株式会社丹青社 四半期報告書 第62期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第62期第2四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:株式会社丹青社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
     【提出書類】                      四半期報告書

     【根拠条文】                      金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                      関東財務局長

     【提出日】                      2019年9月11日

     【四半期会計期間】                      第62期第2四半期

                          (自    2019年5月1日           至   2019年7月31日)
     【会社名】                      株式会社丹青社
     【英訳名】                      TANSEISHA      CO.,LTD.

     【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長              高   橋   貴   志

     【本店の所在の場所】                      東京都港区港南1丁目2番70号

     【電話番号】                      03(6455)8100(代表)

     【事務連絡者氏名】                      経理部長          山   内   一   大

     【最寄りの連絡場所】                      東京都港区港南1丁目2番70号

     【電話番号】                      03(6455)8100(代表)

     【事務連絡者氏名】                      経理部長          山   内   一   大

     【縦覧に供する場所】                      株式会社丹青社           関西支店

                            (大阪府大阪市北区大深町3番1号)
                          株式会社丹青社           名古屋支店
                            (愛知県名古屋市中区錦3丁目25番11号)
                          株式会社東京証券取引所
                            (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/24







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     第一部     【企業情報】
     第1    【企業の概況】

     1  【主要な経営指標等の推移】

                               第61期           第62期

               回次               第2四半期           第2四半期            第61期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   2018年2月1日         自   2019年2月1日         自   2018年2月1日
              会計期間
                            至   2018年7月31日         至   2019年7月31日         至   2019年1月31日
                        (千円)         40,946,172           36,695,392           82,677,373

     売上高
                        (千円)         2,915,700           2,604,838           5,219,109

     経常利益
     親会社株主に帰属する

                        (千円)         1,945,146           1,768,966           4,206,181
     四半期(当期)純利益
                        (千円)         1,843,928           1,613,674           3,545,630
     四半期包括利益又は包括利益
                        (千円)         26,343,922           27,051,469           26,922,780

     純資産額
                        (千円)         46,878,421           47,114,714           43,622,032

     総資産額
                        (円)           40.43           37.02           87.63

     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり

                        (円)            -           -           -
     四半期(当期)純利益
                        (%)           56.2           57.4           61.7
     自己資本比率
     営業活動による

                        (千円)         2,670,047           △ 871,499          4,811,630
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                        (千円)         △ 326,489            16,582          118,100
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                        (千円)        △ 1,522,618          △ 1,568,195          △ 2,346,115
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                        (千円)         15,190,317           14,514,358           16,940,128
     四半期末(期末)残高
                               第61期           第62期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自   2018年5月1日         自   2019年5月1日
              会計期間
                            至   2018年7月31日         至   2019年7月31日
                                    5.14           8.53

     1株当たり四半期純利益                   (円)
      (注)   1   当社は、四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
         おりません。
        2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりませ
         ん。
                                  2/24



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
        4  当社は、2018年9月7日付で「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)」を、2019年6月14日

         付で「役員報酬BIP(Board               Incentive     Plan)信託」を導入しており、「丹青社従業員持株会専用信託口」
         (以下、「従持信託」といいます。)及び「役員報酬BIP信託口・76377口」(以下、「BIP信託」
         といいます。)が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しておりま
         す。そのため、第61期及び第62期の第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期(当期)純利益の算定につい
         ては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定しております。
        5   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  平成30年2月16日)等を第62期第1
         四半期連結会計期間の期首から適用しており、第61期第2四半期連結累計期間及び第61期連結会計年度に係る
         主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
     2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容に
      ついて、重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社に異動はありません。
                                  3/24















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     第2    【事業の状況】
       「第2      事業の状況」に記載の売上高、受注高等の金額には、消費税等は含まれておりません。

     1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて、重要な変更はありませ
      ん。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において、判断したものであ
      ります。
      (1)  経営成績の分析

        当第2四半期連結累計期間(2019年2月1日~2019年7月31日)における我が国経済は、雇用や
       所得環境の改善効果もあり、緩やかな回復基調が継続しました。
        当ディスプレイ業界の事業環境につきましては、公共投資が底堅く推移していることや企業の設
       備投資が緩やかに増加していることもあり、引き続き堅調に推移しました。
        このような状況のもと当社グループは、中期経営計画(2019年1月期~2021年1月期)に基づ
       き、市場の活性化が見込まれる中期経営計画期間中の需要増加を確実に取り込むとともに、継続的
       な成長と更なる企業価値の向上を目標に事業活動を展開してまいりました。
        この結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績については次のとおりとなりました。
        (売上高)
          売上高は、引き続き市場環境は良好であるものの、前年同四半期に比べ翌四半期以降へ繰り越
        す案件が増加したこと等により、366億95百万円(前年同四半期比10.4%減)となりました。
        (売上総利益)
          売上総利益は、収益性重視の受注活動を行った結果、収益性は改善し、売上総利益率は19.1%
        (前年同四半期は17.6%)となったものの、減収に伴い70億21百万円(前年同四半期比2.8%
        減)となりました。
        (営業利益)
          販売費及び一般管理費は、従業員数の増加に伴い45億14百万円(前年同四半期比3.3%増)と
        なりました。
          この結果、営業利益は25億7百万円(前年同四半期比12.1%減)となりました。
        (経常利益)
          営業外損益は、主に受取保険金が増加したこと等により、営業外収益から営業外費用を差し引
        いた営業外損益の純額は97百万円の利益(前年同四半期比52.3%増)となりました。
          この結果、経常利益は26億4百万円(前年同四半期比10.7%減)となりました。
        (親会社株主に帰属する四半期純利益)
          特別損益は、主に政策保有株式の縮減に伴う投資有価証券売却益を計上したことにより、特別
        利益から特別損失を差し引いた特別損益の純額は67百万円(                                前年同四半期比161.3%増              )の利益
        となりました。また、法人税等調整額は1億7百万円(                              前年同四半期比49.4%減             )となりまし
        た。
          この結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は17億68百万円(前年同四半期比9.1%減)と
        なりました。
                                  4/24


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
          報告セグメントごとの状況については次のとおりであります。

        (商業その他施設事業)
          商業その他施設事業においては、市場環境は引き続き良好であり、ホテルや大型スポーツ施設
        等の案件を手掛けたものの、翌四半期以降へ繰り越す案件が増加したこともあり、売上高は前年
        同四半期を下回りました。しかしながら、収益性を重視した受注活動を行った結果、営業利益に
        ついては前年同四半期を上回りました。
          この結果、商業その他施設事業の売上高は212億6百万円(前年同四半期比10.9%減)、営業
        利益は15億36百万円(前年同四半期比17.3%増)となりました。
        (チェーンストア事業)
          チェーンストア事業においては、飲食店分野が堅調に推移したことから、売上高は前年同四半
        期を上回ったものの、営業利益については前年同四半期を下回りました。
          この結果、チェーンストア事業の売上高は98億40百万円(前年同四半期比0.6%増)、営業利
        益は5億92百万円(前年同四半期比6.8%減)となりました。
        (文化施設事業)
          文化施設事業においては、前期と比較して大型案件が少なかったこと等から、売上高、営業利
        益ともに前年同四半期を下回りました。
          この結果、文化施設事業の売上高は54億53百万円(前年同四半期比22.5%減)、営業利益は2
        億84百万円(前年同四半期比63.1%減)となりました。
        (その他)
          その他においては、前期に連結子会社のうち1社の株式を譲渡し、連結の範囲から除外したこ
        とに伴い、売上高、営業利益ともに前年同四半期を下回りました。
          この結果、その他の売上高は1億95百万円(前年同四半期比37.8%減)、営業利益は1億9百
        万円(前年同四半期比14.8%減)となりました。
      (2)  財政状態の分析

        資産の部の合計額は、前連結会計年度末に比べて8.0%増加し、471億14百万円となりました。こ
       れは、主に現金預金が29億25百万円減少したものの、受取手形・完成工事未収入金等が8億90百万
       円、未成工事支出金等が49億55百万円それぞれ増加したことによるものであります。
        負債の部の合計額は、前連結会計年度末に比べて20.1%増加し、200億63百万円となりました。
       これは、主に支払手形・工事未払金等が25億49百万円増加したことによるものであります。
        純資産の部の合計額は、前連結会計年度末に比べて0.5%増加し、270億51百万円となりました。
       これは、主に自己株式が4億74百万円増加、その他有価証券評価差額金が1億55百万円減少したも
       のの、利益剰余金が7億58百万円増加したことによるものであります。
                                  5/24







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
      (3)  キャッシュ・フローの状況の分析

        当第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況については、「現金及び現金同等物の増
       減額」が24億25百万円の減少(前年同四半期連結累計期間は8億5百万円の増加)となり、当第2
       四半期連結会計期間末の残高は145億14百万円(前年同四半期連結会計期間末は151億90百万円)と
       なりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動によるキャッシュ・フローは、8億71百万円の支出(前年同四半期連結累計期間は26
        億70百万円の収入)となりました。これは、主に税金等調整前四半期純利益を26億72百万円計上
        したことに加え、仕入債務(支払手形・工事未払金等)が25億51百万円増加したものの、未成工
        事支出金等が49億55百万円増加し、法人税等の支払いにより9億61百万円支出したことによるも
        のであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動によるキャッシュ・フローは、16百万円の収入(前年同四半期連結累計期間は3億26
        百万円の支出)となりました。これは、主に投資有価証券の取得により3億3百万円、無形固定
        資産の取得により52百万円それぞれ支出したものの、投資有価証券の売却及び償還により3億85
        百万円の収入があったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動によるキャッシュ・フローは、15億68百万円の支出(前年同四半期連結累計期間は15
        億22百万円の支出)となりました。これは、主に配当金の支払いによるものであります。
      (4)  対処すべき課題

          当第2四半期連結累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありませ
         ん。なお、当社は、2017年2月24日開催の取締役会において、当社の財務及び事業の方針の決
         定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下、「基本方針」といいます。)を決定すると
         ともに、基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配され
         ることを防止するための取組みとして、当社株式の20%以上の取得行為(以下、「大規模買付
         行為」といいます。)への対応策(以下、「本プラン」といいます。)を継続することを決議
         し、2017年4月25日開催の第59回定時株主総会にて承認されました。その概要については、以
         下のとおりであります。
        ①  基本方針の内容
          当社グループは、「より良い空間創造を通じて豊かな社会と生活の実現に貢献する」ことを
         経営理念とし、人と人、人とモノ、人と情報が行き交う空間を「社会交流空間」ととらえ、空
         間やメディアを有効活用し、魅力ある「社会交流空間」の創造を事業として、創業以来発展を
         してまいりました。
          現在では、百貨店・ショッピングセンター、各種専門店、博覧会や各種イベント、オフィ
         ス、ホテル、アミューズメント施設等を対象とした「商業その他施設事業」、ファストファッ
         ション店舗、ファストフード店舗、コンビニエンスストア等の全国にチェーン展開を行ってい
         る店舗施設を対象とした「チェーンストア事業」、博物館、美術館、企業ミュージアム等を対
         象とした「文化施設事業」、以上3つの事業分野においてディスプレイ業を展開しておりま
         す。
                                  6/24




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
          さらに、ディスプレイ業に関連した事業を展開しており、あらゆる分野の空間づくりにおけ

         る調査・企画から設計、施工、運営・管理まで事業領域を拡大しております。
          当社グループは、事業領域を拡大する過程において、上記に掲げる事業分野の調査、研究、
         企画、設計、施工、監理及びこれらに関連する事業活動に関する経営ノウハウを着実に積み重
         ね、「空間づくりの問題解決力、実現力」を向上させるとともに、株主や従業員、さらには委
         託先、取引先等の各ステークホルダーとの間に、長期にわたり強固な信頼関係を構築してまい
         りました。
          これら「空間づくりの問題解決力、実現力」及び「各ステークホルダーとの強固な信頼関
         係」は、当社グループの中長期的な成長を支える基盤であり、まさに企業価値を生み出す源泉
         であると考えております。
          当社取締役会としましては、当社が上場会社として株式の流通を市場に委ねている以上、会
         社を支配する者の在り方は最終的には株主の多数意見によって決定されるべきものと認識して
         おり、会社の経営権の異動を伴うような提案をただちに否定するものではありません。
          しかしながら、当社株式の大規模買付行為等を実施する者の中には、当社グループの事業特
         性を十分に把握せず、上記に掲げる企業価値を生み出す源泉となる部分を軽視し、中長期的に
         見て当社グループの企業価値を毀損するおそれのある提案がなされる場合も想定されます。
          当社取締役会は、株主共同の利益及び中長期的な企業価値を保全する観点から、このような
         提案を行う者は当社の経営を支配する者として不適当であると認識しており、当該提案を受け
         た場合、適宜適切な対応を行ってまいる所存であります。
        ②  本プランの内容(基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定
          が支配されることを防止するための取組み)
          (a)  本プラン導入の目的
            本プランは、上記①に述べた基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業
           の方針の決定が支配されることを防止するための取組みとして導入するものであります。
            当社株式に対する大規模買付行為が行われた際に、株主の皆様が適切な判断を行うための
           必要かつ十分な情報及び時間を確保すること及び大規模買付者と交渉を行うこと等により、
           当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させることを目的としております。
          (b)  本プランの概要
            本プランは、当社株式に対する大規模買付行為が行われるに当たり、株主の皆様が適切な
           判断を行うための必要かつ十分な情報及び時間を確保する目的から、当社取締役会が定める
           大規模買付者が従うべき大規模買付ルールと、大規模買付行為に対して当社が取りうる対抗
           措置から構成されております。当社取締役会は、大規模買付ルールの遵守を大規模買付者に
           求め、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合及び遵守した場合につき一定の対
           応方針を定め、必要に応じて新株予約権の無償割当て等による対抗措置を決議いたします。
           また、当社は、当社取締役会による判断の客観性を担保する観点から、当社と独立した立場
           にある社外取締役及び社外の有識者で構成される独立委員会を設置することとし、当社取締
           役会は独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、対抗措置の発動の是非を決定するものとい
           たします。
                                  7/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
            なお、独立委員会は、当該大規模買付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著

           しく損なうと認められる買付行為に該当するか否かが検討課題となっている場合に対抗措置
           を発動すべき旨勧告する際、当該対抗措置の発動に関して株主意思確認のための株主総会
           (以下、「株主意思確認総会」といいます。)の承認を得るべき旨の留保を付すことができ
           るものとなっております。
            当社取締役会は、対抗措置の発動に関して、独立委員会があらかじめ対抗措置の発動に関
           して株主意思確認総会の承認を得るべき旨の留保を付した場合、又は当該大規模買付行為が
           当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なうと認められる買付行為に該当するか
           否かが検討課題となっており、かつ、株主意思確認総会の開催に要する時間等を勘案した
           上、取締役会が善管注意義務に照らし株主の意思を確認することが適切と判断する場合に
           は、株主意思確認総会を招集し、対抗措置の発動に関する株主の皆様の意思を確認すること
           ができるものとなっております。
          ③  本プランに関する当社取締役会の判断及びその判断に係る理由
            当社取締役会は、以下の理由により、本プランが上記①の基本方針に沿い、当社の企業価
           値ひいては株主共同の利益を損なうものではなく、当社の会社役員の地位の維持を目的とし
           ているものではないと判断しております。
          (a)  買収防衛策に関する指針の要件をすべて充足していること
            本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の
           利益の確保又は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(①企業価値・株主
           共同の利益の確保・向上の原則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性の原則)
           をすべて充足しております。また、本プランは、企業価値研究会が2008年6月30日に発表し
           た「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」を勘案した内容となっておりま
           す。
          (b)  株主共同の利益の確保・向上を目的としていること
            本プランは、当社株式に対する大規模買付行為が行われた際に、株主の皆様が当該大規模
           買付行為に応じるべきか否かを判断するために必要な情報や時間を確保し、株主の皆様のた
           めに大規模買付者と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株
           主共同の利益を確保し、向上させることを目的に導入するものであります。
          (c)  株主意思を尊重していること
            本プランは、2017年4月25日開催の第59回定時株主総会において株主の皆様のご承認をい
           ただいております。
            また、一定の場合には、本プランに従った対抗措置の発動の是非について、当社取締役会
           が株主意思確認総会を招集し、株主の皆様の意思を確認することができるものとなっており
           ます。
            更に、本プランの有効期間の満了前であっても、当社取締役会の決議によって本プランを
           廃止することができます。
          (d)  独立性の高い社外者の判断の重視
            当社は、本プランの導入に当たり、当社取締役会の恣意的判断を排除し、株主の皆様のた
           めに本プランの運用に際しての実質的な判断を客観的に行う機関として、独立委員会を設置
           いたします。
            独立委員会は、当社の業務執行を行う経営陣から独立している、当社の社外取締役及び社
           外の有識者から選任される委員3名以上により構成されます。
            また、独立委員会の判断概要については必要に応じ株主の皆様に情報を開示することと
           し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資する範囲で本プランの透明な運営が行われ
           る仕組みを確保しております。
                                  8/24


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
          (e)  第三者専門家の意見の取得

            本プランにおいて独立委員会は、大規模買付者が出現すると、当社の費用で、独立した第
           三者(ファイナンシャル・アドバイザー、公認会計士、弁護士、コンサルタントその他の専
           門家等)の助言を受けることができるとしております。これにより、独立委員会による判断
           の公正さ及び客観性がより強く担保される仕組みとなっております。
          (f)  デッドハンド型もしくはスローハンド型買収防衛策ではないこと
            本プランは、当社の株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により廃止するこ
           とが可能なものとなっております。したがって、本プランは、デッドハンド型買収防衛策
           (取締役会の構成員の過半数を交代させてもなお、発動を阻止できない買収防衛策)ではあ
           りません。
            また、当社は取締役の期差選任を行っていないため、本プランはスローハンド型買収防衛
           策(取締役会の構成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時
           間を要する買収防衛策)でもありません。
      (5)  研究開発活動

        該当事項はありません。
      (6)  生産、受注及び販売の実績

       (売上実績)
          当第2四半期連結累計期間において、その他の売上実績が著しく減少しております。これは、
        主に前期に連結子会社のうち1社の株式を譲渡し、連結の範囲から除外したためであり、当第2
        四半期連結累計期間の売上実績は1億95百万円(前年同四半期比37.8%減)であります。
       (手持実績)
          当第2四半期連結累計期間において、チェーンストア事業及び文化施設事業の手持実績が著し
        く増加しております。これは、主に翌四半期以降に繰越す案件がそれぞれ増加したためであり、
        当第2四半期連結累計期間の手持実績はチェーンストア事業が52億8百万円(前年同四半期比
        31.3%増)、文化施設事業が116億91百万円(前年同四半期比39.5%増)であります。
      (7)  資本の財源及び流動性についての分析

          当社グループは、事業の特性から通常は多額の設備投資等を必要とせず、当社グループの資金
        需要は、主に運転資金に係るものであります。この運転資金は、主に工事を遂行するための外注
        費、経費の支払い並びに販売費及び一般管理費等の営業費用の支払いに要するものであります。
          現状、これらの資金需要につきましては自己資金、短期借入金で賄っておりますが、必要に応
        じて長期借入金や社債の発行により資金調達を行う等、柔軟に対応することとしております。
     3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定、締結及び変更等はありませ
      ん。
                                  9/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     第3    【提出会社の状況】
     1  【株式等の状況】

      (1)  【株式の総数等】
       ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     187,200,000

                  計                                   187,200,000

       ②  【発行済株式】

               第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

         種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年7月31日)          (2019年9月11日)          商品取引業協会名
                                    東京証券取引所             単元株式数
                   48,424,071          48,424,071
        普通株式
                                     市場第一部              100株
                   48,424,071          48,424,071
         計                              ―            ―
      (2)  【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】
        該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                 資本金増減額        資本金残高
          年月日         総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                     (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2019  年5月1日     ~
                           48,424,071
                        ―              ―   4,026,750           ―   4,024,840
     2019年7月31日
                                 10/24







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
      (5)  【大株主の状況】
                                                    2019年7月31日現在
                                                        発行済株式
                                                       (自己株式を
                                                  所有株式数     除く。)の総
                氏名又は名称                        住所
                                                   (千株)    数に対する所
                                                       有株式数の割
                                                         合(%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                            東京都中央区晴海1-8-11                  4,955       10.30

     日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                            東京都港区浜松町2-11-3                  3,335       6.93

                                  東京都港区港南1-2-70                  2,374       4.94

     丹青社取引先持株会
                                  東京都千代田区有楽町1-13-1
     第一生命保険株式会社
                                                    1,907       3.96
     (常任代理人        資産管理サービス信託銀行株式会社)
                                  (東京都中央区晴海1-8-12)
                                  東京都千代田区丸の内1-1-2                  1,500       3.12
     株式会社三井住友銀行
     株式会社三菱UFJ銀行                            東京都千代田区丸の内2-7-1                  1,482       3.08

                                  東京都港区虎ノ門1-2-10                  1,450       3.01

     ファンネックス・アセット・マネジメント株式会社
                                  東京都千代田区丸の内1-6-6
     日本生命保険相互会社
                                                    1,446       3.01
     (常任代理人 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
                                  (東京都港区浜松町2-11-3)
                                  東京都港区港南1-2-70                  1,218       2.53
     丹青社従業員持株会
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)                            東京都中央区晴海1-8-11                  1,027       2.14

                                         ―          20,698       43.03

                  計
     (注)1     2019年4月15日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、                                株式会社三菱UFJ銀行           及びその共同保有
        者が2019年4月8日現在で次のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、                                        株式会社三菱UFJ銀行           以
        外は、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状
        況には含めておりません。
         なお、株式会社三菱UFJ銀行及びその共同保有者の大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであ
        ります。
                                                       発行済株式
                                                 所有株式数     総数に対する
               氏名又は名称                        住所
                                                  (千株)     所有株式数
                                                       の割合(%)
     株式会社三菱UFJ銀行                            東京都千代田区丸の内2-7-1                  1,482       3.06
     三菱  UFJ信託銀行株式会社                          東京都千代田区丸の内1-4-5                  1,365       2.82

     三菱  UFJ国際投信株式会社                          東京都千代田区有楽町1-12-1                   557      1.15

                                 24  Lombard    Street,    London,
     三菱UFJアセット・マネジメント(UK)
                                                    130      0.27
     (Mitsubishi       UFJ  Asset   Management      (UK)   Ltd.)
                                 EC3V   9AJ,   United    Kingdom
                  計                       ―          3,536       7.30
       2   2019年4月22日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、株式会社三井住友銀行及びその共同保有者
        が2019年4月15日現在で次のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、株式会社三井住友銀行以外
        は、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況
        には含めておりません。
         なお、株式会社三井住友銀行及びその共同保有者の大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のと                                              おりであり
        ます。
                                                       発行済株式
                                                 所有株式数     総数に対する
               氏名又は名称                        住所
                                                  (千株)     所有株式数
                                                       の割合(%)
     株式会社三井住友銀行                            東京都千代田区丸の内1-1-2                  1,500       3.10
     三井住友DSアセットマネジメント株式会社                            東京都港区愛宕2-5-1                  2,697       5.57

                  計                       ―          4,197       8.67

                                 11/24


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
       3   2019年7月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、アセットマネジメントOne株式会社
        が2019年6月28日現在で次のとおり株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会計
        期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
         なお、アセットマネジメントOne株式会社の大量保有報告書の内容は以下のとおりであります                                            。
                                                       発行済株式
                                                 所有株式数     総数に対する
               氏名又は名称                        住所
                                                  (千株)     所有株式数
                                                       の割合(%)
     アセットマネジメントOne株式会社                            東京都千代田区丸の内1-8-2                  2,628       5.43
      (6)  【議決権の状況】

       ①  【発行済株式】
                                                  2019年7月31日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                           ―         ―          ―

     議決権制限株式(自己株式等)                           ―         ―          ―

     議決権制限株式(その他)                           ―         ―          ―

                      (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                                    ―          ―
                      普通株式              316,800
                      普通株式         48,026,900

     完全議決権株式(その他)                                 480,269             ―
                      普通株式               80,371

     単元未満株式                                    ―          ―
     発行済株式総数                       48,424,071             ―          ―

     総株主の議決権                           ―      480,269             ―

     (注)1      「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が9,700株(議決権97個)含まれて
         おります。
        2   「完全議決権株式(その他)」の普通株式には、従持信託が保有する当社株式199,400株(議決権1,994個)及
         びBIP信託が保有する当社株式433,800株(議決権4,338個)が含まれております。
        3   「単元未満株式」の普通株式には、当社所有の自己株式23株が含まれております。
       ②  【自己株式等】

                                                  2019年7月31日現在
                                                      発行済株式

                                  自己名義       他人名義       所有株式数
         所有者の氏名                                             総数に対する
                      所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                             所有株式数
                                   (株)       (株)       (株)
                                                      の割合(%)
     (自己保有株式)              東京都港区港南
                                   316,800          ―    316,800         0.65
     株式会社丹青社              1-2-70
           計              ―          316,800          ―    316,800         0.65
     (注)     自己名義所有株式数には、従持信託及びBIP信託が保有する当社株式633,200株を含めておりません。
     2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 12/24




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     第4    【経理の状況】
     1   四半期連結財務諸表の作成方法について

       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
      (平成19年内閣府令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)
      に準じて記載しております。
     2   監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年5
      月1日から2019年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年7月31日
      まで)に係る四半期連結財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受け
      ております。
                                 13/24















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年1月31日)              (2019年7月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       13,440,208              10,514,440
         現金預金
                                       9,001,942              9,891,952
         受取手形・完成工事未収入金等
                                       4,200,316              4,600,017
         有価証券
                                      ※1 8,340,463            ※1 13,295,515
         未成工事支出金等
                                        460,588              506,292
         その他
                                        △ 31,359             △ 35,277
         貸倒引当金
                                       35,412,158              38,772,940
         流動資産合計
       固定資産
                                       1,031,276               950,364
         有形固定資産
         無形固定資産                                153,043              191,108
         投資その他の資産
                                       2,459,118              2,738,121
          退職給付に係る資産
                                       4,684,128              4,587,549
          その他
                                       △ 117,692             △ 125,369
          貸倒引当金
                                       7,025,553              7,200,300
          投資その他の資産合計
                                       8,209,873              8,341,774
         固定資産合計
                                       43,622,032              47,114,714
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       7,925,812              10,474,866
         支払手形・工事未払金等
                                        993,483              837,585
         未払法人税等
                                       3,813,920              5,753,414
         未成工事受入金
                                       1,022,898               897,575
         賞与引当金
                                        477,208              546,801
         その他の引当金
                                       1,838,946               946,069
         その他
                                       16,072,269              19,456,313
         流動負債合計
       固定負債
                                        306,980              227,930
         長期借入金
                                         15,859              14,443
         退職給付に係る負債
                                         85,734              81,207
         引当金
                                        218,408              283,349
         その他
                                        626,982              606,931
         固定負債合計
                                       16,699,252              20,063,244
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
         資本金                               4,026,750              4,026,750
                                       4,024,974              4,024,974
         資本剰余金
                                       18,525,420              19,284,131
         利益剰余金
                                       △ 383,641             △ 858,370
         自己株式
                                       26,193,503              26,477,485
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        953,163              797,862
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,710                -
         繰延ヘッジ損益
                                         51,517              43,506
         為替換算調整勘定
                                       △ 273,694             △ 267,384
         退職給付に係る調整累計額
                                        729,276              573,984
         その他の包括利益累計額合計
                                       26,922,780              27,051,469
       純資産合計
                                       43,622,032              47,114,714
      負債純資産合計
                                 14/24



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2018年2月1日            (自    2019年2月1日
                                 至   2018年7月31日)            至   2019年7月31日)
                                       40,946,172              36,695,392
      売上高
                                       33,723,130              29,673,610
      売上原価
                                       7,223,041              7,021,782
      売上総利益
                                      ※1 4,371,283             ※1 4,514,321
      販売費及び一般管理費
                                       2,851,758              2,507,461
      営業利益
      営業外収益
                                         31,812              24,899
       受取配当金
                                         22,551              22,927
       仕入割引
                                         26,265              56,739
       その他
       営業外収益合計                                  80,628              104,567
      営業外費用
                                         2,798              1,994
       支払利息
                                         2,665              1,598
       為替差損
                                         6,157              1,598
       損害賠償金
                                         5,065              1,997
       その他
                                         16,686               7,189
       営業外費用合計
                                       2,915,700              2,604,838
      経常利益
      特別利益
                                         25,929              72,562
       投資有価証券売却益
                                         25,929              72,562
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             2,644
       投資有価証券評価損
                                           -             1,625
       ゴルフ会員権売却損
                                           -              550
       ゴルフ会員権評価損
                                           -             4,820
       特別損失合計
                                       2,941,629              2,672,580
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   784,015              796,088
                                        212,467              107,525
      法人税等調整額
                                        996,482              903,613
      法人税等合計
                                       1,945,146              1,768,966
      四半期純利益
                                       1,945,146              1,768,966
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 15/24








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2018年2月1日            (自    2019年2月1日
                                 至   2018年7月31日)            至   2019年7月31日)
                                       1,945,146              1,768,966
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                       △ 109,340             △ 155,300
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,242              1,710
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 15,476              △ 8,011
       為替換算調整勘定
                                         24,840               6,309
       退職給付に係る調整額
                                       △ 101,218             △ 155,292
       その他の包括利益合計
                                       1,843,928              1,613,674
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       1,843,928              1,613,674
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                 16/24















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自    2018年2月1日            (自    2019年2月1日
                                 至   2018年7月31日)            至   2019年7月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,941,629              2,672,580
       税金等調整前四半期純利益
                                        109,362               90,469
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                △ 406,905               11,752
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 371,645             △ 125,322
       完成工事補償引当金の増減額(△は減少)                                  46,283              20,132
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                                 161,500               10,521
       退職給付に係る資産負債の増減額(△は減少)                                △ 157,898             △ 271,326
                                        △ 38,948             △ 32,752
       受取利息及び受取配当金
                                         2,798              1,994
       支払利息
       有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 25,929             △ 72,562
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)                                    -             2,644
       売上債権の増減額(△は増加)                                  26,479             △ 851,882
       未成工事支出金等の増減額(△は増加)                               △ 2,298,545             △ 4,955,235
       仕入債務の増減額(△は減少)                                1,886,029              2,551,308
       未成工事受入金の増減額(△は減少)                                2,044,031              1,939,493
                                       △ 269,396             △ 931,544
       その他
                                       3,648,847                60,272
       小計
                                         40,590              31,296
       利息及び配当金の受取額
                                        △ 2,373             △ 1,788
       利息の支払額
                                      △ 1,017,016              △ 961,280
       法人税等の支払額
                                       2,670,047              △ 871,499
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 603,891             △ 303,223
       有価証券及び投資有価証券の取得による支出
       有価証券及び投資有価証券の売却及び
                                        381,358              385,410
       償還による収入
                                        △ 74,208             △ 18,653
       有形固定資産の取得による支出
                                           251             26,863
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 17,641             △ 52,970
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 14,815             △ 16,609
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         23,394               9,174
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 20,937             △ 13,409
       その他
                                       △ 326,489               16,582
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -           △ 79,050
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 500,000                 -
       社債の償還による支出
       リース債務の返済による支出                                 △ 14,969              △ 6,700
                                         △ 462           △ 547,636
       自己株式の取得による支出
                                           -            72,908
       自己株式の売却による収入
                                      △ 1,007,186             △ 1,007,716
       配当金の支払額
                                      △ 1,522,618             △ 1,568,195
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 15,391              △ 2,656
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   805,548            △ 2,425,769
      現金及び現金同等物の期首残高                                 14,384,769              16,940,128
                                      ※1 15,190,317             ※1 14,514,358
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (追加情報)
        (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                        平成30年2月16日)
         等を第1四半期連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産
         の区  分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示しております。
        (従業員等に信託を通じて当社の株式を交付する取引)

          当社は、当社従業員に対する当社の中長期的な企業価値向上へのインセンティブの付与を目
         的として、従業員持株会に信託を通じて当社の株式を交付する取引「信託型従業員持株インセ
         ンティブ・プラン(E-Ship®)」を行っております。
         1   取引の概要

           当社は、持株会に加入するすべての従業員を受益者とする従持信託を設定いたします。従
          持信託は、2018年9月より2年6ヵ月間にわたり持株会が取得すると見込まれる数の当社株
          式を取得し、持株会に売却を行うものであります。信託終了時に、株価の上昇により譲渡利
          益等が生じた場合には、受益者適格要件を満たす者に分配されます。株価の下落により譲渡
          損失等が生じ信託財産に係る債務が残る場合には、金銭消費貸借契約の保証事項に基づき、
          当社が銀行に対して一            括して弁済することになっております。
         2   信託に残存する当社の株式

           信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除きます。)によ
          り純資産の部に自己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、
          前連結会計年度304,771千円、262,100株、当第2四半期連結会計期間231,863千円、199,400
          株であります。
         3   総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額

           前連結会計年度306,980千円、当第2四半期連結会計期間227,930千円
        (業績連動型株式報酬制度)

          当社は、2019年4月23日開催の第61期定時株主総会において、当社の取締役(社外取締役、
         監査等委員である取締役及び国外居住者は除きます。以下、「取締役」といいます。)を対象
         として、     報酬と当社の株式価値との連動性をより明確にし、中長期的な企業価値向上への貢献
         意欲を高めるとともに、株主の皆様との利害共有を図ることを目的として、業績連動型株式報
         酬制度(以下、「本制度」といいます。)を決議し導入しております。
         1   取引の概要

           本制度は、役員報酬BIP信託と称される仕組みを採用いたします。役員報酬BIP信託
          とは、欧米の業績連動型株式報酬(Performance                             Share)制度及び譲渡制限付株式報酬
          (Restricted        Stock)制度と同様に、役位や中期経営計画における業績目標の達成度等に応
          じて、当社株式及び当社株式の換価処分金相当額の金銭を取締役に交付及び給付するもので
          あります。
         2   信託に残存する当社の株式

           信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除きます。)によ
          り、純資産の部に自己株式として計上しております。当第2四半期連結会計期間における
          当該自己株式の帳簿価額及び株式数は547,382千円、433,800株であります。
                                 18/24


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
       (四半期連結貸借対照表関係)
       ※1    未成工事支出金等の内訳は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年1月31日)                (2019年7月31日)
          未成工事支出金                           8,296,892     千円           13,257,076     千円
                                       43,125                38,344
          商品
                                         445                95
          材料貯蔵品
                                     8,340,463               13,295,515
          計
       (四半期連結損益計算書関係)

       ※1    販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                                (自  2018年2月1日              (自  2019年2月1日
                                 至  2018年7月31日)              至  2019年7月31日)
          貸倒引当金繰入額                             3,439   千円             12,837   千円
                                     1,631,364                1,699,468
          従業員給料手当
                                      445,926                460,511
          賞与引当金繰入額
                                       75,680                19,842
          退職給付費用
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※1    現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との
        関係
                              前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                                (自  2018年2月1日              (自  2019年2月1日
                                至  2018年7月31日)              至  2019年7月31日)
          現金預金                          12,190,399千円                10,514,440千円
          有価証券勘定の内、
                                     2,999,918                3,999,918
          現金同等物に含まれるもの
          現金及び現金同等物                          15,190,317                14,514,358
                                 19/24











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
         前第2四半期連結累計期間(自                 2018年2月1日         至  2018年7月31日)
       1   配当金支払額
                             1株当たり

                      配当金の総額
                               配当額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
     2018年4月24      日
                       1,010,268         21.00
                普通株式                     2018年1月31日         2018年4月25日         利益剰余金
     定時株主総会
       2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連

        結会計期間の末日後となるもの
                             1株当たり

                      配当金の総額
                               配当額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
     2018年9月7      日
                        817,829        17.00
                普通株式                     2018年7月31日         2018年10月2日         利益剰余金
     取締役会
         当第2四半期連結累計期間(自                 2019年2月1日         至  2019年7月31日)

       1   配当金支払額
                             1株当たり

                      配当金の総額
                               配当額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
     2019年4月23      日
                       1,010,256         21.00
                普通株式                     2019年1月31日         2019年4月24日         利益剰余金
     定時株主総会
      (注)   2019年4月23日の定時株主総会の決議による配当金の総額には、従持信託が所有する当社株式に対する配当金
        5,504千円が含まれております。
       2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連

        結会計期間の末日後となるもの
                             1株当たり

                      配当金の総額
                               配当額
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                               (円)
     2019年9月10      日
                        962,144        20.00
                普通株式                     2019年7月31日         2019年10月2日         利益剰余金
     取締役会
      (注)   2019年9月10日の取締役会の決議による配当金の総額には、従持信託及び                                  BIP信託     が所有する当社株式に対す
        る配当金12,664千円が含まれております。
       3   株主資本の金額の著しい変動

         当社は、「役員報酬BIP(Board                   Incentive      Plan)信託」の導入に伴い当社株式を取得した

        ため、自己株式が547,382千円増加しております。
                                 20/24






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       前第2四半期連結累計期間(自                   2018年2月1日           至   2018年7月31日)
        報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                       その他            調整額     損益計算書
                                             合計
                                       (注)1            (注)2      計上額
               商業その他      チェーン      文化施設
                                  計
                                                        (注)3
               施設事業     ストア事業       事業
      売上高
      (1)外部顧客への
        売上高
               23,813,878      9,781,768      7,036,570     40,632,217       313,955    40,946,172          -  40,946,172
      (2)セグメント間

                   -      -      -      -  1,309,870      1,309,870     △ 1,309,870         -
        の内部売上高
        又は振替高
               23,813,878      9,781,768      7,036,570     40,632,217      1,623,825     42,256,043      △ 1,309,870     40,946,172
          計
               1,310,288       635,509      771,746     2,717,543       129,026     2,846,569        5,188    2,851,758

      セグメント利益
       (注)1      「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、商業施設の運営・管理、事
           務機器等のレンタル・販売、労働者の派遣等の事業を含んでおります。
           2   セグメント利益の調整額           5,188   千円は、セグメント間取引消去額であります。
           3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       当第2四半期連結累計期間(自                   2019年2月1日           至   2019年7月31日)

        報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                                       四半期連結
                      報告セグメント
                                       その他            調整額     損益計算書
                                             合計
                                       (注)1            (注)2      計上額
               商業その他      チェーン      文化施設
                                  計
                                                        (注)3
               施設事業     ストア事業       事業
      売上高
      (1)外部顧客への
        売上高
               21,206,299      9,840,452      5,453,405     36,500,157       195,235    36,695,392          -  36,695,392
      (2)セグメント間

                   -      -      -      -  1,383,786      1,383,786     △ 1,383,786         -
        の内部売上高
        又は振替高
               21,206,299      9,840,452      5,453,405     36,500,157      1,579,021     38,079,179      △ 1,383,786     36,695,392
          計
               1,536,845       592,074      284,801     2,413,721       109,932     2,523,653      △ 16,192    2,507,461

      セグメント利益
       (注)1      「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、事務機器等のレンタル・販
           売、労働者の派遣等の事業を含んでおります。
           2   セグメント利益の調整額           △ 16,192千円は、セグメント間取引消去額であります。
           3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 21/24





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                                (自   2018年2月1日             (自   2019年2月1日
                                 至  2018年7月31日)              至  2019年7月31日)
     1株当たり四半期純利益                    (円)              40.43               37.02
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益                  (千円)             1,945,146               1,768,966

       普通株主に帰属しない金額                  (千円)                 ―               ―

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                         (千円)             1,945,146               1,768,966
       四半期純利益
       普通株式の期中平均株式数                  (株)            48,107,797               47,786,653
      (注)1      潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2   当社は、前第3四半期連結会計期間より「信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)」を、当
          第2四半期連結会計期間より「役員報酬BIP(Board                          Incentive     Plan)信託」を導入しており、従持信託
          及びBIP信託が所有する当社株式を四半期連結財務諸表において自己株式として計上しております。1株
          当たり四半期純利益の算定上、従持信託及びBIP信託が所有する当社株式を「普通株式の期中平均株式
          数」の計算において控除する自己株式に含めております。
            当第2四半期連結累計期間において、1株当たり四半期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平
          均株式数は320,706株であります。
       (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       2019年9月10日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (1)  配当金の総額………………………………………962,144千円
        (2)  1株当たりの金額…………………………………20.00円
        (3)  支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2019年10月2日
        (注)    2019年7月31日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、支払いを行いま
          す。
                                 22/24







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
     第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                 23/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社丹青社(E00208)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2019年9月5日

     株式会社丹青社
      取締役会       御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                         指定有限責任社員

                                            石   井   哲   也    ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                            吉   村   健   一       ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

     る株式会社丹青社の2019年2月1日から2020年1月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
     (2019年5月1日から2019年7月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年2月1日から2019年
     7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算
     書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
     して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
     偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結
     財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
     て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
     が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
     べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
     に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社丹青社及び連結子会社の
     2019年7月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認め
     られなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以   上

     (注)   1   上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。