大陽日酸株式会社 四半期報告書 第15期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第15期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:大陽日酸株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月12日
      【四半期会計期間】                    第15期第3四半期(自 2018年10月1日 至 2018年12月31日)
      【会社名】                    大陽日酸株式会社
      【英訳名】                    TAIYO   NIPPON    SANSO   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  市原 裕史郎
      【本店の所在の場所】                    東京都品川区小山一丁目3番26号
      【電話番号】                    (03)5788-8060
      【事務連絡者氏名】                    管理本部長 兼 経理部長  小出 義文
      【最寄りの連絡場所】                    東京都品川区小山一丁目3番26号
      【電話番号】                    (03)5788-8060
      【事務連絡者氏名】                    管理本部長 兼 経理部長  小出 義文
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/37













                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次               第3四半期           第3四半期            第14期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日

              会計期間
                           至 2017年12月31日           至 2018年12月31日           至 2018年3月31日
                                  471,460           518,030           646,218
     売上収益
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 165,746    )       ( 188,603    )
     税引前四半期利益又は
                     (百万円)             43,653           42,200           55,897
     税引前利益
     親会社の所有者に帰属する
                                  39,977           27,234           48,919
     四半期(当期)利益               (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 22,305   )        ( 9,556   )
     親会社の所有者に帰属する
                     (百万円)             51,159           17,721           41,871
     四半期(当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持分               (百万円)             393,151           396,508           386,457
                     (百万円)             960,534          1,759,620            931,047

     資産合計
     基本的1株当たり四半期
                                   92.38           62.93           113.04
     (当期)利益                (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 51.54   )        ( 22.08   )
     希薄化後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)利益
                      (%)             40.9           22.5           41.5
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動による
                     (百万円)             59,248           59,164           83,199
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (百万円)            △ 41,088          △ 695,740           △ 52,088
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (百万円)            △ 27,203           667,553           △ 39,859
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                     (百万円)             45,072           79,248           47,809
     四半期末(期末)残高
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上収益には、消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれておりません。
         3.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
         4.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいて
           おります。
      2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。
        また、主要な関係会社の異動については、以下のとおりであります。
        当社は、2018年7月5日に米国              Praxair,     Inc.  との間で、同社の欧州事業の一部を運営する法人の株式を取得する

       株式売買契約を締結し、本契約に基づき当社が欧州で買収及び設立した子会社、TNSC                                        Euro-Holding       S.L.U.(2018年
       12月19日付で、社名をNippon              Gases   Euro-Holding       S.L.U.に変更)、TNSC           Germany    GmbH等を通じて、2018年12月3
       日に対象事業を取得いたしました。その結果、当第3四半期連結会計期間より新たにNippon                                           Gases   Euro-Holding
       S.L.U.    他39社が連結子会社に、23社が持分法適用会社になりました。
        なお、第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しております。                                       また当第3四半期連結会計期間

       より、報告セグメント「欧州ガス事業」を追加しております。                             詳細は、「第4 経理の状況 1 要約四半期連結財
                                  2/37


                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
       務諸表 要約四半期連結財務諸表注記 4.事業セグメント」の「                               (1)  報告セグメント       の概要 報告セグメントの変
       更等に関する事項」に記載のとおりであります。
                                  3/37




















                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において新たに発生した事業等のリスクは次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
       社)が判断したものであります。
        のれん及び無形資産について

        当社グループは、企業買収等に伴い、のれん及び無形資産(以下、「のれん等」という。)を計上しております。

       また、当社グループが将来新たに企業買収等を行うことにより、新たなのれん等を計上する可能性があります。当社
       グループは、かかるのれん等について、毎期減損テストを実施し評価しております。当該のれん等について減損損失
       を計上した場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)における当社グループの事業環境は、国
        内、海外での製造業の生産活動は堅調であり、セパレートガス(酸素、窒素、アルゴン)の出荷は順調でした。エ
        レクトロニクス関連では、国内で一部製品分野向けの出荷に減速感が見られます。
         このような状況の下、当第3四半期連結累計期間における業績は、売上収益5,180億30百万円(前年同期比9.9%
        増加)、コア営業利益438億71百万円(同                    4.0%減少)、営業利益446億93百万円(同                    3.4%減少)、親会社の所有
        者に帰属する四半期利益272億34百万円(同                     31.9%減少)となりました            。
         当社は、2018年12月3日に米国Praxair,                    Inc.の欧州事業の取得を完了させました。当第3四半期連結累計期間
        におけるセグメント利益の調整額には、欧州事業の取得関連費用(アドバイザリー費用等)として27億62百万円が
        含まれております。
         なお、コア営業利益は営業利益から非経常的な要因により発生した損益(事業撤退や縮小から生じる損失等)を
        除いて算出しております。
         セグメント業績は、次のとおりです。

         なお、セグメント利益はコア営業利益で表示しております。
         第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同期比較については、変更後
        の報告セグメントの区分に基づき作成した数値で比較しております。また、当第3四半期連結会計期間より、報告
        セグメントの区分に「欧州ガス事業」を追加し、米国Praxair,                             Inc.から買収した欧州事業の業績を当セグメント
        で開示を行っております。
        ① 国内ガス事業

          産業ガス関連では、主力製品であるセパレートガスの売上収益は、主要関連業界である鉄鋼、化学向けを中心
         に順調に推移しました。また、2017年10月に新たなオンサイト工場を開設したことにより、オンサイトの売上収
         益は増加しました。ハードグッズは金属加工向けを中心に売上収益が大きく増加しました。メディカルでは、
         2018年10月に買収した医療機器販売会社アイ・エム・アイ(株)の収益貢献がありました。エレクトロニクス関連
         では、電子材料ガスの売上収益は減少しました                      。
          以上の結果、国内ガス事業の売上収益は、2,659億89百万円(前年同期比                                  7.1%増加)、セグメント利益は、
         213億31百万円(同         9.4%減少)となりました            。
        ② 米国ガス事業

          産業ガス関連では、製造業での生産は順調であり、バルクガス、ハードグッズの売上収益は大きく増加しまし
         た。オンサイトでは、新規案件の稼動が開始したことにより収益貢献がありました。エレクトロニクス関連で
         は、電子材料ガスの売上収益は減少しました                     。
          以上の結果、米国ガス事業の売上収益は、1,388億56百万円(前年同期比                                  8.0%増加)、セグメント利益は、
         105億26百万円(同         5.0%増加)となりました            。
                                  4/37



                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        ③ 欧州ガス事業
          米国Praxair,       Inc.から買収した欧州事業は、ドイツ・スペイン・ポルトガル・イタリア・ノルウェー・デン
         マーク・スウェーデン・オランダ・ベルギーで展開する産業ガス事業、英国・アイルランド・オランダ・フラン
         スで展開する炭酸ガス事業、及びヘリウムに関連する事業です                             。
          欧州ガス事業の売上収益は、126億87百万円、セグメント利益は、5億60百万円となりました                                           。
        ④ アジア・オセアニアガス事業

          産業ガス関連では、シンガポール・マレーシアは、エネルギー産業向けを中心にハードグッズの売上収益が増
         加しました。豪州は、プロパンガス及び関連機器の販売が好調でした。エレクトロニクス関連では、台湾での会
         計処理変更の影響による減収がありますが、電子材料ガスの出荷は堅調でした                                    。
          以上の結果、アジア・オセアニアガス事業の売上収益は、788億87百万円(前年同期比                                        5.4%増加)、セグメ
         ント利益は、85億59百万円(同               17.7%増加)となりました            。
        ⑤ サーモス事業

          サーモス事業は、国内ではケータイマグ及びスポーツボトルの販売が回復し、売上収益は増加しました。海外
         では、韓国での販売が好調です              。
          以上の結果、サーモス事業の売上収益は、216億9百万円(前年同期比                                 9.9%増加)、セグメント利益は、72
         億5百万円(同        12.4%増加)となりました            。
      (2)財政状態の分析

         当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、新たに                         米国Praxair,       Inc.の欧州事業を取得したことにより                  各資産
        が増加し、前連結会計年度末比で8,285億73百万円増加の、1兆7,596億20百万円となりました。為替の影響につい
        ては、USドルの期末日レートが前連結会計年度末に比べ4円76銭の円安となるなど、約123億円多く表示されてお
        ります。
        〔資産〕
         流動資産は、現金及び現金同等物や営業債権の増加等により、前連結会計年度末比で900億50百万円増加し、
        3,683億53百万円となっております。
         非流動資産は、のれんや有形固定資産、無形資産の増加等により、前連結会計年度末比で7,385億23百万円増加
        し、1兆3,912億67百万円となっております。
        〔負債〕
         流動負債は、社債及び借入金の増加等により、前連結会計年度末比で7,338億21百万円増加し、9,549億8百万円
        となっております        。
         非流動負債は、繰延税金負債の増加等により、前連結会計年度末比で825億20百万円増加し、3,804億7百万円と
        なっております。
        〔資本〕
         資本は、親会社の所有者に帰属する四半期利益の計上による増加や利益剰余金の配当による減少等により、前連
        結会計年度末比で122億32百万円増加し、4,243億4百万円となっております。
         なお、親会社所有者帰属持分比率は22.5%で前連結会計年度末に比べ19.0ポイント低くなっております                                               。
                                  5/37








                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
      (3)キャッシュ・フローの分析
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         税引前四半期利益、減価償却費及び償却費、法人所得税の支払額又は還付額等により、営業活動によるキャッ
        シュ・フローは591億64百万円の収入となりました。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         子会社の取得による支出、有形固定資産の取得による支出等により、投資活動によるキャッシュ・フローは
        6,957億40百万円の支出となりました。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         短期借入金の純増減額、長期借入れによる収入等により、財務活動によるキャッシュ・フローは6,675億53百万
        円の収入となりました。
         これらの結果に、為替換算差額等を加えた当第3四半期連結累計期間の現金及び現金同等物の四半期末残高は、

        792億48百万円となりました。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

        ① 当社グループの対処すべき課題
          当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
          なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配するものの在り方に関する基本方針を定めており、その内容等
         (会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        ② 会社の支配に関する基本方針

          ②-1 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
          当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念、企業価値を生み出す源泉、当社
         を支えるステークホルダーとの信頼関係などを十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を長期的
         に確保、向上させる者でなければならないことを基本原則といたします。
          また、上場会社である当社の株式は、株式市場を通じて多数の株主、投資家の皆さまによる自由な取引が認め
         られているものであり、仮に当社株式の大規模な買付行為や買付提案がなされた場合であっても、当該当社株式
         の大規模買付が当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に資するものである限り、これを一概に否
         定するものではありません。
          これら当社株式の大規模な買付等に応ずるか否かの最終判断は、株主の皆さまのご意思に基づいて行われるべ
         きものと考えております。
          ②-2 基本方針の実現に資する取組み

          当社では、多くの投資家の皆さまに長期的に継続して当社に投資していただくため、また、当社の企業価値ひ
         いては株主共同の利益を向上させるために、次の取組みを実施しております。
          これらの取組みは、前記当社における会社の支配に関する基本方針の実現に資するものと考えております。
          ②-2-1 企業価値向上への取組み

          当社は、2018年3月期を初年度とする4ヶ年の中期経営計画「Ortus                                 Stage   2」にもとづき、①構造改革、②
         イノベーション、③グローバリゼーション、④M&Aの4つを戦略の柱として企業価値向上に取り組んでおりま
         す。
                                  6/37







                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
          ②-2-2 コーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化による企業価値向上への取組み
          当社は、当社のコーポレート・ガバナンスの指針となるコーポレート・ガバナンス原則を取締役会で制定して
         おります。当社は、当社グループの持続的な成長及び長期的な企業価値の向上を図る観点から、株主をはじめ顧
         客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、意思決定の透明性・公正性を確保するとともに、保有する経営
         資源を有効に活用し、迅速・果断な意思決定により経営の活力を増大させることがコーポレート・ガバナンスの
         要諦であると考え、次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでおります。
         (1)株主の権利を尊重し、平等性を確保する。
         (2)株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働する。
         (3)会社情報を適時適切に開示し、透明性を確保する。
         (4)監督と執行を分離することにより、取締役会による業務執行の監督機能を実効化する。
         (5)当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、株主との間で建設的な対話を行
            う。
          また、内部統制システムについては、当社は「大陽日酸グループ行動規範」を制定し、当社グループ全体の遵
         法精神と企業倫理の向上を目指すとともに、チーフコンプライアンスオフィサー(以下、CCO)を任命し、CCOがコ
         ンプライアンス委員会の委員長として、当社グループのコンプライアンスの確保に努めております。さらに当社
         グループのリスクを横断的に管理するリスクアセスメント委員会と、保安、安全、品質、環境及び知的財産に関
         する技術リスクを重点的に管理する技術リスクマネジメント委員会及び会社情報の適切な管理を目的とする情報
         管理委員会を設けて、当社事業に伴うリスクの管理を行っております。
          当社は、前記の取組み等を通じて株主の皆さまをはじめ取引先や当社社員など当社のステークホルダーとの信
         頼関係をより強固なものにしながら、中長期的視野に立って企業価値の安定的な向上を目指してまいります。
          ②-2-3 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定を支配されることを防

         止するための取組み
          当社は、大規模買付行為を行おうとする者に対しては、その是非を株主の皆さまが適切に判断するために必要
         かつ十分な情報を求め、併せて当社取締役会の意見等を開示し、株主の皆さまのご検討のための時間の確保に努
         める等、会社法及び金融商品取引法等関係法令の許容する範囲内で適切な措置を講じます。
          ②-2-4 具体的取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由

          当社取締役会は、上記②-2-1及び2に記載した各取組みが、②-1に記載した基本方針に従い、当社をは
         じめとする当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に沿うものであり、当社の会社役員の地位の維持を
         目的とするものではないと判断しております。
      (5)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、25億7百万円であります。なお、当
        第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (6)従業員数

         当第3四半期連結累計期間において、前連結会計年度末に比べ、連結会社の従業員が2,406名及び臨時雇用者数
        が260名それぞれ増加し、当第3四半期連結会計期間末日現在で従業員数が19,152名及び臨時雇用者数が2,782名と
        なっております。その主な理由は、欧州ガス事業セグメントにおける米国Praxair,                                       Inc.の欧州事業の取得による
        ものです。なお、従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グ
        ループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含
        む。)は年間の平均人員を記載しております。
      (7)主要な設備

         当第3四半期連結累計期間において、                   米国Praxair,       Inc.の欧州事業を取得したことにより                  、主要な設備が増加
        しております。
      3【経営上の重要な契約等】

       (米国でのHyCO事業及び関連資産取得)
        当社   は、100%子会社である米国のMatheson                   Tri-Gas,     Inc.を通じて、ドイツのLinde              Aktiengesellschaftの子会
       社であるLinde       Gas  North   America    LLCが米国で行っているHyCO事業の一部及び関連資産を取得する契約を2018年12
       月13日付で締結いたしました。詳細は、「第4 経理の状況 1 要約四半期連結財務諸表 要約四半期連結財務諸
       表注記 11.コミットメント」に記載のとおりであります。
                                  7/37


                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                  1,600,000,000

                  計                                1,600,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末             提出日現在発行数           上場金融商品取引所名
        種類       現在発行数(株)              (株)        又は登録認可金融商品                内容
               (2018年12月31日)            (2019年2月12日)             取引業協会名
                                        東京証券取引所          単元株式数は100株で
       普通株式           433,092,837            433,092,837
                                        (市場第一部)          あります。
         計         433,092,837            433,092,837             -            -
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                       資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)        (百万円)
                 (千株)        (千株)                      (百万円)        (百万円)
     2018年10月1日~
                    -     433,092          -      37,344          -      56,433
     2018年12月31日
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  8/37








                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2018年12月31日現在
           区分             株式数(株)             議決権の数(個)                内容

     無議決権株式                            -              -       -

     議決権制限株式(自己株式等)                            -              -       -

     議決権制限株式(その他)                            -              -       -

                     (自己保有株式)
                                                  単元株式数は100株で
                                                -
                     普通株式                    178,900
                                                  あります。
     完全議決権株式(自己株式等)
                     (相互保有株式)
                                                -      同上
                     普通株式                    817,200
                     普通株式              431,862,300
     完全議決権株式(その他)                                       4,318,623          同上
                                                  1単元(100株)未満
                     普通株式                    234,437
     単元未満株式                                          -
                                                  の株式
     発行済株式総数                       433,092,837                   -       -
     総株主の議決権                            -           4,318,623          -

      (注)1.単元未満株式には、当社所有の自己株式6株、ニッキフッコー㈱所有の相互保有株式59株、福西産業㈱所有
           の相互保有株式73株及び㈱証券保管振替機構名義の株式38株が含まれております。
         2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、㈱証券保管振替機構名義の株式が1,400株含まれております。ま
           た、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数14個が含まれております。
                                  9/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                   2018年12月31日現在
                                                    発行済株式総数に

                                            所有株式数の
                              自己名義所有       他人名義所有
      所有者の氏名又は名称                                              対する所有株式数
                    所有者の住所
                                            合計  (株)
                              株式数(株)       株式数(株)
                                                    の割合(%)
     (自己保有株式)
                 東京都品川区小山1-3
     大陽日酸㈱                           178,900          -     178,900           0.04
                 -26
     (相互保有株式)
                 宮城県多賀城市宮内2-
     幸栄運輸㈱                           137,000       121,300       258,300           0.06
                 3-2
                 広島県呉市広白岳3-1
     ニッキフッコー㈱                           80,200       127,800       208,000           0.05
                 -52
                 宮崎県宮崎市祇園2-
     宮崎酸素㈱                           10,000       108,300       118,300           0.03
                 140-1
                 栃木県小山市大字横倉新
     北関東日酸㈱                             -     75,400       75,400          0.02
                 田503
                 埼玉県川口市青木3-5
     埼京日酸㈱                             -     46,700       46,700          0.01
                 -1
                 山口県周南市桶川町6-
                                 10,000
     ㈱南陽プロパン                                   32,800       42,800          0.01
                 11
                 東京都江東区亀戸6-57
     岡安産業㈱                           29,000       11,600       40,600          0.01
                 -23
                 宮城県多賀城市宮内2-
     仙台日酸㈱                             -     26,300       26,300          0.01
                 3-2
     関東アセチレン工業㈱            群馬県渋川市中村1110                  -       700       700         0.00

                 大阪府大阪市此花区梅香

     福西産業㈱                             100        -       100         0.00
                 1-26-9
          計            -          445,200       550,900       996,100           0.23
      (注)「他人名義所有株式数」の欄に記載しております株式の名義は全て「大陽日酸取引先持株会」(東京都品川区小
         山1-3-26)であり、同会名義の株式のうち、各社の持分残高の単元部分を記載しております。
      2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)退任役員
            役名             職名              氏名          退任年月日
         取締役         CCO(大陽日酸グループCCO)
                                     吉里 彰二          2018年12月1日
         常務執行役員         併せて全社的内部統制管理責任者
       (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

          男性   10名 女性      0名(役員のうち女性の比率              0%)
                                 10/37






                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務
       報告」に準拠して作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、新日本有限責任監査法人は2018年7月1日付をもって名称をEY新日本有限責任監査法人に変更しておりま
       す。
                                 11/37
















                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
      1【要約四半期連結財務諸表】
       (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                                  当第3四半期

                                  前連結会計年度
                                                  連結会計期間
                            注記
                                 (2018年3月31日)
                                                 (2018年12月31日)
     資産
      流動資産
                                         47,809
       現金及び現金同等物                                                  79,248
                                         164,247
       営業債権                                                 193,985
                                         51,481
       棚卸資産                                                  69,483
                                          6,412
       その他の金融資産                     10                             12,510
                                          8,351
                                                         13,125
       その他の流動資産
       流動資産合計                                 278,302
                                                        368,353
      非流動資産
                                         391,930
       有形固定資産                                                 612,154
                                         119,221
       のれん                                                 428,486
                                         44,932
       無形資産                                                 252,031
                                         28,148
       持分法で会計処理されている投資                                                  38,848
                                         60,836
       その他の金融資産                     10                             51,748
                                          2,338
       退職給付に係る資産                                                  2,272
                                           704
       その他の非流動資産                                                   715
                                          4,632
                                                         5,010
       繰延税金資産
                                         652,744
       非流動資産合計                                                1,391,267
                                         931,047
                                                       1,759,620
      資産合計
                                 12/37












                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                                  当第3四半期

                                  前連結会計年度
                                                  連結会計期間
                            注記
                                 (2018年3月31日)
                                                 (2018年12月31日)
     負債及び資本
     負債
      流動負債
                                         79,483
       営業債務                                                 103,324
                                         87,372
       社債及び借入金                    9,10                             779,332
                                          9,342
       未払法人所得税                                                  6,356
                                         31,693
       その他の金融負債                     10                             37,925
                                           754
       引当金                                                   503
                                         12,441
                                                         27,466
       その他の流動負債
       流動負債合計                                 221,087
                                                        954,908
      非流動負債
                                         233,694
       社債及び借入金                     10                            226,813
                                          4,923
       その他の金融負債                     10                             4,445
                                          4,511
       退職給付に係る負債                                                  10,918
                                          5,742
       引当金                                                  6,342
                                         14,937
       その他の非流動負債                                                  20,570
                                         34,077
                                                        111,317
       繰延税金負債
                                         297,887
       非流動負債合計                                                 380,407
      負債合計                                  518,975
                                                       1,335,316
     資本
                                         37,344
      資本金                                                   37,344
                                         53,072
      資本剰余金                                                   53,166
                                          △256
      自己株式                                                   △260
                                         305,400
      利益剰余金                                                  324,714
                                         △9,105
                                                        △18,457
      その他の資本の構成要素
      親会社の所有者に帰属する持分合計                                  386,457
                                                        396,508
                                         25,614
                                                         27,796
      非支配持分
                                         412,072
      資本合計                                                  424,304
                                         931,047
                                                       1,759,620
     負債及び資本合計
                                 13/37









                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
       (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         (第3四半期連結累計期間)
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                            注記
                                 至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                           4,6              471,460
     売上収益                                                   518,030
                                        △296,687
                                                       △333,850
      売上原価
     売上総利益                                   174,772
                                                        184,179
                                        △131,615

      販売費及び一般管理費                                                  △143,309
                                          2,662
      その他の営業収益                                                    2,737
                                         △1,301
      その他の営業費用                                                   △1,445
                                          1,749
                                                         2,531
      持分法による投資利益
     営業利益                                    46,268
                                                         44,693
                                          1,173

      金融収益                                                    1,823
                                         △3,788
                                                        △4,317
      金融費用
                                         43,653
     税引前四半期利益
                                                         42,200
                                         △2,430

                                                        △13,182
      法人所得税
                                         41,223
                                                         29,018
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                         39,977
      親会社の所有者                                                   27,234
                                          1,245
      非支配持分                                                   1,784
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                      7              92.38                62.93
                                 14/37










                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
         (第3四半期連結会計期間)
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                                (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                            注記
                                 至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                                         165,746
     売上収益                                                   188,603
                                        △105,269
                                                       △121,471
      売上原価
     売上総利益                                    60,476
                                                         67,131
                                        △45,053

      販売費及び一般管理費                                                   △52,712
                                          1,123
      その他の営業収益                                                     450
                                          △242
      その他の営業費用                                                    △255
                                           359
                                                         1,111
      持分法による投資利益
     営業利益                                    16,663
                                                         15,725
                                           484

      金融収益                                                     979
                                         △1,176
                                                        △1,578
      金融費用
     税引前四半期利益                                    15,971
                                                         15,126
                                          6,891

                                                        △4,830
      法人所得税
                                         22,863
                                                         10,296
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                         22,305
      親会社の所有者                                                   9,556
                                           557                739
      非支配持分
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                      7             51.54                22.08
                                 15/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         (第3四半期連結累計期間)
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                                         41,223
     四半期利益                                                   29,018
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                          6,334
                                                        △3,043
       金融資産
                                           488
       確定給付制度の再測定                                                   △1
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                            3
                                                         △192
       対する持分
                                          6,826
       純損益に振り替えられることのない項目合計
                                                        △3,238
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                          4,480
       在外営業活動体の換算差額                                                 △3,106
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の純変
                                           24
                                                        △2,656
       動の有効部分
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           231
                                                         △686
       対する持分
                                          4,737
       純損益に振り替えられる可能性のある項目合計                                                 △6,449
                                         11,564
      税引後その他の包括利益合計                                                  △9,687
                                         52,787
                                                         19,330
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                         51,159
      親会社の所有者                                                  17,721
                                          1,628
      非支配持分                                                   1,608
                                 16/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
         (第3四半期連結会計期間)
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                                (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                                         22,863
     四半期利益                                                   10,296
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                          2,155
                                                        △5,386
       金融資産
                                           489
       確定給付制度の再測定                                                    0
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                            2
                                                           14
       対する持分
       純損益に振り替えられることのない項目合計                                  2,646
                                                        △5,370
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                          1,403
       在外営業活動体の換算差額                                                △13,538
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の純変
                                           △8
                                                        △7,675
       動の有効部分
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           420
                                                         △528
       対する持分
       純損益に振り替えられる可能性のある項目合計                                  1,815              △21,742
                                          4,462
      税引後その他の包括利益合計                                                 △27,113
                                         27,325
                                                        △16,816
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                         26,615
      親会社の所有者                                                 △17,419
                                           709                602
      非支配持分
                                 17/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
       (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
                                 (単位:百万円)
                 注記    資本金    資本剰余金      自己株式     利益剰余金
     2017年4月1日残高                 37,344     52,988      △250    261,717
      四半期利益                 -     -     -   39,977

                       -     -     -     -
      その他の包括利益
     四半期包括利益                  -     -     -   39,977
      自己株式の取得                 -     -     △3      -

      自己株式の処分                 -      0     0     -
      配当            8      -     -     -   △9,524
      支配継続子会社に対する
                       -     48     -     -
      持分変動
      企業結合又は事業分離                 -     -     -     -
      その他の資本の構成要素
                       -     -     -     608
      から利益剰余金への振替
      その他の資本の構成要素
                       -     -     -     -
      から非金融資産等への振替
      連結範囲の変動                 -     -     -    △104
      その他の増減                 -     -     -     -
     所有者との取引額等合計
                       -     48     △3   △9,020
                      37,344     53,036      △254    292,674

     2017年12月31日残高
                            その他の資本の構成要素

                         キャッ
                              その他の包
                                              親会社の所
                         シュ・フ
                    在外営業活          括利益を通
                 注記
                                              有者に帰属      非支配      資本
                         ロー・ヘッ          確定給付制
                    動体の換算          じて公正価           合計
                                              する持分      持分     合計
                         ジの公正価          度の再測定
                    差額          値で測定す
                                              合計
                         値の純変動
                              る金融資産
                         の有効部分
     2017年4月1日残高                △16,135       △64    15,975       -    △224    351,576      25,286     376,862
      四半期利益

                       -     -     -     -     -   39,977      1,245     41,223
                      4,398      24    6,269      488    11,182     11,182      382    11,564
      その他の包括利益
     四半期包括利益                 4,398      24    6,269      488    11,182     51,159      1,628     52,787
      自己株式の取得

                       -     -     -     -     -     △3      -     △3
      自己株式の処分                 -     -     -     -     -      0     -      0
      配当            8      -     -     -     -     -   △9,524      △810    △10,334
      支配継続子会社に対する
                       -     -     -     -     -     48   △1,122     △1,073
      持分変動
      企業結合又は事業分離                 -     -     -     -     -     -     -     -
      その他の資本の構成要素
                       -     -    △119     △488     △608      -     -     -
      から利益剰余金への振替
      その他の資本の構成要素
                       -     -     -     -     -     -     -     -
      から非金融資産等への振替
      連結範囲の変動                 -     -     -     -     -    △104      △25     △130
                       -     -     -     -     -     -     85     85
      その他の増減
     所有者との取引額等合計
                       -     -    △119     △488     △608    △9,584     △1,872     △11,457
                     △11,736       △40    22,126       -   10,349     393,151      25,041     418,192

     2017年12月31日残高
                                 18/37



                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                 (単位:百万円)
                 注記    資本金    資本剰余金      自己株式     利益剰余金
     2018年4月1日残高
                      37,344     53,072      △256    305,400
      四半期利益                 -     -     -   27,234

      その他の包括利益                 -     -     -     -
     四半期包括利益
                       -     -     -   27,234
      自己株式の取得                 -     -     △4      -

      自己株式の処分
                       -      0     0     -
      配当
                  8      -     -     -   △10,389
      支配継続子会社に対する
                       -     93     -     -
      持分変動
      企業結合又は事業分離                 -     -     -     -
      その他の資本の構成要素
                       -     -     -    2,469
      から利益剰余金への振替
      その他の資本の構成要素
                       -     -     -     -
      から非金融資産等への振替
      連結範囲の変動
                       -     -     -     -
                       -     -     -     -
      その他の増減
     所有者との取引額等合計
                       -     93     △4   △7,920
                      37,344     53,166      △260    324,714

     2018年12月31日残高
                            その他の資本の構成要素

                         キャッ
                              その他の包
                                              親会社の所
                         シュ・フ
                    在外営業活          括利益を通
                 注記
                                              有者に帰属      非支配      資本
                         ロー・ヘッ          確定給付制
                    動体の換算          じて公正価           合計
                                              する持分      持分     合計
                         ジの公正価          度の再測定
                    差額          値で測定す
                                              合計
                         値の純変動
                              る金融資産
                         の有効部分
     2018年4月1日残高                △25,699       △38    16,632       -   △9,105     386,457      25,614     412,072
      四半期利益                 -     -     -     -     -   27,234      1,784     29,018

                     △3,634     △2,656     △3,008      △212    △9,512     △9,512      △175    △9,687
      その他の包括利益
     四半期包括利益
                     △3,634     △2,656     △3,008      △212    △9,512      17,721      1,608     19,330
      自己株式の取得                 -     -     -     -     -     △4      -     △4

      自己株式の処分                 -     -     -     -     -      0     -      0
      配当
                  8      -     -     -     -     -   △10,389      △814    △11,204
      支配継続子会社に対する
                       -     -     -     -     -     93     24     118
      持分変動
      企業結合又は事業分離                 -     -     -     -     -     -    1,451     1,451
      その他の資本の構成要素
                       -     -   △2,681       212   △2,469       -     -     -
      から利益剰余金への振替
      その他の資本の構成要素
                       -    2,629      -     -    2,629     2,629      -    2,629
      から非金融資産等への振替
      連結範囲の変動                 -     -     -     -     -     -     -     -
                       -     -     -     -     -     -    △89     △89
      その他の増減
     所有者との取引額等合計
                       -    2,629    △2,681       212     160   △7,671       572   △7,098
                     △29,334       △65    10,942       -   △18,457      396,508      27,796     424,304

     2018年12月31日残高
                                 19/37



                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
       (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                            注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          43,653
      税引前四半期利益                                                   42,200
                                          32,252
      減価償却費及び償却費                                                   36,881
                                         △1,173
      受取利息及び受取配当金                                                  △1,325
                                          3,626
      支払利息                                                   4,317
      持分法による投資損益(△は益)                                   △1,749
                                                        △2,531
      有形固定資産及び無形資産除売却損益(△は
                                         △1,076
                                                         △736
      益)
      営業債権の増減額(△は増加)                                   △8,567                6,126
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   △2,959
                                                        △7,831
      営業債務の増減額(△は減少)                                    6,621               4,057
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                    △203
                                                         △327
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                     169
                                                          218
                                           242             △5,321
      その他
               小計                          70,836               75,726
                                           147
      利息の受取額                                                    198
                                          2,638
      配当金の受取額                                                   2,911
                                         △3,587
      利息の支払額                                                  △4,273
                                        △10,786
      法人所得税の支払額又は還付額(△は支払)                                                  △15,397
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   59,248               59,164
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △40,789
      有形固定資産の取得による支出                                                  △53,527
                                          2,016
      有形固定資産の売却による収入                                                   1,817
                                          △623
      投資の取得による支出                                                  △1,029
                                           455
      投資の売却及び償還による収入                                                   5,484
                                            -            △640,088
      子会社の取得による支出
                                          △198
      事業譲受による支出                                                  △4,748
                                         △1,950
                                                        △3,648
      その他
                                        △41,088               △695,740
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 20/37









                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                            注記
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    4,025
                                                        643,791
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減
                                          7,000
                                                         30,000
      少)
                                          15,918
      長期借入れによる収入                                                   35,193
                                        △29,670
      長期借入金の返済による支出                                                  △27,858
                             9            △10,000                  -
      社債の償還による支出
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取
                                         △2,086
                                                         △169
      得による支出
                             8
      配当金の支払額                                   △9,524               △10,389
      非支配持分への配当金の支払額                                    △810               △814
                                         △2,056               △2,199
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △27,203                667,553
                                           677               496
     現金及び現金同等物に係る為替変動による影響
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                         △8,367                31,473
     現金及び現金同等物の期首残高                                    52,857               47,809
     連結の範囲の変更に伴う現金及び現金同等物の
                                           363               △34
     増減額(△は減少)
                                           218                -
     合併に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                          45,072               79,248
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 21/37












                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
       【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          大陽日酸株式会社(以下、「当社」という。)は日本国に所在する企業であり、東京証券取引所市場第一部に
         上場しております。当社の登記している本社の住所は、ウェブサイト(http://www.tn-sanso.co.jp)で開示し
         ております。当社及び子会社(以下、「当社グループ」という。)の要約四半期連結財務諸表は12月31日を期末
         日とし、当社グループ並びにその関連会社及び共同支配の取決めに対する持分により構成されております。当社
         グループは、鉄鋼、化学、エレクトロニクス産業向けなどに国内外でガス事業を展開するほか、ステンレス製魔
         法瓶など家庭用品の製造・販売などの事業も行っております。詳細については、注記「4.事業セグメント」に
         記載しております。
          当社の親会社は、株式会社三菱ケミカルホールディングスであります。
        2.作成の基礎

         (1)  IFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しており
          ます。当社は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たして
          いることから、同93条の規定を適用しております。
           要約四半期連結財務諸表は、連結会計年度の連結財務諸表で要求されるすべての情報が含まれていないた
          め、前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきものであります。
         (2)  財務諸表の承認

           当社グループの本要約四半期連結財務諸表は、2019年2月12日に、当社代表取締役社長 市原裕史郎によっ
          て承認されております。
         (3)  測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定する金融商品等を除き、取得原価を基礎として
          作成しております。
         (4)  表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満を切り捨てて表示しております。
         (5)  判断、見積り及び仮定の利用

           当社グループのIFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに
          資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行う必要があります。実際
          の業績はこれらの見積りとは異なる場合があります。
           見積り及びその基礎となる仮定は、継続して見直されます。会計上の見積りの変更による影響は、その見積
          りが変更された会計期間及び影響を受ける将来の会計期間において認識されます。
           当社グループの要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断は、原則とし
          て前連結会計年度の連結財務諸表と同様であります。
                                 22/37







                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        3.重要な会計方針
          当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度に
         おいて適用した会計方針と同一であります。
          なお、各四半期における法人所得税は、見積年次実効税率を基に算定しております。
          当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」(2014年5月公

         表)及び「IFRS第15号の明確化」(2016年4月公表)(合わせて以下、「IFRS第15号」)を適用しております。
          IFRS第15号の適用に伴い、以下の5ステップアプローチに基づき、顧客への財やサービスの移転との交換で、
         権利を得ると見込む対価を反映した金額で収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する
           ステップ2:契約における履行義務を識別する
           ステップ3:取引価格を算定する
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
           ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する
          当社グループは、鉄鋼、化学、エレクトロニクス産業向けなどに国内外でガス事業を行っており、主要製品に

         関しては、日本、米国、欧州、アジア・オセアニアの各地域において、それぞれ生産・販売体制を構築しており
         ます。また、ステンレス製魔法瓶など家庭用品の製造・販売などの事業も行っております。
          これらの事業における製品販売については、製品の引渡時点において、顧客が当該製品に対する支配を獲得す
         ることから、履行義務が充足されると判断し、当該製品の引渡時点で収益を認識しております。
          また、収益は、顧客との契約において約束された対価から、値引き、リベート及び返品などを控除した金額で
         測定しております。
          なお、製品の販売契約における対価は、製品に対する支配が顧客に移転した時点から概ね1年以内に回収して
         おり、重要な金利要素は含んでおりません。
          IFRS第15号の適用による当社グループの要約四半期連結財務諸表への影響は軽微であります。

          IFRS第15号の適用にあたっては、経過措置として認められている、本基準の適用による累積的影響を適用開始
         日に認識する方法を採用しておりますが、本基準の適用開始日における累積的影響額は軽微であります。
                                 23/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        4.事業セグメント
         (1)  報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
          あります。なお、報告にあたって事業セグメントの集約は行っておりません。
           当社グループは、鉄鋼、化学、エレクトロニクス産業向けなどに国内外でガス事業を行っており、主要製品

          に関しては、日本、米国、欧州、アジア・オセアニアの各地域において、それぞれ生産・販売体制を構築して
          おります。また、ステンレス製魔法瓶など家庭用品の製造・販売などの事業も行っております。したがって、
          当社は、「国内ガス事業」「米国ガス事業」「欧州ガス事業」「アジア・オセアニアガス事業」「サーモス事
          業」の5つを報告セグメントとしております。
          (報告セグメントの変更等に関する事項)

           第1四半期連結会計期間より、サーモス事業の業績をより明確に表示するため報告セグメントを従来の「国
          内ガス事業」「米国ガス事業」「アジア・オセアニアガス事業」「サーモス他事業」から「国内ガス事業」
          「米国ガス事業」「アジア・オセアニアガス事業」「サーモス事業」へと変更しております。
           また当第3四半期連結会計期間より、新たに米国Praxair,                            Inc.の欧州事業を取得したことにより、報告セ
          グメント「欧州ガス事業」を追加しております。
           なお、前第3四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したも
          のを開示しております。
           各報告セグメントの主要な製品は、以下のとおりであります。

           報告セグメント                          主要な製品・サービス
     国内ガス事業

                         酸素、窒素、アルゴン、炭酸ガス、ヘリウム、水素、アセチレン、ガス関連
     米国ガス事業
                         機器、特殊ガス(電子材料ガス、純ガス等)、電子関連機器・工事、半導体
                         製造装置、溶断機器、溶接材料、機械装置、LPガス・関連機器、医療用ガ
     欧州ガス事業
                         ス(酸素、亜酸化窒素等)、医療機器、安定同位体
     アジア・オセアニアガス事業
     サーモス事業                    家庭用品

           報告セグメントの会計方針は、「3.重要な会計方針」に記載している当社グループの会計方針と同一であ

          ります   。なお、セグメント間の内部売上収益又は振替高は、主に市場実勢価格に基づいております。
                                 24/37









                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
         (2)  報告セグメントごとの売上収益及び損益の金額に関する情報
           前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                   調整額
                                  アジア・
                                                         連結
                  国内ガス     米国ガス     欧州ガス           サーモス
                                                  (注1)
                                  オセアニア             計
                   事業     事業     事業           事業
                                  ガス事業
     売上収益
                  248,396     128,549        -   74,858     19,656     471,460        -   471,460
      外部顧客への売上収益
      セグメント間の内部
                   8,699     8,299       -    1,516       21   18,536    △18,536         -
      売上収益又は振替高
                  257,095     136,848        -   76,374     19,677     489,997     △18,536      471,460
          計
     セグメント利益(注2)              23,542     10,021       -    7,274     6,409     47,247     △1,542      45,705
      (注)1.セグメント利益の調整額△1,542百万円には、セグメント間取引消去△467百万円、各報告セグメントに配分
           していない全社費用△1,075百万円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに配分していな
           い基礎研究費用等です。
         2.セグメント利益は、営業利益から非経常的な要因により発生した損益(事業撤退や縮小から生じる損失等)
           を除いて算出したコア営業利益で表示しております。
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                                   調整額
                                  アジア・
                                                         連結
                  国内ガス     米国ガス     欧州ガス           サーモス
                                                  (注1)
                                  オセアニア             計
                   事業     事業     事業           事業
                                  ガス事業
     売上収益
                  265,989     138,856      12,687     78,887     21,609     518,030        -   518,030
      外部顧客への売上収益
      セグメント間の内部
                   6,498     10,090       -    3,004       31   19,625    △19,625         -
      売上収益又は振替高
                  272,488     148,946      12,687     81,892     21,641     537,655     △19,625      518,030
          計
     セグメント利益(注2)              21,331     10,526       560    8,559     7,205     48,183     △4,312      43,871
      (注)1.セグメント利益の調整額△4,312百万円には、セグメント間取引消去△345百万円、各報告セグメントに配分
           していない全社費用△1,203百万円及び欧州事業の取得関連費用△2,762百万円が含まれております。全社費
           用は、主に報告セグメントに配分していない基礎研究費用等です。
         2.セグメント利益は、営業利益から非経常的な要因により発生した損益(事業撤退や縮小から生じる損失等)
           を除いて算出したコア営業利益で表示しております。
                                 25/37







                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
           セグメント利益から、税引前四半期利益への調整は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
     セグメント利益                                  45,705                  43,871

      固定資産売却益                                  1,020                   948
                                                           -
      持分法による投資損益                                  △457
                                         -
      その他                                                    △125
     営業利益                                  46,268                  44,693

      金融収益                                  1,173                  1,823

      金融費用                                 △3,788                  △4,317
     税引前四半期利益                                  43,653                  42,200

        5.企業結合

          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
          重要な企業結合は発生しておりません。
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

          (米国Praxair,        Inc.の欧州事業の取得(子会社化))
         (1)  企業結合の概要
          ① 被取得企業の名称及びその事業の内容
            被取得企業の名称  Praxair              Espana    S.L.U.、他36社
            事業の内容     米国Praxair,                 Inc.の欧州事業のうち、ドイツ・スペイン・ポルトガル・イタリ
                      ア・ノルウェー・デンマーク・スウェーデン・オランダ・ベルギーの産業ガス事
                      業、英国・アイルランド・オランダ・フランスにおける炭酸ガス事業、及びヘリウ
                      ムに関連する事業
          ② 取得日

            2018年12月3日
          ③ 企業結合を行った主な理由

            当社は、業界再編が進む中でグローバル競争力を高め、確固たる地位を確立するために、長期経営ビジョ
           ンとして「売上収益1兆円、営業利益率10%、ROCE10%以上、海外売上収益比率50%以上」の実現を掲げて
           います。本買収は当ビジョンの実現に向けて大きく前進する手段となり、戦略的な意義を併せ持つ絶好の投
           資機会と捉えております。
            欧州の産業ガス市場は北米に次いで大きく、かつ競争環境も安定しております。本買収により、未参入で
           あった当該地域で一定シェアの事業を獲得することで、グローバル化を大きく進めることになります。ま
           た、収益性の高い事業を一定の規模・ネットワーク(製造拠点等)とともに取得できることに加え、現在の
           トップマネジメント層を含む有為な人材や事業プラットフォームも併せて獲得できます。そうした事業基盤
           において、当社が有する環境規制対応などの製品を展開するとともに、グローバル企業向けのマーケティン
           グ機能拡張などグループの横串機能を強化していく方針であります。
          ④ 取得した議決権付資本持分の割合

            主として100.0%
          ⑤ 被取得企業の支配の獲得方法

            当社連結子会社であるNippon               Gases   Euro-Holding       S.L.U.等が、現金を対価として、被取得企業の株式を
           取得したことによります。
                                 26/37



                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
         (2)  支払対価の公正価値
                                      (単位:百万円)
                                     取得日
                                  (2018年12月3日)
           現金
                                          637,204
           支払対価合計
                                          637,204
         (3)  取得資産、引受負債、非支配持分及びのれん

                                      (単位:百万円)
                                     取得日
                                  (2018年12月3日)
           流動資産
            現金及び現金同等物                               4,354
            営業債権                              34,354
            棚卸資産                               8,435
            その他                               3,597
           非流動資産
            有形固定資産                              196,814
            無形資産                              211,241
            その他                              14,598
           取得資産
                                          473,393
           流動負債                               44,998
           非流動負債                               90,818
           引受負債
                                          135,816
           取得資産及び引受負債(純額)
                                          337,577
           非支配持分(注2)
                                           1,473
           のれん(注3、4)
                                          301,100
            支払対価は、取得日における公正価値を基礎として、取得した資産及び引き受けた負債に配分しておりま

           す。なお、これらの配分は完了していないため、上記金額は現時点での最善の見積もりによる暫定的な公正
           価値であり、取得日時点で存在していた事実や状況に関する追加的な情報が得られ評価される場合は、取得
           日から1年間は上記金額を修正することがあります。
           (注)1.取得した債権の公正価値、契約上の未収金額及び回収不能見込額

                取得した債権の公正価値と契約上の未収金額は、おおむね同額であります。契約上の未収金額の
               うち、回収不能と見込まれるものはありません。
              2.非支配持分
                非支配持分は、被取得企業の識別可能な純資産の公正価値に対する非支配株主の持分割合で測定
               しております。
              3.のれん
                のれんの主な内容は、個別に認識要件を満たさない、取得から生じることが期待される既存事業
               とのシナジー効果と超過収益力であります。また、のれんは、税務上損金算入不能なものです。
              4.ベーシス・アジャストメント
                被取得企業への投資に対する為替リスクをヘッジするために、為替予約を実施しました。当該予
               定取引はキャッシュ・フロー・ヘッジとしてヘッジ会計を適用しており、取得日のヘッジ手段の公
               正価値△3,791百万円を、ベーシス・アジャストメントとして当該企業結合に伴い発生したのれん
               の当初認識額に調整した結果、のれんの当初認識額が同額増加しております。
                                 27/37




                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
         (4)  取得関連費用
           取得関連費用は、2,762百万円であり、要約四半期連結損益計算書上、「販売費及び一般管理費」に含めて
          おります。
         (5)  当社グループの業績に与える影響

           当社グループの要約四半期連結損益計算書には、取得日以降に被取得企業から生じた売上収益及び四半期利
          益が、それぞれ12,687百万円及び286百万円含まれております。
           企業結合が、当第3四半期連結累計期間の期首である2018年4月1日に行われたと仮定した場合の当社グ
          ループの売上収益及び四半期利益(プロフォーマ情報)は、それぞれ636,402百万円及び38,868百万円であり
          ます。なお、当該プロフォーマ情報は監査証明を受けておりません。
        6.売上収益

          売上収益の分解と報告セグメントの売上収益との関連
           当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                              報告セグメント
                                       アジア・
                                                       合計
                 国内ガス        米国ガス        欧州ガス               サーモス
                                       オセアニア
                  事業        事業        事業               事業
                                       ガス事業
     売上収益
                  183,837        108,175        10,127        59,654          -     361,794
      ガス
      機器・装置      他       82,152        30,680        2,559       19,232          -     134,625
                     -        -        -        -      21,609        21,609
      家庭用品
                  265,989        138,856        12,687        78,887        21,609       518,030

         計
          なお、顧客との契約における履行義務の充足の時期の決定、取引価格及び履行義務への配分額の算定方法等に

         ついては、「3.重要な会計方針」に記載のとおりであります。
                                 28/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        7.1株当たり四半期利益
          基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間

                               (自 2017年4月1日                (自 2018年4月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                         39,977                27,234
     期中平均普通株式数(千株)
                                        432,763                432,759
     基本的1株当たり四半期利益(円)
                                          92.38                62.93
      (注)なお、希薄化後1株当たり四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                               前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間

                               (自 2017年10月1日                (自 2018年10月1日
                                至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                         22,305                9,556
     期中平均普通株式数(千株)
                                        432,762                432,758
     基本的1株当たり四半期利益(円)
                                          51.54                22.08
      (注)なお、希薄化後1株当たり四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        8.配当

          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
         (1)  配当支払額

                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2017年6月20日
                             4,762           11
                 普通株式                          2017年3月31日         2017年6月21日
     定時株主総会
     2017年11月1日
                             4,762           11
                 普通株式                          2017年9月30日         2017年12月1日
     取締役会
         (2)  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

         (1)  配当支払額

                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2018年6月20日
                             5,194           12
                 普通株式                          2018年3月31日         2018年6月21日
     定時株主総会
     2018年10月31日
                             5,194           12
                 普通株式                          2018年9月30日         2018年12月3日
     取締役会
         (2)  基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

          末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                 29/37



                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        9.社債
          前第3四半期連結累計期間(自 2017年4月1日 至 2017年12月31日)
           償還した社債は、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                                   償還金額
     第10回無担保社債  期間 2012年-2017年     利率 0.437%
                                                         10,000
          当第3四半期連結累計期間(自 2018年4月1日 至 2018年12月31日)

           該当事項はありません。
        10.金融商品

          金融商品の公正価値
           金融商品の公正価値ヒエラルキーは、レベル1からレベル3までを以下のように分類しております。
            レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における無調整の公表価格により測定された公正価値

            レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
            レベル3:重要な観察可能な市場データに基づかないインプットを含む評価技法から算出された公正価値
           金融商品のレベル間の振替は、期末日ごとに判断しております。前連結会計年度及び当第3四半期連結累計

          期間において、レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
         (1)  経常的に公正価値で測定する金融商品

           公正価値で測定している金融商品は、以下のとおりであります。
           前連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
     資産

                                        -
      株式及び出資金                       38,272                   10,403         48,675
                               -                   -
      デリバティブ資産                                 192                   192
             合計                38,272           192        10,403         48,867

     負債

                               -                   -
      デリバティブ負債                                 212                   212
                               -                   -
             合計                           212                   212
                                 30/37







                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
           当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3

                                                       合計
     資産

                                        -
      株式及び出資金                       30,264                   9,474         39,739
                               -                   -
      デリバティブ資産                                 106                   106
             合計                30,264           106        9,474         39,846

     負債

                               -                   -
      デリバティブ負債                                 109                   109
                               -                   -
             合計                           109                   109
           株式及び出資金

             レベル1に分類される市場性のある株式の公正価値は、同一の資産又は負債の活発な市場における無調
            整の公表価格によっております。
             レベル3に分類される活発な市場における公表価格が入手できない非上場株式の公正価値は、合理的に
            入手可能なインプットにより、類似企業比較法又はその他適切な評価技法を用いて算定しております。な
            お、必要に応じて一定の非流動性ディスカウント等を加味しております。
           デリバティブ資産及びデリバティブ負債

             レベル2に分類されるデリバティブ資産及びデリバティブ負債の公正価値は、取引先金融機関から提示
            された価格又は為替レート及び金利等の観察可能なインプットに基づき算定しております。
            レベル3に分類される金融商品は、適切な権限者に承認された公正価値測定に係る評価方法を含む評価方

           針及び手続に従い、評価者が対象となる各金融商品の評価方法を決定し、公正価値を算定しております。そ
           の結果は適切な権限者がレビュー、承認しております。
            レベル3に分類された金融商品の増減は、以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                            前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間

                             (自 2017年4月1日                  (自 2018年4月1日
                              至 2017年12月31日)                  至 2018年12月31日)
     期首残高                                  16,548                  10,403

     その他の包括利益(注)

                                         301                 1,524
     購入                                   550                  671
     売却                                   △52                △3,128

                                        △612                  △51
     連結範囲の変動
                                        △130                   55
     その他の増減
                                       16,605                  9,474
     四半期末残高
      (注)要約四半期連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産」に含まれておりま
         す。
                                 31/37





                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
         (2)  償却原価で測定する金融商品
           償却原価で測定している金融商品の帳簿価額と公正価値は、以下のとおりであります。
           前連結会計年度(2018年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                            公正価値

                          帳簿価額
                                 レベル1       レベル2       レベル3
                                                        合計
     負債

      長期借入金                     230,664          -     229,382          -     229,382
      社債                      55,000         -     55,127         -     55,127
              合計              285,664          -     284,509          -     284,509

           当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                            公正価値

                          帳簿価額
                                 レベル1       レベル2       レベル3
                                                        合計
     負債

      長期借入金                     245,443          -     245,780          -     245,780

      社債                      55,000         -     55,216         -     55,216
              合計              300,443          -     300,996          -     300,996

             償却原価で測定する金融商品については、長期借入金及び社債を除いて、公正価値は帳簿価額と合理的

            に近似しております。
           長期借入金

             長期借入金の公正価値については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利
            率で割り引いた現在価値に基づき算定しております。
           社債

             社債の公正価値については、市場価格に基づき算定しております。
                                 32/37








                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        11.コミットメント
         (米国でのHyCO事業及び関連資産取得)
         当社   は、100%子会社である米国のMatheson                   Tri-Gas,     Inc.(以下、「Matheson」という。)を通じて、ドイツ
        のLinde    Aktiengesellschaft(以下、「Linde                  AG」という。)の子会社であるLinde                  Gas  North   America    LLC(以
        下、「Linde      America」という。)が米国で行っているHyCO事業の一部及び関連資産を取得する契約を2018年12月
        13日付で締結いたしました。
         2017年6月1日付けで、Linde               AGはPraxair,       Inc.(以下、「Praxair」という。)と合併することで合意しまし
        た。2018年10月22日に、米国連邦取引委員会(Federal                          Trade   Commission)は、Linde           AGが同社の米国事業の一部
        (HyCO事業の一部を含む)を第三者に譲渡することを条件に、Linde                                AGとPraxairの合併を承認しました。今般、
        Mathesonは、米国内の5箇所でのHyCO事業及び関連資産を取得する契約をLinde                                     Americaと締結いたしました。
        (注)   HyCO事業とは、天然ガス等から水蒸気改質装置(以下、「SMR」という。)などで分離される水素(H2)・一
           酸化炭素(CO)を、石油精製・石油化学産業などにパイプラインを通じて大規模供給する事業であります。
        (1)  買収の目的
          当社は中期経営計画「Ortus              Stage   2」での戦略として、M&Aを活用したガステクノロジーの領域拡大を目指
         しており、製品ラインナップ拡充による提案力強化の観点から、HyCO事業への本格的参入を検討しておりまし
         た。今回の買収によりこれが実現し、当社グループとして以下の効果が期待できます。
         ①  H2・COのオンサイト供給による中長期での安定的な収益を獲得
         ②  HyCO事業の効率的な運営を可能とするリソース(人・技術)を獲得
         ③  米国での新規オンサイト需要(石油精製、石油化学など)での提案力強化
        (2)  取得対象資産
          SMR式HyCOプラント(5箇所)、パイプライン、遠隔監視システム
        (3)  資産取得の時期
          米国連邦取引委員会(Federal               Trade   Commission)の承認を得次第
        (4)  支払対価
          取得対価として、413,070千米ドル(約468億円)を支払う予定であります。
          (注)1.支払時点では短期のブリッジローンで調達し、取得完了後、速やかに長期借入に借り換えます。
             2.日本円への換算は、1米ドル=113.54円(12月12日付)を使用しております。
                                 33/37











                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
        12.後発事象
         (公募ハイブリッド社債(公募劣後特約付社債)の発行)
         当社は、2019年1月29日に、利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)を発行いたしました。
        概要は以下のとおりであります。
                  第1回利払繰延条項・期限前償還条項付                      第2回利払繰延条項・期限前償還条項付
                     無担保社債(劣後特約付)                      無担保社債(劣後特約付)
     (1)  発行金額

                         1,000億円                       80億円
     (2)  当初利率
                       年1.41%(注1)                      年1.87%(注2)
     (3)  払込期日
                        2019年1月29日                      2019年1月29日
     (4)  償還期限
                        2054年1月29日                      2059年1月29日
                 2024年1月29日以降の各利払日に、又は払込                      2029年1月29日以降の各利払日に、又は払込
                 期日以降に税制事由若しくは資本性変更事由                      期日以降に税制事由若しくは資本性変更事由
     (5)  期限前償還
                 が生じ、かつ継続している場合は、当社の裁                      が生じ、かつ継続している場合は、当社の裁
                 量で期限前償還可能。                      量で期限前償還可能。
                 当社は、当社が本社債を期限前償還等する場

                 合は、期限前償還等を行う日以前12ヶ月間
                 に、借換証券を発行等することにより資金を
                 調達していない限り(ただし、期限前償還等
                 を行う日が2024年1月29日以降となる場合に
                 おいて、以下の(ⅰ)及び(ⅱ)をいずれも満た
                 す場合を除く。)、本社債につき、期限前償
                 還等をしないことを意図している。
     (6)  借換制限
                                       (注3)
                 期限前償還等を行う日の直前の連結会計年度
                 末又は四半期連結会計期間末における
                 (ⅰ)   当社調整後連結ネットデット・株主資
                 本レシオが1.00倍以下であること
                 (ⅱ)   連結株主資本の金額が、2019年3月期
                 第2四半期末における連結株主資本の金額と
                 比較して、1,000億円以上増加しているこ
                 と。
     (7)  利払の任意停止
                 当社の裁量により、利息の支払の全部又は一部を繰り延べることができる。
     (8)  優先順位
                 本社債の弁済順序は当社の一般の債務に劣後し、普通株式に優先する。
     (9)  発行形態
                 日本国内における公募形式
     (10)   資金使途
                 借入金の返済
        (注1)2019年1月29日の翌日から2024年1月29日までは固定利率、2024年1月29日の翌日以降は変動利率(2024
            年1月30日に金利のステップアップが発生)。
        (注2)2019年1月29日の翌日から2029年1月29日までは固定利率、2029年1月29日の翌日以降は変動利率(2029
            年1月30日に金利のステップアップが発生)。
        (注3)当社は、第2回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)を期限前償還する場合は、期
            限前償還等を行う日以前12ヶ月間に、借換証券を発行等することにより資金を調達することを想定してい
            る。ただし、期限前償還等を行う日が2029年1月29日以降となる場合において、以下の(ⅰ)及び(ⅱ)をい
            ずれも満たす場合、当該発行等を見送る可能性がある。
             (ⅰ)当社調整後連結ネットデット・株主資本レシオが1.00倍以下であること。
             (ⅱ)連結株主資本の金額が、2019年3月期第2四半期末における連結株主資本の金額と比較して、2019
               年3月までに調達するハイブリッド証券の調達総額以上増加していること。
                                 34/37



                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        2018年10月31日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (1)   中間配当による配当金の総額…………………5,194百万円
        (2)   1株当たりの金額………………………………12円00銭
        (3)   支払請求の効力発生日及び支払開始日………2018年12月3日
       (注) 2018年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払を行います。
                                 35/37



















                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 36/37




















                                                           EDINET提出書類
                                                       大陽日酸株式会社(E00783)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2019年2月12日

     大陽日酸株式会社

      取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               中村 和臣  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               寒河江 祐一郎  印
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               川脇 哲也  印
                             業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている大陽日酸株式会

     社の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月
     31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、す
     なわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結
     持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った                                               。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる               。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った              。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である                                            。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、大陽日酸株式会社及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期
     連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正
     に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった                                      。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
      (注)1     . 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2 . XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 37/37



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

2016年12月14日

大量保有に関わる報告書をまとめた大量保有報速報ページを追加しました。RSSでもご利用いただけます。