UBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 UBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型)
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2019年5月24日       提出
      【発行者名】                      UBSアセット・マネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        三木 桂一
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区大手町一丁目5番1号 大手町ファーストスクエア
      【事務連絡者氏名】                      佐井 経堂
      【電話番号】                      03-5293-3667
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      UBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型)
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      7,000億円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/67














                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第一部【証券情報】

     (1)【ファンドの名称】

        UBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型)(以下「ファンド」といいます。)
     (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       ・追加型証券投資信託受益権です。(以下「受益権」といいます。)
       ・信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付、または信用格付業者から提供され、も
        しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
        㬰픰ꄰ줰湓흶쩪⤰漰Ź㹐따Ũ⩟ཻ䤰湣⽦P殕ꈰ夰譬핟謰溉轛騰源極⠰鉓휰儰œ흶쩪⤰湞ぜ帰漰ş貏
        「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関(社債、
        株式等の振替に関する法律第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機
        関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿
        に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社は、やむ
        を得ない事情などがある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替
        受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
     (3)【発行(売出)価額の総額】

        7,000億円を上限とします。
     (4)【発行(売出)価格】

        取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせくださ
         い。
     (5)【申込手数料】

        販売会社が定めるものとします。申込手数料率につきましては、販売会社または「(8)申込取扱場
        所」の照会先にお問い合わせください。
                              *
        ・販売会社における申込手数料率は3.24%                       (税抜3.00%)が上限となっております。
        *消費税率が10%になった場合は、3.3%となります。
     (6)【申込単位】

        販売会社が独自に定める単位とします。
         ※詳しくは、販売会社または「(8)申込取扱場所」の照会先にお問い合わせください。
     (7)【申込期間】

        2019年5月25日       から  2019年11月25日        までとします。
        ・上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (8)【申込取扱場所】

        販売会社につきましては、委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
          <UBSアセット・マネジメント株式会社>
           ホームページアドレス:http://www.ubs.com/japanfunds/
           電  話  番  号:03-5293-3700(営業日の9:00-17:00)
                                  2/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (9)【払込期日】

       ・取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する期日までに販売会社に支払うものとします。
       ・申込期間における各取得申込受付日の発行価額の総額(設定総額)は、販売会社によって、追加設定が
        行なわれる日に委託会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれま
        す。
     (10)【払込取扱場所】

         申込金額は、販売会社にお支払いいただきます。
     (11)【振替機関に関する事項】

         振替機関は、株式会社証券保管振替機構とします。
     (12)【その他】

         該当事項はありません。
                                  3/67














                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第二部【ファンド情報】

     第1【ファンドの状況】

     1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

      ① ファンドの目的
        中国籍、香港籍もしくは主に中国に活動拠点を置く企業等の株式(中国A株を含みます。)を主要投資対
        象とする投資信託証券(投資信託または外国投資信託の受益証券(振替受益権を含みます。)および投
        資証券または外国投資法人の投資証券をいいます。以下同じ。)に投資を行い、信託財産の中長期的な
        成長を目指して運用を行います。
      ② ファンドの基本的性格
       1)商品分類
       (注)当ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。





       2)属性区分

                                  4/67








                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (注)当ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。








       

        おります。
       当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズです。このため、組入れている資産を示す属性区分上の投資対

       象資産(その他資産(投資信託証券(株式 一般)))と収益の源泉となる資産を示す商品分類上の投資
       対象資産(株式)とが異なります。
     <商品分類の定義>

     1.単位型投信・追加型投信の区分
      (1)単位型投信:当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドをい
       う。
      (2)追加型投信:        一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファン
       ドをいう。
     2.投資対象地域による区分
      (1)国内:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      (2)海外:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      (3)内外:目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。
     3.投資対象資産による区分
      (1)株式:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      (2)債券:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      (3)不動産投信(リート):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資信
       託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲げ
       る資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な収益の源泉となる
                                  5/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合:目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を実
       質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
     4.独立した区分
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド):「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
      (3)ETF:投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
       託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
     <補足として使用する商品分類>

      (1)インデックス型:目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるものを
       いう。
      (2)特殊型:目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組みあ
       るいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運用型」に該当
       する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合には当該小分類を括弧書
       きで付記できるものとする。
     <属性区分の定義>

     1.投資対象資産による属性区分
      (1)株式
       ①一般:次の大型株、中小型株属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②大型株:目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
       ③中小型株:目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (2)債券
       ①一般:次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいう。
       ②公債:目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
        債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
       ③社債:目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
        う。
       ④その他債券:       目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるもの
        をいう。
       ⑤格付等クレジットによる属性:目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の「発行体」による区分のほ
        か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記①から④に掲げる区分に加え「高格付債」
        「低格付債」等を併記することも可とする。
      (3)不動産投信
       これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      (4)その他資産
       組入れている資産を記載するものとする。
      (5)資産複合
       以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
       ①資産配分固定型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
        る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
       ②資産配分変更型:目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
        変更を行なう旨の記載があるものもしくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合わせている資産
        を列挙するものとする。
     2.決算頻度による属性区分
      ①年1回:目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      ②年2回:目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      ③年4回:目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      ④年6回(隔月):目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑤年12回(毎月):目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑥日々:目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      ⑦その他:上記属性にあてはまらない全てのものをいう。
                                  6/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.投資対象地域による属性区分(重複使用可能)
      ①グローバル:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載があ
       るものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものとする。
      ②日本:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるもの
       をいう。
      ③北米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載がある
       ものをいう。
      ④欧州:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載がある
       ものをいう。
      ⑤アジア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とする
       旨の記載があるものをいう。
      ⑥オセアニア:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする旨
       の記載があるものをいう。
      ⑦中南米:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載が
       あるものをいう。
      ⑧アフリカ:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の記
       載があるものをいう。
      ⑨中近東(中東):目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨の
       記載があるものをいう。
      ⑩エマージング:目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
       域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
     4.投資形態による属性区分
      ①ファミリーファンド:目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
       るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      ②ファンド・オブ・ファンズ:「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
       う。
     5.為替ヘッジによる属性区分
      ①為替ヘッジあり:目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨の
       記載があるものをいう。
      ②為替ヘッジなし:目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
       ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
     6.インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分
      ①日経225
      ②TOPIX
      ③その他の指数:前記指数にあてはまらない全てのものをいう。
     7.特殊型
      ①ブル・ベア型:目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うととも
       に各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものを
       いう。
      ②条件付運用型:目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資またはその他特殊な仕組みを用いることによ
       り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定めら
       れる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      ③ロング・ショート型/絶対収益追求型:目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
       求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の記載があるものをいう。
      ④その他型:目論見書又は投資信託約款において、上記①から③に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組みあ
       るいは運用手法の記載があるものをいう。
     ※上記は、一般社団法人投資信託協会が定める分類方法に基づき記載しています。また、商品分類および属性区分の定義は

      一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」を基に委託会社が作成したものです。なお、一般社団法
      人投資信託協会のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)でもご覧頂けます。
      ③ ファンドの特色

                                  7/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/67





















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  9/67





















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 10/67





















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 11/67





















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④ 信託金限度額









       ・ 1兆円   を限度として信託金を追加することができます。
       ・委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
     (2)【ファンドの沿革】

        2018年    2月  9日
        ・ファンドの信託契約締結、運用開始
     (3)【ファンドの仕組み】

      ① ファンドの仕組み
                                 12/67








                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     㬀  投資信託を販売するルールを委託会社と販売会社の間で規定したもの。販売会社が行なう募集の取扱い、









       収益分配金・償還金の支払い、解約請求の受付                        の業務範囲の取決めの内容などが含まれています。
     㬀  投資信託を運営するルールを委託会社と受託会社の間で規定したもの。運用の基本方針、投資対象、投資
       制限、信託報酬、受益者の権利、募集方法の取決めの内容などが含まれています。
      ≪ファンド・オブ・ファンズの仕組み≫

      ② 委託会社の概況(2019年2月末現在)






       1)資本金
         2,200百万円
       2)沿革
         1996年4月1日            :ユー・ビー・エス投資顧問株式会社設立
         1998年4月28日            :ユー・ビー・エス投信投資顧問株式会社に商号変更
                                 13/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         2000年7月1日            :ユービーエス・ブリンソン投資顧問株式会社と合併し、
                      ユービーエス・アセット・マネジメント株式会社に商号変更
         2002年4月8日            :ユービーエス・グローバル・アセット・マネジメント株式会社に商号変更
         2015年12月1日            :UBSアセット・マネジメント株式会社に商号変更
       3)大株主の状況
              名  称                   住  所              所有株数       所有比率
                         スイス国 チューリッヒ市 CH-8001

        UBSアセット・マネジメント・エ
                                                 21,600株         100%
                         バーンホフストラッセ            45
        イ・ジー
     2【投資方針】

     (1)【投資方針】

       ① 指定外国投資信託および指定内国投資信託の受益証券または受益権を主要投資対象とします。なお、
         コマーシャル・ペーパー、コール等の短期有価証券ならびに短期金融商品等に直接投資する場合があ
         ります。
       ② 指定外国投資信託への投資を通じて、中国籍、香港籍もしくは主に中国に活動拠点を置く企業等の株
         式(中国A株を含みます。)に、主として投資を行います。ただし、預託証書や個別株式等の価格変動
         に運用成果が連動する有価証券等にも実質的に投資を行う場合があります。
       ③ 指定外国投資信託における銘柄選択にあたっては、主に成長見通しに優れる競争優位性の高い銘柄を
         厳選して投資を行います。
       ④ 指定外国投資信託の受益証券の組入れについては高位を維持することを基本とします。なお、指定外
         国投資信託と指定内国投資信託との投資比率については、収益性と流動性を鑑み特に制限を設けませ
         んが、通常の運用状況においては指定外国投資信託の受益証券への投資割合を原則として90%以上と
         します。
       ⑤ 投資対象市場のバリュエーションが極端に割高となった場合、カントリー・リスクが発生した場合等
         には、一時的にファンド資産の大部分を短期金融商品等の流動性資産に投資する場合があります。
       ⑥ 実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジは行いません。
       ⑦ 資金動向、信託財産の規模、市況動向等によっては、上記の運用ができない場合があります。
     (2)【投資対象】

       外国投資信託であるUBS(Lux)エクイティ・ファンド-チャイナ・オポチュニティ(USD)I-B-accクラス(以
       下「指定外国投資信託」といいます)および国内投資信託であるUBS短期円金利プラス・ファンド(適
       格機関投資家向け)(以下「指定内国投資信託」といいます)の受益証券または受益権を主要投資対象とし
       ます。
      ① 投資の対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託
        及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるものをいいます。以下同じ。)および特定資産以外の資
        産とします。
        1)特定資産
          イ)有価証券
          ロ)約束手形(金融商品取引法第2条第1項15号に掲げるものを除きます。)
          ハ)金銭債権
        2)次に掲げる特定資産以外の資産
          イ)為替手形
      ② 有価証券の指図範囲
        委託会社     は、信託金を、外国籍の投資信託であるUBS(Lux)エクイティ・ファンド‐チャイナ・オポチュ
        ニティ(USD)I-B-accクラス受益証券および国内籍の投資信託であるUBS短期円金利プラス・ファン
        ド(適格機関投資家向け)受益権のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価
        証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
                                 14/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        1)短期社債等
        2)コマーシャル・ペーパー
        3)外国または外国のものの発行する証券または証書で、                              1)~2)      の証券または証書の性質を有する
          もの
        4)外国法人が発行する譲渡性預金証書
        5)指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証券
          に限ります。)
      ③ 金融商品の指図範囲
        委託会社     は、信託金を、        ② に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項
        の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用指図することがで
        きます。
        1)預金
        2)指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
        3)コール・ローン
        4)手形割引市場において売買される手形
        この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、                                 委託会社     が運用上必要と認めるときに
        は、  委託会社     は、信託金を、        上記  に掲げる金融商品により運用することの指図ができます。
      ④ その他の投資対象と指図範囲
        資金の借入を行うことができます。
      ◆投資対象とする投資信託証券の概要

      当ファンドが投資する投資信託証券の選定方針は、以下の概要を参照しております。
      ファンド名             UBS(Lux)エクイティ・ファンド-チャイナ・オポチュニティ(USD)
      ファンド形態             ルクセンブルク籍契約型外国投資信託(米ドル建て)
                    中国籍、香港籍もしくは主に中国に活動拠点を置く企業等の株式(中国A株を
                    含みます。)を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指して運
      運用の基本方針             用を行います。なお、預託証書や個別株式等の価格変動に運用成果が連動す
                    る有価証券等にも投資する場合があります。また、銘柄選択にあたっては、
                    主に成長見通しに優れる競争優位性の高い銘柄を厳選して投資を行います。
                    中国籍、香港籍もしくは主に中国に活動拠点を置く企業の株式(中国A株を含
      主要投資対象
                    みます。)を主要投資対象とします。
                    1日の解約額がファンド純資産総額の10%を超える等大量の解約が集中した場
      解約制限等             合、管理会社はファンド換金申込の一部または全部の受付を行わない場合が
                    あります。
      投資運用会社             UBSアセット・マネジメント(香港)リミテッド
                    ① 申込手数料:なし
                    ② 解約手数料:なし
                    ③ 運用報酬及び管理事務代行報酬:純資産総額に対して年率0.18%以内
                    ④ 信託財産留保額:なし
                      当ファンドに関しましては、設定もしくは解約時における基準価額の可
                      変調整が行われることがあります。当可変調整は設定・解約の投資行動
      管理報酬等
                      に該当する投資家にのみ適用されるため、既存の受益者は資金の流出入
                      による基準価額変動の影響を受けません。
                    ⑤ その他費用:ファンドにかかる事務の処理等に関する費用等は、ファン
                      ドより実費にて支払われます。その他、証券の売買委託手数料等取引に
                                             ※
                      要する費用等もファンドの負担となります。
      㭏ឌꅵ⌰溉轪ℰœ홟ᖑ콻䤰欰蠰詙॒픰地縰夰渰朰Ŏ譒䴰殑톘䴰䨰蠰玊ࡻ靥륬픰銈桹㨰夰謰匰栰䰰朰䴰縰
       ん。
      ファンド名             UBS短期円金利プラス・ファンド(適格機関投資家向け)

                                 15/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ファンド形態             国内籍追加型株式投資信託
                    UBS短期円金利プラス・マザーファンド受益証券を通じて、または直接わ
                    が国のCP(コマーシャル・ペーパー)、政府短期証券、コール市場等の短期
      運用の基本方針
                    金融商品および内外の円建ての公社債に投資を行うことにより、短期円金利
                    を上回る信託財産の安定的な成長を目指して運用を行います。
                    UBS短期円金利プラス・マザーファンド受益証券、ならびに内外の円建て
      主要投資対象
                    公社債を主要投資対象とします。
      委託会社             UBSアセット・マネジメント株式会社
                                     *
                    純資産総額に対して年率0.0432%                  (税抜年率0.04%)
      信託報酬
                    *消費税率が10%になった場合は、年率0.044%となります。
                    信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する費用および受託会社の立替
                ※
      信託事務の諸費用
                    えた立替金の利息
                    組入れ有価証券の売買に係る売買委託手数料等および当該売買委託手数料等
                ※
      売買委託手数料等
                    に係る消費税等相当額
      㭏ឌꅵ⌰溉轪ℰœ홟ᖑ콻䤰欰蠰詙॒픰地縰夰渰朰Ŏ譒䴰殑톘䴰䨰蠰玊ࡻ靥륬픰銈桹㨰夰謰匰栰䰰朰䴰縰
       ん。
      注 管理報酬等・信託報酬は今後変更となる場合があります。また、申込手数料はありません。

        上記投資信託証券の一部が名称変更となる場合、または繰上償還等により除外される場合、あるいは上
        記以外の投資信託証券が追加となる場合があります。
     (3)【運用体制】

      当ファンドの運用体制は以下のとおりです。
                                 16/67











                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <運用体制に関する社内規則等およびファンドに関係する法人等の管理>

       ファンドの運用に関しましては、当社の運用本部(15~20名程度)は、運用に関する社内規則を遵守する
       ことが求められております。当該社内規則におきましては、運用者の適正な行動基準および禁止行為が規
       定されており、法令遵守、顧客の保護、最良執行・公平性の確保等が規定されています。実際の取引にお
       いては、取引を行う第一種金融商品取引業者の承認基準、利害関係人との取引・ファンド間売買等の種々
       の社内規程を設けて、利益相反となる取引、インサイダー取引等の防止措置を講じております。
       当社では、受託会社または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合など
       を行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を受託会社より受
       取っております。
      <内部管理およびファンドに係る意思決定を監督する組織>

       投資政策委員会:
       投資政策および運用の基本方針、運用戦略等の決定機関として投資政策委員会を経営委員会直属の機関と
       して設置しております。投資政策委員会は、原則として議長である運用本部長が毎月および必要に応じて
       招集し、その議事運営には、運用本部長の他、運用本部を構成する各部のうち、投資判断を行う部の部長
       またはその代理の5~10名程度が構成員として参加しております。なお、議長の承認により構成員以外の者
       を参考人として出席させることができます。
       業務承認委員会:

       商品性、収益性、リスク管理等の観点から、新規運用関連契約の締結、新規運用商品の設定、新規顧客と
       の取引、既存契約および既存商品ならびに既存取引における重要事項の変更ないし終了等を包括的にレ
       ビューし、承認する機関として、経営委員会直属である業務承認委員会を設置しております。業務承認委
       員会は、原則として案件の申請者または議長である商品開発部長が招集し、その議事運営には、社長、
       チーフ・アドミニストレイティブ・オフィサー、審議案件に関与する機関投資家営業本部長または投信営
       業本部長、営業推進本部長、運用本部長、管理本部長、クライアント・サービス部長、商品開発部長、コ
       ンプライアンス&オペレーショナル・リスク・コントロール部長、法務部長、企画                                          管理部長     、経理部長
       等、またはその代理の12名程度が構成員として参加しております。なお、議長の承認により構成員以外の
       者を参考人として出席させることができます。
       リスク委員会:

       業務の執行にあたって、経営上ならびに業務上のリスクの分析、モニタリングおよび管理状況の確認など
       の総合的な評価および検討を行い、必要に応じて改善策等を講じるための機関であり、また、業務上のリ
       スクの所在やそのリスクが顕在化する可能性および顕在化した場合の影響度を分析し、認識しているリス
       クのモニタリング状況や投資ガイドラインの遵守状況およびデューデリジェンスなどの確認を行い、必要
       に応じて対応策や改善策などを決議する機関として、経営委員会直属であるリスク委員会を設置しており
       ます。リスク委員会は、原則としてチーフ・アドミニストレイティブ・オフィサーまたは                                              企画管理部長       が
       毎月および必要に応じて招集し、その議事運営には、社長、チーフ・アドミニストレイティブ・オフィ
       サー、機関投資家営業本部長、投信営業本部長、営業推進本部長、運用本部長、管理本部長、クライアン
       ト・サービス部長、商品開発部長、コンプライアンス&オペレーショナル・リスク・コントロール部長、
       法務部長、経理部長、           企画管理部長       、テクノロジー部長の14名程度の構成員が参加しております。なお、
       議長の承認により構成員以外の者を参考人として出席させることができます。
      ※上記の運用体制は、           2019年2月末      現在のものであり、今後変更となる可能性があります。

     (4)【分配方針】

      ① 収益分配方針
        年2回の毎決算時(原則毎年2月25日および8月25日。ただし、休業日の場合は翌営業日とします。)に、
        原則として以下の方針に基づき分配を行います。
        1)分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた配当等収益および売買益(評価益を含みま
          す。)等の全額とします。
        2)収益分配金額は、計算期末の前営業日時点の基準価額水準、市況動向等を勘案して委託会社が決定
                                 17/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          します。なお、基準価額水準が1万円(1万口当たり)を超えている場合には、上記1)の範囲内
          で分配を行います。ただし、分配対象額が少額の場合等、分配を行わないこともあります。
        3)収益の分配にあてなかった利益については、運用の基本方針に基づいて元本部分と同一の運用を行
          います。
      ② 収益分配金の支払い
       <分配金再投資コース>
        原則として、収益分配金は税金を差し引いた後、無手数料で自動的に再投資されます。
       <分配金受取りコース>
        毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日ま
        で)から収益分配金を支払います。支払いは販売会社において行なわれます。
         㭔а댰ﰰ뤰溊獽〰欰搰䐰昰漰İ౻⳿ሰ{ꅴٓ쨰玐䭕똰ÿᄰu㎏볿ࢌ꥘ॢ䭽驻䤰ÿࣿዿर댰ﰰ뤰源
         択」をご参照下さい。
      ※将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。

     (5)【投資制限】

      ① 約款に定める投資制限
       1)投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
       2)株式への直接投資は行いません。
       3)外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       4)同一銘柄の投資信託証券への投資割合には制限を設けません。ただし、当該投資信託証券が一般社団
         法人投資信託協会の規則に定めるエクスポージャーがルックスルーできる場合に該当しないときに
         は、当該投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       5)一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則とし
         て、それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、一般
         社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
       6)デリバティブの直接利用は行いません。
       7)資金の借入れ
         イ)委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支払
           い資金手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を
           目的として、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ
           (コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金を
           もって有価証券等の運用は行わないものとします。
         ロ)一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
           産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から
           信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始
           日から信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当
           該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、解約代金および有価証券等の償還金の合
           計額を限度とします。
         ハ)収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業
           日までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         ニ)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ② 法令による投資制限
       1)同一法人の発行する株式(投資信託及び投資法人に関する法律)
         同一法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行なう投資信託全体で、当該株式の議決
         権の過半数を保有することとなる取引は行ないません。
       2)デリバティブ取引の投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令)
         委託会社は、運用財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変
         動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法
         により算出した額が当該運用財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引
         (新株予約権証券、新投資口予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引お
                                 18/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         よび選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続することを内容とした運用を行いません。
       3)信用リスク集中回避のための投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令)
         委託会社は、運用財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引の相手方の
         債務不履行その他の理由により発生し得る危険をいいます。)を適正に管理する方法としてあらかじ
         め委託会社が定めた合理的な方法に反することとなる内容とした運用を行いません。
     3【投資リスク】

     (1)ファンドのリスク
        当ファンドの基準価額は、組入れられる有価証券等の値動きによる影響(外貨建資産には為替変動リス
        クもあります。)を受けますが、これら運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがっ
        て、投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込
        むことがあります。また、投資信託は預貯金と異なります。
        当ファンドにかかる主なリスクは次の通りです。

        ただし、すべてのリスクについて記載されているわけではありません。
        ① 株式の価格変動リスク

          1)株価変動リスク
             株価は、政治・経済情勢、株式の需給関係、発行企業の業績等を反映して変動します。組入銘
             柄の株価が下落した場合には、基準価額が下落する要因となります。新興国の株式は先進国に
             比べて価格変動が大きくなる傾向があり、基準価額にも大きな影響を与える場合があります。
          2)信用リスク
             株式の発行企業の業績悪化や経営不安、倒産等に陥った場合には投資資金の回収が出来なくな
             る場合があり、基準価額に影響を与える要因になります。
        ② 解約によるファンドの資金流出に伴うリスクおよび流動性リスク
          短期間に相当額の解約申込があった場合や、市場を取巻く環境の急激な変化等により市場が混乱し
          流動性が低下した場合は、保有有価証券を市場実勢から期待される価格で売却できないことがあり
          ます。また、新興国の株式は先進国の株式に比べて市場規模や取引量が少ないため、流動性リスク
          が高まる場合があります。
        ③ 為替変動リスク
          実質外貨建資産については原則として対円での為替ヘッジを行いませんので、円と実質外貨建資産
          に係る通貨との為替変動の影響を受けることになり、円高方向に進んだ場合には、基準価額が下落
          する要因となります。
        ④ カントリー・リスク
          投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化等により市場に混乱が生じた場合、または取引
          に対して新たな規制が設けられた場合には、基準価額が予想外に下落したり、運用方針に沿った運
          用が困難となったりする場合があります。なお、当ファンドが実質的に投資を行う新興諸国・地域
          には、一般的に先進国と比較して、「政治・経済および社会情勢等の変化の度合いおよび速度が大
          きい傾向にあること」、「資産の移転に関する規制等が導入される可能性が高いこと」、「企業等
          の開示に関する正確な情報確保が難しいこと」等のリスクおよび留意点があります。
        ⑤ 中国A株投資に関するリスク
          中国の証券市場では、内外資本取引に制限が設けられており、中国政府当局の政策変更等により、
          現在の通貨規制、資本規制、税制等が突然変更される可能性があります。中国A株投資では、こうし
          た中国証券制度上の制限や規制等の変更の影響を受けることがあります。
          当ファンドの投資先ファンドにおいて、ストックコネクトまたはQFII/RQFIIを通じて中国A株に投資
          する場合があります。ストックコネクトを通じた中国A株投資では、取引執行、決済等に関する条件
          や制限により、意図したとおりの取引ができない場合があります。また、ストックコネクトを通じ
          て取得した株式は現地保管機関等により保管されますが、当該株式にかかる権利行使はストックコ
          ネクト特有の条件や制限に服することとなり、権利行使が制限される可能性があること、当該株式
          は現地の投資家補償基金や中国証券投資家保護基金の保護の対象ではないこと等のリスクがありま
          す。これらの要因により当ファンドの基準価額が大きく影響を受けることや、ファンドの換金請求
          代金等の支払いが遅延したり、信託財産の一部の回収が困難となったり、また市場の急激な変動に
                                 19/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          より基準価額が大きく下落する場合があります。加えて、ストックコネクトは新しい制度であり、
          今後更なる規制が課される可能性があります。
       <その他の留意点>

        ① クーリング・オフ
          ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適
          用はありません。
        ② 指定外国投資信託における解約制限
          指定外国投資信託では、1日の解約額が指定外国投資信託の純資産総額の10%を超える等大量の解約
          が集中した場合に、解約申込に制限をかける場合があり、これにより、当ファンドの換金申込の一
          部または全部が行えないなどの影響を受ける可能性があります。
        ③ 分配金に関する留意点
          分配金は計算期間中に発生した信託報酬等控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みま
          す。)を超過して支払われる場合がありますので、分配金の水準は、必ずしも計算期間における
          ファンドの収益率を示すものではありません。受益者のファンドの購入価額によっては、分配金は
          その支払いの一部ないし全てが実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。また、
          ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様で
          す。なお、分配金の支払いは純資産総額から行われますので、分配金支払いにより純資産総額は減
          少することになり、基準価額が下落する要因となります。
       <投資信託に関する一般的なリスク>

       ・法令や税制が変更される場合に、投資信託を保有する受益者が不利益を被る可能性があります。
       ・信託財産の状況によっては、目指す運用が行われないことがあります。また、信託財産の減少の状況に
        よっては、委託会社が目的とする運用が困難と判断した場合、安定運用に切り替えることがあります。
       ・証券市場および外国為替市場は、世界的な経済事情の急変またはその国における天災地変、政変、経済
        事情の変化もしくは政策の変更等の諸事情により閉鎖されることがあります。これにより当ファンドの
        運用が影響を被って基準価額の下落につながり、その結果、投資元本を下回る可能性があります。
       <投資信託に関する一般的な留意事項>

       ・投資信託は、預貯金または保険契約とは異なり、預金保険機構、貯金保険機構、保険契約者保護機構の
        保護の対象ではありません。
       ・投資信託は、金融機関の預貯金とは異なり、元本および利息の保証はありません。投資した資産価値の
        減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客様が負います。
       ・銀行等の登録金融機関でご購入頂いた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。
       ※ファンドのリスクは上記に限定されるものではありません。

     (2)リスク管理体制
        委託会社では、取引の執行については、運用部門が投資対象・投資制限等を規定した運用ガイドライン
        に従って執行します。
        取引の管理については、管理部門は運用ガイドラインに則って適切な運用がなされているか、および運
        用結果の定期的な検証を通じて、各種リスクが適切に管理されていることをモニタリングしています。
        また、それらの状況は定期的に開催される各委員会に報告され、状況の把握・確認が行われるほか、適
        切な運営について検証が行われます。
       ※上記体制は2019年2月末現在のものであり、今後変更となる場合があります。

                                 20/67




                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     4【手数料等及び税金】














     (1)【申込手数料】

        販売会社が定めるものとします。申込手数料率につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお
        問い合わせください。
                              *
        ・販売会社における申込手数料率は3.24%                       (税抜3.00%)が上限となっております。
        *消費税率が10%になった場合は、3.3%となります。
        ・申込手数料の額(1口当たり)は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に申込手数料率を乗じて得
         た額とします。
        ・<分配金再投資コース>の場合、収益分配金の再投資により取得する口数については、申込手数料は
         かかりません。
         
         続きの対価です。
                                 21/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        ありません。
      ② 信託財産留保額
        ありません。
     (3)【信託報酬等】

      ① 信託報酬
                                                     *
        信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に対し                                       年1.8684%       (税抜1.73%)
        の率  を乗じて得た額とします。
        *消費税率が10%になった場合は、1.903%となります。
      ② 信託報酬の配分
        信託報酬の配分(年率)は、以下の通りとします。
                  信託報酬=運用期間中の基準価額×信託報酬率
            合計          委託会社           販売会社           受託会社
            1.73%           0.85%           0.85%           0.03%
        役務の内容

                委託した資金の運用の対価
          委託会社
                購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファン
          販売会社
                ドの管理および事務手続き等の対価
          受託会社       運用財産の管理、運用指図実行等の対価
         ※表中の率は税抜です。別途消費税がかかります。

        (ご参考)

         投資対象となる投資信託証券の主な費用は次のとおりです。
         UBS(Lux)エクイティ・ファンド-チャイナ・オポチュニティ(USD)
                       ① 申込手数料:なし
                       ② 解約手数料:なし
                       ③ 運用報酬及び管理事務代行報酬:純資産総額に対して年率
                         0.18%以内
                       ④ 信託財産留保額:なし
                         当ファンドに関しましては、設定もしくは解約時における基準
                         価額の可変調整が行われることがあります。当可変調整は設
          管理報酬等
                         定・解約の投資行動に該当する投資家にのみ適用されるため、
                         既存の受益者は資金の流出入による基準価額変動の影響を受け
                         ません。
                       ⑤ その他費用:ファンドにかかる事務の処理等に関する費用等
                         は、ファンドより実費にて支払われます。その他、証券の売買
                         委託手数料等取引に要する費用等もファンドの負担となりま
                            ※
                         す。
          㭏ឌꅵ⌰溉轪ℰœ홟ᖑ콻䤰欰蠰詙॒픰地縰夰渰朰Ŏ譒䴰殑톘䴰䨰蠰玊ࡻ靥륬픰銈桹㨰夰謰匰栰䰰
          きません。
         UBS短期円金利プラス・ファンド(適格機関投資家向け)

                                 22/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                        *
                       純資産総額に対して年率0.0432%                  (税抜年率0.04%)
          信託報酬
                       *消費税率が10%になった場合は、年率0.044%となります。
                       信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する費用および受託会社
                   ※
          信託事務の諸費用
                       の立替えた立替金の利息
                       組入れ有価証券の売買に係る売買委託手数料等および当該売買委託手
                   ※
          売買委託手数料等
                       数料等に係る消費税等相当額
          㭏ឌꅵ⌰溉轪ℰœ홟ᖑ콻䤰欰蠰詙॒픰地縰夰渰朰Ŏ譒䴰殑톘䴰䨰蠰玊ࡻ靥륬픰銈桹㨰夰謰匰栰䰰
          きません。
        当ファンドが投資対象とする投資信託証券の管理報酬等・信託報酬率について、委託会社が試算した概

        算値は、当ファンドの純資産総額に対し                     年率0.18%程度        です。
                                    *1
        したがって、当ファンドの信託報酬率(                     年率1.8684%        (税抜年率1.730%)           )を加えた、受益者が負担
                                                *2
        する実質的な基本となる報酬率は純資産総額に対して合計で                               年率2.0484%程度          となります。
         ※消費税率が10%になった場合は、*1…年率1.903%、*2…年率2.083%程度となります。
        ただし、この値はあくまでも実質的な信託報酬率の目安であり、実際の投資信託証券の投資比率によっ
        て、実質的な信託報酬率は変動します。また、今後上記に掲げた費用が変更されること、あるいは投資
        対象とする投資信託証券が変更されることがあります。
      ③ 支払時期
        信託報酬(信託報酬に係る消費税等相当額を含みます。)は、日々計上され、ファンドの基準価額に反
        映されます。なお、毎計算期末または信託終了のときに、信託財産から支払います。
     (4)【その他の手数料等】

      ① 売買委託手数料
        組入有価証券の売買に係る売買委託手数料等のファンドを運用するための費用等ならびに当該売買委託
        手数料等に係る消費税等相当額は、受益者の負担として、原則として発生の都度信託財産中から支弁し
        ます。
      ② 信託事務の諸費用
        信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息は、受
        益者の負担として、原則として発生の都度信託財産中から支弁します。
      ③ 監査報酬
        信託財産に関する監査報酬および当該監査報酬にかかる消費税等相当額は受益者の負担とし、信託財産
        中から支弁します。
      ④ その他の諸費用
        以下の諸費用および当該費用に係る消費税等相当額は受益者の負担とし、信託財産中から支弁すること
        ができます。
        1.受益権の管理事務に関連する費用
        2.有価証券届出書、有価証券報告書等の作成、印刷および提出に係る費用
        3.投資信託説明書(目論見書)の作成、印刷および交付に係る費用
        4.信託約款の作成、印刷および届出に係る費用
        5.運用報告書の作成、印刷および交付に係る費用
        6.ファンドの受益者に対して行う公告に係る費用ならびに信託約款の変更または信託契約の解約に係
          る事項を記載した書面の作成、印刷および交付に係る費用
       委託会社は、上記③および④の1.から6.の諸費用の支払いをファンドのために行い、その金額を合理

       的に見積った結果、信託財産の純資産総額に対して年率0.1%を上限とする額を、かかる諸費用の合計額と
       みなして、実際の費用にかかわらず、ファンドより受領することができます。ただし、委託会社は、信託
       財産の規模等を考慮して、信託の設定時および期中に、随時かかる諸費用の年率を見直し、これを変更す
       ることができます。
       上記③および④の1.から6.の諸費用は、ファンドの計算期間を通じて毎日計上されます。かかる諸費
       用は、毎計算期末または信託終了時に、信託財産中から委託会社に対して支弁されます。
                                 23/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑤ 上記①から④の費用のうち、主要なものを対価とする役務の内容は以下のとおりです。
        1.監査費用:監査法人等に支払うファンド監査に係る費用
        2.印刷費用等:法定開示書類作成の際に業者に支払う作成・印刷・交付等に係る費用(EDINET含む)
        等
        3.売買委託手数料:有価証券等を取引所で売買する際に売買仲介人に支払う手数料
        4.保管費用:海外保管銀行等に支払う海外資産等の保管・送金・受渡等に係る費用
      㬰೿ࣿᓿर崰湎혰湢䭥灥饻䤰ര湑蔰Ĥ怰䨰蠰猤愰漰ŏឌꅵ⌰溉轪ℰœ홟ᖑ콻䤰欰蠰詙॒픰地縰夰渰朰Ŏ

       前に金額および計算方法を表示することができません。
      
       で、表示することができません。
     (5)【課税上の取扱い】

        課税上は、株式投資信託として取り扱われます。                          公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度の適
        用対象です。
      ① 個人受益者の場合
       1)収益分配金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については配当所得として、20.315%(所得税15.315%
         および地方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
         なお、確定申告を行ない、申告分離課税または総合課税(                              配当控除の適用はありません。                )のいずれ
         かを選択することもできます。
       2)解約金および償還金に対する課税
                             *
         解約時および償還時の差益(譲渡益)                     については譲渡所得として、20.315%(所得税15.315%およ
         び地方税5%)の税率による申告分離課税の対象となり、確定申告が必要となります。なお、源泉徴
         収ありの特定口座(源泉徴収選択口座)を選択している場合は、20.315%(所得税15.315%および地
         方税5%)の税率による源泉徴収(原則として、確定申告は不要です。)が行なわれます。
        *解約価額および償還価額から取得費用(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額を含みま
         す。)を控除した利益
         㭸멛驵㍔䩻䤰欰蠰訰ƉѦ䈰䨰蠰獑ᾐ葦䈰湝෿ࢋ牮Ⅴ൙ㇿर欰搰䐰昰漰Ŏ੘㑨⩟ཻ䤰溋牮ⅶ쨰Ŏ੘
         株式等の配当等および特定公社債等の利子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)と損益
         通算が可能です。また、解約時および償還時の差益(譲渡益)、普通分配金および特定公社債等の利
         子所得(申告分離課税を選択したものに限ります。)については、上場株式等の譲渡損失と損益通算
         が可能です。
         㭜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꘰ౡ᭹ᨀ一䤀匀䇿࠰쬰ﰰ뗿रര鈰呒⥵⠰湘㑔࠰ū칞琰Ş璕錀㄀㈀ぎݑ蘰湻쑖来뀰弰殌
         入した公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用
         になれるのは、満20歳以上の方で、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方
         が対象となります。また、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)をご利用の場合、20歳未満
         の居住者などを対象に、年間80万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所
         得および譲渡所得が5年間非課税となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
      ② 法人受益者の場合
       1)収益分配金、解約金、償還金に対する課税
         収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに解約時および償還時の個別元本超過額について
         は配当所得として、15.315%(所得税のみ)の税率による源泉徴収が行なわれます。源泉徴収された
         税金は、所有期間に応じて法人税から控除される場合があります。
       2)益金不算入制度の適用
         益金不算入制度は適用されません。
      ※買取請求による換金の際の課税については、販売会社にお問い合わせください。
      ③ 個別元本
       1)各受益者の買付時の基準価額(申込手数料および当該手数料に係る消費税等相当額は含まれませ
         ん。)が個別元本になります。
       2)受益者が同一ファンドを複数回お申込みの場合、1口当たりの個別元本は、申込口数で加重平均した
         値となります。ただし、個別元本は、複数支店で同一ファンドをお申込みの場合などにより把握方法
                                 24/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         が異なる場合がありますので、販売会社にお問い合わせください。
      ④ 普通分配金と元本払戻金(特別分配金)
       1)収益分配金には課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(元
         本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
       2)受益者が収益分配金を受け取る際
         イ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている場
           合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
         ロ)収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本を下回っている場合には、収益
           分配金の範囲内でその下回っている部分の額が元本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金から
           元本払戻金(特別分配金)を控除した金額が普通分配金となります。
         ハ)収益分配金発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の受益
           者の個別元本となります。
     ※上記は2019年2月末現在のものですので、税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更








      になる場合があります。税金の取扱いの詳細については、税務専門家などにご確認されることをお勧めしま
      す。
     5【運用状況】

     以下の運用状況は2019年             2月28日現在です。
     ・投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
     (1)【投資状況】

              資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

            投資信託受益証券                 ルクセンブルク                19,569,192,843              98.27
                                日本                 21,967           0.00
                                小計             19,569,214,810              98.27
       現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          ―              345,263,991             1.73
                 合計(純資産総額)                            19,914,478,801              100.00
                                 25/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注)「国/地域」は、組入銘柄の発行地または登録地により分類されています。
     (2)【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】

     イ.評価額上位銘柄明細

                                  帳簿価額       帳簿価額       評価額       評価額     投資

     国/地域     種類         銘柄名          数量      単価       金額       単価       金額    比率
                                   (円)       (円)       (円)       (円)    (%)
     ルクセン   投資信託受益     UBS(Lux)エクイティ・ファンド‐              1,690,668.133        11,306.52     19,115,577,454        11,574.82     19,569,192,843      98.27
     ブルク     証券   チャイナ・オポチュニティ(USD)            I-
             B-acc
      日本   投資信託受益     UBS短期円金利プラス・ファンド                 22,009      0.9981       21,967      0.9981       21,967   0.00
          証券   (適格機関投資家向け)
     (注)「国/地域」は、組入銘柄の発行地または登録地により分類されています。

     ロ.種類別の投資比率

                  種類                     投資比率(%)

               投資信託受益証券                                  98.27
                  合計                               98.27
     ②【投資不動産物件】

     該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

     該当事項はありません。

     (3)【運用実績】

     ①【純資産の推移】

                              純資産総額(百万円)                 1口当たり純資産額(円)

              期別
                             分配落ち         分配付き         分配落ち         分配付き
       第1計算期間末          (2018年    8月27日)           19,993         19,993         0.9744         0.9744
       第2計算期間末          (2019年    2月25日)           19,393         19,393         1.0119         1.0119
                 2018年    2月末日            4,071           ―      1.0761           ―
                     3月末日            6,707           ―      1.0353           ―
                     4月末日           10,386           ―      1.0371           ―
                     5月末日           15,369           ―      1.0906           ―
                     6月末日           19,055           ―      1.0396           ―
                     7月末日           20,877           ―      1.0418           ―
                                 26/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     8月末日           20,520           ―      0.9921           ―
                     9月末日           20,213           ―      0.9853           ―
                    10月末日               17,575           ―      0.8652           ―
                    11月末日               19,162           ―      0.9498           ―
                    12月末日               16,897           ―      0.8593           ―
                 2019年    1月末日           18,298           ―      0.9415           ―
                     2月末日           19,914           ―      1.0362           ―
     ②【分配の推移】

          期                    期間                 1口当たりの分配金(円)

         第1期       2018年    2月  9日~2018年      8月27日                              0.0000
         第2期       2018年    8月28日~2019年        2月25日                              0.0000
     ③【収益率の推移】

          期                    期間                    収益率(%)

         第1期       2018年    2月  9日~2018年      8月27日                              △2.6
         第2期       2018年    8月28日~2019年        2月25日                               3.8
     (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の直前の

       計算期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得
       た数に100を乗じた数です。
     (4)【設定及び解約の実績】

          期                期間               設定口数            解約口数

         第1期       2018年    2月  9日~2018年      8月27日             21,122,865,653             604,828,217
         第2期       2018年    8月28日~2019年        2月25日              1,051,810,917            2,404,735,190
     (注)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

     ≪参考情報≫

                                 27/67






                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第2【管理及び運営】


















     1【申込(販売)手続等】

                                 28/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)申込方法
        販売会社所定の方法でお申込みください。
     (2)コースの選択
        収益分配金の受取方法によって、<分配金再投資コース>と<分配金受取りコース>の2通りがありま
        す。ただし、販売会社によって取扱コースは異なります。また、<分配金再投資コース>を利用する場
        合は、販売会社と別に定める自動けいぞく投資約款にしたがい契約を締結します。なお、上記の契約ま
        たは規定について、別の名称で同様の権利義務関係を規定する契約が用いられることがあり、この場合
        上記の契約または規定は、当該別の名称に読み替えるものとします。
        <分配金再投資コース>
         収益分配金を自動的に再投資するコースです。
        <分配金受取りコース>
         収益分配金を再投資せず、その都度受け取るコースです。
     (3)申込みの受付
        販売会社の営業日に受付けます。
     (4)取扱時間
        原則として、午後3時までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
     (5)取得申込不可日
        販売会社の営業日であっても、取得申込日が                       香港証券取引所、上海証券取引所もしくは深セン証券取引
        所の休業日またはルクセンブルクの銀行の休業日                          に該当する場合は、取得の申込みの受付は行ないませ
        ん。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (6)申込金額
        取得申込受付日の翌営業日の基準価額                    に取得申込口数を乗じて得た額に、申込手数料と当該手数料に係
        る消費税等相当額を加算した額です。
         㬰౒ڑ䶑텑赢閌윰댰ﰰ뤰ര欰䨰䐰晓칶쩒ڑ䶑터鉑赢閌윰夰識㑔࠰漰ŔҊࡻ靧ᾕ鍽䉎虥湗﩮陏ꆘ䴰栰
         ます。
     (7)申込単位        (当初元本1口=1円)
        販売会社が独自に定める単位とします。
         ※詳しくは、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
          <UBSアセット・マネジメント株式会社>
           ホームページアドレス:http://www.ubs.com/japanfunds/
           電  話  番  号:03-5293-3700(営業日の9:00-17:00)
     (8)申込代金の支払い

        取得申込者は、申込金額を販売会社が指定する日までに販売会社へお支払いください。
     (9)受付の中止および取消
                        ;
        委託会社は、金融商品取引所                等 における取引の停止、            外国為替取引の停止、            決済機能の停止        その他合
        理的な事由(投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結を含む
        規制の導入、自然災害、クーデターや重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もしくは流動
        性の極端な減少等を含みます。)があると委託会社が判断したときは、                                     取得の申込みの受付を中止する
        こと、およびすでに受付けた取得の申込みの受付を取消すことができます。
         㮑톇赕䙔셓홟ᕬ핻⳿ቧ慻Ⰰ㄀㚘԰殉轛騰夰讑톇赕䙔셓홟ᕢ䀰䨰蠰玑톇赕䙔셓홟ᕬ핻⳿ቧ慻⳿ᢘջ⳿ፓ
         に規定する外国金融商品市場をいいます。
     2【換金(解約)手続等】

     <解約請求による換金>
     (1)解約の受付
        販売会社の営業日に受付けます。
     (2)取扱時間
        原則として、       午後3時    までに、販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の受付分とします。な
                                 29/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        お、上記時刻を過ぎた場合は、翌営業日の取扱いとなります。
     (3)解約請求不可日
        販売会社の営業日であっても、解約請求日が                       香港証券取引所、上海証券取引所もしくは深セン証券取引
        所の休業日またはルクセンブルクの銀行の休業日                          に該当する場合は、解約請求の受付は行ないません。
        詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (4)解約制限
        信託財産の資金管理を円滑に行うため、大口解約には制限を設ける場合があります。
        なお、指定外国投資信託における解約制限の影響により、当ファンドの解約請求の一部または全部が行
        えなくなる場合があります。
     (5)解約価額
        解約請求受付日の翌営業日の基準価額とします。
        ・基準価額につきましては、販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
          <UBSアセット・マネジメント株式会社>
           ホームページアドレス:http://www.ubs.com/japanfunds/
           電  話  番  号:03-5293-3700(営業日の9:00-17:00)
     (6)手取額

        1口当たりの手取額は、解約価額から所得税および地方税を差し引いた金額となります。
         ※税法が改正された場合などには、税率などの課税上の取扱いが変更になる場合があります。
         詳しくは、「課税上の取扱い」をご覧ください。
     (7)解約単位
        販売会社が独自に定める単位とします。
         ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (8)解約代金の支払い
        原則として、解約請求受付日から起算して6営業日目から販売会社でお支払いします。
     (9)受付の中止および取消
       ・委託会社は、金融商品取引所                等 における取引の停止、            外国為替取引の停止、            決済機能の停止        その他合理
        的な事由(投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結を含む規
        制の導入、自然災害、クーデターや重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もしくは流動性
        の極端な減少等を含みます。)があると委託会社が判断したときは、                                    解約請求の受付を中止すること、
        およびすでに受付けた解約請求の受付を取消すことができます。
       ・解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付中止                                  以前に行なった当日          の解約請求を撤回で
        きます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基
        準価額の計算日        (この計算日が解約請求を受付けない日であるときは、この計算日以降の最初の解約請
        求を受付けることができる日とします。)                      に解約請求を受付けたものとして取り扱います。
     3【資産管理等の概要】

     (1)【資産の評価】

      ① 基準価額の算出
       ・基準価額は委託会社の営業日において日々算出されます。
       ・基準価額とは、信託財産に属する                   資産  を評価して得た信託財産の総額から負債総額を控除した金額(純
        資産総額)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。なお、ファンドは                                              1万口   当たり
        に換算した価額で表示することがあります。
                                 30/67




                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② 有価証券などの評価基準






        信託財産に属する資産については、法令および一般社団法人投資信託協会規則に従って                                             時価または一部
        償却原価法により評価           します。
        <主な資産の評価方法>
        ◇投資信託証券
         原則として、基準価額計算日に知りうる直近の日の基準価額で評価します。
      ③ 基準価額の照会方法
        販売会社または委託会社の照会先にお問い合わせください。
         委託会社の照会先
          <UBSアセット・マネジメント株式会社>
           ホームページアドレス:http://www.ubs.com/japanfunds/
           電  話  番  号:03-5293-3700(営業日の9:00-17:00)
     (2)【保管】

        該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

        2028年2月25日までとします(2018年2月9日設定)。ただし、約款の規定に基づき、信託契約を解約し、
        信託を終了させることがあります。
     (4)【計算期間】

        毎年2月26日から8月25日、および8月26日から翌年2月25日までとします。ただし、各計算期間の末日が
        休業日のときはその翌営業日を計算期間の末日とし、その翌日より次の計算期間が開始されます。
     (5)【その他】

      ① 信託の終了(繰上償還)
       1)委託会社は、         次のいずれかの場合には、              受託会社と合意の上、信託契約を解約し繰上償還させること
         ができます。
         イ)  信託契約締結日より1年経過後(                 2019年2月9日       以降)に     受益者の解約により          純資産総額が30億円
           を下回ることとなった場合
         ロ)繰上償還することが受益者のために有利であると認めるとき
         ハ)やむを得ない事情が発生したとき
       2)この場合、委託会社は書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行ないます。(後述の
         「書面決議」をご覧ください。)
                                 31/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       3)委託会社は、次のいずれかの場合には、後述の「書面決議」の規定は適用せず、信託契約を解約し繰
         上償還させます。
         イ)信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で、書面決議が困難な場合
         ロ)監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたとき
         ハ)委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき(監
           督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の委託会社に引き継ぐことを命じたときは、
           書面決議で可決された場合、存続します。)
         ニ)受託会社が委託会社の承諾を受けてその任務を辞任した場合またはその任務に違反するなどして
           解任された場合に、委託会社が新受託会社を選任できないとき
       4)繰上償還を行なう際には、委託会社は、その旨をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
      ② 償還金について
       ・償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還日が休業日の場
        合は翌営業日)から起算して5営業日まで)から受益者に支払います。
       ・償還金の支払いは、販売会社において行なわれます。
      ③ 信託約款の変更など
       1)委託会社は、         受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、                                           受託
         会社と合意の上、この信託約款を変更すること、または当ファンドと他のファンドとの併合(以下
         「併合」といいます。)を行なうことができます。信託約款の変更または併合を行なう際には、委託
         会社は、その旨および内容をあらかじめ監督官庁に届け出ます。
       2)  この変更事項のうち、その内容が重大なものまたは併合(受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものを
         除きます。)については、書面決議を行ないます。(後述の「書面決議」をご覧ください。)
       3)委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、後述の「書面決
         議」の規定を適用します。
      ④ 書面決議
       1)繰上償還、信託約款の重大な変更または併合に対して、委託会社は書面決議を行ないます。この場合
         において、あらかじめ、書面決議の日ならびにその内容および理由などの事項を定め、決議の日の2
         週間前までに知れている受益者に対し書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発送し
         ます。
       2)受益者は受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている
         受益者が議決権を行使しないときは、書面決議について賛成するものとみなします。
       3)  書面決議は、議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上にあたる多数をもって行
         ないます。
       4)繰上償還、信託約款の重大な変更または併合に関する委託会社の提案に対して、すべての受益者が書
         面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、書面決議を行ないません。
       5)当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合であっても、併合にかかる他のファンドにおい
         て併合の書面決議が否決された場合は、当該他のファンドとの併合を行なうことはできません。
       6)  当ファンドは、受益者からの換金請求に対して、投資信託契約の一部を解約することにより応じるこ
         とができるため、受益者の保護に欠けるおそれがないものとして、書面決議において反対した受益者
         からの買取請求は受け付けません。
                                 32/67







                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑤ 公告






        公告は日本経済新聞に掲載します。
      ⑥ 運用報告書の作成
       ・委託会社は、毎期決算後および償還後に期中の運用経過、組入有価証券の内容および有価証券の売買状
        況などを記載した運用報告書を作成します。
       ・交付運用報告書は、原則として知れている受益者に対して交付されます。
       ・運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページに掲載されます。ただし、受益者から運用報告書
        (全体版)の交付請求があった場合には、交付します。
          ホームページ       アドレス  http://www.ubs.com/japanfunds/
      ⑦ 関係法人との契約について
        販売会社との募集の取扱いなどに関する契約の有効期間は契約日より1年間とします。ただし、期間満
        了の3ヵ月前までに、販売会社、委託会社いずれからも別段の意思表示がないときは、自動的に1年間
        延長されるものとし、以後も同様とします。
      ⑧ 他の受益者の氏名などの開示の請求の制限
        受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行なうことはできません。
        1.他の受益者の氏名または名称および住所
        2.他の受益者が有する受益権の内容
     4【受益者の権利等】

      受益者の有する主な権利は次の通りです。
     (1)収益分配金・償還金受領権
       ・受益者は、ファンドの収益分配金・償還金を、自己に帰属する受益権の口数に応じて受領する権利を有
        します。
       ・ただし、受益者が収益分配金については支払開始日から5年間、償還金については支払開始日から10年
        間請求を行なわない場合はその権利を失い、その金銭は委託会社に帰属します。
     (2)解約請求権
        受益者は、自己に帰属する受益権につき販売会社を通じて、委託会社に解約の請求をすることができま
        す。
     (3)帳簿閲覧権
        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内にファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧を請求する
        ことができます。
                                 33/67



                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第3【ファンドの経理状況】

     (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
      59号)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第
      133号)に基づいて作成しております。
       なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     (2)    当ファンドの第1期計算期間は信託約款第27条により、2018年                                2月  9日から2018年        8月27日までとなって

       おります。
        なお、当ファンドの計算期間は6ヵ月であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。
     (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2期計算期間(2018年                                                  8月28日から

       2019年    2月25日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受けておりま
       す。
     1【財務諸表】

                                 34/67















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【UBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型)】

     (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                     前期               当期
                                 2018年    8月27日現在            2019年    2月25日現在
      資産の部
       流動資産
                                          394,585               393,175
        預金
                                        195,424,318               674,322,595
        コール・ローン
                                      19,933,634,863               19,100,082,131
        投資信託受益証券
                                      20,129,453,766               19,774,797,901
        流動資産合計
                                      20,129,453,766               19,774,797,901
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         4,064,296              205,811,179
        未払解約金
                                         2,279,333               3,018,732
        未払受託者報酬
                                        129,162,071               171,061,497
        未払委託者報酬
        未払利息                                   551              1,902
                                          912,129              1,480,954
        その他未払費用
                                        136,418,380               381,374,264
        流動負債合計
                                        136,418,380               381,374,264
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                      20,518,037,436               19,165,113,163
        元本
        剰余金
                                                       228,310,474
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                             △ 525,002,050
                                             -               -
          (分配準備積立金)
                                      19,993,035,386               19,393,423,637
        元本等合計
                                      19,993,035,386               19,393,423,637
       純資産合計
                                      20,129,453,766               19,774,797,901
      負債純資産合計
                                 35/67










                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                     前期               当期
                                 自 2018年      2月  9日       自 2018年      8月28日
                                 至 2018年      8月27日          至 2019年      2月25日
      営業収益
                                                       892,685,165
       有価証券売買等損益                               △ 2,296,267,383
                                        475,950,886               △ 66,227,037
       為替差損益
                                                       826,458,128
                                      △ 1,820,316,497
       営業収益合計
      営業費用
                                          60,698               82,381
       支払利息
                                         2,279,333               3,018,732
       受託者報酬
                                        129,162,071               171,061,497
       委託者報酬
                                         1,201,894               1,828,179
       その他費用
                                        132,703,996               175,990,789
       営業費用合計
                                                       650,467,339
                                      △ 1,953,020,493
      営業利益又は営業損失(△)
                                                       650,467,339
                                      △ 1,953,020,493
      経常利益又は経常損失(△)
                                                       650,467,339
                                      △ 1,953,020,493
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                         △ 768,296             △ 92,037,116
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                       -         △ 525,002,050
                                       1,468,100,324                 63,359,913
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                                        63,359,913
                                             -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                       1,468,100,324
                                                            -
       額
                                        40,850,177               52,551,844
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        40,850,177
                                                            -
       額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                                        52,551,844
                                             -
       額
                                             -               -
      分配金
                                                       228,310,474
                                       △ 525,002,050
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 36/67










                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【注記表】

     (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                  投資信託受益証券

                       移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しておりま
                       す。
     2.デリバティブ等の評価基準及び評価                  為替予約取引
      方法
                       個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、原則として、わが国における計算期間末日の対顧客先物売
                       買相場の仲値によって計算しております。
     3.外貨建資産・負債の本邦通貨への換                  信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、原則として、わが国における計算
      算基準                 期間末日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算しております。
     4.その他財務諸表作成のための基本と
                       (1)外貨建取引等の処理基準
      なる重要な事項
                       外貨建取引については、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令
                       第133号)第60条に基づき、取引発生時の外国通貨の額をもって記録する方法を採用
                       しております。但し、同第61条に基づき、外国通貨の売却時において、当該外国通
                       貨に加えて、外貨建資産等の外貨基金勘定および外貨建各損益勘定の前日の外貨建
                       純資産額に対する当該売却外国通貨の割合相当額を当該外国通貨の売却時の外国為
                       替相場等で円換算し、前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基金勘定の割合
                       相当の邦貨建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定を相殺した差額を
                       為替差損益とする計理処理を採用しております。
                       (2)金融商品の時価に関する補足情報
                       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理
                       的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条
                       件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なること
                       もあります。
     (貸借対照表に関する注記)

                                        前期              当期

                  項目
                                    2018年    8月27日現在          2019年    2月25日現在
     1.   計算期間末日における受益権の総数                                20,518,037,436口              19,165,113,163口
     2.   元本の欠損                           貸借対照表上の純資産額が元
                                                      -
                                  本総額を下回っており、その
                                  差額は525,002,050円です。
     3.
       計算期間末日における1口当たり純資産額                                    0.9744円              1.0119円
       (1万口当たり純資産額)                                    (9,744円)             (10,119円)
     (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                  前期                            当期

              自  2018年    2月  9日                     自  2018年    8月28日
              至  2018年    8月27日                       至  2019年    2月25日
                                 37/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       分配金の計算過程                            分配金の計算過程
      A  費用控除後の配当等収益額                        0円   A  費用控除後の配当等収益額                        0円
      B  費用控除後・繰越欠損金補填後                        0円   B  費用控除後・繰越欠損金補填後                        0円
       の有価証券売買等損益額                            の有価証券売買等損益額
      C  収益調整金額                        0円   C  収益調整金額                   228,551,671円
      D  分配準備積立金額                        0円   D  分配準備積立金額                        0円
      E  当ファンドの分配対象収益額                        0円   E  当ファンドの分配対象収益額                   228,551,671円
      }  10,000口当たり収益分配対象額                        0円   }  10,000口当たり収益分配対象額                       119円
      ▶  10,000口当たり分配金額                        0円   ▶  10,000口当たり分配金額                        0円
      H  収益分配金金額                        0円   H  収益分配金金額                        0円
     (金融商品に関する注記)

     Ⅰ.金融商品の状況に関する事項
                               前期                   当期

             項目               自  2018年    2月  9日            自  2018年    8月28日
                            至  2018年    8月27日              至  2019年    2月25日
     1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは投資信託及び投資法人に関                   同左
                       する法律第2条第4項に定める証券投資信
                       託として、投資信託受益証券の金融商品
                       を主要投資対象とし、信託約款に定める
                       「運用の基本方針」に基づき運用を行っ
                       ております。
     2.金融商品の内容及び当該金融商品に                  当ファンドが保有する金融商品の種類                   同左
     係るリスク                  は、投資信託受益証券、為替予約取引、
                       コール・ローン等の金銭債権および金銭
                       債務です。また、当ファンドが投資信託
                       受益証券への投資を通じて保有する主な
                       金融資産は、株式、公社債等です。これ
                       らは、株価変動リスク、金利変動リス
                       ク、為替変動リスクなどの市場リスク、
                       信用リスク、流動性リスク等に晒されて
                       おります。なお、為替予約取引は、外貨
                       建金銭債権債務の為替変動リスクを低減
                       する目的で利用しております。
                                 38/67







                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.金融商品に係るリスク管理体制                  取引の執行については、投資対象、投資                   同左
                       制限等を規定した運用ガイドラインに
                       従って運用部門が執行します。
                       管理部門は、運用ガイドラインに則って
                       適切な運用がされているかおよび、運用
                       結果の定期的な検証を通じて、下記に掲
                       げる各種リスクが適切に管理されている
                       ことをモニタリングしています。
                       また、それらの状況は定期的に開催され
                       る各委員会に報告され、状況の把握・確
                       認が行われるほか、適切な運営について
                       検証が行われます。
                       ・市場リスク
                       ファンドのパフォーマンスが一定の許容
                       範囲内にあるかどうかモニタリングし、
                       リターンの大きな変動を注視することで
                       市場リスクが適切に管理されていること
                       を確認しています。
                       ・信用リスク、流動性リスク
                       運用ガイドラインに従って、証券格付
                       や、証券や発行体への集中投資制限をモ
                       ニタリングし、投資対象に関するこれら
                       のリスクが適切に管理されていることを
                       確認しています。
                       また、取引先の信用リスクについては、
                       グループポリシーで認められた相手に限
                       定することで、これを管理しています。
     Ⅱ.金融商品の時価等に関する事項

                               前期                   当期

             項目
                            2018年    8月27日現在                2019年    2月25日現在
     1.貸借対照表計上額、時価及びこれら                  金融商品は原則として全て時価評価され                   同左
     の差額                  ているため、貸借対照表計上額と時価と
                       の差額はありません。
     2.金融商品時価の算定方法並びに有価                  (1)有価証券及びデリバティブ取引以外の                   (1)有価証券及びデリバティブ取引以外の
     証券及びデリバティブ取引に関する事                  金融商品                   金融商品
     項
                       有価証券及びデリバティブ取引以外の金                   同左
                       融商品については、短期間で決済される
                       ことから、帳簿価額は時価と近似してい
                       るため、当該帳簿価額を時価としており
                       ます。
                       (2)有価証券                   (2)有価証券
                       売買目的有価証券                   売買目的有価証券
                       重要な会計方針に係る事項に関する注記                   同左
                       「1.有価証券の評価基準及び評価方法」
                       に記載しております。
                       (3)デリバティブ取引                   (3)デリバティブ取引
                                 39/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       デリバティブ取引等に関する注記に記載                   同左
                       しております。
     (有価証券に関する注記)

     売買目的有価証券
                             前期                     当期

                          2018年    8月27日現在                 2019年    2月25日現在
           種類
                      当計算期間の損益に含まれた評価差額                     当計算期間の損益に含まれた評価差額
                             (円)                     (円)
     投資信託受益証券                            △2,291,953,647                       968,300,741

           合計                      △2,291,953,647                       968,300,741

     (デリバティブ取引等に関する注記)

     該当事項はありません。

     (関連当事者との取引に関する注記)


     該当事項はありません。

     (その他の注記)

                                   前期                 当期

               項目                自  2018年    2月  9日          自  2018年    8月28日
                               至  2018年    8月27日            至  2019年    2月25日
     元本の推移
      期首元本額                                2,216,053,724円                 20,518,037,436円
      期中追加設定元本額                               18,906,811,929円                  1,051,810,917円
      期中一部解約元本額                                 604,828,217円                2,404,735,190円
     (4)【附属明細表】

     第1 有価証券明細表

      ① 株式
                                 40/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     該当事項はありません。
      ② 株式以外の有価証券

      種 類         通貨              銘 柄            券面総額           評価額       備考

     投資信託受      日本円            UBS短期円金利プラス・ファン                       22,009           21,967

     益証券                  ド(適格機関投資家向け)
          日本円    小計

                                             22,009           21,967
          米ドル            UBS(Lux)エクイティ・ファンド‐                   1,690,668.133          172,414,336.20

                      チャイナ・オポチュニティ(USD)
                      I-B-acc
                                         1,690,668.133          172,414,336.20

          米ドル    小計
                                                   (19,100,060,164)
                                                    19,100,082,131

                     合計
                                                   (19,100,060,164)
     (注)

     1.投資信託受益証券における券面総額の数値は、証券数を表示しております。

     2.通貨種類毎の小計欄の(            )内は、邦貨換算額です。

     3.合計金額欄の(        )内は、外貨建有価証券に関わるもので内書きです。

     4.通貨の表示は、外貨についてはその通貨の単位、邦貨については円単位で表示しております。

     5.外貨建有価証券の内訳

                                      組入投資信託

                                                   合計金額に
           通貨               銘柄数
                                       受益証券
                                                   対する比率
                                       時価比率
     米ドル               投資信託受益証券              1銘柄          100.0%               100.0%

     第2 信用取引契約残高明細表

     該当事項はありません。

     第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。

                                 41/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (参考)


     当ファンドは国内投資信託「UBS短期円金利プラス・ファンド(適格機関投資家向け)」ならびにルクセンブ
     ルク籍外国投資信託「UBS              (Lux)   エクイティ・ファンド-チャイナ・オポチュニティ(USD)                              I-B-acc」(以下
     「同ファンド」といいます。)を主要投資対象としており、貸借対照表の資産の部に計上された「投資信託受
     益証券」はすべて同ファンドの投資信託受益証券です。
     国内投資信託「UBS短期円金利プラス・ファンド(適格機関投資家向け)」ならびにルクセンブルク籍外国

     投資信託「UBS        (Lux)   エクイティ・ファンド-チャイナ・オポチュニティ(USD)                               I-B-acc」の状況は次の通り
     です。
     なお、以下に記載した情報は監査の対象外です。
     国内投資信託「UBS短期円金利プラス・ファンド(適格機関投資家向け)」の状況

     ご参考として第10期決算日(2019年1月21日)の状況をご報告申し上げます。
     損益及び剰余金計算書

                                        (単位:円)
                                  自 2018年      1月23日
                                  至 2019年      1月21日
      営業収益
                                           △40,643
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                                    △40,643
      営業費用
       受託者報酬                                     12,740
       委託者報酬                                     4,736
                                             766
       その他費用
       営業費用合計                                     18,242
      営業利益又は営業損失(△)                                     △58,885
      経常利益又は経常損失(△)                                     △58,885
      当期純利益又は当期純損失(△)                                     △58,885
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解約
                                             △88
      に伴う当期純損失金額の分配額(△)
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                     △13,135
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                        32
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少額                                       32
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                        71
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加額                                       71
                                              -
      分配金
      期末剰余金又は期末欠損金(△)                                     △71,971
     組入資産明細表(         2019年    1月21日現在      )

        種 類                 銘 柄                券面総額          評価額(円)         備考
     親投資信託受益証券          UBS短期円金利プラス・マザーファンド                           40,594,085           40,695,570

                    合計                      40,594,085           40,695,570

     (注)親投資信託受益証券における券面総額の数値は、証券数を表示しております。
     UBS短期円金利プラス・マザーファンドの運用状況

     当ファンドは、UBS短期円金利プラス・ファンド(適格機関投資家向け)が投資対象とする親投資信託で、

                                 42/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     信託財産の実質的な運用を行っております。
     ご参考として、第10期決算日(2019年1月21日)の運用状況をご報告申し上げます。
     損益及び剰余金計算書

                                        (単位:円)
                                  自 2018年      1月23日
                                  至 2019年      1月21日
      営業収益
       営業収益合計                                       -
      営業費用
                                            40,133
       支払利息
       営業費用合計                                     40,133
      営業利益又は営業損失(△)                                     △40,133
      経常利益又は経常損失(△)                                     △40,133
      当期純利益又は当期純損失(△)                                     △40,133
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解約
                                              -
      に伴う当期純損失金額の分配額(△)
      期首剰余金又は期首欠損金(△)                                      140,437
      剰余金増加額又は欠損金減少額                                        367
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少額                                      367
      剰余金減少額又は欠損金増加額                                        318
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加額                                      318
                                              -
      分配金
      期末剰余金又は期末欠損金(△)                                      100,353
     組入資産明細表(2019年1月21日現在)

     2019年1月21日現在、UBS短期円金利プラス・マザーファンドにおける組入資産はありません。
     ルクセンブルグ籍外国投資信託                   UBS  ( Lux  )エクイティ・ファンド-チャイナ・オポチュニティ(                            USD  )の運用

     状況
     ご参考として、掲載されている当ファンドの損益計算書及び投資有価証券その他の純資産明細表は、2017年11                                                   月30日現在の

     現地Annual      Reportからの抜粋であり、現地の会計基準に基づき作成され、監査を受けたものです。
                                              自 2016年12月1日 至 2017年11月30日

     損益計算書
                                                           米ドル
     収益
     流動資産等に係る受取利息                                                     270,346.99
     配当金                                                   29,532,157.28
     有価証券の貸付に係る収益                                                    1,585,130.49
     その他収益                                                    3,483,371.50
     収益合計                                                   34,871,006.26
     費用
     均一費用                                                   -42,790,399.49
     年次税                                                    -987,167.16
     有価証券の貸付に係る費用                                                    -634,052.16
     その他の手数料                                                    -279,437.89
     当座借越等に係る支払利息                                                    -11,568.03
     費用合計                                                   -44,702,624.73
     投資純(損)益                                                   -9,831,618.47
     実現(損)益
     無オプション市場価格証券に係る実現(損)益                                                   57,531,787.45
     為替予約取引に係る実現(損)益                                                    1,741,204.13
     為替差(損)益                                                    -395,630.16
     実現(損)益合計                                                   58,877,361.42
     当期実現純(損)益                                                   49,045,742.95
     未実現評価(損)益の変動
     無オプション市場価格証券に係る未実現評価(損)益                                                   685,662,812.02
     為替予約取引に係る未実現評価(損)益                                                     216,002.79
     未実現評価(損)益の変動合計                                                   685,878,814.81
     純資産の純増(減)額                                                   734,924,557.76
                                 43/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2017年11月30日現在の投資有価証券その他の純資産明細表

                                           株数/額面      米ドル建評価額       純資産
        銘柄
                                               先物/為替予約取引/          比率
                                                 スワップに係る        (%)
                                                  未実現(損)益
        公認の証券取引所に上場されている譲渡性のある有価証券および短期金融商品
        無記名株式
        中国
          ANHUI  GUJING  DISTL  ‘B’CNY1
        HKD                                  7,096,361.00       38,167,624.38       1.15
          CHANJET   INFORMATIO    ‘H’CNY1
        HKD                                  7,521,600.00       11,558,503.76       0.35
          CHINA  CONST  BK ‘H’CNY1
        HKD                                  47,538,230.00        41,457,227.82       1.25
          CHINA  LITERATURE    LTD
        HKD                                   226,866.00       2,614,701.17       0.08
          CHINA  MERCHANTS   BK ‘H’CNY1
        HKD                                  15,370,395.00        60,230,517.36       1.82
          CHINA  PETROLEUM   & ‘H’CNY1
        HKD                                  18,195,000.00        13,001,587.93       0.39
          CHINA  PIONEER   PHAR  USD0.01
        HKD                                  17,715,000.00        5,331,128.58       0.16
          CHINA  VANKE  CO ‘H’CNY1
        HKD                                  5,516,612.00       20,098,555.67       0.61
          CHINASOFT   INTL  LTD HKD0.05   (POST  B/L CHANGE)
        HKD                                  74,260,000.00        48,023,793.37       1.45
          CHN INTL  CAP (HK)  CNY1  H
        HKD                                  13,126,800.00        27,669,342.41       0.83
          FUYAO  GLASS  INDUST   ‘H’  CNY1
        HKD                                  2,399,600.00        9,218,711.98       0.28
          HNA INFRASTRUCTURE      ‘H’CNY1
        HKD                                  9,359,000.00       10,127,361.09       0.31
          INDUSTRIAL    & COM B ‘H’CNY1
        HKD                                  66,150,115.00        51,419,687.55       1.55
          JIANGSU   HENGRUI   ME ‘A’CNY1
        CNY                                  3,639,395.00       35,889,113.11       1.08
          KINGSOFT   CORP  USD0.0005
        HKD                                  11,942,000.00        33,950,031.38       1.02
          LIVZON  PHARMACEUTI    ‘H’CNY1
        HKD                                  8,757,215.00       62,856,727.68       1.90
          LUYE  PHARMA  GP LTD USD0.02
        HKD                                  23,397,116.00        15,490,413.47       0.47
          PETROCHINA    CO ‘H’CNY1
        HKD                                  14,674,000.00        9,865,474.01       0.30
        HKD  PING  AN INSURANCE    ‘H’CNY1                         30,960,500.00       305,287,364.44        9.21
          PRECISION   TSUGAMI   HKD1
        HKD                                  8,109,000.00        8,058,220.75       0.24
        HKD  SHANDONG   WEIGAO  GP ‘H’CNY0.1                         16,692,000.00        11,435,951.29       0.34
          TENCENT   HLDGS  LIMI  HKD0.00002
        HKD                                  6,173,700.00       314,657,967.21        9.49
        HKD  TONG  REN TANG  TECHNOLOGIES    CO LTD-H                     10,430,000.00        14,612,070.84       0.44
          WENZHOU   KANGNING   H CNY1.00
        HKD                                  2,819,300.00       13,683,293.42       0.41
          YIHAI  INTERNATIONA    USD0.00001
        HKD                                  20,941,000.00        18,744,969.20       0.57
          YUM CHINA  HLDGS  IN COM USD0.01
        USD                                   782,865.00       32,105,293.65       0.97
          ZHONG  AN REAL  ESTA  HKD0.10
        HKD                                  30,000,000.00        3,764,934.88       0.11
          ZHOU  HEI YA INT HL USD0.000001
        HKD                                  15,373,000.00        14,016,796.22       0.42
        中国合計                                         1,233,337,364.62        37.20
        香港
          AIA GROUP  LTD NPV
        HKD                                  1,695,400.00       13,743,141.80       0.41
          CHINA  DONGXIANG   (GROUP)   HKD0.01
        HKD                                  115,682,000.00        20,739,771.29       0.62
          CHINA  JINMAO  HOLDI  NPV
        HKD                                  30,622,000.00        13,842,623.17       0.42
          CHINA  O/SEAS  LAND  HKD0.10
        HKD                                  7,230,000.00       22,961,492.66       0.69
          CHINA  RES LAND  HKD0.10
        HKD                                  8,662,222.00       24,903,236.56       0.75
          CHINA  TAIPING   INSURANCE   HOLDINGS   CO LTD HKD0.05
        HKD                                  5,775,162.00       21,817,065.02       0.66
          CIMC  ENRIC  HLDG  LT HKD0.01
        HKD                                  3,888,000.00        2,733,434.92       0.08
          CSPC  PHARMACEUTICA     HKD0.10
        HKD                                  33,840,000.00        67,169,511.72       2.03
          DAWNRAYS   PHARMS  HKD0.10
        HKD                                  29,694,000.00        15,970,853.77       0.48
          FAR EAST  HORIZON   L HKD0.01
        HKD                                  65,429,000.00        59,656,863.33       1.80
          GUOTAI  JUNAN  INTL  NPV
        HKD                                  103,666,000.00        33,453,920.53       1.01
          HAITONG   INTL  SECS  HKD0.10
        HKD                                  57,294,000.00        33,089,928.16       1.00
          HENGAN  INTL  HKD0.10
        HKD                                  1,943,000.00       18,947,540.63       0.57
          HUA HAN BIO-PHARMA    HKD0.1
        HKD                                  129,145,035.00          165.38     0.00
        HKD  LI NING  CO LTD HKD0.1                          20,799,500.00        16,167,829.66       0.49
          OVERSEAS   CHINESE   T HKD0.1
        HKD                                  20,740,000.00        8,074,069.33       0.24
          SHENZHEN   INVESTMEN   HKD0.05
        HKD                                  40,436,000.00        17,191,604.46       0.52
          SHN INTL  HLDGS  HKD1
        HKD                                  61,994,000.00       111,620,796.79        3.37
          SINO  BIOPHAMACEUTI     HKD0.025
        HKD                                  30,878,000.00        40,411,986.33       1.22
          SSY GROUP  LIMITED   HKD0.02
        HKD                                  91,211,447.00        51,393,969.29       1.55
        香港合計                                         593,889,804.80       17.91
        無記名株式合計                                         1,827,227,169.42        55.11
                                            株数/額面      米ドル建評価額       純資産

       銘柄
                                                先物/為替予約取引/          比率
                                                  スワップに係る        (%)
                                                   未実現(損)益
       預託証券
       中国
          ALIBABA   GROUP  HLDG  SPON  ADS EACH  REP ONE ORD-ADR
       USD                                    1,739,425.00       312,939,951.75        9.44
          BAIDU  INC ADS EACH  REPR  10 ORD CLS’A
       USD                                     538,100.00      126,717,169.00        3.82
          CHANGYOU   COM LTD SPON  ADS REP 2 CL A SHS
       USD                                     461,175.00       16,671,476.25       0.50
          CHEETAH   MOBILE  INC ADR REPR  1 CL A ORD
       USD                                     895,900.00       11,198,750.00       0.34
       USD   CTRIP.COM   INTL  LTD ADS EA REP 0.25  ORD USD0.01                    1,056,800.00       48,877,000.00       1.47
          JD.COM  INC ADS EA REPR  2 COM  ‘A’  SHS
       USD                                     918,200.00       34,735,506.00       1.05
          NETEASE   INC ADR REP 25 COM USD0.0001
       USD                                     467,950.00      151,812,339.00        4.58
          NEW ORIENTAL   ED & TECH  GRP INC SPON  ADR
       USD                                     787,900.00       66,971,500.00       2.02
       USD   SOGOU  INC ADS EACH  REP 1 CL A ORD SHS                      2,022,917.00       26,399,066.85       0.80
          TAL EDUCATION   GRP ADS EA REPR  2 CL A ORD SHS
       USD                                    9,954,600.00       271,661,034.00        8.19
          VIPSHOP   HLDGS  LTD SPON  ADR EA REPR  2 ORD SHS
       USD                                    1,700,800.00       13,623,408.00       0.41
          YY INC ADS EA REPR  20 ORD CL’A’
       USD                                     177,961.00       18,433,200.38       0.56
       中国合計                                           1,100,040,401.23        33.18
       預託証券合計                                           1,100,040,401.23        33.18
       公認の証券取引所に上場されている譲渡性のある有価証券および短期金融商品合計                                           2,927,267,570.65        88.29
       公認の証券取引所に上場されておらず、また他の規制ある市場でも取引されていない譲渡性のある有価証券および短期金融商品
       無記名株式
       中国
          CHINA  FORESTRY   HOL USD0.001   ‘REG  S’
       HKD                                    4,824,000.00          6.18    0.00
          PW MEDTECH   GRP LTD USD0.0001
       HKD                                    49,699,000.00        9,801,183.27       0.30
       中国合計                                            9,801,189.45       0.30
       無記名株式合計                                            9,801,189.45       0.30
       公認の証券取引所に上場されておらず、また他の規制ある市場でも取引されていない譲渡性のある有価証券および短期金融商品合計                                            9,801,189.45       0.30
       ルクセンブルグ2010年12月17日法(改訂済)の第41条                    (1)  e)に規定されたUCITS/その他のUCIs
       オープン・エンド型投資信託証券
       アイルランド
          UBS (IRL)  SELECT  MONEY  MARKET  FUND-USD-S-DIST
       USD                                       800.02      8,000,240.00       0.24
       アイルランド合計                                            8,000,240.00       0.24
       オープン・エンド型投資信託証券合計                                            8,000,240.00       0.24
                                 44/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ルクセンブルグ2010年12月17日法(改訂済)の第41条                 (1) e)に規定されたUCITS/その他のUCIs合計
                                                   8,000,240.00       0.24
       投資有価証券合計                                           2,945,069,000.10        88.83
       為替予約取引
       為替予約取引(購入/売却)
       購入通貨              売却通貨                   満期日
       AUD      19,765,800.00        USD       14,947,522.56          22.12.2017             -8,264.56      0.00
       CNH      105,877,200.00        USD       15,918,271.62          22.12.2017             48,375.65      0.00
       CNH       2,418,200.00        USD        364,189.93         22.12.2017              482.98     0.00
       AUD       813,100.00       USD        616,268.82         22.12.2017             -1,716.88      0.00
       AUD       164,700.00       USD        125,583.09         22.12.2017             -1,100.61      0.00
       USD       217,447.79       CNH        1,435,300.00          1.12.2017              779.11     0.00
       為替予約取引(購入/売却)合計                                             38,555.69      0.00
       銀行預金、要求払い預金および貯蓄預金ならびにその他の流動資産                                           339,489,746.54       10.24
       その他の資産および負債                                            30,816,586.80       0.93
       純資産合計                                           3,315,413,889.13        100.00
                                 45/67

















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【ファンドの現況】

     以下のファンドの現況は2019年                 2月28日現在です。
     【純資産額計算書】

     Ⅰ 資産総額                               19,935,153,654       円 

     Ⅱ 負債総額                                 20,674,853     円 
     Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               19,914,478,801       円 
     Ⅳ 発行済口数                               19,218,443,720       口 
     Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.0362   円 
     第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

     (1)名義書換
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券
        から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行なわな
        いものとします。
     (2)受益者に対する特典
        該当事項はありません。
     (3)譲渡制限の内容
      ① 譲渡制限はありません。
      ② 受益権の譲渡
       ・受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載また
        は記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ・前述の申請のある場合には、振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少およ
        び譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとし
        ます。ただし、振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設し
        た他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社債、株式等の振替に関する法律
        の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知
        するものとします。
       ・前述の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
        振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合などにおいて、
        委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止
        期間を設けることができます。
      ③ 受益権の譲渡の対抗要件
        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗する
        ことができません。
     (4)受益証券の再発行
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情などにより受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行
        の請求を行なわないものとします。
     (5)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにしたがい、一
        定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
     (6)質権口記載または記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、解
        約請求の受付、解約金および償還金の支払いなどについては、約款の規定によるほか、民法その他の法
        令などにしたがって取り扱われます。
                                 46/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     第三部【委託会社等の情報】

     第1【委託会社等の概況】

     1【委託会社等の概況】

     (1)資本金の額等
        2019年2月末      現在の委託会社の資本金の額:                                2,200,000,000円
        委託会社が発行する株式総数:                                          86,400株
        発行済株式総数:                                          21,600株
        最近5年間における資本金の額の増減:                                  該当事項はありません。
     (2)委託会社等の機構
       ① 経営体制
       (取締役会)
        委託会社の業務執行上重要な事項は、取締役会の決議によってこれを決定します。
        取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、社長がこれを招集し、その通知は会日の少なくとも
        3日前に各取締役および各監査役に対して発します。ただし、緊急の必要あるときは、取締役および監
        査役全員の同意を得て、招集の手続を省略することができます。
        取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役の過半数が出席し、その出席取締役の
        過半数をもってこれを行います。
        取締役会の議長には、社長が当たります。社長がその職務にあたれない場合は、他の取締役で、取締役
        の順序において上位にある者がその任に当たります。
       (代表取締役および役付取締役)
        代表取締役は、取締役会の決議によって選定します。
        代表取締役は、会社を代表し取締役会の決議に従い業務を執行します。
        取締役会の決議をもって取締役の中から会長、社長、副社長、およびその他役付取締役若干名を定める
        ことができます。
       ② 投資運用の意思決定機構

                                 47/67










                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ※ 2019年2月末      現在










     2【事業の内容及び営業の概況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信託の設定
       を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用及び投資一任契約に基づき
       委任された資産の運用(投資運用業)を行っています。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品
       取引業及び投資助言業を行っています。
       委託会社の運用する証券投資信託は                  2019年2月末      現在、以下のとおりです。(ただし、親投資信託は除きま
       す。)
           ファンドの種類                本数       純資産総額(百万円)
          単位型株式投資信託                   13            44,348
          追加型株式投資信託                   82           869,627
              合計               95           913,975
     3【委託会社等の経理状況】

     1. 財務諸表の作成方法について
       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。
      以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣
      府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)に基づいて作成しております。また、記載金額は千円未満の端数
      を切り捨てて表示しております。
     2. 監査証明について

       当社は、「金融商品取引法」第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(2018年1月1日から2018年12
      月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。
                                 48/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】

                                 前事業年度                 当事業年度
            期別
                              (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
                        注記               金額                 金額
            科目                  内訳                 内訳
                        番号              (千円)                 (千円)
      (資産の部)
     流動資産
      現金・預金                  *1              3,719,875                 3,506,883
      未収入金                  *1                99,677                 58,517
      未収委託者報酬                                 608,627                1,143,245
      未収運用受託報酬                  *1              1,782,978                 2,050,817
      その他未収収益                  *1               586,151                 571,116
      前払費用                                 12,225                 16,682
      繰延税金資産                                 267,900                 223,400
                                        2,496                  512
      その他
                流動資産計                      7,079,932                 7,571,175
     固定資産

      投資その他の資産                                 258,700                 205,500
        投資有価証券                         200                 100
        繰延税金資産                       238,499                 185,399
        ゴルフ会員権                        20,000                 20,000
                固定資産計
                                       258,700                 205,500
         資産合計                             7,338,632                 7,776,676
                                 前事業年度                 当事業年度

            期別
                              (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
                       注記               金額                 金額
            科目                  内訳                 内訳
                       番号              (千円)                 (千円)
      (負債の部)
     流動負債
      預り金                                 57,328                 61,156
      未払費用                  *1              1,565,280                 1,841,768
      未払消費税                                 114,988                 146,096
      未払法人税等                                 371,144                 508,920
      賞与引当金                                 739,529                 597,449
      その他                                 17,221                 46,332
                流動負債計
                                      2,865,493                 3,201,722
     固定負債
                                        32,350                 45,752
      退職給付引当金
                固定負債計
                                        32,350                 45,752
         負債合計                             2,897,843                 3,247,475
      (純資産の部)
     株主資本                                 4,440,788                 4,529,200
      資本金                                2,200,000                 2,200,000
      利益剰余金                                2,240,788                 2,329,200
      利益準備金                        550,000                 550,000
      その他利益剰余金                       1,690,788                 1,779,200
        繰越利益剰余金                      1,690,788                 1,779,200
     評価・換算差額等                                     0                 0
                                 49/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      その他有価証券評価差額金                            0                 0
        純資産合計                              4,440,788                 4,529,200
        負債・純資産合計                              7,338,632                 7,776,676
     (2)【損益計算書】

                                 前事業年度                 当事業年度
                             (自   2017年    1月  1日        (自   2018年    1月  1日
            期別
                               至  2017年12月31日)               至  2018年12月31日)
                       注記               金額                 金額
            科目                  内訳                 内訳
                       番号              (千円)                 (千円)
     営業収益
      委託者報酬                               7,553,192                 7,631,579
      運用受託報酬                 *1*2               3,264,567                 3,576,959
      その他営業収益                 *1*3               1,818,040                 2,075,804
                営業収益計
                                     12,635,800                 13,284,344
     営業費用
      支払手数料                               3,942,239                 3,798,816
      広告宣伝費                                 105,687                 87,432
      調査費                                 113,392                 101,676
      営業雑経費                                 93,526                 93,408
         通信費                      8,307                 4,067
         印刷費                      64,844                 61,318
         協会費                      16,642                 16,503
                                3,731                11,520
         その他               *1
                営業費用計                      4,254,845                 4,081,334
     一般管理費
      給料                               2,672,661                 2,555,201
         役員報酬                     206,524                 315,203
         給料・手当               *1      1,821,359                 1,784,362
                               644,777                 455,635
         賞与
      交際費                                 22,847                 21,741
      旅費交通費                                 94,852                 85,763
      租税公課                                 75,054                 80,028
      不動産賃借料                                 233,280                 236,883
      退職給付費用                                 69,860                234,506
      事務委託費                 *1              2,869,133                 3,174,782
                                        80,139                 99,018
      諸経費
               一般管理費計
                                      6,117,829                 6,487,925
     営業利益                                 2,263,125                 2,715,083
     営業外収益
      受取利息                            ▶                 9
                                  93               1,039
      雑収入
               営業外収益計                           98               1,048
     営業外費用
      為替差損                         32,200                 44,039
                                 353                  0
      雑損失
               営業外費用計                         32,553                 44,039
     経常利益                                 2,230,670                 2,672,092
     税引前当期純利益                                 2,230,670                 2,672,092
     法人税、住民税及び事業税                                  654,253                 796,961
     法人税等調整額                                  60,600                 97,600
                                 50/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期純利益                                 1,515,817                 1,777,531
     (3)【株主資本等変動計算書】

     前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)                                                  (単位:千円)
                            株主資本                  評価・換算差額等

                           利益剰余金
                                                         純資産
                            その他                  その他
                                        株主資本           評価・換算
                                                          合計
                 資本金          利益剰余金                   有価証券
                       利益          利益剰余金
                                         合計          差額等合計
                                             評価差額金
                      準備金            合計
                            繰越
                           利益剰余金
     当期首残高            2,200,000      550,000     1,108,091      1,658,091      3,858,091        △39     △39    3,858,051
     当期中の変動額
      剰余金の配当                      △933,120      △933,120      △933,120                 △933,120
      当期純利益                      1,515,817      1,515,817      1,515,817                 1,515,817
     株主資本以外の項目の
                                                 40     40      40
     当期中の変動額(純額)
     当期中の変動額合計                        582,697      582,697      582,697        40     40    582,737
     当期末残高            2,200,000      550,000     1,690,788      2,240,788      4,440,788         0     0  4,440,788
     当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)                                                  (単位:千円)

                            株主資本                  評価・換算差額等

                           利益剰余金
                                                         純資産
                            その他                  その他
                                        株主資本           評価・換算
                                                          合計
                 資本金          利益剰余金                   有価証券
                       利益          利益剰余金
                                         合計          差額等合計
                                             評価差額金
                      準備金            合計
                            繰越
                           利益剰余金
     当期首残高            2,200,000      550,000     1,690,788      2,240,788      4,440,788         0     0  4,440,788
     当期中の変動額
      剰余金の配当                     △1,689,120      △1,689,120      △1,689,120                 △1,689,120
      当期純利益                      1,777,531      1,777,531      1,777,531                 1,777,531
     株主資本以外の項目の
                                                 △0     △0      △0
     当期中の変動額(純額)
     当期中の変動額合計                         88,411      88,411      88,411       △0     △0    88,411
     当期末残高            2,200,000      550,000     1,779,200      2,329,200      4,529,200         0     0  4,529,200
     [注記事項]

     (重要な会計方針)
     1. 有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法
         (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております。)
     2. 引当金の計上基準

     (1)賞与引当金
        役員及び従業員の賞与支払に備えるため、支給見込額を計上しております。
     (2)退職給付引当金

                                 51/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        退職給付引当金は役員及び従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産
        の見込み額に基づき、必要額を計上しております。
        退職給付引当金のうち、役員分は次のとおりであります。
              前事業年度                  当事業年度

            (2017年12月31日)                  (2018年12月31日)
                     829千円                 1,131千円
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につい
          ては、給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異は、発生年度に全額損益処理しております。
     3. その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

     (1)消費税等の処理方法
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (未適用の会計基準等)

      1. 税効果会計
      「税効果会計にかかる会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成30年2月16日)
     (1)概要
        個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱いが見直され、また(分類1)に該
        当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱いの明確化が行われております。
     (2)適用予定日
        2019年12月期の期首より適用予定であります。
     (3)当該会計基準等の適用による影響
        「税効果会計にかかる会計基準の適用指針」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時
        点で評価中であります。
      2. 収益認識

      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            平成30年3月30日          企業会計基準委員会)
      「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                       平成30年3月30日          企業会計基
      準委員会)
     (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
        的な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第
        15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度
        から、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計
        基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表された
        ものです。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
        号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を
        取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実
        務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加するこ
        ととされております。
     (2)適用予定日
        2022年12月期の期首より適用予定であります。
     (3)当該会計基準等の適用による影響
        「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
        あります。
                                 52/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (貸借対照表関係)
       *1  関係会社に対する資産及び負債
         各科目に含まれる関係会社に対する資産及び負債の内容は、次の通りであります。
                                                  (単位:千円)
                             前事業年度                 当事業年度
                           (2017年12月31日)                 (2018年12月31日)
         現金・預金                        491,408                1,439,141
         未収入金                         2,073                 13,143
         未収運用受託報酬                            9                 8
         その他未収収益                        164,575                 155,367
         未払費用                        278,614                  61,627
     (損益計算書関係)

       *1  関係会社との取引
         各科目に含まれる関係会社に対する取引額は、次の通りであります。
                                                  (単位:千円)
                             前事業年度                  当事業年度
                           自 2017年      1月  1日         自 2018年      1月  1日
                           至 2017年12月31日                 至 2018年12月31日
         運用受託報酬                        186,422                    52
         その他営業収益                        229,742                 297,077
         営業雑経費その他                          2,310                  499
         人件費                          2,319                 2,184
         事務委託費                        737,791                 478,464
       *2  運用受託報酬には、次のものを含んでおります。

                                                  (単位:千円)
                             前事業年度                 当事業年度
                           自 2017年      1月  1日         自 2018年      1月  1日
                           至 2017年12月31日                 至 2018年12月31日
         投資助言報酬                        163,225                  73,466
       *3  その他営業収益には、海外ファンドの販売資料及び運用報告書等の作成や翻訳など運用業務以外に関

         するサービスの提供に伴う報酬を計上しております。
     (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
     1. 発行済株式に関する事項
        株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
       普通株式(株)                 21,600              -           -        21,600
     2. 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
                         配当金の        1株当たり
         決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                         総額(千円)        配当額(円)
      2017年3月31日
                 普通株式        933,120         43,200       2016年12月31日           2017年4月1日
      定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
      次のとおり、決議を予定しております。
              株式の      配当の      配当金の        1株当たり
        決議                                    基準日         効力発生日
               種類      原資     総額(千円)        配当額(円)
                                 53/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第23期定時               利益                               第23期定時
              普通株式            1,689,120         78,200       2017年12月31日
      株主総会              剰余金                               株主総会の翌日
     当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

     1. 発行済株式に関する事項
        株式の種類          当事業年度期首              増加           減少         当事業年度末
       普通株式(株)                 21,600              -           -        21,600
     2. 配当に関する事項
     (1)配当金支払額
                         配当金の        1株当たり
         決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                         総額(千円)        配当額(円)
      2018年3月28日
                 普通株式        1,689,120         78,200       2017年12月31日           2018年3月29日
      定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
      次のとおり、決議を予定しております。
              株式の      配当の      配当金の       1株当たり
        決議                                    基準日         効力発生日
               種類      原資     総額(千円)        配当額(円)
      第24期定時               利益                               第24期定時
              普通株式             368,000        17,037       2018年12月31日
      株主総会              剰余金                               株主総会の翌日
     (金融商品関係)

      1. 金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に対する取組方針
         当社は、資金運用については短期的な預金等に限定しております。
         現在、金融機関及びその他からの借入はありません。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         未収委託者報酬は、既にファンドの純資産額に未払委託者報酬として織り込まれ、受託者によって分
        別保管された投資信託財産が裏付けとなっていることから、信用リスクはほとんどないものと考えてい
        ます。
         未収運用受託報酬につきましても、未収委託者報酬と同様に、年金信託勘定との投資一任契約により
        分別管理されている信託財産が裏付けとなっていることから、信用リスクはほとんどないものと考えて
        います。
         その他未収収益は、取引相手先を信用力の高い金融機関に限定しているため、信用リスクはほとんど
        ないものと考えています。
      2. 金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前事業年度(2017年12月31日)                                            (単位:千円)

                          貸借対照表計上額                時価            差額
                               3,719,875            3,719,875                -
           現金・預金
                                 99,677            99,677              -
           未収入金
                                608,627            608,627               -
           未収委託者報酬
                               1,782,978            1,782,978                -
           未収運用受託報酬
                                586,151            586,151               -
           その他未収収益
                   資産計             6,797,310            6,797,310                -
           未払費用                    1,565,280            1,565,280                -
           未払法人税等                     371,144            371,144               -
                   負債計
                               1,936,424            1,936,424                -
                                 54/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(2018年12月31日)                                            (単位:千円)
                          貸借対照表計上額                時価            差額
                               3,506,883            3,506,883                -
           現金・預金
                                 58,517            58,517              -
           未収入金
                               1,143,245            1,143,245                -
           未収委託者報酬
                               2,050,817            2,050,817                -
           未収運用受託報酬
                                571,116            571,116               -
           その他未収収益
                   資産計             7,330,580            7,330,580                -
           未払費用                    1,841,768            1,841,768                -
           未払法人税等                     508,920            508,920               -
                   負債計
                               2,350,688            2,350,688                -
     (注)1. 金融商品の時価の算定方法

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、すべて帳簿価額により表示し
       ております。
     (注)2. 金銭債権の決算日後の償還予定額

       前事業年度(2017年12月31日)                              (単位:千円)
                           1年以内            1年超
        現金・預金                     3,719,875               -
                              99,677              -
        未収入金
                              608,627              -
        未収委託者報酬
                             1,782,978               -
        未収運用受託報酬
                              586,151              -
        その他未収収益
                合計
                             6,797,310               -
       当事業年度(2018年12月31日)                              (単位:千円)

                          1年以内            1年超
                            3,506,883                -
        現金・預金
                              58,517              -
        未収入金
                            1,143,245                -
        未収委託者報酬
                             688,306          1,362,511
        未収運用受託報酬
        その他未収収益                      571,116               -
                合計
                            5,968,069           1,362,511
     (有価証券関係)

       その他有価証券
       前事業年度(2017年12月31日)
       重要性がないため記載を省略しております。
       当事業年度(2018年12月31日)

       重要性がないため記載を省略しております。
     (退職給付関係)

     前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)
     1. 採用している制度の概要
       当社は規約型確定給付企業年金制度並びに確定拠出年金制度を採用しております。
       当社の確定給付企業年金契約は、当社、UBS証券株式会社及びUBS銀行東京支店との共同結合契約であり、
       年金資産の計算は退職給付債務の比率によっております。
     2. 確定給付制度
     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  (単位:千円)
       退職給付債務の期首残高                              1,136,659
                                 55/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       勤務費用                               131,944
       利息費用                                4,792
       数理計算上の差異の当期発生額                              △37,097
       退職給付の支払額                              △149,929
       過去勤務費用の当期発生額                                  -
       退職給付債務の期末残高                              1,086,368
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  (単位:千円)
       年金資産の期首残高                               993,530
       期待運用収益                                4,695
       数理計算上の差異の当期発生額                                67,527
       事業主からの拠出額                               138,195
       退職給付の支払額                              △149,929
       年金資産の期末残高                              1,054,018
     (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                  (単位:千円)
       積立型制度の退職給付債務                              1,086,368
       年金資産                             △1,054,018
       小計                                32,350
       非積立型制度の退職給付債務                                  -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                32,350
                                       32,350

       退職給付引当金
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                32,350
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                  (単位:千円)
       勤務費用                               131,944
       利息費用                                4,792
       期待運用収益                               △4,695
       数理計算上の差異の費用処理額                              △104,624
       過去勤務費用の費用処理額                                  -
       確定給付制度に係る退職給付費用                                27,415
     (注)上記の他、特別退職金18,475千円を退職給付費用として処理しております。
     (5)年金資産に関する事項

       ① 年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
         債券         36%
         株式         19%
         その他         45%
         合計        100%
       ② 長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
        構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

        当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
        割引率 0.486%
                                 56/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        長期期待運用収益率 0.58%
     3. 確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、23,970千円でありました。
     当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

     1. 採用している制度の概要
       当社は規約型確定給付企業年金制度並びに確定拠出年金制度を採用しております。
       当社の確定給付企業年金契約は、当社、UBS証券株式会社及びUBS銀行東京支店との共同結合契約であり、
      年金資産の計算は退職給付債務の比率によっております。
     2. 確定給付制度
     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  (単位:千円)
       退職給付債務の期首残高                              1,086,368
       勤務費用                               126,106
       利息費用                                4,529
       数理計算上の差異の当期発生額                              △33,730
       退職給付の支払額                              △97,516
       過去勤務費用の当期発生額                                  -
       退職給付債務の期末残高                              1,085,756
     (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  (単位:千円)
       年金資産の期首残高                              1,054,018
       期待運用収益                                5,217
       数理計算上の差異の当期発生額                              △54,968
       事業主からの拠出額                               133,252
                                      △97,516
       退職給付の支払額
       年金資産の期末残高                              1,040,003
     (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                  (単位:千円)
       積立型制度の退職給付債務                              1,085,756
       年金資産                             △1,040,003
       小計                                45,752
       非積立型制度の退職給付債務                                  -
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                45,752
                                       45,752

       退職給付引当金
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                45,752
     (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                  (単位:千円)
       勤務費用                               126,106
       利息費用                                4,529
       期待運用収益                               △5,217
       数理計算上の差異の費用処理額                                18,868
       過去勤務費用の費用処理額                                  -
       確定給付制度に係る退職給付費用                               144,285
     (注)上記の他、特別退職金65,358千円を退職給付費用として処理しております。
     (5)年金資産に関する事項

       ① 年金資産の主な内訳
                                 57/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
         債券         38%
         株式         16%
         その他         46%
         合計        100%
       ② 長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
        構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

        当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
        割引率 0.450%
        長期期待運用収益率 0.58%
     3. 確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、24,862千円でありました。
     (税効果会計関係)

     1. 繰延税金資産の発生の主な原因別の内訳

                                                    (単位:千円)
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
       繰延税金資産
        未払費用                                   19,700              15,200
        減価償却超過額                                   20,400              11,600
        未払事業税                                   20,100              23,000
        株式報酬費用                                  129,000               85,300
        退職給付引当金                                   57,100              61,000
        賞与引当金                                  228,200              183,000
                                          31,900              29,700
        その他
       繰延税金資産小計                                   506,400              408,800
       評価性引当額                                      -                  -
       繰延税金資産合計                                   506,400              408,800
       繰延税金負債

         その他有価証券評価差額金                                   △0                 △0
       繰延税金負債合計                                     △0                 △0
       繰延税金資産純額                                   506,399               408,799
     2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異の原因となった主要な項目別内訳

                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2017年12月31日)              (2018年12月31日)
      法定実効税率                                    30.86%              30.86%
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                    2.51%              2.08%
      税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                   △0.07%              △0.00%
      その他                                   △1.25%                0.54%
                                          32.05%              33.48%
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
     (セグメント情報等)

     1. セグメント情報
                                 58/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2. 関連情報

     (1)製品及びサービスごとの情報
           当社の製品・サービス区分は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製品・サービ
         スごとの営業収益の記載を省略しております。
     (2)地域に関する情報
        営業収益
        前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

             日本            米国           その他            合計
            2,640,642千円            1,288,034千円            1,153,931千円           5,082,607千円
        当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

             日本            米国           その他            合計
            3,413,013千円            1,277,515千円             962,235千円          5,652,764千円
       (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国または地域に分類しております。
           委託者報酬については、制度上顧客情報を知りえないため、記載を省略しております。
     (3)主要な顧客に関する情報

        前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

             相手先             売上高          関連するセグメント名
          UBSグループ(*1)                 2,272,388千円             投資運用
        当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

             相手先             売上高          関連するセグメント名
          UBSグループ(*1)                 2,092,822千円             投資運用
       (注)運用受託報酬について、契約上の守秘義務を踏まえて、一部顧客に関する記載を省略しておりま
           す。
           委託者報酬については、制度上顧客情報を知りえないため、記載を省略しております。
       (*1)UBSグループは、世界50ヵ国余りにおける大手企業や機関投資家のお客様に対し、グローバルな

           ネットワークと専門性を駆使し、事業拡大、リスク管理、投資戦略など、ニーズに沿ったアドバイ
           スと優れた執行能力を提供しております。
     (関連当事者情報)

     1. 関連当事者との取引
     前事業年度(自 2017年1月1日 至 2017年12月31日)

     (1)親会社
                          議決権

                 資本金    事業の         関連当
       会社等の                  の所有                  取引金額             期末残高
     属性        所在地     又は    内容         事者と      取引の内容               科目
        名称                 (被所有)                   (千円)              (千円)
                 出資金    又は職業          の関係
                          割合
        UBS  AG                        金銭の預入れ              現金・預金          491,408
                                     増加       5,833,063
       (最終親会
                              金銭の預
       社である                              減少       6,459,229
                              入れ、資
       UBS  Group
                              産運用業
       AGはNYSE及                           運用受託報酬           186,422   未収入金           2,073
     親       スイス・     3.8億
                                 59/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     会  びSIXに上     チューリッ     スイス    銀行、    (被所有)    務及びそ
                                  その他営業収益           229,742   未収運用受託報酬             9
     社  場、UBS      ヒ   フラン    証券業務     間接100%    れに関す
                                  その他営業費用            2,975  その他未収収益          164,575
                              る事務委
        Asset                          事務委託費           737,791   未払費用          278,614
                              託等、人
                                  不動産関係費(受取)             665
       Management
                               件費
                                  人件費            2,319
       AGは非上
        場)
     取引条件及び取引条件の決定方針等

      1. 人件費は、出向者等に対する実際支払額を基として決定しております。
      2. 取引条件の決定については、一般取引条件と同様に決定しております。
       上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

       す。
     (2)兄弟会社等

                    事業の   議決権

                資本金                             取引             期末
       会社等の             内容   の所有      関連当事者
     属性        所在地    又は                     取引の内容        金額       科目      残高
        名称            又は   (被所      との関係
                出資金                             (千円)             (千円)
                     職業   有)割合
         UBS
                                     金銭の預入れ            現金・預金          24,418
            スイス・    10百万
                     銀行
       Switzerland      チュー    スイス       なし     金銭の預入れ           増加     164,119
                     業務
             リッヒ    フラン
                                        減少     208,766
         AG
                             人件費の立替        事務委託費         201,287   未収入金          34,377
             東京都
        UBS証券         321            人件費、       不動産関係費         224,391   未払費用         217,221
            千代田区        証券業    なし
       株式会社         億円            社会保険料       人件費(受取)         108,562
             大手町
                             などの立替       人件費          7,800
       UBS  Asset
                                     その他営業収益         113,277   未収入金          51,971
                40百万             兼業業務
            オースト
       Management
                                     事務委託費         141,397   その他未収収益          16,548
                オースト     資産       資産運用業務及び、
            ラリア・            なし
                ラリアド    運用業         それに関する
       (Australia)                                          未払費用          75,784
            シドニー
     親
                 ル            事務委託等
         Ltd
     会
       UBS  Asset
                                     運用受託報酬          90,331   未収運用受託報酬          80,793
                3.9百万             兼業業務
     社
       Management                              その他営業収益          61,898   未払費用          12,489
             シンガ    シンガ    資産       資産運用業務及び、
                        なし
     の
             ポール    ポールド    運用業         それに関する
                                     事務委託費         147,077
       (Singapore)
     子
                 ル            事務委託等
         Ltd
     会
                              兼業業務       その他営業収益         201,619   その他未収収益          48,968
     社
       UBS  Asset
                125百万
             英国・        資産       資産運用業務及び、         事務委託費        1,097,519    未払費用         498,975
     等
       Management
                 英国       なし
            ロンドン        運用業         それに関する
                ポンド
       (UK)  Ltd
                             事務委託等
       UBS  Asset
                                     運用受託報酬          85,385   その他未収収益          82,849
                              兼業業務
             米国・
       Management                              その他営業収益         245,967   未払費用         136,776
                 1米国    資産       資産運用業務及び、
            ウィルミ            なし
                 ドル   運用業         それに関する
       (Americas)                              事務委託費         227,617
             ントン
                             事務委託等
        Inc.
       UBS  Hedge
             米国・    10万
        Fund
                     資産
            ウィルミ     米国       なし      兼業業務       その他営業収益         916,470   その他未収収益         253,895
                    運用業
       Solutions
             ントン    ドル
         LLC
     取引条件及び取引条件の決定方針等

      1. 事務所賃借料は、外部貸主への実際支払額を基に面積比で決定しております。
        人件費は、出向者等に対する実際支払額を基として決定しております。
                                 60/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      2. 立替費用は、第三者に支払われた実際支払額を基として決定しております。
      3. 取引条件の決定については、一般取引条件と同様に決定しております。
       上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

       す。
     当事業年度(自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

     (1)親会社
                          議決権

                 資本金    事業の         関連当
       会社等の                  の所有                  取引金額              期末残高
     属性        所在地     又は    内容         事者と      取引の内容               科目
        名称                 (被所有)                   (千円)              (千円)
                 出資金    又は職業          の関係
                          割合
        UBS  AG                        金銭の預入れ              現金・預金         1,439,141
                                     増加       8,890,639
       (最終親会
                              金銭の預
       社である
                                     減少       7,942,906
                              入れ、資
       UBS  Group
                              産運用業
       AGはNYSE及                           運用受託報酬             52 未収入金           13,143
     親       スイス・     3.8億
                     銀行、    (被所有)    務及びそ
       びSIXに上
     会       チューリッ     スイス                 その他営業収益           297,077   未収運用受託報酬             8
                    証券業務     間接100%    れに関す
     社  場、UBS      ヒ   フラン
                                  事務委託費           478,464   その他未収収益          155,367
                              る事務委
        Asset
                                  不動産関係費(受取)             499 未払費用           61,627
                              託等、人
                                  人件費            2,184
       Management
                               件費
       AGは非上
        場)
     取引条件及び取引条件の決定方針等

      1. 人件費は、出向者等に対する実際支払額を基として決定しております。
      2. 取引条件の決定については、一般取引条件と同様に決定しております。
       上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

       す。
     (2)兄弟会社等

                    事業の   議決権

                 資本金                             取引             期末
       会社等の             内容   の所有      関連当事者
     属性        所在地    又は                     取引の内容        金額       科目      残高
        名称            又は   (被所      との関係
                 出資金                             (千円)             (千円)
                     職業   有)割合
         UBS                            金銭の預入れ
            スイス・    10百万
                     銀行
       Switzerland      チュー    スイス       なし     金銭の預入れ           増加      88,949       -      -
                     業務
             リッヒ    フラン
                                        減少     113,367
         AG
                             人件費の立替        事務委託費         321,166   未収入金          20,032
             東京都
        UBS証券         321            人件費、       不動産関係費         234,610   未払費用         241,112
            千代田区        証券業    なし
       株式会社         億円            社会保険料       人件費(受取)          67,167
             大手町
                             などの立替       人件費           184
       UBS  Asset
                                     その他営業収益         112,457   その他未収収益          17,417
                 40百万             兼業業務
            オースト
       Management
                                     事務委託費         136,509   未払費用          34,642
                オースト     資産       資産運用業務及び、
            ラリア・            なし
                ラリアド    運用業         それに関する
       (Australia)
            シドニー
     親
                 ル            事務委託等
         Ltd
     会
       UBS  Asset                            その他営業収益         153,717   その他未収収益          76,557
                3.9百万             兼業業務
                                 61/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     社  Management      シンガ    シンガ    資産   なし   資産運用業務及び、
                                     事務委託費          95,632   未収入金           719
     の       ポール    ポールド    運用業         それに関する
       (Singapore)                                          未払費用          13,061
     子            ル            事務委託等
         Ltd
     会
                              兼業業務       その他営業収益         227,391   その他未収収益          54,328
       UBS  Asset
                125百万
     社
             英国・        資産       資産運用業務及び、         事務委託費        1,448,396    未収入金          3,164
       Management
                 英国       なし
     等
            ロンドン        運用業         それに関する                    未払費用         729,550
                 ポンド
       (UK)  Ltd
                             事務委託等
       UBS  Asset
                                     運用受託報酬          13,724   その他未収収益          80,382
                              兼業業務
             米国・
       Management                              その他営業収益         426,043   未収入金          4,603
                 50米国    資産       資産運用業務及び、
            ウィルミ            なし
                 ドル   運用業         それに関する
       (Americas)                              事務委託費         246,486   未払費用          69,499
             ントン
                             事務委託等
        Inc.
       UBS  Hedge
             米国・    10万
        Fund
                     資産
            ウィルミ     米国       なし      兼業業務       その他営業収益         823,942   その他未収収益         174,407
                    運用業
       Solutions
             ントン    ドル
         LLC
     取引条件及び取引条件の決定方針等

      1. 事務所賃借料は、外部貸主への実際支払額を基に面積比で決定しております。
        人件費は、出向者等に対する実際支払額を基として決定しております。
      2. 立替費用は、第三者に支払われた実際支払額を基として決定しております。
      3. 取引条件の決定については、一般取引条件と同様に決定しております。
       上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

       す。
     (1株当たり情報)

                                前事業年度                 当事業年度
                             自 2017年      1月  1日        自 2018年      1月  1日
                              至 2017年12月31日                 至 2018年12月31日
     1株当たり純資産額                              205,592円08銭                 209,685円21銭
     1株当たり当期純利益金額                              70,176円71銭                 82,293円14銭
       なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載してお
       りません。
     (注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                前事業年度                 当事業年度
                             自 2017年      1月  1日        自 2018年      1月  1日
                              至 2017年12月31日                 至 2018年12月31日
     当期純利益(千円)                                1,515,817                 1,777,531
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -                 -
     普通株式に係る当期純利益(千円)                                1,515,817                 1,777,531
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  21,600                 21,600
     (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
     4【利害関係人との取引制限】

      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が
      禁止されています。
     (1)自己またはその取締役もしくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと
        (投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれ
        がないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
                                 62/67

                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、もし
        くは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で
        定 めるものを除きます。)。
     (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等
        (委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関
        係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)、(5)に
        おいて同じ。)または子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当
        該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をい
        います。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバティブ取引を行なうこと。
     (4)委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運
        用財産の額もしくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
     (5)上記(3)、(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等または子法人等が関与する行為であっ
        て、投資者の保護に欠け、もしくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそ
        れのあるものとして内閣府令で定める行為。
     5【その他】

     (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
     (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社に重要な影響を与えた事実、または与えると予想される訴訟事件などは発生していません。
     第2【その他の関係法人の概況】

     1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)受託会社
                                  資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               ( 2018年9月末      現在)
                                             銀行法に基づき銀行業を営
                                             むとともに、金融機関の信
        三井住友信託銀行株式会社                            342,037百万円        託業務の兼営等に関する法
                                             律に基づき信託業務を営ん
                                             でいます。
        <再信託受託会社の概要>
         名称    :日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社
         資本金の額 :51,000百万円(                2018年9月末      現在)
         事業の内容 :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に
                 基づき信託業務を営んでいます。
         再信託の目的:原信託契約にかかる信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託者から再信託受
                 託者(日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社)へ委託するため、原信託財産の
                 すべてを再信託受託者へ移管することを目的とします。
     (2)販売会社
                                  資本金の額
                名  称                                 事業の内容
                               ( 2018年9月末      現在)
                                             金融商品取引法に定める第
        東洋証券株式会社                             13,494百万円
                                             一種金融商品取引業を営ん
        野村證券株式会社                             10,000百万円
                                             でいます。
                                             銀行法に基づき銀行業を営
        株式会社新生銀行                            512,204百万円
                                             んでいます。
                                 63/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2【関係業務の概要】

     (1)受託会社
        ファンドの信託財産に属する有価証券の管理・計算事務などを行ないます。
     (2)販売会社
        日本におけるファンドの募集、                解約、収益分配金および償還金の取扱い                     などを行ないます。
     3【資本関係】

     (1)受託会社
        該当事項はありません。
     (2)販売会社
        該当事項はありません。
     第3【その他】

     (1)目論見書の別称として「投資信託説明書(交付目論見書)」または「投資信託説明書(請求目論見
        書)」という名称を使用します。
     (2)目論見書の表紙、表紙裏または裏表紙に、以下を記載することがあります。
        ① 委託会社の金融商品取引業者登録番号および設立年月日
        ② ファンドの基本的性格など
        ③ 委託会社およびファンドのロゴ・マークや図案など
        ④ 委託会社のホームページや携帯電話サイトのご案内など
        ⑤ 目論見書の使用開始日
     (3)目論見書の表紙または表紙裏に、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象で
          はない旨。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはな
          らない旨の記載。
        ② 投資信託は、元金および利回りが保証されているものではない旨の記載。
        ③ 投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託を購入されたお客様が負う旨の記載。
        ④ 「金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である。」旨の記載。
        ⑤ 「ご購入に際しては、目論見書の内容を十分にお読みください。」という趣旨の記載。
        ⑥ 請求目論見書の入手方法(ホームページで閲覧、ダウンロードできるなど)についての記載。
        ⑦ 請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行なった場合には
          その旨の記録をしておくべきである旨の記載。
        ⑧ 「約款が請求目論見書に掲載されている。」旨の記載。
        ⑨ 商品内容に関して重大な変更を行なう場合には、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき事前
          に受益者の意向を確認する旨の記載。
        ⑩ 投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨の記載。
        ⑪ 有価証券届出書の効力発生およびその確認方法に関する記載。
        ⑫ 委託会社の情報として記載することが望ましい事項と判断する事項がある場合は、当該事項の記
          載。
     (4)交付目論見書の投資リスクに、以下の趣旨の文章の全部または一部を記載することがあります。
        ① ファンドの取引に関して、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用
          がない旨の記載。
        ② 投資信託は、預金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象で
          はない旨。また、銀行など登録金融機関で購入された場合、投資者保護基金の支払いの対象とはな
          らない旨の記載。
     (5)有価証券届出書本文「第一部 証券情報」、「第二部 ファンド情報」に記載の内容について、投資者
        の理解を助けるため、当該内容を説明した図表などを付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記
        載することがあります。
     (6)目論見書に約款を掲載し、有価証券届出書本文「第二部 ファンド情報」中「第1 ファンドの状況」
        「2 投資方針」の詳細な内容につきましては、当該約款を参照する旨を記載することで、目論見書の
                                 64/67


                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        内容の記載とすることがあります。
     (7)投信評価機関、投信評価会社などによる評価を取得・使用する場合があります。
     (8)目論見書は電子媒体などとして使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
                                 65/67




















                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            独立監査人の監査報告書

                                                   2019年3月18日

        UBSアセット         ・ マネジメント株式会社

         取 締 役 会  御 中

                               EY新日本有限責任監査法人

                                指定有限責任社員

                                           公認会計士       三 浦  昇   印
                                業務執行社員
         当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状

        況」に掲げられているUBSアセット・マネジメント株式会社の2018年1月1日から2018年12月31日ま
        での第24期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及
        びその他の注記について監査を行った。
        財務諸表に対する経営者の責任

         経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
        表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
        経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
        監査人の責任

         当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
        とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
        基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
        定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
         監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
        監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
        る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
        評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
        統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
        りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
         当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
        監査意見

         当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、                                                   U
        BSアセット・マネジメント株式会社の2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度
        の経営成績をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
        利害関係

         会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以  上
        (注)1.上記は、当社が、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管

           しております。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 66/67




                                                           EDINET提出書類
                                              UBSアセット・マネジメント株式会社(E12473)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                       2019年4月3日

        UBSアセット・マネジメント株式会社
         取 締 役 会 御 中

                                  PwCあらた有限責任監査法人

                                   指定有限責任社員

                                              公認会計士       鶴 田  光 夫
                                   業務執行社員
         当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」に

        掲げられているUBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型)の2018年8月28日から2019年2月25日までの計算期間
        の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
        財務諸表に対する経営者の責任

         経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
        表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
        経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
        監査人の責任

         当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
        とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
        基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
        定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
         監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
        監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
        る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
        評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
        統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
        りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
         当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
        監査意見

         当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
        UBS中国新時代株式ファンド(年2回決算型)の2019年2月25日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する計
        算期間の損益の状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
        利害関係

         UBSアセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定
        により記載すべき利害関係はない。
                                                          以  上

        (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

           す。
          2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 67/67




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。