LCホールディングス株式会社 四半期報告書 第28期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第28期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:LCホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月14日
      【四半期会計期間】                    第28期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    LCホールディングス株式会社
      【英訳名】                    LC  Holdings,     Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  金子 修
      【本店の所在の場所】                    東京都港区赤坂一丁目12番32号
      【電話番号】                    03(5545)8101(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画室 室長  宮下 仁
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区赤坂一丁目12番32号
      【電話番号】                    03(5545)8101(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経営企画室 室長  宮下 仁
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20













                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第27期           第28期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第27期
                              累計期間           累計期間
                           自 2018年4月1日           自 2019年4月1日           自 2018年4月1日
              会計期間
                           至 2018年6月30日           至 2019年6月30日           至 2019年3月31日
                      (百万円)             6,831           2,313           14,829
     売上高
                      (百万円)             1,172            505          1,502
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (百万円)              130           208          1,003
     期)純利益
                      (百万円)               2          205           959
     四半期包括利益又は包括利益
                      (百万円)             5,202           6,188           6,010
     純資産額
                      (百万円)            27,634           19,372           22,415
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            23.54           37.48           180.46
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                      (%)             18.9           32.0           26.9
     自己資本比率
     (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しな
          いため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       に重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動ありません。
        なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 

       1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  2/20










                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な追加
      があった事項は、次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
      (1) 事業転換について

       当社グループは、中心とする事業分野を不動産関連から病院関連へと転換を図っており、現在17の医療機関との事
      業提携を実現しております。これに伴い、当面の間、売上高は減少するものの、利益額の増加および利益率の向上は
      図れるものと想定しております。しかしながら、今後、新たな医療機関との事業提携が計画どおり進まない場合に、
      事業の収益化が遅れることにより財務体質の弱体化をきたす可能性があります。
      (2) 病院関連事業について

      ①医療行政について
       我が国は人口動態的に少子・高齢化や地方人口の減少の問題に直面しつつありますので、医療行政により、さらな
      る医療費抑制のための施策が強化されていく可能性があります。こうした中、医療機関に対して診療報酬の引き下げ
      や入院治療の短縮化等の医療費抑制策や地域医療の見直しが進められると、提携している医療機関の経営が圧迫さ
      れ、財務状況がひっ迫する恐れがあります。こうした状況を受け、当社グループの病院関連事業の利益率の低下をま
      ねくリスクがあります。
      ②提携する医療機関における医療事故の影響について

       提携している医療機関においては、医療行為におけるリスクを回避するために細心の注意を払って取り組んでいま
      すが、病態の複雑化や治療の高度化等もあり、医療事故が発生するリスクがあります。医療事故に伴う損害賠償請求
      や風評被害を受けるなどした場合に財務面の影響や経営上のリスクは回避しきれない可能性があります。こうした場
      合に、当社グループでも当該医療機関からのコンサルティング・フィー等の収入が不安定になる可能性があります。
      ③医療を取り巻く労働環境の変化について

       地域的な医師の偏在等により、医師の需給がひっ迫し、医療機関によっては医師不足が医療機関の運営に深刻な影
      響を与えている状況が生じています。また、医療現場における働き方改革の進展により、医師、看護師等の医療従事
      者の勤務体制の改善が求められ、人件費コストの上昇をきたす可能性があります。当社グループの提携する医療機関
      が、こうした医療現場における勤務環境の変革に追従できない場合、医療施設の運営が厳しくなる可能性があり、当
      社グループとの事業提携の継続が困難になるリスクがあります。
      ④医療機関の事業承継資金について

       医療機関との提携のために医療機関の事業承継を行っていますが、事業承継資金の調達先の開拓に失敗した場合
      は、投入できる資金が不足し、事業承継の余力を十分に確保することができなくなるリスクがあります。
      ⑤消費税の増税について

       医療費に関しては、消費税は非課税扱いであるため、医療機関が、薬剤、診療材料、給食材料、医療消耗品等とし
      て支払った消費税を患者等の消費者に転嫁できずに医療機関自体が負担する構造になっています。このため、本年10
      月に予定されています消費税率の10%への引上げが、現行税制のままでは、さらなるコスト増加になり、当社グルー
      プの提携している医療機関の経営成績に影響を及ぼす可能性があります。こうした事態が発生した場合は、当社グ
      ループとの提携事業にも財務的な影響が出るリスクがあります。
      ⑥医療機関等に関する与信・債権管理について

       事業提携を行っている医療機関とは、医療資材等の販売取引並びに当社グループが融資を行っているところがあり
      ます。しかしながら、取引を行っている医療機関の経営状況の悪化等から、潜在的な貸倒リスクが発生する可能性が
      あります。
      ⑦病院関連事業に関わる連帯保証債務について

       当社グループが事業提携を行っている医療機関の借入や、医療機関への出資や貸付を行っている当社の関連会社の
      借入について当社が連帯保証を行うケースがあります。そのため、当社が連帯保証を行った借入金の返済が滞った場
      合、当社は当該借入金について連帯して返済を履行する義務があります。
      (3) 継続企業の前提に関する重要事項等

                                  3/20


                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
       当社グループでは、不動産ファンドを組成する際のメザニン・ローンの調達や、医療法人の事業承継資金総額のう
      ちの一部の調達にあたり、融資型クラウドファンディングを活用しております。当社の連結子会社が、当社グループ
      が 行う投資についての分析を行い商品設計までを手がけ、その商品の具体的な取得勧誘行為(以下、「募集」と記
      載)については、募集を委託していた外部業者であるmaneoマーケット株式会社(以下、「募集外部業者」と記載)へと
      委託しております。当社グループが行う投資は比較的長期間にわたるものが主体となっておりましたが、クラウド
      ファンディングによる資金調達期間はその性質上短いことが多いため、投資を回収するより先にクラウドファンディ
      ングによる調達資金の償還期日が到来する場合、クラウドファンディングの投資家に対して再度募集をかけることに
      よって償還資金を調達する、もしくは、当社グループが別途金融機関等からの融資等によって償還資金を調達する必
      要があります。2019年6月末現在での1年以内償還期限のクラウドファンディング投資家からの匿名組合出資預り金残
      高は6,347百万円あります。
       当社グループは、上述のように、比較的償還期間の短いクラウドファンディングによる資金調達の償還のために、
      クラウドファンディング投資家に対する再募集を予定しておりましたが、募集外部業者から募集行為を停止する旨の
      申出を受け、2019年8月より募集行為を全面的に停止するという決定を行いました。このため、今後1年間の資金調達
      状況によっては匿名組合出資預り金の償還が困難となるおそれがあります。
       以上により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
                                  4/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

         当第1四半期連結会計累計期間におけるわが国経済は、輸出や生産の弱さが見られたものの、雇用環境の改善や
        個人消費の持ち直しもあり、景気は緩やかに回復しました。しかしながら、2019年10月からの消費税増税が予定さ
        れているほか、中国経済の成長鈍化や通商問題の動向等世界情勢が不確実性を増しており、景気の先行きへの影響
        が懸念される状況です。
         当社グループが属する医療業界におきましては、わが国の人口動態が少子高齢化の傾向を強める中、医療行政
        が、医療費抑制と地域医療構想の実現に向けた議論を進めています。診療報酬削減リスクにさらされる医療施設の
        経営を、いかに効率化していくかが広く課題として認識されるところとなります。
         このような経済環境の中、当社グループは、医療施設を軸とした事業領域へのさらなる集中を目指し、新たなア
        ライアンス構築による事業基盤の拡充を進めております。また、同時に、国内外に所在する販売用不動産の売却活
        動を継続して行っております。
         その結果、売上高2,313百万円(前年同四半期比66.1%減収)、営業利益605百万円(前年同四半期比41.4%減
        益)、経常利益は505百万円(前年同四半期比56.9%減益)、親会社株主に帰属する四半期純利益は208百万円(前
        年同四半期比59.2%増益)となりました。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりとなります。

         なお、当第1四半期連結会計期間より「クラウドファンディング事業」を報告セグメントに区分しており、以下
        の前年同四半期比較については、区分後のセグメントに組み替えた数値で比較しております。
        ①不動産賃貸関連事業

          当第1四半期連結会計期間に行われた保有資産売却による売上の計上が、賃貸収入の減少を上回り、売上高
         1,885百万円(前年同四半期比39.4%増収)、営業利益703百万円(前年同四半期比547.3%増益)となりました。
        ②不動産ファンド事業

          当社グループが組成したファンドが保有する資産の売却が、当第1四半期連結会計期間はなかったため、売上
         高79百万円(前年同四半期比74.4%減収)、営業損失61百万円(前年同四半期比は営業利益35百万円)となりまし
         た。
        ③病院関連事業

          当第1四半期連結会計期間には、新たに信州甲信越地区の医療法人とのアライアンスを構築し、累計で17医療
         機関24施設、2,476病床を抱える規模になりましたが、初期投資を補える規模の売上獲得には至らず、売上高166
         百万円(前年同四半期比37.8%増収)、営業損失48百万円(前年同四半期は営業利益29百万円)となりました。
        ④SPC関連事業

          当社グループが組成したファンドが保有する資産の売却が、当第1四半期連結会計期間はなかったため、売上
         高131百万円(前年同四半期比97.4%減収)、営業利益43百万円(前年同四半期比95.3%減益)となりました。
        ⑤クラウドファンディング事業

          運用資産の減少に伴い、売上高131百万円(前年同四半期比12.2%減収)、営業利益95百万円(前年同四半期比
         16.0%減益)となりました。
                                  5/20






                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
        当第1四半期連結累計期間の財政状態の状況は、次のとおりであります。

         (資産)
         当第1四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比して13.6%減少し、19,372百万円となりまし
        た。主な要因は、営業貸付金が704百万円増加する一方で、現金及び預金1,868百万円の減少、販売用不動産966百
        万円の減少があったこと等によります。
        (負債)
         負債は前連結会計年度末に比して19.6%減少し、13,184百万円となりました。主な要因は、匿名組合出資預り金
        が6,347百万円増加する一方で、長期借入金1,220百万円の減少、長期預り金7,235百万円の減少があったこと等に
        よります。
        (純資産)
         純資産は前連結会計年度末に比して3.0%増加し、6,188百万円となりました。主な要因は、利益剰余金180百万
        円の増加があったこと等によります。
       (2)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが事業上及び財務上の対処すべき課題について重要な変更は
        ありません。
       (4)事業等のリスクに記載した重要事象等についての分析、検討内容及び当該重要事象等を解消し、または改善する

         ための対応策
         当社グループは、「第2事業の状況 1事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を生じ
        させるような状況が存在しております。
         当社グループは、これらの状況を解消するため、以下に記載の対応策を実施してまいります。
         (1)外部からの資金調達を予定しております。
         (2)販売用不動産の早期売却を予定しております。
         (3)クラウドファンディング投資家に対する募集再開にむけ関係各方面への働きかけをしております。
         しかし、これらの対応策に関する最終的な合意が得られていないため、現時点では継続企業の前提に関する重要
        な不確実性が認められます。
      3【経営上の重要な契約等】


        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  6/20








                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      11,380,000

                  計                                     11,380,000

        ②【発行済株式】

            第1四半期会計期間末現
                                     上場金融商品取引所名又は
                        提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
       種類                              登録認可金融商品取引業協                 内容
                         (2019年8月14日)
             (2019年6月30日)                             会名
                                       東京証券取引所
                                        JASDAQ
                  5,560,400             5,560,400
      普通株式                                            単元株式数100株
                                        (グロース)
                  5,560,400             5,560,400           -            -
       計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総                             資本準備金増

                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
         年月日        数増減数                             減額
                         数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                   (株)                            (百万円)
     2019年4月1日~
                      -    5,560,400           -      1,199         -      1,162
     2019年6月30日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  7/20







                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができませんので、直前の基準日である2019年3月31日の株主名簿により記載しております。
        ①【発行済株式】
                                                   2019年6月30日現在
                         株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                 -             -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -
     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                           400             -        -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                        5,559,200              55,592          -
                      普通株式
                                800             -        -
     単元未満株式                普通株式
                             5,560,400                -        -
     発行済株式総数
                                 -           55,592          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                            自己名義       他人名義      所有株式数の       発行済株式総数に対する
                            所有株式数       所有株式数         合計       所有株式数の割合
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                             (株)       (株)       (株)          (%)
     LCホールディングス             東京都港区赤坂
                               400       -       400            0.00
        株式会社          一丁目12番32号
                     -          400       -       400            0.00
          計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/20










                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
       (1)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載しておりま

       したが、当第1四半期連結会計期間及び当第1四半期連結累計期間より百万円単位をもって記載することに変更しま
       した。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、赤坂有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         3,383              1,515
         現金及び預金
                                           578              564
         受取手形及び売掛金
                                         3,518              4,222
         営業貸付金
                                           11              10
         商品及び製品
                                         8,621              7,654
         販売用不動産
                                            0              0
         原材料及び貯蔵品
                                           601               -
         短期貸付金
                                           177               55
         1年内回収予定の長期貸付金
                                           993              991
         その他
                                          △ 60             △ 31
         貸倒引当金
                                         17,825              14,982
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                                398              378
          機械装置及び運搬具(純額)                                 0              0
                                           867              867
          土地
                                           71              67
          その他(純額)
                                         1,337              1,313
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           61              59
          その他
                                           61              59
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         1,962              1,733
          投資有価証券
                                           116              180
          長期貸付金
                                           224              233
          繰延税金資産
                                           435              436
          敷金及び保証金
                                           596              579
          その他
                                         △ 145             △ 145
          貸倒引当金
                                         3,190              3,017
          投資その他の資産合計
                                         4,590              4,390
         固定資産合計
                                         22,415              19,372
       資産合計
                                 10/20








                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                            -              0
         支払手形及び買掛金
                                         1,932              1,074
         短期借入金
                                           343              276
         1年内返済予定の長期借入金
                                           629              415
         未払法人税等
                                            -            6,347
         匿名組合出資預り金
                                           23               ▶
         賞与引当金
                                           23               -
         役員賞与引当金
                                           323              425
         その他
                                         3,276              8,543
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,656              3,435
         長期借入金
                                           190              191
         資産除去債務
                                           961              932
         長期預り敷金保証金
         長期預り金                                 7,275                39
                                           44              41
         その他
                                         13,128               4,641
         固定負債合計
                                         16,404              13,184
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         1,199              1,199
         資本金
                                         1,162              1,162
         資本剰余金
                                         3,806              3,986
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         6,167              6,348
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 143             △ 146
         為替換算調整勘定
                                         △ 143             △ 146
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    0              0
                                          △ 13             △ 13
       非支配株主持分
                                         6,010              6,188
       純資産合計
                                         22,415              19,372
      負債純資産合計
                                 11/20









                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      売上高                                    6,831              2,313
                                         5,268              1,274
      売上原価
                                         1,563              1,038
      売上総利益
                                           530              433
      販売費及び一般管理費
                                         1,033               605
      営業利益
      営業外収益
                                           25               7
       受取利息
                                            0              0
       受取配当金
                                            9              29
       貸倒引当金戻入額
                                            -              23
       役員賞与引当金戻入額
       匿名組合投資利益                                   298               -
                                           14              14
       その他
                                           348               74
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                    90              45
                                            -              0
       貸倒引当金繰入額
                                            9              8
       資金調達費用
                                           92              70
       持分法による投資損失
                                           16              49
       その他
                                           209              174
       営業外費用合計
                                         1,172               505
      経常利益
      特別損失
                                           24               -
       保険解約損
                                            -              7
       固定資産除却損
                                           24               7
       特別損失合計
                                         1,148               498
      匿名組合損益分配前税金等調整前四半期純利益
                                           944               91
      匿名組合損益分配額
                                           203              407
      税金等調整前四半期純利益
                                           72              198
      法人税等
                                           131              208
      四半期純利益
                                            0              -
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           130              208
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/20








                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                           131              208
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 113              △ 3
       為替換算調整勘定
                                          △ 15               0
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 129              △ 3
       その他の包括利益合計
                                            2             205
      四半期包括利益
      (内訳)
                                            1             205
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                            0              -
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         当社グループでは、不動産ファンドを組成する際のメザニン・ローンの調達や、医療法人の事業承継資金総額
        のうちの一部の調達にあたり、融資型クラウドファンディングを活用しております。当社の連結子会社が、当社
        グループが行う投資についての分析を行い商品設計までを手がけ、その商品の具体的な取得勧誘行為(以下、
        「募集」と記載)については、募集を委託していた外部業者であるmaneoマーケット株式会社(以下、「募集外部
        業者」と記載)へと委託しております。当社グループが行う投資は比較的長期間にわたるものが主体となっており
        ましたが、クラウドファンディングによる資金調達期間はその性質上短いことが多いため、投資を回収するより
        先にクラウドファンディングによる調達資金の償還期日が到来する場合、クラウドファンディングの投資家に対
        して再度募集をかけることによって償還資金を調達する、もしくは、当社グループが別途金融機関等からの融資
        等によって償還資金を調達する必要があります。2019年6月末現在での1年以内償還期限のクラウドファンディン
        グ投資家からの匿名組合出資預り金残高は6,347百万円あります。
         当社グループは、上述のように、比較的償還期間の短いクラウドファンディングによる資金調達の償還のため
        に、クラウドファンディング投資家に対する再募集を予定しておりましたが、募集外部業者から募集行為を停止
        する旨の申出を受け、2019年8月より募集行為を全面的に停止するという決定を行いました。このため、今後1年
        間の資金調達状況によっては匿名組合出資預り金の償還が困難となるおそれがあります。
         以上により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在しております。
         当社グループは、これらの状況を解消するため、以下に記載の対応策を実施してまいります。
        (1)外部からの資金調達を予定しております。
        (2)販売用不動産の早期売却を予定しております。
        (3)クラウドファンディング投資家に対する募集再開にむけ関係各方面への働きかけをしております。
         しかし、これらの対応策に関する最終的な合意が得られていないため、現時点では継続企業の前提に関する重
        要な不確実性が認められます。
         なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、このような継続企業の前提に関する重要な
        不確実性の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         当第1四半期連結会計期間を含む、連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を
        合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算する方法を採用しております。
                                 14/20










                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
       保証債務
        次の関係会社等について、金融機関等からの借入に対し、債務保証を行っております。
                                    前連結会計年度           当第1四半期連結会計期間
                                   (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
     合同会社LCRF10(借入債務)                                    199百万    円           189百万    円
     合同会社LCRF11(借入債務)                                    789百万    円           775百万    円
     合同会社東北早期復興ファンド3号劣後匿名組合(借入債務)                                    425百万    円           450百万    円
     株式会社DAインベストメンツ(借入債務)
                                         560百万    円           985百万    円
     医療法人樹恵会(借入債務)                                    513百万    円           501百万    円
     医療法人野垣会(借入債務)                                    380百万    円           370百万    円
     社会医療法人阪南医療福祉センター(借入債務)                                   1,602百万     円          1,593百万     円
                  計                      4,470百万     円          4,866百万     円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る減価償却費を含む。)は次のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間

                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
         減価償却費                             169百万円                 127百万    円
        (株主資本等関係)

         前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
         1 配当に関する事項
        (1)配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決 議       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      2018年6月27日
                普通株式          27     5.00    2018年3月31日         2018年6月28日         利益剰余金
      定時株主総会
        (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間末後

        となるもの
          該当事項はありません。
         当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

         1 配当に関する事項
        (1)配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決 議       株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      2019年6月27日
                普通株式          27     5.00    2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
      定時株主総会
        (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間末後

        となるもの
          該当事項はありません。
                                 15/20




                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
           1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                報告セグメント

                                          クラウド
                          不動産
                   不動産賃貸            病院関連      SPC関連     ファンディ        計
                         ファンド
                                           ング
     売上高
                     1,341       277      120     4,990       101     6,831
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上
                       10      33      -      57      47     150
      高又は振替高
                     1,352       310      120     5,048       149     6,981
           計
     セグメント利益又は損失
                      108      35      29     920      113     1,207
     (△)
                                       (単位:百万円)

                               調整額     四半期連結損益計算書
                    その他      合計
                               (注)1       計上額(注)2
     売上高

                       -    6,831       -          6,831
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上
                       -     150     △ 150            -
      高又は振替高
                       -    6,981      △ 150          6,831
           計
     セグメント利益又は損失
                      △ 0    1,207      △ 174          1,033
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失の調整額△174百万円には、セグメント間取引消去△150百万円、各報告セグメント
           に配分していない全社費用△24百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
           一般管理費であります。
         2 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 16/20









                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
           1 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                報告セグメント

                                          クラウド
                          不動産
                   不動産賃貸            病院関連      SPC関連     ファンディ        計
                         ファンド
                                           ング
     売上高
                     1,879       50     166      131      85    2,313
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上
                       6     29      -      -      45      81
      高又は振替高
                     1,885       79     166      131      131     2,394
           計
     セグメント利益又は損失
                      703     △ 61     △ 48      43      95     731
     (△)
                                       (単位:百万円)

                               調整額     四半期連結損益計算書
                    その他      合計
                               (注)1       計上額(注)2
     売上高

                       -    2,313       -          2,313
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上
                       -      81     △ 81           -
      高又は振替高
                       -    2,394      △ 81          2,313
           計
     セグメント利益又は損失
                       -     731     △ 126           605
     (△)
      (注)1 セグメント利益又は損失の調整額△126百万円には、セグメント間取引消去△81百万円、各報告セグメント
           に配分していない全社費用△45百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
           一般管理費であります。
         2 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2 報告セグメントの変更に関する事項

            当社グループは、「その他」にクラウドファンディング事業を含めておりましたが、当社グループの事業
           活動の実態をより明確にするため、報告セグメントを見直し、当第1四半期連結会計期間より「クラウド
           ファンディング事業」を報告セグメントに区分いたしました。
            なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第1四半期連結累計期間の報告セグメント区分
           に基づき作成したものを開示しております。
                                 17/20







                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     1株当たり四半期純利益金額                                  23円54銭               37円48銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                          130               208
       ( 百万  円)
       普通株主に帰属しない金額            ( 百万  円)                   -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                          130               208
       益金額   ( 百万  円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               5,559,982               5,559,922
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記
         載しておりません。
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 18/20













                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                  LCホールディングス株式会社(E04034)
                                                             四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年8月14日

     LCホールディングス株式会社
      取締役会 御中
                          赤坂有限責任監査法人

                        指定有限責任社員

                                            荒  川  和  也              ㊞
                                    公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                            山  本  顕  三              ㊞
                                    公認会計士
                        業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている

     LCホールディングス株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結
     会計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019
     年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算
     書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
     して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
     偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結
     財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認めら
     れる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
     て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
     が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
     べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
     に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、LCホールディングス株式会社及
     び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営
     成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は今後1年間の資金調達状況によっては
     匿名組合出資預り金の償還が困難となる状況にあり、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる
     ような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、
     当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。
     四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半
     期連結財務諸表に反映されていない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                         以  上
      (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。