株式会社日本取引所グループ 四半期報告書 第18期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

このエントリーをはてなブックマークに追加

四半期報告書-第18期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社日本取引所グループ

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2019年2月13日
      【四半期会計期間】                    第18期第3四半期(自            2018年10月1日         至   2018年12月31日)
      【会社名】                    株式会社日本取引所グループ
      【英訳名】                    Japan   Exchange     Group,    Inc.
      【代表者の役職氏名】                    取締役兼代表執行役グループCEO                   清田 瞭
      【本店の所在の場所】                    東京都中央区日本橋兜町2番1号
      【電話番号】                    (03)3666-1361
      【事務連絡者氏名】                    執行役CFO        田端 厚
      【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区日本橋兜町2番1号
      【電話番号】                    (03)3666-1361
      【事務連絡者氏名】                    広報・IR部長         三輪 光雄
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/30













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                             2018年3月期           2019年3月期
               回次               第3四半期           第3四半期           2018年3月期
                             連結累計期間           連結累計期間
                           自 2017年4月1日           自 2018年4月1日           自 2017年4月1日
              会計期間
                           至 2017年12月31日           至 2018年12月31日           至 2018年3月31日
                                  87,861           92,020           120,711
     営業収益
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 32,099   )        ( 32,788   )
     税引前四半期利益又は税引前利
                     (百万円)             54,042           55,285           72,990
     益
     親会社の所有者に帰属する四半
                                  37,195           38,430           50,484
     期(当期)利益               (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 14,502   )        ( 14,510   )
     親会社の所有者に帰属する四半
                     (百万円)             37,586           38,715           50,208
     期(当期)包括利益
                     (百万円)             261,149           274,678           273,771
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)           37,987,261           55,009,203           41,316,341

     総資産額
     基本的1株当たり四半期(当
                                   69.36           71.74           94.17
     期)利益                 (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 27.07   )        ( 27.09   )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                       (円)             -           -           -
     期)利益
                       (%)             0.7           0.5           0.7
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)             39,423           29,704           66,018
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 19,832          △ 25,069          △ 26,164
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (百万円)            △ 34,394          △ 37,809          △ 34,393
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (百万円)             58,759           45,811           78,999
     (期末)残高
     (注)1.上記指標などは、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連
          結財務諸表に基づいております。
        2.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載して
          おりません。
        3.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        4.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                  2/30







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     <参考>
      当社グループの資産及び負債には、連結子会社である株式会社日本証券クリアリング機構が清算機関として引き受けた
     「清算引受資産・負債」及び清算参加者から担保として預託を受けた「清算参加者預託金」が両建てで計上されておりま
     す。「清算引受資産・負債」及び「清算参加者預託金」は、多額かつ清算参加者のポジションなどにより日々変動するこ
     とから、当社グループの資産及び負債の額は、これらの変動に大きな影響を受けます。その他、金融商品取引の安全性を
     確保するための諸制度に基づく「信認金」、「取引参加者保証金」及び「違約損失積立金」が資産及び負債または資本に
     両建てで計上されております。
      経営指標等のうち、これらの資産及び負債を控除した数値は、以下のとおりです。
                          2018年3月期         2019年3月期
             回次             第3四半期         第3四半期         2018年3月期
                          連結累計期間         連結累計期間
     親会社の所有者に帰属する
                             233,201
                   (百万円)                    246,730         245,823
     持分
     総資産額             (百万円)          334,110         343,129         354,618
     親会社所有者帰属持分比率              (%)           69.8         71.9         69.3

     (注) 総資産額は「清算引受資産」、「清算参加者預託金」、「信認金」及び「違約損失積立金」、親会社の所有者に
         帰属する持分は、「違約損失積立金」をそれぞれ控除して算出した数値です。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社が営む事業の内容について、重要な変更はありませ
      ん。
       また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  3/30













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期報告書の提出日までにおいて、前事業年度の有価証券報告書に
       記載した事業等のリスクについて重要な変更があった事項は、次のとおりです。変更箇所は下線で示しており、変更
       箇所の前後について記載を一部省略しています。
        また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
       業の状況 2.事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
        文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において判断したものです。
       (前略)

       7.決済履行確保の枠組みについて
       (中略)
       ④  流動性の確保
        清算参加者の決済不履行時に必要となる流動性を確保するため、資金決済銀行                                    等 との間で流動性供給に関する契約
       を締結しております。
        また、資金の流動性供給枠の十分性については、定期的に確認を行っております。
       (損失補償制度の概要)

        清算参加者が決済不履行を起こした場合、株式会社日本証券クリアリング機構は、当該清算参加者を当事者とする
       債務の引受け又は負担の停止並びに株式会社日本証券クリアリング機構が当該清算参加者に引き渡すべき有価証券及
       び金銭の引渡しを停止するとともに、引渡しを停止した有価証券及び金銭を、当該清算参加者の決済不履行の弁済に
       充当します。
        以上の処理後においても、株式会社日本証券クリアリング機構の損失が解消されない場合には、以下に記載する方

       法により、損失の補填を行います。なお、この補填は、原則として、有価証券の売買、先物・オプション取引、店頭
       デリバティブ取引及び国債店頭取引のそれぞれの清算に係る損失7について、不履行清算参加者の清算資格に応じ
       て、個別に行います。
        決済不履行発生時の有価証券の売買及び先物・オプション取引の清算に係る損失については、次に掲げる順序によ

       り、補填を行います。
       ①  不履行清算参加者が預託している担保(当初証拠金、取引証拠金及び清算基金等)による補填
       ②  金融商品取引所等の損失補償による補填
                           8
       ③  株式会社日本証券クリアリング機構による補填
       ④  不履  行清算参加者以外の清算基金による補填
       ⑤  不履行清算参加者以外による相互保証
        したがって、清算参加者の決済不履行により、株式会社日本証券クリアリング機構に損失が生じた場合で、上記①

       の対応によっても、同社の損失を補填しえない場合には、②については、損失補償契約に定められた金額(現物取
       引:104億円、先物・オプション取引:174億円)を上限として、株式会社東京証券取引所又は株式会社大阪取引所が
       補填を行うことにより、また、③については、株式会社日本証券クリアリング機構が証券取引等決済保証準備金とし
       て積み立てた金額(         200億円    )を上限として補填を行うことにより、当社グループに損失が生じる可能性がありま
       す。
        また、決済不履行発生時の店頭デリバティブ取引の清算に係る損失については、次に掲げる順序により、補填を行

       います。
       ①  不履行清算参加者が預託している担保(当初証拠金及び清算基金)による補填
       ②  株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第一階層決済保証準備金)
       ③  不履行清算参加者以外の清算参加者の清算基金及び株式会社日本証券クリアリング機構による補填(第二階層決
        済保証準備金)
       ④  不履行清算参加者以外の清算参加者の特別清算料による補填
       ⑤  破綻後における変動証拠金等の累計が勝ち方の不履行清算参加者以外の清算参加者による補填
                                  4/30



                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
        したがって、清算参加者の店頭デリバティブ取引に係る決済不履行により、株式会社日本証券クリアリング機構に

       損失が生じた場合で、上記①までの対応によっても、同社の損失を補填しえないときには、それぞれの清算業務につ
       いて②については、株式会社日本証券クリアリング機構が第一階層決済保証準備金として積み立てている金額(                                                    クレ
       ジットデフォルトスワップ取引:15億円、金利スワップ取引:                             20億円)を上限として補填することにより、③につい
       ては、株式会社日本証券クリアリング機構が第二階層決済保証準備金として積み立てている金額(クレジットデフォ
       ルトスワップ取引:         5 億円、金利スワップ取引:20億円)を上限として補填することにより、当社グループに損失が
       生じる可能性があります。
        (後略)

     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     1.業績等の概要
     (1)業績
      当社グループの当第3四半期連結累計期間(2018年4月1日~2018年12月31日)の連結業績は、清算関連収益、                                                    上場関
     連収益及び     情報関連収益が前年同期より増加したことなどから営業収益は                             920億20百万円       (前年同期比      4.7%増    )、営業費
     用が  396億57百万円       (前年同期比      9.5%増    )となったため、        営業利益は543億2百万円           (前年同期比      2.3%増    )、  税引前四半
     期利益は552億85百万円           (前年同期比      2.3%増    )となりました。
      また、法人所得税費用を計上した後の最終的な                      親会社の所有者に帰属する四半期利益は384億30百万円                          (前年同期比
     3.3%増    )となりました。
     (2)キャッシュ・フローの状況

      当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                        331億87百万円減少         し、458億11百
     万円となりました。
     ①営業活動によるキャッシュ・フロー

      営業活動によるキャッシュ・フローは、税引前四半期利益552億85百万円に、減価償却費及び償却費91億52百万円及び
     支払法人所得税等277億84百万円などを加減した結果、297億4百万円の収入となりました。
     ②投資活動によるキャッシュ・フロー

      投資活動によるキャッシュ・フローは、無形資産の取得による支出71億11百万円などにより、250億69百万円の支出と
     なりました。
     ③財務活動によるキャッシュ・フロー

      財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払などにより、378億9百万円の支出となりました。
     2.財政状態、経営成績及び             キャッシュ・フローの状況の分析

      本項に記載した予想、予見、見込み、見通し、方針等の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したもので
     あり、将来に生じる実際の結果と大きく異なる可能性もあります。
     (1)当四半期連結累計期間の経営成績の分析

     (営業収益の状況)
     ①取引関連収益
      取引関連収益は、現物の売買代金及びデリバティブの取引高等に応じた「取引料」、取引参加者の取引資格に応じた
     「基本料」、注文件数に応じた「アクセス料」、利用する売買システム施設の種類に応じた「売買システム施設利用料」
     等から構成されます。
      当第3四半期連結累計期間の取引関連収益は、前年同期並みの373億64百万円となりました。
                                  5/30




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     ・取引関連収益の内訳
                                               (単位:百万円)
                                             当第3四半期
                               前第3四半期
                                             連結累計期間
                               連結累計期間
                                           (自  2018年4月1日
                              (自  2017年4月1日
                                            至   2018年12月31日)
                              至   2017年12月31日)
                                                  増減(%)
                                      37,530       37,364       △0.4
     取引関連収益
                                      30,549       30,273       △0.9
      取引料
                                      22,219       21,673       △2.5
      現物
                                      8,330       8,599       3.2
      デリバティブ
                                      1,538       1,542       0.2
       TOPIX先物取引
       日経平均株価先物取引(注1)                                3,264       3,494       7.0
       日経平均株価指数オプション取引(注2)                               2,213       1,998      △9.7
                                      1,214       1,494       23.1
       長期国債先物取引
                                        99       70    △29.3
       その他
                                       786       765     △2.6
      基本料
                                      3,626       3,636       0.3
      アクセス料
                                      2,498       2,615       4.7
      売買システム施設利用料
                                        70       73      4.6
      その他
     (注1) 日経225mini先物取引を含めております。
     (注2) Weeklyオプション取引を除きます。
     ②清算関連収益

      清算関連収益は、株式会社日本証券クリアリング機構が行う金融商品債務引受業に関する清算手数料等から構成され
     ます。
      当第3四半期連結累計期間の清算関連収益は、前年同期比10.4%増の191億18百万円となりました。
     ③上場関連収益

      上場関連収益は、新規上場や上場会社の新株券発行の際に発行額に応じて受領する料金等から構成される「新規・追
     加上場料」及び時価総額に応じて上場会社から受領する料金等から構成される「年間上場料」に区分されます。
      当第3四半期連結累計期間の上場関連収益は、年間上場料が増加し、前年同期比1.9%増の104億24百万円となりまし
     た。
     ・上場関連収益の内訳

                                               (単位:百万円)
                                             当第3四半期
                               前第3四半期
                                             連結累計期間
                               連結累計期間
                                           (自  2018年4月1日
                              (自  2017年4月1日
                                            至   2018年12月31日)
                              至   2017年12月31日)
                                                  増減(%)
                                      10,226       10,424        1.9
     上場関連収益
                                      3,235       2,905      △10.2
      新規・追加上場料
                                      6,991       7,519       7.6
      年間上場料
     ④情報関連収益

      情報関連収益は、情報ベンダー等への相場情報の提供に係る収益である相場情報料のほか、指数ビジネスに係る収益
     及びコーポレートアクション情報等の各種情報の提供に係る収益から構成されます。
      当第3四半期連結累計期間の情報関連収益は、                      相場情報料が増加したことに加え、指数ビジネスに係る収益が増加し
     たことなどから、        前年同期比7.2%増の157億29百万円となりました。
                                  6/30




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     ⑤その他の営業収益
      その他の営業収益は、売買・相場報道等の各種システムと取引参加者・ユーザをつなぐarrownetに係る利用料、注文
     の送信時間等の短縮による売買執行の効率化を目的として、システムセンター内に取引参加者及び情報ベンダー等が機器
     等を設置するコロケーションサービスに係る利用料、売買システム等のサービス提供料及び株式会社東証システムサービ
     スが行うシステム開発・運用収益等から構成されます。
      当第3四半期連結累計期間のその他の営業収益は、コロケーションサービス利用料が増加したことなどから、前年同
     期比15.5%増の93億83百万円となりました。
     ・その他の営業収益の内訳

                                               (単位:百万円)
                                             当第3四半期
                               前第3四半期
                                             連結累計期間
                               連結累計期間
                                           (自  2018年4月1日
                              (自  2017年4月1日
                                            至   2018年12月31日)
                              至   2017年12月31日)
                                                 増減(%)
                                      8,123       9,383       15.5
     その他の営業収益
                                      2,334       2,428       4.0
      arrownet利用料
                                      2,591       2,894       11.7
      コロケーションサービス利用料
                                      3,198       4,060       27.0
      その他
     (営業費用の状況)

      当第3四半期連結累計期間の人件費は、前年同期比1.3%増の117億22百万円となりました。
      システム維持・運営費は、現物及びデリバティブの売買システムをはじめとした各種システムの維持及び管理運用に係
     る費用等から構成されます。当第3四半期連結累計期間のシステム維持・運営費は、前年同期比4.6%増の89億17百万円
     となりました。
      当第3四半期連結累計期間の減価償却費及び償却費は、前年同期比26.8%増の87億52百万円となりました。
      当第3四半期連結累計期間のその他の営業費用は、前年同期比11.5%増の102億65百万円となりました。
     (2)財政状態に関する説明

     (資産、負債及び資本の状況)
      当社グループの資産及び負債には、株式会社日本証券クリアリング機構が清算機関として引き受けた「清算引受資
     産・負債」及び清算参加者から担保として預託を受けた「清算参加者預託金」が両建てで計上されております。「清算引
     受資産・負債」及び「清算参加者預託金」は、多額かつ清算参加者のポジションなどにより日々変動することから、当社
     グループの資産及び負債の額は、これらの変動に大きな影響を受けます。その他、金融商品取引の安全性を確保するため
     の諸制度に基づく「信認金」、「取引参加者保証金」及び「違約損失積立金」が資産及び負債または資本に両建てで計上
     されております。
      当第3四半期連結会計期間末の資産は、「清算引受資産」が増加したことなどから、前連結会計年度末に比べ13兆
     6,928億61百万円増加し、55兆92億3百万円となりました。また、「清算引受資産」、「清算参加者預託金」、「信認金」
     及び「違約損失積立金」を控除した後の資産は、前連結会計年度末に比べ114億88百万円減少し、3,431億29百万円となり
     ました。
      当第3四半期連結会計期間末の負債は、資産と同様に「清算引受負債」が増加したことなどから、前連結会計年度末に
     比べ13兆6,915億39百万円増加し、54兆7,281億44百万円となりました。また、「清算引受負債」、「清算参加者預託
     金」、「信認金」及び「取引参加者保証金」を控除した後の負債は、前連結会計年度末に比べ137億31百万円減少し、816
     億96百万円となりました。
      当第3四半期連結会計期間末の資本は、配当金の支払により減少した                                 一方、親会社の所有者に帰属する四半期利益の計
     上により増加したことなどから、前連結会計年度末に比べ                           13億22百万円増加し、2,810億59百万円となりました。また、
     違約損失積立金を控除した後の資本は、2,531億10百万円となりました。
                                  7/30





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     <参考>
                                          親会社の所有者に           親会社所有者
                     資産合計           資本合計
                                           帰属する持分          帰属持分比率
                          百万円           百万円           百万円           %
     2019年3月期第3四半期             55,009,203      (343,129)       281,059    (253,110)       274,678    ( 246,730    )
                                                      0.5  (71.9)
     2018年3月期
                  41,316,341      (354,618)       279,736    (251,788)       273,771    (245,823)
                                                      0.7  (69.3)
     (注) 各指標における(             )内は、資産合計は「清算引受資産」、「清算参加者預託金」、「信認金」及び「違約損失
        積立金」、資本合計及び親会社の所有者に帰属する持分は、「違約損失積立金」をそれぞれ控除して算出した数値
        です。
     (3)資本の財源及び資金の流動性

     (キャッシュ・フローの状況)
      キャッシュ・フローの状況については、「1.業績等の概要-(2)キャッシュ・フローの状況」に記載しておりま
     す。
     (契約債務)

      当第3四半期連結会計期間末現在における契約債務の概要は以下のとおりであります。
                               年度別要支払額(百万円)
     契約債務            合計        1年以内        1年超3年以内         3年超5年以内           5年超

     短期借入金              32,500         32,500           -         -         -

     社債              20,000           -         -         -       20,000

     (4)経営方針、経営環境及び対処すべき課題等

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針、経営環境                                        及び対処すべき課題等          について重
     要な変更はありません。
     (5)研究開発活動

      当第3四半期連結累計期間において、該当事項はありません。
     (6)経営成績に重要な影響を与える要因

      当社グループの収益のうち、過半を占める「取引関連収益」及び「清算関連収益」は有価証券やデリバティブ商品の売
     買代金・取引高の水準に、「上場関連収益」は上場する企業の時価総額や資金調達額、新規上場会社数の水準などにそれ
     ぞれ大きく依拠しております。
      したがって、当社グループの収益は、有価証券やデリバティブ商品の流通市場並びに発行市場の動向、ひいては世界的
     な金融市場の動向や国内外の経済情勢の影響を大きく受けることとなります。
     3【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/30







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                    種類                     発行可能株式総数(株)
                                           2,180,000,000

                  普通株式
                                           2,180,000,000

                    計
       ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末                       上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
           種類      現在発行数(株)                      又は登録認可金融商品               内容
                           (2019年2月13日)
                (2018年12月31日)                         取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                  単元株式数       100株
          普通株式         536,351,448            536,351,448
                                      市場第一部
           計        536,351,448            536,351,448            -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

       ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                 資本金増減額       資本金残高
            年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                  (百万円)       (百万円)
                     (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
         2018年10月1日
                           536,351,448
                      -              -       11,500       -        3,000
         ~2018年12月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  9/30








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため記載
          することができないことから、直前の基準日(2018年9月30日)における株主名簿に基づき記載しておりま
          す。
       ①【発行済株式】
                                                   2018年12月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                 内容

     無議決権株式                                        -             -
                                -
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -             -

     議決権制限株式(その他)                           -             -             -

     完全議決権株式(自己株式等)                           -             -             -

     完全議決権株式(その他)               普通株式       536,332,100              5,363,321                 -

     単元未満株式               普通株式         19,348               -  一単元(100株)未満の株式

     発行済株式総数                      536,351,448                  -             -
     総株主の議決権                           -          5,363,321                 -

       ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 10/30












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
       閣府令第64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務
       報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準拠して作成しております。
        また、要約四半期連結財務諸表は、百万円未満を切り捨てて記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
       務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 11/30

















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                  前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)               (2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     資産
      流動資産
                                         78,999
       現金及び現金同等物                     12                             45,811
       営業債権及びその他の債権                     12             11,841               15,370
       清算引受資産                     12           37,311,964               50,502,768
       清算参加者預託金特定資産                    6,12            3,621,319               4,134,873
       信認金特定資産                    6,12               491               483
       未収法人所得税                                   6,191               7,834
       その他の金融資産                     12             86,700               108,100
                                          1,814               2,665
       その他の流動資産
       流動資産合計
                                       41,119,322               54,817,907
      非流動資産

       有形固定資産                     7              5,209               7,452
       のれん                     7             67,374               67,374
       無形資産                     7             34,208               32,166
       退職給付に係る資産                                   5,956               5,906
       持分法で会計処理されている投資                                  10,407               11,958
       違約損失積立金特定資産                    6,12              27,948               27,948
       その他の金融資産                     12             36,252               28,405
       その他の非流動資産                                   5,774               6,135
                                          3,887               3,949
       繰延税金資産
       非流動資産合計
                                         197,019               191,295
                                       41,316,341               55,009,203

     資産合計
                                 12/30










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
                                  前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                                 (2018年3月31日)               (2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        営業債務及びその他の債務                    12              5,591               3,336
        社債及び借入金                    12             32,500               32,500
        清算引受負債                    12           37,311,964               50,502,768
        清算参加者預託金                   6,12            3,621,319               4,134,873
        信認金                   6,12               491               483
        取引参加者保証金                   6,12              7,402               8,323
        未払法人所得税等                                 14,253                5,045
                                          7,599               6,662
        その他の流動負債
        流動負債合計
                                       41,001,120               54,693,992
       非流動負債

        社債及び借入金                    12             19,940               19,945
        退職給付に係る負債                                  7,624               7,852
        その他の非流動負債                                  3,392               3,093
                                          4,526               3,260
        繰延税金負債
        非流動負債合計
                                         35,484               34,151
      負債合計

                                       41,036,604               54,728,144
      資本

       資本金                                  11,500               11,500
       資本剰余金                                  39,716               39,716
       自己株式                                   △953              △1,218
       その他の資本の構成要素                                  10,816                7,950
                                         212,691               216,729
       利益剰余金                     6
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         273,771               274,678
                                          5,965               6,380
       非支配持分
       資本合計
                                         279,736               281,059
                                       41,316,341               55,009,203

     負債及び資本合計
                                 13/30








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書】
       (第3四半期連結累計期間)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     収益
      営業収益                      8             87,861               92,020
                                           199               193
      その他の収益
              収益計
                                         88,060               92,214
     費用
      営業費用                      9             36,209               39,657
                                            0               17
      その他の費用
              費用計
                                         36,209               39,674
                                          1,240               1,763
     持分法による投資利益
     営業利益
                                         53,090               54,302
     金融収益                       10              1,014               1,045

                                           62               62
     金融費用                       10
     税引前四半期利益
                                         54,042               55,285
                                         16,634               16,439

     法人所得税費用
                                         37,408               38,845
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   37,195               38,430
                                           212               415
      非支配持分
                                         37,408               38,845
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)
                            11              69.36               71.74
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                     -               -
                            11
                                 14/30









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
       (第3四半期連結会計期間)
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     収益
      営業収益                                   32,099               32,788
                                            3              101
      その他の収益
              収益計                           32,103               32,890
     費用
      営業費用                                   12,224               13,455
                                            0               15
      その他の費用
              費用計
                                         12,225               13,471
                                           404               528
     持分法による投資利益
     営業利益
                                         20,282               19,947
     金融収益                                      227               260

                                           21               20
     金融費用
     税引前四半期利益
                                         20,488               20,187
     法人所得税費用                                     5,936               5,551

                                         14,551               14,636
     四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   14,502               14,510
                                           49               125
      非支配持分
                                         14,551               14,636
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)
                            11              27.07               27.09
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                     -               -
                            11
                                 15/30









                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
      (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
       (第3四半期連結累計期間)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     四半期利益                                    37,408               38,845
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金融
                            12               390               285
       資産の公正価値の純変動
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                            0               0
       益に対する持分
     その他の包括利益(税引後)
                                           390               285
                                         37,799               39,131
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                   37,586               38,715
                                           212               415
      非支配持分
                                         37,799               39,131
      四半期包括利益
                                 16/30













                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
       (第3四半期連結会計期間)
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                (自 2017年10月1日               (自 2018年10月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     四半期利益                                    14,551               14,636
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金融
                                           550              △752
       資産の公正価値の純変動
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                            0               0
       益に対する持分
     その他の包括利益(税引後)
                                           550              △752
                                         15,102               13,883
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                   15,053               13,757
                                           49               125
      非支配持分
                                         15,102               13,883
      四半期包括利益
                                 17/30














                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
      (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
                                     親会社の所有者に帰属する持分
                                                     その他の資本の
                               資本金       資本剰余金         自己株式
                                                       構成要素
                         注記
                               百万円        百万円        百万円        百万円
                                11,500        59,722       △13,506         11,604
     2017年4月1日時点の残高
                                  -        -        -        -
      四半期利益
                                  -        -        -        390
      その他の包括利益(税引後)
     四半期包括利益合計                             -        -        -        390
                                  -        △2      △7,452           -
      自己株式の取得
                                  -        -        -        -
      配当金の支払                    13
                                  -        -         1        -
      その他
                                  -        △2      △7,450           -
     所有者との取引額合計
                                11,500        59,720       △20,957         11,995
     2017年12月31日時点の残高
                                11,500        39,716         △953        10,816

     2018年4月1日時点の残高
      四半期利益                            -        -        -        -
                                  -        -        -        285
      その他の包括利益(税引後)
     四半期包括利益合計                             -        -        -        285
                                  -        -       △264          -
      自己株式の取得
                          13        -        -        -        -
      配当金の支払
      その他の資本の構成要素から利益剰余
                                  -        -        -      △3,151
      金への振替
                                  -        -       △264       △3,151
     所有者との取引額合計
                                11,500        39,716        △1,218         7,950
     2018年12月31日時点の残高
                                 18/30












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
                             親会社の所有者に帰属する持分

                                              非支配持分         資本合計
                              利益剰余金          合計
                         注記
                               百万円        百万円        百万円        百万円
     2017年4月1日時点の残高                          188,634        257,955         5,815       263,770
      四半期利益                          37,195        37,195          212       37,408
      その他の包括利益(税引後)                            -                 -
                                          390                 390
     四半期包括利益合計
                                37,195        37,586          212       37,799
                                  -                 -
      自己株式の取得                                  △7,454                 △7,454
                               △26,938                    -
      配当金の支払                    13             △26,938                 △26,938
                                  -                 -
                                           1                 1
      その他
                                                   -
     所有者との取引額合計                          △26,938        △34,392                 △34,392
                                198,891        261,149         6,028       267,177
     2017年12月31日時点の残高
     2018年4月1日時点の残高                          212,691        273,771         5,965       279,736

      四半期利益                          38,430        38,430          415       38,845
                                  -                 -
      その他の包括利益(税引後)                                    285                 285
     四半期包括利益合計
                                38,430        38,715          415       39,131
                                  -                 -
      自己株式の取得                                   △264                 △264
                               △37,544                    -
      配当金の支払                    13             △37,544                 △37,544
      その他の資本の構成要素から利益剰余
                                 3,151                  -
                                          -                 -
      金への振替
                                                   -
     所有者との取引額合計                          △34,393        △37,809                 △37,809
                                216,729        274,678         6,380       281,059
     2018年12月31日時点の残高
                                 19/30












                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
      (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2017年4月1日               (自 2018年4月1日
                                 至 2017年12月31日)               至 2018年12月31日)
                           注記
                                    百万円               百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                   54,042               55,285
      減価償却費及び償却費                                    7,456               9,152
      金融収益                                   △1,014               △1,045
      金融費用                                     57               57
      持分法による投資利益                                   △1,240               △1,763
      営業債権及びその他の債権の増減(△は増
                                         △4,730               △3,528
      加)
      営業債務及びその他の債務の増減(△は減
                                           120              △511
      少)
      退職給付に係る資産の増減(△は増加)
                                           41               49
      退職給付に係る負債の増減(△は減少)
                                           272               227
                                          △577              △1,652
      その他
      小計                                   54,428               56,271
      利息及び配当金の受取額
                                          1,222               1,255
      利息の支払額                                    △39               △39
                                        △16,187               △27,784
      支払法人所得税等
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   39,423               29,704
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                  △85,200               △96,400
      定期預金の払戻による収入                                   75,400               74,200
      有形資産の取得による支出                                   △1,228               △3,802
      無形資産の取得による支出                                   △6,683               △7,111
                                         △2,000                  -
      投資有価証券の       取得による支出
                                           -
      投資有価証券の売却による収入                                                   7,013
                                           -
      投資有価証券の償還による収入                                                   1,000
                                          △120                 30
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △19,832               △25,069
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      借入れによる収入                                   10,000                  -
      借入金の返済による支出                                  △10,000                   -
      支払配当金                                  △26,938               △37,544
                                         △7,455                 △264
      自己株式の取得による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △34,394               △37,809
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        △14,802               △33,175
     現金及び現金同等物の期首残高                                    73,553               78,999
     現金及び現金同等物の為替変動による影響                                       8              △12
                                         58,759               45,811
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 20/30






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社日本取引所グループ(以下、「当社」という。)は日本に所在する株式会社で、登記されている本社
         の住所は、東京都中央区日本橋兜町2番1号です。当社の要約四半期連結財務諸表は、2018年12月31日を報告日
         とし、当社及びその子会社(以下、「当社グループ」という。)並びに関連会社に対する当社グループの持分に
         より構成されております。当社グループは金融商品取引法及び関連する諸法令の規制の下、事業を行っており、
         主な事業内容は、取引所金融商品市場の開設・運営及び金融商品債務引受等です。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2の要件を満たすことから、
          四半期連結財務諸表規則第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しており、年度の連結財務諸表で要
          求される全ての情報が含まれていないため、前連結会計年度の連結財務諸表と併せて利用されるべきもので
          す。
         (2)要約四半期連結財務諸表の承認

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、2019年2月13日に、取締役兼代表執行役グループCEO清田瞭
          及び執行役CFO田端厚によって承認されております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満を切り捨てて表示しております。
        3.重要な会計方針

          当社グループは、第1四半期連結会計期間より、IFRS第9号「金融商品」及びIFRS第15号「顧客との契約から
         生じる収益」を適用しております。なお、当社グループの要約四半期連結財務諸表への影響はありません。
          当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、IFRS第9号「金融商品」及び
         IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」を除き、前連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計
         方針と同一です。
          なお、当第3四半期の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の金額
         に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、その性質上これらの見
         積りとは異なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見
         直した会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
          経営者が行った要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断及び見積りは、原則として前連結会
         計年度に係る連結財務諸表と同様です。
        5.事業セグメント

         (1)一般情報
           当社グループは、金融商品取引所事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
         (2)製品及びサービスに関する情報

           注記「8.営業収益」に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
                                 21/30





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
       6.金融商品取引の安全性確保のための諸制度に基づく資産・負債
         清算参加者預託金は、清算参加者の決済不履行により株式会社日本証券クリアリング機構が被る損失に備えるた
        め、同社が清算参加者に預託を求めている担保(清算基金等の清算預託金、取引証拠金、当初証拠金及び変動証拠
        金)です。
         信認金は、取引参加者の債務不履行により有価証券売買等の委託者等が被る損失に備えるため、株式会社東京証
        券取引所及び株式会社大阪取引所が取引参加者に預託を求めている担保です。
         取引参加者保証金は、取引参加者の債務不履行により株式会社東京証券取引所及び株式会社大阪取引所が被る損
        失に備えるため、両社が取引参加者に預託を求めている担保です。
         各担保は、金銭又は代用有価証券(各社の規則で認められたものに限る。)で預託され、このうち金銭による預
        託については、要約四半期連結財政状態計算書の資産・負債に両建てで計上しております。
         一方、代用有価証券で預託された担保については、要約四半期連結財政状態計算書に計上しておりません。な
        お、各担保の代用有価証券の公正価値は以下のとおりです。
                               前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                              (2018年3月31日)                  (2018年12月31日)
                                 百万円                  百万円
                                      2,568,174                  2,609,784
         清算参加者預託金代用有価証券
                                        1,001
         信認金代用有価証券                                                  817
                                        2,826                  3,223
         取引参加者保証金代用有価証券
         また、違約損失積立金は、清算業務に関して株式会社日本証券クリアリング機構が被った損失を補填するための

        積立金です。
       7.有形固定資産、のれん及び無形資産

         「有形固定資産」、「のれん」及び「無形資産」の帳簿価額の増減は以下のとおりです。
                           有形固定資産              のれん            無形資産

                             百万円            百万円            百万円

         2018年4月1日残高                        5,209            67,374            34,208
                                               -
         個別取得                        3,680                         5,678
                                △1,431               -
         減価償却費及び償却費                                               △7,721
                                  △6             -
                                                           -
         売却又は処分
                                 7,452            67,374            32,166
         2018年12月31日残高
       8.営業収益

         「営業収益」の内訳は以下のとおりです。なお、各収益の内容については、「第2 事業の状況-2 経営者に
        よる財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析-2.財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        の状況の分析-(1)当四半期連結累計期間の経営成績の分析-(営業収益の状況)」をご参照ください。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                          (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                           至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                               百万円                百万円
         取引関連収益                           37,530                 37,364
         清算関連収益                           17,310                 19,118
         上場関連収益                           10,226                 10,424
         情報関連収益                           14,669                 15,729
                                     8,123                 9,383
         その他
                                    87,861                 92,020
               合計
                                 22/30





                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
       9.営業費用
         「営業費用」の内訳は以下のとおりです。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                          (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                           至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                               百万円                百万円
         人件費                           11,577                 11,722
         システム維持・運営費                            8,522                 8,917
         減価償却費及び償却費                            6,901                 8,752
                                     9,208                10,265
         その他
                                    36,209                 39,657
                合計
       10.金融収益及び金融費用

         「金融収益」及び「金融費用」の内訳は以下のとおりです。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                          (自 2017年4月1日                 (自 2018年4月1日
                           至 2017年12月31日)                至 2018年12月31日)
                               百万円                百万円
         受取配当金                             994               1,021

                                      19                 23
         受取利息
                                     1,014                 1,045
              金融収益 計
         支払利息
                                       ▶                 3
         社債利息                             53                 53
                                       5                 5
         その他
                                      62                 62
              金融費用 計
       11.1株当たり四半期利益

        (第3四半期連結累計期間)
         当第3四半期連結累計期間の基本的1株当たり四半期利益の計算は、                                 親会社の所有者に帰属する四半期利益
        38,430百万円      (前第3四半期連結累計期間:37,195百万円)及び加重平均普通株式数535,693千株(前第3四半期
        連結累計期間:536,243千株)に基づき計算しております。
        (第3四半期連結会計期間)

         当第3四半期連結会計期間の基本的1株当たり四半期利益の計算は、                                 親会社の所有者に帰属する四半期利益
        14,510百万円      (前第3四半期連結会計期間:14,502百万円)及び加重平均普通株式数535,630千株(前第3四半期
        連結会計期間:535,765千株)に基づき計算しております。
        (注) 希薄化後1株当たり四半期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

                                 23/30







                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
       12.金融商品
        (1)金融資産及び負債の分類
          金融資産及び負債の帳簿価額及び会計上の分類は以下のとおりです。
          前連結会計年度(2018年3月31日)

          ① 金融資産
                                    その他の包括利益を通じ
                        純損益を通じて公正価値                         償却原価で測定される
                                    て公正価値で測定される
                        で測定される金融資産                            金融資産
                                        金融資産
                            百万円            百万円            百万円
                                  -             -          78,999
         現金及び現金同等物
                                  -             -          11,841
         営業債権及びその他の債権
                              37,311,964                 -            -
         清算引受資産
                                  -             -         3,621,319
         清算参加者預託金特定資産
                                  -             -            491
         信認金特定資産
                                  -             -          27,948
         違約損失積立金特定資産
                                  -          33,734            89,217
         その他の金融資産
                              37,311,964               33,734           3,829,818
               合計
          ②   金融負債

                        純損益を通じて公正価値             償却原価で測定される
                        で測定される金融負債                金融負債
                            百万円            百万円
                                  -           5,591
         営業債務及びその他の債務
         社債及び借入金(流動)                        -          32,500
                              37,311,964                -
         清算引受負債
                                  -         3,621,319
         清算参加者預託金
                                  -            491
         信認金
                                  -           7,402
         取引参加者保証金
                                  -          19,940
         社債及び借入金(非流動)
                              37,311,964             3,687,244
               合計
                                 24/30










                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
          当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)
          ① 金融資産
                                    その他の包括利益を通じ
                        純損益を通じて公正価値                          償却原価で測定される
                                    て公正価値で測定される
                        で測定される金融資産                            金融資産
                                        金融資産
                            百万円             百万円            百万円
                                  -            -
         現金及び現金同等物                                               45,811
                                  -            -
         営業債権及びその他の債権                                               15,370
                                              -            -
         清算引受資産                     50,502,768
                                  -            -
         清算参加者預託金特定資産                                              4,134,873
                                  -            -
         信認金特定資産                                                 483
                                  -            -
         違約損失積立金特定資産                                               27,948
                                  -          25,889           110,615
         その他の金融資産
                                            25,889          4,335,103
                              50,502,768
               合計
          ② 金融負債

                        純損益を通じて公正価値             償却原価で測定される
                        で測定される金融負債                金融負債
                            百万円             百万円
                                  -
         営業債務及びその他の債務                                    3,336
         社債及び借入金(流動)                         -
                                            32,500
                                              -
         清算引受負債                     50,502,768
                                  -
         清算参加者預託金                                  4,134,873
                                  -
         信認金                                     483
                                  -
         取引参加者保証金                                    8,323
                                  -          19,945
         社債及び借入金(非流動)
                                           4,199,461
                              50,502,768
               合計
        (2)公正価値ヒエラルキー

          IFRS第13号「公正価値測定」は、公正価値の測定に利用するインプットの重要性を反映させた公正価値のヒエ
         ラルキーを用いて、公正価値の測定を分類することを要求しております。
          公正価値の測定に用いられる公正価値の階層(公正価値ヒエラルキー)の定義は以下のとおりです。
          ・レベル1:同一の資産又は負債に関する活発な市場における無修正の相場価格

          ・レベル2:資産又は負債に関する直接又は間接に観察可能な、レベル1に含まれる相場価格以外のインプッ
                トを用いて算定された公正価値
          ・レベル3:資産又は負債に関する観察可能でないインプットを用いて算定された公正価値
                                 25/30








                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
          金融商品の公正価値ヒエラルキーのレベルは、公正価値の測定の重要なインプットのうち、最も低いレベルに
         より決定されます。
          上記の定義に基づき、要約四半期連結財政状態計算書において経常的に公正価値で測定されている金融資産及
         び金融負債の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりです。
          前連結会計年度(2018年3月31日)

                           レベル1            レベル2            レベル3
                            百万円            百万円            百万円
                               449,233           36,862,730                -
         清算引受資産
                                31,673              -           2,060
         その他の金融資産
                               480,907           36,862,730               2,060
               合計
         清算引受負債
                               449,233           36,862,730                -
                               449,233           36,862,730                -
               合計
          当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                           レベル1            レベル2            レベル3
                            百万円            百万円            百万円
                               474,269           50,028,499                -
         清算引受資産
                                23,873              -           2,016
         その他の金融資産
                               498,142           50,028,499               2,016
               合計
         清算引受負債                      474,269           50,028,499                -
                               474,269           50,028,499                -
               合計
          要約四半期連結財政状態計算書上、公正価値で測定されていない金融資産及び金融負債の帳簿価額、公正価値

         及び公正価値ヒエラルキーは以下のとおりです。
          前連結会計年度(2018年3月31日)

                                              公正価値
                           帳簿価額
                                        レベル1            レベル2
                            百万円            百万円            百万円
                                89,217            86,233             3,003
         その他の金融資産
                                89,217            86,233             3,003
               合計
         社債及び借入金(非流動)
                                19,940               -          20,049
                                19,940               -          20,049
               合計
          当第3四半期連結会計期間(2018年12月31日)

                                              公正価値
                           帳簿価額
                                        レベル1            レベル2
                            百万円             百万円            百万円
                               110,615            108,627             1,992
         その他の金融資産
                               110,615            108,627             1,992
               合計
         社債及び借入金(非流動)
                                19,945               -          20,120
                                19,945               -          20,120
               合計
                                 26/30




                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
          なお、要約四半期連結財政状態計算書上、公正価値で測定されていない金融資産・金融負債のうち、下記の項
         目については、いずれも短期であり、帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっているため、公正価値を開示
         しておりません。
          ・現金及び現金同等物

          ・営業債権及びその他の債権
          ・清算参加者預託金特定資産
          ・信認金特定資産
          ・違約損失積立金特定資産
          ・営業債務及びその他の債務
          ・社債及び借入金(流動)
          ・清算参加者預託金
          ・信認金
          ・取引参加者保証金
       13.配当金

        (1) 配当金支払額
                                      1株当たり
        (決議)             株式の種類        配当金の総額                  基準日       効力発生日
                                       配当額
                               百万円         円
                                               2017年        2017年
                                14,066         26.00
        2017年5月16日取締役会            普通株式
                                               3月31日        5月29日
                                               2017年        2017年
                                12,872         24.00
        2017年10月30日取締役会            普通株式
                                               9月30日        12月1日
                                               2018年        2018年
                                23,063      (注)43.00
        2018年5月14日取締役会            普通株式
                                               3月31日        5月28日
                                               2018年        2018年
                                14,481         27.00
        2018年10月29日取締役会            普通株式
                                               9月30日        12月3日
        (注)1株当たり配当額には、記念配当10円が含まれております。
        (2) 基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当の                          うち、   配当の効力発生日が翌四半期となるもの

          該当事項がありません。
       14.偶発事象

         保証債務額
          当社グループは、従業員の金融機関からの住宅取得借入に対して以下のとおり債務保証を行っております。
                   前連結会計年度                       当第3四半期連結会計期間
                  (2018年3月31日)                          (2018年12月31日)
                     百万円                          百万円
                                1,332                          1,327
       15.後発事象

         該当事項はありません。
                                 27/30






                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     2【その他】
      (剰余金の配当)
       2018年10月29日開催の取締役会において、剰余金の配当につき次のとおり決議いたしました。
       ①配当金の総額                     14,481百万円
       ②1株当たり配当金                        27.00円
       ③効力発生日                    2018年12月3日
                                 28/30



















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 29/30




















                                                           EDINET提出書類
                                                   株式会社日本取引所グループ(E03814)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2019年2月13日

     株式会社日本取引所グループ
      取   締   役   会 御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              北村     嘉章        印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              藤本     貴子        印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              山本     道之        印
                           業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社日本取

     引所グループの2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から
     2018年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
     務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約
     四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期
     レビューを行った。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
     34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
     整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
     する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
     拠して四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
     告」に準拠して、株式会社日本取引所グループ及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する
     第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの
     状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 30/30



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。