株式会社はてな 四半期報告書 第19期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第19期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社はてな

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年3月15日
      【四半期会計期間】                    第19期第2四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)
      【会社名】                    株式会社はてな
      【英訳名】                    Hatena    Co.,   Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  栗栖 義臣
      【本店の所在の場所】                    東京都港区南青山六丁目5番55号
      【電話番号】                    03-6434-1286(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  堀内 潤一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区南青山六丁目5番55号
      【電話番号】                    03-6434-1286(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  堀内 潤一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/18













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第18期           第19期
               回次                                       第18期
                           第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                            自2017年8月1日           自2018年8月1日           自2017年8月1日

              会計期間
                            至2018年1月31日           至2019年1月31日           至2018年7月31日
                      (千円)            939,303          1,256,218           2,092,409
     売上高
                      (千円)            125,301           259,207           335,092
     経常利益
                      (千円)            85,078           177,721           234,707
     四半期(当期)純利益
                      (千円)              -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)            203,213           211,641           203,600
     資本金
                      (株)          2,854,600           2,893,800           2,856,400
     発行済株式総数
                      (千円)           1,378,849           1,724,392           1,533,636
     純資産額
                      (千円)           1,548,541           2,020,385           1,826,433
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            29.87           61.97           82.30
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            28.03           58.45           77.46
     (当期)純利益
                      (円)              -           -           -
     1株当たり配当額
                      (%)             89.0           85.3           84.0
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)           △ 148,306           118,046           176,134
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)           △ 145,122           △ 78,705          △ 258,092
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)             6,081           15,938            6,855
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)            673,443           944,754           887,440
     (期末)残高
                               第18期           第19期

               回次
                           第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                            自2017年11月1日           自2018年11月1日

              会計期間
                            至2018年1月31日           至2019年1月31日
                      (円)            12.98           22.98
     1株当たり四半期純利益金額
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移につい
           ては記載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社1社を有しておりますが、持分法非適用の関連会社
           のため、記載しておりません。
         4.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           会計期間の期首より適用しており、前第2四半期累計期間及び前事業年度に係る主要な経営指標等について
           は、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/18




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会
       社における異動もありません。
                                  3/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資
       者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリ
       スク」についての重要な変更があった事項は、次のとおりです。
        なお、文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において当社が判断したものであります。
        また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
       業の状況 2 事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
      (2)経営成績及び財政状態に影響を及ぼすリスク要因について

       ⑥    不適切な広告配信に対する監視体制の強化について
        当社は、顧客に対する価値を担保するために、不正な広告表示、錯誤を誘発する広告表示及び違法コンテンツを掲
       載するインターネットメディアへの広告配信の監視、また、成人向け広告の取り扱いに関する社内方針を定め、該当
       する広告取引の減少に努めております。しかしながら、万一、予期せぬ要因により、これらの対応に不備が生じた場
       合、当社の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、    「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
       会計期間の期首より適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の前事業年度末
       の数値で比較・分析を行っております。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

        ①  経営成績の分析
        当第2四半期累計期間における我が国経済は、内閣府の2019年1月の月例経済報告によると、景気について、「緩
       やかに回復している。」とされております。先行きについては、「雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の
       効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待される。ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響や、中国経
       済の先行きなど海外経済の不確実性、金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある。」とされております。
        当社がUGCサービス事業(注1)を展開するインターネット関連業界におきましては、「消費動向調査」(内閣府
       経済社会総合研究所)によりますと、2018年のスマートフォン世帯普及率は75.2%(前年比5.5%増)と普及が進ん
       でおり、今後もスマートフォン市場は更に拡大していくものと予測されます。
        このような事業環境のもと、当社におきましては、自社で開発したユーザー参加型サービス群を「コンテンツプ
       ラットフォームサービス」と位置付け、その運営を通して培われた技術力やユーザーコミュニティを活かし、法人顧
       客向けに「コンテンツマーケティングサービス」、「テクノロジーソリューションサービス」をサービス領域として
       提供しております。
        コンテンツプラットフォームサービスにおいては、「はてなブログ」、「人力検索はてな」等に対するGoogleなど
       検索エンジン経由の来訪者が伸び悩んだものの、現在主力サービスとなっている「はてなブログ」の利用者数が順調
       に推移し、「はてなブログ」の有料プラン「はてなブログPro」等の課金売上についても好調に推移しました。
        コンテンツマーケティングサービスにおいては、主に当社が提供する「はてなブログMedia」サービスにおいて、
       使いやすい操作画面、高いシステム安定性、検索エンジンから評価されやすいサイト構造を実現するため、機能強化
       に努めてまいりました。Googleが業界各社と協力して開発を進める「モバイル環境でWebコンテンツの表示を高速化
       するプロジェクト」であるAMP(Accelerated                      Mobile    Pages)に国産CMS(注2)としてはいち早く対応し、大手企
       業、ベンチャー企業を問わず、幅広い企業層に対してサービス提供実績を積み上げてまいりました。また、前事業年
       度より、提供サービスプランに「レギュラー」「ライト」の2プラン制を導入する等、販売機会の更なる獲得に努め
       た結果、新規にオウンドメディアを導入する顧客数が増加しました。その結果、コンテンツマーケティングサービス
       の売上高は前年同四半期比17.9%増の売上成長となりました。
        テクノロジーソリューションサービスにおいては、主に受託サービスとサーバー監視サービス「Mackerel(マカレ
       ル)」から構成されております。受託サービスについては、                            株式会社ヒーローズのマンガ雑誌「月刊ヒーローズ」の
       公式サイトや、株式会社リイド社のマンガサービス「コミックボーダー」に当社開発のマンガビューワ
       「GigaViewer」が採用され、提供を開始いたしました。ビューワの提供に加え、ビューワに掲載する広告の販売と運
       用に注力しました。また、任天堂株式会社のNintendo                          Switchソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ                     SPECIAL」の一
       部機能の開発等、        受託開発案件の納品及び検収が複数完了し、収益認識にいたりました。保守運用サービスでは、納
       品済受託開発案件の積上による運用数の増加により、前年同四半期比20.5%増の売上成長となりました。「Mackerel
       (マカレル)」については、アマゾンウェブサービス(以下、「AWS」という。)のパートナー制度「AWS                                                  パート
       ナーコンピテンシープログラム」において、「AWS                        DevOps    コンピテンシー」認定を、当社が国内企業で初めて取得
       しております。世界190か国以上、数百万のアカウントを持つクラウドサ                                    ービスであるAWSの顧客企業に対し、
                                  4/18

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       「Mackerel(マカレル)」の拡販を目指してまいりました。また、クラスメソッド株式会社との間で、販売店契約を
       締結いたしました。AWS最上位コンサルティングパートナーである同社とのパートナーシップにより、「Mackerel
       (マ  カレル)」の販売を強化するとともに、「クラスメソッドメンバーズ」の監視オプションに「Mackerel(マカレ
       ル)」が採用され、同社の顧客企業の開発・運用プロセスの効率化に貢献してまいりました。                                            その結果、テクノロ
       ジーソリューションサービスの売上高は、第2四半期累計期間の売上高としては過去最高となりました。
        また、企業価値の向上への取り組みに対し、次の営業費用を重点的に資本投下いたしました。まず、コンテンツプ
       ラットフォームサービスにおいて、前事業年度に引き続き、ITインフラの刷新プロジェクトを展開いたしました。イ
       ンフラ移行に合せて、レガシーサービス「はてなダイアリー」を新しいサービス「はてなブログ」へ統合する準備を
       進めており、今後の開発効率向上に向けての体制強化を目指しております。その結果、データセンター利用料が増加
       し、前年同四半期比8.7%増となりました。なお、当該プロジェクトは当事業年度末までに完了する見込みでありま
       す。次に、中長期的な事業成長に備えるため、当社サービスの中核を担う「人財」の採用を、前四半期に引き続き推
       進いたしました。その結果、給料及び手当が増加し、前年同四半期比13.3%増となりました。
        以上の結果、当第2四半期累計期間の売上高は1,256,218千円(前年同四半期比33.7%増)、営業利益は261,032千
       円(同130.5%増)、経常利益は259,207千円(同106.9%増)、四半期純利益は177,721千円(同108.9%増)となり
       ました。
        なお、当社はUGCサービス事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりません。
       (注)1.User          Generated     Contentの略。インターネット上で利用者自身がテキストや画像、映像などのコンテン
             ツを発信することができる場を提供するサービス。
          2.  Contents     Management      Systemの略。      HTMLやCSSのようなWEBサイトの制作に必要な専門知識を必要とせ
             ず、テキストや画像等の情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことができるシステム。
        ②  財政状態の分析

       (資産)
        当第2四半期会計期間末における総資産の残高は、前事業年度末に比べて193,952千円増加し、2,020,385千円とな
       りました。これは主に、増加要因として現金及び預金が90,142千円増加したこと、減少要因として投資有価証券が
       25,100千円減少したことなどによるものであります。
       (負債)

        当第2四半期会計期間末における負債の残高は、前事業年度末に比べて3,196千円増加し、295,993千円となりまし
       た。これは主に、増加要因として未払法人税等が65,082千円増加したこと、減少要因として未払金が71,984千円減少
       したことなどによるものであります。
       (純資産)

        当第2四半期会計期間末における純資産の残高は、前事業年度末に比べて190,755千円増加し、1,724,392千円とな
       りました。これは主に、増加要因として四半期純利益177,721千円の計上に伴い、利益剰余金が同額増加したこと、
       減少要因として繰延ヘッジ損益が1,333千円減少したことなどによるものであります。
       (2)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期会計期間末の現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前事業年度末に比べて57,313千円
       増加し、944,754千円となりました。
        当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果、獲得した資金は118,046千円となりました。これは主に、増加要因として税引前四半期純利益
       259,422千円の計上などがあったこと、減少要因として未払金の減少額70,992千円などがあったことによるものであ
       ります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果、使用した資金は78,705千円となりました。これは主に、増加要因として投資有価証券の売却によ
       る収入50,858千円があったこと、減少要因として無形固定資産の取得による支出53,558千円などがあったことによる
       ものであります。
                                  5/18



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果、獲得した資金は15,938千円となりました。これは、増加要因として新株予約権の行使による株式
       の発行による収入16,082千円があったこと、減少要因として自己株式の取得による支出143千円があったことによる
       ものであります。
       (3)  当社の資本の財源及び資金の流動性について

        当社は、事業運営上、必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。そのため、
       より一層の事業拡大を継続することに備え、金融機関からの借入により調達することを目的として、取引銀行5行と
       の間で、総額1,000,000千円の当座貸越契約を締結しております。借入に関しては、経常的な運転資金需要の場合に
       は、短期借入を基本方針とし、多額の設備投資需要の場合には、長期借入を基本方針として、適時借入を実行してま
       いります。また、        金利コストの最小化を図れるような調達方法を検討し、対応してまいります。
       (4)  経営方針・経営戦略等

        当第2四半期累計期間において、当社の経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
       (5)  事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について、重要な変更はありません。
       (6)  研究開発活動

        当第2四半期累計期間において、研究開発活動は行われておりません。
       (7)  従業員

        当第2四半期累計期間において、従業員数の著しい増減はありません。
                                  6/18












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
                                  7/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                   9,800,000
        普通株式
                                                   9,800,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
               在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                            (2019年3月15日)
                (2019年1月31日)                        取引業協会名
                                                   権利内容に何ら限定
                                                   のない当社における
                                         東京証券取引所
                                                   標準となる株式であ
                     2,893,800            2,895,300
       普通株式
                                          (マザーズ)
                                                   ります。
                                                   単元株式数は100株
                                                   であります。
                     2,893,800            2,895,300           -           -
         計
       (注)「提出日現在発行数」欄には、2019年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権(ストックオプ
          ション)の行使により発行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

         年月日
                  数増減(株)       数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2018年11月1日~

                     35,400      2,893,800         7,611      211,641        7,611      161,961
      2019年1月31日
      (注)1
     (注)1.新株予約権(ストックオプション)の行使による増加であります。
        2.2019年2月1日から2019年2月28日までの間に、新株予約権(ストックオプション)の行使により、発行済
          株式総数が1,500株、資本金及び資本準備金がそれぞれ322千円増加しております。
                                  8/18






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                    2019年1月31日現在
                                                    発行済株式(自己

                                             所有株式数        株式を除く。)の
           氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       総数に対する所有
                                                    株式数の割合(%)
     近藤 淳也                  京都府京都市中京区                         1,073         37.09

     日本トラスティ・サービス信託銀行                  東京都中央区晴海1丁目8-11                          157         5.43
     株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託銀行                  東京都中央区晴海1丁目8-11                          142         4.91
     株式会社(信託口9)
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL           133  FLEET   STREET,LONDON       EC4A   2BB           136         4.72
     (常任代理人ゴールドマン・サック                  U.K.
     ス証券株式会社)
                        (東京都港区六本木6丁目10番1号  
                        六本木ヒルズ森タワー)
     MSIP   CLIENT    SECURITIES            25  CABOT   SQUARE,CANARY       WHARF,LONDON               89        3.10
     (常任代理人モルガン・スタンレー                  E14  4QA,U.K.
     MUFG証券株式会社)
                        (東京都千代田区大手町1丁目9-7 
                        大手町フィナンシャルシティサウスタ
                        ワー)
     栗栖 義臣                  京都府京都市下京区                           65        2.25
     株式会社SBI証券                  東京都港区六本木1丁目6番1号                           53        1.85

     伊藤 直也                  東京都目黒区                           50        1.73

     資産管理サービス信託銀行株式会社                  東京都中央区晴海1丁目8-12                           50        1.73

     (信託B口)
                        晴海アイランドトリトンスクエアオフィ
                        スタワーZ
     J.P.MORGAN      BANK   LUXEMBOURG      S.A.    EUROPEAN     BANK   AND  BUSINESS     CENTER    6,         48        1.69
     1300000                  ROUTE   DE  TREVES,    L-2633
     (常任代理人株式会社みずほ銀行)                  SENNINGERBERG,        LUXEMBOURG
                        (東京都港区港南2丁目15-1
                        品川インターシティA棟)
                                -                1,863         64.50
             計
      (注)1.信託銀行等の信託業務に係る株式数については、当社として網羅的に把握することができないため、株主名
           簿上の名義で所有株式数を記載しております。
         2.上記のほか当社所有の自己株式108株があります。
         3.上記株主の英文名は、㈱証券保管振替機構から通知された「総株主通知」に基づき記載しております。
                                  9/18







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2019年1月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)

             区分                                        内容
                             -            -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -
     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                        (自己所有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                        普通株式                  100
                                                 完全議決権株式であり、
                                                 株主としての権利内容に
                                                 何ら限定のない当社にお
     完全議決権株式(その他)                   普通株式         2,892,400              28,924
                                                 ける標準となる株式であ
                                                 ります。
                                                 単元株式数は100株であ
                                                 ります。
                        普通株式                1,300         -            -
     単元未満株式
                              2,893,800           -            -
     発行済株式総数
                             -               28,924          -
     総株主の議決権
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、自己株式8株が含まれております。
        ②【自己株式等】
                                                   2019年1月31日現在
                                                    発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                       (%)
       (自己所有株式)            東京都港区南青山
                                  100        -       100        0.00
        株式会社はてな            六丁目5番55号
           計            -           100        -       100        0.00
     (注)単元未満株式の買取請求に伴い、当第2四半期会計期間末現在の自己株式数は108株となっております。
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/18








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期財務諸表の作成方法について
        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
       号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2018年11月1日から2019年1
       月31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
       有限責任     あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
      3.四半期連結財務諸表について

        当社は、子会社がありませんので、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                 11/18
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
      1【四半期財務諸表】
       (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度            当第2四半期会計期間
                                 (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        887,440              977,583
         現金及び預金
                                        245,548              267,283
         売掛金
                                         29,206              44,732
         仕掛品
                                         1,400              1,638
         貯蔵品
                                         71,590              122,711
         前払費用
                                         11,679               7,004
         その他
                                       1,246,866              1,420,953
         流動資産合計
       固定資産
                                         68,304              68,117
         有形固定資産
                                        137,255              170,345
         無形固定資産
         投資その他の資産
                                        232,947              207,846
          投資有価証券
                                        140,324              153,094
          その他
                                        373,271              360,941
          投資その他の資産合計
                                        578,831              599,404
         固定資産合計
                                           735               28
       繰延資産
                                       1,826,433              2,020,385
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         8,590              5,069
         買掛金
                                        111,389               39,404
         未払金
                                         62,870              21,203
         未払費用
                                         40,338              105,420
         未払法人税等
                                         15,701              23,165
         未払消費税等
                                         3,492              16,211
         前受金
                                         20,746               6,954
         預り金
                                           -            47,989
         賞与引当金
                                           -              809
         その他
                                        263,128              266,227
         流動負債合計
       固定負債
                                         29,668              29,766
         資産除去債務
                                         29,668              29,766
         固定負債合計
                                        292,797              295,993
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        203,600              211,641
         資本金
                                        170,664              178,705
         資本剰余金
                                       1,160,028              1,337,749
         利益剰余金
                                          △ 89             △ 232
         自己株式
                                       1,534,203              1,727,863
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        △ 1,338             △ 2,910
         その他有価証券評価差額金
                                           771             △ 561
         繰延ヘッジ損益
                                         △ 567            △ 3,471
         評価・換算差額等合計
                                       1,533,636              1,724,392
       純資産合計
                                       1,826,433              2,020,385
      負債純資産合計
                                 12/18




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
                                        939,303             1,256,218
      売上高
                                         56,194              110,524
      売上原価
                                        883,109             1,145,693
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        282,090              319,580
       給料及び手当
                                         19,573              38,844
       賞与引当金繰入額
                                         45,839              54,857
       法定福利費
                                        188,548              205,040
       データセンター利用料
                                        233,801              266,336
       その他
                                        769,853              884,661
       販売費及び一般管理費合計
                                        113,256              261,032
      営業利益
      営業外収益
                                           102              502
       受取利息及び配当金
                                           201              201
       有価証券利息
                                         2,871                -
       為替差益
                                         9,135                -
       保険解約返戻金
                                           518               1
       その他
                                         12,830                705
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           -              104
       支払利息
                                           -             1,718
       為替差損
                                           784              707
       株式交付費償却
                                           -               0
       その他
                                           784             2,530
       営業外費用合計
                                        125,301              259,207
      経常利益
      特別利益
                                           161               42
       固定資産売却益
                                           -              363
       投資有価証券売却益
                                         10,956                -
       事業譲渡益
                                         11,118                406
       特別利益合計
      特別損失
                                         5,837                -
       従業員の退職一時金
                                         4,050                -
       関係会社整理損
                                           -               8
       固定資産売却損
                                           -              183
       その他
                                         9,887               191
       特別損失合計
                                        126,532              259,422
      税引前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                   48,420              95,317
                                        △ 6,966             △ 13,615
      法人税等調整額
                                         41,453              81,701
      法人税等合計
      四半期純利益                                   85,078              177,721
                                 13/18






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        126,532              259,422
       税引前四半期純利益
                                         26,144              34,116
       減価償却費
                                           784              707
       株式交付費償却
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  22,623              47,989
                                         △ 102             △ 502
       受取利息及び受取配当金
                                         △ 201             △ 201
       有価証券利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 3,780               584
       投資有価証券売却損益(△は益)                                    -             △ 363
                                           -              104
       支払利息
                                        △ 9,135                -
       保険解約返戻金
       事業譲渡損益(△は益)                                 △ 10,956                -
                                         4,050                -
       関係会社整理損
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 161              △ 34
                                         5,837                -
       従業員の退職一時金
       売上債権の増減額(△は増加)                                  8,106             △ 21,734
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 22,119             △ 15,764
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 78,693             △ 51,224
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 4,461             △ 3,521
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 16,068             △ 70,992
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 50,461             △ 41,666
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 23,044               7,451
       前受金の増減額(△は減少)                                  1,104              12,719
       預り金の増減額(△は減少)                                 △ 15,238             △ 13,792
                                        △ 11,052               6,055
       その他
                                        △ 50,293              149,351
       小計
                                           640             1,314
       利息及び配当金の受取額
                                           -             △ 104
       利息の支払額
                                        △ 92,816             △ 32,514
       法人税等の支払額
                                        △ 5,837                -
       従業員の退職一時金の支払額
                                       △ 148,306              118,046
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 6,596             △ 14,376
       有形固定資産の取得による支出
                                           308              178
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 37,663             △ 53,558
                                         △ 415             △ 112
       長期前払費用の取得による支出
                                       △ 140,555              △ 48,383
       投資有価証券の取得による支出
                                           -            50,858
       投資有価証券の売却による収入
       投資有価証券の償還による収入                                    -            20,000
                                         19,030                -
       保険積立金の解約による収入
                                         13,888                -
       事業譲渡による収入
                                         6,881                -
       関係会社の整理による収入
                                           -           △ 33,309
       定期預金の預入による支出
                                       △ 145,122              △ 78,705
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         6,171              16,082
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                          △ 89             △ 143
       自己株式の取得による支出
                                         6,081              15,938
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,082              2,033
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 286,265               57,313
                                        959,708              887,440
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 673,443              ※ 944,754
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/18



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期会計期
       間の期首より適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分へ表示しております。
        (四半期貸借対照表関係)

        当社は、運転資金のより効率的な調達を行うため、取引銀行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約に
       基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前事業年度               当第2四半期会計期間
                             (2018年7月31日)                  (2019年1月31日)
                                 800,000千円                1,000,000千円
        当座貸越極度額
                                                     -
        借入実行残高                            -
                                 800,000                1,000,000
        差引額
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のとおり
         であります。
                             前第2四半期累計期間                  当第2四半期累計期間
                             (自 2017年8月1日                  (自 2018年8月1日
                              至 2018年1月31日)                  至 2019年1月31日)
     現金及び預金勘定                               673,443千円                  977,583千円
                                       -              △32,829
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金
                                     673,443                  944,754
     現金及び現金同等物
        (株主資本等関係)

       1.配当に関する事項
        該当事項はありません。
       2.株主資本の著しい変動

        該当事項はありません。
                                 15/18










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         当社は、UGCサービス事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                                (自 2017年8月1日               (自 2018年8月1日
                                 至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 29円87銭               61円97銭

     (算定上の基礎)
      四半期純利益(千円)                                 85,078               177,721
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -
      普通株式に係る四半期純利益(千円)                                 85,078               177,721
      普通株式の期中平均株式数(株)                                2,848,413               2,867,775
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 28円03銭               58円45銭
     (算定上の基礎)
      四半期純利益調整額(千円)                                   -               -
      普通株式増加数(株)                                 186,966               172,842
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式                               -               -
     で、前事業年度末から重要な変動があったものの概
     要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

       該当事項はありません。
                                 16/18









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 17/18




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社はてな(E32141)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年3月15日

     株式会社はてな
      取締役会 御中
                              有限責任     あずさ監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              植草 寛      印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              羽津 隆弘     印
                            業務執行社員
        当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社は

       てなの2018年8月1日から2019年7月31日までの第19期事業年度の第2四半期会計期間(2018年11月1日から2019年
       1月31日まで)及び第2四半期累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
       ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを
       行った。
       四半期財務諸表に対する経営者の責任

        経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸
       表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成
       し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
       監査人の責任

        当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期財務諸表に対する
       結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
       拠して四半期レビューを行った。
        四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される
       質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥
       当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
       当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
       監査人の結論

        当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
       られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社はてなの2019年1月31日現在の財政状態並びに同日をもって
       終了する第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が
       すべての重要な点において認められなかった。
       利害関係

       会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 18/18




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。