新田ゼラチン株式会社 有価証券報告書 第80期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第80期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:新田ゼラチン株式会社

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    2019年6月26日
      【事業年度】                    第80期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    新田ゼラチン株式会社
      【英訳名】                    Nitta   Gelatin    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  尾形 浩一
      【本店の所在の場所】                    大阪市浪速区桜川四丁目4番26号
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                          行っております。)
      【電話番号】                    06(6563)1511
      【事務連絡者氏名】                    取締役執行役員 管理本部長  長岡 令文
      【最寄りの連絡場所】                    大阪府八尾市二俣二丁目22番地
      【電話番号】                    072(949)5381
      【事務連絡者氏名】                    取締役執行役員 管理本部長  長岡 令文
      【縦覧に供する場所】                    新田ゼラチン株式会社東京支店
                         (東京都中央区日本橋本町2丁目8番12号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
       (注)第80期有価証券報告書より日付の表示方法を和暦表示から西暦表示に変更しております。
                                   1/100











                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第76期       第77期       第78期       第79期       第80期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         31,914       36,885       36,575       37,777       36,464
     売上高
                   (百万円)           967       979      1,831        978       828
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
     純利益又は親会社株主に帰              (百万円)           610       477       693      △ 599       989
     属する当期純損失(△)
                   (百万円)          1,530       △ 136      1,105       △ 304       495
     包括利益
                   (百万円)         15,373       16,876       17,736       17,459       17,708
     純資産額
                   (百万円)         33,932       37,597       40,410       37,815       37,715
     総資産額
                    (円)        831.15       814.90       855.97       836.90       862.29
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失               (円)        33.20       26.00       37.74      △ 32.61       53.85
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         45.0       39.8       38.9       40.7       42.0
     自己資本比率
                    (%)          4.2       3.2       4.5      △ 3.9       6.3
     自己資本利益率
                    (倍)        24.55       28.27       19.98         -      12.72
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)          2,074       2,385       1,910       1,423       2,232
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)        △ 2,505      △ 1,860      △ 2,473      △ 1,377       △ 708
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)           544      △ 473       601     △ 1,160      △ 1,009
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)          2,602       2,536       2,550       1,538       2,051
     残高
                             595      1,192       1,222       1,253       1,232
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 107  )     ( 109  )     ( 102  )     ( 102  )      ( 95 )
       (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
          2.第76期、第77期、第78期及び第80期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が
            存在しないため記載しておりません。
          3.  第79期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、ま
            た、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          4.第79期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載しておりません。
          5.第79期の連結経営指標等を遡及修正しております。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結
            財務諸表等       (1)連結財務諸表          注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
          6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会
            計年度の期首から適用しており、前連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を
            遡って適用した後の指標等となっております。
                                   2/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第76期       第77期       第78期       第79期       第80期
             決算年月             2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

                   (百万円)         21,872       22,746       22,902       23,210       22,311
     売上高
                   (百万円)          1,213        837      1,647       1,039        997
     経常利益
     当期純利益又は当期純損失
                   (百万円)           816      △ 269       663     △ 1,256       1,005
     (△)
                   (百万円)          3,144       3,144       3,144       3,144       3,144
     資本金
                    (株)      18,373,974       18,373,974       18,373,974       18,373,974       18,373,974
     発行済株式総数
                   (百万円)         14,280       13,654       14,238       12,929       13,682
     純資産額
                   (百万円)         26,664       26,331       28,231       26,173       26,597
     総資産額
                    (円)        777.21       743.17       774.93       703.69       744.65
     1株当たり純資産額
                            12.00       12.00       12.00       12.00       16.00
     1株当たり配当額
                    (円)
      (うち1株当たり中間配当額)
                            ( 6.00  )     ( 6.00  )     ( 6.00  )     ( 6.00  )     ( 6.00  )
     1株当たり当期純利益金額
     又は1株当たり当期純損失               (円)        44.44      △ 14.68       36.14      △ 68.37       54.72
     金額(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         53.6       51.9       50.4       49.4       51.4
     自己資本比率
                    (%)          6.0      △ 1.9       4.8      △ 9.2       7.6
     自己資本利益率
                    (倍)        18.34         -      20.86         -      12.52
     株価収益率
                    (%)         27.0        -      33.2        -      29.2
     配当性向
                             253       261       250       262       239
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 99 )     ( 101  )      ( 98 )      ( 97 )      ( 90 )
                    (%)         79.0       72.5       75.5       81.8       71.5
     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                    (%)        ( 130.7   )    ( 116.5   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     TOPIX)
                    (円)        1,100        845       940       934       920
     最高株価
                    (円)          701       601       690       696       569
     最低株価
       (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
          2.第80期の1株あたり配当額には、記念配当4円00銭を含んでおります。
          3.第76期、第78期及び第80期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しな
            いため記載しておりません。
          4.  第77期及び第79期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額で
            あり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          5.第77期及び第79期の株価収益率については、当期純損失であるため記載しておりません。
          6.  第77期   及び第79期     の配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。
          7.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
          8.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年
            度の期首から適用しており、前事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適
            用した後の指標等となっております。
                                   3/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        1885年3月、創業者である新田長次郎が、製革業を始め、1909年6月、合資会社新田帯革製造所を設立し、1917年
       に製膠部を設立、1918年1月ににかわ(工業用ゼラチン)の製造・販売を始めました。
        その後、1945年2月に合資会社新田帯革製造所の事業を分割し、現在のニッタ㈱、新田ゴム工業㈱及び当社の前身
       である㈱新田帯革製造所、新田護謨工業㈱及び新田膠質工業㈱の3社を設立しました。
        新田膠質工業㈱設立以降の企業集団に係る経緯は、次のとおりです。
       年月                            事項
     1945年2月       新田膠質工業㈱(資本金2百万円)を設立
     1960年4月       商号を新田ゼラチン㈱に変更
     1962年5月       化工機事業部を設置し機械事業を開始
     1968年2月       彦根ゼラチン㈲を設立(現・連結子会社)[2005年12月                           彦根ゼラチン㈱に組織変更]
     1970年3月       接着剤工場竣工稼働
     1971年3月       接着剤事業部発足
     1974年8月       食材事業部発足
     1975年4月       ケララケミカルズアンドプロテインズLtd.(インド)を設立(現・連結子会社)
             [2008年6月        ニッタゼラチンインディアLtd.に商号変更]
     1979年7月       ニッタコーポレーション・オブ・アメリカ(米国)を設立(現・連結子会社)
             [1992年7月        ニッタゼラチンエヌエーInc.に商号変更]
     1982年4月       ニッタフィンドレイ㈱を設立(現・関連会社)[2009年1月                             ボスティック・ニッタ㈱に商号変更]
     1982年11月
             奈良工場完成(化工機事業部移転)
     1983年10月       細胞培養用コラーゲン「セルマトリックス」発売
     1988年3月       日本薬局方ゼラチン(製造専用)製造許可取得
     1990年5月       キャンジェルInc.(カナダ)を設立(現・連結子会社)
             [2005年1月        ニッタゼラチンカナダInc.に商号変更]
     1996年8月       ニッタケーシングズInc.(米国)を設立(現・連結子会社)
             ニッタケーシングズ(カナダ)Inc.(カナダ)を設立(現・連結子会社)
     1998年4月       ㈱アイビスを設立 [2014年8月                 ㈱アイビスを解散(2015年4月清算結了)]
     1998年5月       バムニプロテインズLtd.(インド)を設立(現・連結子会社)
     1999年1月       ニッタゼラチンインディアLtd.ゼラチン製造工場竣工(現・連結子会社)
     2001年4月       コラーゲンペプチド「コラゲネイド」発売
     2002年3月       機械事業より撤退
     2003年6月       魚を原料としたゼラチンとコラーゲンペプチド「イクオス」シリーズ発売
     2003年7月       化粧品製造業の許可取得
     2004年4月       ㈱アルマコーポレーションを設立
             [2016年4月 新田ゼラチンフーズ㈱に商号変更、2019年4月 当社が吸収合併]
     2004年9月       ㈱ニッタバイオラボを設立(現・連結子会社)
     2004年12月       ニッタゼラチンホールディングInc.(米国)を設立(現・連結子会社)
             ニッタゼラチンユーエスエーInc.(米国)を設立(現・連結子会社)
     2009年7月       レバプロテインズLtd.(インド)を設立
             [合併基準日を2017年4月としてニッタゼラチンインディアLtd.がレバプロテインズLtd.を吸収合併]
     2010年12月       広東百維生物科技有限公司(中国)を設立(現・関連会社)
     2011年9月       上海新田明膠有限公司(中国)を設立(現・連結子会社)
     2011年12月       東京証券取引所市場第二部に株式を上場
     2012年3月       ニッタホンコンLtd.(中国)を設立(現・連結子会社)
             [2019年6月 Package           HongKong     Limitedに商号変更]
     2012年9月
             北京新田膠原腸衣有限公司(中国)を設立(現・関連会社)
             [2015年7月        北京秋実膠原腸衣有限公司に商号変更]
     2012年12月
             東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
     2013年1月
             ニッタゼラチンベトナムCo.,              Ltd.(ベトナム)を設立(現・連結子会社)
     2016年8月
             ヴァイスゼラチン,LLC(米国)を設立(現・連結子会社)
                                   4/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社16社及び関連会社3社により構成され、コラーゲン
       事業をグローバルに営んでおり、当社及び関係会社が製造・販売を分担し、相互に協力して事業活動を展開してい
       ます。
        当社グループの事業内容及び主要な関係会社のグループ内における位置付けは次のとおりです。
        なお、当連結会計年度より報告セグメントを変更しております。詳細につきましては、「第5 経理の状況 
       1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりです。
       コラーゲン事業
           販売区分                 製品群                当社及び主要な関係会社
                                         新田ゼラチン㈱
                                         彦根ゼラチン㈱
                                         新田ゼラチンフーズ㈱
                                         ニッタゼラチンエヌエーInc.
                                         ヴァイスゼラチン,LLC
                                         ニッタゼラチンカナダInc.
                     食品用ゼラチン
        フードソリューション             食品材料                    ニッタゼラチンユーエスエーInc.
                     コラーゲンケーシングほか
                                         ニッタゼラチンインディアLtd.
                                         バムニプロテインズLtd.
                                         ニッタケーシングズInc.
                                         ニッタケーシングズ(カナダ)Inc.
                                         上海新田明膠有限公司
                                         ニッタゼラチンベトナムCo.,Ltd.
                                         新田ゼラチン㈱

                                         彦根ゼラチン㈱
                                         新田ゼラチンフーズ㈱
                                         ニッタバイオラボ㈱
                                         ニッタゼラチンエヌエーInc.
                                         ヴァイスゼラチン,LLC
                     カプセル用ゼラチン
        ヘ  ル  ス  サ  ポ  ー  ト   健康食品用・美容用コラーゲンペプチド
                                         ニッタゼラチンカナダInc.
                     医療用ゼラチン・コラーゲンほか
                                         ニッタゼラチンユーエスエーInc.
                                         ニッタゼラチンインディアLtd.
                                         バムニプロテインズLtd.
                                         上海新田明膠有限公司
                                         広東百維生物科技有限公司
                                         ニッタゼラチンベトナムCo.,Ltd.
                                         新田ゼラチン㈱

                                         ニッタゼラチンカナダInc.
                                         ニッタゼラチンユーエスエーInc.
        スペシャリティーズ             接着剤、工業用ゼラチンほか
                                         ニッタゼラチンインディアLtd.
                                         バムニプロテインズLtd.
                                         ボスティック・ニッタ㈱
                                   5/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       [事業系統図]
      (注)2019年4月に当社が新田ゼラチンフーズ株式会社を吸収合併しました。

















                                   6/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                            資本金                議決権の所有
          名称           住所            主要な事業の内容                     関係内容
                           (百万円)                 割合(%)
     (連結子会社)

                  滋賀県犬上郡               魚・牛ゼラチンの製                  製造の業務委託
     彦根ゼラチン㈱                         30                 66.7
                  豊郷町               造                  役員の兼任あり
     新田ゼラチンフーズ㈱                            ゼラチン、食品材料
                  東京都中央区            50                100.0    当社製品の販売
     (注)6                            等の販売
                                 栄養補助食品、化粧                  当社製品の販売
     ㈱ニッタバイオラボ             大阪市浪速区            95                100.0
                                 品等の企画・販売                  設備の賃借あり
                  米国
     ニッタゼラチンホール                       千US$                      米国子会社の持株会
                  (ニュージャー                   -         100.0
     ディングInc.(注)2                         0                    社
                  ジー州)
                  米国                                 役員の兼任あり
     ニッタケーシングズInc.                       千US$    コラーゲンケーシン              100.0
                  (ニュージャー                                 資金の貸付及び債務
     (注)2、3、4                       27,400     グの製造・販売              (2.3)
                  ジー州)                                 保証あり
                  米国                                 当社製品の販売
     ニッタゼラチンエヌエー                       千US$    ゼラチン、コラーゲ              100.0
                  (ノースカロラ                                 製品の仕入
     Inc.(注)3、5                        130   ンペプチド等の販売             (100.0)
                  イナ州)                                 役員の兼任あり
                                                   同社製品の仕入
                  米国               豚ゼラチン、豚・牛
     ニッタゼラチンユーエス                       千US$                  100.0    役員の兼任あり
                  (ノースカロラ               コラーゲンペプチド
     エーInc.(注)3                         0               (100.0)     資金の貸付及び債務
                  イナ州)               の製造
                                                   保証あり
                                 ゼラチン、コラーゲ
     ヴァイスゼラチン,LLC             米国                             100.0    役員の兼任あり
                              -
                                 ンペプチドの加工・
     (注)3             (イリノイ州)                            (100.0)     債務保証あり
                                 販売
                  カナダ
     ニッタゼラチンカナダ                        千C$                      同社製品の仕入
                  (オンタリオ               豚ゼラチンの製造              100.0
     Inc.(注)2                       20,000                       債務保証あり
                  州)
                  カナダ
     ニッタケーシングズ(カ                        千C$    コラーゲンケーシン                  役員の兼任あり
                  (オンタリオ                             100.0
     ナダ)Inc.                       1,246    グの製造販売                  債務保証あり
                  州)
                                 牛ゼラチン、牛オセ
                                                   同社製品及び原料の
     ニッタゼラチンインディ             インド           千RS    イン、牛・魚コラー
                                               43.0    仕入
     アLtd.(注)2、7             (ケララ州)          248,791     ゲンペプチドの製
                                                   役員の兼任あり
                                 造・販売
                  インド
     バムニプロテインズLtd.                        千RS                 100.0
                  (マハラシュト               牛オセインの製造                  同社原料の仕入
     (注)3                       42,500                  (82.3)
                  ラ州)
                                                   当社製品の販売
                             千RMB    ゼラチン、コラーゲ
     上海新田明膠有限公司             中国(上海市)                             67.0    製品の仕入
                             9,088    ンペプチド等の販売
                                                   役員の兼任あり
     ニッタホンコンLtd.                       千HK$                  100.0    中国関連会社の持株
                  中国(香港)                   -
     (注)2、3、8                       30,420                  (100.0)     会社
     ニッタゼラチンベトナム
                  ベトナム(ロン          百万VND     ゼラチンの販売、食
                                               75.0    当社製品の販売
     Co.,   Ltd.          アン省)          13,044     品材料の製造・販売
     (持分法適用関連会社)
     ボスティック・ニッタ㈱                         18                 20.0
                  大阪市浪速区               接着剤の販売                  当社製品の販売
                             千RMB                  30.0
     北京秋実膠原腸衣有限公                            コラーゲンケーシン
                  中国(北京市)
                                                       ―
                            82,943                  (30.0)
     司 (注)3                          グの製造・販売
                                 魚コラーゲンペプチ
     広東百維生物科技有限公                       千RMB
                  中国(広東省)               ド、魚オセインの製              44.6    役員の兼任あり
     司                       67,600
                                 造・販売
                                   7/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (注)1.当連結会計年度より報告セグメントの区分を「コラーゲン事業」の単一セグメントに変更したため、
             「主要な事業の内容」欄には、各関係会社が行う主要な事業を記載しております。
          2.特定子会社に該当しております。
          3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
          4.ニッタケーシングズInc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上高に
             占める割合が10%を超えております。
             主要な損益情報等           (1)売上高           4,605百万円
                       (2)経常利益            △68百万円
                       (3)当期純利益           △551百万円
                       (4)純資産額           △165百万円
                       (5)総資産額           3,058百万円
          5.ニッタゼラチンエヌエーInc.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上
             高に占める割合が10%を超えております。
             主要な損益情報等           (1)売上高           5,373百万円
                       (2)経常利益             48百万円
                       (3)当期純利益             3百万円
                       (4)純資産額            532百万円
                       (5)総資産額           1,929百万円
          6.新田ゼラチンフーズ株式会社は、2019年4月1日付で当社との吸収合併により消滅しております。
          7.レバプロテインズLtd.は、2017年4月1日を合併基準日として、ニッタゼラチンインディアLtd.を存続
             会社とする吸収合併により消滅しております。詳細につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財
             務諸表等      (1)連結財務諸表          注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりです。
          8.ニッタホンコンLtd.は、2019年6月4日付でPackage                           Hongkong     Limitedに商号変更しております。
                                   8/100













                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                 1,232    ( 95 )

      コラーゲン事業
                                                 1,232    ( 95 )
                  合計
       (注)1.当連結会計年度より報告セグメントを変更しております。これにより当社グループの事業は、「コラー
             ゲン事業」の単一セグメントとなるため、セグメント別の記載を省略しております。
          2.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グ
             ループへの出向者を含む。)であり、執行役員は含み、使用人兼務取締役は含まれておりません。
          3.臨時雇用者数(嘱託、パートタイマー)は、年間の平均人員を(                                  )内に外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           239    ( 90 )         42.5              17.3           7,656,908

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                  239   ( 90 )
      コラーゲン事業
                                                  239   ( 90 )
                  合計
       (注)1.当事業年度より報告セグメントを変更しております。これにより当社の事業は、「コラーゲン事業」の
             単一セグメントとなるため、セグメント別の記載を省略しております。
          2.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、執
             行役員は含み、使用人兼務取締役は含まれておりません。
          3.臨時雇用者数(嘱託、パートタイマー)は、年間の平均人員を(                                  )内に外数で記載しております。
          4.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社には新田ゼラチン労働組合が組織されており、化学一般労働組合連合に属しております。
         なお、労使関係について特に記載すべきことはありません。
                                   9/100









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。
      (1)経営方針

         当社グループの経営方針は、古来、人類が利用してきたコラーゲン素材を活かし、食品市場や健康・美容市場
        及び医療分野向けで新たな価値を生み出し、豊かな人間生活に貢献することです。また、地球環境の保全に努め
        る企業として、グローバルな視点から経営を進めています。
         ≪社是≫

           愛と信(まこと)を基盤とし、
           最高の技術と最大の活力により、
           社業を発展させ、もって社会に貢献し、
           希望ある人生をきずこう。
         ≪ビジョン≫

           「いつまでも元気で若々しくありたい」
           そんな世界中の人々の願いをコラーゲンの飽くなき追求により叶えます。
           1.お客様の「もっと」を叶える製品・サービスを提供します。
           2.研究開発と生産革新に努め、コラーゲンの活躍の場を広げます。
           3.挑戦を良しとする組織風土を築き、新たな市場を開拓・創造します。
        経営基盤のさらなる強化・拡大を目指し、以下の3点を経営方針として取り組みます。

        ①  フードソリューション、ヘルスサポート、バイオメディカルの3つをコア領域とする。

                      「もっと美味しく、簡単に」を実現するために、ゼラチンやゲル化剤等を活用し
         フードソリューション             た用途開発と、独自の製品開発や配合技術によって、お客様の課題解決に繋がる
                      ソリューションを提供します。
                      世界中の人々の願いである健康に対し、長年にわたるコラーゲンペプチドの機能

         ヘ  ル  ス  サ  ポ  ー  ト
                      性研究と製品開発力で若さや美しさを保ちたいというニーズにお応えします。
                      革新的な医療技術への挑戦が続く先端医療分野において、生体内に用いても安全

         バイオメディカル             なコラーゲン・ゼラチンを医療分野に展開し、再生医療や生体材料の製造に貢献
                      します。
        ②  日本、アジア、北米の生産・供給体制を自由貿易時代に対応すべくグローバルで最適化する。

         TPP(環太平洋パートナーシップ協定)やEPA(経済連携協定)など関税撤廃による海外メーカーの日本市場へ
        の参入による競争激化に対応するため、当社グループの各製造拠点で生産改革を推進し、グローバルでの競争力
        向上を図ります。
        ③  選択と集中を進め、高付加価値製品・サービスを創造し、より高収益な企業体質に変革する。

         2019年3月期においては、当社の接着剤事業(製造を除く)をボスティック・ニッタ株式会社へ分割承継しま
        した。ニッタゼラチンインディアLtd.がレバプロティンズLtd.を吸収合併し、中国のコラーゲンケーシング事業
        では、ニッタホンコンLtd.の株式譲渡を決議しました。また、2019年4月には当社が新田ゼラチンフーズ株式会
        社を吸収合併しております。今後、経営方針に掲げるコア領域において事業戦略を着実に推進するとともに、製
        品のポートフォリオを最適化し、高収益な経営体質へと転換してまいります。
                                  10/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営戦略等
        ①  フードソリューション
         ホテル・レストランなどの飲食業界は、訪日外国人の増加もあり市場が拡大する一方、慢性的な人手不足と
        なっており、手間をかけずに調理したいというニーズが高まっています。これらのニーズに応えるため、外食産
        業向けではこれまでの素材販売だけでなく「人手不足解消」など、お客様の課題を解決する加工度の高い業務用
        商材を提供します。
         日本では共働き世帯の増加などにより家族が別々に食事をする個食化が進み、レンジアップ総菜や冷凍食品な
        どの需要が旺盛です。これら中食市場向けに「もっと美味しく、簡単に」を実現する特徴ある製品開発を行いま
        す。また、アジアでは日本で蓄積されたアプリケーション技術を活用し、現地のニーズに応えることで、事業の
        拡大と新たなビジネスモデルの構築に取組みます。
        ②  ヘルスサポート

         アンチエイジングに対するコラーゲンペプチドの有用性が注目されています。血管年齢の若返りや糖尿病を改
        善に導く血糖値低下効果等、外部研究機関と健康長寿に貢献する機能性表示食品の研究開発に注力し、「元気で
        若々しくありたい」という人々の想いを実現します。また、成長著しいスポーツニュートリション市場(スポー
        ツドリンク、スポーツフードやスポーツサプリメント等スポーツをする人々のために開発された食品全般)に向
        けて、新製品を開発しております。
         北米では医薬・健康食品向けのカプセル市場が堅調に推移し、美容用途や健康食品用途におけるコラーゲンペ
        プチドの需要が急拡大しています。また、中国でもコラーゲンペプチドの機能性が再認識され健康食品用途の需
        要が伸長しており、これらの需要に応えグローバルに事業を拡大させます。
        ③  バイオメディカル

         当社のゼラチン・コラーゲンは、体内に直接入れても発熱反応が起こらない安全性の高い製品で、再生医療分
        野において細胞作りから治療にまで利用されております。海外においても、バイオ医薬品用での評価も進み、今
        後より一層医療用コラーゲンの認知向上と販売拡大に努め、未来の医療に貢献してまいります。
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な経営指標等

         当社グループでは、事業の成長と収益力向上の観点から、連結売上高及び連結営業利益を重要な経営指標と位
        置づけています。お客様のニーズにマッチした製品・サービスを提供すること、また継続的なコスト削減、生産
        性向上による競争力あるモノつくりによって、事業の持続的な成長と収益の最大化を目指しています。
      (4)経営環境

         日本においては、2018年の訪日外国人が3,000万人を突破し、2020年には東京オリンピック開催が予定されて
        おり、ホテル・レストランや飲食チェーンでは更なる需要拡大が見込まれます。一方、女性の社会進出に伴い、
        一般家庭においてもコンビニエンスストアやスーパーの総菜で食事をとる機会が増えています。また日本には食
        感を表す言葉が外国に比べ多く、日本人は食感に対する意識が高いと言われており、「ふわふわ」や「もちも
        ち」感等、常に新たな食感を求めております。
         世界でも類を見ない超高齢化社会に突入している日本では、健康に対する意識の高まりから、体力維持のため
        ジョギングやウォーキング人口が増加しています。このような背景により、スポーツ後の疲労回復や怪我の予防
        を目的とするスポーツニュートリション市場が拡大しています。また高齢者人口の急速な増加に対応するため、
        フレイル(加齢に伴い健康な状態から要介護に至るまでの中間段階)を改善する取り組みも注目されるように
        なっています。
         アジアでは各国の所得水準の向上とともに、大手スーパーで数多くの乳製品やデザートが販売されています。
        また、日系のコンビニエンスストアが増加するなど、新たなニーズが生まれています。
         医療市場では、世界中の研究機関において先進医療、次世代医薬品などの革新的医療が進められています。コ
        ラーゲン・ゼラチンは細胞培養だけでなく、生体親和性や生体吸収性など様々な機能を持っています。これらの
        ユニークで有用な機能を活かし、人工骨、人工皮膚及びドラッグデリバリー用など活躍の場が広がっています。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当社グループの主要原料は畜産業や水産業の副産物を利用しているため、需給バランスの影響を受け原料価格
        が急激に高騰する場合があります。今後も安心・安全な原材料の調達先を開拓することで、グローバルでの供給
        体制の強化に努めます。また、当社グループの各工場においては生産性の向上によるコストダウンや環境対策の
        強化により、競争力の向上を図ります。
         当社のコア素材であるコラーゲンは、無限の可能性を秘めています。人々の健康や生活に役立てるため、大学
        や外部研究機関と共同研究によりコラーゲンの未知なる機能を解明し、新たな用途開発と新たな市場創造にチャ
        レンジします。
                                  11/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの事業その他に関するリスクについて、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性があると考えら
       れる主な事項を記載しています。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても、投資者の投
       資判断上、重要であると考えられる事項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示して
       います。なお、当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対
       応に努めます。
        本項においては、将来に関する事項が含まれていますが、当該事項は当連結会計年度末現在において当社グルー
       プが判断したものです。
      (1)製品開発について

         当社グループは、市場変化と顧客ニーズにマッチした製品、サービスをいち早くお届けすることを大切にし、
        研究開発、設備投資を積極的に進めていますが、必ずしも新製品開発が成功するとは限らず、また、新製品開発
        が成功した段階で、顧客ニーズにマッチせず受け入れられない可能性があります。
         また、医療用途製品については、当社グループ製品を使用した顧客の製品開発、上市には長期間必要であり、
        当該期間における市場環境変化、顧客の業績変動、規制当局承認申請の長期化などにより、顧客製品開発の中止
        ないしは開発期間の大幅な長期化などの可能性があります。
         これらの結果、当社グループの研究開発及び設備投資費用の回収が、遅延もしくは不可能となった場合には、
        当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (2)海外市場について

         当社グループでは、1979年7月に米国にて販売子会社を設立以来、海外市場での販売拡大を積極的に進めてお
        り、2019年3月期における海外市場での売上高は、当社グループ売上高の45.8%を占めるに至っています。これ
        まで事業展開の主要地域であった北米市場では、同業他社品と当社グループ製品の間に競合が生じ、当社グルー
        プの販売拡大に影響が生じる可能性があります。
         また、今後注力する中国、インド、東南アジア市場においては、北米市場以上に同業他社品と当社グループ製
        品の間に競合が生じ、当社グループの販売拡大に影響が生じる可能性があります。
         当社グループでは、コストダウン、品質向上、特徴ある新製品開発、最適地生産などの競争力強化に努めてい
        ますが、これらの対応が効果を発揮しない場合には、販売拡大が停滞し、当社グループの経営成績及び財政状態
        が影響を受ける可能性があります。
      (3)為替変動について

         当社グループから海外顧客に対して直接又は子会社経由で販売を行う場合には、米ドル建で輸出しています。
        仕入についても、当社は、牛骨、オセインなどのゼラチン原料は主に米ドル建で、また豚皮ゼラチンをカナダド
        ル建で海外から輸入しています。そのため、当社グループは、米ドル建輸出、米ドル建及びカナダドル建輸入の
        各々に関して、為替予約を金融機関と締結することにより、為替変動リスクをヘッジしています。これらによ
        り、当社グループは営業取引に係る為替変動リスクを低減させていますが、当社グループの想定を超える為替変
        動によって経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
         また、外貨建取引により生ずる収益・費用及び外貨建債権・債務の円貨換算額並びに外貨建で作成されている
        海外連結対象会社の財務諸表の円貨換算額は、外国為替レートの変動を受け、当社グループの経営成績及び財政
        状態が影響を受ける可能性があります。
      (4)主要原料の価格変動について

         当社グループの製造原価に占める原料費の割合は51.2%(2019年3月期)となっており、原料価格は様々な要
        因により変動しています。ゼラチン・コラーゲンペプチドの主要原料である牛骨や牛皮、豚皮、魚鱗などは全て
        畜産業や水産業の副産物であり、世界経済の景気変動による食肉消費量の増減や、各種動物疾病による食肉加
        工、流通の規制などによる需給バランスの変動により価格変動の可能性があります。食品材料の主要原料である
        天然多糖類は産地の気候変動などの影響、接着剤の主要原料である石油樹脂は、重油、ナフサの相場価格と需給
        バランスの変動などの影響により、価格が変動する可能性があります。
         一方、これら主要原料の価格変動の、当社グループ製品販売価格への転嫁は容易ではありません。そのため、
        これらの原料価格の変動により、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
                                  12/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      (5)動物疾病について
         当社グループが製造しているゼラチン、コラーゲンペプチド、コラーゲンケーシング、コラーゲンなど主要製
        品の原料は、牛骨や牛皮、豚皮、魚鱗などの畜肉や魚肉生産に由来する動物性副産物であるため、動物疾病のリ
        スクがあります。したがって、動物疾病による汚染がない原料であることを確認の上調達するとともに、安全な
        原料確保のため、原料調達地域の多様化を進めています。
         しかしながら、当社グループの原料調達地域において、動物疾病が広範囲に発生した場合には、食肉生産の停
        滞や停止による原料骨・皮の産出量の減少もしくは停止、またこれに起因する原料調達地域の変更などにより、
        安定的な原料調達に影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループの製品販売においても、原料原産国や生産国での動物疾病の発生により、同地域の動物由
        来原料を使用した製品又は同地域で生産した製品の輸入規制などが発動され、販売が停滞する可能性がありま
        す。
         これらの影響により、原料調達コストの増加、販売減少による減収、在庫の増加などの影響が考えられ、当社
        グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (6)法的規制について

         当社グループは事業活動を遂行するにあたり、食品衛生法、JAS法、医薬品医療機器等法などの規制及び関
        係省庁の通達による規制を日本で受けています。今後、これらの規制の改廃もしくは新たな法的規制が設けられ
        た場合には、それらに対応するための追加コストなどの発生又は事業活動範囲が制約される可能性があります。
         また、当社グループは事業展開する各国において、各種法規制の適用を受けており、これらの変更や遵守状況
        によって経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
         とりわけ環境関連におきまして、ゼラチンの生産は原料からゼラチンにいたるまで多量の水を必要としていま
        す。そのため、当社グループの各工場では多量の水を給排水し、排水量、水質についてその国・地域の規制を受
        けています。各工場では水のリサイクル、リユース及び工程革新により給排水の減量及び水質の維持に努めてい
        ますが、国・地域の規制が大きく変更された場合には、新たな対応のためのコストが発生する可能性がありま
        す。
         これらの影響により、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (7)宗教規制について

         当社グループのゼラチンは、食品、医薬用カプセルなどに幅広く使用される動物由来製品ですが、宗教上の戒
        律から、動物種や製造法によっては、口にすることを禁忌される場合があります。具体的にはハラール(イスラ
        ム教)、コーシャ(ユダヤ教)が代表的で、これらの信者は、豚由来製品を消費することが認められません。こ
        のような消費者向け製品を製造する顧客に、適正なゼラチンを販売するため、当社グループでは、各宗教のルー
        ルに従う動物種の原料を調達し、適正な製造方法でゼラチンを製造しています。当社製品の適合性を証明するた
        めに、各宗教認定機関の査察による認証のもと、厳重な原料及び製造管理を行っています。
         しかし、管理上の不備により各宗教のルールを逸脱し、認証が取り消された場合には、販売の機会を失い当社
        グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (8)自然災害、事故、テロ、戦争などの発生について

         当社グループの主要事業所及び主要原料調達地域(インド、カナダ、米国、ニュージーランド、タイ、パキス
        タン、中国など)、主要販売地域(日本、北米、インド、中国、アジア各国など)において、地震、風水害など
        の自然災害、事故、地元とのトラブル、地域的なテロ、戦争などが発生した場合には、原料調達や製品の製造・
        販売に支障を来し、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (9)製品品質について

         当社グループは、顧客に信頼されるよう品質第一に努め、顧客中心の製品開発を行い、国際的な品質管理シス
        テムに従って製品を製造しています。特に、ゼラチンの原料から製品に至るまでのトレーサビリティーの確保に
        は重点的に取り組んでおり、安全な製品の販売に努めています。
         また、生産物賠償責任保険(PL保険)などにも加入していますが、当社グループの製品の欠陥により顧客に
        損害を与えた場合、これらの保険の補償限度内で当社グループが負担すべき賠償額をカバーできる保証はありま
        せん。そのため、重大な品質上の問題が発生した場合には、損害賠償請求や当社グループへの信用失墜などによ
        り、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
                                  13/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      (10)代替製品について
         医薬品、化粧品及び食品の一部で用いられる原材料では、動物性原材料から植物性原料へシフトする潮流があ
        ります。その中でも、当社主力製品であるゼラチンの主要市場であるカプセル市場において、この潮流を受け、
        植物由来(でんぷんやセルロースの誘導体)のカプセルがあります。今後、動物由来製品への規制や消費者マイ
        ンドの変化により、植物性カプセルが急速に普及した場合には、ゼラチンカプセルの需要が減少し、当社グルー
        プの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (11)金利変動について

         当社グループは設備投資資金を主に金融機関からの借入金で賄っており、2019年3月期における総資産に対す
        る有利子負債依存度は、25.4%(リース債務含む)となっています。当社グループでは借入金などの有利子負債
        の圧縮に努めていますが、今後、市場金利が上昇した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を
        受ける可能性があります。
      (12)税制について

         TPPやEPAなどの発効に伴い関税が撤廃され、輸入品の販売価格が低下していく可能性があります。輸入品
        と、国内工場で生産しているゼラチン、コラーゲンペプチドの間に価格差が発生する可能性があり、その場合に
        は、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
         また、当社グループはグローバルな生産、販売活動を展開しており、グループ内でも材料、半製品などの相互
        供給を行っています。各事業法人においては、各国の税法に準拠して税額計算し、適正な形で納税を行っていま
        す。なお、適用される各国の移転価格税制などの国際税務リスクについて細心の注意を払っていますが、税務当
        局との見解の相違により、結果として追加課税が発生する可能性があります。
      (13)情報管理について

         当社グループは、購買、生産、販売、管理など各プロセスにおいて、リアルタイムで必要な情報が入手、分析
        ができるシステムを構築しています。システムの安定運用とシステムに含まれる顧客などの営業情報、個人情報
        などの流出防止のためのアクセス権管理は、特に厳重に管理しています。しかしながら、ソフトウエアの不具
        合、外部からの不正アクセスなどにより、情報システムの安定的運用が困難となった場合には、事業活動に支障
        をきたし、また、営業情報、顧客情報の流出が発生した場合には、顧客からの損害賠償請求や当社グループへの
        信用失墜などにより、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
      (14)知的財産権の侵害について

         当社グループが開発した独自技術は、特許権などの取得により、知的財産権の保護を行っています。また、製
        品開発において知的財産権を含む第三者が保有する権利を侵害しないように努めています。しかしながら、当社
        グループが第三者との間で知的財産権などの帰属や侵害に関する主張や請求を受ける可能性は完全には否定でき
        ず、それに伴い当社グループが損害賠償請求や差止請求を受けた場合、当社グループの経営成績及び財政状態が
        影響を受ける可能性があります。
      (15)訴訟等について

         当社グループは、事業活動に当たっては、内部統制体制を強化し、法令遵守、社会道徳遵守を含めたコンプラ
        イアンスの強化、各種リスクの低減に努めるとともに、必要に応じて弁護士など専門家の助言などを受けていま
        す。しかしながら、事業活動に当たっては、偶発的に発生する訴訟や訴訟に至らない請求等を受ける可能性があ
        ります。なお、係争中又は将来発生し得る訴訟の結果を予測することは不可能であり、その動向によっては当社
        グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
                                  14/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        当連結会計年度において下記のとおり遡及処理等を行っておりますので、当該内容を反映させた後の数値で前連
       結会計年度との比較・分析を行っております。
        ・2017年4月1日を合併基準日として、ニッタゼラチンインディアLtd.を存続会社とする吸収合併によりレバプ
         ロテインズLtd.は消滅しております。
        ・「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計年
         度の期首から適用しております。
        ・当連結会計年度より報告セグメントを変更しております。
      (1)   経営成績等の状況の概要

         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①  財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度における世界経済は、米国が緩やかな経済成長を維持しましたが、欧州と中国の景気後退局面
        が鮮明となり減速感が高まりました。日本経済は、設備投資と企業業績は堅調でしたが、海外経済の減速により
        輸出が伸び悩み、景気の先行き不透明感が増大しました。
         この様な環境下、2018年4月にスタートさせた中期経営計画で示している当社グループの経営方針は次のとお
        りです。
         1.フードソリューション、ヘルスサポート、バイオメディカルの3つをコア領域とする。
         2.日本、アジア、北米の生産・供給体制を自由貿易時代に対応すべくグローバルで最適化する。
         3.選択と集中を進め、高付加価値製品・サービスを創造し、より高収益な企業体質に変革する。
         この経営方針のもと、3つのコア領域での新市場開拓、新用途と新製品開発に積極的に取り組みました。当社
        グループの各製造拠点においては、生産性向上やコストダウンに努め、コア領域により一層注力するため接着剤
        事業(製造を除く)をボスティック・ニッタ株式会社へ分割承継しました。また、インドのニッタゼラチンイン
        ディアLtd.はレバプロテインズLtd.を吸収合併し、中国のコラーゲンケーシング事業では、ニッタホンコンLtd.
        の株式譲渡を決議するなど、事業再編に取り組みました。
         この結果、売上高は36,464百万円(前年同期比3.5%減少)となり、魚原料価格の高騰や北米でのコラーゲン
        ケーシング売上高の減少等により、営業利益は898百万円(前年同期比17.9%減少)、経常利益は持分法による投
        資損失等により828百万円(前年同期比15.4%減少)となりました。また、特別利益として接着剤事業(製造を除
        く)の分割承継に伴い事業分離における移転利益等を1,301百万円計上し、特別損失としてニッタゼラチンイン
        ディアLtd.の減損損失等を1,098百万円を計上したことにより、親会社株主に帰属する当期純利益は989百万円
        (前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失599百万円)となりました。
         当連結会計年度より報告セグメントの区分を「コラーゲン事業」の単一セグメントに変更しております。詳細

        は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご覧下
        さい。
         なお、各製品群は以下の販売区分へと分類しております。

            販売区分                           製品群
         フードソリューション             食品用ゼラチン、食品材料、コラーゲンケーシングほか
                      カプセル用ゼラチン、健康食品用・美容用コラーゲンペプチド、
         ヘ  ル  ス  サ  ポ  ー  ト
                      医療用ゼラチン・コラーゲンほか
         スペシャリティーズ             主に接着剤、工業用ゼラチンほか
         販売の状況は、次のとおりです。

        (フードソリューション)
         日本では、共働き世帯の増加や個食化により中食需要は引き続き拡大しており、レンジアップ総菜向けの売上
        高は増加しました。また中食や外食向け食肉加工品や業務用冷凍品用途での販売も増加し、製菓・調理用ゼラチ
        ンの売上高の減少を補いました。グミキャンディー等の高糖度菓子用途やデザート用への売上高は、前年並みと
        なりました。海外では、畜肉スナック・ソーセージ用途のコラーゲンケーシングの売上高が減少しました。
         この結果、フードソリューション全体の売上高は15,290百万円(前年同期比1.9%減少)となりました。
                                  15/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        (ヘルスサポート)
         日本では、健康志向の高まりや機能性表示食品の市場拡大もあり、健康食品用カプセル向けの需要は堅調に推
        移し、売上高は増加しました。美容用途へのコラーゲンペプチドの販売は、価格改定の浸透と販売の拡大によ
        り、売上高が増加しました。
         海外では、北米向けカプセル市場での販売は市況回復により堅調に推移し、美容用途及び健康食品用途では北
        米や中国でのコラーゲンペプチドの市場拡大に伴い、売上高が増加しました。アジア向けカプセル用途では、
        2018年8月にインド南部で発生した洪水の影響により、売上高は減少しました。
         この結果、ヘルスサポート全体の売上高は14,521百万円(前年同期比1.7%増加)となりました。
        (スペシャリティーズ)

         接着剤は、顧客の需要変化による衛生材料用の売上高の減少が影響し、全体の売上高は6,653百万円(前年同
        期比15.9%減少)となりました。
       ②  キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末比513百万円増
        加の2,051百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において営業活動により獲得した資金は2,232百万円(前期は1,423百万円の獲得)となりまし
        た。主な要因は、税金等調整前当期純利益1,031百万円、減価償却費1,568百万円、たな卸資産の増加額753百万
        円、事業分離における移転利益655百万円、減損損失634百万円、仕入債務の増加額567百万円によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において投資活動により使用した資金は708百万円(前期は1,377百万円の使用)となりまし
        た。主な要因は、有形固定資産の売却による収入475百万円、有形固定資産の取得による支出1,967百万円、事業
        分離による収入887百万円によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度において財務活動により使用した資金は1,009百万円(前期は1,160百万円の使用)となりまし
        た。主な要因は、長期借入れによる収入1,800百万円、長期借入金の返済による支出2,664百万円及びリース債務
        の返済による支出212百万円によるものです。
       ③  生産、受注及び販売の実績

        a.生産実績
          当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであり、当連結会計年度の生産実績は次のとおりであ
         ります。
                                   当連結会計年度
               セグメントの名称                 (自 2018年4月1日                前年同期比(%)
                                 至 2019年3月31日)
                                         32,169
        コラーゲン事業(百万円)                                                 97.0
                合計(百万円)                          32,169                97.0
        (注)1.金額は販売価格によっております。
           2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        b.受注実績

          当社グループは見込生産を行っているため、該当事項はありません。
        c.販売実績

          当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであり、当連結会計年度の販売実績は次のとおりであ
         ります。
                                   当連結会計年度
               セグメントの名称                 (自 2018年4月1日                前年同期比(%)
                                 至 2019年3月31日)
        コラーゲン事業(百万円)                                 36,464                96.5
                合計(百万円)                          36,464                96.5
        (注)1.総販売実績に対する販売実績の割合が100分の10以上の相手先がありませんので、主要な販売先の記
              載を省略しております。
           2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  16/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による            経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①  重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
        ております。この連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は「第5 経理の状況 1 連結
        財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載されて
        いるとおりであります。
         当社グループの連結財務諸表の作成においては、損益又は資産の状況に影響を与える見積り、判断を必要とし
        ております。過去の実績やその時点で入手可能な情報を基に合理的と考えられるさまざまな要因を考慮した上
        で、継続的に見積り、判断を行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見
        積りと異なる場合があります。
         当社グループでは、見積り及び判断に影響を及ぼす重要な会計方針として以下のものがあると考えておりま
        す。
        a.  たな卸資産の評価
          たな卸資産の評価基準及び評価方法は、通常の販売目的で保有するたな卸資産については、主として総平均
         法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)により算定しておりま
         す。長期滞留品については販売可能価格又は原材料価格まで評価減を実施し、評価減金額を売上原価に算入し
         ております。
        b.貸倒引当金の計上基準
          貸倒引当金は、売上債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸
         念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          将来、顧客の財政状態が悪化し、支払能力が低下した場合には、引当金の追加計上又は貸倒損失が発生する
         可能性があります。
        c.投資有価証券の減損処理
          投資有価証券の評価方法は、時価のある有価証券については決算日の市場価格等に基づく時価法を、時価の
         ない有価証券については移動平均法による原価法を採用しております。時価のある有価証券は、期末における
         時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、回
         復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っております。時価のない有価証券は、合理
         的な評価基準に基づき同様の処理を行っております。そのため、将来市況の悪化又は投資先企業の業績不振等
         により、減損処理が必要となる可能性があります。
        d.繰延税金資産の回収可能性の評価
          繰延税金資産の計上については、将来の課税所得を合理的に見積り、回収可能性を十分に検討した上で、回
         収見込額を計上しております。
          繰延税金資産の回収可能見込額に変動が生じた場合には、繰延税金資産の追加計上又は取崩により利益に影
         響を及ぼす可能性があります。
        e.退職給付に係る会計処理の方法
         イ.退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
         ロ.数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として10
          年)による定額法により費用処理しております。
           数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
          年数(主として10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理してお
          ります。
         ハ.小規模企業等における簡便法の採用
           一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
          給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                  17/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
        a.経営成績
         (売上高)
           当連結会計年度の売上高は、              前連結会計年度に比べ1,312百万円減少し、36,464百万円(前年同期比3.5%
          減)となりました。
           主な要因は、2018年8月にインド南部で発生した洪水の影響及び顧客の需要変化による衛生材料用の売上
          高の減少によるものです。
         (売上総利益)
           売上総利益は、前連結会計年度に比べ576百万円減少し、7,384百万円(                                  前年同期比     7.2  %減)となりまし
          た。主な要因は、魚原料価格上昇による売上原価の増加です。
         (販売費及び一般管理費)
           販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ380百万円減少し、6,486百万円(                                       前年同期比     5.5  %減)と
          なりました。
         (営業利益)
           上記の結果、営業利益は、前連結会計年度に比べ195百万円減少し、898百万円(                                      前年同期比     17.9  %減)と
          なりました。
         (経常利益)
           経常利益は、前連結会計年度に比べ150百万円減少し、828百万円(                                前年同期比     15.4  %減)となりました。
           主な要因は、営業利益の減少、持分法による投資損失(前年同期は持分法による投資利益)の計上です。
         (親会社株主に帰属する当期純利益)
           親会社株主に帰属する当期純利益は、989百万円(                        前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失599百万
          円 )となりました。主な要因は、接着剤事業(製造を除く)の分割承継に伴う事業分離における移転利益の
          計上  です。
        b.財政状態

         (資産)
           当連結会計年度末における            資産は、前連結会計年度末比99百万円減少の37,715百万円となりました。主な要
          因は、固定資産等が減少したことによるものです。
         (負債)
           当連結会計年度末における            負債は、前連結会計年度末比348百万円減少の20,007百万円となりました。主な
          要因は、長期借入金(1年内返済予定を含む)等が減少したことによるものです。
         (純資産)
           当連結会計年度末における            純資産は、前連結会計年度末比249百万円増加の17,708百万円となりました。主
          な要因は、利益剰余金等が増加したことによるものです。
           この結果、自己資本比率は42.0%(前連結会計年度末40.7%)となりました。
       ③  経営成績に重要な影響を与える要因について

         当社グループが製造しているゼラチンは、牛骨や牛皮、豚皮、魚鱗等の畜肉や魚肉生産に由来する動物性副産
        物を原料としています。したがって、動物疾病による汚染がない原料であることを確認の上調達すると共に、安
        全な原料を安定的に確保するため、原料調達地域の多様化を進めています。
         しかしながら、当社グループの原料調達地域において、動物疾病が広範囲に発生した場合には、食肉生産の停
        滞や停止による原料骨・皮の産出量の減少もしくは停止、またこれに起因する原料調達地域の変更等によって原
        料需給が悪化し、業績に影響を与える可能性があります。また、その他にも「第2                                       事業の状況      2  事業等のリス
        ク」に記載した事項は、当社グループの経営成績に重要な影響を与え得る要因であるため、当該項目をご参照下
        さい。
       ④  資本の財源及び資金の流動性についての分析

        a.キャッシュ・フロー
          キャッシュ・フローの状況については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及び
         キャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」に記載してお
         ります。
        b.資金需要
          設備投資、運転資金、借入金の返済及び利息の支払い並びに配当及び法人税等への支払い等であります。
        c.資金の源泉
          主として営業活動によるキャッシュ・フロー及び金融機関からの借入により、必要とする資金を調達してお
         ります。    また、運転資金の効率的な調達を行うため、金融機関との間で6,473百万円の当座貸越契約及び貸出コ
         ミットメント契約を締結しております。
                                  18/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
      (1)会社分割
         当社は、2018年5月17日開催の取締役会において、当社の行う接着剤事業(製造を除く)を会社分割により、当
        社とBostik,Inc.の合弁会社であるボスティック・ニッタ株式会社に承継することを決議し、                                           2018年5月18日付で
        吸収分割契約を締結いたしました。詳細は、                     「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等                      ( 1)連結財務諸表 注記
        事項(企業結合等関係)」に記載のとおりであります。
         なお、ボスティック・ニッタ株式会社により建設される接着剤事業の新工場が完成した後に、当社の行う接着剤
        事業(製造)をボスティック・ニッタ株式会社に会社分割する予定です。
      (2)子会社株式の譲渡

         当社は、2019年2月21日開催の取締役会において、当社の連結子会社であるニッタケーシングズInc.が100%出
        資するニッタホンコンLtd.の株式全てを譲渡することを決議し、2019年3月6日付で株式譲渡契約を締結しまし
        た。なお、当該株式譲渡に伴い、ニッタホンコンLtd.が出資する北京秋実膠原腸衣有限公司は当社の持分法適用関
        連会社ではなくなる予定です。
       ①  株式譲渡理由
         当社は中国市場におけるコラーゲンケーシング事業の事業拡大を図るため、北京秋実農業発展有限公司と合弁会
        社「北京秋実膠原腸衣有限公司」を設立し事業を展開してまいりましたが、今後の事業方針に関して、北京秋実農
        業発展有限公司との見解の相違が大きく、持株会社であるニッタホンコンLtd.を                                      Casing    Hongkong     Limited    に譲
        渡することにいたしました。
       ②  株式譲渡の相手先の名称
         Casing     Hongkong     Limited
       ③  譲渡の時期
         2019年6月下旬(予定)
       ④  当該子会社の名称及び事業内容
         名称        ニッタホンコンLtd.
         事業内容      中間持株会社(コラーゲンケーシングの製造販売を行う北京秋実膠原腸衣有限公司の株式
                          を30%保有)
         当社との取引内容  該当事項はありません
       ⑤  譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の出資持分の状況
        a.譲渡前の所有株式数  16,380,001株(所有割合 100%)
        b.譲渡株式数      16,380,001株
        c.譲渡後の所有株式数                        0株(所有割合 0%)
        d.譲渡価額         15,000千人民元
       (注)   ニッタホンコンLtd.は、2019年6月4日付でPackage                         Hongkong     Limited    に商号変更しております。

                                  19/100









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
        当社のコア素材であるコラーゲンには、無限の可能性が秘められています。「いつまでも元気で若々しくありた
       い」との人々の願いを叶えるため、これからもチャレンジ精神を持って、市場からの要望やニーズを吸い上げ、お
       客様の「もっと」を叶える製品・サービスを提供します。さらに研究開発と生産革新に努め、コラーゲンの活躍の
       場を広げ、新たな市場を開拓・創造します。
        当社グループでは顧客・市場からの要望に対して、日本、北米、アジアに営業・開発・生産スタッフを横断的に
       配置し、迅速に対応できる体制をとっています。研究スタッフは、外部研究機関・大学などと共同研究や研究委託
       を積極的に行い、素材の基礎研究や応用技術の習得にも努めています。また、当社の研究開発の推進・活性化のた
       め、「テクニカルディスカッション」を行い技術力と知識の向上を図っています。
        当連結会計年度における研究開発活動(研究課題)は以下のとおりであり、研究開発費の総額は                                            1,074   百万円と

       なっています。
       コラーゲン事業
        ①  フードソリューション
          ・原料・生産工程での技術改良・改革
          ・新タイプゼラチンの開発(新規原料、新機能)
          ・新素材開発(総菜用、医療食などのシニア食用製品)
          ・アプリケーション開発
          ・コンシューマ製品の企画・開発(コラーゲン飲料・食品)
          ・新市場・新製品開発
        ②  ヘルスサポート
          ・生産技術開発(ペプチド化、精製技術)
          ・機能性研究
          ・化粧品の開発
        ③  バイオメディカル
          ・細胞培養用・生体材料用コラーゲンの開発研究
          ・医療用ゼラチン、コラーゲンの新製品開発
                                  20/100











                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、生産・供給体制のグローバルでの最適化、更に選択と集中を進め、高付加価値製品・サービ
       スを創造し、より高収益な企業体質に変革するため                        1,626   百万円の設備投資を実施しました。
        当社及び国内工場では、最終製品の試験・検査業務の効率化、迅速化を図ることを目的に「ぶんせき館」の竣
       工、コージェネレーション設備更新、ゼラチン増産設備及び生産維持・品質向上を目的とし1,054百万円の設備投資
       を実施しました。
        海外工場におきましても、インドゼラチン、オセイン工場の環境改善、品質向上を目的とした設備更新、北米コ
       ラーゲンケーシング工場、ゼラチン・コラーゲンペプチド工場の生産維持・品質向上を目的とした設備更新や省エ
       ネ設備導入・更新等に572百万円の設備投資を実施しました。
        また、所要資金は、自己資金及び借入金によっております。

        なお、インドオセイン工場の製造用設備について減損損失634百万円を計上しました。                                        減損損失の内容については
       「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結損益計算書関係                                           ) 」 に記載のとおりで
       す。
        このほか、経常的に発生する機械装置を中心として設備更新のための除売却損を計上しているほか、当連結会計
       年度におきましては、ボスティック・ニッタ株式会社への分割承継に伴う、当社奈良工場撤去及び土地の売却を行
       いました。
                                  21/100














                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     2019年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
        事業所名                                                従業員数
                 設備の内容
                                          土地
        (所在地)                  建物及び     機械装置     工具、器具                      (人)
                                             リース資産      合計
                                         (面積千㎡)
                          構築物    及び運搬具      及び備品
              ゼラチン・食品材料・接

       本社・大阪工場
              着剤製品の製造設備、統
       (大阪府                    1,891      600     215     157     494    3,359      204
              括業務施設、福利厚生施
        八尾市)                                    (56)               (83)
              設
       (注)1.建設仮勘定は含めておりません。

          2.金額には消費税等は含まれておりません。
          3.従業員数の( )は、臨時雇用者数であり、年間の平均人員を外書しております。
          4.当連結会計年度より報告セグメントの区分を「コラーゲン事業」の単一セグメントに変更したため、
             セグメント別の記載を省略しております。
       (2)在外子会社

                                                     2019年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
                事業所名                                        従業員数
        会社名               設備の内容
                                              土地
                (所在地)              建物及び     機械装置     工具、器具                 (人)
                                                    合計
                                             (面積千㎡)
                              構築物    及び運搬具      及び備品
                       ゼラチン及び
             ノースカロライナ工場
      ニッタゼラチン
                       コラーゲンペ
      ユーエスエー
                               1,040     1,231       6     30    2,309       58
             (米国   ノースカロラ
                       プチド製造設
      Inc.                                         (150)           (-)
             イナ州)
                       備
             ニュージャージー工場
                       コラーゲン
      ニッタケーシン
                       ケーシング製          243    1,351       3     38    1,636      169
             (米国   ニュージャー
      グズInc.
                       造設備
                                                (61)           (-)
             ジー州)
             トロント工場
      ニッタゼラチン                ゼラチン製造
                                                106           52
                                178     226      6          517
             (カナダ    オンタリオ
      カナダInc.                設備
                                                (12)           (-)
             州)
             インド工場
                       ゼラチン及び
      ニッタゼラチン
                       オセイン製造          404    1,420       6    1,476     3,307      464
             (インド    ケララ州、
      インディアLtd.
                       設備
                                               (242)           (-)
             グジャラート州)
       (注)1.建設仮勘定は含めておりません。
          2.金額には消費税等は含まれておりません。
          3.  ニッタゼラチンインディアLtd.につきましては、減損損失計上後の帳簿価額を記載しております。な
             お、減損損失の内容につきましては、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 
             注記事項(連結損益計算書関係)」に記載のとおりであります。
          4.従業員数の( )は、臨時雇用者数であり、年間の平均人員を外書しております。
          5.当連結会計年度より報告セグメントの区分を「コラーゲン事業」の単一セグメントに変更したため、
             セグメント別の記載を省略しております。
                                  22/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループ(当社及び連結子会社)の設備投資計画は、期末時点において、設備の新設・拡充の計画を個々の
       プロジェクトごとに決定しておりません。グループ各社において計画が具体化した際、提出会社を中心に調整を行
       い、主要プロジェクトについては戦略会議、執行役員会、取締役会にて審議・決定しております。そのため、主要
       事業所又は工場ごとの数値を開示する方法によっております。
        当連結会計年度後1年間の設備投資計画(新設・拡充等)は1,900百万円であり、事業所別の主な内容・目的は次
       のとおりであります。
          事業所名                    2019年3月末
                                          設備等の
                     設備内容                               資金調達方法
          (所在地)                   計画金額(百万円)
                                         主な内容・目的
                  ゼラチン製造設備、                     生産性向上設備、研

       当社大阪工場
                                                     自己資金
                                   1,000
                  試験・研究開発設備                     究開発設備、経常的
                                                    及び借入金
       (大阪府八尾市)
                  等                     な機械装置の更新等
       ニッタゼラチンユー

       エスエーInc.ノース
                  ゼラチン・コラーゲ                     生産性向上設備、経
                                                     自己資金
       カロライナ工場
                  ンペプチド製造設備                  200   常的な機械装置の更
                                                    及び借入金
                  等                     新等
       (米国    ノースカロラ
       イナ州)
       ニッタゼラチンカナ

                                        生産性向上設備、経
       ダInc.トロント工場
                                                     自己資金
                                    120
                  ゼラチン製造設備等                     常的な機械装置の更
       (カナダ     オンタリオ
                                                    及び借入金
                                        新等
       州)
       ニッタゼラチンイン

       ディアLtd.インド工
                                        環境保全対応設備、
                  ゼラチン、オセイン                                   自己資金
       場
                                    180
                                        経常的な機械装置の
                  製造設備等
                                                    及び借入金
                                        更新等
       (インド     ケララ州、
       グジャラート州)
       ニッタケーシングズ

       Inc.ニュージャー
                  コラーゲンケーシン                     生産性向上設備、経
                                                     自己資金
       ジー工場
                                    200
                  グ製造設備、IT設備                     常的な機械装置の更
                                                    及び借入金
                  等                     新等
       (米国    ニュージャー
       ジー州)
       ニッタゼラチンベト

       ナムCo.,Ltd.ベトナ
                                        増産設備、経常的な             自己資金
       ム工場
                                    140
                  ゲル化剤製造設備等
                                        機械装置の更新等             及び借入金
       (ベトナム      ロンアン
       省)
       (注)1.金額には消費税等は含まれておりません。
          2.経常的な設備の更新のための除却及び売却を除き、重要な設備の売却の計画はありません。
          3.  当連結会計年度より報告セグメントの区分を「コラーゲン事業」の単一セグメントに変更したため、セグ
            メント別の記載を省略しております。
                                  23/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                      50,000,000
                   計                            50,000,000

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数             提出日現在発行数
                                       上場金融商品取引所名
                  (株)            (株)
         種類                              又は登録認可金融商品               内容
               (2019年3月31日)            (2019年6月26日)            取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                       東京証券取引所
                                                   限定のない、当社に
                    18,373,974            18,373,974
      普通株式
                                                   おける標準となる株
                                       市場第一部
                                                   式で、単元株式数は
                                                   100株であります。
                    18,373,974            18,373,974           -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           当社は、ストックオプション制度を採用しております。
           当該制度は、会社法第361条の規定に定める報酬等として、当社の取締役(社外取締役を除く)に対して付
          与する株式報酬型ストックオプションを、1事業年度当たり1億円以内で割り当てることを、2014年6月26日
          開催の定時株主総会において次のとおり決議しております。
       決議年月日                  2014年6月26日
       付与対象者の区分及び人数(名)                  当社取締役6名(社外取締役を除く)(注)1
       新株予約権の目的となる株式の種類                  普通株式

                          各事業年度に係る定時株主総会の日から1年以内の日に割り当てる新株予
                          約権を行使することにより交付を受けることができる株式の総数は
       株式の数(株)
                          200,000株(新株予約権1個当たりの目的となる株式の数は100株)を上限
                          とする。(注)2
                          各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、当該各新株予約権
                          を行使することにより交付を受けることができる株式1株当たりの行使価
       新株予約権の行使時の払込金額
                          額を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
                          新株予約権を割り当てる日の翌日から40年以内の範囲で、取締役会におい
       新株予約権の行使期間
                          て定める。
                          新株予約権の割り当てを受けた者は、当社取締役の地位を喪失した日の翌
                          日以降、新株予約権を行使できるものとするなど、新株予約権の行使の条
       新株予約権の行使の条件
                          件については、募集事項を決定する取締役会において定める。
                          譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の決議による承認を要
       新株予約権の譲渡に関する事項
                          する。
       組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                          -
       付に関する事項
       (注)1.当社の執行役員に対しても上記の株式報酬型ストックオプションと同内容のストックオプション(新株予
            約権)を取締役会決議により割り当てる予定です。
          2.当社が、当社普通株式の株式分割又は株式併合を行う場合には、次の算式により付与株式数の調整を行
            い、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×株式分割・株式併合の比率
            また、上記のほか、当社が合併又は会社分割を行う場合その他これらの場合に準じて付与株式数の調整を
            必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で付与株式数を適切に調整することができる。
                                  24/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ②【ライツプランの内容】
           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
       2013年8月28日         普通株式        普通株式
                                    122      3,144        122      2,947
         (注)          203,900      18,373,974
       (注)   有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
           発行価額    1,204.2円
           資本組入額    602.1円
           割当先     SMBC日興証券㈱
                                  25/100















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                   2019年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                        単元未満
                                                         株式
             政府及び
        区分                             外国法人等
                       金融商品      その他                個人
                                                        の状況
             地方公共     金融機関                                  計
                       取引業者      の法人                その他
                                                        (株)
                                  個人以外      個人
              団体
       株主数
                -     26     23     79     45     15    8,725     8,913       -
       (人)
        所有
       株式数        -   45,447      1,976     58,534      4,791       45   72,879     183,672      6,774
       (単元)
       所有株式
       数の割合         -    24.74      1.08     31.87      2.61     0.02     39.68     100.00       -
       (%)
      (注)     自己株式163      株は、「個人その他」に1単元及び「単元未満株式の状況」に63株を含めて記載しております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                   総数に対する所有
           氏名又は名称                    住所
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
      アイビーピー㈱                 大阪市浪速区桜川4丁目4-26                      3,500,116            19.05

      日本マスタートラスト信託銀行㈱
                        東京都港区浜松町2丁目11-3                      1,054,400            5.74
      (信託口)
      ニッタ㈱                 大阪市浪速区桜川4丁目4-26                       840,014           4.57
                        東京都千代田区丸の内1丁目1-2                       630,286           3.43

      ㈱三井住友銀行
                        東京都千代田区丸の内2丁目7-1                       621,074           3.38
      ㈱三菱UFJ銀行
                        大阪府八尾市二俣2丁目22                       481,400           2.62
      新田ゼラチン従業員持株会
      石塚産業㈱                 東京都北区滝野川7丁目18-5                       390,914           2.13
                                               389,474           2.12

      新田 浩士                 京都府相楽郡精華町
      日本トラスティ・サービス信託銀
                        東京都中央区晴海1丁目8-11                       341,400           1.86
      行㈱(信託口)
                        大阪市中央区備後町2丁目2-1                       334,672           1.82
      ㈱りそな銀行
                                -              8,583,750            46.72
              計
      (注)1.当事業年度末現在における日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)及び日本トラスティ・サービス信託
           銀行㈱(信託口)の信託業務の所有株式数については、当社として把握することができないため記載してお
           りません。
         2.2018年4月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、㈱三菱UFJフィ
           ナンシャル・グループが2018年4月9日現在で1,224,074株を保有している旨が記載されているものの、㈱
           三菱UFJ銀行を除き、当社として                 2019年3月31日       現在  における実質所有株式数の確認ができませんので、
           上記大株主の状況は株主名簿に基づいて記載しております。
           なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は以下のとおりであります。
                                           保有株券等の数         株券等保有割合
              氏名又は名称                  住所
                                             (株)         (%)
                          東京都千代田区丸の内2丁目7-1                     621,074           3.38
           ㈱三菱UFJ銀行
           三菱UFJ信託銀行㈱              東京都千代田区丸の内1丁目4-5                     425,300           2.31
           三菱UFJ国際投信㈱              東京都千代田区有楽町1丁目12-1                     177,700           0.97
                                  26/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                区分              株式数(株)           議決権の数(個)             内容
                                      -      -          -

        無議決権株式
        議決権制限株式(自己株式等)                              -      -          -
        議決権制限株式(その他)                              -      -          -

        完全議決権株式(自己株式等)                              100       -         (注)

                           普通株式
        完全議決権株式(その他)                          18,367,100           183,671        (注)
                           普通株式
                                     6,774        -          -
        単元未満株式                   普通株式
                                  18,373,974          -          -
        発行済株式総数
                                      -       183,671         -
        総株主の議決権
        (注)     権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の         に対する所有
         所有者の氏名
                   所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        株式数の割合
          又は名称
                                                      (%)
                 大阪市浪速区桜川
        新田ゼラチン㈱                        100        -       100         0.00
                 4丁目4-26
                     -           100        -       100         0.00
           計
                                  27/100












                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                株式数(株)                価額の総額(円)
       当事業年度における取得自己株式                                   1                839

       当期間における取得自己株式                                  -                 -

        (注) 当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日から本書提出日までの単元未満株式の買取りによ
             る株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
               区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
       引き受ける者の募集を行った取得
                                 -         -         -         -
       自己株式
       消却の処分を行った取得自己株式                          -         -         -         -
       合併、株式交換、会社分割に係る
                                 -         -         -         -
       移転を行った取得自己株式
       その他
                                 -         -         -         -
       (   -   )
       保有自己株式数                         163         -        163         -
        (注) 当期間における保有自己株式数には、2019年6月1日から本書提出日までの単元未満株式の買取りによ
             る株式は含まれておりません。
                                  28/100









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、利益配分につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定
       した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。
        また、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会を決定機関とし、毎事業年度において2回の配当を行うことを基
       本方針としております。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、1株当たり6円に創業100周年の記念配当4円を加えた10
       円とし、中間配当金(1株につき6円)と合わせて、年間配当金は1株につき16円とすることを決定いたしました。
        内部留保資金につきましては、今後予想される経営環境の変化に対応すべく、今まで以上にコスト競争力を高め、
       市場ニーズに応える技術・製品開発体制を強化し、さらには、グローバル戦略の展開を図るために有効投資してまい
       りたいと考えております。
        当社は、会社法第454条第5項に定める中間配当を行うことができる旨、定款に定めております。
        なお、基準日が当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                     配当金の総額(百万円)             1株当たり配当額(円)
           決議年月日
       2018年11月8日
                                110             6.00
       取締役会決議
       2019年6月26日
                                183            10.00
       定時株主総会決議
                                  29/100















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
            当社は、社是に掲げる「愛と信(まこと)を基盤とし、最高の技術と最大の活力により、社業を発展さ
           せ、もって社会に貢献し、希望ある人生をきずこう。」という経営理念を事業活動の基盤として、持続
           的、安定的成長、すなわち企業価値の向上を目指しております。
            当社及び当社グループ各社とその役員、従業員の全てが、株主、顧客、取引先、地域社会など、全ての
           ステークホルダーに信頼されることが必要であり、そのためには、コーポレート・ガバナンスを強化充実
           し、経営の透明性、効率性を一層高めていくことが重要であると認識しています。
         ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

            当社では監査役による経営の監視機能を活用するため監査役制度を採用しており、監査役会を設置して
           います。監査役制度に加え、執行役員制度を導入し、経営の効率を高め、経営の監督・監視と執行の分離
           を意識した体制としています。取締役会は経営上の最高意思決定機関として毎月1回開催し、経営指針を
           策定し、経営戦略を立案し、法令及び定款に定められた事項並びに重要な業務に関する事項を決議すると
           ともに、取締役会が立案した経営戦略の指針に基づいて執行役員が業務執行を行っているかどうか監視・
           監督しています。
            常勤取締役、常勤監査役、国内常勤の執行役員に加え代表取締役社長の指名した者で構成する執行役員
           会を月1回開催し業務執行に係る重要な事項の審議を行い、また、代表取締役社長又は常勤取締役が指名
           した者で構成する戦略会議を毎月1回開催し特に重要な個別案件を審議し、取締役会及び代表取締役社長
           の迅速な意思決定をサポートする体制をとっています。加えて、代表取締役社長を委員長とし、執行役員
           会メンバー及び委員長が指名した者により構成するコンプライアンス・リスク管理委員会を年6回開催し
           ており、コンプライアンスの実効性の維持・向上を図ると共に、コンプライアンスに係る状況の把握、問
           題が発生したときの対応について協議しております。
            なお、取締役会の構成員は、代表取締役社長(尾形浩一)、常勤取締役(新田浩士、杉本芳久、竹宮秀
           典及び長岡令文)及び社外取締役(末川久幸、佐久間陽一郎及び堀要子)、監査役会の構成員は、常勤監
           査役(片岡正樹)及び社外監査役(津田多聞及び佐藤邦樹)であり、国内常勤の執行役員は小田義高、西
           川誠一、三田恭之、枚田有史及び鈴木啓仁となっております。
            また、取締役会、執行役員会、戦略会議及びコンプライアンス・リスク管理委員会の議長は代表取締役
           社長、監査役会の議長は常勤監査役となっております。
            業務執行体制と監視体制において、迅速な意思決定を行い経営の効率化を図るために重要なことは、取
           締役会が実質的に機能するか否かであると考えており、その意思決定機能と監督機能の強化を図っていま
           す。さらに、取締役会の意思決定の過程及び取締役の業務執行状況の監査監視機能強化のために監査役の
           独立性と質の充実を図っています。
            内部監査は内部監査室により社内各部門の業務活動が法令、諸規程等に準拠し、適正かつ効果的に運営
           され、会社財産が保全されているか監査しています。会計監査人との連携に関しては、計画、実施、結果
           の報告に至るまで、会計監査人と適時議論し、内部監査室及び監査役の業務に生かしています。
            取締役会には全監査役が出席し、取締役の職務執行を十分監視できる体制になっています。常勤監査役
           は執行役員会をはじめとする社内の重要会議に出席して取締役の職務執行状況を監視しています。さら
           に、グループ内各組織に往査を実施し、その責任者からの聴取により状況把握するほか、内部監査室及び
           会計監査人とも連携して会社業務の執行状況をチェックしています。
                                  30/100







                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
           当社のコーポレート・ガバナンス体制及び内部統制の模式図は次のとおりであります。
           ③ 企業統治に関するその他の事項






          イ.内部統制システム整備の状況
             金融商品取引法の規定による財務報告に係る「内部統制報告書」に対応するため、2006年10月に内部
            統制プロジェクトチームを組成し、EY新日本有限責任監査法人の指導のもと、財務報告に係る内部統制
            システム構築に取組んでまいりました。全社的な内部統制、業務処理内部統制、IT内部統制、子会社
            の内部統制の文書化とチェックリストを作成し、運用状況の点検と評価を実施し不備の是正を行い、
            2012年3月期より運用を開始しております。
             また、当社では会社法に基づく「内部統制システム構築のための基本方針」(2006年7月19日制定、
            2017年6月27日改訂)を取締役会において決議しております。その内容は以下のとおりです。
            A.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

             ・ コンプライアンス体制の基礎として「行動指針」を定める。また、総務部を事務局とする「コン
              プライアンス・リスク管理委員会」を設置し、企業倫理の確立及び法令遵守の徹底を図る。
             ・ 「行動指針」の遵守により、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力・団体は、毅然
              とした態度で排除する。
             ・ コンプライアンスの所管部署である総務部が、コンプライアンス体制の整備及び維持を図るほ
              か、必要に応じて各分野の担当部署が、規程、ガイドラインの策定、研修の実施を行う。
             ・ 法令上疑義のある行為その他のコンプライアンスに関する社内通報制度として、総務部及び顧問
              弁護士を窓口とする「公益通報制度」を整備する。
             ・ 内部監査室が、業務監査の一環として、コンプライアンス体制の構築、運用状況について、内部
              監査を実施する。
            B.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             ・ 取締役会、執行役員会等の議事録並びに稟議書・報告書その他取締役の職務執行に係る重要な書
              類については、文書管理規程に基づき適正に保存及び管理する。
             ・ 内部監査室が、取締役会、執行役員会等の重要な書類の管理状況について、内部監査を実施す
              る。
            C.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             ・ リスク管理体制を維持するために、リスク管理に係る規程を定める。
             ・ 「コンプライアンス・リスク管理委員会」を設置し、リスク管理に関する体制、方針の策定及び
              各部署のリスク管理体制についての評価、指導を行う。
             ・ 各部署にリスク管理責任者を配置し、各部署において自律的なリスク管理を行う。
             ・ 重要な投融資等に関わるリスクについては、戦略会議において、リスクの把握と対策の審議を行
              う。
             ・ 不測の事態が発生した場合には、取締役社長を本部長とする「緊急対策本部」を設置し、損害の
              拡大を防止しこれを最小限に止める体制を整える。
                                  31/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
            D.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             ・ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するために、取締役会を毎月1回開催するほ
              か、必要に応じて適宜開催する。
             ・ 経営の健全性と効率性を高めるために「執行役員制度」を導入し、各執行役員の責任範囲を明確
              にする。
             ・ 取締役会から委嘱された業務執行のうち重要事項については、取締役社長を議長とし毎月1回開
              催される「執行役員会」において議論を行い、その審議を経て執行決定を行う。
             ・ 全社及びグループ会社の中期経営計画及び予算を策定し、それに基づく業績管理を行っており、
              毎月1回開催される「執行役員会」において、達成状況の報告、評価を行う。
            E.当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
             ・ グループ会社における業務の適正を確保するため、グループ会社全てに適用する「行動指針」を
              定めるほか、グループ各社で諸規程を定めるものとする。
             ・ 経営管理については「関係会社管理規程」に従い、当社への報告制度によるグループ会社経営の
              管理を行う。
             ・ 監査役及び内部監査室は、グループ会社の監査を実施する。
            F.財務報告の信頼性を確保するための体制
             ・ 当社及びグループ会社は財務報告の信頼性を確保するため、内部統制報告書の適切な提出に向
              け、財務報告に係る内部統制システムの構築を行い、また、その仕組みが適正に機能することを継
              続的に評価し改善を推進する。
            G.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項及び当該使用人の取締役からの独立性に関する事項
             ・ 監査役の職務は、内部監査室、会計監査人等の協力を得て対応する。監査役補助者の必要が生じ
              た場合、取締役会に提案し、選任する。
             ・ 監査役補助者が配置された場合は、人事異動・評価については、監査役会と事前に協議する。
             ・ 監査役補助者は、業務の執行に係る役職を兼務しない。
            H.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
             ・ 当社及びグループ会社の取締役及び使用人は、当社及びグループ会社の業務又は業績に影響を与
              える重要な事項について、監査役に都度報告する。
             ・ 監査役はいつでも必要に応じて、当社及びグループ会社の取締役及び使用人に対して報告を求め
              ることができる。
             ・ 監査役は、執行役員会等の重要会議に出席することができる。
             ・   監査役への報告を行った当社及びグループ会社の取締役及び使用人に対し、当該報告をしたこと
              を理由に不利な取扱いをしない。
            I.  監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             ・   監査役の職務執行のための環境整備に努める。
             ・ 監査役は、代表取締役、内部監査室及び会計監査人と定期的に意見交換を行い、監査の実効性を
              確保する。
             ・   監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払又は償還を請求したときは、速やかに
              その費用を支払う。
          ロ.リスク管理体制の整備の状況

             当社では、企業経営において、コンプライアンスの実効性の維持向上が企業リスクの低減に最も重要
            であると考えています。その基本方針として「内部統制システム構築の基本方針」を定め、これに基づ
            きコンプライアンス規程、リスク管理規程を整備しています。
             全社管理組織として、代表取締役社長を委員長としたコンプライアンス・リスク管理委員会を設置
            し、コンプライアンスに関わる状況の把握、想定されるリスクの発生を予防する対策、リスクが発生し
            たときの対応について、定期的に検討を行っています。
             役員及び全ての従業員が、コンプライアンスを徹底し、誠実かつ公正な業務遂行に努めること、また
            社会の一員であることを認識し、企業人であると共に良き市民として行動するために、行動指針を制定
            し、当社グループ全体での周知徹底を図っています。
             また、必要に応じて顧問弁護士等から、コンプライアンス及びリスクに関する助言と指導を受けてい
            ます。
                                  32/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          ハ.  子会社の業務の適正を          確保するための体制整備の状況
             当社では、取締役会及び執行役員会等の会議において、子会社の業務及び財務状況並びにその他の重
            要な情報の共有及び協議を行っております。当社の取締役及び使用人は、子会社の取締役を兼任してお
            り、当社グループ全体の情報の共有化を図るとともに、子会社における適切な業務の執行、ひいては当
            社グループにおける業務の適正を確保しています。また当社では「関係会社管理規程」を整備し、当社
            への報告制度による管理体制を構築しております。また、グループ会社すべてに適用する「行動指針」
            を定め、コンプライアンス体制及びリスク管理体制を整備、運用しております。
         ④ 責任限定契約の内容の概要

            当社と社外取締役及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害
           賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく社外取締役の損害賠償責任の限度額は、
           会社法第425条第1項が定める社外取締役の最低責任限度額、社外監査役の損害賠償責任の限度額は、会社
           法第425条第1項が定める社外監査役の最低責任限度額と定めております。なお、当該責任限定が認められ
           るのは、当該社外取締役又は社外監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失が
           ないときに限られます。
         ⑤ 取締役の定数

            当社の取締役は8名以内とする旨を定款に定めております。
         ⑥ 取締役の選任及び解任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有す
          る株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
           解任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、
          その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
           また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
         ⑦ 自己株式の取得

           当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法第165条第2項の規
          定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己株式を取得することができる旨を定款に定めてお
          ります。
         ⑧ 中間配当

           当社は、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中
          間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするた
          めであります。
         ⑨ 株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定
          めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営
          を行うことを目的とするものであります。
                                  33/100







                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性   10 名 女性     1 名 (役員のうち女性の比率               9.09  %)
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                 1981年4月      カネボウ食品㈱〔現クラシエ
                                      フーズ㈱〕入社
                                 2005年12月      当社入社
         取締役社長
                                 2008年3月      営業本部開発部長
                  尾形    浩一
        (代表取締役)                1957年7月8日      生  2010年6月      執行役員             (注)3      21,232
                                 2012年6月      取締役
         執行役員
                                 2013年3月 営業本部長
                                 2015年4月 代表取締役社長(現任)
                                 2015年7月 執行役員(現任)
                                 2003年4月 ニッタ㈱入社
                                 2003年4月 ニッタ・ハース㈱出向
                                 2009年6月 当社取締役(現任)
                                 2011年1月 ゼラチン事業部副事業部長
          取締役
         執行役員         新田 浩士      1978年12月27日      生  2011年3月 生産本部副本部長                  (注)3      393,325
        総合研究所長
                                 2011年6月 執行役員
                                 2015年7月 執行役員(現任)
                                 2015年11月 食材事業部長
                                 2017年3月 総合研究所長(現任)
                                 1986年4月 当社入社
                                 2006年9月 営業本部営業部長
                                 2012年6月 統括営業部営業部長
          取締役
                                 2013年3月 営業本部営業部長
         執行役員         杉本 芳久      1964年1月23日      生                     (注)3      10,542
         営業本部長
                                 2014年6月 執行役員(現任)
                                 2015年3月 営業本部長(現任)
                                 2016年6月 取締役(現任)
                                 1988年4月 当社入社
                                 2006年9月 接着剤事業部付部長(ニッタ
                                      フィンドレイ㈱〔現ボスティッ
                                      ク・ニッタ㈱〕出向)
          取締役
                                 2007年9月 接着剤事業部長
         執行役員         竹宮 秀典      1965年1月24日      生
                                                   (注)3       9,313
                                 2010年6月 執行役員(現任)
         生産本部長
                                 2013年3月 ペプチド事業部長
                                 2018年5月 生産本部長兼グローバル生産部
                                      長(現任)
                                 2018年6月 取締役(現任)
                                 1984年4月 ㈱三井銀行〔現㈱三井住友銀
                                      行〕入行
                                 2015年4月 当社出向 経営企画部マネー
                                      ジャー
                                 2016年3月 国際部長補佐兼ケーシング事業
                                      部長
          取締役
                                 2016年4月 当社入社
         執行役員         長岡 令文      1961年3月12日      生                     (注)3       1,278
         管理本部長
                                 2016年6月 執行役員(現任)
                                 2017年3月 生産本部ケーシング推進部長
                                      (ニッタケーシングズInc.出
                                      向)
                                 2018年6月 管理本部長(現任)
                                 2018年6月 取締役(現任)
                                 1982年4月 ㈱資生堂入社
                                 2007年2月 同社事業企画部長
                                 2008年4月 同社執行役員経営企画部長
                                 2009年6月 同社取締役
          取締役         末川 久幸      1959年3月17日      生  2011年4月 同社代表取締役執行役員社長
                                                   (注)3       2,210
                                 2013年4月 同社相談役(現任)
                                 2014年6月 当社社外取締役(現任)
                                 2017年6月 燦ホールディングス㈱社外取締
                                      役(現任)
                                  34/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                 1980年4月 日東電気工業㈱[現日東電工㈱]
                                      入社
                                 2006年6月 同社執行役員
                                 2010年6月 同社取締役執行役員
          取締役        佐久間陽一郎       1955年9月4日      生  2011年6月 同社取締役上席執行役員                  (注)3        356
                                 2013年6月 同社取締役常務執行役員
                                 2015年6月 同社専務執行役員
                                 2018年6月 当社社外取締役(現任)
                                 2018年6月 山一電機㈱社外取締役(現任)
                                 1987年4月 プロクター・アンド・ギャンブ
                                      ル・ファー・イースト・インク
                                      [現プロクター・アンド・ギャ
                                      ンブル・ジャパン㈱]入社
                                 1995年9月 同社マーケティング本部マーケ
                                      ティングマネージャー
                                 1997年9月 同社マーケティング本部マーケ
                                      ティングディレクター
                                 2004年7月 同社マーケティング本部ブラン
                                      ドビルディング・インテグレイ
          取締役         堀 要子      1964年3月1日      生                     (注)4        -
                                      テッド・コミュニケーションア
                                      ジアアソシエートディレクター
                                 2009年9月 プロクター・アンド・ギャンブ
                                      ル・インターナショナル・オペ
                                      レーションズマーケティング本
                                      部ブランド・ビルディング・イ
                                      ンテグレイティッド・コミュニ
                                      ケーションアジアアソシエート
                                      ディレクター
                                 2019年6月 当社社外取締役(現任)
                                 1982年4月 ㈱)三和銀行[現㈱三菱UFJ
                                      銀行]入行
                                 2012年12月 当社出向 営業本部営業部マ
                                      ネージャー
                                 2013年7月 当社入社
                                 2014年3月 営業本部長補佐
         常勤監査役         片岡 正樹      1959年7月4日      生                     (注)5       1,881
                                 2017年3月 営業本部営業戦略部マネー
                                      ジャー
                                 2018年3月 総務部マネージャー
                                 2018年6月 管理本部総務部マネージャー
                                 2019年6月 常勤監査役(現任)
                                  35/100









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                         (株)
                                 1975年4月 ㈱住友銀行[現㈱三井住友銀行]
                                      入行
                                 1981年10月 アーサーアンダーセン会計事務
                                      所入所
                                 1985年3月 公認会計士登録
                                 1994年12月 センチュリー監査法人[現EY新
                                      日本有限責任監査法人]社員
                                 2000年11月 監査法人太田昭和センチュリー
                                      [現EY新日本有限責任監査法人]
                                      代表社員
                                 2008年7月 新日本有限責任監査法人[現EY
          監査役         津田 多聞      1952年12月19日      生                     (注)6       1,472
                                      新日本有限責任監査法人]シニ
                                      アパートナー
                                 2012年7月 津田公認会計士事務所代表(現
                                      任)
                                 2014年6月 当社社外監査役(現任)
                                 2014年6月 タツタ電線㈱社外取締役(現
                                      任)
                                 2015年6月 ㈱テクノアソシエ社外取締役
                                      (現任)
                                 2015年6月 ダイハツディーゼル㈱社外取締
                                      役(現任)
                                 1966年4月 日本銀行入行
                                 1992年6月 同行考査役
                                 1993年6月 ㈱大垣共立銀行取締役検査部長
                                 1996年6月 同行取締役
          監査役         佐藤 邦樹      1943年1月25日      生  1996年6月 ㈱共立総合研究所[現㈱OKB                  (注)5        -
                                      総研]取締役社長
                                 2001年6月 ㈱大垣共立銀行常務取締役
                                 2004年6月 同行常勤監査役
                                 2019年6月 当社社外監査役(現任)
                                           計              441,609
       (注)1.取締役末川久幸氏、佐久間陽一郎氏及び堀要子氏は、社外取締役であります。

          2.監査役津田多聞氏及び佐藤邦樹氏は、社外監査役であります。
          3.2018年6月27日開催の定時株主総会終結の時から2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
             る定時株主総会終結の時までであります。
          4.2019年6月26日開催の定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
             る定時株主総会終結の時までであります。
          5.  2019年6月26日開催の定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
             る定時株主総会終結の時までであります。
          6.2018年6月27日開催の定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
             る定時株主総会終結の時までであります。
          7.所有株式数には、役員持株会における各自の持分を含めた実質所有株式数を記載しております。な
             お、提出日(2019年6月26日)現在における各持株会の取得株式数を確認することができないため、
             2019年3月末現在の実質持株数を記載しております。
                                  36/100







                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          8.当社では、経営の意思決定の迅速化と効率化を図るため、2005年1月より執行役員制度を導入してお
             ります。報告書提出日現在の執行役員(取締役による兼務を除く)8名は次のとおりであります。
                役職名           氏名                   担当

                                  ケーシング推進部長兼
             常務執行役員         山木 健男
                                  ニッタケーシングズInc.上席副社長
             執行役員         小田 義高            ㈱ニッタバイオラボ代表取締役社長
                                  ニッタゼラチンエヌエーInc.CEO取締役社長兼
                                  ニッタゼラチンカナダInc.CEO取締役社長兼
             執行役員         ヨーゲン・ギャラート
                                  ニッタゼラチンユーエスエーInc.CEO取締役社長兼
                                  ヴァイスゼラチン,LLC.CEO取締役社長
             執行役員         西川 誠一            営業本部副本部長兼営業本部アジア事業推進部長
             執行役員         高木 正一            ニッタケーシングズInc.副社長

             執行役員         三田 恭之            管理本部総務部長

             執行役員         枚田 有史            経営企画本部長

             執行役員         鈴木 啓仁            生産本部計画部長

          9.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠

             監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                      所有株式数

                氏名         生年月日                 略歴
                                                       (株)
                                 1980年4月 伊藤ハム㈱入社
                                 1990年2月 学校法人松山大学勤務
                                 2013年4月 同大学経営企画部長
                                 2014年12月 同大学評議員(現任)
                                 2015年1月 同大学理事
                                                          -
              世良 静弘         1957年4月17日生
                                 2017年4月 同大学事務局長(現任)
                                 2017年4月 同大学理事(現任)
                                 2017年4月 同大学常務理事(現任)
                                 2019年6月 当社補欠監査役(現任)
        ② 社外役員の状況

           当社は、社外役員の客観的な観点と豊富な経験・知識を経営に反映し、当社のコーポレート・ガバナンス強
          化を図るため、社外取締役3名、社外監査役2名を選任しております。
           社外取締役である末川久幸氏は、経営者としての経歴を通じて培った経験・見識から、経営の重要事項の決
          定及び業務執行の監督等において、社外取締役としての職務を適切に遂行できるものと判断しております。同
          氏は、㈱資生堂の相談役及び燦ホールディングス㈱の社外取締役を兼職しております。当社は、同氏の兼職先
          である燦ホールディングス㈱との間に当社の元名誉顧問である新田精一氏のお別れの会に関する取引がありま
          すが、末川久幸氏は、当社における「社外取締役又は社外監査役の独立性に関する基準」を満たしておりま
          す。また、当社と兼職先である㈱資生堂との間には特別の関係はありません。
           社外取締役である佐久間陽一郎氏は、経営者としての経歴を通じて培った経験・見識から、経営の重要事項
          の決定及び業務執行の監督等において、社外取締役としての職務を適切に遂行できるものと判断しておりま
          す。なお、同氏は、山一電機㈱の社外取締役を兼職しておりますが、当社と兼職先との間には特別の関係はあ
          りません。
           社外取締役である堀要子氏は、大手外資系企業において培った豊富な知識・経験並びに経営コンサルタント
          としての視点を基に、経営の重要事項の決定及び業務執行の監督等において、社外取締役としての職務を適切
          に遂行できるものと判断しております。
                                  37/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
           社外監査役である津田多聞氏は公認会計士の資格を有しており、公認会計士として長年培った会計に関する
          知識・経験を基に、当社経営の妥当性・適正性を確保するための役割を果たすことができるものと判断してお
          ります。なお、同氏は、当社の会計監査人であるEY新日本有限責任監査法人に所属し、当社の監査業務に従事
          していましたが、独立後相当期間が経過しており、当社における「社外取締役又は社外監査役の独立性に関す
          る基準」を満たしております。また、同氏は、津田公認会計士事務所の代表並びにタツタ電線㈱の社外取締
          役、㈱テクノアソシエの社外取締役及びダイハツディーゼル㈱の社外取締役を兼務しておりますが、当社と兼
          職先との間には特別の関係はありません。
           社外監査役である佐藤邦樹氏は、経営者としての豊富な経験等に基づき、大局的な観点から当社経営の妥当
          性・公平性を確保するための役割を果たしていただけるものと判断しています。
           なお、2019年3月31日現在、社外役員である末川久幸氏が2,210株、佐久間陽一郎氏が356株、及び津田多聞
          氏が1,472株それぞれ当社普通株式を保有しておりますが、各氏を含む全社外役員と当社との間には、特別の
          利害関係はありません。
           当社は、社外取締役である末川久幸氏、佐久間陽一郎氏及び堀要子氏並びに社外監査役である津田多聞氏及
          び佐藤邦樹氏を、㈱東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、届け出ております。
           また、当社における社外取締役又は社外監査役の独立性に関する基準は、以下のいずれにも該当することな
          く、当社の経営陣から独立していることとしております。
            a.  当社及び当社の関係会社(以下、当社グループという。)の業務執行者
            b.  当社グループを主要な取引先とする者若しくはその業務執行者又は当社グループの主要な取引先若し
              くはその業務執行者
            c.  当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家又
              は法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等である場合には、当該団体に所属する者をい
              う。)
            d.  過去3年間においてaからcに該当していた者
            e.  次の(a)から(c)までのいずれかに掲げる者(重要でない者を除く)の近親者
              (a)aからdまでに掲げる者
              (b)当社グループの重要な業務執行者
              (c)過去3年間において、(b)に該当していた者
              * 業務執行者とは、取締役(社外取締役を除く)、執行役員及び使用人等の業務を執行する者をい

               う。
              * 主要な取引先とは、直近事業年度における取引額が当社又は取引先の連結売上高の2%を超える者
               をいう。
              * 多額の金銭その他の財産とは、その価額の総額が直前3事業年度の平均で1,000万円又はその者の
               直前事業年度の売上高もしくは総収入金額の2%のいずれか高い方の額を超えているものをいう。
              * 近親者とは2親等以内の親族をいう。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
           常勤監査役は取締役会のほか、執行役員会などの重要な会議に出席し、重要な業務執行等を監督・監査して
          おります。また、内部監査部門との共同監査の実施、内部統制部門との意見交換、並びに会計監査人との意見
          交換を定期的に実施し、それらの内容について監査役会において報告・討議しております。なお、これらの情
          報については、社外取締役との意見交換の場において共有し、必要に応じて経営者に対して具申を行っており
          ます。
                                  38/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
         ① 監査役監査の状況
           取締役会には常勤監査役1名のみならず非常勤監査役2名も出席し、取締役の職務執行を十分監視できる
          体制になっております。常勤監査役は執行役員会をはじめとする社内の重要会議に出席して取締役の職務執
          行状況を監視しております。さらに、グループ内各組織に往査を実施し、その責任者からの聴取により状況
          把握するほか、内部監査室及び会計監査人とも連携して会社業務の執行状況をチェックしております。
           なお、社外監査役津田多聞氏は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有し
          ております。
         ② 内部監査の状況

           内部監査は内部監査室の3名により社内各部門の業務活動が法令、諸規程等に準拠し、適正かつ効果的に
          運営され、会社財産が保全されているか監査しております。会計監査人との連携に関してはEY新日本有限責
          任監査法人による計画、実施、結果の報告に至るまで、適時議論し、内部監査室及び監査役の業務に生かし
          ております。また、往査への同行や定期的な意見交換の実施等、監査役との連携を図っております。
         ③   会計監査の状況

          a.監査法人の名称
           EY 新日本有限責任監査法人
          b.業務を執行した公認会計士

           押谷 崇雄
           小林 雅史
           (注) 継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しています。
          c.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他12名であります。
          d.監査法人の選定方針と理由

           当社は、独立性、専門性、品質管理体制に加え、今後の事業や業務の展開に適した監査体制を有している
          こと及び海外子会社の会計監査人との連携体制を考慮して監査法人を選定しております。
           前述の選定方針、監査報酬、監査継続期間等を総合的に判断して、EY新日本有限責任監査法人が当社の会
          計監査人として適任であると判断しております。
           なお、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断される場合には、監査役会に
          おいて、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
           また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に定める項目に該当すると認められる場合は、
          監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。
          e.監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役会は、「会計監査人評価基準」を策定しており、これに基づき、会計監査人としての独立性
          及び専門性を有することや、監査範囲・監査スケジュール等具体的な監査計画の合理性や監査費用の妥当性
          等を確認・検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受けた上で総合的に判断
          し、会計監査人に対する評価を行っております。
         ④ 監査報酬の内容等

          a.監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
                報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                         30           -           30           -

     提出会社
                         -           -           -           -
     連結子会社
                         30           -           30           -
         計
          b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

           該当事項はありません。
                                  39/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
           該当事項はありません。
          d.監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査法人から掲示を受けた監査報酬見積額に対して内容の
          説明を受け、両社協議の上、監査役会の同意を得て決定するものとしております。
          e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人から説明を受けた当事業年度の監査計画から見積もられた報酬額の算定根拠等に
          ついて確認し検討した結果、適切なものであると判断したため、会計監査人の報酬等の額について同意して
          おります。
       (4)【役員の報酬等】

         ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は代表取締役社長と
          なっており、取締役が中長期的な業績の向上を図るため、各人の役割及び職位等に応じ、当社の業績及び経
          営環境等を総合的に考慮した上で、株主総会で承認された報酬枠の範囲内で、「取締役・監査役処遇規程」
          に基づきその額及び配分を算出しており、当該内容を定時株主総会終了後、最初に行われる取締役会におい
          て協議し、決定することとしております。監査役の報酬については、株主総会で承認された報酬枠の範囲内
          で、「取締役・監査役処遇規程」に基づき監査役の協議により決定することとしております。
           取締役の報酬限度額は、2005年6月28日開催の第66回定時株主総会において年額200百万円以内(ただし、
          使用人分給与は含まない。)と決議いただいており、当該報酬枠とは別枠で2014年6月26日開催の第75回定
          時株主総会において、取締役(社外取締役を除く。)に対する報酬として、年額100百万円以内で株式報酬型
          ストックオプションとして新株予約権を割り当てることを決議いただいております。監査役の報酬限度額
          は、2001年6月29日開催の第62回定時株主総会において年額80百万円以内と決議いただいております。な
          お、上記の報酬に係る取締役及び監査役の員数は定款の定めにより、取締役は8名以内、監査役は5名以内
          となっております。
           また、当社取締役の報酬は、業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬等により構成されております。その
          支給割合に関する方針は定めておりませんが、連結会計年度毎の活動を通じて得られた最終的な経営の結果
          であることから、親会社株主に帰属する当期純利益を業績評価指標に採用しており、その金額に対応した係
          数等により業績連動報酬を決定しております。そのため、業績連動報酬に係る指標の具体的な目標値はござ
          いませんが、2019年3月期の親会社株主に帰属する当期純利益は989百万円となっております。
         ② 役員報酬等

           役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                 対象となる
                     報酬等の総額
                                                 役員の員数
             役員区分
                      (百万円)
                                    業績連動報
                                                  (人)
                             固定報酬             退職慰労金
                                      酬
         取締役
                           53       33       20       -       8
         (社外取締役を除く)
         監査役
                           14       14       -       -       1
         (社外監査役を除く)
                           19       19       -       -       5
         社外役員
          (注)1.役員区分において、社外役員は3名が社外取締役、2名が社外監査役であります。
             2.取締役の報酬等の総額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
             3.役員に係る退職慰労金は、2008年6月30日開催の第69回定時株主総会において、取締役及び監査
               役の退職慰労金打ち切り支給を決議しております。
             4.役員ごとの報酬等の総額等は、報酬等の総額等が100百万円以上である者が存在しないため、記載
               しておりません。
                                  40/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを保有目的とする場合には純
         投資目的である投資株式、前述以外を保有目的とする場合には純投資目的以外の目的である投資株式として区
         分しております。
        ② 保有目的が純投資          目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
           の内容
            当社は、持続的な発展と企業価値を高めるため、取引先との良好な関係を構築し、資金の安定調達や生
           産の協力関係など経営戦略の一環として事業の円滑な推進を図るために必要と判断する企業の株式を保有
           しております。
            また、取締役会において純投資目的以外の目的である投資株式の保有に関する要否は、事業戦略上の重
           要性や取引の状況変化などを総合的に勘案し、適宜検証を行っております。保有の意義が希薄と判断され
           た銘柄については、縮減を図っております。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                        銘柄数       貸借対照表計上額の
                       (銘柄)        合計額(百万円)
                           5             18

           非上場株式
                           18            2,102
           非上場株式以外の株式
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                        銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                               株式数の増加の理由
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                           -             -  -

           非上場株式
                           6             7
           非上場株式以外の株式                                持株会加入のため
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                        銘柄数      株式数の減少に係る売却
                       (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                           -             -

           非上場株式
                           2             0
           非上場株式以外の株式
         c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

           特定投資株式
                      当事業年度         前事業年度
                      株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果              当社の株式の
              銘柄
                                        及び株式数が増加した理由              保有の有無
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                      (百万円)         (百万円)
                         308,100         308,100

           ニッタ㈱
                                       円滑な取引の維持                 有
                          1,109         1,218
                         102,507         102,507

           富士フイルムホール
                                       取引先との関係強化・維持                 有
           ディングス㈱
                           516         435
                                  41/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                      当事業年度         前事業年度

                      株式数(株)         株式数(株)
                                       保有目的、定量的な保有効果              当社の株式の
              銘柄
                                        及び株式数が増加した理由              保有の有無
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                      (百万円)         (百万円)
                          20,702         20,366

                                       取引先との関係強化・維持、
           ㈱ヤクルト本社                                              有
                                       持株会加入のため増加
                           160         160
                          23,100         23,100

           ㈱三井住友フィナン
                                       金融機関との関係強化・維持                 有
           シャルグループ
                            89         102
                          10,000         10,000

           アサヒグループホー
                                       取引先との関係強化・維持                 無
           ルディングス㈱
                            49         56
                          21,145         103,297

                                       取引先との関係強化・維持、
           丸大食品㈱
                                                        無
                                       持株会加入のため増加
                            39         52
                          6,521         6,419

                                       取引先との関係強化・維持、
           森永製菓㈱
                                                        無
                                       持株会加入のため増加
                            31         30
                          8,164         7,790

                                       取引先との関係強化・維持、
           理研ビタミン㈱
                                                        無
                                       持株会加入のため増加
                            28         32
                          2,247         2,204

           明治ホールデングス
                                       取引先との関係強化・維持、
                                                        無
           ㈱
                                       持株会加入のため増加
                            20         17
                          11,400         11,400

           コクヨ㈱
                                       取引先との関係強化・維持                 無
                            18         23
                          9,282         8,361

                                       取引先との関係強化・維持、
           太陽化学㈱
                                                        有
                                       持株会加入のため増加
                            14         14
                          16,580         16,580

           ㈱三菱UFJフィナン
                                       金融機関との関係強化・維持                 有
           シャル・グループ
                            9         11
                          2,700         2,700

           ㈱なとり                             取引先との関係強化・維持                 無
                            ▶         5
                          2,611         3,731

           ㈱三十三フィナン
                                       金融機関との関係強化・維持                 有
           シャルグループ
                            ▶         6
                          7,000         7,000

           ㈱りそなホールディ
                                       金融機関との関係強化・維持                 有
           ングス
                            3         3
                          1,000         1,000

           ニチハ㈱
                                       取引先との関係強化・維持                 無
                            3         ▶
                           200         200

           三井住友トラスト・
                                       金融機関との関係強化・維持                 有
           ホールディングス㈱
                            0         0
                          1,100         1,100

           ニッコー㈱
                                       取引先との関係強化・維持                 無
                            0         0
          (注)1.上記の特定投資株式は、定量的な保有の効果の記載が困難でありますが、保有の合理性については
               a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等に
               おける検証の内容に記載のとおり、個別銘柄ごとに判断しております。
                                  42/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
             2.株式会社三十三フィナンシャルグループは2018年4月2日付で株式会社三重銀行と株式会社第三銀
               行が経営統合したことに伴い発足しており、株式会社第三銀行株式1株につき株式会社三十三フィ
               ナ ンシャルグループ株0.7株を割当交付しております。
             3.丸大食品株式会社は2018年10月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施しており
               ます。
          みなし保有株式

           該当事項はありません。
        ③ 保有目的が純投資目的ある株式投資

          該当事項はありません。
                                  43/100

















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
       責任監査法人により監査を受けております。
        なお、EY新日本有限責任監査法人は、2018年7月1日付で新日本有限責任監査法人から名称変更しております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
       人財務会計基準機構に加入し、会計基準設定主体等の行うセミナーに参加しております。
                                  44/100














                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,626              2,092
         現金及び預金
                                        ※7 8,966             ※7 8,589
         受取手形及び売掛金
                                         5,152              5,884
         商品及び製品
                                         1,240              1,350
         仕掛品
                                         2,943              2,911
         原材料及び貯蔵品
                                           338              558
         その他
                                          △ 11              △ 9
         貸倒引当金
                                        ※2 20,255             ※2 21,378
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※2 10,045             ※2 10,660
          建物及び構築物
                                       ※3 △ 6,423            ※3 △ 6,871
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                              3,621              3,788
                                        ※2 16,796           ※2 , ※4 17,514
          機械装置及び運搬具
                                       ※3 △ 11,986            ※3 △ 12,865
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              4,809              4,648
                                        ※2 2,537             ※2 2,166
          土地
                                         1,179               948
          リース資産
                                         △ 684             △ 453
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               495              494
                                           572              184
          建設仮勘定
                                         1,455              1,383
          その他
                                       ※3 △ 1,240            ※3 △ 1,115
            減価償却累計額
            その他(純額)                               215              268
                                         12,251              11,551
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           384              353
          のれん
                                           395              231
          その他
          無形固定資産合計                                780              585
         投資その他の資産
                                       ※1 , ※2 3,451            ※1 , ※2 3,260
          投資有価証券
                                           128              138
          長期貸付金
                                           133              152
          繰延税金資産
                                           672              572
          退職給付に係る資産
                                           204              270
          その他
                                          △ 63             △ 193
          貸倒引当金
                                         4,527              4,200
          投資その他の資産合計
                                         17,559              16,337
         固定資産合計
       資産合計                                  37,815              37,715
                                  45/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         4,159              4,794
         支払手形及び買掛金
                                        ※2 2,504             ※2 2,657
         短期借入金
                                        ※2 2,497             ※2 2,386
         1年内返済予定の長期借入金
                                           196              196
         リース債務
                                         1,729              1,614
         未払金
                                           16              237
         未払法人税等
                                           249              205
         賞与引当金
                                           623              468
         その他
                                         11,977              12,559
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※2 4,684             ※2 4,000
         長期借入金
                                           345              343
         リース債務
                                           558              371
         繰延税金負債
                                         2,709              2,731
         退職給付に係る負債
                                           80              -
         その他
                                         8,378              7,447
         固定負債合計
                                         20,355              20,007
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,144              3,144
         資本金
                                         2,966              2,966
         資本剰余金
                                         9,386              10,155
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         15,497              16,266
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,331              1,274
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 43              △ 8
         繰延ヘッジ損益
                                           149              174
         為替換算調整勘定
                                        △ 1,558             △ 1,863
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 120             △ 423
         その他の包括利益累計額合計
                                         2,082              1,865
       非支配株主持分
                                         17,459              17,708
       純資産合計
                                         37,815              37,715
      負債純資産合計
                                  46/100








                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         37,777              36,464
      売上高
                                      ※1 , ※3 29,815            ※1 , ※3 29,079
      売上原価
                                         7,961              7,384
      売上総利益
                                      ※2 , ※3 6,867           ※2 , ※3 6,486
      販売費及び一般管理費
                                         1,094               898
      営業利益
      営業外収益
                                           15              10
       受取利息
                                           45              39
       受取配当金
                                           30              47
       受取賃貸料
                                            9              32
       業務受託料
                                           -              34
       受取保険金
                                           -              119
       為替差益
                                           180               -
       持分法による投資利益
                                           33              34
       その他
                                           316              317
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           235              236
       支払利息
                                           154               -
       為替差損
                                           -              132
       持分法による投資損失
                                            9              9
       支払手数料
                                           31               9
       その他
                                           431              387
       営業外費用合計
                                           978              828
      経常利益
      特別利益
                                                        ※4 81
                                           -
       固定資産売却益
                                                       ※5 147
                                           -
       補助金収入
                                           -              655
       事業分離における移転利益
                                                       ※6 416
                                           -
       持分変動利益
                                           -             1,301
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※7 63            ※7 127
       貸倒引当金繰入額
                                          ※8 ▶             ※8 3
       固定資産売却損
                                          ※9 35            ※9 171
       固定資産除却損
                                                       ※5 147
                                           -
       固定資産圧縮損
                                                        ※10 13
                                           -
       災害による損失
                                         ※11 862             ※11 634
       減損損失
                                           965             1,098
       特別損失合計
                                           12             1,031
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     304              431
                                           185             △ 217
      法人税等調整額
                                           490              214
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                    △ 477              817
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                           121             △ 171
      帰属する当期純損失(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                         △ 599              989
      帰属する当期純損失(△)
                                  47/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         △ 477              817
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           224              △ 57
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 126               47
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 290               46
       為替換算調整勘定
                                           336             △ 306
       退職給付に係る調整額
                                           28             △ 52
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          ※ 173             ※ △ 321
       その他の包括利益合計
                                         △ 304              495
      包括利益
      (内訳)
                                         △ 405              687
       親会社株主に係る包括利益
                                           100             △ 191
       非支配株主に係る包括利益
                                  48/100















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  3,144         2,966        10,042          △ 0      16,153
      連結子会社の合併による累
                                         120                 120
      積的影響額
     遡及処理後当期首残高                  3,144         2,966        10,162          △ 0      16,273
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 220                △ 220
      親会社株主に帰属する当期
                                        △ 599                △ 599
      純損失(△)
      合併による増加                                    43                 43
      株主資本以外の項目の当期
                                                           -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -       △ 776         -       △ 776
     当期末残高                  3,144         2,966         9,386         △ 0      15,497
                          その他の包括利益累計額

                                             非支配株主
                  その他有価                退職給付に     その他の包
                                                  純資産合計
                       繰延ヘッジ      為替換算
                                              持分
                  証券評価                係る調整     括利益累計
                         損益     調整勘定
                   差額金                累計額     額合計
     当期首残高               1,107       43     331    △ 1,907     △ 426     2,009     17,736
      連結子会社の合併による累
                                           -     159     280
      積的影響額
     遡及処理後当期首残高               1,107       43     331     1,907     △ 426     2,168     18,016
     当期変動額
      剰余金の配当                                     -         △ 220
      親会社株主に帰属する当期
                                           -         △ 599
      純損失(△)
      合併による増加                                     -           43
      株主資本以外の項目の当期
                     224     △ 86    △ 182     349     305     △ 86     218
      変動額(純額)
     当期変動額合計                224     △ 86    △ 182     349     305     △ 86    △ 557
     当期末残高               1,331      △ 43     149    △ 1,558     △ 120     2,082     17,459
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  3,144         2,966         9,386         △ 0      15,497
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 220                △ 220
      親会社株主に帰属する当期
                                         989                 989
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      株主資本以外の項目の当期
                                                           -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -        768         △ 0        768
     当期末残高                  3,144         2,966        10,155          △ 0      16,266
                          その他の包括利益累計額

                                             非支配株主
                  その他有価                退職給付に     その他の包
                                                  純資産合計
                       繰延ヘッジ      為替換算
                                              持分
                  証券評価                係る調整     括利益累計
                         損益     調整勘定
                   差額金                累計額     額合計
     当期首残高               1,331      △ 43     149    △ 1,558     △ 120     2,082     17,459
     当期変動額
      剰余金の配当                                     -         △ 220
      親会社株主に帰属する当期
                                           -          989
      純利益
      自己株式の取得                                     -          △ 0
      株主資本以外の項目の当期
                    △ 57     35     25    △ 305     △ 302     △ 216     △ 519
      変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 57     35     25    △ 305     △ 302     △ 216     249
     当期末残高               1,274      △ 8     174    △ 1,863     △ 423     1,865     17,708
                                  49/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                           12             1,031
       税金等調整前当期純利益
                                         1,675              1,568
       減価償却費
                                           47              47
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    53              128
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 5             △ 47
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    49              20
                                          △ 61             △ 49
       受取利息及び受取配当金
                                           235              236
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                    7             △ 99
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 180              132
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    ▶             △ 78
                                           35              171
       固定資産除却損
                                           862              634
       減損損失
       持分変動損益(△は益)                                    -             △ 416
       事業分離における移転損益(△は益)                                    -             △ 655
                                           -              147
       固定資産圧縮損
                                           -             △ 147
       補助金収入
                                           -              13
       災害損失
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 181              412
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 294             △ 753
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   △ 6             567
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   △ 67             △ 158
                                           164             △ 221
       その他
                                         2,350              2,484
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   179              238
                                         △ 235             △ 237
       利息の支払額
                                         △ 871             △ 252
       法人税等の支払額
                                         1,423              2,232
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 92             △ 21
       定期預金の預入による支出
                                           111               65
       定期預金の払戻による収入
                                            1             475
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,347             △ 1,967
       有形固定資産の取得による支出
                                          △ 35             △ 19
       無形固定資産の取得による支出
                                           -              147
       補助金の受取額
                                           -               0
       投資有価証券の売却による収入
                                           △ 7             △ 7
       投資有価証券の取得による支出
       事業分離による収入                                    -              887
                                           -             △ 180
       事業分離関連費用による支出
                                           △ 8             △ 89
       その他
                                        △ 1,377              △ 708
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  50/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 236              118
                                         2,000              1,800
       長期借入れによる収入
                                        △ 2,586             △ 2,664
       長期借入金の返済による支出
                                           160              195
       セール・アンド・リースバック取引による収入
                                         △ 250             △ 212
       リース債務の返済による支出
                                         △ 220             △ 220
       配当金の支払額
                                           -               0
       自己株式の取得による支出
                                          △ 27             △ 25
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 1,160             △ 1,009
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           102              △ 0
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 1,012               513
                                         2,550              1,538
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         ※ 1,538              ※ 2,051
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  51/100














                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数                          15 社
            主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため、省略しており
           ます。
            なお、前連結会計年度において連結子会社でありましたレバプロティンズLtd.は、ニッタゼラチンイン
           ディアLtd.が2018年11月8日開催の取締役会において、レバプロティンズLtd.を合併する事を決議し、2017
           年4月1日をもって合併したことにより連結の範囲から除外しております。また、当該合併基準日はインド
           における合併制度により、合併申請を実施した期の期首に遡って設定したものであります。
          (2)非連結子会社名
             新寿サービス㈱
           (連結の範囲から除いた理由)
            非連結子会社1社は、小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
           金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
         2.持分法の適用に関する事項
          (1)持分法適用の関連会社数                   3 社
             関連会社等の名称
              ボスティック・ニッタ㈱、広東百維生物科技有限公司、北京秋実膠原腸衣有限公司
          (2)持分法を適用していない非連結子会社(新寿サービス㈱)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰
           余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、
           かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
          (3)持分法適用関連会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸
           表を使用しております。
         3.連結子会社の事業年度に関する事項
            連結子会社のうち上海新田明膠有限公司、ニッタホンコンLtd.の決算日は、12月31日であります。
            連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、1月1日から
           連結決算日     3月31日までの期間に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           ② デリバティブ
             時価法
           ③ たな卸資産
            イ.製品
               主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)に
              よっております。
            ロ.商品、半製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品
               主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)に
              よっております。
                                  52/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             当社及び国内連結子会社は定率法を、在外連結子会社は主として定額法を採用しております。ただし、
            建物並びに2016年4月1日以降に取得した構築物については、当社及び国内連結子会社においても定額法
            を採用しております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物     7~50年
              機械装置及び運搬具   2~10年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
             定額法を採用しております。
             なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
           ③ リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(残価保証の取決めがある場合は当該残価保証額)とする定
            額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             当社及び連結子会社は、主として債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績
            率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上し
            ております。
           ② 賞与引当金
             当社及び連結子会社は、従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当連結会計年度に負担す
            べき金額を計上しております。
          (4)退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
             過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として
            10年)による定額法により費用処理しております。
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
            の年数(主として10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理し
            ております。
           ③ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
             未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部における
            その他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
           ④ 小規模企業等における簡便法の採用
             一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
            支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
           用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持
           分に含めて計上しております。
                                  53/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          (6)重要なヘッジ会計の方法
           ① ヘッジ会計の方法
             原則として、繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、特例処理の要件を満たす金利スワップについ
            ては、特例処理を採用しております。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            a.ヘッジ手段 … 為替予約
              ヘッジ対象 … 輸出による外貨建営業債権及び外貨建予定取引と輸入による外貨建営業債務及び外
                      貨建予定取引
            b.ヘッジ手段 … 金利スワップ
              ヘッジ対象 … 借入金
           ③ ヘッジ方針
             デリバティブ取引に関する権限規程及び取引限度額を定めた内部規定に基づき、ヘッジ対象に係る相場
            変動リスクを一定の範囲内でヘッジしております。
           ④ ヘッジ有効性評価の方法
             ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を比
            較し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。ただし、特例処理によっている金利スワップにつ
            いては有効性の評価を省略しております。
          (7)のれんの償却方法及び償却期間
            のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
          (8)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
           しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (9)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当連
            結会計年度の費用として処理しております。
                                  54/100












                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          (1)  収益認識に関する会計基準等
           ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会
            計基準委員会)
           ① 概要
             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
            括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第
            15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度
            から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基
            準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたも
            のです。
             企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
            号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を
            取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実
            務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加するこ
            ととされております。
           ② 適用予定日
             適用時期については、現在検討中です。
           ③ 当該会計基準等の適用による影響
             「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評
            価中であります。
          (2)連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い等

           ・「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第18号 
            平成30年9月14日         企業会計基準委員会          )
           ・「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第24号 平成30年9月14日
            企業会計基準委員会         )
           ① 概要
             企業会計基準委員会において実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処
            理に関する当面の取扱い」及び実務対応報告第24号「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取
            扱い」の見直しが検討されてきたもので、主な改正内容は、連結決算手続において、「連結決算手続に
            おける在外子会社等の会計処理の統一」の当面の取扱いに従って、在外子会社等において、資本性金融
            商品の公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示する選択をしている場合には、当該資本性金
            融商品の売却を行ったときに、連結決算手続上、取得原価と売却価額との差額を当該連結会計年度の損
            益として計上するように修正することとされています。
             また、減損処理が必要と判断される場合には、連結決算手続上、評価差額を当該連結会計年度の損失
            として計上するように修正することとされています。
           ② 適用予定日
             2020年3月期の期首から適用します。
           ③ 当該会計基準等の適用による影響
             「  連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い                                  」等の適用による連結財
            務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
                                  55/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において「営業外収益」の「その他」に含めていた「業務受託料」は、営業外収益の総額
          の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することといたしました。この表示方法の変更を反
          映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組み替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において「営業外収益」の「その他」に表示していた43百万
          円は、「業務受託料」9百万円、「その他」33百万円として組み替えております。
          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)

           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果
          会計基準一部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区
          分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変
          更しております。
           この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が196百万円減少
          し、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が32百万円増加しております。
           なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が164
          百万円減少しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に
          係る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加し
          ております。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7
          項に定める経過的な取扱いに従って記載しておりません。
                                  56/100














                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         投資有価証券(株式)                             1,240百万     円           1,124百万     円
          ※2 担保に供している資産並びに担保付債務は次のとおりであります。

            (1)担保資産
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         流動資産                              472百万    円            986百万    円
         建物及び構築物                             1,850                2,144
         機械装置及び運搬具                              504                737
         土地                              198                198
         投資有価証券                              383                344
                  計                    3,409                4,411
             上記資産のうち工場財団抵当に供している資産

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         建物及び構築物                             1,646百万     円           1,995百万     円
         機械装置及び運搬具                              351                634
         土地                              198                198
                  計                    2,197                2,828
            (2)担保付債務

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                       550百万    円           1,040百万     円
         短期借入金
                                      4,296                4,054
         長期借入金
         (1年内返済予定の長期借入金を含む)
                                      4,847                5,095
                  計
             上記のうち工場財団抵当に対応する債務

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         長期借入金
                                      3,684百万     円           3,544百万     円
         (1年内返済予定の長期借入金を含む)
          ※3 有形固定資産の減損損失累計額

             減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。
          ※4 圧縮記帳額

             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
             固定資産の取得価額から控除した補助金等による圧縮記帳額は、機械装置147百万円であります。
                                  57/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
           5 偶発債務
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         債権譲渡による遡及義務                              97百万   円            142百万    円
           6 税務訴訟等

             前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
             当社のインドの連結子会社であるニッタゼラチンインディアLtd.において、税務当局との見解の相違に
            基づく支払請求を含む偶発債務が総額329百万ルピー(約540百万円)発生しております。これらの請求に
            関して外部法律専門家の意見に基づき個別案件毎に検討した結果、当社の見解は妥当であると判断し、不
            服の申立等を行っております。なお、現時点で損失の発生の可能性及び金額を合理的に見積ることは困難
            であります。
             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

             当社のインドの連結子会社であるニッタゼラチンインディアLtd.において、税務当局との見解の相違に
            基づく支払請求を含む偶発債務が総額380百万ルピー(約612百万円)発生しております。これらの請求に
            関して外部法律専門家の意見に基づき個別案件毎に検討した結果、当社の見解は妥当であると判断し、不
            服の申立等を行っております。なお、現時点で損失の発生の可能性及び金額を合理的に見積ることは困難
            であります。
          ※7 期末日満期手形

             期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当連結会
            計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が当連結会計年度の期末残高に含まれ
            ております。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         受取手形                              151百万    円            164百万    円
           8 当社及び連結子会社3社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行10行と当座貸越契約

            及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであ
            ります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         当座貸越極度額及び貸出コミットメント
                                      6,347百万     円           6,473百万     円
         の総額
         借入実行残高                              972               1,058
                 差引額                     5,375                5,414
                                  58/100








                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含ま
            れております。
                  前連結会計年度                          当連結会計年度
                 (自 2017年4月1日                          (自 2018年4月1日
                  至 2018年3月31日)                            至 2019年3月31日)
                              51 百万円                         99 百万円
          ※2 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
         荷造運賃                              910  百万円               840  百万円
                                      1,805                1,767
         給料手当
                                       297                239
         賞与
                                        89                80
         賞与引当金繰入額
                                       116                 95
         退職給付費用
                                        1               △ 0
         貸倒引当金繰入額
                                       118                171
         減価償却費
                                       821                756
         研究開発費
          ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
                                      1,105   百万  円           1,074   百万  円
          ※4 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
         機械装置及び運搬具                              -百万   円             2百万   円
                                        -
         土地                                              78
                                        -
         その他(有形固定資産)                                               0
                                        -
                  計                                      81
          ※5 補助金収入及び固定資産圧縮損

             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
             補助金収入は、省エネルギー投資促進に向けた支援補助金の交付によるものであり、固定資産圧縮損
            は、当該補助金収入を固定資産の取得価額から直接減額したことにより発生したものであります。
          ※6 持分変動利益

             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
             持分変動利益は、当社の持分法適用関連会社であるボスティック・ニッタ株式会社の第三者割当増資に
            よるものです。
          ※7 貸倒引当金繰入額

             前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
             貸倒引当金繰入額は、当社の持分法適用の関連会社である北京秋実膠原腸衣有限公司への長期貸付金に
            対して貸倒引当金を計上したものであります。
             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

             貸倒引当金繰入額は、当社の持分法適用の関連会社である北京秋実膠原腸衣有限公司への長期貸付金等
            の債権に対して貸倒引当金を計上したものであります。
                                  59/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          ※8 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
         建物及び構築物                               0百万   円             -百万   円
         機械装置及び運搬具                               3                3
                                                        -
         その他(有形固定資産)                               0
                  計                      ▶                3
          ※9 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
         建物及び構築物                               9百万   円            121百万    円
         機械装置及び運搬具                              22                25
         リース資産                               3                3
         その他(有形固定資産)                               0                18
         無形固定資産                              -                 2
                  計                      35                171
          ※10 災害による損失

             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
             災害による損失は、2018年9月の台風により被害を受けた当社大阪工場の原状回復費用及びたな卸資産
            の廃棄損であります。
          ※11 減損損失の内容は次のとおりであります。

             前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           (1)減損損失を認識した資産又は資産グループの概要
                 区分          場所          用途          種類        減損損失
                      ニッタゼラチンユー
                                           建物及び構築物、機械
                      エスエーInc.
               事業用資産                    製造用設備        装置及び運搬具、その             862百万円
                      (米国ノースカロラ
                                           他(有形固定資産)
                       イナ州)
           (2)減損損失を認識するに至った経緯
               事業用資産は収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなったため、減損損失を認識するもの
              であります。
           (3)減損損失の内訳
               建物及び構築物         357百万円
               機械装置及び運搬具       503百万円
               その他(有形固定資産)      1百万円
           (4)資産のグルーピング方法
               キャッシュ・フローを生み出す最小単位として管理会計上の区分に基づき資産のグルーピングを
              行っております。
           (5)回収可能価額の算定方法
               事業用資産については使用価値により測定し、将来キャッシュ・フローを3%で割り引いて算定し
              ております。
                                  60/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           (1)減損損失を認識した資産又は資産グループの概要
                 区分          場所          用途          種類        減損損失
                                           建物及び構築物、機械
                      ニッタゼラチンイン
                                           装置及び運搬具、その
                      ディアLtd.
               事業用資産                    製造用設備        他(有形固定資産)、             634百万円
                      (インド     グジャラー
                                           ソフトウエア、その他
                       ト州)
                                           (無形固定資産)
           (2)減損損失を認識するに至った経緯
               事業用資産は収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなったため、減損損失を認識するもの
              であります。
           (3)減損損失の内訳
               建物及び構築物         138百万円
               機械装置及び運搬具       354百万円
               その他(有形固定資産)      0百万円
               ソフトウエア           1百万円
               その他(無形固定資産)     139百万円
           (4)資産のグルーピング方法
               キャッシュ・フローを生み出す最小単位として管理会計上の区分に基づき資産のグルーピングを
              行っております。
           (5)回収可能価額の算定方法
               事業用資産については正味売却価額により測定し、不動産鑑定評価及び売却予定価額に基づき算定
              した価額によっております。
                                  61/100













                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
         その他有価証券評価差額金:
          当期発生額                             323百万    円            △82百万    円
          組替調整額                             -                △0
           税効果調整前
                                       323                △82
           税効果額                           △98                 25
           その他有価証券評価差額金
                                       224                △57
         繰延ヘッジ損益:
          当期発生額                            △361                  43
          資産の取得原価調整額                             148                 26
           税効果調整前
                                      △212                  69
           税効果額                            86               △22
           繰延ヘッジ損益
                                      △126                  47
         為替換算調整勘定:
          当期発生額                            △290                  46
          組替調整額                             -                -
           税効果調整前
                                      △290                  46
           税効果額                            -                -
           為替換算調整勘定
                                      △290                  46
         退職給付に係る調整額:
          当期発生額                             249               △418
          組替調整額                             143                 95
           税効果調整前
                                       392               △323
           税効果額                           △55                 17
           退職給付に係る調整額
                                       336               △306
         持分法適用会社に対する持分相当額:
          当期発生額                             28               △52
          組替調整額                             -                -
           持分法適用会社に対する持分相当額
                                        28               △52
             その他の包括利益合計
                                       173               △321
          (注)前連結会計年度の数値は遡及修正後の金額であります。詳細につきましては、「第5 経理の状況 
             1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりです。
                                  62/100








                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                    首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
          発行済株式

           普通株式            18,373,974              -          -      18,373,974
             合計          18,373,974              -          -      18,373,974

          自己株式

           普通株式                162           -          -          162

             合計              162           -          -          162

           2.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                            配当金の      1株当たり
          (決議)           株式の種類        総額      配当額        基準日         効力発生日
                            ( 百万  円)    (円)
          2017年6月27日
                     普通株式          110      6.00    2017年3月31日          2017年6月28日
          定時株主総会
          2017年11月8日
                     普通株式          110      6.00    2017年9月30日          2017年12月6日
          取締役会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                         配当金の           1株当たり
                     株式の
          (決議)                総額    配当の原資       配当額        基準日        効力発生日
                     種類
                         ( 百万  円)         (円)
          2018年6月27日
                    普通株式        110   利益剰余金         6.00    2018年3月31日         2018年6月28日
          定時株主総会
                                  63/100











                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                    首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
          発行済株式

           普通株式            18,373,974              -          -      18,373,974

             合計          18,373,974              -          -      18,373,974

          自己株式

           普通株式                162           1          -          163

             合計              162           1          -          163

            (注)普通株式の自己株式の株式数の増加1株は、単元未満株式の買取りによる増加1株であります。
           2.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                            配当金の      1株当たり
          (決議)           株式の種類        総額      配当額        基準日         効力発生日
                            ( 百万  円)    (円)
          2018年6月27日
                     普通株式          110      6.00    2018年3月31日          2018年6月28日
          定時株主総会
          2018年11月8日
                     普通株式          110      6.00    2018年9月30日          2018年12月6日
          取締役会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                         配当金の           1株当たり
                     株式の
          (決議)                総額    配当の原資       配当額        基準日        効力発生日
                     種類
                         ( 百万  円)         (円)
          2019年6月26日
                    普通株式        183   利益剰余金        10.00    2019年3月31日         2019年6月27日
          定時株主総会
            (注)期末配当金の内訳 普通配当6円00銭 記念配当4円00銭
                                  64/100










                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)                至 2019年3月31日)
          現金及び預金勘定                            1,626百万     円           2,092百万     円
          預入期間が3ヶ月を超える定期預金                             △87                △40
          現金及び現金同等物                            1,538                2,051
         (リース取引関係)

          1.ファイナンス・リース取引(借主側)
            所有権移転外ファイナンス・リース取引
           ① リース資産の内容
             有形固定資産
              主に、当社のゼラチン製造設備(機械装置)であります。
           ② リース資産の減価償却の方法
             連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資
            産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          2.オペレーティング・リース取引

            オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:    百万  円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                                          73                 41
                  1年内
                                          49                 31
                  1年超
                                          122                 72
                  合計
                                  65/100











                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時的
            な余資は主に流動性の高い金融資産で運用し、また短期的な運転資金を銀行借入により調達しておりま
            す。デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であ
            ります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク
             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、海外で事業を行
            うにあたり生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
             投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されており
            ます。
             営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが5ヶ月以内の支払期日であります。一部外貨建
            てのものについては、為替の変動リスクに晒されております。
             借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に係る資金調達を目的とした
            ものであり、償還日は最長で決算日後5年であります。このうち一部は金利の変動リスクに晒されており
            ますが、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利用してヘッジしております。
             デリバティブ取引は、外貨建営業債権債務及び外貨建予定取引に係る為替の変動リスクに対するヘッジ
            を目的とした先物為替予約取引、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利ス
            ワップ取引であります。
             なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等につい
            ては、前述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (6)重要な
            ヘッジ会計の方法」をご参照下さい。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制
            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社グループは、債権管理規程に従い、営業債権及び長期貸付金について、各事業部門における営業
             部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するととも
             に、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
              デリバティブ取引については、取引相手先を高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスク
             はほとんどないと認識しております。
            ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
              当社グループは、外貨建営業債権債務及び外貨建予定取引について、通貨別月別に把握された為替の
             変動リスクに対して、原則として先物為替予約を利用してヘッジしております。また、当社は、借入金
             に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用しております。
              投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引
             先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
              デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規程に従い、担
             当部署が決裁担当者の承認を得て行っております。
            ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰り計画を作成・更新するととも
             に、手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価額がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」にお
            けるデリバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスク
            を示すものではありません。
                                  66/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2018年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(   百万  円)      差額(   百万  円)
                             ( 百万  円)
           (1)現金及び預金                       1,626           1,626             -
           (2)受取手形及び売掛金                       8,966           8,966             -

                                  2,179           2,179
           (3)投資有価証券                                                -
                                 12,772
             資産計                                12,772              -
           (1)支払手形及び買掛金                       4,159           4,159             -

           (2)未払金                       1,729           1,729             -
           (3)短期借入金                       2,504           2,504             -

           (4)長期借入金
                                  7,182           7,169            △13
           (1年内返済予定を含む)
             負債計                     15,576           15,563            △13
           デリバティブ取引(*)                        △34           △34            -

            (*) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
            当連結会計年度(2019年3月31日)

                           連結貸借対照表計上額
                                        時価(   百万  円)      差額(   百万  円)
                             ( 百万  円)
           (1)現金及び預金                       2,092           2,092             -
           (2)受取手形及び売掛金                       8,589           8,589             -

                                  2,104           2,104
           (3)投資有価証券                                                -
                                 12,786

             資産計                                12,786              -
           (1)支払手形及び買掛金                       4,794           4,794             -

           (2)未払金                       1,614           1,614             -
           (3)短期借入金                       2,657           2,657

           (4)長期借入金
                                  6,386           6,382            △5
           (1年内返済予定を含む)
             負債計                     15,452           15,448             △5
           デリバティブ取引(*)                         37           37           -

            (*) デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。
            (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

                 資産
                  (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
                    これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることか
                   ら、当該帳簿価額によっております。
                  (3)投資有価証券
                    これらの時価について、株式等は取引所の価格によっております。また、保有目的ごと
                   の有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
                                  67/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                 負債
                  (1)支払手形及び買掛金、(2)未払金
                    これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることか
                   ら、当該帳簿価額によっております。
                  (3)短期借入金、(4)長期借入金
                    これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で
                   割り引いた現在価値により算定しております。
                 デリバティブ取引
                  注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
               2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:    百万  円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                      区分
                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
                非上場株式                          31               31
                    これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるこ
                   とから、「(3)投資有価証券」には含めておりません。
               3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                 前連結会計年度(2018年3月31日)
                                       1年超        5年超
                               1年以内                        10年超
                                       5年以内        10年以内
                               ( 百万  円)                    ( 百万  円)
                                      ( 百万  円)     ( 百万  円)
                                           -        -        -
                預金                  1,622
                                           -        -        -
                受取手形及び売掛金                  8,966
                                           -        -        -
                     合計            10,589
                 当連結会計年度(2019年3月31日)

                                       1年超        5年超
                               1年以内                        10年超
                                       5年以内        10年以内
                               ( 百万  円)                    ( 百万  円)
                                      ( 百万  円)     ( 百万  円)
                                           -        -        -
                預金                  2,088
                                           -        -        -

                受取手形及び売掛金                  8,589
                                           -        -        -
                     合計            10,677
               4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

                 前連結会計年度(2018年3月31日)
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       ( 百万  円)                            ( 百万  円)
                              ( 百万  円)   ( 百万  円)   ( 百万  円)   ( 百万  円)
                                                           ▶
                長期借入金          2,497      2,011      1,652       764      251
                                                           ▶
                  合計        2,497      2,011      1,652       764      251
                 当連結会計年度(2019年3月31日)

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                                5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       ( 百万  円)                            ( 百万  円)
                              ( 百万  円)   ( 百万  円)   ( 百万  円)   ( 百万  円)
                                                           -
                長期借入金          2,386      2,060      1,130       605      203
                                                           -
                  合計        2,386      2,060      1,130       605      203
                                  68/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
        1.その他有価証券
          前連結会計年度(2018年3月31日)
                                 連結貸借対照表
                                            取得原価
                          種類       計上額                   差額(百万円)
                                            (百万円)
                                   (百万円)
                      (1)株式                2,169          249        1,920
                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等
                                        -         -         -
        連結貸借対照表計上額が取
                       ② 社債
                                        -         -         -
        得原価を超えるもの
                       ③ その他
                                        -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            2,169          249        1,920
                      (1)株式                  10         10         △0
                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等
                                        -         -         -
        連結貸借対照表計上額が取
                       ② 社債
                                        -         -         -
        得原価を超えないもの
                       ③ その他
                                        -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計              10         10         △0
                   合計                   2,179          260        1,919
        (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 31百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
            めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          当連結会計年度(2019年3月31日)

                                 連結貸借対照表
                                            取得原価
                          種類       計上額                   差額(百万円)
                                            (百万円)
                                   (百万円)
                      (1)株式                2,097          256        1,840
                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等
                                        -         -         -
        連結貸借対照表計上額が取
                       ② 社債
                                        -         -         -
        得原価を超えるもの
                       ③ その他
                                        -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計            2,097          256        1,840
                      (1)株式                  7         10         △3
                      (2)債券
                       ① 国債・地方債等
                                        -         -         -
        連結貸借対照表計上額が取
                       ② 社債
                                        -         -         -
        得原価を超えないもの
                       ③ その他
                                        -         -         -
                      (3)その他                  -         -         -
                          小計              7         10         △3
                   合計                   2,104          267        1,837
        (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 31百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極
            めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        2.連結会計年度中に売却したその他有価証券

          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        3.減損処理を行った有価証券

          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

           該当事項はありません。
                                  69/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
            全てヘッジ会計を適用しておりますので、該当事項はありません。
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          (1)通貨関連
             前連結会計年度(2018年3月31日)
                                              契約額等のう
                                主なヘッジ        契約額等                時価
           ヘッジ会計の方法            取引の種類                       ち1年超
                                 対象      (百万円)               (百万円)
                                               (百万円)
                     為替予約取引
                               買掛金及び
                      買建
                               予定取引
                      米ドル・カナダドル
                                          1,991         -      △38
           原則的処理方法
                     為替予約取引
                               売掛金及び
                      売建
                               予定取引
                      米ドル                     421        -        3
          (注)時価の算定方法
             取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
             当連結会計年度(2019年3月31日)

                                              契約額等のう
                                主なヘッジ        契約額等                時価
           ヘッジ会計の方法            取引の種類                       ち1年超
                                 対象      (百万円)               (百万円)
                                               (百万円)
                     為替予約取引
                               買掛金及び
                      買建
                               予定取引
                      米ドル・カナダド
                                          1,639         -        0
                      ル・ユーロ
           原則的処理方法
                     為替予約取引
                               売掛金及び
                      売建
                               予定取引
                      米ドル                    1,428         -       37
          (注)時価の算定方法
             取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
          (2)金利関連

             前連結会計年度(2018年3月31日)
                                               契約額等の
                                 主なヘッジ        契約額等               時価
           ヘッジ会計の方法             取引の種類                       うち1年超
                                  対象      (百万円)              (百万円)
                                               (百万円)
                     金利スワップ取引
           金利スワップの特
                                 長期借入金           450        86  (注)2
           例処理
                      変動受取・固定支払
          (注)1.時価の算定方法
               取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
             2.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理され
               ているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
             当連結会計年度(2019年3月31日)

                                               契約額等の
                                 主なヘッジ        契約額等               時価
           ヘッジ会計の方法             取引の種類                       うち1年超
                                  対象      (百万円)              (百万円)
                                               (百万円)
                     金利スワップ取引
           金利スワップの特
                                 長期借入金           350        23  (注)2
           例処理
                      変動受取・固定支払
          (注)1.時価の算定方法
               取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
             2.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理され
               ているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  70/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社及び一部の連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付制度及び確定拠出制度を採用し
          ております。確定給付型の制度として、退職一時金制度及び確定給付企業年金制度等を設けております。
           なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用
          を計算しております。
         2.確定給付制度(簡便法を採用した制度を含んでおります。)

         (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          退職給付債務の期首残高                              8,439百万     円         8,229百万     円
           勤務費用                              262              269
           利息費用                              213              203
           数理計算上の差異の発生額                               2             363
           従業員からの拠出額                               2              1
           退職給付の支払額                             △449              △758
           会社分割に伴う減少                               -            △330
                                        △242               160
           為替換算調整額
          退職給付債務の期末残高                              8,229              8,138
         (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          年金資産の期首残高                              6,153百万     円         6,192百万     円
           期待運用収益                              207              206
           管理費用                              △3              △4
           数理計算上の差異の発生額                              162              △7
                                         200              183
           事業主からの拠出額
           従業員からの拠出額                               2              1
           退職給付の支払額                             △364              △507
           会社分割に伴う減少                               -            △160
           為替換算調整額                             △165                74
          年金資産の期末残高                              6,192              5,979
         (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

           に係る資産の調整表
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          積立型制度の退職給付債務                              6,348百万     円         6,513百万     円
          年金資産                             △6,192              △5,979
                                         156              534
          非積立型制度の退職給付債務                              1,881              1,625
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              2,036              2,159
          退職給付に係る負債                              2,709              2,731

          退職給付に係る資産                              △672              △572
          連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              2,036              2,159
         (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          勤務費用                               262百万    円          269百万    円
          利息費用                               213              203
          期待運用収益                              △207              △206
          管理費用                                3              ▶
          数理計算上の差異の費用処理額                               156               95
          過去勤務費用の費用処理額                               △13                -
          確定給付制度に係る退職給付費用                               415              366
                                  71/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (5)退職給付に係る調整額
           退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
          過去勤務費用                               △13百万    円           -百万   円
          数理計算上の差異                               406             △323
           合計                              392             △323
         (6)退職給付に係る調整累計額

           退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          未認識過去勤務費用                                -百万   円           -百万   円
          未認識数理計算上の差異                             △1,573              △1,897
           合計                            △1,573              △1,897
         (7)年金資産に関する事項

          ① 年金資産の主な内訳
            年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
                                          51%              49%
          債券
          株式                                44              44
                                          0              1
          現金及び預金
          その他                                5              6
           合計                              100              100
          ② 長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構
           成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
         (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

           主要な数理計算上の計算基礎
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
          割引率(当社及び国内連結子会社)                                0.2%              0.1%
             (在外連結子会社)                          3.4~7.5%              3.2~7.8%
          長期期待運用収益率(当社及び国内連結子会社)                                2.1%              2.1%
                   (在外連結子会社)                    1.5~8.0%              1.5~8.0%
         3.確定拠出制度

           連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度132百万円、当連結会計年度152百万円であり
          ます。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                  72/100







                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前連結会計年度             当連結会計年度
                                     (2018年3月31日)             (2019年3月31日)
           繰延税金資産
                                          72            100
            たな卸資産評価損                                百万円             百万円
            未実現利益                              48             34
                                          71             55
            賞与引当金
                                          15             28
            未払事業税
                                           ▶             ▶
            投資有価証券評価損
                                          646             624
            退職給付に係る負債
                                          25             -
            長期未払金
                                          343             540
            減損損失
            税務上の繰越欠損金(注)2                             1,451             1,436
                                           2            183
            その他
                                         2,683             3,008
           繰延税金資産小計
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                              -          △1,004
                                          -           △179
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
           評価性引当額小計(注)1                             △1,076             △1,184
                                         1,607             1,824
           繰延税金資産合計
           繰延税金負債
                                         △732             △795
            減価償却費
                                         △622             △622
            土地評価益
                                         △586             △560
            その他有価証券評価差額金
                                         △102             △63
            退職給付に係る資産
                                          11            △0
            デリバティブ評価損益
                                        △2,032             △2,042
           繰延税金負債合計
                                         △425             △218
           繰延税金資産(△は負債)の純額
          (注)1 評価性引当額の変動の主な内容は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額の増加であります。
              2 税務上の繰越欠損金及び繰延税金資産の繰越期限別の金額
          (当連結会計年度)

                           1年超     2年超     3年超     4年超
                                                5年超
                     1年以内                                  合計
                           2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
           税務上の繰越欠損金(a)

                        -     68     60      1     42    1,262
                                                      1,436百万円
           評価性引当額
                        -     -     -     -     -   △1,004     △1,004
           繰延税金資産
                        -     68     60      1     42     258     431(b)
          ( a) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          (b) 税務上の繰越欠損金に係る繰延税金資産は、各連結子会社の将来収益力に基づく課税所得見込を考慮し
           た結果、回収可能と判断いたしております。
                                  73/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原
           因となった主要な項目別の内訳
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
           法定実効税率                             30.9  %            30.6  %
           (調整)
                                        46.2               0.7
           交際費等永久に損金に算入されない項目
                                      △110.7               △1.1
           受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                        70.6               0.7
           住民税均等割等
                                      △399.8               △4.7
           試験研究費等の税額控除等
                                      3,609.3                4.6
           子会社欠損金等の税効果未認識純増減
                                       497.8               0.1
           未実現損益に係る税効果未認識額
                                      △121.1                1.8
           子会社との税率の差
                                      △436.2                3.9
           持分法による投資利益
                                       114.9               1.4
           のれん償却額
                                         -            △12.3
           持分変動益
                                       565.9              △4.9
           その他
                                      3,867.8                20.8
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                  74/100














                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          1.共通支配下の取引等
          (株式交換及び連結子会社による連結孫会社の吸収合併)
            当社の連結子会社であるニッタゼラチンインディアLtd.は、2018年11月8日開催の取締役会において、
           ニッタゼラチンインディアLtd.の子会社であるレバプロテインズLtd.を合併する事について決議し、2017
           年4月1日をもって合併いたしました。当該合併基準日は、インドにおける合併制度により、合併申請を実
           施した期の期首に遡って設定したものです。
          (1)企業結合の概要
            ①  結合当事企業の名称及びその事業の内容
              a.結合企業
               名  称:ニッタゼラチンインディアLtd.
               事業の内容:牛骨オセイン、牛骨ゼラチン及びコラーゲンペプチドの製造・販売
              b.被結合企業(消滅会社)
               名  称:レバプロテインズLtd.
               事業の内容:牛骨オセインの製造
            ②  企業結合日
              2017年4月1日
            ③  企業結合の法的形式
              ニッタゼラチンインディアLtd.が新たに発行する種類株式と当社が保有するレバプロテインズLtd.株
             式の全てを交換後、ニッタゼラチンインディアLtd.を存続会社とし、レバプロテインズLtd.を消滅会社
             とする吸収合併を実施
            ④  結合後企業の名称
              ニッタゼラチンインディアLtd.
            ⑤  その他取引の概要に関する事項
              一体的な事業運営をすることにより経営の更なる効率化を図るものであります。
          (2)実施した会計処理の概要
             「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                           平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及
            び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                    平成25年9月13日)に基づ
            き、共通支配下の取引として会計処理しております。
          2.事業分離

          (会社分割)
            当社は、2018年5月17日開催の取締役会決議に基づき、2018年8月1日付で、当社(接着剤事業(製造
           を除く))を分割会社とし、ボスティック・ニッタ株式会社を分割承継会社とする会社分割を行いまし
           た。
          (1)事業分離の概要
            ①  分離先企業の名称
              ボスティック・ニッタ株式会社
            ②  分離した事業の内容
              接着剤事業(製造を除く)
            ③  事業分離を行った主な理由
              接着剤の事業分野では事業環境の変化が加速しております。かかる状況下において、ビジョンに掲げ
             るコア事業における戦略の推進や新事業への集中投資を目指す当社の方針のもとで、当社の関連会社で
             あるボスティック・ニッタ株式会社に対象事業を承継することで対象事業の更なる成長性を追求するこ
             とができると考えております。
            ④  事業分離日
              2018年8月1日
            ⑤  法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
              受取対価を現金等の財産のみとする吸収分割
                                  75/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          (2)実施した会計処理の概要
            ①  移転損益の金額
              655百万円
            ②  移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
                         23百万円

              固定資産
                         23百万円
              資産合計
              流動負債
                         11百万円
                        169百万円
              固定負債
                        180百万円
              負債合計
            ③  会計処理
              譲渡の対価と移転した事業に係る株主資本相当額との差額は、会社分割にかかるアドバイザリー費用
             と合わせて、当連結会計年度の連結損益計算書において「事業分離における移転利益」として認識して
             おります。
          (3)分離した事業が含まれている報告セグメントの名称
              コラーゲン事業
          (4)当連結会計期間に係る連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額
                       累計期間

               売  上  高
                       1,482百万円
               営業利益         45百万円
              (注)上記金額は、接着剤事業(製造を除く)にかかる損益の算定が困難なため、接着剤事業(全
                 体)の   損益を記載しております。
          (5)継続的関与の概要
              当社は、ボスティック・ニッタ株式会社との間で業務受託契約を締結しております。
         (資産除去債務関係)

           重要性が乏しいため、注記を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

           当社グループにおいては、賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                  76/100









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
           1.報告セグメントの概要
             当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、
            経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
            す。
             当社は、製品・サービス別の事業区分に基づき、取り扱う製品・サービスについて国内及び海外の包括
            的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
             したがって、当社は、事業活動を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「コ
            ラーゲン素材事業」、「フォーミュラソリューション事業」の2つを報告セグメントとしております。
             「コラーゲン素材事業」は、ゼラチン、コラーゲンペプチド及びコラーゲンケーシング等を生産してお
            ります。
             「フォーミュラソリューション事業」は、各種食品用素材及び接着剤等を生産しております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
            項」における記載と同一であります。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースでの数値であります。
             セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

                                                    (単位:百万円)
                                                      連結財務諸表
                                  フォーミュ
                                                 調整額
                           コラーゲン
                                                       計上額
                                  ラソリュー        合計
                                                (注)1
                           素材事業
                                                       (注)2
                                  ション事業
            売上高
                             27,870       9,907      37,777         -     37,777
             外部顧客への売上高
             セグメント間の内部売上高
                              1,999         6     2,005      △ 2,005        -
             又は振替高
                             29,869       9,914      39,783      △ 2,005      37,777
                  計
                              1,482       1,016       2,498      △ 1,404       1,094
             セグメント利益
                             29,508       5,759      35,267       2,547      37,815
             セグメント資産
            その他の項目
                              1,551        75     1,627        48     1,675
             減価償却費
                               862       -      862       -      862
             減損損失
             有形固定資産及び無形固定
                              1,146        38     1,185        83     1,269
             資産の増加額
           (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
               (1)セグメント利益の調整額△1,404百万円は、セグメント間取引消去6百万円及び各報告セグメ
                ントに配分していない全社費用△1,410百万円であります。全社費用は、主に報告セグメントに
                帰属しない一般管理費であります。
               (2)セグメント資産の調整額2,547百万円は、セグメント間取引消去△752百万円及び各報告セグメ
                ントに配分していない全社資産3,299百万円であります。全社資産は、主に報告セグメントに帰
                属しない現金及び預金、有形固定資産及び投資有価証券であります。
              2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
              3.セグメント負債の金額は、当社の最高意思決定機関において、定期的に提供・使用しておりませ
                ん。
              4.前連結会計年度の数値は遡及修正後の金額であります。詳細につきましては、「第5 経理の状
                況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおりで
                す。
                                  77/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
            当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
           (報告セグメントの変更等に関する事項)

            当社グループの報告セグメントは、従来「コラーゲン素材事業」及び「フォーミュラソリューション事
           業」の2事業に区分して報告しておりましたが、コア事業における戦略の推進や新事業への集中投資を目指
           す当社方針のもと、製販管理体制の変更を中心とした組織再編を行い、グループの経営資源の配分及び経営
           管理体制を見直してまいりました。
            また、2018年8月1日付でフォーミュラソリューション事業に含まれる接着剤事業(製造を除く)の会社
           分割を行い、当社グループの事業活動をコラーゲン事業として一体管理する体制へ移行したため、当連結会
           計年度より「コラーゲン事業」の単一セグメントへ変更しております。
            これにより、当社グループは単一セグメントとなることから、当連結会計年度のセグメントの記載を省略
           しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
                                                    (単位:百万円)
              日本      インド       アジア       米国      カナダ       その他       合計

               20,817       3,063       2,365       9,372       1,831        327     37,777

             (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
             (2)有形固定資産

                                                    (単位:百万円)
               日本        インド        アジア        米国        カナダ         合計
                 3,639        3,713          28       4,203         666       12,251

            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載
             を省略しております。
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
                                                    (単位:百万円)
              日本      インド       アジア       米国      カナダ       その他       合計

               19,764       2,593       2,324       9,632       1,688        460     36,464

             (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
             (2)有形固定資産

                                                    (単位:百万円)
               日本        インド        アジア        米国        カナダ         合計
                 3,628        3,219          27       4,054         620       11,551

            3.主要な顧客ごとの情報

              外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載
             を省略しております。
                                  78/100



                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                        コラーゲン         フォーミュラ
                                           全社・消去           合計
                        素材事業       ソリューション事業
                             862          -          -         862
             減損損失
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

            当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとののれん償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                        コラーゲン         フォーミュラ
                                           全社・消去           合計
                        素材事業       ソリューション事業
                              47          -          -          47
             当期償却額
                             384          -          -         384
             当期末残高
           当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

            当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          1.関連当事者との取引
            連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
             前連結会計年度(自           2017年4月1日 至          2018年3月31日)
              該当事項はありません。
             当連結会計年度(自           2018年4月1日 至          2019年3月31日)

              該当事項はありません。
          2.重要な関連会社に関する注記

            重要な関連会社の要約財務情報
             当連結会計年度において、重要な関連会社であるボスティック・ニッタ株式会社を含む、すべての持分
            法適用関連会社(3社)の合算した要約財務情報は以下のとおりであります。
                                             (単位:百万円)
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                                     2,866            3,927
             流動資産合計
                                     2,047            8,308
             固定資産合計
             流動負債合計                         1,493            3,170

                                       13           3,314
             固定負債合計
                                     3,407            5,750

             純資産合計
                                     5,896            6,617

             売上高
                                      614            466
             税引前当期純利益金額
                                      446            352
             当期純利益金額
                                  79/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                   至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
        1株当たり純資産額                                 836円90銭              862円29銭
        1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純
                                         △32円61銭               53円85銭
        損失金額(△)
       (注)1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であ
           り、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          2.当   連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載
           しておりません。
          3.2017年4月1日を合併基準日として、ニッタゼラチンインディアLtd.を存続会社とする吸収合併によりレ
           バプロテインズLtd.は消滅しております。前連結会計年度は、当該吸収合併による遡及処理の内容を反映さ
           せた数値となります。
          4.1株当たり当期純利益金額又は                1株当たり     当期純損失金額(△)の算定上の基礎は、以下のとおりでありま
           す。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
       1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)
        親会社株主に帰属する当期純利益               又は  親会社株
                                           △599               989
        主に帰属する当期純損失(△)(百万円)
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -              -
        普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
        益 又は  親会社株主に帰属する当期純損失(△)                               △599               989
        (百万円)
        期中平均株式数(株)
                                        18,373,812              18,373,812
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                  80/100










                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                  区分                                    返済期限
                                (百万円)       (百万円)        (%)
                                                4.034
        短期借入金                           2,504       2,657              -
                                                1.221

        1年以内に返済予定の長期借入金                           2,497       2,386              -
        1年以内に返済予定のリース債務                            196       196       -      -

        長期借入金     (1年以内に返済予定のものを除く。)                                   1.280
                                   4,684       4,000           2020年~2024年
        リース債務     (1年以内に返済予定のものを除く。)
                                    345       343       -   2020年~2024年
        その他有利子負債                             -       -      -      -

                                   10,228       9,583
                  合計                                -      -
       (注)1.平均利率については、借入金の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
          2.リース債務の平均利率につきましては、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリー
             ス債務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
          3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済
             予定額は次のとおりであります。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                        (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                            2,060          1,130           605          203
             長期借入金
                             142          99          65          36

             リース債務
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除却債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
       (2)【その他】

        当連結会計年度における四半期情報等
       (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期        当連結会計年度
       売上高(百万円)                      9,043         18,010          27,075         36,464
       税金等調整前四半期(当期)純
                              101        1,606          1,387         1,031
       利益(百万円)
       親会社株主に帰属する四半期純
                               39        1,253           956         989
       利益(百万円)
       1株当たり四半期純利益金額
                             2.14         68.21          52.08         53.85
       (円)
       (会計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         第4四半期

       1株当たり四半期純利益金額
                                      66.07
       又は1株当たり四半期純損失                      2.14                 △16.13           1.77
       金額(△)(円)
                                  81/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                           590              694
         現金及び預金
                                        ※5 1,085             ※5 1,029
         受取手形
                                        ※3 6,806             ※3 6,658
         売掛金
                                         3,516              3,848
         商品及び製品
                                           347              301
         仕掛品
                                         2,099              2,067
         原材料及び貯蔵品
                                          ※3 90            ※3 185
         前渡金
                                           25              34
         前払費用
                                        ※3 1,115             ※3 1,113
         短期貸付金
                                          ※3 41            ※3 240
         その他
                                           △ 0             △ 0
         貸倒引当金
                                         15,719              16,173
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        ※1 1,411             ※1 1,763
          建物
                                         ※1 149             ※1 150
          構築物
                                         ※1 306            ※1 , ※2 598
          機械及び装置
                                            3              2
          車両運搬具
                                           179              229
          工具、器具及び備品
                                         ※1 550             ※1 177
          土地
                                           495              494
          リース資産
                                           334               18
          建設仮勘定
                                         3,429              3,434
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           76              63
          ソフトウエア
                                            5              ▶
          その他
                                           82              67
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 2,195             ※1 2,120
          投資有価証券
                                         3,071              3,484
          関係会社株式
                                        ※3 1,464             ※3 1,181
          長期貸付金
                                           212              224
          前払年金費用
                                                        ※3 46
                                           59
          その他
                                          △ 63             △ 136
          貸倒引当金
                                         6,941              6,920
          投資その他の資産合計
                                         10,453              10,423
         固定資産合計
       資産合計                                  26,173              26,597
                                  82/100






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           102              127
         支払手形
                                        ※3 3,343             ※3 3,711
         買掛金
                                        ※1 2,016             ※1 1,979
         1年内返済予定の長期借入金
                                           196              196
         リース債務
                                        ※3 1,669             ※3 1,481
         未払金
                                           79              63
         未払費用
                                            1             233
         未払法人税等
                                           66              -
         未払消費税等
                                            2              1
         前受金
                                           65              62
         預り金
                                           148              122
         賞与引当金
                                           38               1
         その他
                                         7,730              7,983
         流動負債合計
       固定負債
                                        ※1 3,675             ※1 3,345
         長期借入金
                                           345              343
         リース債務
                                         1,391              1,106
         退職給付引当金
                                           60              136
         繰延税金負債
                                           39              -
         その他
                                         5,513              4,931
         固定負債合計
                                         13,243              12,915
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,144              3,144
         資本金
         資本剰余金
                                         2,947              2,947
          資本準備金
                                           18              18
          その他資本剰余金
                                         2,966              2,966
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           93              93
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         2,700              2,700
            別途積立金
                                         2,717              3,502
            繰越利益剰余金
                                         5,511              6,296
          利益剰余金合計
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         11,622              12,407
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,332              1,274
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 25               0
         繰延ヘッジ損益
                                         1,306              1,274
         評価・換算差額等合計
                                         12,929              13,682
       純資産合計
      負債純資産合計                                   26,173              26,597
                                  83/100





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        ※1 23,210             ※1 22,311
      売上高
                                        ※1 18,370             ※1 18,401
      売上原価
                                         4,839              3,910
      売上総利益
                                       ※1 , ※2 3,976            ※1 , ※2 3,593
      販売費及び一般管理費
                                           863              316
      営業利益
      営業外収益
                                         ※1 273             ※1 377
       受取利息及び受取配当金
                                           ※1 9             ※1 26
       受取賃貸料
                                           -              239
       為替差益
                                          ※1 55             ※1 106
       その他
                                           338              749
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           63              55
       支払利息
                                            8              8
       支払手数料
       為替差損                                    86              -
                                            ▶              ▶
       その他
                                           162               68
       営業外費用合計
      経常利益                                    1,039               997
      特別利益
                                           -              864
       事業分離における移転利益
                                                        ※3 98
                                           -
       固定資産売却益
                                                       ※4 147
                                           -
       補助金収入
                                           -             1,110
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※5 63             ※5 70
       貸倒引当金繰入額
                                          ※6 11            ※6 164
       固定資産除却損
                                                       ※4 147
                                           -
       固定資産圧縮損
                                                        ※7 13
                                           -
       災害による損失
                                        ※8 2,003              ※8 299
       関係会社株式評価損
                                         2,078               696
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   △ 1,038              1,412
                                           229              316
      法人税、住民税及び事業税
                                          △ 11              90
      法人税等調整額
                                           217              406
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   △ 1,256              1,005
                                  84/100








                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                                                  繰越利益剰
                              剰余金     合計                     合計
                                             別途積立金
                                                  余金
     当期首残高                3,144     2,947      18    2,966      93    2,700     4,194     6,987
     当期変動額
      剰余金の配当                                -              △ 220    △ 220
      当期純損失(△)                                -             △ 1,256    △ 1,256
      株主資本以外の項目の当期変動
                                      -                     -
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -     -     -   △ 1,476    △ 1,476
     当期末残高                3,144     2,947      18    2,966      93    2,700     2,717     5,511
                      株主資本           評価・換算差額等

                              その他有価
                                             純資産合計
                         株主資本合          繰延ヘッジ     評価・換算
                    自己株式          証券評価差
                         計          損益     差額等合計
                              額金
     当期首残高                 △ 0   13,099      1,107      31    1,139     14,238
     当期変動額
      剰余金の配当                     △ 220                -    △ 220
      当期純損失(△)                    △ 1,256                 -   △ 1,256
      株主資本以外の項目の当期変動
                            -     224     △ 57     167     167
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -   △ 1,476      224     △ 57     167   △ 1,309
     当期末残高                 △ 0   11,622      1,332      △ 25    1,306     12,929
          当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                      株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                    資本金
                              その他資本     資本剰余金                     利益剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                                                  繰越利益剰
                              剰余金     合計                     合計
                                             別途積立金
                                                  余金
     当期首残高
                      3,144     2,947      18    2,966      93    2,700     2,717     5,511
     当期変動額
      剰余金の配当                                -              △ 220    △ 220
      当期純利益                                -              1,005     1,005
      自己株式の取得
                                      -                     -
      株主資本以外の項目の当期変動
                                      -                     -
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -     -     -     -     -     784     784
     当期末残高                3,144     2,947      18    2,966      93    2,700     3,502     6,296
                      株主資本           評価・換算差額等

                              その他有価
                                             純資産合計
                         株主資本合          繰延ヘッジ     評価・換算
                    自己株式          証券評価差
                         計          損益     差額等合計
                              額金
     当期首残高
                      △ 0   11,622      1,332      △ 25    1,306     12,929
     当期変動額
      剰余金の配当                     △ 220                -    △ 220
      当期純利益                     1,005                 -    1,005
      自己株式の取得
                      △ 0    △ 0               -     △ 0
      株主資本以外の項目の当期変動
                      △ 0    △ 0    △ 57     25    △ 32    △ 32
      額(純額)
     当期変動額合計                 △ 0    784     △ 57     25    △ 32     752
     当期末残高                 △ 0   12,407      1,274       0   1,274     13,682
                                  85/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.資産の評価基準及び評価方法
          (1)有価証券の評価基準及び評価方法
           ① 子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法
           ② その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
             平均法により算定)を採用しております。
             時価のないもの
              移動平均法による原価法を採用しております。
          (2)デリバティブ等の評価基準及び評価方法
            デリバティブ
             時価法
          (3)たな卸資産の評価基準及び評価方法
           ① 製品
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)によっておりま
            す。
           ② 商品、半製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品
             移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)によっておりま
            す。
         2.固定資産の減価償却の方法
          (1)有形固定資産(リース資産を除く)
            建物……定額法
            構築物
            a.2016年3月31日以前に取得したもの…定率法
            b.2016年4月1日以降に取得したもの…定額法
            その他…定率法
            なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物          7~41年
             構築物         7~50年
             機械及び装置      2~8年
             車両運搬具       4~6年
             工具、器具及び備品   2~15年
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
          (3)リース資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(残価保証の取決めがある場合は当該残価保証額)とする定額
           法を採用しております。
         3.引当金の計上基準
          (1)貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
           権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金
            従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額のうち当事業年度に負担すべき金額を計上しております。
          (3)退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上
           しております。
            過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により
           費用処理しております。
            数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)
           による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                  86/100


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          (1)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
           ます。
          (2)退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財
           務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
          (3)ヘッジ会計の処理
            原則として、繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、特例処理の要件を満たす金利スワップについて
           は、特例処理を採用しております。
          (4)消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当事業
           年度の費用として処理しております。
         (表示方法の変更)

          (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
           「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果
          会計基準一部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に
          表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」134百万円は、「固定負
          債」の「繰延税金負債」194百万円と相殺して、「固定負債」の「繰延税金負債」60百万円として表示してお
          り、変更前と比べて総資産が134百万円減少しております。
           また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第4項に定める「税効果会計に係る会計基
          準」注解(注8)(1)(評価性引当額の合計額を除く。)に記載された内容を追加しております。ただし、当該
          内容のうち前事業年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱いに
          従って記載しておりません。
                                  87/100












                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1 担保に供している資産及び担保に係る債務
            (1)担保に供している資産
                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
          建物                           1,387百万     円           1,741百万     円
          構築物                            148                150
          機械及び装置                            299                591
          土地                            157                157
          投資有価証券                            383                344
                   計                   2,376                2,985
            (2)担保に係る債務

                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
          長期借入金
                                      3,988百万     円           3,837百万     円
          (1年内返済予定の長期借入金を含む)
          ※2 圧縮記帳額

             当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
             固定資産の取得価額から控除した補助金等による圧縮記帳額は、機械装置147百万円であります。
          ※3 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
          短期金銭債権                           2,839百万     円           4,195百万     円
          長期金銭債権                           1,337                1,185
          短期金銭債務                            624                723
           4 偶発債務

            (1)保証債務
              金融機関からの借入金に対して、次のとおり保証を行っております。
                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
          ニッタゼラチンカナダInc.                            391百万    円            392百万    円
                                     (4,750千C$)                (4,750千C$)
          ニッタケーシングズInc.                            555                480
                                     (5,225千US$)                (4,325千US$)
          ニッタケーシングズ(カナダ)Inc.                             54                -
                                      (661千C$)                 (-千C$)
          ニッタゼラチンユーエスエーInc.                           1,099                 914
                                     (10,352千US$)                 (8,237千US$)
          ヴァイスゼラチン,LLC
                                       664                627
                                     (6,250千US$)                (5,650千US$)
          上海新田明膠有限公司                             24                -
                                     (1,437千RMB)                  (-千RMB)
                   計                   2,789                2,414
                                  88/100




                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                            有価証券報告書
              リース会社からのリース債務に対して、次のとおり保証を行っております。

                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
          ニッタゼラチンユーエスエーInc.                             93百万   円             -百万   円
                                      (875千US$)                 (-千US$)
            (2)債権譲渡による遡及義務
                                  前事業年度                当事業年度
                                (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                       97百万   円            142百万    円
          ※5 期末日満期手形

             期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当事業年
            度の末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が当事業年度の期末残高に含まれておりま
            す。
                      &