新田ゼラチン株式会社 四半期報告書 第80期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第80期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:新田ゼラチン株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    近畿財務局長
      【提出日】                    平成31年2月12日
      【四半期会計期間】                    第80期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)
      【会社名】                    新田ゼラチン株式会社
      【英訳名】                    Nitta   Gelatin    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  尾形 浩一
      【本店の所在の場所】                    大阪市浪速区桜川四丁目4番26号
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                         行っております。)
      【電話番号】                    06(6563)1511
      【事務連絡者氏名】                    取締役執行役員管理本部長  長岡 令文
      【最寄りの連絡場所】                    大阪府八尾市二俣二丁目22番地

      【電話番号】                    072(949)5381
      【事務連絡者氏名】                    取締役執行役員管理本部長  長岡 令文
      【縦覧に供する場所】                    新田ゼラチン株式会社東京支店
                         (東京都中央区日本橋本町2丁目8番12号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号) 
                                  1/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第79期           第80期
               回次               第3四半期           第3四半期            第79期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自平成29年4月1日           自平成30年4月1日           自平成29年4月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日           至平成30年3月31日
                     (百万円)             28,266           27,075           37,777
     売上高
                     (百万円)               998           500          1,009
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期純
     利益又は親会社株主に帰属する               (百万円)               528           956          △ 615
     当期純損失(△)
                     (百万円)              1,141            766          △ 291
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             18,673           17,717           17,197
     純資産額
                     (百万円)             40,639           38,092           37,851
     総資産額
     1株当たり四半期純利益金額又
     は1株当たり当期純損失金額                (円)             28.77           52.08          △ 33.50
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
     期(当期)純利益金額
                      (%)             40.9           41.3           40.1
     自己資本比率
                               第79期           第80期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                           自平成29年10月1日           自平成30年10月1日

              会計期間
                           至平成29年12月31日           至平成30年12月31日
     1株当たり四半期純利益金額又
                                  10.03
                                            △ 16.13
     は1株当たり四半期純損失金額                (円)
     (△)
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第79期第3四半期連結累計期間及び第80期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利
           益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4.第79期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失金額であり、また潜
           在株式が存在しないため記載しておりません。
         5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
           連結会計期間の期首から適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会計年度に係る主要な経営指
           標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/19





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
        要な変更はありません。           また、主要な関係会社の異動もありません。
         なお、第2四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 
        1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  3/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した
        事業等のリスクについての重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績の状況
          当第3四半期連結累計期間においては、堅調な米国経済やアジア新興国の経済成長により、世界経済は緩や
         かな成長を持続しました。日本経済は、底堅い企業業績や設備投資により緩やかな景気拡大を維持しました。
         一方で、米中の貿易摩擦の影響や欧州、中国の景気減速など海外経済の懸念要因により、景気の先行き不透明
         感が増大しました。
          この様な環境下、当社グループは平成30年4月に新たな3ヵ年の中期経営計画をスタートさせました。この
         中期経営計画で示している当社グループの経営方針は次のとおりです。
          1.  フードソリューション、ヘルスサポート、バイオメディカルの3つをコア領域とする。

          2.  日本、アジア、北米の生産・供給体制を自由貿易時代に対応すべくグローバルで最適化する。
          3.  選択と集中を進め、高付加価値製品・サービスを創造し、より高収益な企業体質に変革する。
          この経営方針のもと、3つのコア領域での研究・新製品開発、新市場開拓に積極的に取り組みました。当社

         グループの各製造拠点においては、生産性向上やコストダウンに努めました。また、コア領域への注力と事業
         拡大を目的に、平成31年4月1日を効力発生日として販売子会社である新田ゼラチンフーズ株式会社を吸収合
         併することを決定しました。
          以上の結果、売上高は27,075百万円(前年同期比4.2%減少)となり、国内売上高の減少や魚原料価格の高
         騰等により、営業利益は547百万円(前年同期比35.5%減少)に減少しました。経常利益は、持分法による投
         資損失等により500百万円(前年同期比49.9%減少)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は、事業分
         離における移転利益等により956百万円(前年同期比81.1%増加)となりました。
          第2四半期連結累計期間より報告セグメントの区分を「コラーゲン事業」の単一セグメントへ変更してお

         ります。詳細は、「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご覧く
         ださい。なお、各製品群は以下の販売区分へと分類しております。
              販売区分                        製品群

           フードソリューション            主に食品用ゼラチン、食品材料、コラーゲンケーシング

                       主にカプセル用ゼラチン、健康食品用・美容用コラーゲンペプチド、医療
           ヘルスサポート
                       用ゼラチン・コラーゲン
           スペシャリティーズ            主に接着剤、工業用ゼラチン他
          販売の状況は、次のとおりです。

         (フードソリューション)

           国内では、堅調な中食需要を背景に、新規拡販も貢献しコンビニ総菜や冷凍食品向けの売上高が増加し
          ましたが、グミキャンディー等の高糖度菓子用途や製菓・調理用ゼラチンの売上高が減少しました。海外
          では、畜肉スナック・ソーセージ用途のコラーゲンケーシングの売上高が、前年を下回りました。
           その結果、フードソリューション全体の売上高は11,541百万円(前年同期比2.6%減少)に減少しました。
         (ヘルスサポート)

           国内では、健康志向の高まりやドラッグストアの店舗数増加などにより、健康食品用カプセル向けの需
          要は堅調で、売上高は引き続き増加しました。一方、美容用途へのコラーゲンペプチドの販売が減少しま
          した。海外では、北米市場のカプセル用途への販売が市況回復により堅調に推移し、美容用途では北米工
          場で製造したコラーゲンペプチドの販売拡大により、売上高が増加しました。アジア市場向けカプセル用
          途は、昨年8月にインド南部で発生した洪水による販売減少が影響し、売上高が減少しました。
           その結果、ヘルスサポート全体の売上高は10,456百万円(前年同期比0.4%減少)となり、前年を下回り
          ました。
         (スペシャリティーズ)

           接着剤は、顧客の需要変化による衛生材料用の売上高の減少が影響し、全体の売上高は5,077百万円(前
          年同期比14.1%減少)に減少しました。
                                  4/19


                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
       (2)   財政状態の分析
         (資産)
           当第3四半期連結会計期間末における資産は、前連結会計年度末比240百万円増加の38,092百万円となりま
          した。主な要因は、たな卸資産、建物及び構築物等が増加したことによるものです。
         (負債)
           当第3四半期連結会計期間末における負債は、前連結会計年度末比279百万円減少の20,374百万円となりま
          した。主な要因は、長期借入金、退職給付に係る負債等が減少したことによるものです。
         (純資産)
           当第3四半期連結会計期間末における純資産は、前連結会計年度末比520百万円増加の17,717百万円となり
          ました。主な要因は、利益剰余金、繰延ヘッジ損益等が増加したことによるものです。
           この結果、自己資本比率は41.3%(前連結会計年度末40.1%)となりました。
       (3)   経営方針・経営戦略等

           当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変
          更はありません。
       (4)   事業上及び財務上の対処すべき課題

           当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更及び新たに生じ
          た課題はありません。
       (5)   研究開発活動

           当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は784百万円であります。
           当社は、平成30年8月1日に当社(接着剤事業(製造を除く))を分割会社とし、ボスティック・ニッタ
          株式会社を分割承継会社とする会社分割を行い、同時に当社が行っていた接着剤事業の研究開発を終了して
          おります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/19











                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                   種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                           50,000,000
                   計                                50,000,000

        ②【発行済株式】

                第3四半期会計期間                       上場金融商品取引所
                           提出日現在発行数(株)
          種類      末現在発行数(株)                       名又は登録認可金融               内容
                            (平成31年2月12日)
                (平成30年12月31日)                        商品取引業協会名
                                                   完全議決権株式であ
                                                   り、権利内容に何ら
                                         東京証券取引所          限定のない、当社に
       普通株式              18,373,974            18,373,974
                                          市場第一部         おける標準となる株
                                                   式で、単元株式数は
                                                   100株であります。
          計           18,373,974            18,373,974           -           -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
          年月日       総数増減数       総数残高                      増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                     (百万円)       (百万円)
       平成30年10月1日~
                      -   18,373,974            -      3,144         -      2,947
       平成30年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  6/19






                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  平成30年12月31日現在
             区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容

       無議決権株式                     -             -             -
       議決権制限株式(自己株式等)                     -             -             -

       議決権制限株式(その他)                     -             -             -

                       普通株式          100
       完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
       完全議決権株式(その他)                普通株式  18,367,100                    183,671        (注)1

                       普通株式             6, 774
       単元未満株式                                  -           (注)   2
       発行済株式総数                      18,373,974                  -             -

       総株主の議決権                     -               183,671          -

      (注)1.権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。
         2.単元未満株式には自己株式63株が含まれています。
        ②【自己株式等】

                                                  平成30年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                                                    に対する所有株
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
       所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               式数の割
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    合    
                                                    (%)
                  大阪市浪速区桜川四丁目
       新田ゼラチン㈱                             100        -       100        0.00
                  4番26号
            計            -            100        -       100        0.00
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  7/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平
       成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期
       連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は平成30年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しており
       ます。
                                  8/19

















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,626              1,676
         現金及び預金
                                        ※3 8,966             ※3 9,069
         受取手形及び売掛金
                                         5,152              5,889
         商品及び製品
                                         1,240              1,114
         仕掛品
                                         2,944              3,162
         原材料及び貯蔵品
                                           338              582
         その他
                                          △ 11             △ 13
         貸倒引当金
                                         20,256              21,482
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               3,621              3,939
          機械装置及び運搬具(純額)                               4,809              4,627
                                         3,819              3,264
          その他(純額)
                                         12,251              11,831
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           384              365
          のれん
                                           395              371
          その他
                                           780              737
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         3,451              3,046
          投資有価証券
                                         1,174              1,184
          その他
                                          △ 63             △ 188
          貸倒引当金
                                         4,563              4,041
          投資その他の資産合計
                                         17,595              16,610
         固定資産合計
                                         37,851              38,092
       資産合計
                                  9/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 (平成30年3月31日)              (平成30年12月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         4,159              4,549
         支払手形及び買掛金
                                         2,504              2,536
         短期借入金
                                         2,497              2,528
         1年内返済予定の長期借入金
                                           95              199
         未払法人税等
                                           249              145
         賞与引当金
                                         2,550              2,316
         その他
                                         12,056              12,274
         流動負債合計
       固定負債
                                         4,684              4,509
         長期借入金
                                         2,709              2,495
         退職給付に係る負債
                                         1,203              1,094
         その他
                                         8,597              8,099
         固定負債合計
                                         20,654              20,374
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,144              3,144
         資本金
                                         2,966              2,966
         資本剰余金
                                         9,206              9,942
         利益剰余金
                                           △ 0             △ 0
         自己株式
                                         15,317              16,053
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,331              1,133
         その他有価証券評価差額金
                                          △ 43             △ 11
         繰延ヘッジ損益
                                           142              153
         為替換算調整勘定
                                        △ 1,558             △ 1,591
         退職給付に係る調整累計額
                                         △ 127             △ 316
         その他の包括利益累計額合計
                                         2,008              1,980
       非支配株主持分
                                         17,197              17,717
       純資産合計
                                         37,851              38,092
      負債純資産合計
                                 10/19









                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
      売上高                                   28,266              27,075
                                         22,472              21,619
      売上原価
                                         5,794              5,455
      売上総利益
                                         4,946              4,908
      販売費及び一般管理費
                                           848              547
      営業利益
      営業外収益
                                            9              ▶
       受取利息
                                           45              38
       受取配当金
                                           93              109
       為替差益
                                           124               -
       持分法による投資利益
                                           56              113
       その他
                                           328              266
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           156              149
       支払利息
       持分法による投資損失                                    -              146
                                           21              17
       その他
                                           177              312
       営業外費用合計
                                           998              500
      経常利益
      特別利益
                                           -              79
       固定資産売却益
                                           -              655
       事業分離における移転利益
                                           -              416
       持分変動利益
                                           -             1,151
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              122
       貸倒引当金繰入額
                                            1              0
       固定資産売却損
                                           10              141
       固定資産除却損
                                           12              265
       特別損失合計
                                           986             1,387
      税金等調整前四半期純利益
                                           392              389
      法人税等
                                           593              997
      四半期純利益
                                           65              40
      非支配株主に帰属する四半期純利益
                                           528              956
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 11/19








                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                至 平成29年12月31日)               至 平成30年12月31日)
                                           593              997
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                           357             △ 198
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 70              40
       繰延ヘッジ損益
                                           184               0
       為替換算調整勘定
                                           64             △ 32
       退職給付に係る調整額
                                           11             △ 41
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                           547             △ 231
       その他の包括利益合計
                                         1,141               766
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         1,082               768
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           58              △ 2
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 12/19















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
         (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の適用)
          「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第1四半期
         連結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固
         定負債の区分に表示しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         1.偶発債務
                                 前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
         債権譲渡による遡及義務                              97百万円                -百万円
         2.税務訴訟等

         前連結会計年度(         平成30年3月31日        )
         当社のインドの連結子会社であるニッタゼラチンインディアLtd.において、税務当局との見解の相違に基づく支
        払請求を含む偶発債務が総額329百万ルピー(約540百万円)発生しております。これらの請求に関して外部法律専
        門家の意見に基づき個別案件毎に検討した結果、当社の見解は妥当であると判断し、不服の申立等を行っておりま
        す。なお、現時点で損失の発生の可能性及び金額を合理的に見積ることは困難であります。
         当第3四半期連結会計期間            ( 平成30年12月31日        )

         当社のインドの連結子会社であるニッタゼラチンインディアLtd.において、税務当局との見解の相違に基づく支
        払請求を含む偶発債務が総額329百万ルピー(約520百万円)発生しております。これらの請求に関して外部法律専
        門家の意見に基づき個別案件毎に検討した結果、当社の見解は妥当であると判断し、不服の申立等を行っておりま
        す。なお、現時点で損失の発生の可能性及び金額を合理的に見積ることは困難であります。
        ※3.四半期連結会計期間末日満期手形

         四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、
        当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期連結会
        計期間末日残高に含まれております。
                                 前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                               (平成30年3月31日)                 (平成30年12月31日)
         受取手形                              151百万円                181百万円
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
        は、次のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自    平成29年4月1日             (自    平成30年4月1日
                               至     平成29年12月31日)              至     平成30年12月31日)
        減価償却費                            1,194百万円                1,151百万円

        のれんの償却額                              33                35

                                 13/19





                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日 至平成29年12月31日)
         1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決 議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       平成29年6月27日
                 普通株式          110       6.00   平成29年3月31日         平成29年6月28日         利益剰余金
        定時株主総会
       平成29年11月8日
                 普通株式          110       6.00   平成29年9月30日         平成29年12月6日         利益剰余金
         取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末

          後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年4月1日 至平成30年12月31日)

         1.配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり
        (決 議)        株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
       平成30年6月27日
                 普通株式          110       6.00   平成30年3月31日         平成30年6月28日         利益剰余金
        定時株主総会
       平成30年11月8日
                 普通株式          110       6.00   平成30年9月30日         平成30年12月6日         利益剰余金
         取締役会
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末

          後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                 14/19










                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自平成29年4月1日                           至平成29年12月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                                                     四半期連結損
                             フォーミュラ
                                               調整額
                     コラーゲン
                                                     益計算書計上
                            ソリューション           合計
                                              (注)1
                      素材事業
                                                     額(注)2
                               事業
        売上高
                        20,722         7,544        28,266          -      28,266
         外部顧客への売上高
         セグメント間の内部
                         1,515          5      1,521       △ 1,521          -
         売上高又は振替高
                        22,238         7,550        29,788        △ 1,521        28,266
             計
                         1,064         812       1,877       △ 1,029         848
        セグメント利益
            (注)1.セグメント利益の調整額△1,029百万円には、セグメント間取引消去10百万円、各報告セグメ
                 ントに配分していない全社費用△1,040百万円が含まれております。
               2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自平成30年4月1日                           至平成30年12月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
            当社グループは、「コラーゲン事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
          3.  報告セグメントの変更等に関する事項

            当社グループの報告セグメントは、従来「コラーゲン素材事業」及び「フォーミュラソリューション事
           業」の2事業に区分して報告しておりましたが、コア事業における戦略の推進や新事業への集中投資を目指
           す当社方針のもと、製販管理体制の変更を中心とした組織再編を行い、グループの経営資源の配分及び経営
           管理体制を見直してまいりました。
            また、平成30年8月1日付でフォーミュラソリューション事業に含まれる接着剤事業(製造を除く)の会
           社分割を行い、当社グループの事業活動をコラーゲン事業として一体管理する体制へ移行したため、第2四
           半期連結会計期間より「コラーゲン事業」の単一セグメントへ変更しております。
            これにより、単一セグメントとなることから、第2四半期連結累計期間よりセグメント情報の開示は省略
           しております。
                                 15/19







                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 平成29年4月1日              (自 平成30年4月1日
                                 至 平成29年12月31日)              至 平成30年12月31日)
        1株当たり四半期純利益金額                              28円77銭              52円08銭
        (算定上の基礎)

         親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                         528              956
         (百万円)
         普通株主に帰属しない金額(百万円)                                 -              -
         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                         528              956
         純利益金額(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                            18,373,812              18,373,812
        (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 16/19















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        平成30年11月8日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)配当金の総額・・・・・・・・・・・・・・・・・・・110百万円
        (ロ)1株当たりの金額・・・・・・・・・・・・・・・・・6円00銭
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日・・・・・・・・平成30年12月6日
       (注) 平成30年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行っております。
                                 17/19



















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 18/19




















                                                           EDINET提出書類
                                                      新田ゼラチン株式会社(E26061)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    平成31年2月12日

     新田ゼラチン株式会社
      取締役会 御中
                            EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              押 谷 崇 雄  印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              小 林 雅 史  印
                            業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている新田ゼラチン株

     式会社の平成30年4月1日から平成31年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(平成30年10
     月1日から平成30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31
     日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計
     算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、新田ゼラチン株式会社及び連結子会社の平成30年12月31日現在
     の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす
     べての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半

           期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2   XBRLデータは四半期レビューの対象には含                      まれていません。
                                 19/19





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。