株式会社クロスフォー 四半期報告書 第32期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第32期第2四半期(平成30年11月1日-平成31年1月31日)

提出日:

提出者:株式会社クロスフォー

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2019年3月15日

    【四半期会計期間】               第32期第2四半期(自 2018年11月1日 至 2019年1月31日)

    【会社名】               株式会社クロスフォー

    【英訳名】               Crossfor     co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 土橋 秀位

    【本店の所在の場所】               山梨県甲府市国母七丁目11番4号

    【電話番号】               057-008-9640(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長 山口 毅

    【最寄りの連絡場所】               山梨県甲府市国母七丁目11番4号

    【電話番号】               057-008-9640(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役管理本部長 山口 毅

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第31期           第32期

               回次               第2四半期           第2四半期            第31期
                              連結累計期間           連結累計期間
                            自   2017年8月1日         自   2018年8月1日         自   2017年8月1日
              会計期間
                            至   2018年1月31日         至   2019年1月31日         至   2018年7月31日
     売上高                   (千円)         2,225,676           1,880,748           4,063,230

     経常利益                   (千円)          38,933          128,898           220,339

     親会社株主に帰属する
                        (千円)           5,420          68,067          117,173
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                   (千円)           5,485          67,841          117,975
     純資産額                   (千円)         2,552,653           2,633,742           2,677,071

     総資産額                   (千円)         5,168,027           5,733,587           5,572,826

     1株当たり四半期(当期)純利益                    (円)           0.33           4.07           7.02

     潜在株式調整後1株当たり
                         (円)           0.32           4.05           6.97
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                    (%)           49.3           45.5           47.8
     営業活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         △ 353,524           343,197         △ 1,290,372

     投資活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)          △ 6,773         △ 112,064          △ 81,628

     財務活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         △ 230,428           132,043           171,586

     現金及び現金同等物の
                        (千円)         1,055,734            797,072           442,096
     四半期末(期末)残高
                               第31期           第32期

               回次               第2四半期           第2四半期
                              連結会計期間           連結会計期間
                            自   2017年11月1日         自   2018年11月1日
              会計期間
                            至   2018年1月31日         至   2019年1月31日
     1株当たり四半期純利益金額                    (円)           2.40           0.38

     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.当社は、2018年2月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第31期の期首に
         当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半
         期(当期)純利益を算定しております。
                                  2/19





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
      当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                  3/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結累計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、輸出企業を中心とした企業業績の回復が、雇用・所得環境の
      改善を後押しし、7月から9月期に自然災害の影響によって一時マイナス成長となったものの、緩やかな回復を続
      けてまいりました。一方で世界経済は、中国経済の成長鈍化やアメリカの長期金利上昇などに伴う景気下振れリス
      クが顕在化しつつあります。国内個人消費は依然として堅調さを保っておりますが、今後は米中貿易摩擦による輸
      出・企業収益の下振れ、消費税率の引上げによる実質所得の低下が下押し圧力となる可能性に留意が必要な状況で
      す。
       国内ジュエリー業界におきましては、2015年から続いていた縮小基調から2017年にプラス成長に転じたものの、
      第1四半期連結会計期間に発生した自然災害の影響などから、収益環境は厳しいものとなりました。しかしなが
      ら、2019年に予定されている消費税率引上げ前の駆け込み需要、2020年の東京オリンピック・パラリンピックにお
      けるインバウンド需要や国内需要の喚起などが期待されることから、国内ジュエリー市場は当面堅調に推移するも
      のと考えております。国外ジュエリー市場についても、東南アジアを中心とする中間所得層の拡大から購買力が向
      上し、今後3年間は市場規模は更に拡大するものと考えております。
       このような状況の中、当社グループは「Dancing                       Stone」(※)を用いた製品を主軸として、国内市場においては
      ジャパンジュエリーフェア2018や国際宝飾展2019に出展し、オリジナル新製品の紹介や新規取引先の獲得に努めた
      他、「Dancing       Stone」の特性を活かしたジュエリー以外のコラボレート製品の開発も進めました。
       こうした活動を行ってまいりましたが、第1四半期連結会計期間に発生した国内自然災害の消費に対する悪影響
      をその後挽回することができず、また期初計画では昨年11月と見込んでおりました「テニスブレスレット」の本格
      販売開始時期について、生産体制構築の遅れにより本年5月となる見通しであることから、当第2四半期連結累計
      期間の国内売上は1,232,287千円となりました。また海外売上は、中国からの受注が回復に向かう等して比較的堅調
      に推移しましたが、国内と同様に「テニスブレスレット」の本格販売開始時期の遅れに加え、主要販売先であるイ
      ンドからの引き合いが減少した結果、648,461千円となりました。
       この結果、当第2四半期連結累計期間における当社グループの売上高は                                 1,880,748千円       (前年同四半期       15.5%減    )、
      同営業利益は、広告費の抑制など販売費及び一般管理費の削減に取り組んだ結果、                                        143,321千円      (前年同四半期
      204.6%増     )、同経常利益は        128,898千円      (前年同四半期       231.1%増     )、親会社株主に帰属する四半期純利益は                   68,067千
      円 (前年同四半期は        5,420千円     )となりました。
       なお、当社グループの事業セグメントは、「ジュエリー事業」の単一セグメントであるため、セグメントごとの
      記載を省略しております。
        㬰ఀ䐀愀渀挀椀渀      Stone」とは、当社の特許技術により宝石に穴をあけることなく、宝石を揺らすことができる宝石の
      セッティング方法であります。
       地域別売上高・比率                                              第2四半期連結累計期間

            地域名             売上高(千円)             売上比率(%)
       日本                       1,232,287               65.5
       中国                        281,833              15.0
       タイ                        209,286              11.1
       その他                        157,341              8.4
       当第2四半期連結累計期間における売上高は、同期間当初業績予想比においても△21.0%の結果となりました

      が、中長期的には「Dancing             Stone」の用途拡大を含めた拡販、並びに「テニスブレスレット」の市場浸透を図るこ
                                  4/19

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
      とにより安定した売上を計上できるポートフォリオを構築してまいります。
       売上高及び段階利益                            第2四半期連結累計期間

                        当初業績予想(千円)               実績(千円)          増減比率(%)
       売上高                       2,379,920             1,880,748           △21.0
       営業利益                        247,098             143,321          △42.0

       経常利益                        241,182             128,898          △46.6

       親会社株主に帰属する四半期
                               152,721             68,067         △55.4
       純利益
       当第2四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ                               160,761千円増加        し、  5,733,587千円       となりま

      した。これは主に、流動資産のその他に含まれる未収還付消費税等が97,615千円、受取手形及び売掛金が                                                 77,637千
      円減少   したものの、利益の計上及び借入れにより現金及び預金が                            356,175千円増加        したこと等によるものでありま
      す。
       当第2四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ                                    204,089千円増加        し、  3,099,845千円
      となりました。これは主に、支払手形及び買掛金が                        106,021千円減少        したものの、短期借入金            116,666千円      、長期借
      入金(1年内返済予定を含む)134,802千円、未払法人税等が                           72,307千円増加       したこと等によるものであります。
       当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ                                    43,328千円減少       し、  2,633,742千円
      となりました。これは主に、利益の計上により                      68,067千円増加       したものの、剰余金の配当            120,384千円      を行ったこと
      等によるものであります。
     (2)  キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
      354,975千円増加        し、  797,072千円      となりました。当第2四半期連結累計期間におけるキャッシュ・フローの状況と
      それらの要因は、次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動による資金の増加は、                               343,197千円      (前年同四半期は        353,524千円
        の減少   )となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益                          128,898千円      を計上したこと、売上債権の減少額
        78,228千円     、未払又は未収消費税等の増減額                97,615千円     、法人税等の還付額         36,975千円     等により資金が増加する
        一方、仕入債務の減少額           106,021千円      等により資金が減少したことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動による資金の減少は、                               112,064千円      (前年同四半期は6,773千円の
        減少)となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出                              84,253千円     等によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における財務活動による資金の増加は、                               132,043千円      (前年同四半期は        230,428千円
        の減少   )となりました。これは主に、長期借入れによる収入                         450,000千円      、短期借入金の純増減額            116,666千円      等
        により資金が増加する一方、長期借入金の返済による支出                           315,197千円      及び配当金の支払額         119,629千円      等により
        資金が減少したことによるものです。
     (3)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
     (4)  研究開発活動

       当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は2,299千円であります。
       なお、当第2四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      26,688,000

                 計                                    26,688,000

      ②  【発行済株式】

              第2四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               (2019年1月31日)          (2019年3月15日)          商品取引業協会名
                                             完全議決権株式であり、権利
                                             内容に何ら限定のない当社に
                                   東京証券取引所
                                             おける標準となる株式であり
       普通株式           17,522,000          17,522,000        JASDAQ
                                             ます。なお、単元株式数は100
                                    (スタンダード)
                                             株であります。
        計          17,522,000          17,522,000           ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                                資本金増減額       資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                 (千円)       (千円)
                    (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     2018年11月1日~
                      4,000    17,522,000          110     683,400         110     683,400
     2019年1月31日(注)
     (注)   新株予約権の行使による増加であります。
                                  6/19






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                               2019年1月31日現在
                                                     発行済株式
                                                    (自己株式を
                                            所有株式数         除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       総数に対する
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
     株式会社S.Hホールディングス                 山梨県甲府市国母八丁目1番29号                           8,462        50.60
     土橋 秀位                 山梨県甲府市                            506        3.03

     内藤 彰彦                 山梨県韮崎市                            363        2.18

     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL
                     133    FLEET     STREET     LONDON     EC4A    2BB 
                                                 242        1.45
     (常任代理人 ゴールドマン・
                     U.K
     サックス証券株式会社)
     土橋 祥子                 山梨県甲府市                            186        1.11
     立花証券株式会社                 東京都中央区日本橋茅場町一丁目13番14号                            159        0.95

     奥野 辰也                 山梨県笛吹市                            153        0.92

     石川 敏男                 山梨県南アルプス市                            130        0.78

     TSUBASA DOBASHI
                     SHENZHEN,     CHINA
                                                 128        0.77
     (常任代理人 みずほ証券株式会
     社)
     GENKI DOBASHI
                     KOWLOON    SHI,   HONG   KONG
                                                 128        0.77
     (常任代理人 みずほ証券株式会
     社)
            計                    ―                10,458         62.54
     (注)   1.上記のほか当社所有の自己株式798,039株があります。
        2.上記株主の英文名は、株式会社証券保管振替機構から通知された「総株主通知」に基づき記載しておりま
          す。
                                  7/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                 2019年1月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

                                          完全議決権株式であり、権利内容に
                     (自己保有株式)
                                          何ら限定のない当社における標準と
                       普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                                          なる株式であります。なお、単元株
                           798,000
                                          式数は100株であります。
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                                167,224             ―
                         16,722,400
                       普通株式     1,600
     単元未満株式                               ―              ―
     発行済株式総数                     17,522,000           ―              ―

     総株主の議決権                     ―           167,224             ―

      ②  【自己株式等】

                                                 2019年1月31日現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                              総数に対する
                     所有者の住所            所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)            山梨県甲府市国母七丁目11番4
                                   798,000        ―      798,000        4.55
     株式会社クロスフォー            号
          計              ―          798,000        ―      798,000        4.55
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
     (1)  退任役員
          役名              職名              氏名            退任年月日

        常勤監査役                ―           石川 敏男             2018年10月31日
     (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

     男性9名 女性        ― 名   (役員のうち女性の比率            ― %)
                                  8/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019年
     1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  9/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                442,296              798,472
        受取手形及び売掛金                                588,934              511,297
        商品及び製品                               1,794,424              1,837,359
        仕掛品                                162,322              147,532
        原材料及び貯蔵品                                598,350              570,879
        その他                                199,954               67,770
                                        △ 1,887             △ 1,642
        貸倒引当金
        流動資産合計                               3,784,394              3,931,668
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,077,498              1,066,247
         土地                              331,347              331,347
         建設仮勘定                               44,822                -
                                        52,868              150,197
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             1,506,537              1,547,792
        無形固定資産
                                        110,438               99,627
        投資その他の資産
         その他                              178,979              161,236
                                        △ 7,524             △ 6,737
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              171,455              154,499
        固定資産合計                               1,788,431              1,801,919
      資産合計                                5,572,826              5,733,587
                                 10/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2018年7月31日)              (2019年1月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                190,016               83,994
        短期借入金                                383,334              500,000
        1年内返済予定の長期借入金                                576,459              662,532
        未払法人税等                                 6,524              78,831
                                        98,550              85,410
        その他
        流動負債合計                               1,254,885              1,410,768
      固定負債
        長期借入金                               1,639,039              1,687,769
                                         1,831              1,306
        その他
        固定負債合計                               1,640,870              1,689,076
      負債合計                                2,895,755              3,099,845
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                683,290              683,400
        資本剰余金                                776,956              777,066
        利益剰余金                               1,227,777              1,175,460
                                       △ 20,349             △ 20,364
        自己株式
        株主資本合計                               2,667,675              2,615,562
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  14              △ 7
                                        △ 4,306             △ 4,510
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                △ 4,291             △ 4,517
      新株予約権                                  13,687              22,697
      純資産合計                                2,677,071              2,633,742
     負債純資産合計                                  5,572,826              5,733,587
                                 11/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     売上高                                  2,225,676              1,880,748
                                       1,250,826              1,044,558
     売上原価
     売上総利益                                   974,849              836,190
                                      ※1  927,798            ※1  692,869
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   47,050              143,321
     営業外収益
      受取賃貸料                                  1,941              2,957
                                          899             2,693
      その他
      営業外収益合計                                  2,841              5,651
     営業外費用
      支払利息                                  5,891              6,455
      為替差損                                  1,234              10,507
      新株予約権発行費                                  2,291                -
                                         1,540              3,110
      その他
      営業外費用合計                                  10,957              20,074
     経常利益                                   38,933              128,898
     特別損失
                                          560               -
      固定資産除却損
      特別損失合計                                   560               -
     税金等調整前四半期純利益                                   38,373              128,898
     法人税、住民税及び事業税
                                        30,801              70,948
                                         2,150             △ 10,118
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   32,952              60,830
     四半期純利益                                    5,420              68,067
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    5,420              68,067
                                 12/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     四半期純利益                                    5,420              68,067
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    9             △ 22
                                          55             △ 203
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                    64             △ 225
     四半期包括利益                                    5,485              67,841
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  5,485              67,841
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                 13/19
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2017年8月1日              (自 2018年8月1日
                                至 2018年1月31日)               至 2019年1月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                  38,373              128,898
      減価償却費                                  48,461              54,400
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   343            △ 1,031
      受取利息及び受取配当金                                  △ 125             △ 111
      支払利息                                  5,891              6,455
      為替差損益(△は益)                                  1,289              8,778
      固定資産除売却損益(△は益)                                   560               -
      株式報酬費用                                  4,620              9,009
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 97,350              78,228
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 248,409               △ 682
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  32,880             △ 106,021
      前受金の増減額(△は減少)                                 △ 16,859              △ 4,848
      未払又は未収消費税等の増減額                                  83,742              97,615
                                       △ 60,661              43,702
      その他
      小計                                △ 207,244              314,394
      利息及び配当金の受取額                                    93              111
      利息の支払額                                 △ 5,866             △ 6,588
      法人税等の支払額                                △ 140,506              △ 1,694
                                          -            36,975
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 353,524              343,197
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 13,160             △ 84,253
      有形固定資産の売却による収入                                  12,000                -
                                        △ 5,612             △ 27,811
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 6,773            △ 112,064
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 159,074              116,666
      長期借入れによる収入                                 300,000              450,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 230,182             △ 315,197
      株式の発行による収入                                   440              220
      株式公開費用の支出                                 △ 18,802                -
      自己株式の取得による支出                                    -             △ 15
                                       △ 122,809             △ 119,629
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 230,428              132,043
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 181            △ 8,200
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 590,907              354,975
     現金及び現金同等物の期首残高                                  1,646,641               442,096
                                    ※1  1,055,734             ※1  797,072
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 14/19






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
      【注記事項】
      (追加情報)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期連結会
       計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区
       分に表示しております。
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1 販売費及び一般管理費のうち、主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自    2017年8月1日              (自    2018年8月1日
                              至   2018年1月31日)               至   2019年1月31日)
        給与手当                         153,596    千円             164,715    千円
        退職給付費用                          3,463    〃              3,796    〃
        貸倒引当金繰入額                          △ 21  〃              △ 928   〃
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      りであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自 2017年8月1日                 (自 2018年8月1日
                              至 2018年1月31日)                 至 2019年1月31日)
        現金及び預金                        1,055,734     千円             798,472    千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                            -  〃             △1,400     〃
        現金及び現金同等物                        1,055,734     千円             797,072    千円
       (株主資本等関係)

      前第2四半期連結累計期間(自 2017年8月1日 至 2018年1月31日)
     1.配当金支払額

                    配当金の総額       1株当たりの
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日         配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     2017年10月27日
              普通株式        124,950       15.00    2017年7月31日         2017年10月30日          利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
      当第2四半期連結累計期間(自 2018年8月1日 至 2019年1月31日)

     1.配当金支払額

                    配当金の総額       1株当たりの
        決議      株式の種類                      基準日        効力発生日         配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
     2018年10月26日
              普通株式        120,384        7.20   2018年7月31日         2018年10月29日          利益剰余金
     定時株主総会
     2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日後

       となるもの
       該当事項はありません。
       (セグメント情報等)

        【セグメント情報】
       当社グループの事業セグメントは、ジュエリー事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載を
                                 15/19

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
      省略しております。
       (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                                  (自    2017年8月1日           (自    2018年8月1日
                                  至   2018年1月31日)            至   2019年1月31日)
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                         0円33銭              4円07銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                           5,420             68,067
      普通株主に帰属しない金額(千円)

                                            -              -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           5,420             68,067
      四半期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)
                                        16,662,130              16,721,435
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                         0円32銭              4円05銭
      (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                                            -              -
      普通株式増加数(株)

                                         158,938              95,104
      (うち新株予約権(株))

                                       (158,938)              (95,104)
                                 第5回新株予約権
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                 新株予約権の数 800個
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                                ―
                                 (普通株式 160,000株)
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   当社は、2018年2月1日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計
        年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期
        純利益を算定しております。
                                 16/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                 17/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 18/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社クロスフォー(E33313)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2019年3月15日

    株式会社クロスフォー
     取締役会  御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        指定有限責任社員

                                           阿    部        博
                                    公認会計士                  ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                           佐    藤    義    仁
                                    公認会計士                  ㊞
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社クロス

    フォーの2018年8月1日から2019年7月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2018年11月1日から2019
    年1月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2018年8月1日から2019年1月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
    フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クロスフォー及び連結子会社の2019年1月31日現在の財
    政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
    ていないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。