株式会社不二越 有価証券報告書 第136期(平成29年12月1日-平成30年11月30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

有価証券報告書-第136期(平成29年12月1日-平成30年11月30日)

提出日:

提出者:株式会社不二越

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                  有価証券報告書

      【根拠条文】                  金融商品取引法第24条第1項

      【提出先】                  関東財務局長

      【提出日】                  平成31年2月20日

      【事業年度】                  第136期(自 平成29年12月1日 至 平成30年11月30日)

      【会社名】                  株式会社不二越

      【英訳名】                  NACHI-FUJIKOSHI          CORP.

      【代表者の役職氏名】                  代表取締役社長  坂本               淳

      【本店の所在の場所】                  東京都港区東新橋一丁目9番2号(汐留住友ビル)

                        (上記は登記上の本店所在地であり、実際の経理業務は主に下記の
                        場所で行っております。)
                        富山県富山市不二越本町一丁目1番1号
      【電話番号】                  076(423)5111(代表)
      【事務連絡者氏名】                  執行役員財務部長  澤﨑 裕一

      【最寄りの連絡場所】                  東京都港区東新橋一丁目9番2号(汐留住友ビル)

      【電話番号】                  03(5568)5111(代表)

      【事務連絡者氏名】                  取締役経営企画部長 古澤 哲

      【縦覧に供する場所】                  株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/81










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)  連結経営指標等
               回次              第132期       第133期       第134期       第135期       第136期
              決算年月             平成26年11月       平成27年11月       平成28年11月       平成29年11月       平成30年11月

                     (百万円)       218,225       218,535       211,449       237,461       252,209
     売上高
                     (百万円)        18,419       17,316       7,765      14,690       13,901
     経常利益
                     (百万円)        9,934      11,593       3,929       9,747       8,945
     親会社株主に帰属する当期純利益
                     (百万円)        17,603       12,056      △ 2,404      17,772       4,316
     包括利益
                     (百万円)        97,569      109,306       104,415       119,399       121,076
     純資産額
                     (百万円)       255,680       268,112       269,438       299,155       297,200
     総資産額
                      (円)      3,709.09       4,143.13       3,945.99       4,543.01       4,609.38
     1株当たり純資産額
                      (円)       399.77       469.03       158.32       392.24       359.96

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり

                      (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                      (%)        35.8       38.3       36.4       37.7       38.5
     自己資本比率
                      (%)        11.8       11.9       3.9       9.2       7.9
     自己資本利益率
                      (倍)        17.5       12.3       27.7       18.0       13.5
     株価収益率
     営業活動による
                     (百万円)        18,699       13,855       15,866       25,958       20,207
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)       △ 19,159      △ 22,017      △ 23,418      △ 19,527      △ 18,110
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)        4,416       6,777       7,137      △ 3,874      △ 2,582
     キャッシュ・フロー
                     (百万円)        23,469       21,487       20,093       22,537       21,778
     現金及び現金同等物の期末残高
                              6,296       6,557       6,775       7,202       7,484
     従業員数
                      (人)
     [外、平均臨時雇用人員]                         [ 744  ]     [ 738  ]     [ 737  ]     [ 743  ]     [ 743  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第132期の期首に当該
           株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (2)  提出会社の経営指標等
               回次              第132期       第133期       第134期       第135期       第136期
              決算年月             平成26年11月       平成27年11月       平成28年11月       平成29年11月       平成30年11月

                     (百万円)       166,325       170,996       160,841       181,747       188,055
     売上高
                     (百万円)        12,659       13,154       1,620       7,793       6,277
     経常利益
                     (百万円)        6,895       9,357       1,117       5,692       4,616
     当期純利益
                     (百万円)        16,074       16,074       16,074       16,074       16,074
     資本金
                      (千株)       249,193       249,193       249,193       249,193       24,919
     発行済株式総数
                     (百万円)        66,995       77,146       75,292       82,859       81,670
     純資産額
                     (百万円)       195,799       205,724       213,196       231,832       230,539
     総資産額
                      (円)      2,714.39       3,116.71       3,029.47       3,334.22       3,286.64
     1株当たり純資産額
                              8.00      10.00       10.00       10.00      100.00
     1株当たり配当額
                      (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
                      (円)       277.48       378.55       45.04      229.06       185.79

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり

                      (円)         -       -       -       -       -
     当期純利益
                      (%)        34.2       37.5       35.3       35.7       35.4
     自己資本比率
                      (%)        10.7       13.0       1.5       7.2       5.6
     自己資本利益率
                      (倍)        25.3       15.3       97.6       30.8       26.1
     株価収益率
                      (%)        28.8       26.4      222.2       43.7       53.8
     配当性向
                              2,797       2,846       2,945       3,072       3,147
     従業員数
                      (人)
     [外、平均臨時雇用人員]                         [ 431  ]     [ 447  ]     [ 470  ]     [ 463  ]     [ 466  ]
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第132期の期首に当該
           株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額および                            1株当たり当期純利益          を算定しております。
                                  3/81









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       年  月                          沿  革
     昭和3年12月       機械工具国産化のため不二越鋼材工業株式会社を富山市に創立。
     昭和4年3月       金切りのこ刃の製造販売開始。
     昭和6年10月       ドリルの製造販売開始。
     昭和13年9月       富山市東富山に製鋼所(現マテリアル製造所)を新設し、素材から製品までの一貫生産体制を確立。
     昭和14年1月       ベアリングの製造販売開始。
     昭和18年8月       工作機械の製造販売開始。
     昭和24年5月       東京証券取引所に株式を上場。
     昭和33年10月       油圧機器の製造販売開始。
     昭和37年2月       事業部制を採用(工具、ベアリング、機器、鋼材(現マテリアル)部門発足)。
     昭和37年8月       アメリカ・ニューヨーク州に販売会社NACHI                     AMERICA    INC.を設立。
     昭和38年8月       社名を株式会社不二越に改称。
     昭和42年7月       ドイツ・ウェストファーレン州に販売会社NACHI(GERMANY)GmbH(現NACHI                                   EUROPE    GmbH)を設立。
     昭和44年5月       産業用ロボットの製造販売開始。
     昭和45年8月       工作機械、油圧機器部門発足(機器部門を分割)。
     昭和47年7月       ブラジル・サンパウロ州に工具・ベアリング製造会社NACHI                            DO  BRASIL    INDUSTRIA     E COMERCIO
            LTDA.(現NACHI        BRASIL    LTDA.)を設立。
     昭和54年3月       シンガポールに工具製造会社NACHI                 INDUSTRIES      PTE.   LTD.を設立。
     昭和59年6月       ロボット部門発足。
     昭和62年7月       台湾・桃園県に建信啓記股份有限公司と合弁でベアリング製造会社建越工業股份有限公司を設立。
     昭和63年5月       韓国・慶尚南道梁山市に大成産業株式会社と合弁で油圧機器製造会社大成NACHI油圧工業株式会社を
            設立。
     昭和63年10月       アメリカ・インディアナ州にベアリング製造会社NACHI                          TECHNOLOGY      INC.を設立。
     平成元年1月       フィリピン・マニラ市に工具製造会社NACHI                     PILIPINAS     INDUSTRIES,INC.を設立。
     平成元年2月       アメリカ・ミシガン州にロボット販売会社NACHI                       ROBOTIC    SYSTEMS    INC.を設立。
     平成11年12月       タイ・ラヨーン県にベアリング製造会社NACHI                      TECHNOLOGY(THAILAND)CO.,              LTD.を設立。
     平成12年4月       国内販売会社を統合再編し、株式会社ナチ関東、株式会社ナチ関西、株式会社ナチ東海、株式会社ナチ
            北陸へ社名変更。
     平成15年10月       チェコ・ローニー市にベアリング製造会社NACHI                       CZECH   s.r.o.を設立。
     平成16年1月       中国・上海市にベアリング製造会社上海不二越精密軸承有限公司を設立。
     平成16年7月       中国・上海市に販売会社那智不二越(上海)貿易有限公司                           (現   不二越(中国)有限公司)           を設立。
     平成17年9月       アメリカ・ノースカロライナ州に工具製造会社NACHI                         PRECISION     NORTH   CAROLINA     INC.(現NACHI       TOOL
            AMERICA    INC.)を設立。
     平成19年6月       常盤産業株式会社を株式の追加取得により子会社化し、株式会社ナチ常盤へ社名変更。
     平成21年5月       切削工具の再研削・再コーティング事業の中核拠点として、株式会社ナチツールエンジニアリングを設
            立。
     平成24年3月       中国・江蘇省張家港市に製造会社那智不二越(江蘇)精密機械有限公司を設立。
     平成24年3月       インド・ラジャスタン州にベアリング製造・販売会社NACHI                            KG  TECHNOLOGY      INDIA   PVT.   LTD.(現NACHI
            TECHNOLOGY      INDIA   PVT.   LTD.)を設立。
     平成26年9月       メキシコ・ケレタロ州にベアリング製造会社NACHI                        TECHNOLOGY      MEXICO    S.A.   DE  C.V.を設立。
     平成27年9月       タイ・ラヨーン県にベアリングの鍛造・旋削部品の製造会社NACHI                               FORGING    TECHNOLOGY     (THAILAND)
            CO.,LTD.を設立。
     平成29年8月       富山・東京の2本社体制を、東京へ一本化                    。
                                  4/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社、子会社56社および関連会社4社で構成され、機械工具、部品、その他の製造販売を主な事
       業としております。
        機械工具事業では、工具、工作機械、ロボットを製造販売しております。また、部品事業では、ベアリング、油圧
       機器を、その他の事業として、特殊鋼、工業炉等の製造販売を行っております。
        主に当社が製品の製造・販売を行っておりますが、製造の一部につきましては、国内および海外の関係会社に委託
       しております。販売につきましても、国内は、自動車メーカー等の大口需要家向け販売および中小口需要家向・市販
       ルートの販売を主として当社が行うほか、特定地域・分野の需要先に対しては、国内の販売会社を通じて行っており
       ます。海外については、現地の販売子会社等を通じて販売しております。
        事業の系統図は、次のとおりであります。
                                  5/81

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              関係内容
                      資本金
                               議決権の
                                    役員の兼任等
                      又は    主要な
        名称        住所                所有割合
                      出資金    事業の内容
                                                        設備の
                                (%)    当社
                                        当社    資金援助     営業上の取引
                     (百万円)                                   賃貸借
                                        職員
                                    役員
                                       (人)
                                    (人)
     (連結子会社)
                                                当社製品の加
     ㈱ナチツールエン                                                  設備機械を貸
             富山県富山市           20  機械工具      100.0     1   3   なし    工・再研削を
     ジニアリング                                                  与している。
                                                している。
     ㈱ナチロボットエ                                           当社製品を販売
             東京都港区             機械工具                  〃            なし
                         30        100.0     1   3
     ンジニアリング                                           している。
                                                当社生産設備の
                                 100.0
     ㈱ナチマシナリー                                      運転資金の     改造・修理・部
             富山県富山市           50  機械工具            1   6                〃
     エンジニアリング                                      貸付     品加工をしてい
                                 (44.1)
                                                る。
                                                当社製品を販売
     ㈱ナチ関東        東京都港区             部品                  なし             〃
                         60        100.0     2   2
                                                している。
     ㈱ナチ常盤        東京都港区           92  部品       59.7     1   3   〃      〃      〃

     ㈱ナチ関西        大阪市北区             部品                  〃      〃      〃

                         20        100.0     -    3
     ㈱ナチ東海        名古屋市名東区           10  部品      100.0     1   3   〃      〃      〃

     ㈱ナチ北陸        富山県富山市             部品                  〃      〃      〃

                         10        100.0     2   2
                                 100.0

                                                当社製品を製造
     ナチ精工㈱        富山県富山市           46  機械工具            1   3   〃            〃
                                                している。
                                 (49.9)
                                 100.0
     ㈱ナチツールジェ
             富山県富山市             機械工具                  〃      〃      〃
                         48             1   3
     ネシス
                                 (38.3)
                                 100.0
     ㈱ナチベアリング                                                  設備機械を貸
             富山県富山市           89  部品            1   3   〃      〃
     製造                                                  与している。
                                 (40.0)
                                 100.0
     ㈱ナチ富山ベアリ
             富山県富山市             部品                  〃      〃      なし
                         46             -    3
     ング
                                 (47.3)
                                 100.0
     ㈱ナチ日本海ベア
             富山県富山市           44  部品           -    3   〃      〃      〃
     リング
                                 (36.2)
                                 100.0
             富山県富山市             部品                  〃      〃      〃
     北陸金属工業㈱                   44             -    3
                                 (46.4)
                                 100.0
     ㈱ナチ八尾ベアリ
             富山県富山市           10  部品           -    3   〃      〃      〃
     ング
                                 (34.0)
                                 100.0
     ㈱ナチ立山ベアリ
             富山県富山市             部品                  〃      〃      〃
                         12             1   3
     ング
                                 (32.9)
                                 55.0
     ㈱ナチ東北精工        山形県山形市           234  部品            1   2   〃      〃      〃
                                 (1.2)
                                 100.0
     ㈱ナチハイドロリ
             富山県富山市             部品                  〃      〃      〃
                         48             1   3
     クス
                                 (35.3)
                                 100.0
                                                当社製品を加工
     トヤマ圧延㈱        富山県富山市           30  その他           -    3   〃            〃
                                                している。
                                 (31.2)
     ㈱ナチツール                                      運転資金の
                                                当社製品を製造
             富山県滑川市             機械工具                               〃
                         10         51.0     1   2
                                                している。
     テクノロジー                                       貸付
                                  6/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                                              関係内容
                      資本金
                               議決権の
                                    役員の兼任等
                      又は    主要な
        名称        住所                所有割合
                      出資金    事業の内容
                                                        設備の
                                (%)    当社   当社    資金援助     営業上の取引
                     (百万円)                                   賃貸借
                                        職員
                                    役員
                                       (人)
                                    (人)
                                                コンピュータシ
     ㈱不二越情報
             富山県富山市           40  その他      100.0     2   1   なし    ステム業務を委         なし
     システム
                                                託している。
                                                人事・総務関連
     ㈱不二越
             富山県富山市             その他                  〃   業務を委託して         〃
                         10        100.0     1   3
     コムサ-ビス
                                                いる。
                                 100.0
     ㈱ナチロジスティ                                           当社製品の輸送
             富山県富山市           60  その他            2   1   〃            〃
     クス                                           をしている。
                                 (36.9)
             アメリカ       千米ドル
     NACHI   AMERICA
                                                当社製品を販売
                          部品                  〃            〃
                                 100.0     2   2
                                                している。
     INC.(注3)
             インディアナ州          56,160
                     千米ドル
             アメリカ                    100.0
     NACHI   ROBOTIC
                          機械工具           -    3   〃      〃      〃
     SYSTEMS   INC.
             ミシガン州          2,000
                                (100.0)
     Specialty
             アメリカ       千米ドル             51.0
     Tooling   Systems,                  機械工具                  〃      〃      〃
                                      1   1
             ミシガン州          1,392         (51.0)
     Inc.
                     千カナダドル
             カナダ                    100.0
     NACHI   CANADA
                          部品           -    1   〃      〃      〃
     INC.
             オンタリオ州           330        (100.0)
                     千メキシコ
                                 100.0
     NACHI   MEXICANA,
             メキシコ
                     ペソ      部品                  〃      〃      〃
                                      1   2
     S.A.DE   C.V.     メキシコ市
                                 (99.9)
                       13,306
                     千米ドル
             アメリカ                    100.0
     NACHI   TECHNOLOGY
                                                当社製品を製造
                          部品           -    2   〃            〃
                                                している。
     INC.
             インディアナ州          15,000
                                (100.0)
                     千米ドル            100.0
     NACHI   TOOL
             アメリカ
                          機械工具                  〃      〃      〃
                                      -    2
     AMERICA   INC.     インディアナ州
                       1,000         (100.0)
                     千メキシコペ
     NACHI   TECHNOLOGY
                                           運転資金の
             メキシコ
     MEXICO   S.A.  DE          ソ      部品      100.0     -    1         〃      〃
             ケレタロ州
                                            貸付
     C.V.
                       196,845
                     千メキシコペ
     NACHI-TOKIWA
                                 59.7               当社製品を販売
             メキシコ
     MEXICO   S.A.  DE
                     ソ      部品                  なし             〃
                                      1   1
             グアナフアト州
                                 (59.7)               している。
     C.V.
                       5,127
     NACHI   BRASIL
             ブラジル       千レアル                           当社製品を製造
                          部品      100.0     -    2   〃            〃
     LTDA.
             サンパウロ州                                  している。
                       32,578
     (注3)
             ドイツ
                     千ユーロ
     NACHI   EUROPE
                                                当社製品を販売
             ウェストファー             部品      100.0     1   2   〃            〃
                                                している。
     GmbH
                       1,615
             レーン州
             チェコ       千コルナ
     NACHI   CZECH
                                                当社製品を製造
                          部品                  〃            〃
                                 100.0     -    1
                                                している。
     s.r.o.
             ローニ-市
                       328,130
                     千シンガポー
             シンガポール
     NACHI   SINGAPORE
                                                当社製品を販売
                     ルドル      部品      100.0     1   1   〃            〃
                                                している。
     PTE.LTD.
             シンガポール市
                        540
     NACHI   TECHNOLOGY
             タイ       千バーツ
                                                当社製品を製造
                          部品                  〃            〃
                                 100.0     1   ▶
     (THAILAND)
                                                している。
             ラヨーン県
                      1,176,000
     CO.,LTD.(注3)
     NACHI   FORGING
                     千バーツ
             タイ
     TECHNOLOGY
                          部品      100.0     1   ▶   〃      〃      〃
                       590,000
     (THAILAND)
             ラヨーン県
     CO.,LTD.(注3)
     NACHI
                     千シンガポー
             シンガポール
                     ルドル      機械工具      100.0     1   2   〃      〃      〃
     INDUSTRIES,
             シンガポール市
                       5,000
     PTE.LTD.
                     千フィリピ
             フィリピン
     NACHI   PILIPINAS
                     ンペソ
                          機械工具      100.0     1   2   〃      〃      〃
     INDUSTRIES,INC.
             マニラ市
                       50,000
                                  7/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                                              関係内容
                      資本金
                               議決権の
                                    役員の兼任等
                      又は    主要な
        名称        住所                所有割合
                      出資金    事業の内容
                                                        設備の
                                (%)    当社   当社    資金援助     営業上の取引
                     (百万円)                                   賃貸借
                                        職員
                                    役員
                                       (人)
                                    (人)
     FUJIKOSHI-NACHI
                     千リンギット
             マレーシア                    100.0
                                                当社製品を販売
     (MALAYSIA)                     機械工具           -    2   なし            なし
                                                している。
             セランゴア市          1,000
                                (100.0)
     SDN.BHD.
             ベトナム       千ドン            100.0
     NACHI   VIETNAM 
                          機械工具                  〃      〃      〃
                                      -    1
     CO.,LTD.
             ホーチミン市        10,000,000           (100.0)
                     千米ドル
             インドネシア                    80.0
     PT.NACHI
                          部品            1   ▶   〃      〃      〃
     INDONESIA
             ジャカルタ市           451
                                 (80.0)
             インドネシア       千米ドル             59.1
     PT.NACHI-TOKIWA
                          部品                  〃      〃      〃
                                      -    1
     INDONESIA
             ブカシ県           300         (59.1)
     NACHI   PRECISION
                                                当社製品を
                     千ルピー
             インド
     TOOL  INDIA   PVT.                機械工具      100.0     1   2   〃   製造・販売して         〃
             ハリヤーナー州
                       130,000
                                                いる。
     LTD.
     NACHI   TECHNOLOGY
                                                当社製品を
                     千ルピー                      運転資金の
             インド
     INDIA   PVT.  LTD.                部品                      製造・販売して         〃
                                 100.0     -    3
             ラジャスタン州
                      1,700,000                     貸付
                                                いる。
     (注3)
     NACHI        オーストラリア
                     千豪ドル
                                                当社製品を販売
             ニューサウズ             部品      100.0     2   1   なし             〃
     (AUSTRALIA)
                                                している。
                        600
             ウエールズ州
     PTY.LTD.
             中国       千元
     不二越(中国)有限
                          部品                  〃      〃      〃
                                 100.0     ▶   2
     公司  (注3、4)
             上海市         250,516
     那智不二越
                     千元
             中国
                                                当社製品を製造
     (江蘇)精密機械                     部品      100.0     2   2   〃            〃
                                                している。
             江蘇省張家港市         144,957
     有限公司(注3)
             中国       千元             51.0
     東莞建越精密軸承
                          部品                  〃      〃      〃
                                      1   2
     有限公司
             広東省東莞市         100,155          (11.2)
                     千元
             中国
     上海不二越
                          部品      100.0     1   3   〃      〃      〃
     精密軸承有限公司
             上海市          20,738
     那智建信(東莞)
             中国       千元
     精密軸承有限公司                     部品                  〃      〃      〃
                                 51.0     2   2
             広東省東莞市         170,000
     (注3)
                     千台湾ドル
             台湾
     建越工業股份
                          部品       51.0     1   3   〃      〃      〃
     有限公司
             桃園県         306,000
             台湾
                     千台湾ドル                           当社製品を販売
     台湾那智不二越股
             台北市             機械工具                  〃            〃
                                 100.0     1   5
     份有限公司
                       81,000                         している。
             サモア       千米ドル             51.0

     サモア建越工業股
                          部品           -   -    〃      なし       〃
     份有限公司
             アピア市          2,801
                                 (51.0)
     (持分法適用
     関連会社)
             中国       千元
     耐鋸(上海)                                           当社製品を製造
                          機械工具       40.0    -    2   なし            なし
     精密刃具有限公司                                           している。
             上海市          8,061
     宝佳那智(青島)
             中国       千元
     機器人応用有限公                     機械工具                  〃      〃      〃
                                 15.0     1   1
             山東省青島市
                       10,000
     司
             韓国       千ウォン
     大成NACHI
                          部品       45.0     1   2   〃      〃      〃
     油圧工業㈱
             慶尚南道梁山市        1,700,000
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
        2.「議決権の所有割合」欄の( )内は、間接所有割合で内数であります。
        3.   特定子会社に該当しております。
        4.      特定子会社である        不二越(中国)有限公          司は、   那智不二越(上海)貿易有限公司が社名変更したものでありま
          す。
                                  8/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                  平成30年11月30日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)
      機械工具                                         2,644   [213]
      部品                                         3,641   [333]
                                                623
      その他                                            [90]
       報告セグメント計                                         6,908   [636]
      全社(共通)                                          576  [107]
                  合計                             7,484   [743]
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへ
           の出向者を含む。)であり、臨時従業員数は[ ]内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載しており
           ます。なお、臨時従業員には、季節工、パートタイマーおよび嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除い
           ております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                 平成30年11月30日現在
         従業員数(人)               平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
         3,147[466]                   39.3              14.7           6,630,628
               セグメントの名称                            従業員数(人)

      機械工具                                         1,233   [142]
      部品                                         1,302   [210]
      その他                                          259  [21]
       報告セグメント計                                         2,794   [373]
      全社(共通)                                          353  [93]
                  合計                             3,147   [466]
      (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨
           時従業員数は[ ]内に当事業年度の平均人員を外数で記載しております。なお、臨時従業員には、季節
           工、パートタイマーおよび嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
         2.平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)  労働組合の状況

         労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  9/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成31年2月20日)現在において当社グループが判断した
       ものであります。
       (1)  会社の経営の基本方針

         当社は、「ものづくりの世界の発展に貢献する」という会社の使命のもと、企業価値の向上に努めることを最
        重要課題と考えております。そして、長期ビジョンとして、「成長企業への挑戦、夢をかなえるものづくり企業
        へ」を掲げ、業績目標           売上高4,000億円、営業利益600億円の実現に向けて経営基盤の強化にとり組んでおりま
        す。
       (2)  目標とする経営指標

         当社グループは、売上高、営業利益率をグループ全体の成長を示す経営指標と位置付け、資本効率を測る指標
        としてROE、財務体質の健全性を測る指標として自己資本比率を重視し、これら指標の向上を目指し、経営体
        質の強化にとり組んでおります。
       (3)  経営環境および対処すべき課題

         当社グループをとり巻く経営環境は、足もとでは、自動車・建設機械分野の需要は堅調に推移しております
        が、米中通商問題をはじめとする経済情勢の変動により、先行き不透明な状況となっております。一方、中長期
        的には、自動車分野におけるEV化の進展、世界的な労働人口の減少に伴うものづくりのFA化、ロボットやI
        oTを活用した工場の自動化の加速など、大きく変化することが予想されます。
         当社グループといたしましては、このような構造の変化を大きなチャンスととらえ、需要の拡大が期待できる
        ロボット事業に軸足を置き、「世界のものづくりを先進のFAシステムとメカトロニクスで革新する」を中期的
        なスローガンとして、営業・サービス、製造・調達、研究開発の各面で体質を強化してまいります。そして、ロ
        ボットをはじめ多彩な事業・技術・生産ノウハウを有する独自性を活かし、EV化やものづくりのFA化ニーズ
        に応える新しい商品・新しいビジネスチャンスを創出するとともに、抜本的なコスト改革、人材の強化・育成に
        とり組み、業績の一層の向上に努めてまいります。
                                 10/81











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (4)  当社の財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針
        ①   基本方針の内容の概要
          当社は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者は、当社グループの財務および事業の内容や当社
         グループの企業価値の根源を十分に理解し、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を持続的に確保
         し、向上していくことを可能とする者である必要があると考えております。
          当社では、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方については、当社株式の市場における
         自由な取引を通じて決まるものであり、特定の株主または株主グループによって当社株式の大規模買付行為
         (「大規模買付行為」の定義につきましては、下記②2.(a)をご参照ください。)が行われた場合であって
         も、これを受け入れるか否かは、最終的に株主の皆様の判断に委ねられるべきものと考えております。
          しかしながら、大規模買付行為は、それが成就すれば、当社グループの経営に直ちに大きな影響を与えうる
         だけの支配権を取得するものであり、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に重大な影響を及ぼす
         可能性を内包しております。こうした事情に鑑み、当社は、大規模買付者(「大規模買付者」の定義につきま
         しては、下記②2.(a)をご参照ください。)をして株主の皆様の判断に必要かつ十分な情報を提供せしめるこ
         と、さらに、大規模買付者の提案する経営方針等が当社グループの企業価値に与える影響を当社取締役会が検
         討・評価して株主の皆様の判断の参考に供すること、場合によっては当社取締役会が大規模買付者と交渉また
         は協議を行い、あるいは当社取締役会としての経営方針等の代替的提案を株主の皆様に提示することも、当社
         の取締役としての責務であると考えております。
          さらに、今日、当社グループの企業価値または株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすような大規模
         買付行為がなされる可能性も決して否定できない状況にあります。このような当社グループの企業価値または
         株主共同の利益に資さない大規模買付者は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者として不適切で
         あり、当社は、このような者による大規模買付行為に対しては、大規模買付者による情報提供、当社取締役会
         による検討・評価といったプロセスを確保するとともに、当社グループの企業価値または株主共同の利益に対
         する明白な侵害を防止するため、大規模買付行為に対する対抗措置を準備しておくことも、また当社の取締役
         としての責務であると考えております。
        ②   基本方針実現のためのとり組みの具体的な内容の概要

         1.  基本方針の実現に資する特別なとり組み
          当社グループは、「ものづくりの世界の発展に貢献する」という会社の使命のもと、「世界のものづくりを
         先進のFAシステムとメカトロニクスで革新する」を中期的なスローガンとして、多様なソリューションを提
         供することを経営の基本方針としております。
          そして、当社グループをとり巻く産業構造の大転換期に際し、中長期的な市場環境・需要動向の変化をチャ
         ンスと捉え、ロボットを核とする事業基盤を確立し、新しい商機・成長機会を創出することを目標としており
         ます。
          こうした経営の基本方針に基づいて、当社グループは、工具、工作機械、ロボット、ベアリング、油圧機
         器、および特殊鋼事業で蓄積してきた、総合機械・メカトロニクスメーカーとしての独自の技術、事業展開の
         強みを活かして、お客様のものづくりのプロセスに対して、高精度、高機能、高い信頼性を有した商品ライン
         ナップとFAシステム、ソリューションを提供しております。
          また、経営の透明性・公平性を高め、株主の皆様をはじめ当社グループと関係するお客様、サプライヤー、
         金融機関、従業員、地域社会など多様なステークホルダーとの良好な関係を築き、長期的かつ安定的な収益の
         確保をはかり、企業価値を高めて社会的な使命を果たすよう努めております。
          なお、当社は、株主の皆様に対する利益還元を企業経営の基本の一つとして位置づけ、配当につきまして
         は、連結業績、配当性向などを総合的に勘案し、安定的な配当を継続実施することを基本としており、内部留
         保資金につきましては、将来の事業展開、財務体質の強化に充当いたします。
          当社グループは、長期的な展望に立って経営資源の拡充に努め、世界市場での事業基盤の確立と企業価値の
         最大化にグループをあげてとり組んでまいります。
         2.  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止する

           ためのとり組み
          当社は、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を確保、向上させ、上記①に記載の基本方針(当
         社の財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針をいいます。以下、同じとしま
         す。)を実現するため、平成20年2月20日開催の当社第125期定時株主総会において、当社株式の大規模買付行
         為に関する対応策(買収防衛策)を導入し、その後、平成23年2月23日開催の当社第128期定時株主総会および
         平成26年2月19日開催の当社第131期定時株主総会において、株主の皆様のご承認をいただき継続いたしました
         (以下、当社第131期定時株主総会において継続をご承認いただいた対応策を「原施策」といいます。)。
          当社は、社会・経済情勢の変化、買収防衛策に関する議論の進展等も踏まえ、原施策の継続の是非や内容に
         ついて検討を行った結果、平成29年1月11日開催の当社取締役会において、当社第134期定時株主総会における
                                 11/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
         株主の皆様のご承認を条件として、原施策を継続する内容の当社株式の大規模買付行為に関する対応策(買収
         防衛策)(以下「本施策」といいます。)について決議し、平成29年2月22日開催の当社第134期定時株主総会
         に おいて本施策の継続に関する議案は承認可決されました。
         (a)  本施策継続の目的および対象となる当社株券等の買付け

           本施策は、特定株主グループの議決権保有割合を20%以上とすることを目的とする当社株券等の買付行
          為、または結果として特定株主グループの議決権保有割合が20%以上となる当社株券等の買付行為(取引所
          金融商品市場における買付け、公開買付け、その他具体的な買付方法の如何を問いませんが、当社取締役会
          が予め同意したものを除きます。以下、かかる買付行為を「大規模買付行為」といい、大規模買付行為を行
          う者を「大規模買付者」といいます。)が、当社グループの企業価値に重大な影響を及ぼす場合において、
          上記①に記載の基本方針に沿って当社グループの企業価値を確保し、向上させるため、大規模買付行為に適
          切な対応を行うことを目的としております。
           ここに、「特定株主グループ」とは、(Ⅰ)当社株券等の保有者およびその共同保有者、または(Ⅱ)当社株
          券等の買付け等を行う者およびその特別関係者をいい、「議決権保有割合」とは、特定株主グループが上記
          (Ⅰ)の場合においては当該保有者の株券等保有割合をいい、特定株主グループが上記(Ⅱ)の場合においては
          当該大規模買付者および当該特別関係者の株券等所有割合の合計をいいます。
         (b)  本施策の概要
           本施策は、大規模買付者が従うべき大規模買付ルールおよび大規模買付行為に対して当社がとりうる大規
          模買付対抗措置から構成されております。
           本施策においては、まず、大規模買付ルールとして、大規模買付者に対し、株主の皆様および当社取締役
          会による判断のための情報提供ならびに当社取締役会による検討・評価のための期間の付与を要請しており
          ます。
           次に、当社取締役会が、大規模買付対抗措置として、会社法その他の法令および当社定款によって認めら
          れる相当な対抗措置の発動を決議しうることを前提として、その発動の要件を、大規模買付者が大規模買付
          ルールを順守しない場合または大規模買付行為によって当社グループの企業価値または株主共同の利益が著
          しく毀損される場合に限定することといたしました。
           本施策に基づき大規模買付対抗措置を発動するか否かは、最終的には当社取締役会により決定されます
          が、その判断の客観性および合理性を担保するため、当社の業務執行を行う経営陣から独立している当社の
          社外取締役、社外監査役または社外有識者から構成される独立委員会を設置し、その意見を最大限尊重する
          ことといたしました。
           なお、当社は、本施策に従って大規模買付対抗措置を機動的に実施するため、新株予約権の発行登録を行
          う場合があります。また、本施策の有効期限は、平成32年2月に開催予定の当社第137期定時株主総会終結の
          時までとします。
           本施策の詳細につきましては、インターネット上の当社ウェブサイト(http://www.nachi-
          fujikoshi.co.jp/)に掲載の平成29年1月11日付当社ニュースリリース「当社株式の大規模買付行為に関す
          る対応策(買収防衛策)の継続のお知らせ」をご参照ください。
        ③  上記の各とり組みに対する当社取締役会の判断および理由

         1.  基本方針の実現に資する特別なとり組み
          上記②1.に記載した企業価値向上のためのとり組みは、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益
         を持続的に確保し、向上させるための具体的方策として策定されたものであり、上記①に記載の基本方針の実
         現に資するものです。したがって、これらのとり組みは、基本方針に沿い、当社の株主共同の利益を損なうも
         のではありません。
         2.  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定が支配されることを防止する

           ためのとり組み
          (a)  本施策が基本方針に沿うものであること
            本施策は、大規模買付者をして株主の皆様の判断に必要かつ十分な情報を提供せしめること、さらに、大
           規模買付者の提案する経営方針等が当社グループの企業価値に与える影響を当社取締役会が検討・評価して
           株主の皆様の判断の参考に供すること、場合によっては、当社取締役会が大規模買付行為または当社グルー
           プの経営方針等に関して大規模買付者と交渉または協議を行い、あるいは当社取締役会としての経営方針等
           の代替的提案を株主の皆様に提示すること等を可能とすることにより、当社グループの企業価値ひいては株
           主共同の利益を確保し、向上させるための枠組みであり、上記①に記載の基本方針に沿うものです。
          (b)  本施策が株主共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を目的とするもので
            はないこと
                                 12/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
            当社は、(i)本施策は当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保または向上を目的とするも
           のであること、(ⅱ)大規模買付ルールの内容ならびに大規模買付対抗措置の内容および発動要件は事前に開
           示されていること、(ⅲ)本施策の継続等について株主の皆様の意思が反映されていること、(ⅳ)大規模買付
           対 抗措置の発動の手続について当社取締役会の判断に係る客観性・合理性が確保されていること、(ⅴ)本施
           策は経済産業省および法務省が平成17年5月27日に公表した「企業価値・株主共同の利益の確保または向上
           のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則を完全に充足していること、(ⅵ)本施策は経済産業省に
           設置された企業価値研究会が平成20年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在
           り方」に適合していること、(ⅶ)デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないことの理由から、
           本施策は当社株主の共同の利益を損なうものではなく、また、当社の会社役員の地位の維持を目的とするも
           のではないと考えております。
                                 13/81

















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼ
       す可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成31年2月20日)現在において当社グループが
       判断したものであります。
       (1)  経済情勢・需要変動について

         当社グループは、自動車・自動車関連、一般産業機械、電機・電子等の分野において事業を展開しており、ま
        た、国内のほか、米州、欧州、アジア市場で事業活動を行っております。このため、当社グループの経営成績、
        財政状態およびキャッシュ・フローは、各製品を製造・販売している特定の国、地域の経済状況の変動や取引先
        が属する産業の景気変動の影響を受ける可能性があります。とくに、自動車・自動車関連産業向けの売上高が約
        半分を占めており、その需要動向やEV化の進展が当社グループの業績に大きく影響を及ぼす可能性がありま
        す。当社としましては、需要の裾野が広い一般産業機械分野、電機・電子分野への販売拡大などを進めてまいり
        ます。
       (2)  海外事業展開について

         当社グループは、国内のほか、米州、欧州、アジア地域など、グローバルな事業展開を行っており、世界各地
        に販売会社と生産会社を設立しております。連結売上高に占める海外売上高の割合は約5割となっており、世界
        市場での事業拡大に向けた営業・生産体制の拡充を進めております。各国および地域の経済環境の動向や法規制
        等の予期せぬ変化が、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (3)  外的要因が財務状況に与える影響について

         外貨建ての商取引により、為替レートの変動が当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。また、
        金利の上昇により支払利息が増加する可能性があります。当社グループは、為替変動や金利変動の影響を軽減す
        るため、為替予約、最適地生産・調達等の施策を含めてリスクヘッジを進め、また、有利子負債の削減を中心に
        財務体質の強化に努めております。
       (4)  価格競争について

         当社グループの主力需要先である自動車・自動車関連産業は競争が激しく、同業界からの価格引き下げ要請へ
        の相応の対応が不可避であります。また、原材料の一部に価格の上昇がみられ、当社グループの業績に影響を及
        ぼす可能性があります。これらに対し、VA・VE活動の強化にとり組むとともに、原材料の購入量ならびに在
        庫量の最適化や、設計・部品の標準化による調達コストの削減、生産性の向上など、原価低減活動を継続的に実
        施しております。
       (5)  原材料や部品の調達について

         当社グループは、原材料および部品を複数の供給元から調達し、取引基本契約に基づき安定的な取引を行って
        おります。しかしながら、市況の変化による原材料および部品の価格高騰や品不足、供給元の生産能力不足や品
        質不良、または火災や地震等の自然災害、あるいは倒産その他の理由により、原材料および部品の調達が困難と
        なり、取引先への製品供給に支障をきたすリスクがあります。かかる場合には、当社グループの業績および財務
        状況は影響を受ける可能性があります。
      (6)研究開発について

         当社グループは、事業基盤の一層の拡充を目的として、新商品開発に向けた研究開発活動を進めております。
        これらの研究開発は、多額の費用と期間を要するため、研究開発が計画どおり進まず商品化の機会を喪失したり、
        市場ニーズとのアンマッチから市場投入に至らなかったり、商品化しても十分な成果が得られなかったりした場合
        には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  品質問題について

         当社グループは、世界的に認められている品質管理基準に従い各種製品を製造しております。しかしながら当
        社グループの製品が予期せぬ不具合を起こした場合には、多額の費用発生や社会的な信用低下等により、業績に
        影響を及ぼす可能性があります。このため、品質保証を最重要課題の一つとして位置付け、グループをあげて品
        質管理の徹底をはかっております。
                                 14/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (8)  環境・安全対策について
         当社グループでは、環境負荷の低減に努めており、これまで重大な環境問題が発生したことはありません。し
        かしながら、予期せぬ事情により将来において環境問題が発生した場合には、多額の対策費用が発生し、当社グ
        ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         また、製造設備等の主要施設については、火災等により生産活動や製品供給に支障をきたすことがないよう、
        災害対策に努めております。
      (9)災害・テロについて

         当社グループおよび当社グループ取引先の事業拠点が、地震、洪水などの天災、火災や、疾病発生などの災
        害、またはテロ攻撃や政情悪化に伴う物的・人的被害が生じる可能性があります。当社グループではリスク管理体
        制を構築し、リスク発生時において迅速な初動措置を行うことで被害を最小限に止めるよう備えておりますが、完
        全なリスク回避は困難であり、結果として、当社グループ業績に影響を及ぼす可能性があります。
      (10)情報セキュリティについて

         当社グループは、業務を通じて入手した取引先の機密情報や個人情報等を多数保有しております。これらの情
        報を保護するため、管理体制の整備や教育、情報セキュリティシステムの構築などを行い、情報漏えいの防止に努
        めております。しかしながら、コンピュータウィルスの感染、不正アクセスや盗難、その他不測の事態により機密
        情報が消失、もしくは社外に漏洩した場合には、当社グループの業績や信用・評判などに影響を及ぼす可能性があ
        ります。
       (11)     知的財産権     について

         当社グループはこれまでの製品開発において蓄積してきた技術を知的財産権として、権利保護の徹底と経営資
        源としての活用をはかっております。しかし、特定の国および地域においては、知的財産権の保護が必ずしも十
        分でないため、当社グループの知的財産権を侵害して類似した製品を製造する行為を効果的に排除できない場合
        など、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性を完全に排除できるものではありません。
         また、当社グループは、第三者の知的財産権を侵害することのないよう、細心の注意を払っておりますが、当
        社グループが第三者から知的財産権の侵害を主張された場合には、当社グループの業績および財務状況に影響を
        及ぼす可能性があります。
       (12)     競争法当局の調査等について

         当社グループは、過去のベアリングの取引に関して、海外の競争法関係当局の調査を受けております。また、
        これらの調査に関連して、当社および当社の子会社に対して、米国およびカナダにおいて集団訴訟が提起されて
        おります。これらの訴訟等の結果によっては損失が発生し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (13)     業務・事業提携について

         当社グループは、海外企業を含めた複数の会社との                         業務提携や、合弁事業またはM&A等の資本提携                       を行い、
        相互の経営資源の有効活用をはかるとともに、技術開発、生産活動、営業活動等において提携効果の創出にとり
        組んでいます。しかしながら、提携先の経営戦略の変更、財務状況の悪化等により期待した効果を実現できない
        場合には、当社グループの業績および財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
       (14)   人材確保について

         当社グループは、競争力を維持するため、優秀な人材を継続的に確保・採用し、その育成に努めております
        が、少子高齢化を背景として有能な人材確保に向けた競争は高まっており、当社グループが人材を確保・育成で
        きない場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (15)   コンプライアンスについて

         当社グループは、グローバルな事業展開を行っており、各地域の法令、規制の適用を受けておりますので、コ
        ンプライアンス体制の強化が求められています。このため、「不二越企業市民ルール」をグループの行動規範と
        して位置づけて社内教育を実施するなど、コンプライアンス意識の向上をはかっております。また、内部通報制
        度を整備し、コンプライアンスリスクの未然防止に努めております。しかしながら、コンプライアンスリスクを
        完全に回避することは困難であり、重大な法令違反等が生じた場合には、当社グループの業績および財務状況に
        影響を及ぼす可能性があります。
                                 15/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」)
        の状況の概要は次の通りであります。
       ①  財政状態及び経営成績の状況

         当連結会計年度における当社グループをとり巻く環境は、日本経済の緩やかな回復に加え、海外においても、
        欧米やアジアを中心に経済成長が続き、総じて堅調に推移しました。
         このような状況のもと、当社グループは、ロボット事業を核に、工具、工作機械、ベアリング、油圧機器、そし
        て特殊鋼事業をあわせ持つ総合機械メーカーとしての特長を活かし、海外の現地ユーザーを中心とした新規開拓
        や、画期的な新商品の開発・市場投入など、受注・売上の拡大にとり組んでまいりました。また、中長期的な業容
        の拡大と収益構造の改善に向けて、開発・営業・生産体制の強化・拡充を進めてまいりました。
         以上の結果、当連結会計年度の売上高は、2,522億9百万円(前期比6.2%増)、このうち、国内売上高は1,310億
        38百万円(同9.9%増)、海外売上高は1,211億71百万円(同2.4%増)となりました。一方、利益につきましては、原
        材料価格の高騰に加え、エネルギーや物流コスト、人件費等の上昇が収益を圧迫し、営業利益は153億6百万円(同
        5.1%減)、経常利益は139億1百万円(同5.4%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は89億45百万円(同8.2%減)と
        なりました。
         セグメントの業績につきましては、次のとおりであります。

         機械工具事業では、自動車・産業機械分野で切削工具やロボットの売上が拡大しましたが、電機・電子・EMS
        分野でのロボット需要が端境期となった影響等により、売上高は866億54百万円(前期比0.1%減)となりました。ま
        た、利益面では、原材料価格の高騰に加え、開発・営業・生産体制の拡充に向けた固定費・販管費の増により、営
        業利益は57億82百万円(同12.8%減)となりました。
         部品事業では、自動車生産が堅調に推移したことに加え、建設機械・産業機械分野の需要が拡大し、売上高は
        1,478億52百万円(前期比8.7%増)となりましたが、営業利益は原材料価格の高騰や販売費の増加等により、81億52
        百万円(同5.6%減)となりました。
         その他の事業では、特殊鋼需要の回復と販売価格の引き上げ等により、売上高は177億3百万円(前期比20.2%
        増)、営業利益は13億49百万円(同72.4%増)となりました。
       ②  キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、投資活動および財務活動による支
        出が営業活動による収入を上回った結果、前連結会計年度末に比べ7億58百万円減少し、217億78百万円となりま
        した。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当連結会計年度における営業活動により獲得した資金は、前連結会計年度に比べ57億50百万円減少し、202億7
        百万円となりました。これは、主として、税金等調整前当期純利益133億25百万円、減価償却費159億円、仕入債
        務の増加24億9百万円などより資金が増加した一方で、売上債権の増加55億76百万円、たな卸資産の増加50億24
        百万円、法人税等の支払額45億32百万円などにより資金が減少したことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における投資活動により使用した資金は、前連結会計年度に比べ14億16百万円減少し、181億
        10百万円となりました。これは、主として、日本およびアジアにおける自動車向け高機能ベアリングと建設機械
        用油圧機器の生産能力増強、国内工場を中心としたロボットの生産体制強化、ならびに合理化投資を目的とした
        有形固定資産の取得による支出178億74百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当連結会計年度における財務活動により使用した資金は、前連結会計年度に比べ12億92百万円減少し、25億82
        百万円となりました。これは、主として、借入金の純増額4億21百万円などにより資金が増加した一方で、配当
        金の支払24億85百万円などにより資金が減少したことによるものであります。
                                 16/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      (2)  生産、受注および販売の実績
       ①  生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
               セグメントの名称                     金額(百万円)             前年同期比(%)
                                          67,086              △4.2
     機械工具
     部品                                    141,763                6.9
     その他                                     16,116               17.8
                  合計                        224,966                4.0
      (注)1.金額は平均販売価格によっており、セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ②  受注実績

         当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                          受注高        前年同期比          受注残高         前年同期比
          セグメントの名称
                         (百万円)          (%)        (百万円)          (%)
     機械工具                       89,821           0.5        32,025           8.7
     部品                       150,843           10.6        21,062          14.7
     その他                       18,286          17.5         4,630          13.6
             合計               258,951           7.3        57,719          11.2
      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       ③  販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
               セグメントの名称                     金額(百万円)             前年同期比(%)
                                          86,654              △0.1
     機械工具
     部品                                    147,852                8.7
     その他                                     17,703               20.2
                  合計                        252,209                6.2
      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.主要な相手先別の販売実績および販売実績の総額に対する割合は、次のとおりであります。
                           前連結会計年度                    当連結会計年度
              相手先
                       金額(百万円)           割合(%)         金額(百万円)           割合(%)
          岡谷鋼機株式会社                 30,619           12.9         34,062           13.5
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 17/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      (3)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの財政状態および経営成績等の状況に関する分析・検討の内容は以下のとお
        りであります。なお、          文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(平成31年2月20日)現在にお
        いて判断したものであります。
       ①  重要な会計方針および見積り

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計基準に準拠して作成さ
        れております。この連結財務諸表の作成にあたり、見積りが必要な事項につきましては合理的な基準に基づき会
        計上の見積りを行っております。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案して合理的に判断して
        おりますが、実際の結果は、これらの見積りと異なる場合があります。
         当社グループの連結財務諸表作成において採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表
        等(1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。
       ②  当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識および分析・検討内容

         当連結会計年度における当社グループの経営成績の分析は次の通りです。
         自動車・建設機械・産業機械分野などの需要が伸長するなかで、売上高は部品事業を中心に堅調に拡大し、過去
        最高を更新いたしました。一方、利益面につきましては、生産設備の増強や人員の投入を進めて、増産対応をはか
        りましたが、固定費・販売費の負担が増加、また原材料価格の高騰もあり、前年実績を下回る結果となりました。
         今後は、調達コストを中心とした原価の改善、合理化・自動化を主とした生産性の向上、さらには製造管理面の
        強化をはかり、収益改善を進めてまいります。
         1)  売上高

          当連結会計年度の売上高は、2,522億9百万円と前連結会計年度と比べ6.2%の増収となりました。このう
         ち、国内売上高は、1,310億38百万円と同9.9%の増収となりました。これは、自動車分野だけではなく建設
         機械・産業機械分野向けのベアリング                  ・油圧機器を中心に販売が好調であったことによるものであります。
         一方  、海外売上高は、1,211億71百万円と同2.4%の増収にとどまりました。これは、ベアリング・油圧機器
         を中心に    部品関係の需要が伸長したものの、                 電機・電子・EMS分野でのロボット需要の端境期の影響が
         あったことによるものであります。
         2)  売上総利益

          当連結会計年度の売上総利益は580億24百万円と、部品事業を中心とした売上高の増加により前連結会計年
         度に比べ増益となりましたが、              原材料価格の高騰や人件費等固定費の増加により4.9%の増益にとどまりまし
         た。
         3)  販売費及び一般管理費

          販売費及び一般管理費は、前連結会計年度の391億69百万円から427億18百万円に増加しました。これは、
         ロボット部門を中心に海外営業要員や開発要員の増員など人員体制の強化を進めたこと、および取引高の増
         加に伴い、荷造運搬費が増加したことによるものであります。また、売上高の増加以上に販売費及び一般管
         理費が増加したため、売上高に対する販売費及び一般管理費の比率は16.9%と前連結会計年度に比べて0.4ポ
         イント上昇しました。
         4)  営業損益

          当連結会計年度の営業利益は153億6百万円と前連結会計年度に比べ5.1%の減益となりました。
                                 18/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
         5)  営業外損益
          営業外損益(費用)は、前連結会計年度14億39百万円の費用(純額)から14億4百万円の費用(純額)と34
         百万円減少しました。なお、為替差損は5億32百万円増加しております。
         6)  経常損益

          当連結会計年度の経常利益は139億1百万円と前連結会計年度に比べ5.4%の減益となりました。
         7)  親会社株主に帰属する当期純損益

          特別利益は、固定資産売却益の計上で20百万円となり、前連結会計年度に比べて10百万円減少しました。
         特別損失は、固定資産除却損、独占禁止法等関連損失等の計上により5億96百万円となり、前連結会計年度に
         比べ44百万円減少しました。
          法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額の合計は、39億74百万円となり、前連結会計年度に比べ39百
         万円減少しました。
          これらの結果、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は89億45百万円となり、前連結会計年
         度に比べて8億2百万円の減益となりました。
       ③  資本の財源および資金の流動性についての分析

         1)  財政状態の状況
          当連結会計年度末の資産合計は、2,972億円となり、前連結会計年度末に比べ19億54百万円減少しました。
         主として、現金及び預金が10億72百万円、未収消費税等が28億27百万円、流動資産の繰延税金資産が11億49
         百万円、有形固定資産が12億33百万円、投資有価証券が49億23百万円減少し、受取手形及び売掛金が48億16
         百万円、たな卸資産が44億11百万円増加しております。
          負債合計は、1,761億24百万円となり、前連結会計年度末に比べ36億31百万円減少しました。主として、未払
         法人税等が15億54百万円、固定負債の繰延税金負債が18億1百万円、固定負債の長期未払金が17億21百万円減少
         し、支払手形及び買掛金が18億18百万円、借入金が1億21百万円増加しております。
          純資産合計は、1,210億76百万円となり、前連結会計年度末に比べ16億76百万円増加しました。主として、
         利益剰余金が67億12百万円増加し、その他有価証券評価差額金が34億57百万円、為替換算調整勘定が11億8百
         万円、退職給付に係る調整累計額が5億79百万円減少しております。
         2)  キャッシュ・フローの状況

         「(1)   経営成績等の状況の概要 ②              キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
         3)  資金需要

          当社グループの資金需要は、生産活動に必要な運転資金(材料費、外注費、人件費、諸経費)、販売費及
         び一般管理費等の営業活動費用、研究開発費によるもののほか、投資活動において、機械保全、品質向上お
         よび生産能力の増強と生産ラインの合理化を目的とした設備投資を進めており、今後、その資金需要の増加
         を見込んでおります。
          これらの資金需要に対しては、安定した収益基盤を確立し一層の利益追求をはかると同時に、売上債権、
         たな卸資産の回転効率向上、固定資産の稼働率向上を通して資産の効率化にとり組んでおります。また、不
         足分の資金は、有利子負債による調達を基本にしており、取引金融機関との安定した調達体制の維持に努め
         ております。なお、当社および主要なグループ会社間でキャッシュ・マネジメント・システム(CMS)を
         導入しており、グループ内の資金効率化をはかることにより、有利子負債の圧縮に努めております。
          一方、中長期事業計画の実現のための成長投資を支える資金需要については、財務基盤の強化も視野に入
         れたうえで、調達手段の多様化に向けた検討を進めてまいります。
          当連結会計年度末における借入金およびリース債務を含む有利子負債の残高は、845億43百万円となってお
         ります。また、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は217億78百万円となっております。
                                 19/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループは「成長企業への挑戦、夢をかなえるものづくり企業をめざす」という長期ビジョンのもと、商
       品・技術の連環を強め、独自性の高い技術開発で社会の発展に貢献し、顧客から選ばれる企業を目指しておりま
       す。中期的にはロボット・ロボットシステムと、社内で培い進化してきた多彩な生産技術・ノウハウ、さらに、自
       動化・情報化・電動化に適した部品・加工技術を提供し、AI・IoT時代に向けたお客様の製品、生産ラインの
       進化に貢献してまいります。
        これらを実現するため、引続きロボット事業に重点的な投資を行っていくと同時に、技術開発本部内には「EV
       商品開発部」「EV推進部」に加えて、「AI開発部」を新設し、自動化・情報化・電動化に関連する部品市場で
       核となる商品や技術の構築に努めております。
        開発にあたっては、オープンイノベーションを推進し、カスタマーやサプライヤー、産学との協同開発を推進
       し、当社の技術シーズを補完しながら開発のスピードアップをはかっております。
        これらの活動に伴う当連結会計年度の研究開発費は、機械工具事業で39億57百万円、部品事業で20億67百万円、
       その他の事業で6億11百万円となり、総額で66億35百万円となりました。
        当連結会計年度の主な活動状況および開発成果は、次のとおりであります。

       (1)機械工具事業
        ロボットでは、安全柵なしで人との協働作業を行うことができる協働ロボットCZ10を商品化し、                                              モノづくり
       の発展に貢献すると評価され、2018年「十大新製品賞 モノづくり賞」を受賞                                      しました。また、1kg可搬の
       超小型ロボットMZ01を商品化し、小型ロボットMZシリーズ                              として   1~12kg可搬と幅広いラインナップを
       取り揃えました。        さらに、    ロボットとIoT・AIの融合をはじめとした新技術を開発する拠点として、東京R&
       Dセンターを設立しました。今後も小型ロボットを中心にラインナップを拡充し、ロボットハンドとの組み合わせ
       による組立、視覚装置との組み合わせによる検査など、より使いやすいロボットシステムを提案し、自動車業界だ
       けでなく自動化ニーズが高まるEMS企業をはじめとした幅広い分野で、ものづくりの世界の発展に貢献してまい
       ります。
        工具では、材料・形状・コーティングといった基本要素をすべて一新し、長寿命・高能率・多用途といった穴あ
       け加工に求められるすべての機能が飛躍的に向上した超硬ドリル「アクアREVOドリル」を発売しました。今後
       は、アクアREVOミルシリーズを追加し、ものづくりの世界に革命を起こしてまいります。また、タップにおい
       ては「Hyper         Zタップ」の技術を継承した「STシリーズ」をラインナップに追加                                し、  汎用領域で卓越した安
       定性と長寿命を       実現、   ユーザーの生産性向上とコストダウンに貢献しております。
       (2)部品事業

        ベアリングでは、自動車分野向けにトランスミッションへの組付け性を改善した低トルク並列型複列アンギュラ
       玉軸受    (ELT軸受)を供給開始、軽量コンパクト・低トルク化に対応した薄肉玉軸受を開発し可変圧縮比エンジン
       向けに量産採用されるなど、燃費・環境性能の向上に貢献しております。今後、産業機械分野向けにシール付き高
       負荷容量ボールねじサポート用軸受                 TAX-F、シール付き自動調心ころ軸受を市場に投入し、信頼性向上・メン
       テナンスフリー化の要望に応えてまいります。
        油圧では、工作機械・産業機械におけるIoT化に対応するため、インバータ駆動省エネ油圧ユニットNSPi
       に通信機能を追加、複合加工機に最適な比例弁用デジタルアンプ、作動油の汚染度を推定する予防保全機能付き電
       磁切換弁を、11月に開催されたJIMTOF2018                    国際機械見本市と中国国際輸入博覧会に出展しました。これらを、2019
       年に市場投入すべく量産準備を行っております。
        カーハイドロリクスでは、主力商品の自動車用ソレノイドバルブに加え、2018年3月より新たに自動車用ベーン
       ポンプの量産を開始しました。漏れが少なく高効率という特徴から新型CVTに採用され、自動車の燃費改善に貢
       献しております       。また、ソレノイドバルブにおいても小型で漏れの少ない新型比例弁を量産化                                    しております      。 今後
       のEV   市場の拡大を見据        え、  油圧を使わない電子制御アクチュエータの商品開発も                         並行して    進めており     ます。
       (3)その他の事業

        マテリアルでは、今後需要が拡大するフッ素樹脂に対して、高い耐食性と高強度を併せ持つ新材料FX25によ
       る射出成形機用スクリュ部品を市場展開しております。FX25スクリュ部品はフッ素樹脂耐食材として世界最高
       強度をもつ優れた部品として市場で評価され、2018年「"超"モノづくり部品大賞 機械・ロボット部品賞」を
       受賞いたしました。フッ素樹脂はEV車載用二次電池部品や5G関連の信号ケーブル、通信機器部品に使用される
       など需要が拡大しており、スクリュ部品増産に向けた生産体制                             の 強化とともに、市場要望に対応する新素材開発を
       進めて   おります    。
                                 20/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度の設備投資につきましては、日本およびアジアにおける自動車向け高機能ベアリングと建設機械
       用油圧機器の生産能力の増強、国内工場を中心としたロボットの生産体制強化と超硬素材の内製化、ならびに合理
       化投資を目的として、総額159億54百万円の投資を実施しました。
        セグメントにつきましては、
        機械工具事業では、主として、切削工具、ロボットの生産能力増強および品質向上を目的として、合計31億21百
       万円の設備投資を実施しました。
        部品事業では、自動車向け高機能ベアリング、油圧機器について国内とアジアを中心に生産能力増強をはかりま
       した。これらを主体に原価低減、合理化、品質向上などにもとり組み、部品事業合計では、112億99百万円の設備投
       資を実施しました。
        その他の事業では、主として、超硬素材の生産能力向上および原価低減を目的として合計15億63百万円の設備投
       資を実施しました。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社および連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                  平成30年11月30日現在
                                                          従業
                                        帳簿価額(百万円)
                                                          員数
       事業所名      セグメントの
                                   機械装置
                      設備の内容                                   (人)
                                        土地
                              建物及び
       (所在地)       名称
                                   及び運搬         リース資産     その他     合計
                                                         外[臨時
                              構築物         (面積千㎡)
                                   具
                                                         雇用者]
                    工具、工作機械、ロボッ
                                         207                 1,891
     富山事業所
             機械工具
                    ト、ベアリングの生産設
                                6,680    22,803          296    709   30,698
     (富山県富山市)        部品
                                         (356)                 [218]
                    備
                                         655                  438
     東富山事業所        部品      油圧機器、ベアリング、
                                3,321    7,188          166    352   11,683
     (富山県富山市)        その他      特殊鋼の生産設備
                                         (236)                  [46]
             機械工具
                                        1,678                  243
     滑川事業所              工具、油圧機器等の生産
             部品                   3,003    9,033          18    69   13,802
     (富山県滑川市)              設備
                                         (195)                  [49]
             その他
       (2)国内子会社

                                                  平成30年11月30日現在
                                                          従業
                                        帳簿価額(百万円)
                                                          員数
              事業所名
                    セグメント
                                   機械装置
       会社名                  設備の内容                                 (人)
                              建物及び          土地
              (所在地)     の名称
                                   及び運搬         リース資産     その他     合計
                                                         外[臨時
                              構築物
                                       (面積千㎡)
                                   具
                                                         雇用者]
             本社・工場
                                         128                  62
     ㈱ナチツールジェ                    工具の生産
             (富山県富山      機械工具             62    77         8    ▶    281
     ネシス                    設備
                                         (13)                  [9]
             市)
             本社・工場
                                          -                  17
     ㈱ナチツール                    工具の生産
             (富山県滑川
                    機械工具             -   1,288          -    -   1,288
                         設備
     テクノロジー
                                         (- )                [-]
             市)
             本社・工場
                                          49                 197
     ㈱ナチベアリング                    ベアリング
             (富山県富山      部品             189    999          0    16   1,255
     製造                    の生産設備
                                         (21)                 [35]
             市)
                         油圧機器、
             本社・工場
                                         382                  177
                         印刷機械部
     ㈱ナチ東北精工        (山形県山形      部品             480    821          0    6   1,690
                         品の生産設
                                         (48)                 [13]
             市)
                         備
             本社・工場
                                         152                  76
     ㈱ナチハイドロリ                    油圧機器の
             (富山県富山      部品
                                 216    671          5    42   1,088
     クス                    生産設備
                                         (20)                 [12]
             市)
                                 21/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                  平成30年11月30日現在
                                                           従業
                                        帳簿価額(百万円)
                                                           員数
               事業所名
                     セグメント
       会社名                   設備の内容                                 (人)
                                    機械装置
               (所在地)      の名称
                               建物及び          土地
                                                          外[臨時
                                    及び運搬         リース資産     その他     合計
                               構築物         (面積千㎡)
                                                          雇用者]
                                    具
             本社・工場
                                           62                 140
     NACHI   TECHNOLOGY
                          ベアリング
             (アメリカ
                     部品             545    2,620          -    94   3,322
                          の生産設備
     INC.
                                          (204)                  [2]
             インディアナ州)
     NACHI   TECHNOLOGY
             本社・工場
                                          327                  50
                          ベアリング
     MEXICO   S.A.  DE   (メキシコ        部品             765    825          -    16   1,935
                          の生産設備
                                          (70)                 [-]
             ケレタロ州)
     C.V.
             本社・工場
                                           2                 139
     NACHI   BRASIL
                          ベアリング
             (ブラジル        部品
                                  135    268          -    43    450
                          の生産設備
     LTDA.
                                          (257)                  [-]
             サンパウロ州)
             本社・工場
                                           65                  73
     NACHI   CZECH
                          ベアリング
             (チェコ        部品             792    798         -     2   1,659
                          の生産設備
     s.r.o.
                                          (49)                 [-]
             ロ-ニー市)
     NACHI   TECHNOLOGY
             本社・工場
                                         1,676                  477
                          ベアリング
             (タイ        部品
                                 1,320    2,618          536    106    6,258
     (THAILAND)
                          の生産設備
                                          (121)                  [-]
             ラヨーン県)
     CO.,LTD.
     NACHI   FORGING
             本社・工場
                                          390                  73
     TECHNOLOGY
                          ベアリング
             (タイ        部品            1,221    2,653           9    69   4,344
                          の生産設備
     (THAILAND)
                                          (82)                 [-]
             ラヨーン県)
     CO.,LTD.
             本社・工場
                                           -                  76
     NACHI   TECHNOLOGY
                          ベアリング
             (インド        部品             264    1,205          -    12   1,482
                          の生産設備
     INDIA   PVT.  LTD.
                                          (- )                [-]
             ラジャスタン州)
                          工具、油圧
             本社・工場
                     機械工具                      -                 218
     那智不二越(江蘇)                     機器、ロ
             (中国 江蘇省                    1,848    2,410          -    116    4,374
     精密機械有限公司                     ボット生産
                     部品
                                          (- )                [2]
              張家港市)
                          設備
             本社・工場
                                           -                 128
     那智建信(東莞)                     ベアリング
             (中国 広東省        部品            1,301    3,704          -    52   5,058
                          の生産設備
     精密軸承有限公司
                                          (- )                [-]
              東莞市)
      (注)1.上記の金額には、建設仮勘定は含まれておりません。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 22/81











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
      (1)重要な設備の新設等
         当社グループ(当社および連結子会社)の設備投資については、需要予測、生産計画、利益計画等の中期計画を
        基に実行計画を策定しております。
         当連結会計年度末(平成30年11月30日)現在における重要な設備の新設等の計画は、以下のとおりであります。
         所要資金については、自己資金および借入金によっております。
                                     投資予定額        着手および完了予定
         会社名              セグメント
                 所在地            設備の内容                         設備投資目的
                                    総額    既支払額
        事業所名               の名称
                                             着手     完了
                                   (百万円)     (百万円)
                                                      生産対応
                            工具・ロボット                平成30年     平成31年
                       機械工具                               設備保全および
                                     3,240      -
                            生産設備                  12月     11月
                                                      品質向上
      富山事業所          富山県富山市
                                                      生産対応
                            ベアリング                平成30年     平成31年
                       部品              3,346      -           設備保全および
                            生産設備                  12月     11月
                                                      品質向上
                                                      生産対応
                       部品
                            油圧機器・特殊                平成30年     平成31年
      東富山事業所          富山県富山市                                       設備保全および
                                      914     -
                            鋼生産設備                  12月     11月
                       その他
                                                      品質向上
                                                      生産対応
                            ベアリング・油                平成30年     平成31年
      滑川事業所          富山県滑川市       部品                               設備保全および
                                     7,226      -
                            圧機器生産設備                  12月     11月
                                                      品質向上
                                                      生産対応
               中国 広東省
                            ベアリング                平成30年     平成31年
      那智建信(東莞)
                       部品              1,930      -           設備保全および
      精密軸承有限公司          東莞市             生産設備                  12月     11月
                                                      品質向上
                                                      生産対応
                       機械工具
               中国 江蘇省
      那智不二越(江蘇)                       油圧機器・ロ                平成30年     平成31年
                                     2,536      -           設備保全および
      精密機械有限公司          張家港市             ボット生産設備                  12月     11月
                       部品
                                                      品質向上
       (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 23/81












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                            60,000,000
                  計                           60,000,000
       (注)    平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で、当社の発行可能株式総数は、
          540,000,000株減少し60,000,000株となりました。
        ②【発行済株式】

                                       上場金融商品取引所名
           事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
       種類                                又は登録認可金融商品                内容
             (平成30年11月30日)             (平成31年2月20日)
                                       取引業協会名
                                         東京証券取引所
      普通株式           24,919,343             24,919,343                      単元株式数100株
                                          市場第一部
       計         24,919,343             24,919,343               ―           ―
      (注)平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株
         式併合を行い、併せて単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総        発行済株式総                       資本準備金増
                               資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高                       減額
                               (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)
                 △224,274

      平成30年6月1日                     24,919          -      16,074          -      11,420
      (注)    平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株

         式併合を行っております。
                                 24/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                 平成30年11月30日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                 金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          1     48     32     310     156      14    15,052     15,613      ―
     所有株式数
                ▶   79,576      1,621     45,208     32,274       51    89,287     248,021     117,243
     (単元)
     所有株式数の
              0.01     32.08      0.65     18.23     13.01      0.02     36.00     100.00      ―
     割合(%)
       (注)1.自己株式70,026株は、「個人その他」に70単元、「単元未満株式の状況」に26株含まれております。
          2.平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で、当社の単元株式数を1,000株
            から100株に変更しております。
       (6)【大株主の状況】

                                                  平成30年11月30日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                               2,112          8.50
     那智わねい持株会                 富山市不二越本町一丁目1番1号
                                               1,366          5.50
     ナチ不二越従業員持株会                 富山市不二越本町一丁目1番1号
                                               1,318          5.30
     トヨタ自動車株式会社                 愛知県豊田市トヨタ町1番地
                                               1,188          4.78
     株式会社三菱UFJ銀行                 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                                865         3.48
     株式会社北陸銀行                  富山市堤町通り一丁目2番26号
                      東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
                                                793         3.19
     日本生命保険相互会社
                      日本生命証券管理部内
                                                754         3.03
     住友生命保険相互会社                 東京都中央区築地七丁目18番24号
                                                749         3.01
     ナチ取引店持株会                 東京都港区東新橋一丁目9番2号
     日本マスタートラスト信託銀行
                                                568         2.29
                      東京都港区浜松町二丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     BBH  FOR  GLOBAL    X ROBOTICS     AND    FLOOR   20,  600  LEXINGTON     AVE,   NEW
     ARTIFICIAL      INTELLIGENCE       ETF     YORK,   NY,  10022,    (USA)
                                                567         2.28
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ                 (東京都千代田区丸の内二丁目7番1
     銀行)                 号)
                               ―               10,283          41.38
             計
     (注)1.株式数は、千株未満を切り捨てて表示しております。
        2.  平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で
          株式併合を行っております。
                                 25/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年11月30日現在
            区分             株式数(株)          議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                      ―           ―             ―
      議決権制限株式(自己株式)                      ―           ―             ―
      議決権制限株式(その他)                      ―           ―             ―
                      (自己保有株式)
                                       ―             ―
                       普通株式              70,000
      完全議決権株式(自己株式等)
                      (相互保有株式)
                                       ―             ―
                       普通株式              10,500
                       普通株式        24,721,600
      完全議決権株式(その他)                                  24,721            ―
                       普通株式            117,243
      単元未満株式                                 ―      1単元(100株)未満の株式
      発行済株式総数                      24,919,343           ―             ―
      総株主の議決権                      ―            24,721            ―
      (注)    平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株
          式併合を行い、併せて単元株式数を1,000株から100株に変更しております。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名又は                      自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                   所有者の住所                                対する所有株式数
      名称                      株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
     (自己保有株式)
                 東京都港区東新橋一丁
                 目9番2号
     株式会社不二越                          70,000       ―        70,000           0.28
                 (汐留住友ビル)
     (相互保有株式)

                 富山市中大久保
     東亜電工株式会社                          10,500       ―        10,500           0.04
                 129-1番地
          計            ―         80,500       ―        80,500           0.32
      (注)    平成30年2月21日開催の定時株主総会決議により、平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株
          式併合を行っております。
      2【自己株式の取得等の状況】

        【株式の種類等】            会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     9,148           11,164,594

      当期間における取得自己株式                                      285           1,245,480

      (注)1.      当期間における取得自己株式には、平成31年2月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取りによる株式数および価額の総額は含まれておりません。
         2.   平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。当事業年度における
           取得自己株式9,148株の内訳は、株式併合前7,947株、株式併合後1,201株であります。
                                 26/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―
      消却の処分を行った取得自己株式                            ―        ―        ―        ―
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  ―        ―        ―        ―
      た取得自己株式
      その他(単元未満株式の買増請求)                           763      546,817           46      172,210
      その他(株式併合による減少)                         620,134           ―        ―        ―
      保有自己株式数                          70,026           ―      70,265           ―
      (注)1.      当期間における「その他(単元未満株式の買増請求)」および「保有自己株式数」には、平成31年2月1
           日からこの有価証券報告書提出日までの株式数および処分価額の総額は含まれておりません。
         2.   平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。当事業年度における
           その他(単元未満株式の買増請求)763株の内訳は、株式併合前685株、株式併合後78株であります。ま
           た、その他(株式併合による減少)は、平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合
           したことに伴う減少であります。
      3【配当政策】

        当社は、株主への利益還元を重要課題の一つとして位置づけ、配当につきましては、連結業績、配当性向などを
       総合的に勘案し、安定的な配当を継続実施することを基本方針としております。
        当社は、剰余金の配当として年1回の期末配当を行うことを基本方針としております。ただし、中間期の業績に
       よっては中間配当を実施する所存であります。これらの剰余金の配当の決定機関は期末配当については株主総会、
       中間配当については取締役会であります。
        当事業年度の期末配当につきましては、業績ならびに今後の事業展開を勘案いたしまして、1株当たり100円とし
       ております。
        また、内部留保資金につきましては、将来の事業展開、財務体質の強化に充当する考えであります。
        なお、当社は会社法第454条第5項に基づき、「取締役会の決議によって、毎年5月31日を基準日として中間配当
       を行うことができる」旨を定款に定めております。
        (注)基準日が事業年度に属する剰余金の配当金は、以下のとおりであります。

             決議年月日             配当金の総額(百万円)                  1株当たりの配当額
           平成31年2月19日
                                    2,484                 100円
           定時株主総会
      4【株価の推移】

       (1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】
       回次        第132期          第133期          第134期          第135期          第136期
      決算年月       平成26年11月          平成27年11月          平成28年11月          平成29年11月          平成30年11月
                                                      5,790   (850)
      最高(円)             816          773          592          758
      最低(円)             501          477          257          442      4,225   (509)
      (注)1.       最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         2.   平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第136期の株価につい
           ては、当該株式併合後の最高・最低株価を記載し、( )内に当該株式併合前の最高・最低株価を記載して
           おります。
       (2)【最近6月間の月別最高・最低株価】
       月別      平成30年6月          7月        8月        9月        10月        11月
      最高(円)           5,410        5,280        5,480        5,690        5,790        4,915
      最低(円)           4,665        4,680        4,570        4,885        4,225        4,475
      (注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                 27/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      5【役員の状況】
      男性19名 女性 -名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                           所有
       役名         職名         氏名      生年月日             略歴           任期
                                                          株式数
                                                          (百株)
                                    昭和45年4月      入社
                                     平成13年2月      取締役
                                    平成14年7月      常務取締役
     (代表取締役)                          昭和20年
                       本    間   博   夫                          (注)3     260
                                    平成16年2月      取締役副社長
                               7月29日生
     取締役会長
                                    平成21年2月
                                          取締役社長兼COO
                                    平成21年12月      取締役社長
                                    平成29年2月      取締役会長(現)
                                    昭和62年4月      入社
                                    平成27年2月      執行役員経営企画部経営管理
     (代表取締役)                          昭和39年
                       坂 本   淳
                                                      (注)3      33
                                          室長
     取締役社長                         10月10日生
                                    平成29年2月      取締役経営企画部長
                                    平成31年2月      取締役社長(現)
                                    昭和58年4月      入社
                                    平成23年2月      執行役員東日本支社長
            国内営業統括、                   昭和34年
     取締役副社長                  林   秀 憲              平成25年2月      取締役
                                                      (注)3      78
            中日本営業担当                   1月24日生
                                    平成26年2月      常務取締役
                                    平成30年2月      取締役副社長(現)
                                    昭和57年4月      入社

                                    平成26年2月      執行役員不二越(中国)有限公
            製造担当、部品事業
                                          司董事長
                               昭和32年
     常務取締役      担当、中国事業管掌、            藤 樫   茂              平成29年2月      取締役製造統括本部副本部長             (注)3      42
                               10月23日生
            富山人事担当
                                    平成30年2月      常務取締役不二越(中国)有限
                                          公司中国総代表
                                    平成31年2月
                                          常務取締役(現)
                                    昭和52年4月      入社
            財務・総務担当、                   昭和29年
                                    平成13年2月      財務部長
     常務取締役                  小 林 昌 行                                (注)3     110
            リスク管理総括                   5月2日生
                                    平成23年2月      取締役
                                    平成27年2月      常務取締役(現)
                                    昭和58年4月      入社
                                    平成25年2月      執行役員軸受事業部長
                                    平成27年7月      執行役員   不二越(中国)有限公
            中国事業担当、
                               昭和35年
                                          司 ロボットビジネスセンター長
     常務取締役      不二越(中国)有限公司            原   英 明                                (注)3      41
                               1月17日生
                                    平成30年2月      取締役   不二越(中国)有限公司
            中国総代表
                                          ロボットビジネスセンター長
                                    平成31年2月      常務取締役不二越(中国)有限
                                          公司中国総代表(現)
                                    昭和56年4月      入社
                                    平成25年2月
                                          執行役員NACHI      AMERICA   INC.
                                          社長
                                    平成26年2月      取締役NACHI     AMERICA   INC.社長
            コンプライアンス本部長、                    昭和32年
     取締役                  井 上       徹                            (注)3      41
                                    平成30年2月
                                          取締役NACHI     AMERICA   INC.
            海外営業管理担当                   5月29日生
                                          会長  兼 社長
                                    平成31年2月      取締役コンプライアンス本部長
                                          (現)
                                    昭和57年4月      入社

                                    平成25年2月      執行役員NACHI      SINGAPORE
                                          PTE.LTD.社長
            経営企画部長、組織、国
                               昭和34年
                                    平成26年2月      取締役営業戦略本部副本部長
                       古 澤       哲
     取締役      内・海外人事担当、広報
                                                      (注)3      53
                               6月4日生
                                     平成29年2月      取締役コンプライアンス本部
            担当、情報化担当
                                          副本部長
                                    平成31年2月
                                          取締役経営企画部長(現)
                                    昭和56年4月      入社
            技術開発本部長、                   昭和32年
                                    平成2  3年2月   執行役員開発本部長
     取締役                  浦 田 信 一
                                                      (注)3      62
            調達担当                   3月2日生
                                    平成28年2月
                                          取締役技術開発本部長(現)
                                 28/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名        職名         氏名      生年月日             略歴           任期
                                                          株式数
                                                          (百株)
                                   昭和59年4月      入社
                                   平成27年4月      執行役員工具事業部長
                                   平成28年2月      取締役工具事業部長
           製造統括本部長、
                              昭和35年
     取締役      工具・マテリアル事業           塚 本   裕                                 (注)3      38
                                   平成29年2月      取締役製造統括本部副本部長、
                              10月24日生
           担当、品質保証担当
                                         製造管理部長
                                   平成29年8月      取締役
                                   平成30年8月
                                         取締役製造統括本部長(現)
                                   昭和61年4月      入社

                                   平成28年2月      執行役員東アジア営業部長
                              昭和37年
                                   平成29年2月      取締役営業戦略本部長
     取締役      アジア営業担当           佐々木 法       嗣                           (注)3      24
                              12月27日生
                                   平成29年6月      取締役営業戦略本部副本部長
                                   平成31年2月
                                         取締役(現)
                                   昭和61年4月      入社
                                   平成27年4月      執行役員営業戦略本部油圧
                                         営業戦略企画部長
                                   平成29年2月      取締役営業戦略本部副本部長、
                              昭和38年
                                         油圧事業部油圧営業戦略推進
     取締役      東日本支社長           三 浦   昇                                 (注)3      37
                              4月4日生
                                         部長
                                   平成29年8月      取締役営業戦略本部副本部長、
                                         東日本支社長
                                   平成31年2月
                                         取締役   東日本支社長(現)
                                   昭和62年4月      入社

                                   平成28年2月      取締役ロボット開発部長
                              昭和39年
     取締役      ロボット事業部長           赤 川 正 寿
                                                      (注)3      29
                                   平成30年4月      執行役員ロボット開発担当
                              8月5日生
                                    平成31年2月      取締役ロボット事業部長(現)
                                   昭和47年4月      ㈱日立製作所入社

                                   平成13年9月      Hitachi   Data  Systems
                                         Corporation     CEO
                                   平成25年4月      ㈱日立製作所代表執行役
                              昭和23年
     取締役                 岩 田 眞二郎                    執行役副社長             (注)3      0
                              6月6日生
                                   平成28年4月      同社アドバイザー
                                   平成28年6月      ㈱ベネッセホールディングス
                                         社外取締役会長(現)
                                   平成30年2月      当社取締役(現)
                                   昭和54年4月      三井物産㈱入社

                                   平成19年4月      同社情報産業本部ディスプレイ
                                         事業部長
                              昭和30年     平成24年8月      シャープ㈱理事コーポレート
     取締役                 児 玉 純 一                                 (注)3      -
                              5月21日生           統括本部事業開発担当副本部長
                                   平成25年4月      同社執行役員コーポレート
                                         統括本部事業開発担当
                                   平成31年2月      当社取締役(現)
                                   昭和49年4月      入社

                              昭和27年
     常勤監査役                 山 田   寛              平成19年2月      取締役人事部長             (注)4      88
                              2月27日生
                                   平成24年2月      常勤監査役(現)
                                   平成2年3月      入社
                              昭和29年
                                   平成23年2月      法務部長
     常勤監査役                 堀   將 志                                (注)4      53
                              4月8日生
                                   平成28年2月      常勤監査役(現)
                                   昭和54年4月      ㈱北陸銀行入行
                              昭和31年
     常勤監査役                 山 崎 昌 一                                 (注)4      24
                                   平成23年6月      同行執行役員
                              11月21日生
                                   平成27年2月
                                         当社常勤監査役(現)
                                 29/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
       役名        職名         氏名      生年月日             略歴           任期
                                                          株式数
                                                          (百株)
                                   昭和61年4月      弁護士登録(第二東京弁護士会
                                         所属)(現)
                                   平成19年7月      西村あさひ法律事務所パートナー
                              昭和28年
     監査役                 飯 村   北                                 (注)5      1
                              4月14日生
                                   平成29年2月
                                         当社監査役(現)
                                   平成31年1月      弁護士法人西村あさひ法律事務所
                                         社員(現)
                               計
                                                          1,027
      (注)1.取締役岩田眞二郎・取締役児玉純一の両氏は、社外取締役であります。
         2.常勤監査役山崎昌一・監査役飯村北の両氏は、社外監査役であります。
         3.平成31年2月19日開催の定時株主総会の終結の時から2年間。
         4.  平成28年2月24日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         5.退任した監査役の補欠として就任したため、任期は退任した監査役の任期の満了の時である平成31年11月
           期に係る定時株主総会終結の時までであります。
         6.当社は、執行役員制度を導入しております。なお、提出日における執行役員は10名であります。
                                 30/81















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      6【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの状況】
        ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、「ものづくりの世界の発展に貢献する」ことを会社の使命とし、企業価値の向上に努めることを最
          重要課題と考えております。こうした考えから、経営の透明性・公正性を高め、各ステークホルダーとの良好
          な関係を構築し、長期的かつ安定的に収益を確保するよう努めております。
           当社は、次の基本方針に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実にとり組んでおります。

         (1)  株主の権利を尊重し、平等性を確保します。
         (2)  株主をはじめとするステークホルダーとの適切な協働に努めます。
         (3)  法令に基づく適切な情報開示を行うとともに、それ以外の情報提供にも積極的にとり組み、透明性を確
           保します。
         (4)  透明・公正かつ迅速・果断な意思決定に向けて、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。
         (5)  持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に向けて、投資家との建設的な対話に努めます。
        ②  コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況

         1.企業統治の体制の概要とその体制を採用する理由
          ・当社は、取締役の職務執行を監督する取締役会および取締役の職務執行を監査する監査役会を設置してお
           ります。そして経営の基本方針および経営に関する重要な方針等について審議する常務会の設置や、執行
           役員制度を導入し、迅速な意思決定と業務執行を行っております。一方、経営に対する監督機能を強化す
           るため社外取締役を選任するとともに財務・法務等の専門的見地を有する社外監査役および当社出身の常
           勤監査役が、監査部と連携して監査を行うことにより経営監視機能の強化にとり組んでおります。以上の
           ような経営執行の体制と監査役による経営監視機能が働くことで、適切なコーポレート・ガバナンスの実
           現が可能と考え、本体制を採用しております。
         2.会社の経営上の意思決定および監督に係る体制の状況

          ・当社は、取締役会を月1回程度定例的に開催し、法定事項ならびに経営の基本機能に関する全社の方針・
           戦略を決定し、その業務執行の状況を監督しております。また、ボードメンバーが経営課題、情報、スケ
           ジュールを共有化し、迅速な実行をはかっております。さらに、役付取締役をメンバーとする常務会を設
           け、経営体制や事業構造の改革などのテーマについて審議し、経営判断の効率化と迅速化をはかるととも
           に、取締役に次ぐ経営層として執行役員制度を導入し、業務執行体制を強化しております。各事業・営
           業・本社機能担当役員は、上記会議で決定された基本方針・戦略に基づいて、各部門における具体的な施
           策を決定し、実施しております。
          ・当社の監査役会の体制は、提出日現在、監査役4名のうち2名が社外監査役であり、経営の監視が充分機
           能する体制を整備しております。常勤監査役は、監査役会が定めた監査の方針、業務の分担等に従い、取
           締役会や常務会など社内の重要会議に出席し、また、業務・財産の状況の調査等を通じ、取締役の職務遂
           行の監査を行っております。非常勤監査役は、定例的に開催される監査役会において、常務会等で決議さ
           れた事項、経営状況として重要な事項、内部監査結果およびリスク管理に係る事項、内部通報の発生状況
           および対応内容などについて報告を受け、必要に応じて意見を述べるなど、業務執行状況の監視・監督を
           行っております。
         3.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

          ・子会社の業務の適正を確保するための体制の整備については、「グループ会社管理規程」を定めて、定期
           的に子会社より事業報告を受けるとともに、子会社の経営上の重要事項について当社と協議を行い、承認
           を得ることとするなど子会社の業務の適正化をはかっております。
         4.会社のコーポレート・ガバナンスの充実に向けたとり組み

          ・当社は、取締役会において内部統制システムの整備に関する基本方針を決定し、各担当役員および所轄長
           は、コンプライアンス・リスク管理の徹底、業務の効率性の確保の観点から、各々の担当機能について具
           体的な施策を実施しております。
          ・当社グループの行動規範である「不二越企業市民ルール」の全面的な改定を本年度で行い、グループ社員
           に集合教育を実施し、社員一人ひとりが法令および定款を遵守し、健全な社会規範の下でその職務を遂行
           し、企業の社会的責任を果たすよう徹底いたしました。
                                 31/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
          ・当社は、社長を委員長とし、社外の弁護士を加えた「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライア
           ンスに関わるグループ全体の方針の策定、諸施策の企画・推進、活動状況の監督・指導を行っておりま
           す。とくに、公正な企業間取引を推進するため、「独占禁止法遵守マニュアル」を制定し教育・啓蒙活動
           にとり組んでおります。
          ・当社は、内部通報制度の周知をはかるために、各種の社内研修機会において制度概要や要因別発生概況と
           対応状況を社員へ通知し、法令違反行為の未然防止に努めております。
          ・当社は、リスク管理総括取締役および「リスク管理委員会」を置き、「リスク管理規程」および「危機管
           理規程」に基づき環境、安全、災害、情報、セキュリティなどについて、全社横断的なリスク管理体制を
           整備しております。各主管所轄は、各々の担当機能に係る事項についてリスク管理を行っております。
          ・監査役は、当社の役職員から、当社グループに重大な影響を及ぼす事項、内部通報制度の運用状況など、
           監査役が職務遂行上、報告を受ける必要があると判断した事項について適宜報告を受けております。ま
           た、当社は、法令および「文書管理規程」などの社内規程に基づき、取締役の職務執行に係る情報を文書
           または電磁的媒体に記録し、保存しております。取締役および監査役は、常時、これらの文書等を閲覧で
           きるものとしております。
         5.内部監査および監査役(社外監査役含む)監査の状況

          ・監査部(人員11名)は、内部監査業務と内部統制構築強化に関する業務を担当し、「内部監査規程」およ
           び監査計画に従いグループ内各組織の業務執行および管理状況について、定期的に内部監査を実施してお
           ります。その結果を踏まえ、監査報告書を作成し、是正を要する事項については監査対象部門に改善対策
           の立案を指示し、その対策の実施状況の確認、フォローアップ監査を行っております。また、監査役(社
           外監査役含む)は、会計監査人との間で監査計画の確認を行い、期中に監査状況を適宜聴取し、四半期・
           期末に当社および連結子会社等のレビュー、監査結果の報告を受けるなど、緊密な連携をはかっておりま
           す。
        ③  会計監査の状況

           当社の会計監査を執行した公認会計士櫻井均、石田健一の各氏は、EY新日本有限責任監査法人に所属して
          おります。当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士11名、その他19名であります。
        ④  社外取締役および社外監査役

           当社は、社外取締役を2名選任し、独立した立場での取締役会の監督機能を強化しております。また、当
          社は、社外監査役を2名選任しており監査役監査の独立性・客観性を確保し、両社外監査役は豊富な経験と
          幅広い見識に基づき取締役会および取締役の職務執行を監査しております。
           当社は、金融商品取引所が定める独立性基準を踏まえた「独立性判断基準」を定めております。社外取締
          役の選任にあたっては、当該基準を満たし、取締役会における率直・活発で建設的な検討への貢献が期待で
          きる人物を、独立社外取締役の候補者として選定しております。また、社外監査役の選任にあたりましては
          金融商品取引所が定める独立性基準を参考にしております。
           社外取締役である岩田眞二郎氏は、経営者としての豊富な経験と幅広い見識、特に情報通信領域に関する
          知見を活かして当社の経営を適切に監督していただくため、社外取締役として選任いたしました。同氏は、
          当社の株式を有しておりますが、当社との間の資本的関係は軽微であり、取引関係その他の利害関係はあり
          ません。また、同氏は、平成28年3月まで、㈱日立製作所の代表執行役執行役副社長でありました。当社は
          同社と取引がありますが、その取引額は当社売上高の1%未満であります。
           社外取締役である児玉純一氏は、経営者としての豊富な経験と高い見識、特に情報産業に関する知見を活
          かして当社の経営を適切に監督していただくため、社外取締役として選任いたしました。同氏は、当社の株
          式を有しておらず、取引関係その他の利害関係はありません。また、同氏は、平成24年7月まで、三井物産
          ㈱に在籍しておりました。当社は同社と取引がありますが、その取引額は当社売上高の1%未満でありま
          す。さらに、同氏は、平成27年5月まで、シャープ㈱の執行役員でありました。当社は同社と取引がありま
          すが、その取引額は当社売上高の1%未満であります。
           社外監査役である山崎昌一氏は、金融機関で培われた豊富な経験と幅広い見識を活かし、当社の経営を適
          切に監査していただくため、社外監査役として選任いたしました。同氏は、当社の株式を有しております
          が、当社との間の資本的関係は軽微であり、取引関係その他の利害関係はありません。また、同氏は、平成
          27年2月まで、当社の主要取引銀行である㈱北陸銀行の執行役員でありました。当社は同行との間に資金借
          入の取引がありますが、当社は複数の金融機関と取引を行っており、同行に対する借入依存度は他行と比較
          して突出しておらず、社外監査役の独立性に影響を及ぼすものではありません。
                                 32/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
           社外監査役である飯村北氏は、弁護士として培われた専門知識、経験を活かし、当社の経営を適切に監査
          していただくため、社外監査役として選任いたしました。同氏は、当社の株式を有しておりますが、当社と
          の間の資本的関係は軽微であり、取引関係その他の利害関係はありません。また、同氏は、西村あさひ法律
          事務所の弁護士(法人社員)であり、同事務所は当社と取引がありますが、その取引額は同事務所売上高の
          1%未満であります。
        ⑤  責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項により、社外取締役および社外監査役との間で、同法第423条第1項の責任
          を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令が規定する額としておりま
          す。
        ⑥  役員報酬等

         イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数
                                                 対象となる
                                報酬等の種類別の総額(百万円)
                        報酬等の総額
              役員区分                                   役員の員数
                        (百万円)
                                 基本報酬          賞与
                                                  (人)
         取締役
                             424         337         87       14
         (社外取締役を除く)
         監査役
                             44         44         -       2
         (社外監査役を除く)
         社外役員                    50         50         -       ▶
         ロ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容および決定方法

           取締役の報酬については、株主総会で定められた上限の範囲内で、取締役会において各取締役の地位・担当
          に応じ、当社の業績や将来の業績見通し、事業環境などを勘案して、月例報酬・賞与を決定しております。監
          査役の報酬については、株主総会で定められた上限の範囲内で、常勤・非常勤の別、監査業務の分担の状況、
          取締役の報酬等の内容および水準を考慮し、監査役の協議をもって各監査役が受ける報酬の額を定めておりま
          す。
                                 33/81











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ⑦  株式の保有状況
         イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数および貸借対照表計上額の合計額
         銘柄数                                        79銘柄
         貸借対照表計上額の合計額                    22,518百万円
         ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額および保有

         目的
          (前事業年度)
           特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
                              株式数    (株)
                  銘柄                                 保有目的
                                       (百万円)
                                932,600           6,569
         トヨタ自動車㈱                                        取引関係の強化
                                611,700           4,349
         ㈱ハーモニック・ドライブ・システムズ                                           同上
                                540,334           2,023
         本田技研工業㈱                                           同上
                              2,008,000            1,473
         日本トムソン㈱                                           同上
                                576,000           1,243
         マルカキカイ㈱                                           同上
                                126,400           1,212
         岡谷鋼機㈱                                           同上
                              1,190,000            1,194
         ㈱ダイヘン                                           同上
                                499,200           1,160
         ㈱日伝                                           同上
          ㈱SUBARU                       302,000           1,108          同上
                                240,000           1,052
          ナブテスコ㈱                                           同上
         日本電産㈱                       39,600            604
                                                    同上
         THK㈱                      144,700            593
                                                    同上
                                131,000            484
         住友不動産㈱                                           同上
                                168,700            460
          NOK㈱                                           同上
                                64,600            438
         大同特殊鋼㈱                                           同上
                              1,568,900             360
         ㈱NaITO                                           同上
                                84,600            282
         ㈱エクセディ                                           同上
                                13,400            278
         東海旅客鉄道㈱                                           同上
                                164,800            276
         ㈱ほくほくフィナンシャルグループ                                           同上
                                52,700            182
         ㈱IHI                                           同上
                                332,666            168
         ㈱富山第一銀行                                           同上
                                191,200            151
         ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                                           同上
         ダイジェット工業㈱                       70,000            134         同上
                                48,400            115
         ㈱南陽                                           同上
                                10,000            108
         東日本旅客鉄道㈱                                           同上
                                33,200            94
         山陽特殊製鋼㈱                                           同上
         三井住友トラスト・ホールディングス㈱                       21,400            89        同上
                                10,000            82
         西日本旅客鉄道㈱                                           同上
                                51,000            70
         日野自動車㈱                                           同上
                                13,300            46
         ㈱小松製作所                                           同上
                                 34/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
          (当事業年度)
           特定投資株式
                                     貸借対照表計上額
                              株式数    (株)
                  銘柄                                 保有目的
                                       (百万円)
                                932,600           6,344
         トヨタ自動車㈱                                        取引関係の強化
                                611,700           2,321
         ㈱ハーモニック・ドライブ・システムズ                                           同上
                                542,543           1,737
         本田技研工業㈱                                           同上
                                576,000           1,292
         マルカキカイ㈱                                           同上
                              2,008,000            1,261
         日本トムソン㈱                                           同上
                                126,400           1,219
         岡谷鋼機㈱                                           同上
                                499,200            912
         ㈱日伝                                           同上
                                302,000            761
         ㈱SUBARU                                           同上
                                240,000            753
          ナブテスコ㈱                                           同上
                                238,000            660
          ㈱ダイヘン                                           同上
         日本電産㈱                       39,600            598
                                                    同上
                                131,000            551
         住友不動産㈱                                           同上
                                144,700            376
         THK㈱                                           同上
                              1,568,900             337
         ㈱NaITO                                           同上
         東海旅客鉄道㈱                       13,400            312         同上
                                64,600            296
         大同特殊鋼㈱                                           同上
                                168,700            288
         NOK㈱                                           同上
                                84,600            246
         ㈱エクセディ                                           同上
                                164,800            244
         ㈱ほくほくフィナンシャルグループ                                           同上
                                52,700            182
         ㈱IHI                                           同上
                                332,666            144
         ㈱富山第一銀行                                           同上
                                48,400            131
         ㈱南陽                                           同上
                                70,000            130
         ダイジェット工業㈱                                           同上
                                191,200            119
         ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ                                           同上
                                10,000            103
         東日本旅客鉄道㈱                                           同上
                                21,400            97
         三井住友トラスト・ホールディングス㈱                                           同上
                                33,200            85
         山陽特殊製鋼㈱                                           同上
                                10,000            79
         西日本旅客鉄道㈱                                           同上
                                51,000            59
         日野自動車㈱                                           同上
                                13,300            40
         ㈱小松製作所                                           同上
        ⑧  当社株式の大規模買付行為に関する対応策(買収防衛策)について

           買収防衛策については、「第2                事業の状況」、「1          経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の
          「(4)   当社の財務および事業の方針の決定を支配する者のあり方に関する基本方針」に記載のとおりです。
        ⑨  取締役の定数

           当社の取締役は19名以内とする旨を定款に定めております。
        ⑩  取締役の選任の決議要件

           当社の取締役は株主総会で選任し、その決議は議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
          上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また取締役の選任決議は、累積投票によらな
          いものとする旨を定款に定めております。
                                 35/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ⑪  自己株式の取得
           当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸施策を機動的に遂行す
          ることを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって自己の株式を取得
          することができる旨を定款に定めております。
        ⑫  中間配当

           当社は、取締役会の決議によって、毎年5月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定
          めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑬  株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
          ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行
          うことを目的とするものであります。
        ⑭  取締役および監査役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、同法第423条第1項の取締役(取締
          役であった者を含む。)および監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除するこ
          とができる旨を定款に定めております。これは、取締役および監査役が期待される役割を十分に発揮できるよ
          うにすることを目的とするものであります。
       (2)【監査報酬の内容等】

        ①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】
                        前連結会計年度                      当連結会計年度
           区分
                 監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づ           非監査業務に基づく
                 く報酬(百万円)           報酬(百万円)           く報酬(百万円)           報酬(百万円)
          提出会社                49           -           52           -
          連結子会社                -           -           -           -
           合計              49           -           52           -
        ②【その他重要な報酬の内容】

          該当事項はありません。
        ③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

          該当事項はありません。
        ④【監査報酬の決定方針】

          該当事項はありません。
                                 36/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
        基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成29年12月1日から平成30年11月
       30日まで)の連結財務諸表および事業年度(平成29年12月1日から平成30年11月30日まで)の財務諸表について、
       EY新日本有限責任監査法人により監査を受けております。なお、新日本有限責任監査法人は、平成30年7月1日付を
       もって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入し、常時、会計基準等に係る最新情報を収集しております。
        また、企業会計基準委員会、又は監査法人等の行う研修等に参加しております。
                                 37/81













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※3 23,436             ※3 22,363
         現金及び預金
                                         53,561              58,378
         受取手形及び売掛金
                                         23,142              23,687
         商品及び製品
                                         12,586              14,453
         仕掛品
                                         16,196              18,196
         原材料及び貯蔵品
                                         3,009              1,860
         繰延税金資産
                                           610              769
         未収還付法人税等
                                         3,769               941
         未収消費税等
                                         3,039              3,494
         その他
                                          △ 43             △ 35
         貸倒引当金
                                        139,308              144,109
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               31,598              30,582
          機械装置及び運搬具(純額)                               64,177              66,239
                                         9,483              9,441
          土地
          リース資産(純額)                               1,550              1,343
                                         5,132              3,123
          建設仮勘定
                                         2,925              2,903
          その他(純額)
                                       ※2 114,867             ※2 113,634
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           470              411
          のれん
                                         1,006              1,068
          ソフトウエア
                                           62              271
          ソフトウエア仮勘定
                                           19               ▶
          リース資産
                                         1,096               993
          その他
                                         2,654              2,749
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 29,362             ※1 24,438
          投資有価証券
          長期貸付金                                 8              10
                                         8,307              7,480
          退職給付に係る資産
                                         1,223              1,313
          繰延税金資産
                                         3,430              3,471
          その他
                                           △ 8             △ 7
          貸倒引当金
                                         42,324              36,706
          投資その他の資産合計
                                        159,846              153,090
         固定資産合計
                                        299,155              297,200
       資産合計
                                 38/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 48,105             ※3 49,923
         支払手形及び買掛金
                                         6,890              10,961
         短期借入金
                                         22,643              23,442
         1年内返済予定の長期借入金
         リース債務                                  354              331
                                         8,635              9,139
         未払費用
                                         3,691              2,136
         未払法人税等
                                         8,761              8,304
         その他
                                         99,083              104,240
         流動負債合計
       固定負債
                                         53,925              49,178
         長期借入金
                                           690              629
         リース債務
         繰延税金負債                                 9,532              7,731
                                           31              18
         役員退職慰労引当金
                                         10,866              10,543
         退職給付に係る負債
                                         5,624              3,783
         その他
         固定負債合計                                80,671              71,883
                                        179,755              176,124
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         16,074              16,074
         資本金
                                         11,137              11,221
         資本剰余金
                                         75,824              82,537
         利益剰余金
                                         △ 251             △ 262
         自己株式
                                        102,785              109,571
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         13,787              10,329
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,225             △ 4,333
         為替換算調整勘定
                                         △ 447            △ 1,027
         退職給付に係る調整累計額
                                         10,113               4,968
         その他の包括利益累計額合計
                                         6,500              6,536
       非支配株主持分
                                        119,399              121,076
       純資産合計
                                        299,155              297,200
      負債純資産合計
                                 39/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                        237,461              252,209
      売上高
                                       ※1 182,161             ※1 194,185
      売上原価
                                         55,299              58,024
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         1,786              1,726
       販売手数料
                                         5,491              6,710
       荷造運搬費
                                         12,805              13,896
       給料及び賞与
                                         2,992              3,197
       福利厚生費
                                           582              544
       退職給付費用
                                         2,300              2,370
       旅費交通費及び通信費
                                         2,132              2,169
       賃借料
                                        ※1 11,077             ※1 12,101
       その他
                                         39,169              42,718
       販売費及び一般管理費合計
                                         16,130              15,306
      営業利益
      営業外収益
                                           72              99
       受取利息
                                           573              634
       受取配当金
                                            0              35
       持分法による投資利益
                                           390              427
       団体定期保険配当金
                                           92              303
       補助金収入
                                           408              441
       その他
                                         1,538              1,942
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           952              985
       支払利息
                                           99              55
       手形売却損
                                           536              563
       売上割引
                                           78              611
       為替差損
                                           499              463
       団体定期保険料
                                           809              667
       その他
                                         2,977              3,346
       営業外費用合計
                                         14,690              13,901
      経常利益
      特別利益
                                          ※2 6            ※2 20
       固定資産売却益
                                           24              -
       段階取得に係る差益
                                           31              20
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※3 9
                                                         -
       固定資産売却損
                                          ※4 90             ※4 38
       固定資産除却損
                                           541              558
       独占禁止法等関連損失
                                           641              596
       特別損失合計
                                         14,080              13,325
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    4,119              3,390
                                         △ 106              583
      法人税等調整額
                                         4,013              3,974
      法人税等合計
                                         10,066               9,350
      当期純利益
                                           318              405
      非支配株主に帰属する当期純利益
                                         9,747              8,945
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 40/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                         10,066               9,350
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         4,567             △ 3,501
       その他有価証券評価差額金
                                         2,536             △ 1,245
       為替換算調整勘定
                                           641             △ 326
       退職給付に係る調整額
                                          △ 39              39
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        ※1 7,705            ※1 △ 5,033
       その他の包括利益合計
                                         17,772               4,316
      包括利益
      (内訳)
                                         17,310               4,052
       親会社株主に係る包括利益
                                           462              264
       非支配株主に係る包括利益
                                 41/81
















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自平成28年12月1日 至平成29年11月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                     16,074         11,121         68,562          △ 239        95,519
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 2,485                 △ 2,485
      親会社株主に帰属する
                                        9,747                  9,747
      当期純利益
      自己株式の取得                                           △ 12        △ 12
      自己株式の処分                          0                  0         0
      連結子会社株式の取得
                                15                           15
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                       -         15        7,262          △ 11        7,266
     当期末残高                16,074         11,137         75,824          △ 251       102,785
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分       純資産合計
                その他有価証券         為替換算      退職給付に係る       その他の包括利益
                 評価差額金        調整勘定       調整累計額        累計額合計
     当期首残高               9,213      △ 5,573      △ 1,089        2,551      6,344      104,415
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 2,485
      親会社株主に帰属する
                                                       9,747
      当期純利益
      自己株式の取得                                                  △ 12
      自己株式の処分                                                   0
      連結子会社株式の取得
                                                         15
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                    4,573       2,347        641       7,562       155      7,718
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               4,573       2,347        641       7,562       155     14,984
     当期末残高              13,787       △ 3,225       △ 447      10,113       6,500      119,399
                                 42/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自平成29年12月1日 至平成30年11月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                  資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                16,074         11,137         75,824          △ 251       102,785
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 2,485                 △ 2,485
      親会社株主に帰属する
                                        8,945                  8,945
      当期純利益
      自己株式の取得
                                                 △ 11        △ 11
      自己株式の処分                          0                  0         0
      米国税制改革法に関連
                                         252                  252
      する米国会計基準変更
      連結子会社株式の取得
                                83                           83
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                  -         83        6,712          △ 10        6,785
     当期末残高
                     16,074         11,221         82,537          △ 262       109,571
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分       純資産合計
                その他有価証券         為替換算      退職給付に係る       その他の包括利益
                 評価差額金        調整勘定       調整累計額        累計額合計
     当期首残高              13,787       △ 3,225       △ 447      10,113       6,500      119,399
     当期変動額
      剰余金の配当                                                △ 2,485
      親会社株主に帰属する
                                                       8,945
      当期純利益
      自己株式の取得
                                                        △ 11
      自己株式の処分                                                   0
      米国税制改革法に関連
                                                        252
      する米国会計基準変更
      連結子会社株式の取得
                                                         83
      による持分の増減
      株主資本以外の項目の
                   △ 3,457      △ 1,108       △ 579      △ 5,145        35    △ 5,109
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              △ 3,457      △ 1,108       △ 579      △ 5,145        35     1,676
     当期末残高
                   10,329       △ 4,333      △ 1,027        4,968      6,536      121,076
                                 43/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         14,080              13,325
       税金等調整前当期純利益
                                         14,856              15,900
       減価償却費
                                           32              112
       のれん償却額
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                   △ 1             △ 13
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 22              △ 7
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    47              266
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   △ 7              ▶
                                         △ 646             △ 733
       受取利息及び受取配当金
                                           952              985
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 0             △ 35
                                           △ 6             △ 20
       有形固定資産売却益
       有形固定資産売却損                                    9              -
                                           90              38
       有形固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 3,237             △ 5,576
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 4,363             △ 5,024
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  5,454              2,409
                                         △ 529             3,305
       その他
                                         26,707              24,936
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   649              730
                                         △ 901             △ 997
       利息の支払額
                                        △ 2,382             △ 4,532
       法人税等の支払額
                                         1,885                69
       法人税等の還付額
                                         25,958              20,207
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 17,686             △ 17,874
       有形固定資産の取得による支出
                                           158              120
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 194              △ 54
       投資有価証券の取得による支出
                                           △ 1             △ 6
       貸付けによる支出
                                            8              ▶
       貸付金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                         △ 794               -
       支出
                                        △ 1,017              △ 301
       その他
                                        △ 19,527             △ 18,110
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 5,047              4,174
                                         29,041              20,375
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 24,117             △ 24,128
                                         △ 655             △ 409
       リース債務の返済による支出
                                        △ 2,485             △ 2,485
       配当金の支払額
                                         △ 176              △ 14
       非支配株主への配当金の支払額
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                         △ 421              △ 84
       よる支出
                                          △ 11             △ 10
       その他
                                        △ 3,874             △ 2,582
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 112             △ 272
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    2,443              △ 758
                                         20,093              22,537
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※1 22,537             ※1 21,778
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 44/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
        (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)  連結子会社は      55 社であり、非連結子会社は1社であります。
            主要な連結子会社名は、「第1                企業の概況 4        関係会社の状況」に記載しているため、省略しており
            ます。
            NACHI   TOOL   TECHNOLOGY      LTD.については、当連結会計年度において連結子会社であるNACHI                               PRECISION
            PVT.LTD.(現       NACHI   PRECISION     TOOL   INDIA   PVT.LTD.)を存続会社とする吸収合併により消滅したため、
            連結の範囲から除外しております。
          (2)  非連結子会社1社につきましては、小規模であり、その総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)
            および利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないので、
            連結の範囲から除外しております。なお、非連結子会社は那智常盤(広州)貿易有限公司であります。
         2.持分法の適用に関する事項
          (1)  非連結子会社1社および関連会社4社のうち、関連会社                          3 社に対する投資について持分法を適用してお
            り、主要な会社は、次のとおりであります。
            大成NACHI油圧工業㈱
          (2)  持分法を適用していない非連結子会社1社および関連会社1社は、当期純損益(持分に見合う額)および
            利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微
            であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。なお、持分法
            非適用関連会社は、東亜電工㈱であります。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社については、11月30日現在の財務諸表を使用しております。
         4.会計方針に関する事項
          (1)  重要な資産の評価基準および評価方法
           ①有価証券
            その他有価証券
             時価のあるもの
              決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
              動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
           ②デリバティブ
            時価法によっております。
           ③たな卸資産
            主として総平均法による原価法であります。(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下
            げの方法により算定)
          (2)  重要な減価償却資産の減価償却方法
           ①有形固定資産(リース資産を除く)
            当社および国内連結子会社については、建物および機械装置は主として定額法、その他の有形固定資産は
            主として定率法を採用しております。在外子会社については、主として定額法を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
               建物及び構築物    2~50年
               機械装置及び運搬具  2~14年
           ②無形固定資産(リース資産を除く)
            ソフトウエア
            自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
            ます。
           ③リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る資産
            リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 45/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
          (3)  重要な引当金の計上基準
           ①貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ②役員退職慰労引当金
            一部国内連結子会社は、役員に対する退職慰労金の支払いに備えるため、内規に基づく期末要支給額を計
            上しております。
          (4)  退職給付に係る会計処理の方法
           ①退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
            は、給付算定式基準によっております。
           ②数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法
            過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)によ
            る定額法により費用処理しております。
            数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
            年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しておりま
            す。
         (5)のれんの償却方法および償却期間
            のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っておりますが、金額が僅少な場合は、発生
            時の損益として処理しております。
          (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引き出し可能な預金および容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
            税抜方式によっております。
        (会計方針の変更)

          米国会計基準を適用している一部の米国連結子会社において、「Reclassification                                        of  Certain    Tax  Effects
         from   Accumulated      Other   Comprehensive       Income」(ASU第2018-02号 平成30年2月14日)を当連結会計年度から
         早期適用しております。
          平成29年12月22日に成立した米国税制改正法「Tax                         Cuts   and  Jobs   Act」の税率変更による繰延税金資産およ
         び繰延税金負債の修正額はすべて当連結会計年度の純利益に反映させたため、その他の包括利益累計額を通して
         認識していた繰延税金資産および繰延税金負債に係る税率変更の影響額がその他の包括利益累計額に計上されて
         おりました。当該会計基準の適用により、その他の包括利益累計額に計上されていた税率変更の影響額を利益剰
         余金に組み替えております。
          この結果、当連結会計年度のその他の包括利益累計額が252百万円減少し、利益剰余金が252百万円増加してお
         ります。なお、当連結会計年度の連結損益計算書および1株当たり情報への影響はありません。
                                 46/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (未適用の会計基準等)
         1.  税効果会計
         「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                   平成30年2月16日)
         「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号                                      平成30年2月16日)
          (1)  概要
            「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等は、日本公認会計士協会から公表されている税効果会計に関
           する実務指針を企業会計基準委員会に移管するに際して、基本的にその内容を踏襲した上で、必要と考えら
           れる以下の見直しが行われたものであります。
          (会計処理の見直しを行った主な取扱い)
           ・個別財務諸表における子会社株式等に係る将来加算一時差異の取扱い
           ・(分類1)に該当する企業における繰延税金資産の回収可能性に関する取扱い
          (2)  適用予定日
            平成31年11月期の期首から適用します。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
            「税効果会計に係る会計基準の適用指針」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時
           点で評価中であります。
         2.  収益認識

          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         平成30年3月30日)
          「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                  平成30年3月30日)
          (1)  概要
            国際会計基準審議会(IASB)および米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
           な会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」を公表しており、IFRS第15号は
           平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から
           適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、
           適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
           整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
           ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
           べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされていま
           す。
          (2)  適用予定日
            平成34年11月期の期首から適用する予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
           「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
           であります。
        (表示方法の変更)

         1.  連結貸借対照表
           前連結会計年度において、「無形固定資産」の「ソフトウエア」に含めていた「ソフトウエア仮勘定」は、
          重要性が増したため、当連結会計年度より区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前
          連結会計年度の連結財務諸表の組み替えを行っております。この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表にお
          いて、「無形固定資産」の「ソフトウエア」に表示していた1,068百万円は、「ソフトウエア」1,006百万円、
          「ソフトウエア仮勘定」62百万円として組み替えております。
         2.  連結損益計算書

           前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「補助金収入」は、営業外収益の総額
          の100分の10を超えたため、当連結会計年度より区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるた
          め、前連結会計年度の連結財務諸表の組み替えを行っております。この結果、前連結会計年度の連結損益計算
          書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた500百万円は、「補助金収入」92百万円、「その
          他」408百万円として組み替えております。
         3.  連結キャッシュ・フロー計算書

           前連結会計年度において、区分掲記しておりました「財務活動によるキャッシュ・フロー」の「自己株式の
          売却による収入」および「自己株式の取得による支出」は、重要性が低下したため、当連結会計年度より「そ
          の他」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の
          組み替えを行っております。この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「財務活
                                 47/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
          動によるキャッシュ・フロー」の「自己株式の売却による収入」に表示していた0百万円および「自己株式の
          取得による支出」に表示していた△12百万円は、「その他」△11百万円として組み替えております。
        (連結貸借対照表関係)

          ※1.非連結子会社および関連会社に対するものは次のとおりであります。

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
           投資有価証券(株式)                        462百万円                 534百万円
          ※2.有形固定資産の減価償却累計額

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
           有形固定資産の減価償却累計額                      193,460    百万円             203,994    百万円
          ※3.担保資産および対応する債務

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
           担保資産
            現金及び預金                        30百万円                30百万円
           対応する債務
            支払手形及び買掛金                        23百万円                22百万円
           4.偶発債務等

             訴訟等
              当社および当社の子会社は、             過去のベアリングの取引に関して、海外の競争法関係当局の調査を受け
             ております。また、これらの調査に関連して、当社および当社の子会社に対して、米国およびカナダに
             おいて集団訴訟が提起されております。
              今後、上記訴訟等の結果によっては損失が発生する可能性がありますが、現時点でその金額を合理的
             に見積ることは困難であり、当社グループの経営成績等に与える影響は明らかではありません。
                                 48/81










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (連結損益計算書関係)
          ※1.一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発費の総額
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 平成28年12月1日                 (自 平成29年12月1日
                               至 平成29年11月30日)                   至 平成30年11月30日)
           研究開発費の総額                       5,524   百万円              6,635   百万円
          ※2.固定資産売却益の内訳

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年12月1日                (自 平成29年12月1日
                              至 平成29年11月30日)                 至 平成30年11月30日)
           機械装置及び運搬具                         6百万円                18百万円
           その他                         0                 2
                  計                  6                20
          ※3.固定資産売却損の内訳

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年12月1日                 (自 平成29年12月1日
                              至 平成29年11月30日)                 至 平成30年11月30日)
           建物および構築物                         6百万円                -百万円
           機械装置及び運搬具                         2                -
           土地                         0                -
                                    9                -
                  計
          ※4.固定資産除却損の内訳

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 平成28年12月1日                (自 平成29年12月1日
                              至 平成29年11月30日)                 至 平成30年11月30日)
           建物及び構築物                        25百万円                 2百万円
           機械装置及び運搬具                        62                31
           その他                         3                 5
                                   90                38
                  計
                                 49/81










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (連結包括利益計算書関係)
          ※1    その他の包括利益に係る組替調整額および税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日               (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                6,567百万円              △5,036百万円
       税効果調整前
                                       6,567              △5,036
       税効果額                              △2,000                 1,534
       その他有価証券評価差額金
                                       4,567              △3,501
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                2,536              △1,245
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                  650              △810
      組替調整額                                  318               353
       税効果調整前
                                        969              △457
       税効果額                               △327                 131
       退職給付に係る調整額
                                        641              △326
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                 △50                 39
      組替調整額                                  11               -
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       △39                 39
        その他の包括利益合計
                                       7,705              △5,033
                                 50/81













                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自平成28年12月1日 至平成29年11月30日)
      1.   発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度
                      当連結会計年度                             当連結会計年度末
                      期首株式数(株)                             株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式
                                                 -
      普通株式                  249,193,436              -               249,193,436
                        249,193,436
            合計                           -          -     249,193,436
     自己株式
      普通株式(注)                    661,786          20,559           570        681,775
            合計              661,786          20,559           570        681,775
      (注)    普通株式の自己株式の株式数の増加20,559株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。普通株式の                                                  自
         己株式の株式数の減少570株は、単元未満株式の買増請求による減少であります。
      2.   配当に関する事項
       (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)          配当額
     平成29年2月22日
                 普通株式            2,485       10円00銭      平成28年11月30日          平成29年2月23日
     定時株主総会
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)               配当額
     平成30年2月21日
                普通株式          2,485     利益剰余金        10円00銭     平成29年11月30日         平成30年2月22日
     定時株主総会
                                 51/81












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自平成29年12月1日 至平成30年11月30日)
      1.   発行済株式の種類および総数ならびに自己株式の種類および株式数に関する事項
                                当連結会計年度          当連結会計年度
                      当連結会計年度                             当連結会計年度末
                      期首株式数(株)                             株式数(株)
                                増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式
      普通株式(注)1                  249,193,436              -     224,274,093          24,919,343
            合計            249,193,436              -     224,274,093          24,919,343
     自己株式
      普通株式(注)2                    681,775           9,148         620,897          70,026
            合計              681,775           9,148         620,897          70,026
      (注)1.      平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行ったため、発行済株式数は
           224,274,093株減少し、24,919,343株となっております。
        2.   普通株式の自己株式の株式数の増加9,148株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。普通株式の
           自己株式の株式数の減少620,897株は、単元未満株式の買増請求による減少763株および株式併合による減少
           620,134株であります。
      2.   配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                         配当金の総額         1株当たり
         決議        株式の種類                           基準日         効力発生日
                          (百万円)          配当額
     平成30年2月21日
                 普通株式            2,485       10円00銭      平成29年11月30日          平成30年2月22日
     定時株主総会
       (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
                      配当金の総額               1株当たり
         決議       株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (百万円)               配当額
     平成31年2月19日
                普通株式          2,484     利益剰余金       100円00銭      平成30年11月30日         平成31年2月20日
     定時株主総会
        (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日                (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)                至 平成30年11月30日)
           現金及び預金勘定                       23,436百万円                22,363百万円
           預入期間が3か月を超える定期預金                        △899                △585
           現金及び現金同等物                       22,537                21,778
                                 52/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (リース取引関係)
         (借主側)
        1.ファイナンス・リース取引
         所有権移転外ファイナンス・リース取引
         ① リース資産の内容
          イ.有形固定資産
            主として生産設備(機械装置)であります。
          ロ.無形固定資産
            ソフトウエアであります。
         ② リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価償却方法」に記載のとおりであります。
        (金融商品関係)

         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、事業に必要な運転資金および設備資金を主として銀行借入により調達しており、一時的
           な余裕資金は安全性の高い金融資産で運用する方針であります。また、デリバティブ取引は、後述するリス
           クの回避、軽減を目的に利用しており、投機的な取引は行っておりません。
          (2)金融商品の内容およびそのリスクならびにリスク管理体制
            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、
           与信管理規程に従い、取引先ごとの期日および残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を定期的に
           把握する体制としております。また、外貨建ての営業債権は、為替変動リスクを回避するため、財務担当部
           署が為替予約取引の実行および管理を行っております。
            投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりま
           すが、定期的に時価や発行体の財務状況を把握し取引先との関係を勘案して継続的に所有銘柄を見直してお
           ります。
            営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日であります。また、その一部には、原材料等
           の輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、恒常的に、同じ外貨建ての
           債権残高の範囲内にあります。
            借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金およびファイナンス・リー
           ス取引に係るリース債務は、主に設備投資に係る資金調達であります。変動金利の借入金は、金利の変動リ
           スクに晒されておりますが、このうち長期のものの一部については、デリバティブ(金利スワップ取引)を
           ヘッジ手段として利用しております。
            デリバティブ取引は、取引権限を定めた社内規程に従って財務担当部署が総括して管理し、これに関係所
           轄およびグループ会社を加えて状況に応じた方針を決定し、運営しております。また、デリバティブの利用
           にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付けの高い金融機関とのみ取引を行っております。主に営
           業取引上の為替変動によるリスクを軽減するため、為替予約取引を営業取引高の範囲内で行っており、支払
           金利の改善と金利変動リスクの軽減のために、金利スワップ取引を行っております。
            また、当社グループは、各部署および主要な連結子会社からの報告に基づき、適時に資金繰計画を作成更
           新するとともに、手許流動性を相応に維持し、また、主力取引銀行とコミットメントライン契約を締結する
           ことなどにより資金調達に係る流動性リスクを管理しております。
          (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
           含まれております。
                                 53/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
           することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(平成29年11月30日)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
           (1)現金及び預金                    23,436            23,436              -
           (2)受取手形及び売掛金                    53,561            53,561              -
           (3)投資有価証券(その
                                28,249            28,249              -
             他有価証券)
                資産計                105,247            105,247               -
           (1)支払手形及び買掛金                    48,105            48,105              -
           (2)短期借入金                     6,890            6,890              -
           (3)長期借入金(*1)                    76,569            77,389              820
           (4)リース債務(*1)                     1,044            1,056              11
                負債計                132,610            133,442              831
           デリバティブ取引(*2)                     (202)            (202)              -
           (*1)  長期借入金およびリース債務は、1年以内に期限の到来する金額を含めております。
           (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項
             目については(        )で示しております。
            当連結会計年度(平成30年11月30日)

                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(百万円)            差額(百万円)
                           (百万円)
           (1)現金及び預金                    22,363            22,363              -
           (2)受取手形及び売掛金                    58,378            58,378              -
           (3)投資有価証券(その
                                23,253            23,253              -
             他有価証券)
                資産計                103,995            103,995               -
           (1)支払手形及び買掛金                    49,923            49,923              -
           (2)短期借入金                    10,961            10,961              -
           (3)長期借入金(*1)                    72,620            73,333              713
           (4)リース債務(*1)                      961            969             8
                負債計                134,467            135,188              721
           デリバティブ取引(*2)                     (60)            (60)             -
           (*1)  長期借入金およびリース債務は、1年以内に期限の到来する金額を含めております。
           (*2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項
             目については(        )で示しております。
           (注)1.金融商品の時価の算定方法ならびに有価証券およびデリバティブ取引に関する事項

              資 産
               (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
                 これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
                よっております。
               (3)投資有価証券(その他有価証券)
                 投資有価証券の時価については、株式は取引所の価格によっております。                                  また、保有目的ごと
                の有価証券に関する事項については、                  注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
              負 債
               (1)支払手形及び買掛金、(2)              短期借入金
                 これらは、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
                よっております。
               (3)長期借入金
                 長期借入金の時価は、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で
                割り引いた現在価値により算定しております。
                                 54/81


                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
               (4)リース債務
                 リース債務の時価は、リース支払料の合計額を、新規に同様のリース取引を行った場合に想定
                される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
              デリバティブ取引
              注記事項「デリバティブ取引関係」をご参照下さい。
           (注)2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                  区分
                              (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
           非上場株式                             1,112                 1,184
            市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積もることができず、時価を把握することが極めて
           困難と認められるため、「(3)投資有価証券(その他有価証券)」には含めておりません。
           (注)3.     金銭債権の連結決算日後の償還予定額

            前連結会計年度(平成29年11月30日)                                                      (単位:百万円)
                                    1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
           現金及び預金                  23,272           -         -         -
           受取手形及び売掛金                  53,561           -         -         -
                 合計             76,833           -         -         -
            当連結会計年度(平成30年11月30日)                                                      (単位:百万円)

                                    1年超         5年超
                           1年以内                           10年超
                                    5年以内         10年以内
           現金及び預金                  21,845           -         -         -
           受取手形及び売掛金                  58,378           -         -         -
                 合計             80,223           -         -         -
           (注)4.長期借入金およびリース債務の連結決算日後の返済予定額

            前連結会計年度(平成29年11月30日)                     (単位:百万円)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                    5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
           短期借入金          6,890         -       -       -       -       -
           長期借入金         22,643       21,237       15,916        9,932       4,759       2,080
           リース債務           354       278       203       118        60       28
             合計        29,888       21,515       16,120       10,051        4,819       2,108
            当連結会計年度(平成30年11月30日)                     (単位:百万円)

                           1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                    5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
           短期借入金         10,961         -       -       -       -       -
           長期借入金         23,442       20,108       14,209        6,791       5,588       2,480
           リース債務           331       258       173       115        60       21
             合計        34,735       20,366       14,383        6,906       5,649       2,501
                                 55/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (有価証券関係)
           その他有価証券
            前連結会計年度(平成29年11月30日)
                                 連結貸借対照表           取得原価
                           種類                         差額(百万円)
                                 計上額(百万円)           (百万円)
                                      27,596
                        株式                        7,449         20,147
           連結貸借対照表計上額が
           取得原価を超えるもの
                                      27,596
                           小計                     7,449         20,147
                                        652
                        株式                         811        △158
           連結貸借対照表計上額が
           取得原価を超えないもの
                                        652
                           小計                      811        △158
                     合計                 28,249          8,261         19,988
            当連結会計年度(平成30年11月30日)

                                 連結貸借対照表           取得原価
                           種類                         差額(百万円)
                                 計上額(百万円)           (百万円)
                                      22,122
                        株式                        6,798         15,324
           連結貸借対照表計上額が
           取得原価を超えるもの
                                      22,122
                           小計                     6,798         15,324
                        株式               1,130         1,507         △376
           連結貸借対照表計上額が
           取得原価を超えないもの
                                       1,130
                           小計                     1,507         △376
                     合計                 23,253          8,306         14,947
                                 56/81














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (デリバティブ取引関係)
        1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         (1)通貨関連
             前連結会計年度(平成29年11月30日)
                                         契約額等の
                                   契約額等              時価     評価損益
                                         うち1年超
                区分         取引の種類
                                   (百万円)             (百万円)      (百万円)
                                          (百万円)
                       為替予約取引
                        売建
                                     1,539        -       3       3
                         米ドル
                                     1,251        -     △12       △12
                         ユーロ
                                      457       -      △6       △6
                         タイバーツ
                                     2,781        -     △67       △67
                         シンガポールドル
                                     3,005        -     △34       △34
                         人民元
                                       11       -      △0       △0
                         台湾ドル
             市場取引以外の取引
                                       7      -      △0       △0
                         インドルピー
                        買建                     -
                                       5      -       0       0
                         日本円
                       通貨スワップ取引

                                      175       -     △21       △21
                        円受取・人民元支払
                        円受取・インドル
                                      124       -     △17       △17
                        ピー支払
                                     9,357        -     △157       △157
                      合計
             (注)時価の算定方法
                取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
             当連結会計年度(平成30年11月30日)

                                         契約額等の
                                   契約額等              時価     評価損益
                                         うち1年超
                区分         取引の種類
                                   (百万円)             (百万円)      (百万円)
                                          (百万円)
                       為替予約取引
                        売建
                                       12       -      △0       △0
                         日本円
                                     1,814        -     △22       △22
                         米ドル
                                     1,265        -       5       5
                         ユーロ
                                      321       -      △3       △3
                         タイバーツ
                                     1,166        -       3       3
             市場取引以外の取引            シンガポールドル
                                     2,270        -     △20       △20
                         人民元
                                       21       -      △2       △2
                         インドルピー
                        買建
                                      230       -      △7       △7
                         米ドル
                                     1,325        -       0       0
                         シンガポールドル
                                     8,430        -     △46       △46

                      合計
             (注)時価の算定方法
                取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
                                 57/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
         (2)金利関連
             前連結会計年度(平成29年11月30日)
                                         契約額等の
                                   契約額等              時価      評価損益
                                         うち1年超
                区分         取引の種類
                                   (百万円)             (百万円)       (百万円)
                                          (百万円)
                       金利スワップ取引
             市場取引以外の取引
                                     6,958       3,714       △44       △44
                        変動受取・固定支払
                                     6,958       3,714       △44       △44
                      合計
             (注)時価の算定方法
                取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
             当連結会計年度(平成30年11月30日)

                                         契約額等の
                                   契約額等              時価      評価損益
                                         うち1年超
                区分         取引の種類
                                   (百万円)             (百万円)       (百万円)
                                          (百万円)
                       金利スワップ取引
             市場取引以外の取引
                                     3,714       1,252       △14       △14
                        変動受取・固定支払
                                     3,714       1,252       △14       △14
                      合計
             (注)時価の算定方法
                取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
        2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          該当事項はありません。
                                 58/81














                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社および一部の連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付企業年金制度、
       退職一時金制度および確定拠出制度を採用しております。
        なお、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。
        また、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度および退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る
       負債および退職給付費用を計算しており、一部米国連結子会社は、従業員を対象とする確定給付型年金制度を採用
       し、年金費用および資産・負債の認識および測定は、米国会計基準を適用しております。
      2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日               (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     退職給付債務の期首残高                                 28,160百万円               29,091百万円
                                       1,785               1,683
      勤務費用
                                        221               206
      利息費用
      数理計算上の差異の発生額                                 525              △343
      退職給付の支払額                               △1,480               △1,612
      その他                                △120               △141
     退職給付債務の期末残高                                 29,091               28,883
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日               (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     年金資産の期首残高                                 24,922百万円               26,532百万円
      期待運用収益                                  597               637
      数理計算上の差異の発生額                                1,220              △1,098
      事業主からの拠出額                                  750               777
      退職給付の支払額                                △983              △1,066
      その他                                  23               39
     年金資産の期末残高                                 26,532               25,821
      (3)退職給付債務および年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債および退職給付に係る

        資産の調整表
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成29年11月30日)               (平成30年11月30日)
     積立型制度の退職給付債務                                 20,542百万円               20,456百万円
                                     △26,532               △25,821
     年金資産
                                      △5,989               △5,364
                                       8,548               8,426
     非積立型制度の退職給付債務
                                       2,559               3,062
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
     退職給付に係る負債                                 10,866               10,543

     退職給付に係る資産                                △8,307               △7,480
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  2,559               3,062
                                 59/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      (4)退職給付費用およびその内訳項目の金額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日               (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     勤務費用                                  1,785百万円               1,683百万円
     利息費用                                   221               206
     期待運用収益                                  △597               △637
     数理計算上の差異の費用処理額                                   453               472
     過去勤務費用の費用処理額                                  △124               △124
     確定給付制度に係る退職給付費用                                  1,737               1,600
      (5)退職給付に係る調整額

        退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日               (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
     過去勤務費用                                  △124百万円               △124百万円
     数理計算上の差異                                  1,094               △333
      合計                                  969              △457
      (6)退職給付に係る調整累計額

        退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成29年11月30日)               (平成30年11月30日)
     未認識過去勤務費用                                   249百万円               124百万円
     未認識数理計算上の差異                                △1,103               △1,436
      合計                                △854              △1,312
      (7)年金資産に関する事項

       ① 年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成29年11月30日)               (平成30年11月30日)
     株式                                   32.0%               37.2%
     債券                                   50.8               43.6
     その他                                   17.2               19.2
      合計                                  100.0               100.0
       ② 長期期待運用収益率の設定方法

         年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在および予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在および将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

        主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (平成29年11月30日)               (平成30年11月30日)
     割引率                               主として0.4%               主として0.4%
     長期期待運用収益率                               主として2.0%               主として2.0%
     3.確定拠出制度

       当社および連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度247百万円、当連結会計年度260百万円であり
      ます。
                                 60/81



                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
           繰延税金資産
            たな卸資産の評価減および
                                         2,881百万円              2,839百万円
            連結会社間未実現利益消去
            退職給付に係る負債                             3,860              3,572
            減価償却費超過額                              344              377
                                         1,522              1,200
            その他
           繰延税金資産小計
                                         8,608              7,990
                                         △662             △1,104
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                         7,946              6,885
           繰延税金負債

            減価償却費-在外子会社                            △1,456              △1,023
            その他有価証券評価差額金                            △6,088              △4,553
            退職給付に係る資産                            △3,095              △2,675
            無形固定資産時価評価差額                             △343              △432
                                        △2,337              △2,803
            その他
           繰延税金負債合計                            △13,322              △11,488
           繰延税金資産(△は繰延税金負債)の純額                             △5,375              △4,603
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                     前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
           法定実効税率                              30.7%
                                                法定実効税率と税効
           (調整)
                                                果会計適用後の法人
           交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.2
                                                税等の負担率との間
           受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                        △0.3
                                                の差異が法定実効税
           税額控除                             △4.4
                                                率の100分の5以下で
           評価性引当額の増減
                                          1.1
           在外子会社の税率差異
                                        △1.8       あるため注記を省略
           その他                              2.0      しております。
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         28.5
          3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産および繰延税金負債の金額の修正

            米国において、税制改革法が平成29年12月22日に成立したことに伴い、平成30年1月1日以降の連邦法
           人税率は従来の35%から21%に引き下げられることとなりました。
            この税率変更により、繰延税金負債の金額(繰延税金資産の金額を控除した金額)が234百万円、法人税
           等調整額が234百万円減少しております。
                                 61/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資
         源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社は、主に市場、製品およびサービスの性質を総合的に勘案して事業セグメントを決定しており、当社の
         財政状態および経営成績の適切な理解に資するために、複数の事業セグメントを集約しております。
          これにより、当社は、「機械工具事業」、「部品事業」、「その他の事業」の3区分を報告セグメントとし
         ております。「機械工具事業」は工具、工作機械、ロボットを製造・販売しております。「部品事業」はベア
         リングおよび油圧機器を製造・販売しております。「その他の事業」は特殊鋼の製造・販売、運送・情報処理
         関連のサービスを行っております。
         2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

          報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
         における記載と同一であります。なお、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。また、
         セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格に基づいております。
         3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

           前連結会計年度(自平成28年12月1日 至平成29年11月30日)
                                                     (単位:百万円)
                                                        連結財務
                                  報告セグメント
                                                  調整額
                                                        諸表計上
                                                   (注)1
                           機械工具       部品     その他       計
                                                        額(注)2
           売上高
                            86,746     135,982      14,733     237,461        -   237,461
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高又
                             1,869       822     5,889      8,581     △ 8,581       -
            は振替高
                            88,615     136,804      20,622     246,042      △ 8,581     237,461
                  計
                             6,630      8,635       782    16,048        81    16,130
           セグメント利益
                            92,790     162,666      18,460     273,917      25,237     299,155
           セグメント資産
           その他の項目
                             3,954      9,858      1,114     14,927       △ 71    14,856
            減価償却費
                              32      -      -      32      -      32
            のれん償却額
                              155      282      -     438      -     438
            持分法適用会社への投資額
            有形固定資産及び無形固定資
                             3,465     14,213      1,082     18,760       △ 14    18,746
            産の増加額
           (注)1.調整額は以下のとおりであります。
              (1)セグメント利益の調整額は、主としてセグメント間取引消去であります。
              (2)  セグメント資産の調整額は、セグメント間取引消去および全社資産であります。なお、全社資産
               の金額は、27,270百万円であり、主として提出会社の長期投資資金(投資有価証券)であります。
              (3)減価償却費       の調整額は、主として          未実現利益の消去であります。
              (4)有形固定資産および無形固定資産の増加額の調整額は、主として未実現利益の消去であります。
             2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 62/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自平成29年12月1日 至平成30年11月30日)
                                                     (単位:百万円)
                                                        連結財務
                                  報告セグメント
                                                  調整額
                                                        諸表計上
                                                   (注)1
                           機械工具       部品     その他       計
                                                        額(注)2
           売上高
                            86,654     147,852      17,703     252,209        -   252,209
            外部顧客への売上高
            セグメント間の内部売上高又
                             1,749       734     6,191      8,675     △ 8,675       -
            は振替高
                            88,404     148,586      23,894     260,885      △ 8,675     252,209
                  計
           セグメント利益                 5,782      8,152      1,349     15,284        21    15,306
                            87,317     168,577      21,566     277,461      19,738     297,200
           セグメント資産
           その他の項目
                             4,079     10,793      1,095     15,969       △ 68    15,900
            減価償却費
                              112      -      -     112      -     112
            のれん償却額
                              182      327      -     510      -     510
            持分法適用会社への投資額
            有形固定資産及び無形固定資
                             3,121     11,299      1,563     15,984       △ 29    15,954
            産の増加額
           (注)1.調整額は以下のとおりであります。
              (1)セグメント利益の調整額は、主としてセグメント間取引消去であります。
              (2)  セグメント資産の調整額は、セグメント間取引消去および全社資産であります。なお、全社資産
               の金額は、22,518百万円であり、主として提出会社の長期投資資金(投資有価証券)であります。
              (3)減価償却費       の調整額は、主として          未実現利益の消去であります。
              (4)有形固定資産および無形固定資産の増加額の調整額は、主として未実現利益の消去であります。
             2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        【関連情報】

         前連結会計年度(自平成28年12月1日                    至平成29年11月30日)
          1.製品およびサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

                                                     (単位:百万円)
            (1)売上高
               日本          米州          欧州         アジア          合計
                 119,184          33,978          13,709          70,589         237,461
           (注)   1.国又は地域の区分は、地理的近接度によっております。
              2.各区分に属する主な国又は地域
               (1)  米州…米国、メキシコ、ブラジル
               (2)  欧州…ドイツ、イギリス、チェコ
               (3)  アジア…中国、台湾、韓国、シンガポール、タイ、インドネシア、インド
            (2)有形固定資産                                         (単位:百万円)
               日本          米州          欧州         アジア          合計
                                      1,848         25,896
                  77,414          9,708                            114,867
           (注)   1.国又は地域の区分は、地理的近接度によっております。
              2.各区分に属する主な国又は地域
               (1)  米州…米国、メキシコ、ブラジル
               (2)  欧州…ドイツ、チェコ
               (3)  アジア…中国、台湾、シンガポール、タイ、インド
                                             (単位:百万円)

           3.主要な顧客ごとの情報
                顧客の名称             売上高          関連するセグメント名
            岡谷鋼機株式会社                  30,619     機械工具および部品
                                 63/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自平成29年12月1日                    至平成30年11月30日)
          1.製品およびサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

                                                     (単位:百万円)
            (1)売上高
               日本          米州          欧州         アジア          合計
                 131,038          34,516          15,192          71,462         252,209
           (注)   1.国又は地域の区分は、地理的近接度によっております。
              2.各区分に属する主な国又は地域
               (1)  米州…米国、メキシコ、ブラジル
               (2)  欧州…ドイツ、イギリス、チェコ
               (3)  アジア…中国、台湾、韓国、シンガポール、タイ、インドネシア、インド
                                                     (単位:百万円)
            (2)有形固定資産
               日本          米州          欧州         アジア          合計
                                      1,668         24,001
                  79,222          8,741                            113,634
           (注)   1.国又は地域の区分は、地理的近接度によっております。
              2.各区分に属する主な国又は地域
               (1)  米州…米国、メキシコ、ブラジル
               (2)  欧州…ドイツ、チェコ
               (3)  アジア…中国、台湾、シンガポール、タイ、インド
                                             (単位:百万円)

           3.主要な顧客ごとの情報
                顧客の名称             売上高          関連するセグメント名
            岡谷鋼機株式会社                  34,062     機械工具および部品
        【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         該当事項はありません。
        【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

         前連結会計年度(自平成28年12月1日                    至平成29年11月30日)
            のれんの償却額および未償却残高は、以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                     機械工具         部品        その他       全社・消去          合計
                         32        -        -        -        32
            当期償却額
            当期末残高             470         -        -        -        470
         当連結会計年度(自平成29年12月1日                    至平成30年11月30日)

            のれんの償却額および未償却残高は、以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                     機械工具         部品        その他       全社・消去          合計
            当期償却額             112         -        -        -        112
                         411         -        -        -        411
            当期末残高
        【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          該当事項はありません。
                                 64/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        【関連当事者情報】
         該当事項はありません。
        (1株当たり情報)

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成28年12月1日                            (自 平成29年12月1日
              至 平成29年11月30日)                            至 平成30年11月30日)
     1株当たり純資産額                     4,543円01銭       1株当たり純資産額                     4,609円38銭
     1株当たり当期純利益                      392円24銭      1株当たり当期純利益                      359円96銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について                             なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
     は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。                            は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (注)1.      平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。前連結会計年度の期
           首に当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり純資産額および1株当たり当期純利益を算定しており
           ます。
         2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (平成29年11月30日)                (平成30年11月30日)
     純資産の部の合計額(百万円)                                  119,399                121,076

     純資産の部の合計額から控除する金額
                                         6,500                6,536
     (百万円)
     (うち非支配株主持分(百万円))                                   (6,500)                (6,536)
     普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                  112,899                114,539
     1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                        24,851                24,849
     期末の普通株式の数(千株)
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 平成28年12月1日                (自 平成29年12月1日
                               至 平成29年11月30日)                至 平成30年11月30日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                   9,747                8,945
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -                -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                         9,747                8,945
     益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   24,852                24,850
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 65/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
        【社債明細表】
         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                             当期首残高        当期末残高       平均利率
               区分                                     返済期限
                             (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                           6,890       10,961       2.4       ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                           22,643        23,442       0.7       ―
                                  354        331
     1年以内に返済予定のリース債務                                          1.4       ―
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)                           53,925        49,178       0.9   平成32年~平成35年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く)                            690        629      1.2   平成32年~平成37年
     その他有利子負債                             -        -      -       ―
               合計                 84,504        84,543        -       ―
      (注)1.「平均利率」については、借入金の当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金およびリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定
           額は以下のとおりであります。
                       1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                区分
                        (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
            長期借入金               20,108          14,209          6,791          5,588
                             258
            リース債務                          173          115          60
        【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
       (2)【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)
                      第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     60,367          124,638          187,835          252,209
     税金等調整前四半期(当期)
                                                         13,325
                          2,734          6,506          10,368
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          2,067          4,494          7,210          8,945
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          83.18          180.87          290.16          359.96
     利益(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益
                          83.18          97.69          109.29           69.80
     (円)
     (注) 平成30年6月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。当連結会計年度の期首に
         当該株式併合が行われたと仮定して、1株当たり四半期(当期)純利益および1株当たり四半期純利益を算定し
         ております。
                                 66/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         12,780               8,456
         現金及び預金
                                        ※1 17,971             ※1 15,068
         受取手形
                                        ※1 25,987             ※1 29,587
         売掛金
                                        ※1 2,579             ※1 3,644
         電子記録債権
                                         6,721              7,288
         商品及び製品
                                         9,165              10,465
         仕掛品
                                         9,900              11,809
         原材料及び貯蔵品
                                           146              222
         前払費用
                                           999              885
         繰延税金資産
                                         ※1 538             ※1 717
         未収入金
         未収消費税等                                 3,096               703
                                        ※1 2,634             ※1 3,421
         その他
                                           -             △ 172
         貸倒引当金
                                         92,521              92,098
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         18,870              18,246
          建物
                                           918              897
          構築物
                                         37,768              40,743
          機械及び装置
                                           35              28
          車両運搬具
                                         1,363              1,395
          工具、器具及び備品
                                         6,956              6,956
          土地
                                           740              674
          リース資産
                                         2,786              2,624
          建設仮勘定
                                         69,438              71,567
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           794              821
          ソフトウエア
                                           62              271
          ソフトウエア仮勘定
                                           47              47
          その他
                                           905             1,140
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         27,270              22,518
          投資有価証券
                                         32,814              33,904
          関係会社株式及び出資金
                                        ※1 1,611             ※1 1,443
          長期貸付金
                                           63              89
          長期前払費用
                                         5,055              5,463
          前払年金費用
                                         2,152              2,313
          その他
                                         68,967              65,732
          投資その他の資産合計
                                        139,311              138,440
         固定資産合計
                                        231,832              230,539
       資産合計
                                 67/81





                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 2,510             ※1 1,999
         支払手形
                                        ※1 14,343             ※1 15,166
         買掛金
                                         26,379              26,698
         電子記録債務
                                         21,206              26,065
         短期借入金
                                           257              262
         リース債務
                                        ※1 4,706             ※1 4,798
         未払金
                                        ※1 5,136             ※1 5,505
         未払費用
                                         1,932               421
         未払法人税等
                                         ※1 268             ※1 496
         前受金
                                        ※1 8,552             ※1 9,371
         預り金
                                           22               5
         設備関係支払手形
                                           181              287
         その他
                                         85,498              91,079
         流動負債合計
       固定負債
                                         48,645              44,470
         長期借入金
                                           579              505
         リース債務
                                         5,162              3,630
         繰延税金負債
                                         6,165              6,783
         退職給付引当金
                                         2,922              2,400
         その他
                                         63,475              57,789
         固定負債合計
                                        148,973              148,868
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         16,074              16,074
         資本金
         資本剰余金
                                         11,420              11,420
          資本準備金
                                           29              29
          その他資本剰余金
                                         11,449              11,449
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           353              353
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         2,200              2,200
            別途積立金
                                         39,685              41,817
            繰越利益剰余金
                                         42,238              44,370
          利益剰余金合計
         自己株式                                 △ 251             △ 262
                                         69,511              71,632
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         13,347              10,037
         その他有価証券評価差額金
                                         13,347              10,037
         評価・換算差額等合計
                                         82,859              81,670
       純資産合計
                                        231,832              230,539
      負債純資産合計
                                 68/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 平成28年12月1日              (自 平成29年12月1日
                                至 平成29年11月30日)               至 平成30年11月30日)
                                       ※1 181,747             ※1 188,055
      売上高
                                       ※1 150,450             ※1 156,837
      売上原価
                                         31,296              31,217
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 23,563           ※1 , ※2 24,759
      販売費及び一般管理費
                                         7,732              6,457
      営業利益
      営業外収益
                                        ※1 1,497             ※1 1,514
       受取利息及び配当金
                                         ※1 454             ※1 490
       その他
                                         1,951              2,004
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         ※1 505             ※1 438
       支払利息
                                        ※1 1,385             ※1 1,747
       その他
                                         1,890              2,185
       営業外費用合計
                                         7,793              6,277
      経常利益
      特別利益
                                            2              0
       固定資産売却益
                                            2              0
       特別利益合計
      特別損失
                                           80              23
       固定資産除却損
                                           541              558
       独占禁止法等関連損失
                                           622              582
       特別損失合計
                                         7,174              5,695
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    1,933              1,046
                                         △ 451               32
      法人税等調整額
                                         1,481              1,078
      法人税等合計
                                         5,692              4,616
      当期純利益
                                 69/81










                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自平成28年12月1日 至平成29年11月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                           資本剰余金                    利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                 資本金
                           その他資本      資本剰余金                       利益剰余金
                     資本準備金                 利益準備金
                            剰余金      合計                繰越利益       合計
                                            別途積立金
                                                   剰余金
     当期首残高            16,074      11,420       29    11,449       353     2,200     36,478      39,031
     当期変動額
      剰余金の配当                                             △ 2,485     △ 2,485
      当期純利益                                              5,692      5,692
      自己株式の取得
      自己株式の処分
                               0      0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -      -      0      0     -      -    3,207      3,207
     当期末残高
                  16,074      11,420       29    11,449       353     2,200     39,685      42,238
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                      純資産合計
                                   その他有価証券
                  自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                    評価差額金
     当期首残高
                      △ 239        66,315          8,976         8,976         75,292
     当期変動額
      剰余金の配当                        △ 2,485                          △ 2,485
      当期純利益                         5,692                           5,692
      自己株式の取得
                      △ 12        △ 12                          △ 12
      自己株式の処分                 0         0                           0
      株主資本以外の項目の
                                        4,371         4,371         4,371
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 11        3,195         4,371         4,371         7,567
     当期末残高                △ 251        69,511         13,347         13,347         82,859
                                 70/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度(自平成29年12月1日 至平成30年11月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                    株主資本
                           資本剰余金                    利益剰余金
                                              その他利益剰余金
                 資本金
                           その他資本      資本剰余金                       利益剰余金
                     資本準備金                 利益準備金
                            剰余金      合計                繰越利益       合計
                                            別途積立金
                                                   剰余金
     当期首残高            16,074      11,420       29    11,449       353     2,200     39,685      42,238
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                   △ 2,485     △ 2,485
      当期純利益                                              4,616      4,616
      自己株式の取得
      自己株式の処分                         0      0
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -      -      0      0     -      -    2,131      2,131
     当期末残高            16,074      11,420       29    11,449       353     2,200     41,817      44,370
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                      純資産合計
                                   その他有価証券
                  自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                    評価差額金
     当期首残高                △ 251        69,511         13,347         13,347         82,859
     当期変動額
      剰余金の配当
                              △ 2,485                          △ 2,485
      当期純利益                         4,616                           4,616
      自己株式の取得                △ 11        △ 11                          △ 11
      自己株式の処分
                       0         0                           0
      株主資本以外の項目の
                                       △ 3,310        △ 3,310        △ 3,310
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 10        2,121        △ 3,310        △ 3,310        △ 1,188
     当期末残高                △ 262        71,632         10,037         10,037         81,670
                                 71/81








                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
        (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準および評価方法
          (1)  子会社株式および関連会社株式
             移動平均法による原価法
          (2)  その他有価証券
             時価のあるもの
              期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
              均法により算定している)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
         2.たな卸資産の評価基準および評価方法
            総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         3.固定資産の減価償却の方法
          (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
            建物、機械及び装置は定額法、その他の有形固定資産は主として定率法を採用しております。
          (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法でありま
            す。
          (3)  リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引については、リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定
            額法を採用しております。
         4.引当金の計上基準
          (1)  貸倒引当金
            債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)  退職給付引当金
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき
            計上しております。
         5.その他
          (1)   退職給付に係る会計処理
            退職給付に係る未認識数理計算上の差異および未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表に
            おけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
          (2)  消費税等の会計処理
            税抜方式によっております。
        (表示方法の変更)

          前事業年度において、「無形固定資産」の「ソフトウエア」に含めていた「ソ                                     フトウエア仮勘定」は、重要性
         が増したため、当事業年度より区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財
         務諸表の組み替えを行っております。この結果、前事業年度の貸借対照表において、「無形固定資産」の「ソフ
         トウエア」に表示していた857百万円は、「ソフトウエア」794百万円、「ソフトウエア仮勘定」62百万円として
         組み替えております。
                                 72/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (貸借対照表関係)
          ※1.関係会社に対する金銭債権および金銭債務は次のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
           短期金銭債権                      25,578百万円                 25,752百万円
           長期金銭債権                       1,604                 1,435
           短期金銭債務                      10,678                 11,955
           2.偶発債務等

           (1)    関係会社の金融機関からの借入金等に係る債務保証は次のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                              (平成29年11月30日)                 (平成30年11月30日)
                                  12,062百万円                 11,351百万円
           (2)    訴訟等

               当社および当社の子会社は、過去のベアリングの取引に関して、海外の競争法関係当局の調査を
              受けております。また、これらの調査に関連して、当社および当社の子会社に対して、米国および
              カナダにおいて集団訴訟が提起されております。
               今後、上記訴訟等の結果によっては損失が発生する可能性がありますが、現時点でその金額を合
              理的に見積ることは困難であり、当社の経営成績等に与える影響は明らかではありません                                         。
        (損益計算書関係)

          ※1.関係会社との取引高は次のとおりであります。
                                 前事業年度                 当事業年度
                             (自 平成28年12月1日                (自 平成29年12月1日
                              至 平成29年11月30日)                 至 平成30年11月30日)
           売上高                      66,608百万円                 70,154百万円
           仕入高                      34,895                 37,873
           営業取引以外の取引高                       1,352                 1,319
          ※2.   販売費及び一般管理費のうち主要な費目および金額は次のとおりであります。

                                 前事業年度                 当事業年度
                              (自 平成28年12月1日                 (自 平成29年12月1日
                               至 平成29年11月30日)                 至 平成30年11月30日)
           荷造運搬費                       4,059   百万円              5,079   百万円
                                  4,399                 4,546
           従業員給料
                                   332                 350
           退職給付費用
                                   680                 694
           減価償却費
                                  3,124                 3,390
           研究開発費
           おおよその割合

                                  63.6%                 63.7%
           販売費
                                  36.4%                 36.3%
           一般管理費
                                 73/81






                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        (有価証券関係)
          前事業年度      (平成29年11月30日)
           子会社株式および関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式29,281百万円、関連会社株式96百万円)
          は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度      (平成30年11月30日)

           子会社株式および関連会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式30,372百万円、関連会社株式96百万円)
          は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
        (税効果会計関係)

          1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
           繰延税金資産
            たな卸資産                              539百万円              665百万円
            退職給付引当金                             1,878              2,066
            関係会社株式・出資金評価損                              466              466
            減価償却費超過額                              338              354
                                         1,004               934
            その他
           繰延税金資産小計
                                         4,228              4,488
                                        △1,003              △1,172
           評価性引当額
           繰延税金資産合計
                                         3,224              3,315
           繰延税金負債
            その他有価証券評価差額金                            △5,846              △4,396
                                        △1,540              △1,664
            前払年金費用
                                        △7,387              △6,060
           繰延税金負債合計
                                        △4,162              △2,745
           繰延税金資産(△は繰延税金負債)の純額
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異発生の原因別内訳

                                      前事業年度              当事業年度
                                   (平成29年11月30日)              (平成30年11月30日)
           法定実効税率                              30.7%              30.7%
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目                              1.7              2.4
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目                             △4.3              △5.4
            税額控除                             △8.3              △7.8
            評価性引当額の増減                              0.7              3.0
                                          0.2             △4.0
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                              20.7              18.9
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 74/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:百万円)
                                                       減価償却
        区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                        累計額
      有形固定資産         建物             18,870        625       1    1,248      18,246      26,326
              構築物              918       89      -      110      897     4,125
              機械及び装置             37,768      10,290        31    7,284      40,743      100,873
              車両運搬具               35       6      0      13      28      221
              工具、器具及び備品             1,363      1,117        2    1,083      1,395      9,868
              土地             6,956        -      -      -     6,956        -
              リース資産              740      184       -      250      674      895
              建設仮勘定             2,786      11,963      12,124        -     2,624        -
                  計         69,438      24,278      12,159       9,990      71,567      142,310
      無形固定資産         ソフトウエア              794      312       -      285      821       -
              ソフトウエア仮勘定               62      521      312       -      271       -
              その他               47       0      -       0      47      -
                  計          905      834      312      285     1,140        -
      (注)1.機械及び装置の当期増加額の主なるものは次のとおりであります。
           研削盤           2,802百万円         金属加工機械           1,804百万円
           測定検査装置           1,506百万円         熱処理設備            741百万円
         2.  建設仮勘定の当期増加額の主なるものは次のとおりであります。
           ベアリング製造関係           4,238百万円         油圧機器製造関係           2,067百万円
           自動車用油圧機器製
                      1,811百万円         特殊鋼製造関係           1,227百万円
           造関係
        【引当金明細表】

                                                     (単位:百万円)
         科目          当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高

      貸倒引当金                    -           172            -           172

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 75/81







                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  12月1日から11月30日まで
      定時株主総会                  2月中
      基準日                  11月30日
      剰余金の配当の基準日                  5月31日、11月30日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り・買増し
                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                        三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                        三井住友信託銀行株式会社
       取次所                               ──────
       買取・買増手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                        当社の公告方法は、電示公告とする。ただし、事故その他やむを得ない
                        事由によって電子公告による公告をすることができない場合は、日本経済
      公告掲載方法
                        新聞および富山市において発行される北日本新聞に掲載いたします。
                        公告掲載URL http://www.nachi-fujikoshi.co.jp/
      株主に対する特典                  該当事項はありません。
     (注)当社の株主は、定款の定めにより、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使するこ
        とができません。
         (1)   会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)   会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)   株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権利
         (4)   その有する単元未満株式の数とあわせて単元株式数となる数の株式を売渡すことを請求する権利
                                 76/81











                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

         当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書およびその添付書類ならびに確認書
           事業年度(第135期)(自 平成28年12月                    1日 至 平成29年11月30日)
           平成30年2月22日 関東財務局長に提出
        (2)内部統制報告書
           平成30年2月22日 関東財務局長に提出
        (3)四半期報告書および確認書
           (第136期第1四半期)(自 平成29年12月                     1日 至 平成30年2月28日)
           平成30年4月6日 関東財務局長に提出
           (第136期第2四半期)(自 平成30年3月                     1日 至 平成30年5月31日)
           平成30年7月6日 関東財務局長に提出
           (第136期第3四半期)(自 平成30年6月                     1日 至 平成30年8月31日)
           平成30年10月5日 関東財務局長に提出
        (4)四半期報告書の訂正報告書および確認書
           (第136期第3四半期)(自 平成30年6月                     1日 至 平成30年8月31日)
           平成30年10月11日 関東財務局長に提出
        (5)臨時報告書
           平成30年2月23日 関東財務局長に提出
           企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基
           づく臨時報告書であります。
                                 77/81












                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 78/81




















                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    平成31年2月19日

     株式会社不二越

       取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                櫻   井      均  印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                石   田 健    一  印
                              業務執行社員
     <財務諸表監査>

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いる株式会社不二越の平成29年12月1日から平成30年11月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
     対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務
     諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
     とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
     は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
     し、これに基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
     監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
     る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
     を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
     も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社不二越及び連結子会社の平成30年11月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 79/81




                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
     <内部統制監査>
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社不二越の平成30年11
     月30日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     内部統制報告書に対する経営者の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準
     に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要な虚偽
     表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施すること
     を求めている。
      内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するた
     めの手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性
     に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果
     について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、株式会社不二越が平成30年11月30日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
     統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
     に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が連結財務諸表に添付

          する形で別途保管しております。
         2.  XBRLデータは監査の対象には含                 まれていません。
                                 80/81









                                                           EDINET提出書類
                                                        株式会社不二越(E01603)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                    平成31年2月19日

     株式会社不二越

       取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                櫻   井      均  印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                石  田 健    一  印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

     いる株式会社不二越の平成29年12月1日から平成30年11月30日までの第136期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
     ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
     当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
     基づき監査を実施することを求めている。
      監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
     法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
     諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
     際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
     また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
     しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
      当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     監査意見

      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
     不二越の平成30年11月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要な点において適
     正に表示しているものと認める。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が財務諸表に添付する

          形で別途保管しております。
         2.  XBRLデータは監査の対象には含                 まれていません。
                                 81/81




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わ