベルは、主に、活発な市場で取引されていないファンド持分および株式(主に、ベンチャー・
     キャピタル会社やファンドの持分で構成される)から成る。
     ・レベル3の金融商品の変動表

      レベル3の金融商品については、当期中に下記の変動が生じた。
                                            金融資産

                                           純損益を通じて
     (単位:百万ユーロ)
                                     売却可能
         &nbs