株式会社ソラスト 有価証券報告書 第51期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第51期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ソラスト

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                 有価証券報告書

      【根拠条文】                 金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                 関東財務局長
      【提出日】                 2019年6月28日
      【事業年度】                 第51期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                 株式会社ソラスト
      【英訳名】                 Solasto    Corporation
      【代表者の役職氏名】                 代表取締役社長  藤河 芳一
      【本店の所在の場所】                 東京都港区港南一丁目7番18号
      【電話番号】                 03-3450-2610(代表)
      【事務連絡者氏名】                 執行役員 財務経理・コーポレートコミュニケーション本部長 原田 圭一
      【最寄りの連絡場所】                 東京都港区港南一丁目7番18号
      【電話番号】                 03-3450-2610(代表)
      【事務連絡者氏名】                 執行役員 財務経理・コーポレートコミュニケーション本部長 原田 圭一
      【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所
                       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第47期       第48期       第49期       第50期       第51期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         60,181       63,070       65,413       74,329       84,251
     売上高
                   (百万円)          2,673       3,308       3,626       4,164       5,011
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)          1,451       1,993       2,473       2,710       3,506
     純利益
                   (百万円)          1,490       1,891       2,507       2,817       3,507
     包括利益
                   (百万円)          8,584       8,475       10,257       11,871       13,936
     純資産額
                   (百万円)         24,759       22,541       23,802       37,665       45,798
     総資産額
                    (円)        101.22        99.94       112.55       127.15       148.00
     1株当たり純資産額
                    (円)         17.12       23.50       28.51       29.53       37.50
     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -      26.38       28.75       37.10
     当期純利益
                    (%)         34.7       37.6       43.1       31.5       30.4
     自己資本比率
                    (%)         16.5       23.4       26.4       24.5       27.2
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -      18.3       33.3       33.2
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)          2,175       1,959       3,086       5,068       5,153
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)         △ 2,730       △ 224      △ 832     △ 6,375      △ 2,404
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)           356     △ 3,511      △ 2,119       3,018      △ 1,215
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)          7,608       5,831       5,966       7,678       9,211
     残高
                            13,462       23,288       23,747       25,318       25,996
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 10,944   )    ( 1,824   )    ( 2,106   )    ( 2,593   )    ( 2,796   )
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第47期及び第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在しておりますが、当
           社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。また、第49期は、当社株式
           が2016年6月29日に東京証券取引所市場第一部に上場したため、新規上場日から第49期の末日までの平均株
           価を期中平均株価とみなして算定しております。
         3.第47期及び第48期の株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.2015    年12月22日開催の取締役会決議により、2016年1月26日付で普通株式1株につき300株の割合で、2018
           年5月25日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を
           行っておりますが、第47期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当
           期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
                                   2/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         5.従業員数は就業人員(常勤及び非常勤勤務者)であり、( )内に登録型派遣、アルバイト、嘱託及び契約
           社員の期中平均人員を外数で記載しております。2017年4月1日より、当社において社員区分の体系及び名
           称を見直したことに伴い、第49期より、常勤勤務者に加えて非常勤勤務者を就業人員に含めて記載しており
           ます。なお、第48期の従業員数も同様の基準で算出しており、従来の基準における従業員数は13,728
           (11,318)人であります。
         6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計
           年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡っ
           て適用した後の指標等となっております。
         7.第51期より金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更しております。
           なお、比較を容易にするため、第50期以前についても百万円単位に組替えて表示しております。
                                   3/109

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第47期       第48期       第49期       第50期       第51期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         59,200       60,445       65,049       70,172       73,274
     売上高
                   (百万円)          2,645       3,174       3,657       4,100       4,284
     経常利益
                   (百万円)          1,466       2,000       2,506       2,785       3,133
     当期純利益
                   (百万円)          6,275        300       478       548       572
     資本金
                    (株)        94,234     28,270,200       30,378,900       31,116,900       94,125,600
     発行済株式総数
                   (百万円)          8,693       8,679       10,460       12,047       13,738
     純資産額
                   (百万円)         24,255       22,535       23,746       35,074       38,338
     総資産額
                    (円)        102.50       102.34       114.78       129.04       145.90
     1株当たり純資産額
                          36,627.00         35.39       43.00       45.00       19.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( - )    ( 17.69   )    ( 20.00   )    ( 21.00   )     ( 8.00  )
     額)
     1株当たり当期純利益              (円)         17.29       23.58       28.90       30.35       33.51
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -      26.74       29.55       33.15
     当期純利益
                    (%)         35.8       38.5       44.1       34.3       35.8
     自己資本比率
                    (%)         16.4       23.0       26.2       24.8       24.3
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -      18.0       32.4       37.2
     株価収益率
                    (%)         235.4        50.0       49.6       49.4       56.7
     配当性向
                            13,182       23,270       23,609       23,732       23,806
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      ( 10,667   )    ( 1,823   )    ( 2,105   )    ( 2,472   )    ( 2,727   )
                    (%)          -       -      100.0       191.9       245.7
     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                    (%)          ( - )      ( - )    ( 100.0   )    ( 115.9   )    ( 110.0   )
     TOPIX)
                                                         1,497
                    (円)          -       -      1,642       3,130
     最高株価
                                                        (4,025)
                                                          967
                    (円)          -       -       912      1,383
     最低株価
                                                        (2,737)
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第47期及び第48期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在しておりますが、当
           社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。また、第49期は、当社株式
           が2016年6月29日に東京証券取引所市場第一部に上場したため、新規上場日から第49期の末日までの平均株
           価を期中平均株価とみなして算定しております。
         3.第47期及び第48期の株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4 .当社は、     2016年1月26日付で普通株式1株につき300株の割合で、また、2018年7月1日付で普通株式1株
           につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株
           式調整後1株当たり当期純利益は、第47期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し算定しております。
         5.第48期の1株当たり中間配当額は、2016年1月26日付の普通株式1株につき300株の株式分割が第48期の期
           首に行われたと仮定し記載しております。なお、第47期の1株当たり中間配当額については、中間配当を実
           施していないため、記載しておりません。
         6.第51期の最高株価及び最低株価は、2018年7月1日付で行われた株式分割後の金額を記載しており、( )
           内に当該株式分割前の金額を記載しております。
                                   4/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         7.従業員数は就業人員(常勤及び非常勤勤務者)であり、( )内に、登録型派遣、アルバイト、嘱託及び契
           約社員の期中平均人員を外数で記載しております。2017年4月1日より、社員区分の体系及び名称を見直し
           たことに伴い、第49期より、常勤勤務者に加えて非常勤勤務者を就業人員に含めて記載しております。な
           お、第48期の従業員数も同様の基準で算出しており、従来の基準における従業員数は13,709(11,314)人で
           あります。
         8.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものです。なお、2016年6月29日付で同
           取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株主総利回り、比較指標、最高株価及び最低株価につい
           ては該当事項はありません。
         9.第51期より金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変更しております。
           なお、比較を容易にするため、第50期以前についても百万円単位に組替えて表示しております。
                                   5/109

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
       1965年10月        医療事務管理者養成のための通信教育事業等を目的として日本医療経営協会(個人経営)を創
               業。
       1968年10月        資本金250千円の株式会社日本医療経営新社に改組、本社を東京都台東区東上野に置く。
       1972年4月        医療事務通学教育を開始。
       1979年4月        医事業務全面受託を開始。
       1980年11月        株式会社日本医療事務センターに商号を変更。
       1984年3月        本社を東京都台東区台東に移転。
       1986年7月        労働者派遣法の施行と同時に医療関連業務の人材派遣事業について労働大臣許可を取得。
       1988年7月        医事コンサルティング業務受託開始。
       1992年11月        日本証券業協会より店頭登録銘柄として承認。
       1993年2月        調剤薬局事業を営む子会社を設立し、調剤薬局事業を開始。
       1995年5月        SPD方式による院内物流業務受託開始。
       1996年7月        本社を東京都千代田区神田佐久間町に移転。
       1998年1月        ホームヘルパー養成講座(2級課程)を開設。
       1999年1月        訪問介護ステーションを台東区に開設し、介護事業を開始。
       2002年11月        東京都認証保育所を江戸川区に開設し、保育事業を開始。
       2002年12月        東京証券取引所市場第二部上場。
       2003年1月        通所介護事業開始。
       2003年4月        診療報酬請求事務技能の認定業務を営む株式会社技能認定振興協会を設立。
       2004年7月        医療関連受託事業を営む株式会社アイ・エム・ビイ・センターの株式を取得し子会社化。
       2005年5月        グループホーム運営を開始。
       2009年5月        株式会社ファーコスの全株式を株式会社スズケンに譲渡し、調剤薬局事業から撤退。
       2011年4月        特例子会社 株式会社NICフォルテ(現 株式会社ソラストフォルテ)を設立。
       2012年2月        MBOにより東京証券取引所市場第二部の上場廃止。
       2012年4月        親会社 エヌ・シー・ホールディングス株式会社を吸収合併。
       2012年10月        医療関連受託事業を営む子会社 株式会社アイ・エム・ビイ・センターを吸収合併。
               株式会社ソラストに商号を変更。
       2013年11月        本社を東京都港区に移転。
       2014年4月        人材の採用及び育成強化を一元的に推進するため、キャリアセンターを新設。
       2014年12月        介護事業を営む株式会社ココチケアの株式を取得し子会社化。
       2015年11月        大東建託株式会社、インフォコム株式会社と業務提携契約を締結。
       2016年2月        介護事業を営む子会社 株式会社ココチケアを吸収合併。
       2016年4月        ICT活用を推進するため、ICTビジネスディベロップメントセンターを設立。
       2016年6月        東京証券取引所市場第一部上場。
       2017年5月        東邦ホールディングス株式会社と業務提携契約を締結。
       2017年10月        介護事業を営むベストケア株式会社の株式を取得し子会社化。
       2017年11月        介護事業を営む株式会社日本ケアリンクの株式を取得し子会社化。
       2018年12月        介護事業を営む株式会社オールライフメイトの株式を取得し子会社化。
       2019年4月        介護事業を営むなごやかケアリンク株式会社の株式を取得し子会社化。
                                   6/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社(株式会社ソラスト)及び当社の関係会社(子会社10社及び関連会社1社)により構成さ
       れ、医療関連受託事業及び介護・保育事業を中心に事業を展開しています。
        当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは、次のとおりです。なお、以下に示す区
       分は、セグメントと同一の区分です。
       (1)医療関連受託事業

         当社において       、1,300以上の医療機関を対象に全国で                  医療事務関連業務、医事周辺業務、病院経営支援業務等
        を、業務受託及び人材派遣によって行っています。
        ① 当社の提供する主なサービスの内容

          区分                         サービスの内容
                  受付業務、クラーク業務、会計業務、外来・入院算定業務、診療報酬請求業務、DPC関連
     医療事務関連業務
                  業務、他
     医事周辺業務            医師事務作業補助業務、宿日直業務、看護補助業務、院内物流業務、他
                  病院経営コンサルティング、病院事務運営、診療情報管理支援、IT関連サービス、地域連
     病院経営支援業務
                  携支援、他
     その他            医療事務や病院経営分野の各種調査・分析、資料作成、講演・研修、他
        ②   当社と取引する病院契約数の推移

                          2014年度       2015年度       2016年度       2017年度       2018年度
     病院契約数(件)                        718       721       743       739       738
      (注)1.     病床数20床以上の入院施設を持つ医療機関を病院として区分しています。
         2.病院契約数は、当年度中に売上高が計上された病院数の合計です。
                                   7/109












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (2)介護・保育事業
         当社グループにおいて、主に関東圏・名古屋圏・関西圏で訪問介護(ホームヘルプサービス)や通所介護(デイ
        サービス)等の在宅介護サービスを核に、居宅介護支援、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、短期入
        所生活介護(ショートステイ)、特定施設入居者生活介護(介護付有料老人ホーム)、都市型軽費老人ホーム(ケ
        アハウス)、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅等の多様な介護サービスの提供を行っていま
        す。
         また、当社において、東京都認証保育所を中心に、認可保育所、病後児保育室等の保育サービスの提供を行って
        います。
        ① 当社グループが運営する介護事業所数の推移

                          2015年       2016年       2017年       2018年       2019年
                          3月末       3月末       3月末       3月末       3月末
     訪問介護(ホームヘルプサービス)                         54       54       63       68       66
     通所介護(デイサービス)                         51       51       58       103       102

                              56       55       58       64       64

     居宅介護支援
     認知症対応型共同生活介護
                              19       20       24       53       67
     (グループホーム)
     短期入所生活介護(ショートステイ)                         6       6       6       16       16
                               5       5       5       12       23

     有料老人ホーム
                               ▶       ▶       5       ▶       ▶
     サービス付き高齢者向け住宅
                               6       6       7       18       18
     小規模多機能型居宅介護
     都市型軽費老人ホーム(ケアハウス)                         10       11       12       12       12
                               7       7       8       11       11

     その他
                             218       219       246       361       383
              合計
     (注)1.     施設数には、各年度中における新設、閉鎖及びM&A(事業譲受や子会社化等)による増減を反映していま
          す。
        2.訪問介護(ホームヘルプサービス)の事業所数には、家事代行が含まれています。
        3.その他には訪問看護、福祉用具貸与・販売、定期巡回・随時対応型訪問介護看護等が含まれています。
        ② 当社が運営する保育施設数の推移

                          2015年       2016年       2017年       2018年       2019年
                          3月末       3月末       3月末       3月末       3月末
                              13       13       13       14       14
     保育所
       (3)その他

         当社において、企業・団体顧客・個人向け医療事務関連講座、介護関連講座等の教育・トレーニングの提供を
        行っています。また、株式会社技能認定振興協会において、それらに係る技能認定試験業務を行っています。
                                   8/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        (事業系統図)
         当社及び当社グループの各事業の関わりを事業系統図によって示すと次のとおりです。
                                   9/109




















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所有
                          資本金      主要な事業の内容
                                         割合又は被所
         名称          住所                                 関係内容
                         (百万円)      (注)1
                                         有割合(%)
     (連結子会社)

     ㈱オールライフメイト

                                            100.0
                 東京都豊島区            395   介護・保育事業                資金援助あり
     (注)2
     ベストケア㈱                                       100.0    -

                 愛媛県松山市             50   介護・保育事業
                                            100.0

     ㈱住センター           東京都港区             40   介護・保育事業                資金援助あり
                                            100.0

     ㈱日本ケアリンク           東京都千代田区             10   介護・保育事業                資金援助あり
     ㈱JAWA                                       100.0

                 愛媛県松山市             10   介護・保育事業                資金援助あり
                                                 役員の兼任あり

                                            100.0
     ㈱ピナクル           大阪府大阪市             10   介護・保育事業
                                                 資金援助あり
                                            100.0

     ㈱ケアフェリーチェ           愛知県名古屋市             10   介護・保育事業                資金援助あり
     ㈱ティー・エム・メ

                 京都府向日市             3  介護・保育事業            100.0    資金援助あり
     ディカルサービス
                                                 当社が事務の一部を受託
                             10               100.0
     ㈱技能認定振興協会           東京都千代田区               その他
                                                 役員の兼任あり
     (その他の関係会社)
                                建設事業、不動産
     大東建託㈱
                                         被所有
                                                 業務提携
                           29,060
                 東京都港区               事業、金融事業、
                                             33.8
     (注)3                                           役員の兼任あり
                                その他
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しています。
         2.特定子会社に該当しています。
         3.  有価証券報告書を提出しています。
                                  10/109










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)
                                               20,402    ( 1,648   )

     医療関連受託事業
                                                5,441    ( 1,139   )
     介護・保育事業
                                                 27    ( 2 )
     その他
     全社(共通)                                           126     ( 7 )
                                               25,996    ( 2,796   )

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員(常勤及び非常勤勤務者)であり、( )内に登録型派遣、アルバイト、嘱託及び契約
           社員の期中平均人員を外数で記載しています。
         2.2018年4月1日付の組織改編に伴い、2018年度からは、従来「その他」に含めていた採用・育成業務の従業
           員数を「全社(共通)」に区分変更しています。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものです。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          23,806    ( 2,727   )             43.6              12.1             5,662

      (注)1.従業員数は就業人員(常勤及び非常勤勤務者)であり、( )内に登録型派遣、アルバイト、嘱託及び契約
           社員の期中平均人員を外数で記載しています。
           当社の従業員は、本社・支社、事業部等で勤務する総合職社員と医療機関(病院・診療所)内、介護事業所
           及び保育施設で勤務する専門職社員に大きく分類されます。総合職社員と専門職社員では、勤務体系、給与
           体系、平均勤続年数等が異なるため、平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与は、総合職社員のうちの常
           勤勤務者603人について表示しています。なお、従業員全体の平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与
           は、それぞれ43.1歳、6.0年、2,085千円です。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいます。
                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                               20,402    ( 1,648   )
     医療関連受託事業
                                                3,256    ( 1,071   )
     介護・保育事業
                                                 22    ( 1 )
     その他
     全社(共通)                                           126     ( 7 )
                                               23,806    ( 2,727   )

                  合計
      (注)1.     2018年4月1日付の組織改編に伴い、2018年度からは、従来「その他」に含めていた採用・育成業務の従業
           員数を「全社(共通)」に区分変更しています。
         2.  全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものです。
       (3)労働組合の状況

         当社の労働組合は「ソラストユニオン」と称し、全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟(UAゼンセ
        ン)に加盟しています。なお、労使関係はきわめて良好です。
                                  11/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日2019年6月28日現在において当社グループが判断したもので
       す。
        なお、当社グループの経営環境については、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要                                ②経営成績の状況        」をご参照下さい。
       (1)  経営方針

         当社は、<企業理念>によって事業の礎となる価値観と使命を定め、お客さま、取引先、従業員、社会、株主に
        対する<ステークホルダーへの約束>でその実現に対するコミットメントを示しています。
         <企業理念>

                             私たちは
                           人を「元気」にし、
                       パートナーを「元気」にし、
                          社会を「元気」にすることで
                        一人ひとりの生活を豊かにし、
                        希望のある未来づくりのために
                       お客さまとともに歩みつづけます。
         <ステークホルダーへの約束>

          お客さまへ
          私たちはプロフェッショナルとして、責任感をもってお客さまのニーズにこたえます。そして、私たちのサー
          ビスを利用される一人ひとりと誠実に向き合い、クオリティオブライフの向上に貢献し続けます。
          ビジネスパートナーの皆さまへ
          私たちはビジネスパートナーの皆さまと互いに尊重し合い、ともに考え、ともに歩み、ともに発展することを
          目指します。
          ともに働く仲間たちへ
          私たちは明るくやりがいがあり、誇りを持って働ける公正で開かれた職場づくりを目指します。
          地域・社会へ
          私たちはサービスの提供と多様な働き方を通じて豊かな暮らしの実現と地域社会の発展に貢献します。
          株主の皆さまへ
          私たちは健全かつ透明性が高い経営を推進し、企業価値の向上と持続的な成長を目指します。
                                  12/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (2)  経営戦略等
         当社は、<ステークホルダーへの約束>の実現に向けての具体的戦略と展望を<経営ビジョン>として掲げてお
        り、これら<企業理念><ステークホルダーへの約束><経営ビジョン>の実現を通して、企業価値の継続的な増
        大を目指します。
         <経営ビジョン>

          ソラストーリー、始まる。
          医療事務・介護・保育をもっと新しく、働く女性をもっと美しく。
          VISION2030

           ・顧客ニーズを満たし、サービスクオリティーを飛躍的に高める、医療事務・介護・
            保育のイノベーションリーダー
           ・未来のサービスモデルを志向し、社員一人一人が最新のITを活用するサービス業
            のデジタルカンパニー
           ・常に成長し、高い業績を通じて全てのステークホルダー(顧客、社員、株主、ビジ
            ネスパートナー)と地域社会の未来に貢献する会社
           ・人材投資と新しい働き方で、生産性と処遇改善を実現し、自分らしいワークライフ
            バランスと生涯キャリアが実現できる会社
           ・コンプライアンスを重んじ、医療・介護・保育にふさわしい「やさしさ」と「安
            心」がある会社
           売上高                           3,000億円    営業利益  200億円

            内訳 医療関連受託事業                1,000億円
               介護事業     1,500億円
               新規事業                      500億円
       (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

         経営ビジョンの実現に向けて、以下の取り組みを推進します。
          ①積極的なM&Aの活用による成長の加速

           ・全ての事業の成長に                 M&Aを積極的に活用
           ・買収後の統合プロセスへの適切な資源配分による早期のシナジー実現
          ②ICTの活用によるクオリティーと生産性の改善

           ・本社部門を含む全ての事業、プロセスにおいてIT化を推進
           ・プロセス改革による業務の大幅な効率化
          ③定着率の向上

           ・人に関する総合的な取り組みを継続・強化
           ・働きやすい・働き続けたい職場環境づくりの推進
          ④経営体制の強化

           ・組織・ガバナンス・マネジメント力の継続的な強化
         なお、当社は、2019年5月14日、中部地区(医療事業本部)における医療事務受託業務及び診療報酬明細書点検

        業務に関して独占禁止法違反の疑いがあるとして、公正取引委員会の立入検査を受けました。
         当社は、公正取引委員会による調査に対して全面的に協力してまいります。
                                  13/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業等に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主
       な事項を記載しています。なお、当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び万
       一発生した場合でも業績及び財務状況の与える影響を最小限にすべく、具体的施策を検討、実施しています。
        本項においては、将来に関する事項が含まれていますが、当該事項は有価証券報告書提出日2019年6月28日現在に
       おいて判断したものです。
      (1)業界環境に関するリスクについて

        ①業界の動向及び競合他社
         (医療関連受託事業)
          当社グループの主たる顧客である医療機関は、2年に1度実施される診療報酬の改定や、現在推進されている
         医療制度改革等により、その経営に影響を受けることがあります。さらに、医療事務関連に対するアウトソーシ
         ング及び業務のIT化の流れも、業務受託機会、受託内容に影響を及ぼす可能性があります。
          また、同事業においては、高度な専門的知識が要求され、他事業に比べて参入障壁が高いと認識しております
         が、これらに対応できる事業者が現れた場合、競合環境が変化する可能性があります。
          従って、これらの事業環境の変化は当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
         (介護事業)

          介護保険制度は、2000年4月の施行以来、在宅サービスを中心にサービス利用者が急速に拡大する中で、老後
         の安心した生活を支える仕組みとして定着してきました。また、今後を展望すると「団塊の世代」が高齢期を迎
         え、介護サービスの利用者は増加基調が続くと予想されます。このため、介護関連ビジネスの市場規模は今後も
         拡大することが予測されており、毎年多くの法人が介護市場に新規参入しています。従って、今後の競争激化に
         伴い、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ② 介護・保育事業施設の新規開設

          当社グループでは開設にあたり綿密なマーケットリサーチを行い、介護施設や保育施設の新規開設を進めてい
         ますが、好立地に物件を確保できない場合や、事業環境の変化及び経済的要因により開設事業計画に大幅な乖離
         が生じた場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ③社会保険制度の改正

          当社グループでは、2万人以上の社員を雇用しており、常勤社員及び一部非常勤社員については健康保険や厚
         生年金、雇用保険等の社会保険を適用しています。少子高齢化等の人口動態を背景に社会保険料率が今後も上昇
         し、事業主負担が増加する可能性があります。
          当社グループでは、特に医療関連受託事業におけるコスト増への対応として、業務の一層の効率化に努めると
         ともに、適正な価格での受注を推進しています。しかしながら、上記の施策が想定通りに進行せず、コスト増の
         影響を充分に吸収できない場合には、収益の圧迫要因となり、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える
         可能性があります。
      (2)事業内容に関するリスクについて

        ①人材の確保・育成
          当社グループの主たる事業は、人材によるサービスの提供によるものであり、事業規模を維持・拡大していく
         ためには、それに見合う人材の確保と育成が必須となります。
          医療関連受託事業では、取引先医療機関からの様々なニーズに対応可能な専門性の高い医療事務スタッフを当
         社グループが受託する業務量の増減に応じて確保・育成していく必要があります。
          介護・保育事業では、介護職員及び保育士が慢性的に不足している中、着実に人材を確保し、併せて質の高い
         人材を育成していく必要があります。また介護・保育事業は、指定サービス事業者となるために、人員基準及び
         設備基準が厚生労働省令及び各自治体条例で規定されています。当社の施設はすべて基準を満たすように細心の
         注意を払っていますが、今後、欠員が生じた場合や基準の変更により追加的な人員補充が必要となった場合にお
         いて、新たな人材の確保ができない等、人員基準を満たせなくなった場合には、現在提供しているサービスを継
         続することができなくなる可能性があります。
                                  14/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          当社グループでは、人材採用と育成に積極的に取り組んでいるほか、コミュニケーションや処遇改善等の施策
         に総合的に取り組むことで、定着率の向上や事業の展開に資する人材の安定確保に努めています。しかしなが
         ら、上記の施策にもかかわらず、人材確保が計画通りに遂行できなかった場合、当社グループの業績及び財務状
         況に影響を与える可能性があります。
        ②個人情報

          当社グループでは、医療関連受託事業においては患者情報、介護・保育事業においては介護利用者及び保育園
         児の情報、教育事業においては受講者の情報等、多くの個人情報を取り扱っています。従いまして、当社グルー
         プは、個人情報の保護を経営の重要な課題として認識しており、個人情報保護方針を策定し、計画的に社員教育
         を実施する等、社内体制の強化を図り、個人情報漏えいの防止に努めています。しかしながら、万が一、個人情
         報漏えい等の不測の事態が生じた場合は、社会的信用失墜や損害賠償責任の発生等により、当社グループの業績
         及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ③お客様の安全管理・健康管理・事件事故対策

          当社グループの介護サービス利用者は高齢者が多いことから、転倒や誤嚥等によって利用者の生命に関わる重
         大な事故に発展する可能性があります。通所介護(デイサービス)、グループホーム及び有料老人ホーム等にお
         いては、食事や入浴等の介護サービスが行われており、食中毒、集団感染等の危険度は相対的に高いと考えられ
         ます。また、介護・保育事業は当社の社員が高齢の利用者や園児に対して、長時間直接的に役務を提供してお
         り、虐待や暴力行為が発生する可能性が相対的に高いと考えられます。
          当社グループは、介護手順や事件事故防止対策等について、長年の実績に基づいた業務のマニュアル化や社員
         の訓練を行っています。
          しかしながら、万が一、事件事故や食中毒等が発生し、当社の管理責任が問われた場合には、各施設における
         事業の存続に重大な影響を受け、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
          また、保育所の運営に関しては、上記と同様に万全の体制で臨んでいますが、万が一重大な事件事故が発生し
         た場合やその他保育所の運営上における何らかのトラブルが発生した場合には、各施設における事業の存続に重
         大な影響を受け、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ④サービスの継続性

          当社グループの事業の性格上、サービス提供の継続性が強く求められています。従って、業績が改善されない
         事業所があった場合でも、収益性の観点だけで直ちに撤退することが困難な場合があります。
        ⑤長期賃貸借契約

          介護・保育事業における事業所・保育所の開設にあたっては、土地及び建物等の設備投資が必要であることか
         ら投資リスクが生じます。当該リスクを抑制するために、各施設の展開は賃借を基本とした設備投資戦略を採用
         しています。このため、投資リスクは抑制されるものの、一定期間は撤退の制約が課せられ、これに反した場合
         は中途解約による違約金等の支払が発生し、当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
          また、土地及び建物の所有者である法人、個人が破綻等の状況に陥り、継続的使用や債権の回収が困難となっ
         た場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ⑥M&A

          当社は、同業他社等に対するM&A(子会社化や事業譲受等)を実施することにより当社グループの事業を補
         完・強化することが可能であると考えており、M&Aを積極的に推進しています。その際、対象企業や事業の状
         況及び財務、税務、法務等について詳細なデューデリジェンスを行う等、意思決定のために必要かつ十分と考え
         られる情報収集、精査、検討を実施することで可能な限りのリスク回避に努めています。
          しかしながら、M&A後において、当社が認識していない問題が明らかになった場合や、何らかの事由により
         事業展開が計画通りに進まない場合、対象企業の株式価値や譲受資産の減損処理を行う必要が生じる等、当社グ
         ループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
          また、市場環境や業界全体の事業環境によって、M&Aの対象となり得る案件の業績や買収価格が変化して
         M&Aの実施件数が計画通りに進まなかった場合にも当社グループの業績に影響を与える可能性があります。
                                  15/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      (3)法的規制・訴訟に関するリスクについて
        ①労働者派遣法
          医療関連受託事業においては業務請負が主な形態となっていますが、顧客(医療機関)の需要にきめ細かく対
         応するため、一部の業務において労働者派遣を行っています。
          労働者派遣事業の許認可や派遣可能な業務・期間等は、「労働者派遣法」及び関連諸法令の規制を受けていま
         す。当社は、「労働者派遣法」に基づく労働者派遣事業許可を取得しており、「労働者派遣法」には、派遣事業
         を行う事業主が欠格事由及び当該許可の取消事由に該当した場合に、期間を定めて当該労働者派遣事業の全部ま
         たは一部の停止を命じることができる旨が定められています。
          今後の「労働者派遣法」及び関係諸法令の改正または解釈の明文化等が行われた場合は、派遣売上に影響を及
         ぼす可能性があります。
        ②介護保険制度

          当社グループが行っている介護事業は、「介護保険法」に基づく介護サービスが中心となっており、「介護保
         険法」及び関連諸法令の規制を受けます。これらの介護サービスを行う事業者は、都道府県等各自治体の指定を
         受ける必要があります。「介護保険法」には、介護報酬の不正請求や人員、設備基準違反等当該指定の取消事由
         に該当した場合に指定を取り消すことができる旨が定められています。
          介護保険制度は、3年毎に制度全般の見直し及び介護報酬の改正が行われています。従いまして、介護保険収
         入の割合が高い同事業は、法改正の影響を受けやすい特徴があります。
          当社グループは、訪問介護や通所介護(デイサービス)を中心とした在宅介護サービスに加え、有料老人ホー
         ムや介護保険適用外サービスの強化等により、法改正の影響を分散する取り組みを行っています。しかしなが
         ら、今後の制度の見直しや介護報酬の改定により、展開中の介護サービスへの規制強化や適用される介護報酬額
         が大幅に引き下げられた場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ③その他の法的規制

          当社グループは事業の遂行において、上記を含む様々な法律や規制の適用を受けており、これら法律・規制等
         を遵守すべく、社内体制の確立や社員教育等に重点的に取り組んでいます。しかしながら、当社グループに対し
         て訴訟や法的手続きが行われ、当社グループに不利な判決が下された場合や法的措置が課された場合、またその
         影響により当社グループの社会的信頼が喪失した場合には当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能
         性があります。
          なお、当社は「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (3)事業上及び財務上の
         対処すべき課題」に記載のとおり、2019年5月14日に独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会の立入検査を受け
         ています。本件に関し、法令違反行為があったと認められ行政処分等を受けた場合、その内容により当社グルー
         プの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
      (4)その他のリスクについて

        ①自然災害・感染症
          当社グループは、首都圏、名古屋圏、関西圏を中心に通所介護(デイサービス)や有料老人ホーム等の介護施
         設及び首都圏を中心に保育施設を運営しています。これらの施設は、地震、火災等不測の災害が発生した場合、
         介護利用者、保育園児や社員並びに施設の建物・設備等に被害が及ぶ可能性があります。また、感染症の流行や
         拡大により、施設の稼動ができなくなった場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があり
         ます。
        ②減損会計の適用

          当社グループ各社の保有する土地・建物について、今後、収益性が著しく低下した場合には、減損損失の計上
         が必要となり、当社グループの業績及び財務状況に影響を与える可能性があります。
        ③風評等の影響

          当社グループの事業においては、お客様をはじめ関係者の信用、評判が大きな影響力を持つと認識していま
         す。従いまして、当社では高い理念の下に細心の注意を払って事業を運営していますが、何らかの理由により当
         社の評判が損なわれた場合または当社に対する好ましくない風評が立った場合には当社グループの業績及び人材
         採用等に影響を与える可能性があります。
                                  16/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ④親会社等との関係
          当社は、2015年12月16日付で大東建託株式会社から出資を受け入れ、大東建託株式会社は当社発行済株式総数
         の33.8%(議決権比率ベース)を保有するその他の関係会社に該当しています。また、当社は大東建託株式会社
         の持分法適用関連会社となり、当社の社外取締役である内田寛逸氏は大東建託株式会社から招聘しています。
          当社グループの経営方針、事業展開等の重要事項の意思決定において、大東建託株式会社に対して承認や事前
         報告を要する事項はなく、独立性・自律性は保たれていると認識しています。また、大東建託株式会社は当社株
         式を中長期にわたって保有する意向であると認識しています。しかしながら、将来において、大東建託株式会社
         における当社株式の保有比率に大きな変動があった場合、あるいは大東建託グループの事業戦略が変更された場
         合等には、当社株式の流動性及び株価形成、並びに当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                  17/109


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
        経営者の視点による当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
       う。)の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日2019年6月28日現在において判断したものです。
         ①重要な会計方針及び見積り

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
         ています。これら連結財務諸表の作成にあたって、決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間における
         収益・費用の報告数値に影響を与える見積り及び仮定設定を行わねばなりません。経営者は、債権、たな卸資
         産、投資、繰延税金資産等に関する見積り及び判断について、継続して評価を行っており、過去の実績や状況に
         応じて合理的と思われる様々な要因に基づき、見積り及び判断を行っています。また、その結果は資産・負債の
         簿価及び収益・費用の報告数字についての判断の基礎となります。見積りには特有の不確実性が存在するため、
         実際の結果は、これら見積りと異なる場合があります。
         ②経営成績の状況

          当連結会計年度における当社グループを取り巻く事業環境は、以下のような状況や変化がありました。
          ・医療関連受託事業においては、病院を中心とした医療機関が医療事務を外部委託するというニーズが安定し
           て推移しました。
          ・介護事業においては、2018年4月に介護報酬が改定され、全体として0.54%のプラス改定となりました。ま
           た、国内の75歳以上人口は2018年に1,796万人となり、前年と比較して50万人増加しています。高齢化を背
           景に介護需要は着実に増加しています。
          ・有効求人倍率が高止まりし、地域、採用タイミング等による違いはあるものの、適時適切な人材の採用は、
           医療事務・介護・保育業界全体の重要課題となっています。
          このような事業環境の中、生産性とクオリティーの改善に向けた取り組みは全社を通じて一定の成果を上げま
         した。人材のトレーニング、モチベーションの向上、ICTの活用等は着実に進展し、定着率は継続的に向上し
         ています。また、介護事業はM&Aを中心に積極的に事業を拡大しています。2018年度の介護事業の成長には、
         2017年度に買収した会社や事業所の業績が大きく貢献しました。なお、2018年度には6件のM&Aを実施しまし
         たが、業績への本格的な貢献は2019年度からとなります。
          これらの取り組みの結果、6年連続の増収・営業増益を実現することができました。売上高は、医療関連受託
         事業及び介護・保育事業がともに好調に推移し、前年比13.3%増加の84,251百万円となりました。営業利益は、
         両事業の増益により前年比20.1%増加の5,030百万円、営業利益率も、両事業の利益率が上昇したことにより前
         年比0.4ポイント上昇し6.0%となりました。経常利益は前年比20.3%増加の5,011百万円、親会社株主に帰属す
         る当期純利益は前年比29.4%増加の3,506百万円となりました。
          2018年度の業績結果は以下のとおりです。

                                                (単位:百万円)
                         2017年度           2018年度          増減     増減率

                            74,329           84,251      +9,921     +13.3%

         売上高
         営業利益                   4,188           5,030       +841    +20.1%

         (同率)
                           (5.6%)           (6.0%)
         経常利益                   4,164           5,011       +846    +20.3%
         (同率)
                           (5.6%)           (5.9%)
         親会社株主に帰属する
                             2,710           3,506
         当期純利益                                     +796    +29.4%
         (同率)
                           (3.6%)           (4.2%)
                                  18/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         <事業セグメント別の状況>
         [医療関連受託事業]
          2018年度は生産性とクオリティーの向上を目指したトレーニングをさらに強化し、トレーニングの対象を支社
         長、病院マネージャーから病院の部署リーダーにまで拡大しました。その効果がより多くの病院に拡大・浸透し
         た結果、サービスクオリティーの改善を通じて売上の拡大につながる地域が増えてきました。また、沖電気工業
         株式会社と共同で開発した初診受付システムの受託先病院への導入も進みつつあります。
          以上の結果、売上高は前年比3.8%増の55,640百万円となりました。営業利益は前年比9.0%増の6,105百万円
         となりました。営業利益率は前年を0.6ポイント上回る11.0%となり、初めて11%台を達成しました。
         [介護・保育事業]

          介護事業においては、2017年度に買収した会社や事業所に対する買収後の統合プロセスが全体として予定通り
         に進み、2018年度の売上・利益成長に大きく貢献しました。また、介護事業全体として、2018年4月の介護報酬
         改定への適切な対処、稼働率・利用者数の増加、人材の育成・確保等に努めました。その結果、介護事業の売上
         高は41.8%、営業利益は86.1%増加しました。新規のM&Aとして、2018年度に6件、2019年4月にはなごやか
         ケアリンク株式会社を子会社化しました。
          保育事業においては、2018年4月から3施設を認証から認可保育所に移行したことにより、園児数が増加しま
         した。その結果、保育事業の売上高は11.4%、営業利益は25.8%増加しました。2019年4月には、新たに認可保
         育所を2施設開設し、3施設を認証から認可保育所に移行しました。
          以上の結果、介護・保育事業の売上高は前年比39.6%増の28,058百万円となりました。営業利益は前年比
         78.6%増の1,869百万円となりました。営業利益率は前年比1.5ポイント上昇し、6.7%となりました。
         介護事業所数及び保育施設数

                    2018年3月末          2019年3月末            増減
         介護事業所数                361          383          +22
         保育施設数                 14          14          ±0
         (注)2018年度のM&Aは、2018年4月2日から2019年4月1日までに行った企業結合を示しています。
         [その他(教育等)、全社費用]

          売上高は教育事業の講座受講生が減少した結果、前年比12.6%減の552百万円となりました。
          全社のサポート部門では、生産性や情報セキュリティ向上を目的としたIT関連投資を積極的に行いました。
         その結果、全社費用が増加し、営業損失は2,944百万円となりました。
         [売上高]

                                                (単位:百万円)
                          2017年度           2018年度         増減     増減率

                             53,601           55,640      +2,039     +3.8%

         医療関連受託事業
                             20,095           28,058      +7,962     +39.6%
         介護・保育事業
                             18,644           26,441      +7,797     +41.8%
           介護事業
                              1,451           1,616      +164    +11.4%
           保育事業
         その他   (教育等)                  632           552     △79   △12.6%
                             74,329           84,251      +9,921     +13.3%

         合計
                                  19/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         [営業利益]
                                    (単位:百万円、( )内は営業利益率)
                          2017年度           2018年度         増減     増減率

                              5,601           6,105

                                               +504    +9.0%
         医療関連受託事業
                           (10.4%)           (11.0%)
         介護・保育事業                    1,046           1,869
                                               +822    +78.6%
                            (5.2%)           (6.7%)
                               916          1,704
           介護事業                                     +788    +86.1%
                            (4.9%)           (6.4%)
                               130           164
                                                +33   +25.8%
           保育事業
                            (9.0%)          (10.2%)
                             △2,458           △2,944
         その他   (教育等)    、全社費用                              △485       -
                             ( - )         ( - )
                              4,188           5,030
                                               +841    +20.1%
         合計
                            (5.6%)           (6.0%)
         (注)   上記<事業セグメント別の状況>に記載している“売上高”は、P.81「第5                                     経理の状況      1  連結財務
            諸表等    (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」の“外部顧客への売上高”を、“その他
            (教育等)、全社費用”は“その他”及び“調整額”を合算した数値を記載しています。なお、“調整
            額”は、主に報告セグメントに帰属しない費用等であり、各報告セグメントに配分していないものです。
         ③キャッシュ・フローの状況

          “営業活動によるキャッシュ・フロー”は、法人税等の支払額等が増加したものの、業績が好調に推移したた
         め5,153百万円となりました。なお、2017年度は5,068百万円でした。
          “投資活動によるキャッシュ・フロー”は、2017年度は介護事業においてM&Aによる支出が5,786百万円
         あったことにより△6,375百万円となりましたが、2018年度は同支出が1,840百万円にとどまったため、△2,404
         百万円となりました。
          “財務活動によるキャッシュ・フロー”は、借入金の調達から返済を差し引いた額が467百万円となった一
         方、配当金を1,494百万円支払ったこと等により、△1,215百万円となりました。なお、2017年度はM&Aに伴う
         借入れを行ったこと等により3,018百万円となりました。
          以上の結果、“現金及び現金同等物の期末残高”は2017年度より1,533百万円増加し、9,211百万円となりまし
         た。
         ④財政状態の状況

          2017年度末と2018年度末の連結貸借対照表を比較すると、“資産の部”においては、投資その他の資産が
         3,272百万円増加しました。これは、主に2018年12月に子会社化した株式会社オールライフメイト(以下「オー
         ルライフメイト」)が運営する有料老人ホームに係る建設協力金や入居一時金の保全のための金銭信託に伴うも
         のです。また、現金及び預金や売上債権が増加したこと等により、流動資産が2,385百万円増加しました。この
         結果、資産合計は8,133百万円増加しました。
          “負債の部”においては、借入金が1,455百万円増加したこと、オールライフメイトの子会社化に伴い前受収
         益として計上している入居一時金が加わったこと等により、負債合計は6,068百万円増加しました。
          純資産は13,936百万円となり、2017年度末に比べ2,064百万円増加しました。これは、主に親会社株主に帰属
         する当期純利益を計上する一方、剰余金の配当を実施したことによるものです。
         ⑤資本の財源及び資金の流動性

          当社グループは中長期的な成長に向けて、M&AやICT投資等を積極的に推進していきたいと考えていま
         す。これらの資金需要には、営業活動から得た自己資金を最優先として対応する予定です。不足する分について
         は、資本効率やリスク管理に配慮しながら、金融機関からの借入等外部資金を活用する予定です。
                                  20/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         ⑥生産、受注及び販売の実績
         [生産実績]
          該当事項はありません。
         [受注実績]

          該当事項はありません。
         [販売実績]

          当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                               当連結会計年度
          セグメントの名称                   (自 2018年4月1日                      前年比
                              至 2019年3月31日)
      医療関連受託事業                                55,640                  +3.8%

      介護・保育事業                                28,058                 +39.6%

       報告セグメント計                               83,698                 +13.6%

      その他                                 552               △12.6%

              合計                        84,251                 +13.3%

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しています。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
      4【経営上の重要な契約等】

       (1)株式会社オールライフメイトの株式譲渡契約の締結
        当社は、2018年12月14日開催の取締役会において、株式会社オールライフメイトの株式を取得(子会社化)するた
       め、株式譲渡契約を締結することについて決議し、同日付で株式譲渡契約を締結しました。
        詳細は、「第5         経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のと
       おりです。
       (2)なごやかケアリンク株式会社の株式譲渡契約の締結

        当社は、2019年3月27日開催の取締役会において、なごやかケアリンク株式会社の株式を取得(子会社化)するた
       め、  株式譲渡契約を締結することについて決議し、同日付で株式譲渡契約を締結しました。なお、株式譲渡は2019年
       4月12日付で実行されています。
        詳細は、「第5         経理の状況      1  連結財務諸表等        (1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に記載のと
       おりです。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                  21/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度中において実施した当社グループの設備投資の総額は                                832  百万円です。その主なものは認可保育所
       2施設の開設、認証保育所3施設を認可保育所に移行するための移設・改修等です。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                     2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
         事業所名                         機械装置                       従業員数
                 セグメントの
                       設備の内容      建物及び          土地
                                  及び        リース資産      その他     合計
         (所在地)          名称                                       (人)
                             構築物        (百万円)
                                  運搬具
                                          (百万円)     (百万円)     (百万円)
                            (百万円)          (面積㎡)
                                 (百万円)
          本社         全社                                        210
                        事務所        39     -     -     -     36     76
        (東京都港区)          (共通)                                          (6)
        ソラスト越谷                                278                   18
                 介護・保育      介護施設等        283     -         -     0    563
        (埼玉県越谷市)                               (970.46)                    (8)
                 医療関連受託
        秋葉原ビル                                396                   98
                  及び      事務所       141     -         -     2    540
       (東京都千代田区)                                (440.39)                    (6)
                 介護・保育等
        ソラスト大宮東                                 186                   21
                 介護・保育      介護施設等        286     -         -     1    474
     (埼玉県さいたま市見沼区)                                (2,137.59)                     (4)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.従業員数の( )は、登録型派遣、アルバイト、嘱託及び契約社員数を外書しています。
         3.帳簿価額のうち「その他」はソフトウエア、工具、器具及び備品並びに水道施設利用権等です。
         4.上記の金額には消費税等は含まれていません。
       (2)国内子会社

                                                     2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
              事業所名      セグメント     設備の         機械装置                       従業員数
                             建物及び          土地
       会社名
                    の名称     内容         及び        リース資産      その他     合計
              (所在地)                                            (人)
                             構築物        (百万円)
                                  運搬具
                                          (百万円)     (百万円)     (百万円)
                            (百万円)
                                      (面積㎡)
                                 (百万円)
             下津林湧昇閣
                         介護               213                   43
             (京都府京都市
     (株)ピナクル              介護・保育           386     -         -     0    601
                         施設等              (994.90)                    (11)
              西京区)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
         2.従業員数の( )は、登録型派遣、アルバイト、嘱託及び契約社員数を外書しています。
         3.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品です。
         4.上記の金額には消費税等は含まれていません。
       (3)在外子会社

         該当事項はありません。
                                  22/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
       (1)重要な設備の新設等
                                                着手及び完了
                                 投資予定金額
                                                 予定時期
      会社名           セグメントの                         資金調達              完成後の
            所在地             設備の内容
      事業所名             名称                        方法             増加能力
                               総額     既支払額
                                                着手    完了
                              (百万円)      (百万円)
                 医療関連受託
            東京都                                    2018年    2019  年
       当社            及び      事務所       201      10   自己資金               -
            港区                                    9月    6 月
                 介護・保育等
       当社     東京都                                    2019年    2020年
                  介護・保育       保育設備        180      -   自己資金               70名
      保育園     府中市                                    5月    2月
       当社     東京都                                    2019年    2020年
                  介護・保育       保育設備        144      -   自己資金               63名
      保育園     足立区                                    8月    2月
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれていません。
         2.保育園の新設については、本報告書提出日の前月末現在において許認可の内定を得た施設のみを開示してい
           ます。
       (2)重要な設備の除却、売却等

       会社名            セグメントの               期末帳簿価額
             所在地              設備の内容               売却予定時期
       事業所名              名称              (百万円)
                   医療関連受託
       当社      東京都
                     及び       事務所               2019年6月
                                       540
      秋葉原ビル       千代田区
                   介護・保育等
                                  23/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                       339,000,000

                  計                            339,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名
           事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                  又は登録認可金融商品              内容
              (2019年3月31日)              (2019年6月28日)
                                        取引業協会名
                                          東京証券取引所
                  94,125,600              94,161,600
     普通株式                                               単元株式数100株
                                          (市場第一部)
                  94,125,600              94,161,600            -          -
       計
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年4月1日から2019年5月31日までの間に新株予約権の行使により発行され
         た株式数が含まれています。なお、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使によ
         り発行された株式数は含めていません。
                                  24/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
                                                    株式の数(株)

          決議年月日            付与対象者の         新株予約権の目的          新株予約権の数 
          (名称)            区分及び人数         となる株式の種類             (個)        (注)5、7
         2012年5月1日            ①当社取締役3名
                                             105
                                 普通株式                     94,500
       (第1回新株予約権)              ②当社従業員27名
         2013年3月7日
                     当社取締役1名             同上           45         40,500
       (第2回新株予約権)
         2015年2月24日            ①子会社取締役2名                         40         36,000
                                  同上
       (第9回新株予約権)             ②当社従業員 1名                        [-]          [-]
         2015年11月1日            ①当社取締役1名
                                  同上          300         270,000
       (第11回新株予約権)              ②当社従業員1名
                    新株予約権の行使時                     新株予約権の行使により株式を発行する

          決議年月日                       新株予約権の
                     の払込金額(円)                    場合の株式の発行価額及び資本組入額
          (名称)                       行使期間
                     (注)6、7                    (円)(注)7
                                               発行価格           56
         2012年5月1日                      自 2014年5月2日
                        56
       (第1回新株予約権)                        至 2022年5月1日                資本組入額         28
                                               発行価格           56
         2013年3月7日                      自 2015年3月8日
                        56
       (第2回新株予約権)                        至 2023年3月7日                資本組入額         28
                                               発行価格         123
         2015年2月24日                      自 2017年2月25日
                        123
       (第9回新株予約権)                        至 2025年2月24日                資本組入額      61.5
                                               発行価格         123
         2015年11月1日                      自 2017年11月2日
                        123
       (第11回新株予約権)                        至 2025年11月1日                資本組入額      61.5
      (注)1.付与対象者の区分及び人数を除き、当連結会計年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載していま
           す。当連結会計年度の末日から提出日の前月末現在(2019年5月31日)にかけて変更された事項について
           は、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項については当連結会計年度の
           末日における内容から変更はありません。
         2.各回における新株予約権の行使の条件は、新株予約権者との間で締結した新株予約権割当契約に定めていま
           す。
         3.各回における        新株予約権の譲渡に関する事項について、                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得
           なければならないとしています。
         4.各回における組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項について、当社が、合併、会社分割、株
           式交換、株式移転その他の組織再編行為に伴い株式数の調整を必要とする場合には、当社は合理的な範囲で
           適切に株式数の調整を行うものとしています。
         5.新株予約権1個あたりの目的となる株式数の調整に関する事項について、本新株予約権1個あたりの目的と
           なる株式数は、以下の定めにより調整されることがあることとしています。
           (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、次の算式により目的たる株式の数を調整
             する。但し、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的た
             る株式の数について行われ、調整による1株未満の端数は切り捨てる。
              調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         6.本新株予約権の行使に際して払込をすべき金額は、                          以下に定めるところに従い調整されることがあることと
           しています。
           (1)当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端
             数は切り上げる。
              調整後出資金額=調整前出資金額÷分割・併合の比率
         7.2015年12月22日開催の取締役会決議により、2016年1月26日付で普通株式1株につき300株の割合で、2018
           年5月25日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を
           行っています。これにより「新株予約権の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び
           「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されています。
                                  25/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                                                    株式の数(株)
          決議年月日            付与対象者の         新株予約権の目的          新株予約権の数 
          (名称)            区分及び人数         となる株式の種類             (個)        (注)5、7
         2017年8月4日
                     当社従業員10名            普通株式            160         48,000
     (2017年第1回新株予約権)
         2018年9月28日
                                             250         25,000
                     当社従業員11名             同上
     (2018年第1回新株予約権)
                    新株予約権の行使時                     新株予約権の行使により株式を発行する

          決議年月日                       新株予約権の
                     の払込金額(円)                    場合の株式の発行価額及び資本組入額
          (名称)                       行使期間
                     (注)6、7                    (円)(注)7
                                               発行価格           586
         2017年8月4日                      自 2019年8月23日
                        586
     (2017年第1回新株予約権)                         至 2024年8月22日                資本組入額         293
                                               発行価格       1,393
         2018年9月28日                      自 2020年10月16日
                       1,393
     (2018年第1回新株予約権)                         至 2025年10月15日                資本組入額      696.5
      (注)1.付与対象者の区分及び人数を除き、当連結会計年度の末日(2019年3月31日)における内容を記載していま
           す。当連結会計年度の末日から提出日の前月末現在(2019年5月31日)にかけて変更がないため、提出日の
           前月末現在に係る記載を省略しています。
         2.新株予約権の行使の条件は、新株予約権者との間で締結した新株予約権割当契約に定めています。
         3.  新株予約権の譲渡に関する事項について、                    本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を得なければなら
           ないとしています。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項について、当社が、合併、会社分割、株式交換、株式
           移転その他の組織再編行為に伴い株式数の調整を必要とする場合には、当社は合理的な範囲で適切に株式数
           の調整を行うものとしています。
         5.  新株予約権1個あたりの目的となる株式数の調整に関する事項について、本新株予約権1個あたりの目的と
           なる株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、以下の定めにより調整されることがあることとしてい
           ます。
           (1)付与株式数は、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。
               調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割または併合の比率
              また、当社が合併、会社分割または株式の無償割当てを行う場合その他これらの場合に準じ付与株式
             数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとする。
              なお、本号における調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的
             となる株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる
             ものとする。
         6.本新株予約権の行使に際して払込をすべき金額は、以下に定めるところに従い調整されることがあることと
           しています。
           (1)当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の
             端数は切り上げる。
                                       1
               調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                  分割または併合の比率
              また、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の処分を行う場合
             (新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移転の場
             合を除く。)、次の算式により行使金額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                            既  発  行
                                 +
               調  整  後   調  整  前
                            株  式  数
                    =      ×           新規発行前の1株当たり時価
               行使金額      行使金額
                                 既発行株式数       +  新規発行株式数
              なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通
             株式にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合に
             は、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
         7.2018年5月25日開催の取締役会決議により、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割
           を行っています。これにより、当該株式分割以前に発行した2017年第1回新株予約権において「新株予約権
           の目的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行す
           る場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されています。
                                  26/109


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                               資本準備金増
                 発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                                               減額
         年月日
                 増減数(株)        数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                                               (百万円)
     2014年7月31日           普通株式        普通株式
                                     -      6,275         -       256
     (注)1                △20      94,234
     2015年6月30日                    普通株式
                       -              -      6,275         27       283
     (注)2                       94,234
     2015年8月24日                    普通株式
                       -            △5,975         300      △256         27
     (注)3                       94,234
     2016年1月26日           普通株式        普通株式
                                     -       300        -       27
     (注)4             28,175,966       28,270,200
     2016年4月1日~
                 普通株式        普通株式
                                     178       478       178       205
     2017年3月31日
                   2,108,700       30,378,900
     (注)5
     2017年4月1日~
                 普通株式        普通株式
                                     70       548        70       275
     2018年3月31日
                    738,000      31,116,900
     (注)5
     2018年4月1日~
                 普通株式        普通株式
                                      2      550        2      278
     2018年6月31日
                     14,400     31,131,300
     (注)5
     2018年7月1日           普通株式        普通株式
                                     -       550        -       278
     (注)6             62,262,600       93,393,900
     2018年7月2日~
                 普通株式        普通株式
                                     21       572        21       299
     2019年3月31日
                    731,700      94,125,600
     (注)5
      (注)1.自己株式の消却によるものです。
         2.剰余金の配当時の資本準備金の積立てによるものです。
         3.2015年6月26日開催の定時株主総会における、株式数の変更を行わない無償減資に基づく資本金及び資本準
           備金の減少です。
         4.  株式分割(1:300)によるものです。
         5.新株予約権の行使によるものです。
         6.株式分割(1:3)によるものです。
         7.2019年4月1日から2019年5月31日までの間に新株予約権の行使により、発行済株式総数が36,000株、資本
           金及び資本準備金がそれぞれ2百万円増加しています。
                                  27/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                   2019年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                        単元未
                 政府及
                                                        満株式
                                      外国法人等
                           金融商
          区分
                 び地方              その他               個人 
                                                        の状況
                      金融機関     品取引                          計
                 公共団              の法人               その他
                                                        (株)
                           業者
                                    個人以外      個人
                 体
     株主数(人)               -     21     30     35    169      8   6,583     6,846      -
     所有株式数(単元)               -  123,482      4,447    442,076     261,655        23  109,492     941,175      8,100
     所有株式数の割合(%)               -   13.12     0.47    46.97     27.80     0.00    11.63    100.00       -
      (注)1.当社従業員持株会が所有する当社株式1,345,100株は、「個人その他」に13,451単元を含めて記載していま
           す。
         2.自己株式114株は、「個人その他」に1単元、「単元未満株式の状況」に14株含まれています。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2019年3月31日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
           氏名又は名称                      住所
                                               (株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                        東京都港区港南2丁目16-1                       31,805,100          33.79

     大東建託株式会社
                        東京都世田谷区代沢5丁目2-1                       9,709,500          10.32
     東邦ホールディングス株式会社
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                       4,341,300          4.61
     式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                               3,079,900          3.27
                        東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
                        東京都渋谷区神宮前2丁目34-17                       2,545,200          2.70
     インフォコム株式会社
                        EUROPEAN     BANK   AND  BUSINESS     CENTER    6,
     J.P.   MORGAN    BANK   LUXEMBOURG      S.A.
                        ROUTE   DE  TREVES,    L-2633    SENNINGERBERG,
     380577                                          2,371,600          2.52
                        LUXEMBOURG
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                        (東京都港区港南2丁目15-1)
                        25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   380634
                        E14  5JP,   UNITED    KINGDOM               2,365,500          2.51
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                        (東京都港区港南2丁目15-1)
                        25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385174
                        E14  5JP,   UNITED    KINGDOM               1,921,600          2.04
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                        (東京都港区港南2丁目15-1)
                        25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385632
                        E14  5JP,   UNITED    KINGDOM               1,767,500          1.88
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                        (東京都港区港南2丁目15-1)
                        東京都港区港南1丁目7-18                       1,345,100          1.43
     ソラスト従業員持株会
                                 -             61,252,300          65.08
              計
                                  28/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.上記日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数
           は、4,120千株です。また、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)の所有株式数のうち、信託
           業務に係る株式数は、3,072千株です。
         2.2019年3月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、三井住友トラス
           ト・アセットマネジメント株式会社及びその共同保有者である日興アセットマネジメント株式会社が2019年
           2月28日現在で以下の株式を保有している旨が記載されていますが、当社として2019年3月31日現在におけ
           る実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況に含めていません。
            なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりです。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合
               氏名又は名称                 住所
                                           (株)          (%)
            三井住友トラスト・アセッ              東京都港区芝公園一丁目1
                                         株式 2,578,300                 2.76
            トマネジメント株式会社              番1号
            日興アセットマネジメント              東京都港区赤坂九丁目7番
                                         株式 4,181,800                 4.47
            株式会社              1号
                  計              -         株式 6,760,100                 7.23
         3.2019年3月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ティー・ロウ・プ

           ライス・ジャパン株式会社が2019年3月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されていますが、当
           社として2019年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができないため、上記大株主の状況に含めてい
           ません。
            なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりです。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合
               氏名又は名称                 住所
                                           (株)          (%)
                          東京都千代田区丸の内一丁
            ティー・ロウ・プライス・
                          目9番2号グラントウキョ               株式 5,788,300                 6.19
            ジャパン株式会社
                          ウサウスタワー7階
                  計              -         株式 5,788,300                 6.19
                                  29/109











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                            100        -            -

     完全議決権株式(その他)                         94,117,400              941,174          -

                        普通株式
                                 8,100         -            -
     単元未満株式                   普通株式
                              94,125,600           -            -
     発行済株式総数
                                  -          941,174          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                            自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称             所有者の住所                                対する所有株式数
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                    の割合(%)
                   東京都港区港南
                                 100         -      100          0.00
     株式会社ソラスト
                   一丁目7番18号
                      -           100         -      100          0.00
           計
                                  30/109












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 普通株式

       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                          -         -         -         -
      消却の処分を行った取得自己株式                          -         -         -         -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を 
                                -         -         -         -
      行った取得自己株式
      その他
                                -         -         -         -
      ( - )
                                        -                 -
      保有自己株式                         114                 114
       (注)当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取り及び売渡による株式は含めていません。
      3【配当政策】

        当社は株主の皆様にとっての企業価値の最大化を、最も重要な企業目的と位置付けています。また、それを追求し
       ていくに当たり、資本を効率的かつ機動的に活用することを重視しています。これらを踏まえ、現時点においては、
       連結当期純利益の約50%を配当として株主の皆様に還元することを基本方針としています。今後、大型のM&A等に
       よる企業価値の拡大機会がある場合は、配当を含む資本政策を機動的に見直してまいります。
        なお、当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としています。これらの剰余金
       の配当は、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって行うことができると定めています。
        このような方針に基づき、2018年度の配当金は、1株当たり年19円(うち中間配当8円)としました。この結果、
       連結配当性向は50.7%になりました。
        2018年度に係る剰余金の配当は、以下のとおりです。

                       配当金の総額           1株当たり配当額
            決議年月日
                        (百万円)             (円)
           2018年11月8日
                            747             8
           取締役会決議
           2019年5月24日
                           1,035             11
           取締役会決議
                                  31/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社におけるコーポレート・ガバナンスとは、「企業理念」「ステークホルダーへの約束」「経営ビジョン」の
        実現を通して、企業価値の継続的な増大を目指すために、迅速かつ効率的、健全かつ公正で透明性の高い経営を図
        るための仕組みであり、その仕組みを構築し機能させることです。
         この考え方に基づき、ガバナンスの枠組みとガイドラインを「ソラスト コーポレート・ガバナンス ポリ
        シー」として2016年6月30日開催の取締役会で制定しました。この枠組みに基づいて取り組みを推進することで
        コーポレート・ガバナンスの継続的な充実を目指してまいります。
        < ソラスト コーポレート・ガバナンス ポリシー                       >

        https://www.solasto.co.jp/ir/jp/corporate/governance.html
        注:「企業理念」「ステークホルダーへの約束」「経営ビジョン」は「第2 事業の状況 1.経営方針、経営環

        境及び対処すべき課題等」をご参照下さい。
        ② コーポレート・ガバナンスの体制の概要及び当該体制を採用する理由

         当社は、会社法上の機関設計として、監査役会設置会社を選択しています。また、取締役会の機能を補完するた
        め、取締役会の傘下に指名・評価報酬委員会を設置することで、指名委員会等設置会社の優れた面を取り入れた体
        制を構築し、運用しています。
         取締役会は、取締役藤河芳一氏、荒井純一氏、玉井真澄氏、福嶋茂氏及び川西正晃氏並びに社外取締役関口康
        氏、采孟氏、久保田幸雄氏及び内田寛逸氏の9名(定数10名以内)で構成しており、取締役社長が議長を務めま
        す。原則として毎月定例取締役会を開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。取締役・監査
        役・執行役員の選任及び年度予算・中期経営計画・その他の重要な戦略の立案の監督と決定並びに重要な業務執行
        の決定等を通じて経営全般に対する監督機能を発揮して経営の実効性と透明性を確保しています。また、当社の取
        締役は   経営責任を明確にし、経営環境の変化に迅速に対応できるようにするため、任期を1年としています。
         監査役会は、監査役秋山修氏並びに社外監査役宇都宮純子氏及び横手宏典氏の3名(定数5名以内)で構成して
        おり、その決議によって監査役の中から議長を定めることとし、各監査役による監査の実効性を確保するための体
        制を整備しています。監査役は、取締役会をはじめとする重要な会議に出席する等により、取締役の職務執行及び
        取締役会の監督義務の履行状況について監査を行っています。また、取締役会と連動して毎月監査役会を開催し、
        監査方針や監査計画を定めるとともに、監査に関する重要な事項について各監査役から報告を受け、協議または決
        議を行っています。
         指名・評価報酬委員会は、取締役藤河芳一氏、荒井純一氏及び川西正晃氏並びに社外取締役関口康氏、采孟氏及
        び久保田幸雄氏で構成しています。委員長は社外取締役関口康氏が務めており、会長、社長及び執行役員候補者を
        取締役会に提案する等、経営層の指名、評価及び報酬について取締役会の役割を補佐しています。
         その他、     当社は、取締役会の意思決定の迅速化・効率化を図るため、業務執行に関する重要事項を協議、決議す
        る機関として経営会議を設置しています。経営会議は、会長、社長をはじめ、役付執行役員を中心として構成して
        おり、原則として毎月2回開催しています。                     また、全社横断的な主要事項を協議することを目的に、代表取締役社
        長を委員長とする労務・コンプライアンス委員会及びガバナンス・リスク委員会を設置しています。労務・コンプ
        ライアンス委員会は、労務関連を中心に、リスク対応・コンプライアンスの一元的な統括、コンプライアンス全般
        の全社的統括を担います。ガバナンス・リスク委員会は、全社方針の提案及び各部門のガバナンス・リスクに関す
        る課題の提起や実行とその健全性を確保するためのモニタリングを担います。
         当社は社外の視点からの意見を受けることで、企業経営の透明性・客観性が確保され、また、豊富な経験と幅広
        い見識に基づく的確な助言を受けることで、適切な意思決定が可能となるものと考えています。さらに監査役、会
        計監査人及び内部監査部門である監査部の相互連携により実現される実効的な監査体制により、適法性及び妥当性
        のある適正な監査が担保されるものと考えています。
         以上を理由として、当社では現状のコーポレート・ガバナンス体制を採用しています。
         当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は次のとおりです。

                                  32/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ③内部統制システムの整備の状況









         当社は経営の健全性や透明性を高めるために、有効な内部統制システムを構築することが重要であると考えてお
        り、その基盤として業務の適性を確保するために必要なものの整備を、下記のとおり取締役会において決議してい
        ます。
         1)取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          (イ)企業としての社会的信頼に応え、企業倫理・法令遵守の基本姿勢を明確にすべく、当社グループの全役
            職員を対象とした行動指針として「ソラストグループコンプライアンス行動基準」を定め、全役職員に周
            知徹底させる。
          (ロ)コンプライアンス規程に基づき、労務・コンプライアンス委員会を設置し、当社グループ全体のコンプ
            ライアンス体制の構築及び推進を図る。
          (ハ)内部通報規程に基づき、法令・諸規則及び規程に反する行為等を早期に発見し是正することを目的とす
            る内部通報システムの運用を行う。
          (ニ)市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を遮断するとともに、これら反社会
            的勢力に対しては、関係行政機関や顧問弁護士等と緊密に連携し、全社を挙げて毅然とした態度で対応す
            る。
         2)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          (イ)取締役の職務の執行に係る情報については、文書管理規程等の社内規程に従い適切に保存及び管理を行
            う。
         3)損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          (イ)リスク管理基本規程に基づき、会社の存続及び業務の健全な運営を行うため、取締役会は当社グループ
            全体のリスクの低減及び発生の未然防止に努める。
          (ロ)リスク管理基本規程に基づき、ガバナンス・リスク委員会を設置し、当社グループ全体のリスク管理体
            制の構築及び推進を図る。
          (ハ)各部署のリスク管理責任者は、それぞれの部署に関するリスクの管理を行い、リスク管理を統括する部
            署へ定期的にリスク管理の状況を報告し、連携を図る。
         4)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          (イ)取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として原則として月1回以上
            の定例取締役会及び適宜臨時取締役会を開催し、重要事項に関して迅速に的確な意思決定を行う。
          (ロ)取締役会の決定に基づく業務執行については、組織規程、業務分掌規程及び職務権限規程において、権
            限、責任及び執行手続の詳細について定める。
                                  33/109


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          (ハ)取締役については、経営責任を明確にし、経営環境の変化に迅速に対応できるようにするため、任期を
            1年としている。
         5)会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          (イ)グループ会社における業務の適正を確保するため、「ソラストグループコンプライアンス行動基準」を
            定め、当社グループ全体のコンプライアンス体制の構築に努める。
          (ロ)子会社等の関係会社管理を担当する部署は、関係会社管理規程に基づき、子会社等の業務の効率化等も
            踏まえ必要な管理を行う。
          (ハ)子会社等は関係会社管理規程に基づき、業績、その他重要事項について定期的に報告を行う。
          (ニ)リスク管理基本規程に基づき、当社グループ全体のリスクの評価及び管理の体制を適切に構築し、運用
            する。
         6)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び取締役
           からの独立性に関する事項並びに監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
          (イ)監査役の業務補助に、監査役室を設置し、専任のスタッフを配置する。
          (ロ)専任のスタッフは、取締役からの指揮命令を受けない。
          (ハ)専任のスタッフの人事異動、人事評価、懲戒に関しては、監査役会の事前の同意を得るものとする。
          (ニ)専任のスタッフは、監査役と定期的に監査結果等について協議及び意見交換を行い、緊密な連携を図
            る。
         7)取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制及びその他監査役
           の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          (イ)取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者は、会
            社に著しい損害を及ぼす事実が発生し又は発生する恐れがあるとき、役職員による違法又は不正な行為を
            発見したとき、その他監査役会が報告すべきものと定めた事項が生じたときは、監査役に報告する。ま
            た、前記に拘らず、監査役はいつでも必要に応じて、取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及
            び使用人に対して報告を求めることができる。
          (ロ)前項の監査役への報告を行った者に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いをすること
            を禁止し、その旨を当社の取締役及び使用人並びに子会社の取締役、監査役及び使用人に周知徹底する。
          (ハ)監査役は、取締役会及び経営会議の他、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため重要
            な会議及び委員会に出席し、必要に応じて取締役及び使用人にその説明を求めることができる。また、代
            表取締役との定期的な意見交換を開催し、意思の疎通を図るほか、適切な報告体制を確保するものとす
            る。
          (ニ)内部通報規程に基づき、法令違反その他のコンプライアンス上の問題について監査役への適切な報告体
            制を確保するものとする。
          (ホ)監査役より、職務の執行について生ずる費用の前払又は償還等の請求がなされたときは、当該監査役の
            職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
        ④取締役の定数及び選任の決議要件

         当社の取締役の定数は、本書提出日現在において、10名以内とする旨定款に定めています。
         当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
        が出席し、その議決権の過半数の賛成をもって行う旨定款に定めています。
         また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めています。
        ⑤株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めています。
        これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とし
        ています。
        ⑥株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとしている事項及びその理由

         (イ)   剰余金の配当等の決定機関
           当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合
          を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めています。これは、剰余金の配当
          等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものです。
         (ロ)自己の株式の取得

           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる
          旨を定款に定めています。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市
          場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものです。
                                  34/109

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (ハ)取締役及び監査役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取
          締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免
          除することができる旨定款に定めています。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力
          を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものです。
        ⑦責任限定契約の内容の概要

         当社は、会社法第427条第1項及び定款の規定に基づき、当社と社外取締役及び監査役の間で、同法第423条第1
        項の損害賠償責任を限定する契約を締結しています。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める最
        低責任限度額としています。
                                  35/109

















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    11 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率               8 %)
                                                          所有
          役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                         (千株)
        代表取締役社長          藤河 芳一      1957年1月27日       1976年4月 日本ゴールデンパイオニア入社
                                                     (注)4      384
        社長執行役員                      1978年11月 日本マクドナルド株式会社入社
                              2003年9月 株式会社JT入社
                              2004年9月 日本マクドナルドホールディングス
                                    株式会社入社
                              2005年10月 株式会社ロッテリア入社
                              2010年4月 株式会社バーガーキングジャパン顧問
                              2010年6月 同社代表取締役社長CEO
                              2014年2月 当社専務執行役員福祉事業
                                    (現:介護事業)本部長
                              2016年1月 当社取締役専務執行役員介護事業本部長
                              2018年1月 当社取締役副社長            副社長執行役員
                                    介護事業本部長
                              2018年6月 当社代表取締役副社長              副社長執行役員
                                    介護事業本部長
                              2019年4月 当社代表取締役社長             社長執行役員
                                    (現任)
         取締役会長         荒井 純一      1950年3月23日       1973年4月 当社入社
                                                     (注)4     1,200
                              1994年6月 当社取締役(1997年3月退任)
                              1997年4月 株式会社ファーコス代表取締役
                              2000年6月 当社常務取締役
                              2005年4月 当社専務取締役
                              2007年6月 株式会社日本共同システム取締役(現任)
                              2007年7月 当社取締役専務執行役員
                              2010年4月 当社代表取締役社長
                              2015年8月 当社代表取締役会長
                              2018年6月 当社取締役会長(現任)
       取締役専務執行役員           玉井 真澄      1960年12月9日       1985年5月 当社入社                      (注)4      126
        医療事業本部長                       1995年4月 当社首都圏事業部東京支社長
                              1999年4月 当社人材派遣事業部長
                              2005年4月 当社教育事業部長
                              2009年4月 当社執行役員東海ブロック長
                              2013年4月 当社執行役員東日本ブロック長
                              2015年4月 当社常務執行役員東日本ブロック長
                              2015年8月 当社常務執行役員医療事業本部長
                              2017年10月 当社専務執行役員医療事業本部長
                              2019年6月 当社取締役専務執行役員
                                    医療事業本部長(現任)
       取締役専務執行役員           福嶋 茂     1960年2月12日       1984年4月 日本マクドナルド株式会社入社                      (注)4       -
        介護事業本部長                       2007年9月 同社経営戦略本部経営企画部長
                              2009年7月 同社コーポレートデベロップメント本部
                                    CEO補佐
                              2011年7月 同社フィールドオペレーション本部
                                    イーストジャパンディストリクト
                                    マネージャー
                              2015年6月 同社顧客満足推進部長兼危機管理部長
                              2018年7月 当社専務執行役員介護事業本部副本部長
                              2019年4月 当社専務執行役員介護事業本部長
                              2019年6月 当社取締役専務執行役員
                                    介護事業本部長(現任)
                                  36/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
          役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                         (千株)
       取締役専務執行役員           川西 正晃      1963年5月22日       1986年4月 日本生命保険相互会社入社                      (注)4       -
       人事総務本部長・                       1989年10月 日本ディジタルイクイップメント株式会社
     チーフタレントオフィサー・                               (現:日本ヒューレット・パッカード
       キャリアセンター担当                              株式会社)入社
                              2004年5月 同社執行役員人事統括本部長
                              2006年1月 株式会社ダイエー執行役員人事・
                                    人材開発本部長
                              2007年3月 PwCあらた有限責任監査法人人事部長
                              2008年3月 EMCジャパン株式会社執行役員
                                    人事総務本部長
                              2015年3月 トムソン・ロイター・マーケッツ株式会社
                                    (現:トムソン・ロイター・ジャパン
                                    株式会社)執行役員人事部長
                              2017年10月 当社専務執行役員人事総務本部長・
                                    チーフタレントオフィサー
                              2018年4月 当社専務執行役員人事総務本部長・
                                    チーフタレントオフィサー・
                                    キャリアセンター担当
                              2019年6月 当社取締役専務執行役員
                                    人事総務本部長・
                                    チーフタレントオフィサー・
                                    キャリアセンター担当(現任)
          取締役        関口 康     1948年5月4日       1973年4月 三菱商事株式会社入社                      (注)4       99
                              1990年5月 株式会社ボストン・コンサルティング・
                                    グループ入社
                              1996年1月 ジョンソン・エンド・ジョンソンメディカ
                                    ル株式会社(現:ジョンソン・エンド・
                                    ジョンソン株式会社メディカルカンパ
                                    ニー)入社ステラッド事業部長
                              1998年11月 ヤンセン協和株式会社
                                    (現:ヤンセンファーマ株式会社)
                                    代表取締役社長
                              2009年7月 同社取締役会長
                              2009年10月 同社最高顧問
                              2010年8月 ビジネス・ブレークスルー大学大学院教授
                                    (現任)
                              2011年1月 ディー・アイ・エー・ジャパン(現:一般
                                    社団法人ディー・アイ・エー・ジャパン)
                                    代表理事
                              2012年4月 当社社外取締役(現任)
                              2014年3月 ケネディクス株式会社社外取締役
                              2018年3月 大塚ホールディングス株式会社社外取締役
                                    (現任)
          取締役         采 孟     1947年12月11日       1970年4月 第一製薬株式会社入社                      (注)4       -
                              1999年6月 同社取締役
                              2005年9月 第一三共株式会社取締役
                              2007年4月 同社取締役専務執行役員
                              2015年7月 GCAサヴィアン株式会社
                                    (現:GCA株式会社)特別顧問
                              2016年6月 当社社外取締役(現任)
                              2016年8月 株式会社ファンペップ特別顧問(現任)
                              2016年10月 富士製薬工業株式会社顧問
                                  37/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
          役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                         (千株)
          取締役        久保田 幸雄      1949年10月7日       1974年4月 ソニー株式会社入社                      (注)4       -
                              1997年6月 同社執行役員常務
                              2001年9月 J-フォン株式会社社外取締役
                              2003年4月 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニ
                                    ケーションズ株式会社(現:ソニーモバイ
                                    ルコミュニケーションズ株式会社)
                                    代表取締役社長
                              2009年8月 株式会社ウィルコム代表取締役社長CEO
                              2010年4月 カーライル・ジャパン・エルエルシー
                                    シニアアドバイザー(現任)
                              2011年1月 株式会社ブロードリーフ社外監査役
                              2012年3月 クオリカプス株式会社社外監査役
                              2013年1月 ディバーシー株式会社(現:シーバイエス
                                    株式会社)社外取締役
                              2013年9月 当社社外取締役(2016年1月退任)
                              2015年5月 アルヒグループ株式会社(現:アルヒ株式
                                    会社)社外取締役
                              2016年9月 ウイングアーク1st株式会社社外取締役
                              2019年6月 当社社外取締役(現任)
          取締役        内田 寛逸      1965年5月2日       1987年8月 大東建託株式会社入社
                                                     (注)4       -
                              2012年4月 同社執行役員原価管理統括部長
                              2013年4月 同社執行役員設計統括部長
                              2014年6月 同社取締役執行役員設計統括部長
                              2016年4月 同社取締役設計統括部長
                              2017年4月 同社取締役関連事業本部部長介護・保育
                                    事業、海外事業担当(現任)
                              2019年6月 当社社外取締役(現任)
         常勤監査役         秋山 修     1949年3月6日       1971年4月 安田生命保険相互会社                      (注)5       30
                                    (現:明治安田生命保険相互会社)入社
                              2000年4月 同社北海道本部北海道営業推進部長
                              2001年4月 当社へ出向 経営企画室次長
                              2004年4月 当社経営企画部長兼関連会社管理室長
                              2004年6月 当社取締役
                              2006年6月 当社取締役退任
                              2006年7月 当社執行役員関連事業部長
                              2009年6月 当社取締役執行役員
                              2010年6月 当社常勤監査役(現任)
          監査役        宇都宮 純子      1971年6月21日       2000年4月 長島・大野・常松法律事務所入所                      (注)5       -
                              2007年10月 株式会社東京証券取引所出向
                 当社商業登記             2011年11月 宇都宮総合法律事務所(2015年宇都宮・
                 及び戸籍上の                   清水法律事務所に改称)開設
                   氏名           2012年6月 株式会社スタートトゥディ(現:株式会社
                                    ZOZO)社外監査役(現任)
                  森田 純子
                              2013年4月 当社社外監査役(現任)
                              2013年9月 株式会社アドベンチャー社外取締役
                                    (現任)
                              2018年2月 宇都宮・清水・陽来法律事務所開設
                                    パートナー(現任)
                              2018年10月 ラクスル株式会社社外監査役(現任)
          監査役        横手 宏典      1974年1月18日       1999年10月 太田昭和監査法人(現:EY新日本有限
                                                     (注)5       -
                                    責任監査法人)入所
                              2006年2月 株式会社東京証券取引所出向
                              2016年6月 横手宏典公認会計士事務所開設(現任)
                              2017年3月 当社社外監査役(仮監査役)
                              2017年6月 当社社外監査役(現任)
                              2017年12月 株式会社パネイル社外監査役(現任)
                              2018年11月 株式会社PinT社外監査役(現任)
                              計                            1,841
                                  38/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.取締役関口康氏、采孟氏、                  久保田幸雄氏及び内田寛逸氏             は、社外取締役です。
         2.監査役宇都宮純子氏及び横手宏典氏は、社外監査役です。
         3.  当社は、社外取締役関口康氏、采孟氏及び社外監査役宇都宮純子氏、横手宏典氏を東京証券取引所の定めに
           基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ています。
         4.  2018年度に係る定時株主総会終結の時から                    2019年度に係る定時株主総会終結の時までです。
         5.  2018年度に係る定時株主総会終結の時                  から2022年度に係る定時株主総会終結の時までです。
         6 .当社は、執行役員制度を導入しています。執行役員は12名で、                              上記記載の藤河芳一氏、玉井真澄氏、福嶋茂
           氏及び川西正晃氏の他に、以下の8名で構成されています。
                              職名                         氏名
            専務執行役員 新規事業開発担当                                       松村 謙治
            常務執行役員 ICTビジネスディベロップメントセンター長                                       木内 大
            常務執行役員 経営企画本部長                                       増原 一博
            執行役員   医療事業本部 東海ブロック長                                       吉田 直樹
            執行役員   介護事業本部 グループ運営部長                                       片野 雄一
            執行役員   医療事業本部 事業企画部長                                       津田 豊彰
            執行役員   介護事業本部 事業企画部長                                       鈴木 康太
            執行役員   財務経理・コーポレートコミュニケーション本部長                                       原田 圭一
         7.  当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役1名を選任しています。補欠監査役の略歴は次のとおりです。
                                                   所有株式数
              氏名       生年月日                 略歴
                                                    (千株)
                            2004年10月 第二東京弁護士会登録
                                  あさひ・狛法律事務所(現:西村あさひ 
                                 法律事務所)入所
                            2007年2月 TMI総合法律事務所入所
                            2011年5月 米国ミシガン大学ロースクール     
             田中 美穂       1974年12月1日                                    ―
                                 (LL.M.)卒業
                            2015年7月 芝経営法律事務所(2018年芝・田中経営 
                                 法律事務所に改称)パートナー(現任)
                            2016年2月 マリモ地方創生リート投資法人監督役員
                                 (現任)
        ②社外役員の状況

         現在の当社の社外取締役は4名、社外監査役は2名です。
         (イ)社外取締役及び社外監査役と当社との人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係

           社外取締役及び社外監査役は、「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (2)役
          員の状況 ①役員一覧」に記載のとおり、当社株式を保有していることを除いて、当社との間に特別な利害関
          係はありません。なお、社外取締役 内田寛逸氏は、当社の発行済株式総数の33.8%を所有する大東建託株式
          会社の取締役です。
         (ロ)社外取締役及び社外監査役が当社のコーポレート・ガバナンスにおいて果たす機能及び役割

           当社は、社外取締役及び社外監査役が、独立した社外の視点から業務執行の適法性や妥当性、会計の適法性
          を監督、監査できる体制を確保することで、コーポレート・ガバナンスの強化に繋っていると考えています。
           社外取締役は、取締役会に出席し、会計監査及び内部監査の報告を受け、監査役会との情報交換及び連携を
          踏まえて必要に応じて意見を述べることにより、職務執行及び利益相反の監督機能を果たしています。また、
          取締役会の一員として意見及び助言を行うことにより企業価値の向上に向けた経営支援の役割を果たすととも
          に、多様なステークホルダーの意見を取締役会に反映しています。この役割を果たすため、経営会議にオブ
          ザーバーとして適宜参加しています。
                                  39/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
           社外監査役は、監査役会及び取締役会への出席並びに会計監査人からの報告等を通じ、直接又は間接的に、
          会計監査及び内部監査の報告を受け、必要に応じて意見を述べることにより監査の実効性を高めるとともに、
          高い専門性により監査役監査を実施しています。また、取締役会において意見を述べ、適正な職務執行の確保
          を図っています。
         (ハ)社外取締役及び社外監査役の独立性に関する基準または方針

           当社は、「ソラスト コーポレート・ガバナンス ポリシー」において社外役員の独立性要件を以下のよう
          に定めています。以下に基づき、社外取締役 関口康氏及び采孟氏、社外監査役 宇都宮純子氏及び横手宏典
          氏を独立性が十分に保たれていると判断し、独立役員として株式会社東京証券取引所に届け出ています。
            [社外役員の独立性要件]

             当社は、東京証券取引所が定める独立性基準を踏まえ、以下に掲げる事項に該当する社外役員について
            は、独立社外役員に該当しないものと判断する。
            1.現在、ソラストグループ(注1)の取締役(社外取締役を除く)、監査役(社外監査役を除く)、執

              行役員又は使用人である者
            2.現在又は過去5年間のいずれかの事業年度において、ソラストグループの大株主(注2)もしくはソ
              ラストグループが大株主の取締役、監査役、執行役員又は使用人であり、又はあった者
            3.ソラストグループの主要な取引先企業(注3)の業務執行者(注4)であり、又はあった者
            4.ソラストグループから多額の寄付(注5)を受けている法人、団体等の理事その他の取締役、監査
              役、執行役員又は使用人であり、又はあった者
            5.ソラストグループとの間で、取締役、監査役又は執行役員を相互に派遣している者
            6.過去5年間において、ソラストグループの会計監査人に所属しており、又はしていた者
            7.ソラストグループから、役員報酬以外に多額の金銭(注6)その他財産を得ている弁護士、公認会計
              士、コンサルタント等に該当し、又は該当していた者
            8.以下に該当する者の配偶者、2親等内の血族、同居の親族又は生計を一にする者
             (1)ソラストグループの業務執行者
             (2)過去5年間のいずれかの事業年度において、ソラストグループの業務執行者であった者
             (3)上記2.から7.で独立性がないと判断している者
            9.その他、当社における実質的な判断の結果、社外役員としてのソラストグループの一般株主と利益相
              反が生ずる恐れがある者
            (注)

            1:「ソラストグループ」とは、株式会社ソラスト及び株式会社ソラストの子会社とする
            2:「大株主」とは、総議決権の20%以上の議決権を直接又は間接に保有している企業等をいう
            3:「主要な取引先」とは、過去3事業年度のうち、いずれかの事業年度において、ソラストグループとの取引の支払額又は
              受取額がソラストグループ又は取引先の連結売上高の2%以上を占めている企業等をいう
            4:「業務執行者」とは、業務執行取締役又は執行役員もしくは部長格以上の上級管理職にある使用人をいう
            5:「多額の寄付」とは、過去3事業年度の平均で年間1,000万円又は寄付先の連結売上高もしくは総収入の2%のいずれか
              大きい額を超えることをいう
            6:「多額の金銭」とは、過去3事業年度の平均で、個人の場合は年間1,000万円以上、団体の場合は当該団体の連結売上高
              の2%以上を超えることをいう
        ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

         制部門との関係
         当社では、監査役、会計監査人及び監査部の相互連携を強化し、定期的にミーティングを実施し必要に応じて意
        見交換を行うことで、経営活動全般を対象とした監査の質の向上を強化しています。この他、監査役会と社外取締
        役の情報・意見交換を目的に社外取締役監査役連絡会を開催しています。
         なお、監査役監査については「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況等 (3)監査の
        状況 ①監査役監査の状況」に、内部監査については「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの
        状況等 (3)監査の状況 ②内部監査の状況」にそれぞれ記載のとおりです。
                                  40/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
         当社における監査役監査は、監査役(常勤監査役1名、独立役員である社外監査役2名)が重要な会議への出
        席、各部門・拠点及び子会社の往査、取締役との意見交換、会計監査人からの監査計画及び監査結果についての報
        告等を通じて、適切な監査を行っています。これらの監査結果については、取締役会及び経営会議等を通じて、全
        部門に対して報告がなされています。
         なお、社外監査役横手宏典氏は、公認会計士及び税理士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知識を
        有しています。
        ②内部監査の状況

         当社の内部監査機能は、社長の指示のもと、監査部(10名体制)が担っており、本社各部、全国の拠点並びに子
        会社を対象とした内部統制の有効性及び実際の業務遂行状況について監査を行っています。これらの監査結果につ
        いては、取締役会のほか、必要に応じて各部門に対して報告がなされています。また、当社監査役及び子会社監査
        役と適宜ミーティングを実施し意見交換を行っています。
        ③会計監査の状況

         当社は、有限責任          あずさ監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けています。
         同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当社の間には、特別な利害関係はありません。
        当事業年度において業務を執行した公認会計士の氏名、監査業務に係る補助者の構成については下記のとおりで
        す。
         (イ)業務を執行した公認会計士の氏名
            指定有限責任社員 業務執行社員                  高野 浩一郎
            指定有限責任社員 業務執行社員                  岩瀬 弘典
         (ロ)監査業務に係る補助者の構成

            公認会計士 4名、その他 9名
         (ハ)監査法人の選定方針と理由

           当社は、監査役会において会計監査人の選定基準に関する規定を定めており、監査法人の概要、監査の実施
          体制等、監査報酬の見積額について検討し、会計監査人を選定します。また、                                    当社監査役会は、会社法第340
          条第1項各号に定める事由に該当すると判断した場合は、会計監査人を解任します。上記のほか、監査役会
          は、会計監査人の監査活動の適切性、妥当性を考慮し、会計監査人が職務を適正に遂行することが困難と認め
          られる等、より適切な監査を期待できる会計監査人の選任が必要と判断した場合には、会計監査人の解任又は
          不再任に関する議案を決定し、取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出します。
           現任の会計監査人については、その適性について会計監査人の選定基準の各項目に基づき審議した結果、当
          社の会計監査を十分に果たすことができると判断し、選定しています。
         (ニ)監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社監査役会で定めた会計監査人の評価基準に関する規定に基づき、その評価を行っています。事業年度ご
          とに会計監査人よりその職務が当該評価基準に適合しているか報告を受け、その内容をもとに、評価及び再任
          可否を監査役会にて決議しています。
        ④監査報酬の内容等

         「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日内閣府令第3号)による
        改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を
        適用しています。
                                  41/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (イ)監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                         55            -            58            30

     提出会社
                         -            -            -            -
     連結子会社
                         55            -            58            30
         計
         (ロ)非監査業務の内容

          当社は、当連結会計年度において、有限責任                      あずさ監査法人に対して、国際財務報告基準(IFRS)検討
         に関する助言等について対価を支払っています。
         (ハ)その他重要な報酬の内容

          該当事項はありません。
         (ニ)監査報酬の決定方針

          当社の監査公認会計士等に対する報酬の金額は、監査証明業務に係る人員数、監査日数等を勘案し、監査役会
         の同意を得て決定する方針としています。
         (ホ)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をし
         た理由は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等を確認した結果、その金額
         について、会計監査人の独立性の担保及び監査品質の確保の観点等より妥当と判断したためです。
                                  42/109












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ①役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                  報酬等の                                     対象となる
                   総額                                    役員の員数
         役員区分
                              ストックオ
                  (百万円)                                      (人)
                        基本報酬             賞与     退職慰労金       その他
                              プション
     取締役
                     176      126       -      50      -      -       ▶
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                      11      11      -      -      -      -       1
     (社外監査役を除く。)
                      21      21      -      -      -      -       ▶
     社外役員
      (注)1.上記は無報酬の社外取締役2名を除いています。
         2.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人給与を含んでいません。
         3.報酬等の総額が1億円以上である者がいないため、役員ごとの報酬等の総額は、記載を省略しています。
        ②役員報酬の基本方針

         取締役(社外取締役を除く)の基本報酬は、取締役報酬と業務執行報酬により構成しており、業務執行報酬は、
        業務執行の対価として適正な水準となるよう、同業他社の水準・当社の業績及び社員とのバランス等も考慮し決定
        しています。
         また、賞与は、役割に応じて取締役分と業務執行分をそれぞれ支給しています。業務執行分は、固定報酬と変動
        報酬で構成されており、変動報酬は定性評価と会社の業績に連動する定量評価(業績連動報酬)により決定してい
        ます。
        ③役員報酬の決定に関する方針の決定権限を有する者の概要及び活動内容

         取締役の報酬限度額は、2015年6月26日開催の第47回定時株主総会における決議により、年額320百万円以内
        (ただし、使用人分給与は含まない。)となっています。また、2010年6月25日開催の第42回定時株主総会におけ
        る決議により、上記の報酬等の額とは別枠として、ストックオプションとして発行する新株予約権に関する報酬等
        の額は年額30百万円以内となっています。
         なお、取締役毎の基本報酬及び賞与は、社外取締役が委員長を務める指名・評価報酬委員会での審議を経て決定
        しており、個別の報酬の最終決定は、取締役社長に一任することもできることとしています。当事業年度における
        報酬は、指名・評価報酬委員会による審議を経て決定しました。
         監査役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第38回定時株主総会における決議により年額30百万円以内となっ
        ています。また、上記の報酬等の額とは別枠として、ストックオプションとして発行する新株予約権に関する報酬
        等の額は年額6百万円以内となっています。
         なお、監査役毎の報酬等は監査役会において協議、決定しています。
        ④ 業績連動報酬に係る指標、目標及び実績

         経営ビジョン「VISION2030」で達成を目指している売上高、営業利益を業績連動報酬の指標としていま
        す。指標毎の年度予算を達成することを目標とし、達成率に応じて業績連動報酬の支給率を決定しています。
         なお、特定の事業部門を担当する取締役は担当部門の各指標を、社長を含むその他の取締役は連結の各指標を目
        標としています。
         2018年度は、全ての指標において目標を達成しました。
                                  43/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ①投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、保有する投資株式について、株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを保有目
        的とする場合は純投資目的である投資株式として、それ以外の事由によって保有する場合は純投資目的以外の目的
        である投資株式として区分しています。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        (イ)銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      2             74

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         該当事項はありません。
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         該当事項はありません。
        ③保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
                                  44/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
       (3)当社の連結財務諸表及び財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載して

        おりましたが      、 当連結会計年度及び当事業年度より百万円単位で記載することに変更しております。なお、比較を
        容易にするため、前連結会計年度及び前事業年度についても百万円単位に組替えて表示しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任                                                    あ
       ずさ監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務
       会計基準機構へ加入し、また、監査法人等の主催する研修へ定期的に参加しております。
                                  45/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         7,678              9,211
         現金及び預金
                                         9,608              10,296
         受取手形及び売掛金
                                           58              53
         貯蔵品
                                           866             1,040
         その他
                                           △ 3             △ 7
         貸倒引当金
                                         18,208              20,594
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                      ※3 , ※4 5,730             ※4 5,981
          建物及び構築物(純額)
          土地                               1,267              1,247
          リース資産(純額)                               1,172              1,623
                                         ※4 250             ※4 341
          その他(純額)
                                        ※1 8,421             ※1 9,194
          有形固定資産合計
         無形固定資産
          のれん                               7,724              9,332
                                           399              493
          その他
                                         8,123              9,826
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         ※2 164             ※2 162
          投資有価証券
                                         1,009              1,617
          敷金及び保証金
                                         1,572              1,831
          繰延税金資産
                                           188             2,595
          その他
                                          △ 22             △ 22
          貸倒引当金
                                         2,912              6,184
          投資その他の資産合計
                                         19,456              25,204
         固定資産合計
                                         37,665              45,798
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                                       ※5 506
                                           -
         短期借入金
                                        ※3 2,705
                                                        3,192
         1年内返済予定の長期借入金
                                         5,887              6,479
         未払金
                                         1,075               984
         未払法人税等
                                         1,008              1,093
         未払消費税等
                                           253              292
         未払費用
                                         1,538              1,577
         賞与引当金
                                           61              26
         役員賞与引当金
                                         1,451              2,429
         その他
                                         13,981              16,582
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※3 8,626
                                                        9,088
         長期借入金
                                         1,250              1,781
         リース債務
                                         1,193              1,317
         退職給付に係る負債
                                           506              645
         資産除去債務
                                           235             2,447
         その他
                                         11,812              15,280
         固定負債合計
                                         25,793              31,862
       負債合計
                                  46/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                           548              572
         資本金
                                         5,447              5,471
         資本剰余金
                                         5,845              7,857
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         11,841              13,901
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           △ 1             △ 2
         その他有価証券評価差額金
                                           30              32
         退職給付に係る調整累計額
                                           28              29
         その他の包括利益累計額合計
                                            1              5
       新株予約権
                                         11,871              13,936
       純資産合計
                                         37,665              45,798
      負債純資産合計
                                  47/109















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         74,329              84,251
      売上高
                                         61,347              69,094
      売上原価
                                         12,981              15,156
      売上総利益
                                        ※1 8,792            ※1 10,126
      販売費及び一般管理費
                                         4,188              5,030
      営業利益
      営業外収益
                                           41              42
       受取保険金
                                           13              46
       補助金収入
                                           20              37
       その他
                                           75              126
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           61              99
       支払利息
                                           38              46
       その他
                                           100              146
       営業外費用合計
                                         4,164              5,011
      経常利益
      特別利益
                                          ※2 1            ※2 17
       固定資産売却益
                                           -              173
       補助金収入
                                            0              -
       その他
                                            2             191
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※3 66             ※3 17
       固定資産除却損
                                           -              173
       固定資産圧縮損
                                                        ※4 56
                                           -
       減損損失
                                           -               0
       その他
                                           66              248
       特別損失合計
                                         4,100              4,954
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,414              1,443
                                          △ 24               3
      法人税等調整額
                                         1,390              1,447
      法人税等合計
                                         2,710              3,506
      当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益                                    2,710              3,506
                                  48/109








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         2,710              3,506
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           △ 1             △ 1
       その他有価証券評価差額金
                                           108               2
       退職給付に係る調整額
                                          ※ 106               ※ 1
       その他の包括利益合計
                                         2,817              3,507
      包括利益
      (内訳)
                                         2,817              3,507
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                  49/109
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計

     当期首残高                    478       5,381        4,475         -      10,335

     当期変動額
      新株の発行
                          70        70                        140
      剰余金の配当                                  △ 1,341               △ 1,341
      親会社株主に帰属する当期純利
                                         2,710                2,710
      益
      自己株式の取得                                           △ 0       △ 0
      連結子会社株式の取得による持
                                  △ ▶                       △ ▶
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                          70        66       1,369         △ 0      1,505
     当期末残高                    548       5,447        5,845         △ 0      11,841
                           その他の包括利益累計額

                                             新株予約権        純資産合計
                    その他有価証券評        退職給付に係る調        その他の包括利益
                    価差額金        整累計額        累計額合計
     当期首残高                     -       △ 78       △ 78        -      10,257

     当期変動額
      新株の発行                                                   140
      剰余金の配当
                                                        △ 1,341
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                         2,710
      益
      自己株式の取得                                                   △ 0
      連結子会社株式の取得による持
                                                          △ ▶
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期変動
                         △ 1       108        106         1       108
      額(純額)
     当期変動額合計                    △ 1       108        106         1      1,614
     当期末残高
                         △ 1        30        28        1      11,871
                                  50/109








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計

     当期首残高

                         548       5,447        5,845         △ 0      11,841
     当期変動額
      新株の発行                    24        24                        48
      剰余金の配当                                  △ 1,494               △ 1,494
      親会社株主に帰属する当期純利
                                         3,506                3,506
      益
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                     24        24       2,012         -       2,060
     当期末残高                    572       5,471        7,857         △ 0      13,901
                           その他の包括利益累計額

                                             新株予約権        純資産合計
                    その他有価証券評        退職給付に係る調        その他の包括利益
                    価差額金        整累計額        累計額合計
     当期首残高                    △ 1        30        28        1      11,871

     当期変動額
      新株の発行                                                    48
      剰余金の配当                                                  △ 1,494
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                         3,506
      益
      株主資本以外の項目の当期変動
                         △ 1        2        1        3        ▶
      額(純額)
     当期変動額合計
                         △ 1        2        1        3      2,064
     当期末残高                    △ 2        32        29        5      13,936
                                  51/109










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,100              4,954
       税金等調整前当期純利益
                                           605              770
       減価償却費
                                           -              56
       減損損失
                                           400              742
       のれん償却額
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   133              △ 11
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    17             △ 35
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    98              79
                                           61              99
       支払利息
                                           △ 1             △ 17
       固定資産売却益
                                           -             △ 173
       補助金収入
                                           66              17
       固定資産除却損
                                           -              173
       固定資産圧縮損
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 673             △ 384
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                    38               ▶
       前払費用の増減額(△は増加)                                   △ 36             △ 24
       未払金の増減額(△は減少)                                   694              176
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   372               99
       預り金の増減額(△は減少)                                   486               15
                                          △ 22              115
       その他
                                         6,343              6,660
       小計
                                          △ 62             △ 99
       利息の支払額
                                           -              154
       補助金の受取額
                                        △ 1,274             △ 1,610
       法人税等の支払額
                                           62              48
       その他
                                         5,068              5,153
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 417             △ 613
       有形固定資産の取得による支出
                                           39              313
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 190             △ 131
       無形固定資産の取得による支出
                                          △ 82             △ 198
       敷金及び保証金の差入による支出
                                           22              29
       敷金及び保証金の回収による収入
                                       ※3 △ 1,169             ※3 △ 537
       事業譲受による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                       ※2 △ 4,616            ※2 △ 1,303
       支出
                                           38              36
       その他
                                        △ 6,375             △ 2,404
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  52/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,850              7,427
       短期借入れによる収入
                                        △ 3,030             △ 7,449
       短期借入金の返済による支出
                                         10,075               3,500
       長期借入れによる収入
                                        △ 5,558             △ 3,010
       長期借入金の返済による支出
                                           140               48
       株式の発行による収入
                                           △ 0              -
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,340             △ 1,494
       配当金の支払額
                                          △ 54             △ 82
       ファイナンス・リース債務の返済による支出
                                          △ 63             △ 153
       その他
                                         3,018             △ 1,215
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    1,711              1,533
                                         5,966              7,678
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 7,678             ※1 9,211
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  53/109















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数           9 社
             連結子会社の名称
              ㈱技能認定振興協会
              ㈱住センター
              ㈱ティー・エム・メディカルサービス
              ㈱ケアフェリーチェ
              ㈱ピナクル
              ベストケア㈱
              ㈱日本ケアリンク
              ㈱JAWA
              ㈱オールライフメイト
             上記の内、㈱JAWA、㈱オールライフメイトについては、当連結会計年度において株式を取得したこ
            とにより、連結の範囲に含めております。
           (2)非連結子会社の名称等

             非連結子会社
              ㈱ソラストフォルテ
            (連結の範囲から除いた理由)
             ㈱ソラストフォルテは、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合
            う額)等が、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
          2.持分法の適用に関する事項

           (1)持分法適用の関連会社数               -社
           (2)持分法を適用していない非連結子会社(㈱ソラストフォルテ)及び関連会社(ホーメイション㈱)は、

            当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いて
            も連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から
            除外しております。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
            イ 有価証券
              その他有価証券
               時価のあるもの
                決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
               動平均法により算定)を採用しております。
               時価のないもの
                移動平均法による原価法を採用しております。
            ロ たな卸資産
              貯蔵品
               主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
              り算定)を採用しております。
                                  54/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
            イ 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
             (ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得し
             た建物附属設備及び構築物については、定額法によっております。)
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物及び構築物 15年~50年
              その他     4年~8年
            ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づいており
             ます。
            ハ リース資産
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
               なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前の
              リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
           (3)重要な引当金の計上基準

            イ 貸倒引当金
              売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
             等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            ロ 賞与引当金
              従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当連結会計年度負担額を計上してお
             ります。
            ハ 役員賞与引当金
              役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております。
           (4)退職給付に係る会計処理の方法

            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異の費用処理方法
              数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
             定の年数(7年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理してお
             ります。
            ③ 小規模企業等における簡便法の採用
              一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
             要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (5)のれんの償却方法及び償却期間

             のれんの償却については、個々の投資ごとに投資効果の発現する期間を見積もり、計上後20年以内の期
            間で均等償却しております。
           (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
              なお、控除対象外消費税等は、発生連結会計年度の期間費用としております。
                                  55/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
           準委員会)
          (1)概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
           的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
           ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
           員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
           す。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
           と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
           入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
           配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
           ております。
          (2)適用予定日

             2021年度の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
           中であります。
                                  56/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業外収益」の「受取利息」、「受取配当金」、「営
          業外費用」の「損害賠償金」及び「特別利益」の「負ののれん発生益」は金額的重要性が乏しいため、当連結
          会計年度においては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会
          計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「受取利息」0百万円、「受取配
          当金」1百万円は「その他」として、「営業外費用」の「損害賠償金」14百万円は「その他」として、「特別
          利益」の「負ののれん発生益」0百万円は「その他」として組替えております。
          (連結キャッシュ・フロー計算書)

           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「貸倒引当金
          の増減額」、「受取利息及び受取配当金」、「受取保険金」、「支払手数料」及び「負ののれん発生益」は金
          額的重要性が乏しいため、当連結会計年度においては「小計」欄より上の「その他」に、「利息及び配当金の
          受取額」及び「保険金の受取額」は金額的重要性が乏しいため、当連結会計年度においては「小計」欄より下
          の「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務
          諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「貸倒引当金の増減額」△1百万円、「受取利息及び受取配当金」△1百万円、「受取保険金」△41
          百万円、「支払手数料」9百万円及び「負ののれん発生益」△0百万円は「小計」欄より上の「その他」とし
          て、「利息及び配当金の受取額」1百万円及び「保険金の受取額」61百万円は「小計」欄より下の「その他」
          として組替えております。
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)

           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当連結会計年
          度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表
          示する方法に変更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」754百万円は、
          「投資その他の資産」の「繰延税金資産」1,572百万円に含めて表示しております。
           また、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて資産合計及び
          負債合計がそれぞれ37百万円減少しております。
         (連結貸借対照表関係)

          ※1 有形固定資産の減価償却累計額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                               5,645   百万円               6,842   百万円
          ※2 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 10百万円                  10百万   円
                                  57/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          ※3 担保資産及び担保付債務
             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     建物及び構築物                                 20百万円                 -百万   円
               計                        20                 -
             担保付債務は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     1年内返済予定の長期借入金                                 22百万円                 -百万   円
     長期借入金                                 53                 -
               計                        75                 -
          ※4 有形固定資産に係る国庫補助金等の受入れによる圧縮記帳累計額は、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     建物及び構築物                                434百万円                  576百万    円
     その他                                  8                 40
               計                       443                  617
          ※5 当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行(前連結会計年度は4

            行、当連結会計年度は6行)と当座貸越契約を締結しております。この契約に基づく連結会計年度末にお
            ける当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     当座貸越極度額の総額                               2,400百万円                  5,720百万     円
     借入実行残高                                 -                 506
              差引額                       2,400                  5,213
                                  58/109










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
     給料手当                               2,875   百万円               3,058   百万円
                                      451                  413
     賞与引当金繰入額
                                      61                  26
     役員賞与引当金繰入額
                                      90                  72
     退職給付費用
                                      903                 1,108
     支払手数料
          ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                 -百万円                 33百万   円
     土地                                 -                △16
     その他                                  1                 0
               計                        1                 17
     (注)建物及び構築物の売却益と土地の売却損は、同一物件の売却により発生したため、連結損益計算書上では相殺して
        固定資産売却益として表示しております。
          ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     建物及び構築物                                 22 百万  円              12百万   円
     リース資産                                 -                  0
     その他                                 43                  ▶
               計                        66                  17
          ※4 減損損失

             当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として支社・事業所及び園を基本単位として
            グルーピングを行っております。
             下記資産グループについては収益性が低下した状態が続いており、当連結会計年度において投資の回収
            が見込めないと判断したため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(56百万円)
            として特別損失に計上いたしました。その内訳は、建物及び構築物52百万円、その他4百万円でありま
            す。
           場所       用途             種類                     減損損失
                  介護事業所(5事業所)
           関東地区                     建物及び構築物、その他                     31百万円
                  保育園  (2園)
           関東地区                     建物及び構築物、その他                     4百万円
                  介護事業所(5事業所)
           関西地区                     建物及び構築物、その他                     20百万円
            当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローに基づく使用
           価値がマイナスであるため回収可能価額は零として評価しております。
            なお、前連結会計年度については、該当事項はありません。
                                  59/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △2百万円                  △1百万    円
      組替調整額                                -                  -
       税効果調整前
                                      △2                  △1
       税効果額                               0                  0
       その他有価証券評価差額金
                                      △1                  △1
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                               132                   0
      組替調整額                                23                  2
       税効果調整前
                                      156                   3
       税効果額                              △47                  △0
       退職給付に係る調整額
                                      108                   2
      その他の包括利益合計
                                      106                   1
                                  60/109














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                        期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1
                           30,378,900           738,000            -     31,116,900
             合計              30,378,900           738,000            -     31,116,900

     自己株式

      普通株式(注)2                         -         38         -         38

             合計                  -         38         -         38

      (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加738,000株は、新株予約権の行使によるものであります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の増加38株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                             -       -       -       -       -        1
            の新株予約権
     (親会社)
               合計               -       -       -       -       -        1
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2017年5月26日
                 普通株式              698        23.00    2017年3月31日         2017年6月30日
     取締役会
     2017年11月9日
                 普通株式              642        21.00    2017年9月30日         2017年12月5日
     取締役会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              配当額(円)
     2018年5月25日
               普通株式           746    利益剰余金          24.00    2018年3月31日         2018年6月11日
     取締役会
                                  61/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                        期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1,2
                           31,116,900         63,008,700             -     94,125,600
             合計              31,116,900         63,008,700             -     94,125,600

     自己株式

      普通株式(注)3                         38         76         -         114

             合計                  38         76         -         114

      (注)1.当社は、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。
         2.普通株式の発行済株式総数の増加63,008,700株は、株式分割による増加62,262,600株、新株予約権の行使に
           よる増加746,100株であります。
         3.普通株式の自己株式の株式数の増加76株は、株式分割による増加であります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                         新株予約権の                              当連結会計
       区分       新株予約権の内訳           目的となる株                              年度末残高
                                当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                          式の種類                             (百万円)
                                 年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社
            ストック・オプションとして
                             -      -      -      -      -        5
            の新株予約権
     (親会社)
               合計               -      -      -      -      -        5
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2018年5月25日
                 普通株式              746        24.00    2018年3月31日         2018年6月11日
     取締役会
     2018年11月8日
                 普通株式              747         8.00    2018年9月30日         2018年11月30日
     取締役会
      (注)当社は、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。2018年3月31日を基
        準日とする配当の「1株当たり配当額」につきましては、当該株式分割前の金額を記載しております。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額              1株当たり
               株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              配当額(円)
     2019年5月24日
               普通株式          1,035     利益剰余金          11.00    2019年3月31日         2019年6月7日
     取締役会
                                  62/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     現金及び預金勘定                               7,678百万円                  9,211百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                 -                  -
     現金及び現金同等物                               7,678                  9,211
          ※2 株式取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
            株式の取得により新たにベストケア株式会社、株式会社日本ケアリンクほか2社を連結したことに伴う                                                連
           結開始時の資産及び負債の主な内訳並びに、当該会社の株式の取得価額と取得による支出(純額)との関係
           は次のとおりであります。
              流動資産                      2,359   百万円
              固定資産                      3,999
              のれん                      5,062
              流動負債                     △1,852
              固定負債                     △4,185
              株式の取得価額
                                    5,383
              被買収会社の現金及び現金同等物                      △766
              差引:取得による支出
                                    4,616
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

            株式の取得により新たに株式会社JAWA、株式会社オールライフメイトを連結したことに伴う                                             連結開始
           時の資産及び負債の主な内訳並びに、当該会社の株式の取得価額と取得による支出(純額)との関係は次の
           とおりであります。
              流動資産                      1,024   百万円
              固定資産                      3,807
              のれん                      2,030
              流動負債                     △2,212
              固定負債                     △2,765
              株式の取得価額
                                    1,884
              被買収会社の現金及び現金同等物                      △580
              差引:取得による支出
                                    1,303
                                  63/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          ※3 事業譲受により増加した資産及び負債の主な内訳
           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
            事業譲受により増加した資産及び負債の内訳は次のとおりであります。
              流動資産                        6 百万円
              固定資産                       612
              のれん                       571
              流動負債                        -
              固定負債                       △20
              事業譲受による支出
                                    1,169
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

            事業譲受により増加した資産及び負債の内訳は次のとおりであります。
              流動資産                        0 百万円
              固定資産                       214
              のれん                       321
              流動負債                        -
              固定負債                        -
              事業譲受による支出
                                     537
                                  64/109














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          1.ファイナンス・リース取引(借主側)
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ① リース資産の内容
             有形固定資産
              主として、介護・保育事業における車両及び建物長期賃貸借契約であります。
           ② リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資
            産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
             なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、2008年3月31日以前の

            リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のと
            おりであります。
            (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、及び期末残高相当額

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度(2018年3月31日)

                       取得価額相当額            減価償却累計額相当額               期末残高相当額

     建物及び構築物                         323             114             209

                                                    (単位:百万円)

                                当連結会計年度(2019年3月31日)

                       取得価額相当額            減価償却累計額相当額               期末残高相当額

     建物及び構築物                         323             125             198

            (2)未経過リース料期末残高相当額等

                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                             (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     未経過リース料期末残高相当額

      1年内                                ▶                  ▶

      1年超                               298                  293

       合計                               302                  298

            (3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額

                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                            (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                             至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     支払リース料                               47                  47

     減価償却費相当額                               11                  11

     支払利息相当額                               43                  42

                                  65/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
            (4)減価償却費相当額の算定方法
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
            (5)利息相当額の算定方法

              リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法について
             は、利息法によっております。
          2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                            (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
     1年内                                  547                   751

     1年超                                 7,181                   8,602

             合計                          7,729                   9,354
                                  66/109















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については、安全性の高い金融資産等で運用し、また、資金調達については
            必要な都度、主に銀行借入による方針で行っております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに対して
            は、各事業部門が取引先ごとに日常管理を行い、回収遅延の懸念債権については、その残高、与信状況の
            把握・分析等を行うことによって、与信リスクの低減を図っております。
             投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格等の変動リスクに晒されてお
            りますが、定期的に時価等の状況や発行体の財務状況等を把握しております。
             敷金及び保証金は、主に事業所の賃貸借契約によるものであり、差入先の信用リスクに晒されておりま
            すが、契約時や契約更新時に契約先の信用状況の把握に努めております。
             営業債務である未払金は、主に従業員の未払給与手当であり、月々の残高は、概ね一定の範囲内で推移
            しております。
             法人税、住民税(都道府県民税及び市町村民税をいう。)及び事業税の未払額である未払法人税等並び
            に消費税の未払額である未払消費税等は、そのほぼ全てが2カ月以内に納付期限が到来するものでありま
            す。
             借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主にM&A及び設備投資の資金の調達を目的
            としたものであります。これらの債務には変動金利が含まれており、金利の変動リスクに晒されておりま
            す。
           (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件
            等によった場合、当該価額が変動することもあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2018年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)            差額(百万円)
                            (百万円)
                                                          -

      (1)現金及び預金                           7,678            7,678
                                                          -
      (2)受取手形及び売掛金                           9,608            9,608
                                                          -
      (3)投資有価証券                             29            29
      (4)敷金及び保証金                           1,009             989           △19
       資産計                          18,325            18,305             △19

                                                          -

      (1)未払金                           5,887            5,887
                                                          -
      (2)未払法人税等                           1,075            1,075
                                                          -
      (3)未払消費税等                           1,008            1,008
      (4)長期借入金(1年内返済予定の長期
                                 11,331            11,331              0
        借入金含む)
      (5)リース債務(1年内返済予定のリー
                                 1,325            1,333              8
        ス債務含む)
       負債計                          20,628            20,637              8
                                  67/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(2019年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)            差額(百万円)
                            (百万円)
      (1)現金及び預金                           9,211            9,211             -

      (2)受取手形及び売掛金                           10,296            10,296              -
      (3)投資有価証券                             27            27            -

      (4)敷金及び保証金                           1,617            1,580            △36
       資産計                          21,153            21,117             △36

      (1)未払金                           6,479            6,479             -

      (2)短期借入金                            506            506            -

      (3)未払法人税等                            984            984            -

      (4)未払消費税等                           1,093            1,093             -

      (5)長期借入金(1年内返済予定の長期
                                 12,281            12,287              6
        借入金含む)
      (6)リース債務(1年内返済予定のリー
                                 1,863            2,025             161
        ス債務含む)
       負債計                          23,208            23,376             167
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

          資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
          (3)投資有価証券
            時価について、株式等は取引所の価格によっております。
          (4)敷金及び保証金
            将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値により算定しております。
            なお、「連結貸借対照表計上額」及び「時価」には、敷金及び保証金の回収が最終的に見込めないと認め
            られる部分の金額(資産除去債務の未償却残高)が含まれております。
          負 債

          (1)未払金、(2)短期借入金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
            よっております。
          (5)長期借入金(1年内返済予定の長期借入金含む)、(6)リース債務(1年内返済予定のリース債務含む)
            元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値
            により算定しております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                 区分
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
          非上場株式                                93                 93

          出資金                                41                 40

                 合計                        134                 134

           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の
          対象としておりません。
                                  68/109


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2018年3月31日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       7,678           -         -         -

      受取手形及び売掛金                       9,608           -         -         -
      敷金及び保証金                         -         208         241         559
             合計               17,286           208         241         559

          当連結会計年度(2019年3月31日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       9,211           -         -         -

      受取手形及び売掛金                       10,296           -         -         -
      敷金及び保証金                         -         217         489         910
             合計               19,508           217         489         910

        4.借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2018年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                                  1,773         28

      長期借入金               2,705       2,688       2,071       2,064
      リース債務                74       67       58       57       56      1,010
                            2,755       2,130       2,122       1,829       1,038

          合計           2,780
          当連結会計年度(2019年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (百万円)                                    (百万円)
                         (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
                                                   465      1,262

      長期借入金               3,192       2,592       2,543       2,223
      リース債務                82       75       75       74       73      1,482
                            2,668       2,618       2,298        539      2,745

          合計           3,275
         (有価証券関係)

          その他有価証券
           前連結会計年度(2018年3月31日)
            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(2019年3月31日)

            重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                  69/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び一部の連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、ポイント制に基づく退職一時金制度(非
           積立型)の退職給付制度及び確定拠出制度を採用しております。
            なお、一部のパート社員及び連結子会社の退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係
           る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          2.確定給付制度

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((2)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                          1,082   百万  円        1,025   百万  円
             退職給付債務の期首残高
              勤務費用                             141             137
              利息費用                              1             1
              数理計算上の差異の発生額                            △132              △0
              退職給付の支払額                            △76             △72
              その他(注)                              9             0
             退職給付債務の期末残高                             1,025             1,091
             (注)その他は、臨時の退職金等であります。
           (2)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                           63 百万  円         168  百万  円
             退職給付に係る負債の期首残高
              子会社増加に伴う影響額                             106             47
              退職給付費用                             13             37
              退職給付の支払額                            △14             △27
             退職給付に係る負債の期末残高                              168             225
           (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

            に係る資産の調整表
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                          1,193   百万  円        1,317   百万  円
             非積立型制度の退職給付債務
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             1,193             1,317
                                          1,193             1,317

             退職給付に係る負債
                                          1,193             1,317
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
           (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                           141  百万  円         137  百万  円
             勤務費用
                                            1             1
             利息費用
                                           23             2
             数理計算上の差異の費用処理額
                                           13             37
             簡便法で計算した退職給付費用
             その他(注)                               9             0
                                           189             179
             確定給付制度に係る退職給付費用
             (注)その他は、臨時の退職金等であります。
                                  70/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
           (5)退職給付に係る調整額
             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                   (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                           156  百万  円          3 百万  円
             数理計算上の差異
                                           156              3
              合計
           (6)退職給付に係る調整累計額

             退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                          △43  百万  円         △46  百万  円
             未認識数理計算上の差異
              合計                            △43             △46
           (7)数理計算上の計算基礎に関する事項

             主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                           0.1  %           0.4  %
             割引率
             (注)当連結会計年度の期首時点の計算において適用した割引率は0.1%でありましたが、期末時点に
               おいて割引率の再検討を行った結果、割引率の変更により退職給付債務の額に重要な影響を及ぼす
               と判断し、割引率を0.4%に変更しております。
          3.確定拠出制度

            連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円でありま
           す。
                                  71/109











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                  当連結会計年度

                            (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                             至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                                        -                  -
     売上原価の株式報酬費
                                         1                  3
     一般管理費の株式報酬費
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                             第1回            第2回            第6回
                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
                         当社取締役 3名
     付与対象者の区分及び人数                                当社取締役 1名            当社取締役 1名
                         当社従業員 27名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 7,344,000株            普通株式 900,000株            普通株式 720,000株
     数(注)
     付与日                    2012年5月2日            2013年3月8日            2013年12月2日
                         権利付与日(2012年5            権利付与日(2013年3            権利付与日(2013年12
                         月2日)以降、権利確            月8日)以降、権利確            月2日)以降、権利確
     権利確定条件                    定日(2014年5月1            定日(2015年3月7            定日(2015年12月1
                         日)まで継続して勤務            日)まで継続して勤務            日)まで継続して勤務
                         していること            していること            していること
                         2012年5月2日から            2013年3月8日から            2013年12月2日から
     対象勤務期間
                         2014年5月1日まで            2015年3月7日まで            2015年12月1日まで
                         2014年5月2日から            2015年3月8日から            2015年12月2日から
     権利行使期間
                         2022年5月1日まで            2023年3月7日まで            2023年12月1日まで
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2016年1月26日付株式分割(1株につき300株の割合)及び2018年7
        月1日付株式分割(1株につき3株の割合)による分割後の株式数に換算しております。
                             第7回            第9回            第11回

                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
                                     子会社取締役 2名            当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 2名
                                     当社従業員  1名            当社従業員 1名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 900,000株            普通株式 540,000株            普通株式 540,000株
     数(注)
     付与日                    2014年3月2日            2015年2月25日            2015年11月2日
                         権利付与日(2014年3            権利付与日(2015年2            権利付与日(2015年11
                         月2日)以降、権利確            月25日)以降、権利確            月2日)以降、権利確
     権利確定条件                    定日(2016年3月1            定日(2017年2月24            定日(2017年11月1
                         日)まで継続して勤務            日)まで継続して勤務            日)まで継続して勤務
                         していること            していること            していること
                         2014年3月2日から            2015年2月25日から            2015年11月2日から
     対象勤務期間
                         2016年3月1日まで            2017年2月24日まで            2017年11月1日まで
                         2016年3月2日から            2017年2月25日から            2017年11月2日から
     権利行使期間
                         2024年3月1日まで            2025年2月24日まで            2025年11月1日まで
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2016年1月26日付株式分割(1株につき300株の割合)及び2018年7
        月1日付株式分割(1株につき3株の割合)による分割後の株式数に換算しております。
                                  72/109



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                           2017年第1回            2018年第1回

                         ストック・オプション            ストック・オプション
     付与対象者の区分及び人数                    当社従業員 10名            当社従業員 11名

     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 69,000株            普通株式 25,000株
     数(注)
     付与日                    2017年8月22日            2018年10月15日
                         権利付与日(2017年8            権利付与日(2018年10
                         月22日)以降、権利確            月15日)以降、権利確
     権利確定条件                    定日(2019年8月22            定日(2020年10月15
                         日)まで継続して勤務            日)まで継続して勤務
                         していること            していること
                         2017年8月22日から            2018年10月15日から
     対象勤務期間
                         2019年8月22日まで            2020年10月15日まで
                         2019年8月23日から            2020年10月16日から
     権利行使期間
                         2024年8月22日まで            2025年10月15日まで
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2018年7月1日付株式分割(1株につき3株の割合)による分割後
        の株式数に換算しております。
                                  73/109














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2018年度)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
            ンの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
                             第1回            第2回            第6回
                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
     権利確定前               (株)

                                                          -
      前連結会計年度末                            -            -
                                  -            -            -
      付与
                                              -            -
      失効                            -
                                  -            -            -
      権利確定
      未確定残                            -            -            -

     権利確定後               (株)

                                398,700            254,700            109,800
      前連結会計年度末
                                  -            -            -
      権利確定
                                304,200            214,200            109,800
      権利行使
                                  -            -            -
      失効
                                94,500            40,500              -
      未行使残
     (注)   2016年1月26日付株式分割(1株につき300株の割合)及び2018年7月1日付株式分割(1株につき3株の割合)
        による分割後の株式数に換算しております。
                             第7回            第9回            第11回

                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
     権利確定前               (株)

                                                          -
      前連結会計年度末                            -          72,000
                                  -            -
      付与                                                    -
                                  -            -            -
      失効
                                  -          72,000              -
      権利確定
                                                          -
      未確定残                            -            -
     権利確定後               (株)

                                74,700            36,000            270,000
      前連結会計年度末
                                  -          72,000              -
      権利確定
                                74,700            72,000              -
      権利行使
                                  -            -            -
      失効
                                  -          36,000            270,000
      未行使残
     (注)2016年1月26日付株式分割(1株につき300株の割合)及び2018年7月1日付株式分割(1株につき3株の割合)
        による分割後の株式数に換算しております。
                                  74/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                           2017年第1回            2018年第1回

                         ストック・オプション            ストック・オプション
     権利確定前               (株)

                                60,000              -
      前連結会計年度末
      付与                            -          25,000

                                12,000              -
      失効
                                  -            -
      権利確定
                                48,000            25,000
      未確定残
     権利確定後               (株)

                                  -            -
      前連結会計年度末
                                  -            -
      権利確定
                                  -            -
      権利行使
                                  -            -
      失効
                                  -            -
      未行使残
     (注)   2018年7月1日付株式分割(1株につき3株の割合)                         による分割後の株式数に換算しております。
                                  75/109













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
            ② 単価情報
                             第1回            第2回            第6回
                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
     権利行使価格(注)1               (円)              56            56            56

                                 1,162            1,204            1,133
     行使時平均株価               (円)
                                  -            -            -
     付与日における公正な評価単価               (円)
                             第7回            第9回            第11回

                         ストック・オプション            ストック・オプション            ストック・オプション
     権利行使価格(注)1               (円)              56            123            123

                                 1,174            1,122              -
     行使時平均株価               (円)
                                  -            -            -
     付与日における公正な評価単価               (円)
                           2017年第1回            2018年第1回

                         ストック・オプション            ストック・オプション
     権利行使価格(注)1               (円)              586           1,393

                                  -            -
     行使時平均株価               (円)
                                ア:400            ア:326

                           (注)2 イ:409            (注)2 イ:342
     付与日における公正な評価単価               (円)
                                ウ:419            ウ:357
     (注)1.     2016年1月26日付株式分割(1株につき300株の割合)及び                           2018年7月1日付株式分割(1株につき3株の割
          合)による分割後の価格に換算して記載しております。
        2.段階的行使条件が設定されていることから、当該条件に合わせて予想残存期間の異なる3種類の公正な評価単
          価を記載しております。
                                  76/109











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
           (1)第1回ストック・オプションから第11回ストック・オプションについては、ストック・オプションを付
            与した時点においては当社は未公開企業であったため、ストック・オプションの単位当たりの本源的価値
            を見積る方法によっております。また、単位当たりの本源的価値の算定基礎となる自社の株式の評価方法
            は、収益還元法及び類似上場会社法並びにこれらの折衷法により算定した価格を用いております。
           (2)当連結会計年度において付与された2018年第1回ストック・オプションについての公正な評価単価の見
            積方法は以下のとおりであります。
            ①使用した評価技法     ブラック・ショールズ式
            ②主な基礎数値及び見積方法
                                 2018年第1回ストック・オプション
                                             36.39%
             株価変動性(注)1
                                         ア:  4.5年
                                         イ:  5.0年
             予想残存期間(注)2
                                         ウ:  5.5年
                                            15円/株
             予想配当(注)3
                                         ア:△0.068%
                                         イ:△0.054%
             無リスク利子率(注)4
                                         ウ:△0.034%
         (注)1.当社における週次の株価実績に基づき算定しております。なお、株価情報収集期間は以下を採用して
             おります。
              2016年6月29日(上場日)から2018年10月15日
            2.権利行使までの期間を合理的に見積もることが困難であるため、算定時点から権利行使期間の中間点
             までの期間を予想残存期間として見積もっております。また権利行使は段階的に可能となることから、
             権利行使期間の中間点を以下のアからウと計算し、評価対象ストック・オプションの予想残存期間をそ
             れぞれ見積もり、その公正な評価単価を算定しております。
              ア:2023年4月16日
              イ:2023年10月16日
              ウ:2024年4月15日
            3.2017年度の配当実績によっております。
            4.予想残存期間に対応する期間に対応する以下国債の利回りであります。
              ア:償還期日2023年3月20日
              イ:償還期日2023年9月20日
              ウ:償還期日2024年3月20日
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用
           しております。
          5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源

           的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本
           源的価値の合計額
           (1)当連結会計年度末における本源的価値の合計額
             当連結会計年度末におけるストック・オプションの本源的価値の合計額は504百万円であります。
           (2)当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
            額
             当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
            額は856百万円であります。
                                  77/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
          繰延税金資産
           賞与引当金                               476百万円             489百万円
           退職給付に係る負債                               369             408
           資産調整勘定                               312             353
                                          164
           資産除去債務                                             211
           減価償却費超過額                               205             210
           税務上の繰越欠損金                               173             203
           長期前受収益                                21             159
                                          123
           未払事業税及び事業所税                                             143
           減損損失                               165             128
           資本連結に伴う評価差額                                79             79
           未払法定福利費                                77             76
           その他                                73             208
          繰延税金資産小計
                                         2,242             2,672
          評価性引当額                               △519             △549
          繰延税金資産合計
                                         1,722             2,123
          繰延税金負債
           資産除去債務に対応する除去費用                               △96             △113
           資本連結に伴う評価差額                               △46             △44
                                          △7            △133
           その他
          繰延税金負債合計                               △150             △291
          繰延税金資産の純額                               1,572             1,831
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
           法定実効税率
                                          30.9%       法定実効税率と税効果会
           (調整)                                     計適用後の法人税等の負担
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              0.8      率との間の差異が法定実効
            住民税均等割                              1.1      税率の100分の5以下であ
            のれん償却額                              3.0      るため注記を省略しており
            所得拡大促進税制税額控除                             △  2.5      ます。
            その他                              0.6
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                          33.9
                                  78/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          1.取得による企業結合(株式会社JAWAの株式の取得(子会社化))
          (1)企業結合の概要
           ①被取得企業の名称及びその事業の内容
             被取得企業の名称  株式会社JAWA
             事業の内容     介護サービス事業
           ②企業結合を行った主な理由
              株式会社JAWAは、関西圏を中心にグループホームや有料老人ホーム等を運営しています。これら
             の施設系サービスと当社が展開する在宅系サービス等を有機的に結びつけることで、地域トータルケア
             の実現に一歩前進します。
           ③企業結合日
             2018年10月1日
           ④企業結合の法的形式
             株式取得
           ⑤結合後企業の名称
             株式会社JAWA
           ⑥取得した議決権比率
             100%
           ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
             当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
          (2)連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間

             2018年10月1日から2019年3月31日まで
          (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

             取得の対価               現金         884百万円
                                    884
             取得原価
          (4)主要な取得関連費用の内訳及び金額

             アドバイザリーに対する報酬・手数料等   16百万円
          (5)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

           ①発生したのれんの金額
             944百万円
           ②発生原因
              被取得企業である株式会社JAWAの株式取得原価が、企業結合日における同社の時価純資産額を上
             回ったためであります。
           ③償却方法及び償却期間
             14年間にわたる均等償却
          (6)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

             流動資産             189百万円
                         460
             固定資産
                         649
             資産合計
             流動負債             178
                         531
             固定負債
                         710
             負債合計
                                  79/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          (7)企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及
           ぼす影響の概算額及びその算定方法
             売上高             678百万円
                          20
             営業利益
            企業結合が連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と、取得企業の
           連結損益計算書における売上高および損益情報との差額を影響の概算額としております。
            上記情報は、必ずしも将来起こりうるべき事象を示唆するものではありません。また、実際に企業結合
           が当連結会計年度の開始日時点で行われた場合の経営成績を示すものではありません。
            なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
          2.取得による企業結合(株式会社オールライフメイトの株式の取得(子会社化))

          (1)企業結合の概要
           ①被取得企業の名称及びその事業の内容
             被取得企業の名称  株式会社オールライフメイト
             事業の内容     介護サービス事業
           ②企業結合を行った主な理由
              株式会社オールライフメイトは、東京都内を中心に有料老人ホーム7施設を運営しています。これら
             の施設系サービスと当社が展開する在宅系サービス等を有機的に結びつけることで、地域トータルケア
             の実現に一歩前進します。
           ③企業結合日
             2018年12月26日(みなし取得日 2018年12月31日)
           ④企業結合の法的形式
             株式取得
           ⑤結合後企業の名称
             株式会社オールライフメイト
           ⑥取得した議決権比率
             100%
           ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
             当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
          (2)連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間

             2019年1月1日から2019年3月31日まで
          (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

             取得の対価              現金         1,000百万円
                                    1,000

             取得原価
          (4)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

           ①発生したのれんの金額
             1,085百万円
           ②発生原因
              被取得企業である株式会社オールライフメイトの株式取得原価が、企業結合日における同社の時価純
             資産額を上回ったためであります。
           ③償却方法及び償却期間
             14年間にわたる均等償却
          (5)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

             流動資産           834百万円
                       3,347
             固定資産
                       4,181
             資産合計
             流動負債          2,033
                       2,234
             固定負債
                       4,267
             負債合計
                                  80/109


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          (6)企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及
           ぼす影響の概算額及びその算定方法
             売上高          2,831百万円
                        134
             営業利益
            企業結合が連結会計年度開始の日に完了したと仮定して算定された売上高及び損益情報と、取得企業の
           連結損益計算書における売上高および損益情報との差額を影響の概算額としております。
            上記情報は、必ずしも将来起こりうるべき事象を示唆するものではありません。また、実際に企業結合
           が当連結会計年度の開始日時点で行われた場合の経営成績を示すものではありません。
            なお、当該注記は監査証明を受けておりません。
         (資産除去債務関係)

          資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             建物の解体時に発生するアスベスト除去費用及び建物の退去時における不動産賃貸借契約に基づく原状
            回復費用等について資産除去債務を計上しております。ただし、退去時における原状回復費用の見積額が
            敷金・保証金の額を超えない物件については、資産除去債務の負債計上に代えて、当該原状回復費用の見
            積額のうち当連結会計年度の負担に属する金額を敷金から直接控除し、費用計上する方法によっておりま
            す。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

             負債計上した資産除去債務の金額の算定にあたっては、使用見込期間は12年~50年と見積り、割引率は
            使用見込期間に応じて0.2%~2.3%を使用しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     期首残高                                150百万円                  506百万円
                                      40                  33
     賃貸借契約締結に伴う増加額
     時の経過による調整額                                  3                  3
     資産除去債務の履行による減少額                                △2                 △15
     連結子会社の取得に伴う増加額                                315                  117
     期末残高                                506                  645
         (賃貸等不動産関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                  81/109








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
            り、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている
            ものであります。
             当社グループは、社内業績管理単位であるサービス別形態を基礎とし、「医療関連受託事業」、「介
            護・保育事業」の2つを報告セグメントとしております。
             「医療関連受託事業」は、受付、会計、診療報酬請求業務、病院経営支援業務等の医療事務関連業務の
            受託・人材派遣等を行っております。
             「介護・保育事業」は、訪問介護(ホームヘルプサービス)、通所介護(デイサービス)、特定施設入
            居者生活介護(介護付有料老人ホーム)、都市型軽費老人ホーム(ケアハウス)、住宅型有料老人ホー
            ム、サービス付き高齢者向け住宅、短期入所生活介護(ショートステイ)、居宅介護支援、認知症対応型
            共同生活介護(グループホーム)、小規模多機能型居宅介護、訪問看護、福祉用具貸与・販売等の介護事
            業及び保育事業を行っております。
             当連結会計年度より、2018年4月1日付にて行った当社の組織改編に伴い、前連結会計年度まで「その
            他」に分類していたキャリアセンター(人材確保及び育成業務)は、総合職、専門職の採用・人材育成機
            能統合のため人事総務本部へ移設したことにより、「調整額」に含めております。
             なお、前連結会計年度のセグメント情報は、組織改編後の区分に基づき作成したものを開示しておりま
            す。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と概ね同一であります。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                  82/109












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
             前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                       連結財務諸
                                    その他             調整額
                                                       表計上額
                                           合計
                                    (注)1             (注)2
                 医療関連受      介護・保育
                                                        (注)3
                               計
                 託事業      事業
     売上高

                   53,601      20,095      73,696        632     74,329         -    74,329
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -      -      -      -      -       -      -
      売上高又は振替高
                   53,601      20,095      73,696        632     74,329         -    74,329
          計
     セグメント利益又は損
                   5,601      1,046      6,647       112     6,759      △ 2,570      4,188
     失(△)
                   7,080      22,085      29,166        226     29,392        8,273      37,665
     セグメント資産
     その他の項目

                     42      447      490       15      505       100      605
      減価償却費
                     21      379      400       -      400        -      400
      のれんの償却額
      有形固定資産及び無
                     70    10,118      10,188         ▶    10,193         93    10,286
      形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない教育、不動産賃貸及び損害保険代理店業務等を含んでお
           ります。
         2.調整額の内容は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益又は損失(△)の調整額△2,570百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用
            であります。
            全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          (2)セグメント資産の調整額8,273百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。
            全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資金等であります。
          (3)減価償却費の調整額100百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。
            全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額93百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資
            産の設備投資額であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                  83/109








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                       連結財務諸
                                    その他             調整額
                                                       表計上額
                                           合計
                                    (注)1             (注)2
                 医療関連受      介護・保育
                                                        (注)3
                               計
                 託事業      事業
     売上高

                   55,640      28,058      83,698        552     84,251         -    84,251
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     -      -      -      -      -       -      -
      売上高又は振替高
                   55,640      28,058      83,698        552     84,251         -    84,251
          計
     セグメント利益又は損
                   6,105      1,869      7,974        89     8,063      △ 3,033      5,030
     失(△)
                   7,204      29,590      36,794        166     36,961        8,837      45,798
     セグメント資産
     その他の項目

                     47      594      641       15      657       113      770
      減価償却費
                     21      721      742       -      742        -      742
      のれんの償却額
      有形固定資産及び無
                     57     3,959      4,017        9    4,026        200     4,227
      形固定資産の増加額
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない教育、不動産賃貸及び損害保険代理店業務等を含んでお
           ります。
         2.調整額の内容は以下のとおりであります。
          (1)セグメント利益又は損失(△)の調整額                     △3,033    百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用
            であります。
            全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          (2)セグメント資産の調整額             8,837   百万円は、各報告セグメントに配分していない全社資産であります。
            全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない余資運用資金等であります。
          (3)減価償却費の調整額           113  百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。
            全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
          (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額                         200  百万円は、各報告セグメントに配分していない全社
            資産の設備投資額であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                  84/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報の中で同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
           2.地域ごとの情報

             本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び在外支店がないため、該当事項はありません。
           3.主要な顧客ごとの情報

             外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める特定の顧客への売上高がない
            ため、記載事項はありません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
               医療関連受託事業          介護・保育事業           その他        全社・消去           合計
                      -         56         -         -         56
     減損損失
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
               医療関連受託事業          介護・保育事業           その他        全社・消去           合計
                      21         379          -         -         400
     当期償却額
                      44        7,679           -         -        7,724
     当期末残高
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
               医療関連受託事業          介護・保育事業           その他        全社・消去           合計
                      21         721          -         -         742
     当期償却額
                      23        9,309           -         -        9,332
     当期末残高
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
            介護・保育事業において、事業譲受に伴い、0百万円の負ののれん発生益を計上しております。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

            該当事項はありません。
                                  85/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                    資本金又は           議決権等の所
          会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
                    出資金           有(被所有)
      種類          所在地                           取引の内容          科目
          称又は氏名                又は職業            との関係           (百万円)        (百万円)
                    (百万円)           割合(%)
                                           新株予約権
                               (被所有)
                          当社代表取
     役員    荒井 純一       -     -               当社役員      の行使(注        22   -      -
                          締役会長      直接    1.29
                                           2)
                                           新株予約権
                               (被所有)
                          当社代表取
                                           の行使(注
     役員    石川 泰彦       -     -               当社役員              11   -      -
                          締役社長
                                直接    0.47
                                           3)
                                           新株予約権
                               (被所有)
                          当社取締役
     役員    春山 昭彦       -     -               当社役員      の行使(注        11   -      -
                          副社長
                                直接    0.35
                                           4)
                                           新株予約権
                               (被所有)
                          当社取締役
                                           の行使(注
     役員    藤河 芳一       -     -               当社役員              11   -      -
                          副社長
                                直接    0.46
                                           5)
       (注)1.取引金額には消費税等が含まれておりません。
          2.2012年5月1日開催の臨時株主総会で決議された条件に基づき付与された新株予約権の前連結会計年度に
            おける権利行使を記載しております。
          3.2013年3月7日開催の臨時株主総会で決議された条件に基づき付与された新株予約権の前連結会計年度に
            おける権利行使を記載しております。
          4.2013年12月1日開催の臨時株主総会で決議された条件に基づき付与された新株予約権の前連結会計年度に
            おける権利行使を記載しております。
          5.2014年3月1日開催の臨時株主総会で決議された条件に基づき付与された新株予約権の前連結会計年度に
            おける権利行使を記載しております。
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                    資本金又は           議決権等の所
          会社等の名                事業の内容            関連当事者           取引金額        期末残高
      種類          所在地    出資金           有(被所有)            取引の内容          科目
          称又は氏名                又は職業            との関係
                                                (百万円)        (百万円)
                    (百万円)           割合(%)
                                           新株予約権
                               (被所有)
                          当社代表取
                                           の行使(注
     役員    石川 泰彦       -     -               当社役員              11   -      -
                          締役社長
                                直接    0.69
                                           2)
       (注)1.取引金額には消費税等が含まれておりません。
          2.2013年3月7日開催の臨時株主総会で決議された条件に基づき付与された新株予約権の当連結会計年度に
            おける権利行使を記載しております。
                                  86/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     1株当たり純資産額                               127.15円                148.00円

     1株当たり当期純利益                                29.53円                 37.50円

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                28.75円                 37.10円

      (注)1.当社は、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益及び潜在株式調整
           後1株当たり当期純利益を算定しております。
         2.1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
           す。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                               2,710                 3,506

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                -                 -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                     2,710                 3,506
      利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                            91,785,497                 93,508,905
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                       -                 -
      (百万円)
      普通株式増加数(株)                             2,503,016                 1,013,706
       (うち新株予約権(株))                         (  2,503,016)                 (  1,013,706)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                                       2018年9月28日開催の取締役会決
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在                                       議による株式会社ソラスト2018年
     株式の概要                                       第1回新株予約権
                                   -
                                              新株予約権の数  250個
                                             (普通株式            25,000株)
                                  87/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
          (固定資産の譲渡)
           当社は、2019年2月7日開催の取締役会において、下記のとおり固定資産の譲渡について決議いたしまし
          た。
           1.譲渡の理由

             経営資源の有効活用の一環として、事務所として所有する以下の固定資産を譲渡することとしました。
            収益を生まない資産を売却し、その資金を成長のための投資に活用することで長期的な企業価値の向上を
            図ります。また、譲渡する事務所から新たな事務所に移転することで、生産性・職場環境・社員満足度向
            上等に向けた働き方改革を推進します。
           2.譲渡資産の内容

             資産の名称及び所在地                   譲渡益         現況
             秋葉原ビル
                              2,198百万円        事務所
             (東京都千代田区)
            (注)譲渡価額及び帳簿価額につきましては、譲渡先の強い要請により開示は控えさせていただきます
               が、競争入札による市場価格を反映した適正な価格での譲渡となります。
           3.譲渡先の概要

             譲渡先は北陸地方の不動産事業者ですが、譲渡先の強い要請により、詳細につきましては開示を控えさ
            せていただきます。なお、譲渡先と当社との間には、資本関係、人的関係及び取引関係はなく、また、当
            社の関連当事者には該当いたしません。
           4.譲渡の日程

             (1)取締役会決議日                 2019年2月7日
             (2)契約締結日                 2019年3月12日

             (3)引渡日                 2019年6月25日

           5.業績に与える影響について

             当該資産の譲渡により、2019年度に特別利益として固定資産売却益2,198百万円が計上され、親会社株
            主に帰属する当期純利益が1,525百万円増加する見込みです。
                                  88/109










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
          (取得による企業結合)
           当社は、2019年3月27日開催の取締役会において、なごやかケアリンク株式会社の株式を取得(子会社化)
          するため、株式譲渡契約を締結することについて決議し、同日付で株式譲渡契約を締結し、2019年4月12日付
          で全株式を取得しました。
          (1)企業結合の概要

           ①被取得企業の名称及びその事業の内容
             被取得企業の名称  なごやかケアリンク株式会社
             事業の内容     介護サービス事業
           ②企業結合を行った主な理由
              なごやかケアリンク株式会社は、東京都内を中心に通所介護事業所を53ヶ所運営しています。この度
             の株式取得により、当社グループが東京都内で運営する介護事業所は大幅に増加し、177ヶ所となりま
             す。また、なごやかケアリンク株式会社が運営する事業所の多くは当社グループの通所介護事業所との
             地理的な重なりが少ないため、展開エリアの拡充及びエリア内におけるサービスの充実に大きく寄与し
             ます。
           ③企業結合日
             2019年4月12日(みなし取得日 2019年4月1日)
           ④企業結合の法的形式
             株式取得
           ⑤結合後企業の名称
             なごやかケアリンク株式会社
           ⑥取得した議決権比率
             100%
           ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
             当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
          (2)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

             取得の対価               現金         1,200百万円
                                    1,200
             取得原価
          (3)主要な取得関連費用の内容及び金額

             アドバイザリーに対する報酬・手数料等   101百万円
             なお、一部が未確定であるため、暫定的な金額であります。
          (4)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

             現時点では確定しておりません。
          (5)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

             現時点では確定しておりません。
          (公正取引委員会による調査について)

            当社は、2019年5月14日、中部地区(医療事業本部)における医療事務受託業務及び診療報酬明細書点検
           業務に関して独占禁止法違反の疑いがあるとして、公正取引委員会の立入検査を受けました。
            当社は、公正取引委員会による調査に対して全面的に協力してまいります。
            なお、調査は継続中であり現時点では財政状態及び経営成績に及ぼす影響は不明です。
                                  89/109





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高      当期末残高       利率
         会社名           銘柄       発行年月日                         担保     償還期限
                                (百万円)      (百万円)       (%)
                第3回無担保社債
                (株式会社三井住友銀行                    -      41
     ㈱オールライフメイト                     2013.3.29                   0.500      なし     2019.9.30
                保証付および適格機関投
                                    (-)      (41)
                資家限定)
                第4回無担保社債
                (株式会社みずほ銀行保
                                    -      278
     ㈱オールライフメイト                     2017.3.31                   0.250      なし     2021.5.31
                証付および適格機関投資
                                    (-)      (111)
                家限定)
                                    -      319
         合計           -        -                  -      -      -
                                    (-)      (152)
         (注)1.( )内書は、1年以内の償還予定額であります。
            2.連結決算日後5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
                 1年以内       1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

                (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
                     152         111          56         -         -

         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (百万円)       (百万円)        (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                            2,705       3,192       0.408        -

     1年以内に返済予定のリース債務                             74       82       -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            8,626       9,088       0.415     2020年~2029年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                            1,250       1,781         -   2020年~2045年

                合計                12,656       14,145         -      -

      (注)1.借入金の平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、一部の連結子会社がリース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の
           金額でリース債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                            1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                             (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
           長期借入金                     2,592        2,543        2,223         465

           リース債務                       75        75        74        73

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                  90/109






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     20,479          41,031          62,248          84,251

     税金等調整前四半期(当期)
                          1,282          2,556          3,837          4,954
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                           817         1,636          2,551          3,506
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                           8.75          17.52          27.31          37.50
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                           8.75          8.77          9.79          10.19
     (円)
     (注)当社は、2018年7月1日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っており、前連結会計年度の期首に当
        該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
                                  91/109















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         6,162              6,558
         現金及び預金
                                        ※2 8,231             ※2 8,542
         売掛金
                                           51              47
         貯蔵品
                                           669              686
         前払費用
                                                       ※2 180
                                           -
         短期貸付金
                                         ※2 388             ※2 423
         1年内回収予定の長期貸付金
                                           93              89
         その他
                                           △ 2             △ 6
         貸倒引当金
                                         15,594              16,522
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         2,885              2,894
          建物
                                           168              220
          工具、器具及び備品
                                         1,134              1,114
          土地
                                           856              972
          リース資産
                                           50              88
          その他
                                        ※1 5,095             ※1 5,290
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,599              2,692
          のれん
                                           351              368
          ソフトウエア
                                           25              91
          その他
                                         2,976              3,152
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         6,482              8,540
          関係会社株式
                                        ※2 2,589             ※2 2,146
          長期貸付金
                                         1,438              1,572
          繰延税金資産
                                           792              954
          敷金及び保証金
                                           128              180
          その他
                                          △ 22             △ 22
          貸倒引当金
                                         11,409              13,372
          投資その他の資産合計
                                         19,480              21,815
         固定資産合計
                                         35,074              38,338
       資産合計
                                  92/109








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         2,615              3,065
         1年内返済予定の長期借入金
                                                      ※2 5,675
                                         5,337
         未払金
                                           223              209
         未払費用
                                           931              729
         未払法人税等
                                           999             1,077
         未払消費税等
                                           112              408
         前受金
                                           658              696
         預り金
                                         1,366              1,318
         賞与引当金
                                           61              26
         役員賞与引当金
                                           39              43
         その他
                                         12,345              13,250
         流動負債合計
       固定負債
                                         8,402              8,837
         長期借入金
                                           904             1,039
         リース債務
                                         1,123              1,186
         退職給付引当金
                                           186              222
         資産除去債務
                                           64              62
         その他
                                         10,681              11,349
         固定負債合計
                                         23,027              24,599
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           548              572
         資本金
         資本剰余金
                                           275              299
          資本準備金
                                         5,731              5,731
          その他資本剰余金
                                         6,007              6,031
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           487              487
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         5,002              6,641
            繰越利益剰余金
                                         5,490              7,129
          利益剰余金合計
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         12,045              13,733
         株主資本合計
                                            1              5
       新株予約権
                                         12,047              13,738
       純資産合計
                                         35,074              38,338
      負債純資産合計
                                  93/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        ※1 70,172             ※1 73,274
      売上高
                                         57,989              60,202
      売上原価
                                         12,182              13,072
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 8,110           ※1 , ※2 8,833
      販売費及び一般管理費
                                         4,071              4,239
      営業利益
      営業外収益
                                          ※1 7            ※1 14
       受取利息
                                          ※1 40             ※1 40
       受取配当金
                                           38              25
       受取保険金
                                           12              44
       補助金収入
                                          ※1 12             ※1 14
       その他
       営業外収益合計                                   112              139
      営業外費用
                                           52              69
       支払利息
                                           30              25
       その他
                                           83              94
       営業外費用合計
                                         4,100              4,284
      経常利益
      特別利益
                                            0              17
       固定資産売却益
                                           -              173
       補助金収入
                                            7              -
       その他
                                            7             191
       特別利益合計
      特別損失
                                           61              13
       固定資産除却損
                                           -              173
       固定資産圧縮損
                                                        ※3 56
                                           -
       減損損失
                                           61              244
       特別損失合計
                                         4,046              4,231
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,282              1,089
                                          △ 21               8
      法人税等調整額
                                         1,260              1,097
      法人税等合計
                                         2,785              3,133
      当期純利益
                                  94/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                   至 2019年3月31日)
                                      構成比                   構成比

                     注記
                          金額(百万円)                   金額(百万円)
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号
     医療関連受託売上原価

     Ⅰ 人件費

                                37,535                   38,761
       給料手当・賞与
                                 689                   639
       賞与引当金繰入額
                                  53                   42
       退職給付費用
                                4,966                   5,193
       その他
                                       74.6                   74.2
       当期人件費                        43,244                   44,637
                                 721       1.2            779       1.3
     Ⅱ 経費
                                43,966        75.8           45,416        75.5

     当期医療関連受託売上原価
     介護・保育売上原価

     Ⅰ 人件費

                                8,373                   8,711
       給料手当・賞与
                                 236                   275
       賞与引当金繰入額
                                1,176                   1,264
       その他
                                       16.9                   17.0
       当期人件費                         9,785                  10,252
                                4,040        7.0           4,394        7.3
     Ⅱ 経費
                                13,826        23.9           14,647        24.3

     当期介護・保育売上原価
     その他売上原価

                                  78      0.1            44      0.1

     Ⅰ 人件費
                                  43      0.1            65      0.1
     Ⅱ 教材費
                                  74      0.1            28      0.0
     Ⅲ 経費
                                 196       0.3            138       0.2

     当期その他売上原価
                                57,989       100.0           60,202       100.0
     当期売上原価
                                  95/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                       (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金               利益剰余金
                                       その他利益
                                                       株主資本合
                資本金                       剰余金            自己株式
                         その他資     資本剰余               利益剰余金           計
                    資本準備金              利益準備金
                         本剰余金     金合計               合計
                                       繰越利益剰
                                       余金
     当期首残高
                  478     205    5,731     5,937      487     3,557      4,045       -    10,460
     当期変動額
      新株の発行            70     70         70                           140
      剰余金の配当
                                        △ 1,341     △ 1,341          △ 1,341
      当期純利益
                                         2,785      2,785           2,785
      自己株式の取得                                               △ 0     △ 0
      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             70     70     -     70     -    1,444      1,444      △ 0    1,585

     当期末残高             548     275    5,731     6,007      487     5,002      5,490      △ 0   12,045
                     (単位:百万円)

                新株予約権     純資産合計
     当期首残高

                   -    10,460
     当期変動額
      新株の発行                  140
      剰余金の配当                 △ 1,341
      当期純利益
                       2,785
      自己株式の取得                  △ 0
      株主資本以外の項目の

                    1     1
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計

                    1    1,587
     当期末残高              1   12,047
                                  96/109








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                       (単位:百万円)
                                    株主資本
                        資本剰余金               利益剰余金
                                       その他利益
                                                       株主資本合
                資本金                       剰余金            自己株式
                         その他資     資本剰余               利益剰余金           計
                    資本準備金              利益準備金
                         本剰余金     金合計               合計
                                       繰越利益剰
                                       余金
     当期首残高             548     275    5,731     6,007      487     5,002      5,490      △ 0   12,045
     当期変動額
      新株の発行            24     24         24                           48
      剰余金の配当                                  △ 1,494     △ 1,494          △ 1,494
      当期純利益                                   3,133      3,133           3,133
      株主資本以外の項目の

      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             24     24     -     24     -    1,639      1,639       -    1,687

     当期末残高             572     299    5,731     6,031      487     6,641      7,129      △ 0   13,733
                     (単位:百万円)

                新株予約権     純資産合計
     当期首残高              1   12,047

     当期変動額
      新株の発行
                         48
      剰余金の配当                 △ 1,494
      当期純利益                 3,133
      株主資本以外の項目の

                    3     3
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              3    1,690

     当期末残高              5   13,738
                                  97/109









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)有価証券の評価基準及び評価方法
            子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
            その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
             均法により算定)を採用しております。
             時価のないもの
              移動平均法による原価法を採用しております。
           (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法

            貯蔵品
             主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
            定)を採用しております。
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに
            2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物         15年~50年
             工具、器具及び備品  4年~8年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づいておりま
            す。
           (3)リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前の
             リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
          3.引当金の計上基準

           (1)貸倒引当金
             売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
            特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額の当事業年度負担額を計上しておりま
            す。
           (3)役員賞与引当金
             役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
           (4)退職給付引当金
             従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しておりま
            す。
             数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7
            年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                  98/109




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
          4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           (1)退職給付に係る会計処理
             退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理
            の方法と異なっております。
           (2)のれんの償却方法及び償却期間
             のれんの償却については、個々の投資ごとに投資効果の発現する期間を見積もり、計上後20年以内の期
            間で均等償却しております。
           (3)消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
             なお、控除対象外消費税等は、発生事業年度の期間費用としております。
         (表示方法の変更)

          (貸借対照表)
           前事業年度まで区分掲記して表示しておりました「受取手形」(当事業年度1百万円)は金額的重要性が乏
          しいため、当事業年度より、流動資産の「その他」に含めて表示しております。
           前事業年度まで区分掲記して表示しておりました「構築物」(当事業年度76百万円)、「車両運搬具」(当
          事業年度0百万円)及び「建設仮勘定」(当事業年度12百万円)は金額的重要性が乏しいため、当事業年度よ
          り、有形固定資産の「その他」に含めて表示しております。
           前事業年度まで区分掲記して表示しておりました「電話加入権」(当事業年度25百万円)は金額的重要性が
          乏しいため、当事業年度より、無形固定資産の「その他」に含めて表示しております。
           前事業年度まで区分掲記して表示しておりました「投資有価証券」(当事業年度74百万円)は金額的重要性
          が乏しいため、当事業年度より、投資その他の資産の「その他」に含めて表示しております。
           前事業年度まで区分掲記して表示しておりました流動負債の「リース債務」(当事業年度43百万円)は金額
          的重要性が乏しいため、当事業年度より、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
           前事業年度まで流動資産の「その他」に含めて表示しておりました「1年内回収予定の長期貸付金」は、金
          額的重要性が増したため、当事業年度より、区分掲記しました。
           なお、前事業年度の「1年内回収予定の長期貸付金」は388百万円であります。
          (損益計算書)

           前事業年度まで区分掲記して表示しておりました「支払手数料」(当事業年度7百万円)及び「損害賠償
          金」(当事業年度8百万円)は、金額的重要性が乏しいため、当事業年度より、営業外費用の「その他」に含
          めて表示しております。
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用)

           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の
          期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に
          表示しております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」598百万円は、「投資その
          他の資産」の「繰延税金資産」1,438百万円に含めて表示しております。
                                  99/109







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 有形固定資産に係る国庫補助金等の受入れによる圧縮記帳累計額は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     建物                                350百万円                  490百万円
                                       8                 40
     工具、器具及び備品
     その他                                  1                  3
                                      361                  534
               計
          ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     短期金銭債権                                397  百万  円              623百万円
                                     2,586                  2,142
     長期金銭債権
                                      -                  0
     短期金銭債務
           3 当座貸越契約

             当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約を締結しております。これら
            契約に基づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     当座貸越極度額の総額                               2,000   百万  円             5,000百万円
                                      -                  -
     借入実行残高
                                     2,000                  5,000
     差引額
                                100/109












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社ソラスト(E04878)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                                  9 百万  円              13百万円
                                      75                  80
      販売費及び一般管理費
                                      49                  58
     営業取引以外の取引高
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度1%、当事業年度1%、一般管理費に属する費用の

            おおよその割合は前事業年度99%、当事業年度99%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                             至 2018年3月31日)                    至 2019年3月31日)
     給料手当                               2,749   百万円               2,771   百万円
                                      441                  403
     賞与引当金繰入額
                                      61                  26
     役員賞与引当金繰入額
     退職給付費用                                 88                  66
                                      141                  165
     減価償却費
                                      739                 1,049
     支払手数料
          ※3 減損損失

             当社グループは、キャッシュ・フローを生み出す最小単位として支社・事業所及び園を基本単位として
            グルーピングを行っております。
             下記資産グループについては収益性が低下した状態が続いており、当事業年度において投資の回収が見
            込めないと判断したため、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(56百万円)とし
            て特別損失に計上いたしました。その内訳は、建物51百万円、工具、器具及び備品4百万円、その他0百
            万円であります。
           場所       用途             種類                     減損損失
                  介護事業所(5事業所)
           関東地区                     建物、工具、器具及び備品、その他                     31百万円
                  保育園  (2園)
           関東地区                     建物、工具、器具及び備品、その他                     4百万円
                  介護事業所(5事業所)
           関西地区                     建物、工具、器具及び備品、その他                     20百万円
             当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローに基づく使用
            価値がマイナスであるため回収可能価額は零として評価しております。
        &nbs