株式会社ASJ 有価証券報告書 第36期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第36期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ASJ

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月26日
                          第36期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【事業年度】
                          株式会社ASJ
      【会社名】
                          ASJ  INC.
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長  丸山 治昭
      【本店の所在の場所】                    埼玉県川口市栄町三丁目2番16号
                          048(259)5111
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    取締役 IR部長 仁井 健友
      【最寄りの連絡場所】                    埼玉県川口市栄町三丁目2番16号
                          048(259)5111
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                    取締役 IR部長 仁井 健友
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/80













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】

      1【主要な経営指標等の推移】

       (1)連結経営指標等
                                   国際会計基準
             回次
                         移行日        第34期        第35期        第36期
                         2016年

            決算年月                    2017年3月        2018年3月        2019年3月
                        4月1日
                  (千円)          -    2,295,560        2,267,392        2,315,934
     売上収益
     税引前利益又は税引前損失
                  (千円)          -    △ 23,393        34,187      △ 420,267
     (△)
     当期利益又は当期損失
                  (千円)          -    △ 32,271        18,880      △ 439,240
     (△)
     親会社の所有者に帰属する
     当期利益又は親会社の所有
                  (千円)          -    △ 30,492        18,880      △ 439,240
     者に帰属する当期損失
     (△)
     親会社の所有者に帰属する
                  (千円)          -    △ 21,551        21,218      △ 434,702
     当期包括利益
     親会社の所有者に帰属する
                  (千円)      2,070,132        2,167,087        3,274,214        2,823,777
     持分
                  (千円)      4,198,118        4,109,254        4,297,029        4,016,445
     総資産額
     1株当たり親会社所有者帰
                   (円)       325.89        321.43        416.98        359.62
     属持分
     基本的1株当たり当期利益
     又は基本的1株当たり当期             (円)         -      △ 4.71        2.46      △ 55.94
     損失(△)
     希薄化後1株当たり当期利
     益又は希薄化後1株当たり             (円)         -      △ 4.71         -        -
     当期損失(△)
                   (%)        49.3        52.7        76.2        70.3
     親会社所有者帰属持分比率
     親会社所有者帰属持分当期
                   (%)         -      △ 1.4        0.7      △ 14.4
     利益率
                   (倍)         -        -      745.2         -
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (千円)          -     235,126        218,768        62,092
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (千円)          -    △ 201,385       △ 372,079       △ 474,735
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (千円)          -    △ 53,211        90,993       113,201
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (千円)      1,126,791        1,107,211        1,043,242         745,040
     残高
                   (人)         172        162        149        155
     従業員数
      (注)1.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.第34期及び第36期の株価収益率については、当期損失が計上されているため記載しておりません。
        3.第35期より国際会計基準(以下「IFRS」という。)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
        4.第35期及び第36期の希薄化後1株当たり当期利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
                                    日本基準
             回次
                         第32期        第33期        第34期        第35期
            決算年月            2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月

                  (千円)      1,211,033        1,535,629        2,295,560        2,267,392
     売上高
     経常利益又は経常損失
                  (千円)       △ 17,921        37,034       △ 41,978        17,186
     (△)
     親会社株主に帰属する当期
     純利益又は親会社株主に帰             (千円)       △ 39,559        22,593       △ 67,390       △ 10,990
     属する当期純損失(△)
                  (千円)       △ 35,798        21,522       △ 69,113       △ 9,458
     包括利益
                  (千円)      2,055,613        2,026,286        2,067,697        3,142,655
     純資産額
                  (千円)      2,790,401        4,042,675        3,908,119        4,068,502
     総資産額
                   (円)       323.61        316.84        306.12        400.23
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益又は
                   (円)       △ 6.23        3.56      △ 10.40       △ 1.43
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -        -        -
     当期純利益金額
                   (%)        73.7        49.8        52.8        77.2
     自己資本比率
                   (%)         -       1.1        -        -
     自己資本利益率
                   (倍)         -      140.4         -        -
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (千円)        79,115       122,553        235,126        218,768
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (千円)       △ 90,276      △ 462,795       △ 201,385       △ 372,079
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (千円)       △ 12,701       686,068       △ 53,211        90,993
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (千円)       782,673       1,126,791        1,107,211        1,043,242
     残高
                   (人)         61       172        162        149
     従業員数
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第32期、第33期及び第35期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
          ません。また、第34期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在するものの、1株当たり当期
          純損失であるため、記載しておりません。
        3.第32期、第34期及び第35期の自己資本利益率及び株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しており
          ません。
        4.第34期において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第33期の関連する主要な経営指標については、暫定的な会
          計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
        5.第35期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。
                                  3/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次            第32期        第33期        第34期        第35期        第36期
            決算年月            2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月

                  (千円)       680,820        703,400        747,539        737,940        723,073
     売上高
     経常利益又は
                  (千円)       △ 2,899      △ 34,151        44,123        20,278       △ 14,641
     経常損失(△)
     当期純利益又は
                  (千円)       △ 15,822       △ 33,319        29,564        16,984      △ 350,954
     当期純損失(△)
                  (千円)       919,250        919,250        919,250       1,373,833        1,373,833
     資本金
                   (株)      7,253,500        7,253,500        7,253,500        7,947,100        7,947,100
     発行済株式総数
                  (千円)      2,027,846        1,981,713        2,147,038        3,251,662        2,884,860
     純資産額
                  (千円)      2,750,893        3,521,244        3,545,499        3,648,152        3,418,125
     総資産額
                   (円)       319.24        311.97        317.88        414.11        367.40
     1株当たり純資産額
                           2.00        2.00        2.00        2.00        2.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり
                         (     - )   (     - )   (     - )   (     - )   (     - )
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                   (円)       △ 2.49       △ 5.25        4.56        2.21      △ 44.70
     又は当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -       4.56         -        -
     当期純利益金額
                   (%)        73.7        56.3        60.4        89.1        84.4
     自己資本比率
                   (%)         -        -       1.4        0.5        -
     自己資本利益率
                   (倍)         -        -       87.7       828.3         -
     株価収益率
                   (%)         -        -       43.8        90.3         -
     配当性向
                   (人)         56        60        57        56        55
     従業員数
                   (%)        204.4        169.1        136.2        618.1        899.3

     株主総利回り
     (比較指標:マザーズ指
                   (%)       ( 114.6   )    ( 133.0   )    ( 139.6   )    ( 157.2   )    ( 124.6   )
     数)
                   (円)        1,190         942        556       3,700        3,025
     最高株価
                   (円)         263        381        364        336       1,061
     最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第32期、第33期、第35期及び第36期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
         しておりません。
        3.第32期、第33期及び第36期の自己資本利益率、株価収益率及び配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。
        4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所マザーズにおけるものであります。
                                  4/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
                                  事        項
        年月
      1984年2月       埼玉県川口市幸町三丁目8番7号においてファクトリーオートメーション等の受託開発事業を目的
             として、株式会社アドミラルシステムを設立
      1985年11月       本社を埼玉県川口市飯塚一丁目18番10号に移転
      1991年5月       本社を埼玉県川口市飯塚一丁目18番8号に移転
      1995年2月       インターネットに関する情報を収集することを目的として米国オレゴン州にASUSA                                      Corporation
             を設立(現・連結子会社)
      1996年4月       現・主業務であるホスティングサービスを開始
      1998年8月       有限会社丸山商事(資本金400万円)を吸収合併
      2000年1月       呼称を「ASJ」とする
             カスタマーサービスセンター設置
      2003年1月       東京証券取引所マザーズ上場
      2004年11月       デジタルコンテンツ事業の業容拡大を目的として、株式取得により株式会社イー・フュージョンを
             完全子会社化(現・連結子会社)
      2005年1月       新規事業戦略の一環として、スポーツレイティング情報配信サービスを提供する、
             株式会社スポーツレイティングスを設立
      2007年4月       マーケティング力の強化及び業容の拡大を目的として、株式取得により、株式会社ネオス
             (2009年12月 株式会社ASJコマースへ商号変更)を子会社化(現・連結子会社)
      2009年12月       商号を株式会社ASJへ変更
             本社を現在地へ移転
             技術センター設置
      2010年3月       株式会社スポーツレイティングス(資本金1億円)を吸収合併
      2011年4月       商工会議所における検定受付代行システムの提供開始
      2011年6月       クレジットカード業界の国際的セキュリティ基準「PCIDSS                           Ver.2.0」完全準拠認定を取得
      2012年9月       育成型戦略シミュレーションゲーム「時空覇王伝」の提供開始
      2014年2月       ゲームポータルサイト「ASJ             Games」の運営開始
      2015年6月       クレジットカード業界の国際的セキュリティ基準「PCIDSS                           Ver.3.0」完全準拠認定を取得
      2016年2月       システムインテグレーション事業の拡大及び人事管理システムをベースとしたクラウドサービスの
             提供を行うことによる業容の拡大を目的として、株式取得により株式会社NTTデータ・アイテッ
             クス(2016年2月 アイテックス株式会社へ商号変更)(現・連結子会社)及び東北情報システム株
             式会社を子会社化
      2017年7月       情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格である「ISO/IEC                                    27001:2013」の認証
             を取得
      2018年3月       「RNCDDS」に関する技術が、日本国内にて特許権取得
      2019年10月       アイテックス株式会社(資本金4億5,000万円)が東北情報システム株式会社(資本金3,000万円)
             を吸収合併
                                  5/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社ASJ)及び連結子会社4社により構成されており
       ます。なお、当社グループは、ネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略してお
       ります。
               主要サービス                       主要な会社
       インターネットサーバサービス                       当社

       デジタルコンテンツ                       株式会社ASJコマース
       不動産賃貸                       株式会社イー・フュージョン

                              アイテックス株式会社
                              ASUSA   Corporation
       [事業系統図]

                                  6/80















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                                主要な事業の
          名称          住所      資本金              有割合           関係内容
                                内容
                                          (%)
     (連結子会社)

                                               当社より研究開発の業務を
                   米国オレゴン        千米ドル     ネットサービス
                                               受託しております。
     ASUSA   Corporation
                                           100.0
                   州セーラム           100   事業
                                               役員の兼任があります。
                                               当社が一部のサーバ運用及

                             千円   ネットサービス               び受託開発を行っておりま
     (株)イー・フュージョン             埼玉県川口市                        100.0
                           100,000     事業               す。
                                               役員の兼任があります。
                                               当社が同社の提供するサー

                                               ビスのアプリケーションの
     (株)ASJコマース                       千円   ネットサービス
                   埼玉県川口市                        100.0    開発及びサーバ運用を行っ
     (注3)
                            72,000    事業
                                               ております。
                                               役員の兼任があります。
                                               当社が一部のサーバ運用及
                                               び受託開発を行っておりま
     アイテックス(株)                       千円   ネットサービス
                   東京都中央区                        100.0
                                               す。
     (注2,4)
                           452,598     事業
                                               役員の兼任があります。
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、各社における事業の名称を記載しております。
       2.特定子会社に該当しております。
       3.㈱ASJコマースについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
         主要な損益情報等(日本基準)
          (1)売上高        629,482千円
          (2)経常利益        18,205千円
          (3)当期純利益        11,957千円
          (4)純資産額        147,386千円
          (5)総資産額        210,524千円
       4.アイテックス㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
         主要な損益情報等(日本基準)
          (1)売上高        925,598千円
          (2)経常利益         9,025千円
          (3)当期純利益        21,835千円
          (4)純資産額        476,744千円
          (5)総資産額       1,063,472千円
                                  7/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                       155
                全社(共通)
      (注)1.従業員数は就業人員であります。
        2.当社グループは、単一セグメントであるため従業員数は全社共通としております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
                55         37.0              10.7               5,339,439

      (注)1.従業員数は就業人員であります。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.当社は、単一セグメントであるためセグメント別の従業員数の記載はしておりません。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/80














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       (1)  経営方針
         当社グループは、ネットサービス事業及びその付随するサービスの提供を行っております。
         当社グループの基本理念に則り、新たなサービスを積極的に提供することにより、永続的な利益の計上と長期的
        な成長を目指してまいります。
       (2)  目標とする経営指標

         当社グループでは、経営における収益性及び安定性の確保の観点から、経営成績等を分析・検討を行っておりま
        す。その中で、当社グループにおける目標とする経営指標といたしましては、フリー・キャッシュ・フロー及び売
        上収益営業利益率を重要な指標として、安定かつ効率的経営を継続し、株主価値の向上を目指してまいります。
       (3)  経営環境及び対処すべき課題

         当社グループにおける経営環境及び対処すべき課題は下記のとおりと考えております。
         当社グループの属するインターネットサービス事業は、クラウドコンピューティングやビッグデータの活用がさ

        らに拡大していくことが予想されます。
         当連結会計年度において、当社グループは、現時点で予測される将来の損失を一括計上するとともに事業構造の
        見直しを実施することで、より柔軟で機動的な企業経営を行う体制を整備いたしました。
         今後は、更なる将来への成長に向けて加速するため、グループ相互間のシナジーを創出し、研究開発活動及び事
        業の拡充に向けた施策を講じていくことで、収益性の向上を目指してまいります。
                                  9/80













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        以下において、当社グループの事業の状況並びに経理の状況等に関する事項のうち、リスク要因となる可能性があ
       ると考えられる主な事項並びに投資者の判断に重要な影響を及ぼすと考えられる主な事項を記載しております。
        当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識したうえで、発生の予防及び発生した場合の対応に努める方
       針ですが、当社株式に関する投資判断は、以下の記載事項を慎重に検討したうえで行われる必要があると考えており
       ます。また、以下の記載事項は当社株式への投資に関連するリスクを全て網羅するものではありません。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)事業内容に関するリスク

        ①  Eコマース市場について
          当社グループは、インターネットを基盤としたサービスを展開し、中小企業や個人事業主を中心に、Eコマー
         ス(インターネットを利用した商取引)を行う為の各種サービスを提供しております。Eコマース市場について
         は、順調に拡大しておりますが、インターネット及びEコマースは歴史が浅いため、将来性については不透明な
         部分があり、急激な成長による安定性や信頼性が損なわれるような弊害が発生した場合や、法的規制等により、
         インターネット利用者数やEコマース市場が順調に成長しない恐れもあり、当社グループの事業及び業績に影響
         を及ぼす可能性があります。
        ②  競合について

          インターネットの浸透により、インターネットビジネスが成長し続ける中、ネットサービス事業におきまして
         は、多くの競合他社が存在し、機能競争並びに価格競争が激化しております。
          当社グループは、安定したサーバの提供、付加サービスの差別化、内製による価格優位性を軸にサービスを提
         供しておりますが、今後において当社グループと同様の事業形態を有する事業者の増加や、当社グループに比
         べ、資本力・マーケティング力・幅広い顧客基盤・ブランド力・技術力を有する企業グループの参入又は新たな
         企業グループが誕生する可能性もあり、利用者獲得をめぐる競争が激しくなり、当社グループのサービスが充分
         に差別化出来ない場合や、価格引き下げの必要性に迫られたり、当社グループの価格体系が競争力を失った場合
         等には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  技術革新について

          当社グループが展開している事業は、主としてインターネット関連技術により成り立っております。インター
         ネット関連技術は、新技術や新製品及び新サービスの進歩が著しく、また、進歩に応じて、業界標準及び利用者
         ニーズも急速に変化します。
          当社グループは、サービスの提供に必要となるサーバの構築から、提供するサービス並びにソフトウェア及び
         顧客データベースに至るまで、自社で開発をしております。今後も新規サービス等を自社で開発し提供していく
         方針でありますが、当社グループが想定しない技術革新、新サービスの急速な普及等により、事業環境が急激に
         変化した場合には、必ずしも迅速に対応出来るとは限らず、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性
         があります。
        ④  売上債権の回収について

          当社事業における売上債権は、消費者、個人事業主、中小企業等を対象とした少額債権が多数を占めておりま
         す。当該債権を回収する方法は利用者の利便性を考慮し、銀行振込、口座振替及びクレジットカード決済並びに
         コンビニ決済等、多岐にわたっておりますが、その一方で、利用者側で能動的に代金が支払われない場合には、
         当該売上債権の回収が滞る可能性があります。
          当社は、可能な範囲で前受けによる料金体系をとっておりますが、売上債権が未回収債権となった場合には、
         電話、FAX、電子メール、郵便等による督促、場合によってはサービサーの活用及び訴訟の提起等の法的措置
         による回収を実施し、可能な範囲で債権回収に努めており、回収不能と認められる部分について貸倒引当金を計
         上しておりますが、今後の経済状況等の影響により、破産等による未払者数や未回収金額が増加した場合、当社
         グループの業績に影響を与える可能性があります。
                                 10/80





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ⑤  安全対策について
          当社グループのサービス提供は、24時間管理体制での運営となるため、障害の兆候が見受けられる場合や障害
         が発生した場合には、自動的に監視要員及び関係責任者に通知する体制を整え、24時間監視に努めております。
          また、サーバ設備につきましても、カードキー等による厳重な入退出管理のほか、地震等の災害に備え必要な
         防災措置を施し、専門業者による定期的な検査の実施等、電源やネットワークの安定化に努めております。ま
         た、ファイアウォールやコンピューターウィルス防御などの安全対策も施しております。
          しかしながら、当社グループのサービスは通信ネットワークに依存しており、災害や予期せぬ事故、不測の停
         電、通信ネットワークの遮断、サーバ機能の停止、不法な行為が生じた場合等には、サービス提供が出来なくな
         る可能性があります。ひとたび障害がおこり、サービスの信頼性低下や企業イメージの悪化を招くような場合に
         は、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (2)事業体制に関するリスク

        ①  グループ経営について
          当社グループは、連結財務諸表を作成し連結グループ経営をしており、当社は、連結子会社についてその運営
         にあたり、適切な管理及び支援を行っております。しかしながら、当社による連結子会社への管理及び支援が適
         切に行われず、当該連結子会社の業績の悪化や不祥事等が発生した場合、企業イメージの悪化等により、当社グ
         ループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  内部管理体制について

          当社グループは、事業の拡大に伴う企業価値の持続は、適正な連結財務諸表の作成、内部統制の徹底、コンプ
         ライアンス対策の強化等、コーポレート・ガバナンスが有効に機能することが不可欠であると認識しておりま
         す。このため、業務の適正性及び財務報告の信頼性の確保等を目的として内部監査室を設置し、内部管理体制の
         充実に努めております。
          しかしながら、体制の整備が事業環境の急速な変化や事業の拡大に追いつかず、内部管理体制が不充分にな
         り、不祥事や管理面に支障が生じた場合、当社グループへの法的責任の追求や企業イメージの悪化等、効率的な
         業務運営がされず、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  小規模組織の管理体制について

          当社グループは、2019年3月31日現在、従業員数155名と組織が小さく内部管理体制もこのような規模に応じ
         たものとなっております。今後におきましては、必要に応じて人員の拡充を図っていく方針でありますが、人員
         の増加に対する管理体制の構築が順調に進まない場合には、業務に支障をきたす可能性もあり、当社グループの
         事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ④  人材の確保について

          当社グループは、サービス提供の為に必要となるサーバ及びアプリケーションについては、基本的に当社グ
         ループ内で構築しており、また、当社グループは顧客サポートについても重要であるという認識のもと、ハード
         とソフトの両面から、顧客が満足出来るサービスを提供する為には、優秀な開発要員並びにサポート要員が必要
         であると考えており、今後とも優秀な人材の獲得及び教育に注力する方針であります。
          しかしながら、事業拡大等に伴い、当社グループが必要とする人材を安定的に確保出来る保証はなく、また、
         計画通りの人材育成や適正な人材配置が行われず、優秀な人材が充分に確保出来ない場合には、当社グループの
         事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ⑤  顧客の獲得及び維持について

          当社グループの主たる事業は、ネットサービス事業であり、日々刻々と変わる市場動向に柔軟に対応し、新規
         顧客の獲得と既存顧客の維持の為に継続的なサービス提供をしております。
          しかしながら、これらのサービスが顧客のニーズと合致しない場合や、逆に顧客が急増するような局面におい
         て、バックボーンの迅速な対応が出来ずに、顧客が当社グループのサービスに満足を得られない場合や、顧客都
         合による解約数が増加した場合、また新規顧客が充分に獲得出来ない場合には、当社グループが顧客を維持出来
         ない可能性もあり、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 11/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ⑥  代表者及び特定人物への依存について
          当社グループの創業者である丸山治昭は、当社大株主かつ代表取締役であり、当社グループの経営方針や戦略
         の決定、新規事業や新サービスの企画立案、技術面の事業推進等、総合的に多大な影響力を有しております。ま
         た、当社グループは、専門的な知識や技術及び経験を有する役員、幹部社員が、経営及び業務執行について重要
         な役割を果たしております。
          当社グループは、代表者及びこれらの特定人物に過度に依存しない経営体制を構築しつつありますが、何らか
         の理由により、代表者及び特定人物が業務を継続出来ない事態が生じた場合、当社グループの事業に重大な影響
         を与える可能性があります。
        ⑦  ECサービスにおける主要取引先との協業関係について

          当社グループのECサービスにおいて、クレジットカード会社は、重要な取引先であり、現在も良好な関係を
         保っております。しかし、今後、各クレジットカード会社の事業戦略の変更等により、当社グループとの契約に
         ついて、当社グループに不利な内容変更や、契約更新の拒絶を求められる可能性も考えられ、その場合には当社
         グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)コンプライアンスに関するリスク

        ①  法的規制について
          当社グループでは、会社法等の一般法令のほか、事業を運営するにあたり様々な法令等規則の適用を受けてお
         り、「電気通信事業法」「電気特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法
         律」「特定商取引に関する法律」「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」「青少年が安全に安心して
         インターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」「個人情報の保護に関する法律」「消費者契約法」
         「古物営業法」「不当景品類及び不当表示防止法」「薬事法」「資金決済に関する法律」等の各種法令を遵守
         し、法令違反が発生しないような体制作りを行っております。また、直接的ではないものの、インターネット
         サーバサービス等の提供事業者としての自社サーバ上の管理責任のもと、「風俗営業等の規制及び業務の適正化
         に関する法律」「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」「暴力団排除条令」等の各種法令及び条例につい
         て、アクセス管理者としての努力義務を遂行しております。「暴力団排除条令」については、暴力団等でないこ
         との誓約書の提出並びに特約条項の整備等に努めておりますが、警察や埼玉県暴力追放・薬物乱用防止センター
         等への照会体制の不備等により意図せず暴力団等との取引が行われた場合に、重要な契約の解除や補償問題等が
         発生した場合には、当社グループの社会的信用を毀損される可能性があります。
          また、様々な各種法令や監督官庁の指針、ガイドライン等の予期せぬ制定や改正等により、当社グループの事
         業が新たな規制を受け、または既存の規制が強化された場合には、当社グループの事業運営に制限を受ける可能
         性もあり、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ②  個人情報保護について

          当社グループは、ネットサービス事業を通じて、多数の個人情報を保持しております。このため、お預かりし
         ている個人情報について、当社グループは「個人情報の保護に関する法律」による個人情報取扱事業者としての
         義務を課せられており、法令に則って作成したプライバシーポリシーを当社サイト上に提示し、これに則り個人
         情報の管理をしております。
          しかしながら、システムの瑕疵等により、個人情報が外部に流出する事態が生じた場合には、事後処理にかか
         る多額のコスト負担や、損害賠償請求を受ける可能性もあり、また当社グループのシステムが社会的信用を失
         い、企業イメージの悪化等により、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
        ③  情報セキュリティについて

          当社グループでは、利用者の個人情報をはじめとする情報の管理並びに保管等に関しての規程の策定、社内
         ネットワークの監視、ISMS(ISO/IEC                  27001:2013)の認証取得を行うとともに、カード情報取扱業務において
         は、クレジットカード業界におけるグローバルスタンダード基準であるPCIDSSVer.                                      3.2.1   の完全準拠を継続する
         等、情報セキュリティの確保に関して可能な限りの取り組みを行っております。
          しかしながら、関係者の故意による情報の持ち出しや当社ネットワークへの悪意あるハッキング、未知のコン
         ピューターウィルスへの感染やファイル共有ソフトの誤使用等による情報漏洩等が発生する可能性は否定できま
         せん。当社グループは、継続的な情報管理体制の強化に努めておりますが、万一情報漏洩等が発生した場合、当
         社グループの信用を失い、事業活動及び業績等に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                 12/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ④  海外での事業活動について
          当社グループでは、日本のほか、海外子会社において、アメリカの法律、規制等に従って、インターネット関
         連の研究・開発事業等を展開しておりますが、輸出入に関する規制、関税等の租税に関する制度の制定又は改定
         等、その他予期しない法律の制定又は改定等が行われたり、集団提訴の提起、多額の損害賠償命令、関連法令等
         に基づく勧告や手続の執行を受ける可能性があります。また、戦争、テロリズム、紛争又はその他の要因による
         社会的又は政治的混乱等の発生により、当社グループの事業活動及び業績等に重大な影響を与える可能性があり
         ます。
        ⑤  損害賠償責任等について

          当社グループでは、インターネットによる通信販売サイトの運営及び利用者がインターネット上で通信販売サ
         イト構築等を容易に行うことを可能にするサービス等を提供しております。インターネット通信販売事業におい
         て、当社グループは売買契約等の当事者となり、商品・役務の品質、内容に責任を負います。規約において、商
         品の保証に関しては、特に指定のない限り製品保証書の内容に準拠するものとしており、商品の販売、役務の提
         供に際しては、関係法令を遵守し、品質管理に万全を期していますが、欠陥のある商品を販売し、又は欠陥のあ
         るサービスを提供した場合、監督官庁による処分を受ける可能性があるとともに、商品回収や損害賠償責任等の
         費用の発生、信用低下による売上高の減少等により、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
          また、決済代行サービスにおいては、売買契約等の当事者とはならず、規約においても、取扱禁止商品等や禁
         止行為を明示し、販売者又は役務提供者と購入者又は役務の提供を受ける者との間で生じたトラブルについて、
         当社グループは責任を負わず、当事者間で解決すべきことを定めています。しかし、他人の知的財産権、名誉、
         プライバシーその他の権利等を侵害する行為、詐欺その他の法令違反行為等が行われた場合に、問題となる行為
         を行った当事者だけでなく、当社グループもシステム提供者として責任を問われ、当社グループに対して苦情が
         なされたり、補償を求められる場合や集団訴訟が提起されること等が生じた場合、当社グループの事業活動及び
         業績等に重大な影響を与えたり、当社グループの信用毀損につながる可能性があります。
       (4)知的財産権に関するリスク

         当社グループは、独自開発のシステムやビジネスモデルに関して、特許権や実用新案権等を取得できるものや、
        取得すべきものについては、その取得を目指して対応していく方針でありますが、現在、当社グループの主要な
        サービスのシステムやビジネスモデルについては、技術的並びにビジネス的に特許には該当しないと判断している
        ため、特許出願等は行っておりません。また、当社グループは提供を行うほぼ全てのサービス等を自社で開発する
        ことにより、他社から知的財産権の侵害を主張されない体制を整えております。しかしながら、当社グループの
        サービスに採用されている仕組み等の全部又は一部が、今後成立する特許に抵触する可能性があることは否定出来
        ず、このような場合、法的な紛争やサービス変更等の対応、ロイヤリティの支払が発生する可能性もあり、当社グ
        ループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)設備投資及び投融資に関するリスク

         当社グループは、事業の維持・成長のために、継続的な設備投資並びにサービス販売等に関わる業務を有利に行
        う為、資金の効率的な運用目的の為に投融資を行っております。今後も、業務提携、資金運用等、必要に応じて設
        備投資並びに投融資を行い、事業の拡大を図る方針です。その際の設備投資額並びに投融資額につきましては、現
        在の事業規模と比較して多額となる可能性もあり、当社グループの財務状況等、経営全般にわたるリスクが拡大す
        る可能性があります。また、資産価値の下落や、投融資先の経営成績及び財政状態の推移によっては、投融資額を
        回収出来ない可能性もあり、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       業績等の概要
       (1)業績
        当連結会計年度における我が国の経済状況は、個人消費は堅調な雇用情勢を受け堅調に推移しているものの、輸出
       低迷や設備投資の伸び鈍化を受け、不透明な状況が続いております。
        このような状況の中、当社グループでは、2019年3月期第4四半期において750,627千円(前年同期比17.4%増)の
       売上収益を計上する等、既存サービス及びグループ各社の業績が堅調に推移した事により、通期連結売上収益は
       2,315,934千円(前期比2.1%増)と過去最高の売上収益を記録いたしました。
        しかしながら、ソフトウェア開発等への積極的な投資を行った結果、売上原価が増加したことに加え、当連結会計
       年度中に提供を予定していた新規ゲームのリリース中止に伴う固定資産除却損を34,272千円計上するとともに、事業
       全般の見直しに伴う既存事業の事業計画の変更を踏まえ、IFRSに基づく減損テストを実施した結果、減損損失を
       351,706千円計上いたしました。
        その結果、     営業損失は423,130千円、            親会社の所有者に帰属する当期損失は                  439,240    千円となりました        。
       (2)キャッシュ・フロー

        当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前損失を計上いたしましたが、その費用の多
       くが減価償却費及び減損損失といった非資金費用であったことから、62,092千円の増加(前年同期は218,768千円の
       増加)となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、土地及び建物の購入等による固定資産の増加等により、474,735千円の支
       出(前年同期は372,079千円の支出)となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、土地及び建物を購入したことに伴う借入金による収入等により、113,201
       千円の増加(前年同期は90,993千円の増加)となりました。
        以上の結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ298,202千円
       減少し、745,040千円となりました。
       (3)資本の財源及び資金の流動性

        当社グループの主な資金需要につきましては、営業活動で使用される財・サービスに関する運転資金の他、設備投
       資やサービスの提供に必要となるソフトウェアの開発、研究開発活動等の戦略的投資を行っております。これらの必
       要資金につきましては、設備投資資金は借入により、それ以外の資金は、自己資金で賄っております。また、資金の
       流動性につきましては、フリー・キャッシュ・フローの推移に留意しつつ、経営を行っており、運転資金や一定の戦
       略投資に備えられる現預金等の流動性資産を確保しております。
        なお、有価証券報告書提出日(2019年6月26日)現在における重要な資本的支出の予定はありません。
       生産、受注及び販売の実績

       (1)生産実績
         当連結会計年度における生産実績について、アイテックス株式会社及び株式会社イー・フュージョンが企画・制
        作をしている業務は受注生産でありますが、現在のところ生産実績は販売実績とほぼ一致しております。従いまし
        て、生産実績に関しましては「(3)販売実績」をご参照ください。
       (2)受注実績

         当連結会計年度における受注実績は次のとおりであります。
                       受注高    (千円)               受注残高     (千円)

         セグメントの名称                       前年同期比(%)                    前年同期比(%)
      ネットサービス事業                    796,428           145.1         223,149           233.1

      (注)   上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (3)販売実績

         当連結会計年度における販売実績は次のとおりであります。
                                金額(千円)

           セグメントの名称                                    前年同期比(%)
      ネットサービス事業                               2,315,934                    2.1

      (注)   上記の金額には消費税等は含まれておりません。
                                 14/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
        文中における将来に関する事項につきましては、当連結会計年度末(2019年3月31日)現在において判断したもの

       であります。
       (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第
       28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、国際会
       計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
        当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、後述の「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財
       務諸表 連結財務諸表注記 3.重要な会計方針」をご参照ください。
        文中における見積り等に関する事項につきましては、現在入手している情報の範囲内で判断及び仮定を行っている
       ものであり、リスクや不確実性が含まれたものであります。よって、今後の様々な要因により、見積り等とは大きく
       異なる結果が生じる可能性があります。
       (2)  経営成績の分析

        経営成績の分析につきましては、「業績等の概要 (1)                          業績」に記載しておりますのでご参照願います。
       (3)  財政状態の分析

        当社グループの当連結会計年度末における資産は、減損損失を計上した結果、無形資産が214,606千円減少する等
       により、前連結会計年度末と比べ280,583千円減少し、4,016,445千円となりました。
        また、負債につきましては、子会社の業容拡大に伴う土地及び建物の購入を行った際の資金として借入をおこなっ
       たこと等により、        前連結会計年度末と比べ169,853千円増加し、1,192,668千円となりました。
        資本につきましては、親会社の所有者に帰属する当期損失を計上したこと等により、前連結会計年度末と比べ
       450,437千円減少し、2,823,777千円となりました。
       (4)  経営成績に重要な影響を与える要因について

        経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「2 事業等のリスク」をご参照願います。
       (5)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

        資本の財源及び資金の流動性についての分析につきましては、「業績等の概要 (2)                                        キャッシュ・フロー」及び
       「業績等の概要         (3)資本の財源及び資金の流動性」                 をご参照願います。
       (6)  経営成績等の状況の概要に係る主要な項目における差異に関する情報

        (のれんの償却)
        日本基準ではその効果の及ぶ期間を見積もり、その期間で償却することとしておりますが、IFRSでは移行日以降の
       償却は行われず、毎期減損テストを実施することが要求されております。この影響により日本基準に比べて、前連結
       会計年度において販売費及び一般管理費が30,796千円、当連結会計年度において販売費及び一般管理費が29,652千円
       減少しております。
                                 15/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       (1)業務委託契約
      契約会社名          相手方の名称            契約年月日           契約内容            契約期間
             株式会社日本レジストリ                       ドメインの登録申請等

                           2001年1月31日                      期間1年の自動更新契約
             サービス                       の取次に関する業務
             一般社団法人日本ネット

                                    IPアドレス割り当て
      当社       ワークインフォメーショ             2002年10月15日                      期間1年の自動更新契約
                                    等の管理業務
             ンセンター
             一般社団法人日本野球機                       球団名、球団マーク等             2019年3月1日から

                           2019年3月1日
             構                       使用許諾             2020年2月29日まで
       (2)業務提携契約

      契約会社名          相手方の名称            契約年月日           契約内容            契約期間
             株式会社ジェーシービー             2004年8月6日          包括代理加盟店            期間1年の自動更新契約

             ユーシーカード株式会社             2004年9月17日          通信販売加盟店            期間1年の自動更新契約

             三井住友トラストクラブ

                           2008年2月19日          包括代理加盟店            期間1年の自動更新契約
             株式会社
             三菱UFJニコス株式会                       包括代理通信販売加盟

      当社                     2008年9月5日                      期間1年の自動更新契約
             社                       店
             トヨタファイナンス株式

                           2013年5月20日          包括加盟店            期間1年の自動更新契約
             会社
             三井住友カード株式会社             2013年12月6日          包括代理加盟店            期間1年の自動更新契約

             楽天カード株式会社             2015年1月7日          包括代理加盟店            期間1年の自動更新契約

       (3)技術提携契約

      契約会社名          相手方の名称            契約年月日           契約内容            契約期間
             株式会社Doctor        Web

                                    ウイルスチェック用エ             2016年5月3日から
      当社                     2016年5月3日
             Pacific                       ンジンの提供             2019年5月2日まで
      5【研究開発活動】

        当社グループの研究開発活動は、業界全体の変化が著しいインターネット業界において最新の業界動向を見据えた
       うえで、常に最新の技術を研究しております。その研究の成果を利用し、顧客のニーズに対応した新サービスの提供
       を迅速に行うことにより、顧客満足度の向上を図るべく常に技術の発展に取り組んでおります。現在の研究開発要員
       につきましては、人員の増強ならびに教育訓練に注力しております。また、当社グループは変化が著しいインター
       ネット業界において事業を行ううえで、迅速な研究開発が必要不可欠であるため、状況に応じてプロジェクトチーム
       を編成し、研究開発活動の効率化を図っております。
        研究開発活動は、当社技術本部及び連結子会社であるASUSA                            Corporationが密接に連携して各プロジェクトを推進
       いたしております。
        当連結会計年度における研究開発費の総額は                     37,842   千円となっており、主な内容としましては、ソフトウェアの開
       発を行うための研究開発活動ならびにサーバ性能の向上を図るための研究開発活動が中心となっております。
        なお、当社グループは、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
                                 16/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】

        当社グループでは、ネットサービス事業におけるサービス充実のため、継続的にサーバ設備の構築及びソフトウエ
       アの開発を行っております。
        当連結会計年度において実施した設備投資額は総額で                          477,960    千円であり、重要な設備の除却、売却はありませ
       ん。また、当社グループは単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
        なお、IFRSに基づく帳簿価額にて記載しております。
       (1)提出会社
                                                    2019年3月31日現在
                                   帳簿価額(千円)

       事業所名                                                 従業員数
               設備の内容
                             車両     工具           ソフト
                                        土地
       (所在地)                建物及び                                 (人)
                                                   合計
                       構築物                [面積㎡]
                             運搬具     器具備品           ウエア
             管理業務施設
     本社                                   617,749
             カスタマーサービス          427,350      16,042       85           0  1,061,228         28
     (埼玉県川口市)                                  [497.71]
             センター
     技術本部        サーバ設備                           146,970
                        65,637        0    1,308           31,123     245,039        27
     (埼玉県川口市)        技術センター                          [464.70]
     物流センター                                   105,476
             物流倉庫           14,527       -      -           -   120,003        -
     (埼玉県川口市)
                                        [496.00]
     保養所
                                         3,156
     (群馬県吾妻郡嬬        福利厚生施設
                          0     -      -           -    3,156       -
                                        [934.61]
     恋村)
      (注)帳簿価額には、建設仮勘定及びソフトウェア仮勘定は含んでおりません。
       (2)国内子会社

                                                    2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)

              事業所名                                           従業員数
       会社名            設備の内容
             (所在地)                                           (人)
                                車両     工具          ソフト
                         建物及び構                 土地
                                                    合計
                         築物
                                         [面積㎡]
                               運搬具     器具備品           ウエア
             本社
                   管理業務施設
     (株)イー・フュー
             (埼玉県      及びサーバ設          -     -     -     -     -     -      3
     ジョン
                   備等
              川口市)
             本社・物流      管理業務施設
     (株)ASJコマース       (埼玉県      及び物流セン          -     -     187      -     -     187      ▶
              川口市)      ター
             本社
                   管理業務施設
             ( 東京都
                           3,704      -    8,435      -   436,214     448,354       56
                   及び営業所
              中央区)
             大阪事業所
             ( 大阪府
     アイテックス              営業所         286      -      0     -     -     286      6
              大阪市
     (株)
              東淀川区)
             仙台事業所
                   営業所及びカ
             (宮城県
                   スタマーサー        5,651       0   1,400      -     -    7,051      31
              仙台市
                   ビスセンター
              青葉区)
       (注)1.帳簿価額には、ソフトウェア仮勘定は含んでおりません。
         2.(株)イー・フュージョンは就業者5名のうち2名が役員、(株)ASJコマースは就業者5名のうち1名が役員であります。
            なお、就業者の人数は、当社取締役との兼務者を除いており、出向者(1人)は含んでおりません。
                                 17/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                    2019年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
              事業所名                                           従業員数
       会社名            設備の内容
                                車両     工具          ソフト
             (所在地)            建物及び                土地               (人)
                                                    合計
                          構築物               [面積㎡   ]
                               運搬具     器具備品           ウエア
            本社       管理業務施
     ASUSA
            (米国オレゴン       設及び   研究
                            -     -     270      -     -     270      -
     Corporation
            州セーラム)       開発  設備
     (注)ASUSA     Corporationは、就業者3名のうち3名が役員であります。なお、就業者の人数は、当社取締役との兼務者を除いております。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設
         当連結会計年度末現在における重要な設備の新設の計画は次のとおりであります。
                           投資予定金額                 着手及び完了予定年月
                                     資金調達
     会社名事業所                                                  完成後の増加
             所在地     設備の内容
     名                    総額     既支払額                        能力
                                      方法
                                            着手      完了
                         (千円)      (千円)
     提出会社
                  サーバ設備           -      -  自己資金         -      -      -
     本社      埼玉県川口市
                  ソフトウェア                   自己資金
                            -      -          -      -      -
     技術本部
     アイテックス
            東京都中央区      ソフトウェア                   自己資金
                            -      -          -      -      -
     (株)本社
      (注)サーバ設備及びソフトウエアについては、当社及びアイテックス㈱のサービス提供において継続的に設備を新設する必要性があること
        から、投資予定金額の総額、着手及び完了予定の期日等を定めておりません。
       (2)重要な設備の除却等

         特記事項はありません。
                                 18/80












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】

       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種      類
                                         発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          26,400,000

                  計                                26,400,000

        ②【発行済株式】

                                          上場金融商品取引所
             事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種   類                                             内   容
                                          名又は登録認可金融
               (2019年3月31日)              (2019年6月26日)
                                          商品取引業協会名
                                           東京証券取引所
                                                     単元株式数
                    7,947,100             7,947,100
       普通株式
                                           (マザーズ)
                                                     100株
                    7,947,100             7,947,100            -          -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      2017年4月1日~
                  693,600       7,947,100         454,583       1,373,833         454,583        684,396
      2018年3月31日
      (注)
      (注)新株予約権の行使による増加であります。
       (5)【所有者別状況】

                                                     2019年3月31日現在
                            株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
                                                        株式の状
         区分      政府及び                     外国法人等
                         金融商品     その他の              個人
                地方公共     金融機関                               計
                         取引業者     法人              その他
                                                        況(株)
                団体                   個人以外      個人
     株主数(人)             -     5    23     20     15     7    3,328      3,398       -
     所有株式数(単元)             -    2,634     6,082      197    1,580      22    68,948      79,463       800

     所有株式数の割合(%)             -    3.31     7.65     0.25     1.99     0.03     86.77     100.00       -

       (注)1.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、7                             単元含まれております。
         2.自己株式94,918株は、「個人その他」に949単元を含めて記載しております。
                                 19/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                            3,164,600            40.30

     丸山 治昭               埼玉県川口市
                                             307,400           3.91
     株式会社SBI証券               東京都港区六本木1丁目6番1号
                                             136,300           1.74

     株式会社三井住友銀行               東京都千代田区丸の内1丁目1番2号
                                             116,400           1.48

     田村 公一               埼玉県川口市
                    埼玉県さいたま市浦和区常盤7丁目4-1                        113,600           1.45

     株式会社埼玉りそな銀行
                                             104,500           1.33

     青木 邦哲               埼玉県川口市
                    埼玉県川口市栄町3丁目2-16                         95,500           1.22

     ASJ従業員持株会
                                             92,500           1.18

     堀 正明               埼玉県川口市
                                             90,200           1.15

     黒岩 潤司               東京都練馬区
                                             85,000           1.08
     丸山 徳廣               埼玉県川口市
                              -             4,306,000            54.84

            計
       (注)上記のほか、自己株式が94,918株あります。
       (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                               2019年3月31日現在
                        株式数(株)          議決権の数(個)
            区分                                     内容
                               -      -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                          -      -            -
     議決権制限株式(その他)                          -      -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                        94,900         -            -

                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                      7,851,400           78,514           -
                      普通株式
                               800       -
     単元未満株式                 普通株式                     1単元(100株)未満の株式
                           7,947,100          -            -
     発行済株式総数
                               -        78,514           -
     総株主の議決権
       (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が700株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同
         機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数7個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                          自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合         に対する所有株
     所有者の氏名又は
                 所有者の住所
                          式数(株)         式数(株)         計(株)         式数の割合
     名称
                                                    (%)
                埼玉県川口市栄町
     株式会社ASJ                        94,900         -         94,900         1.19
                3丁目2-16
                   -          94,900         -         94,900         1.19
         計
      2【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する                        普通株式の取得
                                 20/80


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           会社法第192条第1項の規定に基づく単元未満株式の買取請求による取得
                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)

      当事業年度における取得自己株式                                      18           30,906
      当期間における取得自己株式                                      -             -
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他                            -        -        -        -
      保有自己株式数                          94,918          -      94,918          -

      3【配当政策】

        当社では株主様に対する利益還元を重要な経営課題と認識しており、経営成績及び企業体質の強化のための内部留
       保の確保について勘案したうえで利益配当を実施していく方針であります。また、当社の剰余金の配当は、期末配当
       の年1回を基本方針としており、配当の決定機関は中間配当及び期末配当につきまして取締役会であります。
        株主配当の目安といたしましては、連結配当性向20~30%を目安とし、基本的1株当たり当期利益が年々増加する
       に伴い、1株当たり配当金の継続的な向上に努めつつ、長期的に安定した配当を実施していきたいと考えておりま
       す。
        また、内部留保資金につきましては、当社グループの事業の発展に必要となる開発資金ならびに設備投資資金とし
       て運用するとともに、M&A等を含めた企業価値向上のために必要となる投資を積極的に行うことによって、当社グ
       ループ全体の競争力の向上に努めていく所存であります。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額(円)             1株当たり配当額(円)

           決議年月日
          2019年5月15日
                           15,704,400                  2
           取締役会決議
                                 21/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、経営の効率性・透明性を高め、健全なる事業活動を通
      じて企業価値を最大化することであり、その基本姿勢を基に社会からの信頼を得て、継続的な企業価値の向上を目指し
      てまいります。
      ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

      イ.企業統治の体制の概要
        当社は、取締役会及び監査等委員会を設置し、取締役会の監督機能の強化によりコーポレート・ガバナンスの一層
       の充実と企業価値の向上を図るとともに、より透明性の高い経営の実現と経営の機動性の向上の両立を目指し、監査
       等委員以外の取締役7名及び、監査等委員である取締役3名を選任しております。
       取締役会・取締役

        取締役会は10名の取締役(うち2名は監査等委員である社外取締役)で構成され、原則として毎月1回定例の取締
       役会を開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催します。取締役会は、月次の営業報告に加え、法令、定款及び取締
       役会規定等に定められた事項について審議を行い、取締役相互に質疑、提案並びに意見を交換することにより、取締
       役の業務執行状況を監視し、監督します。なお、当社は、定款において、取締役全員の同意により書面決議により決
       議できること、また重要な業務執行の意思決定の一部を取締役に委任することができる旨を定めております。
       監査等委員会

        監査等委員会は、社内取締役1名、社外取締役2名で構成されており、監査等委員会事務局及び内部監査部門等と
       連携し、取締役会の意思決定過程及び取締役の業務執行状況について監査します。
       内部監査室

        当社では、代表取締役社長直轄の内部監査室(専任1名)を設置し、各部門における業務全般にわたる監査を内部
       監査計画に基づいて行っております。内部監査室では、被監査部門に対して具体的な助言・勧告・業務改善状況の確
       認を行うと共に、監査等委員会や会計監査人との意見交換等により、内部統制組織の監査及び牽制を行っておりま
       す。
       会計監査

        当社は会計監査人として、赤坂有限責任監査法人と監査契約を結んでおり、会計監査を受けております。業務執行
       した公認会計士は、山本顕三及び林令史であり、同監査法人に所属しております。同監査法人は、業務執行社員を倫
       理規則等で定める一定期間で交替しており、同監査法人において策定された交替計画に基づいて、交替する予定と
       なっております。なお、会計監査業務に係る補助者の構成は、公認会計士4名、その他3名となっております。
      ロ.当該体制を採用する理由

       当社は、株主に対する利益還元を継続的に行っていくため、堅実な成長を続けていくことを重要課題としておりま
      す。そのため、経営判断を迅速にし、経営の透明性を高めていくことを目的として企業統治の体制を採用しておりま
      す。
                                 22/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      なお、当社のコーポレート・ガバナンスの体制は次のように図示されます。
      ③  企業統治に関するその他の事項









      イ.内部統制システムの整備の状況
        内部統制システムの基本方針を定め、取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する
       体制やその他会社の業務の適正を確保するための体制の整備を進めております。
      ロ.リスク管理体制の整備の状況
        経営上のリスクの分析及び対策の検討については取締役会が行い、各部署においては、社内規程を整備し、各所
       属長が運用・管理を行うことによりリスク低減に努めております。
      ハ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
        当社は、グループ会社管理規定に基づき、子会社における業務の有効性と効率性、財務報告の信頼性、事業活動
       に関わる法令等の尊守及び資産の保全状況を管理しております。また、内部監査室による子会社内部監査結果の代
       表取締役社長への報告や、必要に応じた取締役及び監査役の派遣などにより、子会社の業務の適正を確保しており
       ます。
                                 23/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      ④  責任限定契約の内容の概要

       当社と監査等委員である取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限
      定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は100万円または法令が定める額のいずれか
      高い額としております。
       また、当社と会計監査人である赤坂有限責任監査法人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1
      項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は500万円または法令
      が定める額のいずれか高い額としております。
       なお、当該責任限定が認められるのは、当該監査等委員である取締役または会計監査人が責任の原因となった職務
      の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
      ⑤  取締役の定数

       当社の取締役(監査等委員であるものを除く。)は8名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする旨定款に
      定めております。
      ⑥  取締役の選任及び解任の決議要件

       当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
      出席し、その議決権の過半数をもって行うとともに、累積投票によらない旨定款に定めております。
       また、解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議決
      権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
      ⑦  株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

       イ.  剰余金の配当等

       当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株
      主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の
      権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
       ロ.中間配当

       当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行
      うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。
       ハ.自己の株式の取得

       当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる旨を定
      款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市場取引等に
      より自己の株式を取得することを目的とするものであります
      ⑧  株主総会の特別決議要件

       当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議
      決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これ
      は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的としており
      ます。
                                 24/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  10 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                        所有株式数
         役職名         氏名     生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             1984年2月     当社設立
         代表取締役
                                  代表取締役社長就任
         会長兼社長        丸山 治昭     1953年1月16日
                                                     (注4)   3,164,600
        最高経営責任者
                             2005年1月
                                  代表取締役会長兼社長就任(現任)
                             1999年4月     当社入社

                             1999年12月     取締役就任
         専務取締役
                             2005年4月     常務取締役最高財務責任者就任
        最高執行責任者         青木 邦哲     1967年5月14日                               (注4)    104,500
                             2008年4月     専務取締役最高財務責任者就任
         営業本部長
                             2013年7月
                                  専務取締役最高執行責任者就任(現任)
                             2017年4月
                                  アイテックス㈱      代表取締役社長就任(現任)
                             2000年9月     当社入社

                             2001年4月     執行役員就任
         専務取締役
                             2002年6月     取締役就任
        最高技術責任者         沼口 芳朗     1963年5月10日                              (注4)     12,500
                             2005年4月     常務取締役最高技術責任者就任
         技術本部長
                             2008年4月     専務取締役最高技術責任者就任(現任)
                             2016年2月     アイテックス㈱      取締役副社長就任(現任)
                             1983年10月     昭和監査法人 入社

                             1987年10月     公認会計士 登録
                             2013年6月     新日本有限責任監査法人 退社
         常務取締役
                             2013年7月     当社入社
        最高財務責任者         中島 茂喜     1953年6月7日                               (注4)      100
                               同   執行役員最高財務責任者就任
         管理本部長
                             2016年2月     アイテックス㈱      取締役管理本部長就任
                                                 (現任)
                             2018年6月
                                  常務取締役最高財務責任者就任(現任)
                             1999年5月     当社入社

         取締役
                             2008年6月     取締役就任(現任)
                 田代 博之     1973年7月25日                               (注4)     82,500
         事業本部長
                             2016年6月     ㈱ASJコマース      取締役就任(現任)
                             1998年3月     当社入社

         取締役
                             2008年6月
                                  取締役就任(現任)
                 星 俊秀     1975年1月19日                               (注4)     21,700
         開発部長
                             2016年6月
                                  ㈱イー・フュージョン         取締役就任(現任)
                             2000年8月     当社入社

         取締役
                             2008年6月
                                  取締役就任(現任)
                 仁井 健友     1975年6月26日                               (注4)     5,000
         IR部長
                             2017年6月
                                  ㈱ASJコマース      取締役就任(現任)
                                 25/80





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名     生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                             1986年2月     当社入社
                             2008年6月     当社常勤監査役就任
                             2010年6月     ㈱イー・フュージョン         監査役就任(現任)
         取締役
                 田村 公一     1959年3月15日                               (注5)    116,400
        (監査等委員)
                                  ㈱ASJコマース      監査役就任(現任)
                             2015年6月     当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                             2016年2月     アイテックス㈱      監査役就任(現任)
                             1963年4月     東京国税局入局

                             2005年6月     税理士登録
         取締役                         安永嵩税理士事務所開設
                 安永 嵩     1945年2月5日
                                                     (注5)     11,300
        (監査等委員)                          同所所長就任(現任)
                             2006年6月     当社監査役就任
                             2015年6月     当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                             2004年7月     東京国税局税務相談室相談官

                             2009年7月     麹町税務署特別国税調査官
                             2010年6月     税理士登録
         取締役
                 石井 裕二     1949年9月2日                               (注5)      300
                             2010年7月     税理士法人世田谷税経センター社員税理士
        (監査等委員)
                             2015年8月     税理士法人世田谷税経センター代表社員税理
                                  士(現任)
                             2017年6月     当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                                          計              3,518,900

      (注)1.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各部門の業務執行機能を明確に区分し、
          経営効率の向上を図るために執行役員制度を導入しております。執行役員は、提出日現在5名で構成されております。
        2.安永嵩氏及び石井裕二氏は社外取締役であります。
        3.当社は、取締役安永嵩氏を東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。
        4.2019年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
        5.2019年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
        6.当社は、法令に定めた員数を欠くこととなる場合に備え、補欠の監査等委員を選任しております。補欠の監査等委員の略歴は下記
          のとおりであります。
               氏名        生年月日                略歴            所有株式数(株)
                              1972年4月      石井鋳工㈱入社

                              1990年2月      船津地産㈱入社
             石井 次男        1949年6月20日        1991年1月      ㈲リフェスト設立                    35,900
                                    同社代表取締役就任(現任)
                              2000年6月      当社監査役就任
                                 26/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は2名であります。社外取締役及びその近親者との人的関係、取引関係はありません。社外
         取締役による当社株式の保有は「役員の状況」の「保有株式」欄に記載のとおりであります。なお、社外取締役
         の安永嵩氏は、一般株主と利益相反の生じる恐れがないと判断し、東京証券取引所の定めに基づく独立役員とし
         て指定し、同取引所に届け出ております。
          当社は社外取締役を選任するための独立性に関する基準または方針はないものの、選任にあたっては、取引所
         の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考に、経営者や特定の利害関係者との関連がなく、一般株主と利益
         相反が生じるおそれがない候補者を、選任しております。
          社外取締役安永嵩氏は、税理士として会社税務・法務に精通しており、会社経営を統括する充分な見識を有し
         ていることから、社外取締役としての職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。
          社外取締役石井裕二氏は、税理士として会社税務・法務に精通しており、会社経営を統括する充分な見識を有
         していることから、社外取締役としての職務を適切に遂行いただけるものと判断しております。
        ③   監査等委員     による監督又は監査と内部監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

          当社の内部監査に関しては、内部監査室1名が実施しております。また、監査等委員は、取締役会等の会議に
         出席し、必要に応じて意見陳述を行うほか、会計監査人並びに監査等委員以外の取締役からの報告を受けるな
         ど、業務執行取締役について厳正な適法性及び妥当性監査と監督を行っております。
          監査及び会計監査の相互連携については、監査の独立性と適正性を監視しながら、定期的に行われる業務報告
         等を含め、必要に応じて情報交換会を開催することで連携を図り、監査の実効性と効率性の向上に努めておりま
         す。
       (3)【監査の状況】

      ①  監査等委員会監査の状況
       監査等委員会は、社内取締役1名、社外取締役2名で構成されており、監査等委員会及び内部監査部門等と連携
      し、取締役会の意思決定過程及び取締役の業務執行状況について監査します。
      ②  内部監査の状況

        当社では、代表取締役社長直轄の内部監査室(専任1名)を設置し、各部門における業務全般にわたる監査を内部
       監査計画に基づいて行っております。内部監査室では、被監査部門に対して具体的な助言・勧告・業務改善状況の確
       認を行うと共に、監査等委員会や会計監査人との意見交換等により、内部統制組織の監査及び牽制を行っておりま
       す。
      ③  会計監査の状況

        イ.監査法人の名称
          赤坂有限責任監査法人
        ロ.業務を執行した公認会計士
          山本顕三
          林 令史
        ハ.監査業務に係る補助者の構成
          会計監査業務に係る補助者の構成は
          公認会計士4名、会計士試験合格者等2名、その他3名となります。
        ニ.監査法人の選定方法と理由
          当社監査等委員会は、監査法人の選定にあたっては、専門性、独立性及び品質管理体制等を総合的に勘案
         し、当社グループの規模拡大に伴って適切に対応できる体制等の観点から当社の会計監査人として、赤坂有限
         責任監査法人が適任であると判断し同監査法人を再任いたしました。
        ホ.監査等委員会による監査法人の評価
          当社監査等委員会は監査法人に対して評価を行っております。監査法人の品質管理、独立性を保持した適正
         な監査、監査報酬等、監査等委員会や経営陣等とのコミュニケーション、不正リスクへの配慮等を評価し、同
         法人による会計監査は適切であると判断しております。
                                 27/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      ④  監査報酬の内容等
        「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日 内閣府令第3号)による
       改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を
       適用しております。
       イ.監査公認会計士等に対する報酬

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                      14,000             -         16,000             -
      提出会社
                        -           -           -           -
      連結子会社
                      14,000             -         16,000             -
         計
       ロ.その他重要な報酬の内容

         前事業年度
          該当事項はありません。
         当事業年度
          該当事項はありません。
       ハ.監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

         前事業年度

          該当事項はありません。
         当事業年度
          該当事項はありません。
       ニ.監査報酬の決定方針

         会計監査人に対する報酬の額の決定に関する方針は、代表取締役が監査等委員会の同意を得て定める旨を定款に

        定めております。
       ホ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査等委員会は日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務方針」を踏まえ、監査方法及び監

        査内容などを確認し、検討した結果、会社法第399条第1項及び第3項の同意をしております。
                                 28/80









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
      役員報酬
      ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
       当社の役員報酬等に関する株主総会の決議年月日は2015年6月23日であり、決議の内容は取締役(監査等委員を除
      く。)年間報酬総額の上限を2億円(ただし、使用人分は含まない。定款で定める監査等委員を除く取締役の員数は
      8名以内とする。本有価証券報告書提出日現在は7名。)、監査等委員取締役の年間報酬総額の上限を5千万円(定
      款で定める監査等委員は4名以内とする。本有価証券報告書提出日現在は3名。                                     ) とするものです。
       当社の役員の報酬の額又はその算定方法の決定に関する方針は、役員規程の中で報酬について、世間水準、経営内
      容及び従業員給与等のバランスを考慮し決定するものと定めており、報酬決定過程の透明性及び客観性を高めており
      ます。その内容は、定期昇給は行わず、再任の場合には任期のその更改期に報酬額の見直しを行い、役位の変更が
      あった場合には、都度改訂を行うことが出来るものとしております。また、業績その他の理由により必要に応じて減
      額の措置をとっております。決定方法につきましては、報酬総額の限度内において、毎年3月中旬に代表取締役が年
      俸額を各役員に提示し、取締役会でこれを決定しております。
      ②  役員区分ごとの報酬等の総額、              報酬等の    種類別の    総額及び    対象となる     役員の   員数

                            報酬の総額(千円)                 対象となる役員の員数(人)
            役員区分
      取締役(監査等委員及び社外取締役
                                      88,995                     7
      を除く)
      取締役(監査等委員)
                                      7,980                    1
      (社外取締役を除く)
                                      3,000                    2
      社外役員
      (注)報酬の種類は、固定報酬のみとなっております。
      ③  役員ごとの連結報酬等の総額等

       連結役員報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
      ④  使用人兼務役員の使用人給与

       該当事項はありません。
                                 29/80











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
      ①  投資株式の区分の基準及び考え方
       当社は、投資株式について、主に株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有す
      る株式を純投資目的である投資株式、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しております。
      ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

      イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適正に関する取締役会等における検証の内容
         当社は持続的な成長と経済価値を高めるため、業務提携など経営戦略の一環として必要と判断する企業の株式
        を有しています。
      ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                      1           32,400

     非上場株式
                      1            615
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                      -             -             -

     非上場株式
                      -             -             -
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                      -             -

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
       ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

         特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                  (千円)         (千円)
                      400         400

     第一生命ホールディ
                                  取引関係の維持                      無
     ングス㈱
                      615         777
                                 30/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、赤坂有限責任
       監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
       することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
       (1)会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応できる体制を整備するため、公
        益財団法人財務会計基準機構に加入し、同機構及び監査法人等が主催するセミナー等に参加する等を行っておりま
        す。
       (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把
        握を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方
        針及び会計指針を作成し、それらに基づいて会計処理を行っております。
                                 31/80












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                 注記
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                        千円             千円
     資産
      流動資産
                                  7        1,043,242               745,040
       現金及び現金同等物
                                  8         420,191             549,075
       営業債権及びその他の債権
                                  9          50,044             50,048
       その他の金融資産
                                 10          56,875             123,279
       棚卸資産
                                           44,960             40,573
                                 11
       その他の流動資産
                                          1,615,314             1,508,017
       流動資産合計
      非流動資産
                                 12        1,383,161             1,421,673
       有形固定資産
                                 13          295,728             295,728
       のれん
                                 13          833,298             618,691
       無形資産
                                  9         160,135             166,895
       その他の金融資産
                                 15           9,091             3,266
       繰延税金資産
                                             300            2,172
                                 11
       その他の非流動資産
                                          2,681,715             2,508,428
       非流動資産合計
                                          4,297,029             4,016,445
      資産合計
                                 32/80













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
                                      前連結会計年度             当連結会計年度

                                 注記
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
                                        千円             千円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                 16            -           13,008
        社債及び借入金
                                 18          340,724             401,982
        営業債務及びその他の債務
                                 24          220,661             218,824
        前受金
                                           33,307             22,495
        未払法人所得税等
                                 20          41,528             39,422
        引当金
                                           124,414             122,168
                                 21
        その他の流動負債
        流動負債合計                                  760,638             817,900
       非流動負債
                                 16            -           115,908
        社債及び借入金
                                 19          139,342             141,098
        退職給付に係る負債
                                 20          32,073             25,489
        引当金
                                 15          81,884             82,463
        繰延税金負債
                                 21           8,876             9,808
        その他の非流動負債
                                           262,176             374,767
        非流動負債合計
                                          1,022,814             1,192,668
       負債合計
      資本
                                 22        1,373,833             1,373,833
       資本金
                                          1,236,586             1,236,586
       資本剰余金
                                 22         △ 42,460            △ 42,491
       自己株式
                                           64,650             69,188
       その他の資本の構成要素
                                           641,604             186,660
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                  3,274,214             2,823,777
                                             -             -
       非支配持分
                                          3,274,214             2,823,777
       資本合計
                                          4,297,029             4,016,445
      負債及び資本合計
                                 33/80









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                      前連結会計年度              当連結会計年度
                                     (自2017年4月1日             (自2018年4月1日
                                 注記
                                     至2018年3月31日)              至2019年3月31日)
                                        千円             千円
                                 24        2,267,392             2,315,934
     売上収益
                                         △ 1,369,677            △ 1,533,313
     売上原価
     売上総利益                                      897,715             782,621
                                 17
                                 19        △ 859,571            △ 819,334
     販売費及び一般管理費
                                 25
                                 26           1,722             1,676
     その他の収益
                                           △ 7,086           △ 388,095
                                 26
     その他の費用
     営業利益又は営業損失(△)
                                           32,779            △ 423,130
                                 27           3,834             3,741
     金融収益
                                           △ 2,425             △ 878
                                 27
     金融費用
     税引前利益又は税引前損失(△)
                                           34,187            △ 420,267
                                          △ 15,307            △ 18,972
     法人所得税費用                            15
                                           18,880            △ 439,240
     当期利益又は当期損失(△)
     当期利益又は当期損失(△)の帰属

                                           18,880            △ 439,240
      親会社の所有者
                                             -             -
      非支配持分
                                           18,880            △ 439,240
      当期利益又は当期損失(△)
     1株当たり当期利益又は当期損失(△)

      基本的1株当たり当期利益又は当期損失(△)(円)                           29           2.46            △ 55.94
                                 34/80











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                        前連結会計年度             当連結会計年度
                                      (自2017年4月1日            (自2018年4月1日
                                  注記
                                       至2018年3月31日)             至2019年3月31日)
                                          千円            千円
     当期利益又は当期損失(△)                                       18,880           △ 439,240
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
                                             4,029            3,228
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                             4,029            3,228
       純損益に振り替えられることのない項目合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                            △ 1,690            1,309
       在外営業活動体の換算差額
                                            △ 1,690            1,309
       純損益に振り替えられる可能性のある項目合計
                                             2,338            4,537

      税引後その他の包括利益
                                             21,218           △ 434,702

     当期包括利益
     当期包括利益の帰属

                                             21,218           △ 434,702
      親会社の所有者
                                               -            -
      非支配持分
                                             21,218           △ 434,702
      当期包括利益
                                 35/80












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結持分変動計算書】
                                   親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                   注記
                                              その他の包括利
                        資本金       資本剰余金        自己株式
                                              益を通じて公正        在外営業活動体
                                              価値で測定する        の換算差額
                                              金融資産
                         千円        千円        千円        千円        千円
     2017年4月1日時点の残高               22      919,250        778,175       △ 228,858        62,202         110
      当期利益又は当期損失(△)                      -        -        -        -        -
      その他の包括利益                      -        -        -      4,029       △ 1,690
                    28
       当期包括利益合計
                            -        -        -      4,029       △ 1,690
      新株の発行
                    22      454,583        448,974          -        -        -
      (新株予約権の行使)
      自己株式の処分              22        -      9,435       186,397          -        -
                            -        -        -        -        -
      配当金              23
       所有者との取引額合計
                          454,583        458,410        186,397          -        -
     2018年3月31日時点の残高               22
                         1,373,833        1,236,586        △ 42,460        66,231       △ 1,580
      当期利益又は当期損失(△)                      -        -        -        -        -
                            -        -        -      3,228        1,309
      その他の包括利益
       当期包括利益合計
                            -        -        -      3,228        1,309
      自己株式の取得              22        -        -       △ 30        -        -
                            -        -        -        -        -
      配当金              23
       所有者との取引額合計
                            -        -       △ 30        -        -
                         1,373,833        1,236,586        △ 42,491        69,459        △ 270
     2019年3月31日時点の残高               22
                           親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構
                                                合計
                   注記     成要素
                               利益剰余金         合計
                         合計
                         千円        千円        千円        千円
     2017年4月1日時点の残高               22       62,312       636,208       2,167,087        2,167,087
      当期利益又は当期損失(△)                      -      18,880        18,880        18,880
                           2,338         -      2,338        2,338
      その他の包括利益              28
       当期包括利益合計
                           2,338       18,880        21,218        21,218
      新株の発行
                    22        -        -      903,558        903,558
      (新株予約権の行使)
      自己株式の処分              22        -        -      195,833        195,833
                            -     △ 13,484       △ 13,484       △ 13,484
      配当金              23
       所有者との取引額合計
                            -     △ 13,484      1,085,907        1,085,907
     2018年3月31日時点の残高               22
                          64,650       641,604       3,274,214        3,274,214
      当期利益又は当期損失(△)                      -     △ 439,240       △ 439,240       △ 439,240
                           4,537         -      4,537        4,537
      その他の包括利益
       当期包括利益合計                    4,537      △ 439,240       △ 434,702       △ 434,702
      自己株式の取得              22        -        -       △ 30       △ 30
      配当金              23        -     △ 15,704       △ 15,704       △ 15,704
       所有者との取引額合計                     -     △ 15,704       △ 15,735       △ 15,735
                          69,188       186,660       2,823,777        2,823,777
     2019年3月31日時点の残高
                    22
                                 36/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                        前連結会計年度             当連結会計年度
                                      (自2017年4月1日            (自2018年4月1日
                                   注記
                                       至2018年3月31日)             至2019年3月31日)
                                          千円            千円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前利益又は税引前損失(△)                                      34,187           △ 420,267
                                   12         200,834            273,407
      減価償却費及び償却費
                                   12           -          351,706
      減損損失
                                   27         △ 3,834           △ 3,741
      金融収益
                                   27          2,425             878
      金融費用
                                   12           -          34,594
      固定資産除却損
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                        250          △ 69,204
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                     △ 71,258           △ 120,806
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                      51,922            52,204
      引当金の増減額(△は減少)                                      △ 2,515           △ 9,405
                                             16,205              339
      その他
                   小計                          228,219             89,705
                                             3,835            3,739
      利息及び配当金の受取額
                                            △ 1,200             △ 94
      利息の支払額
                                            △ 12,086           △ 31,257
      法人所得税の支払額
                                            218,768             62,092
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                   12        △ 10,491           △ 152,664
      有形固定資産の取得による支出
                                   13           -           5,200
      有形固定資産の売却による収入
                                           △ 352,786           △ 325,296
      無形資産の取得による支出
                                            △ 7,078           △ 1,970
      敷金及び保証金の差入による支出
                                            △ 1,722             △ ▶
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                     △ 372,079           △ 474,735
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 991,000               -
      短期借入金の返済による支出
                                               -          130,000
      長期借入れによる収入
                                               -          △ 1,084
      長期借入金の返済による支出
                                            901,145               -
      新株発行による収入
                                            194,383               -
      自己株式の処分による収入
                                               -           △ 30
      自己株式の取得による支出
                                            △ 13,535           △ 15,683
                                   23
      配当金の支払額
                                             90,993            113,201
      財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                            △ 62,317           △ 299,441
                                    7        1,107,211            1,043,242
     現金及び現金同等物の期首残高
                                            △ 1,651            1,239
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           1,043,242             745,040
                                    7
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 37/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
         1.報告企業
           株  式会社ASJ(以下「当社」という。)は日本に所在する株式会社であります。その登記されている本社
          及び主要な事業所の住所は当社のウェブサイト(https://www.asj.ad.jp/)で開示しております。当社の連結
          財務諸表は、2019年3月31日を期末日とし、当社及びその子会社(以下「当社グループ」という。)により構
          成されております。
           当  社グループの事業内容は、            ネットサービス事業         であります。
         2.作成の基礎

          (1)IFRSに準拠している旨
            当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大
           蔵省令第28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規
           定により、国際会計基準(以下「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
            本連結財務諸表は、2019年6月26日に代表取締役会長兼社長 丸山治昭及び                                    常務取締役管理本部長           中島
           茂喜によって承認されております。
          (2)測定の基礎

            当社グループの連結財務諸表は、注記「3.重要な会計方針」に記載のとおり、公正価値で測定されてい
           る特定の金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
          (3)機能通貨及び表示通貨

            当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未満を                                              切り捨
           てて  表示しております。
          (4)会計方針の変更

            当社グループは、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月公表)及び                                        「IFRS第15号の
           明確化」(2016年4月公表)(合わせて以下「IFRS第15号」という。)を当連結会計年度から適用してお
           ります。
            収益認識に関する当社グループの会計方針は以下の5ステップアプローチに基づき収益を認識しておりま
           す。
            ステップ1:顧客との契約を識別する。
            ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            ステップ3:取引価格を算定する。
            ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
            ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を認識する。
           上記基準の適用による当社グループの連結財務諸表に及ぼす影響は軽微です。
          (5)表示方法の変更

           (連結財政状態計算書関係)
            前連結会計年度において、「その他の流動負債」に含めていた「前受金」は、連結財務諸表の利用者に
           とって、より明瞭で分かりやすい表示にするため、当連結会計年度では独立掲記しています。この表示方法
           の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っています。この結果、前連結会計
           年度の連結財政状態計算書において、「その他の流動負債」に表示していた345,076千円は、「前受金」
           220,661千円、「その他の負債」124,414千円として組み替えています。
                                 38/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         3.重要な会計方針
           当社グループの連結財務諸表の作成にあたり、適用した重要な会計方針は以下のとおりであります。
          (1)連結の基礎
             子会社
             子会社とは      、当社グループにより支配されている企業をいいます。当社グループがある企業への関与に
            より生じる変動リターンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、当該企業に対するパワーによ
            り当該リターンに影響を及ぼす能力を有している場合に、当社グループは当該企業を支配していると判断
            しております。
             子会社の財務諸表は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含め
            ております。
             子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子
            会社の財務諸表に調整を加えております。当社グループ間の債権債務残高及び内部取引高、並びに当社グ
            ループ間の取引から発生した未実現損益は、連結財務諸表の作成に際して消去しております。
          (2 )企業結合

            企業結合は取得法を適用して会計処理しております。取得対価は、被取得企業の支配と交換に譲渡した資
           産、引き受けた負債及び当社が発行する資本持分の取得日の公正価値の合計として測定されます。取得対価
           が識別可能な資産及び負債の公正価値を超過する場合は、連結財政状態計算書においてのれんとして計上し
           ております。反対に下回る場合には、直ちに連結損益計算書において純損益として計上しております。企業
           結合が生じた期間の末日までに企業結合の当初の会計処理が完了しない場合は、暫定的な金額で会計処理を
           行っております。取得日から1年以内の測定期間において取得日時点に存在した事実及び状況に関する新し
           い情報を入手した場合は、暫定的な金額を遡及修正しております。
            取得関連費用は、発生した期間の費用として会計処理しております。
          (3)外貨換算

           ① 外貨建取引
             外貨建取引は、取引日の直物為替レートまたはそれに近似するレートを用いて機能通貨に換算しており
            ます。期末日における外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで換算しております。公正価値
            で測定される外貨建非貨幣性資産及び負債は、当該公正価値の算定日における為替レートで換算しており
            ます。
             換算及び決済により生じる換算差額は純損益で認識しております。ただし、その他の包括利益を通じて
            公正価値で測定する金融資産は、その他の包括利益として認識しております。
           ② 在外営業活動体の財務諸表

             在外営業活動体の資産及び負債は期末日の為替レートで、収益及び費用は取引日の為替レートまたはそ
            れ に近似するレートで日本円に換算しております。この在外営業活動体の財務諸表の換算により生じる換
            算差額は、その他の包括利益として認識しております。
                                 39/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
          (4 )金融商品
           ①  金融資産
            (ⅰ)当初認識及び測定
               当社グループは、金融資産について、純損益又はその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金
              融資産、償却原価で測定する金融資産に分類しております。この分類は、当初認識時に決定しており
              ます。
               当社グループは、金融資産に関する契約の当事者となった取引日に当該金融商品を認識しておりま
              す。
               すべての金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定する区分に分類される場合を除き、公正価値
              に取引費用を加算した金額で測定しております。
               金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類しておりま
              す。
              ・契約上のキャッシュ・フローを回収するために資産を保有することを目的とする事業モデルに基づ
               いて、資産が保有されている。
              ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フロー
               が特定の日に生じる。
               償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する金融資産に分類しておりま
              す。
               公正価値で測定する資本性金融資産については、純損益を通じて公正価値で測定しなければならな
              い売買目的で保有される資本性金融資産を除き、個々の資本性金融資産ごとに、純損益を通じて公正
              価値で測定するか、その他の包括利益を通じて公正価値で測定するかを指定し、当該指定を継続的に
              適用しております。
            ( ⅱ)事後測定

               金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
              (a)償却原価により測定する金融資産
                償却原価により測定する金融資産については、実効金利法による償却原価により測定しておりま
                す。
              (b)公正価値により測定する金融資産
                公正価値により測定する金融資産の公正価値の変動額は純損益として認識しております。
                ただし、資本性金融資産のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したもの
               については、公正価値の変動額はその他の包括利益として認識しております。なお、当該金融資産
               からの配当金については、金融収益の一部として当期の純損益として認識しております。
            (ⅲ)金融資産の認識の中止

               当社グループは、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅する、又は当社
              グループが金融資産の所有のリスクと経済価値のほとんどすべてを移転する場合において、金融資産
              の認識を中止しております。当社グループが、移転した当該金融資産に対する支配を継続している場
              合には、継続的関与を有している範囲において、資産と関連する負債を認識いたします。
            ( ⅳ)金融資産の減損

               償却原価により測定する金融資産については、予想信用損失に対する貸倒引当金を認識しておりま
              す。
               当社グループは、期末日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点から著しく増加してい
              るかどうかを評価しており、当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヶ月
              の予想信用損失を貸倒引当金として認識しております。一方で、当初認識時点から信用リスクが著し
              く増加している場合には、全期間の予想信用損失と等しい金額を貸倒引当金として認識しておりま
              す。
               信用リスクが著しく増加しているかどうかについては、各報告日ごとに当初認識以降の債務不履行
              の発生リスクの変化に基づいて判断しており、債務不履行の発生リスクに変化があるか否かの評価を
              行う際には、契約上の支払期日の経過情報や債務者の経営成績の悪化の情報等を考慮しております。
              ただし、営業債権については、信用リスクの当初認識時点からの著しい増加の有無にかかわらず、常
              に全期間の予想信用損失と等しい金額で貸倒引当金を認識しております。
                                 40/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
           ②  金融負債
            ( ⅰ)当初認識及び測定
               当社グループは、金融負債について、純損益を通じて公正価値で測定する金融負債と償却原価で測
              定する金融負債のいずれかに分類しております。この分類は、当初認識時に決定しております。
               すべての金融負債は公正価値で当初測定しておりますが、償却原価で測定                                  す る金融負債について
              は、直接帰属する取引費用を控除した金額で測定しております。
            (ⅱ)事後測定

               金融負債の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
              (a ) 純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
                純損益を通じて公正価値で測定する金融負債については、売買目的保有の金融負債と当初認識時
               に純損益を通じて公正価値で測定すると指定した金融負債を含んでおり、当初認識後公正価値で測
               定し、その変動については当期の純損益として認識しております。
              (b ) 償却原価で測定する金融負債
                償却原価で測定する金融負債については、当初認識後実効金利法による償却原価で測定しており
               ます。
                実効金利法による償却及び認識が中止された場合の利得及び損失については、金融費用の一部と
               して当期の純損益として認識しております。
            ( ⅲ)金融負債の認識の中止

               当社グループは、金融負債が消滅したとき、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、
              又は失効となった時に、金融負債の認識を中止しております。
           ③  金融資産及び金融負債の表示

             金融資産及び金融負債は、当社グループが残高を相殺する法的権利を有し、かつ純額で決済するか又は
           資産の実現と負債の決済を同時に行う意図を有する場合にのみ、連結財政状態計算書上で相殺し、純額で
           表示しております。
          (5)現金及び現金同等物

            現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変
           動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されて
           おります。
          (6 )棚卸資産

            棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い価額で測定しております。
            正味実現可能価額は、通常の事業過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び見積販売費
           用を控除した額であります。
            取得原価は、      原材料費、直接労務費、直接経費及び製造間接費のすべてを含めております。代替性がなく
           特定のプロジェクトのために製造され区分されている財またはサービスの棚卸資産の原価は個別法により算
           定しており、その他は先入先出法で算定しております。
          (7)有形固定資産

            有形固定資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を
           控除した価額で計上しております。
            取得原価には、資産の取得に直接関連する費用及び資産の原状回復費用が含まれております。
            各資産は、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で減価償却を行っております。
            主要な資産項目ごとの見積耐用年数は以下のとおりです。
            ・建物及び構築物   5-50年
            ・車両運搬具       6年
            ・工具器具及び備品  4-20年
            なお、見積及び耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、各年度末に見直しを行い、変更があった場合
           は、会計上の見積りの変更として将来に向かって適用しております。
                                 41/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
          (8)無形資産
           ① のれん
             当社グループは、のれんを取得日時点で測定した、被取得企業に対する譲渡対価の公正価値から、取得
            日時点における識別可能な取得資産及び引受負債の公正価値を控除した額として、当初測定しておりま
            す。
             のれんは、当初認識後においては、取得原価から減損損失累計額を控除して測定しております。のれん
            の償却は行わず、毎期又は減損の兆候が存在する場合には、その都度、減損テストを実施しております。
             のれんの減損損失は連結損益計算書において認識され、その後の戻し入れは行っておりません。
           ② その他の無形資産

            無形資産は、当初認識時に取得原価で測定しております。企業結合で取得した無形資産の取得原価は取得
           日現在の公正価値で測定しております。自己創設無形資産は、資産化の要件を満たす開発費用を除いて、発
           生時の費用として認識しております。
            当初認識後は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で計上しております。耐用年
           数を確定できない無形資産を除いて、それぞれの見積耐用年数にわたり、定額法で償却しております。主要
           な無形資産の見積耐用年数は以下のとおりです。
             ・ソフトウェア 3~5年
             ・顧客関連資産   15年
         ( 9 )リース

           リース取引は、所有に伴うリスクと経済価値が実質的にすべて当社グループに移転する場合は、ファイナ
          ンス・リースに分類し、それ以外の場合はオペレーティング・リースに分類しております。
           ファイナンス・リース取引におけるリース資産は、リース開始日に算定したリース物件の公正価値と最低
          リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で当初認識しております。当初認識後は、当該資産に適用され
          る会計方針に基づいて、見積耐用年数とリース期間のいずれか短い年数にわたって、減価償却を行っており
          ます。リース料は、利息法に基づき金融費用とリース債務の返済額に配分し、金融費用は費用として認識し
          ております。
           オペレーティング・リース取引においては、支払リース料はリース期間にわたって定額法により費用とし
          て認識しております。
         (10)非金融資産の減損

            非金融資産の帳簿価額は、期末日ごとに減損の兆候の有無を判断しております。減損の兆候が存在する場
           合は、当該資産又はその資産が属する資金生成単位の回収可能額を見積っております。のれん、耐用年数を
           確定できない無形資産及びいまだ使用可能でない無形資産は、毎期又は減損の兆候がある場合はその都度、
           減損テストを実施しております。
            回収可能価額は、資産又は資金生成単位の処分コスト控除後の公正価値及び使用価値のいずれか大きい方
           の金額としております。使用価値の算定において、将来キャッシュ・フローの見積りは、貨幣の時間価値及
           び当該資産固有のリスクを反映した税引前割引率を用いて現在価値に割り引いております。
            減損テストにおいて個別にテストされない資産は、継続的な使用により他の資産又は資産グループの
           キャッシュ・インフローから、概ね独立したキャッシュ・インフローを生成する最小の資金生成単位につい
           て回収可能価額を見積ります。のれんは、企業結合のシナジーから便益を得ることが期待される資金生成単
           位に配分しております。
            全社資産は、独立したキャッシュ・インフローを発生させないため、全社資産が減損している可能性を示
           す兆候がある場合は、全社資産が属する資金生成単位について回収可能額を算定しております。
            減損損失は、資産又は資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額を下回っている場合に、純損益として認識
           しております。資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価額
           を減額し、次に、当該資金生成単位内の各資産の帳簿価額に基づいた比例按分によって当該資産の帳簿価額
           を減額するように配分しております。
            のれんについて認識した減損損失は戻し入れ致しません。その他の資産については、過去に認識した減損
           損失は、毎期末日において損失の減少または消滅を示す兆候の有無を検討しております。回収可能額の決定
           に使用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻し入れます。この場合には、減損損失がなかったとした
           場合の(償却又は減価償却控除後の)帳簿価額を超えない金額を上限として、純損益として戻し入れており
           ます。
                                 42/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         (11)引当金
            引当金は、過去の事象の結果として、現在の法的又は推定的債務を有しており、当該債務を決済するため
           に経済的便益を持つ資源の流出が必要となる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見積りが
           できる場合に認識しております。
            貨幣の時間的価値の影響に重要性がある場合は、引当金の金額は、債務を決済するために必要となると見
           込まれる支出の現在価値としております。現在価値の算定に当たって使用する割引率は、貨幣の時間価値と
           当該負債に固有のリスクについての現在の市場の評価を反映した税引前の利率です。時の経過に伴う割引率
           の割戻しは金融費用として認識しております。
            資産除去債務引当金については、賃借契約終了時に原状回復義務のある賃借事務所の原状回復費用見込額
           について、各物件の状況を個別具体的に勘案して見積り、計上しております。
         (12)従業員給付

          ①短期従業員給付
           短期従業員給付は、勤務対価として支払うと見込まれる金額を見積り、割引計算は行わず、負債及び費用と
          して認識しております。有給休暇費用は、将来の有給休暇の権利を増加させる勤務を従業員が提供したとき負
          債及び費用として認識しております。賞与は、当社グループが、従業員から過去に提供された勤務の対価とし
          て支払うべき現在の法的又は推定的債務を負っており、かつ、その金額を信頼性をもって見積ることができる
          場合、負債及び費用として認識しております。
          ②退職後給付

           一部の連結子会社は、従業員の退職後給付の制度として確定給付制度を運営しております。退職給付に係る
          期末自己都合要支給額を退職給付に係る負債とする方法により計算した結果が、IAS第19号の原則的な方法に
          従って計算した場合と近似しているため、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付に係る負債とする
          方法を適用しております。
         (13)収益

          当社グループでは、当連結会計年度よりIFRS15号を適用しており、以下の5ステップアプローチに基づき、収
          益を認識しています。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するにつれて)収益を認識する。
            当社グループは、サービス、受託開発及び商品販売を行っており、それぞれ以下のとおり収益を認識して

           おります。
            収益は、顧客との契約に示されている対価に基づいて測定され、第三者のために回収する金額は除きま
           す。当社グループは、財又はサービスに対する支配を顧客に移転した時点で収益を認識します。
           ①  サービス
             サービスの提供を収益の源泉とする取引には、保守取引及びその他の役務を提供する取引が含まれてお
           ります。このような取引は、日常的又は反復的なサービスであり、契約に基づき顧客にサービスが提供さ
           れる時間の経過に応じて履行義務が充足されると判断しており、役務を提供する期間にわたり顧客との契
           約において約束された金額を按分し収益を認識しております。
                                 43/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
           ②  受託開発
             受託開発による取引については、(a)当社グループの履行によって提供される便益をその履行につれて顧
           客が同時に受け取って消費する、(b)当社グループの履行が資産を創出するか又は増価させその創出又は増
           価につれて顧客が当該資産を支配する、または、(c)当社グループの履行が他に転用できる資産を創出せ
           ず、当社グループが現在までに完了した履行に対する支払を受ける強制可能な権利を有している場合のい
           ずれかに該当する場合、一定の期間にわたり充足される履行義務とみなし、いずれにも該当しない場合、
           一時点で充足される履行義務とみなしております。
             一定の期間にわたり充足される履行義務は、システム開発の進捗によって履行義務が充足されていくも
           のと判断しており、履行義務の完全な充足に向けた進捗度を合理的に測定できる場合は進捗度の測定に基
           づいて、進捗度を合理的に測定できない場合は履行義務の結果を合理的に測定できるようになるまで発生
           したコストの範囲で、収益を認識しております。
             一時点で充足される履行義務は、作業の完了、検収の受領等、契約上の受渡し条件を充足することで、
           財又はサービスに対する支配が顧客に移転し、履行義務が充足されるものと判断しており、当該時点で顧
           客との契約において約束された金額で収益を認識しております。
           ③  商品販売
             商品販売を収益の源泉とする取引は、商品等の顧客への引き渡し、検収の受領等、契約上の受渡し条件
           を充足することで、履行義務が充足されるものと判断しており、当該時点で顧客との契約において約束さ
           れた金額で収益を認識しております。
         (1 ▶ )法人所得税

           法人所得税費用は当期税金費用及び繰延税金費用から構成されています。これらはその他の包括利益で認識
          される項目又は資本に直接認識される項目及び企業結合から生ずる場合を除いて、純損益で認識しておりま
          す。
           当期税金費用は、当期の課税所得について納付すべき税額で測定しております。これらの税額は期末日にお
          いて制定済み、又は実質的に制定されている税率に基づき算定しております。
           繰延税金資産及び負債は、資産負債法により、資産及び負債の税務基準額と連結財務諸表上の帳簿価額との
          間に生じる一時差異に対して認識しております。繰延税金資産は、将来減算一時差異、税務上の繰越欠損金や
          繰越税額控除のような、将来の税務申告において税負担を軽減させるものについて、それらを回収できる課税
          所得が生じる可能性の高い範囲内で認識しております。一方、繰延税金負債は、将来加算一時差異に対して認
          識しております。ただし、以下の一時差異に対しては繰延税金資産及び負債を認識しておりません。
          ・のれんの当初認識から生ずる場合
          ・企業結合以外の取引で、会計上の利益にも税務上の課税所得にも影響を与えない取引における資産又は負債
           の当初認識から生ずる場合
          ・子会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内
           に一時差異が解消しない可能性が高い場合
           繰延税金資産及び負債は、期末日において制定、又は実質的に制定されており、関連する繰延税金資産が実
          現する期又は繰延税金負債が決済される期において適用されると予想される税率を使用しております。
           繰延税金資産及び負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法律上強制力のある権利を有しており、
          かつ法人所得税が同一の税務当局によって同一の納税主体に課せられている場合又は別々の納付主体であるも
          のの当期税金資産及び当期税金負債とを純額で決済するか、あるいは資産の実現と負債の決済を同時に行うこ
          とを意図している場合に相殺しております。
                                 44/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         (15)1株当たり利益
           基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期損益を、その期間の自己株式を調整した発
          行済普通株式の加重平均株式数で除して計算しております。
         (16)自己株式

           自己株式は取得原価で評価し、資本から控除しております。当社の自己株式の購入、売却又は消却において
          利得又は損失は認識しておりません。なお、帳簿価額と売却時の対価との差額は資本として認識しておりま
          す。
         4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

           IFRSに準拠した        連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用
          の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、これらの見積
          りとは異なる場合があります。
           見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積り
          を見直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
           経営者が行っ       た連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは                             以下のとおりであります。
           ・固定資産の耐用年数及び残存価額の見積り(注記「12.有形固定資産」及び「13.のれん及び無形資産」)
           ・非金融資産の減損(          注記「14.非金融資産の減損」              )
           ・引当金の会計処理と評価(注記「20.引当金」)
           ・繰延税金資産の回収可能性(注記「15.法人所得税」)
                                 45/80














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         5.未適用の新基準
           連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書及び解釈指針の新設又は改訂が公表されておりますが、当社
          グループはこれらを早期適用しておりません。
           なお、これらの適用による影響は、算定中であります。
                          強制適用時期
                                   当社グループ
             IFRS                                  新設・改訂の概要
                         (以降開始年度)
                                   適用時期
     IFRS第16号       リース             2019年1月1日          2020年3月期        リースに関する会計処理の改訂
             法人所得税の会計処理                              法人所得税の会計処理に関する不確実
     IFRIC第23号                    2019年1月1日          2020年3月期
             に関する不確実性                              性について明確化
         6.セグメント情報

          (1)報告セグメントの概要
            当社グループ      は、ネットサービス事業の単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を省略してお
           ります。
          (2)製品及びサービスに関する情報
            製品及びサービスごとの外部顧客に対する売上収益は以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                        1,030,920               1,019,880
            サービス
                                         517,442               534,922
            受託開発
                                         719,028               761,131
            商品販売
                                        2,267,392               2,315,934
                    合計
          (3)地域別に関する情報

           ① 外部顧客への売上収益
             本邦の外部顧客への売上収益が連結損益計算書の売上収益の大部分を占めるため、記載を省略しており
            ます。
           ② 非流動資産
             本邦に所在している非流動資産の金額が連結財政状態計算書の非流動資産の金額の大部分を占めるた
            め、記載を省略しております。
          (4)主要な顧客に関する情報
             外部顧客への売上収益のうち、連結損益計算書の売上収益の10%以上を占める相手先がないため、記載
            を省略しております。
         7.現金及び現金同等物

           現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                    千円                千円
     現金及び現金同等物
      現金及び預金                                 1,084,127                 785,515
      預入期間が3か月を超える定期預金                                 △50,044                △50,048
      譲渡性預金                                   9,158                9,573
                合計
                                       1,043,242                 745,040
                                 46/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         8.営業債権及びその他の債権
           営業債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                    千円                千円
     売掛金                                   154,362                267,986
     未収入金                                   269,911                285,171
     貸倒引当金                                   △4,082                △4,082
                合計
                                        420,191                549,075
           営業債権及びその他の債権は、償却原価で測定                       す る金融資産に分類しております。

         9.その他の金融資産

          (1)その他の金融資産の内訳
            その他の金融資産の         は以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                    千円                千円
     その他の金融資産
      株式                                  128,257                133,046
      定期預金                                  50,044                50,048
      保証金                                  31,878                33,849
                                        210,180                216,943
                合計
     流動資産                                   50,044                50,048

                                        160,135                166,895
     非流動資産
                                        210,180                216,943
                合計
      株式は、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産、定期預金は償却原価で測定する金融資産にそれぞれ
     分類しております。
          (2)  その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

            その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の主な銘柄及び公正価値等は以下のとおりであり
           ます。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                銘柄
                                    千円                千円
     株式会社日本レジストリサービス                                   127,480                132,430
     第一生命ホールディングス株式会社                                     777                615
      株式は主に政策投資目的で保有しているため、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定してお
     ります。
         10.棚卸資産

           棚卸資産の内訳は以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                    千円                千円
                                         40,715                50,008
     商品
                                         13,655                71,629
     仕掛品
                                         2,504                1,641
     貯蔵品
                                         56,875                123,279
                合計
           費用として認識        された棚卸資産の金額は、前連結会計年度及び当連結会計年度において、それぞれ992,626

          千円及び1,054,916千円であります。
           また、費用として         認識された棚卸資産の評価減の金額は、                   前連結会計年度及び         当連結会計年度において、            そ
          れぞれ   284  千円  及び2   12 千円であります。
                                 47/80


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         11.その他の資産
           その他の資産の内訳は以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                    千円                千円
     その他の流動資産
      前払費用                                  39,234                31,686
      未収消費税等                                   4,852                  -
      その他                                    872               8,887
                合計
                                         44,960                40,573
     その他の非流動資産
      長期前払費用                                    300               2,172
                合計
                                          300               2,172
         12.有形固定資産

          (1)増減表
            有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。
             取得原価
                            建物及び構             工具器具及
                       土地            車両運搬具              その他       合計
                            築物             び備品
                       千円       千円       千円       千円       千円       千円
     2017年4月1日                  793,720       847,602       15,990      211,841       11,155     1,880,309
     取得                    -     5,064        -     4,687        339     10,091
     売却又は処分                    -    △1,428         -    △1,322       △3,363       △6,114
     2018年3月31日
                       793,720       851,238       15,990      215,206        8,132     1,884,286
     取得                  105,476       19,071       16,268       11,610        487     152,914
     売却又は処分                    -     △430     △13,206       △7,195        △339     △21,171
     2019年3月31日
                       899,196       869,880       19,052      219,621        8,279     2,016,029
             減価償却累計額及び減損損失累計額

                            建物及び構             工具器具及
                       土地            車両運搬具              その他       合計
                            築物             び備品
                       千円       千円       千円       千円       千円       千円
     2017年4月1日                    -    272,324        5,167      188,766        4,370      470,629
     減価償却費                    -     23,231       2,201       8,094        274     33,802
     売却又は処分                    -    △1,428         -    △1,322        △ 554     △3,305
     2018年3月31日
                         -    294,127        7,369      195,538        4,089      501,125
     減価償却費                    -     22,944       2,427       8,079        421     33,872
     減損損失                  25,843       35,758         -     11,412        431     73,446
     売却又は処分                    -     △107      △6,786       △7,195         -    △14,088
     2019年3月31日
                       25,843      352,723        3,009      207,835        4,943      594,355
      (注) 有形固定資産の減価償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれており
          ます。
             帳簿価額

                            建物及び構             工具器具及
                       土地            車両運搬具              その他       合計
                            築物             び備品
                       千円       千円       千円       千円       千円       千円
     2017年4月1日                  793,720       575,277       10,822       23,074       6,785     1,409,680
     2018年3月31日                  793,720       557,110        8,621      19,667       4,042     1,383,161
     2019年3月31日                  873,352       517,156       16,042       11,785       3,336     1,421,673
                                 48/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
          (2)リース資産
            有形固定資産に含まれるファイナンス・リースによるリース資産の帳簿価額は以下のとおりであります。
                      工具器具
                      及び備品
                       千円
     2017年   4月1日                 3,381
     2018年3月31日                    3,616
     2019年3月31日                    2,398
         13.のれん及び無形資産

          (1)増減表
            のれん及び無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。
             取得原価
                                               無形資産
                                のれん
                                      ソフトウェア         その他        合計
                                 千円        千円        千円        千円
                                        1,613,820
             2017年4月1日                    382,038               404,754       2,018,575
             取得                       -      3,016       365,078        368,094
             売却又は処分                       -     △9,523          -     △9,523
                                    -     223,654       △223,654           -
             振替
             2018年3月31日                    382,038       1,830,968         546,177       2,377,146
                                          3,523
             取得                       -             337,864        341,388
             売却又は処分                       -     △2,416       △34,272        △36,688
                                    -     641,460       △641,460           -
             振替
                                 382,038       2,473,536         208,309       2,681,846
             2019年3月31日
             償却累計額及び減損損失累計額

                                               無形資産
                                のれん
                                      ソフトウェア         その他        合計
                                 千円        千円        千円        千円
                                                       1,389,691
             2017年4月1日                     86,309      1,378,625         11,066
             償却費                       -     154,821         8,858       163,680
                                    -     △9,523          -     △9,523
             売却又は処分
             2018年3月31日                     86,309      1,523,922         19,925      1,543,848
             償却費                       -     234,599         8,883       243,483
             減損損失                       -     254,850        23,388       278,238
                                    -     △2,416          -     △2,416
             売却又は処分
                                  86,309      2,010,957         52,197      2,063,154
             2019年3月31日
                                 49/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      (注) 無形資産の償却費は、連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に含まれております。
             帳簿価額

                                               無形資産
                                のれん
                                      ソフトウェア         その他        合計
                                 千円        千円        千円        千円
             2017年4月1日                    295,728        235,195        393,687        628,883
                                 295,728        307,045        526,252        833,298
             2018年3月31日
                                 295,728        462,579        156,111        618,691
             2019年3月31日
              当社グループの前連結会計年度及び当連結会計年度における期中に費用として認識された研究開発活
             動による支出は36,875千円及び37,842千円であり、連結損益計算書の「販売費及び一般管理費」に含ま
             れております。
         14.非金融資産の減損

         (1)減損損失
            当社グループは、資産の回収可能価額が帳簿価額を下回った場合に減損損失を認識しております。減損損
           失は、連結損益計算書の「その他の費用」に含まれております。
            減損損失の資産種類別の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
           無形資産
            ソフトウェア                                -            254,850
            その他                                -             96,856
                 合計
                                            -            351,706
            当連結会計年度に認識した無形資産に係る減損損失は、事業全般の見直しに伴う、既存事業の事業計画の
           変更によるものであり、資産グループの帳簿価額を全額回収できる可能性が低いと判断した資産グループの
           回収可能価額まで帳簿価額を減額し、当該減少額を減損損失として計上しております。なお、回収可能価額
           は、使用価値によって測定しており、将来キャッシュ・フローを当該資金生成単位の税引前加重平均資本コ
           ストを基礎とした割引率7.47%で割り引いて算定しております。
         (2)のれんの減損

            のれんは各資金生成単位で管理されており、最低年1回の減損テストを実施しているほか、減損の兆候が
           ある場合にはその都度減損テストを行う方針であります。前連結会計年度及び当連結会計年度についてのれ
           んの減損テストを行った結果、認識された減損損失はありません。
            使用価値は、過去の経験及び外部からの情報を反映し、経営者が承認した今後5年度分の事業計画と成長
           率を基礎としたキャッシュ・フローの見積額を、当該資金生成単位又は資金生成単位グループの税引前加重
           平均資本コストを基礎とした割引率7.47%(前連結会計年度:6.72%)により現在価値に割引いて算定して
           おります。成長率は0%と決定しており、市場の長期の平均成長率を超過しておりません。
            減損テストに使用した主要な仮定が変更された場合には減損が発生するリスクがありますが、使用価値は
           当該資金生成単位又は資金生成単位グループの帳簿価額を十分に上回っており、減損テストに使用した主要
           な仮定が合理的に予測可能な範囲で変                  化したとしても、使用価値が帳簿価額を下回る可能性は低いと判断し
           ております。
                                 50/80





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         15.法人所得税
          (1)繰延税金資産及び繰延税金負債
            繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳及び増減は以下のとおりであります。
             前連結会計年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)

                                   その他の包
                      2017年      純損益を通              2018年
                                   括利益にお
                      4月1日      じて認識              3月31日
                                   いて認識
                       千円       千円       千円       千円
     繰延税金資産
      未払事業税                   258       168       -      426
      従業員給付に係る負債                  5,532        905       -     6,437
      有形固定資産および無形資産                   824      △205        -      619
                         926       680       -     1,607
      その他
                        7,542       1,548        -     9,091
            合計
     繰延税金負債
      有形固定資産および無形資産                 19,222       △809        -     18,413
      金融資産の公正価値                 27,297         -     1,768      29,065
                       37,086      △2,681         -     34,405
      顧客関連資産
                       83,606      △3,490        1,768      81,884
            合計
             当連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)

                                   その他の包
                      2018年      純損益を通              2019年
                                   括利益にお
                      4月1日      じて認識              3月31日
                                   いて認識
                       千円       千円       千円       千円
     繰延税金資産
      未払事業税                   426       272       -      699
      従業員給付に係る負債                  6,437      △5,964         -      473
      有形固定資産および無形資産                   619      △251        -      367
                        1,607        118       -     1,725
      その他
                                            3,266
                        9,091      △5,824         -
            合計
     繰延税金負債
      有形固定資産および無形資産                 18,413       1,681        -     20,095
      金融資産の公正価値                 29,065         -     1,560      30,626
      顧客関連資産                 34,405      △2,663         -     31,742
                       81,884       △981       1,560      82,463
            合計
                                 51/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
            繰延税金資産を認識していない税務上の繰越欠損金及び将来減算一時差異は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                     千円               千円
     税務上の繰越欠損金                                    323,406               382,261
                                         227,589               562,917
     将来減算一時差異
                                         550,995               945,179
                 合計
            繰延税金資産を認識していない税務上の繰越欠損金の失効予定は以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                     千円               千円
     1年目                                     13,490               30,000
     2年目                                     30,000                 -
     3年目                                       -             18,800
     4年目                                       -             13,954
                                         279,916               319,505
     5年目以降
                                         323,406               382,261
                 合計
          (2)法人所得税費用

            法人所得税費用の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
     当期税金費用                                    △20,346               △15,120
                                          5,039              △3,851
     繰延税金費用
                                         △15,307               △18,972
                 合計
            法定実効税率と平均実際負担税率との差異要因は以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                      %               %
     法定実効税率                                      30.7               30.5
     未認識の繰延税金資産                                      7.6             △34.2
     連結子会社の適用税率との差異                                      5.6              △0.6
                                           0.9              △0.3
     その他
                                           44.7              △4.5
     平均実際負担税率
            当社グループは、主に法人税、住民税及び事業税を課されており、これらを基礎として計算した法定実効

           税率は、前連結会計年度及び当連結会計年度においてそれぞれ30.7%及び30.5%であります。
                                 52/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         16.社債及び借入金
           (1)金融負債の内訳
            社債及び借入金の内訳は以下のとおりであります。
                     前連結会計年度            当連結会計年度
                                              平均利率         返済期限
                     (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
                                               %
                        千円            千円
                                                           -
     短期借入金                        -          13,008          0.56
                             -          115,908          0.56
     長期借入金                                               2020年~2029年
                             -          128,916          0.56          -
           合計
                                                  -         -
     流動負債
                             -          13,008
                             -          115,908           -         -
     非流動負債
                             -          128,916
                                                  -         -
           合計
     (注)   1.  平均利率については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.  短期借入金及び長期借入金            は、償却原価で測定する金融負債に分類しております。
           (2)担保に供している資産

           社債及び借入金の担保に供している資産は以下のとおりであります。
                          前連結会計年度            当連結会計年度
                          (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
                             千円            千円
     土地                             -          105,476
                                  -          14,527
     建物
              合計                     -          120,003
         17.リース

          (1)ファイナンス・リース債務
            ファイナンス・リース契約に基づく将来の最低リース料総額の合計及びそれらの現在価値は以下のとおり
           であります。
                       最低支払リース料総額                   最低支払リース料総額の現在価値
                   前連結会計年度           当連結会計年度           前連結会計年度           当連結会計年度

                    (2018年           (2019年           (2018年           (2019年
                     3月31日)           3月31日)           3月31日)           3月31日)
                      千円           千円           千円           千円
                                                         1,877
     1年以内                    1,444           1,904           1,42  0
     1年超5年以内                    2,778           3,267           2,641           3,131
                           -           -           -           -
     5年超
                                               4,061           5,008
          合計
                         4,223           5,171
                          161           129
     将来財務費用
     最低支払リース料
                         4,061           5,008
     総額の現在価値
      当社グループは、借手として、工具器具及び備品の資産を賃借しております。
         18.営業債務及びその他の債務

           営業債務及びその他の債務の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                     千円               千円
     買掛金                                     80,074              116,323
                                         260,649               285,658
     未払金
                                         340,724               401,982
                 合計
           営業債務及びその他の債務は、償却原価で測定                       す る金融負債に分類しております。
                                 53/80


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         19.従業員給付
            一部の連結子会社は、従業員の退職後給付の制度として確定給付制度を採用しております。
            退職給付に係る期末自己都合要支給額を                   退職給付に係る負債         とする方法を用いた計算結果が、IAS第19号
           の原則的な方法に従って計算した場合と近似しているため、期末自己都合要支給額をもって計上しておりま
           す。
           期末自己都合要支給額          の増減は以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                         141,993               139,342
     期首残高
                                          14,395               12,123
      繰入額
                                          17,046               10,366
      給付支払額
                                         139,342               141,098
     期末残高
          従業員給付費用

            前連結会計年度及び当連結会計年度における連結損益計算書の「売上原価」及び「販売費及び一般管理
           費」に含まれる従業員給付費用の合計額は、それぞれ922,582千円及び1,047,228千円であります。
         20.引当金

           引当金の内訳及び増減は以下のとおりであります。
                       有給休暇         資産除去債務
                                            その他           合計
                       引当金          引当金
                       (注)1          (注)2          (注)3
                        千円          千円          千円          千円
     2017年4月1日                     40,138          10,490          24,484          75,114
                                                          384
      割引計算の期間利息費用                      -          310           74
      期中減少額(目的使用)
                         △40,138           △3,064           △223         △43,425
                          41,277
                                      -          251         41,  528
      期中増加額
     2018年3月31日
                          41,  277         7,737          24,587          73,601
                                                          694
      割引計算の期間利息費用                      -          590          104
      期中減少額(目的使用)
                         △41,277             -        △7,531          △48,808
                          39,422                               39,422
                                      -          -
      期中増加額
                          39,422
                                     8,328          17,160          64,911
     2019年3月31日
     (注)   1.有給休暇引当金は、連結会計年度末までに付与された従業員の有給休暇の未使用分のうち、使用されると見込

         まれる分を引当計上しております。
       2.資産除去債務引当金は、賃貸契約終了時に原状回復義務のある賃貸事務所等の原状回復費用見込額について、
         資産除去債務引当金を計上しております。
       3.その他には、役員退職慰労引当金が含まれております。
           引当金の連結財政状態計算書における内訳は以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                     千円               千円
     流動負債                                     41,528               39,422
                                          32,073               25,489
     非流動負債
                                          73,601               64,911
                 合計
                                 54/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         21.その他の負債
           その他の負債の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                                     千円               千円
     その他の流動負債
      未払費用                                    48,792               49,695
                                          75,622               72,473
      その他
                                         124,414               122,168
                 合計
     その他の非流動負債
      受入保証金                                    4,800               4,800
                                          4,076               5,008
      その他
                                          8,876               9,808
                 合計
         22.資本及びその他の資本項目

          (1)  授権株式数及び発行済株式総数
            授権株式数及び発行済株式総数の増減は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                      株               株
     授権株式数
                                        26,400,000               26,400,000
      普通株式
     発行済株式総数

      期首残高                                  7,253,500               7,947,100
                                         693,600                  -
      期中増減    (注)2
                                        7,947,100               7,947,100
      期末残高
      (注)1 当社の発行する株式は、すべて権利内容に何ら限定のない無額面の普通株式であり、発行済株式は全額払込

           済みとなっております。
         2 前連結会計年度の発行済株式総数の増減は、行使価額修正条項付第1回新株予約権の行使による増加であり
           ます。
          (2)自己株式

            自己株式数及び残高の増減は以下のとおりであります。
                             株式数         金額
                              株        千円
     2017年4月1日                         511,500         228,858
      期中増減(注)                       △416,600         △186,397
     2018年3月31日                         94,900         42,460
                                 18         30
      期中増減
                               94,918
                                       42,491
     2019年3月31日
      (注)前連結会計年度の期中増減の主な要因は、                       行使価額修正条項付第1回新株予約権の行使による                        ものであります。

          (3)資本剰余金

            日本における会社法(以下「会社法」という。)では、株式の発行に対しての払込み又は給付の2分の1
           以上を資本金に組み入れ、残りは資本剰余金に含まれている資本準備金に組み入れることが規定されており
           ます。また、会社法では、資本準備金は株主総会の決議により、資本金に組み入れることができます。
                                 55/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
          (4)利益剰余金
            会社法では、剰余金の配当として支出する金額の10分の1を、資本準備金及び利益準備金の合計額が資本
           金の4分の1に達するまで資本準備金又は利益準備金として積み立てることが規定されております。積み立
           てられた利益準備金は、欠損填補に充当できます。また、株主総会の決議をもって、利益準備金を取り崩す
           ことができることとされております。
         23.配当金

           配当金の支払額は以下のとおりであります。
            前連結会計年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)

         決議日          配当金の総額          1株当たり配当額             基準日          効力発生日
                      千円           円
     2017年5月11日
                        13,484             2   2017年3月31日           2017年6月8日
     取締役会
            当連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)

         決議日          配当金の総額          1株当たり配当額             基準日          効力発生日
                      千円           円
     2018年5月15日
                        15,704             2   2018年3月31日           2018年6月12日
     取締役会
           配当の効力発生日が翌連結会計年度となるものは以下のとおりであります。

            前連結会計年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)

         決議日          配当金の総額          1株当たり配当額             基準日          効力発生日
                      千円           円
     2018年5月15日
                        15,704             2   2018年3月31日           2018年6月12日
     取締役   会
            当連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)

         決議日          配当金の総額          1株当たり配当額             基準日          効力発生日
                      千円           円
     2019年5月15日
                        15,704             2   2019年3月31日           2019年6月11日
     取締役   会
         24.売上収益

         (1)売上収益の分解
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
     サービス                                   1,030,920               1,019,880
     受託開発                                    517,442               534,922
                                         719,028               761,131
     商品販売
                                        2,267,392               2,315,934
                 合計
                                 56/80





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         (2)契約残高
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
     顧客との契約から生じた債権
      売掛金                                   154,362               267,986
      未収入金                                   269,911               285,171
     契約負債
                                         220,661               218,824
      前受金
         (3)残存履行義務に配分した取引価格

          当社グループは、個別の予想契約期間が1年を超える重要な取引がないため、実務上の便法を適用し、残存
         履行義務に関する情報の記載を省略しております。また、対価について重要な金融要素は含んでおりません。
         (4)契約コストから認識した資産

          当社グループは、資産として認識しなければならない、契約を獲得するための増分コスト及び履行に係るコ
         ストはありません。
         25.販売費及び一般管理費

           販売費及び一般管理費の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                         474,770               449,875
     人件費
                                          39,355               37,057
     減価償却費及び償却費
                                          68,590               28,860
     広告宣伝費
                                          36,875               37,842
     研究開発費
                                         239,980               265,698
     その他
                                         859,571               819,334
                 合計
         26.その他の収益及び費用

           その他の収益の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                           330               484
     業務受託手数料
                                          1,391               1,192
     雑収入
                                          1,722               1,676
                 合計
           その他の費用の内訳は以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                            -             34,594
     固定資産除却損
                                            -            351,706
     減損損失
                                          7,004                 -
     移転関連費用
                                            82             1,794
     その他
                                          7,086              388,095
                 合計
                                 57/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         27.金融収益及び金融費用
           金融収益の内訳は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                           144               49
     受取利息
                                          3,689               3,692
     受取配当金
                                          3,834               3,741
                 合計
           金融費用の内訳は以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)                 至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                          2,425                878
     支払利息
                                          2,425                878
                 合計
     (注)「受取利息」及び「支払利息」は、償却原価で測定する金融資産及び金融負債に係るものであります。
        また、「受取配当金」は、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に係るものであります。
                                 58/80














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         28.その他の包括利益
           その他の包括利益の各項目別の当期発生額及び純損益への組替調整額、並びに税効果の影響は以下のとおり
          であります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
      当期発生額                                    5,797               4,789
                                         △1,768               △1,560
      税効果額
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                          4,029               3,228
      金融資産
     在外営業活動体の換算差額
      当期発生額                                   △1,690                1,309
                                            -               -
      組替調整額
      税効果調整前
                                         △1,690                1,309
      税効果額                                      -               -
      在外営業活動体の換算差額                                   △1,690                1,309
                                          2,338               4,537
     その他の包括利益合計
         29.1株当たり利益

           基本的1株当たり当期利益の算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する当期利益又は当期損失
                                          18,880             △439,240
     (千円)
                                            -               -
     親会社の普通株主に帰属しない当期利益(千円)
     基本的1株当たり当期利益の計算に使用する当期利益又
                                          18,880             △439,240
     は当期損失(千円)
     発行済普通株式の加重平均株式数               (株)

                                        7,671,057               7,852,197
     基本的1株当たり当期利益(△は損失)(円)                                      2.46             △55.94
         30.非資金取引

           重要な非資金取引の内容は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
     ファイナンス・リースにより取得した有形固定資産                                     1,428                 -
     ファイナンス・リースにより取得した無形資産                                       -             2,199
                                 59/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         31.金融商品
          (1)資本管理
            当社グループ       は、持続的な成長を通じて、企業価値を最大化することを目指して資本管理をしておりま
           す。
            当社グループが資本管理において用いる主な指標は、ネット有利子負債(有利子負債の金額から現金及び
           現金同等物を控除したもの)及び親会社所有者帰属持分比率であります。
            当社グループのネット           有利子負債及び親会社所有者帰属持分比率は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
     有利子負債(千       円)
                                            -            128,916
     現金及び現金同等物(千円)                                   1,043,242                745,040
                                        1,043,242                616,124
     ネット有利子負債(差引)(千円)
     親会社所有者帰属持分比率(%)
                                           76.2               70.3
            これらの指標につ         いては、経営者に定期的に報告され、モニタリングしております。

            なお、当社グルー         プが適用を受ける重要な資本規制はありません。
          (2)財務上のリスク管理

            当社グループは、経営活            動を行う過程において、財務上のリスク(信用リスク・流動性リスク)に晒され
           ており、当該財務上のリスクを軽減するために、一定の方針に基づきリスク管理                                     を行っております。
            なお、当社グループが保有する資本性金融商品は、主に非上場株式であることから株式市場リスクに晒さ
           れている資本性金融商品の残高は僅少であり、株式市場リスクの影響は軽微であります。
          (3)信用リスク管理

            信用リスクは、保有          する金融資産の相手先が契約上の債務に関して債務不履行になり、当社グループに財
           務上の損失を発生させるリスクであります。
            当社グループは、与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先
           の信用状況を定期的に把握する体制としております。                         なお、当社グループは、特定の相手先又はその相手先
           が所属するグループについて、過度に集中した信用リスクを有しておりません。また、当社グループにとっ
           ての信用リスクは著しく高くないと考えていることから、予想信用損失マトリクスの開示は行っておりませ
           ん。
            当社グループでは、信用リスク特性に基づき債権等を区分して貸倒引当金を算定しています。営業債権に
           ついては、常に全期間の予想信用損失と同額で貸倒引当金を測定しています。営業債権以外の債権等につい
           ては、原則として12ヶ月の予想信用損失と同額で貸倒引当金を測定していますが、弁済期日を経過した場合
           等には、信用リスクが当初認識時点より著しく増加したものとして、全期間の予想信用損失と同額で貸倒引
           当金を認識しています。営業債権以外の債権等のうち12ヶ月の予想信用損失と同額で貸倒引当金を測定して
           いるものは、すべて集合的ベースで測定しています。
           予想信用損失の金額は、以下のように算定しています。
           ①営業債権
            単純化したアプローチに基づき、債券等を相手先の信用リスク特性に応じて区分し、区分に応じて算定し
           た過去の信用損失の実績率に将来の経済状況等の予測を加味した引当率を乗じて算定しています。
           ②営業債権以外の債権等
            原則的なアプローチに基づき、信用リスクが著しく増加していると判定されていない債権等については、
           同種の資産の過去の信用損失の実績率に将来の経済状況等の予測を加味した引当率を帳簿価額に乗じて算定
           しています。信用リスクが著しく増加していると判定された資産及び信用減損金融資産については、見積将
           来キャッシュ・フローを当該資産の当初の実効金利で割り引いた現在価値の額と、帳簿価額との間の差額を
           もって算定して       おりますが、該当する債権が存在しないため貸倒引当金を計上しておりません。
            連結財務諸表に表示されている金融資産の帳簿価額は、当社グループの金融資産の信用リスクに係るエク
           スポージャーの最大値であります。これらの信用リスクに係るエクスポージャーに関し、担保として保有す
           る物件及びその他の信用補完するものはありません。
            いずれの債権についても、その全部又は一部について回収ができず、または回収が極めて困難であると判
           断された場合には債務不履行とみなして直接償却を行っております。
                                 60/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
            また、支払遅延の原因が一時的な資金需要によるものではなく、債務者の重大な財政的困難等に起因する
           ものであり、債権の回収可能性が特に懸念されるものであると判断された場合には、信用減損が発生してい
           るものと判定し       ております。
            貸倒引当金の増減は以下のとおりであります。

                        単純化したアプローチを
                          適用した金融資産
                             千円
     2017年4月1日残高                              -
     金融資産の新規発生及び回収に伴う
                                  4,082
     増減
     2018年3月31日残高
                                  4,082
     金融資産の新規発生及び回収に伴う
                                   -
     増減
                                  4,082
     2019年3月31日残高
            当連結会計年度において直接償却した金融資産のうち、回収活動を継続しているものはありません。
          (4)流動性リスク管理

            流動性リスクは、当社グループが期限の到来した金融負債の返済義務を履行するにあたり、支払期日にそ
           の支払を実行できなくなるリスクであります。
            当社グループは、適切な返済資金を準備するとともに、金融機関より随時利用可能な信用枠を確保し、継
           続的にキャッシュ・フローの計画と実績をモニタリングすることで流動性リスクを管理しております。
            金融負債の期日別残高は以下のとおりであります。

             前連結会計年度(2018年3月31日)
                      契約上の
                      キャッ           1年超      2年超      3年超      4年超
                帳簿価額           1年以内                             5年超
                      シュ・フ           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       ロー
                 千円      千円      千円      千円      千円      千円      千円      千円
      短期借入金             -      -      -      -      -      -      -      -
      営業債務及びその
                 340,724      340,724      340,724        -      -      -      -      -
      他の債務
                  4,061      4, 223     1,444      1,409      1,018       324      27      -
      リース債務
                 344,786      344,948      342,169       1,409      1,018       324      27      -
         合計
             当連結会計年度(2019年3月31日)

                      契約上の
                      キャッ           1年超      2年超      3年超      4年超
                帳簿価額           1年以内                             5年超
                      シュ・フ           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       ロー
                 千円      千円      千円      千円      千円      千円      千円      千円
      短期借入金           13,008      13,699      13,699        -      -      -      -      -
      営業債務及びその
                 401,982      401,982      401,982        -      -      -      -      -
      他の債務
      長期借入金          115,908      118,816      13,620      13,548      13,476      13,404      13,331      51,435
                       5,171
      リース債務           5,008           1,904      1,513       819      522      412      -
                 535,906      539,669      431,206      15,061      14,295      13,926      13,743      51,435
         合計
                                 61/80





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
          (5)金融商品の公正価値
             公正価値で測       定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じた公
            正価値測定額を、レベル1からレベル3まで分類しております。
             レベル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格(無調整)

             レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
             レベル3:観      察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
           ① 公正価値の算定方法

             金融商品の公正価値の算定方法は以下のとおりであります。
            (現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、営業債務及びその他の債務)

             短期間で決済されるため、公正価値は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
            す。
            (その他の金融資産)

             上場株式の公正価値については、期末日の市場価格によって算定しております。非上場株式の公正価値
            については、純資産価値に基づく評価技法等により算定しております。
            (借入金)

             短期借入金は、短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
             長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する
            方法により、公正価値を見積っております。
             ただし、変動金利による長期借入金は、短期間で市場金利を反映し、また、信用状態は実行後大きく異
            なっていないことから、公正価値は帳簿価額に近似しております。
           ② 公正価値で測定される金融商品

             公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであります。
             前連結会計年度(2018年3月31日)

                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         千円          千円          千円          千円
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                             777          -       127,480          128,257
      その他の金融資産
                             777          -       127,480          128,257
            合計
             当連結会計年度(2019年3月31日)

                        レベル1          レベル2          レベル3
                                                       合計
                         千円          千円          千円          千円
     その他の包括利益を通じて公正価
     値で測定する金融資産
                             615          -       132,430          133,046
      その他の金融資産
                             615          -       132,430          133,046
            合計
            公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、振替を生じさせた事象又は状況の変化が生じた日に認識して

           おります。各年度において、公正価値レベル1とレベル2の間の重要な振替は行われておりません。
                                 62/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
           ③ 評価プロセス
             レベル3に分類された           金融商品については、          非上場株式のみであり純資産価値に基づく評価技法等によ
            り算定しており、これらの公正価値の測定に際しては、インプットの合理的な見積り及び適切な評価モデ
            ルの選択を含めて、評価結果は財務最高責任者によりレビューされ、承認されております。
             なお、観察不能なインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変更した場合に重要な公正価値の増減
            は見込まれておりません。
           ④ レベル3に分類された金融商品の期首残高から期末残高への調整表

             レベル3に分類された金融商品の当期首から当期末までの変動は以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
     期首残高                                    121,661               127,480
     利得及び損失合計
      その他の包括利益(注)
                                          4,044               3,340
     その他                                     1,774               1,610
                                         127,480               132,430
     期末残高
      (注)これらの利得及び損失は、連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」に

         含まれております。
         32.重要な子会社

           当連結会計年度末の主要な子会社の状況は以下のとおりであります。
                                                   議決権の所有割合
               名称               所在地         報告セグメント
                                                     (%)
     ASUSA   Corporation
                           米国         ネットサービス事業                     100.0
     株式会社イー・フュージョン                      日本         ネットサービス事業                     100.0
     株式会社ASJコマース                      日本         ネットサービス事業                     100.0
     アイテックス株式会社                      日本         ネットサービス事業                     100.0
         33.関連当事者

          (1)関連当事者との取引
          当社グループの子会社は当社の関連当事者でありますが、子会社との取引は連結財務諸表上消去されているた
          め、開示しておりません。当社および当社の連結子会社とそのほかの関連当事者との間に重要な取引はありま
          せん。
          (2)主要な経営幹部に対する報酬

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自2017年4月1日               (自2018年4月1日
                                  至2018年3月31日)               至2019年3月31日)
                                     千円               千円
                                          79,995               88,995
     短期報酬
                                          79,995               88,995
                 合計
     (注)主要な経営幹部に対する報酬は、当社の取締役に対する報酬であります。
         34.偶発債務

           当社グループにおいて、重要な偶発債務はありません。
         35.後発事象

           該当事項はありません。
                                 63/80



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【資産除去債務明細表】
          当該情報は、連結財務諸表注記「               20 . 引当金」に記載しております。
         【借入金等明細表】

          当該情報は、連結財務諸表注記「16.社債及び借入金」に記載しております。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上収益(千円)                    518,737         1,022,601          1,565,307          2,315,934

     税引前四半期(当期)損失

                         △30,677          △36,728          △ 64,272         △420,267
     (△)(千円)
     四半期(当期)損失

                         △30,853          △39,133          △68,397          △439,240
     (△)(千円)
     1株当たり四半期(当期)損

                          △3.93          △4.98          △8.71          △55.94
     失(△)(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期損失
                                               △3.73
                          △3.93          △1.05                    △47.23
     (△)(円)
                                 64/80












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        583,824              380,576
         現金及び預金
                                         9,366              45,979
         売掛金
                                         2,286              1,423
         貯蔵品
                                         8,108              5,148
         前払費用
                                        232,649              252,715
         未収入金
         短期貸付金(純額)                                  -            100,000
                                         5,616              6,728
         その他
                                        841,852              792,572
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                                     ※1 492,157
                                        496,786
          建物
                                         1,762              1,469
          構築物
                                         5,712              15,817
          車両運搬具
                                                      ※1 1,435
                                         8,688
          工具、器具及び備品
                                        793,720              874,546
          土地
                                           339               76
          建設仮勘定
                                       1,307,009              1,385,502
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                        166,743               42,899
          ソフトウエア
                                        137,541               3,943
          その他
                                        304,285               46,842
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         33,177              33,015
          投資有価証券
                                       1,153,708              1,153,708
          関係会社株式
                                         2,248              4,043
          その他
                                       1,189,133              1,190,766
          投資その他の資産合計
                                       2,800,428              2,623,111
         固定資産合計
                                         5,871              2,441
       繰延資産
                                       3,648,152              3,418,125
       資産合計
                                 65/80









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         13,279              12,492
         買掛金
                                                      ※1 13,008
                                           -
         短期借入金
                                        236,026              256,212
         未払金
         未払費用                                 9,863              9,979
                                         12,323              10,521
         未払法人税等
                                         96,726              89,641
         前受金
                                         12,551              12,534
         預り金
                                         10,679               8,150
         その他
                                        391,450              412,540
         流動負債合計
       固定負債
                                                     ※1 115,908
                                           -
         長期借入金
                                         5,039              4,816
         その他
                                         5,039             120,724
         固定負債合計
                                        396,489              533,265
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,373,833              1,373,833
         資本金
         資本剰余金
                                        684,396              684,396
          資本準備金
                                        542,162              542,162
          その他資本剰余金
                                       1,226,559              1,226,559
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        693,579              326,920
            繰越利益剰余金
                                        693,579              326,920
          利益剰余金合計
                                        △ 42,460             △ 42,491
         自己株式
                                       3,251,511              2,884,822
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                           150               38
         その他有価証券評価差額金
                                           150               38
         評価・換算差額等合計
                                       3,251,662              2,884,860
       純資産合計
                                       3,648,152              3,418,125
      負債純資産合計
                                 66/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        737,940              723,073
      売上高
                                        311,453              348,169
      売上原価
                                        426,486              374,904
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         70,467              79,467
       役員報酬
                                        161,332              141,736
       給料
                                         34,757              34,572
       研究開発費
                                        159,150              163,138
       その他
                                        425,708              418,914
       販売費及び一般管理費合計
      営業利益又は営業損失(△)                                     778            △ 44,010
      営業外収益
                                            2             189
       有価証券利息
                                         23,689              28,692
       受取配当金
                                           969             3,982
       その他
                                         24,661              32,863
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         2,004                62
       支払利息
                                         1,560              1,560
       新株予約権発行費償却
                                         1,558              1,869
       株式交付費償却
                                           38               2
       その他
                                         5,160              3,495
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   20,278             △ 14,641
      特別利益
                                           -             1,382
       固定資産売却益
                                           -             1,382
       特別利益合計
      特別損失
                                           -            34,272
       固定資産除却損
                                           -            300,145
       減損損失
                                           -            334,417
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   20,278             △ 347,676
                                         3,294              3,277
      法人税、住民税及び事業税
                                         3,294              3,277
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   16,984             △ 350,954
                                 67/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
      【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自    2017年4月1日                (自    2018年4月1日
                            至   2018年3月31日)                 至   2019年3月31日)
                                      構成比                   構成比
             区分
                           金額(千円)                   金額(千円)
                                      (%)                   (%)
     Ⅰ   労務費
      1.給料                    24,119                  156,769
                          4,453                  23,383
      2.福利厚生費                          28,572       9.2            180,152       36.1
     Ⅱ   経費
      1.ドメイン関連費用                    20,500                   19,708
      2.制作費                    32,352                   28,152
      3.支払手数料                   122,648                   137,817
      4.通信費                    14,603                   13,860
      5.消耗品費                    11,811                   8,965
      6.減価償却費                    56,992                   86,823
      7.その他                    23,972      282,881       90.8      24,066      319,394       63.9
                                                   499,547
      当期総費用                                100.0                   100.0
                                311,453
      他勘定振替高                             -               △151,377
       当期売上原価                         311,453                   348,169
                                 68/80












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                              資本剰余金             利益剰余金
                                        その他利益
                                                        株主資本合
                     資本金                    剰余金           自己株式
                              その他資本     資本剰余金          利益剰余金          計
                         資本準備金
                              剰余金     合計          合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高                919,250     229,812     532,726     762,539     690,078     690,078    △ 228,858    2,143,009
     当期変動額
      剰余金の配当                                   △ 13,484    △ 13,484         △ 13,484
      当期純利益又は当期純損失
                                          16,984     16,984          16,984
      (△)
      新株の発行(新株予約権の行
                     454,583     454,583          454,583                     909,167
      使)
      自己株式の処分                          9,435     9,435               186,397     195,833

      株主資本以外の項目の当期変動

                                                           -
      額(純額)
     当期変動額合計                454,583     454,583      9,435    464,019      3,500     3,500    186,397    1,108,502
     当期末残高               1,373,833      684,396     542,162    1,226,559      693,579     693,579     △ 42,460    3,251,511
                        評価・換算差額等

                                       新株予約権         純資産合計
                    その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                    差額金         計
     当期首残高                     165         165        3,863       2,147,038
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                  △ 13,484
      当期純利益又は当期純損失
                                                   16,984
      (△)
      新株の発行(新株予約権の行
                                                  909,167
      使)
      自己株式の処分                                            195,833

      株主資本以外の項目の当期変動

                          △ 15        △ 15      △ 3,863        △ 3,878
      額(純額)
     当期変動額合計                    △ 15        △ 15      △ 3,863       1,104,623
     当期末残高                     150         150         -      3,251,662
                                 69/80







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                      株主資本
                              資本剰余金             利益剰余金
                                        その他利益
                                                        株主資本合
                     資本金                    剰余金           自己株式
                              その他資本     資本剰余金          利益剰余金          計
                         資本準備金
                              剰余金     合計          合計
                                        繰越利益剰
                                        余金
     当期首残高               1,373,833      684,396     542,162    1,226,559      693,579     693,579     △ 42,460    3,251,511
     当期変動額
      剰余金の配当
                                         △ 15,704    △ 15,704         △ 15,704
      当期純利益又は当期純損失
                                         △ 350,954    △ 350,954         △ 350,954
      (△)
      自己株式の取得                                               △ 30    △ 30

      株主資本以外の項目の当期変動

                                                           -
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -  △ 366,658    △ 366,658      △ 30  △ 366,689
     当期末残高               1,373,833      684,396     542,162    1,226,559      326,920     326,920     △ 42,491    2,884,822
                        評価・換算差額等

                                       新株予約権         純資産合計
                    その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                    差額金         計
     当期首残高                     150         150         -      3,251,662
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 15,704
      当期純利益又は当期純損失
                                                 △ 350,954
      (△)
      自己株式の取得                                             △ 30

      株主資本以外の項目の当期変動

                         △ 112        △ 112         -       △ 112
      額(純額)
     当期変動額合計                    △ 112        △ 112         -      △ 366,801
     当期末残高                     38         38         -      2,884,860
                                 70/80








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
         (1)有価証券の評価基準及び評価方法
           ①子会社株式
            移動平均法による原価法を採用しております。
           ②満期保有目的の債券
            原価法を採用しております。
           ③その他有価証券
            時価のあるもの
             決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
            均法により算定)を採用しております。
            時価のないもの
             移動平均法による原価法を採用しております。
         (2)   たな卸資産の評価基準及び評価方法
            貯蔵品
             先入先出法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採
            用しております。
         2.  固定資産の減価償却の方法
           ①有形固定資産
             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並
            びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                        5~50   年
            建物
                          6  年
            車両運搬具
                        4~20   年
            工具、器具及び備品
           ②無形固定資産
            ・自社利用のソフトウェア
             社内における利用可能期間(5年以内)に基づく定額法を採用しております。
         3.繰延資産の処理方法
          ・株式交付費及び新株予約権発行費
           効果の及ぶ期間(3年以内)にわたって、定額法を採用しております。
         4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
           ります。
         5.  引当金の計上基準
           貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、回収不能見込額を計
           上しております。なお、当事業年度においては、該当がないため計上しておりません。
         6.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           消費税等の会計処理
           消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会
          計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しており
          ます。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定
          める経過的な取扱いに従って記載しておりません。
                                 71/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保資産及び担保付債務
         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     建物
                                      -千円                14,527千円
     土地                                 -               105,476
               計
                                      -               120,003
         担保付債務は、次のとおりであります。

                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     短期借入金
                                      -千円                13,008千円
     長期借入金                                 -               115,908
                                      -               128,916
               計
          ※2 関係会社に対する金銭債権

                                前事業年度                  当事業年度
                              (2018年3月31日)                  (2019年3月31日)
     短期金銭債権
                                      -千円               100,000千円
               計
                                      -               100,000
         (損益計算書関係)

          ※ 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
     営業取引による取引高
                                   103,054千円                  97,007千円
     営業取引以外の取引による取引高                              20,454                  25,185
         (有価証券関係)

         前事業年度(2018年3月31日)
          子会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式                      1,153,708千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが
         極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         当事業年度(2019年3月31日)

          子会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式                      1,153,708千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが
         極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 72/80









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度            当事業年度
                                   (2018年3月31日)            (2019年3月31日)
          繰延税金資産
           未払事業税                              2,786千円            2,550千円
                                          332            332
           未払事業所税
           税務上の繰越欠損金
                                        46,347            69,991
           減損損失
                                         3,739           94,892
          繰延税金資産小計
                                        53,205           167,767
           税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額
                                       △46,347            △69,991
           将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                        △6,858           △97,775
          評価性引当額小計
                                       △53,205           △167,767
          繰延税金資産合計
                                          -            -
          繰延税金負債
                                         △66            △16
           その他有価証券評価差額金
                計
                                         △66            △16
          繰延税金資産(負債)の純額                               △66            △16
          (注)1.評価性引当額が114,562千円増加しております。

             2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
          当事業年度(2019年3月31日)
                         1年超      2年超      3年超      4年超
                   1年以内                              5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                                                 44,882
     税務上の繰越欠損金※                 -      -      -    3,740     21,368           69,991千円
     評価性引当額                 -      -      -   △3,740     △21,368      △ 44,882     △69,991千円

     繰延税金資産                 -      -      -      -      -      -        -

      ※ 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該

           差異の原因となった主要な項目別の内訳
                                      前事業年度           当事業年度

                                    (2018年3月31日)           (2019年3月31日)
           法定実効税率
                                         30.7%
           (調整)
                                                税引前当期純損
            住民税均等割                             16.1
                                               失が計上されてい
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                            △31.4
                                               るため、記載を省
            評価性引当金                             5.6
                                               略しております。
            その他                            △4.8
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         16.2
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 73/80




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
                                                       減価償却

                   当期首       当 期       当 期       当 期       当期末
         資産の種類
                                                       累 計 額
                   残 高       増加額       減少額       償却額       残 高
     有形固定資産

                                          19,479              349,108
      建物              826,416        14,849         -            841,265
                                          (1,550)               (1,550)
      構築物              10,853         -       -       292      10,853        9,384
      車両運搬具              14,990       16,268       13,206        2,353       18,052        2,235
                                          12,769              160,000
      工具、器具及び備品              158,057        5,516       2,137              161,436
                                          (8,132)              (10,238)
                                          24,649               24,649
      土地              793,720       105,476         -            899,196
                                          (24,649)               (24,649)
                                            431               431
      建設仮勘定                339      2,822       2,654                508
                                           (431)               (431)
                                          59,973              545,809
        有形固定資産計           1,804,377        144,931        17,997             1,931,312
                                          (34,762)               (36,870)
     無形固定資産
                                          334,235              1,175,531
      ソフトウエア
                    923,815       297,082        2,416             1,218,481
                                          (243,073)               (339,288)
                                          20,621               20,621
      ソフトウエア仮勘定              135,407       129,636       240,776               24,267
                                          (20,621)               (20,621)
                                           1,835               3,566
      その他               3,864         -       -             3,864
                                          (1,685)               (1,685)
                                          356,691              1,199,718
        無形固定資産計
                   1,063,087        426,718       243,192              1,246,612
                                          (265,379)               (361,594)
     繰延資産
                    10,418         -       -      3,429       10,418        7,977
         繰延資産計            10,418         -       -      3,429       10,418        7,977
      (注1)当期増加額のうち、主なものは次のとおりであります。
           ソフトウエア
             ソフトウエア(自社利用目的)                        297,082千円
           ソフトウエア仮勘定
             ソフトウエア(自社利用目的)                        129,636千円
      (注2)当期首残高および当期末残高は、取得価額により記載しております。
      (注3)当期償却額及び減価償却累計額の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
         【引当金明細表】

           該当事項はありません。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 74/80






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで

      定時株主総会                  事業年度終了後3ヶ月以内

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
        取扱場所
                        東京都千代田区丸の内1丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社
                        (特別口座)
        株主名簿管理人
                        東京都千代田区丸の内1丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社
        取次所                -
        買取手数料                株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                        電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故やその他
                        やむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                        公告掲載URL
                        https://www.asj.ad.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規定
        による請求をする権利並びに株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受け
        る権利以外の権利を有しておりません。
                                 75/80












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】

        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第35期)(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)2018年6月27日関東財務局長に提出
      (2)内部統制報告書及びその添付書類
        2018年6月27日関東財務局長に提出
      (3)四半期報告書及び確認書
        (第36期第1四半期)(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)2018年8月10日関東財務局長に提出
        (第36期第2四半期)(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)2018年11月12日関東財務局長に提出
        (第36期第3四半期)(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)2019年2月12日関東財務局長に提出
      (4)臨時報告書
        2018年6月28日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
        報告書であります。
                                 76/80














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。

                                 77/80




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                  2019年6月24日

     株式会社ASJ

       取締役会 御中

                              赤坂有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                山本  顕三         印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                林   令史         印
                              業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている株式会社ASJの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結財政状態計算書、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結持分変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び
     連結財務諸表注記について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準に準拠
     して連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、国際会計基準に準拠して、株式会社ASJ及び連結子会社の2019年3月
     31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重
     要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 78/80





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ASJの2019
     年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社ASJが2019年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の
     内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
     報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

         す。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 79/80









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社ASJ(E05324)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                  2019年6月24日

     株式会社ASJ

       取締役会 御中

                              赤坂有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                山本  顕三         印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                林   令史         印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ

     ている株式会社ASJの2018年4月1日から2019年3月31日までの第36期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     ASJの2019年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点におい
     て適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま
         す。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 80/80




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。