リネットジャパングループ株式会社 四半期報告書 第20期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第20期第1四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:リネットジャパングループ株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    東海財務局長
      【提出日】                    2019年2月14日
      【四半期会計期間】                    第20期第1四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    リネットジャパングループ株式会社
      【英訳名】                    RenetJapanGroup,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  黒田 武志
      【本店の所在の場所】                    愛知県大府市柊山町三丁目33番地
      【電話番号】                    0562-45-2922
      【事務連絡者氏名】                    取締役  山田 真澄
      【最寄りの連絡場所】                    名古屋市中村区平池町四丁目60番12号 グローバルゲート26階
      【電話番号】                    052-589-2219
      【事務連絡者氏名】                    取締役  山田 真澄
      【縦覧に供する場所】                    リネットジャパングループ株式会社 名古屋本社
                         (名古屋市中村区平池町四丁目60番12号 グローバルゲート26階)
                         株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/23












                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第19期           第20期
               回次               第1四半期           第1四半期            第19期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年10月1日           自 2018年10月1日           自 2017年10月1日

              会計期間
                           至 2017年12月31日           至 2018年12月31日           至 2018年9月30日
                      (千円)            968,481          2,147,089           4,535,871
     営業収益
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 75,917           100,787            48,836

     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)           △ 76,517           87,402           23,838
     する四半期純損失(△)
                      (千円)           △ 76,517           74,202           61,066
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)            784,860          1,016,011            928,508

     純資産額
                      (千円)           2,320,133           5,082,178           4,646,842

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)            △ 8.45           9.65           2.63
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -          8.90           2.49
     (当期)純利益
                      (%)             33.7           19.7           19.9
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.第19期     第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第1四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
       について、重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/23







                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
       した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期
       連結会計期間の期首から適用しており、財政状態については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値を用いてお
       ります。
       (1)経営成績

         当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、米中貿易摩擦の懸念等、先行き不透明感が依然として残るも
         のの、企業収益や個人消費の改善により緩やかな回復基調で推移いたしました。
         このような経済環境の中、当社グループは                     収益と社会性の両立を目指し『ビジネスの力で、社会課題を解決す
        る』を企業理念に掲げ          、実店舗を有しない「ネットリユース事業」とインターネットと宅配便を活用した都市鉱山
        リサイクル(小型家電リサイクル)の「ネットリサイクル事業」、及びカンボジアで車両販売事業、リース事業、
        マイクロファイナンス事業、人材の送出し事業の4つの事業を展開する「カンボジア事業」を複合的に展開し、各
        事業共に様々な施策の下、事業拡大を図っております。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績につきましては、営業収益2,147,089千円(前年同四半期比
        121.7%増)、営業利益123,799千円(前年同四半期は営業損失75,888千円)、経常利益100,787千円(前年同四半
        期は経常損失75,917千円)、親会社株主に帰属する四半期純利益87,402千円(前年同四半期は親会社株主に帰属す
        る四半期純損失76,517千円)となりました。
         セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
         なお、当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同四半期比較につい
        ては、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。
         a.ネットリユース事業
         当事業は、NETOFFブランドで自社サイトを開設し、インターネットを通じてユーザーから中古本・CD・DVD・
        ゲームソフト・ブランド品・貴金属・ジュエリー・携帯電話・スポーツ用品・楽器・フィギュアなど多様な商品
        の買取申込を受け付け、対象商品を宅配便で集荷後、査定額を指定口座に支払う宅配買取と、自社で運営するイ
        ンターネット中古書店やアマゾンなど提携会社の運営サイトを通じてインターネット販売を行う、宅配便を活用
        した利便性の高い、かつ、インターネットに特化した非対面・非リアルの宅配買取・販売サービスを顧客に提供
        するものであります。
         当事業が属するリユース業界において、当社が取り扱うメディア・ホビー商材のカテゴリーとしての市場規模
        は、中古市場の中でも最大のカテゴリー(注)になり、近年では実店舗を通じた買取・購入形態からインター
        ネットによる買取・購入形態への移行が急激に加速しており、同カテゴリーにおけるネット市場は今後も成長が
        続いていく見通しにあります。
         このような環境の下、スマートフォン向けサービスサイトの改善等の施策を実施し、また販売コストの削減に
        努め、営業収益は837,107千円(前年同四半期比0.9%減)、営業利益は70,025千円(前年同四半期比25.6%増)
        となりました。
        (注)株式会社リフォーム産業新聞社のリサイクル通信「中古市場データブック2018」によると、当社がサブセ
        グメントとして定義している書籍とソフト・メディア類を合わせた「書籍メディア」に、玩具・模型の「ホ
        ビー・フィギュア」を合算した市場規模は2,641億円となっています。
                                  3/23






                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
         b.ネットリサイクル事業
         当事業は、使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律(以下「小型家電リサイクル法」といいま
        す。)の認定事業者免許をインターネットと宅配便を活用した回収スキームにて唯一取得しており、また、全国
        183の自治体(2019年2月1日現在)と提携の上、行政サービスの一環としてサービスを提供する独自の事業モデ
        ルとなっております。ユーザーからのインターネット申込により、直接、不用となった使用済小型電子機器等を
        有償で宅配回収するとともに、パソコンや携帯電話を廃棄する際に個人情報漏えいを懸念するユーザー向けの
        データ消去サービス等オプションサービスも有償で提供し、回収した使用済小型電子機器等をリユース販売又は
        これらの部品に含まれるレアメタルについて中間処理会社に売却する、インターネットプラットフォーム型の
        サービスを提供しております。
         当セグメントに関わる直近の外部環境としまして、2020年東京オリンピック・パラリンピックにおける入賞メ
        ダルを小型家電リサイクル由来の金・銀・銅で製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」
        が同競技大会組織委員会にて推進されることが正式決定し、今後、小型家電リサイクル市場が活性化される見通
        しにあります。2017年2月1日、同競技大会組織委員会にて、一般財団法人                                    日本環境衛生センターが、小型家電
        リサイクル法の制度を活用し、全国の自治体等を通じて回収活動を行う事業協力者(代表者)として採択されま
        した。また、2017年2月2日には、環境省より、日本環境衛生センターの下で推進する主要協力会社の3社のう
        ちの1社として当社の名前が公表されました。
         2013年4月に小型家電リサイクル法が施行されて以来、約5年半が経過し、自治体や認定事業者を中心とした
        回収及び適正処理の体制整備が進んできた一方、この新しい制度や「都市鉱山」としての小型家電リサイクルの
        意義が国民に浸透していない課題がありました。今回、オリンピックメダルプロジェクトが正式に始動すること
        となり、国民への制度の周知が進む新しいフェーズに入ることが期待されます。そのような中、当社は2020年に
        向け、提携自治体の拡大を推進するとともに、オリンピック及び都市鉱山リサイクルの機運醸成活動のサポート
        を通じて、回収率の向上による当事業の成長を実現すべく様々な取り組みを進めております。
         このような環境の下、効率的な広告施策を実行するとともに、各自治体との広報に関する協定締結による連携
        を着実に拡大することで、行政サービスの一環としての使用済小型電子機器等の宅配回収の告知及び普及を進め
        て、市民へのサービス認知度を向上させることを図り、当セグメントの営業収益は124,025千円(前年同四半期比
        259.8%増)、営業利益は28,787千円(前年同四半期は40,358千円の営業損失)となりました。
         c.カンボジア事業

         当事業は、社会貢献活動の一環としてカンボジア国内の農業支援を行うために、日本でのリユース事業のノウ
        ハウを活かし日本国内にある中古の農機具をカンボジアで活用させる事業をJICAとともに始めたことがきっかけ
        です。   現在では、車両販売事業、リース事業、マイクロファイナンス事業、人材の送出し事業の4つの事業を展
        開するとともに、人材育成を中心にカンボジア政府、日本政府、JICAとも共同し、カンボジア国内における国際
        協力活動にも参画しております。カンボジア事業は当社の成長事業の新たな柱と位置付けており、今後更なる強
        化を図って参ります。
         このような環境の下、車両販売事業が順調に拡大したことなどにより、当セグメントの営業収益は1,185,956千
        円(前年同四半期比1,228.3%増)、営業利益は119,730千円(前年同四半期比1,911.7%)となりました。
       (2)財政状態

       (資産の部)
         当第1四半期連結会計期間末における流動資産は4,467,827千円となり、前連結会計年度末に比べ416,684千円増
        加いたしました。これは主に、カンボジア事業による車両販売事業が伸長したこと、及びCHAMROEUN                                              MICROFINANCE
        PLC.の子会社化により営業債権が増加したことにより、現金及び預金が354,402千円減少したものの、売掛金が
        691,248千円、営業貸付金が85,220千円それぞれ増加したことなどが主な要因であります。固定資産は605,197千円
        となり、前連結会計年度末に比べ18,025千円増加いたしました。これは長期貸付金が増加したことなどが主な要因
        であります。繰延資産は9,154千円となり、前連結会計年度末に比べ626千円増加いたしました。これは株式交付費
        が増加したことなどが主な要因であります。
       (負債の部)
         当第1四半期連結会計期間末における流動負債は2,239,693千円となり、前連結会計年度末に比べ451,987千円増
        加いたしました。これは短期借入金が379,523千円、未払金が63,103千円それぞれ増加したことなどが主な要因で
        あります。固定負債は1,826,474千円となり、前連結会計年度末に比べ104,153千円減少いたしました。これは長期
        借入金が95,810千円減少したことなどが主な要因であります。
       (純資産の部)
         当第1四半期連結会計期間末における純資産は1,016,011千円と前連結会計年度末に比べ87,502千円増加いたし
        ました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上により利益剰余金が87,402千円増加したことなど
        が主な要因であります。
                                  4/23


                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
       (3)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (4)研究開発活動

         該当事項はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       20,000,000
                 普通株式
                                                       20,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末現
                                     上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
             在発行数(株)
       種類                              又は登録認可金融商品                内容
                          (2019年2月14日)
              (2018年12月31日)                        取引業協会名
                                                 完全議決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                       東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
                   9,070,500            9,844,000
      普通株式
                                       (マザーズ)
                                                 る株式であります。な
                                                 お、単元株式数は100株
                                                 であります。
                   9,070,500            9,844,000          -            -
        計
      (注)提出日現在発行数には、2019年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された
         株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          当該事項はありません。
                                  6/23











                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        ②【その他の新株予約権等の状況】
         当第1四半期会計期間において会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
     決議年月日                            2018年11月22日
     新株予約権の数(個)           ※
                                 22,000
     新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                      ※
                                 -
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)
                                 普通株式 2,200,000
      ※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                   ※
                                 (注)5.
                                 自 2018年12月11日
     新株予約権の行使期間           ※
                                 至 2020年12月10日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
                                 (注)5.
     価格及び資本組入額(円)             ※
     新株予約権の行使の条件            ※
                                 (注)5.
                                 割当予定先は、本第三者割当て契約の規定により、本新株
     新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                 予約権を第三者に譲渡する場合には、当社取締役会の承認
                                 を要します。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                  ―
      ※
      ※ 新株予約権の発行時(2018年12月10日)における内容を記載しております。
     (注)1.本新株予約権は、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等であります。
        2.当該行使価額修正条項付新株予約権の特質
          (a)本新株予約権の目的となる株式の総数は2,200,000株、割当株式数(別記「新株予約権の目的となる株式
          の数」欄第1項に定義する。)は100株で確定しており、株価の上昇又は下落により行使価額(別記「新株予
          約権の行使時の払込金額」欄第2項に定義する。)が修正されても変化しない(但し、別記「新株予約権の
          目的となる株式の数」欄に記載のとおり、調整されることがある。)。なお、株価の上昇又は下落により行
          使価額が修正された場合、本新株予約権による資金調達の額は増加又は減少する。
          (b)行使価額の修正基準
          当社は、2018年12月11日以降2020年12月9日まで(同日を含む。)の期間において、当社の資本政策のため
          必要があるときは、当社取締役会の決議により行使価額の修正を行うことができる。本項に基づき行使価額
          の修正が決議された場合、当社は速やかにその旨を本新株予約権に係る新株予約権者(以下「本新株予約権
          者」という。)に通知するものとし、行使価額は、当該通知が行われた日の翌取引日以降、当該通知が行わ
          れた日の直前取引日の株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」という。)における当社普通株式
          の普通取引の終値(以下「終値」という。)(同日に終値がない場合には、その直前の終値)の91%に相当
          する金額の1円未満の端数を切り捨てた金額に修正される。
          (c)行使価額の修正頻度
          本欄第2項に記載の通知がなされた際に修正される。
          (d)行使価額の下限
          「下限行使価額」は、当初、800円とする。但し、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第4項の規定を
          準用して調整される。
          (e)割当株式数の上限
          2,200,000株(2018年9月30日現在の発行済株式総数に対する割合は24.29%)
          (f)本新株予約権が全て行使された場合の資金調達額の下限
          1,769,460,000円(本欄第4項に記載の行使価額の下限にて本新株予約権が全て行使された場合の資金調達
          額。但し、本新株予約権の一部は行使されない可能性がある。)
          (g)本新株予約権には、当社の決定により本新株予約権の全部又は一部の取得を可能とする条項が設けられて
          おり、また、当社が2020年12月10日に本新株予約権の全部を取得する条項が設けられている(詳細は、別記
          「自己新株予約権の取得の事由及び取得の条件」欄を参照)。
        3.  新株予約権の目的となる株式の種類
          当社普通株式(完全議決権株式であり、権利内容に何らの限定のない当社における標準となる株式である。
          なお、当社は1単元を100株とする単元株式制度を採用している。)
                                  7/23



                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        4.  新株予約権の目的となる株式の数
          (a)本新株予約権の目的である株式の種類及び総数は、当社普通株式2,200,000株とする(本新株予約権1個
          当たりの目的たる株式の数(以下「割当株式数」という。)は100株とする。)。但し、下記第2項乃至第4
          項により割当株式数が調整される場合には、本新株予約権の目的である株式の総数は調整後割当株式数に応
          じて調整されるものとする。
          (b)当社が別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第4項の規定に従って行使価額の調整を行う場合には、
          割当株式数は次の算式により調整される。但し、調整の結果生じる1株未満の端数は切り捨てる。なお、か
          かる算式における調整前行使価額及び調整後行使価額は、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第4項
          に定める調整前行使価額及び調整後行使価額とする。
                                     ×
                          調整前割当株式数               調整前行使価額
                      =
            調整後割当株式数
                                 調整後行使価額
          (c)調整後交付株式数の適用日は、当該調整事由に係る別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第4項第

          (2)号、第(5)号及び第(6)号による行使価額の調整に関し、各号に定める調整後行使価額を適用する日と同日
          とする。
          (d)割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約権者
          に対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前割当株式数、調整後割当株式数及びその適用開始日そ
          の他必要な事項を書面で通知する。但し、別記「新株予約権の行使時の払込金額」欄第4項第(2)号⑤に定め
          る場合その他適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこ
          れを行う
        5. 新株予約権の行使時の払込金額
          (a)本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          各本新株予約権の行使に際して出資される財産は金銭とし、その価額は、行使価額に割当株式数を乗じた額
          とする。
          (b)本新株予約権の行使に際して出資される当社普通株式1株当たりの金銭の額(以下「行使価額」とい
          う。)は、当初1,001円とする。
          (c)行使価額の修正
            ①当社は、2018年12月11日以降2020年12月9日まで(同日を含む。)の期間において、当社の資本政策の
             ため必要があるときは、当社取締役会の決議により行使価額の修正を行うことができる。本号に基づき
             行使価額の修正が決議された場合、当社は速やかにその旨を本新株予約権者に通知するものとし、行使
             価額は、当該通知が行われた日の翌取引日以降、当該通知が行われた日の直前取引日の終値(同日に終
             値がない場合には、その直前の終値)の91%に相当する金額の1円未満の端数を切り捨てた金額に修正
             される。
            ②前号にかかわらず、前号に基づく修正後の行使価額が下限行使価額を下回ることとなる場合には行使価
             額は下限行使価額とする。
            ③ 上記第(1)号にかかわらず、当社又はその企業集団(連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する
             規則第4条第1項第1号に定める企業集団をいう。)に属するいずれかの会社に関する未公表の事実で
             あって、それが公表された場合に当社の株価に相当な影響を及ぼすおそれがある事実(金融商品取引法
             第166条第2項及び第167条第2項に定める事実を含むがこれに限られない。)が存在する場合には、当
             社は、上記第(1)号に基づく行使価額の修正を行うことができない。
          (d)行使価額の調整
            ①当社は、当社が本新株予約権の発行後、本項第(2)号に掲げる各事由により当社の普通株式数に変更を
             生じる場合又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「行使価額調整式」とい
             う。)をもって行使価額を調整する。
                                              1株当たり

                                     新発行・
                                              の払込金額
                                     処分株式数 ×
                            既発行株式数+
                                           時価

             調整後        調整前
                  =        ×
             行使価額        行使価額
                              既発行株式数+新発行・処分株式数
            ②行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後行使価額の適用時期については、次に定め
             るところによる。
             a.下記第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を新たに発行し、又は当社の保有
               する当社普通株式を処分する場合(無償割当てによる場合を含む。)(但し、新株予約権(新株予
               約権付社債に付されたものを含む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式の取得、その
               他当社普通株式の交付を請求できる権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分
               割、株式交換又は合併により当社普通株式を交付する場合を除く。)
                                  8/23


                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
              調整後行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とし、無償割当ての
              場合はその効力発生日とする。)以降、又はかかる発行若しくは処分につき株主に割当てを受ける権
              利を与えるための基準日がある場合はその日の翌日以降これを適用する。
             b.株式の分割により普通株式を発行する場合
              調整後行使価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
             c.下記第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する定めのある取得請求権
              付株式又は下記第(4)号②に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式の交付を請求できる新
              株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)を発行又は付与する場合(但し、当社又はそ
              の関係会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則第8条第8項に定める関係会社をい
              う。)の取締役その他の役員又は使用人に新株予約権を割り当てる場合を除く。)
              調整後行使価額は、取得請求権付株式の全部に係る取得請求権又は新株予約権の全部が当初の条件で
              行使されたものとみなして行使価額調整式を適用して算出するものとし、払込期日(新株予約権の場
              合は割当日)以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割当て
              を受ける権利を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
             d.当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含
              む。)の取得と引換えに下記第(4)号②に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する場
              合
              調整後行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
             e.本号(a)乃至(c)の場合において、基準日が設定され、かつ効力の発生が当該基準日以降の株主総会、
              取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときには、本号(a)乃至(c)にかかわらず、調整後
              行使価額は、当該承認があった日の翌日以降これを適用する。
              この場合において、当該基準日の翌日から当該承認があった日までに本新株予約権の行使請求をした
              本新株予約権者に対しては、次の算出方法により、当社普通株式を交付する。
                                         調整前行使価額により
                             -  調整後行使価額)         ×
                   (調整前行使価額                      当該期間内に交付され
                                         た株式数
             株式数    =
                                調整後行使価額
              この場合、1株未満の端数を生じたときはこれを切り捨てるものとする。
            ③行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまる場合
            は、行使価額の調整は行わない。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価額を調
            整する場合には、行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差し引いた
            額を使用する。
            ④a.行使価額調整式の計算については、円位未満小数第1位まで算出し、小数第1位を四捨五入する。
             b.行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額が初めて適用される日に先立つ45取引日目に始ま
               る30取引日の東京証券取引所における終値の平均値(終値のない日数を除く。)とする。この場
               合、平均値の計算は、円位未満小数第1位まで算出し、小数第1位を四捨五入する。
             c.行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある
               場合はその日、また、かかる基準日がない場合は、調整後行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前
               の日における当社の発行済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式を控
               除した数とする。また、上記第(2)号②の場合には、行使価額調整式で使用する新発行・処分株式
               数は、基準日において当社が有する当社普通株式に割り当てられる当社の普通株式数を含まないも
               のとする。
            ⑤上記第(2)号の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、本新株予約
             権者と協議の上、その承認を得て、必要な行使価額の調整を行う。
              a.株式の併合、資本の減少、会社分割、株式交換又は合併のために行使価額の調整を必要とすると
               き。
              b.その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由等の発生により行使価額の調
               整を必要とするとき。
              c.行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出に
               あたり使用すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
            ⑥上記第(2)号の規定にかかわらず、上記第(2)号に基づく調整後行使価額を初めて適用する日が本欄第3
             項に基づく行使価額の修正が効力を生じる日と一致する場合には、当社は、必要な行使価額及び下限行
             使価額の調整を行う。
            ⑦行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に
             対し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前行使価額、調整後行使価額及びその適用開始日その
             他必要な事項を書面で通知する。但し、上記第(2)号⑤に定める場合その他適用開始日の前日までに上
             記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行う。
                                  9/23


                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        6.自己新株予約権の取得の事由及び取得の条件
          (a)当社は、本新株予約権の取得が必要と当社取締役会が決議した場合は、本新株予約権の払込期日の翌日以
            降、会社法第273条及び第274条の規定に従って通知をした上で、当社取締役会で定める取得日に、本新株
            予約権1個当たり払込金額と同額で、本新株予約権者(当社を除く。)の保有する本新株予約権の全部又
            は一部を取得することができる。一部取得をする場合には、抽選その他の合理的な方法により行うものと
            する。
          (b)当社は、2020年12月10日に、本新株予約権1個当たり払込金額と同額で、本新株予約権者(当社を除
            く。)の保有する本新株予約権の全部を取得する。
          (c)当社は、当社が消滅会社となる合併又は当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下「組織
            再編行為」という。)につき当社株主総会で承認決議した場合、当該組織再編行為の効力発生日前に、本
            新株予約権1個当たり払込金額と同額で、本新株予約権者(当社を除く。)の保有する本新株予約権の全
            部を取得する。
          (d)当社は、当社が発行する株式が東京証券取引所により監理銘柄、特設注意市場銘柄若しくは整理銘柄に指
            定された場合又は上場廃止となった場合には、当該銘柄に指定された日又は上場廃止が決定した日から2
            週間後の日(休業日である場合には、その翌営業日とする。)に、本新株予約権1個当たり払込金額と同
            額で、本新株予約権者(当社を除く。)の保有する本新株予約権の全部を取得する。
        7.企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第9項に規定する場合に該当する場合にあっては、同項に規定す
          るデリバティブ取引その他の取引として予定する取引の内容
          該当事項はありません。
        8.当該行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に表示された権利の行使に関する事項について割当予定先と
          の間で締結する予定の取決めの内容
          当社は割当予定先との間で、金融商品取引法に基づく届出の効力発生後に、以下の内容を含む本第三者割当
          て契約を締結いたします。すなわち、割当予定先は、本第三者割当て契約に従って当社に対して行使許可申
          請書を提出し、これに対し行使許可書により本新株予約権の行使を許可した場合に限り、行使許可書に示さ
          れた最長60取引日の行使許可期間に、行使許可書に示された数量の範囲内でのみ本新株予約権を行使できま
          す。また、割当予定先は、何度でも行使許可の申請を行うことができますが、当該申請の時点で、それ以前
          になされた行使許可に基づき本新株予約権の行使を行うことが可能である場合には、行使許可の申請を行う
          ことはできません。
          行使許可申請書の提出がなされた場合に行使許可を行うかどうかは当社の裁量によって決定することができ
          ます。当社は、行使許可申請書の提出がなされた時点の当社の事業環境や資金需要、株価水準等を総合的に
          勘案し、行使許可を行うかどうかを判断いたします。
        9.当社の株券の売買について割当予定先との間で締結する予定の取決めの内容
          該当事項はありません。
        10.当社の株券の貸借に関する事項について割当予定先と当社の特別利害関係者等との間で締結される予定の取
          決めの内容
          該当事項はありません。
        11.その他投資者の保護を図るために必要な事項
          該当事項はありません。
        12.本新株予約権の行使請求の方法
          (a)本新株予約権を行使する場合、上記「新株予約権の行使期間」欄記載の本新株予約権を行使することが
              できる期間中に上記「新株予約権の行使請求の受付場所、取次場所及び払込取扱場所」欄記載の行使
              請求の受付場所に対して、行使請求に必要な事項を通知するものとします。
          (b)本新株予約権を行使する場合、前号の行使請求の通知に加えて、本新株予約権の行使に際して出資され
              る財産の価額の全額を現金にて上記「新株予約権の行使請求の受付場所、取次場所及び払込取扱場
              所」欄に定める払込取扱場所の当社が指定する口座に振り込むものとします。
          (c)本新株予約権の行使請求の効力は、上記「新株予約権の行使請求の受付場所、取次場所及び払込取扱場
              所」欄記載の行使請求の受付場所に対する行使請求に必要な全部の事項の通知が行われ、かつ当該本
              新株予約権の行使に際して出資される財産の価額の全額が前号に定める口座に入金された日に発生し
              ます。
        13.株券の交付方法
          当社は、行使請求の効力発生後、当該本新株予約権者が指定する振替機関又は口座管理機関における振替口
          座簿の保有欄に振替株式の増加の記録を行うことにより株式を交付します。
        14.本新株予約権証券の発行
          当社は、本新株予約権に関して新株予約権証券を発行しません。
                                 10/23



                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        15.社債、株式等の振替に関する法律の適用等
          本新株予約権は、社債、株式等の振替に関する法律に定める振替新株予約権とし、その全部について同法の
          規定の適用を受けます。また、本新株予約権の取扱いについては、株式会社証券保管振替機構の定める株式
          等の振替に関する業務規程、同施行規則その他の規則に従います。
                                 11/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式総
                         発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
                  数増減数
         年月日
                         数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2018年10月1日~
                     12,000      9,070,500         1,920      583,781        1,920      190,044
     2018年12月31日
      (注)1.新株予約権の権利行使によるものです。
         2 . 2019年1月1日から2019年1月31日までの間に、新株予約権の行使により、発行済株式総数が773,500株、
           資本金及び資本準備金がそれぞれ387,600千円増加しております。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)

           区分                                         内容
                          -             -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -
     議決権制限株式(その他)                     -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                     -             -             -

     完全議決権株式(その他)               普通株式           9,056,300               90,563          -

                     普通株式     

     単元未満株式                                   -             -
                     2,200
                            9,058,500           -             -
     発行済株式総数
                          -                 90,563          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 12/23





                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1 四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 13/23

















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2018年9月30日)              (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,455,633              1,101,231
         現金及び預金
                                        882,840             1,574,088
         売掛金
                                        248,088              261,234
         商品
                                         8,212              8,584
         貯蔵品
                                       1,360,655              1,445,875
         営業貸付金
                                        131,083              112,073
         その他
                                        △ 35,370             △ 35,261
         貸倒引当金
                                       4,051,143              4,467,827
         流動資産合計
       固定資産
                                        174,617              174,371
         有形固定資産
         無形固定資産
                                         92,127              87,521
          のれん
                                        146,515              148,519
          その他
                                        238,643              236,041
          無形固定資産合計
                                        173,911              194,785
         投資その他の資産
                                        587,171              605,197
         固定資産合計
                                         8,527              9,154
       繰延資産
                                       4,646,842              5,082,178
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         44,901              35,421
         買掛金
                                        909,773             1,289,296
         短期借入金
                                        397,996              400,664
         1年内返済予定の長期借入金
                                        154,386              217,490
         未払金
                                         23,380              29,338
         未払法人税等
                                         27,761              11,020
         賞与引当金
                                        229,506              256,461
         その他
                                       1,787,706              2,239,693
         流動負債合計
       固定負債
                                        226,800              206,800
         社債
                                       1,492,153              1,396,342
         長期借入金
                                        211,673              223,331
         その他
                                       1,930,627              1,826,474
         固定負債合計
                                       3,718,333              4,066,167
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        581,861              583,781
         資本金
                                        305,734              307,654
         資本剰余金
                                        △ 1,921              85,480
         利益剰余金
                                        885,674              976,917
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         38,955              27,291
         その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,582             △ 1,217
         為替換算調整勘定
                                         37,372              26,074
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  2,101              11,561
                                         3,359              1,458
       非支配株主持分
                                        928,508             1,016,011
       純資産合計
                                       4,646,842              5,082,178
      負債純資産合計
                                 14/23



                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      営業収益
                                        968,481             2,033,346
       売上高
                                           -            113,743
       金融収益
                                        968,481             2,147,089
       営業収益合計
      営業原価
                                        342,873             1,193,010
       売上原価
                                           -            34,145
       金融費用
                                        342,873             1,227,155
       営業原価合計
                                        625,608              919,933
      売上総利益
                                        701,496              796,134
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 75,888              123,799
      営業外収益
                                         1,079              12,462
       受取利息
                                         2,000              3,402
       受取手数料
                                           550              513
       スクラップ売却益
                                           537             4,213
       助成金収入
                                           393             1,670
       その他
                                         4,561              22,262
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         1,772              2,807
       支払利息
                                         1,741              37,012
       為替差損
                                         1,075              5,454
       その他
                                         4,589              45,274
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 75,917              100,787
      特別利益
                                           -            12,000
       受取補償金
                                           -            12,000
       特別利益合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                        △ 75,917              112,787
      純損失(△)
                                           600             27,324
      法人税、住民税及び事業税
                                           600             27,324
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 76,517              85,463
      非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                     -            △ 1,939
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                        △ 76,517              87,402
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 15/23







                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日              (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 76,517              85,463
      その他の包括利益
                                           -           △ 11,664
       その他有価証券評価差額金
                                           -              403
       為替換算調整勘定
                                           -           △ 11,260
       その他の包括利益合計
                                        △ 76,517              74,202
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 76,517              76,103
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -            △ 1,901
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 16/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         ( 連結子会社の事業年度等に関する事項の変更                     )
          決算日が12月31日であった             RENET   JAPAN   (CAMBODIA)      CO.,LTD.及びMETREY          HR  CO.,LTD.    については、連結財務
         諸表のより適正な開示を図るため、当第1四半期連結会計期間より、連結決算日に                                      仮決算   を行う方法へ変更して
         おります。
          これらの変更に伴い、当該連結子会社の損益については、当第1四半期連結累計会計期間は2018年7月1日
         から2018年12月31日までの6か月間を連結しております。
        (追加情報)

         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を当第1四半期連
          結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定
          負債の区分に表示しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自 2017年10月1日                  (自 2018年10月1日
                              至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
                                     15,571千円                  17,711千円
     減価償却費
                                       -                4,606
     のれんの償却額
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
          1.配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動

             該当事項はありません。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

          1.配当金支払額
             該当事項はありません。
          2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の著しい変動

             該当事項はありません。
                                 17/23




                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2017年10月1日 至 2017年12月31日)
           1 報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                                       四半期連結
                            報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1        計上額
                 ネットリユース        ネットリサイク
                                カンボジア事業           計
                                                       (注)2
                   事業       ル事業
     営業収益

      外部顧客への営業
                    844,730        34,469       89,282       968,481         -     968,481
      収益
      セグメント間の内部
                       -       -       -       -       -       -
      営業収益又は振替高
                    844,730        34,469       89,282       968,481         -     968,481
          計
     セグメント利益又は
                     55,737      △ 40,358        5,951       21,331      △ 97,219      △ 75,888
     損失(△)
      (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△97,219千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であ
           り、その主なものは、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)

           1 報告セグメントごとの営業収益及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                                                       四半期連結
                            報告セグメント
                                                 調整額      損益計算書
                                                (注)1        計上額
                 ネットリユース        ネットリサイク
                                カンボジア事業           計
                                                       (注)2
                   事業       ル事業
     営業収益

      外部顧客への営業
                    837,107       124,025      1,185,956       2,147,089          -    2,147,089
      収益
      セグメント間の内部
                       -       -       -       -       -       -
      営業収益又は振替高
                    837,107       124,025      1,185,956       2,147,089          -    2,147,089
          計
                     70,025       28,787       119,730       218,543      △ 94,744       123,799
     セグメント利益
      (注)1.セグメント利益の調整額△94,744千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、その主なも
           のは、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2 報告セグメントの変更等に関する事項

             当第1四半期連結会計期間から、各報告セグメントの経営成績の実態をより的確に把握することを目的
            に提出会社における管理に係る費用等を各セグメントに配分せず、調整額として表示する方法に変更して
            おります。
             また、当第1四半期連結会計期間から、「ネットリユース事業」に含まれていた「カンボジア事業」に
            ついて量的な重要性が増したため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
             なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報については、変更後の利益または損失の算定方法及
            び変更後の区分方法により作成したものを記載しております。
                                 18/23




                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
        益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                項目
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期
                                       △8円45銭                 9円65銭
       純損失(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
       株主に帰属する四半期純損失(△)
                                        △76,517                 87,402
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                    -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失                                 △76,517                 87,402
       (△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                9,048,108               9,061,158
                                           -

     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                                  8円90銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                    -             759,616
                                     -         2018年11月22日開催の取締役会
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
                                             決議による第17回新株予約権
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                              新株予約権の数 22,000個
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
                                             (普通株式          2,200,000株)
     の概要
      (注)前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの
         1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
                                 19/23










                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        (新株予約権の行使)
         当第1四半期連結会計期間終了後、2019年1月31日までの間に、第三者割当てによる第17回新株予約権(行使
         価額修正条項及び行使許可条項付)の一部について権利行使がありました。当該新株予約権の権利行使の概要
         は以下のとおりであります。
         1.行使された新株予約権個数             7,700個
         2.発行した株式の種類及び株式数   普通株式   770,000株
         3.資本金増加額                 387,040千円
         4.資本準備金増加額               387,040千円
                                 20/23


















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                リネットジャパングループ株式会社(E31751)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月13日

     リネットジャパングループ株式会社
      取締役会 御中
                             三優監査法人

                               指定社員

                                      公認会計士
                                              林 寛尚   印
                               業務執行社員
                               指定社員

                                      公認会計士
                                              八代 英明  印
                               業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているリネットジャパ

     ングループ株式会社の2018年10月1日から2019年9月30日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2018年10月1日か
     ら2018年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
     表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
     ビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、リネットジャパングループ株式会社及び連結子会社の2018年12月31日
     現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
     がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。