近鉄グループホールディングス株式会社 有価証券報告書 第108期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第108期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)
提出日
提出者 近鉄グループホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                    関東財務局長

      【提出日】                    令和元年6月14日

      【事業年度】                    第108期(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

      【会社名】                    近鉄グループホールディングス株式会社

      【英訳名】                    Kintetsu     Group   Holdings     Co.,Ltd.

      【代表者の役職氏名】                    取締役社長 吉田 昌功

      【本店の所在の場所】                    大阪市天王寺区上本町6丁目1番55号

      【電話番号】                    06(6775)3465

      【事務連絡者氏名】                    経理部長 磯川 直之

      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区丸の内2丁目5番2号三菱ビルヂング7階773区

      【電話番号】                    03(3212)2051

      【事務連絡者氏名】                    東京支社長 中北 真

      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所 (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次            第104期       第105期       第106期       第107期       第108期
            決算年月            平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

                   (百万円)      1,233,798       1,217,995       1,204,867       1,222,779       1,236,905
     営業収益
                   (百万円)        52,219       61,142       56,689       61,323       67,129
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)        27,864       28,956       26,247       29,614       35,962
     純利益
                   (百万円)        43,299       23,599       21,112       38,977       28,549
     包括利益
                   (百万円)       335,452       349,668       366,183       394,238       413,050
     純資産額
                   (百万円)      1,946,725       1,930,906       1,912,931       1,914,480       1,936,417
     総資産額
                    (円)       166.96       172.87      1,780.17       1,927.22       2,010.87
     1株当たり純資産額
                    (円)       14.66       15.23       138.02       155.74       189.17
     1株当たり当期純利益
                    (%)        16.3       17.0       17.7       19.1       19.7
     自己資本比率
                    (%)        9.3       9.0       7.9       8.4       9.6
     自己資本利益率
                    (倍)        30.1       29.9       29.1       26.6       27.3
     株価収益率
     営業活動による
                   (百万円)        87,744       83,919       84,816       88,798       102,319
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                   (百万円)       △ 46,231      △ 39,461      △ 41,343      △ 50,796      △ 64,148
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                   (百万円)       △ 44,436      △ 45,959      △ 47,445      △ 36,891      △ 38,905
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)        57,198       55,637       51,914       52,763       52,089
     残高
                           29,434       29,048       30,719       30,597       30,506
     従業員数
                    (人)
     (平均臨時従業員数)                     ( 12,843   )    ( 12,552   )    ( 13,254   )    ( 13,852   )    ( 13,968   )
     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。1株当たり純資
         産額及び1株当たり当期純利益については、第106期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、算定してお
         ります。
        4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第108期の期
         首から適用しており、第107期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
         等となっております。
                                   2/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次            第104期       第105期       第106期       第107期       第108期
            決算年月            平成27年3月       平成28年3月       平成29年3月       平成30年3月       平成31年3月

                   (百万円)       293,975        21,848       21,214       21,129       23,313
     営業収益
                   (百万円)        31,458       14,659       14,748       14,427       17,176
     経常利益
                   (百万円)        13,925       17,332       14,511       14,157       16,971
     当期純利益
                   (百万円)       126,476       126,476       126,476       126,476       126,476
     資本金
                   (千株)      1,906,620       1,906,620       1,906,620        190,662       190,662
     発行済株式総数
                   (百万円)       305,917       225,216       230,244       246,638       244,036
     純資産額
                   (百万円)      2,423,181       1,460,457       1,436,542       1,430,337       1,426,462
     総資産額
                    (円)       160.52       118.19      1,208.37       1,294.65       1,281.09
     1株当たり純資産額
                            5.00       5.00       5.00       50.00       50.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)
                            ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
                    (円)        7.31       9.10       76.16       74.31       89.09
     1株当たり当期純利益
                    (%)        12.6       15.4       16.0       17.2       17.1
     自己資本比率
                    (%)        4.6       6.5       6.4       5.9       6.9
     自己資本利益率
                    (倍)        60.3       50.1       52.6       55.8       57.9
     株価収益率
                    (%)        68.4       54.9       65.6       67.3       56.1
     配当性向
                    (人)       7,975        113       128       131       131
     従業員数
                    (%)       121.5       127.0       113.4       118.4       147.4

     株主総利回り
     (比較指標:TOPIX(配当
                    (%)      ( 130.7   )    ( 116.6   )    ( 133.7   )    ( 154.9   )    ( 147.1   )
     込み))
                    (円)        486       515       470    4,520(446)          5,270
     最高株価
                    (円)        337       404       390    4,015(397)          4,100
     最低株価
     (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        2.第105期の経営指標等の一部は第104期と比較して変動しております。これは、主に平成27年4月1日付の会社
         分割に伴い、当社の鉄軌道事業等を近畿日本鉄道㈱等に承継させたことによるものであります。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。1株当たり純資
         産額及び1株当たり当期純利益については、第106期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して、算定してお
         ります。また、第107期の株価については、株式併合後の最高・最低株価を記載し、株式併合前の最高・最低株
         価は( )に記載しております。
        5.最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
        6.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第108期の期
         首から適用しており、第107期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
         等となっております。
                                   3/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            概要
      明治43年     9月    奈良軌道㈱として発足(資本金3百万円)
           10月    大阪電気軌道㈱に商号変更
      大正3年     4月    大阪・奈良間で運輸営業開始
        13年   12月    東大阪土地建物㈱を合併(不動産業の営業開始)
      昭和2年     9月    参宮急行電鉄㈱を設立
        4年   3月    生駒山上遊園地開園
          5月    乗合バス事業の営業開始
        11年   7月    大軌百貨店(現        近鉄百貨店上本町店)開業
        12年   11月    大鉄百貨店(現        あべのハルカス近鉄本店)開業
        16年   3月    参宮急行電鉄㈱を合併、関西急行鉄道㈱に商号変更
              ㈲関急旅行社(現         KNT-CTホールディングス㈱)を設立
          10月
        18年   2月    大阪鉄道㈱を合併
        19年   4月    ㈱ 大鉄百貨店を合併
           6月    南海鉄道㈱と合併し、近畿日本鉄道㈱を設立
        20年   11月    田中車輛㈱(現        近畿車輛㈱)に資本参加
        22年   6月    旧南海鉄道㈱から承継した事業を高野山電気鉄道㈱(現                          南海電気鉄道㈱)に譲渡
          10月    大阪・名古屋間で特急運転開始
        24年   5月    大阪証券取引所に上場
        25年   7月    学園前住宅地開発に着手
        26年   3月    ㈱ 都ホテルに資本参加
          4月    志摩観光ホテル開業
        33年   7月    2階電車ビスタ・カー運転開始
        34年   9月    伊勢湾台風(台風15号)による被害を受け、名古屋線はじめ営業一部休止
          11月    名古屋線(伊勢中川・近鉄名古屋間)軌間拡幅工事完成
          12月    大阪・名古屋間で直通特急運転開始
        38年   10月    奈良電気鉄道㈱を合併
        41年   11月    名古屋近鉄ビル開業
        44年   2月    東名高速道路浜名湖サービスエリアに浜名湖近鉄レストラン開業
        45年   1月    近鉄航空貨物㈱(現          ㈱近鉄エクスプレス)設立
          3月    上本町・難波間で運輸営業開始
        47年   4月    ㈱ 近鉄百貨店設立
           6月    百貨店事業を㈱近鉄百貨店に譲渡
        50年   3月    新・都ホテル(現         都ホテル     京都八条)開業
        54年   7月    都ホテル東京(現         シェラトン都ホテル東京)開業
        55年   2月    近鉄難波ビル完成
        58年   3月    近鉄堂島ビル完成
        60年   9月    上本町ターミナル整備事業完成
              都ホテル大阪(現         シェラトン都ホテル大阪)開業
          10月
        61年   4月    東大阪生駒電鉄㈱を合併
          10月    東大阪線(長田・生駒間)の運輸営業開始(大阪市営地下鉄〈現                              大阪市高速電気軌道㈱〉中央線
              と相互直通運転開始)
        63年   3月    アーバンライナー運転開始
          8月    京都市営地下鉄烏丸線と相互直通運転開始
          11月    阿部野橋ターミナルビル増築完成(近鉄百貨店阿倍野店〈現                            あべのハルカス近鉄本店〉増築完
              成)
      平成元年     6月    御堂筋グランドビル完成
        2年   3月    さくらライナー運転開始
        6年   3月    伊勢志摩ライナー運転開始
          4月    志摩スペイン村(テーマパーク「パルケエスパーニャ」、ホテル志摩スペイン村)開業
                                   4/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        年月                            概要
      平成  11年   9月    上本町駅構内等に直営コンビニエンスストア展開
          10月    バス事業を近鉄バス㈱に譲渡
        14年   4月    近鉄不動産㈱、京近土地㈱及び近鉄ビルディング㈱を合併
              駅構内物販事業を近鉄観光㈱から譲受け
        17年   4月    ㈱ 近鉄ホテルシステムズを合併(ホテル事業の直営化)
        18年   3月    けいはんな線(生駒・学研奈良登美ヶ丘間)の運輸営業開始、東大阪線をけいはんな線に線名変更
        21年   3月    近鉄奈良・三宮間で阪神電気鉄道㈱と相互直通運転開始
        22年   8月    上本町YUFURA開業
        25年   1月    近畿日本ツーリスト㈱とクラブツーリズム㈱が経営統合し、純粋持株会社KNT-CTホールディ
              ングス㈱が発足(グループ旅行事業の再編)
          3月    観光特急「しまかぜ」運転開始
        26年   3月    あべのハルカス全面開業(近鉄百貨店「あべのハルカス近鉄本店」、大阪マリオット都ホテル、展
              望台「ハルカス300」が開業)
          4月    近畿日本鉄道分割準備㈱(現              近畿日本鉄道㈱)を設立
        27年   4月    会社分割により鉄軌道事業を近畿日本鉄道㈱に、不動産事業を近鉄不動産㈱に、ホテル事業を㈱近
              鉄・都ホテルズに、流通事業を㈱近鉄リテーリングにそれぞれ承継させ、近鉄グループホールディ
              ングス㈱に商号変更(純粋持株会社制へ移行)
        28年   6月    志摩観光ホテルリニューアル
          9月    観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」運転開始
                                   5/151













                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社グループは、当社、子会社126社及び関連会社16社で構成され、セグメント情報に記載された区分ごとの主要な
      事業内容及び関係会社は、次のとおりであります。
       なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、
      これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなり
      ます。
      <子会社>
      (1)運輸
          事業の内容                             会社名
     鉄軌道事業                近畿日本鉄道㈱
     バス事業                近鉄バスホールディングス㈱、近鉄バス㈱、奈良交通㈱、
                     北日本観光自動車㈱、防長交通㈱
     タクシー業                近鉄タクシーホールディングス㈱、近鉄タクシー㈱、奈良近鉄タクシー㈱、
                     三重近鉄タクシー㈱、名古屋近鉄タクシー㈱、石川近鉄タクシー㈱、
                     北交大和タクシー㈱
     鉄道施設整備業                近鉄技術ホールディングス㈱、近鉄電気エンジニアリング㈱、
                     近鉄車両エンジニアリング㈱、近鉄軌道エンジニアリング㈱、
                     全日本コンサルタント㈱
     その他運輸関連事業                ㈱アド近鉄、国道九四フェリー㈱、近鉄レンタリース㈱、
                     近畿日本鉄道㈱、近鉄レジャーサービス㈱
      (2)不動産
          事業の内容                             会社名
     不動産販売業                近鉄不動産㈱
     不動産賃貸業
                     近鉄不動産㈱
     不動産管理業
                     近鉄ファシリティ・マネジメントホールディングス㈱、
                     近鉄ビルサービス㈱、ミディ総合管理㈱
      (3)流通
          事業の内容                             会社名
     百貨店業                ㈱近鉄百貨店
     ストア・飲食業                近鉄リテールホールディングス㈱、㈱近鉄リテーリング、㈱近商ストア
      (4)ホテル・レジャー
          事業の内容                             会社名
     ホテル業                ㈱近鉄・都ホテルズ、KINTETSU               ENTERPRISES      CO.OF   AMERICA
     旅行業                KNT-CTホールディングス㈱、クラブツーリズム㈱、㈱近畿日本ツーリスト首
                     都圏、㈱近畿日本ツーリストコーポレートビジネス、㈱ユナイテッドツアーズ、㈱
                     近畿日本ツーリスト北海道、㈱近畿日本ツーリスト東北、㈱近畿日本ツーリスト関
                     東、㈱近畿日本ツーリスト中部、㈱近畿日本ツーリスト関西、㈱近畿日本ツーリス
                     ト中国四国、㈱近畿日本ツーリスト九州、㈱KNT-CTグローバルトラベル、㈱
                     KNT-CTウエブトラベル
     映画業                ㈱きんえい
     水族館業                ㈱海遊館
      (5)その他
          事業の内容                             会社名
     その他の事業                近鉄ケーブルネットワーク㈱、              近鉄情報システム㈱、近鉄保険サービス㈱
     (注)「会社名」には、主要な連結子会社を記載しております。
      <関連会社>
          事業の内容                             会社名
     鉄軌道事業                奈良生駒高速鉄道㈱
     貨物運送業                福山通運㈱
     国際総合物流業                ㈱近鉄エクスプレス
     不動産業                三重交通グループホールディングス㈱
     鉄道車両製造業                近畿車輛㈱
     建設業                大日本土木㈱
     (注)「会社名」には、主要な持分法適用関連会社を記載しております。
                                   6/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                                 関係内容
                                     議決権の
                        資本金      主要な事業
         名称         住所                   所有割合
                        (百万円)       の内容            役員の    資金の    営業上の
                                     (%)                   その他
                                          兼任等     貸付     取引
     (連結子会社)
                                                  グループ運
     近畿日本鉄道㈱         大阪市天王寺区            100  鉄軌道事業          100.0     有     有   営分担金の     債務被保証
                                                  収受
     近鉄バスホールディン
               大阪市天王寺区            100  バス事業          100.0     有     無     -     -
     グス㈱
                                      100.0
     近鉄バス㈱         大阪府東大阪市            100  バス事業              有     無     -     -
                                      (100.0)
                            バス事業、          66.2
               奈良県奈良市                            無     無
     奈良交通㈱                    1,285                           -     -
                            不動産業
                                      (66.2)
                                      100.0
     北日本観光自動車㈱         石川県金沢市            70  バス事業              有     有     -     -
                                      (100.0)
                                       60.4
     防長交通㈱         山口県周南市            100  バス事業              有     有     -   債務保証
                                      (60.4)
     近鉄タクシーホール
               大阪市天王寺区            100  タクシー業          100.0     有     無     -     -
     ディングス㈱
                                      100.0
               大阪市天王寺区              タクシー業              有     無
     近鉄タクシー㈱                     100                          -     -
                                      (100.0)
                                      100.0
     奈良近鉄タクシー㈱         奈良県奈良市            100  タクシー業              無     無     -     -
                                      (100.0)
                                      100.0
     三重近鉄タクシー㈱         三重県四日市市            100  タクシー業              有     無     -     -
                                      (100.0)
                                      100.0
               名古屋市中村区              タクシー業              有     無
     名古屋近鉄タクシー㈱                     100                          -     -
                                      (100.0)
                                      100.0
     石川近鉄タクシー㈱         石川県金沢市            10  タクシー業              有     有     -     -
                                      (100.0)
                                      100.0
     北交大和タクシー㈱         北九州市戸畑区            30  タクシー業              有     無     -     -
                                      (100.0)
     近鉄技術ホールディン
               大阪市天王寺区              鉄道施設整備業              有     無
                          100            100.0              -     -
     グス㈱
     近鉄電気エンジニアリ                                 100.0
               大阪市天王寺区              鉄道電気設備業              有     有
                           90                         -     -
     ング㈱                                 (100.0)
     近鉄車両エンジニアリ
                                      100.0
               大阪府八尾市            90  鉄道車両整備業              有     無     -     -
     ング㈱
                                      (100.0)
     近鉄軌道エンジニアリ                                 100.0
               大阪市天王寺区              軌道整備工事業              有     有
                           90                         -     -
     ング㈱                                 (100.0)
     全日本コンサルタント                       建設コンサルタン          100.0
               大阪市浪速区            90                有     無     -     -
     ㈱                       ト業、測量業         (100.0)
     ㈱アド近鉄         大阪市天王寺区            50  交通広告業          100.0     有     無     -     -
               大分県大分市              海運業              有     無

     国道九四フェリー㈱                     480            88.5             -     -
                                       90.0
     近鉄レンタリース㈱         大阪市天王寺区            30  レンタカー業              有     無     -     -
                                      (20.0)
     近鉄レジャーサービス                       観光施設の運営、          100.0
               大阪市天王寺区            50                有     無     -     -
     ㈱                       旅館業
                                      (100.0)
                                                  グループ運
     近鉄不動産㈱         大阪市天王寺区          12,090    不動産業          100.0     有     有   営分担金の       -
                                                  収受
     近鉄ファシリティ・マ
     ネジメントホールディ         大阪市中央区            100  不動産管理業          100.0     有     無     -     -
     ングス㈱
                                      100.0
     近鉄ビルサービス㈱         大阪市中央区            100  不動産管理業              有     無     -     -
                                      (100.0)
                            ビルメンテナンス          100.0
               大阪市阿倍野区                            有     無
     ミディ総合管理㈱                     90                         -     -
                            業         (100.0)
                                   7/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
                                                 関係内容

                                     議決権の
                        資本金      主要な事業
         名称         住所                   所有割合
                        (百万円)       の内容            役員の    資金の    営業上の
                                     (%)                   その他
                                          兼任等     貸付     取引
                                       68.1
     ㈱近鉄百貨店         大阪市阿倍野区              百貨店業              有     無
                         15,000                           -     -
                                       (4.9)
     近鉄リテールホール                       ストア業、
               大阪市天王寺区            100            100.0     有     無     -     -
                            飲食業
     ディングス㈱
                                                  グループ運
                            ストア業、          100.0
     ㈱近鉄リテーリング         大阪市天王寺区                            有     無   営分担金の
                           30                               -
                            飲食業         (100.0)
                                                  収受
                                      100.0
     ㈱近商ストア         大阪府松原市              ストア業              有     有
                          100                          -     -
                                      (100.0)
                                                  グループ運
                            ホテル業、
     ㈱近鉄・都ホテルズ         大阪市天王寺区                            有     有   営分担金の
                          100            100.0                   -
                            旅館業
                                                  収受
     KINTETSU
               米国カリフォルニア         千米ドル
     ENTERPRISES
                            ホテル業          100.0     有     有     -     -
               州          24,785
     CO.  OF AMERICA
     KNT-CTホール                                 66.0
               東京都新宿区           8,041   旅行業              有     無     -   債務保証
     ディングス㈱                                 (12.3)
                                      100.0
               東京都新宿区              旅行業              有     無
     クラブツーリズム㈱                     100                          -     -
                                      (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               東京都新宿区            100  旅行業              有     無     -     -
     首都圏                                 (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               東京都千代田区            100  旅行業              無     無     -     -
     コーポレートビジネス
                                      (100.0)
     ㈱ユナイテッドツアー                                 100.0
               東京都千代田区            100  旅行業              無     無     -     -
     ズ                                 (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               札幌市中央区            100  旅行業              無     無     -     -
     北海道
                                      (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               仙台市青葉区              旅行業              無     無
                          100                          -     -
     東北
                                      (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               東京都新宿区            100  旅行業              無     無     -     -
     関東                                 (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               名古屋市中村区            100  旅行業              有     無     -     -
     中部
                                      (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               大阪市浪速区              旅行業              有     無
                          100                          -     -
     関西                                 (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               広島市中区            100  旅行業              無     無     -     -
     中国四国
                                      (100.0)
     ㈱近畿日本ツーリスト                                 100.0
               福岡市博多区              旅行業              無     無
                          100                          -     -
     九州
                                      (100.0)
     ㈱KNT-CTグロー                                 100.0
               東京都新宿区            100  旅行業              無     無     -     -
     バルトラベル                                 (100.0)
     ㈱KNT-CTウエブ                                 100.0
               東京都新宿区            100  旅行業              無     無     -     -
     トラベル
                                      (100.0)
                            映画館の経営、          62.8
     ㈱きんえい         大阪市阿倍野区                            有     無
                          564                          -     -
                            不動産賃貸業          (56.8)
                            水族館の経営、
     ㈱海遊館         大阪市港区                            有     無
                         2,000             70.5             -     -
                            不動産賃貸業
     近鉄ケーブルネット
                            一般放送事業、
               奈良県生駒市           1,485             98.8    有     無     -   債務保証
     ワーク㈱                       電気通信事業
                                                  委託管理費
               大阪市天王寺区              情報処理業              有     無
     近鉄情報システム㈱                     100            100.0                   -
                                                  等の支払
                                      100.0
               大阪市天王寺区              保険代理業              有     無
     近鉄保険サービス㈱                     60                         -     -
                                      (30.0)
     その他31社
                                   8/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
                                                 関係内容

                                     議決権の
                        資本金
                              主要な事業
         名称         住所                   所有割合
                        (百万円)       の内容            役員の    資金の    営業上の
                                                        その他
                                     (%)
                                          兼任等     貸付     取引
     (持分法適用の関連会
     社)
                                       30.0
               奈良県生駒市              第3種鉄道事業              有     有
     奈良生駒高速鉄道㈱                    10,255                           -     -
                                      (30.0)
                                       16.6
     福山通運㈱         広島県福山市          30,310    貨物運送業              有     無     -     -
                                       (8.9)
                                       47.1
     ㈱近鉄エクスプレス         東京都港区           7,216   国際総合物流業              有     無     -     -
                                       (3.0)
     三重交通グループホー                       不動産業、          39.3
               三重県津市                            有     無
                         3,000                           -     -
     ルディングス㈱                       バス事業          (25.0)
                                       44.6
     近畿車輛㈱         大阪府東大阪市           5,252   鉄道車両製造業              有     無     -     -
                                      (30.5)
     大日本土木㈱         岐阜県岐阜市           2,000   建設業          15.0    無     無     -     -
     その他2社
     (注)1.議決権所有割合には退職給付信託拠出分を含んでおり、( )内は間接所有割合で内数であります。
        2.上記のうち特定子会社に該当するのは、近畿日本鉄道㈱、近鉄不動産㈱、㈱近鉄百貨店及び近鉄情報システム
         ㈱であります。
        3.上記のうち、奈良交通㈱、㈱近鉄百貨店、KNT-CTホールディングス㈱、㈱きんえい、福山通運㈱、㈱近
         鉄エクスプレス、三重交通グループホールディングス㈱及び近畿車輛㈱は、有価証券報告書を提出しておりま
         す。
        4.近畿日本鉄道㈱、㈱近鉄百貨店及びクラブツーリズム㈱の営業収益(連結会社相互間の内部営業収益を除
         く。)は、連結営業収益に占める割合が10%を超えております。このうち、㈱近鉄百貨店は有価証券報告書を提
         出しているため、「主要な損益情報等」の記載を省略しております。
         主要な損益情報等

                                (単位:百万円)
                      近畿日本鉄道㈱        クラブツーリズム㈱
        (1)  営業収益
                          162,191          162,584
        (2)  経常利益
                          24,305          2,588
        (3)  当期純利益
                          15,761          2,693
        (4)  純資産額
                          174,699          15,494
        (5)  総資産額               877,509          47,123
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
                                                (平成31年3月31日現在)
                              ホテル・
        運輸       不動産        流通               その他       全社(共通)         合 計
                              レジャー
        (人)        (人)        (人)                (人)        (人)        (人)
                               (人)
         13,815        3,011        3,781        9,319         449        131      30,506
         [ 1,392   ]     [ 2,507   ]     [ 6,078   ]     [ 3,909   ]      [ 82 ]      [ -]     [ 13,968   ]
     (注)従業員数は就業人員数であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                (平成31年3月31日現在)
         従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           131              46.2              19.8             8,044,019
     (注)1.従業員数は就業人員数であります。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.平均勤続年数は、他社からの出向社員については、出向元会社での勤続年数を通算しております。
        4.従業員は全て管理部門に所属しているため、セグメント毎の記載は省略しております。
                                   9/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
       (1)経営の基本方針
         当社グループは、鉄道事業、不動産事業、ホテル事業、流通事業を中核とする生活関連事業の幅広い展開を通
        じて、誠実な企業活動により暮らしの安心を支え、果敢な挑戦により新たな価値を創出し、多様な人々との協働
        により社会の発展、繁栄に貢献することを経営の方針としております。
       (2)中長期的な経営戦略及び対処すべき課題

         今後の当社グループを取り巻く事業環境は、テクノロジーの進化、人口減少・高齢化、グローバル化等により
        大きく変化することが予想されます。一方、大阪・関西万博の開催、大阪・夢洲への統合型リゾート(IR)の
        誘致などは、当社グループにとって大きなビジネスチャンスになります。このような状況のもと、当社グループ
        の持続的な成長を目指すために、長期目標と今後5年間の中期計画からなる新「近鉄グループ経営計画」を策定
        いたしました      。
         長期的な取組みとしては、当社グループの強みである多様な事業展開や安全・安心・信頼からなる近鉄ブラン
        ドの信用力を活かし、重点戦略として、新3大プロジェクト(万博・IR関連事業、上本町ターミナル事業、伊
        勢志摩地域の活性化事業)を推進するとともに、「沿線強化」「新規事業・事業分野の拡大」「事業エリアの拡
        大」の3つの基本戦略に基づき、成長戦略を積極的に展開してまいります。
         これにより当社グループは、財務健全性を確保したうえで、将来を見据えた成長戦略の推進のため、新たに戦
        略投資枠を設定して、事業基盤の拡充、収益力の拡大へと舵を切ります。
         中期計画としては、「成長への礎づくり」を基本方針とし、収益力と財務基盤のさらなる強化に取り組んでま
        いります。重点戦略である新3大プロジェクトにおきましては、万博・IRを契機に、今後増加が見込まれる国
        内外からのお客様に対応するための交通・観光情報拠点を目指す上本町ターミナルの再開発、沿線観光の重点地
        域である伊勢志摩地域の活性化、夢洲と近鉄線を結ぶ直通列車の実現などに向けた推進体制を整え、事業計画の
        検討を開始いたします。「沿線強化」としましては、あべのハルカス周辺の強化、インバウンド需要の継続的な
        取り込みなどを進めてまいります。「新規事業・事業分野の拡大」につきましては、サービスとテクノロジーが
        融合した新規事業の創出や、テクノロジーを活用した新たなビジネスモデルの構築を進め、既存事業においては
        事業分野の拡大と業務の効率化を進めてまいります。「事業エリアの拡大」につきましては、海外、首都圏、沖
        縄など、市場の拡大と成長が期待されるエリアにおいて、事業展開を推進してまいります。
         各部門別の中期的な重点施策は以下のとおりであります。

        ①    運輸

         運輸業におきましては、引き続き安全の確保を最優先に位置付け、諸施策を推進するとともに、鉄軌道事業
        で、訪日旅行者への情報発信や案内サービスの向上を図るほか、新型名阪特急や観光列車の投入により特急サー
        ビス網を充実させるなど、交流人口の拡大に注力いたします。また、安全性のさらなる向上に向け、テクノロ
        ジーを活用して効率的な運営体制を構築してまいります。
        ②    不動産
         不動産業におきましては、不動産販売業で、マンション事業の強化を図るため、医療機関との連携サービスの
        導入やライフステージの変化に対応した商品開発に取り組んでまいります。また、不動産賃貸業では、首都圏エ
        リアにおいてオフィスビル等の賃貸優良資産の取得や共同開発事業への参画を進め、事業拡大を推進いたしま
        す。さらに、ベトナムでの分譲住宅開発への参画を足掛かりに、東南アジア、北米を中心に海外事業の展開も検
        討してまいります。
        ③    流通
         流通業におきましては、百貨店業で、商圏のニーズに合わせて店舗開発や売場編成を図るなど、将来の発展に
        向けた事業モデルの構築に取り組むとともに、EC(電子商取引)ビジネスの強化や、地域の自治体、生産者等
        と連携した地域商社事業への進出を推進いたします。ストア・飲食業では、都市型の小型スーパーマーケットな
        ど新たな形態による出店を進めるほか、台湾での飲食店舗開業をはじめ事業エリアの拡大に取り組みます。
        ④    ホテル・レジャー
         ホテル・レジャー業におきましては、ホテル業で、現在建設を進めている博多や大阪本町に続き新規ホテル開
        発を推進するとともに、今後も新たなホテルブランドによる新規出店戦略により、規模拡大を目指してまいりま
        す。また、大規模リニューアル工事を実施中のウェスティン都ホテル京都では、京都を代表する高級ラグジュア
        リーホテルとして収益力の強化を図ります。旅行業では、ウェブ販売の強化を図るなど個人旅行事業の再構築を
        推進するほか、東京2020オリンピック・パラリンピックの取扱い拡大や団体顧客との関係強化により事業拡大を
        図ってまいります。
                                  10/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (3)目標とする経営指標
         上記の基本方針及び基本戦略に則り、新「近鉄グループ経営計画」における中期計画(2019年度~2023年度)
        の最終年度である2023年度において、①営業利益730億円、②有利子負債残高9,800億円、③有利子負債/EBI
        TDA倍率7.3倍の連結経営指標目標を設定しております。
       (4)   財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針等

         当社では、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を決定しております。
         基本方針の内容、基本方針の実現に資する特別な取組みの内容、基本方針に照らして不適切な者によって財務
        及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組みの内容並びに取組みについての当社取締役会の
        判断及びその判断にかかる理由は、次のとおりであります。
        ①    財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

         近鉄グループ経営理念・経営計画のもと、グループの中核をなす鉄道事業における安全性や公共性の確保とさ
        まざまなステークホルダーとの信頼関係の維持に十分に配慮して、長期的な視点に立った企業活動を行い、また
        コーポレートガバナンス体制のさらなる強化に努めることが企業価値向上及び株主共同の利益の確保に資すると
        考える。当社株式に対する大規模買付行為を行い、又は行おうとする者に対しては、当該行為を受け入れるか否
        かについては、かかる見地から株主自身が判断するものと考えている。しかしながら、当該買付行為が株主に十
        分な情報提供が行われないものであるとき、十分な検討期間もないまま行われるものであるとき、買付後の経営
        が鉄道事業における安全性や公共性を脅かすものであるとき、実質的に経営参加の意思もなく当社グループのシ
        ナジー効果を毀損するものであるときには、当社取締役会は、判断の客観性を担保しつつ、法令に基づき適切な
        措置を講じ、企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考える。
        ②    上記基本方針にかかる取組みの具体的内容
        a.近鉄グループ経営計画のもと、長期的な取組みとしては、当社グループの強みである多様な事業展開や安
         全・安心・信頼からなる近鉄ブランドの信用力を活かし、重点戦略として、新3大プロジェクト(万博・IR
         関連事業、上本町ターミナル事業、伊勢志摩地域の活性化事業)を推進するとともに、「沿線強化」「新規事
         業・事業分野の拡大」「事業エリアの拡大」の3つの基本戦略に基づき、成長戦略を積極的に展開する。中期
         計画としては、「成長への礎づくり」を基本方針とし、収益力と財務基盤のさらなる強化に取り組む。重点戦
         略である新3大プロジェクトにおいては、万博・IRを契機に、今後増加が見込まれる国内外からのお客様に
         対応するための交通・観光情報拠点を目指す上本町ターミナルの再開発、沿線観光の重点地域である伊勢志摩
         地域の活性化、夢洲と近鉄線を結ぶ直通列車の実現などに向けた推進体制を整え、事業計画の検討を開始す
         る。「沿線強化」としては、あべのハルカス周辺の強化、インバウンド需要の継続的な取り込みなどを進め
         る。「新規事業・事業分野の拡大」については、サービスとテクノロジーが融合した新規事業の創出や、テク
         ノロジーを活用した新たなビジネスモデルの構築を進め、既存事業においては事業分野の拡大と業務の効率化
         を進める。「事業エリアの拡大」については、海外、首都圏、沖縄など、市場の拡大と成長が期待されるエリ
         アにおいて、事業展開を推進する。
        b.当社取締役会は、当社株式に対する大規模買付行為を行い、又は行おうとする者に対し、買付けの目的や買
         付後の当社グループの経営方針など株主の皆様の判断に必要となる情報の提供を求め、適時適切に情報開示を
         行う。また、当社取締役会は、当該買付者等から提供された情報について、企業価値向上及び株主共同の利益
         の確保という観点から評価・検討し、必要に応じて当該買付者等と協議・交渉を行うこととする。
        ③    上記②の取組みについての当社取締役会の判断及びその判断にかかる理由
         上記②の近鉄グループ経営計画に基づく当社の企業活動は、財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方
        に関する基本方針に沿うものであり、当社の企業価値を向上させ、株主共同の利益の確保に資するものであると
        考える。
         また、当社株式に対する大規模買付行為を行い、又は行おうとする者に対する当社取締役会の対応方針は、企
        業価値向上及び株主共同の利益の確保という観点から、株主の皆様の判断に必要となる情報の提供を買付者等に
        求め、これを開示することを定めるものであり、特定の株主又は投資家を優遇あるいは拒絶するものではない。
         従って、当社取締役会は、上記②の取組みは基本方針に沿うものであり、株主共同の利益を損なうものではな
        いとともに、役員の地位の維持を目的とするものでないと判断している。
                                  11/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
       「第2 事業の状況」「第5 経理の状況」等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性の
      ある事項には、以下のようなものがあります。
       当社グループは、これらのリスクの発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努めてお
      ります。
       なお、文中における将来に関する事項は、本有価証券報告書提出日現在において、当社グループが判断したもので
      あります。
       (1)原子力発電所の稼働状況による電力不足の影響
         原子力発電所の稼働状況により、今後の電力供給が不十分となった場合には、列車の運行、流通店舗・ホテル
        の営業等、サービスの安定的な提供に支障が出るおそれがあります。また、電気料金上昇などのコスト増によっ
        て、当社グループの業績に大きな影響を及ぼすおそれがあります。
         当社グループでは、省電力機器の導入等により、可能な限り節電を図り、電力不足による収支への影響を最小
        化するよう努めております。
       (2)大規模災害又は大規模事故の発生
         南海トラフ地震等とそれらに伴う津波や、主要ターミナル等における火災、テロなどが発生した場合、長大橋
        梁・鉄道トンネル・線路等鉄道施設の毀損、特急券オンライン発券システムのトラブルなどのほか、ホテルや百
        貨店、賃貸施設、レジャー施設等についても大きな被害が生じるおそれがあり、当社グループにおいて大規模な
        損害及び復旧費用が発生する可能性があります。また、当社グループの経営資源が大阪府、奈良県、三重県をは
        じめ、近鉄沿線に集中していることから、特に南海トラフ地震が発生した際は、グループ全体の業績に深刻な影
        響を与えるおそれがあります。
         このほか、感染症が大規模に流行した場合、鉄道利用者をはじめ各事業の顧客の出控え等のほか、勤務する従
        業員を確保することが困難となる事態も予想され、業績に大きな影響を与えるおそれがあります。
         また、万一大規模事故が発生した場合、その復旧と損害賠償に巨額の費用が必要となり、業績に深刻な影響を
        与えるおそれがあります。鉄道事業においては、遮断中の踏切への進入など外的要因により事故が発生し、列車
        の運行に支障が出るおそれもあります。
         当社グループでは、公共交通機関として多数のお客様の輸送に当たる鉄軌道事業やバス事業をはじめ、その他
        の各事業においてもお客様の安全の確保を第一義に考えております。このため、従業員の教育・訓練はもちろん
        のこと、鉄軌道事業における運転保安設備の新設、増強など計画的な投資の継続をはじめ、各事業とも耐震補強
        など防災対策工事を推進するとともに、各種の安全対策には万全を期しております。また、大規模地震に対する
        事業継続計画の定期的な見直し等、大規模な災害・事故等の発生に備えた危機管理体制の整備を一層推し進めて
        おります。
       (3)   気候変動及びその対応
         気候変動により、物理的リスクとしては、急性リスクとして大型台風による列車の運休や、大雪や土砂災害に
        より線路が使用できず、列車が運行不能になるおそれがあります。また、旅行やホテルのキャンセルや、買物・
        レジャーの出控えが発生します。慢性的なリスクとしては、猛暑等で冷房等の空調に使用する電力使用量が増加
        し、エネルギーコストが増加するおそれがあります。
         また、地球温暖化防止のための低炭素社会への移行に伴うリスクとして、消費者行動の変化や法律等の規制強
        化に対応するために、エネルギー効率の高い低炭素技術を使用した商品・サービス(省エネ車両や省エネ住宅
        (ZEH)等)の開発投資や、既存設備の更新に伴う設備投資が必要となるほか、対応が遅れた場合にはステー
        クホルダーからの評判が下がるおそれがあります。
         当社グループとしては、省エネルギー等の取組みを通じ、地球温暖化防止に努めております。
       (4)沿線人口の減少及びモータリゼーションの進展、他社との競合
         少子高齢化及び近鉄沿線外や都心への人口移転により、沿線での人口、特に就労人口及び通学人口が減少して
        おり、今後この傾向が続くおそれがあります。また、近鉄線と競合する高速道路網の整備等によりモータリゼー
        ションが一層進展しているほか、一部路線では鉄道他社と競合関係にあります。これらの状況は、鉄軌道業収
        入、流通業収入や不動産業収入等の減少をもたらすおそれがあります。また、近鉄沿線の観光地は、他の観光地
        との競合関係にあるため、入込観光客が減少し、鉄道事業のほかホテル・レジャー業の収入が影響を受ける可能
        性があります。さらに、大阪地区での競合する他の百貨店の新規開業・増床をはじめ、異業態の新店舗開業によ
        り、流通業の収入が影響を受ける可能性があります。
         当社グループとしては、輸送サービスの向上や魅力ある鉄道商品の発売に努め、優良な住宅地及びマンション
        の開発、グループ挙げての総合的な生活関連サービスの展開など沿線価値向上のための諸施策を積極的に進め、
        グループ各社の連携によりグループ事業全体の基盤強化を図ってまいります。また、営業戦略上の重要地域であ
        る伊勢志摩地区、奈良地区をはじめ、沿線観光地への旅客誘致にも一層の努力を傾けてまいります。
       (5)景気、個人消費動向等の変動
         当社グループの中核をなす運輸業、流通業及びホテル・レジャー業は、いずれも主に一般消費者を顧客として
        おり、景気動向、個人消費動向等の経済情勢のほか、冷夏、暖冬などの異常気象や天候不順等の影響により、業
        績が悪化するおそれがあります。
         当社グループとしては、各種営業施策の展開とコスト削減等によってその影響を最小化するよう、努めてまい
        ります。
                                  12/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (6)新    「近鉄グループ経営計画」            の推進
         新 「近鉄グループ経営計画」             に基づき、重点戦略として、              新3大プロジェクト(万博・IR関連事業、上本町
        ターミナル事業、伊勢志摩地域の活性化事業)                      を推進するとともに、           「沿線強化」「新規事業・事業分野の拡
        大」「事業エリアの拡大」を3つの基本戦略として各種施策を推進してまいります。                                        これは、当社グループが           将
        来を見据えた成長戦略を積極的に進め、企業価値を高めてさらに飛躍するため                                    に必要な施策でありますが、計画
        通りに進捗しない場合、事業及び財務に影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループとしては、激変する事業環境や社会構造の変化に柔軟かつ迅速に対処することによって、計画の
        目標達成に格段の努力を払ってまいります。
       (7)   鉄道事業法による規         制
         鉄道事業者は、鉄道事業法(昭和61年法律第92号)の定めにより経営しようとする路線及び鉄道事業の種類毎
        に国土交通大臣の許可を受けなければならず、さらに旅客運賃の設定・変更は、国土交通大臣の認可を受けなけ
        ればならないとされております。なお、認可される運賃は上限運賃とされ、その範囲内で運賃を設定又は変更し
        ようとするときは、あらかじめ国土交通大臣に届け出なければならないとされております。このため、鉄道事業
        における運賃の設定・変更については制限される可能性があります。
       (8)商品の品質並びに食品の安全性及び表示に対する信用毀損
         主として一般消費者を顧客としている流通業及びホテル・レジャー業において、当社グループが販売する商品
        の品質や食品の安全性・表示について信用毀損が生じた場合、減収等により業績が悪化するおそれがあります。
         当社グループでは、関係法令の遵守状況の確認や品質・衛生管理・食品表示のチェックなどを実施し、商品の
        品質・食品の安全性の確保、適切な食品表示に努めております。
       (9)地価の下落等
         不動産市況の低迷や地価の下落に伴う販売用土地及びマンションの販売不振、不動産賃料収入の減少、販売土
        地建物及び固定資産についての評価損失の計上などにより、業績が悪化するおそれがあります。
         当社グループとしては、地価変動の影響を極力避けるため保有資産の入替えを進め、付加価値の高い新規物件
        の開発を促進するとともに、低利用地の更なる有効利用によって、不動産業の業績向上に努めております。
       (10)原油等の資源価格の高騰
         原油等の資源価格の上昇は、当社グループのバス事業、タクシー事業、物流業などに大きな影響を与えます。
        また、不動産業におけるマンション建築工事費やホテル業、飲食店業におけるエネルギーコストの上昇は、利益
        減の要因となります。各事業において原価の抑制に努めているものの、原油等の資源価格が想定以上の水準にま
        で高騰した場合には、業績が悪化するおそれがあります。
       (11)テロリズム・戦争等の国際情勢不安の発生
         テロや戦争の発生など国際情勢不安により、当社グループの旅行業やホテル業、物流業が影響を受け、業績が
        悪化するおそれがあります。
         当社グループとしては、正確な情報を収集し風評被害の拡大防止に向けて適切に対処するとともに、安全性の
        高い代替企画や商品を開発するなど損害を最小限に食い止めるよう努めております。
       (12)調達金利の変動
         景気の急激な変動や金融市場の混乱等により、今後市場金利が上昇又は乱高下した場合や、信用格付業者によ
        る格付の変更が行われた場合には、業績等に悪影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは、「近鉄グ
        ループ経営計画」に従い、有利子負債残高を平成22年度末をピークに順次削減を進め、連結有利子負債比率は平
        成30年度末には55.6%と前年度末から1.7ポイント改善してきており、また、金利変動による影響を軽減するた
        め、金利の長期固定化を図っております。
       (13)情報の漏洩等
         当社グループは、定期乗車券の発売やカード会員の募集、ホテル、百貨店、旅行業等の営業を通じ、お客様の
        個人情報その他の機密情報を大量に保有しております。万一これらの情報への不正なアクセス、情報の紛失、改
        ざん、漏洩、消失等が発生した場合、損害賠償等による費用が発生するほか、信用失墜などにより、業績等に悪
        影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループでは、情報の漏洩等を防ぐため、法令、「近鉄グループ情報セキュリティ基本方針」並びに各社
        が制定する規程等に基づき、各社がその責任において情報セキュリティを確保し、情報を厳重に管理しておりま
        す。
       (14)企業買収等
         当社グループ各社は、今後の成長に向けた競争力強化のため企業買収等を行っており、また、将来行うことが
        あります。しかしながら、買収先企業の業績が買収時の想定を下回る場合、又は事業環境の変化や競合状況等に
        より期待する成果が得られないと判断された場合には、企業買収等を行ったグループ各社においてのれん等の減
        損損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  13/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度(以下、「当期」という。)における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)
        の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりで
        あります。
        ①    財政状態及び経営成績の状況
         当期のわが国経済は、雇用情勢が着実に改善し緩やかな景気回復基調のうちに推移しましたが、地震や台風な
        どの自然災害が国内経済に大きな影響を与えたほか、期末にかけては、米中間の通商問題等に起因する世界経済
        の減速が企業収益にも影響を及ぼすなど、景気の先行きに対する不透明感が次第に強まりました。
         このような情勢のもと、当社グループでは、当期を最終年度とする「近鉄グループ経営計画」に基づき、阿部
        野橋ターミナルビル「あべのハルカス」の収益基盤強化、インバウンドをはじめとする観光需要の取り込みのた
        めの諸施策の実施、不動産業の強化を引き続き推し進めました。「あべのハルカス」におきましては、近鉄百貨
        店「あべのハルカス近鉄本店」で積極的に売場改善を行ったほか、「大阪マリオット都ホテル」、「あべのハル
        カス美術館」など各施設へのお客様の誘致にも鋭意努めた結果、年間の来館者数は開業初年に迫る約4,200万人と
        なり、累計来館者数が2億人に達しました。インバウンド・観光につきましては、鉄道、百貨店、ホテル、旅行、
        レジャーなど各事業において、訪日旅行者のさらなる誘致と受入れ態勢の整備を図り、自然災害の影響により関
        西での需要が一時的に落ち込んだものの堅調に推移しました。また、新型名阪特急の車両新造や、さらなる高級
        ラグジュアリーホテルを目指したウェスティン都ホテル京都の大規模リニューアルに着手するなど、観光需要の
        創出、獲得に向けた取組みを推し進めました。不動産業においては、首都圏エリアでオフィスビルを相次いで取
        得したほか、保有地を活用した賃貸レジデンス事業を推進するなど、事業エリアの拡大とアセット事業の強化に
        注力しました。さらに、当社グループの経営資源とベンチャー企業のテクノロジーや斬新なアイデアとの融合に
        よる事業の創出や領域拡大を図るため、「近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社」を設立し、ベンチャー企業と
        の協業に取り組みました。以上のとおり、グループ全般にわたって、事業基盤の整備、強化を図り、収益の確保
        と業績の向上に努力を傾けてまいりました。
         この結果、連結営業収益は、前期に比較して1.2%増の1兆2,369億5百万円となり、営業利益は4.9%増の677億
        79百万円、経常利益は9.5%増の671億29百万円となりました。これに特別利益および特別損失を加減し、法人税
        等を控除した後の親会社株主に帰属する当期純利益は、前期に比較して21.4%増の359億62百万円となりました。
         各報告セグメントの経営成績は、次のとおりであります。

        a.運    輸

          運輸業におきましては、鉄軌道部門で、南大阪線列車運行管理システム更新等の諸工事を推進したほか、大
         阪阿部野橋駅の一部ホームに昇降ロープ式ホームドアを設置するなど、安全・安心のためのさらなる施策強化
         を図りました。また、駅業務の省人化を進めつつお客様の利便性の維持・向上を図るため、お客様案内業務を
         一括して行う総合案内センターを開設するとともに、モニター画面を通じて同センターのオペレーターによる
         案内や遠隔操作ができるリモートサポート付き定期券・特急券自動発売機の運用を開始しました。訪日旅行者
         への取組みとしては、駅の無料Wi-Fiサービスを拡充したほか、案内サインや案内放送の多言語化等を進
         め、受入れ態勢整備に努めました。しかしながら、大阪北部地震や相次いで上陸した台風などの自然災害の影
         響が大きく、減収となりました。
          この結果、営業収益は前期に比較して0.6%減の2,267億54百万円、営業利益は退職給付費用の減少もあり、
         12.8%増の329億43百万円となりました。
                                          当   期

                            単  位
                業   種
                                (平成30年4月~平成31年3月)                 前期比(%)
                                         156,444
           鉄軌道事業                  百万円                        △1.0
           バス事業                  百万円             34,636           △0.1
           タクシー業                  百万円             11,537            0.3
           鉄道施設整備業                  百万円             28,347            2.5
           その他運輸関連業                  百万円             21,426           △2.7
            調整                 百万円            △25,637             -
           営業収益計                  百万円             226,754           △0.6
                                  14/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
          (近畿日本鉄道㈱         運輸成績表)
                                          当   期
                            単  位
                区   分
                                (平成30年4月~平成31年3月)
                                                 前期比(%)
           営業日数                   日              365          0.0
           営業キロ程                  キロ             501.1           0.0
           客車走行キロ                  千キロ             286,014           △0.3
                  定期          千人            342,481            0.2
           旅客人員        定期外          千人            235,556           △0.4
                      計       千人            578,037           △0.1
                       定期     百万円             47,605            0.1
                  旅客収入     定期外     百万円             101,687           △0.7
           旅客運輸収入              計    百万円             149,292           △0.4
                  荷物収入          百万円                33         △9.3
                     合計       百万円             149,326           △0.4
           線路使用料                  百万円                -       △100.0
           運輸雑収                  百万円              7,118           3.9
           営業収益計                  百万円             156,444           △0.6
           乗車効率                   %             29.3           -
          (注)乗車効率の算出は、延人キロ/(車両走行キロ×平均定員)によります。
        b.不動産

          不動産業におきましては、不動産販売部門で、需要の多い都心部を中心にマンション分譲を進めるととも
         に、近鉄沿線の学研奈良登美ヶ丘等で戸建分譲を推進しました。不動産賃貸部門では、主要賃貸物件が堅調に
         推移したほか、首都圏エリアでのオフィスビル取得や、京都駅高架下商業施設「みやこみち」のリニューアル
         等を実施し、賃貸事業の強化を図りました。
          この結果、営業収益は前期に比較して9.8%増の1,642億45百万円、営業利益は14.7%増の186億98百万円とな
         りました。
                                          当   期

                            単  位
                業   種
                                (平成30年4月~平成31年3月)
                                                 前期比(%)
           不動産販売業                  百万円             77,725           13.8
           不動産賃貸業                  百万円             47,374            3.3
           不動産管理業                  百万円             43,408            6.0
            調整                 百万円             △4,262             -
           営業収益計                  百万円             164,245            9.8
        c.流    通

          流通業におきましては、百貨店部門で、旗艦店である「あべのハルカス近鉄本店」の収益力のさらなる強化
         を図るとともに、郊外店では地域のお客様や取引先と連携した「地域共創型百貨店」を目指し、それぞれの地
         域の特性に合わせたリニューアルに取り組みました。ストア・飲食部門では、企画戦略機能の強化のため、事
         業会社を統括する「近鉄リテールホールディングス株式会社」を設立し、駅ナカショッピングモールやスー
         パーマーケットの改装を推進するとともに、新規事業の開発や既存事業の統廃合に取り組みました。しかしな
         がら、不採算のスーパーマーケットを閉鎖したことにより、流通業全体としては減収となりました。
          この結果、営業収益は前期に比較して0.5%減の3,936億70百万円となりましたが、営業利益は9.9%増の77億
         83百万円となりました。
                                          当   期

                            単  位
                業   種
                                (平成30年4月~平成31年3月)                 前期比(%)
           百貨店業                  百万円             282,220            0.1
           ストア・飲食業                  百万円             112,647           △2.3
            調整                 百万円             △1,198             -
           営業収益計                  百万円             393,670           △0.5
                                  15/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        d.ホテル・レジャー
          ホテル・レジャー業におきましては、ホテル部門で、「都ホテル」「都シティ」「都リゾート」の3つのカテ
         ゴリーでホテルブランドを新たに構築したほか、宿泊主体型ホテルの「都シティ                                      東京高輪」を開業し、市場環
         境の変化への対応と新規顧客の獲得に努めましたが、既存ホテルの改装工事に伴う販売客室数の減少もあり減
         収となりました。旅行部門では、地域旅行会社と訪日旅行・団体旅行等の専門会社を基軸とする新しい営業体
         制に移行し、商品造成力・販売力の強化とウェブ販売の拡大に注力した結果、増収となりました。
          この結果、営業収益は前期に比較して0.7%増の4,818億18百万円となりましたが、営業利益は35.8%減の61
         億85百万円となりました。
                                          当   期

                            単  位
                業   種
                                (平成30年4月~平成31年3月)
                                                 前期比(%)
           ホテル業                  百万円             57,389           △6.2
           旅行業                  百万円             411,821            1.6
           映画業                  百万円              3,618           2.1
           水族館業                  百万円              9,175           1.8
            調整                 百万円              △186            -
           営業収益計                  百万円             481,818            0.7
        e.その他

          その他の事業におきましては、営業収益は前期に比較して10.9%増の181億74百万円、営業利益は7.5%減の
         14億91百万円となりました。
         資産合計は、前期末に比較して219億37百万円増加し、1兆9,364億17百万円となりました。これは、団体旅行前

        払金の支出等により流動資産が増加し、また、固定資産で、事業用固定資産が減価償却や減損損失計上による減
        があったものの、設備投資により増加したことによるものであります。
         負債合計は、前期末に比較して31億25百万円増加し、1兆5,233億67百万円となりました。これは、借入金の返
        済を進めたものの、未払金等が増加したことによるものであります。
         純資産合計は、前期末に比較して188億12百万円増加し、4,130億50百万円となりました。これは、その他の包
        括利益累計額で退職給付に係る調整額が減少しましたが、利益剰余金が純利益の計上から配当を差し引き増加し
        たことによるものであります。
        ②    キャッシュ・フローの状況

         当期末における       現金及び現金同等物は          520億89百万円       で、前期末に比較して          6億74百万円減少        いたしました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動により得た資金は、1,023億19百万円で、マンション販売の進捗等で販売土地及び建物の資金回収が進
        んだほか、法人税等の支払が減少しましたため、前期に比較して135億21百万円収入額が増加しました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動により支出した資金は641億48百万円で、固定資産の取得による支出の増加等により、前期に比較して
        133億51百万円支出額が増加しました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動により支出した資金は389億5百万円で、社債による調達が収入に転じましたが、借入金の純返済額が
        増加しましたため、前期に比較して20億13百万円支出額が増加しました。
        ③    生産、受注及び販売の実績

         当社グループは、受注生産形態をとらない事業が多く、セグメントごとに生産規模及び受注規模を金額あるい
        は数量で示すことはしておりません。
         このため、生産、受注及び販売の状況については、「①                          財政状態及び経営成績の状況」における各報告セグメ
        ントの経営成績に関連付けて記載しております。
                                  16/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①    重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成しており
        ますが、この作成にあたり、当期末の資産及び負債並びに当期に係る収益及び費用の報告金額に影響を与える事
        項について、過去の実績や現在の状況等に応じた合理的な判断に基づき見積りを行っております。これらのうち
        主なものは以下のとおりでありますが、見積り特有の不確実性があるため、実際の結果と異なる場合がありま
        す。
        a.固定資産の減損
          当社グループは、事業の特性上、多額の固定資産を保有しており、固定資産の回収可能価額について、将来
         キャッシュ・フロー、割引率、正味売却価額等の前提条件に基づき算出しております。従って、当初見込んで
         いた収益が得られなかった場合や、将来キャッシュ・フロー等の前提条件に変更があった場合、固定資産の減
         損を実施する可能性があります。
        b.繰延税金資産の回収可能性
          当社グループは、繰延税金資産の回収可能性を判断するに際して将来の課税所得や税務計画を合理的に見
         積っております。従って、将来の課税所得の見積額や税務計画が変更された場合には、繰延税金資産が増額又
         は減額される可能性があります。
        c.退職給付債務及び費用の計算
          当社グループは、退職給付債務及び費用の計算について、割引率や年金資産の長期期待運用収益率等の前提
         条件に基づき行っており、実際の結果が前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合には、その影
         響額は累積され、将来にわたって規則的に認識されます。従って、これらの前提条件や退職給付制度が変更さ
         れた場合、退職給付債務及び費用の計算に影響を及ぼす可能性があります。
        ②    当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        (経営成績に重要な影響を与える要因)
        a.沿線人口の変動
          少子高齢化や人口移転等による近鉄沿線の就労人口や通学人口の変動等は、運輸業、流通業や不動産業の収
         益に影響を及ぼす要因となります。
          当連結会計年度は、少子高齢化により鉄軌道部門の通学定期は引き続き減少傾向にありますが、雇用環境の
         改善による就業者数の増が通勤定期の増加に寄与したため、定期旅客収入は増収となりました。
        b.景気・個人消費動向等の変動
          運輸業、流通業及びホテル・レジャー業は、一般消費者を顧客としており、景気動向、個人消費動向等の経
         済情勢のほか、冷夏、暖冬などの異常気象、天候不順、大規模災害や国際情勢不安等の影響により、収益が変
         動する可能性があります。
          当連結会計年度は、昨年6月の大阪北部地震やその後の度重なる台風などの自然災害及びこれに起因する関
         西国際空港の閉鎖などが国内や訪日旅行客の動向に大きく影響を及ぼし、鉄軌道部門、百貨店部門やホテル部
         門など各部門において減収要因となりましたが、雇用情勢の着実な改善などもあり、全体として景気は緩やか
         な回復基調のもと推移したため、小幅な減収にとどまりました。
        c.不動産市況や地価の変動
          不動産市況や地価の変動に伴うマンション等の販売や不動産賃料収入の変動等により、不動産業の業績が影
         響を受ける可能性があります。
          当連結会計年度は、前期に引き続き土地の仕入価格や建築コストが上昇基調にあったものの、都市部を中心
         にマンション販売は概ね堅調であったことに加え、大阪地区のオフィス空室率が低水準で推移するなど、当社
         グループを取り巻く賃貸市況も良好に推移しました。
        d.労働需給等による人材確保の状況
          少子高齢化や労働需給等により、事業運営に必要な人材確保の状況に変化が生じた場合、運輸業、流通業及
         びホテル・レジャー業の業績に影響を及ぼす可能性があります。
          当連結会計年度は、雇用環境の改善等に伴う労働需要のひっ迫により、競合他社や業界間での人材獲得競争
         が激化し、人件費の増加等が各事業の収支に影響を与えました。
                                  17/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        e.原油等の資源価格の変動
          原油等の資源価格の変動に伴う電気料金や燃料油脂費の動向は、当社グループ各事業の業績に影響を及ぼす
         可能性があります。
          当連結会計年度は、電力料金の引き下げにより鉄軌道部門の動力費が減少したものの、原油価格が引き続き
         高水準にあったことから、バス部門等で燃料油脂費が増加しました。
        f.市場金利の変動や格付の変更
          景気の急激な変動や金融市場の混乱等により、市場金利が変動した場合や、信用格付業者による格付の変更
         が行われた場合には、調達金利の変動により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
          当連結会計年度は、前期に引き続き金利が低水準で推移するなど、概ね良好な調達環境が持続しました。
        (経営成績の状況に関する分析)

         経営成績に重要な影響を与える各要因を踏まえた当連結会計年度の経営成績の状況に関する分析は、次のとお
        りであります。
        a.営業収益及び営業利益
          営業収益は、運輸業で、大阪北部地震や台風等の自然災害の影響により鉄軌道部門が減収となりましたが、
         不動産業で、マンション販売戸数が増加したことや、主要賃貸物件が堅調に推移し賃貸料が増加した等により
         増収となったほか、ホテル・レジャー業において、旅行業が海外旅行の販売が好調であったため増収となりま
         したため、前期に比較して1.2%増の1兆2,369億5百万円となり、営業利益は、不動産業の増収に加え、鉄軌道部
         門における費用の減少もあり、ホテル部門での改装に伴う客室の一部売り止めや費用の増加を吸収し、前期に
         比較して4.9%増の677億79百万円となりました。
          運輸業では、鉄軌道部門において、昨年6月の大阪北部地震や、7月から9月にかけて相次いで上陸した台
         風など自然災害の影響が大きく、一昨年10月の台風接近の反動増はあったものの、運輸業全体の営業収益は、
         前年に比較して0.6%減の2,267億54百万円となりました。営業利益は、鉄軌道部門における退職給付費用、修
         繕費や動力費等が減少したこともあり、前期に比較して12.8%増の329億43百万円となりました。
          不動産業では、不動産販売部門で、都市部を中心にマンション販売戸数が増加したほか、不動産賃貸部門
         で、主要賃貸物件が堅調を維持し賃貸料が増加したことに加え、保有資産の売却もありましたため、不動産業
         全体の営業収益は、前期に比較して9.8%増の1,642億45百万円となり、営業利益は、前期に比較して14.7%増
         の186億98百万円となりました。
          流通業では、ストア・飲食部門でのコンビニエンスストアやスーパーマーケットの店舗の閉鎖や改装に伴う
         休業により、流通業全体の営業収益は、前期に比較して0.5%減の3,936億70百万円となりましたが、営業利益
         は、百貨店部門で、インバウンドに訴求力のあるショップの拡充や特選ブランドの低層階への集積等の施策に
         より「あべのハルカス近鉄本店」が堅調に推移しましたため、前期に比較して9.9%増の77億83百万円となりま
         した。
          ホテル・レジャー業では、ホテル部門で、昨年1月に「沖縄都ホテル」を売却したほか、「ウェスティン都
         ホテル京都」の大規模リニューアル工事による客室の一部売り止め等により減収となりましたが、旅行部門
         で、海外旅行の販売が好調に推移しましたため、ホテル・レジャー業全体の営業収益は、前期に比較して0.7%
         増の4,818億18百万円となりました。営業利益は、ホテル部門での減収や改装費用等の増加に加え、旅行部門で
         の商品販売の競争激化により個人旅行部門の利益率が低下したこともあり、前期に比較して35.8%減の61億85
         百万円となりました。
        b.経常利益
          当連結会計年度における経常利益は、営業外収益で、持分法による投資利益が増加したほか、営業外費用
         で、借入金・社債の削減や金利の低下により支払利息が減少しましたため、前期に比較して9.5%増の671億29
         百万円となりました。
        c.親会社株主に帰属する当期純利益
          当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は、特別損失で固定資産除却損の計上額が増加し
         ましたが、子会社の事業再編に伴い税負担が減少したこと等もあり、前期に比較して21.4%増の359億62百万円
         となりました。
                                  18/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        (経営判断のために採用している経営指標とその達成状況及びその理由)
         当社は、平成27年度から平成30年度までの4か年を計画期間とする「近鉄グループ経営計画(2015~2018年
        度)」に基づき、財務健全性を確保しながら、グループの業績向上を図ってまいりました。
         本経営計画において、当社グループとしては、「営業利益」、「経常利益」、「有利子負債/EBITDA倍
        率」、「ROE」、「D/Eレシオ」を重要な指標として位置付けております。
         計画期間の最終年度となる当連結会計年度は、度重なる自然災害の影響はあったものの、経営計画の重点テー
        マである「あべのハルカス」の収益基盤強化、インバウンド・観光による収益増大、不動産事業の強化の取り組
        みを着実に推進し、すべての経営指標目標を達成いたしました。
                                                 経営指標目標

                                当連結会計年度実績
                                                (平成31年3月期)
                                (平成31年3月期)
         営業利益                               677億円                600億円
         経常利益                               671億円                550億円

         有利子負債/EBITDA倍率                                8.8倍               9倍程度

                                         9.6%
         自己資本利益率(ROE)                                                8%台
         D/Eレシオ                                2.8倍               3倍未満

         なお、令和元年度よりスタートする5ヶ年の中期計画における連結経営指標につきましては、「1.経営方

        針、経営環境及び対処すべき課題等 (3)目標とする経営指標」に記載しております。
        ③  資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         当社グループでは、令和5年度を最終年度とする「中期計画(2019~2023年度)」において、「成長への礎づ
        くり」を基本方針とし、収益力と財務基盤のさらなる強化に取り組むこととしております。グループの持続的な
        成長のために必要な投資をその効果を見極めて厳選して行うとともに、原則としてグループ各社の事業活動に必
        要な資金を当社が一元的に調達することで、資金調達の安定と最適な財務バランスの実現を図ってまいります。
        また、将来を見据えて、万博・IR関連事業等の新3大プロジェクトを推進するため、今回新たに戦略投資枠を
        設定いたしましたが、これは各事業が生み出すキャッシュ・フロー等を財源といたします。
         資金需要の主なものは、各事業の運転資金、販売用不動産など棚卸資産の取得に加え、既存設備の維持更新、
        安全関連投資、鉄道車両の新造、不動産賃貸物件の取得及び所有不動産の建替や改装といった設備投資に関する
        ものであります。
         これらの資金需要に対応すべく、短期資金については、各事業が生み出す営業キャッシュ・フローに加え、当
        座貸越やコミットメントラインなどによる金融機関からの借入れ、コマーシャル・ペーパーの発行などにより資
        金の流動性を確保しております。また、長期資金については、金融機関からの借入れ、シンジケート・ローンの
        組成、社債の発行及びリースなどの多様な選択肢の中から最適な調達手法を採用しております。さらに、返済年
        限の長期化を図り、固定金利で調達することで金利上昇リスクに対応するとともに、年度別返済額を平準化する
        ことで将来の借り換えリスクの低減にも努めております。
      4【経営上の重要な契約等】

       特記すべき事項はありません。
      5【研究開発活動】

       特記すべき事項はありません。
                                  19/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資金額は、運輸においては運転保安度向上及びサービス改善など279億円、不動産におい
       ては賃貸ビル取得など349億円、流通においては百貨店各店における売場改装工事など77億円、ホテル・レジャーに
       おいてはホテルの客室改装、旅行業関連システム構築など60億円、その他においては光ケーブル敷設など12億円で、
       調整額又は全社を加減した全体の投資金額(無形固定資産を含む。)は782億円となりました。
         セグメント内訳
                                           当連結会計年度
               セグメントの名称               単位
                                  (平成30年4月~平成31年3月)
                                                    前期比(%)
                                            27,970             12.5

          運輸                    百万円
                                            34,927            124.1

          不動産                    百万円
                                             7,739            28.2

          流通                    百万円
                                             6,004             8.6

          ホテル・レジャー                    百万円
                                             1,254           △22.2

          その他                    百万円
                                              333          △22.0

          調整額又は全社                    百万円
                  計           百万円               78,229             44.7

                                  20/151














                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      2【主要な設備の状況】
        当社グループの当連結会計年度末現在におけるセグメントごとの設備の概要、帳簿価額並びに従業員数は次のとお
       りであります。
       (1)セグメント内訳

                             帳簿価額(百万円)
                                                       従業員数
      セグメントの
              建物及び       機械装置
        名称
                                                        (人)
                             土地     リース資産        その他       合計
               構築物      及び運搬具
                               [219]
                                                         [1,392]
                             430,563
      運輸         335,388       34,579              12,075       2,636      815,243
                                                         13,815
                             (22,544)
                               [214]
                                                         [2,507]
                             241,505
      不動産         194,295        1,077              5,288        574     442,741
                                                         3,011
                             (16,248)
                               [46]
                                                         [6,078]
                              28,242
      流通         57,115        561             1,034       2,888       89,842
                                                         3,781
                               (938)
                               [62]
                                                         [3,909]
      ホテル・
                              2,923
                23,450        450              71     3,664       30,560
      レジャー                                                   9,319
                               (104)
                                [3]
                                                          [82]
                               152       998
      その他          7,058       1,290                      213      9,713
                                                          449
                                (1)
                              2,055                            [ - ]

      調整額又は
               △3,655          0             14     1,882        296
                               (49)                           131
      全社
                               [544]

                                                        [13,968]
                             705,444
         計       613,652       37,960              19,482       11,859      1,388,398
                                                         30,506
                             (39,883)
      (注)1.土地の( )内は面積(千㎡)であり、[ ]内は連結会社以外から賃借中の面積(千㎡)で外数でありま
           す。
         2.従業員数の[ ]内は外数で、臨時従業員数であります。
         3.リース契約(固定資産に計上されているものを除く。)による主な賃借設備は次のとおりであります。
            国内子会社
             会社名       セグメントの名称          物件名      数量    リース期間      年間リース料       リース契約残高
           近畿日本鉄道㈱            運輸      鉄道車両      34両     13年間       367百万円        510百万円

                             都シティ
           近鉄不動産㈱           不動産       東京高輪      996㎡     30年間       218百万円       6,493百万円
                              土地
                                  21/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (2)運輸
       Ⅰ.鉄軌道事業
         国内子会社
         ① 線路及び電路施設
                                      営業キロ程(㎞)
                                                    駅数    変電所数
      会社名    区分     線名          区間
                                                   (か所)     (か所)
                                   単線    複線    複々線     計
              難波線       大阪上本町-大阪難波                   2.0        2.0      2
              大阪線       大阪上本町-伊勢中川                  104.8     4.1   108.9       48
              山田線       伊勢中川-宇治山田                  28.3        28.3      13
              鳥羽線       宇治山田-鳥羽                  13.2        13.2       ▶
              志摩線       鳥羽-賢島               4.3    20.2        24.5      15
              奈良線       布施-近鉄奈良                  26.7        26.7      18
              けいはんな線       長田-学研奈良登美ヶ丘                  18.8        18.8       7
              京都線       京都-大和西大寺                  34.6        34.6      25
              橿原線       大和西大寺-橿原神宮前                  23.8        23.8      13
              南大阪線       大阪阿部野橋-橿原神宮前                  39.7        39.7      28
           鉄
              吉野線       橿原神宮前-吉野              25.2            25.2      15
           軌
       近
           道
              天理線       平端-天理                   4.5        4.5      3
       畿
           線
       日
              生駒線       王寺-生駒               8.0    4.4        12.4      11
                                                          64
       本
                                                          <2>
              田原本線       西田原本-新王寺              10.1            10.1       8
       鉄
       道
              信貴線       河内山本-信貴山口               2.8            2.8      2
       ㈱
              道明寺線       道明寺-柏原               2.2            2.2      2
              御所線       尺土-近鉄御所               5.2            5.2      3
              長野線       古市-河内長野               6.8    5.7        12.5       7
              名古屋線       伊勢中川-近鉄名古屋                  78.8        78.8      43
              湯の山線       近鉄四日市-湯の山温泉              15.4            15.4       9
              鈴鹿線       伊勢若松-平田町               8.2            8.2      ▶
                計                   88.2    405.5     4.1   497.8      280
              西信貴鋼索線       信貴山口-高安山               1.3            1.3      1
           鋼
           索   生駒鋼索線       鳥居前-生駒山上               1.1    0.9        2.0      5
           線
                計                    2.4    0.9     -    3.3      6
                   合    計                90.6    406.4     4.1   501.1      286
      (注)1.けいはんな線のうち生駒・学研奈良登美ヶ丘間(営業キロ程8.6km)における線路及び電路施設(生駒起点
          0.0kmから1.2kmまでの区間を除く。)は、第3種鉄道事業者(奈良生駒高速鉄道㈱)の保有資産であります。
         2.変電所数の< >内は外数で、第3種鉄道事業者(奈良生駒高速鉄道㈱)の保有資産であります。
         ② 車両等

                          制御・付随客車
              電動客車                                     計
                                     鋼索客車
                                            貨車
        会社名
                   うち特急車            うち特急車                       うち特急車
      近畿日本鉄
              [17]            [17]                       [34]
      道㈱
              1,056両       319両      807両      140両      8両      10両     1,881両       459両
      (注)[ ]は外数で、リース契約(固定資産に計上されているものを除く。)により使用する車両であります。
                                  22/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
         ③ 検修車庫・車庫
                                          土地         建物及び構築物
       会社名         名称           所在地
                                             帳簿価額        帳簿価額
                                     面積(㎡)
                                            (百万円)        (百万円)
             五位堂検修車庫           奈良県香芝市               67,637        1,876
                                                        673
             五位堂車庫           奈良県香芝市                8,375        231
             塩浜検修車庫           三重県四日市市               29,603         795        377

             高安車庫           大阪府八尾市               80,772        6,126         384

             名張車庫           三重県名張市               15,624         302         92

             青山町車庫           三重県伊賀市               29,051          8       954

             東花園車庫           大阪府東大阪市               76,193        5,368         279

         近    東生駒車庫           奈良県生駒市               18,971         578        471

         畿
             西大寺車庫           奈良県奈良市               64,121        2,919         294
         日
         本    宮津車庫           京都府京田辺市               63,161        1,152         666
         鉄
             新田辺車庫           京都府京田辺市               19,740         427         24
         道
         ㈱    天美車庫           大阪府松原市               17,759        1,275          66
             古市車庫           大阪府羽曳野市               31,885        1,892         371

             六田車庫           奈良県吉野郡大淀町                9,077         47        11

             米野車庫           名古屋市中村区                6,859        387         85

             富吉車庫           愛知県海部郡蟹江町               57,302        1,445         313

             白塚車庫           三重県津市               27,532         763        172

             明星車庫           三重県多気郡明和町               52,784         202        242

             登美ヶ丘車庫           奈良県生駒市                 -       -        -

      (注)登美ヶ丘車庫は第2種鉄道事業にかかるものであり、第3種鉄道事業者(奈良生駒高速鉄道㈱)の保有資産であ
        ります。
                                  23/151









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       Ⅱ.バス事業
         国内子会社
                                          建物及び
                                 土地                   在籍車両数
                                           構築物
        会社名        名称      所在地
                                   帳簿価額       帳簿価額       乗合    貸切     計
                            面積(㎡)
                                   (百万円)       (百万円)       (両)    (両)    (両)
              稲田営業所       大阪府東大          91,605
      近鉄バス㈱                               2,283        756    318     73    391
              ほか       阪市ほか           [426]
              奈良営業所       奈良県大和         274,299
      奈良交通㈱                               20,069       3,066     667    130    797
              ほか       郡山市ほか         [25,224]
              周南営業所       山口県下松         104,705                    269     29    298
      防長交通㈱                               2,858        487
              ほか       市ほか          [6,633]                    [4]    [6]    [10]
      北日本観光自        金沢営業所       石川県金沢
                                                   6    37    43
                              14,390        327       101
      動車㈱        ほか       市
      (注)1.土地の[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
         2.在籍車両数の[ ]内は外数で、リース契約(固定資産に計上されているものを除く。)により使用する車
          両であります。
       Ⅲ.タクシー業

         国内子会社
                                                 建物及び
                                         土地
                                                  構築物
                                                       在籍車両数
         会社名          名称         所在地
                                                        (両)
                                           帳簿価額      帳簿価額
                                    面積(㎡)
                                          (百万円)      (百万円)
                 大阪総合営業所ほ
      近鉄タクシー㈱                                                    348
                          大阪市天王寺区ほか            12,642        173      606
                 か
                                      24,480
                                                          285
      三重近鉄タクシー㈱          津営業所ほか         三重県津市ほか                    486      217
                                       [144]
      名古屋近鉄タクシー                                8,092
                                                          248
                 黄金営業所ほか         名古屋市中村区ほか                    318      174
      ㈱                                 [453]
                                                           35
      石川近鉄タクシー㈱          本社営業所         石川県金沢市             4,525       226       19
                                                          [58]
                                      17,607
                                                          296
      奈良近鉄タクシー㈱          奈良営業所ほか         奈良県奈良市ほか                    218      671
                                      [5,543]
                                                           80

      北交大和タクシー㈱          本社営業所ほか         北九州市戸畑区ほか             3,443       140       13
      (注)1.土地の[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。

         2.在籍車両数の[ ]内は外数で、リース契約(固定資産に計上されているものを除く。)により使用する車
          両であります。
                                  24/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       Ⅳ 観光施設業ほか
         国内子会社
                                          建物及び
                                  土地
                                          構築物
      会社名        名称         所在地                            設備の内容
                                    帳簿価額      帳簿価額
                             面積(㎡)
                                   (百万円)      (百万円)
                                                葛城登山口-葛城山上間
           葛城索道線           奈良県御所市         13,495        36      53
                                                営業キロ程1.305km
                               673,072
                                       744      692
           志摩スペイン村           三重県志摩市                          テーマパーク
                              [137,204]
                                                ホテル
                               103,330
           ホテル志摩スペイン村           三重県志摩市                 125      363   客室数252室
                                                収容人員508名
                                                水族館、売店
       近
           志摩マリンランド           三重県志摩市         43,221        165      119
                                                レストラン
       畿
       日
                                                生駒登山口・生駒聖天-信
                      奈良県生駒市         495,378
       本
           生駒山自動車道                           1,491       719   貴山門間
                      ほか         [31,852]
       鉄
                                                営業キロ程20.9km
       道
                      奈良県生駒市
           生駒山上遊園地                    345,774        737      270   遊園地
       ㈱
                      ほか
                                                大阪上本町-伊勢中川間
           賃貸用光ファイバケー           大阪市天王寺
                                 -      -      64  ほか10区間
           ブル           区ほか
                                                延長 338.0km
                                                運動場、体育館、テニス
           白塚運動場           三重県津市         16,822        662       50
                                                コートほか
                                                運動場、体育館、テニス
           西大寺運動場           奈良県奈良市         19,401       1,269        93
                                                コートほか
      (注)[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
                                  25/151











                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (3)不動産
         国内子会社
         ① 賃貸ビル等
                                土地         建物及び構築物

      会社名        名称        所在地                              設備の内容
                                  帳簿価額      延床面積      帳簿価額
                             面積
                             (㎡)
                                 (百万円)       (㎡)     (百万円)
                                                   百貨店、ホテル、オ
           阿部野橋ターミナルビ           大阪市阿倍                             フィス、展望台、美
                                -      -   304,706      78,454
           ル(あべのハルカス)           野区                             術館
                                                   地下5階地上60階建
                              4,087                     貸事務所、貸店舗
           近鉄堂島ビル           大阪市北区              8,776     33,912      2,866
                               [309]                    地下2階地上21階建
                                                   貸事務所、貸店舗
                      大阪市浪速
           近鉄新難波ビル                    2,357      1,890     25,069      3,712    地下1階地上20階塔
                      区
                                                   屋1階建
                      大阪市中央        2,137           26,273          貸事務所、貸店舗
           御堂筋グランドビル                         8,831           2,186
                      区         [299]          (1,553)          地下1階地上15階建
                      大阪市中央                             貸事務所、貸店舗
           近鉄難波ビル                    1,427      4,850     14,315      1,596
                      区                             地下2階地上9階建
                      東京都中央                             貸事務所、貸店舗
           京橋スクエア                     498     7,866      5,884      1,795
                      区                             地下1階地上13階建
                                                   貸事務所、貸店舗
                               499
           近鉄銀座中央通りビル           東京都港区              7,024      4,123      1,473
                                                   地下1階地上9階建
                      滋賀県草津                             百貨店
       近
                              8,208
           草津百貨店                         7,110     49,031      1,454
                      市                             地下1階地上8階建
       鉄
                                                   百貨店
       不
                      三重県四日
           四日市近鉄ビル                    5,916      2,736     42,634      3,241    地下1階地上11階塔
       動
                      市市
                                                   屋2階建
       産
                                                   百貨店、食堂、貸事
       ㈱
                      名古屋市中                             務所
           名古屋近鉄ビル                     -      -    20,126       991
                      村区                             地下3階地上10階塔
                                                   屋3階建
                      奈良県奈良                             貸店舗
           パラディ学園前Ⅰ
                      市                             地下1階地上4階建
                              6,874      4,253     29,424      2,917
                      奈良県奈良                             貸店舗
           パラディ学園前Ⅱ
                      市                             地下2階地上6階建
                                                   貸店舗、スポーツジ
           藤井寺駅前商業ビル
                      大阪府藤井
                              5,652      2,216     16,632       873   ム
           (ソリヤ)
                      寺市
                                                   地上6階建
                      三重県四日                             専門店、貸事務所
           四日市駅前店舗ビル                    3,521      1,669     14,129       517
                      市市                             地下1階地上5階建
           学研奈良登美ヶ丘駅南
                                                   貸店舗、スポーツジ
                             20,891
                      奈良県奈良
           商業施設
                                    2,700     10,984       989   ム
                      市・生駒市        [1,177]
           (リコラス登美ヶ丘)
                                                   地上5階建ほか3棟
           上本町駅南複合ビル
                                                   劇場、貸店舗、貸事
                      大阪市天王
           (上本町YUFUR
                              5,201      2,706     38,104      7,068    務所
                      寺区
           A)
                                                   地下1階地上13階建
      (注)1.[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
         2.( )内は内数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
                                  26/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
         ② ホテル
                                   建物及び
                             土地                   設備の内容
                                    構築物
      会社名       名称       所在地
                                              客室収容      宴会     宴会場
                          面積    帳簿価額     帳簿価額      客室数
                                               人員     場数    収容人員
                         (㎡)     (百万円)     (百万円)      (室)
                                              (人)     (室)     (人)
           シェラトン都ホテ         東京都港
                          21,364      8,274     2,322      484     970      9   1,086
           ル東京         区
           都シティ     東京高    東京都港        -
                                 -    4,964      199     398      -     -
                           [996]
                    区
           輪
           都ホテル     岐阜長             -
                    岐阜県岐
                                 -    1,828      192     367      12    1,210
                          [8,276]
                    阜市
           良川
           志摩観光ホテル         三重県志
                                           114     228      2    272
           ザ クラシック         摩市
                         120,451      1,012     4,719
           志摩観光ホテル         三重県志
                                           50     100      3     68
           ザ ベイスイート         摩市
           都リゾート      奥志
                    三重県志
                         120,588
           摩  アクアフォレ                     13     191     127     352      3    256
                    摩市
           スト
           都リゾート      志摩   三重県志
                          30,593
                                 137     966     108     395      1     50
       近
                    摩市
           ベイサイドテラス
       鉄
                    三重県志
           賢島宝生苑               119,671      2,380     4,462      221     869      14    1,353
       不
                    摩市
       動
           ウェスティン都ホ         京都市東
       産
                          52,751
                                4,659     5,322      499    1,018       17    2,345
           テル京都         山区
       ㈱
           都ホテル     京都八
                    京都市南
                          12,365      9,004     5,286      988    1,964       8    600
                    区
           条
           都シティ     近鉄京             -
                    京都市下
                                 -    2,901      368     799      -     -
                           [248]
                    京区
           都駅
           シェラトン都ホテ         大阪市天
                          3,703     4,182     6,056      578    1,152       27    1,740
           ル大阪         王寺区
           大阪マリオット都         大阪市阿
                            -     -    5,309      360     720      7    150
           ホテル         倍野区
                           856
           都シティ     大阪天
                    大阪市阿
                                1,284     1,297      200     433      6    590
                    倍野区      [1,816]
           王寺
           ホテル近鉄ユニ         大阪市此       2,357
                                2,320     6,292      456    1,510       2    160
           バーサル・シティ         花区      [2,358]
                            -
                    兵庫県尼
           都ホテル     尼崎
                                 -     968     185     332      14     849
                          [9,581]
                    崎市
      (注)1.[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
         2.賢島宝生苑を除くホテル資産は㈱近鉄・都ホテルズへ賃貸しており、同社が営業を行っております。
         3.賢島宝生苑は近鉄レジャーサービス㈱へ賃貸しており、同社が営業を行っております。
         4.都シティ       東京高輪の建物及び構築物はリース契約により賃借しております。
         5.平成31年4月1日よりホテルの名称を変更しております。変更内容は以下のとおりであります。
                      新                    旧
                 都ホテル     岐阜長良川
                                        岐阜都ホテル
              都リゾート      奥志摩    アクアフォレスト
                                   ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩
              都リゾート      志摩   ベイサイドテラス
                                      プライムリゾート賢島
                  都ホテル     京都八条
                                        新・都ホテル
                  都シティ     近鉄京都駅
                                       ホテル近鉄京都駅
                  都シティ     大阪天王寺
                                       天王寺都ホテル
                   都ホテル     尼崎
                                    都ホテルニューアルカイック
                                  27/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
         ③ その他
                                              建物及び
                                     土地
                                              構築物
         会社名         名称        所在地                           設備の内容
                                       帳簿価額
                                              帳簿価額
                                面積(㎡)
                                             (百万円)
                                       (百万円)
                                                    近鉄伊賀ゆめが丘
                                                    ソーラー発電所ほ
               メガソーラー発電         三重県伊賀市
                                  452,729        8,249        13  か4か所
               所         ほか
                                                    発電容量
                                                    約25,500kW
               花吉野カンツリー         奈良県吉野郡         1,345,069                   ゴルフ場
                                           745       215
               倶楽部         大淀町          [85,697]                  18ホール7,018Y
               近鉄賢島カンツ                                     ゴルフ場
      近鉄不動産㈱
                        三重県志摩市          944,369         644       187
               リークラブ                                     18ホール6,959Y
               近鉄浜島カンツ                   611,917                  ゴルフ場
                        三重県志摩市                  688       146
               リークラブ                   [62,205]                  18ホール6,824Y
                                  425,255
                                                    ゴルフ場
               伊賀ゴルフコース         三重県伊賀市                  873       123
                                                    18ホール6,245Y
                                   [5,669]
               桔梗が丘ゴルフ                                     ゴルフ場
                        三重県名張市          404,934         984       132
               コース                                     18ホール6,560Y
      (注)[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
       (4)流通

         国内子会社
                                             建物及び
                                     土地
                                             構築物
        会社名         名称        所在地                           設備の内容
                                       帳簿価額      帳簿価額
                                面積(㎡)
                                      (百万円)      (百万円)
               あべのハルカス
                                                   営業面積114,782㎡
                       大阪市阿倍野区            9,058      5,807      18,983
               近鉄本店
                                                   営業面積     34,192㎡
               上本町店        大阪市天王寺区            8,690      9,885      4,541
                                                   営業面積     30,289㎡

               奈良店        奈良県奈良市             -      -     2,703
                                    -
                                                   営業面積     23,223㎡
               橿原店        奈良県橿原市                   -     3,193
      ㈱近鉄百貨店
                                  [5,414]
                                                   営業面積     18,000㎡
               生駒店        奈良県生駒市            3,291      1,381      2,445
                                                   営業面積     23,000㎡

               草津店        滋賀県草津市             -      -     1,120
                                                   営業面積     33,898㎡

               四日市店        三重県四日市市             -      -     4,513
                                                   営業面積 8,959㎡

               名古屋店        名古屋市中村区             -      -      721
               コンビニエンス        大阪市天王寺区
                                                   駅構内等店舗(95店)
                                    -      -     1,026
               ストア        ほか
                       大阪市天王寺区
                                                   駅構内物販等店舗
               リテール店舗                     -      -     1,755
      ㈱近鉄リテーリ
                                                   (167店)
                       ほか
      ング
               レストラン・        大阪市天王寺区
                                                   飲食店舗(107店)
                                    -      -      845
               フード店舗        ほか
                                                   浜名湖サービスエリ
                                   2,428
               サービスエリア        浜松市北区ほか                   35      491
                                                   アほか7か所
                       大阪府松原市ほ            6,998
                                                   店舗(37店)
      ㈱近商ストア        松原店ほか                           791     6,854
                                                   営業面積     52,168㎡
                       か           [24,720]
      (注)[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
                                  28/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (5)ホテル・レジャー
       Ⅰ.ホテル業
         国内子会社
                                    建物及び
                              土地                  設備の内容
                                     構築物
       会社名        名称      所在地
                                              客室収容      宴会    宴会場
                           面積    帳簿価額     帳簿価額     客室数
                                               人員     場数    収容人員
                           (㎡)    (百万円)     (百万円)     (室)
                                               (人)     (室)     (人)
             都ホテル     四日
      ㈱近鉄・都               三重県四
                             -     -    227     118     181      7    864
      ホテルズ               日市市
             市
       (注)都ホテル        四日市は平成31年4月1日より四日市都ホテルから名称を変更しております。
         海外子会社

                                    建物及び
                              土地                  設備の内容
                                     構築物
       会社名        名称      所在地
                                              客室収容      宴会    宴会場
                           面積    帳簿価額     帳簿価額     客室数
                                               人員     場数    収容人員
                           (㎡)    (百万円)     (百万円)     (室)
                                               (人)     (室)     (人)
                     米国カリ
             都ホテルロサン
                     フォルニ      1,356      55    809     174     348      1    120
             ゼルス
      KINTETSU
                     ア州
      ENTERPRISES
             都ハイブリッド
      CO.  OF
                     米国カリ
             ホテルトーラン
      AMERICA               フォルニ      21,097     1,015     3,988      208     416      1    200
             ス・カリフォル
                     ア州
             ニア
       Ⅱ.旅行業

         国内子会社
                                              建物及び
                                     土地
                                              構築物
         会社名         名称       所在地                            設備の内容
                                       帳簿価額       帳簿価額
                                面積(㎡)
                                      (百万円)       (百万円)
                       東京都新宿区
      クラブツーリズム㈱
                 事務所設備                   -       -      140   事務所設備ほか
                       ほか
      ㈱近畿日本ツーリス                 東京都新宿区                            事務所設備、

                 事務所設備                   -       -       72
      ト首都圏                 ほか                            営業店舗ほか
                                  29/151









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       Ⅲ.その他のホテル・レジャー業
         国内子会社
                                            建物及び
                                   土地
                                            構築物
        会社名         名称       所在地                            設備の内容
                                     帳簿価額      帳簿価額
                              面積(㎡)
                                     (百万円)      (百万円)
                                                 シネマコンプレックス
              あべのアポロシ
                       大阪市阿倍
                                              163   9スクリーン
                                     アポロビル
                              アポロビル
                       野区
              ネマ
                                                 定員1,859人
                                 2,561        959
                       大阪市阿倍
      ㈱きんえい                        あべのルシ
                                     あべのルシ
              アポロビル                               2,675
                       野区
                              アス
                                     アス
                                                 賃貸ビルほか
                                  402
                                         52
                       大阪市阿倍
              あべのルシアス                                 24
                       野区
                                  -
              海遊館         大阪市港区                  -    7,275    水族館、貸店舗ほか
                                [54,833]
      ㈱海遊館
                                  -
              NIFREL         大阪府吹田
                                         -    2,260    ミュージアムほか
                                [3,966]
              (ニフレル)         市
       (注)[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
       (6)その他

         国内子会社
                                              建物及び
                                     土地
                                              構築物
         会社名         名称        所在地                           設備の内容
                                       帳簿価額
                                              帳簿価額
                                面積(㎡)
                                             (百万円)
                                       (百万円)
      近鉄ケーブル         ケーブルテレビ         奈良県生駒市            326
                                           65     6,949    伝送路設備ほか
      ネットワーク㈱         ジョン放送設備         ほか          [3,446]
       (注)[ ]内は外数で、連結会社以外から賃借中のものであります。
       (7)全社

         提出会社
                                        建物及び
                               土地
                                        構築物
          名称         所在地                               設備の内容
                                 帳簿価額       帳簿価額
                          面積(㎡)
                                 (百万円)
                                       (百万円)
                                              収蔵品
      大和文華館           奈良県奈良市           38,870       2,447        683   国宝、重要文化財を含む絵画、
                                              彫刻及び陶磁器その他
      松伯美術館           奈良県奈良市            6,611       1,146        499   展示品4室、収蔵庫ほか

      本社事務所           大阪市天王寺区            3,142       1,335       2,669    地下1階地上8階建

                                  30/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
       (1)重要な設備の新設等
         国内子会社
           セグメント                     予算額      既支出額      資金調達      工事着手      完成予定
      会社名               工事件名
            の名称                   (百万円)      (百万円)       方法     (年月)      (年月)
                 奈良線八戸ノ里・瓢箪山間連
                                 54,740      52,950    (注2)      平成15.1      令和2.3
                 続立体交差化工事(注1)
     近畿日本鉄
             運輸    特急用車両72両新造工事                18,379        107   (注3)      平成28.1      令和3.2
     道㈱
                 名古屋線川原町駅付近連続立
                                 15,640      13,638    (注2)     平成19.10       令和2.3
                 体交差化等工事(注1)
                 近鉄博多ビル建設工事                11,769       8,900    (注2)     平成29.10       令和1.8

     近鉄不動産
            不動産
     ㈱
                 ウェスティン都ホテル京都耐
                                 19,800        364   (注2)      平成30.6      令和2.4
                 震改修及びリニューアル工事
     ㈱近鉄・都      ホテル・レ
     ホテル       ジャー
      (注)1.奈良線八戸ノ里・瓢箪山間連続立体交差化工事及び名古屋線川原町駅付近連続立体交差化等工事における予
          算額は、都市側負担額を含む当社受託施工額であります。
         2.借入金及び自己資金(工事負担金等受入額を含む。)による予定であります。
         3.ファイナンス・リースによる予定であります。
       (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                  31/151












                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)
                 普通株式                          500,000,000

                   計                         500,000,000

        ②【発行済株式】

                 事業年度末現在              提出日現在
                                         上場金融商品取引所名
                 発行数(株)             発行数(株)
        種類                                 又は登録認可金融商品              内容
                                           取引業協会名
               (平成31年3月31日)             (令和元年6月14日)
                                           東京証券取引所
                                                     1単元株式数
                 190,662,061             190,662,061
       普通株式
                                           (市場第一部)
                                                       100株
                 190,662,061             190,662,061               -          -
         計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
                                  32/151










                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                  発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (百万円)       (百万円)
                   (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
      平成29年10月1日           △1,715,958         190,662          -     126,476          -     59,014

      (注)   当社は、平成29年10月1日付で、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施したため、発行済株式総数は

        1,715,958千株減少しております。
      (5)【所有者別状況】

                                                  (平成31年3月31日現在)
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
                                                       株式の状況
        区分                             外国法人等
              政府及び
                        金融商品     その他の
                                                        (株)
              地方公共     金融機関                         個人その他       計
                        取引業者      法人
               団体
                                   個人以外      個人
     株主数(人)                                                    -
                 46     85     30     970     504      44  173,712     175,391
     所有株式数
                285   619,109      22,879     134,162     324,697       101   793,430    1,894,663      1,195,761
     (単元)
     所有株式数の割合
                                                         -
                0.0     32.7      1.2     7.1     17.1      0.0    41.9     100.0
     (%)
      (注)1.「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、それぞれ5                                                     単元
          及び99株含まれております。
         2.「個人その他」及び「単元未満株式の状況」の欄には、自己株式が、それぞれ1,713単元及び21株含まれて
          おります。
                                  33/151












                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                (平成31年3月31日現在)
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                               11,774           6.2
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     ㈱(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                7,618           4.0
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口)
     日本生命保険(相)                                          4,198           2.2
                     東京都千代田区丸の内1丁目6番6号
     日本トラスティ・サービス信託
                                                3,714           1.9
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口5)
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA
     - TREATY    505234           02171,U.S.A.                          3,471           1.8
     (常任代理人 ㈱みずほ銀行)                (東京都港区港南2丁目15番1号)
                                                3,000           1.6
     ㈱三菱UFJ銀行                東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                     25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385151
                     E14  5JP,   UNITED    KINGDOM                  2,802           1.5
     (常任代理人      ㈱みずほ銀行)
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                2,617           1.4
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口7)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                2,474           1.3
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口1)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                2,287           1.2
                     東京都中央区晴海1丁目8番11号
     銀行㈱(信託口2)
                               -                 43,959           23.1
            計
      (注)ブラックロック・ジャパン㈱及びその共同保有者から平成28年1月21日付で公衆の縦覧に供された大量保有報告
        書において、平成28年1月15日現在で以下の株式を保有している旨が記載されておりますが、当社として平成31年
        3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況は、株主名簿上の所有株式数に
        基づき記載しております。
         なお、大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                          保有株券等の数         株券等保有の割合
          氏名又は名称                    住所
                                            (千株)          (%)
     ブラックロック・ジャパン㈱                東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                          28,641           1.50
     ブラックロック・ライフ・リミ                英国 ロンドン市 スログモートン・ア
                                                4,551          0.24
     テッド                ベニュー 12
                     アイルランド共和国 ダブリン イン
     ブラックロック・アセット・マ
                     ターナショナル・ファイナンシャル・
     ネジメント・アイルランド・リ                                          8,313          0.44
                     サービス・センター JPモルガン・ハ
     ミテッド
                     ウス
     ブラックロック・ファンド・ア                米国 カリフォルニア州 サンフランシ
                                               23,780           1.25
     ドバイザーズ                スコ市 ハワード・ストリート 400
     ブラックロック・インスティ
                     米国 カリフォルニア州 サンフランシ
     テューショナル・トラスト・カ                                          27,253           1.43
                     スコ市 ハワード・ストリート 400
     ンパニー、エヌ.エイ.
     ブラックロック・インベストメ
                     英国 ロンドン市 スログモートン・ア
     ント・マネジメント(ユー                                          3,200          0.17
                     ベニュー 12
     ケー)リミテッド
                               -
            計                                   95,739           5.02
     (注)当社は、平成29年10月1日付で、普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しましたが、上記の保有株券等
       の数は、株式併合前の株式数で記載しております。
                                  34/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                 (平成31年3月31日現在)
                            株式数(株)            議決権の数(個)
             区分                                         内容
                              -             -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                         -             -            -
     議決権制限株式(その他)                         -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式       2,169,200           -            -

     完全議決権株式(その他)                          187,297,100             1,872,971           -

                         普通株式
                                1,195,761           -            -
     単元未満株式                   普通株式
                               190,662,061            -            -
     発行済株式総数
                              -              1,872,971           -
     総株主の議決権
      (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」の欄の普通株式は、当社所有の自己株式171,300株及び相互保有株式
          1,997,900株であります。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が、500株含まれており
          ます。また、「議決権の数」欄に、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (平成31年3月31日現在)
                                                      発行済株式
                                   自己名義      他人名義      所有株式数      総数に対する
       所有者の氏名
                                   所有株式数      所有株式数       の合計      所有株式数
                      所有者の住所
        又は名称
                                    (株)      (株)      (株)       の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)

     近鉄グループホール
                                    171,300         -    171,300          0.1
                大阪市天王寺区上本町6丁目1番55号
     ディングス㈱
     (相互保有株式)
     三重交通㈱                              1,343,800       500,000     1,843,800           1.0

                三重県津市中央1番1号
     三交興業㈱                               154,100         -    154,100          0.1
                三重県亀山市関町萩原39番地
                        -           1,669,200       500,000     2,169,200           1.1

          計
      (注)三重交通       ㈱ の他人名義所有株式500,000株は、同社が退職給付信託(日本トラスティ・サービス信託銀行                                           ㈱ 〔東
        京都中央区晴海1丁目8番11号〕(三井住友信託銀行㈱再信託分・三重交通                                   ㈱ 退職給付信託口)名義分250,000株
        及び日本マスタートラスト信託銀行                 ㈱ 〔東京都港区浜松町2丁目11番3号〕(退職給付信託口・三重交通                               ㈱ 口)
        名義分250,000株)に拠出したものであります。
                                  35/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第7号に基づく普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                   区分                 株式数(株)             価額の総額(円)
        当事業年度における取得自己株式                                15,584            70,802,035
        当期間における取得自己株式                                  712           3,518,670

       (注)当期間における取得自己株式には、令和元年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
         買取りによる株式数は含めておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                当期間
                 区分
                               株式数      処分価額の総額          株式数      処分価額の総額
                               (株)        (円)        (株)        (円)
                                   -        -       -        -

        引き受ける者の募集を行った取得自己株式
                                   -        -       -        -

        消却の処分を行った取得自己株式
        合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                   -        -       -        -
        行った取得自己株式
        その他
                                  606     2,677,690           0        0
        (会社法第194条第1項による売渡し)
        保有自己株式数                        171,321           -    172,033           -
       (注)当期間における「その他(会社法第194条第1項による売渡し)」及び「保有自己株式数」には、令和元年5
         月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り及び売渡しによる株式数は含めておりませ
         ん。
      3【配当政策】

         当社は、利益配分につきましては、経営基盤と財務体質の強化に努めながら安定的な配当を行うことを基本方針
        としております。
         また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当(基準日は9月30日とする。)をすることができる旨を
        定款に定めております。
         剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
         当事業年度においては、上記方針に基づき期末配当として1株当たり50円の配当を実施することとしました。
         内部留保資金については、令和元年5月14日に公表いたしました新「近鉄グループ経営計画」に基づき、事業基
        盤の拡充、収益力の拡大のための資金需要に備えるとともに、財務基盤のさらなる強化に充てる所存であります。
         なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                         配当金の総額            1株当たり配当額
            決議年月日
                          (百万円)               (円)
         令和元年6月13日
                               9,524             50.00
         定時株主総会決議
                                  36/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       (Ⅰ)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、『「いつも」を支え、「いつも以上」を創ります。』を経営理念として、誠実な企業行動に
         より暮らしの安全を支え、果敢な挑戦により新たな価値を創出するとともに、多様な人々との協働により社会に
         貢献することを目指しております。これらの活動を通じて株主、顧客、取引先、地域社会、従業員など多様な利
         害関係者との信頼関係を維持・強化していくために、コーポレート・ガバナンスの充実を図り、経営の健全性の
         向上に努めております。
       (Ⅱ)   会社の機関の内容

         ① 取締役会
           当社の取締役は14名でありますが、このうち4名は当社と特別の利害関係のない社外取締役、3名は主要な
          事業子会社の社長である非常勤取締役、7名は常勤取締役となっており、当社グループの事業規模・事業内容
          を勘案すると、バランスの取れた取締役会であると考えております。また、取締役任期の1年への短縮、取締
          役及び監査役に対する退職慰労金制度の廃止、執行役員制度の導入、常勤取締役及び執行役員についての業績
          連動報酬制度及び株式報酬制度の導入などの諸施策を実施し、経営責任の明確化と経営の効率化に努めており
          ます。取締役会は、原則として毎月1回開催し、重要な業務執行を決定するとともに、内部統制の整備・運用
          状況を含む業務執行状況の報告を定期的に受け、業務執行取締役及び執行役員による業務執行を監督しており
          ます。
          (構成員の氏名)
           取締役会長      小林哲也〈議長〉、取締役社長               吉田昌功、取締役専務執行役員               安本幸泰、同       森島和洋、同
           白川正彰、取締役常務執行役員               村井弘幸、同       若井敬、取締役        中山勉、同      倉橋孝壽、同       都司尚、取締役
           (社外)     岡本圀衞、同       上田豪、同      村田隆一、同       柳正憲、監査役(常勤)            三輪隆、同      田淵裕久、監査役
           (社外)     前田雅弘、同       植野康夫、同       鈴木一水
         ② 監査役会
           当社の監査役は5名でありますが、このうち3名が社外監査役であり、監査の厳正、充実を図っておりま
          す。監査役会は、原則として毎月1回開催し、監査の基本方針等を決定するとともに、各監査役が実施した日
          常監査の結果を報告し、監査役間で意見の交換等を行っております。
          (構成員の氏名)
           監査役(常勤)        三輪隆〈議長〉、同          田淵裕久、監査役(社外)             前田雅弘、同       植野康夫、同       鈴木一水
         ③ 人事・報酬諮問委員会
           取締役会の諮問機関として、取締役の人事・報酬等について審議を行い、取締役会の決議に資することを目
          的に、独立社外取締役が過半数を占める人事・報酬諮問委員会を設けており、毎年1回以上開催することとし
          ております。
          (構成員の氏名)
           取締役会長      小林哲也〈議長〉、取締役社長               吉田昌功、取締役(社外)             岡本圀衞、同       上田豪、同      村田隆
           一、同    柳正憲
         ④ その他の機関
           業務執行取締役及び執行役員並びに主要グループ会社の社長間の情報の共有と効率的な意思決定を図るた
          め、経営会議、常務役員会、グループ戦略会議等の会議体を常設しております。また、「グループ経営管理規
          程」を定め、グループ各社におけるリスクを含む重要な案件について情報を収集するほか、グループ横断的な
          メンバーで構成する各種プロジェクトチーム等を組成し、個別の経営課題について随時検討しております。
         a.経営会議
           当社及びグループ会社の経営又は事業に重大な影響を与える事項を審議する会議体であります。
          (構成員の氏名)
           取締役会長      小林哲也〈議長〉、取締役社長               吉田昌功、取締役専務執行役員               白川正彰、取締役常務執行役
           員  若井敬、監査役(常勤)            三輪隆
         b.常務役員会
           当社及び子会社の重要事項を審議する会議体であります。
          (構成員の氏名)
           取締役社長      吉田昌功〈議長〉、取締役会長               小林哲也、取締役専務執行役員               安本幸泰、同       森島和洋、同
           白川正彰、取締役常務執行役員               村井弘幸、同       若井敬、監査役(常勤)            三輪隆、同      田淵裕久、執行役員
           林信、同     原史郎、同      南浦彰
         c.グループ戦略会議
           当社及びグループ各社の経営情報を共有するとともに、長期計画及び経営課題について討議する会議体であ
          ります。
          (構成員の氏名)
           取締役会長      小林哲也〈議長〉、取締役社長               吉田昌功、取締役専務執行役員               安本幸泰、同       森島和洋、同
           白川正彰、取締役常務執行役員               村井弘幸、同       若井敬、監査役(常勤)            三輪隆、同      田淵裕久、執行役員
           林信、同     原史郎、同      南浦彰
           (注)上記のほか、主要グループ会社の社長が出席しております。
                                  37/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
          現状のガバナンス体制は、経営に対する監督及び監視のための機能と効率化のための制度を併せ持ち、経営の
         意思決定、業務執行の妥当性及び適正性を確保するために有効であると考えているため、これを採用しているも
         のであります。
          なお、会社法第427条第1項並びに定款第28条及び第35条の規定により、社外取締役及び社外監査役の全員と
         の間で同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額
         は、法令が定める額としております。
       (Ⅲ)内部統制システム(リスク管理体制を含む。)の整備の状況

          当社取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他当社の業務並びに当社及
         び子会社から成る企業集団の業務の適正を確保するために必要な体制の整備について取締役会で決定しており、
         この決定に基づいて内部統制システム(リスク管理体制を含む。)の整備に努めております。決定内容の概要
         は、次のとおりでありますが、これについては必要が生じる都度、見直しを実施することとしております。
         ① 当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           役員及び使用人の行動の拠り所となる「企業行動規範」において、法令・企業倫理の遵守が経営の根幹であ
          るとの信念を明示するとともに、具体的指標となる「法令倫理指針」を制定し、これを周知させるための措置
          をとる。
           また、「CSR委員会」を設置し、法令及び企業倫理に則った企業行動を推進するとともに、各部署に法令
          倫理責任者及び法令倫理担当者を置くほか、計画的に社内研修等を実施する。さらに、法令・企業倫理や社内
          規程に反する行為が発生した場合に、これを早期に発見、是正するため、使用人からの通報や相談を受け付け
          る「法令倫理相談制度」を設ける。
           反社会的勢力との関係については、これを一切持たず、不当な要求には毅然とした対応をとることとし、そ
          の旨を「企業行動規範」及び「法令倫理指針」に明示する。
           金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制については、財務報告を法令等に従って適正に行うことの
          重要性を十分に認識し、必要な体制等を適切に整備、運用する。
         ② 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           情報の保存及び管理に関し「文書取扱規程」、「文書管理規則」、「情報セキュリティ規程」等の社内規程
          を整備するとともに、これらに則った適切な保存、管理を実施するため、各部署に文書管理責任者及び情報セ
          キュリティ部門責任者を置き、保存、管理状況の点検等を実施する。
         ③ 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           事業等のリスクを適切に管理するため、包括規程として「リスク管理規程」を制定するとともに、リスクを
          含む重要な案件については、必要に応じて取締役会及び「経営会議」、「常務役員会」、「グループ戦略会
          議」等の会議体において審議、報告を行う。
           また、事故、災害等に対する危機管理に関する事項、法令・企業倫理の遵守に関する事項など特に重要と判
          断したリスクの管理については、全体のリスク管理体制に加えて、専門の担当者の設置、社内規程やマニュア
          ルの制定など個別の管理体制も整備する。
         ④   当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

           取締役会の決議により、適正な業務組織と分掌事項を設定し、業務執行取締役及び執行役員の担当業務を明
          確に定める。業務執行を統轄する社長の下、業務執行取締役及び執行役員に対しては、相互牽制の観点にも配
          慮しつつ、必要に応じて一定の基準により決裁権限を委譲する。
           また、業務執行取締役、執行役員及び主要な子会社の社長を務める非常勤の取締役間の情報の共有と効率的
          な意思決定を図るため、「経営会議」、「常務役員会」、「グループ戦略会議」等の当社独自の会議体を常設
          し、個別の経営課題ごとにプロジェクトチームを組成する。
           日常の業務処理については、標準化の観点から基準となるべき社内規程、マニュアル等を整備する。さら
          に、業務改善の促進や経営効率の向上等に資する観点から、内部監査担当部署による内部監査を実施する。
         ⑤   企業集団における業務の適正を確保するための体制

         a.子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
           グループ各社が遵守すべき「グループ経営管理規程」を定め、これに基づき予め定めた基準により、グルー
          プ各社からの情報収集を適時適切に行い、業務の実態及び経理の状況を正確に把握する。また、これを検討、
          評価、是正するため、当社の内部監査部門等による監査を実施する体制を整備する。
         b.子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           当社グループにおける事業等のリスクを適切に管理するため、「グループ経営管理規程」に基づき、グルー
          プ各社におけるリスクを含む重要な案件について情報を収集し、必要に応じて取締役会その他の会議体におい
          て審議を行う。また、特に重要と判断したリスクの管理については、グループ横断的な管理体制を整備する。
         c.子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           グループ各社の業務執行について、当社取締役会による承認の要否を定め、重要事項を除いて各社が迅速に
          業務を執行できる体制を整備する。また、グループ各社間の業務の連携及び調整については、当社がグループ
          全体の企業価値向上の観点から適宜行うとともに、各社の法務、経理関係業務については、当社の担当部署が
          必要に応じて支援、指導を行う。
         d.子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
                                  38/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
           グループ各社の法務、経理関係業務に加え、法令・企業倫理の遵守のため各社が行う教育及び研修について
          は、当社の担当部署が必要に応じて支援、指導を行う。また、法令・企業倫理等に反する行為に関し、グルー
          プ各社の役員及び使用人からの通報や相談を受け付ける体制を整備する。
           さらに、当社の内部監査部門は、グループ各社を対象とした監査を各社の内部監査部門と連携して随時実施
          し、法令遵守状況の確認等を行うとともに、各社と相互に情報交換を行う。
           このほか、当社と子会社との間での取引の公正を確保するため、通例的でないと判断できる取引について
          は、特別に定めた審査手続を活用する。
         ⑥   監査役の監査に関する体制

         a.当社の監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項
           当社の監査役会及び監査役の監査に関する事務を処理するため、「監査役室」を置く。同室には、当社の監
          査役の職務を補助するための必要な専属要員として、部長、課長その他の使用人を配置する。
         b.当該使用人の当社の取締役からの独立性に関する事項
           「監査役室」所属の使用人は、当社の取締役の指揮下から外れて監査役の指揮を受け、その異動及び評価に
          ついては常勤の監査役の同意を得る。
         c.当社の監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
           「監査役室」所属の使用人は、当社の取締役及び執行役員並びにその指揮下にある使用人を介さず、当社の
          監査役から直接指示を受け、また当社の監査役に直接報告を行う。
         d.当社の監査役への報告に関する体制
          (a)  当社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制
            当社の取締役、執行役員及び使用人は、当社の監査役に対して、業務執行に係る文書その他の重要な文書
           を回付するとともに、法定事項のほか、事業等のリスクその他の重要事項の発生を認識する都度、速やかに
           その内容を報告する。また、監査役が職務の必要上報告及び調査を要請した場合には、積極的にこれに協力
           する。さらに、業務執行取締役及び執行役員は、常勤の監査役と定期的に面談し、業務に関する報告等を行
           う。
            このほか、当社の内部監査部門は、内部監査の結果を定期的に監査役へ報告する。また、「法令倫理相談
           制度」において、法令・企業倫理等に反する通報や相談を受け付けた場合に、その内容を必要に応じ当社の
           監査役へ報告する。
          (b)  子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の監査役に報告をするため
           の体制
            子会社の取締役、監査役及び使用人は、当社の監査役から求めがあった場合に事業に関する報告及び調査
           を行い、積極的にこれに協力するほか、内部統制上重要な事項が生じた場合には「グループ経営管理規程」
           に基づき報告する。また、当社の取締役、執行役員及び使用人は、子会社から報告を受けた事項について、
           必要に応じ当社の監査役に報告する。
         e.当社の監査役に報告をした者が不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
           「法令倫理相談制度規程」において、当社の監査役に報告をしたことにより不利益な扱いをしてはならない
          ことを明確に定めるなど、必要な措置をとる。
         f.当社の監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           当社の監査役から、その職務の執行について、費用の前払い、支出した費用及び利息の償還、負担した債務
          の債権者に対する弁済等が請求された場合は、監査役の職務の執行に不要なものであることが明白なときを除
          き、速やかにその請求に応じる。
         g.その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           当社の常勤の監査役は、「経営会議」、「常務役員会」、「グループ戦略会議」等の当社の重要な会議体に
          出席し、意見を述べることができ、監査役会は、必要に応じて取締役、執行役員、使用人及び会計監査人その
          他の関係者の出席を求めることができる。
       ( Ⅳ)取締役の定数等に関する定款の定め

          当社の取締役は8名以上とする旨を定款で定めております。
          また、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
         が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めているほか、累積投票によらないものとする旨も定
         款で定めております。
       (Ⅴ)株主総会決議事項のうち取締役会で決議できることとした事項

          機動的な自己株式の買受けを可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって
         市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。
          また、株主への機動的な利益還元を可能とするため、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として
         中間配当をすることができる旨を定款で定めております。
       (Ⅵ)株主総会の特別決議要件

          株主総会の円滑な運営を図るため、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めてお
         ります。
                                  39/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  19 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0 %)
                                                          所有
         役職名        氏名      生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (百株)
      取締役会長         小林哲也     昭和18年11月27日
                             昭和43年4月       当社入社
      (代表取締役)
                             平成13年6月       当社取締役
                              同15年6月      当社常務取締役
                                                     (注)3
                                                          215
                              同17年6月      当社専務取締役
                              同19年6月      当社取締役社長
                              同27年4月      当社取締役会長(現在)
      取締役社長         吉田昌功     昭和27年3月27日
                             昭和50年4月       当社入社
      (代表取締役)
                             平成18年6月       当社執行役員
                              同21年6月      当社常務取締役
                              同23年5月      ㈱近鉄百貨店取締役
                              同23年6月      当社常務取締役退任
                                                     (注)3
                                                          100
                              同23年7月      ㈱近鉄百貨店取締役副社長執行役員
                              同25年5月      同上退任
                              同25年6月      当社取締役副社長
                              同27年4月      当社取締役社長(現在)
                              同27年6月      奈良観光土地㈱代表取締役(現在)
      取締役専務執行役員         安本幸泰     昭和31年2月24日
                             昭和53年4月       当社入社
      経理部担当
                             平成21年6月       当社執行役員
                                                     (注)3
                                                          79
                              同24年6月      当社取締役常務執行役員
                              同27年6月      当社取締役専務執行役員(現在)
      取締役専務執行役員         森島和洋     昭和30年2月19日
                             昭和52年4月       当社入社
      人事部担当
                             平成22年6月       当社執行役員
                                                     (注)3
                                                          56
                              同24年6月      当社取締役常務執行役員
                              同27年6月
                                    当社取締役専務執行役員(現在)
      取締役専務執行役員         白川正彰     昭和34年9月30日
                             昭和57年4月       当社入社
      総合企画部及び広報
                             平成26年6月       当社執行役員
                                                     (注)3
                                                          53
      部担当
                              同28年6月      当社取締役常務執行役員
                             令和元年6月
                                    当社取締役専務執行役員(現在)
      取締役常務執行役員         村井弘幸     昭和33年6月9日
                             昭和57年4月       当社入社
      総務部及び監査部担                                               (注)3
                                                          42
                             平成28年6月       当社取締役常務執行役員(現在)
      当
      取締役常務執行役員         若井 敬     昭和34年5月30日
                             昭和58年4月       当社入社
                                                     (注)3
                                                          30
      総合企画部担当
                             平成28年6月       当社取締役常務執行役員(現在)
      取締役         中山 勉     昭和27年11月19日
                             昭和51年4月       当社入社
                             平成21年11月       ㈱近鉄ホテルシステムズ(現            ㈱近鉄・都
                                    ホテルズ)専務取締役
                                                     (注)3
                                                          23
                              同28年6月      同社取締役副社長
                              同30年6月      当社取締役(現在)
                              同30年6月      ㈱近鉄・都ホテルズ取締役社長(現在)
      取締役         倉橋孝壽     昭和31年1月9日
                             昭和55年4月       当社入社
                             平成24年6月       当社執行役員
                              同27年6月      当社取締役常務執行役員
                                                     (注)3
                                                          63
                              同28年6月      当社取締役専務執行役員
                             令和元年6月
                                    当社取締役(現在)
                              同元年6月
                                    近鉄不動産㈱取締役社長(現在)
      取締役         都司 尚     昭和32年8月26日
                             昭和57年4月       当社入社
                             平成27年1月       近畿日本鉄道分割準備㈱(現            近畿日本鉄
                                    道㈱)執行役員
                              同28年6月      同社取締役常務執行役員
                                                     (注)3
                                                          36
                              同30年6月      伊賀鉄道㈱取締役社長(現在)
                             令和元年6月       当社取締役(現在)
                              同元年6月      近畿日本鉄道㈱取締役社長(現在)
                                  40/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
         役職名        氏名      生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (百株)
      取締役         岡本圀衞     昭和19年9月11日
                             昭和44年6月       日本生命保険(相)入社
                             平成14年3月       同社専務取締役
                              同17年4月      同社取締役社長
                              同17年6月      当社取締役
                              同18年6月      同上退任
                                                     (注)3     -
                              同22年6月      当社取締役(現在)
                              同23年4月      日本生命保険(相)取締役会長
                              同30年4月      同社取締役相談役
                              同30年7月      同社相談役(現在)
      取締役         上田 豪     昭和26年6月13日
                             昭和49年4月       ㈱百五銀行入行
                             平成19年6月       同行常務取締役
                              同21年6月      同行取締役頭取
                                                     (注)3     -
                              同27年4月
                                    同行取締役会長(現在)
                              同28年6月
                                    当社取締役(現在)
      取締役         村田隆一     昭和23年4月12日
                             昭和46年4月       ㈱三菱銀行入行
                             平成18年1月       ㈱三菱東京UFJ銀行専務取締役
                              同18年5月      同行副頭取
                              同21年6月      同上退任
                              同21年6月      三菱UFJリース㈱取締役副社長
                                                     (注)3     -
                              同22年6月      同社取締役社長
                              同24年6月      同社取締役会長
                              同29年6月      当社取締役(現在)
                              同29年6月      三菱UFJリース㈱相談役
                              同30年7月      同社特別顧問(現在)
      取締役         柳 正憲     昭和25年10月6日
                             昭和49年4月       日本開発銀行入行
                             平成18年10月       日本政策投資銀行理事
                              同20年10月      ㈱日本政策投資銀行取締役常務執行役員
                              同23年6月      同行取締役副社長
                                                     (注)3     -
                              同27年6月      同行取締役社長
                              同30年6月      同上退任
                              同30年8月
                                    (一財)日本経済研究所理事長(現在)
                             令和元年6月
                                    当社取締役(現在)
                三輪 隆     昭和29年1月12日
      監査役(常勤)
                             昭和51年4月       当社入社
                             平成20年6月       当社執行役員
                              同23年6月      当社常務取締役
                              同24年6月      当社取締役専務執行役員
                              同27年4月      当社取締役
                              同27年6月      三重交通グループホールディングス㈱取締
                                                     (注)4
                                                          72
                                    役副社長
                              同27年6月      当社取締役退任
                              同28年6月      三重交通グループホールディングス㈱取締
                                    役
                              同28年6月      当社監査役(常勤)(現在)
                              同28年6月      三重交通グループホールディングス㈱取締
                                    役退任
                田淵裕久     昭和29年5月18日
      監査役(常勤)
                             昭和52年4月       当社入社
                             平成20年6月       当社執行役員
                              同23年6月      当社常務取締役
                              同24年6月      当社取締役専務執行役員
                              同27年1月      近畿日本鉄道分割準備㈱(現            近畿日本鉄
                                                     (注)4
                                                          93
                                    道㈱)取締役副社長
                              同27年4月      当社取締役
                              同27年6月      同上退任
                              同30年6月      近畿日本鉄道㈱取締役副社長退任
                              同30年6月      当社監査役(常勤)(現在)
                                  41/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
         役職名        氏名      生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (百株)
      監査役         前田雅弘     昭和33年8月3日
                             昭和62年4月       京都大学法学部助教授
                             平成4年4月       京都大学大学院法学研究科助教授
                                                     (注)4     -
                              同8年4月      京都大学大学院法学研究科教授(現在)
                              同26年6月      当社監査役(現在)
      監査役         植野康夫     昭和20年1月27日
                             昭和43年4月       ㈱南都銀行入行
                             平成16年6月       同行専務取締役
                              同20年6月      同行取締役頭取
                                                     (注)4
                                                          1
                              同25年11月
                                    奈良商工会議所会頭(現在)
                              同27年6月
                                    ㈱南都銀行取締役会長(現在)
                              同28年6月
                                    当社監査役(現在)
      監査役         鈴木一水     昭和34年12月22日
                             平成6年4月       近畿大学商経学部助教授
                              同7年4月      神戸大学経営学部助教授
                              同11年4月      神戸大学大学院経営学研究科助教授
                                                     (注)4     -
                              同24年4月      神戸大学大学院経営学研究科教授(現在)
                             令和元年6月       当社監査役(現在)
          計                                                866
      (注)1.取締役岡本圀衞、同上田豪、同村田隆一及び同柳正憲は社外取締役であります。
         2.監査役前田雅弘、同植野康夫及び同鈴木一水は社外監査役であります。
         3.取締役の任期は、平成31年3月期に係る定時株主総会の終結の時から令和2年3月期に係る定時株主総会
          の終結の時までであります。
         4.監査役の任期は、平成28年3月期(ただし、監査役田淵裕久については平成30年3月期、同鈴木一水につ
          いては平成31年3月期)に係る定時株主総会の終結の時から令和2年3月期に係る定時株主総会の終結の時
          までであります。
        ② 社外役員の状況

          当社は、社外取締役4名及び社外監査役3名の合計7名の社外役員を選任しております。社外役員には、他の
         会社の経営者、法学者、会計学者など多彩な人材にご就任いただき、様々な視点から当社業務執行の妥当性と適
         法性について監督・監査する体制を整備しております。
          当社では、社外取締役又は社外監査役を選任する際、当該候補者の当社からの独立性に関する基準を次のとお
         りとしており、当該基準を満たす社外役員を全て独立役員に指定しております。
         1.年間のグループ間の取引額が連結営業収益の2%以上の取引先及びその連結子会社に属していないこと。
         2.役員報酬以外に年間1,000万円以上の金銭その他の財産上の利益を得ているコンサルタント、法律専門家、
          会計専門家でないこと又はそれらが属する法人、団体に属しないこと。
         3.過去3年以内に上記1、2に該当する者でないこと。
         4.上記1~3(重要でない者を除く。)の近親者でないこと。
          なお、社外取締役の岡本圀衞氏は日本生命保険(相)の相談役であり、当社は同社との間で資金の借入れ等の取
         引を行っているほか、同社は当社の株式を保有しております。社外取締役の上田豪氏は㈱百五銀行の取締役会長
         であり、当社は同行との間で資金の借入れ等の取引を行っているほか、同行は当社の株式を保有しております。
         社外取締役の村田隆一氏は㈱三菱東京UFJ銀行(現                          ㈱三菱UFJ銀行)の出身であり、当社は同行との間で
         資金の借入れ等の取引を行っているほか、同行は当社の株式を保有しております。また、同氏は三菱UFJリー
         ス㈱の出身であり、当社は同社との間でファイナンス・リース等の取引を行っております。社外取締役の柳正憲
         氏は㈱日本政策投資銀行の出身であり、当社は同行との間で資金の借入れ等の取引を行っております。社外監査
         役の植野康夫氏は㈱南都銀行の取締役会長であり、当社は同行との間で資金の借入れ等の取引を行っているほ
         か、同行及び同氏は当社の株式を保有しております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門との関係
          社外取締役及び社外監査役は、監査部担当役員も出席する取締役会において、監査役による監査の状況、監査
         部による内部監査の状況その他内部統制の整備・運用状況について定期的に報告を受けております。会計監査人
         の意見についても、必要に応じ、常勤の監査役及び監査部担当役員から適宜報告を受け、加えて社外監査役は会
         計監査人から直接報告を受けているほか、監査役会における情報交換も行っております。
                                  42/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
       (Ⅰ)監査の概要
          当社の監査役は5名でありますが、このうち3名が社外監査役(財務及び会計に関する相当程度の知見を有す
         る監査役1名を含む。)であり、監査の厳正、充実を図っております。監査役会は、原則として毎月1回開催
         し、監査の基本方針等を決定するとともに、各監査役が実施した日常監査の結果を報告し、監査役間で意見の交
         換等を行っております。また、監査役の指揮を受けて監査役会及び監査役の監査に関する事務を処理する専任部
         署として監査役室(所属人員8名)を設置しているほか、業務改善の促進や経営効率の向上等に資する観点及び
         グループ会社の業務の適正を確保する観点から、監査部(所属人員21名)による内部監査を適時に行う体制も整
         備しております。会計監査については、当社は有限責任                           あずさ監査法人と監査契約を締結しており、当事業年
         度において同監査法人は指定有限責任社員土居正明、松本浩、千葉一史の3名のほか、公認会計士30名、会計士
         試験合格者等16名、その他13名により監査を行いました。監査役、監査部及び会計監査人は、必要に応じて、監
         査計画やその結果等について情報交換を行うことにより連携を図り、効率的かつ効果的な監査に努めておりま
         す。
          会計監査人の選定に当たっては、会計監査人としての独立性及び専門性を有していること、当社の業務内容、
         経理処理等を理解していること、監査又はレビューの方法及び結果の報告が適切に行われていること、日本公認
         会計士協会による品質管理レビュー結果及び公認会計士・監査審査会による検査結果において重要な不備が認め
         られないこと等を勘案した監査役会の評価に基づき、同監査法人を会計監査人に選定しております。
          ただし、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める事項のいずれかに該当すると判断した場
         合には、会計監査人を解任する方針であり、また、会計監査人の職務の遂行の状況その他の事情を勘案して必要
         と認められる場合には、株主総会における会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容の決定を行う方針で
         す。
       (Ⅱ)監査報酬の内容等

         「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」(平成31年1月31日 内閣府令第3号)によ
        る改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置を
        適用しております。
        ①  監査公認会計士等に対する報酬

                        前連結会計年度                     当連結会計年度
           区分
                  監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく
                  く報酬(百万円)           報酬(百万円)           く報酬(百万円)           報酬(百万円)
                         110            2          111            1
       提出会社
                         306            0          303           -
       連結子会社
                         417            3          415            1
           計
        前連結会計年度の非監査業務の内容は、当社における社債の発行に係るコンフォート・レターの作成業務等及び連
       結子会社における管理会計に関するアドバイザリー業務であります。
        当連結会計年度の非監査業務の内容は、当社における社債の発行に係るコンフォート・レターの作成業務等であり
       ます。
        ②  その他重要な報酬の内容

         (前連結会計年度)
          当社の連結子会社であるKINTETSU                  ENTERPRISES      CO.  OF  AMERICA及びKINTETSU           INTERNATIONAL       EXPRESS
         (U.S.A),INC.は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG                                       LLPに対して476千米ドルを
         支払っております。
         (当連結会計年度)

          当社の連結子会社であるKINTETSU                  ENTERPRISES      CO.  OF  AMERICA及びKINTETSU           INTERNATIONAL       EXPRESS
         (U.S.A),INC.は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているKPMG                                       LLPに対して319千米ドルを
         支払っております。
        ③  監査報酬の決定方針

         特記すべき事項はありません。
        ④  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第399条第1項の同意をした
        理由は、当社の監査役会が有限責任                 あずさ監査法人の当期の監査計画及び報酬等の見積りについて、その監査時
                                  43/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
         間及び配員計画を前期の監査計画及び実績と比較分析し評価するとともに、当期における当社及び連結子会社等
        の状況等を勘案し、検討した結果、報酬等の額は相当であると判断したためであります。
      (4)【役員の報酬等】

        ① 役員の報酬等の額の決定に関する方針等
          当社では、株主総会で承認された報酬総額の範囲内において、取締役報酬及び監査役報酬を決定しておりま
         す。取締役報酬においては、独立社外取締役が過半数を占める人事・報酬諮問委員会の審議を経て、取締役会の
         決議により定めた内規に基づき各取締役の支給額を決定しており、監査役報酬においては、監査役の協議により
         決定しております。なお、役員退職慰労金制度については、平成15年6月27日開催の第92期定時株主総会の日を
         もって廃止しております。
          取締役報酬については、令和元年6月13日開催の第108期定時株主総会の決議により、金銭報酬額を年額4億
         8,000万円以内(うち社外取締役分は年額5,000万円以内)、株式報酬額を年額6,000万円以内と定めており、当
         該定めに係る取締役は14名であります。また、監査役報酬については、昭和60年6月28日開催の第74期定時株主
         総会の決議により、月額800万円以内と定めており、当該定めに係る監査役は5名であります。
          各取締役の支給額の算定方法を定めた内規について、その制定・変更は、取締役会の決議により行うこととし
         ております。また、内規の制定・変更に当たっては、独立社外取締役が過半数を占める人事・報酬諮問委員会に
         おいて、その内容及び内規に基づき算出した報酬案について審議するとともに、その結果を取締役会に報告して
         おります。令和元年度の取締役報酬については、人事・報酬諮問委員会(平成30年10月設置)を平成31年4月25
         日に開催し、報酬見直し案について審議のうえ、その結果を受けて令和元年5月14日開催の取締役会において各
         取締役の支給額の算定方法を定めた内規の改正を決議し、同内規に基づき報酬額を決定しております。
          常勤取締役の報酬については、固定金銭報酬、業績連動金銭報酬及び株式報酬で構成しております。業績連動
         金銭報酬は、前事業年度に係る連結経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益の額に応じた係数を定め、基
         準金額に当該係数を乗じて決定しております。当該指標を選択しているのは、業務執行の成果を測る指標として
         適切と考えられるためです。
        (平成30年度の取締役報酬の決定手続並びに業績連動報酬に係る指標及び実績)
          平成30年度の取締役報酬は、平成27年10月の取締役会決議により改正した内規に基づいて決定しております。
         また、平成30年度における業績連動報酬に係る指標の目標及び実績は次のとおりであります。
          連結経常利益           目標530億円、実績613億円(平成29年度連結業績)
          親会社株主に帰属する当期純利益  目標280億円、実績296億円(平成29年度連結業績)
        ② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                    報酬等の種類別の総額
                                                     対象となる
                        報酬等の総額
                                       (百万円)
                                                     役員の員数
              役員区分
                        (百万円)
                                                      (名)
                                  固定報酬         業績連動報酬
           取締役
                             389          256          133          14
           (社外取締役を除く。)
           監査役
                             57          57          -          3
           (社外監査役を除く。)
                             48          48          -          8
           社外役員
        ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                  44/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
       (Ⅰ)    投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が「純投資目的」と「純投資目的以外」である投資株式の区分について、「純投資目的」と
         は専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的としたものとし、「純投資目的以
         外」とは上記以外を目的としたものとしております。
       (Ⅱ)    当社における株式の保有状況

          当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会
         社)である当社については以下のとおりであります。
        ①  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
          当社は上場株式を政策保有することは原則として行わないこととしております。
         b.  銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      77            3,407

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             60

     非上場株式                                         出資のため
                      -             -             -
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

         該当銘柄はありません。
         c.  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

          該当銘柄はありません。
        ②  保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
                          -           -           -           -

     非上場株式
                           ▶         2,224             ▶         2,235
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
                          -           -           -

     非上場株式
                          72           -         1,523
     非上場株式以外の株式
                                  45/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (Ⅲ)    KNT-CTホールディングス㈱における株式の保有状況

          当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が当社の次に大きい会社につい
         ては以下のとおりであります。
        ①  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
          政策保有株式への投資は、業務提携、取引関係の維持・強化を目的に、当社の企業価値向上に繋がる銘柄に
         ついて実施しておりますが、毎年個別銘柄ごとに保有目的及び保有に伴う便益・リスクが資本コストに見合っ
         ているか等を精査し、取締役会に報告することとしております。なお、保有の意義が認められなくなったと判
         断した株式については、縮減を含め見直しを進めていくこととしております。
         b.  銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      25             306

     非上場株式
                      11            4,291
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      2             14

     非上場株式                                      営業取引上の政策目的
                      -             -             -
     非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      2             1

     非上場株式
                      1             12
     非上場株式以外の株式
                                  46/151










                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
         c.  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                     95,000         95,000

     東海旅客鉄道㈱
                                  営業取引上の政策目的                      無
                     2,442         1,912
                    100,000         100,000

     西日本旅客鉄道㈱
                                  同上                      無
                      833         743
                   1,099,000         1,099,000

     ㈱三菱UFJフィナ
                                  同上                      無
     ンシャル・グループ
                      604         766
                     26,600         26,600

     京王電鉄㈱
                                  同上                      無
                      190         120
                     27,200         27,200

     九州旅客鉄道㈱
                                  同上                      無
                       99         90
                     14,000         14,000

     南海電気鉄道㈱
                                  同上                      有
                       42         37
                     10,770         10,770

     ㈱三井住友フィナン
                                  同上                      無
     シャルグループ
                       41         48
                     1,600         1,600

     東日本旅客鉄道㈱
                                  同上                      無
                       17         15
                     5,000         5,000

     ㈱青森銀行                             同上                      無
                       14         16
                     18,420         18,420

     ㈱みずほフィナン
                                  同上                      無
     シャルグループ
                       3         3
       (注)1.特定投資株式の西日本旅客鉄道㈱以下は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下ですが、上位10
           銘柄について記載しております。
          2.定量的な保有効果の記載が困難なため、保有の合理性を以下のとおり検証しております。
           (1)  保有目的に関しては、相手先企業との業務提携、取引関係があり、事業面での株式保有の意義がある
            か、営業取引による収益率が資本コストを上回っているか、当社グループの事業継続にとって必要不可欠
            な重要な取引があるかといった観点から検証しております。
           (2)  保有に伴う便益・リスクに関しては、年間受取配当金及び株式評価損益による収益率が資本コストを上
            回っているか、株式保有継続に伴う重要なリスクがないかといった観点から検証しております。
        ②  保有目的が純投資目的である投資株式

          該当銘柄はありません。
                                  47/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のう
        ち、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日内閣
        府令第7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3
        項に係るものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しており
        ます。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成30年4月1日から平成31年3月
       31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)の財務諸表について、有限
       責任   あずさ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、かつ、その変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務
       会計基準機構へ加入しており、また同機構等が主催する研修等にも参加しております。
                                  48/151












                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         53,959              53,324
         現金及び預金
                                         54,252              58,158
         受取手形及び売掛金
                                         1,035               990
         リース債権及びリース投資資産
                                        ※5 10,415             ※5 10,100
         商品及び製品
                                         2,261              3,157
         仕掛品
                                         4,168              4,289
         原材料及び貯蔵品
                                        105,737               99,673
         販売土地及び建物
                                         51,367              60,806
         その他
                                         △ 870             △ 785
         貸倒引当金
                                        282,328              289,716
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       ※5 621,481             ※5 613,652
          建物及び構築物(純額)
                                        ※5 37,180             ※5 37,960
          機械装置及び運搬具(純額)
                                     ※4 , ※5 698,220           ※4 , ※5 705,444
          土地
          リース資産(純額)                               16,446              19,482
                                        ※4 9,591            ※4 19,004
          建設仮勘定
                                        ※5 11,586             ※5 11,859
          その他(純額)
                                    ※1 , ※2 1,394,508           ※1 , ※2 1,407,403
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           45              56
          のれん
                                           46              50
          リース資産
                                        ※5 11,820             ※5 15,649
          その他
                                         11,912              15,755
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                     ※3 , ※5 115,260           ※3 , ※5 117,340
          投資有価証券
                                         4,132              1,177
          長期貸付金
                                         54,680              52,395
          退職給付に係る資産
          繰延税金資産                               9,920              11,808
                                          ※4 20
                                                         -
          再評価に係る繰延税金資産
          その他                               39,972              39,020
                                        △ 1,402             △ 1,063
          貸倒引当金
                                           △ 6             △ 9
          投資評価引当金
                                        222,578              220,669
          投資その他の資産合計
                                       1,628,999              1,643,828
         固定資産合計
       繰延資産
                                         3,152              2,873
         社債発行費
                                         3,152              2,873
         繰延資産合計
                                       1,914,480              1,936,417
       資産合計
                                  49/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         60,651              57,886
         支払手形及び買掛金
                                        243,860              208,618
         短期借入金
                                         31,440              60,640
         1年以内償還社債
                                         4,479              4,372
         リース債務
                                         47,204              55,026
         未払金
                                         4,199              9,640
         未払法人税等
                                         11,144              11,260
         賞与引当金
                                         6,436              6,772
         商品券等引換損失引当金
                                        150,487              162,297
         その他
                                        559,904              576,515
         流動負債合計
       固定負債
                                        279,640              259,000
         社債
                                        525,289              527,645
         長期借入金
         リース債務                                12,766              16,173
                                         6,304              5,981
         繰延税金負債
                                        ※4 84,952             ※4 87,442
         再評価に係る繰延税金負債
                                         1,041               990
         旅行券等引換引当金
                                         9,090              9,110
         退職給付に係る負債
                                         41,253              40,508
         その他
                                        960,337              946,851
         固定負債合計
                                       1,520,242              1,523,367
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        126,476              126,476
         資本金
                                         61,866              61,865
         資本剰余金
                                         75,734              102,039
         利益剰余金
                                        △ 1,248             △ 1,353
         自己株式
                                        262,829              289,027
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         8,356              7,147
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 112              △ 37
         繰延ヘッジ損益
                                        ※4 91,760             ※4 89,417
         土地再評価差額金
                                        △ 4,574             △ 6,379
         為替換算調整勘定
                                         8,151              3,090
         退職給付に係る調整累計額
                                        103,581               93,238
         その他の包括利益累計額合計
                                         27,828              30,784
       非支配株主持分
       純資産合計                                 394,238              413,050
      負債純資産合計                                  1,914,480              1,936,417
                                  50/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                       1,222,779              1,236,905
      営業収益
      営業費
                                    ※1 , ※2 1,002,074           ※1 , ※2 1,013,353
       運輸業等営業費及び売上原価
                                     ※1 , ※3 156,060           ※1 , ※3 155,772
       販売費及び一般管理費
                                       1,158,135              1,169,125
       営業費合計
                                         64,643              67,779
      営業利益
      営業外収益
                                           226              233
       受取利息
                                           774              952
       受取配当金
                                         1,459              1,495
       未請求債務整理益
                                         5,976              7,140
       持分法による投資利益
                                         1,121              1,710
       その他
                                         9,559              11,533
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         9,485              8,611
       支払利息
                                         1,495              1,511
       商品券等引換損失引当金繰入額
                                         1,897              2,060
       その他
                                         12,879              12,183
       営業外費用合計
                                         61,323              67,129
      経常利益
      特別利益
                                         6,114              6,573
       工事負担金等受入額
                                           136             1,442
       収用補償金
                                         ※4 503             ※4 274
       固定資産売却益
                                           207              326
       有価証券売却益
                                           347              444
       その他
                                         7,310              9,061
       特別利益合計
      特別損失
                                         6,083              6,550
       工事負担金等圧縮額
                                           117             1,330
       収用等圧縮損
                                          ※4 72            ※4 111
       固定資産売却損
                                         1,935              2,701
       固定資産除却損
                                        ※5 8,524             ※5 7,931
       減損損失
       有価証券売却損                                    -              277
                                            7              84
       有価証券評価損
                                           -              92
       貸倒引当金繰入額
                                         1,399              1,588
       その他
                                         18,139              20,669
       特別損失合計
                                         50,494              55,521
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   11,889              16,542
                                         7,048               △ 7
      法人税等調整額
                                         18,938              16,534
      法人税等合計
                                         31,556              38,986
      当期純利益
                                         1,942              3,024
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         29,614              35,962
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  51/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
                                         31,556              38,986
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           566             △ 718
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 910              199
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 505            △ 2,508
       土地再評価差額金
                                         △ 307             △ 102
       為替換算調整勘定
                                         9,198             △ 4,353
       退職給付に係る調整額
                                         △ 619            △ 2,954
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※1 7,421           ※1 △ 10,437
       その他の包括利益合計
                                         38,977              28,549
      包括利益
      (内訳)
                                         37,202              25,485
       親会社株主に係る包括利益
                                         1,775              3,063
       非支配株主に係る包括利益
                                  52/151















                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                     資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  126,476         61,475        55,848        △ 1,059        242,741
     当期変動額
      剰余金の配当                                  △ 9,527                △ 9,527
      親会社株主に帰属する当期純利
                                         29,614                 29,614
      益
      自己株式の取得
                                                 △ 188        △ 188
      自己株式の処分
                                  0                 2        3
      連結範囲の変動
                                 △ 0        0                 0
      土地再評価差額金の取崩
                                         △ 201                △ 201
      持分法適用会社に対する持分変
                                                  △ 2        △ 2
      動に伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得による持
                                 390                         390
      分の増減
      連結子会社株式の売却による持
                                  0                         0
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計
                         -        391       19,885         △ 188       20,088
     当期末残高
                       126,476         61,866        75,734        △ 1,248        262,829
                             その他の包括利益累計額

                                                   非支配株主
                   その他有価                          その他の包
                                                        純資産合計
                        繰延ヘッジ     土地再評価     為替換算調     退職給付に係
                                                    持分
                   証券評価差                          括利益累計
                          損益     差額金     整勘定    る調整累計額
                    額金                          額合計
     当期首残高                7,414      382    91,951     △ 3,132     △ 825    95,790     27,651     366,183
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 9,527
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                         29,614
      益
      自己株式の取得                                                    △ 188
      自己株式の処分                                                      3
      連結範囲の変動                                                      0
      土地再評価差額金の取崩                                                    △ 201
      持分法適用会社に対する持分変
                                                           △ 2
      動に伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得による持
                                                           390
      分の増減
      連結子会社株式の売却による持
                                                            0
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期変動
                      941    △ 494    △ 191    △ 1,442     8,977     7,790      176    7,966
      額(純額)
     当期変動額合計                 941    △ 494    △ 191    △ 1,442     8,977     7,790      176    28,054
     当期末残高                8,356     △ 112    91,760     △ 4,574     8,151    103,581      27,828     394,238
                                  53/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                     資本金        資本剰余金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       126,476         61,866        75,734        △ 1,248        262,829
     当期変動額
      剰余金の配当
                                        △ 9,525                △ 9,525
      親会社株主に帰属する当期純利
                                         35,962                 35,962
      益
      自己株式の取得                                           △ 104        △ 104
      自己株式の処分                            0                 2        2
      連結範囲の変動                           △ 0        1                 1
      土地再評価差額金の取崩                                   △ 133                △ 133
      持分法適用会社に対する持分変
                                                  △ 2        △ 2
      動に伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得による持
                                 △ 1                        △ 1
      分の増減
      連結子会社株式の売却による持
                                                           -
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                    -        △ 1      26,304         △ 104       26,198
     当期末残高                  126,476         61,865        102,039        △ 1,353        289,027
                             その他の包括利益累計額

                                                   非支配株主
                   その他有価                          その他の包
                                                        純資産合計
                        繰延ヘッジ     土地再評価     為替換算調     退職給付に係
                                                    持分
                   証券評価差                          括利益累計
                          損益     差額金     整勘定    る調整累計額
                    額金                          額合計
     当期首残高                8,356     △ 112    91,760     △ 4,574     8,151    103,581      27,828     394,238
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 9,525
      親会社株主に帰属する当期純利
                                                         35,962
      益
      自己株式の取得
                                                          △ 104
      自己株式の処分
                                                            2
      連結範囲の変動
                                                            1
      土地再評価差額金の取崩
                                                          △ 133
      持分法適用会社に対する持分変
                                                           △ 2
      動に伴う自己株式の増減
      連結子会社株式の取得による持
                                                           △ 1
      分の増減
      連結子会社株式の売却による持
                                                           -
      分の増減
      株主資本以外の項目の当期変動
                    △ 1,208       75   △ 2,342    △ 1,805    △ 5,061    △ 10,342      2,955    △ 7,386
      額(純額)
     当期変動額合計
                    △ 1,208       75   △ 2,342    △ 1,805    △ 5,061    △ 10,342      2,955     18,812
     当期末残高
                     7,147      △ 37    89,417     △ 6,379     3,090     93,238     30,784     413,050
                                  54/151








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         50,494              55,521
       税金等調整前当期純利益
                                         52,538              52,196
       減価償却費
                                           27              30
       のれん償却額
                                         6,083              6,550
       工事負担金等圧縮額
                                         1,797              1,997
       固定資産除却損
                                         8,524              7,931
       減損損失
                                        △ 6,114             △ 6,573
       工事負担金等受入額
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 431             △ 163
       有価証券売却損益(△は益)                                  △ 207              △ 50
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 2,567             △ 3,830
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                   435              △ 25
       受取利息及び受取配当金                                 △ 1,001             △ 1,186
                                         9,485              8,611
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 5,976             △ 7,140
       売上債権の増減額(△は増加)                                   △ 83            △ 3,824
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 5,416              4,582
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  4,461             △ 3,379
                                         2,066              10,021
       その他
                                        114,116              121,268
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,202              2,422
                                        △ 9,510             △ 8,676
       利息の支払額
                                        △ 18,010             △ 12,695
       法人税等の支払額
                                         88,798              102,319
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,846             △ 1,843
       有価証券及び投資有価証券の取得による支出
       有価証券及び投資有価証券の売却及び償還による
                                           355             1,576
       収入
                                        △ 54,396             △ 73,474
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                         2,492               641
       有形及び無形固定資産の売却による収入
                                         6,114              6,573
       工事負担金等受入による収入
                                        △ 1,921              △ 336
       貸付けによる支出
                                           422              582
       貸付金の回収による収入
                                        △ 1,017              2,132
       その他
                                        △ 50,796             △ 64,148
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                  55/151








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  2,760             △ 10,792
                                        126,185              109,842
       長期借入れによる収入
                                       △ 135,537             △ 131,897
       長期借入金の返済による支出
                                         37,000                -
       コマーシャル・ペーパーの発行による収入
                                        △ 37,000                -
       コマーシャル・ペーパーの償還による支出
                                         97,328              39,729
       社債の発行による収入
                                       △ 111,440              △ 31,440
       社債の償還による支出
                                            5              -
       非支配株主からの払込みによる収入
                                        △ 5,323             △ 4,654
       リース債務の返済による支出
                                        △ 9,527             △ 9,525
       配当金の支払額
                                         △ 109              △ 99
       非支配株主への配当金の支払額
       自己株式の売却による収入                                    3              2
                                         △ 157              △ 70
       自己株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                        △ 1,075                -
       よる支出
                                           △ 2              -
       その他
                                        △ 36,891             △ 38,905
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 251              123
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                     858             △ 611
      現金及び現金同等物の期首残高                                   51,914              52,763
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                           △ 9             △ 62
      額(△は減少)
                                        ※1 52,763             ※1 52,089
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  56/151











                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
       子会社のうち      82 社を連結の範囲に含めております。
       主要な連結子会社の名称は「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため省略しております。
       なお、新規設立により子会社となった近鉄リテールホールディングス㈱は、重要性の観点から連結の範囲に含めてお
      ります。また、前期に連結の範囲に含めていた子会社のうち、養老鉄道㈱は同社が運営する養老線の事業形態の変更に
      より重要性が乏しくなったため、近畿日本ツーリスト個人旅行㈱、㈱ティー・ゲート、奈交フーズ㈱は、それぞれクラ
      ブツーリズム㈱、㈱KNT-CTウエブトラベル、奈良交通㈱との合併により解散したため、連結の範囲から除外して
      おります。
       主要な非連結子会社;近鉄東美タクシー㈱
       44社を連結の範囲から除外しております。
       非連結子会社はそれぞれ小規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を及ぼしておりません。
     2.持分法の適用に関する事項
       関連会社16社のうち         8 社に対する投資について持分法を適用しております。
       持分法を適用した主要な会社の名称は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため省略してお
      ります。
       持分法を適用しない主要な会社;近鉄東美タクシー㈱
       持分法を適用しない会社(非連結子会社44社及び関連会社のうち8社)は、それぞれ小規模であり、全体としても連
       結財務諸表に重要な影響を及ぼしておりません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項
       連結子会社のうち近鉄ケーブルネットワーク㈱等7社は12月31日、㈱きんえいは1月31日及び㈱近鉄百貨店等7社は
      2月28日を決算日とする決算財務諸表を使用しておりますが、連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上
      必要な調整を行っております。
     4.会計方針に関する事項
      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        有価証券
         満期保有目的の債券
          償却原価法(定額法)
         その他有価証券
          時価のあるもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
           により算定)
          時価のないもの
           移動平均法に基づく原価法
        たな卸資産
         販売用不動産
          個別法に基づく原価法
         百貨店商品
          売価還元法に基づく原価法
         なお、貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しております。
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        有形固定資産(リース資産を除く。)
         鉄軌道事業取替資産
          取替法
         その他の有形固定資産
          主として定額法によっておりますが、一部については定率法を採用しております。
        無形固定資産(リース資産を除く。)
         定額法
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
         ます。
        リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
          なお、リース取引開始日が平成20年3月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、通常
         の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
      (3)  工事負担金等の会計処理
         鉄軌道事業における高架化工事や踏切道拡幅工事等を行うにあたり、地方公共団体等から工事費の一部として工
        事負担金等を受け入れております。工事負担金等により固定資産を取得した場合には、取得原価から工事負担金等
        相当額を直接減額したものを固定資産の取得価額とし、工事負担金等受入額を特別利益に計上するとともに、取得
        原価から直接減額した金額を工事負担金等圧縮額として特別損失に計上しております。
                                  57/151


                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (4)  重要な引当金の計上基準
        貸倒引当金
          営業債権、貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権
         等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        投資評価引当金
          市場価格のない株式を適正に評価するため、投資先の資産状態等を勘案して、特に計上を要すると認められる
         金額を計上しております。
        賞与引当金
          従業員に対する賞与の支払いに充てるため、支給見込額を計上しております。
        商品券等引換損失引当金
          一部の連結子会社において、一定期間経過後に収益に計上した未引換の商品券等について、将来の引換時に発
         生する損失に備えるため、過去の実績に基づく将来の引換見込額を計上しております。
        旅行券等引換引当金
          一部の連結子会社において、一定期間経過後に収益に計上した未引換の旅行券等について、将来の引換時に発
         生する損失に備えるため、過去の実績に基づく将来の引換見込額を計上しております。
      (5)  退職給付に係る会計処理の方法
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
         期間定額基準によっております。また、一部の連結子会社においては給付算定式基準によっております。
        ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          数理計算上の差異は、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として10年)による定額法に
         より発生時の翌連結会計年度から費用処理しております。
          過去勤務費用は、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として5年)による定額法により
         費用処理しております。
        ③小規模企業等における簡便法の採用
          一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
         を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (6)  重要なヘッジ会計の方法
         変動金利による借入金の利息の支払いについて、将来の金利変動リスク回避を目的として金利スワップ取引を、
        外貨建の仕入債務の支払いについて、為替の相場変動リスク軽減を目的として為替予約取引をそれぞれ利用してお
        り、原則として繰延ヘッジ処理によっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては
        特例処理、振当処理の要件を満たしている為替予約については振当処理によっております。
         為替予約については、ヘッジ対象の相場変動の累計とヘッジ手段の相場変動の累計とを比率分析する方法によ
        り、有効性の評価を行っております。なお、特例処理によっている金利スワップについては、ヘッジ手段のヘッジ
        対象に関する重要な条件が同一であるため、有効性の判定は省略しております。
      (7)  のれんの償却方法及び償却期間
         のれんの償却については、主として5年間の均等償却を行っております。
      (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
        び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3か月以内に償還期限
        の到来する短期投資からなっております。
      (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
        消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。ただし、資産に係る控除対象外消費税等は発
         生連結会計年度の期間費用としております。
        連結納税制度の適用
          当社及び一部の連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
                                  58/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (未適用の会計基準等)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日)
       「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日)
      (1)  概要
         収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。
          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
          ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日
         令和4年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響
         影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     (表示方法の変更)

     1.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更
       「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日。以下「税効果会計基準一
      部改正」という。)を当連結会計年度の期首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金
      負債は固定負債の区分に表示する方法に変更しております。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」が10,841百万円減少し、
      「投資その他の資産」の「繰延税金資産」が10,841百万円増加しております。また、「流動負債」の「繰延税金負債」
      が2百万円減少し、「固定負債」の「繰延税金負債」が2百万円増加しております。
       なお、同一納税主体の繰延税金資産と繰延税金負債を相殺して表示しており、変更前と比べて総資産が5,407百万円
      減少しております。
       また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係る会計基
      準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しております。ただ
      し、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定める経過的な取扱いに
      従って記載しておりません。
     2.連結損益計算書関係

       前連結会計年度において、「特別利益」の「その他」に含めていた「収用補償金」及び「特別損失」の「その他」に
      含めていた「収用等圧縮損」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方
      法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「特別利益」の「その他」に表示していた484百万円は、
      「収用補償金」136百万円、「その他」347百万円、「特別損失」の「その他」に表示していた1,517百万円は、「収用
      等圧縮損」117百万円、「その他」1,399百万円として組替えております。
                                  59/151








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (連結貸借対照表関係)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
                                   1,107,859     百万円             1,136,724     百万円
      ※2.工事負担金等の圧縮記帳累計額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
                                    227,701百万円                  230,488百万円
         収用等に係る資産の当期圧縮額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
                                      117百万円                 1,330百万円
      ※3.非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                  (平成31年3月31日)
     投資有価証券(株式)                               93,227百万円                  97,048百万円
      ※4.土地の再評価

         当社及び一部の連結子会社において、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づ
        き、事業用土地の再評価を行い、評価差額に係る税効果相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に
        計上し、これを控除した金額のうち、持分に相当する金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上してお
        ります。また一部の持分法適用関連会社において、事業用土地の再評価を行ったことに伴い計上された土地再評価
        差額金のうち、持分に相当する金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
         再評価の方法
           土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第3号に定める固定資産税
          評価額に基づき算出する方法、同条第4号に定める路線価に基づき算出する方法及び同条第5号に定める不動
          産鑑定士による鑑定評価額により算出する方法によっております。
         再評価を行った年月日
          平成12年3月31日、平成13年12月31日、平成14年3月31日
                                  60/151









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      ※5.担保資産及び担保付債務
         担保に供している資産は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     建物及び構築物                             373,277百万円                 333,533百万円
     機械装置及び運搬具                              27,674百万円                 24,911百万円
     土地                             383,365百万円                 273,627百万円
     無形固定資産(その他)                              3,130百万円                 3,755百万円
     投資有価証券                              2,004百万円                 1,640百万円
     その他                              2,321百万円                 2,258百万円
               計                    791,774百万円                 639,726百万円
     (注)なお、建物及び構築物、機械装置及び運搬具、土地、無形固定資産(その他)及びその他には鉄軌道財団分を前連
       結会計年度において687,611百万円、当連結会計年度において539,432百万円含んでおります。
         上記資産を担保としている債務は次のとおりであります。(長期借入金には1年以内返済分を含んでおりま

        す。)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (平成30年3月31日)                 (平成31年3月31日)
     短期借入金                                757百万円                 831百万円
     長期借入金                             120,226百万円                 116,411百万円
     (うち財団抵当)                             (94,567百万円)                 (97,535百万円)
     その他                                289百万円                 226百万円
               計                    121,273百万円                 117,469百万円
       6.偶発債務

         保証債務(保証予約を含む。)
             前連結会計年度                                 当連結会計年度
           (平成30年3月31日)                                 (平成31年3月31日)
     従業員(住宅融資)               1,562百万円                  従業員(住宅融資)               1,328百万円
     その他8社                998百万円                 その他6社                853百万円
            計         2,560百万円                        計         2,182百万円
                                  61/151










                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (連結損益計算書関係)
      ※1.引当金繰入額及び退職給付費用は次のとおりであります。
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 平成29年4月1日                    (自 平成30年4月1日
                          至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
     賞与引当金                             11,144百万円                    11,260百万円
     貸倒引当金                              149百万円                    107百万円
     退職給付費用                             7,730百万円                    4,603百万円
      ※2.通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額は次のとおりであります。

                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 平成29年4月1日                    (自 平成30年4月1日
                          至 平成30年3月31日)                      至 平成31年3月31日)
                                  1,369   百万円                 1,104   百万円
      ※3.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 平成29年4月1日                    (自 平成30年4月1日
                          至 平成30年3月31日)                      至 平成31年3月31日)
     人件費                             78,904   百万円                 81,239   百万円
     諸経費                             65,796   百万円                 63,654   百万円
      ※4.事業用固定資産の一部譲渡であり、内訳は次のとおりであります。

                           前連結会計年度                    当連結会計年度
                         (自 平成29年4月1日                    (自 平成30年4月1日
                          至 平成30年3月31日)                    至 平成31年3月31日)
     固定資産売却益
      土地・建物ほか                             503百万円                    274百万円
     固定資産売却損
      土地・建物ほか                              72百万円                   111百万円
                                  62/151











                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      ※5.減損損失
        前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
         以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
         ①  減損損失を認識した主な資産グループ
          主な用途               種類              場所              金額
      百貨店店舗              建物及び構築物、土地等              奈良県生駒市                    2,634百万円
      レジャー施設              建物及び構築物、土地等              三重県志摩市                    2,175百万円
      賃貸ビル等              建物及び構築物、土地等              大阪府大阪市ほか                    3,714百万円
                         合計                             8,524百万円
         ②  減損損失の認識に至った経緯
           当初想定していた収益を見込めなくなったことや時価の著しい下落が認められたことなどにより減損損失
          を認識しております。
         ③  減損損失の金額
           建物及び構築物                  1,748   百万円
           機械装置及び運搬具                   266  百万円
           土地                  5,810   百万円
           無形固定資産                   49 百万円
           その他                   649  百万円
                  計           8,524   百万円
         ④  資産をグルーピングした方法
           管理会計上の区分を基準に事業ごと又は物件・店舗ごとに資産のグルーピングを行っております。
         ⑤  回収可能価額の算定方法
           資産グループごとの回収可能価額は正味売却価額又は使用価値により測定しております。正味売却価額に
          より測定している場合には、不動産鑑定評価等により算定しております。また使用価値により測定している
          場合には、将来キャッシュ・フローを1.5%で割り引いて算定しております。
        当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

         以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
         ①  減損損失を認識した主な資産グループ
          主な用途               種類              場所              金額
      事業用土地              土地              奈良県生駒郡ほか                    4,103百万円
      旅行業事業資産              無形固定資産等              群馬県館林市ほか                    1,566百万円
      ゴルフ場施設等              建物及び構築物、土地等              奈良県吉野郡ほか                    2,261百万円
                         合計                             7,931百万円
         ②  減損損失の認識に至った経緯
           当初想定していた収益を見込めなくなったことや時価の著しい下落が認められたことなどにより減損損失
          を認識しております。
         ③  減損損失の金額
           建物及び構築物                  1,117   百万円
           機械装置及び運搬具                    0 百万円
           土地                  4,565   百万円
           無形固定資産                  1,396   百万円
           その他                   850  百万円
                  計           7,931   百万円
         ④  資産をグルーピングした方法
           管理会計上の区分を基準に事業ごと又は物件・店舗ごとに資産のグルーピングを行っております。
         ⑤  回収可能価額の算定方法
           資産グループごとの回収可能価額は正味売却価額又は使用価値により測定しております。正味売却価額に
          より測定している場合には、不動産鑑定評価等により算定しております。また使用価値により測定している
          場合には、将来キャッシュ・フローを主として9.0%で割り引いて算定しております。
                                  63/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (連結包括利益計算書関係)
      ※1.その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
     その他有価証券評価差額金
      当期発生額                                  846百万円             △1,468百万円
      組替調整額                                 △18百万円                340百万円
       税効果調整前
                                        828百万円             △1,128百万円
       税効果額                               △261百万円                 409百万円
       その他有価証券評価差額金
                                        566百万円              △718百万円
     繰延ヘッジ損益
      当期発生額                               △1,395百万円                  307百万円
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                      △1,395百万円                  307百万円
       税効果額                                484百万円              △108百万円
       繰延ヘッジ損益
                                       △910百万円                 199百万円
     土地再評価差額金
       税効果額                               △505百万円              △2,508百万円
     為替換算調整勘定
      当期発生額                                △307百万円               △102百万円
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                       △307百万円               △102百万円
       税効果額                                 -               -
       為替換算調整勘定
                                       △307百万円               △102百万円
     退職給付に係る調整額
      当期発生額                                12,384百万円               △4,216百万円
      組替調整額                                  851百万円             △2,047百万円
       税効果調整前
                                      13,235百万円               △6,263百万円
       税効果額                              △4,037百万円                 1,910百万円
       退職給付に係る調整額
                                       9,198百万円              △4,353百万円
     持分法適用会社に対する持分相当額
      当期発生額                                △563百万円              △2,864百万円
      組替調整額                                 △56百万円               △89百万円
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       △619百万円              △2,954百万円
        その他の包括利益合計
                                       7,421百万円              △10,437百万円
                                  64/151








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                   株式数(千株)           株式数(千株)           株式数(千株)           株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                 1,906,620              -       1,715,958            190,662
     自己株式
      普通株式                   4,940            208          4,610            538
     (注)1.当社は、平成29年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。
        2.発行済株式における普通株式の減少株式数は、株式併合(1,715,958千株)によるものであります。
        3.自己株式における普通株式の増加株式数の主なものは、単元未満株式の買取り(株式併合前106千株                                                    株式併合
         後26千株)によるものであります。
        4.自己株式における普通株式の減少株式数の主なものは、株式併合(4,604千株)及び単元未満株式の売渡し
         (株式併合前5千株         株式併合後0千株)によるものであります。
      2.配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (百万円)          (円)
     平成29年6月22日
                普通株式            9,527          5.00   平成29年3月31日          平成29年6月23日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額       1株当たり配当額
         決議      株式の種類      配当の原資                         基準日        効力発生日
                            (百万円)         (円)
     平成30年6月22日
               普通株式     利益剰余金          9,525         50.00   平成30年3月31日         平成30年6月25日
     定時株主総会
      当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                  当連結会計年度期首           当連結会計年度増加           当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                   株式数(千株)           株式数(千株)           株式数(千株)           株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                  190,662             -           -        190,662
     自己株式
      普通株式                    538           24           0          561
     (注)1.自己株式における普通株式の増加株式数の主なものは、単元未満株式の買取り(15千株)によるものでありま
         す。
        2.自己株式における普通株式の減少株式数の主なものは、単元未満株式の売渡し(0千株)によるものでありま
         す。
                                  65/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      2.配当に関する事項
       (1)  配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
         決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (百万円)          (円)
     平成30年6月22日
                普通株式            9,525          50.00    平成30年3月31日          平成30年6月25日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                           配当金の総額       1株当たり配当額
         決議      株式の種類      配当の原資                         基準日        効力発生日
                            (百万円)         (円)
     令和元年6月13日
               普通株式     利益剰余金          9,524         50.00   平成31年3月31日         令和元年6月14日
     定時株主総会
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成29年4月1日                 (自 平成30年4月1日
                              至 平成30年3月31日)                 至 平成31年3月31日)
      現金及び預金勘定                              53,959   百万円              53,324   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △1,195    百万円             △1,235    百万円
      現金及び現金同等物                              52,763   百万円              52,089   百万円
                                  66/151













                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引
       (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       (1)  リース資産の内容
        ①  有形固定資産
          主として、鉄軌道事業における一部の車両(機械装置及び運搬具)であります。
        ②  無形固定資産
          ソフトウェアであります。
       (2)  リース資産の減価償却の方法
         「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4.会計方針に関する事項 (2)                                        重要な減価償却資産の
        減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      2.オペレーティング・リース取引

       (借主側)
        未経過リース料(解約不能のもの)
                                   (単位:百万円)
                   前連結会計年度              当連結会計年度
                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
     1年内                      124              476
     1年超                      241             6,688
     合計                      365             7,164
       (貸主側)

        未経過リース料(解約不能のもの)
                                   (単位:百万円)
                   前連結会計年度              当連結会計年度
                 (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
     1年内                      37              37
     1年超                     2,027              1,951
     合計                     2,065              1,989
      3.リース取引開始日が、平成20年3月31日以前の所有権移転外ファイナンス・リース取引については、通常の賃貸

       借取引に係る方法に準じた会計処理によっており、その内容は次のとおりであります。
       (借主側)
       (1)  リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度(平成30年3月31日)
                         取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
     機械装置及び運搬具                          7,900             6,646             1,253
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込
       み法によっております。
                                                    (単位:百万円)

                                当連結会計年度(平成31年3月31日)
                         取得価額相当額           減価償却累計額相当額              期末残高相当額
     機械装置及び運搬具                          5,235             4,724              510
     (注)取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込
       み法によっております。
                                  67/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
       (2)  未経過リース料期末残高相当額
                                           (単位:百万円)
                           前連結会計年度              当連結会計年度
                         (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
      1年内                            1,003               510
      1年超                             250               -
       合計                           1,253               510
     (注)未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が、有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いた
       め、支払利子込み法によっております。
       (3)  支払リース料及び減価償却費相当額

                                           (単位:百万円)
                           前連結会計年度              当連結会計年度
                        (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                         至 平成30年3月31日)              至 平成31年3月31日)
     支払リース料                              784              509
     減価償却費相当額                              784              509
       (4)  減価償却費相当額の算定方法

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
                                  68/151














                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)  金融商品に対する取組方針
          当社グループでは、一時的に発生した余裕資金を短期的な預金等に限定して運用しております。資金調達に関
         しては、主として銀行等金融機関からの借入及び社債の発行により行っております。また、デリバティブはリス
         クを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針です。
       (2)  金融商品の内容及びそのリスク
          受取手形及び売掛金は、通常の営業活動に伴い生じたものであり、顧客等の信用リスクに晒されております。
          投資有価証券は、主として業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりま
         す。
          支払手形及び買掛金並びに未払金は、短期間で決済されるものであり、このうち外貨建のものについては、為
         替の変動リスクに晒されておりますが、先物為替予約取引を利用してヘッジしております。
          借入金及び社債は、営業活動を行うための運転資金や設備投資資金であり、変動金利の借入金は、金利の変動
         リスクに晒されておりますが、金利スワップ取引を利用してヘッジしております。
          なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、
         「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項 4.会計方針に関する事項 (6)                                         重要なヘッジ会計の方
         法」を参照ください。
       (3)  金融商品に係るリスク管理体制
          受取手形及び売掛金に係る顧客の信用リスクを抑制するため、各営業部門において、取引先の状況を定期的に
         モニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理しております。
          投資有価証券に係る市場価格の変動リスクを抑制するため、当社及び連結子会社の経理部門において、定期的
         に市場価格を把握すること等を行っております。
          外貨建金銭債務等に係る為替の変動リスクを抑制するため、連結子会社の経理部門において、為替予約取引を
         実施して支払額の固定化を図っております。
          借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するため、当社及び連結子会社の経理部門において、金利スワップ
         取引を実施して支払利息の固定化を図っております。
          デリバティブ取引の実行及び管理は、当社及び連結子会社の経理部門に集中させております。また、金利ス
         ワップ取引については各社の取締役会の承認を得て行っており、連結子会社における先物為替予約取引について
         は為替変動リスク及びヘッジ取引の状況を四半期毎に当該子会社の経営会議に報告しております。
          なお、これらのデリバティブ取引の契約先は、いずれも信用度の高い金融機関であるため、相手先の債務不履
         行によるリスクはほとんど発生しないと認識しております。
       (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
         ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
         り、当該価額が変動することがあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデリバティブ取引
         に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
      2.金融商品の時価等に関する事項

        連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
       極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注)2を参照ください。)
        前連結会計年度(平成30年3月31日)

                              連結貸借対照表              時価           差額
                             計上額(百万円)             (百万円)           (百万円)
        (1)  現金及び預金
                                   53,959           53,959            -
        (2)  受取手形及び売掛金
                                   54,252           54,252            -
        (3)  投資有価証券(*1)(*3)
                                   17,381           17,410            29
                資産計                  125,592           125,622             29
        (1)  支払手形及び買掛金
                                   60,651           60,651            -
        (2)  短期借入金
                                  116,325           116,325             -
        (3)  未払金
                                   47,204           47,204            -
        (4)  社債(1年内償還予定を含む)
                                  311,080           310,255           △824
        (5)  長期借入金(1年内返済予定を含む)
                                  652,824           662,365           9,541
                負債計                 1,188,086           1,196,803            8,717
        デリバティブ取引(*2)                           (427)           (427)            -
         (*1)投資その他の資産の「その他」に含めて計上している供託中の投資有価証券(連結貸借対照表計上額 
           840百万円)を含んでおります。
         (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目
           については( )で示しております。
         (*3)関連会社株式は含めておりません。
                                  69/151



                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成31年3月31日)
                              連結貸借対照表              時価           差額
                             計上額(百万円)             (百万円)           (百万円)
        (1)  現金及び預金
                                   53,324           53,324            -
        (2)  受取手形及び売掛金
                                   58,158           58,158            -
        (3)  投資有価証券(*1)(*3)
                                   15,535           15,560            25
                資産計                  127,018           127,043             25
        (1)  支払手形及び買掛金
                                   57,886           57,886            -
        (2)  短期借入金
                                  105,495           105,495             -
        (3)  未払金
                                   55,026           55,026            -
        (4)  社債(1年内償還予定を含む)
                                  319,640           320,092            452
        (5)  長期借入金(1年内返済予定を含む)
                                  630,768           642,872           12,103
                負債計                 1,168,817           1,181,374            12,556
        デリバティブ取引(*2)                           (85)           (85)           -
         (*1)投資その他の資産の「その他」に含めて計上している供託中の投資有価証券(連結貸借対照表計上額 
           821百万円)を含んでおります。
         (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目
           については( )で示しております。
         (*3)関連会社株式は含めておりません。
      (注)1.金融商品の時価の算定方法及びデリバティブ取引に関する事項

       資産
       (1)  現金及び預金並びに(2)           受取手形及び売掛金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (3)  投資有価証券
          投資有価証券の時価については、株式は取引所の価格、満期保有目的の債券は市場価格によっております。な
         お、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
       負債
       (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金並びに(3)          未払金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (4)  社債
          社債の時価については、市場価格のあるものは市場価格に基づき、市場価格のないものは、元利金の合計額を
         当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引いて算定する方法によっております。
       (5)  長期借入金
          長期借入金の時価については、元利金の合計額を残存期間で同様の新規借入を行った場合に想定される利率で
         割り引いて算定する方法によっております。なお、変動金利による長期借入金のうち、特例処理の要件を満たし
         ている金利スワップ取引を行っているものについては、当該金利スワップと一体として処理された元利金の合計
         額を、同様の借入を行った場合に適用される合理的に見積られる利率で割り引いて算定する方法によっておりま
         す。ただし、金利スワップ取引を行っていない変動金利長期借入金については、金利が一定期間毎に更改される
         条件となっており、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       デリバティブ取引
          「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
      (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                         (単位:百万円)
                         前連結会計年度              当連結会計年度
              区分
                       (平成30年3月31日)              (平成31年3月31日)
            非上場株式                    5,193              5,277
            債券(社債)                     300              300
          上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)                                             投資有価証
         券」に含めておりません。
                                  70/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (注)3.金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                           (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
         現金及び預金                     53,959          -        -        -
         受取手形及び売掛金                     54,252          -        -        -
         投資有価証券
          満期保有目的の債券
           国債・地方債等                      24        482        351         -
           社債                      -        -        50        -
          その他有価証券のうち満期があ
          るもの
           社債                      -        -        -        300
                合計              108,235          482        401        300
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                           1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                           (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
         現金及び預金                     53,324          -        -        -
         受取手形及び売掛金                     58,158          -        -        -
         投資有価証券
          満期保有目的の債券
           国債・地方債等                      218        351        264         -
           社債                      -        -        50        -
          その他有価証券のうち満期があ
          るもの
           社債                      -        -        -        300
                合計              111,701          351        314        300
      (注)4.社債及び長期借入金の連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                 5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         社債              31,440      60,640      25,852      31,704      12,753      148,691
         長期借入金              127,534       92,796      67,529      61,381      46,182      257,399
             合計          158,974      153,436       93,381      93,085      58,935      406,090
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                                 5年超
                            2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
         社債              60,640      25,852      31,704      12,753      33,137      155,554
         長期借入金              103,122       78,365      72,387      54,258      27,397      295,237
             合計          163,762      104,217      104,091       67,011      60,534      450,791
                                  71/151





                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (有価証券関係)
     1.満期保有目的の債券
      前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                連結貸借対照表             時価          差額
                種類
                                計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
     時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
                                      840          870           29
         国債・地方債等
                小計
                                      840          870           29
     時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
         社債                             50          50          -
                小計
                                      50          50          -
                合計                     890          920           29
      当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                連結貸借対照表             時価          差額
                種類
                                計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
     時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
                                      821          846           25
         国債・地方債等
                小計                     821          846           25
     時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
                                      50          50          -
         社債
                小計
                                      50          50          -
                合計                     871          896           25
     2.その他有価証券

      前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                連結貸借対照表            取得価額           差額
                種類
                                計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
                                    15,536           6,276          9,260
         株式
                小計
                                    15,536           6,276          9,260
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
                                      953         1,252          △299
         株式
                小計
                                      953         1,252          △299
                合計                    16,490           7,529          8,960
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額5,193百万円)及び一部の債券(社債)(連結貸借対照表計上額300百万円)に
       ついては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」
       には含めておりません。
                                  72/151








                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(平成31年3月31日)
                                連結貸借対照表            取得価額           差額
                種類
                                計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
                                    14,073           6,164          7,909
         株式
                小計
                                    14,073           6,164          7,909
     連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
                                      590          701         △111
         株式
                小計
                                      590          701         △111
                合計                    14,663           6,865          7,798
     (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額5,277百万円)及び一部の債券(社債)(連結貸借対照表計上額300百万円)に
       ついては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」
       には含めておりません。
     3.当連結会計年度中に売却したその他有価証券

      前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
                      売却額             売却益の合計額               売却損の合計額
          種類
                      (百万円)               (百万円)               (百万円)
          株式                  361               213               -
      当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

                      売却額             売却益の合計額               売却損の合計額
          種類
                      (百万円)               (百万円)               (百万円)
          株式                  384               44              272
     4.減損処理を行った有価証券

      前連結会計年度(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日)
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       なお、減損にあたっては、時価が取得原価に比し50%以上下落した場合は、時価の回復可能性について合理的な反証

      がない限り減損処理を実施し、30%以上50%未満下落した場合は、時価の回収可能性の判定を行い減損処理の要否を決
      定しております。
                                  73/151









                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (デリバティブ取引関係)
      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        通貨関連
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                      契約額等のうち
                                契約額等                 時価      評価損益
           区  分           取引の種類                  1年超
                                (百万円)                (百万円)       (百万円)
                                       (百万円)
                    為替予約取引
                     買建
                                   593               △20       △20
                      米ドル                       -
       市場取引以外の取引
                                   100                △1       △1
                      ユーロ                       -
                                    -                -       -
                      その他                       -
                                   693               △21       △21
                  合計                           -
       (注)   時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しております。
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                      契約額等のうち
                                契約額等                 時価      評価損益
           区  分           取引の種類                  1年超
                                (百万円)                (百万円)       (百万円)
                                       (百万円)
                    為替予約取引
                     買建
                                  4,173                 43       43
                      米ドル                       -
       市場取引以外の取引
                                   882               △24       △24
                      ユーロ                       -
                                   809                △7       △7
                      豪ドル                       -
                                   955                 1       1
                      その他                       -
                                  6,820                 12       12
                  合計                           -
       (注)   時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しております。
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

       (1)  通貨関連
        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                             契約額等のうち
                                       契約額等
                                                        時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                 1年超
                                       (百万円)
                                                      (百万円)
                                              (百万円)
                    為替予約取引
                     買建
                                         13,150         1,706
                      米ドル                                   △346
       原則的処理方法                         買掛金
                      ユーロ                   7,416         1,106        91
                                         1,447          132
                      豪ドル                                    △65
                                         2,720           79
                      その他                                    △84
                    為替予約取引
                     買建
                                         1,684           -
                      米ドル
       為替予約等の振当処理                         買掛金                      (注)2
                                          590          -
                      ユーロ
                      豪ドル                     129          -
                                           91         -
                      その他
                                         27,232         3,025
                  合計                                       △405
       (注)1.時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しております。
          2.為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため、
           その時価は、当該買掛金の時価に含めて記載しております。
                                  74/151




                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度(平成31年3月31日)
                                             契約額等のうち
                                       契約額等
                                                        時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                 1年超
                                       (百万円)               (百万円)
                                              (百万円)
                    為替予約取引
                     買建
                                         9,822         1,268
                      米ドル                                     70
       原則的処理方法                         買掛金
                                         6,965          887
                      ユーロ                                   △150
                                          599          47
                      豪ドル                                    △6
                                         1,737           9
                      その他                                    △11
                    為替予約取引
                     買建
                                         5,173
                      米ドル                              -
       為替予約等の振当処理                         買掛金                      (注)2
                                         1,343
                      ユーロ                              -
                                          889
                      豪ドル                              -
                                         1,043
                      その他                              -
                                         27,573         2,211
                  合計                                        △98
       (注)1.時価の算定方法 取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しております。
          2.為替予約等の振当処理によるものは、ヘッジ対象とされている買掛金と一体として処理されているため、
           その時価は、当該買掛金の時価に含めて記載しております。
       (2)  金利関連

        前連結会計年度(平成30年3月31日)
                                             契約額等のうち
                                       契約額等
                                                       時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                  1年超
                                       (百万円)
                                                      (百万円)
                                              (百万円)
                    金利スワップ
                                        280,688        208,491
       金利スワップの特例処理             支払固定・          長期借入金                        (注)
                     受取変動
                                        280,688        208,491
                 合計
       (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
        当連結会計年度(平成31年3月31日)

                                             契約額等のうち
                                       契約額等
                                                       時価
         ヘッジ会計の方法             取引の種類        主なヘッジ対象                  1年超
                                       (百万円)
                                                      (百万円)
                                              (百万円)
                    金利スワップ
                                        222,787        172,687
       金利スワップの特例処理             支払固定・          長期借入金                        (注)
                     受取変動
                                        222,787        172,687
                 合計
       (注)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
         め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                  75/151






                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
     (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社グループでは、確定給付企業年金制度、退職一時金制度、中小企業退職金共済制度及び確定拠出年金制度を導入
      しております。
       確定給付企業年金制度(積立型制度)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給しております。
       一部の確定給付企業年金制度には、退職給付信託が設定されております。退職一時金制度(積立型制度と非積立型制
      度と併存)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給しております。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債又
      は資産及び退職給付費用を計算しております。
     2.確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
        退職給付債務の期首残高                             116,124百万円               114,552百万円
         勤務費用                             4,697百万円               4,573百万円
         利息費用                              856百万円               847百万円
         数理計算上の差異の発生額                            △1,336百万円                △439百万円
         退職給付の支払額                            △5,963百万円               △5,746百万円
         過去勤務費用の発生額                              △42百万円                   -
         その他                              217百万円                   -
        退職給付債務の期末残高                             114,552百万円               113,789百万円
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
        年金資産の期首残高                             149,148百万円               162,943百万円
         期待運用収益                             2,726百万円               2,957百万円
         数理計算上の差異の発生額                             11,006百万円               △4,655百万円
         事業主からの拠出額                             5,659百万円               3,974百万円
         退職給付の支払額                            △5,596百万円               △5,443百万円
        年金資産の期末残高                             162,943百万円               159,776百万円
      (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                              2,914百万円               2,801百万円
         退職給付費用                              370百万円               407百万円
         退職給付の支払額                             △269百万円               △451百万円
         制度への拠出額                             △106百万円                △83百万円
         その他                             △108百万円                 28百万円
        退職給付に係る負債の期末残高                              2,801百万円               2,702百万円
                                  76/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資産
       の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
        積立型制度の退職給付債務                             111,188百万円               110,218百万円
        年金資産                            △164,870百万円               △161,530百万円
                                    △53,682百万円               △51,311百万円
        非積立型制度の退職給付債務                              8,093百万円               8,026百万円
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △45,589百万円               △43,284百万円
        退職給付に係る負債                              9,090百万円               9,110百万円

        退職給付に係る資産                             △54,680百万円               △52,395百万円
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △45,589百万円               △43,284百万円
     (注)簡便法を適用した制度を含みます。
      (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
        勤務費用                              4,697百万円               4,573百万円
        利息費用                               856百万円               847百万円
        期待運用収益                             △2,726百万円               △2,957百万円
        数理計算上の差異の費用処理額                              2,333百万円               △572百万円
        過去勤務費用の費用処理額                             △1,483百万円               △1,474百万円
        簡便法で計算した退職給付費用                               370百万円               407百万円
        確定給付制度に係る退職給付費用                              4,048百万円                824百万円
      (6)  退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 平成29年4月1日               (自 平成30年4月1日
                                 至 平成30年3月31日)               至 平成31年3月31日)
        過去勤務費用                             △1,440百万円               △1,474百万円
        数理計算上の差異                              14,676百万円               △4,789百万円
        合計                              13,235百万円               △6,263百万円
      (7)  退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
        未認識過去勤務費用                              4,044百万円               2,570百万円
        未認識数理計算上の差異                              8,750百万円               3,960百万円
        合計                              12,794百万円                6,530百万円
                                  77/151







                                                           EDINET提出書類
                                              近鉄グループホールディングス株式会社(E04102)
                                                            有価証券報告書
      (8)  年金資産に関する事項
       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (平成30年3月31日)               (平成31年3月31日)
        株式                                  42%               40%
        債券                                  26%               27%
        生命保険一般勘定                                  17%               18%
        現金及び預金                                  1%               2%
        その他                                  14%               13%
        合計                                 100%               100%
     (注)年金資産合計には、企業年金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度30%、当連結会計年度29%含ま
       れております。また、「その他」は主として短期金融資産であります。
       ②長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する多
        様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                  &n