株式会社ユニバーサルエンターテインメント 有価証券報告書 第46期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第46期(平成30年1月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社ユニバーサルエンターテインメント

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年3月26日
      【事業年度】                    第46期(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社ユニバーサルエンターテインメント
      【英訳名】                    Universal     Entertainment       Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  富士本 淳
      【本店の所在の場所】                    東京都江東区有明三丁目7番26号                有明フロンティアビルA棟
      【電話番号】                    03(5530)3055
      【事務連絡者氏名】                    取締役兼CFO 麻野 憲志
      【最寄りの連絡場所】                    東京都江東区有明三丁目7番26号                有明フロンティアビルA棟
      【電話番号】                    03(5530)3055
      【事務連絡者氏名】                    取締役兼CFO 麻野 憲志
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
        (はじめに)
         当社(旧ユニバーサルテクノス株式会社)は、1998年4月1日を合併期日として旧ユニバーサル販売株式会社を
        吸収合併し、同日付をもって商号をアルゼ株式会社に変更いたしました。この合併は、旧ユニバーサル販売株式会
        社の1株の額面金額を500円から50円に変更するためであり、また商号変更は、当社の将来の業容拡大に備え、よ
        り一層の発展を期するためのものであります。
         合併前の当社は、所有する不動産を旧ユニバーサル販売株式会社に賃貸することを唯一の事業とし、また事業規
        模も旧ユニバーサル販売株式会社と比較して小規模であったため、合併後も企業の実態は旧ユニバーサル販売株式
        会社がそのまま存続しているのと同様の状態であります。従って以下の記載におきましては、特段の記載がない限
        り、実質上の存続会社に関して記載しております。
         なお、創業以来、今日に至るまでの会社の変遷を図示すると、以下のようになります。
                                   2/109
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
           回次           第41期       第42期       第43期       第44期       第45期       第46期
          決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2017年12月       2018年12月

                (百万円)       86,760       88,085       91,709      111,187       68,546       93,267
     売上高
     経常利益又は経常損
                (百万円)       23,626       22,055       22,343       27,036      △ 12,829       67,232
     失(△)
     親会社株主に帰属す
     る当期純利益又は親
                (百万円)       9,409      10,173       15,661       18,629      △ 13,426      161,168
     会社株主に帰属する
     当期純損失(△)
                (百万円)       32,231       26,256       12,314       9,588      △ 7,427      144,581
     包括利益
                (百万円)      194,314       220,020       229,072       259,990       230,945       375,063
     純資産額
                (百万円)      248,833       288,120       369,580       568,635       543,747       510,677
     総資産額
                 (円)     2,629.13       2,979.73       3,108.92       3,287.46       2,931.97       4,746.18
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利
     益又は1株当たり当            (円)      128.23       138.64       213.41       252.66      △ 170.18      2,037.75
     期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)      128.15         -     213.38       252.27         -    2,035.02
     たり当期純利益
                 (%)       77.5       75.9       61.7       45.6       42.6       73.4
     自己資本比率
                 (%)       5.3       4.9       7.0       7.6      △ 5.5      53.2
     自己資本利益率
                 (倍)       14.7       14.1       8.8      14.1        -      1.6
     株価収益率
     営業活動による
                (百万円)       2,990       1,508      19,118       23,780      △ 2,177      15,280
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                (百万円)      △ 26,984      △ 11,804      △ 66,900     △ 120,584      △ 59,903      154,849
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                (百万円)      △ 3,860      17,515       56,662      166,804        4,352     △ 163,173
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                (百万円)       28,743       39,356       51,518      119,038       35,594       45,870
     の期末残高
     従業員数            (人)      1,097       1,118       1,421       7,062       7,095       7,866
      (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益について                      第42期は、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないた
           め記載しておりません。また、第45                 期は潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載し
           ておりません。
         3.第45期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         4.第45    期 は決算期変更の経過期間となることから、9ヶ月間の変則的な決算となっております。
                                   3/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
           回次           第41期       第42期       第43期       第44期       第45期       第46期
          決算年月           2014年3月       2015年3月       2016年3月       2017年3月       2017年12月       2018年12月

                (百万円)       85,984       87,808       92,024      114,751       53,317       44,602
     売上高
     経常利益又は経常損
                (百万円)       26,348       26,600       13,994       25,072      △ 14,450      224,360
     失(△)
     当期純利益又は当期
                (百万円)       14,576       14,066       7,025      16,842      △ 15,557      208,794
     純損失(△)
                (百万円)         98       98       98       98       98       98
     資本金
                 (株)    80,195,000       80,195,000       80,195,000       80,195,000       80,195,000       80,195,000
     発行済株式総数
                (百万円)      134,861       147,089       150,838       188,495       169,880       378,696
     純資産額
                (百万円)      173,714       207,982       269,938       363,674       346,926       470,183
     総資産額
                 (円)     1,837.44       2,003.94       2,054.48       2,388.05       2,150.93       4,792.16
     1株当たり純資産額
                         25       45       -       40       -       50

     1株当たり配当額
                 (円)
     (内1株当たり中間
                        ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     配当額)
     1株当たり当期純利
     益又は1株当たり当            (円)      198.64       191.68       95.74      228.43      △ 197.19      2,639.91
     期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当
                 (円)      198.52         -     95.73      228.08         -    2,636.38
     たり当期純利益
                 (%)       77.6       70.7       55.9       51.8       48.9       80.5
     自己資本比率
                 (%)       11.4       10.0       4.7       9.9      △ 8.7      76.1
     自己資本利益率
                 (倍)       9.5      10.2       19.5       15.6        -      1.2
     株価収益率
                 (%)       12.6       23.5        -      17.5        -      1.9
     配当性向
                 (人)       838       872       976       973      1,024        980
     従業員数
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益について                      第42期は、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないた
           め記載しておりません。また、第45                 期は潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失であるため記載し
           ておりません。
         3.第45期の株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         4.第45    期 は決算期変更の経過期間となることから、9ヶ月間の変則的な決算となっております。
                                   4/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
                                   事項
       年月     株式会社ユニバーサルエンターテインメント
             旧社名:アルゼ株式会社(ユニバーサル販売株式                               株式会社ユニバーサル
             会社、ユニバーサルテクノス株式会社)
      1969年12月                               ジュークボックスのリース業を目的として栃木県
                                     小山市間々田2515番地にユニバーサルリース㈱を
                                     設立
      1970年7月                               遊戯機械の製造を目的として同地に工場を建設し
                                     製造を開始
      1971年10月                               商号を㈱ユニバーサルに変更
      1972年6月                               工場隣接地に土地を購入し、工場を新設
      1973年6月       ㈱ユニバーサルの販売部門を分離独立させ、ユニ

             バーサル技研㈱を設立し、業務開始
      1975年5月       東京都台東区上野5丁目11番1号にユニバーサル
             技研㈱の本社を移転し、商号をユニバーサル販売
             ㈱に変更
      1975年9月       大阪府吹田市に大阪営業所を開設                        栃木県小山市に新工場を建設し、以後ここを拠点
                                     として本格的に各種のゲームマシンの製造を開始
      1976年11月       愛知県名古屋市中区に名古屋営業所を開設

      1978年4月       東京都中央区日本橋堀留町に、ユニバーサルビル
             を建設、ユニバーサル販売㈱の本社を移転
      1979年12月       ㈱ユニバーサルの開発部門を分離独立させ、ユニ
             バーサルテクノス㈱を設立し、業務開始
      1980年3月                               栃木県小山市第三工業団地内に、新工場(小山第
                                     二工場)を建設、移転し、ゲームマシンの製造か
                                     ら風俗営業業界の回胴式マシーンへ進出
      1981年1月       福岡県福岡市博多区に福岡営業所を開設
      1982年5月       北海道札幌市白石区に北海道営業所を開設
      1983年2月       宮城県仙台市に仙台営業所を、鹿児島県鹿児島市
             に鹿児島営業所を開設
      1983年8月       新潟県新潟市に新潟営業所を開設
      1985年6月       青森県青森市に青森営業所を、香川県高松市に四
             国営業所を、兵庫県神戸市中央区に神戸営業所を
             開設
      1985年7月       広島県広島市中区に広島営業所を、岡山県岡山市
             に岡山出張所を開設
      1985年10月       栃木県宇都宮市に北関東営業所を開設
      1986年7月       東京都中央区日本橋浜町に、ユニバーサルテクノ
             ス㈱本社ビルを取得、移転
      1988年4月       東京都港区高輪にユニバーサル販売㈱本社ビルを                        鳥取県米子市に新たな生産拠点として米子工場を
             建設                        取得、同工場にてアミューズメント機の生産を開
                                     始
      1988年5月       静岡県静岡市に静岡営業所を開設
      1988年9月       大分県大分市に大分出張所を開設
      1990年7月       石川県金沢市に金沢出張所を開設
      1990年9月       福島県郡山市に郡山出張所を開設
      1992年4月       熊本県熊本市に熊本出張所を開設
                                   5/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                   事項
       年月     株式会社ユニバーサルエンターテインメント
             旧社名:アルゼ株式会社(ユニバーサル販売株式                               株式会社ユニバーサル
             会社、ユニバーサルテクノス株式会社)
      1992年7月       埼玉県大宮市に埼玉営業所を、神奈川県横浜市港
             北区に神奈川営業所を、千葉県千葉市中央区に千
             葉営業所を開設
      1992年8月       京都府京都市下京区に京都営業所を開設
      1993年4月       ユニバーサル販売㈱が㈱ユニバーサルを吸収合併                        ユニバーサル販売㈱との合併により消滅
      1993年7月
             東京都港区高輪のユニバーサル本社ビルに本社を移転
      1994年4月       茨城県水戸市に水戸営業所を開設
      1998年4月       ユニバーサルテクノス㈱はユニバーサル販売㈱を吸収合併の上、商号をアルゼ㈱に変更し、東京都江
             東区有明に本社を移転
      1998年9月       日本証券業協会に株式を店頭登録
      2000年10月       Aruze   USA,   Inc.(現連結子会社)の株式取得
      2000年10月       Aruze   USA,   Inc.がValvino       Lamore,    LLCへ出資
      2000年11月       日本アミューズメント放送㈱(現連結子会社)の株式取得
      2001年2月       千葉県四街道市に四街道テクノセンターを新設
      2002年9月       Valvino    Lamore,    LLCの全保有株式をWynn           Resorts,     Limitedへ現物出資
      2002年11月       ノーチラス㈱(アルゼグローバルトレーディング㈱へ商号変更)の株式取得
      2003年10月       北京アルゼ開発有限公司(現非連結子会社)設立
      2004年6月       米国ネバダ州にてゲーミング機器製造者ライセンスを取得し、Universal                                  Distributing       of  Nevada,
             Inc.(現Aruze       Gaming    America,     Inc.)の株式取得について承認を受ける
      2004年12月       日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2004年12月       米国ミシシッピ州にてゲーミング機器製造者ライセンスを取得し、Universal                                    Distributing       of
             Nevada,    Inc.の株式取得について承認を受ける
      2005年1月       豪州子会社及び南アフリカ子会社を有するUniversal                         Distributing       of  Nevada,    Inc.の株式を取得
             し、この3社を連結子会社とした
      2005年3月       Wynn   Resorts,     Limited及びその子会社が米国ネバダ州にてカジノ運営ライセンスを取得
      2006年5月       アルゼ分割準備㈱を設立
      2006年7月       米国ネバダ州にてゲーミング機器製造者ライセンスを取得(無期限更新可能)
      2007年4月       海外カジノ向けゲーミング機器事業をAruze                     Gaming    America,     Inc.に事業譲渡
             携帯サイト運営事業を会社分割し、アルゼメディアネット㈱を新設
      2007年9月
             ㈱ジャパン・レンタルサービス(アルゼレンタルサービス㈱へ商号変更)の株式取得
      2007年10月
             パチスロ・パチンコ事業の販売部門をアルゼマーケティングジャパン㈱(旧㈱システムスタッフ)
             に、同事業の開発部門を㈱セブンワークス(旧アルゼ分割準備㈱)に会社分割により承継
      2008年2月
             ARUZE   Investment      Co.,Ltd.(現連結子会社)を設立
      2008年6月
             委員会設置会社へ移行
      2008年8月
             フィリピンにおいてカジノリゾートを運営するためのプロビジョナルライセンスを取得
             Aruze   Gaming    America,     Inc.   が第三者割当増資を実施。また、当社所有の                     Aruze   Gaming    America,
             Inc.   株式の一部を譲渡
      2009年2月
             アルゼマーケティングジャパン㈱を存続会社としてアルゼグローバルトレーディング㈱、アルゼレン
             タルサービス㈱、㈱セブンワークスを吸収合併
      2009年3月
             当社所有の      Aruze   Gaming    America,     Inc.   全株式を譲渡
      2009年6月
             当社を存続会社として、アルゼマーケティングジャパン㈱を吸収合併
      2009年11月
             商号を㈱ユニバーサルエンターテインメントへと変更
      2010年3月
             フィリピンにおいて、当社グループのカジノプロジェクト(マニラ                               ベイ   リゾーツ)が経済特区認定
             を受けるとともに、カジノ事業の外資規制が解除された。
                                   6/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                    事項
       年月
             株式会社ユニバーサルエンターテインメント
             旧社名:アルゼ株式会社(ユニバーサル販売株式会社、ユニバーサルテクノス株式会社)
             ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場
      2010年4月
             監査役会設置会社へ移行
      2010年6月
             当社を存続会社として、アルゼメディアネット㈱を吸収合併
      2011年10月
             東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上
      2013年7月
             場
      2016年12月
             フィリピンにおけるカジノリゾート施設「オカダ・マニラ」のカジノ運営許可証を取得
             カジノ運営を開始
                                   7/109

















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社の企業集団は、当社、子会社21社及び関連会社4社により構成されており、パチスロ・パチンコ機等の遊技機
       及びその周辺機器の開発・製造・販売、統合型                      リゾート(IR)事業、         メディアコンテンツ事業等を行っております。
        当社の企業集団が営む事業内容と、当社と各社の当該事業に係る位置づけ並びにセグメントとの関係は、以下のと
       おりであります。(2018年12月31日現在)
        セグメントの名称                 主要な事業内容                       会社名
                                        当社、㈱メーシー、㈱エレコ、㈱ミズ

                   パチスロ・パチンコ機の開発・製造
                                        ホ、㈱アクロス、㈱ユニバーサルブロス
      遊技機事業
                   パチスロ・パチンコ機の販売、周辺機器
                                        当社
                   の開発・製造・販売、部材ユニット調達
                                        TIGER   RESORT,    LEISURE    AND

      統合型リゾート(IR)事業             カジノリゾート運営
                                        ENTERTAINMENT,INC.
                                        Aruze   USA,Inc.

                   投資管理
      その他
                    メディアコンテンツ事業                     当社
      ※上記のほかに連結子会社が5社、非連結子会社で持分法非適用会社が9社、関連会社で持分法適用会社が3社、関

       連会社で持分法非適用会社が1社あります。
                                   8/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       以上の状況についての事業系統図は次のとおりであります。(2018年12月31日現在)
         無印 連結子会社         12社











         ※1      非連結子会社        9社
         ※2 関連会社で持分法適用会社  3社
         ※3 関連会社で持分法非適用会社 1社
                                   9/109









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                                議決権の所有
          名称           住所         資本金        主要な事業の内容          割合又は被所       関係内容
                                                有割合(%)
      (親会社)

                                9,362,968
                                                被所有
                                     有価証券投資等
                   中国(香港)
      Okada   Holdings    Limited
                                  千HK$                  68.9
      (連結子会社)

      ㈱メーシー                                遊技機器の製造
                   東京都江東区             20百万円                    100
      (注)1
      ㈱エレコ

                                     遊技機器の製造
                   東京都江東区             10百万円                    100
      (注)1
      ㈱ミズホ
                                     遊技機器の製造
                   東京都江東区             10百万円                    100
      (注)1
      ㈱アクロス                                遊技機器の製造

                   東京都江東区              5百万円                    100
      ㈱ユニバーサルブロス                                遊技機器の製造

                   東京都江東区              5百万円                    100
      TIGER   RESORT,LEISURE      AND

                                8,699,745
                   フィリピン                                 99.9
                                     その他
      ENTERTAINMENT,INC.
                   (マニラ)               千PHP                 (99.9)
      (注)1(注)2
      Tiger   Resort   Asia  Limited
                               14,638,663
                                     その他
                   中国(香港)                                  100
      (注)1
                                  千HK$
      KO Dining   Group   Limited                         その他

                                  1HK$
                   中国(香港)                                  100
      Brontia   Limited

                                1,280,191
                                                    100
                                     その他
                   中国(香港)
      (注)1(注)2
                                  千HK$                  (100)
      Pananio   Limited
                                 19,811
                                                    100
                                     その他
                   中国(香港)
      (注)1(注)2
                                  千HK$                  (100)
      Aruze   USA,  Inc.
                   アメリカ
                                     その他
                                10US$
                                                    100
                   (ネバダ州)
      ARUZE   Investment     Co.,Ltd.
                   カンボジア
                                  4,000
                                                     49
                                     その他
                   (プノンペン)
      (注)2
                                 千Riels                   (49)
      (持分法適用関連会社)
                                     遊技機器の製造
                   東京都品川区             25百万円                     50
      ㈱ジーグ
      EAGLEⅠLANDHOLDINGS,INC.
                                 480,000
                   フィリピン                                  40
                                     その他
      (注)2
                   (マニラ)               千PHP                  (40)
                                     その他

      日本アミューズメント         放送㈱
                   東京都港区             50百万円                     79
       (注)1.特定子会社に該当しております。

          2.議決権の所有割合の(            )内は、間接所有の割合で内数であります。
          3.上記連結子会社のうち、             TIGER   RESORT,LEISURE      AND  ENTERTAINMENT,INC.        以外の連結子会社については、いずれも
           売上高(連結会社間の内部売上高を除く。)の連結売上高に占める割合がそれぞれ100分の10以下であるた
           め主要な損益情報等の記載を省略しております。
           TIGER   RESORT,LEISURE      AND  ENTERTAINMENT,INC.        については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の
           連結売上高に占める割合が10%を超えておりますが、当連結会計年度におけるセグメントの統合型リゾー
           ト(IR)事業の売上高に占める当該連結子会社の売上高(セグメント間の内部売上高又は振替高を含む。)
           の割合が100分の90を超えているため主要な損益情報等の記載を省略しております。
                                  10/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2018年12月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)

      遊技機事業                                        776

      統合型リゾート(IR)事業                                       6,865
       報告セグメント計                                       7,641
      その他                                         33
      全社(共通)                                        192
                  合計                           7,866
      (注)全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2018年12月31日現在
        従業員数(人)               平均年齢             平均勤続年数            平均年間給与(円)

               980          40才5ヶ月              9年2ヶ月              6,193,812
               セグメントの名称                            従業員数(人)

      遊技機事業                                        755

      統合型リゾート(IR)事業                                         0
       報告セグメント計                                        755
      その他                                         33
      全社(共通)                                        192
                  合計                            980
      (注)    1.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含めております。
          2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  11/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)  経営方針

        当社グループは、グローバルエンターテインメント企業として「楽しさ」を創造し、「夢のある社会」創りに貢献
       することを経営の基本方針としております。
        具体的には、パチスロ・パチンコ機及び周辺機器等の研究・開発・製造・販売を行うメーカーとして、ユーザーの
       皆さまに「楽しい!」を提供してまいります。また、フィリピン・マニラにおいて統合型リゾート施設「オカダ・マ
       ニラ」を展開していくことで、多くのお客様へ魅力あふれる総合的な「エンターテインメント」を体験していただく
       ことを通じて、世界中の皆さまを魅了してまいります。
       (2)  経営戦略等

        近年、少子化やレジャーの多様化等によって、パチスロ・パチンコ産業は緩やかな縮小傾向にあります。それに加
       え、パチスロ・パチンコ機の改正規則の施行により、メーカーの開発体制や製品供給に影響が出てきております。し
       かしながら、当社グループは、過去の規制強化の時期においても、一時的な落ち込みはあったものの、画期的なシス
       テムや魅力ある製品開発に成功し、業界を牽引してきた実績があります。今後も、コンテンツの強みや高い技術力を
       活かし、ユーザーの皆様に喜んでいただける魅力あふれる製品の開発とともに、コストダウン等のエンジニアリング
       面にも注力し、業績の維持拡大に努めてまいります。
        またフィリピン、マニラ・ベイ地区にて展開している統合型リゾート施設「オカダ・マニラ」の事業拡大を推進し
       ております。「オカダ・マニラ」では、非カジノ部門のアメニティも他の追随を許さない水準まで充実させ、中国、
       韓国を含むアジア諸国からのVIP客に加え、多くの国内客も取り込むことで営業規模を広げており、世界でも有数の
       最高級エンターテインメント・リゾート施設を目指してまいります。
       (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        遊技機事業     においては、市場調査と営業体制のさらなる強化を図るとともに、多様化する市場ニーズにマッチした
       パチスロ・パチンコ機を提供することで販売台数を確保し、市場シェアNo.1の地位を獲得します。また、業務効率の
       向上による筋肉質な経営体制を築き、安定的な黒字体質の構築を図ってまいります。
        フィリピンにおける          統合型リゾート(IR)事業           においては、調整後EBITDAを指標としてまいります。
       (4)  経営環境

        遊技機事業     においては、2018年2月からパチスロ・パチンコ機双方への改正規則が施行され、規制強化の影響が続
       く等、業界としても大きな変革期を迎えております。このような環境変化は市場への影響が高いものの、画期的なシ
       ステム、コンテンツやソフトの充実、技術力を活かせば新たな販売機会になると考えております。
        統合型リゾート(IR)事業においては、フィリピンでのカジノ市場は引き続き高い成長が見込まれるものの、カジ
       ノ、ホテル、エンターテインメント、飲食等の施設拡充、強化を着実に実行、差別化を図ることにより、事業拡大に
       邁進してまいります。
       (5)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       ① 遊技機事業
        国内のパチスロ・パチンコ機の規制強化の影響として                         2018年2月1日より「風俗営業等の規制及び業務の適正化等
       に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」が施行されました
       が、改正規則に対応した遊技機の市場導入も始まっており、改正規則や自主規制に対応した遊技機は市場活性化への
       注目が集まっております。このような環境変化は市場への影響が高いものの、同時に各メーカーにとっては新たな販
       売機会となると考えます。当社は、改正規則機への技術対応と生産体制の活用をもって、引き続きホール経営への貢
       献度の高い遊技機の提供を行ってまいります。
       ②特許戦略

        かねてから当社グループは、知的財産の創出と保護の重要性を認識し、特許申請書類の標準化などによって、より
       多くの優れた発明の権利化のための仕組み作りを進めてまいりました。また、それぞれの発明を技術分野ごとに取り
       まとめて出願する体制を確立することにより、申請書類の内容を充実させ、出願数に対する登録数の割合の向上を
       図ってまいりました。
        当社が取得した特許及び特許出願中の技術は、他社と比較しても極めて有効で実利的な内容であり、これらを最大
       限自社製品の開発に活かし、製品付加価値を向上させることで、他社製品と技術面での差別化を図り、当社グループ
       の事業における優位性を確保してまいります。さらに、特許ライセンス収入の確保を目的とした、特許活用戦略及び
       権利侵害に対する権利行使を強力に推進してまいります。
                                  12/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       ③ 統合型リゾート(IR)事業
        当社グループが運営する統合型リゾート施設「                      オカダ   ・マニラ    」 につきましては、最高級のホテル、国内外からの
       全てのお客様にご満足していただけるように、世界各国の料理を提供するファインダイニング、高級商業施設、世界
       最大級のマルチカラーの演出による噴水「ザ・ファウンテン」、東南アジア最大級のナイトクラブやビーチクラブを
       有する全天候ドーム型施設「コーブ・マニラ」等の施設を完備しており、全てのお客様に最高級の“非日常”を提供
       し続けることを目指しております。
        現在、    ホテル客室数の提供増等に注力しておりますが、今後も、VIP専用カジノを含むゲーミングエリアの拡充や
       レストランやショッピングモールの整備により、入場者数、宿泊者数の増大を図ってまいります。
      2【事業等のリスク】

        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況に関する事項のうち、投資家の判断に影響を及ぼす可能性のあ
       る項目は、以下のようなものがあります。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回
       避及び発生した場合の対応に努める方針でありますが、以下の記載は当社グループの事業に関するリスクを全て網羅
       するものではありません。
       (1)遊技機事業

        遊技機事業     においては、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」に基づき、国家公安委員会規則
       (遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則)で定められた「技術上の規格」に適合することが必要であり、機械
       ごとに指定試験機関(一般財団法人保安通信協会)による型式試験及び各都道府県の公安委員会の型式検定を受けて
       おります。これらの法律・規格の改廃が行われた場合においても、当社は業界の動向及び他社申請状況の分析に基づ
       き、計画的、戦略的に申請を実行いたしますが、行政当局の指導や業界による自主規制などにより大きな変更を余儀
       なくされた場合には、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
        また、業界における嗜好性等の変化、所得状況を含む国内の景気動向により、当社グループの業績は影響を受ける
       可能性があります。
       (2)為替リスク

        当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、グループ内の海外関係会社について各社の外貨建損益及び資
       産・負債を円換算して連結財務諸表に取り込むことから、為替レートの変動により、当社グループの業績は影響を受
       ける可能性があります。
       (3)訴訟関係

        当社グループでは係争中の案件が複数有り、これら訴訟の判決結果によっては、当社グループの業績は影響を受け
       る可能性があります。引き続き、訴訟リスクの回避に努力してまいりますが、第三者から新たに提訴された場合、そ
       の判決結果によっては、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
       (4)統合型リゾート(IR)事業

        当社グループでは、フィリピンにおいて統合型リゾート施設「オカダ・マニラ」を展開しております。フィリピン
       に限らず世界の経済環境の変動、為替市場における通貨変動といった経済的要因、また、フィリピン政府
       や"Philippine       Amusement     and  Gaming    Corporation      (PAGCOR)"の規制改正、税制改正といった事業環境の変動要因に
       より、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
                                  13/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      業績等の概要
      (1)業績
        当社は、前期(2017年12月期)より決算日を3月31日から12月31日に変更しており、比較対象となる2017年12月期
       と比較期間が異なることから、対前期増減率については記載しておりません。
        なお当連結会計年度より、わかりやすさを目的として、事業の名称を、パチスロ・パチンコ事業から遊技機事業                                                     (1)
       に、カジノリゾート事業を統合型リゾート(IR)事業                        (2) に、それぞれ変更しております。
          (1)遊技機事業:パチスロ・パチンコ及び周辺機器等の研究、開発、製造及び販売事業
          (2)      統合型リゾート(IR)事業:カジノ、ホテル、飲食、リテイル&リーシング、エンターテインメント及
       び            不動産開発等の事業
                                               親会社株主に帰属する

         2018年12月期            売上高          営業損益         経常損益
                                                  当期純損益
        個別(百万円)               44,602         △10,848          224,360           208,794
        連結(百万円)               93,267         △17,972           67,232          161,168

        当連結会計年度における日本経済は、                   雇用・所得環境の改善が続く中、個人消費の持ち直しなど緩やかな                               回復傾向

       がみられました       。また、当社が       統合型リゾート(IR)事業           を手掛けるフィリピンにおいても、現政権による政治・経済
       面での安定した運営により、高い経済成長が続いております。
        長期的に緩やかな縮小傾向にあるパチスロ・パチンコ産業においては、                                  パチスロ・パチンコ機の改正規則の施行に
       より、当社及び業界全体の開発体制や製品供給にも影響が出てきております。                                     また、フィリピンにおけるカジノリ
       ゾートビジネスは、カジノ税優遇などの規制環境の恩恵を享受しつつ、高い成長をみせており、当社の事業規模、売
       上げも拡大基調にあります。
        当連結会計年度においては、統合型リゾート(IR)事業が本格的に立ち上がり売上高、売上原価、販管費とも増加し

       たことから、売上高は          93,267百万円、営業損失は17,972百万円、ウィン・リゾーツ社と和解契約を締結し、営業外収
       益として受取利息を74,471百万円、特別利益として和解による株式償還差益158,796百万円を計上したこともあり、
       経常利益は67,232百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は161,168百万円となりました。
       ① 遊技機事業

        当連結会計年度における            遊技機事業     の売上高は42,368百万円、営業損失は1,705百万円となりました。
        遊技機業界においては2018年2月1日から施行された「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規
       則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」の影響により、遊技機市場は低調に推移
       しております。しかしながら改正規則に対応した遊技機の市場投入も始まり今後の集客及び活性化に向けて注目を集
       めております。
        当社においても今後の市場活性化に向けて、より遊びやすく独自性のあるゲーム性を備えた遊技機の創出が求めら
       れており、改正規則に則した遊技機の開発を積極的に進めております。
        かかる状況下で当社は、顧客であるパチンコホールの「集客貢献」を行う方針のもと販売活動を行いました。パチ
       スロ機においては、現在市場でも圧倒的な人気の「アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-」の最新作である
       『アナザーゴッドハーデス-冥王召喚-』、名機復活シリーズとして『アレックス』等の販売を行いました。パチンコ
       機においては、パチスロ市場でも高い人気を誇るバジリスクシリーズを用いたパチンコ機『CRバジリスク~甲賀忍法
       帖~弦之介の章』、GODシリーズ最新作である『CRミリオンゴッド                               ディセント』等の市場投入を行いました。
       ② 統合型リゾート(IR)事業

        当連結会計年度における             統合型リゾート(IR)事業            の 売上高     は 48,939百万円、営業損失は6,206百万円となりま
                                   (1)
       した。   また、当連結会計年度における統合型リゾート(IR)事業の調整後EBITDA                                   は4,088百万円となり、各四半期
                                            (2)
       の調整後EBITDAは年間を通じて成長し続けました。
        統合型リゾート施設「オカダ・マニラ」では、ホテル客室やレストランといった稼働施設の拡張、VIPカジノエリ
       アのオープン、大手ジャンケット                 の運営開始、マス向けマーケティング施策の実施等の効果により、売上高は大
                      (3)
       きく増加しました。2018年のフィリピン・カジノ市場は年率13%増という他国では見られない高い成長率を継続して
       いますが、その中でも、統合型リゾートとしての追加施設がオープンし、施設規模及びサービス品質の両面において
       差別化してきたオカダ・マニラのマーケットシェアは大きく拡大しました。
        ホテル稼働率は98.3%と年間を通じて高い水準を維持しました。タワーAのホテル客室は第4四半期中に全室オー
       プンし、より多くのゲストにこのエンターテインメント・リゾート施設を体験していただく環境が整いました。
                                  14/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        さらに、第4四半期には、マニラ湾を望む3万平方メートルの広大な庭園「ザ・ガーデン」や、カジノフロア内で
       ライヴミュージックを楽しめるエンターテインメント・バー「ザ・コーラル・ラウンジ」が新たにオープンしまし
       た。  これらの影響もあり、月間来場者数は過去最高を更新し続けています。
        当グループが株式の40%を保有する持分法適用関連会社Eagle                              I Landholdings,       Inc.は、保有する19,952平方メー

       トルの土地を、4,341百万フィリピン・ペソ(約9,419百万円)で売却しました。当土地売却に伴い、Tiger                                                  Resort,
       Leisure    & Entertainment,        Inc.において当土地のリース権解除による収益1,645百万フィリピン・ペソ(税込、約
       3,568百万円)が発生しました。当土地売却に伴う当グループに帰属する営業外収益の合計は、2,751百万フィリピ
       ン・ペソ(約5,969百万円)となります。なお、当土地売却後、Eagle                                   I Landholdings,       Inc.が保有し、Tiger
       Resort,    Leisure    & Entertainment,        Inc.にリース中の土地の総面積は計285,180平方メートルとなります。その他、
       Tiger   Resort,    Leisure    & Entertainment,        Inc.は102,861平方メートルの土地を、道路として開発・再整備・使用・
       管理する権利を有しています。
        また、当連結会計年度に複数の不動産事業の収益の計上を予定しておりましたが、そのうちの一つの不動産取引が
       収益の計上基準を満たさなかったため、次期以降の連結会計年度に収益を計上する方針であります。
           (1)売上高は、総売上高からゲーミング税及びジャックポット費用を控除したものです。
           (2)調整後EBITDA         =  営業損益     + 減価償却費及び償却費           + その他の調整項目
           (3)ジャンケットとは、VIPプレーヤー個人やVIP団体客をカジノに集客する中間業者のこと。カジノホテ
              ルは、VIPカジノルームの一部をジャンケットに対して貸し出します。
       ③その他

        当連結会計年度におけるその他の売上高は1,722百万円、営業利益は972百万円となりました。
        メディアコンテンツ事業においては、                   『SLOTギルティクラウン』『CRバジリスク~甲賀忍法帖~弦之介の章』など
       4本のシミュレーターアプリをApp                 Store・Google       Playにて配信いたしました。また、市場で高稼働を続けているパ
       チスロ機『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』のシミュレーターアプリにおいて、各種機能を追加した大型アップデート
       を行い、ユーザーの皆様から好評をいただいております。
        さらに新たな取り組みとして、ビデオスロットをメインにしたソーシャルゲーム「スロットストリート」をアメリ
       カ・カナダ・オーストラリアで配信いたしました。
                                  15/109











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      (2)生産、受注及び販売の実績
        前連結会計年度は、決算期変更に伴い、2017年4月1日から2017年12月31日までの9ヶ月間となっております。こ
       のため、前年同期比については記載しておりません。
       ①生産実績

         当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
           セグメントの名称                  (自 2018年1月1日                   前年同期比(%)
                              至 2018年12月31日)
     遊技機事業     (百万円)
                                    37,589                   -
            合計(百万円)                        37,589                   -
      (注)1.金額は販売価格によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.  統合型リゾート(IR)事業           及びその他事業については、提供するサービスの性質上、生産実績の記載になじま
           ないため、当該記載を省略しております。
       ②受注実績

         当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                            受注残高
         セグメントの名称             受注高(百万円)          前年同期比(%)                   前年同期比(%)
                                           (百万円)
     遊技機事業                      41,872            -          60          -
            合計               41,872            -          60          -
      (注)1.金額は販売価格によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.  統合型リゾート(IR)事業           及びその他事業については、提供するサービスの性質上、受注実績の記載になじま
           ないため、当該記載を省略しております。
       ③販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                               当連結会計年度
           セグメントの名称                  (自 2018年1月1日                   前年同期比(%)
                              至 2018年12月31日)
     遊技機事業     (百万円)
                                    42,368                   -
     統合型リゾート(IR)事業           (百万円)
                                    48,939                   -
     その他(百万円)                               1,722                   -
            合計(百万円)                        93,030                   -
      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.  相手先別販売実績に対する割合が100分の10以上の販売先はありません。
         4.上記販売高のほか、各報告セグメントに配分していない全社販売高236百万円があります。
                                  16/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (3)財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
         以下の当社グループに関する財政状態及び経営成績の分析等の内容は、原則として連結財務諸表に基づいて分析
        した内容であります。なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断
        したものであります。
       ①重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
        おります。この連結財務諸表の作成に当たりまして、必要と思われる見積りは、合理的な基準に基づいて実施して
        おります。
         詳細につきましては、「第5経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作
        成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。
       ②財政状態の分析

        (資産の部)
          当連結会計年度における総資産の額は、現金及び預金が                           10,267百万円増加、たな卸評価損を計上したこともあ
        り、原材料及び貯蔵品が7,201百万円減少、統合型リゾート事業(IR)施設(OKADA                                       MANILA)における建設の進行
        に伴い、建設仮勘定から各固定資産勘定に振替えられたこともあり、建物及び構築物(純額)が211,936百万円増
        加、機械装置及び運搬具(純額)が14,758百万円増加する一方、建設仮勘定が210,617百万円減少、ウィンリゾー
        ト社と和解契約を締結してウィンリゾート社の株式を償還したことから、投資有価証券が48,349百万円減少したこ
        となどにより、前連結会計年度末に比べ33,070百万円減少の510,677百万円となりました。
        (負債の部)

         当連結会計年度における負債の額は、ウィンリゾート社と和解契約を締結し、和解金を使用して2018年5月に当
        社の私募債、連結子会社であるTRLEI社における長期借入金を返済する一方、2018年12月に私募債を発行して資金
        調達を行ったことから、社債が83,613百万円減少、長期借入金が84,120百万円減少したことなどにより、前連結会
        計年度末に比べて177,187百万円減少の135,613百万円となりました。
        (純資産の部)

          当連結会計年度における純資産の額は、利益剰余金が161,168百万円増加する一方、フィリピンペソの円高に
        より、為替換算調整勘定が16,138百万円減少したことなどにより、前連結会計年度末に比べ144,117百万円増加の
        375,063百万円となりました。
       ③経営成績の分析

        前連結会計年度において決算期変更を行い、9か月間の変則計算になっており、当連結会計年度と比較対象期間が
        異なるため、対前期増減率については記載しておりません。
        (売上高)

         当連結会計年度における売上高は、93,267百万円となりました。売上高については、「業績等の概要」の(1)
        業績に記載したとおりですが、統合型リゾート(IR)事業において、VIP、ジャンケット向ビジネスが本格的に立
        ち上がり、該当する売上の計上が本格化致しました。
        (売上原価)

         売上原価の総額は        54,026百万円となりました。統合型リゾート(IR)事業において、VIP、ジャンケット向ビジ
        ネスが本格的に立ち上がり、VIP、ジャンケットに対する支払手数料の計上が本格化いたしました。これに伴い売
        上原価率も57.9%となりました。
        (販売費及び一般管理費)

         販売費及び一般管理費の総額は、57,212百万円となりました。統合型リゾート(IR)事業において、建設の進行
        に伴い建設仮勘定から建物及び構築物への振替が増加した結果、減価償却費の計上が急増、ビジネス規模拡大に伴
        う人件費増加がみられました。
        (営業外損益)

         営業外収益は87,518百万円、営業外費用は、2,313百万円となりました。主にウィンリゾート社と和解契約を締
        結したこともあり受取利息を74,761百万円、私募債を早期償還したこともあり為替差益を6,548百万円計上したこ
        とによるものです。
                                  17/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (特別損益)
         特別利益は158,877百万円、特別損失は16,319百万円となりました。主にウィンリゾート社と和解契約を締結し
        たこともあり和解による株式償還差益を158,796百万円、一方で、生産・販売で使用目的のない旧規則機のたな卸
        資産に対するたな卸資産評価損を7,440百万円、社債を期限前に償還したことから社債償還損を4,693百万円計上し
        たことによるものです。
         以上の結果、親会社株主に帰属する当期純利益は                       161,168百万円、1株当たり当期純利益は2,037.75円となりま

        した。
       ④キャッシュ・フローの分析

         当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、社債の償還、長期借入金の返済による支出、建設工事

        に伴う支出(有形固定資産の取得による支出)で減少したものの、和解による株式償還による収入、社債の発行によ
        る収入等が増加したこと等により、前連結会計年度末に比べて10,276百万円増加し、45,870百万円となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

        <営業活動によるキャッシュ・フロー>
         営業活動によるキャッシュ・フローは、15,280百万円の収入となりました。これは、税金等調整前当期純利益を
        209,790百万円計上したことに加え、和解による株式償還差益158,796百万円、及び法人税等の支払額51,539百万円
        によるものです。
        <投資活動によるキャッシュ・フロー>
         投資活動によるキャッシュ・フローは、154,849百万円の収入となりました。これは、主に有形固定資産の取得
        による支出49,916百万円、和解による株式償還による収入207,218百万円によるものです。
        <財務活動によるキャッシュ・フロー>
         財務活動によるキャッシュ・フローは、163,173百万円の支出となりました。これは、長期借入金の返済による
        支出78,208百万円、社債の償還による支出148,575百万円、及び社債の発行による収入66,512百万円によるもので
        す。
         なお当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、次のとおりです。

         資金需要は統合型リゾート施設「Okada                    Manila」の建築費用、遊技機事業の材料費、製造費、販売費及び一般管
        理費等の営業費用が主なものであります。投資活動については研究開発費、自己株式取得等によるものでありま
        す。これらの資金需要に対する資金財源は、手持資金、私募債、金融機関からの借入により必要とする資金を調達
        しております。当連結会計年度末における社債・借入金等有利子負債の残高は82,358百万円、現金及び現金同等物
        の残高は45,870百万円となっております。
                                  18/109









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      (4)経営成績に重要な影響を与える要因について
       経営成績に重要な影響を与える要因については、                       「4事業等のリスク」に記載のとおりであります。
      (5)経営戦略の現状と見通し

       ① 遊技機事業
        遊技機業界におきましては、パチスロ機市場において、改正規則や自主規制に対応した遊技機(6号機)の期待
       が高まってきております。パチンコ機市場においては、昨年末に改正規則に対応した自主規制の項目を変更したこ
       とにより、バリエーションのある遊技機の登場が予測されております。当社グループとしては、これらの変革期を
       好機と捉え、遊技機、周辺機器販売を通じてホールの稼働向上を目的としたトータル提案営業を行い、ホールの
       パートナーとして活動してまいります。
        2019年12月期の遊技機販売として6号機第一弾となるパチスロ機『アナザーハナビ弥生ちゃん』の販売を開始し
       ております。『アナザーハナビ弥生ちゃん』は当社の新規則適合第一弾であり“遊びやすさの上に圧倒的なスピー
       ド感”を兼ね備え幅広いユーザーに楽しんでいただけるパチスロ機になっております。
        このように当社は、改正規則等に対応した、より遊びやすく幅広いファンの皆様に楽しんでいただけるような魅
       力的な遊技機創出に努めてまいります。また魅力的な遊技機を通して、パチスロ・パチンコ業界全体の活性化に貢
       献してまいります。
       ② 統合型リゾート(IR)事業

        統合型リゾート施設「オカダ・マニラ」では、引き続き稼働施設の拡張に注力してまいります。
        タワーBホテルの客室数がさらに増えることで、カジノ事業が引き続き成長し、団体客のイベントや海外ツアー客
       のさらなる受け入れも見込まれます。
        VIP向けカジノでは、既存のジャンケットによる継続的な収益増加に加え、新たに契約予定のジャンケットによる
       売上高追加が期待されます。なお、ローリングチップ数                           に対する勝率は、2.7%から3.0%を想定しています。
                                 (1)
        また、マスマーケット向けカジノにおいても、マーケティング施策の継続・改善と、さらなる施設拡張に伴う成
       長が見込まれます。ホテル客室数や、ショッピングモール店舗、その他施設の追加によって、リゾート全体への来
       場者数が増え、マスマーケット向けのカジノ売上高が増加すると予想します。
        加えて、その他売上高(ホテル、飲食、リテイル、エンターテインメント)においても、さらなる施設の拡大や
       サービス品質の向上だけでなく、MICE                   誘致等による収益増加に向けた取り組みを強化する予定です。
                         (2)
        当社グループは、         統合型リゾート(IR)事業           の中核会社であるTiger           Resort,    Leisure    and  Entertainment,        Inc.の
       成長を加速させるために、フィリピンにおける                      統合型リゾート(IR)事業           の2019年中の株式公開に向けて準備を進め
       ております。当社は、株式公開準備としてフィリピン証券取引所に上場しているAsiabest                                           Group   International
       Inc.の株式の66.6%を取得したことを、2019年2月4日に発表しました。今後については、詳細等が決まり次第、
       順次開示してまいります。
           (1)ローリングチップ数とは、ローリングチップ(VIP向けチップ)を使って、プレーヤーが賭けて失った
              額の合計です。
           (2)MICEとは、ミーティング・インセンティヴ・カンファレンス・エキシビションの略で、企業による会
              議・セミナー、報奨・研修旅行、国際会議や展示会・見本市といったビジネスイベントの総称です。
       ③その他

        メディアコンテンツ事業においては、引き続きApp                         Store・Google       Play  にて高品質なシミュレーターアプリを提
       供してまいります。
        国内外で展開している「スロットストリート」においては、今後も新規タイトル及び機能の追加を行うことで、
       ユーザー数の増加及び満足度の向上に努めてまいります。また海外マーケットでは、既に配信している3ヶ国に加
       え、さらなるワールドワイドな展開を予定しております。
        今後もユーザーの皆様のご期待に応えられるようなサービスを展開してまいります。
                                  19/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      (6)資本の財源及び資金の流動性についての分析
       ①キャッシュ・フローの状況

         キャッシュ・フローの状況につきましては、「第2事業の状況 1業績等の概要 (3)財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フローの状況の分析 ④キャッシュ・フローの分析」に記載のとおりであります。また、キャッ
        シュ・フロー指標のトレンドは、以下のとおりであります。
       ②キャッシュ・フロー指標のトレンド

                   2015年3月期         2016年3月期         2017年3月期         2017年12月期         2018年12月期
                       75.9         61.7         45.6         42.6         73.4

      自己資本比率(%)
      時価ベースの自己資本
                       49.9         37.1         49.4         60.2         49.4
      比率(%)
      キャッシュ・フロー対
                       19.4         4.4        10.1          -        5.4
      有利子負債比率(年)
      インタレスト・カバ
                        3.9        45.4         81.4          -        8.6
      レッジ・レシオ(倍)
       自己資本比率:自己資本/総資産

       時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
       キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
       インタレスト・カバレッジ・レシオ:キャッシュ・フロー/利払い
       (注1)いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
       (注2)株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
       (注3)キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
       (注4)有利子負債は連結貸借対照表に計上されている負債のうち、利子を支払っている全ての負債を対象としてお
          ります。
       (注5)2017年12月期につきましては、営業キャッシュ・フローがマイナスのため、キャッシュ・フロー対有利子負
          債比率及びインタレスト・カバレッジ・レシオを記載しておりません。
      (7)経営者の問題認識と今後の方針について

        「1経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおりであります。
                                  20/109










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        (1)当社及び当社子会社Aruze                USA  Inc.はWynn      Resorts    Limited    (以下「ウィン・リゾーツ社」という。)と
        の間で、2018年3月8日(米国現地時間)に、和解契約を締結し、民事訴訟における双方の全ての請求を取り下げる
        こと、ウィン・リゾーツ社が2018年3月31日までに、総額26億3,200万ドルを当社グループに支払うことで合意し
        ました。
         当該和解契約に基づく会計上の影響額は、「第5                        経理の状況      2  財務諸表等      注記事項(追加情報)」に記載の
        とおりです。
        (2)当社は、統合型リゾート施設「オカダ・マニラ」に関連する資金調達等のため、2018年12月11日に、以下の

        とおり私募債を発行しております。
                 株式会社ユニバーサルエンターテインメント2021年満期海外私募債
         ①    発行日
                 2018年12月11日
         ②    発行総額
                 6 億米ドル
         ③    発行価格
                 額面の99%
         ④    利率
                 年率8.5%
         ⑤    償還期限
                 2021年12月11日
                 「オカダ・マニラ」の建設費用及びTiger                    Resort    Asia   Limitedに
         ⑥    資金使途
                 よる借入れの返済等
      5【研究開発活動】

         当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発活動の金額は5,485百万円です。
         なお、当社グループにおける研究開発活動の状況は以下のとおりです。
        (1)遊技機事業

         遊技機事業においては、現行の法律・規格の中でも十分に市場に受け入れられる、魅力あふれるゲーム性・出玉
        性能を有する遊技機を提供すべく注力しております。遊技機事業に係る研究開発費は4,786百万円であります。
        (2)統合型リゾート(IR)事業

         統合型リゾート(IR)事業に係る研究開発費はございません。
        (3)その他

         その他に係る研究開発費は698百万円であります。
                                  21/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度においては、フィリピンでの統合型リゾート(IR)プロジェクトに係る建設工事等のため、44,701
        百万円の設備投資を実施しました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
        (1)提出会社
                                                   (2018年12月31日現在)
                                         帳簿価額
       事業所名                                                 従業員数
               セグメントの名称         設備の内容      建物及び構     機械装置及       土地
       (所在地)                                                  (人)
                                               その他      合計
                              築物     び運搬具
                                         (百万円)
                                               (百万円)     (百万円)
                              (百万円)     (百万円)     (面積㎡)
     本社        遊技機事業          開発業務施設

                                 398      179      -     865    1,444      699
              その他          統括業務施設
     (東京都江東区)
              遊技機事業
     四街道工場                                      5,240
                        製造設備        3,117      2,101          1,730     12,190      111
              その他
     (千葉県四街道市)                                     (74,373)
     小山工場                                       361
              遊技機事業          製造設備
                                 116      -          -     477     -
     (栃木県小山市)                                     (9,520)
                                            256
     東京支店他
              遊技機事業          販売設備
                                 139      -           2    398     151
     18支店                                      (603)
     岡田美術館
     (神奈川県        その他          美術館施設
                                5,575       7     -     183    5,766      19
      足柄下郡箱根町)
      (注)1.帳簿価額のうち、「その他」は、主に工具、器具及び備品であり、建設仮勘定を含んでおりません。
           なお、金額には消費税等を含めておりません。
         2.上記の他、主要な賃借及びリース設備として以下のものがあります。
                                                 (2018年12月31日現在)
                                                     年間賃借及び

        事業所名                                 従業員数
                 セグメントの名称              設備の内容                土地面積      リース料
       (所在地)                                  (人)
                                                      (百万円)
     本社          遊技機事業             開発業務施設
                                            699       -       360
     (東京都江東区)          その他             統括業務施設(賃借)
        (2)国内子会社

           国内子会社について主要な設備はありません。
        (3)在外子会社

                                        帳簿価額

               事業所名                                         従業員数
                   セグメン
        会社名               設備の内容
                            建物及び     機械装置及
              (所在地)     トの名称                    建設仮勘定      その他      合計     (人)
                            構築物     び運搬具
                                       (百万円)      (百万円)      (百万円)
                            (百万円)     (百万円)
     TIGER   RESORT,
                   統合型
              本社         カジノリ
     LEISURE   AND           リゾー
                             186,965      27,437      78,650      3,411     296,465      6,865
              (マニラ)         ゾート施設
                   ト(IR)
     ENTERTAINMENT,INC.
      (注)帳簿価額のうち、「その他」は、主に工具、器具及び備品であります。
                                  22/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。ま
       た、経営管理効率向上のためのシステムインフラ整備も推進しております。設備計画は原則的に連結会社各社が個別
       に策定しておりますが、計画策定に当たってはグループ会議において提出会社を中心に調整を図っております。
        なお、当連結会計年度末における重要な設備の新設計画は、次のとおりであります。
       重要な設備の新設

                              投資予定金額                着手及び完成予定年月
                                                         完成後
       会社名          セグメントの
              所在地          設備の内容               資金調達方法                   の増加
       事業所名           名称
                              総額    既支払額
                                              着手      完了    能力
                            (百万円)     (百万円)
     当社
              千葉県          製造用機械               自己資金
                  遊技機事業                  ー         2019年1月      2019年12月        ー
                              4,483
             四街道市           装置等              及び借入金
     四街道工場
     TIGER
     RESORT,LEISURE
                                      借入金及び親
                  統合型リゾー       統合型リ
     AND
              マニラ                319,576     304,714    会社からの出       2016年7月      2020年6月        ー
                  ト(IR)事業      ゾート施設
                                      資
     ENTERTAINMENT,
     INC.
     (注)1.連結グループにおける同地区での設備投資計画を集計しております。
        2.完成後の増加能力につきましては、合理的な算出が困難なため、記載を省略しております。
                                  23/109














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           324,820,000
                  計                               324,820,000
        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数                         上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                      は登録認可金融商品取引                内容
                            (2019年3月26日)
               (2018年12月31日)                         業協会名
                                        東京証券取引所
                                                      単元株式数
     普通株式             80,195,000             80,195,000        JASDAQ
                                                       100株
                                        (スタンダード)
        計          80,195,000             80,195,000             -           -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発
          行された株式数は含まれておりません。
                                  24/109














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
                                   2014年6月26日定時株主総会決議

           決議年月日
                                   及び2014年10月31日取締役会決議
                                   当社従業員      43名
           付与対象者の区分及び人数(名)
           新株予約権の数(個)※
                                   544  (注)1
           新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び                      数
                                   普通株式 54,400
           (株)※
           新株予約権の行使時の払込金額(円)※                        1,813(注)2
           新株予約権の行使期間※

                                   自 2016年12月23日 至 2024年10月30日
           新株予約権の行使により株式を発行する場合の株                        発行価格  2,524
           式の発行価格及び資本組入額(円)※                        資本組入額 1,262
           新株予約権の行使の条件※                        (注)3
                                   譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役
           新株予約権の譲渡に関する事項※
                                   会の決議による承認を要するものとする。
           組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                   (注)4
           事項   ※
          ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年2
            月28日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月
            末現在に係る記載を省略しております。
          (注)1      本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、100株とす
               る。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当て
               を含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただ
               し、かかる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株
               式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるもの
               とする。
               調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
                また、本新株予約権の割当日後、当社が合併または会社分割を行う場合その他これらの場合に準
               じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるもの
               とする。
             2 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株あたりの払込金額

              (以下、「行使価額」という。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
               行使価額は、1,813円とする。
               本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を
               調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                      1
               調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                  分割・併合の比率
                また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行また

               は自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株
               式交換による自己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1
               円未満の端数は切り上げる。
                                          新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                                 既発行株式数       +
                                            新規発行前の1株当たり時価
               調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                       既発行株式数       +  新規発行株式数
                                  25/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                上記の算式において、「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普
               通株式にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う
               場合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
                さらに、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他こ
               れらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価
               額の調整を行うことができるものとする。
             3 新株予約権の行使の条件

              ①新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても当社または当社の関係会社                                      (財務諸表等の用
               語、様式及び作成方法に関する規則第8条(定義)の定義による。)                                の取締役または従業員である
               ことを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認
               めた場合は、この限りではない。
              ②新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
              ③本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過するこ
               ととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
              ④ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
             4   当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または

              株式移転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の
              効力発生日に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホま
              でに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞ
              れ交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸
              収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画におい
              て定めた場合に限るものとする。
              ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
               新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
              ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
               再編対象会社の普通株式とする。
              ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
               組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記1に準じて決定する。
              ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
               交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の
               うえ、上記2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に上記4③に従って決定さ
               れる当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
              ⑤新株予約権を行使することができる期間
               本新株予約権に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から本
               新株予約権に定める行使期間の末日までとする。
              ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
               本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事
               項に準じて決定する。
              ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
               譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
               る。
                                  26/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
           決議年月日                        2017年9月21日取締役会決議

                                   当社取締役      7名、当社     執行役員     4名、
           付与対象者の区分及び人数(名)
                                   当社  従業員    1名
           新株予約権の数(個)※                        4,000(注)1
           新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び                      数
                                   普通株式 400,000(注)2
           (株)※
           新株予約権の行使時の払込金額(円)※                        4,463(注)3
           新株予約権の行使期間※

                                   自 2020    年4月1日       至 2024    年10月5日
                                   発行価格  4,543
           新株予約権の行使により株式を発行する場合の株
           式の発行価格及び資本組入額(円)※
                                   資本組入額 2,272
           新株予約権の行使の条件※                        (注)4
                                   譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役
           新株予約権の譲渡に関する事項※
                                   会の決議による承認を要するものとする。
           組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する
                                   (注)5
           事項   ※
          ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年2
            月28日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月
            末現在に係る記載を省略しております。
          (注)1 本新株予約権は、新株予約権1個につき8,000円で有償発行しております。
             2 新株予約権の目的となる株式の数

               本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、100株とす
              る。なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを
              含む。以下同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、か
              かる調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数に
              ついてのみ行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
              調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
               また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他
              これらの場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に
              調整されるものとする。
             3   新株予約権の行使時の払込金額

               本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込金額
              (以下、「行使価額」という。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
               行使価額は、本新株予約権発行にかかる取締役会決議日の前取引日である2017年9月20日の東京証
              券取引所JASDAQ(スタンダード)市場における当社株式の普通取引終値の150%である金4,463円とす
              る。
               なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使
              価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                  27/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                     1
               調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                  分割・併合の比率
               また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または
              自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交
              換による自己株式の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満
              の端数は切り上げる。
                                          新規発行株式数        ×  1株当たり払込金額
                                 既発行株式数       +
                                            新規発行前の1株当たり時価
               調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                       既発行株式数       +  新規発行株式数
               なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普
              通株式にかかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場
              合には、「新規発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
               さらに、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他これ
              らの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の
              調整を行うことができるものとする。
             4 新株予約権の行使の条件

              ①新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」という。)は、以下の(i)または
               (ii)のいずれかの条件を満たした場合に限り、本新株予約権の全部又は一部を行使することがで
               きる。なお、国際財務報告基準の適用等により参照すべき経常利益等の概念に重要な変更があった
               場合には、別途参照すべき指標を取締役会にて定めるものとする。
               (i)2018年12月期及び2019年12月期の経常利益(監査済みの当社連結損益計算書または損益計算
                  書の経常利益をいう。以下同じ。)が次の各号に定める全ての条件を達成している場合。
                 (a)2018年12月期の経常利益が300億円を超過していること。
                 (b)2019年12月期の経常利益が320億円を超過していること。
               (ii)2018年12月期及び2019年12月期の経常利益の累積額が800億円を超過した場合。
              ②新株予約権者は、上記4①に加え、本新株予約権の割当日から本新株予約権の行使期間の終期に至
               るまでの間において、金融商品取引所における当社普通株式の普通取引終値が一度でも本新株予約
               権の行使価額(但し、上記3に準じて取締役会により適切に調整されるものとする。)の130%以
               上となった時点よりも後に限り、本新株予約権を行使することができる。
              ③新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社または当社関係会社(財務諸表等の用
               語、様式及び作成方法に関する規則第8条(定義)の定義による)の取締役、監査役または従業員
               であることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他の正当な理由があると取締
               役会が認めた場合は、この限りではない。
              ④新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
              ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過
               することとなる場合、その他法令に違反する場合は、当該本新株予約権の行使を行うことはできな
               い。
              ⑥各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
             5 組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

              当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株
              式移転(以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効
              力発生日に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまで
              に掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ
              交付することとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収
              合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において
              定めた場合に限るものとする。
              ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
               新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
              ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
               再編対象会社の普通株式とする。
                                  28/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
              ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
               組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記2に準じて決定する。
              ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
               交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案の
               うえ、上記3で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記5③に従って決定
               される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
              ⑤新株予約権を行使することができる期間
               本新株予約権に定める          行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から                                  本
               新株予約権に定める         行使期間の末日までとする。
              ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
               本件新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する
               事項に準じて決定する。
              ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
               譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
                る。
              ⑧その他新株予約権の行使の条件
               本新株予約権の行使の条件            に準じて決定する。
              ⑨新株予約権の取得事由及び条件
               本件新株予約権の取得事由及び条件に準じて決定する。
              ⑩その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
           決議年月日                        2017年3月9日取締役会決議

           新株予約権の数(個)※                        5,000

           新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)※                         ―

           新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び                      数
                                   普通株式 500,000(注)1
           (株)※
           新株予約権の行使時の払込金額(円)※                        5,000(注)2
           新株予約権の行使期間※

                                   自 2017年3月28日 至 2020年3月27日
                                   発行価格  5,011
           新株予約権の行使により株式を発行する場合の株
           式の発行価格及び資本組入額(円)※
                                   資本組入額 2,506
           新株予約権の行使の条件※
                                   本新株予約権の一部行使はできないものとする。
           新株予約権の譲渡に関する事項※                         ―

           組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する

                                   ―
           事項   ※
          ※ 当事業年度の末日(2018年12月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2019年2
            月28日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月
            末現在に係る記載を省略しております。
          (注)1 本新株予約権の目的である株式の総数は500,000株(本新株予約権1個当たりの目的である株式の数
              (以下「割当株式数」という。)は、100株)とする。なお、当社が株式分割又は株式併合を行う場
              合、次の算式により本新株予約権の目的である株式の数を調整するものとする。但し、かかる調整
              は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない本新株予約権の目的である株式の数について
              行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
              調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
               その他、本新株予約権の目的である株式の数の調整を必要とする事由が生じたときは、当社は取締
              役会決議により、合理的な範囲で本新株予約権の目的である株式の数を適宜調整するものとする。
                                  29/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
             2 本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法は、次のとおりとする。
               ⑴ 各本新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、その価額は行使価額(以下に定義
                する。)に割当株式数を乗じた額とする。但し、これにより1円未満の端数を生じる場合は、こ
                れを切り捨てる。
               ⑵ 本新株予約権の行使により当社が当社普通株式を交付する場合における株式1株当たりの出資
                される財産の価額(以下「行使価額」という。)は、当初、5,000円とする(以下「当初行使価
                額」という。)。
               また、行使価格の調整においては、次のとおりとする。
               ⑶ 当社は、本新株予約権の割当日後、本項第(4)号に掲げる各事由により当社普通株式が交付さ
                れ、発行済普通株式数に変更を生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合は、次に定める算
                式(以下「行使価額調整式」という。)をもって行使価額を調整する。
                                            交付普通          1株当たりの
                                                   ×
                                             株式数          払込金額
                                   既発行株式数       +
                                             新規発行前の1株当たり時価
                調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                        既発行株式数       +  新規発行株式数
               ⑷  行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及びその調整後の行使価額の適用時期につい
                ては、次に定めるところによる。
                                  30/109















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                ① 本項第(6)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに発行し、又は

                 当社の保有する当社普通株式を処分する場合(但し、当社の発行した取得請求権付株式の取得
                 と引換えに交付する場合又は当社普通株式の交付を請求できる新株予約権若しくは新株予約権
                 付社債その他の証券若しくは権利の請求又は行使による場合を除く。)、調整後の行使価額
                 は、払込期日(募集に際して払込期間が設けられているときは、当該払込期間の最終日とす
                 る。以下同じ。)の翌日以降、また、募集のための株主割当日がある場合はその日の翌日以降
                 これを適用する。
                ② 株式分割又は株式無償割当てにより当社普通株式を発行する場合、調整後の行使価額は、株
                 式分割のための基準日の翌日以降、当社普通株式の無償割当てについて普通株主に割当てを受
                 ける権利を与えるための基準日があるときはその翌日以降、当社普通株式の無償割当てについ
                 て普通株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がないとき及び株主(普通株主を除
                 く。)に当社普通株式の無償割当てをするときは当該割当ての効力発生日の翌日以降、それぞ
                 れこれを適用する。
                ③ 取得請求権付株式であって、その取得と引換えに本項第(6)号②に定める時価を下回る価額
                 をもって当社普通株式を交付する旨の定めがあるものを発行する場合(無償割当ての場合を含
                 む。)又は本項第(6)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式の交付を請求でき
                 る新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券若しくは権利を発行する場合(無償割当
                 ての場合を含む。但し、当社又は関係会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規
                 則第8条第8項に定める関係会社をいう。)の取締役その他の役員又は使用人に新株予約権を割
                 り当てる場合を除く。)、調整後の行使価額は、発行される取得請求権付株式、新株予約権若
                 しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当初行使価額で請求又は行使されて当
                 社普通株式が交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して算出するものとし、払込期
                 日(新株予約権又は新株予約権付社債の場合は割当日、無償割当ての場合は効力発生日)の翌
                 日以降これを適用する。但し、その権利の割当てのための基準日がある場合は、その日の翌日
                 以降これを適用する。
                  上記にかかわらず、請求又は行使に際して交付される当社普通株式の対価が取得請求権付株
                 式、新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利が発行された時点で確定して
                 いない場合、調整後の行使価額は、当該対価の確定時点で発行されている取得請求権付株式、
                 新株予約権若しくは新株予約権付社債その他の証券又は権利の全てが当該対価の確定時点の条
                 件で請求又は行使されて当社普通株式が交付されたものとみなして行使価額調整式を準用して
                 算出するものとし、当該対価が確定した日の翌日以降、これを適用する。
                ④ 本号①乃至③の各取引において、その権利の割当てのための基準日が設定され、かつ、各取
                 引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は取締役会その他当社の機関の承認を条件とし
                 ているときは、本号①乃至③の定めにかかわらず、調整後の行使価額は、当該承認があった日
                 の翌日以降、これを適用する。
                  この場合において、当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日までに本新株予約権を
                 行使した新株予約権者に対しては、次の算式に従って当社普通株式の交付数を決定するものと
                 する。
                                               調整前行使価格により当該
                                             ×
                         〔調整前行使価格         -  調整後行使価格       〕
                                               期間内に交付された株式数
                 株式数      =
                                       調整後行使価格
                 この場合に1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、現金による調整は行わない。
               ⑸    行使価額調整式により算出された調整後の行使価額と調整前の行使価額との差額が1円未満に

                とどまる限りは、行使価額の調整はこれを行わない。但し、その後の行使価額の調整を必要とす
                る事由が発生し行使価額を算出する場合は、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて、調整
                前行使価額からこの差額を差し引いた額を使用する。
                                  31/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
               ⑹① 行使価額調整式の計算については、1円未満の端数を四捨五入する。
                ② 行使価額調整式で使用する時価は、調整後の行使価額を適用する日(但し、本項第(4)号④
                 の場合は基準日)に先立つ45取引日(株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)に
                 おいて売買立会が行われる日をいう。以下同じ。)目に始まる30取引日の取引所における当社
                 普通株式の普通取引の終値の平均値(当日付けで終値のない日数を除く。)とする。この場
                 合、平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五入する。
                ③ 行使価額調整式で使用する既発行普通株式数は、基準日がある場合はその日、また、基準日
                 がない場合は、調整後の行使価額を適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行済普通株式
                 数から、当該日における当社の有する当社普通株式の数を控除した数とする。また、本項第
                 (4)号②の場合には、行使価額調整式で使用する交付普通株式数は、基準日における当社の有
                 する当社普通株式に割り当てられる当社普通株式数を含まないものとする。
               ⑺ 本項第(4)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必
                要な行使価額の調整を行う。
                ① 株式の併合、当社を存続会社とする合併、当社を承継会社とする吸収分割、当社を完全親会
                 社とする株式交換のために行使価額の調整を必要とするとき。
                ② その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額
                 の調整を必要とするとき。
                ③ 行使価額を調整すべき事由が2つ以上相接して発生し、一方の事由に基づく調整後の行使価
                 額の算出に当たり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
               ⑻ 本項に定めるところにより行使価額の調整を行うときは、当社は、あらかじめ書面によりその
                旨並びにその事由、調整前の行使価額、調整後の行使価額及びその適用の日その他必要な事項
                を、適用の日の前日までに本新株予約権者に通知する。但し、本項第(4)号②に示される株式分
                割の場合その他適用の日の前日までに前記の通知を行うことができないときは、適用の日以降す
                みやかにこれを行う。
                                  32/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)       (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
     2011年7月23日
                     -   80,195,000         △3,348          98       -      7,503
     (注)
        (注)2011年6月21日開催の定時株主総会に基づき、2011年7月23日付で無償減資を実施したことにより、資本金
           を3,348百万円減少(減資割合              97.1%)し、その他資本剰余金に振替えて、98百万円といたしました。
       (5)【所有者別状況】

                                                     2018年12月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
           政府及び地           金融商品取      その他の法
                  金融機関                           個人その他       計
                                                        (株)
           方公共団体           引業者      人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -                                            -
                    13      23     105      163      23    9,394      9,721
     所有株式数
               -
                  16,192      11,775      1,547    657,589       1,311    113,471      801,885       6,500
     (単元)
     所有株式数の
               -                                            -
                   2.02     1.47      0.19     82.01      0.16     14.15     100.00
     割合(%)
      (注)1.自己株式1,186,716株は、「個人その他」に11,867単元及び「単元未満株式の状況」に16株を含めて記載し
           ております。
         2.「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、4単元含まれております。
                                  33/109












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                             所有株式数
                                                    く。)の総数に
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
                         1401   Hutchison     House,    10  Harcourt
     Okada   Holdings     Limited      
                                                54,452         68.91
                         Road,   Hong   Kong
     (常任代理人 石田敦信)
                         (東京都千代田区) 
                                                 2,355         2.98

     横塚 ヒロ子                   東京都品川区
     BNY  GCM  CLIENT    ACCOUNT    JPRD   AC  ISG

                         PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET
     (FE-AC)
                         LONDON    EC4A2BB    UNITED    KINGDOM             1,838         2.32
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
     行)
                         FOUR   CHASE   METROTECH     CENTER
     JPLLC   CLIENT    SAFEKEEPING      ACCOUNT
                         BROOKLYN,     NY  11245
                                                 1,584         2.00
     (常任代理人 シティバンク、エヌ・
                         (東京都新宿区新宿6丁目27番30
     エイ東京支店)
                         号)
                         100  KING   STREET    WEST,SUITE      3500,PO
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST   CLIENT
                         BOX  23  TORONTO,ONTARIO        M5X  1A9
     OMNIBUS    ACCOUNT    OM02   505002
                                                 1,384         1.75
                         CANADA
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決
     済営業部)
                         (東京都港区港南2丁目15-1)
                         ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                         02111                        1,115         1.41
     (常任代理人 香港上海銀行東京支店カ
     ストディ業務部)
                         (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     GOLDMAN,     SACHS   & CO.REG
                         200  WEST   STREET    NEW  YORK,NY,USA
                                                  950        1.20
     (常任代理人 ゴールドマン・サックス
                         (東京都港区六本木6丁目10-1)
     証券株式会社)
                                                  658        0.83

     富士本 淳                   東京都目黒区
                                                  620        0.78

     大下 悟                   愛知県名古屋市
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社

                         東京都港区浜松町2丁目11-3                         501        0.63
     (信託口)
                                 -               65,460         82.85
              計
     (注)当社は、自己株式を1,186,716株保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。
                                  34/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

     無議決権株式                         -            -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -            -
     議決権制限株式(その他)                         -            -            -
     完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式      1,186,700           -            -
     完全議決権株式(その他)                    普通株式      79,001,800             790,018          -
     単元未満株式                    普通株式        6,500         -            -
     発行済株式総数                          80,195,000           -            -
     総株主の議決権                         -              790,018          -
      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が400株含まれております。
         また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数4個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2018年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に

     所有者の氏名又は                    自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                    式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
               東京都江東区有明
     株式会社ユニバー
               三丁目7番26号
     サルエンターテイ                      1,186,700         -        1,186,700            1.48
               有明フロンティア
     ンメント
               ビルA棟
         計          -        1,186,700         -        1,186,700            1.48
                                  35/109










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
        会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

         会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく取締役会決議による取得
                  区分                   株式数(株)             価格の総額(円)
     取締役会(2018年10月12日)での決議状況
                                          600,000           2,000,000,000
     (取得期間 2018年10月15日~2018年12月28日)
                                             -              -
     当事業年度前における取得自己株式
                                          240,000            777,264,500
     当事業年度における取得自己株式
                                          360,000           1,222,735,500
     残存決議株式の総数及び価額の総額
                                            60.0              61.1
     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)
                                             -              -

     当期間における取得自己株式
     提出日現在の未行使割合(%)                                      60.0              61.1
         会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づく取締役会決議による取得

                  区分                   株式数(株)             価格の総額(円)
     取締役会(2019年1月9日)での決議状況
                                          600,000           2,000,000,000
     (取得期間 2019年1月10日~2019年6月30日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -              -
     当事業年度における取得自己株式                                       -              -

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                       -              -

     当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                       -              -
                                          155,100            526,484,000

     当期間における取得自己株式
     提出日現在の未行使割合(%)                                      74.1              73.6
     (注)当期間における取得自己株式には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
       よる株式は含まれておりません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

         会社法第155条第7号による取得
               区分                  株式数(株)               価格の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                     83              491,190

     当期間における取得自己株式                                     -                 -

     (注)当期間における取得自己株式には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
       よる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                      (百万円)               (百万円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

                                  36/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                   当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                      (百万円)               (百万円)
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った
                                   -        -       -        -
      取得自己株式
      その他(ストックオプションの権利行使)                           318,100          823       -        -

      保有自己株式数                          1,186,716            -   1,186,716            -

     (注)1.当事業年度における「               ストックオプションの権利行使」による処分価額の総額は、ストックオプションの権利
          行使に伴い払込みがなされた金額の合計を記載しております。
        2.当期間における「          ストックオプションの権利行使」による処分価額の総額は、ストックオプションの権利行使
          に伴い払込みがなされた金額の合計を記載しております。
        3.当期間における処理自己株式には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買増
          し及び新株予約権の権利行使による株式は含めておりません。
        4.当期間における保有自己株式数には、2019年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取り、買増し及び新株予約権の権利行使による株式は含めておりません。
                                  37/109















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社グループは、株主に対する利益還元を最重要経営課題の一つとして取り組んでおります。その実現のため、高
       収益な企業体質の構築と継続的な株主資本利益率の向上に努めるとともに、業績に応じた安定的な配当の維持を基本
       方針としております。
        また、内部留保につきましては、健全な財務体質を確保し経営基盤を強化するとともに、有望な事業案件に対して
       は、必要な資金を機動的に投資するために、適正な水準を維持することを、基本方針としております。
        当社は、    株主への機動的な利益還元を行うことを目的とし、                        株主総会の決議により「毎年12月31日及び6月30日の
       最終の株主名簿に記載または記録された株主または登録株式質権者に対して剰余金の配当ができる」旨及び「基準日
       を定めて剰余金の配当をすることができる」旨を定款に定めておりましたが、中間配当につきましては、2019年3月
       25日開催の第46期定時株主総会において「定款一部変更の件」が承認されたことにより、会社法第454条第5項の規
       定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めるこ
       ととなりました。
        なお、2018年12月期の配当金につきましては、当期の業績と当社の状況を総合的に判断し、                                          2019年3月25日開催の
       第46期定時株主総会         に基づき、2018年12月31日を基準日として1株当たり50円                           の期末配当を実施いたします。
        また、2019年12月期の配当金につきましては、2019年6月30日を基準日として1株                                      当たり   50円程度の当社創立50周
       年記念配当を行うことを予定しており、その他の配当金につきましては、今後の業績と資金需要を見極めた上で決定
       したく、現段階では未定とさせていただきます。
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
        回次        第41期        第42期        第43期        第44期        第45期        第46期
       決算年月        2014年3月        2015年3月        2016年3月        2017年3月        2017年12月        2018年12月

      最高(円)          2,580        2,081        3,450        4,765        4,485        6,290

                                                        2,823

      最低(円)          1,666        1,536        1,535        1,684        2,611
      (注)1.最高・最低株価は、2013年7月16日より東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであり
           ます。
         2.第45期は、決算期変更により2017年4月1日から2017年12月31日までの9ヶ月間となっております。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

        月別       2018年7月         8月        9月        10月        11月        12月
      最高(円)          5,050        4,420        3,850        3,840        3,990        3,795

      最低(円)          3,615        3,320        3,325        3,070        3,320        2,823

      (注)最高・最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
                                  38/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
        男性9名 女性2名 (役員のうち女性の比率18.1%)
                                                          所有
       役名    職名     氏名      生年月日                  略歴              任期   株式数
                                                         (千株)
                            1985年10月 ㈱セタ設立 代表取締役社長
                            2001年6月 当社常務取締役
                            2004年6月 当社取締役副社長兼開発本部長
                            2006年6月 当社代表取締役社長兼開発本部長
     代表取締役
              富士本 淳      1958年3月29日生                                  注3     658
     社長
                            2009年6月 当社代表執行役
                            2010年6月 当社代表取締役副会長
                            2011年6月 当社代表取締役社長
                            2017年6月 当社代表取締役社長兼CEO兼CIO(現任)
                            1981年4月 ㈱住友銀行入行
                            2007年1月 当社執行役員経営企画室長
                            2007年6月 当社取締役
                            2008年6月 当社代表執行役社長
                            2010年6月 当社取締役社長
                            2011年6月 当社相談役
                            2012年6月 当社取締役
                            2014年1月 ㈱有明電算センター(現㈱ピットアース)
     取締役          德田 一     1958年8月3日生                                  注3     137
                                 代表取締役社長
                            2014年6月 当社取締役
                            2014年12月 ㈱有明電算センター(現㈱ピットアース)
                                 取締役(現任)
                            2017年5月 当社取締役管理本部長代行
                            2017年6月 当社取締役兼COO(現任)
                            2018年5月 TIGER        RESORT,LEISURE      AND  ENTERTAINMENT,INC.
                                 取締役(現任)
                            2000年5月      スプリングコート㈱(現岡田ホールディングス
                                  (合)) 代表取締役
                            2015年6月 当社取締役(現任)
     取締役         岡田 幸子      1973年9月11日生                                  注3     ―
                            2017年6月 Tiger        Resort   Asia  Limited   取締役(現任)
                            2018年5月 TIGER        RESORT,LEISURE      AND  ENTERTAINMENT,INC.
                                 取締役(現任)
                            1990年10月 会計士補 登録
                            1990年10月 青山監査法人/PriceWaterhouse(現                   PwCあらた有限
                                 責任監査法人/PricewaterhouseCoopers)入所
                            1997年3月 公認会計士 登録
                            2004年6月 ㈱サイバー・コミュニケーションズ
                                  執行役最高財務責任者
                            2007年8月 日本SGI㈱ CFO執行役員管理本部長
                            2009年3月 ㈱GABA 取締役最高財務責任者
                            2010年7月 当社執行役員管理本部長
                            2011年6月 当社取締役管理本部長
     取締役         麻野 憲志      1963年8月18日生                                  注3     50
                            2015年7月 麻野公認会計士事務所 所長
                            2017年6月      当社取締役兼CFO(現任)
                            2017年6月      Tiger   Resort   Asia  Limited   取締役(現任)
                            2017年9月      Brontia   Limited   取締役(現任)
                            2017年10月      株式会社ミズホ      監査役
                            2017年10月      KO Dining   Group   Limited   取締役(現任)
                            2018年6月 Pananio         Limited   取締役(現任)
                            2018年9月 TIGER        RESORT,LEISURE      AND  ENTERTAINMENT,INC.
                                 取締役(現任)
                                  39/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名    職名     氏名      生年月日                  略歴              任期   株式数
                                                         (千株)
                            1973年4月 東京地方検察庁検事
                            2000年10月 那覇地方検察庁検事正
                            2003年9月 最高検察庁総務部長
                            2004年12月 千葉地方検察庁検事正
                            2005年8月 横浜地方検察庁検事正
                            2007年7月 公正取引委員会委員
                            2012年7月 日比谷総合法律事務所弁護士(現任)
                            2013年6月 三菱食品㈱ 社外監査役(現任)
     取締役         神垣 清水      1945年7月1日生                                  注3     ―
                            2013年6月 アルフレッサホールディングス㈱
                                 社外監査役(現任)
                            2014年6月 公益財団法人ベルマーク教育助成財団理事(現任)
                            2015年4月 摂南大学法学部客員教授(現任)
                            2015年5月 ㈱4℃ホールディングス 社外取締役監査等委員
                                 (現任)
                            2015年6月 当社社外取締役(現任)
                            1973年4月 大阪地方裁判所 判事補
                            1977年7月 広島地方裁判所 判事補
                            1980年8月 最高裁判所事務総局 人事局付
                            1982年8月 東京地方裁判所 判事補
                            1983年4月 那覇地方裁判所・家庭裁判所
                                 石垣支部長兼平良支部長
                            1984年4月 東京地方裁判所 判事
                            1985年1月 法務省 民事局付
                            1986年10月 法務省 民事局参事官
                            1992年4月 東京高等裁判所 判事
                            1994年4月 名古屋地方裁判所 部統括判事
                            1998年4月 東京地方裁判所 部統括判事
     取締役         大谷 禎男      1945年7月7日生                                  注3     ―
                            1998年12月 金融再生委員会事務局次長
                            2001年1月 東京地方裁判所 部統括判事(民事第8部)
                            2005年3月 大津地方裁判所・家庭裁判所 所長
                            2006年12月 東京高等裁判所 部統括判事(第7民事部)
                            2010年10月 弁護士登録
                            2010年10月 桃尾・松尾・難波法律事務所 弁護士(現任)
                            2011年4月 駿河台大学法科大学院 教授
                            2011年9月 原子力損害賠償紛争解決センター統括委員長
                            2012年4月 駿河台大学法科大学院 法務研究科長
                            2015年6月 当社社外取締役(現任)
                            2016年1月 原子力損害賠償紛争解決センター顧問(現任)
                            1981年4月 ㈱日本債券信用銀行(現㈱あおぞら銀行) 入行
                            1990年2月 ㈱日債銀投資顧問 出向
                            1991年10月 Nippon        Credit   Gartmore    Ltd.(UK) 出向
                            1995年4月 シュローダー・インベストメント・マネジメント・
                                 ジャパン(株)(現シュローダー・インベストメン
                                 ト・マネジメント㈱) 運用部部長
                            2000年4月 同社 取締役
                            2001年1月 プルデンシャル・アセット・マネジメント・ジャパ
     取締役         宮永 雅好      1958年6月3日生
                                                      注3     ―
                                 ン㈱(現PGIMジャパン㈱) 株式担当チーフ・イン
                                 ベストメント・オフィサー(CIO)
                            2003年11月 アイ・アール・ビー㈱(現㈱ファルコン・コンサル
                                 ティング)共同代表パートナー
                            2011年11月 同社 代表取締役
                            2017年4月 東京理科大学大学院イノベーション研究科
                                 (現経営学研究科) 教授(現任)
                            2017年6月 当社社外取締役(現任)
                                  40/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名    職名     氏名      生年月日                  略歴              任期   株式数
                                                         (千株)
                            1981年2月 税理士登録
                            1981年2月 市倉税理士事務所開設 所長(現任)
                            2006年4月 MBA       in Technology     Management取得
                            2009年5月 公益社団法人日本経営工学会第30期社員
                                  (代議員)
     常勤監査役         市倉 信義      1952年3月8日生                                  注4     ―
                            2010年5月 荒川区高度特定分野専門委員(現任)
                            2010年7月 博士(工学)取得
                            2011年4月 国立大学法人電気通信大学非常勤講師
                            2011年4月 青山学院大学非常勤講師(現任)
                            2015年6月 当社社外監査役(現任)
                            1998年10月 株式会社リクルートプラシス 入社
                            2004年3月 ITCネットワーク株式会社 入社
                            2005年2月 株式会社シンカ 入社
                            2007年10月 株式会社CCCキャスティング(現:カルチュア・コ
                                 ンビニエンス・クラブ株式会社)入社
     常勤監査役         柴原 千尋      1974年5月8日生                                  注4     ―
                            2013年10月 アビームコンサルティング株式会社 入社
                            2016年10月 当社入社 内部監査室担当課長
                            2017年3月 当社 内部監査室副室長
                            2017年7月 当社 内部監査室長
                            2019年3月 当社監査役(現任)
                            1991年11月 会計士補登録
                            1991年11月 太田昭和監査法人(現EY新日本有限責任監査法
                                 人)入所
                            1995年8月 公認会計士登録
                            2003年11月 税理士登録
                            2004年4月 鈴木誠公認会計士・税理士事務所開設所長
                                  (現任)
     監査役          鈴木 誠     1966年4月21日生                                  注4     ―
                            2004年6月 バリューコマース㈱ 社外監査役
                            2005年4月 ㈱マックスアカウンティング代表取締役(現任)
                            2007年9月 日本公認会計士協会 租税政策検討部会専門委員
                                 (現任)
                            2015年6月 当社社外監査役(現任)
                            2017年3月 バリューコマース㈱ 社外取締役 監査等委員
                                  (現任)
                            1993年4月 会計士補登録
                            1993年4月 中央クーパース・アンド・ライブランドコンサル
                                 ティング㈱(現日本アイ・ビー・エム㈱) 入社
                            1997年4月 公認会計士登録
                            2003年2月 東京北斗監査法人(現仰星監査法人)入所
                            2013年7月 仰星マネジメントコンサルティング㈱代表取締役
     監査役         金子 彰良      1969年6月23日生                                  注4     ―
                                 (現任)
                            2015年7月 ㈱加速器分析研究所 社外監査役(現任)
                            2016年7月 仰星監査法人 MCS業務推進室長
                            2017年2月 当社社外監査役(現任)
                            2018年10月 仰星監査法人社員 MCS業務推進室長(現任)
                                        計
                                                           845
     (注)1.取締役        神垣清水、     大谷  禎男及び    宮永雅好    は 、社外取締役であります。
        2.監査役     市倉信義、     鈴木誠及    び 金子彰良    は、  社外監査役であります。
        3.選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        4.選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
                                  41/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
      ①企業の体制
       1.企業統治の体制の概要
         当社は、継続的な企業価値の向上を達成するためには、経営全般における透明性の向上と経営監督機能の強化が
        重要であるとの認識から、コーポレート・ガバナンス機能の充実に努めております。
         当社の取締役会は取締役7名(社外取締役3名)及び監査役4名(社外監査役3名)で構成され、毎月定例の取
        締役会に加え、必要に応じて臨時に取締役会を開催し、当社グループの経営に関する重要事項に関する報告並びに
        決定を行っております。
         監査役は会計監査人や内部監査室と連携し、適正かつ適法な監査を実施しております。
         また、当社は、連結子会社であるAruze                    USA,Inc.を通じたウィン・リゾーツ社への出資者として、米国ネバダ州
        ゲーミング規制当局より適格性を有していると判断されており、極めて厳格なゲーミングコンプライアンスの遵守
        が義務付けられております。
         なお、当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は以下のとおりであります。
       2.当該企業統治の体制を採用する理由










         当社は、監査役会設置会社であり、この体制を採用する主な理由は、当社を取り巻く事業環境の変化と当社の業
        務内容の変化に対応し、取締役による意思決定を迅速に行い、変化の速い市場に対応していくためであります。
         常勤取締役を中心とした取締役会による迅速な意思決定と、機動的な業務執行により市場変化に即座に対応でき
        る体制を構築しております。また、社外取締役が取締役の業務執行を監督し、監査役の過半数を占める社外監査役
        と常勤監査役で構成される監査役会が、公正な監査体制を構築しております。
                                  42/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       3.内部統制システムの整備の状況
        当社は、内部統制システム構築の基本方針を定めており、その方針を基にして、整備・運用を行っております。
        <内部統制システム構築の基本方針>

         当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、以下のとおり、当社の業務の適正を確保するための内部統制の体
        制を整備する。
        1. 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

        (1)  当社及びグループ企業の役職員が、法令及び定款に適合した行動をとるために遵守すべき行動規範となるビジ
        ネス倫理ガイドラインを定める。
        (2)  米国のゲーミング規制当局からの厳格なコンプライアンスの要求に対応するゲーミングコンプライアンス規程
        を制定し、この規程を遵守する経営を実践する。
        (3)  取締役は当社における重大な法令違反その他コンプライアンスに関する重要な事実を発見した場合には直ちに
        監査役に報告するものとし、また遅滞なく取締役会において報告するものとする。
        (4)  監査役は、独立した立場から、取締役等の執行する業務の適正が確保されているかを監査する。
        (5)  内部監査部門として執行部門から完全に独立した内部監査室を設置する。
        2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

        取締役の職務執行に係わる情報について、文書管理規程、情報管理規程により、その保存管理及び情報セキュリ
        ティー管理の取扱いを定める。
        3. 損失の危険の管理に関する規定その他の規則

        (1)  事業活動に伴う各種リスクを認識し、その把握と管理、個々のリスクに対応する管理責任体制を整備する。
        (2)  リスク管理体制の基礎として、リスク管理要領を定め、その損失の極小化を図るためにリスク予防を重点とし
        て継続的に個々のリスクに対応する管理の体制を構築する。
        4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

        (1)  取締役会は、取締役会規程、執行役員規程、職務権限規程、業務分掌規程及び稟議規程等を定め、業務執行の
        責任体制と業務プロセスを明確にすることにより、取締役会の決定に基づく業務執行の迅速かつ効率的な処理を推
        進する。
        (2)  取締役の職務の執行を効率的に行うことを確保する体制として、月1回定例の取締役会の他、月2回常勤取締
        役及び執行役員並びに担当管理職で構成する本部長会議を開催し、取締役の効率的な職務の執行を確保する体制を
        完備している。
        5. 当会社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

        (1)  当社及びグループ企業は当社監査役及び内部監査部門の監査を受入れ、内部統制の確立をはかると共に、グ
        ループ企業毎に利益計画を策定し、進捗状況について定期的にレビューし、その結果を経営の適正化に向けフィー
        ドバックする。
        (2)  当社及びグループ企業間で積極的な人的交流を行い、グループ企業各社との情報の交換及び連携体制を確立す
        るものとする。
        6. 監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の取締役からの独立性に関する事項

        (1)  監査役の職務の支援のために監査役会事務局を設置し、その事務局の任にあたる者(「補助使用人」という)
        を置く。
        (2)  補助使用人の人事異動や処遇については、監査役会の同意を得て行う。
        7. 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

        (1)  監査役は、取締役会の他、本部長会等の重要な審議・決議の場に出席し報告を受ける。
        (2)  従業員は、法令、または定款違反の事実、著しく不合理な業務執行、その他これらに準ずる事項を発見した場
        合、すみやかに監査役に報告するものとし、監査役が報告等を求めた場合、従業員はこれに従わなければならな
        い。
        8. 監査役へ報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

         当社は、監査役へ報告を行った当社及びグループ企業の役職員に対し、当該報告をしたことを理由として不利な
         取扱いを行うことを禁止している。
                                  43/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        9. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
        (1)  監査役は、必要に応じ当社の費用において(法律上認められる金額範囲内で)社外の専門家を利用することが
        できる。
        (2)  取締役及び担当管理職その他の従業員は、監査役の監査に協力しなければならない。
        10. 反社会的勢力排除に向けた体制

        (1)  当社グループは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは、社会的責任及び企業防衛
        等の観点から、断固として対決する旨を、活動指針に定める。
        (2)  反社会的勢力からの不当な要求等があった際は、顧問弁護士へ逐一相談を行うこととする。
        11.  財務報告の信頼性を確保するための体制

        当社は、金融商品取引法及び関連法令に従い、財務報告の信頼性を確保するため、財務報告に係わる内部統制の体
        制を整備し、運用する。
       4.リスク管理体制の整備の状況

         当社では、各種契約、その他の法務案件を国内法務部が閲覧することになっております。そのうち特に重要な契
        約書等については、顧問弁護士の意見を聴取することとしており、不測のリスクをできる限り事前に回避する体制
        に努めております。
         なお、新たに生じたリスクについては速やかに対応責任者となる者を定め、適切に対処するものとしておりま
        す。
         また、内部統制システム構築の基本方針にて以下のとおり、「損失の危険の管理に関する規定その他の規則」
        を定めております。
         (1)  事業活動に伴う各種リスクを認識し、その把握と管理、個々のリスクに対応する管理責任体制を整備する。
         (2)  リスク管理体制の基礎として、リスク管理要領を定め、その損失の極小化を図るためにリスク予防を重点と
           して継続的に個々のリスクに対応する管理の体制を構築する。
      ②内部監査及び監査役監査の状況

        内部監査は代表取締役直轄の内部監査室が担当し、年度毎に作成した内部監査計画に基づき、本社各部門、子会
       社の業務全般にわたる内部監査を実施しております。監査結果は、取締役等に、被監査部門に対する改善勧告ととも
       に書面で報告され、被監査部門に改善計画を作成・報告させる事により、内部監査の実効性を図っております。
        監査役監査は、社外監査役3名で実施しており、各監査役は取締役会に出席し、業務執行の妥当性を監査してい
       ます。また、常勤監査役は社内の重要会議へも積極的に参加し、法令や株主利益を侵害する事実の有無等について、
       重点的に監査するとともに、内部監査室及び会計監査人等との連携を密にして情報の収集と共有化に努めています。
        また、常勤監査役である市倉信義は、税理士としての豊富な経験を有しており、財務及び会計に関する相当程度
       の知見を有しております。また、社外監査役である鈴木誠は、公認会計士及び税理士としての豊富な経験を有してお
       り、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。さらに、社外監査役である金子彰良は、公認会計士と
       しての豊富な経験を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
        なお、2019年3月25日開催の第46期定時株主総会において「監査役1名選任の件」が承認され、監査役に就任し
       た常勤監査役である柴原千尋は、当社内部監査室長を務め、内部監査部門においての豊富な経験と高い見識を有する
       とともに、当社グループについて熟知しております。
      ③社外取締役及び社外監査役

        当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。
        社外取締役3名及び社外監査役3名と当社との間には、特別な人的関係、資本的関係または取引関係その他の利
       害関係はございません。
        また、当社は、社外取締役及び社外監査役の選任にあたり、独立性に関する基準又は方針は特に設けておりませ
       んが、選任にあたっては、会社法に定める社外性の要件を満たすとともに、専門性、客観性を有し、社外取締役・社
       外監査役として、公正な立場で、適切に職務を遂行できる者を選任しております。
        なお、全員が社外監査役で構成される監査役会は、社外取締役と情報共有を図り、また、内部監査室、会計監査人
       等との連携を密にして、コーポレート・ガバナンスの強化を図っております。
                                  44/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      ④役員報酬の内容
       1.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                            役員の員数
                                 ストック
                   (百万円)
                          基本報酬              賞与      その他
                                                      (人)
                                オプション
      取締役
                                                  -
                      1,180       1,180        -       -                ▶
      (社外取締役を除く)
      監査役
                                                  -
                       -       -       -       -                0
      (社外監査役を除く)
      社外役員                 92       92       -       -       -         6
          合計            1,273       1,273        -       -       -         10
       2.報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額

                                 連結報酬等の種類別の額(百万円)
                                                       連結報酬
       氏名      役員区分        会社区分                                  等の総額
                                 ストックオ
                             基本
                                        賞与    退職慰労金      その他     (百万円)
                                 プション
                             報酬
     富士本 淳       代表取締役      提出会社            887      -     -     -     -      887

                               149
            取締役      提出会社                  -     -     -     -
                   TIGER
                                                          196
     德田 一
                   RESORT,LEISURE      AND
                               39
            取締役                        -     -     -      6
                   ENTERTAINMENT,INC.
            取締役      提出会社             53     -     -     -     -
                   Tiger   Resort   Asia
            取締役                   -     -     -     -      8
                   Limited
     岡田 幸子                                                     108
                   TIGER
                   RESORT,LEISURE      AND
                               39
            取締役                        -     -     -      6
                   ENTERTAINMENT,INC.
     (注)「その他」の内容は、取締役に無償で提供している社宅の賃料相当額であります。
       3.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

         該当事項はありません。
       4.役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

         当社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関しての具体的な方針は定めておりませんが、取締役及び監
        査役の報酬につきましては、株主総会での決議の範囲内で、会社への貢献度などを総合的に勘案し、取締役につい
        ては取締役会において、監査役については監査役会において決定しております。
         また、役員退職慰労金制度は定めておりません。
      ⑤株式の保有状況

       1.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額
         銘柄数 5銘柄
         貸借対照表計上額の合計額 81百万円
       2.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
         前事業年度

          特定投資株式
                                   貸借対照表計上額
                            株式数(株)
                 銘柄                                 保有目的
                                     (百万円)
                              470,645            78
         ㈱ダイナムジャパンホールディングス                                   取引等の関係維持
         当事業年度

          特定投資株式
                                  45/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                   貸借対照表計上額
                            株式数(株)
                 銘柄                                 保有目的
                                     (百万円)
         ㈱ダイナムジャパンホールディングス                     543,062            71  取引等の関係維持
       3.保有目的が純投資目的である投資株式の前事業年度及び当事業年度における貸借対照表計上額の合計額並びに当

         事業年度における受取配当金、売却損益及び評価損益の合計額
                    前事業年度(百万円)                   当事業年度(百万円)
             区分
                    貸借対照表計上額           貸借対照表計       受取配当金の       売却損益の合       評価損益の合
                    の合計額           上額の合計額       合計額       計額       計額
         非上場株式                                  -       -       -
                              0       0
                                    -       -       -       -
         上記以外の株式                    -
      ⑥会計監査の状況

        2018年12月期の会計監査につきましては、UHY東京監査法人(指定社員業務執行社員 公認会計士 若槻明氏、指
       定社員業務執行社員 公認会計士 片岡嘉徳氏、指定社員業務執行社員 公認会計士 安河内明氏)に委託しており
       ます。なお、当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、その他9名であります。
      ⑦定款で取締役の定数又は取締役の資格制限について定めた場合の、その内容

        当社の取締役は10名以内となっております。
      ⑧取締役の選解任の決議要件につき、会社法と異なる別段の定めをした場合の、その内容

        当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、
       その議決権の過半数をもって行うこととしております。また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとして
       おります。
      ⑨株主総会決議事項を取締役会で決議できることとした場合の、その事項及びその理由

       1.自己株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができること
        としております。        これは、自己株式の取得が機動的に行えることを目的とするものです。
       2.中間配当
         当社は、2019年3月25日開催の第46期定時株主総会において「定款一部変更の件」が承認されたことにより、会
        社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことが
        できる旨を定款に定めることとなりました。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためであります。
       3.取締役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の取締役(取締役で
        あった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役
        が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的
        とするものであります。
         なお、当社と取締役(          業務執行取締役等である者を除く。)                  は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第
        423条第1項の責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限定額は、1百万円または法令
        が定める額のいずれか高い額としております。
         ただし、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等である者を除く。)が責任の原因と
        なった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
       4.監査役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって、同法第423条第1項の監査役(監査役で
        あった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に定めております。これは、監査役
        が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的
        とするものであります。
         なお、当社と監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の責任を限定する契約を締結
        しております。当該契約に基づく責任の限定額は、1百万円または法令が定める額のいずれか高い額としておりま
        す。
         ただし、当該責任限定が認められるのは、当該監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大
        な過失がないときに限られます。
      ⑩株主総会の特別決議要件を変更した場合の、その事項及びその理由

                                  46/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有
       する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行うこととしております。
        これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とす
       るものです。
       (2)【監査報酬の内容等】
        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
      提出会社                  69            -            92            5

      連結子会社                  -            -            -            -

         計               69            -            92            5

        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          当社は、会計監査人(UHY東京監査法人)に対して、「監査人から引受事務幹事会社への書簡」(コンフォー
         トレター)作成業務の対価を支払っております。
        ④【監査報酬の決定方針】

          当社は、監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針について、特段の定めはございませんが、監査報酬の
         適切性について、当社の規模及び監査日数等を考慮し、事業年度ごとに検討しております。
                                  47/109












                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)    当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
        以下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2)    当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      (3)    当社は、2017年6月29日開催の第44期定時株主総会において、定款の一部変更を決議し、決算期を3月31日から

        12月31日に変更いたしました。これに伴い、前連結会計年度及び前事業年度は、2017年4月1日から2017年12月31
        日までの9ヶ月間となっております。
      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2018年1月1日から2018年12月31
        日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2018年1月1日から2018年12月31日まで)の財務諸表について、UHY東京
        監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、                                             会計基準等の
        内容を適切に把握し、財務諸表を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
        し、セミナーへの参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。
                                  48/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※1 35,809             ※1 46,076
         現金及び預金
                                        ※4 9,237            ※4 10,381
         受取手形及び売掛金
                                           13               2
         有価証券
                                         2,049              1,186
         商品及び製品
                                         12,263               8,361
         仕掛品
                                         20,829              13,628
         原材料及び貯蔵品
                                            2              -
         繰延税金資産
                                         11,325              14,961
         その他
                                         △ 516             △ 486
         貸倒引当金
                                         91,013              94,111
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         25,666              241,164
          建物及び構築物
                                        △ 6,619             △ 10,181
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             19,046              230,983
                                         21,278              39,948
          機械装置及び運搬具
                                        △ 6,774             △ 10,684
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             14,504              29,263
          リース資産                               6,934              6,928
                                        △ 2,445             △ 3,501
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              4,488              3,427
          土地                               7,251              7,171
                                        293,375               82,757
          建設仮勘定
                                         17,212              18,678
          その他
                                        △ 11,858             △ 12,661
            減価償却累計額
            その他(純額)                              5,353              6,016
                                        344,020              359,619
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,608              2,388
          その他
          無形固定資産合計                               2,608              2,388
         投資その他の資産
                                        ※2 59,329             ※2 10,979
          投資有価証券
                                         7,017              6,801
          長期預け金
                                         27,523              26,727
          関係会社長期預け金
                                         1,681              3,055
          繰延税金資産
                                         9,213              7,052
          その他
                                         △ 767             △ 723
          貸倒引当金
                                        103,997               53,893
          投資その他の資産合計
                                        450,627              415,901
         固定資産合計
       繰延資産                                  2,107               663
                                        543,747              510,677
       資産合計
                                  49/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※4 6,245             ※4 6,653
         支払手形及び買掛金
                                         17,456              16,846
         短期借入金
                                         1,607                -
         1年内返済予定の長期借入金
         未払金                                20,299              12,781
                                         19,588              17,599
         未払費用
                                           190              119
         未払法人税等
                                           80              78
         賞与引当金
                                         8,121              10,541
         その他
                                         73,590              64,620
         流動負債合計
       固定負債
                                        149,125               65,511
         社債
         長期借入金                                84,120                -
                                           94              116
         退職給付に係る負債
                                           614             1,134
         繰延税金負債
                                         5,256              4,230
         その他
         固定負債合計                                239,211               70,993
                                        312,801              135,613
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           98              98
         資本金
                                         20,087              18,831
         資本剰余金
                                        216,255              377,424
         利益剰余金
                                        △ 2,654             △ 2,764
         自己株式
                                        233,786              393,589
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 581             △ 719
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,789             △ 17,928
         為替換算調整勘定
                                            5              45
         退職給付に係る調整累計額
                                        △ 2,365             △ 18,602
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   107               76
                                         △ 582               -
       非支配株主持分
                                        230,945              375,063
       純資産合計
                                        543,747              510,677
      負債純資産合計
                                  50/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                                         68,546              93,267
      売上高
                                        ※3 35,276             ※3 54,026
      売上原価
                                         33,269              39,240
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 43,077           ※1 , ※2 57,212
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                   △ 9,807             △ 17,972
      営業外収益
                                           327             74,761
       受取利息
                                            9              18
       受取配当金
                                           -             6,548
       為替差益
                                           640             2,795
       持分法による投資利益
                                           87             3,394
       その他
                                         1,066              87,518
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           401              820
       支払利息
                                           188              760
       社債利息
                                         2,864                -
       為替差損
                                           127              675
       支払手数料
                                           483               -
       貸倒引当金繰入額
                                           22              56
       その他
                                         4,088              2,313
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 12,829              67,232
      特別利益
                                           -              10
       固定資産売却益
                                           26              -
       関係会社株式売却益
                                           -            158,796
       和解による株式償還差益
                                            0              69
       その他
                                           26            158,877
       特別利益合計
      特別損失
                                            6              15
       固定資産除売却損
                                           -              42
       減損損失
                                           -             4,693
       社債償還損
                                                      ※4 7,440
                                           -
       たな卸資産評価損
                                           -             2,836
       訴訟関連損失
                                            0            1,292
       その他
                                            6            16,319
       特別損失合計
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        △ 12,810              209,790
      失(△)
                                           560             50,037
      法人税、住民税及び事業税
                                           797            △ 1,066
      法人税等調整額
                                         1,357              48,971
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 14,167              160,818
      非支配株主に帰属する当期純損失(△)                                    △ 741             △ 349
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        △ 13,426              161,168
      帰属する当期純損失(△)
                                  51/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 14,167              160,818
      その他の包括利益
                                         △ 478             △ 138
       その他有価証券評価差額金
                                         7,172             △ 16,138
       為替換算調整勘定
                                           47              40
       退職給付に係る調整額
                                         ※ 6,740            ※ △ 16,236
       その他の包括利益合計
                                        △ 7,427             144,581
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 6,686             144,931
       親会社株主に係る包括利益
                                         △ 741             △ 349
       非支配株主に係る包括利益
                                  52/109
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                         98       20,070        236,827         △ 2,737        254,258
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 3,155                △ 3,155

      親会社株主に帰属する当期

                                       △ 13,426                △ 13,426
      純損失(△)
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      自己株式の処分                           16                 82         99
      連結範囲の変動
                                         116                 116
      決算期変更による利益剰余
                                        △ 4,106                △ 4,106
      金減少高
      非支配株主との取引に係る
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         16      △ 20,571          82      △ 20,472
     当期末残高                   98       20,087        216,255         △ 2,654        233,786
                         その他の包括利益累計額

                                           新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証      為替換算調整      退職給付に係る      その他の包括利
                  券評価差額金      勘定       調整累計額     益累計額合計
     当期首残高                △ 152     5,285       △ 41     5,091       99      539    259,990
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 3,155

      親会社株主に帰属する当期

                                                        △ 13,426
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                                           △ 0
      自己株式の処分                                                     99
      連結範囲の変動                                                     116
      決算期変更による利益剰余
                                                         △ 4,106
      金減少高
      非支配株主との取引に係る
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 428    △ 7,075       47    △ 7,457        7    △ 1,122     △ 8,572
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 428    △ 7,075       47    △ 7,457        7    △ 1,122     △ 29,044
     当期末残高                △ 581    △ 1,789        5    △ 2,365       107     △ 582    230,945
                                  53/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                   98       20,087        216,255         △ 2,654        233,786
     当期変動額
      剰余金の配当

      親会社株主に帰属する当期

                                        161,168                 161,168
      純利益
      自己株式の取得
                                                 △ 777        △ 777
      自己株式の処分                           176                 667         844
      連結範囲の変動
      決算期変更による利益剰余
      金減少高
      非支配株主との取引に係る
                               △ 1,432                         △ 1,432
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -      △ 1,255        161,168         △ 109       159,802
     当期末残高                   98       18,831        377,424         △ 2,764        393,589
                         その他の包括利益累計額

                                           新株予約権     非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証      為替換算調整      退職給付に係る      その他の包括利
                  券評価差額金      勘定       調整累計額     益累計額合計
     当期首残高                △ 581    △ 1,789        5    △ 2,365       107     △ 582    230,945
     当期変動額
      剰余金の配当

      親会社株主に帰属する当期

                                                         161,168
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 777
      自己株式の処分                                                     844
      連結範囲の変動
      決算期変更による利益剰余
      金減少高
      非支配株主との取引に係る
                                                         △ 1,432
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の当期
                     △ 138    △ 16,138        40    △ 16,236       △ 31      582    △ 15,685
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 138    △ 16,138        40    △ 16,236       △ 31      582    144,117
     当期末残高                △ 719    △ 17,928        45    △ 18,602        76      -    375,063
                                  54/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                        △ 12,810              209,790
       損失(△)
                                         6,507              13,067
       減価償却費
                                           -              42
       減損損失
       固定資産除売却損益(△は益)                                    6              ▶
       関係会社株式売却損益(△は益)                                   △ 26              -
       持分法による投資損益(△は益)                                  △ 640            △ 2,795
                                         △ 337            △ 74,780
       受取利息及び受取配当金
                                           401              820
       支払利息
                                           188              760
       社債利息
                                           -             4,693
       社債償還損
                                           -           △ 158,796
       和解による株式償還差益
       訴訟関連損失                                    -             2,836
                                           -             7,440
       たな卸資産評価損
       為替差損益(△は益)                                  2,893             △ 7,220
       売上債権の増減額(△は増加)                                  3,198             △ 1,464
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  7,506              4,441
       未収入金の増減額(△は増加)                                    43            △ 3,411
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 1,487              △ 689
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 8,690               320
       未払金の増減額(△は減少)                                  2,366             △ 1,422
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                  △ 393            △ 3,156
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                  4,821              4,301
       その他の固定負債の増減額(△は減少)                                    58              -
                                           580             1,806
       その他
                                         4,186             △ 3,413
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   337             74,782
                                         △ 526            △ 1,771
       利息の支払額
                                           -            △ 2,778
       訴訟関連損失の支払額
                                        △ 6,175             △ 51,539
       法人税等の支払額
                                        △ 2,177              15,280
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                  55/109









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日              (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 57,186             △ 49,916
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 1,236              △ 815
       無形固定資産の取得による支出
                                           △ 6            △ 410
       投資有価証券の取得による支出
                                           -            207,218
       和解による株式償還による収入
                                        △ 1,114             △ 1,158
       短期貸付けによる支出
                                          △ 46             △ 32
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         △ 452             △ 402
       長期貸付けによる支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による
                                         △ 606               -
       支出
                                           746              366
       その他
                                        △ 59,903              154,849
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  7,387              △ 452
       長期借入金の返済による支出                                    -           △ 78,208
                                           -           △ 148,575
       社債の償還による支出
                                           -            66,512
       社債の発行による収入
                                           -             △ 779
       自己株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                           -             △ 500
       よる支出
                                        △ 3,155                -
       配当金の支払額
       担保提供預金の増減額(△は増加)                                    33              -
       新株予約権の行使による自己株式の処分による収
                                           71              823
       入
                                           535               -
       セール・アンド・リースバックによる収入
                                         △ 552             △ 804
       セール・アンド・リースバックによる支出
                                           31            △ 1,190
       その他
                                         4,352            △ 163,173
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           403             3,320
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 57,325              10,276
                                        119,038               35,594
      現金及び現金同等物の期首残高
                                           △ 5              -
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                        △ 26,113                -
      決算期変更に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                        ※1 35,594             ※1 45,870
      現金及び現金同等物の期末残高
                                  56/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数                       12 社
             主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況4.関係会社の状況」に記載しているため、省略しており
            ます。
          (2)連結子会社の異動

          該当事項はありません。
          (3)主要な非連結子会社の名称等

            主要な非連結子会社
             SHANGHAI     KO  DINING    MANAGEMENT      CO.,LTD.
             株式会社イクシーズラボ
             その他7社
             (連結の範囲から除いた理由)
             非連結子会社は、小規模であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
            金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
         2.持分法の適用に関する事項

          (1)持分法適用の関連会社数                   3 社
            主要な会社名            EAGLE   Ⅰ  LANDHOLDINGS,INC.
                     株式会社ジーグ
                     日本アミューズメント放送株式会社
          (2)持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の名称等

             持分法を適用していない非連結子会社(                    SHANGHAI     KO  DINING    MANAGEMENT      CO.,LTD.    、株式会社イクシー
            ズラボ他7社      )及び関連会社(㈱有明電算センター)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金
            (持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、か
            つ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
          (3)持分法適用会社の異動

             該当事項はありません。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項

             連結子会社のうち国内子会社(5社)の決算日は、すべて3月31日であります。連結財務諸表の作成に
            当たっては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
         4.会計方針に関する事項

          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           (イ)有価証券
             その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
               平均法により算定)
              時価のないもの
               移動平均法による原価法
           (ロ)デリバティブ
             時価法
           (ハ)たな卸資産
             通常の販売目的で保有するたな卸資産
              商品・製品・原材料
               主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
               算定)
                                  57/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
              仕掛品
               主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
               算定)なお、コンテンツ等制作に関する仕掛品については個別原価法により算定しております。
              貯蔵品
               最終仕入原価法
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           (イ)有形固定資産(リース資産を除く)
            ①当社及び国内連結子会社
             定率法
             ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得
            した建物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。
             主な耐用年数
              建物及び構築物   7年~50年
            ②海外連結子会社
             所在地国の会計基準の規定に基づく定額法を主として採用しております。
           (ロ)無形固定資産(リース資産を除く)
            ①当社及び国内連結子会社
             定額法
             ただし、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採
            用しております。
            ②海外連結子会社
             所在地国の会計基準の規定に基づく定額法を採用しております。
           (ハ)リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
              リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
              なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前の
             リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
          (3)重要な引当金の計上基準

           (イ)貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (ロ)賞与引当金
             従業員の賞与の支払に備えるため、賞与支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しております。
          (4)  退職給付に係る会計処理の方法

            ①退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
            ②数理計算上の差異の費用処理方法
             数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
            (3年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしてお
            ります。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

             外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
            ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
            用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主
            持分に含めております。
          (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能
            な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ
            月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

                                  58/109

                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
             消費税等の会計処理
             税抜方式によっております。
         (会計方針の変更)

          (従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い等の適用)
          「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号
         2018年1月12日。以下「実務対応報告第36号」という。)等を2018年4月1日以後適用し、従業員等に対して権
         利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引については、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企
         業会計基準第8号 2005年12月27日)等に準拠した会計処理を行うことといたしました。
          ただし、実務対応報告第36号の適用については、実務対応報告第36号第10項(3)に定める経過的な取扱いに
         従っており、実務対応報告第36号の適用日より前に従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与し
         た取引については、従来採用していた会計処理を継続しております。
         (未適用の会計基準等)

         提出会社
          該当事項はありません。
         在外連結子会社

          ・「リース」(IFRS第16号)
         1.概要

            本会計基準等は、借り手は原則すべてのリースについて資産及び負債を計上すること等を中心に改正した
           ものです。
         2.適用予定日
            IFRS16号については、2019年1月期より適用予定です。
         3.当該会計基準の適用による影響
            影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
         (表示方法の変更)

          前連結会計年度において、「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「新株予約権
         の行使による自己株式の処分による収入」は、金額的重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記する
         こととしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行ってお
         ります。
          この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「財務活動によるキャッシュ・フ
         ロー」の「その他」に表示していた103百万円は、「新株予約権の行使による自己株式の処分による収入」71百
         万円、「その他」31百万円として組み替えております。
          前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「賞与引当金

         の増減額(△は減少)」、「貸倒引当金の増減額(△は減少)」、「退職給付に係る負債の増減額(△は減
         少)」は金額的重要性が乏しくなったため、当連結会計年度においては「その他」に含めて表示しておりま
         す。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
          この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
         ロー」の「賞与引当金の増減額(△は減少)」に表示していた△192百万円、「貸倒引当金の増減額(△は減
         少)」に表示していた484百万円、「退職給付に係る負債の増減額(△は減少)」に表示していた78百万円は、
         「その他」として組替えております。
                                  59/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
         (Wynn    Resorts社との和解に関する会計処理について)
          Wynn    Resorts,     Limited    (NASDAQ:     WYNN、    以下「ウィン・リゾーツ社」)との民事訴訟に関しては、
         この判決の内容次第で発生する可能性のある当社及び連結子会社等からなる企業集団の特定期間の財政状
         態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に与える影響を確実に見積もることが困難である事実を踏ま
         え、2013年3月期連結会計年度末よりウィン・リゾーツ社株式を取得原価で評価しておりました。また、
         ウィン・リゾーツ社が発行した長期受取手形に対する受取利息として、これまでに6年分が裁判所の事務
         官宛てに、同事務官の信託口座への預け入れ用として発行されましたが、請求権の原則に基づいて、当社
         連結財務諸表には利息小切手発行に係る事実を反映させておりませんでした。
          当社及び当社子会社Aruze             USA  Inc.は2018年3月8日(米国現地時間)に、ウィン・リゾーツ社との間
         で和解契約を締結し、当該和解契約に基づき、ウィン・リゾーツ社の発行した長期受取手形の額面に係る
         入金額と、投資有価証券として計上してきたウィン・リゾーツ社株式の取得原価との差額158,796百万円
         を、和解による株式償還差益として連結損益計算書の特別利益に計上しております。
          また、当該和解契約に基づき、ウィン・リゾーツ社が発行した長期受取手形に対する受取利息として裁
         判所事務官の信託口座に発行してきた6年分の利息小切手に、当社グループが主張する市場金利に基づい
         て算定した場合の利息のみとの差額を加えた合計74,471百万円を、財務収益であるため受取利息として連
         結損益計算書の営業外収益に計上しております。
          加えて関連する訴訟費用2,836百万円を、連結損益計算書の特別損失として計上しております。
         (借入費用の取得価額算入)

          統合型リゾート(IR)事業           に要した資金のうち、その建設資金を借入金及び社債(私募債)により調達し
         ている長期プロジェクトで、かつ、その金額が重要なものについては、建設期間中に対応する借入費用を
         取得価額に算入しております。
                                  60/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
          ※1.担保資産及び担保付債務
             担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     現金及び預金                                228百万円                  208百万円
             担保付債務はありません。

          ※2.非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     投資有価証券(株式)                               7,061百万円                 10,231百万円
     その他(出資金)                                 -百万円                  0百万円
          3.偶発債務

             連結会社以外の会社に対して発行しているスタンドバイL/Cは次のとおりです。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
     Philippine      Amusement     and  Gaming
                                      228百万円                  208百万円
                                (1億フィリピンペソ)                  (1億フィリピンペソ)
     Corporation
             当社グループの連結子会社であるTIGER                    RESORT,LEISURE        AND  ENTERTAINMENT,INC.はBDO            UNIBANK,INC.

            に依頼を行いPhilippine            Amusement     and  Gaming    Corporationに対してスタンドバイL/Cを発行しておりま
            す。これは当社グループが推進しているカジノリゾートプロジェクトの遂行にあたり規約に基づいたもの
            となっております。なお、当該スタンドバイL/C発行に際して当社グループの連結子会社が提供した担保
            は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
                                      228百万円                  208百万円
      現金及び預金
                                (1億フィリピンペソ)                  (1億フィリピンペソ)
          ※4.連結会計年度末日満            期手形   及び電子記録債権

             連結会計年度末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、当連結会計年度の末日が金融機関
            の休日でしたが、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当連結会計年度末日満期手形の
            金額は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
      受取手形                                454百万円                  131百万円
      電子記録債権                                341                  149
      支払手形                               3,279                   665
      電子記録債務                                 13                 110
                                  61/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
          ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年1月1日
                              至 2017年12月31日)                    至 2018年12月31日)
     給与手当                               12,944   百万円              15,737   百万円
                                     6,464                  4,104
     支払手数料
                                     5,931                 12,275
     減価償却費
          ※2.一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (自 2017年4月1日                            (自 2018年1月1日
               至 2017年12月31日)                              至 2018年12月31日)
                          4,131   百万円                         5,485   百万円
          ※3.期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価引当繰入額が売上原

            価に含まれております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (自 2017年4月1日                            (自 2018年1月1日
               至 2017年12月31日)                              至 2018年12月31日)
                          △ 349  百万円                          447  百万円
          ※4.たな卸資産評価損

           遊技機市場において、改正規則、自主規制に対応した新規則機へ移行が行われており、翌連結会計年度以
          降、旧規則機を販売しない方針としたことから、生産・販売において使用目的のない旧規則機のたな卸資産を
          廃棄することに伴う評価損を特別損失に計上しております。
         (連結包括利益計算書関係)

         ※その他包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年1月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △483百万円               △140百万円
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                       △483               △140
       税効果額                                  ▶               2
       その他有価証券評価差額金
                                       △478               △138
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                7,172              △16,138
      組替調整額                                  -               -
       税効果調整前
                                       7,172              △16,138
       税効果額                                 -               -
       為替換算調整勘定
                                       7,172              △16,138
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                  37               41
      組替調整額                                  15                2
       税効果調整前
                                        53               44
       税効果額                                △6               △4
       退職給付に係る調整額
                                        47               40
        その他の包括利益合計
                                       6,740              △16,236
                                  62/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   80,195,000              -          -      80,195,000

            合計             80,195,000              -          -      80,195,000

     自己株式

      普通株式 (注)1,2                   1,304,232              1       39,500        1,264,733

            合計             1,304,232              1       39,500        1,264,733

      (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加1株は、単元未満株式の買取りによるものであります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の減少39,500株は、ストック・オプションの行使による減少39,500株でありま
          す。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                       新株予約権の                               当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる株                               年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       式の種類                               (百万円)
                               年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社       ストック・オプション
                          -       -      -      -      -       101
      (親会社)       としての新株予約権
            第8回新株予約権
                         普通株式       500,000       -      -     500,000          5
            (2017年3月27日発行)
                                500,000
             合計             -             -      -     500,000         107
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                    1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類             配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
      (決議)
                       (百万円)
                                     (円)
       2017年5月12日
                普通株式         3,155    利益剰余金          40   2017年3月31日         2017年6月30日
        取締役会
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

           該当事項はありません。
                                  63/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(株)          加株式数(株)          少株式数(株)          株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   80,195,000              -          -      80,195,000

            合計             80,195,000              -          -      80,195,000

     自己株式

                                              318,100

      普通株式 (注)1,2                   1,264,733           240,0   83                1,186,716
                                              318,100

            合計             1,264,733           240,0   83                1,186,716
      (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加240,0                         83 株は、2018年10月12日開催の取締役会決議に基づく自己株式の取
          得240,000株及び単元未満株式の買取りによる増加83株であります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の減少318,100株は、ストック・オプションの行使による減少318,100株であり
          ます。
         2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                       新株予約権の                               当連結会計
       区分      新株予約権の内訳           目的となる株                               年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                       式の種類                               (百万円)
                               年度期首      年度増加      年度減少      年度末
      提出会社       ストック・オプション
                          -       -      -      -      -        70
      (親会社)       としての新株予約権
            第8回新株予約権
                         普通株式       500,000       -      -     500,000          5
            (2017年3月27日発行)
             合計             -      500,000       -      -     500,000         76
         3.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
           該当事項はありません。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類             配当の原資        配当額        基準日        効力発生日
      (決議)
                       (百万円)
                                     (円)
       2019年3月25日
                普通株式         3,950    利益剰余金          50   2018年12月31日         2019年3月26日
       定時株主総会
                                  64/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年1月1日
                              至 2017年12月31日)                 至 2018年12月31日)
      現金及び預金勘定                              35,809   百万円              46,076   百万円
      有価証券勘定                                13                  2
      担保に供している預金                               △228                 △208
      現金及び現金同等物                              35,594                 45,870
          2.重要な非資金取引の内容

         支払利息及び社債利息の元本算入並びに借入費用の取得価額算入
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2017年4月1日                 (自 2018年1月1日
                              至 2017年12月31日)                 至 2018年12月31日)
      支払利息の元本算入                                 -                648  百万円
                                     5,048
      社債利息の元本算入                                  百万円              2,591   百万円
      借入費用の取得価額算入                               4,962   百万円              2,993   百万円
         (リース取引関係)

          (借主側)
          1.ファイナンス・リース取引
           所有権移転外ファイナンス・リース取引
          ①リース資産の内容
           航空機・車両
          ②リース資産の減価償却方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の
          減価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                  65/109










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、適切な事業計画に基づいて、主に銀行借入、社債発行、グループ金融によって必要な
           資金を調達しております。一時的な余資は安全性・流動性を基本に元本保証型の大口預金等での運用を
           行っております。デリバティブ取引に関しましてはリスクを回避するために利用しており、投機目的では
           行わない方針であります。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である受取手形及び売掛金は、製品の受注から販売に至る一連の営業活動過程で発生するもの
           であり顧客の信用リスクに晒されております。
             有価証券及び投資有価証券は、主に海外子会社において運用している投資信託、業務上の関係を有する
           企業の株式であり、市場価格の変動リスク・為替リスクに晒されております。
             営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが4ヶ月以内の支払期日であり、主に部材等の購
           入や債務の決済過程で発生するものであります。
             借入金、社債に関しましては主にカジノリゾート建設に係る支出にあてることを目的としたものであ
           り、このうち一部は支払金利の変動リスク・為替リスクに晒されております。
          (3)金融商品に係るリスク管理体制

             当社ではリスクに応じて本部長会において適宜協議を行っておりますが、各リスクに対しましてはさら
           に以下のように管理を行っております。
             ①信用リスク(取引先の契約不履行に係るリスク)の管理
               当社は受取手形、売掛金などの営業債権につきましては、債権管理課が与信管理規程に基づき取引
              先の信用状況の調査及び情報収集を行っております。
             ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
               当社は借入金及び社債に係る金利の変動リスクに対して、借入条件・社債発行条件において当社に
              不利な条項が含まれないような形で借入を行っております。
               有価証券に関しましては元本割れの確率が極めて僅少な安全性の高い投資信託で運用することと
              し、投資有価証券に関しましては定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握するととも
              に、年度ごとに取引先の財務諸表を精査し、保有状況を継続的に見直しております。
               デリバティブ取引の執行・管理については、担当部署が決済担当者の承認を得て行っております。
             ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               借入を行う際には資金の流動性、借入期間を考慮し、長短資金コストの動向を重点的に見極めなが
              ら借入を行っております。また、借入を行った資金に関しましては担当部署が適時に資金繰り計画の
              作成・更新を行い、管理をしております。
                                  66/109









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
           前連結会計年度(2017年12月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                             (百万円)
        (1)  現金及び預金
                                  35,809            35,809             -
        (2)  受取手形及び売掛金
                                  9,237            9,237            -
        (3)  有価証券及び投資有価証券
          有価証券                           13            13           -
          その他有価証券                           936            936           -
               資産計                   45,995            45,995             -
        (1)  支払手形及び買掛金
                                 (6,245)            (6,245)             -
        (2)  短期借入金
                                (19,063)            (19,063)              -
        (3)  未払金
                                (20,299)            (20,299)              -
        (4)  社債
                                (149,125)            (156,178)            (7,053)
        (5)  長期借入金
                                (84,120)            (84,120)              -
               負債計                 (278,855)            (285,909)            (7,053)
        (*1)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
        (*2)短期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金を含めております。
           当連結会計年度(2018年12月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(百万円)           差額(百万円)
                             (百万円)
        (1)  現金及び預金
                                  46,076            46,076             -
        (2)  受取手形及び売掛金
                                  10,381            10,381             -
        (3)  有価証券及び投資有価証券
          有価証券                            2            2          -
          その他有価証券                           730            730           -
               資産計                   57,190            57,190             -
        (1)  支払手形及び買掛金
                                 (6,653)            (6,653)             -
        (2)  短期借入金
                                (16,846)            (16,846)              -
        (3)  未払金
                                (12,781)            (12,781)              -
        (4)  社債                      (65,511)            (70,692)           (5,180)
               負債計                  (101,793)            (106,974)           (5,180)
        (*1)負債に計上されているものについては、( )で示しております。
                                  67/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額                        にほぼ等しいことから、           当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (3)有価証券及び投資有価証券

            これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。投資信託は時価が帳簿価額にほぼ等しい
           ことから、当該帳簿価額によっております。
         負 債

          (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金及び(3)未払金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (4)社債

            当社の発行する社債の時価は、将来キャッシュ・フローを同様の社債を発行した場合に適用されると考え
           られる利率で割り引いた現在価値を時価としております。
          (5)  長期借入金

            長期借入金の時価は、元利金合計額を、同様な新規借入等を行った場合に想定される利率で割り引いた現
           在価値により算定しております。
         デリバティブ取引

          注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照ください。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

             区分
                            (2017年12月31日)                   (2018年12月31日)
     非上場株式                                 7,080                  10,249
     その他有価証券                                51,313                     -

     長期預け金                                 7,017                   6,801

     関係会社長期預け金                                27,523                   26,727

            非上場株式については、市場価格がないため、また、その他有価証券については当社の連結子会社が保有
           する株式であり時価は存在するものの、売却等を行うことは困難であり時価を把握することが極めて困難で
           あるとみなされることから、「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
            長期預け金及び関係会社長期預け金は、将来キャッシュ・フローを見積ることができず、時価を把握する
           ことが極めて困難と認められるため、時価評価の対象には含めておりません。
                                  68/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2017年12月31日)
                                     1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内         10年以内
                             (百万円)                           (百万円)
                                     (百万円)          (百万円)
            現金及び預金                  35,809           -         -         -
            受取手形及び売掛金                   9,237          -         -         -
            有価証券                     13         -         -         -
                  合計             45,059           -         -         -
           (注)金銭債権のうち、期間の定めのない長期未収入金等については上表に含めておりません。
           当連結会計年度(2018年12月31日)

                                     1年超         5年超
                            1年以内                          10年超
                                     5年以内         10年以内
                             (百万円)                           (百万円)
                                     (百万円)          (百万円)
            現金及び預金                  46,076           -         -         -
            受取手形及び売掛金                  10,381           -         -         -
            有価証券                     2        -         -         -
                  合計             56,460           -         -         -
           (注)金銭債権のうち、期間の定めのない長期未収入金等については上表に含めておりません。
          4.短期借入金、社債及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2017年12月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                             (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
            短期借入金             17,456        -      -      -      -      -

            社債               -      -    149,125         -      -      -
            長期借入金              1,607      2,143      2,143      79,834        -      -
               合計         19,063       2,143     151,268       79,834        -      -

           当連結会計年度(2018年12月31日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                 5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (百万円)                                (百万円)
                             (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
            短期借入金             16,846        -      -      -      -      -

            社債               -      -    65,511        -      -      -
                                      65,511        -

               合計         16,846        -                   -      -
                                  69/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
        1.その他有価証券
         前連結会計年度(2017年12月31日)
                             連結貸借対照表計
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             上額(百万円)
                  (1)株式                   94           84           9
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ② 社債                  -           -           -
     の
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                   -           -           -
                      小計               94           84           9
                  (1)株式                   841          1,477           △636
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ② 社債                  -           -           -
     もの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                   -           -           -
                      小計               841          1,477           △636
                合計                     936          1,562           △626
          非上場株式等(連結貸借対照表計上額                      7,080百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見
         積ることができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、また、当社の連結子会社が保有するそ
         の他有価証券(連結貸借対照表計上額                  51,313百万円)は、時価は存在するものの売却等を行うことが困難であ
         り、時価を把握することが極めて困難であるとみなされるため、上表の「その他有価証券」には含めておりませ
         ん。
         当連結会計年度(2018年12月31日)

                             連結貸借対照表計
                      種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                             上額(百万円)
                  (1)株式                   -           -           -
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ② 社債                  -           -           -
     の
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                   -           -           -
                      小計               -           -           -
                  (1)株式                   730          1,573           △843
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ② 社債                  -           -           -
     もの
                   ③ その他                  -           -           -
                  (3)その他                   -           -           -
                      小計               730          1,573           △843
                合計                     730          1,573           △843
          非上場株式等(連結貸借対照表計上額                      10,249百万円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを
         見積ることができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表の「その他有価証券」には含め
         ておりません。
                                  70/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       2.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

          該当事項はありません。
       3.減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          該当事項はありません。
          なお、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式の減損処理にあたっては、財政状態の悪化が
          あり、かつ1株当たり純資産が取得原価に比し50%以上下落した場合は、原則減損としますが、個別に回復可
          能性を判断し、最終的に減損処理の要否を決定しております。
         当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

          該当事項はありません。
          なお、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式の減損処理にあたっては、財政状態の悪化が
          あり、かつ1株当たり純資産が取得原価に比し50%以上下落した場合は、原則減損としますが、個別に回復可
          能性を判断し、最終的に減損処理の要否を決定しております。
         (デリバティブ取引関係)

          該当事項はありません。
         (退職給付関係)

       1.  採用している退職給付制度の概要
         当社の連結子会社である            TIGER   RESORT,LEISURE        AND  ENTERTAINMENT,INC         .は、従業員の退職給付に充てるため、
        非積立型の確定給付制度として退職一時金制度を採用しております。
       2.確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                       (百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年1月1日
                               至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
           退職給付債務の期首残高                              64                 94
           勤務費用                              69                 66
           利息費用                              -                  5

           数理計算上の差異の発生額                             △37                 △41
           決算期変更による増減                              △4                  -
           為替による影響                               2                △7
           退職給付債務の期末残高                              94                 116

       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                       (百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
           非積立型制度の退職給付債務                              94                 116
           連結貸借対照表に計上された負債
                                         94                 116
           退職給付に係る負債                              94                 116
           連結貸借対照表に計上された負債
                                         94                 116
                                  71/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                       (百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年1月1日
                               至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
           勤務費用                              69                 66
           利息費用                              -                  5
           数理計算上の差異の費用処理額                              15                 18
           退職給付制度に係る退職給付費用
                                         84                 89
       (4)退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                       (百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年1月1日
                               至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
           数理計算上の差異                              53                 59
       (5)  退職給付に係る調整         累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                       (百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
           数理計算上の差異                               6                 51
       (6)  数理計算上の計算の基礎に関する事項

                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自 2017年4月1日                 (自 2018年1月1日
                               至 2017年12月31日)                   至 2018年12月31日)
           割引率                            5.61%                 7.55%
           予想昇給率                            2.00%                 2.00%
         (ストック・オプション等関係)

         1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 2017年4月1日                  (自 2018年1月1日
                            至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
     販売費及び一般管理費の株式報酬費用
                                         2                  -
         2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                                    (単位:百万円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 2017年4月1日                  (自 2018年1月1日
                            至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
     新株予約権戻入益
                                        -                  10
         3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

         (1)ストック・オプションの内容
                                  72/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                     2014年
                       2014年                             2017  年
                                  ストック・オプション
                    ストック・オプション                             ストック・オプション
                                ( 2014  年6月26日定時株主総
                  ( 2014  年6月26日取締役会決                          (2017年9月21日取締役会決
                                会決議及び     2014  年10月31日取
                       議)                             議)
                                    締役会決議)
                                               当社取締役   7名
     付与対象者の区分及び人
                  当社取締役   4名              当社従業員等  43名              当社執行役員  4名
     数
                                               当社従業員等  1名
     株式の種類別のストッ
                  普通株式   700,000株              普通株式   124,000株              普通株式   400,000株
     ク・オプションの数          (注)
     付与日                2014年7月17日              2014年12月22日              2017  年10月6日
                  ①新株予約権者は、         2015  年3   新株予約権者は、新株予約権              ①新株予約権の割当てを受け
                  月期及び    2016  年3月期の監査        の権利行使時においても当社              た者(以下、「新株予約権
                  済みの当社連結損益計算書ま              または当社の関係会社          (財務    者」という。)は、以下の
                  たは損益計算書の経常利益が              諸表等の用語、様式及び作成              (i)または(ii)のいずれ
                  次の各号に定める全ての条件              方法に関する規則第8条(定              かの条件を満たした場合に限
                  を達成している場合、本新株              義)の定義による。)          の取締    り、本新株予約権の全部又は
                  予約権を行使することができ              役または従業員であることを              一部を行使することができ
                  る。              要する。ただし、任期満了に              る。
                  また、国際財務報告基準の適              よる退任、定年退職、その他              なお、国際財務報告基準の適
                  用等により参照すべき経常利              正当な理由があると取締役会              用等により参照すべき経常利
                  益等の概念に重要な変更が              が認めた場合は、この限りで              益等の概念に重要な変更が
                  あった場合には、別途参照す              はない。              あった場合には、別途参照す
                  べき指標を取締役会にて定め                             べき指標を取締役会にて定め
                  るものとする。                             るものとする。
                  (a)   2015  年3月期の経常利                        (i)2018年12月期及び2019
     権利確定条件
                  益が200億円を超過している                             年12月期の経常利益(監査済
                  こと                             みの当社連結損益計算書また
                  (b)   2016  年3月期の経常利                        は損益計算書の経常利益をい
                  益が220億円を超過している                             う。以下同じ。)が次の各号
                  こと                             に定める全ての条件を達成し
                  ②新株予約権者は、上記①に                             ている場合。
                  加え、本新株予約権の割当日                             (a)2018年12月期の経常利
                  から本新株予約権の行使期間                             益が300億円を超過している
                  の終期に至るまでの間におい                             こと。
                  て、当社普通株式        の普通取引                    (b)2019年12月期の経常利
                  終値が一度でも本新株予約権                             益が320億円を超過している
                  の行使価額の130%以上と                             こと。
                  なった場合にのみ、本新株予                             (ii)2018年12月期及び2019
                  約権を行使することができ                             年12月期の経常利益の累積額
                  る。                             が800億円を超過した場合。
                                  73/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
                                     2014年
                       2014年                             2017  年
                                  ストック・オプション
                    ストック・オプション                             ストック・オプション
                                (2014   年6月26日定時株主総
                  ( 2014  年6月26日取締役会決                          (2017年9月21日取締役会決
                                会決議及び     2014  年10月31日取
                       議)                             議)
                                    締役会決議)
                  ③新株予約権者は、新株予約                             ②新株予約権者は、上記①に
                  権の権利行使時においても、                             加え、本新株予約権の割当日
                  当社または当社関係会社(財                             から本新株予約権の行使期間
                  務諸表等の用語、様式及び作                             の終期に至るまで        の間におい
                  成方法に関する規則第8条                             て、金融商品取引所における
                  (定義)の定義による)の取                             当社普通株式の普通取引終値
                  締役、監査役または従業員で                             が一度でも本新株予約権の行
                  あることを要する。ただし、                             使価額の130%以上となった
                  任期満了による退任、定年退                             時点よりも後に限り、本新株
                  職、その他正当な理由がある                             予約権を行使することができ
                  と取締役会が認めた場合は、                             る。
                  この限りではない。                             ③新株予約権者は、新株予約
                                               権の権利行使時においても、
                                               当社または当社関係会社(財
                                               務諸表等の用語、様式及び作
                                               成方法に関する規則第8条
                                               (定義)の定義による)の取
                                               締役、監査役または従業員で
                                               あることを要する。ただし、
                                               任期満了による退任、定年退
                                               職、その他の正当な理由があ
                                               ると取締役会が認めた場合
                                               は、この限りではない。
     対象勤務期間                   -              -              -

                  自 2016年7月1日              自 2016年12月23日              自 2020年4月1日

     権利行使期間
                  至 2018年6月30日              至 2024年10月30日              至 2024年10月5日
         (注)株式数に換算して記載しております。
                                  74/109










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
            当連結会計年度(2018年12月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
           ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ①ストック・オプションの数
                                     2014年
                                                    2017年
                       2014年
                                  ストック・オプション
                                                ストック・オプション
                    ストック・オプション
                                (2014年6月26日定時株主総
                                               (2017年9月21日取締役会
                  ( 2014  年6月26日取締役会決
                                 会決議及び2014年10月31日
                                                    決議)
                       議)
                                   取締役会決議)
     権利確定前          (株)
      前連結会計年度
                                                        400,000
                              -              -
      末
      付与                       -              -              -
      失効                       -              -              -
      権利確定                       -              -              -
                                                        400,000
      未確定残                       -              -
     権利確定後          (株)
      前連結会計年度
                           650,000               72,500                -
      末
      権利確定                       -              -              -
      権利行使                     300,000               18,100                -
      失効                     350,000                 -              -
      未行使残                       -            54,400                -
            ②単価情報

                                     2014年
                                                    2017年
                       2014年
                                  ストック・オプション
                                                ストック・オプション
                    ストック・オプション
                                (2014年6月26日定時株主総
                                               (2017年9月21日取締役会
                  ( 2014  年6月26日取締役会決
                                 会決議及び2014年10月31日
                                                    決議)
                        議)
                                   取締役会決議)
     権利行使価格          (円)             2,637              1,813              4,463

     行使時平均株価          (円)             5,234              4,663                -
     付与日における公
     正な評価単価          (円)             2,600               711               80
     (注)
         (注)付与日における公正な評価単価は、1株当たりの単価を記載しております。
         4.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

           該当事項はありません。
         5.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
          用しております。
                                  75/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           繰延税金資産(流動)
            未払事業税                              22百万円              -百万円
            たな卸資産評価損                             2,797              4,601
            賞与引当金                              28              27
            貸倒引当金
                                          33              27
            長期前払費用償却                              136              135
            その他                              38              31
             小計
                                         3,057              4,823
            評価性引当額                            △3,055              △4,823
             差引
                                           2             -
            繰延税金負債との相殺                               -              -
           繰延税金資産(流動)の純額
                                           2             -
           繰延税金負債(流動)

            その他                              -             △2
             小計
                                          -             △2
            繰延税金資産との相殺                               -              -
           繰延税金負債(流動)の純額
                                          -             △2
           繰延税金資産(固定)

            退職給付に係る負債                              12              12
            為替差損益                              195              293
            貸倒引当金                             1,347              1,284
            減価償却超過額                              559              575
            出資損失                              143              143
            減損損失                              245              245
            投資有価証券・関係会社株式                              209              209
            代替ミニマム税繰越額                              911              -
            繰越欠損金                             6,048             11,407
            長期立替金利息相当額                             1,602              1,822
            配当資産の圧縮額                            15,038              15,038
            長期前払費用償却                              406              271
            その他
                                          118              127
             小計
                                        26,841              31,431
            評価性引当額                           △24,922              △28,376
           繰延税金資産(固定)計
                                         1,918              3,055
            繰延税金負債(固定)との相殺                             △237               -
           繰延税金資産(固定)の純額
                                         1,681              3,055
           繰延税金負債(固定)

            その他有価証券評価差額金                              △2              -
            固定資産評価益                             △45              △45
            為替差損益                             △803             △1,087
            その他                              -             △0
           繰延税金負債(固定)計
                                         △852             △1,134
            繰延税金資産(固定)との相殺                              237              -
           繰延税金負債(固定)の純額
                                         △614             △1,134
                                  76/109



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因
           となった主要な項目別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
           法定実効税率

                                         -            34.81%
           (調整)
            評価性引当額                             -            2.16%
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             -           △37.08%
            連結子会社からの受取配当金の連結消去                             -            39.06%
            連結子会社の税率差異                             -           △15.30%
                                         -           △0.31%
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              -           23.34%
           (注)前連結会計年度は、税金等調整前当期純損失を計上しているため、注記を省略しております。
         (企業結合等関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (資産除去債務関係)

           資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             建物賃貸借契約及び土地賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を美術館については50年、迎賓館については47年と見積もり、割引率については1.71%を
            使用して資産除去債務の金額を計算しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2017年4月1日              (自 2018年1月1日
                                  至 2017年12月31日)              至 2018年12月31日)
              期首残高                          387百万円              391百万円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                           -              -
              時の経過による調整額                           ▶              ▶
              資産除去債務の履行による減少額                           -              -
              その他増減額(△は減少)                           -              -
              期末残高                          391              395
         (賃貸等不動産関係)

           該当事項はありません。
                                  77/109







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営
          資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
           当社は、本社に製品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は、取り扱う製品・サービスについて国内
          及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
           なお当連結会計年度より、わかりやすさを目的として、事業の名称を、パチスロ・パチンコ事業から遊技機

          事業  (1) へ、カジノリゾート事業を統合型リゾート(IR)事業                        (2) へ、それぞれ変更しております。この変更は名称
          の変更のみで、各事業の内容そのものに変更もなく、金額的影響はありません。
           したがって、当社は、事業本部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「遊技機

          事業」及び「統合型リゾート(IR)事業」の2つを報告セグメントとしております。
           (1)「遊技機事業」は、パチスロ、パチンコ及び周辺機器等の研究、開発、製造、販売をしております。
           (2)「統合型リゾート(IR)事業」は、フィリピンにおいて、カジノ、ホテル、飲食、リテイル&リーシン
          グ、エンターテインメント及び不動産開発等の事業を運営しております。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項と同
          一であります。
           セグメント利益又は損失(△)は、営業利益ベースの数値であります。
           セグメント間の内部収益及び振替高は、市場実勢価格に基づいております。
                                  78/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
          前連結会計年度(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                               その他
                                                       合計
                                               (注)
                                    統合型リゾート
                             遊技機事業
                                    (IR)事業
         売上高
                                50,346        16,051         1,918        68,316
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部売上高又は振替
                                   0        -        241        241
           高
                                50,347        16,051         2,159        68,557
                  計
         セグメント利益又は損失(△)                       9,343       △ 9,024         331        650
                                75,015        325,545         6,185       406,745

         セグメント資産
         その他の項目

           減価償却費                      1,806        3,479         229       5,515
           有形固定資産及び無形固定資産の増
                                 1,417        73,349          456       75,222
           加額
         (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、海外事業等を含んでおりま
            す。
          当連結会計年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                               その他
                                                       合計
                                               (注)
                                    統合型リゾート
                             遊技機事業
                                    (IR)事業
         売上高
                                42,368        48,939         1,722        93,030
           外部顧客への売上高
           セグメント間の内部売上高又は振替
                                  -        -        764        764
           高
                  計              42,368        48,939         2,487        93,795
         セグメント利益又は損失(△)                      △ 1,705       △ 6,206         972      △ 6,939

         セグメント資産                       72,870        377,907         6,499       457,277

         その他の項目

           減価償却費                      2,427        9,005         257       11,690
           有形固定資産及び無形固定資産の増
                                 2,930        44,701          240       47,872
           加額
         (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、海外事業等を含んでおりま
            す。
                                  79/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                  売上高                   前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                      66,398             91,307

     「その他」の区分の売上高                                       2,159             2,487
                                            △241
     セグメント間取引消去                                                    △764
     全社収益(注1)
                                             229             236
     連結財務諸表の売上高                                      68,546             93,267

                                                    (単位:百万円)

                  利益                   前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                        318           △7,912

     「その他」の区分の利益                                        331             972
     セグメント間取引消去                                        63            △295

     全社収益(注1)                                        229             236

     全社費用(注2)
                                          △10,751             △10,974
     連結財務諸表の営業損失(△)                                      △9,807             △17,972

     (注)1.全社収益は、主に報告セグメントに帰属しない美術館の収入であります。
        2.全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
                                                    (単位:百万円)

                  資産                   前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                      400,560             450,777

     「その他」の区分の資産                                       6,185             6,499
     全社資産(注)                                      137,001              53,399
     連結財務諸表の資産合計                                      543,747             510,677

     (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない関連会社に対する投資、余資運用資金(現金預金、有価証券)及び
        土地等であります。
                                                    (単位:百万円)

                    報告セグメント計             その他          調整額       連結財務諸表計上額

         その他の項目
                    前連結会     当連結会     前連結会     当連結会     前連結会     当連結会     前連結会     当連結会
                    計年度     計年度     計年度     計年度     計年度     計年度     計年度     計年度
     減価償却費                5,286     11,432       229     257     991    1,376     6,507     13,067

     有形固定資産及び無形固定資
                     74,766     47,631       456     240     274     312    75,497     48,185
     産の増加額
     (注)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社部門における投資額であります。
                                  80/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2017年12月31日)
         1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         2.地域ごとの情報

          (1)売上高
                                                  (単位:百万円)
                 日本          フィリピン           その他海外             合計
                    52,494           16,051              0         68,546

          (2)有形固定資産

                                                  (単位:百万円)
                 日本          フィリピン           その他海外             合計
                    24,340           316,848            2,831          344,020

         3.主要な顧客ごとの情報

           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省
          略 しております。
           当連結会計年度(自           2018年1月1日         至   2018年12月31日)

         1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         2.地域ごとの情報

          (1)売上高
                                                  (単位:百万円)
                 日本          フィリピン           その他海外             合計
                    44,338           48,928              -         93,267

          (2)有形固定資産

                                                  (単位:百万円)
                 日本          フィリピン           その他海外             合計
                    23,432           333,459            2,727          359,619

         3.主要な顧客ごとの情報

           外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省
          略 しております。
                                  81/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2017年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2018年1月1日         至   2018年12月31日)

            固定資産の減損損失         42 百万円は遊休資産に係るものであり、報告セグメントに配分していません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2017年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2018年1月1日         至   2018年12月31日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前連結会計年度(自           2017年4月1日         至   2017年12月31日)
            該当事項はありません。
           当連結会計年度(自           2018年1月1日         至   2018年12月31日)

            該当事項はありません。
                                  82/109














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
        1.関連当事者との取引
        (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         ①連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
          前連結会計年度(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)

           該当事項はありません。
         ②連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

          前連結会計年度(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
                             議決権等の
          会社等
                   資本金又は     事業の内容       所有    関連当事者           取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地                          取引の内容            科目
                    出資金     又は職業     (被所有)      との関係          (百万円)          (百万円)
         又は氏名
                             割合(%)
         EAGLEⅠ
              フィリピ
         LAND           480百万
                                                   関係会社長
              ン (マニ         投資事業     間接40.0%      出資       -       -         27,523
                                                   期預け金
                    PHP
         HOLDINGS,I
              ラ)
         NC.
                                        利息の受取         16  未収利息         16

     関連会社
                        パチン
                        コ・パチ
              東京都
         (株)ジーグ           25百万円    スロ機の     直接50.0%      出資                短期貸付金       1,000
              豊島区
                        製造・販
                                        資金の貸付
                                               1,447
                        売
                                         (注1)
                                                   長期貸付金
                                                          2,073
     (注1)資金の貸付については、市場金利等を勘案し、両者協議の上決定しております。

          当連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)

                             議決権等の
          会社等
                   資本金又は     事業の内容       所有    関連当事者           取引金額          期末残高
      種類    の名称     所在地                          取引の内容            科目
                    出資金     又は職業     (被所有)      との関係
                                              (百万円)          (百万円)
         又は氏名
                             割合(%)
         EAGLEⅠ
              フィリピ
         LAND           480百万
                                                   関係会社長
              ン (マニ         投資事業           出資
                             間接40.0%             -               26,727
                                                   期預け金
                    PHP
         HOLDINGS,I
              ラ)
         NC.
                                        利息の受取         32  未収利息         19

     関連会社
                        パチン
                        コ・パチ
              東京都
         (株)ジーグ           25百万円    スロ機の     直接50.0%      出資                短期貸付金       1,150
              品川区
                        製造・販
                                        資金の貸付
                                                372
                        売
                                         (注1)
                                                   長期貸付金       2,195
     (注1)資金の貸付については、市場金利等を勘案し、両者協議の上決定しております。

                                  83/109





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         ③連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
          前連結会計年度(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
                             議決権等の
          会社等         資本金又は
                               所有               取引金額          期末残高
                        事業の内容           関連当事者
      種類    の名称     所在地     出資金                     取引の内容            科目
                             (被所有)
                        又は職業           との関係          (百万円)          (百万円)
         又は氏名         (百万円)
                             割合(%)
                                        保証金差入         -  差入保証金        141

         岡田ホール
              東京都
         ディングス               不動産賃
              江東区        10       なし      不動産賃借
         合同会社               貸等
     役員及びそ
                                        家賃等の支
         (注2)
                                        払           立  替  金
                                                 59          12
                                        (注3)
     の近親者が
         ㈱トランス

                                        旅費等の支
     議決権の過
              東京都                    航空券等の
         オービット             472  旅行業     なし           払         25  未  払  金     -
              港区                    購入先
                                        (注5)
         (注4)
     半数を所有
         Aruze  Gaming
                        ゲーミン
              アメリカ                    当社製品の                長期未収入
                                        製品の販売
     している会
         America,Inc.               グ機器事     なし
                    8千US$                             -          303
                                        (注7)
              ネバダ州                    販売                金
                        業
         (注6)
     社   等
          Aruze  Gaming
                        ゲーミン
                                        家賃等の受
                                                   未収入金         -
         Technologies
               東京都                    事務所の転
                                        取
                      10  グ機器事     なし                    89
         Co.,Ltd.
               江東区                    貸
                                                   前  受  金
                                                           -
                                        (注9)
                        業
         (注8)
                             (被所有)
                                        家賃等の支
                                                   立  替  金     34
                        当社取締           家賃等の支
                                        払
      役員          -     -         間接69.0%                    7
         岡田和生
                        役会長           払
                                                   未払費用
                                                           38
                                        (注3)
                             (注10)
                                                   短期貸付金

                        当社取締     (被所有)
                                        資金の貸付
      役員                             資金の貸付                及び長期貸
                -     -                             ▶          84
         德田 一
                                        (注11)
                        役
                             直接0.1%
                                                   付金
     (注)1.     取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。

          当社の前役員の岡田和生は、2017年6月29日の株主総会をもって退任いたしました。
        2.当社の前役員の岡田和生及びその近親者が議決権の99.9%を間接所有しております。
        3.家賃の支払については、業務内容を勘案し、両者協議の上決定しております。
        4.当社の前役員の岡田和生が議決権の98.7%を直接所有しております。
        5.旅費については、市場価格を勘案して一般取引条件と同様に決定しております。
        6.当社の前役員の岡田和生が議決権の100%を直接所有しております。
        7.製品の販売については、市場価格を勘案して一般的取引条件と同様に決定しております。
        8.当社の前役員の岡田和生が議決権の100%を間接所有しております。
        9.家賃については、市場価格を勘案して一般取引条件と同様に決定しております。
        10.当社の前役員の岡田和生及びその近親者が議決権の100%を直接所有している当社親会社の所有割合でありま
          す。
        11.資金の貸付については、市場金利等を勘案し、両者協議の上決定しております。
                                  84/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
                             議決権等の
                   資本金又は
          会社等
                        事業の内容       所有    関連当事者           取引金額          期末残高
                    出資金
      種類    の名称     所在地                          取引の内容            科目
                        又は職業     (被所有)      との関係
                                              (百万円)          (百万円)
         又は氏名         (百万円)
                             割合(%)
                                        保証金差入           差入保証金

                                                 -          141
         岡田ホール
     役員及びそ
              東京都
         ディングス               不動産賃
              江東区        10       なし      不動産賃借
         合同会社               貸等
     の近親者が
         (注2)
                                        家賃等の支
                                                 -  立  替  金     12
                                        払
     議決権の過
         Aruze  Gaming
                        ゲーミン
     半数を所有
              アメリカ                    当社製品の                長期未収入
         America,Inc.               グ機器事     なし           製品の販売
                    8千US$                             -          294
              ネバダ州                    販売                金
                        業
         (注4)
     している会
          Aruze  Gaming
                        ゲーミン
                                        家賃等の受
         Technologies
               東京都                    事務所の転
     社   等
                                        取
                      10  グ機器事     なし                    27    -       -
         Co.,Ltd.
               江東区                    貸
                                        (注5)
                        業
         (注4)
                        当社取締     (被所有)
                                        家賃等の支
                                                   立  替  金     43
     役員の                             家賃等の支
                                        払
                -     -   役の近親     間接68.9%                    10
         岡田和生
     近親者                             払
                                                   未払費用
                                                           48
                                        (注3)
                        者
                             (注6)
                        当社代表     (被所有)

                                        資金の貸付
      役員                  取締役社           資金の貸付                短期貸付金
                -     -         直接0.8%                   527          527
         富士本淳
                                        (注7)
                        長
                                                   短期貸付金

                        当社取締     (被所有)
                                        資金の貸付
      役員          -     -              資金の貸付              131  及び長期貸        133
         德田 一
                                        (注7)
                        役
                             直接0.2%
                                                   付金
                        当社取締     (被所有)

                                        資金の貸付
      役員                             資金の貸付                短期貸付金
                -     -                            131          131
         麻野憲志
                                        (注7)
                        役     直接0.1%
     (注)1.     取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。

        2.当社の役員の近親者である岡田和生及びその近親者が議決権の99.9%を間接所有しております。
        3.家賃の支払については、業務内容を勘案し、両者協議の上決定しております
        4.当社の役員の近親者である岡田和生が議決権の100%を直接または間接所有しております。
        5.  家賃については、市場価格を勘案して一般取引条件と同様に決定しております。
        6.当社の役員の近親者である岡田和生及びその近親者が議決権の100%を直接所有している当社親会社の所有割
          合であります。
        7.資金の貸付については、市場金利等を勘案し、両者協議の上決定しております。
                                  85/109








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引
         ①連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
          前連結会計年度(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
                              議決権等の

                    資本金又
           会社等
                        事業の内容       所有    関連当事者           取引金額          期末残高
                    は出資金
      種類     の名称     所在地                         取引の内容           科目
                         又は職業     (被所有)      との関係          (百万円)          (百万円)
           又は氏名         (百万円)
                              割合(%)
                                        出向者給与

          Aruze   Gaming
                                        の支払         15   -       -
                中国        ゲーミン           出向者の受
                                        (注3)
          Macau
                (マカ        グ機器事     なし      入、役員の
                    12万US$
          Limited
                                        固定資産の
                オ)        業           兼任等
                                        購入
                                                 114  未払費用         8
          (注2)
                                        (注6)
          Shen  Long
                                        家賃等の支
                                        払        156  未払費用        19
          Property
                フィリピ
                        不動産
     役員及びそ
                                        (注6)
                     8百万              不動産の運
          Management,I
                ン(バンタ
                        開発     なし
     の近親者が
                      PHP             営、開発
          nc.
                ンガス)
     議決権の過
                                                   差入保証金
          (注4)                               保証金差入         -          14
     半を所有し
     ている会社
          Aruze   Gaming
     等
                フィリピ
          Philippine
                        ゲーミン           ゲーミング
                                        固定資産の
                ン(バンタ
          Manufacturin           20万US$    グ機器事     なし      機器製造、     購入        378  未払費用        143
                                        (注6)
                ンガス)
                        業           保管
          ➨ Inc.
          (注4)
          Aruze   Gaming
                        ゲーミン
                                        家賃等の支
                中国(香
          Hong  Kong
                                        払
                     10HK$   グ機器事     なし      建物の賃借              -  未  払  金     17
                港)
          Limited
                                        (注6)
                        業
          (注5)
     (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
          当社の前役員の岡田和生は、2017年6月29日の株主総会をもって退任いたしました。
        2.  当社の前役員の岡田和生が議決権の100%を間接所有しております。
        3.出向に関する覚書に基づき、出向者に係る人件費相当額を支払っております。
        4.  当社の前役員の岡田和生が議決権の99%を間接所有しております。
        5.  当社の前役員の岡田和生が議決権の100%を直接所有しております。
        6.固定資産の購入、家賃等の支払、立替金の清算支払については、市場価格を勘案して一般取引条件と同様に
          決定しております。
                                  86/109









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)
                              議決権等の

           会社等         資本金又
                        事業の内容       所有    関連当事者           取引金額          期末残高
      種類     の名称     所在地    は出資金                     取引の内容           科目
                         又は職業     (被所有)      との関係
                                              (百万円)          (百万円)
           又は氏名         (百万円)
                              割合(%)
          Aruze   Gaming

                中国        ゲーミン
                                        固定資産の
          Macau
                                   ゲーミング
                (マカ    12万US$    グ機器事     なし           購入         14  未払費用         7
                                   機器購入
          Limited
                                        (注4)
                オ)        業
          (注2)
          Shen  Long
                                        家賃等の支
     役員及びそ
                                        払         89  未払費用         6
          Property
                フィリピ
     の近親者が
                        不動産
                                        (注4)
                     8百万              不動産の運
          Management,I
                ン(バンタ
     議決権の過
                        開発     なし
                                   営、開発
                      PHP
          nc.
     半を所有し
                ンガス)
                                                   差入保証金
                                         保証金差入
          (注3)                                       -          13
     ている会社
     等
          Aruze   Gaming
                フィリピ
          Philippine
                        ゲーミン           ゲーミング
                                        固定資産の
                ン(バンタ
          Manufacturin           20万US$    グ機器事     なし      機器製造、              -  未払費用        130
                                        購入
                ンガス)
          ➨ Inc.              業           保管
          (注3)
     (注)1.取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
        2.  当社の役員の近親者である岡田和生が議決権の100%を間接所有しております。
        3.  当社の役員の近親者である岡田和生が議決権の99%を間接所有しております。
        4.固定資産の購入、家賃等の支払については、市場価格を勘案して一般取引条件と同様に決定しております。
         ②連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

          前連結会計年度(自2017年4月1日 至2017年12月31日)
                              議決権等の

           会社等         資本金又
                               所有               取引金額          期末残高
                        事業の内容           関連当事者
      種類     の名称     所在地    は出資金                     取引の内容           科目
                              (被所有)
                         又は職業           との関係          (百万円)          (百万円)
           又は氏名         (百万円)
                              割合(%)
                フィリ

          EAGLEⅠ   LAND
                                        土地の賃貸
                ピン    480百万               不動産賃貸
     関連会社                   投資事業                借           未払費用
          HOLDINGS,INC                    間接40.0%                  2,388          10,467
                (マニ
                     PHP              借
                                        (注1)
          .
                ラ)
     (注1)土地の賃借については、時価等を勘案し、両者協議の上決定しております。
          当連結会計年度(自2018年1月1日 至2018年12月31日)

                              議決権等の

           会社等         資本金又
                        事業の内容       所有    関連当事者           取引金額          期末残高
      種類     の名称     所在地    は出資金                     取引の内容           科目
                              (被所有)
                         又は職業           との関係          (百万円)          (百万円)
           又は氏名         (百万円)
                              割合(%)
                フィリ

          EAGLEⅠ   LAND
                                        土地の賃貸
                ピン    480百万               不動産賃貸
     関連会社                   投資事業                借           未払費用
          HOLDINGS,INC                    間接40.0%                  3,037          9,818
                (マニ                   借
                     PHP
                                        (注1)
          .
                ラ)
     (注1)土地の賃借については、時価等を勘案し、両者協議の上決定しております。
         ③連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引に係るその他の事項

         2017年8月30日付け「特別調査委員会の調査結果及び今後の対応に関するお知らせ」にて開示しましたとおり、
        特別調査委員会の調査の結果、当社の前役員である岡田和生氏(以下「岡田氏」)が不正行為を行った事実が明ら
        かになったことを受けて、当社子会社であるTiger                        Resort    Asia   Limited(以下「TRA」)にて計上されている以
        下の2件の債権の回収に向けて、2017年12月27日に香港にて岡田氏に対して損害賠償等請求訴訟を提起しておりま
        す。
        (A)TRAからGoldluck          Tech   Limited(以下「Goldluck」)への貸付

                                  87/109


                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        岡田氏は、岡田氏及びその家族が所有するOkada                       Holdings     Limited(以下「Okada HD」)の貸付債権を回収する
        ため、また個人的な用途に充てる資金を得るため、李堅氏が代表を務めるGoldluckに対して1億3,500万香港ドル
        の貸付をTRAに行わせ、その資金をOkada                   HDに還流させた。うち、1億2,005万香港ドル(当期末残高1,687百万
        円)  が債権としてTRAにて計上されている。
        (B)TRAからの小切手の振出

        岡田氏は、自己の個人的な利益を図る目的で、TRAから1,600万香港ドルの小切手を作成させ、これに署名して持
        ち出した。当該1,600万香港ドル(当期末残高224百万円)が債権としてTRAにて計上されている。
         2017年12月28日付け「当社子会社による訴訟提起に関するお知らせ」でも開示しましたとおり、香港にて提起

        している損害賠償等請求訴訟の訴額は上記合計額である1億3,605万香港ドル(当期末残高1,912百万円)、訴訟を
        提起した相手方は岡田氏のほか、Okada                   HD、李堅氏、Goldluck他となっております。当該債権につきまして、前
        役員であり役員の近親者である岡田氏、役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等であるOkada
        HDに対する債権として取り扱った場合には関連当事者との取引として開示すべきであるものの、上記のとおり、
        当該取引に係る債権債務関係等については訴訟を通じて明らかにされるべきものと考えているため、当期末にお
        いては財務諸表利用者の判断に資する有用な情報の提供を目的として、期末時点における状況についてここに記
        載しております。
        2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

          親会社情報
          Okada   Holdings     Limited(非上場)
                                  88/109














                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2017年4月1日                            (自 2018年1月1日
              至 2017年12月31日)                            至 2018年12月31日)
     1株当たり純資産額                     2,931円97銭       1株当たり純資産額                     4,746円18銭

     1株当たり当期純損失(△)                     △170円18銭       1株当たり当期純利益                     2,037円75銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                          -  潜在株式調整後1株当たり当期純利益                     2,035円02銭
     (注)1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり
        当期純損失であるため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2017年4月1日                (自 2018年1月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社
     株主に帰属する当期純損失(△)                                 △13,426                 161,168
     (百万円)
      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
     利益又は普通株式に係る親会社株主に帰属する                                 △13,426                 161,168
     当期純損失(△)(百万円)
      期中平均株式数(千株)                                  78,894                79,091
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                          -                -
     (百万円)
      普通株式増加数         (千株)
                                          -                105
       (うち新株予約権(千株))                                   (-)                (105)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                                        2017  年3月9日取締役会決議第
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在                                        三者割当てによる新株予約権
     株式の概要                                        普通株式500,000株
                                             (新株予約権5,000個)
                                    -
                                             2017年9月21日取締役会決議ス
                                             トック・オプション
                                             普通株式400,000株
                                             (新株予約権4,000個)
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                  89/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
                                当期首残高       当期末残高       利率
       会社名         銘柄        発行年月日                        担保     償還期限
                                (百万円)       (百万円)      (%)
              第1回                             -

                                  78,940
                        2015年8月24日                      12.00   あり    2020年8月24日
                                       [-百万$]
                                [696百万$]
              米ドル建私募債
     ㈱ユニバーサル

              第2回                             -
                       2016年10月14日           70,185
     エンターテイン
                                              8.50   あり    2020年8月24日
                       2016年12月1日         [618百万$]       [-百万$]
              米ドル建私募債
     メント
              2021年満期

                                    -    65,511
                       2018年12月11日                      8.50   あり    2021年12月11日
                                 [-百万$]      [594百万$]
              米ドル建私募債
        合計         -         -       149,125       65,511     -   -      -

      (注)1.[      ]内で表示した金額は外貨建の金額であります。

         2.連結決算日後5年以内における償還予定額は以下のとおりであります。
              1年以内        1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
             (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
                   -          -        65,511            -          -
         【借入金等明細表】

                                当期首残高       当期末残高       平均利率
                 区分                                     返済期限
                                (百万円)       (百万円)        (%)
     短期借入金                             17,456       16,846      3.149       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                              1,607         -    6.641       -
     1年以内に返済予定のリース債務                               845       801     5.794       -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             84,120          -    6.641       -
                                                      2022年2月
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              3,614       2,697      5.794
                                                     ~2023年6月
                 合計                 107,644        20,346        -     -
       (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
          2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
              あります。
                    1年超          2年超          3年超          4年超
                   2年以内          3年以内          4年以内          5年以内
                   (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
          リース債務              801          801          746          347

         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資
         産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                  90/109




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
        ①当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     19,545          46,541          67,014          93,267
     税金等調整前四半期(当期)純
                          233,306          222,323          218,901          209,790
     利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          181,402          172,543          167,968          161,168
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                          2,298.2          2,185.35          2,124.82          2,037.75
     益(円)
     (会計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は1
     株当たり四半期純損失(△)
                          2,298.2          △112.85           △60.53          △87.07
     (円)
        ②決算日後の状況

          特記事項はありません。
        ③訴訟

          追加情報ならびに関連当事者情報に記載のとおりであります。
                                  91/109













                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         15,692              25,629
         現金及び預金
                                        ※3 2,750             ※3 1,198
         受取手形
                                        ※1 9,943            ※1 12,577
         売掛金
                                           633               87
         商品及び製品
                                         10,945               8,361
         仕掛品
                                         20,644              13,486
         原材料及び貯蔵品
                                         3,760              4,172
         前渡金
                                         ※1 486             ※1 526
         前払費用
                                        ※1 1,643             ※1 3,025
         その他
                                          △ 21             △ 24
         貸倒引当金
                                         66,480              69,040
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         8,851              8,665
          建物
                                           772              686
          構築物
                                         1,812              2,274
          機械及び装置
                                         3,926              3,002
          リース資産
                                         2,883              2,792
          工具、器具及び備品
                                         5,931              5,889
          土地
                                            1              5
          建設仮勘定
                                           26              16
          その他
                                         24,206              23,332
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           689              616
          ソフトウエア
                                           244              334
          その他
                                           934              950
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                           88              81
          投資有価証券
                                       ※2 224,841             ※2 225,746
          関係会社株式
                                         7,922             130,336
          関係会社長期立替金
                                        ※1 2,929             ※1 2,673
          長期預け金
                                         13,394              12,921
          関係会社長期預け金
                                         4,360              4,743
          その他
                                         △ 337             △ 306
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                              253,198              376,196
                                        278,339              400,479
         固定資産合計
                                         2,107               663
       繰延資産
                                        346,926              470,183
       資産合計
                                  92/109






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社ユニバーサルエンターテインメント(E02452)
                           &nb