株式会社ニチリン 四半期報告書 第136期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

四半期報告書-第136期第2四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出日:

提出者:株式会社ニチリン

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年8月9日
      【四半期会計期間】                    第136期第2四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】                    株式会社ニチリン
      【英訳名】                    NICHIRIN     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  前田 龍一
      【本店の所在の場所】                    神戸市中央区江戸町98番地1
                          (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で行っ
                          ております。)
      【電話番号】                    (079)252-4151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    上席執行役員財務経理部長  難波 宏成
      【最寄りの連絡場所】                    兵庫県姫路市別所町佐土1118番地(姫路工場)
      【電話番号】                    (079)252-4151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    上席執行役員財務経理部長  難波 宏成
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ニチリン東京支社
                          (東京都港区芝浦一丁目3番11号)
                          株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第135期           第136期
               回次               第2四半期           第2四半期            第135期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自  2018年1月1日          自  2019年1月1日          自  2018年1月1日
              会計期間
                            至  2018年6月30日          至  2019年6月30日          至  2018年12月31日
                     (百万円)             31,298           30,649           62,413

     売上高
                     (百万円)              4,427           3,430           8,512

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期

                     (百万円)              2,698           1,623           4,644
     (当期)純利益
                     (百万円)              2,340           1,570           4,500

     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             36,133           37,864           37,674

     純資産
                     (百万円)             56,365           58,327           57,552

     総資産
     1株当たり四半期(当期)純利

                      (円)            188.07           113.12           323.72
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                      (%)             55.1           56.4           55.9

     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ

                     (百万円)              4,593           3,889           7,759
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 2,704          △ 3,402          △ 5,933
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             △ 1,444          △ 1,041          △ 2,434
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             15,363           13,450           14,210
     (期末)残高
                              第135期           第136期

               回次               第2四半期           第2四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自  2018年4月1日          自  2019年4月1日
              会計期間
                            至  2018年6月30日          至  2019年6月30日
                                   91.43           31.77

     1株当たり四半期純利益                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
                                  2/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、当社の連結子会社である蘇州日輪汽車部件有限公司に対し、2019年4月22日付にて当社単独の増資61,672千
       中国元を行い、資本金は211,972千中国元(持分比率は72%から80%へ変更)となりました。
     第2【事業の状況】

      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

        ①経営成績の状況
         当第2四半期連結累計期間(2019年1月1日~2019年6月30日)における世界経済は、米国においては、雇用・
        所得環境は緩やかな改善が続いており、内需が引き続き堅調に推移している一方、中国向け輸出での大幅な減少を
        はじめ世界的な需要の減速により、企業業績の先行きには不透明感が増しています。また、米国の関税引き上げに
        端を発した米中貿易摩擦については、依然として両国の合意が見出せておらず、協議の先行きに世界的な注目が集
        まっております。
         欧州においては、雇用・所得環境の改善を背景に個人消費が底堅く推移する一方で、英国のEU離脱問題、ドイ
        ツの輸出減速、フランスでの政治的混乱等による先行き不透明感により、景気の減速が懸念されております。
         中国においては、輸出は関税の引き上げを行った米国向けで大幅に縮小したほか、世界的な景気の減速より、米
        国以外向けでも低迷しており、国内景気は製造業を中心に減速、内需も減少しつつあり、3月に全国人民代表大会
        で発表された大型の内需刺激策の効果が期待されています。
         アセアン地域においては、米中貿易摩擦を背景とした中国からの生産移管でベトナムの輸出が伸びるなど、地域
        差はありますが製造業を中心に堅調に推移しております。
         日本経済は、雇用環境は引き続き好調に推移し、個人消費には緩やかな回復が見られました。一方、企業の経営
        成績は人手不足に伴う省力化目的での設備投資は堅調に推移しておりますが、中国経済の減速に伴う輸出と生産の
        下振れが生じており、足元の景気には減速感がみられました。
         当社グループの主要事業分野である日本自動車業界に関する状況は、次のとおりであります。
         当第2四半期連結累計期間における国内自動車市場は、国内販売は一部メーカーで完成車検査問題の影響が続き
        ましたが、販売が好調な軽自動車により堅調に推移しました。海外需要に伴う完成車輸出もメーカーによって差は
        あるものの概ね堅調に推移し、国内生産全体でも昨年並みの推移となっております。引き続き日本国内の生産は、
        燃費の良い軽自動車・小型車、また実用的なミニバンを中心に行われており、安全技術を強化したモデルが人気を
        集めています。
         この結果、当第2四半期連結累計期間における国内乗用車メーカー8社の国内四輪車販売台数は、前年同四半期
        比0.7%増の250万台、四輪車輸出台数は、前年同四半期比1.4%増の229万台となり、国内四輪車生産台数は、前年
        同四半期比2.4%増の472万台となりました。一方、国内乗用車メーカー8社の海外生産台数は、セダン車の需要が
        低迷する米国を中心に生産台数が伸びず、前年同四半期比4.9%減の931万台となりました。
         このような環境のなか、当第2四半期連結累計期間の売上高は30,649百万円(前年同四半期31,298百万円)、営
        業利益は3,498百万円(前年同四半期4,456百万円)、経常利益は3,430百万円(前年同四半期4,427百万円)となり
        ました。親会社株主に帰属する四半期純利益は1,623百万円(前年同四半期2,698百万円)となりました。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

        日本

         北米子会社向けの部品供給が減少した一方、中国、アジア子会社向けの設備売上が増加したこと、国内販売が堅
        調に推移したことにより、売上高は16,692百万円(前年同四半期16,066百万円)、営業利益は1,266百万円(前年
        同四半期1,229百万円)となりました。
                                  3/23



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        北米
         北米市場は、好調な企業の経営成績や雇用の安定を背景に堅調に推移していますが、日系企業が得意としてきた
        セダン車の需要が減少し、小型トラック・SUV車の需要が増加する傾向が強まっています。また、北米子会社で
        は、新商品であるIHX(内部熱交換器)の量産が開始された一方で、主力製品であったパワーステアリング用
        ホースの需要が減少したことにより、売上高は5,456百万円(前年同四半期6,182百万円)、営業利益は輸入関税の
        増加に加え、メキシコでの最低賃金の増加も加わり、44百万円(前年同四半期314百万円)となりました。
        中国

         中国市場では、米中貿易摩擦により経済の減速傾向が強まっており、新車販売台数も前年割れの状況が続いてお
        ります。また、北米向け等へのエアコン用管体の輸出も減少傾向にあることから、売上高は5,287百万円(前年同
        四半期6,064百万円)、営業利益は569百万円(前年同四半期978百万円)となりました。
        アジア

         ABS化による二輪用ブレーキホースの販売増に加え、フューエルホースの販売が堅調に推移しており、売上高
        は8,328百万円(前年同四半期7,389百万円)、営業利益は1,793百万円(前年同四半期1,771百万円)となりまし
        た。
        欧州

         需要低迷に伴い、日系メーカー、欧州メーカーとも生産を減少させており、売上高は2,735百万円(前年同四半
        期3,203百万円)、新モデル立ち上げに伴う費用の発生があり、営業損失は72百万円(前年同四半期は営業利益36
        百万円)となりました。
        ②財政状態の状況

        (流動資産)
         当第2四半期連結会計期間末における流動資産の残高は35,253百万円(前連結会計年度末36,649百万円)とな
        り、1,396百万円減少しました。主な減少内容は、現金及び預金の減少1,057百万円、受取手形及び売掛金の減少
        307百万円などによるものであります。
        (固定資産)

         当第2四半期連結会計期間末における固定資産の残高は23,074百万円(前連結会計年度末20,903百万円)とな
        り、2,171百万円増加しました。主な増加内容は、有形固定資産の増加2,373百万円、繰延税金資産の減少225百万
        円などによるものであります。
        (流動負債)

         当第2四半期連結会計期間末における流動負債の残高は14,370百万円(前連結会計年度末13,926百万円)とな
        り、444百万円増加しました。主な増加内容は、支払手形及び買掛金の減少380百万円、電子記録債務の減少185百
        万円、賞与引当金の増加358百万円、その他(未払金等)の増加649百万円などによるものであります。
        (固定負債)

         当第2四半期連結会計期間末における固定負債の残高は6,092百万円(前連結会計年度末5,952百万円)とな
        り、139百万円増加しました。主な増加内容は、長期借入金の増加360百万円、繰延税金負債の減少453百万円など
        によるものであります。
        (純資産)

         当第2四半期連結会計期間末における純資産の残高は37,864百万円(前連結会計年度末37,674百万円)とな
        り、190百万円増加しました。主な増加内容は、利益剰余金の増加1,264百万円、為替換算調整勘定の減少543百万
        円、非支配株主持分の減少554百万円などによるものであります。
         なお、自己資本比率は56.4%となり、前連結会計年度末と比べて0.5%増加しております。
                                  4/23




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (2)  キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
        760百万円減少し、13,450百万円となりました                     。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動による資金は3,889百万円の増加                   ( 前年同四半期比703百万円の減少)となりました。これは主に、
         税金等調整前四半期純利益2,783百万円                  ( 資金の増加)、減価償却費885百万円                 ( 資金の増加)、売上債権の減
         少額314百万円(資金の増加)、たな卸資産の増加額165百万円(資金の減少)、仕入債務の減少額514百万円
         (資金の減少)、その他(未収入金の減少等)1,137百万円                            ( 資金の増加)、法人税等の支払額976百万円                    ( 資
         金の減少)等によるものであります                。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動による資金は3,402百万円の減少(前年同四半期比697百万円の減少)となりました。これは主に、
         定期預金の純減少額339百万円(資金の増加)、有形固定資産の取得による支出3,733百万円(資金の減少)、
         有形固定資産の売却による収入106百万円(資金の増加)等によるものであります                                      。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動による資金は1,041百万円の減少(前年同四半期比402百万円の増加)となりました。                                            これは主に、
         長期借入金の返済による支出372百万円                  ( 資金の減少     ) 、長期借入れによる収入800百万円                ( 資金の増加     ) 、配
         当金の支払額358百万円           ( 資金の減少     ) 、非支配株主への配当金の支払額1,053百万円                     ( 資金の減少     ) 等による
         ものであります。
       (3)  経営方針、経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針、経営戦略等及び経営上の目標の達成
        状況を判断するための客観的な指標等について重要な変更はありません。
       (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)  研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、537百万円であります。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (6)  主要な設備

         前連結会計年度末において計画中であった重要な設備の新設、除却等のうち、当第2四半期連結累計期間に完了
        したものは次のとおりであります。
        ①重要な設備の新設等
                                         投資総額
       会社名       所在地     セグメントの名称            設備の内容                 完了年月
                                         (百万円)
     蘇州日輪        中国
     汽車部件        江蘇省       中国         新工場建物              2,104    2019年5月
     有限公司        常熟市
     ニチリン
                                             698
                             新工場建物                  2019年3月
     ベトナム        ベトナム
                    アジア
     カンパニー        バクザン省
                                             302
                             自動車用ホース設備                  2019年4月
     リミテッド
      (注)上記金額には、消費税等の金額は含まれておりません。
        ②重要な設備の除却等

                                        期末帳簿価額
       会社名       所在地     セグメントの名称            設備の内容               売却等の年月
                                         (百万円)
     上海日輪汽車        中国
                                             27
                    中国         社宅                  2019年6月
     配件有限公司        上海市
      (注)上記金額には、消費税等の金額は含まれておりません。
      3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          45,760,000

                  計                                45,760,000

        ②【発行済株式】

            第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
       種類     在発行数(株)                          又は登録認可金融商品                内容
                           (2019年8月9日)
              (2019年6月30日)                         取引業協会名
                                        東京証券取引所            単元株式数
     普通株式            14,371,500             14,371,500
                                        (市場第二部)              100株
        計          14,371,500             14,371,500             -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増減        資本準備金残
        年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (百万円)       (百万円)       額(百万円)        高(百万円)
     2019年4月1日~
                     -   14,371,500           -      2,158          -      2,099
     2019年6月30日
                                  6/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年6月30日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                       神戸市中央区磯辺通1丁目1-39                          3,299        22.97

     太陽鉱工株式会社
                       東京都千代田区内幸町2丁目1-1                          1,144         7.96

     双日株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行

                       東京都中央区晴海1丁目8-11                           854        5.95
     株式会社(信託口)
     BNP  PARIBAS    SECURITIES      SERVICES      33  RUE  DE  GASPERICH,      L-5826    HOWALD-
     LUXEMBOURG/JASDEC/FIM/LUXEMBOURG                  HESPERANGE,      LUXEMBOURG
                                                  581        4.04
     FUNDS/UCITS      ASSETS
                       (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
     店)
                       東京都千代田区神田練塀町3                           475        3.31

     東京センチュリー株式会社
                                                  373        2.60

     株式会社みずほ銀行                  東京都千代田区大手町1丁目5番5号
                       大阪市中央区備後町2丁目4-9                           286        1.99

     日本精化株式会社
                                                  204        1.42

     みずほ証券株式会社                  東京都千代田区大手町1丁目5番1号
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)     SUB  A/C

                       50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     NON  TREATY
                       5NT,UK                           192        1.34
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
                       (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     店)
     STATE   STREET    CLIENT    OMNIBUS
                       338  PITT   STREET    SYDNEY    NSW  2000AUSTRALIA
     ACCOUNT    OD11
                                                  183        1.27
                       (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
     店)
                                 -                7,593        52.86

             計
     (注)1.所有株式数は、千株未満を切り捨てて表示しております。

        2.2019年4月8日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、株式会社三井住友銀行が2019年4月
          1日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2019年6月30日現在における実
          質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                          保有株券等の数          株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                           (千株)          (%)
           株式会社三井住友銀             東京都千代田区丸の内1丁目1番
                                               1,989         13.84
           行 他1名             2号
                                  7/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年6月30日現在
            区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                      -             -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                      -             -             -

     議決権制限株式(その他)                      -             -             -

                       普通株式            6,800

     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                       普通株式     14,271,500

     完全議決権株式(その他)                                  142,715             -
                       普通株式           93,200

     単元未満株式                                   -       一単元(100株)未満の株式
     発行済株式総数                       14,371,500            -             -

     総株主の議決権                      -            142,715             -

      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が1,400株(議決権の数14個)含まれて
         おります。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                                                     発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                       (%)
      株式会社ニチリン            神戸市中央区江戸町98番地1                  6,800         -      6,800         0.05
          計             -            6,800         -      6,800         0.05
      (注)自己株式は、2019年5月24日に実施した譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分により、19,300株減少し
         ております。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  8/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                  9/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         15,727              14,669
         現金及び預金
                                         ※ 9,189              ※ 8,881
         受取手形及び売掛金
                                         2,016              1,890
         電子記録債権
                                         2,845              3,018
         商品及び製品
                                         2,833              2,768
         仕掛品
                                         2,283              2,199
         原材料及び貯蔵品
                                            0              0
         デリバティブ債権
                                         1,832              1,889
         その他
                                          △ 77             △ 64
         貸倒引当金
                                         36,649              35,253
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         10,443              13,062
          建物及び構築物
                                        △ 6,444             △ 6,447
            減価償却累計額及び減損損失累計額
            建物及び構築物(純額)                              3,998              6,614
          機械装置及び運搬具                               19,828              20,660
                                        △ 14,718             △ 15,021
            減価償却累計額及び減損損失累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              5,109              5,639
          土地                               3,545              3,540
                                         3,511              2,204
          建設仮勘定
                                         3,308              3,868
          その他
                                        △ 2,819             △ 2,839
            減価償却累計額
            その他(純額)                               489             1,028
                                         16,653              19,027
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           95              65
          のれん
                                           490              508
          その他
                                           586              574
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         2,631              2,610
          投資有価証券
                                           540              315
          繰延税金資産
                                           492              546
          その他
                                           △ 1             △ 1
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               3,662              3,471
                                         20,903              23,074
         固定資産合計
                                         57,552              58,327
       資産合計
                                 10/23







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         6,107              5,727
         支払手形及び買掛金
                                         4,089              3,903
         電子記録債務
                                           650              717
         1年内返済予定の長期借入金
                                           628              565
         未払法人税等
                                           119              478
         賞与引当金
                                            1              -
         デリバティブ債務
                                         2,328              2,978
         その他
                                         13,926              14,370
         流動負債合計
       固定負債
                                         1,008              1,369
         長期借入金
                                           787              787
         再評価に係る繰延税金負債
                                           743              289
         繰延税金負債
                                            ▶              5
         役員退職慰労引当金
         退職給付に係る負債                                 3,147              3,148
                                           260              491
         その他
                                         5,952              6,092
         固定負債合計
                                         19,878              20,462
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         2,158              2,158
         資本金
                                         2,034              2,042
         資本剰余金
                                         25,495              26,760
         利益剰余金
                                          △ 22              △ 6
         自己株式
                                         29,664              30,954
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,058              1,036
         その他有価証券評価差額金
                                         1,786              1,786
         土地再評価差額金
                                         △ 275             △ 819
         為替換算調整勘定
                                          △ 84             △ 64
         退職給付に係る調整累計額
                                         2,484              1,939
         その他の包括利益累計額合計
                                         5,524              4,970
       非支配株主持分
                                         37,674              37,864
       純資産合計
                                         57,552              58,327
      負債純資産合計
                                 11/23








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      売上高                                   31,298              30,649
                                         23,542              23,597
      売上原価
                                         7,756              7,051
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                           727              785
       運賃及び荷造費
                                          △ 10              △ 5
       貸倒引当金繰入額
                                           160              132
       役員報酬
                                            1              1
       役員退職慰労引当金繰入額
                                           965             1,076
       給料及び手当
                                           97              102
       賞与引当金繰入額
                                           48              45
       退職給付費用
                                           158              180
       法定福利費
                                           124              148
       旅費及び交通費
                                           86              87
       租税公課
       賃借料                                    67              78
                                           87              105
       減価償却費
                                           28              26
       のれん償却額
                                           756              785
       その他
                                         3,299              3,552
       販売費及び一般管理費合計
                                         4,456              3,498
      営業利益
      営業外収益
                                           52              54
       受取利息
                                           35              36
       受取配当金
                                           15              16
       受取賃貸料
                                            0              0
       持分法による投資利益
                                           40              32
       その他
                                           144              139
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           12              12
       支払利息
                                           140              175
       為替差損
                                           20              20
       その他
                                           174              208
       営業外費用合計
                                         4,427              3,430
      経常利益
      特別利益
                                            3              74
       固定資産売却益
                                            -              ▶
       その他
                                            3              78
       特別利益合計
      特別損失
                                            0              1
       固定資産売却損
                                           16              35
       固定資産除却損
                                                        ※1 56
                                            -
       固定資産減損損失
                                                       ※2 631
                                            -
       特別退職金
                                           16              725
       特別損失合計
                                         4,414              2,783
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,071               898
                                          △ 73             △ 239
      法人税等調整額
                                           997              659
      法人税等合計
                                         3,416              2,123
      四半期純利益
                                           717              500
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,698              1,623
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 12/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                         3,416              2,123
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 181              △ 21
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 929             △ 552
       為替換算調整勘定
                                           35              20
       退職給付に係る調整額
                                        △ 1,076              △ 553
       その他の包括利益合計
                                         2,340              1,570
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         1,882              1,078
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           457              491
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 13/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日              (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,414              2,783
       税金等調整前四半期純利益
                                           860              885
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   403              364
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    1              1
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    70              20
                                          △ 87             △ 90
       受取利息及び受取配当金
                                           12              12
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 3             △ 72
                                           16              35
       固定資産除却損
                                            -              56
       固定資産減損損失
                                           28              26
       のれん償却額
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 0             △ 0
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 98              314
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 248             △ 165
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 249             △ 514
                                           654             1,137
       その他
                                         5,772              4,794
       小計
                                           116               94
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 12             △ 22
       利息の支払額
                                        △ 1,283              △ 976
       法人税等の支払額
                                         4,593              3,889
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の純増減額(△は増加)                                   △ ▶             339
                                        △ 2,419             △ 3,733
       有形固定資産の取得による支出
                                           11              106
       有形固定資産の売却による収入
                                            -             △ 0
       有形固定資産の除却による支出
                                         △ 254              △ 56
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 13             △ 10
       投資有価証券の取得による支出
                                           △ 2              -
       長期貸付けによる支出
                                            0              -
       長期貸付金の回収による収入
                                          △ 21             △ 47
       その他
                                        △ 2,704             △ 3,402
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                            -             800
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                  △ 491             △ 372
                                         △ 331             △ 358
       配当金の支払額
                                        △ 1,042             △ 1,053
       非支配株主への配当金の支払額
                                           430               -
       非支配株主からの払込みによる収入
                                           △ 9             △ 57
       その他
                                        △ 1,444             △ 1,041
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 414             △ 206
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     29             △ 760
                                         15,334              14,210
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 15,363              ※ 13,450
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (会計方針の変更)
          米国を除く在外連結子会社は、第1四半期連結会計期間よりIFRS第16号「リース」(2016年1月公表)(以
         下、IFRS第16号)を適用しております。IFRS第16号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基
         準の適用による累積的影響を適用開始日に認識する方法を採用しております。過去にIAS第17号「リース」を適
         用してオペレーティング・リースに分類した借手としてのリースについては、適用開始日に、使用権資産及び
         リース負債を認識しております。
          これにより第1四半期連結会計期間の期首において、有形固定資産のその他290百万円、流動負債のその他100
         百万円および固定負債のその他190百万円が増加しております。また、この変更による当第2四半期連結累計期
         間の損益に与える影響は軽微であります。
        (会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)

          従来、当社グループの有形固定資産の減価償却方法については、当社および国内連結子会社は定率法(1998年
         4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに、2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び
         構築物については定額法)を採用し、在外連結子会社は主として定額法を採用しておりましたが、第1四半期連
         結会計期間より当社および国内連結子会社の減価償却方法を定額法に変更いたしました。
          当社グループはグローバル事業展開を一層推進する経営方針の下、海外売上比率は年々増加し、海外生産能力
         の増強を進めています。海外拠点の設備増強による投資については、2019年に中国新会社の生産稼働開始や、主
         力工場であるベトナム子会社の新工場ラインの稼働が予定されています。また、グローバルな生産体制下におい
         ては、世界的な需要の変動を相互に補完するために生産設備の共有化による各拠点間で移設再配置を開始してお
         り、国内工場の安定稼働を見込んでいます。
          このような環境下、グループでの大型投資を行うのを契機に減価償却方法を再検討した結果、部品仕様共通化
         により機械装置等を従来より安定的に使用することができるようになり、更にグローバルな生産体制を敷くこと
         により国内工場が安定稼働することが見込まれるため、使用期間にわたり費用を均等に負担させることが、より
         適切に事業の実態を反映する合理的な方法であると判断し、当社および国内連結子会社の有形固定資産の減価償
         却方法を定額法に変更しました。
          これにより当第2四半期連結累計期間の営業利益、経常利益および税金等調整前四半期純利益はそれぞれ85百
         万円増加しております。
                                 15/23











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (追加情報)
         1.(「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
         債の区分に表示しております。
         2.(連結子会社である上海日輪汽車配件有限公司の生産停止)

           連結子会社である上海日輪汽車配件有限公司(以下「SNA」という)は、当第2四半期連結会計期間にて新会
          社である蘇州日輪汽車部件有限公司(以下「SZN」という)の土地取得・工場建設を完了したことにより、2019
          年8月末から生産移管を開始することにしました。
         ①生産停止の経緯

           SNAは、1996年12月3日に設立、同社の業容は拡大し、今後の受注拡大対応に向けた生産能力の強化も必要
          となりますが、設立後20年以上が経過し、その所在地域の都市化も進み、上海市土地利用計画に基づく同社の
          移転問題や環境問題に対応するため、江蘇省常熟市に新会社SZNを2017年12月19日に設立し、同社への生産移
          管を行うこととしました。            なお、生産移管完了およびSNAの生産停止は、当連結会計年度末の見込みです。
         ②生産停止の予定日
           2019年12月31日
         ③SNAの概要
          (1)  商号              上海日輪汽車配件有限公司
          (2)  所在地     中華人民共和国 上海市 浦東新区 北蔡鎮
          (3)  代表者     董事長 朱 宝家
          (4)  事業内容    自動車用・二輪車用各種ホース類の製造・販売
          (5)  資本金              37,879千中国元
          (6)  売上高     625,538千中国元(2018年12月期)
          (7)  決算期     12月
          (8)  設立年月日   1996年12月3日
          (9)  持分比率    当社 72%、上海北華企業管理有限公司 28%
         ④業績への影響
           従業員との労働契約の合意解除(2019年6月28日合意済)に伴う経済補償金として、当第2四半期連結会計期
          間にて特別退職金         39,000千中国元(631百万円)を計上しております。また、一部固定資産の売却については、
          当第2四半期連結会計期間に固定資産売却益                     4,500千中国元(72百万円)を計上しておりますが、旧五星路工場
          については、翌連結会計年度での売却を見込んでおります。
        (参考)    SZN(SNAから生産を移管する会社)の概要

         (1)  商号              蘇州日輪汽車部件有限公司
         (2)  所在地     中華人民共和国 江蘇省 常熟経済開発区通港路88号五層
         (3)  代表者     董事長 胡 建華
         (4)  事業内容    自動車用・二輪車用各種ホース類の製造・販売
         (5)  資本金     211,972千中国元
         (6)  決 算期     12月
         (7)  設立年月日   2017年12月19日
         (8 ) 持分比率    当社 80%、上海北華企業管理有限公司 20%
                                 16/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
        ※ 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日でした
         が、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当四半期連結会計期間末日満期手形の金額は、次の
         とおりであります。
                                              当第2四半期連結会計期間
                               前連結会計年度
                                               (2019年6月30日)
                              (2018年12月31日)
     受取手形                                  1百万円                  0百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

          ※1 固定資産減損損失
             当連結会計年度(自2019年1月1日 至2019年6月30日)
         (1)   減損損失を認識した資産グループ概要
             場所                   用途                   種類
                                           機械装置及び運搬具

      中国                   処分予定資産
                                           その他
         (2)  資産のグルーピング方法
           資産のグルーピングは、主として事業内容を基に行い、処分予定資産及び遊休資産は個々の資産グループ
          として取り扱っております。
         (3)   減損損失の認識に至った経緯
           当該資産グループについては、当連結会計年度末において上海日輪汽車配件有限公司の生産停止に伴い取
          り壊し及び廃却が見込まれており、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を固定資産減損損失と
          して特別損失に計上しております。
         (4)   回収可能価額の算定方法
           回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローが少額であるため、割引について
          は省略しております。
         (5)   減損損失の金額
           減損損失の金額及び固定資産の種類ごとの内訳は、次のとおりであります。
      機械装置及び運搬具                                56百万円

      その他(工具器具備品)                                 0
      計                                56百万円
          ※2    特別退職金

             当連結会計年度末において、上海日輪汽車配件有限公司の生産停止に伴い、従業員への経済補償金の支
            給見込み額を計上しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次の
           とおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2018年1月1日             (自    2019年1月1日
                              至   2018年6月30日)              至   2019年6月30日)
         現金及び預金勘定                        16,484百万     円           14,669百万     円
         預入期間が3か月を超える定期預金                       △1,120                 △1,219
         現金及び現金同等物                        15,363                 13,450
                                 17/23





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自2018年1月1日 至2018年6月30日)
          (1)配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)       株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      2018年3月28日
               普通株式           331       30.0    2017年12月31日         2018年3月29日         利益剰余金
      定時株主総会
     (注) 当社は、2018年1月1日を効力発生日として普通株式1株を1.3株に分割しております。
         なお、1株当たり配当額は、当該株式分割が行われる前の金額を記載しております。
          (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

         末後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)       株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                              (円)
      2018年8月9日
               普通株式           358       25.0    2018年6月30日         2018年9月10日         利益剰余金
       取締役会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自2019年1月1日 至2019年6月30日)

          (1)配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)       株式の種類                        基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (百万円)
                              (円)
      2019年3月27日
               普通株式           358       25.0    2018年12月31日         2019年3月28日         利益剰余金
      定時株主総会
          (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

         末後となるもの
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)       株式の種類                配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                              (円)
      2019年8月9日
               普通株式           430       30.0    2019年6月30日         2019年9月9日         利益剰余金
       取締役会
                                 18/23










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自2018年1月1日 至2018年6月30日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                            合計
                                                 (注)1       計上額
                日本      北米      中国     アジア      欧州
                                                       (注)2
     売上高
      外部顧客への
                10,194      6,181      4,927     6,856      3,137      31,298         -    31,298
      売上高
      セグメント間
                 5,871        0    1,136      532      65     7,607      △ 7,607       -
      の内部売上高
      又は振替高
                16,066      6,182      6,064     7,389      3,203      38,906      △ 7,607     31,298
         計
     セグメント利益
                 1,229       314      978    1,771       36     4,330        126     4,456
     又は損失(△)
      (注)1    . セグメント利益又は         損失(△)     の調整額126百万円には、セグメント間の未実現損益96百万円、セグメント
           間取引消去30百万円等が含まれております。
         2 . セグメント利益又は         損失(△)     は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自2019年1月1日 至2019年6月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                                  調整額     損益計算書
                                            合計
                                                 (注)1       計上額
                日本      北米      中国     アジア      欧州
                                                       (注)2
     売上高
      外部顧客への
                10,539      5,428      4,498     7,457      2,725      30,649         -    30,649
      売上高
      セグメント間
                 6,152       27     789     870      10     7,850      △ 7,850       -
      の内部売上高
      又は振替高
                16,692      5,456      5,287     8,328      2,735      38,500      △ 7,850     30,649
         計
     セグメント利益
                 1,266       44     569    1,793      △ 72     3,601       △ 102     3,498
     又は損失(△)
      (注)1    . セグメント利益又は         損失(△)     の調整額△102百万円には、セグメント間の未実現損益△127百万円、セグメ
           ント間取引消去24百万円等が含まれております。
         2 . セグメント利益又は         損失(△)     は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         3.(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)に記載のとおり、                                         有形固定資産の減価償
           却の方法については、従来、             当社および国内連結子会社は定率法(1998年4月1日以後に取得した建物(建
           物附属設備を除く)並びに、2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を
           採用しておりましたが、第1四半期連結会計期間より定額法に変更いたしました。これにより、当第2四半
           期連結累計期間において日本のセグメント利益が85百万円増加しております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
             「中国」セグメントにおいて上海日輪汽車配件有限公司の生産停止に伴い取り壊し及び廃却が見込まれ
            ており、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を固定資産減損損失として特別損失に計上して
            おります。なお、当該減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間においては56百万円であります。
                                 19/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         共通支配下の取引等
          関係会社出資金の追加取得
          (1)  取引の概要
            当社は、2019年1月31日開催の取締役会における決議に基づき、2019年4月22日付にて当社の連結子会社
           である蘇州日輪汽車部件有限公司の増資を当社単独で引き受けました。
          ①結合当事企業の名称及びその事業の内容
           (イ)結合当事企業の名称
              蘇州日輪汽車部件有限公司
           (ロ)事業の内容
              自動車・二輪車用各種ホース等の製造・販売
          ②企業結合日
           2019年4月22日
          ③企業結合の法的形式
           結合当事企業が実施する第三者割当増資の引受
          ④結合後企業の名称
           変更ありません。
          ⑤その他取引の概要に関する事項
            当該連結子会社は、現在、土地取得・工場建設を行い、2019年第3四半期からの工場稼働に向け準備し
           ておりますが、工場建設竣工を迎えるにあたり、今後の資金需要を踏まえ、増資                                       61,672千中国元(9,200
           千米ドル)を実行し、資本金を               211,972千中国元(32,200千米ドル)とするものです。
            また、今回の増資は当社単独で引き受け、当社の持分比率を72%から80%に引き上げ、中国事業の更な
           る強化を図ります。
          (2)  実施した会計処理の概要

            「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事
           業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号平成25年9月13日)に基づき、共通支
           配下の取引等として、処理しております。
          (3)  関係会社出資金の追加取得した場合に掲げる事項

            取得原価及び対価の種類ごとの内訳
            取得の対価 現金         61,672千中国元(9,200千米ドル)
          (4)  関係会社出資金の追加取得に係る当社の持分変動に関する事項

           ①資本剰余金の主な変動要因
            関係会社出資金の追加取得
           ②関係会社出資金の追加取得によって減少する資本剰余金の金額
            7百万円
                                 20/23









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2018年1月1日               (自 2019年1月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      1株当たり四半期純利益                                188円07銭               113円12銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        2,698               1,623
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                        2,698               1,623
       利益(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                14,347               14,349
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

          当社は、     2 019年8月9日開催の取締役会において連結子会社であるNICHIRIN                               U.K.   LTD.   (以下「NUK」とい
         う)の生産を停止することを決議しました。
           1.  生産停止の経緯

             NUKは、顧客による四極体制(日本・北米・アジア・欧州)の要請により、当社グループの欧州拠点とし
            て1999年2月19日に設立しております。日系自動車メーカーの欧州拠点に対する受注拡大に伴い、業容
            も安定しておりましたが、2008年9月のリーマンショックによる世界規模でのリセッション以降、日系
            自動車メーカーは欧州での販売不振から次々と工場閉鎖を実施するなか、2013年からのJLRへの参入など
            も果たしてまいりましたが、英国のEUとの合意なき離脱の可能性が高まるなどの不透明感が増すととも
            に、最大顧客であるホンダ英国工場およびトルコ工場の2021年中の生産終了など、自動車メーカーの生
            産再編の動きに呼応し、リスク回避とともに、グループでの欧州事業の再編も視野に、NUKの生産につい
            ては、スペイン子会社をはじめとするグループ各社に順次移管し、同社での生産を2020年6月に停止す
            ることといたしました。
           2.生産停止の予定日

              2020年6月30日
           3.NUKの概要

            (1)  商号              NICHIRIN       U.K.   LTD.
            (2)  所在地     英国 マンチェスター市
            (3)  代表者     曽我 浩之
            (4)  事業内容    自動車用・二輪車用各種ホース類の製造・販売
            (5)  資本金              3,500千英ポンド
            (6)  売上高     20,265千英ポンド                 (2018年12月期)
            (7)  決算期     12月
            (8)  設立年月日   1999年2月19日
            (9)  出資比率    当社 100%
           4.業績への影響

             従業員の解雇に伴う費用として、1,000千英ポンド(130百万円)を当第3四半期連結会計期間に引き当
            てる見込みです。設備については、当社グループ会社での活用を計画しているため、減損損失による影
            響額は軽微であると判断しております。
      2【その他】

       2019年8月9日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
       (イ)配当金の総額………………………………………                        430  百万円
       (ロ)1株当たりの金額…………………………………30円
       (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2019年9月9日
      (注) 2019年6月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 21/23


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ニチリン(E01114)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2019年8月9日

     株式会社ニチリン

       取締役会 御中

                             有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              増村 正之  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              西方  実  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ニチリン

     の2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019年6月30
     日まで)及び第2四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
     ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書
     及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ニチリン及び連結子会社の2019年6月30日現在の財政状態並
     びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。