株式会社ムロコーポレーション 有価証券報告書 第62期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第62期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 株式会社ムロコーポレーション
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2019年6月21日

    【事業年度】                      第62期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

    【会社名】                      株式会社ムロコーポレーション

    【英訳名】                      MURO   CORPORATION

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  室   雅 文

    【本店の所在の場所】                      栃木県宇都宮市清原工業団地7番地1

    【電話番号】                      028(667)7122

    【事務連絡者氏名】                      執行役員管理本部長  山 口  誉 

    【最寄りの連絡場所】                      栃木県宇都宮市清原工業団地7番地1

    【電話番号】                      028(667)7122

    【事務連絡者氏名】                      執行役員管理本部長  山 口  誉  

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/92









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第58期       第59期       第60期       第61期       第62期

          決算年月           2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高            (千円)     17,852,208       18,764,253       19,235,334       20,083,804       20,368,940

     経常利益            (千円)      1,892,919       1,613,564       2,424,703       2,267,688       2,408,025

     親会社株主に帰属する
                 (千円)      1,115,480       1,150,379       1,863,970       1,764,124       1,741,635
     当期純利益
     包括利益            (千円)      1,472,283         771,762      1,953,959       1,836,781       1,500,017
     純資産額            (千円)     11,468,472       12,085,511       13,853,840       15,486,476       16,627,581

     総資産額            (千円)     17,867,996       18,809,478       20,722,107       22,849,548       23,714,364

     1株当たり純資産額             (円)      1,853.84       1,953.60       2,239.46       2,503.37       2,687.86

     1株当たり当期純利益
                 (円)       180.31       185.95       301.30       285.16       281.53
     金額
     潜在株式調整後1株
                 (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     当たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        64.2       64.3       66.9       67.8       70.1
     自己資本利益率             (%)        10.31        9.77       14.37       12.03       10.85

     株価収益率             (倍)        7.15       5.83       6.83       6.23       5.68

     営業活動による
                 (千円)      1,282,963       2,257,060       3,162,800       3,212,452       2,802,261
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)     △ 1,079,707       △ 986,496     △ 3,099,899      △ 2,148,933      △ 1,554,839
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)      △ 297,095      △ 187,022      △ 508,143      △ 596,147      △ 645,394
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)      3,590,770       4,564,152       4,086,130       4,482,752       5,000,312
     期末残高
                          869       936       986       971       958
     従業員数
     (外、平均臨時
                 (人)
                         ( 180  )     ( 198  )     ( 212  )     ( 219  )     ( 226  )
     雇用者数)
     (注)   1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第58期       第59期       第60期       第61期       第62期

          決算年月           2015年3月       2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月

     売上高            (千円)     15,128,393       15,238,801       15,662,015       16,654,643       17,236,153

     経常利益            (千円)      1,914,645       1,468,912       2,167,462       1,870,487       2,008,786

     当期純利益            (千円)      1,191,597       1,013,601       1,712,485       1,434,915       1,471,148

     資本金            (千円)      1,095,260       1,095,260       1,095,260       1,095,260       1,095,260

     発行済株式総数             (株)     6,546,200       6,546,200       6,546,200       6,546,200       6,546,200

     純資産額            (千円)     10,897,374       11,674,673       13,306,695       14,606,129       15,654,530

     総資産額            (千円)     16,677,437       17,603,049       19,553,964       21,531,316       22,441,719

     1株当たり純資産額             (円)      1,761.52       1,887.19       2,151.01       2,361.07       2,530.57

     1株当たり配当額                    25.00       30.00       33.00       38.00       44.00
     (うち1株当たり
                 (円)
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)      ( ―)    ( 20.00   )
     中間配当額)
     1株当たり
                 (円)       192.61       163.84       276.82       231.95       237.81
     当期純利益金額
     潜在株式調整後1株
                 (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     当たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        65.3       66.3       68.1       67.8       69.8
     自己資本利益率             (%)        11.54        8.98       13.71       10.28        9.72

     株価収益率             (倍)        6.69       6.62       7.43       7.66       6.72

     配当性向             (%)        12.98       18.31       11.92       16.38       18.50

     従業員数                     528       552       571       588       601
     (外、平均臨時
                 (人)
                         ( 197  )     ( 207  )     ( 208  )      ( 87 )      ( 92 )
     雇用者数)
     株主総利回り             (%)        154.8       134.2       252.7       224.0       208.2
     (比較指標:配当込み             (%)       ( 130.7   )    ( 116.5   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     TOPIX)
     最高株価             (円)        1,500       1,498       2,318       2,189       2,030
     最低株価             (円)         790       953       933      1,621       1,350

     (注)   1.売上高には消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.従業員数につきましては、第61期より( )内の年間平均人員の算出基準を見直しております。
        4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                  3/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
       年月                           事項
             東京都港区赤坂榎坂町に室金属製作所東京営業拠点としてスタート
      1953年4月
             自動車部品、シムの販売を開始
      1958年4月       東京都港区芝西久保巴町に資本金を200万円で室金属工業株式会社を設立
      1959年4月       日・米・独特許の「マレットシム」を開発し、自動車および産業機械業界向けに販売開始

      1960年3月       東京都大田区に蒲田工場を新設

      1962年3月       東京都大田区に大森工場を新設

      1962年7月

             愛知県名古屋市中区に名古屋営業所を新設
      1963年7月       マレットシムの自動印刷機を開発・製法特許取得

             栃木県那須郡烏山町の川崎航空機工業株式会社カワサキメグロ製作所烏山工場と社宅を購入し、
             宇都宮工場として操業
      1964年11月
             蒲田工場および大森工場を廃止し、宇都宮工場に統合
      1966年4月       宇都宮工場内に宇都宮営業所を新設
      1968年11月       各種集積回路のリードフレームのプレス加工技術を開発し、超精密プレス部品への基盤を確立

      1969年9月       資本金を4,000万円に増資(東京中小企業投資育成株式会社より一部出資)

      1972年7月       東京都世田谷区に本社社屋を建設

      1973年9月       資本金を6,000万円に増資

             宇都宮工場第一期増設
      1974年5月
             東京都港区新橋に住宅用の輸入高級金具類のショールームおよび店舗(新規事業部)を開設
      1978年1月       愛知県安城市に名古屋営業所を移転し、名古屋支店に名称変更
      1979年11月       宇都宮工場第二期増設(効率化のためにコンピューター導入)

      1982年3月       大阪府大阪市淀川区に大阪営業所を新設

      1982年5月       プレス金型製作のCAD/CAM導入(独自ソフト「MARIC」を開発)

      1986年2月       柑橘類自動皮むき機「シトラスピーラー」を開発

      1986年6月       連続ねじ締め機「ビスライダー」を開発

      1987年5月       柑橘類自動皮むき機「シトラスピーラー」世界発明展においてグランプリ受賞

      1987年10月       ゴミを吸着しない樹脂含浸の無給油摺動部材を開発

      1988年8月       栃木県宇都宮市の清原工業団地に清原工場第一棟を建設

      1988年9月       栃木県真岡市に北関東プレーティング株式会社を設立

      1990年3月       株式会社ムロコーポレーションと商号変更し、資本金を2億4,000万円に増資

      1993年1月       カナダ国オンタリオ州にムロ ノース アメリカ インクを設立

             清原工場に清原工場第二棟(FA化工場)を増設
      1993年8月       (栃木県宇都宮市に宇都宮営業所を移転し、宇都宮支店(現                            宇都宮営業部)に名称変更)
             大阪営業所を大阪支店に名称変更
      1994年9月       本社内に損害保険代理業を目的としたエム・シー・アイ株式会社を設立
      1995年2月       米国カリフォルニア州にムロテック コーポレーションを設立

                                  4/92




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
       年月                           事項
      1995年3月
             資本金を3億7,050万円に増資
      1995年4月       宇都宮工場を鳥山工場に名称変更

      1996年9月       資本金を6億300万円に増資

      1997年8月       株式を日本証券業協会に店頭登録し、資本金を8億9,725万円に増資

      1998年7月       米国オハイオ州にムロテック オハイオ コーポレーションを設立

      1998年10月       「ISO9002」に関する認証を取得

      1999年3月       東京都世田谷区(本社)に新規事業部を移転し、特販部に名称変更

      2000年1月       米国カリフォルニア州のムロテック コーポレーションを解散

      2001年11月

             「ISO14001」に関する認証を取得
      2002年4月       エム・シー・アイ株式会社を清原工場内に移転し、構内業務請負事業を開始

      2002年5月       「QS9000」をムロテック オハイオ コーポレーションにて認証を取得

      2002年12月       「ISO9001」に関する認証を取得

      2004年4月       静岡県浜松市に浜松営業所を新設

      2004年5月       一般家庭向けフルーツ皮むき機「チョイむき」販売開始

      2004年12月       日本証券業協会への店頭登録を取り消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

             ベトナム社会主義共和国ドンナイ省アマタ工業団地にムロ テック ベトナム コーポレーショ
      2005年8月
             ンを設立
      2007年4月       公募による新株式発行で、資本金を10億9,526万円に増資
      2008年4月       三重県菰野町に国内第三拠点となる菰野工場建設

             ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現                                        東京証券
      2010年4月
             取引所JASDAQ(スタンダード))に上場
      2010年7月       家庭用生ごみ処理機「エコロポスト」販売開始
      2011年4月       浜松営業所を廃止し、名古屋支店に統合

             インドネシア共和国西ジャワ州スルヤチプタ工業団地にピーティー ムロテック インドネシア
      2012年7月
             を設立
      2012年8月       「ISO9001」に関する認証をムロ テック ベトナム コーポレーションにて取得
      2012年11月       タイ王国に合弁で関連会社3MT(THAILAND)CO.,LTD.を設立

      2013年7月       東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場

      2014年11月       一般家庭用フルーツ皮むき機「チョイむき–smart」の販売開始

      2015年5月       「ISO9001」に関する認証をピーティー ムロテック インドネシアにて取得

             本社を清原工場に移転し、清原工場を清原本社工場と改名
      2016年10月
             神奈川県横浜市に横浜支店を新設
             ムロ   テック ベトナム コーポレーションに第二棟を増設
      2016年12月
      2017年3月       菰野工場に第二棟を増設

      2017年3月       家庭用生ごみ処理機「エコロポスト」販売終了

             イガリホールディングス株式会社及びその子会社であるいがり産業株式会社を中核とするいがり
      2019年4月
             グループを連結子会社化
                                  5/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社、子会社6社及び関連会社1社により構成されており、自動車関連
     部品、産業機械関連部品、連続ねじ締め機及びねじ連綴体、柑橘類皮むき機の製造・販売を主たる業務としておりま
     す。
      当社グループの事業内容及び当社と子会社及び関連会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
      なお、次の2事業は「第5 経理の状況1.(1)                       連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の区分と同一
     であります。
     1.車輌関連部品事業
       自動車関連部品………………………主要な製品は駆動伝達・操縦装置部品、エンジン部品、コンプレッサー部品
                        等であります。これら製品は当社及び海外子会社ムロテック オハイオ 
                        コーポレーション、海外子会社ムロ テック ベトナム コーポレーショ
                        ン、海外子会社ピーティー ムロテック インドネシアが製造・販売、国内
                        子会社北関東プレーティング株式会社がメッキ加工等の製造、海外関連会社
                        3MT(THAILAND)CO.,LTD.が販売をしております。
       産業機械関連部品……………………当社及び海外子会社ムロテック オハイオ コーポレーション、海外子会社
                        ムロ テック ベトナム コーポレーション、海外子会社ピーティー ムロ
                        テック インドネシアが製造・販売、国内子会社北関東プレーティング株式
                        会社がメッキ加工等の製造、海外関連会社3MT(THAILAND)CO.,LTD.が販売を
                        しております。
       業務請負事業…………………………国内子会社エム・シー・アイ株式会社が、当社の製造工程の一部と製造間接
                        部門の一部の業務を請け負っております。
     2.その他
       連続ねじ締め機及びねじ連綴体……当社及び海外子会社ムロ ノース アメリカ インクが製造・販売をしてお
                        ります。
       柑橘類皮むき機………………………当社が製造・販売をしております。
       以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  6/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
      連結子会社
                                         議決権の
                                   主要な
          名称           住所        資本金             所有割合         関係内容
                                   事業内容
                                          (%)
                                               当社自動車部品の表面処
     北関東プレーティング                          千円
                                  車輌関連部品
                                               理を行っている。
                  栃木県真岡市                          100.0
                                  事業
     株式会社                          24,000
                                               役員の兼任あり。
                                               当社の製造工程と製造間
                               千円                接部門の一部の業務の請
                                  車輌関連部品
     エム・シー・アイ株式会社             栃木県宇都宮市                          100.0
                                               負を主に行っている。
                                  事業
                              10,000
                                               役員の兼任あり。
                                               連続ねじ締め機及びねじ
     ムロ ノース アメリカ 
                                               連綴体を製造し、主に北
                  カナダ国          千カナダドル
                                               米及び当社に販売してい
     インク                             その他          100.0
                  オンタリオ州             3,000
                                               る。
     (注)2
                                               役員の兼任あり。
                                               自動車部品を製造し、北
                                               米及び当社に販売してい
     ムロテック オハイオ                                          る。
                             千米ドル
                                  車輌関連部品
     コーポレーション             米国オハイオ州                          100.0   当社より資金の貸付を
                                  事業
                              10,000
                                               行っている。
     (注)2
                                               債務保証をしている。
                                               役員の兼任あり。
                                               自動車部品、金型及び金
     ムロ テック ベトナム
                                               型部品を製造し、東南ア
                  ベトナム国            千米ドル
                                  車輌関連部品
     コーポレーション                                       100.0   ジア及び当社に販売して
                                  事業
                  ドンナイ省             1,500
                                               いる。
     (注)2
                                               役員の兼任あり。
                                               自動車部品を製造し、東
                                               南アジアに販売してい
     ピーティー ムロテック 
                                               る。
                  インドネシア共和国            千米ドル
                                  車輌関連部品
     インドネシア                                       100.0
                                  事業             当社より資金の貸付を
                  西ジャワ州             8,750
     (注)2
                                               行っている。
                                               役員の兼任あり。
     (注)   1.主要な事業内容にはセグメントの名称を記載しております。
        2.特定子会社に該当しております。
        3.ピーティー ムロテック インドネシアの議決権の所有割合は、エム・シー・アイ株式会社間接保有分1%
          を含めて記載しております。
        4.ムロテック オハイオ コーポレーションについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連
          結売上高に占める割合が10%を超えております。
                      (1)  売上高
          主要な損益情報等                               2,169百万円
                      (2)  経常利益
                                          13百万円
                      (3)  当期純利益
                                          10百万円
                      (4)  純資産額
                                         1,168百万円
                      (5)  総資産額
                                         1,778百万円
      その他の関係会社

                                         議決権の
          名称           住所        資本金     主要な事業内容       被所有割合         関係内容
                                          (%)
                                  経営コンサル

     有限会社インテレクチュアル             東京都大田区           55,000千円               26.52   役員の兼任1名
                                  タント業他
                                  7/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2019年3月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(人)
     車輌関連部品事業                                               913  ( 223  )

     その他                                                23 (    3 )

     全社(共通)                                                22 (    0 )

                合計                                   958  ( 226  )

     (注)   1.従業員数は、就業人員(嘱託員を含み、顧問を除いております。)であり、臨時雇用者数(パート、アルバイ

          ト、人材派遣会社からの派遣社員)は、年間平均人員を( )外数で記載しております。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区別できない管理部門等に所属している
          従業員数であります。
     (2)  提出会社の状況

                                               2019年3月31日現在
        従業員数(人)             平均年令(才)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
            601  (  92 )             37.9             14.0           5,507,143

             セグメントの名称                            従業員数(人)

     車輌関連部品事業                                               566  (  90 )

     その他                                                13 (    2 )

     全社(共通)                                                22 (    0 )

                合計                                   601  (  92 )

     (注)   1.従業員数は就業人員(嘱託員を含み、顧問は除いております。)であり、臨時従業員数(パート、アルバイ

          ト、人材派遣会社からの派遣社員を含み、業務請負は除いております。)は( )内に年間の平均人員を外
          数で記載しております。
        2.平均年間給与は賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区別できない管理部門等に所属している
          従業員数であります。
     (3)  労働組合の状況

       a.名称      ムロコーポレーション労働組合
       b.上部団体名   上部団体には所属しておりません。
       c.結成年月日   1967年10月10日
       d.組合員数    484名(2019年3月31日現在)
       e.労使関係    労使関係は円滑に推移しており、特記すべき事項はありません。
                 なお、グループとしての労働組合は組織しておりません。
                                  8/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     (1)  経営方針
      ①  経営の基本方針
        当社は、ものづくりを通して社会に貢献することが最大の使命と認識し、お客様をはじめとする全てのステー
       クホルダーに信頼される会社を目指し、事業活動を行ってまいります。
      ②  目標とする経営指標
        当社は、売上高営業利益率             10 %以上を維持した上で、当社グループの全体価値を高めることを目標としてグ
       ローバルな市場展開を推し進め、売上の拡大と適正利益の確保を目指します。
      ③  中長期的な会社の経営戦略
        車輌関連部品事業は、既存顧客へのさらなる浸透を基本戦略として展開してまいります。中でも、従来の内燃
       機関車に加えて電動車等の環境対応車を中心とした製品分野への対応強化を重点課題として取り組むと共に、従
       来にも増して技術開発重視の「真にお客様に求められるものづくり」を目指し、問題解決型、提案型の事業展開
       を進めてまいります。また、北米・アジア地域への直接販売をさらに強化し、海外拠点を中心に生産・供給体制
       の整備と財務体質の強化を図ってまいります。
        その他事業では、ビスライダー既存品のグローバル市場での拡販を基本戦略として展開してまいります。ま
       た、ツールや新ラインナップ開発を重点課題とし、さらに次なる新商品の開発を進め、他社とのコラボレーショ
       ンも試行しつつ引き続きこの事業分野を大きくしてまいります。
        海外子会社につきましては、生産拠点4拠点、販売拠点1拠点の計5拠点のネットワークを活用し、さらなる
       拡販と企業体質改善のための活動を推進し、設備の拡充を通じて企業価値の向上を図ってまいります。
        なお当社は、       2019  年4月にイガリホールディングス株式会社及びその子会社であるいがり産業株式会社を中核
       とするいがりグループを子会社化しました。いがりグループは、いがり産業株式会社とその子会社である                                                  IGARI
       INDUSTRY    ( THAILAND    ) CO.,LTD.    の2社の精密樹脂成形部品企業から成ります。いがりグループの加入により当社
       グループは樹脂成形部品という新たな事業領域を獲得し、さらに金属+樹脂の複合的な事業領域開拓の手段を手
       にしました。いがりグループ加入を単に「+1」の効果に止めるのではなく、「+2」にも「+n」の効果にも
       なるように当社グループとのシナジー効果を増大させていくことが、今後の課題であると考えております。
                                  9/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (2)  経営環境及び対処すべき課題
        当社グループの主要取引先であります自動車業界は、前期から続いた好況を受けて上半期は比較的堅調に推移
       しましたが、米中貿易摩擦激化の影響を受けて下半期は失速気味に推移しました。これを受けての当社グループ
       の業績も上半期は堅調に、下半期は失速気味に推移しました。
        米中の貿易摩擦はますます激しくなる様相を呈しており、他国にも飛び火して問題が大きく複雑になっていま
       す。日米の貿易交渉もこれからが本番であり、どのような影響が出るのか予測ができません。中長期的な課題と
       しては自動車の電動化への移行に対する対応が挙げられますが、この流れが想像以上に加速するような場合、当
       社グループの収益に大きな影響を与える可能性があります。
        以上のような経営環境下における当社グループの対処すべき課題は、以下の通りです。
      ①  グループ会社の体制強化

        この度子会社化しましたいがりグループの中核会社であるいがり産業は、精密樹脂成形部品メーカーとして自
       動車や電機、医療等の分野に製品を供給しております。IGARI                             INDUSTRY(THAILAND)CO.,LTD.はタイで事業を展
       開しており、主に自動車産業向けに製品を供給しております。これらいがりグループの企業につきましては、収
       益構造の見直しや内部統制の整備等、全体的な事業体制の再構築が必要になります。これらのことを進め、グ
       ループとしての経営体制を強化してまいります。
      ②  販売領域の拡大
        電動化が進んで自動車部品の構成が一変した場合に備え、売り先や製品の巾を広げる取り組みが必要であると
       考えます。販売面で言えば新規顧客開拓や新製品開拓であり、技術面で言えば新製品・新技術開発になります。
       この度、いがりグループを子会社化したことにより、樹脂及び金属+樹脂が新たな販売領域となりました。当社
       グループの販売ネットワークを最大限に活用し、新販売領域も含めた新しい提案を行うことで、さらなる売上増
       につなげていきたいと考えております。
      ③  安全と品質の取り組み強化
        前連結会計年度でも特に重点を置いて取り組んでまいりました製造業の基本であるS・Q(安全・品質)の強
       化に関しましては、新たに加わったいがりグループと共に、引き続きさらなるレベルアップを目指して改善を進
       めてまいります。
      ④  人材確保の取り組みと働き方の見直し
        労働人口が減少し、働き方も変化する時代となり、人材の確保が年々難しくなっています。当社グループの
       様々な課題を解決していくためには、それらを引き継いで深化させていく人材が必要となります。人材確保のた
       めに中長期的な視野で既存人員も含めた人への投資を厚くし、働き方の見直しを行い、改善を進めていく必要が
       あります。新たに加わったいがりグループと共に、今後も待遇改善と働き方の見直しを進め、生産性の向上を
       図ってまいります。
      ⑤  自動化・合理化投資の推進
        人材確保の取り組みとの裏表になりますが、十分な工数確保が難しくなる環境下においては、付加価値の低い
       機械的な単純作業、高度な判断を必要としない仕事等については出来る限り自動化・合理化を進めていく必要が
       あります。当社グループはこれらの自動化・合理化投資を積極的に行い、人材が付加価値の高い仕事に従事でき
       る環境づくりを進めてまいります。
                                 10/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      当社グループの経営成績、株価および財務状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性
     のあるリスクには、以下のようなものがあります。
      なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものでありま
     す。
     (1)  海外での事業展開リスクについて
        当社グループの生産及び販売活動につきましては、北米や東南アジア等、日本国外に占める割合が高まる傾向
       にあります。そのため、当社グループが進出している国や地域において予測不可能な自然災害、テロ、戦争、そ
       の他の要因による社会的混乱、労働災害、ストライキ、疫病等の事象により事業の遂行に問題が生じる可能性が
       あります。そのような場合には、業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  特定事業への依存度が高いことへのリスクについて
        当社グループは独立系自動車部品メーカーであり特定顧客への依存度は高くはありませんが、下表のように車
       輌関連部品事業への依存度が高くなっております。したがいまして、当社グループの業績は国内及び海外の日系
       自動車メーカーの自動車生産台数の増減により影響を受けます。また、当社グループが供給している部品群は、
       内燃機関と変速機を動力・伝達機構とする従来型(ハイブリッド車含む)の車輌向けが主体であるため、動力・
       伝達機構が内燃機関を有さないモーターと変速機を必要としない減速機のみによる駆動等に変更された場合は、
       自動車の生産台数は減少せずとも部品構成の変更に伴い影響を受ける可能性があります。この度子会社化しまし
       たいがりグループにつきましても主要な事業領域は車輌関連部品となりますが、こちらは動力・伝達系以外の部
       品が多いため、今回のグループ加入が多少なりともリスクの低減になるものと考えております。
                         2017年3月期            2018年3月期            2019年3月期
       当社グループの売上高(千円)                     19,235,334            20,083,804            20,368,940

       車輌関連部品事業売上高(千円)                     18,366,262            19,137,672            19,416,371

       車輌関連部品事業売上比率(%)                        95.5            95.3            95.3

     (3)  在庫リスクについて

        当社グループは独立系自動車部品メーカーとして、国内完成車メーカー                                  11 社との直接取引をはじめ数多くの部
       品メーカーと取引を行っております。当社での生産におきましては、客先の生産計画に基づく、週・旬・月単位
       での内示情報と過去の流動傾向を基にした見込生産がかなりの部分を占めております。当社グループといたしま
       しては、より正確な情報を得て見込みが大きく狂わないように努力いたしておりますが、見込生産量と実際の受
       注量に大きな差異が生じた場合には、過剰在庫となって業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  為替変動リスクについて
        当社グループの業績及び財務状況は、為替の変動によって影響を受けます。為替変動は当社グループの外貨建
       取引から発生する資産及び負債の日本円換算に影響を与えます。また、為替変動は、外貨建で取引されている製
       品の価格及び売上高の日本円換算に影響を与えます。これにより、当社グループの競争力にも影響し、当社グ
       ループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  品質リスクについて
        当社グループは、客先からの厳しい品質要求に応えるべく品質保証体制を確立し、常に品質向上に努めており
       ます。しかしながら、それでも製造工程等で品質不具合が発生・流出した場合には、当社グループの業績及び財
       務状況に大きな影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  市況変動リスクについて
        当社グループの車輌関連部品の主要材料である普通鋼・特殊鋼の調達価格は、鉄の取引市況に大きく影響され
       ます。また、生産に必要な消耗品類につきましても、原油やその他の原材料市況に影響を受けるものが多くあり
       ます。これらの市況の変動により当社グループの調達価格が大きく変動した場合や鉄などのスクラップ価格が大
       きく変動した場合には、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  自然災害その他
        地震・洪水等の自然災害や火災等の事故災害によりサプライチェーンの寸断等の社会的混乱が発生した場合、
       事業活動の停止や機会損失、復旧のための費用負担等により、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす
       可能性があります。
                                 11/92


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    (業績等の概要)
     (1)  業績
        当連結会計年度における世界経済は、米国の貿易交渉の影響を強く受けて推移しました。最も影響を受けた中
       国では景気の減速により自動車の販売台数が減少し、これに伴う在庫調整で生産も大きく落ち込みました。欧州
       では米国との貿易摩擦の影響と政治的な不安定さ、さらに英国のEU離脱に伴う混乱により景気も足踏みし、全
       体的に景気は踊り場から下降傾向となってきたように感じられます。
        一方国内経済は、上半期は堅調に推移したものの下半期は中国経済の減速等の影響を受けて低調に推移し、全
       体的に先行き不透明な状態で推移しました。
        このような状況の中、当社グループの連結売上高は20,368百万円(前連結会計年度比1.4%増)となりました。
       営業利益につきましては、設備償却負担の増加や人件費・労務費の増加、米国子会社の売上低迷に伴う減益等に
       より2,030百万円(前連結会計年度比10.8%減)と減少しました。経常利益につきましては、前期の為替差損から
       一転して為替差益109百万円が発生したことにより、2,408百万円(前連結会計年度比6.2%増)と増加しました。
       親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、所得拡大促進税制の適用等に伴う税効果があったものの                                                  イン
       ドネシア子会社で税効果による税金費用が増加したこと等により、1,741百万円(前連結会計年度比1.3%減)と減
       少しました。
       当連結会計年度におけるセグメント別の業績は、次のとおりであります。

      ① 車輌関連部品事業
        当連結会計年度の当事業の売上高は、19,416百万円(前連結会計年度比1.5%増)となりました。米国子会社が
       客先の機種切換えに伴う製品打切り等により売上が減少しましたが、国内の好調を維持した自動車・ユニット
       メーカー向けの売上が増加し、全体として増加しました。
      ② その他
        当連結会計年度の当事業の売上高は、952百万円(前連結会計年度比0.7%増)となりました。海外は米国とカナ
       ダ、豪州が増加した一方で欧州が減少し、全体としては微増となりました。国内は連続ねじ締め機関連が全体的
       に低調に推移しましたが、新事業の売上寄与もあり全体としては微増となりました。
     (2)財政状態

        当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ864百万円増加し、23,714百円となりました。
        当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ276百万円減少し、7,086百万円となりました。
        当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ1,141百万円増加し、16,627百万円となりました。
                                 12/92









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (3)  キャッシュ・フロー
        当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、税金等調整前当期純利益、減価償却
       費や定期預金の払戻による収入があったものの、有形固定資産の取得による支出や投資有価証券の取得による支
       出などがあり、当連結会計年度末には5,000百万円(前連結会計年度末比11.5%増)となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果、得られた資金は2,802百万円(前年同期比12.8%減)となりました。これは未払金の減少額192
       百万円、法人税等の支払額536百万円などの資金の流出があったものの、税金等調整前当期純利益2,392百万円、
       減価償却費1,144百万円などの資金の流入があったことによります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果、使用した資金は1,554百万円(前年同期比27.6%減)となりました。これは定期預金の払戻に
       よる収入401百万円、有価証券の償還による収入1,363百万円などがあったものの、定期預金の預入による支出392
       百万円、有価証券の取得による支出423百万円、有形固定資産の取得による支出1,086百万円、投資有価証券の取
       得による支出1,317百万円などの資金の流出があったことによります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果、使用した資金は645百万円(前年同期比8.3%増)となりました。これは長期借入金の返済によ
       る支出286百万円、配当金の支払による支出357百万円などがあったことによります。
                                 13/92














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    (生産、受注及び販売の状況)
     (1)  生産実績
       当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度

           セグメントの名称                    (自 2018年4月1日                 前年同期比(%)
                               至 2019年3月31日)
     車輌関連部品事業(千円)                                   19,374,758               103.7
       報告セグメント計(千円)                                   19,374,758               103.7

     その他(千円)                                     857,382              99.2

            合計(千円)                           20,232,140               103.5

     (注)   1.金額は販売価格によっております。

        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
     (2)  受注状況

       当社グループは受注より出荷までの期間が極めて短いため、得意先の生産計画に基づく週単位、旬単位、月単位
      での内示情報と、過去の流動傾向を基にした見込生産を行っているため、該当事項はありません。
     (3)  販売実績

       当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                当連結会計年度

           セグメントの名称                    (自 2018年4月1日                 前年同期比(%)
                               至 2019年3月31日)
     車輌関連部品事業(千円)                                   19,416,371                101.5
       報告セグメント計(千円)                                   19,416,371                101.5

     その他(千円)                                     952,569              100.7

            合計(千円)                           20,368,940               101.4

     (注)   1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで

          あります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                           至 2018年3月31日)                   至 2019年3月31日)
              相手先
                        金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)
        トヨタ自動車株式会社                  2,216,727           11.0      2,525,600           12.4

        本田技研工業株式会社                  2,167,088           10.8      2,187,932           10.7

        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。

                                 14/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
      当連結会計年度の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。
      なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものです。その
     ため、実際の業績や財務状況は記載予想とは異なる可能性があります。
     (1)  重要な会計方針及び見積り

       当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
      ります。この連結財務諸表の作成にあたり、会計上見積りが必要な費用につきましては、合理的な基準に基づき見
      積りをしております。
     (2)  当連結会計年度の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

      ① 財政状態の分析
        流動資産は、受取手形及び売掛金の減少73百万円がありましたが、現金及び預金の増加487百万円、電子記録債
       権の増加80百万円、有価証券の増加162百万円、商品及び製品の増加43百万円により、前連結会計年度末と比較し
       て668百万円の増加となりました。
        固定資産は、建物及び構築物の減少119百万円、機械装置及び運搬具の減少103百万円、土地の減少110百万円が
       ありましたが、建設仮勘定の増加197百万円、投資有価証券の増加194百万円、投資その他の資産のその他の増加
       147百万円により、前連結会計年度末と比較して196百万円の増加となりました。
        以上の結果、資産合計は前連結会計年度末と比較して864百万円増加し、23,714百万円となりました。
        負債につきましては、未払法人税等の増加88百万円、流動負債のその他の増加150百万円がありましたが、未払
       金の減少118百万円、長期借入金の減少330百万円により前連結会計年度末と比較して276百万円減少して、7,086
       百万円となりました。
        純資産につきましては、16,627百万円と前連結会計年度末と比較して1,141百万円の増加となりました。これは
       配当金の支払358百万円、為替換算調整勘定の変動額158百万円の減少がありましたが、親会社株主に帰属する当
       期純利益の計上1,741百万円の増加によるものであります。
      ② 経営成績の分析
        当社グループの当連結会計年度における売上高は                       20,368   百万円(前連結会計年度比+              285  百万円・    1.4  %増)、
       営業利益は     2,030   百万円(前連結会計年度比△             246  百万円・    10.8  %減)、経常利益は         2,408   百万円(前連結会計年度
       比+  140  百万円・    6.2  %増)、親会社株主に帰属する当期純利益は                     1,741   百万円(前連結会計年度比△              22 百万円・
       1.3  %減)となりました。
        売上に関しましては、当社グループの主要取引先であります自動車業界の当連結会計年度における国内生産台
       数が  9,748   千台(前連結会計年度比+             72 千台・   0.7  %増)と増加し、1~          12 月の海外生産が       19,977   千台(前連結会
       計年度比+     235  千台・   1.2  %増)と増加、これらを合算した全世界生産台数が                        29,726   千台(前連結会計年度比+            308
       千台・   1.0  %増)と増加しましたことによる押し上げ効果と、国内では好調を維持した自動車・ユニットメーカー
       向けの受注が堅調に推移したこと等が増加要因として挙げられます。減少要因としましては、客先要因によるラ
       イン停止の影響や米国子会社が客先の機種切換えに伴う製品打切り等により売上が減少したこと等が挙げられま
       す。
        利益に関しましては、国内・海外共に改善は例年並みに推移したものの、設備償却負担の増加や人件費・労務
       費の増加等により営業利益は             10.8  %減少しました。営業外では為替差益が                   109  百万円発生し、経常利益は            6.2%  増加
       しました。親会社株主に帰属する当期純利益は、所得拡大促進税制の適用等に伴う税効果がありましたが、イン
       ドネシア子会社で税効果による税金負担が増加したこと等により、1.3                                % 減少しました。
        売上高営業利益率の推移
                       2016年3月期         2017年3月期         2018年3月期         2019年3月期
        売上高営業利益率(%)                     9.5         12.0         11.3         10.0

        目標とする経営指標である売上高営業利益率を10%以上としておりますが、2018年3月期より3期連続で目標
       を達成してきました。今後は人材投資と積極的な設備投資によりグループ全体の企業価値を高めていきたいと考
       えております。
                                 15/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ③ キャッシュ・フローの状況の分析
        キャッシュ・フローの状況につきましては、第2[事業の状況]3[経営者による財政状態、経営成績及び
       キャッシュ・フローの状況の分析](業績等の概要)(3)                            キャッシュ・フローに記載のとおりであります。ま
       た、キャッシュ・フロー関連指標の推移は以下のとおりであります。
        キャッシュ・フロー関連指標の推移
                                2017年3月期         2018年3月期         2019年3月期
        キャッシュ・フロー対有利子負債比率(%)                             47.4         34.1         27.2

        インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                            159.8         104.6         320.9

        (注)   1.キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
           2.インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
           ※ 各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
           ※ 営業キャッシュ・フローは、連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを
             使用しております。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている
             全ての負債を対象としております。また、利払いについては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息
             の支払額を使用しております。
     (3)  経営成績に重要な影響を与える要因について

        当社グループでは、売上高の大半を自動車関連部品が占めています。したがいまして当社グループの売上は、
       自動車生産台数とその生産地域の影響を強く受けます。
        当社グループは鉄系材料を使用した製品を多く供給しており、鉄鋼市況や鉄スクラップ市況の影響を強く受け
       ます。
        近年では海外子会社の売上や利益が連結に占める割合が増加傾向にあり、為替変動による影響を受けます。
     (4)  経営戦略の現状と見通し

        当社グループは様々なお客様とお取引をさせていただいており、このことは個社事情による業績の変動を和ら
       げて安定させる要素になり、強みであると考えております。この戦略については、今後も基本路線として堅持し
       ていくものでありますが、お客様の多さが安定性をもたらす一方で、それ故に経営効率を落としている面もあり
       ます。このことについては、取引規模や将来性、全体像等を勘案しながら見直しをかけていく必要があると考え
       ております。
        当社グループが製品を受注する上での競争力は、製品の具現化能力と量産化能力の高さにあると考えておりま
       す。逆に言えば、簡単に形にできてすぐに良品が量産できるような製品では、当社グループの強みが十分に発揮
       できません。現状でも当社グループが競争力を有している製品は高難度部品、高付加価値部品でありますが、こ
       の戦略を踏襲しつつさらに深掘りし、現在は手掛けていないような形状、加工、分野の製品にも挑戦していきた
       いと考えております。また、そのための研究開発についても引き続き注力していく所存であります。
        当社グループの車輌関連部品事業の海外生産工場は、米国、ベトナム、インドネシアの3拠点となりました
       が、お客様のグローバル化に伴い海外案件が増えております。現在国内で生産している部品でも、お客様からの
       現地生産・供給の要望は強く、今後もますます増えていくものと考えます。当社グループといたしましては、既
       存拠点を最大限有効活用しつつグローバルでの生産・供給体制をさらに充実させてまいる所存であります。
        この度のいがりグループの子会社化に伴い当社グループに樹脂という新たな事業領域が加わり、樹脂のみなら
       ず金属+樹脂の複合的な部品も考えられるようになりました。いがり産業も当社同様金型の設計・製作を手掛け
       ており、高付加価値部品戦略を展開できるだけの技術力を備えています。金属+樹脂というコラボレーションも
       できるようになれば、さらに付加価値の高い製品を開発、提案することが可能になると考えますので、シナジー
       効果をしっかり出せるように連携を密にしてまいります。
                                 16/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
      当社は2019年3月22日開催の取締役会において、イガリホールディングス株式会社の全株式を取得して子会社化す
     ることを決議し、2019年4月1日付で全株式を取得し、イガリホールディングス株式会社を完全子会社といたしまし
     た。
      詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」の(重要な後発事象)をご
     参照ください。
    5  【研究開発活動】

      当社グループの研究開発は、高度化と低価格化という相反する顧客ニーズに対応するため、より技術水準の優れた
     製品を企画し、それらを開発し、顧客に提供していくことを基本方針としております。
      現在の研究開発は、当社が単独で実施しております。主力加工分野である金属打抜(プレス)加工については、精密
     せん断の加工技術の開発や冷間鍛造加工技術の研究開発を行っております。また、金型部品の表面処理に関する研究
     や金属と樹脂の複合技術の開発を行っております。さらに、最近では環境保護や資源の有効利用を目的としての研究
     開発を実施しております。
      その結果、当連結会計年度の研究開発費の総額は                       40 百万円となっております。今後もより多くの顧客ニーズに対応
     するため、加工技術の研究開発を進め、合わせて環境問題や資源の有効利用に取り組んでいきます。
     (1)  車輌関連部品事業
      ① 摺動部材及び金型部品に関する表面処理とトライボロジーに関する研究
      ② CAEを用いた金属材料の塑性加工に関する解析
      ③ 精密せん断加工技術の開発
      ④ プレス加工品のバリ取り工法の開発
      ⑤ 接合・接着技術の開発
      ⑥ 研削砥石加工技術の開発
       車輌関連部品事業に係る研究開発費は                  25 百万円であります。
     (2)  その他
      ① 連続ねじ締め機の開発と新規格の高性能ねじの開発
      ② 住宅用耐震・制振金物の開発
      ③ 家庭用及び業務用の果物類の皮むき機の開発
       その他に係る研究開発費は            14 百万円であります。
      なお、当連結会計年度における上記の車輌関連部品事業の開発は技術本部が担当、その他事業の開発は特販部が担
     当しております。
                                 17/92









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当社グループでは得意先各社からの多様化、高度化するニーズ、相次ぐ原価低減要請と価格競争の激化に対処する
     ために設備投資の検討をしておりますが、当連結会計年度は、海外子会社も含めて、                                       1,123   百万円の設備投資を実施し
     ております。なお、設備投資額には、有形固定資産の他、無形固定資産、長期前払費用を含めております。
      また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
       (車輌関連部品事業)
       提出会社における設備投資額は               987  百万円であり、烏山・清原・菰野の各工場を中心に、機械装置515百万円、金
      型195百万円を実施いたしました。また、生産能力増強のためピーティー ムロテック インドネシアに機械装置50
      百万円の投資を実施しております。
       (その他)
       主なものはありません。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)  提出会社
                                                2019年3月31日現在
                                     帳簿価額
                            機械装置
           セグメント
      事業所名                                                  従業員数
                       建物及び            土地      建設
                 設備の内容
                             及び                その他      合計
      (所在地)                                                   (人)
            の名称
                                  (千円)
                       構築物                 仮勘定
                                             (千円)     (千円)
                            運搬具
                                  (面積㎡)
                       (千円)                 (千円)
                            (千円)
                 プレス、切
                 削、研削、
     烏山工場
           車輌関連
                                    19,763
                 熱処理及び
     (栃木県
                        243,034     323,599            52,030     108,890      747,318     267(55)
                                  (30,665.46)
           部品事業
                 金型製作
     那須烏山市)
                 設備
                 プレス、切
                 削、研削、
     清原本社
           車輌関連
                 熱処理、表
     工場            面処理、電                   706,035
           部品事業
                        312,847      873,633            93,410     48,691    2,034,619      198(27)
     (栃木県            動工具製                 (40,226.84)
           その他
                 作、営業及
           全社(共通)
     宇都宮市)
                 び管理統括
                 設備
                 プレス、切
     菰野工場
                                    10,144
           車輌関連
                 削、研削及
     (三重県                                    97,264     25,097
                       1,075,368      538,006     (2,686.00)                1,745,881      111(14)
           部品事業      び表面処理
                                  [22,232.20]
     菰野町)
                 設備
     横浜支店
           車輌関連
                        2,063
     (横浜市                                          1,260      3,324     8 (0)
                 営業設備               ―       ―     ―
                       [187.64]
           部品事業
     港北区)
     名古屋支店
           車輌関連
                                    20,000
     (愛知県                                          204
                 営業設備       15,630       ―           ―         35,834      11(0)
                                   (330.56)
           部品事業
     安城市)
     大阪支店
           車輌関連             2,735
     (大阪市                                          348
                 営業設備               ―       ―     ―          3,084      6(0)
                       [123.12]
           部品事業
     淀川区)
     (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、リース資産であります。
        2.上記建物及び構築物並びに土地の[ ]は、外数で借用分面積を示しております。
          なお、年間賃借料は27,934千円であります。
        3.従業員数(パート、アルバイト、人材派遣会社からの派遣社員を含み、業務請負は除いております。)の( )
          は、臨時従業員の年間平均人員数を外書しております。
                                 18/92




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (2)  国内子会社
                                                2019年3月31日現在
                                        帳簿価額
            事業所名      セグメント      設備の                               従業員数
      会社名
                             建物及び     機械装置      土地
            (所在地)      の名称      内容                               (人)
                                             その他      合計
                              構築物    及び運搬具      (千円)
                                             (千円)     (千円)
                              (千円)     (千円)     (面積㎡)
           本社 工場       車輌関連     表面処理
     北関東プレー                                    140,325
                              20,872      1,418           769    163,384
                                                         6(5)
     ティング㈱                                   (6,146.12)
           (栃木県真岡市)       部品事業     設備
     (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。
        2.従業員数の( )は、臨時従業員の年間平均人員数を外書しております。
     (3)  在外子会社

                                                2019年3月31日現在
                                        帳簿価額
                                 機械装置
                        設備の
            事業所名     セグメントの                                      従業員数
                            建物及び
                                       土地     建設
      会社名
                                 及び              その他     合計
            (所在地)       名称                                     (人)
                        内容
                                      (千円)     仮勘定
                             構築物
                                               (千円)    (千円)
                                 運搬具
                                      (面積㎡)     (千円)
                             (千円)
                                 (千円)
     ム ロ  ノ  ー
           本社 工場
     ス                    電動工具                125,940
                             65,069                      191,010
           (カナダ国オ       その他                 ―          ―    ―        10(1)
                                      (18,657.00)
     アメリカ イ                   製作設備
           ンタリオ州)
     ンク
     ムロテック
                       プレス、切
           本社 工場
                  車輌関連     削、研削及                19,543
     オハイオ 
                             485,916
           (米国オハイ                      558,646          25,868    26,514   1,116,489      103(4)
                       び熱処理設              (39,963.13)
     コーポレー             部品事業
           オ州)
                       備
     ション
     ム ロ  テ  ッ
     ク 
           本社 工場            プレス、研
                  車輌関連
                                          ―
                             217,372     42,918              9,519
           (ベトナム国            削及び金型                      ―      269,811     128(0)
     ベトナム 
                                     [26,000.00]
                  部品事業
           ドンナイ省)            製作設備
     コーポレー
     ション
           本社 工場            プレス、切
     ピーティー 
                                       283,125
                  車輌関連
           (インドネシ            削、研削及
                             188,591    250,333              11,010
     ムロテック                                  [25,000.00]       1,556        734,616     38(64)
           ア国西ジャワ            び熱処理設
                  部品事業
     インドネシア
           州)            備
     (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、リース資産であります。
        2.土地の[ ]は、連結会社以外からの賃借面積を記載しております。
        3.従業員数の( )は、臨時従業員の年間平均人員数を外書しております。
                                 19/92









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    3  【設備の新設、除却等の計画】
      当社グループの設備投資につきましては、中期経営計画及び自動車業界の動向並びに投資効率等を総合的に勘案し
     て策定しております。
      また、設備計画は原則として連結会社各社が個別に策定しておりますが、決定に当たっては提出会社を中心に調整
     を図っております。
      なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設及び売却に係わる計画は次のとおりであり、生産能力に重
     要な影響を与える改修及び除却等の計画はありません。
     重要な設備の新設
                               投資予定金額             着手及び完了予定年月
                  セグメント                      資金調達                完成後の
      会社名
             所在地           設備の内容
                               総額    既支払額
      事業所名
                  の名称                      方法                増加能力
                                             着手      完了
                               (千円)    (千円)
     ㈱ムロコーポ
            栃木県     車輌関連部      プレス及び金
     レーション                          409,858       ―  自己資金     2019年4月       2020年3月       ―
            那須烏山市     品事業      型製作設備等
     烏山工場
     ㈱ムロコーポ             車輌関連部
            栃木県           プレス及び表
     レーション             品事業             547,536     7,776   自己資金     2018年11月       2020年3月       ―
            宇都宮市           面処理設備等
     清原本社工場             その他
     ㈱ムロコーポ
            三重県     車輌関連部      プレス及び表
     レーション                          455,624     97,264    自己資金     2018年7月      2020年3月       ―
            菰野町     品事業      面処理設備等
     菰野工場
            本社 工場
     ムロテック オ
                 車輌関連部      プレス、研削及
            (米国オハイ
     ハイオ コーポ                           95,760     25,868    自己資金     2019年1月      2019年12月       ―
                 品事業      び切削設備等
            オ州)
     レーション
            本社 工場
     ムロ テック 
                 車輌関連部      プレス及び研
            (ベトナム国
     ベトナム コー                           73,550       ―  自己資金      2019年1月      2019年12月       ―
                 品事業      削設備等
            ドンナイ省)
     ポレーション
            本社 工場
     ピーティー ム
            (インドネシ
                 車輌関連部      プレス及び研
     ロテック イン                          29,047     1,556    自己資金     2019年1月      2019年12月       ―
            ア国西ジャワ
                 品事業      削設備等
     ドネシア
            州)
     (注) 当社の生産品目は極めて多種多様にわたり、かつ同一生産設備で多品種の製造を行っております。このため完
        成後の増加能力について算出が困難であり、記載を省略しております。
                                 20/92











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     23,711,000

                 計                                   23,711,000

      ②  【発行済株式】

                                   上場金融商品

               事業年度末現在           提出日現在
                                   取引所名又は
        種類        発行数(株)          発行数(株)                       内容
                                  登録認可金融商品
              (2019年3月31日)          (2019年6月21日)
                                   取引業協会名
                                  東京証券取引所
       普通株式           6,546,200          6,546,200         JASDAQ       単元株式数100株
                                  (スタンダード)
        計          6,546,200          6,546,200          ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式        資本金             資本準備金       資本準備金

                                      資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高       増減額              増減額       残高
                                       (千円)
                  (株)       (株)      (千円)              (千円)       (千円)
     2007年4月23日
                   450,000      6,501,000        179,937      1,077,187        179,937       877,077
     (注)1
     2007年5月15日
                   45,200     6,546,200         18,073     1,095,260         18,073      895,150
     (注)2
      (注)    1.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
           発行価格   847.00円
           発行価額   799.72円
           資本組入額  399.86円
           払込金総額  359,874千円
         2.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
           発行価額   799.72円
           資本組入額  399.86円
           払込金総額  36,147千円
           割当先    東海東京証券株式会社
                                 21/92


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2019年3月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
      区分                             外国法人等                  株式の状況
                                             個人
           政府及び地           金融商品取      その他の法
                                                        (株)
                 金融機関                                  計
           方公共団体            引業者       人
                                            その他
                                  個人以外      個人
     株主数(人)         ―      13      21      54     13      2   1,702     1,805      ―

     所有株式数
              ―    12,257       721    26,365      2,035       11   24,064     65,453       900
     (単元)
     所有株式数
              ―     18.73      1.10     40.28      3.11     0.02     36.76      100     ―
     の割合(%)
     (注) 自己株式360,034株は,「個人その他」に3,600単元及び「単元未満株式の状況」に34株を含めて記載しておりま
        す。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2019年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                             所有株式数        除く。)の
          氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     有限会社インテレクチュアル                  東京都大田区山王4-29-7                          1,641        26.52
     室 義一郎                  栃木県宇都宮市                           319       5.17

     株式会社三菱UFJ銀行                  東京都千代田区丸の内2-7-1                           300       4.84

     室 信子                  東京都世田谷区                           293       4.74

     株式会社メッツコーポレーション                  東京都港区赤坂8-11-37                           241       3.89

     ムロコーポレーション協力企業持株
                       栃木県那須烏山市南1-12-25                           204       3.30
     会
     株式会社三井住友銀行                  東京都千代田区丸の内1-1-2                           200       3.23
     株式会社みずほ銀行                  東京都千代田区大手町1-5-5                           188       3.03

     ムロ社員持株会                  栃木県宇都宮市清原工業団地7-1                           162       2.62

     烏山信用金庫                  栃木県那須烏山市中央2-4-17                           144       2.32

     日本トラスティ・サービス信託銀行
     株式会社(三井住友信託銀行再信託
                       東京都中央区晴海1-8-11                           144       2.32
     分・トヨタ自動車株式会社退職給付
     信託口)
             計                    -                3,838        62.04
     (注) 上記のほか当社所有の自己株式360千株(発行済株式総数に対する比率5.49%)があります。

                                 22/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2019年3月31日現在
           区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                      ―            ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―             ―

     議決権制限株式(その他)                      ―            ―             ―

                      普通株式      360,000

     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―             ―
                      普通株式     6,185,300

     完全議決権株式(その他)                                   61,853            ―
                      普通株式        900

     単元未満株式                                  ―             ―
     発行済株式総数                       6,546,200          ―             ―

     総株主の議決権                      ―             61,853            ―

      ②  【自己株式等】

                                               2019年3月31日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       総数に対する
      所有者の氏名又は名称                所有者の住所
                                株式数(株)       株式数(株)        合計(株)      所有株式数の
                                                      割合(%)
                   栃木県宇都宮市清原工業
     株式会社ムロコーポレー
                                  360,000        ―      360,000         5.49
     ション
                   団地7番地1
           計              ―         360,000        ―      360,000         5.49
    2  【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】
       会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

                区分                   株式数(株)            価額の総額(百万円)

     取締役会(2019年5月10日)での決議状況
                                         150,000                 221
     (取得期間2019年5月10日~2019年5月13日)
     当事業年度前における取得自己株式                                 ―               ―
     当事業年度における取得自己株式                                 ―               ―
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                 ―               ―
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                 ―               ―
     当期間における取得自己株式                                    144,000                 212
     提出日現在の未行使割合(%)                                      4.0               4.0
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

            区分                株式数(株)                 価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                 65                113,992
     当期間における取得自己株式                                  ―                  ―
     (注) 当期間における取得自己株式には、2019年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
                                 23/92


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                             当事業年度                    当期間

            区分
                                処分価額の総額                   処分価額の総額
                        株式数(株)                   株式数(株)
                                   (円)                   (円)
     引き受ける者の募集を行った
                           ―         ―        144,000        212,688,000
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                      ―         ―         ―         ―
     合併、株式交換、会社分割に係る
                           ―         ―         ―         ―
     移転を行った取得自己株式
     その他
                           ―         ―         ―         ―
     (―)
     保有自己株式数                      360,034           ―        504,034           ―
     (注) 当期間における保有自己株式には、2019年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り

         による株式数は含めておりません。
    3  【配当政策】

      長期安定的配当の維持を基本とし、業績や経営環境等を総合的に勘案しながら株主の皆様のご期待にお応えしてま
     いりたいと考えております。
      当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
      これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
      当社は、株主への機動的な利益還元を見据えて、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について
     は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって定めることができる旨定款に定めております。 
     但し、剰余金の配当につきましては、株主の皆様の意見が反映できるよう株主総会において決定することとしており
     ます。
      当事業年度の配当につきましては、厳しい経済環境の中、中間配当を1株あたり20円、期末配当を1株あたり24円
     で実施し、これにより当期の年間配当は、1株あたり44円となります。
      内部留保につきましては、今後の事業展開に備え、より一層の企業体質の強化・充実を図るための投資に充当いた
     したいと考えております。
      当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる」旨定款に定めて
     おります。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額            1株当たり配当額
           決議年月日
                         (千円)             (円)
          2018年11月12日
                             123,723               20
         臨時取締役会決議
          2019年6月21日
                             148,467               24
         定時株主総会決議
                                 24/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、公正かつ効率的な経営に取り組むべく、コーポレート・ガバナンスの充実を重要な経営課題と認識し
       ております。この認識の下、コーポレートガバナンスの充実を図るために役員を主要メンバーとする内部統制推
       進委員会を設置し、内部統制の整備とさらなる充実を図るとともに、コンプライアンスについての監視と啓蒙を
       行っております。また、迅速な意思決定を図るため、取締役会及び決算経営会議等の重要な会議体を定期的に開
       催しており、それぞれの会議体において、内部統制の整備・運用状況の報告を実施しております。
        以上を含む企業活動全体を監査役及び社長直轄の監査室が監査し、常時改善を促すとともに、外部からは社外
       取締役1名及び社外監査役2名が取締役の業務執行に対して監視を行っております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該統治の体制を採用する理由

        当社の提出日現在における企業統治の体制の模式図は、以下のとおりであります。
       (a)  企業統治の体制の概要







         a.   取締役会
          当社の取締役会は、取締役7名(うち社外取締役1名)で構成されており、毎月の定時取締役会のほか、
         必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
          取締役会では、経営上の重要事項を決議し、各取締役の業務執行の状況を監督しております。
         b.  監査役会

          監査役会は常勤監査役1名及び非常勤監査役2名(うち社外監査役2名)で構成されており、各監査役は
         取締役会や決算経営会議の重要会議に出席して意見を述べるとともに監査室とも連携をとりながら、必要に
         応じて個別に監査を行っております。
         c.  執行役員会

          執行役員会は執行役員6名で構成され、2ヶ月に1回の頻度で開催しております。
          執行役員会では、取締役と執行役員の責任範囲を明確にすることにより、取締役会の活性化を図るととも
         に執行役員への権限委譲を進め、効率的な経営を行うよう努めております。
         d.  決算経営会議

          決算経営会議は、主要役員及び部門長等で構成され、3ヶ月に1回の頻度で開催しており、業務執行の効
         率化、迅速化及び適正化を図る体制を構築しております。
                                 25/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
         e.   内部統制推進委員会
          内部統制推進委員会は、主要役員及び部門長等で構成され、3ヶ月に1回の頻度で開催しており、法令等
         の遵守並びに適切なリスク管理体制確立のための取り組み状況等の報告を実施しております。
          なお、各会議体の構成員は下記のとおりであります。(◎は議長を表しております。)
                                                    内部統制推進
      役職名        氏名       取締役会        監査役会       執行役員会       決算経営会議
                                                      委員会
     代表取締役
             室  雅文           ◎                        〇        〇
     社長
     常務取締役        見目 直信           〇                        〇        〇
     取締役        藤田 英貴           〇                        〇        〇
     取締役        寺島 政明           〇                        〇        〇
     取締役        荻野目久行           〇                        〇        〇
     取締役        塩野目富夫           〇                        〇        〇
     社外取締役        間中 和男           〇
     常勤監査役        松嶋 則之           〇        ◎                〇        〇
     社外監査役        藤原 秀之           〇        〇
     社外監査役        多田 智子           〇        〇
     執行役員        小室  勇                           〇        〇        〇
     執行役員        山口  誉           〇                〇        ◎        ◎
     執行役員        木嶋  茂                           〇        〇        〇
     執行役員        小谷 俊夫           〇                ◎        〇        〇
     執行役員        森  昭博           〇                〇        〇        〇
     執行役員        星  孝男                           〇        〇        〇
     部門長等        ほか17名                                   〇        〇
       (b)  当該統治の体制を採用する理由

          当社は監査役制度を採用しており、取締役会・監査役会の法定機関による監視・監督を行っております。
         また、迅速な意思決定を図るため、役員から部門長までが参加する重要な会議体を月毎に構成して毎月開催
         しております。社外チェックという観点に関しましては、社外取締役1名及び社外監査役2名による社外役
         員3名による監視及び監査を実施しているほか、取締役の業務執行に関する監査を行っており、経営の監視
         機能の面では十分に機能する体制が整っていると認識しております。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       (a)   内部統制システムの整備の状況
         a.  内部統制につきましては、社内業務全般に対する諸規程が整備され、明文化されたルールの下で各職位が
         明確な権限と責任を持って業務を遂行しております。また、内部監査によるモニタリングが実施されてお
         り、内部統制システムの再点検、再構築を実施してまいりました。その一環として3ヶ月に1回の頻度で内
         部統制推進委員会を開催し、法令等の遵守並びに適切なリスク管理体制確立のための取り組み状況等の報告
         を実施しております。
          なお、本委員会議事録を取締役会にて説明し、承認を得ております。
                                 26/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
         b.  最近1年間において、取締役会で重要な業務執行の決定や経営の重要事項についての審議を行ったほか、
         監査役と監査室が連携して業務監査を実施いたしました。また、コンプライアンス管理規程・社内通報制度
         規程及び内部者取引管理規程について社員へ周知徹底させるため、社内教育計画の中に組み入れ、各部門長
         による全社員への教育を実施してまいりました。その他にも、顧客個人情報を含めたセキュリティの確保に
         努め、管理の強化を図っております。また、内部統制の再点検、再整備活動を行ってまいりました。
          なお、2015年5月14日付で、「内部統制システム構築に関する基本方針」を一部改定しており、その中で
         は当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制につきましても改定し
         ております。
       (b)  リスク管理体制の整備の状況

          当社のリスク管理組織としましては、社長直轄組織であります監査室、経営企画室及び管理本部が共同で
         その任に当たっており、法令、規程への準拠性や社会的責任を重視する観点から業務の適法な遂行状況、リ
         スク管理への対応などを含めた業務の妥当性等を顧問弁護士及び各種専門家に適宜相談の上、監査、提言、
         改善、教育を継続的に行っております。
          また、現在取得しておりますISO9001、ISO14001の経営管理基準を遵守することにより、安全の確保、品質
         の向上、環境保全に努めております。
       (c)  会社と会社の社外監査役の人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係の概要

          当社と社外監査役との間には、特別な利害関係はありません。
       (d)  取締役の定数

          当社の取締役は9名以内とする旨を定款に定めております。
       (e)  取締役の選任の決議要件

          当社は取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款で定めております。
         また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
       (f)  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
        主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款で定めてお
        ります。
         これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的とするものであります。
       (g)  剰余金の配当等の決定機関

         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を
        除き、取締役会の決議によって定めることができる旨定款に定めております。これは剰余金の配当等を取締役
        会の決議により、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。但し、剰余金の配当に
        つきましては、株主の皆様の意見が反映できるよう株主総会において決定することとしております。
       (h)  中間配当

         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によっ
        て毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
       (i)  取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取
        締役(取締役であったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)の責任を法令の限度におい
        て免除することができる旨定款に定めております。さらに、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務
        執行取締役等であるものを除く。)及び監査役との間に同法第423条第1項の責任につき、法令に定める要件に
        該当する場合には、責任を限定する契約を締結することができます。ただし、当該契約に基づく責任の限度額
        は、法令に定める額とする旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、
        その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
                                 27/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ①役員一覧
    男性  9 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             10 %)
                                                       所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                        (千株)
                             1998年10月      当社入社
                             2004年4月      当社経営企画室長
                             2005年2月      当社管理本部長
                             2005年7月      当社執行役員管理本部長
                             2007年6月      当社取締役管理本部長
                             2010年6月      当社常務取締役製造本部長
     代表取締役社長        室  雅文      1968年1月19日      生                         (注)6       34
                             2011年4月      当社常務取締役製造本部長兼清原工場長
                                   (現  清原本社工場)
                             2012年6月      当社専務取締役管理本部長
                             2013年6月      当社代表取締役社長
                             2014年6月      当社代表取締役社長兼営業本部長
                             2017年3月      当社代表取締役社長(現任)
                             1982年4月      当社入社
                             2005年4月      当社生産技術部長
                             2007年7月      当社執行役員生産技術部長
                             2009年4月      当社執行役員清原製造部長
                             2010年4月      当社執行役員烏山工場長兼烏山製造部長
                             2011年4月      当社執行役員烏山工場長
                             2011年6月      当社取締役烏山工場長
      常務取締役
              見目 直信      1960年1月9日      生                         (注)6       9
                             2012年6月      当社取締役製造本部長兼清原工場長(現
      技術本部長
                                   清原本社工場)
                             2014年4月      当社取締役
                                   ムロテック オハイオ コーポレーショ
                                   ン代表取締役
                             2018年9月      当社取締役技術本部長
                             2019年6月      当社常務取締役技術本部長(現任)
                             1985年4月      当社入社
                             2005年4月      当社特販部長
                             2009年1月      ムロ  テック   ベトナム    コーポレーショ
       取締役
                                   ン代表取締役
     特命プロジェクト         藤田 英貴      1962年1月29日      生                         (注)6       2
                             2009年7月      当社執行役員
       リーダー
                             2012年6月      当社取締役
                             2018年7月      当社取締役特命プロジェクトリーダー
                                   (現任)
                             1982年4月      当社入社
                             2003年4月      当社品質保証部次長兼品質保証監査課長
                             2009年4月      当社SCM改善推進室長
                             2012年6月      当社執行役員烏山工場長兼SCM改善推
                                   進室長
                             2013年6月      当社取締役烏山工場長兼SCM改善推進
       取締役
                                   室長
      製造本部長        寺島 政明      1960年3月16日      生                         (注)6       3
                             2014年4月      当社取締役烏山工場長
     兼清原本社工場長
                             2016年4月      当社取締役清原工場長(現           清原本社工
                                   場)
                             2017年4月      当社取締役製造副本部長兼清原本社工場
                                   長
                             2019年6月      当社取締役製造本部長兼清原本社工場長
                                   (現任)
                             1978年3月      当社入社
                             2003年4月      当社大阪支店長
                             2006年1月      当社営業業務部長
                                   (現  生産管理部)
                             2013年6月      当社執行役員東京営業部長
       取締役
             荻野目 久行       1959年10月7日      生                         (注)6       2
                                   (現  横浜支店)
     生産管理本部長
                             2015年4月      当社執行役員生産管理本部長兼調達部長
                             2015年5月      当社執行役員生産管理本部長兼調達部長
                                   兼東京営業部長(現        横浜支店)
                             2017年4月      当社執行役員生産管理本部長
                             2017年6月      当社取締役生産管理本部長(現任)
                                 28/92


                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役職名        氏名       生年月日                 略歴             任期
                                                        (千株)
                             1984年4月      当社入社
                             2007年10月      当社技術部長
                             2013年6月      当社執行役員
       取締役
             塩野目 富夫       1961年12月21日      生                         (注)6       5
      菰野工場長
                             2014年4月      当社執行役員技術本部長兼技術部長
                             2018年2月      当社執行役員菰野工場長

                             2019年6月      当社取締役菰野工場長(現任)
                             1972年4月      日清紡績株式会社入社
                             2000年1月      同社総務部長兼資材部長
                             2004年6月      同社取締役ブレーキ事業本部副本部長兼
                                   館林工場長
                             2007年6月      日清紡ブレーキ販売株式会社代表取締役
       取締役       間中 和男      1948年5月1日      生                         (注)6       ―
                                   社長
                             2010年4月      ニッシン・トーア株式会社代表取締役社
                                   長(現   ニッシントーア・岩尾株式会
                                   社)
                             2015年6月      当社取締役(現任)
                             1982年4月      当社入社
                             2005年5月      当社技術部長
                             2007年7月      当社執行役員技術部長
                             2008年4月      当社執行役員菰野工場長兼菰野製造部長
                             2010年6月      当社取締役菰野工場長兼菰野製造部長
                             2011年4月      当社取締役
                             2011年4月      ムロテック オハイオ コーポレーショ
                                   ン代表取締役
      常勤監査役        松嶋 則之      1960年2月16日      生                         (注)8       9
                             2014年4月      当社取締役製造本部長兼清原工場長(現
                                   清原本社工場)
                             2016年4月      当社取締役製造本部長兼烏山工場長
                             2018年4月      当社取締役製造本部長兼技術本部長兼烏
                                   山工場長
                             2018年9月      当社取締役製造本部長兼烏山工場長
                             2019年6月      当社常勤監査役(現任)
                             1994年8月      当社入社
                             1996年3月      当社退社
                             1999年12月      経営コンサルティング開業(現任)
       監査役       藤原 秀之      1960年7月28日      生         更生管財人の補助等倒産会社の管理業務                 (注)7       ―
                                   を中心に事業再生業務に従事
                             2012年4月      株式会社エフケイ取締役管理統括部長
                             2016年6月      当社監査役(現任)
                                   中外製薬株式会社入社
                             1993年4月
                                   コンセルト社会保険労務士事務所(現
                             2002年8月
                                   多田国際社会保険労務士事務所)設立 
                                   所長(現任)
                             2006年3月      法政大学大学院イノベーションマネジメ
                                   ント専攻にてMBA取得
       監査役       多田 智子      1972年5月16日      生                         (注)8       ―
                                   同校にて修士論文「ADR時代の労使紛
                                   争」が優秀賞を受賞
                                   海外労務コンサルティング部開設
                             2011年4月
                                   (多田国際社会保険労務士事務所内)
                                   ワークライフバランス研究所開設
                             2015年2月
                                   (多田国際社会保険労務士事務所内)
                             2019年6月      当社監査役(現任)
                             計
                                                          67
                                 29/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (注)   1.取締役間中和男は、社外取締役であります。
        2.監査役藤原秀之及び多田智子は、社外監査役であります。
        3.所有株式数は役員持株会を通じての保有分も含めて記載しております。
        4.所有株式数の千株未満は切り捨てております。
        5.取締役塩野目富夫の所有する当社株式の数は、ムロ社員持株会を通じての保有分も含めて記載しておりま
          す。
        6.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
        7.2016年6月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        8.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
        9.意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。
        10.法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役を2名
          選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                 所有株式数
            氏名       生年月日                 略歴
                                                  (千株)
                           1986年4月      当社入社
                           2009年4月      当社工場総務部長(現         総務人事部)
                           2012年8月      北関東プレーティング株式会社
           齋藤 甚一       1964年2月16日生                                   4
                                 代表取締役
                           2015年4月      当社工場総務部長(現         総務人事部)
                           2017年4月      当社監査室長(現任)
                           1978年4月      日本債券信用銀行入行
                                 (現  あおぞら銀行)
                           2003年10月      企業投資部長兼あおぞらインベストメン
                                 ト株式会社代表取締役社長
                           2008年9月      栃木銀行入行
           鷹箸 一成       1954年9月5日生                                   ―
                                 法人営業部長
                           2009年6月      同行取締役法人営業部長委嘱
                           2011年6月      同行常務取締役
                           2014年6月      同行代表取締役専務
                           2015年6月      同行代表取締役副頭取
                           2017年6月      同行相談役(現任)
     (注) 1.補欠監査役齋藤甚一の所有する当社株式の数は、ムロ社員持株会の保有分も含めて記載しております。
         2.補欠監査役鷹箸一成は、2019年6月末をもって同行相談役を退任予定であります。
      ②  社外役員の状況

        当社は社外取締役を1名選任しており、社外チェックという観点に関しましては、独立役員に指定しておりま
       す社外取締役1名及び社外監査役2名による客観的・中立的監視のもと、取締役会において取締役の業務執行に
       関する監査を行っており、経営の監視機能の面では十分に機能する体制が整っていると認識しております。
        また、必要に応じて監査的立場から内部統制部門に対して意見・指導を頂いております。
        社外取締役間中和男氏が過去に在籍していたニッシントーア・岩尾株式会社と当社の間には、人的関係及び資
       本的関係はありません。また、同社との年間取引金額は僅少であり、株主・投資者の判断に影響を及ぼす恐れが
       無いと考え、独立役員に指定しております。
        社外監査役藤原秀之氏は企業コンサルタントに従事しておりますが、同氏との間には特別の利害関係は無いた
       め、株主・投資者の判断に影響を及ぼす恐れが無いと考え、独立役員に指定しております。
        社外監査役多田智子氏は多田国際社会保険労務士事務所所長でありますが、同氏との間には、人的関係及び資
       本的関係はありません。また、同氏が所長を務める多田国際社会保険労務士事務所は、当社との間で顧問契約を
       締結しておりますが、その顧問料は僅少であり、株主・投資者の判断に影響を及ぼす恐れが無いと考え、独立役
       員に指定しております。
        当社は、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針として明確に定めたもの
       はありませんが、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準(「上場管理等に関するガイドライン」Ⅲ
       5.(3)の2)を参考に、独立役員3名を選任しております。
                                 30/92




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ③  社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統
       制部門との関係
        社外取締役は取締役会へ出席し取締役会の意思決定の妥当性・適正性を確保するための助言・提言を行ってお
       り、社外監査役は、取締役会へ出席して客観的・専門的見地から指摘や意見を述べるなどして社外取締役・社外
       監査役に期待される役割を果たしております。
        監査役は、監査役会で定めた監査方針・監査計画に従い、ガバナンスの実施状況の監視、取締役の職務執行の
       監査、重要な決裁書類の閲覧及び事業所の往査を実施しており、会計監査人及び内部統制部門との意見交換を行
       い、連携を図り、実効性のある監査により取締役の職務執行の監査に努めております。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査役監査の状況
        当社における監査役監査は、常勤監査役                   1 名と財務及び会計、法務及び労務に関する専門的識見や経歴のある社
       外監査役2名による監査役3名体制で構成され、監査役会が定めた監査役監査の基準に準拠し、監査の方針、職
       務の分担、監査計画等を定め、取締役の職務の執行に関する監査を実施いたします。
      ② 内部監査の状況

        内部監査につきましては、独立性を確保するための社長直轄の組織である監査室(2名)が公正な立場での業務
       監査を定期的、計画的に実施し、その監査結果を社長に報告し、必要に応じて改善指示から改善実施までのフォ
       ローを行っております。
        なお、監査室、監査役及び監査法人並びに内部統制部門との関係についても、必要に応じて情報・意見交換等
       行っております。
      ③ 会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        有限責任監査法人トーマツ
       b.  業務を執行した公認会計士
        指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 水野 博嗣
        指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 松浦 竜人
       c.  監査業務に係る補助者の構成

        公認会計士 4名  その他 7名
       d.  監査法人の選定方針と理由

         監査役会は、会計監査人を選定する場合、会計監査人候補者から、監査法人の概要、監査                                          の実施体制等、監
        査報酬の見積額について書面を入手し、面談、質問等を通じて選定することを方針としております。
         また、監査役会は、会計監査人の職務の遂行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合、あるい
        は会計監査人が会社法第            340  条第  1 項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、会計監査人を解任若し
        くは不再任といたします。
         上記方針に基づき、会計監査人の選解任・不再任を決定しておりますが、有限責任監査法人トーマツにおき
        ましては、いずれも該当しないことから会計監査人の候補者としております。
                                 31/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
       e.  監査役及び監査役会による監査法人の評価
         当監査役会は、会計監査人の評価において2017年                       10 月 13 日に日本監査役協会から公表された「会計監査人の
        評価基準策定に関する実務指針」(改正版)に基づき、2019年4月                               24 日の監査役会で次のとおり審議して、監
        査役全員の同意により会計監査人の再任を決議しております。
        1.会計監査人の職務執行に関する事項(計算規則第                         131  条)が監査役に適切に通知され、「監査に関する品質
         管理基準」に準拠した職務を適正に行う体制が構築されている。
          また、2019年3月         20 日に監査法人から、日本公認会計士協会による品質管理レビュー結果及び公認会計
         士・監査審査会による検査結果を聴取した結果、当監査法人においては、より一層の監査品質の向上と品質
         管理体制の適時・適切な改善に繋げるために、個別監査業務における監査手続きの不備の原因を分析し、法
         人として認識している課題を踏まえて、主体的に品質向上のために取り組むべき改善事項を把握し、組織的
         対応を図られている。
        2.会計監査人のローテーションによってメンバー体制に変更はあるものの、職業的懐疑心を保持し専門家と
         しての会計監査人に対する信頼感がある。
        3.会社の執行側と会計監査人の双方が監査報酬案の検討をするなど明確な継続意思が示されており、それに
         異議はない。
        4.監査役と会計監査人のコミュニケーションは、監査計画及び四半期レビュー結果報告を通して有効に機能
         している。
        5.監査実施の責任者及び現場責任者は、当社の経営全般に関する現状を多面的に把握し、より効果的かつ効
         率的な監査業務を遂行するために、経営者等と有効なコミュニケーションを行っている。
      ④ 監査報酬の内容等

      a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
     提出会社                 31,000             ―        31,000             ―
     連結子会社                    ―           ―           ―           ―

         計             31,000             ―        31,000             ―

      b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイト トウシュ トーマツ リミテッド)に対する報酬(a.を除

       く)
       (前連結会計年度)
        当社の在外連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している監査人に対して、監査
       証明業務等について、合計9,495千円の支払った、又は支払うべき報酬があります。
       (当連結会計年度)
        当社の在外連結子会社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している監査人に対して、監査
       証明業務等について、合計8,750千円の支払った、又は支払うべき報酬があります。
      c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

       (前連結会計年度)
        該当事項はありません。
       (当連結会計年度)
        該当事項はありません。
      d.監査報酬の決定方針

        監査体制及び監査日数等を勘案したうえで決定しております。
                                 32/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
        当監査役会は、第        62 期(2018年度)の会計監査人の監査報酬等について、会社法第                             399  条第  1 項および第     2 項の規
       定に従い、2018年8月9日の監査役会において次のとおり審議して決議しております。
        監査役会としては、会計監査人の報酬の妥当性を判断するにあたり、監査報酬額が合理的に設定されているか
       を、過年度(第       57 期~第   61 期)の監査実績と第         62 期の監査計画の内容について、その適切性・妥当性を主体的に
       吟味・検討し、監査重点領域、監査体制、監査時間等を通じて監査報酬見積りの相当性を検討した結果、監査役
       全員が会計監査人からの監査報酬額は相当であると認め同意することを決議しております。
     (4)  【役員の報酬等】

       ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の役員の報酬は基本報酬と業績連動報酬で構成され、報酬額の水準につきましては国内の同業・同程度の
       規模の他企業との比較及び当社の財務内容を踏まえて設定しております。そしてまず、役員全員の報酬総額の最
       高限度額を株主総会の決議により決定し、各役員の報酬額は取締役会の授権を受けた代表取締役が業績貢献や業
       務執行状況を勘案して決定しております。
        なお業績連動報酬につきましては、予算に対する営業利益の達成度合いにより従業員の賞与増減の割合にリン
       クして報酬額を増減させておりますが、事前届出確定給与を利用している関係上、業績と支給の連動には半年か
       ら1年のタイムラグが生じます。
       ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                     報酬等の総額                               対象となる
         役員区分
                      (千円)                             役員の員数(人)
                                     ストック
                              基本報酬                賞与
                                     オプション
     取締役
                        154,851        98,691       ―       56,160           6
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                         20,222       12,222       ―        8,000           1
     (社外監査役を除く。)
     社外役員                     4,400       3,300       ―        1,100           3
     (注)   上記報酬等の総額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

       ② 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       ③ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの
         使用人兼務役員の使用人給与に重要なものがないため、記載しておりません。
       ④ 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
        イ.取締役及び監査役の報酬等については、株主総会で承認された取締役及び監査役それぞれの報酬限度額の
         範囲内で、役位、職責等を勘案し、業績を考慮の上決定しております。
        ロ.退職慰労金については、2014年6月25日開催の第57期定時株主総会終結の時をもって廃止しております。
                                 33/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、投資株式について、もっぱら株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的とし
       て保有する株式を純投資目的である株式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株
       式)に区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社は、持続的な成長と社会的価値、経済的価値を高めるため、業務提携、製品の安定調達など経営戦略の
        一環として、また取引先及び地域社会との良好な関係を構築し、事業の円滑な推進を図るため必要と判断する
        企業の株式を保有しています。
         当社は保有の意義が薄れたと考えられる政策保有株式については、できる限り速やかに処分・縮減をしてい
        く基本方針のもと、取締役会において、毎期、個別の政策保有株式について、政策保有の意義を検証し、当社
        グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資すると認められない株式がある場合は、その検証の
        結果を開示するとともに、株主として相手先企業との必要十分な対話を行います。対話の実施によっても、改
        善が認められない株式については、適時・適切に売却します。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の

                      銘柄数
                      (銘柄)
                              合計額(千円)
         非上場株式               1              100
         非上場株式以外の株式              18             914,766
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
         非上場株式以外の株式               5             16,299    取引先持ち株会を通じた株式の取得
                                 34/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式
               当事業年度         前事業年度

                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                              式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
                (千円)         (千円)
                  58,000         58,000
                               (保有目的)株式の安定化       
     西川計測㈱                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                  228,520         179,104
                               (保有目的)企業間取引の強化      
                  74,020         72,487
                               (定量的な保有効果)(注)      
     ㈱クボタ                                                  無
                               (株式が増加した理由)取引先持ち株会を通
                  118,394         134,970
                               じた株式の取得
                  15,756         15,756
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     トヨタ自動車㈱                                                  無
                               (定量的な保有効果)(注)
                  102,209         107,534
                               (保有目的)企業間取引の強化     
                  38,563         36,679
                               (定量的な保有効果)(注)      
     SUBARU㈱                                                  無
                               (株式が増加した理由)取引先持ち株会を通
                  97,275        127,899
                               じた株式の取得
                               (保有目的)企業間取引の強化     
                  23,095         21,487
                               (定量的な保有効果)(注)      
     阪和興業㈱                                                  有
                               (株式が増加した理由)取引先持ち株会を通
                  71,248         96,261
                               じた株式の取得
                  199,000         199,000
                               (保有目的)株式の安定化       
     日亜鋼業㈱                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                  68,058         69,451
     ㈱三菱UFJ
                  113,900         113,900
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     フィナンシャ                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                  62,645         79,388
     ル・グループ
                               (保有目的)企業間取引の強化     
                  42,596         41,255
                               (定量的な保有効果)(注)      
     いすゞ自動車㈱                                                  無
                               (株式が増加した理由)取引先持ち株会を通
                  61,934         67,328
                               じた株式の取得
                  10,500         10,500
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     スズキ㈱                                                  無
                               (定量的な保有効果)(注)
                  51,429         60,165
                  71,700         71,700
                               (保有目的)株式の安定化       
     サイボー㈱                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                  29,898         34,774
                   7,050         7,050
     アイダエンジニ                           (保有目的)企業間取引の強化     
                                                       有
     アリング㈱                           (定量的な保有効果)(注)
                   5,625         9,066
                   6,025         6,025
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     日野自動車㈱                                                  無
                               (定量的な保有効果)(注)
                   5,615         8,248
                   3,200         3,200
     第一生命ホール                           (保有目的)企業間取引の強化     
                                                       有
     ディングス㈱                           (定量的な保有効果)(注)
                   4,921         6,216
                               (保有目的)企業間取引の強化     
                   4,497         3,949
     サンデンホール                           (定量的な保有効果)(注)      
                                                       有
     ディングス㈱                           (株式が増加した理由)取引先持ち株会を通
                   3,390         6,045
                               じた株式の取得
     ㈱三井住友フィ
                    445         445
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     ナンシャル・グ                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                   1,724         1,983
     ループ
                   3,000         3,000
     ㈱岡三証券グ                           (保有目的)企業間取引の強化     
                                                       有
     ループ                           (定量的な保有効果)(注)
                   1,233         1,908
     ㈱東京きらぼし
                    290         290
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     フィナンシャ                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                    453         733
     ル・グループ
     ㈱みずほフィナ
                   1,100         1,100
                               (保有目的)企業間取引の強化     
     ンシャル・グ                                                  有
                               (定量的な保有効果)(注)
                    188         210
     ループ
    (注)当社は、特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法につ
       いて記載いたします。当社は、毎期、個別の政策保有株式について政策保有の意義を検証しており、2019年
       3月31日を基準とした検証の結果、現状保有する政策保有株式はいずれも保有方針に沿った目的で保有して
       いることを確認しております。
                                 35/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式
       該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

       該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

       該当事項はありません。
                                 36/92


















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人
     トーマツにより監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計基準の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務
     会計基準機構へ加入しております。
      また、企業会計基準委員会及びその基盤となる公益財団法人財務会計基準機構の行う研修に参加しております。
                                 37/92













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               4,981,454              5,469,004
                                    ※2  2,658,305            ※2  2,584,758
        受取手形及び売掛金
                                    ※2  1,721,574            ※2  1,801,956
        電子記録債権
        有価証券                               1,300,885              1,463,474
        商品及び製品                                580,114              623,497
        仕掛品                                322,032              282,756
        原材料及び貯蔵品                                350,058              334,892
                                        284,155              306,887
        その他
        流動資産合計                              12,198,581              12,867,228
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                             6,565,249              6,550,375
                                      △ 3,765,789             △ 3,870,682
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                            2,799,460              2,679,692
         機械装置及び運搬具
                                      12,320,779              12,699,621
                                      △ 9,639,891             △ 10,122,053
           減価償却累計額
           機械装置及び運搬具(純額)                            2,680,887              2,577,568
         土地
                                       1,464,208              1,353,239
         建設仮勘定                               72,425              270,129
         その他                             5,113,210              5,234,303
                                      △ 4,865,277             △ 5,001,897
           減価償却累計額
           その他(純額)                             247,933              232,405
         有形固定資産合計                             7,264,915              7,113,035
        無形固定資産
                                        113,851              128,814
        投資その他の資産
                                    ※1  2,310,580            ※1  2,505,376
         投資有価証券
         長期貸付金                               14,370              11,197
         繰延税金資産                              221,939              216,034
         その他                              729,610              876,956
                                        △ 4,300             △ 4,280
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             3,272,200              3,605,285
        固定資産合計                              10,650,967              10,847,136
      資産合計                                22,849,548              23,714,364
                                 38/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※2  916,624            ※2  877,586
        支払手形及び買掛金
                                    ※2  2,997,721            ※2  2,986,159
        電子記録債務
        短期借入金                                300,000              300,000
        1年内返済予定の長期借入金                                288,785              287,223
        未払金                                673,038              554,744
        未払法人税等                                230,271              318,285
        賞与引当金                                622,937              600,355
        役員賞与引当金                                22,005              40,160
                                     ※2  523,802            ※2  673,995
        その他
        流動負債合計                               6,575,187              6,638,511
      固定負債
        長期借入金                                505,829              175,651
        繰延税金負債                                14,565              16,826
        役員退職慰労引当金                                22,487              21,303
        退職給付に係る負債                                138,734              132,198
                                        106,268              102,289
        その他
        固定負債合計                                787,884              448,271
      負債合計                                7,363,072              7,086,783
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,095,260              1,095,260
        資本剰余金                                904,125              904,125
        利益剰余金                              13,238,405              14,621,241
                                       △ 182,550             △ 182,663
        自己株式
        株主資本合計                              15,055,241              16,437,964
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                441,819              377,984
        為替換算調整勘定                                29,734             △ 128,533
                                       △ 40,318             △ 59,833
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                431,235              189,616
      純資産合計                                15,486,476              16,627,581
     負債純資産合計                                 22,849,548              23,714,364
                                 39/92








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     売上高                                 20,083,804              20,368,940
                                    ※1  15,527,708            ※1  15,843,405
     売上原価
     売上総利益                                  4,556,096              4,525,535
     販売費及び一般管理費
      保管費                                  92,458              93,722
      運搬費                                 368,057              369,040
      給料及び賞与                                 683,901              776,449
      賞与引当金繰入額                                 114,947              119,627
      役員賞与引当金繰入額                                  22,005              40,160
      退職給付費用                                  19,303              14,139
      減価償却費                                  36,977              34,362
      貸倒引当金繰入額                                   265              252
                                        941,324             1,047,156
      その他
                                    ※2  2,279,239            ※2  2,494,910
      販売費及び一般管理費合計
     営業利益                                  2,276,856              2,030,624
     営業外収益
      受取利息                                  44,419              67,480
      受取配当金                                  23,757              27,231
      為替差益                                    ―           109,669
      太陽光売電収入                                  13,711              13,876
      補助金収入                                  50,000              108,992
                                        66,849              68,908
      その他
      営業外収益合計                                 198,739              396,158
     営業外費用
      支払利息                                  30,723               8,732
      減価償却費                                  6,996              6,170
      為替差損                                 165,959                 ―
                                         4,227              3,854
      その他
      営業外費用合計                                 207,907               18,757
     経常利益                                  2,267,688              2,408,025
     特別利益
      ゴルフ会員権売却益                                  4,000               192
                                       ※3  625           ※3  1,403
      固定資産売却益
      特別利益合計                                  4,625              1,596
     特別損失
                                       ※4  162           ※4  8,821
      固定資産売却損
                                      ※5  8,667            ※5  4,180
      固定資産除却損
      投資有価証券評価損                                    ―            4,248
      特別損失合計                                  8,830              17,250
     税金等調整前当期純利益                                  2,263,483              2,392,371
     法人税、住民税及び事業税
                                        582,226              615,211
                                       △ 82,867              35,523
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   499,359              650,735
     当期純利益                                  1,764,124              1,741,635
     非支配株主に帰属する当期純利益                                      ―              ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                  1,764,124              1,741,635
                                 40/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     当期純利益                                  1,764,124              1,741,635
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  68,664             △ 63,834
      為替換算調整勘定                                 △ 51,648             △ 158,268
                                        55,640             △ 19,515
      退職給付に係る調整額
                                      ※1  72,656          ※1   △  241,618
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  1,836,781              1,500,017
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                1,836,781              1,500,017
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 41/92
















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                   (単位:千円)

                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高              1,095,260          904,125       11,678,426         △ 182,550       13,495,262
     当期変動額
     剰余金の配当                              △ 204,145                △ 204,145
     親会社株主に帰属す
                                    1,764,124                 1,764,124
     る当期純利益
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                 ―         ―     1,559,979            ―     1,559,979
     当期末残高              1,095,260          904,125       13,238,405         △ 182,550       15,055,241
                           その他の包括利益累計額

                                                   純資産合計
              その他有価証券評価差                 退職給付に係る調整累         その他の包括利益累計
                        為替換算調整勘定
                  額金                 計額        額合計
     当期首残高               373,154         81,382        △ 95,959        358,578       13,853,840
     当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 204,145
     親会社株主に帰属す
                                                     1,764,124
     る当期純利益
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純              68,664        △ 51,648         55,640         72,656         72,656
     額)
     当期変動額合計               68,664        △ 51,648         55,640         72,656       1,632,636
     当期末残高               441,819         29,734        △ 40,318        431,235       15,486,476
                                 42/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                   (単位:千円)

                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高              1,095,260          904,125       13,238,405         △ 182,550       15,055,241
     当期変動額
     剰余金の配当                              △ 358,800                △ 358,800
     親会社株主に帰属す
                                    1,741,635                 1,741,635
     る当期純利益
     自己株式の取得                                         △ 112        △ 112
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計                 ―         ―     1,382,835          △ 112      1,382,723
     当期末残高              1,095,260          904,125       14,621,241         △ 182,663       16,437,964
                           その他の包括利益累計額

                                                   純資産合計
              その他有価証券評価差                 退職給付に係る調整累         その他の包括利益累計
                        為替換算調整勘定
                  額金                 計額        額合計
     当期首残高               441,819         29,734        △ 40,318        431,235       15,486,476
     当期変動額
     剰余金の配当                                                △ 358,800
     親会社株主に帰属す
                                                     1,741,635
     る当期純利益
     自己株式の取得                                                  △ 112
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純              △ 63,834       △ 158,268        △ 19,515       △ 241,618        △ 241,618
     額)
     当期変動額合計              △ 63,834       △ 158,268        △ 19,515       △ 241,618        1,141,105
     当期末残高               377,984        △ 128,533        △ 59,833        189,616       16,627,581
                                 43/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                2,263,483              2,392,371
      減価償却費                                1,022,939              1,144,538
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    20             △ 20
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  68,894             △ 22,582
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  5,950              18,155
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △ 51            △ 1,183
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 86,115              △ 6,535
      受取利息及び受取配当金                                 △ 68,177             △ 94,711
      支払利息                                  30,723               8,732
      為替差損益(△は益)                                 147,908             △ 102,134
      補助金収入                                 △ 50,000             △ 108,992
      固定資産除却損                                  8,667              4,180
      有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 625             7,417
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 284,853              △ 29,418
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 119,233              △ 14,183
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 931,816              △ 30,383
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 24,259             △ 192,518
      未払又は未収消費税等の増減額                                 △ 87,535              158,647
                                        115,818               12,502
      その他
      小計                                3,875,370              3,143,880
      利息及び配当金の受取額
                                        68,167              94,691
      利息の支払額                                 △ 31,323              △ 8,931
      補助金の受取額                                  50,000              108,992
                                       △ 749,762             △ 536,370
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                3,212,452              2,802,261
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                △ 162,618             △ 392,608
      定期預金の払戻による収入                                 667,602              401,700
      有価証券の取得による支出                                △ 652,571             △ 423,625
      有価証券の償還による収入                                 327,498             1,363,100
      有形固定資産の取得による支出                               △ 1,344,336             △ 1,086,054
      有形固定資産の売却による収入                                   625             91,307
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 10,555             △ 36,972
      投資有価証券の取得による支出                                △ 989,421            △ 1,317,802
      投資有価証券の売却による収入                                  51,310                 ―
      保険積立金の積立による支出                                 △ 26,381             △ 157,808
      その他の支出                                 △ 19,818              △ 7,880
                                         9,733              11,804
      その他の収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                               △ 2,148,933             △ 1,554,839
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                △ 388,306             △ 286,876
      配当金の支払額                                △ 204,154             △ 357,263
      自己株式の取得による支出                                    ―            △ 112
                                        △ 3,686             △ 1,141
      リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 596,147             △ 645,394
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                  △ 70,748             △ 84,467
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   396,622              517,559
     現金及び現金同等物の期首残高                                  4,086,130              4,482,752
                                    ※1  4,482,752            ※1  5,000,312
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 44/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社の数           6 社
       連結子会社名は「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載のとおりであります。
     (2)  主要な非連結子会社の名称等
       該当事項はありません。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用の非連結子会社及び関連会社の名称等
       該当事項はありません。
     (2)  持分法を適用していない関連会社(3MT(THAILAND)CO.,LTD.)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持
      分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、持分法の適用範囲
      から除外しております。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社のうち、ムロ ノース アメリカ インク、ムロテック オハイオ コーポレーション、ムロ                                                 テック 
     ベトナム コーポレーション及びピーティー ムロテック インドネシアの決算日は、12月31日であります。
      連結財務諸表の作成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日までの期間
     に発生した重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      イ.有価証券
       (イ)満期保有目的の債券
          償却原価法(定額法)
       (ロ)その他有価証券
         時価のあるもの
          連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法によって処理し、売却原価は移動平
         均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      ロ.たな卸資産
       (イ)商品
          移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (ロ)製品
         金型
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         その他
          主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (ハ)原材料
          主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       (ニ)仕掛品
         金型
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         その他
          主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 45/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
       (ホ)貯蔵品
          最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

      イ.有形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び国内連結子会社は定率法、在外連結子会社は主として定額法によっております。
        ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物
       附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
        建物及び構築物    5~50年
        機械装置及び運搬具  8~17年
      ロ.無形固定資産
        定額法によっております。
        なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
       ます。
      ハ.リース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     (3)  重要な引当金の計上基準
      イ.貸倒引当金
        当社及び国内連結子会社は、債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、
       貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。在外連
       結子会社は、過去の貸倒実績等に基づき必要額を計上しております。
      ロ.賞与引当金
        当社及び一部の連結子会社は、従業員の賞与支給に備えるため、夏期賞与支給見込額の期間対応分を計上して
       おります。
      ハ.役員賞与引当金
        当社及び国内連結子会社は、役員賞与の支給に備えるため、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上
       しております。
      ニ.役員退職慰労引当金
        一部の連結子会社は、役員の退職慰労金支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当連結会計年度末要
       支給額を計上しております。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
       退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における見込額に基づき、退職給付
      債務から年金資産を控除した額を計上しております。 
      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       給付算定式基準によっております。
      ② 数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)に
       よる定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理しております。
                                 46/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (5)  重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準
       外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
      す。
       なお、在外連結子会社の資産及び負債は、在外連結子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及
      び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
     (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
      わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
     (7)  消費税等の会計処理
       当社及び国内連結子会社は、税抜方式によっております。
                                 47/92

















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準委員
        会)
       (1)  概要

         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会
        計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおい
        てはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12
        月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関す
        る包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合
        性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを
        出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目があ
        る場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)  適用予定日

         2022年3月期の期首から適用します。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

         「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
        ります。 
      (表示方法の変更)

     (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税
     金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更するとともに、税効果会計関係注記を変更しました。
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」253,962千円及び「固定負
     債」の「繰延税金負債」のうちの89,118千円を「投資その他の資産」の「繰延税金資産」221,939千円に含めて表示
     し、「固定負債」の「繰延税金負債」は14,565千円として表示しております。
                                 48/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
     ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        投資有価証券(株式)                        10,800千円                 10,800千円
     ※2 期末日満期手形

       期末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務の会計処理については、手形交換日または決済日をもって決済
      処理をしております。なお、当連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手
      形、電子記録債権及び電子記録債務が、連結会計年度末残高に含まれております。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        流動資産
         受取手形                        17,382千円                 11,826千円
         電子記録債権                        100,213                 139,326
        流動負債
         支払手形                         9,434千円                11,151千円
         電子記録債務                        622,109                 660,758
         その他                         6,315                16,392
                                 49/92













                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
     
       次のたな卸資産評価損(△は戻入額)が売上原価に含まれております。
                前連結会計年度                         当連結会計年度

               (自 2017年4月1日                         (自 2018年4月1日
                至 2018年3月31日)                          至 2019年3月31日)
                   △ 3,917   千円                       4,158   千円
     ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は次のとおりであります。

                前連結会計年度                         当連結会計年度

               (自 2017年4月1日                         (自 2018年4月1日
                至 2018年3月31日)                          至 2019年3月31日)
                   42,778   千円                      40,365   千円
     ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        機械装置及び運搬具                         625千円                1,403千円
     ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        建物・土地                          ―千円               8,821千円
        投資その他の資産のその他                         162                  ―
               計                  162                8,821
     ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        建物及び構築物                        8,375千円                  260千円
        機械装置及び運搬具                         254                3,914
        有形固定資産のその他                          37                 5
               計                 8,667                 4,180
                                 50/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                               当連結会計年度
                                 前連結会計年度
                                              (自 2018年4月1日
                                (自 2017年4月1日
                                              至 2019年3月31日)
                                 至 2018年3月31日)
        その他有価証券評価差額金:
         当期発生額                             101,249千円             △93,981千円
                                      △2,478               4,248
         組替調整額
          税効果調整前
                                      98,771             △89,732
                                      30,107              25,897
          税効果額
          その他有価証券評価差額金                             68,664             △63,834
        為替換算調整勘定:
         当期発生額                             △51,648             △158,268
                                         ―              ―
         組替調整額
          税効果調整前
                                     △51,648             △158,268
                                         ―              ―
          税効果額
          為替換算調整勘定                            △51,648              △158,268
        退職給付に係る調整額:
         当期発生額                              45,775             △35,386
                                      34,379              7,385
         組替調整額
          税効果調整前
                                      80,155             △28,001
                                     △24,514               8,486
          税効果額
          退職給付に係る調整額                             55,640             △19,515
           その他の包括利益合計                            72,656             △241,618
                                 51/92












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                     期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   6,546,200              ―         ―     6,546,200

           合計             6,546,200              ―         ―     6,546,200

     自己株式

      普通株式                    359,969             ―         ―      359,969

           合計              359,969             ―         ―      359,969

     2.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額
                              1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                                 (円)
                        (千円)
     2017年6月22日
                普通株式          204,145           33   2017年3月31日         2017年6月23日
     定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)             配当額(円)
     2018年6月22日
              普通株式       235,076     利益剰余金            38  2018年3月31日         2018年6月25日
     定時株主総会
                                 52/92











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                     期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                   6,546,200              ―         ―     6,546,200

           合計             6,546,200              ―         ―     6,546,200

     自己株式

      普通株式                    359,969            65          ―      360,034

           合計              359,969             65          ―      360,034

    (変動事由の概要)
     自己株式数の増加65株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
     2.配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額
                              1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                           基準日        効力発生日
                                 (円)
                        (千円)
     2018年6月22日
                普通株式          235,076           38   2018年3月31日         2018年6月25日
     定時株主総会
     2018年11月12日
                普通株式          123,723           20   2018年9月30日         2018年12月10日
     取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり
       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日        効力発生日
                     (千円)             配当額(円)
     2019年6月21日
              普通株式        148,467      利益剰余金            24   2019年3月31日         2019年6月24日
     定時株主総会
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自    2017年4月1日             (自    2018年4月1日
                             至    2018年3月31日)              至    2019年3月31日)
        現金及び預金勘定                      4,981,454千円                5,469,004千円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                      △498,702                △468,692
        現金及び現金同等物                      4,482,752                5,000,312
     2 重要な非資金取引の内容

       新たに計上した重要な資産除去債務の額
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自    2017年4月1日             (自    2018年4月1日
                             至    2018年3月31日)              至    2019年3月31日)
        重要な資産除去債務の額                        34,650千円                  ―千円
                                 53/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (リース取引関係)
    (借主側)
     1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
        有形固定資産
         主として、製造設備及び事務機器(機械装置及び運搬具並びにその他)であります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                     (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                   (単位:千円)
                        前連結会計年度                    当連結会計年度
                        (2018年3月31日)                    (2019年3月31日)
     1年内                             18,523                    18,475
     1年超                             675,646                    655,935

          合計                        694,169                    674,411

       前連結会計年度(2018年3月31日)

        上記の未経過リース料のうち73,769千円は前払い済みであります。
       当連結会計年度(2019年3月31日)

        上記の未経過リース料のうち69,851千円は前払い済みであります。
                                 54/92











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に関する取組方針
       当社グループは、主に車輌関連部品等の製造販売事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金の調達
      を銀行借入による方針です。一時的な余資は、安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金も銀行借
      入により調達しております。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに
      関しては、当社グループの与信管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先
      の状況を定期的にモニタリングし、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
       有価証券及び投資有価証券である株式及び債券は、市場価格の変動リスクに晒されていますが、主に業務上の関
      係を有する企業の株式及び債券であり、定期的に把握された時価が経営者に報告されております。
       営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務並びに未払金は、1年以内の支払期日であります。
       借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金(原則として5年以内)は主に設備
      投資に係る資金調達であります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、含まれておりません((注2)参照)。
      前連結会計年度(2018年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額

                                      時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
      (1)  現金及び預金
                             4,981,454            4,981,454                ―
      (2)  受取手形及び売掛金

                             2,658,305            2,658,305                ―
      (3)  電子記録債権

                             1,721,574            1,721,574                ―
      (4)  有価証券

       ① 満期保有目的の債券                       1,300,885            1,293,207             △7,677

      (5)  投資有価証券

       ① 満期保有目的の債券                        480,819            474,011            △6,808

       ② その他有価証券                       1,818,860            1,818,860                ―

            資産計                 12,961,899            12,947,414             △14,485

      (1)  支払手形及び買掛金

                              916,624            916,624               ―
      (2)  電子記録債務

                             2,997,721            2,997,721                ―
      (3)  短期借入金

                              300,000            300,000               ―
      (4)  1年内返済予定の長期借入金

                              288,785            287,792             △993
      (5)  未払金

                              673,038            673,038               ―
      (6)  未払法人税等

                              230,271            230,271               ―
      (7)  長期借入金

                              505,829            458,695            △47,134
            負債計                 5,912,271            5,864,144             △48,127

                                 55/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(2019年3月31日)
                       連結貸借対照表計上額

                                      時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
      (1)  現金及び預金
                             5,469,004            5,469,004                ―
      (2)  受取手形及び売掛金

                              2,584,758             2,584,758                ―
      (3)  電子記録債権

                             1,801,956            1,801,956                ―
      (4)  有価証券

       ① 満期保有目的の債券                       1,463,474             1,460,970             △2,503

      (5)  投資有価証券

       ① 満期保有目的の債券                        553,298            552,857             △440

       ② その他有価証券                       1,941,178            1,941,178                ―

            資産計                 13,813,671            13,810,726              △2,944

      (1)  支払手形及び買掛金

                              877,586             877,586                ―
      (2)  電子記録債務

                             2,896,159            2,896,159                ―
      (3)  短期借入金

                              300,000            300,000               ―
      (4)  1年内返済予定の長期借入金

                              287,223            286,246             △977
      (5)  未払金

                               554,744             554,744               ―
      (6)  未払法人税等

                              318,285            318,285               ―
      (7)  長期借入金

                              175,651             171,448             △4,203
            負債計                 5,409,652            5,404,471             △5,180

     (注)   1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

        資 産
        (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金並びに(3)電子記録債権
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
        (4)有価証券並びに(5)投資有価証券
          これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引金融機関等から提示された価格に
         よっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項(有価証券関係)をご参
         照ください。
        負 債

        (1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)短期借入金、(5)未払金並びに(6)未払法人税等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
        (4)1年内返済予定の長期借入金並びに(7)長期借入金
          これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
         算定する方法によっております。
                                 56/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                   (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
               区分
                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        非上場株式                             10,900                 10,900
        これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(5)                                               投資

       有価証券」には含めておりません。
        3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(2018年3月31日)
                                         1年超      5年超

                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
        現金及び預金                          4,981,454          ―      ―      ―
        受取手形及び売掛金                          2,658,305          ―      ―      ―
        電子記録債権                          1,721,574          ―      ―      ―
        有価証券
         満期保有目的の債券(社債)                         1,301,440          ―      ―      ―
        投資有価証券
         満期保有目的の債券(社債)                             ―   478,080         ―      ―
         その他有価証券のうち満期があるもの
         (1)  債券(社債)
                                      ―   200,000      100,000      500,000
                   合計              10,662,774        678,080      100,000      500,000
        当連結会計年度(2019年3月31日)

                                         1年超      5年超

                                  1年以内                   10年超
                                        5年以内      10年以内
                                   (千円)                   (千円)
                                         (千円)      (千円)
        現金及び預金                          5,469,004           ―      ―      ―
        受取手形及び売掛金                          2,584,758           ―       ―      ―
        電子記録債権                          1,801,956           ―      ―      ―
        有価証券
         満期保有目的の債券(社債)                         1,463,474           ―      ―      ―
        投資有価証券
         満期保有目的の債券(社債)                             ―     553,298          ―      ―
         その他有価証券のうち満期があるもの
         (1)  債券(社債)
                                      ―    200,000      100,000      700,000
                   合計              11,319,194        753,298      100,000      700,000
                                 57/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
        4.長期借入金及びその他有利子負債の連結決算日後の返済予定額
        前連結会計年度(2018年3月31日)
                            1年超      2年超      3年超      4年超

                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                               (千円)
                            (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        短期借入金               300,000         ―      ―      ―      ―      ―
        長期借入金               288,785      288,785      172,196         ―      ―    44,847
             合計          588,785      288,785      172,196         ―      ―    44,847
        当連結会計年度(2019年3月31日)

                            1年超      2年超      3年超      4年超

                      1年以内                               5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                      (千円)                               (千円)
                            (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        短期借入金               300,000          ―      ―      ―      ―      ―
        長期借入金               287,223      171,803         ―       ―      ―    3,848
             合計          587,223       171,803         ―      ―      ―    3,848
                                 58/92















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
    1.満期保有目的の債券
      前連結会計年度(2018年3月31日)
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額
             区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                                 ―            ―            ―
     えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                            1,781,704            1,767,218             △14,485
     えないもの
            合計                 1,781,704            1,767,218             △14,485
      当連結会計年度(2019年3月31日)

                      連結貸借対照表計上額                時価            差額
             区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                             444,662            445,169              508
     えるもの
     時価が連結貸借対照表計上額を超
                            1,572,110            1,568,658              △3,452
     えないもの
            合計                 2,016,773             2,013,828             △2,944
    2.その他有価証券

      前連結会計年度(2018年3月31日)
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

             区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                         949,736            323,176            626,560
      債券                         611,815            602,745             9,070

            小計                 1,561,551             925,921            635,630

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                         41,554            45,496            △3,941
      債券                         215,755            217,526            △1,771

            小計                  257,309            263,022            △5,712

            合計                 1,818,860            1,188,943             629,917

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額10,900千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて

        困難と認められることから、上表には含めておりません。
                                 59/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(2019年3月31日)
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額

             区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
      株式                         879,790             337,403            542,386
      債券                         709,139            700,000             9,139

            小計                 1,588,929            1,037,403             551,525

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
      株式                         34,976            47,567           △12,590
      債券                         317,273            320,271            △2,998

            小計                  352,249            367,838            △15,588

            合計                 1,941,178            1,405,242             535,936

     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額10,900千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて

        困難と認められることから、上表には含めておりません。
    3.連結会計年度中に売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
        種類          売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)

        その他                  51,310               2,746               268

        合計                 51,310               2,746               268

      当連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

        種類          売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)

        その他                    ―              ―              ―

        合計                    ―              ―              ―

      (デリバティブ取引関係)

    1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      該当事項はありません。
    2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      該当事項はありません。
                                 60/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社及び一部の国内連結子会社は確定給付型の制度として、適格退職年金制度を設けており、2005年4月1日より
     退職金制度を改訂し、確定給付型と確定拠出型の併用の制度としました。
      なお、当社及び国内連結子会社は日本自動車部品工業企業年金基金に加入しており、自社の拠出に対応する年金資
     産の金額を合理的に計算することができないため、確定拠出制度と同様に会計処理しております。
      確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の企業年金基金制度への拠出額は、前連結会計年度85,693千
     円、当連結会計年度88,959千円であります。
      要拠出額を退職給付費用として処理している複数事業主制度に関する事項は次のとおりであります。
     (1)  制度全体の積立状況に関する事項

                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (2017年3月31日現在)             (2018年3月31日現在)
       年金資産の額                               178,928,032千円              64,840,677千円
       年金財政計算上の数理債務の額と最低責任準備金との
                                      178,704,112              54,687,034
       合計額
       差引額                                 223,920            10,153,643
     (2)  制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合

       前連結会計年度2.17%(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)
       当連結会計年度2.26%(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
     (3)  補足説明

       上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の過去勤務債務残高(前連結会計年度10,949,589千円、当連結会
      計年度15,500,013千円)及び剰余金(前連結会計年度11,173,509千円、当連結会計年度25,653,656千円)でありま
      す。本制度における過去勤務債務の償却方法は元利均等償却(第1年金償却年数9年3ヶ月、第2年金償却年数4
      年2ヶ月)であります。
       なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負担割合とは一致しません。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                             2,070,203千円                2,105,855千円
        勤務費用                             109,355                112,734
        利息費用                              4,193                4,052
        数理計算上の差異の発生額                             29,505                 3,374
        退職給付の支払額                            △108,624                 △37,594
        その他                              1,220               △3,524
       退職給付債務の期末残高                             2,105,855                2,184,898
                                 61/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
       年金資産の期首残高                             1,845,354千円                1,967,121千円
        期待運用収益                             36,907                39,342
        数理計算上の差異の発生額                             75,281               △32,011
        事業主からの拠出額                             100,965                108,747
        退職給付の支払額                            △91,386                △30,500
       年金資産の期末残高                             1,967,121                2,052,699
     (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

       産の調整表
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
       積立型制度の退職給付債務                               2,105,855千円              2,184,898千円
       年金資産                             △1,967,121              △2,052,699
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                138,734               132,198
       退職給付に係る負債                                138,734              132,198

       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                138,734              132,198
     (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
       勤務費用                              109,355千円                112,734千円
       利息費用                               4,193                4,052
       期待運用収益                             △36,907                △39,342
       数理計算上の差異の費用処理額                               34,379                 7,384
       企業年金基金への掛金拠出額                               85,693                88,959
       確定給付制度に係る退職給付費用                              196,715                173,788
     (5)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
       数理計算上の差異                             △80,155千円                 28,000千円
     (6)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
       未認識数理計算上の差異                               58,254千円                86,255千円
                                 62/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     (7)  年金資産に関する事項
      ① 年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
       債券                                 27.8%                26.0%
       株式                                 39.5                41.7
       一般勘定                                 29.1                29.4
       その他                                 3.6                2.9
       合計                                100.0                100.0
      ② 長期期待運用収益率の設定方法
        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (8)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                               至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
       割引率                               0.0~0.9%                0.0~0.6%
       長期期待運用収益率                                 2.0%                2.0%
       予想昇給率                                 1.9%                1.9%
    3.確定拠出制度

      当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度28,381千円、当連結会計年度30,049千円であ
     ります。
                                 63/92











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
        繰延税金資産
                                                  23,098
         未払事業税                           16,818   千円                千円
                                                  181,552
         賞与引当金                          188,687
                                                  12,212
         役員賞与引当金                           6,691
                                                   5,151
         たな卸資産評価損                           3,328
                                                  27,160
         未払社会保険料                           28,238
                                                  80,745
         繰越欠損金                          123,168
                                                   1,545
         貸倒引当金損金算入限度超過額                           1,804
                                                  40,875
         退職給付に係る負債                           42,886
                                                  15,536
         役員退職慰労引当金                           16,184
                                                   2,576
         会員権評価損                           2,605
         投資有価証券評価損                           10,115                11,407
                                                  22,224
         減損損失                           22,441
                                                  17,117
         資産除去債務                           16,863
                                                  18,321
         在外子会社みなし配当相当額                           18,321
                                                  18,365
         その他                           22,491
                 計                                477,892
                                  520,650
        繰延税金負債
         未収還付事業税                            △12                 ―
                                                  △4,256
         特別償却準備金                          △8,512
                                                   △558
         固定資産圧縮積立金                           △694
                                                 △162,199
         その他有価証券評価差額金                         △188,097
                                                 △13,664
         在外子会社の留保利益金                          △14,023
                                                  △4,270
         在外子会社の加速償却                          △3,569
                                  △98,365                △93,734
         その他
                                                 △278,684
                 計                △313,275
                                                  199,207
        繰延税金資産の純額                          207,374
        (注)前連結会計年度における繰延税金資産(固定)の純額及び当連結会計年度における繰延税金負債(固
           定)の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
                                                  216,034
        固定資産―繰延税金資産
                                  221,939    千円                千円
                                                 △16,826
        固定負債―繰延税金負債                          △14,565
                                 64/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
                                 前連結会計年度               当連結会計年度

                                 (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
        法定実効税率                                             30.4
                                        30.6  %             %
         (調整)
                                                      0.5
        住民税均等割                                0.5
                                                     △1.4
        受取配当等の益金不算入額                               △0.6
        在外子会社の税率差異                               △0.8             △0.9
                                                      0.1
        交際費の損金不算入額                                0.1
        評価性引当額                               △4.0               ―
                                                     △2.8
        法人税の特別控除額                               △2.2
                                       △1.5              1.3
        その他
                                                     27.2
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                                22.1  %             %
      (資産除去債務関係)

      資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの

     (1)  当該資産除去債務の概要

       菰野工場の建物の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
     (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

       土地の使用契約期間から50年と見積り、割引率は2.5%から0.921%を使用して資産除去債務の金額を計算してお
      ります。
     (3)  当該資産除去債務の総額の増減

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
        期首残高                         19,985千円                 55,454千円
                                  34,650
        有形固定資産の取得に伴う増加額                                             ―
        時の経過による調整額                           818                 834
        期末残高                          55,454                 56,288
      (賃貸等不動産関係)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。 
                                 65/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社及び子会社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取
      締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
      す。
       当社グループは、自動車用部品及び産業用機械部品等の製造販売を主な事業内容としており、これら取り扱う製
      品ごとに包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
       従いまして、当社グループが基礎とするセグメントは製品別で構成されており、販売金額の大半を占める「車輌
      関連部品事業」を報告セグメントとしております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と概ね同一であります。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自 2017年4月1日                   至 2018年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                         報告
                                                      連結
                        セグメント
                                その他              調整額       財務諸表
                                        合計
                                (注1)              (注2)       計上額
                       車輌関連部品
                                                      (注3)
                         事業
      売上高
       外部顧客への売上高                 19,137,672         946,132      20,083,804            ―   20,083,804

       セグメント間の内部売上高
                             ―       ―       ―       ―       ―
       又は振替高
              計           19,137,672         946,132      20,083,804            ―   20,083,804
      セグメント利益                   2,692,848        168,763      2,861,612       △ 584,755      2,276,856

      セグメント資産                  17,490,088         924,344      18,414,432        4,435,116       22,849,548

      その他の項目

       減価償却費                   989,418        10,206       999,625        23,313      1,022,939

       有形固定資産、無形固定資産
                         2,326,468         31,180      2,357,648         7,342     2,364,991
       及び長期前払費用の増加額
                                 66/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2018年4月1日                    至 2019年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                         報告
                                                      連結
                        セグメント
                                その他              調整額       財務諸表
                                        合計
                                (注1)              (注2)       計上額
                       車輌関連部品
                                                      (注3)
                         事業
      売上高
       外部顧客への売上高                 19,416,371         952,569      20,368,940            ―   20,368,940

       セグメント間の内部売上高
                             ―       ―       ―       ―       ―
       又は振替高
              計           19,416,371         952,569      20,368,940            ―   20,368,940
      セグメント利益                   2,628,785         83,024      2,711,810       △ 681,186      2,030,624

      セグメント資産                  17,814,512         954,914      18,769,427        4,944,937       23,714,364

      その他の項目

       減価償却費                  1,113,575         12,489      1,126,065         18,472      1,144,538

       有形固定資産、無形固定資産
                         1,087,481         4,736     1,092,217         30,809      1,123,027
       及び長期前払費用の増加額
      (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、連続ねじ締め機、ねじ連綴体
          及び柑橘類皮むき機等の製造販売の新規事業品等事業であります。
        2.調整額の内容は以下のとおりであります。
         (1)  セグメント利益
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
         全社費用※                              △584,755             △681,186

         ※ 全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。

         (2)  セグメント資産
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
         全社資産※                              4,435,116             4,944,937

         ※ 全社資産は主に当社での余資運用資金(現金及び預金)、投資資金(有価証券及び投資有価証券)、繰延

           税金資産及び管理部門に係る資産等であります。
         (3)  その他の項目
                                                  (単位:千円)
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
         減価償却費※1                               23,313             18,472

         有形固定資産、無形固定資産
                                         7,342             30,809
         及び長期前払費用の増加額※2
         ※1 減価償却費は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         ※2 有形固定資産、無形固定資産及び長期前払費用の増加額は主に当社の管理部門に係る資産であります。
        3.セグメント利益は、連結財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                 67/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      【関連情報】
     前連結会計年度(自 2017年4月1日                   至 2018年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
      しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                             (単位:千円)
          日本       北米       欧州      東南アジア        その他        合計
         16,118,763        2,874,694        252,169       767,402        70,773     20,083,804

        (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

      (2)  有形固定資産

                                             (単位:千円)
           日本         米国        カナダ        東南アジア          合計
           4,657,406         1,257,027          216,723        1,133,758         7,264,915

     3.主要な顧客ごとの情報

                                             (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名                  売上高           関連するセグメント名
        トヨタ自動車株式会社                        2,216,727      車輌関連部品事業

        本田技研工業株式会社                        2,167,088      車輌関連部品事業

                                 68/92











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2018年4月1日                   至 2019年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略
      しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                             (単位:千円)
          日本       北米       欧州      東南アジア        その他        合計
         16,654,140        2,617,937         253,244       804,087        39,532     20,368,940

        (注)   売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

      (2)  有形固定資産

                                             (単位:千円)
           日本         米国        カナダ        東南アジア          合計
           4,792,098         1,116,186          191,010        1,013,739         7,113,035

     3.主要な顧客ごとの情報

                                             (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名                  売上高           関連するセグメント名
        トヨタ自動車株式会社                        2,525,600      車輌関連部品事業

        本田技研工業株式会社                        2,187,932      車輌関連部品事業

                                 69/92











                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
      【関連当事者情報】

       該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

                             前連結会計年度                  当連結会計年度

                           (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                   至 2019年3月31日)
       1株当たり純資産額                            2,503円37銭                  2,687円86銭
       1株当たり当期純利益金額                             285円16銭                  281円53銭

      (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ

           ん。
         2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度

                  項目                (自 2017年4月1日             (自 2018年4月1日
                                  至 2018年3月31日)              至 2019年3月31日)
       1株当たり当期純利益金額
        親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                1,764,124             1,741,635

        普通株主に帰属しない金額(千円)                                    ―             ―

        普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        1,764,124             1,741,635
        当期純利益(千円)
        期中平均株式数(株)                                6,186,231             6,186,188
                                 70/92









                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (重要な後発事象)
      (取得による企業結合)
       当社は、2019年3月22           日開催の取締役会において、イガリホールディングス株式会社(本社:茨城県、代表取締
      役  猪狩 崇)の全株式を取得して子会社化(当社の連結子会社)することについて決議し、同日付けで株式譲渡に
      関する契約を締結し、2019年4月1日付けでイガリホールディングス株式会社の全株式を取得しました。
      1.   企業結合の概要

      (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
        被取得企業の名称          イガリホールディングス株式会社
        事業の内容      プラスチック加工業
      (2)企業結合を行った主な理由
        当社といたしましては、金属プレス部品以外の自動車向け精密樹脂部品のラインナップを拡充することで既存
       取引先及び新規取引先に対する提案力強化につながり、いがりグループにおきましても当社の国内外の多様な基
       盤を活用した拡販や調達、経営や技術等の連携により、さらなる業績向上が期待できます。そして中長期的に
       は、当社グループとしての製品・事業の多角化に伴うさらなる成長へとつなげたいと考えております。
       (3)企業結合日
         2019年4月1日
      (4)企業結合の法的形式
         株式取得
      (5)結合後企業の名称
         変更ありません。
      (6)取得した議決権比率
         100%
      (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
         当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
     2.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

       当事者間の合意により非開示とさせていただきます。
     3.主要な取得関連費用の内容及び金額

       アドバイザリー費用等                         40,544千円
     4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       現時点では確定しておりません。
     5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

       現時点では確定しておりません。
                                 71/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                         当期首残高         当期末残高         平均利率

              区分                                      返済期限
                          (千円)         (千円)         (%)
       短期借入金                     300,000         300,000           0.43       ―
       1年以内に返済予定の長期借入金                     288,785         287,223           0.93       ―

       1年以内に返済予定のリース債務                        ―         ―          ―      ―

       長期借入金(1年以内に返済予定
                                                    2020~2021年
                            505,829         175,651           0.67
       のものを除く。)
       リース債務(1年以内に返済予定
                               ―         ―         ―      ―
       のものを除く。)
       その他有利子負債                        ―         ―         ―      ―
              合計             1,094,615          762,875            ―      ―

       (注)   1.平均利率を算定する際の利率及び残高は期末のものを使用しております。

         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債
           務を連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額
           は以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金              171,803             ―          ―          ―
       【資産除去債務明細表】

                  当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

         区分
                   (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
     不動産賃貸借契約に
                       55,454              834             ―          56,288
     伴う原状回復義務
     (2)  【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
           (累計期間)            第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

       売上高           (千円)        5,187,586         10,219,909          15,468,605          20,368,940

       税金等調整前四半期
                  (千円)         743,832        1,386,790          1,883,371          2,392,371
       (当期)純利益金額
       親会社株主に帰属す
       る四半期(当期)純利           (千円)         537,968        1,011,800         1,375,955         1,741,635
       益金額
       1株当たり四半期(当
                  (円)         86.96         163.55         222.42          281.53
       期)純利益金額
           (会計期間)            第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

       1株当たり四半期
                  (円)         86.96         76.59         58.86         59.11
       純利益金額
                                 72/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               3,620,277              4,128,570
                                     ※3  112,027             ※3  97,490
        受取手形
                                    ※3  1,721,574            ※3  1,801,956
        電子記録債権
                                    ※1  2,346,858            ※1  2,241,035
        売掛金
        有価証券                               1,300,885              1,463,474
        商品                                   ―            10,872
        製品                                343,975              373,771
        仕掛品                                235,705              218,245
        原材料及び貯蔵品                                204,930              179,785
        前払費用                                26,097              33,029
                                     ※1  230,148            ※1  106,970
        短期貸付金
                                      ※1  41,717            ※1  45,327
        立替金
                                     ※1  125,801            ※1  156,109
        その他
        流動資産合計                              10,309,999              10,856,639
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             1,623,853              1,589,713
         構築物                               98,334              92,132
         機械及び装置                             1,656,509              1,734,586
         車両運搬具                               1,253               652
         工具、器具及び備品                              185,069              175,008
         土地                              856,948              785,094
         リース資産                               17,646               9,484
                                        53,078              242,704
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                             4,492,694              4,629,377
        無形固定資産
         施設利用権                                639              534
         ソフトウエア                               32,217              47,755
                                         5,063              5,063
         その他
         無形固定資産合計                               37,920              53,353
        投資その他の資産
         投資有価証券                             2,299,780              2,494,576
         関係会社株式                             2,756,962              2,756,962
                                     ※1  726,263            ※1  527,277
         長期貸付金
         長期前払費用                                507              213
         繰延税金資産                              115,181              143,297
         前払年金費用                               80,573              116,275
         保険積立金                              675,569              827,973
         その他                               40,165              40,053
                                        △ 4,300             △ 4,280
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             6,690,702              6,902,350
        固定資産合計                              11,221,317              11,585,080
      資産合計                                21,531,316              22,441,719
                                 73/92



                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※3  41,869            ※3  36,603
        支払手形
                                  ※1 , ※3  3,044,924          ※1 , ※3  3,030,449
        電子記録債務
                                     ※1  766,141            ※1  758,080
        買掛金
        短期借入金                                300,000              300,000
        1年内返済予定の長期借入金                                200,000              200,000
                                     ※1  732,177            ※1  602,331
        未払金
        未払費用                                191,924              192,540
        未払法人税等                                223,310              297,441
        賞与引当金                                555,349              535,234
        役員賞与引当金                                22,005              40,160
                                     ※3  253,050            ※3  398,924
        その他
        流動負債合計                               6,330,753              6,391,765
      固定負債
        長期借入金                                350,000              150,000
        退職給付引当金                                155,354              157,988
        資産除去債務                                55,454              56,288
                                        33,625              31,147
        その他
        固定負債合計                                594,434              395,423
      負債合計                                6,925,187              6,787,189
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,095,260              1,095,260
        資本剰余金
         資本準備金                              895,150              895,150
                                         8,974              8,974
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              904,125              904,125
        利益剰余金
         利益準備金                              224,312              224,312
         その他利益剰余金
           特別償却準備金                             19,480               9,740
           固定資産圧縮積立金                              1,588              1,277
           別途積立金                            5,008,000              5,008,000
                                       7,094,092              8,216,492
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             12,347,474              13,459,822
        自己株式                               △ 182,550             △ 182,663
        株主資本合計                              14,164,310              15,276,545
      評価・換算差額等
                                        441,819              377,984
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                441,819              377,984
      純資産合計                                14,606,129              15,654,530
     負債純資産合計                                 21,531,316              22,441,719
                                 74/92





                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                    ※1  16,654,643            ※1  17,236,153
     売上高
                                    ※1  13,112,946            ※1  13,711,595
     売上原価
     売上総利益                                  3,541,697              3,524,558
                                   ※1 , ※2  1,803,856          ※1 , ※2  2,031,262
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                  1,737,840              1,493,295
     営業外収益
                                      ※1  23,931            ※1  14,543
      受取利息
                                      ※1  67,128           ※1  140,003
      受取配当金
      為替差益                                    ―           119,158
                                      ※1  40,238            ※1  37,292
      受取ロイヤリティー
      補助金収入                                  50,000              108,992
      投資損失引当金戻入額                                  13,047                 ―
                                      ※1  97,966           ※1  107,662
      その他
      営業外収益合計                                 292,313              527,652
     営業外費用
      支払利息                                  4,828              3,593
      減価償却費                                  6,996              6,170
      為替差損                                 146,686                 ―
                                         1,155              2,397
      その他
      営業外費用合計                                 159,666               12,161
     経常利益                                  1,870,487              2,008,786
     特別利益
      ゴルフ会員権売却益                                  4,000               192
                                     ※1 , ※3  223            ※3  989
      固定資産売却益
      特別利益合計                                  4,223              1,182
     特別損失
                                       ※4  162           ※4  8,821
      固定資産売却損
                                      ※5  8,667            ※5  4,180
      固定資産除却損
                                           ―            4,248
      投資有価証券評価損
      特別損失合計                                  8,830              17,250
     税引前当期純利益                                  1,865,880              1,992,718
     法人税、住民税及び事業税
                                        501,189              523,788
     法人税等調整額                                  △ 70,224              △ 2,217
     法人税等合計                                   430,965              521,570
     当期純利益                                  1,434,915              1,471,148
                                 75/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                    利益剰余金
                                          その他利益剰余金
               資本金
                       その他資本    資本剰余金                           利益剰余金
                   資本準備金             利益準備金
                                    特別償却準    固定資産圧         繰越利益剰
                        剰余金     合計                           合計
                                             別途積立金
                                     備金   縮積立金          余金
     当期首残高          1,095,260     895,150     8,974   904,125    224,312     29,206     1,936   5,008,000    5,853,248     11,116,704
     当期変動額
     特別償却準備金の取
                                     △ 9,726             9,726       ―
     崩
     固定資産圧縮積立金
                                          △ 347         347      ―
     の取崩
     剰余金の配当                                            △ 204,145    △ 204,145
     当期純利益                                            1,434,915     1,434,915
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             ―    ―    ―    ―    ―  △ 9,726    △ 347     ― 1,240,844     1,230,770
     当期末残高          1,095,260     895,150     8,974   904,125    224,312     19,480     1,588   5,008,000    7,094,092     12,347,474
                 株主資本       評価・換算差額等

                        その他有価

                                 純資産合計
                   株主資本合         評価・換算
               自己株式         証券評価差
                     計       差額等合計
                         額金
     当期首残高          △ 182,550    12,933,540      373,154    373,154    13,306,695

     当期変動額
     特別償却準備金の取
                       ―              ―
     崩
     固定資産圧縮積立金
                       ―              ―
     の取崩
     剰余金の配当              △ 204,145             △ 204,145
     当期純利益              1,434,915              1,434,915
     自己株式の取得            ―     ―              ―
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                    68,664    68,664     68,664
     額)
     当期変動額合計             ― 1,230,770      68,664    68,664    1,299,434
     当期末残高          △ 182,550    14,164,310      441,819    441,819    14,606,129
                                 76/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                    利益剰余金
                                          その他利益剰余金
               資本金
                       その他資本    資本剰余金                           利益剰余金
                   資本準備金             利益準備金
                                    特別償却準    固定資産圧         繰越利益剰
                        剰余金     合計                           合計
                                             別途積立金
                                     備金   縮積立金          余金
     当期首残高          1,095,260     895,150     8,974   904,125    224,312     19,480     1,588   5,008,000    7,094,092     12,347,474
     当期変動額
     特別償却準備金の取
                                     △ 9,740             9,740       ―
     崩
     固定資産圧縮積立金
                                          △ 311         311      ―
     の取崩
     剰余金の配当                                            △ 358,800    △ 358,800
     当期純利益                                            1,471,148     1,471,148
     自己株式の取得
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計             ―    ―    ―    ―    ―  △ 9,740    △ 311     ― 1,122,399     1,112,348
     当期末残高          1,095,260     895,150     8,974   904,125    224,312     9,740    1,277   5,008,000    8,216,492     13,459,822
                 株主資本       評価・換算差額等

                        その他有価

                                 純資産合計
                   株主資本合         評価・換算
               自己株式         証券評価差
                     計       差額等合計
                         額金
     当期首残高          △ 182,550    14,164,310      441,819    441,819    14,606,129

     当期変動額
     特別償却準備金の取
                       ―              ―
     崩
     固定資産圧縮積立金
                       ―              ―
     の取崩
     剰余金の配当              △ 358,800             △ 358,800
     当期純利益              1,471,148              1,471,148
     自己株式の取得           △ 112    △ 112             △ 112
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                   △ 63,834    △ 63,834    △ 63,834
     額)
     当期変動額合計            △ 112  1,112,235     △ 63,834    △ 63,834    1,048,401
     当期末残高          △ 182,663    15,276,545      377,984    377,984    15,654,530
                                 77/92








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
       子会社株式及び関連会社株式
        移動平均法による原価法
       満期保有目的の債券
        償却原価法(定額法)
       その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
        り算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
     (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法
       製品
        金型
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        その他
         総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       原材料
         移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       仕掛品
        金型
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        その他
         総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       貯蔵品
         最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
    2.固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法
       ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附
      属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
       建物        5~50年
       機械及び装置    9~17年
       工具、器具及び備品 2~15年
     (2)  無形固定資産
       定額法
       なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しておりま
      す。
     (3)  リース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 78/92




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    3.引当金の計上基準
     (1)  貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
      いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)  賞与引当金
       従業員の賞与支給に備えるため、夏期賞与支給見込額の期間対応分を計上しております。
     (3)  役員賞与引当金
       役員賞与の支給に備えるため、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
     (4)  退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
      ります。
      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
       算定式基準によっております。
      ② 数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による
       定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から損益処理しております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
    5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

     (1)  退職給付に係る会計処理
       退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と
      異なっております。
     (2)  消費税等の会計処理
       税抜方式によっております。
      (表示方法の変更)

     (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日。以下「税効果会計基準一
     部改正」という。)を当事業年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負
     債は固定負債の区分に表示する方法に変更しました。
      この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」221,101                                          千 円及び「固定負債」の
     「繰延税金負債」105,919千円は「投資その他の資産」の「繰延税金資産」115,181千円に含めて表示しております。
                                 79/92








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表記したものを除く)
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        短期金銭債権                       439,656千円                 334,396千円
        長期金銭債権                       725,094                 526,528
        短期金銭債務                       311,933                 276,109
     2 保証債務

       他の会社の金融機関等からの借入債務に対して、保証を行っております。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
                               166,948千円                 87,206千円
        ムロテック オハイオ 
        コーポレーション
                              (1,571千米ドル)                  (785千米ドル)
     ※3 期末日満期手形

       期末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務の会計処理については、手形交換日または決済日をもって決済
      処理をしております。なお、当事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の事業年度末日満期手形、電子記
      録債権及び電子記録債務が、事業年度末残高に含まれております。
                              前事業年度                 当事業年度

                             (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
        流動資産
         受取手形                        17,382千円                 11,826千円
         電子記録債権                        100,213                 139,326
        流動負債
         支払手形                         9,434千円                11,151千円
         電子記録債務                        622,109                 660,758
         その他                         6,315                16,392
                                 80/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との取引高
                              前事業年度                 当事業年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        営業取引による取引高
         売上高                         507,961    千円             556,660    千円
                                                 1,343,972
         仕入高及びその他の営業取引                        1,258,475
        営業取引以外の取引による
                                                  179,885
                                 129,272
        取引高
     㯿ሰŒ꥘묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰䨰蠰崰湒牔࠰潒䵎譩浞瑞ꘀ㘀㣿԰ş华譩浞瑞ꘀ㘀㟿԰Ŏ'ⱻꅴڌ묰歜帰夰讌뭵⠰渰䨰䨰蠰

      の割合は前事業年度32%、当事業年度33%であります。
       販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        運搬費                         347,827    千円             346,835    千円
        給料及び賞与                         501,275                 600,233
        賞与引当金繰入額                         100,441                 99,289
        役員賞与引当金繰入額                          22,005                 40,160
        退職給付引当金繰入額                          16,677                 12,455
        減価償却費                          22,212                 19,568
        貸倒引当金繰入額                            20                △ 20
     ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        機械及び装置                         222千円                 989千円
        工具、器具及び備品                          1                 ―
               計                  223                 989
     ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前事業年度                 当事業年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        建物・土地                          ―千円               8,821千円
        投資その他の資産のその他                         162                  ―
               計                  162                8,821
                                 81/92






                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
     ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
        建物                        2,185千円                  260千円
        構築物                        6,190                   ―
        機械及び装置                         254                3,914
        工具、器具及び備品                          37                  5
               計                 8,667                 4,180
      (有価証券関係)

       子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式2,746,162千円、関連会社株式10,800
      千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式2,746,162千円、関連会社株式10,800千円)は、市場価格がな
      く、時価を把握することが極めて困難と認められることから、子会社株式及び関連会社株式の時価を記載しており
      ません。
                                 82/92















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前事業年度                当事業年度

                               (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
        繰延税金資産
                                                  21,877
         未払事業税                           16,314   千円                千円
                                                  162,764
         賞与引当金                          168,881
                                                  12,212
         役員賞与引当金                           6,691
                                                   4,976
         たな卸資産評価損                           3,262
                                                  24,433
         未払社会保険料                           25,367
                                                   1,301
         貸倒引当金損金算入限度超過額                           1,307
                                                  48,044
         退職給付引当金                           47,243
                                                  10,225
         長期未払金                           10,225
         資産除去債務                           16,863                17,117
         会員権評価損                           2,606                2,576
                                                  11,407
         投資有価証券評価損                           10,115
         減損損失                           22,441                22,224
                                                  18,321
         海外子会社みなし配当相当額                           18,321
                                                   1,247
         減価償却超過額                            786
                                                    604
                                    583
         その他
        繰延税金資産合計                                          359,335
                                  351,012
        繰延税金負債
                                                 △35,359
         前払年金費用                          △24,502
         特別償却準備金                          △8,512                △4,256
                                                   △558
         固定資産圧縮積立金                           △694
                                                 △162,199
         その他有価証券評価差額金                         △188,097
                                  △14,023                △13,664
         その他
        繰延税金負債合計                         △235,830                △216,038
                                                  143,297
        繰延税金資産の純額                          115,181
                                 83/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
                                  前事業年度               当事業年度

                                (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
        法定実効税率
                                      30.6  %             30.4  %
         (調整)
        住民税均等割                               0.6               0.5
                                                     △0.1
        受取配当等の益金不算入額                              △0.4
        海外子会社受取配当金の益金不算入額                              △0.4               △1.6
                                                      0.1
        交際費の損金不算入額                               0.1
                                                       ―
        評価性引当額                              △4.9
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                               0.1               0.0
                                                     △3.3
        法人税の特別控除額                              △2.7
                                       0.1               0.2
        その他
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                              23.1  %             26.2  %
      (重要な後発事象)

       連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象)」と同一内容により、注記を省略しております。
                                 84/92














                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
      ④  【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                  (単位:千円) 
                                        期末減価償却
                                                     差引期末
                                         累計額又は
      区分     資産の種類       期首残高     当期増加額      当期減少額      期末残高           当期償却額
                                                     帳簿価額
                                         償却累計額
     有形固定資産
                                                     1,589,713
           建物       4,564,591        89,219       56,662      4,597,148       3,007,434        96,195
           構築物        403,482       3,500       6,734      400,247       308,115        9,217      92,132

           機械及び装置       8,937,794       515,080       89,516      9,363,358       7,628,771        434,746      1,734,586

           車両運搬具        54,209        -      -     54,209       53,556        600       652

           工具、器具
                  4,597,389       255,639      138,893      4,714,134       4,539,126       265,694      175,008
           及び備品
                                                      785,094
           土地        856,948         -     71,854      785,094         -       -
                                                       9,484

           リース資産        73,461        -      -     73,461       63,977       8,162
                                                      242,704

           建設仮勘定        53,078      205,744       16,118      242,704         -       -
                                                     4,629,377

             計     19,540,955      1,069,183       379,780     20,230,358      15,600,981        814,616
     無形固定資産
           施設利用権
                                                        534
                    2,881        -       -      2,881      2,347       105
           (注3)
           ソフトウエア
                                                      47,755
                   87,484      30,753         -     118,237       70,482       15,214
           (注3)
                                                       5,063
           その他         5,063        -       -      5,063        -       -
                                                      53,353

             計      95,429      30,753         -     126,182       72,829       15,320
     (注)   1.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。

                                         152,432千円
           機械及び装置             熱処理関連設備
                                         127,582千円
                       プレス関連設備
                                         97,548千円
                       切削関連設備
                                         83,397千円
                       表面処理関連設備
                                         195,189千円
           工具器具及び備品             車輌関連部品製造用金型
        2.当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。
                                         109,340千円
          工具器具及び備品            車輌関連部品製造用金型
        3.前期までに償却済のものは「期首残高」に含めておりません。
          また、当期において償却済となったものは「期末残高」に含めております。
        4.「期首残高」、[当期増加額」、「当期減少額」及び「期末残高」の各欄は取得価額によって記載しており
          ます。
                                 85/92







                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
       【引当金明細表】
                                                  (単位:千円) 
          科目           期首残高         当期増加額          当期減少額          期末残高

     貸倒引当金                     4,300            ―           20         4,280

     賞与引当金                    555,349          535,234           555,349           535,234

     役員賞与引当金                     22,005          40,160          22,005          40,160

     退職給付引当金                    155,354           8,211          5,577         157,988

     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3)  【その他】

       該当事項はありません。
                                 86/92















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             4月1日から3月31日まで

     定時株主総会             6月中

     基準日             3月31日

                  9月30日
     剰余金の配当の基準日
                  3月31日
     1単元の株式数             100株
     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
     取扱場所             東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                   三井住友信託銀行株式会社
                  (特別口座)
     株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                   三井住友信託銀行株式会社  証券代行部
     取次所              ―
     買取手数料             当社の株式取扱規程に定める金額

                  当会社の公告方法は電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって
                  電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方法で行
     公告掲載方法
                  う。当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  http://www.muro.co.jp/
                  2019年3月31日現在の株主に対し、その所有株数に応じて次のとおり優待いたしま
                  す。
                   100株以上500株未満の株主  500円分の金券贈呈
     株主に対する特典
                   500株以上1,000株未満の株主 お米5Kgまたは1,000円分の金券贈呈
                   1,000株以上保有の株主                  チョイむきsmart1台またはお米10Kgまたは3,000円
                                 分の金券贈呈
     (注) 当会社の単元未満株式を有する株主(実質株主を含む。以下同じ。)は、その有する単元未満株式について、次
        に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
         会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         株主の有する株式数に応じて募集株式の割当及び募集新株予約権の割当を受ける権利
                                 87/92










                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第7   【提出会社の参考情報】
    1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

       事業年度(第61期)(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)2018年6月22日関東財務局長に提出
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類

       2018年6月22日関東財務局長に提出
     (3)  四半期報告書及び確認書

       (第62期第1四半期)(自 2018年4月1日 至 2018年6月30日)2018年8月9日関東財務局長に提出
       (第62期第2四半期)(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)2018年11月12日関東財務局長に提出
       (第62期第3四半期)(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)2019年2月12日関東財務局長に提出
     (4)  臨時報告書

       2018年6月27日関東財務局長に提出
       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定(株主総
       会における議決権行使の結果)に基づく臨時報告書であります。
                                 88/92












                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 89/92



















                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                 2019年6月21日

    株式会社 ムロコーポレーション
     取締役会  御中
                          有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                   公認会計士        水 野 博 嗣           印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士        松 浦 竜 人           印
                          業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社ムロコーポレーションの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわ
    ち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計
    算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社ムロコーポレーション及び連結子会社の2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年
    度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 90/92




                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ムロコーポレーショ
    ンの2019年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社ムロコーポレーションが2019年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示
    した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準
    拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が連結財務諸表に添

          付する形で別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/92








                                                           EDINET提出書類
                                                  株式会社ムロコーポレーション(E02234)
                                                            有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                 2019年6月21日

    株式会社 ムロコーポレーション
     取締役会  御中
                          有限責任監査法人 トーマツ

                          指定有限責任社員

                                   公認会計士        水 野 博 嗣           印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士        松 浦 竜 人           印
                          業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ムロコーポレーションの2018年4月1日から2019年3月31日までの第62期事業年度の財務諸表、すなわ
    ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
    行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社ムロコーポレーションの2019年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての
    重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が財務諸表に添付す

          る形で別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 92/92


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク