ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited) 四半期報告書 第16期第1四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第16期第1四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年5月14日
      【四半期会計期間】                    第16期第1四半期(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    ビート・ホールディングス・リミテッド
                         (Beat    Holdings     Limited)
      【代表者の役職氏名】                    最高経営責任者  レン・イー・ハン
                         (Lian    Yih  Hann,   Chief   Executive     Officer)
      【本店の所在の場所】                    ケイマン諸島、KY1-1111、グランドケイマン、私書箱2681、ハッチンスドラ
                         イブ、クリケットスクウェア
                         (Cricket     Square,    Hutchins     Drive,    P.O.   Box  2681,   Grand   Cayman,    KY1-
                         1111,   Cayman    Islands)
      【代理人の氏名又は名称】                    弁護士  神谷 光弘
      【代理人の住所又は所在地】                    東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー21階
                         スキャデン・アープス法律事務所
      【電話番号】                    03-3568-2600
      【事務連絡者氏名】                    弁護士  神谷 光弘、熊木 明
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー21階
                         スキャデン・アープス法律事務所
      【電話番号】                    03-3568-2600
      【事務連絡者氏名】                    弁護士  神谷 光弘、熊木 明
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注1)

       本書において使用する下記の語句は、異なる記載がないか又は文脈上、別途必要でない限り、それぞれ以下の意味を
       有するものとします。
      ・ 「当社」又は「提出会社」とは、ビート・ホールディングス・リミテッドをいいます。
      ・ 「金融商品取引法」とは、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含む。)をいいます。
      ・ 「香港ドル」とは、香港特別行政区の法定通貨である香港ドルをいいます。
      ・ 「香港」とは、香港特別行政区をいいます。
      ・ 「IFRS」とは、国際財務報告基準委員会が発行した国際財務報告基準をいいます。
      ・ 「日本GAAP」とは、日本において一般に公正妥当と認められる会計原則をいいます。
      ・ 「日本円」とは、日本国の法定通貨である日本円をいいます。
      ・ 「米ドル」とは、アメリカ合衆国の法定通貨である米ドルをいいます。
      ・ 「当社グループ」とは、当社及びその連結子会社をいいます。
                                  1/24






                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
      (注2)
       当社グループの財務諸表の米ドルと日本円との換算は、便宜上、四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関す
       る規則第88条の規定に基づき、2019年3月29日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値である1米
       ドル=110.99円で行われております。なお、当該円換算額は、単に便宜上の表示を目的としており、米ドルで表示さ
       れた金額が上記の相場で実際に円に換算されることを意味するものではありません。
       当社グループの財務諸表の米ドルと香港ドルとの換算については、1米ドル=7.80香港ドルの外国為替交換レートを
       使用しております。
      (注3)

       本書中の表の計数が四捨五入されている場合、合計は計数の和と一致しないことがあります。
                                  2/24

















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【本国における法制等の概要】

       当第1四半期連結会計期間中、当社の属する国・州等における会社制度、当社の定款等に規定する制度、外国為替管

      理制度及び課税上の取扱いにつき、重要な変更はありませんでした。
                                  3/24


















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第2【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】

                               第15期           第16期
                              第1四半期           第1四半期
               回次                                       第15期
                              連結累計           連結累計
                               期間           期間
                              自 2018年           自 2019年           自 2018年

                               1月1日           1月1日           1月1日
              会計期間
                              至 2018年           至 2019年           至 2018年
                               3月31日           3月31日           12月31日
                     (千米ドル)              2,446           1,881           12,152
     売上高
                     (百万円)              (271)           (209)          (1,349)
                     (千米ドル)             △1,191           △1,165           △5,700
     経常損失(△)
                     (百万円)             (△132)           (△129)           (△633)
                     (千米ドル)            △11,811            △1,084           △16,462
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純損失(△)
                     (百万円)            (△1,311)            (△120)          (△1,827)
                     (千米ドル)            △11,732            △1,137           △16,260
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)            (△1,302)            (△126)          (△1,805)
                     (千米ドル)              6,498           10,355           11,512
     純資産額
                     (百万円)              (721)          (1,149)           (1,278)
                     (千米ドル)             16,493           19,475           21,154
     総資産額
                     (百万円)             (1,831)           (2,162)           (2,348)
                     (米ドル)             △0.74           △0.03           △0.72
     1株当たり四半期(当期)純損
     失(△)
                      (円)           (△82.13)            (△3.33)           (△79.91)
                     (米ドル)               -           -           -
     潜在株式調整後1株当たり四半
     期(当期)純利益                 (円)             (-)           (-)           (-)
                      (%)             20.1           36.9           39.1
     自己資本比率
                     (千米ドル)              △379           △781          △2,786
     EBITDA
                     (百万円)             (△42)           (△87)           (△309)
      (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3 第15期第1四半期連結累計期間、第16期第1四半期連結累計期間及び第15期の潜在株式調整後1株当たり四
           半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しておりますが、四半期純損失を計上しているため記載し
           ておりません。
         4 当社グループの連結財務諸表は、米ドルで表示されております。「円」で表示されている金額は、四半期財
           務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則第88条の規定に基づき、2019年3月29日現在の株式会社三
           菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値である1米ドル=110.99円で換算された金額です。なお、当該円換
           算額は、単に便宜上の表示を目的としており、米ドルで表示された金額が上記の相場で実際に円に換算され
           ることを意味するものではありません。
         5 当社グループは、日本GAAPに準拠して作成された当社グループの財務諸表に関して、EBITDAを、営業損益に
           減価償却費及びのれん償却額を加えたものと定義しております。当社グループは、EBITDAが当社グループの
           経営成績の重要な尺度であると考えているため、主要な経営指標として提示しております。EBITDAは日本
           GAAPによる測定法ではなく、また、適用可能な一般に認められた会計原則に従い作成された収入又はキャッ
           シュ・フロー計算書のデータと分離して、若しくはそれらの代わりとして考慮することはできません。
           EBITDAを計算する際に除外された事項(減価償却費及びのれん償却額等)は、当社の業績を理解し、評価す
           る際の重要な要素であると理解されております。
         6 本書に記載される当社グループの開示書類は、日本の開示規則に従い、かつ、日本GAAPに準拠して作成され
           ております。また、国際財務報告基準(IFRS)に従う財務諸表も、当社の過去の習慣に従い、国際投資家の
           ために作成されております。当社グループに適用される日本GAAPとIFRSの重要な差異として、株式交付費、
           上場関連費用の会計処理、のれんの償却並びに株式報酬等に関連するものが挙げられます。
                                  4/24



                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当社は、ウェルネス・サービス、ヘルスケア・ウェアラブル端末のデザイン及び製造、並びに知的財産権のライセ
       ンシング事業を行っております。また子会社のGINSMS                         Inc.(以下「GINSMS」といいます。トロント・ベンチャー証
       券取引所に上場、TSXV:GOK)を通じてモバイル・メッセージング・サービス並びにソフトウェア製品及びサービス
       を 提供しています。また、当社は、2018年10月より、当社が新株予約権の行使により調達した資金の範囲内で、新規
       事業として、所有あるいはライセンスを受けている知的財産権及び技術を利用した健康医療分野エコシステム運営ソ
       フトウェアを含むブロックチェーン技術に基づくアプリケーションと暗号メッセンジャー及び財布機能の開発を行っ
       ていますが、近時の当社の株価の低迷により、2018年12月から2019年3月の間、当社は新株予約権の行使により資金
       を調達できていないため、現在、新規事業の計画の見直しを行っております。具体的には、開発に係るスケジュール
       を遅らせることや費用を削減することなどを検討しております。当該計画の見直しの内容は確定次第お知らせいたし
       ます。
        当社グループが提供する主要なサービスの概要は、以下のとおりです。

        ヘルスケア事業

         ヘルスケア事業は、当社の連結子会社であるActivate                          Interactive      Pte.   Ltd.(以下「Activate」といいま
        す。)を通して、モバイルの分野において、ウェルネス・サービス、ヘルスケア・ウェアラブル端末、センサー、
        メディカル情報、データ分析を提供しております。
        ライセンシング事業

         ライセンシング事業は、モバイル機器やアプリケーションに関連した知的財産権及びその他の権利のライセンシ
        ング・サービスを提供しております。ライセンシング事業のオペレーションは、当社の完全子会社であり連結子会
        社である新華モバイル・リミテッド(以下「新華モバイル」といいます。)及びその完全子会社である新華モバイ
        ル(香港)リミテッド(以下「新華モバイル(香港)」といいます。)により行われております。
        メッセージング事業

         メッセージング事業は、当社の連結子会社であるGINSMSを通して、A2Pメッセージング・サービス及びソフト
        ウェアの製品・サービスの分野においてサービスを提供しております。
                                  5/24











                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第3【事業の状況】
      1【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」から重要な変更
       があった事項は以下の通りであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものです。
        ●当社の経営及び事業の継続性に関するリスク

          当社グループは、当第1四半期連結累計期間において、前連結会計年度から引き続き営業損失1,299千米ドル
         (144百万円)、及び親会社株主に帰属する四半期純損失1,084千米ドル(120百万円)を計上しております。
          2017年度第3四半期に、Activateが当社グループの連結子会社となってから同社の売上高を連結し、また、新
         華モバイル及び新華モバイル(香港)によるライセンシング事業に伴う売上高も連結しておりますが、営業費用
         が依然として高いこと、そして、ライセンシング事業は、前年度から続き当第1四半期連結累計期間において売
         上がなかったことから、当社グループは当第1四半期連結累計期間においても継続して営業損失を計上しており
         ます。また、当社グループのキャッシュ・フローは非常に厳しいため、引き続き既存の借入金を返済するための
         資金が不足しております。これらの状況により継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存
         在しております。
          GINSMSは現在、A2Pメッセージング・サービスにフォーカスしております。GINSMSの事業は、成長してきまし
         たが、主要な顧客の喪失により2018年度第1四半期において減損損失を認識しております。GINSMSは現在保有し
         ている資金で新たな顧客を獲得することにより継続的な成長に注力する見込みです。
          また、2017年度第3四半期より連結子会社であるActivateは、モバイルの分野において、ウェルネス・サービ
         ス、ヘルスケア・ウェアラブル端末、センサー、メディカル情報、データ分析のヘルスケア事業を提供してお
         り、また新華モバイル及び新華モバイル(香港)は、2017年度同四半期よりライセンシング事業を開始しまし
         た。
          さらに、Beat        Chain   Pte.   Ltd.は、2018年度第2四半期にライセンシング事業の一部として、メンタル、フィ
         ジカル・ヘルス・レコード及びその他の分野のデータをクロノロジカル(時系列)に保存・管理することを目的
         とした、健康医療分野でのエコシステムの運営を可能にするブロックチェーン技術を利用した健康医療分野エコ
         システム運営ソフトウェアの開発に着手しております。
          2018年10月10日付で、当社は、今後10年間の当社グループの中核事業となることを企図している暗号メッセン
         ジャー及び財布機能と健康医療分野エコシステム運営ソフトウェアを開発するための資金を調達することを目的
         に、第三者割当によりマッコーリー・バンク・リミテッド(以下「マッコーリー」といいます。)に2種類の行
         使価額修正条項付新株予約権(以下「シリーズ1新株予約権」及び「シリーズ2新株予約権」又は総称して「本
         新株予約権」といいます。)を発行しました。最近の当社の株価の低迷により2018年12月から2019年3月まで新
         株予約権の行使がなかったため、現在、新規事業の計画の見直しを行っております。当社グループは、今後、当
         社の株価が継続的に回復しできるだけ多くの新株予約権が行使されることで当社が資金を調達できることも期待
         しております。
          上記のような各方策により当社グループの事業の成長と拡大を図ることを企図しておりますが、上記のとお
         り、当社グループのキャッシュ・フローは厳しいため、引き続き既存の借入金を返済するための資金が不足して
         いることにより、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。このような
         状況を解消するため、当社グループは継続的に経費削減を実施し、更に資金調達できる機会を模索し、また、当
         社の既存事業及び新規事業とのシナジーが期待できる潜在業務提携先の発掘も行っていきます。加えて、当社グ
         ループは収益性及び営業キャッシュ・イン・フローの双方の観点から、新規事業の開発を着実に進めるほか、事
         業のリストラクチャリングも含めた様々な手法により成長の機会をとらえていきたいと考えております。
          ただし、当社グループの事業の継続可能性は、新規事業の開発、本新株予約権の行使によって調達できる資金
         の額、事業のリストラクチャリング及び事業の成長に強く依存していることから、現時点では継続企業の前提に
         関する重要な不確実性が認められます。なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の
         前提に関する重要な不確実性の影響を連結財務諸表に反映しておりません。
      2【経営者による財政状態及び経営成績の状況の分析】

        経営者の視点による経営成績等の状況に関する主な注記は以下のとおりです。
        以下の記述のうち、将来に関する事項は当第1四半期連結会計期間末日現在において当社グループが判断したもの
       であります。
       (国際財務報告基準第16号について)
        当社グループは、2019年1月1日から国際財務報告基準第16号(以下「IFRS                                     16」といいます。)「リース」を採
       用しております。IFRS           16は、借手に対して単一、オンバランスの会計モデルを導入しました。その結果、当社グ
       ループは、借手として、2019年1月1日時点で原資産を使用する権利を表す使用権資産625千米ドル(69百万円)及
                                  6/24

                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
       びリース料の支払義務を表すリース負債625千米ドル(69百万円)を認識しております。また、IFRS                                              16に基づくリー
       スに関して、当社グループはオペレーティング・リース費用の代わりに減価償却費及び支払利息を認識しておりま
       す。  当第1四半期連結会計期間において、当社グループはこれらのリースから80千米ドル(9百万円)の減価償却費
       及び12千米ドル(1百万円)の支払利息を認識しております。詳細は、「第5 経理の状況 注記事項 (会計方針
       の変更)」をご参照ください。
        経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析は、以下のとおりです。

       (1)当第1四半期連結累計期間における業績の分析
         当社はモバイル事業の分野において商品並びにサービスを提供しております。
        ●ヘルスケア事業

         ヘルスケア事業は、当社の連結子会社であるActivateを通して、モバイルの分野において、ウェルネス・サービ
        ス、ヘルスケア・ウェアラブル端末、センサー、メディカル情報、データ分析を提供しております。
                                  7/24
















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
        ●ライセンシング事業
         ライセンシング事業は、モバイル機器やアプリケーションに関連した知的財産権及びその他の権利のライセンシ
        ング・サービスを提供しております。ライセンシング事業のオペレーションは、当社の完全子会社であり連結子会
        社である新華モバイル及びその完全子会社である新華モバイル(香港)により行われております。
        ●メッセージング事業

         メッセージング事業は、当社の連結子会社であるGINSMSを通して、A2Pメッセージング・サービス及びソフト
        ウェアの製品・サービスの分野においてサービスを提供しております。
         当社グループの報告セグメントは、「ヘルスケア事業」、「ライセンシング事業」、「メッセージング事業」及

        び「その他の事業」となっております。報告セグメントの概要につきましては「第5 経理の状況」の「1 四半
        期連結財務諸表」の注記部分の(セグメント情報等)[セグメント情報]をご覧下さい。
         売上高

            売上高は、前年第1四半期連結累計期間(以下「前年同四半期」といいます。)が2,446千米ドル(271百
           万円)であったのに対し、当第1四半期連結累計期間(以下「当四半期」といいます。)が1,881千米ドル
           (209百万円)でした。
            前年同四半期と比較した当四半期における売上高の減少は、ヘルスケア事業セグメントの売上高の増加に
           よる部分的な相殺はありますが、主としてメッセージング事業セグメントにおいて北米及び東南アジアに配
           信したA2Pメッセージ量の減少によるものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの売上高は1,526千米ドル(169百万円)、当四半期のライセンシン
           グ事業セグメントの売上高は0千米ドル(0百万円)、当四半期のメッセージング事業セグメントの売上高
           は355千米ドル(39百万円)及び当四半期のその他の事業セグメントの売上高は1千米ドル(0百万円)で
           した。
         売上原価

            売上原価は、前年同四半期が1,985千米ドル(220百万円)であったのに対し、当四半期が1,724千米ドル
           (191百万円)でした。
            前年同四半期と比較した当四半期における売上原価の減少は、主として売上高の減少によるものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの売上原価は1,390千米ドル(154百万円)、当四半期のライセンシ
           ング事業セグメントの売上原価は0千米ドル(0百万円)、当四半期のメッセージング事業セグメントの売
           上原価は334千米ドル(37百万円)及び当四半期のその他の事業セグメントの売上原価は0千米ドル(0百
           万円)でした。
         売上総利益率

            売上総利益率は、前年同四半期が18.9%であったのに対し、当四半期が8.4%でした。
            前年同四半期と比較した当四半期における売上総利益率の減少は、主としてヘルスケア事業セグメント及
           びメッセージング事業セグメントにおける売上総利益率の減少によるものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの売上総利益率は8.9%、当四半期のライセンシング事業セグメン
           トの売上総利益率は0%、当四半期のメッセージング事業セグメントの売上総利益率は5.9%及び当四半期
           のその他の事業セグメントの売上総利益率は96.3%でした。
         販売費及び一般管理費

            販売費及び一般管理費は、前年同四半期が1,617千米ドル(179百万円)であったのに対し、当四半期は
           1,457千米ドル(162百万円)でした。
            前年同四半期と比較した当四半期における販売費及び一般管理費の減少は、主として前年第1四半期連結
           累計期間に全て減損したメッセージング事業セグメントに関するのれん及び無形資産の償却額が当四半期に
           無かったことによるものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの販売費及び一般管理費は623千米ドル(69百万円)、当四半期の
           ライセンシング事業セグメントの販売費及び一般管理費は69千米ドル(8百万円)、当四半期のメッセージ
           ング事業セグメントの販売費及び一般管理費は155千米ドル(17百万円)及び当四半期のその他の事業セグ
           メントの販売費及び一般管理費は610千米ドル(68百万円)でした。
                                  8/24



                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
         営業損失
            前年同四半期における営業損失1,156千米ドル(128百万円)に対し、当四半期は1,299千米ドル(144百万
           円)の営業損失となりました。
            前年同四半期と比較した当四半期における営業損失の増加は、主として売上高及び売上総利益の減少によ
           るものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの営業損失は488千米ドル(54百万円)、当四半期のライセンシン
           グ事業セグメントの営業損失は69千米ドル(8百万円)、当四半期のメッセージング事業セグメントの営業
           損失は134千米ドル(15百万円)及びその他の事業セグメントの営業損失は609千米ドル(68百万円)でし
           た。
         経常損失

            前年同四半期における経常損失が1,191千米ドル(132百万円)であったのに対し、当四半期は1,165千米
           ドル(129百万円)の経常損失となりました。
            前年同四半期と比較した当四半期における経常損失の減少は、売上高及び売上総利益の減少による部分的
           な相殺はありますが、主として支払利息の減少によるものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの経常損失は463千米ドル(51百万円)、当四半期のライセンシン
           グ事業セグメントの経常損失は79千米ドル(9百万円)、当四半期のメッセージング事業セグメントの経常
           損失は86千米ドル(9百万円)及び当四半期のその他の事業セグメントの経常損失は537千米ドル(60百万
           円)でした。
         親会社株主に帰属する四半期純損失

            前年同四半期における親会社株主に帰属する四半期純損失が11,811米ドル(1,311百万円)であったのに
           対し、当四半期の親会社株主に帰属する四半期純損失は1,084千米ドル(120百万円)でした。
            前年同四半期と比較した当四半期における親会社株主に帰属する四半期純損失の減少は、主として2018年
           度においてGINSMSの取得より生じたのれんの減損がありましたが、当四半期において当該減損を計上が無
           かったことによるものです。
            当四半期のヘルスケア事業セグメントの親会社株主に帰属する四半期純損失は381千米ドル(42百万
           円)、当四半期のライセンシング事業セグメントの親会社株主に帰属する四半期純損失は79千米ドル(9百
           万円)、当四半期のメッセージング事業セグメントの親会社株主に帰属する四半期純損失は86千米ドル(10
           百万円)及び当四半期のその他の事業セグメントの親会社株主に帰属する四半期純損失は537千米ドル(60
           百万円)でした。
       (2)当第1四半期連結会計期間末における総資産、純資産及び負債の状況に関する分析

         総資産
            前連結会計年度末(以下「前期末」といいます。)における総資産は21,154千米ドル(2,348百万円)で
           あったのに対し、当第1四半期連結会計期間末(以下「当四半期末」といいます。)現在の総資産は19,475
           千米ドル(2,162百万円)となりました。
            前期末と比較した当四半期末における総資産の減少は、有形固定資産の増加による部分的な相殺はありま
           すが、主として現金及び預金並びに売掛金の減少によるものです。
         純資産

            前期末における純資産総額は11,512千米ドル(1,278百万円)であったのに対し、当四半期末現在の純資
           産総額は10,355千米ドル(1,149百万円)となりました。前期末と比較した当四半期末における純資産の減
           少は、主として当四半期の親会社株主に帰属する純損失の計上によるものです。
         負債

            前期末における負債総額は9,642千米ドル(1,070百万円)であったのに対し、当四半期末現在の負債総額
           は9,120千米ドル(1,012百万円)となりました。前期末と比較した当四半期末における負債総額の減少は、
           リース料の支払義務を表すリース負債の増加による部分的な相殺はありますが、主として買掛金の減少によ
           るものです。
       (3)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
                                  9/24


                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
       (4)対処すべき経営上又は財務上の課題
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき経営上又は財務上の課題について重要な変更は
        ありません。
       (5)研究開発活動

         当社グループの研究開発活動は、新製品及び既存の製品の開発に注力しております。当社グループは、継続する
        事業活動の中で多くの資源を研究開発に費やし、当該活動に係る開発費は主にソフトウェア仮勘定として資産計上
        しております。製品又はサービスを市場に販売・提供開始する際に、当該開発費はソフトウェア仮勘定からソフト
        ウェア勘定に振替えられ、見積耐用期間に渡り償却されます。一方、研究費は発生時に費用として認識されます。
         個々の開発プロジェクトは、各会計期間の期末にその認識基準が適用できるかについてレビューがなされ、認識
        基準が適用でないと判断された場合、資産計上していたものを直ちに損益計算書上の費用として認識します。
         なお、2019年3月31日現在において、ソフトウェア仮勘定として資産計上された研究開発費の金額は320千米ド
        ル(36百万円)であり、当第1四半期連結累計期間において費用として計上されたのは-千米ドル(-百万円)で
        あります。
       (6)継続企業の前提に関する疑義

         当社グループの継続企業としての能力は、既存事業及び新規ベンチャーの成長及び事業資金の調達が成功するか
        に大きく依存しております。詳細は、「第5 経理の状況 注記事項 (継続企業の前提に関する事項)をご参照
        ください。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結累計期間において、重要な契約等はありません。
                                 10/24













                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】(2019年3月31日現在)

       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
          授権株数(株)                 発行済株式総数(株)                    未発行株式数(株)
         20,000,000,000.00株
                            31,451,814.79株                  19,968,548,185.21株
         (うち、普通株式分が
                        (うち、普通株式31,226,814.79株                  (うち、普通株式 18,168,773,185.21株
         18,200,000,000.00株
                          優先株式 225,000.00株)                  優先株式 1,799,775,000.00株)
      優先株式分が1,800,000,000.00株)
      (注) ・当社は、2007年8月31日付で、当社グループの一部の役員及び従業員に対して、27,000株を上限とする当社
           普通株式を発行することを決定しました。当該27,000株のうち10,753株を上限として3回に分けて割当が行
           われるものとされ、うち実際に10,743株について、2007年12月31日、2008年12月31日及び2009年12月31日付
           で、それぞれ3,675株、3,486株及び3,582株の発行が可能となりました。一方、残りの16,247株は、必要に
           応じて当社最高経営責任者(CEO)の決定により随時発行されることになっております。
          ・2019年3月31日現在、合計19,044株が発行され、上記の27,000株のうち未発行株式数は7,956株となってお
           ります。
        ②【発行済株式】

                       第1四半期会計期間末現                     上場金融商品取引所
     記名・無記名の別及び額                            提出日現在発行数(株)
                  種類     在発行数(株)                     名又は登録認可金融            内容
     面・無額面の別                             (2019年5月14日)
                                            商品取引業協会名
                        (2018年3月31日)
     額面価額0.01香港ドルの                                      東京証券取引所         完全議決権を有する
                普通株式
                          31,226,814.79          32,086,814.79
     記名株式                                      (市場第二部)         当社の普通株式
     額面価額0.01香港ドルの                                               完全議決権を有する
                優先株式-A種            225,000.00          225,000.00      非上場
     記名株式                                               当社の優先株式
      (注) 「提出日現在発行数」欄には、2019年5月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は含まれておりません。
                                 11/24











                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
           マッコーリーに発行された2種類の行使価額修正条項付新株予約権(シリーズ1新株予約権及びシリーズ2
          新株予約権)の新株予約権数並びにその行使により発行する株式の発行価格及び資本組入額は以下のとおりで
          す(2019年3月31日現在)。
          (ⅰ)シリーズ1新株予約権
          未行使新株                 発行価額       資本組入額
      割当日          種類    株式発行数                       行使期間        譲渡      その他
          予約権数
                          (1株当たり)        (1株当たり)
                         各行使請求の効力発
                         生日の直前取引日の
     2018年                                   2018年10月10日から
          1,924,000     普通株式     1,924,000              0.01香港ドル               譲渡可        -
     10月10日                    当社普通株式の終値               2020年10月9日まで
                         の90%
          (ⅱ)シリーズ2新株予約権

          未行使新株                 発行価額       資本組入額
      割当日          種類    株式発行数                       行使期間        譲渡      その他
          予約権数
                          (1株当たり)        (1株当たり)
                         行使価額はシリーズ
                         1新株予約権全部完
                         了日(注)の終値、
                         又は行使価額修正条               シリーズ1新株予約
     2018年                    項付新株予約権に転               権全部完了日(注)
          6,500,000     普通株式     6,500,000              0.01香港ドル               譲渡可        -
                         換された場合、各行
     10月10日                                   から2020年10月9日
                         使請求の効力発生日                  まで
                         の直前取引日の当社
                         普通株式の終値の
                         90%
      (注) シリーズ1新株予約権が全てが行使され、当社により取得され、あるいは、その他の理由で存在しなくなった
          日。
       (3)【行使価格修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数及び資本金等の推移】

                 発行済株式総数増減数            発行済株式総数残高            資本金等増減額            資本金等残高
         年月日
                    (株)           (株)          (米ドル)*         (米ドル、括弧内は円)*
       2019年1月1日~                                                417,761,908
                         -       31,451,814.79                -
       2019年3月31日                                               (46,367,394,124)
      (注) *資本金等には、資本金及び資本準備金が含まれております。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 12/24







                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第5【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について

       (1)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣
        府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       (2)当社の四半期連結財務諸表は、米ドルで表示されております。「円」で表示されている金額は、四半期財務諸表
        規則第88条の規定に基づき、2019年3月29日現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値である1米
        ドル=110.99円で換算された金額であります。なお、当該円換算額は、単に便宜上の表示を目的としており、米ド
        ルで表示された金額が上記の相場で実際に円に換算されることを意味するものではありません。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2019年1月1日から2019
       年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、RSM清和監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 13/24
















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務書類】
       (1)【四半期連結財務諸表】
        ①【四半期連結貸借対照表】
                                            当第1四半期         当第1四半期
                                           連結会計期間末         連結会計期間末
                         前連結会計年度         前連結会計年度
                                           2019年3月31日         2019年3月31日
                         2018年12月31日         2018年12月31日
                                           (単位:千米ドル)          (単位:百万円)
                        (単位:千米ドル)          (単位:百万円)
      資産の部
       流動資産
       現金及び預金                      8,420          935         7,543          837
                             ※1 4,007         ※1 445        ※1 2,767         ※1 307
       売掛金
       未収入金                        42          5         33          ▶
       その他                       657          73         725          80
       流動資産合計                      13,127          1,457         11,068          1,228
       固定資産
       有形固定資産
        建物及び構築物
                               227          25         959         106
                              △ 198         △ 22        △ 288         △ 32
         減価償却累計額
         建物及び構築物(純額)                      30          3         671          75
        工具、器具及び備品
                               503          56         535          59
         減価償却累計額                     △ 377         △ 42        △ 409         △ 45
         工具、器具及び備品(純額)                     126          14         126          14
        有形固定資産合計                      156          17         798          89
       無形固定資産
        のれん
                              4,454          494         4,324          480
        ソフトウエア                      367          41         345          38
        ソフトウエア仮勘定                      206          23         320          36
        顧客関連無形資産                      842          93         709          79
                              1,549          172         1,441          160
        契約関連無形資産
        無形固定資産合計                     7,417          823         7,139          792
       投資その他の資産
                               453          50         470          52
        関係会社株式
                              ※1 453         ※1 50        ※1 470         ※1 52
        投資その他の資産合計
       固定資産合計
                              8,027          891         8,406          933
       資産合計
                             21,154          2,348         19,475          2,162
      負債の部
       流動負債
       買掛金
                              1,314          146         425          47
       短期借入金                       662          73         665          74
       未払法人税等                       430          48         133          15
       未払金                      1,315          146         1,380          153
       未払費用                      2,249          250         2,198          244
       前受収益                        7         1         9         1
       その他                       120          13         413          46
       流動負債合計                      6,097          677         5,224          580
       固定負債
       長期借入金                      3,528          392         3,552          394
       繰延税金負債                        17          2         17          2
                               -         -         328          36
       その他
       固定負債合計                      3,545          393         3,897          433
       負債合計                       9,642         1,070         9,120         1,012
      純資産の部
       株主資本
       資本金                        40          ▶         40          ▶
       資本剰余金                      441,637          49,017         441,637          49,017
                            △ 398,561         △ 44,236        △ 399,645         △ 44,357
       利益剰余金
       株主資本合計                      43,116          4,785         42,033          4,665
       その他の包括利益累計額
                             △ 34,853         △ 3,868        △ 34,844         △ 3,867
       為替換算調整勘定
       その他の包括利益累計額合計
                             △ 34,853         △ 3,868        △ 34,844         △ 3,867
       新株予約権
                               108          12         108          12
       非支配株主持分                       3,140          348         3,058          339
       純資産合計                       11,512          1,278         10,355          1,149
      負債純資産合計                        21,154          2,348         19,475          2,162
                                 14/24



                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
        ②【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
         【四半期連結損益計算書】
          【第1四半期連結累計期間】
                         前第1四半期         前第1四半期         当第1四半期         当第1四半期
                         連結累計期間         連結累計期間         連結累計期間         連結累計期間
                        自 2018年1月1日         自 2018年1月1日         自 2019年1月1日         自 2019年1月1日
                        至 2018年3月31日         至 2018年3月31日         至 2019年3月31日         至 2019年3月31日
                        (単位:千米ドル)          (単位:百万円)         (単位:千米ドル)          (単位:百万円)
      売上高
                              2,446          271         1,881          209
                              1,985          220         1,724          191
      売上原価
      売上総利益
                               461          51         158          17
      販売費及び一般管理費
       役員報酬                         50          6         50          6
       給料及び手当                        237          26         353          39
       減価償却費                        249          28         321          36
       のれん償却額
                               474          53         130          14
       支払手数料
                               223          25         251          28
       地代家賃                        102          11         31          3
                               282          31         322          36
       その他
       販売費及び一般管理費合計                       1,617          179         1,457          162
      営業損失(△)                       △ 1,156         △ 128        △ 1,299         △ 144
      営業外収益
       受取利息及び配当金                         0         0         26          3
       為替差益                         74          8         107          12
       補助金収入                         51          6         28          3
       営業外収益合計                        125          14         161          18
      営業外費用
       支払利息                        111          12         23          3
                               48          5         ▶         0
       持分法による投資損失
       営業外費用合計                        159          18         26          3
      経常損失(△)                       △ 1,191         △ 132        △ 1,165         △ 129
      特別損失
                            ※1 10,568         ※1 1,173
                                                  -         -
       減損損失
       特別損失合計                       10,568          1,173           -         -
      税金等調整前四半期純損失(△)                       △ 11,759         △ 1,305         △ 1,165         △ 129
      法人税、住民税及び事業税                          14          2         1         0
      法人税等合計                          14          2         1         0
      四半期純損失(△)                       △ 11,773         △ 1,307         △ 1,165         △ 129
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支
                               38          ▶        △ 82         △ 9
      配株主に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                       △ 11,811         △ 1,311         △ 1,084         △ 120
                                 15/24









                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
         【四半期連結包括利益計算書】
          【第1四半期連結累計期間】
                         前第1四半期         前第1四半期         当第1四半期         当第1四半期
                         連結累計期間         連結累計期間         連結累計期間         連結累計期間
                        自 2018年1月1日         自 2018年1月1日         自 2019年1月1日         自 2019年1月1日
                        至 2018年3月31日         至 2018年3月31日         至 2019年3月31日         至 2019年3月31日
                        (単位:千米ドル)          (単位:百万円)         (単位:千米ドル)          (単位:百万円)
      四半期純損失(△)                       △ 11,773         △ 1,307         △ 1,165         △ 129
      その他の包括利益
       為替換算調整勘定                         1         0         9         1
                               40          ▶         20          2
       持分法適用会社に対する持分相当額
       その他の包括利益合計                         41          5         29          3
      四半期包括利益                       △ 11,732         △ 1,302         △ 1,137         △ 126
      (内訳)
       親会社株主に係る四半期包括利益                      △ 11,788         △ 1,308         △ 1,075         △ 119
       非支配株主に係る四半期包括利益
                               57          6        △ 61         △ 7
                                 16/24
















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
        【注記事項】
         (継続企業の前提に関する事項)
          当社グループは、当第1四半期連結累計期間において、前連結会計年度から引き続き営業損失1,299千米ドル
         (144百万円)、及び親会社株主に帰属する四半期純損失1,084千米ドル(120百万円)を計上しております。
          2017年度第3四半期に、Activate                 Interactive      Pte.   Ltd.(以下「Activate」といいます。)が当社グループ
         の連結子会社となってから同社の売上高を連結し、また、新華モバイル・リミテッド(以下「新華モバイル」と
         いいます。)及び新華モバイル(香港)リミテッド(以下「新華モバイル(香港)」といいます。)によるライ
         センシング事業に伴う売上高も連結しておりますが、営業費用が依然として高いこと、そして、ライセンシング
         事業は、前年度から続き当第1四半期連結累計期間において売上がなかったことから、当社グループは当第1四
         半期連結累計期間においても継続して営業損失を計上しております。また、当社グループのキャッシュ・フロー
         は非常に厳しいため、引き続き既存の借入金を返済するための資金が不足しております。これらの状況により継
         続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
          GINSMS     Inc.(以下「GINSMS」といいます。)は現在、A2Pメッセージング・サービスにフォーカスしておりま
         す。GINSMSの事業は、成長してきましたが、主要な顧客の喪失により2018年度第1四半期において減損損失を認
         識しております。GINSMSは現在保有している資金で新たな顧客を獲得することにより継続的な成長に注力する見
         込みです。
          また、2017年度第3四半期より連結子会社化したActivateは、モバイルの分野において、ウェルネス・サービ
         ス、ヘルスケア・ウェアラブル端末、センサー、メディカル情報、データ分析のヘルスケア事業を提供してお
         り、また新華モバイル及び新華モバイル(香港)は、2017年度第3四半期よりライセンシング事業を開始しまし
         た。
          さらに、Beat        Chain   Pte.   Ltd.は、2018年度第2四半期にライセンシング事業の一部として、メンタル、フィ
         ジカル・ヘルス・レコード及びその他の分野のデータをクロノロジカル(時系列)に保存・管理することを目的
         とした、健康医療分野でのエコシステムの運営を可能にするブロックチェーン技術を利用した健康医療分野エコ
         システム運営ソフトウェアの開発に着手しております。
          2018年10月10日付で、当社は、今後10年間の当社グループの中核事業となることを企図している暗号メッセン
         ジャー及び財布機能と健康医療分野エコシステム運営ソフトウェアを開発するための資金を調達することを目的
         に、第三者割当によりマッコーリー・バンク・リミテッド(以下「マッコーリー」といいます。)に2種類の行
         使価額修正条項付新株予約権(以下「シリーズ1新株予約権」及び「シリーズ2新株予約権」又は総称して「本
         新株予約権」といいます。)を発行しました。最近の当社の株価の低迷により2018年12月から2019年3月まで新
         株予約権の行使がなかったため、現在、新規事業の計画の見直しを行っております。当社グループは、今後、当
         社の株価が継続的に回復しできるだけ多くの新株予約権が行使されることで当社が資金を調達できることも期待
         しております。
          上記のような各方策により当社グループの事業の成長と拡大を図ることを企図しておりますが、上記のとお
         り、当社グループのキャッシュ・フローは厳しいため、引き続き既存の借入金を返済するための資金が不足して
         いることにより、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。このような
         状況を解消するため、当社グループは継続的に経費削減を実施し、更に資金調達できる機会を模索し、また、当
         社の既存事業及び新規事業とのシナジーが期待できる潜在業務提携先の発掘も行っていきます。加えて、当社グ
         ループは収益性及び営業キャッシュ・イン・フローの双方の観点から、新規事業の開発を着実に進めるほか、事
         業のリストラクチャリングも含めた様々な手法により成長の機会をとらえていきたいと考えております。
          ただし、当社グループの事業の継続可能性は、新規事業の開発、本新株予約権の行使によって調達できる資金
         の額、事業のリストラクチャリング及び事業の成長に強く依存していることから、現時点では継続企業の前提に
         関する重要な不確実性が認められます。なお、連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の
         前提に関する重要な不確実性の影響を連結財務諸表に反映しておりません。
         (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

          (1)連結の範囲の重要な変更
            該当事項はありません。
                                 17/24





                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
         (会計方針の変更)
          当社グループは、2019年1月1日から国際財務報告基準第16号(以下「IFRS                                     16」といいます。)「リース」
         を採用しております。IFRS             16は、借手に対して単一、オンバランスの会計モデルを導入しました。その結果、
         当社グループは、借手として、2019年1月1日時点で原資産を使用する権利を表す使用権資産625千米ドル(69
         百万円)及びリース料の支払義務を表すリース負債625千米ドル(69百万円)を認識しております。
          また、IFRS       16に基づくリースに関して、当社グループはオペレーティング・リース費用の代わりに減価償却
         費及び支払利息を認識しております。当第1四半期連結会計期間において、当社グループはこれらのリースから
         80千米ドル(9百万円)の減価償却費及び12千米ドル(1百万円)の支払利息を認識しております。
          当社グループは修正遡及アプローチを採用してIFRS                         16を適用しており、当該会計基準に定める経過的な取扱
         いに従い、適用開始による累積的影響額は適用開始日現在の利益剰余金の期首残高の修正として認識されます。
         結果として、2019年1月1日時点の利益剰余金への影響はありませんでした。また、前連結会計年度の比較情報
         は修正再表示されておりません。
         (追加情報)

         (四半期財務諸表の円換算)
          「円」で表示されている金額は、四半期財務諸表等規則第88条の規定に準じて、2019年3月29日現在の株式会
         社三菱UFJ銀行における対顧客電信売買相場の仲値、1米ドル=110.99円で換算された金額であります。なお、
         当該円換算額は、単に表示上の便宜を目的としており、米ドルで表示された金額が上記の相場で実際に円に換算
         されることを意味するものではありません。
         (四半期連結貸借対照表関係)

                                           (単位:千米ドル、括弧内は百万円)
               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間

              (2018年12月31日)                            (2019年3月31日)
      ※1 債権額は貸倒引当金と相殺して表示しております。                            ※1 債権額は貸倒引当金と相殺して表示しております。
        流動資産に設定された貸倒引当金の金額                            流動資産に設定された貸倒引当金の金額
                              33                            34
                              (4)                            (4)
        投資その他の資産に設定された貸倒引当金の金額                            投資その他の資産に設定された貸倒引当金の金額
                             883                            883
                             (98)                            (98)
                                 18/24










                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
         (四半期連結損益計算書関係)
                                           (単位:千米ドル、括弧内は百万円)
             前第1四半期連結累計期間                            当第1四半期連結累計期間

        (自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)                            (自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
      ※1 減損損失
                                  ※1         ──────
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ
        は以下の資産グループについて減損損失を計上しま
        した。
        場所       用途       種類     減損損失
                              26
                    工具、器具及
      シンガポール       事業用資産
                    び備品          (3)
                              161
      シンガポール       事業用資産       ソフトウェア
                              (18)
                              43
                    ソフトウェア
      シンガポール       事業用資産
                    仮勘定          (5)
                            10,339
         ―       -
                    のれん
                            (1,148)
                            10,568
        合計
                            (1,173)
        当社グループは、原則として会社単位でグルーピン
        グを行っております。ただし、独立してキャッ
        シュ・フローが把握可能な資産については当該資産
        単位としております。
        上記資産につきましては、経営環境の変化等により
        将来キャッシュ・フローの見積期間にわたって回収
        可能性が認められなくなったため回収可能価額まで
        減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計
        上しております。
        なお、当該資産グループの回収可能価額は使用価値
        により測定しておりますが、将来キャッシュ・フ
        ローが見込めないため零としております。
         (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は
         次のとおりであります。
                                           (単位:千米ドル、括弧内は百万円)
             前第1四半期連結累計期間                            当第1四半期連結累計期間

        (自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)                            (自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
      減価償却費                       303     減価償却費                       388

                              (34)                            (43)
      のれんの償却額                       474     のれんの償却額                       130
                              (53)                            (14)
         (株主資本等関係)

          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
            株主資本の著しい変動
             該当事項はありません。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)

            株主資本の著しい変動
             該当事項はありません。
                                 19/24


                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
             前第1四半期連結累計期間(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
                                              (単位:千米ドル、括弧内は百万円)
                               報告セグメント
                                                       四半期連結損
                                                  調整額     益計算書計上
                   ヘルスケア事      ライセンシン      メッセージン
                                     その他の事業        合計          額
                   業      グ事業      グ事業
     売上高
                      1,034       -     1,411        1    2,446       -     2,446
      (1)外部顧客への売上高
                      (115)      (-)      (157)       (0)     (271)      (-)      (271)
      (2)セグメント間の内部売上高                 12      -      162      -      174     △174       -
        又は振替高
                       (1)      (-)      (18)      (-)      (19)     (△19)       (-)
                      1,046       -     1,573        1    2,620      △174      2,446
           合計
                      (116)      (-)      (175)       (0)     (291)      (△19)      (271)
                      △338      △96    △10,974       △403     △11,811         -   △11,811
     セグメント利益又は損失(△)
                      (△38)      (△11)     (△1,218)       (△45)     (△1,311)        (-)    (△1,311)
      (注) セグメント利益又は損失(△)の合計額は、四半期連結損益計算書の親会社株主に帰属する四半期純利益又は
          損失(△)と一致しております。
             当第1四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)

                                              (単位:千米ドル、括弧内は百万円)
                               報告セグメント
                                                       四半期連結損
                                                  調整額     益計算書計上
                   ヘルスケア事      ライセンシン      メッセージン
                                     その他の事業        合計          額
                   業      グ事業      グ事業
     売上高
                      1,526       -      355       1    1,881       -     1,881
      (1)外部顧客への売上高
                      (169)      (-)      (39)      (0)     (209)      (-)      (209)
      (2)セグメント間の内部売上高                 -      -      140      -      140     △140       -
        又は振替高
                       (-)      (-)      (16)      (-)      (16)     (△16)       (-)
                      1,526       -      495       1    2,021      △140      1,881
           合計
                      (169)      (-)      (55)      (0)     (224)      (△16)      (209)
                      △381      △79      △86      △537     △1,084        -    △1,084
     セグメント利益又は損失(△)
                      (△42)      (△9)      (△10)      (△60)      (△120)       (-)     (△120)
      (注) セグメント利益又は損失(△)の合計額は、四半期連結損益計算書の親会社株主に帰属する四半期純利益又は
          損失(△)と一致しております。
          【報告セグメントの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報】

           前連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年3月31日)
            (のれんの金額の重要な変動)
             「メッセージング事業」セグメントにおいて、GINSMSの事業環境の変化により、当初想定した超過収益
            力が認められなくなったのれんについての減損損失を特別損失に計上しております。なお、当該減損損失
            の計上額は10,339千米ドル(1,148百万円)であります。
           当連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)

            該当事項はありません。
                                 20/24





                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
         (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                              (単位:米ドル、括弧内は円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2018年1月1日               (自 2019年1月1日
                項目
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                         △0.74               △0.03
     1株当たり四半期純損失(△)
                                        (△82.13)                (△3.33)
      (注)1.1株当たり当期純損失(△)及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりで
           あります。
                                           (単位:千米ドル、括弧内は百万円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2018年1月1日               (自 2019年1月1日
                項目
                                 至 2018年3月31日)               至 2019年3月31日)
                                        △11,811                △1,084
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                        (△1,311)                 (△120)
                                           -               -
     普通株主に帰属しない純損失(△)
                                          (-)               (-)
                                        △11,811                △1,084
     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失
     (△)
                                        (△1,311)                 (△120)
     普通株式及び優先株式の期中平均株式数(株)                                15,984,481.79               31,451,814.79
                                     15,759,481.79               31,226,814.79
      普通株式
                                       225,000.00               225,000.00
      優先株式
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                               -               -
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
      (注)1 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失で
           あるため記載しておりません。
         2 優先株式は剰余金の配当請求権について普通株式と同等の権利を有しているため、普通株式と同等の株式と
           しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 21/24








                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第6【外国為替相場の推移】
       日本円と米ドルの為替レートは、日本の日刊紙2紙以上に掲載されているため、記載を省略いたします。

                                 22/24




















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。

                                 23/24




















                                                           EDINET提出書類
                ビート・ホールディングス・リミテッド (貝德控股有限公司、Beat Holdings Limited)(E05951)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2019年5月14日

     ビート・ホールディングス・リミテッド

      取締役会 御中
                           RSM清和監査法人

                             指定社員

                                     公認会計士
                                             戸谷 英之  ㊞
                             業務執行社員
                             指定社員

                                     公認会計士       金城 琢磨  ㊞
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているビート・ホール

     ディングス・リミテッドの2019年1月1日から2019年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2019年1
     月1日から2019年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2019年1月1日から2019年3月31日まで)に係る四半期
     連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について
     四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ビート・ホールディングス・リミテッド及び連結子会社の2019年3月
     31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
     事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は営業損失を継続的に計上しており、継続企業の前提に重
     要な疑義を生じさせるような状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。な
     お、当該状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連結財
     務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されてい
     ない。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 24/24


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。