株式会社三井E&Sホールディングス 四半期報告書 第117期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第117期第1四半期(平成31年4月1日-令和1年6月30日)
提出日
提出者 株式会社三井E&Sホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年8月7日
      【四半期会計期間】                    第117期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
      【会社名】
                          株式会社三井E&Sホールディングス
      【英訳名】

                          Mitsui    E&S  Holdings     Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  岡 良一

      【本店の所在の場所】                    東京都中央区築地五丁目6番4号
      【電話番号】                    03(3544)3121
      【事務連絡者氏名】                    財務経理部長  三宅 一徳
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区築地五丁目6番4号
      【電話番号】                    03(3544)3121
      【事務連絡者氏名】                    財務経理部長  三宅 一徳
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/19













                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第116期           第117期
               回次               第1四半期           第1四半期            第116期
                             連結累計期間           連結累計期間
                              自2018年           自2019年           自2018年

                              4月1日           4月1日           4月1日
              会計期間
                              至2018年           至2019年           至2019年
                              6月30日           6月30日           3月31日
                     (百万円)             152,944           160,136           656,504
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)              3,034           3,979          △ 50,502
     親会社株主に帰属する四半期純
     利益又は親会社株主に帰属する               (百万円)               450          2,362          △ 69,599
     当期純損失(△)
                     (百万円)             △ 6,894          △ 1,568          △ 75,019
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             349,509           277,814           280,239
     純資産額
                     (百万円)             975,976           999,446           999,100
     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又
     は1株当たり当期純損失金額                (円)             5.57           29.23          △ 861.09
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             5.57           29.19             -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             24.0           15.9           16.0
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.第116期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの1株当
           たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当社グループは、当社及び当社の関係会社(連結子会社92社、持分法適用非連結子会社1社及び持分法適用関連会
       社48社)から構成されており、主な事業内容は、船舶、海洋開発、機械、プラント、社会インフラ、情報通信、その
       他の製品・部品並びにこれらに関連する設備の設計、製造、エンジニアリング、建設・据付、販売・修理及び保守保
       全を行っているほか、各種鋳造品の製造・販売、ソフトウェアの開発、不動産の賃貸及び各種サービス業などを営ん
       でおります。
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
                                  2/19







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
        なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであり
       ます。
       重要事象等

        当社グループは、前連結会計年度において、インドネシア共和国向け火力発電所土木建築工事における大幅な損失
       計上により2期連続の営業損失となりました。また、今後マイナスの営業キャッシュ・フローが見込まれることなど
       から継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在していると認識しております。
        このような状況のもと、当社グループは、当該重要事象を解消または改善するための対策として「三井E&Sグルー
       プ 事業再生計画」を定めました。事業再生計画の各施策を確実に実行していくことにより、事業構造の変革を進
       め、財務体質及び収益体質の強化を図ってまいります。
        なお、事業再生計画は取引金融機関にもご理解をいただいており、必要な資金調達もできていることなどから、継
       続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営成績の状況

        当第1四半期連結累計期間の世界経済は、米トランプ政権による保護主義の動きが強まり、米中を中心に交易・通
       商問題を巡る世界的な緊張がもたらされる状況になっております。米国では、良好な雇用・所得環境を背景にした個
       人消費の拡大や企業収益の増益基調が持続しておりますが、減税効果の剥落や中国向け追加関税の深刻化・長期化に
       よる景気の減速が懸念されております。欧州では、堅調な個人消費がユーロ圏景気を下支えしているものの、英国の
       EU離脱問題の混乱で先行きは不透明な状況にあります。また、中国などの新興国・資源国においても、米中貿易摩
       擦の影響に伴い景気の減速傾向が明確化し始めております。一方、わが国経済については、世界景気の減速で外需の
       下振れ懸念はあるものの、企業収益や雇用・所得環境の改善に伴い、設備投資の増加とともに個人消費に持ち直しが
       見られるなど、緩やかな景気の回復が続いております。
        このような状況下、当社グループは、17中計(2017年4月から2020年3月までの経営計画)の最終年度にあた
       り、当社グループが目指す将来像や方向性、2025年度までの今後の7年間にわたる会社のあり方を示す長期ビジョン
       「MES   Group   2025   Vision」の達成に向けて、「環境・エネルギー」、「海上物流・輸送」、「社会・産業インフ
       ラ」の3事業領域に注力し、「経営基盤の深化」と「グループ経営の深化」を進めてまいります。
        その経営改革の一環として、2018年4月1日より持株会社体制へ移行するとともに、社名を「株式会社三井E&S
       ホールディングス」に改めております。
        一方、エンジニアリング事業の海外EPCプロジェクトにおいて、大規模な損失が連続して発生したため、当社グ
       ループの財務基盤は著しく毀損し、自己資本の回復と資金の確保が急務となっております。そのため、新たに「三井
       E&Sグループ 事業再生計画」を策定し、財務基盤の健全化に向け、財務・収益体質の強化、および事業構造の変革
       を推し進めております。
        グループ事業の再編成により、グループの総合力発揮を加速することで、この難局を乗り切り、引き続きグループ
       の企業価値向上に向けて取り組んでまいります。
        当第1四半期連結累計期間の受注高は、前年同期と比べて319億97百万円減少の1,026億14百万円となりました。
        売上高は、前年同期と比べて             71 億 92 百万円増加の      1,601億36百万円        となりました。営業利益は、前年同期と比べて
       10億97百万円増加の         22億5百万円      となりました。経常利益は、             前年同期と比べて9億44百万円増加の                  39億79百万円      と
       なりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は、営業利益の増加及び非支配株主に帰属する四半期純損失の計上
       などにより、前年同期と比べて19億12百万円増加の                        23億62百万円      となりました。
        報告セグメント別の状況は次のとおりです。
       (船舶)

        受注高は、修繕船工事や小口工事などの受注を積み重ねましたが、建造船工事の受注が減少したことなどにより、
       前年同期と比べて43億69百万円減少の92億40百万円となりました。売上高は、手持ち工事の着実な進捗などにより、
       前年同期並みの230億24百万円(前年同期:226億7百万円)となりましたが、営業損失は為替相場が円高に振れたこ
       となどの影響により、前年同期と比べて8億83百万円悪化の16億35百万円となりました。
                                  3/19



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
       (海洋開発)
        受注高は、既存プロジェクトの仕様変更並びにオペレーションサービスなどの受注がありましたが、前年同期と比
       べて179億29百万円減少の121億18百万円となりました。売上高は、FPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設
       備)の建造工事の進捗などにより、前年同期と比べて112億92百万円増加の581億95百万円となりましたが、営業利益
       は、チャータープロジェクトが終了した影響などにより、前年同期と比べて11億35百万円減少の2億36百万円となり
       ました。
       (機械)

        受注高は、舶用ディーゼル機関などの受注により、前年同期並みの547億59百万円(前年同期:541億94百万円)と
       なりました。売上高は、アフターサービス事業などの増加により、前年同期と比べて22億13百万円増加の459億52百
       万円となり、営業利益は、前年同期と比べて85百万円減少の13億32百万円となりました。
       (エンジニアリング)

        受注高は、廃棄物処理施設の運営・整備事業などの受注がありましたが、前年同期と比べて107億89百万円減少の
       126億15百万円となりました。売上高は、風力発電所建設工事やバイオマス発電所建設工事などの減少により前年同
       期と比べて62億99百万円減少の159億11百万円となり、営業損益は、為替相場が円高に振れたことによる海外現地工
       事費の減少などにより、前年同期の11億18百万円の損失から11億92百万円の利益となりました。
      (2)財政状態の状況

        当第1四半期連結会計期間末の資産は、前連結会計年度末と比べ                               3 億 45 百万円増加の9,994億46百万円となりまし
       た。これは、短期貸付金が            349  億 81 百万円減少した一方、現金及び預金が                  233  億 63 百万円、仕掛品が        153  億 82 百万円そ
       れぞれ増加したことなどによります。
        負債は、未払法人税等が36億14百万円、受注工事損失引当金が77億21百万円、長期借入金が                                           102  億 10 百万円それぞ
       れ減少した一方、支払手形及び買掛金が                   44 億 41 百万円、1年内返済予定の長期借入金が67億21百万円、前受金が                              149
       億 17 百万円それぞれ増加したことなどにより前連結会計年度末と比べ                              27 億 70 百万円増加の      7,216億31百万円        となりま
       した。
        純資産は、利益剰余金が増加した一方、繰延ヘッジ損益や非支配株主持分が減少したことなどにより、前連結会計
       年度末と比べ      24 億 25 百万円減少の      2,778億14百万円        となりました。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
        「1 事業等のリスク」に記載のとおり、「三井E&Sグループ 事業再生計画」の各施策を確実に実行していくこ
       とにより、事業構造の変革を進め、財務体質及び収益体質の強化を図ってまいります。
      (4)研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発活動の金額は                                     6 億 27 百万円(当社グループ外から
       の受託研究等に係る費用           97 百万円を含む)であります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/19







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                                                  150,000,000

                普通株式
                                                  150,000,000

                  計
        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                              名又は登録認可金融               内容
                           (2019年8月7日)
               (2019年6月30日)                        商品取引業協会名
                                      東京証券取引所              単元株式数
                  83,098,717             83,098,717
       普通株式
                                      市場第一部               100株
                  83,098,717             83,098,717            -           -
        計
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)       (百万円)
     2019年4月1日~
                           83,098
                     -               -     44,384          -     18,154
     2019年6月30日
       (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/19







                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2019年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                   2019年6月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                             -            -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                       -            -            -
      議決権制限株式(その他)                       -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式        2,271,800           -            -

      完全議決権株式(その他)                   普通株式       80,549,400           805,494            -

                        普通株式          277,517          -            -
      単元未満株式
                              83,098,717           -            -
      発行済株式総数
                             -            805,494            -
      総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株(議決権10個)含まれ
         ております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年6月30日現在
                               自己名義       他人名義       所有株式数       発行済株式総数に
                               所有株式数       所有株式数       の合計       対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               (株)       (株)       (株)       の割合(%)
     株式会社三井E&Sホール             東京都中央区築地五丁目
                                2,271,800        -     2,271,800           2.73
     ディングス             6番4号
                        -        2,271,800        -     2,271,800           2.73
           計
      (注)株主名簿上は当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が、400株あります。なお、当該株式数
         は、上記「発行済株式」の「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式に含まれております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/19








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年4月1日から2019
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、有限責任           あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/19

















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        100,857              124,220
         現金及び預金
                                       ※2 225,765             ※2 229,622
         受取手形及び売掛金
                                         4,967              5,035
         商品及び製品
                                         42,294              57,676
         仕掛品
                                         8,439              9,553
         原材料及び貯蔵品
                                         41,038               6,056
         短期貸付金
                                         46,050              39,410
         その他
                                        △ 1,452             △ 1,467
         貸倒引当金
                                        467,959              470,107
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        245,736              245,729
          土地
                                         96,303              99,333
          その他(純額)
                                        342,040              345,063
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         11,616              11,186
          のれん
                                         17,874              17,619
          その他
                                         29,490              28,806
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        160,268              156,160
          その他
                                         △ 658             △ 691
          貸倒引当金
                                        159,609              155,468
          投資その他の資産合計
                                        531,140              529,338
         固定資産合計
                                        999,100              999,446
       資産合計
                                  8/19











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2019年3月31日)              (2019年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       ※2 190,955             ※2 195,397
         支払手形及び買掛金
                                         3,535              3,471
         短期借入金
                                        ※3 39,062             ※3 45,783
         1年内返済予定の長期借入金
                                         10,000              10,000
         1年内償還予定の社債
                                         11,846               8,232
         未払法人税等
                                         92,603              107,521
         前受金
                                         10,781               9,741
         保証工事引当金
                                         60,972              53,250
         受注工事損失引当金
                                         7,104              3,812
         その他の引当金
                                            2              3
         資産除去債務
                                         37,875              36,320
         その他
                                        464,740              473,534
         流動負債合計
       固定負債
                                         40,000              40,000
         社債
                                       ※3 112,020             ※3 101,809
         長期借入金
                                           463              487
         役員退職慰労引当金
                                         2,167              2,137
         その他の引当金
                                         13,104              13,286
         退職給付に係る負債
                                         1,878              1,805
         資産除去債務
                                         84,487              88,570
         その他
                                        254,121              248,096
         固定負債合計
                                        718,861              721,631
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         44,384              44,384
         資本金
                                         18,747              18,746
         資本剰余金
                                         67,812              70,368
         利益剰余金
                                        △ 4,759             △ 4,735
         自己株式
                                        126,185              128,763
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         3,365              2,784
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 6,065             △ 8,526
         繰延ヘッジ損益
                                         37,807              37,803
         土地再評価差額金
                                           740              201
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,488             △ 2,357
         退職給付に係る調整累計額
                                         33,359              29,905
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   205              186
                                        120,488              118,958
       非支配株主持分
       純資産合計                                 280,239              277,814
                                        999,100              999,446
      負債純資産合計
                                  9/19






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
      売上高                                   152,944              160,136
                                        138,995              144,752
      売上原価
                                         13,948              15,384
      売上総利益
                                         12,841              13,178
      販売費及び一般管理費
                                         1,107              2,205
      営業利益
      営業外収益
                                         1,316              1,666
       受取利息
                                           764              478
       受取配当金
                                           331             1,140
       持分法による投資利益
                                           848               -
       デリバティブ評価益
       貸倒引当金戻入額                                   180               -
                                           342              512
       その他
                                         3,783              3,797
       営業外収益合計
      営業外費用
       支払利息                                   730              723
                                           770              126
       為替差損
                                            -             818
       デリバティブ評価損
                                           356              354
       その他
                                         1,856              2,023
       営業外費用合計
                                         3,034              3,979
      経常利益
      特別利益
                                            6              9
       固定資産処分益
                                           28               -
       投資有価証券売却益
                                           34               9
       特別利益合計
      特別損失
                                           210               13
       固定資産処分損
                                           13              60
       減損損失
                                            -             310
       関係会社株式売却損
                                            0              -
       投資有価証券評価損
                                            -              43
       関係会社株式評価損
                                           151               -
       訴訟関連損失
                                           376              426
       特別損失合計
                                         2,692              3,562
      税金等調整前四半期純利益
                                         1,594              1,283
      法人税等
                                         1,097              2,278
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           647              △ 84
      に帰属する四半期純損失(△)
                                           450             2,362
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 10/19






                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)               至 2019年6月30日)
                                         1,097              2,278
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 436             △ 804
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 356             △ 156
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 7,132              △ 979
       為替換算調整勘定
                                           460              128
       退職給付に係る調整額
                                         △ 526            △ 2,034
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 7,992             △ 3,846
       その他の包括利益合計
                                        △ 6,894             △ 1,568
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 5,114             △ 1,087
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 1,779              △ 480
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/19















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
       (1)連結の範囲の重要な変更
          該当事項はありません。
       (2)持分法適用の範囲の重要な変更
          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        (税金費用の計算)
         税金費用について、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用
        後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。また、見積
        実効税率を使用できない場合は、税引前四半期純利益に一時差異等に該当しない重要な差異を加減した上で、法定
        実効税率を乗じて計算しております。
         なお、法人税等調整額は法人税等に含めて表示しております。
                                 12/19
















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
       1 保証債務について
       連結会社以外の会社の金融機関等からの借入及び契約履行等に対し、債務保証を行っております。
                前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間
               (2019年3月31日)                            (2019年6月30日)
     SEPIA   MV30   B.V.                        SEPIA   MV30   B.V.
                           11,441百万円                          15,248百万円
     LIBRA   MV31   B.V.                        AREA1   MEXICO    MV34   B.V.
                            6,439                          13,767
     T.E.N.    GHANA   MV25   B.V.                    LIBRA   MV31   B.V.
                            3,680                          5,399
     PRIMATE    SHIPPING     S.A.                    T.E.N.    GHANA   MV25   B.V.
                            1,849                          3,674
     三井化学㈱                             PRIMATE    SHIPPING     S.A.
                            1,247                          1,746
     CARIOCA    MV27   B.V.                       三井化学㈱
                             987                         1,168
     TUPI   PILOT   MV22   B.V.                     TARTARUGA     MV29   B.V.
                             931                         1,050
     CERNAMBI     NORTE   MV26   B.V.                   CARIOCA    MV27   B.V.
                             888                          981
     GUARA   MV23   B.V.                        TUPI   PILOT   MV22   B.V.
                             859                          931
     CERNAMBI     SUL  MV24   B.V.                    CERNAMBI     NORTE   MV26   B.V.          883
                             823
     その他                       3,091       その他                    4,220
              計             32,239              計             49,071
      前連結会計年度(2019年3月31日)

       上記のうち外貨による保証金額はUS$258,375千、THB1,216千であります。
       また、上記のほか持分法適用関連会社の金利スワップ取引について債務保証を行っております。なお、当該スワップ
      の時価のうち、当社持分相当額については、「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告
      第24号    平成20年3月10日)を適用したことに伴い、連結財務諸表に反映させております。
      当第1四半期連結会計期間(2019年6月30日)

       上記のうち外貨による保証金額はUS$415,933千、THB1,216千及びCNY3,986千であります。
       また、上記のほか持分法適用関連会社の金利スワップ取引について債務保証を行っております。なお、当該スワップ
      の時価のうち、当社持分相当額については、「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告
      第24号 平成20年3月10日)を適用したことに伴い、四半期連結財務諸表に反映させております。
      ※2 四半期連結会計期間末日満期手形

       四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。
       なお、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期連
      結会計期間末日残高に含まれております。
                             前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間
                            (2019年3月31日)                   (2019年6月30日)
     受取手形                              510百万円                   860百万円
     支払手形                              106                   108
      ※3 財務制限条項

       当社は金融機関とシンジケートローン契約及びコミットメントライン契約を締結しております。これらの契約には財
      務制限条項が付されており、主な内容は次のとおりであります。
       シンジケートローン(長期借入金、1年内返済予定の長期借入金)

       ・各事業年度の末日における連結及び単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、それぞれ一定の水準以上に維持する
        こと。
       ・格付機関による格付を一定の水準以上に維持すること。
       コミットメントライン(短期借入金)

       ・各事業年度の決算期(四半期を含む)の末日における連結及び単体の貸借対照表の純資産の部の金額を、それぞれ
        一定の水準以上に維持すること。
                                 13/19



                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
       当該契約に基づく借入金残高は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間
                            (2019年3月31日)                   (2019年6月30日)
     長期借入金                            15,480百万円                   15,480百万円
      (注)長期借入金には、1年内返済予定の長期借入金を含みます。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連
      結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおり
      であります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2018年6月30日)               至   2019年6月30日)
     減価償却費                               3,577百万円                  3,834百万円
     のれんの償却額                                296                  269
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
           配当金支払額
           該当事項はありません。
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)

           配当金支払額
           該当事項はありません。
                                 14/19












                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)
       1 . 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期
                       報告セグメント
                                                        連結損益
                                         その他          調整額
                                                        計算書
                                              合計
                                        (注)1          (注)2
                                                        計上額
                             エンジニアリング
              船舶    海洋開発      機械           計
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客へ
              22,607     46,903     43,739      22,211     135,461      17,483     152,944        -  152,944
      の売上高
      セグメント間
               1,429       -   5,129       102    6,661     1,916     8,578    ( 8,578   )     -
      の内部売上高
      又は振替高
              24,037     46,903     48,868      22,313     142,123      19,400     161,523      ( 8,578   )  152,944
        計
     セグメント利益
     又はセグメント          △ 752    1,372     1,417     △ 1,118      918     189    1,107       -   1,107
     損失(△)
     その他の項目
                 -     -     -      -     -     -     -     13     13
      減損損失
         (注)1    . 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、陸上用ディーゼル発電プ
              ラント事業、輸送用機器関連事業、システム開発事業、不動産賃貸業、各種サービス業等を含めてお
              ります。
            2 . 減損損失の調整額13百万円は、全社にかかる減損損失になります。
            3 . セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
         「セグメント情報         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報」に記載のとおりで
         す。
        (のれんの金額の重要な変動)

          該当事項はありません。
        (重要な負ののれん発生益)

          該当事項はありません。
                                 15/19








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
       1 . 報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                        四半期
                       報告セグメント
                                                        連結損益
                                         その他          調整額
                                                        計算書
                                              合計
                                        (注)1          (注)2
                                                        計上額
                             エンジニアリング
              船舶    海洋開発      機械           計
                                                        (注)3
     売上高
      外部顧客へ
              23,024     58,195     45,952      15,911     143,084      17,052     160,136        -  160,136
      の売上高
      セグメント間
                759      -   1,776       336    2,873     2,484     5,357    ( 5,357   )     -
      の内部売上高
      又は振替高
              23,784     58,195     47,729      16,248     145,957      19,536     165,494      ( 5,357   )  160,136
        計
     セグメント利益
     又はセグメント         △ 1,635      236    1,332      1,192     1,125     1,079     2,205       -   2,205
     損失(△)
     その他の項目
                50      -     -      3     54      -     54      5     60
      減損損失
         (注)1    . 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、陸上用ディーゼル発電プ
              ラント事業、輸送用機器関連事業、システム開発事業、不動産賃貸業、各種サービス業等を含めてお
              ります。
            2.減損損失の調整額5百万円は、全社にかかる減損損失になります。
            3.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
         「セグメント情報         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報」に記載のとおりで
         す。
        (のれんの金額の重要な変動)

          該当事項はありません。
        (重要な負ののれん発生益)

          該当事項はありません。
                                 16/19








                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
       は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                 至 2018年6月30日)                至 2019年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                  5円57銭               29円23銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                          450               2,362
       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                          450               2,362
       利益金額(百万円)
                                        80,829                80,831
       普通株式の期中平均株式数(千株)
     ( 2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 5円57銭               29円19銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -                -
       (百万円)
                                          129                120
       普通株式増加数(千株)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜
                                          -                -
     在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
     あったものの概要
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 17/19











                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                               株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年8月7日

     株式会社三井E&Sホールディングス

      取締役会 御中

                         有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             武久 善栄        印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             山田  真        印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             武田 芳明        印
                         業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社三井E&S

     ホールディングスの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年4月1日
     から2019年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年4月1日から2019年6月30日まで)に係る四半期連結財
     務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
     レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社三井E&Sホールディングス及び連結子会社の2019年6月30日
     現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク