株式会社アマナ 四半期報告書 第50期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第50期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社アマナ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月9日
      【四半期会計期間】                    第50期第2四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    株式会社アマナ
      【英訳名】                    amana   inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  進藤 博信
      【本店の所在の場所】                    東京都品川区東品川二丁目2番43号
      【電話番号】                    03-3740-4011(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部門担当  石亀 幸大
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区東品川二丁目2番43号
      【電話番号】                    03-3740-4011(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理部門担当  石亀 幸大
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/20












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第49期           第50期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第49期
                              累計期間           累計期間
                            自2018年1月1日           自2019年1月1日           自2018年1月1日

              会計期間
                            至2018年6月30日           至2019年6月30日           至2018年12月31日
                       (千円)          10,374,998           11,167,594           22,290,231

     売上高
                       (千円)           121,783            12,800           442,464
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期純損失
                       (千円)          △ 217,128          △ 119,685            21,226
     (△)又は親会社株主に帰属する当
     期純利益
                       (千円)          △ 214,326          △ 101,390            56,291
     四半期包括利益又は包括利益
                       (千円)          1,566,875           1,736,102           1,837,493
     純資産額
                       (千円)          11,449,608           11,519,395           12,537,062
     総資産額
     1株当たり四半期純損失金額(△)
                       (円)           △ 43.66          △ 24.07            4.27
     又は1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)              -           -           -
     (当期)純利益金額
                       (%)            12.9           14.0           13.8
     自己資本比率
                       (千円)          1,746,096           1,283,029            549,524
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)          △ 275,259          △ 305,032          △ 771,086
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                       (千円)          △ 717,230          △ 680,370           273,759
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末(期
                       (千円)          2,308,745           1,882,325           1,601,955
     末)残高
                               第49期           第50期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                               会計期間           会計期間
                            自2018年4月1日           自2019年4月1日

              会計期間
                            至2018年6月30日           至2019年6月30日
     1株当たり四半期純利益金額又は
                                               1.18
                       (円)           △ 30.30
     1株当たり四半期純損失金額(△)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、                                 第49期第2四半期連結累計期間及び第50
           期第2四半期連結累計期間は1株当たり四半期純損失であり、また、                                潜在株式が存在しないため、             第49期は
           潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第2四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/20




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社における異動は次のとおりです。
        第1四半期連結会計期間において、                 株式会社XICO及び株式会社プレミアムジャパンの株式を取得したため持分法適
       用の範囲に含めております。また、株式会社エイ・アンド・エイは株式会社アマナデザインスタジオに商号を変更し
       ました。
        当第2四半期連結会計期間において、                  株式会社DAYS       Bookの保有株式を売却したため持分法適用の範囲から除いて
       おります。
        これにより、当社グループは、               株式会社アマナ(当社)、子会社17社及び関連会社9社                           から構成されておりま
       す。
                                  3/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については遡及処理後の前連結会計年度末の数値で比較を行ってお
       ります。
      (1)  財政状態及び経営成績の状況

       ① 経営成績
         当社グループは、写真・CG・動画・イラストレーションなど視覚から訴求するものをビジュアルと総称し、これ
        ら「ビジュアルの企画制作」及びそれらのビジュアルを活用するウェブ、TVCM、イベントなど企画から制作までを
        一貫して行う「コンテンツの企画制作」を通じ、お客様のモノ(商品)やコト(サービス)の付加価値を可視化し
        コンテンツ化する企業集団です。
         当社グループでは、「中期経営計画|前期」において、メディアの多様化による事業環境の変化に柔軟に対応す

        るため、ビジネスモデルの変革を進めました。2017年を初年度とする「中期経営計画|後期」においては、労働集
        約型から知恵集約型モデルへの転換を図るため、
          ・acp(注1)を進化させたプラットフォームの構築
          ・VHL(注2)マネジメントの推進
          ・インバウンドマーケティングの加速
        を推し進めて、一人ひとりの生産性の向上による収益力の強化を目指しております。
        (注1)amana      creative    platform:クラウド型のクリエイティブプラットフォーム
        (注2)Vertical       & Horizontal     Line  Management     System:縦軸の営業組織と横軸のクリエイティブサービス別組織による管理
         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善、個人消費の持ち直しなど

        を背景に、緩やかに回復が続いております。
         当第2四半期連結累計期間の売上高は、前第4四半期連結会計期間から拡大した受注が顕在化したことにより、
        企画から制作までを一貫           して行うコンテンツの企画制作案件を中心に伸長し、11,167百万円(前年同期比7.6%
        増)となりました。事業付加価値額(売上高-外注原価)は、映像企画制作・TVCM企画制作など比較的外注比率の
        高いサービスの売上高が伸長したことなどで、5,845百万円(前年同期比                                  6.1  %増)と売上高と比較して緩やかな成
        長となりました。販売費及び一般管理費については、継続的に推進している人員拡充の過程において、給与等の人
        件費が増加したことや、前第3四半期連結会計期間から本格稼働を始めた新オフィス「PORT(ポート)」に係る設
        備関連費の増加もあり、4,601百万円(前年同期比13.1%増)となりました。
         以上の結果、営業利益は57百万円(前年同期比71.6%減)となりました。さらに、持分法投資利益などによる営
        業外収益57百万円、支払利息、シンジケートローンコミットメントライン更新に係る費用などによる営業外費用
        102百万円を計上し、経常利益は12百万円(前年同期比89.5%減)となりました。また、                                         海外  連結子会社における
        自主修正申告納税を経た結果として、                  未払  延滞税   取崩額   52百万円を特別利益に計上した一方で、固定資産除却損な
        どによる特別損失18百万円を計上し、親会社株主に帰属する四半期純損失は119百万円(前年同期は217百万円の親
        会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。
         当社グループはビジュアルコミュニケーション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略し

        ております。
       ② 財政状態

         当第2四半期連結会計期間末の総資産は                    11,519   百万円(前連結会計年度末比             1,017   百万円減)となりました。こ
        れは、主として現金及び預金が              280  百万円、    たな卸資産が124百万円           増加した一方、売上債権が            1,351   百万円減少し
        たことによるものです。
         負債   は 9,783   百万円(前連結会計年度末比             916  百万円減)となりました。これは、主として長短期借入金が                            644  百
        万円、   仕入債務が     181  百万円、    未払金が    137  百万円減少したことによるものです。
         純資産    は 1,736   百万円(前連結会計年度末比             101  百万円   減 )となりました。これは、            主として親会社株主に帰属す
        る四半期純損失       119  百万円を計上したことによるものです                  。
                                  4/20


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
      (2 ) キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ、                                          280  百万円増加し      1,882
        百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間におけるキャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
        <営業活動によるキャッシュ・フロー>

          営業活動によるキャッシュ・フローは、                   1,283   百万円のプラス(前年同期は1,746百万円のプラス)となりまし
         た。これは主として、減価償却費               360  百万円、売上債権の減少額            1 ,267  百万円のキャッシュ・フロー増加額が、た
         な卸資産の増加額124百万円、仕入債務の減少額                      167  百万円のキャッシュ・フロー減少額を上回ったことによるも
         のです。
        <投資活動によるキャッシュ・フロー>
          投資活動によるキャッシュ・フローは、                   305  百万円のマイナス(前年同期は              275  百万円のマイナス)となりまし
         た。これは主として、生産性向上を推し進めるオフィススペースの改装等に伴う有形固定資産の取得                                              238  百万
         円、acpを進化させたプラットフォーム構築等のためのシステム開発による無形固定資産の取得                                            49 百万円による
         ものです。
        <財務活動によるキャッシュ・フロー>
          財務活動によるキャッシュ・フローは、                   680  百万円のマイナス(前年同期は              717  百万円のマイナス)となりまし
         た。これは主として、長短期借入金の返済額                     11,340   百万円のキャッシュ・フロー減少額が、長短期借入金の借入
         額 10,702   百万円のキャッシュ・フロー増加額を上回ったことによるものです。
      (3)  経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)  研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                     21,620,000

                  計                          21,620,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年8月9日)
               (2019年6月30日)                         取引業協会名
                                        東京証券取引所
       普通株式             5,408,000             5,408,000                    単元株式数100株
                                        (マザーズ)
         計           5,408,000             5,408,000             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)        (千円)
                 (株)        (株)                      (千円)        (千円)
     2019年4月1日~
                     -    5,408,000           -    1,097,146           -    1,334,988
     2019年6月30日
                                  6/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年6月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                            (千株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                                1,071         21.53

     進藤博信                  東京都渋谷区
     カルチュア・コンビニエンス・クラ
                       大阪府枚方市岡東町12-2                          563        11.32
     ブ株式会社
                       大阪府大阪市北区万才町3-17                          257         5.16
     株式会社堀内カラー
                       東京都千代田区丸の内2-7-1                          100         2.01

     株式会社三菱UFJ銀行
                                                 51        1.02

     萬匠憲次                  東京都世田谷区
                       東京都千代田区丸の内1-1-2                          47        0.96

     株式会社三井住友銀行
     株式会社アマナ役員持株会(紫会)                  東京都品川区東品川2-2-43                          42        0.86

     杉山一郎                  埼玉県川越市                          30        0.61

                                                 30        0.60

     閑野欣次                  神奈川県横浜市中区
     株式会社アマナ社員持株会                  東京都品川区東品川2-2-43                          29        0.60

                                -                2,223         44.71

             計
      (注)1 所有株式数は、千株未満を切り捨てて表示しております。
         2 発行済株式(自己株式を除く。)                  の 総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を切り捨てて表示
           しております。
         3 当社は自己株式435,267株(発行済株式総数に対する所有株式数の割合8.04%)を保有しておりますが、上
           記の大株主からは除外しております。
                                  7/20











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年6月30日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -            -       -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -

      議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式                     -       -
                                435,200
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                                      49,692          -
                               4,969,200
                         普通株式
      単元未満株式                                        -       -
                                 3,600
      発行済株式総数                         5,408,000               -       -
      総株主の議決権                             -          49,692          -

      (注)1 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式                                 67 株が含まれております。
         2 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株含まれております。ま
           た、「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数                                    10 個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2019年6月30日現在
                                                    発行済株式総数に
      所有者の氏名又                      自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                  所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                      株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)           東京都品川区東品川
                              435,200        -        435,200          8.04
     株式会社アマナ           二丁目2番43号
         計           -          435,200        -        435,200          8.04
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  8/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,601,955              1,882,325
         現金及び預金
                                      ※1 5,538,081             ※1 4,186,332
         受取手形及び売掛金
                                       ※2 796,287             ※2 920,918
         たな卸資産
                                        539,968              393,735
         その他
                                        △ 91,049             △ 88,728
         貸倒引当金
                                       8,385,243              7,294,583
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             1,524,095              1,624,922
          リース資産(純額)                              156,325              161,068
                                         91,323              57,780
          建設仮勘定
                                        736,552              773,351
          その他(純額)
          有形固定資産合計                             2,508,296              2,617,124
         無形固定資産
                                        554,660              506,222
          ソフトウエア
                                        352,473              354,492
          のれん
                                           974              118
          リース資産
                                        108,312              107,456
          その他
                                       1,016,422               968,289
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        133,481              171,693
          投資有価証券
                                         10,160               8,060
          長期貸付金
                                        254,453              268,734
          差入保証金
                                        105,556               82,114
          繰延税金資産
                                        123,448              108,794
          その他
                                        627,099              639,398
          投資その他の資産合計
                                       4,151,818              4,224,811
         固定資産合計
                                       12,537,062              11,519,395
       資産合計
                                 10/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       2,203,658              2,022,481
         支払手形及び買掛金
                                    ※4 , ※5 3,736,000           ※4 , ※5 2,166,000
         短期借入金
                                                    ※4 1,557,782
         1年内返済予定の長期借入金                               1,283,146
                                         47,376              49,153
         リース債務
                                        818,837              680,922
         未払金
                                        101,932              151,588
         未払法人税等
                                        214,507              182,974
         賞与引当金
                                        521,398              544,945
         その他
                                       8,926,855              7,355,848
         流動負債合計
       固定負債
                                      ※4 1,223,148
                                                      1,874,373
         長期借入金
                                        123,956              126,720
         リース債務
                                        388,415              391,411
         資産除去債務
                                         37,192              34,938
         その他
         固定負債合計                               1,772,713              2,427,444
                                       10,699,569               9,783,293
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,097,146              1,097,146
         資本金
                                       1,334,988              1,334,988
         資本剰余金
                                       △ 425,815             △ 545,501
         利益剰余金
                                       △ 304,196             △ 304,196
         自己株式
                                       1,702,122              1,582,436
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         24,267              35,628
         為替換算調整勘定
                                         24,267              35,628
         その他の包括利益累計額合計
                                        111,103              118,037
       非支配株主持分
                                       1,837,493              1,736,102
       純資産合計
                                       12,537,062              11,519,395
      負債純資産合計
                                 11/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      売上高                                 10,374,998              11,167,594
                                       6,102,738              6,508,951
      売上原価
                                       4,272,259              4,658,643
      売上総利益
                                      ※1 4,069,484             ※1 4,601,148
      販売費及び一般管理費
                                        202,775               57,494
      営業利益
      営業外収益
                                         1,236               884
       受取利息
                                           800               -
       受取配当金
                                         11,781               8,098
       還付消費税等
                                         5,030              5,478
       受取保険金
                                           -            37,992
       持分法による投資利益
                                         7,902              5,215
       その他
                                         26,751              57,668
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         40,014              44,231
       支払利息
                                         2,533              24,696
       為替差損
                                         24,956                -
       持分法による投資損失
                                         23,900              18,100
       シンジケートローン手数料
                                         16,337              15,334
       その他
                                        107,743              102,362
       営業外費用合計
                                        121,783               12,800
      経常利益
      特別利益
                                         29,160                -
       投資有価証券売却益
                                                      ※2 52,012
                                           -
       未払延滞税取崩額
                                         29,160              52,012
       特別利益合計
      特別損失
                                           244             12,329
       固定資産除却損
                                         25,189               6,134
       延滞税
                                        173,569                 -
       過年度決算訂正関連費用
                                           -              129
       その他
                                        199,003               18,593
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 48,059              46,219
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   147,263              135,528
                                         12,718              23,441
      法人税等調整額
                                        159,981              158,970
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 208,041             △ 112,751
                                         9,087              6,934
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 217,128             △ 119,685
                                 12/20






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      四半期純損失(△)                                  △ 208,041             △ 112,751
      その他の包括利益
                                        △ 5,867              11,017
       為替換算調整勘定
                                         △ 418              343
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 6,285              11,360
       その他の包括利益合計
                                       △ 214,326             △ 101,390
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 223,414             △ 108,324
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         9,087              6,934
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/20
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半
                                        △ 48,059              46,219
       期純損失(△)
                                        358,338              360,365
       減価償却費
                                         27,027              27,981
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,495             △ 1,637
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 26,657             △ 31,533
                                        △ 2,036              △ 884
       受取利息及び受取配当金
                                         40,014              44,231
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  6,525              1,543
       持分法による投資損益(△は益)                                  24,956             △ 37,992
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 29,160                -
                                        173,569                 -
       過年度決算訂正関連費用
       シンジケートローン手数料                                  23,900              18,100
       固定資産除売却損益(△は益)                                   244             12,329
       売上債権の増減額(△は増加)                                1,269,315              1,267,138
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 187,791             △ 124,631
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 31,641              109,144
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 268,807             △ 167,536
                                        △ 29,862             △ 161,089
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                       1,834,995              1,361,749
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,075               287
                                        △ 38,608             △ 44,862
       利息の支払額
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)                                 △ 6,602             △ 34,143
                                        △ 44,763                -
       過年度決算訂正関連費用の支払額
                                       1,746,096              1,283,029
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 116,117             △ 238,442
       有形固定資産の取得による支出
                                           -              331
       有形固定資産の売却による収入
                                       △ 114,063              △ 49,208
       無形固定資産の取得による支出
                                         36,848                -
       投資有価証券の売却による収入
                                           -           △ 24,800
       関係会社株式の取得による支出
                                        △ 30,000                -
       事業譲受による支出
                                          △ 26            △ 8,000
       貸付けによる支出
                                         4,400              34,393
       貸付金の回収による収入
                                        △ 58,492             △ 21,361
       差入保証金の差入による支出
                                         1,902              2,054
       差入保証金の回収による収入
                                           290               1
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 275,259             △ 305,032
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入れによる収入                                5,385,000              9,202,000
                                      △ 5,660,000             △ 10,772,000
       短期借入金の返済による支出
                                        300,000             1,500,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 698,033             △ 568,411
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 23,900             △ 18,100
       シンジケートローン手数料の支払額
                                        △ 20,251             △ 23,859
       リース債務の返済による支出
                                          △ 45              -
       自己株式の取得による支出
                                       △ 717,230             △ 680,370
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 8,550             △ 17,255
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   745,056              280,370
                                       1,563,689              1,601,955
      現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 2,308,745              ※ 1,882,325
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/20



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          持分法適用の範囲の重要な変更
           第1四半期連結会計期間より、              株式会社XICO及び株式会社プレミアムジャパンの株式を取得したため持分法
          適用の範囲に含めております。
           当第2四半期連結会計期間より、               株式会社DAYS       Bookの保有株式を売却したため持分法適用の範囲から除い
          ております。
        (追加情報)

         ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分    に表示しています。
        (四半期連結貸借対照表関係)

       ※1 四半期連結会計期間末日満期手形
          四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
         お、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期
         連結会計期間末日残高に含まれております。
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                 (2019年6月30日)
          受取手形                            11,086千円                  265千円
       ※2 たな卸資産の内訳は次のとおりであります。

                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                 (2019年6月30日)
          商品及び製品                            73,962   千円              70,669   千円
                                      689,621                 818,993
          仕掛品
                                      32,702                 31,255
          原材料及び貯蔵品
        3 偶発債務

          差入保証金の流動化に伴う買戻し義務
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                 (2019年6月30日)
                                      366,645千円                 366,645千円
                                 15/20









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
       ※4 財務制限条項

          当社は、株式会社りそな銀行をアレンジャーとする取引金融機関計                                6 行とシンジケート方式によるコミットメ
         ントライン契約及びタームローン契約を締結しております。これらの契約に基づく借入実行残高等は次のとおり
         です。
         コミットメントライン契約
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                 (2019年6月30日)
          コミットメントラインの総額                          3,200,000     千円            3,000,000千円
                                     2,720,000
          借入実行残高                                           1,350,000
                                      480,000
          差引額                                           1,650,000
         上記の契約には、以下の財務制限条項が付されています。

         前連結会計年度       (2018年12月31日)
         ・各年度の決算期の末          日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を1,700百万円以上に維持する。
         ・各年度の決算期における連結の損益計算書に示される当期経常損益が2期連続して損失とならないようにす
          る。
         ・各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の借入依存度を60%以下に維持する。
         ・各年度の決算期における連結の損益計算書に示される売上高及び経常損益(ただし、経常損益にシンジケート
          ローン組成に関する費用を加算              した金額とする。)を連結の年間事業計画書に記載された売上高及び経常損益
          の金額の80%以上に維持する。
         当第2四半期連結会計期間            (2019年6月30日)

         ・各年   度の決算期の末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を前年同期比75%以上に維持す
          る。
         ・各年度の決算期における連結の損益計算書に示される当期経常損益が2期連続して損失とならないようにす
          る。
         ・各年度    の決算期の末日における連結の貸借対照表上の借入依存度を60%以下に維持する。
         タームローン契約

                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                 (2019年6月30日)
          借入実行残高                           300,000    千円             300,000千円
         上記の契約には、以下の           財務制限条項が付されています。

         ・ 各年度   の決算期の末日における連結の貸借対照表における純資産の部の金額を1,500百万円以上に維持する。
         ・各年度の決算期における連結の損益計算書に示される当期経常損益が2期連続して損失とならないようにす
          る。
         ・各年度の決算期の末日における連結の貸借対照表上の借入依存度を60%以下に維持する。
         ・各年度の決算期における連結の損益計算書に示される売上高及び経常損益(ただし、経常損益にシンジケート
          ローン組成に関する費用を加算した金額とする。)を連結の年間事業計画書に記載された売上高及び経常損益
          の金額の80%以上に維持する。
       ※5 コミットメントライン契約

          当社は、株式会社三菱UFJ銀行とコミットメントライン契約を締結しております。当該契約に基づく借入実
         行残高等は次のとおりです。
                                前連結会計年度              当第2四半期連結会計期間
                               (2018年12月31日)                 (2019年6月30日)
          コミットメントラインの総額                           516,000    千円             516,000    千円
                                      516,000                 516,000
          借入実行残高
                                        -                 -
          差引額
                                 16/20



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
       ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                              (自 2018年1月1日                 (自 2019年1月1日
                               至 2018年6月30日)                   至 2019年6月30日)
          給料手当                          1,776,629     千円            1,945,485     千円
                                      137,550                 140,838
          賞与引当金繰入
                                      256,348                 259,813
          減価償却費
                                      429,306                 486,779
          賃借料
       ※2 未払延滞税取崩額

          当第2四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年6月30日)
           当社の海外連結子会社における過年度の個人所得税に係る未払延滞税について、当第2四半期連結累計期間
          に関連行政当局等との協議に基づき取り崩したものであります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※  現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとお
         りであります。
                             前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                              (自 2018年1月1日                 (自 2019年1月1日
                               至 2018年6月30日)                 至 2019年6月30日)
          現金及び預金勘定                          2,308,745千円                 1,882,325千円
                                     2,308,745                 1,882,325
          現金及び現金同等物
        (株主資本等関係)

         該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社グループは、ビジュアルコミュニケーション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
          す。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失金額             及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日               (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
     1株当たり四半期純損失金額(△)                                △43円66銭               △24円07銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失金額(△)

                                      △217,128               △119,685
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      △217,128               △119,685
       損失金額(△)       (千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               4,972,742               4,972,733
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、                                1株当たり四半期純損失であり、また、                   潜在株式が
          存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 17/20


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
                                 18/20





















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社アマナ(E05403)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019  年8月8日

     株式会社アマナ

      取 締 役 会  御 中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               横 内 龍 也  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               佐 藤 賢 治  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社アマナ

     の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月30
     日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
     及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アマナ及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態並び
     に同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信
     じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保

         管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。