株式会社メディネット 四半期報告書 第24期第2四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第24期第2四半期(平成31年1月1日-平成31年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社メディネット

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年5月13日
      【四半期会計期間】                    第24期第2四半期(自 2019年1月1日 至 2019年3月31日)
      【会社名】                    株式会社メディネット
      【英訳名】                    MEDINET    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 木村 佳司
      【本店の所在の場所】                    神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目3番12号
      【電話番号】                    (045)478-0041(代)
                         (注)2019年6月1日から本店は下記に移転する予定であります。
                         本店の所在の場所 東京都品川区勝島一丁目5番21号
                         電話番号     該当事項はありません。
                         同所は、登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                         行う予定であります。
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営管理部長 落合 雅三
      【最寄りの連絡場所】                    神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目3番12号
                         (注)2019年6月3日から下記に移転する予定であります。
                         東京都大田区平和島六丁目1番1号
      【電話番号】                    (045)478-0041(代)
                         (注)2019年6月3日から下記に変更する予定であります。
                         (03)6631-1201(代)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営管理部長 落合 雅三
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
      (注)第24期第1四半期より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第23期           第24期
               回次               第2四半期           第2四半期            第23期
                             連結累計期間            累計期間
                            自  2017年10月1日          自  2018年10月1日          自  2017年10月1日
              会計期間
                            至  2018年3月31日          至  2019年3月31日          至  2018年9月30日
                      (千円)            542,651           501,666           957,820
     売上高
     経常損失(△)                (千円)          △ 1,959,139
                                            △ 578,134         △ 2,700,297
     親会社株主に帰属する四半期純損
                      (千円)          △ 2,104,754
                                                -           -
     失(△)
     四半期(当期)純損失(△)
                      (千円)              -        △ 499,177         △ 3,127,969
     持分法を適用した場合の投資利益                (千円)              -           -           -

                                 7,236,663           7,367,668           7,362,829
     資本金                (千円)
                                115,920,423           118,330,423           118,230,423
     発行済株式総数                 (株)
                      (千円)           3,999,458           2,755,161           3,250,501
     純資産
                      (千円)           4,732,517           3,311,862           3,864,565
     総資産
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)           △ 19.18
                                             △ 4.22          △ 27.47
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -
                                                -           -
     (当期)純利益
     1株当たり配当額                 (円)              -           -           -
                      (%)             83.2           81.6           82.7
     自己資本比率
     営業活動による
                      (千円)          △ 1,781,744
                                            △ 463,909              -
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (千円)            197,074
                                            △ 73,836             -
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (千円)            968,952
                                            △ 13,052             -
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           2,820,936           1,650,969               -
     (期末)残高
                                          第24期

                               第23期
               回次                          第2四半期
                              第2四半期
                             連結会計期間            会計期間
                            自  2018年1月1日          自  2019年1月1日
              会計期間
                            至  2018年3月31日          至  2019年3月31日
     1株当たり四半期純損失(△)                 (円)            △ 8.85          △ 2.34

      (注)1.当社は、2018年10月1日付で連結子会社が存在しなくなったことに伴い、第24期第1四半期累計期間より四
           半期連結財務諸表を作成しておりません。なお、前連結会計年度までは連結財務諸表を作成しているため、
           第23期第2四半期累計期間に代えて第23期第2四半期連結累計期間の連結経営指標等を記載し、第24期第2
           四半期累計期間及び第23期は提出会社個別の経営指標等を記載しております。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関係会社は存在するものの重要性が乏しいため記載しており
           ません。
         4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期
           (当期)純損失であるため記載しておりません。
         5.第23期は連結財務諸表を作成しており、キャッシュ・フロー計算書を作成しておりません。そのため、
           キャッシュ・フロー計算書に関する数値を記載しておりません。
                                  2/17


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
        なお、当社は2018年10月1日付にて連結子会社であった株式会社医業経営研究所と株式会社メドセルを吸収合併い
       たしました。
                                  3/17



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
       継続企業の前提に関する重要事象等

        当社は、がん免疫療法市場の環境変化に伴う細胞加工業の売上急減に加え、再生医療等製品事業分野における自社
       製品の開発進捗に伴う支出が累増しているため、継続的に営業損失及びマイナスの営業キャッシュ・フローが発生し
       ており、継続企業の前提に疑義を生じさせるリスクが存在しております。
        しかしながら、後記「2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (7)事業等の
       リスクに記載した重要事象等を改善するための対応策」に記載のとおり、当該重要事象等を改善するための対応策を
       実施することにより、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       (1)経営成績の状況
         当第2四半期累計期間(2018年10月1日から2019年3月31日まで)において当社は、前事業年度より引き続き、
        「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」と「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関す
        る法律」による法的枠組みの下、新たなビジネス展開による事業拡大に向けた取り組みを進めるとともに収益構造
        の改善に注力しております。2018年10月1日には、前事業年度より実施している事業構造改革に伴う経営効率化の
        一環として、完全子会社である株式会社医業経営研究所と株式会社メドセルの2社を吸収合併しました。
         2018年12月には、株式会社JUNTEN                 BIOと同社が学校法人順天堂と共同で開発を行っている臓器移植後の拒絶反応
        の抑制を目的とした再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約を締結いたしました。また同月には、前事業年度
        に当社がライセンス契約を締結したHistogenics                       Corporation(所在地:米国マサチューセッツ州ウォルサム市、
        以下「ヒストジェニックス社」という。)は、米国で開発中の自家細胞培養軟骨「NeoCart®」について、これまで
        第Ⅲ相臨床試験のトップラインデータ及び今後の生物学的製剤承認申請(Biologics                                       License    Application:BLA)
        に関して米国食品医薬品局(FDA)と協議しておりましたが、今般、FDA                                  より、BLAには追加の臨床試験が必要であ
        る旨の回答があったとの結果を発表しました。これを受けて、ヒストジェニックス社より、自家細胞培養軟骨
        「NeoCart®」の米国での開発を一時中断させるとの発表がありました。当社は、今回のヒストジェニックス社によ
        るFDA   との協議結果を受け、同社と今後の対応について協議し、国内における自家細胞培養軟骨「MDNT01」の開発
        方針を早急に確定する予定でございます。2019年1月には、米国のBioLegend                                    社と当社が保有する新規モノクロー
        ナル抗体を用いた研究用製品の開発を目的としたライセンス契約を締結しました。さらに、2019年2月には、中国
        ハイアールグループ傘下のQingdao                 Haier   Biotech    Holding    Co.,Ltd.との間でヘルスケア領域における業務提携に
        向けた協議の実施の合意書を締結し、2019年3月には、同社と中国から日本への再生・細胞医療等の先端医療や健
        診の受診を目的とした医療ツーリズム事業の提携について契約を締結いたしました。
         これらの結果、当第2四半期累計期間における当社の経営成績は以下のとおりとなりました。
                                                  (金額単位:百万円)
                                                      1株当たり
                                          四半期純損失(△)
                    売上高      営業損失(△)        経常損失(△)                   四半期純損失
                                                       (△)
         当第2四半期
                       501       △565        △578          △499       △4.22円
          累計期間
         当第2四半期累計期間においては、売上高は501百万円となりました。損益面につきましては、構造改革の実施

        による効果等により営業損失は565百万円、経常損失は578百万円となりました。また、株式会社医業経営研究所と
        株式会社メドセルの2社を吸収合併したことによる抱合せ株式消滅差益62百万円、貸倒引当金戻入額15百万円、投
        資有価証券売却益8百万円、固定資産売却益4百万円等の特別利益の計上、事業構造改善費用10百万円の特別損失
        の計上等により、四半期純損失は499百万円となりました。
         報告セグメント別の経営成績の概況は、以下のとおりであります。
                                                  (金額単位:百万円)
                          報告セグメント
                                           調整額
                                                  四半期損益計算書
                                           (注)1
                                                   計上額(注)2
                     細胞加工業          再生医療等製品事業
                        セグメント            セグメント      セグメント            セグメント
                  売上高            売上高                   売上高
                        損失(△)            損失(△)      損失(△)            損失(△)
         当第2四半期
                     499       △0       2     △241      △323       501      △565
          累計期間
                                  4/17


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
        (注)1.セグメント損失(△)の調整額は、全社費用であります。全社費用は、報告セグメントに帰属しない一
             般管理費であります。
           2.セグメント損失(△)は、四半期損益計算書の営業損失と調整を行っています。
        ① 細胞加工業

         細胞加工業については、細胞加工業の3つのビジネス領域(「特定細胞加工物製造業」・「バリューチェーン事
        業」・「CDMO事業」)の拡大に向けて積極的な活動を展開しております。特定細胞加工物製造業では、特定細胞加
        工物製造委受託契約を締結している医療機関において、一部では患者数の増加が見られるものの、がん免疫治療分
        野での市場環境の変化等により、患者数の回復が限定的となる一方で、CDMO事業を含め細胞加工事業の新たな顧客
        獲得に向けた取り組みにも注力いたしました。また、構造改革の実施による細胞培養加工施設の集約化、人員配置
        の最適化等により、損益が大幅に改善した結果、売上高は499百万円、セグメント損失は0百万円となりました。
        ② 再生医療等製品事業

         再生医療等製品事業については、再生医療等製品の早期の収益化を目指すとともに、国内外で行われている再生
        医療等製品の開発動向にも注目し、それらのパイプライン取得、拡充を視野に入れた活動を行っております。自家
        細胞培養軟骨「MDNT01」に係る研究開発投資が想定を下回ったこと等から、売上高は2百万円、セグメント損失は
        241百万円となりました。
         なお、当社は2018年10月1日付で、連結子会社であった株式会社医業経営研究所と株式会社メドセルを吸収合併

        したことにより、第1四半期累計期間より非連結決算に移行し、四半期財務諸表を作成しております。このため、
        前年同四半期との比較は行っておりません。
       (2)財政状態の状況

        (財政状態)
                                      当第2四半期
                         前事業年度末                            増減
                                       会計期間末
        資産合計(百万円)                       3,864             3,311             △552

        負債合計(百万円)                        614             556            △57

        純資産合計(百万円)                       3,250             2,755             △495

        自己資本比率(%)                        82.7             81.6            △1.1

        1株当たり純資産(円)                       27.03             22.84            △4.19

         資産合計は、現金及び預金775百万円減少、有価証券300百万円増加等により、前事業年度末に比べて552百万円

        減少しました。
         負債合計は、前事業年度末に比べて57百万円減少しました。主な減少は賞与引当金16百万円です。
         純資産合計は、四半期純損失499百万円等により、前事業年度末に比べて495百万円減少しました。
         以上の結果、自己資本比率は、前事業年度末の82.7%から81.6%となりました。
       (3)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べて475
        百万円減少し、1,650百万円となりました。
         当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
                                  5/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動によって使用した資金は463百万円となりました。
         主な増加要因は減価償却費91百万円、未払又は未収消費税等の増加額27百万円であり、主な減少要因は税引前四
        半期純損失495百万円、抱合せ株式消滅差益62百万円であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によって使用した資金は73百万円となりました。
         主な内訳は有形固定資産の取得による支出77百万円であります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動によって使用した資金は13百万円となりました。
         主な内訳は、リース債務の返済による支出22百万円であります。
       (4)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
       (5)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期累計期間において、当社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題
        はありません。
       (6)研究開発活動

         当第2四半期累計期間における研究開発活動の金額は、171百万円であります。
         当第2四半期累計期間においては、治験開始に向けて準備を進めている自家細胞培養軟骨「MDNT01」の開発に関
        して、2018年12月に当社がライセンス契約を締結したヒストジェニックス社より、自家細胞培養軟骨
        「NeoCart®」について追加のデータの提出が必要なため米国での開発を一時中断させるとの発表がありました。こ
        れを受けて当社は、日本国内における自家細胞培養軟骨「MDNT01」の開発方針についての検討を進めてまいりまし
        た。
       (7)事業等のリスクに記載した重要事象等を改善するための対応策

         当社は、前記「1 事業等のリスク」に記載のとおり、継続企業の前提に疑義を生じさせるリスクが存在してお
        りますが、当社における当第2四半期会計期間末の資金残高の状況及び今後の資金繰りを検討した結果、事業活動
        の継続性に疑念はなく、また、当該状況の改善を図るべく、前事業年度より事業構造改革を実施しております。
         当該構造改革の着実な実行を通じ、営業キャッシュ・フローの改善に努めるほか、今後の運転資金も十分に確保
        できる見通しであることから、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないものと判断しております。
        構造改革の実施

        Ⅰ 細胞加工業
          新横浜と大阪の細胞培養加工施設は、2019年3月までに国内最大級の製造規模を有する品川細胞培養加工施設
         に集約を行いました。今後、医家向けの細胞加工から再生医療等製品の製造まで実施することによって、細胞加
         工業における製造体制の効率化を図り、細胞加工業セグメントの2019年9月期の収支均衡を目指します。
        Ⅱ 再生医療等製品事業
          自家細胞培養軟骨「MDNT01」及び「ATL-DC-101」の早期の承認取得に向けて開発体制を強化します。
        Ⅲ 研究開発
          自社の再生医療等製品パイプライン拡充や免疫療法の評価を目的とした出口戦略が明確なテーマに絞り込み、
         早期の収益化を目指します。
        Ⅳ 希望退職募集の実施
        (ⅰ)   募集人員  80名程度(結果66名)
        (ⅱ)   募集期間  2018年5月22日~6月15日
        (ⅲ)   退職日   2018年8月31日
        (ⅳ)   優遇措置  特別加算金等を支給し、希望者には再就職支援会社を通じた「再就職先支援サービス」を提供
        Ⅴ 構造改革による効果
          2019年9月期以降、毎年700百万円以上の固定費の減少を見込んでおります。
                                  6/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
       当第2四半期会計期間において終了した契約は以下のとおりです。
       (1)免疫細胞療法総合支援サービス契約

       国立大学法人九州大学との免疫細胞療法総合支援サービス契約は、2019年3月31日で終了しました。
          契約先                   契約期間                     契約の概要
                   2011年7月15日から2016年3月31日まで                           当社は、本契約に基づき、免疫
                   (当事者から更新しない旨の申し出がない場合、期間                           細胞療法総合支援サービスを提
     国立大学法人 九州大学
                   満了日の翌日から起算して6年間更新。なお、2022年                           供し、その対価を受け取るもの
                   4月1日以降の継続は、協議の上決定。)                           であります。
       (2)  技術ライセンスを受けている契約

       Argos   Therapeutics,Inc.との細胞医療製品「AGS-003」に係るライセンス契約は、Argos社が2018年11月30日付け
       で、米国連邦破産裁判所に米国連邦破産法第11章に基づく救済手続開始の申立てを行い、さらにArgos社によるライ
       センス契約拒絶申し立てが裁判所により認められたため、2019年1月7日で終了しました。
          契約先            国名            契約期間                契約の概要
     Argos                                        細胞医療製品「AGS-003」に係
                                   (注)
                     アメリカ
     Therapeutics,Inc.
                                             るライセンス契約
       (注)2013年12月27日から下記のいずれかの時点まで
          ・Argos社が販売権及び製造権に関して取戻権を行使するまで
          ・Argos社が販売権及び製造権に関して取戻権を行使しない範囲で、下記(i)又は(ii)のいずれか遅い方まで
           (i)ロイヤルティ期間の失効
           (ii)Supply      Agreementの失効
                                  7/17













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           300,000,000

                  計                               300,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年5月13日)
               (2019年3月31日)                         取引業協会名
                                                     権利内容に何ら
                                                     限定のない当社
                                                     における標準と
                                        東京証券取引所
     普通株式             118,330,423             118,330,423                     なる株式であ
                                        (マザーズ)
                                                     り、単元株式数
                                                     は100株でありま
                                                     す。
         計          118,330,423             118,330,423              -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年5月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
     2019年1月1日~
                        118,330,423                7,367,668
                     -               -               -    1,552,197
     2019年3月31日
                                  8/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                    2019年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                             所有株式数
                                                    総数に対する所有
           氏名又は名称                     住所
                                              (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                               7,629,300            6.44
     木村 佳司                  千葉県浦安市
                       福島県双葉郡双葉町大字新山字北広町9                       2,215,400            1.87
     株式会社ファミリーショップワタヤ
                       東京都港区六本木1-6-1                       1,875,700            1.58
     株式会社SBI証券
                       東京都世田谷区玉川1-14-1                       1,565,900            1.32
     楽天証券株式会社
                       千葉県浦安市入船3-68-5                       1,400,000            1.18
     IHN株式会社
                                               1,300,000            1.09
     森部 鐘弘                  愛知県名古屋市東区
     J.P.Morgan      Securities      plc       25  Bank   Street    Canary    Wharf   London    UK     1,283,200            1.08
     (常任代理人 JPモルガン証券株                  (東京都千代田区丸の内2-7-3              東京ビル
     式会社)
                       ディング)
                       東京都港区芝浦1-1-1                        847,400           0.71
     シミックホールディングス株式会社
                       東京都千代田区麹町1-4                        673,700           0.56
     松井証券株式会社
     BARATI    RAHIM              東京都大田区                        600,000           0.50
                                -              19,390,600            16.38
             計
       (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                   2019年3月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                        -            -            -

      完全議決権株式(その他)                    普通株式 118,325,900                 1,183,259            -

      単元未満株式                    普通株式    4,523                 -            -

                              118,330,423

      発行済株式総数                                    -            -
      総株主の議決権                        -           1,183,259            -

     (注)「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が2,400株(議決権24個)含まれ
        ております。
        ②【自己株式等】

                                                   2019年3月31日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
         -          -         -         -         -         -
         計          -         -         -         -         -
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                  9/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
        なお、当社は前第2四半期累計期間(2017年10月1日から2018年3月31日まで)は、四半期連結財務諸表を作成し
       ており、四半期財務諸表は作成していないため、四半期損益計算書及び四半期キャッシュ・フロー計算書に係る比較
       情報は記載しておりません。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2019年1月1日から2019年3
       月31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年10月1日から2019年3月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
       EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は、2018年10月1日を効力発生日とした連結子会社(株式会社医業経営研究所及び株式会社メドセル)の吸収
       合併により、連結対象子会社が存在しなくなったため、第1四半期累計期間より四半期連結財務諸表を作成しており
       ません。
                                 10/17















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2019年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       2,126,881              1,350,969
         現金及び預金
                                        228,487              263,107
         売掛金
                                           -            300,000
         有価証券
                                         13,014              14,195
         仕掛品
                                         35,590              34,941
         原材料及び貯蔵品
                                        110,204               60,426
         その他
                                       2,514,178              2,023,639
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物(純額)                              791,440              795,084
                                         79,742              72,199
          その他(純額)
                                        871,182              867,283
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                79,247              68,068
         投資その他の資産
                                        212,177              184,868
          投資有価証券
                                        571,250              568,750
          長期貸付金
                                           -            544,104
          破産更生債権等
                                        187,778              168,002
          その他
                                       △ 571,250            △ 1,112,854
          貸倒引当金
                                        399,956              352,870
          投資その他の資産合計
                                       1,350,386              1,288,222
         固定資産合計
                                       3,864,565              3,311,862
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         61,344              55,437
         買掛金
                                         32,856              24,663
         未払法人税等
                                         59,086              42,929
         賞与引当金
                                         4,210               500
         事業構造改善引当金
                                         87,560              95,153
         資産除去債務
                                        191,458              170,706
         その他
                                        436,515              389,391
         流動負債合計
       固定負債
                                        144,411              145,350
         資産除去債務
                                         33,137              21,959
         その他
                                        177,548              167,310
         固定負債合計
                                        614,064              556,701
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       7,362,829              7,367,668
         資本金
                                       1,547,359              1,552,197
         資本剰余金
                                      △ 5,715,136             △ 6,214,314
         利益剰余金
                                       3,195,052              2,705,551
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,304             △ 2,496
         その他有価証券評価差額金
                                         1,304             △ 2,496
         評価・換算差額等合計
                                         54,144              52,106
       新株予約権
                                       3,250,501              2,755,161
       純資産合計
                                       3,864,565              3,311,862
      負債純資産合計
                                 11/17



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年3月31日)
                                        501,666
      売上高
                                        324,487
      売上原価
                                        177,178
      売上総利益
                                        ※ 743,156
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                  △ 565,978
      営業外収益
                                         3,572
       受取利息
                                         2,209
       設備賃貸料
                                           402
       その他
                                         6,184
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           987
       支払利息
       為替差損                                  12,909
                                         4,249
       投資事業組合運用損
                                           193
       その他
                                         18,340
       営業外費用合計
      経常損失(△)                                  △ 578,134
      特別利益
                                         4,500
       固定資産売却益
                                         62,600
       抱合せ株式消滅差益
                                         8,700
       投資有価証券売却益
                                         1,861
       新株予約権戻入益
                                         15,096
       貸倒引当金戻入額
                                         92,757
       特別利益合計
      特別損失
                                         10,460
       事業構造改善費用
                                         10,460
       特別損失合計
      税引前四半期純損失(△)                                  △ 495,837
      法人税、住民税及び事業税                                    3,678
                                         △ 338
      法人税等調整額
                                         3,340
      法人税等合計
      四半期純損失(△)                                  △ 499,177
                                 12/17








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                                当第2四半期累計期間
                                (自 2018年10月1日
                                至 2019年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前四半期純損失(△)                                △ 495,837
                                         91,439
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 16,156
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 15,096
       事業構造改善引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,710
                                        △ 3,572
       受取利息及び受取配当金
                                           987
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  12,596
       有形固定資産売却損益(△は益)                                 △ 4,500
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 8,700
       抱合せ株式消滅差損益(△は益)                                 △ 62,600
       投資事業組合運用損益(△は益)                                  4,249
                                           153
       株式交付費
                                        △ 1,861
       新株予約権戻入益
       事業構造改善費用                                  14,170
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 33,065
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  5,424
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 5,906
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 3,481
                                         27,055
       未払又は未収消費税等の増減額
                                         56,462
       その他
                                       △ 441,947
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  3,576
                                         △ 987
       利息の支払額
                                        △ 9,977
       法人税等の支払額
                                        △ 14,573
       事業構造改善費用の支払額
                                       △ 463,909
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 77,328
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 287
       無形固定資産の取得による支出
                                         4,500
       有形固定資産の売却による収入
                                         10,000
       投資有価証券の売却による収入
                                         2,500
       長期貸付金の回収による収入
                                        △ 17,678
       資産除去債務の履行による支出
                                         1,657
       投資事業組合からの分配による収入
                                         2,800
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 73,836
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       株式の発行による収入                                  9,346
                                        △ 22,399
       リース債務の返済による支出
                                        △ 13,052
       財務活動によるキャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物に係る換算差額                                      0
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 550,798
      現金及び現金同等物の期首残高                                  2,126,881
      連結子会社の合併による現金及び現金同等物の増減
                                         74,886
      額(△は減少)
                                       ※ 1,650,969
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 13/17




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        ( 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等                       の適用)
         「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第1四半期会計期
         間の期首から適用しており、繰延税金負債は固定負債の区分に表示しております。
        (四半期損益計算書関係)

       ※   販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             当第2四半期累計期間
                             (自    2018年10月1日
                              至     2019年3月31日)
         賞与引当金繰入額                           21,935   千円
                                   171,551
         研究開発費
                                   151,166
         支払手数料
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

       ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおり
         であります。
                             当第2四半期累計期間
                             (自 2018年10月1日
                              至 2019年3月31日)
         現金及び預金勘定                       1,350,969千円
         有価証券勘定                        300,000
         現金及び現金同等物                       1,650,969
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当第2四半期累計期間(自 2018年10月1日 至 2019年3月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                               報告セグメント
                                                      四半期損益
                                               調整額
                                                     計算書計上額
                                               (注)1
                                再生医療等 
                                                      (注)2
                          細胞加工業                計
                                 製品事業
           売上高
                           499,021        2,644      501,666          -     501,666
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高
                              -       -       -        -        -
            又は振替高
                           499,021        2,644      501,666          -     501,666
                 計
           セグメント損失(△)                  △ 738    △ 241,690      △ 242,428      △ 323,549      △ 565,978
          (注)1.セグメント損失(△)の調整額△323,549千円は、全社費用であります。全社費用は、報告セグメ
               ントに帰属しない一般管理費であります。
             2.セグメント損失(△)は、四半期損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 14/17






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第2四半期累計期間
                                (自    2018年10月1日
                                 至   2019年3月31日)
     1株当たり四半期純損失(△)(円)                                   △4.22
      (算定上の基礎)
       四半期純損失(△)(千円)                                △499,177
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -
       普通株式に係る四半期純損失(△)(千円)                                △499,177
       普通株式の期中平均株式数(株)                               118,329,874
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                      ―
     で、前事業年度末から重要な変動があったものの概
     要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であるた
        め記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 15/17













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 16/17




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社メディネット(E05351)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 2019年 5月13日

     株式会社メディネット

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                関口  茂   印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                工藤 雄一   印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社メ

     ディネットの2018年10月1日から2019年9月30日までの第24期事業年度の第2四半期会計期間(2019
     年1月1日から2019年3月31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年10月1日から2019年3月31日
     まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び
     注記について四半期レビューを行った。
     四半期財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
     作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
     表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する結論
     を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四
     半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
     る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社メディネットの2019年3月31日現在の財政状態並びに同日を
     もって終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

          書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。