近鉄グループホールディングス株式会社 発行登録書(株券、社債券等)

提出書類 発行登録書(株券、社債券等)
提出日
提出者 近鉄グループホールディングス株式会社
カテゴリ 発行登録書(株券、社債券等)

                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     【表紙】
      【発行登録番号】                         1-関東1

      【提出書類】                         発行登録書
      【提出先】                         関東財務局長
      【提出日】                         令和元年6月19日
      【会社名】                         近鉄グループホールディングス株式会社
      【英訳名】                         Kintetsu     Group   Holdings     Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                         取締役社長 吉田 昌功
      【本店の所在の場所】                         大阪市天王寺区上本町6丁目1番55号
      【電話番号】                         06(6775)3465
      【事務連絡者氏名】                         経理部長 磯川 直之
      【最寄りの連絡場所】                         東京都千代田区丸の内2丁目5番2号三菱ビルヂング7階773区
      【電話番号】                         03(3212)2051
      【事務連絡者氏名】                         東京支社長 中北 真
      【発行登録の対象とした募集有価証券の種類】                         社債
      【発行予定期間】                         この発行登録書による発行登録の効力発生予定日(令和元年
                               6月27日)から2年を経過する日(令和3年6月26日)まで
      【発行予定額又は発行残高の上限】                         発行予定額       150,000百万円
      【安定操作に関する事項】                         該当事項はありません。
      【縦覧に供する場所】                         株式会社東京証券取引所 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/81












                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     第一部【証券情報】
     第1【募集要項】
       以下に記載するもの以外については、有価証券を募集により取得させるに当たり、その都度「訂正発行登録書」又は
      「発行登録追補書類」に記載します。
      1【新規発行社債】

        未定
      2【社債の引受け及び社債管理の委託】

        未定
      3【新規発行による手取金の使途】

      (1)【新規発行による手取金の額】
           未定
      (2)【手取金の使途】

           設備資金、投融資資金、社債償還資金、コマーシャル・ペーパー償還資金及び借入金返済資金に充当する予
          定であります。
     第2【売出要項】

       該当事項はありません。
     第3【その他の記載事項】

       該当事項はありません。
                                  2/81












                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     第二部【参照情報】
     第1【参照書類】
       会社の概況及び事業の概況等金融商品取引法第5条第1項第2号に掲げる事項については、以下に掲げる書類を参照
      すること。
      1【有価証券報告書及びその添付書類】

        事業年度 第108期(自平成30年4月1日 至平成31年3月31日)
         令和元年6月14日関東財務局長に提出
        事業年度 第109期(自平成31年4月1日 至令和2年3月31日)
         令和2年6月30日までに関東財務局長に提出予定
        事業年度 第110期(自令和2年4月1日 至令和3年3月31日)
         令和3年6月30日までに関東財務局長に提出予定
      2【四半期報告書又は半期報告書】

        事業年度 第109期第1四半期(自平成31年4月1日 至令和元年6月30日)
         令和元年8月14日までに関東財務局長に提出予定
        事業年度 第109期第2四半期(自令和元年7月1日 至令和元年9月30日)

         令和元年11月14日までに関東財務局長に提出予定
        事業年度 第109期第3四半期(自令和元年10月1日 至令和元年12月31日)

         令和2年2月14日までに関東財務局長に提出予定
        事業年度 第110期第1四半期(自令和2年4月1日 至令和2年6月30日)

         令和2年8月14日までに関東財務局長に提出予定
        事業年度 第110期第2四半期(自令和2年7月1日 至令和2年9月30日)

         令和2年11月16日までに関東財務局長に提出予定
        事業年度 第110期第3四半期(自令和2年10月1日 至令和2年12月31日)

         令和3年2月15日までに関東財務局長に提出予定
      3【臨時報告書】

        1の有価証券報告書提出後、本発行登録書提出日(令和元年6月19日)までに、金融商品取引法第24条の5第4項
       および企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2の規定にもとづく臨時報告書を令和元年6月17日
       に関東財務局長に提出
     第2【参照書類の補完情報】

       上記に掲げた参照書類としての有価証券報告書に記載された「事業等のリスク」について、当該有価証券報告書の提
      出日以降、本発行登録書提出日(令和元年6月19日)までの間において生じた変更その他の事由はありません。
       また、当該有価証券報告書には将来に関する事項が記載されておりますが、当該事項は本発行登録書提出日現在にお
      いてもその判断に変更はなく、新たに記載する将来に関する事項もありません。
     第3【参照書類を縦覧に供している場所】

       株式会社東京証券取引所(東京都中央区日本橋兜町2番1号)
       近鉄グループホールディングス株式会社本社(大阪市天王寺区上本町6丁目1番55号)
                                  3/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     第三部【保証会社等の情報】
     第1【保証会社情報】
      1【保証の対象となる予定の社債】
         本発行登録書により募集する社債の全部または一部に近畿日本鉄道株式会社による保証が付与されることがあり
        ます。
      2【継続開示会社たる保証会社に関する事項】

        該当事項はありません。
      3【継続開示会社に該当しない保証会社に関する事項】

      (1)会社名、代表者の役職氏名及び本店の所在の場所
     会社名              近畿日本鉄道株式会社
     代表者の役職氏名              取締役社長       都司 尚

     本店の所在の場所              大阪市天王寺区上本町          6 丁目1番55号

     (注)以下、「第三部 保証会社等の情報」「第1 保証会社情報」「3 継続開示会社に該当しない保証会社に関す
       る事項」において、「当社」とは保証会社である「近畿日本鉄道株式会社」を指します。
                                  4/81














                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      (2)企業の概況
        ① 主要な経営指標等の推移
         (1)保証会社の経営指標等
             回次            第1期       第2期       第3期       第4期       第5期
                        平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

            決算年月
                   (百万円)          -                    162,914
     営業収益                            162,358       162,859               162,191
                   ( 百万円   )                           19,624       24,305
     経常利益                        0     18,925       19,994
                   ( 百万円   )                           9,567       15,761
     当期純利益                        0     9,321       7,999
                   ( 百万円   )      10       100       100       100       100
     資本金
                    ( 株 )       200       400       400       400       400
     発行済株式総数
                   ( 百万円   )
     純資産額                       10     165,480       165,723       168,194       174,699
                   ( 百万円   )                          872,339
     総資産額                     590,010       895,819       888,439               877,509
                    ( 円 )
     1株当たり純資産額                     50,065     413,700,691       414,307,581       420,486,204       436,747,777
                             -                    19,556       26,730
                                         14,385
     1株当たり配当額                             21,400
                   ( 千円  )
     (内1株当たり中間配当額)
                            (-)     (10,700)               (9,778)       (13,365)
                                         (8,693)
                    ( 円 )
     1株当たり     当期純利益                  65   23,303,380       19,999,891       23,919,038       39,404,573
                    ( % )                             19.3
     自己資本比率                       0.0       18.5       18.7               19.9
                    ( % )       0.3                              9.2
     自己資本利益率                              11.3        4.8       5.7
                    (%  )       -              71.9       81.8       67.8
     配当性向                              91.8
                    (人  )        0     7,532       7,508       7,468       7,412
     従業員数
     (注)   1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.持分法を適用した場合の投資利益については、第1期は関連会社がないため、第2期以降は損益、利益剰余金
         その他の項目からみて重要性が乏しいため記載しておりません。
        3.第1期の1株当たり配当額及び配当性向については、事業を行っておらず無配であるため、記載しておりませ
         ん。
        4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.株価収益率、株主総利回り、最高株価及び最低株価については、当社の株式が非上場で株価が把握できないた
         め記載しておりません。
        6.当社の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。                                                   た
         だし、第2期以降については、同項の規定に準ずる監査を有限責任                               あずさ監査法人より受けております。
        7.第2期の経営指標等の一部は第1期と比較して変動しております。これは、平成27年4月1日付の会社分割に
         伴い、近鉄グループホールディングス㈱の鉄軌道事業等を承継したことによるものであります。
        8.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第5期の期首
         から適用しており、第4期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等と
         なっております。
                                  5/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
        ② 沿革
        年月                            概要
      平成26年4月        近畿日本鉄道分割準備㈱として発足(資本金10百万円)
        27年4月
              会社分割により、        鉄軌道事業、索道事業及び旅客誘致に係る事業を                       近鉄グループホールディングス
              ㈱から承継し、近畿日本鉄道㈱に商号変更
        28年9月
              観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」運転開始
        ③ 事業の内容

          当社は、鉄軌道事業、索道事業及び旅客誘致に係る事業を営んでおります。
        ④ 関係会社の状況

                                                関係内容
                                  議決権の
                     資本金
                           主要な事業
                                  被所有割合
        名称       住所
                                         役員の
                    (百万円)
                            の内容                 資金の     営業上の
                                   (%)
                                                        その他
                                             貸借     取引
                                         兼任等
     (親会社)

                                                 グループ
               大阪市           グループ経営
                     126,476                100.0
     近鉄グループホー                                    有    有    運営分担      債務保証
               天王寺区           に関する事業
     ルディングス㈱                                            金の負担
     (注)有価証券報告書を提出しております。

        ⑤ 従業員の状況

         (1)保証会社の状況
                                                (平成31年3月31日現在)
         従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

                                                   5,969,998

          7,412              43.9              23.5
     (注)1.従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しておりま
         す。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.平均勤続年数は、他社からの出向社員については、出向元会社での勤続年数を通算しております。
        4.当社は運輸業の単一セグメントであるため、セグメント毎の記載を省略しております。
         (2)労働組合の状況

           当社においては近畿日本鉄道労働組合が組織されており、日本私鉄労働組合総連合会に加盟しております。
           なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  6/81








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      (3)事業の状況
         文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において判断したものであります。
        ① 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等
          当社は、近鉄グループホールディングス㈱によるグループ経営体制の下、グループ一体となって持続的な成長
         を図るべく、グループ各社と連携しながら、各事業の取組みを進めてまいります。
        ② 事業等のリスク

          当社は、近鉄グループホールディングス                    ㈱ によるグループ経営体制の下、各事業の取組みを進めており、当社
         の経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性のある事業等のリスクは、近鉄グループにおける事業等のリスク
         に準じております。
        ③ 経営者による財政状態及び経営成績の状況の分析

         (1)  経営成績等の状況の概要
           当事業年度(以下、「当期」という。)における当社の財政状態及び経営成績の状況の概要は次のとおりで
          あります。
         (Ⅰ)財政状態及び経営成績の状況

           当期のわが国経済は、雇用情勢が着実に改善し緩やかな景気回復基調のうちに推移しましたが、地震や台風
          などの自然災害が国内経済に大きな影響を与えたほか、期末にかけては、米中間の通商問題等に起因する世界
          経済の減速が企業収益に影響を及ぼすなど、景気の先行きに対する不透明感が次第に強まりました。
           このような情勢のもと、当社では、インバウンドへの取組みとして、海外において旅行博覧会への出展や旅
          行会社への訪問営業を推進するとともに、主要国首脳会議(サミット)開催により注目度が高まった伊勢志摩
          地域の認知度をさらに高めるべく国内大手旅行会社への営業を精力的に行うなど、引き続き国内外においてP
          R活動を積極的に進めました。
           また、安全の確保を最優先に位置付け、諸施策を推進するとともに、近鉄グループ各社、相互乗入れを行う
          他の鉄道会社、地元自治体と密接に連携して沿線への旅客誘致に取り組むなど、事業基盤の整備、強化を図
          り、収益の確保と業績の向上に努力を傾けてまいりました。
           しかしながら、豪雨による大和川の増水、大阪北部地震、相次ぐ台風など自然災害の影響により、営業収益
          は前期に比較して0.4%減の1,621億91百万円となりました。一方、退職給付費用の減少等により、営業利益は
          前期に比較して16.3%増の298億42百万円、経常利益は23.9%増の243億5百万円となりました。これに特別利
          益および特別損失を加減し、法人税等を控除した後の当期純利益は、前期に比較して64.7%増の157億61百万
          円となりました。
           資産合計は、前期末に比較して51億69百万円増加し、8,775億9百万円となりました。これは、設備投資によ

          り建設仮勘定が増加したほか、前払年金費用が増加したことによるものであります。
           負債合計は、前期末に比較して13億35百万円減少し、7,028億10百万円となりました。                                        これは、借入金の返
          済を進めたことによるものであります。
           純資産合計は、前期末に比較して65億4百万円増加し、1,746億99百万円となりました。                                        これは、利益剰余金
          が当期純利益の計上から配当を差し引き増加したことによるものであります。
         (Ⅱ)生産、受注及び販売の実績

           当社は、「役務提供」を営業収益の中心としており、生産規模及び受注規模を金額あるいは数量で示すこと
          はしておりません。
           このため、生産、受注及び販売の状況については、「                         (Ⅰ)財政状態及び経営成績の状況                 」における経営成
          績に関連付けて記載しております。
                                  7/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
           経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
         (Ⅰ)重要な会計方針及び見積り

           「近鉄グループホールディングス㈱ 第108期有価証券報告書」の「第一部 企業情報」「第2 事業の状
          況」「3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (2)経営者の視点による
          経営成績等の状況に関する分析・検討内容」に記載しております。
         (Ⅱ)当事業年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

           当社は、近鉄グループホールディングス㈱によるグループ経営体制の下、各事業の取組みを進めており、当
          社の経営成績等に重要な影響を与える要因及び当社の経営成績の状況に関する分析については、近鉄グループ
          ホールディングス㈱に準じております。
         (Ⅲ)資本の財源及び資金の流動性に係る情報

           当社の資本の財源及び資金の流動性については、営業活動を行うための運転資金や設備投資などに充当する
          ため、近鉄グループホールディングス㈱から所要の借入れを行っております。同社からの借入れは、利率低減
          のため、同社がその信用力により金融機関等から調達した資金を借り入れるものであります。また、グループ
          内でキャッシュマネジメントシステムを導入し、グループ各社の余剰資金の有効活用を通じて、資金の効率化
          にも努めており、事業を運営する上で充分な資金の流動性を確保しております。
        ④ 経営上の重要な契約等

          特記すべき事項はありません。
        ⑤ 研究開発活動

          特記すべき事項はありません。
                                  8/81












                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      (4)設備の状況
        ① 設備投資等の概要
          当事業年度の設備投資につきましては、運転保安度向上及びサービス改善などに取り組み、投資金額(無形固
         定資産を含む。)は、251億円となりました。
        ② 主要な設備の状況

          当社の当事業年度末現在における設備の概要、帳簿価額並びに従業員数は次のとおりであります。
                             帳簿価額(百万円)
       セグメント                                                従業員数
        の名称                                                (人)
              建物及び       機械装置
                             土地     リース資産        その他       合計
              構築物      及び運搬具
                               [176]
               332,815              399,710
      運輸                30,995              7,716       1,948      773,186       7,412
                             (21,905)
      (注)1.土地の( )内は面積(千㎡)であり、[ ]内は外部から賃借中の面積(千㎡)で外数であります。
         2.リース契約(固定資産に計上されているものを除く。)による主な賃借設備は次のとおりであります。
            保証会社
           セグメントの名
                     物件名       台数     リース期間        年間リース料          リース契約残高
              称
              運輸       鉄道車両        34両      13年間          367百万円          510百万円
                                  9/81














                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (1)鉄軌道事業
          a.線路及び電路施設
                                  営業キロ程(㎞)
                                                駅数    変電所数
      区分     線名          区間
                                               (か所)     (か所)
                               単線    複線    複々線     計
         難波線       大阪上本町-大阪難波                   2.0        2.0      2
         大阪線       大阪上本町-伊勢中川                  104.8     4.1   108.9       48
         山田線       伊勢中川-宇治山田                  28.3        28.3      13
         鳥羽線       宇治山田-鳥羽                  13.2        13.2       ▶
         志摩線       鳥羽-賢島               4.3    20.2        24.5      15
         奈良線       布施-近鉄奈良                  26.7        26.7      18
         けいはんな線       長田-学研奈良登美ヶ丘                  18.8        18.8       7
         京都線       京都-大和西大寺                  34.6        34.6      25
         橿原線       大和西大寺-橿原神宮前                  23.8        23.8      13
         南大阪線       大阪阿部野橋-橿原神宮前                  39.7        39.7      28
       鉄
         吉野線       橿原神宮前-吉野              25.2            25.2      15
       軌
       道
         天理線       平端-天理                   4.5        4.5      3
       線
         生駒線       王寺-生駒               8.0    4.4        12.4      11
                                                      64
                                                      <2>
         田原本線       西田原本-新王寺              10.1            10.1       8
         信貴線       河内山本-信貴山口               2.8            2.8      2
         道明寺線       道明寺-柏原               2.2            2.2      2
         御所線       尺土-近鉄御所               5.2            5.2      3
         長野線       古市-河内長野               6.8    5.7        12.5       7
         名古屋線       伊勢中川-近鉄名古屋                  78.8        78.8      43
         湯の山線       近鉄四日市-湯の山温泉              15.4            15.4       9
         鈴鹿線       伊勢若松-平田町               8.2            8.2      ▶
                               88.2            497.8      280
            計                       405.5     4.1
         西信貴鋼索線       信貴山口-高安山               1.3            1.3      1
       鋼
       索   生駒鋼索線       鳥居前-生駒山上               1.1    0.9        2.0      5
       線
            計                    2.4    0.9     -    3.3      6
               合    計                90.6    406.4     4.1   501.1      286
      (注)1.けいはんな線のうち生駒・学研奈良登美ヶ丘間(営業キロ程8.6km)における線路及び電路施設(生駒起点
          0.0kmから1.2kmまでの区間を除く。)は、第3種鉄道事業者(奈良生駒高速鉄道㈱)の保有資産であります。
         2.変電所数の< >内は外数で、第3種鉄道事業者(奈良生駒高速鉄道㈱)の保有資産であります。
                                 10/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
          b.車両等
                   制御・付随客車
       電動客車                                     計
                               鋼索客車
                                     貨車
            うち特急車            うち特急車                       うち特急車
        [17]            [17]                       [34]
       1,056両       319両      807両      140両      8両      10両     1,881両       459両
      (注)[ ]は外数で、リース契約(固定資産に計上されているものを除く。)により使用する車両であります。
          c.検修車庫・車庫

                                    土地         建物及び構築物
          名称           所在地
                                      帳簿価額        帳簿価額
                               面積(㎡)
                                      (百万円)        (百万円)
      五位堂検修車庫           奈良県香芝市               67,637        1,876
                                                  673
      五位堂車庫           奈良県香芝市                8,375        231
      塩浜検修車庫           三重県四日市市               29,603         795        377

      高安車庫           大阪府八尾市               80,772        6,126         384

      名張車庫           三重県名張市               15,624         302         92

      青山町車庫           三重県伊賀市               29,051          8       954

      東花園車庫           大阪府東大阪市               76,193        5,368         279

      東生駒車庫           奈良県生駒市               18,971         578        471

      西大寺車庫           奈良県奈良市               64,121        2,919         294

      宮津車庫           京都府京田辺市               63,161        1,152         666

      新田辺車庫           京都府京田辺市               19,740         427         24

      天美車庫           大阪府松原市               17,759        1,275          66

      古市車庫           大阪府羽曳野市               31,885        1,892         371

      六田車庫           奈良県吉野郡大淀町                9,077         47        11

      米野車庫           名古屋市中村区                6,859        387         85

      富吉車庫           愛知県海部郡蟹江町               57,302        1,445         313

      白塚車庫           三重県津市               27,532         763        172

                                 52,784

      明星車庫           三重県多気郡明和町                        202        242
      登美ヶ丘車庫           奈良県生駒市                 -       -        -

      (注)登美ヶ丘車庫は第2種鉄道事業にかかるものであり、第3種鉄道事業者(奈良生駒高速鉄道㈱)の保有資産であ
        ります。
                                 11/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (2)観光施設業
                                      建物及び
                              土地
                                      構築物
          名称         所在地                            設備の内容
                                帳簿価額      帳簿価額
                         面積(㎡)
                               (百万円)      (百万円)
                                            葛城登山口-葛城山上間
      葛城索道線           奈良県御所市         13,495        36      53
                                            営業キロ程1.305km
                          673,072
                                         692
      志摩スペイン村           三重県志摩市                 744         テーマパーク
                          [137,204]
                                            ホテル
      ホテル志摩スペイン村           三重県志摩市         103,330        125      419   客室数252室
                                            収容人員508名
                                            水族館、売店、
      志摩マリンランド           三重県志摩市         43,221        165      119
                                            レストラン
                                            生駒登山口・生駒聖天-
                          495,378
                  奈良県生駒市
                                  1,491
      生駒山自動車道                                  719   信貴山門間
                          [31,852]
                  ほか
                                            営業キロ程20.9km
                  奈良県生駒市
      生駒山上遊園地                    345,774        737      270   遊園地
                  ほか
                                            大阪上本町-伊勢中川間
      賃貸用光ファイバケー           大阪市天王寺
                             -      -      64  ほか10区間
      ブル           区ほか
                                            延長 338.0km
      (注)[ ]内は外数で、外部から賃借中のものであります。
         (3)共通

                                      建物及び
                              土地
                                      構築物
          名称         所在地                            設備の内容
                                帳簿価額      帳簿価額
                         面積(㎡)
                               (百万円)
                                     (百万円)
                                            運動場、体育館、テニス
      白塚運動場           三重県津市         16,822        662       50
                                            コートほか
                                            運動場、体育館、テニス
      西大寺運動場           奈良県奈良市         19,401       1,269        93
                                            コートほか
                                 12/81









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
        ③ 設備の新設、除却等の計画
         (1)重要な設備の新設等
                         予算額        既支出額        資金調達       工事着手       完成予定
           工事件名
                        (百万円)        (百万円)         方法       (年月)       (年月)
     奈良線八戸ノ里・瓢箪山間連続立体
                           54,740
                                   52,950     (注2)       平成15.1       令和2.3
     交差化工事(注1)
                                        (注3)

     特急用車両72両新造工事                      18,379          107           平成28.1       令和3.2
     名古屋線川原町駅付近連続立体交差

                           15,640
                                   13,638     (注2)       平成19.10        令和2.3
     化等工事(注1)
      (注)1.奈良線八戸ノ里・瓢箪山間連続立体交差化工事及び名古屋線川原町駅付近連続立体交差化等工事における予
          算額は、都市側負担額を含む当社受託施工額であります。
         2.借入金及び自己資金(工事負担金等受入額を含む。)による予定であります。
         3.ファイナンス・リースによる予定であります。
         (2)重要な設備の除却等

           該当事項はありません。
      (5)保証会社の状況

        ① 株式等の状況
         (1)株式の総数等
          (ⅰ)株式の総数
                                        発行可能株式総数(株)
                  種類
                                             800
                 普通株式
                                             800
                   計
          (ⅱ)発行済株式

                 事業年度末現在              提出日現在
                                         上場金融商品取引所名
                  発行数(株)             発行数(株)
        種類                                 又は登録認可金融商品              内容
               (平成31年3月31日)             (令和元年6月14日)               取引業協会名
                   400             400                    (注)1、2
       普通株式                                     非上場
                   400             400
         計                                     -          -
      (注)1.当社の株式の譲渡については、代表取締役の承認を受けなければなりません。
         2.当社は単元株制度を採用していないため、単元株式数はありません。
         (2)新株予約権等の状況

          ① ストックオプション制度の内容
           該当事項はありません。
          ② ライツプランの内容

           該当事項はありません。
          ③ その  他の新株    予約権等の状況

           該当事項はありません。
         (3)行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等

           該当事項はありません。
                                 13/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (4)発行済株式総数、資本金等の推移
                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                                 (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
                      200       400        90       100       100       100

      平成27年4月1日
      (注)近鉄グループホールディングス㈱の鉄軌道事業等を会社分割により承継した対価として株式を発行したことによ
        るものであります。
         (5)所有者別状況

                                                (平成31年3月31日現在)
                          株式の状況    (1単元の株式数 -株)
                                                        単元未満
        区分      政府及び                       外国法人等                  株式の状況
                        金融商品     その他の
              地方公共     金融機関                         個人その他       計     (株)
                        取引業者      法人
               団体                    個人以外      個人
     株主数(人)

                -     -     -      1     -     -     -      1
                                                         -
     所有株式数
                -     -     -     400      -     -     -     400    -
     (株 )
     所有株式数の割合
                -     -     -    100.0       -     -     -    100.0
                                                         -
     (% )
         (6)大株主の状況

                                                (平成31年3月31日現在)
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     近鉄グループホールディングス㈱                                           400         100.0
                      大阪市天王寺区上本町6丁目1番55号
                               -                  400         100.0
             計
         (7)議決権の状況

          (ⅰ)発行済株式
                                                (平成31年3月31日現在)
                           株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                        内容
     無議決権株式                         -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)
                              -            -            -
     議決権制限株式(その他)
                              -            -            -
     完全議決権株式(自己株式等)
                              -            -            -
     完全議決権株式(その他)                    普通株式     400                     400
                                                      -
     単元未満株式                         -            -            -

                                  400
     発行済株式総数                                     -            -
                                              400
     総株主の議決権                         -                        -
          (ⅱ)自己株式等

             該当事項はありません。
                                 14/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
        ② 自己株式の取得等の状況
         株式の種類等
          該当事項はありません。
         (1)株主総会決議による取得の状況

           該当事項はありません。
         (2)取締役会決議による取得の状況

           該当事項はありません。
         (3)株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容

           該当事項はありません。
         (4)取得自己株式の処理状況及び保有状況

           該当事項はありません。
        ③ 配当政策

          当社は、関係会社からの受取配当収入が主な収益源である近鉄グループホールディングス㈱の配当政策実現の
         ため、同社が示すグループ会社からの配当金収受の方針に準拠し、配当を実施することを基本方針としておりま
         す。
          また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当(基準日は9月30日とする。)をすることができる旨
         を定款に定めております。
          剰余金の配当の決議機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
          当事業年度においては、上記方針に基づき中間配当として1株当たり13,365千円の配当を実施しており、また
         期末配当として1株当たり13,365千円の配当を実施することとしました。
          内部留保資金については、財務基盤の強化に充てる所存であります。
          なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                         配当金の総額            1株当たり配当額
            決議年月日
                          (百万円)              (千円)
         平成30年12月13日
                               5,346             13,365
         取締役会決議
         令和元年6月13日
                               5,346             13,365
         定時株主総会決議
                                 15/81









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
        ④ コーポレート・ガバナンスの状況等
         (1)コーポレート・ガバナンスの概要
           近鉄グループは、『「いつも」を支え、「いつも以上」を創ります。』を経営理念として、誠実な企業行
          動により暮らしの安全を支え、果敢な挑戦により新たな価値を創出するとともに、多様な人々との協働によ
          り社会に貢献することを目指しております。これらの活動を通じて株主、顧客、取引先、地域社会、従業員
          など多様な利害関係者との信頼関係を維持・強化していくために、コーポレート・ガバナンスの充実を図
          り、経営の健全性の向上に努めております。
         (Ⅰ)会社の機関の内容

           当社の取締役は9名であり、取締役任期を1年に設定し、執行役員制度を導入するなどの諸施策を実施
          し、経営責任の明確化と経営の効率化に努めております。取締役会は、原則として毎月1回開催し、重要な
          業務執行を決定するとともに、内部統制の整備・運用状況を含む業務執行状況の報告を定期的に受け、業務
          執行取締役及び執行役員による業務執行を監督しております。また、業務執行取締役及び執行役員間の情報
          の共有と効率的な意思決定を図るため、常務役員会等の会議体を常設しており、常務役員会(原則として月
          2回開催)では設備投資の実施計画その他に関する案件を審議しております。
           一方、当社の監査役は2名であり、監査役相互の連携を図り、監査の実効性を高めるため、監査役による
          協議機関として監査役協議会を設置し、監査の厳正、充実を図っております。監査役協議会では、監査の方
          針や職務の分担等を決定するとともに、各監査役が実施した日常監査の結果を報告し、監査役間で意見の交
          換等を行っております。
           現状のガバナンス体制は、経営に対する監督及び監視のための機能と効率化のための制度を併せ持ち、経
          営の意思決定、業務執行の妥当性及び適正性を確保するために有効であると考えているため、これを採用し
          ているものであります。
         (Ⅱ)内部統制システム(リスク管理体制を含む。)の整備の状況

           当社取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他当社の業務の適正を
          確保するために必要な体制の整備について取締役会で決定しており、この決定に基づいて内部統制システム
          (リスク管理体制を含む。)の整備に努めております。決定内容の概要は、次のとおりでありますが、これ
          については必要が生じる都度、見直しを実施することとしております。
          ① 当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            役員及び使用人の行動の拠り所となる「企業行動規範」において、法令・企業倫理の遵守が経営の根幹
           であるとの信念を明示するとともに、具体的指標となる「法令倫理指針」を制定し、これを周知させるた
           めの措置をとる。
            また、「法令倫理委員会」を設置し、法令及び企業倫理に則った企業行動を推進するとともに、各部署
           に法令倫理責任者及び法令倫理担当者を置くほか、計画的に社内研修等を実施する。さらに、法令・企業
           倫理や社内規程に反する行為が発生した場合に、これを早期に発見、是正するため、使用人からの通報や
           相談を受け付ける「法令倫理相談制度」を設ける。
            反社会的勢力との関係については、これを一切持たず、不当な要求には毅然とした対応をとることと
           し、その旨を「企業行動規範」及び「法令倫理指針」に明示する。
            財務報告に係る内部統制については、財務報告を法令等に従って適正に行うことの重要性を十分に認識
           し、必要な体制等を適切に整備、運用する。
          ② 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

            情報の保存及び管理に関し「文書取扱規程」、「文書管理規則」、「情報セキュリティ規程」等の社内
           規程を整備するとともに、これらに則った適切な保存、管理を実施するため、各部署に文書管理責任者及
           び情報セキュリティ部門責任者を置き、保存、管理状況の点検等を実施する。
          ③ 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

            事業等のリスクを適切に管理するため、包括規程として「リスク管理規程」を制定するとともに、リス
           クを含む重要な案件については、必要に応じて取締役会及び「常務役員会」等の会議体において審議、報
           告を行うとともに、親会社の承認を受ける。
             また、安全に関する事項、法令・企業倫理の遵守に関する事項など特に重要と判断したリスクの管理に
           ついては、全体のリスク管理体制に加えて、専門の担当者の設置、社内規程やマニュアルの制定など個別
           の管理体制も整備する。
                                 16/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
          ④ 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
             取締役会の決議により、適正な業務組織と分掌事項を設定し、業務執行取締役及び執行役員の担当業務
           を明確に定める。業務執行を統轄する社長の下、業務執行取締役及び執行役員に対しては、相互牽制の観
           点にも配慮しつつ、必要に応じて一定の基準により決裁権限を委譲する。
             また、業務執行取締役及び執行役員間の情報の共有と効率的な意思決定を図るため、「常務役員会」等
           の当社独自の会議体を常設し、個別の経営課題ごとの委員会組織やプロジェクトチームも設ける。
             日常の業務処理については、標準化の観点から基準となるべき社内規程、マニュアル等を整備する。さ
           らに、業務改善の促進や経営効率の向上等に資する観点から、内部監査担当部署による内部監査を実施す
           る。
          ⑤ 企業集団における業務の適正を確保するための体制

             各子会社からの情報収集を適時適切に行い、業務の実態及び経理の状況を正確に把握するとともに、リ
           スクを含む重要な案件について、必要に応じて取締役会その他の会議体において審議を行い、特に重要と
           判断したリスク案件については、親会社の承認を受ける。
             また、子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するため、各子会社の業務執行につ
           いて、重要事項を除いて各社が迅速に業務を執行できる体制を整備する。
             さらに、当社の内部監査部門は、子会社を対象とした監査を随時親会社及び各子会社の内部監査部門と
           連携して実施し、法令遵守状況の確認等を行うとともに、各社と相互に情報交換を行う。
             このほか、当社と子会社との間での取引の公正を確保するため、通例的でないと判断できる取引につい
           ては、特別に定めた審査手続を活用する。
          ⑥ 監査役の監査に関する体制

           a.当社の監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項
             当社の監査役の監査に関する事務を処理するため、「監査役室」を置く。同室には、当社の監査役の
            職務を補助するための必要な専属要員として、部長、課長その他の使用人を配置する。
           b.当該使用人の当社の取締役からの独立性に関する事項
             「監査役室」所属の使用人は、当社の取締役の指揮下から外れて監査役の指揮を受け、その異動及び
            評価については常勤の監査役の同意を得る。
           c.当社の監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
             「監査役室」所属の使用人は、当社の取締役及び執行役員並びにその指揮下にある使用人を介さず、
            当社の監査役から直接指示を受け、また当社の監査役に直接報告を行う。
           d.当社の監査役への報告に関する体制
            (a)  当社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制
             当社の取締役、執行役員及び使用人は、当社の監査役に対して、業務執行に係る文書その他の重要な文
            書を回付するとともに、法定事項のほか、事業等のリスクその他の重要事項の発生を認識する都度、速や
            かにその内容を報告する。また、監査役が職務の必要上報告及び調査を要請した場合には、積極的にこれ
            に協力する。さらに、業務執行取締役及び執行役員は、常勤の監査役と定期的に面談し、業務に関する報
            告等を行う。
             このほか、当社の内部監査部門は、内部監査の結果を定期的に監査役へ報告する。また、「法令倫理相
            談制度」において、法令・企業倫理等に反する通報や相談を受け付けた場合に、その内容を必要に応じ当
            社の監査役へ報告する。
            (b)  子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報告をする
             ための体制
             子会社の取締役、監査役及び使用人は、当社の監査役から求めがあった場合に事業に関する報告及び調
            査を行い、積極的にこれに協力するほか、内部統制上重要な事項が生じた場合には、当社の監査役に報告
            する。また、当社は各子会社からの情報収集を適時適切に行い、当社の取締役、執行役員及び使用人は、
            子会社から報告を受けた事項について、必要に応じ当社の監査役に報告する。
           e.当社の監査役に報告をした者が不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
             「法令倫理相談制度規程」において、当社の監査役に報告をしたことにより不利益な扱いをしてはな
            らないことを明確に定めるなど、必要な措置をとる。
           f.当社の監査役の職務の執行について生ずる費用                        又は  債務の処理に係る方針に関する事項
             当社の監査役から、その職務の執行について、費用の前払い、支出した費用及び利息の償還、負担し
            た債務の債権者に対する弁済等が請求された場合は、監査役の職務の執行に不要なものであることが明
            白なときを除き、速やかにその請求に応じる。
                                 17/81


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
           g.その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             当社の監査役相互の連携を図り、監査の実効性を高めるため、監査役による協議機関として「監査役
            協議会」を設置し、監査の方針や職務の分担等を決定する。また、常勤の監査役は、「常務役員会」等
            の当社の重要な会議体に出席し、意見を述べることができ、監査役協議会は、必要に応じて取締役、執
            行役員、使用人及び会計監査人その他の関係者の出席を求めることができる。
         (Ⅲ)役員報酬の内容

                                    報酬等の総額
                   役員区分
                                    (百万円)
            取締役(社外取締役を除く。)                                299
            監査役(社外監査役を除く。)                                 56

                                            -

            社外役員
           (注)報酬等の種類は、基本報酬のみであります。
         (Ⅳ)取締役の定数等に関する定款の定め

           当社の取締役は5名以上とする旨を定款で定めております。
           また、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
          株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めているほか、累積投票によらないものとす
          る旨も定款で定めております。
         (Ⅴ)株主総会決議事項のうち取締役会で決議できることとした事項

           機動的な募集株式の発行を可能とするため、会社法第202条第3項第2号の規定により、取締役会の決議に
          よって株主に株式の割当てを受ける権利を与える旨、その募集事項及びその申込みの期日を決定することが
          できる旨を定款で定めております。
           また、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日と
          して中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
         (Ⅵ  ) 株主総会の特別決議要件

           株主総会の円滑な運営を図るため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定
          めております。
                                 18/81










                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (2)役員の状況
           男性11名 女性0名 (役員のうち女性の比率0%)
                                                          所有
                   氏名
        役職名                              略歴                任期   株式数
                 (生年月日)
                                                         (株)
     取締役会長          和 田 林 道 宜
                         昭和51年4月       近畿日本鉄道     ㈱(現   近鉄グループホールディングス
     (代表取締役)
              (昭和26年11月21日生)
                                ㈱)  入社
                                                      (注)1    -
                         平成27年1月       当社取締役社長
                         令和元年6月       当社取締役会長(現在)
     取締役社長          都 司 尚
                         昭和57年4月       近畿日本鉄道㈱      (現  近鉄グループホールディングス
     (代表取締役)         (昭和32年8月26日生)
                                ㈱)  入社
     鉄道本部長
                         平成27年1月       当社執行役員
                          同28年6月      当社取締役常務執行役員
                                                      (注)1    -
                          同30年6月
                                伊賀鉄道㈱取締役社長(現在)
                         令和元年6月
                                近鉄グループホールディングス㈱             取締役(現在)
                          同元年6月
                                当社取締役社長(現在)
                                当社鉄道本部長(現在)
     取締役専務執行役員          西 崎 一
                         昭和54年4月       近畿日本鉄道     ㈱(現   近鉄グループホールディングス
     鉄道本部企画統括部
              (昭和31年3月23日生)
                                ㈱)  入社
     長
                         平成30年6月
                                金剛葛城観光開発㈱代表取締役(現在)
                                                      (注)1    -
                          同30年6月      当社取締役常務執行役員
                                当社鉄道本部企画統括部長(現在)
                         令和元年6月       当社取締役専務執行役員         (現在)
     取締役常務執行役員          村 井 弘 幸
                         昭和57年4月       近畿日本鉄道㈱      (現  近鉄グループホールディングス
     総務部及び監査部担
              (昭和33年6月9日生)
                                ㈱)  入社
                                                      (注)1    -
     当
                         平成28年6月
                                同社  取締役常務執行役員(現在)
                          同28年6月
                                当社取締役常務執行役員(現在)
     取締役常務執行役員          三 宅 貞 行
                         昭和58年4月       近畿日本鉄道㈱      (現  近鉄グループホールディングス
     経理部担当
              (昭和34年9月13日生)
                                ㈱)  入社
                         平成29年6月       同社  取締役常務執行役員                    (注)1    -
                         令和元年6月       同上退任
                          同元年6月
                                当社取締役常務執行役員(現在)
     取締役常務執行役員          安 東 隆 昭
                         昭和61年4月       近畿日本鉄道㈱      (現  近鉄グループホールディングス
     総合企画本部長
              (昭和36年8月16日生)
                                ㈱)  入社
                         平成28年6月       当社執行役員                     (注)1    -
                         令和元年6月       当社取締役常務執行役員(現在)
                                当社総合企画本部長(現在)
     取締役常務執行役員          原 恭
                         昭和59年4月       近畿日本鉄道㈱      (現  近鉄グループホールディングス
     鉄道本部大阪統括部         (昭和36年12月31日生)
                                ㈱)  入社
     長
                         平成30年6月       当社執行役員
                          同30年6月                            (注)1    -
                                養老鉄道㈱取締役社長(現在)
                          同30年6月      四日市あすなろう鉄道㈱取締役社長(現在)
                         令和元年6月       当社取締役常務執行役員(現在)
                                当社鉄道本部大阪統括部長(現在)
     取締役          小 林 哲 也
                         昭和43年4月       近畿日本鉄道     ㈱(現   近鉄グループホールディングス
              (昭和18年11月27日生)
                                ㈱)  入社
                                                      (注)1    -
                         平成27年1月       当社取締役会長
                          同 27年4月
                                近鉄グループホールディングス㈱取締役会長(現在)
                         令和元年6月
                                当社取締役(現在)
     取締役          吉 田 昌 功
                         昭和50年4月       近畿日本鉄道     ㈱(現   近鉄グループホールディングス
              (昭和27年3月27日生)
                                ㈱)  入社
                         平成27年1月                            (注)1    -
                                当社取締役(現在)
                          同 27年4月
                                近鉄グループホールディングス㈱取締役社長(現在)
                          同 27年6月     奈良観光土地㈱代表取締役(現在)
     監査役(常勤)          加 藤 千 明
                         昭和52年4月       近畿日本鉄道     ㈱(現   近鉄グループホールディングス
              (昭和28年3月3日生)
                                ㈱)  入社
                         平成27年1月       当社取締役常務執行役員
                                                      (注)2    -
                          同 28年6月     当社取締役専務執行役員
                          同30  年6月    当社取締役副社長
                         令和元年6月
                                当社監査役(常勤)(現在)
                                 19/81


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                                                          所有

                   氏名
                                                         株式数
        役職名                              略歴                任期
                 (生年月日)
                                                         (株)
               夛 田 均
     監査役(常勤)
                         昭和57年4月       近畿日本鉄道㈱(現        近鉄グループホールディングス
              (昭和34年2月8日生)
                                ㈱)入社
                                                      (注)2    -
                         平成28年11月       当社取締役常務執行役員
                         令和元年6月
                                当社監査役(常勤)        (現在)
     (注)1.取締役の任期は、平成31年3月期に係る定時株主総会の終結の時から令和2年3月期に係る定時株主総会の
         終結の時までであります。
        2.  監査役の任期は、平成31年3月期に係る定時株主総会の終結の時から令和4年3月期に係る定時株主総会の
         終結の時までであります           。
                                 20/81
















                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (3)監査の状況
          (Ⅰ)監査の概要
            当社の監査役は2名であり、監査役相互の連携を図り、監査の実効性を高めるため、監査役による協議機
           関として監査役協議会を設置し、監査の厳正、充実を図っております。監査役協議会では、監査の方針や職
           務の分担等を決定するとともに、各監査役が実施した日常監査の結果を報告し、監査役間で意見の交換等を
           行っております。また、監査役の指揮を受けて監査役の監査に関する事務を処理する専任部署として監査役
           室(所属人員8名)を設置しているほか、業務改善の促進や経営効率の向上等に資する観点から、監査部
           (所属人員21名)による内部監査を適時に行う体制も整備しております。会計監査については、当社は有限
           責任   あずさ監査法人と監査契約を締結しており、当事業年度において同監査法人は指定有限責任社員土居
           正明、松本浩、千葉一史の3名のほか、公認会計士6名、会計士試験合格者等2名、その他6名により監査
           を行いました。監査役、監査部及び会計監査人は、必要に応じて、監査計画やその結果等について情報交換
           を行うことにより連携を図り、効率的かつ効果的な監査に努めております。
            会計監査人の選定に当たっては、会計監査人としての独立性及び専門性を有していること、当社の業務内
           容、経理処理等を理解していること、監査又はレビューの方法及び結果の報告が適切に行われていること、
           日本公認会計士協会による品質管理レビュー結果及び公認会計士・監査審査会による検査結果において重要
           な不備が認められないこと等を勘案した監査役の協議に基づき、同監査法人を会計監査人に選定しておりま
           す。
            ただし、監査役としては、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める事項のいずれかに該当すると
           判断した場合には、会計監査人を解任する方針であり、また、会計監査人の職務の遂行の状況その他の事情
           を勘案して必要と認められる場合には、株主総会における会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容
           の決定を行う方針です。
          (Ⅱ)監査報酬の内容等

            「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日 内閣府令第3
           号)による改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規
           定に経過措置を適用しております。
          (ⅰ)監査公認会計士等に対する報酬

                        前事業年度                       当事業年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
                報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                       17           -           16

      保証会社                                                   -
          (ⅱ)その他重要な報酬の内容

             該当事項はありません。
          ( ⅲ )監査報酬の決定方針

             特記すべき事項はありません。
          (ⅳ)   監査役が会計監査人の報酬等に同意した理由

             取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役が会社法第399条第1項の同意
            をした理由は、当社の監査役が有限責任                   あずさ監査法人の当期の監査計画及び報酬等の見積りについ
            て、その監査時間及び配員計画を前期の監査計画及び実績と比較分析し評価するとともに、当期における
            当社の状況等を勘案し、検討した結果、報酬等の額は相当であると判断したためであります。
         (4)役員の報酬等

           当社は非上場会社でありますので、記載すべき事項はありません。なお、役員報酬の内容につきましては、
          「(1)コーポレート・ガバナンスの概要                   (Ⅲ)役員報酬の内容」に記載しております。
         (5)株式の保有状況

           当社は非上場会社でありますので、記載すべき事項はありません。
                                 21/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      (6)経理の状況
       1.財務諸表の作成方法について
         当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号                                                。 以下、
        「財務諸表等規則」という。)第2条の規定に基づき、「財務諸表等規則」及び「鉄道事業会計規則」(昭和62年
        運輸省令第7号)により作成しております。
       2.監査証明について
         当社の財務諸表は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受けておりません。
         ただし、事業年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の財務諸表について、                                          同項の規定に準ずる監
        査を有限責任       あずさ監査法人より受けております。
       3.  連結財務諸表について
         「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当
        社では、子会社の資産、営業収益、損益、利益剰余金その他の項目からみて、当企業集団の財政状態及び経営成績
        の状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、連結財務諸表は作成しておりませ
        ん。
       4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて
         当社は、会計基準等の内容及び変更等について当社への影響を適切に把握するために、公益財団法人財務会計基
        準機構へ加入しております親会社からの情報入手を行い、財務諸表等の適正性確保に取り組んでおります。
                                 22/81















                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
        ① 財務諸表等
         (1)  財務諸表
          ( i )貸借対照表
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
       資産の部
        流動資産
         現金及び預金                                  1,944              2,596
                                           5,824              6,154
         未収運賃
                                           1,980              4,259
         未収金
                                            385              495
         未収収益
                                           2,447              2,492
         貯蔵品
                                           8,066              5,795
         前払金
                                            926              924
         前払費用
                                            571              441
         その他の流動資産
                                           △228               △3
         貸倒引当金
                                           21,919              23,156
         流動資産合計
        固定資産
         鉄軌道事業固定資産
                                         1,454,716              1,466,308
          有形固定資産
                                         △693,678              △709,170
           減価償却累計額
                                        ※2※3  761,038            ※2※3  757,137
           有形固定資産(純額)
                                           3,239              3,936
          無形固定資産
                                         ※1 764,277             ※1 761,074
          鉄軌道事業固定資産合計
         付帯事業固定資産
                                           23,498              24,024
          有形固定資産
                                          △11,394              △11,652
           減価償却累計額
                                         ※3 12,104             ※3 12,372
           有形固定資産(純額)
                                             94              88
          無形固定資産
                                           12,198              12,460
          付帯事業固定資産合計
         各事業関連固定資産
                                           5,535              5,640
          有形固定資産
                                          △1,979              △1,963
           減価償却累計額
                                          ※3 3,555             ※3 3,676
           有形固定資産(純額)
                                            167              137
          無形固定資産
                                           3,722              3,814
          各事業関連固定資産合計
         建設仮勘定
                                           6,973              10,782
          鉄軌道事業
                                             31              136
          付帯事業
                                          ※3 7,004             ※3 10,919
          建設仮勘定合計
         投資その他の資産
                                             14              14
          投資有価証券
                                           14,595              14,595
          関係会社株式
                                           4,480              4,411
          長期前払費用
                                           46,796              49,767
          前払年金費用
                                            608              575
          その他の投資等
                                          △3,280              △3,280
          投資評価引当金
                                           63,216              66,084
          投資その他の資産合計
                                          850,420              854,352
         固定資産合計
                                          872,339              877,509
        資産合計
                                 23/81


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
       負債の部
        流動負債
                                           74,075              76,830
         関係会社短期借入金
                                           2,190              1,957
         リース債務
                                           25,980              30,554
         未払金
                                           4,205              4,074
         未払費用
                                           1,707              1,371
         未払消費税等
                                             51             2,237
         未払法人税等
                                            691              735
         預り連絡運賃
                                           3,935              4,169
         預り金
                                           5,222              5,419
         前受運賃
                                           1,965              1,803
         前受金
                                           4,792              4,622
         賞与引当金
                                            385              535
         その他の流動負債
                                          125,203              134,312
         流動負債合計
        固定負債
                                          482,239              472,735
         関係会社長期借入金
                                           7,727              6,193
         リース債務
                                           8,419              9,241
         繰延税金負債
                                         ※3 79,485             ※3 79,227
         再評価に係る繰延税金負債
                                           1,070              1,099
         その他の固定負債
                                          578,942              568,497
         固定負債合計
                                          704,145              702,810
        負債合計
       純資産の部
        株主資本
                                            100              100
         資本金
         資本剰余金
                                            100              100
          資本準備金
                                           30,000              30,000
          その他資本剰余金
                                           30,100              30,100
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                           1,007               983
           固定資産圧縮積立金
                                           8,778              15,795
           繰越利益剰余金
                                           9,786              16,779
          利益剰余金合計
                                           39,986              46,979
         株主資本合計
        評価・換算差額等
                                         ※3 128,208             ※3 127,719
         土地再評価差額金
                                          128,208              127,719
         評価・換算差額等合計
                                          168,194              174,699
        純資産合計
                                          872,339              877,509
       負債純資産合計
                                 24/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
          ( ⅱ )損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
       鉄軌道事業営業利益
        営業収益
                                          149,949              149,326
         旅客運輸収入
                                            531               -
         鉄道線路使用料収入
                                           6,849
         運輸雑収                                                7,118
                                          157,330              156,444
         鉄軌道事業営業収益合計
        営業費
                                           93,816              89,156
         運送営業費
                                           9,140
         一般管理費                                                8,795
                                           5,090              5,158
         諸税
                                           23,101              23,332
         減価償却費
                                          131,149              126,443
         鉄軌道事業営業費合計
        鉄軌道事業営業利益                                  26,180              30,001
       付帯事業営業利益
        営業収益
                                           5,584              5,747
         観光施設業収入
                                           5,584              5,747
         付帯事業営業収益合計
        営業費
                                           4,605              4,649
         売上原価
                                            694              721
         販売費及び一般管理費
                                            215              194
         諸税
                                            593              340
         減価償却費
                                           6,109              5,906
         付帯事業営業費合計
        付帯事業営業損失(△)                                   △525              △158
                                           25,655              29,842
       全事業営業利益
       営業外収益
                                             14              15
        受取利息
                                             0              0
        有価証券利息
                                            102               89
        物品売却益
                                             7              7
        土地物件貸付料
                                             -              111
        貸倒引当金戻入額
                                             99              105
        雑収入
                                            224              331
        営業外収益合計
       営業外費用
                                          ※1 6,235             ※1 5,867
        支払利息
                                             19               0
        雑支出
                                           6,255              5,867
        営業外費用合計
                                           19,624              24,305
       経常利益
                                 25/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                                                    (単位:百万円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
       特別利益
                                           6,114              6,573
        工事負担金等受入額
                                            136             1,442
        収用補償金
                                           ※2 35             ※2 253
        固定資産売却益
                                           6,286              8,269
        特別利益合計
       特別損失
                                           6,083              6,550
        工事負担金等圧縮額
                                            117             1,330
        収用等圧縮損
                                            ※2 2             ※2 62
        固定資産売却損
                                           ※3 97             ※3 100
        固定資産除却損
                                          ※4 4,094
                                                           -
        減損損失
                                            367              689
        その他
                                           10,763               8,734
        特別損失合計
       税引前当期純利益                                   15,147              23,840
       法人税、住民税及び事業税                                    2,807              7,514
                                           2,772               563
       法人税等調整額
                                           5,579              8,078
       法人税等合計
                                           9,567              15,761
       当期純利益
                                 26/81













                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
           営業費明細表
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                   至 平成31年3月31日)
                     注記

           区分                  金額(百万円)                   金額(百万円)
                     番号
     Ⅰ 鉄軌道事業営業費
      1.運送営業費               ※1
                            55,045
       (1)人件費                                       52,522
                            38,771
                                               36,634
       (2)経費
                                     93,816
            計                                            89,156
      2.一般管理費
                            3,226
       (1)人件費                                        3,085
                            5,914
                                               5,709
       (2)経費
                                      9,140
            計                                            8,795
                                      5,090
      3.諸税                                                  5,158
                                     23,101
                                                        23,332
      4.減価償却費
       鉄軌道事業営業費合計                             131,149
                                                       126,443
     Ⅱ 付帯事業営業費
      1.売上原価
                            4,605
                                               4,649
        観光施設業売上原価
                                      4,605
            計                                            4,649
      2.販売費及び一般管理費               ※2
                              91
       (1)人件費                                         57
                             603
                                                664
       (2)経費
                                       694
            計                                             721
                                       215
      3.諸税                                                   194
                                       593
                                                         340
      4.減価償却費
                                      6,109
        付帯事業営業費合計                                                5,906
        全事業営業費合計             ※3               137,259                   132,349
      (注)事業別営業費合計の100分の5を超える主な費用並びに営業費(全事業)に含まれている引当金繰入額は、次の

        とおりであります。
                 項目                   前事業年度              当事業年度
      ※1  鉄軌道事業営業費 運送営業費
           給与                            43,833百万円              44,044百万円
           修繕費                            11,520百万円              10,828百万円
           動力費                            9,420百万円              8,966百万円
           福利厚生費                            7,721百万円              8,189百万円
      ※2  付帯事業営業費 販売費及び一般管理費
           委託管理費                             302百万円              310百万円
      ※3  営業費(全事業)に含まれている引当金繰入額
           貸倒引当金                              4百万円              -百万円
           賞与引当金                            4,792百万円              4,622百万円
           退職給付費用                            2,102百万円             △1,162百万円
                                 27/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
          ( ⅲ )株主資本等変動計算書
             前事業年度(自         平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                      株主資本
                             資本剰余金                利益剰余金
                                         その他利益剰余金               株主資本
                    資本金
                              その他    資本剰余金                利益剰余金       合計
                        資本準備金
                             資本剰余金       合計    固定資産     繰越利益      合計
                                        圧縮積立金      剰余金
     当期首残高
                      100     100    30,000     30,100      1,940     5,377     7,318     37,518
     当期変動額
      会社分割による減少                                    △907          △907     △907
      剰余金の配当                                        △6,188     △6,188     △6,188
      圧縮積立金の取崩
                                           △24      24     -     -
      当期純利益                                         9,567     9,567     9,567
      土地再評価差額金の取崩                                          △3     △3     △3
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                 -     -     -     -    △932     3,400     2,468     2,468
     当期末残高                 100     100    30,000     30,100      1,007     8,778     9,786     39,986
                   評価・換算

                    差額等
                        純資産合計
                   土地再評価
                    差額金
     当期首残高               128,204     165,723
     当期変動額
      会社分割による減少                    △907
      剰余金の配当
                          △6,188
      圧縮積立金の取崩                      -
      当期純利益                    9,567
      土地再評価差額金の取崩                     △3
      株主資本以外の項目の当期変動
                       3     3
      額(純額)
     当期変動額合計                  3    2,471
     当期末残高               128,208     168,194
                                 28/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
             当事業年度(自         平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                      株主資本
                             資本剰余金                利益剰余金
                                         その他利益剰余金               株主資本
                    資本金
                              その他    資本剰余金                利益剰余金       合計
                        資本準備金
                             資本剰余金       合計    固定資産     繰越利益      合計
                                        圧縮積立金      剰余金
     当期首残高                 100     100    30,000     30,100      1,007     8,778     9,786     39,986
     当期変動額
      会社分割による減少
                                                           -
      剰余金の配当                                        △9,257     △9,257     △9,257
      圧縮積立金の取崩                                    △23      23     -     -
      当期純利益
                                               15,761     15,761     15,761
      土地再評価差額金の取崩                                          488     488     488
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                 -     -     -     -    △23     7,017     6,993     6,993
     当期末残高
                      100     100    30,000     30,100       983    15,795     16,779     46,979
                   評価・換算

                    差額等
                        純資産合計
                   土地再評価
                    差額金
     当期首残高               128,208     168,194
     当期変動額
      会社分割による減少                      -
      剰余金の配当                   △9,257
      圧縮積立金の取崩
                            -
      当期純利益                    15,761
      土地再評価差額金の取崩                     488
      株主資本以外の項目の当期変動
                     △488     △488
      額(純額)
     当期変動額合計
                     △488     6,504
     当期末残高               127,719     174,699
                                 29/81








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     注記事項
     (重要な会計方針)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
        満期保有目的の債券
         償却原価法(定額法)
        子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法に基づく原価法
        その他有価証券
         時価のないもの
          移動平均法に基づく原価法
      2.たな卸資産       の評価基準及び評価方法
        貯蔵品
         移動平均法に基づく原価法
         なお、貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しております。
      3.固定資産の減価償却の方法
        有形固定資産(リース資産を除く。)
         鉄軌道事業取替資産                取替法
         建物                       定額法
         構築物                      定額法
         鉄軌道事業けいはんな線の機械装置及び工具器具備品 定額法
         その他の有形固定資産               定率法
        無形固定資産(リース資産を除く。)         定額法
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
         ます。
        リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
          なお、リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、通常
         の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
      4.工事負担金等の会計処理
        鉄軌道事業における高架化工事や踏切道拡幅工事等を行うにあたり、地方公共団体等から工事費の一部として工事
       負担金等を受け入れております。工事負担金等により固定資産を取得した場合には、取得原価から工事負担金等相当
       額を直接減額したものを固定資産の取得価額とし、工事負担金等受入額を特別利益に計上するとともに、取得原価か
       ら直接減額した金額を工事負担金等圧縮額として特別損失に計上しております。
      5.引当金の計上基準
        貸倒引当金
          営業債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
         債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        投資評価引当金
          市場価格のない株式を適正に評価するため、投資先の資産状態等を勘案して、特に計上を要すると認められる
         金額を計上しております。
        賞与引当金
          従業員に対する賞与の支払いに充てるため、支給見込額を計上しております。
        退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当事業
         年度末において発生していると認められる金額を計上しております。
         (1)  退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、期
          間定額基準によっております。
                                 30/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (2)  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           数理計算上の差異は、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により発
          生時の翌事業年度から費用処理しております。
           過去勤務費用は、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により発生時
          から費用処理しております。
           なお、当事業年度末においては、年金資産が退職給付債務に未認識過去勤務費用及び未認識数理計算上の差
          異を加減した金額を超過しているため、当該超過額は、固定資産の投資その他の資産に「                                         前払年金費用      」とし
          て計上しております。
      6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
        消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。ただし、資産に係る控除対象外消費税等は発
         生事業年度の期間費用としております。
        連結納税制度の適用
          近鉄グループホールディングス㈱を連結親法人とする連結納税制度を適用しております。
     ( 未適用の会計基準等)

      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
      「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
       (1)  概要

          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)  適用予定日

          令和4年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)  当該会計基準等の適用による影響

          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を当事業年度の期首から
      適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更して
      おります。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」2,132百万円は、「固定負債」の
      「繰延税金負債」8,419百万円に含めて表示しております。
      (損益計算書関係)

       前事業年度において、「特別利益」の「その他」に含めていた「収用補償金」及び「特別損失」の「その他」に含め
      ていた「収用等圧縮損」は、金額的重要性が増したため、当事業年度より独立掲記しております。この表示方法の変更
      を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前事業年度の損益計算書において、「特別利益」の「その他」に表示していた136百万円は、「収用補償
      金」136百万円、「特別損失」の「その他」に表示していた485百万円は、「収用等圧縮損」117百万円、「その他」367
      百万円として組み替えております。
                                 31/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (貸借対照表関係)
      ※1.固定資産のうち、担保に供しているもの
                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
     鉄軌道事業固定資産                             692,430百万円                   545,112百万円
     (鉄軌道財団)
     (注)上記資産は近鉄グループホールディングス㈱の財団抵当借入金の担保に供しております。
      ※2.工事負担金等の圧縮記帳累計額

                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
                                   227,701百万円                   230,488百万円
         収用等に係る資産の当期圧縮額

                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
                                     117百万円                  1,330百万円
      ※3.土地の再評価

         土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づき、事業用土地の再評価を行い、評価差
        額に係る税効果相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除した金額を「土地再
        評価差額金」として純資産の部に計上しております。
         再評価の方法
           土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第3号に定める固定資産税
          評価額に基づき算出する方法、同条第4号に定める路線価に基づき算出する方法及び同条第5号に定める不動
          産鑑定士による鑑定評価額により算出する方法によっております。
         再評価を行った年月日
          平成14年3月31日
      4.偶発債務

       (1)  保証債務
                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
     近鉄グループホールディングス㈱                            1,029,458百万円                   1,010,595百万円
     従業員(住宅融資)                              1,562百万円                   1,328百万円
              計                    1,031,020百万円                   1,011,924百万円
       (2)  重畳的債務引受による連帯債務

                              前事業年度                   当事業年度
                           (平成30年3月31日)                   (平成31年3月31日)
     近鉄不動産㈱                                0百万円                   0百万円
     (損益計算書関係)

      ※1.関係会社との取引にかかるものが次のとおり含まれております。
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                   至 平成31年3月31日)
     支払利息                              6,235百万円                   5,867百万円
                                 32/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      ※2.事業用固定資産の一部譲渡であり、内訳は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                   至 平成31年3月31日)
     固定資産売却益
     鉄軌道事業固定資産                                23百万円                  251百万円
     付帯事業固定資産                                11百万円                   1百万円
                                     35百万円                  253百万円
              計
     固定資産売却損
     鉄軌道事業固定資産                                1百万円                  54百万円
     付帯事業固定資産                                0百万円                   7百万円
                                      2百万円                  62百万円
              計
      ※3.改築等に伴う事業用固定資産の除却であり、内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                          (自 平成29年4月1日                   (自 平成30年4月1日
                           至 平成30年3月31日)                   至 平成31年3月31日)
     付帯事業固定資産                                70百万円                   70百万円
     各事業関連固定資産                                27百万円                   30百万円
             計                        97百万円                  100百万円
      ※4.減損損失

        前事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
        ①  減損損失を認識した主な資産グループ
         主な用途               種類              場所              金額
     レジャー施設              建物及び構築物、土地等              三重県志摩市                     2,886百万円
     鉄道用地              土地              奈良県奈良市                     1,041百万円
     鉄道施設              建物及び構築物等              岐阜県大垣市ほか                      166百万円
                        合計                              4,094百万円
        ②  減損損失の認識に至った経緯
          当初想定していた収益を見込めなくなったことや一部売却を決定したことなどにより減損損失を認識してお
         ります。
        ③  減損損失の金額
          建物及び構築物                     1,343百万円
          機械装置及び運搬具                      262百万円
          土地                     2,345百万円
          その他                      142百万円
                               4,094百万円
                計
        ④  資産をグルーピングした方法
          管理会計上の区分を基準に事業ごと又は物件ごとに資産のグルーピングを行っております。
        ⑤  回収可能価額の算定方法
          資産グループごとの回収可能価額は正味売却価額により測定しております。正味売却価額は、不動産鑑定評
         価や売却予定額などにより算定しております。
        当事業年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 33/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (株主資本等変動計算書関係)
      前事業年度     (自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                              当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
                   当事業年度期首
                               株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
                    株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                    400           -           -          400
     (注)自己株式については、該当ありません。
      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (百万円)          (千円)
     平成29年6月22日
                            2,277          5,692
                普通株式                         平成29年3月31日          平成29年6月23日
     定時株主総会
     平成29年12月20日
                            3,911          9,778
                普通株式                         平成29年9月30日          平成29年12月29日
     取締役会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                           配当金の総額       1株当たり配当額
         決議      株式の種類      配当の原資                         基準日        効力発生日
                            (百万円)         (千円)
     平成30年6月22日
                               3,911         9,778
               普通株式     利益剰余金                      平成30年3月31日         平成30年6月29日
     定時株主総会
      当事業年度     (自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                              当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
                   当事業年度期首
                               株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
                    株式数(株)
     発行済株式
                          400
      普通株式                               -           -          400
     (注)自己株式については、該当ありません。
      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (百万円)          (千円)
     平成30年6月22日
                            3,911          9,778
                普通株式                         平成30年3月31日          平成30年6月29日
     定時株主総会
     平成30年12月13日
                            5,346         13,365
                普通株式                         平成30年9月30日          平成30年12月28日
     取締役会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                           配当金の総額       1株当たり配当額
         決議      株式の種類      配当の原資                         基準日        効力発生日
                            (百万円)         (千円)
     令和元年6月13日
                               5,346        13,365
               普通株式     利益剰余金                      平成31年3月31日         令和元年6月28日
     定時株主総会
                                 34/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
        (1)リース資産の内容
          有形固定資産
           主として、鉄軌道事業における一部の車両(鉄軌道事業固定資産)であります。
        (2)リース資産の減価償却の方法
           重要な会計方針「        3.固定資産の減価償却の方法              」に記載のとおりであります。
      2.リース取引開始日が、平成20年3月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借

       取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
        (借主側)
        (1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
                                                    (単位:百万円)
                                 前事業年度(平成30年3月31日)
                         取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
     鉄軌道事業固定資産                          7,900             6,646             1,253
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込
       み法によっております。
                                                    (単位:百万円)
                                 当事業年度(平成31年3月31日)
                         取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
                                                          510
     鉄軌道事業固定資産                          5,235             4,724
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込
       み法によっております。
        (2)未経過リース料期末残高相当額等

                                              (単位:百万円)
                               前事業年度              当事業年度
                            (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
        1年内                             1,003               510
        1年超                              250              -
        合計                             1,253               510
        (注)未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が
          低いため、支払利子込み法によっております。
        (3)支払リース料及び減価償却費相当額

                                              (単位:百万円)
                               前事業年度              当事業年度
                           (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                            至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
        支払リース料                              784              509
        減価償却費相当額                              784              509
        (4)減価償却費相当額の算定方法

          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                 35/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、近鉄グループホールディングス㈱のキャッシュマネジメントシステムに参加しており、一時的に発生
         した余裕資金は同システムにより運用しております。また、資金調達に関しては、同社からの借入により行って
         おります    。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク
          未収運賃及び未収金は、通常の営業活動に伴い生じたものであり、顧客等の信用リスクに晒されております。
          未払金は、短期間で決済されるものであります。
          借入金は、営業活動を行うための運転資金や設備投資資金であり、近鉄グループホールディングス㈱からの借
         入であります。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制
          未収運賃及び未収金に係る顧客の信用リスクを抑制するため、各営業部門において、取引先の状況を定期的に
         モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理しております。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織
         り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
       て困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注)2を参照ください。)
        前事業年度(平成30年3月31日)

                             貸借対照表     計上額         時価           差額
                               (百万円)           (百万円)           (百万円)
        (1)現金及び預金                           1,944           1,944            -
        (2)未収運賃                           5,824           5,824            -
        (3)未収金                           1,980           1,980            -
        (4)  供託有価証券(*)
                                     96           99           2
                資産計                   9,846           9,848            2
        (1)関係会社短期借入金                           3,559           3,559            -
        (2)未払金                          25,980           25,980            -
        (3)関係会社長期借入金
                                  552,755           557,151           4,396
        (1年以内返済予定を含む)
                負債計                  582,295           586,692           4,396
         (*)供託中の債券であり、投資その他の資産の「その他の投資等」に計上しております。
        当事業年度(平成31年3月31日)

                             貸借対照表     計上額         時価           差額
                               (百万円)           (百万円)           (百万円)
        (1)現金及び預金                           2,596           2,596            -
        (2)未収運賃                           6,154           6,154            -
        (3)未収金                           4,259           4,259            -
        (4)  供託有価証券(*)                          96           98           1
                資産計                  13,106           13,108             1
        (1)関係会社短期借入金                            551           551           -
        (2)未払金                          30,554           30,554            -
        (3)関係会社長期借入金
                                  549,014           554,003           4,989
        (1年以内返済予定を含む)
                負債計                  580,120           585,109           4,989
         (*)供託中の債券であり、投資その他の資産の「その他の投資等」に計上しております。
                                 36/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      (注)1.金融商品の時価の算定方法
       資産
       (1)現金及び預金、(2)未収運賃並びに(3)未収金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (4)供託有価証券
          供託有価証券の時価については、市場価格によっております。
       負債
       (1)関係会社短期借入金及び(2)未払金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (3)関係会社長期借入金
          関係会社長期借入金の時価については、元利金の合計額を残存期間で同様の新規借入を行った場合に想定され
         る利率で割り引いて算定する方法によっております。なお、変動金利による関係会社長期借入金については、金
         利が一定期間毎に更改される条件となっており、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
         おります。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                         (単位:百万円)
                          前事業年度              当事業年度
              区分
                       (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
            子会社株式                   11,518              11,518
            関連会社株式                    3,077              3,077
            非上場株式                     14              14
         上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表には含めてお
        りません。
      (注)3.金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

        前事業年度(平成30年3月31日)
                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                           (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        現金及び預金                      1,944          -        -        -
        未収運賃                      5,824          -        -        -
        未収金                      1,980          -        -        -
        供託有価証券                        -        92         5        -
                合計               9,749          92         5        -
        当事業年度(平成31年3月31日)

                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                           (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
        現金及び預金                      2,596          -        -        -
        未収運賃                      6,154          -        -        -
        未収金                      4,259          -        -        -
        供託有価証券                        -        97        -        -
                合計               13,010          97        -        -
                                 37/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      (注)4.長期借入金の決算日後の返済予定額
        前事業年度(平成30年3月31日)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                 5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)                                (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
        関係会社長期借入金
                       70,516      70,479      69,966      69,570      69,317      202,907
        (1年以内返済予定を含む)
             合計          70,516      70,479      69,966      69,570      69,317      202,907
        当事業年度(平成31年3月31日)

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                 5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)                                (百万円)
                           (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
        関係会社長期借入金
                       76,279      76,219      75,974      75,721      75,258      169,563
        (1年以内返済予定を含む)
                              76,219      75,974
             合計          76,279                   75,721      75,258      169,563
     (有価証券関係)

      1.満期保有目的の債券
       前事業年度(平成30年3月31日)
                               貸借対照表計上額             時価          差額
                種類
                                 (百万円)          (百万円)          (百万円)
     時価が貸借対照表計上額を超えるもの
      国債・地方債等                                96          99           2
                合計                      96          99           2
       当事業年度(平成31年3月31日)

                               貸借対照表計上額             時価          差額
                種類
                                 (百万円)          (百万円)          (百万円)
     時価が貸借対照表計上額を超えるもの
                                                 98           1
      国債・地方債等                                96
                合計                      96          98           1
      2.子会社株式及び関連会社株式

        子会社株式及び関連会社株式(前事業年度末貸借対照表計上額子会社株式11,518百万円、関連会社株式3,077百万
       円、当事業年度末貸借対照表計上額子会社株式11,518百万円、関連会社株式3,077百万円)は、市場価格がなく、時
       価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
      3.その他有価証券

        その他有価証券(前事業年度末貸借対照表計上額14百万円、当事業年度末貸借対照表計上額14百万円)は、市場価
       格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 38/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社では、確定給付企業年金制度及び確定拠出年金制度を導入しております。また、確定給付企業年金制度には、
       退職給付信託が設定されております。
        なお、当社の確定給付企業年金制度は、近鉄グループホールディングス                                  ㈱ と共同で実施する複数事業主制度に基づ
       くものであり、自社の年金資産の額を合理的に算定することができるため、「2.確定給付制度」に含めて記載して
       おります。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                             76,198百万円               76,002百万円
         勤務費用                             2,827百万円               2,665百万円
         利息費用                              533百万円               520百万円
         数理計算上の差異の発生額                             △869百万円               △381百万円
         退職給付の支払額                            △2,688百万円               △2,452百万円
         転籍による減少                                  -          △8,694百万円
         退職給付債務の期末残高                             76,002百万円               67,660百万円
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
         年金資産の期首残高                            120,507百万円               135,625百万円
         期待運用収益                             2,108百万円               2,373百万円
         数理計算上の差異の発生額                             11,729百万円               △4,856百万円
         事業主からの拠出額                             3,967百万円               2,354百万円
         退職給付の支払額                            △2,688百万円               △2,452百万円
         転籍による減少                                  -          △9,240百万円
         年金資産の期末残高                            135,625百万円               123,803百万円
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表

                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                             76,002百万円               67,660百万円
         年金資産                           △135,625百万円               △123,803百万円
                                    △59,623百万円               △56,143百万円
         未認識数理計算上の差異                             8,896百万円               3,890百万円
         未認識過去勤務費用                             3,929百万円               2,485百万円
         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            △46,796百万円               △49,767百万円
         前払年金費用                            △46,796百万円               △49,767百万円

         貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            △46,796百万円               △49,767百万円
                                 39/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                    前事業年度               当事業年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
         勤務費用                             2,827百万円               2,665百万円
         利息費用                              533百万円               520百万円
         期待運用収益                            △2,108百万円               △2,373百万円
         数理計算上の差異の費用処理額                             2,294百万円               △531百万円
         過去勤務費用の費用処理額                            △1,443百万円               △1,443百万円
         確定給付制度に係る退職給付費用                             2,102百万円              △1,162百万円
       (5)年金資産に関する事項

       ①  年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前事業年度               当事業年度
                                (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
         株式                                 54%               54%
         債券                                 21%               21%
         生命保険一般勘定                                 14%               14%
         現金及び預金                                 0%               0%
         その他                                 11%               11%
         合計                                100%               100%
     (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前事業年度40%、当事業年度41%含まれており
       ます。また、「その他」は主として短期金融資産であります。
       ②  長期期待運用収益率の設定方法
          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
         割引率                                0.7%               0.7%
         長期期待運用収益率                             1.5%~2.2%               1.5%~2.2%
         予想昇給率                                2.5%               2.5%
      3.確定拠出制度

        確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度2,234百万円、当事業年度2,180百万円です。
                                 40/81








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      繰延税金資産
       資産評価損                                 7,224百万円              7,157百万円
       賞与引当金                                 1,653百万円              1,594百万円
       投資評価引当金                                 1,131百万円              1,131百万円
                                            -
       未払事業税                                                541百万円
       その他                                 1,219百万円              1,193百万円
      繰延税金資産小計
                                       11,228百万円              11,618百万円
                                       △2,800百万円              △2,722百万円
      評価性引当額
      繰延税金資産合計
                                        8,428百万円              8,895百万円
      繰延税金負債
       前払年金費用                                16,144百万円              17,358百万円
       固定資産圧縮積立金                                  530百万円              518百万円
                                         172百万円              261百万円
       その他
      繰延税金負債合計                                 16,848百万円              18,137百万円
      繰延税金負債の純額                                  8,419百万円              9,241百万円
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                  (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
       法定実効税率                                 34.5%                -
       (調整)
       税効果を認識しなかった一時差異                                 2.7%               -
       その他                                △0.4%                -
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                        36.8%                -
     (注)当事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以
       下であるため注記を省略しております。
     (セグメント情報等)

      セグメント情報
       当社は、運輸業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      関連情報

       1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
       2.地域ごとの情報

         国内の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えており、また、国内に所在している有形固定
        資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えているため、記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
        ん。
      報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       当社は、運輸業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
      報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
                                 41/81


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (関連当事者情報)
      1.関連当事者との取引
        保証会社の親会社及び法人主要株主等
        前事業年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                    資本金又          議決権等    関連当
                                              取引金額          期末残高
         会社等の名称                事業の内容
      種類           所在地    は出資金          の所有(被     事者と     取引の内容            科目
          又は氏名               又は職業                     (百万円)          (百万円)
                               所有)割合     の関係
                    (百万円)
                                       キャッシュマネ            関係会社
                                              貸付6,307            3,559
                                       ジメントシステ            短期借入金
                                              借入7,830
                                       ムによる資金貸
                                       借 (*1)
                                               57,000    関係会社       70,516
                                       資金の借入    (*2)
                               (被所有)
         近鉄グループホー        大阪市         グループ経営          資金の
                                                   短期借入金
     親会社                          直接
                     126,476
         ルディングス㈱        天王寺区         に関する事業          貸借等
                                                   関係会社
                                                         482,239
                               100%
                                                   長期借入金
                                                   未払費用
                                               6,235           139
                                       利息の支払    (*2)
                                                     -
                                              1,029,458             -
                                       債務の保証    (*3)
                                                     -
                                               692,430            -
                                       担保の提供    (*4)
     (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1)   近鉄グループホールディングス㈱のキャッシュマネジメントシステムによる資金貸借の利率については、
          市場金利を勘案して合理的に決定されたものであります。なお、取引が反復的に行われているため、取引金
          額は期中の平均残高を記載しております。
         (*2)   近鉄グループホールディングス㈱による資金調達の一元化に伴うものであり、金利については同社の調達
          コストに基づき決定しております。
         (*3)   近鉄グループホールディングス㈱の社債及び金融機関からの借入金に対して保証したものであります。な
          お、保証料の受取は行っておりません。
         (*4)   近鉄グループホールディングス㈱の財団抵当借入金に対して、当社の鉄軌道事業固定資産の一部を担保に
          供しております。
        2.  取引金額及び期末残高には消費税等を含めておりません。
        当事業年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

                    資本金又          議決権等    関連当
         会社等の名称                事業の内容                     取引金額          期末残高
      種類           所在地    は出資金          の所有(被     事者と     取引の内容            科目
          又は氏名               又は職業                     (百万円)          (百万円)
                    (百万円)          所有)割合     の関係
                                       キャッシュマネ            関係会社
                                              貸付6,076             551
                                       ジメントシステ            短期借入金
                                              借入4,961
                                       ムによる資金貸
                                       借 (*1)
                                                   関係会社
                                               69,000          76,279
                                       資金の借入    (*2)
                               (被所有)
         近鉄グループホー        大阪市         グループ経営          資金の
                                                   短期借入金
     親会社                          直接
                     126,476
                天王寺区         に関する事業          貸借等
         ルディングス㈱
                                                   関係会社
                                                         472,735
                               100%
                                                   長期借入金
                                                   未払費用
                                               5,867           117
                                       利息の支払    (*2)
                                                     -
                                              1,010,595             -
                                       債務の保証    (*3)
                                                     -
                                               545,112            -
                                       担保の提供    (*4)
     (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1)   近鉄グループホールディングス㈱のキャッシュマネジメントシステムによる資金貸借の利率については、
          市場金利を勘案して合理的に決定されたものであります。なお、取引が反復的に行われているため、取引金
          額は期中の平均残高を記載しております。
         (*2)   近鉄グループホールディングス㈱による資金調達の一元化に伴うものであり、金利については同社の調達
          コストに基づき決定しております。
         (*3)   近鉄グループホールディングス㈱の社債及び金融機関からの借入金に対して保証したものであります。な
          お、保証料の受取は行っておりません。
         (*4)   近鉄グループホールディングス㈱の財団抵当借入金に対して、当社の鉄軌道事業固定資産の一部を担保に
          供しております。
        2.  取引金額及び期末残高には消費税等を含めておりません。
                                 42/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記
        親会社情報
        近鉄グループホールディングス㈱(東京証券取引所に上場)
     (1株当たり情報)

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                              至 平成30年3月31日)                 至 平成31年3月31日)
     1株当たり純資産額                             420,486,204円                 436,747,777円
     1株当たり当期純利益                              23,919,038円                 39,404,573円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益及び算定上の基礎
                                     前事業年度              当事業年度
                                 (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                  至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
     当期純利益(百万円)                                     9,567             15,761
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -              -
     普通株式に係る当期純利益(百万円)                                     9,567             15,761
                                           400              400
     普通株式の期中平均株式数(株)
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 43/81













                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (ⅳ)   附属明細表
      有価証券明細表
       有価証券の金額が資産総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しておりま
      す。
      有形固定資産等明細表
                                          当期末減価償
                 当期首   残高    当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残高
        資産の種類
                 (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      償却累計額      (百万円)      (百万円)
                                          (百万円)
     有形固定資産
                   [208,023]        [- ]     [746]     [207,276]
      土地             400,282        249      821     399,710        -      -    399,710
      建物

                   148,822       3,218       901     151,139      108,590       3,517      42,549
      構築物             623,993       9,146      2,246     630,892      340,625       10,401      290,266

      車両             224,475       4,557      1,387     227,645      207,667       3,977      19,977

      機械装置             54,729       2,319      1,421      55,627      44,609       1,800      11,017

      工具器具備品             10,643        754      244     11,153       9,282       744      1,871

      雑施設

                     240       -      -      240      162       14      77
      リース資産

                    20,563        448     1,446      19,565      11,848       2,105      7,716
                    [△329]        [- ]     [- ]    [△329]

      建設仮勘定              7,004      21,374      19,971       8,407        -      -     8,407
                   [207,693]        [- ]     [746]     [206,947]

        有形固定資産計
                  1,490,755        42,068      28,442     1,504,381       722,787       22,560      781,594
     無形固定資産

      借地権

                     -      -      -      572       -      -      572
      ソフトウェア               -      -      -     5,929      2,611      1,072      3,318

      その他               -      -      -     3,203       420       40     2,783

        無形固定資産計

                     -      -      -     9,706      3,032      1,112      6,674
     長期前払費用               6,077       512      424     6,165                   4,411

                                             1,753       225
                    (460)      (293)      (356)      (397)                   (397)
      (注)1.土地、建設仮勘定及び有形固定資産計の[ ]内の金額は内数で、「土地の再評価に関する法律」に基づ
          き、事業用土地の再評価を行ったことに伴う再評価差額であります。
         2.工事    負担金等受入による構築物等の当期圧縮額は当期増加額と相殺して表示しております。
         3.建設仮勘定は、ソフトウェア仮勘定2,511百万円を無形固定資産「その他」に含めて表示しているため、貸
          借対照表に計上されている金額とは一致しておりません。
         4.無形固定資産の金額は資産総額の100分の1以下であるため、「当期首残高」、「当期増加額」及び「当期
          減少額」の記載を省略しております。
         5.長期前払費用の( )内の金額は内数で、損害保険料等の期間配分に係るものであり、減価償却と性格が異
          なるため、償却累計額及び当期償却額には含めておりません。
                                 44/81


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      社債明細表
       該当事項はありません。
      借入金等明細表

                          当期首   残高      当期末残高        平均利率
             区分                                      返済期限
                          (百万円)         (百万円)        (%)
     関係会社短期借入金                        74,075         76,830       1.02         -
                                      1,957
     1年以内に返済予定の          リース債務              2,190              -          -
     関係会社長期借入金(1年以内に返済
                            482,239         472,735       1.05    令和2年~令和20年
     予定のものを除く。)
     リース債務(1年以内に返済予定のも
                             7,727         6,193     -      令和2年~令和10年
     のを除く。)
             合計               566,231         557,716      -          -
     (注)1    . 平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 . リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を貸
         借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        3 . 関係会社長期借入金         及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年内における1年ご
         との返済予定額の総額は以下のとおりであります。
                         1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
           関係会社長期借入金                   76,219         75,974         75,721         75,258
           リース債務                    1,627         1,546         1,222          525
      引当金明細表

                                      当期減少額        当期減少額
                     当期首   残高     当期増加額                        当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (百万円)        (百万円)                        (百万円)
                                      (百万円)        (百万円)
                          228         0       113        111         3
     貸倒引当金
                         3,280          -                       3,280
     投資評価引当金                                     -        -
                         4,792        4,622        4,792                4,622
     賞与引当金                                             -
     (注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、個別債権の戻入等によるものです。
      資産除去債務明細表

       資産除去債務の金額が負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
                                 45/81









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (2)  主な資産及び負債の内容
         (a)  流動資産
          (ア)現金及び預金
                      区分                       金額(百万円)
           現金                                               2,578
           預金
            当座預金                                               12
            普通預金                                                6
                      小計                                     18
                      合計                                    2,596
          (イ)   未収運賃

                                            金額(百万円)
                     相手先
           ㈱スルッとKANSAI                                               4,987
           西日本旅客鉄道㈱                                                456
           大阪市高速電気軌道㈱                                                151
           KNT-CTホールディングス㈱                                                115
           名古屋鉄道㈱                                                57
           その他                                                384
                      合計                                    6,154
          (ウ)   未収金

                                            金額(百万円)
                     相手先
           クレジットカード未収入金
            三菱UFJニコス㈱                                               509
            三井住友カード㈱                                               343
            ㈱ジェーシービー                                               276
            その他                                               55
           受託工事費
                                                          587
            奈良市
            近鉄グループホールディングス㈱                                               277
            西日本高速道路㈱                                               272
            大阪府                                               199
            その他                                               265
                                                         1,472
           その他
                      合計                                    4,259
          (エ)   貯蔵品

                                            金額(百万円)
                      区分
           工事用品                                               2,225
           業務及び事務用品                                                208
           その他                                                58
                      合計                                    2,492
                                 46/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (b)  固定資産
          前払年金費用
                                            金額(百万円)
                      区分
           確定給付    型 の退職給付制度に係る前払年金費用                                         49,767
         (c)  流動負債

          未払金
                                            金額(百万円)
                      区分
           未払建設費
            近鉄電気エンジニアリング㈱                                              2,776
            近鉄軌道エンジニアリング㈱                                              1,930
            近鉄情報システム㈱                                              1,847
            大日本土木㈱                                              1,058
            大林組・淺沼組・大日本土木・近鉄軌道エンジニ
                                                         1,032
            アリング共同企業体
            その他                                              7,820
           連結納税未払金
            近鉄グループホールディングス㈱                                              4,739
           未払修繕費
            近鉄軌道エンジニアリング㈱                                              1,183
            近鉄電気エンジニアリング㈱                                               749
                                                          134
            ㈱アド近鉄
            近鉄車両エンジニアリング㈱                                               123
            その他                                              1,127
           その他                                               6,031
                      合計                                   30,554
         (d)  固定負債

          再評価に係る繰延税金負債
                                            金額(百万円)
                      区分
           土地再評価に係る繰延税金負債                                              79,227
         (3)  その他

           該当事項はありません。
                                 47/81








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     第2【保証会社以外の会社の情報】
         該当事項はありません。
     第3【指数等の情報】

         該当事項はありません。
     第4【特別情報】

      1【保証会社及び連動子会社の最近の財務諸表又は財務書類】
         保証会社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以
        下、「財務諸表等規則」という。)第2条の規定に基づき、「財務諸表等規則」及び「鉄道事業会計規則」(昭和
        62年運輸省令第7号)に基づいて作成しております。
         なお、連動子会社はありません。
                                 48/81
















                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
        (1)財務諸表
         (i)貸借対照表
                                                    (単位:百万円)
                            第1期            第2期            第3期

                        (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   0          1,435            2,300
       現金及び預金
                                  -           5,404            5,799
       未収運賃
                                  -           1,960            1,861
       未収金
                                   0           222            376
       未収収益
                              ※1 590,005
                                             3,297              -
       関係会社短期貸付金
                                  -           1,934            2,422
       貯蔵品
                                  -           6,310            7,216
       前払金
                                   0           833            952
       前払費用
                                  -           2,973            2,831
       繰延税金資産
                                  -            739            743
       その他の流動資産
                                  -           △149            △224
       貸倒引当金
       流動資産合計                        590,006             24,962            24,280
      固定資産
       鉄軌道事業固定資産
                                  -         1,450,563            1,465,086
        有形固定資産
                                  -         △680,866            △695,105
         減価償却累計額
                                         ※3,※4   769,697         ※3,※4   769,981
         有形固定資産(純額)                         -
                                  -           3,898            3,817
        無形固定資産
                                           ※2 773,595           ※2 773,798
                                  -
        鉄軌道事業固定資産合計
       付帯事業固定資産
                                  -          35,799            31,159
        有形固定資産
                                  -         △12,157            △12,707
         減価償却累計額
                                           ※4 23,642           ※4 18,451
         有形固定資産(純額)                         -
                                  -            98            102
        無形固定資産
                                  -          23,740            18,554
        付帯事業固定資産合計
       各事業関連固定資産
                                  -           5,632            5,666
        有形固定資産
                                  -          △2,183            △2,168
         減価償却累計額
                                            ※4 3,448           ※4 3,498
         有形固定資産(純額)                         -
                                  -            265            205
        無形固定資産
                                  -           3,713            3,703
        各事業関連固定資産合計
       建設仮勘定
                                  -          10,102             6,613
        鉄軌道事業
                                  -            62            56
        付帯事業
                                           ※4 10,165            ※4 6,669
                                  -
        建設仮勘定合計
       投資その他の資産
                                  -            14            14
        投資有価証券
                                  -          14,595            14,595
        関係会社株式
                                  -           4,364            4,524
        長期前払費用
                                  -          43,269            44,932
        前払年金費用
                                   3           678            644
        その他の投資等
                                  -          △3,280            △3,280
        投資評価引当金
                                   3          59,642            61,432
        投資その他の資産合計
                                   3         870,856            864,158
       固定資産合計
                                590,010            895,819            888,439
      資産合計
                                 49/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                                                    (単位:百万円)
                            第1期            第2期            第3期

                        (平成27年3月31日)            (平成28年3月31日)            (平成29年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                               ※1 59,000            61,887            67,476
       関係会社短期借入金
                                  -           2,395            2,351
       リース債務
                                  -          22,878            26,111
       未払金
                                  -           4,265            4,222
       未払費用
                                  -           7,268             845
       未払消費税等
                                   0          1,990            1,288
       未払法人税等
                                  -            730            685
       預り連絡運賃
                                  -           3,073            3,476
       預り金
                                  -           5,268            5,142
       前受運賃
                                  -           1,164            1,780
       前受金
                                  -           4,750            4,761
       賞与引当金
                                  -           1,792            1,635
       その他の流動負債
                                59,000            117,465            119,778
       流動負債合計
      固定負債
                                531,000            505,921            497,455
       関係会社長期借入金
                                  -          10,912             9,475
       リース債務
                                  -           8,284            8,507
       繰延税金負債
                                           ※4 79,515           ※4 79,514
                                  -
       再評価に係る繰延税金負債
                                  -           8,240            7,985
       その他の固定負債
                                531,000            612,873            602,938
       固定負債合計
                                590,000            730,338            722,716
      負債合計
     純資産の部
      株主資本
                                  10            100            100
       資本金
       資本剰余金
                                  -            100            100
        資本準備金
                                  -          30,000            30,000
        その他資本剰余金
                                  -          30,100            30,100
        資本剰余金合計
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                  -           1,998            1,940
         固定資産圧縮積立金
                                   0          5,190            5,377
         繰越利益剰余金
                                   0          7,188            7,318
        利益剰余金合計
                                  10          37,388            37,518
       株主資本合計
      評価・換算差額等
                                           ※4 128,091           ※4 128,204
                                  -
       土地再評価差額金
                                  -          128,091            128,204
       評価・換算差額等合計
                                  10          165,480            165,723
      純資産合計
                                590,010            895,819            888,439
     負債純資産合計
                                 50/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (ⅱ)損益計算書
                                                    (単位:百万円)
                            第1期            第2期            第3期

                       (自 平成26年4月30日            (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                        至 平成27年3月31日)            至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     鉄軌道事業営業利益
      営業収益
                                  -          148,104            148,704
       旅客運輸収入
       鉄道線路使用料収入                           -            987            887
                                  -           6,844            6,982
       運輸雑収
                                  -          155,936            156,574
       鉄軌道事業営業収益合計
      営業費
       運送営業費                           -          92,697            93,973
                                  -           9,753            8,818
       一般管理費
                                  -           5,127            5,107
       諸税
                                  -          22,601            22,331
       減価償却費
                                  -          130,180            130,230
       鉄軌道事業営業費合計
      鉄軌道事業営業利益                            -          25,755            26,343
     付帯事業営業利益
      営業収益
       観光施設業収入                           -           6,422            6,285
                                  -           6,422            6,285
       付帯事業営業収益合計
      営業費
                                  -           4,414            4,509
       売上原価
                                  -            707            716
       販売費及び一般管理費
       諸税                           -            254            252
                                  -            661            681
       減価償却費
                                  -           6,038            6,159
       付帯事業営業費合計
      付帯事業営業利益                            -            383            125
                                  -          26,138            26,469
     全事業営業利益
     営業外収益
                                             ※1 56           ※1 20
                                   0
      受取利息
                                  -             0            0
      有価証券利息
      物品売却益                            -            56            61
                                  -            10            10
      土地物件貸付料
                                  -            135            101
      雑収入
      営業外収益合計                            0           259            194
     営業外費用
                                  -          ※1 7,202           ※1 6,627
      支払利息
                                  -            10            -
      貸倒引当金繰入額
                                   0           259             41
      雑支出
                                   0
      営業外費用合計                                       7,473            6,669
     経常利益                             0          18,925            19,994
                                 51/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                                                    (単位:百万円)
                            第1期            第2期            第3期

                       (自 平成26年4月30日            (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日
                        至 平成27年3月31日)            至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
     特別利益
                                  -           7,596            5,604
      工事負担金等受入額
                                             ※2 44           ※2 40
                                  -
      固定資産売却益
                                  -           7,035              -
      退職給付制度改定益
                                  -          14,676             5,645
      特別利益合計
     特別損失
                                  -           7,581            5,566
      工事負担金等圧縮額
                                              ※2 ▶
                                  -                         -
      固定資産売却損
                                             ※3 119            ※3 76
                                  -
      固定資産除却損
                                          ※4,※5   8,298           ※5 5,609
                                  -
      減損損失
                                            ※▶ 1,393
                                  -                         78
      その他
                                  -          17,397            11,332
      特別損失合計
                                   0          16,204            14,307
     税引前当期純利益
                                   0          5,498            5,943
     法人税、住民税及び事業税
                                  -           1,385             363
     法人税等調整額
                                   0          6,883            6,307
     法人税等合計
                                   0          9,321            7,999
     当期純利益
                                 52/81













                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
          営業費明細表
                            第1期            第2期            第3期
                        (自 平成26年4月30日            (自 平成27年4月1日            (自 平成28年4月1日

                        至 平成27年3月31日)            至 平成28年3月31日)            至 平成29年3月31日)
                     注記

           区分              金額(百万円)            金額(百万円)            金額(百万円)
                     番号
     Ⅰ 鉄軌道事業営業費
      1.運送営業費               ※(1)
       (1)人件費                     -          55,392            56,110
                            -          37,304            37,863
       (2)経費
            計                      -          92,697            93,973
      2.一般管理費
       (1)人件費                     -           3,457            3,064
                            -           6,296            5,753
       (2)経費
            計                      -           9,753            8,818
      3.諸税                            -           5,127            5,107
                                  -          22,601            22,331
      4.減価償却費
       鉄軌道事業営業費合計                           -          130,180            130,230
     Ⅱ 付帯事業営業費
      1.売上原価
                            -           4,414            4,509
        観光施設業売上原価
            計                      -           4,414            4,509
      2.販売費及び一般管理費               ※(2)
       (1)人件費                     -            103            100
                            -            604            615
       (2)経費
            計                      -            707            716
      3.諸税                            -            254            252
                                  -            661            681
      4.減価償却費
       付帯事業営業費合計                           -           6,038            6,159
        全事業営業費合計
                                  -          136,219            136,390
      (注) 事業別営業費合計の100分の5を超える主な費用並びに営業費(全事業)に含まれている引当金繰入額は、次
          のとおりであります。
                項目                 第1期          第2期          第3期
     1.※(1)鉄軌道事業営業費 運送営業費
            給与                           -     43,870百万円          43,887百万円
            修繕費                           -     10,322百万円          10,943百万円
            動力費                           -      9,889百万円          8,817百万円
            福利厚生費                           -      8,554百万円          8,319百万円
     2.※(2)付帯事業営業費 販売費及び一般管理費
            委託管理費                           -       304百万円          307百万円
     3.営業費(全事業)に含まれている引当金繰入額
            貸倒引当金繰入額                           -       134百万円           75百万円
            賞与引当金繰入額                           -      4,750百万円          4,761百万円
            退職給付引当金繰入額                           -      3,354百万円          2,529百万円
                                 53/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
         (ⅲ)株主資本等変動計算書
            第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                 株主資本
                                利益剰余金
                                                      純資産合計
                    資本金      その他利益剰余金                  株主資本合計
                                    利益剰余金合計
                           繰越利益剰余金
     当期首残高                   -         -         -         -         -
     当期変動額
      新株の発行                  10                          10         10
      当期純利益                           0         0         0         0
     当期変動額合計
                         10         0         0        10         10
     当期末残高                   10         0         0        10         10
                                 54/81















                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
            第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                                    評価・換
                                 株主資本
                                                    算差額等
                          資本剰余金             利益剰余金
                                                         純資産
                                   その他利益剰余金                      合計
                                                株主資本    土地再評
                  資本金
                       資本   その他資    資本剰余             利益剰余     合計   価差額金
                                   固定資産
                      準備金    本剰余金     金合計        繰越利益     金合計
                                   圧縮積立
                                        剰余金
                                   金
     当期首残高               10    -    -    -    -     0    0    10    -    10
     当期変動額
      会社分割による増加              90    100   30,000    30,100     2,058         2,058    32,248         32,248
      剰余金の配当                                 △4,280    △4,280    △4,280         △4,280
      圧縮積立金の取崩                              △60     60    -    -         -
      当期純利益
                                        9,321    9,321    9,321         9,321
      土地再評価差額金の取崩                                    88    88    88         88
      株主資本以外の項目の当期
                                                    128,091    128,091
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    90    100   30,000    30,100     1,998    5,190    7,188    37,378    128,091    165,470
     当期末残高               100    100   30,000    30,100     1,998    5,190    7,188    37,388    128,091    165,480
            第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                                    評価・換
                                 株主資本
                                                    算差額等
                          資本剰余金             利益剰余金
                                                         純資産
                                   その他利益剰余金                      合計
                                                株主資本    土地再評
                  資本金
                       資本   その他資    資本剰余             利益剰余     合計   価差額金
                                   固定資産
                      準備金    本剰余金     金合計        繰越利益     金合計
                                   圧縮積立
                                        剰余金
                                   金
     当期首残高               100    100   30,000    30,100     1,998    5,190    7,188    37,388    128,091    165,480
     当期変動額
      会社分割による増加                                            -         -
      剰余金の配当                                 △7,757    △7,757    △7,757         △7,757
      圧縮積立金の取崩                              △57     57    -    -         -
      当期純利益                                  7,999    7,999    7,999         7,999
      土地再評価差額金の取崩                                  △112    △112    △112         △112
      株主資本以外の項目の当期
                                                      112    112
      変動額(純額)
     当期変動額合計               -    -    -    -   △57     187    129    129    112    242
     当期末残高               100    100   30,000    30,100     1,940    5,377    7,318    37,518    128,204    165,723
                                 55/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (重要な会計方針)
                        第1期              第2期              第3期
           項目         (自 平成26年4月30日              (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                     至 平成27年3月31日)              至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
     1.有価証券の評価基準及び評                            満期保有目的の債券                   同左
                         ―
       価方法
                                  償却原価法(定額法)
                                 子会社株式及び関連会社株式
                                  移動平均法に基づく原価法
                                 その他有価証券
                                  時価のないもの
                                  移動平均法に基づく原価法
     2.たな卸資産の評価基準及び                    ―       貯蔵品                   同左
       評価方法                           移動平均法に基づく原価法
                                   なお、貸借対照表価額は収益
                                  性の低下に基づく簿価切下げの
                                  方法により算定しております。
     3.固定資産の減価償却の方法                    ―       有形固定資産(リース資産を除                   同左
                                 く。)
                                  鉄軌道事業取替資産
                                  取替法
                                  建物
                                  定額法
                                  構築物
                                  定額法
                                  鉄軌道事業けいはんな線の機械
                                  装置及び工具器具備品
                                  定額法
                                  その他の有形固定資産
                                  定率法
                                 無形固定資産(リース資産を除
                                 く。)
                                  定額法
                                   なお、自社利用のソフトウェ
                                  アについては、社内における利
                                  用可能期間(5年)に基づく定
                                  額法によっております。
                                 リース資産
                                  所有権移転外ファイナンス・
                                  リース取引に係るリース資産
                                  リース期間を耐用年数とし、
                                  残存価額を零とする定額法
                                   なお、リース取引開始日が
                                  平成20年3月31日以前の所有
                                  権移転外ファイナンス・リー
                                  ス取引については、通常の賃
                                  貸借取引に係る方法に準じた
                                  会計処理によっております。
     4.工事負担金等の会計処理方                             鉄軌道事業における高架化工事                   同左
                         ―
       法                          や踏切道拡張工事等を行うにあた
                                 り、地方公共団体等から工事費の
                                 一部として工事負担金等を受け入
                                 れております。工事負担金等によ
                                 り固定資産を取得した場合には、
                                 取得原価から工事負担金等相当額
                                 を直接減額したものを固定資産の
                                 取得価額とし、工事負担金等受入
                                 額を特別利益に計上するととも
                                 に、取得原価から直接減額した金
                                 額を工事負担金等圧縮額として特
                                 別損失に計上しております。
                                 56/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                        第1期              第2期              第3期
           項目         (自 平成26年4月30日              (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                     至 平成27年3月31日)              至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
     5.引当金の計上基準                            貸倒引当金                   同左
                         ―
                                  営業債権等の貸倒れによる損失
                                 に備えるため、一般債権について
                                 は貸倒実績率により、貸倒懸念債
                                 権等特定の債権については個別に
                                 回収可能性を検討し、回収不能見
                                 込額を計上しております。
                                 投資評価引当金
                                  市場価格のない株式を適正に評
                                 価するため、投資先の資産状態等
                                 を勘案して、特に計上を要すると
                                 認められる金額を計上しておりま
                                 す。
                                 賞与引当金
                                  従業員に対する賞与の支払いに
                                 充てるため、支給見込額を計上し
                                 ております。
                                 退職給付引当金
                                  従業員の退職給付に備えるた
                                 め、当事業年度末における退職給
                                 付債務及び年金資産の見込額に基
                                 づき、当事業年度末において発生
                                 していると認められる金額を計上
                                 しております。
                                 (1)退職給付見込額の期間帰属方
                                  法
                                   退職給付債務の算定にあた
                                  り、退職給付見込額を当事業年
                                  度末までの期間に帰属させる方
                                  法については、期間定額基準に
                                  よっております。
                                 (2)数理計算上の差異及び過去勤
                                  務費用の費用処理方法
                                   数理計算上の差異は、発生時
                                  の従業員の平均残存勤務期間以
                                  内の一定の年数(10年)による
                                  定額法により発生時の翌事業年
                                  度から費用処理しております。
                                   過去勤務費用は、発生時の従
                                  業員の平均残存勤務期間以内の
                                  一定の年数(5年)による定額
                                  法により発生時から費用処理し
                                  ております。
                                   なお、当事業年度末において
                                  は、年金資産が退職給付債務に
                                  未認識過去勤務費用及び未認識
                                  数理計算上の差異を加減した金
                                  額を超過しているため、当該超
                                  過額は、固定資産の投資その他
                                  の資産に「前払年金費用」とし
                                  て計上しております。
                                 57/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
                        第1期              第2期              第3期
           項目         (自 平成26年4月30日              (自 平成27年4月1日              (自 平成28年4月1日
                     至 平成27年3月31日)              至 平成28年3月31日)              至 平成29年3月31日)
     6.その他財務諸表作成のため              消費税等の会計処理              消費税等の会計処理                   同左
       の基本となる重要な事項             消費税及び地方消費税の会計処               消費税及び地方消費税の会計処
                   理は、税抜方式によっておりま              理は税抜方式によっております。
                   す。              ただし、資産に係る控除対象外消
                                 費税等は発生事業年度の期間費用
                                 としております。
                         ―       連結納税制度の適用
                                  近鉄グループホールディングス
                                 株式会社を連結親法人とする連結
                                 納税制度を適用しております。
     (未適用の会計基準等)

             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
                        「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指
              ―                                     ―
                        針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28
                        年3月28日)
                        (1)概要
                          繰延税金資産の回収可能性に関する取扱
                         いについて、監査委員会報告第66号「繰延
                         税金資産の回収可能性の判断に関する監査
                         上の取り扱い」の枠組み、すなわち企業を
                         5つに分類し、当該分類に応じて繰延税金
                         資産の計上額を見積る枠組みを基本的に踏
                         襲した上で、以下の取り扱いについて必要
                         な見直しが行われております。
                         ① (分類1)から(分類5)に係る分類
                          の要件をいずれも満たさない企業の取扱
                          い
                         ② (分類2)及び(分類3)に係る分類
                          の要件
                         ③ (分類2)に該当する企業におけるス
                          ケジューリング不能な将来減算一時差異
                          に関する取扱い
                         ④ (分類3)に該当する企業における将
                          来の一時差異等加減算前課税所得の合理
                          的な見積可能期間に関する取扱い
                         ⑤ (分類4)に係る分類の要件を満たす
                          企業が(分類2)又は(分類3)に該当
                          する場合の取扱い
                        (2)適用予定日
                          平成29年3月期の期首より適用予定であ
                         ります。
                        (3)当該会計基準等の適用による影響
                          影響額は評価中であります。
                                 58/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (表示方法の変更)
             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
                         当社は、平成27年4月1日付の会社分割に
              ―                                     ―
                        伴い、近鉄グループホー         ルディングス株式会
                        社の鉄軌道事業、索道事業及び旅客誘致に係
                        る事業を承継しております。
                         このため、当社の        財務諸表は、前事業年度
                        まで「財務諸表等規則」により作成しており
                        ましたが、当事業年度より「財務諸表等規
                        則」及び「鉄道事業会計規則」により作成し
                        ております。
     (追加情報)

             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
                                          繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針
              ―                   ―
                                          の適用
                                           「繰延税金資産の回収可能性に関する適用
                                          指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成
                                          28年3月28日)を当事業年度から適用してお
                                          ります。
                                 59/81














                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (貸借対照表関係)
             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                     至 平成28年3月31日)                     至 平成29年3月31日)
     1.※(1)関係会社項目                           ―                   ―
          関係会社に対する資産及び負債に
         は区分掲記されたもののほか次のも
         のがあります。
          流動資産
          短期貸付金       590,005百万円
          流動負債
          短期借入金       59,000百万円
              ―          2.※(2)固定資産のうち、担保に供してい                   2.※(2)固定資産のうち、担保に供してい
                           るもの                   るもの
                            鉄軌道事業固定資産                   鉄軌道事業固定資産
                                    694,999百万円                   696,976百万円
                            (鉄軌道財団)                   (鉄軌道財団)
                        (注) 当社は平成27年4月1日付の会社分                   (注) 上記資産は近鉄グループホールディ
                           割により近鉄グループホールディン                   ングス㈱の財団抵当借入金の担保に
                           グス株式会社から鉄軌道事業固定資                   供しております。
                           産を承継しております。これに伴
                           い、上記資産は同社の財団抵当借入
                           金の担保に供しております。
              ―          3.※(3)工事負担金等の圧縮記帳累計額は                   3.※(3)工事負担金等の圧縮記帳累計額
                           次のとおりであります。
                                    217,061百万円                   223,336百万円
                        4.※(4)土地の再評価                   4.※(4)土地の再評価
              ―
                            土地の再評価に関する法律(平成                    土地の再評価に関する法律(平成
                           10年3月31日公布法律第34号)に基                   10年3月31日公布法律第34号)に基
                           づき、事業用土地の再評価を行い、                   づき、事業用土地の再評価を行い、
                           評価差額に係る税効果相当額を「再                   評価差額に係る税効果相当額を「再
                           評価に係る繰延税金負債」として負                   評価に係る繰延税金負債」として負
                           債の部に計上し、これを控除した金                   債の部に計上し、これを控除した金
                           額を「土地再評価差額金」として純                   額を「土地再評価差額金」として純
                           資産の部に計上しております。                   資産の部に計上しております。
                            再評価の方法                   再評価の方法
                             土地の再評価に関する法律施行                    土地の再評価に関する法律施行
                            令(平成10年3月31日公布政令第                   令(平成10年3月31日公布政令第
                            119号)第2条第3号に定める固定                   119号)第2条第3号に定める固定
                            資産税評価額に基づき算出する方                   資産税評価額に基づき算出する方
                            法、同条第4号に定める路線価に                   法、同条第4号に定める路線価に
                            基づき算出する方法及び同条第5                   基づき算出する方法及び同条第5
                            号に定める不動産鑑定士による鑑                   号に定める不動産鑑定士による鑑
                            定評価額により算出する方法に                   定評価額により算出する方法に
                            よっております。                   よっております。
                            再評価を行った年月日                   再評価を行った年月日
                             平成14年3月31日                   平成14年3月31日
                        5.偶発債務                   5.偶発債務
              ―
                          保証債務                    保証債務
                          近鉄グループホールディングス㈱                   近鉄グループホールディングス㈱
                                   1,066,104百万円                   1,040,418百万円
                          従業員(住宅融資)           2,150百万円       従業員(住宅融資)           1,833百万円
                           計        1,068,255百万円           計        1,042,251百万円
                                 60/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (損益計算書関係)
             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
                        1.  ※(1)  関係会社との取引にかかるものが              1 ※(1)  .関係会社との取引にかかるものが
              ―
                           次のとおり含まれております。                   次のとおり含まれております。
                             受取利息             56百万円         受取利息             20百万円
                             支払利息            7,202百万円          支払利息            6,627百万円
                        2.※(2)事業用固定資産の一部譲渡であ                   2.※(2)事業用固定資産の一部譲渡であ
              ―
                           り、内訳は次のとおりであります。                   り、内訳は次のとおりであります。
                            固定資産売却益                   固定資産売却益
                            鉄軌道事業固定資産          44百万円         鉄軌道事業固定資産          0百万円
                            付帯事業固定資産          -         付帯事業固定資産          40百万円
                                      44百万円                   40百万円
                                計                   計
                            固定資産売却損                   固定資産売却損
                                               鉄軌道事業固定資産
                            鉄軌道事業固定資産          4百万円                  -
                                       4百万円                  -
                                計                   計
                        3.※(3)改築等に伴う事業用固定資産の除                   3.※(3)改築等に伴う事業用固定資産の除
              ―
                           却であり、内訳は次のとおりであり                   却であり、内訳は次のとおりであり
                           ます。                   ます。
                            固定資産除却損                   固定資産除却損
                            付帯事業固定資産          107百万円         付帯事業固定資産          58百万円
                            各事業関連固定資産          11百万円         各事業関連固定資産          18百万円
                                      119百万円                   76百万円
                                計                   計
                        4.※(4)養老線の事業形態変更に係る損失
              ―                                     ―
                            「近鉄グループホールディングス
                           株式会社 第106期有価証券報告書」
                           の「第一部 企業情報」「第5 経
                           理の状況 1.連結財務諸表等 注
                           記事項(連結損益計算書関係)」に
                           記載しております。
                                 61/81











                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     5.※(6)減損損失                   5.※(5)減損損失                   5.※(5)減損損失
          該当事項はありません。                    以下の資産グループについて減損                    以下の資産グループについて減損
                           損失を計上しました。                   損失を計上しました。
                           ① 減損損失を認識した主な資産グ                   ① 減損損失を認識した主な資産グ
                            ループ                   ループ
                         主な用途      種類    場所    金額     主な用途      種類    場所    金額
                                   岐阜県
                                                建物及び構     三重県
                             建物及び構
                                       5,134
                                           ゴルフ場施               5,609
                        鉄道施設          大垣市
                                                築物、土地     志摩市
                             築物等          百万円
                                           設等
                                                          百万円
                                   ほか
                                                等     ほか
                             建物及び構
                                                          5,609
                        ゴルフ場施          奈良県     3,163
                                                合計
                             築物、土地
                                                          百万円
                        設          吉野郡
                                       百万円
                             等
                                       8,298
                              合計
                                       百万円
                           ② 減損損失の認識に至った経緯                   ② 減損損失の認識に至った経緯
                             当初想定していた収益を見込め                    当初想定していた収益を見込め
                            なくなったことや事業形態の変更                   なくなったことなどにより減損損
                            などにより減損損失を認識してお                   失を認識しております。
                            ります。
                           ③ 減損損失の金額                   ③ 減損損失の金額
                             建物及び構築物        5,658百万円           建物及び構築物         790百万円
                             機械装置及び運                   機械装置及び運
                                      80百万円                   21百万円
                             搬具                   搬具
                             土地        2,463百万円           土地        4,786百万円
                             その他         95百万円         その他         10百万円
                                計     8,298百万円             計     5,609百万円
                           ④ 資産をグルーピングした方法                   ④ 資産をグルーピングした方法
                             管理会計上の区分を基準に事業                    管理会計上の区分を基準に事業
                            ごとまたは物件ごとに資産のグ                   ごとまたは物件ごとに資産のグ
                            ルーピングを行っております。                   ルーピングを行っております。
                           ⑤ 回収可能価額の算定方法                   ⑤ 回収可能価額の算定方法
                             資産グループごとの回収可能価                    資産グループごとの回収可能価
                            額は正味売却価額または使用価値                   額は正味売却価額により測定して
                            により測定しております。正味売                   おります。正味売却価額は、不動
                            却価額により測定している場合に                   産鑑定評価等により算定しており
                            は、不動産鑑定評価等により算定                   ます。
                            しております。また使用価値によ
                            り測定している場合には、将来
                            キャッシュ・フローを1.5%で割り
                            引いて算定しております。
                                 62/81









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (株主資本等変動計算書関係)
      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首         当事業年度増加         当事業年度減少          当事業年度末
                         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                         -         200          -         200
      (注) 自己株式については、該当ありません。
      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
         該当事項はありません。
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

         該当事項はありません。
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首         当事業年度増加         当事業年度減少          当事業年度末
                         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                        200         200          -         400

      (注)1.普通株式の発行済株式数の増加は、近鉄グループホールディングス株式会社の鉄軌道事業等を会社分割によ
           り承継した対価として株式を発行したことによるものであります。
         2.自己株式については、該当ありません。
      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                     配当金の総額             1株当たり配当額
        決議      株式の種類             配当の原資                  基準日        効力発生日
                     (百万円)               (千円)
     平成27年12月16日
               普通株式         4,280    利益剰余金           10,700    平成27年9月30日         平成27年12月29日
     取締役会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                     配当金の総額             1株当たり配当額
        決議      株式の種類             配当の原資                  基準日        効力発生日
                     (百万円)               (千円)
     平成28年6月17日
               普通株式         4,280    利益剰余金           10,700    平成28年3月31日         平成28年6月24日
     定時株主総会
                                 63/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当事業年度期首         当事業年度増加         当事業年度減少          当事業年度末
                         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                        400          -         -         400

      (注) 自己株式については、該当ありません。
      2.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
         決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (百万円)          (千円)
     平成28年6月17日
                  普通株式            4,280         10,700    平成28年3月31日         平成28年6月24日
     定時株主総会
     平成28年12月20日
                  普通株式            3,477         8,693    平成28年9月30日         平成28年12月21日
     取締役会
       (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                           配当金の総額       1株当たり配当額
        決議      株式の種類      配当の原資                         基準日        効力発生日
                           (百万円)         (千円)
     平成29年6月22日
               普通株式      利益剰余金          2,277         5,692   平成29年3月31日         平成29年6月23日
     定時株主総会
                                 64/81













                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (リース取引関係)
             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
              ―          1.ファイナンス・リース取引                          同左
                         (借主側)
                          所有権移転外ファイナンス・リース取引
                          (1)リース資産の内容
                          ① 有形固定資産                   ① 有形固定資産
                            主として、鉄軌道事業における車                    主として、鉄軌道事業における車
                           両の一部(機械装置及び運搬具)で                   両の一部(鉄軌道事業固定資産)で
                           あります。                   あります。
                          ② 無形固定資産                        同左
                            ソフトウェアであります。
                          (2)リース資産の減価償却の方法
                           重要な会計方針「3.固定資産の減
                          価償却の方法」に記載のとおりであり
                          ます。
                        2.リース取引開始日が、平成20年3月31日                           同左
                         以前の所有権移転外ファイナンス・リース
                         取引について、通常の賃貸借取引に係る方
                         法に準じて会計処理を行っており、その内
                         容は次のとおりであります。
              ―           (借主側)
                          (1)リース物件の取得価額相当額、減価                   (1)リース物件の取得価額相当額、減価
                          償却累計額相当額及び期末残高相当額                   償却累計額相当額及び期末残高相当額
                                  減価償却    期末残              減価償却    期末残
                             取得価額                   取得価額
                                  累計額相    高相当              累計額相    高相当
                             相当額                   相当額
                                  当額    額              当額    額
                        鉄軌道事業                   鉄軌道事業
                              12,280     9,017    3,262          11,967     9,556    2,411
                        固定資産                   固定資産
                         (注) 取得価額相当額は、未経過リース                          同左
                            料期末残高が、有形固定資産の期
                            末残高等に占める割合が低いた
                            め、支払利子込み法によっており
                            ます。
              ―           (2)未経過リース料期末残高相当額等                   (2)未経過リース料期末残高相当額等
                           1年内             851      1年内             839
                           1年超            2,411      1年超            1,572
                               計                   計
                                       3,262                   2,411
                            (注) 未経過リース料期末残高                      同左
                                相当額は、未経過リース
                                料期末残高が、有形固定
                                資産の期末残高等に占め
                                る割合が低いため、支払
                                利子込み法によっており
                                ます。
              ―           (3)支払リース料及び減価償却費相当額                   (3)支払リース料及び減価償却費相当額
                           支払リース料             873      支払リース料             851
                           減価償却費相当額             873      減価償却費相当額             851
                          (4)減価償却費相当額の算定方法                         同左
                           リース期間を耐用年数とし、残存価
                          額を零とする定額法によっておりま
                          す。
                                 65/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (金融商品関係)
      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
          資金調達に関しては、原則として親会社である近畿日本鉄道株式会社(平成27年4月1日付で近鉄グループ
         ホールディングス株式会社に商号変更)から借入による方針です。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

          短期貸付金、関係会社長期借入金(1年以内返済予定を含む)は、平成27年4月1日を効力発生日とする会社
         分割に際して、当社に承継する資産に見合う資本・負債構成を実現するために、親会社である近畿日本鉄道株式
         会社(同日付で近鉄グループホールディングス株式会社に商号変更)との取引により生じたものであります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

                             貸借対照表計上額
                              (百万円)
     短期貸付金                                590,005

             資産計                         590,005

     関係会社長期借入金
                                      590,000
     (1年以内返済予定を含む)
             負債計                         590,000
      (注)1.短期貸付金及び関係会社長期借入金(1年以内返済予定を含む)は、主に近畿日本鉄道株式会社(平成27年
           4月1日付で近鉄グループホールディングス株式会社に商号変更)から当社に承継する資産に見合う資本・
           負債構成を実現するために、無利息で実行したものであり、通例的でない取引であります。従って、当該取
           引の時価の把握は極めて困難であるため、時価、貸借対照表計上額と時価との差額、時価の算定方法等の記
           載を省略しております。
      (注)2.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
     短期貸付金                       590,005            -         -         -

             合計               590,005            -         -         -

      (注)3.長期借入金の決算日後の返済予定額

                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                  (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     関係会社長期借入金
                       59,000       59,000       59,000       59,000       59,000      295,000
     (1年以内返済予定を含む)
           合計           59,000       59,000       59,000       59,000       59,000      295,000
                                 66/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、一時的に発生した余裕資金に関しては、キャッシュマネジメントシステム貸付金として近鉄グループ
         ホールディングス株式会社に預け入れております。資金調達に関しては、近鉄グループホールディングス株式会
         社からの借入により行っております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

          未収運賃及び未収金は、通常の営業活動に伴い生じたものであり、顧客等の信用リスクに晒されております。
          関係会社短期貸付金は、キャッシュマネジメントシステムによる近鉄グループホールディングス株式会社への
         貸付であります。
          未払金は、短期間で決済されるものであります。
          借入金は、営業活動を行うための運転資金や設備投資資金であり、一部の借入金は金利の変動リスクに晒され
         ております。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

          未収運賃及び未収金に係る顧客の信用リスクを抑制するため、各営業部門において、取引先の状況を定期的に
         モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理しております。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

          金融商品の時価には、合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織
         り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

                         貸借対照表計上額               時価            差額
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
      (1)現金及び預金                          1,435            1,435              -

      (2)未収運賃                          5,404            5,404              -
      (3)未収金                          1,960            1,960              -

      (4)関係会社短期貸付金                          3,297            3,297              -

      (5)供託有価証券(*)                            96            101             5
             資産計                   12,194            12,199               5

      (1)未払金                          22,878            22,878              -

      (2)関係会社長期借入金
                               567,808            573,201             5,393
      (1年以内返済予定を含む)
             負債計                   590,686            596,079             5,393
      (*) 供託中の債券であり、投資その他の資産の「その他の投資等」に計上しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法
           資産
            (1)現金及び預金、(2)未収運賃、(3)未収金並びに(4)関係会社短期貸付金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
              ります。
            (5)供託有価証券
              これらの時価は市場価格によっております。
                                 67/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
           負債
            (1)未払金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
              ります。
            (2)関係会社長期借入金
              関係会社長期借入金の時価については、元利金の合計額を残存期間で同様の新規借入を行った場合に
              想定される利率で割り引いて算定する方法によっております。なお、変動金利による関係会社長期借
              入金については、金利が一定期間毎に更改される条件となっており、時価は帳簿価額にほぼ等しいこ
              とから、当該帳簿価額によっております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                    (単位:百万円)
                 区分              貸借対照表計上額

          非上場株式                                14

           上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表には含め
           ておりません。
      (注)3.金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       1,435           -         -         -

      未収運賃                       5,404           -         -         -

      未収金                       1,960           -         -         -

      関係会社短期貸付金                       3,297           -         -         -

      供託有価証券                         -         92          5         -

             合計               12,098           92          5         -

      (注)4.長期借入金の決算日後の返済予定額

                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                  (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      関係会社長期借入金
                       61,887       61,641       60,585       60,075       59,398      264,222
      (1年以内返済予定を含む)
           合計           61,887       61,641       60,585       60,075       59,398      264,222
                                 68/81








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、一時的に発生した余裕資金に関しては、キャッシュマネジメントシステム貸付金として近鉄グループ
         ホールディングス㈱に預け入れております。資金調達に関しては、近鉄グループホールディングス㈱からの借入
         により行っております。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

          未収運賃及び未収金は、通常の営業活動に伴い生じたものであり、顧客等の信用リスクに晒されております。
          関係会社短期貸付金は、キャッシュマネジメントシステムによる近鉄グループホールディングス㈱への貸付で
         あります。
          未払金は、短期間で決済されるものであります。
          借入金は、営業活動を行うための運転資金や設備投資資金であり、近鉄グループホールディングス㈱からの借
         入であります。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

          未収運賃及び未収金に係る顧客の信用リスクを抑制するため、各営業部門において、取引先の状況を定期的に
         モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理しております。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

          金融商品の時価には、合理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を
         織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

         貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極
        めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注)2を参照ください。)
                         貸借対照表計上額               時価            差額
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
      (1)現金及び預金                          2,300            2,300              -

      (2)未収運賃                          5,799            5,799              -
      (3)未収金                          1,861            1,861              -

      (4)関係会社短期貸付金                            -            -            -

      (5)供託有価証券(*)                            96            100             3
             資産計                   10,058            10,061               3

      (1)関係会社短期借入金                          1,135            1,135              -

      (2)未払金                          26,111            26,111              -
      (3)関係会社長期借入金
                               563,796            568,735             4,939
      (1年以内返済予定を含む)
             負債計                   591,043            595,982             4,939
      (*) 供託中の債券であり、投資その他の資産の「その他の投資等」に計上しております。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法
           資産
            (1)現金及び預金、(2)未収運賃、(3)未収金並びに(4)関係会社短期貸付金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
              ります。
            (5)供託有価証券
              供託有価証券の時価については、市場価格によっております。
                                 69/81



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
           負債
            (1)関係会社短期借入金及び(2)未払金
              これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
              ります。
            (3)関係会社長期借入金
              関係会社長期借入金の時価については、元利金の合計額を残存期間で同様の新規借入を行った場合に
              想定される利率で割り引いて算定する方法によっております。なお、変動金利による関係会社長期借
              入金については、金利が一定期間毎に更改される条件となっており、時価は帳簿価額にほぼ等しいこ
              とから、当該帳簿価額によっております。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融                              商品
                                    (単位:百万円)
                 区分              貸借対照表計上額

          子会社株式                              11,518

          関連会社株式                              3,077

          非上場株式                                14

           上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表には含め
           ておりません。
      (注)3.金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                   (百万円)         (百万円)
      現金及び預金                       2,300           -         -         -

      未収運賃                       5,799           -         -         -

      未収金                       1,861           -         -         -

      関係会社短期貸付金                         -         -         -         -

      供託有価証券                         -         92          5         -

             合計                9,961           92          5         -

      (注)4.長期借入金の決算日後の返済予定額

                             1年超       2年超       3年超       4年超
                      1年以内                                  5年超
                            2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                     (百万円)                                  (百万円)
                            (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      関係会社長期借入金
                       66,341       66,016       65,487       64,810       64,414      236,728
      (1年以内返済予定を含む)
           合計           66,341       66,016       65,487       64,810       64,414      236,728
                                 70/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (有価証券関係)
      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
      1.満期保有目的の債券
         該当事項はありません。
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      1.満期保有目的の債券
                         貸借対照表計上額               時価            差額
             種類
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
      時価が貸借対照表計上額を超えるも
      の
       国債・地方債等                           96            101             5
             合計                     96            101             5

      2.子会社株式及び関連会社株式

         子会社株式及び関連会社株式(当事業年度末貸借対照表計上額子会社株式11,518百万円、関連会社株式3,077百
        万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
      3.その他有価証券

         その他有価証券(当事業年度末貸借対照表計上額14百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、記載しておりません。
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      1.満期保有目的の債券
                         貸借対照表計上額               時価            差額
             種類
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
      時価が貸借対照表計上額を超えるも
      の
       国債・地方債等                           96            100             3
             合計                     96            100             3

      2.子会社株式及び関連会社株式

         子会社株式及び関連会社株式(当事業年度末貸借対照表計上額子会社株式11,518百万円、関連会社株式3,077百
        万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
      3.その他有価証券

         その他有価証券(当事業年度末貸借対照表計上額14百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、記載しておりません。
                                 71/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (退職給付関係)
      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
       該当事項はありません。
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社   では、確定給付型の制度として、規約型確定給付企業年金制度を設けております。
        確定給付企業年金制度には、退職給付信託が設定されております。
        なお   、平成27年12月21日付で確定給付年金制度を変更するとともに、その一部について確定拠出年金制度へ移行し
       ました。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                   -
               退職給付債務の期首残高
               会社分割による増加額                                  109,232    百万円
               勤務費用                                   4,983   百万円
               利息費用                                    696  百万円
               数理計算上の差異の発生額                                   △91  百万円
               過去勤務費用の発生額                                  △9,935    百万円
               退職給付の支払額                                  △2,282    百万円
               確定拠出年金制度への移行に伴う減少額                                 △27,975    百万円
               退職給付債務の期末残高                                  74,627   百万円
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                   -
               年金資産の期首残高
               会社分割による増加額                                  136,378    百万円
               期待運用収益                                   2,755   百万円
               数理計算上の差異の発生額                                  △2,333    百万円
               事業主からの拠出額                                   6,839   百万円
               退職給付の支払額                                  △2,282    百万円
               確定拠出年金制度への移行に伴う減少額                                 △22,169    百万円
               年金資産の期末残高                                  119,187    百万円
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表

               積立型制度の退職給付債務                                  74,627百万円
               年金資産                                  119,187    百万円
                                                △44,560    百万円
               未認識数理計算上の差異                                   5,525   百万円
               未認識過去勤務費用                                  △6,816    百万円
               貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △43,269    百万円
               前払年金費用                                 △43,269    百万円

               貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 △43,269    百万円
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

               勤務費用                                   4,983百万円
               利息費用                                    696百万円
               期待運用収益                                  △2,755百万円
               数理計算上の差異の費用処理額                                    831百万円
               過去勤務費用の費用処理額                                   △402百万円
               確定給付制度に係る退職給付費用                                   3,354百万円
               確定拠出年金制度への移行に伴う損益(注)
                                                 △7,035百万円
               (注) 特別利益に計上しております。
                                 72/81


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
       (5)年金資産に関する事項
        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                                   51%
               株式
                                                   32%
               債券
                                                   15%
               生命保険一般勘定
                                                    1%
               現金及び預金
                                                    1%
               その他
                                                   100%
               合計
               (注) 年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が39%含まれておりま
                   す。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

               主要な数理計算上の計算基礎
                                                   0.7%
               割引率
                                               1.5%~2.2%
               長期期待運用収益率
               予想昇給率                                    2.4%
      3.確定拠出制度

         確定拠出制度への要拠出額は、615百万円です。
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社では、確定給付企業年金制度及び確定拠出年金制度を導入しております。また、確定給付企業年金制度に
       は、退職給付信託が設定されております。
        なお、当社の確定給付企業年金制度は、近鉄グループホールディングス㈱と共同で実施する複数事業主制度に基
       づくものであり、自社の年金資産の額を合理的に算定することができるため、「2.確定給付制度」に含めて記載
       しております。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
               退職給付債務の期首残高                                74,627百万円
               勤務費用                                2,828百万円
               利息費用                                  522百万円
               数理計算上の差異の発生額                                △398百万円
               退職給付の支払額                               △1,381百万円
               退職給付債務の期末残高                                76,198百万円
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

               年金資産の期首残高                               119,187百万円
               期待運用収益                                2,116百万円
               数理計算上の差異の発生額                               △3,608百万円
               事業主からの拠出額                                4,193百万円
               退職給付の支払額                               △1,381百万円
               年金資産の期末残高                               120,507百万円
                                 73/81




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表
               積立型制度の退職給付債務                                76,198百万円
               年金資産                              △120,507百万円
                                              △44,308百万円
               未認識数理計算上の差異                               △5,997百万円
               未認識過去勤務費用                                5,373百万円
               貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               △44,932百万円
               前払年金費用                               △44,932百万円

               貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               △44,932百万円
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

               勤務費用                                2,828百万円
               利息費用                                  522百万円
               期待運用収益                               △2,116百万円
               数理計算上の差異の費用処理額                                2,738百万円
               過去勤務費用の費用処理額                               △1,443百万円
               確定給付制度に係る退職給付費用                                2,529百万円
       (5)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                                   50%
               株式
                                                   33%
               債券
                                                   16%
               生命保険一般勘定
                                                    0%
               現金及び預金
                                                    1%
               その他
                                                   100%
               合計
               (注) 年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が36%含まれておりま
                   す。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

               主要な数理計算上の計算基礎
                                                   0.7%
               割引率
                                               1.5%~2.2%
               長期期待運用収益率
                                                   2.4%
               予想昇給率
      3.確定拠出制度

         確定拠出制度への要拠出額は、2,225百万円です。
                                 74/81






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (税効果会計関係)
             第1期                   第2期                   第3期
          (平成27年3月31日)                   (平成28年3月31日)                   (平成29年3月31日)
                        1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の                   1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の
              ―
                         主な原因別の内訳                   主な原因別の内訳
                          繰延税金資産                   繰延税金資産
                          資産評価損           9,520百万円       資産評価損           11,561百万円
                          賞与引当金           1,638百万円       賞与引当金           1,642百万円
                          投資評価引当金           1,131百万円       投資評価引当金           1,131百万円
                          その他           1,896百万円       その他           1,712百万円
                          繰延税金資産小計           14,185百万円        繰延税金資産小計           16,047百万円
                          評価性引当額          △3,195百万円        評価性引当額          △4,872百万円
                          繰延税金資産合計           10,990百万円        繰延税金資産合計           11,175百万円
                          繰延税金負債                   繰延税金負債
                          前払年金費用           14,928百万円        前払年金費用           15,501百万円
                          固定資産圧縮積立金           1,052百万円       固定資産圧縮積立金           1,022百万円
                          その他            320百万円      その他            326百万円
                          繰延税金負債合計           16,300百万円        繰延税金負債合計           16,850百万円
                          繰延税金負債の純額           5,310百万円       繰延税金負債の純額           5,675百万円
                        2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人                   2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人
              ―
                         税等の負担率との間に重要な差異があると                   税等の負担率との間に重要な差異があると
                         きの、当該差異の原因となった主要な項目                   きの、当該差異の原因となった主要な項目
                         別の内訳                   別の内訳
                          法定実効税率             35.0%     法定実効税率             34.5%
                          (調整)                   (調整)
                          税効果を認識しなかった                   税効果を認識しなかった
                                       5.2%                  10.3%
                          一時差異                   一時差異
                          その他              2.3%     その他             △0.7%
                          税効果会計適用後の法人                   税効果会計適用後の法人
                                       42.5%                   44.1%
                          税等の負担率                   税等の負担率
                        3.法人税等の税率の変更による繰延税金資
              ―
                                                   ―
                         産及び繰延税金負債の金額の修正
                          「所得税法等の一部を改正する法律」
                         (平成28年法律第15号)及び「地方税法等
                         の一部を改正する等の法律」(平成28年法
                         律第13号)が平成28年3月29日に国会で成
                         立し、平成28年4月1日以後に開始する事
                         業年度から法人税等の税率が変更されるこ
                         ととなりました。これに伴い、当事業年度
                         末において、流動資産に計上された繰延税
                         金資産(純額)が43百万円、固定負債に計
                         上された繰延税金負債(純額)が120百万
                         円、再評価に係る繰延税金負債が1,152百万
                         円それぞれ減少しております。
                                 75/81







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (企業結合等関係)
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      共通支配下の取引等
       1.鉄軌道事業等の承継
        (1)取引の概要
         ① 対象となった事業の名称及び当該事業の内容
           近鉄グループホールディングス株式会社の鉄軌道事業、索道事業及び旅客誘致に係る事業
         ② 企業結合日
           平成27年4月1日
         ③ 企業結合の法的形式
           近鉄グループホールディングス株式会社を吸収分割会社とし、当社を吸収分割承継会社とする会社分割
         ④ 結合後企業の名称
           変更はありません。
         ⑤ その他取引の概要に関する事項
           親会社である近鉄グループホールディングス株式会社の純粋持株会社制への移行に伴う事業再編の一環とし
          て行ったものであります。
        (2)実施した会計処理の概要

          「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
         き、共通支配下の取引として処理しております。
       2.志摩スペイン村事業等の承継

        (1)取引の概要
         ① 対象となった事業の名称及び当該事業の内容
           近鉄レジャーサービス株式会社の志摩スペイン村事業等
         ② 企業結合日
           平成27年4月1日
         ③ 企業結合の法的形式
           近鉄レジャーサービス株式会社を吸収分割会社とし、当社を吸収分割承継会社とする会社分割
         ④ 結合後企業の名称
           変更はありません。
         ⑤ その他取引の概要に関する事項
           親会社である近鉄グループホールディングス株式会社の純粋持株会社制への移行に伴う事業再編の一環とし
          て行ったものであります。
        (2)実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づ
          き、共通支配下の取引として処理しております。
                                 76/81








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (セグメント情報等)
      セグメント情報
      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
       第1期については、事業を行っていないため、記載を省略しております。
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

      セグメント情報
       当社は、運輸業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

      セグメント情報
       当社は、運輸業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      関連情報

      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
       第1期については、事業を行っていないため、記載を省略しております。
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

       1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
       2.地域ごとの情報

         国内の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えており、また、国内に所在している有形固定
        資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えているため、記載を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
        ん。
      報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       当社は、運輸業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
      報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

       1.製品及びサービスごとの情報
         単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略
        しております。
       2.地域ごとの情報

         国内の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えており、また、国内に所在している有形固
        定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えているため、記載を省略しております。
                                 77/81





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      3.主要な顧客ごとの情報
        外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
      報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

       当社は、運輸業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

       該当事項はありません。
      報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

       該当事項はありません。
     (関連当事者情報)

      第1期(自 平成26年4月30日 至 平成27年3月31日)
      1.関連当事者との取引
       (1)財務諸表提出会社の親会社及び法人主要株主等
                   資本金又          議決権等の
          会社等の名               事業の内容           関連当事者           取引金額          期末残高
      種類         所在地    は出資金          所有(被所          取引の内容            科目
          称又は氏名               又は職業           との関係          (百万円)          (百万円)
                              有)割合
                   (百万円)
                                        資金の貸付      590,000    短期貸付金      590,000
                        1 鉄軌道事
                         業
                              (被所有)
          近畿日本鉄
               大阪市                    資金の貸借     資金の借入      590,000    関係会社       59,000
                        2 不動産業
     親会社               126,476           直接
          道㈱     天王寺区                    等               短期借入金
                        3 流通業
                               100%
                                                  関係会社
                                                         531,000
                        4 ホテル業
                                                  長期借入金
      (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等
           近畿日本鉄道株式会社に対する資金の貸付及び資金の借入は、平成27年4月1日を効力発生日とする会社分
           割に際して当社が承継する資産に見合う資本・負債構成を実現するために行ったものであるため、その利率
           は貸付・借入ともに0%としております。
         2.近畿日本鉄道株式会社は平成27年4月1日付で近鉄グループホールディングス株式会社に商号を変更してお
           ります。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        親会社情報
         近畿日本鉄道株式会社(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
         ※ 近畿日本鉄道株式会社は、平成27年4月1日付で近鉄グループホールディングス株式会社に商号を変更して
           おります。
                                 78/81









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      第2期(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
      1.関連当事者との取引
       (1)保証会社の親会社及び法人主要株主等
                   資本金又          議決権等の
          会社等の名               事業の内容           関連当事者           取引金額          期末残高
                   は出資金
      種類         所在地              所有(被所          取引の内容            科目
          称又は氏名               又は職業           との関係          (百万円)          (百万円)
                   (百万円)           有)割合
                                        キャッシュ          関係会社
                                               12,065           3,297
                                        マネジメン          短期貸付金
                                        トシステム
                                        貸付金
                                        (*1)
                                        資金の借入      121,905    関係会社       61,887
          近鉄グルー
                                        (*2)          短期借入金
                        グループ経      (被所有)
          プホール     大阪市                    資金の貸借
     親会社               126,476    営に関する       直接                     関係会社      505,921
          ディングス     天王寺区                    等
                        事業                          長期借入金
                               100%
          ㈱
                                        利息の支払          未払費用
                                               7,202           191
                                        (*2)
                                        債務の保証
                                              1,066,104      -       -
                                        (*3)
                                        担保の提供      694,999      -       -
                                        (*4)
      (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等
           (*1) 近鉄グループホールディングス株式会社のキャッシュマネジメントシステム貸付金の利率につい
                ては、市場金利を勘案して合理的に決定されたものであります。なお、取引が反復的に行われて
                いるため、取引金額は期中の平均残高を記載しております。
           (*2) 近鉄グループホールディングス株式会社による資金調達の一元化に伴うものであり、金利につい
                ては同社の調達コストに基づき決定しております。
           (*3) 近鉄グループホールディングス株式会社の社債及び金融機関からの借入金に対して保証したもの
                であります。なお、保証料の受取は行っておりません。
           (*4) 近鉄グループホールディングス株式会社の財団抵当借入金に対して、当社の鉄軌道事業固定資産
                の一部を担保に供しております。
         2.取引金額及び期末残高には消費税を含めておりません。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        親会社情報
         近鉄グループホールディングス株式会社(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
                                 79/81









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
      第3期(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)
                   資本金又
                              議決権等の
          会社等の名               事業の内容           関連当事者           取引金額          期末残高
      種類         所在地    は出資金          所有(被所          取引の内容            科目
          称又は氏名               又は職業           との関係
                                             (百万円)          (百万円)
                   (百万円)           有)割合
                                        キャッシュ     貸付8,106     関係会社       1,135
                                        マネジメン          短期借入金
                                        トシステム
                                              借入4,515
                                        による資金
                                        貸借
                                        (*1)
                                        資金の借入          関係会社
                                               60,000          66,341
          近鉄グルー
                                                  短期借入金
                        グループ経      (被所有)          (*2)
          プホール
               大阪市                    資金の貸借
                                                  関係会社
     親会社               126,476    営に関する       直接                           497,455
          ディングス     天王寺区                    等
                                                  長期借入金
                        事業
                               100%
          ㈱
                                        利息の支払          未払費用
                                               6,627           165
                                        (*2)
                                        債務の保証     1,040,418      -       -
                                        (*3)
                                        担保の提供      696,976      -       -
                                        (*4)
      (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等

           (*1) 近鉄グループホールディングス㈱のキャッシュマネジメントシステムによる資金貸借の利率につ
                いては、市場金利を勘案して合理的に決定されたものであります。なお、取引が反復的に行われ
                ているため、取引金額は期中の平均残高を記載しております。
           (*2) 近鉄グループホールディングス㈱による資金調達の一元化に伴うものであり、金利については同
                社の調達コストに基づき決定しております。
           (*3) 近鉄グループホールディングス㈱の社債及び金融機関からの借入金に対して保証したものであり
                ます。なお、保証料の受取は行っておりません。
           (*4) 近鉄グループホールディングス㈱の財団抵当借入金に対して、当社の鉄軌道事業固定資産の一部
                を担保に供しております。
         2.取引金額及び期末残高には消費税を含めておりません。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        親会社情報
         近鉄グループホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
                                 80/81










                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                      発行登録書(株券、社債券等)
     (1株当たり情報)
             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
     1株当たり純資産額              50,065円    1株当たり純資産額            413,700,691円      1株当たり純資産額            414,307,581円
                        1株当たり当期純利益             23,303,380円      1株当たり当期純利益             19,999,891円
     1株当たり当期純利益                65円
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益につい                   潜在株式調整後1株当たり当期純利益につい                   潜在株式調整後1株当たり当期純利益につい
     ては、潜在株式が存在しないため記載してお                   ては、潜在株式が存在しないため記載してお                   ては、潜在株式が存在しないため記載してお
     りません。                   りません。                   りません。
      (注)1株当たり当期純利益及び算定上の基礎
                          第1期             第2期             第3期
                      (自 平成26年4月30日             (自 平成27年4月1日             (自 平成28年4月1日
                       至 平成27年3月31日)             至 平成28年3月31日)             至 平成29年3月31日)
     当期純利益(百万円)                          0            9,321             7,999
     普通株主に帰属しない金額
                               -             -             -
     (百万円)
     普通株式に係る当期純利益
                               0            9,321             7,999
     (百万円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                         200             400             400
     (重要な後発事象)

             第1期                   第2期                   第3期
         (自 平成26年4月30日                   (自 平成27年4月1日                   (自 平成28年4月1日
          至 平成27年3月31日)                   至 平成28年3月31日)                   至 平成29年3月31日)
     平成27年4月1日付で近畿日本鉄道株式会社
     (同日付で近鉄グループホールディングス株
     式会社に商号変更)の鉄軌道事業、索道事業
     及び旅客誘致に係る事業を会社分割により承
     継しております。また、この会社分割に伴
     い、当社は同日付で近畿日本鉄道分割準備株
     式会社から近畿日本鉄道株式会社に商号を変
     更しております。
     なお、この会社分割により承継した資産及び
     負債等の金額は以下のとおりであり、「企業
     結合に関する会計基準」(企業会計基準第21
                                 ―                   ―
     号 平成25年9月13日)、「事業分離等に関
     する会計基準」(企業会計基準第7号 平成
     25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び
     事業分離等に関する会計基準に関する適用指
     針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25
     年9月13日)に基づき、共通支配下の取引と
     して処理しています。
     資産合計            882,815百万円
     負債合計            718,678百万円
     評価・換算差額等            133,946百万円
                                 81/81







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。