クミアイ化学工業株式会社 四半期報告書 第71期第3四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第71期第3四半期(令和1年5月1日-令和1年7月31日)

提出日:

提出者:クミアイ化学工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2019年9月12日

    【四半期会計期間】                   第71期第3四半期(自          2019年5月1日        至  2019年7月31日)

    【会社名】                   クミアイ化学工業株式会社

    【英訳名】                   KUMIAI    CHEMICAL     INDUSTRY     Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                   取締役社長  小 池 好 智

    【本店の所在の場所】                   東京都台東区池之端一丁目4番26号

    【電話番号】                   03(3822)5036(代表)

    【事務連絡者氏名】                   経営企画部長  井 上  淳

    【最寄りの連絡場所】                   東京都台東区池之端一丁目4番26号

    【電話番号】                   03(3822)5036(代表)

    【事務連絡者氏名】                   経営企画部長  井 上  淳

    【縦覧に供する場所】                   クミアイ化学工業株式会社 札幌支店

                       (北海道札幌市中央区北一条西四丁目2番地2)
                       クミアイ化学工業株式会社 本社分室
                       (静岡県静岡市清水区渋川100番地)
                       クミアイ化学工業株式会社 名古屋支店
                       (愛知県名古屋市中区栄二丁目2番12号)
                       クミアイ化学工業株式会社 大阪支店
                       (大阪府吹田市豊津町1番30号)
                       クミアイ化学工業株式会社 九州支店
                       (福岡県福岡市博多区祗園町1番28号)
                       株式会社東京証券取引所
                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                       (注) 上記の札幌支店及び九州支店は、金融商品取引法に規定する縦覧場
                       所ではありませんが、投資家の便宜を考慮して、縦覧に供する場所として
                       おります。
                                  1/23



                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第70期           第71期

             回次              第3四半期           第3四半期            第70期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2017年11月1日         自   2018年11月1日         自   2017年11月1日
            会計期間
                          至   2018年7月31日         至   2019年7月31日         至   2018年10月31日
     売上高                (百万円)            74,583           79,412           96,846
     経常利益                (百万円)            6,612           7,527           8,074

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)            5,302           5,547           4,706
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            1,530           3,764            747
     純資産額                (百万円)            98,549          100,203            97,739

     総資産額                (百万円)           134,527           137,224           132,680

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)           42.16           44.28           37.46
     純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             -           -           -
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)           67.74           67.25           67.85
                             第70期           第71期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自   2018年5月1日         自   2019年5月1日
            会計期間
                          至   2018年7月31日         至   2019年7月31日
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)            6.77           7.06
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指標
          等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/23





                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

        当第3四半期連結累計期間における、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
       ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生、又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
       「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連
      結会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連
      結会計年度との比較・分析を行っております。
     (1) 財政状態及び経営成績の状況

      イ.業績の状況
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、個人消費や設備投資など内需が底堅く推移することで緩やか
       な増加基調はみられるものの、米中間の貿易摩擦問題の長期化による経済への影響、中国をはじめとするアジア新
       興国経済の鈍化や日韓関係の悪化が与える影響が懸念される等、先行き不透明な状況が続いております。
        このような情勢の下、当社は2017年の旧イハラケミカル工業株式会社との経営統合により、新生「クミアイ化学
       工業株式会社」として、新中期経営計画「Create                        the  Future」を策定し、前期は初年度計画を達成する形で終了
       しました。引き続き、統合によるシナジー効果を確実に発現するべく、各部門における課題の達成に取り組んでお
       ります。
        売上高は、主力剤アクシーブの販売拡大により、                        794億1千2百万円         、前年同期比      48億2千9百万円        (6.5%)の増
       加 となりました。営業利益は、売上高が増加したことにより                           62億4千8百万円        、前年同期比      12億2百万円      (23.8%)
       の増加   となりました。経常利益は、              75億2千7百万円        、前年同期比      9億1千5百万円        (13.8%)の増加       となりまし
       た。親会社株主に帰属する四半期純利益は、                     55億4千7百万円        、前年同期比      2億4千6百万円        (4.6%)の増加       とな
       りました。
        なお、当第3四半期連結累計期間における海外向け売上高の割合は40.5%となりました。
        セグメントの概況につきましては以下の通りです。
       ①農薬及び農業関連事業
         国内販売部門の農耕地向け製品は、水稲用除草剤「エフィーダ剤」の本格販売が開始され、また、水稲用箱処
        理剤の新規混合剤が上市されるとともにその他混合剤の出荷が伸張しました。これらの結果、国内販売部門は前
        年同期を上回りました。
         特販部門は、自社開発原体の販売において「ファンタジスタ剤」をはじめとする園芸用殺菌剤等が好調に推移
        した結果、前年同期を上回りました。
         海外販売部門は、基幹製品である畑作用除草剤「アクシーブ剤」の出荷が伸張を続け、前年同期を大きく上回
        りました。
        以上の結果、農薬及び農業関連事業の売上高は                      568億4千6百万円         、前年同期比      27億1千6百万円        (5.0%)の増
       加 、営業利益は      55億5千万円      、前年同期比      11億3千5百万円        (25.7%)の増加       となりました。
       ②化成品事業

         塩素化事業では、アラミド繊維や高機能樹脂などの原料向けクロロキシレン系化学品が好調に推移しました。
         また、電子材料や高耐熱樹脂の原料向けビスマレイミド類をはじめとする精密化学品事業、防水剤や電子材料
        などの原料向けウレタン硬化剤事業も、総じて順調に推移しました。
         発泡スチロール事業は需要増などから売上高が増加し、さらに受託事業も好調な状況となりました。
         一方、医療機器殺菌原体や製紙向けの産業薬品事業については前年同期を下回りました。
         以上の結果、化成品事業の売上高は                 157億5千9百万円         、前年同期比      13億8千9百万円        (9.7%)の増加       となりま
        した。営業利益は        11億8千5百万円        、前年同期比      6千8百万円      (6.1%)の増加       となりました。
       ③その他

         その他の主な事業内容は、賃貸事業、発電及び売電事業、建設業、印刷事業、物流事業、情報サービス事業等
                                  3/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
        であります。
         賃貸事業では、引き続き保有資産の有効活用に努め、売上は前年同期並みとなりました。発電及び売電事業で
        は、台風被害の解消により、売上は前年同期を上回りました。建設業では、受注は順調ながら完成工事までに至
        らない工事もありましたが売上は前年同期をやや上回りました。印刷事業並びに物流事業では、売上は前年同期
        並みに推移しました。
         以上の結果、その他全体の売上高は                 68億6百万円      、前年同期比      7億2千4百万円        (11.9%)の増加       となりまし
        た。営業利益は       5億4千8百万円        、前年同期比      1億4百万円      (23.4%)の増加       となりました。
      ロ.財政状態の分析

        当第3四半期連結会計期間末の総資産は                    1,372億2千4百万円          で、前連結会計年度末に比べ              45億4千4百万円の
       増加  となりました。これは主に受取手形及び売掛金、商品及び製品、原材料及び貯蔵品、並びに機械装置及び運搬
       具の増加が、現金及び預金、並びに建設仮勘定の減少を上回ったことなどによるものです。
        負債は    370億2千1百万円         で、前連結会計年度末に比べ              20億8千万円の増加         となりました。これは主に短期借入
       金の増加が、支払手形及び買掛金、並びに未払金の減少を上回ったことなどによるものです。
        純資産は     1,002億3百万円        、自己資本比率は        67.25%    、1株当たり純資産は          736円76銭     となりました。
     (2) 事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じた課題
      はありません。
     (3) 研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間における当社グループが支出した研究開発費の総額は                                      34億4千8百万円        であります。
      なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当社は、2019年6月7日開催の取締役会において、当社の連結子会社である株式会社理研グリーンとの間で、当
      社を株式交換完全親会社、株式会社理研グリーンを株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、
      両社間で株式交換契約を締結しました。
       詳細につきましては、「第4              経理の状況」の「1          四半期連結財務諸表〔注記事項〕(重要な後発事象)Ⅰ                          共通
      支配下の取引等」に記載の通りであります。
       また、当社は、2019年9月6日開催の取締役会において、Corteva                               Agriscienceのベンスルフロンメチル事業を譲

      り受けることを決議し、同日付で事業譲受契約を締結しました。
       詳細につきましては、「第4              経理の状況」の「1          四半期連結財務諸表〔注記事項〕(重要な後発事象)Ⅱ                          取得
      による企業結合」に記載の通りであります。
                                  4/23







                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                          200,000,000
                 計                        200,000,000
      ②  【発行済株式】

               第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
                (2019年7月31日)           (2019年9月12日)           商品取引業協会名
                                                完全議決権株式であ
                                                り、権利内容に何ら
                                       東京証券取引所
                                                限定のない当社にお
       普通株式            133,184,612           133,184,612
                                       (市場第一部)
                                                ける標準となる株式
                                                単元株式数 100株
         計           133,184,612           133,184,612           -           -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      2019年5月1日
         ~            -  133,184,612            -     4,534         -     4,832
      2019年7月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/23






                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することが
      できませんので、2019年4月30日現在の株主名簿により記載しております。
      ①  【発行済株式】

                                                2019年4月30日現在
           区分                株式数(株)            議決権の数(個)            内容
     無議決権株式                             -        -          -
     議決権制限株式(自己株式等)                             -        -          -
     議決権制限株式(その他)                             -        -          -
                                               権利関係に何ら限定
                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -     のない当社における
                      普通株式            7,922,800
                                               標準となる株式
     完全議決権株式(その他)                普通株式           124,980,800         1,249,808      同上
     単元未満株式                普通株式             281,012       -          -
     発行済株式総数                           133,184,612          -          -
     総株主の議決権                             -        1,249,808          -
     (注)   「単元未満株式」には、当社所有の自己株式23株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                  2019年4月30日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                       所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                    東京都台東区池之端
      クミアイ化学工業株式会社                            7,922,800          -   7,922,800         5.94
                    一丁目4番26号
           計              -        7,922,800          -   7,922,800         5.94
     (注)1.      株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が4,100株(議決権41個)ありま
          す。   なお、当該株式数は上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の中に含まれております。
       2.      2019年9月6日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第
          156条の規定に基づく自己株式の取得及びその具体的な取得方法として、自己株式立会外買付取引(ToS
          TNeT-3)において買付の委託を行うことを決議し、2019年9月9日付で2,888,600株を自己株式とし
          て取得いたしました。
          詳細につきましては、「第4              経理の状況」の「1          四半期連結財務諸表〔注記事項〕(重要な後発事象)Ⅲ
          会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得」に記載の通りであります。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は次のとおりであります。
      (1)  退任役員

          役名              職名              氏名            退任年月日

         取締役               -            引屋敷 透             2019年3月31日
      (2)  異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性16名 女性1名(役員のうち女性の比率5.9%)
                                  6/23



                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年5月1日から2019年
     7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、芙蓉監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年7月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                17,729              15,493
        受取手形及び売掛金                                21,769              26,291
        有価証券                                  30              30
        商品及び製品                                18,405              20,520
        仕掛品                                10,032               9,814
        原材料及び貯蔵品                                 4,494              5,715
        その他                                 1,942              1,574
                                         △ 67             △ 63
        貸倒引当金
        流動資産合計                                74,334              79,375
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               9,720              9,842
         機械装置及び運搬具(純額)                               5,327              7,262
         土地                               12,061              12,095
         建設仮勘定                               1,932               279
                                         1,397              1,492
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               30,438              30,969
        無形固定資産
                                          603             1,003
        投資その他の資産
         投資有価証券                               24,377              23,196
         長期貸付金                                309               11
         繰延税金資産                                885              924
         退職給付に係る資産                                124              151
         その他                               1,765              1,731
                                         △ 154             △ 137
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               27,306              25,877
        固定資産合計                                58,346              57,849
      資産合計                                 132,680              137,224
                                  8/23









                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2018年10月31日)              (2019年7月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                15,052              12,580
        短期借入金                                 2,759              9,787
        未払金                                 4,377              2,819
        未払法人税等                                  788             1,638
        賞与引当金                                 1,475               730
                                          648              619
        その他
        流動負債合計                                25,099              28,173
      固定負債
        長期借入金                                  970              415
        繰延税金負債                                 3,548              3,055
        役員退職慰労引当金                                  579              587
        退職給付に係る負債                                 4,358              4,325
        資産除去債務                                  39              39
        その他                                  348              427
        固定負債合計                                 9,843              8,848
      負債合計                                  34,942              37,021
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 4,534              4,534
        資本剰余金                                35,735              35,735
        利益剰余金                                54,660              58,955
                                        △ 4,113             △ 4,114
        自己株式
        株主資本合計                                90,817              95,110
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  795              662
        為替換算調整勘定                                △ 1,438             △ 3,353
                                         △ 152             △ 131
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                 △ 794            △ 2,822
      非支配株主持分                                  7,717              7,915
      純資産合計                                  97,739              100,203
     負債純資産合計                                   132,680              137,224
                                  9/23








                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     売上高                                   74,583              79,412
                                        56,284              59,620
     売上原価
     売上総利益                                   18,299              19,792
     販売費及び一般管理費                                   13,253              13,544
     営業利益                                    5,046              6,248
     営業外収益
      受取利息                                    68              39
      受取配当金                                   290              202
      持分法による投資利益                                  1,223              1,352
      貸倒引当金戻入額                                    13              10
                                          190              111
      その他
      営業外収益合計                                  1,784              1,715
     営業外費用
      支払利息                                    38              26
      売上割引                                    36              36
      為替差損                                   125              233
      支払手数料                                    -              119
                                          20              22
      その他
      営業外費用合計                                   219              436
     経常利益                                    6,612              7,527
     特別利益
      固定資産処分益                                    13              144
      投資有価証券売却益                                    11              -
      受取保険金                                    64              217
                                          45              -
      抱合せ株式消滅差益
      特別利益合計                                   133              362
     特別損失
      固定資産処分損                                   156               89
      投資有価証券売却損                                    12              -
      ゴルフ会員権売却損                                    1              -
      ゴルフ会員権評価損                                    5              0
      支払補償費                                    -              23
      災害による損失                                    44              46
                                          -              10
      事務所移転費用
      特別損失合計                                   218              168
     税金等調整前四半期純利益                                    6,528              7,721
     法人税等                                     969             1,932
     四半期純利益                                    5,559              5,789
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     257              242
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    5,302              5,547
                                 10/23





                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                至 2018年7月31日)               至 2019年7月31日)
     四半期純利益                                    5,559              5,789
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 4,050              △ 138
      為替換算調整勘定                                   △ 95             △ 47
      退職給付に係る調整額                                    32              21
                                          85            △ 1,860
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 4,029             △ 2,025
     四半期包括利益                                    1,530              3,764
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  1,287              3,519
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   243              245
                                 11/23















                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        税金費用について、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適
       用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        なお、法人税等調整額は、法人税等に含めて表示しております。
       (追加情報)

       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会
      計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
      分に表示しております。
       (四半期連結貸借対照表関係)

      保証債務
       連結会社以外の会社の債務に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                             前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                             (2018年10月31日)                 (2019年7月31日)
        他の会社の支払債務に対する保証                         14 百万円                10 百万円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
      なお、第3四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産にかかる償却費を含む。)は、次のとおりであり
      ます。
                     前第3四半期連結累計期間                      当第3四半期連結累計期間

                      (自 2017年11月1日                     (自 2018年11月1日
                      至 2018年7月31日)                       至 2019年7月31日)
      減価償却費                     2,132   百万円                   2,203   百万円
                                 12/23










                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
       (株主資本等関係)
      前第3四半期連結累計期間(自                2017年11月1日         至   2018年7月31日)
      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2018年1月26日
               普通株式         1,041         8  2017年10月31日         2018年1月29日         利益剰余金
     定時株主総会
     2018年6月7日
               普通株式          376        3  2018年4月30日         2018年7月3日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。

      当第3四半期連結累計期間(自                2018年11月1日         至   2019年7月31日)

      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
     2019年1月25日
               普通株式           877         7  2018年10月31日         2019年1月28日         利益剰余金
     定時株主総会
     2019年6月7日
               普通株式           376         3  2019年4月30日         2019年7月3日         利益剰余金
     取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。

                                 13/23











                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                   2017年11月1日         至   2018年7月31日)
      1.  報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                       報告セグメント
                                                    四半期連結
                                    その他           調整額     損益計算書
                                          合計
                  農薬及び                  (百万円)           (百万円)       計上額
                         化成品       計         (百万円)
                  農業関連                  (注)1           (注)2     (百万円)
                        (百万円)      (百万円)
                  (百万円)                                   (注)3
     売上高

     (1)外部顧客への売上高               54,131      14,370      68,501      6,082     74,583        -    74,583
     (2)セグメント間の内部
                      0     -      0    2,033      2,034     △ 2,034       -
       売上高又は振替高
          計         54,131      14,370      68,501      8,115     76,616     △ 2,034     74,583
     セグメント利益                4,415      1,117      5,533       444     5,977      △ 930     5,046
     (注)   1   その他の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、賃貸事業、発電及び売電事業、建設
          業、印刷事業、物流事業、情報サービス事業等を含んでおります。
        2   セグメント利益の調整額           △930百万円      は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全
          社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                   2018年11月1日         至   2019年7月31日)

      1.  報告セグメントごとの売上高及び利益の金額に関する情報
                       報告セグメント
                                                    四半期連結
                                    その他           調整額     損益計算書
                                          合計
                  農薬及び                  (百万円)           (百万円)       計上額
                         化成品       計         (百万円)
                  農業関連                  (注)1           (注)2     (百万円)
                        (百万円)      (百万円)
                  (百万円)                                   (注)3
     売上高

     (1)外部顧客への売上高               56,846      15,759      72,606      6,806     79,412        -    79,412
     (2)セグメント間の内部
                      -      24      24    2,308      2,332     △ 2,332       -
       売上高又は振替高
          計         56,846      15,784      72,630      9,114     81,744     △ 2,332     79,412
     セグメント利益                5,550      1,185      6,736       548     7,283     △ 1,035      6,248
     (注)   1   その他の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、賃貸事業、発電及び売電事業、建設
          業、印刷事業、物流事業、情報サービス事業等を含んでおります。
        2   セグメント利益の調整額           △1,035百万円       は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用であります。
          全社費用は、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        3   セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 14/23






                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    2017年11月1日           (自    2018年11月1日
                項目
                                 至   2018年7月31日)           至   2019年7月31日)
       1株当たり四半期純利益金額
                                       42円16銭             44円28銭
         (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  5,302             5,547

         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         5,302             5,547
       四半期純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                                   125,763             125,262
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 15/23















                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
       (重要な後発事象)
      Ⅰ 共通支配下の取引等
       (簡易株式交換による連結子会社の完全子会社化)
       当社は、2019年6月7日開催の取締役会において、2019年8月31日を効力発生日として、当社を株式交換完全親
      会社とし、株式会社理研グリーン(以下「理研グリーン」といいます。)を株式交換完全子会社とする株式交換
      (以下「本株式交換」といいます。)を行うことを決議し、両社の間で株式交換契約(以下「本株式交換契約」と
      いいます。)を締結いたしました。
       本株式交換により、その効力発生日である2019年8月31日をもって、当社は理研グリーンの完全親会社となり、
      完全子会社となる理研グリーンの普通株式(以下「理研グリーン株式」といいます。)は、株式会社東京証券取引
      所において、2019年8月           29 日付で上場廃止(最終売買日は2019年8月                    28 日)となりました。
      1 .本株式交換の概要

      ( 1 )株式交換完全子会社の名称及び事業の内容
         株式交換完全子会社の名称  株式会社理研グリーン
         事業の内容         緑化関連薬剤・資材の販売、製紙用・産業用薬剤の販売、緑化・造園工事
      ( 2 )本株式交換の目的

          当社グループ(以下に定義されます。)は、主として殺虫剤・殺菌剤・除草剤等の農薬の製造・販売、有機
         中間体・アミン硬化剤等の化成品の製造・販売等を主な事業としており、2019年7月31日現在、当社、連結子
         会社15社及び持分法適用会社3社(以下「当社グループ」といいます。)で構成されております。当社グルー
         プは、創立当初より安全で環境負荷の少ない農薬の開発に傾注し、国産第1号農薬の開発・製品化以来、国内
         のみならず、世界各地で自社開発品を中心とした製品の普及を進め、「いのちと自然」を守り育てることを
         テーマに、世界規模での農作物の生産性向上に貢献できるよう取り組んでおります。
          当社は、1949年に庵原農薬株式会社として設立され、1959年には国産第1号農薬である殺菌剤『アソジン』
         を開発し、1968年に現社名に変更しております。また、当社は、農薬の創製から研究・開発、原体の調達、製
         剤、販売に至るプロセスを一体化して経営資源を結集し、迅速かつ的確な意思決定により事業リスクを最小化
         することなどを目的として、2017年5月1日を効力発生日として、旧イハラケミカル工業株式会社との間で同
         社を消滅会社とする吸収合併を行いました。2017年9月13日に発表した上記合併後の最初の当社グループの中
         期経営計画(2018年度から2020年度)においては、合併によるシナジー効果を早期に発現させ、農業生産の課
         題を解決する研究開発型企業を中心とした“将来に亘って持続的に発展できる強い企業集団”を目指すことを
         基本方針として、2020年度における売上高を1,160億円とすることを目指すとともに、中期経営計画後の2022
         年度には非連続的な成長を通じて売上高を1,400億円以上とする目標を掲げております。
          当社を取り巻く事業環境においては、国内では、90年台前半をピークに農薬市場の減少傾向が続くととも
         に、政府主導の「産業競争力強化プログラム」における様々な施策の推進や経営耕地の集約化の進展に伴い大
         型農家や法人が増加する等、農業の在り方に大きな変化が起きております。また、「農薬取締法の一部を改正
         する法律」が2018年12月に施行され、農薬の安全性について一層の向上が期待されております。一方、海外に
         おいては、穀物価格の下落やドル高等により新興国の農薬需要が鈍化したこと等を要因とした近年の足踏み状
         態から回復基調に転じており、世界人口が増加し続ける中で中長期的な市場拡大が見込まれています。当社で
         は、かかる事業環境下で、連携強化によるグループ事業の最大化を図るべく、農薬及び農業関連事業において
         は新規剤開発力の高い当社が中核となり自社原体の拡大を通じてグループの売上及び収益性の柱として継続的
         に拡大させること、化成品事業においては海外生産拠点を含めた事業の最適化を図りながら当社グループの第
         二の柱として育成すること、生産資材部門においては安全な生産活動と安定的な資材調達を前提としてグロー
         バル調達体制の強化により自社開発剤のコスト削減を図ること、並びに、研究開発部門においては継続的な新
         農薬創製・新製品開発・新技術創出を至上命題として研究開発型企業としての価値向上を図ることを成長戦略
         としております。また、当社では、ワークライフバランスの実現に向け、適切な労働時間の管理を徹底し、総
         労働時間の削減を通じて「日本一幸せな会社」として社員が働ける職場環境の構築に向けた取り組みを目指し
         ております。
          一方、理研グリーンは、1957年にイハラ商事株式会社として設立され、1960年には当社の前身である庵原農
         薬株式会社が製造する除草剤『シマジン』の非農耕地向け販売を開始、その後高速道路の維持管理業務受託や
         ゴルフ場の防除請負等の事業領域へ進出、1985年に現社名に変更して、現在は非農耕地分野のゴルフ場・高速
         道路等を対象にした緑化資材の販売、主に製紙会社に対する殺菌・防腐剤等の工程助剤及び剥離・コーティン
                                 16/23

                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
         グ剤等の機能性薬品の販売、造園工事・土木工事・緑地管理業務等を行っております。
          また、理研グリーンでは、「緑をつくり、育て、守ることをモットーに、環境関連事業を通じて人と自然が
         調和した豊かな社会の実現に貢献する」ことを企業理念とし、環境関連事業を通じて培ってきた技術情報を基
         に、環境に適応した新商品の開発を積極的に進めることで、将来に亘って持続的に発展できる企業集団を目指
         す当社グループの一員として企業価値の向上を図ることを経営の基本方針としております。理研グリーンは、
         連結経営の強化を通じてその企業価値を高めるため、ユーザーに対し、単なる商品供給に止まらず、芝に特化
         した研究所を有するという優位性を活かして商品技術情報と高品質の技術サービスを提供するとともに、環境
         に適応した高付加価値商品の開発と新製品導入を積極的に進めることを中長期的な経営戦略としております。
          理研グリーンを取り巻く事業環境は、その主力事業である緑化関連薬剤・資材事業において主要顧客である
         ゴルフ場の数が漸減するとともにプレー人口減少と料金低下傾向に伴う経営合理化が進んでおり、産業用薬品
         事業においては紙需要の減少による生産調整が行われており、土木緑化工事事業においては公共工事数の減少
         及び技能労働者の不足に直面しております。理研グリーンでは、かかる事業環境下で、緑化関連薬剤・資材事
         業においては連結グループの総合力を促進してゴルフ場への販売シェア拡大と非農耕地分野への緑地管理業務
         への拡大を図り、産業用薬品事業においては製紙用薬剤のシェアの拡大を図り、土木緑化工事事業では、公共
         工事のみならず、民間工事の受注拡大を図っております。
          当社と理研グリーンは、半世紀以上に亘る両社の安定した関係を礎として、非農耕地分野の農薬事業におけ
         る商品構成の策定・商品開発等で協力してそれぞれの事業拡大に努めてまいりました。また、当社と理研グ
         リーンは、2017年の当社とイハラケミカル工業の合併により、従前当社の持分法適用会社であった理研グリー
         ンが、当社の連結子会社になったことを契機として、非農耕地分野の農薬事業における両社の協力関係の更な
         る強化、両社が連動しての自社剤最大化に向けた施策実行、及び、化成品分野での当社グループ内での協働検
         討に向けた議論を行っておりました。
          当社では、これらの議論を通じ、コーポレート・ガバナンスに対する意識が高まり少数株主が存在する親子
         会社間の取引に対して厳しい目が注がれるようになっている近年の状況に鑑みると、理研グリーンが上場を維
         持し少数株主が存在する現在の状況では、理研グリーンとのノウハウ・人材・開発戦略・資金力等の機動的な
         相互活用による連結グループ企業価値の向上を最優先とした事業戦略の策定や両社間の協働施策を実施するに
         あたっての迅速な意思決定において制約があること、当社グループ全体のガバナンス・コンプライアンス方針
         を展開するに際しても制約を受ける可能性があること、及び、理研グリーンの中長期的視野に立った内部留保
         による成長投資の実施にあたり更なる配当還元の充実を求める少数株主との間で利益相反が顕在化することも
         想定されることを認識するに至りました。かかる認識に基づき、当社は、当社が理研グリーンを完全子会社化
         することにより、理研グリーンの事業特性や運営・体制の優れた点を十分に活かしつつ相互の連携を強化する
         ことが、理研グリーンの企業価値向上のみならず、当社グループ全体の企業価値向上のために有益であるとの
         判断に至り、2019年3月初頭に株式交換による完全子会社化に向けての協議を理研グリーンに申入れました。
          理研グリーンは、理研グリーンを取り巻く上記事業環境において企業価値を向上させるためには、事業分野
         の拡大及び販路の拡大に向けた当社とのネットワーク・開発力・信用力及びノウハウ・販路・資源のさらなる
         相互活用が必要であると考えておりました。もっとも、当社との間でかかる相互活用を行うにあたっては、親
         子会社間で中長期的な目線での相互活用に係る利益及び費用の分配を行う必要があるものの、理研グリーンに
         少数株主が存在する場合、少数株主への短期的な利益の還元に配慮した親子会社間における利益及び費用の分
         配を行うことも求められるため、当社との相互活用を検討するには一定の制約があると認識しておりました。
         かかる状況において、理研グリーンは、当社から完全子会社化に向けての協議に係る申入れを受けました。理
         研グリーンは、かかる申入れを真摯に検討した結果、理研グリーンが本株式交換によって当社の完全子会社と
         なることにより、上記制約を受けることなく、事業分野の拡大及び販路の拡大に向けた当社とのネットワー
         ク・開発力・信用力及びノウハウ・販路・資源のさらなる相互活用を進めることが可能となり、理研グリーン
         を取り巻く上記事業環境において企業価値を向上させることができると考えるに至りました。以上のとおり、
         理研グリーンは、本株式交換による完全子会社化が、理研グリーンの企業価値向上、ひいては、当社グループ
         全体の企業価値の向上のために有益であるとの判断に至り、本株式交換による完全子会社化に向けての協議を
         開始することを了承いたしました。
          当社と理研グリーンは、その後協議を重ね、本株式交換による完全子会社化を通じて両社の資本関係が安定
         すれば、連結グループにおける経営の自由度・実効性を高めることができること、グループガバナンス・子会
         社コンプライアンスの深耕ができること、子会社・グループ全体の企業価値向上につなげることができるこ
         と、中長期視野に立った成長戦略の実行が可能になること、及び、理研グリーンにおける上場維持コストの削
         減が見込まれることを通じて、当社の企業価値向上のみならず、理研グリーンの企業価値向上のためにも有益
                                 17/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
         であるとの結論に至りました。
          また、当社と理研グリーンでは、完全子会社化の実施後の経営方針として、現在の理研グリーンの経営執行
         体制を基本的に維持しつつ、農耕地・非農耕地全体で自社原体最大化に向けた戦略の継続的な立案・実行する
         こと、当社の持つネットワーク・開発力・信用力を最大限に活用して競争力ある非農耕地向け農薬の商品ライ
         ンナップを構築すること、両社の持つノウハウ・販路・資源を相互活用した販売力強化を図ること、当社グ
         ループ全体での化成品事業、緑化事業及び産薬事業の強化に向けた施策を検討すること、理研グリーン及び理
         研グリーン子会社のコンプライアンス深耕と企業価値向上を図ること、両社の経営資源(資金・人材・情報・
         技術等)の有効活用を図ること、及び、意思決定の迅速化によるグループ力強化を図ることを予定しておりま
         す。
      ( 3 )本株式交換の効力発生日

         2019年8月31日
      ( ▶ )株式交換の方式

          本株式交換は、当社を株式交換完全親会社、理研グリーンを株式交換完全子会社とする株式交換でありま
         す。本株式交換は、当社においては、会社法第                      796  条第2項の規定に基づき、株主総会の承認を必要としない
         簡易株式交換の手続により、また、理研グリーンにおいては、2019年8月2日に開催の臨時株主総会において
         本株式交換契約の承認を受けた上で、2019年8月31日を効力発生日として実施いたしました。
      ( 5 )株式の種類及び交換比率並びに交付株式数

                         クミアイ化学工業株式会社                   株式会社理研グリーン
                          (株式交換完全親会社)                  (株式交換完全子会社)
        本株式交換に係る割当比率                       1                  0.820

        本株式交換により交付する

                               クミアイ化学工業の普通株式:3,371,215株
             株式数
      (注    1 )株式の割当比率
          理研グリーン株式1株に対して、当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)                                         0.820   株を割当て交付
         いたしました      。ただし、当社が保有する理研グリーン株式(2,380,381株)については、本株式交換による株
         式の割当ては行っておりません。
      (注    2 )本株式交換により交付する当社株式の数
          当社は、本株式交換に際して、当社が理研グリーン発行済株式の全部(ただし、当社が保有する理研グ
         リーン株式を除きます。)を取得する時点の直前時(以下「基準時」といいます。)の理研グリーンの株主の
         皆さま(ただし、クミアイ化学工業を除きます。)に対して、その保有する理研グリーン株式に代えて、上記
         表に記載の本株式交換に係る割当比率(以下「本株式交換比率」といいます。)に基づいて算出した数の当社
         株式を割当交付しておりますが、交付する普通株式は保有する自己株式を充当しており、新株式の発行は行っ
         ておりません。
          なお、理研グリーンは、本株式交換の効力発生日の前日までに開催する取締役会の決議により、基準時の
         直前の時点において保有している自己株式(本株式交換に際して会社法第                                  785  条第1項の規定に基づいて行使
         される株式買取請求に係る株式の買取りによって理研グリーンが取得する自己株式を含みます。)の全部を、
         基準時の直前の時点をもって消却しております。
       (    6 )本株式交換に係る割当ての内容の根拠及び理由

          本株式交換比率については、当社が既に理研グリーン株式                           3,220,185     株(発行済株式総数         6,691,300     株)に占
         める割合にして       48.12   %(小数点以下第三位を四捨五入。以下、保有割合の計算において同じです。(間接保
         有分も含みます。))を保有し、理研グリーンは当社の連結子会社に該当することから、本株式交換における
         株式交換比率の公正性を担保する必要があると判断し、両社がそれぞれ別個に両社から独立した第三者算定機
         関に株式交換比率の算定を依頼することとし、当社は野村證券株式会社(以下「野村證券」といいます。)
         を、理研グリーンは株式会社三菱UFJ銀行(以下「三菱UFJ銀行」といいます。)を、株式交換比                                                率の算
         定に関する第三者算定機関としてそれぞれ選定いたしました。なお、三菱UFJ銀行は、理研グリーンに対し
         て融資を行っておりますが、同行は、銀行法第13条の3の2第1項及び銀行法施行規則第14条の11の3の3等
                                 18/23


                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
         の適用法令に従い、行内における情報隔壁措置等、適切な利益相反管理態勢を構築し、かつ実施しており、第
         三者算定機関としてのファイナンシャル・アドバイザーを担当する事業部門であるコーポレート情報営業部財
         務 開発室は、融資業務を担当する事業部門とは独立した立場で、株式交換比率の算定を行っております。理研
         グリーンは、株式交換比率の算定にあたり適切な弊害防止措置が講じられていると判断し、三菱UFJ銀行を
         算定機関に選定いたしました。
          当社においては、第三者算定機関である野村證券から                         2019  年6月7日付で受領した株式交換比率に関する算
         定書、リーガル・アドバイザーである森・濱田松本法律事務所からの助言等を踏まえて慎重に交渉・協議を重
         ねた結果、本株式交換比率は妥当であり、当社の株主の皆さまの利益に資するものであるとの判断に至ったた
         め、本株式交換比率により本株式交換を行うことが妥当であると判断いたしました。
          理研グリーンにおいては、第三者算定機関である三菱UFJ銀行から                                2019  年6月6日付で受領した株式交換
         比率に関する算定書、リーガル・アドバイザーである佐藤総合法律事務所からの助言、支配株主である当社と
         の間で利害関係を有しない独立した委員から構成される第三者委員会(理研グリーンの監査等委員かつ社外取
         締役であり東京証券取引所に独立役員として届け出ている岡本忍氏、当社及び理研グリーンとの間で利害関係
         を有しない独立した外部の有識者である福崎真也氏(弁護士、福崎法律事務所)並びに当社及び理研グリーン
         との間で利害関係を有しない独立した外部の有識者である鳥羽史郎氏(公認会計士・税理士、鳥羽公認会計士
         事務所)の3名によって構成されます。)からの指示、助言、答申書等を踏まえて慎重に交渉・協議を重ねた
         結果、本株式交換比率は妥当であり、理研グリーンの株主の皆さまの利益に資するものであるとの判断に至っ
         たため、本株式交換比率により本株式交換を行うことが妥当であると判断いたしました。
          上記のほか、両社は、それぞれが相手方に対して実施したデュー・ディリジェンスの結果等を踏まえて慎重
         に検討し、また、相手方の財務状況、業績動向、株価動向等を勘案し、交渉・協議を重ねてまいりました。そ
         の結果、本株式交換比率が妥当であり、それぞれの株主の利益に資するものであるとの判断に至り、当該株式
         交換比率により本株式交換を行うことに合意いたしました。
      2 .実施する会計処理の概要

      「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第                       21 号)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する
      適用指針」(企業会計基準適用指針第                  10 号)に基づき、共通支配下の取引等のうち、非支配株主との取引として処
      理しております。
                                 19/23










                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ 取得による企業結合
       当社は、2019年9月6日開催の取締役会において、Corteva                             Agriscienceのベンスルフロンメチル事業を譲り受け
      ることを決議し、同日付で事業譲受契約を締結し、2019年9月下旬または10月上旬に同事業を取得する予定であり
      ます。
      1.企業結合の概要

      (1)相手先の名称及び取得する事業の内容
         相手先の名称    Corteva              Agriscience
         取得する事業の内容 中国を除くアジア太平洋地域におけるベンスルフロンメチル事業
      (2)企業結合を行う主な理由
          当社は、事業譲受により製品ポートフォリオを一層充実させ、更なる競争力強化を実現できるものと判断い
         たしました。
      (3)企業結合日
         2019年9月下旬または10月上旬(予定)
      (4)企業結合の法的形式
         現金を対価とする事業譲受
      (5)取得企業を決定するに至った主な根拠
         当社が現金を対価として事業を譲り受けるためであります。
      2.取得する事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

      現時点では確定しておりません。
      3.発生するのれん金額、発生原因、償却方法及び償却期間又は負ののれん発生益の金額及び発生原因

      現時点では確定しておりません。
      4.企業結合日に受け入れる資産及び引き受ける負債の額並びにその主な内訳

      現時点では確定しておりません。
      Ⅲ 会社法第165条第2項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得


       当社は、2019年9月6日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法
      第156条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項について決議し、実施いたしました。
       1. 自己株式の取得を行う理由

       資本効率の向上を図るとともに、経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行及び株主還元のため、自己株
      式の取得を行うものであります。 
       2. 取得に係る事項の内容

       (1)取得対象株式の種類  当社普通株式
       (2)取得した株式の総数  2,888,600株
       (3)取得価額の総額    2,649百万円
       (4)取得日        2019年9月9日
       (5)取得方法       自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)
                                 20/23




                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       第71期(2018年11月1日から2019年10月31日まで)中間配当について、2019年6月7日開催の取締役会において、
      2019年4月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
      ① 配当金の総額                                                        376百万円

      ② 1株当たりの金額                                3円00銭
      ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                         2019年7月3日
                                 21/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 22/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                    クミアイ化学工業株式会社(E00828)
                                                             四半期報告書
                   独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年9月10日

    クミアイ化学工業株式会社
     取締役会      御中
                       芙蓉監査法人

                        指定社員

                                   公認会計士       金  田  洋  一            印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       鈴  木  信  行            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているクミアイ化学工

    業株式会社の2018年11月1日から2019年10月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2019年5月1日から
    2019年7月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年7月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、クミアイ化学工業株式会社及び連結子会社の2019年7月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。