株式会社ヒラノテクシード 訂正四半期報告書 第95期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

訂正四半期報告書-第95期第2四半期(平成30年7月1日-平成30年9月30日)

提出日:

提出者:株式会社ヒラノテクシード

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                           訂正四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書の訂正報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第4項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年6月27日
      【四半期会計期間】                    第95期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)
      【会社名】                    株式会社ヒラノテクシード
      【英訳名】                    HIRANO       TECSEED        Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    取締役社長  岡 田 薫
      【本店の所在の場所】                    奈良県北葛城郡河合町大字川合101番地の1
      【電話番号】                    0745(57)0681番
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務部長  原 昌 史
      【最寄りの連絡場所】                    奈良県北葛城郡河合町大字川合101番地の1
      【電話番号】                    0745(57)0681番
      【事務連絡者氏名】                    取締役総務部長  原 昌 史
      【縦覧に供する場所】                    株式会社ヒラノテクシード東京支店
                         (東京都千代田区神田須田町1丁目16番地)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/6












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                           訂正四半期報告書
     1【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】
       2018年11月12日に提出いたしました第95期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)四半期報告書の
      記載事項の一部に訂正すべき事項がありましたので、これを訂正するため四半期報告書の訂正報告書を提出するもので
      あります。
     2【訂正事項】

       第一部 企業情報
        第1 企業の概況
          1 主要な経営指標等の推移
        第2 事業の状況
          2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
           (2)キャッシュ・フローの状況の分析
        第4 経理の状況
          1 四半期連結財務諸表
           (3)四半期連結キャッシュ・フロー計算書
            注記事項
             (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     3【訂正箇所】

       訂正箇所は___を付して表示しております。
                                 2/6














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                           訂正四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (訂正前)
                            第94期            第95期
             回次              第2四半期            第2四半期             第94期
                           連結累計期間            連結累計期間
                        自 平成29年4月1日            自 平成30年4月1日            自 平成29年4月1日

            会計期間
                        至 平成29年9月30日            至 平成30年9月30日            至 平成30年3月31日
                               (略)

     営業活動による
                   (千円)             547,378           6,119,715            △601,423
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)            △214,286              5,011         △1,175,435
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)            △513,221            △205,372            △530,611
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                   (千円)           10,968,710            14,760,078             8,841,211
     四半期末(期末)残高
                              <以下省略>
       (訂正後)

                            第94期            第95期
             回次              第2四半期            第2四半期             第94期
                           連結累計期間            連結累計期間
                        自 平成29年4月1日            自 平成30年4月1日            自 平成29年4月1日

            会計期間
                        至 平成29年9月30日            至 平成30年9月30日            至 平成30年3月31日
                               (略)

     営業活動による
                   (千円)             547,378           6,119,715            △601,423
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (千円)            △214,286            △194,988           △1,175,435
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (千円)            △513,221            △205,372            △530,611
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                   (千円)           10,968,710            14,060,078             8,841,211
     四半期末(期末)残高
                              <以下省略>
                                 3/6







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                           訂正四半期報告書
     第2【事業の状況】
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (2)  キャッシュ・フローの状況の分析
       (訂正前)
         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、期首残高よりも                                    5,918   百万円増加し、       14,760   百万円
        となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動によって得られたキャッシュ・フローは6,119百万円(前年同期は547百万円の収入)となりました。
          主な増加要因は、税金等調整前四半期純利益が1,789百万円になったこと、売上債権が4,777百万円減少したこ
         と、受注増加に伴い仕入債務が1,331百万円増加したことによります。また、主な減少要因はたな卸資産が1,874
         百万円増加したことによります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動によって         得られたキャッシュ・フローは5百万円                  (前年同期は214百万円の支出)となりました。
          主な増加要因は、         旧三田工場の売却等により            有形固定資産の売却による収入が45百万円あったこと、                          退任役員
         の保険解約により団体生命保険解約による収入が138百万円あったこと                                 によります。また、主な減少要因は有形
         固定資産の取得による支出が125百万円あったこと、無形固定資産の取得による支出が12百万円あったことによ
         ります。
        <以下省略>
       (訂正後)

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、期首残高よりも                                    5,718   百万円増加し、       14,060   百万円
        となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動によって得られたキャッシュ・フローは6,119百万円(前年同期は547百万円の収入)となりました。
          主な増加要因は、税金等調整前四半期純利益が1,789百万円になったこと、売上債権が4,777百万円減少したこ
         と、受注増加に伴い仕入債務が1,331百万円増加したことによります。また、主な減少要因はたな卸資産が1,874
         百万円増加したことによります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動によって         使用されたキャッシュ・フローは194百万円                    (前年同期は214百万円の支出)となりました。
          主な増加要因は、         旧三田工場の売却等により            有形固定資産の売却による収入が45百万円あったこと、                          退任役員
         の保険解約により団体生命保険解約による収入が138百万円あったこと                                 によります。また、主な減少要因は有形
         固定資産の取得による支出が125百万円あったこと、無形固定資産の取得による支出が12百万円あったこと                                                 、余
         剰資金運用による有価証券の取得による支出が300百万円あったこと                               によります。
        <以下省略>
                                 4/6






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                           訂正四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1【四半期連結財務諸表】
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
       (訂正前)
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                              (略)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △401,000               △1,000
       定期預金の預入による支出
                                        401,000               1,000
       定期預金の払戻による収入
                                       △128,365              △125,372
       有形固定資産の取得による支出
                                           715             45,261
       有形固定資産の売却による収入
                                        △1,899              △12,975
       無形固定資産の取得による支出
                                       △251,897               △2,269
       投資有価証券の取得による支出
                                        122,337                893
       投資有価証券の売却による収入
                                         44,824              99,474
       その他
                                       △214,286                5,011
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                              (略)
                                       △178,400              5,918,866
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                 11,147,110               8,841,211
                                      ※ 10,968,710              ※ 14,760,078
      現金及び現金同等物の四半期末残高
       (訂正後)

                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年9月30日)               至 平成30年9月30日)
                              (略)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △401,000               △1,000
       定期預金の預入による支出
                                        401,000               1,000
       定期預金の払戻による収入
                                           -           △300,000
       有価証券の取得による支出
                                           -            100,000
       有価証券の売却による収入
                                       △128,365              △125,372
       有形固定資産の取得による支出
                                           715             45,261
       有形固定資産の売却による収入
                                        △1,899              △12,975
       無形固定資産の取得による支出
                                       △251,897               △2,269
       投資有価証券の取得による支出
                                        122,337                893
       投資有価証券の売却による収入
                                         44,824              99,474
       その他
                                       △214,286              △194,988
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                              (略)
                                       △178,400              5,718,866
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
      現金及び現金同等物の期首残高                                 11,147,110               8,341,211
                                      ※ 10,968,710              ※ 14,060,078
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 5/6






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                           訂正四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       (訂正前)
       ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
       現金及び預金勘定                           10,702,718千円                  11,191,099千円
       有価証券                            2,304,991                  5,607,978
       預入期間が3か月を超える定期預金                           △2,039,000                  △2,039,000
                                                   14,760,078
       現金及び現金同等物                           10,968,710
       (訂正後)

       ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    平成29年4月1日              (自    平成30年4月1日
                             至   平成29年9月30日)               至   平成30年9月30日)
       現金及び預金勘定                           10,702,718千円                  11,191,099千円
       有価証券                            2,304,991                  5,607,978
       預入期間が3か月を超える定期預金                           △2,039,000                  △2,039,000
                                     -              △700,000
       償還期間が3か月を超える有価証券
                                                   14,060,078
       現金及び現金同等物                           10,968,710
                                 6/6













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。