ブックオフグループホールディングス株式会社 四半期報告書 第1期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第1期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:ブックオフグループホールディングス株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月14日
      【四半期会計期間】                    第1期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    ブックオフグループホールディングス株式会社
      【英訳名】                    BOOKOFF    GROUP   HOLDINGS     LIMITED
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  堀内 康隆
      【本店の所在の場所】                    神奈川県相模原市南区古淵二丁目14番20号
      【電話番号】                    (042)769-1513
      【事務連絡者氏名】                    経理部長     渡邉 憲博
      【最寄りの連絡場所】                    神奈川県相模原市南区古淵二丁目14番20号
      【電話番号】                    (042)769-1513
      【事務連絡者氏名】                    経理部長     渡邉 憲博
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/25













                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                              第1期
              回次               第3四半期
                            連結累計期間
                           自2018年4月1日
             会計期間
                           至2018年12月31日
                     (百万円)             59,588

     売上高
                     (百万円)             1,772

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期純
                     (百万円)              945
     利益
                     (百万円)              930
     四半期包括利益
                     (百万円)             11,689

     純資産額
                     (百万円)             39,154

     総資産額
                      (円)            47.27

     1株当たり四半期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)              -
     四半期純利益金額
                      (%)             29.5
     自己資本比率
                              第1期

              回次               第3四半期
                            連結会計期間
                           自2018年10月1日
             会計期間
                           至2018年12月31日
                                  26.68

     1株当たり四半期純利益金額                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        3.  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        4.当社は、2018年10月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
        5.第1期第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)の四半期連結財務諸表は、単独株
          式移転により完全子会社となったブックオフコーポレーション㈱の四半期連結財務諸表を引き継いで作成して
          おります。
        6.当四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)は、当社設立後最初の四半期連結会計期間
          ですが、「第3四半期連結会計期間」として記載しております。
                                  2/25






                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
         当社は、2018年10月1日に単独株式移転によりブックオフコーポレーション㈱の完全親会社である純粋持株会社
        として設立され、当社グループ(当社及び当社の関係会社)の経営管理及びそれに付帯する業務を行っておりま
        す。
         当社グループは、「事業活動を通じての社会への貢献」「全従業員の物心両面の幸福の追求」を経営理念とし、
        中古書籍等の小売店舗「BOOKOFF」を中心に、「リユース」を切り口とした小売店舗の運営及びフランチャイズ事
        業を行っております。
         当社グループの事業内容における位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。
        (リユース店舗事業)

        1.子会社ブックオフコーポレーション㈱は、書籍・ソフト等のリユースショップ「BOOKOFF」のチェーン本部と
         してフランチャイズシステムの運営及び直営店舗の運営を行っております。また、総合リユースショップの展開
         を目指し、「BOOKOFF」を中心に様々なリユース商材を集めた大型複合店「BOOKOFF                                           SUPER   BAZAAR」と
         「BOOKOFF」にアパレル商材を複合させた「BOOKOFF                        PLUS」の運営を行っており、書籍・ソフト等の他、家電商
         品(オーディオ・ビジュアル商品、コンピューター等)、アパレル、スポーツ用品、ベビー用品、腕時計・ブラ
         ンドバッグ・貴金属、食器・雑貨等の買取及び販売を行っております。
        2.子会社㈱ブックオフウィズは、国内で「BOOKOFF」店舗の運営及びアパレル・ベビー用品等のリユース店舗の
         運営を行っております。また腕時計・ブランドバック・貴金属等のリユースショップのチェーン「キングラム」
         にフランチャイズ加盟し、店舗の運営を行っております。
        3.子会社リユースコネクト㈱は、国内で「BOOKOFF」店舗の運営を行っております。
        4.子会社㈱ブックレットは、国内で「BOOKOFF」店舗の運営及びアパレル等のリユース店舗の運営を行っており
         ます。
        5.子会社㈱ブックオフ沖縄は、国内で「BOOKOFF」店舗の運営及びアパレル等のリユース店舗の運営を行ってお
         ります。
        6.子会社㈱マナスは、国内で「BOOKOFF」店舗の運営を行っております。
        7.子会社BOOKOFF         U.S.A.INC.は、米国で「BOOKOFF」店舗の運営を行っております。
        8.子会社BOK       MARKETING     SDN.BHD.は、マレーシアでアパレル等のリユース店舗の運営を行っております。
        (ブックオフオンライン事業)

         子会社ブックオフオンライン㈱は、インターネット上で書籍・ソフト等のリユースショップ「BOOKOFF                                               Online」
        の運営、百貨店内買取窓口の運営等を行っております。
        (注)子会社ブックオフオンライン㈱は、2019年1月1日に子会社                               ブックオフコーポレーション㈱と合併し、消滅
           いたしました。なお、合併後もブックオフオンライン事業セグメントは継続いたします。
        (その他)

        1.子会社ブックオフコーポレーション㈱は、新刊書店「青山ブックセンター」「流水書房」の店舗運営を行って
         おります。また、各事業の店舗の内外装工事の企画・設計施工等を行っております。
        2.子会社ビーアシスト㈱は、店舗で販売する商品の加工業務等を行っております。
        3.子会社㈱ブクログは、インターネットレビューサイト「ブクログ」の運営を行っております。
                                  3/25







                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
        事業の系統図は概ね次のとおりであります。
       (注1)連結子会社には○印、関連会社(持分法適用会社)には□印を付しております。
















       (注2)    
           レーション㈱の完全親会社である純粋持株会社として設立されました。
       (注3)※3を付したブックオフオンライン㈱は、2019年1月1日に※2を付したブックオフコーポレーション㈱と合併し、消滅いたし
           ました。なお、合併後もブックオフオンライン事業セグメントは継続いたします。
                                  4/25



                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または新規設立に伴う有価証券届出書に記載
       した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中における将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        当社は、2018年10月1日に単独株式移転によりブックオフコーポレーション㈱の完全親会社である純粋持株会社と
       して設立されましたが、連結の範囲については、それまでのブックオフコーポレーション㈱の連結の範囲と実質的な
       変更はありません。
        また、当第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表は、単独株式移転により完全子会社となったブックオフ
       コーポレーション㈱の四半期連結財務諸表を引き継いで作成しております。
        なお、当社は2018年10月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
      (1)業績の状況

        当社グループは創業時より「事業活動を通じての社会への貢献」と「全従業員の物心両面の幸福の追求」の2つ
       を経営理念としております。このたび当社グループが2021年3月期に創業30周年を迎えるにあたって中期経営方針
       を策定いたしました。この方針の中で改めて経営理念に立ち返り、私たちのミッションとして「多くの人に楽しく
       豊かな生活を提供する」を掲げました。
        このミッションに基づき、拡大するリユース市場の中で私たちの強さを活かし、「本を中核としたリユースの
       リーディングカンパニー」として、世の中の変化に対応して最も多くのお客様がご利用されるリユースチェーンと
       なることを目指します。
        そのための基本戦略として次の2つを掲げてまいります。
       基本戦略Ⅰ:個店を磨く

        店舗型とネット型それぞれのリユースサービスを磨き上げることが、最も多くのお客様にご利用いただけるリ
       ユースのリーディングカンパニーとなるための出発点と考え、各パッケージ・サービスに応じた磨き込みを行いま
       す。
       基本戦略Ⅱ:総力戦で取り組む

        これまでの当社グループは店舗と店舗以外の事業がそれぞれ個別にサービスを提供していましたが、今後は会員
       制度や販売・買取のプラットフォーム、それらを支えるシステム等を統合し共通化してまいります。そして、各
       サービスで蓄積された会員・商品情報、運営ノウハウ等の資産を全てのサービスで活用いたします。これらを実現
       するのが「ひとつのBOOKOFF」構想です。
        このような経営方針の下、当第3四半期連結累計期間にリユース店舗事業において各店の地域特性に応じた取扱

       い商材の追加推進やBOOKOFF             SUPER   BAZAAR    広島段原店とBINGO渋谷モディ店の出店、マレーシアでの「Jalan                              Jalan
       Japan」3号店の出店他、ブックオフオンライン事業において物流倉庫内業務の効率化推進等に取り組みました。ま
       た、「ひとつのBOOKOFF」構想の第一歩としてブックオフオンラインとブックオフ店舗の会員ID統合とブックオフ公
       式アプリのリリースを実施しました。
        これらの結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高59,588百万円、営業利益1,296百万円、経常利益
       1,772百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益945百万円となりました。
        各セグメント別の売上状況は以下のとおりです。
       (リユース店舗事業)

        当セグメントの第3四半期連結累計期間業績は、売上高53,409百万円となりました。
        当第3四半期連結累計期間の出店は、グループ直営店3店舗、FC加盟店2店舗となりました(閉店はグループ直
       営店6店舗、FC加盟店17店舗)。
        「BOOKOFF」既存店において書籍、ソフトメディア等の売上高が好調に推移したことに加え、大型複合店舗の出店
       も実施しました。
                                  5/25




                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
       (ブックオフオンライン事業)
        当セグメントの第3四半期連結累計期間業績は、売上高5,511百万円となりました。
        ECサイトでの販売が好調に推移したことに加え、ヤフーショッピング、アマゾン等販売チャネルの拡充を推進し
       ました。
       (その他)

        当セグメントの第3四半期連結累計期間業績は、売上高667百万円となりました(閉店はグループ直営店2店
       舗)。
      (2)経営方針・経営戦略等

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあり
       ません。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

        特記すべき事項はありません。
      (5)財政状態の分析

       (流動資産)
        当第3四半期連結会計期間末における流動資産の残高は23,058百万円となりました。主な内訳は、現金及び預金
       5,165百万円、売掛金1,634百万円、商品13,352百万円です。
       (固定資産)

        当第3四半期連結会計期間末における固定資産の残高は16,095百万円となりました。主な内訳は、有形固定資産
       6,113百万円、無形固定資産1,324百万円、投資その他の資産8,656百万円です。
       (負債)

        当第3四半期連結会計期間末における負債残高は27,464百万円となりました。主な内訳は、流動負債16,851百万円
       (その内、短期借入金6,441百万円、1年内返済予定の長期借入金4,062百万円)、固定負債10,613百万円(その内、
       長期借入金7,232百万円)です。
       (純資産)

        当第3四半期連結会計期間末における純資産残高は11,689百万円となりました。主な内訳は、資本金100百万円、
       資本剰余金7,398百万円、利益剰余金6,436百万円、自己株式△2,343百万円です。
                                  6/25








                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
      3【経営上の重要な契約等】
        重要な契約の解除及び自己株式の取得
        当社並びに子会社ブックオフコーポレーション㈱(以下「当社グループ」という。)は、2018年11月12日開催の取
       締役会において、ヤフー㈱(以下「ヤフー」という。)との資本提携(以下「本資本提携」という。)を解消するこ
       とについて決議しました。また、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定に基づ
       き、自己株式を取得すること及びその具体的な取得方法について決議し、2018年11月13日に実行いたしました。
       1.資本提携の解消

      (1)資本提携解消の理由
        当社グループとヤフーは、2014年4月24日付で締結した資本業務提携契約に基づき、当社グループの持つ書籍・
       CD・DVD・ゲーム等の商品力やリユース業における業務オペレーションの構築力・運営力とヤフーの持つ会員基盤、
       サイトの集客力を組み合わせること、またその業務オペレーションとそれを運営する情報システムを共同開発するこ
       とで、商品量、価格、品質、サービスその他あらゆる面で優位性のあるリユース事業者となり、ネットとリアルをつ
       ないだ新しいリユースマーケットを創出し、リユースの生活インフラとなるという両社共通の事業ミッションに向け
       て進んでいくことで、お互いの企業価値の向上を目指してまいりました。
        そのような中、当社グループはヤフーが運営するインターネット・オークションサービス「ヤフオク!」における
       書籍・CD・DVD・ゲームのリユース品を揃える中核事業者として、ヤフーの仕組みを活用して全国約800店舗が持つ商
       品を全国にお届けすることで、小売店舗の商品販売効率向上により生み出される店内スペース等を活用して新たな商
       品やサービスの拡充を行い、お客様の店舗利用機会の創出と新たな収益機会を獲得し、「ヤフオク!」上におけるス
       トア別出品数は当社グループがNo.1となるまで成長いたしました。また、買取事業においても2017年11月に両社の強
       みをさらに進化させた、おトクで便利な新買取サービスをリリースするなど、本資本提携が両社の当初目的に照らし
       て一定の成果を得たとの認識に至っております。
        この度、各社のさらなる発展を見据えた今後の本資本提携の有り方に関して当事者間で協議を重ねた結果、経営環
       境の変化等に応じてそれぞれが独自の成長戦略を柔軟に推進できるよう、これを解消することについて合意する一方
       で、今後も継続する業務提携契約に基づき、取引関係を含めた従来通りの友好な関係を維持することが望ましいとの
       判断に至りました。
      (2)資本提携解消の内容

        当社は、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)により、自己株式の取得を行いましたが(詳細
       は、下記「2.自己株式の取得」を参照ください。)、ヤフーから、本資本提携の解消に伴い、その保有する普通株
       式(3,100,000株)を売却した旨の連絡を受けております。
        本自己株式取得の結果、本資本提携が解消された後も、継続する業務提携契約に基づき、両社は良好な関係維持に
       努めるとともに、リユース事業における連携を今後も継続してまいります。
      (3)資本提携解消及び業務提携継続にかかる合意書の締結日

        2018年11月12日
       2.自己株式の取得

      (1)自己株式の取得を行う理由
        当社グループとヤフーは、上記「1.資本提携の解消」に記載のとおり、資本提携契約を解消することとなりまし
       た。
        当該契約解消に伴い、ヤフーは当社株式を売却する意向を有しており、当社は当該株式売却による株式市場での需
       給への影響を回避するとともに、資本効率の向上を図る観点から自己株式の取得を行うことといたしました。なお、
       本資本提携を解消した後もヤフーとの業務提携は継続いたします。
                                  7/25






                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
      (2)取得の方法
        2018年11月12日の終値で、2018年11月13日午前8時45分の東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-
       3)において取得しました。
      (3)取得の内容

       ①
         取得した株式の種類              当社普通株式
       ②
         取得した株式の総数               3,100,000株
       ③
         株式の取得価額の総額             2,343,600,000円
                                  8/25


















                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           40,000,000

                  計                                40,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末現在                            上場金融商品取引所名ま
                           提出日現在発行数(株)
        種類     発行数(株)                            たは登録認可金融商品取               内容
                             (2019年2月14日)
               (2018年12月31日)                          引業協会名
                                            東京証券取引所           単元株式数
       普通株式            20,547,413              20,547,413
                                            (市場第一部)            100株
        計           20,547,413              20,547,413              -          -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式総
                 発行済株式総                              資本準備金増       資本準備金残
                               資本金増減額        資本金残高
                        数残高
         年月日        数増減数                              減額       高
                                (百万円)       (百万円)
                          (株)
                  (株)                             (百万円)       (百万円)
     2018年10月1日(注)             20,547,413       20,547,413           100       100        25       25

     (注)発行済株式総数並びに資本金及び資本準備金の増加は、2018年10月1日に単独株式移転により当社が設立されたこ

        とによるものであります。
       (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
       (6)【議決権の状況】

         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができません。また、当社は2018年10月1日に単独株式移転により完全親会社として設立されたため、直
        近の基準日である2018年9月30日現在の株主名簿の記載内容も確認できず、記載することができません。
                                  9/25





                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】
       当社は、2018年10月1日に単独株式移転により設立されたため、当連結会計年度が第1期となります。当社役員の
      状況及び設立後から当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       男性8名 女性1名 (役員のうち女性の比率11.1%)

                                                          所有
       役名      職名      氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                         (千株)
                               1999年4月     中央クーパース&ライブランドコンサルティ
                                    ング㈱(当時)入社
                               2004年8月     トーマツコンサルティング㈱            (現デロイト
                                    トーマツコンサルティング合同会社)入社
                               2006年3月     ブックオフコーポレーション㈱入社
                               2008年4月     同社  執行役員管理副本部長
                               2009年6月     同社  取締役執行役員管理本部長
      取締役社長
                               2012年4月     同社  取締役執行役員      兼 経営企画部長
                  堀内 康隆     1976年4月28日生                               (注)1    23.9
                               2013年4月     同社  取締役執行役員
      (代表取締役)
                               2015年4月     ブックオフオンライン㈱代表取締役社長
                               2016年1月     ㈱ブクログ代表取締役社長
                               2016年3月     ブックオフコーポレーション㈱            取締役執行役
                                    員 兼 経営企画部長
                               2017年4月     同社  取締役執行役員
                               2017年4月     同社  代表取締役社長(現任)
                               2018年10月     当社代表取締役社長(現任)
                               1973年10月     公認会計士試験第2次試験合格
                               1973年12月     等松・青木監査法人(現有限責任監査法人トー
                                    マツ)入所
                               1987年6月     サンワ・等松青木監査法人(現有限責任監査法
                                    人トーマツ)社員就任
                               2010年10月     有限責任監査法人トーマツ京都事務所長
       取締役            堤 佳史     1949年11月5日生                               (注)1     -
                               2015年3月     トライベック・ストラテジー㈱常勤監査役
                                    (現任)
                               2015年6月     ブックオフコーポレーション㈱            社外取締役
                               2017年6月
                                    同社  取締役(現任)
                               2018年10月
                                    当社取締役(現任)
                               1968年4月     樫山㈱(現㈱オンワードホールディングス)
                                    入社
                               1995年4月     ㈱ブックレット代表取締役社長
                               2011年3月     ㈱オンワードホールディングス顧問
       取締役           中野 捷夫     1944年10月9日生                               (注)1     3.4
                               2011年6月     ブックオフコーポレーション㈱            社外取締役
                                    (現任)
                               2012年3月     ㈱オンワードホールディングス顧問(非常
                                    勤)
                               2018年10月
                                    当社社外取締役(現任)
                               1987年4月     ㈱リクルート入社
                               2003年12月     ㈱ローソン入社
                               2007年5月     ㈱ローソンチケット(現㈱ローソンエンタテ
                                    インメント)取締役
                               2007年6月     ㈱アイ・コンビニエンス(現㈱ローソンエン
                                    タテインメント)取締役
                               2007年9月     ㈱ローソン執行役員マーケティングステー
                                    ションディレクター        兼 サービス本部長
                               2009年3月     同社執行役員エンタテインメント・サービス
                                    本部長
                               2010年2月     ㈱ローソンエンターメディア(現㈱ローソン
                                    エンタテインメント)代表取締役社長               兼 ラ
                                    イブ・エンタテインメント事業本部長
                               2010年5月     同社代表取締役社長
                               2010年12月     HMVジャパン㈱(現㈱ローソンエンタテインメ
       取締役           野林 徳行     1964年11月18日生                               (注)1    10.0
                                    ント)社外取締役(非常勤)
                               2011年5月     ㈱ローソンエンターメディア(現㈱ローソン
                                    エンタテインメント)取締役(非常勤)
                               2011年6月     ブックオフコーポレーション㈱社外取締役
                                    (現任)
                               2011年9月     ㈱ローソンHMVエンタテイメント取締役(現㈱
                                    ローソンエンタテインメント)
                               2013年3月     ㈱レッグス取締役
                               2014年3月     同社常務執行役員
                               2015年3月     同社専務取締役
                               2016年1月     同社取締役
                                    ㈱FiNC常務執行役員CMO
                               2017年3月     ㈱FiNC取締役CMO
                               2018年10月
                                    当社社外取締役(現任)
                                 10/25




                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
                                                          所有

       役名      職名      氏名      生年月日                略歴             任期   株式数
                                                         (千株)
                               1969年3月     小学館販売㈱(現㈱小学館)入社
                               1997年3月     ㈱小学館マーケティング部長
                               2003年6月     同社執行役員社長室長
                               2007年5月     同社社長室顧問
       取締役           佐藤 善孝     1946年5月27日生                               (注)1     -
                               2012年6月     昭和図書㈱顧問
                                    ブックオフコーポレーション㈱社外取締役
                                    (現任)
                               2018年10月     当社社外取締役(現任)
                               1981年4月     大日本印刷㈱入社
                               2001年10月     同社ビジネスフォーム事業部東京第3営業本
                                    部営業第2部長
                               2009年10月     同社教育・出版流通ソリューション本部
                               2012年4月     同社教育・出版流通ソリューション本部営業
                                    推進部長
                               2014年4月     同社hontoビジネス本部教育事業開発ユニット
                                    長
                               2015年4月     丸善㈱(現丸善雄松堂㈱)取締役
       取締役           千葉 雅之     1957年9月4日生                               (注)1     -
                               2015年6月     ブックオフコーポレーション㈱社外取締役
                                    (現任)
                               2016年1月     大日本印刷㈱hontoビジネス本部丸善雄松堂連
                                    携サポートチームリーダー
                               2016年10月     大日本印刷㈱hontoビジネス本部丸善CHI連
                                    携チームリーダー
                               2016年11月     ㈱日本電子図書館サービス取締役(現任)
                               2018年4月     丸善雄松堂㈱常務取締役(現任)
                               2018年10月     当社社外取締役(現任)
                               1984年4月     石油資源開発㈱入社
                               1994年10月     公認会計士試験第2次試験合格
                               1995年9月     三優ビーディーオーコンサルティング㈱(当
                                    時)入社
                               2000年8月     東京共同会計事務所入所
                               2002年8月     新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法
                                    人)入所
      常勤監査役            田村 英明     1960年5月27日生
                                                      (注)2     5.5
                               2004年4月     ブックオフコーポレーション㈱入社 経理部
                                    ゼネラルマネージャー
                               2008年1月     同社管理本部付ゼネラルマネージャー
                               2008年4月     同社監査役室ゼネラルマネージャー
                               2008年6月     同社常勤監査役(現任)
                               2018年10月
                                    当社常勤監査役(現任)
                               2001年10月
                                    弁護士登録(第一東京弁護士会)
                                    長島・大野・常松法律事務所入所
                               2008年5月     米国ニューヨーク州弁護士登録
                               2011年6月     田辺総合法律事務所入所
       監査役           内藤 亜雅沙      1976年10月2日生                                    -
                               2013年4月     同事務所パートナー弁護士(現任)
                                                      (注)2
                               2015年6月     ブックオフコーポレーション㈱社外監査役
                                    (現任)
                               2018年10月     当社社外監査役(現任)
                               1989年4月     大日本印刷㈱入社
                               2007年3月     同社関連事業部シニアエキスパート
                               2010年9月     ㈱ インテリジェントウェイブ監査役(現任)
                               2012年4月     丸善  ㈱ (現丸善雄松堂      ㈱ )社外監査役
                               2013年4月     丸善CHIホールディングス          ㈱ 社外監査役
                               2015年4月     大日本印刷    ㈱ 関連事業部長
       監査役           小堀 秀明     1966年8月2日生                               (注)2     -
                               2016年4月     同社管理本部関連事業部長
                               2016年6月     ブックオフコーポレーション㈱社外監査役
                                    (現任)
                               2017年10月     大日本印刷㈱事業推進本部グループ事業推進
                                    部長(現任)
                               2018年10月     当社社外監査役(現任)
                                          計                 42.8
     (注)1.取締役の任期は、当社の設立日である2018年10月1日から2020年3月期に係る定時株主総会の終結の時までで
          あります。
        2.監査役の任期は、当社の設立日である2018年10月1日から2022年3月期に係る定時株主総会の終結の時までで
          あります。
        3.取締役      中野捷夫、野林徳行、佐藤善孝及び千葉雅之は、社外取締役であります。
        4.監査役      内藤亜雅沙及び小堀秀明は、社外監査役であります。
                                 11/25




                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
        5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第                                         3項に定める補欠監査

          役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                 所有
              氏名      生年月日                略歴             株式数
                                                (千株)
                         1976年4月     東京地方検察庁検事任官
                              その後、仙台、千葉、釧路、東京、大阪、東
                              京の地方検察庁勤務
                         1989年8月     東京地方検察庁特捜部検事退官
            矢田 次男     1948年7月22日生                                -
                         1989年9月     弁護士登録(東京第一弁護士会)
                              矢田法律事務所開設
                         1995年5月     のぞみ総合法律事務所(矢田法律事務所から
                              名称変更)代表パートナー弁護士(現任)
        退任役員

             役名             職名             氏名           退任年月日
            取締役                         兵頭 裕
                                                2018年11月13日
            取締役                        梅村 雄士
                                                2018年11月13日
                                 12/25















                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       (1)当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
         内閣府令第64号)に基づいて作成しております。
       (2)当社は2018年10月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。

          なお、当第3四半期連結累計期間                (2018年4月1日から2018年12月31日まで)                     の四半期連結財務諸表は、単
         独株式移転により完全子会社となったブックオフコーポレーション㈱の四半期連結財務諸表を引き継いで作成
         しております。
          当四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月31日まで)は、当社設立後最初の四半期連結会計期
         間ですが、「第3四半期連結会計期間」として記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 13/25















                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         5,165
         現金及び預金
                                         1,634
         売掛金
                                         13,352
         商品
                                         2,908
         その他
                                           △ 1
         貸倒引当金
                                         23,058
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               3,841
          リース資産(純額)                               1,417
                                           854
          その他(純額)
                                         6,113
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           102
          のれん
                                         1,222
          その他
                                         1,324
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         7,585
          差入保証金
                                         1,148
          その他
                                          △ 77
          貸倒引当金
                                         8,656
          投資その他の資産合計
                                         16,095
         固定資産合計
                                         39,154
       資産合計
                                 14/25











                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
                                    (単位:百万円)

                               当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                           441
         買掛金
                                         6,441
         短期借入金
                                         4,062
         1年内返済予定の長期借入金
                                           345
         リース債務
                                           290
         未払法人税等
                                           586
         売上割戻引当金
                                           52
         店舗等閉鎖損失引当金
                                           163
         その他の引当金
                                         4,466
         その他
                                         16,851
         流動負債合計
       固定負債
                                         7,232
         長期借入金
                                           34
         店舗等閉鎖損失引当金
         資産除去債務                                 1,769
                                         1,172
         リース債務
                                           405
         その他
                                         10,613
         固定負債合計
                                         27,464
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           100
         資本金
                                         7,398
         資本剰余金
                                         6,436
         利益剰余金
                                        △ 2,343
         自己株式
                                         11,590
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                           51
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 107
         為替換算調整勘定
                                          △ 55
         その他の包括利益累計額合計
                                           154
       非支配株主持分
                                         11,689
       純資産合計
                                         39,154
      負債純資産合計
                                 15/25









                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
      売上高                                   59,588
                                         23,907
      売上原価
                                         35,681
      売上総利益
                                         34,384
      販売費及び一般管理費
                                         1,296
      営業利益
      営業外収益
                                           217
       設備賃貸収入
                                           109
       自動販売機等設置料収入
                                           268
       古紙等リサイクル収入
                                           236
       その他
                                           832
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           117
       支払利息
                                            ▶
       持分法による投資損失
       設備賃貸原価                                   202
                                           31
       その他
                                           356
       営業外費用合計
                                         1,772
      経常利益
      特別利益
                                           60
       固定資産売却益
                                           26
       店舗譲渡益
                                           87
       特別利益合計
      特別損失
                                           39
       店舗等閉鎖損失
                                           48
       店舗等閉鎖損失引当金繰入額
                                           43
       固定資産除却損
                                           33
       減損損失
                                           14
       災害による損失
                                            3
       その他
                                           181
       特別損失合計
                                         1,678
      税金等調整前四半期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     460
                                           259
      法人税等調整額
                                           719
      法人税等合計
                                           958
      四半期純利益
                                           13
      非支配株主に帰属する四半期純利益
      親会社株主に帰属する四半期純利益                                     945
                                 16/25







                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:百万円)
                               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2018年4月1日
                                 至 2018年12月31日)
                                           958
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                          △ 39
       その他有価証券評価差額金
                                            2
       為替換算調整勘定
                                           10
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          △ 27
       その他の包括利益合計
                                           930
      四半期包括利益
      (内訳)
                                           918
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           12
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 17/25
















                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          当社は2018年10月1日設立ですが、設立日前のブックオフコーポレーション㈱の2018年4月1日から2018年9
         月30日までの第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表の数値を含めて、第3四半期連結累計期間の四半期
         連結財務諸表を作成しています。
          四半期連結財務諸表は、当第3四半期連結会計期間から作成しておりますので、「四半期連結財務諸表作成の

         ための基本となる重要な事項」を記載しております。
         1.連結の範囲に関する事項

         (1)連結子会社の数           13社
           主要な連結子会社の名称
            ブックオフコーポレーション㈱
            BOOKOFF    U.S.A.INC.
            ブックオフオンライン㈱
            ㈱ブックレット
         (2)主要な非連結子会社の名称等

           該当事項はありません。
         2.持分法の適用に関する事項

         (1)持分法を適用した関連会社の数                  1社
           持分法適用の関連会社名
            ㈱BOSパートナーズ
         (2)持分法を適用していない主要な非連結子会社及び関連会社の名称等

           該当事項はありません。
         3.連結子会社の事業年度に関する事項

           連結子会社のうち、㈱ブックレット、BOOKOFF                       U.S.A.INC.及びBOOKOFF           FRANCE    E.U.R.L.の決算日は2月末
          日であります。四半期連結財務諸表の作成にあたっては、各社の直近の四半期決算日現在の                                          四半期財務諸表を
          使用しております。ただし、四半期連結決算日までの期間に発生した重要な取引については連結上必要な調整
          を行っております。
           SCI   BOC  FRANCEの決算日は12月末日であります。                   四半期連結財務諸表の作成にあたっては、9月末日現在の
          四半期財務諸表を使用しております。ただし、四半期連結決算日                              までの期間に発生した          重要な取引については
          連結上必要な調整を行っております。
           BOK   MARKETING     SDN.BHD.の決算日は9月末日であります。四半期連結財務諸表の作成にあたっては、同決算
          日現在の財務諸表を使用しております。ただし、四半期連結決算日                               までの期間に発生した          重要な取引について
          は連結上必要な調整を行っております。
           ㈱ブックオフウィズの決算日は11月末日であります。四半期連結財務諸表の作成にあたっては、同決算日現
          在の財務諸表を使用しております。ただし、四半期連結決算日までの期間に発生した重要な取引については連
          結上必要な調整を行っております。
         4.会計方針に関する事項

         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           イ 有価証券
            その他有価証券
             時価のあるもの
               四半期決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却
              原価は移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
                                 18/25



                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
           ロ たな卸資産
             通常の販売目的で保有するたな卸資産について、評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの
            方法)によっております。
            (イ)商品
              書籍・ソフト(中古)、衣料品、子供用品及び家電等
               総平均法による原価法
              書籍(新品)
               売価還元法による原価法
              スポーツ用品等
               主に個別法による原価法
              ブックオフオンライン事業における商品
               主に移動平均法による原価法
              その他
               主に移動平均法による原価法
              上記ソフトとはCD、DVD、ビデオ、ゲーム等であります。
            (ロ)貯蔵品
              最終仕入原価法
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

           イ 有形固定資産(リース資産を除く)
            当社及び国内連結子会社は定率法、在外連結子会社は定額法
             ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得
            した建物附属設備及び構築物については定額法
            主な耐用年数
             建物及び構築物   10~22年
             その他       4~10年
           ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
            定額法
           ハ リース資産
            所有  権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           ニ 長期前払費用
            均等償却
         (3)重要な引当金の計上基準

           イ 貸倒引当金
             債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
            権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
           ロ 売上割戻引当金
             当社及び一部の国内連結子会社では、店舗で発行したポイントの利用に備えるため、将来利用されると
            見込まれる額を売上割戻引当金として計上しております。
           ハ 店舗等閉鎖損失引当金
            店舗等の閉鎖に伴い発生する損失に備えるため、合理的に見込まれる損失額を計上しております。
         (4)重要な外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算の基準

            在外   子会社の資産または負債は、四半期連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資
           産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
            また、    収益及び費用は期中平均相場により換算し、換算差額は損益に計上しております。
         (5)のれんの償却に関する事項

            のれんの償却については、効果の発現する見積期間を償却年数とし、定額法により償却しております。
                                 19/25



                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
         (6)その他四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
           消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており、控除対象外消費税及び地方消費税は、当四
            半期連結累計期間の費用として処理しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

          当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行10行と当座貸越契約を締結しております。この契約に
         基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                                当第3四半期連結会計期間
                                  (2018年12月31日)
         当座貸越極度額の総額                               10,106百万円
                                         6,041
         借入実行残高
                                         4,064
          差引額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3
         四半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却
         額は、次のとおりであります。
                                当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2018年4月1日
                                  至 2018年12月31日)
         減価償却費                               1,164百万円
         のれんの償却額                                 57
        (株主資本等関係)

          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
         1.配当金支払額
          当社は2018年10月1日に単独株式移転により設立された完全親会社であるため、配当金の支払額は下記の完全
         子会社の株主総会において決議された金額です。
                             配当金の総額       1株当たり
        決議       株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                              (百万円)      配当額(円)
                普通株式
     2018年6月23日          (ブックオフ
                       利益剰余金           205        10  2018年3月31日         2018年6月25日
     定時株主総会           コーポレー
                ション㈱)
         2.株主資本の金額の著しい変動

          当社は、2018年11月12日開催の取締役会において、会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される
         同法第156条の規定に基づく自己株式の取得に係る事項について決議し、2018年11月13日付で東京証券取引所の
         自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)により、普通株式3,100,000株、取得総額2,343百万円の自己株式を取得
         しております。
          この結果、当第3四半期連結会計期間末において、自己株式が2,343百万円となっております。
                                 20/25






                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                                      四半期連結
                                      その他
                                            合計     調整額     損益計算書
                         ブックオフ
                                      (注)
                   リユース店舗
                         オンライン       計                      計上額
                     事業
                           事業
      売上高
        外部顧客への売上高              53,409      5,511     58,920       667    59,588       -    59,588
        セグメント間の内部
                        67    1,429      1,496       297     1,794     △ 1,794       -
        売上高又は振替高
            計
                      53,476      6,940     60,417       965    61,383     △ 1,794     59,588
      セグメント利益又は
                      2,964       39    3,004      △ 47    2,957     △ 1,660      1,296
      損失(△)
      (注)   「その他」は、当社グループ直営の新刊書店の運営、各事業の店舗の内外装工事の企画・設計施工及びブック
         レビューコミュニティサイトの運営等を行っております。
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額

             の主な内容(差異調整に関する事項)
                                           (単位:百万円)
                        利益                  金額

                報告セグメント計                                 3,004
                「その他」区分の利益                                 △47
                セグメント間取引消去                                  28
                全社費用(注)                                △1,689
                四半期連結損益計算書の営業利益                                 1,296
               (注)全社費用は、主に当社の管理部門等に係る費用であります。
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             「リユース店舗事業」及び「ブックオフオンライン事業」セグメントにおいて、営業活動から生じる
            損益が継続してマイナスの店舗及び設備で、今後も収益改善の可能性が低いと判断した店舗及び設備、
            使用範囲の変更により回収可能価額を著しく低下させる変化があった店舗及び設備について、帳簿価額
            を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上いたしました。
             当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間においては33百万円であり、セグメントごとの
            減損損失の計上額は以下のとおりです。
             「リユース店舗事業」セグメントにおける減損損失の計上額は、27百万円であります。
             「ブックオフオンライン事業」セグメントにおける減損損失の計上額は、5百万円であります。
            (のれんの金額の重要な変動)

             重要性が乏しいため、記載を省略しております。
            (重要な負ののれん発生益)

             該当事項はありません。
                                 21/25




                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
         共通支配下の取引等
         (単独株式移転による持株会社の設立)
         1.取引の概要
           2018年5月15日開催のブックオフコーポレーション株式会社取締役会及び2018年6月23日開催の同社定時株
          主総会において、単独株式移転により純粋持株会社(完全親会社)である「ブックオフグループホールディン
          グス株式会社」を設立することを決議し、2018年10月1日に設立されました。
          (1)結合当事企業の名称及び事業の内容
            事業の名称:ブックオフコーポレーション株式会社
            事業の内容:リユース店舗事業
          (2)企業結合日
            2018年10月1日
          (3)企業結合の法的形式
            単独株式移転による純粋持株会社設立
          (4)結合後企業の名称
            ブックオフグループホールディングス株式会社
          (5)取引の目的
            当社が属するリユース業界を取り巻く環境は、競合他社による相次ぐ事業立ち上げやフリマアプリに代
           表されるCtoCサービスやネット型BtoCサービスの拡大等、様々な要因により急速に変化しております。
            そのような環境の中、書籍・CD・DVD・ゲーム・家電・アパレル・スポーツ用品・ベビー用品・雑貨など
           様々なジャンルのリユースを通じた循環型社会の実現のため、「グループの総合力を活かした仕入の最大
           化」並びに「店舗並びにインターネットを通じた最大の販売効率の追求」を推進しております。
            このような状況を踏まえ、当社におきましても今後、多様化する顧客ニーズへの対応、さらなる業務効
           率の改善、国内市場での大幅な競争力アップを実現するため、経営体制を見直し、変化が著しいリユース
           業界に対応した事業再編の機動性及び柔軟性を確保すると共に、スケールメリットを活かした経営を行う
           ことで、早期の収益安定化並びに企業価値の更なる向上を目指してまいりたいと考えております。
            上記を実現させるために、迅速かつ柔軟な経営判断ができる体制を構築するとともに、グループ各社の採
           算性と事業責任の明確化をはかることが不可欠と考え、純粋持株会社体制へ移行することと致しました。
          2.実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                          平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準及び事業
          分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                               平成25年9月13日)に基づき、共通支配
          下の取引として処理しております。
                                 22/25









                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2018年4月1日
                                至 2018年12月31日)
      1株当たり四半期純利益金額                                47円27銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         945
         (百万円)
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半
                                         945
         期純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(千株)                               19,995
      (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 23/25













                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 24/25




















                                                           EDINET提出書類
                                           ブックオフグループホールディングス株式会社(E34102)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2019年2月14日

     ブックオフグループホールディングス株式会社 

               取 締 役 会     御中
                         有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                            岡   本    健  一  郎      印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員
                                      公認会計士
                                            阪   田    大    門       印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているブックオフグルー

     プホールディングス株式会社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年
     10月1日から2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る四半期
     連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書                                  、四半期連結包括利益計算書             及び注記につい
     て四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
     財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
     表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
     る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
     認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ブックオフグループホールディングス株式会社及び連結子会社の
     2018年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと
     信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     強調事項

      四半期連結財務諸表の基本となる重要な事項に記載されている通り、会社は設立日前のブックオフコーポレーション
     株式会社の2018年4月1日から2018年9月30日までの第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表の数値を含めて、第3四
     半期連結累計期間の四半期連結財務諸表を作成している。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は

            当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.       XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 25/25


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。