大阪有機化学工業株式会社 四半期報告書 第73期第1四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第73期第1四半期(平成30年12月1日-平成31年2月28日)

提出日:

提出者:大阪有機化学工業株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   近畿財務局長

    【提出日】                   2019年4月5日

    【四半期会計期間】                   第73期第1四半期(自 2018年12月1日 至 2019年2月28日)

    【会社名】                   大阪有機化学工業株式会社

    【英訳名】                   OSAKA ORGANIC CHEMICAL INDUSTRY LTD.

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  上 林 泰 二

    【本店の所在の場所】                   大阪市中央区安土町1丁目7番20号

    【電話番号】                   (06)6264-5071(代)

    【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員管理本部長  本 田 宗 一

    【最寄りの連絡場所】                   大阪市中央区安土町1丁目7番20号

    【電話番号】                   (06)6264-5071(代)

    【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員管理本部長  本 田 宗 一

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/20









                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                              第72期           第73期

              回次               第1四半期           第1四半期            第72期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年12月1日           自 2018年12月1日           自 2017年12月1日
             会計期間
                           至 2018年2月28日           至 2019年2月28日           至 2018年11月30日
     売上高                 (千円)          6,572,497           6,986,193          29,257,608
     経常利益                 (千円)           973,707           955,371          3,935,217
     親会社株主に帰属する
                     (千円)           804,318           654,661          2,677,755
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)           498,538           467,097          2,122,541
     純資産額                 (千円)          29,408,262           30,706,926           30,662,358
     総資産額                 (千円)          38,396,981           40,619,011           40,214,916
     1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)           36.07           29.56          120.67
     益金額
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             -           -           -
     期(当期)純利益金額
     自己資本比率                  (%)            76.0           74.9           75.6
     (注) 1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については
          記載しておりません。
        2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式がないため記載しており
          ません。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正                       」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
          連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
          標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容に重要な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  2/20








                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
     断したものであります。
     (1) 財政状態及び経営成績の状況
       当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、個人消費や設備投資が底堅く推移し、緩やかな回復基調にあ
      るものの、企業収益の改善には足踏みがみられております。一方、海外においては、米中貿易摩擦問題や中国をは
      じめとするアジア新興国経済の減速感など、先行き不透明な状況が続いております。
       このような状況の下で当社グループは、2015年11月期よりスタートしました10ヶ年の長期経営計画「Next                                                  Stage
      10」の目標達成に向けて、各種施策に取り組んでおります。化成品事業におきましては、選択と集中による製品の
      新陳代謝を図り、優位性のある製品の拡販に努めるとともに、グローバルに市場が拡大するUVインクジェットプリ
      ンター向けに特殊インク用原料の拡販に注力いたしました。電子材料事業におきましては、次世代半導体材料開発
      の強化によるトップシェアの確保及び新規ディスプレイ材料の拡販に努めてまいりました。機能化学品事業におき
      ましては、機能性ポリマーの開発を促進するとともに、化粧品原料や特殊溶剤の拡販に取り組んでまいりました。
       この結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は                       69億8千6百万円        (前年同四半期比        6.3%増    )、営業利益は       9億
      4百万円    (前年同四半期比        2.8%増    )、経常利益は       9億5千5百万円        (前年同四半期比        1.9%減    )、親会社株主に帰
      属する四半期純利益は          6億5千4百万円        (前年同四半期比        18.6%減    )となりました。
       セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。(セグメント間取引を含んでおりません。)
      (注)前連結会計年度まではセグメント間取引を含む金額で記載しておりましたが、当第1四半期連結累計期間よりセグメント間取引を
        含まない金額で記載しております。
      ①化成品事業
        化成品事業におきましては、アクリル酸エステルグループは、自動車塗料用や光学材料向け粘着剤用の販売が
       堅調に推移し、売上高は増加いたしました。メタクリル酸エステルグループは、販売が低調に推移し、売上高は
       減少いたしました。また、売上高の増加及び設備修繕費等の経費の減少により、セグメント利益は大幅に増加い
       たしました。この結果、売上高は                29億3千4百万円        (前年同四半期比        9.0%増    ) 、セグメント利益は         2億3千1百
       万円  (前年同四半期比        94.7%増    ) となりました。
      ②電子材料事業
        電子材料事業におきましては、半導体材料グループは、需要が好調に推移し、売上高は増加いたしました。表
       示材料グループは、液晶ディスプレイ市場の低迷により、売上高は減少いたしました。また、表示材料グループ
       の売上高の減少及び減価償却費の増加によりセグメント利益は横ばいとなりました。この結果、売上高は                                                 25億8
       千7百万円     (前年同四半期比        12.6%増    ) 、セグメント利益は         5億3千4百万円        (前年同四半期比        0.7%減    ) となり
       ました。
      ③機能化学品事業
        機能化学品事業におきましては、化粧品原料グループは、販売が低調に推移し、売上高は減少いたしました。
       機能材料グループは、売上高は横ばいとなりました。また、利益率の高い製品比率の減少によりセグメント利益
       は大幅に減少いたしました。この結果、売上高は                       14億6千4百万円        (前年同四半期比        7.4%減    ) 、セグメント利益
       は 1億3千8百万円        (前年同四半期比        35.4%減    ) となりました。
       当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末と比べて                                   4億4百万円増加        し、  406億1千9百

                                  3/20

                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
      万円  となりました。これは、主に前連結会計年度の下期と比べて売上高が減少したことによる                                          受取手形及び売掛金
      の減少6億4千2百万円            、 製品の増加2億3千1百万円              、 仕掛品の増加4億4千1百万円               、製造設備新設に伴う          有
      形 固定資産の増加5億3千7百万円                及び取引関係維持の目的で保有している株式の評価差額減少による                               投資有価証
      券の減少3億2百万円          などによるものです。
       当第1四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末と比べて                                   3億5千9百万円増加          し、  99億1千2
      百万円   となりました。これは、主に法人税等の支払による                        未払法人税等の減少3億4千4百万円                  及び製造設備新設
      資金の調達による        長期借入金の増加6億4千3百万円                 などによるものです。
       当第1四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末と比べて                                   4千4百万円増加        し、  307億6百万円
      となりました。これは、主に              利益剰余金の増加2億3千3百万円                 及び取引関係維持の目的で保有している株式に係
      る その他有価証券評価差額金の減少2億1千万円                      などによるものです。
     (2)経営方針・経営戦略等 

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
      りません。
     (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
      なお、当社は、2008年1月11日開催の当社取締役会において、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在

     り方に関する基本方針(会社法施行規則第118条第3号本文に規定されるものをいい、以下「基本方針」といいま
     す。)を定め、同年2月22日開催の当社第61期定時株主総会において株主の皆様にご承認いただき、この基本方針に
     照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組み(会社法施
     行規則第118条第3号ロ(2))として、当社株券等の大量買付行為への対応策(買収防衛策)を導入いたしました。そ
     の後、2011年2月18日開催の当社第64期定時株主総会(以下、「第64期定時株主総会」といいます。)及び2014年2
     月21日開催の当社第67期定時株主総会(以下、「第67期定時株主総会」といいます。)において、それぞれ内容を一
     部変更して継続することをご承認いただきました(以下、第67期定時株主総会において継続が承認された対応策を
     「旧プラン」といいます。)。
      旧プランの有効期限は、2017年2月24日開催の当社第70期定時株主総会(以下、「第70期定時株主総会」といいま
     す。)の終了の時までとなっておりました。そこで、当社は、2017年1月12日開催の当社取締役会において、第70期
     定時株主総会において株主の皆様にご承認いただくことを条件として、旧プランの内容を一部変更の上(以下、変更
     後のプランを「本プラン」といいます。)、本プランを継続することを決議し、第70期定時株主総会において、本プ
     ランの継続について株主の皆様にご承認いただきました。継続後の本プランの有効期限は、2020年2月に開催予定の
     当社第73期定時株主総会の終了の時までとなっております。
      ① 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

      当社は、安定的かつ持続的な企業価値の向上が当社の経営にとって最優先課題と考え、その実現に日々努めており
     ます。従いまして、当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念、企業価値の様々な
     源泉、当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、                                当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利
     益を中長期的に確保し、向上させる者でなければならないと考えております。
      上場会社である当社の株式は、株主、投資家の皆様による自由な取引に委ねられているため、当社の財務及び事業
     の方針の決定を支配する者の在り方は、最終的には株主の皆様の意思に基づき決定されることを基本としており、会
     社の支配権の移転を伴う大量買付けに応じるか否かの判断も、最終的には株主の皆様全体の意思に基づき行われるべ
                                  4/20


                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
     きものと考えております。また、当社は、当社株券等の大量買付けであっても、当社の企業価値ひいては株主の皆様
     の共同の利益に資するものであればこれを否定するものではありません。
      しかしながら、事前に当社取締役会の賛同を得ずに行われる株券等の大量買付けの中には、その目的等から見て企
     業価値ひいては株主の皆様の共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、株主の皆様に株式の売却を事実上強制
     するおそれがあるもの、対象会社の取締役会が代替案を提案するための必要十分な時間や情報を提供しないもの、対
     象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたらすために買収者との協議・交渉を必要とするものなど、対
     象会社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を毀損するおそれをもたらすものも想定されます。
      当社は、このような当社の企業価値や株主の皆様の共同の利益に資さない大量買付けを行う者が、当社の財務及び
     事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大量買付けに対しては、必要かつ相当な対
     抗措置を採ることにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を確保する必要があると考えておりま
     す。
      ② 当社の基本方針の実現に資する特別な取組み

      ア 当社の企業価値の源泉
      当社は、19     46年12月の設立以来「従業員の愛情と和と勤勉を大切にし、常に新しい技術の研鑽に努めることにより
     社会と産業界の進歩、発展に貢献する」ことを基本理念として、アクリル酸の国内における製造・販売の企業化に初
     めて成功し、その製造技術を基に特殊アクリル酸エステルの製造・販売を行っています。当社は、その独自の技術力
     を活かし、有機工業薬品として幅広い分野へ中間体原料を提供しております。
      当社の企業価値の源泉は、高度の研究開発力を活かした高付加価値製品拡大を可能とするフレキシブルな工場稼動
     体制・供給体制及び営業・研究開発の連動による少量・多品種の生産体制を活かした、多様なお客様の幅広いご要望
     に対するスピーディーな対応力にあると考えています。さらに、顧客、取引先、当社従業員及び地域社会等の様々な
     ステークホルダーとの間で、長年にわたり良好な関係の維持・発展に努め、企業価値の源泉となる信頼関係を築き上
     げてまいりました。これらの企業価値の源泉を基に、上記①記載の基本方針に示したとおり、企業価値ひいては株主
     の皆様の共同の利益の確保・向上を目指しております。
      イ 企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益の確保・向上のための取組み
      当社は、アクリル酸エステル製品の製造・販売を軸に事業展開をしてまいりました。具体的には、塗料・粘接着
     剤・印刷インキ・合成樹脂等の原料としてのアクリル酸エステル製品を安定収益基盤とする一方、このアクリル酸エ
     ステル製品を発展的に応用展開した表示材料や半導体材料を中心とする電子材料分野を利益成長事業として強化して
     おります。
      当社は、これらの事業を基に、企業価値の向上ひいては株主の皆様の共同の利益の確保・向上を実現するための経
     営戦略として、以下のように2015年11月期を起点とする長期経営計画を策定いたしました。この計画に沿い研究開
     発・市場開発・生産体制及び経営基盤の強化を行うことにより計画達成を目指すものであります。
      長期経営計画「Next          Stage   10」の策定
      長期経営計画「Next          Stage   10」(2015年11月期から2024年11月期)の第1次5ヶ年中期経営計画(2015年11月期から
     2019年11月期)をスタートいたしました。
      長期経営計画「Next           Stage   10」では、「ユウキの力で未来とつなげる ハイエンド&ハンドメイド ケミスト
     リー」をビジョンに掲げ、2024年11月期の売上高350億円以上、営業利益率10%以上を目標に当社グループ一丸となっ
     て取り組んでまいります。
     ビジョン実現に向けた戦略課題(6項目)

      1.既存事業における3           つのNo.1実現に向けたビジネスモデルの革新
       ① 『表面修飾         ・配列制御』『高純度』技術による機能性No.1
                                  5/20


                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
         顧客の課題を解決する高機能な製品を継続して開発・提案
       ② 少量多品種と開発・生産スピード                   No.1
         顧客要望にきめ細かく対応した少量多品種生産と製品開発・試作から工場生産・納入に至るまで
       ③ 一貫製造体制による顧客プロセスのソリューション                           No.1
         モノマーの品揃え・技術ノウハウとモノマーからポリマーの一貫開発/製造体制をベースにした顧客プロセス
         のソリューション提供
      2.新たな収益の柱となる新規事業の創出
        『表面修飾・配列制御』『高純度』技術による機能性材料の創出
      3.グローバル事業の拡大・推進
        顧客・市場環境を踏まえた事業展開の加速 
      4.トータルコストの上昇抑制
      5.人材の育成・獲得と技能の伝承
      6.効率的な組織基盤の整備
      以上の戦略課題に取り組み、持続的成長を目指してまいります。
      また、株主還元につきましては、長期的な観点に立ち財務体質と経営基盤の強化を図るとともに株主の皆様への利
     益還元を充実させることを経営の重要政策と位置付け、会社の業績や今後の事業計画に備えた内部留保の充実等を勘
     案してバランスをとりつつ、配当性向30%を重要な指標のひとつとし、業績に応じた配当額を決定いたします。
      2018年11月期においては1株当たり年間36円(中間期17円、期末19円)の配当とさせていただきました。2019年11
     月期におきましては、1株当たりの配当年間36円(中間期18円、期末18円)を予定しております。
      さらに、「企業の社会的責任の実現と企業価値の向上」を目指し、当社は、コーポレートガバナンスの充実が重要
     課題であると認識しております。
      当社グループにおけるコーポレートガバナンスは公正な企業活動を期すとともに、経営の透明性を高め経営システ
     ムの効率性とスピードの向上を目的とし、かつ、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るための仕組
     みと捉えており、社内外とのゴーイング・コンサーン(事業活動の継続)の共通認識を醸成しながらコーポレートガ
     バナンスの充実を重要な経営課題とし、その向上と改善に取り組んでおります。また、内部統制システムの構築・推
     進、内部統制委員会でのコンプライアンス及びリスク管理の強化や安全・環境・品質を重視し、ISO-9001、ISO-
     14001、OHSAS       を推進するとともに、株主、顧客、取引先、当社従業員及び地域社会等のステークホルダーにとって魅
     力ある企業を目指すことで、長期的な観点に立ち財務体質と経営基盤の強化を図り、事業強化と適切な利益配分によ
     り企業価値の向上を目指してまいります。
      これらの取組みは、今般決定しました、上記①記載の基本方針の実現に資するものと考えております。
      ③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための

     取組み
      当社は、上記①記載の基本方針に照らして不適切な者によって大量買付けがなされた場合に、それらの者によって
     当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するためには、当社株券等に対する大量買付けが一定の合
     理的なルールに従って行われることが必要であり、このことが、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益の
     確保・向上に資すると考えております。
      そこで、当社は、2008年1月11日開催の当社取締役会において、上記①記載の基本方針に照らして不適切な者に
     よって大量買付けがなされた場合に、それらの者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止
     するための取組みとして、大量買付けの提案がなされた場合における情報提供等に関する一定のルールを設定すると
     ともに、対抗措置の発動手続等を定めた対応策を導入することを決議し、2008年2月22日開催の当社第61期定時株主
     総会において株主の皆様にご承認いただきました。その後、この対応策を一部変更し、旧プランとして継続すること
                                  6/20


                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
     を第64期定時株主総会及び第67期定時株主総会において株主の皆様にご承認していただきました。旧プランの有効期
     限は、2017年2月24日開催の第70期定時株主総会の終了の時までとなっていましたが、第70期定時株主総会におい
     て、  旧プランの内容を一部変更した本プランの継続について、株主の皆様にご承認いただきました。本プランの有効
     期限は、2020年2月に開催予定の当社第73期定時株主総会の終了の時までとなっております。
      本プランは、当社株券等(注1               )の特定株式保有者等(注             2 )の議決権割合(注         3 )を20%以上とする当社株券等
     の買付行為、又は結果として特定株式保有者等の議決権割合が20%以上となる当社株券等の買付行為(いずれについ
     ても当社取締役会があらかじめ同意したものを除き、また市場取引、公開買付け等の具体的な買付方法の如何は問わ
     ないものとします。以下、かかる買付行為を「大量買付行為」といい、大量買付行為を行う者を「大量買付者」とい
     います。)に応じるか否かを株主の皆様に適切にご判断いただくための必要十分な情報及び時間を確保す                                                 るために、
     大量買付者から意向表明書が当社代表取締役に対して提出された場合に、当社が、大量買付者に対して、事前に大量
     買付情報の提供を求め、当該大量買付行為についての評価、検討、大量買付者との買付条件等に関する交渉又は株主
     の皆様への代替案の提案等を行うとともに、独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、大量買付行為に対して、新株
     予約権の無償割当てその他当該時点において相当と認められる対抗措置を発動するための大量買付ルールを定めてい
     ます。また、本プランにおいては、当社取締役会が実務上適                            切と判断した場合には、対抗措置の発動にあたり、株主
     総会を開催し、対抗措置発動の是非の判断を株主の皆様の意思に委ねることとしております。
      大量買付者は、大量買付ルールに従って、検討期間が終了するまで、又は当社取締役会が株主総会の開催を決定し
     た場合には、当該株主総会において対抗措置の発動に関する議案が決議されるまでは、大量買付行為を開始すること
     ができないものとします。
      なお、本プランの詳細については、インターネット上の当社ウェブサイト(https://www.ooc.co.jp/)をご覧下さ
     い。
         注1:株券等 
           金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等を意味します。
         注2:特定株式保有者等
         (i)   当社の株券等(金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等をいいます。)の保有者(同法第27
           条の23第1項に規定する保有者をいい、同条第3項に基づき保有者とみなされる者及び当社取締役会がこ
           れに該当すると認めた者を含みます。以下同様とします。)                            及び  その共同所有者(同法第27条の23第5項
           に規定する共同保有者をいい、同条第6項に基づき共同保有者とみなされる者及び当社取締役会がこれに
           該当すると認めた者を含みます。以下同様とします。)
           又は、
         (ii)    当社の株券等(同法第27条の2第1項に規定する株券等をいいます。)の買付け等(同法第27条の2第
          1項に規定する買付け等をいい、競売買の方法によるか否かを問わず取引所有価証券市場において行われ
          るものを含みます。)を行う者及びその特別関係者(同法第27条の2第7項に規定する特別関係者及び当
          社取締役会がこれに該当すると認めた者をいいます。)を意味します。
         注3:議決権割合
          議決権割合の計算において分母となる総議決権数は、当社のその時点での発行済全株式数から、有価証券
          報告書、四半期報告書及び自己株券買付状況報告書のうち直近に提出されたものに記載された数の保有自
          己株式数を除いた株式の議決権数とします。
      ④ 上記②及び③の取組みに対する取締役の判断及びその理由

      ア 基本方針の実現に資する特別な取組み(上記②)について
      上記②「当社の基本方針の実現に資する特別な取組み」に記載した各取組みは、当社の企業価値ひいては株主の皆
     様の共同の利益を継続的かつ持続的に向上させるための具体的取組みとして策定されたものであり、基本方針の実現
     に資するものとなっており、これらの各取組みは、基本方針に沿い、当社の株主の皆様の共同の利益を損なうもので
                                  7/20

                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
     はなく、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
      イ   基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための
     取組み(上記③)について
      (ア)    当該取組みが基本方針に沿うものであること
      本プランは、当社株券等に対する大量買付行為がなされた際に、当該大量買付行為に応じるべきか否かを株主の皆
     様が判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提案するために必要十分な情報や時間を確保したり、株主の皆様のた
     めに大量買付者等と交渉を行うこと等を可能としたりすることにより、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の
     利益を確保し、向上させるための取組みであり、基本方                          針に沿うものであります。
      (イ)    当該取組みが当社の株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を
     目的とするものではないこと
      当社は、本プランは、          (ⅰ)経済産業省及び法務省が2005年                 5 月27日付で発表した「企業価値・株主共同の利益の確
     保又は向上のための買収防衛策に関する指針」                      において定められた三原則を完全に                 充足しており、2008年          6 月30日に
     企業価値研究会が発表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の趣旨を踏まえた内容となってい
     ること、(ⅱ)株主の皆様の意思の反映・尊重がなされていることに加え、大量買付情報その他大量買付者から提供を
     受けた情報を適用ある法令等及び取引所規則に従って速やかに株主の皆様に開示することとしていること                                                 、 (ⅲ)当社
     取締役会の恣意的判断を排除するための取組みとして、(a)独立委員会を設置して独立性の高い社外者の判断を重視し
     ていること、(b)本プランに従った大量買付者に対する対抗措置の発動については、当社の企業価値を著しく損なう場
     合として合理的かつ詳細に定められた客観的要件を充足した場合のみ行われるとされていること、また、当社取締役
     会が株主総会の開催を決定した場合には、対抗措置の発動の是非は当社株主総会の決議に委ねられていること、及び
     (ⅳ)デッドハンド型やスローハンド型買収防衛策ではないことから、当社の株主の                                       皆様の共同の利益を損なうもので
     はなく、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
     (4) 研究開発活動

       当第1四半期連結累計期間における当社グループが計上した研究開発費の総額は                                     2億4千万円      であります。
       なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/20








                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                          76,000,000
                 計                         76,000,000
      ②  【発行済株式】

               第1四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                (2019年2月28日)           (2019年4月5日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
       普通株式            22,410,038           22,410,038                 単元株式数 100株
                                     市場第一部
         計           22,410,038           22,410,038           -           -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額        残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      2018年12月1日~
                     -   22,410,038           -   3,600,295           -   3,477,468
      2019年2月28日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/20






                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第1四半期会計期間末日現在の議決権の状況については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載することが
      できませんので、直前の基準日である2018年11月30日現在で記載しております。
      ①  【発行済株式】

                                             2018年11月30日現在
           区分              株式数(株)            議決権の数(個)             内容
    無議決権株式                              -         -       -
    議決権制限株式(自己株式等)                              -         -       -
    議決権制限株式(その他)                              -         -       -
                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                       -       -
                    普通株式            266,300
    完全議決権株式(その他)                普通株式          22,137,800          221,378          -
    単元未満株式                普通株式             5,938          -  一単元(100株)未満の株式
    発行済株式総数                          22,410,038             -       -
    総株主の議決権                              -      221,378          -
      ②  【自己株式等】

                                             2018年11月30日現在
                         自己名義         他人名義        所有株式数
                                                 発行済株式総数に
      所有者の氏名
                                                 対する所有株式数
               所有者の住所         所有株式数         所有株式数          の合計
       又は名称
                                                   の割合(%)
                          (株)         (株)         (株)
     (自己保有株式)
              大阪市中央区安
    大阪有機化学工業
              土町1丁目7番             266,300           -      266,300          1.19
    株式会社
              20号
        計         -          266,300           -      266,300          1.19
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 10/20









                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年12月1日から2019年
     2月28日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年12月1日から2019年2月28日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                 11/20

















                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年11月30日)              (2019年2月28日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               6,477,116              6,779,250
        受取手形及び売掛金                               7,667,958              7,025,886
        電子記録債権                                427,390              441,688
        有価証券                                299,830              199,940
        製品                               3,099,192              3,330,969
        仕掛品                               1,441,235              1,883,115
        原材料及び貯蔵品                               1,260,391              1,210,435
        その他                                58,330              41,108
                                       △ 12,089              △ 9,970
        貸倒引当金
        流動資産合計                              20,719,357              20,902,425
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             5,822,164              5,864,334
         機械装置及び運搬具(純額)                             2,977,141              2,855,048
         土地                             2,226,162              2,226,162
         建設仮勘定                             1,521,469              2,087,807
                                        387,432              438,639
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             12,934,370              13,471,991
        無形固定資産
         のれん                               66,333              26,533
                                        27,441              25,001
         その他
         無形固定資産合計                               93,775              51,535
        投資その他の資産
         投資有価証券                             6,150,411              5,848,344
         退職給付に係る資産                              172,975              176,762
         繰延税金資産                               14,548              18,910
         その他                              164,677              149,043
                                       △ 35,200                -
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             6,467,413              6,193,060
        固定資産合計                              19,495,559              19,716,586
      資産合計                                40,214,916              40,619,011
                                 12/20








                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2018年11月30日)              (2019年2月28日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               3,812,399              3,643,895
        1年内返済予定の長期借入金                                535,159              730,153
        未払金                               2,219,747              2,281,372
        未払法人税等                                690,556              345,623
        賞与引当金                                  -            219,332
        役員賞与引当金                                78,660              14,730
                                        412,359              380,882
        その他
        流動負債合計                               7,748,881              7,615,989
      固定負債
        長期借入金                                823,748             1,467,567
        繰延税金負債                                666,943              529,085
                                        312,984              299,443
        その他
        固定負債合計                               1,803,676              2,296,095
      負債合計                                9,552,557              9,912,085
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               3,600,295              3,600,295
        資本剰余金                               3,508,891              3,508,891
        利益剰余金                              21,538,296              21,772,229
                                       △ 449,267             △ 449,267
        自己株式
        株主資本合計                              28,198,216              28,432,149
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               2,421,701              2,211,093
        為替換算調整勘定                                △ 9,017             △ 5,531
                                       △ 210,331             △ 203,305
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               2,202,351              2,002,257
      非支配株主持分                                 261,789              272,519
      純資産合計                                30,662,358              30,706,926
     負債純資産合計                                 40,214,916              40,619,011
                                 13/20









                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年12月1日              (自 2018年12月1日
                                至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
     売上高                                  6,572,497              6,986,193
                                       4,698,294              5,093,824
     売上原価
     売上総利益                                  1,874,202              1,892,369
     販売費及び一般管理費                                   994,016              987,522
     営業利益                                   880,185              904,846
     営業外収益
      受取利息                                   749              735
      受取配当金                                  43,975              47,348
      保険解約返戻金                                  56,410               1,452
                                        11,854              20,264
      その他
      営業外収益合計                                 112,989               69,801
     営業外費用
      支払利息                                  2,509              1,695
      為替差損                                  13,327              17,581
                                         3,630                -
      その他
      営業外費用合計                                  19,468              19,277
     経常利益                                   973,707              955,371
     特別利益
      投資有価証券売却益                                 143,244                 -
      受取保険金                                  28,378                -
                                        36,545                -
      役員退職慰労引当金戻入額
      特別利益合計                                 208,168                 -
     特別損失
      固定資産売却損                                   503               -
      固定資産除却損                                   875             14,309
                                          -              150
      ゴルフ会員権評価損
      特別損失合計                                  1,378              14,459
     税金等調整前四半期純利益                                  1,180,497               940,912
     法人税、住民税及び事業税
                                        406,706              326,431
                                       △ 48,725             △ 52,341
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   357,981              274,089
     四半期純利益                                   822,516              666,822
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   18,197              12,160
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   804,318              654,661
                                 14/20







                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年12月1日              (自 2018年12月1日
                                至 2018年2月28日)               至 2019年2月28日)
     四半期純利益                                   822,516              666,822
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △ 331,609             △ 210,384
      為替換算調整勘定                                   589             3,486
                                         7,042              7,172
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                △ 323,977             △ 199,725
     四半期包括利益                                   498,538              467,097
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 479,715              455,159
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  18,822              11,938
                                 15/20















                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
                         当第1四半期連結累計期間
                     (自 2018年12月1日 至 2019年2月28日)
      「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期連結
     会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債
     の区分に表示しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。
     なお、第1四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの
    償却額は、次のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間

                               (自    2017年12月1日            (自    2018年12月1日
                                至   2018年2月28日)            至   2019年2月28日)
     減価償却費                                 337,284    千円           366,335    千円
     のれんの償却額                                 39,799   千円           39,799   千円
      (株主資本等関係)

    前第1四半期連結累計期間(自                2017年12月1日         至   2018年2月28日)
    1  配当金支払額
                    配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     2018年2月27日
              普通株式        336,000         15  2017年11月30日         2018年2月28日         利益剰余金
     定時株主総会
    2  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後

     となるもの
      該当事項はありません。
    3.株主資本の金額の著しい変動

      当社は、2018年1月11日開催の取締役会決議に基づき、自己株式の取得を行いました。この取得により自己株式
     は、当第1四半期連結累計期間に449,915千円増加し、当第1四半期連結会計期間末において456,350千円となりまし
     た。
    当第1四半期連結累計期間(自                2018年12月1日         至   2019年2月28日)

    1  配当金支払額
                    配当金の総額       1株当たり
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     2019年2月27日
              普通株式        420,729         19  2018年11月30日         2019年2月28日         利益剰余金
     定時株主総会
    2  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日後

     となるもの
      該当事項はありません。
    3.株主資本の金額の著しい変動

      該当事項はありません。
                                 16/20



                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ.前第1四半期連結累計期間(自                   2017年12月1日         至   2018年2月28日)
    1  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:千円)
                                                     四半期連結
                             報告セグメント
                                               調整額      損益計算書
                     化成品      電子材料      機能化学品              (注)1       計上額
                                          計
                     事業       事業       事業                   (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                2,692,382       2,297,890       1,582,224       6,572,497          -   6,572,497

       セグメント間の内部売上高
                        -       -     45,689       45,689      △ 45,689         -
      又は振替高
           計         2,692,382       2,297,890       1,627,913       6,618,186       △ 45,689     6,572,497
     セグメント利益                 118,898       538,298       214,656       871,853        8,332      880,185

     (注)  1 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      該当事項はありません。
    Ⅱ.当第1四半期連結累計期間(自                   2018年12月1日         至   2019年2月28日)

    1  報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:千円)
                                                     四半期連結
                             報告セグメント
                                               調整額      損益計算書
                     化成品      電子材料      機能化学品              (注)1       計上額
                                          計
                     事業       事業       事業                   (注)2
     売上高
       外部顧客への売上高                2,934,279       2,587,136       1,464,777       6,986,193          -   6,986,193
       セグメント間の内部売上高
                        -       -     58,282       58,282      △ 58,282         -
      又は振替高
           計         2,934,279       2,587,136       1,523,059       7,044,475       △ 58,282     6,986,193
     セグメント利益                 231,446       534,603       138,680       904,730         115     904,846

     (注)  1 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
        2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
    2  報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      該当事項はありません。
                                 17/20







                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
     1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自    2017年12月1日            (自    2018年12月1日
               項目
                               至   2018年2月28日)             至   2019年2月28日)
      1株当たり四半期純利益金額                                  36.07円               29.56円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                 804,318               654,661

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                      804,318               654,661
      四半期純利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               22,297,397               22,143,497
    (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                 18/20













                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 19/20




















                                                           EDINET提出書類
                                                    大阪有機化学工業株式会社(E00855)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年4月3日

    大阪有機化学工業株式会社

     取  締  役  会   御  中
                         有限責任監査法人トーマツ

                          指定有限責任社員

                                   公認会計士  川 合  弘 泰  印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士  千 﨑  育 利  印
                          業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている大阪有機化学工

    業株式会社の2018年12月1日から2019年11月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年12月1日から
    2019年2月28日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年12月1日から2019年2月28日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、大阪有機化学工業株式会社及び連結子会社の2019年2月28日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    すべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 20/20



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。