株式会社エードット 有価証券届出書(新規公開時)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券届出書(新規公開時)

提出日:

提出者:株式会社エードット

カテゴリ:有価証券届出書(新規公開時)

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       平成31年2月25日

    【会社名】                       株式会社エードット

    【英訳名】                       ▶ dot  co.,ltd

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 伊達 晃洋

    【本店の所在の場所】                       東京都渋谷区渋谷二丁目16番1号

    【電話番号】                       03-5778-3651(代表)

    【事務連絡者氏名】                       執行役員 管理部部長 吉田 光志

    【最寄りの連絡場所】                       東京都渋谷区渋谷二丁目16番1号

    【電話番号】                       03-5778-3651(代表)

    【事務連絡者氏名】                       執行役員 管理部部長 吉田 光志

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                              472,175,000円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し      50,500,000円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し      90,900,000円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社 
                              法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出
                              書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                        該当事項はありません。
                                   1/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類           発行数(株)                      内容

                             完全議決権株式であり、株主としての権利内容に何ら限定の
                   550,000    (注)2.      ない当社における標準となる株式です。なお、単元株式数
        普通株式
                             は、100株です。
     (注)   1.平成31年2月25日開催の取締役会決議によっています。
        2.発行数については、平成31年3月11日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
        3.当社は、みずほ証券株式会社に対し、上記発行株式数のうち、取得金額15,000千円に相当する株式数を上限
          として、福利厚生を目的に当社従業員持株会(名称:エードット社員持株会)を当社が指定する販売先(親
          引け先)として要請する予定であります。
          なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
          に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)でありま
          す。
        4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりです。
          名称:株式会社証券保管振替機構
          住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                   2/127














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      平成31年3月19日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受
     け」欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該
     引受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は平成31年3月11日開催予
     定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
     額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金と致します。当社は、引受人に対して
     引受手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
            区分             発行数(株)          発行価額の総額(円)           資本組入額の総額(円)

     入札方式のうち入札による募集                            ―            ―            ―

     入札方式のうち入札によらない募集                            ―             ―            ―

                              550,000          472,175,000            255,530,000

     ブックビルディング方式
                              550,000          472,175,000            255,530,000

         計(総発行株式)
     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集致します。
        2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されていま
          す。
        3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額です。
        4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、平成31年2月25日開催の取締役会決議に基づき、
          平成31年3月19日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出され
          る資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額で
          す。
        5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,010円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
          込額)は555,500,000円となります。
        6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
          (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を
          勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
          ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
          下さい。
        7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされています。その内容については、「募集又は売出し
          に関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   3/127








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                                            申込

                     資本    申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額
                    組入額      単位        申込期間                  払込期日
                                            証拠金
      (円)     (円)     (円)
                     (円)     (株)
                                            (円)
      未定     未定     未定     未定         自 平成31年3月20日(水)              未定
                           100                     平成31年3月28日(木)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 平成31年3月26日(火)             (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定致します。
          発行価格は、平成31年3月11日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リス
          ク等を総合的に勘案した上で、平成31年3月19日に引受価額と同時に決定する予定です。
          仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
          が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定です。
          需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
          関投資家等を中心に需要の申告を促す予定です。
        2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、平成31年3月11日開催予定の取締役会において決定される予定で
          す。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び平成31年3月19
          日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取
          金となります。
        3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金です。なお、平成31年2月25日開催の取締役会において、増加
          する資本金の額は、平成31年3月19日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1
          項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたとき
          は、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加す
          る資本金の額を減じた額とする旨、決議しています。
        4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
          期日に新株式払込金に振替充当致します。
        5.株式受渡期日は、平成31年3月29日(金)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定です。本募集に係る株
          式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機
          構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券は、発
          行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものと致します。
        7.申込みに先立ち、平成31年3月12日から平成31年3月18日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考と
          して需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能です。
          販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
          の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
          引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
          い、販売を行う方針です。配分に関する基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにお
          ける表示等をご確認下さい。
        8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止致します。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店並びに全国各支店及び営業所で申込みの取扱いを致します。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

      株式会社みずほ銀行 渋谷支店                           東京都渋谷区渋谷一丁目24番16号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                   4/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                       引受株式数

      引受人の氏名又は名称                     住所                     引受けの条件
                                        (株)
                                             1.買取引受けによりま
     みずほ証券株式会社              東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                               す。
                                             2.引受人は新株式払込
     SMBC日興証券株式会社              東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                               金として、平成31年
                                               3月28日までに払込
                                               取扱場所へ引受価額
     株式会社SBI証券              東京都港区六本木一丁目6番1号
                                               と同額を払込むこと
                                               と致します。
     エース証券株式会社              大阪府大阪市中央区本町二丁目6番11号
                                             3.引受手数料は支払わ
                                        未定
                                               れません。但し、発
     いちよし証券株式会社              東京都中央区八丁堀二丁目14番1号
                                               行価格と引受価額と
                                               の差額の総額は引受
                                               人の手取金となりま
     マネックス証券株式会社              東京都港区赤坂一丁目12番32号
                                               す。
     岡三証券株式会社              東京都中央区日本橋一丁目17番6号
     岩井コスモ証券株式会社              大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号

           計                  ―             550,000           ―

     (注)   1.平成31年3月11日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定です。
        2.上記引受人と発行価格決定日(平成31年3月19日)に元引受契約を締結する予定です。
        3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
          引業者に販売を委託する方針です。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

                511,060,000                    8,000,000                  503,060,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
          の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,010円)を基礎として算出した見込額です。
        2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれていません。
        3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものです。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額503,060千円については、設備投資資金、採用活動費及び人件費、借入金返済並びに運転資金に
      充当する予定であります。
       具体的には、事業拡大のためのオフィス移転に伴う建物付属設備等の設備投資資金に24,000千円(平成31年6月
      期)、優秀な人材を確保するための採用活動費及び人件費に73,000千円(平成31年6月期:20,000千円、平成32年6
      月期:20,000千円、平成33年6月期:33,000千円)、財務バランスの改善を目的とした金融機関からの借入金返済
      充当資金として50,000千円(平成31年6月期)、事業拡大に伴い増加する外注費及びオフィス移転に伴い増加する賃
      料等の運転資金として356,060千円(平成31年6月期:33,000千円、平成32年6月期:100,000千円、平成33年6月期
      以降:223,060千円)に充当する予定であります。
       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
                                   5/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      平成31年3月19日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
     (引受人の買取引受による売出し) (2)                   ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要
     項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発
     行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日
     に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手
     取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                売出価額の総額          売出しに係る株式の所有者の

       種類            売出数(株)
                                   (円)         住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        ―                      ―         ―          ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
        ―                      ―         ―          ―
             によらない売出し
                                         東京都板橋区
             ブックビルディング
      普通株式                      50,000       50,500,000       伊達 晃洋
             方式
                                                     50,000株
     計(総売出株式)             ―           50,000       50,500,000               ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
          す。
        2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
          ます。
        3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,010円)で算出した見込額であります。
        4.売出数等については今後変更される可能性があります。
        5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
          であります。
        6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
          よる売出しを行う場合があります。
          なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
          売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
        7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
          いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                   6/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。 
     (2)  【ブックビルディング方式】

                      申込株数      申込                          元引受

    売出価格     引受価額                                引受人の住所及び
               申込期間       単位    証拠金     申込受付場所                      契約の
     (円)     (円)                                氏名又は名称
                       (株)     (円)                           内容
              自 平成31年                 引受人の本店
     未定                                 東京都千代田区大手町一丁目
          未定    3月20日(水)             未定    並びに全国各                       未定
    (注)1.                    100               5番1号
         (注)2.     至 平成31年            (注)2.     支店及び営業                      (注)3.
    (注)2.                                  みずほ証券株式会社
              3月26日(火)                 所
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
          同様であります。
        2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
          申込証拠金には、利息をつけません。
          引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
        3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
          価格決定日(平成31年3月19日)に決定する予定であります。
          なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
          は引受人の手取金となります。
        4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
        5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
          の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
          ことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
        6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                  ブックビルディング方式」の(注)7.
          に記載した販売方針と同様であります。
                                   7/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                売出価額の総額          売出しに係る株式の所有者の

       種類            売出数(株)
                                   (円)         住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
        ―                      ―          ―           ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
         ―                       ―          ―           ―
             によらない売出し
                                         東京都千代田区大手町一丁目5番1
             ブックビルディング
      普通株式                      90,000       90,900,000       号
             方式
                                          みずほ証券株式会社  90,000株
     計(総売出株式)             ―           90,000       90,900,000
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
          況を勘案し、みずほ証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
          しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
          ます。
        2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、みずほ証券株式会社は、取引所においてオーバーアロッ
          トメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取
          引」という。)を行う場合があります。
          なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
          ンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
        3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されていま
          す。
        4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
          致します。
        5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,010円)で算出した見込額です。
        6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
          です。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     売出価格             申込株数単位       申込証拠金               引受人の住所及び

             申込期間                     申込受付場所                元引受契約の内容
      (円)              (株)       (円)              氏名又は名称
            自 平成31年                     みずほ証券株式
      未定     3月20日(水)                未定     会社の本店並び
                       100                      ―         ―
     (注)1.      至 平成31年               (注)1.      に全国各支店及
            3月26日(火)                     び営業所
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
          れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
          ん。
        2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
          ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
          従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロッ
          トメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
        3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
        4.みずほ証券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
          し) (2)     ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                   8/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所マザーズへの上場について
      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、みずほ証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しています。
    2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である伊達晃洋(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
     て、主幹事会社は、90,000株を上限として貸株人より追加的に当社株式を取得する権利(以下「グリーンシューオプ
     ション」という。)を、平成31年4月23日を行使期限として貸株人より付与される予定であります。
      また、主幹事会社は、平成31年3月29日から平成31年4月23日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的と
     して、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、貸株人から借入れている株式の返還に
     充当し、当該株式数については、グリーンシューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカ
     バー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないかもしくは上限株式数に至
     らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
    3.ロックアップについて

     本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である伊達晃洋、当社株主である(有)
    T、玉塚元一、松崎文治、松木大輔及び辻秀一は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当
    日を含む。)後180日目の平成31年9月24日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の
    書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる
    売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取
    得すること等を除く。)等は行わない旨合意しております。
     また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発
    行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与さ
    れた有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を
    行わない旨合意しております。
     なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を一
    部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
     上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募集
    株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第四
    部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                   9/127








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
    (1)表紙及び裏表紙に当社のロゴマークを                                記載いたします。

    (2)表紙の次に「1 事業の概要」~「6 業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                  10/127

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  11/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  12/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  13/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  14/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  15/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  16/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  17/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1) 連結経営指標等
           回次           第5期       第6期

          決算年月           平成29年6月       平成30年6月

     売上高            (千円)       825,671      1,451,562

     経常利益            (千円)       104,662       122,794

     親会社株主に帰属する
                 (千円)        73,629       87,034
     当期純利益
     包括利益            (千円)        73,629       87,034
     純資産額            (千円)       197,241       294,240

     総資産額            (千円)       434,844       616,140

     1株当たり純資産額             (円)       114.34       168.81

     1株当たり当期純利益             (円)        44.89       50.06

     潜在株式調整後
                 (円)          ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        45.4       47.8
     自己資本利益率             (%)        37.3       35.4

     株価収益率             (倍)          ―       ―

     営業活動による
                 (千円)        10,161       78,414
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 43,934        2,248
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)        72,281       37,895
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                 (千円)       165,701       293,425
     の期末残高
     従業員数             (名)         37       61
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
          期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        4.第5期及び第6期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
          (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、監
          査法人A&Aパートナーズにより監査を受けております。
        5.従業員数は、契約社員を含む就業人員数であります。臨時従業員数は、従業員の100分の10未満であるた
          め、記載を省略しております。
        6.平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っておりますが、第5期の期首に当該株式分
          割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  18/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の経営指標等
           回次           第2期       第3期       第4期        第5期       第6期

          決算年月           平成26年6月       平成27年6月       平成28年6月        平成29年6月       平成30年6月

     売上高            (千円)       171,671       300,560       516,401        799,269      1,326,111

     経常利益            (千円)        6,554       17,201       47,313        78,504       31,228

     当期純利益            (千円)        5,466       12,634       34,612        55,306       22,086

     資本金            (千円)        3,000       10,000       15,250        43,180       48,580

     発行済株式総数             (株)         300       310      32,500        34,500      1,743,000

     純資産額            (千円)        9,905       22,639       67,751       178,918       211,805

     総資産額            (千円)        68,218       143,225       224,215        411,654       491,044

     1株当たり純資産額             (円)     33,017.05       73,030.27        2,084.67         103.72       121.51

                           ―       ―       ―        ―       ―
     1株当たり配当額
                 (円)
     (1株当たり中間配当額)
                          ( ―)      ( ―)      ( ―)       ( ―)      ( ―)
     1株当たり当期純利益             (円)     18,222.00       40,987.07        1,089.17         33.72       12.70
     潜在株式調整後
                 (円)          ―       ―       ―        ―       ―
     1株当たり当期純利益
     自己資本比率             (%)        14.5       15.8       30.2        43.5       43.1
     自己資本利益率             (%)        76.2       77.6       76.6        44.8       11.3

     株価収益率             (倍)          ―       ―       ―        ―       ―

     配当性向             (%)          ―       ―       ―        ―       ―

     従業員数             (名)          6       11       17        34       49

     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第2期及び第3期は潜在株式が存在しないため、第4期
          から第6期は潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり期中平均株価が把握できないため、記載
          しておりません。
        4.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.主要な経営指標等の推移のうち、第2期から第4期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13
          号)の規定に基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定による監査証
          明を受けておりません。
        6.第5期及び第6期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
          年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、監査法人
          A&Aパートナーズの監査を受けております。
        7.従業員数は、契約社員を含む就業人員数であります。臨時従業員数は、従業員の100分の10未満であるた
          め、記載を省略しております。
        8.平成27年12月17日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っておりますが、第4期の期首に当該株式
          分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。また、平成
          29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っておりますが、第5期の期首に当該株式分割が
          行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  19/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        9.平成27年12月17日付で普通株式1株につき100株、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の分割を
          行っております。
          そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
          のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に
          基づき、第2期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考ま
          でに掲げると、以下のとおりとなります。
          なお、第2期から第4期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、監査法人A&A
          パートナーズの監査を受けておりません。
           回次           第2期       第3期       第4期       第5期       第6期

          決算年月           平成26年6月       平成27年6月       平成28年6月       平成29年6月       平成30年6月

     1株当たり純資産額             (円)        6.60       14.60       41.69       103.72       121.51

     1株当たり当期純利益             (円)        3.64       8.19       21.78       33.72       12.70

     潜在株式調整後
                 (円)          ―       ―       ―       ―       ―
     1株当たり当期純利益
     1株当たり配当額             (円)          ―       ―       ―       ―       ―
                                  20/127















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      当社の創業者である伊達晃洋は、農業ブランドコンサルティングや流通プロモーション、PRに精通する会社に在
     籍し、メーカーの流通支援を行う部署の立ち上げ等を経験後、平成24年7月に当社を創業いたしました。
       年月                           概要

             イベントプロモーション運用サービスを軸としたセールスプロモーションサービス(以下、SP
     平成24年7月        サービスという)の提供を目的として、東京都中央区日本橋に㈱エードットを設立(資本金
             3,000千円)
     平成27年1月        本社を東京都渋谷区南平台町1番9号に移転
     平成27年12月        本社を東京都渋谷区桜丘町24番4号に移転

             サービス・商品の広報活動の支援を目的としてパブリック・リレーションズサービス(以下、P
     平成27年12月
             Rサービスという)を開始
             スポーツをテーマとした『アスラボ』サービスを提供する完全子会社の㈱アスラボ(旧:㈱エー
     平成28年4月
             ドット・マネジメント)(現連結子会社)を設立
     平成28年8月        クリエイティブサービスの提供を目的として、完全子会社の㈱カラス(現連結子会社)を設立
     平成28年12月        バズ(情報の話題拡散)サービスの提供を目的として、完全子会社の㈱噂(現連結子会社)を設立

     平成29年6月        本社を東京都渋谷区渋谷二丁目16番1号に移転

     平成29年7月        SPサービスの一部である「イベントプロモーション運用サービス」を事業譲渡

             完全子会社の㈱UMIU(平成28年12月設立)を㈱エードット・アジアに社名変更し、アジアを
     平成29年9月
             中心としたインバウンド・アウトバウンドに関するブランディングサービスの提供を開始
             採用活動や人材育成に関するコンサルティングサービスを目的として、完全子会社の㈱Spar
     平成30年4月
             k(現連結子会社)を設立
             コンサルティングサービスの提供を目的として、完全子会社の㈱ARUYO(現連結子会社)を設
     平成30年7月
             立
             日本と中国間におけるインバウンド・アウトバウンドに関わるコンサルティング事業を行う、合
     平成30年10月
             弁会社の北京伊藤商貿有限公司(現連結子会社)を設立
                                  21/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
      当社は、「夢を応援する社会をつくる」ということをミッションに掲げ、顧客の企業としてのブランド価値や商
     品・サービスのブランド価値を高めるため、グループ各社と連携し、一般消費者へのイメージアップや認知度・購買
     意欲の向上等を図るためのソリューションを提供するブランディング事業を行っております。
      「ブランド」は、差別化要因としてユーザーの意識の中に構築されるポジティブイメージであり、情報や視覚、接
     触、体験等を通じて蓄積される無形の資産です。当社グループはそうした無形の資産であるブランドを顧客企業その
     ものや商品・サービスに関して構築するため、種々のソリューションサービスを提供しております。当社グループは
     下表のとおり、様々なサービスを内製化しており、主に当社が「SPサービス」や「PRサービス」を、子会社の㈱
     カラスが「クリエイティブサービス」を、同㈱噂が「バズサービス」を提供しております。当社は、顧客の顕在化し
     たニーズだけではなく潜在的なニーズも引き出し、各ニーズに合うような様々なサービスを組み合わせた提案を行
     い、グループ各社との連携により、元請から下請に至る多段階構造ではなくワンストップでソリューションを提供す
     ることが可能となっております。更に、各サービスの内製化により迅速な対応及び顧客へのコストメリットの創出が
     可能です。
      その他、子会社が提供するサービスとして、アスリート等による一般消費者向けスポーツ教室等のマッチングプ
     ラットフォームを管理・運営する「『アスラボ』サービス」、アジアを中心としたインバウンド・アウトバウンドに
     関するブランディングを行う「クロスボーダー・ブランディングサービス」等があります。
         会社名                       主な役割                      分類

                                                   当社
     ㈱エードット            ・グループ全体の事業統括窓口であり、グループ各社と連携してブラン
                  ディング事業を統括
                 ・SPサービス、PRサービスの提供
                 ・グループ全体の経営企画、財務、経理、人事、総務、内部統制、監査
                  を担当
     ㈱カラス            ・クリエイティブサービスの提供
                                                   連結子会社
     ㈱噂            ・バズサービス(情報の話題拡散)の提供
     ㈱アスラボ            ・スポーツをテーマとした『アスラボ』サービスの提供
     ㈱エードット・アジア            ・アジアを中心としたインバウンド・アウトバウンドに関するブラン
                  ディングを行うクロスボーダー・ブランディングサービスの提供
                 ・採用活動や人材育成に関するコンサルティングを行う人材サービスの
     ㈱Spark
                  提供
     ㈱ARUYO            ・事業やサービスをグロースさせるコンサルティングサービスの提供
     北京伊藤商貿有限公司            ・中国進出を目指す日本企業、日本進出を目指す中国企業に向けたクロ
                  スボーダー・コンサルティングサービスの提供
    主要サービスの具体的な内容は、以下のとおりです。

     (1)  SPサービス
       SPサービスは、商品やサービスの売上の拡大を目的とした一般消費者の認知度・購買意欲の向上等、顧客企業
      が抱える課題解決のための各種ソリューションを提供しております。具体的には、プレゼントキャンペーンや他商
      品とのタイアップ施策等の店頭プロモーションの企画・制作、試供品等の配布により需要を喚起するサンプリン
      グ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNSという)・デジタルコンテンツ等と連動したキャン
      ペーンやイベントの企画・運営、TVCMの制作及びそれに伴うタレント等のキャスティングの企画・交渉・手配
      等、顧客企業のニーズに合わせ様々なソリューションを提供しております。
       なお、当社は過去にSPサービスの一部として、スーパーマーケット等において、国内の食品・飲料メーカー等
      の商品の試食・試飲といった販売促進活動の運営を行うイベントプロモーション運用サービスを提供しており、平
      成29年6月期において全体の売上高の17.1%(140,879千円)を占めておりましたが、他のソリューションへ注力す
      るため、平成29年7月1日付けで事業譲渡しております。詳細は、「第5                                    経理の状況       1 連結財務諸表等 
      (1)連結財務諸表 注記事項」の(重要な後発事象)3.重要な事業の譲渡に記載のとおりであります。
                                  22/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  PRサービス
       PRサービスでは、顧客企業の商品・サービスがメディアに記事・ニュースとして取り上げられ消費者の注目を
      集めるよう、商品やサービスのPR戦略の企画立案から携わり、メディアプロモート、PRイベントの実施・運営
      等を行っております。従前、消費者はTVCMから多くの情報を得ておりましたが、現在はスマートフォンの普及
      等によりTVCM以外のインターネット等のメディアから得る情報量が大幅に増加しております。そのため当社の
      PRサービスでは、顧客企業の商品・サービスの認知度や消費者の購買意欲を向上させるために、TVCMだけに
      偏ることなく、新聞、WEB、雑誌、ラジオ等様々な媒体へのアプローチする提案を行っております。
     (3)  クリエイティブサービス

       当社のクリエイティブサービスは、顧客企業のブランドイメージや商品・サービスの強みをキャッチコピーやロ
      ゴ・マーク等により具現化することで、消費者に選ばれるブランドづくりを支援しております。具体的にはマーケ
      ティング・ブランディング戦略の策定から、CI※1、VI※2の立案、ホームページ等Webサイトの企画・制
      作、コピーライティング、ポスター・グラフィックの企画・制作等を行い、企業や商品・サービスのイメージを視
      覚的に印象付けることを行っております。
         

        により明確にすることで、企業内外に統一したイメージをつくり、企業の存在価値を高める企業戦略のことで
        あります。
         
        どにより企業理念・ビジョン、商品の価値等を可視化し社会に伝える企業戦略であり、CIを構成する要素の
        一つであります。
     (4)  バズサービス

       従来のマスメディアに代わって情報インフラとなりつつあるSNS等での話題化が重要なマーケティング手法の
      1つとなっております。当社のバズサービスでは、SNS利用者がSNS上で情報を拡散したくなるような企画の
      立案、キャッチコピー・グラフィック等の制作を通じ、より多くの消費者に情報を届け、顧客企業の商品・サービ
      スの認知度・購買意欲向上につながるよう支援をしております。
                                  23/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  24/127





















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                        議決権の所有

                            資本金      主要な事業
          名称           住所                   (又は被所有)          関係内容
                            (千円)       の内容
                                         割合(%)
     (連結子会社)
                                               当社から制作物及び
                                  クリエイ
                                               サービスを受託
     ㈱カラス             東京都渋谷区             2,000    ティブサー         100.0
                                  ビス
                                               役員の兼務 2名
                                               当社からサービスを
                                  バズサービ
     ㈱噂             東京都渋谷区             2,000             100.0    受託
                                  ス
                                               役員の兼務 1名
                                               当社からサービスを
                                  アスラボ
                                               受託
     ㈱アスラボ             東京都渋谷区             2,000             100.0
                                  サービス
                                               役員の兼務 1名
                                  クロスボー
                                               当社からサービスを
     ㈱エードット・アジア
                                  ダー・ブラ
                                               受託
                  東京都渋谷区             7,770             100.0
                                  ンディング
     (注)2
                                               役員の兼務 1名
                                  サービス
     ㈱Spark
                                  人材サービ             当社からサービスを
                  東京都渋谷区             8,880             100.0
                                  ス             受託
     (注)2
     (注)   1.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
        2.特定子会社であります。
        3.平成30年7月2日に、当社は㈱ARUYO(資本金9,900千円、議決権比率100%)を設立いたしました(現連結
          子会社)。
        4.平成30年10月18日に、当社は中国北京市に北京伊藤商貿有限公司(資本金300万元、議決権比率50%)を設立
          いたしました(現連結子会社)。
                                  25/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                              平成31年1月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     ブランディング事業                                             72

                合計                                  72

     (注)   1.従業員数は、契約社員を含む就業人員数であります。臨時従業員数は、従業員の100分の10未満であるた
          め、記載を省略しております。
        2.当社グループはブランディング事業の単一セグメントであるため、ブランディング事業として合計従業員数
          を記載しております。
        3.従業員数が最近1年間において29名増加しましたのは、主として事業拡大に伴う採用によるものでありま
          す。
     (2)  提出会社の状況

                                              平成31年1月31日現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              50 (-)              31.06               1.73              5,132

             セグメントの名称                            従業員数(名)

     ブランディング事業                                             50

                合計                                  50

     (注)   1.従業員数は、契約社員を含む就業人員数であります。臨時従業員数は、従業員の100分の10未満であるた
          め、記載を省略しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.従業員数が最近1年間において13名増加しましたのは、主として事業拡大に伴う採用によるものでありま
          す。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合は組成されておりませんが、労使関係については円滑な関係にあり、特記すべき事項はありません。
                                  26/127









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社が判断したものであります。
      (経営方針)
       当社は、「夢を応援する社会をつくる」をミッションとして掲げ、従来の広告手法にとらわれないアクション
      で、企業・ブランド・地域・人、それぞれが持つ魅力を最大限に引き出し、顧客の成長を生み出すことを目標とし
      ています。その実現に向け、当社グループは顧客及び顧客の商品やサービスのブランド力を高める「ブランディン
      グ事業」を展開しており、「SPサービス」、「PRサービス」、「クリエイティブサービス」、「バズサービ
      ス」、「クロスボーダー・ブランディングサービス」、「『アスラボ』サービス」、「人材サービス」、「コンサ
      ルティングサービス」、「クロスボーダー・コンサルティングサービス」といった各サービスを提供することで顧
      客のニーズに応えていくものであります。
      (経営環境)

       当社を取り巻く経営環境は、IT等を中心とした技術革新を背景にしたスマートフォンや動画メディアの普及に
      より生活者の情報接点が変化しており、テレビ・新聞・雑誌・ラジオなどの既存広告媒体への広告出稿が伸び悩み
      を見せております。情報量が急激に増加し、更に顧客ニーズが多様化している中で、消費者から選ばれる商品・
      サービスとなるためには、既存広告媒体を中心とした広告手法にとらわれないマーケティング活動を行い、商品や
      サービスのブランド価値を高めていく必要があります。当社グループでは、顧客ニーズに合わせて各サービスを複
      合的に組み合わせた形で提案し、更にワンストップで提供することによって、顧客の商品やサービスのブランディ
      ングに寄与しております。
      (対処すべき課題)

       上記記載の通り顧客ニーズが従来のマスマーケティングを中心とした広告手法から従来の手法にとらわれない
      マーケティング手法に変化している現在の広告市場において、当社グループは顧客のニーズに合ったサービス提案
      をすることにより事業規模の拡大を推進すべく、以下の課題に積極的に対処してまいります。
       (1)  優秀な人材の育成及び確保と事業領域の拡大

         当社グループは、これまで適任な人材を採用し、サービスラインナップを増やすことで事業領域を拡大して
        まいりました。サービスラインナップを充実させることで、多様な顧客ニーズに対応した最適な提案が可能に
        なり顧客からの高い評価が得られると考えております。しかしながら同時に、顧客が顧客自身や商品・サービ
        スの認知・販売促進のために求めるサービスは、当社グループのサービスラインナップの枠を超えた領域にも
        及んでおり、当社グループが更に顧客ニーズに合ったサービス提案を行うためには、より一層サービスライン
        ナップを充実させ、事業領域を拡大することが必要であると認識しております。
         当社グループが提供するサービスの品質は、サービスを提供する人材に依存する部分があるため、当社グ
        ループのサービス力の源泉は、発想豊かな優秀な人材により支えられていると認識しております。優秀な人材
        にとって魅力のあるプロジェクトの提供を続けることで人材流出の防止を図るとともに、新卒・中途採用を積
        極的に展開し、併せて既存社員の育成に努めてまいります。
                                  27/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (2)  営業活動の更なる積極展開
         当社グループは、まだ社歴が浅く小規模である一方、知名度の高い大手企業と多く取引を行い、金額の大き
        な案件を受注することがあるため、顧客1社当たりの売上高の比率がグループ売上高に対して比較的大きくな
        る傾向があります。そのため、特定の取引顧客に対する依存を避け、当社の財政状態及び経営成績が更に安定
        化するよう、より一層営業活動を強化し、新規顧客の獲得に努めてまいります。
       (3)  コーポレート・ガバナンスの強化

         当社グループは、今後もより一層の事業拡大を見込んでおります。新たなサービス領域の開拓のために適任
        な人材獲得の施策の一つとして、子会社の社長というポジションを用意することがあり、また、サービス領域
        を拡大する際にはこれを専門に行う会社を設立する方針であるため、今後において更に子会社が増加すること
        が想定されます。そのため、当社グループの更なる事業の拡大、継続的な成長のためには、コーポレート・ガ
        バナンスの更なる強化が重要な課題であります。当社グループの規模の拡大に応じた適切な体制の構築が必要
        となり、経営の透明性、効率性及び健全性を確保するとともに経営責任を明確にすることが重要と認識してお
        ります。今後においては、内部管理体制の更なる強化を図るとともに、より一層のコーポレート・ガバナンス
        の強化に努めてまいります。
                                  28/127















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、
     投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以
     下に開示しております。当社は、これらのリスク発生の可能性を十分に認識した上で、発生の回避及び発生した場合
     の対応に努める方針ではありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に
     検討した上で行われる必要があると考えております。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当
     社グループが判断したものであります。
     (1)  景気の変動

       企業の広告宣伝・広報関連予算は企業の景況に応じて調整されやすく、景気動向に影響を受けやすい傾向にあり
      ます。当社グループの売上は、当該予算に依拠する傾向が強いことから、今後景況感が悪化した場合、当社グルー
      プの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  災害・事故等に関わるリスク

       企業の広告宣伝・広報関連予算は、自然災害、電力その他の社会的インフラの障害、通信・放送の障害、流通の
      混乱、大規模な事故、伝染病、戦争、テロ、政情不安、社会不安等が発生した場合、その影響を受けやすい傾向に
      あります。したがって、これらの災害・事故等が発生した場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     (3)  特定の取引先への依存

       当社グループは成長過程にあるため、大型案件の受注や取引拡大等により、特定の取引先への依存度が高い状態
      にあります。依存度が高い取引先としては、平成29年6月期は㈱明治が270,649千円(全体の32.8%)、凸版印刷㈱
      が189,025千円(同22.9%)、平成30年6月期は㈱ローソンが416,025千円(同28.7%)となっております。当社グ
      ループは、特定の取引先からの受注や失注が業績に大きな影響を及ぼすことのないように、更に新規顧客を獲得す
      る努力をしておりますが、上記取引先の取引方針の変更や当社グループの新規取引先獲得の進捗如何によっては、
      当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  業歴が浅いこと

       当社グループは、各分野でサービス開始からの業歴が浅い状況にあります。第4期事業年度においてPRサービ
      ス、『アスラボ』サービス、第5期事業年度においてクリエイティブサービス、バズサービス、第6期事業年度に
      おいてクロスボーダー・ブランディングサービス、人材サービス、当事業年度においてコンサルティングサービ
      ス、クロスボーダー・コンサルティングサービスを開始しており、提供サービスの内容が変化しております。
       当社グループは、投資家の投資判断に寄与するよう、財務情報だけでなく、会社の方針等の非財務情報もIR情
      報として積極的に開示していく方針でありますが、投資家が当社グループの将来の業績予想を行う等のために当社
      グループの過去の業績トレンドを活用することは、有用性が限定的となる可能性があります。
     (5)  業績の変動要因

       当社グループは、顧客ニーズに応じて価格や利益率の異なる複数のサービスを組み合わせて提案しており、受注
      する案件毎に提供するサービスや、案件毎の収益性が異なります。当社グループは、利益の確保を重視した営業活
      動を展開しており、目標の売上総利益を確保できるよう案件の組成に努めております。しかしながら、実際の受注
      案件の内容によっては、当社の売上高や売上総利益率は想定した水準から乖離する可能性があります。
       また、顧客のニーズによっては、収益性の低いサービスの提供を余儀なくされる場合があります。そうしたケー
      スが多く発生した場合、想定した売上高から十分な売上総利益を確保できず、当社グループの業績に影響を及ぼす
      可能性があります。
                                  29/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (6)   広告業界における取引慣行
       当社グループでは、一定期間にわたって取引先の営業活動を支援するリテナー取引においては、業務受託時に契
      約文書を締結しております。一方、スポット業務の受注等においては、業界慣習上、引合いから活動開始に至るま
      での時間が極めて短期間で進行する場合があり、契約文書を締結しないまま業務を遂行する案件もあります。当社
      グループは、契約文書を締結しない場合においても、注文書や受注に関するメールログ等の受注記録を必ず保存す
      ることにより取引先との間で受注内容の齟齬を生じさせない対応を徹底しておりますが、取引先との認識の食い違
      い等により当社の業務に対し取引先との取引が成立しない事態が発生した場合は、当社グループの業績に影響を及
      ぼす可能性があります。
     (7)  特定人物への依存

       代表取締役社長伊達晃洋及び取締役副社長仲亀敦の2名は、当社創業のメンバーであり、当社グループの経営方
      針の決定、新規取引先開拓等、事業の推進上の重要な役割を担っております。当社グループでは、過度にこれら2
      名に依存しないよう、経営幹部役職員の拡充、育成及び権限委譲による分業体制の構築等により、経営組織の強化
      に取り組んでおりますが、何らかの理由によりこれら2名による業務執行が困難となった場合、当社グループの業
      績に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  人材の確保

       当社グループは、サービス領域の拡大により多様な顧客ニーズに対応した最適な提案が可能になり、顧客からの
      高い評価を得られております。顧客への迅速な対応と顧客にとってのコストメリットを得られるため、サービス領
      域を内製化する方針であることから、人材が最も重要な経営資源であると認識しております。したがって、当社グ
      ループが今後も事業を拡大し、成長を続けていくためには、優秀な人材の更なる確保や定着が重要課題となりま
      す。当社グループでは、新卒採用・中途採用を積極的に実施するとともに、社内教育に注力することで、優秀な人
      材の確保や定着に努めておりますが、人材マーケットの環境変化等により、優秀な人員の適時確保が困難になった
      場合や、人材が流出してしまう場合、当社グループの事業展開及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  内部管理体制の構築

       当社グループは社歴が浅く、業容拡大に伴う従業員の増加や新規事業展開に伴うリスク管理強化のため、コーポ
      レート・ガバナンスと内部管理体制の強化に努めております。しかしながら、業容拡大や新規事業展開に比してこ
      れらの施策が順調に推移しない場合、不祥事や不測の事態の発生等により、当社グループの業績に影響を及ぼす可
      能性があります。
     (10)   知的財産権

       当社グループは社歴が浅く、第三者の知的財産権を侵害しない体制として、社内教育の実施や顧問弁護士等によ
      る調査・チェックを実施しておりますが、万が一、当社が事業推進において第三者の知的財産権を侵害した場合に
      は、当該第三者から損害賠償請求や使用差止請求等の訴訟を提起される可能性があり、当社グループの業績に影響
      を及ぼす可能性があります。
     (11)   情報管理

       当社グループは、事業を推進していく中で、顧客の機密情報や個人情報を扱う機会があります。情報管理につい
      ては必要な措置を講じており、その一環として平成27年11月にプライバシーマークを取得しております。しかしな
      がら、不測の事態によりこれらの情報が流出した場合には、当社グループの業績及び社会的信用力に影響を及ぼす
      可能性があります。
     (12)   子会社の赤字計上

       当社の子会社である㈱アスラボはプラットフォーム型のビジネスを目指しておりますが、一定の認知度獲得まで
      は売上が獲得しづらいため、2期連続の営業赤字を計上しております。第7期平成31年6月期において営業利益の黒
      字化を見込んでおります。ユーザー獲得のためのマーケティングコスト投下などを効果的に進めることで、売上拡
      大及び継続的な黒字計上を目指しておりますが、想定どおりの効果が得られない場合等には、当社グループの財政
      状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  30/127


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (13)   新規事業展開
       当社グループは現在までの事業活動を通して培ったノウハウを生かし、更なる成長を目指して事業コンセプトそ
      のものの検討から行なう事業開発事業やアジアを中心としたインバウンド・アウトバウンドに関するブランディン
      グサービスを中心とした海外事業等の関連・周辺事業への積極展開を推進していく予定です。新規事業展開にあ
      たっては慎重な検討を重ねたうえで取り組んでまいりますが、当該事業を取り巻く環境の変化等により、当初の計
      画通りの成果が得られない場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (14)   中国事業に関する長期の業務委託契約

       当社は更なる成長を図るべく、日本国内事業に留まらず、世界第二位の経済大国である中国関連の事業強化を
      行っております。その一環として、中国の国家戦略である商品追跡管理プロジェクト「維信312」の日本展開を推進
      する株式会社共和JAPANと業務委託契約を締結し、同社に対し平成30年10月から7年契約の業務委託料3,500万円を
      平成30年9月に一括支払いし、「維信312」関連のプロモーション案件等を受注するためのサポートを受けておりま
      す。しかしながら、「維信312」関連プロモーション案件等の受注が想定通りにいかない場合は計画した利益が上が
      らないリスクがあるほか、同社の財政状態によっては、資産計上(前払費用及び長期前払費用)した、同社に支払っ
      た業務委託費の減損損失の発生や資金回収が不能となるリスクを負っています。
       当該契約の締結にあたっては、取締役会にて契約における採算性について十分な審議を行い、契約後においては
      取締役会にて定期的に進捗状況等を確認しておりますが、計画した利益が計上されないリスクを完全に回避するこ
      とは困難であり、事業環境の変化や案件からの撤退等に伴い、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼ
      す可能性があります。
      (15)   中国合弁会社

        当社の子会社である「北京伊藤商貿有限公司」は株式会社共和JAPANの取締役との合弁会社であり、当該取締役
      は同社の代表を兼務しております。同社は「日本と世界の架け橋となり、日本・中国社会へ貢献する」をミッショ
      ンとして、中国進出を目指す日本企業、日本進出を目指す中国企業に向けたコンサルティングサービスをメインの
      事業領域として活動しております。
       中国合弁会社につきましては社内で管理体制を構築し、主管部門が月次で経営成績や投資計画の進捗状況をモニ
      タリングしております。しかしながら、事業環境の急変などにより、予期せぬ状況変化で事業計画からの大幅な乖
      離が生じ、対象会社に損失が発生した場合は、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
      (16)   配当政策

       当社は、株主に対する利益還元と同時に、企業としての競争力の確保を経営の重要課題として位置づけておりま
      す。当社グループは現在、未だ成長過程にあると考えており、そのため今後は更なる事業拡大を実現していくこと
      が株主に対する最大の利益還元につながると考えております。このことから創業以来配当は実施しておらず、今後
      においても当面の間は内部留保の充実及び事業投資の推進を図る方針であります。将来的には、各事業年度の経営
      成績を勘案しながら株主への利益還元を検討していく方針ですが、現時点においては配当実施の可能性及びその実
      施時期等については未定であります。
      (17)   新株予約権の付与

       当社は、当社グループの役職員に対して新株予約権(ストック・オプション)を付与しており、将来的にも役職員
      の更なるモチベーションの向上及び優秀な人材の確保のため、同様のインセンティブプランを実行することを検討
      しております。
       したがって、既に付与されている新株予約権ならびに将来的に付与される新株予約権の行使がなされた場合に
      は、当社の1株当たりの株式価値が希薄化する可能性があります。本書提出日現在これらのストック・オプション
      による潜在株式数は279,450株であり、発行済株式総数1,769,000株の15.8%に相当しております。
                                  31/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
      う。)の状況の概要は次のとおりであります。
       なお、当社グループは、顧客ニーズに応じて複数のサービスを組み合わせて提供をしており、サービス毎に売上
      高や売上総利益率は大きく異なっているため、売上総利益の確保を重視しております。例えば、テレビCM枠の購入
      やタレントのキャスティング等の外注を要するテレビCM案件は、売上高は大きいものの、利益率が比較的低くなる
      傾向にあります。そのため、売上総利益の確保を優先して策定をしております。
       また、当社は、ブランディング事業の単一セグメントのため、セグメントごとの記載はしておりません。
      ① 経営成績の状況

       第6期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
        当連結会計年度における我が国経済は、企業収益や雇用・所得環境は緩やかながらも回復基調で推移しまし
       た。一方、不安定な国際情勢などの要因もあり、先行きは不透明な状況となっております。
        当社が事業を展開する広告業の事業領域におきましては、景気の緩やかな回復から堅調に推移しており、平成
       29年(1~12月)の市場規模は5兆9,994億円(前年同期比99%)となりました。(※1)
        このような環境のもと、当社を取り巻く事業環境としましては、スマートフォンや動画メディアの普及により
       生活者のニーズが変化しており、テレビ・新聞・雑誌・ラジオなど既存広告が伸び悩みを見せている中で、各企
       業の広告ニーズが、自社及び自社の商品、サービスのブランド価値を高め、選ばれるブランドづくりを行うこと
       に変化しつつあることを実感しております。
        その中で当社グループは、SPサービス、PRサービス、クリエイティブサービス、バズサービス、『アスラ
       ボ』サービス、人材サービス、コンサルティングサービスといったソリューションを複合的に組み合わせること
       で、顧客が持つ商品やサービスの価値を高めるプロデュース活動を行っております。
        また、事業領域拡大・受注案件に対する人材補強のため人材投資を遂行し、従業員数を大幅に増加させまし
       た。
        その結果、当連結会計年度は売上高1,451,562千円(前年同期比75.8%増)、営業利益124,557千円(前年同期比
       21.3%増)、経常利益122,794千円(前年同期比17.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益87,034千円(前年同期
       比18.2%増)となりました。
       (※1) 平成29年         経済産業省      特定サービス産業動態統計調査の広告業の売上高合計
       第7期第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

         当第2四半期連結累計期間における我が国経済は、全体として緩やかな回復基調が継続しました。先行きにつ
       いては、コストの上昇、通商問題の動向などに対する懸念もある一方、災害からの復旧などへの期待がみられてい
       ます。
        このような市場環境のもと、SPやPR、クリエイティブといったサービスを複合的に組み合わせ、事業やサー
       ビス、プロダクトの総合的プロデュースに注力してまいりました。また、戦略コンサルティングを提供する子会社
       を新たに立ち上げるとともに、各子会社の事業強化にも注力しており、ソリューション拡大に向けて積極的に取り
       組んでおります。
        その結果、売上高は1,065,814千円、営業利益は145,716千円、経常利益は145,251千円、親会社株主に帰属する
       四半期純利益は92,025千円となりました。
      ② 財政状態の状況

       第6期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
       (流動資産)
        当連結会計年度末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ191,280千円増加し570,204千円となりまし
       た。主な要因は、業績が好調に推移したことから、現金及び預金が127,723千円、受取手形及び売掛金が44,976千
       円増加したためであります。
                                  32/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (固定資産)
        当連結会計年度末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ9,984千円減少し45,936千円となりました。主
       な要因は、前連結会計年度は非連結子会社であった㈱アスラボと㈱エードット・アジア(旧㈱UMIU)を当連結
       会計年度に連結の範囲に含めたことなどから、関係会社株式が9,770千円減少したためであります。
       (流動負債)

        当連結会計年度末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ82,049千円増加し258,090千円となりました。
       主な要因は、外注の増加により買掛金が23,837千円、従業員数の増加した影響などにより未払金が12,998千円、
       運転資金である1年内返済予定の長期借入金が24,847千円増加したためであります。
       (固定負債)

        当連結会計年度末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ2,248千円増加し63,810千円となりました。
       こ れは、運転資金である長期借入金が2,248千円増加したためであります。
       (純資産)

        当連結会計年度末における純資産は、前連結会計年度末に比べ96,998千円増加し294,240千円となりました。
       こ れは、新株の発行により資本金と資本剰余金がそれぞれ5,400千円、親会社株主に帰属する当期純利益の計上
       などにより利益剰余金が86,198千円増加したためであります。
       第7期第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

       (流動資産)

        当第2四半期連結会計期間末における流動資産は、前連結会計年度末に比べ126,475千円増加し696,680千円と
       なりました。主な要因は、業績が好調に推移したことから、現金及び預金が54,944千円、受取手形及び売掛金が
       72,700千円増加したためであります。
       (固定資産)

        当第2四半期連結会計期間末における固定資産は、前連結会計年度末に比べ34,181千円増加し80,117千円とな
       りました。主な要因は、中国関連の事業強化に伴う支出を行ったことから、長期前払費用が31,050千円増加した
       ためであります。
       (流動負債)

        当第2四半期連結会計期間末における流動負債は、前連結会計年度末に比べ50,952千円増加し309,042千円とな
       りました。主な要因は、業績が好調に推移したことから、買掛金が6,723千円、未払法人税等が32,044千円増加し
       たためであります。
       (固定負債)

        当第2四半期連結会計期間末における固定負債は、前連結会計年度末に比べ4,837千円減少し58,973千円となり
       ました。これは、運転資金である長期借入金が4,837千円減少したためであります。
       (純資産)

        当第2四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末に比べ114,541千円増加し408,781千円とな
       りました。これは、新株の発行により資本金と資本剰余金がそれぞれ11,258千円、親会社株主に帰属する四半期
       純利益の計上により利益剰余金が92,025千円増加したためであります。
                                  33/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ キャッシュ・フローの状況
       第6期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
        当連結会計年度における現金及び現金同等物は293,425千円と前年同期と比べ127,723千円(77.1%)の増加とな
       りました。
        各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果得られた資金は、78,414千円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益127,582千
       円、売上債権の増加額44,976千円、仕入債務の増加額23,837千円、法人税等の支払額41,215千円によるものであ
       ります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果得られた資金は、2,248千円となりました。これは主に、有形固定資産の取得による支出4,371
       千円、無形固定資産の取得による支出2,976千円、敷金の回収による収入6,187千円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果得られた資金は、37,895千円となりました。これは、長期借入れによる収入109,252千円、長期
       借入金の返済による支出82,157千円、株式の発行による収入10,800千円によるものであります。
       第7期第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は348,370千円と前連結会計年度末と比べ54,944千円
       (18.7%)の増加となりました。
        各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果得られた資金は、34,913千円となりました。これは主に、税金等調整前四半期純利益145,251
        千円、売上債権の増加額72,700千円、長期前払費用の増加額31,050千円、法人税等の支払額24,259千円による
        ものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動による資金の増減はありませんでした。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果得られた資金は、20,031千円となりました。これは、長期借入れによる収入35,000千円、長
        期借入金の返済による支出37,485千円、株式の発行による収入22,516千円によるものであります。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a.生産実績
         該当事項はありません。
       b.受注実績

         第6期連結会計年度及び第7期第2四半期連結累計期間における受注実績は、次のとおりであります。
                     第6期連結会計年度                   第7期第2四半期連結累計期間

                    (自 平成29年7月1日                     (自 平成30年7月1日
                    至 平成30年6月30日)                      至 平成30年12月31日)
     セグメントの名称
                受注高    前年同期比      受注残高     前年同期比
                                      受注高(千円)          受注残高(千円)
                (千円)      (%)     (千円)      (%)
     ブランディング事業          1,425,031       +69.0     16,770     △61.3         1,062,824            13,780
        合計      1,425,031       +69.0     16,770     △61.3         1,062,824            13,780

     (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  34/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.販売実績
         第6期連結会計年度及び第7期第2四半期連結累計期間における販売実績は、次のとおりであります。
                     第6期連結会計年度                   第7期第2四半期連結累計期間

                    (自 平成29年7月1日                     (自 平成30年7月1日
                    至 平成30年6月30日)                      至 平成30年12月31日)
     セグメントの名称
                 販売高(千円)          前年同期比(%)                 販売高(千円)
     ブランディング事業                1,451,562            +75.8                    1,065,814

        合計            1,451,562            +75.8                    1,065,814

     (注)   1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                           第5期連結会計年度

                          (自 平成28年7月1日
                           至 平成29年6月30日)
               相手先
                        販売高(千円)          割合(%)
          株式会社明治                 270,649          32.8

          凸版印刷株式会社                 189,025          22.9

                           第6期連結会計年度

                          (自 平成29年7月1日
                           至 平成30年6月30日)
               相手先
                        販売高(千円)          割合(%)
          株式会社ローソン                 416,025          28.7

                        第7期第2四半期連結累計期間

                          (自 平成30年7月1日
                           至 平成30年12月31日)
               相手先
                        販売高(千円)          割合(%)
          株式会社ローソン                 367,734          34.5

        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  35/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第6期連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
      当連結会計年度の設備投資は総額4,371千円であり、主な内容は建物及び構築物で3,523千円となっています。当社
     グループは、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     第7期第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)

      当第2四半期連結累計期間は設備投資を行いませんでした。
      なお、当第2四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
    2 【主要な設備の状況】

     (1)  提出会社
                                              平成30年6月30日現在
                                     帳簿価額(千円)
       事業所名        セグメントの                                     従業員数
                        設備の内容
       (所在地)          名称                                    (名)
                                建物及び構築物            合計
        本社
                  ―       本社設備             3,247         3,247          49
     (東京都渋谷区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
        2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
        3.建物の一部を賃借しております。事務所の年間賃借料(国内子会社への転貸分も含む)は、47,007千円であり
          ます。
        4.従業員数は、契約社員を含む就業員数であり、臨時従業員数は、従業員の100分の10未満であるため、記載
          を省略しております。
     (2)  国内子会社

       該当事項はありません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】(平成31年1月31日現在)

     (1)  重要な設備の新設等
       該当事項はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                  36/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     6,900,000

                 計                                    6,900,000

      ② 【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は

        種類           発行数(株)                               内容
                             登録認可金融商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限定のない当社に
                                            おける標準となる株式であり
       普通株式                1,769,000           非上場
                                            ます。
                                            なお、単元株式数は100株で
                                            あります。
        計               1,769,000             ―               ―
                                  37/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        第1回新株予約権
                             新株予約権①
     決議年月日                       平成27年12月17日

     付与対象者の区分及び人数                       当社取締役 1名

                               1,800
     新株予約権の数(個) ※1
                               (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、                       普通株式 90,000
     内容及び数(株) ※1                          (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円) 
                             140 (注)2
     ※1
                           平成29年12月18日~
     新株予約権の行使期間 ※1
                            平成37年12月17日
     新株予約権の行使により株式を
                            発行価格  140
     発行する場合の株式の発行価格
                            資本組入額        70
     及び資本組入額(円) ※1
     新株予約権の行使の条件 ※1                          (注)3
                        譲渡による新株予約権の取得につ
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※1                   いては、代表取締役の承認を要す
                        るものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                               (注)5
     交付に関する事項 ※1
      ※1 最近事業年度の末日(平成30年6月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成31年1
       月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
       その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
        3.新株予約権行使の条件
         (1)  新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が、当社、当社関連会社の取締役又は従
           業員の場合は、権利行使時においても引き続き、当社、当社関連会社の取締役又は従業員の地位を保有し
           ていることを要する。
         (2)  新株予約権の質入れ、担保権の設定は認めないものとする。
         (3)  その他の条件は、取締役の決定に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」
           に定めるところによる。
        4.平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目
          的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場
          合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
          上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点にお
          いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につ
          き、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株
          予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅
          し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。但し、以下の条件に沿って再編対象会社の新
          株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は
          株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
                                  38/127

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ⅰ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとす
             る。
           ⅱ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ⅲ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権①に準じて決定する。
           ⅳ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権①で定められる行使価
             額を組織再編行為の条件等を勘案の上調整して得られる再編後払込金額に上記iiiに従って決定され
             る当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⅴ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権①に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
             のうちいずれか遅い日から、新株予約権①に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日
             までとする。
           ⅵ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             新株予約権①に準じて決定する。
           ⅶ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⅷ 新株予約権の取得条項
             当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の
             議案、又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき当社株主総
             会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社の取締役の決定がなされた場合)は、取締役
             の決定により別途定める日に、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
             その他、代表取締役が特定の新株予約権について、取得の必要があると認めたときには、その新株予
             約権を無償にて取得することができる。
                                  39/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第2回新株予約権
                             新株予約権②
     決議年月日                       平成28年5月30日

                           当社取締役   2名
                           当社従業員   20名
     付与対象者の区分及び人数
                           子会社取締役  1名
                           外部協力者   1名
                               270
     新株予約権の数(個) ※1
                               (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、                       普通株式 13,500
     内容及び数(株) ※1                          (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円) 
                             140 (注)2
     ※1
                           平成30年7月2日~
     新株予約権の行使期間 ※1
                            平成38年5月30日
     新株予約権の行使により株式を
                            発行価格  140
     発行する場合の株式の発行価格
                            資本組入額        70
     及び資本組入額(円) ※1
     新株予約権の行使の条件 ※1                          (注)3
                        譲渡による新株予約権の取得につ
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※1                   いては、代表取締役の承認を要す
                        るものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                               (注)5
     交付に関する事項 ※1
      ※1 最近事業年度の末日(平成30年6月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成31年1
       月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
       その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
        3.新株予約権行使の条件
         (1)  新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が、当社、当社関連会社の取締役又は従
           業員の場合は、権利行使時においても引き続き、当社、当社関連会社の取締役又は従業員の地位を保有し
           ていることを要する。
         (2)  新株予約権の質入れ、担保権の設定は認めないものとする。
         (3)  その他の条件は、取締役の決定に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」
           に定めるところによる。
        4.平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目
          的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場
          合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
          上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点にお
          いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につ
          き、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株
          予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅
          し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。但し、以下の条件に沿って再編対象会社の新
          株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は
          株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ⅰ 交付する再編対象会社の新株予約権の数
                                  40/127

                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとす
             る。
           ⅱ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           ⅲ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、新株予約権②に準じて決定する。
           ⅳ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権②で定められる行使価
             額を組織再編行為の条件等を勘案の上調整して得られる再編後払込金額に上記iiiに従って決定され
             る当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⅴ 新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権②に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日
             のうちいずれか遅い日から、新株予約権②に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日
             までとする。
           ⅵ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             新株予約権②に準じて決定する。
           ⅶ 譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⅷ 新株予約権の取得条項
             当社が消滅会社となる合併契約承認の議案、当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の
             議案、又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案につき当社株主総
             会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、当社の取締役の決定がなされた場合)は、取締役
             の決定により別途定める日に、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
             その他、代表取締役が特定の新株予約権について、取得の必要があると認めたときには、その新株予
             約権を無償にて取得することができる。
                                  41/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第3回新株予約権
                             新株予約権③
     決議年月日                       平成29年7月18日

                           当社取締役   3名
                           当社従業員   32名
     付与対象者の区分及び人数                      子会社取締役  3名
                           子会社従業員  5名
                           外部協力者   2名
                            1,890[1,880]
     新株予約権の数(個) ※1
                               (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、                     普通株式 94,500[94,000]
     内容及び数(株) ※1                          (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円) 
                             600 (注)2
     ※1
                           平成31年7月19日~
     新株予約権の行使期間 ※1
                            平成39年7月18日
     新株予約権の行使により株式を
                            発行価格       600
     発行する場合の株式の発行価格
                            資本組入額        300
     及び資本組入額(円) ※1
     新株予約権の行使の条件 ※1                          (注)3
                        譲渡による新株予約権の取得につ
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※1                   いては、取締役会の承認を要する
                        ものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                               (注)5
     交付に関する事項 ※1
      ※1 最近事業年度の末日(平成30年6月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成31年1
       月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
       その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
        3.新株予約権行使の条件
         (1)  新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が、当社、当社関連会社の取締役又は従
           業員の場合は、権利行使時においても引き続き、当社、当社関連会社の取締役又は従業員の地位を保有し
           ていることを要する。
         (2)  新株予約権の質入れ、担保権の設定は認めないものとする。
         (3)  その他の条件は、取締役の決定に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」
           に定めるところによる。
        4.平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目
          的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場
          合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        5.当社は、当社を消滅会社、分割会社もしくは資本下位会社とする組織再編を行う場合において、組織再編を
          実施する際に定める契約書または計画書等の規定に従い、新株予約権者に対して、当該組織再編に係る存続
          会社、分割承継会社もしくは資本上位会社となる株式会社の新株予約権を交付することができるものとす
          る。ただし、当該契約書または計画書等において別段の定めがなされる場合はこの限りではない。
                                  42/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第4回新株予約権
                             新株予約権④
     決議年月日                       平成30年7月19日

                           当社取締役   3名
                           当社従業員   41名
     付与対象者の区分及び人数                      子会社取締役  6名
                           子会社従業員  13名
                           外部協力者   4名
                             -[1,639]
     新株予約権の数(個) ※1
                               (注)1
     新株予約権の目的となる株式の種類、                      普通株式 -[81,950]
     内容及び数(株) ※1                          (注)1
     新株予約権の行使時の払込金額(円) 
                            -[866] (注)2
     ※1
                          -[平成32年7月20日~
     新株予約権の行使期間 ※1
                           平成40年7月19日]
     新株予約権の行使により株式を
                          発行価格       -[866]
     発行する場合の株式の発行価格
                           資本組入額 -[433]
     及び資本組入額(円) ※1
     新株予約権の行使の条件 ※1                          (注)3
                        -[譲渡による新株予約権の取得
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※1                   については、取締役会の承認を要
                        するものとする。]
     組織再編成行為に伴う新株予約権の
                               (注)5
     交付に関する事項 ※1
      ※1 最近事業年度の末日(平成30年6月30日)における内容を記載しております。なお、提出日の前月末(平成31年1
       月31日)現在にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、
       その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
          ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を調
          整、調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
           調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割・併合の比率
        2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整
          により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                             分割・併合の比率
          また、新株予約権の割当日後に時価を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、次の
          算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新株発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                            1株当たり時価
           調整後払込金額        = 調整前払込金額        ×
                                   既発行株式数+新株発行(処分)株式数
        3.新株予約権行使の条件
         (1)  新株予約権の割当を受けた者(以下、「新株予約権者」という。)が、当社、当社関連会社の取締役又は従
           業員の場合は、権利行使時においても引き続き、当社、当社関連会社の取締役又は従業員の地位を保有し
           ていることを要する。
         (2)  新株予約権の質入れ、担保権の設定は認めないものとする。
         (3)  その他の条件は、取締役の決定に基づき、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約」
           に定めるところによる。
        4.平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っております。これにより「新株予約権の目
          的となる株式の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場
          合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
        5.当社は、当社を消滅会社、分割会社もしくは資本下位会社とする組織再編を行う場合において、組織再編を
          実施する際に定める契約書または計画書等の規定に従い、新株予約権者に対して、当該組織再編に係る存続
          会社、分割承継会社もしくは資本上位会社となる株式会社の新株予約権を交付することができるものとす
          る。ただし、当該契約書または計画書等において別段の定めがなされる場合はこの限りではない。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
                                  43/127


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                  44/127




















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
     平成26年9月3日
                     10      310       100      3,100         ―       ―
     (注)1
     平成26年9月10日
                      ―      310      6,900      10,000          ―       ―
     (注)2
     平成27年12月17日
                   30,690       31,000          ―    10,000          ―       ―
     (注)3
     平成27年12月24日
                    1,500      32,500       5,250      15,250       5,250       5,250
     (注)4
     平成28年9月6日
                     180     32,680         630     15,880         630      5,880
     (注)5
     平成29年5月31日
                    1,820      34,500       27,300       43,180       27,300       33,180
     (注)6
     平成29年9月29日
                     360     34,860       5,400      48,580       5,400      38,580
     (注)7
     平成29年12月1日
                  1,708,140       1,743,000           ―    48,580          ―    38,580
     (注)8
     平成30年9月29日
                   26,000     1,769,000         11,258       59,838       11,258       49,838
     (注)9
     (注)   1.株主割当 発行価格 10,000円 資本組入額 10,000円 割当先 伊達晃洋
        2.利益剰余金の資本組入れによる増加であります。
        3.株式分割(1:100)による増加であります。
        4.有償第三者割当 発行価格 7,000円 資本組入額 3,500円
                  割当先 ㈱ワンセンチュリーカンパニー
        5.有償第三者割当 発行価格 7,000円 資本組入額 3,500円
                  割当先 ㈱MUGEN
        6.有償第三者割当 発行価格 30,000円 資本組入額 15,000円
                  主な割当先 瓜生健太郎、玉塚元一、他8名と1社
        7.有償第三者割当 発行価格 30,000円 資本組入額 15,000円
                  割当先 エードット社員持株会
        8.株式分割(1:50)による増加であります。
        9.有償第三者割当 発行価格 866円 資本組入額 433円
                  割当先 エードット社員持株会
     (4)  【所有者別状況】

                                              平成31年1月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                     単元未満
      区分                            外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
     株主数
               ―     ―     ―     3     ―     ―     13     16      ―
     (人)
     所有株式数
               ―     ―     ―   3,800       ―     ―   13,890     17,690        ―
     (単元)
     所有株式数
               ―     ―     ―    21.5       ―     ―    78.5     100.0        ―
     の割合(%)
                                  45/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                              平成31年1月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

     議決権制限株式(その他)                     ―          ―              ―

     完全議決権株式(自己株式等)                     ―          ―              ―

                                        権利内容に何ら限定のない当社にお
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               17,690    ける標準となる株式であり、単元株
                         1,769,000
                                        式数は100株です。
     単元未満株式                     ―          ―              ―
     発行済株式総数                    1,769,000          ―              ―

     総株主の議決権                     ―           17,690             ―

      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                  46/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
       該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は、株主に対する利益還元を経営上の重要課題として認識しております。しかしながら、当社は現在、成長過
     程であることから、内部留保の充実を図ることで、財務体質の強化と運転資金、設備投資に充当することで、より一
     層の事業拡大を目指すことが、株主に対する最大の利益還元につながると考えております。そのため、現時点におい
     ては、配当実施の可能性及びその実施時期等については未定であります。
      なお、内部留保資金の使途につきましては、今後の新規事業の開発資金として投入していくこととしております。
      また、当社の定款には中間配当を行うことができる旨を定めており、中間配当と期末配当の2回の剰余金の配当を
     行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当の決定機関は、期末については株主総会、中間配当につ
     いては取締役会であります。
    4 【株価の推移】

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                  47/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5 【役員の状況】
    男性7名 女性0名(役員のうち女性の比率0.0%)
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              平成17年10月      ㈱アーバンネット南十字社 入社
                              平成19年10月      ㈱ワイズインテグレーション 入
                                    社
                              平成22年10月      ㈱アップクオリティ 入社
                              平成24年7月      当社設立 代表取締役社長(現任)
                              平成28年4月      ㈱エードット・マネジメント(現
                                    ㈱アスラボ)設立 代表取締役
                              平成28年8月      ㈱カラス 取締役(現任)
    代表取締役                                                 1,550,000
            ―    伊達 晃洋      昭和59年11月7日                            (注)3
      社長                                                 (注)6
                              平成28年8月      ㈲T 取締役(現任)
                              平成28年12月      ㈱噂設立 代表取締役
                                    ㈱UMIU(現㈱エードット・ア
                                    ジア) 取締役(現任)
                              平成29年5月      ㈱アスラボ 取締役(現任)
                              平成30年4月      ㈱噂 取締役(現任)
                              平成30年10月      北京伊藤商貿有限公司 総経理
                                    (現任)
                              平成17年4月      ㈱ニップコーポレーション 入社
                              平成20年1月      ㈱ワイズインテグレーション 入
                                    社
                              平成23年8月      ㈱アップクオリティ 入社
     取締役
            ―    仲亀 敦      昭和57年8月25日        平成24年7月      当社 入社              (注)3      ―
     副社長
                              平成27年1月      当社 取締役
                              平成28年12月      ㈱UMIU(現㈱エードット・ア
                                    ジア)設立 代表取締役
                                    当社 取締役副社長(現任)
                              平成21年4月      ㈱博報堂 入社
                              平成27年6月      ㈱文鳥社設立 代表取締役
     取締役      ―    牧野 圭太      昭和59年11月21日                            (注)3      ―
                              平成28年8月      ㈱カラス設立 代表取締役(現任)
                              平成29年7月      当社 取締役(現任)
                              昭和60年4月      旭硝子㈱ 入社
                              平成10年7月      日本アイ・ビー・エム㈱ 入社
                              平成10年12月      ㈱ファーストリテイリング 入社
                              平成14年11月      同社 代表取締役社長
                              平成17年9月      ㈱リヴァンプ設立 代表取締役
                              平成23年3月      ㈱ローソン 副社長執行役員
                              平成26年5月      同社 代表取締役社長
     取締役      ―    玉塚 元一      昭和37年5月23日                            (注)3    10,000
                              平成29年5月      ㈱GTI 代表取締役(現任)
                              平成29年6月      ㈱ハーツユナイテッド(現㈱デジ
                                    タルハーツ) 代表取締役社長
                                    CEO(現任)
                              平成29年9月      当社 社外取締役(現任)
                              平成29年10月      ㈱ラクスル 社外取締役(現任)
                              昭和48年4月      キッコーマン醤油㈱(現キッコー
                                    マン㈱) 入社
                              平成17年6月      マンズワイン㈱ 監査役
     取締役
                              平成18年6月      キッコーマン㈱ 執行役員
     (監査等       ―    松崎 文治      昭和25年10月23日                            (注)4     5,000
                              平成21年6月      キッコーマン食品㈱ 常務執行役
      委員)
                                    員
                              平成28年12月      当社 監査役
                              平成29年9月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                                  48/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                     所有株式数
      役名     職名      氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              平成17年10月      弁護士登録(東京弁護士会所属)
                                    角家・江木法律事務所         入所
                              平成19年11月      ㈱オンライフ 監査役
                              平成23年6月      地盤ネットホールディングス㈱
                                    社外監査役(現任)
                              平成24年4月      松木法律事務所開設        事務所長(現
                                    任)
                              平成25年6月      ㈱A-STAR 監査役
                              平成25年9月      ㈱マーケティングアプリケーショ
                                    ンズ 社外監査役(現任)
     取締役
     (監査等       ―    松木 大輔      昭和52年12月23日                            (注)4     5,000
                              平成26年10月      地盤ネット㈱ 監査役(現任)
      委員)
                              平成27年2月      ㈳40‘sエンジェル 理事(現任)
                              平成28年6月      ㈱駅探   社外取締役(現任)
                              平成28年7月      地盤ネット総合研究所㈱ 監査役
                              平成28年12月      ㈱コンコース 取締役(監査等委
                                    員)(現任)
                              平成29年1月      ㈱グッドコムアセット         社外取締
                                    役(現任)
                              平成29年6月      ㈱ウィルゲート 取締役(監査等
                                    委員)(現任)
                              平成29年9月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                              平成15年10月
                                    新日本監査法人(現EY新日本有限
                                    責任監査法人)入所
                              平成18年10月      弁護士法人キャスト糸賀(現瓜
                                    生・糸賀法律事務所)入所
                              平成19年5月      公認会計士登録 阿部慎史公認会
                                    計士事務所 開業(現任)
                              平成19年7月      税理士登録 阿部慎史税理士事務
                                    所 開業(現任)
                              平成21年7月      合同会社エスシー(現㈱信誠法務
                                    会計)設立 代表社員
                              平成23年12月      ㈱信誠法務会計(合同会社エス
     取締役
                                    シーから組織変更) 代表取締役
     (監査等       ―    阿部 慎史      昭和54年5月21日                            (注)4      ―
                              平成24年4月      特定非営利活動法人アオダモ資源
      委員)
                                    育成の会 監事(現任)
                              平成26年2月      一般社団法人全日本女子野球連
                                    盟 監事(現任)
                              平成29年3月      一般社団法人全日本テコンドー協
                                    会 監事(現任)
                              平成29年6月      株式会社セキュアイノベーショ
                                    ン 監査役(現任)
                              平成30年3月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                              平成30年6月      ブレイクスルー・アカウンティン
                                    グ㈱ 代表取締役(現任)
                              平成30年8月      ㈱葵 代表取締役(現任)
                            計                         1,570,000
     (注)   1.平成29年9月26日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は平成29年9月26

          日付で監査等委員会設置会社に移行しております。
        2.玉塚元一、松崎文治、松木大輔、阿部慎史は、社外取締役であります。
        3.監査等委員である取締役以外の取締役の任期は、平成30年9月26日開催の定時株主総会終結の時から1年以
          内に終了する事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        4.監査等委員である取締役の任期は、平成29年9月26日開催の定時株主総会終結の時から2年以内に終了する
          事業年度のうち、最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        5.監査等委員のうち、松崎文治氏は、常勤監査等委員であります。
        6.代表取締役社長伊達晃洋の所有株式数は、同氏の資産管理会社である有限会社Tが所有する株式を含んでお
          ります。
        7.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各部の業務執行機
          能を明確に区分し、経営効率の向上を図るために執行役員制度を導入しております。執行役員は管理部部長
          吉田光志、クリエイティブ部部長小野川翼の2名であります。
                                  49/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】
       当社は、「夢を応援する社会をつくる」ことをミッションとして掲げ、事業者を中心とする顧客をサポートし社
      会の発展に寄与する高付加価値なサービスを提供することを目指しております。
       この経営理念のもと、株主、取引先、従業員等のステークホルダーの期待と信頼にこたえ企業価値を向上させる
      ためには、コーポレート・ガバナンスの構築が必要不可欠であり、経営の健全性・効率性及び透明性を確保すべ
      く、最適な経営管理体制の構築に努めております。
      ① 企業統治の体制

        当社は取締役会の監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスの強化を図るため、平成29年9月26日開催の
       定時株主総会の決議に基づき、「監査等委員会設置会社」へ移行いたしました。
        当社は会社法に基づく機関として、株主総会及び取締役の他、取締役会、監査等委員会、会計監査人を設置す
       るとともに、代表取締役社長直轄の内部監査担当を配置しております。そして監査等委員でない取締役として社
       外取締役1名、監査等委員である取締役については3名中3名の社外取締役を登用しております。このような社
       外取締役による経営への牽制機能の強化や、上記機関相互の連携により、経営の健全性・効率性及び透明性が十
       分に確保できるものと認識しているため、現状の企業統治体制を採用しております。当社の取締役は、取締役(監
       査等委員である取締役を除く)10名以内、監査等委員である取締役5名以内、合わせて15名以内とする旨を定款に
       定めております。
       a.取締役会及び取締役
         当社の取締役会は、取締役(監査等委員である取締役を除く)4名及び監査等委員である取締役3名の合計7
        名(本書提出日現在)で構成され、法令又は定款の定めるところにより取締役等に委任できない事項及び経営戦
        略等の重要事項について審議・決定し、それらについて定期的にチェックする機能を果たしております。原則
        として月1回の開催とし、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
       b.監査等委員会及び監査等委員である取締役
         当社の監査等委員会は、常勤監査等委員1名を含む社外取締役である監査等委員3名で構成されています。
        また、常勤監査等委員である松崎文治氏を議長と定めております。
         監査等委員である取締役は、取締役の執行状況等経営監視機能の充実に努めており、内部監査担当及び会計
        監査人との相互の意見交換等を通じて、その実効性を高めるよう努めております。
       c.会計監査人
         当社は、監査法人A&Aパートナーズと監査契約を締結しております。
         当社における業務執行、経営監視及び内部統制の整備の状況(本書提出日現在)は次の図のとおりでありま
        す。
                                  50/127









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備・運用状況又は準備状況







        当社は、市場環境・経済動向・関連法令の改正その他の事業環境等当社を取り巻くあらゆる状況を踏まえて、
       次の通り内部統制システムに関する基本方針を定めております。
        なお、取締役会は、本基本方針を事業環境の変化等に応じて適宜見直すこととし、実効性の維持向上を図るべ
       く不断の努力を行うこととしております。その概要は以下のとおりです。
       a.取締役及び従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         当社においては、役職員の職務執行が、法令及び定款に適合することを確保するため、「経営理念」、「行
        動規範」を制定しそれらを執務室に掲示し、月次で行われる全体会議においても随時コーポレート・ガバナン
        スについてふれることにより、役職員が日常の業務執行において、法令及び定款に適合した行動を意識できる
        ように心掛けております。
         コンプライアンス体制の構築・維持については、監査等委員である取締役による取締役の業務執行の監査に
        加え、取締役社長の命を受けた内部監査担当が、内部監査規程に基づき、取締役及び従業員の職務の執行に関
        する状況の把握、監査等を定期的に行い、取締役社長に報告しております。
         また、法令や社内諸規程上疑義のある行為等についてその情報を直接受領する内部通報制度を整備・運用し
        ております。
       b.取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理については、管理部を管掌する取締役又は業務執行取締役を担
        当役員とし、職務執行に係る情報を適切に文書又は電磁的情報により記録し、文書管理規程に定められた期間
        保存・管理を行うものとしております。なお、取締役は、これらの文書等を常時閲覧できるものとし、担当役
        員はその要請に速やかに対応するものとしております。
       c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         リスク管理規程を制定及び改定し、潜在的リスクの早期発見及び不正行為に対する迅速かつ適切な措置を講
        ずる体制の構築を進めております。不測の事態が生じた場合には、取締役社長が指名する者を対策本部長とす
        る対策本部を設置して、開示を含む迅速な対応を行い、損害の拡大を防止する体制を整えております。
                                  51/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         取締役会は、全社的な事業計画を定めるものとし、各取締役は、計画達成に向けて各部門が実施すべき具体
        的な数値目標及びアクションプランを定めるものとしております。これらの計画の達成に向けて予算管理を月
        次で行うほか、計画の進捗評価に用いる主要な指標については、取締役会において情報共有されております。
        また、稟議・決裁等のプロセスが明確化されているため、すべての業務レベルにおいて決定が迅速かつ適正に
        行われております。このような機関ないし会議体の機能と業務プロセスにおける位置付けに関しては、全取締
        役及び従業員の間で共通に認識されているため、計画の策定と推進、その進捗の評価が適正に行われる体制が
        整っております。
         月1回開催される定例取締役会において、月次決算及び業務にかかる報告がなされ、取締役が相互に職務執
        行状況の監視・監督を行うとともに日常の業務執行の協議を活発に行っており、この取締役会の活性化が取締
        役の職務執行の効率化にもつながっております。
       e.当社並びにその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
         当社の子会社は、北京伊藤商貿有限公司以外の会社は当社がその株式の全てを保有する完全子会社であり、
        北京伊藤商貿有限公司は連結子会社であります。日常業務を行う執務室を共有し、業績及び資産管理を中心と
        した業務も関係会社管理規程を制定し当社管理部が集中管理しております。従って、これらの子会社を含む当
        社グループは、当社グループ全体で執務室に掲示された「経営理念」、「行動規範」を共有し、企業価値の向
        上と業務の適正を確保するとともに、内部監査も当社の内部監査担当が内部監査規程に基づき子会社に対して
        も当社を対象とした内部監査と同等のレベルの内部監査を実施しております。
         また、当社は子会社に取締役を派遣し、会社法上の取締役としての地位を持って子会社の取締役の職務執行
        を直接管理監督可能な体制を確保しております。
       f.監査等委員がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項並びに
        当該使用人に対する指示の実行性の確保に関する事項
         監査等委員は、必要に応じて監査等委員の職務を補助すべき使用人を任命し、業務に必要な事項を命令する
        ことができ、その結果を監査等委員会に報告しております。
         また、当該使用人は、取締役又は他の使用人の指揮命令を受けないものとしております。
       g.監査等委員がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員の取締役からの独立
        性に関する事項
         監査等委員会付従業員の独立性を確保するため、当該従業員の任命、異動等人事権に係わる事項の決定には
        監査等委員会の事前の同意を得て行います。また、監査等委員会付の人事考課については監査等委員の同意を
        得て行うこととしております。
       h.取締役及び従業員が監査等委員に報告をするための体制その他監査等委員への報告に関する体制並びに報告
        した者が不利な取り扱いを受けないことを確保するための体制
         当社グループの取締役及び従業員は、内部通報制度の通報状況を含め重大な法令違反及び著しい損害を及ぼ
        すおそれのある事実を知ったときは、遅滞なく監査等委員に報告するものとしており、監査等委員は必要に応
        じていつでも取締役に対し報告を求めることができるものとしております。
         また、監査等委員へ報告した取締役及び従業員に対し、通報又は相談したことを理由として不利益な取り扱
        いをすることを禁止し、報告者を保護しております。
       i.その他監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         監査等委員が重要な意思決定のプロセスや業務の執行状況を効率的かつ効果的に把握できるようにするた
        め、監査等委員はいつでも取締役及び従業員に対して報告を求めることができ、取締役は社内の重要な会議へ
        の監査等委員の出席を拒めないものとしております。
         また、監査等委員は、取締役社長を含む取締役及び内部監査担当と緊密に連携し、定期的に情報交換を行う
        ものとし、必要に応じて会計監査人や顧問弁護士との意見交換等を実施するものとしております。
       j.監査等委員の職務の執行について生じる費用等の処理に係る方針に関する事項
         監査等委員がその職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還等の請求をしたときは、速やかに当該費
        用又はその債務の処理をすることとしております。
                                  52/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       k.財務報告の信頼性を確保するための体制
         財務報告の信頼性を確保するため、全社的な統制活動及び各業務プロセスの統制活動を強化し、その運用体
        制を構築しております。
       l.反社会的勢力排除に向けた体制
         当社は、反社会的勢力との取引関係や支援関係を含め一切の接触を遮断し、反社会的勢力からの不当要求は
        断固として拒絶するものとしております。反社会的勢力から経営活動に対する妨害や加害行為、誹謗中傷等の
        攻撃を受けた場合は、管理部が対応を一元的に管理し、警察等関連機関とも連携し、組織全体で毅然とした対
        応を行う体制を整えております。
      ③ 内部監査及び監査等委員会監査

       a.内部監査
         当社は、独立した内部監査室は設けておりませんが、当社の業務上の不正、誤謬の未然防止、経営効率の増
        進に資することを目的として、取締役社長直轄の内部監査担当を2名体制とし、内部監査規程に基づき当社の
        各部門等に定期的な内部監査等を実施することにより、業務の適正化・リスク把握に努めております。
       b.監査等委員会監査
         監査等委員である取締役は3名であり、うち1名は常勤監査等委員であります。監査等委員は、監査方針、
        監査計画に基づき、毎月の監査等委員会の開催の他、取締役会等の重要な会議への出席、取締役等から受領し
        た報告内容の検証、各部門等の実地調査などを行い、内部統制システムの整備等の取締役の職務執行を監査し
        ております。
       c.内部監査、監査等委員会監査及び会計監査の相互提携
         監査を実施する内部監査担当と監査等委員である取締役は、情報共有を適宜実施し、監査計画や監査実施状
        況及び監査結果等について報告を行い、課題やリスク及び改善等の状況について相互に綿密な連携を図り、管
        理体制と現場への浸透度の状況把握に努めております。また、内部監査担当及び監査等委員である取締役は、
        会計監査人である監査法人A&Aパートナーズとも定期的に意見交換を実施しており、監査計画や監査実施状
        況及び財務報告に係る内部統制の監査を含む監査結果等について、三者の異なる立場からの監査を有機的に連
        携させることにより、当社業務の適正確保に努めております。
      ④ 責任限定契約の内容の概要

        当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役または支配人その他の使用人であるもの
       を除く。)との間に、任務を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定
       めております。ただし、当該契約に基づく責任の限度額は、法令が規定する額とする旨を定款に定めておりま
       す。また、当社は、会社法第427条第1項の規定により、会計監査人との間に、任務を怠ったことによる損害賠償
       責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めております。ただし、当該契約に基づく責任の限度
       額は、法令が規定する額とする旨を定款に定めております。
        提出日現在、会計監査人との間に責任限定契約は締結しておりません。
      ⑤ 社外取締役

        当社は社外取締役として、玉塚元一氏、松崎文治氏、松木大輔氏及び阿部慎史の4名(内、松崎文治氏、松木大
       輔氏、阿部慎史氏は監査等委員)を選任しております。当該社外取締役は、社外取締役間での連携を密にすること
       によって情報共有を行ない、必要に応じて当社管理部、内部監査担当、会計監査人等と相互連携を図ることに
       よって、当社の意思決定に対して幅広い視野をもった第三者の立場から適時適切な意見の提供を行なっておりま
       す。
                                  53/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        玉塚元一氏は、㈱ファーストリテイリングの代表取締役を務めた後、企業再生を支援する㈱リヴァンプを創業
       し代表取締役を務め、その後㈱ローソンの代表取締役を務めるなど、企業経営者としての豊富な経験と幅広い見
       識を有することから当社の社外取締役として適任であると判断しております。なお、同氏は当社株式を10,000株
       保有しておりますが、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断しております。また、同氏との間
       には、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
        松崎文治氏は、キッコーマン㈱の執行役員、マンズワイン㈱の監査役等を務められ、企業経営者としての豊富
       な経験と幅広い見識を有することから当社の監査等委員である社外取締役として適任であると判断しておりま
       す。なお、同氏は当社株式を5,000株保有しておりますが、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判
       断しております。また、同氏との間には、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
        松木大輔氏は、弁護士として企業法務に精通しており、また、財務及び会計に関する相当程度の知見も有して
       いることから、当社の監査等委員である社外取締役として適任であると判断しております。なお、同氏は当社株
       式を5,000株保有しておりますが、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断しております。また、
       同氏との間には、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
        阿部慎史氏は、公認会計士として会計知識に精通しており、当社の監査等委員である社外取締役として適任で
       あると判断しております。また、同氏との間には、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
        当社においては、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、㈱東京証
       券取引所が定める独立役員の判断基準等を参考にしており、経歴や当社との関係も踏まえて、社外取締役を選任
       しております。
      ⑥ リスク管理体制の整備の状況

        当社は、リスク管理体制を整備するために、「リスク管理規程」及び「コンプライアンス規程」を制定・施行
       しており、これに基づき当社の事業活動におけるリスク・コンプライアンス体制の整備、維持、向上のため、管
       理部部長を委員長とした「コンプライアンス委員会」を設置・開催しております。また、当社のリスクの早期発
       見等を目的として、弁護士及び管理部人事総務グループを通報窓口とする内部通報制度を構築するとともに、重
       度、高度な判断が必要とされるリスクが予見・発見された場合には、必要に応じて弁護士、監査法人、税理士、
       社会保険労務士等の外部専門家の助言を受けることが出来る体制を構築しております。
      ⑦ 役員の報酬等

        第6期における当社の取締役に対する役員報酬等は以下のとおりであります。
       a.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                   報酬等の総額
         役員区分                                          役員の員数
                                 ストック・
                     (千円)
                           基本報酬             賞与    退職慰労金
                                                     (人)
                                 オプション
     取締役
                      40,700      40,700         ―      ―      ―        ▶
     (社外取締役を除く)
     取締役(監査等委員)
                         ―      ―      ―      ―      ―        0
     (社外取締役を除く)
     社外役員                  7,650      7,650        ―      ―      ―        5
      ※取締役及び監査等委員の退職により、第6期末時点では取締役4名、監査等委員3名となります。
       b.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       c.役員の報酬等の額又はその算出方法の決定に関する方針
         当社の役員報酬については、株主総会決議により、監査等委員ではない取締役及び監査等委員である取締役
        それぞれの報酬限度額を決定しております。監査等委員ではない各取締役及び監査等委員である各取締役の報
        酬額は、監査等委員でない取締役については取締役会の決議に基づき代表取締役が決定し、監査等委員である
        取締役については監査等委員会が決定しております。
                                  54/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑧ 株式の保有状況
       a.純投資目的以外の目的の投資株式
         該当事項はありません。
       b.純投資目的の投資株式
         該当事項はありません。
      ⑨ 会計監査の状況

        当社は、監査法人A&Aパートナーズと監査契約を締結し、会計監査を受けております。当社と同監査法人及
       び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には、特別な利害関係はありません。
        業務を執行した公認会計士の氏名及び監査業務に係る補助者の構成は、次のとおりであります。
       a.業務を執行した公認会計士の氏名
         業務執行社員 加賀美 弘明
         業務執行社員 齋藤 晃一
         継続年数については、両名とも7年以内であるため、記載を省略しております。
       b.監査業務に係る補助者の構成
         公認会計士 10名
         その他   2名
      ⑩ 取締役会で決議できる株主総会決議事項

       a.自己株式
         当社は、経済情勢の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、会社法165条第2項の規定に
        より、自己株式の取得を取締役会の決議によって実施することができる旨を定款に定めております。
       b.取締役の責任免除
         当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規
        定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であったものを含む。)の損害賠償責任を、法令の限度にお
        いて、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。
       c.中間配当
         当社は、株主への機動的な利益還元を可能にするため、会社法454条第5項の規定により、中間配当を取締役
        会の決議によって実施ことができる旨を定款に定めております。
      ⑪ 取締役の定数

        当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内とする旨を
       定款に定めております。
      ⑫ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
       主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、その議決権は累積投票によらないものとする旨定款に
       定めております。
      ⑬ 株主総会の特別決議事項要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的とするものであります。
                                  55/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【監査報酬の内容等】
      ① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               8,000             ―        10,000             ―
       連結子会社                  ―           ―           ―           ―

         計              8,000             ―        10,000             ―

      ② 【その他重要な報酬の内容】

        該当事項はありません。
      ③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

        該当事項はありません。
      ④ 【監査報酬の決定方針】

        監査報酬の決定方法は、特に定めておりませんが、監査法人より提示された監査計画、監査内容、監査日数等
       について、当社の規模、業界の特性を勘案して、監査等委員会の同意を得た上で双方協議により決定しておりま
       す。
                                  56/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(平成28年7月1日から平成29年6
      月30日まで)の連結財務諸表及び当連結会計年度(平成29年7月1日から平成30年6月30日まで)の連結財務諸表並び
      に前事業年度(平成28年7月1日から平成29年6月30日まで)及び当事業年度(平成29年7月1日から平成30年6月30
      日まで)の財務諸表について、監査法人A&Aパートナーズにより監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平

      成30年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(平成30年7月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結
      財務諸表について、監査法人A&Aパートナーズによる四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握できる体制を整備するため、監査法人等との意見交換を通じて、情報収集に務めるとともに、決算業
     務体制の強化を図っております。
                                  57/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                165,701              293,425
        受取手形及び売掛金                                198,585              243,562
        未成業務支出金                                 4,839              3,304
        繰延税金資産                                 2,512              3,412
                                         7,284              26,498
        その他
        流動資産合計                                378,924              570,204
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               3,815              3,523
         工具、器具及び備品                               1,833              2,232
                                        △ 2,490             △ 1,394
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               3,158              4,361
        無形固定資産
         ソフトウエア                                 ―            5,027
                                          810              740
         ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                                810             5,768
        投資その他の資産
         投資有価証券                                 ―             810
                                       ※  9,770
         関係会社株式                                                ―
         敷金                               40,884              34,996
         長期前払費用                                392               ―
                                          905               ―
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                               51,951              35,806
        固定資産合計                                55,920              45,936
      資産合計                                 434,844              616,140
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                75,120              98,957
        1年内返済予定の長期借入金                                43,596              68,443
        未払金                                13,157              26,156
        未払法人税等                                24,894              24,259
                                        19,273              40,273
        その他
        流動負債合計                                176,041              258,090
      固定負債
                                        61,562              63,810
        長期借入金
        固定負債合計                                61,562              63,810
      負債合計                                 237,603              321,900
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                43,180              48,580
        資本剰余金                                33,180              38,580
                                        120,881              207,080
        利益剰余金
        株主資本合計                                197,241              294,240
      純資産合計                                 197,241              294,240
     負債純資産合計                                   434,844              616,140
                                  58/127


                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                     (単位:千円)
                              当第2四半期連結会計期間
                                (平成30年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                348,370
        受取手形及び売掛金                                316,263
        未成業務支出金                                11,949
                                        20,097
        その他
        流動資産合計                                696,680
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               3,523
         工具、器具及び備品                               2,232
                                        △ 1,766
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               3,989
        無形固定資産
                                         4,468
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               4,468
        投資その他の資産
         投資有価証券                                810
         敷金                               33,742
         長期前払費用                               31,050
                                         6,056
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                               71,659
        固定資産合計                                80,117
      資産合計                                 776,797
                                  59/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                     (単位:千円)
                              当第2四半期連結会計期間
                                (平成30年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                105,680
        1年内返済予定の長期借入金                                70,795
        未払金                                30,868
        未払法人税等                                56,304
                                        45,394
        その他
        流動負債合計                                309,042
      固定負債
                                        58,973
        長期借入金
        固定負債合計                                58,973
      負債合計                                 368,015
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                59,838
        資本剰余金                                49,838
                                        299,105
        利益剰余金
        株主資本合計                                408,781
      純資産合計                                 408,781
     負債純資産合計                                   776,797
                                  60/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
     売上高                                   825,671             1,451,562
                                        435,626              835,643
     売上原価
     売上総利益                                   390,045              615,918
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                  44,625              68,160
      給与手当                                  93,888              158,768
                                        148,861              264,432
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 287,375              491,361
     営業利益                                   102,670              124,557
     営業外収益
      受取利息                                    1              1
      受取配当金                                    0              ―
      助成金収入                                  2,000              4,400
      消費税等免除益                                  2,456                ―
                                          135               11
      その他
      営業外収益合計                                  4,592              4,413
     営業外費用
      支払利息                                  1,215              1,667
                                         1,385              4,508
      本社移転費用
      営業外費用合計                                  2,600              6,176
     経常利益                                   104,662              122,794
     特別利益
                                           ―            6,733
      事業譲渡益
      特別利益合計                                    ―            6,733
     特別損失
                                                     ※  1,946
                                           ―
      固定資産売却損
      特別損失合計                                    ―            1,946
     税金等調整前当期純利益                                   104,662              127,582
     法人税、住民税及び事業税
                                        32,810              40,542
     法人税等調整額                                   △ 1,777                ▶
     法人税等合計                                   31,032              40,547
     当期純利益                                   73,629              87,034
     非支配株主に帰属する当期純利益                                      ―              ―
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   73,629              87,034
                                  61/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                        73,629              87,034
     当期純利益
     包括利益                                   73,629              87,034
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  73,629              87,034
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                  62/127

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年12月31日)
     売上高                                  1,065,814
                                        560,850
     売上原価
     売上総利益                                   504,964
                                      ※  359,247
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   145,716
     営業外収益
      受取利息                                    1
                                         2,103
      消費税等免除益
      営業外収益合計                                  2,104
     営業外費用
      支払利息                                   569
                                         2,000
      上場関連費用
      営業外費用合計                                  2,569
     経常利益                                   145,251
     税金等調整前四半期純利益                                   145,251
     法人税、住民税及び事業税
                                        55,870
                                        △ 2,643
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   53,226
     四半期純利益                                   92,025
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      ―
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   92,025
                                  63/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                     (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年12月31日)
                                        92,025
     四半期純利益
     四半期包括利益                                   92,025
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  92,025
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    ―
                                  64/127

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
                                                   (単位:千円)
                              株主資本
                                                   純資産合計
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高               15,250         5,250        47,251         67,751         67,751
     当期変動額
     新株の発行              27,930         27,930                 55,860         55,860
     親会社株主に帰属する
                                     73,629         73,629         73,629
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                                                ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               27,930         27,930         73,629        129,489         129,489
     当期末残高               43,180         33,180        120,881         197,241         197,241
        当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

                                                   (単位:千円)
                              株主資本
                                                   純資産合計
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
     当期首残高               43,180         33,180        120,881         197,241         197,241
     当期変動額
     新株の発行               5,400         5,400                 10,800         10,800
     親会社株主に帰属する
                                     87,034         87,034         87,034
     当期純利益
     連結範囲の変動                                △ 835        △ 835        △ 835
     株主資本以外の項目の
                                                -         -
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                5,400         5,400        86,198         96,998         96,998
     当期末残高               48,580         38,580        207,080         294,240         294,240
                                  65/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 104,662              127,582
      減価償却費                                  1,556              1,781
      受取利息及び受取配当金                                   △ 1             △ 1
      支払利息                                  1,215              1,667
      有形固定資産売却損益(△は益)                                    ―            1,946
      事業譲渡益                                    ―           △ 6,733
      助成金収入                                 △ 2,000             △ 4,400
      消費税等免除益                                 △ 2,456                ―
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 124,652              △ 44,976
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,983              1,534
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  54,631              23,837
                                         △ 631             14,266
      その他
      小計                                  29,340              116,503
      利息及び配当金の受取額                                    1              1
      利息の支払額                                 △ 1,036             △ 1,275
      助成金の受取額                                  2,000              4,400
                                       △ 20,144             △ 41,215
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  10,161              78,414
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 510            △ 4,371
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 810            △ 2,976
      投資有価証券の取得による支出                                    ―            △ 810
      関係会社株式の取得による支出                                 △ 7,770                ―
      敷金の差入による支出                                 △ 38,878               △ 300
      敷金の回収による収入                                    ―            6,187
      事業譲渡による収入                                    ―            4,519
                                         4,033                ―
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 43,934               2,248
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                  49,000              109,252
      長期借入金の返済による支出                                 △ 32,579             △ 82,157
                                        55,860              10,800
      株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  72,281              37,895
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   38,507              118,558
     現金及び現金同等物の期首残高                                   127,194              165,701
     新規連結子会社の現金及び現金同等物の期首残高                                      ―            9,165
                                      ※  165,701             ※  293,425
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  66/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                     (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年7月1日
                                至 平成30年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                 145,251
      減価償却費                                   930
      受取利息及び受取配当金                                   △ 1
      支払利息                                   569
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 72,700
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 8,644
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  6,723
      長期前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 31,050
                                        18,663
      その他
      小計                                  59,741
      利息及び配当金の受取額
                                           1
      利息の支払額                                  △ 569
                                       △ 24,259
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  34,913
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                    ―
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                  35,000
      長期借入金の返済による支出                                 △ 37,485
                                        22,516
      株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  20,031
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   54,944
     現金及び現金同等物の期首残高                                   293,425
                                      ※  348,370
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  67/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
      1 連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数 2社
         連結子会社の名称
          ㈱カラス
          ㈱噂
       (2)  非連結子会社の名称
          ㈱アスラボ
          ㈱UMIU
         連結の範囲から除いた理由
          非連結子会社2社は、いずれも本格的に事業を開始しておらず、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分
         に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないた
         めであります。
      2 持分法の適用に関する事項

        持分法を適用していない非連結子会社
         ㈱アスラボ
         ㈱UMIU
        持分法の適用の範囲から除いた理由
         持分法を適用していない非連結子会社2社は、いずれも本格的に事業を開始しておらず、それぞれ当期純損
        益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしてい
        ないためであります。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
          未成業務支出金
          個別法による原価法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         有形固定資産
         定率法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物    10~20年
          工具、器具及び備品  3~15年
       (3)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (4)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  68/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の数 5社
         連結子会社の名称
          ㈱カラス
          ㈱噂
          ㈱アスラボ
          ㈱エードット・アジア
          ㈱Spark
          前連結会計年度において非連結子会社であった㈱アスラボ、㈱エードット・アジア(旧㈱UMIU)は、重
         要性が増したことにより当連結会計年度より連結の範囲に含めております。
          ㈱Sparkは当連結会計年度において新たに設立したため、連結の範囲に含めております。
      2 持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
          未成業務支出金
          個別法による原価法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
         有形固定資産
         定率法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物    10~20年
          工具、器具及び備品  3~15年
         無形固定資産

         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用してお
        ります。
       (3)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (4)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  69/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (追加情報)
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
      「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当連結会計
     年度から適用しております。
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

      該当事項はありません。
       (連結貸借対照表関係)

     ※ 非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                             至    平成29年6月30日)               至    平成30年6月30日)
        関係会社株式                          9,770   千円                ― 千円
       (連結損益計算書関係)

     ※ 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                             至    平成29年6月30日)               至    平成30年6月30日)
        建物及び構築物                            ― 千円              1,728   千円
        工具、器具及び備品                            ― 千円               217  千円
        計                            ― 千円              1,946   千円
       (連結包括利益計算書関係)

        該当事項はありません。
                                  70/127











                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 32,500           2,000             ―        34,500
       (変動事由の概要)
       発行済株式の増加数は、新株の発行による増加2,000株であります。
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
     普通株式(株)                 34,500         1,708,500              ―        1,743,000
       (変動事由の概要)
       発行済株式の増加数は、新株の発行による増加360株及び株式分割による増加1,708,140株であります。
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

       該当事項はありません。
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                             至    平成29年6月30日)               至    平成30年6月30日)
        現金及び預金                         165,701    千円             293,425    千円
        現金及び現金同等物                         165,701    千円             293,425    千円
                                  71/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については預金等に限定し、また、資金調達については、事業に必要な資金を銀行
       借入により調達しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        敷金は、事務所の賃貸借契約における敷金等であり、差入先の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金、未払金及び未払法人税等は、その全てが1年以内の支払期日であります。
        長期借入金は、主に運転資金を使途とした資金調達であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、当社グループの与信管理規程に従
        い、定期的に取引先の信用状況を把握し、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っておりま
        す。
         当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融商品の貸借対照表価額によ
        り表わされています。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
         当社グループは、適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持等により、流動性リスク
        を管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                  72/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             165,701            165,701               ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             198,585            198,585               ―
           資産計                  364,287            364,287               ―
     (1)  買掛金
                              75,120            75,120               ―
     (2)  未払金
                              13,157            13,157               ―
     (3)  未払法人税等
                              24,894            24,894               ―
     (4)  長期借入金(※)
                             105,158            105,162               ▶
           負債計                  218,330            218,334               ▶
     (※) 長期借入金については1年内返済予定分を含めております。
     (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、並びに(2)            受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払金、並びに(3)         未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
      (4)  長期借入金
        これらの時価については、元利金の合計額を、同様の新規借り入れを行った場合に想定される利率で割り引い
        た現在価値により算定しております。
     (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

          区分          当連結会計年度(千円)

          敷金                   40,884
       賃借物件において預託している敷金については、退去による返還までの期間を算定することが極めて困難と認め
      られるため、時価評価の対象に含めておりません。
     (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            165,701          ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                            198,585          ―       ―       ―
                合計                 364,287          ―       ―       ―
     (注4) 長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超

                   1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                43,596       40,209       17,465       3,490        398        ―
          合計           43,596       40,209       17,465       3,490        398        ―
                                  73/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については預金等に限定し、また、資金調達については、事業に必要な資金を銀行
       借入により調達しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        敷金は、事務所の賃貸借契約における敷金等であり、差入先の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金、未払金及び未払法人税等は、その全てが1年以内の支払期日であります。
        長期借入金は、主に運転資金を使途とした資金調達であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社グループは、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、当社グループの与信管理規程に従
        い、定期的に取引先の信用状況を把握し、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っておりま
        す。
         当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融商品の貸借対照表価額によ
        り表わされています。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
         当社グループは、適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持等により、流動性リスク
        を管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                  74/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                      連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
     (1)  現金及び預金
                             293,425            293,425               ―
     (2)  受取手形及び売掛金
                             243,562            243,562               ―
           資産計                  536,987            536,987               ―
     (1)  買掛金
                              98,957            98,957               ―
     (2)  未払金
                              26,156            26,156               ―
     (3)  未払法人税等
                              24,259            24,259               ―
     (4)  長期借入金(※)
                             132,253            132,254               1
           負債計                  281,626            281,627               1
     (※) 長期借入金については1年内返済予定分を含めております。
     (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、並びに(2)            受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払金、並びに(3)         未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
        す。
      (4)  長期借入金
        これらの時価については、元利金の合計額を、同様の新規借り入れを行った場合に想定される利率で割り引い
        た現在価値により算定しております。
     (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

          区分          当連結会計年度(千円)

          敷金                   34,996
       賃借物件において預託している敷金については、退去による返還までの期間を算定することが極めて困難と認め
      られるため、時価評価の対象に含めておりません。
     (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                                1年以内                     10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
     現金及び預金                            293,425          ―       ―       ―
     受取手形及び売掛金                            243,562          ―       ―       ―
                合計                 536,987          ―       ―       ―
     (注4) 長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超

                   1年以内                                  5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金                68,443       45,382       18,428         ―       ―       ―
          合計           68,443       45,382       18,428         ―       ―       ―
                                  75/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
      前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
    1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                      平成27年12月17日                  平成28年5月30日
                                            当社取締役   1名
                                            当社従業員   17名
     付与対象者の区分及び人数                      当社取締役 1名
                                            関係会社取締役 1名
                                            外部協力者   1名
     株式の種類別のストック・オプショ
                          普通株式 1,800株                  普通株式 1,850株
     ンの数(注)
     付与日                      平成27年12月17日                  平成28年7月1日
                      ① 新株予約権の割当を受けた者                  ① 新株予約権の割当を受けた者
                         (以下、「新株予約権者」とい                  (以下、「新株予約権者」とい
                         う。)が、当社、当社関連会社                  う。)が、当社、当社関連会社
                         の取締役又は従業員の場合は、                  の取締役又は従業員の場合は、
                         権利行使時においても引き続                  権利行使時においても引き続
                         き、当社、当社関連会社の取締                  き、当社、当社関連会社の取締
                         役又は従業員の地位を保有して                  役又は従業員の地位を保有して
                         いることを要する。                  いることを要する。
     権利確定条件
                      ② 新株予約権の質入れ、担保権の                  ② 新株予約権の質入れ、担保権の
                         設定は認めないものとする。                  設定は認めないものとする。 
                      ③ その他の条件は、取締役の決定                  ③ その他の条件は、取締役の決定
                         に基づき、当社と新株予約権者                  に基づき、当社と新株予約権者
                         との間で締結する「新株予約権                  との間で締結する「新株予約権
                         割当契約」に定めるところによ                  割当契約」に定めるところによ
                         る。                  る。
     対象勤務期間                    期間の定めはありません。                  期間の定めはありません。
                           平成29年12月18日                  平成30年7月2日
     権利行使期間
                          ~平成37年12月17日                   ~平成38年5月30日
     (注) 株式数に換算して記載しております。
                                  76/127









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当連結会計年度(平成29年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
      数については株式数に換算して記載しております。
      ① ストック・オプションの数
     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                      平成27年12月17日                  平成28年5月30日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                               1,800                  1,890
      付与                                 ―                  ―
      失効                                 ―                 40
      権利確定                                 ―                  ―
      未確定残                               1,800                  1,850
     権利確定後(株)                                  ―                  ―
      前連結会計年度末                                 ―                  ―
      権利確定                                 ―                  ―
      権利行使                                 ―                  ―
      失効                                 ―                  ―
      未行使残                                 ―                  ―
      ② 単価情報

     会社名                        提出会社                  提出会社
     決議年月日                      平成27年12月17日                  平成28年5月30日
     権利行使価格(円)                                7,000                  7,000
     行使時平均株価(円)                                  ―                  ―
     付与日における公正な評価単価(株)                                  ―                  ―
    3 ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値
     の見積りによっております。また、単位当たりの本源的価値の見積方法は、類似会社比準方式によっております。
    4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額     ―千円
     (2)  当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
       該当事項はありません。
                                  77/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
    1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
     会社名                 提出会社             提出会社             提出会社
     決議年月日               平成27年12月17日             平成28年5月30日             平成29年7月18日
                                              当社取締役   3名
     付与対象者の区分及び人                            当社従業員   14名             当社従業員   28名
                    当社取締役 1名
     数                            外部協力者   1名             関係会社取締役 3名
                                              関係会社従業員 5名
     株式の種類別のストッ
                    普通株式 90,000株             普通株式 13,500株             普通株式 94,500株
     ク・オプションの数(注)
     付与日               平成27年12月17日             平成28年7月1日             平成29年7月18日
                  ① 新株予約権の割当を             ① 新株予約権の割当を             ① 新株予約権の割当を
                    受けた者(以下、「新             受けた者(以下、「新             受けた者(以下、「新
                    株予約権者」とい             株予約権者」とい             株予約権者」とい
                    う。)が、当社、当社             う。)が、当社、当社             う。)が、当社、当社
                    関連会社の取締役又             関連会社の取締役又             関連会社の取締役又
                    は従業員の場合は、             は従業員の場合は、             は従業員の場合は、
                    権利行使時において             権利行使時において             権利行使時において
                    も引き続き、当社、             も引き続き、当社、             も引き続き、当社、
                    当社関連会社の取締             当社関連会社の取締             当社関連会社の取締
                    役又は従業員の地位             役又は従業員の地位             役又は従業員の地位
                    を保有していること             を保有していること             を保有していること
     権利確定条件               を要する。             を要する。             を要する。
                  ② 新株予約権の質入             ② 新株予約権の質入             ② 新株予約権の質入
                    れ、担保権の設定は             れ、担保権の設定は             れ、担保権の設定は
                    認めないものとす             認めないものとす             認めないものとす
                    る。             る。             る。
                  ③ その他の条件は、取             ③ その他の条件は、取             ③ その他の条件は、取
                    締役の決定に基づ             締役の決定に基づ             締役の決定に基づ
                    き、当社と新株予約             き、当社と新株予約             き、当社と新株予約
                    権者との間で締結す             権者との間で締結す             権者との間で締結す
                    る「新株予約権割当             る「新株予約権割当             る「新株予約権割当
                    契約」に定めるとこ             契約」に定めるとこ             契約」に定めるとこ
                    ろによる。             ろによる。             ろによる。
     対象勤務期間             期間の定めはありません。             期間の定めはありません。             期間の定めはありません。
                    平成29年12月18日             平成30年7月2日             平成31年7月19日
     権利行使期間
                    ~平成37年12月17日             ~平成38年5月30日             ~平成39年7月18日
     (注) 株式数に換算して記載しております。なお、平成29年12月1日付の株式分割(普通株式1株につき50株の割合)
        による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                  78/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
       当連結会計年度(平成30年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
      数については株式数に換算して記載しております。
      ① ストック・オプションの数
     会社名                 提出会社             提出会社             提出会社
     決議年月日               平成27年12月17日             平成28年5月30日             平成29年7月18日
     権利確定前(株)
      前連結会計年度末                      90,000             92,500                ―
      付与                        ―             ―          105,500
      失効                        ―           79,000             11,000
      権利確定                      90,000                ―             ―
      未確定残                        ―           13,500             94,500
     権利確定後(株)                         ―             ―             ―
      前連結会計年度末                        ―             ―             ―
      権利確定                      90,000                ―             ―
      権利行使                        ―             ―             ―
      失効                        ―             ―             ―
      未行使残                      90,000                ―             ―
     (注) 平成29年12月1日付の株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の株式数に換算して記載してお
        ります。
      ② 単価情報

     会社名                 提出会社             提出会社             提出会社
     決議年月日               平成27年12月17日             平成28年5月30日             平成29年7月18日
     権利行使価格(円)                        140             140             600
     行使時平均株価(円)                         ―             ―             ―
     付与日における公正な
                              ―             ―             ―
     評価単価(株)
     (注) 平成29年12月1日付の株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の株式数に換算して記載してお
        ります。
    3 ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値
     の見積りによっております。また、単位当たりの本源的価値の見積方法は、類似会社比準方式によっております。
    4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額     ―千円
     (2)  当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
       該当事項はありません。
                                  79/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                2,512   千円
                                         905  〃
        資産除去債務
       繰延税金資産合計                                 3,417   千円
       繰延税金資産の純額                                 3,417   千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 2,512   千円

       固定資産-繰延税金資産                                  905  千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  34.8  %

        (調整)
       税額控除                                 △3.1   %
       住民税均等割等                                  0.2  %
       中小法人軽減税額                                 △2.7   %
                                         0.5  %
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  29.6  %
      当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                2,589   千円
                                         823  〃
        福利厚生積立金
       繰延税金資産合計                                 3,412   千円
       繰延税金資産の純額                                 3,412   千円
     (注) 繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。

       流動資産-繰延税金資産                                 3,412   千円

       固定資産-繰延税金資産                                   ―  千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記
     を省略しております。
                                  80/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

      事業分離
      (1)  事業分離の概要
       ① 分離先企業の名称
         株式会社ノヴィータ
       ② 分離した事業の内容
         当社のセールスプロモーションサービスの一部事業(※)
        ※ スーパー等におけるセールスプロモーションの運営事業となります。
       ③ 事業分離を行った主な理由
         当社グループの事業の方向性などを考慮し、経営資源の選択と集中を図るためであります。
       ④ 事業分離日
         平成29年7月1日
       ⑤ 法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
         受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
      (2)  実施した会計処理の概要

       ① 移転損益の金額
         6,733千円
       ② 移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
         移転したのは既存顧客のリストや業務を遂行する要員のリストであり、資産及び負債の移転はしておりませ
        ん。
      (3)  譲渡する事業が含まれている報告セグメントの名称

        当社グループは、ブランディング事業のみの単一セグメントであります。
      (4)  当連結会計年度の連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

        当連結会計年度の期首に事業分離を行なっているため、当連結会計年度の連結損益計算書には分離した事業に
       係る損益は含まれておりません。
      (5)  継続的関与の概要

        当社と株式会社ノヴィータは、事業分離日から3ヶ月間を対象とした、デモンストレーター事業における共同
       事業運営に関する覚書を締結しております。
                                  81/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
      当社グループは、本社の不動産賃貸借契約に基づく、退去時の原状回復に係る債務を資産除去債務として認識して
     おりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、敷金の回収が最終的に見込めないと認めら
     れる金額を合理的に見積もり、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

      当社グループは、平成29年6月に本社を移転しており、本社の不動産賃貸借契約に基づく、退去時の原状回復に係
     る債務を有しておりますが、当該債務に関連する貸借資産の使用期間が明確でなく、現時点において将来退去する予
     定もないことから、資産除去債務を合理的に見積もることができません。そのため、当該債務に見合う資産除去債務
     を計上しておりません。
                                  82/127
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
      当社グループは、ブランディング事業のみの単一セグメントのため、セグメント情報の記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

      当社グループは、ブランディング事業のみの単一セグメントのため、セグメント情報の記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
     1 製品及びサービスごとの情報
       売上高は全てブランディング事業の売上高のため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     株式会社明治                               270,649     ブランディング事業
     凸版印刷株式会社                               189,025     ブランディング事業
     当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

     1 製品及びサービスごとの情報
       売上高は全てブランディング事業の売上高のため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
     株式会社ローソン                               416,025     ブランディング事業
                                  83/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

        該当事項はありません。
                                  84/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                            議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      銀行借入に
                                      対する債務
                                            105,158      ―     ―
                                      被保証
                                      (注)2
                             (被所有)
    役員及
                       当社代表取
                                      当社が賃借
    び主要    伊達 晃洋              ―          債務被保証
                             直接72.5
                ―
                       締役社長
                                      している本
    株主
                             間接17.4
                                      社の賃借契
                                               ―   ―     ―
                                      約に対する
                                      連帯被保証
                                      (注)3
     (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
        1.上記の金額には消費税等が含まれておりません。
        2.当社の銀行借入に対して債務保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
        3.本社の賃貸借契約に対して連帯保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                            議決権等

                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                             の所有
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      銀行借入に
                                      対する債務
                                            132,253      ―     ―
                                      被保証
                             (被所有)
                                      (注)2
    役員及
                       当社代表取     直接71.7
                                      当社が賃借
    び主要    伊達 晃洋              ―          債務被保証
                ―
                       締役社長
                             間接17.2
                                      している本
    株主
                                      社の賃借契
                                               ―   ―     ―
                                      約に対する
                                      連帯被保証
                                      (注)3
     (注)    取引条件及び取引条件の決定方針等
        1.上記の金額には消費税等が含まれておりません。
        2.当社の銀行借入に対して債務保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
        3.本社の賃貸借契約に対して連帯保証を受けております。なお、保証料の支払は行っておりません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                  85/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                         (自    平成28年7月1日               (自    平成29年7月1日
                          至    平成29年6月30日)                至    平成30年6月30日)
     1株当たり純資産額                               114.34円                  168.81円
     1株当たり当期純利益                               44.89円                  50.06円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、
          期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
        2.当社は、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を行っております。前連結会計年度の期
          首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
          す。
        3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                (自    平成28年7月1日           (自    平成29年7月1日
                項目
                                 至    平成29年6月30日)           至    平成30年6月30日)
     1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   73,629             87,034

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         73,629             87,034
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  1,640,100             1,738,562
                                 新株予約権2種類(新株             新株予約権3種類(新株
                                予約権の数3,650個)。             予約権の数3,960個)。
                                 なお、新株予約権の概             なお、新株予約権の概
                                要は「第4 提出会社の             要は「第4 提出会社の
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                状況、1 株式等の状             状況、1 株式等の状
     当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                                況、(2)    新株予約権等の         況、(2)    新株予約権等の
                                状況 ① ストックオプ             状況 ① ストックオプ
                                ション制度の内容」に記             ション制度の内容」に記
                                載のとおりであります。             載のとおりであります。
        4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度

                項目
                                 (平成29年6月30日)             (平成30年6月30日)
     純資産の部の合計額(千円)                                    197,241             294,240
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       ―             ―

     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                    197,241             294,240

     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
                                       1,725,000             1,743,000
     普通株式の数(株)
                                  86/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
       前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
    1.新株予約権の発行
      当社は、平成29年7月18日開催の臨時株主総会及び平成29年7月18日開催の取締役会において、ストック・オプ
     ションとして新株予約権を発行することを決議し、平成29年7月18日に発行いたしました。
     (1)  新株予約権の付与日
       平成29年7月18日
     (2)  付与対象者の区分及び人数
       当社取締役3名、当社従業員32名、関係会社取締役3名、関係会社従業員5名、外部協力者2名
     (3)  新株予約権の発行数
       2,110個
     (4)  新株予約権の目的となる株式の種類及び数
       当社普通株式105,500株(新株予約権1個につき50株)
     (5)  新株予約権の行使時の払込金額
       1株につき600円
     (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
       発行価格の総額         :1株につき600円
       資本組入額の総額:1株につき300円
     (7)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格の総額及び資本組入額の総額
       発行価格の総額         :63,300,000円
       資本組入額の総額:31,650,000円
     (8)  新株予約権の行使期間
       自 平成31年7月19日  至 平成39年7月18日
     (注) 平成29年12月1日付の株式分割(普通株式1株につき50株の割合)による分割後の株式数に換算して記載してお

        ります。
    2.新株の発行

      当社は、平成29年8月31日開催の臨時株主総会及び平成29年8月31日開催の取締役会に基づき、第三者割当により
     普通株式を発行いたしました。その概要は次のとおりであります。
     (1)  発行株式の種類及び数 普通株式360株
     (2)  発行価額 1株につき金30,000円
     (3)  申込期日 平成29年9月19日(火)
     (4)  払込期日 平成29年9月29日(金)
     (5)  払込金額 10,800,000円
     (6)  払込金額中の資本に組み入れる額 5,400,000円
     (7)  資金使途 運転資金
                                  87/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.重要な事業の譲渡
      当社は、平成28年12月19日の取締役会でセールスプロモーションサービスの一部サービス(※)を株式会社ノヴィー
     タに譲渡することを決議し、平成29年1月5日付けで事業譲渡基本合意書を締結し、平成29年7月1日付けで事業譲
     渡を行いました。
     (1)  事業分離の概要
      ① 分離先企業の名称
        株式会社ノヴィータ
      ② 分離した事業の内容
        当社のセールスプロモーションサービスの一部サービス(※)
      ③ 事業分離を行った主な理由
        当社グループの事業の方向性などを考慮し、経営資源の選択と集中を図るためであります。
      ④ 事業分離日
        平成29年7月1日
      ⑤ 法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
        受取対価を現金等の財産のみとする事業譲渡
     (2)  譲渡する事業が含まれている報告セグメントの名称

       当社グループは、ブランディング事業のみの単一セグメントであります。
       ※ スーパー等におけるイベントプロモーション運用サービスとなります。

                                  88/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
    1.新株予約権の発行
      当社は、平成30年7月19日開催の臨時株主総会及び平成30年7月19日開催の取締役会において、ストック・オプ
     ションとして新株予約権を発行することを決議し、平成30年7月19日に発行いたしました。
     (1)  新株予約権の付与日
       平成30年7月19日
     (2)  付与対象者の区分及び人数
       当社取締役3名、当社従業員42名、関係会社取締役6名、関係会社従業員12名、外部協力者4名
     (3)  新株予約権の発行数
       1,640個
     (4)  新株予約権の目的となる株式の種類及び数
       当社普通株式82,000株(新株予約権1個につき50株)
     (5)  新株予約権の行使時の払込金額
       1株につき866円
     (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
       発行価格の総額         :1株につき866円
       資本組入額の総額:1株につき433円
     (7)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格の総額及び資本組入額の総額
       発行価格の総額         :71,012,000円
       資本組入額の総額:35,506,000円
     (8)  新株予約権の行使期間
       自 平成32年7月20日  至 平成40年7月19日
    2.新株の発行

      当社は、平成30年8月31日開催の臨時株主総会及び平成30年8月31日開催の取締役会に基づき、第三者割当により
     普通株式を発行いたしました。その概要は次のとおりであります。
     (1)  発行株式の種類及び数 普通株式26,000株
     (2)  発行価額 1株につき金866円
     (3)  申込期日 平成30年9月20日(木)
     (4)  払込期日 平成30年9月29日(土)
     (5)  払込金額 22,516,000円
     (6)  払込金額中の資本に組み入れる額 11,258,000円
     (7)  資金使途 運転資金
                                  89/127








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更に関する注記)
        連結の範囲の重要な変更
        第1四半期連結会計期間より、新たに設立した株式会社ARUYOを連結の範囲に含めております。
        当第2四半期連結会計期間より、新たに設立した北京伊藤商貿有限公司を連結の範囲に含めております。
       (追加情報)
        当第2四半期連結累計期間(自 平成30年7月1日 至 平成30年12月31日)
       (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号平成30年2月16日)等を第1四半期連結
          会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示しております。
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            当第2四半期連結累計期間

                            (自 平成30年7月1日
                             至 平成30年12月31日)
        給与手当                         114,753    千円
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     
     であります。
                            当第2四半期連結累計期間

                            (自 平成30年7月1日
                             至 平成30年12月31日)
        現金及び預金                         348,370    千円
        現金及び現金同等物                         348,370    千円
        (株主資本等関係)

     当第2四半期連結累計期間(自                平成30年7月1日 至            平成30年12月31日)
     1   配当金支払額
       該当事項はありません。
     2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3   株主資本の著しい変動

       当社は平成30年9月29日付で、エードット社員持株会から第三者割当増資の払込みを受けました。この結果、当
       第2四半期連結累計期間において資本金が11,258千円、資本準備金が11,258千円増加し、当第2四半期連結会計
       期間末において資本金が59,838千円、資本準備金が49,838千円となっております。
                                  90/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
        当社グループは、ブランディング事業のみの単一セグメントのため、セグメント情報の記載を省略しておりま
       す。
       (企業結合等関係)

        該当事項はありません。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第2四半期連結累計期間

                                (自    平成30年7月1日
                項目
                                 至    平成30年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                   52円39銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                    92,025

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         92,025
     金額(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                   1,756,424
                                平成30年7月19日開催の
                                臨時株主総会及び平成30
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                年7月19日開催の取締役
     四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結
                                会決議による新株予約権
     会計年度末から重要な変動があったものの概要
                                新株予約権の数 1,639個
                                (普通株式 81,950株)
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
          り、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                  91/127









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(平成30年6月30日現在)
       【社債明細表】
         該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                     43,596         68,443          0.48        ―
                                                平成31年6月30日~
     長期借入金(1年以内に返済予定
                          61,562         63,810          0.48
     のものを除く)
                                                平成33年4月30日
           合計              105,158         132,253            ―      ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

              区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金               45,382          18,428            ―          ―
       【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
     (2) 【その他】

       該当事項はありません。
                                  92/127












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                151,225              130,369
        受取手形                                20,092              15,132
        売掛金                                166,657              201,497
        未成業務支出金                                 4,807              4,086
                                      ※1  2,805            ※1  6,144
        立替金
        前払費用                                 4,193              23,585
        繰延税金資産                                 1,725              3,383
                                                    ※1  44,709
        未収入金                                  26
                                                     ※1  9,000
        短期貸付金                                   ―
        その他                                  200               ―
                                           ―           △ 7,474
        貸倒引当金
        流動資産合計                                351,733              430,433
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物                               3,815              3,523
         工具、器具及び備品                               1,833              2,232
                                        △ 2,490             △ 1,394
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               3,158              4,361
        無形固定資産
         ソフトウエア                                 ―             603
                                          810               ―
         ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                                810              603
        投資その他の資産
         関係会社株式                               13,770              20,650
         敷金                               40,884              34,996
         長期前払費用                                392               ―
                                          905               ―
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                               55,951              55,646
        固定資産合計                                59,920              60,611
      資産合計                                 411,654              491,044
                                  93/127








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成29年6月30日)              (平成30年6月30日)
     負債の部
      流動負債
                                      ※1  80,980            ※1  99,910
        買掛金
        1年内返済予定の長期借入金                                43,596              68,443
                                      ※1  12,491
        未払金                                               23,594
        未払費用                                 2,939              10,532
        未払法人税等                                16,272                989
        未払消費税等                                12,426               7,723
                                         2,466              4,236
        預り金
        流動負債合計                                171,173              215,429
      固定負債
                                        61,562              63,810
        長期借入金
        固定負債合計                                61,562              63,810
      負債合計                                 232,735              279,239
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                43,180              48,580
        資本剰余金
                                        33,180              38,580
         資本準備金
         資本剰余金合計                               33,180              38,580
        利益剰余金
         その他利益剰余金                              102,558              124,645
                                        102,558              124,645
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              102,558              124,645
        株主資本合計                                178,918              211,805
      純資産合計                                 178,918              211,805
     負債純資産合計                                   411,654              491,044
                                  94/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成28年7月1日              (自 平成29年7月1日
                                至 平成29年6月30日)               至 平成30年6月30日)
                                                   ※1  1,326,111
                                        799,269
     売上高
                                     ※1  443,304            ※1  879,541
     売上原価
     売上総利益                                   355,964              446,569
                                    ※1 , ※2  276,931            ※2  436,750
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   79,033               9,819
     営業外収益
      受取利息                                    1              1
      受取配当金                                    0              ―
      助成金収入                                  2,000              4,400
                                                    ※1  30,648
      業務受託料                                    ―
                                        ※1  69
                                                         10
      その他
      営業外収益合計                                  2,071              35,060
     営業外費用
      支払利息                                  1,215              1,667
      本社移転費用                                    ―            4,508
      貸倒引当金繰入額                                    ―            7,474
                                         1,385                ―
      その他
      営業外費用合計                                  2,600              13,651
     経常利益                                   78,504              31,228
     特別利益
                                           ―            6,733
      事業譲渡益
      特別利益合計                                    ―            6,733
     特別損失
                                                     ※3  1,946
      固定資産売却損                                    ―
                                           ―            1,999
      関係会社株式評価損
      特別損失合計                                    ―            3,946
     税引前当期純利益                                   78,504              34,016
     法人税、住民税及び事業税
                                        24,188              12,682
                                         △ 990             △ 752
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   23,197              11,930
     当期純利益                                   55,306              22,086
                                  95/127









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【売上原価明細書】
                             前事業年度                  当事業年度

                          (自 平成28年7月1日                  (自 平成29年7月1日
                          至 平成29年6月30日)                  至 平成30年6月30日)
                    注記               構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                (%)                  (%)
     Ⅰ 労務費                          42,179       9.5           1,644       0.1
                              404,076                  877,177

     Ⅱ 経費                ※1                 90.5                  99.9
       当期総製造費用                                100.0                  100.0

                              446,256                  878,821
       期首未成業務支出金                          1,855                  4,807

           合計                         448,111                  883,628

                               4,807                  4,086

       期末未成業務支出金
       売上原価

                              443,304                  879,541
     (注) ※1 主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
          外注費                           384,939                 864,632

        (原価計算の方法)

        当社の原価計算は、実際原価による個別原価計算であります。
                                  96/127












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
                                                   (単位:千円)
                              株主資本
                         資本剰余金         利益剰余金                 純資産合計
                 資本金                         株主資本合計
                         資本準備金        繰越利益剰余金
     当期首残高               15,250         5,250        47,251         67,751         67,751
     当期変動額
     新株の発行              27,930         27,930                 55,860         55,860
     当期純利益                                55,306         55,306         55,306
     株主資本以外の項目の
                                                ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計               27,930         27,930         55,306        111,166         111,166
     当期末残高               43,180         33,180        102,558         178,918         178,918
     当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

                                                   (単位:千円)
                              株主資本
                         資本剰余金         利益剰余金                 純資産合計
                 資本金                         株主資本合計
                         資本準備金        繰越利益剰余金
     当期首残高               43,180         33,180        102,558         178,918         178,918
     当期変動額
     新株の発行               5,400         5,400                 10,800         10,800
     当期純利益                                22,086         22,086         22,086
     株主資本以外の項目の
                                                ―         ―
     当期変動額(純額)
     当期変動額合計                5,400         5,400        22,086         32,886         32,886
     当期末残高               48,580         38,580        124,645         211,805         211,805
                                  97/127










                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
        関係会社株式
        移動平均法による原価法
      2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

        未成業務支出金
        個別法による原価法
      3 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産
         定率法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物   10~20年
          工具、器具及び備品 3~15年
      4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                  98/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
        関係会社株式
        移動平均法による原価法
      2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

        未成業務支出金
        個別法による原価法
      3 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産
         定率法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物   10~20年
          工具、器具及び備品 3~15年
       (2)  無形固定資産
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用してお
        ります。
      4 引当金の計上基準

        貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
        権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (追加情報)

      前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
       「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年
      度から適用しております。
      当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

       該当事項はありません。
       (貸借対照表関係)

     ※1    関係会社に対する資産及び負債
       区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (平成29年6月30日)                 (平成30年6月30日)
        売掛金                            ― 千円              1,620   千円
        立替金                          2,805    〃              5,181    〃
        未収入金                            ―  〃              42,759    〃
        短期貸付金                            ―  〃              9,000    〃
        買掛金                          9,757    〃              7,500    〃
        未払金                           164   〃                ―  〃
                                  99/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (損益計算書関係)
     ※1    関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度

                             (平成29年6月30日)                 (平成30年6月30日)
        営業取引による取引高
         売上高                           ― 千円              2,617   千円
         外注費                        24,069    〃             132,881    〃
        営業取引以外の取引による取引高
         業務委託費                          818  〃                ― 〃
         業務受託料                           ― 〃             30,648    〃
         雑収入                          65  〃                ― 〃
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                            (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                             至   平成29年6月30日)               至   平成30年6月30日)
        役員報酬                         37,900   千円              48,350   千円
        給料手当                         93,888   千円             152,353    千円
        地代家賃                         14,196   千円              47,007   千円
        およその割合

        販売費                          11.2  %               9.6  %
        一般管理費                          88.8  %               90.4  %
     ※3 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                            (自    平成28年7月1日              (自    平成29年7月1日
                             至   平成29年6月30日)               至   平成30年6月30日)
        建物及び構築物                            ― 千円              1,728   千円
        工具、器具及び備品                            ― 千円               217  千円
        計                            ― 千円              1,946   千円
       (有価証券関係)

      前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
       子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
      ておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                          (単位:千円)
          区分            平成29年6月30日
     関係会社株式                         13,770
           計                   13,770
      当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

       子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
      ておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                          (単位:千円)
          区分            平成30年6月30日
     関係会社株式                         20,650
           計                   20,650
                                100/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                 1,725   千円
                                         905   〃
        資産除去債務
       繰延税金資産小計
                                        2,630   千円
                                          ―  〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        2,630   千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  34.8  %
       (調整)
       税額控除                                 △4.2   %
       住民税均等割等                                  0.2  %
       中小法人軽減税額                                 △2.2   %
                                         1.0  %
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                  29.5  %
      当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                  119  千円
        福利厚生積立金                                  678   〃
        貸倒引当金                                 2,585    〃
                                         691   〃
        関係会社株式評価損
       繰延税金資産小計
                                        4,075   千円
                                        △691    〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                        3,383   千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
      法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記
     を省略しております。
       (企業結合等関係)

      前連結会計年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

       事業分離
        連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を省略しております。
                                101/127




                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
      前事業年度(自 平成28年7月1日 至 平成29年6月30日)
       1 新株予約権の発行
         連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象) 1.新株予約権の発行」に同一の内容を記載しているため、
        注記を省略しております。
       2 新株の発行
         連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象) 2.新株の発行」に同一の内容を記載しているため、注記を
        省略しております。
       3 重要な事業の譲渡
         連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象) 3.重要な事業の譲渡」に同一の内容を記載しているため、
        注記を省略しております。
      当事業年度(自 平成29年7月1日 至 平成30年6月30日)

       1 新株予約権の発行
         連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象) 1.新株予約権の発行」に同一の内容を記載しているため、
        注記を省略しております。
       2 新株の発行
         連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象) 2.新株の発行」に同一の内容を記載しているため、注記を
        省略しております。
                                102/127














                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【附属明細表】
       【有価証券明細表】
        該当事項はありません。
       【有形固定資産等明細表】

                                        当期末減価

                                                    差引当期末
                 当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額
        資産の種類                                              残高
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)
                                                     (千円)
                                        計額(千円)
     有形固定資産
      建物及び構築物               3,815      3,523      3,815      3,523       275      519     3,247

      工具、器具及び備品               1,833       848      449     2,232      1,118       702     1,114

       有形固定資産計             5,649      4,371      4,264      5,756      1,394      1,222      4,361

     無形固定資産

      ソフトウエア                 ―     670       ―     670       ―     67     603

      ソフトウエア仮勘定                810       ―     810       ―      ―      ―      ―

       無形固定資産計              810      670      810      670       ―     67     603

     長期前払費用                392       ―     392       ―      ―      ―      ―

     (注) 当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
        建物及び構築物         本社      事務所内附属設備              3,523千円
       【引当金明細表】

                                                   (単位:千円)
          科目          当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高
     貸倒引当金                      ―        7,474            ―        7,474
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                103/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             毎年7月1日から翌年6月30日まで

     定時株主総会             毎年9月

     基準日             毎年6月30日

     株券の種類              ―

                  毎年12月31日
     剰余金の配当の基準日
                  毎年6月30日
     1単元の株式数             100株
     株式の名義書換え(注1)

       取扱場所             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

       株主名簿管理人             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

                  みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                  みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店
       名義書換手数料             無料
       新券交付手数料              ―

     単元未満株式の買取り

       取扱場所             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部

       株主名簿管理人             東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社

                  みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                  みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店(注1)
       買取手数料             無料(注2)
                  当会社の公告は、電子公告とする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電
                  子公告による公告をすることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
     公告掲載方法
                  公告掲載URL
                  https://www.a-dot.co.jp/
     株主に対する特典             なし
     (注)   1.当社株式は、㈱東京証券取引所マザーズへの上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項
          に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
        2.単元未満株式の買取り手数料は、当社株式が㈱東京証券取引所マザーズに上場された日から「株式の売買の
          委託に係る手数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
        3.当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使できない旨定款に定め
          ております。
         (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)  会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)  株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                104/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、上場会社でないため金融商品取引法第24条の7第1項の適用がありません。
    2 【その他の参考情報】

      該当事項はありません。
                                105/127


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部 【特別情報】
    第1   【連動子会社の最近の財務諸表】

     当社は連動子会社を有しておりませんので、該当事項はありません。

                                106/127



















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部 【株式公開情報】
    第1   【特別利害関係者等の株式等の移動状況】

                      移動前

                                       移動後
          移動前      移動前            移動後      移動後
     移動                所有者の                      移動株数    価格(単価)
                                      所有者の
          所有者の      所有者の            所有者の      所有者の                     移動理由
     年月日               提出会社との                        (株)     (円)
                                     提出会社との
         氏名又は名称       住所          氏名又は名称       住所
                                       関係等
                      関係等
                                     特別利害関
                                     係者等(当社
                    特別利害関
                                               42,000,000
                                東京都
                                     代表取締役
                          有限会社T
                    係者等(当社
                                                 (7,000)
     平成28年          東京都
                                     が議決権の               資産管理会
                                板橋区舟渡
         伊達 晃洋           代表取締役      取締役                  6,000
                                     過半数を所            (注4)   社への譲渡
     9月1日          板橋区                 一丁目13番
                    社長、大株
                          伊達晃洋
                                     有 す る 会
                                10-2503
                    主上位10名)
                                     社、大株主
                                     上位10名)
               東京都
         株式会社      目黒区
                                                7,794,000
                    特別利害関
                                                  (866)
     平成30年     MUGEN      上目黒                 東京都                    所有者の
                                     外部協力者
                    係者等(大株      内山正宏                  9,000
                                     (注6)            (注4)
     6月18日     取締役      3-9-5                 目黒区                    事情による
                    主上位10名)
         内山正宏      プラージュ
               メグロ101
     (注)   1.当社は、㈱東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、同取引所が定める有価証券上場規程施
          行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基づき、特別利害関係者等(従業員持株会を除く。以
          下1において同じ)が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(平成28年7月1日)
          から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場前の公
          募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該株式
          等の移動の状況を同施行規則第219条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの
          部)」に記載するものとするとされております。
        2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動状況に係る記載内容に
          ついての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための事
          務組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当該
          記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所
          は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該請求に応じない状況にある旨を公表するこ
          とができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結果、上
          記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹事取引
          参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされておりま
          す。
        3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
         (1)  当社の特別利害関係者…………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下、「役員等」という。)、役員
                         等により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社並びに関係会社
                         及びその役員
         (2)  当社の大株主上位10名
         (3)  当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
         (4)  金融商品取引業者(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業務を行う者に限る。)及びその
           役員並びに金融商品取引業者の人的関係会社及び資本的関係会社
        4.移動価格は、類似会社比準方式により算出した価格であります。
        5.平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
          行っておりますが、上記平成28年9月1日移動の「移動株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「移
          動株数」及び「価格(単価)」を記載しております。
        6.当該移動により、特別利害関係者等(大株主上位10名)となりました。
                                107/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【第三者割当等の概況】
    1 【第三者割当等による株式等の発行の内容】

           項目              株式②             株式③             株式④

     発行年月日                 平成28年9月6日             平成29年5月31日             平成29年9月29日

     種類                   普通株式             普通株式             普通株式

     発行数                    180株            1,820株             360株

                        7,000円            30,000円             30,000円
     発行価格
                        (注)4             (注)4             (注)4
     資本組入額                   3,500円            15,000円             15,000円
     発行価額の総額                  1,260,000円            54,600,000円             10,800,000円

     資本組入額の総額                   630,000円            27,300,000円             5,400,000円

     発行方法                  有償第三者割当             有償第三者割当             有償第三者割当

     保有期間等に関する確約                     ―             ―           (注)2

           項目              株式⑤

     発行年月日                 平成30年9月29日

     種類                   普通株式

     発行数                   26,000株

                         866円
     発行価格
                        (注)4
     資本組入額                    433円
     発行価額の総額                  22,516,000円

     資本組入額の総額                  11,258,000円

     発行方法                  有償第三者割当

     保有期間等に関する確約                    (注)2

                                108/127








                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           項目            新株予約権②             新株予約権③             新株予約権④
     発行年月日                 平成28年7月1日             平成29年7月18日             平成30年7月19日

                      新株予約権の付与             新株予約権の付与             新株予約権の付与
     種類
                    (ストック・オプション)             (ストック・オプション)             (ストック・オプション)
     発行数                 普通株式 1,890株             普通株式 2,110株            普通株式 82,000株
                        7,000円            30,000円             866円
     発行価格
                        (注)4             (注)4             (注)4
     資本組入額                   3,500円            15,000円             433円
     発行価額の総額                  13,230,000円             63,300,000円             71,012,000円

     資本組入額の総額                  6,615,000円            31,650,000円             35,506,000円

                    平成28年5月30日開催の             平成29年7月18日開催の             平成30年7月19日開催の
                    臨時株主総会において、             臨時株主総会において、             臨時株主総会において、
                    会社法第236条、第238             会社法第236条、第238             会社法第236条、第238
                    条、及び第239条の規定             条、及び第239条の規定             条、及び第239条の規定
     発行方法
                    に基づく新株予約権(ス             に基づく新株予約権(ス             に基づく新株予約権(ス
                    トック・オプション)の             トック・オプション)の             トック・オプション)の
                    付与に関する決議を行っ             付与に関する決議を行っ             付与に関する決議を行っ
                    ております。             ております。             ております。
     保有期間等に関する確約                     ―           (注)3             (注)3
     (注)   1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、㈱東京証券取引所の定める規則は、以下のと
          おりであります。
         (1)  同取引所の定める有価証券上場規程施行規則第255条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請
           日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、第三者割当等による募集株式の割当てを
           行っている場合(上場前の公募等による場合を除く。)には、新規上場申請者は、割当てを受けた者との間
           で、書面により募集株式の継続所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所へ
           の報告並びに当該書面及び報告内容の公衆縦覧その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うも
           のとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
         (2)  同取引所の定める同施行規則第259条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年
           度の末日から起算して1年前より後において、役員又は従業員等に報酬として新株予約権の割当てを行っ
           ている場合には、新規上場申請者は、割当てを受けた役員又は従業員等との間で書面により報酬として割
           当てを受けた新株予約権の所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報
           告その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該書面を同取引所が定めるところ
           により提出するものとされております。
         (3)  当社が、前2項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は上場申請の不受理又は受理の
           取消しの措置をとるものとしております。
         (4)  当社の場合、上場申請日直前事業年度の末日は、平成30年6月30日であります。
        2.同取引所の定める同施行規則第255条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた者との間で、
          割当てを受けた株式(以下「割当株式」という。)を、原則として、割当てを受けた日から上場日以後6ヶ月
          間を経過する日(当該日において割当株式に係る払込期日または払込期間の最終日以後1年間を経過してい
          ない場合には、割当株式に係る払込期日または払込期間の最終日以後1年間を経過する日)まで所有する等
          の確約を行っております。
        3.同取引所の定める同施行規則第259条第1項第1号の規定に基づき、当社は割当てを受けた役員又は従業員
          等との間で、報酬として割当てを受けた新株予約権を、原則として割当てを受けた日から上場日の前日また
          は新株予約権の行使を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
        4.発行価格は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)、純資産方式及び類似会社比準方式により
          算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
                                109/127





                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        6.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については以下のとおりであ
          ります。
                              新株予約権②                 新株予約権③

          行使時の払込金額                  1株につき7,000円                1株につき30,000円

                           平成30年7月2日から                 平成31年7月19日から
          行使期間
                           平成38年5月30日まで                 平成39年7月18日まで
                         「第二部 企業情報 第4提出会

                         社の状況 1 株式等の状況 
          行使の条件                                      同左
                         (2)新株予約権等の状況」に記載
                         のとおりであります。
          新株予約権の譲渡に関する


                                同上                 同左
          事項
                              新株予約権④

          行使時の払込金額                  1株につき866円

                           平成32年7月20日から
          行使期間
                           平成40年7月19日まで
                         「第二部 企業情報 第4提出会

                         社の状況 1 株式等の状況 
          行使の条件
                         (2)新株予約権等の状況」に記載
                         のとおりであります。
          新株予約権の譲渡に関する


                                同上
          事項
        7.平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
          行っておりますが、平成29年11月30日以前の「発行数」、「発行価格」及び「資本組入額」は当該株式分割
          前の「発行数」、「発行価格」及び「資本組入額」を記載しております。
                                110/127







                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【取得者の概況】
      株 式②
                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
    ㈱MUGEN            東京都目黒区
                                           1,260,000
    代表取締役 内山正宏            上目黒3-9-5            飲食店の運営           180         当社の取引先
                                             (7,000)
    資本金 9百万円            プラージュメグロ101
     (注) 平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
        行っておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単
        価)」を記載しております。
                                111/127

















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      株 式③
                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
                                           22,500,000      顧問弁護士事務
    瓜生健太郎            東京都文京区            弁護士           750
                                            (30,000)     所代表
                                           6,000,000
    玉塚元一            東京都渋谷区            会社役員           200         外部協力者
                                             (30,000)
    ㈱リヴァンプ            東京都港区北青山
                             経営支援・経
                                           3,000,000
    代表取締役 湯浅智之            2-12-16            営コンサル           100         外部協力者
                                             (30,000)
                             ティング
    資本金 100百万円            北青山吉川ビル3F
                                           3,000,000
    田中雅人            東京都港区            会社役員           100         外部協力者
                                            (30,000)
                                           3,000,000
    辻秀一            東京都渋谷区            会社役員           100         外部協力者
                                             (30,000)
                                           3,000,000
    寺田航平            東京都渋谷区            会社役員           100         外部協力者
                                            (30,000)
                                           3,000,000
    海老根智仁            神奈川県逗子市            会社役員           100         外部協力者
                                            (30,000)
                                           3,000,000
    松崎文治            千葉県市川市            会社役員           100         当社監査役
                                            (30,000)
                                           3,000,000
    髙森浩一            京都府向日市            会社役員           100         当社監査役
                                             (30,000)
                                           3,000,000
    松木大輔            東京都文京区            弁護士           100         外部協力者
                                            (30,000)
                                           2,100,000
    竹川敦史            東京都世田谷区            会社役員            70        外部協力者
                                            (30,000)
     (注) 平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
        行っておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単
        価)」を記載しております。
                                112/127












                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      株 式④
                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
    エードット社員持株会            東京都渋谷区渋谷
                                           10,800,000      当社の社員持株
                             社員持株会           360
                                             (30,000)     会
    理事長 柏﨑智美            2-16-1
     (注) 平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
        行っておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単
        価)」を記載しております。
      株 式⑤

                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
                                                 特別利害関係者等
    エードット社員持株会            東京都渋谷区渋谷
                                           22,516,000      (大株主上位10名)
                             社員持株会          26,000
                                              (866)   当社の社員持株
    理事長 柏﨑智美            2-16-1
                                                 会
      新株予約権②

                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
                                           10,500,000
    清田 卓生            神奈川県藤沢市            会社役員          1,500          当社従業員
                                             (7,000)
                                            210,000     特別利害関係者等
    飯田 修平            東京都武蔵野市            会社役員            30
                                             (7,000)     (子会社取締役)
                                            140,000
    増井 健一郎            東京都渋谷区            会社役員            20        外部協力者
                                             (7,000)
                                             35,000    特別利害関係者等
    中村 近史            東京都品川区            会社役員             5
                                             (7,000)     (当社取締役)
                                             35,000    特別利害関係者等
    林 晋吾            東京都新宿区            会社役員             5
                                             (7,000)     (当社監査役)
     (注)   1.平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
          行っておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単
          価)」を記載しております。
        2.上記のほか、新株予約権証券の目的である株式の総数が1,000株以下の従業員は19名であり、その株式の総
          数は330株であります。
        3.退職等により当社取締役2名、当社監査役1名、子会社取締役1名及び従業員5名1,620株分の権利が喪失
          しております。
                                113/127









                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      新株予約権③
                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
                                           16,500,000      特別利害関係者等
    牧野 圭太            東京都目黒区            会社役員           550
                                             (30,000)     (当社取締役)
                                           3,000,000      特別利害関係者等
    仲亀 敦            神奈川県川崎市中原区            会社役員           100
                                            (30,000)     (当社取締役)
                                           3,000,000      特別利害関係者等
    清田 卓生            神奈川県藤沢市            会社役員           100
                                            (30,000)     (当社取締役)
                                           3,000,000      特別利害関係者等
    長谷川 哲士            東京都渋谷区            会社役員           100
                                            (30,000)     (子会社取締役)
                                            900,000     特別利害関係者等
    星 翔太            東京都世田谷区            会社役員            30
                                            (30,000)     (子会社取締役)
                                            900,000     特別利害関係者等
    五十嵐 雅彦            東京都大田区            会社役員            30
                                            (30,000)     (子会社取締役)
                                            300,000
    阿部 慎史            東京都江東区            税理士            10        外部協力者
                                            (30,000)
                                            300,000
    和田 圭史            東京都中央区            会社役員            10         外部協力者
                                             (30,000)
     (注)   1.平成29年11月15日開催の取締役会決議により、平成29年12月1日付で普通株式1株につき50株の株式分割を
          行っておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単
          価)」を記載しております。
        2.上記のほか、新株予約権証券の目的である株式の総数が1,000株以下の従業員(子会社従業員を含む)は37
          名であり、その株式の総数は1,180株であります。
        3.退職等により当社取締役1名及び従業員5名230株分の権利が喪失しております。
                                114/127













                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      新株予約権④
                              取得者の
       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                             事業の内容等
                                           10,392,000
    小野川 翼            神奈川県横浜市鶴見区            会社員          12,000          当社従業員
                                              (866)
                                           7,794,000      特別利害関係者等
    戴 蓉            東京都台東区            会社役員          9,000
                                              (866)   (子会社取締役)
                                           7,361,000      特別利害関係者等
    牧野 圭太            東京都目黒区            会社役員          8,500
                                              (866)   (当社取締役)
                                           4,330,000      特別利害関係者等
    玉塚 元一            東京都渋谷区            会社役員          5,000
                                              (866)   (当社取締役)
                                           4,330,000      特別利害関係者等
    永田 謙介            東京都八王子市            会社役員          5,000
                                              (866)   (子会社取締役)
                                           4,330,000      特別利害関係者等
    中田 雅之            東京都千代田区            会社役員          5,000
                                              (866)   (子会社取締役)
                                           4,286,700
    吉田 光志            東京都目黒区            会社員          4,950          当社従業員
                                              (866)
                                           3,031,000
    和田 圭史            東京都中央区            会社員          3,500          当社従業員
                                              (866)
                                           2,165,000
    長屋 聖士            東京都目黒区            会社員          2,500          当社従業員
                                              (866)
                                           1,732,000
    池谷 敬            東京都世田谷区            会社員          2,000          当社従業員
                                              (866)
                                           1,299,000      特別利害関係者等
    長谷川 哲士            東京都渋谷区            会社役員          1,500
                                              (866)   (子会社取締役)
                                           1,299,000      特別利害関係者等
    阿部 慎史            東京都江東区            税理士          1,500
                                              (866)   (当社取締役)
                                           1,299,000
    飯田 祐一郎            茨城県牛久市            会社役員          1,500          外部協力者
                                              (866)
                                           1,299,000
    岩本 大河            東京都葛飾区            会社員          1,500          当社従業員
                                              (866)
                                            866,000
    飯田 修平            東京都武蔵野市            会社役員          1,000          外部協力者
                                              (866)
                                            866,000     特別利害関係者等
    五十嵐 雅彦            東京都大田区            会社役員          1,000
                                              (866)   (子会社取締役)
                                            866,000
    宮崎 成人            東京都江東区            会社役員          1,000          外部協力者
                                              (866)
                                            866,000
    鈴木 範子            東京都中央区            会社役員          1,000          外部協力者
                                              (866)
                                            433,000     特別利害関係者等
    星 翔太            東京都世田谷区            会社役員           500
                                              (866)   (子会社取締役)
     (注)   1.上記のほか、新株予約権証券の目的である株式の総数が1,000株以下の従業員(子会社従業員を含む)は48
          名であり、その株式の総数は14,050株であります。
        2.退職等により従業員1名50株分の権利が喪失しております。
    3 【取得者の株式等の移動状況】

      該当事項はありません。
                                115/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【株主の状況】
                                                  株式(自己株式

                                                   を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所                     総数に対する
                                             (株)
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
     伊達 晃洋    ※1,2,6                東京都板橋区                        1,250,000          61.02
     ㈲T                   ※1,5

                     東京都板橋区舟渡1-13-10-2503                         300,000         14.65
                                              95,000         4.64
     仲亀 敦        ※3                神奈川県川崎市中原区
                                              (95,000)         (4.64)
     ㈱ワンセンチュリーカンパニー
                     東京都目黒区大橋1-2-5KSビル5階                         75,000         3.66
                 ※1
     エードット社員持株会  ※1                東京都渋谷区渋谷2-16-1                         44,000         2.15
     瓜生 健太郎      ※1                東京都文京区                         37,500         1.83

                                              36,000         1.76
     牧野 圭太                ※4,6
                     東京都目黒区
                                              (36,000)         (1.76)
                                              15,000         0.73
     玉塚 元一                ※1,4
                     東京都渋谷区
                                              (5,000)        (0.24)
                                              15,000         0.73
     小野川 翼                ※6,7
                     神奈川県横浜市鶴見区
                                              (15,000)         (0.73)
                                              14,950         0.73
     吉田 光志       ※7                東京都世田谷区
                                              (14,950)         (0.73)
                                              12,500         0.61
     池谷 敬        ※7                東京都世田谷区
                                              (12,500)         (0.61)
     内山 正宏       ※1                東京都目黒区                          9,000        0.44
                                               9,000        0.44
     戴 蓉           ※6,7
                     東京都台東区
                                              (9,000)        (0.44)
                                               8,500        0.41
     中川 竜一郎      ※7                東京都杉並区
                                              (8,500)        (0.41)
                                               6,500        0.32
     長谷川 哲士               ※6,7
                     東京都渋谷区
                                              (6,500)        (0.32)
                                               5,500        0.27
     柴田 賢藏       ※8                東京都渋谷区
                                               (5,500)         (0.27)
     田中 雅人       ※1                東京都港区                          5,000        0.24
     辻 秀一                 ※1,6

                     東京都渋谷区                          5,000        0.24
     寺田 航平       ※1                東京都渋谷区                          5,000        0.24

     海老根 智仁      ※1                神奈川県逗子市                          5,000        0.24

                     東京都港区北青山2-12-16
     ㈱リヴァンプ      ※1                                          5,000        0.24
                     北青山吉川ビル3F
     松崎 文治                ※1,4
                     千葉県市川市                          5,000        0.24
     髙森 浩一       ※1                京都府向日市                          5,000        0.24

     松木 大輔                ※1,4

                     東京都文京区                          5,000        0.24
                                               5,000        0.24
     永田 謙介                ※6,7
                     東京都八王子市
                                              (5,000)        (0.24)
                                               5,000        0.24
     中田 雅之                ※6,7
                     東京都千代田区
                                              (5,000)        (0.24)
                                               4,000        0.20
     和田 圭史       ※7                東京都中央区
                                              (4,000)        (0.20)
                                               3,550        0.17
     柏﨑 智美       ※7                神奈川県横浜市西区
                                              (3,550)        (0.17)
                                116/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                  株式(自己株式
                                                   を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所                     総数に対する
                                             (株)
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
     竹川 敦史                東京都世田谷区                          3,500        0.17
                                               2,750        0.13
     三栖 一馬       ※7                東京都渋谷区
                                              (2,750)        (0.13)
                                               2,750        0.13
     小林 竜太       ※7                東京都渋谷区
                                              (2,750)        (0.13)
                                               2,500        0.12
     五十嵐 雅彦               ※6,7
                     東京都世田谷区
                                              (2,500)        (0.12)
                                               2,500        0.12
     長屋 聖士       ※7                東京都目黒区
                                              (2,500)        (0.12)
                                               2,050        0.10
     山中 泰子       ※7                東京都杉並区
                                              (2,050)        (0.10)
                                               2,000        0.10
     星 翔太                 ※6,7
                     東京都世田谷区
                                              (2,000)        (0.10)
                                               2,000        0.10
     阿部 良太       ※7                東京都世田谷区
                                              (2,000)        (0.10)
                                               2,000        0.10
     阿部 慎史       ※4                東京都江東区
                                              (2,000)        (0.10)
                                               1,800        0.09
     植木 嚴        ※7                東京都大田区
                                              (1,800)        (0.09)
                                               1,800        0.09
     石曽根 徹也      ※7                東京都世田谷区
                                              (1,800)        (0.09)
                                               1,800        0.09
     金 瑞瑛        ※7                神奈川県大和市
                                              (1,800)        (0.09)
                                               1,550        0.08
     村西 隆太       ※7                東京都世田谷区
                                              (1,550)        (0.08)
                                               1,500        0.07
     飯野 歩        ※7                東京都目黒区
                                              (1,500)        (0.07)
                                               1,500        0.07
     飯田 祐一郎                茨城県牛久市
                                              (1,500)        (0.07)
                                               1,500        0.07
     岩本 大河       ※7                東京都葛飾区
                                              (1,500)        (0.07)
                                               1,250        0.06
     井上 裕一       ※8                東京都目黒区
                                              (1,250)        (0.06)
                                               1,050        0.05
     工藤 菜々実      ※7                東京都品川区
                                              (1,050)        (0.05)
                                               1,050        0.05
     森 宗太        ※7                千葉県浦安市
                                              (1,050)        (0.05)
                                               1,000        0.05
     増井 健一郎                東京都渋谷区
                                              (1,000)        (0.05)
                                               1,000        0.05
     橋本 あや       ※7                東京都品川区
                                              (1,000)        (0.05)
                                               1,000        0.05
     飯田 修平          
                     東京都武蔵野市
                                              (1,000)        (0.05)
                                               1,000        0.05
     宮崎 成人                東京都江東区
                                              (1,000)        (0.05)
                                               1,000        0.05
     鈴木 範子                東京都中央区
                                              (1,000)        (0.05)
                                               2,400        0.12
     所有株式数800株の株主3名                           ―
                                              (2,400)        (0.12)
                                               4,950        0.24
     所有株式数550株の株主9名                           ―
                                              (4,950)        (0.24)
                                               6,500        0.32
     所有株式数500株の株主13名                           ―
                                              (6,500)        (0.32)
                                               1,750        0.09
     所有株式数250株の株主7名                           ―
                                              (1,750)        (0.09)
                                             2,048,450         100.00
            計                    ―
                                             (279,450)         (13.64)
                                117/127



                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   1.「氏名又は名称」欄の※の番号は、次のとおり株主の属性を示します。
          1 特別利害関係者等(大株主上位10名) 2 特別利害関係者等(当社代表取締役社長) 3 特別利害関係
          者等(当社取締役副社長) 4 特別利害関係者等(当社取締役) 5 特別利害関係者等(当社代表取締役が
          議決権の過半数を所有する会社) 6 特別利害関係者等(子会社取締役) 7 当社従業員 8 子会社従
          業員
        2.(  )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
        3.株式総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
                                118/127


















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年2月15日

    株式会社エードット
     取締役会 御中
                         監査法人A&Aパートナーズ

                           指定社員

                                    公認会計士       加 賀 美  弘 明            印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       齋  藤  晃  一            印
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社エードットの平成29年7月1日から平成30年6月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連
    結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、
    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社エードット及び連結子会社の平成30年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
    成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                119/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    強調事項
     重要な後発事象1に記載されているとおり、会社は平成30年7月19日開催の臨時株主総会及び平成30年7月19日開催
    の取締役会において、ストック・オプションとして新株予約権を発行することを決議し、発行している。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出
         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                120/127
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年2月15日

    株式会社エードット
     取締役会 御中
                         監査法人A&Aパートナーズ

                           指定社員

                                    公認会計士       加 賀 美  弘 明            印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       齋  藤  晃  一            印
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社エードットの平成29年7月1日から平成30年6月30日までの第6期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借
    対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社エードットの平成30年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点に
    おいて適正に表示しているものと認める。
                                121/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    強調事項
     重要な後発事象1に記載されているとおり、会社は平成30年7月19日開催の臨時株主総会及び平成30年7月19日開催
    の取締役会において、ストック・オプションとして新株予約権を発行することを決議し、発行している。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出
         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                122/127
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年2月15日

    株式会社エードット
     取締役会 御中
                         監査法人A&Aパートナーズ

                           指定社員

                                    公認会計士       加 賀 美  弘 明            印
                           業務執行社員
                           指定社員

                                    公認会計士       齋  藤  晃  一            印
                           業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社エードットの平成28年7月1日から平成29年6月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連
    結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、
    連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項及びその他の注記について監査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社エードット及び連結子会社の平成29年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
    成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                123/127






                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    強調事項
     1.重要な後発事象1に記載されているとおり、会社は平成29年7月18日開催の臨時株主総会及び平成29年7月18日
      開催の取締役会において、ストック・オプションとして新株予約権を発行することを決議し、発行している。
     2.重要な後発事象3に記載されているとおり、会社は平成29年1月5日にセールスプロモーションサービスの一部
      事業を譲渡することについての事業譲渡基本合意書を締結し、平成29年7月1日付けで事業譲渡を行っている。
     当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

     (注)   1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券届出書提出
         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                124/127
















                                                           EDINET提出書類
                                                      株式会社エードット(E34748)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        独立監査人の監査報告書
                                                   平成31年2月15日

    株式会社エードット
     取締役会 御中
                         監査法人A&Aパートナーズ

                           指定社員

                         &