石油資源開発株式会社 有価証券報告書 第49期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第49期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:石油資源開発株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月27日
      【事業年度】                    第49期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    石油資源開発株式会社
      【英訳名】                    Japan   Petroleum     Exploration      Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  岡田 秀一
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目7番12号
      【電話番号】                    03(6268)7001
      【事務連絡者氏名】                    総務法務部文書グループ長  岡本 光正
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目7番12号
      【電話番号】                    03(6268)7001
      【事務連絡者氏名】                    総務法務部文書グループ長  岡本 光正
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/125













                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
              回次             第45期       第46期       第47期       第48期       第49期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月
     売上高              (百万円)       304,911       240,302       207,130       230,629       267,980

                    (百万円)        54,839        4,652       2,222       3,828       12,523

     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純
                    (百万円)        29,567        2,090       3,443      △ 30,959       14,770
     損益(△は損失)
                    (百万円)        45,151      △ 50,923       14,191      △ 50,730       △ 7,804
     包括利益
                    (百万円)       540,647       495,317       510,609       459,255       450,156

     純資産額
                    (百万円)       736,862       707,601       746,739       699,536       655,288

     総資産額
                     (円)      8,055.59       7,366.40       7,655.26       7,438.23       7,287.32

     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純損益(△は
                     (円)       517.35        36.58       60.24      △ 541.70       258.44
     損失)
     潜在株式調整後1株当たり当
                     (円)         -       -       -       -       -
     期純利益
                     (%)        62.5       59.5       58.6       60.8       63.6
     自己資本比率
                     (%)        6.7       0.5       0.8        -       3.5

     自己資本利益率
                     (倍)        7.88       68.95       42.31         -      9.27

     株価収益率
     営業活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        78,666       57,659       43,672       52,881       30,970
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (百万円)       △ 63,031      △ 125,771       △ 84,686      △ 54,218      △ 13,969
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (百万円)        18,475       54,816       18,360       △ 1,196      △ 15,493
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                    (百万円)       142,657       126,570       103,630        99,892       100,633
     高
                            1,818       1,847       1,825       1,788       1,741
     従業員数
                     (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 494  )     ( 499  )     ( 500  )     ( 489  )     ( 494  )
      (注)1.     売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しておらず、かつ、第48期は1株当た
           り当期純損失であるため、記載しておりません。
         3.  第48期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているた
           め、記載しておりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第49期の期首
           から適用しており、第48期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
           標等となっております。
                                   2/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
              回次             第45期       第46期       第47期       第48期       第49期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                    (百万円)       227,251       181,378       150,137       165,134       180,024

     売上高
                    (百万円)        26,560       15,764       16,473       20,292       21,536

     経常利益
     当期純損益(△は損失)              (百万円)        20,088       10,310       15,063      △ 26,666       23,765

                    (百万円)        14,288       14,288       14,288       14,288       14,288

     資本金
                    (千株)       57,154       57,154       57,154       57,154       57,154

     発行済株式総数
                    (百万円)       393,437       365,288       397,941       388,976       391,225

     純資産額
                    (百万円)       488,789       449,679       493,018       491,223       467,656

     総資産額
                     (円)      6,883.97       6,391.46       6,962.79       6,805.92       6,845.27

     1株当たり純資産額
                            50.0       50.0       15.0       20.0       40.0

     1株当たり配当額
                     (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( 25.0  )     ( 25.0  )     ( 5.0  )     ( 10.0  )     ( 10.0  )
     額)
     1株当たり当期純損益(△は
                     (円)       351.49       180.41       263.57      △ 466.58       415.82
     損失)
     潜在株式調整後1株当たり当
                     (円)         -       -       -       -       -
     期純利益
                     (%)        80.5       81.2       80.7       79.2       83.7
     自己資本比率
                     (%)        5.2       2.7       3.9        -       6.1

     自己資本利益率
                     (倍)       11.59       13.98        9.67        -      5.76

     株価収益率
                     (%)        14.2       27.7        5.7        -       9.6

     配当性向
                             886       902       897       920       904

     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 183  )     ( 184  )     ( 183  )     ( 197  )     ( 200  )
                     (%)       120.1        76.3       77.6       74.6       74.8

     株主総利回り
     (比較指標:配当込み業種別
                     (%)       ( 101.3   )     ( 67.4  )     ( 86.3  )    ( 102.6   )     ( 84.4  )
     TOPIX(鉱業))
                     (円)       4,480       4,700       3,040       3,340       3,290
     最高株価
                     (円)       3,260       2,423       1,919       2,070       1,775

     最低株価
      (注)1.     売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しておらず、かつ、第48期は1株当た
           り当期純損失であるため、記載しておりません。
         3.  提出会社の第48期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失を計上しているた
           め、記載しておりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第49期の期首
           から適用しており、第48期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
           標等となっております。
         5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                   3/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        1955年12月、石油資源開発株式会社法に基づく特殊会社「石油資源開発株式会社」が設立されました。この特殊会
       社は、1967年10月の石油開発公団設立に際し、営業の全部を同公団に出資して解散し、その業務は同公団事業本部と
       して承継されました。この事業体制は、石油開発公団法附則により3年以内の時限的措置とされていたため、1970年
       4月、同事業本部は、商法に基づく民間会社「石油資源開発株式会社」(当社)として石油開発公団から分離いたし
       ました。
        このように、当社の設立は1970年4月ですが、その事業は1955年12月の特殊会社設立に端を発していることから、
       以下の記載においても1955年12月から記載しております。
         1955年12月         当社の前身である特殊会社「石油資源開発株式会社」(以下「旧会社」)設立(半額以上政
                  府出資(設立時約56%))
         1958年3月         見附油田(新潟県)発見
             7月     申川油田(秋田県)発見
         1959年6月         東新潟ガス田(新潟県)発見
         1960年12月         片貝ガス田(新潟県)発見
         1962年6月         エスケイ産業㈱(現 連結子会社)設立(注)1
         1965年5月         石油資源開発株式会社法の改正により、旧会社の事業範囲が海外地域まで拡大
         1966年2月         北スマトラ海洋石油資源開発㈱(現 国際石油開発帝石㈱)設立(注)2
         1967年10月         石油開発公団設立に際し、旧会社は解散し、その業務は同公団事業本部として公団が承継
         1968年4月         吉井ガス田(新潟県)発見
         1970年4月         石油開発公団から分離し、民間会社石油資源開発㈱として再発足
                  (旧会社株式のうち政府出資分を石油開発公団が承継)
         1971年5月         日本海洋石油資源開発㈱(現 連結子会社)設立(注)3
             10月     エスケイエンジニアリング㈱(現 連結子会社)設立
         1976年6月         由利原油ガス田(秋田県)発見
         1978年8月         ジャパン     オイルサンド       アルバータ社(現 ジャパン              カナダ    オイルサンド社(Japan
                  Canada    Oil  Sands   Limited 現 連結子会社))設立
         1978年12月         カナダオイルサンド㈱(現 連結子会社)設立(注)4
         1983年4月         ㈱地球科学総合研究所(現 連結子会社)設立(注)5
         1989年3月         勇払油ガス田(北海道)発見
         1996年3月         天然ガスの広域供給を目的とした新潟・仙台間ガスパイプライン(総延長251㎞)完成
         2003年10月         白根瓦斯㈱(現 連結子会社)設立(注)6
         2003年12月         東京証券取引所市場第一部に株式を上場
         2007年5月         エネルギー      メガ   プラタマ社(Energi          Mega   Pratama    Inc. インドネシアカンゲアン鉱区に
                  係る英領ヴァージン諸島法人 現 持分法適用関連会社)の株式取得
         2009年11月         ㈱ジャペックスエネルギー(現 連結子会社)の株式取得
         2010年3月         ㈱ジャペックスガラフ(現 連結子会社)設立(注)7
         2013年3月         ジャペックス       モントニー社(JAPEX          Montney    Ltd. カナダ       ブリティッシュ・コロンビア州
                  のシェールガス開発・生産プロジェクトに係るカナダ法人 現 連結子会社)設立
         2014年3月          ジャペックス       ユーケー     イーアンドピー社(JAPEX             UK  E&P  Ltd. 英領北海のアバディーン
                  沖合に位置する海上鉱区での探鉱活動に係る英国法人 現 連結子会社)設立
         2018年3月         相馬LNG基地(福島県)操業開始
        (注)1.当社は、エスケイ産業㈱に対し、1971年10月にLPG製造部門を移管いたしました。
        (注)2.北スマトラ海洋石油資源開発㈱は、1972年11月にアタカ油田より生産を開始いたしました。
        (注)3.日本海洋石油資源開発㈱は、1972年3月に阿賀沖油ガス田(新潟県)を、1983年6月に岩船沖油ガス田
             (新潟県)を、発見いたしました。
        (注)4.カナダオイルサンド㈱は、子会社の現地操業会社 ジャパン                                  カナダ    オイルサンド社を通じて1999年8
             月にビチューメンの生産を開始いたしました。
        (注)5.当社は、㈱地球科学総合研究所に物理探鉱業務の大部分を委託しております。
        (注)6.白根瓦斯㈱は、2004年4月に一般ガス事業を開始いたしました。
        (注)7.㈱ジャペックスガラフは、2013年8月にガラフ油田より生産を開始いたしました。
                                   4/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社25社及び関連会社19社(20                                        19 年3月31日現在)により
       構成されており、「石油・天然ガス関連事業」を主たる事業内容とし、国内での事業活動に加え、海外においては事
       業拠点ごとに設立されたプロジェクト会社により事業活動を展開しております。
        したがって、当社グループは事業拠点別のセグメントから構成されております。各事業セグメントの事業内容及び
       当社と関係会社の位置付けは次のとおりであります。
     事業セグメント                             事業内容
     日本        (1)  原油・天然ガス
                当社及び連結子会社の日本海洋石油資源開発㈱は、国内において原油・天然ガスの生産・仕
               入・販売を行っており、かつ日本海洋石油資源開発㈱の生産原油及び天然ガスの全量を、当社が
               購入し販売しております。また、連結子会社の北日本オイル㈱は、当社の原油を購入し販売して
               おり、連結子会社の白根瓦斯㈱及び関連会社の東北天然ガス㈱は、当社の天然ガスを購入し販売
               しております。
             (2)  請負
                連結子会社のエスケイエンジニアリング㈱は、当社等から坑井の掘さく作業及び改修作業を
               請負っております。
                連結子会社の㈱物理計測コンサルタントは、当社等から坑井の掘さく作業及び改修作業に係る
               物理検層及びマッドロギング作業(掘さく中に坑井内を循環させる泥水や、泥水によって地表に
               上がる地層の掘りくず等の調査・分析結果を記録する作業)を請負っております。
                連結子会社の㈱地球科学総合研究所は、当社等から物理探鉱作業等を請負っております。
                連結子会社の㈱ジャペックスパイプラインは、当社の幹線ガスパイプラインの保守・管理を
               行っております。
                連結子会社の北日本防災警備㈱は、当社及び連結子会社の日本海洋石油資源開発㈱他の警備業
               務を行っております。
             (3)  その他
                当社は石油製品を購入、販売しております。また、原油・天然ガスの輸送を受託しておりま
               す。
                連結子会社のエスケイ産業㈱は、当社の原油・天然ガスを仕入れ、石油製品を製造のうえ販売
               しております。また、同社は当社にLPG等を販売しております。加えて同社は当社の不動産の管理
               業務を受託しております。
                連結子会社の北日本オイル㈱は、当社の原油の輸送を受託しております。
                連結子会社の㈱ジャペックスエネルギーは、石油製品等の販売を主な事業としております。                                          ま
               た、同社は当社にLPG、並びにエスケイ産業㈱に石油製品他を販売しております。
                連結子会社の秋田県天然瓦斯輸送㈱は、秋田県における当社の天然ガスを輸送しております。
             原油・天然ガス
     北米
                当社は海外において原油・天然ガスの探鉱開発事業を行うにあたり、プロジェクトの効率的な
               運営のため、多くの場合、プロジェクトごとに会社を設立のうえ、他社との共同事業形態をとる
               ことによりリスクの分散化を図っております。
                北米において当社が主導的役割を担うプロジェクト会社として、生産段階の連結子会社にJapex
               (U.S.)    Corp.、Japan       Canada    Oil  Sands   Limited(カナダオイルサンド㈱の子会社)                   及び  JAPEX
               Montney    Ltd.があります。
             原油・天然ガス
     欧州
                英領北海において開発段階の連結子会社にJAPEX                       UK  E&P  Ltd.があります       。
             原油・天然ガス
     中東
                イラク共和国ガラフ油田において生産段階の連結子会社                          ㈱ジャペックスガラフがあります。
             原油・天然ガス
     その他
                東南アジア(生産段階の関連会社にEnergi                    Mega   Pratama    Inc.等)、ロシア(生産段階の関連
               会社にサハリン石油ガス開発㈱)の事業セグメントがあります。
                                   5/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        事業の系統図は、次のとおりであります。なお、( )は事業セグメント、〔 〕は事業内容を表しております。
                                   6/125




















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の所有割合
                                        又は被所有割合
                         資本金又は
                                主要な事業の
          名称          住所      出資金                          関係内容
                                  内容      所有    被所有
                         (百万円)
                                        割合     割合
                                        (%)     (%)
     (連結子会社)
                                秋田県におけ                 同社は、当社の天然ガ

                  秋田県秋田              るパイプライ                 スの輸送業務を行って
     秋田県天然瓦斯輸送㈱                        250           100.00       -
                  市              ンによる天然                 おります。
                                ガス輸送                 役員の兼任等………有
                                                 同社は、当社の坑井掘

                                坑井掘さく、
     エスケイエンジニアリング             東京都千代                               さく作業の一部を請
                              300   エンジニアリ        100.00       -
     ㈱             田区                               負っております。
                                ング業務請負
                                                 役員の兼任等………有
                                                 同社は、当社より原

                                                 油・天然ガスを購入し
                                石油製品の製                 ております。ま       た、同
                                造及び販売、                 社は、当社へのLPG等
     エスケイ産業㈱             東京都港区            90          100.00       -
                                不動産管理、                 の販売に加えて、当社
                                保険代理店                 の 不動産の管理業務を
                                                 行っております。
                                                 役員の兼任等………有
                                                 同社は、当社より原油
                                原油の販売、                 を購入しております。
                  山形県酒田              廃油の再生処                 また、当社の原油の輸
     北日本オイル㈱                         80          100.00       -
                  市              理、原油の輸                 送を請負っておりま
                                送請負                 す。
                                                 役員の兼任等………有
                                新潟県燕市、                 同社は、当社の天然ガ
                                新潟市におけ                 スを仕入れ、都市ガス
     白根瓦斯㈱
                  新潟県燕市          3,000    るガスの製        100.00       -  供給を行っておりま
     (注)1
                                造、供給及び                 す。
                                販売                 役員の兼任等………有
                                                 同社は、当社の幹線ガ
                                                 スパイプラインの保守
     ㈱ジャペックスパイプライ             新潟県長岡              パイプライン
                              80          100.00       -  管理業務を行っており
     ン             市              の保守、管理
                                                 ます。
                                                 役員の兼任等………有
                                                 同社は、当社の物理探
                                物理探鉱作業
     ㈱地球科学総合研究所             東京都文京                               鉱作業を請負っており
                             2,100    請負、物理探        100.00       -
     (注)1             区                               ます。
                                鉱技術開発
                                                 役員の兼任等………有
                                                 同社は、当社の坑井掘

                                物理検層、                 さく作業の物理検層及
                  東京都千代
     ㈱物理計測コンサルタント                        446   マッドロギン        100.00       -  びマッドロギング作業
                  田区
                                グ作業請負                 を請負っております。
                                                 役員の兼任等………有
                                   7/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                        議決権の所有割合
                                        又は被所有割合
                         資本金又は
                                主要な事業の
          名称          住所      出資金                          関係内容
                                  内容      所有    被所有
                         (百万円)
                                         割合     割合
                                        (%)     (%)
                                米国における
                                石油資源の探
                  米国テキサ              鉱開発、生
     Japex   (U.S.)    Corp.
                           千米ドル
                  ス州ヒュー              産、マレーシ        100.00       -  役員の兼任等………有
                            33,000
     (注)1
                  ストン              アLNGプロ
                                ジェクトに資
                                本参加
                                カナダでの鉱                 同社の事業資金借入金

                  カナダ
     Japan   Canada    Oil  Sands
                                区リース契約                 の一部について、当社
                           千米ドル
                  アルバータ                      100.00
                                に基づくオイ               -  が債務保証をしており
     Limited
                            788,255
                  州                     (100.00)
                                ルサンドの探                 ます。
     (注)1.3.6
                  カルガリー
                                鉱開発、生産                 役員の兼任等………有
                                Japan   Canada

                                Oil  Sands
                                         94.58
     カナダオイルサンド㈱             東京都千代
                                Limitedを通
                            34,863
                                               -  役員の兼任等………有
     (注)1.3             田区
                                         (0.98)
                                じたオイルサ
                                ンドの探鉱開
                                発投資
                                                 同社の事業資金借入金
                  カナダ
                                カナダにおけ                 の一部及び輸送設備に
     JAPEX   Montney    Ltd.
                         千カナダドル
                  アルバータ              るシェールガ                 関連する債務の一部に
                                         45.00
                                               -
                  州              スの探鉱開                 ついて、当社が債務保
                            918,583
     (注)1.5
                                発、生産                 証をしております。
                  カルガリー
                                                 役員の兼任等………有
                                英領北海にお
     JAPEX   UK  E&P  Ltd.              千英ポンド
                  英国ロンド              ける石油資源
                                        100.00       -  役員の兼任等………有
                            36,398
                  ン              の探鉱開発、
     (注)1
                                生産
                                                 同社は、当社及び子会
                                産業防災業                 社の日本海洋石油資源
                  新潟県新潟
     北日本防災警備㈱                         30  務、警備保障         89.42      -  開発㈱他の警備業務を
                  市北区
                                業務                 行っております。
                                                 役員の兼任等………有
                                日本海大陸棚                 当社は同社より原油及
     日本海洋石油資源開発㈱             東京都千代              の石油資源の                 び天然ガスを購入して
                             5,963            70.61      -
     (注)1             田区              探鉱開発、生                 おります。
                                産                 役員の兼任等………有
                                                 子会社の㈱地球科学総
                                物理探鉱作業                 合研究所は、同社より
     ㈱ジオシス             東京都文京                      57.82
                              49  請負、物理探               -  人員派遣を受けており
     (注)3             区                      (57.82)
                                鉱機器販売                 ます。
                                                 役員の兼任等………有
                                LNG、石油製                 当社は、同社よりLPG
     ㈱ジャペックスエネルギー             東京都千代
                              90  品等の購入、         90.00      -  を購入しております。
     (注)7             田区
                                販売                 役員の兼任等………有
                                   8/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                        議決権の所有割合
                                         又は被所有割合
                         資本金又は
                                 主要な事業の
          名称          住所      出資金                          関係内容
                                   内容      所有    被所有
                         (百万円)
                                         割合     割合
                                        (%)     (%)
                                イラク共和国
                                ガラフ油田に                 当社は、同社より原油
     ㈱ジャペックスガラフ             東京都千代
                            20,930             55.00
                                おける石油資               -  を購入しております。
     (注)1             田区
                                源の探鉱開                 役員の兼任等………有
                                発、生産
     そ の他3社
     (持分法適用関連会社)
                                                  同社は、当社より天然
                                東北地方にお
                  宮城県仙台                               ガスを購入しておりま
     東北天然ガス㈱                        300   ける天然ガス         45.00       -
                  市青葉区                               す。
                                の購入、販売
                                                  役員の兼任等………有
                                イラン・イス
                                ラム共和国ペ
                  オランダ王
                           千ユーロ     ルシア湾海上
     JJI  S&N  B.V.
                  国アムステ                       41.67       -  役員の兼任等………有
                            27,883    における石油
                  ルダム
                                資源の開発、
                                生産
                                                  当社は同社より掘さく
                                                  用調泥剤を購入してお
                                掘さく用調泥                 ります。また、同社
                  東京都千代              剤の製造販                 は、当社の坑井掘さく
     ㈱テルナイト                         98           47.00       -
                  田区              売、泥水サー                 作業の泥水サービス作
                                ビス                 業を請負っておりま
                                                  す。
                                                  役員の兼任等………有
                                                  当社は同社より原油の
                                                  一部を購入しておりま
                                ロシア連邦サ
                                                  す。
                                ハリン島及び
                                その陸棚にお                 同社の事業資金借入金
     サハリン石油ガス開発㈱             東京都港区          22,592             15.29       -
                                ける石油資源
                                                  の一部について、当社
                                の探鉱開発、
                                                  が債務保証をしており
                                生産
                                                  ます。
                                                  役員の兼任等………有
                                インドネシア
                                共和国ジャワ
                  British
     Energi    Mega   Pratama
                           千米ドル     島東部海域に
                  Virgin                       25.00       -  役員の兼任等………有
                            52,000    おける石油資
     Inc.
                  Islands
                                源の探鉱開
                                発、生産
                                   9/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                        議決権の所有割合
                                        又は被所有割合
                         資本金又は
                                主要な事業の
          名称          住所      出資金                          関係内容
                                  内容      所有    被所有
                         (百万円)
                                        割合     割合
                                        (%)     (%)
                                                 当社は同社の事業資金
                                インドネシア
                                                 の一部を貸付けており
                                共和国ジャワ
     Kangean    Energy
                                                 ます。同社の生産設備
                  米国デラ         千米ドル     島東部海域に          -
     Indonesia     Ltd.                                     -  に関連する債務の一部
                  ウェア州            10  おける石油資       [100.00]
                                                 について、当社が債務
     (注)2.4
                                源の探鉱開
                                                 保証をしております。
                                発、生産
                                                 役員の兼任等………有
                                インドネシア
                                共和国ジャワ                 当社は同社の事業資金
     EMP  Exploration
                  英国ロンド         英ポンド     島東部海域に          -       の一部を貸付けており
     (Kangean)     Ltd.                                     -
                  ン           100   おける石油資       [100.00]          ます。
     (注)2.4
                                源の探鉱開                 役員の兼任等………有
                                発、生産
                                マレーシアに
                                おいてLNGを
     Diamond    Gas
                  オランダ王
                           千米ドル     生産している        20.00
     Netherlands      B.V.       国アムステ                             -  役員の兼任等………有
                             5,536    Malaysia     LNG   (20.00)
                  ルダム
     (注)3
                                Tiga社事業に
                                対する投資
     その他3社
      (注)1.特定子会社に該当しております。
         2.議決権の所有割合の[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。
         3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         4.持分は100分の20未満であるが、実質的な影響力を持っているため関連会社としたものであります。
         5.債務超過会社で債務超過の額は、2018年12月末時点で20,793百万円となっております。
         6.  Japan   Canada    Oil  Sands   Limited    については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上
           高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等 (1) 売上高   30                     ,116  百万円
                    (2) 経常損失                       5,851百万円
                    (3) 当期純損失                     5,851百万円
                    (4) 純資産額  86,296百万円
                    (5) 総資産額                   157,502百万円
         7.㈱ジャペックスエネルギーについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占
           める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等 (1) 売上高   34                     ,778  百万円
                    (2) 経常利益                          175  百万円
                    (3) 当期純利益                       111百万円
                    (4) 純資産額                      845百万円
                    (5) 総資産額                     ▶ ,986  百万円
                                  10/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                  1,234   [ 405  ]

       日本
                                                   160   [ 24 ]
       北米
                                                    -  [ - ]
       欧州
                                                    1  [ - ]
       中東
                                                  1,395   [ 429  ]
        報告セグメント計
                                                    -  [ - ]
       その他
       全社(共通)                                            346   [ 65 ]
                                                  1,741   [ 494  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は[ ]内に外数で記載しております。
         2.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、東南アジア等を含んでおりま
           す。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
             904  [ 200  ]          40.48              17.88            8,374,287

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                   558  [ 135  ]

       日本
                                                    -  [ - ]
       北米
                                                    -  [ - ]
       欧州
                                                    -  [ - ]
       中東
                                                   558  [ 135  ]
        報告セグメント計
                                                    -  [ - ]
       その他
       全社(共通)                                            346   [ 65 ]
                                                   904  [ 200  ]

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は[ ]内に外数で記載しております。
         2.平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与の算出にあたっては、従業員のうち他社からの出向者等(115
           人)を除外しております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         4.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、東南アジア等を含んでおりま
           す。
         5.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属している
           ものであります。
       (3)  労働組合の状況

         当社の従業員は、JEC連合・石油開発労働組合を組織しており、2019年3月31日現在の組合員数は665人(当社在
        籍者で、関係会社等への出向者を含む。)であります。
         また、労使関係は良好であり、特記すべき事項はありません。
                                  11/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1) 会社の経営の基本方針
         当社グループは、1955年の創業以来、石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売を中心事業とする企業として、
        埋蔵量の確保と生産の拡大を図ることを通じて我が国のエネルギーの供給に貢献することを使命に、石油・天然ガ
        スの発見を重ねながら現在の経営基盤を確立してまいりました。
         供給規模の拡大に伴い、安定供給に対する当社グループの社会的責任は益々増加するとともに、今後の事業展開
        においては、埋蔵量の拡大のみならず、天然ガスの輸送システムの拡充とその活用等、新たなビジネスモデルの構
        築が極めて重要となることから、当社は、経営環境の変化に対応しながら市場競争力を持った企業として発展する
        ことを目指し、次のとおり当社企業グループの経営理念を掲げております。
         「私たちは、エネルギーの安定供給を                  通じた社会貢献を使命とするとともに、持続可能な開発目標の実現に向け

          た社会的課題の解決に取り組みます                。」
          ・国内外において、石油・天然ガスの探鉱・開発・生産・販売に取り組みます。
          ・当社国内インフラ基盤を活用したガスサプライチェーン                           を、電力供給      を加えてさらに強化します。
          ・ 当社の技術と知見を活かした新技術開発とその事業化を通じて、特に、エネルギーや気候変動に係る持続可
           能な社会への課題解決に貢献します。
          ・すべてのステークホルダーとの信頼を最優先とし、企業としての持続的な発展と企業価値の最大化を図りま
           す。
      (2) 中長期的な経営戦略及び対処すべき課題

         当社は、エネルギーの安定供給及び長期的な視点で持続可能な社会への貢献を果たすことが当社の使命であると
        の認識のもと、2018年5月に「長期ビジョン2030・中期事業計画2018-2022」を公表しました。その要旨は以下の
        とおりです。
        [長期ビジョン2030]

         1)  2030年に目指す姿(ビジョン)
          「E&Pとその供給事業基盤を活かした総合エネルギー企業への成長」
         2)  長期基本方針

          ・石油・天然ガスは、中長期的に世界の一次エネルギーの中心的な役割を担うとの認識のもと、市場や顧客か
           らのニーズの変化に対応しながら、エネルギーの安定供給に引き続き取り組みます。
          ・国連加盟国が達成を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」において、特に、低炭素化・脱炭素化に対する
           地球規模の課題解決に対して、当社として積極的な役割を果たすため、当社事業におけるCO2排出削減に努
           めるとともに、当社の知見を活かしたCO2排出量オフセット技術の実用化や再生可能エネルギーなど、環境
           配慮型の非E&P分野における新規事業の創出・拡大を目指します。
         3)  長期目標
          ・E&P事業における新規案件の発掘や推進等により、RRR>1(注)を目指します。
           (注)RRR:      Reserve    Replacement      Ratio   =(一定期間中の)「埋蔵量の増加分」÷「生産量」
          ・CO2排出量オフセットへの貢献が期待されるCCS(二酸化炭素回収・貯留)技術の実用化に向け、当社が
           培ってきたE&P地下技術を活用し、先導的な役割を果たします。
          ・有利子負債/EBITDA<2を目安とした財務規律のもとで新規投資原資を確保し、その2分の1程度を非E&P
           事業に配分することで、E&P事業と非E&P事業の収益貢献割合が6:4程度となるよう、事業構造を変革しま
           す。
                                  12/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        [中期事業計画2018-2022]
         1)  中期基本方針
          ・2030年に目指す姿を実現するために、油価60米ドル/バレルの前提のもとで、2022年度に自己資本利益率
           (ROE)≧5%の水準となることを目標に、収益改善を目指していきます。
          ・前半の2018~2019年度は、事業ポートフォリオの最適化と財務健全化を最優先課題として取り組んでいきま
           す。
          ・後半の2020年度以降は、前半で得られる新規投資原資を活用し、持続的成長に向けたE&P事業における新規
           投資案件の具体化や、非E&P事業での新規事業創出に向けた取組みを本格化させていきます。
         2)  個別事業計画・目標等

          ①E&P事業: 国内での操業効率化や既存油ガス田周辺エリアの追加開発、国の基礎調査を軸とした海域探鉱
           を推進していきます。また、海外においては、保有ポートフォリオ適正化や新規投資機会の発掘に重点的に
           取り組んでいきます。
          ②インフラ・ユーティリティ事業: 国内天然ガス取扱量160万トン/年(LNG換算)と電力販売量28億kWh/
           年を目標に、国産ガスとLNG調達ソースの多様化による安定供給の確保と、天然ガス利用促進に向けた取組
           みを推進していきます。また、福島天然ガス発電所の安定操業確立と稼働率向上や、再生可能エネルギーの
           開発を追求していきます。
          ③新規事業: 当社が培ってきたE&P技術や国内天然ガス供給ネットワークでの知見など、「競争優位性の源
           泉」を活かした新たな事業機会を発掘する体制を強化するための専従組織を新設し、ビジネスモデルの構築
           と収益事業化に向けた取組みを加速していきます。
         3)  CSR経営

          ・持続的成長のためのESGの取組みを踏まえた、当社CSR重点課題「SHINE」(注)を実現するための取組みを
           推進します。
           (注)S エネルギー安定供給     :Stable                        & Sustainable      Energy    Supply
              H 企業文化としてのHSE                :HSE       as  Our  Culture
              I 誠実性とガバナンス     :Integrity                       & Governance
              N 社会との良好な関係構築   :Being                     ▶ Good   Neighbor
              E 選ばれる魅力ある職場    :The                    Employer     of  Choice
         4)  株主還元

          ・長期安定配当の継続を基本方針とし、具体的な配当金の額は、当社財務基盤の強化及び持続的成長による企
           業価値の最大化の観点から、各期の利益状況や今後の資金需要等を総合的に勘案して決定します。
         当社長期ビジョンおよび中期事業計画の内容につきましては、当社ホームページ内の以下のURLからご覧いただ

        くことができます。
         https://www.japex.co.jp/newsrelease/pdfdocs/JAPEX20180511_LongVision%26MidPlan_j.pdf
         「当社長期ビジョンおよび中期事業計画の策定について(2018年5月11日公表)」
         当社は、上記長期ビジョンと中期事業計画の基本戦略のもと、低油価環境下でも持続的成長が可能な収益構造へ

        の改善と、変化する社会のニーズに対応できる事業構造への変革により、企業価値の向上を図ってまいります。
                                  13/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      当社株式等の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)について
      一 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

        当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の財務及び事業の内容や当社の企業価値の源泉を

       十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を継続的かつ持続的に確保、向上していくことを可
       能とする者である必要があると考えております。
        当社は、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には当社の株主全体の意思に基づいて行わ
       れるべきものと考えております。また、当社は、当社株式の大量買付であっても、当社の企業価値ひいては株主共同
       の利益に資するものであれば、これを否定するものではありません。
        しかしながら、株式の大量買付の中には、その目的等から見て企業価値や株主共同の利益に対する明白な侵害をも
       たらすもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や株主が株式の大量買付の
       内容等について検討しあるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するための十分な時間や情報を提供しないもの、
       対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との協議・交渉を必要とするもの等、対
       象会社の企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくありません。
        当社株式の大量買付を行う者が、当社の財務及び事業の内容を理解するのは勿論のこと、下記二1.に述べるよう
       な当社の企業価値の源泉を理解した上で、これらを中長期的に確保し、向上させられるのでなければ、当社の企業価
       値ひいては株主共同の利益は毀損されることになります。
        当社は、このような当社の企業価値・株主共同の利益に資さない大量買付を行う者は、当社の財務及び事業の方針
       の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大量買付に対しては、必要かつ相当な対抗措置を執る
       ことにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えます。
      二 当社の企業価値の源泉及び基本方針の実現に資する特別な取組み

      1.当社の企業価値の源泉について

        当社は、1955年の創業以来、石油及び可燃性天然ガスの自給度の向上を主たる目的として事業を展開し、埋蔵量ゼ
       ロから出発し、順次新規油・ガス田の発見を重ねる中で現在の経営基盤を確立し、石油・天然ガス資源の探鉱、開
       発、販売事業を中心的事業として営んでおります。
        当社の企業価値の源泉は、石油・天然ガス資源に係る鉱区権益を自ら取得し、探査、採掘、販売までを一貫して行
       うビジネスモデルにあります。また、産業活動あるいは市民生活における血流とも言えるエネルギーの供給に携わる
       企業として、当社は、安定供給・安全操業の維持、確保という点においてきわめて重い責務を担うとともに、高い公
       共性を有する事業を行っております。
        こうしたビジネスモデルは、当社が保有する、①高度な石油・天然ガス探査技術、②国内及び海外における油・ガ
       ス田開発技術及び操業ノウハウ、並びに、③国内における天然ガス輸送パイプラインネットワークの構築とこれを利
       用した長期・安定的な供給実績の積み重ねに基づく顧客・株主・地域社会等のステークホルダーとの信頼関係、など
       に裏打ちされたものであります。
        新たな油・ガス田の探鉱から生産に漕ぎつけるまでには、10年以上の期間を要することも稀ではなく、長期的な視
       点に立った事業展開とともに、地球環境保全への配慮を通じた社会貢献が必要とされています。また、エネルギー資
       源の確保に関する国際競争の激化が予想される昨今の国際エネルギー情勢に鑑みれば、当社の事業の持続的な発展と
       企業価値の向上には、こうした当社の保有技術・ノウハウの向上や人材の確保、各ステークホルダーとの信頼関係の
       更なる強化を目指した取組みが必要不可欠であり、これがこれまでと同様、将来の当社の企業価値ひいては株主共同
       の利益の確保・向上につながるものと考えております。
      2.企業価値向上のための取組み

        当社は、2015年5月、10年程度を見据えた長期ビジョンと、その達成に向けた2015年度から2019年度までの5年間
       を対象とした中期事業計画を策定し、E&P事業、国内天然ガス等供給事業、環境・新技術事業、CSR経営を柱にした事
       業展開を進めてきました。
        しかしながら、今般、当社事業状況の変化等を受けて、エネルギーの安定供給を使命と認識する当社として、持続
       可能な社会への貢献を含む長期的な視野での経営ビジョンの再設定が必要であると判断し、新たに長期ビジョン2030
       並びに中期事業計画2018-2022を策定しました。
                                  14/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        E&P事業、インフラ・ユーティリティ事業、新規事業を軸に、低油価環境下でも持続的成長が可能な収益構造の改
       善と、長期的な社会的ニーズの変化に対応した事業構造の変革により、企業価値の向上を図ってまいります。
      3.コーポレート・ガバナンスの強化

        当社は、以上のような諸施策を実行し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上を図っていく所存で
       あります。また、当社は、効率性と透明性の高い経営を行うとともに、株主をはじめとするステークホルダーへの説
       明責任を果たすことによる信頼関係の構築が長期安定的な成長への道筋と捉え、コーポレート・ガバナンスの充実に
       努めております。
        まず、当社は、代表取締役及び取締役会において担当職務を定めて指名された取締役または執行役員が業務執行者
       となり、取締役会及び監査役(並びに全監査役で構成する監査役会)がその業務執行を監督する役割を負っておりま
       す。
        そして、取締役会の監督機能を強化するため、高い見識を有する独立性の高い社外取締役を3名選任しており、こ
       れらの社外取締役から議案、審議等につき積極的に発言がなされることにより、取締役会において活発な議論がなさ
       れております。また、社外取締役に十分に情報を提供し、その機能を適切に発揮していただくため、社長との定期的
       な意見交換会の開催、社外取締役共同執務室の設置及び秘書室による執務サポートなどを行うとともに、社外役員に
       対する取締役会議案の事前説明、社外役員間の情報や意見交換などを図る場として「社外役員連絡会」を設置してお
       ります。
        監査役は、取締役会に出席するほか、常勤監査役がその他の重要会議に出席するとともに、業務を執行する各取締
       役または執行役員と随時意見交換を行うことにより、監督機能を果たしております。また、内部監査として、監査室
       が、社長直轄のもと各部署における内部統制の実効性の検証を含め、法令及び社内諸規程の遵守その他適正な業務執
       行がなされているかの監査にあたっております。
        一方、内部統制につきましては、内部統制委員会が主体となって、業務の適正を確保するための体制の点検、整備
       を継続しております。
        さらに、こうした経営機構上のコーポレート・ガバナンスに加えて、決算説明会の開催、ホームページの充実など
       のIR活動により、経営の透明性を高めることを通じて、時々の状況下で最適な業務執行の実現を期しております。
      三 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組

        み(本プラン)
      1.本プランの目的

        本プランは、当社の企業価値・株主共同の利益を確保し、向上させることを目的として、上記一に記載した基本方
       針に沿って導入されたものです。
        当社取締役会は、基本方針に定めるとおり、当社の企業価値・株主共同の利益に資さない当社株券等の大量買付を
       行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えております。本プランは、こう
       した不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止し、当社の企業価値・株主共同の
       利益に反する大量買付を抑止するとともに、当社株券等に対する大量買付が行われる際に、当社取締役会が株主の皆
       様に代替案を提案したり、あるいは株主の皆様がかかる大量買付に応じるべきか否かを判断するために必要な情報や
       時間を確保すること、株主の皆様のために交渉を行うこと等を可能とすることを目的としています。
      2.本プランの概要

        本プランは、当社株券等の20%以上を買収しようとする者が現れた際に、買収者に事前の情報提供を求める等、上
       記の目的を実現するために必要な手続を定めています。
        買収者は、本プランに係る手続に従い、当社取締役会において本プランを発動しない旨が決定された場合に、当該
       決定時以降に限り当社株券等の大量買付を行うことができるものとされています。
        買収者が本プランにおいて定められた手続に従わない場合や、当社株券等の大量買付が当社の企業価値・株主共同
       の利益を毀損するおそれがある場合等で、本プラン所定の発動要件を充たす場合には、当社は、買収者等による権利
       行使は原則として認められないとの行使条件及び当社が原則として買収者等以外の者から当社株式と引換えに新株予
       約権を取得できる旨の取得条項が付された新株予約権を、その時点の当社を除く全ての株主の皆様に対して新株予約
       権の無償割当ての方法により割り当てます。
        本プランに従って新株予約権の無償割当てがなされ、その行使または当社による取得に伴って買収者以外の株主の
       皆様に当社株式が交付された場合には、買収者の有する当社の議決権割合は、最大約50%まで希釈化される可能性が
       あります。
                                  15/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        本プランに従った新株予約権の無償割当ての実施、不実施または取得等の判断については、取締役会の恣意的判断
       を排するため、独立委員会規則に従い、当社経営陣から独立した社外取締役等のみから構成される独立委員会におい
       て、  その客観的な判断を経ることとしています。
        なお、独立委員会の委員は次のとおりです。
         土屋恵一郎 明治大学長
         小島  明 当社社外取締役
         渡辺 裕泰 当社社外監査役
        また、当社取締役会は、これに加えて、本プラン所定の場合には、株主総会を招集し、新株予約権の無償割当ての

       実施に関する株主の皆様の意思を確認することがあります。
        こうした手続の過程については、適宜株主の皆様に対して情報開示がなされ、その透明性を確保することとしてい
       ます。
        本プランの有効期間は、2017年6月28日開催の第47回定時株主総会の決議による、本プランに係る本新株予約権の
       無償割当てに関する事項の決定権限の委任期間と同じく、当定時株主総会終結後3年以内に終了する事業年度のうち
       最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。
        但し、その有効期間の満了前であっても、①当社の株主総会において本新株予約権の無償割当てに関する事項の決
       定についての取締役会への上記委任を撤回する旨の決議が行われた場合、または、②当社取締役会により本プランを
       廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランはその時点で廃止されるものとします。
        なお、本プランの詳細につきましては、インターネット上の当社ウェブサイトに記載しております、2017年5月12
       日付の当社ニュースリリース「当社株式の大量取得行為に関する対応策(買収防衛策)の更新について」をご覧くだ
       さい。
        (アドレス https://www.japex.co.jp/newsrelease/pdfdocs/JAPEX20170512_TakeoverDefense_j.pdf)
      四 本プランに対する当社取締役会の判断及びその理由

      1.本プランが基本方針に沿うものであること

        本プランは、当社株券等に対する買付等がなされた際に、当該買付等に応じるべきか否かを株主の皆様が判断し、
       あるいは当社取締役会が代替案を提案するために必要な情報や時間を確保したり、株主の皆様のために買付者等と交
       渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保するための枠組みであり、
       基本方針に沿うものです。
      2.本プランが当社の株主の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を目的とするもの

        ではないこと
        当社は、以下の理由により、本プランは、当社株主の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の
       地位の維持を目的とするものではないと考えております。
        ① 買収防衛策に関する指針の要件を充足していること

          本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した企業価値・株主共同の利益の確保または向上
         のための買収防衛策に関する指針の定める三原則(①企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上の原則、②
         事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性の原則)を充足しています。
        ② 株主意思を重視するものであること

          本プランの導入に際しては、株主の皆様の意思を確認すべく、2008年6月25日開催の第38回定時株主総会にお
         いてこれを付議し、承認可決され、その後、2011年6月24日開催の第41回定時株主総会、2014年6月25日開催の
         第44回定時株主総会及び2017年6月28日開催の第47回定時株主総会においてその更新を付議し、承認可決されて
         おります。
          また、当社取締役会は、本プランに定める一定の場合に、本プランの発動の是非について、株主総会において
         株主の皆様の意思を確認するとしています。
          加えて、本プランには、有効期間を約3年間とするいわゆるサンセット条項が付されており、かつ、その有効
         期間の満了前であっても、当社株主総会において上記の委任決議を撤回する旨の決議が行われた場合または当社
         取締役会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、本プランはその時点で廃止されることにな
         ります。その意味で、本プランの消長には、株主の皆様のご意向が反映されることとなっております。
                                  16/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ③ 独立性の高い社外取締役等の判断の重視と情報開示

          本プランの発動に際しての実質的な判断は、独立性の高い社外取締役等のみから構成される独立委員会により
         行われることとされています。
          また、その判断の概要については株主の皆様に情報開示をすることとされており、当社の企業価値・株主共同
         の利益に適うように本プランの透明な運営が行われる仕組みが確保されています。
        ④ 合理的な客観的要件の設定

          本プランは、合理的な客観的要件が充足されなければ発動されないように設定されており、当社取締役会によ
         る恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しているものといえます。
        ⑤ 第三者専門家の意見の取得

          本プランは、買付者等が出現すると、独立委員会は、当社の費用で、ファイナンシャル・アドバイザー、公認
         会計士、弁護士、税理士、コンサルタントその他の専門家の助言を受けることができるものとされています。こ
         れにより、独立委員会による判断の公正さ・客観性がより強く担保される仕組みとなっています。
        ⑥ デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと

          本プランは、当社の株券等を大量に買い付けた者が、自己の指名する取締役を株主総会で選任し、かかる取締
         役で構成される取締役会により、本プランを廃止することが可能です。
          従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもなお、発動を阻
         止できない買収防衛策)ではありません。また、当社においては取締役の期差任期制は採用されていないため、
         本プランは、スローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の交替を一度に行うことができないため、その発動
         を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
                                  17/125












                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
       以下には、当社グループの経営成績、株価及び財務状況等に影響を及ぼす可能性のある主な事項を記載しておりま
      す。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識したうえで、その発生の回避及び発生した場合の適切な対
      応に努める方針であります。
       本項においては、将来に関する事項が含まれておりますが、当該事項は提出日現在において当社が判断したもので

      あります。
      1 法的規制について

        (1)    原油・天然ガス事業に関する法的規制
         当社の事業は、鉱業法、ガス事業法をはじめ、鉱山保安法、高圧ガス保安法、消防法等の規制を受けておりま
        す。現時点においてこのような法的規制が存在することが、当社事業の妨げとなり、もしくは著しい費用の増加
        につながっている事実はありませんが、将来的にこれらの法令が改正され、もしくは新たな規制法令が制定され
        て当社の事業に適用された場合、当社はその制約を受けることになります。
        (2)    当社グループ事業の環境に対する負荷と法的規制

         当社グループの        E&P  事業は、鉱業という事業の特性上、その操業の過程で環境に対して様々な負荷を与え、また
        与える可能性があります。このため当社グループでは、関連法令に基づいて、監督官庁からの許認可取得、届
        出、販売先への製品情報の提供等、必要な手続きについて適法かつ適正な処理を行っており、従来、重大な問題
        が発生したことはありません。但し、世界的な環境意識の高まりに連れて現行の法規制が強化された場合には、
        対策費用の増加等により、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      2 経営成績の変動要因について

        (1)    原油売上高の変動要因
         当社が日本国内で販売する原油の販売価格は国際原油価格に連動して決定されるため、石油輸出国機構(OPEC)
        の生産動向や国際的な需給動向によって市況が変動し、また為替レートが変動した場合、当社の原油販売価格は
        その影響を受けます。当社はかかるリスクを軽減する目的で原油スワップ取引等を行うことがありますが、こう
        した取引によって全てのリスクが回避されるわけではありません。
        (2)    天然ガス売上高の変動要因

         当社が日本国内で販売する天然ガスの販売単価は、従来、販売先との契約に基づいて事業年度を通じて円建て
        で固定されているものが多数を占めていましたが、LNGの市場価格に基づき価格を決定する契約への移行をほぼ果
        たしており、国際市況や為替の変動によって売上高が影響を受ける可能性が高まっています。また、都市ガス会
        社向けのガス販売数量については、夏季に需要が減少し、冬季に増加するという季節変動があるほか、暖冬時に
        は販売量が低下する傾向が見られます。また長期的に見た場合、我が国エネルギー市場の規制緩和等が、天然ガ
        スの販売単価や販売数量に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (3)    探鉱投資水準による損益の変動

         生産・販売により減少する埋蔵量を維持・拡大し長期にわたり安定的な石油・天然ガスの供給体制の整備を図
        ることは、探鉱・開発・販売を事業の骨格とする当社グループにおいて重要な課題であり、当社グループでは国
        の内外における探鉱投資を継続的に行っております。探鉱投資額については、探鉱費用としてもしくは引当金の
        計上を通じて費用化しております。このため各事業年度における探鉱投資額の増減が、当社グループの利益に直
        接的な影響を及ぼすことになります。
                                  18/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      3 事業に関するリスクについて
        (1)    事業の特徴
         当社グループの        E&P  事業は、初期の基礎的な調査から、掘さく作業を経て資源の発見に至るまでの探鉱段階にお
        いて、多額の投資と長い期間を要する一方、資源の発見が保証されているわけではなく、元来リスクの高い事業
        です。また、資源の発見に至った後も、開発井の掘さく、生産設備や輸送設備の建設等に多額の投資が必要とな
        ります。従って、事業に着手してから投資額を回収し、利益に寄与するまでに長いリードタイムを要するのが通
        例であり、この間、事業環境の変化により、投資額の増大(開発スケジュールの遅延に起因するものを含みま
        す。)、需要の減少、販売単価の下落、操業費の増加、為替変動などが発生し、所期の投資目的を達成できない
        リスクがあります。加えて、これらの投資には、埋蔵量や生産量の予期せぬ減少等の地質的な不確実性、不純物
        の混入など鉱業に特有の様々な技術的なリスクがあり、こうしたリスクが顕在化した場合には、当社グループの
        業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (2)    エネルギー市場自由化の影響

         我が国のガス事業においては、競争原理の導入を目指した様々な規制緩和                                   の一環として、2017年4月1日に改
        正ガス事業法が施行され、従来より第三者託送義務が課されている天然ガスパイプラインに加え、一定規模以上
        のLNG基地に対し、ガス事業法の規制下で新たに第三者開放が義務付けられることになりました。                                             当社では、こう
        した規制緩和の流れが、我が国のガス市場全体の活性化と天然ガスの需要拡大をもたらすとともに、当社グルー
        プのマーケティングの自由度を高め、事業領域や顧客基盤の拡大につながるものと考えています。一方で、この
        ような構造改革の進展は厳しい価格競争をもたらし、当社グループの天然ガス販売にも悪影響を及ぼす可能性が
        あります。
         また、電気事業についても、安定供給の確保、電気料金の最大限の抑制、家庭をはじめとする需要家の選択肢
        や企業の事業機会の拡大を目指す電力システム改革が政府により進められており、電気事業に係る政策の見直し
        やこれに伴う市況の変化等により、将来における当社の電力販売に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (3)    販売に関するリスク

         当社では、多くの販売先と長期にわたる取引関係を築いていますが、天然ガスの販売数量については年度ごと
        の取り決めも多く、販売先における需要減少や仕入先の変更等に伴う当社の販売数量の減少等により、当社グ
        ループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、2020年度より本格的に事業を開始する電力販売につきましても、販売量や販売価格が想定を下回る場合
        等には、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (4)    仕入に関するリスク

         当社は2003年3月より輸入を開始したマレーシア産LNGに関して、テイク・オア・ペイ条項に基づく長期引取義
        務を負っており、契約で規定された年間最低引取数量について当社が何らかの事情により引取不能となった場合
        でも、未達数量について支払義務が発生します。このため、将来的に当社の天然ガス販売数量が減少した場合で
        も、LNG引取数量が固定化されるというリスクがあります。また、LNGの仕入価格は原油価格や為替レートの影響
        を受ける変動価格であり、仕入価格が高騰した場合、当社が販売価格に転嫁できなければ、当社グループの業績
        に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (5)    操業に関するリスク

         当社グループでは、坑井の掘さく、原油や天然ガスの生産・輸送                               、LNGの貯蔵・気化・輸送等             の操業に関して、
        保安体制や緊急時対応策の整備に努めておりますが、操業上の事故や災害(自然災害を含みます。)の発生に
        よって人的・物的損害が発生するリスクは常に存在しています。こうした事故や災害が発生した場合、その損害
        の全てが保険によりカバーされるわけではありません。また、直接的な損害だけでなく、販売の中断による収入
        の減少、販売先に対する損害賠償、環境汚染による損害賠償、行政処分、社会的信用の低下といった副次的な損
        害をもたらす可能性があります。
        (6)    将来の廃鉱に関するリスク

         当社グループが現在生産を行っている坑井及び鉱山等については、生産終了後に廃鉱作業を実施する必要があ
        り、当社グループは当該有形固定資産の除去に関して資産除去債務を計上しております。新たな法令や契約、市
        場変動等の外的環境の変化により、当社グループの資産除去債務の妥当性に影響を及ぼす可能性があります。
                                  19/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        (7)    将来の税制等の変更に関するリスク
         鉱業に特有の税制優遇措置として、探鉱準備金制度、海外投資等損失準備金制度及び新鉱床探鉱費の特別控除
        制度(所得控除)があり、当社グループもその制度を利用しておりますが、将来、こうした優遇措置が変更され
        た場合、当社グループの業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (8)    海外  E&P  事業に関するリスク

         海外   E&P  事業が探鉱、開発と段階を経ていく過程で、多額の投資(出資又は資金貸付)を行うこととなる場合、
        当社の財務状況に影響を及ぼす可能性があります。また、当社が出資する海外プロジェクト会社が銀行融資等に
        よって事業資金を調達する場合、当社は当該借入金の全部又は一部について債務保証を行うことがあります。こ
        の場合において、当該プロジェクト会社の財務状況が悪化して債務不履行となったとき、当社に当該保証額につ
        いて債務を履行する義務が生じます。
         さらに、石油開発の全般的な傾向として、海外事業の一部はカントリーリスクの相対的に高い地域で実施され
        ることがあり、これらの国々の政治的もしくは経済的混乱、法制や税制もしくは政策等の変更が、当社グループ
        の海外事業の円滑な遂行に悪影響を及ぼす可能性があります。
         なお、相当規模の資金を要する生産段階にある主要な海外                            E&P  事業は、次のとおりであります。
        ①    サハリンプロジェクトの進捗状況

         当社は、サハリン石油ガス開発㈱への出資を通じて(2019年3月期末の出資比率                                       15.29%)、ロシア・サハリ
        ン島沖合における原油・天然ガス開発事業(サハリン1プロジェクト)に参画しております。同プロジェクトは
        2001年10月に商業化宣言を行い、ロシア政府の承認を経て開発段階に移行した後、2006年10月、チャイウォ油ガ
        ス田からの本格的な原油生産の開始に伴って本邦への輸出を開始し、現在も順調に生産販売を続けているほか、
        2010年9月にはオドプト油ガス田から                  、 2015年1月にはアルクトン・ダギ油ガス田から                      も 原油生産を開始してお
        ります。
         当社は、同社が開発資金を調達するに際し、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構並びに他の民間株
        主とともに債務保証を行っております。2018年3月期末時点で、当社の債務保証残高は4,871百万円ありました
        が、2018年5月22日に全額解除されています。
         また、サハリン1プロジェクトでは、                   上記の生産中油ガス田で追加開発作業を進めており、また、                            現時点では
        具体的な計画は策定されていないものの、天然ガス生産を目的とした開発を行う可能性があり、将来、これらの
        作業や計画の進展次第では、当社において追加的な債務保証が発生する可能性があります。
        ②    インドネシアカンゲアンプロジェクトの進捗状況

         当社は、2007年5月より、Energi                Mega   Pratama    Inc.(EMPI)への出資(2019年3月期末の出資比率25%)を
        通じて、インドネシア・ジャワ島東方沖合のカンゲアン鉱区における原油・天然ガス開発事業に参入しておりま
        す。同鉱区は、複数の油・ガス田及び構造を有し、参入時点で既に生産中であった一部油・ガス田において生産
        を続ける一方、2012年5月にテランガス田の、2019年3月にシラスン・バトゥールガス田の商業生産をそれぞれ
        開始するとともに、他の有望地域でも探鉱・開発作業を進めております。
         当社は、同鉱区に直接権益を持つEMPIの100%子会社Kangean                            Energy    Indonesia     Ltd.(KEI)及びEMP
        Exploration      (Kangean)Ltd.に対し、他のEMPIの株主と共同で開発資金の貸付を行っており、2019年3月期末の
        当社の貸付残高は両社合わせて4,276百万円となっております。また、生産設備に関連する債務に対する保証を
        行っており、2019年3月期末の当社の保証残高は2,382百万円となっております。
         同鉱区においては、探鉱・開発ポテンシャルを持つ構造が存在することから、これら構造の探鉱、開発が実施
        される場合、投資が必要となる可能性があります。
                                  20/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ③    イラク共和国ガラフ油田開発生産プロジェクトの進捗状況
         当社は、連結子会社㈱ジャペックスガラフへの出資を通じて(2019年3月期末の出資比率                                          55.00%)、イラク
        共和国南部におけるガラフ油田開発生産プロジェクトに参画し(同社参加比率30%、資金負担比率40%)、オペ
        レーターであるPETRONAS            Carigali     Iraq   Holding    B.V.(マレーシア国営石油会社ペトロナス社の子会社)と共
        同で開発事業を推進しております。
         2013年8月に生産を開始し、受取原油の販売収入を設備投資に充当しています。現在、原油増産に向けた最終
        開発計画に基づく追加開発作業を進めています。
         当社は、同国の政治状況、治安状況等には十分留意しつつ事業を進める所存ですが、これらの状況の悪化がプ
        ロジェクトに悪影響を及ぼす可能性があるほか、予期せぬコストの増加や開発スケジュールの遅延または生産量
        の減少が生じた場合等には、資金負担額が増加する可能性があります。
        ④    カナダ    アルバータ州Hangingstone鉱区オイルサンド開発事業の進捗状況

         当社は、連結子会社カナダオイルサンド㈱への出資(2019年3月期末の出資比率                                       93.60%。間接出資を含む場
        合の出資比率       94.58%)を通じて、カナダ             アルバータ州におけるオイルサンド開発事業を推進しております。
         同社完全子会社である現地操業会社                 Japan   Canada    Oil  Sands   Limited(JACOS)が、同州Hangingstone鉱区の
        一部地域において日量約5,000バレルにてビチューメンの生産を行っておりましたが、当時の油価の著しい下落に
        対応するため、2016年5月より一時的に生産を休止し、その後の事業環境の厳しさや休止に伴う生産操業再開の
        技術リスクを踏まえ、2017年8月に生産を終了しました。当該地域の鉱区権益については、2018年4月にJACOSを
        通じてカナダ企業のGreenfire              Hangingstone       Operating     Corp.と当該権益を譲り渡す契約を締結し、2018年8月
        に譲渡手続きを完了しました。また、2012年12月、当社は、更なる生産量・埋蔵量の拡大を図るべく、同鉱区の
        拡張開発事業についての最終投資決定を行い、2017年2月に中央処理施設の建設作業を完了し、2017年8月より
        生産を開始しました。2018年6月には日量2万バレル規模での安定生産操業へ移行し、その後も生産操業を継続
        中です。
         なお、本拡張開発事業は、75%の権益を保有するJACOSと25%の権益を保有するCNOOC                                         Petroleum     North
        America    ULCとの共同事業であります。
         当社は、オペレーターであるJACOSを通じ、プロジェクト管理に万全を期す所存ですが、原油価格の下落等によ
        り当社グループの財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤    カナダ    ブリティッシュ・コロンビア州におけるシェールガス開発・生産プロジェクトの進捗状況

         当社は、連結子会社JAPEX            Montney    Ltd.(JML)への出資(2019年3月期末の出資比率45%)を通じて、マレー
        シア国営石油会社         ペトロナス社の推進するシェールガス開発・生産プロジェクト(上流事業)に参画しておりま
        す。
         上流事業に関しては、経済性の高いエリアを中心に、投資効率を重視、事業環境等を考慮しながら、競争力向
        上、並びに収益確保のための取り組みを継続してまいりますが、ガス価の長期低迷、予期せぬコストの増加、開
        発スケジュール遅延又は生産量の減少が生じた場合には、資金負担額が増加する可能性があります。
                                  21/125








                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      4 国際石油開発帝石株式会社の株価変動に伴うリスクについて
        当社は、2019年3月期末現在、国際石油開発帝石㈱株式を7.32%保有しており、当社グループの2019年3月期連
       結会計年度末の投資有価証券の残高は137,794百万円であり、このうち国際石油開発帝石㈱株式は112,825百万円と
       なっております。同社の連結業績や株価は、当社グループと同様に、原油価格の動向等により変動する傾向がある
       ほか、同社株価が変動した場合、当社グループの財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      5 国の保有する当社株式について

        当社は、2003年12月、石油公団(当時)が保有していた当社株式の一部の売出しにより、東京証券取引所市場第
       一部に株式を上場しましたが、この結果、同公団の所有株式数の割合は、65.74%から49.94%に低下しました。
        さらに、同公団が保有していた当社株式は、同公団の廃止に伴い、2005年4月1日付で国(経済産業大臣)に承
       継されるとともに、2007年6月15日を受渡期日とする株式売出しにより、当該保有株式のうち15.94%相当分が売却
       された結果、同大臣の所有株式数の割合は34.00%まで低下し、現在に至っています。残る株式についても引き続き
       売却される可能性があり、その時期、方法、数量等によっては、当社の株価に影響を及ぼす可能性があります。
        なお、当該株式の保有に関して、国と当社との間には、「定款の変更」「資本金の増減、または社債の発行」
       「決算および利益金の処分」「営業の一部もしくは全部の譲り渡し、または譲り受け」「役員候補者の決定」「資
       産または事業経営に重要な影響のある事項」に関して、国との間で協議を行う旨を定めた覚書が存在しておりま
       す。当該覚書の運用は当社の経営の独立性を尊重する形で行われており、当該覚書の存在が、当社の事業の妨げと
       なったり、事業内容の制約となったことはありません。
                                  22/125














                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)   経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度における我が国経済は、前年度に引き続き緩やかな回復基調が続いているものの、年度末には輸
        出や生産の一部に弱さがみられるとともに、米中間の通商問題や海外経済の不確実性に対する警戒感が高まってい
        ます。
         原油CIF価格は、前連結会計年度からの回復傾向が続き、年度当初の1バレル60ドル台後半から、11月には80ド
        ル台前半まで達したものの、米中間の通商問題等の影響により下落に転じ、年度末には60ドル台半ばの水準となっ
        ています    。
         為替相場は、年度当初は100円台半ばでしたが、その後円安傾向が強まり、12月には110円台半ばまで進行した
        後、年度末には110円前後で推移しています。この結果、当社グループの原油販売価格は、前連結会計年度に比
        べ、年度平均では上昇しました。
         一方、天然ガスについては、原油価格の上昇により石油製品等の価格やLNG価格がともに上昇する中、当社マー
        ケット近傍での他社によるLNG受入基地や関連パイプライン等の供給インフラ整備を巡る動きの活発化や、電力・
        ガス小売全面自由化を機にエネルギー業界全体で従来の供給エリア外への進出が進んだこと等で競争が激化し、市
        場環境は当社グループにとって引き続き厳しい状況にありました。
         このような状況のもとで、            当社グループは、2018年5月に公表した「長期ビジョン2030・中期事業計画2018-
        2022」に基づき、鋭意事業を推進しております。
         当連結会計年度の売上高は            267,980百万円       と前連結会計年度に比べ           37,350百万円の増収         ( +16.2%    )となり、売

        上総利益は、      34,846百万円      と前連結会計年度に比べ           4,416百万円の減益         ( △11.2%    )となりました。前連結会計年
        度に比べ増収減益となった要因は、売上高は、主に原油及び天然ガスの販売価格の上昇に加え、2017年8月より本
        格生産操業を開始したJapan             Canada    Oil  Sands   Limited(JACOS)ハンギングストーン鉱区におけるビチューメン
        の販売により増収となった一方、売上総利益は、オイルサンド事業における重軽格差(カナダ産重質油と軽質油で
        あるWTIとの価格差)の拡大による希釈ビチューメンの販売収支の悪化や、相馬LNG基地の通年操業(2018年3月よ
        り操業開始)に伴う操業費の増加などにより減益となりました。
         探鉱費は、     788百万円     と前連結会計年度に比べ           535百万円減少       ( △40.4%    )し、販売費及び一般管理費は              31,743百
        万円  と前連結会計年度に比べ           2,570百万円増加        ( +8.8%    )した結果、営業利益は           2,313百万円      と前連結会計年度に
        比べ  6,451百万円の減益         ( △73.6%    )となりました。
         経常利益は、為替差益が為替差損に転じたことによる減益要因がある一方、持分法による投資損失が持分法によ
        る投資利益に転じたことや、前連結会計年度における休止固定資産減価償却費(JACOSにおいて、ハンギングス
        トーン鉱区3.75セクション地域(DEMOエリア)でのSAGD法(*)によるビチューメン生産操業を終了したことに伴
        い、同エリアに係る有形固定資産を生産高比例法により償却)が減少したことなどにより、                                          12,523百万円      と前連結
        会計年度に比べ       8,695百万円の増益         ( +227.1%     )となりました。
         税金等調整前当期純損益は、前連結会計年度における減損損失(JAPEX                                   Montney    Limitedにおいて、Pacific
        NorthWest     LNGプロジェクト(PNW事業)の事業化取りやめ決定を受け、PNW事業を前提としないシェールガス開
        発・生産プロジェクト(上流事業)として開発計画を見直した結果、上流事業に係る事業用資産の減損損失を計
        上)が減少したことなどにより、前連結会計年度に比べ                          82,477百万円増益        の 13,074百万円の税金等調整前当期純利
        益 となり、親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べ                                45,729百万円増益        の 14,770百万円の親会社
        株主に帰属する当期純利益            となりました。
          (*)地層内に水蒸気を圧入して、超重質油の流動性を増し、重力の効果を利用して回収する方法の一つ。

         なお、売上高の内訳は次のとおりであります。

        (イ)原油・天然ガス
           原油・天然ガス(液化天然ガス(LNG)、希釈ビチューメンを含む)の売上高は、主に、原油及び天然ガス
          の販売価格の上昇に加え、JACOSにおける希釈ビチューメンの販売に伴い、215,429百万円と前連結会計年度に
          比べ39,377百万円の増収(+22.4%)となりました。
        (ロ)請負
           請負(掘さく工事及び地質調査の受注等)の売上高は、7,342百万円と前連結会計年度に比べ1,142百万円の
          減収(△13.5%)となりました。
        (ハ)その他
                                  23/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
           液化石油ガス(LPG)・重油等の石油製品等の販売、天然ガス等の受託輸送及びその他業務受託等の売上高
          は、45,207百万円と前連結会計年度に比べ885百万円の減収(△1.9%)となりました。
         主なセグメントごとの業績(セグメント間の内部取引消去前)は、次のとおりであります                                         。

         日本
          日本セグメントの売上高は、主に原油・天然ガス(LNG含む)、請負、石油製品等により構成されておりま
         す。当連結会計年度における売上高は、原油及び天然ガスの販売数量が減少したものの、原油及び天然ガスの
         販売価格が上昇したことなどにより、                  232,107百万円       と前連結会計年度に比べ           12,540百万円の増収         ( +5.7%    )
         となりました。セグメント利益は、相馬LNG基地の通年操業(2018年3月より操業開始)に伴う操業費の増加な
         どにより、前連結会計年度に比べ               3,188百万円減益        ( △14.2%    )の  19,308百万円      となりました。
         北米
          北米セグメントの売上高は、主に原油・天然ガス(希釈ビチューメン含む)により構成されております。当
         連結会計年度における売上高は、主にJACOSにおける希釈ビチューメンの販売により、                                        34,270百万円      と前連結会
         計年度に比べ      25,019百万円の増収         ( +270.5%     )となりました。セグメント損失は、オイルサンド事業における
         重軽格差の拡大による希釈ビチューメンの販売収支の悪化や、販売費及び一般管理費の増加などにより、                                                9,751
         百万円   (前連結会計年度は         6,615百万円のセグメント損失              )となりました。
         欧州
          欧州セグメントにおいては、英領北海アバディーン沖合に位置する海上鉱区での探鉱活動を実施しておりま
         す。当連結会計年度におけるセグメント損失は、                       157百万円     (前連結会計年度は         74百万円のセグメント損失            )と
         なりました。
         中東
          中東セグメントの売上高は、主に原油により構成されております。当連結会計年度における売上高は、販売
         価格は上昇したものの販売数量の減少により、                      14,816百万円      と前連結会計年度に比べ           17,372百万円の減収         ( △
         54.0%   )となりました。セグメント利益は、売上原価が減少したものの前述の売上高の減収により、                                           955百万円
         と前連結会計年度に比べ           410百万円の減益        となりました。
         当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末に比べ                               44,248百万円減少し、655,288百万円となりまし

        た。
         流動資産は、前連結会計年度末に比べ3,063百万円の減少となりました。これは、受取手形及び売掛金が減少し
        たことなどによるものであります。固定資産は、前連結会計年度末に比べ41,184百万円の減少となりました。これ
        は、投資有価証券において保有有価証券の時価評価や、有形固定資産において為替の影響及び減価償却により、そ
        れぞれ減少したことなどによるものであります。
         負債合計は、前連結会計年度末に比べ35,150百万円減少し、205,131百万円となりました。

         流動負債は、前連結会計年度末と比べ11,236百万円の減少となりました。これは、支払手形及び買掛金や流動負
        債その他に含まれている短期借入金が減少したことなどによるものであります。固定負債は、前連結会計年度末に
        比べ23,913百万円の減少となりました。これは、前述の保有有価証券の時価評価により繰延税金負債が減少したこ
        とや、長期借入金において返済期限が1年以内の借入金を流動負債へ振替えたことなどによるものであります。
         純資産合計は、前連結会計年度末に比べ9,098百万円減少し、450,156百万円となりました。

         これは、その他有価証券評価差額金が減少したものの、利益剰余金が増加したことなどによるものであります。
         なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会

        計年度の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結
        会計年度との比較・分析を行っております。
       ②キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ740百万
        円増加し、100,633百万円となりました。主な内訳は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は30,970百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益13,074百万円
        及び減価償却費23,296百万円の計上などによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

                                  24/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         投資活動の結果使用した資金は13,969百万円となりました。これは主に、利息及び配当金の受取額16,126百万
        円、貸付金の回収による収入6,912百万円などの資金を得ましたが、生産物回収勘定の支出25,107百万円、有形固
        定資産の取得による支出12,955百万円などの資金を使用したことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は15,493百万円となりました。これは主に、短期借入金の返済による支出7,877百
        万円、長期借入金の返済による支出4,990百万円、利息の支払額3,865百万円などの資金を使用したことによるもの
        であります。
                                  25/125


















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       ③生産、受注及び販売の実績

       a.  生産実績
        当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        ・日本
                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日              前年同期比(%)
                                      至 2019年3月31日)
                                                       △10.1
                  原油(kl)                         264,502
                                                       △11.3

                  天然ガス(千㎥)                         682,021
     原油・天然ガス
                                                       △33.3
                  液化天然ガス(t)                          5,600
                                              -           -

                  ビチューメン(kl)
        ・北米

                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日              前年同期比(%)
                                      至 2019年3月31日)
                  原油(kl)                          46,031           △4.6

                  天然ガス(千㎥)                          488,436            △1.3

     原油・天然ガス
                  液化天然ガス(t)                            -           -
                  ビチューメン(kl)                          812,720            467.7

        ・中東

                                       当連結会計年度
                                     (自 2018年4月1日              前年同期比(%)
                                      至 2019年3月31日)
                  原油(kl)                          846,503            △8.9

                  天然ガス(千㎥)                            -           -

     原油・天然ガス
                  液化天然ガス(t)                            -           -
                  ビチューメン(kl)                            -           -

     (注)1.天然ガスの生産量の一部は、液化天然ガスの原料として使用しております。

        2.ビチューメンとはオイルサンド層から採取される超重質油です。
        3.  北米セグメントのビチューメンの生産数量が著しく増加しました。これは、JACOSハンギングストーン鉱区に
          おいて2017年8月より生産操業を開始し、2018年6月に安定生産操業に移行したことによるものです                                              。
       b.  受注実績

        当社及び連結子会社は受注生産を行っておりません。
                                  26/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       c.  販売実績
        当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        ・日本
                                当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                  前年同期比(%)
                               至 2019年3月31日)
                                       金額
                               数量                数量        金額
                                     (百万円)
                原油(kl)               1,840,133          91,189        △19.9          6.2

                天然ガス(千㎥)               1,243,655          65,435         △3.2         14.4

     原油・天然ガス
                液化天然ガス(t)                322,331         22,913        △15.4          4.5
                希釈ビチューメン(kl)                   -        -        -        -

                    小計                   179,538                  8.8

     請負                                    7,342                △13.5

                石油製品・商品                         39,820                 △0.9

     その他
                その他                         5,387                △9.2
                    小計                    45,207                 △1.9

                    合計                   232,089                  5.7

        ・北米

                                当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                  前年同期比(%)
                               至 2019年3月31日)
                                       金額
                               数量                数量        金額
                                     (百万円)
                原油(kl)                 48,520         1,769        △3.2         16.2

                天然ガス(千㎥)                487,485         2,384        △0.2        △25.8

     原油・天然ガス
                液化天然ガス(t)                   -        -        -        -
                希釈ビチューメン(kl)               1,176,091          30,116         634.1        567.4

                    小計                    34,270                 270.5

     請負                                     -                -

                石油製品・商品                           -                -

     その他
                その他                           -                -
                    小計                      -                -

                    合計                    34,270                 270.5

                                  27/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ・中東
                                当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                  前年同期比(%)
                               至 2019年3月31日)
                                       金額
                               数量                数量        金額
                                     (百万円)
                原油(kl)                   -       1,620          -      △10.6

                天然ガス(千㎥)                   -        -        -        -
     原油・天然ガス
                液化天然ガス(t)                   -        -        -        -
                希釈ビチューメン(kl)                   -        -        -        -

                    小計                     1,620                △10.6

     請負                                     -                -

                石油製品・商品                           -                -

     その他
                その他                           -                -
                    小計                      -                -

                    合計                     1,620                △10.6

     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

        2.  「石油製品・商品」には、液化石油ガス(LPG)、重油、軽油、灯油等が、「その他」には天然ガス・石油製
          品の受託輸送及びその他業務受託等が含まれております。
        3.希釈ビチューメンとはパイプライン輸送のために超軽質油で希釈したビチューメンです。
        4.  北米セグメントの希釈ビチューメンの販売数量及び金額が著しく増加しました。これは、JACOSハンギングス
          トーン鉱区において2017年8月より生産操業を開始し、2018年6月に安定生産操業に移行したことによるもの
          です。
        5.  本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  28/125











                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       ④  当社グループの埋蔵量
         2019年3月31日現在、提出会社及び連結子会社の保有する確認埋蔵量並びに持分法適用会社が保有する確認埋蔵
        量の当該会社に対する提出会社出資比率相当量は下表のとおりです。
                          連結対象会社
                                           持分法適用会社           合計
                  国内         海外          小計
        確認埋蔵量
                         ビチュー          ビチュー                 ビチュー
                原油   ガス   原油       ガス   原油       ガス   原油   ガス   原油       ガス
                          メン          メン                 メン
                千kl   百万㎥    千kl      百万㎥    千kl       百万㎥    千kl   百万㎥    千kl       百万㎥
                          千kl          千kl                 千kl
     2018年3月31日現在
                2,802   9,105   1,612   20,952    7,357   4,415   20,952    16,462    4,350   2,498   8,764   20,952    18,960
      拡張及び発見等による
                  -   - 15,000      -  815  15,000      -   815    -   - 15,000      -   815
      増加
      前期評価の修正による
                 △30   △517    254    979    19   223    979   △497   1,174   △726   1,397    979  △1,223
      増減
      買収・売却による増減            -   -   △1    -   ▶   △1    -    ▶   1   △1   △1    -    3

      生産による減少          △264   △726   △363    △778   △466   △627    △778   △1,192    △538   △493   △1,165    △778   △1,685

     2019年3月31日現在           2,508   7,862   16,502    21,153    7,729   19,009    21,153    15,591    4,986   1,278   23,995    21,153    16,869
     (注)1.     以下の連結子会社保有量には、非支配株主に帰属する数量を含んでおります。(括弧内は非支配株主比率)
           国内:日本海洋石油資源開発㈱(29.39%)
           海外:カナダオイルサンド㈱(5.42%)、JAPEX                      Montney    Ltd.(55.00%)、㈱ジャペックスガラフ(45.00%)
        2.連結子会社及び持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度におけ
          る埋蔵量を計上しております。
         上表における確認埋蔵量とは、評価時点において既知の油・ガス層から地質的、工学的データに基づき経済的に

        も操業面からも今後確実に採取可能であろうと予測された油・ガスの地上状態での数量であり、過去の生産量、未
        発見鉱床に係る資源量は含んでおりません。
         埋蔵量の定義については、石油技術者協会(SPE)、世界石油会議(WPC)、米国石油地質技術者協会(AAPG)及び石油

        評価技術協会(SPEE)の4組織により策定されたPetroleum                           Resources     Management      System(PRMS)が国際的な基準と
        して知られています。
         上表の確認埋蔵量は、2018年に改定されたPRMSにおける「確認埋蔵量(Proved                                    Reserves)」の定義に準拠した当
        社自身による評価に基づく数値であり、PRMSにおいて確認埋蔵量よりも将来の採取可能性の不確実性が高いものと
        して区分されている「推定埋蔵量(Probable                     Reserves)」や「予想埋蔵量(Possible                  Reserves)」に該当する埋蔵量
        は含んでおりません。また、同定義においては、例えば、資源の賦存が確認されている鉱区であっても商業開発計
        画が未確定な段階のプロジェクト等については、埋蔵量(Reserves)とは区分して「条件付資源量(Contingent
        Resources)」に分類することとされており、当社グループにおいても、開発計画が未確定な地域の「条件付資源
        量」に該当する数量は、上表の数値に含めておりません。
         なお、PRMS以外には、米国証券取引委員会(SEC)による確認埋蔵量の定義が米国の投資家を中心に広く知られて
        おり、SECによる確認埋蔵量の定義は、PRMSと基本的には類似しています。
         当社は、従来よりPRMSによる「確認埋蔵量(Proved                        Reserves)」の定義に準拠して当社自身の判断に基づく値を

        開示しております。また、海外プロジェクト会社の保有埋蔵量については、各プロジェクト会社の現地政府等との
        契約による経済的取分に基づく数量を示しております。
         また、当社は、当社自身による埋蔵量評価・判断の妥当性を検証するため、上表に示した2019年3月31日現在の
        国内における当社及び連結対象会社の確認可採埋蔵量の約66%に相当する部分[1]について、Ryder                                              Scott
        Company,     L.P.へ第三者評価・鑑定を委託しております。また、海外については、Japan                                    Canada    Oil  Sands
        Limitedが保有する鉱区エリアにおけるビチューメン埋蔵量について、GLJ                                   Petroleum     Consultants      Ltd.による第
        三者評価[2]を受けているほか、JAPEX                  Montney    Ltd.、Japex      (U.S.)    Corp.及びKangean         Energy    Indonesia     Ltd.の
        埋蔵量について第三者評価を受けており、上表の2019年3月31日現在の確認埋蔵量総計のうち約61%に相当する部
        分[3]について第三者評価を受けております。当社自身による評価値と第三者評価の値は従来より近似しており、
        当社は、上表の当社自身の評価による確認埋蔵量の値は妥当であると判断しております。
                                  29/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         埋蔵量は、元来、不確実性を内包した将来の生産可能量の見通しであり、当社は、現時点において入手可能な地
        質的・工学的データ等の科学的根拠に基づき正確な評価の実施に努めておりますが、今後新たに取得されるデータ
        等に基づく見直しや経済条件の変動及び国際的に認知された埋蔵量定義の変更等によって、上方にも下方にも修正
        さ れる可能性があります。
        [1]  原油・ビチューメン1kl=天然ガス1,033.1m3(1BOE=5.8Mscf)として計算しております。

        [2]  石油評価技術者協会(Society              of  Petroleum     Evaluation      Engineers     (Calgary     Chapter))他による評価基準
          (Canadian     Oil  and  Gas  Evaluation      Handbook)に基づく第三者評価              。
        [3]  [1]と同様。
       (2)   経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されており
        ます。この連結財務諸表の作成にあたっては、一定の会計基準の範囲内において、資産・負債及び収益・費用の金
        額及び開示に影響を与える見積りを必要とします。これらの見積りについては、過去の実績等を勘案し継続評価し
        ており、必要に応じて見直しを行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるためこれらとは異
        なる場合があります。
        ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、前連結会計年度に比べ売上                                    高は  37,350百万円増収        ( +16.2%    )
        の 267,980百万円       、経常利益は      8,695百万円増益        ( +227.1%     )の  12,523百万円      となり、親会社株主に帰属する当期
        純損益は    45,729百万円増益        の 親会社株主に帰属する当期純利益14,770百万円                      となりました。
        (為替レートと油価)

          当連結会計年度の1キロリットル当たりの原油販売価格につきまして、通年の平均販売価格では前連結会計年
         度に比べ12,071円上昇の50,078円/klとなりました。
          国産原油の販売価格は、基本的に海外原油の本邦への円建輸入価格に連動して決定されます。
          原油CIF価格に基づく油価は、1バレル当たり71.94米ドル(加重平均)と前連結会計年度に比べ15.75米ドル
         の上昇となりました。一方、為替レートは、110.35円/米ドル(加重平均)と前連結会計年度に比べ1.31円の円
         高となりました。
          以上の米ドル建原油価格の上昇が円高による原油価格の下落より影響が大きかったことにより、原油販売価格
         は前連結会計年度に比べて上昇しております。
          海外買入原油の販売につきましては仕入価格と連動するため、油価・為替の変動が損益に与える影響は軽微で
         あります。
          希釈ビチューメンの1バレル当たりの販売価格は、前連結会計年度に比べ2.96米ドル下落の36.67米ドル(加
         重平均)となりました。
        (設備投資と減価償却費           等)

          当連結会計年度の設備投資額は10,903百万円(前連結会計年度比30,898百万円の減少)となりました。主なも
         のは、相馬LNG基地及び新潟県での採掘井の掘さく作業に係る投資額等であります。減価償却費は23,296百万円
         (前連結会計年度比73百万円の減少)となりました。
          また、当連結会計年度のイラク共和国ガラフ油田の開発等に係る生産物回収勘定への支出額は25,107百万円
         (前連結会計年度比10,092百万円の増加)となり、生産物回収勘定の回収額は11,118百万円(前連結会計年度比
         16,263百万円の減少)となりました。
        (探鉱活動)

          当連結会計年度の探鉱費は、前連結会計年度に比べ                        535百万円減少       して  788百万円     となりました。
          探鉱費の減少の主な要因は、国内において、主に北海道における地熱事業に係る掘さく作業並びに地質調査作
         業等によるものであります。
                                  30/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        (売上高の状況)
          当連結会計年度の売上高の構成は、「原油・天然ガス」が215,429百万円(構成比80.4%)、「請負」が7,342
         百万円(構成比2.7%)、「その他」が45,207百万円(構成比16.9%)となっております。
          以下、最も割合の大きい「原油・天然ガス」について分析いたします。
          原油の販売数量は、主にイラク共和国ガラフ油田の販売数量が減少したことなどにより1,888千klと前連結会
         計年度に比べ457千kl減少(△19.5%)となった一方で、原油の販売価格が上昇したことにより、原油の売上高
         は94,579百万円と前連結会計年度に比べ5,406百万円増加(+6.1%)しております。
          天然ガスの販売数量は、1,731百万㎥と前連結会計年度に比べ41百万㎥減少(△2.4%)となりましたが、販売
         価格は前連結会計年度に比べ5.09円/㎥上昇して39.17円/㎥となった結果、天然ガスの売上高は67,820百万円
         と前連結会計年度に比べ7,388百万円増加(+12.2%)しております。
          数量減となった主な要因は、国内の一部需要家における一過性の需要減によるものであります。
          液化天然ガスは、前連結会計年度に比べ58千トン減少(△15.4%)の322千トンを販売し、売上高は22,913百
         万円と前連結会計年度に比べ978百万円増加(+4.5%)しました。
          希釈ビチューメンは、JACOSハンギングストーン鉱区において2017年8月より本格生産操業を開始したことに
         伴い、販売数量は1,176千klと前連結会計年度と比べ1,015千kl増加(+634.1%)となり、売上高は30,116百万
         円と前連結会計年度に比べ25,603百万円増加(+567.4%)しております。
        (営業費用)

          売上原価は     233,133百万円       と前連結会計年度に比べ           41,766百万円増加        しております。これは主に、ビチューメ
         ンの本格生産操業に伴う操業費の増加、相馬LNG基地の通年操業(2018年3月より操業開始)に伴う操業費の増
         加、海外買入原油の販売数量の増加並びに販売価格の上昇などによるものであります。
          販売費及び一般管理費は           31,743百万円      と前連結会計年度に比べ           2,570百万円増加        しました。
          探鉱費については、前述(探鉱活動)をご参照ください。
          以上の結果、営業利益は前連結会計年度に比べ                      6,451百万円減益        の 2,313百万円      となりました。

        (営業外損益)

          営業外収益は、前連結会計年度における為替差益が為替差損に転じた一方、前連結会計年度における持分法に
         よる投資損失が持分法による投資利益へと転じ、また、JACOSのDEMOエリアの権益等の譲渡に伴う資産除去債務
         戻入益を計上したことなどにより、前連結会計年度に比べ                           11,997百万円増加        の 20,804百万円      となりました。
          営業外費用は、前述のとおり当連結会計年度においては、為替差損が計上されたものの、前連結会計年度にお
         ける持分法による投資損失が持分法による投資利益へと転じ、また、前連結会計年度における休止固定資産減価
         償却費(JACOSにおいて、DEMOエリアでのSAGD法によるビチューメン生産操業を終了したことに伴い、同エリア
         に係る有形固定資産を生産高比例法により償却)が減少したことなどにより、前連結会計年度に比べ                                              3,148百万
         円減少   の 10,594百万円      となりました。
          以上の結果、経常利益は前連結会計年度に比べ                      8,695百万円増益        の 12,523百万円      となりました。

        (特別損益)

          特別利益は、前連結会計年度における補助金収入が減少したことなどにより、前連結会計年度に比べ                                              4,286百
         万円減少    の 716百万円     となりました。
          特別損失は、前連結会計年度における減損損失(JMLにおいてPNW事業の事業化取りやめ決定を受け、PNW事業
         を前提としない上流事業として開発計画を見直した結果、上流事業に係る事業用資産の減損損失を計上)が減少
         したことや、前連結会計年度における特別損失その他(PNW事業に関連するパイプライン建設計画の解約費用)
         が減少したことなどにより、前連結会計年度に比べ                        78,068百万円減少        の 165百万円     となりました。
          以上の結果、税金等調整前当期純損益は前連結会計年度に比べ                             82,477百万円増益        の 税金等調整前当期純利益

         13,074百万円      となりました。
        (親会社株主に帰属する当期純損益)

          当連結会計年度の「法人税、住民税及び事業税」に「法人税等調整額」を加えた法人税等の金額は                                             △1,254百
         万円  (前連結会計年度に比べ           1,494百万円減少        )となり、     非支配株主に帰属する当期純損失は441百万円                     (前連結
         会計年度に比べ       38,242百万円増加        )となりました。
          以上の結果、法人税等及び非支配株主に帰属する当期純損失を控除した後の親会社株主に帰属する当期純損益

         は前連結会計年度に比べ           45,729百万円増益        の 14,770百万円の親会社株主に帰属する当期純利益                       となりました。
                                  31/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2                                  事業の状況 2        事業等のリスク」に記

       載のとおりであります。
         当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、次のとおりであります。

         当社グループの資金需要の主な内訳は、営業活動における運転資金と投資活動における設備投資や海外事業投資
       のための資金になります。
         運転資金は、主に内部資金により調達しておりますが、資金効率の向上を図るためCMS(キャッシュ・マネジメ
       ント・システム)を用い当社グループ内で融通することで有利子負債を圧縮しており、また、効率的な資金調達を
       目的として当連結会計年度末において取引銀行6行と総額151,652百万円の当座貸越契約及び貸出コミットメント契
       約を締結しております。
         設備投資や海外事業投資のための資金は、投資金額が多額な場合、手元流動性とのバランスやその投資の性質を
       勘案し、長期の借入を行うことがあります。当連結会計年度末の長期借入金(1年内返済予定を含む)の残高は、
       134,115百万円となっており、主な内訳は、インドネシアのカンゲアン鉱区の開発資金宛て借入が4,439百万円、カ
       ナダ国におけるオイルサンド開発資金及びシェールガス開発資金宛て借入がそれぞれ66,247百万円、60,178百万円
       であります。
         この他、当社グループは偶発債務として、海外のプロジェクト会社の事業資金宛て銀行借入及び当社従業員の住
       宅ローン等に対する保証債務が、当連結会計年度末において11,638百万円ありますが、これらに対する支払準備
       は、預金及び市場性のある有価証券により流動性を確保しております。
        経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等については、2030年に目指す姿

       を実現するために、油価60米ドル/バレルの前提のもとで、2022年度にROE≧5%の水準となることを目標に、収益
       改善を目指していきます。
        セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は、「第2                                           事業の状況 3        経

       営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態
       及び経営成績の状況」に記載のとおりであります。
                                  32/125











                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       石油・天然ガス関連事業
           契約当事者
                                       契約の要旨
     石油資源開発㈱                 契約年月日        1983年2月23日
     (提出会社)
                      契約期間        1983年2月9日から共同開発終了まで
                      契約内容         新潟県岩船沖海域における石油、天然ガスの探鉱開発及び生産
     日本海洋石油資源開発㈱
                              の共同事業に関する契約。
     (連結子会社)
                               各社の持分比率は次のとおりです。
                               石油資源開発㈱                                       46.667%
     三菱瓦斯化学㈱
                               日本海洋石油資源開発㈱                                   33.333%
                               三菱瓦斯化学㈱                                     20.000%
     石油資源開発㈱                 契約年月日        2002年4月9日
     (提出会社)
                      契約期間        2002年4月から20年間
                      契約内容         マレーシアLNG第3プロジェクト(同国サラワク州)からのLNG
     マレーシアLNGティガ社
                              購入に係るマレーシアLNGティガ社との長期売買契約。
                               主な契約条件は次のとおりです。
                               (1)数量 最大48万t/年
                                 各年度において、所定の数量を引取らなかった場合、価格
                                相当額を支払う義務を負い(テイク・オア・ペイ)、後年度
                                において当該引取未達相当量の引渡を請求する権利を有して
                                おります。
                               (2)引渡条件 Ex-Ship(着桟渡し)
                                 日本海エル・エヌ・ジー㈱の新潟基地にて引渡を受けるこ
                                ととなっております。
     ㈱ジャペックスガラフ                         2010年1月18日
     (連結子会社)                 契約年月日        (2010年3月31日付にて、提出会社より契約上の権利義務を譲
                              受けた。)
     イラク南部石油公社
                      契約期間        2010年2月より20年間
     ペトロナス社
                      契約内容         イラク南部のガラフ油田における開発生産サービス契約
     (マレーシア国営石油会社)
                                 。
                              (*)
     イラク北部石油公社
                              (*)開発生産サービス契約:石油開発会社が必要な資金と技術
                                 を提供して開発を行い、生産される原油・天然ガスの一定
                                 割合から投下資金を回収し、予め定められた生産量あたり
                                 の報酬額に応じて、報酬を受け取ることができる形式の契
                                 約
                               コントラクター各社の参加比率は次のとおりです。
                                ペトロナス社                 45%
                                ㈱ジャペックスガラフ             30%
                                イラク北部石油公社              25%
     ジャペックス       モントニー社          契約年月日        2013年3月29日
     (連結子会社)
                      契約内容         カナダ ブリティッシュ・コロンビア州のシェールガス開発・
                              生産プロジェクトに係る上流権益の売買契約。
     プログレス      ベンチャーズ社
                               同州ノースモントニー地域のシェールガス鉱区にプログレス
     (のち、ペトロナス          エナジー     カ
                              ベンチャーズ社(のち、ペトロナス                 エナジー     カナダ社)(ペト
     ナダ社)
                              ロナス社の子会社)が所有する当該権益の一部(権益全体の
                              10%)を取得しております。
                                  33/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社グループは、事業に直結する課題にとどまらず、次世代技術及び新規事業分野への進出をも見据えて、探鉱
       (地質)、物理探査、生産等の技術部門並びにこれらの技術が活用可能な環境事業分野において具体的テーマを選定
       し、研究開発及び調査等を実施しております                     。
        当連結会計年度における研究課題、研究開発費等をセグメントごとに示すと、次のとおりであります                                              。
       ①日本
                                           研究当事者           研究開発費

         研究課題                 目的
                                           (研究体制)            (百万円)
                  地熱開発地帯におけるフラクチャー型貯

     フラクチャーシステム評             留層の可視化を図り、フラクチャーシス
                                                           19
                                      ㈱地球科学総合研究所
     価法研究             テムの評価技術の高精度化を目的とす
                  る。
                  顧客の多様なニーズに対応すべく震探調

     震探調査法新技術適用性
                                                           19
                  査の低コスト化・高効率化、技術力の向                    ㈱地球科学総合研究所
     検討
                  上を図ることを目的とする。
                  CCS実証試験において実施されるタイムラ

                  プス反射法調査のデータを貯留層モデル
                                                           15
     物性解析技術研究                                 ㈱地球科学総合研究所
                  の更新に活用する手法の研究、各種物理
                  探査技術の整備・開発を目的とする。
                  海域のガス徴及びガスパイプラインから

     ハイパースペクトルセン             リークするメタンを航空機・衛星搭載型
                                                           15
                                      ㈱地球科学総合研究所
     サデータ利用技術研究             ハイパースペクトルセンサにより検出す
                  るための技術開発を目的とする。
                  深部構造イメージングの高精度化の開発

     フルウエーブインバー
                  を進めるとともに、3次元化等の拡張を図                    ㈱地球科学総合研究所                    13
     ジョン技術研究
                  ることを目的とする。
                  CCSにおけるCO2挙動モニタリング、油ガ

                  ス層長期モニタリング、地熱開発に伴う
     マイクロサイスミック技
                  微小地震観測、岩盤タンクモニタリング                    ㈱地球科学総合研究所                    13
     術開発
                  等のマイクロサイスミック技術に関する
                  開発を目的とする。
                  衛星SAR差分干渉技術のデータ処理・解析

     衛星SAR差分干渉処理技             技術の向上、地震探査業務等への付加情
                                      ㈱地球科学総合研究所                    10
     術研究             報としての利用法及び応用技術の研究を
                  目的とする。
                  三次元地震探査データ解析の高精度化及

     3D構造・深部構造イメー
                  び深部反射波イメージング技術の高度化                    ㈱地球科学総合研究所                    10
     ジング研究
                  を目的とする。
                                      石油資源開発㈱

     その他                      -                                39
                                      ㈱地球科学総合研究所
                                      ㈱物理計測コンサルタント
                                                          157

      合計
                                  34/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       ②北米
                                          研究当事者            研究開発費

         研究課題                 目的
                                          (研究体制)            (百万円)
                                      Japan    Canada     Oil   Sands

     オイルサンドに係る技術             油層評価手法及び生産プロセス改善手
                                      Limited
                                                           15
     開発             法の開発を行う。
                                      (カナダ アルバータ州等と
                                      共同で実施)
                                  35/125


















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度における設備投資額(セグメント間取引消去後)は                               10,903   百万円であり、有形固定資産及び無形固
       定資産の受入額です。
        日本セグメントにおける設備投資額は                  9,154   百万円であり、主なものとして相馬LNG基地建設工事が含まれていま
       す。
        北米セグメントにおける設備投資額は                  1,619   百万円であり、主なものとしてカナダ                  ハンギングストーン鉱区拡張開
       発費が含まれています。
        欧州セグメントにおける設備投資額は                  129  百万円であり、中東セグメント及びその他セグメントにおいては設備投
       資を実施しておりません。
        また、上記のほか、当連結会計年度の中東セグメントにおいて、イラク                                  ガラフ油田の開発等に係る生産物回収勘
       定への支出額      25,107   百万円があります。
      2【主要な設備の状況(事業所別設備状況)】

        当社グループにおける主要な設備は、セグメント別に記載いたしますと次のとおりであります。
       (1)  日本
       ① 提出会社
                                  帳簿価額(百万円)
         事業所名                                              従業員数
                 設備の内容
         (所在地)              建物及び     機械装置      土地                     (人)
                                        坑井     その他      合計
                       構築物     及び運搬具     (面積(㎡))
                生産施設
      北海道事業所                             3,780                      86
                ガス供給設備
                        1,837     2,872            3     84    8,578
      (北海道苫小牧市)                            (720,644)                       [19]
                事務所
      秋田事業所          生産施設                    364                      78
                        1,224     1,757            61     74    3,483
      (秋田県秋田市)          事務所                  (178,458)                       [25]
                生産施設
      長岡事業所                             3,697                      194
                ガス供給設備
                        29,301      4,755            990     1,288     40,033
      (新潟県長岡市)                            (624,820)                       [60]
                事務所
                製造設備
      相馬事業所                             4,794                      73
                ガス供給設備        10,095     25,597             -    1,453     41,941
      (福島県相馬郡)
                                  (306,812)                       [10]
                事務所
      本社
                研究所
                                   1,558                      473
      (東京都千代田区、千          福利厚生施設        1,262       2           -    2,555     5,379
                                  (31,985)                       [86]
      葉県千葉市美浜区)          その他
       (注)1.上記設備の他、ガスパイプラインの一部を賃借しております。
          2.「本社」の「その他」には、LNGの輸送に係る内航船1隻(リース資産)が含まれております。
       ② 国内子会社

                                      帳簿価額(百万円)
                事業所名                                         従業員数
        会社名              設備の内容
               (所在地)                       土地                   (人)
                            建物及び     機械装置
                                           坑井    その他     合計
                            構築物    及び運搬具     (面積(㎡))
             本社
      日本海洋石油資源        新潟鉱業所         生産施設                 1,002                    45
                              280     488          558     23   2,354
             (東京都千代田区、         事務所
      開発㈱                                (177,329)                     [19]
             新潟県新潟市北区)
             本社         ガス供給設                  519                   39
      白根瓦斯㈱                        104    2,723            -    33   3,380
             (新潟県燕市)         備等                (14,232)                     [10]
             嵐山研究センター
                                        317                   14
             (埼玉県比企郡嵐山
                      探鉱機器        70     73          -    98    560
                                      (4,847)                     [7]
      ㈱地球科学総合研
             町)
      究所
             本社
                                                           84
                      電算機器        13     0     -     -    266     280
             (東京都文京区)
                                                          [38]
             本社、支店
             (東京都千代田区、
      エスケイエンジニ                掘削機器                  300                   83
             北海道苫小牧市、秋
                              5    176           -    11    493
      アリング㈱                資材集積場                (9,920)                    [16]
             田県秋田市、新潟県
             長岡市)
                                  36/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                      帳簿価額(百万円)
                事業所名                                         従業員数
        会社名              設備の内容
               (所在地)            建物及び     機械装置      土地                   (人)
                                           坑井    その他     合計
                            構築物    及び運搬具
                                     (面積(㎡))
             本社、支店
      エスケイ産業㈱
             (東京都港区、北海                          237                   89
                      生産施設等        134     246           -    19    637
             道苫小牧市、新潟県
                                      (2,608)                    [89]
      (注)
             見附市)
       (注)上記設備の他、LNG供給設備をリースしております。
       (2)  北米

       ① 在外子会社
                                      帳簿価額(百万円)
                事業所名                                         従業員数
        会社名              設備の内容
               (所在地)            建物及び     機械装置      土地                   (人)
                                           坑井    その他     合計
                            構築物    及び運搬具
                                    (面積(㎡))
              本社
      Japex   (U.S.)     (米国   テキサス
                                                           2
                      生産施設等        195      -     -   1,767      0   1,963
              州 ヒュースト                                             [1]
      Corp.
              ン)
              本社
      Japan   Canada   Oil
              (カナダ    アルバー
                                                          149
                      生産施設等      133,671       -     -   10,823      321   144,815
      Sands   Limited     タ州 カルガ                                             [21]
              リー)
              本社
      JAPEX   Montney     (カナダ    アルバー
                                                           9
                      生産施設等       6,507      -     -   15,879     6,278    28,666
                                                           [2]
      Ltd.        タ州 カルガ
              リー)
       (注)1.上記の金額は、当連結会計年度末までの減価償却費控除後の帳簿価額です。
          2.従業員数の[ ]は、臨時従業員数を外書しております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、拡充、取得もしくは改修の実施状況及び計画は次のとおりであ
       ります。
       日本
                               投資予定金額
         会社名                             資金調達       着手年月         完成後の
                               (百万円)
                 所在地       設備の内容
         事業所名                              方法     完成予定年月          増加能力
                               総額   既支払額
                                           自 2018年3月

       石油資源開発㈱
               秋田県見附市      送ガス設備                 自己資金
                                910    284
                                                      (注)1.
       長岡事業所                                   至 2020年3月
                                           自 2017年7月

                                                     原油生産能力
       石油資源開発㈱
               北海道勇払郡      浅層開発生産施設         2,700     993   自己資金
       北海道事業所                                   至 2020年6月         日量約200kl
       (注)1.     老朽化した設備の更新のため、完成後の能力の増加は見込んでおりません。
          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  37/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           120,000,000

                  計                               120,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                  (株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年6月27日)
               (2019年3月31日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                                      単元株式数
                   57,154,776             57,154,776
     普通株式
                                          (市場第一部)
                                                       100株
                   57,154,776             57,154,776             -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      2003年1月1日
                42,866,082        57,154,776            ―   14,288,694            ―       ―
        (注)
      (注) 上記の増加は、1株を4株とする株式分割によるものです。
       (5)【所有者別状況】

                                                    2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                                                       (株)
                 金融機関                           個人その他       計
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          12     44     29     205     264      16    10,934     11,504       -

     所有株式数
             202,077      87,503      3,842     69,398     168,693        71    39,848     571,432      11,576
     (単元)
     所有株式数の
              35.37     15.31      0.67     12.15     29.52      0.01     6.97     100.00       -
     割合(%)
      (注) 自己株式         2,207株は、「個人その他」に22単元及び「単元未満株式の状況」に7株を含めて記載しております。
                                  38/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                    2019年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
     経済産業大臣                 東京都千代田区霞が関1丁目3番1号                     19,432,724            34.00
     OASIS   INVESTMENTS      II  MASTER      UGLAND    HOUSE,    GRAND   CAYMAN    KY-1-       2,856,240            5.00

     FUND   LTD.              1104,    CAYMAN    ISLANDS
     (常任代理人 シティバンク、                  (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     エヌ・エイ東京支店)
     国際石油開発帝石株式会社                 東京都港区赤坂5丁目3番1号                      2,852,212            4.99

     ORBIS   SICAV              31,  Z.  A.  BOURMICHT,      L-8070           1,981,704            3.47

     (常任代理人 シティバンク、                  BERTRANGE,      LUXEMBOURG
     エヌ・エイ東京支店)
                      (東京都新宿区新宿6丁目27番30号)
     JFEエンジニアリング株式会社                 東京都千代田区丸の内1丁目8番1号                      1,848,012            3.23

     日本マスタートラスト信託銀行株                 東京都港区浜松町2丁目11番3号                      1,699,800            2.97

     式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀                 東京都中央区晴海1丁目8番11号                      1,556,100            2.72

     行株式会社(信託口)
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT      ONE  LINCOLN    STREET,     BOSTON    MA  USA      1,457,157            2.55

     (常任代理人 香港上海銀行東京                 02111
     支店 カストディ業務部)
                      (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     THE  BANK   OF  NEW  YORK   MELLON      240  GREENWICH     STREET,     NEW  YORK,    NY    1,235,600            2.16

     140051                 10286,    U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みずほ銀                 (東京都港区港南2丁目15番1号 品川
     行決済営業部)                 インターシティA棟)
     日本トラスティ・サービス信託銀                 東京都中央区晴海1丁目8番11号                       765,300           1.34

     行株式会社(信託口5)
             計                  -            35,684,849            62.44

     (注)1.2018年2月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、Wellington
         Management      Company    LLPが2018年2月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社と
         して2019年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりま
         せん。
          なお、その変更報告書の内容は次のとおりであります。
                                             保有株券等の        株券等保有割合

          氏名又は名称                      住所
                                              数(株)         (%)
     Wellington      Management      Company      アメリカ合衆国、02210           マサチューセッツ州
                                               3,329,526           5.83
     LLP                 ボストン、コングレス・ストリート280
                                  39/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        2.2019年4月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、                                       クレディ・スイス証券株式会社及び
         その共同保有者3社         が2019年3月29日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当
         社として2019年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
         りません。
          なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                             保有株券等の        株券等保有割合

          氏名又は名称                      住所
                                              数(株)         (%)
                      東京都港区六本木一丁目6番1号泉ガーデン
                                                150,100          0.26
     クレディ・スイス証券株式会社
                      タワー
                      スイス国チューリッヒ、8001、パラデプラッ

     Credit    Suisse    AG                                  2,587,625           4.53
                      ツ8番地
     Credit    Suisse    Securities

                      英国 ロンドンE14         4QJ、ワン・カボット・
                                                149,916          0.26
     (Europe)     Limited
                      スクウェア
     Credit    Suisse    Securities      (USA)

                      米国 ニューヨーク州 ニューヨーク マジ
                                                   0       0.00
                      ソン・アベニュー        11
     LLC
                                  40/125














                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                         株式数(株)             議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                  -            -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -        -
     議決権制限株式(その他)                             -            -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                           2,200             -        -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                         57,141,000             571,410          -
                      普通株式
                                11,576              -        -
     単元未満株式                普通株式
                              57,154,776                -        -
     発行済株式総数
                                  -         571,410          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                         自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
      所有者の氏名又
                                                   対する所有株式数
                所有者の住所
                         式数(株)         式数(株)         計(株)
      は名称
                                                   の割合(%)
               東京都千代田区丸
     石油資源開発株式
                             2,200       -          2,200          0.00
               の内一丁目7番12
     会社
               号
                   -          2,200       -          2,200          0.00
         計
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                    株式数(株)             価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                         68          158,440
     当期間における取得自己株式                                         -            -

      (注) 当期間における保有自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式数は含まれておりません。
                                  41/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理の状況及び保有状況】
                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総               処分価額の総
                               株式数(株)               株式数(株)
                                     額(円)               額(円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                   -        -       -        -
      取得自己株式
      その他(-)                             -        -       -        -
      保有自己株式数                            2,207          -      2,207          -

      (注) 当期間における保有自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式数は含まれておりません。
      3【配当政策】

        当社は、長期安定配当の継続を基本方針としております。具体的な配当金の額については、中長期的な経営環境の
       見通しの下、社会生活に不可欠な石油、天然ガスの安定供給を担う企業として、国内外の新規埋蔵量の確保を目指し
       た投資並びに供給インフラの整備・拡充等に向けた内部留保を考慮しつつ、各期の利益状況や今後の資金需要等を総
       合的に勘案して設定いたします。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針とし、中間配当に関しては取締役会、
       期末配当に関しては株主総会で機関決定を行っております。
        当事業年度の配当については、中間配当金を1株当たり10円とさせていただくとともに、期末配当金予想を10円と
       して発表しておりましたが、上記の基本方針及び当事業年度の連結業績などを踏まえ、期末配当金を1株当たり30円
       といたしました。
        以上により、当事業年度の配当金は、1株につき年40円(中間配当10円、期末配当30円)といたしました。
        なお、当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間
       配当をすることができる旨を定款に定めております。
        当事業年度における剰余金の配当は以下のとおりであります。
                           配当金の総額(百万円)                  1株当たり配当額(円)
            決議年月日
           2018年11月9日
                                    571                   10
           取締役会決議
           2019年6月27日
                                   1,714                    30
          定時株主総会決議
                                  42/125









                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、エネルギーの安定供給を通じた社会貢献を使命とするとともに、持続可能な開発目標の実現に向け
         た社会的課題の解決に取り組むことを経営理念としています。この経営理念を実現し、中長期的な企業価値を
         向上していくためには、効率性と透明性の高い経営を行うとともに、株主をはじめとするステークホルダーへ
         の説明責任を果たすことによる信頼関係の構築が必要であり、そのための基盤としてコーポレート・ガバナン
         スが重要な課題であると考えています。
        ②   企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         (企業統治の体制の概要)
          当社は、代表取締役及び取締役会において担当職務を定めて指名された取締役又は執行役員が、業務執行者
         となり、取締役会及び監査役(並びに常勤監査役                       内田賢二を議長とし、全監査役で構成する監査役会)がその
         業務執行を監督する役割を負っております。(監査役制度採用会社)
          取締役会は、代表取締役社長              岡田秀一を議長として月1回を定例として開催され、重要な業務執行の決定権
         を留保しているほか、取締役又は執行役員から業務執行状況の報告を受けることにより、監督機能を果たして
         おります。
          さらに、取締役会の監督機能を強化するため、高い識見を有する独立性の高い社外取締役を3名(小島 
         明、伊藤鉄男、山下ゆかり)選任しており、当該社外取締役からは経営陣から独立した立場で、議案、審議等
         につき積極的に意見、助言を受け、それに応じて取締役会では活発な議論がなされております                                           。
          一方、意思決定の迅速化の観点から、本社の取締役等で代表取締役社長                                  岡田秀一を議長とする常務会を構成
         し、取締役会の決議事項に属さない事項の意思決定を行うとともに、取締役会の意思決定に資するための議論
         を行っております。なお、常務会は原則として月2回の開催ですが、必要に応じて臨時で開催しております。
          なお、取締役の指名や報酬等の決定に関する手続きを透明化・客観化することで、取締役会の監督機能の強
         化を図るため、取締役の指名や報酬等を審議する委員会として、取締役会の下に、代表取締役社長                                              岡田秀一を
         委員長とし、社外取締役(小島 明、伊藤鉄男)が委員として参加する指名・報酬委員会を設置しています。
          また、上記体制に加え、当社は、企業の社会的責任(Corporate                              Social    Responsibility(CSR))を果たす
         ことが当社の持続的発展のために必要不可欠であるとの認識のもと、社長を委員長とする「CSR委員会」のほ
         か、「内部統制委員会」、「HSSE委員会」、「情報セキュリティ委員会」を設置し、これらの委員会にて策定
         される基本方針等に基づき、当社におけるCSR活動を体系的に推進することとしております。
                          <コーポレート・ガバナンス体制図>

                                  43/125









                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (当該企業統治の体制を採用している理由)
          上記のとおり、当社は、業務執行者による経営に対し独立した社外取締役が意見、監督する体制と監査役
         (並びに全監査役で構成する監査役会)による取締役の職務執行の監査が機能しており、客観的かつ適正な意
         思決定は十分に担保されているため、監査役制度によってコーポレート・ガバナンスの強化、充実が図れると
         考えております。
        ③ 企業統治に関するその他の事項

         (内部統制システムの整備の状況)
          当社では、内部統制委員会及び監査室を主体として、業務の適正を確保するための体制の点検、整備を継続
         しており、会社法及び会社法施行規則に定める、業務の適正を確保するために必要な体制は、以下の方針に従
         い整備することとしております。
         イ 当社取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

           当社は、取締役会規程及び取締役会決議基準のもと、各取締役がその責任と権限に基づき取締役会に付
          議、報告することにより取締役間の相互牽制を働かせるとともに、必要に応じ監査役が取締役会で意見を述
          べる。
         ロ 当社取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           当社は、取締役会議事録、稟議書、各種契約書その他業務の執行状況を示す主要な文書を保存するものと
          し、詳細については、文書取扱規程による。
         ハ 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           当社は、与信管理規程、市場リスク管理・デリバティブ取引規程のほか各種緊急対策要領を再点検し、必
          要に応じてリスク管理の観点からマニュアル等を作成する。
         ニ 当社取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           当社は、取締役会付議案件を事前に常務会で審議の上、原則として毎月取締役会を開催し、迅速な意思決
          定を行い、決裁・承認規程に基づく権限委譲により効率的に執行する。
         ホ 当社使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           当社は、各部署ごとに各種業務規程、マニュアルに基づく管理を行うとともに、監査室により内部統制の
          有効性を監査し、その結果を社長に報告する。
         ヘ 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
           当社は、子会社・関連会社管理規程や、グループ管理契約等を適切に運用することにより、子会社の内部
          統制システムの整備・運用やリスク管理を支援し、企業集団全体の業務の適正を確保する。子会社は、業
          種、規模等に応じて、前5項に規定した当社の体制に準ずる体制を整備・運用する。子会社の取締役等は、
          職務の執行状況につき、定期的に又は随時、当社に報告を行う。また、当社の監査室は、定期的に子会社の
          監査を行う。
         ト 当社監査役会の職務を補助すべき使用人に関する事項
           当社監査役会の求めにより、監査役会事務局として1名以上の使用人を指名する。
         チ 前項の使用人の当社取締役からの独立性に関する事項
           当該使用人の任命、異動等の人事権に関わる事項の決定には、当社監査役会の事前の同意を得る。
         リ 当社監査役の使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
           当社監査役会事務局に指名された使用人は、監査役会の指示に従い職務を遂行し、業務執行部門は当該使
          用人の職務遂行に協力する。
         ヌ 当社取締役及び使用人並びに子会社取締役等が当社監査役に報告をするための体制
          (1)当社取締役は、取締役会で月次の業務報告を行うとともに、稟議書を当社監査役に回付する。また、当社
           取締役及び使用人は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、直ちに
           当社監査役に報告する。
          (2)子会社の取締役、監査役、使用人は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したときは、当
           社監査役に報告する。また、職務の遂行に関し必要と認める事項についても、同様とする。
                                  44/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         ル 前項の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体
           制
           当社及び子会社に適用される当該報告に関する取扱要領に、前項の報告をした者が当該報告をしたことを
          理由として不利な取扱いを受けることはないことを定める。
         ヲ 当社監査役の職務遂行について生ずる費用の前払又は償還の手続、その他の当該職務について生ずる費用
           又は債務の処理に係わる方針に関する事項
           当社監査役は、職務の執行のために前払いが必要と認めた場合、緊急の必要により監査役が立替払いをし
          た場合、又は、その他職務に関する支払が必要となった場合は、事由、金額等を明記した書面に基づき、会
          社に支払又は償還を求め、会社は支払、償還を行う。
         ワ その他当社監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           当社監査室及び会計監査人は当社監査役に対し定期的に情報を提供する。
         カ 財務計算に関する書類その他の情報の適正性を確保するための体制
           当社は、財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係る内部統制システムを整備し、適正な運用を図
          るとともに、有効性の評価を行う。
         (リスク管理体制の整備の状況)

          当社は、事業投資に関する意思決定にあたり、各部門の担当取締役及び執行役員の責任において、事業投資
         リスク(計画、戦略、財務、与信に係るリスク)の検証を行った上で、常務会及び必要に応じて取締役会で機
         関決定を行っております。
          なお、特に重要な投資案件については、投資評価委員会において、リスクの検証や投資の妥当性の検証がな
         され、案件の採択の可否及び条件等に関する意見を常務会に具申しており、さらに成立後の事業については、
         主要プロジェクトを中心としてプロジェクト総合管理委員会が進捗を定期的に把握し、必要に応じ総合的かつ
         全社的な対応策について検討しております。
          このように段階を踏み、合議の上で事業投資が決定されており、事業投資の実行段階においても各種マニュ
         アルを整備するなどして事業投資リスクを管理する仕組みを作っております。また、その他の事業リスクにつ
         いても、内部統制委員会、HSSE委員会(労働安全衛生上の事項に関し審議する委員会)、情報セキュリティ委
         員会といった全社横断的な委員会での審議を通じてリスク管理の強化を図っております。
         (子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況)

          当社は、子会社の業務の適正を確保するため、年間内部監査計画に基づき、監査室により子会社の内部監査
         を実施しております。監査結果については、社長宛報告の後、監査役に対しても報告され、必要に応じて是正
         措置をとっております。
          子会社の財務報告に係る内部統制システム全般の整備・運用状況評価については監査室が実施しており、こ
         の評価については、会計監査人による内部統制監査に使用されるとともに当社監査役と共有されております。
          また、子会社・関連会社管理規程に基づき、必要に応じて該当会社との間にグループ管理契約を締結し、経
         営内容をモニタリングするとともに、主要子会社に対しても当社常勤監査役及び監査室における監査を実施し
         ております。
         (責任限定契約の内容の概要)

          当社は、2015年6月開催の定時株主総会で定款を変更し、社外取締役及び社外監査役との責任限定契約に関
         する規定を新設しており、これに基づき社外取締役及び社外監査役全員と責任限定契約を締結しております。
         当該責任限定契約の内容の概要は次のとおりです。
         イ 社外取締役の責任限定契約
           社外取締役が会社法第423条第1項に基づき、当社に対して損害賠償責任を負う場合において、その職務を
          行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、会社法第425条第1項各号に定める最低責任限定額を限度と
          して、当社に対して損害賠償責任を負うものとし、その損害賠償責任額を超える部分については、当社は社
          外取締役を当然に免責するものとする。
                                  45/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         ロ 社外監査役の責任限定契約
           社外監査役が会社法第423条第1項に基づき、当社に対して損害賠償責任を負う場合において、その職務を
          行うにつき善意でかつ重大な過失がないときは、会社法第425条第1項各号に定める最低責任限定額を限度と
          して、当社に対して損害賠償責任を負うものとし、その損害賠償責任額を超える部分については、当社は社
          外監査役を当然に免責するものとする。
        ④ 取締役の定数

          当社の取締役は18名以内とする旨定款に定めております。
        ⑤ 取締役の選任の決議要件

          当社の取締役の選任決議は、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
         上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
          また、この選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        ⑥ 中間配当の決定機関

          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配
         当をすることができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とする
         ものであります。
        ⑦ 自己の株式の取得の決定機関

          当社は、会社法第165条第2項の定めにより、取締役会の決議によって同条第1項に定める市場取引等により
         自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、機動的に自己株式の取得を行うことを
         目的とするものであります。
        ⑧ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の
         1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上に当る多数をもって行う旨定款に定めております。
         これは、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
                                  46/125










                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  17 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             5.6  %)
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1964年4月     通商産業省入省
                                  1997年7月     通商産業事務次官
                                  2002年7月     日本貿易振興会理事長(のち
                                       (独)日本貿易振興機構(ジェ
         代表取締役
                   渡辺  修       1940年12月6日      生       トロ)理事長)             (注)3     40,000
          会長
                                  2007年6月     当社代表取締役副社長
                                  2008年6月     当社代表取締役社長
                                  2016年6月     当社代表取締役会長(現在に至
                                       る)
                                  1976年4月     通商産業省入省
                                  2010年7月     経済産業審議官
                                  2014年7月     日本電気㈱執行役員副社長
                                  2016年6月     当社代表取締役社長
                                  2016年6月     日本海洋石油資源開発㈱代表取
         代表取締役
                                       締役社長(現在に至る)
          社長         岡田 秀一       1951年10月15日      生                    (注)3      3,800
                                  2016年6月     ㈱ジャペックスガラフ代表取締
        社長執行役員
                                       役社長(現在に至る)
                                  2017年8月     ジャペックスモントニー社会長
                                       (現在に至る)
                                  2018年6月     当社代表取締役社長
                                       社長執行役員(現在に至る)
                                  1977年4月     通商産業省入省
                                  2008年7月     経済産業省貿易経済協力局長
                                  2010年11月     住友商事㈱執行役員
         代表取締役
        副社長執行役員           藤田 昌宏       1954年11月12日      生  2018年6月     同社代表取締役副社長執行役員             (注)3        -
       社長補佐、特命事項
                                  2019年4月     同社代表取締役社長付
                                  2019年6月     当社代表取締役副社長執行役員
                                       (現在に至る)
                                  1978年4月     当社入社
                                  2003年9月     当社資材部長
                                  2007年6月     当社総務部長
                                  2009年6月     当社執行役員総務部長
                                  2010年6月     当社執行役員
                                  2012年6月     当社常務執行役員
         代表取締役
                                  2013年6月     当社常務取締役
        副社長執行役員
                   檜貝 洋介       1955年4月9日      生                    (注)3      5,700
                                  2015年6月     当社常務取締役営業本部長           兼
     営業本部長、秘書室、資材部担
                                       相馬プロジェクト本部副本部長
           当
                                  2016年6月     当社専務取締役営業本部長           兼
                                       相馬プロジェクト本部副本部長
                                  2018年6月     当社取締役専務執行役員営業本
                                       部長
                                  2019年6月     当社代表取締役副社長執行役員
                                       営業本部長(現在に至る)
                                  47/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1980年4月     当社入社
                                  2009年3月     当社開発本部操業管理部長
                                  2010年7月     当社開発本部副本部長
                                  2011年6月     当社執行役員国内事業本部北海
                                       道鉱業所長
                                  2014年6月     当社常務執行役員国内事業本部
          取締役
                                       北海道鉱業所長
        専務執行役員
                                  2015年6月     当社常務執行役員国内事業本部
                   井上 尚久       1955年4月18日      生                    (注)3      2,200
     HSE統括部担当、国内事業本
                                       副本部長
          部長
                                  2016年6月     当社常務取締役国内事業本部長
                                       兼 相馬プロジェクト本部副本
                                       部長
                                  2017年6月     当社常務取締役国内事業本部長
                                  2018年6月     当社取締役専務執行役員国内事
                                       業本部長(現在に至る)
                                  1980年4月     当社入社
                                  2005年6月     当社海外本部イラク室長
                                  2010年2月     当社イラク事業推進本部副本部
                                       長
                                  2010年6月     当社執行役員イラク事業推進本
                                       部副本部長
          取締役
                                  2011年6月     当社執行役員
        常務執行役員
                                  2013年6月     当社常務執行役員
     海外事業統括、海外コマーシャ              大関 和彦       1957年1月19日      生                    (注)3      4,300
                                  2013年8月     当社常務執行役員中東・アフリ
     ル室、経営企画部、広報IR
                                       カ・欧州事業本部副本部長
      部、新規事業推進室担当
                                  2014年1月     当社常務執行役員
                                  2015年6月     当社常務取締役環境・新技術事
                                       業本部長
                                  2016年6月     当社常務取締役
                                  2018年6月     当社取締役常務執行役員(現在
                                       に至る)
                                  1980年4月     通商産業省入省
                                  2006年7月     経済産業大臣官房審議官
                                  2010年10月     当社社長命嘱託
                                  2012年6月     当社執行役員米州・ロシア事業
                                       本部副本部長
                                  2015年6月     当社常務執行役員米州・ロシア
                                       事業本部副本部長
          取締役
                                  2016年6月     当社常務取締役米州・ロシア事
        常務執行役員           伊藤 元      1957年5月27日      生                    (注)3      2,300
                                       業本部副本部長
      米州・ロシア事業本部長
                                  2017年6月     当社常務取締役米州・ロシア事
                                       業本部長
                                  2017年8月     ジャペックスモントニー社社長
                                       (現在に至る)
                                  2018年6月     当社取締役常務執行役員米州・
                                       ロシア事業本部長(現在に至
                                       る)
                                  1978年4月     当社入社
                                  2009年2月     当社カンゲアン室長
                                  2012年6月     当社執行役員
                                  2013年10月     当社執行役員アジア・オセアニ
                                       ア事業本部副本部長
                                  2015年6月     当社常務執行役員アジア・オセ
          取締役
        常務執行役員
                                       アニア事業本部副本部長
                   田中 啓誉       1955年3月19日      生
                                                   (注)3      1,400
     カンゲアンプロジェクト現地統                             2016年6月     当社常務取締役アジア・オセア
           括
                                       ニア事業本部長
                                  2016年9月     当社常務取締役
                                  2016年12月     カンゲアン エナジー インド
                                       ネシア社社長(現在に至る)
                                  2018年6月     当社取締役常務執行役員(現在
                                       に至る)
                                  48/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1981年4月     当社入社
                                  2005年6月     ジャパン カナダ オイルサン
                                       ド社社長
                                  2012年6月     当社執行役員
                                  2015年6月     当社常務執行役員
          取締役
                                  2017年6月     当社常務取締役
        常務執行役員
                   平田 敏幸       1958年1月5日      生                    (注)3      1,300
     カナダオイルサンドプロジェク
                                  2017年6月     カナダオイルサンド㈱代表取締
         ト部担当
                                       役社長(現在に至る)
                                  2017年6月     ジャパン カナダ オイルサン
                                       ド社会長(現在に至る)
                                  2018年6月     当社取締役常務執行役員(現在
                                       に至る)
                                  1982年4月     当社入社
                                  2005年6月     当社企画室長
                                  2010年4月     当社環境・新技術事業推進本部
                                       副本部長
          取締役
                                  2011年6月     当社環境・新技術事業本部副本
        常務執行役員          山下 通郎       1959年10月27日      生
                                                   (注)3      1,200
                                       部長
         経理部担当
                                  2013年6月     当社執行役員
                                  2016年6月     当社常務執行役員
                                  2018年6月     当社取締役常務執行役員(現在
                                       に至る)
                                  1981年4月     当社入社
                                  2010年4月     当社長岡鉱業所技術部長
                                  2014年6月     当社執行役員国内事業本部長岡
                                       鉱業所長
                                  2017年4月     当社執行役員長岡事業所長
                                  2017年6月     当社常務執行役員長岡事業所長
                                  2017年11月     当社常務執行役員広域ガス供給
          取締役
        常務執行役員                              本部副本部長      兼 相馬プロジェ
                   石井 美孝       1957年4月3日      生                    (注)3      2,100
     導管事業部担当、広域ガス供給
                                       クト本部副本部長
     本部長、相馬・電力事業本部長
                                  2018年6月     福島ガス発電代表取㈱締役社長
                                  2018年6月     当社取締役常務執行役員広域ガ
                                       ス供給本部長      兼 相馬プロジェ
                                       クト本部長
                                  2018年10月     当社取締役常務執行役員広域ガ
                                       ス供給本部長      兼 相馬・電力事
                                       業本部長(現在に至る)
                                  1965年4月     ㈱日本経済新聞社入社
                                  1997年5月     同社取締役・論説主幹
                                  2000年5月     同社常務取締役・論説主幹
                                  2003年5月     同社専務取締役
                                  2004年5月     (公社)日本経済研究センター会
          取締役         小島  明       1942年7月18日      生                    (注)3        -
                                       長
                                  2009年7月     政策研究大学院大学客員教授
                                  2011年4月     政策研究大学院大学理事・客員
                                       教授(現在に至る)
                                  2015年6月     当社取締役(現在に至る)
                                  1975年4月     検事任官
                                  2001年6月     東京地方検察庁特別捜査部長
                                  2009年1月     最高検察庁次長検事
                                  2011年4月     弁護士登録(第一東京弁護士
          取締役         伊藤 鉄男       1948年3月15日      生
                                                   (注)3        -
                                       会)(現在に至る)
                                  2011年4月     西村あさひ法律事務所オブカウ
                                       ンセル(現在に至る)
                                  2016年6月     当社取締役(現在に至る)
                                  49/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (株)
                                  1985年10月     (財)日本エネルギー経済研究所
                                       入所
                                  2011年6月     同所理事 地球環境ユニット 
                                       ユニット総括
          取締役         山下ゆかり       1959年10月23日      生                    (注)3        -
                                  2011年7月     (一財)日本エネルギー経済研
                                       究所理事 計量分析ユニット 
                                       担任(現在に至る)
                                  2019年6月     当社取締役(現在に至る)
                                  1979年4月     当社入社
                                  2010年2月     当社イラク事業推進本部技術部
                                       長
                                  2011年6月     当社中東・アフリカ・欧州事業
                                       本部イラクプロジェクト部長
                                  2011年7月     当社中東・アフリカ・欧州事業
                                       本部長補佐
         常勤監査役          内田 賢二       1957年1月12日      生                    (注)4       700
                                  2016年6月     当社執行役員中東・アフリカ・
                                       欧州事業本部長補佐        兼 中東・
                                       アフリカ・欧州事業本部ドバイ
                                       事務所長
                                  2017年5月     当社執行役員中東・アフリカ・
                                       欧州事業本部長補佐
                                  2017年6月     当社常勤監査役(現在に至る)
                                  1982年4月     当社入社
                                  2006年7月     当社広報IR部長
                                  2008年7月     当社海外本部海外計画室長
                                  2009年6月     当社海外本部海外一部長
                                  2011年6月     当社米州・ロシア事業本部カナ
                                       ダオイルサンドプロジェクト部
         常勤監査役          下村 恒一       1958年9月18日      生                    (注)5       300
                                       長
                                  2012年6月     当社米州・ロシア事業本部長補
                                       佐
                                  2017年6月     当社中東・アフリカ・欧州事業
                                       本部長補佐
                                  2018年6月     当社常勤監査役(現在に至る)
                                  1969年7月     大蔵省入省
                                  2002年7月     国税庁長官
                                  2004年4月     早稲田大学大学院ファイナンス
                                       研究科教授
                                  2015年6月     当社監査役(現在に至る)
          監査役         渡辺 裕泰       1945年4月11日      生                    (注)6        -
                                  2016年12月     日比谷パーク法律事務所顧問
                                       (現在に至る)
                                  2019年5月     (公財)日本関税協会理事長
                                       (現在に至る)
                                  1970年4月     ㈱日本興業銀行入行
                                  2000年3月     同行常務執行役員
                                  2002年4月     ㈱みずほコーポレート銀行常務
          監査役         中島 敬雄       1947年4月22日      生                    (注)7        -
                                       執行役員
                                  2009年6月     DIAMアセットマネジメント
                                       ㈱代表取締役社長
                                  2014年6月     当社監査役(現在に至る)
                                          計
                                                         65,300
      (注)1.      取締役小島明、伊藤鉄男及び山下ゆかりは、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
         2.監査役渡辺       裕 泰及び   中島敬雄は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
         3.2019年6月27日の選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで
           であります。
         4.2017年6月28日の選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで
           であります。
         5.2018年6月28日の選任後3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで
           であります。
         6.2019年6月27日の選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで
           であります。
                                  50/125

                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         7.2018年6月28日の選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時まで
           であります。
         8.  取締役山下ゆかりは、戸籍上の氏名は丹羽ゆかりでありますが、職務上使用している氏名で表記しておりま
           す。
         9.当社は2014年5月12日付で戦略・コマーシャル担当としてAjay                               Singh(アジャイ        シン)にスペシャルアド
           バイザーを委嘱いたしました。
         10.  当社は2015年6月24日付で、横井悟及び早稲田周にフェローを委嘱いたしました。なおフェローは、当社専
           門職の職務領域において、非常に高度な専門性をもって経営をサポートする業務を行います                                          。
         11.当社は執行役員制度を導入しております。
           なお、取締役を兼任しない執行役員は次のとおりであります。
                  営業本部副本部長、相馬・電力事業本部副

           専務執行役員                            菅  剛志
                  本部長
           常務執行役員       技術本部長                    浜田 康史
                                             ジャペックス ユーケー イーア

           執行役員       中東・アフリカ・欧州事業本部長                    村山 隆平
                                             ンドピー社社長
           執行役員       カンゲアンプロジェクト現地統括補佐                    加来仙一朗

           執行役員       アジア・オセアニア事業本部長                    国安  稔

                  海外コマーシャル室長、米州・ロシア事業

           執行役員                            安藤純一郎
                  本部副本部長
           執行役員       人事部担当                    松永  正

           執行役員       営業本部副本部長                    脇嶋 良平

                                             ㈱ジャペックスパイプライン代表

           執行役員       長岡事業所長                    中村 常太      取締役社長
                                             北日本防災警備㈱代表取締役社長
           執行役員       相馬・電力事業本部副本部長                    天野 正徳

           執行役員       相馬事業所長                    宮台 隆将

                  内部統制、総務法務部、情報システム部担

           執行役員                            本山 喜彦
                  当
           執行役員       技術本部副本部長                    高畑 伸一

                  経営企画部担当役員補佐、広報IR部担当

           執行役員                            中島 俊朗
                  役員補佐
                                  51/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
         (員数)
          当社の社外取締役は3名、また、社外監査役は2名であります。
         (会社との人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係)

          社外取締役       山下ゆかりは、当社の取引先である(一財)日本エネルギー経済研究所の理事でありますが、当
         該取引はその規模、性質に照らして、当社の意思決定に著しい影響を及ぼすものではありません。加えて、そ
         の他一般株主との利益相反の生ずるおそれがある関係も存在しません。
          社外監査役       中島敬雄は、過去、当社の主要な取引先(㈱みずほ銀行)の業務執行者でありましたが、退任後
         10年が経過しております。また、当該主要な取引先は、当事業年度末時点で当社発行済株式の1.26%を保有
         し、また当社との間に借入の取引関係がありますが、当該取引先は複数ある主要な借入先の一つであり、当社
         への出資比率からみても当社の意思決定に著しい影響を及ぼすものではありません。なお、当事業年度末にお
         ける当該取引先からの借入金は借入総額の約27%です。加えて、その他一般株主との利益相反の生ずるおそれ
         がある関係も存在しません。
          上記を含めいずれの社外取締役、社外監査役とも当社との間には利害関係はありません。
         (企業統治において果たす機能及び役割並びに独立性に関する基準又は方針の内容)

          当社は、社外取締役を選任することにより、監督機関としての取締役会が強化され、当該社外取締役と社外
         監査役が経営陣から独立した立場で、議案、審議等につき積極的に意見、助言をすることにより、取締役会で
         活発な議論がなされるものと考えます。
          当社は、民間企業の経営者経験者、法律家等で、豊富な経験や高い識見に基づく当社経営に対する監督と幅
         広い提言を期待できる方を社外役員に指名しています。また、東京証券取引所の定める独立性判断基準のほ
         か、以下の全てに該当しない場合、独立性を満たすと判断しております。
         イ 当社に対して製品、サービスを提供する会社であって、当社の支払額が、当該取引先の直近3事業年度の
           いずれかにおける連結売上高の2%を超える会社の業務執行者
         ロ 当社の借入額が、当社の直近3事業年度のいずれかにおける連結総資産の2%を超える会社の業務執行者
         ハ 当社が製品、サービスを提供する会社であって、当社への支払額が、当社の直近3事業年度のいずれかお
           ける連結売上高の2%を超える会社の業務執行者
         ニ 当社から役員報酬以外にコンサルタント、会計専門家又は法律専門家として直近3年間のいずれかにおい
           て年間1,000万円を超える報酬を得ている者(法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者)
         ホ 過去3年間において、上記イからニのいずれかに該当していた者
         ヘ 次の(1)から(4)のいずれかに該当する者の二親等内の親族
          (1)イからホに掲げる者
          (2)当社の子会社の業務執行者
          (3)当社の子会社の業務執行者でない取締役(社外監査役を独立役員として指定する場合に限る。)
          (4)過去3年間において、(2)、(3)又は当社の業務執行者(社外監査役を独立役員として指定する場合にあっ
           ては、業務執行者でない取締役を含む。)に該当していた者
                                  52/125







                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (選任状況に関する考え方)
          現在の社外取締役及び社外監査役の選任状況は、当社の取締役及び監査役の員数及び構成等のガバナンス
         上、妥当であると判断しております。
                     氏 名                   選任している理由

          社外取締役          小島   明    新聞社等での豊富な経営経験や高い識見を有しており、同氏による当社経
                          営に対する監督と幅広い提言を期待し、社外取締役として適任と判断し選
                          任しております。
                    伊藤   鉄男    法律の専門家としての豊富な知識及び経験を有しており、同氏による当社
                          経営に対する監督と幅広い提言を期待し、社外取締役として適任と判断し
                          選任しております。
                    山下ゆかり       エネルギー経済及びエネルギー・環境政策等の調査・研究を行う研究所で
                          の研究活動を通じて高い見識を有しており、同氏による当社経営に対する
                          監督と幅広い提言を期待し、社外取締役として適任と判断し選任しており
                          ます。
          社外監査役          渡辺   裕泰    大蔵省(現      財務省)等での行政執行や大学院教授としての豊富な経験や
                          高い識見に基づき、当社の業務執行を行う経営陣から独立した客観的な立
                          場からの監査を適切に実施いただけると判断し選任しております。
                    中島   敬雄    金融機関での豊富な経営経験や高い識見に基づき、当社の業務執行を行う
                          経営陣から独立した客観的な立場からの監査を適切に実施いただけると判
                          断し選任しております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

          統制部門との関係
          社外取締役は監査役会と合同で会計監査人より監査計画の事前説明及び監査報告書受領時に監査実施内容の
         説明を受けているほか、社外役員に対する取締役会議案の事前説明、情報提供、情報交換を図る場として「社
         外役員連絡会」を設置しています。
          社外監査役は監査役会の構成員として、会計監査人より監査計画の事前説明及び監査報告書受領時に監査実
         施内容の説明を受けており、監査室が行う内部監査の報告書及び同室が作成する内部統制報告書は、監査役会
         にも提出され、同室より説明を受けております。
                                  53/125










                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          監査役は、取締役会に出席するほか、常勤監査役が常務会その他の重要会議に出席するとともに、業務を執
         行する各取締役又は執行役員と随時意見交換を行うことにより、監督機能を果たしております。
          監査役の員数は4名であり、そのうち2名が社外監査役であります。各監査役は独立して監査権限を行使し
         ますが、監査役会で監査方針及び監査役間の職務分担を決定しております。
          監査役会は、会計監査人より監査計画の事前説明及び監査報告書受領時に監査実施内容の説明を受けるほ
         か、必要に応じて常勤監査役が会計監査の実施状況の報告を受けております。
          なお、常勤監査役          下村恒一は、当社海外事業部門におけるプロジェクトマネジメントに係る豊富な経験を通
         じ、監査役      渡辺裕泰は、大蔵省(現            財務省)等での行政執行や大学院教授としての経験を通じ、監査役                                中島
         敬雄は、長年にわたる金融機関での経験を通じ、それぞれ財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており
         ます。
        ② 内部監査の状況

          当社の内部監査は、社長直轄の下、監査室により実施されております。監査室には内部監査業務を担当する
         者として5名が配属され、各部署において法令及び社内諸規程に従った業務遂行がなされているかの監査にあ
         たっております。
          内部監査は年度計画に基づいて順次実施され、監査結果は都度社長に報告されるとともに、必要に応じて対
         象部署への指摘、助言を行っております。
          監査室が行う内部監査の報告書は、社長に加え、監査役会及び会計監査人にも提出されます。また、常勤監
         査役に対しては定期的に監査状況を説明しております。
          なお、当社の財務報告に係る内部統制の整備・運用状況評価については監査室が実施しており、この評価に
         ついては、会計監査人による内部統制監査に使用されるとともに当社監査役と共有されております。
        ③ 会計監査の状況

         (監査法人に関する事項)
          当事業年度の財務諸表及び内部統制の監査を実施した監査法人は、EY新日本有限責任監査法人であり、業務
         を執行した公認会計士の氏名等は以下のとおりであります。
         ・氏名:古杉裕亮、髙橋聡、吉田剛
         ・監査業務に係る補助者の構成:公認会計士9名、その他26名
         (監査法人の選定方針と理由)

          当社監査役会は、「会計監査人の選定基準」を策定しており、具体的には、①監査法人の概要、②監査実施
         体制等、③監査報酬見積額について面談等を通じて検討・確認を行い、執行部門と意見交換・調整した上で総
         合的に判断いたします。
          上記選定基準を踏まえEY新日本有限責任監査法人を再任しております。
          当社監査役会は、会計監査人が会社法等の法令に違反した場合、職務を怠った場合、その他会計監査人とし
         てふさわしくない行為があったと判断される場合等、その必要があると判断した場合は、会計監査人の解任ま
         たは不再任に関する議案の内容を決定し、当社取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提出い
         たします。
          また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同
         意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集され
         る株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。
         (監査役及び監査役会による監査法人の評価)

          当社監査役会は、「会計監査人の評価基準」を策定しており、具体的には、7つの項目(①監査法人の品質
         管理、②監査チーム、③監査報酬等、④監査役とのコミュニケーション、⑤経営者等との関係、⑥グループ監
         査、⑦不正リスク)について監査公認会計士等の評価を行った結果、いずれの項目についても基準を満たして
         いると評価しております。
        ④ 監査報酬の内容等

                                  54/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        a.監査公認会計士等に対する報酬
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
            区分
                   監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ
                   く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)
                            68          -          71          -
        提出会社
                            23          -          24          -

        連結子会社
                            91          -          95          -

             計
        b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst                         & Young   LLP)に属する組織に対する報酬(a.を除く。)

                         前連結会計年度                    当連結会計年度
            区分
                   監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づ
                   く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)          く報酬(百万円)
                            10          -          10
        提出会社                                                  -
                            63          24          63

        連結子会社                                                  17
                            74          24          73

             計                                             17
         連結子会社における非監査業務の内容は、Japex                       (U.S.)    Corp.及びJapan        Canada    Oil  Sands   Limitedに対する
         税務に関する助言及び指導等であります。
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査日数等を勘案した上で決定しております。
        e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          当社監査役会は、社内関係部署及び会計監査人より必要な資料の入手、報告を受けた上で、会計監査人の監
         査計画の内容、会計監査の職務遂行状況、報酬見積の算定根拠が適切であるかについて確認し、審議した結
         果、会計監査人の報酬等の額は妥当であると判断したため、会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                  55/125








                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社の役員報酬は、固定報酬(月額報酬)と業績連動報酬(賞与)で構成されておりますが、その支給割合
         の決定に関する方針は定めておりません。
          固定報酬である月額報酬に関しては、2015年6月24日開催の第45回定時株主総会の決議により、当社の取締
         役及び監査役の報酬額につき、役員退職慰労金制度の廃止等諸般の事情を勘案し、取締役報酬額を月額5,000万
         円以内(うち社外取締役分             月額300万円以内(のち2016年6月24日開催の第46回定時株主総会の決議により、
         月額400万円以内に改定))、監査役分は月額800万円以内とすることについて承認を得た上で、各取締役分に
         ついては、世間相場や従業員給与とのバランス、在任年数等を勘案して、取締役会の決議に基づき代表取締役
         社長   岡田秀一が決定し、各監査役分は監査役(内田賢二、下村恒一、渡辺裕泰、中島敬雄)間の協議により決
         定します。
          また、役員の業績連動報酬(賞与)については、株主総会の決議により支給総額の承認を得た上で、各取締
         役分については、当該事業年度の                業績貢献を測る指標として             連結純利益(当事業年度:14,770百万円)をベー
         スとし、配当、従業員の賞与水準、各事業年度の役員の会社経営に対する貢献度及び過去の業績や支給実績な
         どを総合的に勘案して、取締役会の決議に基づき代表取締役社長                               岡田秀一が決定しておりますが、当該業績連
         動報酬に係る指標の目標は定めておりません。
          なお、監査役及び社外役員に対しては、業績連動報酬(賞与)の支給はありません。
          また、当社は2019年3月29日開催の取締役会決議に基づき、「指名・報酬委員会」を設置しており、取締役
         会において、取締役の役員報酬等の審議を行う場合には、事前に同委員会で審議することとしております。
          当該事業年度における役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動は、2018年6月28日開催の取締
         役会において、取締役の月額報酬決定の件を決議しております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                                      対象となる
                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                     報酬等の総額
                                                      役員の員数
            役員区分
                     (百万円)
                             固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
                                                       (名)
            取締役
                       407        388         19         -        13
         (社外取締役を除く)
            監査役
                       41        41         -         -        3
         (社外監査役を除く)
            社外役員
                       51        51         -         -        5
        (注)上記の役員の員数には、2018年6月28日開催の第48回定時株主総会終結の時をもって退任した取締                                                役3名
           及び監査役1名を含みます。
                                  56/125








                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、当社の事業推進及び営業政策における協力関係等を総合的に勘案し、当社の企業価値向上に資する
         と認められる相手先の株式を保有する場合、純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)として考
         えており、純投資目的の投資株式と区分しております。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
           の内容
           当該株式について、当社の事業推進及び営業政策における協力関係等を総合的に勘案し、当社の企業価値
          向上に資すると認められる相手先の株式を厳選して保有しております。また、毎年定期的に取締役会におい
          て個別銘柄に関する当社の保有目的により得られる便益やリスク、資本コスト等を基に精査し、保有継続の
          是非を検討しております。
         ロ 銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      22            1,845

     非上場株式
                      5          115,479
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -                        -

     非上場株式
                      -             -                        -
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1            500

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
                                  57/125









                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         ハ 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
            特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社の前身である北スマトラ海洋石油資
                                  源開発㈱は、1966年に当社主導で設立
                  106,893,200         106,893,200
                                  し、その後経営は分離されたものの、以
                                  来一定の株式を保有しております。現在
                                  も同社とは一部の海外プロジェクトを共
     国際石油開発帝石㈱
                                                        有
                                  同で推進する等、事業上緊密な関係にあ
                                  るため株式を保有しております。定量的
                    112,825         140,671     な保有効果の記載は困難ですが、便益や
                                  リスク等を精査することにより保有の合
                                  理性を検証しております。
                                  同社は、当社天然ガスパイプライン沿線
                                  における重要な販売先であり、強固な協
                    660,000         660,000
                                  力関係を維持するために株式を保有して
     日東紡績㈱
                                  おります。定量的な保有効果の記載は困                      無
                                  難ですが、便益やリスク等を精査するこ
                     1,306         1,488
                                  とにより保有の合理性を検証しておりま
                                  す。
                                  同社は、千葉県における水溶性天然ガス
                                  の生産・販売等の事業を行っており、同
                    610,000         610,000
                                  事業のノウハウ取得や同社グループ企業
     K&Oエナジーグ
                                  との連携を通じた協力関係を構築するた
                                                        無
     ループ㈱
                                  めに株式を保有しております。定量的な
                                  保有効果の記載は困難ですが、便益やリ
                      929        1,021
                                  スク等を精査することにより保有の合理
                                  性を検証しております。
                                  同社と当社とは、当社グループの主要
                                  油・ガス田である岩船沖油ガス田及び東
                    163,770         163,770
                                  新潟ガス田において、共同で開発事業を
                                  行っており、同事業の円滑な運営に資す
     三菱瓦斯化学㈱
                                                        有
                                  るため株式を保有しております。定量的
                                  な保有効果の記載は困難ですが、便益や
                      258         417
                                  リスク等を精査することにより保有の合
                                  理性を検証しております。
                                  同社は、当社の北海道における天然ガス
                                  の重要な販売先であり、北海道における
                    110,000         550,000
                                  天然ガスの販売の安定に資するべく、強
                                  固な協力関係を維持するために株式を保
     北海道瓦斯㈱
                                                        有
                                  有しております。定量的な保有効果の記
                                  載は困難ですが、便益やリスク等を精査
                      158         164
                                  することにより保有の合理性を検証して
                                  おります。
            なお、当社はみなし保有株式を保有しておりません。

                                  58/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                           -           -           -          -

     非上場株式
                           3          168            3          170
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                           -           -           -

     非上場株式
                           ▶           -          81
     非上場株式以外の株式
                                  59/125















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
        「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日内閣府
        令第7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3
        項に係るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成してお
        ります。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
       責任監査法人による監査を受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
       人財務会計基準機構へ加入し、同機構の行う研修に参加しております。
                                  60/125











                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        115,313              117,468
         現金及び預金
                                        ※1 26,073             ※1 20,825
         受取手形及び売掛金
                                         2,200              2,330
         有価証券
                                         5,447              4,559
         商品及び製品
                                           381              362
         仕掛品
                                         5,524              7,589
         原材料及び貯蔵品
                                         6,449              4,575
         短期貸付金
                                         7,796              8,410
         その他
                                          △ 34             △ 33
         貸倒引当金
                                        169,151              166,087
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※2 328,212             ※2 335,648
          建物及び構築物
                                       △ 141,138             △ 150,449
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             187,073              185,198
                                        116,387              116,070
          坑井
                                        △ 82,611             △ 85,985
            減価償却累計額
            坑井(純額)                             33,775              30,084
                                       ※2 116,313             ※2 146,276
          機械装置及び運搬具
                                       △ 101,395             △ 107,257
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             14,917              39,018
          土地                               16,783              16,732
                                        ※2 71,936
                                                       26,825
          建設仮勘定
                                                      ※2 37,316
                                         30,906
          その他
                                        △ 25,903             △ 26,062
            減価償却累計額
            その他(純額)                              5,003              11,254
                                        329,490              309,114
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         8,226              7,399
          その他
                                         8,226              7,399
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                     ※3 , ※4 167,342           ※3 , ※4 137,794
          投資有価証券
                                         4,547                42
          長期貸付金
                                         7,818              7,713
          繰延税金資産
                                         1,451              1,319
          退職給付に係る資産
                                        ※3 13,540
                                                       26,920
          その他
                                          △ 50             △ 46
          貸倒引当金
                                        △ 1,982             △ 1,057
          海外投資等損失引当金
          投資その他の資産合計                              192,667              172,686
                                        530,384              489,200
         固定資産合計
                                        699,536              655,288
       資産合計
                                  61/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         13,544               7,666
         支払手形及び買掛金
                                           20              25
         役員賞与引当金
                                         30,050              24,686
         その他
                                         43,615              32,378
         流動負債合計
       固定負債
                                        135,959              127,715
         長期借入金
                                         34,833              22,330
         繰延税金負債
                                           83              86
         役員退職慰労引当金
                                         3,496              3,452
         退職給付に係る負債
                                         18,664              15,335
         資産除去債務
                                         3,628              3,831
         その他
                                        196,665              172,752
         固定負債合計
                                        240,281              205,131
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         14,288              14,288
         資本金
                                           183              157
         資本剰余金
                                        317,679              331,306
         利益剰余金
                                          △ 10             △ 10
         自己株式
                                        332,140              345,741
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         86,667              66,296
         その他有価証券評価差額金
                                            3             △ 2
         繰延ヘッジ損益
                                         5,149              3,338
         為替換算調整勘定
                                         1,152              1,114
         退職給付に係る調整累計額
                                         92,973              70,747
         その他の包括利益累計額合計
                                         34,140              33,668
       非支配株主持分
                                        459,255              450,156
       純資産合計
                                        699,536              655,288
      負債純資産合計
                                  62/125









                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        230,629              267,980
      売上高
                                     ※1 , ※2 191,366           ※1 , ※2 233,133
      売上原価
                                         39,263              34,846
      売上総利益
      探鉱費
                                         1,380               788
       探鉱費
                                          △ 55              -
       探鉱補助金
                                         1,324               788
       探鉱費合計
                                      ※3 , ※4 29,173           ※3 , ※4 31,743
      販売費及び一般管理費
                                         8,764              2,313
      営業利益
      営業外収益
                                         1,382              1,598
       受取利息
                                         2,422              2,102
       受取配当金
                                         1,350                2
       有価証券売却益
                                           -            12,550
       持分法による投資利益
                                         2,710                -
       為替差益
                                           -             3,293
       資産除去債務戻入益
                                           940             1,258
       その他
                                         8,806              20,804
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,178              4,130
       支払利息
                                            0              -
       有価証券売却損
                                         2,601                -
       持分法による投資損失
                                           -             5,296
       為替差損
                                         7,797                -
       休止固定資産減価償却費
                                         1,165              1,167
       その他
                                         13,743              10,594
       営業外費用合計
                                         3,828              12,523
      経常利益
      特別利益
                                          ※5 2            ※5 716
       固定資産売却益
                                         5,000                -
       補助金収入
                                         5,002               716
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※6 5            ※6 60
       固定資産売却損
                                          ※7 74             ※7 74
       固定資産除却損
                                        ※8 67,721
                                                         30
       減損損失
                                         10,431                -
       その他
       特別損失合計                                  78,234                165
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        △ 69,403              13,074
      失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                    4,392              3,925
                                        △ 4,152             △ 5,179
      法人税等調整額
                                           240            △ 1,254
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 69,643              14,328
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                  △ 38,683               △ 441
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        △ 30,959              14,770
      帰属する当期純損失(△)
                                  63/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 69,643              14,328
      その他の包括利益
                                         16,791             △ 20,366
       その他有価証券評価差額金
                                           242              △ 5
       繰延ヘッジ損益
                                           32            △ 1,705
       為替換算調整勘定
                                           632              △ 38
       退職給付に係る調整額
                                         △ 826              △ 16
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         2,040                -
       持分変動差額
                                        ※ 18,912             ※ △ 22,132
       その他の包括利益合計
                                        △ 50,730              △ 7,804
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 13,308              △ 7,455
       親会社株主に係る包括利益
                                        △ 37,421               △ 348
       非支配株主に係る包括利益
                                  64/125















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高
                      14,288         183      345,693         △ 10      360,155
      会計方針の変更による累積
                                       2,048                2,048
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      14,288         183      347,741         △ 10      362,203
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                △ 1,143               △ 1,143
      親会社株主に帰属する当期
                                      △ 30,959               △ 30,959
      純損失(△)
      非支配株主との取引に係る
      親会社の持分変動
      自己株式の取得

      持分変動差額                                 2,040                2,040

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -        -     △ 30,062          -     △ 30,062
     当期末残高                 14,288         183      317,679         △ 10      332,140
                          その他の包括利益累計額

                  その他有価                     その他の包     非支配株主持分        純資産合計
                       繰延ヘッジ損      為替換算調     退職給付に係
                  証券評価差                     括利益累計
                         益     整勘定    る調整累計額
                   額金                     額合計
     当期首残高              69,832      △ 226    7,301      455    77,363       73,091      510,609
      会計方針の変更による累積
                                                       2,048
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                    69,832      △ 226    7,301      455    77,363       73,091      512,658
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 1,143
      親会社株主に帰属する当期
                                                      △ 30,959
      純損失(△)
      非支配株主との取引に係る
      親会社の持分変動
      自己株式の取得

      持分変動差額                                                 2,040

      株主資本以外の項目の当期

                    16,834       229    △ 2,151      697    15,610      △ 38,950      △ 23,340
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    16,834       229    △ 2,151      697    15,610      △ 38,950      △ 53,402
     当期末残高              86,667       3    5,149     1,152     92,973       34,140      459,255
                                  65/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                    株主資本
                    資本金       資本剰余金        利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高                 14,288         183      317,679         △ 10      332,140
      会計方針の変更による累積
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                      14,288         183      317,679         △ 10      332,140
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当
                                      △ 1,143               △ 1,143
      親会社株主に帰属する当期
                                      14,770                14,770
      純利益
      非支配株主との取引に係る
                               △ 26                       △ 26
      親会社の持分変動
      自己株式の取得                                          △ 0       △ 0

      持分変動差額

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -       △ 26      13,627         △ 0      13,600
     当期末残高                 14,288         157      331,306         △ 10      345,741
                          その他の包括利益累計額

                  その他有価                     その他の包     非支配株主持分        純資産合計
                       繰延ヘッジ損      為替換算調     退職給付に係
                  証券評価差                     括利益累計
                         益     整勘定    る調整累計額
                   額金                     額合計
     当期首残高
                    86,667       3    5,149     1,152     92,973       34,140      459,255
      会計方針の変更による累積
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                    86,667       3    5,149     1,152     92,973       34,140      459,255
     期首残高
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 1,143
      親会社株主に帰属する当期
                                                      14,770
      純利益
      非支配株主との取引に係る
                                                       △ 26
      親会社の持分変動
      自己株式の取得

                                                        △ 0
      持分変動差額

      株主資本以外の項目の当期

                   △ 20,370       △ 5   △ 1,810      △ 38   △ 22,225       △ 472     △ 22,698
      変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 20,370       △ 5   △ 1,810      △ 38   △ 22,225       △ 472     △ 9,098
     当期末残高              66,296       △ 2    3,338     1,114     70,747       33,668      450,156
                                  66/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                        △ 69,403              13,074
       損失(△)
                                         23,370              23,296
       減価償却費
                                         67,721                30
       減損損失
                                           46              74
       有形固定資産除却損
       有価証券及び投資有価証券評価損益(△は益)                                   284               ▶
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    1             △ ▶
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 497              132
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 76             △ 43
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    14               2
       海外投資等損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 566             △ 924
                                           -            △ 3,293
       資産除去債務戻入益
       受取利息及び受取配当金                                 △ 3,805             △ 3,700
                                         2,178              4,130
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 3,003              5,444
       有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 1,349               △ 2
       持分法による投資損益(△は益)                                  2,601             △ 12,550
                                         27,381              11,118
       生産物回収勘定の回収額
       売上債権の増減額(△は増加)                                  2,209              5,217
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 1,571             △ 1,188
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   844            △ 11,131
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   481              970
                                         2,742              8,443
       その他
                                         49,602              39,101
       小計
                                         5,000                -
       補助金の受取額
                                        △ 1,721             △ 8,130
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         52,881              30,970
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  67/125










                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 28,458             △ 68,859
       定期預金の預入による支出
                                         18,228              66,992
       定期預金の払戻による収入
                                           -             △ 30
       有価証券の取得による支出
                                            0             500
       有価証券の売却及び償還による収入
                                        △ 42,534             △ 12,955
       有形固定資産の取得による支出
                                           94             1,337
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 290             △ 734
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 712             △ 221
       資産除去債務の履行による支出
                                          △ 70             △ 52
       投資有価証券の取得による支出
                                         1,350                2
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                         △ 198               -
       出資金の払込による支出
       生産物回収勘定の支出                                 △ 15,091             △ 25,107
                                          △ 20             △ 26
       貸付けによる支出
                                         4,456              6,912
       貸付金の回収による収入
       利息及び配当金の受取額                                  8,873              16,126
                                            9              21
       残余財産の分配による収入
                                           208             1,636
       有償減資による収入
                                           -              543
       権益譲渡による収入
                                          △ 63             △ 56
       その他
                                        △ 54,218             △ 13,969
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         5,455              2,939
       短期借入れによる収入
                                           -            △ 7,877
       短期借入金の返済による支出
                                         3,221                -
       長期借入れによる収入
                                        △ 4,760             △ 4,990
       長期借入金の返済による支出
                                           -              △ 0
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,144             △ 1,143
       配当金の支払額
                                        △ 1,529              △ 183
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 1,862             △ 3,865
       利息の支払額
                                         △ 577             △ 404
       リース債務の返済による支出
                                           -              32
       非支配株主からの払込みによる収入
                                        △ 1,196             △ 15,493
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,204              △ 766
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 3,737               740
                                        103,630               99,892
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 99,892             ※ 100,633
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  68/125







                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数           21 社
             主要な連結子会社の名称
              ㈱地球科学総合研究所、Japex              (U.S.)    Corp.、日本海洋石油資源開発㈱、Japan                   Canada    Oil  Sands
              Limited、カナダオイルサンド㈱、白根瓦斯㈱、㈱ジャペックスエネルギー、㈱ジャペックスガラ
              フ、JAPEX     Montney    Ltd.
           (2)主要な非連結子会社の名称等

             主要な非連結子会社
              セイキプラントサービス㈱、Japex                 Canada    Limited
            (連結の範囲から除いた理由)
             非連結子会社は、いずれも小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び
             利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであり
             ます。
          2.持分法の適用に関する事項

           (1)持分法適用の非連結子会社数                   0 社
           (2)  持分法適用の関連会社数                 11 社

             主要な会社名
              Energi    Mega   Pratama    Inc.、Diamond       Gas  Netherlands      B.V.、サハリン石油ガス開発㈱
              なお、日本海洋掘削㈱は会社更生手続開始の申立てを行っており、連結財務諸表に与える影響に重要
              性がなくなったことから、持分法適用の範囲から除いております。また同社は、2018年7月25日付で
              東京地裁から会社更生手続開始の決定を受けております。
           (3)持分法を適用していない非連結子会社(セイキプラントサービス㈱、Japex                                     Canada    Limited他)及び関

             連会社(大和探査技術㈱、            福島ガス発電㈱       他)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持
             分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、か
             つ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
           (4)  持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表

             を使用しております。
           (5)  持分法適用会社の投資差額につきましては、20年以内で均等償却することとしております。なお、金額

             に重要性がない場合には発生時に一時償却しております。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社のうち、Japex(U.S.)                Corp.、Japan       Canada    Oil  Sands   Limited、㈱ジャペックスガラフ、
            JAPEX   Montney    Ltd.他4社の決算日は、12月31日であります。
            連結財務諸表の作成にあたっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。
            ただし、1月1日から連結決算日3月31日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調
            整を行っております。
                                  69/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          4.会計方針に関する事項
           (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
            ① 有価証券
              その他有価証券
               時価のあるもの
                期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
                動平均法により算定しております。)
               時価のないもの
                移動平均法による原価法
            ② デリバティブ

              時価法
            ③ たな卸資産

              評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
              商品及び製品
               主として先入先出法
              原材料及び貯蔵品
               主として移動平均法
           (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)、                           一部の国内連結子会社の2016年4月1日以
              降に取得した建物附属設備及び構築物、                   当社の仙台パイプライン、白石・郡山間ガスパイプライン、
              相馬・岩沼間ガスパイプライン、北海道事業所及び相馬事業所の資産並びに国内連結子会社3社は定
              額法を採用しております。
              また、在外連結子会社3社は主として生産高比例法を採用しております。
              その他の資産については定率法を採用しております。
              主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物            2~60年
              坑井                     3年
              機械装置及び運搬具          2~22年
            ② 無形固定資産(リース資産を除く)

              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
              用しております。
              また、在外連結子会社1社は、主として生産高比例法を採用しております。
            ③ リース資産

              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           (3)  繰延資産の処理方法

             株式交付費及び開発費
              発生時に全額を費用処理しております。
                                  70/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
           (4)  重要な引当金の計上基準

            ① 貸倒引当金
              債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
              の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            ② 役員賞与引当金

              役員賞与の支給に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上しております。
            ③ 役員退職慰労引当金

              連結子会社は、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しておりま
              す。
            ④ 海外投資等損失引当金

              資源開発関係投融資の評価額の低下に対応して、投融資先各社の資産状態を検討のうえ、純資産基準
              により計上しております。
           (5)  退職給付に係る会計処理方法

            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
              いては、    給付算定式     基準によっております。
            ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法

              過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤続期間以内の一定の年数(10年)
              による定額法により費用処理しております。
              数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一
              定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理して
              おります。
            ③ 小規模企業等における簡便法の採用

              一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合
              要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           (6)  重要な収益及び費用の計上基準

             完成工事高及び完成工事原価の計上基準
              当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事
               工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)
              その他の工事
               工事完成基準
           (7)  重要なヘッジ会計の方法

            ① ヘッジ会計の方法
              繰延ヘッジ処理を採用しております。また、為替予約について振当処理の要件を満たしている場合に
              は振当処理を採用しております。
            ② ヘッジ手段とヘッジ対象

              ヘッジ手段…      為替予約、外貨預金
              ヘッジ対象…売掛金、          買掛金、未払金
            ③ ヘッジ方針

              外貨建取引等の将来の為替変動リスクを回避する目的で、対象資産・負債及び予定取引数量の範囲内
              でヘッジを行っております。
                                  71/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
            ④ ヘッジ有効性評価の方法

              それぞれのヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件がほぼ同一であり、ヘッジ開始時及びその後
              も継続して相場変動等を相殺することが出来ることを確認しております。
              また、振当処理によっている為替予約等については、有効性の評価を省略しております。
           (8)  のれんの償却方法及び償却期間

             のれんの償却については、原則として5年間で均等償却することとしております。
           (9)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
             クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (10)   その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

          (税効果会計に係る会計基準の適用指針の適用)
           「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)を当連結会
          計年度の期首から適用し、個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いを見直してお
          ります。
           当該会計方針の変更は遡及適用され、前連結会計年度については遡及適用後の連結財務諸表となっておりま
          す。
           この結果、遡及適用を行う前と比べて、前連結会計年度の連結貸借対照表は、繰延税金負債が2,047百万円
          減少し、利益剰余金が2,047百万円増加しております。
           前連結会計年度の期首の純資産額に対する累積的影響額が反映されたことにより、利益剰余金の前期首残高
          は2,048百万円増加しております。
           なお、1株当たり情報に与える影響は当該箇所に記載しております。
                                  72/125











                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
         ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
         ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準
         委員会)
          (1) 概要
               国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する
              包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては
              IFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する
              事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、
              企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて
              公表されたものです。
               企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第
              15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原
              則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われて
              きた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追
              加することとされています。
          (2) 適用予定日
               2022年3月期の期首から適用します。
          (3) 当該会計基準等の適用による影響
               「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で
              評価中であります。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会
          計基準一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に
          表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示するとともに、税効果会計関係注記を変更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が151百万円減少
          し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が148百万円増加しております。また、「流動負債」の「その
          他」に含めております繰延税金負債が2,011百万円減少し、「固定負債」の「繰延税金負債」が2,008百万円増
          加しております。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が2百
          万円減少しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係
          る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加し
          ております。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項
          に定める経過的な取扱いに従って記載しておりません。
          (連結貸借対照表)

           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「有形固定資産」の「鉱物資源」は金額的重要性が乏し
          くなったため、当連結会計年度においては「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映
          させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「有形固定資産」の「鉱物資源」に表示していた
          342百万円は、「その他」に組み替えております。
          (連結損益計算書)

           前連結会計年度において、「特別損失」の「その他」に含めておりました「固定資産売却損」は、金額的重
          要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるた
          め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別損失」の「その他」に表示していた10,437百
          万円は、「固定資産売却損」5百万円、「その他」10,431百万円として組み替えております。
                                  73/125



                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1.受取手形及び売掛金には、工事未収入金を含めております。
          ※2.国庫補助金等により、有形固定資産の取得価額から控除した圧縮記帳累計額は次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           建物及び構築物                                31              73
           機械装置及び運搬具
                                           128             4,892
           建設仮勘定
                                          5,000                -
           その他
                                            -              198
          ※3.   非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           投資有価証券                              21,555              20,297
           その他(出資金)                                21              -
          ※4.関係会社の借入金に対して次の資産を担保に供しております。

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           投資有価証券                                453              503
          5.偶発債務

                                                    (単位:百万円)
                    前連結会計年度                         当連結会計年度
                   (2018年3月31日)                         (2019年3月31日)
           (1)金融機関からの借入金に対する保証債務
              インペックス北カスピ海石油㈱                   9,580      インペックス北カスピ海石油㈱                   9,090
              サハリン石油ガス開発㈱                   4,871      従業員(住宅資金借入)                    97
              従業員(住宅資金借入)                    136     熊本みらいエル・エヌ・ジー㈱                    51
              熊本みらいエル・エヌ・ジー㈱                    57     グリーンランド石油開発㈱                    16
           (2)生産設備に関連する債務に対する保証

              Kangean    Energy    Indonesia     Ltd.      3,429      Kangean    Energy    Indonesia     Ltd.      2,382
              合計                  18,076       合計                  11,638
                                  74/125







                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          6.当社及び連結子会社(エスケイ産業㈱、エスケイエンジニアリング㈱、㈱地球科学総合研究所、㈱ジオシ

           ス、Japex     (U.S.)    Corp.、Japan       Canada    Oil  Sands   Limited、J     APEX   Montney    Ltd.、   ㈱ジャペックスエネル
           ギー)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約及び貸出コミットメン
           ト契約を締結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりでありま
           す。
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
           当座貸越極度額及び貸出コミットメント
                                          134,061               151,652
           の総額
           借入実行残高                               69,497               63,381
           差引額                               64,563               88,271
         (連結損益計算書関係)

          ※1.売上原価には次のたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額が含まれております。
                                          (単位:百万円)
                 前連結会計年度                   当連結会計年度
                (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                 至 2018年3月31日)                     至 2019年3月31日)
                            164                  2,033
          ※2.売上原価に含まれている工事損失引当金繰入額

                                          (単位:百万円)
                 前連結会計年度                   当連結会計年度
               (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                至 2018年3月31日)                   至 2019年3月31日)
                             70                   55
          ※3.販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額の内訳は次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
           人件費                               11,073              10,789
             (うち退職給付費用)                               797              637
             (うち役員賞与引当金繰入額)                                17              22
             (うち役員退職慰労引当金繰入額)                                21              24
                                           4,121              7,517
           運賃
                                           4,396              4,705
           減価償却費
          ※4.一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                                          (単位:百万円)
                 前連結会計年度                   当連結会計年度
                (自 2017年4月1日                   (自 2018年4月1日
                 至 2018年3月31日)                     至 2019年3月31日)
                            192                   173
          ※5.固定資産売却益の主な内訳は次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
           建物及び構築物                                  0             136
           土地                                 -              578
                                  75/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          ※6.固定資産売却損の主な内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
           建物及び構築物                                  5              1
           土地                                 -              59
          ※7.固定資産除却損の主な内訳は次のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
           建物及び構築物                                  6              31
           機械装置及び運搬具                                  6              34
          ※8.減損損失

            当社グループは、前連結会計年度において、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
                                               減損損失
                   用途            場所
                                           種類         金額(百万円)
                                                         4,351
                                       建物及び構築物
                           カナダ
              シェールガス開発・生産プ
                           ブリティッシュ・
                                                         12,141
                                      坑井
              ロジェクトに係る事業用資
                           コロンビア州
                                                         50,987
                                      鉱物資源
              産
                                                         67,480
                                      計
              当社グループは事業用資産においては鉱場等を概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位
             とし、遊休資産においては個別物件単位で資産のグルーピングを行っております。
              シェールガス開発・生産プロジェクト(上流事業)に係る事業用資産は、同プロジェクトで生産する
             シェールガスのLNG(液化天然ガス)化の検討を進めていたPacific                               NorthWest     LNGプロジェクト(PNW事
             業)の事業化取りやめ決定を受け、PNW事業を前提としない上流事業として開発計画を見直した結果、帳
             簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。
              なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを
             8.9%で割り引いて算定しております。
                                  76/125









                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額                               23,321               △28,286
          組替調整額                                 -                -
           税効果調整前
                                         23,321               △28,286
           税効果額                             △6,530                 7,919
           その他有価証券評価差額金
                                         16,791               △20,366
         繰延ヘッジ損益
          当期発生額                                162                △8
          組替調整額                                 81                -
           税効果調整前
                                           244                △8
           税効果額                               △1                 2
           繰延ヘッジ損益
                                           242                △5
         為替換算調整勘定
          当期発生額                                 32             △1,705
         退職給付に係る調整額
          当期発生額                                665               △12
          組替調整額                                212               △40
           税効果調整前
                                           878               △53
           税効果額                              △245                 14
           退職給付に係る調整額
                                           632               △38
         持分法適用会社に対する持分相当額
          当期発生額                                 11               △16
          組替調整額                               △838                 -
           持分法適用会社に対する持分相当額
                                          △826                △16
         持分変動差額
          当期発生額                               2,040                 -
             その他の包括利益合計
                                         18,912               △22,132
                                  77/125









                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                                          -
                         57,154,776              -                57,154,776
        合計                                        -

                         57,154,776              -                57,154,776
     自己株式

      普通株式                                -          -

                           2,139                              2,139
        合計                              -          -

                           2,139                              2,139
          2.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり配当額
         決議       株式の種類                             基準日         効力発生日
                        (百万円)           (円)
     2017年6月28日
               普通株式             571           10   2017年3月31日          2017年6月29日
     定時株主総会
     2017年11月10日
               普通株式             571           10   2017年9月30日          2017年12月13日
     取締役会
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額
                                     1株当たり
         決議       株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                       (百万円)
                                     配当額(円)
     2018年6月28日
               普通株式           571   利益剰余金             10  2018年3月31日         2018年6月29日
     定時株主総会
                                  78/125










                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度         当連結会計年度末
                      期首株式数(株)          増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                                -          -

                         57,154,776                              57,154,776
        合計                              -          -

                         57,154,776                              57,154,776
     自己株式

      普通株式                                68          -

                           2,139                              2,207
        合計                              68          -

                           2,139                              2,207
      (注) 普通株式の自己株式の株式数の増加68株は、単元未満株式の買取によるものであります。
          2.配当に関する事項

          (1)  配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり配当額
         決議       株式の種類                             基準日         効力発生日
                        (百万円)           (円)
     2018年6月28日
               普通株式             571           10   2018年3月31日          2018年6月29日
     定時株主総会
     2018年11月9日
               普通株式             571           10   2018年9月30日          2018年12月13日
     取締役会
          (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                      配当金の総額
                                     1株当たり
         決議       株式の種類              配当の原資                 基準日        効力発生日
                       (百万円)
                                     配当額(円)
     2019年6月27日
               普通株式          1,714    利益剰余金             30  2019年3月31日         2019年6月28日
     定時株主総会
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          現金及び預金勘定                              115,313              117,468
          預入期間が3ケ月を超える定期預金                             △17,120              △19,134
          取得日から3ケ月以内に償還期限の到来する
          短期投資等
           (有価証券)マネー・マネージメント・
                                        1,700              2,300
           ファンド他
          現金及び現金同等物                              99,892              100,633
                                  79/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
          オペレーティング・リース取引
          (借主側)
           未経過リース料
                                                  (単位:百万円)
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                      133                 108
            1年内
                                      368                 255
            1年超
                                      502                 364
            合計
                                  80/125

















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)  金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については流動性の確保に留意し、リスクの抑制を図りながら運用する方針
            であります。必要資金については手許資金及び銀行借入により調達する方針であり、国内の設備投資では
            ㈱日本政策投資銀行及び市中銀行からの融資、海外事業投資では㈱国際協力銀行及び市中銀行からの融資
            を受けております。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行
            わない方針であります。
           (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。与信管理規程等に従
            い、取引先の信用状況等を適時把握することにより貸倒損失の発生防止に努めております。
             有価証券及び投資有価証券は、業務上の関係を有する企業の株式等であり、市場価格の変動リスクに晒
            されているものについては、社内規程等に従い時価評価結果が定期的に役員に報告されております。投資
            有価証券の主なものは国際石油開発帝石㈱の株式であり、当連結会計年度末において112,825百万円を計
            上(前連結会計年度末は140,671百万円を計上)しており、投資有価証券に占める割合は81.9%(前連結
            会計年度末は84.1%)になります。
             貸付金は、主として子会社及び関連会社に対する事業資金の貸付金であり、信用リスク、為替の変動リ
            スクに晒されております。信用リスクに対しては、貸付金の回収状況を把握し、適切な管理に努めており
            ます。為替変動リスクに対しては、当該貸付のための資金を同一通貨で借入れ調達すること等によりリス
            クの低減に努めております。
             支払手形及び買掛金並びに未払金は、1年以内の支払期日であります。液化天然ガス(LNG)の仕入
            れに伴う買掛金等は、為替の変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約等を利用してヘッジしてお
            ります。
             借入金は、主として国内の設備投資及び海外事業投資に係る資金調達であります。変動金利の借入金は
            金利及び為替の変動リスクに晒されておりますが、調達した資金を変動金利、同一通貨で子会社及び関連
            会社に貸付けることによりリスクを低減しております。
             また、海外事業投資に備え外貨を調達する際に為替の変動リスクに晒されることになりますが、先物為
            替予約等を利用してヘッジしております。
             デリバティブ取引については、上述の先物為替予約等がありますが、デリバティブ取引の執行・管理に
            おいては、取引権限及び取引限度額等を定めた社内規程等に従い、取引担当部門が決裁担当者の承認を得
            て行っております。デリバティブの利用にあたっては、カウンターパーティーリスクを軽減するために信
            用度の高い金融機関とのみ取引を行っております。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、
            ヘッジ方針、ヘッジの有効性評価の方法等については、前述の「会計方針に関する事項」に記載されてい
            る「重要なヘッジ会計の方法」をご覧ください。
             資金調達に係る流動性リスクについては、月次に資金計画を作成する等の方法により管理しておりま
            す。
           (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することもあります。
             また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引に関する契約額等については、そ
            の金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
                                  81/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2018年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
      (1) 現金及び預金                           115,313           115,314              1
      (2) 受取手形及び売掛金                           26,073           26,073             -
      (3) 短期貸付金                            6,449           6,449             -
      (4) 有価証券及び投資有価証券                           145,652           156,858            11,205
      (5) 長期貸付金                            4,547           4,547             -
       資産計
                                 298,036           309,243            11,206
      (1) 支払手形及び買掛金                           13,544           13,544             -
      (2) 長期借入金                           135,959           135,967             △7
       負債計
                                 149,504           149,511             △7
      デリバティブ取引(*)                              ▶           ▶           -
       (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては    ( ) で示しております。
            当連結会計年度(2019年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                              (百万円)
      (1) 現金及び預金                           117,468           117,469              1
      (2) 受取手形及び売掛金                           20,825           20,825             -
      (3) 短期貸付金                            4,575           4,575             -
      (4) 有価証券及び投資有価証券                           117,997           118,005              8
      (5) 長期貸付金                             42           42           -
       資産計
                                 260,908           260,918              10
      (1) 支払手形及び買掛金                            7,666           7,666             -
      (2) 長期借入金                           127,715           127,715              0
       負債計
                                 135,382           135,382              0
      デリバティブ取引(*)
                                   (3)           (3)            -
       (*)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
         いては    ( ) で示しております。
                                  82/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金
            満期のない預金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
           す。満期のある預金については、期間に基づく区分ごとに、新規に預金を行った場合に想定される預金金
           利で割り引いた現在価値を算定しております。
          (2)受取手形及び売掛金、(3)短期貸付金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
           ります。
          (4)有価証券及び投資有価証券
            これらの時価について、株式は取引所等の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関か
           ら提示された価格によっております。また、投資信託については、公表されている基準価格又は取引金融
           機関から提示された価格によっております。なお、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注
           記事項「有価証券関係」をご参照ください。
          (5)長期貸付金
            長期貸付金の時価の算定は、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映するため、貸付先の信用
           状態が実行後大きく異なっていない限り、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額によって
           おります。
         負 債
          (1)支払手形及び買掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によってお
           ります。
          (2)長期借入金
            長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実行
           後大きく異なっていないことから、時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額に
           よっております。固定金利によるものは、一定の期間ごとに区分した当該長期借入金の元利金の合計額を
           同様の借入れにおいて想定される利率で割り引いて現在価値を算定しております。
         デリバティブ取引
           注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額(単位:百万円)

                               前連結会計年度                当連結会計年度
                 区分
                              (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
           非上場株式                            23,889                22,127
             これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、 
            「(4)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                  83/125








                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
             前連結会計年度(2018年3月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                     5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
                                         -
           現金及び預金                   115,312                    -         -
           受取手形及び売掛金                    26,073           -         -         -

           短期貸付金                    6,449          -         -         -

           有価証券及び投資有価証券

            その他有価証券のうち満期
            があるもの
            (1) 株式                    500         -         -         -
            (2) 債券(社債)                     -         -         -         -

            (3) その他                     -         -         -         -

           長期貸付金                      -       4,542           5        -

                合計             148,335          4,542           5        -

             当連結会計年度(2019年3月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                     5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
           現金及び預金                   117,467           -         -         -
           受取手形及び売掛金                    20,825           -         -         -

           短期貸付金                    4,575          -         -         -

           有価証券及び投資有価証券

            その他有価証券のうち満期
            があるもの
            (1) 株式                     -         -         -         -
            (2) 債券(社債)                     30         -         -         -

            (3) その他                     -         -         -         -

           長期貸付金                      -         38         3        -

                合計             142,897           38         3        -

                                  84/125







                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          4.  長期借入金の連結決算日後の返済予定額
             前連結会計年度(2018年3月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                     5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
           長期借入金                      -       39,561         64,990         31,908

                合計                -       39,561         64,990         31,908

             当連結会計年度(2019年3月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                           10年超
                                     5年以内         10年以内
                           (百万円)                          (百万円)
                                    (百万円)         (百万円)
           長期借入金                      -       45,762         63,687         18,715

                合計                -       45,762         63,687         18,715

                                  85/125















                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
          前連結会計年度(2018年3月31日)
                                 連結貸借対照表           取得原価          差額
                         種類
                                 計上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
                     (1)株式                143,933          23,997         119,936

                     (2)債券

                      ①社債                 -         -         -

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                      ②その他                 -         -         -
                     (3)その他                  -         -         -

                         小計            143,933          23,997         119,936

                     (1)株式                  18         18         -

                     (2)債券

                      ①社債                 -         -         -

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                      ②その他                 -         -         -
                     (3)その他                 1,700         1,700           -

                         小計             1,718         1,718           -

                  合計                  145,652          25,716         119,936

        (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 2,334百万円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
           が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          当連結会計年度(2019年3月31日)

                                 連結貸借対照表           取得原価          差額
                         種類
                                 計上額(百万円)           (百万円)         (百万円)
                     (1)株式                114,340          22,552         91,787

                     (2)債券

                      ①社債                 30         30          0

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
                      ②その他                 -         -         -
                     (3)その他                  -         -         -

                         小計            114,370          22,582         91,787

                     (1)株式                 1,326         1,464         △137

                     (2)債券

                      ①社債                 -         -         -

       連結貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
                      ②その他                 -         -         -
                     (3)その他                 2,300         2,300           -

                         小計             3,626         3,764         △137

                  合計                  117,997          26,346         91,650

        (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額 1,830百万円)については、市場価格がなく、時価を把握すること
           が極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                  86/125


                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
          2.売却したその他有価証券
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                     売却益の合計額            売却損の合計額
                           売却額
              種類
                                       (百万円)            (百万円)
                           (百万円)
       (1)  株式
                                1,350            1,350              0
       (2)  債券
        ①  社債

                                 -            -            -
        ②  その他

                                 -            -            -
       (3)  その他
                                 -            -            -
                                1,350            1,350              0

              合計
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                     売却益の合計額            売却損の合計額
                           売却額
              種類
                                       (百万円)            (百万円)
                           (百万円)
       (1)  株式                        -            -            -
       (2)  債券

        ①  社債

                                 -            -            -
        ②  その他

                                 -            -            -
       (3)  その他
                                 -            -            -
              合計                    -            -            -

          3.減損処理を行った有価証券

            前連結会計年度において、有価証券について284百万円(その他有価証券で時価を把握することが極
           めて困難と認められるもの283百万円及びその他有価証券で時価のあるもの1百万円)減損処理を行っ
           ておりますが、うちその他有価証券で時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式283百
           万円については、海外投資等損失引当金を計上済みであり、当連結会計年度における損益への影響はあ
           りません    。
            当連結会計年度において、有価証券について4百万円(その他有価証券で時価を把握することが極め

           て困難と認められるもの)減損処理を行っておりますが、海外投資等損失引当金を計上済みであり、当
           連結会計年度における損益への影響はありません                       。
            なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減

           損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について
           減損処理を行っております。
                                  87/125






                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           通貨関連
            前連結会計年度(2018年3月31日)
              該当事項はありません。
            当連結会計年度(2019年3月31日)

              該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

           通貨関連
              前連結会計年度(2018年3月31日)
                                             契約額等の
                                     契約額等                  時価
                                             うち1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
               為替予約取引
                買建
                                        1,903          -         5
      原則的処理方法           米ドル           買掛金
                                          10        -        △0
                 米ドル           未払金
                                          14        -
                 英ポンド           未払金                              △0
               為替予約取引
      為替予約等の振当
                買建
      処理
                                          14        -        △0
                 米ドル           未払金
                                        1,942          -         3
                   合計
        (注)   時価の算定方法
           取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
              当連結会計年度(2019年3月31日)

                                             契約額等の
                                     契約額等                  時価
                                             うち1年超
      ヘッジ会計の方法            取引の種類         主なヘッジ対象
                                     (百万円)                 (百万円)
                                              (百万円)
               為替予約取引
                買建
                                        3,303          -       △34
                 米ドル           買掛金
      原則的処理方法
                                          20        -         0
                 米ドル           未払金
                売建
                                        2,197          -        33
                 米ドル           売掛金
               為替予約取引
      為替予約等の振当
                買建
      処理
                                          1        -        △0
                 英ポンド           未払金
                                        5,523          -        △1
                   合計
        (注)   時価の算定方法
           取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                  88/125




                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
          1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を設けて
           おります。
            また、一部の国内連結子会社は、中小企業退職金共済制度に加入しており、簡便法により退職給付に係る
           負債及び退職給付費用を計算しております。
          2.確定給付制度

           (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                          16,645             16,226
             退職給付債務の期首残高
                                           985             949
              勤務費用
                                           145             141
              利息費用
                                           △52             △14
              数理計算上の差異の発生額
                                         △1,497             △1,293
              退職給付の支払額
                                          16,226             16,009
             退職給付債務の期末残高
           (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)

                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                          15,008             15,144
             年金資産の期首残高
                                           150             151
              期待運用収益
                                           612            △27
              数理計算上の差異の発生額
                                           492             496
              事業主からの拠出額
                                         △1,119              △903
              退職給付の支払額
                                          15,144             14,861
             年金資産の期末残高
           (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                           981             962
             退職給付に係る負債の期首残高
                                           223             229
              退職給付費用
                                          △155             △128
              退職給付の支払額
                                           △87             △77
              制度への拠出額
                                           962             986
             退職給付に係る負債の期末残高
                                  89/125







                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
           (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付
             に係る資産の調整表
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                          13,693             13,542
             積立型制度の退職給付債務
                                         △15,144             △14,861
             年金資産
                                         △1,451             △1,319
                                          3,496             3,452
             非積立型制度の退職給付債務
                                          2,044             2,133
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                          3,496             3,452

             退職給付に係る負債
                                         △1,451             △1,319
             退職給付に係る資産
                                          2,044             2,133
             連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
           (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                           985             949
             勤務費用
                                           145             141
             利息費用
                                          △150             △151
             期待運用収益
                                           316             62
             数理計算上の差異の費用処理額
                                          △103             △103
             過去勤務費用の費用処理額
                                           223             229
             簡便法で計算した退職給付費用
                                          1,417             1,127
             確定給付制度に係る退職給付費用
           (6)退職給付に係る調整額

             退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                     至 2018年3月31日)             至 2019年3月31日)
                                          △103             △103
             過去勤務費用
                                           981             50
             数理計算上の差異
                                           878            △53
             合計
           (7)  退職給付に係る調整累計額

             退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                           289             185
             未認識過去勤務費用
                                          1,311             1,361
             未認識数理計算上の差異
                                          1,600             1,547
             合計
                                  90/125





                                                           EDINET提出書類
                                                      石油資源開発株式会社(E00041)
                                                            有価証券報告書
           (8)  年金資産に関する事項
           ①  年金資産の主な内訳
             年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                           54%             55%
             債券
                                           34%             33%
             株式
                                           3%             3%
         &n