マルチ・ストラテジーズ・トラスト-ヌビーン・ダイナミックUSエクイティ・ストラテジー 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)

このエントリーをはてなブックマークに追加

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     【表紙】

     【提出書類】                 有価証券届出書

     【提出先】                 関東財務局長
     【提出日】                 平成  31 年4月   26 日
     【発行者名】                 ルクセンブルク三菱         UFJ  インベスターサービス銀行            S.A.
                     ( Mitsubishi     UFJ  Investor    Services    & Banking   ( Luxembourg     ) S.A.  )
     【代表者の役職氏名】                 デュプティ・チーフ・エグゼクティブ・オフィサー 小林 央明
     【本店の所在の場所】                 ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ L-                     1150  、アーロン通り        287  - 289  番
                     ( 287  - 289,  route  d'Arlon,    L-1150   Luxembourg,      Grand   Duchy   of Luxembourg     )
     【代理人の氏名又は名称】                 弁護士 大 西  信 治
     【代理人の住所又は所在地】                 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                     森・濱田松本法律事務所
     【事務連絡者氏名】                 弁護士 大 西  信 治
                      同  白 川  剛 士
                      同  江 橋    翔
                      同  星    千奈津
     【連絡場所】                 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
                     森・濱田松本法律事務所
     【電話番号】                 03 ( 6212  ) 8316
     【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券に係るファンドの名称】
                     マルチ・ストラテジーズ・トラスト
                     - ヌビーン・ダイナミックUSエクイティ・ストラテジー
                     ( Multi   Strategies    Trust  - Nuveen   US  Equity   Long  & Short  Fund  )
     【届出の対象とした募集(売出)外国投資信託受益証券の金額】
                     (ⅰ)   当初申込期間
                         米ドル(年1回)クラス:
                         1億アメリカ合衆国ドル(約             110  億 8,700  万円)を上限とする。
                         円ヘッジ(年1回)クラス:
                         100  億円を上限とする。
                     (ⅱ)継続申込期間
                         米ドル(年1回)クラス:
                         20 億アメリカ合衆国ドル(約            2,217  億 4,000  万円)を上限とする。
                         円ヘッジ(年1回)クラス:
                         2,000  億円を上限とする。
                     (注)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)の円貨換算は、便宜上、                              2019  年2月   28 日
                        現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=                            110.87  円)に
                        よる。
     【縦覧に供する場所】                 該当事項なし。
                                   1/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

     マルチ・ストラテジーズ・トラスト
     - ヌビーン・ダイナミックUSエクイティ・ストラテジー
     ( Multi   Strategies      Trust   - Nuveen     US  Equity    Long   & Short   Fund   )
     (注)ヌビーン・ダイナミックUSエクイティ・ストラテジー(以下「ファンド」という。)
     は、アンブレラ・ファンドであるマルチ・ストラテジーズ・トラスト(以下「トラスト」とい
     う。)のサブ・ファンドである。なお、アンブレラとは、1つの投資信託の下で1または複数の投
     資信託(サブ・ファンド)を設定できる仕組みのものを指す。                                      2019   年4月    26 日現在、トラストは、
     1つのサブ・ファンド(すなわちファンド)のみにより構成されている。ファンドは1または複
     数のクラスで構成される。                2019   年4月    26 日現在のファンドのクラスは、米ドル(年1回)クラス
     および円ヘッジ(年1回)クラスである。
     (2)【外国投資信託受益証券の形態等】

     米ドル(年1回)クラス受益証券および円ヘッジ(年1回)クラス受益証券の2種類のクラス
     の受益証券(以下、個別にまたは総称して「ファンド証券」または「受益証券」という。)につ
     いて、本書により募集が行われる。
     ファンド証券は、記名式無額面受益証券である。
     ルクセンブルク三菱            UFJ  インベスターサービス銀行                 S.A.  ( Mitsubishi      UFJ   Investor     Services     &
     Banking     ( Luxembourg       ) S.A.  )(以下「管理会社」という。)の依頼により、信用格付業者から提
     供され、もしくは閲覧に供された信用格付または信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供
     される予定の信用格付はない。
     ファンドは、追加型である。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

     (ⅰ)当初申込期間
     米ドル(年1回)クラス:
     1億アメリカ合衆国ドル(約                  110  億 8,700   万円)を上限とする。
     円ヘッジ(年1回)クラス:
     100  億円を上限とする。
     (ⅱ)継続申込期間
     米ドル(年1回)クラス:
     20 億アメリカ合衆国ドル(約                 2,217   億 4,000   万円)を上限とする。
     円ヘッジ(年1回)クラス:
     2,000   億円を上限とする。
     (注1)アメリカ合衆国ドル(以下「米ドル」という。)の円貨換算は、便宜上、                                                 2019   年2月    28 日
     現在の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=                                             110.87    円)による。以
     下、米ドルの円貨表示は別段の記載がない限りこれによるものとする。
     (注2)ファンドは、ケイマン諸島法に基づいて設定されているが、ファンド証券の米ドル(年
     1回)クラスについては米ドル建て、円ヘッジ(年1回)クラスについては円建てのため、以下
     の金額表示は別段の記載がない限りそれぞれ米ドル貨または円貨をもって行う。
     (注3)本書の中で金額および比率を表示する場合、四捨五入してある。したがって、合計の数字
     が一致しない場合がある。また、円貨への換算は、本書中でそれに対応する数字につき所定の換算
                                   2/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     率で単純計算のうえ、必要な場合四捨五入してある。したがって、本書中の同一情報につき異なっ
     た円貨表示がなされている場合もある。
                                   3/162




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (4)【発行(売出)価格】
     (ⅰ)当初申込期間
     米ドル(年1回)クラス:
     1口当たり       10.00   米ドル
     円ヘッジ(年1回)クラス:
     1口当たり       10,000    円
     (ⅱ)継続申込期間
     各取引日に適用される受益証券1口当たり純資産価格
     なお、発行価格に関する照会先は、後記「(8)申込取扱場所」に同じ。
     (注1)「ファンド営業日」とは、ニューヨーク、東京、ルクセンブルクおよびダブリンの銀行が
     営業を行っている日であり、かつ、ニューヨーク証券取引所および東京証券取引所が取引を行っ
     ている日(または受託会社が随時決定するその他の日)をいう。
     (注2)「取引日」とは、毎ファンド営業日(または受託会社が随時決定するその他の日)をい
     う。
     (5)【申込手数料】

     受益証券の取得申込みにあたっては、申込金額に                              3.24  %(税抜      3.00  %)の率を乗じて得た額を上
     限として日本における販売会社または販売取扱会社が個別に定める額の申込手数料を課すこと
     ができる。税率が変更された場合、変更後の税率が申込手数料に課される。                                             2019   年 10 月1日以後、
     消費税が      10 %へと変更される予定であり、それに伴い                         3.30  %となる。なお、申込手数料に関する照
     会先は、後記「(8)申込取扱場所」に同じ。
     (6)【申込単位】

     (ⅰ)当初申込期間
     米ドル(年1回)クラス:
     10 口以上1口単位(または日本における販売会社が別途定める単位)
     円ヘッジ(年1回)クラス:
     1口以上1口単位(または日本における販売会社が別途定める単位)
     (ⅱ)継続申込期間
     米ドル(年1回)クラス:
     100  米ドル以上       0.01  米ドル単位(または日本における販売会社が別途定める金額)
     円ヘッジ(年1回)クラス:
     10,000    円以上1円単位(または日本における販売会社が別途定める金額)
     (7)【申込期間】

     (ⅰ)当初申込期間
     2019   年5月    13 日(月曜日)から           2019   年5月    27 日(月曜日)まで
     (ⅱ)継続申込期間
     2019   年5月    28 日(火曜日)から           2020   年3月    31 日(火曜日)まで
     (注1)日本における販売会社および販売取扱会社が定める申込締切時間(原則としてファン
     ド営業日の午後3時(東京時間))までに受領されたものを当日の申込みとする。詳細は、日本
     における販売会社または販売取扱会社に照会すること。
     (注2)申込期間は、上記継続申込期間満了前に有価証券届出書を提出することにより更新され
     る。
                                   4/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (注3)当初募集期間中の申込みは国内営業日、継続募集期間中の申込みは申込期間中のファン
     ド営業日に申込みの取扱いが行われる。
     (注4)設定日は           2019   年5月    28 日である。
     (8)【申込取扱場所】

     ファンドの申込取扱場所については以下に照会のこと。
     三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社(代行協会員)
     〒 100-8148      東京都千代田区大手町一丁目9番5号                        大手町フィナンシャルシティ                  ノースタワー
     ホームページ内:           http://www.pb.mufg.jp/
     「外国投資信託の運用報告書(全体版)および申込取扱場所」
     (以下、申込取扱場所となる各金融機関を「日本における販売会社」という。)
     (注)日本における販売会社の日本における本支店において、申込みの取扱いを行う。
     (9)【払込期日】

     (ⅰ)当初申込期間
     投資者は、      2019   年5月    27 日までに日本における販売会社または販売取扱会社(後記「(                                       12 )その
     他、(ロ)引受等の概要」において定義する。以下同じ。)に対して申込金額および申込手数料を
     支払うものとする。
     当初申込期間に関して日本における販売会社または販売取扱会社に支払われた申込金額の総額
     は、最終的にファンドの口座に、                   2019   年5月    28 日の正午      12 時(ダブリン時間)までに、ファンドの
     各クラスの参照通貨で払い込まれる。
     なお、投資者による払込みの方法については下記「(                                12 )その他(ハ)申込みの方法」を参照の
     こと。
     (ⅱ)継続申込期間
     投資者は、国内約定日(日本における販売会社または販売取扱会社が購入注文の成立を確認した
     日。通常、申込日の翌国内営業日)から起算して4国内営業日目までに、申込金額と申込手数料を
     支払うものとする。
     (注)国内営業日とは、東京において銀行が営業している日であり、かつ、東京証券取引所が取引
     を行っている日(土曜日および日曜日を除く。)をいう。
     日本における販売会社または販売取扱会社に支払われた申込金額の総額は、関連する取引日から
     4ファンド営業日以内または受託会社がその裁量で適宜定めるその他の期間内にファンドの各
     クラスの参照通貨でファンドの口座宛に払い込まれる。
     なお、投資者による払込みの方法については下記「(                                12 )その他(ハ)申込みの方法」を参照の
     こと。
     (10)      【払込取扱場所】

     上記「(8)申込取扱場所」に同じ。
     (11)      【振替機関に関する事項】

     該当事項なし。
                                   5/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (12)      【その他】
     (イ)申込証拠金はない。
     (ロ)引受等の概要
        ① 管理会社は、日本における販売会社との間で日本における受益証券の販売および買戻し
          に関する受益証券販売・買戻契約を締結している。
        ② 日本における販売会社は、他の販売・買戻し取扱会社(以下「販売取扱会社」という。
          日本における販売会社が直接日本の受益者に販売する場合については、当該日本にお
          ける販売会社も含むものとする。)を通じて間接的に受けたファンド証券の販売・買
          戻請求の受託会社への取次ぎを行う。
     (注)販売取扱会社とは、日本における販売会社とファンド証券の取次ぎ業務にかかる契約を締
     結し、投資者からのファンド証券の申込または買戻請求を日本における販売会社に取り次ぎ、投
     資者からの申込金額の受入れまたは投資者に対する買戻代金の支払い等にかかる事務等を取り
     扱う取次ぎ金融商品取引業者および取次ぎ登録金融機関をいう。
        ③ 管理会社は、三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社をファンド証券に関し
          て日本における代行協会員に指定している。
     (注)代行協会員とは、外国投資信託受益証券の発行者と契約を締結し、ファンド証券1口当た
     り純資産価格の公表を行い、またファンド証券に関する目論見書、決算報告書その他の書類を販
     売会社に交付する等の業務を行う協会員をいう。
     (ハ)申込みの方法
     ファンド証券の申込みを行う日本における投資者は、日本における販売会社または販売取扱会社
     と外国証券の取引に関する契約を締結する。このため、日本における販売会社または販売取扱会
     社は、「外国証券取引口座約款」その他所定の約款(以下「口座約款」という。)を投資者に交
     付し、投資者は、当該約款に基づく取引口座の設定を申し込む旨を記載した申込書を提出する。当
     初申込期間における申込みに関し、投資者は、口座約款に従い、日本における販売会社または販売
     取扱会社に対し、          2019   年5月    27 日(月曜日)までに申込金額および申込手数料を支払うものとす
     る。また、継続申込期間における申込みに関し、投資者は、口座約款に従い、日本における販売会社
     または販売取扱会社に対し、国内約定日から起算して4国内営業日目までに申込金額および申込
     手数料を支払うものとする。ただし、日本における販売会社または販売取扱会社が別途定める場
     合には、それに従うものとし、上記と異なる取扱いとすることができる。
     申込金額は、「外国証券取引口座約款」その他所定の約款に従い、円貨または当該クラス受益証
     券の参照通貨で支払うものとする。円貨で支払われた場合における受益証券の参照通貨への換算
     は、東京外国為替市場の外国為替相場に準拠したものであって、日本における販売会社または販
     売取扱会社が決定するレートによるものとする。
     また、日本における販売会社においては、口座毎に買付注文金額を受益証券1口当たり純資産価
     格で除して算出した口数を合計することで買付口数の合計を算出する(ただし、日本における販
     売会社が別途取り決める場合は除く。)。一方、受託会社においては、日本における販売会社から
     の買付注文金額合計額を受益証券1口当たり純資産価格で除し、買付口数の合計を算出する。
     (注)「国内約定日」とは、申込みの成立を日本における販売会社または販売取扱会社が確認し
     た日(通常、申込日の翌国内営業日)をいう。
     (ニ)日本以外の地域における発行
     該当事項なし。
                                   6/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
     ① ファンドの目的、信託金の限度額および基本的性格
     ヌビーン・ダイナミックUSエクイティ・ストラテジーは、ケイマン諸島の法律に基づき、                                                       2018
     年 11 月 19 日付信託証書に従って設定されたアンブレラ・ファンドであるマルチ・ストラテジー
     ズ・トラストのサブ・ファンドである。                        2019   年4月    26 日現在、ファンドは、1つのサブ・ファンド
     (すなわちファンド)のみにより構成されている。なお、アンブレラ・ファンドとは、1つの投資
     信託の下で1または複数の投資信託(サブ・ファンド)を設定できる仕組みのファンドをいう。
     ファンドの投資目的は、米国の金融商品取引所に上場されている企業の株式を主要投資対象と
     し、現物株式の買建て(ロング・ポジション)と売建て(ショート・ポジション)を組み合わせ
     たロング&ショート戦略による運用を行うことで、長期的に信託財産の成長を目指すことであ
     る。
     ファンドにおける信託金の最高限度額の制限はない。ただし、当初申込期間については、米ドル
     (年1回)クラスにあっては1億米ドル、円ヘッジ(年1回)クラスにあっては                                                 100  億円、継続申
     込期間については、米ドル(年1回)クラスにあっては                                  20 億米ドル、円ヘッジ(年1回)クラス
     にあっては       2,000   億円を、それぞれ上限とする。
     ※ 管理会社が受託会社と協議の上、その裁量により上記の金額に達していない状況でも募集の
     停止を行う場合がある。
     ② ファンドの性格
     ファンドは、ケイマン諸島の法律に基づきオープン・エンド型投資信託として設立された。
     管理会社は、ファンドの勘定で受益証券を発行する権利を有する。日本の受益者は、日本における
     販売会社を通じて管理会社に対して通知することにより、毎取引日に保有する受益証券の買戻し
     を請求することができる。買い戻された受益証券について支払われる買戻価格は、各取引日に適
     用される受益証券1口当たり純資産価格である。
     ファンドの信託期間は、信託証書の締結日である                              2018   年 11 月 19 日の   150  年後に終了する。
     (2)【ファンドの沿革】

     1974   年4月    11 日  管理会社設立
     2018   年 11 月 19 日  信託証書および補遺信託証書締結
     2019   年5月    13 日  ファンド証券の募集開始
     2019   年5月    28 日  ファンドの運用開始
                                   7/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (3)【ファンドの仕組み】
     ① ファンドの仕組み
                                   8/162




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ② 管理会社とファンドの関係法人の名称、ファンドの運営上の役割および契約等の概要
            名称          ファンド運営上の役割                     契約等の概要
     ルクセンブルク三菱         UFJ       管理会社             2018  年 11 月 19 日付で信託証書および補遺信託証書
                     保管会社
                                  を受託会社と締結(以下「信託証書」と総称す
     インベスターサービス
                                  る。)。信託証書は、ファンド資産の運用、管理、
     銀行  S.A.
                                  ファンドの受益証券の発行、買戻しおよびファン
     ( Mitsubishi     UFJ  Investor
                                  ドの終了等について規定している。                2019  年4月   23
     Services    & Banking
                                         (注1)
                                  日付で保管契約          を受託会社と締結。同契約
     ( Luxembourg     ) S.A.  )
                                  は、ファンドの資産保管業務について規定してい
                                  る。
                                  2018  年 11 月 19 日付で信託証書を管理会社と締結。
     エムユーエフジー・                受託会社
                     管理事務代行会社
     ファンド・サービシズ
                                  信託証書は、ファンドの資産の運用、管理、ファン
     (ケイマン)リミテッド
                                  ドの受益証券の発行、買戻しおよびファンドの終
     ( MUFG   Fund  Services                      了等について規定している。
     ( Cayman   ) Ltd.  )
                                                       (注
     損保ジャパン日本興亜                投資運用会社             2019  年5月   28 日付で効力発生の投資運用契約
                                  2)
     アセットマネジメント
                                   を受託会社と締結。同契約は、投資運用業務につ
     株式会社
                                  いて規定している。
                                                        (注
     ヌビーン                副投資運用会社             2019  年5月   28 日付で効力発生の副投資運用契約
                                  3)
     アセットマネジメント
                                   を投資運用会社と締結。同契約は、副投資運用業
     エルエルシー
                                  務について規定している。
     ( Nuveen   Asset   Management
     LLC  )
     三菱UFJモルガン・                代行協会員             2019  年4月   24 日付で管理会社との間で代行協会員
                                    (注4)
                     日本における販売会社
     スタンレーPB証券
                                  契約     を締結。同契約は、代行協会員業務につ
     株式会社
                                  いて規定している。
                                  また、   2019  年4月   24 日付で管理会社との間で受益
                                  証券販売・買戻契約(注5)を締結。受益証券販
                                  売・買戻契約は、日本における販売会社としての
                                  業務について規定している。
     (注1)保管契約とは、ファンドの資産保管業務の提供を約する契約である。
     (注2)投資運用契約とは、受託会社によって任命された投資運用会社が、ファンドに対し、投資
     運用サービスを提供することを約する契約である。
     (注3)副投資運用契約とは、投資運用会社によって任命された副投資運用会社が副投資運用業
     務を提供することを約する契約である。
     (注4)代行協会員契約とは、管理会社によって任命された代行協会員が、ファンドに対し、ファ
     ンド証券1口当たり純資産価格の公表およびファンド証券に関する目論見書、決算報告書その他
     の書類を販売会社に交付する等、代行協会員業務を提供することを約する契約である。
     (注5)受益証券販売・買戻契約とは、管理会社によって任命された日本における販売会社が、
     ファンド証券の日本における募集の目的で管理会社から交付を受けたファンド証券を日本の法
     令・規則および目論見書に準拠して販売することおよび日本の受益者からの買戻注文を管理会
     社に取次ぐことを約する契約である。
                                   9/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ③ 管理会社の概況
     (ⅰ)設立準拠法
     管理会社は、ルクセンブルグの                   1915   年8月    10 日付商事会社法(改正済)に基づき、ルクセンブル
     グにおいて       1974   年4月    11 日に設立された。          1915   年8月    10 日付商事会社法(改正済)は、設立、運
     営、株式の募集等商事会社に関する基本的事項を規定している。
     (ⅱ)事業の目的
     事業の目的は、自己勘定および第三者の勘定で、すべての銀行業務および金融業務を引き受ける
     ことである。
     (ⅲ)資本金の額(            2019   年2月末日現在)
     払込済資本金の額              187,117,965.90         米ドル(約       207  億円)
     発行済株式総数               5,051,655      株(一株      37.04   米ドルの記名式額面株式)
     管理会社が発行する株式総数の上限については制限がない。
     ただし、上記資本金の増減については、定款の規定に基づく株主総会の決議を要する。
     (ⅳ)会社の沿革
          1974  年4月   11 日      設立
          2006  年1月1日          会社名をバンク・オブ・トウキョウ・ミツビシ(ルクセンブルグ)エス・エ
                      イからバンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルクセンブルグ)エ
                      ス・エイに変更
          2007  年4月2日          会社名をバンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルクセンブルグ)エ
                      ス・エイからミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイに変更
          2016  年5月1日          会社名をミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイからルクセンブ
                      ルク三菱    UFJ  インベスターサービス銀行            S.A.  に変更
     (ⅴ)大株主の状況
                                              ( 2019  年2月末日現在)
                  名称                住所          所有株式数         比率
                           東京都千代田区丸の内
                                             5,002,575    株     99.03  %
           三菱UFJ信託銀行株式会社
                           一丁目4番5号
     (4)【ファンドに係る法制度の概要】

     (A)準拠法の名称
     トラストは、ケイマン諸島の法律に基づき設定され、ケイマン諸島の信託法(                                               2018   年改訂)(以
     下「信託法」という。)に基づき登録されている。トラストは、また、ケイマン諸島のミューチュ
     アル・ファンド法(            2019   年改訂)(以下、「ミューチュアル・ファンド法」という。)により規
     制されている。
                                  10/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (B)準拠法の内容
     ① 信託法
     ケイマン諸島の信託の法律は、基本的に英国の信託法に従っている。
     受託会社は、一般的な忠実義務に服し、かつ受益者に対して説明義務を負う。その機能、義務およ
     び責任の詳細は、信託証書に記載されている。
     大部分のユニット・トラストは、免税信託として登録申請される。その場合、信託証書、ケイマン
     諸島の居住者またはケイマン諸島を本拠地とする者を(限られた一定の場合を除き)受益者と
     しない旨宣言した、受託会社の法定の宣誓書が登録料と共にケイマン諸島の信託登記官に届け出
     られる。
     免税信託の受託会社は、受託会社、受益者、および信託財産が                                    50 年間課税に服さないとの約定を取
     得することができる。
     一旦設定された信託は、              150  年まで存続することができ、一定の場合は無期限に存続できる。
     ファンドは、信託証書の規定に従い、期限前に終了しない限り、信託証書の締結日である                                                     2018   年 11
     月 19 日の   150  年後に終了する。
     免税信託は、信託登記官に対して、当初手数料および年次手数料を支払わなければならない。
     ② ミューチュアル・ファンド法
     下記「(6)監督官庁の概要」の項を参照のこと。
     (5)【開示制度の概要】

     (A)ケイマン諸島における開示
     ① ケイマン諸島金融庁に対する開示
     トラストは、目論見書を発行しなければならない。目論見書は、受益証券についてすべての重要な
     内容を記載し、投資者となろうとする者がトラストに投資するか否かについて十分な情報に基づ
     く決定をなしうるために必要なその他の情報およびケイマン規則に基づいて要求される情報を
     記載しなければならない。目論見書は、トラストについての詳細を記載した申請書とともにケイ
     マン諸島金融庁(以下「CIMA」という。)に提出しなければならない。
     トラストは、CIMAが承認した監査人を選任し、会計年度終了後6か月以内に監査済会計書類
     を提出しなければならない。監査人は、監査の過程において、トラストに以下の事由があると知っ
     たとき、または以下の事由があると信ずべき理由があるときはCIMAに報告する法的義務を
     負っている。
     (ⅰ)弁済期に債務を履行できないまたはその可能性があること。
     (ⅱ)投資者または債権者に有害な方法で自発的にその事業を遂行しもしくは事業を解散し、ま
     たはその旨意図していること。
     (ⅲ)会計を適切に監査しうる程度に十分な会計記録を備置せずに事業を遂行し、または遂行し
     ようと意図していること。
     (ⅳ)詐欺的または犯罪的手法で事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
     (ⅴ)ミューチュアル・ファンド法もしくはその下位規則、金融庁法(                                           2018   年改訂)およびマ
     ネーロンダリング防止規則(                  2018   年改訂)(以下「マネーロンダリング防止規則」という。)ま
     たは免許の条件に違反する方法で事業を遂行し、または遂行しようと意図していること。
     ファンドの監査人は、プライスウォーターハウスクーパース(                                      PricewaterhouseCoopers              )のケイマ
     ン諸島事務所である。トラストの会計監査は、米国において一般に公正妥当と認められる会計原
     則に基づいて行われる。
     トラストは、会計年度末から6か月以内に監査済会計書類をCIMAに提出する。
                                  11/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     トラストの管理事務代行業務を行う者(以下「管理事務代行会社」または「管理事務代行者」
     という。)は、(a)トラスト資産の一部または全部が目論見書に記載された投資目的および投
     資制限に従って投資されていないこと、または(b)受託会社もしくは管理会社がその設立文書
     ま たは目論見書に定める規定に従って、トラストの業務および投資活動を実質的に遂行していな
     いことを認識した場合、かかる認識後速やかに、(ⅰ)当該事実を受託会社に書面で報告し、
     (ⅱ)当該報告書の写しおよび報告に適用ある詳細をCIMAに提出し、その報告書または適切
     な概要については、トラストの次回の年次報告書、および次回の半期報告書または定期報告書が
     次回の年次報告書に先立ち交付される場合には半期報告書または定期報告書に記載されなけれ
     ばならない。
     管理事務代行会社は、(a)トラストの募集または償還もしくは買戻しの停止および当該停止理
     由、ならびに(b)トラストを清算する意向および当該清算理由について、実務上速やかに書面
     でCIMAに通知しなければならない。
     受託会社は、各会計年度末の6か月後から                         20 日以内にCIMAにトラストの事業について書面で
     報告書を提出するか、または提出するよう手配しなければならない。当該報告書には、トラストに
     関する以下の事項を記載しなくてはならない。
     (a)すべての旧名称を含むトラストの名称
     (b)投資者により保有されている各組入証券の純資産価額
     (c)前報告期間からの純資産価額および各組入証券の変動率
     (d)純資産価額
     (e)当該報告期間の新規募集口数および価額
     (f)当該報告期間の償還または買戻しの口数および価額
     (g)報告期間末における発行済有価証券総数
     受託会社は、(a)受託会社が知る限り、トラストの投資方針、投資制限および設立文書を遵守し
     ていること、ならびに(b)トラストが投資者または債権者の利益を損なうような運営をしてい
     ないことを確認する旨の受託会社により署名された宣誓書を、毎年、CIMAに提出するか、また
     は提出するよう手配しなければならない。
     トラストは、管理事務代行会社の任命について提案された変更を、CIMA、投資者および管理事
     務代行会社以外の業務提供会社に、当該変更の少なくとも1か月前に、書面で通知しなければな
     らない。
     トラストは、保管会社の任命について提案された変更を、CIMA、投資者および保管会社以外の
     業務提供会社に、当該変更の少なくとも1か月前に、書面で通知しなければならない。
     トラストは、管理会社について提案された変更を、CIMA、投資者およびその他の業務提供会社
     に、当該変更の少なくとも1か月前に、書面で通知しなければならない。
     ② 受益者に対する開示
     ファンドの会計年度末は、毎年9月                     30 日である。会計書類は、米国において一般に公正妥当と認め
     られる会計原則に従って作成され、会計年度末から4か月以内に受益者に送付される。また、未監
     査の会計書類が作成され、毎年3月末日から2か月以内に受益者に送付される。
     (B)日本における開示

     ① 監督官庁に対する開示
     (ⅰ)金融商品取引法上の開示
     管理会社は、日本における1億円以上の受益証券の募集をする場合、有価証券届出書を関東財務
     局長に提出しなければならない。投資者およびその他希望する者は、金融商品取引法に基づく有
     価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)等において、これを閲覧
     することができる。
                                  12/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     受益証券の販売取扱会社は、交付目論見書(金融商品取引法の規定により、あらかじめまたは同
     時に交付しなければならない目論見書をいう。)を投資者に交付する。また、投資者から請求が
     あっ   た場合は、請求目論見書(金融商品取引法の規定により、投資者から請求された場合に交付
     しなければならない目論見書をいう。)を交付する。
     管理会社は、その財務状況等を開示するために、各事業年度終了後6か月以内に有価証券報告書
     を、また、各半期終了後3か月以内に半期報告書を、さらに、トラストに関する重要な事項につい
     て変更があった場合にはその都度臨時報告書を、それぞれ関東財務局長に提出する。投資者およ
     びその他希望する者は、これらの書類をEDINET等において閲覧することができる。
     (ⅱ)投資信託及び投資法人に関する法律上の届出等
     管理会社は、ファンド受益証券の募集の取扱い等を行う場合、あらかじめ、投資信託及び投資法人
     に関する法律(昭和            26 年法律第      198  号、その後の修正を含む。)(以下「投信法」という。)に従
     い、ファンドにかかる一定の事項を金融庁長官に届け出なければならない。また、管理会社は、
     ファンドの信託証書を変更しようとするとき等においては、あらかじめ、変更の内容および理由
     等を金融庁長官に届け出なければならない。さらに、管理会社は、ファンドの資産について、ファ
     ンドの各計算期間終了後遅滞なく、投信法に従って、一定の事項につき運用報告書を作成し、金融
     庁長官に提出しなければならない。
     ② 日本の受益者に対する開示
     管理会社は、信託証書を変更しようとする場合であってその内容が重大なものである場合等にお
     いては、あらかじめ、日本の知れている受益者に対し、変更の内容および理由等を書面をもって通
     知しなければならない。
     管理会社からの通知等で受益者の地位に重大な影響を及ぼす事実は販売取扱会社を通じて日本
     の受益者に通知される。
     上記のファンドの運用報告書に記載すべき事項のうち重要なものを記載した書面(交付運用報
     告書)は、日本の知れている受益者に交付される。運用報告書(全体版)は、管理会社のために代
     行協会員のホームページに掲載される。ただし、受益者から運用報告書(全体版)の交付請求が
     あった場合には、交付される。
     (6)【監督官庁の概要】

     トラストは、ミューチュアル・ファンド法に基づき規制されている。したがって、トラスト(およ
     び受託会社)は、特に、ミューチュアル・ファンド法上、ケイマン当局に申請書ならびに監査済年
     次財務諸表および年次報告書を提出しなければならない。トラストは、規制された投資信託とし
     て、ミューチュアル・ファンド法に基づきCIMAの監督に服し、CIMAは、いつでもトラスト
     に、財務書類の監査を行い、同書類をCIMAが特定する一定の期日までにCIMAに提出する
     よう指示することができる。さらに、CIMAは、受託会社にCIMAがミューチュアル・ファン
     ド法上の義務を遂行するために合理的に必要とするトラストに関する情報または説明を提出す
     るよう求めることができる。受託会社は、トラストに関するすべての記録を、合理的な時間に、C
     IMAに提出または開示しなければならず、CIMAは、開示された記録の写しを作成し、抄本を
     備置することができる。CIMAの要求を遵守しない場合、受託会社は、高額の罰金に服し、CI
     MAは、裁判所にトラストの解散を請求することができる。
     規制された投資信託が、その義務を履行できなくなる可能性がある場合、また投資者や債権者の
     利益を害する方法で業務を遂行もしくは遂行を企図し、または任意解散を行おうとしている場
     合、CIMAは、一定の措置を取ることができる。CIMAの権限には、トラストの登録の取消し、
     受託会社の交替を要求すること、トラストの適切な業務遂行についてトラストに助言を与える者
     を任命すること、またはトラストの業務監督者を任命すること等が含まれる。CIMAは、その他
     の権限(その他措置の承認を裁判所に申請する権限を含む。)を行使することができる。
                                  13/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     トラストの受託会社は、ケイマン諸島の会社として登録されており、かつ投資信託としてケイマ
     ン政府の許可を受けている。受託会社は、CIMAの監督下にある。受託会社はまた、ミューチュ
     ア ル・ファンド法に基づく投資信託管理会社として許可されている。
                                  14/162



















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2【投資方針】
     (1)【投資方針】
     投資目的
     ファンドの投資目的は、米国の金融商品取引所に上場されている企業の株式を主要投資対象と
     し、現物株式の買建て(ロング・ポジション)と売建て(ショート・ポジション)を組み合わせ
     たロング&ショート戦略による運用を行うことで、長期的に信託財産の成長を目指すことであ
     る。
     株式市場の上昇を捉えつつ、株式市場の下落時にはマイナスを抑制することにより、長期的なリ
     ターンの獲得を目指す。
     ポートフォリオの構築は、個別銘柄の財務の健全性や業績動向、事業の成長性、株価の割安度、流
     動性等に係る評価・分析に基づき行う。副投資運用会社は、株価の上昇が期待できる銘柄をロン
     グ・ポジション、株価の下落が予想される銘柄をショート・ポジションとし、クオンツ分析、ファ
     ンダメンタルズ分析およびリスク管理を組み合わせた、ボトムアップ・アプローチを用いて銘柄
     を選択する。銘柄は、原則として、マルチ・ファクターの定量的モデルにより提供される証券の順
     位および証券のファンダメンタル分析の双方に基づき、ロングまたはショート・ポジションとし
     てポートフォリオに追加される。また、副投資運用会社は、リスク管理手法を利用して、個々の銘
     柄およびセクターに投資される金額に制約を設定する。副投資運用会社は、そのモデルにおける
     順位の低下またはファンダメンタル・リサーチが企業のファンダメンタルズの悪化を把握した
     場合、当該銘柄を売却する場合がある。
     ファンドは、資金動向、市況動向、その他特殊な状況等によって、上記のような運用ができない場
     合がある。
                                  15/162












                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (2)【投資対象】






     前記「(1)投資方針」を参照のこと。
     (3)【運用体制】

                                  16/162













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (4)【分配方針】
     受託会社は、投資運用会社と協議の上、分配日において、年次の分配を行うことができる。
     分配は、分配基準日に受益証券の保有者として登録されている者に対して支払われる。分配基準
     日が取引日に該当する場合、その取引日のすべての申込みと買戻しを考慮して、受益証券の保有
     者が決定される。
     分配は、関連する受益証券のクラスに帰属する、純投資収益、純実現および未実現キャピタル・ゲ
     インならびに元本から、行うものとする。
     受益者(注:登録受益者である日本における販売会社)に対する分配の支払いは、分配支払日に
     行うものとする。
     受益証券1口当たりの分配金は、米ドル(年1回)クラスについては小数第2位に四捨五入さ
     れ、また、円ヘッジ(年1回)クラスについては円の単位に四捨五入される。
                                  17/162
















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (5)【投資制限】
     投資制限
     1.空売りされる有価証券の時価総額は、ファンドの純資産価額を超えることはできない。
       2.ファンドの純資産価額の                  10 %を超えて、借入れを行うことはできない。ただし、合併等の
          特別かつ緊急の状況において、一時的に                        10 %を超える場合はこの限りではない。
       3.ファンドおよび管理会社の運用するすべての投資信託による保有が、一発行会社の議決
          権の総数の       50 %を超えることとなるような場合において、当該発行会社の株式投資を行
          うことはできない。かかる制限は、投資信託に対する投資には適用されない。
       4.ファンドは、私募株式、非上場株式または不動産等、流動性に欠ける資産に対しその純資
          産価額の      15 %を超えて投資しない。ただし、日本証券業協会が定める外国投資信託受益証
          券の選別基準(臨時改訂または変更されることがある。)(外国証券の取引に関する規
          則)によって必要とされるとおり、価格の透明性を確保する方法が取られている場合は
          この限りではない。
       5.(ⅰ)ファンドは、単一の発行体の株式または受益証券の価額(以下「株式エクスポー
              ジャー」という。)が純資産価額の                     10 %を超える場合(かかる株式エクスポー
              ジャーは、日本証券業協会のガイドラインに従って計算される。)、当該会社の株
              式または当該投資信託の受益証券を保有しないものとする。
          (ⅱ)ファンドは、デリバティブのポジションからある単一のカウンターパーティーに
              対して生じるネット・エクスポージャー(以下「デリバティブ・エクスポー
              ジャー」という。)が、純資産価額の                      10 %を超える場合(かかるデリバティブ・エ
              クスポージャーは、日本証券業協会のガイドラインに従って計算される。)、単一
              のカウンターパーティーに対してデリバティブのポジションを保有しないものと
              する。疑義を避けるために申し添えると、当該上限はファンドが有する評価益の額
              に適用され、また、           120  日以内に予約期日が到来する為替予約取引(店頭デリバ
              ティブ取引に該当するものは除く。)には適用されない。
          (ⅲ)ファンドは、単一の法主体によって発行され、組成され、または、負担される有価証
              券、金銭債権および匿名組合出資持分(以下これらを「債券エクスポージャー」
              という。)の価額が純資産価額の                    10 %を超える場合(かかる債券エクスポー
              ジャーは、日本証券業協会のガイドラインに従って計算される。)、(a)有価証
              券(上記(ⅰ)に記載される株式または受益証券を除く。)、(b)金銭債権(上
              記(ⅱ)に記載されるデリバティブを除く。)および(c)匿名組合出資持分を
              保有しないものとする。
              (注)    担保付の取引の場合には当該担保の評価額、当該発行者等に対する債務が
                  ある場合には当該債務額を差し引くことができる。
          (ⅳ)ファンドは、単一の発行体またはカウンターパーティーに対する株式エクスポー
              ジャー、債券エクスポージャーおよびデリバティブ・エクスポージャーが合計で
              純資産価額の        20 %を超える場合、単一の発行体もしくはカウンターパーティーに
              おいて、または、単一の発行体もしくはカウンターパーティーに対してポジション
              を保有しないものとする。
       6.ファンドは、管理会社または受益者以外の第三者の利益を図る目的で行う取引等、受益
          者の保護に欠け、またはファンドの資産の適正な運用を害する取引を行わないものとす
          る。
       7.ファンドは、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動その
          他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ管理会社および投資運用
                                  18/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          会社または副投資運用会社(該当する場合)が定めた合理的な方法により算出した額が
          ファンドの純資産価額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引等を行わな
          い ものとする。
        上記の制限のいずれかについて超過または違反した場合、投資運用会社または副投資運用
       会社(該当する場合)は、逸脱を是正するために受益者の利益を考慮した上でファンドの
       ポートフォリオに関して措置を講じるが、制限の超過に関してそれ以上の責任は負わない。
       上記にかかわらず、受託会社、投資運用会社または副投資運用会社(該当する場合)は、逸脱
       を是正するために常に投資対象を取得または処分する権限を有する。
     投資制限からの逸脱

      投資方針および投資制限(以下「投資ガイドライン」という。)に関して、ファンドのいずれか
     の投資対象の評価額の変動、再編もしくは合併、ファンドの資産からの支払いまたは受益証券の
     買戻し等をはじめとする事象の結果として投資ガイドラインの逸脱が発生した場合について、副
     投資運用会社は当該投資対象の売却を直ちに要求されることはない。ただし、副投資運用会社は、
     投資ガイドライン違反が認識された後に合理的な期間内に、受益者の利益を考慮して当該投資ガ
     イドラインを遵守するために合理的に実行可能な措置を講じるものとする。
      副投資運用会社は、            (i)受益証券の購入申込みまたは買戻請求についてファンドの現金ポジ
     ションが変更したと単独の裁量により判断する場合、                                (ⅱ)ファンドが投資する市場もしくは投
     資対象について突然もしくは重要な変更または副投資運用会社の合理的なコントロールが及ば
     ないその他の事象が生じると副投資運用会社が単独の裁量において予測する場合、および/また
     は (ⅲ)流動性の提供またはファンドの終了の準備のため、かかる逸脱が合理的に必要であると
     副投資運用会社が単独の裁量で判断する場合、投資ガイドラインから逸脱することができる。副
     投資運用会社はかかる逸脱を認識した場合は受託会社に対し直ちに通知し、受益者の利益を考慮
     して合理的に可能な限り速やかにかかる逸脱を是正することを目指す。
     基準通貨

     ファンドの基準通貨は米ドルであり、ファンドの資産は原則として米ドル建てである。受託会社
     は、為替相場の変動から生じる受益証券の価格の変動に対して円ヘッジ(年1回)クラスをヘッ
     ジすることを目的として、スポットもしくはフォワード契約の売買または為替変動リスクをヘッ
     ジするためのその他の金融商品を用いて、継続的な指示および関連する為替取引の執行のために
     必要な法的書類に基づき、為替取引執行エンティティとして保管会社を任命する。しかしながら、
     いかなるヘッジ取引についても、米ドル以外の通貨エクスポージャーに関連するあらゆるリスク
     をすべて取り除く保証はない。保管会社は為替取引の投資判断に関連するいかなる責任も明示的
     に拒絶する。
                                  19/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     3【投資リスク】
     (1)リスク要因
     受益証券1口当たり純資産価格は、組み入れている有価証券等の価格変動や為替相場の変動等に
     より大きく上下することがある。                    したがって、ファンドは投資元本が保証されているものではな
     く、受益証券1口当たり純資産価格の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがある。
     ファンドの運用による損益はすべて投資者に帰属する。                                  受益証券への投資に伴う損失に対する保
     証、ファンドの投資目的が達成される保証、また利益が実現される保証はない。米国株式の買建て
     (ロング・ポジション)と売建て(ショート・ポジション)を組み合わせたロング&ショート
     戦略が一定のリスクを伴うのと同様に受益証券への投資は以下に言及するリスク等を伴う。以下
     のリスクはすべてのリスクを網羅するものではなく、投資予定者は本書を慎重に検討し、受益証
     券の申込みを行う前に自らの専門アドバイザーに相談すべきである。                                          投資信託は、預貯金と異な
     る。
     受益証券は、ファンドに対する投資が完全な投資プログラムを反映するものではなく、かつファ

     ンドに対する投資のリスクを十分に理解し、かかるリスクを負担する能力を有する、投資に精通
     した個人による投資のみに適している。ファンドは債務証券に集中的に投資するため、特定の
     ポートフォリオには不適切となることがある。以下のリスクについての要約に記載されたトラス
     トならびにファンドの投資対象およびポートフォリオに関する言及は、ファンドの投資対象およ
     びポートフォリオに関する複合的なリスクについて言及するものである。以下の勘案事項は、
     ファンドに対する投資に伴うすべてのリスクの完全な記載ではないが、ファンドに対する投資を
     行う前に慎重に検討されるべきである。
     ファンドは主に外国の証券に投資し、受益証券1口当たり純資産価格はファンドが投資する証券

     等の価格の値動きに応じて変動する。また、ファンドは外国の通貨建ての資産に投資するため、外
     国為替リスクも負担する。したがって、受益証券1口当たり純資産価格が低下するおそれがあり、
     元本は保証されていない。
     ファンドの主なリスク要因

     以下は、主なリスク要因および勘案事項であるが、すべてのリスク要因および勘案事項を完全に

     網羅するものではなく、また、リスク要因および勘案事項は以下に限定されるものでもない。
     受益証券1口当たり純資産価格は、組入有価証券およびその他の商品または為替相場の変動なら

     びにその他の要因により上下する。また、組入有価証券の発行体の経営または財務の状況の変化
     および状況に対する第三者評価の影響を受ける。したがって、投資元本が保証されているもので
     はなく、投資者は、受益証券1口当たり純資産価格の下落により投資元本を割り込むことがある。
     運用による一切の損益は投資者に帰属する。
     ファンドに対する投資には、高度のリスクが伴う。ファンドの投資目的が達成されるという保証

     はなく、また、受益者が自己の投資額のすべてまたは実質的にすべてを失うことはないという保
     証もない。
     株価変動リスク

                                  20/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     株式の価格は、政治・経済情勢、発行会社の業績・財務状況の変化、市場における需給・流動性に
     よる影響を受け、変動することがある。したがって、ファンドに組入れられる株式の価格は短期的
     または長期的に下落していく可能性があり、これらの価格変動または流動性に予想外の変動が
     あっ   た場合、重大な損失が生じる場合がある。
     為替変動リスク

     <米ドル(年1回)クラス>

     ファンドの投資対象には米ドル以外の通貨建資産も含まれるので、当該外貨の米ドルに対する為
     替レートの変動の影響を受ける。
     また、受益証券1口当たり純資産価格の算定は米ドル建てにより行われるので、日本円により投
     資される場合には、投資時点より1口当たり純資産価格が上昇していても、外国為替相場の変動
     によって、換金時の円貨受取金額が円貨投資金額を下回る場合がある。
     <円ヘッジ(年1回)クラス>

     原則として米ドルを対円での為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図るが、為替変動リスク
     を完全に排除できるものではない。また、米ドル以外の通貨に対する為替変動リスクは残る。
     なお、円金利が米ドルの金利より低い場合、金利差相当分のヘッジコストがかかる。ただし、為替
     市場における需給の影響等によっては、金利差相当分以上のヘッジコストがかかる場合がある。
     米国の株式への投資のリスク

      ファンドのロングのポートフォリオが保有するエクイティ証券の評価額が短期的にまたは長期

     間にわたり大幅に低下することがあり、このような低下は全般的な株式市場の値下がりにより、
     または特定の国、企業、業種もしくは市場のセクターのみの値下がりにより生じることがある。反
     対に、ファンドのショートのポジションの評価額が、全般的な株式市場の値上がりにより、または
     特定の国、企業、業種もしくは市場のセクターのみの値上がりにより低下することがある。ファン
     ドは、随時、その資産の大部分を一または複数の関連するセクターまたは業種の企業に投資する
     ことがあるため、ファンドは当該セクターまたは業種に影響を及ぼすマイナス方向への進展に対
     して一段と脆弱になることがある。
     大型株リスク

      副投資運用会社は、主に大型株に投資することができ、一般的にはネット・ロング・ポジション

     を維持することができるため、ファンドは、小型株が有利な時期に、主に小型株に投資するファン
     ドのパフォーマンスを下回る可能性がある。
     空売りリスク

      空売りの日からファンドの勘定で副投資運用会社が借り入れた有価証券に代わる有価証券を購

     入する日までの間に、空売りした有価証券の価格が上昇した場合、ファンドは空売りの結果とし
     て損失を被る。さらに、貸し手は空売りした有価証券を短期間で貸し手に返却するよう要請する
     ことができ、または市場の状況がそのように要求することがあるが、その結果、ファンドは、空売
     りしたポジションをクローズするため、空売りした有価証券を不利な価格で購入しなければなら
     なくなる可能性がある。これが発生した場合、ファンドの予想利益は減額もしくは消滅するか、ま
                                  21/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     たは空売りによって損失を被る可能性がある。株価の上昇局面では、ファンドのショート・ポジ
     ションがファンドの全体的なパフォーマンスに重大な影響を与え、特に急激に上昇する市場にお
     い ては、ファンドが伝統的なロングオンリーの株式ファンドを下回るか、損失を被る可能性があ
     る。空売りを使用することにより、ファンドは他のファンドよりも費用が高くなる可能性もある。
      空売りによる損失は空売りした有価証券の価値の上昇から生じるため、かかる損失は理論的に
     は無制限である。対照的に、ロング・ポジションの損失は、有価証券の価値の減少から生じ、有価
     証券の価値がゼロを下回ることはないという事実によって限定される。パフォーマンスの改善ま
     たはポートフォリオ全体のリスクの低減を目的とした、副投資運用会社によるファンドのポート
     フォリオのロング・ポジションと空売りの組み合わせの使用は、成功しない可能性があり、ファ
     ンドがロング・ポジションのみを保有する場合と比較して、損失が大きくなるかプラスのリター
     ンが低くなる可能性がある。ファンドの有価証券のロング・ポジションの価値の減少は、ファン
     ドのショート・ポジションの価値の上昇(すなわち、ファンドの潜在的損失の増大)と同時に発
     生する可能性がある。さらに、ファンドの空売り戦略は、株式市場の上昇から完全に恩恵を受ける
     能力を制限する可能性がある。
      副投資運用会社が、有価証券の空売りによって得た収益を追加的なロング・ポジションに投資
     する限度で、ファンドはレバレッジの形態をとっている。レバレッジの使用は、ファンドのロン
     グ・ポジションに対するエクスポージャーを増加させ、レバレッジを使用しない場合よりも純資
     産価額に大きな変化をもたらす可能性がある。この結果、リターンのボラティリティが高まる可
     能性がある。
     信用リスク

     組入れられる株式は、発行体に債務不履行が発生あるいは懸念される場合には価格が下がること

     があり、また、投資資金を回収できなくなることがある。
     運用戦略に関するリスク

     ファンドは売建て(ショート・ポジション)取引を行うので、売建てた株式等が値上がりした場

     合、受益証券1口当たり純資産価格が下落する要因となる。また、ロング・ポジションおよび
     ショート・ポジションの双方で損失が生じた場合、通常のファンドにおける損失よりも大きくな
     る可能性がある。
     アクティブ運用のリスク

      副投資運用会社は、ファンドの投資対象をアクティブに運用する。したがって、ファンドは、副投

     資運用会社が        採用   する投資手法およびリスク分析が望ましい結果を生じさせないことがあると
     のリスクにさらされている。これにより、ファンドは、関連するベンチマークまたは同様の目的を
     持つ他のファンドに遅れを取ることで、価値を失ったり、投資成果を落としたりする可能性があ
     る。
     頻繁な取引のリスク

      ファンドのポートフォリオの回転率は                        100  %を超える可能性がある。ポートフォリオ証券の頻繁

     な取引は、分配         された    場合には株主に課税されるキャピタル・ゲインを生み出す。頻繁な取引は
                                  22/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     また、ファンドが証券を売買する際に支払うブローカー・ディーラーに対する手数料または利幅
     の額を増加させる可能性があり、これによりファンドのパフォーマンスを損なう可能性がある。
     投資戦略リスク

      自己のおよび第三者のデータおよびシステムが、ファンドの意思決定を支援するために使用さ

     れる。データの         不正確    さ、ソフトウェアまたはその他の技術上の機能不良、プログラムの不正確さ
     および類似の状況は、これらのシステムのパフォーマンスを損ない、ファンドのパフォーマンス
     に悪影響を及ぼす可能性がある。さらに、ファンドの運用に使用される定量的モデルが予想どお
     りに機能する、またはファンドがその目的を達成することを可能にするという保証はない。
     為替リスク

     米ドル(年1回)クラス受益証券は米ドル建てである。そのため、投資者の金融活動が主として

     米ドル以外の通貨または通貨単位(日本円を含む。)(以下「投資者の通貨」という。)により
     行われている場合には、為替換算に関連する一定のリスクが発生する。これらには、為替レートが
     大幅に変動するリスク(米ドルの評価減または投資者の通貨の再評価に起因する変動を含
     む。)、および、規制当局が米ドルまたは投資者の通貨(場合による。)に対する為替管理規制を
     課すかまたは当該規制を修正するリスクが含まれる。投資者の通貨の価値が米ドルに対して値上
     がりすると、        (a )純資産価額および受益証券1口当たり純資産価格に相当する投資者の通貨建て
     の価値、ならびに、           (b )支払分配金(もしあれば)に相当する投資者の通貨建ての価値が値下が
     りする。日本円以外の通貨で円ヘッジ(年1回)クラス受益証券に投資する投資家についても同
     様のことが当てはまる。
                                  23/162











                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     金利リスク
     ファンドの資産を投資することができる債務証券は、その存続期間中(即ち投資運用会社による

     取得時から投資運用会社による換金までの期間)、当該期間の金利の変動に応じて価格の変動に
     さらされることがある。このようなリスクを金利リスクと称する。一般的に、関連する国の金利が
     低下すると債券価格は上昇し、関連する国の金利が上昇すると債券価格は低下する。金利が変動
     すると、債務証券(債券を含む。)の残存期間がかかる債務証券の時価の変動の度合いを示すも
     のとして利用されることがある。他の条件がすべて等しければ、残存期間が長ければ長いほど一
     定の金利の推移に対する債務証券(債券を含む。)の時価の変動が大きくなる。純資産総額は、
     ファンドの資産が異なる残存期間の債務証券から構成されることにより、上記の変動の結果とし
     て変動する可能性がある。
     超低金利またはマイナス金利の期間において、ファンドはプラスのリターンを計上し続けること

     ができない可能性がある。金利はアメリカ合衆国および一部の欧州諸国を含む世界の多くの地域
     で過去最低水準にある。一部の欧州諸国では最近、一部の確定利付証券の金利がマイナスになっ
     ている。超低金利またはマイナス金利により金利リスクが増大することがある。金利の変動(利
     率がゼロを割り込むことを含む。)が市場に予想外の影響を及ぼし、その結果として市場のボラ
     ティリティが高まり、ファンドの運用実績が低下する可能性がある。
     信用リスク(不履行リスク)

     投資運用会社はファンドの勘定で債務商品に投資することがある。ファンドの資産を投資する債

     務商品は、当該商品の元利金が支払われないリスクを負うことがある。信用リスクの増大がファ
     ンドの投資方針の達成を妨げることがある。発行体の財政状態もしくは全般的な経済状況やその
     双方の悪化、または金利の予想外の上昇により、発行体の元利金の支払能力が低下することがあ
     る。発行体が元利金を適時に支払うことができなければ、ファンドの勘定で保有される証券の価
     値に影響が及ぶことがある。一部の証券に流動性のある取引市場が存在しないと、当該証券の公
     正価値をファンドの評価理論に基づいて設定できないことがある。さらに、新興市場国でこのよ
     うな投資を行う際の信用リスクが先進国への投資に比べて高い傾向がある。
     流動性リスク

     流動性リスクとは、有価証券または他の金融商品を購入または売却しようとする際に、買い需要

     がないために有価証券もしくは他の金融商品を売却できないか、または売り供給がないために有
     価証券もしくは他の金融商品を購入できないリスクをいう。例えば、有価証券もしくは他の金融
     商品の市況動向、流通の状況、または買戻金額の規模によっては、組入有価証券等を実勢価格より
     も低い価格で売却しなければならないことがある。かかる場合には、受益証券1口当たり純資産
     価格の下落要因となることがある。一般的に、ハイイールド債券等の低格付の債券に伴う取引の
     市場規模および売買高は高格付の債券に比べて小さく、投資環境次第では頻繁な取引を行えない
     ことがある。
                                  24/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     純資産価額の計算
     純資産価額は、米国において一般に認められた会計原則、または受託会社が随時書面により合理

     的に指定するその他の一般に認められた会計原則もしくは会計基準に従って決定される。ファン
     ドの特定の直接的または間接的投資対象について、正確な評価であると受託会社またはその委託
     先が合理的に考えた価格が後日不正確であったことが判明した場合、受託会社またはその委託先
     のいずれも何らの責任を負わない。ファンドの一部の資産に関する独立した価格情報を常に入手
     できるとは限らない。評価が正確でない場合、1口当たり純資産価格ならびに結果的に申込価格
     および買戻価格が実際よりも高く表示されるか、または安く表示されるおそれがある。その結果、
     受益証券の買戻請求を行った受益者への支払額が実際に多くなるか、または少なくなり、新規の
     受益者の受益証券のための支払が多くなるか、または少なくなりかねない。また、ファンドに対す
     る多数の業務提供者の報酬が純資産価格と連動しているため、評価の不一致の結果、当該業務提
     供者への支払が多くなるか、または少なくなることがある。受託会社は、純資産価格の計算におい
     て誠実に利用される価格または評価が不正確または誤りであったことが判明しても責任を負わ
     ない。管理事務代行会社は、追加の精査を行うことなくいずれかの情報源により自らに提供され
     る価格および評価に依拠し、このように依拠することに関してファンドまたはいずれかの受益者
     に責任を負わないものとする。重大な過失がない場合、純資産総額の決定は最終的なものであり、
     純資産価格の再計算は行われない。
     デリバティブ商品

     デリバティブにはその評価額が一または複数の裏付証券、金融ベンチマーク、通貨または指数に

     連動している商品および契約が含まれる。投資者はデリバティブにより、裏付資産に投資するよ
     り低コストで特定の証券、金融ベンチマーク、通貨または指数の価格変動をヘッジするか、または
     それらの投機的な投資を行えるようになる。デリバティブの評価は裏付資産の価格変動に大きく
     左右される。そのため、裏付資産の取引に該当するリスクの多くがデリバティブの取引にも該当
     する。しかしながら、デリバティブの取引には他にも多くのリスクがある。例えば、多くのデリバ
     ティブでは取引を締結する際に支払われるか預託される金銭に比べて市場のエクスポージャー
     がかなり大きいため、市場の悪化が比較的小さくても、結果として投資額のすべてを失うだけで
     なく、当初の投資額を上回る損失をファンドが被るおそれがある。投資運用会社および/または
     その各々の委託先がファンドの勘定で取得することを希望するデリバティブがいずれか特定の
     時期において満足な条件で利用できないか、または一切利用できないことがある。
     デリバティブ商品には、投資を予定している者がファンドに投資する前に理解しておくべきリス

     クがある。このようなリスクは以下を含むがこれらに限られない。
     ボラティリティ・リスク

     デリバティブ商品の価格(先物およびオプション価格を含む。)は非常に変動性が高い。先渡契
     約、先物契約およびその他のデリバティブ契約は、特に、金利、需給関係の変化、貿易、財政、金融お
     よび為替管理のプログラム、政府の方針、ならびに国および国際的な政治および経済のイベント
     および政策の影響を受ける。また、政府は随時、直接的にまたは規制により、一定の市場、特に為替
     および金利と関連がある先物およびオプションの市場に介入する。このような介入は、価格に直
     接影響を及ぼすことを意図し、特に金利の変動により、当該市場すべてをその他の要因と一緒に
     同一方向へと急速に向かわせることがある。
                                  25/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     取引相手方リスクのエクスポージャー
     ファンドはいずれかの相手方当事者がファンドの勘定で購入される投資対象または契約に関す
     る債務を履行できないリスクにさらされる。担保を相手方当事者に提供するかファンドの勘定で
     保有する場合を除き、ファンドはこのような手続きにおいて無担保債権者となる可能性があり、
     このような状況で限定的な救済しか受けられないか、または一切救済を受けられないことがあ
     る。
     法務リスク

     取引の特性またはデリバティブ取引を締結する当事者の法人格により、デリバティブ契約を強制
     執行できない可能性があり、相手方当事者の支払不能または破産が、強制執行できたはずの契約
     上の権利を阻止することがある。
     流動性リスク

     デリバティブ取引、および特に店頭デリバティブ取引が流動性のある流通市場から利益を上げる
     とは限らない。そのため、ポジションをいつでも当該デリバティブ取引の直近の簿価に近い価格
     で締結または清算できるとの保証はない。
     店頭取引

     ファンドの勘定で購入または売却することができるデリバティブ商品は通常、取引所では取引さ
     れない。店頭商品の債務者による債務不履行のリスクは大きくなり、投資運用会社がこのような
     商品に関する清算取引または締結を取引所で取引される商品の場合ほど容易に行えないことが
     ある。また、取引所で取引されていないデリバティブ商品で「買呼値」と「売呼値」の差が大き
     く広がることがある。取引所で取引されないデリバティブ商品は、取引所で取引される商品と同
     種の政府規制にも服さず、規制を受ける市場の参加者が利用できる保護の多くが当該商品に関し
     て利用できないことがある。
     技術および手法のリスク

     技法および手法の利用には、一定の特定のリスク(                               (ⅰ)ヘッジを行う投資対象の価格変動およ
     び金利の変動を予測する能力に依拠していること、                               (ⅱ)ヘッジを行う商品とヘッジを行う市場
     セクターの投資対象との間の相関関係が完全ではないこと、                                    (ⅲ)このような手法を利用するた
     めに必要な技術が投資対象を選別するために必要な技術とは異なるという事実、ならびに                                                      (ⅳ)
     効率的なポートフォリオ運用または買戻請求を充足する能力が損なわれる可能性を含む。)を伴
     う。
     多額の買戻しの影響

     短期間における多額の買戻しがあった場合、ファンドの取引ポジションの相当部分を著しく不利

     な条件で清算することが必要となることがある。
     受託会社の限定的な役割

     受託会社は、ファンドの運営のあらゆる面につき最終的な権限を有する。しかし、受託会社のかか

     る活動を管理する能力は、限定的なものである。受託会社の役割は、ファンドの投資活動の監視で
     あり、これに対する積極的な関与ではない。
                                  26/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     法律、税務および規制に係るリスク
     ファンドの存続期間中に法律、税務および規制の変更が生じる可能性があり、かかる変更がファ

     ンドに悪影響を及ぼすことがある。例えば、デリバティブ商品の規制環境および税務環境は進展
     しており、デリバティブ商品に対する規制または税務の変更が、ファンドが保有するデリバティ
     ブ商品の価値およびファンドが取引戦略を追求する能力に悪影響を及ぼすことがある。同様に、
     高レバレッジの投資者に対する規制環境も進展しており、高レバレッジの投資者に対する直接的
     または間接的な規制の変更が、ファンドがその取引戦略を追求する能力に悪影響を及ぼすことが
     ある。
     損失リスク

     ファンドに対する投資には、投資額のすべてが失われる可能性を含む、高度のリスクが伴う。

     保証がないこと

     ファンドの資産についての投資目的または投資戦略の実行が、受益者に損失を与える結果を招か

     ないという保証はない。
     新規に設定されるファンド:運用歴の欠如

     ファンドは新規に設立されており、運用歴はない。

     取引相手方およびブローカー

     ファンドまたはファンドのために行為する委託先が一緒に取引または行為する金融機関および

     取引相手方(銀行および証券会社を含む。)が、財務上の困難および該当するファンドに対する
     債務の不履行に陥ることがある。かかる不履行は、ファンドにとって著しい損失を引き起こすお
     それがある。更に、ファンドは、一定の取引を確保するために取引相手方に対して担保を差し入れ
     ることがある。
                                  27/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     法律顧問
     受託会社、投資運用会社ならびにそれらの委託先および/または関連会社の一部は、彼らに助言

     をする法律顧問(以下「顧問」と総称する。)を任命している。また、顧問は、他の当事者の法律
     顧問として行為することもある。受託会社または投資運用会社の代理との関連において、顧問は、
     受益者を代理するわけではない。いずれの独立の法律顧問も受益者を代理するためにファンドに
     より任命されているものではない。
     補償リスク

     受託会社、投資運用会社、管理事務代行会社、保管会社、監査人およびその他の当事者ならびにそ

     れぞれの代理人、代表者、役員、従業員および関連会社の各々は、一定の状況において、ファンドの
     資産から補償を受ける権利を有する。
     発行体リスク

     証券の価値が、経営実績、財務レバレッジおよび発行体の商品またはサービスに対する需要の低

     下等、発行体に直接関連する多数の理由により値下がりすることがある。
     決済リスク

     一部の外国市場における決済および清算手続きはアメリカ合衆国、欧州連合および日本のものと

     大きく異なる。海外の決済および清算手続きならびに貿易規制にも、アメリカ合衆国の投資対象
     の決済に通常伴わない一定のリスク(証券の支払または交付の遅延等)が含まれることがある。
     時には、一部の外国の決済が多数の証券取引と同じペースで行われない。これらの問題により
     ファンドが取引を行うことが難しくなることがある。ファンドが証券の購入を決済できないか、
     または決済が遅れると、投資妙味のある機会を逃す可能性があり、一定期間にその資産の一部が
     投資されず、これに対するリターンを獲得できないことがある。ファンドが証券の売却を決済で
     きないか、または決済が遅れる場合、その時点で証券の価格が値下がりすれば金銭を失う可能性
     があり、また、別の当事者に証券を売却する契約を結んでいる場合、ファンドが発生する損失分の
     債務を負う可能性がある。
     変動性が高い市場

     デリバティブ市場は、一部の市場参加者の破産または政府救済に加えて各種の政府介入に関する

     不透明感に関連して大きく混乱している。このような混乱および不透明感により、特に支払が遅
     延するか全額が失われるかもしれない際の債務不履行から取引が早期に終了する場合に、大きな
     損失が発生するおそれがある。
                                  28/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     資金の手配:信用供与の可能性
     近時の信用危機により、銀行およびディーラーが財務活動を大幅に縮小し、担保要件を引き上げ

     たため、多くのヘッジ・ファンドがポジションの清算を迫られている。ファンドが投資プログラ
     ムの追求およびその方針を達成するために十分な資金を得ることができるとの保証はない。
     リスク開示の制限

     上記のリスク要因の一覧はファンドへの投資に伴うリスクの完全な一覧および説明を示すこと

     を意図するものではない。
     投資を予定している者は、本書、信託証書および信託証書補遺を精読し、ファンドに投資するかを

     決定する前に自身の投資、法律、税務、会計およびその他のアドバイザーに相談すべきである。ま
     た、ファンドの投資プログラムが時間の経過とともに進展および変化するため、ファンドへの投
     資が追加のおよび異なるリスク要因にさらされることがある。
     投資を予定している者はファンドの受益証券を購入するかどうかを決定する際に以下のリスク

     を検討すべきである。
     利益および損失の保証がないこと

     ファンドが許容できるリターンを投資家に提供するとの保証はなく、大きな損失が発生しないと

     の保証もない。
     近時の金融市場の混乱

     米国金融市場および他のグローバル金融市場における                                 2008   年以降の混迷は、現在の環境がすべて

     の市場参加者にとって異例のもので、場合によっては過去に例のないほど不透明かつ不安定なも
     のであったことを示している。
     米国および世界の他の金融市場ならびのその参加者(ファンドの取引の執行を取り次いでいる

     ブローカーおよび他の金融機関、ならびにファンドがその投資対象に関して契約上の関係を有し
     ている他の金融機関を含む。)は、このような市場の混乱から悪影響を受けている。その結果とし
     て生じる、市場参加者にこの先影響を及ぼす法的な、規制上の、評判に関するおよびその他の不測
     のリスクの本質を予測することはできない。ファンドが業務を行う市場におけるこのようなリス
     クの影響を決定することはできないが、ファンドの事業に悪影響を及ぼし、ファンドが有利なタ
     イミングおよび/もしくは有利な価格で金融商品を取得、売却または清算する能力を制限し、
     ファンドの投資および取引活動を制限し、ファンドが自らの投資方針を効果的に達成する能力を
     妨げるおそれがある。
     市場のボラティリティ

     ファンドの投資対象は市場のボラティリティのリスクにさらされ、これが深刻になるおそれがあ

     る。このような市場のボラティリティは特に、予期せぬ国内および国際的な経済および政治イベ
                                  29/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ントが、続いてファンドの投資対象の価値を突然かつ深刻に低下させることから発生する場合が
     ある。
     買戻請求を行う受益者がファンドの債権者となること

     関連する取引日から買戻請求を行う受益者に買戻代金が支払われる日までの間、買戻請求を行う

     受益者はファンドの債権者となり、ファンドの他の債権者と同じリスク(受益証券が買い戻され
     る取引日より後にファンドが損失を被った場合に、ファンドが買戻請求を行う受益者に支払うべ
     き買戻代金のすべてまたは一部を支払うための十分な資産を保有していない可能性を含む。)に
     さらされる。
     クラス間にまたがる債務負担

     ファンド間にまたがる債務負担

     受託会社があるファンドの受益証券の発行を通じて受領するすべての申込代金、かかる代金が投
     資されるすべての資産およびこれらに帰属するすべての収益または利益は、当該ファンドに関す
     るものとして指定される。あるファンドに帰属するものとして即座に判別できない資産は、受託
     会社の裁量で受託会社により一または複数のファンド間に配分される。あるファンドの資産は当
     該ファンドの債務を負担し、原則として、あるファンドの資産を他のファンドの債務を弁済する
     ために用いることはできない。受託会社は、潜在的な債権者との取引において、当該債権者が関連
     するファンドの資産のみに依拠すること、および各ファンドに関して受託会社の名義で締結され
     るすべての契約に、債権者の遡及権が関連するファンドの信託財産の範囲に限られる旨の文言を
     記載することを確保するよう努める。ただし、投資者は、いかなる状況においても、受託会社の上
     記行為にかかわらず、他のファンドの債務を弁済するために法律上ファンドの資産を利用できる
     範囲を数量化できないことに留意すべきである。
     ファンド内の受益証券クラス間にまたがる債務負担

     受託会社はファンドにおいて複数の受益証券クラスを発行することができる。ある受益証券クラ
     スの資産を別の受益証券クラスの負債の返済のために利用することができる。あるファンドの特
     定の受益証券クラスの資産が当該ファンドの別の受益証券クラスの負債を弁済するために利用
     されないとの保証はない。一例を挙げると、ファンドが締結するデリバティブ取引の条項に基づ
     き、当該取引の相手方当事者が、あるクラスに関して締結される取引から生じた債務を当該受益
     証券クラスのみで充足すべきものであると取り扱わない可能性がある。それどころか、当該相手
     方当事者が、当該取引の締結の対象であった当該クラスに帰属する資産が不十分である場合に、
     別の受益証券クラスに帰属する資産に対して遡及権を有する旨を主張する場合がある。
     電子メールの免責事項

     管理事務代行会社はファンドのために、電磁的な交付を通じて、機密性のある資金の情報(投資

     者および投資の情報を含むがこれに限られない。)を検証する機会を授権者(関係する業務提供
     者および投資者を含む。)に提供する。これは有益にはなりえるが、以下の点に留意することが重
     要である。
                                  30/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        ⅰ 電磁的な通信は安全でないか、コンピューターウイルスもしくはその他の欠陥を有する
          か、別のシステム上で正確に復元できないか、または送信者もしくは受信指定者に知ら
          れることなく傍受、削除もしくは妨害されるおそれがある。
        ⅱ 情報がケイマン諸島外に存在することがあり、第三者(情報維持に関係している者等)

          に開示されないことがあり、授権されていない者からアクセスされることがある。
     そのため、情報の帰属先の者は、ファンドへの投資により、ファンドのために行為する管理事務代

     行会社が該当する通信手段を用いることに同意する。当該者はまた、資金の情報(投資者および
     投資者の情報を含むがこれらに限られない。)の通信または公表に伴う一切の債務または損失か
     ら管理事務代行会社、ファンドおよび受託会社を免責することを義務付けられる。管理事務代行
     会社はこれらの事柄に関連して何ら保証を行わず、代替的な通信手段の利用は情報の帰属先の者
     のみのリスク負担で行われる。管理事務代行会社は、そのシステム宛および当該システムからの
     通信を適用法の定めに従い傍受、監視および取得する権利を留保する。
     管理事務代行会社のためのマネーロンダリング防止の仕組み

     ファンドおよび管理事務代行会社は、マネーロンダリングの防止およびテロリストのための資金

     供与の防止(以下「AMLレジーム」という。)を目的とする適用法令および規制を遵守するこ
     とを義務付けられている。管理事務代行会社およびファンドは、マネーロンダリングおよびテロ
     リストのための資金供与を防止するための国際的および欧州のイニシアティブの最善の実務
     (これはAMLレジームの下で義務付けれるものよりも基準が高いことがある。)を利用してい
     るグローバルな方針および手続き(以下「AMLポリシー」という。)も採用している。管理事
     務代行会社およびファンドは、AMLレジームおよびAMLポリシーに従い、購入申込者に対し
     て身元と資金源を確認するための証拠資料の提供を要求することができる。ファンドおよび管理
     事務代行会社は、許容される場合であって、一定の要件を充足する場合には、マネーロンダリング
     防止手続(デューディリジェンス情報の取得を含む。)の遵守を法域内外の適切な者に委託する
     こともできる。
     AMLレジームの下で一定のデューデリジェンスの例外規定を利用することができるが、ファン

     ドおよびファンドのために行為する管理事務代行会社はAMLポリシーに従い、投資を予定して
     いる者(購入申込者または譲受人等)の身元を確認するために必要な情報を要求する権利を有
     する。
                                  31/162







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     投資者から入手するか、または投資者、ファンドもしくその業務に関連する情報が、トラストまた
     は管理事務代行会社の業務遂行の過程で、ファンドまたは管理事務代行会社により法域の内外の
     第三者(特に関連会社、業務提供者、ならびに/または規制、法律、財務および管理当局を含む。)
     に開示されることがある。
     購入申込者がAMLレジームまたはAMLポリシーに基づき求められる身元確認のために要求

     された情報の提供を遅延するか、または怠る場合、トラストまたはファンドのために行為する管
     理事務代行会社は、申込みの受諾を拒絶するか、または購入申込者のポジションを強制的に買い
     戻すことができ、かかる場合、受領された一切の申込金は、利息を付さずに送金元の口座に返金さ
     れるか、またはファンドまたは管理事務代行会社によりAMLレジームまたはAMLポリシーに
     従い取り扱われる。
     ファンドおよびファンドのために行為する管理事務代行会社は、当該受益者に対する買戻代金ま

     たは分配金の支払いがAMLレジームもしくは別の適用法もしくは規制に対する違反となる可
     能性があると疑うか、もしくは違反となる可能性があると助言されている場合、またはファンド
     もしくは管理事務代行会社によるAMLレジーム、AMLポリシーもしくは他の適用法もしくは
     規制の遵守を確保するために買戻代金または分配金の支払の拒絶が必要もしくは適切と考えら
     れる場合、当該受益者に対する買戻代金または分配金の支払を拒絶する権利も留保する。
     ケイマン諸島の居住者が、他者が犯罪行為を行っているか、またはテロもしくはテロリストの財

     産に関与していると了知するか疑うか、そのように了知するか疑う合理的な根拠を有し、かつ、当
     該居住者がそのように了知するか疑うに至る情報を規制を受けるセクターにおける事業もしく
     はその他取引、専門業務、事業もしくは雇用の過程で知るところとなる場合、当該者は、そのよう
     に了知するか疑う旨を、              (ⅰ)開示が犯罪行為もしくはマネーロンダリングに関する場合には、ケ
     イマン諸島の犯罪収益法(改訂済)に従い、ケイマン諸島財務報告庁に対して、または                                                    (ⅱ)開示
     がテロもしくはテロリストの資金供与および財産への関与に関する場合には、ケイマン諸島のテ
     ロ防止法(改訂済)に従い、巡査かそれ以上の階級にある警察官もしくは財務報告庁に対して報
     告することを義務付けられる。かかる報告は、法律その他により課された情報の開示制限の違反
     とはみなされないものとする。
     ケイマン諸島のマネーロンダリング防止手続

     マネーロンダリングの防止を目的とした法令または規制を遵守するために、受託会社は、マネー

     ロンダリング防止手続を設定および維持する義務を負い、また、受益証券の購入申込者に対して、
     身元、実質的所有者/管理者(該当ある場合)の身元および申込代金の支払の資金源を確認する
     ための証拠資料の提供を要求することができる。受託会社は、許容される場合であって、一定の要
     件を充足する場合には、マネーロンダリング防止手続(デューディリジェンス情報の取得を含
     む。)の遵守を適切な者に委託することもできる。
     受託会社および受託会社のために行為する管理事務代行会社は、受益証券の購入申込者に対し

     て、身元、実質的所有者/管理者(該当ある場合)の身元および申込代金の支払の資金源を確認
     するために必要な情報を要求する権利を有する。ただし、状況が許す場合に、受託会社または受託
     会社のために行為する管理事務代行会社は、随時改正または変更されるマネーロンダリング防止
     規則(    2018   年改正)または他の適用法に基づく免除規定が適用される場合に完全なデューディ
                                  32/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     リジェンスが必要ではないという点に納得することがある。ただし、受益証券の持分からの代金
     の支払またその譲渡の前に詳細な身元確認情報を求められることがある。
     購入申込者が身元確認のために要求された情報の提供を遅延するか、または怠る場合、受託会社

     または受託会社のために行為する管理事務代行会社は、申込みの受諾を拒絶することができ、も
     し申込みが既に行われている場合にはファンドの条件に従い持分を保留するか、または買い戻す
     ことができ、かかる場合、受領された申込金は、購入申込者の費用およびリスク負担で利息を付さ
     ずに送金元の口座に返金される。
     受託会社および受託会社のために行為する管理事務代行会社は、受益者に対して買戻代金または

     分配金を支払うことが適用法もしくは規制に対する違反となる可能性があると疑うか、もしくは
     違反となる可能性があると助言されている場合、または受託会社もしくは受託会社のために行為
     する管理事務代行会社による適用法もしくは規制の遵守を確保するために買戻代金または分配
     金の支払の拒絶が必要もしくは適切と考えられる場合、当該受益者に対する買戻代金または分配
     金の支払を拒絶することができる。
     ケイマン諸島の居住者が、他者が犯罪行為を行っているか、またはテロもしくはテロリストの財

     産に関与していると了知するか疑うか、そのように了知するか疑う合理的な根拠を有し、かつ、当
     該居住者がそのように了知するか疑うに至る情報を規制を受けるセクターにおける事業もしく
     はその他取引、専門業務、事業もしくは雇用の過程で知るところとなる場合、当該居住者は、その
     ように了知するか疑う旨を、                 (ⅰ)開示が犯罪行為もしくはマネーロンダリングに関する場合に
     は、ケイマン諸島の犯罪収益法(                    2018   年改訂)に従い、ケイマン諸島財務報告庁(「FRA」)
     に対して、または          (ⅱ)開示がテロもしくはテロリストの資金供与および財産への関与に関する
     場合には、ケイマン諸島のテロ防止法(                        2018   年改訂)に従い、巡査かそれ以上の階級にある警察
     官もしくはFRAに対して報告することを義務付けられる。かかる報告は、法律その他により課
     された情報の秘匿もしくは開示制限の違反とはみなされないものとする。
     申込者は、申込みを行うことにより、自らのためならびに自らの実質的所有者および管理者のた

     めに、受託会社および受託会社のために行為する管理事務代行会社が、ケイマン諸島およびその
     他の法域双方におけるマネーロンダリング、税務情報交換、規制および類似する事項に関連して、
     規制組織およびその他に宛てて要求を受けて申込者に関する情報を開示することに同意する。
     マネーロンダリング防止コンプライアンス責任者

     投資者は、      MLRO    @ mfsadmin.com        によりエムユーエフジー・オルタナティブ・ファンド・サービ

     シズ(ケイマン)リミテッドに連絡を取ることにより、トラストのマネーロンダリング防止コン
     プライアンス責任者、マネーロンダリング報告責任者およびマネーロンダリング報告副責任者の
     詳細(連絡先の詳細を含む。)を取得することができる。
     情報の請求

     受託会社またはケイマン諸島に所在するその取締役もしくは代行者は、金融庁法(                                                  2018   年改正)

     に基づき、当該当局もしくは機関のためにまたは公認の海外規制当局のいずれかのために、適用
     法に基づく規制当局もしくは代行機関もしくは政府当局もしくは代行機関(例えばケイマン諸
     島財務報告庁)からの情報請求に従い、または税務情報庁法(                                      2017   年改正)もしくは預金所得情
                                  33/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     報報告(EU)法(            2014   年改正)ならびに関連する規則、合意、取決めおよび覚書に基づく税務
     情報当局からの情報請求に従い、情報(受益者に関する情報、ならびに、該当する場合はその実質
     的 受益者および管理者に関する情報を含むが、これらに限られない。)の提供を強制されること
     がある。かかる法律に基づく秘密情報の開示は、秘密保持義務の違反とはみなされないものとし、
     一定の場合に、受託会社およびその取締役もしくは代行者は、請求があった旨を開示することを
     禁止される場合がある。
       制裁

        各投資者および受益者は、それ自身が、また、その知りまたは信じる限りにおいて、その実質
       的な所有者、管理者または授権された者(以下「関係者」という。)(もしいれば)が、                                                     (ⅰ)
       米国財務省外国資産管理局(以下「OFAC」という。)によって維持されるか、または欧
       州連合(以下「EU」という。)および/もしくは英国(以下「UK」という。)の規則
       (後者が命令によりケイマン諸島に適用される場合を含む。)に基づく、制裁の対象となる
       法主体または個人のリストに記載されていないこと、                                (ⅱ)国際連合、OFAC、EUおよび/
       またはUKにより課される制裁が適用される国または領域に事業の拠点を置いておらず、ま
       た居住していないこと、ならびに                    (ⅲ)その他国際連合、OFAC、EUまたはUKにより課さ
       れる制裁(後者が命令によりケイマン諸島に適用される場合を含む。)の対象でないこと
       を、受託会社および管理事務代行会社ならびに販売者または受託会社の他のサービス提供者
       に対して、継続的に表明するよう要求される(以下総称して「制裁対象」という。)。
        投資者または関係者が制裁対象であるか、または制裁対象となった場合、受託会社または管
       理事務代行会社は、投資者が制裁対象でなくなるまで、または申込者との追加の取引およ
       び/もしくはファンドにおける申込者の持分の追加の取引を続けるための認可が適用法に
       基づき取得されるまで、直ちに、かつ、申込者に通知を行うことなくかかる追加の取引を停止
       することを要求される場合がある(以下「制裁対象者事由」という。)。受託会社および管
       理事務代行会社または受託会社の他のサービス提供者は、制裁対象者事由に起因して投資者
       が被った一切の債務、費用、経費、損害および/または損失(直接的、間接的または派生的な
       損失、利益の喪失、収入の喪失、評判の喪失ならびにすべての利息、違約金および法的費用お
       よび一切のその他の専門家費用および経費を含むがこれらに限られない。)につき、一切の
       責任を負わないものとする。
        さらに、各投資者および受益者は、以下の表明を行うことが求められる。
       (ⅰ)米国財務省外国資産管理局(OFAC)、米国国務省、米国商務省、欧州連合または英国
          大蔵省により執行または強制された制裁の対象でないこと(以下「制裁」という。)
       (ⅱ)制裁の対象となる国または地域に居住しておらず、その市民または政府ではなく、その
          法に基づき設立されておらず、そこにおいて事業を行っておらず、また、そこに位置して
          いないこと
       (ⅲ)マネーロンダリングのための特別措置を保障する米国愛国者法の第                                            311  条に基づき、米
          国財務長官により指定された法域に居住しておらず、その法に基づき設立も認証もされ
          ていないこと
       (ⅳ)申込金が、適用あるマネーロンダリング防止および汚職防止の法または規則を含むがこ
          れらに限られない、適用法に違反する可能性があるマネーロンダリング、汚職またはそ
          の他の活動に直接または間接に由来するものでないこと
     ケイマン諸島-金融口座情報の自動的交換

                                  34/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ケイマン諸島は、国際的な税務コンプライアンスおよび情報交換の促進のため、アメリカ合衆国
     との間で政府間協定に調印した(以下「US                            IGA」という。)。また、ケイマン諸島は、                          80 カ国
     を超える他の諸国とともに、金融口座情報の自動的交換に関するOECD基準-共通報告基準
     (以   下「CRS」といい、US                IGAとあわせて「AEOI」という。)を実施するための多国
     間協定に調印した。
     US   IGAおよびCRSの効力を生じさせるため、ケイマン諸島規則が発行された(以下「A

     EOI規則」と総称する。)。AEOI規則に基づき、ケイマン諸島税務情報局(以下「ケイマン
     諸島税務情報局」という。)は、US                      IGAおよびCRSの適用に関する手引書を公表してい
     る。
     ケイマン諸島のすべての「金融機関」は、AEOI規則の登録、デュー・ディリジェンスおよび

     報告要件を遵守する義務を負う。但し、かかる金融機関が一または複数のAEOI制度に関して
     「非報告金融機関(関連するAEOI規則に定義される。)」となることを認める免除に依拠す
     ることができる場合はこの限りではなく、その場合には登録要件のみがCRSに基づき適用され
     る。トラストおよび各ファンドは、非報告金融機関の免除に依拠する予定はないので、AEOI規
     則の要件をすべて遵守することを意図している。
     AEOI規則により、トラストおよび各ファンドは、特に、                                   (ⅰ)(US       IGAに該当する場合の

     み)グローバル仲介人識別番号(以下「GIIN」という。)を取得するために米国内国歳入庁
     (以下「IRS」という。)に登録すること、                            (ⅱ)ケイマン諸島税務情報局に登録し、これによ
     り「報告金融機関」としての自らの地位をケイマン諸島税務情報局に通知すること、                                                    (ⅲ)CR
     Sに基づく自らの義務に対処する方法を記載した書面による方針および手続きを採用および実
     施すること、        (ⅳ)「報告対象口座」とみなされるか否かを確認するために自らの口座の
     デュー・ディリジェンスを実施すること、ならびに                               (ⅴ)かかる報告対象口座に関する情報をケ
     イマン諸島税務情報局に報告することを義務付けられている。ケイマン諸島税務情報局は、毎年、
     ある報告対象口座に関連する海外の財政当局(すなわち、米国報告対象口座の場合はIRS)に
     対し、ケイマン諸島税務情報局に報告された情報を自動的に送信する。
                                  35/162









                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     トラスト/ファンドに対して課される可能性がある源泉徴収税についての情報については、米国
     税の開示の項を参照されたい。
     トラスト/ファンドへの投資および/またはトラスト/ファンドへの投資の継続により、投資者

     は、トラスト/ファンドに対する追加情報の提供が必要となる可能性があること、トラスト/
     ファンドによるAEOI規則の遵守が投資者情報の開示につながる可能性があること、ならびに
     投資者情報が海外の財政当局との間で交換される可能性があることを了解したとみなされるも
     のとする。投資者が(結果にかかわらず)要求された情報を提供しない場合、受託会社は、その裁
     量において、対象となる投資者の強制買戻しを含むがこれに限られない対応措置を講じおよび/
     またはあらゆる救済措置を求める権利を留保する。
     上記のリスク要因は募集に伴うすべてのリスクを完全に説明することを意図していない。投資を

     予定している者は受益証券を購入するか否かを決定する前に本書を通しで精読すべきである。
     (2)リスクに対する管理体制

     投資運用会社では、取締役会が決定した運用リスク管理に対する取組方針に基づき、運用担当部
     から独立した部署及び社内委員会において運用に関する各種リスク管理を行う。
     また、ファンドでは、効率的な運用に資するため、為替変動リスクを回避するため、ヘッジ目的に
     限定せず、デリバティブ取引等を行うことがある。デリバティブ取引等のリスク管理は標準的方
      (注)
     式    により行う。
       (注)金融商品取引業者に対する自己資本比率規制における「市場リスク相当額」の算出方法のうち、標準的方式の市場リスク相当額の

          算出方法を参考に用いたリスク量が、ファンドの純資産総額の                         80 %以内となるよう管理する方法をいう。
                                  36/162











                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (3)リスクに関する参考情報
                                  37/162




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
     ① 海外における申込手数料
     受益証券の取得申込みにあたっては、発行価格の最大3%の申込手数料(適用ある消費税を除
     く。)を課すことができる。
     ② 日本国内における申込手数料
     受益証券の取得申込みにあたっては、申込金額に                              3.24  %(税抜      3.00  %)の率を乗じて得た額を上
     限として日本における販売会社または販売取扱会社が個別に定める額の申込手数料を課すこと
     ができる。税率が変更された場合、変更後の税率が申込手数料に課される。                                             2019   年 10 月1日以後、
     消費税が      10 %へと変更される予定であり、それに伴い                         3.30  %となる。
     申込手数料は、購入時の商品説明または商品情報の提供、投資情報の提供、取引執行等の対価とし
     て、購入時に日本における販売会社または販売取扱会社に対して支払う。
     (注)上記申込手数料に関わる「税」とは、消費税および地方税を示す。
     (2)【買戻し手数料】

     ① 海外における買戻し手数料
     買戻し手数料は課されない。
     ② 日本国内における買戻し手数料
     買戻し手数料は課されない。
     (3)【管理報酬等】

     受託会社の報酬
     受託会社は、当該月の関連する評価日の直前のファンド営業日付のファンドの純資産価額に基づ
     き各評価日に算出される、ファンドの純資産価額の年率                                  0.01%    の報酬を受領する権利を有し、当該
     報酬は、四半期毎に後払いされる。最低年次報酬は、                               10,000    米ドルである。
     受託会社は、ファンドの資産から、合理的な立替費用および現金支払費用の払戻しを受ける権利
     も有している。
     受託報酬は、ファンドの受託業務の対価として支払われる。
     管理会社の報酬
     管理会社は、ファンドの資産から、関連する評価日の直前のファンド営業日付のファンドの純資
     産価額に基づき各評価日に算出される、ファンドの純資産価額の年率                                          0.05  %の報酬を受領する権
     利を有し、当該報酬は、四半期毎に後払いされる。
     また、管理会社は、ファンドの設立に関して設定日から実務上可能な限り速やかに                                                  10,000    米ドル
     の設立手数料を受領する。ファンドの償還時には、管理会社は、ファンドの資産から                                                  10,000    米ドル
     の償還手数料を受領する。
     管理会社報酬は、ファンドの資産の管理、受益証券の発行・買戻し業務の対価として支払われる。
     投資運用会社の報酬
     投資運用会社は、米ドル(年1回)クラス受益証券および円ヘッジ(年1回)クラス受益証券に
     帰属するファンドの資産のみから、直前の評価日付の米ドル(年1回)クラス受益証券および円
     ヘッジ(年1回)クラス受益証券の純資産価額に基づき各評価日に算出される、年率                                                    0.22  %の報
     酬を受領する権利を有し、当該報酬は、四半期毎に後払いされる。サブ・ファンドは米ドル建てで
     あるが、投資運用会社の報酬は円建てで支払われる。
     投資運用会社報酬は、ファンドに関する資産運用業務および管理会社代行サービス業務の対価と
     して支払われる。
                                  38/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     副投資運用会社の報酬
     副投資運用会社は、米ドル(年1回)クラス受益証券および円ヘッジ(年1回)クラス受益証券
     に帰属するファンドの資産のみから、直前の評価日付の米ドル(年1回)クラス受益証券および
     円ヘッジ(年1回)クラス受益証券の純資産価額に基づき各評価日に算出される、年率                                                     0.75  %の
     報酬を受領する権利を有し、当該報酬は、四半期毎に後払いされる。
     副投資運用会社報酬は、ファンドに関する資産運用業務の対価として支払われる。
     管理事務代行会社の報酬
     管理事務代行会社は、以下に記載された報酬を受領する権利を有し、かかる報酬は、関連する評価
     日の直前のファンド営業日付の純資産価額に基づき各評価日に算出され、四半期毎に後払いされ
     る。最低月次報酬は、初年度は                  1,500   米ドルであり、初年度以降は                 3,000   米ドルである。
             ファンドの純資産価額                              年次報酬
                                                      0.07  %
     1億米ドルまでの部分に対して
                                                      0.065  %
     1億米ドル超5億米ドルまでの部分に対して
                                                      0.06  %
     5億米ドル超の部分に対して
     管理事務代行会社は、ファンドの資産から、すべての合理的な立替費用および現金支払費用に対
     する払戻しを受ける権利も有している。
     管理事務代行報酬は、ファンドの登録・名義書換代行業務、管理事務代行業務の対価として支払
     われる。
     保管会社の報酬
     保管会社は、ファンドの資産から、ファンドへの保管業務の提供に対する報酬を米ドルで受領す
     るものとし、その詳細は、保管契約に添付される報酬明細に記載される。米国市場に関して、保管
     会社報酬は年率          0.02  %(最低年間        18,000    米ドル)である。ファンドは、取引毎に                       20 米ドルのトラン
     ザクション報酬を支払う。かかる報酬明細の写しは、請求すれば閲覧することができる。また、保
     管会社は、保管契約に基づき提供される業務に通常付随する立替費用について払戻しを受ける権
     利を有する。
     保管会社報酬は、ファンドの資産の保管業務の対価として支払われる。
     販売会社の報酬
     販売会社は、ファンドの純資産価額の年率                         0.70  %の報酬を受領する権利を有し、かかる報酬は、関
     連する評価日の直前のファンド営業日付の純資産価額に基づき各評価日に算出され、四半期毎に
     後払いされる。
        また、日本における販売会社は、日本における販売会社と受託会社との間の契約に基づく義
       務の履行において負担した一定の経費および費用について払戻しを受ける権利を有する。
     販売報酬は、受益証券の販売・買戻し業務、運用報告書等各種書類の送付、販売会社における受益
     者の口座内でのファンドの管理の対価として支払われる。
     代行協会員報酬
     代行協会員は、ファンドの純資産価額の年率                           0.05  %の報酬を受領する権利を有し、かかる報酬は、
     関連する評価日の直前のファンド営業日付の純資産価額に基づき各評価日に算出され、四半期毎
     に後払いされる。
     また、代行協会員は、代行協会員が提供する業務に関連して合理的に負担した自身の立替費用に
     ついて支払いを受ける権利を有する。
     代行協会員報酬は、ファンド証券の(1口当たりの)純資産価格の公表業務、目論見書、決算報告
     書等の販売会社への交付業務等の対価として支払われる。
     (4)【その他の手数料等】

                                  39/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     設立費用
     設立費用(ファンドのケイマン諸島の信託登記所への届出、日本および/またはその他いずれか
     の適切な法域の類似する届出を行うコストおよび費用、ならびにファンドの設立に関するその他
     の費用を含むがこれに限られない。)は、ファンドの業務開始から最初の                                            36 か月間にわたり定額
     方式で償却される。
     継続的な経常費用および特別費用
     投資運用会社は、投資運用契約に規定される業務を提供し、当該業務の提供に伴うすべての間接
     費(従業員の給与(ファンドが負担する下記の給与を除く。)、賃料およびすべての一般間接費
     を含む。)の支払について責任を負う。ファンドは、                               (i)  すべての投資および取引活動に関連して
     生じる取引費用および投資関連費用(取次手数料、為替関連費および清算費用を含む。)、                                                      (ii)
     ファンドの設立、ファンドの追加、受益証券の設定、発行、販売もしくは買戻し、または投資対象も
     しくは受益証券に関する購入、販売もしくは取得に関連するか否かにかかわらず、すべての印紙
     税およびその他の税金、租税、政府により課される公租(外国通貨の取得、保有もしくは処分に関
     連する公課を含む。)、取次手数料、銀行手数料、名義書換手数料、登録手数料ならびにその他の公
     租公課(ファンドの取引に関して、かかる取引の前にもしくはかかる取引の発生時に支払期限が
     到来するかもしくは支払うべきとされるものを含むが、受益証券の発行および買戻しの時点で代
     行業者に支払われる手数料(もしあれば)を除く。)、                                 (iii)  弁護士報酬、会計、監査および税務準
     備費用、     (iv)  受益証券の継続募集に関連する費用、                       (v)  その他すべての営業費用(コピー、ファクシ
     ミリ、郵便、複製および電話の費用を含むがこれらに限られない。)、ならびに、                                               (vi)  特別費用(例
     えば、訴訟費用および補償債務)(もしあれば)等の、直接的に発生する費用すべてを負担する。
     ファンドは、ファンドの純資産価額または受託会社が決定するその他の基準を参照することによ
     り、比例按分ベースで、ファンドの費用(設定および継続コスト等)の一部も負担する。
     上記「(3)管理報酬等」および「(4)その他の手数料等」に記載された手数料および費用
     等の合計額およびその上限額ならびにこれらの計算方法については、ファンドの運用状況や受益
     証券の保有期間等に応じて異なるため表示することができない。
                                  40/162










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  41/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (5)【課税上の取扱い】
     以下の記載は、ファンドが日本およびケイマン諸島における現行法および慣習に関して受領した
     助言に基づいている。申込者は、受益者への課税が下記とは異なることがある旨認識しておくべ
     きである。受益者は、各人の市民権、居住地、通常の居住地または住所地の国の法律に基づく受益
     証券の申込み、購入、保有、売却または償還への課税の可能性について、専門家の助言を受けるべ
     きである。
     (A)日本
     2019   年3月末日現在、日本の受益者に対する課税については、以下のような取扱いとなる。
     Ⅰ ファンドが税法上公募外国公社債投資信託である場合
         ① 受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うこと
          ができる。
         ② 国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、ファンドの分配金は、公募国
          内公社債投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
         ③ 国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、日本の個人受益者が支払を受
          けるファンドの分配金については、                     20.315    %(所得税       15.315    %、住民税5%)(            2038   年
          1月1日以後は          20 %(所得税       15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が日本国内
          で行われる。
            日本の個人受益者は、申告分離課税が適用されるので原則として確定申告をすること
          になるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで課税関係を
          終了させることもできる。
            確定申告不要を選択しない場合、一定の上場株式等(租税特別措置法に定める上場株
          式等をいう。以下同じ。)の譲渡損失(繰越損失を含む。)との損益通算が可能である。
         ④ 日本の法人受益者が支払を受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と
          元本相当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払を
          受ける場合、所得税のみ              15.315    %の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公
          共法人等(所得税法別表第一に掲げる内国法人をいう。以下同じ。)または金融機関等
          を除く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(                                    2038   年1月1日以後は
          15 %の税率となる。)。
         ⑤ 日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益
          証券に転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証
          券の譲渡損益(譲渡価額から取得価額等を控除した金額(邦貨換算額)をいう。以下
          同じ。)に対して、源泉徴収選択口座において、                            20.315    %(所得税       15.315    %、住民税
          5%)(      2038   年1月1日以後は           20 %(所得税       15 %、住民税5%))の税率による源泉
          徴収が日本国内で行われる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は
          源泉徴収税率と同一であるが、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額の
          みで課税関係は終了する。
            譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等
          との損益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の
          繰越も可能である。
         ⑥ 日本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、
          ⑤と同様の取扱いとなる。
         ⑦ 日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一
          定の場合、支払調書が税務署長に提出される。
                                  42/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ケイマン諸島に住所または登
     記上の営業所もしくは恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しケイマン諸島税務当
     局により課税されることは一切ない。
     Ⅱ ファンドが税法上公募外国株式投資信託である場合
         ① 受益証券は、特定口座を取り扱う金融商品取引業者の特定口座において取り扱うこと
          ができる。
         ② 国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、ファンドの分配金は、公募国
          内株式投資信託の普通分配金と同じ取扱いとなる。
         ③ 国内における支払の取扱者を通じて支払を受ける場合、日本の個人受益者が支払を受
          けるファンドの分配金については、                     20.315    %(所得税       15.315    %、住民税5%)(            2038   年
          1月1日以後は          20 %(所得税       15 %、住民税5%))の税率による源泉徴収が行われる。
            日本の個人受益者は、総合課税または申告分離課税のいずれかを選択して確定申告を
          することもできるが、確定申告不要を選択することにより、源泉徴収された税額のみで
          課税関係を終了させることもできる。
            申告分離課税を選択した場合、一定の上場株式等の譲渡損失(繰越損失を含む。)と
          の損益通算が可能である。
         ④ 日本の法人受益者が支払を受けるファンドの分配金(表示通貨ベースの償還金額と
          元本相当額との差益を含む。)については、国内における支払の取扱者を通じて支払を
          受ける場合、所得税のみ              15.315    %の税率による源泉徴収が日本国内で行われ(一定の公
          共法人等を除く。)、一定の場合、支払調書が税務署長に提出される(                                          2038   年1月1日
          以後は    15 %の税率となる。)。
         ⑤ 日本の個人受益者が、受益証券を買戻請求等により譲渡した場合(他のクラスの受益
          証券に転換した場合を含む。)は、上場株式等に係る譲渡益課税の対象とされ、受益証
          券の譲渡損益に対して、源泉徴収選択口座において、                                20.315    %(所得税       15.315    %、住民税
          5%)(      2038   年1月1日以後は           20 %(所得税       15 %、住民税5%))の税率による源泉
          徴収が行われる。受益証券の譲渡損益は申告分離課税の対象となり、税率は源泉徴収税
          率と同一であるが、確定申告不要を選択した場合は源泉徴収された税額のみで課税関
          係は終了する。
            譲渡損益は、一定の他の上場株式等の譲渡損益および一定の上場株式等の配当所得等
          との損益通算が可能である。確定申告を行う場合、一定の譲渡損失の翌年以降3年間の
          繰越も可能である。
         ⑥ 日本の個人受益者の場合、ファンドの償還についても譲渡があったものとみなされ、
          ⑤と同様の取扱いとなる。
         ⑦ 日本の個人受益者についての分配金ならびに譲渡および買戻しの対価については、一
          定の場合、支払調書が税務署長に提出される。
     (注)日本の受益者は、個人であるか法人であるかにかかわらず、ケイマン諸島に住所または登
     記上の営業所もしくは恒久的施設を有しない場合、受益証券への投資に対しケイマン諸島税務当
     局により課税されることは一切ない。
     Ⅲ ファンドは、税法上、公募外国株式投資信託として取り扱われる。ただし、将来における税務当
     局の判断によりこれと異なる取扱いがなされる可能性もある。
     Ⅳ 税制等の変更により上記ⅠないしⅢに記載されている取扱いは変更されることがある。税金
     の取扱いの詳細については、税務専門家等に確認することを推奨する。
     (B)ケイマン諸島

                                  43/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ケイマン諸島には、現在のところ、所得税、法人税、キャピタル・ゲイン税その他の税がない。受託
     会社は、ケイマン諸島の信託法に基づき、ケイマン諸島内閣長官に対し、ファンドの設定後                                                      50 年の
     間に制定される、所得もしくはキャピタル資産もしくはキャピタル・ゲインもしくは利益に課せ
     ら れる税金もしくは課徴金、または資産税もしくは相続税の性質を有する何らかの税金を課す法
     律が、ファンドに保有される資産もしくはファンドに発生した利益に対し、または当該資産また
     は利益に関して受託会社もしくは受益者に対し、適用されないものとする旨の誓約を取得してい
     る。受益証券の発行、譲渡または買戻しに関し、ケイマン諸島における資本課税または印紙税はな
     い。
                                  44/162

















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     5【運用状況】
     ファンドは、        2019   年5月    28 日に運用を開始する予定であり、本書の日付現在、運用実績はない。
     (1)【投資状況】

     該当事項なし。
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】
     該当事項なし。
     ②【投資不動産物件】

     該当事項なし。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     該当事項なし。
     (3)【運用実績】

     該当事項なし。
     (4)【販売及び買戻しの実績】

     該当事項なし。
                                  45/162












                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】
     1【申込(販売)手続等】

     (1)海外における申込み(販売)手続等
     受益証券購入の適格性
      受益証券は適格投資家のみ申込みが可能である。疑義を避けるため、米国の市民もしくは居住者
     である者、またはケイマン諸島の居住者または住所を有する者(慈善信託もしくは権限の目的ま
     たは免除もしくは通常の非居住者ケイマン諸島会社は含まれない。)は、適格投資家とは扱われ
     ない。
     当初申込み
     受益証券の当初申込注文は、                 2019   年5月    27 日の正午      12 時(ダブリン時間)までに管理事務代行会
     社により受領されなければならず、また、当初申込代金は、当初クロージング日までに管理事務代
     行会社により受領されなければならない。受益証券は、設定日に当初発行価格で発行される。
     受益証券の継続申込み
     当初クロージング日以後、受益証券は、各取引日に申し込むことができる。当初クロージング日以
     降の申込みに関する受益証券の発行価格は、受益証券の購入申込みが管理事務代行会社により受
     領された取引日における受益証券1口当たり純資産価格である。
     受益証券は、(通常の方法で端数処理することにより)小数第3位まで発行することができる。
     取引日における申込注文は、遅くとも当該取引日の正午                                  12 時(アイルランド時間)(以下「カッ
     ト・オフ・タイム」という。)までに管理事務代行会社により受領されなければならない。カッ
     ト・オフ・タイムより前に管理事務代行会社がファクシミリまたは電子メールにより受領し、か
     つ受託会社が承認した、有効かつ完全な申込契約書は、当該取引日に処理される。カット・オフ・
     タイムを過ぎてから受領される申込契約書は、翌取引日付で処理される。受託会社の裁量により、
     取引日または上記のカット・オフ・タイムが変更される場合があり、受益者全般に関してまたは
     特定の場合に関してのいずれかの場合に、取引日およびカット・オフ・タイムを追加で設定する
     ことがある。
     受託会社が、下記「3 資産管理等の概要、(1)資産の評価」の項の規定に従い、純資産価額の
     決定を停止または延期する場合、翌取引日に決定される純資産価額を利用する。
     申込者は、申込契約書に記入しなければならない。
     申込契約書は、ファクシミリまたは電子メールにより、申込契約書に記載された申込番号宛に送
     付するか、受託会社と事前に合意したその他の電子的または簡易的な注文書の様式により送付す
     ることができる。ファンドまたは管理事務代行会社のいずれも、ファクシミリまたは電子メール
     により送付された申込契約書の管理事務代行会社による不受領により生じた、いかなる損失につ
     いても責任を負わない。
     申込みが行われる受益証券の支払は、関連する取引日から4ファンド営業日以内または受託会社
     がその裁量で適宜定めるその他の期間内に行われるものとする。ファンドの受益証券の申込みに
     関するすべての支払は、申込契約書に規定されるファンドの口座宛に支払うものとする。
     米ドル(年1回)クラス受益証券および円ヘッジ(年1回)クラス受益証券に関して、日本にお
     ける販売会社は、関連するクラスの受益証券の申込価格の最大                                      3.0  %の割合で申込手数料(適用
     ある消費税または類似の税金を除く。)を受領する権利を有するものとする。かかる申込手数料
     は、関連する申込価格に加えられて申込人により支払われる。
     当初申込期間の後、受益証券は各クラスの受益証券1口当たり純資産価格で発行される。すべて
     の発行済受益証券が買い戻された場合において、管理会社が再びファンドの受益証券を発行した
     い場合、受益証券は管理会社の単独の裁量により当初発行価格で発行することができる。
     最低当初申込口数および最低追加申込金額
                                  46/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     当初募集期間の最低申込口数は、(ⅰ)米ドル(年1回)クラス受益証券の場合には受益証券                                                         10
     口以上(1口単位)であり、(ⅱ)円ヘッジ(年1回)クラス受益証券の場合には受益証券1口
     以 上(1口単位)である。
     継続募集期間の最低追加申込口数(金額)は、(ⅰ)米ドル(年1回)クラス受益証券の場合に
     は 100  米ドル(以上、         0.01  米ドル単位)であり、(ⅱ)円ヘッジ(年1回)クラス受益証券の場合
     には   10,000    円(以上、1円単位)である。例外的な場合において、                                0.001   口(以上、      0.001   口単位)が
     申込みの最低単位となることがある。適用法に従い、一般にまたは特定の場合において、これらの
     最低申込金額または口数は受託会社の裁量により変更されることがある。
     確認書および証書
     取引のすべての詳細が記載される確認書が、受益証券が発行されたファンド営業日に、投資家
     (注:登録受益者となる日本における販売会社)宛に送付される。すべての受益証券は、記名式
     で発行され、管理事務代行会社が保管するファンドに関するファンドの受益者の登録簿が、所有
     権の証拠となる。受託会社(またはその代理としての管理事務代行会社)は、受益証券の登録所
     有者を、絶対的かつ利益を享受する受益証券の所有者として取り扱う。受益証券は、無券面式で発
     行される。
     (2)日本における申込み(販売)手続等

     日本においては、ファンド営業日で、かつ、日本における販売会社または販売取扱会社の営業日に
     受益証券の募集が行われる。その場合、日本における販売会社または販売取扱会社は、口座約款を
     投資者に交付し、投資者は、当該約款に基づく取引口座の設定を申し込む旨を記載した申込書を
     提出する。当初申込期間における申込みに関し、投資者は、口座約款に従い、日本における販売会
     社または販売取扱会社に対し、                   2019   年5月    27 日(月曜日)までに申込金額および申込手数料を支
     払うものとする。また、継続申込期間における申込みに関し、投資者は、口座約款に基づき国内約
     定日から起算して4国内営業日目までに(ただし、日本における販売会社または販売取扱会社が
     日本の投資者との間で別途取り決める場合を除く。)、申込金額および申込手数料を日本におけ
     る販売会社または販売取扱会社に支払うものとする。
     当初申込期間中の発行価格は、米ドル(年1回)クラス受益証券については1口当たり                                                     10.00   米
     ドル、円ヘッジ(年1回)クラス受益証券については1口当たり                                       10,000    円である。継続申込期間
     の発行価格は、各取引日に適用される受益証券1口当たり純資産価格である。
     日本の投資者は、原則として取引日の午後3時(東京時間)までに取得の申込みをすることがで
     きる。
     日本における販売会社または販売取扱会社は、原則として、取引日の締切時刻までに日本の投資
     者によりなされた取得申込みを受託会社に取り次ぐものとする。
     申込単位は以下の通りである。
                                  47/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     当初申込期間
       米ドル(年1回)クラス:
                              10 口以上   1口単位(または日本における販売会社が別
                              途定める単位)
       円ヘッジ(年1回)クラス:                       1口以上    1口単位(または日本における販売会社が別
                              途定める単位)
     継続申込期間
       米ドル(年1回)クラス:                       100  米ドル以上     0.01  米ドル単位(または日本における販
                              売会社が別途定める金額)
       円ヘッジ(年1回)クラス:
                              10,000   円以上   1円単位(または日本における販売会社が
                              別途定める金額)
     日本国内における取得申込みについては、申込金額の                                3.24  %(税抜3%)を上限として日本にお
     ける販売会社または販売取扱会社の裁量により決定される申込手数料が申込金額に加算される。
     税率が変更された場合、変更後の税率が申込手数料に課される。                                       2019   年 10 月1日以後、消費税が
     10 %へと変更される予定であり、それに伴い                         3.30  %となる。詳しくは日本における販売会社また
     は販売取扱会社に問い合わせのこと。
     ただし、管理会社、日本における販売会社が別途合意する場合にはそれに従うものとし、上記と異
     なる取扱いとすることができる。
     投資家は、受益証券の保管を日本における販売会社または販売取扱会社に委託した場合、申込金
     額および申込手数料の支払いと引換えに、取引報告書または他の通知書を日本における販売会社
     または販売取扱会社から受領する。
     ただし、日本における販売会社または販売取扱会社が別途定める場合は、それに従うものとし、上
     記と異なる取扱いとすることがある。
     申込金額は、「外国証券取引口座約款」その他所定の約款に従い、円貨または当該クラス受益証
     券の参照通貨で支払うものとする。円貨で支払われた場合における受益証券の参照通貨への換算
     は、東京外国為替市場の外国為替相場に準拠したものであって、日本における販売会社または販
     売取扱会社が決定するレートによるものとする。
     また、日本における販売会社においては、口座毎に買付注文金額を受益証券1口当たり純資産価
     格で除して算出した口数を合計することで買付口数の合計を算出する(ただし、日本における販
     売会社が別途取り決める場合は除く。)。一方、受託会社においては、日本における販売会社から
     の買付注文金額合計額を受益証券1口当たり純資産価格で除し、買付口数の合計を算出する。
     なお、日本証券業協会の協会員である日本における販売会社または販売取扱会社は、ファンドの
     純資産が1億円未満となる等、同協会の定める「外国証券の取引に関する規則」の中の「外国投
     資信託受益証券の選別基準」に受益証券が適合しなくなったときは、受益証券の日本における販
     売を行うことができない。
                                  48/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2【買戻し手続等】
     (1)海外における買戻し
     受益証券の買戻し
     受益者は、取引日のカット・オフ・タイムまでに、ファクシミリ、電子メール、郵便またはその他
     の電子的な手段により管理事務代行会社に対して取消不能の通知(以下「買戻通知」という。)
     を行うことにより、取引日において受益証券の買戻しを行うことができる。カット・オフ・タイ
     ムを過ぎてから受領された買戻請求は、翌取引日に処理される。買戻通知には、ファンドの名称、
     買い戻す受益証券のクラスおよびシリーズ(もしあれば)、買い戻す受益証券の口数または買い
     戻す受益証券の総額ならびにファンドの受益者名簿に登録されている受益者名を明確に記載し
     なければならない。買戻代金の支払は、米ドル(年1回)クラスについては米ドルで、円ヘッジ
     (年1回)クラスについては円で行われる。最低買戻口数は、                                     0.001   口である。
     受益証券の買戻価格は、通常、受益証券の買戻請求が管理事務代行会社により処理される取引日
     に決定される、米ドル(年1回)クラスについては米ドル建ての、円ヘッジ(年1回)クラスに
     ついては円建ての、受益証券1口当たり純資産価格である。カット・オフ・タイムまでに受領さ
     れる有効かつ完全な買戻通知は、通常、上記の買戻価格で、当該取引日に処理される。かかる注文
     のカット・オフ・タイムを過ぎてから受領される買戻通知は、翌取引日において、当該取引日に
     決定される適切な受益証券1口当たり純資産価格で処理される。受益証券の買戻価格は、ある取
     引日に関して算出される純資産価額に応じて、申込時に当該受益証券のために支払われる金額を
     上回ることもあれば、下回ることもある。買戻代金の全額の支払は、通常、関連する評価日から4
     ファンド営業日以内に、管理事務代行会社により、米ドル(年1回)クラスについては米ドルで、
     円ヘッジ(年1回)クラスについては円で行われる。
     支払は、電信送金により、受益証券の登録所有者に対してのみ行われ、第三者宛に支払を行うこと
     はできない。管理事務代行会社が受益者またはその財務アドバイザー(該当する場合)からすべ
     ての必要書類を受領していない場合、買戻代金の支払が遅れる可能性があることに、注意が必要
     である。送金の指示が、投資家の買戻通知書に含まれていなければならない。買戻通知は、ファク
     シミリ、電子メールまたはその他の電子的な手段により、管理事務代行会社に送付されなければ
     ならない。買戻代金は、本件引受契約に規定される送金指示を用いて送付される。
     買戻代金は、あらゆる場合において、(ゲートはなく)その全額が、以下の方法により支払われ
     る。
     ・現金のみで支払われる。
     ・現物での支払は行われない。
     ・償還中の信託により行われない。
     ・指定される投資資産(または「サイドポケット」)により行われない。
     買戻し手数料は徴収されない。
     ファンドまたは管理事務代行会社のいずれも、ファクシミリ、電子メール、郵便またはその他の電
     子的な手段により送付された買戻通知の管理事務代行会社による不受領により生じた、いかなる
     損失についても責任を負わない。
     強制買戻し

     受託会社は、いつでも、受託会社が随時決定するところにより、すべてまたは影響を受ける受益者
     に対して通知を行うことにより、受益証券1口当たり純資産価格または受託会社が投資運用会社
     と協議の上で決定するその他の適切な金額で、すべてまたは当該受益者が保有する受益証券を取
     引日において買い戻すことができる。当該強制買戻しは、以下の状況において有効となる。
        (i)   受益証券のクラスまたはシリーズを償還させるために当該クラスまたはシリーズの
             受益証券を買い戻す場合
                                  49/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (ii)    受益証券が以下の者により直接または実質的に保有されているという通知が受託会
             社に対してなされたか、または、受託会社においてそのように考える理由がある場
             合
             (a)    国、行政、司法または金融当局の法律、規則または法的要請に違反する者
             (b)    適格投資家ではない者または適格投資家ではない者のために受益証券を取得
                 した者
             (c)    受託会社が、投資運用会社と協議の上で、サブ・ファンドの信託財産、受託会社
                 または投資運用会社が、その者が保有しなければ受けるはずのなかった課税
                 を受け、または、法的、経済的、規制上または重大な行政上の不利益を受ける
                 状況における当該者
        (iii)   信託証書に違反して受益者が受益証券を譲渡した場合
        (iv)    サブ・ファンドの資産が、受託会社が投資運用会社と協議の上で決定する、サブ・
             ファンドを経済的に継続することが可能な水準を下回った場合
     上記に加え、管理会社および/または受託会社は、以下のいずれかの事由が発生した場合、その後
     の実務上可能な限り直近の取引日において、全ての受益者への関連する最終買戻日の少なくとも
     60 暦日前までに事前通知を行った上で、すべての受益証券を強制的に買い戻す。
        (i)各評価日におけるファンドの米ドル(年1回)クラスおよび円ヘッジ(年1回)ク
           ラスに帰属する純資産総額が、                   10,000,000      米ドルもしくはそれ以下であり、管理会社が
           全ての受益証券を強制的に買い戻すべきと決定した場合
        (ⅱ)受託会社および管理会社が、全ての受益証券を強制的に買い戻すべきであることに同
           意した場合
     買戻制限

     クローズド期間はない。受益者の利益を保護するため、その他やむを得ない事態が発生した場合、
     管理会社は、受託会社と協議の上で、買戻日に買戻されることができるファンドの受益証券の口
     数および方法を限定することができる。買戻しの一時停止が行われる状況に関する詳細な情報
     は、下記「3 資産管理等の概要、(1)資産の評価」を参照のこと。
     (2)日本における買戻し

     日本における投資者は、取引日かつ日本における販売会社または販売取扱会社の営業日に限り、
     日本における販売会社または販売取扱会社を通じ、受託会社に対して買戻しを請求することがで
     きる。買戻請求の受付時間は、原則として各取引日の午後3時(東京時間)までとする。
     買戻しは、各取引日に行われる。
     買戻価格は、受託会社により、買戻請求が受け付けられた取引日に適用される受益証券1口当た
     り純資産価格である。
     買戻請求は       0.001   口以上    0.001   口単位で行わなければならない。ただし、日本における販売会社また
     は販売取扱会社は、これと異なる単位を定めることができる。日本における販売会社または販売
     取扱会社は、原則として、取引日の締切時刻までに日本の投資者によりなされた買戻請求を受託
     会社に取り次がなければならない。
     日本の投資者に対する買戻代金の支払は、口座約款に基づき、円貨または買い戻す受益証券の参
     照通貨により、原則として国内約定日(日本における販売会社または販売取扱会社が買戻請求の
     成立を確認した日。通常、申込日の翌国内営業日)から起算して4国内営業日目以降に日本にお
     ける販売会社または販売取扱会社を通じて行われる(ただし、日本における販売会社または販売
     取扱会社が日本の投資者との間で別途取り決める場合を除く。)。
                                  50/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     買戻し手数料は課されない。
                                  51/162




















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     3【資産管理等の概要】
     (1)【資産の評価】
     純資産価額の計算
     受益証券1口当たり純資産価格は米ドル(年1回)クラスについては米ドルで、円ヘッジ(年1
     回)クラスについては円で表示され、各評価日付で管理事務代行会社により決定される。実務上
     可能な限り、投資収益、支払利息、報酬およびその他の債務(投資運用報酬およびその他の報酬を
     含む。)は、日々、計上される。
     すべての場合において、受益証券1口当たり純資産価格は、ファンドの総資産からファンドの負
     債を控除した金額を、各評価日現在の発行済受益証券の合計口数で除すことにより決定される。
     別個のクラスの受益証券が発行されている場合、受益証券1口当たり純資産価格は、関連するク
     ラスの総資産から関連するクラスの負債を控除した金額を、各評価日現在の各クラスの発行済受
     益証券の合計口数で除すことにより決定される。受益証券1口当たり純資産価格は、米ドル(年
     1回)クラスについては               0.01  米ドル単位、円ヘッジ(年1回)クラスについては1円単位に通常
     の方法で端数処理される。
     ファンドは、市場相場に基づいて決定される現行の時価、または、市場相場が即座に入手できない
     か、もしくは信頼に値しない場合には、受託会社が定める手続きに従い、かつ受託会社の全般的な
     監督の下で決定される「公正価値」で評価される。ファンドが公正価値により値付けを行う場
     合、ファンドが適切であると判断する要因を考慮することができる。ファンドは、個別の証券また
     は市場指数の現行の評価に関連する動向に基づき、公正価値を決定することができる。ファンド
     がその純資産価額の算出のために利用する証券の価格が、同一の証券に対する相場価格または公
     表価格と異なることがある。公正価値の価格設定には、主観的な判断が含まれるため、ある証券の
     ために決定される公正価値が、当該証券の売却により実現されうる評価額と大幅に異なることが
     ある。
     「先入れ先出し」評価手法が、ファンドの評価を評価する際に適用される。
     ファンドの基準通貨以外の通貨で表示される価格は、承認された独立プライシング・サービスか
     ら取得した当該評価日の午後4時(ロンドン時間)の実勢為替レートにより米ドルに為替換算
     される。
     受託会社は、想定外の状況によりかかる評価が実行不可能になるか、または適切でなくなる場合
     に、ファンドの資産の公正な評価を実現するために慎重かつ誠実にその他の規則を遵守すること
     を認められている。重大な誤りがない限り、受益証券1口当たり純資産価格の計算は最終的であ
     るものとする。
     ファンドの資産の評価は、受託会社の裁量で別途適切とみなされる場合を除き、(設立費用の償
     却を除いて)米国において一般に公正妥当と認められる会計原則をガイドラインとして使用す
     る発生ベースによる会計基準により決定される。
     純資産価額・受益証券1口当たり純資産価格の決定および/または受益証券の発行・買戻しの

     停止
     受託会社は、投資運用会社と協議の上で、以下の場合、期間の全部または一部において、純資産価
     額および/もしくは受益証券1口当たり純資産価格の決定ならびに/またはファンドの受益証
     券の発行および/もしくは買戻しならびに/または買戻代金の支払を停止することができる。
        (a)ファンドの資産の相当部分が取引される証券取引所もしくは類似する電子システム
            が、通常の休日以外に閉鎖され(個別取引の停止を含むが、これに限られない。)、ま
            たは当該取引所もしくは類似する電子システムでの取引が制限もしくは停止される
            期間
                                  52/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (b)ファンドの資産の相当部分の処分が、合理的に実務上可能でない(流動性が著しく
            低下した場合を含むが、これに限られない。)期間
        (c)ファンドの資産の相当部分の価額を正確に決定することが合理的に実務上可能でな
            い期間
        (d)ファンドが、それまでに行われた買戻請求のいずれにも、関連するクラスの参照通貨
            をもって合法的に応じることができない期間
        (e)ファンドの資産の相当部分の価格または純資産価額の決定に際し、通常用いる通信
            手段またはシステムに故障がある期間
        (f)疫病、戦争行為、テロリズム、反乱、革命、市民争乱、暴動、ストライキもしくは天変地
            異により、またはこれに起因して、ファンドに関する受託会社、管理会社、投資運用会
            社または副投資運用会社の事業運営が、実質的に中断または閉鎖される期間
        (g)受益証券の申込みまたは買戻しの代金が、ファンドの口座宛に、またはファンドの口
            座から送金できない期間
        (h)外国為替取引が停止される期間
        (i)ファンドの償還の決議が可決された後
        (j)受託会社が、投資運用会社と協議の上、そうすることが受益者の最善の利益であると
            判断する場合
     受託会社は、すべての受益者に対して、                       30 日以内に書面により停止を通知するものとし、また、停
     止の終了についてもすべての受益者に通知するものとする。
     (2)【保管】

     日本の投資者に販売される受益証券の契約証書は、日本における販売会社の保管者名義で保管さ
     れ、日本の受益者に対しては、日本における販売会社または販売取扱会社から受益証券の取引残
     高報告書が定期的に交付される。
     ただし、日本の受益者が別途、自己の責任で保管する場合は、この限りではない。
     (3)【信託期間】

     ファンドは、信託証書の締結日である                       2018   年 11 月 19 日の   150  年後に終了する。ただし、下記
     「(5)その他 ① ファンドの償還」に定めるいずれかの方法により当該日までに終了する場
     合を除く。
     (4)【計算期間】

     ファンドの決算期は毎年9月                  30 日である。ファンドの初回の決算期末は                        2019   年9月    30 日である。
     (5)【その他】

     ① ファンドの償還
     ファンドは、以下のいずれか早い方の時点で償還される。
        (a)受託会社および管理会社が共同で決議した場合
        (b)ファンドの継続もしくはトラストの他の法域への移転が違法となった、または管理
            会社もしくは受託会社の意見において、実行不可能、不適当もしくは受益者の利益に
            反する場合
        (c)純資産価額合計の               50 %以上に相当する受益者が、議決権を有する受益者により可決
            された決議により、(i)信託証書に従い書面により、または(ⅱ)信託証書に従い
            開催される議決権を有する受益者集会において終了させる場合
        (d)信託証書の締結日に開始し、当該日付の                            150  年後に終了する期間が終了した場合
                                  53/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        (e)受託会社が退任の意思を書面で通知した場合、または受託会社が強制清算もしくは
            任意清算に置かれ、かつ受託会社に代わり受託会社の地位を受諾する用意のある他の
            法 人が、当該通知もしくは清算に置かれた時点から                              90 日以内に任命されない場合
        (f)管理会社が退任の意思を書面で通知した場合、または管理会社が強制清算もしくは
            任意清算に置かれ、かつ管理会社に代わり管理会社の地位を受諾する用意のある他の
            法人が、当該通知もしくは清算に置かれた時点から                               90 日以内に任命されない場合
     上記(c)に記載される状況を除き、ファンドの終了には、受益者の同意は要求されない。ただ
     し、受益者は、終了について通知を受ける。
     受託会社は、ファンドの終了に関連してまたは起因して受託会社が負担し、支払い、または認識し
     たすべての租税等、経費、偶発債務、手数料、請求および要求の全額分の引当金をファンドの資産
     から留保する権利を有するものとする。
     上記の受託会社が留保した金額から、かかるすべての租税等、経費、偶発債務、手数料、請求および
     要求を支払った後の残額は、受託会社がその絶対的な裁量により決定する一または複数の慈善団
     体に支払われるものとする。
     適用法により要求されない限り、償還の効力発生の少なくとも                                      30 日前に、日本における販売会社
     に対して書面通知が行われる。ただし、管理会社は、受託会社および日本における販売会社と協議
     の上、受益者の最善の利益のために、                      30 日前の事前通知なしでファンドを償還することができる。
     ② 信託証書の変更
          受益者に対して書面による通知(かかる通知は、すべての受益者により放棄することが
        できる。)を行うことにより、受託会社および管理会社は、補遺信託証書により、受益者の最
        善の利益に適うと受託会社が考える方法および範囲で、信託証書の規定を変更、改訂、修正
        または追加する権利を有するものとする。ただし、受託会社の意見によれば、かかる変更、改
        訂、修正または追加(以下「修正」という。)が、                              (i)  その時点の既存のファンドの受益者の
        利益を著しく害するものではなく、受託会社がファンドの受益者に対する責任を免れるよ
        う作用するものではなく、                (ii)  (法的拘束力の有無にかかわらず)財務要件、法定要件また
        は公的要件の準拠を可能にするために必要であり、または、                                    (iii)  明白な過誤の是正に必要で
        あることを受託会社が書面により証明しない限り、かかる修正は、受益者の通常決議による
        認可無く行われない。修正によって、受益者が、その受益証券について追加支払いを行う義
        務または、受益証券について責任を負う義務を課されることはないものとする。
     ③ 関係法人との契約の更改等に関する手続
        保管契約
     保管契約は、一当事者が他の当事者に対し、                          90 日以上前に書面による通知をすることにより終了
     する。
     同契約は、ルクセンブルグ大公国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき
     変更することができる。
        投資運用契約
     投資運用契約は、一方当事者が他方当事者に対し、                              90 日前に書面による通知をすることにより終
     了する。
     同契約は、ケイマン諸島の法律に準拠し、同法により解釈される。
     同契約は、両当事者が書面で合意した場合、いつでも変更することができる。
        副投資運用契約
     副投資運用契約は、一方当事者が他方当事者に対し、                                60 日前に書面による通知をすることにより
     終了する。
     同契約は、ケイマン諸島の法律に準拠し、同法により解釈される。
     同契約は、両当事者が書面で合意した場合、いつでも変更することができる。
                                  54/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        代行協会員契約
     代行協会員契約は、一方当事者が他方当事者に対し、3か月前に書面による通知をすることによ
     り終了する。
     同契約は、日本国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更することが
     できる。
        受益証券販売・買戻契約
     受益証券販売・買戻契約は、一方当事者が他方当事者に対し、3か月前に書面による通知をする
     ことにより終了する。
     同契約は、日本国の法律に準拠し、同法により解釈されるものとし、同法に基づき変更することが
     できる。
                                  55/162
















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     4【受益者の権利等】
     (1)【受益者の権利等】
     受益者が管理会社および受託会社に対し受益権を直接行使するためには、ファンド証券名義人と
     して、登録されていなければならない。したがって、販売取扱会社にファンド証券の保管を委託し
     ている日本の受益者はファンド証券の登録名義人でないため、自ら管理会社および受託会社に対
     し、直接受益権を行使することができない。これら日本の受益者は、販売取扱会社との間の口座約
     款に基づき、販売取扱会社を通じて受益権を自己のために行使させることができる。
     ファンド証券の保管を販売取扱会社に委託しない日本の受益者は、本人の責任において権利行使
     を行う。
     受益者の有する主な権利は次の通りである。
     (ⅰ)分配請求権
     受益者は、受託会社の決定した分配金を、持分に応じて受託会社に請求する権利を有する。
     (ⅱ)買戻請求権
     受益者は、ファンド証券の買戻しを、受託会社に請求する権利を有する。
     (ⅲ)残余財産分配請求権
     ファンドが解散された場合、受益者は受託会社に対し、その持分に応じて残余財産の分配を請求
     する権利を有する。
     (ⅳ)議決権
     受託会社は、信託証書の条項により要求される場合、または、管理会社もしくは発行済受益証券の
     純資産価額の少なくとも過半数を保有するものとして登録された議決権を有する受益者により
     書面によって要請された場合、招集通知に記載された日時および場所で受益者集会を招集する。
     決議に用いられる純資産価額は、受益者集会の直近の前評価日のものを用いる。
     定足数要件は、すべてのサブ・ファンドの純資産価額の                                  50 %を超える議決権を有する受益者とす
     る。決議要件は、提案されたものが受益者決議である場合は、すべてのサブ・ファンドの純資産価
     額の   50 %超とし、提案されたものがサブ・ファンド決議である場合は、関連するサブ・ファンド
     の純資産価額の          50 %超とする。
     受益証券に付随する権利または制限に従い、総会における決議は、投票によりなされる。
     議決権を有するすべての受益者および委任状により議決権を行使する権利を有する受益者の代
     理人は、受益者の受益証券の総価値の1米ドル(または関連する参照通貨における同価値)毎に
     1議決権を有するものとする(端数受益証券については対応する端数の議決権)。
     異なる参照通貨を有する異なるクラスが存在する場合、各参照通貨は、当該クラスの受益証券1
     口当たり純資産価格の計算において適用されるのと同じ為替レートを使用して、基準通貨に換算
     される。
     受益者集会の日の直近の評価日における受益証券1口当たり純資産価格が、投票による決議の計
     算に使用される。
     受益証券に付随する権利または制限に従い、議決権付きの受益証券を保有するすべての受益者は
     投票することができ、議決権を行使する権利を有する受益者の代理人は委任状により投票するこ
     とができる。
     受益者である法人その他自然人以外の者は、その設立文書に従って、または、そのような規定がな
     い場合にはその取締役その他の統治機関の決議により、その代表者として受益者集会において行
     動するのに適当と考える者に授権することができ、そのように授権された者は、その者が代表す
     る法人のために、当該法人が個人受益者であったとすれば行使できるのと同一の権限を行使でき
     る。
     (2)【為替管理上の取扱い】

                                  56/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     日本の受益者に対するファンドの受益証券の分配金、買戻代金等の送金に関して、ケイマン諸島
     における外国為替管理上の制限はない。
     (3)【本邦における代理人】

     東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
     森・濱田松本法律事務所
     上記代理人は、管理会社から日本国内において、
     (ⅰ)管理会社またはファンドに対する、法律上の問題および日本証券業協会の規則上の問題に
     ついて一切の通信、請求、訴状、その他の訴訟関係書類を受領する権限、
     (ⅱ)日本におけるファンド証券の募集販売および買戻しの取引に関する一切の紛争、見解の相
     違に関する一切の裁判上、裁判外の行為を行う権限
     を委任されている。
     なお、関東財務局長に対するファンド証券の募集、継続開示等に関する届出代理人および金融庁
     長官に対する届出代理人は、
     弁護士 大西 信治
     東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
     森・濱田松本法律事務所
     である。
     (4)【裁判管轄等】

     日本の投資者が取得したファンド証券の取引に関連する訴訟の裁判管轄権は下記の裁判所が有
     することを管理会社は承認している。
     東京地方裁判所  東京都千代田区霞が関一丁目1番4号
     確定した判決の執行手続は、関連する法域の適用法律に従って行われる。
                                  57/162










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     2019   年4月    26 日現在、ファンドの財務書類はまだ作成されていない。ファンドの会計監査は、プラ

     イスウォーターハウスクーパース(                      PricewaterhouseCoopers              )のケイマン諸島事務所が米国GA
     APに基づき行う。
                                  58/162


















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第4【外国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)ファンド証券の名義書換

     ファンド記名式証券の名義書換機関は次の通りである。
     取扱機関 ルクセンブルク三菱                   UFJ  インベスターサービス銀行                 S.A.
     取扱場所 ルクセンブルグ大公国、ルクセンブルグ L-                                  1150   、アーロン通り           287  - 289  番
     日本の受益者については、ファンド証券の保管を販売取扱会社に委託している場合、販売取扱会
     社を通じて日本における販売会社の責任で必要な名義書換手続がとられ、それ以外のものについ
     ては本人の責任で行う。
     名義書換の費用は受益者から徴収されない。
     (2)受益者集会

     受託会社は、信託証書の条項により要求される場合、または、管理会社もしくは発行済受益証券の
     純資産価額の少なくとも過半数を保有するものとして登録された議決権を有する受益者により
     書面によって要請された場合、招集通知に記載された日時および場所で受益者集会を招集する。
     決議に用いられる純資産価額は、受益者集会の直近の前評価日のものを用いる。
     定足数要件は、すべてのサブ・ファンドの純資産価額の                                  50 %を超える議決権を有する受益者とす
     る。決議要件は、提案されたものが受益者決議である場合は、すべてのサブ・ファンドの純資産価
     額の   50 %超とし、提案されたものがサブ・ファンド決議である場合は、関連するサブ・ファンド
     の純資産価額の          50 %超とする。
     受益証券に付随する権利または制限に従い、総会における決議は、投票によりなされる。
     議決権を有するすべての受益者および委任状により議決権を行使する権利を有する受益者の代
     理人は、受益者の受益証券の総価値の1米ドル(または関連する参照通貨における同価値)毎に
     1議決権を有するものとする(端数受益証券については対応する端数の議決権)。
     異なる参照通貨を有する異なるクラスが存在する場合、各参照通貨は、当該クラスの受益証券1
     口当たり純資産価格の計算において適用されるのと同じ為替レートを使用して、基準通貨に換算
     される。
     受益者集会の日の直近の評価日における受益証券1口当たり純資産価格が、投票による決議の計
     算に使用される。
     受益証券に付随する権利または制限に従い、議決権付きの受益証券を保有するすべての受益者は
     投票することができ、議決権を行使する権利を有する受益者の代理人は委任状により投票するこ
     とができる。
     受益者である法人その他自然人以外の者は、その設立文書に従って、または、そのような規定がな
     い場合にはその取締役その他の統治機関の決議により、その代表者として受益者集会において行
     動するのに適当と考える者に授権することができ、そのように授権された者は、その者が代表す
     る法人のために、当該法人が個人受益者であったとすれば行使できるのと同一の権限を行使でき
     る。
     (3)受益者に対する特典、譲渡制限

     受益者に対する特典はない。
     管理会社は、いかなる者(米国人および(制限付例外がある。)ケイマン諸島の居住者または所
     在地事務代行会社を含む。)によるファンド証券の取得も制限することができる。
                                  59/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第三部【特別情報】

     第1【管理会社の概況】

     1【管理会社の概況】

     (1)資本金の額(            2019   年2月末日現在)
     払込済資本金の額              187,117,965.90         米ドル(約       207  億円)
     発行済株式総数               5,051,655      株
     管理会社が発行する株式総数の上限については制限がない。
     最近5年間における資本金の額の増減は以下の通りである。
            2013  年2月末日            37,117,968.52      米ドル
            2014  年2月末日            37,117,968.52      米ドル
            2015  年2月末日            37,117,968.52      米ドル
            2016  年2月末日            37,117,968.52      米ドル
            2017  年2月末日            37,117,968.52      米ドル
            2017  年 11 月9日         187,117,965.90      米ドル
            2018  年2月末日           187,117,965.90      米ドル
            2019  年2月末日           187,117,965.90      米ドル
     (2)会社の機構

     定款に基づき、3名以上の取締役により構成される取締役会が管理会社を運営する。取締役は管
     理会社の株主であることを要しない。
     取締役は年次株主総会において株主によって選任され、6年以内の期間かつ後任者が選任され就
     任するまでは、その地位に留まる。取締役は再任されることができる。株主総会の決議により理由
     のいかんを問わずいつでも解任される。取締役会に欠員がある場合、他の取締役はかかる欠員を、
     次回の株主総会まで補充する取締役を取締役会の過半数をもって選任することができる。
     取締役会は、互選により、会長1名、また1名以上の副会長および株主総会および取締役会の議事
     録を管理する責務を負う秘書役1名(取締役である必要はない。)を選出することができる。
     取締役は、別の取締役を指名して取締役会に代理出席させることができる。取締役会は、取締役の
     過半数が出席または代理出席している場合にのみ、適法に審議し、または行為することができる。
     決議は取締役会に出席または代理出席している取締役の議決権の絶対多数によるものとする。緊
     急時において、取締役会の決議は書面により行うこともできる。
     取締役会は、管理会社の目的を達成するのに必要または有用なすべての行為をなす広汎な権限を
     有する。
                                  60/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     2【事業の内容及び営業の概況】
     管理会社は、投資信託の事務管理、国際的な保管業務、信託会計の事務管理およびこれらに関する
     一般的な銀行業務ならびに外国為替業務に従事する。
     管理会社は、信託証書に基づき、期間の限定なく任命されているが、受託会社は、以下の場合、かか
     る任命を解除することができる。(a)管理会社が清算される場合、(b)管理会社の事業に関
     して財産保全管理人が任命された場合、(c)受託会社が、管理会社の変更が受益者の利益に
     とって望ましいとの見解を有し、受益者に対してその旨を書面で表明した場合、(d)決議が総
     会において投票を行った受益者の4分の3以上の多数により承認された場合、または(e)発行
     済受益証券の価値の4分の3を保有する受益者が管理会社の解任を書面で受託会社に要求した
     場合。管理会社がファンドの管理者でなくなった場合、受託会社は、ファンドの管理者になる資格
     を有する他の者を任命しなければならない。
     信託証書の規定に基づき、管理会社は、信託証書に基づく義務の履行に関する故意の不適切な行
     為もしくは重過失、詐欺、または信託証書に基づく管理会社の義務の重要な違反もしくはかかる
     義務の不注意な無視の場合を除き、ファンド、受益者または受託会社に対していかなる責任も負
     わない。
     信託証書に基づき、受託会社は、ファンドのために、かつファンドの資産からのみ、管理会社なら
     びに管理会社の関係会社、代理人および受任者ならびに管理会社およびこれらの者の役員、取締
     役、株主および支配者に対して、(ⅰ)ファンドの運営もしくはファンドの受益証券の募集もし
     くは(ⅱ)管理会社の行為に関係し、もしくはこれらから生じ、もしくはこれらに基づき、または
     信託証書に基づきファンドのために行われた事業もしくは業務に別途に関連して、管理会社が現
     実に一時的に負担したあらゆる損失、責任、損害、費用または経費(弁護士費用および会計士費用
     を含むが、これらに限定されない。)、判決および和解において支払われる金額(ただし、受託会
     社が、ファンドを代表して、かかる和解を承認していることを条件とする。)を補償するものと
     し、上記の者を上記のあらゆる損失、責任、損害、費用または経費から免責するものとする。ただ
     し、かかる行為が信託証書に基づく義務の履行に関する故意の不適切な行為もしくは重過失また
     は詐欺を構成する場合はこの限りでない。
     管理会社は、        2019   年1月末日末日現在、以下の投資信託の管理を行っている。
      国別(設立国)              種類別(基本的性格)                  本数     純資産価額の合計(通貨別)
                                      44
                                            4,637,151,686.87       米ドル
      ケイマン諸島        アンブレラ・ファンドのサブ・ファンド
                                  61/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     3【管理会社の経理状況】

      a.管理会社の最近2事業年度の日本文の財務書類は、ルクセンブルグにおける法令に準拠して作成され

       た原文の財務書類を翻訳したものである。これは「特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令」に
       基づき、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第131条第5項ただし書の規定の適用に
       よるものである。
      b.管理会社の原文の財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3第

       7項に規定する外国監査法人等をいう。)であるデロイト・オーディット・ソシエテ・ア・レスポンサ
       ビリテ・リミテから監査証明に相当すると認められる証明を受けており、当該監査証明に相当すると認
       められる証明に係る監査報告書に相当するもの(訳文を含む。)が当該財務書類に添付されている。
      c.管理会社の原文の財務書類は米ドルで表示されている。日本文の財務書類には、主要な金額について

       円貨換算が併記されている。日本円による金額は、2019年2月28日現在における株式会社三菱UFJ銀
       行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=110.87円)で換算されている。なお、千円未満の金額は四
       捨五入されている。
                                  62/162














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (1)【貸借対照表】
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                             貸借対照表

                           2017年12月31日現在
                            (単位:米ドル)
                               資産

                                  2017年                 2016年

                        注記
                            (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

     現金、中央銀行および
                      31.1,31.3      2,294,618,594         254,404,364       1,980,130,866         219,537,109
     郵便局における残高
     金融機関に対するローン

                   3,15,31.1,31.3        4,079,919,230         452,340,645       3,018,465,826         334,657,306
     および貸付金
      a)  要求払い
                            3,137,919,230         347,901,105       1,963,465,826         217,689,456
      b)  その他のローンおよび
                             942,000,000        104,439,540       1,055,000,000         116,967,850
        貸付金
     顧客に対するローンおよび

                      31.1,31.3         265,472         29,433        147,465         16,349
     貸付金
     株式およびその他の

                   4,15,31.1,31.3            14,984         1,661        13,162         1,459
     変動利回り有価証券
     関連会社株式                   4,5,15          0        0    8,036,038         890,956

     有形資産                     5    4,125,181         457,359       4,627,120         513,009

     その他の資産                            180         20        158         18

                             24,028,149         2,664,001        26,098,088         2,893,495

     前払金および未収収益                    6,15
                            6,402,971,790         709,897,482       5,037,518,723         558,509,701

     資産合計                     7
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  63/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                           貸借対照表(続き)

                           2017年12月31日現在
                            (単位:米ドル)
                               負債

                                  2017年                 2016年

                        注記
                            (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

     金融機関に対する未払金                  15,31.1     2,103,521,459         233,217,424       1,535,758,747         170,269,572
      a)  要求払い
                            2,103,521,459         233,217,424       1,535,758,747         170,269,572
     顧客に対する未払金                 8,15,31.1      3,913,497,702         433,889,490       3,299,365,691         365,800,674

      a)  要求払い                    3,913,497,702         433,889,490       3,289,365,691         364,691,974

      b)  合意済み満期日付                          0        0    10,000,000         1,108,700

     その他の負債                     9    1,867,543         207,054       1,779,768         197,323

     未払金および繰延利益                   10,15     18,519,456         2,053,252        17,462,016         1,936,014

     引当金                         20,211,255         2,240,822        13,349,845         1,480,097

      a)  納税引当金
                          11    18,691,834         2,072,364        12,136,433         1,345,566
      b)  その他の引当金
                          12    1,519,421         168,458       1,213,412         134,531
     発行済資本                     13   187,117,966         20,745,769        37,117,969         4,115,269

     準備金                     14   124,372,931         13,789,227        110,530,593         12,254,527

     繰越損益                     14      4,686         520       1,346         149

                             33,858,792         3,753,924        22,152,748         2,456,075

     当期利益
                            6,402,971,790         709,897,482       5,037,518,723         558,509,701

     負債合計                     16
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  64/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                         オフ・バランス・シート項目

                           2017年12月31日現在
                            (単位:米ドル)
                                  2017年                 2016年

                        注記
                            (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

                                                545,385
     偶発債務                  17,31.1        578,509         64,139                 60,467
      内訳:

      保証金および担保証券として

                                                545,385
                               578,509         64,139                 60,467
      差入れた資産
                                            64,575,929,958

     信託運用                     20  81,804,130,253         9,069,623,921                 7,159,533,354
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  65/162














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       (2)【損益計算書】
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                             損益計算書

                        2017年12月31日に終了した年度
                            (単位:米ドル)
                                  2017年                2016年

                         注記
                             (米ドル)         (千円)        (米ドル)         (千円)

                                              29,666,848
     未収利息および類似収益                         54,056,442         5,993,238                3,289,163
      内訳:
       - 預金について受領された負の
                                               1,866,700
                              2,221,669         246,316                206,961
         利息
                                              15,403,567
       - 為替スワップからの金利差益                       27,650,438         3,065,604                1,707,793
     未払利息および類似費用                         (16,495,414)         (1,828,847)        (7,692,118)         (852,825)

      内訳:
       - ローンおよび貸付金について
                              (9,439,648)        (1,046,574)        (5,812,307)         (644,410)
         支払われた負の利息
       - 為替スワップからの金利差損                        (254,716)         (28,240)        (116,191)         (12,882)
                                               1,540,691

     有価証券からの収益                           750,200         83,175                170,816
      株式およびその他の変動利回り
                                               1,540,691
                               750,200         83,175                170,816
      有価証券からの収益
                                              102,098,058

     未収手数料                      21   106,256,230         11,780,628                11,319,612
     未払手数料                         (52,040,385)         (5,769,717)        (49,567,473)         (5,495,546)

                                               3,841,996

     金融業務の純利益                          6,388,924         708,340                425,962
                                                776,916

     その他の事業収益                      22    2,484,563         275,463                 86,137
     一般管理費用                         (51,064,124)         (5,661,479)        (49,304,431)         (5,466,382)

      a)  スタッフ費用
                         24,25     (20,806,005)         (2,306,762)        (18,758,113)         (2,079,712)
        内訳:
        - 賃金およびサラリー                      (16,838,247)         (1,866,856)        (15,510,238)         (1,719,620)
        - 社会保障費                      (2,420,642)         (268,377)       (2,190,449)         (242,855)
          内訳:
          - 年金に関する社会保障費                    (1,541,426)         (170,898)       (1,388,637)         (153,958)
      b)  その他の一般管理費用
                         26,30     (30,258,119)         (3,354,718)        (30,546,318)         (3,386,670)
                                  66/162





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     有形および無形資産に関する価値調整                         (2,589,398)         (287,087)       (2,121,992)          (235,265)
     その他の事業費用                      23     (507,993)         (56,321)        (449,139)         (49,796)
     偶発債務およびコミットメント
                                               2,237,832
                          12        0        0              248,108
     に対する引当金
                             (11,831,429)         (1,311,751)        (8,162,892)          (905,020)
     経常収益にかかる税金                   11,27.1
     税引後経常収益                                          22,864,296
                              35,407,616         3,925,642                 2,534,964
     前勘定科目に表示されていない
                              (1,548,824)         (171,718)        (711,548)         (78,889)
                         27.2
     その他の税金
                                              22,152,748

                              33,858,792         3,753,924                 2,456,075
     当期利益
      添付の注記は当財務書類と不可分のものである。

                                  67/162
















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                          財務諸表に対する注記
                           2017年12月31日現在
     注1 一般事項

      1.1. 会社概況
         ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「当行」という。)は、ルクセンブル
        グにおいて1974年4月11日に株式会社として設立された。
         1996年4月1日に、親会社の株式会社東京銀行が株式会社三菱銀行と合併して株式会社東京三菱銀
        行が設立され、バンク・オブ・トウキョウ(ルクセンブルグ)エス・エイは、バンク・オブ・トウ
        キョウ・ミツビシ(ルクセンブルグ)エス・エイに名称を変更した。
         2005年10月1日に、間接株主の株式会社三菱東京フィナンシャル・グループ(以下「MTFG」と
        いう。)は、株式会社UFJホールディングス(以下「UFJ」という。)と合併し、新規金融グ
        ループの株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下「MUFG」という。)となった。
         2006年1月1日に、親銀行の株式会社東京三菱銀行は、株式会社UFJ銀行と合併し、株式会社三
        菱東京UFJ銀行となり、バンク・オブ・トウキョウ・ミツビシ(ルクセンブルグ)エス・エイは、
        バンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルクセンブルグ)エス・エイに名称を変更した。
         2007年4月2日に、当行は、共に持株会社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUF
        G)の子会社である三菱UFJ信託銀行株式会社が70%および株式会社三菱東京UFJ銀行が30%を
        共同で出資する子会社に変更された。その結果、バンク・オブ・トウキョウ・ミツビシUFJ(ルク
        センブルグ)エス・エイは、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイ(以下「MUGC」
        という。)に名称を変更した。
         2008年4月28日に、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイは、新株49,080株を発行
        し、資本金は1,817,968.52米ドル増加した。発行済株式資本総額は、現在37,117,968.52米ドルであ
        る。MIBLの主たる株主2社は、株式資本92.25%を保有しており、三菱UFJ信託銀行株式会社が
        63.72%および株式会社三菱東京UFJ銀行が28.53%を保有している。
         2014年8月7日に、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイは、アイルランド共和国、
        ダブリン2、ローワー・レッスン・ストリート12-13、オーモンド・ハウスを所在地とする外国支店を
        開設した。ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイ、ダブリン支店は、1993年のUE規則
        に準拠して、金融機関に907648番で登録された。
         2016年5月1日付で、ミツビシUFJグローバルカストディ・エス・エイは、その名称をルクセンブ
        ルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.                        (以下「MIBL」という。)へ変更した。
         2017年5月31日付で、三菱UFJ信託銀行株式会社は、ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービ
        ス銀行S.A.の議決権付株式の100%を取得した。
         取締役会のメンバーは、三菱UFJ信託銀行株式会社のグループの専務取締役および社外取締役で
        ある。事業方針および評価基準は、ルクセンブルグの現行法規に定められている場合を除き、株式会
        社三菱UFJフィナンシャル・グループにおいて適用されているものに準拠して、取締役会によって
        決定および監督される。
      1.2. 事業の性質

         当行の事業目的は、当行自身およびルクセンブルグ大公国内外の第三者のための銀行業務または金
        融業務を行うこと、ならびに工業、商業、不動産といった上記の主目的に直接または間接的に関連す
        るその他のすべての業務を行うことにある。
         より具体的には、当行は投資運用サービスに活動を集中している。
         当行における取引の大部分は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループの企業との間で、直
        接または間接的に完結するものである。
      1.3. 財務書類

                                  68/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         当行は、資本の表示通貨である米ドルを基準にして財務書類を作成している。当行の会計年度は、
        暦年と一致している。
     注2 重要な会計方針の要約

        当行の財務書類は、ルクセンブルグ大公国における法律および規制ならびにルクセンブルグ大公国の
       銀行部門で一般に公正妥当と認められている会計基準に準拠して、取得原価主義で作成されている。
        これらを遵守するにあたって、以下の重要な会計基準が適用される。
      2.1. 貸借対照表における取引計上日

         貸借対照表における資産および負債は、かかる金額が確定した日、つまり権利移転日付で計上され
        る。
      2.2. 外貨

         当行は、すべての取引を契約締結日における一または複数の取引通貨で計上する、複数通貨会計シ
        ステムを採用している。
         資産および負債は、貸借対照表の日付のスポット為替レートで米ドルに換算される。再評価によっ
        て生じる実現および未実現損益は、当期の損益に計上されるが、取得為替レートで計上される外国為
        替予約契約(スワップおよびヘッジ外国為替予約契約)によって特にカバーされたものから生じる実
        現および未実現損益はこの限りではない。
         外貨建ての収益および費用は、日々、実勢為替レートで米ドルに換算される。
         期末現在、すべての未決済の先渡取引は、満期までの残存期間に対応した貸借対照表の日付におけ
        る実勢フォワード・レートで米ドルに換算される。
         スポット取引およびスワップ取引に連動する未決済の先渡取引から生じる損益は、貸借対照表の日
        付に見越し計上される。外国通貨スワップでカバーされたポジションにかかる未実現損益の場合、期
        末に中立化される。
      2.3. デリバティブ金融商品

         金利スワップ、フォワード・レート契約、金融先物およびオプションのような、デリバティブ金融
        商品から派生している当行のコミットメントは、取引日にオフ・バランス・シート項目として計上さ
        れる。
         必要があれば、期末日に、当行の各コミットメントの時価による再評価によって生じる未実現損失
        に対して引当金が設定される。2017年度に計上された先渡取引の未実現損失に対する引当金はない
        (2016年:45,798米ドル)。
         金融商品が明らかに資産または負債をカバーかつ経済的統一している場合、または金融商品が逆取
        引でヘッジされているためにオープン・ポジションが存在しない場合においては、かかる引当金は設
        定されない。
      2.4. 貸倒れおよび回収不能債務に関する特定価値調整

         取締役会において、貸倒れおよび回収不能とみなされた債務に関して特定価値調整を行うのが当行
        の方針である。
         特定価値調整がある場合は、関連する資産から控除される。
      2.5. 証書、ローンおよび貸付金ならびにリース取引にかかる見込み損失に対する価値調整

         ローンおよび貸付金の見込み損失に対する価値調整がある場合は、関連する資産から控除される。
      2.6. リスク持高に対する一括引当金

                                  69/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
         当行は、ルクセンブルグの税法に準拠して、銀行監督諮問管理法に規定されているように、リスク
        持高に対する一括引当金を設定することができる。引当金の目的は、財務書類作成日にはまだ確認さ
        れていないが具体化すると考えられるリスクを考慮することにある。
         税務局長によって1997年12月16日に発行された指図書に従い、当行のリスク持高の税引前かつ
        1.25%を超えない当該引当金が設定されなければならない。
         当行は、2017年12月31日現在、当該引当金を計上しなかった(2016年:なし)。
      2.7. 譲渡可能有価証券

         譲渡可能有価証券は、当初、購入価格で計上される。当初の評価には平均原価法が使用される。注
        2.5の詳述に従って計算されたまたは価値が減少したことによって生じる価値調整は、勘定残高から控
        除される。
      2.8. 有形および無形資産

         有形および無形資産は、購入価格で評価される。耐用年数が限られている有形および無形固定資産
        の価値は、かかる資産の下記の耐用年数に渡って体系的に償却するために計算された価値調整分減少
        する。
         ・ハードウェア機器:4年
         ・ソフトウェア:4年および5年
         ・その他の無形資産:5年
         ・その他の有形資産:10年
      2.9. 関連会社株式

         貸借対照表の日付において、金融固定資産として保有される関連会社株式は、低価法で計上され
        る。
      2.10.    税金

         税金は、関連する勘定が属する会計年度において発生主義で計上される。
      2.11.    前払金および未収収益

         かかる資産項目は、次期会計年度に関連する、当期会計年度中に発生した支出を含む。
      2.12.    未払金および繰延利益

         かかる負債項目は、次期会計年度に関連する、当期会計年度中に発生した収益を含む。
      2.13.    引当金

         引当金は、その性質が明白に規定され、貸借対照表日付現在で発生する可能性が高いかまたは確実
        に発生するが、発生する金額または日付は不確定である損失または債務を補填することを目的として
        いる。
      2.14.    収益の認識

          当行の主な収入源は、利息および受取手数料で構成される。当行は、顧客に提供する幅広いサービ
        スから報酬および受取手数料を獲得する。
          収益は、一般に、サービスが提供される期間にわたって関連するサービスが履行または認識される
        時点で計上される。
     注3 金融機関に対するローンおよび貸付金

                                  70/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        金融機関に対するローンおよび貸付金は、要求払いのものを除き、残存期間別に以下のとおりであ
       る。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        3か月以下                                  135,000,000           477,000,000
                                          807,000,000           578,000,000
        3か月超1年以下
                                          942,000,000          1,055,000,000
     注4 譲渡可能有価証券

        「株式およびその他の変動利回り有価証券」の項目に表示されている譲渡可能有価証券はすべて、
       14,984米ドル(2016年:13,162米ドル)の未上場有価証券で構成される。
       関連会社株式の要約

        2017年12月31日現在、当行は、「関連会社株式」に計上される参加持分を保有していない。
     注5 固定資産の変動

        以下の変動は、当期中に当行の固定資産に対して生じたものである。
       固定資産:
                 期首現在                         期末現在       価値調整       期末現在
                        追加      売却     為替差額
                 価値総額                         価値総額        累計      価値純額
                        米ドル      米ドル      米ドル
                  米ドル                         米ドル       米ドル       米ドル
      1.関連会社株式           8,036,038          0  (8,554,715)        518,677         0       0      0
      2.有形資産           17,154,653       1,446,747       (190,665)      2,375,385      20,786,120       16,660,939       4,125,181
       a)ハードウェア          1,179,119        14,349      (20,605)      163,271     1,336,134       1,185,140       150,994
       b)ソフトウェア          13,748,336       1,412,852       (102,933)      1,903,716      16,961,971       13,819,058       3,142,913
       c)その他付属品、
         家具、機器、        2,227,198        19,546      (67,127)      308,398     2,488,015       1,656,741       831,274
         車両
      3.無形資産           1,945,439          0      0      0  1,945,439       1,945,439          0
        有価約因に基づい
                 1,945,439          0      0      0  1,945,439       1,945,439          0
        て取得したのれん
        価値ある対価として取得されたのれんは、他機関の顧客の一部の買収の価値を表す。

                                  71/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     注6 前払金および未収収益
        当行の前払金および未収収益は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        米国内国歳入庁、米国税務当局に支払われた前払金                                   1,258,254           2,285,714
        未収利息                                   4,666,886           4,629,590
        管理会社手数料                                    283,041           357,395
        信託業務手数料                                   1,969,915           1,659,378
        全体保管手数料                                   8,936,086           9,508,271
        投資ファンド手数料                                   3,813,147           3,256,497
        前払一般経費                                    644,074           341,661
        前払法人税                                    134,936           119,089
        未収還付付加価値税(VAT)                                    690,238          2,536,828
        その他の未収収益                                    566,677           695,606
        その他の手数料                                    671,075           387,492
                                             393,820           320,567
        その他の前払金
                                           24,028,149           26,098,088
     注7 外貨建て資産

        2017年12月31日現在、米ドルに換算した、当行の外貨建て資産の総額は、4,008,887,622米ドル(2016
       年:3,681,116,769米ドル)である。
     注8 顧客未払金

        2017年12月31日現在、要求払いのものを除く債務は、0米ドル(2016年:10,000,000米ドル)であっ
       た。
     注9 その他の負債

        当行のその他の負債は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        優先債務                                    841,978           732,625
                                           1,025,565           1,047,143
        諸債務
                                           1,867,543           1,779,768
                                  72/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     注10 未払金および繰延利益
        当行の未払金および繰延利益は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        未払手数料                                   6,607,907           6,454,913
        未払一般経費                                   5,653,314           3,551,199
        未払利息                                    885,708           113,912
        保管報酬に関連する繰延収益                                    524,416           721,710
        外国通貨スワップでカバーされたポジションにかかる
                                           4,680,727           4,955,817
        為替差損益の中立化(注2.2)
        税務当局から受領した2012年-2014年度の未収還付付加
                                                0      1,556,606
        価値税(VAT)
        その他の未払費用                                    142,861            51,140
                                             24,523           56,719
        その他の仮受金
                                           18,519,456           17,462,016
     注11 税金-為替差損失:繰延税金

        ルクセンブルグの財政法上、当行の貸借対照表および損益計算書はユーロ表示が義務付けられてい
       る。財政目的で当行の株式をユーロ等価物に換算し未実現損益が生じたために、財政目的で確定された
       当行の収益が、会計目的で報告された収益と著しく異なることがあり得る。
        銀行の投資株式にかかる為替換算利益の財政的中和が認められた1987年7月16日(改正)法に準拠し
       て、通常の状況下においては、米ドルがユーロに対して強く(ドル高に)なったことで生じる未実現利
       益は、過去の繰越未実現損失の金額を超える範囲について中和することができる。
        ただし、銀行の投資株式にかかる為替換算利益の財政的中和が認められた1983年7月23日法に準拠し
       て、通常の状況下においては、米ドルがユーロに対して強く(ドル高に)なったことで生じる将来の未
       実現利益は、過去の繰越未実現損失の金額を超える範囲についてのみ中和することができる。
        その結果、株式にかかる未実現換算損失は、時間差異から生じるものと考えられ、当行は会計所得に
       かかる所得税を繰延税とする。
        2017年12月31日現在、繰延税負債はない。
     注12 その他の引当金

        当行のその他の引当金は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        報酬引当金                                   1,519,421           1,167,614
        先渡取引の未実現損失に対する引当金(注2.3)                                        0        45,798
                                           1,519,421           1,213,412
     注13 発行済資本

        2017年11月9日現在、当行は株式資本を149,999,997.38米ドル増加させた。
        2017年12月31日現在、当行の発行済かつ全額払込済資本は、クラスAの5,002,575株およびクラスBの
       49,080株に対して187,117,965.90米ドルである。
                                  73/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     注14 準備金および繰越損益の変動
                               法定準備金          その他の準備金             繰越損益
                                米ドル           米ドル           米ドル
        2017年1月1日現在の残高                        3,711,797          106,818,796               1,346
        2016年12月31日終了年度の利益                             -           -      22,152,748
        利益の増加
         -株主への配当金支払                           -           -        (33,057)
         -2017年純資産税準備金への振替                           -       4,276,351          (4,276,351)
         -2011年純資産税準備金からの振替                           -      (3,100,000)            3,100,000
         -自由準備金への割り当て                           -      20,940,000          (20,940,000)
                                     -      (8,274,013)                0
         -株主への現物分配
        2017年12月31日現在の残高                        3,711,797          120,661,134               4,686
        ルクセンブルグの法律に従い、当行は毎年の純利益の最低5%相当額を法定準備金として、かかる準

       備金が株式資本の10%に達するまで、充当しなければならない。当該充当は翌年に行われる。法定準備
       金の分配は制限されている。当行は発行済資本の10%に達しているため、当該要件は満たされている。
        当行は、ルクセンブルグの法律に基づいて、当該年度が支払期限である純資産税のすべてまたは一部
       について税額控除の適用を選択した。ただし、当該税額控除は、前年度が支払期限である税額控除調整
       前の法人税額を上限とする。当該控除から利益を得るためには、翌年度末以前に純資産税額控除の5倍
       にあたる金額を特別準備金に計上するという立場を表明しなければならず、これを5年間維持しなけれ
       ばならない。
        2015年11月19日付でルクセンブルグ税務当局により発行された通達Ⅰ、Fort.                                          N°47bisは、納税者が
       2014年および2015年の両年度の純資産税控除の恩恵を十分に受けるために純資産税準備金を一つのみ設
       定することが出来るよう、専門の規則を定めている。                             かかる引当金は、2014年および2015年(経過措
       置)に利用可能な最も高い控除額の5倍に相当する。                             総額17,049,049米ドル(2016年:15,872,698米ド
       ル)の純資産税特別準備金は、当行のその他の準備金に含まれている。
        2017年3月24日付の年次株主総会において決議されたとおり、当行は、4,276,351米ドルを2017年の純
       資産税特別準備金に割り当て、また、2011年の純資産税特別準備金3,100,000米ドル(2,388,015ユー
       ロ)を準備金に計上した。
        2017年12月31日現在、純資産税の特別準備金の累積残高は、以下のとおりである。
                                           2017年           2017年
                                        純資産税準備金           純資産税準備金
                                           米ドル           ユーロ
        2012年                                   3,304,122           2,506,160
        2013年                                   3,101,000           2,250,445
        2014年-2015年                                   3,019,136           2,495,050
        2016年                                   3,348,440           3,082,425
                                           4,276,351           4,049,050
        2017年
        2017年12月31日現在の残高                                   17,049,049           14,383,130
        2017年5月30日に、取締役会は、当行のクラスAの株式保有者のために、当行が保有するMUFGルクス

       マネジメントカンパニーS.A.の全株式の譲渡を通じて中間配当を現物で支払うことを決定している。
       2017年6月1日付で、8,274,013米ドル(7,375,000ユーロ相当)の中間配当の分配が行われた。
     注15 関連会社残高

        2017年12月31日現在、以下の関連会社残高が未決済となっている。
       資産

                                  74/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        金融機関に対するローンおよび貸付金                                 3,789,891,462           2,603,563,578
        関連会社株式                                        0      8,036,038
                                           10,791,736           11,780,647
        前払金および未収収益
                                         3,800,683,198           2,623,380,263
       負債

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        金融機関に対する未払金                                 2,098,463,451           1,532,309,759
        顧客に対する未払金                                  659,726,748            94,447,464
                                           4,972,871           4,161,707
        未払金および繰延利益
                                         2,763,163,070           1,630,918,930
        当行は、2017年12月31日現在および同日に終了した会計年度において、国際会計基準第24号「関連当

       事者についての開示」で定義されるとおり、取引条件が一般の独立当事者間取引と同様でない、いかな
       る重大な関係会社間取引をも締結していない。
        当行の要求により、ルクセンブルグ監督当局(CSSF)は、2013年6月26日付の(パート4)規則
       (EU)575/2013に基づいて、大口エクスポージャー規制の計算にグループ(三菱UFJフィナンシャ
       ル・グループ)に対するエクスポージャーを全額適用除外とすることを認めた。
        2017年12月31日現在、グループに関する当該適用除外金額は、3,822,601,922米ドルであり、内訳は以
       下のとおり分析される。
                                                        2017年
                                                        米ドル
        金融機関に対するローンおよび貸付金                                            3,789,888,999
        前払金および未収収益                                              4,751,803
                                                      27,961,120
        外国為替取引(市場リスク手法)
                                                    3,822,601,922
     注16 外貨建て負債

        2017年12月31日現在、米ドルに換算した、当行の外貨建て負債の総額は、2,973,768,077米ドル(2016
       年:3,687,241,556米ドル)である。
     注17 偶発債務

        当行の偶発債務は、以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
                                             578,509           545,385
        発行済念書
        期末現在、関連会社残高はなかった。

     注18 コミットメント

        当行は、貸借対照表およびオフ・バランス・シートのいずれにも開示されていないが、当行の財政状
       態を査定する上で重要な一定のコミットメントを締結した。かかるコミットメントの詳細は以下のとお
       りである。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
                                  75/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                             521,191          1,351,407
        建物の固定賃貸料支払契約に関するコミットメント
        期末現在、関連会社残高はなかった。

     注19 通貨為替レート、金利およびその他の市場金利に連動する運用

        2017年12月31日および2016年12月31日現在、流通している先渡取引の種類は以下のとおりである。
       通貨為替レートに連動する運用

       - 為替先渡取引(スワップ、アウトライト)
        外貨為替レートと連動する運用は、大抵、持高をカバーする目的で行われる。

     注20 投資運用業務および引受業務

        当行が提供する運用および代理業務には、以下の項目が含まれる。
        - 譲渡可能有価証券の保管および管理事務
        - 信託代理
        - 代理店機能
        - ポートフォリオ運用および顧問
     注21 未収手数料

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        投資ファンド報酬                                   19,403,089           17,042,693
        機関投資家からの全体保管報酬                                   74,948,090           75,850,929
        信託取引報酬                                   10,347,746            8,068,217
        管理会社に対するサービス報酬                                   1,003,474            905,203
                                             553,831           231,016
        その他の報酬および手数料
                                          106,256,230           102,098,058
        未収手数料は、以下で構成される。

        投資ファンド報酬は、保管業務、中央管理事務代行業務、預託業務およびその他の業務に関して投資
       ファンドに課される報酬および手数料で構成される。当該報酬は、管理下にあるファンドの純資産価額
       に基づいて計算される。
        機関投資家からの全体保管報酬は、証券取引管理、決済、コーポレートアクション、収益回収および
       議決権代理行使を含む全体保管業務に関して機関投資家に課される報酬および手数料で構成される。当
       該報酬は、預り資産および取引数に基づいて計算される。
        信託取引報酬は、保管取引、キャッシュ・マネジメントおよびフィデューシャリー・ノートの発行を
       含む受託資産から得られる報酬および手数料で構成される。当該報酬は、運用資産および取引数に基づ
       いて計算される。
        管理会社に対するサービス報酬には、機能的支出をカバーする報酬および品質保証契約に基づくサ
       ポート・サービスに対する報酬が含まれる。
        その他の報酬および手数料には、上場代理人報酬、保証報酬、銀行サービス報酬およびファンド注文
       デスクサービス報酬などの様々な報酬が含まれる。
     注22 その他の事業収益

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        過年度の手数料の調整                                    226,068           437,964
                                  76/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        過年度の一般経費調整からの利益                                    568,181           161,260
        管理会社から受領したサブ・レンタル報酬
                                             67,500           66,722
        (品質保証契約)
        前年度の還付付加価値税(VAT)(2012年-2014年度)                                   1,441,990                0
                                             180,824           110,970
        その他
                                           2,484,563            776,916
     注23 その他の事業費用

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        過年度の一般経費調整からの費用                                    346,695           122,929
        過年度の手数料                                    137,159           293,332
        過年度の利息                                     13,741           15,350
                                             10,398           17,528
        その他事業損失
                                             507,993           449,139
     注24 従業員数

        当期における当行の平均従業員数は以下のとおりである。
                                             2017年           2016年
                                              人数           人数
        上級管理職                                       30           29
        中間管理職                                       66           71
                                                74           76
        従業員
                                               170           176
     注25 経営者報酬

        当期に当行は、当行の管理職に対しその経営責任を考慮して以下のとおり手当を与えた。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
                                           5,832,575           5,151,542
        上級管理職
         内、各種報酬

                                             871,739           791,860
         内、固定報酬                                   4,960,836           4,359,682
        当期中に取締役会および一般管理職のメンバーとの間で年金に関する契約は結ばれなかった。

        2017年12月31日および2016年12月31日現在、当行は、取締役会および一般管理職のメンバーに対して
       貸付および与信をしていなかった。
     注26 その他の一般管理費用

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
        データ費用                                   1,165,998           1,223,338
        維持費                                   1,041,720            933,559
        会費                                   1,442,936            800,032
        専門家報酬                                   4,376,343           4,308,794
        賃貸および関連費用                                   1,109,879           1,067,196
        業務契約                                   5,192,885           5,057,176
        業務費用                                   3,412,539           3,985,016
        システム費用                                   11,204,978           12,041,688
                                  77/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        通信費用                                    384,358           361,065
        旅費、交通費、出張費                                    226,957           135,383
                                             699,526           633,071
        その他の費用
                                           30,258,119           30,546,318
        2016年12月29日現在、当行は、2012年度から2015年度までの前払費用(専門家報酬:701,908米ドル、

       システム費用:672,840米ドル)として扱われていた専門家報酬およびシステム費用の残高を、費用計上
       している。
        会費の増加は、2017年度中に単一破綻処理基金に支払われた費用の増加に起因する。
     注27 税金

      27.1. 経常収益にかかる税金
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
         法人税                                  8,893,072           6,270,710
                                           2,938,357           1,892,182
         地方事業税
                                           11,831,429            8,162,892
      27.2. 前勘定科目に表示されていないその他の税金

                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
         純資産税                                       0          33
         付加価値税(VAT)                                  1,483,823            661,473
                                             65,001           50,042
         その他の税金
                                           1,548,824            711,548
     注28 親会社

        2017年12月31日現在、当行は、日本の法律に準拠して設立され登録事務所を東京都に持つ、持株会社
       である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の子会社である三菱UFJ信託銀行株式会社
       が100%を共同で出資する子会社である。
        当行の財務書類には、日本国財務省関東財務局の登録金融機関番号33を有し、日本の郵便番号100-
       8212、東京都千代田区丸の内一丁目4番5号に登録住所を有する三菱UFJ信託銀行株式会社の連結財
       務書類が含まれている。
        持株会社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の連結財務書類は、日本の郵便番
       号100、東京都千代田区丸の内二丁目7番1号所在の本社より入手することができる。
     注29 預金保証制度

        金融機関および特定の投資会社の破綻処理、再編および清算手続きに関する法律ならびに預金保証お
       よび投資者への補償制度に関する法律(以下「法律」という。)を、金融機関および投資会社の再建、
       破綻処理に対する枠組みを設定したルクセンブルグ法指令2014/59/EUならびに預金保証および投資
       者への補償制度に関する指令2014/49/EUに置き替える案が、2015年12月18日に可決された。
        預金保証制度(「ルクセンブルグ預金保証基金」(以下「FDGL」という。))および投資者への
       補償制度(「ルクセンブルグ投資家補償制度」(以下「SIIL」という。))は、各預金者の適格な
       預金については100,000ユーロを上限とし、投資については20,000ユーロを上限として補填されるもので
       ある。    法律はまた、特定の取引または特定の社会目的もしくはその他の目的を満たす預金について、12
       か月にわたって100,000ユーロを超える金額に対して補填されると規定している。
                                  78/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        金融機関は、それぞれFDGLに対して、ルクセンブルグの銀行破綻処理基金                                          ( 「ルクセンブルグ破
       綻処理基金」       (以下「FRL」という。))に毎年拠出する。
        法律第107条(1)において定義されるとおり、FRL積立額は、2024年末までにすべての参加各国にお
       ける認可済み金融機関の付保預金額の少なくとも1%に達する見込みである。                                          かかる金額は、2015年か
       ら2024年にわたって回収される予定である。
        法律第179条(1)において定義されるとおり、FGDLの積立ての目標水準は、該当する金融機関の付
       保預金の0.8%に設定されており、年間拠出を通じて、2018年度末までに当該水準に達する見込みであ
       る。  かかる金額は、2016年から2018年にわたって回収される予定である。                                     法律第180条(1)において定義
       されるとおり、0.8%の水準に達した時に、ルクセンブルグの金融機関は、安全バッファーとして追加の
       付保預金の0.8%を構築するために、さらに8年間継続して拠出するものとする。
        2017年12月31日終了年度において、当行の年間拠出金は、970,420ユーロ(1,075,566米ドル)であっ
       た。
     注30 監査報酬

        会計年度中、当行は監査法人およびその全ネットワークから以下の報酬(付加価値税(VAT)を除
       く)を請求されている。
                                             2017年           2016年
                                             米ドル           米ドル
         監査報酬                                   265,049           258,355
         監査関連報酬                                   157,633           109,445
         税務費用                                    41,309           39,625
                                             26,272            6,692
         その他の報酬
                                             490,263           414,117
                                  79/162











                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        会計年度中に監査法人の全ネットワークにより提供された非監査業務には、以下の業務が含まれてい
       た。
        a.  2017年1月1日から2017年12月31日までの期間におけるISAE3402/SOC1タイプ2報告
          書
        b.  納税申告書の作成
        c.  付加価値税(VAT)申告書の作成
     注31 金融商品の開示

      31.1.    主要な非トレーディング金融商品
        2017年12月31日現在、クラス別および残存期間別の主要な非トレーディング金融商品(当行はトレー
        ディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                             3か月超         1年超
                     3か月以下                          5年超         合計
     米ドルによる簿価                         1年以下        5年以下
                      米ドル                         米ドル        米ドル
                              米ドル        米ドル
     金融資産

     商品クラス

     手元現金                     0        0        0        0        0

     BCL残高               2,294,618,594               0        0        0  2,294,618,594

     金融機関に対するローン

                    3,272,919,230         807,000,000                        4,079,919,230
     および貸付金
     顧客に対するローンおよび

                       265,472           0        0        0     265,472
     貸付金
     株式およびその他の変動

                          0        0        0      14,984        14,984
     利回り有価証券
     合計               5,567,803,296         807,000,000              0      14,984     6,374,818,280

     金融負債

     商品クラス

     金融機関に対する未払金               2,103,521,459               0        0        0  2,103,521,459

     顧客に対する未払金               3,913,497,702               0        0        0  3,913,497,702

     偶発債務としてオフ・バラン

     スシートに開示されている
     項目
     担保証券として差し入れられ

                       578,509           0        0        0     578,509
     た保証金および資産
                    6,017,597,670               0        0        0  6,017,597,670

     合計
                                  80/162





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2016年12月31日現在、クラス別および残存期間別の主要な非トレーディング金融商品(当行はトレー
        ディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                             3か月超         1年超
                     3か月以下                          5年超         合計
     米ドルによる簿価                         1年以下        5年以下
                      米ドル                         米ドル        米ドル
                              米ドル        米ドル
     金融資産

     商品クラス

     手元現金                   1,569          0        0        0      1,569

     BCL残高               1,980,129,297               0        0        0  1,980,129,297

     金融機関に対するローン

                    2,440,465,826         578,000,000              0        0  3,018,465,826
     および貸付金
     顧客に対するローンおよび

                       147,465           0        0        0     147,465
     貸付金
     株式およびその他の変動
                          0        0        0      13,162        13,162
     利回り有価証券
     合計               4,420,744,157         578,000,000              0      13,162     4,998,757,319

     金融負債

     商品クラス

     金融機関に対する未払金               1,535,758,747               0        0        0  1,535,758,747

     顧客に対する未払金               3,299,365,691               0        0        0  3,299,365,691

     偶発債務としてオフ・バラン

     スシートに開示されている
     項目
     担保証券として差し入れられ

                       545,385           0        0        0     545,385
     た保証金および資産
     合計               4,835,669,823               0        0        0  4,835,669,823

                                  81/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        31.2.    デリバティブ・非トレーディング金融商品
        2017年12月31日現在、クラス別および残存期間別の店頭デリバティブ・非トレーディング金融商品
        (当行はトレーディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                         3か月超        1年超
     米ドルによる未払いの             3か月以下                       5年超        合計       公正価値
                         1年以下       5年以下
     想定元本              米ドル                      米ドル        米ドル        米ドル
                          米ドル       米ドル
     金融資産

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            3,257,117,915              0       0       0  3,257,117,915         24,750,086

                 812,986,742            0       0       0   812,986,742        2,151,255
     スワップ
                4,070,104,657              0       0       0  4,070,104,657         26,901,341

     合計
     金融負債

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            3,057,118,085              0       0       0  3,057,118,085         22,397,245

                2,201,155,324              0       0       0  2,201,155,324         8,610,571
     スワップ
                5,258,273,409              0       0       0  5,258,273,409         31,007,816

     合計
         上記の金額には、取引日が2017年12月31日以前で、評価日が2017年12月31日以降である店頭デリバ

        ティブ・非トレーディング金融商品が含まれる。
                                  82/162










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        2016年12月31日現在、クラス別および残存期間別の店頭デリバティブ・非トレーディング金融商品
        (当行はトレーディングポートフォリオを有していない。)は以下のとおりである。
                         3か月超        1年超
     米ドルによる未払いの             3か月以下                       5年超        合計       公正価値
                         1年以下       5年以下
     想定元本              米ドル                      米ドル        米ドル        米ドル
                          米ドル       米ドル
     金融資産

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            1,513,328,420         14,474,319            0       0  1,527,802,739         15,342,558

                 651,787,947        2,811,669           0       0   654,599,616        2,236,629
     スワップ
                2,165,116,367         17,285,988            0       0  2,182,402,355         17,579,187

     合計
     金融負債

     商品クラス

     外国為替取引

     先渡            1,395,026,531         14,882,836            0       0  1,409,909,367         14,796,033

                1,683,232,675         4,276,834           0       0  1,687,509,509         5,640,893
     スワップ
                3,078,259,206         19,159,670            0       0  3,097,418,876         20,436,926

     合計
         上記の金額には、取引日が2016年12月31日以前で、評価日が2016年12月31日以降である店頭デリバ

        ティブ・非トレーディング金融商品が含まれる。
                                  83/162










                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      31.3.    主要な非トレーディング金融商品に対する信用リスクに関する情報
         2017年12月31日現在、当行は以下の、主要な非トレーディング金融商品に対する信用リスクにさら
        されている。
                                    2017年               2016年
                                     簿価               簿価
                                    米ドル               米ドル
     金融資産

     商品クラス別かつ地域別

     現金、BCL残高                                2,294,618,594               1,980,130,866

      EU加盟国                               2,294,618,594               1,980,130,866

     金融機関に対するローンおよび貸付金                                4,079,919,230               3,018,465,826

      EU加盟国                                470,317,266               413,806,919

      北および中央アメリカ                               1,493,150,265                757,029,131

      アジア                               2,104,162,750               1,828,577,178

      ヨーロッパ(非EU加盟国)                                 9,871,366               9,261,471

      オーストラリアおよびニュージーランド                                 2,417,583               9,791,127

     顧客に対するローンおよび貸付金                                    265,472               147,465

      EU加盟国                                    4,473             125,983

      北および中央アメリカ                                   39,775               21,482

      アジア                                   221,074                  0

      ヨーロッパ(非EU加盟国)                                     150                0

     株式およびその他の変動利回り有価証券                                    14,984               13,162

      北および中央アメリカ                                   12,008               10,547

                                          2,976               2,615
      EU加盟国
                                     6,374,818,280               4,998,757,319

     合計
                                  84/162







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      31.4.    デリバティブ・非トレーディング金融商品に関する情報
         2017年12月31日現在、当行は以下の、デリバティブ・非トレーディング金融商品に対する信用リス
        クにさらされている。
                                    2017年               2017年
                                   未払想定元本               リスク相当額
                                    米ドル               米ドル
     金融資産

     商品クラス別かつ地域別

     外国為替取引

     先渡

      EU加盟国                               1,151,209,346                 8,548,868

      アメリカ                               2,105,636,836                16,199,995

      アジア                                   271,733                1,223

     スワップ

                                      812,986,742                2,151,255
      EU加盟国
                                     4,070,104,657                26,901,341

     合計
         2016年12月31日現在、当行は以下の、デリバティブ・非トレーディング金融商品に対する信用リス

        クにさらされている。
                                    2016年               2016年
                                   未払想定元本               リスク相当額
                                    米ドル               米ドル
     金融資産

     商品クラス別かつ地域別

     外国為替取引

     先渡

      EU加盟国                               1,299,763,106                12,134,109

      アメリカ                                228,039,632                3,208,449

     スワップ

                                      654,599,617                2,236,629
      EU加盟国
                                     2,182,402,355                17,579,187

     合計
       次へ

                                  85/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  86/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  87/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  88/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  89/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  90/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  91/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  92/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  93/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  94/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  95/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  96/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  97/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  98/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                  99/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                100/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                101/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                102/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                103/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                104/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                105/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                106/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                107/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                108/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                109/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                110/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                111/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                112/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                113/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                114/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                115/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                116/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                117/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                118/162





















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
       次へ


















                                119/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     中間財務書類
      a.管理会社の日本文の中間財務書類は、管理会社が作成した原文の中間財務書類を翻訳したものであ

       る。これは「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」第76条第4項ただし書の規定の
       適用によるものである。
      b.管理会社の中間財務書類は、外国監査法人等(公認会計士法(昭和23年法律第103号)第1条の3第7

       項に規定する外国監査法人等をいう。)の監査を受けていない。
      c.管理会社の原文の中間財務書類は米ドルで表示されている。日本文の財務書類には、主要な金額につ

       いて円貨換算が併記されている。日本円による金額は、2019年2月28日現在における株式会社三菱UF
       J銀行の対顧客電信売買相場の仲値(1米ドル=110.87円)で換算されている。なお、千円未満の金額
       は四捨五入されている。
                                120/162















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (1 )資産及び負債の状況
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                        貸借対照表(財政状態計算書)
                           2018年6月30日現在
                            (単位:米ドル)
                               資産

                                            米ドル           千円

       010    現金、中央銀行における現金残高およびその他の要求払預金                                4,279,499,530            474,468,113

       020     手元現金
       030     中央銀行における現金残高                               2,379,029,912            263,763,046
       040     その他の要求払預金                               1,900,469,617            210,705,066
       050    売買目的で保有される金融資産                                 22,937,469           2,543,077
       060     デリバティブ                                22,937,469           2,543,077
       070     持分証券
       080     債務証券
       090     ローンおよび貸付金
           強制的に損益計算書を通じて公正価値で測定される
       096                                          0           0
           売買目的保有以外の金融資産
       097     持分証券
       098     債務証券
       099     ローンおよび貸付金
           損益計算書を通じて公正価値で測定されるものとして
       100                                          0           0
           指定した金融資産
       120     債務証券
       130     ローンおよび貸付金
       141    その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産                                   14,570           1,615
       142     持分証券                                  14,570           1,615
       143     債務証券
       144     ローンおよび貸付金
       181    償却後原価における金融資産                                2,188,797,422            242,671,970
       182     債務証券
       183     ローンおよび貸付金                               2,188,797,422            242,671,970
       240    デリバティブ-ヘッジ会計
           金利リスクのポートフォリオ・ヘッジにおける
       250
           ヘッジ項目の公正価値変動
       260    子会社、合弁会社および関連会社への投資
       270    有形資産                                   811,922           90,018
       280     有形固定資産                                  811,922           90,018
       290     投資不動産
       300    無形資産                                  3,102,911            344,020
       310     営業権
       320     その他の無形資産                                 3,102,911            344,020
       330    税金資産                                     781           87
       340     現行税金資産                                    781           87
       350     繰延税金資産
       360    その他の資産                                 22,293,804           2,471,714
       370    売却目的保有に分類される非流動資産および売却グループ
       380    資産合計                                6,517,458,408            722,590,614
                                121/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                        貸借対照表(財政状態計算書)
                           2018年6月30日現在
                            (単位:米ドル)
                               負債

                                            米ドル           千円

       010    売買目的で保有される金融負債                                 23,820,080           2,640,932

       020     デリバティブ                                23,820,080           2,640,932
       030     ショート・ポジション
       040     預金
       050     発行済み債務証券
       060     その他の金融負債
           損益計算書を通じて公正価値で測定されるものとして
       070                                          0           0
           指定した金融負債
       080     預金
       090     発行済み債務証券
       100     その他の金融負債
       110    償却後原価で測定される金融負債                                6,095,386,173            675,795,465
       120     預金                               6,095,386,173            675,795,465
       130     発行済み債務証券
       140     その他の金融負債
       150    デリバティブ-ヘッジ会計
           金利リスクのポートフォリオ・ヘッジにおける
       160
           ヘッジ項目の公正価値変動
       170    引当金                                      0           0
       180     年金およびその他の退職後給付金債務
       190     その他の長期従業員給付金
       200     再編
       210     係属中の法的問題および租税訟務
       220     コミットメントおよび保証
       230     その他の引当金
       240    税金負債                                 15,054,113           1,669,050
       250     現行税金負債                                15,054,113           1,669,050
       260     繰延税金負債
       270    要求払株式資本
       280    その他の負債                                 20,180,190           2,237,378
       290    売却目的保有に分類される売却グループに含まれる負債
       300    負債合計                                6,154,440,556            682,342,824
                                122/162







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                        貸借対照表(財政状態計算書)
                           2018年6月30日現在
                            (単位:米ドル)
                               資本

                                            米ドル           千円

       010    資本                                 187,117,966           20,745,769

       020     払込資本                                187,117,966           20,745,769
       030     未払込請求資本
       040    株式発行差金
       050    資本を除く発行済みエクイティ商品                                      0           0
       060     複合金融商品のエクイティ部分
       070     その他の発行済みエクイティ商品
       080    その他のエクイティ
       090    その他の累積包括利益                                      0           0
       095     損益に再分類されることがない項目                                     0           0
       100      有形資産
       110      無形資産
             確定給付型年金制度に係る数理計算上の
       120
             利益または(-)損失
       122      売却目的保有に分類される非流動資産および売却グループ
             子会社、合弁会社および関連会社への投資のその他の認識
       124
             収益および費用の持分
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定される持分証券
       320
             の公正価値変動
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定される持分証券
       330
             の公正価値ヘッジに対するヘッジ非有効性
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定される持分証券
       340
             の公正価値変動〔ヘッジ項目〕
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定される持分証券
       350
             の公正価値変動〔ヘッジ手段〕
             負債の信用リスク変動に帰属する損益計算書を通じて公正
       360
             価値で測定される金融負債の公正価値変動
       128     損益に再分類されることがある項目                                     0           0
       130      外国事業純投資のヘッジ〔有効部分〕
       140      外貨換算
             ヘッジ・デリバティブ、キャッシュ・フロー・ヘッジ準備
       150
             金〔有効部分〕
             その他の包括利益を通じて公正価値で測定される債務証券
       155
             の公正価値変動
       165      ヘッジ手段〔指定されていない要素〕
       170      売却目的保有に分類される非流動資産および売却グループ
             子会社、合弁会社および関連会社への投資のその他の認識
       180
             収益および費用の持分
       190    利益剰余金                                    3,259            361
       200    再評価準備金
       210    その他の準備金                                 158,191,749           17,538,719
            持分法を用いて計上される子会社、合弁会社および関連会社
       220
            への投資の準備金または累積損失
       230    その他                                 158,191,749           17,538,719
       240    (-)自己株式
       250    親会社株主に帰属する損益                                 17,704,878           1,962,940
                                123/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                            米ドル           千円
       260    (-)中間配当

       270    少数株主持分〔非支配持分〕                                      0           0
       280     その他の累積包括利益
       290     その他の項目
       300    資本合計                                 363,017,853           40,247,789
       310    資本および負債合計                                6,517,458,408            722,590,614
                                124/162


















                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (2 )損益の状況
                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
                             損益計算書
                        2018年6月30日に終了した期間
                            (単位:米ドル)
                                            米ドル           千円

       010    利息収益                                 38,370,885           4,254,180

       020     売買目的で保有される金融資産                                18,514,145           2,052,663
            強制的に損益計算書を通じて公正価値で測定される
       025
            売買目的保有以外の金融資産
            損益計算書を通じて公正価値で測定されるものとして
       030
            指定した金融資産
       041     その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産
       051     償却後原価における金融資産                                16,501,150           1,829,483
       070     デリバティブ-ヘッジ会計、金利リスク
       080     その他の資産                                  909,780           100,867
       085     負債に係る利息収益                                 2,445,810            271,167
       090    (支払利息)                                 18,287,902           2,027,580
       100     (売買目的で保有される金融負債)                                  212,615           23,573
            (損益計算書を通じて公正価値で測定されるものとして
       110
            指定した金融負債)
       120     (償却後原価で測定される金融負債)                                11,892,224           1,318,491
       130     (デリバティブ-ヘッジ会計、金利リスク)
       140     (その他の負債)                                     0           0
       145     (資産に係る支払利息)                                 6,183,063            685,516
       150    (要求払株式資本に係る費用)
       160    受取配当                                     92           10
       170     売買目的で保有される金融資産
            強制的に損益計算書を通じて公正価値で測定される
       175
            売買目的保有以外の金融資産
       191     その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産                                    92           10
            持分法を用いて計上されるもの以外の子会社、合弁会社およ
       192
            び関連会社への投資
       200    受取手数料                                 56,423,901           6,255,718
       210    (支払手数料)                                 28,467,551           3,156,197
           損益計算書を通じて公正価値で測定されない金融資産および負
       220                                          0           0
           債の認識除外に係る利益または(-)損失、純額
       231     その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産
       241     償却後原価における金融資産
       260     償却後原価で測定される金融負債
       270     その他
           売買目的で保有される金融資産および負債に係る利益または
       280                                      2,440,541            270,583
           (-)損失、純額
           強制的に損益計算書を通じて公正価値で測定される売買目的保
       287
           有以外の金融資産に係る利益または(-)損失、純額
           損益計算書を通じて公正価値で測定されるものとして指定した
       290
           金融資産および負債に係る利益または(-)損失、純額
       300    ヘッジ会計からの利益または(-)損失、純額
       310    為替差額〔利益または(-)損失〕、純額
       330    非金融資産の認識除外に係る利益または(-)損失、純額
       340    その他の事業収益                                  1,491,772            165,393
       350    (その他の事業費用)                                  1,399,998            155,218
       355    事業収益合計、純額                                 50,571,740           5,606,889
                                125/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                                            米ドル           千円
       360    (管理費用)                                 25,508,536           2,828,131

       370     (従業員費用)                                10,251,013           1,136,530
       380     (その他の管理費用)                                15,257,523           1,691,602
       390    (減価償却)                                   904,300           100,260
       400     (有形固定資産)                                  148,413           16,455
       410     (投資不動産)
       420     (その他の無形資産)                                  755,888           83,805
       425     修正利益または(-)損失、純額                                     0           0
       426     その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産
       427     償却後原価における金融資産
       430    (引当金または(-)引当金の戻入)                                      0           0
       440     (コミットメントおよび保証)
       450     (その他の引当金)
           (損益計算書を通じて公正価値で測定されない金融資産に係る
       460                                       411,503           45,623
           減損または(-)減損の戻入)
            (その他の包括利益を通じて公正価値で測定される
       481
            金融資産)
       491     (償却後原価における金融資産)                                  411,503           45,623
           (子会社、合弁会社および関連会社への投資の減損または
       510
           (-)減損の戻入)
       520    (非金融資産に係る減損または(-)減損の戻入)                                      0           0
       530     (有形固定資産)
       540     (投資不動産)
       550     (営業権)
       560     (その他の無形資産)
       570     (その他)
       580    損益認識されるマイナスの営業権
           持分法を用いて計上される子会社、合弁会社および関連会社へ
       590
           の投資の利益または(-)損失の持分
           非流動資産および非継続事業の条件を満たさない売却目的保有
       600
           に分類される除却グループからの利益または(-)損失
       610    継続事業からの税引前利益または(-)損失                                 23,747,401           2,632,874
       620    (継続事業からの損益に関する税金費用または(-)収入)                                  6,042,522            669,934
       630    継続事業からの税引後利益または(-)損失                                 17,704,879           1,962,940
       640    非継続事業からの税引後利益または(-)損失                                      0           0
       650     非継続事業からの税引前利益または(-)損失                                     0           0
       660     (非継続事業に関する税金費用または(-)収入)                                     0           0
       670    当期利益または(-)損失                                 17,704,879           1,962,940
       680     少数株主持分〔非支配持分〕に帰属する金額
       690     親会社株主に帰属する金額                                17,704,879           1,962,940
                                126/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     4【利害関係人との取引制限】

     管理会社は、利害関係人との取引に関して特別の制限に服していない。
     5【その他】

     (1)定款の変更等
     管理会社の定款の変更または管理会社の自発的解散もしくは清算に関しては、株主総会の決議が
     必要である。
     (2)事業譲渡または事業譲受
     管理会社は、ルクセンブルグの一般原則に基づき、金融機関として認可されている他のルクセン
     ブルグの会社にその業務を譲渡することができる。かかる場合、事業を譲渡した会社は、なお、法
     人として存続する。管理会社に対する認可付与の条件が充足されなくなった場合、管理会社が                                                        12
     か月間認可を利用せず、明示的に認可を放棄し、もしくは直前の6か月間にわたり業務を行わな
     かった場合、虚偽の申告もしくはその他の不正な方法により認可が取得された場合、または、管理
     会社がその債権者に対する債務を履行することができなくなった場合、CSSFは、                                                   1993   年4月
     5日法(改正済)に基づき、管理会社に対する認可を撤回することができる。
     (3)出資の状況
     該当事項はない。
     (4)訴訟事件その他の重要事項
     2019   年4月    26 日現在、訴訟事件その他管理会社に重要な影響を与えた事実、または与えると予想
     される事実はない。
     管理会社の会計年度は              12 月 31 日に終了する1年である。
     管理会社の存続期間は無期限である。ただし、株主総会の決議によっていつでも解散することが
     できる。
                                127/162











                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

      (1)エムユーエフジー・ファンド・サービシズ(ケイマン)リミテッド(                                               MUFG     Fund
        Services     ( Cayman     ) Ltd.  )(「受託会社」兼「管理事務代行会社」)
     (イ)資本金の額
     2018   年6月末日現在、          50,000    米ドル(約       5,543,500      円)
     (ロ)事業の内容
     受託会社は、ケイマン諸島の銀行および信託会社法(改正済)の規定に基づき事業を引き受ける
     ために設立され、有効に存続し、許可されている。また、ミューチュアル・ファンド法に基づき認
     可されたミューチュアル・ファンド管理者であり、CIMAにより規制されている。
      (2)ルクセンブルク三菱                 UFJ  インベスターサービス銀行                 S.A.  ( Mitsubishi      UFJ   Investor

        Services     & Banking     ( Luxembourg       ) S.A.  )(「保管会社」)
     (イ)資本金の額
     前記「第1 管理会社の概況 1 管理会社の概況(1)資本金の額(                                          2019   年2月末日現在)」に
     記載の通り。
     (ロ)事業の内容
     前記「第1 管理会社の概況 2 事業の内容および営業の概況」に記載の通り。
      (3)損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社(「投資運用会社」)

     (イ)資本金の額
     2018   年 12 月末日現在、        15 億 5,000   万円
     (ロ)事業の内容
     損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社は、                                   1986   年2月に設立され、東京に本拠を
     置く独立した投資運用会社である。同社は、普通株式を東京証券取引所に上場した日本の会社で
     あるSOMPOホールディングス株式会社の完全子会社である。投資運用会社は、金融商品取引
     業者として登録されており、金融商品取引法に基づき投資運用業および投資顧問業を行う資格を
     有している。        2018   年9月末日現在、投資運用会社の受託資産額は、投資顧問(助言含む)3兆
     1,351   億円、投資信託         7,474   億円である。
      (4)ヌビーンアセットマネジメント エルエルシー(                                  Nuveen     Asset    Management        LLC   )

        (「副投資運用会社」)
     (イ)資本金の額
     2018   年6月末日現在、          11 億 1,000   万米ドル(約        1,230   億 6,570   万円)
     (ロ)事業の内容
     ヌビーンアセットマネジメントエルエルシーは、                              2018   年 12 月 31 日現在、     1,776   億米ドルを運用す
     る、イリノイ州シカゴに本拠を置く運用会社であり、ファンダメンタル・エクイティ、課税および
     免税フィクスト・インカム、実物資産ならびに資産配分を含め、他とは異なった投資能力を提供
     している。
                                128/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (5)三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社(「日本における販売会社」兼
        「代行協会員」)
     (イ)資本金の額
     2018   年6月末日現在、          80 億円
     (ロ)事業の内容
     金融商品取引法に基づき登録を行った第一種金融商品取引業者であり、有価証券の募集、引受、売
     買、媒介およびその他金融商品取引業に関連する業務を行っている。
     2【関係業務の概要】

      (1)エムユーエフジー・ファンド・サービシズ(ケイマン)リミテッド(                                               MUFG     Fund
        Services     ( Cayman     ) Ltd.  )(「受託会社」兼「管理事務代行会社」)
     信託証書に基づき、ファンドの受託業務および管理事務代行業務を行う。
      (2)ルクセンブルク三菱                 UFJ  インベスターサービス銀行                 S.A.  ( Mitsubishi      UFJ   Investor

        Services     & Banking     ( Luxembourg       ) S.A.  )(「保管会社」)
     保管契約に基づき、ファンド資産の保管業務を行う。
      (3)損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社(「投資運用会社」)

     投資運用契約に基づきファンドの資産の運用に関する業務を行う。
      (4)ヌビーンアセットマネジメント エルエルシー(                                  Nuveen     Asset    Management        LLC   )

        (「副投資運用会社」)
     副投資運用契約に基づきファンドの資産の運用に関する業務を行う。
      (5)三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社(「日本における販売会社」兼

        「代行協会員」)
     代行協会員としての業務ならびにファンド証券の日本における販売および買戻しの取扱業務を
     行う。
     3【資本関係】

     ルクセンブルク三菱            UFJ  インベスターサービス銀行                 S.A.  、エムユーエフジー・ファンド・サービ
     シズ(ケイマン)リミテッドおよび三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社の最終
     的な親会社は、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループである。
                                129/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第3【投資信託制度の概要】
     1.ケイマン諸島における投資信託制度の概要

     1.1   ミューチュアル・ファンド法が制定された                           1993   年までは、ケイマン諸島には投資信託を規制

     する単独法は存在しなかった。それ以前は、投資信託は特別な規制には服していなかったが、ケイ
     マン諸島内においてまたはケイマン諸島から運営している投資信託の受託者は銀行および信託
     会社法(      2018   年改訂)(以下「銀行および信託会社法」という。)の下で規制されており、ケイ
     マン諸島内においてまたはケイマン諸島から運営している投資運用会社、投資顧問会社およびそ
     の他の業務提供者は、銀行および信託会社法、会社管理法(                                    2018   年改訂)または地域会社(管
     理)法(      2015   年改訂)の下で規制されていた。
     1.2   ケイマン諸島は連合王国の海外領であり、当時は為替管理上は「ポンド圏」に属していたた
     め、多くのユニット・トラストおよびオープン・エンド型の投資信託が                                           1960   年代の終わり頃から
     設立され、概して連合王国に籍を有する投資運用会社または投資顧問会社をスポンサー(以下
     「設立計画推進者」という。)として設立されていた。その後、米国、ヨーロッパ、極東およびラテ
     ンアメリカの投資顧問会社が設立計画推進者となって、かなりの数のユニット・トラスト、会社
     ファンド、およびリミテッド・パートナーシップを設定した。
     1.3  2018   年 12 月現在、活動中の規制を受けている投資信託の数は                               10,992    ( 2,946   のマスター・ファ
     ンドを含む。)であった。またそれに加え、適用可能な免除規定に従った相当数の未登録投資信託
     が存在している。
     1.4   ケイマン諸島は、カリブ金融活動作業部会(マネー・ロンダリング)およびオフショア・バ
     ンキング監督者グループ(銀行規制)のメンバーである。
     2.投資信託規制

     2.1  1993   年に最初に制定されたミューチュアル・ファンド法(                                 2015   年改訂)(以下「ミュー

     チュアル・ファンド法」という。)は、オープンエンド型の投資信託に対する規則および投資信
     託管理者に対する規則を制定している。クローズドエンド型ファンドは、ミューチュアル・ファ
     ンド法のもとにおける規制の対象ではない。銀行、信託会社、保険会社および会社の管理者をも監
     督しており金融庁法(              2018   年改訂)(以下「金融庁法」という。)により設置された法定政府機
     関であるケイマン諸島金融庁(以下「                       CIMA    」という。)が、ミューチュアル・ファンド法のもと
     での規制の責任を課せられている。ミューチュアル・ファンド法は、同法の規定に関する違反行
     為に対して厳しい刑事罰を課している。
     2.2   投資信託とは、ケイマン諸島において設立された会社、ユニット・トラストもしくはパート
     ナーシップ、またはケイマン諸島外で設立されたものでケイマン諸島から運用が行われており、
     投資者の選択により買い戻しができる受益権を発行し、投資者の資金をプールして投資リスクを
     分散し、かつ投資を通じて投資者が収益もしくは売買益を享受できるようにする目的もしくは効
     果を有するものと定義されている。
     2.3   ミューチュアル・ファンド法第4(4)条のもとで規制を免除されている投資信託は、その
     受益権に関する投資者が               15 名以内であり、その過半数によって投資信託の取締役、受託会社もし
     くはジェネラル・パートナーを選任または解任することができる投資信託およびケイマン諸島
     外で設立され、ケイマン諸島において公衆に対して勧誘を行う一定の投資信託である。
     3.規制を受ける投資信託の三つの型

                                130/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     3.1   免許投資信託

     この場合、投資信託によって                 CIMA    に対して、投資信託および投資信託に対する業務提供者の詳細
     を記述した法定の様式(               MF3   )による目論見書がその概要とともに提出され、登録時および毎年
     4,268   米ドルの手数料が納入されなければならない。設立計画推進者が健全な評判を有し、投資信
     託を管理するのに十分な専門性を有した健全な評判の者が存在しており、かつファンドの業務お
     よび受益権を募ることが適切な方法で行われると考えられるものと                                         CIMA    が判断した場合には、
     免許が与えられる。それぞれの場合に応じて、投資信託の取締役、受託会社およびジェネラル・
     パートナーに関する詳細な情報が要求される。この投資信託は、著名な評判を有する機関が設立
     計画推進者であって、投資信託管理者としてケイマン諸島の免許を受けた者が選任されない投資
     信託に適している(第              3.2  項参照)。
     3.2   管理投資信託
     この場合、投資信託は、そのケイマン諸島における主たる事務所として免許投資信託管理者の事
     務所を指定する。同管理者および投資信託により作成された目論見書が、投資信託および投資信
     託に対する業務提供者の詳細を要約した法定様式(                                MF2   および    MF2A    )とともに       CIMA    に対して
     提出されなければならない。投資信託管理者は、設立計画推進者が健全な評判の者であること、投
     資信託の管理が投資信託管理の十分な専門性を有する健全な評判の者により管理されること、投
     資信託業務および受益権を募る方法が適切に行われること、および投資信託がケイマン諸島にお
     いて設立または設定されていない場合には、                           CIMA    により承認された国または領土において設立
     または設定されていることを満たしていることが要求される。当初手数料および年間手数料は
     4,268   米ドルである。投資信託管理者は主たる事務所を提供している投資信託(もしくはいずれ
     かの設立計画推進者、その取締役、受託会社、もしくはジェネラル・パートナー)がミューチュア
     ル・ファンド法に違反しており、支払不能となっており、またはその他債権者もしくは投資者に
     対して害を与える方法で行動しているものと信じる理由があるときは、                                           CIMA    に対して報告しな
     ければならない。
     3.3   登録投資信託(第4(3)条投資信託)
      (a)規制投資信託の第三の類型はさらに三つの類型に分けられる。
          (i)一投資者当たりの最低投資額が100,000米ドルであるもの
          (ⅱ)受益権が公認の証券取引所に上場されているもの
          (ⅲ)投資信託が(ミューチュアル・ファンド法で定義される)マスター・ファンドであり、下記のい
             ずれかに該当するもの
             (A)一投資者当たりの最低投資額が100,000米ドルであるもの、または
             (B)受益権が公認の証券取引所に上場されているもの
      (b)上記の(i)および(ⅱ)に分類される投資信託は、投資信託と業務提供者の一定の詳細内容をCIMAに

          対して届け出なければならず、かつ4,268米ドルの当初手数料および年間手数料を支払わなければならな
          い。上記の(ⅲ)に分類される投資信託で、販売用書類が存在しない場合、投資信託は、マスター・
          ファンドの一定の詳細内容をCIMAに対して届け出なければならず(MF4様式)、かつ3,049米ドルの当初
          手数料および年間手数料を支払わなければならない。
     4.投資信託の継続的要件

     4.1   いずれの規制投資信託も、受益権についてすべての重要な事項を記述し、投資希望者が投資

     するか否かの判断を十分情報を得た上でなし得るようにするために必要なその他の情報を記載
                                131/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     した目論見書を発行しなければならない。さらに、偽りの記述に対する既存の法的義務およびす
     べての重要事項の適切な開示に関する一般的なコモンロー上の義務が適用される。継続的に募集
     し ている場合には、重要な変更、例えば、取締役、受託会社、ジェネラル・パートナー、投資信託管
     理者、監査人等の変更の場合には改訂目論見書を提出する義務を負っている。
     4.2   すべての規制投資信託は、                CIMA    が承認した監査人を選任しなければならず、決算終了から6
     か月以内に監査済み会計書類を提出しなければならない。監査人は、監査の過程で投資信託が以
     下のいずれかに該当するという情報を入手したときまたは該当すると疑う理由があるときは
     CIMA    に対し報告する法的義務を負っている。
      (a)投資信託がその義務を履行期が到来したときに履行できない、またはそのおそれがある場合
      (b)投資信託の投資者または債権者を害するような方法で、自ら事業を行いもしくは行っている事業を解散
          し、またはそうしようと意図している場合
      (c)会計が適切に監査できるような十分な会計記録を作成せずに事業を行いまたはそのように意図している
          場合
      (d)欺罔的または犯罪的な方法で事業を行いまたはそのように意図している場合
      (e)ミューチュアル・ファンド法、ミューチュアル・ファンド法に基づく規則、金融庁法、マネー・ロンダ
          リング防止規則(2018年改訂)(以下「マネー・ロンダリング防止規則」という。)または免許の条件
          を遵守せずに事業を行いまたはそのように意図している場合
     4.3   すべての規制投資信託は、登記上の事務所もしくは主たる事務所または受託会社の変更が
     あったときはこれを            CIMA    に通知しなければならない。
     4.4   当初   2006   年 12 月 27 日に効力を生じた投資信託(年次申告書)規則(                              2018   年改訂)に従って、
     すべての規制投資信託は、投資信託の各会計年度について、会計年度終了後6か月以内に、規則に
     記載された項目を含んだ正確で完全な申告書を作成し、                                  CIMA    に提出しなければならない。                 CIMA
     は当該期間の延長を許可することができる。申告書は、投資信託に関する一般的情報、営業情報お
     よび会計情報を含み、             CIMA    により承認された監査人を通じて                     CIMA    に提出されなければならな
     い。規制投資信託の運営者は、投資信託にこの規則を遵守させることに責任を負う。監査人は、規
     制投資信託の運営者から受領した各申告書を                            CIMA    に適切な時期に提出することにのみ責任を負
     い、提出された申告書の正確性または完全性については法的義務を負わない。
     5.投資信託管理者

     5.1   免許には、「投資信託管理者」の免許および「制限的投資信託管理者」の免許の二つの類型

     がある。ケイマン諸島においてまたはケイマン諸島から投資信託の管理を行う場合は、そのいず
     れかの免許が要求される。管理とは、投資信託の資産のすべてまたは実質上資産のすべてを支配
     し投資信託の管理をし、または投資信託に対して主たる事務所を提供し、もしくは受託会社また
     は投資信託の取締役を提供することを含むものとし、管理と定義される。
     5.2   いずれの類型の免許を受ける者も、規制投資信託を管理するのに十分な専門性を有し、かつ、
     投資信託管理者としての業務は、それぞれの地位において取締役、管理者または役員として適格
     かつ適正な者により行われる、という法定のテスト基準を満たさなければならない。免許を受け
     る者は、上記の事柄を示しかつそのオーナーのすべてと財務構造およびその取締役と役員を明ら
     かにして詳細な申請書を               CIMA    に対し提出しなければならない。かかる者は少なくとも2名の取
     締役を有しなければならない。投資信託管理者の純資産は、最低約                                        48 万米ドルなければならない。
     制限的投資信託管理者には、最低純資産額の要件は課されない。投資信託管理者は、ケイマン諸島
     に2名の個人を擁する本店をみずから有しているか、ケイマン諸島の居住者であるかケイマン諸
                                132/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     島で設立された法人を代行会社として有さねばならず、制限なく複数の投資信託のために行為す
     ることができる。
     5.3   投資信託管理者の責任は、まず受諾できる投資信託にのみ主たる事務所を提供し、第                                                    3.2  項に
     定めた状況において            CIMA    に対して知らせる法的義務を遵守することである。
     5.4   制限的投資信託管理者は、                CIMA    が承認する数の免許投資信託に関し管理者として行為する
     ことができるが、ケイマン諸島に登記上の事務所を有していることが必要である。この類型は、ケ
     イマンに投資信託の運用会社を創設した投資信託設立推進者が投資信託に関連した一連の投資
     信託を管理することを認める。                   CIMA    の承認を条件として関連性のないファンドを運用すること
     ができる。現在の方針では、制限的投資信託管理者は、投資信託に対して主たる事務所を提供する
     ことが許されていない。しかし、制限的投資信託管理者が投資信託管理業務を提供する各規制投
     資信託は、ミューチュアル・ファンド法第4(3)条(第                                   3.3  項参照)に基づき規制されていな
     い場合またはミューチュアル・ファンド法第4(4)条(第                                     2.3  項参照)に基づく例外にあたる
     場合は、別個に免許を受けなければならない。
     5.5   投資信託管理者は、            CIMA    の承認を受けた監査人を選任しなければならず、決算期末から6か
     月以内に      CIMA    に対し監査済みの会計書類を提出しなければならない。監査人は、監査の過程で投
     資信託管理者が以下のいずれかに該当するという情報を入手したときまたは該当すると疑う理
     由があるときは          CIMA    に対し報告する法的義務を負っている。
      (a)投資信託管理者がその義務を履行期が到来したときに履行できない、またはそのおそれがある場合
      (b)投資信託管理者が管理している投資信託の投資者または投資信託管理者の債権者または投資信託の債権
          者を害するような方法で、事業を行いもしくは行っている事業を自発的に解散し、またはそうしようと
          意図している場合
      (c)会計が適切に監査できるような十分な会計記録を作成せずに事業を行いまたはそのように意図している
          場合
      (d)欺罔的または犯罪的な方法で事業を行いまたはそのように意図している場合
      (e)ミューチュアル・ファンド法、ミューチュアル・ファンド法に基づく規則、金融庁法、マネー・ロンダ
          リング防止規則または免許の条件を遵守せずに事業を行いまたはそのように意図している場合
     5.6  CIMA    は投資信託管理者に対して純資産を増加し、または保証や満足できる財務サポートを
     提供することを要求することもできる。
     5.7   投資信託管理者の株主、取締役、上級役員、またはジェネラル・パートナーの変更については
     CIMA    の承認が必要である。
     5.8   非制限的免許を有する投資信託管理者の支払う当初手数料は、                                       24,390    米ドルまたは        30,488    米
     ドルであり(管理する投資信託の数による。)、また、制限的投資信託管理者の支払う当初手数料
     は 8,536   米ドルである。一方、非制限的免許を有する投資信託管理者の支払う年間手数料は、                                                  36,585
     米ドルまたは        42,682    米ドルであり(管理する投資信託の数による。)、また、制限的投資信託管理
     者の支払う年間手数料は               8,536   米ドルである。
     6.ケイマン諸島における投資信託の構造の概要

     ケイマン諸島の投資信託について一般的に用いられている法的類型は以下のとおりである。

     6.1   免除会社

      (a)最も一般的な投資信託の手段は、会社法(2018年改訂)(以下「会社法」という。)に従って通常額面
          株式を発行する(無額面株式の発行も認められる)伝統的有限責任会社である。時には、保証による有
          限責任会社も用いられる。免除会社は、投資信託にしばしば用いられており、以下の特性を有する。
                                133/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (b)設立手続には、会社の基本憲章の制定(会社の目的、登記上の事務所、授権資本、株式買戻規定、およ
          び内部統制条項を記載した基本定款および定款)、基本定款の記名者による署名を行い、これをその記
          名 者の簡略な法的宣誓文書とともに、授権資本に応じて異なる手数料とともに会社登記官に提出するこ
          とを含む。
      (c)存続期限のある/存続期間限定会社 - 存続期間が限定される会社型のファンドで外国の税法上(例
          えば米国)非課税の扱いを受けるかパートナーシップとして扱われるものを設立することは可能であ
          る。
      (d)投資信託がいったん登録された場合、会社法の下での主な必要要件は、以下のとおり要約される。
          (i)各会社は、ケイマン諸島に登記上の事務所を有さなければならない。
          (ⅱ)取締役、代理取締役および役員の名簿は、登記上の事務所に維持されなければならず、その写し
             を会社登記官に提出しなければならない。
          (ⅲ)会社の財産についての担保その他の負担の記録は、登記上の事務所に維持されなければならな
             い。
          (ⅳ)株主名簿は、登記上の事務所においてまたは希望すればその他の管轄地において維持することが
             できる。
          (v)会社の手続の議事録は、利便性のある場所において維持する。
          (ⅵ)会社は、会社の業務状況に関する真正かつ公正な所見を提供するもので、かつ会社の取引を説明
             するために必要な帳簿、記録を維持しなければならない。
      (e)会社は、株主により管理されていない限り、取締役会を持たなければならない。取締役は、コモン・
          ロー上の忠実義務に服すものとし、注意を払って、かつ会社の最善の利益のために行為しなければなら
          ない。
      (f)会社は、様々な通貨により株主資本を指定することができる。
      (g)額面株式または無額面株式の発行が認められる(ただし、会社は額面株式および無額面株式の両方を発
          行することはできない。)。
      (h)いずれのクラスについても償還株式の発行が認められる。
      (i)株式の買戻しも認められる。
      (j)収益または払込剰余金からの株式の償還または買戻しの支払に加えて、会社は資本金から株式の償還ま
          たは買戻しをすることができる。ただし、会社は、資本金からの支払後においても、通常の事業の過程
          で支払時期が到来する債務を支払うことができる(すなわち、支払能力を維持する)ことを条件とす
          る。
      (k)会社の払込剰余金勘定からも利益からも分配金を支払うことができる。会社の払込剰余金勘定から分配
          金を支払う場合は取締役はその支払後、ファンドが通常の事業の過程で支払時期の到来する債務を支払
          うことができる、すなわち会社が支払能力を有することを確認しなければならない。
      (l)免除会社は、今後30年間税金が賦課されない旨の約定を取得することができる。実際には、ケイマン諸
          島の財務長官が与える本約定の期間は20年間である。
      (m)会社は、名称、取締役および役員、株主資本および定款の変更ならびに自発的解散を行う場合は、所定
          の期間内に会社登記官に報告しなければならない。
      (n)免除会社は、毎年会社登記官に対して年次の法定の宣誓書を提出し、年間登録手数料を支払わなければ
          ならない。
     6.2   免除ユニット・トラスト
      (a)ユニット・トラストは、ユニット・トラストへの参加が会社の株式への参加よりもより受け入れられや
          すく魅力的な地域の投資者によってしばしば用いられてきた。
      (b)ユニット・トラストは、信託証書に基づき受益者の利益のために信託財産に対する信託を宣言する受託
          者またはこれを設立する管理者および受託者により形成される。
                                134/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (c)ユニット・トラストの受託者は、ケイマン諸島内に、銀行および信託会社法に基づき信託会社として免
          許を受け、かつミューチュアル・ファンド法に基づき投資信託管理者として免許を受けた法人受託者で
          ある場合がある。このように、受託者は、両法に基づいてCIMAによる規制・監督を受ける。
      (d)ケイマン諸島の信託法は、基本的には英国の信託法に従っており、この問題に関する英国の信託法の相
          当程度の部分を採用している。さらに、ケイマン諸島の信託法(2018年改訂)は、英国の1925年受託者
          法を実質的に基礎としている。投資者は、受託者に対して資金を払い込み、(受益者である)投資者の
          利益のために投資運用会社が運用する間、受託者は、一般的に保管者としてこれを保持する。各受益者
          は、信託資産の持分比率に応じて権利を有する。
      (e)受託者は、通常の忠実義務に服し、かつ受益者に対して説明の義務がある。その機能、義務および責任
          の詳細は、ユニット・トラストの信託証書に記載される。
      (f)大部分のユニット・トラストは、「免除信託」として登録申請される。その場合、信託証書およびケイ
          マン諸島の居住者またはケイマン諸島を本拠地とする者を(限られた一定の場合を除き)受益者としな
          い旨宣言した受託者の法定の宣誓書が登録料と共に信託登記官に提出される。
      (g)免除信託の受託者は、受託者、受益者、および信託財産が50年間課税に服さないとの約定を取得するこ
          とができる。
      (h)ケイマン諸島の信託は、150年まで存続することができ、一定の場合は無期限に存続できる。
      (i)免除信託は、信託登記官に対して、当初手数料および年次手数料を支払わなければならない。
     6.3   免除リミテッド・パートナーシップ
      (a)免除リミテッド・パートナーシップは、少人数の投資者のベンチャーキャピタルまたはプライベート・
          エクイティ・ファンドにおいて一般的に用いられる。
      (b)リミテッド・パートナーシップの概念は、基本的に米国において採用されている概念に類似している。
          それは法によって創設されたものであり、その法とは、英国の1907年リミテッド・パートナーシップ法
          に基礎を置き、今日では他の法域(特に米国)のリミテッド・パートナーシップ法の諸側面を組み込ん
          でいるケイマン諸島の免除リミテッド・パートナーシップ法(2018年改訂)(以下「免除リミテッド・
          パートナーシップ法」という。)である。
      (c)免除リミテッド・パートナーシップは、リミテッド・パートナーシップ契約を締結するジェネラル・
          パートナー(個人、企業またはパートナーシップである場合は、ケイマン諸島の居住者であるか、同島
          において登録されているかまたは同島で設立されたものでなければならない。)およびリミテッド・
          パートナーにより形成され、免除リミテッド・パートナーシップ法により登録されることによって形成
          される。登録はジェネラル・パートナーが、リミテッド・パートナーシップ登記官に対し法定の宣誓書
          を提出し、手数料を支払うことによって有効となる。
      (d)ジェネラル・パートナーは、リミテッド・パートナーを除外して免除リミテッド・パートナーシップの
          業務の運営を行い、リミテッド・パートナーは、例外的事態(例えば、リミテッド・パートナーが業務
          の運営に積極的に参加する場合)がない限り、有限責任たる地位を享受する。ジェネラル・パートナー
          の機能、義務および責任の詳細は、リミテッド・パートナーシップ契約に記載される。
      (e)ジェネラル・パートナーは、誠意をもって、かつパートナーシップ契約において別途明示的な規定によ
          り異なる定めをしない限り、パートナーシップの利益のために行為する法的義務を負っている。また、
          たとえばコモンローの下での、またはパートナーシップ法(2013年改訂)の下での、ジェネラル・パー
          トナーシップの法理が適用される。
      (f)免除リミテッド・パートナーシップは、以下の規定を順守しなければならない。
          (i)ケイマン諸島に登録事務所を維持する。
          (ⅱ)商号および所在地、リミテッド・パートナーに就任した日ならびにリミテッド・パートナーを退
             任した日の詳細を含むリミテッド・パートナーの登録簿を(ジェネラル・パートナーが決定する
             国または領域に)維持する。
          (ⅲ)リミテッド・パートナーの登録簿が維持される所在地に関する記録を登録事務所に維持する。
                                135/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          (ⅳ)リミテッド・パートナーの登録簿が登録事務所以外の場所で保管される場合は、税務情報庁法
             (2017年改訂)に従い税務情報庁による指示または通知に基づき、リミテッド・パートナーの登
             録 簿を電子的形態またはその他の媒体により登録事務所において入手可能にする。
          (v)リミテッド・パートナーの出資額および出資日ならびに当該出資額の引出額および引出日を
             (ジェネラル・パートナーが決定する国または領域に)維持する。
          (ⅵ)有効な通知が送達した場合、リミテッド・パートナーが許可したリミテッド・パートナーシップ
             の権利に関する担保権の詳細を示す担保権記録簿を登録事務所に維持する。
      (g)リミテッド・パートナーシップ契約に従い、リミテッド・パートナーシップの権利はパートナーシップ
          を解散せずに買い戻すことができる。
      (h)リミテッド・パートナーシップ契約に従い、各リミテッド・パートナーは、パートナーシップの業務と
          財務状況について完全な情報を求める権利を有する。
      (i)免除リミテッド・パートナーシップは、50年間の期間について将来の税金の賦課をしないとの約定を得
          ることができる。
      (j)免除リミテッド・パートナーシップは、登録内容の変更およびその解散についてリミテッド・パート
          ナーシップ登記官に対して通知しなければならない。
      (k)免除リミテッド・パートナーシップは、リミテッド・パートナーシップ登記官に対して、年次法定申告
          書を提出し、かつ年間手数料を支払わなければならない。
     7.ミューチュアル・ファンド法のもとにおける規制投資信託に対するケイマン諸島金融庁

       ( CIMA    )による規制と監督
     7.1  CIMA    は、いつでも、規制投資信託に対して会計が監査されるように指示し、かつ                                             CIMA    が特定

     する時までに        CIMA    にそれを提出するように指示できる。
     7.2   規制投資信託の運営者(すなわち、場合に応じて、取締役、受託会社またはジェネラル・パー
     トナー)は、第1項に従い投資信託に対してなされた指示が、所定の期間内に遵守されているこ
     とを確保し、本規定に違反する者は、罪に問われ、かつ1万ケイマン諸島ドルの罰金および所定の
     時期以後も規制投資信託が指示に従わない場合はその日より一日につき                                            500  ケイマン諸島ドルの
     罰金刑に処せられる。
     7.3   ある者がケイマン諸島においてまたはケイマン諸島からミューチュアル・ファンド法に違
     反して事業を行なっているか行なおうとしていると信じる合理的根拠が                                            CIMA    にある場合、
     CIMA    は、その者に対して、            CIMA    が法律による義務を実行するようにするために合理的に要求で
     きる情報または説明を              CIMA    に対して提供するように指示できる。
     7.4   何人でも、第        7.3  項に従い与えられた指示を遵守しない者は、罪に問われ、かつ                                     10 万ケイマン諸
     島ドルの罰金に処せられる。
     7.5   第  7.3  項に従って情報または説明を提供する者は、みずからそれが虚偽であるか誤解を招くも
     のであることを知りながら、または知るべきであるにもかかわらず、これを                                             CIMA    に提供してはな
     らない。この規程に違反した者は、罪に問われ、かつ                               10 万ケイマン諸島ドルの罰金に処せられる。
     7.6   投資信託がケイマン諸島においてまたはケイマン諸島からミューチュアル・ファンド法に
     違反して事業を営んでいるか行おうとしていると信じる合理的根拠が                                           CIMA    にある場合は、
     CIMA    は、(高等裁判所の管轄下にある)グランドコート(以下「グランドコート」という。)に
     投資信託の投資者の資産を確保するために適切と考える命令を求めて申請することができ、グラ
     ンドコートは係る命令を認める権限を有している。
     7.7  CIMA    は、規制投資信託が以下の事由のいずれか一つに該当する場合、第                                        7.9  項に定めたいずれ
     かの行為またはすべての行為を行うことができる。
                                136/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (a)規制投資信託がその義務を履行期が到来したときに履行できないか、そのおそれがある場合
      (b)規制投資信託がその投資者もしくは債権者に有害な方法で業務を行っているかもしくは行おうとしてい
          る場合、または自発的にその事業を解散する場合
      (c)免許投資信託の場合、免許投資信託がその投資信託免許の条件を遵守せずに業務を行っているか、行お
          うとしている場合
      (d)規制投資信託の指導および運営が適正かつ正当な方法で行われていない場合
      (e)規制投資信託の取締役、管理者または役員としての地位にある者が、各々の地位を占めるに適正かつ正
          当な者ではない場合
     7.8   第  7.7  項に言及した事由が発生したか、または発生しそうか否かについて                                         CIMA    を警戒させる
     ために、     CIMA    は、規制投資信託の以下の事項の不履行の理由について直ちに質問をなし、不履行
     の理由を確認するものとする。
      (a)CIMAが投資信託に対して発した指示に従ってその名称を変更すること
      (b)会計監査を受け、監査済会計書類をCIMAに提出すること
      (c)所定の年間許可料または年間登録料を支払うこと
      (d)CIMAに指示されたときに、会計監査を受けるか、または監査済会計書類をCIMAに対して提出すること
     7.9   第  7.7  項の目的のため、規制投資信託に関し                       CIMA    がとる行為は以下のとおりとする。
      (a)第4(1)(b)条(管理投資信託)または第4(3)条(第4(3)条投資信託)に基づき投資信託
          について有効な投資信託の許可または登録を取り消すこと
      (b)投資信託が保有するいずれかの投資信託ライセンスに対して条件を付し、または条件を追加し、それら
          の条件を改定し、撤廃すること
      (c)投資信託の推進者または運営者の入替えを求めること
      (d)事柄を適切に行うようにファンドに助言する者を選任すること
      (e)投資信託の事務を支配する者を選任すること
     7.10   CIMA    が第   7.9  項の行為を行った場合、              CIMA    は、投資信託の投資者および債権者の利益を保
     護するために必要と考える措置を行いおよびその後同項に定めたその他の行為をするように命
     じる命令を求めて、グランドコートに対して、申請することができる。
     7.11   CIMA    は、そうすることが必要または適切であると考え、そうすることが実際的である場合
     は、  CIMA    は投資信託に関しみずから行っている措置または行おうとしている措置を、投資信託の
     投資者に対して知らせるものとする。
     7.12   第  7.9  (d)項または第           7.9  (e)項により選任された者は、当該投資信託の費用負担におい
     て選任されるものとする。その選任により                         CIMA    に発生した費用は、投資信託が                   CIMA    に支払う。
     7.13   第  7.9  (e)項により選任された者は、投資信託の投資者および債権者の最善の利益のため
     に運営者を排除して投資信託の事務を行うに必要な一切の権限を有する。
     7.14   第  7.13  項で与えられた権限は、投資信託の事務を終了する権限をも含む。
     7.15   第  7.9  (d)項または第           7.9  (e)項により投資信託に関し選任された者は、以下の行為を行
     うものとする。
      (a)CIMAから求められたときは、CIMAの特定する投資信託に関する情報をCIMAに対して提供する。
      (b)選任後3か月以内またはCIMAが特定する期間内に、選任された者が投資信託に関し行っている事柄につ
          いての報告書を作成してCIMAに対して提出し、かつそれが適切な場合は投資信託に関する勧告をCIMAに
          対して行う。
      (c)第7.15(b)項の報告書を提出後選任が終了しない場合、その後CIMAが特定する情報、報告書、勧告を
          CIMAに対して提供する。
                                137/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     7.16   第  7.9  (d)項または第           7.9  (e)項により投資信託に関し選任された者が第                              7.15  項の義務を
     遵守しない場合、または              CIMA    の意見によれば当該投資信託に関するその義務を満足に実行して
     いない場合、        CIMA    は、選任を取り消して他の者をもってこれに替えることができる。
     7.17   投資信託に関する第             7.15  項の情報または報告を受領したときは、                        CIMA    は以下の措置を執る
     ことができる。
      (a)CIMAが特定した方法で投資信託に関する事柄を再編するように要求すること
      (b)投資信託が会社の場合、会社法の第94(4)条によりグランドコートに対して同会社が法律の規定に従
          い解散されるように申し立てること
      (c)投資信託がケイマン諸島の法律に準拠したユニット・トラストの場合、ファンドを解散させるため受託
          会社に対して指示する命令を求めてグランドコートに申し立てること
      (d)投資信託がケイマン諸島の法律に準拠したパートナーシップの場合、パートナーシップの解散命令を求
          めてグランドコートに申し立てること
      (e)また、CIMAは、第7.9(d)項または第7.9(e)項により選任される者の選任または再任に関して適切
          と考える行為をとることができる。
     7.18   CIMA    が第   7.17  項の措置をとった場合、投資信託の投資者および債権者の利益を守るために
     必要と考えるその他の措置および同項または第                             7.9  項に定めたその他の措置をとるように命じる
     命令を求めてグランドコートに申し立てることができる。
     7.19   規制投資信託がケイマン諸島の法律の下で組織されたパートナーシップの場合で                                                  CIMA    が
     第 7.9  (a)項に従い投資信託の免許を取り消した場合、パートナーシップは、解散されたものと
     みなす。
     7.20   グランドコートが第             7.17  (c)項に従ってなされた申立てに対して命令を発する場合、裁判
     所は受託会社に対して投資信託資産から裁判所が適切と認める補償の支払を認めることができ
     る。
     7.21   CIMA    のその他の権限に影響を与えることなく、                         CIMA    は、ファンドが投資信託として事業を
     行うこともしくは行おうとすることを終了しまたは清算もしくは解散に付されるものと了解し
     たときは、第4(1)(b)条(管理投資信託)または第4(3)条(第4(3)条投資信託)
     に基づき投資信託について有効な投資信託の許可または登録をいつでも取り消すことができる。
     8.投資信託管理に対する                 CIMA    の規制および監督

     8.1  CIMA    は、いつでも免許投資信託管理者に対して会計監査を行い、                                    CIMA    が特定する合理的期

     間内に    CIMA    に対し提出するように指示することができる。
     8.2   免許投資信託管理者は、第                8.1  項により受けた指示に従うものとし、この規定に違反する者は、
     罪に問われ、かつ1万ケイマン諸島ドルの罰金を課され、かつ所定の時期以後も免許投資信託管
     理者が指示に従わない場合はその日より一日につき                                500  ケイマン諸島ドルの罰金刑に処せられ
     る。
     8.3   ある者がミューチュアル・ファンド法に違反して投資信託管理業を行なっているか行おう
     としていると信じる合理的根拠が                     CIMA    にある場合は、         CIMA    は、その者に対して、            CIMA    がミュー
     チュアル・ファンド法による義務を実行するために合理的に要求できる情報または説明を                                                       CIMA
     に対して提供するように指示できる。
     8.4   何人でも、第        8.3  項に従い与えられた指示を遵守しない者は、罪に問われ、かつ                                     10 万ケイマン諸
     島ドルの罰金に処せられる。
     8.5   第  8.3  項の目的のために情報または説明を提供する者は、みずからそれが虚偽であるか誤解を
     招くものであることを知りながら、または知るべきであるのにかかわらず、これを                                                  CIMA    に提供し
                                138/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     てはならない。この規定に違反した者は、罪に問われ、かつ                                   10 万ケイマン諸島ドルの罰金に処せら
     れる。
     8.6  CIMA    が以下に該当すると判断する場合には、                        CIMA    は、当該者によって管理されている投資
     信託の投資者の資産を維持するために適切と見られる命令を求めてグランドコートに申立てを
     することができ、グランドコートはかかる命令を認める権限を有する。
      (a)ある者が投資信託管理者として行為し、またはその業務を行っており、かつ
      (b)同人がミューチュアル・ファンド法に違反してこれを行っている場合。
     8.7  CIMA    は、投資信託管理者が事業を行うこともしくは行おうとすることを終了しまたは清算
     もしくは解散に付されるものと了解したときは、いつでも投資信託管理者免許を取り消すことが
     できる。
     8.8  CIMA    は、免許投資信託管理者が以下のいずれかの事由に該当する場合は、第                                           8.10  項所定の措
     置をとることができる。
      (a)免許投資信託管理者がその義務を履行するべきときに履行できないか、そのおそれがある場合
      (b)免許投資信託管理者が管理している投資信託の投資者または投資信託管理者の債権者または投資信託の
          債権者を害するような方法で、みずから事業を行いもしくは行っている事業を解散し、またはそうしよ
          うと意図している場合
      (c)免許投資信託管理者が投資信託管理の業務をその投資信託管理免許の条件を遵守しないで行いまたはそ
          のように意図している場合
      (d)免許投資信託管理業務の指示および管理が、適正かつ正当な方法で実行されていない場合
      (e)免許投資信託管理業務について取締役、管理者または役員の地位にある者が、各々の地位に就くには適
          正かつ正当な者ではない場合
      (f)上場されている免許投資信託管理業務を支配しまたは所有する者が、当該支配または所有を行うには適
          正かつ正当な者ではない場合
     8.9  CIMA    は、第   8.8  項に言及した事由が発生したか、または発生しそうか否かについて注意を払う
     ために、規制投資信託の以下の事項についてその理由について直ちに質問をなし、かつ確認する
     ものとする。
      (a)免許投資信託管理者の以下の不履行
          (i)CIMAに対して規制投資信託の主要事務所の提供を開始したことを通知すること、規制投資信託に
             関し所定の年間手数料を支払うこと
          (ⅱ)CIMAの命令に従い、保証または財政上の援助をし、純資産額を増加すること
          (ⅲ)投資信託、またはファンドの設立計画推進者または運営者に関し、条件が満たされていること
          (ⅳ)規制投資信託の事柄に関し書面による通知をCIMAに対して行うこと
          (v)CIMAの命令に従い、名称を変更すること
          (ⅵ)会計監査を受け、CIMAに対して監査済会計書類を送ること
          (ⅶ)少なくとも2人の取締役をおくこと
          (ⅷ)CIMAから指示されたときに会計監査を受け、かつ監査済会計書類をCIMAに対し提出すること
      (b)CIMAの承認を得ることなく管理者が株式を発行すること
      (c)CIMAの書面による承認なく管理者の取締役、主要な上級役員、ジェネラル・パートナーを選任すること
      (d)CIMAの承認なく、管理者の株式が処分されまたは取り引きされること
     8.10   第  8.8  項の目的のために免許投資信託管理者について                             CIMA    がとりうる行為は以下の通りで
     ある。
      (a)投資信託管理者が保有する投資信託管理者免許を撤回すること
      (b)その投資信託管理者免許に関し条件および追加条件を付し、またかかる条件を変更しまたは取り消すこ
          と
      (c)管理者の取締役、類似の上級役員またはジェネラル・パートナーの交代を請求すること
                                139/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (d)管理者に対し、その投資信託管理の適正な遂行について助言を行う者を選任すること
      (e)投資信託管理に関し管理者の業務の監督を引き受ける者を選任すること
     8.11   CIMA    が第   8.10  項による措置を執った場合、                 CIMA    は、グランドコートに対して、                  CIMA    が当該
     管理者によって管理されているすべてのファンドの投資者とそのいずれのファンドの債権者の
     利益を保護するために必要とみなすその他の措置を執るよう命令を求めて申立てを行うことが
     できる。
     8.12   第  8.10  (d)項または第           8.10  (e)項により選任される者は、当該管理者の費用負担におい
     て選任されるものとする。その選任により                         CIMA    に発生した費用は、管理者が                 CIMA    に支払うべき
     金額となる。
     8.13   第  8.10  (e)項により選任された者は、管理者によって管理される投資信託の投資者および
     管理者の債権者およびかかるファンドの債権者の最善の利益のために(管財人、清算人を除く)
     他の者を排除して投資信託に関する管理者の事務を行うに必要な一切の権限を有する。
     8.14   第  8.13  項で与えられた権限は、投資信託の管理に関連する限り管理者の事務を終了させる権
     限をも含む。
     8.15   第  8.10  (d)項または第           8.10  (e)項により許可を受けた投資信託管理者に関し選任され
     た者は、以下の行為を行うものとする。
      (a)CIMAから求められたときは、CIMAの特定する投資信託の管理者の管理に関する情報をCIMAに対して提供
          する。
      (b)選任後3か月以内またはCIMAが特定する期間内に、選任された者が投資信託の管理者の管理について実
          行する事柄についての報告書を作成してCIMAに対して提出し、かつそれが適切な場合は管理に関する推
          奨をCIMAに対して行う。
      (c)第8.15(b)項の報告書を提出後選任が終了しない場合、その後CIMAが特定する情報、報告書、推奨を
          CIMAに対して提供する。
     8.16   第  8.10  (d)項または第           8.10  (e)項により選任された者が、
      (a)第8.15項の義務に従わない場合、または
      (b)満足できる形で投資信託管理に関する義務を実行していないとCIMAが判断する場合、CIMAは、選任を取
          り消しこれに替えて他の者を選任することができる。
     8.17   免許投資信託管理者に関する第                    8.15  項の情報または報告を受領したときは、                        CIMA    は以下の
     措置を執ることができる。
      (a)CIMAが特定した方法で投資信託管理者に関する事柄を再編するように要求すること
      (b)投資信託管理者が会社の場合、会社法の第94(4)条によりグランドコートに対して同会社が法律の規
          定に従い解散されるように申し立てること
      (c)CIMAは、第8.10(d)項または第8.10(e)項により選任される者の選任に関して適切と考える行為を
          とることができる。
     8.18   CIMA    が第   8.16  項の措置をとった場合、              CIMA    は、管理者が管理する投資信託の投資者、管理
     者の債権者およびかかるファンドの債権者の利益を守るために必要と考えるその他の措置をと
     るように命じる命令を求めてグランドコートに申し立てることができる。
     8.19   CIMA    のその他の権限に影響を与えることなく、                         CIMA    は、以下の場合、いつでも投資信託管
     理者の免許を取り消すことができる。
      (a)CIMAは、免許保有者が投資信託管理者としての事業を行うことまたは行おうとすることをやめてしまっ
          ているという要件を満たした場合
      (b)免許の保有者が、解散、または清算に付された場合
                                140/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     8.20   免許投資信託管理者がケイマン諸島の法律によって組織されたパートナーシップの場合
     で、  CIMA    が第   8.10  項に従い、その投資信託管理者の免許を取り消した場合、パートナーシップは
     解散されたものとみなされる。
     8.21   投資信託管理者が免許信託会社の場合、たとえば、投資信託の受託者である場合、銀行およ
     び信託会社法により            CIMA    によっても規制され監督される。かかる規制と監督の程度はミュー
     チュアル・ファンド法の下でのそれにおよそ近いものである。
     9.ミューチュアル・ファンド法のもとでの一般的法の執行

     9.1   下記の解散の申請が             CIMA    以外の者によりなされた場合、                   CIMA    は、申請者より申請の写しの

     送達を受け、申請の聴聞会に出廷することができる。
      (a)規制投資信託
      (b)免許投資信託管理者
      (c)規制投資信託であった人物、または
      (d)免許投資信託管理者であった人物
     9.2   解散のための申請に関する書類および第                         9.1  (a)項から第          9.1  (d)項に規定された人物ま
     たはそれぞれの債権者に送付が要求される書類は                              CIMA    にも送付される。
     9.3  CIMA    により当該目的のために任命された人物は、以下を行うことができる。
      (a)第9.1(a)項から第9.1(d)項に規定された人物の債権者会議に出席すること
      (b)仲裁または取り決めを審議するために設置された委員会に出席すること
      (c)当該会議におけるあらゆる決済事項に関して代理すること
     9.4   執行官が、       CIMA    またはインスペクターと同じレベル以上の警察官が、ミューチュアル・ファ
     ンド法の下での犯罪行為がある一定の場所で行われたか、行われつつあるかもしくは行われよう
     としていると疑う合理的な根拠があるとしてなした申請に納得できた場合、執行官は                                                    CIMA    また
     は警察官およびその者が支援を受けるため合理的に必要とするその他の者に以下のことを授権
     する令状を発行することができる。
      (a)必要な場合は強権を用いてそれらの場所に立ち入ること
      (b)それらの場所またはその場所にいる者を捜索すること
      (c)必要な場合は、記録が保存されているか、隠されている場所において、強制的に開扉して捜索をするこ
          と
      (d)ミューチュアル・ファンド法のもとでの犯罪行為が行われたか、行われつつあるか、または行われよう
          としていることを示すと思われる記録の占有を確保し安全に保持すること
      (e)ミューチュアル・ファンド法のもとでの犯罪行為が行われたか、行われつつあるか、または行われよう
          としていることを示すと思われる場所において記録の点検をし写しをとること。もし、それが実際的で
          ない場合は、かかる記録を持ち去ってCIMAに対して引き渡すこと
     9.5  CIMA    が記録を持ち去ったとき、または                    CIMA    に記録が引き渡されたとき                 CIMA    はこれを点検
     し、写しや抜粋を取得するために必要な期間これを保持することができるが、その後は、それが持
     ち去られた場所に返還すべきものとする。
     9.6   何人も     CIMA    がミューチュアル・ファンド法の下での権限を行使することを妨げてはならな
     い。この規定に違反する者は罪に問われ、かつ                            20 万ケイマン諸島ドルの罰金に処せられる。
     10 . CIMA    によるミューチュアル・ファンド法上またはその他の法律上の開示

                                141/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     10.1   ミューチュアル・ファンド法または金融庁法により、                                 CIMA    は、下記のいずれかに関係する
     情報を開示することができる。
      (a)ミューチュアル・ファンド法のもとでの免許を受けるためにCIMAに対してなされた申請
      (b)投資信託に関する事柄
      (c)投資信託管理者に関する事柄
     ただし、これらの情報は、               CIMA    がミューチュアル・ファンド法により職務を行い、その任務を実
     行する過程で取得したもので次のいずれかの場合に限られる。
      (a)CIMAがミューチュアル・ファンド法により付与された職務を行うことを援助する目的の場合
      (b)例えば2016年秘密情報公開法、犯罪収益に関する法律(2018年改訂)または薬物濫用法(2017年改訂)
          等にもとづき、ケイマン諸島内の裁判所によりこれを行うことが合法的に要求されまたは許可された場
          合
      (c)開示される情報が投資者の身元を開示することなく(当該開示が許される場合を除く)、要約または統
          計的なものである場合
      (d)ケイマン諸島外の金融監督当局に対し、CIMAにより免許に関し遂行される任務に対応する任務を当該当
          局が遂行するために必要な情報を開示する場合。ただし、CIMAは情報の受領が予定されている当局が更
          なる開示に関し十分な法的規制を受けていることについて満足していることを条件とする。
      (e)投資信託、投資信託管理者または投資信託の受託者の解散、清算または免許所有者の管財人の任命もし
          くは職務に関連する法的手続を目的とする場合
     11 .ケイマン諸島投資信託の受益権の募集/販売に関する一般的な民法上の債務

     11.1   過失による誤った事実表明

     販売書類における不実表示に対しては民事上の債務が発生しうる。販売書類の条件では、販売書
     類の内容を信頼して受益権を申込む者のために、販売書類の内容について責任のある者、例えば
     (場合に応じ)ファンド、取締役、運用者、ジェネラル・パートナー等に注意義務を課している。
     この義務の違反は、販売文書の中のかかる者によって明示的または黙示的に責任を負うことが受
     け入れられている者に対する不実表示による損失の請求を可能にするであろう。
     11.2   欺罔的な不実表明
     事実の欺罔的な不実表明(約束、予想、または意見の表明でなくとも)に関しては、不法行為の民
     事責任も生じうる。ここにいう「欺罔的」とは、表明が虚偽であることを知りながらまたは表明
     が真実であるか虚偽であるかについて注意を払わずに行ったことを意味すると一般的に解され
     る。
     11.3   契約法(      1996   年改訂)
      (a)契約法の第14(1)条では、当該表明が欺罔的に行われていれば責任が生じたであろう場合には、契約
          前の不実の表明による損害の回復ができるであろう。ただし、かかる表明をした者が、事実が真実であ
          るものと信じ、かつ契約の時まで信じていた合理的理由があったということを証明した場合はこの限り
          でない。一般的には、本条は、過失による不実の表明に関する損害に対しても法定の権利を与えるもの
          である。同法の第14(2)条は、不実の表明が行われた場合に、取消に代えて損害賠償を容認すること
          を裁判所に対して認めている。
      (b)一般的に、関連契約はファンド自身(または受託会社)とのものであるため、ファンド(または受託会
          社)は、次にその運用者、ジェネラル・パートナー、取締役、設立計画推進者または助言者に対し請求
          することが可能であるとしても、申込人の請求の対象となる者はファンドとなる。
     11.4   欺罔に対する訴訟提起
      (a)損害を受けた投資者は、欺罔行為について訴えを提起し(契約上でなく不法行為上の民事請求権)、以
          下を証明することにより、欺罔による損害賠償を得ることができる。
                                142/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          (i)重要な不実の表明が欺罔的になされたこと。
          (ⅱ)そのような不実の表明の結果、受益証券を申し込むように誘引されたこと。
      (b)「欺罔的」とは、表明が虚偽であることを知りながらまたは表明が真実であるか虚偽であるかについて
          注意を払わずに行ったことを意味すると一般的に解される。だます意図があったことまたは欺罔的な不
          実表明が投資者を受益権購入に誘引した唯一の原因であったことを証明する必要はない。
      (c)情報の欠落は、事実についての何らかの積極的な不実の表明があったとき、または欠落情報を入れな
          かったために表明事項が虚偽となるか誤解を招くものとなるような部分的もしくは断片的な事実の表明
          があったときは、不実の表明となりうる。
      (d)表明がなされたときは真実であっても、受益証券の申込の受諾が無条件となる前に表明が真実でなく
          なったときは、当該変更を明確に指摘せずに受益権の申込を許したことは欺罔にあたるであろうから、
          欺罔による請求権を発生せしめうる。
      (e)事実の表明とは違い、意見または期待の表明は、本項の責任を生じることはないであろうが、表現に
          よっては誤っていれば不実表示を構成する事実の表明となることもありうる。
     11.5   契約上の債務
      (a)販売書類もファンド(または受託会社)と持分の成約申込者との間の契約の基礎を形成する。もしそれ
          が不正確か誤解を招くものであれば、申込者は契約を解除しまたは損害賠償を求めて管理会社、設立計
          画推進者、ジェネラル・パートナーまたは取締役に対し訴えを提起することができる。
      (b)一般的事柄としては、当該契約はファンド(または受託会社)そのものと締結するので、ファンドは取
          締役、運用者、ジェネラル・パートナー、設立計画推進者、または助言者に求償することはあっても、
          申込者が請求する相手方当事者は、ファンド(または受託会社)である。
     11.6   隠された利益および利益相反
     ファンドの受託会社、ジェネラル・パートナー、取締役、役員、代行会社は、ファンドと第三者との
     間の取引から利益を得てはならない。ただし、ファンドによって特定的に授権されているときは
     この限りでない。そのように授権を受けずに得られた利益は、ファンドに帰属する。
     12 .ケイマン諸島投資信託の受益権の募集/販売に関する一般刑事法

     12.1   刑法(     2018   年改訂)第       257  条

     会社の役員(もしくはかかる者として行為しようとする者)が株主または債権者を会社の事項
     について欺罔する意図のもとに、「重要な事項」について誤解を招くか、虚偽であるか、欺罔的で
     あるような声明、計算書を書面にて発行しまたは発行に同調する場合、彼は罪に問われるととも
     に7年間の拘禁刑に処せられる。
     12.2   刑法(     2018   年改訂)第       247  条、第   248  条
      (a)欺罔により、不正にみずから金銭的利益を得、または他の者をして金銭的利益を得させる者は、罪に問
          われるとともに、5年間の拘禁刑に処せられる。
      (b)他の者に属する財産をその者から永久に奪う意図のもとに不正に取得する者は、罪に問われると共に10
          年の拘禁刑に処せられる。この目的上、彼が所有権、占有または支配を取得した場合は財産を取得した
          ものとみなし、「取得」には、第三者のための取得または第三者をして取得もしくは確保を可能にする
          ことを含む。
      (c)両条の目的上、「欺罔」とは、事実についてであれ法についてであれ、言葉であれ、行為であれ、欺罔
          を用いる者もしくはその他の者の現在の意図についての欺罔を含む。
     13 .清 算

     13.1   会 社

                                143/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     会社の清算(解散)は、会社法、                   2008   年会社清算規則および会社の定款に準拠する。清算は、自発
     的なもの(すなわち、株主の議決に従うもの)、または債権者、出資者(すなわち、株主)または
     会 社自体の申立に従い裁判所による強制的なものがある。自発的な解散は、後に裁判所の監督の
     下になされることになることもある。                       CIMA    も、投資信託または投資信託管理会社が解散されるべ
     きことを裁判所に申立てる権限を有する(参照:第                                7.17  (b)項および第           8.17  (b)項)。剰余
     資産は、もしあれば、定款の規定に従い、株主に分配される。
     13.2   ユニット・トラスト
     ユニット・トラストの清算は、信託証書の規定に準拠する。                                    CIMA    は、受託会社が投資信託を解散
     すべきであるという命令を裁判所に申請する権限をもっている。(参照:第                                              7.17  (c)項)剰余
     資産は、もしあれば、信託証書の規定に従って分配される。
     13.3   リミテッド・パートナーシップ
     免除リミテッド・パートナーシップの解散は、免除リミテッド・パートナーシップ法およびパー
     トナーシップ契約に準拠する。                   CIMA    は、パートナーシップを解散させるべしとの命令(参照:第
     7.17  (d)項)を求めて裁判所に申立をする権限を有している。剰余資産は、もしあれば、パート
     ナーシップ契約の規定に従って分配される。
     ジェネラル・パートナーまたはパートナーシップ契約に基づき清算人に任命された他の者は、
     パートナーシップを解散する責任を負っている。パートナーシップが一度解散されれば、ジェネ
     ラル・パートナーまたはパートナーシップ契約に基づき清算人に任命された他の者は、免除リミ
     テッド・パートナーシップの登記官に解散通知を提出しなければならない。
     13.4   税 金
     ケイマン諸島においては直接税、源泉課税または為替管理はない。ケイマン諸島は、ケイマン諸島
     の投資信託に対してまたはよって行われるあらゆる支払に適用されるいかなる国との間でも二
     重課税防止条約を締結していない。免除会社、受託会社、およびリミテッド・パートナーシップ
     は、将来の課税に対して誓約書を取得することができる(第                                    6.1  (l)項、第        6.2  (g)項および第
     6.3  (i)項参照)。
     14 .一般投資家向け投資信託(日本)規則(                          2018   年改正)

     14.1   一般投資家向け投資信託(日本)規則(                         2018   年改正)(以下「本規則」という。)は、日本

     で公衆に向けて販売される一般投資家向け投資信託に関する法的枠組みを定めたものである。本
     規則の解釈上、「一般投資家向け投資信託」とは、ミューチュアル・ファンド法第4(1)
     (a)条に基づく免許を受け、その証券が日本の公衆に対して既に販売され、または販売される
     ことが予定されている信託、会社またはパートナーシップである投資信託をいう。日本国内で既
     に証券を販売し、          2003   年 11 月 17 日現在存在している投資信託、または同日現在存在し、同日後にサ
     ブ・トラストを設定した投資信託は、本規則に基づく「一般投資家向け投資信託」の定義に含ま
     れない。上記のいずれかの適用除外に該当する一般投資家向け投資信託は、本規則の適用を受け
     ることを      CIMA    に書面で届け出ることによって、かかる選択(当該選択は撤回不能である)をす
     ることができる。
     14.2   CIMA    が一般投資家向け投資信託に交付する投資信託免許には                                  CIMA    が適当とみなす条件の
     適用がある。かかる条件のひとつとして一般投資家向け投資信託は本規則に従って事業を行わね
     ばならない。
     14.3   本規則は一般投資家向け投資信託の設立文書に特定の条項を入れることを義務づけてい
     る。具体的には証券に付随する権利および制限、資産と負債の評価に関する条件、各証券の純資産
     価額および証券の募集価格および償還価格または買戻価格の計算方法、証券の発行条件、証券の
                                144/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     譲渡または転換の条件、証券の買戻しおよびかかる買戻しの中止の条件、監査人の任命などが含
     まれる。
     14.4   一般投資家向け投資信託の証券の発行価格および償還価格または買戻価格は請求に応じて
     管理事務代行会社の事務所で無料で入手することができなければならない。
     14.5   一般投資家向け投資信託は会計年度が終了してから6か月以内、または目論見書に定める
     それ以前の日に、年次報告書を作成し、投資家に配付するか、またはこれらを指示しなければなら
     ない。年次報告書には本規則に従って作成された当該投資信託の監査済財務諸表を盛り込まなけ
     ればならない。
     14.6   また一般投資家向け投資信託の運営者は各会計年度末の6か月後から                                           20 日以内に、一般投
     資家向け投資信託の事業の詳細を記載した報告書を                                CIMA    に提出する義務を負う。さらに一般投
     資家向け投資信託の運営者は、運営者が知る限り、当該投資信託の投資方針、投資制限および設立
     文書を遵守していること、ならびに当該投資信託は投資家の利益を損なうような運営をしていな
     いことを確認した宣誓書を、年に一度、                       CIMA    に提出しなければならない。本規則の解釈上、「運営
     者」とは、ユニット・トラストの場合は信託の受託者、パートナーシップの場合はパートナー
     シップのジェネラル・パートナー、また会社の場合は会社の取締役をいう。
     14.7   管理事務代行会社
      (a)本規則第13.1条は一般投資家向け投資信託の管理事務代行会社が履行すべき様々な職務を定めている。
          かかる職務には下記の事項が含まれる。
          (i)一般投資家向け投資信託の設立文書、目論見書、申込契約およびその他の関係法に従って証券の
             発行、譲渡、転換および償還または買戻しが確実に実行されるようにすること
          (ⅱ)一般投資家向け投資信託の設立文書、目論見書、申込契約および投資家または潜在的投資家に公
             表されるものに従って確実に証券の純資産価額、発行価格、転換価格および償還価格または買戻
             価格が計算されるようにすること
          (ⅲ)管理事務代行会社が職務を履行するために必要なすべての事務所設備、機器および人員を確保す
             ること
          (ⅳ)本規則、会社法およびミューチュアル・ファンド法に従って、一般投資家向け投資信託の運営者
             が同意した形式で投資家向けの定期報告書が確実に作成されるようにすること
          (v)一般投資家向け投資信託の会計帳簿が適切に記帳されるように確保すること
          (ⅵ)管理事務代行会社が投資家名簿を保管している場合を除き、名義書換代理人の手続および投資家
             名簿の管理に関して名義書換代理人に与えた指示が実効的に監視されるように確保すること
          (ⅶ)別途名義書換代理人が任命されている場合を除き、一般投資家向け投資信託の設立文書で義務づ
             けられた投資家名簿が確実に管理されるようにすること
          (ⅷ)一般投資家向け投資信託の証券に関して適宜宣言されたすべての分配金またはその他の配分が当
             該投資信託から確実に投資家に支払われるようにすること
      (b)本規則は、一般投資家向け投資信託の資産の一部または全部が目論見書に定める投資目的および投資制
          限に従って投資されていないことに管理事務代行会社が気付いた場合、または一般投資家向け投資信託
          の運営者または投資顧問会社が設立文書または目論見書に定める規定に従って当該投資信託の業務また
          は投資活動を実施していない場合、できる限り速やかにCIMAに連絡し、当該投資信託の運営者に書面で
          報告することを管理事務代行会社に対して義務づけている。
      (c)管理事務代行会社は、一般投資家向け投資信託の募集または償還もしくは買戻しを中止する場合、およ
          び一般投資家向け投資信託を清算する意向である場合、実務上できる限り速やかにその旨をCIMAに通知
          しなければならない。
      (d)管理事務代行会社はケイマン諸島または承認された法域で設立され、または適法に事業を営んでいる者
          にその職務または任務を委託することができる。ただし、管理事務代行会社は委託した職務または任務
          の履行に関し引き続き責任を負わなければならない。管理事務代行会社は職務を委託する前にCIMAに届
                                145/162

                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          け出るとともに、委託後直ちに運営者、サービス提供者および投資家に通知するものとする。「承認さ
          れた法域」とは、犯罪収益に関する法律の下でケイマン諸島のマネー・ロンダリング防止対策グループ
          に より承認された法域をいう。
     14.8   保管会社
      (a)一般投資家向け投資信託はケイマン諸島、承認された法域またはCIMAが承認したその他の法域で規制を
          受けている保管会社を任命し、維持しなければならない。保管会社を変更する場合、一般投資家向け投
          資信託は変更の1か月前までにその旨を書面でCIMA、当該投資信託の投資家およびサービス提供者に通
          知しなければならない。
      (b)本規則は任命された保管会社の職務として、保管会社は投資対象に関する証券および権原に関する書類
          を保管し、当該投資信託の設立文書、目論見書、申込契約または関係法令と矛盾しない限り、契約によ
          り規定される一般投資家向け投資信託の投資に関する管理事務代行会社、投資顧問会社および運営者の
          指示を実行することを定めている。
      (c)保管会社は、管理事務代行会社または一般投資家向け投資信託に対して、証券の申込代金の受取りおよ
          び充当、当該投資信託の証券の発行、転換および買戻し、投資対象の売却に際して受取った純収益の送
          金、当該投資信託の資本および収益の充当ならびに当該投資信託の純資産価額の計算に関する写しおよ
          び情報を請求する権利を有する。
      (d)保管会社は副保管会社を任命することができ、保管会社は適切な副保管会社の選任に際して合理的な技
          量、注意および努力を払うものとする。保管会社はその業務を副保管会社に委託することを、1か月前
          までに書面でその他のサービス提供者に通知しなければならない。保管会社は保管サービスを提供する
          副保管会社の適格性を継続的に確認する責任を負う。保管会社は各副保管会社を適切なレベルで監督
          し、各副保管会社が引き続きその任務を充分に履行していることを確認するために定期的に調査しなけ
          ればならない。
     14.9   投資顧問会社
      (a)一般投資家向け投資信託はケイマン諸島、承認された法域またはCIMAが承認したその他の法域で設立さ
          れ、または適法に事業を営んでいる投資顧問会社を任命し、維持しなければならない。本規則の解釈
          上、「投資顧問会社」とは、一般投資家向け投資信託の投資活動に関する投資運用業務を提供する目的
          で、一般投資家向け投資信託により、または一般投資家向け投資信託のために任命された事業体をい
          う。かかる事業体により任命された副投資顧問会社はこれに含まれない。本規則の解釈上、「投資運用
          業務」には、ケイマン諸島の証券投資業法(2015年改正)の別表2第3項に規定される活動が含まれ
          る。
      (b)投資顧問会社を変更する場合には、変更の1か月前までにCIMA、投資家およびその他の業務提供者に当
          該変更について通知しなければならない。更に、投資顧問会社の取締役を変更する場合には、運用する
          各一般投資家向け投資信託の運営者(すなわち、場合に応じて、取締役、受託会社またはジェネラル・
          パートナー)の事前の承認を要する。運営者は、かかる変更について、変更の1か月前までに書面で
          CIMAに通知することが要求される。
      (c)本規則第21条は、ミューチュアル・ファンド法に基づいて投資信託免許を取得する条件のひとつとして
          投資顧問会社を任命する契約に一定の職務が記載されていることを要求している。かかる職務には下記
          の事項が含まれる。
          (i)一般投資家向け投資信託が受取った申込代金が当該投資信託の設立文書、目論見書および申込契
             約に従って確実に充当されるようにすること
          (ⅱ)一般投資家向け投資信託の資産の売却に際してその純収益が合理的な期限内に確実に保管会社に
             送金されるようにすること
          (ⅲ)一般投資家向け投資信託の収益が当該投資信託の設立文書、目論見書および申込契約に従って確
             実に充当されるようにすること
                                146/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          (ⅳ)一般投資家向け投資信託の資産が、当該投資信託の設立文書、目論見書および申込契約に記載さ
             れる当該投資信託の投資目的および投資制限に従って確実に投資されるようにすること
          (v)保管会社または副保管会社が一般投資家向け投資信託に関する契約上の義務を履行するために必
             要な情報および指示を合理的な時に提供すること
      (d)本規則は、現在、一般投資家向け投資信託の投資顧問会社がユニット・トラストに対して投資顧問業務
          を行っているか、または会社に対して行っているかを区別しており、それに応じて、異なる投資制限が
          適用されている。
      (e)投資信託がユニット・トラストである場合、本規則第21条(4)項は投資顧問会社がかかるユニット・
          トラストのために引受けてはならない業務を以下の通り定めている。
          (i)結果的に当該一般投資家向け投資信託のために空売りされるすべての有価証券の総額がかかる空
             売りの直後に当該一般投資家向け投資信託の純資産を超過することになる場合、かかる有価証券
             の空売りを行ってはならない。
          (ⅱ)結果的に当該投資信託のために行われる借入れの残高の総額がかかる借入れ直後に当該投資信託
             の純資産の10%を超えることになる場合、かかる借入れを行ってはならない。ただし、
             (A)特殊事情(一般投資家向け投資信託と別の投資信託、投資ファンドまたはそれ以外の種類
                 の集団投資スキームとの合併を含むがそれらに限られない。)において、12か月を超えな
                 い期間に限り、本(ⅱ)項において言及される借入制限を超えてもよいものとし、
             (B)1 当該一般投資家向け投資信託が、有価証券の発行手取金のすべてまたは実質的にすべ
                   てを不動産の権利を含む不動産に投資するとの方針を有し、
                 2 投資顧問会社が、当該一般投資家向け投資信託の資産の健全な運営または当該一般投
                   資家向け投資信託の受益者の利益保護のために、かかる制限を超える借入れが必要で
                   あると判断する場合、
                 本(ⅱ)項において言及される借入制限を超えてもよいものとする。
          (ⅲ)株式取得の結果、投資顧問会社が運用するすべての投資信託が保有する一会社(投資会社を除
             く。)の株式総数が、当該会社の発行済議決権付株式総数の50%を超えることになる場合、当該
             会社の議決権付株式を取得してはならない。
          (ⅳ)取引所に上場されていないか、または容易に換金できない投資対象を取得する結果として、取得
             直後に一般投資家向け投資信託が保有するかかる投資対象の総価値が当該投資信託の純資産価額
             の15%を超えることになる場合、当該投資対象を取得してはならないが、投資顧問会社は、当該
             投資対象の評価方法が当該一般投資家向け投資信託の目論見書において明確に開示されている場
             合、当該投資対象の取得を制限されないものとする。
          (v)当該一般投資家向け投資信託の受益者の利益を損なうか、または当該一般投資家向け投資信託の
             資産の適切な運用に違反する取引(投資信託の受益者ではなく投資顧問会社もしくは第三者の利
             益を図る取引を含むが、これらに限られない。)を行ってはならない。
          (ⅵ)本人として自社またはその取締役と取引を行ってはならない。
      (f)一般投資家向け投資信託が会社である場合、本規則第21条(5)項は、投資顧問会社が当該会社のため
          に引受けてはならない業務を以下の通り定めている。
          (i)株式取得の結果、当該一般投資家向け投資信託が保有する一会社(投資会社を除く。)の株式総
             数が、当該会社の発行済議決権付株式総数の50%を超えることになる場合、当該会社の議決権付
             株式を取得してはならない。
          (ⅱ)当該一般投資家向け投資信託が発行するいかなる証券も取得してはならない。
          (ⅲ)当該一般投資家向け投資信託の受益者の利益を損なうか、または当該一般投資家向け投資信託の
             資産の適切な運用に違反する取引(当該一般投資家向け投資信託の受益者ではなく投資顧問会社
             もしくは第三者の利益を図る取引を含むが、これらに限られない。)を行ってはならない。
                                147/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
      (g)上記にかかわらず、本規則第21条(6)項は、本規則第21条(4)項または第21条(5)項によって、
          投資顧問会社が、一般投資家向け投資信託のために、以下に該当する会社、ユニット・トラスト、パー
          トナーシップまたはその他の者のすべてのまたはいずれかの株式、証券、持分またはその他の投資対象
          を 取得することを妨げないことを明記している。
          (i)投資信託、投資ファンド、ファンド・オブ・ファンズまたはその他の種類の集団投資スキームで
             ある場合
          (ⅱ)マスター・ファンド、フィーダー・ファンド、その他の類似の組織もしくは会社または事業体の
             グループの一部を構成している場合
          (ⅲ)一般投資家向け投資信託の投資目的または投資戦略を、全般的にまたは部分的に、直接促進する
             特別目的事業体である場合
      (h)投資顧問会社は副投資顧問会社を任命することができ、副投資顧問会社を任命する場合は事前にその他
          の業務提供者、運営者およびCIMAに通知しなければならない。投資顧問会社は副投資顧問会社が履行す
          る業務に関して責任を負う。
     14.10    財務報告
      (a)本規則パートⅥは一般投資家向け投資信託の財務報告に充てられている。一般投資家向け投資信託は、
          各会計年度が終了してから6か月以内に、監査済財務諸表を織り込んだ財務報告書を作成し、ミュー
          チュアル・ファンド法に従って投資家およびCIMAに配付しなければならない。また中間財務諸表につい
          ては当該投資信託の設立文書および目論見書の中で投資家に説明した要領で作成し、配付すれば足り
          る。
      (b)投資家に配付するすべての関連財務情報および純資産価額を算定するために使用する財務情報は、目論
          見書に定める一般に認められた会計原則に従って準備されなければならない。
      (c)本規則第26条では一般投資家向け投資信託の監査済財務諸表に入れるべき最低限の情報を定めている。
     14.11    監 査
      (a)一般投資家向け投資信託は監査人を任命し、維持しなければならない。監査人を変更する場合は1か月
          前までに書面でCIMA、投資家およびサービス提供者に通知しなければならない。また監査人を変更する
          場合は事前にCIMAの承認を得なければならない。
      (b)一般投資家向け投資信託は最初に監査人の書面による承認を得ることなく、当該投資信託の監査報告書
          を公表または配付してはならない。
      (c)監査人はケイマン諸島以外の法域で一般に認められた監査基準を使用することができ、その際、監査報
          告書の中でかかる事実および法域の名称を開示しなければならない。
      (d)監査人は一般投資家向け投資信託の運営者およびその他のサービス提供者から独立していなければなら
          ない。
     14.12    目論見書
      (a)本規則パートⅧは、ミューチュアル・ファンド法第4(1)条および第4(6)条に従ってCIMAに届け
          出られる一般投資家向け投資信託の目論見書に関する最低限の開示要件を定めている。目論見書に重大
          な変更があった場合もCIMAに届け出なければならない。一般投資家向け投資信託の目論見書は当該投資
          信託の登記上の事務所またはケイマン諸島に所在するいずれかのサービス提供者の事務所において無料
          で入手することができなければならない。
      (b)ミューチュアル・ファンド法に定める要件に追加して、本規則第37条は一般投資家向け投資信託の目論
          見書に関する最低限の開示要件を定めており、以下の詳細が含まれていなければならない。
          (i)一般投資家向け投資信託の名称、また会社もしくはパートナーシップの場合はケイマン諸島の登
             記上の住所
          (ⅱ)一般投資家向け投資信託の設立日または設定日(存続期間に関する制限の有無を表示する)
          (ⅲ)設立文書および年次報告書または定期報告書の写しを閲覧し、入手できる場所の記述
          (ⅳ)一般投資家向け投資信託の会計年度の終了日
                                148/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
          (v)監査人の氏名および住所
          (ⅵ)下記の(ⅹⅹⅱ)、(ⅹⅹⅲ)および(ⅹⅹⅳ)に定める者とは別に、一般投資家向け投資信託
             の業務に重大な関係を有す取締役、役員、名義書換代理人、法律顧問およびその他の者の氏名お
             よび営業用住所
          (ⅶ)投資信託会社である一般投資家向け投資信託の授権株式および発行済株主資本の詳細(該当する
             場合は現存する当初株式、設立者株式または経営株式を含む)
          (ⅷ)証券に付与されている主な権利および制限の詳細(通貨、議決権、清算または解散の状況、券
             面、名簿への記録等に関する詳細を含む)
          (ⅸ)該当する場合、証券を上場し、または上場を予定する証券取引所または市場の記述
          (ⅹ)証券の発行および売却に関する手続および条件
          (ⅹⅰ)証券の償還または買戻しに関する手続および条件ならびに償還または買戻しを中止する状況
          (ⅹⅱ)一般投資家向け投資信託の証券に関する配当または分配金の宣言に関する意向の説明
          (ⅹⅲ)一般投資家向け投資信託の投資目的、投資方針および投資方針に関する制限の説明、一般投資
             家向け投資信託の重大なリスクの説明、および使用する投資手法、投資商品または借入の権限に
             関する記述
          (ⅹⅳ)一般投資家向け投資信託の資産の評価に適用される規則の説明
          (ⅹv)一般投資家向け投資信託の発行価格、償還価格または買戻価格の決定(取引の頻度を含む)に
             適用される規則および価格に関する情報を入手することのできる場所の説明
          (ⅹⅵ)一般投資家向け投資信託から運営者、管理事務代行会社、投資顧問会社、保管会社およびその
             他のサービス提供者が受取るまたは受取る可能性の高い報酬の支払方法、金額および報酬の計算
             に関する情報
          (ⅹⅶ)一般投資家向け投資信託とその運営者およびサービス提供者との間の潜在的利益相反に関する
             説明
          (ⅹⅷ)一般投資家向け投資信託がケイマン諸島以外の法域またはケイマン諸島以外の監督機関もしく
             は規制機関で登録し、もしくは免許を取得している場合(または登録し、もしくは免許を取得す
             る予定である場合)、その旨の記述
          (ⅹⅸ)投資家に配付する財務報告書の性格および頻度に関する詳細
          (ⅹⅹ)一般投資家向け投資信託の財務報告書を作成する際に採用した一般に認められた会計原則
          (ⅹⅹⅰ)以下の記述
             「ケイマン諸島金融庁が交付した投資信託免許は、一般投資家向け投資信託のパフォーマンスま
             たは信用力に関する金融庁の投資家に対する義務を構成しない。またかかる免許の交付にあた
             り、金融庁は一般投資家向け投資信託の損失もしくは不履行または目論見書に記載された意見も
             しくは記述の正確性に関して責任を負わないものとする。」
          (ⅹⅹⅱ)管理事務代行会社(管理事務代行会社の名称、管理事務代行会社の登記上の住所もしくは主
             たる営業所の住所または両方の住所を含む)
          (ⅹⅹⅲ)保管会社および副保管会社(下記事項を含む)
             (A)保管会社および副保管会社(該当する場合)の名称、保管会社および副保管会社の登記上
                 の住所もしくは主たる営業所の住所または両方の住所
             (B)保管会社および副保管会社の主たる事業活動
          (ⅹⅹⅳ)投資顧問会社(下記事項を含む)
             (A)投資顧問会社の取締役の氏名および経歴の詳細ならびに投資顧問会社の登記上の住所もし
                 くは主たる営業所の住所または両方の住所
             (B)投資顧問会社のサービスに関する契約の重要な規定
             (C)ファンドに対する投資家の持分に関するケイマン諸島の法令に定める重要な規定
                                149/162


                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     第4【その他】
     (1)目論見書の表紙から本文の前までの記載等について

       ① 使用開始日を記載することがある。
       ② 次の事項を記載することがある。
         ・「ご購入にあたっては本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
       ③ 管理会社の名称その他ロゴ・マーク等を記載することがある。
       ④ 図案を採用することがある。
     (2)投資リスクとして、次の事項を記載することがある。
         ・「ファンドの取引に関しては、金融商品取引法第                               37 条の6の規定(いわゆるクーリン
          グ・オフ)の適用はありません。」との趣旨を示す記載
         ・「ファンドは投資元本が保証されているものではなく、受益証券1口当たり純資産価
          格の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用によ
          る損益はすべて投資者に帰属します。」との趣旨を示す記載
         ・「投資信託は、預貯金と異なります。」との趣旨を示す記載
     (3)交付目論見書に最新の運用実績を記載することがある。
     (4)ファンド証券の券面は発行されない。
                                150/162













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                              定義

     本書において、以下の用語および表現は、以下に定められる意味を有する。

                       エムユーエフジー・ファンド・サービシズ(ケイマン)リミテッドまたは

     「管理事務代行会社」
                       ファンドに関して管理事務代行者として選定されたその他の者をいう。
                       (ⅰ)1986年米国内国歳入法第1471条から第1474条および関連する法律、
                          規定または指針ならびに類似の金融口座情報報告および/または源
                          泉徴収税制度の実施を図る、その他の法域で制定されたその他の類
                          似の法律、規定もしくは指針
                       (ⅱ)税務における金融口座情報の自動的交換に関するOECD基準-共
                          通報告基準(以下「CRS」という。)および関連指針
                       (ⅲ)上記(ⅰ)および(ⅱ)に記載される法律、規定、指針または基準を遵
     「AEOI」
                          守、促進、補足または実施するために締結された、ケイマン諸島
                          (またはケイマン諸島政府機関)とその他の法域(該当する法域の
                          政府機関を含む。)との間の政府間協定、条約、規定、指針、基準
                          その他契約、ならびに
                       (ⅳ)前項に概説される事項を実施するケイマン諸島の法律、規定または
                          指針
                       をいう。
                       ファンドの代行協会員業務に関する管理会社と代行協会員の間の契約をい
     「代行協会員契約」
                       う。
                       三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社、または管理会社が
     「代行協会員」
                       ファンドに関して随時任命するその他の代行協会員をいう。
                       プライスウォーターハウスクーパース、またはファンドの監査人に随時任
     「監査人」
                       命されるその他の者もしくは企業をいう。
                       ニューヨーク、東京、ルクセンブルグおよびダブリンの銀行が営業を行っ
     「ファンド営業日」                  ている日であり、かつニューヨーク証券取引所および東京証券取引が取引
                       を行っている日(または受託会社が随時決定するその他の日)をいう。
     「ファンドの基準通貨」                  米ドルをいう。
     「CIMA」                  ケイマン諸島金融庁をいう。
     「クラス」                  ファンドの受益証券のクラスをいう。
                       ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.、またはファンド
     「保管会社」
                       の資産の保管会社に随時任命されるその他の者をいう。
     「保管契約」                  ファンドの保管会社業務に関する受託会社と保管会社の間の契約をいう。
     「取引日」                  毎ファンド営業日(または受託会社が随時決定するその他の日)をいう。
                       2019年10月21日以降の毎年10月20日(当該日がファンド営業日でない場合
     「分配日」
                       には、翌ファンド営業日)または受託会社が決定するその他の日をいう。
                       通常は該当する分配日の5ファンド営業日後の日に当たるか、または当該
     「分配支払日」
                       日より前のファンド営業日である分配の支払日をいう。
                       通常は該当する分配日の直前のファンド営業日となる分配の基準日および
     「分配基準日」
                       受託会社が決定するその他の日をいう。
                       三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社またはファンドの販売
     「日本における販売会社」
                       会社として随時任命されるその他の者をいう。
                                151/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                       (i)米国の市民もしくは居住者、米国の州、領土、連邦もしくは所有地
                       において設立されもしくは存続するパートナーシップ、または米国の法律
                       に基づき設立されもしくは米国の州、領土、連邦もしくは所有地において
                       存続する法人、信託もしくはその他の団体(「米国人」)または米国人が
                       執行者もしくは管理者である財団、(ⅱ)ケイマン諸島に所在または居住
     「適格投資家」
                       する者または団体(ケイマン諸島の免除会社もしくは非居住会社を除
                       く。)、(ⅲ)欧州連合の市民もしくは居住者、(ⅳ)上記(ⅰ)から(ⅲ)に
                       記載される者、法人もしくは団体の保管会社、名義人もしくは受託会社、
                       のいずれにも該当しない者、法人または団体または、受託会社が随時決定
                       するその他の者をいう。
                       各暦年の9月30日に終了する12か月の期間をいう。ただし、最初の計算期
     「計算期間」
                       間は、ファンドの設立から2019年9月30日までの期間とする。
                       マルチ・ストラテジーズ・トラストという名称の、ケイマン諸島の法律に
     「トラスト」                  基づき設立されたオープン・エンド型のアンブレラ免除ユニット・トラス
                       トをいう。
                       人について、当該人が他人に対して負う注意義務違反の結果について無謀
     「重過失」
                       に考慮せず行動することによる、過失を超えた行為規範をいう。
     「当初クロージング日」                  2019年5月28日をいう。
                       米ドル(年1回)クラス:   受益証券1口当たり10.00米ドル
     「当初発行価格」                  日本円ヘッジ(年1回)クラス:受益証券1口当たり10,000円
                       をいう。
     「当初募集期間」                  2019年5月13日から2019年5月27日までの期間をいう。
                       投資運用会社がファンドの資産を投資する際に遵守する、英文目論見書補
     「投資制限」
                       遺に定める投資制限をいう。
     「投資運用会社」                  損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社をいう。
                       投資運用会社によるファンドの資産の運用に関する、受託会社と投資運用
     「投資運用契約」
                       会社との間の投資運用契約をいう。
     「設定日」                  2019年5月28日をいう。
     「管理会社」                  ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.をいう。
     「英文目論見書」                  随時、修正・補足される、トラストに関する目論見書をいう。
     「ミューチュアル・ファンド法」                  ケイマン諸島のミューチュアル・ファンド法(2019年改訂)をいう。
                       英文目論見書および信託証書記載の方法に従い計算される、ファンドのす
     「純資産価額」
                       べての資産からすべての負債を控除した価額をいう。
                       ファンドまたはクラスの純資産価額を当該ファンドまたはクラスの発行済
     「受益証券1口当たり純資産価格」
                       受益証券口数で除したものをいう。
     「ポートフォリオ」                  投資運用会社が運用および投資する、ファンドの資産をいう。
                       英文目論見書補遺に従い決定される、ファンドの受益証券が買い戻される
     「買戻価格」
                       受益証券1口当たり純資産価格をいう。
     「英文目論見書補遺」                  トラストの英文目論見書を補足する、英文目論見書補遺をいう。
                       ファンドのサブ・ファンドである、ヌビーン・ダイナミックUSエクイ
     「ファンド」
                       ティ・ストラテジーをいう。
                                152/162





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
                       ファンドのあらゆるサブ・ファンドに関して、(a)関連するサブ・ファン
                       ドの発行済受益証券の純資産価額の4分の3の過半数の、決議に対して議
                       決権を有する保有者による書面で行われた決議、または、(b)当該サブ・
     「サブ・ファンド決議」                  ファンドの受益者集会において、当該受益者集会の受益者基準日時点の保
                       有者で当該集会に本人が出席もしくは代理人により出席し、議決権を有
                       し、かつ、投票する、当該サブ・ファンドの発行済受益証券の純資産価額
                       の4分の3の過半数の保有者により可決された決議をいう。
                       受託会社と管理会社の間で締結された2018年11月19日付信託証書(随時修
     「信託証書」
                       正され、補足される。)をいう。
                       エムユーエフジー・ファンド・サービシズ(ケイマン)リミテッドをい
     「受託会社」
                       う。
     「副投資運用会社」                  ヌビーンアセットマネジメント エルエルシーをいう。
                       英文目論見書補遺に従い決定される、ファンドの受益証券の申込みが行わ
     「申込価格」
                       れる価格をいう。
     「受益者」                  ファンドの受益証券の保有者をいう。
     「受益証券」                  ファンドの資産の受益権を表章するファンドの受益証券をいう。
     「評価日」                  毎ファンド営業日(または受託会社が随時決定するその他の日)をいう。
                                153/162














                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.
     取締役会各位
     ルクセンブルグ         L-1150、アーロン通り 287-289番
                       承認された監査人の報告書

     財務書類の監査に関する報告

     監査意見
      我々は、ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(以下「当行」という。)の2017
     年12月31日現在の貸借対照表、同日に終了した年度の損益計算書、および重要な会計方針の要約を
     含む財務書類に対する注記で構成される、財務書類について監査を行った。
      我々の意見では、添付の財務書類は、財務書類の作成および表示に関するルクセンブルグの法令
     上の要件に準拠して、当行の2017年12月31日現在の財務状態および同日に終了した年度の運用実績
     についてすべての重要な点において公正に表示しているものと認める。
     意見の根拠

      我々は、EU規則No.537/2014、2016年7月23日法および金融監督委員会(以下「CSSF」という。)
     がルクセンブルグについて採用した国際監査基準(以下「ISAs」という。)に準拠して監査を行っ
     た。当該規則、法律および基準の下での我々の責任については、「財務書類の監査に関する公認企
     業監査人(Réviseur           d’Entreprises         Agréé)の責任」の項において詳述されている。我々は、財務
     書類に対する我々の監査に関する倫理上の要件とともにルクセンブルグについてCSSFが採用した国
     際会計士倫理基準審議会の職業会計士の倫理規程(「IESBA規程」)に従って当行から独立した立場
     にあり、かかる倫理上の要件に基づき他の倫理的な義務も果たしている。我々は、我々が入手した
     監査証拠が監査意見表明のための基礎を得るのに十分かつ適切であると判断している。
     監査上の主要な事項

      監査上の主要な事項とは、我々の専門的な判断に基づき、当期の財務書類の監査において最も重
     要であった事項である。当該事項は、財務書類の監査全体の過程およびそれに対する我々の監査意
     見の形成において取り上げられており、我々は、当該事項について個別の監査意見を提供するもの
     ではない。
                                154/162








                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
        当該事項が監査における最重要事項
                                    監査における当該事項の対応方法
           の1つと考えられる理由
      我々は、財務書類の重要な会計方針の要約-                            我々は、未収手数料の認識プロセスを理解
     注2.14「収益の認識」および注21「未収手数                           し、当該プロセスの重要な統制を精査した。未
     料」を参照する。                           収手数料の手作業による処理に関する不備が指
      2017年12月31日現在、未収手数料は                           摘されたため、我々は、コントロール・リライ
     106,256,230米ドルであった。未収手数料は主                           アンス・アプローチは使用せず、詳細テストお
     に、ファンド管理業務、信託業務および全体保                           よび分析的実証手続で構成される実証監査手続
     管業務から生じる。                           に基づいて保証を得た。
      投資対象、合意された条件および提供された                            我々は、受取手数料の種類ごとの合計額につ
     サービスに応じて、基礎となる様々な基準や金                           いて期待値を算出し、その期待値を当行が計上
     利が適用される。                           した金額と比較した。
      当行の未収手数料の認識処理には、手作業に                            異なる種類の手数料のサンプルについては、
     よる重要な介入が含まれる。                           ・我々は、未収手数料を独立して再計算するこ
      したがって、未収手数料の計算は、未収手数                            とで未収手数料を試算した。これには、基礎
     料の算出の決定に関連する複雑性および業務リ                            となる基準の外部証拠への調整も含まれる。
     スクと併せて、関連する金額が重大であるた                           ・我々は、その後の支払いの手数料の受領に合
     め、監査上の主要な事項とみなされる。                            意した。
     その他の情報

      取締役会は、経営者報告書に表示される情報で構成されるその他の情報(財務書類およびそれに
     対する我々の公認企業監査人の報告書は含まれない。)に関して責任を負う。
      財務書類に対する我々の意見は、その他の情報を対象としておらず、我々は、その他の情報に対
     していかなる形式の結論の保証も表明しない。
      財務書類の監査に関する我々の責任は、その他の情報を精読し、その過程で、当該その他の情報
     が、財務書類または我々が監査で入手した知識と著しく矛盾していないか、もしくは重要な虚偽表
     示があると思われるかについて検討することである。我々が実施した調査に基づき、当該情報に重
     要な虚偽表示があるという結論に達した場合、我々はその事実を報告する義務がある。この点に関
     し、我々に報告すべき事項はない。
     財務書類に対する取締役会と統治責任者の責任

      取締役会は、財務書類の作成および表示に関するルクセンブルグの法令上の要件に準拠して財務
     書類の作成および公正な表示、ならびに不正または誤謬のいずれに起因するかを問わず、重要な虚
     偽表示がない財務書類を作成するために必要であると取締役会が決定する内部統制に関して責任を
     負う。
      財務書類の作成において、取締役会は、当行が継続企業として存続する能力を評価し、それが適
     用される場合には、当行の取締役会が当行の清算もしくは運用の中止を意図している、または現実
     的にそれ以外の選択肢がない場合を除き、継続企業の前提に関する事象を適宜開示し、継続企業の
     会計基準を使用する責任を負う。
      統治責任者は、当行の財務報告プロセスの監督に責任を負う。
                                155/162





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     財務書類の監査に関する公認企業監査人(Réviseur                            d'Entreprises        Agréé)の責任
      我々の監査の目的は、不正または誤謬のいずれに起因するかを問わず、財務書類に全体として重
     要な虚偽表示がないかどうかにつき合理的な保証を得ること、および監査意見を含む公認企業監査
     人の報告書を発行することである。合理的な保証は高度な水準の保証ではあるが、EU規則
     No.537/2014、2016年7月23日法およびルクセンブルグについてCSSFが採用したISAsに準拠して行わ
     れる監査が、重要な虚偽表示を常に発見することを保証するものではない。虚偽表示は不正または
     誤謬により生じることがあり、単独でまたは全体として、当該財務書類に基づく利用者の経済的意
     思決定に影響を及ぼすことが合理的に予想される場合に、重要とみなされる。
      EU規則No.537/2014、2016年7月23日法およびルクセンブルグについてCSSFが採用したISAsに準拠
     した監査の一環として、監査中、我々は専門的判断を下し、職業的懐疑心を保っている。また、以
     下も実行する。
      ・ 不正または誤謬のいずれに起因するかを問わず、財務書類の重要な虚偽表示のリスクを認識
        および評価し、それらのリスクに対応する監査手続を策定および実行し、我々の意見表明の
        ための基礎として十分かつ適切な監査証拠を得る。不正による重要な虚偽表示は共謀、偽
        造、意図的な削除、不正表示または内部統制の無効化によることがあるため、誤謬による重
        要な虚偽表示に比べて、見逃すリスクはより高い。
      ・ 当行の内部統制の有効性についての意見を表明するためではなく、状況に適した監査手続を
        策定するために、監査に関する内部統制についての知識を得る。
      ・ 使用される会計方針の適切性ならびに取締役会が行った会計上の見積りおよび関連する開示
        の合理性を評価する。
      ・ 取締役会が継続企業の前提の会計基準を採用した適切性および、入手した監査証拠に基づ
        き、当行が継続企業として存続する能力に重大な疑義を生じさせる可能性のある事象または
        状況に関連する重要な不確実性の有無について結論を下す。重要な不確実性が存在するとい
        う結論に達した場合、我々は、公認企業監査人の報告書において、財務書類における関連す
        る開示に対して注意喚起し、当該開示が不十分であった場合は、監査意見を修正する義務が
        ある。我々の結論は、公認企業監査人の報告書の日付までに入手した監査証拠に基づく。し
        かし、将来の事象または状況が、当行が継続企業として存続しなくなる原因となることがあ
        る。
      ・ 開示を含む財務書類の全体的な表示、構成および内容について、また、財務書類が、公正な
        表示を実現する方法で対象となる取引および事象を表しているかについて評価する。
      我々は統治責任者に、特に、計画した監査の範囲および実施時期、ならびに我々が監査中に特定
     した内部統制における重大な不備を含む重大な監査所見に関して報告する。
      我々はまた、統治責任者に独立性に関する当該倫理要件を遵守していることの表明を提供し、
     我々の独立性に影響を及ぼすと合理的に思われるすべての関係およびその他の事項、また該当する
     場合、関連する予防対策を報告する。
      統治責任者に報告した事項から、我々は、当期の財務書類の監査において最も重要であった事
     項、従って監査上の主要な事項を決定する。法律または規則が当該事項についての公的開示を認め
     ない場合を除き、我々は、当該事項を我々の報告書において記載する。
                                156/162





                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     他の法令上の要件に関する報告
      我々は、2017年3月14日付の取締役会によって公認企業監査人に任命され、前回の更新および再
     任命を含む我々の連続する契約期間は44年である。
      経営者報告書は、財務書類と一致しており、法律要件に従って作成されている。
      我々は、監査業務に関するEU規則No.537/2014において言及される禁じられている監査対象外の業
     務は提供されておらず、また我々は、監査の実施中、当行から独立した立場を維持していることを
     確認している。
     デロイト・オーディット、公認の監査法人

     〔署名〕

     ラファエル・シャルリエ、公認の監査人
     パートナー
     2018年3月9日

       次へ

                                157/162













                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     To  the  Board    of  Directors      of
     MITSUBISHI       UFJ  INVESTOR     SERVICES     & BANKING     (LUXEMBOURG)        S.A.
     287-289,     Route    d'Arlon
     L-1150    Luxembourg
                    REPORT    OF  THE  REVISEUR     D'ENTREPRISES        AGREE

     Report    on  the  Audit    of  the  annual    accounts

     Opinion

     We  have   audited     the  annual    accounts     of  MITSUBISHI       UFJ  INVESTOR     SERVICES     & BANKING

     (LUXEMBOURG)        S.A.   (the   "Bank"),     which    comprise     the  balance     sheet    as  at  December     31,  2017,
     and  the  profit    and  loss   account     for  the  year   then   ended,    and  notes    to  the  annual    accounts,
     including      ▶ summary     of  significant       accounting       policies.
     In  our  opinion,     the  accompanying        annual    accounts     present     fairly,     in  all  material     respects,

     the  financial      position     of  the  Bank   as  at  December     31,  2017   and  the  results     of  its  operations
     for  the  year   then   ended    in  accordance       with   Luxembourg       legal    and  regulatory       requirements
     relating     to  the  preparation       and  presentation        of  the  annual    accounts.
     Basis    for  Opinion

     We  conducted      our  audit    in  accordance       with   the  EU  Regulation       No  537/2014,      the  Law  of  July   23,

     2016   and  with   International        Standards      on  Auditing     (ISAs)    as  adopted     for  Luxembourg       by  the
     Commission       de  Surveillance        du  Secteur     Financier      (CSSF).     Our  responsibilities          under    those
     Regulation,       Law  and  standards      are  further     described      in  the  "Responsibilities           of  the  Réviseur
     d'Entreprises        Agréé    for  the  Audit    of  the  annual    accounts"      section     of  our  report.     We  are  also
     independent       of  the  Bank   in  accordance       with   the  International        Ethics    Standards      Board    for
     Accountants'        Code   of  Ethics    for  Professional        Accountants       (IESBA    Code)    as  adopted     for
     Luxembourg       by  the  CSSF   together     with   the  ethical     requirements        that   are  relevant     to  our  audit
     of  the  annual    accounts,      and  have   fulfilled      our  other    ethical     responsibilities          under    those
     ethical     requirements.        We  believe     that   the  audit    evidence     we  have   obtained     is  sufficient       and
     appropriate       to  provide     ▶ basis    for  our  opinion.
                                158/162







                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Key  Audit    Matters
     Key  audit    matters     are  those    matters     that,    in  our  professional        judgment,      were   of  most

     significance        in  our  audit    of  the  annual    accounts     of  the  current     period.     These    matters     were
     addressed      in  the  context     of  the  audit    of  the  annual    accounts     as  ▶ whole,    and  in  forming     our
     opinion     thereon,     and  we  do  not  provide     ▶ separate     opinion     on  these    matters.
      Why  the  matter    was  considered       to  be  one  of   How  the  matter    was  addressed      in  the  audit

      most   significant       in  the  audit
      We  refer    to  Summary     of  significant             We  obtained     an  understanding        of  the
      accounting       policies     - Note   2.14   - Revenue      commission       receivable       recognition       process,
      Recognition       and  Note   21  on  Commission          and  we  reviewed     key  controls     in  the
      Receivable       of  the  annual    accounts.            process.     Due  to  deficiencies        identified
                                 related     to  the  manual    processing       of
      Commission       receivable       amounted     to  USD
                                 commission       receivable,       we  did  not  use  ▶
      106,256,230       as  of  December     31,  2017.
                                 control     reliance     approach     and  our
      Commission       receivable       mainly    derives     from
                                 assurance      was  obtained     based    on
      fund   administration,          fiduciary      and  global
                                 substantive       audit    procedures,       consisting
      custody     operations.
                                 of  ▶ combination       of  tests    of  details     and
                                 substantive       analytical       procedures.
      Different      underlying       bases    and  rates    are
      applicable       depending      on  the  underlying
                                 We  developed      expectations        for  the
      investments,        agreed    terms    and  services
                                 aggregate      amounts     per  type   of  commission
      provided.
                                 income    and  we  compared     the  expectations        to
                                 the  amounts     recorded     by  the  Bank.
      The  process     of  commission       receivable
      recognition       for  the  Bank   includes
                                 For  ▶ sample    of  the  different      types    of
      significant       manual    interventions.
                                 commissions:
                                 ・we   tested    commission       receivable       by
      Accordingly,        the  calculation       of  commission
                                  performing       independent       recalculation        of
      receivable       are  considered       to  be  ▶ key
                                  the  commissions.        This   also   included     the
      audit    matter    due  to  the  significance        of
                                  reconciliation         of  the  underlying       basis
      the  amounts     involved,      combined     with   the
                                  to  external     evidence;
      complexity       and  operational       risk   associated
                                 ・we   agreed    the  receipt     of  the  commissions
      with   determining       the  calculation       of  the
                                  to  subsequent       payments.
      commission       receivable.
                                159/162






                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Other    information
     The  Board    of  Directors      is  responsible       for  the  other    information.        The  other    information

     comprises      the  information       stated    in  the  management       report    but  does   not  include     the  annual
     accounts     and  our  report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    thereon.
     Our  opinion     on  the  annual    accounts     does   not  cover    the  other    information       and  we  do  not

     express     any  form   of  assurance      conclusion       thereon.
     In  connection       with   our  audit    of  the  annual    accounts,      our  responsibility         is  to  read   the  other

     information       and,   in  doing    so,  consider     whether     the  other    information       is  materially
     inconsistent        with   the  annual    accounts     or  our  knowledge      obtained     in  the  audit    or  otherwise
     appears     to  be  materially       misstated.       If,  based    on  the  work   we  have   performed,       we  conclude
     that   there    is  ▶ material     misstatement        of  this   other    information,        we  are  required     to  report
     this   fact.    We  have   nothing     to  report    in  this   regard.
     Responsibilities          of  the  Board    of  Directors      and  Those    Charged     with   Governance       for  the  annual

     accounts
     The  Board    of  Directors      is  responsible       for  the  preparation       and  fair   presentation        of  the

     annual    accounts     in  accordance       with   Luxembourg       legal    and  regulatory       requirements        relating     to
     the  preparation       and  presentation        of  the  annual    accounts,      and  for  such   internal     control     as
     the  Board    of  Directors      determines       is  necessary      to  enable    the  preparation       of  annual    accounts
     that   are  free   from   material     misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error.
     In  preparing      the  annual    accounts,      the  Board    of  Directors      is  responsible       for  assessing      the
     Bank's    ability     to  continue     as  ▶ going    concern,     disclosing,       as  applicable,       matters     related     to
     going    concern     and  using    the  going    concern     basis    of  accounting       unless    the  Board    of  Directors
     either    intends     to  liquidate      the  Bank   or  to  cease    operations,       or  has  no  realistic      alternative
     but  to  do  so.
     Those    charged     with   governance       are  responsible       for  overseeing       the  Bank's    financial      reporting
     process.
     Responsibilities          of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    for  the  Audit    of  the  annual    accounts

     The  objectives       of  our  audit    are  to  obtain    reasonable       assurance      about    whether     the  annual

     accounts     as  ▶ whole    are  free   from   material     misstatement,        whether     due  to  fraud    or  error,    and
     to  issue    ▶ report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    that   includes     our  opinion.     Reasonable
     assurance      is  ▶ high   level    of  assurance,       but  is  not  ▶ guarantee      that   an  audit    conducted      in
     accordance       with   the  EU  Regulation       No  537/2014,      the  Law  of  July   23,  2016   and  with   ISAs   as
     adopted     for  Luxembourg       by  the  CSSF   will   always    detect    ▶ material     misstatement        when   it
     exists.     Misstatements        can  arise    from   fraud    or  error    and  are  considered       material     if,
     individually        or  in  the  aggregate,       they   could    reasonably       be  expected     to  influence      the
     economic     decisions      of  users    taken    on  the  basis    of  these    annual    accounts.
                                160/162



                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     As  part   of  an  audit    in  accordance       with   the  EU  Regulation       No  537/2014,      the  Law  of  July   23,
     2016   and  with   ISAs   as  adopted     for  Luxembourg       by  the  CSSF,    we  exercise     professional        judgment
     and  maintain     professional        skepticism       throughout       the  audit.    We  also:
     ・Identify       and  assess    the  risks    of  material     misstatement        of  the  annual    accounts,      whether     due
      to  fraud    or  error,    design    and  perform     audit    procedures       responsive       to  those    risks,    and
      obtain    audit    evidence     that   is  sufficient       and  appropriate       to  provide     ▶ basis    for  our
      opinion.     The  risk   of  not  detecting      ▶ material     misstatement        resulting      from   fraud    is  higher
      than   for  one  resulting      from   error,    as  fraud    may  involve     collusion,       forgery,     intentional
      omissions,       misrepresentations,            or  the  override     of  internal     control.
     ・Obtain     an  understanding        of  internal     control     relevant     to  the  audit    in  order    to  design    audit
      procedures       that   are  appropriate       in  the  circumstances,         but  not  for  the  purpose     of
      expressing       an  opinion     on  the  effectiveness        of  the  Bank's    internal     control.
     ・Evaluate       the  appropriateness          of  accounting       policies     used   and  the  reasonableness         of
      accounting       estimates      and  related     disclosures       made   by  the  Board    of  Directors.
     ・Conclude       on  the  appropriateness          of  the  Board    of  Directors'       use  of  the  going    concern     basis
      of  accounting       and,   based    on  the  audit    evidence     obtained,      whether     ▶ material     uncertainty
      exists    related     to  events    or  conditions       that   may  cast   significant       doubt    on  the  Bank's
      ability     to  continue     as  ▶ going    concern.     If  we  conclude     that   ▶ material     uncertainty       exists,
      we  are  required     to  draw   attention      in  our  report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    to  the
      related     disclosures       in  the  annual    accounts     or,  if  such   disclosures       are  inadequate,       to
      modify    our  opinion.     Our  conclusions       are  based    on  the  audit    evidence     obtained     up  to  the
      date   of  our  report    of  the  Réviseur     d'Entreprises        Agréé.    However,     future    events    or
      conditions       may  cause    the  Bank   to  cease    to  continue     as  ▶ going    concern.
     ・Evaluate       the  overall     presentation,        structure      and  content     of  the  annual    accounts,      including
      the  disclosures,        and  whether     the  annual    accounts     represent      the  underlying       transactions        and
      events    in  ▶ manner    that   achieves     fair   presentation.
     We  communicate       with   those    charged     with   governance       regarding,       among    other    matters,     the

     planned     scope    and  timing    of  the  audit    and  significant       audit    findings,      including      any
     significant       deficiencies        in  internal     control     that   we  identify     during    our  audit.
     We  also   provide     those    charged     with   governance       with   ▶ statement      that   we  have   complied     with

     relevant     ethical     requirements        regarding      independence,        and  to  communicate       with   them   all
     relationships        and  other    matters     that   may  reasonably       be  thought     to  bear   on  our  independence,
     and  where    applicable,       related     safeguards.
     From   the  matters     communicated        with   those    charged     with   governance,       we  determine      those    matters

     that   were   of  most   significance        in  the  audit    of  the  annual    accounts     of  the  current     period    and
     are  therefore      the  key  audit    matters.     We  describe     these    matters     in  our  report    unless    law  or
     regulation       precludes      public    disclosure       about    the  matter.
                                161/162




                                                           EDINET提出書類
                                     ルクセンブルク三菱UFJインベスターサービス銀行S.A.(E15174)
                                                 有価証券届出書(外国投資信託受益証券)
     Report    on  Other    Legal    and  Regulatory       Requirements
     We  have   been   appointed      as  Réviseur     d'Entreprises        Agréé    by  the  Board    of  Directors      on  March

     14,  2017   and  the  duration     of  our  uninterrupted        engagement,       including      previous     renewals     and
     reappointments,          is  44  years.
     The  management       report    is  consistent       with   the  annual    accounts     and  has  been   prepared     in

     accordance       with   legal    requirements.
     We  confirm     that   the  prohibited       non-audit      services     referred     to  in  the  EU  Regulation       No

     537/2014,      on  the  audit    profession       were   not  provided     and  that   we  remain    independent       of  the
     Bank   in  conducting       the  audit.
     For  Deloitte     Audit,    Cabinet     de  Révision     Agréé

     Raphaël     Charlier,      Réviseur     d'Entreprises        Agréé

     Partner
     March    9,  2018

     (注)上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は本書提出代理

        人が別途保管している。
                                162/162












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加