価値開発株式会社 臨時報告書

このエントリーをはてなブックマークに追加

臨時報告書 著しい影響 特別損失

提出日:

提出者:価値開発株式会社

カテゴリ:臨時報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       価値開発株式会社(E00521)
                                                              臨時報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    臨時報告書

      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月21日
      【会社名】                    価値開発株式会社
      【英訳名】                    KACHIKAIHATSU       CO.LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 高倉 茂
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区岩本町一丁目12番3号
      【電話番号】                    03(5822)3010       (代)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長 秋山 耕一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区岩本町一丁目12番3号
      【電話番号】                    03(5822)3010       (代)
      【事務連絡者氏名】                    取締役管理本部長 秋山 耕一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/2














                                                           EDINET提出書類
                                                       価値開発株式会社(E00521)
                                                              臨時報告書
     1【提出理由】
       当社及び当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に著しい影響を与える事象が発生いたし
      ましたので、金融商品取引法第24条の5第4項並びに企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第12号及び第19
      号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
     2【報告内容】

      1.当該事象の発生年月日
        2019年2月20日(取締役会決議日)
      2.当該事象の内容

      (1)   ホテル事業
        当社グループでは、東日本大震災より震災復興に従事される方やボランティアに参加される方が安心して宿泊し
       て頂ける宿泊施設の提供を目的に、宮城県及び福島県において『バリュー・ザ・ホテル』の運営を行っております
       が、震災復興関連宿泊需要の低迷などにより稼働率が低下しており、今後大幅な改善を見込むことが難しい状況と
       なっております。そのため、当社グループの収益性の低下がみられる『バリュー・ザ・ホテル』に係る固定資産に
       つ いて「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき、減損損失1,642百万円(建物及び構築物1,627百万円、その他15
       百万円)を特別損失として計上いたします。
        また、当社グループでは、当社の連結子会社                     である株式会社プレミアリゾートオペレーションズの株式を取得し
       た際ののれん45百万円を計上しておりましたが、今後の当該のれんの回収可能性を検討した結果、当該のれんにつ
       いて減損損失45百万円を特別損失として計上いたします。
      (2)   不動産事業

        当社グループでは、長らく不動産事業を営み収益物件等を保有してまいりましたが、今後は、当社グループのメ
       イン事業であるホテル事業に経営資源を集中し、不動産事業につきましては、保有する収益物件等の売却を進めて
       いくこととしました。そのため、当社グループが保有する収益物件等について「固定資産の減損に係る会計基準」
       に基づき、減損損失を特別損失として計上いたします。
        当社の保有する収益物件等について減損損失474百万円(土地57百万円、投資不動産410百万円及び長期前払費用7
       百万円)を特別損失として計上いたします。
        当社の連結子会社である朝里川温泉開発株式会社が保有する土地について減損損失74百万円を特別損失として計
       上いたします。
      3.当該事象の損益及び連結損益に与える影響額

        当該事象の発生により、2019年3月期において、下記のとおり減損損失を特別損失として計上いたします。
       〈個別〉
        減損損失   474百万円
       〈連結〉
        減損損失  2,235百万円
                                                         以 上

                                 2/2







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。