株式会社エイチ・アイ・エス 四半期報告書 第39期第2四半期(平成31年2月1日-平成31年4月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第39期第2四半期(平成31年2月1日-平成31年4月30日)

提出日:

提出者:株式会社エイチ・アイ・エス

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年6月11日
      【四半期会計期間】                    第39期第2四半期(自 2019年2月1日 至 2019年4月30日)
      【会社名】                    株式会社エイチ・アイ・エス
      【英訳名】                    H.I.S.    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長兼社長 社長執行役員 
                         グループ最高経営責任者 澤田 秀雄
      【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号
      【電話番号】                    03(6388)0707
      【事務連絡者氏名】                    取締役 連結財務・経理担当 中谷 茂
      【最寄りの連絡場所】                    東京都新宿区西新宿六丁目8番1号(住友不動産新宿オークタワー)
      【電話番号】                    03(6388)0707
      【事務連絡者氏名】                    取締役 連結財務・経理担当 中谷 茂
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/24












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第38期           第39期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第38期
                              累計期間           累計期間
                               自2017年           自2018年           自2017年

                               11月1日           11月1日           11月1日
              会計期間
                               至2018年           至2019年           至2018年
                               4月30日           4月30日           10月31日
                     (百万円)             341,247           377,839           728,554
     売上高
                     (百万円)              7,849           8,874           19,499
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)              3,599           4,964           11,067
     (当期)純利益
                     (百万円)              4,475           4,178           11,606
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             108,802           115,961           115,641
     純資産額
                     (百万円)             465,249           570,336           516,468
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)             62.70           86.61           192.96
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             54.13           74.84           166.87
     期(当期)純利益金額
                      (%)             17.7           15.8           17.1
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             12,231           30,720           20,397
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 25,895          △ 34,806          △ 44,841
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             22,147           27,596           48,304
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             176,937           214,212           191,440
     (期末)残高
                               第38期           第39期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                               自2018年           自2019年

                               2月1日           2月1日
              会計期間
                               至2018年           至2019年
                               4月30日           4月30日
                                   40.13           45.49

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)を導入しており、エイチ・アイ・エス従業員
           持株会専用信託が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しており
           ます。そのため、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利
           益金額の算定にあたっては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定しており
           ます。
         4.第39期第1四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第38期第
           2四半期連結累計期間及び第38期連結会計年度の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理
           の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
                                  2/24


                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。なお、当第2四半期連結会計期間より、H.I.S.                                - RED  LABEL   VACATIONS     INC.を連結の範囲に
       含めております。
        また、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第一部 企業情報 第
       4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項 セグメント情報等」に記載のとおりであります。
                                  3/24



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)財政状態及び経営成績の状況

        ①   経営成績の状況
         当第2四半期連結累計期間における経営環境は、国際情勢においては、経済の不確実性や地政学的リスクが
        伴ったものの、国内においては、一部に弱さがみられた反面、雇用・所得環境の改善や各種の政策効果もあり、
        景気は緩やかに回復いたしました。
         このような環境の中、当社グループは、拡大している事業領域へ対応すべく体制の再編を行うとともに、働き
        方改革を推進し、「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」という企業理念のもと、
        旅行のみならず様々な事業を通じて、常に変化・発展し続ける企業として、世界の平和に貢献できる新しいビジ
        ネスモデルの構築を目指してまいりました。
         セグメント別の経営成績は次のとおりであります。なお、当連結会計年度より報告セグメント区分を変更して
        おり、以下の前年同期比較については、変更後のセグメント区分に組替えた数値と比較しております。詳細は、
        「第一部     企業情報     第4   経理の状況      1  四半期連結財務諸表          注記事項     セグメント情報等」をご参照ください。
        また、各セグメントの金額は、セグメント間取引を相殺消去する前の金額であります。
        (旅行事業)

          当第2四半期連結累計期間における旅行市場は、日本人出国者数においては、活況な旅行需要の継続と大型
         連休効果により、前年同期比109.9%の988万人と順調に推移しました。訪日外客数においては、伸び率は鈍化
         しているものの、査証条件の緩和効果などもあり、前年同期比104.2%の1,606万人となりました。(出典:日
         本政府観光局(JNTO))
          日本における旅行事業につきましては、大型連休を見据えた早期の商品展開が奏功し、ロング方面を中心に
         好調に推移いたしました。加えて、座席供給数が増加したグアムの回復や、東アジア情勢により低調だった韓
         国の復調、雪まつりシーズンの北海道や、新たに空港が開業した宮古島も牽引いたしました。また、キャンセ
         ル料を補償する新たなサービス「キャンセルサポート」を、業界で初めてリリースいたしました。2月からの
         サービスインですでにご加入件数10万件を突破しております。商品サイトも大幅にリニューアルしUI/UXの改善
         に取り組むなど、お客様目線でのサービス向上に努めました。訪日旅行においては、売上・取扱数は増加した
         ものの競争環境の悪化による低価格化が進んだことにより、収益面には課題が残りました。法人事業では、よ
         り専門性の高い提案を実現すべくイベント会社と業務提携するなど、引き続きMICE関連事業を強化いたしまし
         た。
          海外における旅行事業では、引き続き、活況な欧州旅行需要により「GROUP                                   MIKI   HOLDINGS     LIMITED」が好調
         に推移したことに加え、前第1四半期連結累計期間末に連結した「JONVIEW                                   CANADA    INC.」が、期初からの連結
         となったことにより、業績に大きく寄与いたしました。
          なお、当社グループの営業拠点数は、引き続き新規出店と統廃合を実施した結果、国内265拠点、海外69カ国
         157都市266拠点となりました。(2019年4月末日時点)
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           3,368億31百万円        (前年同期比      110.9%    )、営業利
         益は  62億1百万円      (同  146.8%    ) と、ともに過去最高         となりました。
                                  4/24






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (ハウステンボスグループ)
          ハウステンボスでは、「炎と光の王国」、「ハウステンボス大カーニバル仮面舞踏会」、「100万本の大
         チューリップ祭」などの人気イベントに加え、19世紀末の代表的アーティスト“ミュシャ”の作品を世界最多と
         なる約500点展示した「ミュシャ展」を初開催いたしました。3月からは、昨年春休み期間のお子様連れに人気
         を博した、ドラえもんコラボイベントに加え、新たに「しまじろうとまほうのゆうえんち」の展開を開始したほ
         か、「春の九州一花火大会」を実施し多くのお客様にご堪能いただきました。
          しかしながら入場者数は、海外客数の主要国において訪日マーケットが減少したこと、加えて、新規イベント
         が減少したことにより、前年同期比93.5%の1,304千人となりました。
          以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は                           136億89百万円       (前年同期比      90.9%   )、営業利益
         は、  26億80百万円      (同  70.6%   )となりました。
        (ホテル事業)

          旅行事業・ハウステンボスグループに続く第3の柱として強化を図っておりますホテル事業につきまして
         は、引き続き世界一の生産性を目指す「変なホテル」の展開を中心に進めており、2019年1月より福岡に1
         軒・大阪に2軒と西日本での展開を開始いたしました。変なホテルにおいては、軒数増加と通年寄与により順
         調に推移しているものの、ウォーターマークホテルの売却および開業費用の増加などの影響により、当第2四
         半期連結累計期間における売上高は                 62億5百万円      (前年同期比      99.4%   )、営業利益は       4億67百万円      (同
         65.6%   )、EBITDAベースでは10億44百万円(同75.3%)となりました。
        (九州産交グループ)

          九州産交グループでは、空港線など高速バスの輸送人員増加や整備事業の伸張などにより増収となったもの
         の、人件費などの売上原価増加の影響を受け、当第2四半期連結累計期間における売上高は                                          111億55百万円       (前
         年同期比    102.9%    )、営業利益は       2億97百万円      (同  85.2%   )となりました。また、桜町再開発事業につきまして
         は、2019年9月開業に向け工事は順調に進捗しております。
        ( エネルギー事業       )

          電力小売事業では、契約数の順調な増加と調達先の多様化による改善により、当第2四半期連結累計期間に
         おける売上高は       92億81百万円      (前年同期比178.8%)、営業利益は                 3億63百万円      (前年同期は営業損失3億73百
         万円)となりました。
         以上の結果、当第2四半期連結累計期間における経営成績は、売上高は過去最高の                                      3,778億39百万円        (前年同期

        比 110.7%    )、営業利益は       89億79百万円      (同  117.2%    )、経常利益は       88億74百万円      (同  113.0%    )、親会社株主に帰
        属する四半期純利益は          49億64百万円      (同  137.9%    )となりました。
        ②   財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ                                  538億68百万円増加         し、  5,703億36百
        万円  となりました。これは主に、有形固定資産の増加(前期末比369億52百万円増)、現金及び預金の増加(同
        236億82百万円増)によるものです。
         また、当第2四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末に比べ                                    535億48百万円増加         し、  4,543億
        75百万円    となりました。これは主に、借入金の増加(前期末比312億12百万円増)、旅行前受金の増加(同51億48
        百万円増)によるものです。
         当第2四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ                                  3億20百万円増加        し、  1,159億61百万
        円 となりました。これは主に、四半期純利益の計上等による利益剰余金の増加(前期末比31億73百万円増)があ
        る一方で、為替換算調整勘定の減少(同15億96百万円減)、非支配株主持分の減少(同8億55百万円減)による
        ものです。
                                  5/24





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (2)キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の残高は、2,142億12百万
        円となり、前連結会計年度末に比べ227億71百万円増加しました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動により資金は307億20百万円の増加(前第2四半期連結累計期間は122億31百万円の増加)となりま
         した。これは主に、税金等調整前四半期純利益(93億87百万円)、売上債権の減少(61億89百万円)、旅行前
         受金の増加(49億21百万円)、及び非資金項目である減価償却費(40億94百万円)、仕入債務の増加(13億41
         百万円)、利息及び配当金の受取額(9億23百万円)により増加したことによるものです。
          また、前第2四半期連結累計期間の増加は主に、税金等調整前四半期純利益(87億48百万円)、旅行前受金
         の増加(61億61百万円)、及び非資金項目である減価償却費(40億51百万円)により増加し、一方で法人税等
         の支払(48億80百万円)により資金が減少したことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動により資金は348億6百万円の減少(前第2四半期連結累計期間は258億95百万円の減少)となりま
         した。これは主に、有形及び無形固定資産の取得による支出(409億93百万円)により資金が減少し、一方で再
         開発事業による収入(96億78百万円)により資金が増加したことによるものです。
          また、前第2四半期連結累計期間の減少は主に、有形及び無形固定資産の取得による支出(190億57百万
         円)、投資有価証券の取得による支出(33億3百万円)、及び連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
         る支出(32億98百万円)により資金が減少したことによるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動により資金は275億96百万円の増加(前第2四半期連結累計期間は221億47百万円の増加)となりま
         した。これは主に、長・短借入れによる収入(1,294億78百万円)により資金が増加し、一方で長・短借入金の
         返済による支出(982億5百万円)、連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得による支出(16億99百万
         円)、及び配当金の支払(16億69百万円)により資金が減少したことによるものです。
          また、前第2四半期連結累計期間の増加は主に、新株予約権付社債の発行による収入(251億円(注))、
         長・短借入れによる収入(79億91百万円)により資金が増加し、一方で自己株式の取得による支出(50億
         円)、長・短借入金の返済による支出(35億46百万円)、及び配当金の支払(17億7百万円)により資金が減
         少したことによるものです。
         以上の結果、当第2四半期連結会計期間末における資金の残高は、前連結会計年度末に比べ227億71百万円増加

        した2,142億12百万円となりました。
         (注)発行収入から発行関連費用を差し引いた金額であります。

       (3)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結会計期間におきまして、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変
        更はありません。
       (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         該当事項はありません。
       (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
       (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当社グループの資金需要のうち主なものは、運転資金、設備投資及びM&Aであります。当社グループの資金の源
        泉は主として、営業活動によるキャッシュ・フロー、金融機関からの借入及び社債、転換社債型新株予約権付社
        債の発行による資金調達によっております。
                                  6/24



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (7)主要な設備
         当第2四半期連結累計期間に             おいて、新たに確定した重要な設備の取得計画は次のとおりであります。なお、
        金額には消費税等を含めておりま               せん。
        会社名事業所名               設備の内容              取得予定額             取得予定時期
                       本社事務所
          提出会社                            約300億円              2020年春
                      (東京都港区)
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間におきまして、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  7/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                      88,551,450

     普通株式
                                                      88,551,450

                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末              提出日現在発行数
                                         上場金融商品取引所名
                現在発行数(株)                (株)
        種類                                 又は登録認可金融商品              内容
                (2019年4月30日)             (2019年6月11日)              取引業協会名
                                         東京証券取引所
                     68,522,936             68,522,936                  (注)
     普通株式
                                         市場第一部
                     68,522,936             68,522,936           -          -
         計
      (注)権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
        年月日
                               (百万円)       (百万円)
                 (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
     2019年2月1日~
                     -   68,522,936            -     11,000          -      3,661
     2019年4月30日
                                  8/24









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2019年4月30日現在
                                                       発行済株式
                                                       (自己株式
                                                       を除く。)
                                                所有株式数
              氏名又は名称                       住所                 の総数に対
                                                 (千株)
                                                       する所有株
                                                       式数の割合
                                                        (%)
     澤田   秀雄                                          17,940       31.16

                             東京都渋谷区
                             東京都中央区晴海一丁目8-11                     6,340       11.01
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
                             東京都渋谷区松涛一丁目7-26                     3,458       6.01

     有限会社秀インター
                             東京都港区浜松町二丁目11-3                     2,634       4.58

     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                             240  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,   NY
     ザ  バンク    オブ   ニューヨーク       メロン
                             10286,    U.S.A.                  1,766       3.07
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営業部)                 (東京都港区港南二丁目15-1)
                             25  BANK   STREET,    CANARY     WHARF,
     ジェーピー      モルガン     チェース     バンク
                             LONDON,    E14  5JP,   UNITED    KINGDOM         1,155       2.01
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営業部)
                             (東京都港区港南二丁目15-1)
                             東京都中央区晴海一丁目8-12                     1,030       1.79
     資産管理サービス信託銀行株式会社
     行方   一正                                           1,022       1.78

                             埼玉県上尾市
     ステート     ストリート      バンク    アンド    トラスト       P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     カンパニー                        02101   U.S.A.
     (常任代理人       株式会社みずほ銀行決済営業部)
                                                    802      1.39
                             (東京都港区港南二丁目15-1)
     (常任代理人       香港上海銀行東京支店           カストディ
                             (東京都中央区日本橋三丁目11-1)
      業務部)
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT             ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
                             02111
                                                    763      1.33
     (常任代理人       香港上海銀行東京支店           カストディ
                             (東京都中央区日本橋三丁目11-1)
      業務部)
                                      -             36,915       64.11
                計
      (注)上記信託銀行の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は以下のとおりであります。
         日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社  6,340千株
         日本マスタートラスト信託銀行株式会社    2,634
         資産管理サービス信託銀行株式会社                      1,030
                                  9/24








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年4月30日現在
             区分              株式数(株)            議決権の数(個)               内容
                              -                 -       -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                         -                 -       -

     議決権制限株式(その他)                         -                 -       -

     完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式       10,943,400                -       -

     完全議決権株式(その他)                          57,537,100             575,371         -

                        普通株式
                                  42,436              -       -

     単元未満株式                   普通株式
                                68,522,936                -       -

     発行済株式総数
                              -               575,371         -

     総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の欄には、証券保管振替機構名義の失念株式が1,800株及
         び40株含まれております。また、「議決権の数」欄には、同機構名義の失念株式の完全議決権株式に係る議決権
         の数が18個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年4月30日現在
                                                    発行済株式総数
                           自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の        に対する所有株
       所有者の氏名
                 所有者の住所
                           株式数(株)         株式数(株)         合計(株)         式数の割合
        又は名称
                                                       (%)
                東京都新宿区西新
     株式会社エイチ・
                            10,943,400             -     10,943,400           15.97
                宿六丁目8-1
     アイ・エス
                    -         10,943,400             -     10,943,400           15.97
         計
      (注)上記のほか、信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship®)の信託財産として、エイチ・アイ・エス従
         業員持株会専用信託が保有している当社株式245,600株を、四半期連結財務諸表において自己株式として表示し
         ております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期報告書提出日までの役員の異動は、次のとおりであります。
       役職の異動
          新役名及び職名                  旧役名及び職名                 氏名        異動年月日
                        当社取締役      常務執行役員
     当社取締役      常務執行役員
                        連結人事、CS・ES、総務、CSR担当、
     連結人事、CS・ES、総務、CSR担当、                                      坂口 克彦        2019年3月1日
                        本社人事本部長、最高人事責任者
     最高人事責任者(CHO)
                        (CHO)
     取締役   常務執行役員
                        取締役   常務執行役員
     経営企画本部、関係会社管理本部、
                        経営企画本部、海外事業戦略本部、                    織田 正幸        2019年5月21日
     連結人事、本社人事本部、CS•ES、総
                        関係会社管理本部担当
     務、CSR担当、海外事業戦略本部長
                        取締役   常務執行役員

                        連結人事、CS・ES、総務、CSR担当、
     取締役   常務執行役員                                   坂口 克彦        2019年5月21日
                        最高人事責任者(CHO)
                                 10/24




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2019年2月1日から2019
       年4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年4月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/24

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年10月31日)              (2019年4月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         213,960              237,642
         現金及び預金
                                         44,376              38,299
         受取手形及び売掛金
                                          5,048              4,609
         営業未収入金
                                           89              -
         有価証券
                                         34,347              36,095
         旅行前払金
                                          2,423              2,269
         前払費用
                                          1,391              2,491
         短期貸付金
                                           196              774
         関係会社短期貸付金
                                          5,604              9,140
         未収入金
                                         12,942               8,280
         その他
                                          △ 451             △ 460
         貸倒引当金
         流動資産合計                                319,929              339,143
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                               19,663              26,521
          工具、器具及び備品(純額)                                6,163              6,337
                                         32,685              36,162
          土地
          リース資産(純額)                                3,025              3,060
                                         48,455              74,494
          建設仮勘定
                                          6,108              6,479
          その他(純額)
                                         116,102              153,054
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                          7,232              6,833
          のれん
                                         12,964              12,262
          その他
                                         20,196              19,095
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         15,895              17,347
          投資有価証券
                                          2,434              2,778
          関係会社株式
                                           179              121
          関係会社出資金
                                          4,479              3,335
          長期貸付金
                                          1,218              1,191
          関係会社長期貸付金
                                           551              569
          退職給付に係る資産
                                          7,061              7,632
          繰延税金資産
                                          9,125              10,608
          差入保証金
                                         19,050              15,169
          その他
                                          △ 190             △ 247
          貸倒引当金
                                         59,807              58,506
          投資その他の資産合計
                                         196,105              230,656
         固定資産合計
                                           432              536
       繰延資産
                                         516,468              570,336
       資産合計
                                 12/24






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2018年10月31日)              (2019年4月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         36,933              38,013
         営業未払金
                                         17,992              25,895
         短期借入金
                                         10,000              10,000
         1年内償還予定の社債
                                         20,033              20,013
         1年内償還予定の転換社債型新株予約権付社債
                                         11,008              26,872
         1年内返済予定の長期借入金
                                          3,704              5,566
         未払金
                                          3,643              3,812
         未払費用
                                          3,752              4,218
         未払法人税等
                                          1,019               780
         未払消費税等
                                         68,344              73,493
         旅行前受金
                                           935              771
         リース債務
                                          4,915              5,116
         賞与引当金
                                           177              115
         役員賞与引当金
                                          2,163              2,304
         関係会社整理損失引当金
                                         29,310              42,675
         その他
                                         213,932              259,650
         流動負債合計
       固定負債
                                         30,000              30,000
         社債
                                         25,108              25,099
         転換社債型新株予約権付社債
                                         113,309              120,754
         長期借入金
                                          5,556              5,169
         繰延税金負債
                                          7,036              7,215
         退職給付に係る負債
                                           343              374
         役員退職慰労引当金
                                          2,406              2,568
         リース債務
                                          3,133              3,542
         その他
                                         186,894              194,725
         固定負債合計
                                         400,826              454,375
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         11,000              11,000
         資本金
                                          3,451              3,392
         資本剰余金
                                         102,083              105,256
         利益剰余金
                                        △ 28,611             △ 28,484
         自己株式
                                         87,923              91,164
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           283              286
         その他有価証券評価差額金
                                           166               92
         繰延ヘッジ損益
                                          △ 97            △ 1,693
         為替換算調整勘定
                                          △ 49             △ 15
         退職給付に係る調整累計額
                                           304            △ 1,329
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    431               -
                                         26,982              26,126
       非支配株主持分
                                         115,641              115,961
       純資産合計
                                         516,468              570,336
      負債純資産合計
                                 13/24





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                 至 2018年4月30日)               至 2019年4月30日)
      売上高                                   341,247              377,839
                                        277,809              308,350
      売上原価
                                         63,438              69,488
      売上総利益
                                        ※ 55,779              ※ 60,509
      販売費及び一般管理費
                                         7,659              8,979
      営業利益
      営業外収益
                                           794              808
       受取利息
                                            0              11
       持分法による投資利益
                                         1,382               990
       その他
                                         2,177              1,810
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           276              363
       支払利息
       為替差損                                  1,308               241
                                           401             1,310
       その他
                                         1,986              1,915
       営業外費用合計
                                         7,849              8,874
      経常利益
      特別利益
                                         2,632                -
       固定資産売却益
                                           284               -
       退職給付制度改定益
                                           -              513
       新株予約権戻入益
                                         2,916               513
       特別利益合計
      特別損失
                                           330               -
       投資有価証券評価損
                                         1,687                -
       関係会社債権放棄損
                                         2,018                -
       特別損失合計
                                         8,748              9,387
      税金等調整前四半期純利益
                                         4,025              3,350
      法人税等
                                         4,722              6,036
      四半期純利益
                                         1,122              1,072
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         3,599              4,964
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 14/24









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                 至 2018年4月30日)               至 2019年4月30日)
                                         4,722              6,036
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           152               1
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 318              △ 73
       繰延ヘッジ損益
                                          △ 13            △ 1,829
       為替換算調整勘定
                                          △ 73              49
       退職給付に係る調整額
                                            ▶             △ 5
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         △ 247            △ 1,858
       その他の包括利益合計
                                         4,475              4,178
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         3,312              3,330
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,162               848
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/24















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                 至 2018年4月30日)               至 2019年4月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         8,748              9,387
       税金等調整前四半期純利益
                                         4,051              4,094
       減価償却費
                                           360              455
       のれん償却額
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 290              195
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 80             △ 60
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 6             243
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  △ 569               30
                                         △ 843             △ 928
       受取利息及び受取配当金
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 0             △ 11
       為替差損益(△は益)                                  1,568               571
                                           276              363
       支払利息
       有形固定資産売却損益(△は益)                                 △ 2,632                -
       投資有価証券評価損益(△は益)                                   330               -
                                           -             △ 513
       新株予約権戻入益
       退職給付制度改定益                                  △ 284               -
                                         1,687                -
       関係会社債権放棄損
       その他の損益(△は益)                                    59              408
       売上債権の増減額(△は増加)                                   642             6,189
       旅行前払金の増減額(△は増加)                                 △ 4,674             △ 1,701
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,430              3,588
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  8,060              1,341
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                    81             △ 160
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 7,063               162
       旅行前受金の増減額(△は減少)                                  6,161              4,921
                                         5,300              5,384
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                         16,454              33,963
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   934              923
                                         △ 277             △ 330
       利息の支払額
                                        △ 4,880             △ 3,836
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                         12,231              30,720
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 20,389             △ 16,798
       定期預金の預入による支出
                                         18,964              16,025
       定期預金の払戻による収入
                                           -              74
       有価証券の償還による収入
                                        △ 19,057             △ 40,993
       有形及び無形固定資産の取得による支出
                                         3,578               169
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 3,303             △ 2,994
       投資有価証券の取得による支出
                                           736             1,334
       投資有価証券の売却による収入
                                         △ 117             △ 708
       関係会社株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        △ 3,298                -
       支出
                                        △ 2,539              △ 774
       貸付けによる支出
                                         1,281               176
       貸付金の回収による収入
                                        △ 1,001             △ 1,695
       差入保証金の差入による支出
                                           323              257
       差入保証金の回収による収入
                                           -             9,678
       再開発事業による収入
                                        △ 1,071              1,442
       その他
                                        △ 25,895             △ 34,806
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 16/24




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                 至 2018年4月30日)               至 2019年4月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         7,841             105,278
       短期借入れによる収入
                                        △ 2,169             △ 97,315
       短期借入金の返済による支出
                                           150             24,200
       長期借入れによる収入
                                        △ 1,376              △ 890
       長期借入金の返済による支出
                                        △ 5,000                -
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,707             △ 1,669
       配当金の支払額
                                         25,100                -
       新株予約権付社債の発行による収入
                                         △ 462             △ 405
       非支配株主への配当金の支払額
                                           14              325
       非支配株主からの払込みによる収入
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -            △ 1,699
       よる支出
                                         △ 242             △ 226
       その他
                                         22,147              27,596
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 215            △ 1,102
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    8,267              22,406
                                        168,659              191,440
      現金及び現金同等物の期首残高
      連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の増減
                                           10              365
      額(△は減少)
                                        ※ 176,937              ※ 214,212
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/24













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          当第2四半期連結会計期間より、H.I.S.                   - RED  LABEL   VACATIONS     INC.を連結の範囲に含めております。
        (会計方針の変更)

         (IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用)
          当社グループのIFRS適用子会社は、第1四半期連結会計期間よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収
         益」を適用しております。当該会計基準の適用が四半期連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第2四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税金等調整前当期純利益に対する税
         効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税金等調整前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算し
         ております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  平成30年2月16日)等を第1四半期連
         結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
         負債の区分に表示しております。
        (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                         前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                          (自 2017年11月1日                  (自 2018年11月1日
                           至 2018年4月30日)                    至 2019年4月30日)
     給与手当                             20,740   百万円               21,787   百万円
     賞与引当金繰入額                              3,220                  4,550
     役員賞与引当金繰入額                               82                  117
     退職給付費用                               296                  465
     役員退職慰労引当金繰入額                               27                  30
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおり
      であります。
                           前第2四半期連結累計期間                   当第2四半期連結累計期間

                            (自 2017年11月1日                  (自 2018年11月1日
                             至 2018年4月30日)                    至 2019年4月30日)
                                   201,387                  237,642
     現金及び預金勘定                                 百万円                  百万円
                                  △24,449                  △23,430
     預入期間が3か月を超える定期預金
                                   176,937                  214,212
     現金及び現金同等物
                                 18/24







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年11月1日 至 2018年4月30日)
          1.配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                              配当額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
      (決議)                        (円)
       2018年1月25日
                          1,707      29.00
                普通株式                    2017年10月31日         2018年1月26日         利益剰余金
       定時株主総会
          2.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、2017年10月31日付取締役会決議に基づき、当第2四半期連結累計期間に自己株式を4,999百万円取
          得いたしました。当該決議に基づく自己株式の取得につきましては、2017年12月12日をもって終了しておりま
          す。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年11月1日 至 2019年4月30日)

          配当に関する事項
           配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                              配当額
                株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)
      (決議)                        (円)
       2019年1月25日
                          1,669      29.00
                普通株式                    2018年10月31日         2019年1月28日         利益剰余金
       定時株主総会
                                 19/24













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2017年11月1日 至 2018年4月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                                                         四半期
                         報告セグメント
                                                        連結損益
                                           その他         調整額
                                                合計         計算書
                    ハウス
                             九州産交    エネルギー          (注)1         (注)2
                                                         計上額
              旅行事業     テンボス    ホテル事業                計
                             グループ      事業
                                                        (注)3
                   グループ
     売上高
     外部顧客への売上高          302,900     14,158     5,765    10,842     5,152    338,819      2,427    341,247       -  341,247
     セグメント間の内部
                 787     903     474      2    38   2,207      315    2,523    △ 2,523      -
     売上高又は振替高
         計       303,688     15,062     6,240    10,845     5,190    341,027      2,743    343,770    △ 2,523    341,247
      セグメント利益
                4,224     3,794      713     349    △ 373    8,709      40   8,749    △ 1,090     7,659
      又は損失(△)
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、損害保険事業および不動産事業
           等であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△1,090百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用で
           あり、その内容は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4  .報告セグメントごとのEBITDAは次のとおりです。
                                              (単位:百万円)
                          ハウス
                                   九州産交    エネルギー
                    旅行事業     テンボス     ホテル事業               その他     合計
                                   グループ      事業
                         グループ
          セグメント利益
                      4,224     3,794      713     349    △373      40   8,749
          又は損失(△)
          減価償却費
                      1,893      960     673     455     11    203    4,197
          及びのれん償却費
          EBITDA(※)            6,117     4,755     1,386      805    △361      243   12,947
          (※)EBITDAは、セグメント利益又は損失(△)に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値です。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              重要な変動はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              「旅行事業」において、連結子会社であるJONVIEW                        CANADA    INC.の株式を取得したことにより、暫定
              的に算出したのれん3,088百万円を計上しておりましたが、第1四半期連結会計期間に取得原価の配
              分が完了し、1,342百万円に修正しております。
             (重要な負ののれん発生益)

              重要な負ののれん発生益はありません。
                                 20/24






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2018年11月1日 至 2019年4月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:百万円)
                         報告セグメント                                四半期
                                                        連結損益
                                           その他         調整額
                                                合計         計算書
                    ハウス
                                           (注)1         (注)2
                             九州産交    エネルギー
                                                         計上額
              旅行事業     テンボス    ホテル事業                計
                             グループ      事業
                   グループ                                     (注)3
     売上高
     外部顧客への売上高
               335,796     12,792     5,769    11,144     9,214    374,717      3,121    377,839       -  377,839
     セグメント間の内部
                1,034      896     436     11     66   2,445      311    2,757    △ 2,757      -
     売上高又は振替高
         計       336,831     13,689     6,205    11,155     9,281    377,163      3,433    380,596    △ 2,757    377,839
      セグメント利益          6,201     2,680      467     297     363   10,011      226   10,238    △ 1,259     8,979
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、損害保険事業および不動産事業
           等であります。
         2.セグメント利益の調整額△1,259百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、その内容
           は、主に報告セグメントに帰属しない親会社の本社管理部門に係る費用であります。
         3.セグメント利益         は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.報告セグメントごとのEBITDAは次のとおりです。
                                              (単位:百万円)
                          ハウス
                                   九州産交    エネルギー
                    旅行事業     テンボス     ホテル事業               その他     合計
                                   グループ      事業
                         グループ
          セグメント利益            6,201     2,680      467     297     363     226   10,238
          減価償却費
                      1,843     1,044      576     452     35    242    4,194
          及びのれん償却費
          EBITDA(※)            8,045     3,724     1,044      750     399     468   14,433
          (※)EBITDAは、セグメント利益に減価償却費及びのれん償却費を加えた数値です。
           2.報告セグメントの変更等に関する事項

             当社グループは、現在、宮城県角田市にバイオマス発電所を建設するなど、エネルギー事業の拡大を
            図っており、当連結会計年度より、「エネルギー事業」セグメントを追加することといたしました。これ
            に伴い、HTBエナジー株式会社を「ハウステンボスグループ」から「エネルギー事業」に変更し、
            H.I.S.エネルギーホールディングス株式会社、H.                       I.  S.  SUPER電力株式会社およびH.             I.  S.  SUPER電力合
            同会社を「その他」の区分から「エネルギー事業」に変更しております。
             また、当連結会計年度において、当社がハウステンボス・技術センター株式会社の株式を取得したこと
            に伴い、同社及びその子会社である西日本エンジニアリング株式会社を「ハウステンボスグループ」から
            「その他」の区分に         変更しております。なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の
            報告セグメント区分に基づき作成したものを記載しております。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             (固定資産に係る重要な減損損失)
              重要な変動はありません。
             (のれんの金額の重要な変動)

              重要な変動はありません
             (重要な負ののれん発生益)

              重要な負ののれん発生益はありません。
                                 21/24




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
          (比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し)
           2017年11月30日に行われたJONVIEW                 CANADA    INC.との企業結合について、前連結会計年度において暫定的な
          会計処理を行っておりましたが、第1四半期連結会計期間に確定しております。
           この暫定的な会計処理の確定に伴い、当第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情報
          において取得原価の当初配分額の見直しが反映されており、のれんの金額                                  を 3,088百万円から1,342百万円に変
          更しております。また、前連結会計年度末は、無形資産が2,168百万円、繰延税金負債が594百万円それぞれ増
          加しております。
           なお、前第2四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書に与える影響は軽微であります。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基
         礎は、以下のとおりであります。
                                  前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                  (自 2017年11月1日              (自 2018年11月1日
                                   至 2018年4月30日)               至 2019年4月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                    62円70銭              86円61銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)                                    3,599              4,964

       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -              -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益金
                                           3,599              4,964
       額(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                   57,418              57,316
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                    54円13銭              74円84銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                    △18              △19

       (うち受取利息(税額相当額控除後)(百万円))                                   (△18)              (△19)

       普通株式増加数(千株)                                    8,733              8,748

       (うち転換社債(千株))                                   (8,733)              (8,748)

      (注)1.     当社は、    信託型従業員持株インセンティブ・プラン(E-Ship                       ®)  を導入しており、エイチ・アイ・エス従業員
          持株会専用信託が所有する当社株式については、四半期連結財務諸表において自己株式として計上しておりま
          す。そのため、第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期
          純利益金額の算定にあたっては、当該株式数を自己株式に含めて「普通株式の期中平均株式数」を算定してお
          ります。(前第2四半期連結累計期間341千株、当第2四半期連結累計期間259千株)
         2.前第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
          は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な
          見直しが反映された後の金額により算定しております。
      2【その他】

        該当  事項はありません。
                                 22/24





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 23/24




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社エイチ・アイ・エス(E04358)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年6月10日

     株式会社エイチ・アイ・エス

      取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              久世  浩一          印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              朽木  利宏          印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エイ

     チ・アイ・エスの2018年11月1日から2019年10月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2019年2月1日か
     ら2019年4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年11月1日から2019年4月30日まで)に係る四半期連結財務
     諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
     フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エイチ・アイ・エス及び連結子会社の2019年4月30日現在の
     財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
     ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                 24/24



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。