株式会社テスク 有価証券報告書 第45期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第45期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 株式会社テスク
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    2019年6月21日
      【事業年度】                    第45期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    株式会社テスク
      【英訳名】                    TISC   CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  梅田 源
      【本店の所在の場所】                    名古屋市熱田区三番町21番8号
      【電話番号】                    052(651)2131
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理部長  岡本 匡弘
      【最寄りの連絡場所】                    名古屋市熱田区三番町21番8号
      【電話番号】                    052(651)2131
      【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理部長  岡本 匡弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
     (注)第45期有価証券報告書より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/61












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
             回次            第41期        第42期        第43期        第44期        第45期

            決算年月            2015年3月        2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月

                  (千円)      1,064,081        1,277,924        1,176,687        1,417,543        1,490,371

     売上高
                  (千円)        31,376        99,052        72,780        88,171       124,312

     経常利益
                  (千円)        41,868        79,134        44,286        66,847        77,810

     当期純利益
     持分法を適用した場合の投
                  (千円)          -        -        -        -        -
     資利益
                  (千円)       221,240        302,000        302,000        302,000        302,000
     資本金
                  (千株)        3,500        3,500        3,500        3,500         350

     発行済株式総数
                  (千円)       797,221        829,521        829,956        897,485        941,282

     純資産額
                  (千円)      1,215,196        1,234,324        1,181,366        1,348,694        1,485,727

     総資産額
     1株当たり純資産額             (円)      2,289.46        2,382.22        2,450.31        2,649.68        2,779.02

                           6.00        6.00        6.00        6.00       60.00

     1株当たり配当額
                   (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
                   (円)       120.24        227.26        127.74        197.36        229.72
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -        -        -        -
     当期純利益金額
                   (%)        65.6        67.2        70.3        66.5        63.4
     自己資本比率
                   (%)         5.5        9.7        5.3        7.7        8.5

     自己資本利益率
                   (倍)        17.0        9.0       17.2        19.7        12.1

     株価収益率
                   (%)        49.9        26.4        47.0        30.4        26.1

     配当性向
     営業活動によるキャッ
                  (千円)        23,745       202,096        35,667       184,660        146,144
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (千円)       △ 24,365       △ 19,136        26,633       △ 21,884       △ 32,823
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (千円)       △ 38,580       △ 62,187       △ 73,481       △ 47,956       △ 43,060
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                  (千円)        74,820       195,592        184,410        299,230        369,489
     残高
                   (人)         90        94        91        88        91
     従業員数
                   (%)        107.7        110.2        121.4        210.7        157.2

     株主総利回り
     (比較指標:TOPIX業種別平
                   (%)       ( 117.1   )    ( 126.0   )    ( 140.5   )    ( 156.6   )    ( 162.8   )
     均 情報通信業)
                                                         3,600
                   (円)         205        218        301        628
     最高株価
                                                         (395)
                                                         2,781
                   (円)         190        190        199        218
     最低株価
                                                         (338)
      (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、「連結経営指標等」については記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は、関連会社がありませんので、持分法を適用した場合の投資利益の記載はしておりません。
                                  2/61


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当事業年度の
          期首から適用しており、前事業年度以前に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用
          した後の指標等となっております。
         5.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         6.当社は、      2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第41期の期首に当
          該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         7.最高株価及び最低株価は名古屋証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
         8.当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第45期の株価につ
          いては株式併合後の最高株価及び最低株価を記載し、(                          )内に株式併合前の最高株価及び最低株価を記載して
          おります。
                                  3/61

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
      1974年    4月
              会社設立(資本金260万円、名古屋市熱田区森後町)。
      1974年10月
              小売店向け営業管理システムを開発、中小スーパーマーケットを中心にオフラインによる受託計
              算業務の営業活動を開始する。
      1979年    8月
              オンラインによる受託計算業務を開始する。
      1980年    9月
              オンライン受・発注システムの受託計算業務を開始する。
      1983年    4月
              チェーンストア向け、部門別管理システム「ADAMS」を開発・販売開始する。
      1985年11月         東京営業所(現・東京事業所)を開設し、関東地区並びに関東以北の基盤拡大を図る。
      1986年    9月
              新社屋完成、現住所に本社を移転する(名古屋市熱田区三番町)。
      1987年    4月
              卸売業総合情報処理システム「GROWBS」を開発・販売開始する。
      1988年    1月
              「ADAMS」に補充・発注、POS運用支援機能を付加したチェーンストア基幹業務システム
              「CHAINS」を開発・販売開始する。
      1988年12月         「GROWBSⅡ」を開発・販売開始する。
      1989年    3月
              日本IBMビジネス・パートナーとして、中小型製品の販売を開始する。
      1996年    4月
              東京営業所(現・東京事業所)を拡張移転する(東京都港区芝)。
      2002年    3月
              名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場。
      2005年    9月
              「CHAINSⅢ」を開発・販売開始する。
      2010年10月         「GROWBS-i」を開発・販売開始する。
      2011年    4月
              「CHAINSⅢ」ASPサービスの提供を開始する。
      2012年    4月
              「テスク大学」を開講し、人材育成のための勉強会を開始する。
      2012年10月         本社ビルリニューアル。
      2013年    9月
              東京事業所を拡張移転する(東京都中央区日本橋)。
      2013年11月         「CHAINSⅢ+」を開発・販売開始する。
      2013年11月         流通BMSシステム「WEEKSⅢ+」を開発・販売開始する。
      2014年10月         小売業向けビッグデータ分析システム「R-K2」を開発・販売開始する。
      2014年10月         ISMS認証取得。
      2015年    6月
              資本金を3億200万円に増額する。
      2017年    4月
              「GROWBSⅢ」を開発・販売開始する。
      2017年    4月
              「GROWBSⅢ」クラウドサービスの提供を開始する。
              企業HP、採用HPのリニューアル。
      2017年11月
                                  4/61









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社は、主に国内の流通業(小売業・卸売業)を対象として、自社開発のパッケージ・ソフトウエアを中核ソ
       リューションとするソフトウエア開発とコンピュータ機器の販売並びにシステム導入後のソフトウエア保守とコン
       ピュータ機器保守業務を行っております。
        当社の事業内容は、以下のとおりであります。
        なお、セグメント情報を記載していないため、品目別に記載しております。
                                            売上構成比率(%)
       品目               事業内容                  前事業年度            当事業年度
                                      (自2017年4月       1日     (自2018年4月       1日
                                       至2018年3月31日)            至2019年3月31日)
             ・当社独自の流通業向けパッケージ・ソフトウエ
              アの開発・販売、ASPサービス
              <小売業向けパッケージ・ソフトウエア>
               CHAINS、GRIP、SCOOP、
               WRAPS、Weeks 等
     システム開発        <卸売業向けパッケージ・ソフトウエア>                               71.2            76.2
               GROWBS 等
             ・自社開発のパッケージ・ソフトウエアを中核ソ
              リューションとした流通業向けソフトウエア開
              発を一括又は部分的に請け負う受託開発業務
             ・システム導入後のソフトウエア保守業務
             ・コンピュータ機器の販売
             ・ハウジング、ホスティング業務
     商品       ・クラウドサービス業務                                28.8            23.8
             ・サプライ商品の販売
             ・コンピュータ機器の保守業務
                    合計                        100.0            100.0
      (注) パッケージ・ソフトウエア製品名の説明
          ・CHAINS  :チェーンストア基幹業務システム。
          ・GRIP   :チェーンストア情報分析システム。
          ・SCOOP        :店舗業務支援システム。
          ・WRAPS        :店舗無線PDA(EOB)システム。
          ・Weeks        :流通BMS対応       Web-EDIシステム。
          ・GROWBS  :販売管理システム。
       事業の系統図は次のとおりであります。

                                  5/61








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
       該当事項はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)提出会社の状況
                                                   2019年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               91             39.9              16.0             5,575

      (注)1.当社は、システム開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の従業員数を記載しておりません。
         2.従業員数は就業人員でありますが、使用人兼務取締役2名を含んでおります。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (2)労働組合の状況

         当社において、労働組合は結成されておりませんが、労使関係については円満に推移しております。
                                  6/61















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
       (1)会社の経営の基本方針

         当社は、流通システム・プランナーとして流通業の繁栄に貢献し、仕事を通して社員の自己実現を図ることを
        基本理念とし、次の基本方針を掲げその実現に努力しております。
         ・社会に存在価値のあるソリューション・カンパニーを目指す。
         ・会社を自己実現と豊かな個人生活の基盤と考え、やりがいのある企業とする。
       (2)目標とする経営指標

         当社は、事業基盤の強化・拡大を進め、企業価値を向上させていくことが重要であると認識しており、企業の
        収益力を表す各利益項目、特に営業利益の増額を目指しております。
       (3)中長期的な会社の経営戦略

         当社は、競争激化の中、企業価値の向上を図るため、流通業に特化した総合ITベンダーを目指し、主に次の課
        題に取組んでまいります。
         ・プロジェクト管理を強化し、品質の向上と原価の低減を図ってまいります。
         ・お客様の期待に応えられる人材の確保と積極的な学習・教育を継続してまいります。
       (4)経営環境及び対処すべき課題等

         当社の主要顧客である流通業界におきましては、人手不足による人件費高騰により、業務の効率化を進めるた
        めのIT投資意欲は堅調に推移いたしました。当情報サービス業界におきましては、企業のIT投資が堅調に推移し
        たために活況を呈していますが、エンジニア不足による人材の確保が課題となっております。
         このような経営環境のもと、当社の対処すべき課題は、顧客の業務を深く理解したうえで高付加価値なソフト
        ウェアを提供するために必要な               プロジェクトマネジメントを行うことのできる専門性の高い                            エンジニアの確保、
        オリジナルパッケージ・ソフトウェアである「CHAINSⅢ+」および「GROWBSⅢ」への継続的な投資による機能強
        化、およびクラウドサービスや保守サポートなどの定常収入が得られる継続ビジネスの充実と受注の拡大と認識
        しております。
         当社は「量販型の流通業のお客様に特化した総合ITベンダー」として、社会から必要とされる会社としてあり
        続けるために、地に足を付けて以下に取り組んでまいります。
         ①専門性の高い人材の育成および確保

          流通業のお客様の経営課題・業務課題を正しく理解した的確な提案をすることができる専門性の高い人材を
          育成するため、テクニカルスキルおよびビジネススキルの向上に資する社員教育に経営資源を投下し、採用
          活動を強化することにより、人材の育成・確保に取り組んでまいります。
         ②当社オリジナルパッケージ・ソフトウェアの機能強化

          オリジナルパッケージ・ソフトウェアである「CHAINSⅢ+」および「GROWBSⅢ」へのサービス提供範囲を拡
          大するとともに、お客様の求める新しい機能を創出するため、継続的に高水準な投資をおこなうことにより
          オリジナルパッケージ・ソフトウェアの機能強化に取り組んでまいります。
         ③プロジェクトマネジメントの効率化

          短納期でリーズナブルなシステムをお客様に提供するため、システム開発プロセスの標準化を推進し、手順
          を効率化することで、より効率的なプロジェクトマネジメントの仕組の構築に取り組んでまいります。
         ④クラウドサービスおよび保守サポートの受注拡大

          クラウドサービスや保守サポートなどの定常収入が得られる継続ビジネスの充実のため、ハードウェアから
          ソフトウェアまで一貫して提供するクラウドサービスを強化し、保守サポートを通じてお客様の事業を適確
          にサポートすることで顧客満足度を高め、継続ビジネスの受注拡大に取り組んでまいります。
                                  7/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
       (1)流通業界への特化について
         当社は、主に国内の流通業(小売業・卸売業)に顧客対象を絞り込んでおります。
         今後につきましても流通業界に特化し、中堅・中小の企業をターゲットとして取引の拡大に努力してまいりま
        す。対象業種を限定することにより営業及び開発スキルで他社との差別化や製品開発投資の集約化による品揃えと
        機能強化の差別化を図る事ができますが、活動範囲が限定されることや、当社の受注状況が流通業界のシステム投
        資動向に影響を受ける場合があります。
       (2)当社パッケージ製品について
        ① 当社パッケージ製品の一部は、特定のハードウエアに導入すべく開発されており、メーカーのマーケティング
          戦略が当社の業績に影響を与える可能性があります。
        ② 当社は、多様化する顧客のニーズや技術動向に対応してパッケージ・ソフトウエアの開発を行っております
          が、開発活動及び製品化したものの、製品の販売が計画通り進まない場合には、当該開発費用を回収すること
          ができず、当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       (3)システム開発に関するリスクについて
        ① システム開発の受注内容については、商談時に詳細な要件・仕様まで固めることが困難なため、開発工程の各
          段階において、レビューやテスト・検収等を行い、早期にお客様との認識不一致を回避し、開発工数の増加や
          トラブル・クレームが発生しないよう努めておりますが、当社とお客様との間に認識のずれが発生することを
          100%回避することはできず、システム納品後等においてトラブル・クレームが発生した場合は、早期に安定
          稼動するよう対処しております。
        ② 個別のプロジェクトにおいて、受注前時点での見積工数と実績、開発言語等の当社要員スキルとプロジェクト
          で必要となるスキル等を100%一致させることは大変困難であり、生産ロスを発生させる可能性があります。
          ロス発生を抑えるべく、予算作成段階での精度向上や柔軟なプロジェクト構成を可能にするため、採用活動や
          教育投資をおこない、要員を確保するよう対処しております。
        ③ 現時点では係争事件等はありませんが、著作権等の知的所有権に係る係争事件等の発生を100%回避すること
          は困難であります。係争事件等が発生した場合には当社の事業及び業績に影響を与える可能性があります。
        ④ システム開発業務は、性格上顧客及びコンピュータ機器メーカー等の機密情報にふれることが多いため、機密
          情報の取扱いにはISMSの認証取得などを通して対処しておりますが、万一機密情報が漏洩した場合には当社の
          事業及び業績に影響を与える可能性があります。
       (4)人材の確保
         今後継続して競争力のある製品及びサービスの提供を推進していくためには、優秀な人材の確保が不可欠となり
        ます。採用活動及び教育投資には力を入れて行っておりますが、当社の求める人材が十分に確保できない場合、又
        は現在在職している人材が流出するような場合には、当社の事業推進に支障が生じる可能性があります。
       (5)自然災害の発生
         当社は、国内各地に事業を展開しており、地震等の大規模な自然災害の発生により、取引先、当社、社員等に甚
        大な被害が発生した場合には、経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
                                  8/61








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当事業年度における当社の財政状態、経営成績およびキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の
       状況の概要は次のとおりであります。
        1.財政状態及び経営成績の状況

          当事業年度におけるわが国の経済は、政府による経済政策や日銀による金融政策を背景に企業業績は好調に推
         移し、雇用・所得環境の改善による下支え等もあり、国内景気は緩やかな回復基調で推移いたしました。
          当社の主要顧客である流通業界におきましては、人手不足による人件費高騰により、業務の効率化を進めるた
         めのIT投資意欲は堅調に推移いたしました。当情報サービス業界におきましては、企業のIT投資が堅調に推移し
         たために活況を呈していますが、エンジニア不足による人材の確保が課題となっております。
          このような状況下、当社におきましては、社員教育投資、当社オリジナルパッケージ・ソフトウェアである小
         売業向けの「CHAINSⅢ+」および卸売業・メーカー向けの「GROWBSⅢ」への開発投資効果もあらわれ、受注は好
         調に推移いたしました。また、システム開発プロセスの標準化を推進するとともに、手順の効率化に取り組むこ
         とにより、各プロジェクトを効率的に運営することができました。さらに、2012年よりサービス提供を開始して
         おります、ホスティングサービスおよびクラウドサービスなどの定常的に収入を得られる継続型ビジネスの受注
         も順調に積み上がり、安定的な収益の確保に貢献できるボリュームまで事業が成長しました。
          このような結果、当事業年度の財政状態および経営成績は以下のとおりとなりました。
         ① 財政状態

           当事業年度の資産合計は、前事業年度に比べ1億37百万円増加し、14億85百万円となりました。
           当事業年度の負債合計は、前事業年度に比べ93百万円増加し、5億44百万円となりました。
           当事業年度の純資産合計は、前事業年度に比べ43百万円増加し、9億41百万円となりました。
         ② 経営成績

           当事業年度の売上高は、14億90百万円(前年同期比105.1%)となりました。利益面では、「CHAINSⅢ+」お
          よび「GROWBSⅢ」への大規模な研究開発投資を行いましたが、前述のシステム開発プロセスの標準化と手順の
          効率化に取り組んだ結果、一部不採算のプロジェクトはありましたが、各プロジェクトの利益率は改善され、
          営業利益は1億10百万円(前年同期比137.0%)、経常利益は1億24百万円(前年同期比141.0%)、当期純利益
          は77百万円(前年同期比116.4%)となりました。
        2.キャッシュ・フローの状況

          当事業年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ70百万円増の3
         億69百万円となりました。
          (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果獲得した資金は、1億46百万円(前年同期は1億84百万円の獲得)となりました。
           これは主に、仕入債務の減少額71百万円及びたな卸資産の増加額35百万円があったものの、税引前当期純利
          益1億13百万円、減価償却費83百万円及び前受金の増加額74百万円があったことによるものであります。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動の結果使用した資金は、32百万円(前年同期は21百万円の使用)となりました。
           これは主に、投資有価証券の売却による収入76百万円があったものの、有形固定資産の取得による支出48百
          万円及び建設仮勘定の取得による支出55百万円があったことによるものであります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)
           財務活動の結果使用した資金は、43百万円(前年同期は47百万円の使用)となりました。
           これは、配当金の支払額20百万円及びリース債務の返済による支出22百万円があったことによるものであり
          ます。
                                  9/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        3.生産、受注及び販売の実績
         ① 生産実績
           当事業年度の生産実績を品目別に示すと、次のとおりであります。
                               当事業年度
                            (自 2018年4月        1日
             品目別                                  前年同期比(%)
                             至 2019年3月31日)
     システム開発(千円)                             788,893                   105.3
       (注)1.金額は製造原価により算出しております。
          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         ② 仕入実績

           当事業年度の仕入実績を品目別に示すと、次のとおりであります。
                               当事業年度
                            (自 2018年4月        1日
             品目別                                  前年同期比(%)
                             至 2019年3月31日)
     商品(千円)                             272,797                    87.1
        (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         ③ 受注実績

           当事業年度の受注実績を品目別に示すと、次のとおりであります。
                                      当事業年度
                                   (自 2018年4月        1日
            品目別
                                    至 2019年3月31日)
                       受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)
     システム開発                    1,352,829            123.7         620,818           153.9
     商品                     365,030           84.4         70,145          116.7

            合計             1,717,859            112.5         690,964           149.1

        (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
           2.継続的役務の提供に関する受注残高は、期末時点における先3ヶ月間分の売上計上見込金額が記載してあ
             ります。
                                 10/61










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         ④ 販売実績
           当事業年度の販売実績を品目別に示すと、次のとおりであります。
                               当事業年度
                            (自 2018年4月        1日
             品目別                                  前年同期比(%)
                             至 2019年3月31日)
     システム開発(千円)                            1,135,402                    112.4
     商品(千円)                             354,969                    87.1

           合計(千円)                      1,490,371                    105.1

       (注)1.最近2事業年度の主な相手先別販売実績および当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりで
            あります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自    2017年4月     1日        (自    2018年4月     1日
                 相手先
                               至   2018年3月31日)              至   2019年3月31日)
                             金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)
           クラギ株式会社                    188,044          13.3         -        -

           綿半ホールディングス株式会社                     175,130          12.4         -        -

          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          3.当事業年度のクラギ株式会社、綿半ホールディングス株式会社に対する販売実績は、当該販売実績の総販
           売実績に対する割合が100分の10未満のため記載を省略しております。
          4.当事業年度の当該販売実績の総販売実績の100分の10以上を占めるものがありませんので、記載を省略して
           おります。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末日において判断したものであります。
        1.重要な会計方針及び見積り

         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております
        が、特に次の重要な会計方針には不確実性が内在しており、財務諸表作成において大きな影響を及ぼすものと考
        えております。
        ① 収益の認識
          当社のシステム開発に関する売上は、受注制作のソフトウエア開発は工事進行基準を、その他の受注契約に
         ついては顧客のテスト完了に基づく検収基準を適用しております。売上計上後、テストにおいて発見できな
         かった瑕疵が発見された場合、追加原価が発生する可能性があります。
        ② 仕掛品
          当社の仕掛品は、開発途中の受託システム開発に関するものであり、個別法による原価法(貸借対照表価額
         は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)により投入された費用を計上しておりますが、顧客と
         の認識不一致等により当初の見積額より費用が増加し、評価損の計上が必要になる可能性があります。
        ③ 貸倒引当金
          当社は、貸倒損失に備えるため、一般債権は貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別
         に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しておりますが、顧客の支払能力低下等により追加引当が必要
         となる可能性があります。
        ④ 受注損失引当金
          当社は、受注契約に係る将来の損失に備えるため、受注契約に係る損失見込額を計上しておりますが、予定
         費用を超過した場合は追加引当が必要となる可能性があります。
        ⑤ 固定資産の減損
          当社は、減価償却資産に関し見込利用可能期間により減価償却を行っており、土地等非償却資産に関しては
         取得原価により計上しておりますが、資産の陳腐化や固定資産の減損に係る会計基準により、固定資産の減損
         等が必要となる可能性があります。
                                 11/61



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        ⑥ ソフトウエア
          当社は、ソフトウエア(市場販売目的)については、3年以内の見込販売可能期間(完成年度を含む3年
         間)で均等償却しておりますが、販売可能期間が見積りと異なった場合、追加償却が必要となる可能性があり
         ます。
        ⑦ 投資有価証券
          当社の保有する投資有価証券は、時価のあるものは決算日時点の時価により評価しておりますので、その時
         点で市況の悪化や投資先企業の業績不振により、評価損の計上が必要となる可能性があります。
        ⑧ 繰延税金資産
          繰延税金資産については、回収可能性を勘案し見直しを行っておりますが、当社の業績状況によりまして
         は、繰延税金資産の回収見込がないと判断し、取崩しが必要となる可能性があります。
       2.当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        ①経営成績等
         1)財政状態
          (資産)
           当事業年度末における流動資産の残高は、現金及び預金等の増加等により、前事業年度末に比べ1億13百万
          円増加し、8億74百万円となりました。
           当事業年度末における固定資産の残高は、リース資産及び建設仮勘定の増加等により、前事業年度末に比
          べ23百万円増加し、6億11百万円となりました。
          (負債)
           当事業年度末における流動負債の残高は、買掛金等の減少はあったものの、前受金等の増加により、前事
          業年度末に比べ31百万円増加し、4億51百万円となりました。
           当事業年度末における固定負債の残高は、リース債務の増加等により、前事業年度末に比べ61百万円増加
          し、93百万円となりました。
          (純資産)
           当事業年度末における純資産の残高は、前事業年度末に比べ43百万円増加し、9億41百万円となりました。
          これは利益剰余金の増加等によるものであります。
           なお、自己資本比率は前事業年度末に比べ3.1ポイント減の63.4%、1株当たり純資産額は前事業年度末に
          比べ129円34銭増の2,779円2銭となりました。
         2)経営成績

          当事業年度の経営成績につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 1.財政状態及び経営成績の状
         況 ②経営成績」に記載のとおりであります。
         3)キャッシュ・フローの状況

          当事業年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 2.キャッ
         シュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
        ②経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          当社の経営成績等に影響を与える要因としては、市場動向、人材の確保、オリジナルパッケージ・ソフトウ
         エアの競争力、各プロジェクトの採算性および継続ビジネスの拡充等があります。
          市場動向については、当社の主要顧客である流通業界におきましては、引き続き人材不足による人件費高騰
         に対応するためのIT投資が堅調に推移するものと想定しております。当情報サービス業界におきましては、企
         業のIT投資が堅調に推移するものとみられますが、エンジニア不足による人材の確保が課題になると想定して
         おります。
          今後の見通しにつきましては、企業収益は全般的に回復傾向にあり、当社の主要顧客である流通業界におき
         ましても、人材不足による人件費高騰に対応するためのIT投資が引き続き堅調に推移するものと想定しており
         ます。当情報サービス業界におきましては、企業のIT投資が堅調に推移するものとみられるものの、エンジニ
         ア不足による人材の確保が課題になると想定しております。
          当社においては、今後の見込み案件も多いため、引き続き高水準の受注を確保していける見通しで、受注残
         も多くありますが、顧客の業務を深く理解したうえで高付加価値なソフトウエアを提供しなければならない事
         業特性上、プロジェクトマネジメントを行うことのできる専門性の高い社員数を急に増やすことはできず、限
         られた要員数で事業を行っているため、売上高の伸びは限定的となります。また、当社オリジナルパッケー
         ジ・ソフトウエアへの開発には引き続き高水準の研究開発投資が必要であり、利益の圧縮要因となります。
          このような状況下、当社におきましては、従来通り流通業の業務システム構築に事業を特化し、流通業のお
         客様の経営課題・業務課題を正しく理解した的確な営業活動、オリジナルパッケージ・ソフトウエアである
         「CHAINSⅢ+」および「GROWBSⅢ」への継続的な投資による機能強化、クラウドサービスや保守サポートなど
                                 12/61

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         の定常収入が得られる継続ビジネスの充実と受注の拡大に努めてまいります。また、「量販型の流通業のお客
         様に特化した総合ITベンダー」として、地に足を付けて以下の施策に取り組むことで、社会から必要とされる
         会 社としてあり続ける努力を継続してまいります。
          1) 当社オリジナルのパッケージ・ソフトウエアへの研究開発投資による機能強化と、サービス提供範囲を

             拡大するとともに新しいサービスを創出してまいります。
          2) 魅力ある製品、サービスを提供するため、社員教育に経営資源を投下しテクニカルスキルおよびビジネ
             ススキルの向上をはかり、「量販型の流通業のお客様に対するITサービスを提供するプロフェッショナ
             ル集団」を目指してまいります。
          3) 顧客満足度を高めるため、システム開発プロセスの標準化を推進し、手順の効率化に取り組むことで、
             より効率的なプロジェクトマネジメントの仕組を構築してまいります。
        ③資本の財源及び資金の流動性

         1) 資金需要
           当社の事業活動における運転資金需要の主なものは、商品の仕入代金、ソフトウエアの開発費用および一
          般管理費があります。また、販売目的ソフトウエアの開発に関わる無形固定資産およびクラウドサービスを
          提供するためのハードウエア等に対する固定資産投資等があります。
           また、2021年3月期に本社ビルを新築し、移転することを計画しており、本社移転に関わる土地・建物に対
          する投資及び移転費用があります。
         2) 財務政策

           当社は、事業活動の維持拡大に必要な資金を安定的に確保するため、内部資金の活用および金融機関から
          の借入により資金調達をおこなっております。必要な運転資金は、金融機関との当座貸越契約を締結し十分
          な借入枠を有しております。
           また、本社移転に関わる土地・建物に対する投資資金については、金融機関からの借入により資金調達をお
          こなう予定であります。土地につきましては2019年4月に取得しており、つなぎ資金として4億円を金融機関か
          らの手形借入により資金調達をおこなっております。
           なお、当事業年度末にリース債務以外の有利子負債はありません。
        ④経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社は、企業の収益力を表す各利益項目、特に営業利益の増額を目指しております。
          当事業年度の営業利益、経常利益および当期純利益につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 1.
         財政状態および経営成績の状況 ②経営成績」に記載のとおりであり、当初の計画に比べ営業利益は15百万円
         増(計画比116.5%)、経常利益は24百万円増(計画比124.3%)、当期純利益は9百万円増(計画比114.4%)
         となりました。これは、社員教育に取り組んできたことと、システム開発プロセスの標準化を進め手順を効率
         化することによるプロジェクトの効率化を図ることができたこと等によります。
          2020年3月期の業績につきましては、営業利益1億30百万円(前年同期比117.5%)、経常利益1億30百万円
         (前年同期比104.6%)、当期純利益85百万円(前年同期比109.2%)を予定しております。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当事業年度における研究開発活動の金額は、                     66,769   千円であります。
       これは、流通業向けパッケージ・ソフトウエアの研究開発に係るものであります。
                                 13/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当事業年度において重要な設備の取得、除却及び売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社における主要な設備は、以下のとおりであります。
                                                   2019年3月31日現在
                                  帳簿価額(千円)

        事業所名                                                従業員数
               設備の内容                  工具、器
       (所在地)                                                 (人)
                      建物及び       土地          リース資      ソフトウ
                                 具及び備                  合計
                      構築物     (面積㎡)            産      エア
                                 品
     本社                       80,251
               事務所        54,570           41,667     114,952      20,816     312,256        76
     (名古屋市熱田区)                      (408.95㎡)
     東京事業所                         -
               事務所        1,546             52      -      -    1,598       15
     (東京都中央区)                         (-)
      (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         2.上記の他、主要な賃借及びリースによる設備として、以下のものがあります。
          事業所名                                     年間賃借料又はリース料
                       設備の内容            面積又はリース期間
         (所在地)                                      (千円)
     本社              コンピュータ機器等
                                       5年                   243
     (名古屋市熱田区)              (リース)
     東京事業所
                                                        12,278
                   事務所(賃借)                  149.00㎡
     (東京都中央区)
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         当社の設備投資につきましては、業績及び景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しておりま
        す。
         なお、当事業年度末現在における重要な設備の新設等の計画は次のとおりであります。
                       投資予定額                着手及び完了予定年月

       事業所名
              設備の内容                  資金調達方法
       (所在地)
                      総額     既支払額
                                        着手      完了
                     (千円)      (千円)
       本社等
                                自己資金及び
       (愛知県                 -    54,800             -      -
              土地・建物
                                 借入金
       名古屋市)
      (注)1.上記の金額に消費税等は含まれておりません。
         2.セグメントの名称については、単一セグメントのため、記載を省略しております。
         3.投資予定総額、着手・完了予定年月は、計画策定中のため、記載を省略しております。
         4.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 14/61






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            1,200,000

                  計                                1,200,000

     (注)2018年6月22日開催の第44期定時株主総会により、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を
        行っております。これにより、発行可能株式総数は10,800,000株減少し、1,200,000株となっております。
        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                  (株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年6月21日)
               (2019年3月31日)                         取引業協会名
                                        名古屋証券取引所
                                                     単元株式数
     普通株式               350,000             350,000
                                        (市場第二部)
                                                     100株
                     350,000             350,000            -          -
         計
     (注)1.2018年6月22日開催の第44期定時株主総会決議により、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式
         併合を行っております。これにより、発行済株式総数は3,150,000株減少し、350,000株となっております。
        2.2018年6月22日開催の第44期定時株主総会決議により、2018年10月1日付で単元株式数を1,000株から100株に変
         更しております。
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(千株)         (千円)        (千円)              高(千円)
                 (千株)                              (千円)
       2015年6月24日
                    -      3,500       80,760       302,000       △80,760        106,146
        (注)   1
       2018年10月1日
                  △3,150          350        -     302,000          -     106,146
        (注)   2
      (注)1    資本準備金の資本組入れによるものであります。
         2    株式併合(10:1)によるものであります。
                                 15/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                    2019年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
                                                       式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取     その他の
                                                       (株)
                 金融機関                           個人その他       計
            方公共団体           引業者     法人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      3     ▶     19     -     -     160     186      -
     所有株式数
               -     181      5     735      -     -    2,575     3,496      400
     (単元)
     所有株式数の
               -     5.18     0.14     21.02       -     -    73.66     100.00       -
     割合(%)
      (注)1.自己株式11,290             株は、「個人その他」に112単元及び「単元未満株式の状況」に90株を含めて記載しておりま
          す。
         2.2018年6月22日開催の第44期定時株主総会決議に基づき、2018年10月1日をもって1単元の株式数を1,000株か
          ら100株に変更しております。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                    住所
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             54,800          16.17

     梅田 渉               名古屋市天白区
                    名古屋市熱田区三番町21-8                        47,314          13.96
     テスク従業員持株会
                                             39,300          11.60
     梅田 源               名古屋市熱田区
                    名古屋市熱田区川並町4-8                        23,300           6.87
     株式会社トーカン
                    東京都大田区蒲田5丁目37-1
     JBCCホールディングス株
                                             15,000           4.42
     式会社
                    ニッセイアロマスクエア
                    名古屋市中区錦3丁目19-17                        14,000           4.13
     株式会社名古屋銀行
                    名古屋市中区栄3丁目11-31                         8,000          2.36
     株式会社シーアイエス
     兵藤    光沖                                     6,991          2.06
                    愛知県豊明市
     山田    正明                                     6,129          1.80
                    名古屋市中区
     吉岡    孝徳            名古屋市熱田区                         5,800          1.71
                              -              220,634           65.13

            計
                                 16/61








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                           11,200         -            -

                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                           338,400            3,384         -
                         普通株式
                                  400       -            -
      単元未満株式                    普通株式
                                350,000          -            -
      発行済株式総数
                                   -          3,384         -
      総株主の議決権
     (注)2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。これにより、発行済株式総数は
        3,150,000株減少し、350,000株となっております。
        ②【自己株式等】
                                                   2019年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に対

                            自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                  する所有株式数の割
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                            株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                  合(%)
                 名古屋市熱田区三番

                                        -
                              11,200               11,200           3.20
     株式会社テスク
                 町21-8
                     -         11,200         -     11,200           3.20
          計
     (注)2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
                                 17/61











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第9号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                                      株式数(株)            価額の総額(円)

                   区分
      取締役会(2018年11月9日)での決議状況
                                             ▶          13,650
      (取得日      2018年11月9日)
                                            -             -
      当事業年度前における取得自己株式
                                             ▶          13,650
      当事業年度における取得自己株式
                                            -             -
      残存決議株式の総数及び価額の総額
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       -             -
                                            -             -
      当期間における取得自己株式
      提出日現在の未行使割合(%)                                       -             -
      (注)1.2018年10月1日付の株式併合により生じた1株に満たない端数の処理につき、会社法第235条第2項、第234条
           第4項及び第5項の規定に基づく自己株式の買取りを行ったものです。
         2.買取単価は、買取日の株式会社名古屋証券取引所における当社株式の終値であります。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項ありません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他(単元未満株式の売渡請求による売
                                 -        -        -        -
      渡)
      保有自己株式数                         11,290          -      11,290          -
      (注) 当期間における保有自己株式には、2019年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式は含まれておりません。
                                 18/61







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、利益配当につきましては、株主への利益還元の充実と安定した配当を継続して実施することを重要な経営
       目的と位置付け、あわせて、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保の確保などを総合的に勘案し
       て決定しております。
        当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、この剰余金の配当の決定機関は取締
       役会であります。
        当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり60円の配当を実施いたしました。
        内部留保資金につきましては、市場ニーズに応える新技術への対応及び製品開発強化に有効投資するとともに、財
       務体質の強化を図り、安定的な経営基盤の確立に努めてまいる所存であります。
        当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
       めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                        配当金の総額(千円)              1株当たり配当額(円)
             決議年月日
         2019年5月20日
                                 20,322                 60
         取締役会
     (注)当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、競争力強化及び企業価値増大の観点から、迅速
         な経営判断と経営チェック機能の充実を図ることを基本的な考え方としております。また、会社の機関設計を監
         査等委員会設置会社としており、これにより、経営の監督とコーポレート・ガバナンス体制の一層の強化を図る
         とともに透明性及び機動性の高い経営に向けてより一層の努力をしております。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

         イ.企業統治の体制の概要
           当社は、監査等委員会設置会社であります。これにより、取締役会の監督機能の強化によるコーポレート・
          ガバナンスの一層の強化と企業価値の向上を図るとともに、経営の機動力向上と高い透明性を目指し、監査等
          委員以外の取締役4名及び監査等委員である取締役3名を選任しております。
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は次のとおりであります。
         ロ.当該企業統治の体制を採用する理由






          当社は、監査等委員会設置会社であり、取締役会、監査等委員会、会計監査人を設置しております。取締役会
         では、法令及び定款の定めるところに従って、経営上の最高意思決定機関として決議を行う一方、監査等委員会
         による適法性及び妥当性監査を行い、取締役会の監督機能をより一層強化しております。
        ③ 企業等に関するその他の事項

          イ.内部統制システムの整備の状況
                                 19/61

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
           当社は、次のとおり内部統制システム構築の基本方針を定めております。
           1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
             取締役及び使用人が法令や諸規程を遵守し、社会規範に則した行動を行うために、コンプライアンスガ
             イドラインを定め、常に良識ある企業活動を行うことを徹底する。
             コンプライアンスに関する相談・報告窓口を設けており、問題点を把握するとともに必要な改善を行
             う。
           2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理については、法令・社内規程に基づき、適切に保存・管
             理する。
           3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             重要なリスクが発生した場合には、取締役会等において対処方法を審議する。
             内部監査室は各部門の監査を定期的に行い、規程等の遵守状況を監査する。
           4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             定例取締役会を開催するほか、必要の都度、臨時取締役会を開催し、重要事項の決議及び取締役の業務
             執行状況の監督を行う。
             全社及び各部門の目標値を設定し、その実績並びに進捗状況を業績検討会議にて報告、検討することに
             より、その達成と収益の確保を図る。
           5.監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び
             当該使用人の取締役からの独立性に関する事項
             監査等委員会が補助すべき使用人等を求めた場合、取締役会は必要に応じて業務補助者を置くこととす
             る。
             監査等委員会補助者の適切な業務執行のため、人事異動・人事評価・懲戒処分については、監査等委員
             に事前の同意を得るものとする。
           6.監査等委員会の職務を補助すべき使用人に対する指示の実行性の確保に関する事項
             監査等委員会から職務を補助すべき者として配置された使用人等は監査等委員会から指示を受けた業務
             を執行することとし、取締役はそれに基づく当該使用人等の職務の執行を妨げない。
           7.監査等委員会への報告に関する体制並びに報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱
             いを受けないことを確保するための体制
             内部通報制度である「コンプライアンスガイドライン」を設け、法令違反等を早期に発見する体制を整
             備するとともに、監査等委員及び内部監査室のスタッフが連携し、通報者に不利益が生じないことを確
             保する。
           8.監査等委員会の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
             監査等委員会及び監査等委員は、その職務の執行に必要な費用を会社に対して請求することができる。
           9.監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             監査等委員は、代表取締役をはじめ他の取締役及び使用人に対し、必要に応じヒアリングや意見交換を
             実施する。
             監査等委員は、内部監査室と連携して職務に当たるとともに、会計監査人とも意見及び情報交換を行
             い、効率的な監査を実施する。
           10.反社会的勢力排除に向けた考え方及び体制
             社会的秩序や市民生活の安全、健全な企業活動に脅威を与える反社会的勢力に対して、毅然とした態度
             で臨み、一切関係を持たずいかなる取引も行わない。また、必要に応じて警察等の外部専門機関と連携
             し対応する。
          ロ.リスク管理体制の整備の状況
            内部監査室の監査により、内部牽制機能の有効性や社内規則の遵守状況等により、リスクの極小化に努め
            ております。
          ハ.責任限定契約の内容の概要
            当社と社外取締役は、会社法第427条第1項に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約
           を締結しております。当該契約により、社外取締役がその任務を怠ったことにより当社に損失を与えた場合
           で、かつその職務を行うにつき善意でかつ重大な過失のないときは、会社法第425条第1項に定める最低責
           任限度額を限度として当社に対し、責任を負うものとしております。
          ニ.取締役の定数
            当社の監査等委員でない取締役は、10名以内、監査等委員である取締役は4名以内とする旨を定款で定め
           ております。
          ホ.取締役の選任及び解任の決議要件
            当社は、株主総会での取締役選任決議につき、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
           を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、かつ累積投票によらないものと定款に定めてお
           ります。
                                 20/61

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
            解任決議については、会社法第341条の規定により、議決権を行使することができる株主の議決権の過半
           数を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行われます。
          ヘ.株主総会の特別決議要件
            当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができ
           る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
           おります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行
           うことを目的とするものであります。
          ト.剰余金の配当等の決定機関
            当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合
           を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の
           配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであり
           ます。
          チ.中間配当
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、
           中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
          リ.取締役の責任免除
            当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、取締役会決議により、取締役(取締役で
           あったものを含む。)の責任を法令の範囲内で一部免除できる旨を定款に定めております。
                                 21/61















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  7 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                          所有
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                         (株)
                               2002年   4月  日本アイ・ビー・エム株式会社入社
                               2010年   4月  当社入社
         代表取締役                                             (注)
                               2010年   6月  取締役就任
                 梅田  源      1978年6月24日      生                             39,300
          社長
                                                       2
                               2010年10月     取締役副社長就任
                               2011年   6月  代表取締役社長就任(現任)
                               1980年   3月  当社入社
                               2000年   4月  経理部長
         常務取締役                                             (注)
                               2000年   6月  取締役就任
                 岡本 匡弘      1958年4月1日     生                             4,700
         管理部長                                              2
                               2002年   6月  取締役管理部長
                               2018年   4月  常務取締役管理部長(現任)
                               1983年   3月  当社入社
                               2005年   4月  西日本流通営業部長
         取締役                                            (注)
                               2006年   6月  取締役就任
                 三浦 英二      1960年8月3日     生
                                                          4,300
         営業部長
                                                       2
                               2014年   4月  取締役営業部長
                               2019年   4月  取締役営業本部長(現任)
                               1985年   3月  当社入社
                               2004年   4月  企画開発支援部長
         取締役
                               2015年   4月  小売第2システム部長
         製品企画・                                             (注)
                 伊藤 紀人      1960年7月15日      生                             3,400
         プロジェクト
                               2016年   6月  取締役小売第2システム部長就任                   2
          支援部長
                               2017年   7月  取締役製品企画・プロジェクト支援部長(現
                                    任)
                               2003年   6月  株式会社名古屋銀行執行役員エリア長
                               2008年   6月  株式会社ナイス代表取締役社長就任
         取締役
                                                      (注)
                               2012年   6月  株式会社テクノ菱和監査役就任
                 横山 真次      1949年2月13日      生                              500
        (監査等委員)                                              1,3
                               2013年   6月  当社常勤監査役就任
                               2015年   6月  取締役(監査等委員)就任(現任)
                               1979年   3月  株式会社トーカン入社
                               2001年12月     同社取締役
                               2005年12月     同社取締役常務執行役員
         取締役                                            (注)
                 神谷  亨      1957年2月23日      生  2014年10月     同社取締役専務執行役員(現任)
                                                           -
        (監査等委員)                                              1,3
                               2016年   6月  当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                               2019年   4月  セントラルフォレストグループ株式会社専務
                                    取締役就任(現任)
                               1998年   1月  日本アイ・ビー・エム株式会社
                                    中部支社流通営業部営業部長
                               2007年   4月  日本ビジネスコンピューター株式会社
         取締役                                            (注)
                                    執行役員中部事業部長
                 後藤 雅彦      1954年8月9日     生                               -
        (監査等委員)
                                                      1,3
                               2010年   4月  株式会社シーアイエス代表取締役社長
                               2017年   4月  同社顧問(現任)
                               2018年   6月  当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                                         計                52,200
      (注)1.横山真次、神谷亨及び後藤雅彦は、社外取締役であります。
         2.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         3.2019年6月21日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
                                 22/61






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は3名いずれも監査等委員であります。
          社外取締役横山真次及び後藤雅彦は、経営者としての豊富な経験と幅広い知見を有しております。また、社外
         取締役神谷亨は、長年経理財務部門等管理部門の責任者を歴任し、その豊富な経験と幅広い見識を有している事
         から社外取締役に選任しております。
          社外取締役横山真次は、当社の株主及び取引銀行である株式会社名古屋銀行並びに当社の株主及び取引先であ
         る株式会社ナイスの出身者であります。社外取締役神谷亨は、当社の株主及び取引先である株式会社トーカンの
         取締役であります。社外取締役後藤雅彦は、当社の株主である株式会社シーアイエスの出身者であります。ま
         た、社外取締役横山真次は、当社の株式を所有しており、その保有株式数は、「① 役員一覧」の所有株式数の
         欄に記載のとおりであります。なお、当社は、株式会社名古屋銀行、株式会社ナイス及びセントラルフォレスト
         グループ株式会社の株式を保有しております。その他、社外取締役と当社との間に特記すべき利害関係はありま
         せん。
          社外取締役は、取締役会への出席、会計監査人との連携、監査等委員以外の取締役等との情報・意見交換、他
         の監査等委員である取締役との情報・意見交換・協議、内部監査室との情報・意見交換を行い、外部からの客観
         的・中立な経営監視が機能する体制をとっております。
          社外取締役選任にあたり、当社において独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、名古屋証券取引
         所の独立役員の確保に関する規定等における独立性に関する判断基準を参考に選任しております。
          当社は、2015年6月24日開催の第41期定時株主総会において、監査等委員会設置会社への移行をしておりま
         す。監査等委員でない取締役の業務執行に対する監視機能については、監査等委員会を設置することにより客観
         的・中立的な監視が行われることで十分に確保できると考えております。
        ③ 社外取締役による監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

           監査等委員会を構成する監査等委員は、当社の重要な会議に出席し、必要に応じて意見陳述を行うほか、会
          計監査人並びに監査等委員以外の取締役からの報告を受けるなど、監査等委員以外の取締役の業務執行につい
          て適法性及び妥当性監査を行う体制をとっております。
           当社は、監査等委員は3名、内部監査室は1名の体制であります。内部監査室の1名は、決算手続や財務諸表
          の作成等を行っている部門の責任者でありました。
           内部監査室では、四半期毎の業務監査及び内部統制監査等の監査を行っており、その結果は、社長、監査等
          委員会及び管理部に報告されております。
           監査等委員会、内部監査室、管理部及び会計監査人は、適宜情報・意見交換を行い、相互の連携を図るもの
          といたします。
                                 23/61










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査等委員会監査の状況
          監査等委員会は、社外取締役3名全員で構成されており、当社の重要な会議に出席し、必要に応じて意見陳述
         を行うほか、会計監査人並びに監査等委員以外の取締役からの報告を受けるなど、監査等委員以外の取締役の業
         務執行について適法性及び妥当性監査を行っております。
          監査等委員会、内部監査室、管理部及び会計監査人は、適宜情報・意見交換を行い、相互の連携を図るものと
         いたします。
        ② 内部監査の状況
          内部監査室では、四半期毎の業務監査及び内部統制監査等の監査を行っており、その結果は、社長、監査等委
         員会及び管理部に報告されております。
          当社は、内部監査室は1名の体制であります。内部監査室の1名は、決算手続や財務諸表の作成等を行っている
         部門の責任者でありました。
        ③ 会計監査の状況
         イ.監査法人の名称
           太陽有限責任監査法人
         ロ.業務を執行した公認会計士
           当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、森内茂之、岡田昌也の2名であり、太陽有限責任監査法人に
          所属しております。
         ハ.監査業務に係る補助者の構成
           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他3名であります。
         ニ.監査法人の選定方針と理由
           監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等その必要があると判断した場合は、株主総会
          に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
           また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員全
          員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、解任後
          最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
         ホ.監査等委員会による監査法人の評価
           当社の監査等委員会は、年に一度「会計監査人の評価及び選定に関する基準」に基づき、監査法人の監査方
          法、監査の結果、会計監査人の独立性、会計監査人の職務を確保する体制等の評価を行っております。
        ④監査報酬の内容等
          「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(2019年1月31日内閣府令第3号)による
         改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)iからⅲの規定に経過措置を
         適用しております。
         イ.監査公認会計士等に対する報酬
                  前事業年度                       当事業年度
          監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく
          報酬(千円)            報酬(千円)            報酬(千円)            報酬(千円)
                 9,900             -         10,400              -

         ロ.その他重要な報酬の内容
           該当事項はありません。
         ハ.監査報酬の決定方針
           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、取締役会が監査等委員会の同意を得て
          決定する旨を定款で定め、監査日数等を勘案した見積りに基づき、公認会計士との協議のうえ決定しておりま
          す。
         ニ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由
           監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適
          切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたし
          ました。
                                 24/61




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりません。
          当社の役員の報酬額は、2015年6月24日開催の第41期定時株主総会において年額90,000千円以内(ただし、使
         用人分給与は含まない。)と決議しております。
          監査等委員の報酬限度額は、2015年6月24日開催の第41期定時株主総会において年額20,000千円以内と決議し
         ております。
          当社の役員の報酬等の額は、代表取締役が各取締役の職責、成果に応じて評価し、取締役会にて決定しており
         ます。また、監査等委員である取締役は監査等委員会にて決定しております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(千円)
                                                対象となる
                    報酬等の総額
                                                役員の員数
          役員区分
                     (千円)
                                                 (人)
                            固定報酬      業績連動報酬       退職慰労金
     取締役(監査等委員及び社外

                       53,457       53,457         -       -       ▶
     取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                         -       -       -       -       -
     (社外取締役を除く。)
     社外役員                  4,200       4,200        -       -       ▶
        ③   使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの
           総額(百万円)               対象となる役員の員数(人)                        内容
                19,100千円                      2   使用人としての給与であります。

                                 25/61













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
         ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、一定
         以上の継続的な取引もしくは、当社株式の保有のうちどちらかを満たしている投資株式を、純投資目的以外の目
         的である投資株式とし、その他の投資株式を純投資目的である投資株式としている。
         ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
         イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並び個別銘柄の保有の適否に関しては、取締役会において、当社
          との取引内容、当社株式の保有状況および、配当利回りなどを参考に検証しております。
         ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                      2           25,682

     非上場株式
                      5          123,847
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                      -             -  -

     非上場株式
                                     発行会社の持株会に加入し、毎月株式購入資金
                      1           1,635
     非上場株式以外の株式
                                     を拠出しているため。
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                      -             -

     非上場株式
                      2           12,457
     非上場株式以外の株式
                                 26/61











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
           特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                  (千円)         (千円)
                                  当社得意先であり、取引額および投資利
                     28,100         30,400
     JBCCホールディ
                                  回りなどを取締役会にて検討した結果、                      有
     ングス株式会社
                     42,150         32,376
                                  保有を継続することとしております。
                                  当社得意先であり、取引額および投資利
                     16,648         15,961
                                  回りなどを取締役会にて検討した結果、
                                  保有を継続することとしております。
     イオン株式会社                                                   無
                                  増加した理由は、発行会社の持株会に加
                     38,565         30,318
                                  入し、継続的に株式購入資金を拠出した
                                  ためとなっております。
     株式会社ダイユー・
                                  当社得意先であり、取引額および投資利
                     35,520         35,520
     リックホールディン                                                  有(注3)
                                  回りなどを取締役会にて検討した結果、
                     33,033         40,421
     グス(注2)
                                  保有を継続することとしております。
                                  当社との取引関係および投資利回りなど
                     2,400         4,800
     株式会社名古屋銀行                             を取締役会にて検討した結果、保有を継                      有
                     8,568         18,984
                                  続することとしております。
                                  当社の大株主であり、保有株式数および
                     1,000         1,000
     株式会社トーカン
                                  投資利回りなどを取締役会にて検討した
                                                        有
     (注4)
                                  結果、保有を継続することとしておりま
                     1,530         1,920
                                  す。
                       -       50,000
                                  保有について検討した結果、保有目的を
     美濃窯業株式会社                                                   有
                                  純投資目的に変更しました。
                       -       28,000
                                  保有について検討した結果、保有目的を
                       -       52,000
     菊水化学工業株式会
                                  純投資目的に変更し、全株式を売却いた                      無
     社
                       -       23,660
                                  しました。
                                  保有について検討した結果、保有目的を
                       -        2,000
     スギホールディング
                                  純投資目的に変更し、全株式を売却いた                      無
     ス株式会社
                       -       11,780
                                  しました。
                                  保有について検討した結果、保有目的を
                       -        1,400
     株式会社協和エクシ
                                  純投資目的に変更し、全株式を売却いた                      有
     オ(注5)
                       -        5,460
                                  しました。
     株式会社三菱UFJ
                       -        5,830
                                  保有について検討した結果、保有目的を
                                                       有(注6)
     フィナンシャル・グ
                                  純投資目的に変更しました。
                       -        4,063
     ループ
     (注)1.特定投資株式における定量的な保有効果の記載は困難であります。
        2.株式会社ダイユー・リックホールディングスは、2019年4月1日付で、アレンザホールディングス株式会社へ商号
        変更しております。
        3.株式会社ダイユー・リックホールディングスは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社ダ
        イユーエイトは当社株式を保有しております。
        4.株式会社トーカンは、国分中部株式会社と2019年4月1日を株式移転の日として、共同で完全親会社となるセント
        ラルフォレストグループ株式会社を設立し、完全子会社となっております。また、2019年4月1日を効力発生日とし
        て、株式会社トーカン普通株式1株につきセントラルフォレストグループ株式会社普通株式1株が割当交付されてお
        ります。
        5.2018年10月1日付の株式交換に伴い、日本電通株式会社普通株式1,400株に対して株式会社協和エクシオ普通株式
        2,604株を割当交付されております。
                                 27/61



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        6.株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループは当社株式を保有しておりませんが、同社子会社である株式会社
        三菱UFJ銀行は当社株式を保有しております。
         ③保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
                          -           -           1        20,778

     非上場株式
                           2        17,227             3        15,241
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
                          300           -         (注)

     非上場株式
                         2,225          63,570           8,818
     非上場株式以外の株式
     (注)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「評価損益の
        合計額」は記載しておりません。
         ④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの
              銘柄                株式数(株)               貸借対照表計上額(千円)
       (株)ナイス                               6,000                 20,778
                                 28/61













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.財務諸表の作成方法について
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
       て作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日ま
       で)の財務諸表について、太陽有限責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
       適切に把握し、財務諸表を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、セミ
       ナーへの参加及び会計専門書の定期購読を行っております。
                                 29/61















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
      1【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        359,230              429,489
         現金及び預金
                                        307,695              321,868
         売掛金
                                         21,442              15,066
         リース投資資産
                                           199             10,996
         商品及び製品
                                        ※2 31,154             ※2 55,565
         仕掛品
                                         40,733              40,474
         前払費用
                                           513             1,110
         その他
                                         △ 164             △ 235
         貸倒引当金
                                        760,805              874,337
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        230,471              230,471
          建物
                                       △ 168,968             △ 174,354
            減価償却累計額
                                        ※1 61,502             ※1 56,116
            建物(純額)
          工具、器具及び備品                              123,925              142,195
                                        △ 76,667             △ 100,476
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             47,257              41,719
                                       ※1 116,436             ※1 93,577
          土地
                                         59,555              157,039
          リース資産
                                        △ 22,063             △ 42,087
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                             37,491              114,952
                                           -            55,344
          建設仮勘定
                                        262,687              361,709
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         56,675              20,816
          ソフトウエア
                                           145              145
          その他
                                         56,820              20,962
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
          投資有価証券                              240,901              169,757
                                           261               -
          破産更生債権等
                                         9,799              17,214
          長期前払費用
                                         6,018              29,631
          繰延税金資産
                                         11,661              12,115
          その他
                                         △ 261               -
          貸倒引当金
                                        268,380              228,718
          投資その他の資産合計
                                        587,888              611,390
         固定資産合計
                                       1,348,694              1,485,727
       資産合計
                                 30/61






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2018年3月31日)              (2019年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        145,029               71,715
         買掛金
                                         17,696              35,496
         リース債務
                                         77,661              47,512
         未払金
                                         21,482              21,754
         未払費用
                                         17,100              45,086
         未払法人税等
                                         16,909              16,107
         未払消費税等
                                         24,422              98,507
         前受金
                                         9,100              9,648
         預り金
                                         36,278              29,284
         前受収益
                                         54,268              62,968
         賞与引当金
                                           -            13,108
         受注損失引当金
                                        419,949              451,190
         流動負債合計
       固定負債
         リース債務                                27,991              91,159
                                           490              490
         長期未払金
                                         2,777              1,605
         長期前受収益
                                         31,259              93,255
         固定負債合計
                                        451,208              544,445
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        302,000              302,000
         資本金
         資本剰余金
                                        106,146              106,146
          資本準備金
                                        106,146              106,146
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                         15,729              15,729
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        200,000              200,000
            別途積立金
                                        237,625              295,113
            繰越利益剰余金
                                        453,354              510,842
          利益剰余金合計
                                        △ 23,785             △ 23,798
         自己株式
                                        837,715              895,190
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         59,769              46,092
         その他有価証券評価差額金
                                         59,769              46,092
         評価・換算差額等合計
                                        897,485              941,282
       純資産合計
                                       1,348,694              1,485,727
      負債純資産合計
                                 31/61







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      売上高
                                       1,009,852              1,135,402
       システム開発売上高
                                        407,691              354,969
       商品売上高
                                       1,417,543              1,490,371
       売上高合計
      売上原価
                                       ※1 629,537             ※1 746,895
       システム開発売上原価
       商品売上原価
                                           344              199
         商品期首たな卸高
                                        313,356              272,797
         当期商品仕入高
                                        313,701              272,996
         合計
                                           199             10,996
         商品期末たな卸高
                                        313,501              262,000
         商品売上原価
                                        943,039             1,008,895
       売上原価合計
                                        474,504              481,476
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         43,431              57,657
       役員報酬
                                        109,205              106,860
       給料手当及び賞与
                                         11,554              15,608
       賞与引当金繰入額
                                         18,421              18,548
       法定福利費
                                         14,292              12,844
       旅費及び交通費
                                         3,569              3,118
       減価償却費
                                         6,031              5,496
       賃借料
                                       ※2 100,494             ※2 66,769
       研究開発費
                                         86,739              83,917
       その他
                                        393,740              370,823
       販売費及び一般管理費合計
                                         80,764              110,653
      営業利益
      営業外収益
                                            6              7
       受取利息
                                            5              2
       有価証券利息
                                         6,275              5,423
       受取配当金
                                           -             7,547
       助成金収入
                                         1,702              1,712
       雑収入
                                         7,989              14,693
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           287              379
       支払利息
                                           294              655
       雑損失
                                           582             1,034
       営業外費用合計
                                         88,171              124,312
      経常利益
      特別利益
                                         13,300              29,190
       投資有価証券売却益
                                         13,300              29,190
       特別利益合計
      特別損失
                                                      ※3 22,859
                                           -
       減損損失
                                           -             6,395
       投資有価証券売却損
                                         14,364                -
       投資有価証券評価損
                                           -            11,000
       業務委託契約解約損
                                         14,364              40,254
       特別損失合計
                                         87,107              113,248
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   24,938              53,181
                                        △ 4,678             △ 17,743
      法人税等調整額
                                         20,260              35,438
      法人税等合計
                                         66,847              77,810
      当期純利益
                                 32/61


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     【売上原価明細書(システム開発売上原価)】
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2017年4月        1日         (自 2018年4月        1日
                            至 2018年3月31日)                  至 2019年3月31日)
                     注記                 構成比                  構成比
            区分
                           金額(千円)                  金額(千円)
                     番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 労務費                           432,321      57.7            447,713      56.8
     Ⅱ 経費

      1.外注加工費                   237,133                  259,504

      2.旅費及び交通費                    12,863                  16,770

      3.通信費                    6,714                  6,754

      4.減価償却費                    12,579                  11,881

      5.賃借料                    16,780                  16,808

      6.リース料                     430                  175

                          30,312       316,813           29,285       341,180

      7.その他                                42.3                  43.2
        当期総製造費用                              100.0                  100.0

                                 749,135                  788,893
                                 15,050                  31,154
        期首仕掛品たな卸高
         合計

                                 764,186                  820,048
        期末仕掛品たな卸高                         31,154                  55,565

        他勘定振替高             ※1           145,793                  66,769

        ソフトウエア償却費等                         37,278                  31,998

        パッケージ使用料                         5,022                  4,075

                                   -                13,108

        受注損失引当金繰入額
        システム開発売上原価

                                 629,537                  746,895
      (注) 原価計算の方法は、実際原価による個別原価計算を採用しております。
       ※1.他勘定振替高は、ソフトウエア及び研究開発費(販売費及び一般管理費)への振替であります。
                                 33/61









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                         資本剰余金              利益剰余金
                                      その他利益剰余金                  株主資本
                   資本金                                 自己株式
                           資本剰余金                   利益剰余         合計
                       資本準備金         利益準備金
                             合計             繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                          剰余金
     当期首残高              302,000     106,146     106,146     15,729    200,000     191,101     406,830    △ 23,785    791,191
     当期変動額
      剰余金の配当                                    △ 20,322    △ 20,322         △ 20,322
      当期純利益                                     66,847     66,847         66,847
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計                -     -     -     -     -   46,524     46,524      -   46,524
     当期末残高              302,000     106,146     106,146     15,729    200,000     237,625     453,354    △ 23,785    837,715
                   評価・換算差額等

                  その他有     評価・換    純資産合計
                  価証券評     算差額等
                  価差額金     合計
     当期首残高              38,765     38,765    829,956
     当期変動額
      剰余金の配当
                            △ 20,322
      当期純利益                       66,847
      株主資本以外の項目の当期変
                   21,004     21,004     21,004
      動額(純額)
     当期変動額合計
                   21,004     21,004     67,529
     当期末残高              59,769     59,769    897,485
                                 34/61










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                         資本剰余金              利益剰余金
                                      その他利益剰余金                  株主資本
                   資本金                                 自己株式
                           資本剰余金                   利益剰余         合計
                       資本準備金         利益準備金
                             合計             繰越利益     金合計
                                     別途積立金
                                          剰余金
     当期首残高              302,000     106,146     106,146     15,729    200,000     237,625     453,354    △ 23,785    837,715
     当期変動額
      剰余金の配当
                                          △ 20,322    △ 20,322         △ 20,322
      当期純利益                                     77,810     77,810         77,810
      自己株式の取得                                               △ 13    △ 13
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計
                     -     -     -     -     -   57,487     57,487      △ 13   57,474
     当期末残高              302,000     106,146     106,146     15,729    200,000     295,113     510,842    △ 23,798    895,190
                   評価・換算差額等

                  その他有     評価・換    純資産合計
                  価証券評     算差額等
                  価差額金     合計
     当期首残高              59,769     59,769    897,485
     当期変動額
      剰余金の配当
                            △ 20,322
      当期純利益                       77,810
      自己株式の取得                        △ 13
      株主資本以外の項目の当期変
                  △ 13,677    △ 13,677    △ 13,677
      動額(純額)
     当期変動額合計
                  △ 13,677    △ 13,677     43,796
     当期末残高              46,092     46,092    941,282
                                 35/61









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年4月1日
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         87,107              113,248
       税引前当期純利益
                                         72,662              83,831
       減価償却費
                                           -            22,859
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   252             △ 190
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  4,028              8,700
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                    -            13,108
                                        △ 6,286             △ 5,433
       受取利息及び受取配当金
                                           287              379
       支払利息
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 13,300             △ 22,795
       投資有価証券評価損益(△は益)                                  14,364                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 11,159              △ 7,535
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 15,958             △ 35,207
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 9,956               259
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  △ 480             △ 624
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  81,669             △ 71,179
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 9,621              74,085
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                  13,090               1,087
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  9,908              △ 802
                                        △ 6,780             △ 6,507
       その他
                                        209,826              167,280
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  6,288              5,433
                                         △ 287             △ 379
       利息の支払額
                                        △ 31,167             △ 26,190
       法人税等の支払額
                                        184,660              146,144
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 4,586             △ 1,635
       投資有価証券の取得による支出
                                         33,327              76,028
       投資有価証券の売却による収入
                                        △ 5,277             △ 48,451
       有形固定資産の取得による支出
                                         3,000                -
       有価証券の償還による収入
                                        △ 48,567              △ 2,966
       無形固定資産の取得による支出
                                            -           △ 55,344
       建設仮勘定の取得による支出
                                           220             △ 453
       その他
                                        △ 21,884             △ 32,823
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                 △ 6,464                -
                                        △ 21,270             △ 22,915
       リース債務の返済による支出
                                           -             △ 13
       自己株式の取得による支出
                                        △ 20,222             △ 20,131
       配当金の支払額
                                        △ 47,956             △ 43,060
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   114,819               70,259
                                        184,410              299,230
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 299,230              ※ 369,489
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 36/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
     (重要な会計方針)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
          り算定しております。)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
       (1)商品
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しております。)
       (2)仕掛品
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しております。)
      3.固定資産の減価償却の方法
       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法
         ただし、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、3年間均等償却
         1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備
         については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建    物     50年
         建物附属設備             8~18年
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法
         ただし、ソフトウエア(市場販売目的)については、3年以内の見込販売可能期間(完成年度を含む3年間)で
         均等償却
         なお、ソフトウエア(自社利用目的)については、社内における見込利用可能期間(5年)による定額法
       (3)リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
      4.引当金の計上基準
       (1)貸倒引当金
         売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
         権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金
         従業員の賞与の支給に充てるため、支給対象期間に応じた支給見込額を計上しております。
       (3)受注損失引当金
         受注契約に係る将来の損失に備えるため、事業年度末における受注契約に係る損失見込額を計上しております。
      5.重要な収益及び費用の計上基準
       (1)受注制作のソフトウエアに係る収益及び費用の計上基準
        a.当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるもの
          工事進行基準(進捗率の見積りは原価比例法)
        b.その他のもの
          検収基準
       (2)ファイナンス・リース取引に係る収益の計上基準
         リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
      6.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、要求払預金及び、容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日
        から3か月以内に満期日又は償還日の到来する短期的な投資からなっております。
      7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理
        税抜方式によっております。
                                 37/61




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (未適用の会計基準等)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
       会)
      (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日
       より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的
       な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
      (2)適用予定日

        2022年3月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中でありま
       す。
     (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
      (「税効果会計に係る会計基準」の一部改正)(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の期首から適
      用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示する方法に変更しております。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」24,345千円は、「固定負債」の
      「繰延税金負債」18,326千円と相殺して、「投資その他の資産」の「繰延税金資産」6,018千円として表示しており、
      変更前と比べて総資産が18,326千円減少しております。
     (貸借対照表関係)

      ※1 担保資産及び担保付債務
         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     建物                                59,691千円                 54,570千円
     土地                                103,110                  80,251
               計                      162,801                 134,821
         担保付債務は、次のとおりであります。

         該当事項はありません。
      ※2 損失が見込まれる業務委託契約に係る仕掛品と受注損失引当金は、相殺表示しております。相殺表示した仕掛品

        に対応する受注損失引当金の額は次のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
     仕掛品に係るもの                                  -               33,690   千円
                                 38/61




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (損益計算書関係)
      ※1 売上原価に含まれる受注損失引当金繰入額
                前事業年度                            当事業年度
              (自 2017年4月1日                            (自 2018年4月1日
               至 2018年3月31日)                            至 2019年3月31日)
                             -
                                                       13,108千円
      ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額
                前事業年度                            当事業年度
              (自 2017年4月1日                            (自 2018年4月1日
               至 2018年3月31日)                            至 2019年3月31日)
                          100,494    千円                         66,769   千円
      ※3 減損損失の内容は次のとおりであります。
         前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
         該当事項はありません。
         当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

         当事業年度において、当社は以下の資産について減損損失を計上しました。
             場所           用途          種類       金額
                   事業用資産(当社現本社)
          愛知県名古屋市                        土地      22,859千円
         当社は、管理会計上の事業ごとに資産のグルーピングを行っております。
         上記の資産について、2019年4月3日開催の取締役会において、本社移転の意思決定を行ったため、当該資産が
        売却予定資産となったことに伴い、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失とし
        て特別損失に計上しております。
         なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しております。
                                 39/61












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当事業年度増加株          当事業年度減少株          当事業年度末株式
                      式数(千株)          式数(千株)          式数(千株)          数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     3,500           -          -        3,500

            合計               3,500           -          -        3,500

     自己株式

      普通株式                      112          -          -         112

            合計                112          -          -         112

         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     2017年5月22日
                 普通株式           20,322           6   2017年3月31日          2017年6月5日
     取締役会
          (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                      配当金の総額              1株当たり配
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     2018年5月21日
                普通株式         20,322     利益剰余金           6   2018年3月31日         2018年6月4日
     取締役会
                                 40/61











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首株          当事業年度増加株          当事業年度減少株          当事業年度末株式
                      式数(千株)          式数(千株)          式数(千株)          数(千株)
     発行済株式

      普通株式                     3,500           -        3,150           350

            合計               3,500           -        3,150           350

     自己株式

      普通株式                      112           0         101          11

            合計                112           0         101          11

     (注)1.当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行ったため、発行済株式の総数が3,150
         千株減少しております。
       2.自己株式の数の増加は、株式併合に伴う端数の買取りによる増加0千株であります。
       3.当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行ったため、自己株式数が101千株減少
         しております。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (千円)       額(円)
     2018年5月21日
                 普通株式           20,322           6   2018年3月31日          2018年6月4日
     取締役会
           (注)2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。「1株当たり配当額」
             につきましては、当該株式併合前の金額を記載しております。
          (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                      配当金の総額              1株当たり配
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                  (千円)             当額(円)
     2019年5月20日
                普通株式         20,322     利益剰余金           60   2019年3月31日         2019年6月3日
     取締役会
     (キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                前事業年度                 当事業年度
                             (自    2017年4月1日              (自    2018年4月1日
                              至   2018年3月31日)               至   2019年3月31日)
       現金及び預金勘定                             359,230千円                 429,489千円
       預入期間が3か月を超える定期預金                            △60,000                 △60,000
       現金及び現金同等物                             299,230                 369,489
                                 41/61







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (リース取引関係)
      (借主側)
       ファイナンス・リース取引
         所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①   リース資産の内容
           有形固定資産
           主として、コンピュータサーバー及び事務機(工具、器具及び備品)であります。
        ②   リース資産の減価償却の方法
          重要な会計方針「3.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      (貸主側)
       ファイナンス・リース取引
       (1)リース投資資産の内訳
         流動資産                                       (単位:千円)
                              前事業年度                   当事業年度
                             (2018年3月31日)                   (2019年3月31日)
                                     22,320                   15,515
      リース料債権部分
      見積残存価額部分                                 -                   -

      受取利息相当額                                △877                   △448

      リース投資資産                               21,442                   15,066

       (2)リース投資資産に係るリース料債権部分の決算日後の回収予定額

         流動資産
                                                     (単位:千円)
                                  前事業年度
                                (2018年3月31日)
                       1年超        2年超        3年超        4年超

               1年以内                                       5年超
                       2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
     リース投資資産           6,805        6,244        5,940        2,359        970        -

                                                     (単位:千円)

                                  当事業年度
                                (2019年3月31日)
                       1年超        2年超        3年超        4年超

               1年以内                                       5年超
                       2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
     リース投資資産           6,244        5,940        2,359        970        -        -

                                 42/61








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
         資産運用は、長期的、大局的見地に立って運用を行い、安全性、流動性、収益性を考慮して行っております。
         また、資金調達は設備投資計画に照らして、銀行借入及びリース取引等によっております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク
         営業債権である売掛金及びリース投資資産は、顧客の信用リスクに晒されております。
         投資有価証券は、主に配当収入を目的としておりますが、市場価格の変動リスクに晒されております。
         営業債務である買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
         ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に、設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、
        償還日は決算日後最長4年11ヶ月であります。
         なお、買掛金、ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、流動性リスクに晒されております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制
        ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         営業債権については、販売管理規程に従い、受注前に取引先の状況を確認し、取引相手ごとに期日及び残高を管
        理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
        ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、市況や取引先企
        業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
        ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
         各部署からの報告に基づき管理部門が毎月資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持などにより
        流動性リスクを管理しております。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
        ております。当該価額の算定において変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
        当該価額が変動することがあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.参照)
         前事業年度(2018年3月31日)
                        貸借対照表計上額
                                      時価(千円)             差額(千円)
                          (千円)
                                           359,230                -
     (1)現金及び預金                        359,230
                                           307,695                -
     (2)売掛金                        307,695
                                           21,621
     (3)リース投資資産                         21,442                            178
                                           215,219                -
     (4)投資有価証券                        215,219
                                           903,765
           資産計                  903,587                            178
                                           145,029                -
     (1)買掛金                        145,029
     (2)リース債務
                                           45,680               △7
                              45,687
       (1年内返済予定含む)
                                                          -
     (3)未払金                         77,661             77,661
                                           268,371               △7
           負債計                  268,379
                                 43/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         当事業年度(2019年3月31日)
                        貸借対照表計上額
                                      時価(千円)             差額(千円)
                          (千円)
                                           429,489
     (1)現金及び預金                        429,489                             -
                                           321,868
     (2)売掛金                        321,868                             -
                                           15,181
     (3)リース投資資産                         15,066                            114
                                           144,075
     (4)投資有価証券                        144,075                             -
                                           910,615
           資産計                  910,500                            114
                                           71,715
     (1)買掛金                         71,715                            -
     (2)リース債務
                                           126,836               180
                              126,655
       (1年内返済予定含む)
     (3)未払金                         47,512             47,512               -
                                           246,064               180
           負債計                  245,884
     (注)1.金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

          資産
          (1)  現金及び預金、       (2)  売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
            ます。
          (3)  リース投資資産
            リース投資資産の時価の算定は、元利金の合計額を、同様の新規契約を行った場合に想定される利率で割
            り引いた現在価値によっております。
          (4)  投資有価証券
            投資有価証券の時価について、株式等は取引所の価格によっております。
          負債
          (1)  買掛金、(3)未払金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
            ます。
          (2)リース債務(1年内返済予定含む)
            リース債務は、元利金の合計額を同様の新規調達を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方
            法によっております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                前事業年度                 当事業年度
                区分
                              (2018年3月31日)                 (2019年3月31日)
          非上場株式                             25,682                 25,682
            非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、
           「(4)投資有価証券」には含めておりません。
                                 44/61






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額
            前事業年度(2018年3月31日)
                             1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           現金及び預金                     359,230           -        -        -

           売掛金                     307,695           -        -        -

           リース投資資産                      6,375        15,066          -        -

                  合計              673,300         15,066          -        -

            当事業年度(2019年3月31日)

                             1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           現金及び預金                     429,489           -        -        -

           売掛金                     321,868           -        -        -

           リース投資資産                      5,959        9,107          -        -

                  合計              757,317         9,107          -        -

          4.長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額

            前事業年度(2018年3月31日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                                            5,423        -
          リース債務            17,696       14,223       8,345                      -
            当事業年度(2019年3月31日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                     1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                                           20,957       14,936
          リース債務            35,496       29,024       26,241                       -
                                 45/61









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (有価証券関係)
         1.その他有価証券
           前事業年度(2018年3月31日)
                                貸借対照表計上額
                        種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                                  (千円)
                    (1)株式                 169,581          81,440          88,140

                    (2)債券

                     ① 国債・地方債等                  -          -          -

     貸借対照表計上額が取得原
                     ② 社債                  -          -          -
     価を超えるもの
                     ③ その他                  -          -          -
                    (3)その他                    -          -          -

                        小計             169,581          81,440          88,140

                    (1)株式                 42,644          44,816         △2,172

                    (2)債券

                     ① 国債・地方債等                 2,994          3,000           △5

     貸借対照表計上額が取得原
                     ② 社債                  -          -          -
     価を超えないもの
                     ③ その他                  -          -          -
                    (3)その他                    -          -          -

                        小計             45,638          47,816         △2,177

                 合計                    215,219          129,256          85,962

       (注)非上場株式(貸借対照表計上額 25,682千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 46/61











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
           当事業年度(2019年3月31日)
                                貸借対照表計上額
                        種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                                  (千円)
                                               64,486

                    (1)株式                 132,506                    68,020
                    (2)債券

                     ① 国債・地方債等                 3,000          3,000            0

     貸借対照表計上額が取得原
                     ② 社債                  -          -          -
     価を超えるもの
                     ③ その他                  -          -          -
                    (3)その他                    -          -          -

                        小計             135,507          67,486          68,020

                    (1)株式                  8,568         10,173         △1,605

                    (2)債券

                     ① 国債・地方債等                  -          -          -

     貸借対照表計上額が取得原
                     ② 社債                  -          -          -
     価を超えないもの
                     ③ その他                  -          -          -
                    (3)その他                    -          -          -

                        小計              8,568         10,173         △1,605

                                               77,659

                 合計                    144,075                    66,415
       (注)非上場株式(貸借対照表計上額 25,682千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 47/61











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         2.売却したその他有価証券
           前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(千円)
                                      (千円)              (千円)
     (1)株式                        33,327              13,300                -
     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                          -              -              -
           合計                  33,327              13,300                -

           当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
           種類           売却額(千円)
                                      (千円)              (千円)
     (1)株式                        76,028              29,190              6,395

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                               -              -              -
      ②   社債
                               -              -              -
      ③   その他
                               -              -              -
     (3)その他                          -              -              -
           合計                  76,028              29,190              6,395

         3.減損処理を行った有価証券

           前事業年度において、その他有価証券の株式について14百万円減損処理を行っております。
           なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理
          を行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を
          行っております。
           また、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式の減損処理にあたっては、財政状態の悪化
          により実質価額が著しく低下した場合には、回復可能性等を考慮して減損処理をおこなっております。
                                 48/61








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は確定拠出型の退職金制度を採用しており、従業員退職金の100%について、特定退職金共済制度に加入してお
      ります。
     2.確定拠出制度
       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)9,877千円、
      当事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)9,656千円であります。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度                当事業年度
                                 (2018年3月31日)                (2019年3月31日)
         繰延税金資産
          賞与引当金                           16,535千円                19,605千円
          未払法定福利費                            2,974                3,545
          未払事業税                            1,940                3,229
          ソフトウエア                            7,765                6,325
          減損損失                           15,309                22,396
          投資有価証券評価損                            4,396                4,395
          受注損失                             -              14,320
                                     3,369                3,205
          その他
         繰延税金資産小計
                                     52,291                77,023
                                    △20,080                △27,068
         評価性引当額
         繰延税金資産合計
                                     32,211                49,954
        繰延税金負債
                                    △26,192                △20,323
          その他有価証券評価差額金
         繰延税金負債合計                           △26,192                △20,323
         繰延税金資産の純額                             6,018                29,631
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                 前事業年度               当事業年度
                               (2018年3月31日)               (2019年3月31日)
         法定実効税率
                                    30.70%
                                           法定実効税率と税効果会計適用後の
                                          法人税等の負担率との間の差異が法定
         (調整)
                                          実効税率の100分の5以下であるため
         交際費等永久に損金に算入されない項目
                                     0.87
                                          注記を省略しております。
         受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                    △0.47
         住民税均等割                            0.93
         評価性引当額の増加又は減少                            5.03
         試験研究費及び生産性向上設備取得税額控除                           △7.70
         所得拡大促進税制税額控除                           △5.94
         その他                           △0.16
         税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    23.26
     (賃貸等不動産関係)

      重要性がないため、記載を省略しております。
                                 49/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)及び当事業年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
           当社は、システム開発事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前事業年度(自2017年4月1日 至2018年3月31日)
           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
            省略しております。
           2.地域ごとの情報
            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の90%を超えるため、記載を省略
            しております。
           3.  主要な顧客ごとの情報
                                                     (単位:千円)
               顧客の名称又は氏名                   売上高             関連するセグメント名
            クラギ株式会社                            188,044     システム開発事業

            綿半ホールディングス株式会社                            175,130     システム開発事業

           当事業年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)

           1.製品及びサービスごとの情報
             単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を
            省略しております。
           2.地域ごとの情報
            (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
            (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の90%を超えるため、記載を省略
            しております。
           3.  主要な顧客ごとの情報
             本邦の外部顧客への売上高のうち、特定の顧客への売上高であって、損益計算書の売上高の10%以上を
            占めるものがありませんので、記載を省略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           単一セグメントのため記載を省略しております。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 50/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     (関連当事者情報)
          関連当事者との取引はありません。
     (1株当たり情報)

                前事業年度                            当事業年度
              (自 2017年4月        1日                    (自 2018年4月        1日
              至 2018年3月31日)                            至 2019年3月31日)
      1株当たり純資産額                    2,649.68円        1株当たり純資産額                    2,779.02円

      1株当たり当期純利益金額                     197.36円       1株当たり当期純利益金額                     229.72円
      (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
          2.当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前事業年度の期
           首に当該株式併合が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益額を算定しておりま
           す。
          3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前事業年度                 当事業年度
                              (自 2017年4月        1日         (自 2018年4月        1日
                              至 2018年3月31日)                 至 2019年3月31日)
      当期純利益金額(千円)                                66,847                 77,810
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                 -

      普通株式に係る当期純利益(千円)                                66,847                 77,810

      期中平均株式数(株)                                338,714                 338,713

     (重要な後発事象)

       (重要な設備投資)
        当社は、2018年7月18日付の不動産売買契約に基づき、2019年4月26日に土地を取得しました。その概要は以下のと
       おりであります。
       (1)  取得の目的
         今後の業容拡大のための本社移転用地として取得しました。
       (2)  土地の概要
         所在地 :名古屋市中区
         取得価額:461,491千円
       (3)  当該設備が営業活動に及ぼす重要な影響
        新本社の竣工時期は2021年3月期の予定であるため、2020年3月期における業績への重要な影響はありません。
       (資金の借入)

        上記重要な設備投資に記載の土地を取得することを目的に、金融機関から資金の借入を行っております。その概要
       は以下のとおりであります。
       借入の内容
        借入先      :株式会社名古屋銀行
        借入額      :400,000千円
        借入利率     :固定金利
        借入条件     :期日一括返済
        借入実行日    :2019年4月26日
        手形借入の借入期間:2019年4月26日から2020年4月30日
        担保・保証    :該当土地根担保・無保証
                                 51/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
     【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                            (千円)
     有形固定資産
      建物             230,471        -      -    230,471      174,354       5,385      56,116
      工具、器具及び備品
                   123,925       18,270        -    142,195      100,476       23,808      41,719
      土地             116,436        -     22,859      93,577        -      -     93,577
      リース資産             59,555      97,484        -    157,039       42,087      18,595      114,952
      建設仮勘定
                     -     55,344        -     55,344        -      -     55,344
        有形固定資産計           531,815      169,671       22,859      678,627      316,917       48,164      361,709
     無形固定資産
      ソフトウエア             159,785       1,062      68,295      92,552      71,735      36,040      20,816
      その他               145       -      -      145       -      -      145
        無形固定資産計           141,450       1,062      49,091      111,901       90,939      19,729      20,962
     長期前払費用               9,799      13,143       5,728      17,214        -      -     17,214
      (注)1.当期増加額の主な内容は次のとおりであります。
           工具、器具及び備品 クラウド用コンピュータ機器      18,270千円
           リース資産     クラウド用コンピュータ機器      96,056千円
           建設仮勘定     新本社関連              55,344千円
         2.当期減少額の主な内容は次のとおりであります。
           土地        減損損失               22,859千円
           ソフトウエア    市場販売目的ソフトウエアの償却完了  67,415千円
     【社債明細表】

          該当事項はありません。
                                 52/61










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     【借入金等明細表】
                                当期首   残高    当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                               -        -      -     -

     1年以内に返済予定のリース債務                             17,696        35,496       0.73      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                               -        -      -     -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             27,991        91,159       0.72     2024年

     その他有利子負債                               -        -      -     -

                 合計                  45,687       126,655         -     -

     (注)1.平均利率については、期末リース債務残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
          ります。
                   1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                     (千円)           (千円)           (千円)           (千円)
                                   26,241           20,957
        リース債務                29,024                                14,936
     【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                     当期首   残高     当期増加額                        当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                      (千円)        (千円)                        (千円)
                                      (千円)        (千円)
      貸倒引当金                    426        235        426         -        235

      賞与引当金                  54,268        62,968        54,268          -      62,968

      受注損失引当金                    -      13,108          -        -      13,108

     【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
                                 53/61










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (2)【主な資産及び負債の内容】
        a.資産の部
         ① 現金及び預金
                  区分                          金額(千円)
      現金                                              1,383
      預金
       当座預金                                            366,904
       普通預金                                             1,089
       別段預金                                              112
       定期預金                                            60,000
                  小計                                 428,106
                  合計                                 429,489
         ② 売掛金

          (イ)相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      協同組合ハニー                                             43,129
      イオンアイビス株式会社                                             41,595
      株式会社フォーキャスト                                             29,704
      株式会社ワイズマート                                             29,338
      株式会社与野フードセンター                                             27,371
      その他                                             150,730
                  合計                                 321,868
          (ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
       当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                          回収率(%)          滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)
                                                     ─────
                                          (C)
                                                       2
                                        ─────
        (A)         (B)         (C)         (D)            ×100
                                                    ──────
                                        (A)  +  (B)
                                                      (B)
                                                     ─────
                                                       365
                                              83.2
         307,695        1,609,601         1,595,427          321,868                      71.4
      (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         ③ 商品及び製品

                  品目                          金額(千円)
      コンピュータ機器                                             10,996

                  合計                                 10,996

         ④ 仕掛品

                  品目                          金額(千円)
      ソフトウエア開発                                             55,565

                  合計                                 55,565

                                 54/61



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
         ⑤ 投資有価証券
                  種類                          金額(千円)
      株式                                             166,756

      債券                                              3,000
                  合計                                 169,757

        b.負債の部

         ① 買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      株式会社イグアス                                             31,187

      株式会社リテモ                                              4,454

      日本電通株式会社                                              4,363

      株式会社キーエンス                                              3,255

      株式会社セントラルソフトサービス                                              2,714

      その他                                             25,741

                  合計                                 71,715

         ② 前受金

                 相手先                          金額(千円)
      日本エンジン株式会社                                             18,900

      株式会社万代                                             16,805

      株式会社カルチャー                                             12,774

      協同組合ハニー                                              7,415

      株式会社三杉屋                                              6,480

      その他                                             36,132

                  合計                                 98,507

                                 55/61









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
       (3)【その他】
        当事業年度における四半期情報等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度
     売上高(千円)                    336,091          665,139         1,047,384          1,490,371
     税引前四半期(当期)純利益
                          23,262          44,865          70,658          113,248
     金額(千円)
     四半期(当期)純利益金額
                          15,972          30,603          48,398          77,810
     (千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          47.16          90.35          142.89          229.72
     利益金額(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金額
                          47.16
                                     43.19          52.54          86.84
     (円)
     (注)当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っており、当事業年度の期首に当該株式
        併合が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
                                 56/61















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                         (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                         (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                        三菱UFJ信託銀行株式会社
                        東京都府中市日鋼町1-1 電話 0120-232-711(通話料無料)
                        郵送先
       連絡先
                        〒137-8081 新東京郵便局私書箱第29号
                        三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                        電子公告により行う。ただし、事故その他のやむを得ない事由により電子
      公告掲載方法                  公告によることができないときは、日本経済新聞に掲載して行う。
                        当社の公告掲載URLは次のとおり。https://www.kktisc.co.jp
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
      (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規定
         による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権
         利以外の権利を有しておりません。
                                 57/61











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第44期)(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)2018年6月22日東海財務局長に提出
     (2)内部統制報告書及びその添付書類
       2018年6月22日東海財務局長に提出
     (3)四半期報告書及び確認書
       (第45期第1四半期)(自 2018年                 4月1日 至 2018年          6月30日)2018年        8月10日東海財務局長に提出
       (第45期第2四半期)(自 2018年                 7月1日 至 2018年          9月30日)2018年11月13日東海財務局長に提出
       (第45期第3四半期)(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)2019年                                   2月13日東海財務局長に提出
     (4)臨時報告書
       2018年6月27日東海財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨時
        報告書であります。
       2018年8月8日東海財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)に基づく臨時報告書であります。
                                 58/61














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 59/61




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   2019年6月21日

     株式会社テスク

        取締役会 御中

                            太陽有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             森内 茂之        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             岡田 昌也        印
                            業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社テスクの2018年4月1日から2019年3月31日までの第45期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益
     計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監
     査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     テスクの2019年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
     をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 60/61





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社テスク(E05273)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社テスクの2019年3月31
     日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社テスクが2019年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部統
     制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告に
     係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

          会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 61/61









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク