株式会社レオクラン 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社レオクラン

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【表紙】

     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         近畿財務局長

     【提出日】                         2019年8月29日

     【会社名】                         株式会社レオクラン

     【英訳名】                         LEOCLAN    Co.,Ltd.

     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  杉田 昭吾

     【本店の所在の場所】                         大阪府摂津市千里丘二丁目4番26号

     【電話番号】                         06-6387-1554

     【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長 山村 誠人

     【最寄りの連絡場所】                         大阪府摂津市千里丘二丁目4番26号

     【電話番号】                         06-6387-1554

     【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長 山村 誠人

     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式

     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額

                             ブックビルディング方式による募集                            425,348,500円
                             売出金額
                             (引受人の買取引受による売出し)
                             ブックビルディング方式による売出し                            798,200,000円
                             (オーバーアロットメントによる売出し)
                             ブックビルディング方式による売出し                           194,638,000円
                             (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社
                                 法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届
                                 出書提出時における見込額であります。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。

                                   1/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第一部     【証券情報】

     第1   【募集要項】

     1  【新規発行株式】

          種類           発行数(株)                       内容

                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社に
                              おける標準となる株式であります。
         普通株式            163,000(注)2
                              また、1単元の株式数は100株であります。
      (注)   1.2019年8月29日開催の取締役会決議によっております。
        2.上記発行数については、2019年8月29日開催の取締役会において決議された公募による新株式発行に係る募
          集株式数161,000株及び公募による自己株式の処分に係る募集株式数2,000株の合計であります。本有価証券
          届出書の対象とした募集(以下「本募集」といいます。)のうち自己株式の処分に係る募集は、金融商品取
          引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込みまたは買付けの申込みの
          勧誘であります。尚、発行数については、2019年9月12日開催予定の取締役会において変更される可能性が
          あります。
        3.本募集及び本募集と同時に行われる後記「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出
          し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」といいます。)に伴い、その需要状況等を
          勘案し、63,400株を上限として、SMBC日興証券株式会社が当社株主である杉田昭吾(以下「貸株人」と
          いいます。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」といい
          ます。)を行う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売
          出しに関する特別記載事項 2 オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
        4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、そ
          の内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 ロックアップについて」をご参
          照ください。
        5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/119











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2  【募集の方法】
       2019年9月24日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」といいます。)は、買取引受けを行い、当
      該引受価額と異なる価額(発行価格)で募集を行います。引受価額は2019年9月12日開催予定の取締役会において決
      定される会社法上の払込金額(発行価額)以上の価額となります。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込
      み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を
      支払いません。
       尚、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」といいます。)の定める「有価証券上場規程施行規則」
      第233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格または売出価格に係る仮
      条件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいいます。)に
      より決定する価格で行います。
              区分             発行数(株)         発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                           -             -            -

     入札方式のうち入札によらない募集                           -             -            -

                新株式発行              161,000          420,129,500            227,364,200

     ブックビルディング
     方式
                自己株式の処分               2,000          5,219,000                -
           計(総発行株式)                   163,000          425,348,500            227,364,200

      (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
        2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定
          されております。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
        4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される
          資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
          ります。尚、本募集における自己株式の処分に係る払込金額の総額は資本組入れされません。また、2019年
          8月29日開催の取締役会において、会社法上の増加する資本金の額は、2019年9月24日に決定される予定の
          引受価額に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額と
          し、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとし、会社法上の増加する資本
          準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額とすることを決議してお
          ります。
        5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(3,070円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
          (見込額)は500,410,000円となります。
                                   3/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3  【募集の条件】
      (1)  【入札方式】
       ①  【入札による募集】
         該当事項はありません。
       ②  【入札によらない募集】

         該当事項はありません。
      (2)  【ブックビルディング方式】

      発行     引受     払込     資本    申込株                   申込

      価格     価額     金額    組入額     数単位         申込期間          証拠金        払込期日
     (円)     (円)     (円)     (円)     (株)                  (円)
      未定     未定     未定     未定         自 2019年9月25日(水)              未定
                          100                      2019年10月1日(火)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2019年9月30日(月)             (注)4
      (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
          発行価格の決定に当たり、2019年9月12日に仮条件を提示する予定であります。
          当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2019年9月24日に発
          行価格及び引受価額を決定する予定であります。
          仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
          が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
          需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2019年9月12日開催予定の取締役会において決定します。また、
          前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2019年9月24日に決定される予定
          の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となり
          ます。
        3.資本組入額は、前記「2 募集の方法」に記載の資本組入額の総額を、前記「2 募集の方法」に記載の新
          株式発行に係る発行数で除した金額とし、2019年9月24日に決定する予定であります。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。尚、申込証拠金のうち引受価額相当額は、
          払込期日に新株式払込金及び自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
        5.株式受渡期日は、2019年10月2日(以下「上場(売買開始)日」といいます。)の予定であります。本募集
          に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」といいます。)の「株式等の振替に関する業務規
          程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.申込みに先立ち、2019年9月13日から2019年9月20日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
          需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
          販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
          の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
          引受人は、自社で定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販売を行う方針であります。配分に係る
          基本方針については引受人の店頭における表示またはホームページにおける表示等をご確認ください。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
       ①  【申込取扱場所】

         後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店及び全国の各支店で申込みの取扱いをいたします。
       ②  【払込取扱場所】

                 店名                          所在地

     株式会社三井住友銀行 門真支店                           大阪府門真市末広町41番1号

      (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4  【株式の引受け】
                                       引受株式数

      引受人の氏名又は名称                     住所                     引受けの条件
                                        (株)
                                             1.買取引受けによりま
                                               す。
                                             2.引受人は新株式払込金
                                               及び自己株式の処分に
                                               対する払込金として、
                                               払込期日までに払込取
                                               扱場所へ引受価額と同
     SMBC日興証券株式会社              東京都千代田区丸の内三丁目3番1号                     163,000
                                               額を払込むことといた
                                               します。
                                             3.引受手数料は支払われ
                                               ません。ただし、発行
                                               価格と引受価額との差
                                               額の総額は引受人の手
                                               取金となります。
           計                 -            163,000           -
      (注)   1.引受株式数は、2019年9月12日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        2.上記引受人と発行価格決定日(2019年9月24日)に元引受契約を締結する予定であります。
     5  【新規発行による手取金の使途】

      (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

                460,377,200                   8,000,000                 452,377,200
      (注)   1.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における新株式発行及び自己株式の処
          分に係るそれぞれの合計額であります。
        2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新株式発行及び自己株式の処分に際して当社に
          払い込まれる引受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(3,070円)を基礎とし
          て算出した見込額であります。
        3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、
          消費税及び地方消費税(以下「消費税等」といいます。)は含まれておりません。
      (2)  【手取金の使途】

        上記の差引手取概算額452,377千円は、以下のとおりに充当する予定であります。
        ① 医用画像システム(PACS)の更新にかかるシステム投資資金として45,000千円(2020年9月期:15,000
         千円、2021年9月期:15,000千円、2022年9月期:15,000千円)。
        ② 販売管理システム(ASPAC)の更新にかかるシステム投資資金として2020年9月期に20,000千円。
        ③ 営業強化のための採用費として75,000千円(2020年9月期:25,000千円、2021年9月期:25,000千円、2022
         年9月期:25,000千円)。
        ④ 借入金の返済資金として188,650千円(2020年9月期:21,752千円、2021年9月期:166,898千円)。
        ⑤ 社債の償還資金として88,200千円(2020年9月期:44,100千円、2021年9月期:44,100千円)。尚、残額に
         ついては2022年9月期の社債の償還資金の一部に充当する予定であります。
        また、上記調達資金は、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。
                                   5/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2   【売出要項】

     1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

       2019年9月24日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売
      出要項」において「引受人」といいます。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売
      出価格、発行価格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、
      引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人
      に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

        種類           売出数(株)
                                 (円)          住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -        -           -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -        -           -
              によらない売出し
              ブックビルディング                         滋賀県守山市

       普通株式                   260,000      798,200,000
              方式                         杉田 昭吾        260,000株
     計(総売出株式)             -       260,000      798,200,000                -

      (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
          ります。
        2.本募集における株式の発行及び自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止
          いたします。
        3.売出数等については今後変更される可能性があります。
        4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案しオーバーアロットメントによる
          売出しを行う場合があります。
          オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
          オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
        5.当社は、引受人に対し、上記売出数のうち、取得金額52,895千円に相当する株式数を上限として、当社グ
          ループの従業員の福利厚生を目的に、レオクラン従業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要
          請する予定であります。
          尚、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に
          従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含みます。)であり
          ます。
        6.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
          その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 3 ロックアップについて」をご
          参照ください。
        7.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と
          同一であります。
        8.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(3,070円)で算出した見込額でありま
          す。
                                   6/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)  【入札方式】
       ①  【入札による売出し】
         該当事項はありません。
       ②  【入札によらない売出し】

         該当事項はありません。
      (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株     申込

     売出価格     引受価額                               引受人の住所及び氏名             元引受契
               申込期間      数単位    証拠金     申込受付場所
     (円)     (円)                                 又は名称          約の内容
                     (株)    (円)
                                       東京都千代田区丸の内三丁目
                                       3番1号
                                       SMBC日興証券株式会社
                                       東京都千代田区大手町一丁目
                                       5番1号
                                       みずほ証券株式会社
                                       東京都千代田区丸の内一丁目
                              引受人及びその
               自 2019年
                                       9番1号
      未定
                              委託販売先金融
           未定    9月25日(水)            未定                            未定
                                       大和証券株式会社
     (注)1                  100       商品取引業者の
                         (注)   2
          (注)2     至 2019年                                       (注)3
                                       東京都中央区日本橋一丁目9
                              全国の本支店及
     (注)2
              9月30日(月)
                                       番1号
                              び営業所
                                       野村證券株式会社
                                       大阪府大阪市中央区本町二丁
                                       目6番11号
                                       エース証券株式会社
                                       東京都港区六本木一丁目6番
                                       1号
                                       株式会社SBI証券
      (注)   1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の
          (注)1と同様であります。
        2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一
          といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
        3.引受人の引受価額による買取引受けによることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
          出価格決定日(2019年9月24日)に決定する予定であります。
          尚、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は
          引受人の手取金となります。
        4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
        5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
          構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
          行うことができます。
        6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の自社で定める配分に係る基本方針及び社内規則
          等に従い販売を行う方針であります。配分に係る基本方針については引受人各社の店頭における表示または
          ホームページにおける表示等をご確認ください。
        8.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
          引業者に販売を委託する方針であります。
                                   7/119






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

        種類           売出数(株)
                                 (円)          住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        -                    -        -           -
              による売出し
              入札方式のうち入札
        -                    -        -           -
              によらない売出し
              ブックビルディング                         東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
       普通株式                   63,400      194,638,000
              方式
                                       SMBC日興証券株式会社
     計(総売出株式)             -        63,400      194,638,000                -
      (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
          等を勘案した上で行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであ
          ります。尚、上記売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、またはオー
          バーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
          オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
          オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
        2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
          れております。
        3.本募集における株式の発行及び自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出し
          も中止いたします。
        4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一
          であります。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(3,070円)で算出した見込額でありま
          す。
     4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

      (1)  【入札方式】
       ①  【入札による売出し】
         該当事項はありません。
       ②  【入札によらない売出し】

         該当事項はありません。
      (2)  【ブックビルディング方式】

     売出価格             申込株数単位       申込証拠金                   引受人の住所及び         元引受契

           申込期間                      申込受付場所
      (円)              (株)      (円)                   氏名又は名称        約の内容
           自 2019年
      未定    9月25日(水)                未定
                              SMBC日興証券株式会社
                      100                         -       -
                              の本店及び全国各支店
     (注)1      至 2019年              (注)1
          9月30日(月)
      (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
          れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
          ん。
        2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式
          は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から
          売買を行うことができます。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディ
          ング方式の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     【募集又は売出しに関する特別記載事項】

     1 東京証券取引所への上場について
       当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
      式について、SMBC日興証券株式会社を主幹事会社として東京証券取引所への上場を予定しております。
     2 オーバーアロットメントによる売出し等について

       本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、63,400株を上限として、本募集及び
      引受人の買取引受による売出しの主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式
      (以下「借入株式」といいます。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合があります。尚、
      当該売出株式数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、またはオーバーアロットメン
      トによる売出しが全く行われない場合があります。
       これに関連して、SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限とし
      て、貸株人より追加的に当社普通株式を買取る権利(以下「グリーンシューオプション」といいます。)を、2019年
      10月30日を行使期限として付与される予定であります。
       SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から2019年10月30日までの間
      (以下「シンジケートカバー取引期間」といいます。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲
      内で東京証券取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」といいます。)を行う場合があ
      り、当該シンジケートカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。尚、シンジケートカバー取
      引期間内においても、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、またはオー
      バーアロットメントによる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があり
      ます。
       SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引に
      より買付けし、借入株式の返還に充当する株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使
      する予定であります。
       オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
      の売出数については、2019年9月24日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合は、
      SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れ及び貸株人からSMBC日興証券株式会社へ
      のグリーンシューオプションの付与は行われません。また、東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行わ
      れません。
     3 ロックアップについて

       本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である杉田昭吾、当社株主かつ当社役員であ
      る八上重明、竹内興次、廣川隆、山田寿夫、筒井照己、中野正和、尾﨑健治、松本淳一、山村誠人、当社株主かつ当
      社子会社役員である後藤さとみ、鳥本茂己、河上聡、平野吉則、当社株主である株式会社A&M、レオクラン従業員
      持株会、大阪中小企業投資育成株式会社、吉川謹司、医療法人藤井会、ファスキアホールディングス株式会社、株式
      会社東洋美装、株式会社ユニティ建築企画、セントラルメディカル株式会社、株式会社ウイン・インターナショナ
      ル、和田公良、古川國久、上古殿吉郎、矢木礼子、矢部博、杉立市兵衛、株式会社花屋敷エンタープライズ、早瀬哲
      督、早瀬博美、加藤吉隆、医療法人宝持会、植木洋子、飯塚美也子、川口弘美、稲葉秀、木村吉男、泉和子、杉田和
      男、中川内敏雄、田川芳和、多々良俊英、谷口博克、吉田純一、矢木亮吉、西尾和浩、奥平櫻子、村田高穂、坂本嗣
      郎、松本昊一、辻本厚生、小村哲也、竹原潤、有岡久一、坂口克史、宇塚惠子、濱本幸孝、阪本弘彦、新屋敷康、近
      森伶子、藤井庸司、池田秀一、山田泰司、吉田徹也、柴本茂樹、浅野元和、大塚久喜、櫻井卓哉、小泉貴司、鈴木幹
      郎、中江幸司、西村英樹、並びに当社新株予約権者である泉尾昌男、佐藤耕一、小林昌弘、渡辺英雄、望月昌実、竹
      村喜雄、北村玲子、清川透、吉田宏行、田上誠二、山田敏史、九之池一浩、十代竜一、仁久丸拓平、廣野和行、江口
      和哉、川勝俊幸、小濵顕一、粟飯原千鶴、中村仁、辻村純一、水島啓吾、與坂和重、門脇智也、近藤謙次、秋庭正
      和、宮川佳代、中出匡彦、宮本忠司、坂口省司、横部達也、平山桂、高橋直文は、SMBC日興証券株式会社(以下
      「主幹事会社」といいます。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しにかかる元引受契約締結日に始
      まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の2020年3月29日までの期間(以下「ロックアップ期間」といいま
      す。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社
      普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
       また、当社は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることな
      く、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行または売却(株式分割によ
      る新株式発行等及びストック・オプションに係る新株予約権の発行を除く。)を行わないことに合意しております。
       尚、上記の場合において、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部もしくは全部につき解除し、またはその
      制限期間を短縮する権限を有しております。
                                   9/119


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3   【その他の記載事項】

       新株式発行及び自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙及び裏表紙に当社の社章                          を記載いたします。

      (2)表紙の次に「1.事業の概況」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  10/119


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  11/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/119





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第二部     【企業情報】

     第1 【企業の概況】
     1 【主要な経営指標等の推移】
      (1) 連結経営指標等
             回次            第17期       第18期
            決算年月            2017年9月       2018年9月

                        19,060,958       25,715,941

     売上高               (千円)
                          28,463      652,381

     経常利益               (千円)
     親会社株主に帰属する

                          242,509       357,645
                    (千円)
     当期純利益
                          290,524       396,399

     包括利益               (千円)
                         2,905,240       3,682,163

     純資産額               (千円)
     総資産額               (千円)    12,047,141       12,875,910

     1株当たり純資産額               (円)     2,870.05       2,016.04

                          246.95       323.64

     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり

                     (円)        ―       ―
     当期純利益
                           23.4       27.9

     自己資本比率               (%)
                            9.0      11.2

     自己資本利益率               (%)
     株価収益率               (倍)        ―       ―

     営業活動による

                         △ 718,460       962,625
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による

                          107,722      △ 52,847
                    (千円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による

                    (千円)      △ 7,334      203,275
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の

                    (千円)     2,589,499       3,702,552
     期末残高
                           147       153

     従業員数
                     (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                      〔 37 〕     〔 38 〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
          り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.前連結会計年度(第17期)及び当連結会計年度(第18期)の連結財務諸表については、金融商品取引法第193
          条の2第1項の規定に基づき、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
        5.2018年9月13日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、第17期の期首に当
          該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  18/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  提出会社の経営指標等
             回次            第14期       第15期       第16期       第17期       第18期
            決算年月            2014年9月       2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月

                        18,941,462       25,705,441       20,521,030       17,223,128       23,368,499

     売上高               (千円)
                          504,024       868,300       600,103       △ 7,559      707,474

     経常利益又は経常損失(△)               (千円)
                           8,205      514,661       391,391       77,560      475,981

     当期純利益               (千円)
                          123,000       123,000       123,000       123,000       331,507

     資本金               (千円)
                           2,460       4,920       4,920       4,920     1,784,000

     発行済株式総数               (株)
                         1,452,686       2,068,419       2,451,309       2,541,475       3,422,558

     純資産額               (千円)
                         9,443,647       6,359,753       7,385,322      11,129,390       12,036,609

     総資産額               (千円)
                        658,099.05       418,934.63       496,916.47        2,576.40       1,920.63

     1株当たり純資産額               (円)
                           2,500       2,000       4,000       4,000        40

     1株当たり配当額
                     (円)
      (うち1株当たり中間配当額)                       ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
                         3,746.89      116,412.90       79,713.23         78.98      430.72

     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり

                     (円)        ―       ―       ―       ―       ―
     当期純利益
                           15.3       32.3       33.0       22.7       28.4

     自己資本比率               (%)
                            0.6      29.4       17.4       3.1      16.0

     自己資本利益率               (%)
     株価収益率               (倍)        ―       ―       ―       ―       ―

                           66.7       1.7       5.0      25.3       9.3

     配当性向               (%)
                            98       98       96      102       105

     従業員数
                     (名)
     〔外、平均臨時雇用者数〕                      〔 3 〕     〔 -〕      〔 3 〕     〔 ▶ 〕     〔 ▶ 〕
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場で
          あり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.主要な経営指標等の推移のうち、第14期から第16期については会社計算規則(平成18年法務省令第13
          号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による
          監査証明を受けておりません。
        5.前事業年度(第17期)及び当事業年度(第18期)の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1
          項の規定に基づき、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
        6.第15期の1株当たり配当額2,000円には、創業来最高収益達成の特別配当500円を含んでおります。
        7.当社は、2015年8月10日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、第15期
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定し
          ております。
        8.当社は、2018年9月13日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、第17期
          の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定し
          ております。
                                  19/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        9.当社は、2015年8月10日付で普通株式1株につき2株の割合で、2018年9月13日付で普通株式1株に
          つき200株の割合で株式分割を行っております。
          そこで、東京証券取引所自主規制法人(現                    日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場
          申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第
          133号)に基づき、第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標
          の推移を参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
          尚、第14期、第15期及び第16期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については有限
          責任監査法人トーマツの監査を受けておりません。
             回次             第14期       第15期       第16期       第17期       第18期

            決算年月             2014年9月       2015年9月       2016年9月       2017年9月       2018年9月

     1株当たり純資産額                (円)     1,645.25       2,094.67       2,484.58       2,576.40       1,920.63

     1株当たり当期純利益                (円)       9.37      582.09       398.57        78.98       430.72

     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)        ―       ―       ―       ―       ―
     当期純利益
     1株当たり配当額                       6.25       10.0       20.0       20.0       40.0
                      (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                       (-)       (-)       (-)       (-)       (-)
                                  20/119














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 【沿革】
       当社は2001年1月、大阪府吹田市において、医療、福祉、保健に関わる人たちのすべてのニーズに応え、付加価値
      を提供していくことを念頭に置き、医療機器をただ販売するだけでなく、医療機関に関わるさまざまなコンサルティ
      ング業務、新築・移転、再編・統合のための企画・設計業務、医療情報システム等を構築するITネットワーク業
      務、医療機器導入後のアフターサービスを行うメンテナンス業務を併せて行うことにより、医療機関をトータルでサ
      ポートすることを事業の主目的として設立いたしました。
       株式会社レオクラン設立以後の当社グループに係る経緯は、次のとおりであります。
        年月                           概要
     2001年3月        資本金を30,000千円に増資

     2001年4月        本社を大阪府摂津市千里丘二丁目15番に移転

             株式会社ゲイト(現          連結子会社)を大阪府摂津市に資本金10,000千円で設立

     2001年6月
     2001年8月        資本金を98,000千円に増資

     2003年6月        物流センターを大阪府摂津市に設置

             株式会社レオクラン東海(現              連結子会社)を岐阜県岐阜市に資本金20,000千円で設立

     2004年3月
     2004年4月        東京事務所を東京都中央区に設置

     2005年1月        本社増築

     2005年7月        東京事務所を東京都港区に移転

     2005年8月        物流センター改装

     2007年1月        兵庫県西宮市に複合医療サービス施設「レオワンビル」竣工

             京都プロメド株式会社(現             連結子会社)を京都市上京区に資本金71,000千円で設立 遠隔画像
     2007年3月
             診断サービスを開始
     2008年2月        資本金を123,000千円に増資
     2008年6月        株式会社ゲイト クックチルセンター(大阪府大東市)竣工

     2008年10月        株式会社ゲイト 給食事業「クックレオ」開始

             京都プロメド株式会社において、放射線部門情報管理システム「Mind                                 Solution」を自社開発、
     2009年6月
             商品化
     2012年10月        東京事務所を東京支店に名称変更
     2013年7月        大阪府摂津市千里丘二丁目4番に新本社社屋を竣工し移転

     2014年4月        東京支店を東京都新宿区に移転

             株式会社医療開発研究所(現              連結子会社)を子会社化し、資本金を115,000千円に増資

     2014年9月
     2015年7月        株式会社ゲイトの本社を大阪府摂津市千里丘二丁目4番に移転

     2015年8月        株式会社医療開発研究所の本社を東京都新宿区に移転

     2015年9月        株式会社医療開発研究所の資本金を60,000千円に減資

     2015年10月        組織変更に伴い東京支店を廃止し、各事業部門の事務所として改組

             株式会社L&Gシステム(現              連結子会社)を大阪府摂津市に資本金30,000千円で設立

     2016年10月
     2017年3月        本社東館増築

     2017年9月        株式会社医療開発研究所の資本金を20,000千円に減資

     2018年8月        第1回新株予約権の行使により、資本金を331,507千円に増資

                                  21/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3  【事業の内容】
       当社グループは、当社及び連結子会社5社で構成されており、新築・移転時の医療機関や福祉施設等に対して、企
      画段階から開設に至るまでの総合的なコンサルティングを行い、医療機器・医療設備・医療情報システムを販売する
      「メディカルトータルソリューション事業」、医療機関で撮影されたCTやMRI等の医用画像を遠隔で診断し、情
      報提供するサービスを行う「遠隔画像診断サービス事業」及び介護・福祉施設向け給食サービスを行う「給食事業」
      を営んでおります。
       当社グループの事業に係る位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。尚、以下に示す区分は、
      「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)                       連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメン
      ト情報の区分と同一であります。
      (1)  メディカルトータルソリューション事業

        本事業におきましては、当社及び連結子会社3社(㈱医療開発研究所、㈱レオクラン東海、㈱L&Gシステム)
       により行っております。当事業では、医療機関、予防・検診施設及び介護・福祉施設等に対して、医療機器の選定
       等のコンサルティングをベースに、医療機器、医療設備及び医療情報システムの受注販売、付帯する保守・メンテ
       ナンスサービス並びに建築内装工事及び医療設備工事の請負も行っており、特に病院の新築・移転、再編・統合に
       おけるコンサルティング及び医療機器等の販売を主要業務とした「狩猟型」商社を標榜しております。具体的に
       は、医療機関や福祉施設等の新築、増改築、移転等のプロジェクトに対し、計画の根幹に係わる重要なファクター
       である医療機器、医療設備、医療情報システム等の選定・運営について、設計的な技術支援、プロジェクト全体の
       予算管理及びスケジュール管理をワンストップで提供する「トータルソリューション事業」を展開し、顧客との
       ウィン-ウィンの関係の中で医療機器、医療設備、医療情報システム及び医療材料・消耗品の受注販売を行ってお
       ります。また、ライフサイクルコストの観点から、保守・メンテナンスサービスにも注力し、継続したサービスの
       提供体制を整えております。尚、コンサルティング及び医療機器等販売の主要業務が当事業売上高に占める割合
       は、直近5期平均で95.1%、医療材料・消耗品の割合は4.9%であります。
        当事業が提供するサービスの内容は以下のとおりであります。
        a コンサルティング業務
          業界経験の長い当社経営陣、上級マネージャーのネットワークを活かした病院経営層へのアプローチに加え
         て、綿密なヒアリングと現地調査を重ねることで、設計、建設の開始前より、個別のニーズを活かした全体最
         適化を目指すコンサルティングを行い、企画提案をいたします。
        b 企画・設計支援業務

          医療、建設、設備のあらゆる面で、豊富な専門知識と経験を持つスタッフにより、医師等医療従事者と建設
         業者の橋渡しをすることで、病院業務の円滑化を目指す建築計画、設計の支援を行います。
        c IT・ネットワーク構築支援業務

          医療機関に必須となっている医療情報システムについて、医療情報整備・構築等のネットワークインフラか
         ら電子カルテ、院内システムまで運用面を含めて全体最適化を図りながら、システム選定及び導入の支援を行
         います。また、地域医療ネットワークシステム、医療情報データベースの構築・共有化などを見据えた、セ
         キュリティ強化やシステム構築にも対応いたします。
        d 医療機器の調達・販売業務

          コンサルティングの中には、機器の調達支援が含まれていることも多く、限られた予算の中で、顧客の要求
         を尊重しつつ、医療施設の全体最適化を目指した調達と販売を行います。
          建物、施設の建替は30年程度に1回ですが、機器、設備は5~6年に1回の更新が必要となります。当社グ
         ループでは、そのための新しい技術・機種・システムに対する知識を蓄積しております。特定メーカーに依存
         することなく最適の機器・システムの選定、調達が可能であり、かつ、将来の保守・メンテナンスを考慮して
         地域ディーラーとも協業することができます。
                                  22/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        e 予防医療部門
          病院機能とは独立した健診施設の新規開設、健診システム・画像システムを中心とした健診情報システムの
         構築、健診車両製作等、健診施設運営・機器導入をワンストップでサポートいたします。
        f 保守・メンテナンス部門、サプライ部門

          設備・機器導入後の保守・メンテナンスについても、専門スタッフを擁して迅速に対応いたします。また、
         必要に応じて、医療材料・消耗品の調達、供給も行います。
        全国の一般病院の平均病床数は、178床(厚生労働省2016年医療施設動態調査より算出)でありますが、当社が係

       る病院の新築・増改築案件の平均病床数は、396床(直近5期平均)と、全国一般病院の平均病床数に比べて規模の大
       きな病院を主体としております。また、2007年に営業エリアを近畿中心から全国指向に方針転換したことを背景
       に、現在は取組み案件が全国に広がっており、直近5期の累計実績案件数では、北海道東北地区9.8%、関東地区
       11.8%、中部地区29.4%、近畿地区21.6%、中国四国地区11.8%、九州沖縄地区15.7%となっております。全国展開に
       おいては、医療材料・消耗品取引に依存しない当社の特色を活かし、地方地元商社との連携も図っております。ま
       た、当社は狩猟型の医療機器商社として多彩な商品を取り扱っており、その中でも、放射線機器を中心とした大型
       機器が大半を占めております。
      (2)  遠隔画像診断サービス事業

        本事業におきましては、連結子会社である京都プロメド㈱により行っております。遠隔画像診断サービスとは、
       依頼元の医療機関で撮影されたCTやMRIなどの医用画像を、放射線診断専門医により遠隔で診断し、情報を提
       供するサービスであります。当サービスは、現在の医療環境全般の課題となっている医師不足や、医師の偏在に対
       応するものであり、情報通信技術を活用することで医療機関を直接訪問せずとも、診断行為や医師同士の意見交換
       が可能であり、医療機関内で行われる画像診断と遜色ない環境で診断を実施することができるものであります。京
       都プロメド㈱では、設立以来、京都大学医学部との連携により、高度な知識と豊富な経験を持つ放射線診断専門医
       を安定的に確保し、常時5~6人の専門医が常駐する読影センターを有し、緊急の画像診断にも対応できる体制を
       維持しております。また、自社SEによる依頼元医療機関とのシステム連携や、専任の受付スタッフによるスムー
       ズな受付管理を常に心がけ、よりよいサービスの提供と業容拡大に努めております。
      (3)  給食事業

        本事業におきましては、連結子会社である㈱ゲイト(ブランド名:クックレオ)により介護・福祉施設等への給
       食サービスを行っております。当サービスは、「クックチル」(注)という新調理システムにより、セントラルキッ
       チン(給食センター)にて、料理を一括集中生産し、                         チルド状態にした料理を、サテライト厨房(現地厨房)と連
       携して、日々の食事を提供する「おかず販売」と、施設から委託を受け、委託元の厨房に職員を配置し、日々の食
       事を提供する「業務受託サービス」を行っております。
        セントラルキッチンで調理された商品をお届けする「おかず販売」は、食事準備の簡素化及び時間短縮が図れる
       ため、介護職員の業務負担を削減することができ、昨今、また今後における調理技術のある人材(有資格者含む)
       の確保が困難な状況にも柔軟に対応することが可能であります。
        ㈱ゲイトで提供するクックチル料理は、管理栄養士が栄養バランスを考慮して献立・レシピを作成し、専門の調
       理師がマニュアルに従って調理を行い、均一な味の提供を行っております。いわゆるクックフリーズ(調理済みの
       冷凍食品)とは違い、彩りや風味の損傷を最小限に抑えており、添え野菜など一部の商品を生野菜で納品すること
       で、現地調理に近い仕上がりを再現しております。
       (注)「クックチル」とは、加熱調理した食品を、急速冷却(90分以内に芯温3℃以下)し、チルド(0~3℃)状

          態で低温保存いたします。急速な冷却を行うことで、食中毒原因菌を含め、微生物の繁殖を抑制し、製造日
          (調理日)を含めて最大5日間の保存を可能にする新調理システムであります。
                                  23/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      [事業系統図]
                                  24/119




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4 【関係会社の状況】
                                        議決権の所有
                           資本金      主要な事業
          名称           住所                   (又は被所有)          関係内容
                           (千円)       の内容
                                         割合(%)
     (連結子会社)
                                メディカル
                                トータルソ
     ㈱レオクラン東海             岐阜県岐阜市         20,000                100.0    役員の兼任 2名
                                リューション
                                事業
                                メディカル

                                トータルソ
     ㈱医療開発研究所             東京都新宿区         20,000                100.0    役員の兼任 2名
                                リューション
                                事業
                                メディカル

                                               債務保証
                                トータルソ
     ㈱L&Gシステム             大阪府摂津市         30,000                100.0    資金の貸付
                                リューション
                                               役員の兼任 4名
                                事業
                                               債務保証

                                               資金の貸付
     ㈱ゲイト             大阪府摂津市         10,000    給食事業           100.0
                                               建物の賃貸
                                               役員の兼任 2名
     京都プロメド㈱

                                遠隔画像診断
                   京都市上京区         71,000                55.2   役員の兼任 4名
                                サービス事業
     (注)2
      (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

        2.特定子会社であります。
        3.有価証券届出書または有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                  25/119












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5  【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                 2019年7月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                       121
     メディカルトータルソリューション事業
                                                       (10)
                                                        13
     遠隔画像診断サービス事業
                                                       (―)
                                                        22
     給食事業
                                                       (31)
                                                       156
                 合計
                                                       (41)
      (注)   1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        2.臨時従業員には、契約社員、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
      (2) 提出会社の状況

                                                 2019年7月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               107
                            35.5              6.7            7,596
                (9)
              セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                       107
     メディカルトータルソリューション事業
                                                        (9)
                                                       107
                 合計
                                                        (9)
      (注)   1.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員(1日8時間換算)であります。
        2.臨時従業員には、契約社員、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
        3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
      (3) 労働組合の状況

        労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  26/119










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2 【事業の状況】

     1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
      (1)  会社の経営の基本方針

        当社グループは、企業理念として「利他利己」、「INNOVATION                              & CREATION」、「ONE         FOR  ALL,   ALL  FOR  ONE」と
       ともに、「企業理念に基づいて、社業の発展を図り、顧客との共存を維持し、社会に貢献しつづける存在でありた
       い」という経営理念を掲げ、医療・福祉・保健というフィールドで、それぞれの問題解決に寄与するエキスパート
       として、また未来に対する付加価値を創造するパイオニアとして、時代を読み、これからの社会と人々の繁栄に貢
       献することを責務と考え、事業を推進しております。
      (2)  目標とする経営指標

        当社グループは、競争力を示す指標として売上高伸張率、収益性を評価する指標として売上総利益率及び経常利
       益率を重視しております。
      (3)  会社の対処すべき課題

       ①  人材の確保
         当社グループは、コンサルティングをベースとした医療機器専門商社であるため、人材に多くを依存してお
        り、この商機を活かしていくためには、優秀な人材を継続的に確保し、育成していくことが不可欠です。新卒定
        期採用を中心に、中途採用も含めて、優秀な人材の確保に努めてまいります。
         また、遠隔画像診断サービス事業及び給食事業においても、有資格者の人員確保及び能力向上に取組んでまい
        ります。
       ②  社員教育及び社員の能力向上

         顧客へのコンサルティングは、医療に関する専門知識はもちろんのこと、IT技術支援等、当社の機能を十分
        に発揮し、ベストな解決策を提供することが期待されております。そのため、それぞれの専門家を育成するとと
        もに、ワンストップで対応できるプロジェクトマネージャーの育成等、OJTを中心に実践的な経験を数多く積
        ませる社員教育に注力してまいります。
       ③  コンサルティング営業の強化

         プロジェクト案件のコンサルティング受注は、顧客に対する情報収集とともに、川上の情報収集と営業プレゼ
        ンテーションをできるだけ早期の段階で展開する必要があります。今後も、これらのコンサルティング営業の強
        化に注力し、案件を計画的かつ長期にわたって管理することによりコンサルティング精度を高め、より顧客の
        ニーズに応えられる体制を構築してまいります。
       ④  コーポレート・ガバナンス体制の強化と内部管理体制の強化

         「企業リスク管理」の観点よりコンプライアンス体制の確立を目指し、社内管理体制の充実と社員教育を徹底
        してまいります。当社グループは、持続的な成長と企業価値の向上のため、内部管理体制の充実が不可欠である
        と認識しており、役職員のコンプライアンス意識の向上、当社連結子会社の取引態様に即した内部管理体制を構
        築する等、コーポレート・ガバナンス体制の強化に取組んでまいります。
                                  27/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑤  グループ経営の事業基盤、機能強化
         現在当社グループには連結子会社が5社あります(㈱医療開発研究所、㈱レオクラン東海、㈱ゲイト、京都プ
        ロメド㈱、㈱L&Gシステム)。各子会社はそれぞれ医療機関向けに各種サービスを提供しております。今後子
        会社各社が独自性を活かしつつも、グループ間のシナジー効果を充分に発揮してそれぞれの会社の存在価値を高
        めていく必要があると考えております。その結果、それぞれの会社が連結決算に貢献し、連結ベースの各種指標
        の改善に寄与していけるよう、事業基盤、機能を強化してまいります。
       ⑥ 新規事業の創出

         既存事業の業容拡大のみならず、これまでに培ったノウハウ、経験を活かして新規事業の創出に取り組み、新
        たな市場を開拓し需要を創造することで強固な経営基盤を構築してまいります。
     2  【事業等のリスク】

       有価証券届出書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
      能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       尚、文中の将来に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  事業環境等について

        当社グループは、人口動態及び人口構造の変化、疾病構造の変化に伴う医療、保険、介護制度の見直し、また行
       政による各種規制の動向、さらには医療技術革新等により事業戦略及び経営成績等が影響を受ける可能性がありま
       す。
      (2)  事業全般に関するリスクについて

       ①  法的規制について
         当社グループのメディカルトータルソリューション事業が行っております医療機器の販売等は、医薬品医療機
        器等法により規制を受けており、所在地の都道府県知事より医療機器販売に係る許可等を取得する必要がありま
        す。当社グループ各社が取り扱う商品の多くが高度管理医療機器(注)であることから、同機器を取り扱ってい
        るすべての事業所で医薬品医療機器等法に基づく高度管理医療機器販売業・貸与業許可を取得しております。ま
        た、事業所により以下の許可を取得しており、これまで当該許可等の否認や承認の取消しを受けたことはありま
        せんが、当社グループ各社の事業所において許可要件や関連法規の違反等により当該許認可を取り消された場合
        には、当社グループの業績等に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         (注)「高度管理医療機器」とは、副作用・機能障害が生じた場合、人の生命・健康に重大な影響を与える恐れ

           がある医療機器と定義されております。
         当社グループが有する主な許可の内容

         (主たる許認可の状況)
       許可等の種類            会社名       所轄官庁等         有効期限        関連する法令        取消等となる事由
                                 2020年4月13日
                          東京都
                                (6年ごとの更新)
                ㈱レオクラン
                                 2025年7月15日
     高度管理医療機器等
                          大阪府
     販売業・貸与業許可
                                (6年ごとの更新)
                                 2022年11月30日
                                           医薬品医療機        第75条に該当した
                ㈱L&Gシステム          大阪府
                                           器等法        場合及び更新もれ
                                (6年ごとの更新)
                                 2022年12月31日
     高度管理医療機器等
                          岐阜市
     販売業許可
                                (5年ごとの更新)
                ㈱レオクラン東海
                                 2022年12月31日
     高度管理医療機器等
                          岐阜市
     貸与業許可
                                (5年ごとの更新)
                                  28/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (その他の許認可等の状況)

       許可等の種類            会社名       所轄官庁等         有効期限        関連する法令        取消等となる事由
                                 2025年7月15日
                ㈱レオクラン          大阪府
                                (6年ごとの更新)
     医薬品販売業許可
                                 2023年6月30日
                ㈱レオクラン東海          岐阜県
                                (6年ごとの更新)
                                 2023年9月30日
                          大阪府
                                (5年ごとの更新)
                ㈱レオクラン
                                 2019年11月9日
                          東京都
                                (5年ごとの更新)
                                           医薬品医療機        第75条に該当した
     医療機器修理業許可
                                 2022年1月10日
                                           器等法        場合及び更新もれ
                ㈱レオクラン東海          岐阜県
                                (5年ごとの更新)
                                 2022年12月20日
                ㈱L&Gシステム          大阪府
                                (5年ごとの更新)
                                 2022年6月4日
     動物用医療機器修理
                ㈱レオクラン          農林水産省
     業許可
                                (5年ごとの更新)
     動物用高度管理医療
                                 2025年7月15日
     機器等販売・貸与業          ㈱レオクラン          大阪府
                                (6年ごとの更新)
     許可
                                 2025年7月15日
     毒物劇物一般販売業                                      毒物及び劇物        第19条に該当した
                ㈱レオクラン          大阪府
     許可                                      取締法        場合及び更新もれ
                                (6年ごとの更新)
                                 2021年8月4日
     一級建築士事務所登                                             廃業事由が発生し
                ㈱レオクラン          東京都                 建築士法
     録                                             た場合
                                (5年ごとの更新)
                                 2024年5月7日
                                                   第29条に該当する
     特定建設業許可          ㈱レオクラン          大阪府                 建設業法
                                                   場合及び更新もれ
                                (5年ごとの更新)
                ㈱レオクラン          大阪府
                                                   第24条に該当した
     古物商許可          ㈱レオクラン東海          岐阜県          なし       古物営業法
                                                   場合
                ㈱L&Gシステム          大阪府
       ②  信頼性の低下について

         当社グループにおいて、何らかの要因による重大な事故、トラブル、クレーム等が生じた場合やコンプライア
        ンス上の問題が発生した場合、または社会的な批判等が生じた場合には、取引停止等の対応が取られる可能性が
        あり、業績等に影響を及ぼす可能性があります。
       ③  代表取締役社長への依存について

         当社グループの創業者であり代表取締役社長である杉田昭吾は、経営方針や経営戦略の決定をはじめ、事業推
        進において重要な役割を果たしております。
         このため当社では、事業拡大に伴い、同氏に過度に依存しない経営体質の構築を進めておりますが、何らかの
        理由により同氏に不測の事態が生じた場合、または同氏が退任するような事態が生じた場合には、当社グループ
        の業績及び事業展開に影響を与える可能性があります。
      (3)  メディカルトータルソリューション事業のリスクについて

       ①  医療施設等の施設需要の動向について
         医療機関等の移転新築・増改築動向に関して、医療行政、厚生予算、建築費の動向等により、各年度における
        大型案件の受注が増減し、業績が変動する可能性があります。
       ②  公正競争規約について

         医療機器業界の自主規制団体である医療機器業公正取引協議会においては、公正な競争秩序を確保することを
        目的として「医療機器業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約(以下「公正競争規約」という)」
        を制定しております。公正競争規約は、不当景品類及び不当表示防止法に基づき制定され、消費者庁長官並びに
        公正取引委員会の共同認定を受けたものであり、違反した場合は、違約金が課される等の罰則を受けることがあ
        ります。その結果、信用低下等により当社の業績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                  29/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ③  業績の変動について
         当社グループの主力事業であるメディカルトータルソリューション事業においては、大型案件のスケジュール
        の遅延や変更または中止等が生じた場合には、各年度における大型案件数及び受注額が増減し、業績に影響が生
        じる可能性があります。また、大型案件のスケジュールが重なるタイミングにおいては、必要となる専任人員の
        配 置には限界があり、これが事業拡大の制約要因となる可能性があります。
         当社の特徴でもある医療機関への新築・移転、再編・統合等に伴う医療機器の一括販売は、金額が多額かつ集
        中した売上計上となることから、大型案件が計上できた月に売上高が偏ることがあります。また、売上高は、取
        引先の医療機関等の会計年度の関係により例年3月や9月に集中する傾向があり、その結果、当社グループの四
        半期の業績は通期の業績に連動するものではなく、特定の四半期の業績だけをもって通期の業績見通しを判断す
        ることは困難であります。
         尚、当社の第18期連結会計年度(自                 2017年10月1日        至  2018年9月30日)及び第19期連結会計年度(自                       2018
        年10月1日      至  2019年9月30日)の第3四半期連結累計期間までの各四半期連結会計期間の売上高及び営業損益
        は以下のとおりであります。
                  第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期

                 連結会計期間           連結会計期間           連結会計期間           連結会計期間
         会計期間
                自 2017年10月1日           自 2018年1月1日           自 2018年4月1日           自 2018年7月1日
                至 2017年12月31日           至 2018年3月31日           至 2018年6月30日           至 2018年9月30日
         売上高
                     3,805,537           9,551,461           4,701,886           7,657,055
        (千円)
        営業損益
                     △135,391            526,411           △47,208            301,992
        (千円)
                  第1四半期           第2四半期           第3四半期

                 連結会計期間           連結会計期間           連結会計期間
         会計期間
                自 2018年10月1日           自 2019年1月1日           自 2019年4月1日
                至 2018年12月31日           至 2019年3月31日           至 2019年6月30日
         売上高
                    10,782,084            6,155,589           11,310,794
        (千円)
        営業損益
                      499,049           216,274           469,835
        (千円)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.上記の四半期会計期間の数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく有限責任監査法
          人トーマツの四半期レビューは受けておりません。
       ④  コンサルティング等に関する人員の確保や育成について

         当社グループのコンサルティング業務は、特に育成とノウハウの蓄積に時間が掛かることから、想定したとお
        りの人材の確保や育成に支障が生じた場合は業績が変動する可能性があります。また、現在在籍する人材の社外
        流出が生じた場合も同様の可能性があります。
      (4)  遠隔画像診断サービス事業のリスクについて

       ①  個人情報保護法について
         当社グループの取り扱う放射線部門情報管理システムや電子カルテ等の医療情報システム内には患者の医療情
        報が含まれており、これらの情報が漏洩しないようなシステム構築、社員教育を徹底しておりますが、万一個人
        情報保護法に抵触する事案が発生した場合、損害賠償請求訴訟や、取引先との取引停止等が発生することが考え
        られ、当社グループの業績や財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  給食事業のリスクについて

       ①  食事提供サービスにかかる人員確保について
         事業展開に必要な管理栄養士・栄養士・調理師等の人員数が確保されない場合には、事業展開に支障を及ぼす
        可能性があります。
                                  30/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  食事提供業務について
         食中毒が発生し、多額の賠償金の支払いや、それに伴う当社グループの社会的信用の低下があった場合には業
        績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                  31/119




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
        当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
       う。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①  経営成績

       第18期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当連結会計年度におけるわが国経済は、企業収益の回復や雇用・所得環境の改善などを背景に、景気は緩やかな
       回復基調が続きました。一方、海外経済は、米中貿易摩擦の激化や朝鮮半島をめぐる地政学リスクの高まり等、依
       然として先行き不透明な状況が続いております。
        当社グループが属する医療業界におきましては、本年4月に診療報酬と介護報酬の同時改定が行われ、効率化・
       適正化を通じた制度の安定性・持続可能性の向上についてさまざまな取り組みが示されました。また、各都道府県
       で策定されている「地域医療構想」の実現に向けて、病床の機能分化、医療と介護の連携がより一層進められるも
       のと推測され、今後は、各医療機関において、統合・再編を含めた病床転換が多く実施され、建築を伴う大型の設
       備投資の増加も見込んでおります。
        このような状況の中、当社グループの主要事業であるメディカルトータルソリューション事業におきましては、
       新築・移転等の大型案件獲得の鍵となるコンサルティング営業の強化、大規模な設備投資を伴う高度急性期・急性
       期病院等を中心とした高付加価値の病院への深耕営業に努めてまいりました。これらの取り組みが奏功したこと等
       により、業績が好調に推移いたしました。
        以上の結果、当連結会計年度における売上高は、25,715,941千円(前年同期比34.9%増)、営業利益は645,805千
       円(前年同期は営業利益6,736千円)、経常利益は652,381千円(前年同期は経常利益28,463千円)、親会社株主に
       帰属する当期純利益は357,645千円(前年同期比47.5%増)となりました。
        セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

       ・メディカルトータルソリューション事業
        医療機関の開設者別では、各地方自治体病院、全国組織の国立病院機構のほか、民間病院への販路拡大を行うと
       ともに、既存取引先の系列病院等での受注拡大を図ってまいりました。また、地方都市における受注力の強化にも
       努めております。進行中の案件におきましても、顧客ニーズを深耕するための営業活動を強化し、受注拡大と収益
       力向上に取り組んでまいりました。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は24,770,113千円(前年同期比36.0%増)、営業利益は551,384千円(前年
       同期は営業損失59,080千円)となりました。
       ・遠隔画像診断サービス事業

        独自性を活かし、質を重視した遠隔画像診断を提供しつつ、放射線診断専門医の安定的確保と専門性の高いノウ
       ハウを確立してまいりました。導入医療機関及び取扱件数の増加により、売上高の増加を図ることができました。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は552,207千円(前年同期比11.1%増)、営業利益は67,347千円(同23.1%
       増)となりました。
       ・給食事業

        既存の受託施設の販売高の増加及び新規契約先の獲得により売上高が伸張いたしました。利益面では、食材原価
       の増加があったものの、その他の売上原価低減に努め、収益の確保に注力いたしました。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は、393,620千円(前年同期比12.4%増)、営業利益は23,363千円(同
       171.9%増)となりました。
                                  32/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第19期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用情勢の改善傾向が持続し、景気は緩やかな回
       復基調にあるものの、海外経済は、米中貿易摩擦による減速懸念、地政学リスクの継続等、依然として先行き不透
       明な状況で推移いたしました。
        当社グループが属する医療業界におきましては、増加し続ける医療費を背景に、医療・介護提供体制の効率化・
       適正化がより一層求められ、各都道府県で策定されている「地域医療構想」の実現に向けて、病床の機能分化、医
       療と介護の連携等、様々な取り組みが進められております。今後は、各医療機関において、統合・再編を含めた病
       床転換が多く実施され、建築を伴う大型の設備投資の増加も見込まれます。
        このような状況の中、当社グループの主要事業であるメディカルトータルソリューション事業におきましては、
       新築・移転等の大型案件獲得の鍵となるコンサルティング営業の強化、大規模な設備投資を伴う高度急性期・急性
       期病院等を中心とした高付加価値の病院への深耕営業を継続的に努めてまいりました。また、医療機関の開設者別
       では、各地方自治体病院、全国組織の国立病院機構のほか、民間病院への販路拡大を行うとともに、既存取引先の
       系列病院等での受注拡大を図ってまいりました。これらの取り組みが奏功したこと等により、業績が好調に推移い
       たしました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は、28,248,468千円、営業利益は1,185,158千円、経常利
       益は1,179,808千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は715,723千円となりました。
       セグメントごとの業績は、次のとおりであります。

       ・メディカルトータルソリューション事業
        当事業におきましては、大型案件を中心とした進行中の案件における受注拡大及び期中におけるスポット的な案
       件受注が好調に推移いたしました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は27,499,826千円、営業利益は1,081,578千円となりました。
       ・遠隔画像診断サービス事業

        独自性を活かし、質を重視した遠隔画像診断を提供しつつ、放射線診断専門医の安定的確保と専門性の高いノウ
       ハウを確立してまいりました。導入医療機関及び取扱件数の増加により、売上高の増加を図ることができました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は425,728千円、営業利益は69,488千円となりました。
       ・給食事業

        既存の受託施設の販売高の増加及び新規契約先の獲得により売上高が伸張いたしました。利益面では、食材原価
       の増加があったものの、その他の売上原価低減に努め、収益の確保に注力いたしました。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は、322,913千円、営業利益は31,706千円となりました。
       ②  財政状態

        第18期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
       ▶ 資産
        流動資産は、前連結会計年度に比べて855,482千円増加し、11,666,650千円となりました。これは、受取手形及び
       売掛金の減少177,518千円及びその他の減少122,047千円があったものの、現金及び預金が1,113,053千円増加したこ
       となどによるものです。
        固定資産は、前連結会計年度に比べて26,713千円減少し、1,209,259千円となりました。これは、投資有価証券の
       増加27,642千円があったものの、有形固定資産の減少48,560千円などがあったことによるものです。
        以上の結果、当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ828,769千円増加し、12,875,910千円となり
       ました。
       b 負債

        流動負債は、前連結会計年度に比べて115,640千円増加し、8,132,314千円となりました。これは、買掛金の減少
       324,351千円があったものの、未払法人税等の増加274,679千円及びその他の増加184,431千円などがあったことによ
       るものです。
                                  33/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        固定負債は、前連結会計年度に比べて63,795千円減少し、1,061,432千円となりました。これは、退職給付に係る
       負債の増加27,631千円があったものの、社債の減少60,100千円及び長期借入金の減少51,262千円などがあったこと
       によるものです。
        以上の結果、当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ51,845千円増加し、9,193,746千円となり
       ました。
       ▲ 純資産

        当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度に比べて776,923千円増加し、3,682,163千円となりました。
       これは、第1回新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ208,507千円増加し、利益剰余金の増加
       338,005千円などがあったことによるものです。
        第19期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

       ▶ 資産
        当第3四半期連結会計期間末の流動資産は、前連結会計年度末に比べ、4,647,270千円増加し、16,313,921千円と
       なりました。これは主に受取手形及び売掛金が3,739,954千円増加したことなどによるものです。
        固定資産は、前連結会計年度末に比べ、15,930千円増加し、1,225,190千円となりました。これは有形固定資産が
       12,180千円、投資その他の資産が7,274千円増加したことなどによるものです。
       b 負債

        当第3四半期連結会計期間末の流動負債は、前連結会計年度末に比べ、4,041,236千円増加し、12,173,550千円と
       なりました。これは主に買掛金が4,104,477千円増加したものの、賞与引当金が61,378千円減少したことなどによる
       ものです。
        固定負債は、前連結会計年度末に比べ、15,498千円減少し、1,045,933千円となりました。これは主に役員退職慰
       労引当金が36,023千円増加したものの、社債が35,350千円、長期借入金が17,959千円減少したことなどによるもの
       です。
       ▲ 純資産

        当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ、637,463千円増加し、4,319,627千円となり
       ました。これは主に利益剰余金が644,443千円増加したことなどによるものです。
       ③  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ1,113,053千
       円増加し、3,702,552千円となりました。
        主な要因は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における営業活動による資金の増加は、962,625千円であります。資金の増減の主な内訳は、仕入
       債務の減少324,351千円があったものの、税金等調整前当期純利益652,381千円、売上債権の減少177,512千円などが
       あったことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における投資活動による資金の減少は、52,847千円であります。資金の増減の主な内訳は、無形
       固定資産の取得による支出17,510千円、有形固定資産の取得による支出16,964千円、保険積立金の積立による支出
       14,937千円などがあったことによるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における財務活動による資金の増加は、203,275千円であります。資金の増減の主な内訳は、長期
       借入金の返済による支出91,778千円、社債の償還による支出58,100千円などがあったものの、第1回新株予約権の
       行使による株式の発行による収入405,564千円などがあったことによるものです。
                                  34/119


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④  生産、受注及び販売の状況
      ▶ 仕入実績
        第18期連結会計年度及び第19期第3四半期連結累計期間における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとお
       りであります。
                              第18期連結会計年度              第19期第3四半期連結累計期間
                              (自 2017年10月1日                 (自 2018年10月1日
           セグメントの名称
                               至 2018年9月30日)                 至 2019年6月30日)
                                     前年同期比
                            金額(千円)                    金額(千円)
                                       (%)
      メディカルトータルソリューション事業                        22,345,262          35.3             24,957,741
      遠隔画像診断サービス事業                             ―       ―                ―

      給食事業                          156,175         15.3               132,045

              合計               22,501,438          35.2             25,089,787

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.金額は、仕入価格によっております。
        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      b 販売実績

        第18期連結会計年度及び第19期第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとお
       りであります。
                              第18期連結会計年度              第19期第3四半期連結累計期間
                              (自 2017年10月1日                 (自 2018年10月1日
           セグメントの名称
                               至 2018年9月30日)                 至 2019年6月30日)
                                     前年同期比
                            金額(千円)                    金額(千円)
                                       (%)
      メディカルトータルソリューション事業                        24,770,113          36.0             27,499,826
      遠隔画像診断サービス事業                          552,207         11.1               425,728

      給食事業                          393,620         12.4               322,913

              合計               25,715,941          34.9             28,248,468

      (注)   1.セグメント間取引については相殺消去しております。
        2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、総販売実績に対する割合
          が10%以上の相手先がないため記載を省略しております。
        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      ①重要な会計方針及び見積り
        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。この連結財務諸表の作成に当たりましては、会計上の見積りを行う必要があり、賞与引当金等各引当金
       の計上及び繰延税金資産の回収可能性の判断等につきましては、過去の実績や状況に応じて合理的と考えられる要
       因等に基づいて見積りを実施しておりますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果は異なる場合があり
       ます。
                                  35/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        第18期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         当社グループは、医療・福祉・保健というフィールドに活動範囲を定め、その問題解決に寄与するエキスパー
        トとして、また、未来に対する付加価値を創造するパイオニアとして、時代を読み、これからの社会と人々の繁
        栄に貢献することを責務と考え事業に取り組んでおります。特に、当社グループの中核事業であるメディカル
        トータルソリューション事業におきましては、医療、福祉、保健に関わる人たちのすべてのニーズに応え、付加
        価値を提供していくことを念頭に置き、「トータルパックシステム」(注)にて全体最適な病院づくりに貢献する
        ことにより、医療機関の新築・移転、再編・統合等の大型案件に対して、付加価値の高い営業を強力に推進し、
        事業に取り組んでおります。
         当連結会計年度における経営成績等は、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
        シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおり、売上高、営業利益、経常利益及び親
        会社株主に帰属する当期純利益とも前連結会計年度比大幅な伸長となる結果を得ることができました。
         また、当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、事業活動のための適切な資金確保を図る
        ため、営業活動によるキャッシュ・フローの向上を最優先事項と考えております。当連結会計年度末における現
        金及び預金の残高は、3,722,552千円となり、十分な流動性を確保しているものと判断しておりますが、急な資金
        需要や不測の状態にも備えるため、金融機関との間でコミットメントライン契約を締結しております。(未実行残
        高1,000,000千円)
        (注)トータルパックシステム

         トータルパックシステムとは、「お客様のすべての期待・要望に応えること」であります。新築・移転のため
        の基本計画から開院までの様々な場面で、ノウハウ及びソリューションを提供することで、お客様から営業姿勢
        や相性も含め、厚い信頼を得て、当事者としてすべてに対し、責任感を持って全力で取組むことであります。
        第19期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

         当第3四半期連結累計期間における経営成績等は、「第2 事業の状況 3経営者による財政状態、経営成績
        及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおり、売上高、営業利益、経常
        利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益とも好調に推移しております。
         また、当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、事業活動のための適切な資金確保を図る
        ため、営業活動によるキャッシュ・フローの向上を最優先事項と考えております。当第3四半期連結累計期間末
        における現金及び預金の残高は、4,685,774千円となり、十分な流動性を確保しているものと判断しております
        が、急な資金需要や不測の状態にも備えるため、金融機関との間でコミットメントライン契約を締結しておりま
        す。(未実行残高1,000,000千円) 
     4  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
     5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                  36/119






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3 【設備の状況】

     1  【設備投資等の概要】

        第18期連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
         当連結会計年度の設備投資については、総額34,474千円の投資を実施いたしました。その主なものは、ソフト
        ウェアに係る改修投資であります。尚、重要な設備の除却、売却等はありません。
        第19期第3四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年6月30日)

         当第3四半期連結累計期間の設備投資については、総額66,417千円の投資を実施いたしました。その主なもの
        は、医療用画像管理システムにおける情報機器類に係る更新投資であります。尚、重要な設備の除却、売却等は
        ありません。
     2 【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1) 提出会社
                                                  2018年9月30日現在
                                      帳簿価額(千円)
                                                         従業
        事業所名                 設備の
               セグメントの名称                                          員数
        (所在地)                 内容
                             建物及び
                                  工具、器具
                                                         (名)
                                       リース資産      建設仮勘定       合計
                                  及び備品
                             構築物
               メディカルトータ
       本社                                                   81
               ルソリューション
                        事務所     375,077      10,509      1,350      1,127     388,065
       (大阪府摂津市)                                                  〔2〕
               事業
               メディカルトータ
                                                         22
       東京事務所
               ルソリューション
                        事務所      2,921      2,821       361      952     7,057
       (東京都新宿区)
                                                        〔1〕
               事業
      (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.提出会社の本社土地及び東京事務所は賃借しております。年間賃借料は本社土地が12,600千円、東京事務所
          が37,542千円であります。
        4.従業員数の〔 〕は、臨時雇用者数を外書きしております。
      (2) 国内子会社

        主要な設備はございません。
     3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2019年7月31日現在)

        該当事項はありません。
                                  37/119








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4 【提出会社の状況】

     1 【株式等の状況】

      (1) 【株式の総数等】
       ① 【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                      7,000,000

                  計                                     7,000,000

     (注)2018年10月18日開催の臨時株主総会決議により、発行可能株式総数の定款の変更を行い、発行可能株式総数は、
       3,064,000株増加し、7,000,000株となっております。
       ② 【発行済株式】

                                上場金融商品取引所名又は
         種類           発行数(株)                               内容
                              登録認可金融商品取引業協会名
                                              単元株式数は100株でありま
        普通株式                 1,784,000           非上場
                                              す。
          計               1,784,000             ―               ―
     (注)1.2018年8月13日開催の取締役会決議により、2018年9月13日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を
         行っております。これにより発行済株式数は1,775,080株増加し、1,784,000株となっております。
       2.2018年10月18日開催の臨時株主総会決議により、2018年10月18日付で1単元を100株とする単元株制度を採用し
         ております。
                                  38/119













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2) 【新株予約権等の状況】
       ①  【ストックオプション制度の内容】
        当社は、新株予約権方式によるストックオプション制度を採用しております。
        当該制度は、会社法に基づき、2015年8月25日の臨時株主総会並びに取締役会において決議されたものでありま
       す。
        当該制度の内容は、次のとおりであります。
     決議年月日                   2015年8月25日
     新株予約権の数(個) ※                   178

     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 35,600         (注)1、2
     内容及び数(株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額
                        1,000   (注)3
     (円) ※
     新株予約権の行使期間 ※                   2017年8月28日~2025年8月22日
     新株予約権の行使により株式を発行す
     る場合の株式の発行価格及び資本組入                   発行価格 1,000 資本組入額 500
     額(円) ※
                        ①新株予約権の割当てを受けた者は、権利行使時においても、当社または
                        当社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要す。但し、任期満
     新株予約権の行使の条件 ※                   了による退任、定年退職等その他正当な理由のある場合はこの限りではな
                        い。
                        ②新株予約権者の相続人による新株予約権の行使は認めない。
                         新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとす
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        る。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                          ―
     付に関する事項 ※
       ※ 最近事業年度の末日(2018年9月30日)における内容を記載しております。尚、提出日の前月末(2019年7月31
        日)現在において、これらの事項に変更はございません。
      (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、200株であります。

        2.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。
          但し、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点において行使されていない本新株予約権の目的とな
          る株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとす
          る。
             調整後株式数        =  調整前株式数        × 分割・併合の比率
        3.当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整による
          1円未満の端数は切り上げるものとする。
                                   1
            調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                               分割・併合の比率
          また、時価を下回る価額で新株を発行する場合または自己株式を処分する場合(新株予約権の行使による
          ものを除く。)は、次の算式により1株当たりの払込金額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上
          げるものとする。
                                       新規発行株式数×1株当たり払込金額
                              既発行株式数       +
                                            新規発行前の株価
            調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                     既発行株式数+新規発行株式数
          上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除し
          た数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」
          を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
        4.2018年9月13日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行っております。これにより、「新株予約権の
          目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行す
          る場合の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
                                  39/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
       ③  【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                   (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2015年8月10日
                    2,460       4,920         ―    123,000          ―    25,000
     (注)1
     2018年8月31日

                    4,000       8,920      208,507       331,507       208,507       233,507
     (注)2
     2018年9月13日

                  1,775,080       1,784,000           ―    331,507          ―    233,507
     (注)3
      (注)1.株式分割(1:2)によるものであります。
        2.新株予約権の権利行使によるものであります。
        3.株式分割(1:200)によるものであります。
      (4)  【所有者別状況】

                                                 2019年7月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数              100株)
                                                      単元未満
       区分                            外国法人等                  株式の状況
            政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
            地方公共     金融機関                                計
                      取引業者      法人               その他
             団体
                                 個人以外      個人
     株主数
                ―     ―     ―     10      ―     ―     70     80      ―
     (人)
     所有株式数
                ―     ―     ―   4,740       ―     ―   13,100     17,840        ―
     (単元)
     所有株式数
                ―     ―     ―   26.57       ―     ―   73.43     100.00        ―
     の割合(%)
      (注)自己株式2,000株は、「個人その他」に20単元含めて記載しております。
                                  40/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)  【議決権の状況】
       ① 【発行済株式】
                                                  2019年7月31日現在
            区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                      ―          ―              ―

                       (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                                ―              ―
                       普通株式      2,000
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                                 17,820             ―
                          1,782,000
     単元未満株式                      ―          ―              ―
     発行済株式総数                     1,784,000          ―              ―

     総株主の議決権                      ―           17,820             ―

       ② 【自己株式等】

                                                  2019年7月31日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                            総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                            所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)              大阪府摂津市千里丘二丁目
                                    2,000         ―     2,000        0.1
     ㈱レオクラン              4番26号
           計              ―          2,000         ―     2,000        0.1
                                  41/119











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】              普通株式
      (1) 【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
      (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        該当事項はありません。
      (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             最近事業年度                   最近期間
             区分
                                 処分価額の総額                  処分価額の総額
                         株式数(株)                  株式数(株)
                                   (千円)                  (千円)
      引き受ける者の募集を行った
                               ―         ―         ―         ―
      取得自己株式
      消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―         ―         ―
      合併、株式交換、会社分割に係る
                               ―         ―         ―         ―
      移転を行った取得自己株式
      その他( ― )                          ―         ―         ―         ―
      保有自己株式数                       2,000           ―       2,000           ―

     3 【配当政策】

       当社の利益配分につきましては、今後の事業展開と経営体質の強化に必要な内部留保を確保しつつ、安定的かつ継
      続的な配当を実施することを基本方針としております。
       2018年9月期の配当につきましては、継続的な安定配当の方針のもと1株当たり普通配当40円といたしました。
       今後は、基本方針を踏まえ、業績、配当性向及び将来的な成長戦略等を総合的に勘案して決定することとしており
      ます。
       尚、当社では経営の機動的な運営を確保するため、取締役会の決議により毎年3月31日を基準日として中間配当を
      行うことができる旨を定款に定めております。
       内部留保金につきましては、継続的な業績の伸張を図るため、事業の拡大と経営基盤の強化を図る財源として有効
      に活用していく予定であります。
      (注)基準日が第18期事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                             配当金の総額                 1株当たり配当額
           決議年月日
                               (千円)                   (円)
     2018年12月21日
                                      71,280                    40
     定時株主総会決議
     4 【株価の推移】

       当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  42/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5 【役員の状況】
        男性11名 女性-名(役員のうち女性の比率-%)
                                                        所有株式数
      役名     職名     氏名     生年月日                 略歴              任期
                                                         (株)
                            1978年4月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ
                                  リューションズ㈱)入社
                            1996年4月      ㈲メディカル・トータル・プランナー設立 代
                                  表取締役(現任)
     代表取締役
            ―   杉田 昭吾     1953年3月7日        2000年9月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ                   (注)3    800,000
      社長
                                  リューションズ㈱)退職
                            2001年1月      当社設立 代表取締役(現任)
                            2004年3月      ㈱レオクラン東海設立 代表取締役
                            2013年12月      京都プロメド㈱ 取締役(現任)
                            1980年4月      丸大食品㈱入社
                            1980年9月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ
                                  リューションズ㈱)入社
                            2001年3月      同社退職
                            2001年6月      ㈱ゲイト 代表取締役(現任)
      取締役     社長室長     八上 重明     1958年1月30日        2002年12月      当社入社 取締役営業本部長                   (注)3    26,000
                            2006年8月      常務取締役営業本部長兼経営企画室長
                            2006年10月      常務取締役経営企画室長
                            2009年3月      取締役経営企画室長
                            2016年10月      ㈱L&Gシステム取締役(現任)
                            2018年10月      取締役社長室長(現任)
                            1982年3月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ
                                  リューションズ㈱)入社
                            1984年4月      ㈱加藤製作所入社
                            1990年2月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ
                                  リューションズ㈱)入社
                            2001年9月      同社退職
      取締役    営業本部長     筒井 照己     1959年4月29日        2001年9月      ㈱ゲイト入社                   (注)3    12,000
                            2002年12月      当社入社 取締役第一営業部部長
                            2006年4月      取締役第一営業部・第二営業部担当部長
                            2006年10月      取締役営業副本部長
                            2009年10月      取締役営業本部長(現任)
                            2016年10月      ㈱L&Gシステム取締役(現任)
                            2018年12月      ㈱レオクラン東海取締役(現任)
                            1984年3月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ
                                  リューションズ㈱)入社
                            2001年2月      同社退職
                            2001年2月      当社入社
                            2002年12月      取締役カスタマーソリューション部長
                            2007年3月      京都プロメド㈱取締役(現任)
         営業企画室営
      取締役          廣川 隆     1960年7月5日                                (注)3    18,000
         業企画部長
                            2008年10月      取締役IT部担当部長
                            2010年10月      取締役IT部・コンサルティング部担当部長
                            2012年10月      取締役営業副本部長
                            2015年10月      取締役IT営業統括部長
                            2016年10月      ㈱L&Gシステム取締役(現任)
                            2018年10月      取締役営業企画室営業企画部長(現任)
                            1988年3月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソ
                                  リューションズ㈱)入社
                            2001年4月      同社退職
                            2001年4月      当社入社
                            2001年5月      取締役第一営業部次長
                            2006年10月      取締役第一営業部部長
      取締役    大阪支店長     竹内 興次     1965年11月21日                                (注)3    18,000
                            2008年10月      取締役大阪営業部統括部長
                            2009年10月
                                  取締役フォワード部担当部長
                            2012年10月
                                  取締役営業副本部長
                            2015年10月
                                  取締役プラント営業統括部長
                            2018年10月
                                  取締役大阪支店長(現任)
                                  43/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                        所有株式数
      役名     職名     氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                         (株)
                            1979年3月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソリュー
                                  ションズ㈱)入社
                            1991年2月      ㈱医療開発研究所 取締役(現任)
                            2001年12月      西本産業㈱(現 キヤノンライフケアソリュー
                                  ションズ㈱)退職
          営業企画
      取締役         山田 寿夫      1958年7月5日        2002年1月      当社入社                   (注)3    18,000
          室長
                            2007年3月      京都プロメド㈱代表取締役
                            2009年3月      京都プロメド㈱取締役(現任)
                            2012年10月      営業本部長補佐
                            2014年12月      取締役営業本部長補佐
                            2018年10月      取締役営業企画室長(現任)
                            1988年4月      安田信託銀行㈱(現        みずほ信託銀行㈱)入社
                            1997年3月      ㈱クリエート(現       ㈱CDG)入社
                            2008年7月      旭松食品㈱入社
                            2012年5月      当社入社
                            2014年10月      経理部長
          管理本部長
      取締役         山村 誠人      1964年5月22日                                (注)4     200
          兼経理部長
                            2014年12月      ㈱レオクラン東海取締役(現任)
                            2014年12月      京都プロメド㈱取締役(現任)
                            2017年10月      管理本部副本部長兼経理部長
                            2018年10月      管理本部長兼経理部長
                            2018年12月      取締役管理本部長兼経理部長(現任)
                            1970年2月      フクダ電子中四国販売㈱入社
                            1993年4月      フクダ電子京滋販売㈱ 代表取締役
                            2005年6月      フクダ電子㈱ 取締役
                            2007年6月      フクダ電子㈱ 常務取締役
      取締役      ―   尾﨑 健治      1949年1月18日                                (注)3     2,000
                            2008年6月      フクダ電子㈱ 専務取締役
                            2012年6月      フクダ電子㈱ 取締役
                            2013年6月      フクダ電子㈱ 取締役退任
                            2015年12月      当社取締役(現任)
                            1977年7月      ㈱日立製作所入社
                            1996年7月      ㈱ビジュアルサイエンス研究所 代表取締役
                            1996年7月      ㈱デジタルアミューズ 代表取締役
                            1996年7月      デジタルハリウッド㈱ 取締役
                            1997年2月      ㈱アイ・エム・ジェイ 取締役
                            1997年10月      ㈱ビューテックラボ 代表取締役
                            2004年6月      ㈱ドリームシャトル 取締役
                            2006年3月      ㈱インターアクティブデザイン 代表取締役
      監査役
            ―   中野 正和      1952年10月14日                                (注)5     2,000
      (常勤)
                            2007年6月      ㈱デジタルスケープ 取締役
                            2010年6月      ㈱IMAGICAイメージワークス 取締役
                            2014年12月      当社常勤監査役(現任)
                            2014年12月      ㈱レオクラン東海 監査役(現任)
                            2014年12月      ㈱医療開発研究所 監査役(現任)
                            2014年12月      ㈱ゲイト 監査役(現任)
                            2014年12月      京都プロメド㈱ 監査役(現任)
                            2016年10月      ㈱L&Gシステム 監査役(現任)
                            1978年3月      藤本㈱入社
                            1985年1月      村田病院入職
                            1987年3月      ㈱ジャパンメディカルリソース入社
                            1991年9月      トムメディコス㈱(現 エムシーエス㈱)設
      監査役      ―   松本 淳一      1955年4月19日                                (注)5     2,000
                                  立 代表取締役
                            2014年1月      ㈱J.コネクトコーポレーション設立 代表取
                                  締役
                            2014年12月      当社監査役(現任)
                            1974年11月      等松青木監査法人(現         有限責任監査法人トーマ
                                  ツ)入所
                            1978年9月      公認会計士登録
                            1995年5月      有限責任監査法人トーマツ           社員
      監査役      ―   西村 猛     1951年7月7日                                (注)6      ―
                            2001年7月      ㈱トーマツベンチャーサポート大阪 代表取締
                                  役社長
                            2017年1月      西村公認会計士事務所開設           所長(現任)
                            2017年7月      税理士登録
                            2018年12月      当社監査役(現任)
                              計                           898,200
      (注)   1.取締役尾﨑健治は、社外取締役であります。
        2.監査役中野正和、松本淳一及び西村猛は、社外監査役であります。
        3.任期は、2018年10月18日開催の臨時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最
          終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        4.任期は、2018年12月21日開催の定時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了する事業年度のうち、最
          終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
                                  44/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        5.任期は、2018年10月18日開催の臨時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度のうち、最
          終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
        6.任期は、2018年12月21日開催の定時株主総会終結の時から選任後4年以内に終了する事業年度のうち、最
          終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
     6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

      (1)  【コーポレート・ガバナンスの状況】
         コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図り、株主をはじめとするステークホ
         ルダーの皆様の信頼に応える企業であり続けるために、コーポレート・ガバナンスの充実が経営上の重要な課
         題であると認識しております。今後においても、必要に応じて改善を行い、経営の健全性、効率性及び透明性
         を高め、実効性のある体制の構築に努めてまいります。
       ①  企業統治の体制

        a  企業統治の体制の概要
          当社は会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置するとともに、日
         常的に業務を監査する監査室を設置しております。これら各機関の相互連携により、経営の健全性、効率性及
         び透明性が確保できるものと判断し、現在の企業統治体制を採用しております。
         当社の企業統治体制の模式図は、以下のとおりであります。

          (a)   取締役会









            取締役会は、取締役8名(うち社外取締役1名)で構成されており、毎月1回開催する定例取締役会に
           加え、重要な議案が生じた時に必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会では、法令、定
           款、取締役会規則に従い、経営に関する重要な事項の決定及び業務執行の監督を行っております。
            また、取締役会には、監査役全員が毎回出席し、常に意思決定の監査が行われる状況が整備されており
           ます。
                                  45/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (b)   経営委員会
            社長の意思決定を補佐する諮問機関として、常勤取締役をコアメンバーとする経営委員会を月1回開催
           し、業務執行に係る重要事項の報告・検討及び情報共有を図るとともに、取締役会上程議案等の事前審議
           を行っております。
          (c)   監査役及び監査役会

            監査役会は、監査役3名(うち社外監査役3名)で構成されており、毎月1回開催する定期監査役会に
           加え、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。監査役は、取締役会への出席の他、取締役及び従
           業員等から職務の執行状況について報告及び説明を受け、重要な会議への出席や社内決裁書類等の閲覧を
           通じ、業務及び財産の状況を把握しております。また、監査室及び会計監査人と緊密な連携を図り、監査
           の実効性と効率性の向上に努めております。
          (d)   会計監査人

            当社は、会計監査人として、有限責任監査法人トーマツを選任の上、監査契約を締結しており、適宜監
           査が実施されております。
        b  内部統制システムの整備状況

          当社は、業務の適正性を確保するための体制として、取締役会において以下の「内部統制システムの基本方
         針」について決議し、当社の内部統制が適切に機能する体制を整備しております。
          (a)   取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

           ・取締役及び使用人が社会人・企業人として求められる倫理観・道徳観に基づき誠実に行動し、企業倫
            理・法令及び定款遵守を徹底するため、コンプライアンス担当役員を置く。
           ・「コンプライアンス規程」を定め、体制の構築・整備を行っていく。
           ・取締役及び使用人は、それぞれの立場でコンプライアンスを自らの問題としてとらえて職務執行にあた
            り、研修・教育等を通じコンプライアンスの知識を高め、啓蒙活動を行っていく。
          (b)   取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

            取締役の職務の執行に係る情報につき、文書の作成・保存期間他その他の管理体制については法令及び
           「文書管理規程」等の社内規程によって管理し、取締役及び監査役はこれらの文書等を常時閲覧できるも
           のとする。
          (c)   損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           ・職務執行にかかるリスクは、「リスク管理規程」、「内部監査規程」等の社内規程によって管理し、各
            部門の権限内でリスク分析・対応策の検討を行う。特に重要な案件や担当部門の権限を越えるものにつ
            いては、取締役会で審議し意思決定を行う。
           ・代表取締役社長直属部署である監査室は、リスク管理状況を定期的に監査するとともに、法令・定款等
            に違反する業務執行行為が発見され、重大なリスクが想定される場合には、直ちに社長に報告する。
          (d)   取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

           ・定例取締役会を月1回開催し、また、必要に応じて、臨時取締役会を開催し、迅速で的確な経営意思決
            定を行う。
           ・取締役の職務の執行が効率的に行われるために必要である適正な職務分掌は、「業務分掌規程」及び
            「職務権限規程」において整備する。
          (e)   当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

           ・当社は、子会社に対して適切な管理を行うことを「関係会社管理規程」にて定める。
                                  46/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ・当社は、子会社に対して取締役及び監査役を派遣し、取締役は子会社の取締役の職務執行状況を監視・
            監督し、監査役は子会社の業務執行状況を監査する。
           ・子会社の取締役等の職務の執行状況は、当社の取締役会において定期的に報告される。
           ・当社監査室により、定期的に内部監査を実施し、その結果を代表取締役社長及び監査役に報告する。
          (f)   監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

            監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、必要に応じて監査役スタッフを置く
           こととし、その人事については、取締役と監査役が意見交換を行う。
          (g)   前号の使用人の取締役からの独立性及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性確保に関する事項

            監査役より監査業務に必要な職務の補助の要請を受けた監査役スタッフは、独立性を確保するため、そ
           の要請に関し、取締役等の指揮命令を受けないものとする。
          (h)   取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

           ・取締役及び使用人は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実、取締役の職務執行に関する不正行
            為、法令・定款に違反する重大な事実、その他重要な事実が発生した場合、監査役に対して速やかに報
            告する。また、監査役は必要な都度、取締役及び使用人に対し、報告を求める。
           ・内部通報制度に基づく通報または監査役に対する職務の執行状況その他に関する報告を行ったことを理
            由として、取締役及び使用人に対し不利な取り扱いを行わない。
          (i)   監査役の職務の執行について生じる費用等に関する事項

            監査役がその職務の執行について必要な費用の支出等については、当該請求が当該監査役の職務執行に
           必要でないことが明らかである場合を除き、速やかに当該費用または債務の処理をする。
          (j)   その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

           ・監査役は、会社が対処すべき課題、会社を取り巻くリスクのほか、監査役監査の環境整備及び監査上の
            重要な課題について意見交換することで、監査役監査の実効性を確保する体制を整備するとともに、内
            部監査部門と定期的な情報交換を行い緊密な連携を図る。
           ・監査役または監査役会は、取締役から当社に著しい損害が発生するおそれがある旨の報告を受けた場合
            には、必要な調査を行い、取締役に対して助言または勧告を行うなど、状況に応じ適切な措置を講じ
            る。
           ・監査役は、会計監査人と定期的な会合を持ち、意見交換を行うとともに、必要に応じて報告を求める。
          (k)   財務報告の信頼性を確保するための体制

           ・信頼性のある財務報告を作成するために、財務報告に係る内部統制が有効に機能するための体制の構
            築、整備及び運用を行う。
           ・取締役は、財務報告における不正や誤謬が発生するリスクを管理し、業務執行の適正化を推進するとと
            もに、財務報告に係る社内規程の適切な整備及び運用を行う。
           ・代表取締役社長は、財務報告に係る内部統制の仕組みが適正かつ有効に機能することを継続的に監視・
            評価し、不備があれば必要な改善・是正を行うとともに、関係法令との適合性を確保する。
          (l)   反社会的勢力を排除するための体制

            当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与え、健全な企業活動に悪影響を与えるあらゆる反社会的勢
           力・団体とは一切関わらない。万が一、反社会的勢力からの接触があった場合は、管理本部長が総括し、
           全社的に対応し、必要に応じて顧問弁護士、警察等の専門家に早期に相談し、適切な処置をとる。また、
           使用人に対しても社内研修等を開催し、反社会的勢力に関わりを持たない意識の向上を図る。
                                  47/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        c  リスク管理体制の整備の状況
          当社では、当社代表取締役社長を委員長とする「リスク管理委員会」を設置・運営しております。当委員会
         は、事業に係る多様なリスクを適切に管理し、リスクの早期発見及び未然防止に努めるとともに、損失を最小
         限に抑える体制の構築を推進しております。加えて、弁護士、税理士及び社会保険労務士と顧問契約を締結
         し、必要に応じて法的な助言や指導を受ける体制を整えております。
         また、従業員からの内部通報窓口を設置し、リスク管理体制の強化を図っております。
       ②  内部監査及び監査役監査

         内部監査につきましては、代表取締役社長直轄の組織として監査室(専任の担当者1名)を設置しておりま
        す。監査室長は、代表取締役社長の承認を受けた監査計画に基づき、内部監査を実施しております。内部監査実
        施結果については、代表取締役社長に報告するとともに、被監査部門に対し、監査結果に基づく改善指示を行
        い、改善状況を報告させ、確認を行っております。また、監査役会は、監査室長より監査計画、業務執行状況及
        び監査結果等について適宜報告を受け、情報の共有及び意見交換を行っております。
         監査役監査につきましては、年度ごとに監査方針及び監査計画を立て、業務の分担を行い、取締役の業務執行
        の監査・監督を実施しております。また、監査役は、監査室並びに会計監査人と定期・不定期の会合を持ち、相
        互の連携を高め、効率的な監査の実施に努めております。
       ③  会計監査の状況

         当社は、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、通常の会計監査に加え、重要な会計的課題について
        随時相談及び検討を実施しております。尚、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当
        社の間には、特別な利害関係はありません。また、継続監査年数が7年を超える者はおりません。業務を執行し
        た公認会計士の氏名及び会計監査業務にかかる補助者の構成は、下記のとおりであります。
        ・業務を執行した公認会計士の氏名
          指定有限責任社員 業務執行社員 藤川  賢
          指定有限責任社員 業務執行社員 中田 信之
        ・監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士 12名
          その他   7名
       ④  社外取締役及び社外監査役との関係

         当社では、社外取締役1名及び社外監査役3名を選任しております。
         当社において、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針について特段の定
        めは設けておりませんが、選任に際しましては、株式会社東京証券取引所の独立性に関する判断基準等を参考に
        しております。また、専門的な知識に基づく客観的かつ適切な監督または監査といった機能が期待され、一般株
        主と利益相反が生じる恐れがないことを選任の基本方針としております。
         社外取締役尾﨑健治氏は、長年の企業経営実務経験で培われた企業経営に関する豊富な知見をもとに、当社の
        経営を監督していただくとともに、経営全般に助言をいただけるものと判断しております。尚、同氏は、当社株
        式を2,000株保有しておりますが、それ以外に当社との間に人的関係、資本的関係及びその他の利害関係はありま
        せん。
         社外監査役中野正和氏は、長年の企業経営実務経験で培われた優れた専門的な知識・経験等をもとに、取締役
        の意思決定、業務執行の適法性について、厳正な監査をしていただけるものと判断しております。尚、同氏は、
        当社株式を2,000株保有しておりますが、それ以外に当社との間に人的関係、資本的関係及びその他の利害関係は
        ありません。
         社外監査役松本淳一氏は、長年の企業経営実務経験で培われた優れた専門的な知識・経験等をもとに、取締役
        の意思決定、業務執行の適法性について、厳正な監査をしていただけるものと判断しております。尚、同氏は、
        当社株式を2,000株保有しておりますが、それ以外に当社との間に人的関係、資本的関係及びその他の利害関係は
        ありません。
         社外監査役西村猛氏は、公認会計士及び税理士であり、財務及び会計の専門家としての豊富な知識と幅広い経
        験並びに企業監査における豊富な実績と高い見識を有していることから、厳正な監査をしていただけるものと判
        断しております。
                                  48/119


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑤  取締役及び監査役の責任免除
         当社は、取締役及び監査役がその期待される役割を十分に発揮できるように、会社法第426条第1項の規定に基
        づき取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)が任務を怠ったことによる
        損 害賠償責任を法令の限度において、取締役会の決議により免除することができる旨を定款に定めております。
       ⑥  責任限定契約の内容の概要

         当社は、社外取締役及び監査役と会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を
        限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としておりま
        す。
       ⑦  取締役の定数

         当社は取締役を10名以内とする旨を定款に定めております。
       ⑧  取締役の選任の決議要件

         当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
        席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
       ⑨  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議について、議決権を行使することができる株主の議
        決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に
        定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
        行うことを目的とするものであります。
       ⑩  取締役会で決議できる株主総会決議事項

         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によっ
        て毎年3月31日を基準として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
       ⑪  役員の報酬等

        a  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                            役員の員数
                   (千円)
                                 ストック
                                                       (名)
                          基本報酬               賞与      退職慰労金
                                 オプション
      取締役
                     81,753       68,703          ―       ―     13,050        7
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                       900       900        ―       ―       ―      1
      (社外監査役を除く。)
      社外役員               13,605       12,675          ―       ―      930       3
        b  提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        c  使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

                対象となる役員の
        総額(千円)                                 内容
                  員数(名)
            92,375            6  使用人給与相当額
        d  役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針

          当社役員の報酬等は、株主総会により報酬総額の限度額を決定しております。取締役の報酬については、取
         締役会の決議により決定し、監査役の報酬については、監査役会の協議で決定しております。
                                  49/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑫  株式の保有状況
        a  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          銘柄数                              3銘柄
          貸借対照表計上額の合計額                     133,350千円
        b  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

         (最近事業年度の前事業年度)
          特定投資株式
                       株式数       貸借対照表計上額
            銘柄                                   保有目的
                       (株)         (千円)
      シップヘルスケアホール
                         15,000         52,125    安定的取引関係の構築・強化のため
      ディングス(株)
      ウイン・パートナーズ(株)                   30,000         45,180    安定的取引関係の構築・強化のため
      大塚ホールディングス(株)                    5,000         22,355    企業研究のため

         (最近事業年度)

          特定投資株式
                       株式数       貸借対照表計上額
            銘柄                                   保有目的
                       (株)         (千円)
      シップヘルスケアホール
                          15,000         65,925    安定的取引関係の構築・強化のため
      ディングス(株)
      ウイン・パートナーズ(株)                   30,000         38,790    安定的取引関係の構築・強化のため
      大塚ホールディングス(株)                    5,000         28,635    企業研究のため

        c  保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
      (2)  【監査報酬の内容等】

       ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
        提出会社               23,000             ―        38,150             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

          計             23,000             ―        38,150             ―

       ②  【その他重要な報酬の内容】

         該当事項はありません。
       ③  【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

         (最近連結会計年度の前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (最近連結会計年度)

          該当事項はありません。
                                  50/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④ 【監査報酬の決定方針】
          監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は定めておりませんが、会計監査人としての経歴、監査の品
         質や監査に要する人員と時間等を総合的に判断し、監査役の同意を踏まえて、決定しております。
                                  51/119




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5   【経理の状況】

     1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
       基づいて作成しております。
      (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

       令第64号)に基づいて作成しております。
      (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい

       て作成しております。
     2 監査証明について

      (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2016年10月1日から2017年9月30
       日まで)及び当連結会計年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2016年10
       月1日から2017年9月30日まで)及び当事業年度(2017年10月1日から2018年9月30日まで)の財務諸表について、有
       限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019

       年6月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年10月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
       について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、または会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人等
      が主催する研修会への参加や会計専門誌の定期購読を行っております。
                                  52/119











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1 【連結財務諸表等】
      (1) 【連結財務諸表】
       ①  【連結貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        2,609,499              3,722,552
         現金及び預金
                                      ※3  7,943,385            ※3  7,765,866
         受取手形及び売掛金
                                          19,046              22,348
         商品及び製品
                                          1,417              1,760
         原材料及び貯蔵品
                                          26,756              58,431
         繰延税金資産
                                         220,365               98,317
         その他
                                         △ 9,301             △ 2,626
         貸倒引当金
                                        10,811,168              11,666,650
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         759,472              763,471
           建物及び構築物
                                        △ 256,991             △ 298,874
             減価償却累計額
                                       ※1  502,480            ※1  464,596
             建物及び構築物(純額)
           建設仮勘定                                              2,080
                                             ―
                                         235,300              239,368
           その他
                                        △ 189,057             △ 205,882
             減価償却累計額
                                          46,243              33,486
             その他(純額)
                                         548,724              500,163
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          62,346              31,173
           のれん
                                          47,040              49,593
           その他
                                         109,386               80,767
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         237,941              265,584
           投資有価証券
                                          63,146              67,769
           繰延税金資産
                                         284,403              294,982
           その他
                                         △ 7,629               △ 6
           貸倒引当金
                                         577,862              628,329
           投資その他の資産合計
                                        1,235,973              1,209,259
         固定資産合計
       資産合計                                 12,047,141              12,875,910
                                  53/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        7,486,783              7,162,432
         買掛金
                                         70,000              50,000
         短期借入金
                                       ※1  58,100            ※1  60,100
         1年内償還予定の社債
                                       ※1  91,778            ※1  51,262
         1年内返済予定の長期借入金
                                         12,385              287,064
         未払法人税等
                                         63,870              102,568
         賞与引当金
                                         10,200              10,900
         役員賞与引当金
                                         223,555              407,987
         その他
                                        8,016,673              8,132,314
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※1  275,400            ※1  215,300
         社債
                                       ※1  239,912            ※1  188,650
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                276,955              304,586
         役員退職慰労引当金                                271,090              289,870
                                         61,870              63,025
         その他
                                        1,125,227              1,061,432
         固定負債合計
                                        9,141,901              9,193,746
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         123,000              331,507
         資本金
                                         78,620              287,127
         資本剰余金
                                        2,531,673              2,869,678
         利益剰余金
                                         △ 1,012             △ 1,012
         自己株式
                                        2,732,281              3,487,300
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         86,106              105,284
         その他有価証券評価差額金
                                         86,106              105,284
         その他の包括利益累計額合計
                                         11,450
       新株予約権
                                                          ―
                                         75,402              89,578
       非支配株主持分
                                        2,905,240              3,682,163
       純資産合計
                                       12,047,141              12,875,910
      負債純資産合計
                                  54/119








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結貸借対照表】
                                       (単位:千円)
                                当第3四半期連結会計期間
                                  (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        4,685,774
         現金及び預金
                                      ※1  11,505,820
         受取手形及び売掛金
                                          39,749
         商品及び製品
                                          1,645
         原材料及び貯蔵品
                                          84,703
         その他
                                         △ 3,772
         貸倒引当金
                                        16,313,921
         流動資産合計
       固定資産
                                         512,343
         有形固定資産
         無形固定資産
                                          7,793
           のれん
                                          69,449
           その他
                                          77,243
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         635,610
           その他
                                           △ 6
           貸倒引当金
                                         635,603
           投資その他の資産合計
                                        1,225,190
         固定資産合計
                                        17,539,112
       資産合計
                                  55/119












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                      (単位:千円)
                                当第3四半期連結会計期間
                                  (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       11,266,909
         買掛金
                                         30,000
         短期借入金
                                         53,100
         1年内償還予定の社債
                                         31,472
         1年内返済予定の長期借入金
                                         292,954
         未払法人税等
                                         41,190
         賞与引当金
                                         12,600
         役員賞与引当金
                                         445,324
         その他
                                       12,173,550
         流動負債合計
       固定負債
                                         179,950
         社債
                                         170,691
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                290,318
         役員退職慰労引当金                                325,893
                                         79,081
         その他
                                        1,045,933
         固定負債合計
                                       13,219,484
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         331,507
         資本金
                                         287,127
         資本剰余金
                                        3,514,121
         利益剰余金
                                         △ 1,012
         自己株式
                                        4,131,743
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         84,170
         その他有価証券評価差額金
                                         84,170
         その他の包括利益累計額合計
                                         103,713
       非支配株主持分
                                        4,319,627
       純資産合計
                                       17,539,112
      負債純資産合計
                                  56/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                       19,060,958              25,715,941
      売上高
                                       17,130,106              23,026,652
      売上原価
                                        1,930,851              2,689,288
      売上総利益
                                      ※1  1,924,115            ※1  2,043,483
      販売費及び一般管理費
                                          6,736             645,805
      営業利益
      営業外収益
                                           720              695
       受取利息
                                          4,576              6,499
       受取配当金
                                                        4,432
       助成金収入                                    -
                                         24,053
       保険解約返戻金                                                   ―
                                          2,196              3,926
       その他
                                         31,546              15,553
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          4,687              3,789
       支払利息
                                          2,493              1,979
       支払保証料
                                          2,000              2,000
       シンジケートローン手数料
                                           638             1,208
       その他
                                          9,819              8,976
       営業外費用合計
                                         28,463              652,381
      経常利益
      特別利益
                                       ※2  300,596               ※2   ―
       固定資産売却益
                                         300,596
       特別利益合計                                                   ―
      特別損失
                                        ※3  5,163              ※3   ―
       固定資産除却損
                                          5,163
       特別損失合計                                                   ―
                                         323,896              652,381
      税金等調整前当期純利益
                                         49,042              319,922
      法人税、住民税及び事業税
                                         16,573             △ 44,761
      法人税等調整額
                                         65,616              275,161
      法人税等合計
                                         258,279              377,220
      当期純利益
                                         15,770              19,575
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         242,509              357,645
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  57/119








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                         258,279              377,220
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         32,244              19,178
       その他有価証券評価差額金
                                       ※  32,244             ※  19,178
       その他の包括利益合計
                                         290,524              396,399
      包括利益
      (内訳)
                                         274,753              376,823
       親会社株主に係る包括利益
                                         15,770              19,575
       非支配株主に係る包括利益
                                  58/119
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
         【四半期連結損益計算書】
          【第3四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2018年10月1日
                                 至 2019年6月30日)
                                       28,248,468
      売上高
                                       25,491,448
      売上原価
                                        2,757,020
      売上総利益
                                        1,571,861
      販売費及び一般管理費
                                        1,185,158
      営業利益
      営業外収益
                                           567
       受取利息
                                          2,794
       受取配当金
                                          2,422
       助成金収入
                                          2,116
       受取保険金
                                          3,443
       債務免除益
                                           467
       その他
                                         11,811
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          2,261
       支払利息
                                          1,272
       支払保証料
                                         12,666
       シンジケートローン手数料
                                           961
       その他
                                         17,162
       営業外費用合計
                                        1,179,808
      経常利益
      特別利益
                                          6,124
       投資有価証券償還益
                                          6,124
       特別利益合計
      特別損失
                                           451
       固定資産除却損
                                           451
       特別損失合計
                                        1,185,481
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   433,184
                                         16,438
      法人税等調整額
                                         449,622
      法人税等合計
                                         735,858
      四半期純利益
                                         20,134
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         715,723
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                  59/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期連結包括利益計算書】
          【第3四半期連結累計期間】
                                      (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2018年10月1日
                                 至 2019年6月30日)
                                         735,858
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 21,114
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 21,114
       その他の包括利益合計
                                         714,743
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         694,608
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         20,134
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                  60/119
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                    123,000         78,620       2,308,804          △ 1,012       2,509,412
     当期首残高
     当期変動額
                                     △ 19,640                △ 19,640
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属
                                     242,509                 242,509
      する当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
                                     222,869                 222,869
     当期変動額合計                 ―         ―                 ―
                    123,000         78,620       2,531,673          △ 1,012       2,732,281
     当期末残高
                   その他の包括利益累計額

                  その他        その他の
                                  新株予約権        非支配株主持分          純資産合計
                  有価証券         包括利益
                 評価差額金         累計額合計
                    53,861         53,861         11,450         66,382       2,641,106
     当期首残高
     当期変動額
                                                      △ 19,640
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属
                                                       242,509
      する当期純利益
      株主資本以外の項目
                    32,244         32,244                  9,020        41,265
                                        ―
      の当期変動額(純額)
                    32,244         32,244                  9,020        264,134
     当期変動額合計                                   ―
                    86,106         86,106         11,450         75,402       2,905,240
     当期末残高
                                  61/119











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
                    123,000         78,620       2,531,673          △ 1,012       2,732,281
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                    208,507         208,507                          417,014
      (新株予約権の行使)
                                     △ 19,640                △ 19,640
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属
                                     357,645                 357,645
      する当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
                    208,507         208,507         338,005                 755,019
     当期変動額合計                                           ―
                    331,507         287,127        2,869,678          △ 1,012       3,487,300
     当期末残高
                   その他の包括利益累計額

                  その他        その他の
                                  新株予約権        非支配株主持分          純資産合計
                  有価証券         包括利益
                 評価差額金         累計額合計
                     86,106         86,106         11,450         75,402       2,905,240
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                                                       417,014
      (新株予約権の行使)
                                                      △ 19,640
      剰余金の配当
      親会社株主に帰属
                                                       357,645
      する当期純利益
      株主資本以外の項目
                     19,178         19,178        △ 11,450         14,175         21,904
      の当期変動額(純額)
                     19,178         19,178        △ 11,450         14,175        776,923
     当期変動額合計
                    105,284         105,284                  89,578       3,682,163
     当期末残高                                   ―
                                  62/119










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         323,896              652,381
       税金等調整前当期純利益
                                         77,857              84,734
       減価償却費
                                         31,173              31,173
       のれん償却額
                                        △ 300,596
       固定資産売却損益(△は益)                                                   ―
                                          5,163
       固定資産除却損                                                   ―
                                          2,273             △ 14,297
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                         △ 5,297             △ 7,194
       受取利息及び受取配当金
                                          4,687              3,789
       支払利息
                                      △ 4,369,252               177,512
       売上債権の増減額(△は増加)
                                          4,419             △ 3,645
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        3,724,156              △ 324,351
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         59,391              38,697
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         28,168              18,780
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)
                                           150              700
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)
                                         36,142              27,631
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                         △ 6,376              94,952
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                        △ 152,609               12,347
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                        △ 64,912              112,393
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                        △ 23,602               7,479
       その他
                                        △ 625,167              913,084
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  5,181              7,079
                                         △ 4,764             △ 4,214
       利息の支払額
                                        △ 93,709             △ 63,014
       法人税等の支払額
                                                       109,690
                                            ―
       法人税等の還付額
                                        △ 718,460              962,625
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 184,749              △ 16,964
       有形固定資産の取得による支出
                                         300,888
       有形固定資産の売却による収入                                                   ―
                                        △ 16,400             △ 17,510
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 20,000             △ 20,000
       定期預金の預入による支出
                                         20,000              20,000
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 16,135             △ 14,937
       保険積立金の積立による支出
                                         △ 4,894               △ 63
       敷金及び保証金の差入による支出
                                          1,251               378
       敷金及び保証金の回収による収入
                                         27,762              △ 3,750
       その他
                                         107,722              △ 52,847
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  63/119






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 20,000             △ 20,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                         220,000
       長期借入れによる収入                                                   ―
                                        △ 115,328              △ 91,778
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 58,100             △ 58,100
       社債の償還による支出
                                         △ 7,516             △ 7,370
       リース債務の返済による支出
                                                       405,564
       新株予約権の行使による株式の発行による収入                                    ―
                                        △ 19,640             △ 19,640
       配当金の支払額
                                         △ 6,750             △ 5,400
       非支配株主への配当金の支払額
                                         △ 7,334             203,275
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 618,072             1,113,053
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        3,207,571              2,589,499
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※  2,589,499             ※  3,702,552
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  64/119















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         前連結会計年度(自           2016年10月1日         至   2017年9月30日)
          1 連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
            連結子会社の数 5社
            連結子会社の名称
             ㈱ゲイト
             ㈱レオクラン東海
             ㈱医療開発研究所
             京都プロメド㈱
             ㈱L&Gシステム
             ㈱L&Gシステムは、当連結会計年度において新たに設立したため、連結の範囲に含めております。

          2 連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
          3 会計方針に関する事項

           (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
            ①  有価証券
             a  満期保有目的の債券
               原価法
             b  その他有価証券
               時価のあるもの
                決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原
               価は、移動平均法により算定)
               時価のないもの
                主として移動平均法による原価法
            ②  たな卸資産
              通常の販売目的で保有するたな卸資産
              評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
               商品・製品・原材料
                主として総平均法
           (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ①  有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並
             びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
             す。
              尚、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物               8~31年
            ②  無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              尚、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(主に5年)に基づいておりま
             す。
           (3)  重要な引当金の計上基準

            ①  貸倒引当金
              債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
             については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
                                  65/119


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            ②  賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分
             を計上しております。
            ③  役員賞与引当金
              役員に対して支給する賞与の支出に備えて、当連結会計年度に見合う支給見込額に基づき計上して
             おります。
            ④  役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末要支給額を
             計上しております。
           (4)  退職給付に係る会計処理の方法

             当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る当連結会計年度末自己都合
            要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (5)  のれんの償却方法及び償却期間

             5年間の定額法により償却しております。
           (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
            スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
           (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1 連結の範囲に関する事項
            すべての子会社を連結しております。
            連結子会社の数 5社
            連結子会社の名称
             ㈱ゲイト
             ㈱レオクラン東海
             ㈱医療開発研究所
             京都プロメド㈱
             ㈱L&Gシステム
          2 連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
          3 会計方針に関する事項

           (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
            ①  有価証券
             a  満期保有目的の債券
               原価法
             b  その他有価証券
               時価のあるもの
                決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原
               価は、移動平均法により算定)
               時価のないもの
                主として移動平均法による原価法
                                  66/119


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            ②  たな卸資産
              通常の販売目的で保有するたな卸資産
              評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
               商品・製品・原材料
                主として総平均法
           (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ①  有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並
             びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
             す。
              尚、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物               8~31年
            ②  無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              尚、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(主に5年)に基づいておりま
             す。
           (3)  重要な引当金の計上基準

            ①  貸倒引当金
              債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
             については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            ②  賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分
             を計上しております。
            ③  役員賞与引当金
              役員に対して支給する賞与の支出に備えて、当連結会計年度に見合う支給見込額に基づき計上して
             おります。
            ④  役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末要支給額を
             計上しております。
           (4)  退職給付に係る会計処理の方法

             当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る当連結会計年度末自己都合
            要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (5)  のれんの償却方法及び償却期間

             5年間の定額法により償却しております。
           (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
            スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
           (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  67/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (未適用の会計基準等)
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
         該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

      ・「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)
      ・「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 2018年2月16日)
      (1) 概要

        個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該当する企
       業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
      (2) 適用予定日

        2019年9月期の期首より適用予定であります。
      (3) 当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2018年3月30日)

      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2018年3月30日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        2022年9月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
        (追加情報)

         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 2016年3月28日)を当連結
         会計年度から適用しております。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          該当事項はありません。
                                  68/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (連結貸借対照表関係)
         ※1 担保提供資産及びこれに対応する債務
            担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         建物及び構築物                         162,019千円                 149,009千円
         計                         162,019                 149,009
           上記に対応する債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         1年内償還予定の社債                         58,100千円                 60,100千円
         1年内返済予定の長期借入金                         15,172                 15,172
         社債                         275,400                 215,300
         長期借入金                         197,242                 182,070
         計                         545,914                 472,642
          2 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行4行と貸出コミットメント契約を締結し

          ております。
           連結会計年度末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         貸出コミットメントの総額                        1,000,000千円                 1,000,000千円
         借入実行残高                            ―                 ―
         差引額                        1,000,000                 1,000,000
         ※3    期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

            尚、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれてお
           ります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         受取手形                         11,767千円                 1,969千円
                                  69/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (連結損益計算書関係)
         ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         給料及び手当                         769,433千円                 803,402千円
         賞与引当金繰入額                          59,780                 97,543
         役員賞与引当金繰入額                          10,200                 10,900
         退職給付費用                          39,327                 31,258
         役員退職慰労引当金繰入額                          28,168                 18,780
         貸倒引当金繰入額                          2,273                △8,650
         ※2    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         土地                         300,596千円                    ―千円
         計                         300,596                    ―
         ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         建物及び構築物                          5,163千円                   ―千円
         計                          5,163                   ―
        (連結包括利益計算書関係)

         ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         その他有価証券評価差額金
           当期発生額                           46,475千円                 27,642千円
                                      ―                 ―
           組替調整額
             税効果調整前
                                   46,475                 27,642
                                  △14,230                 △8,464
             税効果額
             その他有価証券評価差額金                          32,244                 19,178
                その他の包括利益合計                    32,244                 19,178
                                  70/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 発行済株式に関する事項
        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)                  4,920             ―           ―         4,920
          2 自己株式に関する事項

        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)                   10           ―           ―          10
          3 新株予約権等に関する事項

                                   目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                        目的となる
       会社名         内訳                                    年度末残高
                              当連結会計                   当連結
                        株式の種類
                                     増加      減少
                                                      (千円)
                              年度期首                 会計年度末
       提出会社      2006年新株予約権           普通株式        4,000        ―      ―    4,000     11,450

             2015年ストック・オ

       提出会社      プションとしての新               ―      ―      ―      ―      ―      ―
             株予約権
                合計                4,000        ―      ―    4,000     11,450

      (注)目的となる株式の数は新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しております。
          4 配当に関する事項

           (1)  配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
      2016年12月22日
                 普通株式           19,640         4,000    2016年9月30日         2016年12月26日
      定時株主総会
           (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
      2017年12月22日
                普通株式      利益剰余金         19,640        4,000    2017年9月30日         2017年12月25日
      定時株主総会
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1 発行済株式に関する事項
        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)                  4,920         1,779,080               ―       1,784,000
      (注)1.当社は、2018年9月13日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。
        2.増加1,779,080株は、新株予約権の行使による増加4,000株及び株式分割による増加1,775,080株によるもので
         あります。
          2 自己株式に関する事項

        株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
      普通株式(株)                   10         1,990             ―         2,000
      (注)増加1,990株は、株式分割によるものであります。
                                  71/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          3 新株予約権等に関する事項
                                   目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                        目的となる
       会社名         内訳                                    年度末残高
                              当連結会計                   当連結
                        株式の種類
                                     増加      減少
                                                      (千円)
                              年度期首                 会計年度末
       提出会社      2006年新株予約権           普通株式        4,000        ―    4,000        ―      ―

             2015年ストック・オ

       提出会社      プションとしての新               ―      ―      ―      ―      ―      ―
             株予約権
                合計                4,000        ―    4,000        ―      ―

      (注)1.目的となる株式の数は新株予約権が権利行使されたものと仮定した場合における株式数を記載しております。
        2.減少4,000株は、権利行使によるものであります。
          4 配当に関する事項

           (1)  配当金支払額
                        配当金の総額       1株当たり配当額
         決議       株式の種類                           基準日        効力発生日
                         (千円)         (円)
      2017年12月22日
                 普通株式           19,460         4,000    2017年9月30日         2017年12月25日
      定時株主総会
           (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)       配当額(円)
      2018年12月21日
                普通株式      利益剰余金         71,280         40  2018年9月30日         2018年12月25日
      定時株主総会
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおり
          であります。
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (自    2016年10月1日             (自    2017年10月1日
                               至   2017年9月30日)             至   2018年9月30日)
         現金及び預金                        2,609,499千円               3,722,552千円
         預入期間が3か月を超える定期預金                        △20,000               △20,000
         現金及び現金同等物                        2,589,499               3,702,552
                                  72/119








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (リース取引関係)
        前連結会計年度(2017年9月30日)
         オペレーティング・リース取引
        (借主側)
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
         1年内                          24,150千円
         1年超                         224,334
         合計                         248,484
        当連結会計年度(2018年9月30日)

         オペレーティング・リース取引
        (借主側)
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
         1年内                          24,150千円
         1年超                         200,184
         合計                         224,334
        (金融商品関係)

         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 金融商品の状況に関する事項
           (1) 金融商品に対する取組方針
             当社グループは、業績計画や設備投資計画に基づき必要な資金を銀行借入や社債発行により調達して
            おります。資金運用については、安全性を最優先とする短期運用を中心とし、デリバティブ取引は行わ
            ない方針であります。
           (2) 金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また投資有価証券
            は、主に投資信託や業務上の関係を有する取引先の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されており
            ます。
             営業債務である買掛金は、すべて1年以内の支払期日であります。長期借入金は、主に営業取引に係
            る資金調達であり、社債は主に設備投資に係る資金調達であります。
             変動金利である長期借入金及び社債は、金利変動のリスクに晒されております。
           (3) 金融商品に係るリスク管理体制

            ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、営業債権である売掛金及び受取手形について、当社の与信管理規程に従い、顧客ごとの与
             信設定を行うとともに、取引先ごとに期日及び残高を管理する体制としております。連結子会社につ
             いても、当社の与信管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
            ②  市場リスクの管理
              当社が保有する投資有価証券については、主に投資信託や業務上の関係を有する取引先の株式であ
             り、定期的に時価を取締役会に報告するとともに、発行体(取引先企業)の財務状況等を把握しており
             ます。
            ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社は、経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性を維持することなどに
             より、流動性リスクを管理しております。
           (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
            額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
            を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
                                  73/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (5) 信用リスクの集中
             当期の連結決算日現在における営業債権のうち、特定の大口顧客に対するものはありません。
          2 金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。尚、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                            (千円)            (千円)            (千円)
        (1)  現金及び預金
                              2,609,499            2,609,499                ―
        (2)  受取手形及び売掛金
                              7,943,385
                               △9,301
           貸倒引当金(※1)
                              7,934,083            7,934,083                ―
        (3)  投資有価証券
          その他有価証券                       227,941            227,941               ―
              資産計                10,771,524            10,771,524                 ―
        (1)  買掛金
                              7,486,783            7,486,783                ―
        (2)  短期借入金
                                70,000            70,000               ―
        (3)  未払法人税等                     12,385            12,385               ―
        (4)  社債(※2)
                               333,500            341,252             7,752
        (5)  長期借入金(※3)
                               331,690            331,760               70
              負債計                8,234,358            8,242,181              7,822
        (※1) 受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
        (※2) 社債には、1年内償還予定の社債を含めております。
        (※3) 長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金を含めております。
      (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資 産
        (1)  現金及び預金、並びに(2)            受取手形及び売掛金
          これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
         ります。
        (3)  投資有価証券

          これらの時価について、投資信託及び株式は取引所の価格によっております。
          また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      負   債

        (1)  買掛金、(2)      短期借入金、並びに(3)           未払法人税等
          これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
         によっております。
        (4)  社債

          当社の発行する社債の時価は、取引金融機関が全額引受人となる私募債であるため、固定金利によるもの
         は、元利金の合計額を同様の新規私募債を発行した場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定し
         ております。
        (5)  長期借入金

          これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引い
         た現在価値により算定しております。
                                  74/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                              (単位:千円)
              区分            2017年9月30日
        私募債                       10,000
              合計                 10,000
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
        券」には含めておりません。
      (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                        1年超       5年超
                                 1年以内                     10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                        (千円)       (千円)
        現金及び預金                         2,609,499           ―       ―       ―
        受取手形及び売掛金                         7,943,385           ―       ―       ―
        投資有価証券
         満期保有目的の債券(私募債)                             ―    10,000         ―       ―
                   合計              10,552,884         10,000         ―       ―
      (注4)    社債、長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                  5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                            (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
        社債              58,100       60,100       44,100       44,100       34,600       92,500
        長期借入金              91,778       51,262       21,752       15,172       15,172      136,554
            合計         149,878       111,362       65,852       59,272       49,772      229,054
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1 金融商品の状況に関する事項
           (1) 金融商品に対する取組方針
             当社グループは、業績計画や設備投資計画に基づき必要な資金を銀行借入や社債発行により調達して
            おります。資金運用については、安全性を最優先とする短期運用を中心とし、デリバティブ取引は行わ
            ない方針であります。
           (2) 金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また投資有価証券
            は、主に投資信託や業務上の関係を有する取引先の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されており
            ます。
             営業債務である買掛金は、すべて1年以内の支払期日であります。長期借入金は、主に営業取引に係
            る資金調達であり、社債は主に設備投資に係る資金調達であります。
             変動金利である長期借入金及び社債は、金利変動のリスクに晒されております。
           (3) 金融商品に係るリスク管理体制

            ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社は、営業債権である売掛金及び受取手形について、当社の与信管理規程に従い、顧客ごとの与
             信設定を行うとともに、取引先ごとに期日及び残高を管理する体制としております。連結子会社につ
             いても、当社の与信管理規程に準じて、同様の管理を行っております。
            ②  市場リスクの管理
              当社が保有する投資有価証券については、主に投資信託や業務上の関係を有する取引先の株式であ
             り、定期的に時価を取締役会に報告するとともに、発行体(取引先企業)の財務状況等を把握しており
             ます。
                                  75/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社は、経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性を維持することなどに
             より、流動性リスクを管理しております。
           (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
            額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
            を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
           (5) 信用リスクの集中

             当期の連結決算日現在における営業債権のうち、特定の大口顧客に対するものはありません。
          2 金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。尚、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                        連結貸借対照表計上額                時価            差額
                            (千円)            (千円)            (千円)
        (1)  現金及び預金
                              3,722,552            3,722,552                ―
        (2)  受取手形及び売掛金
                              7,765,866
                               △2,626
           貸倒引当金(※1)
                              7,763,239            7,763,239                ―
        (3)  投資有価証券
          その他有価証券                       255,584            255,584               ―
              資産計                11,741,376            11,741,376                 ―
        (1)  買掛金
                              7,162,432            7,162,432                ―
        (2)  短期借入金
                                50,000            50,000               ―
        (3)  未払法人税等
                               287,064            287,064               ―
        (4)  社債(※2)
                               275,400            281,162             5,762
        (5)  長期借入金(※3)
                               239,912            239,767             △144
              負債計                8,014,808            8,020,426              5,617
        (※1) 受取手形及び売掛金に個別に計上している貸倒引当金を控除しております。
        (※2) 社債には、1年内償還予定の社債を含めております。
        (※3) 長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金を含めております。
      (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資 産
        (1)  現金及び預金、並びに(2)            受取手形及び売掛金
          これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
         ります。
        (3)  投資有価証券

          これらの時価について、投資信託及び株式は取引所の価格によっております。
          また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      負   債

        (1)  買掛金、(2)      短期借入金、並びに(3)           未払法人税等
          これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
         によっております。
                                  76/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (4)  社債
          当社の発行する社債の時価は、取引金融機関が全額引受人となる私募債であるため、固定金利によるもの
         は、元利金の合計額を同様の新規私募債を発行した場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定し
         ております。
        (5)  長期借入金

          これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引い
         た現在価値により算定しております。
      (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                              (単位:千円)
              区分            2018年9月30日
        私募債                       10,000
              合計                 10,000
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
        券」には含めておりません。
      (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                        1年超       5年超
                                 1年以内                     10年超
                                        5年以内       10年以内
                                 (千円)                    (千円)
                                        (千円)       (千円)
        現金及び預金                         3,722,552           ―       ―       ―
        受取手形及び売掛金                         7,765,866           ―       ―       ―
        投資有価証券
         満期保有目的の債券(私募債)                             ―    10,000         ―       ―
                   合計              11,488,419         10,000         ―       ―
      (注4)    社債、長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                  5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                 (千円)
                            (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
        社債              60,100       44,100       44,100       34,600       92,500         ―
        長期借入金              51,262       21,752       15,172       15,172       15,172      121,382
            合計         111,362       65,852       59,272       49,772      107,672       121,382
                                  77/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (有価証券関係)
         前連結会計年度(2017年9月30日)
          その他有価証券
                        連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
             区分
                            (千円)            (千円)            (千円)
      連結貸借対照表計上額が取得原価
      を超えるもの
       株式                         119,660             14,350            105,310
       投資信託                         108,281             89,483            18,798

             小計                  227,941            103,833            124,108

      連結貸借対照表計上額が取得原価
      を超えないもの
       株式                            ―            ―            ―
       投資信託                            ―            ―            ―

             小計                     ―            ―            ―

             合計                  227,941            103,833            124,108

         当連結会計年度(2018年9月30日)

          その他有価証券
                        連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
             区分
                            (千円)            (千円)            (千円)
      連結貸借対照表計上額が取得原価
      を超えるもの
       株式                         133,350             14,350            119,000
       投資信託                         122,234             89,483            32,750

             小計                  255,584            103,833            151,750

      連結貸借対照表計上額が取得原価
      を超えないもの
       株式                            ―            ―            ―
       投資信託                            ―            ―            ―

             小計                     ―            ―            ―

             合計                  255,584            103,833            151,750

                                  78/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (退職給付関係)
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 採用している退職給付制度の概要
            当社は、従業員の退職給付に充てるため、退職一時金制度を採用しております。
            退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤続期間に基づいた一時金を支給します。
            尚、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算してお
           ります。
          2 確定給付制度

           (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                            (千円)
             退職給付に係る負債の期首残高                                240,813
              退職給付費用                               39,327
              退職給付の支払額                                3,185
             退職給付に係る負債の期末残高                                276,955
           (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                            (千円)
             非積立型制度の退職給付債務                                276,955
             連結貸借対照表に計上された負債                                276,955
             退職給付に係る負債                                276,955

             連結貸借対照表に計上された負債                                276,955
           (3)  退職給付費用

             簡便法で計算した退職給付費用                                39,327   千円
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1 採用している退職給付制度の概要
            当社は、従業員の退職給付に充てるため、退職一時金制度を採用しております。
            退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤続期間に基づいた一時金を支給します。
            尚、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算してお
           ります。
          2 確定給付制度

           (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                            (千円)
             退職給付に係る負債の期首残高                                276,955
              退職給付費用                               31,258
              退職給付の支払額                                3,627
             退職給付に係る負債の期末残高                                304,586
           (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                            (千円)
             非積立型制度の退職給付債務                                304,586
             連結貸借対照表に計上された負債                                304,586
             退職給付に係る負債                                304,586

             連結貸借対照表に計上された負債                                304,586
           (3)  退職給付費用

             簡便法で計算した退職給付費用                                31,258   千円
                                  79/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (ストック・オプション等関係)
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
          2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1) ストック・オプションの内容
                                  第3回新株予約権
           会社名                          提出会社
           決議年月日                         2015年8月25日
                                当社取締役  6
                                子会社取締役 3
                                当社従業員        35
           付与対象者の区分及び人数(名)
                                子会社従業員 5
                                     計       49
           株式の種類及び付与数(株)                        普通株式 36,200
           付与日                         2015年9月16日
                              付与日(2015年9月16日)から権利確

           権利確定条件                   定日(2017年8月27日)まで継続して
                              勤務していること。
           対象勤務期間                   2015年9月16日~2017年8月27日

           権利行使期間                   2017年8月28日~2025年8月22日
          (注)2018年9月13日付株式分割(1株につき200株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
           (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況

             当連結会計年度(2017年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ①  ストック・オプションの数
                                   第3回新株予約権
           会社名                          提出会社
           決議年月日                         2015年8月25日
           権利確定前(株)
            前連結会計年度末                                  35,600
            付与                                     ―
            失効                                     ―
            権利確定                                  35,600
            未確定残
                                               ―
           権利確定後(株)
            前連結会計年度末                                     ―
            権利確定                                  35,600
            権利行使                                     ―
            失効                                     ―
            未行使残                                  35,600
          (注)2018年9月13日付株式分割(1株につき200株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                  80/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            ②  単価情報
                                   第3回新株予約権
           会社名                          提出会社
           決議年月日                         2015年8月25日
           権利行使価格(円)                                   1,000
           行使時平均株価(円)                                     ―
           付与日における公正な評価単価(円)                                     ―
          3 当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            当社株式は未公開であるため、付与日における公正な評価単価を本源的な価値により算定しておりま
           す。当該本源的価値を算定する基礎となる株式の評価方法は純資産方式により算定した価格を総合的に勘
           案して、決定しております。
          4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
           用しております。
          5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

           源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日にお
           け る本源的価値の合計額
            ①  当連結会計年度末における本源的価値の合計額         -千円
            ②  当連結会計年度末において権利行使された本源的価値の合計額  -千円
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
          2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1) ストック・オプションの内容
                                  第3回新株予約権
           会社名                          提出会社
           決議年月日                         2015年8月25日
                                当社取締役  6
                                子会社取締役 3
                                当社従業員        35
           付与対象者の区分及び人数(名)
                                子会社従業員 5
                                     計       49
           株式の種類及び付与数(株)                        普通株式 36,200
           付与日                         2015年9月16日
                              付与日(2015年9月16日)から権利確

           権利確定条件                   定日(2017年8月27日)まで継続して
                              勤務していること。
           対象勤務期間                   2015年9月16日~2017年8月27日

           権利行使期間                   2017年8月28日~2025年8月22日
          (注)2018年9月13日付株式分割(1株につき200株)による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                  81/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (2) ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2018年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ①  ストック・オプションの数
                                   第3回新株予約権
           会社名                          提出会社
           決議年月日                         2015年8月25日
           権利確定前(株)
            前連結会計年度末                                     ―
            付与                                     ―
            失効                                     ―
            権利確定                                     ―
            未確定残
                                               ―
           権利確定後(株)
            前連結会計年度末                                  35,600
            権利確定                                     ―
            権利行使                                     ―
            失効                                     ―
            未行使残                                  35,600
            ②  単価情報

                                   第3回新株予約権
           会社名                          提出会社
           決議年月日                         2015年8月25日
           権利行使価格(円)                                   1,000
           行使時平均株価(円)                                     ―
           付与日における公正な評価単価(円)                                     ―
          3 当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            当社株式は未公開であるため、付与日における公正な評価単価を本源的な価値により算定しておりま
           す。当該本源的価値を算定する基礎となる株式の評価方法は純資産方式により算定した価格を総合的に勘
           案して、決定しております。
          4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
           用しております。
          5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本

           源的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日にお
           け る本源的価値の合計額
            ①  当連結会計年度末における本源的価値の合計額         -千円
            ②  当連結会計年度末において権利行使された本源的価値の合計額  -千円
                                  82/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (税効果会計関係)
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
             繰延税金資産
              退職給付に係る負債                          84,803千円
              賞与引当金                          20,239
              役員退職慰労引当金                          85,056
              貸倒引当金                           4,690
              役員賞与引当金                           2,914
              未払事業税                          △4,217
              繰越欠損金                          99,734
                                        49,412
              その他
             繰延税金資産小計
                                        342,633
                                       △204,231
             評価性引当額
             繰延税金資産合計
                                        138,401
             繰延税金負債

              その他有価証券評価差額金                          38,001
                                        10,496
              その他
             繰延税金負債合計                           48,498
             繰延税金資産純額                           89,903
           (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

             流動資産-繰延税金資産                           26,756千円
             固定資産-繰延税金資産                           63,146
          2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

           因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率                             30.9%
             (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              4.1
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △0.8
             住民税均等割                              0.7
             のれんの償却                              3.0
             親会社との税率差異                              4.8
             評価性引当額の増減                            △23.0
                                           0.6
             その他
             税効果会計適用後の法人税等の負担率                             20.3
                                  83/119






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
          1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
             繰延税金資産
              退職給付に係る負債                          93,264千円
              賞与引当金                          32,123
              役員退職慰労引当金                          90,993
              貸倒引当金                           1,042
              役員賞与引当金                           2,898
              未払事業税                          15,856
              繰越欠損金                          95,102
                                        54,644
              その他
             繰延税金資産小計
                                        385,925
                                       △203,642
             評価性引当額
             繰延税金資産合計
                                        182,283
             繰延税金負債

              その他有価証券評価差額金                          46,466
                                         9,616
              その他
             繰延税金負債合計                           56,082
             繰延税金資産純額                           126,200
           (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

             流動資産-繰延税金資産                           58,431千円
             固定資産-繰延税金資産                           67,769
          2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

           因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率                             30.9%
             (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              3.2
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △6.5
             住民税均等割                              0.3
             のれんの償却                              1.5
             親会社との税率差異                              0.8
             評価性引当額の増減                             △1.2
             連結子会社からの受取配当金の消去                              6.5
             留保金課税                              5.9
                                           0.8
             その他
             税効果会計適用後の法人税等の負担率                             42.2
                                  84/119






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
           り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
           るものであります。
            当社グループの報告セグメントは、サービス別のセグメントから構成されており、「メディカルトータ
           ルソリューション事業」「遠隔画像診断サービス事業」「給食事業」の3つを報告セグメントとしており
           ます。各報告セグメントの主な内容は以下のとおりであります。
                  報告セグメント                          事業内容
                                医療機関、予防・検診施設及び介護・福祉施設等に対し
                                て、医療機器の選定・運営等のコンサルティングをベース
            メディカルトータルソリューション事業                     に、医療機器、医療設備及び医療情報システムの受注販
                                売、付帯する保守・メンテナンスサービス並びに建築内装
                                工事及び医療設備工事の請負を行っております。
                                放射線診断専門医が不在の医療機関等に代わり、MRI、
            遠隔画像診断サービス事業                     CT等で撮影された画像データを遠隔で放射線診断専門医
                                が診断し、情報を提供するサービスを行っております。
                                セントラルキッチンを活用して、介護・福祉施設等への普
            給食事業                     通食、療養食などの食事を提供する給食サービスを行って
                                おります。
          2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市
           場実勢価格に基づいております。
          3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                   メディカル
                                                調整額
                                                       計上額
                                          合計
                   トータルソ       遠隔画像診断
                                                (注)1
                                  給食事業
                                                       (注)2
                   リューション       サービス事業
                     事業
     売上高
                    18,213,812         497,004       350,141     19,060,958             19,060,958
      外部顧客への売上高                                              ―
      セグメント間の内部売
                      15,885                500     16,385      △ 16,385
                               ―                            ―
      上高又は振替高
                    18,229,698         497,004       350,641     19,077,343        △ 16,385     19,060,958
           計
     セグメント利益又はセグ
                     △ 59,080       54,723        8,593       4,236       2,499       6,736
     メント損失(△)
                    11,610,060         284,326       155,782     12,050,169        △ 3,028    12,047,141
     セグメント資産
     その他の項目
                      62,217       11,201        5,340      78,758       △ 901     77,857
       減価償却費
                      31,173                     31,173              31,173
      のれんの償却額                          ―       ―              ―
      有形固定資産及び無形
                     276,393        19,891              296,284             296,284
                                       ―              ―
      固定資産の増加額
      (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額2,499千円は、セグメント間取引の消去であります。
         (2)  セグメント資産の調整額△3,028千円は、セグメント間取引の消去であります。
         (3)  減価償却費の調整額△901千円は、未実現利益の調整に係る金額であります。
        2.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                  85/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
          1 報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
           り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となってい
           るものであります。
            当社グループの報告セグメントは、サービス別のセグメントから構成されており、「メディカルトータ
           ルソリューション事業」「遠隔画像診断サービス事業」「給食事業」の3つを報告セグメントとしており
           ます。各報告セグメントの主な内容は以下のとおりであります。
                  報告セグメント                          事業内容
                                医療機関、予防・検診施設及び介護・福祉施設等に対し
                                て、医療機器の選定・運営等のコンサルティングをベース
            メディカルトータルソリューション事業                     に、医療機器、医療設備及び医療情報システムの受注販
                                売、付帯する保守・メンテナンスサービス並びに建築内装
                                工事及び医療設備工事の請負を行っております。
                                放射線診断専門医が不在の医療機関等に代わり、MRI、
            遠隔画像診断サービス事業                     CT等で撮影された画像データを遠隔で放射線診断専門医
                                が診断し、情報を提供するサービスを行っております。
                                セントラルキッチンを活用して、介護・福祉施設等への普
            給食事業                     通食、療養食などの食事を提供する給食サービスを行って
                                おります。
          2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市
           場実勢価格に基づいております。
          3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント
                                                     連結財務諸表
                   メディカル
                                                調整額
                                                       計上額
                                          合計
                   トータルソ       遠隔画像診断
                                                (注)1
                                  給食事業
                                                       (注)2
                   リューション       サービス事業
                     事業
     売上高
                    24,770,113         552,207       393,620     25,715,941             25,715,941
      外部顧客への売上高                                              ―
      セグメント間の内部売
                      2,395         ―     1,150       3,545      △ 3,545         ―
      上高又は振替高
           計         24,772,508         552,207       394,770     25,719,486        △ 3,545    25,715,941
     セグメント利益                551,384        67,347       23,363      642,094        3,710      645,805
                    12,397,983         336,261       167,344     12,901,589        △ 25,678     12,875,910
     セグメント資産
     その他の項目
                      66,834       13,944        4,766      85,545       △ 811     84,734
       減価償却費
                      31,173                     31,173              31,173
      のれんの償却額                          ―       ―              ―
      有形固定資産及び無形
                      26,672       10,562         490     37,724              37,724
                                                    ―
      固定資産の増加額
      (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益の調整額3,710千円は、セグメント間取引の消去であります。
         (2)  セグメント資産の調整額△25,678千円は、セグメント間取引の消去であります。
         (3)  減価償却費の調整額△811千円は、未実現利益の調整に係る金額であります。
        2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                  86/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【関連情報】
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
         1 製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         2 地域ごとの情報

           本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
         3 主要な顧客ごとの情報

           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、該当事項は
          ありません。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

         1 製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         2 地域ごとの情報

           本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
         3 主要な顧客ごとの情報

           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、該当事項は
          ありません。
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             全社・消去        合計
              メディカルトータル          遠隔画像診断サービ
                                     給食事業
              ソリューション事業             ス事業
                    62,346                                  62,346
      当期末残高                           ―          ―       ―
      (注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

                                                    (単位:千円)
                         報告セグメント
                                             全社・消去        合計
              メディカルトータル          遠隔画像診断サービ
                                     給食事業
              ソリューション事業             ス事業
                    31,173                                  31,173
      当期末残高                           ―          ―       ―
      (注)のれんの償却額に関しては、セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
                                  87/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】
         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          該当事項はありません。
        【関連当事者情報】

         前連結会計年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          関連当事者との取引
           該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          関連当事者との取引
      (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                            議決権等
                 資本金又
        会社等の名称              事業の内容       の所有     関連当事者           取引金額         期末残高
     種類        所在地   は出資金                      取引の内容            科目
         又は氏名             又は職業      (被所有)      との関係           (千円)         (千円)
                 (千円)
                            割合(%)
                           (被所有)
                       当社                新株予約権       405,564
      役員   杉田 昭吾       ―    ―                 ―               ―    ―
                            直接   44.9        の権利行使      (4,000株)
                     代表取締役社長
    (注)2006年4月18日の臨時株主総会決議及び取締役会決議に基づき付与された新株予約権の当連結会計年度におけ
       る権利行使であり、2018年9月13日の株式分割前の株式数にて記載しております。
                                  88/119












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自    2016年10月1日               (自    2017年10月1日
                           至   2017年9月30日)                至   2018年9月30日)
     1株当たり純資産額                             2,870.05円                  2,016.04円
     1株当たり当期純利益                               246.95円                  323.64円

      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
          り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        2.2018年9月13日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、前連結会計年度の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
          す。
        3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2016年10月1日           (自    2017年10月1日
                                  至   2017年9月30日)           至   2018年9月30日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)

                                         242,509             357,645
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―             ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                         242,509             357,645
      期純利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                    982,000            1,105,077
                                2006年第1回新株予約権             2015年第3回新株予約権
                                (新株予約権の数          2,000    (新株予約権の数        178個)
                                個)             これらの詳細は、「第
                                2015年第3回新株予約権             4 提出会社の状況1 
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                           (新株予約権の数        178個)     株式等の状況 (2)新株予
     当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要                                        約権等の状況」に記載の
                                これらの詳細は、「第
                                             とおりであります。
                                4 提出会社の状況1 
                                株式等の状況 (2)新株予
                                約権等の状況」に記載の
                                とおりであります。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                  89/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (追加情報)
     「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期連結会計期間
     の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示し
     ております。
         (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1    四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
        尚、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が、
       四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                       当第3四半期連結会計期間

                         (2019年6月30日)
        受取手形                      1,236千円
         (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。尚、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                             当第3四半期連結累計期間
                              (自    2018年10月1日
                              至   2019年6月30日)
         減価償却費                          64,902千円
         のれんの償却額                          23,379
         (株主資本等関係)

       当第3四半期連結累計期間(自                2018年10月1日 至           2019年6月30日)
       1   配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)      配当額(円)
     2018年12月21日
                普通株式         71,280         40   2018年9月30日         2018年12月25日         利益剰余金
     定時株主総会
       2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

        日後となるもの
         該当事項はありません。
                                  90/119








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        当第3四半期連結累計期間(自                2018年10月1日         至   2019年6月30日)
      報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                    四半期連結損益
                  メディカル
                                               調整額
                                                    計算書計上額
                                         合計
                  トータルソ      遠隔画像診断
                                               (注)1
                                 給食事業
                                                      (注)2
                  リューション       サービス事業
                    事業
     売上高
                   27,499,826         425,728       322,913     28,248,468              28,248,468
      外部顧客への売上高                                            ―
      セグメント間の内部売
                      672              550      1,222     △ 1,222
                              ―                            ―
      上高又は振替高
                   27,500,498         425,728       323,463     28,249,690       △ 1,222      28,248,468
           計
                   1,081,578         69,488       31,706     1,182,772        2,385      1,185,158
     セグメント利益
      (注)1.セグメント利益の調整額2,385千円は、セグメント間取引の消去であります。
        2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 当第3四半期連結累計期間
                                  (自    2018年10月1日
                                   至   2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                    401円64銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                     715,723

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                        ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                          715,723
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                    1,782,000
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                        ―
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
      (注)    潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
         期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                  91/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
                             発行    当期首残高      当期末残高       利率
         会社名            銘柄                             担保   償還期限
                            年月日      (千円)      (千円)      (%)
                           2012年9             16,000             2019年9
        ㈱レオクラン          第5回無担保社債                 30,000             0.6    ―
                            月28日           (16,000)              月27日
                           2013年8            162,500             2023年8
          〃        第6回無担保社債                180,000             1.07     ―
                            月23日           (17,500)              月23日
                           2014年10             96,900             2021年10
          〃        第7回無担保社債                123,500             0.46     ―
                            月31日           (26,600)              月29日
                                        275,400
          合計            ―        ―    333,500              ―   ―    ―
                                       (60,100)
      (注) 1.「当期末残高」欄の(内書)は、1年内償還予定の金額であります。
        2.連結決算日後5年内における1年ごとの償還予定額の総額
                 1年以内       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                  (千円)         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                    60,100         44,100         44,100         34,600         92,500
        【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                      返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     短期借入金                     70,000         50,000          0.34        ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                     91,778         51,262          0.75        ―

     1年以内に返済予定のリース債務                      7,109         4,380           ―      ―

                                                2020年1月31日~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          239,912         188,650          0.31
     のものを除く)
                                                2031年8月31日
                                                2019年10月26日~
     リース債務(1年以内に返済予定
                           4,418         5,005           ―
     のものを除く)
                                                2023年7月1日
     その他有利子負債                        ―         ―         ―      ―
            合計              413,218         299,298            ―      ―

      (注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          尚、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連
          結貸借対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
        2.連結財務諸表ではリース債務のうち1年以内に返済予定のリース債務は流動負債「その他」に、返済が
          1年を超えるリース債務については固定負債「その他」に含めております。
        3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごと
          の返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金               21,752          15,172          15,172          15,172
          リース債務               1,721          1,454          1,045           784

        【資産除去債務明細表】

         当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結
        会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
      (2) 【その他】

         該当事項はありません。
                                  92/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 【財務諸表等】
      (1) 【財務諸表】
       ①  【貸借対照表】
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        2,003,002              3,118,697
         現金及び預金
                                       ※5  121,222            ※5  178,586
         受取手形
                                      ※1  7,475,921            ※1  7,299,034
         売掛金
                                          13,227              16,935
         商品
                                            73              79
         貯蔵品
                                          14,846              19,798
         前渡金
                                          27,457              28,295
         前払費用
                                          5,000              20,000
         関係会社短期貸付金
                                          16,258              45,170
         繰延税金資産
                                         168,659               6,516
         その他
                                         △ 7,523              △ 326
         貸倒引当金
                                        9,838,146              10,732,789
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※2  639,637            ※2  639,637
           建物
                                        △ 184,486             △ 221,201
             減価償却累計額
                                         455,151              418,435
             建物(純額)
           構築物                                6,178              6,178
                                          △ 252             △ 684
             減価償却累計額
                                          5,926              5,494
             構築物(純額)
           工具、器具及び備品                               82,868              82,729
                                         △ 61,659             △ 67,752
             減価償却累計額
                                          21,208              14,977
             工具、器具及び備品(純額)
           リース資産                               17,803              17,803
                                         △ 12,964             △ 16,043
             減価償却累計額
                                          4,838              1,760
             リース資産(純額)
                                                         2,080
           建設仮勘定                                  ―
                                         487,125              442,747
           有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          34,859              38,601
           ソフトウエア
                                          3,966               991
           リース資産
                                            856              789
           その他
                                          39,681              40,383
           無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         237,941              265,584
           投資有価証券
                                         204,619              204,619
           関係会社株式
                                            20              20
           出資金
                                         165,000              165,000
           関係会社長期貸付金
           長期前払費用                                2,384              2,183
                                          61,522              66,722
           繰延税金資産
                                         257,572              257,980
           その他
                                        △ 164,623             △ 141,420
           貸倒引当金
                                         764,436              820,688
           投資その他の資産合計
                                        1,291,243              1,303,819
         固定資産合計
                                        11,129,390              12,036,609
       資産合計
                                  93/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年9月30日)              (2018年9月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        7,174,949              6,883,781
         買掛金
                                        ※2  58,100            ※2  60,100
         1年内償還予定の社債
                                        ※2  91,778            ※2  51,262
         1年内返済予定の長期借入金
                                          6,384              2,790
         リース債務
                                          39,763              172,297
         未払金
                                          58,022              63,582
         未払費用
                                                        262,491
         未払法人税等                                   ―
                                          17,784              18,885
         前受金
                                          16,303              16,377
         預り金
                                          49,673              83,524
         賞与引当金
                                          4,225
                                                           ―
         その他
                                        7,516,985              7,615,092
         流動負債合計
       固定負債
                                       ※2  275,400            ※2  215,300
         社債
                                       ※2  239,912            ※2  188,650
         長期借入金
                                          2,921               131
         リース債務
                                         276,955              304,586
         退職給付引当金
                                         218,290              232,270
         役員退職慰労引当金
                                          51,251              51,819
         資産除去債務
                                          6,200              6,200
         その他
                                        1,070,930               998,957
         固定負債合計
                                        8,587,915              8,614,050
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         123,000              331,507
         資本金
         資本剰余金
                                          25,000              233,507
           資本準備金
                                          52,317              52,317
           その他資本剰余金
                                          77,317              285,824
           資本剰余金合計
         利益剰余金
                                          24,500              24,500
           利益準備金
           その他利益剰余金
                                        1,800,000              1,900,000
             別途積立金
                                         420,113              776,455
             繰越利益剰余金
                                        2,244,613              2,700,955
           利益剰余金合計
                                         △ 1,012             △ 1,012
         自己株式
                                        2,443,918              3,317,274
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          86,106              105,284
         その他有価証券評価差額金
                                          86,106              105,284
         評価・換算差額等合計
                                          11,450
       新株予約権                                                    ―
                                        2,541,475              3,422,558
       純資産合計
                                        11,129,390              12,036,609
      負債純資産合計
                                  94/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2016年10月1日              (自 2017年10月1日
                                 至 2017年9月30日)               至 2018年9月30日)
                                       17,223,128              23,368,499
      売上高
                                       15,717,810              21,154,328
      売上原価
                                        1,505,317              2,214,171
      売上総利益
                                      ※2  1,558,331            ※2  1,676,678
      販売費及び一般管理費
                                        △ 53,013              537,492
      営業利益又は営業損失(△)
      営業外収益
                                           807              864
       受取利息
                                       ※1  12,901            ※1  143,159
       受取配当金
                                           376             23,202
       貸倒引当金戻入額
                                          9,509
       債務保証損失引当金戻入額                                                   ―
                                       ※1  21,058            ※1  20,976
       不動産賃貸収入
                                         24,017
       保険解約返戻金                                                   ―
                                          4,052              7,930
       その他
                                         72,723              196,132
       営業外収益合計
      営業外費用
                                          1,533              1,093
       支払利息
                                          2,899              2,506
       社債利息
                                          2,493              1,979
       支払保証料
                                         17,842              17,363
       不動産賃貸原価
                                          2,000              2,000
       シンジケートローン手数料
                                           499             1,208
       その他
                                         27,268              26,150
       営業外費用合計
                                         △ 7,559             707,474
      経常利益又は経常損失(△)
      特別利益
                                         113,219
                                                          ―
       関係会社株式売却益
                                         113,219
       特別利益合計                                                   ―
      特別損失
                                        ※3  5,163              ※3   ―
       固定資産除却損
                                          5,163
       特別損失合計                                                   ―
                                         100,497              707,474
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    7,213             274,070
                                         15,722             △ 42,577
      法人税等調整額
                                         22,936              231,492
      法人税等合計
                                         77,560              475,981
      当期純利益
                                  95/119







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度
                           (自 2016年10月1日                  (自 2017年10月1日
                           至 2017年9月30日)                  至 2018年9月30日)
                     注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 商品売上原価
       期首商品たな卸高                          18,274                  13,227

                             15,678,553                  21,127,801

       当期商品仕入高
            計

                             15,696,827                  21,141,029
                               13,227                  16,935

       期末商品たな卸高
       商品売上原価                        15,683,600         99.8         21,124,093         99.9

     Ⅱ 経費                 ※         34,210       0.2          30,234       0.1

       売上原価                                100.0                  100.0

                             15,717,810                  21,154,328
      (注)     ※   経費の主な内訳は、次のとおりであります。
                項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          減価償却費                           16,462                 14,964

                                  96/119













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
                                     (単位:千円)
                            株主資本
                               資本剰余金
                 資本金
                        資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計
                   123,000        25,000       52,317       77,317
     当期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
      別途積立金の積立
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                ―       ―       ―       ―
                   123,000        25,000       52,317       77,317
     当期末残高
                                   株主資本

                           利益剰余金
                          その他利益剰余金                    自己株式      株主資本合計
                利益準備金                     利益剰余金合計
                        別途積立金      繰越利益剰余金
                   24,500      1,500,000        662,193      2,186,693        △ 1,012      2,385,998
     当期首残高
     当期変動額
                                 △ 19,640      △ 19,640              △ 19,640
      剰余金の配当
                          300,000      △ 300,000
      別途積立金の積立                                     ―              ―
                                 77,560       77,560              77,560
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
                          300,000      △ 242,079        57,920              57,920
     当期変動額合計                ―                             ―
                   24,500      1,800,000        420,113      2,244,613        △ 1,012      2,443,918
     当期末残高
                   評価・換算差額等

                               新株予約権       純資産合計
                その他有価証券        評価・換算
                評価差額金       差額等合計
                   53,861       53,861       11,450      2,451,309
     当期首残高
     当期変動額
                                        △ 19,640
      剰余金の配当
      別途積立金の積立                                     ―
                                         77,560
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                   32,244       32,244              32,244
                                    ―
      の当期変動額(純額)
                   32,244       32,244              90,165
     当期変動額合計                              ―
                   86,106       86,106       11,450      2,541,475
     当期末残高
                                  97/119





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)
                                     (単位:千円)
                            株主資本
                               資本剰余金
                 資本金
                        資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計
                   123,000        25,000       52,317       77,317

     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                   208,507       208,507              208,507
      (新株予約権の行使)
      剰余金の配当
      別途積立金の積立
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
                   208,507       208,507              208,507
     当期変動額合計                              ―
                   331,507       233,507        52,317       285,824
     当期末残高
                                   株主資本

                           利益剰余金
                          その他利益剰余金                    自己株式      株主資本合計
                利益準備金                     利益剰余金合計
                        別途積立金      繰越利益剰余金
                   24,500      1,800,000        420,113      2,244,613        △ 1,012      2,443,918
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                                                       417,014
      (新株予約権の行使)
                                 △ 19,640      △ 19,640              △ 19,640
      剰余金の配当
                          100,000      △ 100,000
      別途積立金の積立                                     ―              ―
                                 475,981       475,981              475,981
      当期純利益
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純額)
                          100,000       356,341       456,341              873,355
     当期変動額合計                ―                             ―
                   24,500      1,900,000        776,455      2,700,955        △ 1,012      3,317,274
     当期末残高
                   評価・換算差額等

                               新株予約権       純資産合計
                その他有価証券        評価・換算
                評価差額金       差額等合計
                   86,106       86,106       11,450      2,541,475
     当期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                                        417,014
      (新株予約権の行使)
                                        △ 19,640
      剰余金の配当
      別途積立金の積立                                     ―
                                        475,981
      当期純利益
      株主資本以外の項目
                   19,178       19,178      △ 11,450        7,728
      の当期変動額(純額)
                   19,178       19,178      △ 11,450       881,083
     当期変動額合計
                   105,284       105,284              3,422,558
     当期末残高                              ―
                                  98/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【注記事項】
        (重要な会計方針)
         前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          1 有価証券の評価基準及び評価方法
           (1)  子会社株式
             移動平均法による原価法
           (2)  満期保有目的の債券

             原価法
           (3)  その他有価証券

             時価のあるもの
              決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価
             は、移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
          2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

            通常の販売目的で保有するたな卸資産
             評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
            商品
             総平均法
          3 固定資産の減価償却の方法

           (1)  有形固定資産及び投資不動産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並び
            に2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             尚、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物           8~21年
              構築物           10~20年
              工具、器具及び備品           2~15年
           (2) 無形固定資産(リース資産を除く)

             定額法を採用しております。
             尚、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(主に5年)に基づいておりま
            す。
           (3) リース資産

             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          4 引当金の計上基準

           (1) 貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
            ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)  賞与引当金

             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上
            しております。
                                  99/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (3)  退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務に基づき計上しております。
             退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務と
            する方法を用いた簡便法を適用しております。
           (4)  役員退職慰労引当金

             役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しておりま
            す。
          5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          1 有価証券の評価基準及び評価方法
           (1)  子会社株式
             移動平均法による原価法
           (2)  満期保有目的の債券

             原価法
           (3)  その他有価証券

             時価のあるもの
              決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価
             は、移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
          2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

            通常の販売目的で保有するたな卸資産
             評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
            商品
             総平均法
          3 固定資産の減価償却の方法

           (1)  有形固定資産及び投資不動産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並び
            に2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             尚、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物           8~21年
              構築物           10~20年
              工具、器具及び備品           2~15年
           (2) 無形固定資産(リース資産を除く)

             定額法を採用しております。
             尚、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(主に5年)に基づいておりま
            す。
                                100/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (3) リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          4 引当金の計上基準

           (1) 貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
            ついては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)  賞与引当金

             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上
            しております。
           (3)  退職給付引当金

             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務に基づき計上しております。
             退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務と
            する方法を用いた簡便法を適用しております。
           (4)  役員退職慰労引当金

             役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しておりま
            す。
          5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        (追加情報)

         前事業年度(自 2016年10月1日 至 2017年9月30日)
          「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 2016年3月28日)を当事
         業年度から適用しております。
         当事業年度(自 2017年10月1日 至 2018年9月30日)

          該当事項はありません。 
                                101/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (貸借対照表関係)
         ※1    関係会社に対する資産及び負債
            区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         売掛金                          6,143千円                 7,472千円
         ※2    担保提供資産及びこれに対応する債務

            担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         建物                         162,019千円                 149,009千円
         計                         162,019                 149,009
            上記に対応する債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         1年内償還予定の社債                         58,100千円                 60,100千円
         1年内返済予定の長期借入金                         15,172                 15,172
         社債                         275,400                 215,300
         長期借入金                         197,242                 182,070
         計                         545,914                 472,642
         3   保証債務

           下記会社の金融機関等からの借入債務及び取引先からの仕入債務に対し、保証を行っております。
                                前事業年度                 当事業年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         ㈱ゲイト            借入債務             70,000千円                 50,000千円
         ㈱L&Gシステム            仕入債務             179,625                 72,360
         計                         249,625                 122,360
         4   当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行4行と貸出コミットメント契約を締結しておりま

          す。
           事業年度末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         貸出コミットメントの総額                        1,000,000千円                 1,000,000千円
         借入実行残高                            ―                 ―
         差引額                        1,000,000                 1,000,000
         ※5    期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

           尚、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれております。
                                前事業年度                 当事業年度

                               (2017年9月30日)                 (2018年9月30日)
         受取手形                          11,767千円                 1,969千円
                                102/119




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (損益計算書関係)
         ※1    各科目に含まれている関係会社に対する営業外収益は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         不動産賃貸収入                         21,058千円                 20,976千円
         受取配当金                          8,325                136,660
         ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         給料及び手当                         667,536千円                 686,396千円
         賞与引当金繰入額                         49,673                 83,524
         退職給付費用                         39,327                 31,258
         役員退職慰労引当金繰入額                         21,868                 13,980
         減価償却費                         39,401                 45,566
         貸倒引当金繰入額                         △6,722                 △7,197
         旅費交通費                         157,044                 162,020
        おおよその割合

         販売費                             0%                 2%
         一般管理費                            100                 98
         ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度

                              (自    2016年10月1日              (自    2017年10月1日
                              至   2017年9月30日)               至   2018年9月30日)
         建物                            86千円                 ―千円
         構築物                          5,076                   ―
         計                          5,163                   ―
        (有価証券関係)

         前事業年度(2017年9月30日)
          子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記
         載しておりません。
          尚、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                               (単位:千円)
              区分            2017年9月30日
         子会社株式                        204,619
               計                  204,619
         当事業年度(2018年9月30日)

          子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記
         載しておりません。
          尚、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                               (単位:千円)
              区分            2018年9月30日
         子会社株式                        204,619
               計                  204,619
                                103/119



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (税効果会計関係)
         前事業年度(自         2016年10月1日         至   2017年9月30日)
          1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
             繰延税金資産
              退職給付引当金                          84,803千円
              賞与引当金                          15,329
              役員退職慰労引当金                          66,840
              貸倒引当金                          52,729
              未払事業税                          △5,361
                                         46,306
              その他
             繰延税金資産小計
                                        260,648
                                       △134,369
             評価性引当額
             繰延税金資産合計
                                        126,278
             繰延税金負債

              その他有価証券評価差額金                          38,001
                                         10,496
              その他
             繰延税金負債合計                           48,498
             繰延税金資産純額                           77,780
          2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

           因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率                             30.9%
             (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                             12.7
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △37.5
             住民税均等割                              0.9
             評価性引当額の増減                             16.2
                                          △0.4
             その他
             税効果会計適用後の法人税等の負担率                             22.8
                                104/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当事業年度(自         2017年10月1日         至   2018年9月30日)
          1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
             繰延税金資産
              退職給付引当金                          93,264千円
              賞与引当金                          25,575
              役員退職慰労引当金                          71,121
              貸倒引当金                          43,402
              未払事業税                          13,780
                                         51,920
              その他
             繰延税金資産小計
                                        299,064
                                       △131,088
             評価性引当額
             繰延税金資産合計
                                        167,976
             繰延税金負債

              その他有価証券評価差額金                          46,466
                                         9,616
              その他
             繰延税金負債合計                           56,082
             繰延税金資産純額                           111,893
          2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

           因となった主要な項目別の内訳
             法定実効税率                             30.9%
             (調整)
             交際費等永久に損金に算入されない項目                              2.8
             受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △6.0
             住民税均等割                              0.1
             評価性引当額の増減                             △0.5
             留保金課税                              5.4
                                           0.0
             その他
             税効果会計適用後の法人税等の負担率                             32.7
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                105/119








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ④  【附属明細表】
        【有価証券明細表】
         【株式】
                                                 貸借対照表計上額
                   銘柄                    株式数(株)
                                                    (千円)
                シップヘルスケアホールディングス(株)                            15,000            65,925
                ウイン・パートナーズ(株)                            30,000            38,790

     投資      その他
     有価証券      有価証券
                大塚ホールディングス(株)                            5,000           28,635
                         小計                   50,000           133,350

                    計                        50,000           133,350

         【債券】

                                                 貸借対照表計上額
                   銘柄                   券面総額(千円)
                                                    (千円)
                アイテック(株)社債                            10,000            10,000
           満期保有
     投資
           目的の
     有価証券
           債券
                小計                            10,000            10,000
                    計                        10,000            10,000

         【その他】

                                                 貸借対照表計上額
                 種類及び銘柄                      投資口数等
                                                    (千円)
                (証券投資信託の受益証券)
                                         24,236,549口               35,676
                日興BR・ヘルスサイエンス
                日本再興戦略株式オープン                         24,236,549口               35,967
     投資      その他
     有価証券      有価証券
                インデックスファンド225                         76,294,365口               50,590
                小計                              ―         122,234

                    計                           ―         122,234

                                106/119









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価
                                                    差引当期末
                                         償却累計額
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額
        資産の種類                                              残高
                                         又は償却累
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)
                                          計額           (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
       建物             639,637         ―      ―   639,637      221,201      36,715     418,435
       構築物               6,178        ―      ―    6,178       684      432    5,494
       工具、器具及び備品              82,868      3,159      3,299     82,729      67,752      9,391     14,977
       リース資産              17,803        ―      ―   17,803      16,043      3,078      1,760
      建設仮勘定                 ―    2,080        ―    2,080        ―      ―   2,080
       有形固定資産計           746,487       5,239      3,299     748,428      305,681      49,617     442,747
     無形固定資産
      ソフトウエア
                   105,298      16,590        ―   121,888      83,286      12,847      38,601
      リース資産              14,874        ―      ―   14,874      13,882      2,974       991
      その他               1,566        ―      ―    1,566       776      66     789
       無形固定資産計           121,739      16,590        ―   138,329      97,946      15,888      40,383
     長期前払費用               3,326       918     1,019      3,224      1,041       100    2,183
      (注)   当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
          ソフトウェア          医療用画像管理システム                15,277千円
        【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額
                 当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                  (千円)        (千円)                         (千円)
                                   (千円)         (千円)
     貸倒引当金(流動)                7,523           ―         ―      7,197          326
     貸倒引当金(固定)               164,623            ―         ―      23,202        141,420

     賞与引当金               49,673        83,524         49,673           ―      83,524

     役員退職慰労引当金               218,290         13,980           ―        ―     232,270

      (注)   1.貸倒引当金(流動)の当期減少額の「その他」は、回収による取崩額によるものです。
        2.貸倒引当金(固定)の当期減少額の「その他」は、対象会社の財政状態の改善による戻入額によるもので
          す。
      (2)  【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3) 【その他】

         該当事項はありません。
                                107/119






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社レオクラン(E34455)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6&nb